FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    綾波「碇君は私の奴隷よ」 シンジ「えっ……?」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 17:29:30.12 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「早く飲み物を買ってきて、もちろんダッシュでね」

    シンジ「は……はやなみ……?」

    パシンっ

    綾波「誰が私の名前を呼んでいいと言ったの?聞こえなかった?早く飲み物を買ってきて」

    綾波「それから、私ははやなみじゃない」

    パシンっ

    シンジ「ううっ………」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 17:36:06.27 ID:PuZrJGGS0.net

    数分後

    シンジ「ハアハア……あ、あやなみ……買ってきたよ………」

    綾波「遅いわ、いったい何分待たせるつもり?」

    シンジ「ご、ごめん………でもこの時間は混んでるし自販機も遠かったs――」

    パシンッ

    綾波「誰が口答えしていいと言ったの?言い訳は聞きたくないわ」

    シンジ「ごめん………」頬スリスリ

    パシン

    綾波「ごめん?貴方、奴隷の身分で私にタメ口を使うの?」

    シンジ「そんな奴隷だなんて………」

    パシンっ

    綾波「…………」

    シンジ「ううっ………ごめんなさい、ごめんなさい………」


    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 17:43:56.74 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「言葉遣いには気をつけて……次はこの程度では済まないわ」

    シンジ「う……うう………」

    パシンッ

    綾波「返事……聞こえないけれど?」

    シンジ「はい………」

    綾波「それじゃ………放課後またここに来て」

    シンジ「ほ……放課後………?」

    綾波「奴隷の貴方にはまだまだ仕事は沢山あるわ」

    シンジ「そんな………」

    綾波「…………」

    綾波「返事」

    シンジ「はい……わかりました」

    綾波「じゃ……またあとで」

    シンジ「…………」


    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 17:53:22.20 ID:PuZrJGGS0.net

    放課後

    シンジ「綾波来たよ………」

    綾波「予定より62秒の遅刻、貴方ならもっと早く来れたはずだけど?」

    シンジ「62秒って……そんな1分弱じゃないか!」

    パシンパシンッ!

    綾波「奴隷の口答えは聞きたくない………奴隷は1秒でも主を待たせてはいけない」

    綾波「貴方にはその自覚が足りないわ」

    シンジ「だって僕は奴隷になりたいわけzy――」

    綾波「…………」ギロッ

    シンジ「ご……めんなさい……ぼ、僕には自覚が足りませんでした」

    綾波「…………」

    綾波「分かればいいわ、次から気をつけて」

    シンジ「…………」

    綾波「返事」

    シンジ「はい………」


    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:00:23.51 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「あ、綾波………それで僕は何をすれば……?」

    綾波「掃除」

    シンジ「そうじ?」

    綾波「私の掃除当番、全部やってくれる?」

    シンジ「で、でもそれは綾波の………」

    綾波「…………」ギロッ

    シンジ「わ……わかりました、僕がやらせていただきます………」

    綾波「それじゃ、私廊下で待ってるから……終わったら言って」

    シンジ「はい………」


    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:06:23.89 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「はぁ………一体どうして僕がこんな目に………」ゴシゴシ

    シンジ「いきなり奴隷とか言われても納得できないよ………」ゴシゴシ

    シンジ「でもやらないときっとまたぶたれるんだ………」ゴシゴシ

    シンジ「ううっ………頬が腫れて痛いや………」ゴシゴシ

    綾波「…………」

    シンジ「うっ………綾波が廊下から見てる………」

    シンジ「早く終わらせないとまた叩かれる………」


    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:16:19.41 ID:PuZrJGGS0.net

    しばらくして――

    シンジ「ハアハアハアハア………お、終わったよ綾波」

    パシンッ

    綾波「遅いわ……一体どれだけ待たせれば気が済むの?」

    シンジ「そんなこと言われたってあんな広い教室を一人でやってちゃ――」

    パシン

    綾波「まだ分からないの?口答えは聞きたくないわ」

    シンジ「でも………」

    バチンッッ!


    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:17:41.07 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「うううっ…………」

    綾波「もっと叩かれたい?」

    シンジ「…………」

    綾波「返事」

    シンジ「ご……ごめんなさい………」

    綾波「そうやって、最初から素直に誤っておけば叩かれないわ」

    綾波「もういいわ……帰るから荷物持ちしてくれる?」

    シンジ「………」

    シンジ「はい…………」


    24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:27:34.44 ID:PuZrJGGS0.net

    スタスタスタ

    シンジ「………」

    スタスタスタ

    綾波「…………」

    スタスタスタ

    シンジ「………(荷物重いな、一体なにを入れたらこうなるんだろ?)」

    シンジ「………(はぁ………どうして僕がこんなことを………)」

    綾波「歩くのが遅いわ」

    シンジ「そんなこと言われてもこれが限界だよ………」

    綾波「…………」ギロッ

    シンジ「ご、ごめんなさい………もっと早く歩きます」

    綾波「貴方のせいで帰宅は大幅に遅れてるわ、早くしてくれる?」

    シンジ「は、はい………(遅れてるって………そもそも綾波のせいなのに………)」

    綾波「なにか言った?」

    シンジ「いやなにも………(怖いよ、心のなかまで見られてるみたいだ)」


    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:36:21.51 ID:PuZrJGGS0.net

    402号室前

    シンジ「ふぅ………やっと着いた」

    綾波「荷物はちゃんと部屋まで入れておいて」

    シンジ「はい………(ははっ………もう文句を言う気にもなれないや)」

    ガチャン

    シンジ「綾波、鞄ここにおいておくよ」

    綾波「…………」

    シンジ「あ、あの………ぼ、僕もう帰っていいよね………?」

    綾波「何を言ってるの?まだ仕事は残っているわ」

    シンジ「ええっ!?まだあるの!?」

    綾波「部屋の掃除……やっておいてくれる?」

    シンジ「そんな………」

    綾波「…………」ギロッ

    シンジ「わかりました…………」


    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 18:43:05.87 ID:PuZrJGGS0.net

    サッサッサ

    シンジ「………(駄目だ……すっかり奴隷になってるよ僕)」

    シンジ「………(でも逆らったら叩かれるし………叩かれるのは嫌だ)」

    シンジ「………(ううっ………どうすればいいんだろう?)」

    綾波「手の動きが止まってるわ」

    シンジ「ごめんなさい………」

    シンジ「…………(駄目だ……僕なんかじゃ太刀打ち出来ないよ)」


    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:01:15.82 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「掃除……終わったよ………」

    綾波「…………」

    シンジ「あ……綾波?」

    綾波「あそこ、まだ少し埃が残っているわ」

    シンジ「埃って………(あんなのごくわずかじゃないか)」

    綾波「やってくれる?」

    シンジ「…………」

    シンジ「はい………」


    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:08:08.79 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「はぁ………あの後ダメ出しが続いてやっと帰してもらえた………」

    シンジ「でも明日もまた来いって………」

    シンジ「また明日もこんな目に合うのかな………」

    ガチャン

    シンジ「ただいま」

    シンジ「………ってあれ、ミサトさんいないや」

    メモ「シンジ君、悪いけど今日は帰れないから夕飯は作らなくていいわ……ミサトより」

    シンジ「仕事が忙しいのかな?でも……今日みたいな日には丁度いいや」

    シンジ「腫れた頬に突っ込まれる心配もないし」

    シンジ「…………」

    シンジ「寝よ………」


    42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:12:39.07 ID:PuZrJGGS0.net

    次の日

    シンジ「もう朝か………」

    シンジ「学校行きたくないな………」

    シンジ「でも行かないと綾波に何されるかわからないし………」

    シンジ「そういや……朝も部屋の前まで来いって言われてたんだ………」

    シンジ「早く行かないとまた叩かれる………」


    45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:23:01.63 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波マンション前

    シンジ「綾波、来たよ………」

    綾波「遅いわ、貴方のせいで遅刻したらどうしてくれるの?」

    シンジ「そんなこれ以上早く来るなんて無理だよ………」

    パシン!

    綾波「何度言えば分かるの?口答えは聞きたくないわ」

    シンジ「ううっ…………」

    綾波「もういいわ、早く荷物を持って」

    シンジ「…………」

    綾波「返事」

    シンジ「はい………(結局僕は逆らうこともできないんだ)」


    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:32:01.08 ID:PuZrJGGS0.net

    学校

    トウジ「おうセンセが綾波と二人で登校してるで!」

    ケンスケ「しかもシンジは綾波の鞄まで持ってるじゃないか!」

    トウジ「ホンマや!まったくお熱い二人やな~」

    シンジ「………(二人共呑気だな、綾波の怖さを知らないからそんなこと言えるんだ)」

    トウジ「どうしたんセンセ?せっかく綾波と二人で来たのに顔が暗いで?」

    シンジ「ごめん、ちょっとね」

    ケンスケ「まさか綾波と二人で熱い夜を過ごしてきてそれえ疲れてるとかじゃないよなあ!?」

    トウジ「うひょー!たまらんなあそれ!」

    シンジ「そ、そんなんじゃないよ………」

    ケンスケ「どうだか……お前隅に置けなさそうだもんな」

    シンジ「…………(実は綾波に奴隷にされてますなんて言えるわけないよ)」


    52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:44:30.49 ID:PuZrJGGS0.net

    昼休み

    綾波「碇君」

    シンジ「な、なに綾波?」

    綾波「ちょっとこっちに来て」

    シンジ「えっ………(今度は何されるんだろ?痛いことは嫌だな)」

    綾波「ほら、早くしてくれる?」スタスタスタ

    シンジ「あ、待ってよ綾波」

    廊下階段付近―

    綾波「貴方、さっき二人と話してたみたいだけれど」

    シンジ「う、うん………」

    綾波「私との関係、言ってないわよね?」

    シンジ「そ、そんな………こ、こんなの言えるわけないじゃないか!」

    綾波「本当に?」

    シンジ「ほ、本当だよ…………」


    54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:46:14.57 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「…………」ギロッ

    シンジ「ひっ!」

    綾波「…………」

    シンジ「…………」

    綾波「…………」

    綾波「そう………ならいいわ」スタスタスタ

    シンジ「…………」

    シンジ「ほっ………助かったあ………」


    59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 19:55:21.87 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「またぶたれるのかと思ったよ………」

    シンジ「……………」

    シンジ「一応……信じてくれたみたいだ………」

    シンジ「でも、いつまでもこんな怯えた生活をするのは嫌だな………」

    シンジ「誰か……誰か僕を助けてよ」

    シンジ「…………」

    シンジ「そうだ………父さんに相談してみよう」

    シンジ「父さんにこのことを言って綾波を注意してもらうんだ」

    シンジ「正直……父さんに会うのも怖いけどそれでも綾波よりはマシなはずだ」

    シンジ「それに綾波だって流石の父さんにはかなわないだろう」

    シンジ「よし、そうと決まったら今日ネルフ本部に行くぞ」


    62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:01:40.66 ID:PuZrJGGS0.net

    夕方、ネルフ本部内

    シンジ「よかった、今日は教室掃除が無かったから早く帰ってこれたよ」

    シンジ「正直、昨日みたいな感じになってたらネルフには来れなかっただろうから」

    シンジ「……………」

    シンジ「まっ、それでも荷物持ちと部屋掃除はやらされたんだけどね」

    ???「何、一人ブツブツ言ってるのかしら?」

    シンジ「ひいいっ!?…………ってリ、リツコさん?」

    リツコ「人の顔を見ていきなり驚くなんてあまり関心しないわね」

    シンジ「ご、ごめんなさい………いきなり声をかけられたものでちょっと」


    65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:11:08.92 ID:PuZrJGGS0.net

    リツコ「それにしてもちょっと大袈裟な反応だったと思うけど?」

    リツコ「まあいいわ………それで貴方ここで何していたの?」

    シンジ「じ、実はちょっと父さんに頼み事をしようかと………」

    リツコ「碇司令に?」

    シンジ「はい」

    リツコ「ちなみにどんな頼み事?」

    シンジ「え、えと………それはちょっと………」

    リツコ「いいわ、言いづらいことなら無理して言わなくても」

    リツコ「それより、なんなら私が司令のところへ連れて行ってあげましょうか?」

    シンジ「えっ、いいんですか?」

    リツコ「どうせあなた一人じゃあそこにはいけないわよ」

    シンジ「じゃ、じゃあお願いします………」


    67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:18:07.42 ID:PuZrJGGS0.net

    司令執務室

    リツコ「司令、サードチルドレンがお話したいことがあるとのことで連れてまいりました」

    ゲンドウ「話だと?シンジ、一体なんのようだ?」

    リツコ「では、ここからはプライベートな話だと思いますので私は失礼いたします」

    バタン

    シンジ「あ、あの父さん実は――」

    ゲンドウ「どうした?私は忙しい早く言え」

    シンジ「綾波のことなんだけど――」


    69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:25:56.81 ID:PuZrJGGS0.net

    ゲンドウ「なに?お前がレイの奴隷にされているだと?」

    シンジ「そうなんだ、自分の掃除当番を押し付けたり荷物をもたせたり」

    シンジ「それで少しでも口答えすると僕を叩くんだ」

    ゲンドウ「そうか………」

    シンジ「もうこんなの嫌だ、父さんから綾波になにか言ってやってよ」

    ゲンドウ「……………」

    ゲンドウ「……………」

    シンジ「父さん………?」

    ゲンドウ「……………」

    ゲンドウ「残念だがお前の頼みは聞けん」

    シンジ「っ!?」


    76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:40:25.07 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「そんな!どうしてさ!どうしてなんだよ父さん!」

    シンジ「父さんが言ってくれればいくら綾波だってきっと――」

    ゲンドウ「私もレイの奴隷だからだ」

    シンジ「っ!?」

    シンジ「父さんが綾波の奴隷だって………?」

    ゲンドウ「そうだ」

    シンジ「うそだろ………うそだろ……?父さんが奴隷だなんて嘘だろ?」

    ゲンドウ「嘘ではない」

    シンジ「嘘だ!嘘だ!嘘だ!そんなの嘘だといってよ!」

    ゲンドウ「よく聞けシンジ、私はドMだ!」

    ゲンドウ「レイに冷たい目線を浴びせられ、頬を何度も何度も叩かれることに快楽を覚えるマゾヒストだ!」

    シンジ「あっ……ああ……ああ」

    ゲンドウ「ついでに言うとお前はユイとのSMプレイで出来た子供だ!」

    シンジ「うわああああああああああああああああああああああああああ!」


    86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 20:50:31.44 ID:PuZrJGGS0.net

    ゲンドウ「シンジ………大人になれ」

    シンジ「うっううう………うう……」

    ゲンドウ「お前にもいつかレイに打たれる良さが分かる日が来る」

    シンジ「そんなの………そんなの分かりたくないよ………」

    ゲンドウ「そうやってまた逃げるのか?」

    シンジ「父さんみたいになるくらいなら逃げたほうがマシだ…………」

    ゲンドウ「そうか……もういい、お前には失望した」

    ゲンドウ「ここからさっさと出ていけ」

    シンジ「……言われなくたって出てってやるよ」

    バタン


    90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 21:04:37.12 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「父さんなんかアテにした僕が馬鹿だったんだ………」

    シンジ「こうなったら僕一人でどうにかするしかない」

    シンジ「……………」

    シンジ「……………」

    シンジ「でも一体どうすればいいんだろう?」

    シンジ「下手に逆らえばまた叩かれるし………」

    綾波「碇君………」

    シンジ「ひっ!あ……あやなみ?」

    綾波「貴方、碇司令に言ったわね?」

    シンジ「ど、どうしてそれをっ!?」

    綾波「碇司令から直接聞いたわ」

    シンジ「そんな…………」


    93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 21:19:16.09 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「どうして碇司令に言ったの?」

    シンジ「…………」

    綾波「答えて」

    シンジ「…………」

    パシン

    綾波「答えて」

    シンジ「…………ったんだ」

    綾波「聞こえないわ」

    シンジ「嫌だったんだ!綾波に叩かれるのが!」

    シンジ「何度も何度も叩かれて奴隷だなんて嫌なんだよ!」

    シンジ「どうしてさ!どうしてこんなことをするのさ!?僕が嫌いなの!?」

    綾波「…………」

    シンジ「嫌いなら嫌いっていってよ!こんなのあんまりだ!」


    97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 21:38:44.03 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「そう………ごめんなさい」

    シンジ「えっ………?」

    綾波「私がやり過ぎだったわ」

    綾波「あなたがつい何でも言うこと聞くから私も」

    シンジ「い、いやいいんだ……そのえと……わかってくれたんなら」

    綾波「ダメ……私は貴方に酷いことをしてしまったわ」

    綾波「私を一発叩いて」

    シンジ「えっ!だ、ダメだよ!そんな女の子を叩くなんて……」

    綾波「いいえ、私はあなたを何度も叩いてしまったわ………」

    シンジ「いいんだ、わかってくれたんなら」

    綾波「でも………」

    シンジ「それに………そうやって謝ってくれたならあれもそう悪くなかったかもって……」

    綾波「そう………」


    100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 21:50:17.79 ID:PuZrJGGS0.net

    シンジ「………(やっぱ綾波は優しい子なんだ……ヤシマ作戦で笑ってた綾波が本物なんだ)」

    綾波「それじゃあ貴方は奴隷から開放してあげるわ」

    シンジ「え、えと綾波……その……奴隷とかは嫌だけど普通に何かやってほしい時とかは頼んでいいからね」

    綾波「そうなの?」

    シンジ「ま、まあ僕のできる範囲でよければ………」

    綾波「じゃあこれからもずっと私の荷物持ちと部屋掃除してくれる?」

    シンジ「そ、それくらいなら別に……」

    綾波「私の掃除当番もやってくれる?」

    シンジ「そ、それは………」

    綾波「……………」ギロッ

    シンジ「も、もちろんだよ!綾波のことならなんだってやるさ!(あれ?今また睨まれた気が)」


    104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:00:01.57 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「あ………」

    シンジ「あ?」

    綾波「ありがとう………」ニコッ

    シンジ「そ、そんなお礼だなんて……(また笑ってくれた、僕のために笑ってくれたんだ)」

    綾波「いいの、私にはこれくらいしかできないから……」

    シンジ「そんな……そんなことないよ、綾波にだってできることは沢山あるさ」

    綾波「そう………」

    シンジ「あ、そうだ、どうせ今から帰るんでしょ?なら鞄は僕が持つよ」

    綾波「それじゃあ、お願いするわ」

    シンジ「んっ………(ちょっと重いけど綾波の笑顔のためなら僕は……)」


    107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:10:48.37 ID:PuZrJGGS0.net

    数日後

    綾波「教室、まだ掃除が足りてないわ」

    シンジ「えっ、そうかな?大体綺麗になったt」

    パシンッ!

    綾波「掃除、まだ足りてないわ」

    シンジ「そ、そうだよね!綾波がそう言うならそうだよね!」

    トウジ「なんやあれ?綾波のやつ自分の掃除当番センセに押し付けとるやないか」

    ケンスケ「でもシンジの奴、なんだかちょっと嬉しそうだぜ?」

    トウジ「アホか、どこに掃除当番押し付けられて喜ぶ奴がおるんや?」

    ケンスケ「わかってないなトウジ、世の中には美少女に虐められて喜ぶ奴もいるのさ」

    トウジ「なんやそれ?頭おかしいんちゃうか?」

    ケンスケ「まっ、第三者から見たらそのとおりだけどな」


    111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:24:32.10 ID:PuZrJGGS0.net

    綾波「碇君、掃除が終わったら私の荷物をもって」

    シンジ「もちろんだよ綾波!(あれ?この鞄前よりさらに重くなってる?)」

    綾波「なに?」

    シンジ「い、いやなんでもないよ、すぐ行く(そうだ!女の子にこんな重い鞄を持たせるわけには行かないんだ!)」

    トウジ「今度は荷物持ちまでさせる気か!?ホンマどうかしてるであれ!」

    ケンスケ「よせってトウジ、あの二人はあれでいいんだよ」

    トウジ「いいやアカン!見てられまへんわ!」スタスタスタ

    ケンスケ「あーあ、どうなっても知らないぞ俺」


    114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:34:21.57 ID:PuZrJGGS0.net

    トウジ「おい綾波!お前いくらなんでもセンセに負担かけすぎやで!」

    トウジ「大体掃除当番押し付けるなんて完全にそれイジメやろ!」

    綾波「それで?」

    トウジ「それでってなお前さん、自分が何やっとるのかわかっとらんのか?」

    綾波「貴方には関係のないことよ」

    トウジ「関係ならあるっ!センセはワイの友人や、その友人が傷つけられるのを黙ってみとるわけにはいかん!」

    綾波「私は傷つけてなんかいない、これは碇君が望んでることよ」

    トウジ「そうなんかセンセ?」

    シンジ「そ、それは………」


    120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:44:21.47 ID:PuZrJGGS0.net

    トウジ「センセ、綾波に気いつかって嘘とか言わんでもええんやで」

    トウジ「嫌や思うならはっきり言うんや」

    シンジ「…………」

    綾波「碇君……?」

    シンジ「僕は………僕は………」

    トウジ「…………」

    シンジ「僕は綾波レイ様にこき使われ奴隷のように虐められることに悦びを覚える少年――」

    シンジ「碇シンジですっっっっっっっ!!!!」

    トウジ「………………」

    綾波「…………」

    ケンスケ「……………」


    126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 22:58:30.43 ID:PuZrJGGS0.net

    トウジ「そか………センセがそこまでならワイはもう何も言わへん」

    綾波「よく言えたわね碇君、これはご褒美よ」

    バシンッ!

    シンジ「ありがとうございます!」

    ガラッ

    ゲンドウ「話は聞かせてもらった、よくやったなシンジ」

    シンジ「父さん………」

    ゲンドウ「これでお前も真の男となったのだ」


    128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 23:00:31.75 ID:PuZrJGGS0.net

    ガラッ

    ミサト「シンジ君貴方は人に褒められることをしたのよ、おめでとう」

    リツコ「私からも言わせてもらうわ、おめでとう」

    アスカ(実はまだ来日前)「バカシンジのくせにやるじゃない!おめでとう」

    加持(同じく来日前)「おめでとう」

    冬月「おめでとう」

    ゲンドウ・ユイ「おめでとう」

    マヤ・日向・ロン毛「おめでとう」

    委員長「おめでとう」

    トウジ「おめっとさん」

    ケンスケ「おめでとう」

    ペンペン「クワッ!クワックワッ!」

    シンジ「みんなありがとう!」


    132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 23:14:09.08 ID:PuZrJGGS0.net

    こうして僕はMへと目覚めた

    綾波からの愛の鞭は僕にとってこの上ない悦びとなり

    僕に至上のひとときを与えてくれた。

    そして時たま見せる綾波の笑顔が僕を癒してくれた。

    僕はこの笑顔のためならなんだってできる――

    例え体にろうそくをたらされようと、初号機に乗ったまま三角木馬に乗せられようとも

    そう、綾波の笑顔のためなら――

    あっ……あやなみいいいいいいいい!もっと踏んで!僕をもっと強く踏みつけてよおおおおおおお!

                                                   終劇


    142: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/09(金) 23:37:30.01 ID:PuZrJGGS0.net

    一レス番外編

    綾波「碇君……いかりくん………」スリスリ

    シンジ「あ………あやなみいいいい……(いくら命令でも抱きまくらになれなんて………)」

    シンジ「………(でも逆らったら足を踏まれるし……)」

    綾波「いかりくん…………スースー」

    シンジ「昼間はあんなに怖いのに夜はまるで別人みたいだ………」

    シンジ「…………」

    シンジ「…………(とはいえ朝までずっとこれは正直キツイ……なんだか柔らかいのがあたってるしいい匂いもする)」

    シンジ「…………(僕だっていつからかご無沙汰なのにこれは辛すぎるよあやなみいいいいい)」

                                                             今度こそ終わり


    引用元: 綾波「碇君は私の奴隷よ」 シンジ「えっ……?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (325)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (321)
    シンデレラガールズ (1403)
    ミリオンライブ (233)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (310)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (23)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (133)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (446)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (19)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (41)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (61)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (37)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (23)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (39)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (134)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (97)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (8)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (11)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (118)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (160)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (115)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (46)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (221)
    遊戯王 (46)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (23)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (278)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (34)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (121)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク