FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    穂乃果「μ'sがカップルだらけに」

    1: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:25:25.18 ID:w37vZs8W0

    ―――――――――アイドル研究部部室


    ことり「はい、海未ちゃん!あ~ん」

    海未「あ、あ~ん///…うん、ことりのクッキーは最高ですね!」

    ことり「や~ん、喜んでもらえて嬉しい~…海未ちゃんだーい好きっ」モッギュー

    海未「は、はい…わ、私も大好き…です///」ギューッ

    ことり「ことり、幸せだよ~」

    海未「わ、私もですっ!」

    穂乃果「…」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398950725



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:26:04.69 ID:w37vZs8W0

    凛「かよちんかよちん!凛の手作りおにぎり食べてほしいにゃ~」

    花陽「えぇっ?!凛ちゃん、私の為におにぎり作ってくれたのぉっ!」

    凛「大好きなかよちんの為だもん!」

    花陽「じゃあ、いただくね!…うん、塩味もちょうど利いてておいしいよっ!」

    凛「えへへ、喜んでくれて嬉しいにゃ!…あっ、かよちん!」ペロッ

    花陽「ぴゃぁっ?!ど、どうしたの…ほっぺた舐めて」ドキドキ

    凛「ご飯粒、はっぺについてたにゃ!」ニコッ

    花陽「も、もう…凛ちゃんったら///」ドキドキ

    穂乃果「…」


    3: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:26:50.87 ID:w37vZs8W0

    真姫「に、にこちゃん…今日もご両親はいないの?」

    にこ「そうね、今日も早く帰ってご飯準備しなくちゃいけないの」

    真姫「じゃ、じゃあ…私もにこちゃんの家に行ってお手伝いするわ」

    にこ「えっ?!そんな…真姫ちゃん、悪いわよ」

    真姫「気にしないで!私が行きたいのよ…そ、それに…」

    にこ「それに?…」

    真姫「し、将来…わ、私の妹に…なるんだから…仲良くなっておきたいでしょ…」カミイジイジ

    にこ「真姫ちゃん…」キュンッ

    真姫「さ、さぁ!今日の献立でも一緒に考えましょ!///」

    にこ「分かったにこっ!」

    穂乃果「…」


    4: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:27:35.18 ID:w37vZs8W0

    絵里「希…今日も可愛いわね」

    希「やめてや///…エリチのほうがカワイイで」

    絵里「ふふっ、照れてる希も可愛いわね」ナデナデ

    希「もうっ、みんなの前やのに…///」

    絵里「あら…なら、硝子の花園に今日も行きましょうか?…」

    希「そ、それなら…ええけど」

    絵里「今日も良い声…聞かせてね」

    希「も、もう…エリチの工ッチ///…」

    穂乃果「…」


    5: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:28:06.89 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「いつの間に、みんなこんなことに…」


    海未「今度は、私がことりを頂いても…よろしいですか?」

    ことり「ちゅ、ちゅん!そ、それって…」ドキドキ

    海未「そのままの…意味ですよ」ニコッ

    ことり「(ボンッ!)…ウ・・・ウミチャー///」


    穂乃果「まぁ、仲が良いことは嬉しいけど」


    花陽「あっ、凛ちゃん!…」ペロッ

    凛「にゃっ!?か、かよちん…凛の指なんか舐めて、どうしたの…」ドキドキ

    花陽「ご飯粒…指についてたよ」ニコッ

    凛「かよちん///」カアァッ


    穂乃果「なんか…練習しようって言いだせない空気だし…」


    9: >>6すいません、ほっぺですね ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:30:15.68 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「なんか…練習しようって言いだせない空気だし…」


    真姫「じゃあ、ハンバーグに決定ね」

    にこ「えへへ、何か新婚さんみたいにこっ!」

    真姫「!…な、何バカなこと…イッテルノヨッ!///」

    にこ「真姫ちゃん照れてる~」


    穂乃果「それに、居づらいし…」


    希「ウ、ウチな…エリチの弱いとこ…知ってるんやで」

    絵里「えっ…ど、どこよ」

    希「こ~こ…やろ?」サワッ

    絵里「キャッ…の、希///…」

    希「ふふっ、ビンゴみたいやね…照れてるエリチもカワイイな~」ナデナデ

    絵里「も、もうっ!///」


    穂乃果「う、うぅ…」プルプル

    穂乃果「もう、我慢できないっ!」ガタッ

    穂乃果「穂乃果、お家かえるっ」ガチャッ、バタンッ


    11: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 22:31:48.48 ID:w37vZs8W0





    ―――――――――――秋葉原


    トボトボ
    穂乃果「勢いで、学校飛び出したけど…」

    穂乃果「明日も、あんな感じだったら…どうしよ」

    ???「あら、あれって…」

    穂乃果「はぁ~…とりあえず、それは明日になって考えようかな…」

    穂乃果「みんながあんな感じだと…最終予選の曲作りとか、できないよね…」

    ???「うん、間違いないわね」

    穂乃果「はぁ~…一応リーダーってことになってるけど…私ひとりじゃ、何もできないんだもんな~」

    穂乃果「うぅ…我ながら、情けなくなってくるよ~」

    ???「高坂さんっ!」ヒョイッ


    15: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:04:23.10 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「えっ、えっ?!」

    ???「そんな暗い顔して、キュートな顔が台無しだよ」

    穂乃果「(黒髪おさげにメガネ…で、UTXの制服…誰だろう)…あの、その…」

    ???「あれ、覚えてない?」

    穂乃果「(もしかして…予選の動画見てくれたファンの人かな?)…えっと…応援、ありがとうございます!」

    ???「えっ?!…あっ、変装してるんだった!それじゃあ分かんないよね」

    穂乃果「へっ?…へ、変装?」

    ???「そうそう、これを外せば分かるかな?」バッ

    穂乃果「あっ、あなたは!」


    16: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:15:05.43 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「A-RISEの綺羅ツバサさんっ!」

    ツバサ「しーっ、声が大きい」ガバッ

    穂乃果「あっ!」


    ンッ、A-RISEノツバサ? ウソ!ドコドコ エーッ、イナイヨー ツバサタンノオデコペロペロシタイオ!

    アレ、μ'sのコウサカホノカジャネ? エッ、ドレドレ? アーッ、ポイカモ ホノカタンノホノマゲモグモグシタイオ!

    ツバホノ?ホノツバ?キマシタワー! コンドノスクールアイドルオンリーハコレデキマリ!

    ざわ…ざわ… ざわ…ざわ… ざわ…ざわ…


    ツバサ「ちゃー、騒がしくなってきたね」

    穂乃果「あわわ、すいません…」

    ツバサ「高坂さんもばれそうだから、ちょっと移動しよっ!」グイッ、タッタッタ

    穂乃果「わっ!は、はいっ!」タッタッタ


    17: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:23:19.00 ID:w37vZs8W0

    アレー、ツバサモホノカモイナイゾー タニンノソラニジャナイ タシカニ、イマゴロレンシュウチュウダヨ ソレモソウダネー


    ――――――――――路地裏


    ツバサ「ふぅ…ここまでくれば、もう大丈夫ね」

    穂乃果「はぁ、はぁ…すいません」

    ツバサ「ううん、気にしないで声を掛けたのはこっちだし」

    穂乃果「はぁ…普段は、変装してるんですね」

    ツバサ「まぁね、通学中とか特にね…UTXの制服って目立つし」

    穂乃果「確かに…」

    ツバサ「ねぇ…ここまで一緒に来たついでに、寄り道していかない?」

    穂乃果「え…は、はいっ!」


    18: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:24:13.22 ID:w37vZs8W0

    ――――――――――喫茶店

    穂乃果「ほえ~…こんな所に、喫茶店があったなんて」

    ツバサ「隠れ家的な感じでね、知る人ぞ知るお店なの」

    穂乃果「そうなんですか!」

    ツバサ「えぇ…私も上手くいかない時や、悩みがある時とかここによく来るの」

    穂乃果「綺羅さんでも、上手くいかない時とかあるんですか?」

    ツバサ「そりゃあ、私だって普通の女子高生ですもの…悩みの一つや二つ…ううん、もっとあるわ」

    穂乃果「確かに…同じ高校生ですもんね」

    ツバサ「ところで…今日は一人なのね、他のメンバーはいないの?」

    穂乃果「あっ…それなんですが」

    ツバサ「何か、さっき暗い顔してたことと関係してるみたいね」

    穂乃果「は、はい…」

    ツバサ「私でよければ、聞くことぐらいはできるわよ…貯め込むより、吐き出した方が楽になれるかもよ」

    穂乃果「ありがとうございます…実は…」


    19: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:27:45.94 ID:w37vZs8W0





    穂乃果「…というわけなんです」

    ツバサ「なるほど…今日の私と同じね」

    穂乃果「えっ?!ど、どういうことですか?」

    ツバサ「実はね、英玲奈があんじゅのワガママに付き合ってて…練習どころじゃなくなったのよね」

    穂乃果「そう…なんですか」

    ツバサ「まぁ、私たちにはよくあることなんだけど…英玲奈はあんじゅに甘いから」

    穂乃果「あはは…そうなんですね」

    ツバサ「ところで、名字で呼び合うのやめない?」

    穂乃果「えぇっ?!そ、そんな…恐れ多いです!」ブンブン

    ツバサ「私がいいって言うからいいのよ!」

    穂乃果「そ、そうなんですか」

    ツバサ「そうそう!キラっていうと、どこぞの新世界の神や、フリーダムなパイロット、はたまたハワイアンな助っ人外国人を連想するでしょ」

    穂乃果「分かりました…ツ、ツバサさん」


    20: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:30:52.09 ID:w37vZs8W0

    ツバサ「あと、敬語も禁止!」

    穂乃果「そ、それはさすがに…」

    ツバサ「いいでしょ、もう知らない仲じゃないんだし!…それに、μ'sは先輩後輩禁止なんでしょ」

    穂乃果「でも…スクールアイドルとして大先輩のツバサさんには…」

    ツバサ「穂乃果って、変な所で真面目なのね」

    穂乃果「うぅ…私がスクールアイドルを目指したきっかけが、A-RISEだったし…憧れで、目標としているから…その…」

    ツバサ「もうっ!私が良いって言ってるんだからいいの!はい、これから敬語禁止!それとさん付けもね」

    穂乃果「わ、分かったよ…ツバサ…ちゃん」

    ツバサ「はい、よくできました」ナデナデ

    穂乃果「うぅ…」

    ツバサ「あら、やけにおとなしいわね…まるでよその家に来た子犬みたい」

    穂乃果「すいませ…あっ、ごめんね…やっぱ緊張しちゃって」

    ツバサ「仕方ないわね…じゃあ、とっておきのを御馳走してあげる!すいませーん、いつものやつ2つ!」


    21: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:49:17.73 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「い、いつものって…?」

    ツバサ「来たら分かるわよ、誰もが笑顔になるとびっきりのやつなんだから!」

    穂乃果「と、とびっきり…」ゴクッ

    ツバサ「あっ、さっきより明るくなった」

    穂乃果「あ、あうぅ…」

    ツバサ「穂乃果って、分かりやすいのね」ナデナデ

    穂乃果「う、うん…よく言われる///」カアァッ

    ツバサ「それに、表情がコロコロ変わって飽きないわね」ナデナデ

    穂乃果「それも…よく言われる///」

    ツバサ「ふふっ…このままUTXに連れて帰りたいわ」ナデナデ

    穂乃果「ええぇっ?!そ、それは困るよっ!」

    ツバサ「冗談よ、じょーだん…それだけ魅力的ってこと」

    穂乃果「うぅ…嬉しいけど、恥ずかしいよ///」

    ツバサ「ホント、想像通りの面白い子…っと、来たようね」


    23: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/01(木) 23:52:23.42 ID:w37vZs8W0

    穂乃果「お、おぉ…これは」キラキラ

    ツバサ「大分、表情が明るくなったわね」

    穂乃果「あっ、でも…今、お金が…」

    ツバサ「いいわよ、友だちになった記念におごるわよ」

    穂乃果「でも、悪いよ~」

    ツバサ「気にしなくていいわよ、私が連れてきたんだし…ほら、早く食べてよ」

    穂乃果「うん、ありがと…いただきますっ!…ん、んんっ!…お、おいしい!」

    ツバサ「そうでしょ!ツバサプロデュースのとびきりパフェですもの!」

    穂乃果「すごいすごいよ、ツバサちゃん!」

    ツバサ「ふふっ、やっといつもの笑顔になった」

    穂乃果「えっ?!そ、そうかな…?」

    ツバサ「そうよ、最初見たとき穂乃果だって分かんなかったもの」

    穂乃果「そうだったんだ…」

    ツバサ「えぇ…でも、笑顔を取り戻せてよかった…あなたには笑顔が一番似合ってるわ」

    穂乃果「えへへ…ありがとう、ツバサちゃん!」

    ツバサ「どういたしまして、穂乃果」


    24: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:09:30.66 ID:/CgPYQhG0

    ――――――――――――アイドル研究部部室

    海未「さて…『みんなでラブラブして穂乃果の気を引こう作戦』は失敗に終わりました…」

    真姫「それについて、立案者の意見を聞きたいわね」チラッ

    絵里「うぅ…みんなだってノリノリだったじゃない!」

    ことり「ことりは楽しかったな~」

    凛「凛も!」

    海未「しかし、肝心の穂乃果が帰ってしまっては意味がないじゃないですか」

    花陽「じゃけー言ったろうが、高坂はんにはドーンといってガーンで、バーンってすればよかったんじゃ!」

    凛「あわわ…いつものかよちんじゃないにゃ」ガクブル

    真姫「そ、そんな…いつものピュアな花陽じゃ…ない」ガクブル

    にこ「真姫ちゃんが花陽の変化に凄く驚いてるんだけど」

    希「ウチらの中じゃある意味真姫ちゃんが、一番ピュアやもんね」ナデナデ

    真姫「はわわ…あっ、落ち着く…ありがとう、希」


    25: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:13:39.65 ID:/CgPYQhG0

    海未「しかし…多分穂乃果は誤解したまま明日来ますよ」

    絵里「そ、それは…いつも通りにしていればいいんじゃないかしら?」

    にこ「まぁ、それが一番かもね」

    希「そうやね、それで今日のことはリセットすればいいんやない?」

    ことり「…あーーーっ!!!」

    海未「(ビクッ)な、なんですかことり…急に大声出して」

    ことり「twitter見てたら、こんな画像が回っている!」バッ

    絵里「えっ、何々…『μ'sリーダー高坂穂乃果がUTXの生徒と逃避行?!』ですって!」

    希「時間的に、ついさっきやね」

    凛「穂乃果ちゃん、アキバに行ってたんだ」

    海未「しかし、なぜUTXの生徒と?」

    にこ「もしかして…ちょっと画像見せて!…こ、これは…」


    26: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:16:43.81 ID:/CgPYQhG0

    絵里「にこ、知っているの?」

    にこ「えぇ…これは、間違いない…A-RISEツバサの、変装パターンB-1」

    海未「ツバサって…あの、穂乃果を連れていった…」

    希「にこっち、それは本当なん?」

    にこ「えぇ…これは間違いないわ!」

    凛「でも…なんでにゃぁ…」

    花陽「戦争じゃろうが…こんなん、戦争じゃろうが…凛の字、UTXにカチコミ行ってA-RISEの首取ってこいや!」

    真姫「はわわ…花陽がまた…」ガクブル

    凛「このかよちんは好きになれないにゃ~」

    絵里「花陽は本当にどうしたのよ?」

    花陽「実はね…お休みの日にCSで任侠映画特集見てたら、ハマっちゃって…」テヘペロ

    絵里「ハマるのはいいけど、ほどほどにね…真姫がおびえちゃうから」

    花陽「はーい」


    29: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:37:20.18 ID:/CgPYQhG0

    ―――――――――――――秋葉原


    穂乃果「ふぅ~、おなかいっぱいだよ」

    ツバサ「喜んでもらえて、嬉しいわ」

    穂乃果「うん、また食べに来ようね!」

    ツバサ「えぇ…でも、ここは私と穂乃果だけの秘密にしましょ」

    穂乃果「何で?μ'sのみんなにも食べて貰いたいよ~」

    ツバサ「実はね…ここって、A-RISEのメンバーにも教えてないの」

    穂乃果「そうなの?!何で?」

    ツバサ「ほら…誰にでも、一人になれる場所って言うか…秘密基地的な所って欲しくない?」

    穂乃果「う~ん…そうなのかな~…」

    ツバサ「それに…ここが多くの人に知られるのは、避けたいの…私の秘密の場所を、守ってほしいの」

    穂乃果「そうなんだ…でも、そんな秘密の場所に何で穂乃果を連れてきたの?」

    ツバサ「それは…穂乃果って、鈍いのね」


    31: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:43:23.03 ID:/CgPYQhG0

    穂乃果「…?それも、よく言われるよ」

    ツバサ「なるほど…μ'sのみんなも苦労してるのね…」

    穂乃果「どういう意味?」

    ツバサ「ここで言ってもいいけど…フェアじゃないものね…それは秘密よ」

    穂乃果「え~、気になるよ~」

    ツバサ「いいからいいから…あっ、そうだ!ねぇ、連絡先交換しよ」

    穂乃果「そうだね!まだしてなかったね」

    ツバサ「えぇ…じゃあ、いいかしら」

    穂乃果「うん、いいよ!…はい、できた!」


    32: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:50:20.72 ID:/CgPYQhG0

    ツバサ「これで、連絡がとりあえるわね」

    穂乃果「うん!帰ったらメールするね!」

    ツバサ「今度は、お休みの日にお出かけしたいわね」

    穂乃果「でも、ツバサちゃんって忙しそうだし…お休みの日とかなさそう…」

    ツバサ「まぁ、ステージとかあって忙しいのは事実だけど…穂乃果の為に1日位調整するのは問題ないわよ」

    穂乃果「そうなんだ!えへへ、楽しみだな~」

    ツバサ「そういえば、穂乃果のお家って和菓子屋さんだったっけ」

    穂乃果「うん、穂むらっていうんだ!…あっ、今度うちのお饅頭差し入れするね!」

    ツバサ「えぇ、楽しみにしてるわ」

    穂乃果「家のお饅頭はおいしんだよ~…あっ、私の家あっちだ」

    ツバサ「そう…じゃあ、ここでお別れね」


    33: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 00:56:34.96 ID:/CgPYQhG0

    穂乃果「うん…ねぇツバサちゃん、また…会えるよね」

    ツバサ「会えるわよ…いつでも」

    穂乃果「そう…だよね」

    ツバサ「私たちは、A-RISEとμ'sというスクールアイドルの立場を超えて、お友達になったんだから」

    穂乃果「うん…今度は、普通のお友達として遊ぼうね」

    ツバサ「えぇ、そうね…」

    穂乃果「それじゃあツバサちゃん…バイバイ」

    ツバサ「…ねぇ、穂乃果」

    穂乃果「何、ツバサちゃっん…」

    ツバサ「ん…はっ…えへへ」

    穂乃果「えっ、えぇっ!い、いい今のって…」

    ツバサ「今日のおごった分の代わりってことで♪じゃあまたね、私もメールするね」タッタッタ

    穂乃果「う、うん…」ポーッ


    34: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 01:03:22.04 ID:/CgPYQhG0

    ―――――――――高坂家


    穂乃果「…唇が、まだ熱い…それに、胸のドキドキが止まらない…こんなの…初めてだよ」ゴロン

    穂乃果「ツバサちゃんにメール…何て送ろう…」

    穂乃果「色々書きたいことあるはずなのに…全然打てない…」

    ♪~Dancing Dancing Non stop my dancing~♪
    穂乃果「わわっ!ツバサちゃんからだ…」

    穂乃果「…ふふっ…あははっ…うん、よし!お返事書かなきゃ!」ピッピッ





    穂乃果「よし、送信!」ピロン

    穂乃果「ツバサちゃん…また、会おうね…さっき別れたばっかなのに…もう会いたくなってる…ホント、どうしちゃたんだろう…私」


    56: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 21:24:25.50 ID:nUU2jXhZ0

    ――――――――――――朝


    ことり「海未ちゃん、おはよっ!」

    海未「おはようございます、ことり」

    ことり「穂乃果ちゃん…まだ来てないね」

    海未「今のところ、遅れるという連絡はないですし…もう来ると思いますよ」

    ことり「うん…まずは、昨日の誤解を解かないとね」

    海未「えぇ…それから、あの写真について何があったのかを聞かないとですね」

    ことり「そうだね…」


    57: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 21:25:14.14 ID:nUU2jXhZ0

    穂乃果「あっ…おーい、海未ちゃ~ん!こっとりちゃ~ん!おはよ~!」

    海未「穂乃果!おはようございます!」

    ことり「ホノカチャンッ!おはよっ!」

    穂乃果「うん!…そうだ…昨日は勝手に帰って…ごめんね」

    海未「あぁ、それは気にしないでください」

    ことり「そうだよ!穂乃果ちゃんは全然悪くないんだし」

    穂乃果「あはは…ありがとう…でも私、全然気付かなかったよ…」

    海未「えっ、何にですか?」

    穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんが…その…そういう仲だったってことに///」カアァッ


    58: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 21:26:26.89 ID:nUU2jXhZ0

    海未「!…そ、それは誤解です!」

    ことり「そ、そうだよっ!昨日のは、その…ああいう気分だったっていうか…」

    穂乃果「他の子たちも?」

    海未「えーっと、それは…どうでしょう」

    ことり「とにかく!ことりと海未ちゃんは、そういうのじゃないからっ!」

    穂乃果「そっかー、良かった~…二人が、遠い所に行って…私が置いてかれちゃった気がたから…」

    海未「そ、そんな!穂乃果を置いて行くわけないじゃないですか!」

    ことり「うんうん!」

    穂乃果「ふふっ、そっか…安心したよ」ニコッ

    ことうみ「…!!」ドキッ

    穂乃果「じゃあ、遅れちゃいけないから…いこっか」

    海未「は、はい…」ドキドキ

    ことり「う、うん…」ドキドキ


    59: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 21:27:13.11 ID:nUU2jXhZ0

    穂乃果「…」スタスタスタ

    海未「ことり…今日の穂乃果、いつもと様子が違いません?」ヒソヒソ

    ことり「うん…何て言うか、大人っぽいよね」ヒソヒソ

    海未「やはり…A-RISEのツバサと…何かあったのでしょうか…」ヒソヒソ

    ことり「でも…何かって…何だろ?」ヒソヒソ

    海未「うっ…そ、それは…本人に聞くしか…」ヒソヒソ

    ことり「う~ん…気になるけど、どうやって聞こう?」ヒソヒソ

    海未「中々、悩ましいですね…」ヒソヒソ

    穂乃果「…」スタスタスタ、ピタッ

    海未「おっと…どうしましたか、穂乃果?」

    ことり「忘れ物でもしたの?」


    60: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 21:39:48.65 ID:nUU2jXhZ0

    穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん…ごめんね、気が利かなくて」

    海未「はて?どういう意味ですか…」

    穂乃果「私、やぱっり邪魔だよね…」

    ことり「そ、そんなことないよっ!」

    穂乃果「だって二人とも…ずっと後ろで、私に聞こえない様にお話ししてるし」

    海未「そ、それは…」

    穂乃果「じゃ、じゃあ…先に行ってるから、気にせず二人でお話ししてね」ダッ、タッタッタ

    海未「違ううんです~、誤解なんです~…穂乃果ーっ!」

    ことり「穂乃果ちゃんのこと話してたんだよ~、待ってよ~ホノカチャ~ンッ!」


    61: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:16:43.49 ID:nUU2jXhZ0

    ―――――――――教室

    ガタッ
    穂乃果「はぁ…やっぱり、海未ちゃんとことりちゃんって…そういうことなのかな」

    穂乃果「これからは、二人っきりにしてあげた方が…いいよね」

    絵里「どうしたの穂乃果?浮かない顔して」

    穂乃果「絵里ちゃん!どうしたの、2年の教室に来て」

    絵里「穂乃果が心配だったから…様子を見にね」

    穂乃果「そうなんだ…あっ、昨日はごめんね!勝手に帰って…」

    絵里「気にしないで…私たちも、配慮が足らなかったわ」

    穂乃果「ありがと…あの…絵里ちゃんと希ちゃんって///…」


    62: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:17:37.30 ID:nUU2jXhZ0

    絵里「!…ち、違うわよ!あれはちょっとおふざけが過ぎたっていうか…」アタフタ

    穂乃果「でも…『硝子の花園』とか、『良い声聞かせて』とか…なんか、工ッチな///…」

    絵里「そ、それは…まぁ冗談というか…気にしないで///…」

    穂乃果「そうなんだ…冗談でも…やっぱ3年生って大人だね///」

    絵里「えっ、まぁ…希とは…ね」

    穂乃果「でも、良かったよ…」

    絵里「えっ、何が?」

    穂乃果「うん…海未ちゃんとことりちゃんだけじゃなくて、絵里ちゃんと希ちゃんも遠くに行っちゃったって思ったから…」

    絵里「そんなわけないじゃない!!」

    穂乃果「そっか…分かった!」ニコッ

    絵里「!…」ドキッ

    穂乃果「あれ、絵里ちゃん…顔赤いよ?」

    絵里「あっ…え~っと…ちょっと暑いみたいね~(何、今日の穂乃果…妙に大人っぽいっていうか…色っぽい)」ドキドキ


    64: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:27:18.36 ID:nUU2jXhZ0

    ガラッ、ツカツカツカ
    にこ「ほ~の~か~…これはどういうこと!」バンッ

    穂乃果「わっ!に、にこちゃん…昨日は、ごめんね…」

    にこ「はっ?何謝ってんのよ」

    穂乃果「えっ?!…昨日、勝手に帰ったことに怒ってるんじゃないの?」

    にこ「あ~あれね…確かに、勝手に帰ったのはアレだけど…にこ達にも非があったし…」

    穂乃果「そっか…よかったよ」

    にこ「ってちが~う!この写真よっ!」

    穂乃果「えっ…これって…あぁっ!」


    67: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:38:07.01 ID:nUU2jXhZ0

    にこ「アンタ、昨日A-RISEのツバサといたでしょ!」

    穂乃果「え~っと…その…」

    にこ「誤魔化しても無駄よ!長年A-RISEのファンやってたにこは騙されないんだから!」

    希「ごめんな穂乃果ちゃん…にこっちを止められんかったんよ」

    穂乃果「希ちゃん…」


    エッ、ホノカA-RISEノツバササントイタノ? アノガゾウノコッテ、ツバサナノ? スゴ-イ、サスガホノカ!

    ざわ…ざわ… ざわ…ざわ… ざわ…ざわ…


    絵里「周りが賑やかになってきたわね…」

    希「とりあえず、場所を変えへん?にこっち」

    にこ「し、仕方ないわね…穂乃果、部室行くわよ!」

    穂乃果「う、うん…」


    68: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:46:53.45 ID:nUU2jXhZ0

    ―――――――――アイドル研究部部室

    にこ「さてと…ここなら、邪魔は入らないわね」

    絵里「にこ、ほどほどにね」

    にこ「分かってるわよ!事実確認をするだけだから…で、穂乃果どうなのよ?」

    穂乃果「う、うん…いたよ」

    にこ「やっぱり…で、何したのよ?」

    希「にこっち、そこまではさすがに…」

    にこ「何か問題があるの?それとも…言えないようなことしてたの?」

    穂乃果「そ、それは…違うよ!」

    にこ「じゃあ何してたのよ?あの、A-RISEのツバサと一緒に!」

    穂乃果「それは…一緒にお話しして…そのあと帰ったよ」

    にこ「…本当に?」

    穂乃果「本当だよ~」


    69: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:52:53.19 ID:nUU2jXhZ0

    ガチャ
    海未「にこ、その辺りでよろしいのではいですか」

    凛「全く、にこちゃんはオーバーなんだから~」

    花陽「でも、にこちゃんの気持ちも分かるよ…」

    真姫「花陽はにこちゃんと同じで、アイドルが大好きだもんね」

    ことり「あれ、もしかして…全員集合?」

    穂乃果「みんな!」

    絵里「どうしたのよ、こんな大勢で」

    海未「はい、実は…」

    ことり「海未ちゃんと一緒に教室についたら…」

    凛「ちょうど凛たち3人と会って」

    花陽「穂乃果ちゃんがいなかったから…」

    真姫「何処に行ったか聞いたら、ここだって言われたから…」


    70: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 22:58:03.82 ID:nUU2jXhZ0

    希「なるほどな~、みんな穂乃果ちゃんが心配なんやな」

    穂乃果「みんな…私の為に?」

    凛「うん!昨日は、凛たちが悪かったにゃ!」

    花陽「穂乃果ちゃんのことも考えずに…ごめんね」

    真姫「別に…穂乃果を一人ぼっちにするつもりなんて…全くないんだから!」

    穂乃果「みんな…ありがとう!大好きだよっ」ニコッ

    8人「!…」ドキッ


    71: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:00:29.83 ID:nUU2jXhZ0

    絵里「…(ま、また…今日の穂乃果は、昨日までと確かに違う!)」ドキドキ

    希「…(いつもの笑顔のはずなのに…妙に、艶っぽいというか…)」ドキドキ

    にこ「…(もうっ!なんでこの子はいつもにこの心をかき乱すの…ずるいずるいずるいっ!)」ドキドキ

    海未「…(またです…これは…昨日確実に…)」ドキドキ

    ことり「…(ツバサさんと何か…あった!)」ドキドキ

    花陽「…(うぅ…凄いよ穂乃果ちゃん!今まで見てきたどのアイドルより、眩しくて輝いている笑顔だよ!)」ドキドキ

    凛「…(穂乃果ちゃんは、凛と同じだって思ってたのに…もう遠くに行ってしまったにゃ…)」ドキドキ

    真姫「…(今までは、先輩だって感じしなかったのに…たった1日で、ここまで変わるの…)」ドキドキ

    穂乃果「あれ、みんな…顔赤いよ?」

    絵里「えっ、えぇ~…やっぱり、ちょっと暑いんじゃないかしらね~」

    7人「そうそう!」

    穂乃果「そうかな~…まぁ、いいけど」


    72: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:01:39.73 ID:nUU2jXhZ0

    ―――――――――――――――(チャイム音)

    穂乃果「あっ、予鈴だ!早く教室戻らなきゃ!」ガタッ

    絵里「そ、そうね!ほら、みんな戻るわよ」

    希「とりあえず、一件落着やね」

    にこ「な~んか、納得いかないけどね」

    凛「まぁまぁ~、今日からラブライブ!に向けて練習再開だにゃ!」

    花陽「そうだね!遅れを取り戻さないと!」

    真姫「よかった…いつもの花陽に戻ってくれて…もうあんな花陽、見たくない」


    73: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:05:07.07 ID:nUU2jXhZ0





    海未「…ことり」

    ことり「うん…」

    海未「穂乃果…何か隠してますよね」

    ことり「そうだね…多分、問い質せば、穂乃果ちゃんは答えてくれる…」

    海未「ですが…それを行えば…」

    ことり「穂乃果ちゃんに…嫌われるかも…」

    海未「はい、だから今は…穂乃果の言葉を信じましょう」

    ことり「そうだね…」


    74: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:09:47.21 ID:nUU2jXhZ0

    絵里「あら、海未とことりはまだ残ってるの?」

    穂乃果「あっ、二人はいいの!」

    希「何で~?」

    穂乃果「もう二人は…私の知ってる二人じゃ、ないんだ…」

    凛「えっ、それって…」

    穂乃果「だから、これからは…二人っきりにできるようにしなきゃいけないんだっ!」

    花陽「…(これは、昨日のを誤解したままなんだ)」

    真姫「…(ご愁傷様…まぁ、ライバルが減って都合はいいけど)」


    75: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:13:33.32 ID:nUU2jXhZ0

    穂乃果「じゃあ、ここで」

    絵里「えぇ、また放課後に」

    希「ほな~」

    にこ「今日は勝手に帰ったら承知しないんだからっ!」

    凛「穂乃果ちゃん、ばいばーい!」

    花陽「失礼します」

    真姫「またね」





    ガタッ
    穂乃果「ふぅ…(ツバサちゃん…私、みんなに嘘をついちゃった…)」

    穂乃果「…(でも、これでよかったんだよね…昨日の『アレ』は、私とツバサちゃんだけの…ヒミツだもんね)」


    76: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/02(金) 23:19:02.06 ID:nUU2jXhZ0

    ――――――――――――――UTX学園


    ツバサ「~♪~♪~♪」ニコニコ

    英玲奈「今日のツバサは、ご機嫌だな」

    あんじゅ「多分これじゃな~い」サッ

    英玲奈「んっ…この画像は…μ'sの…」

    あんじゅ「そっ、高坂さん…それと、ツバサ」

    英玲奈「えっ、そうなのか?髪型が違うが」

    あんじゅ「あ~、これはツバサが変装してるの」

    英玲奈「なるほど…」

    あんじゅ「あの様子だと、何かがあったみたいね~」

    英玲奈「何かって…何だ?」

    あんじゅ「察しなさいよ…まぁ、あの子に聞いても答えてくれないだろうけどね」

    ツバサ「~♪(昨日は楽しかったな~…帰り際キスした時の穂乃果の顔…思い出すだけで顔がにやけちゃう)」ニヤニヤ

    ツバサ「~♪(今度は、不意打ちじゃなくて…穂乃果からしたいって言わせるんだから!あ~、早く穂乃果に会いたいな~」ニコニコ


    88: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/07(水) 23:51:09.13 ID:IyYCrXYm0

    ――――――――――穂乃果の部屋


    穂乃果「う~ん…どうしよう…」

    穂乃果「大丈夫…だよね…私たち、友だちだし…」

    穂乃果「でも…やっぱ、忙しいよね…」

    穂乃果「何か予定あったら…困らせちゃって、迷惑…かも…」

    穂乃果「…」

    穂乃果「あ~っ、もうっ!ツバサちゃんにお休みの予定聞くだけなのに~」バタバタ

    穂乃果「メールの送信ボタンが押せないよ…」


    90: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/07(水) 23:58:06.33 ID:IyYCrXYm0

    ――――――――――――雪穂の部屋


    海未「ふむ…なるほど」キキミミー

    ことり「どう、海未ちゃん?」

    海未「やはり…A-RISEのツバサに関することみたいですね」

    ことり「やっぱり…」

    雪穂「お姉ちゃん…最近はずっと部屋に籠ってるんだよね」

    ことり「そうなんだ」

    雪穂「で、よく電話してたんだけど…海未ちゃんたちとは違うみたいで…」

    海未「はい、最近は穂乃果から電話はきていませんね」

    ことり「うん、私も」

    雪穂「それで、私の学校でもあの画像が話題になって…お姉ちゃんに聞くと、ツバサと会ったとしか教えてくれなくて…」

    海未「私たちも、その程度しか知りませんね」

    ことり「うん…多分、他にもあるんだろうけど…それ以上は聞いちゃいけないって言うか…」

    雪穂「私も、いつもと様子は違うって思うんだけど…お姉ちゃんとツバサの間に、何があったんだろう…」


    91: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/07(水) 23:59:39.17 ID:IyYCrXYm0

    ――――――――――穂乃果の部屋


    穂乃果「…でも、悩んでてもしょうがないよねっ!」

    穂乃果「ツバサちゃんだって、一緒にお出かけしたいって言ってたもんね!」

    穂乃果「すーっ、はーっ…ふーっ…よし、送信!」ポチリ

    穂乃果「ふ~…さてと、あとは待つだけだね」

    ~♪~What’cha do what’cha do?~♪~
    穂乃果「わわっ、電話!?」アタフタ

    穂乃果「(ピッ)はい、穂乃果です」


    92: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:04:04.39 ID:XztVYlWx0

    ツバサ『もしもし、今大丈夫?』

    穂乃果「うん!私は大丈夫だよっ!ツバサちゃんも、大丈夫なの?」

    ツバサ『えぇ、ちょうど今日のステージ終わったところだから』

    穂乃果「そうなんだ、お疲れ様!」

    ツバサ『ありがとう…で、メールの返事なんだけど』

    穂乃果「う、うん…」

    ツバサ『今度のお休みなら、大丈夫よ』

    穂乃果「ホ、ホント?!」

    ツバサ『えぇ、その日はちょうどオフだから』

    穂乃果「よかった~」

    ツバサ『それに予定があっても…前も言ったけど、穂乃果の為に1日位調整するのは問題ないわよ』

    穂乃果「それは嬉しいけど…悪いから、お休みで安心したよ!」

    ツバサ『ふふっ、穂乃果は優しいのね…それで、早速待ち合わせの時間と場所なんだけど…」

    穂乃果「うん…うん、分かった!」

    ツバサ『えぇ、楽しみにしてるわ』

    穂乃果「うん!私も楽しみだよ、じゃあね」ピッ

    穂乃果「…う~…やったー!ツバサちゃんとお出かけ~♪楽しみ~」ゴロゴロ


    93: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:08:45.17 ID:XztVYlWx0

    ――――――――――――雪穂の部屋


    ことうみゆき「…」キキミミー

    海未「なるほど…今度のお休みですか…」

    雪穂「というか、お姉ちゃんってツバサと遊びに行けるくらい仲良いの?!」

    ことり「ど、どうしよう…海未ちゃん!」

    海未「二人とも、落ち着いてください…騒ぐと、隣の穂乃果に盗み聞きしていることがバレますよ」

    ことり「あっ、それもそうだね…」

    雪穂「ごめんなさい…」

    海未「いえ、気にしないでください…さて、休日練習を入れて妨害することは可能です」

    ことり「でも…それをすると…」

    海未「はい…確実に穂乃果のモチベーションは低下し、μ'sのパフォーマンス自体も低調になるでしょう」

    雪穂「それじゃあ…このまま行かせるの?」

    海未「はい…これは、穂乃果とツバサがどういう仲かを確かめる良いチャンスだと思うのです」

    ことり「それもそうだね…」

    雪穂「確かめるって…どうやって」

    海未「それは…こっそり大作戦ですっ!」


    94: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:16:59.26 ID:XztVYlWx0

    ――――――――――――休日、待ち合わせ場所


    穂乃果「よし、時間より前に来たよ!」

    穂乃果「ツバサちゃんは…まだ来てないね!」キョロキョロ

    穂乃果「今日は、特にどこ行くとか決めてないけど…大丈夫だよね!」

    穂乃果「もし聞かれたら…あそこに、あそこ…あぁっ、あれにも行きたい!」

    穂乃果「…って、1日じゃ行けないよ~…」ガーンッ

    穂乃果「でも…大丈夫だよね…今日だけじゃ、ないもんね…」

    穂乃果「…ふふっ、ツバサちゃんはどんな服着てくるのかな~…きっとオシャレなんだろうな」

    穂乃果「私の服、おかしくないよね?…大丈夫だよね」クルクル

    穂乃果「ふ~…あ~楽しみっ!ツバサちゃん、早く来ないかな~」ウキウキ


    95: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:21:18.11 ID:XztVYlWx0





    海未「穂乃果が来たようですね」

    絵里「えぇ…今日はいつにも増して気合いが入っているみたいね」

    真姫「こうやって引いて見ると、やっぱ穂乃果ってレベル高いわね」

    ことり「あっ、今日の穂乃果ちゃんの服…この前、私とお買い物行った時に買ったやつだ」

    海未「えっ?!この前って、いつですか?」

    ことり「え~っと…海未ちゃんの弓道の試合があった時…」

    海未「そんな…ことりに抜け駆けされるなんて…」

    ことり「ごめんね~海未ちゃん…今度は3人で行こうね」

    海未「約束ですよ!」

    絵里「ちょっと、何二人で話を進めてるのよ!」

    真姫「そうよ!私だって、穂乃果とお出かけしたいんだから!」

    海未「なら、誘えばいいんですよ」

    ことり「うんうんっ!」

    絵里「それができたら…」

    真姫「苦労はしないわよっ!」

    海未「では自分から誘えない方たちに、とやかく言われる筋合いはないですね」

    ことり「そうそうっ!」

    絵里「ぐぬぬ…」

    真姫「何も言い返せないわね…」


    96: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:25:34.59 ID:XztVYlWx0

    海未「ところで…他のメンバーはどうしたのですか?」

    絵里「あ~…希は、急にバイトに入ってくれって言われたらしくて…」

    絵里「あとにこは、妹さんたちの面倒見なくちゃいけなくなったって…」

    真姫「で、花陽はどうしても行きたいアイドルのイベントがあるらしくて…凛はその付き添い」

    絵里「でも、希とにこは午後から合流できるみたいよ」

    真姫「花陽と凛もそうね」

    ことり「なるほど~…あれ海未ちゃん、雪穂ちゃんは?」

    海未「さすがに受験生を1日連れ回すのは悪いので、留守番してもらうことにしました」


    97: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:30:23.63 ID:XztVYlWx0

    絵里「あら、私も受験生よ」

    真姫「なら、帰って勉強してもらってもいいのよ」

    絵里「それは認められないわぁ」ドヤァッ

    真姫「…言いたいだけじゃない」

    絵里「い、いいじゃないっ別に!」

    海未「静かに!穂乃果に気付かれてしまいます!」

    真姫「海未もね」

    ことり「あっ、あっちから来るのって…」

    絵里「えっ…間違いないわね」

    真姫「A-RISEの…」

    海未「綺羅ツバサ!」


    99: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:34:22.07 ID:XztVYlWx0





    ツバサ「穂乃果、おはよっ!」

    穂乃果「ツバサちゃん!おはよう!」

    ツバサ「今日も元気ね…ふふっ、何か私服で会うのって新鮮ね」

    穂乃果「そうだね!ツバサちゃんの服、大人っぽいね」

    ツバサ「そうかしら…穂乃果の方は、可愛いわね」

    穂乃果「えっ、あっ…うん…ありがとう///」カアァッ

    ツバサ「あら、顔真っ赤にしてどうしたの?」

    穂乃果「ううん…私、あんま可愛いっていわれたことなくて///…」

    ツバサ「そうなの…照れてるのね、可愛い穂乃果」ナデナデ

    穂乃果「あうぅ///…」


    100: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:38:58.69 ID:XztVYlWx0

    ツバサ「ここで立ったままも何だし、場所移しましょうか?」

    穂乃果「そ、そうだね!ツバサちゃんは、どこか行きたい場所ある?」

    ツバサ「あることはあるけど…午前は穂乃果の行きたい所にしましょ」

    穂乃果「うん、分かった!」

    ツバサ「えぇ、それじゃあ行きましょっか」

    穂乃果「あっ、待って!」

    ツバサ「んっ、どうしたの?」

    穂乃果「あのね…手、握っても…いいかな…」モジモジ

    ツバサ「ふふっ、そんなこと…いいわよ、はいっ」スッ

    穂乃果「ありがとっ!」ギュッ

    ツバサ「穂乃果の手、あったかいわね」

    穂乃果「ツバサちゃんの手は、私のよりちょっとおっきいね」

    ツバサ「ふふっ、そうね」

    穂乃果「じゃあ、行こーっ!」


    101: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:40:12.40 ID:XztVYlWx0





    絵里「あーっ!手、手ぇ繋いでるっ!」

    海未「何ですか、手ぐらい私でも繋いでますよ」

    ことり「私もだよっ!」

    真姫「幼馴染の落ち付きっぷりが憎いわね」

    絵里「ぐぬぬ…幼馴染は結ばれないっていうのが定説なんだから」

    海未「そんな漫画やアニメの話を持ち出されても、全く痛くも痒くもないです」

    ことり「そうだよ、最後は穂乃果ちゃんは私の所に帰ってくるんだもん!」

    真姫「チョットー、仲間割れしている場合じゃないでしょ」

    海未「それもそうですね…」

    絵里「ごめんなさい…ところで、穂乃果はどこに向かってるのかしら」

    ことり「あっちの方だと多分…」


    103: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:44:17.35 ID:XztVYlWx0





    穂乃果「私がツバサちゃんと行きたかったのは…ここだよっ!」バンッ

    ツバサ「ここって…ゲームセンター?」

    穂乃果「うん!ツバサちゃんとゲームしてみたかったんだ~」

    ツバサ「そうなの…でも、久しぶりね…」

    穂乃果「あ~、毎日ステージやってるんだもんね」

    ツバサ「えぇ、それ以外の日もレッスンやレコーディングや取材とかもあるし…」

    穂乃果「…じゃあ、貴重なお休みを私の為に使って貰って…何か悪いな」

    ツバサ「あら、そんなこと思ってたの?」

    穂乃果「う、うん…だって」

    ツバサ「もう、穂乃果はバカね」

    穂乃果「えぇっ」ガーンッ

    ツバサ「私が、穂乃果と遊びたいって思ったんだから…大丈夫」

    穂乃果「そっか…だよねっ!」ニコッ

    ツバサ「ふふっ、元気になったみたいね…じゃあ、穂乃果のおすすめのゲームを教えてくれる?」

    穂乃果「うんっ!」


    104: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:45:27.19 ID:XztVYlWx0


    穂乃果「まずは、これやろうよ!」

    ツバサ「これは知ってる、ダンスゲームね」

    穂乃果「うん!私、これには自信あるんだよね~」

    ツバサ「ほぉ…私に挑むってわけね」

    穂乃果「ダンスだと負けちゃうけど…ゲームだと負けないよっ!」

    ツバサ「いいわよ…私だって、負けないわ!」

    穂乃果「お金を入れて…曲はどうする?」

    ツバサ「穂乃果の得意なので構わないわ」

    穂乃果「え~、ホントに大丈夫~?」

    ツバサ「見てなさい、私の勝負を挑んだこと後悔させてあげるわ!」

    穂乃果「…よしっ、じゃあ…いっくよー!」


    105: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:51:09.77 ID:XztVYlWx0

    ――――――――――――ゲーム終了


    穂乃果「や…やった~、勝ったー!!」

    ツバサ「ぐっ…ま、負ける…なんて」

    穂乃果「でも危なかったよ~…ホント、ギリギリだったね」

    ツバサ「もう1回、もう1回やったら勝てるわ!」

    穂乃果「う…確かに、もう1回やったら負けるかも…なら、別の曲で勝負しよ!」

    ツバサ「私は構わないけど…穂乃果はそれでいいの?」

    穂乃果「うん…自信ないけど、経験は私の方があるし…大丈夫…だよ」

    ツバサ「随分自信なさげだけど…いいわよ、別の曲でやりましょ」


    106: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:52:05.04 ID:XztVYlWx0

    ――――――――――――ゲーム終了


    穂乃果「や…やった~、勝ったー!!」

    ツバサ「ぐっ…ま、負ける…なんて」

    穂乃果「でも危なかったよ~…ホント、ギリギリだったね」

    ツバサ「もう1回、もう1回やったら勝てるわ!」

    穂乃果「う…確かに、もう1回やったら負けるかも…なら、別の曲で勝負しよ!」

    ツバサ「私は構わないけど…穂乃果はそれでいいの?」

    穂乃果「うん…自信ないけど、経験は私の方があるし…大丈夫…だよ」

    ツバサ「随分自信なさげだけど…いいわよ、別の曲でやりましょ」


    107: すいません、>>106は無視してください ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:53:18.36 ID:XztVYlWx0

    ――――――――――――10ゲーム終了

    穂乃果「ぐっ…全然…勝て…ない…はぁ、はぁ…」グテーッ

    ツバサ「まっ、こんなものでしょうね」ドヤァッ

    穂乃果「はぁ…ツバサ、ちゃん…まだ、まだ…はぁ…余裕みたい…だし…」

    ツバサ「まぁ、これくらいならね…穂乃果の方が、体力ないんじゃない?」

    穂乃果「うぐ…そ、そう…かも」

    ツバサ「今度、うち(UTX)のトレーニング受けてみる?」

    穂乃果「…ちょ、ちょっと…考えときます…」

    ツバサ「そう、いつでも歓迎するわよ」

    穂乃果「あはは…ついていけるかな」

    ツバサ「最初は、優しくするわよ」

    穂乃果「お、お願いします…ねぇ、ちょっと休んで…いい?」

    ツバサ「えぇ、あそこのベンチで休みましょうか」

    穂乃果「うん…ごめんね…」


    108: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:57:10.47 ID:XztVYlWx0





    絵里「…楽しそうね」

    海未「ま、まさか…穂乃果が…」

    ことり「あのゲームで…負ける…なんて」

    真姫「まぁ、相手は天下のA-RISEだしあんなものじゃない?」

    海未「しかし…10回プレイして呼吸が全く乱れないとは…流石ですね」

    絵里「なんか、私たちの練習って何だったのかって感じよね」

    ことり「でもそれは、しょうがないよ…」

    真姫「別にラブライブ!は何曲も歌うわけじゃないし、私たちは私たちで頑張ればいいのよ」

    海未「そうですね…」


    ママー、アノヒトタチ、ナンデゲームシテナイノー シッ、ミチャイケマセン!


    絵里「…私たちも、ゲーム…する?」

    海未「そうですね、こう何もしてないと…逆に注目浴びるでしょうし」

    真姫「まぁ、あっちの様子を窺いながらすればいいんじゃない?」

    ことり「そうだね!」


    109: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 00:59:46.89 ID:XztVYlWx0

    絵里「とはいったものの…私、ゲームセンター自体この前行ったのが初めてなのよね」

    海未「そうなのですか…私も、あまり詳しいわけではないのですよね」

    真姫「私も…」

    ことり「私は、たまに来てたけど…見るのがほとんどだったんだよね…」

    絵里「…ねぇ海未、あの人は銃を向けて何をやってるの?」

    海未「あれは…シューティングゲームですね」

    絵里「シューティング…でも、あの銃は偽物よね?」

    海未「そうですが…あの銃で画面内の敵を撃つんですよ」

    絵里「ハラショー…ちょっとやってみたいわ」

    海未「いいですよ、では私と絵里はあちらへ行きますね」

    ことり「分かった~」


    110: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:03:01.54 ID:XztVYlWx0

    真姫「…ゲームセンターとは縁ないって思ってたけど…これって…クレーンゲームってやつね」

    真姫「色々あるのね…あ、あのぬいぐるみ…カワイイ」ボソッ

    ことり「ま~き~ちゃんっ!ぬいぐるみたち見て、どうしたの?…あっ、あの子が欲しいの?」

    真姫「!…べ、別に!ぬいぐるみとか子どもが欲しがるものでしょ!欲しいとかないんだから…ちょっとジュース買ってくる」

    ことり「は~い…多分、この子見てたよね…よーし!」

    スタスタスタ
    真姫「はぁ…なんで私、こんなに可愛げがないんだろう…穂乃果みたいに、もっと素直になれたら…ん?」

    ”トマト味ハ○チュウが取れるのはここだけ!!”

    真姫「…べ、別に…トマト味のお菓子なんて…でも、ココでしか…」

    真姫「…1回だけ…1回なら…」チャリンッ


    111: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:08:13.73 ID:XztVYlWx0





    ツバサ「どう、落ち着いた?」

    穂乃果「うん…もう大丈夫だよっ!」

    ツバサ「どうする、他のゲームもやる?」

    穂乃果「えっとね…今度は、プリを撮りたいな」

    ツバサ「プリね…分かった、いいわよ」

    穂乃果「やった!じゃあ、プリクラコーナーはあっちだよ!」

    ツバサ「えぇ、じゃあ連れてって」

    穂乃果「オッケー!じゃあ…はい、手!」

    ツバサ「はい」ギュッ

    穂乃果「よ~し、行こーっ!」


    112: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:11:50.16 ID:XztVYlWx0

    ツバサ「プリクラも久しぶりね」

    穂乃果「へーっ、A-RISEの皆で撮らないの?」

    ツバサ「結成した頃わね…でも有名になって忙しくなると、そんな暇もないわね」

    穂乃果「なら今日撮ったやつを自慢して、みんなに撮りたいって思ってもらおうよ!」

    ツバサ「ふふっ、そうね」

    穂乃果「ほらツバサちゃん、もっと寄って!」ギュッ

    ツバサ「えぇ…穂乃果って、良い匂い…するわね」クンクン

    穂乃果「えぇぇっ!?そ、そうかな…ツバサちゃんも、いい匂い…だよ」

    ツバサ「ありがと…ねぇ、穂乃果…」

    穂乃果「な、なぁに…」

    ツバサ「キス…したくなっちゃった…」


    114: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:14:31.63 ID:XztVYlWx0

    イクヨー,3,2,1
    穂乃果「え、えぇぇっ?!」

    パシャリ

    ツバサ「あら、穂乃果…凄い顔」

    穂乃果「だって…ツバサちゃんが…キ、キス…したいって言うから…」

    ツバサ「穂乃果が良い匂いするから…」

    穂乃果「でも、ダメだよ!」

    ツバサ「そう…この前はしてくれたのに…」シュン

    穂乃果「あ、あれは…(ボンッ)…」

    ツバサ「あら…ふふっ、この前のこと思い出したのかしら…ホント、可愛いんだから」

    ツバサ「でも、このまま固まったままでも困るから…フッ」


    115: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:16:03.74 ID:XztVYlWx0

    穂乃果「ひゃぁっ!ツ、ツバサちゃん…み、耳に…」フルフル

    ツバサ「えぇ…息を吹きかけたわ」

    穂乃果「な、何で!」

    ツバサ「だって、穂乃果が固まっちゃったから…」

    穂乃果「だからって、耳に息かけなくても!」

    ツバサ「あら、じゃあキスの方が良かった?」

    穂乃果「そ、それは…耳で、いいです///…」

    ツバサ「そう…ほら、次が始まるみたいよ」

    穂乃果「う、うん…」


    117: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:20:18.72 ID:XztVYlWx0

    ツバサ「…今度は、ポーズ変えようかしら」

    穂乃果「…(やられっぱなしは悔しいよ…)」

    イクヨー
    穂乃果「…(そうだ!ツバサちゃんにお返しだ!)」パクッ

    3,2,1
    ツバサ「ひゃ、ひゃあぁっ!」

    パシャリ

    ツバサ「ほ、穂乃果っ!あ、あなたっ!///」カアァッ

    穂乃果「えへへ~、お返しだよ!」

    ツバサ「だからって…耳噛むことないじゃない」

    穂乃果「だって~、同じじゃつまんないし…それに甘噛みだよ」

    ツバサ「うぅ…穂乃果も、やるときはやるのね」

    穂乃果「そうだよ!やるときはやる女なんだよ~」

    ツバサ「まぁ、そっちの方が面白いし…いいわね」ニヤッ

    穂乃果「んっ…何がいいの?」

    ツバサ「こっちの話よ…今度は機種変えてみない?」

    穂乃果「うん、いいよ!」


    118: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:25:11.32 ID:XztVYlWx0





    海未「やっ、たっ…はぁっ!」カチャカチャカチャ

    絵里「そこっ、甘いっ…とどめよっ!」カチャカチャカチャ

    ♪~テーレッテレ~♪

    海未「どうやら、クリアの様ですね」

    絵里「そう…中々面白いわね」

    海未「しかし絵里、ホントに初めてなのですか?」

    絵里「そういう海未こそ、あんまりやったことなかったんじゃないの?」

    海未「そうなのですが…絵里とやると…調子がいいっていうか」

    絵里「奇遇ね、私も同じこと思ってたのよ」

    海未「おっと…そういえば、穂乃果のことを監視していたんですよね」

    絵里「そうだったわ…目的を忘れてたわ」

    海未「あと、ことりと真姫は…どこに行ったのでしょうか…」


    119: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:27:28.97 ID:XztVYlWx0


    真姫「…」ジーッ

    ウィーン、ウィーン…ポトッ

    真姫「(ガクッ)…私、才能ないのかしら」

    ことり「あっ、真姫ちゃ~ん!ここにいたんだ~」

    真姫「ことり…どうしたの?」

    ことり「えへへ~、真姫ちゃんにこの子をプレゼントしたくて!」ジャンッ

    真姫「!…こ、これって…」

    ことり「うん!さっき真姫ちゃんが見てたから」

    真姫「で、でも…とるのだってお金いるし…」

    ことり「私、こう見えてクレーンゲーム得意なんだっ!」

    真姫「そ、そうなの…」

    ことり「だから、気にしないで」ニコッ

    真姫「(ドキッ)そ、そう…あ、ありがと…」

    ことり「どういたしまして!」

    真姫「そ、そういえば…穂乃果はどうなったのかしら」

    ことり「あっ、そうだね~…海未ちゃんと絵里ちゃんもどうなったんだろ」


    120: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:32:40.30 ID:XztVYlWx0

    海未「あっ、いました…ことり、真姫!」

    ことり「あっ、海未ちゃん、絵里ちゃん!」

    絵里「穂乃果はどうなったの?」

    真姫「えっ…あなた達が見てたんじゃないの?」

    海未「えっ…私は、てっきり…ことりたちが見てたとばかり」

    ことり「え~っ、私はクレーンゲームやってたよ~」

    絵里「そう、真姫は?」

    真姫「私は…その…ゲームを…」

    海未「なるほど…みんな目的を忘れ、ゲームに夢中だったと…」

    ことり「みたいだね~」

    絵里「まぁ…ゲームセンターに来て、ゲームしないっていうのも無理でしょうしね」

    海未「でも、これからどうしましょ」

    絵里「そろそろ希たちもこっちに来るだろうから、合流してから考えましょ」

    真姫「そうね…」

    ことり「さんせ~い」


    121: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/08(木) 01:35:20.96 ID:XztVYlWx0





    穂乃果「いっぱい撮れたね!」

    ツバサ「えぇ…でも、プリクラってこんなに種類があるのね」

    穂乃果「うん!…どれを見ても、ツバサちゃんは色々と決まってるね!」

    ツバサ「まぁ、撮られ慣れてるから…」

    穂乃果「それもそうだよね!よし、このプリをポーズの参考にしよう!」

    ツバサ「あんま落書きだらけのプリクラだと、参考になんないんじゃない?」

    穂乃果「まぁまぁ、それでも貴重だよ!」

    ツバサ「そう、ならいいけど」

    穂乃果「あっという間にお昼だね~」

    ツバサ「そうね…穂乃果は、お昼何か食べたいものある?」

    穂乃果「う~ん…色々あるけど…どれがいいかな?」

    ツバサ「それじゃあ、お昼は私が決めていい?」

    穂乃果「うん、いいよ!」

    ツバサ「じゃあ、場所変えましょうか…はい」スッ

    穂乃果「うん、分かった!」ギュッ


    131: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:15:05.62 ID:gNmba6J+0

    希「さてと…今日のバイトも終わったことだし、絵里ちと合流でもしようかな…っと、あれは」


    花陽「あ~、すっごく楽しかったよ~」

    凛「かよちんが楽しそうで、凛も嬉しいにゃ!」

    花陽「凛ちゃん、ごめんね…お休みに朝早くから付き合ってもらって」

    凛「気にしなくていいよっ!凛が行きたいから、着いてきたんだし」

    花陽「ふふっ、凛ちゃんありがとう」

    凛「どういたしまして!」


    希「花陽ちゃんと凛ちゃんやね…およ、あっちからは」


    にこ「もうお昼ね…早くみんなと合流しなきゃ…」


    希「にこっち…偶然ってあるもんやね…お~い、花陽ちゃん、凛ちゃ~ん、にこっち~!」


    花陽「あぁっ!」

    凛「希ちゃん!…にこちゃんもいるにゃ~」

    にこ「あら、偶然ね」


    132: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:18:52.67 ID:gNmba6J+0

    ~♪~デ~デッデ~デ~デッデ~♪~
    希「おっ、絵里ちからやん…(ピッ)はいもしもし」

    絵里『あっ、希?もうバイトは終わったの?』

    希「うん、終わったで」

    絵里『そう…その、あのね…』

    希「どうかしたん?」

    絵里『ごめんなさい…穂乃果を…見失ったの』

    希「えぇっ?!そうなん?」

    絵里『不覚だったわ…』

    希「まぁ、見失ったもんはしゃーないよな~」

    絵里『それで、私たちはこれからお昼にしようと思うんだけど…』

    希「そっか、ならウチらも…」

    にこ「!花陽、あれって…」

    花陽「間違いないよ、にこちゃん!」

    にこぱな「A-RISEのツバサ!」


    133: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:23:23.26 ID:gNmba6J+0

    凛「えっ、ということは…穂乃果ちゃんも一緒かにゃ?」

    にこ「あぁ、隣にいるのがそれっぽいわね」

    花陽「うぅ~…穂乃果ちゃん、うらやましいよ~」

    希「絵里ち、穂乃果ちゃん見つけたわ」

    絵里『ホントに?!なら、午後は希たちに追跡お願いしようかしら』

    希「絵里ちたちは来んの?」

    絵里『えぇっと…その…』

    希「まぁええわ。午前中は見とってくれてたし、これからはウチらにまかせとき!」

    絵里『申し訳ないけど、お願いね』

    希「はいは~い(ピッ)…さてと、追跡開始と行くかな」

    凛「はいにゃ!希隊長!」ピシッ

    希「おっ、その意気やで凛二等兵!…でも、その前に」

    にこ「くぅ~、さすがツバサ!私服でもオーラが違うわ!」ハァハァ

    花陽「ねぇにこちゃん、写メ撮っていい?撮っていい?」ハァハァ

    希「あの二人を落ち着かせんとね」ワキワキ


    134: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:27:10.64 ID:gNmba6J+0





    絵里「(ピッ)…さて、と」

    海未「希たちが、穂乃果を見つけたんですか?」

    絵里「そのようね…午後は希たちにまかせたわ」

    ことり「じゃあ、午後はどうする~?」

    絵里「それは…!海未、あの人は動かないのにハンドル握って何してるの?」

    海未「あぁあれは…ハンドル、アクセルを操作し画面内のコースを走る、レースゲームですね」

    絵里「ハラショー…」

    海未「今度は、あれをやりますか?」クスッ

    絵里「えぇっ!やってみたいわ!」


    135: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:34:26.94 ID:gNmba6J+0

    真姫「マッタクー、エリーはすっかりゲームにハマったみたいね」

    ことり「そういう真姫ちゃんも、熱心にクレーンゲームやってたよね」

    真姫「ヴエェッ…み、見てたの…」

    ことり「うん!すご~く集中してたから、終わるまで声掛けれなかったよ」

    真姫「そ、そうなの…」

    ことり「ねぇ真姫ちゃん、私が代わりに取ってあげよっか?」

    真姫「えっ…でも、悪いわよ…さっきも取って貰ったし」

    ことり「いいんだよ、気にしないで!それに、お菓子なら半分こできるし!」

    真姫「そ、そう…なら、お願いしようかしら…あっ、お金はちゃんと出すからね」

    ことり「うん、分かったよ!任せてね!」


    136: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:39:58.53 ID:gNmba6J+0





    ツバサ「ついた、ここよ」

    穂乃果「ここは…カラオケ?」

    ツバサ「えぇ…穂乃果はカラオケ平気?」

    穂乃果「うん、大好きだよ!」

    ツバサ「そう、良かった…ここでお昼も一緒にしましょ」

    穂乃果「分かった!」

    ツバサ「なら、入るわね」ウィーン

    店員A「いらっしゃいませ!二名様でしょうか?」

    ツバサ「はい」

    店員A「それでは、お時間と機種を…」

    ツバサ「これで」スッ

    店員A「!か、かしこまりました!それでは、お部屋にご案内致します」

    ツバサ「よろしく」

    穂乃果「えっ、えっ?何、どうしたの?」

    ツバサ「いいから、付いてきて」

    穂乃果「う、うん…」


    137: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:44:29.13 ID:gNmba6J+0






    希「どうやら目標は、カラオケ屋に行くようやね」

    凛「どうしますか隊長、突入しますかにゃ?」

    希「ちょい待ちや、目標が受付完了後に突入や!」

    凛「ラジャーだにゃっ!」

    にこ「ず、ずいぶん…はぁ、ノリノリの…はぁ…ようね」ヨロヨロ

    花陽「うぅ~…力が入らない…」ヨロヨロ

    凛「ちょっと二人とも、テンション低いにゃ!」

    希「どう、ちょっとは落ち着いた?」

    にこ「落ち着いたどころか…テンションだだ下がりよ…」

    花陽「うぅ…おなかもすいてきたし…ダレカタスケテー」

    希「まぁまぁ、ご飯食べて歌ったら元気も出るやろ」

    凛「隊長!目標、店員に連れられて受付を通過したにゃ!」

    希「何!遅れをとってはいかんよ、突撃!」

    凛「おーっ!」

    にこぱな「お~…」


    138: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:49:11.44 ID:gNmba6J+0

    店員B「いらっしゃいませ!四名様でしょうか」

    希「はい…私たち、さっき来た二人の友だちなんですけど…隣の部屋って空いてますか?」

    店員B「先程のお客様ですか…!…すいませんお客様…」

    希「…どうかしましたか?」

    店員B「先程のお客様は、特別室へと行かれました」

    凛「特別室って何だにゃ?」

    店員B「VIP会員証をお持ちの方のみご案内可能なお部屋でございます」

    にこ「VIP会員証って…そんなの持ってないわよ」

    花陽「私も…」

    店員B「でしたら、通常のお部屋へのご案内となります」

    希「そうですか…どうする?」

    凛「おなかすいたし、いいんじゃないかにゃ?」

    にこ「そうね、歌のトレーニングにもなるし」

    花陽「特別室にいるんじゃ、監視もできないだろうし…」

    希「なら、決まりやね」


    139: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:50:36.40 ID:gNmba6J+0





    穂乃果「お~…これが、特別室…」キョロキョロ

    ツバサ「ふふっ、凄いでしょ」

    穂乃果「何でツバサちゃんはここに来れるの?」

    ツバサ「実はここって、UTX学院を経営している会社のグループの一つなのよ」

    ツバサ「で…UTX学院の勉強や部活等の成績優秀者には、このVIP会員証を貰えるの」

    ツバサ「これを持っていると、ここや他のお店で特別サービスを受けれるの…まっ、ラブライブ!優勝のご褒美みたいなものね」

    穂乃果「ほえ~…凄いな~」

    ツバサ「まぁこれがあるから、ウチへの入学希望者が多い要因の一つでしょうね」

    穂乃果「そっか~…音ノ木は何もないからな~…特典か…う~ん」

    ツバサ「ここで穂乃果が悩んでもしょうがないでしょ」クスッ

    穂乃果「でもでも~…そんなのもあったなんて…」

    ツバサ「受験の時にそれを知っていたら、UTXを受けていた?」


    140: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:55:31.93 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「う~ん、私の学力じゃ元から無理だし…やっぱ音ノ木だったかな、ちっちゃな頃からの夢だったし!」

    ツバサ「ふ~ん…そうなの」

    穂乃果「うん!私が生まれた街と音ノ木が大好きで…そんな大好きな音ノ木の為にスクールアイドルやってる今が、凄く幸せなんだ!」

    ツバサ「そう…なら、尚更穂乃果たちには負けられないわね」

    穂乃果「うっ…そうだよね…次は、ツバサちゃんたちに勝たないとないんだよね」

    ツバサ「えぇ、今度も全力で勝ちに行くわ」

    穂乃果「私たちも負けないよ!今度こそ(グ~)…」

    ツバサ「あらあら…もうお昼だものね」

    穂乃果「あうぅ…恥ずかしいよ///」

    ツバサ「じゃあ、お昼にしましょうか…ここ(特別室)にいると、全ての食べ物、飲み物が食べ放題飲み放題なの」

    穂乃果「ほおぉ…凄い!」キラキラ

    ツバサ「だから、好きなもの食べて飲んでね」ニコッ

    穂乃果「ありがとう…でも、UTXの生徒でもないのに…悪いな」

    ツバサ「穂乃果は私の友人なんだから、気にしなくていいわよ」

    穂乃果「そっか…ありがと!よ~し、食べるぞ~…って、こんなに多いと悩むな~」

    ツバサ「時間も無制限だから、ゆっくり選んでね」


    141: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:56:44.60 ID:gNmba6J+0





    凛「よ~し、まずはお昼だにゃ~!凛はラーメン!」

    希「ウチはおうどんさんかな」

    花陽「私は…おにぎりにしようかな」

    にこ「ちょっとみんな!なぁ~に普通に頼んでるのよ!」

    凛「えっ?食べたいもの頼んだだけだよ~」

    にこ「違うわよ!にこ達はスクールアイドルなのよ!食べ物一つにしてもファンの夢を壊しちゃいけないの!」

    凛「でも、好きなもの食べたいにゃ~」

    希「そういうにこっちは何食べるん?」

    にこ「え~っと~にこは~…ふわふわ卵の、オ・ム・ラ・イ・ス」ニコッ


    142: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 21:58:51.71 ID:gNmba6J+0

    のぞりん「…」

    にこ「な、何よ…何か言いなさいよ!」

    凛「言い方変えただけだにゃ…」シラーッ

    希「う、うん…ウチはええと思うよ」メソラシ

    花陽「凄い、凄いよにこちゃん!勉強になるよっ」メモメモ

    にこ「…ほら~、分かる子には分かるのよ!花陽は立派なアイドルになるわよ!」

    凛「かよちん…優しいにゃ~」ホロリ

    希「花陽ちゃんの優しさが五臓六腑に染み渡るで~」ホロリ

    にこ「なっ…こんな失礼な二人はほっといて…花陽、とっとと注文して!」

    花陽「は~い」


    143: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 22:04:08.52 ID:gNmba6J+0





    穂乃果「ふぃ~、おなかいっぱいだよ~」

    ツバサ「満足してもらえて嬉しいわ」

    穂乃果「さてと…食後に軽く1曲いこうかな~…え~っと、何にしようかな…」ピッピッ

    ツバサ「今はこんなのもあるのよ…」ピッピッ

    穂乃果「えっ、スクールアイドル?…わわっ、μ'sもある!」

    ツバサ「えぇ、最近のブームに乗ってカラオケにもなってるみたいなのよ」

    穂乃果「へ~…あっ、曲が全部ある!じゃあ、『僕らのLIVE 君とのLIFE』の歌付きを選んでみよ!」ピッ

    ~♪~♪~タシカナイマヨリモ~アタラシイユメツカマエタイ~♪~♪~
    穂乃果「わわっ、PVだ」

    ツバサ「投稿した映像がバックで流れるのよ」


    144: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 22:10:59.16 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「でもこういうのって…使用料?みたいなのが貰えるって聞いたけど…何も聞かないよ~」

    ツバサ「あら、ラブライブ!の規約に『映像、楽曲の権利は運営委員会に帰属する』って項目があるわよ」

    穂乃果「えっ、そうなの?…って、キゾクってどういう意味?お金持ちの人?」

    ツバサ「権利とかを団体の所有にするという意味よ…ここでは、楽曲や映像の権利はラブライブ!運営委員会のモノになるってこと」

    穂乃果「へ~、そうなんだ~」

    ツバサ「まぁ、スクールアイドル自体が何処のプロダクションにも所属しないアマチュアアイドルだから、誰かが管理しないといけないからね」

    穂乃果「確かに…曲作って歌って、PV撮って投稿してから私たち何もしてないもんね」

    ツバサ「それに、カラオケでスクールアイドルに興味を持ってくれる人がいればもっとラブライブ!も大きなものにねるでしょうしね」

    穂乃果「なるほど~…私たちの知らない所で、色々とやってるんだね」

    ツバサ「そうね…こうやってしっかり管理して運営されているから、私たちがスクールアイドルをやれているのよね」

    穂乃果「そういうことだね…ということは、A-RISEの曲も…」

    ツバサ「もちろんあるわね」

    穂乃果「じゃあさ、『Private Wars』一緒に歌おうよ~」

    ツバサ「でも、カラオケで自分の歌を歌うのって恥ずかしいわね」

    穂乃果「いいでしょ~、私たちしかいないんだし~」

    ツバサ「じゃあ、μ'sの曲も一緒に歌ってもらうわよ」クスッ

    穂乃果「いいよ!よ~し、歌いまくるぞ~」ピッピッピ


    145: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 22:16:01.65 ID:gNmba6J+0





    希「みんなの注文したもの、来たようやね…それじゃあ、いただきますしようか」

    にこりんぱな「いただきますっ!」

    花陽「ごちそうさまでした」

    にこ「早っ!さっき食べ始めたばっかよ」

    凛「かよちんのご飯食べる早さは、誰にも負けないんだにゃ!」

    希「ちゃんと噛んで食べてるん?」

    花陽「それはもちろん!ご飯粒1粒1粒を噛みしめて頂きました!」

    希「ならええけど…」

    花陽「えへへ…みんなが食べ終わるまで待ってるね」

    にこ「しょうがないわねー…トップバッターは花陽に譲るから、何歌うか選んどきなさい」

    花陽「うん、分かった!…えっと、何歌おうかな」ピッピッ


    147: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 22:23:51.24 ID:gNmba6J+0


    ズルズル
    凛「ここのラーメンは、まぁまぁだにゃ!」

    希「うふっ、凛ちゃん評論家さんみたいやな~」

    凛「そうだよ!ここら辺のラーメン屋さんは、どこがおいしいとか調査済みなんだ!」

    希「へぇ~、ラーメンにも違いとかあるん?」

    凛「もちろん!スープに種類から麺の太さ、トッピングとか…全然違うんだよ!」

    希「そうなんやな~…ウチ、あんまラーメン食べないから勉強になるわ~」

    凛「えへへ…どんなラーメンが食べたいか教えてくれたら、オススメのお店を教えるよ!」

    希「そっかー、じゃあ考えとこうかな」

    凛「うん!凛におまかせだにゃ!」


    148: >>146まぁ、私が勝手に作った設定ですからw ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 22:27:17.68 ID:gNmba6J+0

    ピッピッ
    花陽「…あぁっ!こ、これはっ…」

    にこ「ぶっ?!な、何よ急に大声出して」

    花陽「にこちゃん…これを見て!」サッ

    にこ「ん~…『古今東西アイドル特集』ですってぇ?!」

    花陽「うん!新旧アイドルのPVからライブ映像をバックに歌えて、各パート毎の歌い分けも可能なんだって!」

    にこ「何よこれ、にこのための特集じゃない!」

    花陽「でしょでしょ!…それでね、にこちゃん…」

    にこ「んっ、何よ?」

    花陽「私と一緒に…歌って欲しいなって…」モジモジ

    にこ「…とーぜんよっ!ちょっと待ってね、早くこれ片付けちゃうから!…げほっ、ごほっ」

    花陽「わわっ!ゆっくりでよぉ…はい、お水」

    にこ「んっ…ふぅ、ありがと…はぁ~、何歌おうかしら」

    花陽「あっ、これも良いな…あぁっ!これは、あの伝説のライブの…う~ん、選べないよ~」

    希「ふふっ、にこっちと花陽ちゃん楽しそうやな~」

    凛「凛は、こっちのかよちんも好きだよ!」


    149: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:00:31.89 ID:gNmba6J+0





    ~♪~♪~♪~♪~♪~♪~
    穂乃果「(ピシッ)…イエ~イ、決まった~」

    ツバサ「穂乃果と歌うもの、悪くないわね」

    穂乃果「ホント?嬉しいな~、ツバサちゃんに褒められた~」ルンルン

    ツバサ「穂乃果は、私たちの曲を振り付きで歌えるのね」

    穂乃果「それは…スクールアイドル始めたとき、A-RISEの映像見ながらダンスの練習をしてたから…」

    ツバサ「そうなの…でも、コピーだけでそこまで踊れるとはなかなかね」

    穂乃果「えへへ…最初はダメダメだったけどね…絵里ちゃんに教えてもらったら、凄く上達したんだよ!」

    ツバサ「絵里…絢瀬絵里ね、なるほど噂通りダンスに関しては抜けてるのね」

    穂乃果「でも、ツバサちゃんもμ'sの曲完璧に歌えてたよ!」

    ツバサ「それは…注目しているグループの動画を見ているからね…それに、一度見るとメロディーと歌詞は大体覚えられるのよ」

    穂乃果「えーっ、凄い!私なんて何回も歌詞間違えて、海未ちゃんに怒られてるよ~」

    ツバサ「ふふっ、穂乃果らしいわ」

    穂乃果「うわ~ん、ツバサちゃんまで~」


    150: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:01:12.23 ID:gNmba6J+0

    ツバサ「踊りも歌も素晴らしかったけど…穂乃果、そこに座ってくれる?」

    穂乃果「?…うん、分かったよ」ストン

    ツバサ「えぇ、ありがとう…隣、座るわね」

    穂乃果「うん、いいよ」

    ツバサ「穂乃果、ちょっと失礼するわね」スッ

    穂乃果「ひゃっ?!ツ、ツバサちゃん…どこ触って…」

    ツバサ「う~ん…服の上からじゃよく分からないわね…」

    穂乃果「ううぅ…くすぐったいよ~」ビクビク

    ツバサ「穂乃果…服の中に、手…入れるわね」スッ

    穂乃果「ひゃあっ!ちょ、ちょっと~」アワアワ

    ツバサ「抵抗しないってことは…許可してくれるのね」

    穂乃果「そういうわけじゃ…あぁんっ!」ビクッ

    ツバサ「ふふ…穂乃果の肌、スベスベね…それに、くびれもあって…うらやましい」サワサワ


    151: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:07:25.83 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「ひゃうぅ…ツ、ツバサちゃん…どうしたのおぉっ?!」ビクンッ

    ツバサ「ちょっとね…穂乃果、ちょっとおなかに力いれてみて」ススッ

    穂乃果「えぇっ?!…な、なんでぇっ?」ビクッ

    ツバサ「いいから」

    穂乃果「う、うん…ふっ」グッ

    ツバサ「…」

    穂乃果「ど、どうかな…」

    ツバサ「穂乃果、あなた…筋トレしてる?」

    穂乃果「えっ…最初はしてたけど、最近は…」

    ツバサ「なるほどね…ありがとう、手抜くわね」スッ

    穂乃果「あっ…」


    152: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:10:07.83 ID:gNmba6J+0

    ツバサ「穂乃果、あなたの歌声は確かに素晴らしかった…だけど、もっと上手くなれるわ」

    穂乃果「そ、そう…なの?」

    ツバサ「えぇ…ダンスに関しては絢瀬さんの指導もあって、なかなかのモノだと思うの…」

    穂乃果「ありがと…」

    ツバサ「だけど、発声に関しては指導を受けてないでしょ」

    穂乃果「そうだね…みんなで発声練習はしてたけど…」

    ツバサ「だから、呼吸法がちゃんとしてるかどうか調べてみたのよ」

    穂乃果「そ、そうだったんだ…」

    ツバサ「ごめんなさいね、急に変なコトして」

    穂乃果「い、いいよ…私の為だったんだね///」カアァッ

    ツバサ「ふふっ、顔を真っ赤にして…可愛いわね」ナデナデ

    穂乃果「あうぅ…」

    ツバサ「何か…『イケナイコト』でも、考えてたの?」ボソッ

    穂乃果「ひゃっ!…ち、違う…よぉ///」プルプル

    ツバサ「穂乃果となら…私は、構わないわよ」ニコッ

    穂乃果「ツ、ツバサ…ちゃん」ポーッ


    153: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:12:38.33 ID:gNmba6J+0

    ツバサ「…なーんてね、ちょっとからかいすぎたかしら」

    穂乃果「えっ…」

    ツバサ「穂乃果の反応があまりにおもしろいから…調子に乗っちゃった、ごめんね」ペロ

    穂乃果「…な、なーんだ!もうっ、びっくりしちゃったよ~」

    ツバサ「ふふっ…さぁ、休憩も兼ねてスイーツでも食べましょ」

    穂乃果「うん!…わーい、何にしようかな~」ウキウキ

    ツバサ「好きなもの食べてね」

    穂乃果「ありがとう!…えーっと…あっ、これかな?こっちもいいな~…う~ん、一つに決められないよ~」

    ツバサ「別に、何個か頼んでもいいのよ」

    穂乃果「駄目だよ~、そうしたら太ったちゃう…もし太ったら海未ちゃんに…」ブルブル

    ツバサ「ふふっ、穂乃果はよっぽど園田さんが怖いのね」クスッ

    穂乃果「うぅ~、そうなんだよ~」

    ツバサ「まぁ、どうするかは穂乃果に任せるわ」


    154: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:15:38.40 ID:gNmba6J+0





    ~♪~♪~♪~♪~♪~♪~
    にこぱな「(ビシッ)…」

    にこ「…き、決まったー!」

    花陽「そうだね、にこちゃん!」

    凛「いえ~い、二人ともカッコイイにゃっ!」

    希「うふふっ、二人ともノリノリやねぇ~」

    花陽「ねねっ、次は○○の××やろうよ!」

    にこ「いいわね!ならにこは△△のパートやるわ!」

    花陽「じゃあ私は、□□をやるね!」

    にこ「くぅ~!まさかこうやってカラオケで、アイドルソングを一緒に歌えるなんて!最高よ!」

    花陽「私も嬉しいよ!」

    にこ「よし、花陽いくわよ!」

    花陽「うん、にこちゃんっ!」


    155: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:16:18.58 ID:gNmba6J+0

    凛「かよちん、いつもよりテンション高いにゃ~」

    希「ウチもあんなにこっち初めて見るわ」

    凛「かよちんが楽しそうで、凛も嬉しいにゃ…ふあ~わぁ~…んん」

    希「ふふっ、おっきいあくびやねぇ」クスッ

    凛「あふぅ…今日早起きしたからかな…」ウツラウツラ

    希「そっか~…なら凛ちゃん、ウチが枕になろっか?」

    凛「えぇっ?!…どういう意味かにゃ?」

    希「こういう意味やで」パンパン


    156: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:17:35.80 ID:gNmba6J+0

    凛「あぁ~、膝枕!…って、いいのかにゃ?」

    希「ええよ、さっおいで」

    凛「それじゃあお言葉に甘えて~(コロン)…おぉっ!気持ちいいいにゃ~」トロ~ン

    希「凛ちゃん、軽いな~」ナデナデ

    凛「そうかにゃ?」

    希「全然重みを感じないで」

    凛「それは、喜んでいいのかにゃ~」

    希「喜んでええんやない?」

    凛「そっか…ふぁ~…眠くなって…きた…にゃ…」

    希「ふふっ、ゆっくり休みや」ナデナデ


    157: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:18:46.82 ID:gNmba6J+0





    穂乃果「ふぁ~、歌って踊って疲れた~」グテーッ

    ツバサ「ふふっ、ホントよく歌ってたわね」

    穂乃果「うん、歌うのは好きだから平気だけど…続けて歌うのって大変だな~」

    ツバサ「でもこれから、何曲も歌うステージがあるかもしれないわよ」

    穂乃果「うぅ~、そういうのってあるのかな~」

    ツバサ「今のスクールアイドルブームですもの、無いとはいえないわね」

    穂乃果「今は1曲だけでも大変なのに…大丈夫かな~」

    ツバサ「不安?」

    穂乃果「う~ん…やっぱ練習が足りないのかな」

    ツバサ「…それでね、穂乃果…」

    穂乃果「うん、何?」

    ツバサ「私と一緒に…練習しない?」


    158: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:22:42.21 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「…えぇっ!!それってつまり…」

    ツバサ「えぇ、ウチのトレーニング器具とかも使っていいわよ」

    穂乃果「でも、他の子たちもいるだろうし…」

    ツバサ「もちろん、他の生徒がいる時間は流石に駄目よ」

    穂乃果「なら…」

    ツバサ「だから、みんながいなくなった時間からになるけど…どお?」

    穂乃果「つまり、μ'sの練習が終わってから…ツバサちゃんと…」

    ツバサ「まぁ、かなりハードだけど…あなたにとってもプラスになると思うの」

    穂乃果「でも…私にツバサちゃんが付き合って貰って…悪いよ」

    ツバサ「私はいつも一人でトレーニングしてるから、一緒にやる相手が増えれば嬉しいわ」

    穂乃果「えっ?!普通の練習の後もやってるの?」

    ツバサ「えぇ、まだこれでも足りないと思ってるけど」

    穂乃果「そ、そうなんだ…」

    ツバサ「まぁ、悪い話じゃないとおもうから…考えてみてね」

    穂乃果「うん…」

    ツバサ「あら、もうこんな時間…そろそろ出ましょうか」

    穂乃果「あっ…そ、そうだね…えっと、荷物は…」ゴソゴソ


    159: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:24:18.55 ID:gNmba6J+0





    海未「ふぅ…結局1日ゲームセンターにいましたね」

    絵里「えぇ…でも、あんなに楽しいところだとは思わなかったわ」

    海未「絵里があそこまでハマるとは思いませんでしたよ」

    絵里「えぇ、私でもびっくりよ」

    海未「初めてなのに、スコアもタイムもどんどん更新していきましたし」

    絵里「そうね…ハンドルを握ると、私の中の金狼が目覚めたようなのね」ニヤッ

    海未「ほぉ、そうですか…私もトリガーを握ると、私の中の夜叉が目覚めるようなのです」ニヤリ

    絵里「やっぱりあなたも…」

    海未「ふふっ…やはり、選ばれた者同士、魅かれ合う運命にあるのかもしれないですね」

    絵里「そのようね…これからも共に戦いましょう、同士ウミーチカ!」スッ

    海未「えぇ、こちらこそ…よろしくお願いします、同士エリーチカ!」ガシッ


    160: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:27:48.51 ID:gNmba6J+0

    真姫「ねぇ、海未とエリーはあれでいいの…」

    ことり「いいんじゃないかなっ!」

    真姫「そう…ことり、荷物大丈夫?」

    ことり「うん、大丈夫だよ!」

    真姫「ちょっと、取り過ぎたんじゃない?」

    ことり「えへへ~、真姫ちゃんに喜んでもらおうと思って張り切りすぎちゃった!」

    真姫「そう///…でも…私は一つもとれなかった…」ズーン

    ことり「ちゃんとアームにかかっていたから、大丈夫だよ!」

    真姫「そ、そう…かしら」

    ことり「うんうん!真姫ちゃんなら大丈夫だよ!」

    真姫「あ、ありがと…なら今度は私が取るから、付き合ってよね…ことり…ちゃん///」カミクルクル


    161: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:29:22.66 ID:gNmba6J+0

    ことり「!…」

    真姫「どうしたのよ…鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして…」

    ことり「今、真姫ちゃん…私を、ことり…ちゃんって…」

    真姫「そ、それがどうかしたのよ///?」

    ことり「ううん…真姫ちゃんがそう呼んでくれて、嬉しいなって…」

    真姫「お、大袈裟よ///」

    ことり「ねぇ、これからも『ことりちゃん』って呼んでね」

    真姫「ヴエェッ…べ、別に今まで通りでいいじゃない…」

    ことり「え~、何でダメなの~」

    真姫「だって…みんなにからかわれるかもしれないし…」

    ことり「そんなことないよぉ~…ねぇ、真姫ちゃん…おねが~いっ!」

    真姫「!…し、しょうないわね…二人でいるときだけね///」

    ことり「うん、分かった!真姫ちゃん、ありがと!」

    真姫「べ、別に//」


    162: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:32:15.56 ID:gNmba6J+0





    にこ「あ~っ、今日は楽しかったわ!」

    花陽「私もだよっ、にこちゃんっ!」

    にこ「でも、まだまだ足んないわね」

    花陽「そうだね、また行こうね!」

    にこ「えぇっ!」

    花陽「あっ、それでね…にこちゃん…」モジモジ

    にこ「?どうしたのよ…」

    花陽「あのね…これから、私のこと…あだ名で呼んで欲しいなって…」

    にこ「えっ…それって、凛みたいに…」

    花陽「うん…ダメ、かな…」

    にこ「別に構わないけど…いいの?」

    花陽「うん…にこちゃんにも、呼んで欲しいから…」

    にこ「そ、そう…なら…また、一緒に行きましょうね…かよちん///…」

    花陽「えへへ、ありがとうにこちゃんっ!」


    163: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:35:05.41 ID:gNmba6J+0

    凛「ん~、良く寝れたにゃ~」ノビーッ

    希「ふふっ、ホンマに良く寝てたな~」

    凛「ごめんね、希ちゃんは大丈夫?」

    希「うん、ウチは大丈夫やで」

    凛「そっか、なら良かったにゃ!」

    希「ウチでよければ、いつでも膝貸すで」

    凛「えへへ、ありがとっ!…あっ、そうだ!希ちゃんは何ラーメンが好きかにゃ?」

    希「ウチ?う~ん…あっさりした塩ラーメンかな」

    凛「塩ね、分かったにゃ!」

    希「ウチの好み聞いてどうしたん?」

    凛「あのね、今日のお礼においしい塩ラーメンごちそうするにゃ!」

    希「えっ、それは嬉しいけど…ごちそうは悪いわ」

    凛「そうかな~」

    希「そうそう、特別何もしてないし…一緒に食べに行こか」

    凛「希ちゃんがそう言うなら…分かったよ!」

    希「ふふっ、楽しみやね」


    164: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:38:10.23 ID:gNmba6J+0





    穂乃果「あ~、もう夕方か~」

    ツバサ「えぇ、あっという間だったわね」

    穂乃果「今日は1日、ツバサちゃんと遊べてとっても楽しかったよ~」

    ツバサ「私も、楽しかったわ」

    穂乃果「今度は、お買い物とかに行きたいな」

    ツバサ「えぇ、またお休みが合ったら行きましょうね」

    穂乃果「うん!」

    ツバサ「それと、さっき言った練習の件だけど…私は構わないからね」

    穂乃果「うん、考えとくよ…」

    ツバサ「そう、連絡待ってるから…あ、ここでお別れね」

    穂乃果「あ…そうだね…」

    ツバサ「それじゃあ穂乃果…またね」


    165: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:43:18.62 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「あっ…待って、ツバサちゃん!」ギュッ

    ツバサ「きゃっ!どうしたの…服の裾何かつかんで」

    穂乃果「うん、あの…その、ね…」

    ツバサ「えぇ…」

    穂乃果「こんなこと言って…変な子って思われるかもしれないし…嫌われちゃうかもしれないけど…」

    ツバサ「何?…私が穂乃果を嫌うことなんてないわよ」

    穂乃果「ありがと…えっとね…キ、ス…して、欲しいの…」ボソボソ

    ツバサ「後半の方、もう1回…行って貰える?」

    穂乃果「あっ…その…キス…して欲しいの///」カアァッ

    ツバサ「そう…プリクラの時は断られたのに…」

    穂乃果「あ、あの時は…突然だったし、心の準備ができていなくて…」

    ツバサ「でも、今の私も心の準備ができていないわよ」

    穂乃果「あっ、そうだよね…ごめんね、変なこと言って…忘れていいから」


    168: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:49:06.07 ID:gNmba6J+0

    ツバサ「ごめんね、ちょっと意地悪言っちゃった」

    穂乃果「えっ、どういう…こと?」

    ツバサ「私も、穂乃果と…キスしたいってことよ」

    穂乃果「そ、そうなの?…」

    ツバサ「えぇ…穂乃果から言ってくれて、嬉しいわ…ほら、顔上げて」スッ

    穂乃果「あっ…」

    ツバサ「ふふっ…穂乃果、あなたは本当に可愛いわね」

    穂乃果「ツバサちゃんのほうが…カワイイ…よ」

    ツバサ「そうかもしれないけど…あなたには、あなたにしかない可愛さがあるわ」

    穂乃果「そうなの…かな?」

    ツバサ「そうなのよ…今、そんな穂乃果を独り占めできて…私は幸せね」

    穂乃果「私も…幸せ、だよ…」

    ツバサ「そう…穂乃果、目…閉じて」

    穂乃果「うん…」

    ツバサ「良い子ね…んっ」


    169: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/11(日) 23:54:26.76 ID:gNmba6J+0

    穂乃果「んっ…んっ、ん~」

    ツバサ「んっ…はっ、ん…はっ」

    穂乃果「はっ…はっ…はぁ…」

    ツバサ「この前より、長くできたわね」

    穂乃果「う、うん…」ポーッ

    ツバサ「大丈夫?家まで帰れる?」

    穂乃果「あ、うん…ここから、近いから…」

    ツバサ「そう…じゃあ、ここでね」

    穂乃果「うん…」

    ツバサ「帰ったら、メールするわね…だから、穂乃果も」

    穂乃果「うん…する、よ…」

    ツバサ「それじゃあ…またね」

    穂乃果「うん…バイバイ」


    170: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/12(月) 00:00:16.87 ID:FHve7Yqk0

    ――――――――――――――
    ――――――――――
    ――――――――

    何であんなこと言っちゃたんだろう…

    自分でもよく分からない

    でも、ツバサちゃんとキスしたいっていうのは…

    紛れもない、自分の本当のキモチだった

    前会った時の、あの時の感触が忘れられなくて

    そして今日会って、体を触れられ…

    ツバサちゃんを直に感じることで、またあの感触を感じたいって思って…

    私は…ツバサちゃんと、どうなりたいんだろう…

    今私から体中の力を奪う熱は…一体何なんだろう…

    また、ツバサちゃんと会えば…分かるのかな?

    さっき別れたばかりなのに…もうツバサちゃんに会いたくなってきちゃった

    メールじゃなくて、電話しても…いいかな?

    迷惑じゃ、ないかな…

    大丈夫、だよね…ツバサちゃん、私の事を嫌いになるわけないって言ってくれたし…

    うん、帰ったら電話しよう

    そして、放課後一緒に練習しようって言おう

    でもまずは、この熱から一歩踏み出す為の力を…取り戻さなきゃ


    171: ◆r5Gu8xXVI. 2014/05/12(月) 00:07:12.60 ID:FHve7Yqk0

    ツバほのデート編、これにて完です。

    またツバほのの続きか、今回μ's内で出来た組み合わせでのデートどちらかを
    書き貯めできたら投下したいと思います。

    それでは、読んでくださった皆様ありがとうございました!


    173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 00:13:05.66 ID:jgG+3UBN0

    乙ー。夜叉のとこ笑えたw


    178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 11:28:14.85 ID:YEE82B0k0

    ツバほのいいなー
    ドキドキする


    引用元: 穂乃果「μ'sがカップルだらけに」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (158)
    幼馴染 (61)
    兄妹 (55)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (318)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (145)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (246)
    シンデレラガールズ (1093)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (278)
    カイジ (16)
    かぐや様は告らせたい (19)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (82)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (385)
    機動戦士ガンダム (38)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (17)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (60)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (32)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (28)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (18)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (36)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (93)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (66)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (14)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (129)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (93)
    ドラえもん (8)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (10)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (10)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (113)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (157)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (113)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (42)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (207)
    遊戯王 (40)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (167)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (30)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (17)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (11)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (9)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク