SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    果の陽炎型

    1: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:27:49.06 ID:1+N5b36So

    陽炎から秋雲まで。

    陽炎型姉妹実装17人分。



    スレタイの 果 とは、果物(くだもの) の意味です。


    2: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:29:43.24 ID:1+N5b36So


    【 陽炎 】


    『 メロンは野菜で、果物じゃない 』

    メロンパンを頬張る雪風に、この真実は告げてもいいような気がする。


    『 スイカは野菜で、果物じゃない 』

    スイカバーをかじる時津風に、もう教えてしまっても大丈夫な気がする。



    慎重なお姉ちゃんも、覚悟を決めた。
    陽炎はいよいよ伝えます。

    3: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:30:35.70 ID:1+N5b36So





    陽炎「メロンはね、果物じゃないの」

    雪風「えー?」

    陽炎「スイカもそう。野菜なの」

    時津風「嘘だー」

    陽炎「本当よ」

    雪風「嘘だよ。だって、野菜炒めにメロンなんか入ってないもん」

    磯風「えっ」

    時津風「スイカだって野菜カレーに入ってないよ」

    磯風「えっ」

    4: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:31:36.75 ID:1+N5b36So

    陽炎「野菜炒めと言っても、何でも入っている訳じゃないわ」

    陽炎「イチゴも野菜だけど入ってないでしょ」

    磯風「えっ」

    雪風「イチゴも野菜なの!?」

    時津風「あんなに甘いのに!?」

    陽炎「そうよ、れっきとした野菜よ」

    陽炎「でも、野菜炒めにイチゴなんて入らないわよね」

    雪風「う、うん」

    時津風「入らない」

    磯風「えっ」

    陽炎「カレーにだってキュウリやレタスは入ってないわ」

    雪風「うん」

    時津風「入ってない」

    磯風「えっ」

    5: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:32:21.11 ID:1+N5b36So

    雪風「そっかぁ、甘くてもメロンは野菜なんだね」

    陽炎「そうよ雪風。偉いわね」

    時津風「時津風も分かったよー」

    陽炎「うんうん、時津風もいい子ね」

    陽炎「ご褒美にキャラメルをあげるわ」

    雪風「わーい」

    時津風「やったー」

    陽炎「それじゃあ、外で遊んでらっしゃい」

    雪風「うんっ」

    時津風「みんなにも教えてくるねー」タタターッ



    陽炎「磯風はちょっと後で話があるから」

    磯風「えっ」


    6: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:34:07.78 ID:1+N5b36So


    【 不知火 】


    不知火「今日のおやつは すもも です」

    司令「ほう、すももとは珍しいね」

    不知火「初物らしいですよ」

    司令「いやぁ、久しぶりに食べるな」

    不知火「不知火は初めてです」

    司令「そうなのか」

    不知火「はい。名前を聞いた事はあるのですが」

    司令「まあ、あまり馴染みのある果物ではないかな」

    不知火「美味しいです」モキュモキュ

    司令「あ、皮は剥かなくても大丈夫だよ」

    不知火「そうなのですか」

    司令「舌触りが苦手な人は剥くけどね」

    不知火「ふむ……皮ごとだと少し酸っぱいですね」

    司令「苦手かな」

    不知火「いえ。好きな味です」

    7: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:35:08.23 ID:1+N5b36So





    司令「すももと言えば」

    不知火「はい」

    司令「すももの早口言葉って知っているかな」

    不知火「早口言葉ですか」

    司令「うん。すももも桃も桃のうち、桃もすももも桃のうちってヤツ」

    不知火「あー、何か聞いた覚えが」

    司令「さて、上手く言えるかな~」

    不知火「不知火に隙はありません」キリッ

    司令「お、自信だねぇ」

    不知火「では……」コホン

    不知火「すもみょもももみょも――」

    司令「」

    不知火「…… ///」プルプル

    司令(可愛い)

    不知火「」ガタンッ! タタターッ!

    司令「あっ、不知火?」


    司令「うーん、どこかに行ってしまった」

    8: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:36:14.58 ID:1+N5b36So


     ~ 数十分後 ~


    司令「どこまで行ったんだろう」

    司令「しかし可愛いかったな不知火。耳まで真っ赤にして」

    不知火「司令、失礼します」

    司令(あ、帰ってきた)

    不知火「お茶をお持ちしました」

    司令「ああ、うん。ありがとう」

    不知火「焙じ茶です。どうぞ」

    司令「冷たいものを食べて身体が冷えていた所だったから嬉しいよ」

    不知火「今日もいい天気ですね」

    司令(ごまかした、ごまかしたよこの子!)

    不知火「洗濯物もよく乾きそうです」

    司令(何も無かった事にしてるよ!)

    不知火「後で一緒に散歩にでも行きましょう」ニッコリ


    9: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:37:39.50 ID:1+N5b36So


    【 黒潮 】


    陽炎「アンタ明日から毎朝ジョギングね」

    黒潮「はぁ?何やのいきなり」

    陽炎「決定だから。これ、命令だから」

    黒潮「そんなの横暴や、何でそんな事言うん」

    陽炎「アンタが痩せないからでしょ」

    黒潮「いや、そもそもウチそんな太ってないし」

    陽炎「ほら体重計」

    黒潮「いやいや陽炎」

    10: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:38:26.37 ID:1+N5b36So





    翌朝。


    黒潮「うぅ~、まさかホンマに叩き起こされるとは」

    黒潮「あー眠い。まだ外、薄暗いやん」

    黒潮「まあ、しゃあない」

    黒潮「せっかく起きたしちょっと走ろか」

    黒潮「別に運動は苦手やないしなー」

    11: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:39:35.30 ID:1+N5b36So





    黒潮「あ~疲れたー」フラフラ

    黒潮「アカン、ちょっと張り切り過ぎたわ」

    黒潮「けどまあ、ジョギングもエエもんやな」

    黒潮「いい汗かいたし、だいぶ痩せた気がするわ」

    親潮「お疲れさまです!」

    黒潮「何や親潮、待っててくれたんか」

    親潮「はい!黒潮さんが頑張っていると聞いて」

    黒潮「はー、親潮ホンマええ子やなぁ」

    親潮「これ、作ってきました!どうぞ」

    親潮「レモンのハチミツ漬けです」

    黒潮「うわー、メッチャ嬉しい」

    親潮「疲労回復には甘いものが効果的です」

    黒潮「甘酸っぱくて美味しい」モシャモシャ

    黒潮「何やの親潮、メッチャ女子力高いやん」

    親潮「いえ、そんな」テレ

    親潮「黒潮さん、明日も走るんですよね」

    黒潮「まあな、走らんと陽炎怒るしな」

    親潮「毎日作ってきますから」

    黒潮「えー、そんな悪いやん」

    親潮「全然平気です。一緒に頑張りましょう」

    黒潮「親潮優しいなー」ホロリ

    12: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:40:22.09 ID:1+N5b36So





    親潮「お疲れさまです!はい、ハチミツレモンです」

    黒潮「親潮ありがとう、嬉しいわー」モシャモシャ





    親潮「今日のは少しブランデーを入れてみました」

    黒潮「これも美味しいなー、染み渡るわー」モグモグ





    親潮「今日はグレープフルーツをシロップに漬けてみました」

    黒潮「親潮いつもありがとうな。ウチ、頑張る」ムシャムシャ


    13: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:41:33.10 ID:1+N5b36So



    ~ 一ヶ月後 ~



    陽炎「おっかしいわね~」

    陽炎「全然体重減ってないじゃない」

    不知火「むしろ微増してますね」

    陽炎「黒潮、アンタ本当に走ってる?」

    黒潮「なんや陽炎、疑ってんの」

    親潮「黒潮さんは毎日真面目に頑張っています」

    不知火「毎朝出掛けているのは陽炎も知ってる筈です」

    陽炎「う~ん、そうよねえ……」

    黒潮「せやでー、ウチ頑張ってる」

    親潮「流石です、黒潮さん!」

    陽炎「何で痩せないのかしらね」

    不知火「不思議です」

    親潮「不思議ですね」

    黒潮「不思議やなー」


    14: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:43:10.23 ID:1+N5b36So


    【 親潮 】


    親潮「黒潮さん、これ見てください」

    黒潮「わっ、フルーチェやん、どないしたん」

    親潮「コンビニで見かけたので。思わず買ってみました」

    黒潮「あーこれな、昔よく食べてたわー」

    親潮「牛乳も一緒に買って来ました。早速作りましょう」

    黒潮「作ろ作ろ。わー、楽しみやなー」

    親潮「種類も色々ありますよ」

    黒潮「ウチ、オレンジが好きやったわ」

    親潮「私はイチゴですね」

    黒潮「イチゴもええよなー」

    親潮「両方作っちゃいましょうか」

    黒潮「ええなー、作ろ作ろ」

    15: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:44:20.45 ID:1+N5b36So

    黒潮「牛乳どんくらいやったかな?適当でえっか」

    親潮「駄目ですよ、ちゃんと計りましょう」

    黒潮「あー、これこれ、懐かしいなー。大好きやったわ」

    親潮「大人になると食べなくなりますよね」

    黒潮「うわ、もう固まった!すごいなー、不思議やなー」

    親潮「本当に簡単ですね」

    黒潮「うわ、美味し!メッチャいけるやん」

    時津風「何か食べてるー」ヒョコ

    黒潮「おっ、ええとこ来たなー」

    親潮「フルーチェですよ」

    雪風「フルーチェって何ですか」

    黒潮「何や雪風、フルーチェ知らんの」

    時津風「何それ美味しいの」

    親潮「えっ、時津風もですか」

    時津風「知らなーい」

    黒潮「よっし、そんならもう一回作ろか」

    16: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:45:36.92 ID:1+N5b36So

    黒潮「袋を開けて……と」ガサゴソ

    雪風「何これー?」

    時津風「変なのー」

    黒潮「まあまあ待ちや、まだ途中やて」

    黒潮「今からな、牛乳混ぜるんや」

    黒潮「よー見とき」トクトク…

    黒潮「ほら!」プルンッ!

    雪風「固まった!」

    時津風「すごーい!魔法みたい!」

    黒潮「どやどやー!」

    雪風「どうやったの、どうやったの」

    黒潮「魔法やで」

    時津風「ホントに魔法なの!?」

    黒潮「実はな、ウチ魔法使いやねん」

    雪風「ほわっ!?魔法使い!?」

    時津風「プリキュアなの?」

    黒潮「キュアブラックやねん」

    雪風「すごーい!」

    17: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:46:20.77 ID:1+N5b36So

    時津風「ホワイトは?ホワイトは誰」

    黒潮「ホワイトは白雪や」

    時津風「白雪なの!」

    黒潮「悪い奴やっつけんねん」

    雪風「すごーい!」

    時津風「変身して!」

    黒潮「ダメダメ。内緒やからな」

    雪風「内緒なの」

    黒潮「せや、みんなには秘密やで」

    時津風「えー」

    18: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:47:28.44 ID:1+N5b36So

    黒潮「それよりほら、完成やで」

    黒潮「これムッチャ美味しいから。みんなで食べよな」

    雪風「わーい!」

    時津風「美味しーい!甘ーい」

    黒潮「せやろ。よーさんあるから、じゃんじゃん食べよな」ニコー

    陽炎「黒潮」

    不知火「黒潮」

    黒潮「ちゃうねん」

    不知火「また甘いものを食べていますね」

    黒潮「これはな、ちゃうねんて」

    陽炎「アンタさっきも雪見だいふく食べてたじゃない!」

    黒潮「くっ……ここは一時撤退や!」ダッ!

    不知火「あっ、逃げた!」

    陽炎「こら!待ちなさーい!」

    19: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:48:34.50 ID:1+N5b36So

    時津風「フルーチェ食べたーい」

    親潮「あら?もう食べたのですか」

    時津風「黒潮はー?」

    親潮「ええっと、どこかに行っちゃいましたね」

    時津風「えー」

    雪風「もっと食べたいです」

    親潮「じゃあ特別に……」トクトク…

    親潮「はい、どうぞ」プルルンッ!

    時津風「!」

    雪風「!」

    時津風「親潮も作れるの!?」

    雪風「親潮もプリキュアなの!?」

    親潮「うふふ。みんなには内緒ですよ」ニコッ


    20: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:50:50.38 ID:1+N5b36So


    【 初風 】


    野分「初風、クイズをしませんか」

    初風「クイズ?」

    野分「はい。さっき長門さんに教えてもらいました」

    初風「へえ」

    野分「頭の体操です」

    初風「いいわよ、クイズは得意だもの」

    野分「じゃあ、まずは簡単なのから」

    21: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:52:21.83 ID:1+N5b36So

    野分「第一問。お父さんが嫌いな果物は何でしょう」

    初風「はあ?簡単過ぎ、パパイヤでしょ」

    野分「お、流石にやりますね」

    初風「もっとガンガン来なさいよ」

    野分「それでは、第二問」

    野分「お母さんが笑顔になると出てくる果物は何でしょう」

    初風「む」

    野分「制限時間は10秒です」

    初風「ちょっ、ちょっと待ちなさいよ」

    野分「ヒント要りますか」

    初風「要らないわよ、そんなの。考えるからちょっと待ちなさい」

    野分「はいはい」ニコニコ

    22: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:53:39.97 ID:1+N5b36So

    舞風「初風!初風!」ドアガチャバターン!

    初風「!?」ビクッ!

    舞風「お父さんが嫌いな果物ってなーんだ?」

    初風「な、何よいきなり」

    舞風「なぞなぞだよ、えっへっへ~♪難しいでしょー」

    舞風「舞風は分かったよ!」

    舞風「ヒントはね~、お父さんは外国人なんだよ~」

    初風「あー、うん。ちょっと待ちなさい」

    時津風「初風ー!初風ー!」ドアガチャバターン!

    時津風「えっとね、えっとね、パパイヤはパパが嫌いなんだよ、何ででしょー」

    初風「知らないわよ」

    時津風「えっ?嘘?パパイヤ知らないの」

    初風「知ってるわよ」

    時津風「もぉーっ!どっちなのさぁ!」

    初風「いいから少し落ち着きなさい」

    雪風「初風!初風!初風ぇー!」ドアガチャバターン!

    雪風「大変です初風!パパイヤはお父さんです!」

    初風「それは大変ね」

    雪風「鈴木さんです!」

    初風「誰なのよ、それ」

    雪風「どうして嫌いなのですか!」

    初風「知らないわよ」

    雪風「じゃあ第二問です!」

    初風「アンタちょっと自由過ぎない!?」


    23: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:55:03.05 ID:1+N5b36So


    【 雪風 】


    雪風「しれぇ!りんごです!」

    司令「リンゴだね」

    雪風「シャリシャリです!」

    司令「シャリシャリだね」

    雪風「りんごおいしいです!」

    司令「美味しいね」





    雪風「しれぇ!おすしです!」

    司令「お寿司だね」

    雪風「シャリです!」

    司令「おっ、よく知ってるね」

    雪風「えへへ」

    雪風「玉子おいしいです!」

    司令「美味しいね」





    雪風「しれぇ!おすしです!」

    司令「二つ持ってきたね」

    雪風「シャリシャリです!」

    司令「シャリシャリだね」

    雪風「にてます!」

    司令「似てるね」

    雪風「おんなじです!」

    司令「同じかなぁ」

    雪風「玉子おいしいです!」

    司令「玉子以外も食べたいなぁ」


    24: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:56:38.68 ID:1+N5b36So


    【 天津風 】


    今日のおやつはさくらんぼ。 甘くて美味しい仲良し果実。



    天津風「さくらんぼなんて珍しいわね」

    雪風「甘酸っぱくて美味しいです」

    時津風「さくらんぼ大好き」

    足柄「さくらんぼと言えば」

    足柄「アンタ達、これ出来る?」

    天津風「?」

    足柄「こうやって……」モゴモゴ

    足柄「ほら」ペ

    天津風「!」

    時津風「すごーい!」

    足柄「手を使わずに茎を結ぶの」

    時津風「そんなの簡単だよー」

    雪風「やってみますー」モゴモゴ

    25: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 01:58:43.84 ID:1+N5b36So

    天津風「……」モゴモゴ

    天津風「……!」モゴモゴ

    天津風「~~!?」モゴゴ

    天津風(出来ない……!)

    雪風「難しいです」アウー

    時津風「うう~、こんなの無理だよ」

    足柄「やっぱりお子ちゃまには難しいかしら」

    天津風「む」

    天津風「何よこんなの、いきなり出来る訳ないじゃない」

    不知火「……」モゴモゴ

    不知火「出来ました」ペ

    天津風「えっ」

    春雨「出来ちゃいました」ペ

    天津風「は?」

    漣「デキタコレ!」ペ

    天津風「えええぇ~?」

    足柄「あら、すごいじゃない」

    天津風「何よそれ、どうして出来るのよ」

    不知火「どうしてと言われても…」

    春雨「身体が勝手に」

    漣「自然に出来る感じ?」

    天津風「はああぁぁ?」

    26: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:00:05.32 ID:1+N5b36So

    足柄「う~ん、才能というか素質かしらね」

    漣「やはり天才?」キリッ

    天津風「むうぅ~」

    不知火「さて……と」ガタッ

    天津風「どこ行くの」

    不知火「司令の所へ。報告に」

    天津風「報告って」

    不知火「不知火はデキる女です、と」キラーン

    天津風「ちょっと待ちなさいよ」

    天津風「こんなの出来たって何も意味ないわよ」

    不知火「そうなのですか」

    足柄「いや多分、男の人はすっごく喜ぶわよ」

    天津風「はあっ?何でよ」

    足柄「何でですかね~」ニヨニヨ

    27: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:01:07.94 ID:1+N5b36So

    天津風「こ、こんなの練習すればすぐなんだから」モゴモゴモg

    足柄「あーダメダメ、そんな強くやっちゃ」

    足柄「こうやって優しくね」ンッンッ

    足柄「ほら、ちょうちょ結び」ペ

    天津風「ッ!?」

    天津風「な、何なのよそれ!」

    足柄「これくらいで驚いてちゃダメよ」

    足柄「隼鷹なんてもっとすごいわよ」

    天津風「何でこんなのが出来るのよ!」

    足柄「何でかしらね~」

    巻雲「出来ましたぁー!」ペ

    天津風「巻雲までー!?」


    28: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:02:42.42 ID:1+N5b36So


    【 時津風 】


    今日のおやつは真っ赤なリンゴ。
    硬くて美味しい人気の果実。


    雪風「りんご?」

    時津風「リンゴだー!」

    卯月「やったぴょーん!」


    大淀「あらあら」

    司令「随分喜んでるな」

    時津風「陸奥さんアレやって!」

    陸奥「はいはい、アレね」シャリシャリ

    陸奥「はい、ウサギさん」

    卯月「すごーい!うさぴょん、うさぴょん!」

    陸奥「文月ちゃんはお花ね、はい」

    文月「ふ、フミィ…… ///」

    司令「飾り切りか」

    大淀「さすが陸奥さんですね」

    29: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:04:17.93 ID:1+N5b36So

    時津風「長門さんアレやって!」

    長門「む、アレか」

    時津風「早く早く!」

    長門「まあ待て、慌てるな」

    司令「お?長門も出来るのか」

    長門「フン!」バキグシャッ!

    司令「」

    長門「次はお前がこうなる番だ」(決め台詞)

    雪風「キャー!」

    時津風「カッコいい!」

    文月「ふえぇ~」

    司令「何だよこれ……」

    大淀「片手で握り潰しましたね」

    卯月「もう一回!もう一回!」

    長門「む、仕方ないな……よし、今度はダブルでいくぞ」

    長門「ヌンッ!」ゴキバキグシャリ!

    長門「死にたい奴から前に出ろ」キリリッ


     キャーッ キャーッ ワー ワー ステキー ゴリラー


    司令「この女子力の差」

    大淀「でも、長門さんの方が人気ありますよ」

    司令「そうなの?」

    大淀「気は優しくて力持ち。昔からみんなの憧れです」

    司令「いや、それ力士の誉め言葉だからね」


    30: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:07:43.57 ID:1+N5b36So


    【 浦風 】


    香る紅茶に美味しいお菓子。
    金剛主催のお茶会は、いつでも誰でもウェルカム。



    浦風「今日は姉を連れてきたんよ」

    黒潮「黒潮や、よろしゅうな」

    親潮「親潮です。お招き頂きありがとうございます」

    金剛「ようこそデース」

    霧島「さあさあ、こちらにどうぞ」

    比叡「楽しんでいってくださいね!」

    黒潮「ウチ、お茶会なんて初めて」

    親潮「私もです。緊張しますね」

    榛名「ふふ、リラックスして下さいね」

    霧島「今日はアールグレイにしてみました」

    親潮「いい香り」

    黒潮「こらまた上品やわ」

    浦風「霧島姉さんの紅茶は最高なんじゃけぇ」

    31: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:08:45.80 ID:1+N5b36So

    親潮「器もとても素敵ですね」

    黒潮「高そうなカップやなー」

    金剛「これは提督に買ってもらいマシタ」

    浦風「提督に?」

    金剛「改二のお祝いデース!」

    黒潮「何や司令はん、ええとこあるやん」

    比叡「比叡はカレー皿と銀のスプーンでした」

    親潮「わあ、これも素敵ですね」

    黒潮「へえ、それぞれ違う物なんや」

    浦風「提督って意外にセンスええんじゃねぇ」

    金剛「提督とても優しいデース ///」

    32: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:10:10.04 ID:1+N5b36So

    浦風「でも、ええの?」

    金剛「ハイ?」

    浦風「こんな高価なの使って」

    金剛「ティーカップは使うものデース」

    金剛「棚に飾っていても意味がありまセン」

    親潮「けれど、うっかり割ってしまったら……」

    金剛「物には神様が宿りマス」

    黒潮「神様?」

    金剛「ハイ。神様デス」

    金剛「長く使ったり大切に扱った物には、神様が宿りマス」

    金剛「ツクモガーミ、デース」

    浦風「つくもがみ?」

    黒潮「……突く最上!?」

    霧島「それは違う妖怪です」

    親潮「神様……付喪神ですね」

    33: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:11:58.83 ID:1+N5b36So

    金剛「美味しい紅茶を淹れて貰えれば、きっとポットも嬉しいデース」

    金剛「みんなに喜んで貰えたなら、カップだって幸せデース」

    金剛「箱に閉じ込めて仕舞っていれば、神様も悲しみマス」

    金剛「耳を傾けてみてくだサイ」


    ポット 『シアワセ シアワセ』

    カップ  『ウレシイ ウレシイ』


    浦風「……聞こえた」

    金剛「さあさあ、もっと飲んでくだサイ」

    金剛「ポットにもカップにも、もっと働いてもらいまショウ!」

    黒潮「ええ話やわー」

    浦風「ん?」

    浦風「あっちのお皿も何か呟いとるね」

    親潮「比叡さんのカレー皿ですね。聞いてみましょう」


    皿 『ツライデス ツライデス』

    スプーン 『フコウダワ…』


    浦風「」

    黒潮「」

    親潮「」


    浦風「……えーっと」

    黒潮「ウチ、よぉ聞こえへん」

    親潮「奇遇ですね、私もです」

    34: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:13:15.52 ID:1+N5b36So

    霧島「浦風はこういうの持ってないの」

    浦風「うーん、ウチらまだ改二になってないし」

    金剛「何でもいいんデスよ、高価じゃなくても」

    比叡「長く使ってたり、思い入れのある道具とかでも」

    黒潮「あっ、それならウチ持ってる」

    黒潮「一家に一台、たこ焼き器」

    浦風「あー、アレかぁ」

    黒潮「着任した時からずっと使ってるんや」

    親潮「年季入ってますよね」

    榛名「たこ焼き器なら私も持ってますよ」

    黒潮「へ?榛名さんも」

    榛名「デザートに使います」

    黒潮「デザートに?」

    榛名「今日も作ってみたんですよ」

    榛名「黒潮さん達がいらっしゃると聞いていたので」

    榛名「少し変わった物をと思いまして」

    35: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:14:11.70 ID:1+N5b36So

    榛名「はいどうぞ、フルーツたこ焼きです」

    黒潮「うわー、メッチャおしゃれやわ」

    榛名「タコの代わりに果物が入ってます」

    榛名「ソースもフルーツでジャムを色々」

    親潮「素敵ですね、宝石みたいです」

    黒潮「うわ、これ美味しい」

    浦風「こんな使い方があるんじゃねぇ」

    黒潮「ウチも帰って作ってみよ」

    親潮「雪風達も喜びそうですね」

    霧島「さあ、紅茶のおかわりをどうぞ」

    比叡「紅茶もお菓子も沢山ありますよ!」

    金剛「パーティーはまだまだこれからデース!」


    36: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:15:36.37 ID:1+N5b36So



    ◇◇◇



    黒潮「雪風ー、時津風ー、おいでー」

    雪風「何々、おやつ?」ヒョコ

    黒潮「今日はすごいで、フルーツたこ焼きやで」

    時津風「フルーツたこ焼き!?」

    雪風「果物なの」

    黒潮「せやでー、榛名さんに教えてもらったんや」

    時津風「すごーい!」

    雪風「美味しいー!甘ーい!」

    黒潮「ようさんあるからな、みんなで沢山食べよな」ニッコリ

    陽炎「黒潮」

    不知火「黒潮」

    黒潮「ちゃうねん」

    陽炎「アンタいい加減にしなさいよ!」

    不知火「甘いものは控える約束です」

    黒潮「これはちゃうんや、神様やねん」

    陽炎「はあ?神様」

    黒潮「そうや、付喪神やねん」

    不知火「突く最上!?」

    陽炎「つ、突くってアンタ、何言ってんのよ ///」

    不知火「最上さんを突くのですか、それともやはり最上さんの方が……!」

    浦風「付喪神じゃけえね」


    37: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:19:32.60 ID:1+N5b36So


    【 磯風 】


    大きめのグラスに氷を詰めて、冷えたウオッカをなみなみ注ぐ。
    日本の夏は辛いけど、これさえあれば乗り切れる。


    響「ハラショー」

    阿武隈「こら!ダメでしょ!」

    響「ん、阿武隈かい」

    阿武隈「子供なのにお酒なんて飲んじゃダメ」

    響「ロシアでは水代わりさ」

    阿武隈「ここは日本!」

    響「不死鳥の名は伊達ではないよ」

    阿武隈「とにかくダメダメ!」

    響「むうぅ~」プクー


    38: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:20:41.13 ID:1+N5b36So





    響「やれやれ、阿武隈にも参ったものだよ」

    響「何かいい方法はないかな……」

    響「ん……?」



    浦風「ウチはレモン味!」

    谷風「谷風さんはイチゴな!」

    秋雲「秋雲さんは氷あずきで!」

    浜風「磯風は何味のシロップにしますか」

    磯風「む、そうだな……」

    磯風「私は何もかけなくていい」

    浜風「えっ」

    谷風「甘くないじゃん」

    磯風「バルジが気になるしな」

    浜風「少しくらい いいじゃないですか」

    磯風「暑いしあんまり甘ったるいのは欲しくないんだ」

    秋雲「え~」

    谷風「それじゃあ、ただの氷じゃん」

    39: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:21:42.55 ID:1+N5b36So

    親潮「氷本来の味が味わえるから、年配の方は時々されますね」

    陽炎「食通っぽいわね」

    磯風「そんな立派なものじゃないさ」

    黒潮「あ、でも甲子園やと割と見かけるな」

    浜風「味のない氷をですか?」

    黒潮「かち割り言うてな、結構売れてるみたい」

    浜風「そうなんですか」

    黒潮「あ、間宮さん、ウチのは練乳たっぷりで!」

    陽炎「アンタはちょっと自重しなさい」



    響「……これだ!」ピコーン!

    40: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:23:00.58 ID:1+N5b36So





    雷「私、イチゴー!」

    暁「暁はブルーハワイよ!」

    電「はわわ、おしゃれなのです」

    暁「レディなんだから」フフン

    電「響ちゃんは何にするのですか」

    響「私は氷だけで」

    雷「はあ?何よそれ」

    暁「そんなの甘くないじゃない」

    響「甘くないのもいいものだよ」

    暁「えー?」

    響「この冷たい水をかけて食べるんだ」トクトク

    響「うん、さっぱりして美味しい」

    雷「何だか大人ね」

    電「大人なのです」

    暁「むううっ~」





    雷「あ、隼鷹さんとポーラさんだわ」

    電「お酒に釣られて寄ってきたのです」

    暁「でも変ね、ここにお酒なんて無いわよ」

    雷「不思議ね」

    響「不思議だね」

    電「不思議なのです」


    41: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:24:16.83 ID:1+N5b36So


    【 浜風 】


    浜風「渋柿ですか」

    鳳翔「はい、今年もたくさん頂きました」

    浜風「干すんですよね?手伝います」

    鳳翔「ありがとうございます」

    雪風「渋柿って何ですか」

    浜風「名の通り、渋い柿です」

    時津風「渋いって?」

    浜風「あー…食べてみますか」

    雪風「食べていいの?」

    時津風「食べる食べるー!」

    42: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:25:29.83 ID:1+N5b36So


    雪風「うぇ!何これ!」

    時津風「変な味!美味しくない」

    浜風「これが渋味です」

    雪風「あうあう~」

    時津風「こんなの食べられないよ~」

    浜風「はい、このままでは無理です」

    浜風「そこで魔法をかけます」

    雪風「魔法?」

    浜風「皮を剥いて吊して干します」

    時津風「それだけ?」

    雪風「干すだけでいいの?」

    浜風「はい」

    時津風「えぇ~?」

    43: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:26:15.52 ID:1+N5b36So


      ~ 数週間後 ~ 


    雪風「しわしわ~」

    時津風「変な色~」

    浜風「完成です」

    雪風「えぇ~、こんなの美味しくないよ」

    時津風「絶対マズいよ」

    浜風「大丈夫ですよ、はい」

    雪風「!」

    時津風「!」

    雪風「甘ーい!」

    時津風「何で?美味しい!」

    浜風「魔法です」

    雪風「すごーい!魔法ー!」

    44: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:27:29.02 ID:1+N5b36So







    ローマ「……何これ」

    リットリオ「軒下にピーマンが吊してありますね」

    アクィラ「こっちにはセロリがたくさん~」

    ローマ「何なの、嫌がらせ?」

    リットリオ「虫除けとかじゃないかしら?」

    リベッチオ「あ、それ雪風のだよ」

    リベッチオ「触ったらダメだよー」

    ローマ「何なのよこれは」

    リベッチオ「う~ん、リベもよく知らないんだけど」

    ザラ「魔法とか言ってたわね」

    ローマ「魔法?」

    リットリオ「何かの儀式かしら」

    ローマ「こんなの絶対に黒魔術よ」

    アクィラ「日本には不思議がたくさんですね~」


    45: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:30:13.01 ID:1+N5b36So


    【 谷風 】


    出掛ける支度をしていると、めざとく谷風がやって来た。
    清霜から話を聞き付けて、慌ててここに来たようだ


    谷風「パスタ屋に行くんだって?谷風も連れてっておくれよぅ」


    生粋の江戸っ子である谷風にとって、パスタは欠かせぬソウルフードなのだと言う。


    那智(お前のソウルフードは、パスタではなくてお菓子だろう)

    那智は心の中でそう思ったが、口に出すのは止めておいた。


    那智「別に構わんが、退屈だぞ」

    谷風「がってんだー!」パアアァ!


    ”生粋の江戸っ子”という言葉の意味を、那智は百回くらい教えたが。
    大阪生まれ広島育ちの谷風は、大きく「うん!」と答えるだけで、最後まで理解を示さなかった。


    武蔵「フッ、随分待たせたようだな」


    果たして約束の時間になると、のそり、と武蔵がやって来た。
    足元にはいつものように、清霜が纏わりついて離れない。


    那智「いや、時間通りだ」

    清霜「それじゃあ、しゅっぱーつ!」

    46: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:31:20.66 ID:1+N5b36So





    武蔵「ふむ、イタリア料理とは珍しいな」

    那智「いい雰囲気だろう。重巡の集まりで時々使うんだ」

    武蔵「ほう」

    那智「味も本格的でな、ザラやポーラのお墨付きだ」

    武蔵「それは楽しみだな」

    那智「種類も豊富だぞ。パスタだけでも何十種類もある」

    谷風「うおー!」

    清霜「すごーい!」

    47: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:32:38.43 ID:1+N5b36So

    那智「お前達はパスタとか分からないだろう。店のオススメでも頼んでみるか」

    谷風「てやんでぇ、べらんめぇ!谷風さんは自分で決めるぜ」

    谷風「こう見えてパスタにはうるさいんだ。通に任しておくれよ」

    那智「ほう」

    清霜「わたしも自分で選びたいです!」

    清霜「毎日リベと遊んでいるからイタリアには詳しいです!清霜は国際派です」

    武蔵「ふむ」

    那智「よし、それなら各々好きなのを注文しろ」

    清霜「やったー!わたしナポリターン!」

    谷風「よっしゃーっ!谷風さんもナポリターン!」

    那智(通だなぁ……)

    武蔵(国際派だなぁ……)

    48: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:33:49.89 ID:1+N5b36So





    店主「お待たせしました」コトッ

    清霜「すごーい、何これー!」

    谷風「真っ黒じゃねーか」

    那智「イカスミのパスタだ」

    清霜「こんなの食べたら、口が真っ黒になっちゃうよ」

    武蔵「はっはっは」

    那智「そう言うが、昔は歯が黒い方がモテてたんだぞ」

    清霜「えー?」

    那智「お歯黒と言ってな、わざわざ黒く塗っていたんだ」

    那智「まあ、美人の代名詞だな」

    谷風「へー」

    清霜「そういえば羽黒さんって綺麗だよね」

    谷風「うんうん、優しいしな」

    那智(それは羽黒)

    武蔵(お歯黒関係ない)

    49: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:34:55.64 ID:1+N5b36So

    谷風「でも那智の方が美人だけどな!」

    那智「む」

    清霜「いや、武蔵さんの方が美人だよ!」

    武蔵「ん」

    谷風「何言ってんだよ!那智の方がモテるに決まってるだろ」

    清霜「違うよ!武蔵さんの方がモテモテなんだから!」

    那智「おいおい、お前ら」

    武蔵「こらこら、喧嘩するな」

    谷風「あぁ?言っとくけどウチの鎮守府で那智が一番綺麗だからな!」

    清霜「ちーがーいーまーすー!一番美人なのは絶対絶対武蔵さんだからね!」

    那智「お前らケーキでも食うか」

    武蔵「ジュースも飲んでいいぞ」


    50: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:36:09.14 ID:1+N5b36So





    武蔵「寝たか」

    那智「ああ」

    武蔵「しかし随分派手に汚したな」

    那智「ナポリタンだからな、仕方ない」

    武蔵「これはシミ抜きが大変だぞ」ヤレヤレ

    那智「まあ、予想通りさ」


    那智「さて、静かになったしもう少し飲もうか」

    武蔵「赤にするか白にするか、ロゼというのもあるな」

    那智「ローマに聞いたんだが、赤ワインは身体にいいらしい」

    武蔵「ほう」

    那智「ポリ……なんとかが効くそうだ。 美容にもいいそうだ」

    武蔵「そんな事を聞いたら飲まなくてはならないじゃないか」

    那智「うむ。仕方ないな」

    武蔵「仕方ない、仕方ない」グビグビ

    那智「あー、仕方ない」グビグビ


    51: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:37:25.42 ID:1+N5b36So





    那智「さて、最後はデザートだが……」

    武蔵「こいつらは一度寝たら起きないぞ」

    那智「むう、しかし来る前から楽しみにしていたからなぁ」

    武蔵「そういえばジェラートがどうのと言ってたな」

    那智「桃と洋梨がオススメらしい」

    武蔵「お土産にしてはどうだ」

    那智「テイクアウトか、だが持ち帰ると他の姉妹とで喧嘩にならないかな」

    武蔵「全員分買ってやればいいじゃないか」

    那智「全員分か、うーん……」

    武蔵「何人いるんだ」

    那智「二十人くらいいるな」

    武蔵「」

    那智「いや、もっとか」

    武蔵「そんなにいるのか」

    那智「どちらも大所帯だからな」

    武蔵「それはつまり、駆逐艦寮ではこの二十倍騒がしいって事か」

    那智「まあ、そうなるな」

    武蔵「はー……」

    那智「想像もつかんな」フフッ


    52: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:39:16.10 ID:1+N5b36So


    【 野分 】


    野分「ぶどう感……ですか?」

    那珂「うん、武道館。知ってるかな?」

    野分「いや、ちょっとよく分からないですね」

    那珂「そっかぁ、まだ知らないか」

    野分「那珂ちゃんは知ってるんですね」

    那珂「もちろんだよ!だって憧れだもん」

    野分「憧れ、ですか」

    那珂「そうだよー。感動したり興奮したり、言葉では言い表せないよ」

    野分「そんなにすごい感覚なのですか」

    那珂「心を……ううん、魂を揺さぶる感じだよ」

    野分「それはつまり、快感や多幸感といった意味でしょうか」

    那珂「うんうん、それに近いというか、全部合わせたような感じ。だって頂点だもん」

    野分「頂点……絶頂……ですか」

    53: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:40:42.33 ID:1+N5b36So

    那珂「あ~思い出すなぁ、初めて行った時の事」

    野分「イッた!?初めて?」

    那珂「あれは那珂ちゃんが今の のわっちぐらいの頃だったかなぁ」

    野分「そ、そんなに早く?」

    那珂「早くないよ、普通だよ」

    那珂「ああ、でも那珂ちゃん都会っ子だったからね。田舎の子よりは早かったかも」

    野分「やっぱりそういうものですか」

    那珂「馬鹿にする訳じゃないけど、田舎だとやっぱり大変だよ」

    野分「そ、それでどんな感じだったんですか」

    那珂「ん?武道館」

    野分「はい。その、初めてイッた時のぶどう感というのは」

    那珂「そりゃもうすごかったよ!那珂ちゃん泣いちゃったもん」

    野分「やっぱり痛かったんですか」

    那珂「ううん、気持ちよくて」

    野分「気持ちよくて泣くのですか!?」

    那珂「感涙って言うのかなぁ……一生忘れられないなぁ」

    野分「」

    54: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:42:10.94 ID:1+N5b36So

    野分「だ、誰と……」

    那珂「え?」

    野分「初めてイッた時のお相手は誰だったんですか」

    那珂「川内ちゃんだよ」

    野分「川内さんっっ!?」

    那珂「あと神通ちゃんも」

    野分「神通さんまでっっ!?」

    野分「い、いきなり三人ですか!三人でイッたのですか」

    那珂「そうだよ。みんな一緒だよ」

    野分「し、姉妹ですよね?普通は男の人とじゃないんですか」

    那珂「まあデートとかでね、男の人と一緒に行く人もいるよね」

    野分「ですよね、普通はそうですよね」

    那珂「でも那珂ちゃんは、川内ちゃんと神通ちゃんが良かったんだ」

    那珂「最初は三人で行こうねって、決めてたんだ。だって……大好きだから」

    野分「で、でもやっぱり普通は……」

    那珂「実を言うとね、神通ちゃんは最初あまり乗り気じゃなかったんだよ」

    野分「ですよね!そう思います!神通さんは絶対そうです」

    那珂「でも照明が消えて本番が始まると変わったんだ」

    野分「嘘ですよね」

    那珂「髪を振り乱し大きな声をあげて大興奮だよ」

    那珂「本番が終わった後は、もうみんな汗だくでグッタリだったよ」

    野分「」

    55: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:43:15.21 ID:1+N5b36So

    那珂「どう?少しは興味でたかな」

    野分「の、野分にはまだ早いです……」

    那珂「そんな事ないよ!さっきも言ったけど那珂ちゃんだって最初は のわっちぐらいの時だったよ」

    野分「でも……野分はそういうの何も知らなくて」

    那珂「大丈夫だよ!那珂ちゃんが全部教えてあげる!」

    野分「ぶどう感の事も?」

    那珂「武道館の事も!」

    野分「どうやってイクかも?」

    那珂「いろんな行き方を教えてあげる!」

    野分「あ、あの……野分は、野分は……」モジモジ

    那珂「優しくしてあげるから……ね?」ニコッ

    野分「…… ///」コクッ


    56: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:44:32.24 ID:1+N5b36So


    【 嵐 】


    むかしむかしあるところに、二人の女の子が住んでいました。


    あらし「りんご大好き」

    はぎぃ「ぶどう大好き」


    二人は甘いものが大好きで、毎日くだものばかり食べていました。


    磯風「さあ、ご飯だぞ二人とも」

    あらし「……」

    はぎぃ「……」


    比叡「美味しいカレーが出来ましたよ!」

    あらし「……」

    はぎぃ「……」


    二人はいつも好き嫌いばかり。

    ご飯も食べずにくだものばかり食べていました。


    57: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:45:36.47 ID:1+N5b36So


    そんなある日……


    あらし「うわあーん!」

    はぎぃ「髪の毛がー!」


    何という事でしょう。


    りんごばかり食べていたあらしの髪は赤色に。

    ぶどうばかり食べていたはぎぃの髪は紫色に。


    好き嫌いばかりしていた二人は、くだもの星人になってしまったのです。


    わがままを言っていたばっかりに……

    好き嫌いをしていたばっかりに……


    くだもの星人になった二人は、それから毎日泣いて暮らしましたとさ。



    おしまい。


    58: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:46:44.22 ID:1+N5b36So



    陽炎「……というお話だったのよ」つ 絵本


    雪風「……!?」ガクガク

    時津風「……!?」ブルブル

    雪風「か、髪の毛が……あ、赤色に?」

    時津風「ふ、不良なの、チンピラなの」

    陽炎「そうよ。好き嫌いばかりしてると、アンタ達もそうなるわよ」

    雪風「ふ、ふえぇ……」

    時津風「怖いよ怖いよ」

    雪風「ど、どうすれば……」

    陽炎「ちゃんと言う事を聞いて、いい子にしていれば大丈夫よ」

    雪風「雪風いい子になります!」

    時津風「時津風もなるよ!好き嫌いしないよ!」

    陽炎「よしよし、偉いわね二人とも」 ニッコリ


    59: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:47:27.33 ID:1+N5b36So





    黒潮「いや~、すごい効き目やわ」

    不知火「どうしたんですか、この絵本」

    陽炎「秋雲に頼んだの」

    不知火「なるほど、さすが秋雲ですね」

    陽炎「これで好き嫌いもなくなるわ」

    黒潮「いい子にもなるし、万々歳やな」

    陽炎「うんうん、万々歳よ」



    嵐「陽炎」

    萩風「陽炎」

    陽炎「さっ、遠征行ってこなきゃ」イソイソ

    嵐「陽炎」

    萩風「陽炎」

    陽炎「あー、忙しい忙しい」スタスタ


    60: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:50:38.45 ID:1+N5b36So


    【 萩風 】


    コタツでぬくぬく寝て過ごし、喉が渇けばミカンを食べる。

    焼いた餅も芋もある。温かいお茶もある。

    雪降る真冬の桃源郷。ずっとこうして暮らしたい。



    萩風「ただいまー」

    嵐「あー、疲れたー」

    野分「嵐、萩風、お帰りなさい」

    萩風「わぁ、部屋は暖かいね」

    野分「さ、コタツにどうぞ」

    野分「すぐお茶を淹れますね」

    嵐「あ、手伝うよ」

    野分「大丈夫ですよ、ゆっくりして下さい」

    61: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:51:23.84 ID:1+N5b36So





    嵐「あぁ~コタツ幸せー」

    萩風「外、寒かったもんね」

    野分「ミカンもありますよ」

    嵐「おっ、ミカンいいねぇ」

    萩風「あれ、舞風寝ちゃってるね」

    野分「頑張って待っていたんですけどね」

    野分「ついさっき、力尽きました」

    嵐「おコタ気持ちいいもんな」

    萩風「布団で寝ないと風邪ひくよ」

    嵐「まあ少しくらい大丈夫さ」

    62: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:52:10.85 ID:1+N5b36So





    萩風「ミカン美味しいね」

    嵐「すごく甘いな」

    野分「暇だったんで、たくさん揉んどきました」

    嵐「えっ、ミカンって揉むと甘くなるの」

    野分「あれ?聞いた事ありませんか」

    嵐「えー、初耳」

    野分「食べ比べしてみますか」

    嵐「するするー」

    野分「こっちが普通のミカンで」

    野分「こっちが揉んだやつです」

    嵐「どれどれ……」

    嵐「……あ!」

    嵐「すごい!全然違う!」

    野分「鳳翔さんが教えてくれました」

    萩風「どういう仕組みなんだろうね」

    野分「不思議ですね」

    63: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:53:00.46 ID:1+N5b36So





    嵐「のわっちって、結構几帳面だよな」

    野分「え、そうですか」

    嵐「ミカンの房の白いやつとかさ」

    萩風「ああ、野分は全部剥く派だね」

    野分「嵐は剥かないんですか」

    嵐「俺は皮だけだなー、面倒だし」

    萩風「この白い筋はすごく栄養があるんだよ」

    野分「そうなのですか」

    萩風「ビタミンとか食物繊維とか」

    嵐「はぎぃは詳しいなぁ」

    64: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:54:13.94 ID:1+N5b36So





    萩風「筋を綺麗に取って」

    萩風「つるつるになったミカンの房をね」

    萩風「こうやってふたつ重ねるとさ、ほら 唇みたいでしょ」プニ

    萩風「感触もね、本物そっくりなんだよ」プヨ

    嵐「おー、ちょっと厚めの唇だね」

    萩風「唇の厚い女の人はエッチなんだって」

    嵐「えー、何それ ///」

    嵐「じゃあ、のわっちとか厚々じゃん」

    野分「な、何でですか!野分はエッチではありません!」

    萩風「あはは」

    65: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:55:18.62 ID:1+N5b36So





    嵐「あ、はぎぃそれ貸して」

    萩風「え?ミカン」

    嵐「そうそう、その重ねたやつ」

    萩風「はい」

    野分「?」

    嵐「ほらほら舞風~」チュッチュッ

    嵐「エッチな野分ですよ~」チュッ

    萩風「ふふ、何やってるの」

    嵐「いや眠り姫にさ、王子様のキッス」

    舞風「う、う~ん……野分?」

    嵐「おっ、反応した」

    嵐「朝ですよ~、起きてくださ~い」チュッチュッ

    舞風「もう……さっきたくさんしたでしょ~」ムニャムニャ

    嵐「!?」

    萩風「!?」

    野分「!?」

    舞風「続きはお風呂に入ってからね~……」スヤァ…

    嵐「!? ///」

    萩風「!? ///」

    野分「!? ///」

    66: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:56:16.48 ID:1+N5b36So

    嵐「え、えっと……野分さん?」

    野分「違います」

    萩風「これは一体、どういう」

    野分「違います」

    嵐「ちょっと詳しく聞かせてもらおうかな」

    野分「これは違うのです」

    萩風「うんうん、詳しくは署の方で聞くからね~」

    野分「野分には何のことやら」


    67: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:57:46.53 ID:1+N5b36So


    【 舞風 】


    今日のおやつは黄色い果実。

    クレープにもシェイクにも、チョコレートにもミルクにも。
    何にでも合う人気者。



    舞風「長門さん、長門さん」

    長門「ん、舞風か。どうした」

    舞風「これ、あげます」

    長門「む?これは……バナナか」

    舞風「たくさん食べてください」タタタッ

    長門「あっ、おい、舞風」

    68: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:58:33.32 ID:1+N5b36So





    陸奥「どうしたの、それ」

    長門「いや、駆逐艦の子達に貰ったんだが」

    陸奥「えー、また?」

    長門「う、うむ」

    陸奥「え、何で?あの子達のおやつじゃないの」

    長門「私にも分からないんだ」

    陸奥「どうするの、こんなに沢山」

    長門「食べるさ」

    陸奥「これ全部?」

    長門「う」

    陸奥「相当あるわよ」

    長門「まあ、何とかなるだろ」

    長門「別にバナナは嫌いじゃないしな」

    69: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 02:59:30.13 ID:1+N5b36So





    長門「……」モシャモシャ



    舞風「どお?」ソー

    嵐「食べてる、食べてる」

    野分「すごい量ですね」

    萩風「あれ全部食べるのかな」

    舞風「ほらね、言ったでしょ」

    舞風「長門さんはバナナが一番好きなんだよ」

    萩風「確かにそうかも」

    嵐「あの食べっぷりだもんな」

    舞風「みんなにも教えてくるね」タタタッ

    野分「あっ、舞風、私も行きます」

    70: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:00:32.54 ID:1+N5b36So





    舞風「何それ」

    不知火「菓子折りです。長門さんに、日頃のお礼をと」

    舞風「あー、そんなのダメダメ」

    舞風「長門さんにはバナナじゃないと」

    不知火「えっ、バナナですか」

    舞風「そう!バナナ!なるべくおっきな奴ね」

    不知火「しかしバナナなんて……」

    舞風「だーいじょうぶだって、バナナ大好きなんだから長門さん」

    陽炎「ゴリラじゃないんだから、そんなにバナナばかり食べる訳ないでしょ」

    舞風「じゃあ、見てみてよ」

    舞風「ほら、あそこにいるよ」



    長門「……」モグモグモグ



    陽炎「……食べてるわね」

    不知火「そういえば、こないだもモリモリ食べていましたね」

    陽炎「え、何?本当にバナナが好きなの」

    不知火「みたいですね」

    71: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:01:34.00 ID:1+N5b36So





    長門「確かに嫌いではないが……」

    長門「こんなにあると流石に飽きるな」

    陸奥「間宮さんのお店で使ってもらったら」

    長門「いや、それは駄目だ」

    長門「自分達のおやつを差し出してまで贈ってくれたんだ」

    長門「やはり私が責任を持って食べ切るべきだろう」

    陸奥「でも、この量よ」

    長門「少々無理しても詰め込んで食べるさ」





    長門「……!」モッシャモッシャ



    不知火「すごい勢いで食べてますね」

    陽炎「そんなに嬉しかったのかしら」

    72: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:02:33.76 ID:1+N5b36So





    長門「うっ!喉に詰まっ……!」ゴフッ

    陸奥「ほらほら、慌て過ぎよ」

    長門「うっ、うっ」ドンドン





    陽炎「ドラミングしてるわね」

    舞風「ドラミングって何?」

    陽炎「胸をドンドン叩いてるでしょ、あれよ」

    野分「どうして叩くんですか」

    陽炎「興奮してるんじゃないかしら」

    野分「そんなに喜んでくれているのですか」

    陽炎「あと、威嚇してるのかも」

    嵐「威嚇?何でさ」

    陽炎「バナナを盗られると思ったんじゃないかしら」

    萩風「あー、陸奥さんにね」

    不知火「妹相手にも譲らないとは……本当にバナナが宝物なんですね」

    73: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:03:29.99 ID:1+N5b36So

    陽炎「はあ……仕方ないわね」

    陽炎「長門さんへの贈り物はバナナにしましょう」

    不知火「えっ、本当にバナナでいいんですか」

    陽炎「あんなに好きならその方がいいわよ」

    陽炎「みんなでお金を出しあって、バナナを沢山買いましょう」

    舞風「やったーっ!」

    萩風「どうせなら高級品にしてみる?」

    嵐「あ、それいい!贈答用の奴とか」

    不知火「喜んでくれるでしょうか」

    舞風「絶対大喜びだよ!」

    萩風「楽しみだね~」

    野分「楽しみですね」


    74: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:04:41.63 ID:1+N5b36So


    【 秋雲 】


    真っ白な砂浜に打ち上げられ力尽きたイルカのように、姉達が黒コゲで死んでいた。
    灼熱の地獄で繰り広げられた白熱のビーチバレーは想像以上の過酷さだったようだ。

    クーラーボックスからキンキンに冷えたジュースをチラ見せしたら動き出した。
    プリキュアの衣装のままデパートの屋上に行き、大興奮の幼女の群れに殺到された不知火の気持ちを、少しだけ理解する。


       オイテケー オイテケー ペリエオイテケー

       オイテケー ワタシネクター ズルイワタシモー


    こんな状況でも、ペプシ あずき は人気がない。


    75: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:06:33.53 ID:1+N5b36So


    ◇◇◇


    陽炎「この中に一人、裏切り者がいるわ」 スプライト レモンライム

    不知火「それはまた物騒な話ですね」 ソルティ ライチ

    黒潮「まあ裏切り者っちゅーか、変わり者やな」 みっくちゅじゅーちゅ

    親潮「確かに、一人だけ明らかに違いますね」 りんご黒酢

    初風「ああ、なるほど。間違い探しね」 Gokuri グレープフルーツ

    雪風「雪風は分かりました!」 カルピス 白桃

    天津風「えっ、もう?」 いろはす ハスカップ

    時津風「時津風も分かったよー!」 メロンソーダ

    浦風「まあ、ウチらの目は誤魔化せんよ」 シュウェップス シトラス

    磯風「そもそも誤魔化してないだろ、これ」 ブラッド オランジーナ

    浜風「えっ、もうみんな気づきました?」 ネクター ミックス

    谷風「てやんでい!まるっと全部お見通しよー!」 ポンジュース

    野分「というか最初からバレバレですね」 ペリエ ライム

    嵐「あ、やっぱり?」 アップルサイダー

    萩風「でも、本人は分かってないみたいだよ」 桃の天然水

    舞風「じゃあみんな、せーので言うよ」 なっちゃん オレンジ

    秋雲「え、えっと、犯人は……」 ペプシ あずき



    全員「お前だーーー!!」

    秋雲「な、なんだってーー!?」(驚愕)


    76: ◆36RVFTz/1g 2018/02/26(月) 03:07:06.72 ID:1+N5b36So

    以上です。
    読んでくれた人ありがとう。

    引用元: 果の陽炎型

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (604)
    男女 (46)
    幼馴染 (14)
    兄妹 (22)
    姉弟 (3)
    姉妹・女女・百合 (11)
    父母・夫婦・子供・家族 (21)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・○○女・職業等 (154)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (78)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (64)
    擬人化・人外・動物・ロボット (53)
    著名人 (19)
    ブーン系 (11)
    おんJ・なんJ (105)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (585)
    シンデレラガールズ (394)
    ミリオンライブ (86)
    シャイニーカラーズ (21)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (4)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (2)
    ガヴリールドロップアウト (42)
    ガールズ&パンツァー (62)
    かぐや様は告らせたい (6)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (4)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (95)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (18)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (1)
    グランブルーファンタジー (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (3)
    けいおん! (2)
    ゲゲゲの鬼太郎 (1)
    月刊少女野崎くん (17)
    けものフレンズ (8)
    コードギアス (2)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (3)
    この素晴らしい世界に祝福を! (3)
    こち亀 (2)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (3)
    桜trickSS (1)
    サザエさん (3)
    ジブリ (3)
    STEINS;GATE (11)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (2)
    進撃の巨人 (3)
    新世紀エヴァンゲリオン (5)
    スクールガールストライカーズ (3)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (3)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (1)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (5)
    ちびまる子ちゃん (3)
    刀使ノ巫女 (4)
    とある魔術の禁書目録 (7)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (26)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (2)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (4)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (2)
    化物語 (1)
    ハリーポッター (1)
    HUNTER×HUNTER (2)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (19)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (14)
    BLACK CAT (2)
    プリキュア (2)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (42)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (5)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (1)
    名探偵コナン (11)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (9)
    遊戯王 (15)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (8)
    ゆるゆり (9)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (66)
    リトルバスターズ! (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (7)
    笑ゥせぇるすまん (7)
    ワンピース (5)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (3)
    ゲーム (12)
    その他 (12)
    みたいなのどうよ (8)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (0)
    ウマ娘 (1)
    はたらく細胞 (1)

    タグクラウド


    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク