FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    みほ「すけこまし作戦?」アンチョビ「そうだ!」【ガルパン】

    1: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/23(水) 23:14:33.56 ID:7ZaXWnpPo

    アンチョビ「我々には情報が足りなかった!」

    ペパロニ「どうしたんすかドゥーチェ?」

    アンチョビ「大洗は試合前我が校にスパイを送っていたらしいじゃないか!」

    カルパッチョ「後から聞きましたけどそうらしいですね。」

    アンチョビ「よって我々も大洗にスパイとしてペパロニを送ろうと思う!」

    ペパロニ「自分すか?」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458742463



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/23(水) 23:16:38.57 ID:7ZaXWnpPo

    カルパッチョ「あの~ペパロニはあまりスパイに向いてない様な・・・」

    アンチョビ「大丈夫だ!私がペパロ二を特殊スパイにしたて上げる!」

    ペパロニ「特殊スパイ?」

    アンチョビ「そうだ!只進入するのではなく内通者を確保するんだ!」

    ペパロニ「どうやって?」


    3: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/23(水) 23:18:05.62 ID:7ZaXWnpPo

    アンチョビ「簡単だ!お前が男になり大洗の生徒に近づき情報を貰う!以上だ!」

    ペパロニ「ドゥーチェ何いってんすか?自分いちおう女っすよ?」

    カルパッチョ「ひょっとして男装を?」

    アンチョビ「その通り!男装だ!男装!」

    アンチョビ「少女漫画で培った能力とイタリア式口説き術ををお前に与えてやる!」


    4: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/23(水) 23:18:42.56 ID:7ZaXWnpPo

    アンチョビ「3日で中身と見た目をモテ男にしてやる!行くぞ!」グイッ

    ペパロニ「ちょ、急っすよドゥーチェ!」ズルズルズル

    カルパッチョ「・・・・大丈夫かしら」

    ―――
    ――


    10: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:30:55.52 ID:+/1nkrRPo

    ~3日後~

    アンチョビ「どうだ!完璧に男だろ?」

    ペパロニ「・・・・・」

    生徒「ペパロニ姉さん男みたいっす!」

    生徒「かっこいいっすよ!」

    カルパッチョ「たしかに見た目は男性になりましたね。」


    11: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:31:50.35 ID:+/1nkrRPo

    アンチョビ「元々ペパロニは中性的な感じだからな!」

    アンチョビ「服装と中身を教育したら完璧だ!」

    カルパッチョ「う~む。確かにこれならイケるような・・・」ガシッ

    カルパッチョ「えっ?」

    ペパロニ「褒めてくれてありがとうお嬢さん。」ニコッ


    12: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:32:54.72 ID:+/1nkrRPo

    ペパロニ「君みたいな可愛い女性に会えて僕は幸せだよ♪」ニギニギ

    カルパッチョ「ちょ/////急に手を・・」

    ペパロニ「君みたいな可愛い女性の手を握りたくなるのは仕方が無いことさ♪」ニギニギ

    カルパッチョ「うっ////(相手はペパロニよ。何ドキドキしてるの私/////)」

    アンチョビ「どうだ!これで大洗の生徒も落とせるだろ!」

    カルパッチョ「はっ・・・・はい/////」


    13: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:34:23.23 ID:+/1nkrRPo

    アンチョビ「必死に教育した成果があったな!」

    ペパロニ「嫌って程勉強した甲斐があったっす♪」

    カルパッチョ「///////////////」

    アンチョビ「では行くぞ大洗へ!!すけこまし作戦発動だ!」

    ―――
    ――


    14: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:40:22.64 ID:+/1nkrRPo

    アンチョビ「作戦はこうだ。ターゲットはこいつ武部沙織だ」つ写真

    カルパッチョ「確か隊長車に乗ってる人でしたよね?」

    ペパロニ「覚えてねえっす」

    アンチョビ「調査の結果こいつはもうすぐこの道を通る」

    アンチョビ「この曲がり角でペパロニがワザとぶつかって、お互いコケる」


    15: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/24(木) 23:41:21.60 ID:+/1nkrRPo

    アンチョビ「その後、謝罪がしたいと連絡先を聞きだして次のステージだ!」

    ペパロニ「姉さん完璧な作戦っす!」

    カルパッチョ「ちょっとベタじゃないですか?」

    アンチョビ「作戦はベタな位がちょうどいいんだ!そろそろ来るぞ!準備しろ!」


    20: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/25(金) 23:26:36.10 ID:g0JCbbKWo

    ―――
    ―――

    エリカ「ったく!何で私が大洗に書類何かもっていかないといけないんだか・・」スタスタスタ

    ~曲がり角~

    アンチョビ「おっ誰か来たぞ。恐らく武部沙織だ。いけペパロニ」ヒソヒソ

    ペパロニ「うっす」タッタッタッタッタ

    ドカン バタ


    21: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/25(金) 23:27:39.19 ID:g0JCbbKWo

    エリカ「痛たた・・・ちょっと!!アンタ!!一体どこ見てほっつきあるいてんのよ!?」

    ペパロニ「すまない・・・(あれっ?武部沙織じゃないような・・・・)」

    カルパッチョ「ドゥーチェあれって黒森峰の副隊長じゃないですか?」ヒソヒソ

    アンチョビ「確か逸見だっけか?・・武部沙織は?」ヒソヒソ

    エリカ「擦りむいちゃったじゃないのよ!!一体どうせき・・にん・・・って・・・え/////////////」


    22: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/25(金) 23:29:36.84 ID:g0JCbbKWo

    ペパロニ「あーえっと(間違えた?)」

    エリカ「あののの//////お・・・おおお怪我はありままませんか?!?」

    ペパロニ「いえ・・(こいつどっかで見たような)」

    エリカ「こここ/////ここ擦りむいてるじゃないですか!大変!至急手当てを////」つハンカチ


    23: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/25(金) 23:32:22.39 ID:g0JCbbKWo

    ペパロ二「いやこれ位・・・(誰だっけな?)」

    エリカ「ばい菌が入ったら大変です。御免なさい!私の前方不注意で」ペコッ

    ペパロニ「(あっ!こいつ黒森峰の副隊長だ!)いえいえ此方こそ」

    エリカ「本当に御免なさい。」ペコッ

    ペパロニ「いえ、では自分はこれで(とりあえずドゥーチェのとこに戻ろ)」スッ

    エリカ「お待ちになって!!!!」


    24: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/25(金) 23:33:52.88 ID:g0JCbbKWo

    エリカ「改めてお詫びをしたいので////是非!是非!是非!連絡先を!」

    アンチョビ「あいつら一体何をしてるんだ?」ヒソヒソ

    カルパッチョ「携帯で連絡先を交換してるような」ヒソヒソ

    アンチョビ「あっ!戻ってきたぞ!」


    41: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:38:04.98 ID:Xx58B/+So

    ペパロニ「ドゥーチェ!」

    アンチョビ「すまん!武部と間違えてしまったようだ。」

    カルパッチョ「それより何があったの?」

    ペパロニ「実はカクカクシカジカで」

    アンチョビ「アイツと連絡先を交換したのか?」


    42: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:38:55.20 ID:Xx58B/+So

    ペパロニ「ええ。食事に行こうって誘われたっす!」

    アンチョビ「何でそうなるんだ?」

    カルパッチョ「いわゆる脈アリって奴では?」

    ペパロニ「そういえば名前を聞かれたんすけど」

    アンチョビ「名前!?そういえば決めてなかった!何て名乗ったんだ!」


    43: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:41:33.21 ID:Xx58B/+So

    ペパロニ「いやペパロニって名乗るのは流石にマズイと思ったんで咄嗟にペパチョビって名乗ったっす!」

    アンチョビ「よくやった!ペパチョビだったら絶対バレないな!」

    カルパッチョ「(そうかしら?)」

    ペパロ二「ドゥーチェこれからどうしたらいいっすか?」


    44: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:42:50.49 ID:Xx58B/+So

    アンチョビ「作戦変更だ!ターゲットを黒森峰の副隊長にする!!」

    ペパロニ「うっす!」

    カルパッチョ「(上手くいくかしら?)」

    ――――
    ――――

    エリカ「これが黒森峰からの書類よ♪」


    45: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:44:21.28 ID:Xx58B/+So

    優花里「あの、足を擦りむいていますが・・・」

    エリカ「いいのよこれは♪じゃあね♪」

    エリカ「~♪~~♪♪~~~♪~~♪」

    優花里「鼻歌歌ってえらく機嫌がよさそうですね」ヒソヒソ

    みほ「私、あんなに機嫌が良いエリカさん見るのはじめて」ヒソヒソ


    46: ◆FwtfrEyij9dA 2016/03/30(水) 21:45:16.73 ID:Xx58B/+So

    エリカ「~♪♪~~♪(ペパチョビさん。何て素敵な方♪♪)」

    エリカ「(こんな出会いがあるなんて大洗に来て良かったわ♪♪♪)」

    ―――
    ――


    47: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/01(金) 23:28:10.66 ID:O104hLCco

    ~数日後~

    アンチョビ「今日はあの逸見エリカとレストランで食事だ!」

    アンチョビ「とりあえず戦車道まで話を広げる事が本日の目標だ!」

    ペパロニ「うっす!」

    アンチョビ「カルパッチョの見立て曰く脈アリだそうだ」

    カルパッチョ「おそらくですけどね。」


    48: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/01(金) 23:28:38.93 ID:O104hLCco

    アンチョビ「我々は近くの席で話を聞いている!何かあったらこの無線機で連絡だ!」

    アンチョビ「脈ありなら楽勝だ!何としても戦車道まで話を持っていけ!」

    ペパロニ「任せてください!」

    ~~~
    ~~~


    49: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/01(金) 23:29:15.40 ID:O104hLCco

    ペパロニ「え?戦車道で副隊長をやっているんですか?」

    エリカ「ええ////そんな大した事では無いですよ////」

    ペパロニ「いやいや、副隊長なんて凄い事ですよ」

    ~近くの席~

    アンチョビ「ペパロニ上手く話を進めているな」ヒソヒソ

    カルパッチョ「ええ」ヒソヒソ


    50: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/01(金) 23:31:53.28 ID:O104hLCco

    アンチョビ「相手の話を聞く事に徹してなおかつ褒める」ヒソヒソ

    アンチョビ「必勝法だな・・・・しかし」ヒソヒソ

    カルパッチョ「どうしました?」

    アンチョビ「あのエリカって奴何でパンツァージャケットで来てるんだ?」ヒソヒソ

    カルパッチョ「レストランでかなり浮いてますよね」ヒソヒソ

    アンチョビ「私服が買えない位貧乏なのか?」

    カルパッチョ「いや、それは無いかと・・・・」


    55: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:11:09.49 ID:as/BxrU6o

    ペパロニ「私戦車道に興味あるんですよ。」ニコッ

    エリカ「////そっ!//そうなんですか!き!奇遇ですね!(よっしゃぁぁぁぁぁ!!!!)」

    ペパロニ「そうですね♪(ドゥーチェ無事計画進んでるっす♪)」ニコッ

    ペパロニ「しかも黒森峰と言えば強豪じゃないですか」

    エリカ「いえ////隊長は無愛想ですし隊員は応用が利かないし////名前だけですよ♪」


    70: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 02:28:45.44 ID:as/BxrU6o

    ペパロニ「いやぁ、でもアンツィオと違って何度も優勝経験があるなんて凄いですよ」

    エリカ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・アンツィオ?」

    ペパロニ「・・・・あ」

    アンチョビ「あ!バカ!」

    カルパッチョ「ドゥーチェ静かに」ヒソヒソ


    57: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:13:15.36 ID:as/BxrU6o

    アンチョビ「ま、まずいぞ・・おいペパロニ」ピッ

    ペパロ二「ね、姉さんどうしたら?」ヒソヒソ

    アンチョビ「と、とりあえず妹か戦車道をやってる事にしろ」ピッ

    エリカ「あの・・・ペパチョビさんはアンツィオと何か関係が?」

    ペパロ二「妹が!妹がアンツィオで戦車道をやってるんですよ!」


    71: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 02:29:25.74 ID:as/BxrU6o

    エリカ「そうなんですか!?奇遇ですね!これって////運命と言う奴ですね////」

    ペパロ二「そうですね!」アハハハハ

    エリカ「////////////」

    アンチョビ「とりあえずごまかせたな」ヒソヒソ

    カルパッチョ「かなり危ういですけどね・・・」

    ――――
    ―――


    59: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:14:24.03 ID:as/BxrU6o

    エリカ「~♪~~♪♪~♪~♪」

    黒森峰生徒A「副隊長!」

    黒森峰生徒B「何か良い事でもあったんですか?」

    エリカ「ふふっ♪別に何もないわよ」


    60: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:15:18.01 ID:as/BxrU6o

    黒森峰生徒A「ひょっとして好きな人とデートが出来たとか?」

    エリカ「そ//////そんなんじゃないわよ♪(その通りだけど)」

    黒森峰生徒A「あー確かにデートではなさそうですね。」

    黒森峰生徒B「確かにパンツァージャケットでデートとかありえませんもんねww」

    エリカ「えっ!?」


    61: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:19:38.31 ID:as/BxrU6o

    黒森峰生徒A「パンツァージャケットでデートとか女捨ててます宣言だよねぇww」

    黒森峰生徒B「確かに!相手の人に対して実質嫌がらせみたいなもんだよね♪」

    黒森峰生徒A「そんな痛い女行動、副隊長がとるわけないよね!」

    黒森峰生徒B「確かに!デートでそんな格好侮蔑の対象ですもんね♪」

    エリカ「」


    62: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:20:27.42 ID:as/BxrU6o

    黒森峰生徒A「で!一体何があったんですか?」

    黒森峰生徒B「教えてくださいよ!」

    エリカ「・・・・・・・」

    エリカ「・・・・・・・」


    63: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:20:59.89 ID:as/BxrU6o

    黒森峰生徒A「・・・副隊長?」

    エリカ「あぁん!?」ギロッ

    黒森峰生徒A&B「」ビクッ

    エリカ「別になんだっていいでしょ!!」

    エリカ「喋ってる暇があるならとっとと整備済ませちゃいなさいよ!!」


    64: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:21:31.05 ID:as/BxrU6o

    黒森峰生徒A&B「は。はい!」

    エリカ「・・・・・・」スタスタスタ

    黒森峰生徒A「最近優しくなったと思ってたんだけどねぇ」

    黒森峰生徒B「そんな事なかったね」


    65: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:30:14.16 ID:as/BxrU6o

    ~エリカの部屋~

    エリカ「まさか私はペパチョビさんに恥を・・・・・?」

    エリカ「パンツァージャケットはダメだったの?」

    エリカ「今まで常に正装はパンツァージャケットだったのに?」

    エリカ「よく見たら手も戦車の油で所々黒いじゃないの・・・・」


    66: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/06(水) 01:31:13.48 ID:as/BxrU6o

    エリカ「ひ・・・ひょっとして・・・・・」クンクンクンクン

    エリカ「練習後にお会いしたから汗の臭いも?」

    エリカ「・・・・・・・・・・わ、私は何てことを」ガクッ

    エリカ「変わらなきゃ」ボソッ

    エリカ「ペパチョビさんに似合う女性にならなきゃ!!」


    79: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:02:55.52 ID:Pvo7hf4Co

    ~アンツィオ~
    アンチョビ「今月も予算がカツカツだな・・・」

    カルパッチョ「屋台の日数を増やしましょうか?」

    アンチョビ「しかしこれ以上増やすと生徒に負担が大きすぎるしなぁ」

    アンツィオ生徒「ドゥーチェ!お客さんですよ!」


    80: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:03:33.79 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「私にお客?」

    エリカ「お邪魔するわ」

    アンチョビ「げ!」

    エリカ「げっ!て何よ?」

    アンチョビ「いや何でもない・・・」


    81: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:04:20.98 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「おい、ペパロニは今どこにいる?急いで隠れるように伝えろ」ヒソヒソヒソ

    カルパッチョ「ペパロニは今日陸に上がって食材の買い付けです。夜までおそらく戻りません」ヒソヒソ

    アンチョビ「なら大丈夫か」ヒソヒソ

    エリカ「さっきから何ヒソヒソ話してるわけ?」

    アンチョビ「いやこっちの話だ!黒森峰の副隊長逸見だったな!今日はどうしたんだ?」


    82: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:04:55.02 ID:Pvo7hf4Co

    エリカ「ちょっと近くまで寄ったからアンツィオの戦車道を見学しようと思ってね」

    アンチョビ「それは別にかまわんが、何故急に?」

    エリカ「何となくよ。何となく」キョロキョロ

    カルパッチョ「恐らくですがペパロ二が咄嗟に言った妹を探しにでは?」ヒソヒソ

    アンチョビ「まずいぞ。そんな奴ウチにいないのに」ヒソヒソ


    83: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:05:20.23 ID:Pvo7hf4Co

    エリカ「案内して貰っていいかしら?」

    アンチョビ「ああ(適当に案内して帰ってもらうか)」

    アンチョビ「ここがアンツィオの戦車倉庫だ!」

    エリカ「結構広いのね」キョロキョロ

    アンツィオ生徒「あっ!ドゥーチェ大変です!」


    84: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:06:03.64 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「どうかしたか?」

    アンツィオ生徒「CV33の部品なんすけどもう限界が来てこれ以上修理は無理です!」

    アンチョビ「何!?何とか修理出来ないのか!?」

    アンツィオ生徒「無理です!元々限界でしたからこれ以上はどうにもなりません!」

    エリカ「なら新しく部品を買えばいいんじゃないの?」


    85: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:06:44.33 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「ウチにそんな金は無い!とりあえず他のCV33の部品と組み合わせろ!」

    アンチョビ「全部は無理でも何台かは動かせる様にするんだ!」

    アンツィオ生徒「ドゥーチェ大変です!」

    アンチョビ「今度はなんだ!?」

    アンツィオ「次回から燃料の価格が上がるみたいっす!」


    86: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:07:27.09 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「また上がるのか!」

    カルパッチョ「これ以上の値上がりは訓練に支障が出ますね。どうします?」

    アンチョビ「座学の時間を増やす!生徒にはより一層の節約を指示しろ」

    カルパッチョ「わかりました。」

    エリカ「・・・・・・・・」

    エリカ「・・・・この大破してるP40は何なの?」


    87: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:19:22.07 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「それか?それは修理する予算が無くて後回しになってるんだ」

    カルパッチョ「CV33と違って修理にお金が結構掛かるんですよ」

    エリカ「ふーん・・・そうなの・・・・」

    アンチョビ「さて、じゃあパスタでも食べるか?向こうに屋台が出してあるぞ」

    エリカ「ええいただくわ。」

    アンチョビ「こっちだ(お腹いっぱいになったら帰ってもらうか)」

    ペパロ二「姉さん!ただいま戻ったっす♪」



    88: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:20:22.24 ID:Pvo7hf4Co

    アンチョビ「あ!」

    エリカ「えっ?」

    ペパロ二「いやぁ予想以上に買い付けが早くおわったっす♪」

    ペパロ二「あれ?お前は逸見エリカ?どうしてここに?・・・・あっ」

    エリカ「・・・・・・・ちょっと・・・・・あなた」

    アンチョビ「あのだな!これは!違うんだ!(マズイ!マズイぞ!)」アタフタ


    89: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:21:25.58 ID:Pvo7hf4Co

    エリカ「あなたひょっとしてペパチョビさんの妹ね♪」

    ペパロ二「えっ?」

    アンチョビ「とにかく今は話を合わせろ。」ヒソヒソ

    カルパッチョ「とりあえずペパチョビの妹と言う事で挨拶を」ヒソヒソ

    ペパロ二「わかったっす」ヒソヒソ


    90: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 01:23:37.46 ID:Pvo7hf4Co

    ペパロ二「自分がペパチョビの妹でアンツィオの副隊長!ペパロ二だ!」

    エリカ「やっぱりね♪顔がそっくりだもの♪

    エリカ「色々お話いいかしら?」

    ペパロ二「あ~えっ~と・・・・」

    アンチョビ「私が後ろでフォローするから適当に話せ。も少ししたら帰ってもらうから」ヒソヒソ

    エリカ「(アンツィオに来て良かったわ♪)」

    ―――
    ――


    93: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:29:20.33 ID:Pvo7hf4Co

    ~黒森峰~

    エリカ「隊長、これが次回連盟に提出する書類です。」つ

    まほ「ああ、いつもすまないな」ペラッ

    エリカ「いえ、副隊長である私の役目ですから」

    まほ「・・・・・・・・」


    94: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:30:00.73 ID:Pvo7hf4Co

    まほ「・・・最近エリカは香水をつけてるのか?」

    エリカ「ええ、女性の嗜みですから。隊長も使いますか?」

    まほ「・・・・・・いや、またの機会にする」ペラッ

    まほ「・・・・・・・・」ペラッ


    95: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:33:39.39 ID:Pvo7hf4Co

    まほ「・・・・・・なあ」ペラッ

    エリカ「何でしょうか?」

    まほ「このアンツィオへの予算拡充とはなんだ?」

    エリカ「今後戦車道の拡大発展にはアンツィオへの支援が不可欠です。その書類です。」

    まほ「?何故黒森峰がアンツィオの予算拡充意見を出さねばならんのだ?」


    96: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:34:49.19 ID:Pvo7hf4Co

    エリカ「アンツィオは予算が無くて困っています。」

    エリカ「連盟が援助金を払うのは当たり前かと?」

    まほ「いやだから何故黒森峰がアンツィオの為にそんなk」

    ドンッ

    まほ「」ビクッ

    エリカ「なら隊長はアンツィオの戦車道が無くなっても良いというんですか!!!??」


    98: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:36:12.68 ID:Pvo7hf4Co

    まほ「いや、そんな事はないぞ」アセアセ

    エリカ「隊長は連盟の会議に発言が出来る立場ですよね!絶対この書類を出して下さい!」

    まほ「わ、わかった!」

    エリカ「家元にもお話して絶対に書類を通して下さいよ!」バンッ

    まほ「わかった!わかった!お母様には私から言っておく!」


    99: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/10(日) 02:38:05.65 ID:Pvo7hf4Co

    エリカ「では私はこれで失礼します!」パタンッ

    まほ「・・・・・」ホッ

    エリカ「ふふふ////」

    エリカ「待っててね♪ペパチョビさん////」

    エリカ「私が義妹の戦車道を援助してあげるんだから////」


    106: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:21:44.59 ID:2qYrY8cAo

    ―――
    ――


    エリカ「戦車博物館楽しかったですね♪」

    ペパロニ「ええとっても♪」ニコッ

    エリカ「♪(よし!このタイミングよ!)」

    エリカ「そういえば今度戦車道連盟の会議で予算の話があるんですけど・・・」

    ペパロニ「?」


    107: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:22:44.11 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「黒森峰がアンツィオの予算が少な過ぎると意見するらしいですよ?」

    ペパロニ「本当ですか?・・・ひょっとしてエリカさんが?」

    エリカ「いえいえ、私はちょっと助言しただけですよ♪」

    ペパロニ「助かります!これならアンチョビ姉さ・・・・妹も喜びますよ!!」

    エリカ「喜んで貰えて良かったです♪(よし!次よ!次!落ち着けワタシ!)」


    108: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:24:14.28 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「そ!そういえばそろそろお昼ですね!(慎重に・・・)」

    ペパロニ「そうですね。昼時ですし何処かイタリアンレストランでも」

    エリカ「あ!あの!実は私!き!き今日!お弁当作ってきたんです!(落ち着け!)」

    エリカ「よければ是非!是非!是非!食べていただきたいんですが!」

    ペパロニ「本当ですか?是非食べたいですね♪」

    エリカ「じゃ!じゃあ!!あそこのベンチで!(しゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!)」


    109: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:24:41.83 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「これ!私が作ったハンバーグなんですよ♪どうぞ♪」

    ペパロニ「・・・・おいしいですよ♪」パクッ

    エリカ「お口にあって良かった♪♪(よし!)」

    ペパロニ「いやぁ、こっちのポテトも美味しいですね♪」ムシャムシャ

    エリカ「本当?私嬉しいです♪(よし!ここは勝負の時よ!!)」


    110: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:25:16.00 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「あの・・・ペパチョビさん?」

    ペパロニ「何ですか?」ニコッ

    エリカ「どうぞ♪あ~んしてください♪」つ

    ペパロニ「・・・・・・」

    エリカ「(マズイ!?まだこの段階は早かった!?)」


    111: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:25:45.04 ID:2qYrY8cAo

    ペパロニ「どうも♪」パクッ

    ペパロニ「いやぁ!おいしいですね♪」ムシャムシャ

    エリカ「♪♪♪♪♪」

    エリカ「ペパチョビさんさえ良ければ私毎回作りますよ♪」


    112: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:26:34.10 ID:2qYrY8cAo

    ペパロニ「本当ですか!?エリカさんにおべn」

    エリカ「エ・リ・カ♪」

    ペパロニ「?」

    エリカ「今度からエリカさん何て他人行儀では無くエリカと呼んでください♪」

    ペパロニ「えっ~とそれじゃ・・・エリカ!」

    エリカ「はいっ♪♪」


    113: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:27:08.93 ID:2qYrY8cAo

    アンチョビ「なぁ?あの二人付き合ってないよな?」ヒソヒソ

    カルパッチョ「出会ってから2回ですよ?」ヒソヒソ

    アンチョビ「その・・・なんだ?色々早すぎないか?」ヒソヒソ

    カルパッチョ「黒森峰だから電撃戦なのでしょうか?」ヒソヒソ

    アンチョビ「まあいいか。ペパロニそろそろ本題に入れ」ヒソヒソ


    114: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:28:00.72 ID:2qYrY8cAo

    ペパロニ「了解っす・・・・・・そういえばエリカ?」

    エリカ「何ですか♪」

    ペパロニ「黒森峰には戦術や作戦の計画書とかあるんですか?」

    ペパロニ「あれば一度見てみたいなぁ~と思うんですけど(どうだろ?)」


    115: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 07:31:14.39 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「いいですよ?今度持ってきますね♪」

    ペパロニ「それじゃあ今度遊園地に行きませんか?」

    エリカ「遊園地!?良いですね!行きます!絶対行きます♪♪」

    アンチョビ「えらく簡単に話が進んだな」ヒソヒソ

    カルパッチョ「即答でしたね・・・」ヒソヒソ


    119: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:49:14.51 ID:2qYrY8cAo

    ―――
    ――


    エリカ「審議に通さなかったってどういうことですか!?」ガシッ

    まほ「エ・・エリカぐぐ苦じいぃ・・」

    黒森峰生徒「ちょっと副隊長!?隊長を締め上げるなんて!」


    120: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:50:15.86 ID:2qYrY8cAo

    黒森峰生徒「はやく離して上げてください!」

    エリカ「あんた達は黙ってなさい!!」

    まほ「は!・・・・はなじてぐれぇぇ」バタバタ

    エリカ「ふん!」ドサッ

    まほ「ゴホッ・・ゴホッゴホッ」


    121: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:51:13.80 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「何で通ってないんですか!!?」ドンッ

    まほ「そっ!その・・やはりウチからアンツィオの件の具申するのは如何なモノかと・・」

    エリカ「隊長は私の恋路を邪魔するんですね!?そうなんですね!!!?」

    まほ「恋路?一体なんのh」

    エリカ「ではここで隊長の解任及び追放の決議を出します!」


    122: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:52:13.88 ID:2qYrY8cAo

    まほ「・・・・・・・・え?」

    エリカ「この決議に異論がある人は?」

    黒森峰生徒A「あのいくら何でもそr」

    エリカ「アンタは何か異論があるってんの!!!!あぁん!!!!???」ギロッ

    黒森峰生徒A「あっ!ありません!」ビクッ


    123: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:53:30.12 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「他は!!?文句あるやつぁ前に出なさい!!!!」ギロッ

    生徒達「・・・・・・・・・・」シーン

    エリカ「異論無しね!!ではこの案は可決!!」

    まほ「ちょ!待ってくれ!!」


    124: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/17(日) 21:54:32.95 ID:2qYrY8cAo

    エリカ「では繰り上がりとして本日より私が黒森峰隊長として指揮をとる!!」

    エリカ「以上解散!!」

    黒森峰生徒達「はっ!はい!!」ビシッ


    131: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:04:51.77 ID:4MrTKTGuo

    数日後

    ~アンツィオ~

    ドドドドドド

    黒森峰生徒「パンター10両・ヤークトティガー10両」

    黒森峰生徒「後ティガー10両あとエレファントです。」

    ペパロニ「すげぇ大きい戦車っすね!」


    132: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:05:39.02 ID:4MrTKTGuo

    カルパッチョ「あの、これ本当にウチが?」

    黒森峰生徒「エリカ新隊長がアンツィオに引き渡せとの事でした。」

    黒森峰生徒「乗るなり売るなり好きにせよとのお達しです!」

    アンチョビ「いやいや!学校同士の戦車のやりとりはマズイんじゃないか!?」


    133: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:06:29.65 ID:4MrTKTGuo

    黒森峰生徒「新隊長曰く一生貸すだけだから問題無いと」

    アンチョビ「ていうかエリカは副隊長だろ!?」

    黒森峰生徒「こないだ付けでエリカ副隊長は隊長に着任しました。」

    アンチョビ「一体何があったんだ?」

    黒森峰生徒「それが大きな声じゃ言えないんですが実はかくかくしかじかで」

    アンチョビ「」


    134: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:08:31.02 ID:4MrTKTGuo

    カルパッチョ「つまりクーデターがあったと・・・」

    アンチョビ「西住はどうなったんだ!?」

    黒森峰生徒「まあその後なんですけど」

    黒森峰生徒「西住隊長は連盟や家元からの嘆願で追放だけは無くなりました。」

    黒森峰生徒「あと新隊長は挨拶に来たがってましたが連盟の会議に出るとの事」


    135: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:08:57.81 ID:4MrTKTGuo

    黒森峰生徒「アンツィオの皆さんにくれぐれもよろしくと言ってました。」

    黒森峰生徒「それでは失礼します。」ビシッ

    カルパッチョ「ご苦労様です。」ペコッ

    アンチョビ「まさかこんなに戦車が送られてくるとはなぁ」

    アンツィオ生徒「ドゥーチェ大変です!」


    136: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:09:42.73 ID:4MrTKTGuo

    ペパロニ「どうした?」

    アンツィオ生徒「アンツィオへの戦車道予算の増額が決まりました!」

    ペパロニ「増額だと!?本当か!?」

    アンツィオ生徒「間違いありません!連盟から連絡がありましたから!」

    アンツィオ生徒「何でもアンツィオが特別指定校になったらしいっす!」


    137: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:10:33.47 ID:4MrTKTGuo

    ペパロニ「特別指定高校?」

    カルパッチョ「強豪校が指定される制度よ」

    カルパッチョ「指定校は練習場優先権や経費は全て連盟が払ってくれるはず」

    ペパロニ「つまり?」

    カルパッチョ「アンツィオはこれから試合に掛かるお金は全て連盟持ちって事ね」

    ペパロニ「そんな凄い制度なのか!」


    139: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:14:24.39 ID:4MrTKTGuo

    アンチョビ「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

    ペパロニ「どうしたんすかドゥーチェ?」

    アンチョビ「なんか知らない所で大きな力によって色々決まっていってるな・・」

    カルパッチョ「まあ、全て事後報告ですからね」

    アンチョビ「・・・・これってエリカのチカラ・・っていうか全部私達のせいだよな?」


    140: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/20(水) 22:15:45.84 ID:4MrTKTGuo

    カルパッチョ「まあ、根っこの部分としてはおそらく・・・・」

    アンチョビ「話が大きくなり過ぎだ!最初は作戦計画や書類がターゲットだったのに!」

    アンチョビ「いつの間にか隊長か解任されたり戦車が30両以上来たり予算が増額の大騒動じゃないか!?」

    カルパッチョ「どうしますドゥーチェ?」

    アンチョビ「予算増額は正直ありがたい!しかしこれは話が大きすぎて怖い」


    143: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:54:04.14 ID:rLX/ZozAo

    アンチョビ「相談するか・・・」

    ―――
    ――


    みほ「それ本当なんですか?」

    優花里「らしいんですよ!」


    144: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:54:42.54 ID:rLX/ZozAo

    優花里「解任及び追放後、家元と連盟が掛け合って追放だけ何とか取り下げて貰ったらしいです!」

    優花里「でも追放を取り消す代わりにアンツィオを特別指定校にする様にエリカ殿が迫ったとか」

    みほ「何でアンツィオなんだろう?」

    優花里「さぁ?何ででしょうね?」

    みほ「・・・・・」


    145: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:55:18.26 ID:rLX/ZozAo

    優花里「ま!まあ!西住殿のお姉さんは何とか戦車道に戻れたので一応戦車道を続けれますし・・・」

    みほ「そうだよね!別に隊長じゃなくてもお姉ちゃんはお姉ちゃんだし!」

    桃「西住!お客だ」

    みほ「お客?」

    アンチョビ「や!やあ!」

    ――
    ――


    146: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:56:38.62 ID:rLX/ZozAo

    みほ「えっとつまり一連の騒動にはそんな裏があったと?」

    アンチョビ「正直申し訳無いと思ってる。まさかこんな事になるなんて」

    みほ「いえエリカさんがやった事なんですよね。そんなに畏まらなくても」アセアセ

    沙織「あの!その話は置いといて、アンチョビさんの隣にいるカッコイイ男性は一体どちら様?」

    アンチョビ「む?こいつか?男装してるがペパロニだぞ!」


    147: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:57:42.46 ID:rLX/ZozAo

    ペパロニ「どうもっす!」

    沙織「あ?え・・・男の人じゃないんだ・・・・」

    アンチョビ「(最初のターゲットはお前だった事は伏せておこう・・・)」

    麻子「で、どうするんだ?いつかネタ晴らしをしなきゃいかんだろ?」

    ペパロニ「最初は真正面からバラす予定だったんだが」


    148: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 05:59:25.77 ID:rLX/ZozAo

    麻子「あの女の事だ今まで騙されたと知ったら・・・・」

    ~~~~~~
    ~~~~~~

    エリカ「貴様らぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

    エリカ「よくもよくもよくも私の純情を弄んでくれたわね!!!!!!!!」

    エリカ「その腸掻っ捌いてハイデルベルク城に吊るし並べてくれるわぁぁぁぁぁぁ」

    エリカ「くたばれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!」ドォォォン


    150: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 06:01:20.68 ID:rLX/ZozAo

    ~~~~~
    ~~~~~

    麻子「とかになりそうだな」

    アンチョビ「」

    みほ「いやエリカさんの事だからゴタクを並べず即座に」

    ~~~~~
    ~~~~~

    エリカ「死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

    ~~~~~


    151: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 06:02:32.17 ID:rLX/ZozAo

    ~~~~~

    アンチョビ「」

    みほ「たいぎゃたいぎゃえすか」ガタガタガタ

    優花里「西住殿訛ってますよ」

    華「ならいっそ逃げて行方をくらますとかどうでしょう?」

    華「真実を闇の中に葬れば解決では?」


    152: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 06:03:38.66 ID:rLX/ZozAo

    アンチョビ「いや、ペパロニとの関係はわかっているからなぁ」

    アンチョビ「逃げたらウチに来て徹底的に何処に行ったか調べ上げるはずだ」

    ペパロニ「どうしますドゥーチェ?」

    沙織「やっぱり正直に話すしかないよ!」

    カルパッチョ「だよなぁ」


    157: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:49:38.22 ID:rLX/ZozAo

    ―――
    ――


    ~黒森峰~

    黒森峰生徒B「あの・・・その隊長・・これ」つ

    まほ「洗濯ですね。今順番にしているのでそっちに置いといて下さい」

    まほ「あと私はもう隊長でありません」

    まほ「西住とでも呼んで下さい」


    158: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:50:18.83 ID:rLX/ZozAo

    黒森峰生徒C「あの・・・・鍵なんですが」

    まほ「私の方で閉めときますので大丈夫ですよ」

    黒森峰生徒C「それではお先に失礼します」ダッダッダッ

    まほ「さて洗濯を終わらしてしまわないとな」

    まほ「・・・・・・・」ゴシゴシゴシ


    159: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:51:03.25 ID:rLX/ZozAo

    まほ「・・・・・・・」ゴシゴシゴシ

    まほ「・・・・・・・」ゴシゴシゴシ

    まほ「何で私はこんな事をしてるんだぁぁぁぁ!!!!!」

    まほ「私はあの西住まほだぞ!?」

    まほ「国際強化選手にして西住流の娘!知名度だって割とある有名人だ!」


    160: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:52:07.40 ID:rLX/ZozAo

    まほ「それが何で洗濯板で隊員のパンツァージャケット何か洗わなきゃならん!?」

    まほ「お母様に泣きついて何とか追放を取り消してもらったがまさか下っ端からスタートとは・・・」

    まほ「これもエリカのせいだ!一体アイツは何を考えてるんだ!?」

    まほ「そりゃ無理にカレー博物館に送って貰ったり」


    161: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:52:51.72 ID:rLX/ZozAo

    まほ「仕事を全部押し付けて大洗に行ったりしてエリカの休み潰したり」

    まほ「TVでエリカの出演時間を私が大洗話をしすぎて尺が無くなって出れなくなったり」

    まほ「多少迷惑掛けたと思うぞ!でもクーデターはないだろ!?」

    まほ「・・・・・・・・・」


    162: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:53:39.01 ID:rLX/ZozAo

    まほ「・・・・・・・・・」

    まほ「・・・・・・・・・」

    まほ「洗濯終わらして早くかえろ・・・」

    エエ ホントウデスカ ウフフ♪♪

    まほ「?」


    163: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:56:18.14 ID:rLX/ZozAo

    エリカ「義妹さんは戦車を気に入って下さったかしら?それは良かった♪」

    エリカ「いえ、大したことでは無いのでお気になさらず♪」

    エリカ「ええ・・・・重要な話がある!!!???」

    エリカ「はい!!!では11時に遊園地前で♪♪ええ♪はい♪それでは♪」ピッ


    164: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:58:05.03 ID:rLX/ZozAo

    エリカ「・・・・・重様な話!!遂に来たわ」

    エリカ「告白ね!!!!」

    エリカ「遊園地デート必ず成功させるわ!!帰って洋服の準備しなくちゃ♪」ダッダッダッ

    まほ「(戦車?遊園地?デート?)」


    166: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/21(木) 23:59:07.50 ID:rLX/ZozAo

    まほ「ひょっとしてエリカの弱みを握るチャンスなのでは?」

    まほ「ふっふっふっ♪みてろエリカ!所詮お前は三日天下にすぎない事を教えてやる!」

    まほ「洗濯を終わらして私も準備だ!」ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ


    169: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/22(金) 00:06:04.49 ID:jNwcSjITo

    ~デート日~

    優花里「ターゲット発見!集合予定地に接近中!」

    みほ「優花里さん。もう少し小さな声で」ヒソヒソ

    華「下はデニムショートパンツですね。」

    麻子「上はキャミソールか?えらく胸元が緩そうだな」


    170: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/22(金) 00:07:30.79 ID:jNwcSjITo

    沙織「今年のお洒落を先取り?って感じだね♪」

    アンチョビ「えらく気合入ってるな」

    カルパッチョ「本気ですね。」

    ペパロニ「じゃ自分行ってくるっす!」


    171: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/22(金) 00:11:28.42 ID:jNwcSjITo

    アンチョビ「作戦はこうだ」

    アンチョビ「とりあえず遊園地を堪能させろ」

    アンチョビ「その後重要な話があると言うんだ」

    アンチョビ「私たちも出てきて一緒にネタばらしをする」

    アンチョビ「後は野となれ山となれ作戦だ」


    172: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/22(金) 00:12:10.98 ID:jNwcSjITo

    カルパッチョ「かなりマズイ計画ですよね・・・」

    アンチョビ「後の事は終わってからじっくり考えよう」

    アンチョビ「よし行けペパロニ!頼んだぞ!」

    ペパロニ「うっす!」


    180: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:30:36.40 ID:emYkgoZEo

    ~まほサイド~

    まほ「やはり男とデートだったか」

    まほ「エリカの格好は何だ?えらく洒落た格好しやがって・・・」

    まほ「そういえばあいつ最近ファッション誌を読んでたな」

    まほ「普段雑誌は丸やMAMORUしか読まんくせに色気づきやがって!」

    まほ「まあいい。デートの瞬間を押さえ男女スキャンダルで隊長の座を奪え返してやる。」

    まほ「いざ!」


    181: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:31:35.27 ID:emYkgoZEo

    エリカ「あっ♪こっちですよ♪」

    ペパロニ「待たせてしまいましたか?」

    エリカ「いいえ♪私も到着した所ですよ♪」

    ペパロニ「今日の遊園地楽しみでした!」


    182: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:32:17.15 ID:emYkgoZEo

    エリカ「私もです♪それじゃ行きましょ♪」グイッ

    麻子「自然な流れで腕を組んだな」

    優花里「しかも腕にムネを押し当ててますね。」

    沙織「男殺しの腕組ね♪」

    みほ「夕方には人殺しになってる可能性が」ガタガタガタ


    183: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:32:43.99 ID:emYkgoZEo

    アンチョビ「怖いこと言うなよ・・・・」

    カルパッチョ「我々も移動しましょう」

    ――――
    ―――


    184: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:47:16.77 ID:emYkgoZEo

    ペパロニ「いやぁ、今日は楽しかったですね。」

    エリカ「はい♪私もです♪」

    優花里「滞りなくデートが終わりましたね。」

    麻子「そろそろネタ晴らしの時だな」


    185: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:47:53.62 ID:emYkgoZEo

    まほ「我が校は不純異性交遊禁止。この写真は証拠だな」パシャパシャ

    まほ「ふっふっふっ!エリカに今から撮った事を言って絶望の淵に落としてやる!」

    まほ「隊長の座は明日には解任だ!今日は震えて眠れ!!」


    186: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:48:55.35 ID:emYkgoZEo

    エリカ「あの、お電話で仰ってた重要な話とは?(そろそろね)」

    カルパッチョ「ドゥーチェ、そろそろでは?」

    アンチョビ「よし。今から私も出る。ペパロニそこにいろ。」ピッ

    みほ「あの・・・・今まで楽しかったです。」

    優花里「アンツィオのパスタおいしかったのに残念です・・・」

    アンチョビ「永久の別れみたいな感じはやめろ!」


    187: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:50:22.40 ID:emYkgoZEo

    アンチョビ「出逢えばこれから楽しい事があるさ!交流試合したり合同合宿したり!」

    みほ「私も・・・その・・グスッ・・・グスッ・・・うっ・・・・グスッ・・・そう・・・グスッ・・思い・・ます」

    アンチョビ「泣くな!死ぬとは決まってない!」

    アンチョビ「行くぞ!カルパッチョ!」

    カルパッチョ「はいっ!」


    188: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:51:19.55 ID:emYkgoZEo

    ペパロニ「あの・・・・実はですね」

    エリカ「はいっ♪(告白ね♪心の準備は万端よ♪)」

    アンチョビ&まほ「待ったぁぁぁぁぁぁ!!」

    アンチョビ&まほ「ん?」

    エリカ「え?あんたアンツィオの?ちょっと今いいとこだから後にしてくんない?」


    189: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:52:49.49 ID:emYkgoZEo

    エリカ「あと隊・・西住まほ?どっから湧いて出たわけ?」

    まほ「はっーはっはっは!そんな口を聞けるのも今のうちだ!」

    まほ「不純異性交遊の瞬間は撮ったぞエリカ!貴様の隊長期間はもう終わりだ!!」

    まほ「今夜は震えて眠れ!!」

    アンチョビ「ちょっと待て!とりあえず私の話を聞いてくれ!」


    190: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:53:49.39 ID:emYkgoZEo

    アンチョビ「実はこのペパチョビは男じゃないんだ!ペパロニなんだ!」

    エリカ「?」

    アンチョビ「おいウィッグを取るぞ」スッ

    アンチョビ「こいつは男装したペパロニだ!」

    まほ「えっ?」


    191: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:54:57.40 ID:emYkgoZEo

    カルパッチョ「黒森峰の情報を取る為あなたに近づいたんです。」

    エリカ「えっ?・・・・・・・えっ?」

    まほ「男じゃないのか?」

    ペパロニ「・・・・・・・・」


    192: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 02:56:34.80 ID:emYkgoZEo

    みほ「巻き込まれる恐れがあるので我々は帰りましょう」

    麻子「最後まで見ていかないのか?」

    優花里「というか西住殿のお姉さんが乱入してますけど?」

    みほ「命の方が大切です。帰ります。」ダッ

    沙織「折角修羅場のシーンなのに」ダッダッ

    華「いつも本で読んでるでしょ?」ダッダッダッ


    193: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:03:01.81 ID:emYkgoZEo

    アンチョビ「最初は作戦や計画が狙いだった!」

    アンチョビ「しかし最終的に戦車や補助金の件でそっちが動いてくれた・・・」

    アンチョビ「幾らスパイとはいえ、だまし取った形になってしまってすまない」ペコッ

    アンチョビ「あと作戦を命じたのは私だ!ペパロニは何一つ悪くないんだ!」


    194: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:05:20.79 ID:emYkgoZEo

    アンチョビ「文句なら私に言え!」

    ペパロニ「・・・・・・・」

    エリカ「・・・・・・・・関係ない」ボソッ

    アンチョビ「?」

    エリカ「ペパチョビさん!いえ!ペパロニさんが女だろうと構わないわ!!!」


    195: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:07:30.08 ID:emYkgoZEo

    エリカ「だって私はペパロニさんが好きなのよ!」

    ペパロニ「エリカ・・・」

    アンチョビ「いや!?だからペパロニは女だぞ!?」

    エリカ「そんなの関係無いって言ってるでしょ!」

    エリカ「私はペパロニさんが良いの!!」

    アンチョビ「良いも何も・・だってペパロニはダメだよな?」


    196: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:08:48.43 ID:emYkgoZEo

    ペパロニ「自分もその////・・・エリカとデートして恋人だったらなぁ~って思ってた・・」

    ペパロニ「だから・・・・その・・・・エリカ!自分と付き合ってください!」

    エリカ「勿論!OKです♪」

    アンチョビ「えっ・・・ええぇ・・・」

    カルパッチョ「丸く収まりましたね。」

    まほ「なんだこれは・・・」

    ―――
    ――


    197: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:09:49.64 ID:emYkgoZEo

    エリカ「は~い♪エリカ特製のハンバーグです♪あ~んして下さい♪」

    ペパロニ「あ~ん・・」ムシャムシャ

    ペパロニ「エリカのハンバーグはおいしいっす♪」

    エリカ「良かった♪たくさん食べて下さいね♪」

    エリカ「あら?お茶が無いわね。アンタ20秒でお茶買ってきなさい!」

    まほ「はい。エリカ隊長」ハイライトオフ


    198: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:12:19.33 ID:emYkgoZEo

    カルパッチョ「エリカさん達また来てますね。」

    アンチョビ「うむ。今度短期転校でペパロニが黒森峰に行く事も決まったしな」

    ペパロニ「じゃ、明日は自分が特製ナポリタンをご馳走するっす♪」

    エリカ「本当?楽しみです♪」


    199: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:13:14.14 ID:emYkgoZEo

    まほ「エリカ隊長、お茶です」ハイライトオフ

    エリカ「遅いじゃない!私とペパロニさんをいつまで待たせるつもりだったのよ!?」

    まほ「申し訳ありません。」ハイライトオフ

    カルパッチョ「まあ、全て丸く収まって良かったですね」

    アンチョビ「そう・・・・・か?」



    200: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:14:34.76 ID:emYkgoZEo

    読んでくれた人がいたらありがとう

    遊園地の中の話書こうと思ったけど長くなりそうだから辞めた


    201: ◆FwtfrEyij9dA 2016/04/24(日) 03:30:56.07 ID:emYkgoZEo

    まほ下克上編書きたいな・・・

    依頼出してくる


    204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 06:35:58.28 ID:7VphJKIAO

    くそ面白かった
    アンツィオに交換留学に吐き出されたとこから上り詰めるお姉ちゃんもみたい


    206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 08:59:20.86 ID:XzN2XnxMo

    まほ下克上編(注:出来ない)

    楽しみです



    208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/24(日) 14:34:41.47 ID:6fdcsuOQ0

    少しは救いがあってもいいかなぁ、とは思ったけど割とやらかしちゃってるからなぁお姉ちゃん

    強く生きてっ


    210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:07:48.25 ID:BaJ+7aTpo

    予想外な組み合わせと展開で楽しく読ませてもらいました
    乙です


    引用元: みほ「すけこまし作戦?」アンチョビ「そうだ!」【ガルパン】

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (157)
    幼馴染 (61)
    兄妹 (55)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (318)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (145)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (245)
    シンデレラガールズ (1092)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (278)
    カイジ (16)
    かぐや様は告らせたい (19)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (82)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (385)
    機動戦士ガンダム (38)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (17)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (59)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (32)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (28)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (18)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (36)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (92)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (65)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (14)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (129)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (92)
    ドラえもん (8)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (10)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (10)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (112)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (157)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (113)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (42)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (206)
    遊戯王 (40)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (167)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (30)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (17)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (11)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (9)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク