FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    木山「上条当麻君か。よろしく」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 22:42:09.21 ID:LALM626eP

    上条「はぁ、よろしくお願いします」

    木山「両腕骨折とは、なかなか出来る体験では無いよ」

    木山「ゆっくり病院生活を楽しんでいくといい」

    上条「遠慮しておきます!そういや、いつもはカエル先生なのになんかあったんですか?」

    木山「ああ、私も普段は部屋に閉じこもって居るんだがね」

    木山「常連で面白い患者が居ると聞いて、気分転換ついでにキミを任されたということだよ」

    上条「く、患者なのにセラピーの道具かよ・・!不幸だー!」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 22:52:51.82 ID:LALM626eP

    木山「ま、そういうことだ。少しの間仲良くしてくれたまえ」ゴソゴソ

    上条「うう、わかりましたよ。上条さん納得してあげます。って!ちょっと何ベットに入ってきてるんですか?!」

    木山「何故って、今日はちょっと寝不足でね」

    木山「ちょうどよくベットがあったから寝ようと思ってな」モゾモゾ

    上条「何故にここで?!自分の部屋に戻ってくださいよ?!」グイグイ

    木山「いいではないか、減る物ではない。私は冷たい布団は苦手なんだよ」ゴソゴソ



    ガチャ

    インなんとか「とうまー!お見舞い一緒に食べよー!」

    小萌「上条ちゃーん、お見舞いに来ましたよ~!・・・って!」


    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 22:59:35.06 ID:LALM626eP

    小萌「はわわわ!もしかしておじゃま虫でしたか~!?」

    上条「待って行かないで!違うんだ!これはだな!」

    イン「とーうーまー!!また女の人連れ込んで何してるのかな!?かな!?」

    上条「だから違うっての!木山先生もなんか言ってくださいよ!」

    木山「スースー」

    上条「寝てるよこの人!」


    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:03:54.77 ID:LALM626eP

    小萌「上条ちゃん…いいんです。言い訳しなくっても!先生は上条ちゃんの味方です!」

    イン「ひどいよとうま!あたしだって添い寝したことないのに!」

    上条「え~!?何言っちゃってるのキミたち!」

    上条「俺両腕動かせないの!むしろ助けて欲しいの!お願いします!」

    小萌「じゃあ今度ショッピングに付き合ってくれるなら信じるです」

    上条「行く!行きます!荷物持ちでも何でもしますから!」


    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:09:42.52 ID:LALM626eP

    小萌「しょうがないですね~。っえいっと!」ド-ン

    木山「ぐえ」ドスン

    上条「た、助かった。すいみません、小萌先生」

    イン「まったくとうまは目を離すとすぐこうなんだから!」モゾモゾ

    小萌「本当です。これだから上条ちゃんは困ったちゃんです」ゴソゴソ

    上条「あの~、インデックスさん?小萌先生?なんで入れ替わりでベットに入ってくるのでせうか?」

    木山「おやおや。娘さん達かい?かわいいもんだね」

    上条「違います!」


    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:17:19.15 ID:LALM626eP

    小萌「先生は上条ちゃんの先生なんです!」モゾモゾ

    木山「これはどうも。私はこの病院に勤めている者だ。彼のお世話係のような事をしている」

    小萌「木山先生?冗談でも上条ちゃんに手を出したら先生許しませんからね?」ゴソゴソ

    イン「とうま狭いんだよ。もっと詰めてよ」モゾモゾ

    上条「あんたらいい加減ベッドから出てくださいよ…!?」


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:24:37.14 ID:LALM626eP

    上条(うう…!しかし添い寝がこんなに心地いいなんて……!)

    上条(これは危険だ!こんなぬくもりを感じたら上条さんどうにかなってしまう!)

    パサ
    小萌「まぁ冗談はこのくらいで。いつもどうりで良かったです」

    ガバッ
    イン「そうだよ!はやくお見舞い食べるんだよ!」

    上条「あっ…」

    上条(いやいや!ギリセーフ!危なかった!)

    木山「フフ…」


    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:31:31.01 ID:LALM626eP


    ………

    小萌「それじゃあ上条ちゃん、早く良くなるですよ~」

    インスタントジョンソン「とうまー、わたしはこもえの所に居るから安心してねー」

    上条「はいはい。小萌先生、わざわざすみませんでした」

    小萌「いえいえ。木山先生、あとはよろしくです」

    木山「ああ。いつでも添い寝しに来たまえ」

    上条「それはさせません!」


    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:38:40.79 ID:LALM626eP

    木山「なるほどね」

    上条「? どうかしたんですか?」

    木山「いやね、キミの周りは本当に面白いなと思ってね」

    上条「ええー。そりゃ年に2,3回はそんな日が在ってもいいかもしれないけど」

    上条「毎日があんなのだとさすがに疲れますよ…… はぁ」

    木山「フフ… 不幸かい?」

    木山「それにしてはさっき添い寝が終わったとき、ずいぶんと名残惜しそうだったね」

    上条「!?」


    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:47:01.70 ID:LALM626eP

    上条「いや!?そんなこと無いでございましたよ!はい!」ドキドキ

    木山「隠さなくていいさ。そのくらい私でもわかる」

    木山「ところで、私はまだ眠いんだが。もう一度いっしょに寝てもいいだろうか?」ズイッ

    上条「いや、その……」(ううう!ちょっと近すぎです先生!)

    木山「拒まない……と言うことはOKと言うことかな?」モゾモゾ

    上条「だ、だって俺両手動かせないから阻止できないし…!」(やばいよ入ってきたよー! でも…!)

    木山「別に物理的にじゃなくてもさっきは言葉で止めたでは無いか」ゴソゴソ…

    …ピトッ


    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:53:40.98 ID:LALM626eP


    …グー-!

    木山「……」

    上条「……」ドキドキ

    木山「…腹が減ったな。もうこんな時間か」

    木山「昼食を持ってくる」ガバッ

    ガチャ

    上条(惜しかっ…いや、危なかった! …ドキドキしすぎだ俺っっ!!)ドッキンドキドキ!!


    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:03:04.08 ID:J7mrSEA+P

    上条(そうさ、腹が減ってたんだ!)

    上条(あれだ、吊り橋効果って奴だな!先生にドキドキしてた訳じゃない)

    上条(腹が減ってて見た幻覚みたいなもんだ!お見舞いのフルーツ食べたけどきっとそうだ!)

    ガチャ

    木山「持ってきたぞ。不味い病院食だ」

    上条「あどーも!いただきます!」ドキッ!

    木山「?」


    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:07:16.84 ID:J7mrSEA+P

    木山「もぐもぐ」

    上条「……」

    木山「もぐもぐモグ」

    上条「えーと」

    木山「どうかしたかもぐ?」

    上条「あの、両手が使えません……」

    木山「それは残念だったなもぐもぐ」

    上条「うう……」

    木山「フフ…」


    27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:11:50.39 ID:J7mrSEA+P

    木山「どうしてほしい?」

    上条「すみません。食べさせていただけますでしょうか?」

    木山「そうか。”あーん”してほしいのか」ニヤニヤ

    上条「え?!いやその、普通にですね。食べさせていただければ嬉しいな~と…」

    木山「そうか。”あーん”してほしいのか」ニヤニヤ

    上条「うぐぐうう……!!」


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:21:51.10 ID:J7mrSEA+P

    上条「お、お願いします・・・」

    木山「まったく仕様が無いな、キミは。どれ、っと」トサッ

    上条(うあっベットに座って……普通に近い!)ドキドキ!

    木山「ほら。あ~ん」

    上条「あ、あ~パクん」モグモグ

    木山「どうだ、美味いか?」

    上条「は、はい!」モグモグ

    木山「フフ……」ニコ


    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:29:34.85 ID:J7mrSEA+P

    上条「もっかいお願いします」

    木山「次は……」

    上条「?」

    木山「”あ~ん”、と”口移し”。どっちがいいかな?」

    上条「?!」ドキドキキーン!!


    34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:36:32.00 ID:J7mrSEA+P

    上条「いやいやいや!上条さんだまされませんよ!」

    上条「普通でいいでっす!あーんでお願いします!」

    木山「それは残念だ。では普通に。あ~ん」

    上条「あ~…」



    ガチャ! ドタドタ
    佐天「こんにちは~!上条さんいますか~?」

    初春「おじゃまします~」

    美琴「おーい、見舞い来てやったぞー。感謝しなさーい」

    黒子「お姉さまったら、めんどくさいなら来なければいいではないですか」


    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:41:55.54 ID:J7mrSEA+P

    上条「……」

    木山「……」

    佐天「……」

    初春「……」

    黒子「……」

    美琴「……」



    美琴「えっ」


    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 00:49:33.37 ID:J7mrSEA+P

    木山「やぁ、誰かと思えばレールガンじゃないか。ひさしぶりだね」

    美琴「えっ?えっ?なんで木山春生が?!」

    美琴「っていうかなに?あ~んしてるわよね!それ!?」

    美琴「わかったわ!母親ね!息子のケガが心配で脱獄して看病してるんでしょ!うん、そうに違いないわ!」

    黒子「お姉さま、落ち着いてくださいまし」


    45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:06:40.13 ID:J7mrSEA+P

    黒子「木山さん。どうしてあなたがここにいるのかは存じませんが」

    黒子「もしまた何かたくらんでいるようでしたら私たち、放っておく訳にはいきませんの」

    木山「安心したまえ。べつに脱獄した訳ではない。やましいこともない」

    木山「それより、君たちも彼に見舞いに?」

    美琴(”彼”って何様よー!君たち”も”ってことはアンタも見舞いにきてるの?!)

    美琴(しかもあ~んしてたし!まさかまさか、かか彼女なのー!!??)

    木山「フフフ…」


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:12:59.17 ID:J7mrSEA+P

    美琴「ちょっと、あんた!どういうことなのか説明しなさいー!!」バチバチ!

    佐天「なになに、修羅場!?」

    初春「ぬふぇー!」

    上条「うわっち!ビリビリやめろ!!先生だって!木山先生、病院の人!OK?!」

    美琴「それを早く言いなさーい!!!!」バッチバチ!!

    上条「ぎゃあああ!!!不幸だー!!」

    黒子「はぁ、まったく」

    木山「フッフフ…」クスクス


    49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:19:11.10 ID:J7mrSEA+P

    木山「本当に面白いな、キミ達は」クス

    木山「とてもからかいがいがあるよ」

    上条「っ、ですよね!さっきからからかわれてばっかりなんだから俺は」

    上条「ベットに入ってくるは、あ~んさせられるは、あげくにく、口移s」

    美琴「口移ししたの?!」

    上条「してませんよ!?」

    佐天「じゃああたしが」

    美琴「ダメっ! 絶対ダメ!」


    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:28:37.50 ID:J7mrSEA+P

    黒子「お姉さま必死すぎですの」

    佐天「ホントですね~。あやしいですね~」

    美琴「あんたらね~!違うわよ!この男はねぇ、女の子との触れあいとかそういう少しでも幸せな出来事があったらダメなの!いいわね!」

    佐天「はいはーい」

    初春「木山さん、病院で働いてるんですか?」

    木山「病院といっても、ほとんど研究室だよ。カエル見たいな顔の医者に拾われてね。今日は何故か彼の担当医みたいなことをしているがね」

    上条「あのー、まだ一口しか食べてませんのですが」グー


    54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:36:44.86 ID:J7mrSEA+P

    木山「おっとすまない。ほら、あ~ん」

    上条「あ~…」
    ガシ
    美琴「……」グイ

    上条「え、え~と。美琴サン?上条さんはおなかがすいて背中がくっつきそうなのですが……」

    美琴「あ、」

    上条「?」

    美琴「あたしが、あ~んしてあげるわ」

    上条「!?」

    美琴「食べさせてあげるって言ってんの!!ほら、口開けなさい!」

    上条「はひっ!」


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:43:46.03 ID:J7mrSEA+P

    木山「おやおや。仕事を取られてしまったよ」

    美琴「あ、あ~ん」スッ

    佐天「」ジーッ

    上条「あ~パクん」もぐもぐ

    初春「」ジー

    黒子「」ジー

    美琴「ど、どうなのよ//」

    木山「」ジー

    上条「ああ、美味しいよ」

    美琴「あっそ//」カァッ


    61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 01:52:28.27 ID:J7mrSEA+P


    ………

    上条「ふぅ、ごちそうさまでしたっと」

    美琴「はいはい。食器片してくるわね」

    黒子「私もいきますわ」

    ガチャ

    木山「良い子じゃないか」

    上条「あのビリビリさえ無ければですけどね……」

    佐天「あ、ねぇねぇ!それじゃあ上条さんって御坂さんのこと好きなんですか?」

    上条「えっ?!」

    初春「それ聞いちゃうんですか~?!」


    64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:00:54.57 ID:J7mrSEA+P

    上条「う~ん、嫌いかと言われればそうでもないって感じかな~」

    佐天「じゃあ、彼女にしたい!って思いますか?」

    初春「佐天さんぶっちゃけすぎですよ~」アセ

    上条「ああ、それはないな!そもそもあいつが俺を嫌ってるから無理だろ」

    佐天(うわぁ~、御坂さんかわいそ;ホントに鈍感なのね・・・)

    初春(これがフルボッコってやつですね!)

    木山「それじゃあ、どんな相手なら彼女にしたいんだい?」


    65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:11:39.84 ID:J7mrSEA+P

    上条「え~?そうだな~、一緒にドキドキを共有できる関係とかがいいかな~」

    初春「うわぁ~素敵ですね~」

    木山「ふーん。……たとえば、添い寝したりとかは」

    上条「えっ?!」ドキッ

    木山「ドキドキ……するのかい?」


    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:16:22.83 ID:J7mrSEA+P

    上条「……」

    木山「……」

    初春「……」

    佐天「あ!」

    上条「!」ビク

    佐天「そういえばさっき木山先生、私たち”も”お見舞いに来たのか、って言ってましたよね?」

    初春「言ってましたね。あのとき、ただのはったりじゃなかったら本当に誰か来てたんですか?」

    木山「ああ、来てたよ。可愛い子が二人ほどね」


    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:20:01.65 ID:J7mrSEA+P

    佐天「おお~!上条さんや~る~!」

    上条「おいおい、別に何にもないぞ?妹みたいなやつと、担任の先生だよ」

    木山「でも添い寝はしていたな」

    上条「?!」

    初春「おおお~」

    佐天「添い寝!?その、妹と?ですよね」

    木山「二人とだ」

    佐天「え~!?どんな先生ですかそれ!?」


    70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:26:22.38 ID:J7mrSEA+P

    木山「ちなみに私も添い寝していたぞ」

    上条「ちょっと木山サン?!」

    佐天「え~?上条さんって実はヤバイ系ですか~?」

    初春「はわわわ」

    上条「違う!見て、これ!ケガしてるの!不可抗力なんです!!」

    佐天「なーるほど」

    木山「こいつは女性を蹴落とす度胸もないらしいな」ゴソゴソ

    上条「だから入らないでくださいって!」


    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:32:29.04 ID:J7mrSEA+P

    上条「降りてくださいいい」グイグイ

    木山「まぁまぁ」ゴソゴソ

    佐天「はぁ~それにしても眠くなってきたね~初春?」モゾモゾ

    初春「そうですね~って、ええ?!佐天さん?」グイグイヒッパラレ

    上条「あれ?なんで佐天さんも入ってきているのでせうか?上条さん困ってしまいますよ?」

    佐天「気にしなーい気にしなーい」モゾモゾ

    木山「こんな時の為にダブルベットで良かったな」

    上条「よくない?!個人的に良くないですよ?!」

    初春「はわわわわ~」




    ガチャ


    76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 02:37:20.72 ID:J7mrSEA+P

    美琴「ゴメンゴメン遅くなっちゃって!」

    黒子「お姉さまったら出会うたびにおばあちゃんを負ぶったり助けるんですもの」

    美琴「なんか廊下まで声聞こえてたけど、どうしたn……」

    上条「……」

    木山「……」

    佐天「……」

    初春「……」

    黒子「……」

    美琴「……あ」

    上条「はい?」ビク


    美琴「あたしも、入れなさーい!!!!!」ドタドタン!!

    上条「え~~っ!?!?」



    とりあえず 完


    81: 1 2010/01/04(月) 02:42:29.22 ID:J7mrSEA+P

    小萌先生編、美琴編、終了です。


    101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:06:00.32 ID:J7mrSEA+P

    木山「さてさて、やっと静かになったな」

    上条「本当ですよ…静かに休んで早く治したいのに」

    木山「ま、このぶんだとまだ誰か来そうな感じだがな」

    上条「ううう…、面会禁止にしませんか?」

    木山「それはダメだ。面白くないだろう?」


    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:21:01.46 ID:J7mrSEA+P

    木山「ま、そろそろ外も暗くなってきたし」

    木山「面会時間もすぐ終わるだろう」

    上条「ほっ、ならよかった。なんかいつも騒ぎ立てる隣人とかいるんで警戒してしまいましたよ」


    106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:26:34.86 ID:J7mrSEA+P

    上条「ックシュ!」

    木山「ん?冷えてきたかい?」

    上条「ああ、すいみません。ちゃんと布団に入ってれば大丈夫ですよ」

    木山「どれ、ちょっと起きあがってみたまえ」

    上条「あ、はいよっと。ベットになんか付いてるんすか?」


    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:34:02.22 ID:J7mrSEA+P

    木山「よいしょっと」ゴソゴソ

    上条(なんだ?後ろにまわって来て……)

    木山「ふぅ」ギュッ

    上条「え!木山サン?!何故に抱きついてくるんですか?!」

    木山「……暖かいな。キミは」ギュ-ッ

    上条(ちょま!?何ですかコレは?!人間湯たんぽデスカ?!!)


    110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:41:36.36 ID:J7mrSEA+P

    上条「ちょっと先生!何してるんですか?!」

    木山「なんだ?暖かく無かったか?」

    上条「そうじゃなくってですね?!」

    木山「よく言うではないか。雪山で遭難したら肌と肌を付けて暖め合うといいらしい」

    上条「なんか違うでしょこれ!上条さんは遭難してませんよ!エアコン付けてくださーい!」

    木山「なるほど。確かに服の上からだと体温も伝わりにくいな。」


    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:49:44.45 ID:J7mrSEA+P

    上条「違います!違うところが違います!」

    木山「どれどれ」ヌガシヌガシ

    上条「え?ちょっと!ホントだめですって!これ以上は色々と!」

    木山「ほれ」オテテ ピトッ

    上条「ひゃ~っ!!冷たいデス?!背中冷たい!」


    113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 15:58:14.98 ID:J7mrSEA+P

    木山「フフ… 何か期待してたのかい?」

    木山「顔が真っ赤だぞ?」

    上条「な……!ち、違いますよこれは。ただ顔が熱くなっただけです」

    木山「そうかい。では冷ましてあげよう」スッピト

    上条(せ!先生の手が頬に…コレは…普通に心地良い……)


    117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 16:07:37.83 ID:J7mrSEA+P

    上条「あの、木山先生?」

    木山「なんだ?」

    上条「先生も、顔真っ赤ですね」

    木山「なっ…!なにを……//」

    上条「……」ニヤニヤ

    木山「わ、私もキミと一緒に暖まっていたんだ。同じ症状が出ても変ではないだろう」


    122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 16:14:50.77 ID:J7mrSEA+P

    上条「先生」

    木山「ん?」

    上条「暖かいですね」

    木山「ああ。指先は冷え性だがな」

    上条「ははっ」

    木山「……」

    上条「……」


    127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 16:26:52.72 ID:J7mrSEA+P

    上条「先生は…」

    上条「木山サンは、先生だから、こうして病人に優しくしてくれるんですか?」

    木山「…私自身、こんな風に自分から触れに行ったのは初めてかもしれないな……」

    上条「えっ……」

    木山「昔は学校の先生なんかもしていたが、最近まではずっと研究室に籠もりきりだった」

    木山「少し前にね、ちょっとした事件が在って……。時間が出来たんだ」

    木山「少しだけ、自分について考える時間が」


    128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 16:33:49.43 ID:J7mrSEA+P

    上条「先生……」

    木山「フフ……私がこんな風に他人と、触れあうのもキミだかr

    ガチャバタン! 土御門「やっほーいかみや~ん!見舞いに来てやったぜ~い!!」

    神裂「し、しつれいします。上条当麻はいらっしゃいま――」


    上条「……」

    木山「……」

    土御門「Oh……」

    神裂「……なっ」


    131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 16:52:31.64 ID:J7mrSEA+P

    神裂「七せっ…!!」

    土御門「ぎにゃー!ねーちんストップストップ!!」

    上条「よおっ、お二人さん。見舞いに来てくれたのか?」

    神裂「え?え、ええ。そうです、入院したと聞いて急いで来ました」

    上条「わざわざ来なくてもよかったのに。悪いな」

    土御門(かみやんから余裕のオーラがただよってるぜい?!)

    土御門「まぁまぁ、隣人のよしみだにゃー」


    132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:03:53.25 ID:J7mrSEA+P

    神裂「それで…そちらの方は」

    上条「ああ、木山先生。なんか世話してもらってる」

    神裂「……先ほど、抱き合っていたように見えたのですが…」

    上条「いやいや、マッサージしてもらってただけだぜ?」

    上条「入院してたほうがいたれりつくせりで困っちゃうな!なんて」

    神裂「そうですか。それなら普段も言っていただければ私がそのゴニョゴニョ……」

    上条「?」

    土御門(ねーちん、押しが弱いぜよ…)


    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:16:33.60 ID:J7mrSEA+P

    木山(ふむ…)

    木山「君たちはあれか、カップルなのかい?」

    神裂「な?!違います!私は!その…」

    土御門(いったれ、ねーちん!)

    神裂「か、上条当麻の彼女です!!」

    上条「はぁー?!?!」

    木山「おやおや」

    土御門(ねーちん、アウトー!)


    136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:26:15.45 ID:J7mrSEA+P

    木山「そうだったのか。上条君」

    上条「違いますよ!ちょっと神裂サン?!なに言ってるんですか?!」

    土御門(ねーちん!今の答えは不正解だにゃ!)

    神裂(咄嗟のことでアレしか思いつかなかったんです!//)

    土御門(おちつくんだぜよ。ここはプランBでいくにゃ)

    神裂(りょ、了解した)

    神裂「あー、今のはちょっとした冗談だ。上条当麻には世話になっているからな。見舞うのも不自然な行動ではない!」

    土御門(その言動が不自然だぜよ…)


    137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:34:44.75 ID:J7mrSEA+P

    神裂「それでだな。今日はケガに効く魔術を教えて貰ってきたので使ってみようと思うんだが」

    木山「魔術?」

    土御門「お、おまじないのことだにゃ!」

    上条「そ、そうか?それならお願いしようかな~」

    神裂「!よかった。では失礼して」スッ

    上条「……」



    神裂「痛いの痛いの、飛んでいけー!」


    142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:46:56.99 ID:J7mrSEA+P

    土御門(ぶっふふwwwww!!)

    木山「おまじないだな」

    上条「あはは…」

    神裂「ふぅ。どうですか?効きましたか?」

    上条「あ、ああ!バッチリ効いたぜ?!少し退院早くなるかもな?!」

    土御門「ヒッッヒッッヒッッヒwwwww」

    神裂「それは良かった。私にはコレくらいしか出来ないので」

    上条「いやいや十分ですよ!ありがとうな!」

    上条「ところで……」

    上条「なんで神裂サンはナース服なんでしょうか?」

    神裂「えっ?」


    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 17:59:14.10 ID:J7mrSEA+P

    神裂「これはっ、土御門が『病院と言えばナースが基本だぜい?』というからっ!違うのですか?!」

    上条「まぁ、違うっちゃ違うけど……。可愛いから良いんじゃないか?」

    神裂「なぁっ// あ、ありがとうございます//」

    神裂(おいっ!やはり違っていたではないか!)

    土御門(まぁまぁ、褒められてたじゃん結果オーライだぜよ?プランBも成功したし、今日のねーちんは絶好調だにゃ!)

    神裂(まぁそうなんですが)


    146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 18:07:29.34 ID:J7mrSEA+P

    土御門(というわけで!プランHで一気に攻めるぜよ!)

    神裂(アレか…意味は良く分からないが……)

    土御門(大丈夫にゃ!男なら一発でめろめろだぜい!)

    神裂「……よしっ!」

    神裂「と、当麻くん!」

    上条(当麻くん?!)


    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 18:17:17.42 ID:J7mrSEA+P

    神裂「両腕ケガして大変なんだってね?」

    上条「は、はい…」

    神裂「わたし手伝ってあげるからね?下のお世話、したくなったら言ってね!」

    上条「」

    土御門「ブッフォwwwッッックックっwww」

    神裂「貴様ぁー! 何故笑うーーー!!!!」

    木山「えげつねぇな……」


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 18:31:04.33 ID:J7mrSEA+P

    神裂「教えろ!どういう意味だったんだ?!」

    土御門「ヒーヒーwww」

    木山「つまりだな」ゴニョゴニョ

    神裂「……」

    木山「」ゴニョゴニョ

    神裂「……!//」カァッ


    152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 18:38:23.93 ID:J7mrSEA+P

    神裂「上条当麻!これは違うんだ!」

    神裂「土御門が言えというからだな!」

    上条「あ…あははー…」

    木山「まぁ実際問題避けて通れないがな」

    土御門「そうだにゃー、かみやん毎日隣で…」

    上条「してません!」

    木山「ほら、これだ」ヒョイ

    土御門「ん~?尿瓶だにゃ」

    上条「?!」


    183: 1 2010/01/04(月) 23:29:17.30 ID:J7mrSEA+P

    神裂「シビンとは何なのですか?」

    木山「要するに携帯トイレだな」

    神裂「トイレ…!む、確かにそうですね」

    神裂「男性の事情は解りませんが、その両手だと無理そうですね」

    土御門「先に言っておくが、俺は手伝わないぜよ?」

    上条「やめてくれ、意識すると尿意が!」


    188: 1 2010/01/04(月) 23:39:15.68 ID:J7mrSEA+P

    土御門「でもかみやん、入院中ずっとガマンするってのは無理だと思うぜよ?」

    土御門「どっかで妥協しないときついと思うにゃ~」

    上条「いや、確かにそうなんだが……」

    上条「ナースさんを呼ぶのが一番被害が少ないかと」

    神裂「わ、私の出番ですか!」

    上条「コスプレでしょ!それ!」

    上条「しかもフリフリいっぱいで胸元がハート型に空いてるし!上条さん的に邪道だと思います!」

    土御門「ねーちんの魅力を引き出すための苦肉の策だったんだけどにゃ~」


    190: 1 2010/01/04(月) 23:48:48.72 ID:J7mrSEA+P

    上条「別に歩けない訳じゃないし、手使わなくても何とかなるかもしれないし」

    木山「私がやってあげてもいいんだぞ?」

    神裂「ダメです」

    木山「……」

    神裂「……」

    木山「上条当麻君、私がやってあげてもいいんだぞ?」

    神裂「上条当麻はダメだと思っていると私は思います」


    196: 1 2010/01/05(火) 00:05:59.80 ID:371AnDFyP

    土御門(ねーちん、ここは勝負所だにゃ~)

    神裂(解ってます、今度こそしとめて見せます。今日の私は一味違うんです)

    神裂「と言うわけで、上条当麻。早く個室で二人きりになりましょう」グイグイ

    上条「ちょっと、引っ張らないで!?一人できっと大丈夫だから!学園都市だしね?!」

    土御門「残念だけどそんな設備は設定されてないぜよ」

    木山「おやおや、嫌がってるではないか。ここは私に任せておとなしくしてなさい」

    神裂「大丈夫です。ナースですから。恩返しですから」

    上条「神裂サン?目が怖いですヨ?」


    ピンポンパーン ピンポンパーン

    木山「」ニヤ


    198: 1 2010/01/05(火) 00:17:09.55 ID:371AnDFyP

    木山「フフ…どうやら時間のようだな」

    神裂「なに?」

    土御門「い、今のチャイムはまさか……!」

    木山「そう……あれこそまさに、」

    木山「…面会時間終了の合図!」

    土御門「な、なんだってー?!」

    神裂「制限時間だなんて聞いてませんよ、土御門!どういうことですか?!」


    200: 1 2010/01/05(火) 00:33:16.92 ID:371AnDFyP

    土御門「しまったにゃ~!すっかり忘れてたぜよ!」

    土御門「これじゃあプランSの『お泊まり看病☆ドッキドキの添い寝大作戦!』が水の泡だにゃー!」

    神裂「くっ!ここまでですか……!」

    木山「そういうことだ。さぁさぁ、出ていって貰おうか」

    土御門「というわけで、かみやん。またにゃ~」

    上条「ああ。わざわざありがとうな」

    神裂「上条当麻!」

    上条「は、はい」

    神裂「……信じているからな」

    上条「なははは……」


    204: 1 2010/01/05(火) 00:36:07.01 ID:371AnDFyP

    木山「ちなみに……」

    神裂「?」

    木山「私は添い寝したぞ」

    神裂「な?!」


    207: 1 2010/01/05(火) 00:46:21.91 ID:371AnDFyP


    ………

    木山「…静かになったな」

    上条「はは。何度目ですかね」

    木山「それで……。どうするんだい?」

    上条「え?」

    木山「トイレだよ。ガマンしてたんだろう?」

    上条「あ。まぁ、そうですけど……」

    木山「ま、私が嫌なら他のナースを呼んで勝手にやってくれたまえ」

    上条「そうですね…」


    211: 1 2010/01/05(火) 01:01:23.11 ID:371AnDFyP

    木山「さて、そろそろお暇しようかな」

    上条「え…行っちゃうんですか」

    木山「なんだい、私が寝ずに見ていてくれると思ってたのかい?」

    上条「そ、そーですよね。常識的に考えて」

    上条「それにしても寒いな~。…なんて」


    215: 1 2010/01/05(火) 01:09:37.75 ID:371AnDFyP

    木山「ほらっ」ポイッ

    上条「これは…?」

    木山「リモコンだよ。エアコンも照明もそれで動かせる」

    上条「あ……はい…っ。そうですよね…」

    上条「それじゃ、木山先生。おやすみなさい」

    木山「ああ。おやすみ」








    木山「なーんて」ギュッ!!

    上条「?!」


    222: 1 2010/01/05(火) 01:15:09.94 ID:371AnDFyP

    木山「そんなに悲しそうな顔をしないでおくれ」

    木山「いじめたくなってしまうではないか」

    上条「え?え?」

    木山「私もまだまだ子供だな」

    上条「……どういう、事ですか?」

    木山「……」

    木山「好きな人は、いじめたくなるものなのさ」ギュー!


    225: 1 2010/01/05(火) 01:22:36.44 ID:371AnDFyP

    上条「先生…、さっきの話」

    上条「俺だからどうだとかいう…」

    木山「ああ。君は覚えていなかったようだが」

    木山「君とは以前合ったことがあったんだ」

    上条「……そうでしたっけ」

    上条(記憶喪失前に会ってたのか……?)


    227: 1 2010/01/05(火) 01:32:17.90 ID:371AnDFyP

    木山「その時私は道に迷っていてね。本当に困っていた」

    木山「私はだた一人でキョロキョロしてただけなのに、君が話しかけて来たんだ」

    木山「結局は通りかかったあの御坂君に私を押しつけて、君は急用とやらに行ってしまったがね」

    木山「私自身、その時は何も感じることはなかった」

    木山「……その後。言ったね、私に時間が出来たって」


    230: 1 2010/01/05(火) 01:36:43.97 ID:371AnDFyP

    木山「私は……犯罪者だった。何がいけなかったのか。何をすべきだったのか」

    木山「これから間違えないために、どうすべきなのか……」

    上条「……」

    木山「その中で。一つだけ解らない感情があった」

    木山「それが君との出会い。あの日、君が話しかけてくれた事」


    232: 1 2010/01/05(火) 01:42:05.96 ID:371AnDFyP

    木山「それまでずっと、科学者としてしか物事を見ていなかった」

    木山「あの子達と…昔の生徒達と過ごしていた日々にも感じなかった感情」

    木山「あの日、私は恋をしていたんだ」

    木山「ずっと後になってそう気づいた」


    234: 1 2010/01/05(火) 01:51:05.08 ID:371AnDFyP

    木山「ちょうどそんなときだった」

    木山「なにやら面白い患者がいるらしいと聞いた」

    上条「それが…」

    木山「フフ……。そして今朝」

    木山「科学者ながら、これが運命という奴かと思ったよ」


    236: 1 2010/01/05(火) 01:55:51.80 ID:371AnDFyP

    木山「私を覚えてなかったのは正直寂しかったよ」

    上条「すみません…」

    木山「君にとっては本当に些細な、いつもの事のような人助けだったんだろうな」

    木山「あとは知っての通りだ」

    木山「私は…ずいぶんと舞い上がっていたんだな」

    木山「年甲斐もなく、私は初恋を実らせようと不器用にもがいて」


    239: 1 2010/01/05(火) 02:03:55.27 ID:371AnDFyP

    木山「すまなかったね。今更ながら、こんな行き遅れの女にすり寄られて迷惑だったろう?」

    上条「俺は!」

    木山「!」

    上条「俺も……!」

    木山「……」



    上条「俺も、あなたが好きです!!」


    241: 1 2010/01/05(火) 02:09:15.91 ID:371AnDFyP

    上条「最初は本当にとまどってただけだったけど…」

    上条「軽い男だと思われるかもしれないけど……!」

    上条「今日の、あなたのその不器用なアタックに!完全に落とされました!!」

    上条「腕さえ動かせれば!今すぐあなたを抱きしめたいくらいに!!!」

    木山「フフ…うっ。君を見ていたら解る、君の告白ほど信用出来るものはないよ」ギュッー


    245: 1 2010/01/05(火) 02:18:29.74 ID:371AnDFyP

    上条「木山さん。俺の彼女になってください」

    木山「フフ……。誰が断るものか」

    上条「俺、守ります。あなたのことを。絶対に」

    木山「ありがとう、嬉しいよ。誓うにはまずちゃんとケガを治さなくてはね」

    上条「大丈夫ですよ、先生」

    上条「抱きしめなくても、ちゃんと誓いは出来ます」

    木山「え? ……あっ」





    チュッ


     完


    249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/05(火) 02:26:46.33 ID:5idOw9n40

    乙!
    木山先生最高
    ありがとう


    254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/05(火) 02:41:59.43 ID:PdFgMPnOP

    ごちそうさま
    >>1


    258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/05(火) 02:57:09.46 ID:VAMiD90H0

    >>1乙 かなりよかったでござる


    274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/05(火) 13:05:57.39 ID:6ELu3iY5P

    ここでもかませなねーちんで泣いた


    引用元: 木山「上条当麻君か。よろしく」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (327)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (324)
    シンデレラガールズ (1514)
    ミリオンライブ (252)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (318)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (30)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (151)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (465)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (20)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (47)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (62)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (41)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (24)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (41)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (135)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (97)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (23)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (8)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (6)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (12)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (10)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (120)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (163)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (116)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (49)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (225)
    遊戯王 (47)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (22)
    ゆるゆり (24)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (315)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (11)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (34)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (143)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク