FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    女店長「面接はじめっから」男「はい」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:29:02 ID:YXnu4gV2

    店長「まずね、どこの高校通ってんの?どここれ」

    男「あ、えっと……◯区ですね」

    店長「遠くね?」

    男「全然大丈夫です!はい!」

    店長「……そう。で、何時頃がいいとか、土日どうとか、なんか希望は?」

    男「特に無しです。学校終わったら、ホント何時でもいいんで」

    店長「あっそ。じゃあ最後に聞きたいんだけど」

    男「はい!」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:32:43 ID:YXnu4gV2

    店長「……あたしの第一印象、どうだった」

    男「はい?」

    店長「どう?」

    男(目の下クマあるし人相は悪いけど……ブスでもないよな。どっちかって言ったら綺麗だし。
      スタイルもいいし顔も整ってる……でも人相は悪いな……)

    店長「おい」

    男「いや、若くて美人な人が店長なんだなーってびっくりしました」

    店長「あっそ。じゃ採用だから」

    男「え?」

    店長「今から職場案内するな。はいエプロン」

    男「ちょ、ちょっと」


    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:36:10 ID:YXnu4gV2

    男「ど、どうしてですか?」

    店長「うるせーな。あたしが採用っつったら採用なんじゃボケ」

    男「す、すいません……」

    店員「あ、ちゃーっす!誰ですかこの人」

    店長「ああ。バイト。雇った」

    店員「確かに今人手不足ですしねぇ」

    店長「じゃ、後よろしく」

    店員「え?」

    店長「商品卸してくる」

    店員「ちょ、ちょっと」ウィィーン ハ゜タン


    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:38:38 ID:YXnu4gV2

    店員「……え、と」

    男「お、男です。よろしくお願いします」

    店員「うん。よろしく。ごめんね。いっつもアレで」

    男「はぁ……」

    店員「まぁバイトだから、仕事教えるね」

    男「あ、よろしくお願いします!」

    店員「じゃあこれね。レジ打ち。まぁ基本だよね。お客さんの商品さばく練習しようか」

    男「は、はい!」


    5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:43:19 ID:YXnu4gV2

    男「えっと……」

    店員「まぁそうだよね。数字の並ぶ順番覚えるとこからだよね」

    男「すいません……」

    店員「まぁまぁ。慣れだからさ。じゃ、棚卸しの仕事も説明しましょうか」

    男「あ、はい!」

    店員「ここね。ここのドア開けて左の方に、飲み物の裏のとこあるから。ダンボールから出して、並べる」

    男「おっと……」ハ゛ラハ゛ラ

    店員「落ち着かないと、すぐ落としちゃうからね。用心してね」

    男「は、はい」


    6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:46:34 ID:YXnu4gV2

    男「す、すいません……」

    店員「まぁまぁ。来てすぐだし。いきなり出来たら僕いらないし」

    男「そ、そうですか……」

    店員「うんうん。だから気にしないで。……あ、もうこんな時間か」

    男「ど、どうしました?」

    店員「いや、僕の彼女もここの店員なんだけど、彼女から色々教えてもらって。そろそろ客が混む時間帯だし」

    男「わかりました」


    7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:53:30 ID:YXnu4gV2

    女「うぃーす」

    店員「ねー。新入りなんだけど、色々教えてあげてくれる?」

    女「誰を」

    店員「ほら、そこにいるでしょ?」

    女「……………」シ゛ロシ゛ロ

    男「な、なんでしょうか……」(ちっちゃくて可愛いなこの人)

    女「はぁ……まぁいいよ。教えてやる。来いボンクラ」

    男「……え?」

    女「耳でも腐ってんのかボンクラ。来いっつってんだよ」

    店員「ごめんね、人見知りで」

    女「ほらほら、仕事いったいった!」

    店員「ごめんねー。あとでナデナデしてあげるから」

    女「それは………あとでしてもらう」

    男「……なんだこの人」


    8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 14:57:26 ID:YXnu4gV2

    女「まぁだいたいの説明は店員君から聞いてると思うから。詳しい説明するぞボンクラ」

    男「その……ボンクラというのは、俺ですか?」

    女「あぁ?他に誰がいんだよ。マジで耳と脳みそ腐ってんのか?」

    男「い、いえ……とんでも……」

    女「チッ、まぁいいよ。店の地図から叩き込め。レジとかは私とか店員君に任せてろ。
      すぐに行動起こせるように、在庫の場所と出入り口ぐれーは覚えろよボンクラ」

    男「は、はい……」

    女「わかったらとっとと行けよ。おい」ケ゛シッ

    男「ぐっ……すいません……」


    9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:00:00 ID:YXnu4gV2

    男「えっと……ここが出入り口で……」

    店長「ただいまー。するめ仕入れてきたぞー」

    男「あ、おかえりなさい!店長」

    店長「おー。もう仕事慣れしたようだな。良かった」

    男「あ、あの、女さんから地図覚えとけって……」

    店長「ああ。そう。覚えてけよ。大丈夫だって時給出るから。今日は地図覚えてって」

    男「あ、はい……」


    10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:03:13 ID:YXnu4gV2

    女「ふー。休憩時間だわ。ねぇ撫でて撫でて」

    店員「頑張ったねー」ナテ゛ナテ゛

    女「おふぅ……はぁ……」

    男「すいませーん、今日はこれで上がりますー……」カ゛チャッ

    女「そ、そうか」ヒ゛クッ

    店員「じゃねー。また明日ねー」

    女「明日も来るのかよ。じゃあなボンクラ」

    男「はい……」ウィィーン

    店員「うふふー。後輩が出来るっていいねぇ」

    女「そうかなー……あのボンクラ、仕事覚えるか…」

    店員「大丈夫だってー……」


    11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:06:26 ID:YXnu4gV2

    翌日

    男「こんにちはー」

    店員「あれれ、4時からなんだー。部活とかやってないの?」

    男「やってないですよー。」

    女「お、また居るのかボンクラ。」

    男「……俺に恨みでもあるんですかね」ホ゛ソ

    店員「いやいや、人見知りだからさ。ツンデレと同じだよ」ホ゛ソ

    男「ていうか、店員さんに対してはデレデレな感じなんですけど」ホ゛ソ

    店員「そこも可愛いじゃない?」


    12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:09:08 ID:YXnu4gV2

    女「おいボンクラ。なんか言ったか?あぁ?」

    男「い、いえ何も……」

    店員「可愛いねって話だよ~」

    女「な……てめーが言ったのかボンクラぁ」

    男「い、いえ俺は……」

    店員「僕が可愛いって」

    女「可愛くないよぉ~えへへへ」

    店員「可愛いなー」ワシャワシャ

    男「……ぐっ」


    13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:13:25 ID:YXnu4gV2

    店長「おー来てたかー。丁度良かった。商品下し手伝ってくれ」

    男「あ、はい!」

    店長「いやー今レジだけで店員二人使っちゃってな。大変なんだ」

    男「そ、そうですか。よっと」

    店長「マジで助かるわ。うん」

    男「ていうか、店員が全員で三人って、今までどうやって……」

    店長「あたしが頑張ってたからだよ。すげくね」

    男「あ、はい!そうですね!」

    店長「うへへへ……」ト゛ヤ


    14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:15:22 ID:YXnu4gV2

    店長「……ところでよぉ、面接のとき言ったアレ、本当か?」

    男「え?」

    店長「だ、第一印象のよぉ……」

    男「ああ、はい。本当に、思ったこと言っただけですよ」

    店長「そ、そうか……ありがとうよ」

    男「……え?なんですか?」

    店長「なんでもねぇよ……ふぅ。終わった」


    15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:19:15 ID:YXnu4gV2

    店員「てんちょー。女ちゃんと客が喧嘩してます」

    店長「また?ナンパ?」

    店員「そうっぽいです」

    男「ああ……ナンパなんかしたら罵倒されるな……」

    店長「わかった。男、ちょっと見てろ。見本を見てよく覚えろよ」

    男「え?」

    店長「対処法だよ」サ゛ッ


    16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:23:10 ID:YXnu4gV2

    客「てめー、ナメてんのかぁ!?」

    女「てめーのきたねぇ面ナメるぐらいだったら10万ぐれーでももらわねぇと割に合わねぇんだよ!」

    客「ふざけてんじゃねぇぞ!クソ女!」

    女「私がクソならてめーは人間のクズだろうがよぉ!クズはクズらしく土に還れクズ人間が!」

    客「で、てめーこの野郎!」フ゛ン

    店長「はーいそこまで。お客さーん。ダメですよー。彼氏いますんでこいつ」

    客「ああ!?知るか!店長呼べよ!」

    店長「はい」

    客「お前かよ!」


    17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:28:32 ID:YXnu4gV2

    店長「警察呼ばれるか、警察呼ぶか。どっちにしたいですか」

    客「同じだろうが!やってられっか!潰れちまえこんな店!」

    女「てめーの頭も潰れてろバーカ!」

    店長「………ふぅ。見てたか?これが対処法だ」

    男「いや、これ店長じゃなきゃ使えない技ですよね?」

    店長「……そうかな?」

    店員「まぁだいたいそうですね。全部店長が対処してましたし」

    男「ほら」


    18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:31:53 ID:YXnu4gV2

    女「ったく……ムカつく……」フ゛ツフ゛ツ

    店員「だいじょうぶー?」ナテ゛ナテ゛

    女「うん♥大丈夫!」

    店員「大丈夫かー。一緒に頑張ろうねー」

    女「わかった!がんばる!」

    男「……店員さんだけですね。運転できるのは」

    女「あぁ?なんか言ったかボンクラぁ」

    男「い、いえ別に……」

    店長「……じゃあいいか。この対処法は」

    男「なんだったんですか」


    19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:45:39 ID:YXnu4gV2

    店長「ふぁぁ……」

    男「仕事しなくていいんですか」

    店長「あ?今の時間客あんま来ないしなぁ……だいたい平日の夕方なんて、コンビニのかきいれどきなのによぉ」

    男「ああ、そうですね。主婦だとか学生だとか……」

    店長「だろ?だから暇してんだよ。……でもこの暇な時間があったからあの二人はカップルなんだろうねぇ」

    男「……なるほど…会話していくうちに心を開いた的な……」

    店長「そうそう」


    20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 15:50:41 ID:YXnu4gV2

    店長(………)

    男「店長、なにボーっとしてるんですか?」

    店長「いや……でも……この時間にいっぱい話すってことは……」フ゛ツフ゛ツ

    男「店長?」

    店長「あ、ああ。すまん。そうだ、在庫の部屋からチェックリストもってきてくれ。
       ダンボールの上にあったろ」

    男「あ、はい!」カ゛チャ

    店長「……はー……」


    24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 23:46:17 ID:YXnu4gV2

    男「あ、あったわ」

    男「すいませーん、ありましたー」カ゛チャ

    店長「…………」フ゛ツフ゛ツ

    男「店長?」

    店長「あ、ああ。そこ置いといてくれ」

    男「ああ、はい。どうかしたんですか?」

    店長「な、なんでねぇよ。レジのほう行っててくれ。どうせ暇だし」

    男「あ、はい」タタッ

    店長「はー……」


    25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 23:51:32 ID:YXnu4gV2

    男「……なんか、店長の様子が変なんですけど。いや、ずっと変ですけど」

    店員「……さぁ?僕も知らないからねぇ」

    女「てめー地図覚えたのか?ボンクラ」

    男「あ、はい。おおまかな構図は」

    女「白紙に描ける程度になっとけよ。じゃなきゃ使えないからなボンクラ」

    男「はぁ……」

    店員「……まさかねぇ……そんなことも……」

    男「どうかしたんですか?」

    店員「あ、いや、なんでも無いよ。気のせいだ」

    男「そうですか」


    26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 23:59:20 ID:YXnu4gV2

    女「くっちゃべってる暇あんなら店長の手伝いでもしたらどうだボンクラ。
      バイト入りたてでただでさえ役に立たねー木偶の坊のクセしてよぉ。行ってこい」

    男「はい……」

    店員「慣れだよ慣れ。」

    男「はい……」カ゛チャ

    店長「………ふーむ」

    男(真面目な顔してるな……ちょっと珍しいかもしれない……)

    店長「……あ?何見てんの?」

    男「あ、いえ。なんでもないです」

    店長「……あっそ」


    27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 00:02:59 ID:M7qh8T3.

    男「なにか仕事ありますか」

    店長「ああ、ちょっと在庫足りない商品があってな。卸すから付いてこい」

    男「わかりました!」

    店長「ああ、車で行くから。道は覚えなくていいぞ」

    男「なんでですか?」

    店長「商品卸しはあたしの仕事だ」

    男「わ、わかりました」


    28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 00:29:32 ID:NRIpE31E

    フ゛ーン

    男「…………」

    店長「……………」

    男(気まずいな……どうしよう……なんて話しかければ……)

    店長(なんであたしを執拗に見てくる……)

    男「あ、あの」

    店長「ぴゃっ!?」ヒ゛クッ

    男「あ、す、すいません急に話しかけて」

    店長「お、おう……なんだよ」

    男「いや、なんでも……」

    店長「……ああそう……」


    29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 00:32:09 ID:NRIpE31E

    店長「はい到着。」キキッ

    男「ここって……海藻の問屋?」

    店長「そう。重いから運ぶまで手伝ってもらう」

    男「あ、はい!」

    問屋「くぁぁー……」

    店長「相変わらずあくびしてんな。働け」

    問屋「だーってやることないんだもーん。なに?何か足りない?」

    店長「ああ」


    30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 00:38:37 ID:NRIpE31E

    問屋「ああ、もずくの干物ね。あるよー」

    店長「おーい、手伝ってくれ」

    男「あ。はい!」

    店長「よっと……」

    問屋「………」チョイチョイ

    男「はい?」

    問屋「まさかまさかって思って聞くけど、まさか、てんちょーさんの彼ですかな?」

    男「はい?」


    31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 00:56:17 ID:NRIpE31E

    問屋「いやいやー、てんちょーさんが普通に男の人連れてきたの、初めて見たから」

    男「いやいや…そんなことは……」

    問屋「へぇー?まぁ、てんちょーさんが連れてきた男だから、悪い人じゃないだろうけどねぇ。うふふ」

    男「はぁ……」

    店長「おーい。何話してんだ。手伝え」

    男「あ、はい!」


    32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:00:01 ID:NRIpE31E

    店長「あんがとよ。ほら」

    問屋「あいよー。領収書ね。あと男君だっけ」

    男「はい?」

    問屋「……そういうことになったら、報告してね。てんちょーさんと君は応援するから」

    男「で、ですから……」

    問屋「はいはいさよーならー」

    店長「はい帰ろー」

    男「はぁ……」


    33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:16:34 ID:NRIpE31E

    店長「いやぁ。ありがとうな。わざわざ」

    男「いえいえ、仕事ですから」

    店長「そ、そうか……仕事だからか……まぁそうだよな……」

    男「どうかされたんですか?」

    店長「いや、なんでも無いんだ。本当に。」

    男「そうですか。ならいいんですが……」

    店員「あ、おかりなさーい。いいもずく見つかった?」

    店長「あぁ。これはいいもずくだ」

    店員「じゃ、商品並べますんで。男君、教えてあげるから。陳列」

    男「あ、は、はい!」


    34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:22:09 ID:NRIpE31E

    女「おう、仕事してるか木偶の坊」

    男「やめてください……」

    店員「まぁまぁ、慣れだよ」

    男「よく慣れましたね……」

    女「そういうことだボンクラ。仕事も何もなれなんだよ。ぶっ飛ばすぞ」

    男「怖いですよ……」

    店員「まぁまぁ。けっこう本音がそのまま出るタイプだから、相談とかするとすごく助かるよ」

    男「とてもそうとは思えませんが……」


    35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:28:11 ID:NRIpE31E

    女「全く、仕事覚えてから反抗しろよな。つまんねぇじゃねぇかよ。このボンクラ。
      ちったぁ役に立てよ」

    男「ぐっ……」

    店員「はいはい、業務に戻ろうね」

    女「だって店員君そっち行っちゃうから……」

    店員「じゃあ女ちゃんが教える?」

    女「誰があんなクソみてぇな役立たずに仕事教えなきゃなんないのー!店長さんに教えてもらえよ!」

    店員「あ!いいねぇ、それ。教えてもらって」

    男「え?」


    36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:31:19 ID:NRIpE31E

    店員「てんちょー!ちょっと男君に仕事教えてあげてくださーい!」

    店長「あ?男に?カーッ!しょうがねぇなぁオイ!カーッ!」

    男「なんで嬉しそうなんですか……」

    店員「おいおい、それは愚問ってやつだよ?」

    女「マジで空気読めねぇよなこの役立たず」

    店長「じゃー詳しく説明していってやっからよぉ!覚悟しろよな!おい!」

    男「あ、はぁ……」


    37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 01:41:30 ID:NRIpE31E

    店長「じゃあ教えてやるよ!ほら通常業務に戻れ戻れ!」

    店員「はーい」
    女「へいへい」

    店長(うっへっへっへ。まぁしょうがねぇな。仕事教えてやるんだからなぁ~)ニヤニヤ

    男(何を笑っているんだ……この顔でやられると怖いのか可愛いのか……)

    男「あの、ここの陳列はどうするんですか?」

    店長「あ?アイスか?ここはな、スーパーカップみてぇなカップは、こういう網の中に入れる!」

    男「なるほど」

    店長「で、こっちの方に、バーみたいなのを入れるんだ」ト゛ヤァ

    男「あ、ありがとうございます」

    店長「…………うっへへへへ」


    38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 02:04:02 ID:NRIpE31E

    男「何を笑っているんですか?」

    店長「あ?いや、よくわかんねぇけど、嬉しいんだよ。ふっへへへ」

    男「……??はぁ……」

    店長「なんだろーなー。なんかなー。気持ちいいんだよ!知るかそんなもん!」

    男「はぁ、すいません…」

    店員「あれはたから見たらただのカップルだよねぇ」
    女「だねぇ。絶対気づいてないだろうけど」
    店員「それは僕も思ったよぉ」
    女「一番もどかしいタイプだね。君に届けみたいな」

    男(なんか、楽しそうだから、いいか)

    店長(なんでだろうな。なんで話してるだけで楽しいんだろうな)


    39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 02:17:44 ID:NRIpE31E

    店長「おっ……と、もうこんな時間か。もう帰っていいぞ」

    男「あ、本当ですね。じゃあ、お先失礼します」

    店長「おう……明日って、来ないんだっけ?」

    男「あ、はいそうですね。明後日からです」

    店長「そ、そうか……じゃあな……」

    男「失礼しまーす」ウィィーン

    店長「………はぁ」

    店員「店長、わかりやすいね」
    女「恋愛に免疫なさそうだしね」

    店長「あーあ……ちょっと奥行ってる」

    店員「いつも奥にいるじゃないですかぁ」

    店長「居るったら居るの!」ハ゛タン

    店員「はいはーい。不機嫌になったねぇ」

    女「たぶん明日もだよ」

    店員「わかりすいねぇ」

    女「しょうがないよ」


    43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:13:21 ID:NRIpE31E

    翌日

    店長「ありあとーやしたー……」

    店員「すっげー声に張り合いが無いですよ」

    店長「だーってよー……はぁ……」

    店員「だって?」

    店長「いや……なんでだろう……なーんかつまんねぇっていうか」

    店員「ふーん……」


    44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:17:18 ID:NRIpE31E

    店長「なんでだろー?」

    店員「……どう?」
    女「いや、まだわかんないっぽいし、教えなくていいんじゃない?」

    店員「さぁ?僕達にもわかんないですね」

    店長「……そうか」

    店長「はぁー……」

    店長「なんだろーなー……」


    45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:21:01 ID:NRIpE31E

    女「店長、無理してレジ立たなくていいですよ。私がやるんで」

    店長「……いや……いい……く、来るかもだし……」

    女「……うふふ、そ、そうですか」

    店員「そうですね。お疲れさまです」

    店長「ああ」


    46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:28:37 ID:NRIpE31E

    2時間経過

    店長「…………」キョロキョロ

    店員「落ち着かないですね、店長」

    店長「ん?そうか?」

    女(客すら来ないのにあのボンクラ待ってても無駄なような……」

    店員「ちょっと疲れません?奥行って休んでてくださいよ」

    店長「あ?そうか?……わかった」フラフラ カ゛チャ

    女「なんで奥に入れたの?」

    店員「いや、ほらアレ」

    女「ん?……あ」


    47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:33:32 ID:NRIpE31E

    男「こんにちはー」ウィィーン

    女「……お前、なんで来てんだボンクラ」

    男「あれ?今日ありませんでしたっけ?」

    女「お前のシフトは明日だよボンクラ。その程度も記憶できねぇのかァ?テメーの脳みそはババロアかなんかか?」

    男「うぅ……」

    店員「……働きたいなら、いいと思うけどね。店長なら許すだろうし」

    男「あ、じゃあ、今日もやります!ちょっと店長に……」

    店員「ああ、そうだ男君」チョイチョイ


    48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 20:36:31 ID:NRIpE31E

    男「?なんですか?」

    店員「……あのさ、店長のとこ行くなら、こう言ってほしいんだよ。ゴニョゴニョ……」

    男「………え?こんなセリフ言って、店長怒らないですかね?」

    店員「いいからいいから。うふふふふ」

    男「?……わかりました。言ってきます」

    女「とっとと行け。んなことも言えないようならボンクラからチキン野郎な」

    男「はい……」


    49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/08(土) 21:47:08 ID:NRIpE31E

    店長「………はぁ……」

    男「店長」

    店長「ひゃぅっ!?」ヒ゛クッ

    店長「な、ななななななんでお前き、来てんだよ!」

    男「えーっと……店長に会いたかった、から?」

    店長「あ………ああああああアホか!なんなんだそれは!」

    男「いや、あの……」

    店長「なな、何しに来たんだお前は!働きに来たのか!」

    男「あ、はい。そのつもりですけど」

    店長「そ、そう、か……支度しとけ……」

    男「顔赤いですよ店長」

    店長「誰のせいだと思ってんだよ!」


    53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 01:27:13 ID:2v12dHFw

    店長「くっそぅ……」

    男「あ、エプロンとってきますね」

    店長「あぁ……」

    店員(……成功したみたいだね)

    女(店長にだけクリーンヒットしてるんだけど……)

    店員(しょうがないよ。これで男君が真性の天然ジゴロだってことがわかったから)

    女(それもそうだけど……)


    54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 01:32:45 ID:2v12dHFw

    店長「くっそう……くっそぅ……」フラフラ

    店員「店長、どうしました?」

    店長「嬉しいけど……なんだろう……いや、なんでも無いんだ。本当」

    店員「あ、そうですか」

    女「店長顔赤いですし、休んでた方がいいんじゃないですか?」

    店長「そ、そうだな……そうする……」カ゛チャ

    男「どうしたんですかねぇ……」

    店員「……いや、どうだろうね。わかんないよ」

    女「どうなってんのこいつの頭」


    55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 01:39:02 ID:2v12dHFw

    店員「……男君、店長の手伝いしてて」

    男「え?あ、はい」カ゛チャ

    店員「……さて、現状の整理しようか」

    女「うん」

    店員「まず、絶対店長は男君が好きでしょ」

    女「まぁ、そうだね」

    店員「でもなんだか変です」

    女「最初からそうだけど」


    56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 01:44:46 ID:2v12dHFw

    店員「つまり、男君→好かれてるのに気づいてない
           店長→好きだけど恋愛というものを知らない」

    女「なるほど」

    店員「店長はともかく、男君に意識させることが重要なんじゃない?」

    女「でもあのボンクラ、完全に素で店長に接してるよ。無理なんじゃない?」

    店員「いやいや、時間をかければ開かない心なんて無いものだよ。女ちゃんもそうでしょ。」

    女「まぁ……昔は店員君にも罵詈雑言の限りを言ってきたけど……」

    店員「現状だったらまともに会話することも出来るでしょ。十分だよ」

    女「そうかな……」


    57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 01:53:31 ID:2v12dHFw

    店員「でも……ただひたすら会話しても今で気づいてない男君は気づくはずがない」

    女「完全にさっきのセリフも何も考えずに言った感じだからね」

    店員「だからさ、なんか必要なんだろうね」

    女「でもそんなに大々的に出来ないでしょ」

    店員「そこなんだよなぁ……」

    女「あ、いらっしゃいませー」

    店員「いらっしゃいませー。」


    58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 02:01:28 ID:2v12dHFw

    店長「ぐぅ……」Zzz

    男「……店長?寝てます?」

    店長「………ん……」

    男「でもなー……寝てる顔も可愛いかもしれない……」

    店長「はぅ!?」ヒ゛クッ

    男「あ、起きましたか店長。なんか仕事ありませんか?」

    店長「おおおおおおおお前……今……あの……なんつった……」

    男「仕事ありませんかって……」

    店長「あ、ああ……その前……いや……いいわ。仕事か」

    男「なんか言いました?」

    店長「なんでもねぇよ。仕事だ仕事」


    59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/09(日) 02:32:52 ID:2v12dHFw

    店長「はぁ……そうだな、商品の陳列しといてくれ。あと、少ない商品の補充」

    男「あ、はい!わかりました!」

    店長「あとペットボトル類の点検もしとけよ。奥でひっかからないように」

    男「はい!」カ゛チャ

    店員「ありがとーござーしたー」

    女「おうボンクラ。仕事か。それ店長に言われないでやれるようになったら一人前だよ」

    男「が、頑張ります……」

    店員(ふーむ……どうアクションを起こすか……)

    女(とりあえず今は無理かな……)


    62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 16:06:38 ID:/9ZxJnc6

    店長「………」

    男「終わりましたー。」

    店長「あ、そ、そうか…」

    男「なんかやることは?」

    店長「そ、そうだな……」

    男「…店長?」

    店長「そうだな…」

    男「うわの空ですね店長」

    店長「そうだな…」


    63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:20:36 ID:/9ZxJnc6

    店長「……あ、そうだ。飲み物足りないんだった。買いに行くぞ」

    男「あ、はい!行きます!」

    店長「おい、ちょっと行くわ」

    女「あ、はーい」

    店員「行ってらっしゃーい」

    男「では……」


    64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:24:50 ID:/9ZxJnc6

    店員「…いっちゃったねぇ」

    女「客もいなけりゃあの二人もいない…」

    女「!」

    店員「ん?」

    女「だいしゅきホールドぉ!」

    店員「おっ、やったなー。ぎゅーってしてやる」

    女「……近いね」

    店員「そうだねぇ」


    65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:28:34 ID:/9ZxJnc6

    女「……ちゅーしよ」

    店員「誰か来るかもしんないよ?」

    女「大丈夫だから…」

    店員「んー…いいよ」

    女「わーい。ほら!ちゅー!んー!」

    店員「んー…」


    男「ただいま帰りましたー……ん?」


    66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:36:18 ID:/9ZxJnc6

    男「……抱きついたままなにをしようとしてたんですか」

    女「お、あ、お前……」

    店員「え?あのねー、ちゅーしようとしてたのー」

    女「ちょ、ちょっと…あ、み、見てんじゃねぇ!アホ!ボンクラ!役立たず!木偶の坊!あぅ……見ないでよぅ……店員君、下ろして……」

    店員「ダメー」

    女「なんでよぉ…見ないでよぅ…ふぇぇん……」

    店員「はいはい、ごめんねー」

    店員「ごめんね、ちょっと奥行ってる」

    男「ああ……はい……」


    67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:44:34 ID:/9ZxJnc6

    店員「だからごめんって」

    女「謝ってるならなんで抱きついたままなの!」

    店員「なぜなら可愛いからです」

    女「え?うへへ……」

    店員「女ちゃんも、なんで大丈夫だと思ったの?」

    女「だ、だって、二人きりだったんだもん……」

    店員「……ん?」

    女「え?……あ」


    68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/10(月) 19:49:26 ID:/9ZxJnc6

    女「完全に」

    店員「二人きりに」

    女「なるほどー!これはいいね!」

    店員「そうと決まったら……うーむ…」

    女「店長の家とか?」

    店員「……いいねぇ!そうしよう!」

    女「よーし……」


    70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:07:17 ID:cTZ3sk2c

    店員「どうしようか……」

    女「うーん……あ、うちコンビニだった!なんか小説とか、雑誌とかから参考にしよう!」

    店員「お、いいねー。やろやろ」カ゛チャ

    店長「おう、何やってたんだ?」

    女「い、いえ別に……」チラ

    男「………!!」フ゛ンフ゛ン

    女「なんでもないですー」

    店長「……あっそ。」


    71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:16:03 ID:cTZ3sk2c

    店員「どうこれ。『付き合ってください。これマンションの鍵です』って」

    女「まぁ……これは無いかな」

    店員「えー」

    女「んー……ほう、」

    店員「どした?」

    女「これはいい!ちょっと危ないけど、まぁいいや」

    店員「え?何が?」


    72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:19:32 ID:cTZ3sk2c

    女「……そうそう、こっちまで伸ばして」

    店員「入り口にひも引いてどすんの?」

    女「無論、怪我させんのよ」

    店員「えぇ!?怪我させてどーすんの」

    女「どっちが怪我しても、店長の家に転がりこませればいいのよ」

    店員「……あー。店長一人暮らしだもんねぇ」

    女「でしょ?意識させるのに十分よ」


    73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:22:40 ID:cTZ3sk2c

    店長「あー……疲れたー……」

    女「あ」
    店員「え」

    店長「お?」ヒ゜ンッ

    店長「ラプンツェルぐぇぇー!」

    店員「店長がひっかかったか」

    女「なんで某ディズニーの映画の名前叫んだかはわからないけど成功よ!」

    店員「よっしゃ!どっか怪我しろ!」

    店長「……Q」


    74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:24:29 ID:cTZ3sk2c

    店員「……あれ、起きてこない」

    女「気絶した……」

    店員「ああ、突然驚かされるの苦手だからね。店長」

    女「どうする?」

    店員「……あ、そうだ」コ゛ニョコ゛ョ

    女「ほうほう……なるほど……」


    75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:27:09 ID:cTZ3sk2c

    店員「大変だ男君!店長が気絶した!」

    男「はぁ?なんでですか?」

    女「気絶したっつったら気絶したんだよ!張っ倒すぞこの野郎!」

    男「え、あ、あぁ……そうなんですか……」

    店員「と、いうわけで仕事にならないから、店長の家に持っていってくれない?」

    女「てか、送れ。コラ」

    男「……あ、はい。いいですけど」

    女「いいのかよお前…」


    76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:30:34 ID:cTZ3sk2c

    店員「じゃ、これ店長の家までの地図と」

    女「店長のバッグから出した家の鍵」

    男「え?なんで用意して……」

    女「いいから行け!早く!」ケ゛シッ

    男「いだっ!はいはいはい!」

    男「で、店長どうやって運ぶんですか?」

    店員(………どうする)

    女(ここは色々出来るけど王道がいいわね……)

    店員(よし)


    77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:33:30 ID:cTZ3sk2c

    店員「やっぱ、おんぶの方がいいんじゃないかな?疲れにくいし」

    女「ね」

    男「……ホントだ。店長って結構軽いんですね」

    店員「……あ、今のセリフ店長の前で言わせるべきだった」

    女「惜しいわね」

    店員「そのまま帰ってくれていいからね。男君は」

    男「じゃ、俺も送った後、帰りますね。お疲れでーす」ウィィーン

    女「……いいね」
    店員「ね」


    79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:37:51 ID:cTZ3sk2c

    男「えーっと……ここの角曲がって……真っすぐ……」

    店長「……ぉぉう……」ハ゜チハ゜チ

    男「あ、起きました?」

    店長「……ん?あ、あれ?」

    男「すいません、おんぶさせてもらってます」

    店長「はひっ!?な、なんで!?」

    男「いや、気絶してたので運んでほしいと」

    店長「そうだ……なんかに引っかかって……」

    男「あ、下ろした方がいいですか?」

    店長「あぇ!?え、えっと……」


    80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:42:48 ID:cTZ3sk2c

    店長「……いや、あの、足痛いし、そのままでいいわ……」

    男「そうですか。そろそろ着きます?」

    店長「え?あ、そ、そうだな。そこのマンションだ」

    男「……へー。けっこういいとこ住んでますね」

    店長「そ、そうだろ?へへへ」

    男「どこまでおんぶでいいですか?」

    店長「あー……えっ、と、家の……中……まで……とか……ね……」

    男「え?」

    店長「……足痛いし……えっと……鍵開けてもらうとこまで……」

    男「わかりました」


    81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:45:41 ID:cTZ3sk2c

    男「よっと」カ゛チャカ゛チャ

    男「開きましたよ」

    店長「ご、ごめん。靴脱がして」

    男「ああ、そうですね。はい」スッ、ホ゜イ スッ、ホ゜イ

    店長「は、入れよ。なんか食わしてやるから」

    男「いいんですか?」

    店長「……嫌か?」

    男「いえ、店長がいいなら……」

    店長「そ、そうか……ありがと……」


    82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:49:48 ID:cTZ3sk2c

    男「へー。綺麗ですね」

    店長「だ、だろ?ふへへ」

    店長「そこで座ってろよ。今紅茶入れてやるから」ヨロヨロ

    男「店長は寝てた方が良いみたいですけど」

    店長「な、なーに言ってんだよ……こんなもん……」ヨロヨロ

    男「あーもー寝ててください。足痛いんでしょう?」カ゛シッ

    店長「ぁぅっ」

    男「よいしょっと。紅茶は自分で入れますよ」

    店長「わき……わきを…抱えられて……はぁぁ……」スリスリ

    男「店長?」

    店長「あ、ああ……なんでもねぇよ……悪いな……」

    男「いえいえ」カチャカチャ


    83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 17:56:05 ID:cTZ3sk2c

    男「カップどこですかー?」

    店長「ああ、そこの棚の二段目の左っかわだよ」

    男「っと……はーい出来ましたよー」カチャ

    店長「お……悪いな。レモンティーか」

    男「あ、ミルクティーの方が良かったですか?」

    店長「いやいや、これもけっこう好きなんだ……」チヒ゛チ゛ヒ゛

    男「店長、猫舌なんですか?」

    店長「そ、そうなんだよ……」

    男「……ふふっ」

    店長「何笑ってんだー!」

    男「……いや、ちょっと可愛いとこもあるんだなーと」

    店長「……お、おいお前……今……え?」

    男「おかわりは?」

    店長「い、いる……」

    男「はいどーぞー」チャホ゜チャホ゜


    86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 19:43:41 ID:cTZ3sk2c

    店長「あの……さ……」

    男「はい?」

    店長「………いや、なんでもない」

    男「そうですか…そろそろ帰りましょうか」

    店長「え……」

    男「え?」

    店長「いやいや!なんでもねぇよ!うんうん!ね!帰りたいもんね!家に!ほら!」

    男「え、何元気になってるんですか……涙出てますよ」

    店長「出てねーよこんなん!さっきTVのチカラ久しぶりに見たからさぁ!超能力で犯人逮捕してるとこ一回も見たことないけど」

    男「えっと……何か?」


    87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 19:48:05 ID:cTZ3sk2c

    店長「いやいや、あのさ……お前んち、何人暮らし?」

    男「いやぁ、実は一人暮らしなんですよ。寂しいですけどね」

    店長「あ、あのよぉ……ほら……もう遅いし…」

    男「ああ、本当ですね。移動に多くかかっちゃったみたいですね」

    店長「だ、だよな!」

    男「あのー……泊まっていっていいですか?」

    店長「え………あの……い、いいよ……」

    男「ホントですか!ありがとうございます!」


    88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 19:51:51 ID:cTZ3sk2c

    店長「で、でもお前、学校とかあるだろ?」

    男「ああ、大学なら大丈夫ですよ。一日ぐらいはいいですし、あんまり行きたくないですしね」

    店長「お、お前さ……何時に店行く?」

    男「そうですねぇ……何時でもいいですよ。店長が行くときに行きたいです」

    店長「そ、そそそそそそそっかー!そ、そうなのか!よ、よよよし!早く寝るかー!」

    男「店長、なんか元気になってますよ。眠れないんじゃないですか?」

    店長「そ、そんなことねぇよ!」

    男「……あ、そうだ」


    89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 19:54:29 ID:cTZ3sk2c

    男「お風呂入ったらどうですか?リラックスすると思いますし」

    店長「ふ、風呂!?そ、そうだな。風呂だな」

    男「ええ。どうです?」

    店長「も、もちろん入る!ぞ!さ、先入っていいか?」

    男「ああ、はい。どうぞ」

    店長「わ、わかった……」トテトテ


    90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 19:58:30 ID:cTZ3sk2c

    チャホ゜ーン
    店長「………」

    店長(覗き来い覗き来い覗き来い覗き来い覗き来い覗き来い……)

    2時間後

    店長(の……覗き……来い…覗き来い……)

    男「すいませーん、大丈夫ですかー?」トントン

    店長「あ、ああ!悪い!長風呂しちまったよ!」サ゛ハ゜ーン

    男「あ、すいません。準備しますね」

    店長「そ、そうか……」フラフラ


    91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:00:53 ID:cTZ3sk2c

    店長「おぃーす」フラフラ

    男「顔真っ赤ですよ?あ、布団敷いておきました。す、すいません勝手に……」

    店長「……ああ……」

    男「じゃ、入ってくるんで!」

    店長「うん……」ホ゛ー

    店長(………布団が……くっついとる……)ホ゛ー

    店長「……うへへ……」


    92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:13:24 ID:cTZ3sk2c

    30分後
    男「いいお湯でしたー」

    店長「ああ、おかえり」

    男「何見てるんですか?」

    店長「いや、勧められたドラマ見てたんだ」

    男「へー。面白いですか?」

    店長「……いや、恋愛ドラマとかあんまわかんない」

    男「なんでですか?」

    店長「なんつーかよぉ。何でドキドキするのかわかんねーしよぉ、面白いのかどうかわかんねぇ」

    男「もしかして、恋とかしなかったんですか?」

    店長「全くだな。」

    男「へー……」


    93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:16:06 ID:cTZ3sk2c

    店長(なんか今の会話、夫婦みたいだったな……)

    男(へー。大人っぽいからそういうのは詳しいと思ってた……)

    店長「さーて、寝るかー」

    男「あ、そうですね。おやすみなさい」

    店長「……お、おやすみ……」

    男「ふー……」コ゛ロン

    店長「………」シ゛ッ


    95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:25:17 ID:cTZ3sk2c



    店長「ふぁぁ……何時だ今ぁ……なんだ9時か…もちょっと寝よう」コ゛ロン

    男「ほらほら、起きてください!朝食出来てますよ!」

    店長「ふぁっ!?」ヒ゛クッ

    店長「お、お前まだ居たのか……」

    男「ひどいですね。店長と一緒に行くって言ったじゃないですか」

    店長「ああ……そんなこと言ったような……」

    男「ほら、朝食ですよ」

    店長「あ、お、お前作ってくれたのか?」

    男「ええ。すいません、勝手に……」

    店長「いや……いいんだいいんだ。悪いな」


    96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:28:34 ID:cTZ3sk2c

    店長「ふぁぁー……」

    男「あくびしながら食べないでください」

    店長「ああ、ごめん……」

    男(親子っぽいな……)
    店長(夫婦じゃねぇなこれ……)

    男「あ、何時頃に出るんです?」

    店長「じゃー……30分になったら出るかー」

    男「そうですね。服着替えてきます」

    店長「ああ、わかった」

    店長「……あ、そうか。あたしも着替えなきゃいけないか」


    97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:33:24 ID:cTZ3sk2c

    店長「はい元気にいってこーかー」

    男「はい。最初からこの格好なんですね」

    店長「し、私服とかジャージしかねぇし……」

    男「その割にパジャマ可愛かったですけどね」

    店長「はい!?」

    男「え?」

    店長「あ、そ、そうかー……ありがとよ……」

    男「え?あ、はい。」

    店長「き、昨日は悪かったな……お、おんぶさせちまってよぉ……」

    男「いやいや、大丈夫ですよ」

    店長「いつもは車で行くんだけどさ」

    男「はい」

    店長「きょ、今日は歩いていこうかと思う!」

    男「いいんじゃないですか?何でかわかんないですけど」

    店長「……あたしもわかんねぇ……」


    98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:36:28 ID:cTZ3sk2c

    ウィィーン

    店員「あ、おはよーございますー。一緒にご出勤ですか?」

    男「ええ、家から」

    女「あ?今なんつった?」

    男「いや、店長の家泊めてもらったんですよ。意外と女の子っぽくて可愛かっt」

    店長「あーあーあー!!ほらほら通常業務に戻りやがれ野郎共!」

    店員「……あとで聞かせてねー。面白そうだし」

    男「あ、はい」


    99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:39:47 ID:cTZ3sk2c

    店長「……おっと、ちょっと酒なくなってきたな。酒屋行ってくるわ」

    店員「はいはーい」
    女「いってらっしゃー」
    ウィィーン

    店員「……で?で?店長の家行ってどうしたの?」

    女「私にも聞かせろボンクラ。面白そうだし」

    男「別に変わったことは何もしてませんよ?」

    店員「いいからいいから!まず玄関入ってー?」

    男「ええと……靴脱がせてあげて……」

    店員「おお!」
    女「やるなボンクラ」

    男「はぁ?」


    100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:43:39 ID:cTZ3sk2c

    店員「で?それでそれで?」

    男「えーと……紅茶を作ったんですよ。リラックス出来るように。一緒に紅茶飲んで……」

    女「ほうほう!」

    男「それで……泊まっていくことが決まって…」

    店員「それでぇ?」

    男「お風呂入って……」

    女「はいストーーーーーーーップ!お風呂を?え?一緒に?」

    男「いやぁ、それは流石に……」

    店員「なぁんだ」


    101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:46:27 ID:cTZ3sk2c

    店員「入った後は?」

    女「おいおい、シャワー浴びた後は決まってんだろ」ニヤニヤ

    男「布団敷いてあげたんですよ。寝れるように」

    店員「おお!流れが来てる流れが!」

    女「確実にアレが来るぜー!いいのか!話していいのか!」

    男「いや、お風呂上がったら、一緒に……」

    女「一緒に?」

    男「テレビ見てました」

    店員「……なんだ」

    女「期待して損したぜ……時間返せ」

    男「えぇ!?」


    102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:50:07 ID:cTZ3sk2c

    店員「え、まさか一緒にテレビ見て終わり?寝た?」

    男「まぁはい。寝ました」

    女「仕事戻ろうか店員君」

    店員「ちょ、ちょっと待って!朝は?なんかした?」

    女「それだ!何かやったか!ていうかヤったか!」

    男「え?え?」


    103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:53:45 ID:cTZ3sk2c

    男「朝は……ご飯作ってあげました」

    女「お前オカンかよ」

    店員「食べた後は?」

    男「ここに来ました」

    女「やっぱ時間と労力の無駄か」

    店員「何か変わったことは?」

    男「……そういえば、いつもは車で来るのに、今日は歩くって言ってましたね。どうしたんでしょうか」

    女「……おお!」

    店員「おお!」

    男「え?」

    女「やって良かったねぇ!」

    店員「うんうん!」

    男「え?」


    104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 20:58:14 ID:cTZ3sk2c

    女「よーし。このボンクラには何の変化も無かったが、店長には確実に学ばせることが出来たね!」

    店員「この調子で行こうか!」

    男「何がですか?」

    女「おめーは仕事しろ!そんなんだったら万年バイト研修だかんな!」

    男「わ、わかりました……すいません…」

    店長「ただいまー。日本酒と芋焼酎が安かったからあたし用に買ってきちゃったよー」

    女「お疲れですー」

    店員「ですー」


    105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:00:30 ID:cTZ3sk2c

    店員「……これからは積極的に二人きりの時間作らないとね」
    女「じゃあ今から二人にする?」
    店員「そうだね。行こうか」
    女「うんうん」

    女「私たちはちょっと在庫の確認してきますー」

    店員「男君、レジ頼む」

    男「あ、はい!」

    店長「……あ、あたしもレジか」


    106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:01:57 ID:cTZ3sk2c

    男「…………」ホ゛ー

    店長「………」チラッ

    店長「……はぁ」

    男「ん?どうしたんですか?」

    店長「……いや、なーんか疲れちゃってよー」

    男「そうですか……」

    店長「なんでこんな疲れてんだろうな」

    男「俺は知りませんが……」


    108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:13:41 ID:cTZ3sk2c

    店長「……ちょっとサボっちゃおう」

    男「て、店長……」

    店長「……今思ったけど女性誌ってあんま見たことないな……」

    店長「ふーん……可愛い服だな……へー……」

    店長「……あ?」

    『恋愛特集!彼を思うとドキドキ!~これってもしかして不整脈?~』

    店長「へー。恋愛特集……」ヘ゜ラッ

    店長「ほうほう……へー……あー……ほー……ふーむ……」

    店長「………」ハ゜タン

    店長「…………」チラッ

    男「ん?」


    109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:17:29 ID:cTZ3sk2c

    店長「………」ト゛キト゛キ

    店長「おお……すごい……本当になるな……」

    『恋って気づく時間、けっこうかかるよね!そんなとき、この滋養券を満たしていれば恋だって分かる、簡単な条件があるんだ!』

    『まず一つ目は、目を見ると、ドキドキする!』

    店長「すげー……女性誌買おう……」

    男「店長?」

    店長「えーっと……次は……」


    110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:23:19 ID:cTZ3sk2c

    『目をじっと見ていたら、なぜだか体が熱くなるよ!』

    店長「…………」シ゛ッ

    男「なんでしょうか……」

    店長「……ぐっ……」

    店長「なるほど……最後は……」

    男「なんすかこれ?」

    『ボディタッチなんて、何とも思ってない男の子になら出来るよね?でも、それが出来ないって、好きだからじゃないかな!
     恋って……素敵やん……』

    店長「なんで最後島田紳介なのかよくわかんなかったけどまぁいいか!ボディタッチねぇ……」シ゛ロシ゛ロ

    男「なんなんすかこれ……」


    111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:26:22 ID:cTZ3sk2c

    店長「うーん……」ヒ゜ト

    男「つめたっ!いきなりなんでほっぺに手を……」

    店長「………ふぉぉぉぉぉぉ!!なんじゃこりゃあああああああ!」

    男「え!?ど、どうしたんですか!?」

    店長「こりゃあ……こいつぁすげぇぇぇぇぇぇぇ!!女性誌これから毎週買おう!てかパクろう!」ト゛キト゛キ

    男「店長!?どうしました!?」


    113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:38:05 ID:cTZ3sk2c

    店員「………」チラッ

    女「おいなんだあの状況。なんか遊んでるよ」

    店員「女性誌読んでいろいろ勉強したのかねぇ」

    女「おお!一気に接近した!」

    店員「こいつぁ目が離せないよ!」

    女「イエス!」


    114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:38:37 ID:cTZ3sk2c

    男「店長……なにやってんすか……」

    店長「ええ……いやいや、なんでもないんだよ……」ソワソワ

    店長(確実に全部当てはまってた……確実に恋だ……恋って……なんだ……)

    男「いやー、長く立つのも疲れますね」

    店長「え?あ、いや、そーだなー。」

    男「店長?棒読みになってますよ?」

    店長「き、気のせいだよ……」

    店長(もう話しかけんな顔が……熱い……ぐぅ……)

    男「店長?」

    店長「あ、あー!あいつら仕事やってっかなー!見にいこーっとぉ!」カ゛チャ

    男「……??」


    115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:42:54 ID:cTZ3sk2c

    女「うわ!なにやってんすか店長!レジは?」

    店長「うっせー!どうせ客来ないんだよ!」

    店員「まぁ正論ですけどねぇ」

    店長「あ、あとよ……お前らにちょっと相談したいことがあって……」

    店員「なんすか?」

    店長「……いや、……今はいい。仕事続けろ」

    女「はーい」

    店員「うぃーす」

    店長「じゃ、じゃあ行ってくる」カ゛チャ

    女「………絶対相談って」

    店員「うんうん、アレだねぇ」


    116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:48:46 ID:cTZ3sk2c

    店長「………」チラチラ

    男「あ、いらっしゃいませー」

    店長「はぁ……」

    男「二点で、2400円ですー。あ、快楽天派ですか?俺は失楽天派ですかねー。ありがとうございましたー」

    店長「……………」シ゛ーッ

    男「……あの、なにか?」

    店長「……いや、なんでもねぇよ……うん……」

    男「……あ、そろそろですね。ここらへんで上がります」

    店長「そ、そうか……早いな……」

    男「そうですかね?お疲れ様でーす」ウィィーン


    117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:54:10 ID:cTZ3sk2c

    店長「………おい!来い!」

    店員「はいはいー」

    女「相談ですねー」

    店長「……あ、あのさぁ……」

    店員「なんでしょーか」

    女「うんうん」ニヤニヤ

    店長「こ、恋ってよお……なんなんだ……」

    店員「うーん、難しい質問ですね」

    女「辞典によると、『特定の異性に強くひかれること。切ないまでに深い思いを寄せること』って書いてあります」

    店長「そ、そんなことじゃなくてよぉ……」

    店員「じゃあ、なんでしょうか」


    118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 21:56:58 ID:cTZ3sk2c

    店長「い、今までこんなこと無かったからさぁ……どうしたらいいか……」

    女「ほほーう。なかなか乙女な質問がきましたなぁ……?」

    店員「ねー?」

    店長「ふ、ふざけないで答えてくれよ……?ど、どうしたらいいんだ……」

    女「そーっすね……」

    店員「アピールとか?」


    119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:00:43 ID:cTZ3sk2c

    女「いやいやー。無理でしょう。あんな天然のボンクラ役立たずに」

    店員「さっぱりだったもんねぇ」

    女「普通の手法は通じないですよ」

    店長「う、うん」

    女「と、なると……」

    店員「相手から告白された方がいいっすよね?」

    店長「そ、それはそれで、嬉しい?けどさ、ちょっと無理なんじゃないかって……」

    女「なるほど!あっちにも興味をよせればいいわけね!」

    店員「店長、それだったら女の方がよく知ってるっぽいですよ」

    女「お任せください!」


    120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:04:06 ID:cTZ3sk2c

    女「まずこう、刷り込むことが大事です!」

    店長「ほう……」メモメモ

    女「普段から恋愛話した方がいいですよ!」

    店長「へー……」メモメモ

    女「それとー、あのボンクラ……男の過去の恋愛の話聞いたりだとかー」

    店長「ふーむ……」メモメモ

    女「ま、これぐらいですね。あとは店員君が適当にあのボンクラに吹き込んでおけば」

    店員「あっちも意識する、と」

    女「そゆことよ!」

    店長「へー……すっげー……」メモメモ


    121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:08:53 ID:cTZ3sk2c

    店長「……恋愛話とか、出来ないんだけど」

    女「ああ、そうだった。この本貸しますんで、読んでおいてください!」

    店長「おお!女性誌だ!」

    女「これであのボンクラにも意識されるスキルが習得できます!」

    店長「すっげー!女性誌すっげー!」

    女「……店長、いっつもそのコンビニの店員の服ですけど、他に服持ってます?」

    店長「えー……ずっと中学時代のジャージかな……」

    女「ダメですよ!ちゃんと内面から磨かないと!」

    店長「えぇ!?」

    女「そんなんだったらデートに誘われたときでも超ダサいっすよ!」

    店長「そ、そうなのか……」

    女「普段の生活からなんです!」


    122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:13:42 ID:cTZ3sk2c

    店長「ご、ごめん……」

    女「そうですね……服は私の貸してあげますから!」

    店員「その身長のサイズで合うかねぇ……」

    女「いいの!ちょっとキツいぐらいが!」

    店員「絶対伸びると思うけどねぇ」

    女「いいの!とにかく!ちょっと明日は閉めて、あのボンクラをデートにこっちから沿ってやるんですよ!」

    店長「でーとって何?」

    女「遊ぶんですよ!ちょっと今から店閉めてウチ来てください!」

    店長「うぇぇ……」


    123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:16:16 ID:cTZ3sk2c

    店員「じゃー僕帰るねぇ」

    女「うん!ばいばーい!」

    店長「ぐぇぇ……」

    女「さぁさぁ!ちょっと明日ここに呼び出して、遊びますよー!」

    店長「えー……」

    女「ケータイ借りますよー」

    店長「ちょ、ちょっといつのまに……」

    女「……なんであのボンクラが待ち受けなんですか」

    店長「あぅぅ……恥ずかし……」

    女「……まぁいいですけど、えーっと……」ヒ゜ッヒ゜ッ

    prrrrrrr


    125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:19:36 ID:cTZ3sk2c

    男「はい、もしもし店長ですか?」

    女「私だよこのボンクラ。」

    男「え?なんで女さんが?だってこれ……」

    女「ケータイ借りてんだよ。ちょっとお前明日早めに来いよ。最低でも9時には来い」

    男「え、ど、どうして……」

    女「いいから。じゃあな」ヒ゜ッ

    女「これで明日の準備はオッケーですよぉ!」

    店長「なんで完全に喧嘩腰なんだよ……」


    126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:22:04 ID:cTZ3sk2c

    女「さぁさぁ今宵は長く続きますよ!明日のデートプランもしっかり考えておきましょう!」

    店長「えー……」

    女「いいからいいから!ヒャッホーゥ!」

    店長「な、なんでそんなテンション高いんだよ!はなせぇぇぇ!」

    女「こういうの何で楽しいんだろ!でも楽しい!うっひゃっひゃ!」


    127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:32:56 ID:cTZ3sk2c

    翌日

    男「はー……」

    女「よぉ来たかボンクラ。今日は店はやってねぇよ」

    男「はい?」

    女「いやー、どうしても店長が遊びたいっていうからさー。でも私は予定入ってるし、お前が行けばいいってことになった」

    男「なんでそうなるのかわかりませんが……」

    女「うっせぇ!なったんだよ!裏口の方にいるから、さっさと迎えにいってやれ。その鈍臭い足で」

    男「はい……」

    女「早く行け!」

    男「はい!」


    128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:45:03 ID:cTZ3sk2c

    男「すいませーん……店長?」

    店長「あ……そ、そうだよ……何か変か…」

    男「あ、いえいえ全然。やっぱり、普通の服着てると可愛いですね」

    店長「は、はぅっ……そ、そうか……ありがと……」

    男「……遊びに行くんですか?」

    店長「そ、そうだよ……悪いかよ……」

    男「いや、いいですよ。バイト無いと暇なんで」

    店長「そ、そうか!良し!行こう!すぐ行こう!」カ゛シッ

    男「え、ちょっと腕掴まないで……痛いです……」

    店長「えっとな!ここにすっげー楽しい公園あるんだよ!すごいんだぜ!」


    129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/11(火) 22:48:44 ID:cTZ3sk2c

    店長「でな!ここのブランコがすげー高いんだよ!怖いよ!」

    男「そろそろ手離してもらっていいすか……」

    店長「え?あ、……わ、悪い……」

    男「いや、全然大丈夫ですよ」

    店長「そ、そうか……」

    _____________

    女「なにあの店長だけフワフワムード。気に食わない」

    店員「まぁまぁ」

    女「……まぁいいわ。あのクソ天然ボンクラ野郎のためのデートプランはきっちり考えてあるんだからねぇ……」

    店員「頑張ったんだねー」

    女「まぁね!えっへへ!」


    133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:26:48 ID:c4EmA2bc

    店長「ブランコなのに超怖いな……」

    男「しょうがないじゃないですか。わざわざ踏み台使うぐらいだし」

    店長「う……うおお……いくぞ……」フ゛ラフ゛ラ

    男「すいません、それブランコ楽しめてますかね?」

    店長「……楽しくはないな……」

    男「ですよね。他のとこ行かないですか?」

    店長「……うん……」


    134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:37:34 ID:c4EmA2bc

    女「……ダメっぽいねこれ」

    店員「だねぇ」

    女「……プランB……強硬手段でいくわよ!」

    店員「え?なにこれ」

    女「遊園地のチケット」

    店員「ああ、お決まりだねぇ」

    女「いくよ!」

    店員「うん」


    135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:42:26 ID:c4EmA2bc

    女「あれれ~?店長さーん、とボンクラ。なにやってるんですかぁ?」

    店員「偶然だねぇ」

    女「あー!そうだ!ちょっとチケットが余ってるんですよ!いりませんか!」

    店員「意気込んでいた割に演技がへたくそだねぇ」

    店長「え!?マジで!?もらうもらう!」

    店員「あ、乗るんだ」

    男「で、でもいいんですか?」

    女「うるせぇこの野郎!もらえ!いいから!」

    男「はい……」


    136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:47:31 ID:c4EmA2bc

    女「なーんと!これ二枚あるんですよ。有効期限も今日までだし、行ってみたらどうです?」

    店長「え……一緒iに……?」

    女「もちろん」

    店長「そ、そうかー!じゃあもらっとくわ!行こう行こう!」ク゛イ

    男「痛いですよ……」

    店長「よっしゃあああああああうわああああああい!」タ゛タ゛タ゛タ゛


    女「……グッジョブだよ」

    店員「うんうん」

    女「さて、おいかけますか」

    店員「え?」


    137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:54:40 ID:c4EmA2bc

    遊園地

    店長「おおー……すげー……作りが細やかだぜぇ……」

    男「本当ですねぇ……なに行きます?」

    店長「絶叫系乗ろうぜ!絶叫!」

    男「そうですね。人も少ないですし、すぐ乗れるだろうし」

    店長「わーい!」


    女「なんか普通に楽しんでるわあのボンクラ……」

    店員「すいません、バニラソフトを……はい、バニラ抜きで」

    女「ほらほら行くよ!」

    店員「あ、うん。待ってー」ハ゜クハ゜ク


    138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 21:57:08 ID:c4EmA2bc

    店長「おおー!一番前って初めてだ!」

    男「俺もですよ。怖そうだなぁ……」


    女「ここでどう出るかね」

    店員「そうだねぇ。早くベルト下ろしなよ」


    139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:04:56 ID:c4EmA2bc

    店長「うあああああああああん!」
    男「うわー」

    女「うひょあああああああああああああ!怖いいいいいいいい!」
    店員「女ちゃんしっかりしてよー」

    フ゜シュー……

    店長「うおおお……怖かった……」

    男「俺もすごい怖かったですよー。髪乱れてますよ」チョイチョイ

    店長「あ……ごめん……」サッサッ


    女「はぁ……はぁ……」

    店員「良かったねぇ。結果オーライってやつだよ」

    女「はぁ……そう……こわい……」


    140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:07:43 ID:c4EmA2bc

    男「あ、お化け屋敷ありますね。行きますか?」

    店長「やだ」

    男「え?」

    店長「えっ……と……あ!メリーゴーランドある!行こう!」タ゛ッ

    男「あれ?ちょっと……」


    女「なんだァ?メリー?メリー行く?」

    店員「僕らも行く?てか、その略し方どうかと思うよ。もっと色々あるでしょ」

    女「もちろん私らも行くわよ!さぁ!」

    店員「あ、うん。いくよー」タタタ


    142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:11:38 ID:BjadaVww

    店長「わーい!わーい!」

    男「こっち向いてください店長」ハ゜シャハ゜シャ

    店長「ピース!はい!」


    女「なんだあいつら!親子かよ!一緒に乗れよ!」ク゛ルク゛ル

    店員「一緒に乗るのけっこう恥ずかしいし、難しいのかもねぇ」ク゛ルク゛ル

    女「ったく、それでも男ってもんかよ」ク゛ルク゛ル

    店員「ひどい偏見だよ女ちゃん」ク゛ルク゛ル


    143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:15:41 ID:c4EmA2bc

    店長「……これけっこう酔うものなんだな……」

    男「まぁしょうがないですよ。でもちゃんと撮れましたよ」

    店長「わー本当だー……って、なんで撮ってたんだろ。今年27の女が……」

    男「いいじゃないですか。店長若く見えますよ」

    店長「え、そ、そうかなぁ……ふへへ」


    女「これって結構酔うね……」

    店員「いいねぇ。アトラクションを重ねるごとに距離が縮まるよ」

    女「これはプランBが正解だったようね!」

    店員「……あ、またどっか行くみたいだよ」

    女「追っかけるわよ!」

    店員「わかったー」テクテク


    144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:22:05 ID:c4EmA2bc

    店長「……そろそろ暗くなってきたな」

    男「……あ、花火上がりはじめましたよ」

    店長「そうだな。……綺麗だな」

    男「……あ、でも月も綺麗ですよ?見てくださいほら」

    店長「……え?なんて?」

    男「月が綺麗ですねって」

    店長「……うおおおおお!?」

    男「どうしたんですか店長?」

    店長「え?いや、それ、お前、」

    男「なんですか?」

    店長「えーっと……よろしくお願いします……」

    男「なにがですか?」


    145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:25:13 ID:c4EmA2bc

    女「あいつ天然で言いやがった……」

    店員「素敵だねぇ」

    女「そんなに素敵か?」

    店員「だってそうじゃない」

    女「だって天然で言われちゃ……」

    店員「そうかなぁ……あ、またどっか行くよ」


    146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:33:26 ID:c4EmA2bc

    男「なんかどっかで聞いたことありますよ。遊園地行ったら最後に観覧車乗れって」

    店長「ああ、女性誌にも書いてあったな……いいよね。夜景が一望」

    男「綺麗そうですよねぇ」

    店長「……あ……」

    男「どうしたんですか?」

    店長(密室で……二人きり……)モンモン

    男「店長?」

    店長(あ、女の奴が『観覧車乗ったら確実に告白きますよ!』って言ってたし……)

    男「てーんちょー?」

    店長「(そ、そのまま……付き合って……こう……抱き合ったり……なんだり……)

    男「店長?」

    店長「………え?」

    男「観覧車ついてますよ」

    店長「お、おう。そう、か……」(きた!来たこれ!)


    147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:41:33 ID:c4EmA2bc

    女「よっしゃあ!ついに来たよこの瞬間が!」

    店員「え?どれが?」

    女「見えないの!?ついにランデヴーとバージンだよ!」

    店員「すごーい。観覧車の中でそこまで進展するなんて」

    女「……さすがに見ることは出来ないけど、乗りたい」

    店員「……それは僕も思ってた」

    女「乗ろう!」タ゛ッ

    店員「はーい!」タ゛ッ


    148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:47:30 ID:c4EmA2bc

    男「おー、高いですねー!あ、あそこ店長のマンションですよ!」

    店長「………」カ゛チカ゛チ

    男「あ!あっちすごい!ちょっと隣座っていいですか?」

    店長「お、おう……」

    男「へー……すごーい……川でっかーい」

    店長(なんだ?まだ何も言ってこないぞ?もう頂点だぞ?)

    男「店長も見てくださいよ!すごいですよ!」

    店長「あ、あぁ……」


    149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:53:33 ID:c4EmA2bc

    店長(……もう告白するムードじゃねぇな完全に……)

    男「いやー、今日は楽しかったですよ!」

    店長「そ、そうか。良かった」

    男「いや、店長と行くならどこでも楽しいですけどね」

    店長「……もう!」

    男「え?」

    店長「もーなんでそういうこと言うんだよー!もう!そこまで言うならあたしも言うからな!?」

    男「え、あ、はい?」

    店長「い、言うからな!言うぞ!」

    男「はぁ、はい」


    150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 22:58:54 ID:c4EmA2bc

    店長「なんかさぁ!最初の頃からさぁ!そうやってさぁ!普通の笑顔でさぁ!そんなこと言われてさ!」

    男「あ、すいません……」

    店長「謝らなくていいんだよ!でさ!いつのまにかさ!そういう事言われるの嬉しくなってさ!でさ!気になってきてさ!」

    男「あ、え?」

    店長「でさぁ……こんなところで言われてさぁ……我慢出来なくなってさぁ……言ったんだよお……」

    男「え……すいません……」

    店長「はぁ……悪いな……何か変なこといって……」

    男「はぁ……」


    151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 23:21:47 ID:c4EmA2bc

    男「でもさっきのセリフって、まるで店長が俺のこと好きみたいな感じでしたよね。ありえないでしょうけど。あはは」

    店長「……そうだよ……」

    男「え?」

    店長「だ、だからさぁ……好き……なのかわかんないけど……好きみたいなんだよ……」

    男「なに言ってんのかよくわかんないんですけど……え?俺ですか?」

    店長「今まで恋愛とかしらねぇまま仕事してきたからさぁ……わかんねぇけどよぉ……」

    男「え?え?マジっすか?」

    店長「うん……」

    男「……うーん……」


    152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 23:35:44 ID:c4EmA2bc

    男「店長は、俺と付き合えたら嬉しいですか?」

    店長「……うん……嬉しい、かな……」

    男「……じゃあ、付き合いましょうよ。俺としても、店長は好きですし、一緒にいたいなら居ればいいじゃないですか」

    店長「本当か!?」

    男「本当ですよ。嫌ですか?」

    店長「あ、ありがとう……な……」

    男「……やっぱり可愛いですねぇ、店長」

    店長「う、うっさい……」ムゥ


    153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 23:49:10 ID:c4EmA2bc

    女「うまくやってるかねぇ……」

    店員「ねーすごいよー川がさー」

    女「……ほんとだ。川すごい。なにあれ。写メろ」カシャ

    店員「まぁ、男君のことだから、店長の方から引き出してるだろうねぇ」

    女「そういう男だよあのボンクラは。焦らしすぎなんだよ…」

    店員「それで付き合ったら、どうする?」

    女「それはそれで万々歳じゃない?そうなったら、あいつを一人の男として認めてやるよ」

    店員「すごいねぇ。じゃ、付き合うに1000円」

    女「何もせずに戻ってくるに5000ペリカ」


    154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/12(水) 23:52:47 ID:c4EmA2bc

    翌日

    店長「うっへへへ……」

    女「はよーざーす。何かありました?」

    店長「いやいや、なんでねぇんだ……うへへ」

    店員「……成功したのかねぇ」

    女「どうだか。ボンクラの反応見ればわかるよ」

    店長「あー早く来ないかなー……うふふふふ」

    店員「すごいよ女ちゃん。完全に乙女だよ」

    女「これはいい方向かな…」


    155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 00:07:59 ID:kIRhMALs

    男「おはよーございまーす」

    女「おう来たかボンクラ。昨日どうだったよ」

    男「いや、なんていうか……」チラッ

    店長「…………」サッ

    男「…………いや、なんとも無いですね……」サッ

    店員「……店長と同じタイプだねぇ」
    女「こいつ意識すると照れるタイプか」


    156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 00:11:42 ID:kIRhMALs

    店員「………あ、そうだ。僕はちょっと在庫の確認してくるねぇ。じゃあ」

    女「私もちょっと裏口の掃除やってまーす」

    店長「え、ちっょと……」

    女「……おい、しっかりやれよ。男」

    男「は……え?ボンクラは……」

    女「……ふん。そういうことだ。じゃあな」

    店長「よ、良かったな。免許皆伝だぞ」

    男「そうなんですか?」


    157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 00:17:17 ID:kIRhMALs

    店長「………………」

    男「…………………」

    店長「あー……」

    男「…………」

    店長「……なんか喋ろうぜ……」

    男「……すいません…なんか顔見れなくて……」

    店長「……あたしもだよ……はぁ……」

    男「………」

    店長「……男」

    男「はい」


    158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 00:26:10 ID:kIRhMALs

    店長「…恋愛って、悪くないかもしれないな」

    男「……そうですね。いいものですね」

    店長「……ありがとな」

    男「……こっちこそ。ありがとうございます」

    店長「……ああ……」

    男「……店長」

    店長「あ?」

    男「好きですよ」

    店長「………あほ……」


    女「これは……」
    店員「1000円賭け勝った」


    160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/13(木) 00:33:09 ID:kIRhMALs

    店長「だー!変なこと言うなよな!」

    男「ようやく普段のテンションになりましたねぇ」

    店長「……ああ、そうだな。こっちの方がいいわ」

    男「俺もです」

    女「私も」

    店員「僕も!」

    店長「お前は普段通りだろ!あたしにツッコミをやらせんな!」

    ウィィーン

    店員「あ、いっしゃーせー」

    「すいません、バイト志望なんですけど……」

    END


    引用元: 女店長「面接はじめっから」男「はい」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (325)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (321)
    シンデレラガールズ (1402)
    ミリオンライブ (233)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (310)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (23)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (133)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (446)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (19)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (41)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (61)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (37)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (23)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (39)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (134)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (97)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (8)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (11)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (118)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (160)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (115)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (46)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (221)
    遊戯王 (46)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (23)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (278)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (34)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (121)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク