FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    マミ「首がぁ……首がぁぁああ!!?」 ほむら「……え?」

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 17:54:35.10 ID:1SVxlYO50

    ほむら「また、まどかを救えなかった……。これで何週目かしら……」

    ほむら「今、まどかは美樹さやかとCDショップに向かってるところね……ん?」

    ほむら「あれは……巴マミ?」



    マミ「首がぁ……首がぁぁああ!!?」


    ほむら「……え?」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 17:55:48.38 ID:1SVxlYO50

    マミ「首をモグって!! 首をモグモグって!!? うぅ……うわぁぁぁああん!!」

    ほむら(いったいどういうこと? か、関わらない方がいいわね……)ザッ

    マミ「だ、だれ!?」

    ほむら(バレた!? で、でも初対面だし……他人のふりして……)

    マミ「あれ? 暁美さんじゃない!」

    ほむら「ほむぅ!?」

    マミ「奇遇ね! も、もしかして今の見ちゃった!? あ、ああ、えと……みんなにはナイショにしてね!」

    ほむら(な、何故私のことを……はっ!?)


    さやか「でねーでねー! 恭介ったら珍しいCD持ってったら、めちゃくちゃ喜んでさー///」

    まどか「へー」


    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 17:57:04.01 ID:1SVxlYO50

    ほむら(まどかと美樹さやか! もうCDショップに着いたのね……)

    マミ「あれぇ? みんなって誰だっけ?」

    ほむら(早くキュゥべえを始末しないと!)ダッ

    マミ「あ、暁美さん! どこ行くの!?」


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    QB「はあ……はあ……はあ……」タッタッタッタッタ

    ほむら「汚物は消毒だぁぁああ!!」ゴォォォォォ!

    QB「ぎゃぁぁぁあああああああ!!」


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 17:59:02.15 ID:1SVxlYO50

    ほむら「……ふぅ」

    QB2「……」チラ

    ほむら「消毒だぁぁああ!!」ゴォォォォォ!

    QB2「ぎゃぁぁぁあああああああ!!」

    ほむら「ふっ……、二匹いるのは知ってるのよ」ファサァ


    QB3「ナンダイ ナンダイ?」  QB6「ウワ マホウショウジョガ カエンホウシャキカヨ」
       
        QB13「アイツト ケイヤクシタノ ダレダイ?」
    QB18「ボクジャナイヨ」      
                  QB24「ボクデモナイヨ」
         QB31「ボクモチガウヨ」
                  ボクモ
      ボクモ   ボクモ
        ボクモ      ボクモ      ボクモ
                    ボクモ

    ほむら「多っ!?」


    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:03:19.07 ID:1SVxlYO50

    まどか「確かこっちの方から声が……」


    QB「はあ……はあ……はあ……」タッタッタッタッタ

    ほむら「ちぃ! 一匹逃した! 待ちなさい!!」ゴォォォォォ!

    QB「熱ぅ! 熱ぅ! 助けてまどか!!」ピョン

    まどか「わっ!? な、何この生き物!?」

    ほむら「!? そいつから離れて!!」

    まどか「ほ、ほむらちゃん?」

    ほむら「相変わらず汚い真似するのね……」コツ コツ コツ

    まどか「ほむらちゃんがやったの? ダメだよこんな事!!」

    QB「ひぃっ! しょ、消毒される……」

    ほむら「…………」


    さやか「まどかっ!!」つ【消火器】

          ブシュウウウウッ!!


    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:05:07.10 ID:1SVxlYO50

         タッタッタッタッタッタッタ

    さやか「な、何なのアイツ!! 火炎放射器持ってたんだけど!! コスプレ傭兵!?」

    まどか「それはないと思うけど……あれ? この道変だよ?」

    さやか「てか、まどかの持ってるのぬいぐるみ? 後ろにも別なのいるけど」

    まどか「へ?」クルッ

    使い魔「どうも私は『造園』の使い魔でしてね。この髭が自慢なのだよ。はっはっは」

    まどか・さやか「」


      「ティロ・フィナーレ!」

      ドッカァァァアアアアアン!!


    使い魔「髭がぁぁぁあああああ!!」


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:07:39.34 ID:1SVxlYO50

    マミ「危ないところだったわね」

    まどか「なにがなんだか……」

    さやか「あたしも……思考が追いつかない……」

    マミ「うぅ……」グス

    まどか・さやか(泣き出した!?)

    マミ「鹿目さん! 美樹さん! 無事でよかった!!」ガバッ

    まどか・さやか「「むぎゅ!?」」

    マミ「ふぇぇぇ……ふぇぇえええん!!」ギュゥゥゥ

    さやか(この人誰? いきなり抱きつかれたんだけど……)

    まどか(窒息するぅ! おᘄぱいで窒息するぅぅぅ!!)

    QB「マ、マミ? 落ち着いて!」


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:10:03.52 ID:1SVxlYO50

         ほむら・ザ・ワールド!
       
    マミ「」   

    まどか「」

    さやか「」

    QB「」

    ほむら「いったい何なの……? この時間の巴マミは何かおかしい……」

    ほむら「とりあえず彼女をどこか別の場所へ……」

    ほむら「ついでに消毒しとこ」ゴォォォォォ!

    QB「ぎゃぁぁぁあああああああ!!」


    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:13:51.19 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~


    マミ「ふぇぇぇえええん……ってあれ? 私んち?」

    ほむら(ここに来るのも久しぶりだわ……)

    マミ「あら、暁美さん? あ、そっか、暁美さんの時間停止のせいね」

    ほむら「!」

    マミ「あれ? 暁美さん眼鏡かけてなかった? イメチェン?」

    ほむら「!!」

    マミ「まったくかわいい後輩との抱擁を邪魔するなんて……嫉妬?」

    ほむら「…………」


    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:15:13.21 ID:1SVxlYO50

    ほむら(これは……過去の記憶が残っている?)

    マミ「う~ん……なんか頭がガンガンするわね」

    ほむら(そんなはずは……でも前の時間でまどかが……)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    まどか『私たちって……どこかで会ったこと、あるの? ここじゃないどこかで……』

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ほむら(……って言ってたし……ありえない事ではない?)

    マミ「鹿目さんって契約してなかったっけ? 弓使ってたような……」ウーン

    ほむら(部分的に記憶があるみたいね……でもそれって……)

    マミ「はっ、…………」ピカッ

    ほむら「? どうしたの、巴マミ。いきなり変身して」

    マミ「ソウルジェムが魔女を生むなら、みんな死ぬしかないじゃない!!」ジャキッ!

    ほむら「一番あって欲しくない記憶が戻っちゃったよ!!」


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:16:50.30 ID:1SVxlYO50

             ほむら・ザ・ワールド!

    マミ「」

    ほむら(暴れないように巴マミのソウルジェム取っとこ……)ブチィ

    ほむら「そして時は動き出す……」


    マミ「あなたも! わたs……あれ?」

    ほむら「…………」つ【マミのソウルジェム】

    マミ「あ、私のソウルジェム!? また時間を止めたのね! 返しなさい!!」

    ほむら「私の話を聞いてくれるまで……それまで人質……いえ魂質よ」

    マミ「魂質?」

    ほむら「さて……どこから話そうかしら……」


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:19:28.93 ID:1SVxlYO50

       =説明中(魔法少女と魔女の関係&ほむらのタイムループについて)=


    ほむら「まあ、ざっとこんなものね」

    マミ「やっぱり魔法少女のなれの果てが魔女なのね……。それとあなた……」

    ほむら「…………」

    マミ「何度も時間を巻き戻してるって、ねぇ……」

    ほむら「別に無理して信じなくていいわ」

    マミ「信じるわよ、かわいい後輩だもの」

    ほむら「! ……そ、そう」

    マミ「まあ、そうしないと私の記憶と辻褄が合わないし……くぅ~、キュゥべえのやろ~、今度会ったら覚えときなさいよ」

    ほむら「……あなたに返すわ」つ【マミのソウルジェム】


    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:20:59.33 ID:1SVxlYO50

    マミ「ん? そういえば魂質だったわね。ところで魂質って?」

    ほむら「? あ、その説明はまだだったわね。ソウルジェムに入ってるのは自分の魂よ」

    マミ「……マジ?」

    ほむら「マジ。体はすでに抜け殻……キュゥべえ曰く、どんなに体が壊れてもソウルジェムが無事なら、魔力で修復可能らしいわ」

    マミ「…………」

    ほむら「じゃあ、私は帰るわね」スクッ

    マミ「え? ああ、明日学校でね。……鹿目さんと美樹さんに会えるかなぁ」

    ほむら「あなた……まどかと接触するつもり?」

    マミ「そのつもりだけど……前みたいに仲良くできるわよね……」


    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:23:21.83 ID:1SVxlYO50

    ほむら(また魔法少女体験コースでもやるのかしら……。でも、まだキュゥべえはまどかを狙ってそうだし……)

    ほむら「巴マミ。あなた、まどかをキュゥべえから守ってくれる?」

    マミ「え? 私が!?」

    ほむら「私がしたいのはやまやまなのだけど……今日のアレで印象が最悪になってしまったのよ」

    マミ「印象……それって……」

    ほむら「?」

    マミ「私って、あの時が彼女たちと初めて会ったことになるのよね……」ダラダラ

    ほむら「そうね」


    マミ「それって、初対面のコスプレ巨*が泣きながらいきなり抱きついてきたってことになるのよねぇ!!」

    ほむら(しかも目の前から突然消えた)


    45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:25:14.58 ID:1SVxlYO50

    ほむら「それじゃ、がむば」スタスタ

    マミ「ま、待ってよぉ!」ガシッ

    ほむら「離して……私だって忙しいんだから」

    マミ「眼鏡無し暁美さんは冷たい……。そ、それじゃメールアドレス交換しましょ!」

    ほむら「めーる……あどれす?」

    マミ「ほら、携帯電話だして! 赤外線でいいわよね? まず私から送信するわ!」

    ほむら「せ、せきがいせん……」

    マミ「え、え~と……赤外線のセンサーみたいなのってここよね……送信!」ポチッ

    ほむら「……受信……」

    マミ「……今度は逆ね! 送信の準備できた?」

    ほむら「う……うん……」ポチッ

    マミ「…………」

    ほむら「…………」


    マミ・ほむら(……初めて交換した////)ポワ~ン


    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:27:57.90 ID:1SVxlYO50

     =数日後= ~マミ家~


    マミ「兄貴は死んだっ もういない!!!」

    まどか「…………」

    マミ「だけど…俺の背中に…この胸に!!」プルンッ

    まどか「……あ……あの……」

    マミ「ひとつになって生き続ける!!!」

    まどか「マミ……さん……」

            ビシィッ!

    マミ「穴を掘るなら天を突く。墓穴掘っても掘り抜けて、突き抜けたのなら… 俺 の 勝 ち !!!」

    まどか「さやかちゃんが……」

    マミ「俺を誰だと思ってる!! 俺はシモンだ! カミナの兄貴じゃない!」

    まどか「…………グス……」

    マミ「俺は俺だっ 穴掘り……」


    マミ「シモンだぁぁああああああっ!!!!」ドーン


    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:31:06.28 ID:1SVxlYO50

    マミ「……ふぅ、やっぱシモンかっこいぃー♪」

    まどか「マ……グス……マミさぁん……」

    マミ「かっ、かかか、鹿目さん!!? いいいいつからそこに!?」

    まどか「……エグ……兄貴が死んだ……とこから……」

    マミ「最初っから!? え、えええええとと、こここ紅茶飲む? じゅじゅじゅ準備するね! あはははアッチィ!?」

    まどか「マミさん……さやかちゃんが……」

    マミ「見られた……見られちゃった……グレンラガンごっこ……。って美樹さん?」

    まどか「うん……病院にグリーフシードがあって……」

    マミ(病院にグリーフシード? ……それって……)

    まどか「さやかちゃんとキュゥべえが、グリーフシードを見張るために残って……」

    マミ(私の首がモグモグされたところだーーーー!!!)


    60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:33:14.85 ID:1SVxlYO50

    マミ(た、助けて暁美さーーーーん!!)カチカチカチカチ

    まどか「だからマミさんに……マミさん? こ、こんな時に何ケータイいじってるんですか!」

    マミ「な、何でもないわ……」

    マミのケータイ< サールティー ロイヤーリー タマリーエ

    マミ「来た!」

    まどか「何この変な曲? メール?」


       From : ほむほむ

      ---------------
      
      (^^ゞ


    マミ「軽っ!?」


    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:36:18.24 ID:1SVxlYO50

     ~市街地~

    ほむら「ついにこの日が来たのね……。早く巴マミと合流しないと」タッタッタッタッタ

         ドシンッ!

      「痛っ!?」

    ほむら「ッ!(こっちは急いでいるというのに……)」

      「おいこら! 人にぶつかっといてその態度はねえんじゃねえの?」

    ほむら「!?(な、何でこいつがここに!?)ご……ごめんなさい……」

      「そ、そこまで怯えなくても……」

    ほむら「それじゃ……私急いでるから……」

      「ま、待て!」

    ほむら「?」

      「アンタ……アタシと会ったことある?」

    ほむら「……はい?」


    70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:38:36.55 ID:1SVxlYO50

     ~病院~

    マミ(ついに着いてしまった……)

    まどか「マミさんこっちです!」

    マミ(まだ暁美さん来てないみたいだし……)

    まどか「えっと……ここらへんだったはず……」

    マミ(帰りたい……あれ? メール着てる)


       From : ほむほむ

      ---------------

      空海に捕まった


    マミ「どゆこと!?」


    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:40:45.29 ID:1SVxlYO50

     ~魔女の結界内~


    マミ(やだなぁ……帰りたいなぁ……)

    まどか「あ、あの! マミさん」

    マミ「何?(あれ? これどこかで……)」

    まどか「その、私になりに願いっていうか……いろいろ考えてみたんです」

    マミ(デジャヴ……)

    まどか「考えが甘いって怒られるかもしれないんですが……」

    マミ「いいわ。聞かせて?(すでにこの時点で聞き覚えがあるんだけど……)」

    まどか「……わたし、得意な学科とか……なくて……毎日を過ごしていく……嫌だったんです」

    マミ(帰りたいなぁ……今回だけでいいから……ホントやだよぉ……モグモグされたくないよぉ)

    まどか「でも誰かを……マミさんを……かもしれないって……嬉しくて……」

    マミ(暁美さんに電話しても出ないし……メール返ってこないし……どうしたのかしら……)カチカチカチカチ


    75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:42:58.24 ID:1SVxlYO50

    まどか「……………………一番の夢だから!」

    マミ「…………私、憧れるほどじゃないわよ」

    まどか「…………」

    マミ「…………ホントはね。戦うの怖いんだ(今回は特に)」

    マミ「あなたたちの前では無理矢理カッコつけて先輩ぶってるだけで……独りになればいつも泣いてばっかりだし」

    まどか「……マミさん」

    マミ「あの寸劇見たでしょ? あれは寂しいからやってるのよ(ということにしておこう)私なんて……」

    まどか「そんなことないですっ! マミさんはもう、独りじゃないですよ」

    マミ「…………」

    まどか「私なんかじゃ頼りないかもしれないですけど……でも……」

    マミ「……鹿目さん」


    まどか「あの劇のお相手ぐらいならできます!!」

    マミ「それはいいわ」


    77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:44:35.40 ID:1SVxlYO50

    まどか「……私も一緒に戦っていいですか?」

    マミ「……っ、……あ、あはは……ちゃんと先輩らしくしてなきゃなのに……やっぱダメだなぁ、私……」グス

    マミ「でも、ありがとう……もちろんだわ。魔法少女コンビ、結成だね!」


    さやか「あっ、来た来た! こっちですマミさん!」

    マミ「まだグリーフシードは孵化してないみたいね」

    まどか「よかった! 間に合ったんだね!」

    QB「でも油断しないで、いつ魔女が孵化してもおかしくないよ」

    マミ(私……独りじゃないんだね……)

    グリーフシード「ピシピシ ピシピシ パリン!」

    QB「あ」

    まどか・さやか「「え?」」

    マミ(もう何も怖くない!)


    シャルロッテ「ピョコ」

    マミ「ああぁぁぁあ!!??あぁぁあぁあぁ!?!ぁぁああぁあああぁ?!?ぁああぁあぁあぁぁああぁあぁあああああああ!!!!!」


    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:49:30.36 ID:1SVxlYO50

    まどか「ま、マミさん!?」

    さやか「え? な、なに!?」

    QB「ど、どうしたんだいマミ!」

    マミ「ぜぇー……ぜぇー……オエ……ご、ごめんなさい……少し取り乱したわ……」

    さやか(少しどころじゃなかったけど……)

    まどか(古いホラー漫画みたいな顔になってた……)

    シャルロッテ「…………」

    マミ(ヤバい……ヤバいヤバいヤバい!! この時の記憶が完全に蘇ちゃった……)

    シャルロッテ「…………」ジー

    マミ「こっち見てる!? すんごい見てる!!」


    84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:51:53.02 ID:1SVxlYO50

    マミ(確か……調子のってあのピンクの人形みたい魔女をフルボッコしたら、魔女の口から太くて長い恵方巻き
       みたいなのが出てきて……食べられちゃったのよね……)

    シャルロッテ「…………」ジュルリ

    マミ「ヨダレ!? 私のこと食べる気満々だよアイツ!!」

    QB「マミ、早めに魔女を倒さないと何してくるかわからないよ」

    マミ「うっ……、あ、あとでにしない? 何かあの魔女大人しそうだし……」

    まどか「マ、マミさんがんばれ!!」

    さやか「マミさんなら瞬殺ですよ!!」

    マミ(お、お前らぁ~! 後に退けなくしやがった……)


    87: >>85、86 その通りです 2011/03/30(水) 18:53:54.43 ID:1SVxlYO50

    マミ(で、でも一度戦ってる記憶があるんだし……)

    シャルロッテ(ちーず……)

    マミ(あの恵方巻きにさえ気を付ければ……そうよ、油断さえしなければ勝てるわよ!)

    マミ「ていっ!」

       ボコッ! バンッ バンバンバンッ! バンッ!

    さやか「やったぁ!」

    マミ「これでトドメよ。ティロ……」

    シャルロッテ「…………」プルプル


    マミ「フィナーレ!」

       ドッカァァァアアアン!


    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:55:18.03 ID:1SVxlYO50

       シュウゥゥゥ…………

    マミ「…………」

    まどか「た、倒した?」

    さやか「さっすがマミさん!」

    マミ「…………」

    シャルロッテ「…………オエ」

    恵方巻き「にぱー」ギュン!

    さやか「はっ……」

    まどか「ひっ……」



    マミ「ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ
       ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ」


       ドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカンドカン!!!!


    92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 18:56:41.75 ID:1SVxlYO50

    恵方巻き「ぐえっ! ごはっ! どふぁっ! ぶへっ!」

    マミ「ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ
       ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ」

    まどか「す、すごいマミさん!」

    さやか「れ、連射……」

    QB「でもあれ前見てないよね? なんかヤケクソに見えるんだけど?」

    マミ「ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ
       ティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロティロ……フィナーレッッ!!!」

        ドッコォォォォォォオオオオオオオオオンッ!!!

    マミ「はぁ……はぁ……ふぅ。まあ、こんなものね」カチャ←【砲火後ティータイム】


    恵方巻き「にぱー」ギュン!

    まどか・さやか・QB「「「あ」」」

    マミ「ん?」

              ガブリッ


    97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:00:34.65 ID:1SVxlYO50

     ~ゲームセンター~


    <メザメタココロハ ハシリダシタ ミライヲエガクタメ


    杏子「よっ、そらっ、ほ、ていっ」タンッ スタタン タン


    <ムズカシイミチデ タチドマッテモソラハ キレイナアオサデ イツモマッテテクレル


    ほむら「ほ……ほむっ! ほっほほ! ほむほむっ!」ダン! ダダダダ! ダダンッ!


    <ダカラコワクナイ

       タンッ タタタン タンタタンッ  ダダッ ダンダダン ダンッ ダンッ

    <モウナニガアッテモー クジケー


    杏子・ほむら「「ない☆」」ビシィ!


    <Oh! Perfect!!


    100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:02:31.90 ID:1SVxlYO50

    杏子「なかなかやんじゃん。食うかい?」つ【ポッキー】

    ほむら「ふっ……こんなの簡単よ。あ、いただきます」

    杏子「つーか、悪いな。付き合わしちゃって(こいつとはどこかで会ったと思うんだけど……)」

    ほむら「別に気にしてないわ」

    杏子「(う~ん……ダメだ、思い出せねえ……)あれ? そういや、最初急いでなかったっけ?」

    ほむら「急いで……? …………はっ!」

    杏子「?」

    ほむら(け、携帯! あっ、着信38件……メール84通……)

    杏子「お、おい……大丈夫か?」

    ほむら(と、とりあえず、メールを……)


    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:05:41.83 ID:1SVxlYO50

      From : 巴マミ

     ---------------
     
     あ、暁美さーん! 病院着いちゃったよー!!
     
     空海ってどういう意味!? 来るわよねえ! 助けに来るわよねえ!!

    ==================================
      
      From : 巴マミ

     --------------- 

     魔女の結界に入っちゃったよー! トラウマが蘇ってくるぅ!

    ==================================

      From : 巴マミ

     ---------------

     鹿目さんが語り始めたんだけど! 私に死亡フラグ建たせる気なのよぉ!


    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:07:27.95 ID:1SVxlYO50

      From : 巴マミ

     ---------------

     マジで早く来てぇ! 怖いよぉ……何か悪いことしてたんなら謝るからぁ……

    =====================================
      
      From : 巴マミ

     ---------------
     
     分かった! おᘄぱいでしょ! 私のおᘄぱいに嫉妬してるのね!

     安心して! 数年経てば暁美さんも私ぐらいの大きさになるわよ! きっと!

    =====================================

      From : 巴マミ

     ---------------

     あ、あれ? 違った? 気を悪くした? ご、ごめんなさいっ!

     私ぐらいじゃないわね! 私以上の大きさになるわよ! ぜったい!!


    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:09:52.50 ID:1SVxlYO50

      From : 巴マミ

     ---------------

     お願い……助けに来てぇ……モグモグされちゃうよぉ……

     ほむほむ……

    =====================================

      From : 巴マミ

     ---------------

     ほむぅ……ほむ  ほむほむ? ほむ…… ほむほむほむほむ!

    =====================================

      From : 巴マミ

     ---------------
     
     ほむっ! ほむほ! ほむ~ほむぅ… ほむぅぅぅぅ!! ほむほむぅむ! ほむっふ!
      
         (以下、数十件ほむほむのみ)


    ほむら「やべぇ……」


    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:12:08.23 ID:1SVxlYO50

    ほむら「…………」

    杏子「や、やっぱり引き止めたのが悪かったか……」

    ほむら「……あなたは気にしなくていいわ。でも急用を思い出したから行くわね、それじゃ」タッタッタッタ

    杏子「お、おう……あっ、名前……」


       タッタッタッタッタッタッタ

    ほむら(しまった……ゲームに夢中になりすぎた……)

      ピロリン

    ほむら(で、でも一度戦った相手なら巴マミ一人でも……ん? 新着メール?)


      From : 巴マミ

     ---------------

     マミった


    ほむら「」


    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:20:16.83 ID:1SVxlYO50

     ~魔女の結界内~

    恵方巻き「モグモグモグモグ」

    マミ「ビクンッ ビクンッ」プラ~ン ポロッ ヒュ~  ドサッ

    まどか「あ……ああ……」

    さやか「うそ……」

    QB「……まどか、さやか。願い事を決めるんだ」

    恵方巻き「がぶがぶ……にぱー」クルッ

    QB「今すぐ契約を! 早k……」

        ガブリッ

    恵方巻き「モグモグモグモグ」

    QB「ビクンッ ビクンッ」プラ~ン


    132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:22:57.38 ID:1SVxlYO50

    まどか「キュゥ……べえ……?」

    恵方巻き「モグモグモグモグ」

    QB「早く……僕と契約を……」


       「その必要は無いわ」


    まどか「!?」
                バラバラバラ……
    さやか「この声……」
              バラバラバラバラ……
    まどか「ほむらちゃ……」


    ヘリ「バラバラバラバラバラバラバラ!!!」


    ほむら「私が倒す」


    さやか「ヘリに乗ってきた!!?」


    136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:24:31.04 ID:1SVxlYO50

    恵方巻き「うう? にぱー!」ギュン!

    ほむら「喰らいなさい」カチッ

    機関銃「ダラララララララララララララララララ!!!」

    まどか「ひぃ!?」

    さやか「やっぱアイツ傭兵だよ! 傭兵少女ほむら☆マギカだよ!!」

    恵方巻き「に、ににに、にぱぁぁああああ!!」ガブッ!

    ほむら「脱出っ!」シュン!

    ヘリ「ごめんね 天さん」

          ドコォォォォォオオオオオオン!!

    恵方巻き「ひぃぃいいぎゃぁぁぁぁぁぁああああああああ!!!」

    シャルロッテ「」

    QB「」

    ほむら(あとで返すつもりだったのに……。あのヘリ……無茶しやがって……)


    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:26:06.13 ID:1SVxlYO50

     ~結界の外~

    グリーフシード「コロコロ」

    ほむら「…………」スッ

    さやか「……返してよ……、返せよっ! それはマミさんのものだ!!」

    ほむら「そうよ。これは魔法少女のためのもの。貴方に触る資格なんてない」

    まどか「…………」ポロ ポロポロ

    さやか「……ぅ……っく…………うわあああああああああああああ!!!」


    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:28:05.41 ID:1SVxlYO50

    ほむら(…………)コツ コツ コツ

    ほむら「…………」ギュ…

    ほむら「…………巴マミ……」

         ガシッ

    ほむら「ん?」


    首無しゾンビ「ぅぁ……ぅぅぁぁあ……ぁぁああああ……」


    ほむら「」


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:32:03.67 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~


    ほむら「………ぅ……ぅん……」

      「~~♪~~~~♪」

    ほむら「うん……はっ! こ、ここは!?」

      “あっ! 起きた起きた!”

    ほむら「テレパシー? それにここは巴マミの家?」


    マミ(首無し)“もう人の顔見て気絶するなんて失礼しちゃうわね! って顔無いんだけどね、てへっ☆”


    ほむら「」


    153: >>148 そんな感じでお願いします 2011/03/30(水) 19:34:32.85 ID:1SVxlYO50

    ほむら「な、なな何で……」

    マミ“何でってあなたが言ったんじゃない。ソウルジェムが無事なら体は修復可能だって”

    ほむら「そ、そうだけど……」

    マミ“食われる直前にソウルジェムを頭から取ったのよ。あ、そうそう!
       さっきの魔女のグリーフシードは勝手に使わしてもらったわ”

    ほむら「…………」

    マミ“頭だけじゃなくて、体も少し食われてて、それで体の回復に魔力使いきっちゃったのよ”

    ほむら「その体どうなってるの……」

    マミ“はい? ああ、視界と音はソウルジェムからもらってるのよ。さすがに声は出せないけど”

    ほむら「…………そう(……生きてた……よかった)」グス

    マミ“あー! 涙ぐんでるほむほむかぁわぁいぃいぃ~!!”

    ほむら「……ば、ばか///」


    158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:38:08.06 ID:1SVxlYO50

    マミ“ところで何で駆けつけてくれなかったのよぉ!”

    ほむら「そ、それは……佐倉杏子に捕まって……」

    マミ“ああ、あんこちゃんか”

    ほむら「あんこちゃん……?」

    マミ“気にしないで、私が勝手に呼んでるだけよ。さてこれからどうする?
       お茶会でもする? あ、いけねっ、私飲む口が無いんだった。てへっ☆”

    ほむら「(巴マミ……無理してるのね……)この先について話しましょ。じゃあ、まずテレパシーは止めてちょうだい」

    マミ“どうして?”

    ほむら「テレパシーはキュゥべえに盗聴されることがあるの。だからなるべく……」


    QB「僕に聞かれたら困ることでもあるのかい? 暁美ほむら」


    161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:40:46.16 ID:1SVxlYO50

    ほむら「キュゥべえ……」

    マミ“あ、キュゥべえいらっしゃーい。あなたも無事だったのね”

    QB「僕の方は無事って訳じゃ……まあいいや。僕はね、忠告をしに来たんだ」

    ほむら「忠告……?」

    QB「巴マミ、君はもう魔法少女にならない方がいい」

    ほむら「!!」

    QB「君はすでに自覚してるんじゃないのかい、マミ」

    マミ「…………」


    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:43:37.83 ID:1SVxlYO50

    QB「マミ、君のその首無しの体を維持するのにも魔力を使ってるんだ。ましてその体で戦闘したら
      あっという間に魔力が底に着くよ」

    ほむら「あなた……」

    マミ“ええ、キュゥべえの言う通りよ”

    QB「魔力で頭を修理……いや再生しようとしても、傷を治すのとは比べ物にならないのは分かってるよね? 一度試しただろうし」

    マミ「…………」

    QB「頭の構成成分で補ったとしても……そうだね、ソウルジェム二桁分は必要かな?」

    ほむら「!?」

    マミ「…………」

    ほむら「構成成分……? ……肉……牛肉でいいかしら……」ボソ

    マミ“おいやめろ”


    167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:45:45.14 ID:1SVxlYO50

    QB「しばらくマミは魔法少女休業だね」

    マミ“そう……なりそうね……”

    ほむら「心配しないで、巴マミ。私がグリーフシードをたくさん集めればいいだけだから」

    マミ“暁美さん……”


    QB「まあ、正直な話、その姿で動き回れると気持ち悪いんだよね。はは」

    ほむら「否定はしないわ」

    マミ“おいこらてめえら”


    169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:48:31.44 ID:1SVxlYO50

     =次の日= ~マミ家~


    まどか「…………」

    まどか「……マミさん」スッつ【ノート】

    まどか「…………」

    まどか「ごめんなさい……わたし弱い子で……」

    まどか「……ごめんなさい……」


    壁|マミ(……鹿目さん……)


    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:51:17.62 ID:1SVxlYO50

    マミ(何で隠れてんだろ、私……。ちゃんと会って話をして安心させればいいじゃない)

    マミ(ふふ……この姿を見て拒絶されるのが怖いのよね……やっぱり臆病だわ、私……)

    マミ(ん? これ鹿目さんのノート?)スッ

      ペラッ   ペラッ

    マミ(………あのころは楽しかったなぁ……みんなとお茶して……みんなと魔女退治して……みんなと笑い合って……)

    マミ(鹿目さん泣いてたわね……はは……まったく、こっちは泣きたくても泣く眼が無いのよ!)

    マミ(あはは……はは……)

    マミ(……………)


    マミ(どうして……こんなことになっちゃたのかな……)


    178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:54:59.70 ID:1SVxlYO50

     =数時間後(夜)=  ~ほむホーム~


    ほむら「あとはこの椅子を時計みたいに並べてっと……」

    ほむら「……ほむぅ……やっと完成!」

    ほむら「やっぱりいいセンスね。特に大鎌風の巨大振り子がポイントよね!」

    ほむら「うう……どこから見ても、いい眺め////」ウットリ

    ほむら「うふふ……あれ? 何か忘れている気がする……」


    ほむら「……夜?」

    ほむら「あ……、美樹さやか……」


    183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 19:58:00.93 ID:1SVxlYO50

     ~町工場~


    ほむら「はあ……はあ……はあ……はあ……ケホ」タッタッタッタッタッタ

    ほむら「はあ……はあ……結界が……消えゴホッ! ゴホッ!」

    さやか「よお、遅かったじゃん。転校生?」

    ほむら「あ……ケホ……キュゥべえとゲホ……契やkゲホッ! ゴフォッ! オエェ……」


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    QB「いやあ、まさか。君が来るとはね」

    杏子「こっちはマミの奴がくたばったって聞いて、わざわざ来てやったのに話が違うじゃんか?」

    QB(本当はまだ死んではいないんだけどね)


    184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:00:20.25 ID:1SVxlYO50

    杏子「この絶好の縄張りをみすみすルーキーのヒヨっ子に渡すのも癪だし、ぶっ潰しちゃうよぉ?」

    QB「それはそうとこの前、この街に来てたみたいだけど……何の用だったのかな?」

    杏子「て、ててててめえは関係ねえだろ!」

    QB「ふ~ん……それは君がこの地区が欲しいのと関係があるのかい?」

    杏子「な、何もねえよ!!」

    QB「……あっそう、まあゲーセンもほどほどにね」

    杏子「!? わっ……分かってんなら質問すんじゃねえよバーカバーカ!!///」


    186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:02:15.21 ID:1SVxlYO50

     =次の日= ~ファミレス~

    まどか「…………」

    ほむら「それで、話って何?」

    まどか「あ…あのね……さやかちゃんとね、仲良くしてあげてほしいの!」

    ほむら「…………(えぇー……アイツいじわるするし、すぐ魔女化するやん)」

    まどか(うぅ……っ、重い沈黙……)

    ほむら「悪いけど、彼女のことは諦めて」

    まどか「お、お願いほむらちゃん!」ギュッ

    ほむら「!?(手握られた!?)」

    まどか「ほむらちゃんだけが……ほむらちゃんだけが頼りなの!」←[上目使い&涙目の必殺コンボ]

    ほむら(か、かわいいぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいい!!!!)ホムゥゥゥゥゥゥゥゥ~~~~~!!


    187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:04:34.95 ID:1SVxlYO50

    ほむら「わ、私が出来る範囲なら……」

    まどか「あ、ありがとう! ほむらちゃん!」キラリン!

    ほむら(ふわぁぁぁあああ!! なんてきれいな笑顔なのぉぉぉおおお!!!)

    まどか「あ、そうだ! ほむらちゃん、メアド交換しよっ♪」

    ほむら「め、めあど……?」

    まどか「うん! いつもほむらちゃんと繋がっていられるようにって!」

    ほむら(つ、繋がッ!? な、何それ! えろ……工口いよまどかぁぁぁぁあああああ!!!/////)

    まどか「ほら、ケータイだしてっ♪」

    ほむら「う……うん」スッ

      ウラギリノ ユウヤケー ヤッカイニ カラミツク アセヲー

    ほむら「!?」

    まどか「?」


    191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:07:18.26 ID:1SVxlYO50

    ほむら(メ、メール!?)バッ


      From : 巴マミ


    ほむら(空気読めやぁぁあ! てめぇぇええええ!!!)

    まどか「あ、あのほむらちゃん……」

    ほむら「な、なんでもないわ……さあ、交換しましょ」

    まどか「今のメール……巴マミって……」

    ほむら(み、見られたぁぁぁあああ!!?)

    まどか「お願いほむらちゃん! 今のメール見せて!」

    ほむら「(べ、別に隠すようなことじゃないし、いいわよね……たぶん)は、はい……」


    195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:10:14.89 ID:1SVxlYO50

      From : 巴マミ

     ---------------

      ほっむほむぅー! ねえ今暇? 暇だったら私んち来てよぉ!!

      こっちは一日中家から出られないし暇なのぉ! 一緒にケーキ食べよ(*^_^*)

      って私食べる口が無いんだった、てへっ☆(このネタ二度目だね(-_-;) マミさん反省(>_<))

      先に準備してるから早めに来てね~(^^)/~~~



    ほむら「…………」

    まどか「…………」


    ほむら(なんか私が恥ずかしくなってきた……)

    まどか「……ほむらちゃん」

    ほむら「あ、あの……これは……」


    199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:12:20.18 ID:1SVxlYO50

    まどか「……こんなのってないよ……あんまりだよ!」

    ほむら「……へ?」

    まどか「死んじゃった人への冒涜だよ! こんなことする人だと思わなかった!!」グス

    ほむら「え?……え?」

    まどか「マミさんの名前を使っていたずらするなんて……絶対おかしいよ!!……ぅぅ……さ、さよなら!!」ダッ

    ほむら「え? えぇ!? ま、まど……まどかぁぁぁああああああああああ!!」


    <アリガトーゴザイマシター


    ほむら「…………」ポツーン

    店員「……お会計……」ボソッ

    ほむら「釣りはいらないわ」ファサァ つ【1000円札】

    店員「足りないんですけど……」

    ほむら「…………」


    203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:14:57.34 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~

      ガチャ

    ほむら「…………」

    マミ『いらっしゃ~い、ほむほむぅ! 見て見て! PDA取り寄せちゃった! これでテレパシー無しでも話せるよ!』カタカタカタカタ

    ほむら「…………」

    マミ『ほむほむ?』カタカタ

    ほむら「…………」ジワァ

    マミ『何かあったの?』カタカタ

    ほむら「…………」コクン

    マミ『……それって私が原因だったりする?』カタカタ

    ほむら「…………」コクン

    マミ(……ほむほむの隠し撮りがバレたのかしら……?)


    205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:16:17.98 ID:1SVxlYO50

     ~路地裏~ <さやかVS杏子>

      ガキィン!  ガッ  ガツ ガッガッ! ガキィン!

    まどか「……どうして…魔女じゃないのに……味方同士で戦わなきゃならないの!?
        ねえ……止めさせてよ、キュゥべえ!」

    QB「あの戦いに割り込めるのは同じ魔法少女だけだ。僕にはできない。だけど君にはその素質がある。
      それを君が本当に望むのならね」

          ズシュッ!
     
    さやか「ぐぁ……ッ!」

    杏子「―――――これで、終わりだよッ!!」バッ

    まどか「わたし……!」

      
       「それには及ばないわ」


    210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:19:40.83 ID:1SVxlYO50

        ガキィンッ!

    杏子「な……アタシが外した!?」

    まどか「……ほむらちゃん……」

    ほむら(……まどか……)

    まどか「……あ!」プイッ!

    ほむら「!」ガーン!

    杏子「アンタ……ゲーセンの……(何で涙目なんだ?)」

    ほむら(そっぽ向かれた……まどかに嫌われたぁ……)ズーン

    さやか「邪魔……すんなぁッ!!」ザッ!


       ほむら・ザ・ワールド!


    213: &gt;&gt;204 メール相手と協力してはめられたと思ったから 2011/03/30(水) 20:21:47.61 ID:1SVxlYO50

    さやか「」

    ほむら「……美樹……美樹さやか……美樹さやかぁぁぁあああああああ!!」

        ゴンッ! ←[八つ当たり&前の時間の時より五割増しの殴打]

    さやか「」

    ほむら「そして時は動き出す」

         ドサッ

    さやか「」プクゥー ←[タンコブ]

    まどか「さやかちゃん!?」

    杏子「おい、アンタ。一体誰の味方なんだ?」

    ほむら「…………」ゴゴゴゴゴゴ

    杏子(な、なんて気迫だ……ッ)


    215: &gt;&gt;206 マミさん外出用フォーム 2011/03/30(水) 20:23:28.31 ID:1SVxlYO50

    ほむら「今の私を刺激ない方がいい……美樹さやかの様になりたくなければね」

    さやか「」プックラ

    まどか「さやかちゃぁん……」グス

    杏子(タンコブでけぇー……)

    ほむら「今日は大人しく退いてちょうだい、佐倉杏子」

    杏子「……あー……はいはい。ったく、興が削がれたぜ。……じゃあな、暁美ほむら」バッ

    ほむら「!?(私の名前……)」


    217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:25:44.68 ID:1SVxlYO50

    ほむら「鹿目まどか……どこまであなたは愚かなn

    まどか「ほむらちゃん!!」

    ほむら「!?」

    まどか「さやかちゃんを止めてくれたのは感謝するけど……何もここまですることないじゃない!!」

    ほむら「」プックラ

    QB「僕の体ぐらい大きいね、さやかのタンコブ」ツンツン

    まどか「……ごめんね……ほむらちゃん……まだファミレスの時のことを許せてない自分がいるんだ……」

    ほむら「…………」

    まどか「気持ちの整理ができるまで……待ってて……」

    ほむら「…………」

    まどか「行こ、さやかちゃん…………タンコブ邪魔……」ズリズリズリズリ

    ほむら「…………」


    219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:27:46.12 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~

      ガチャ

    ほむら「…………」

    マミ『おかえりほむほむ! どうだった? 美樹さんとあんこちゃんの対決止められた?』カタカタカタカタ

    ほむら「…………」ジワァ

    マミ『……ま、また何かあったの?』カタカタ

    ほむら「…………ぅ……ぅぅ……」ポロ ポロポロ

    マミ『……泣きなさい。マミさんのおっきいおᘄぱいで受け止めてあげるから!』カタカタカタ

    ほむら「……ぅう……ぅうう…ぅうううう…ぅぅぅううううううう!!!」ギュウゥゥ


    マミ(……ほむほむのマル秘コレクションがバレたのかしら……)


    222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:30:29.40 ID:1SVxlYO50

     =数日後= ~食堂~


    さやか「仁美、話ってなに?」

    仁美「前からさやかさんに、秘密にしてきたことがあるんですの」

    仁美「私、ずっと前から上条恭介くんのことをお慕いしていましたのよ」

    さやか「…………そ、そーなんだぁ! あはは、恭介のヤツも隅に置けないなぁ!」


    壁|ほむら「…………やべぇ」


    225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:32:57.48 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~

    マミ『恋愛について教えてほしい?』カタカタ

    ほむら「…………」コクン

    マミ『れ、恋愛ねぇ……』カタカタ

    ほむら「このままだと美樹さやかは、志筑仁美に好きな人を取られて魔女になってしまう」

    マミ『そういえば私の記憶に人魚騎士の魔女がいたけど……』カタカタ

    ほむら「そう、それが美樹さやか」

    マミ『やっぱし……』カタ

    ほむら「どうすればいい?」

    マミ(どうすればいいって……私だって恋愛経験ないわよ! 恋したいわよ! 恋する乙女になりたいわよ!!)


    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:34:50.10 ID:1SVxlYO50

    マミ「…………」

    ほむら「…………」

    マミ『そ、そうね……その志筑さんって人は一日待ってくれるんでしょ』カタカタ

    ほむら「ええ」

    マミ『だったら簡単じゃない! 待ってくれるんなら、素直にその好意に甘えて告白しちゃえばいいじゃない』カタカタカタカタ

    ほむら「告…白…?」

    マミ『そうよ。恋愛ってのは先に付き合ったもん勝ちよ!……たぶん』カタカタ

    ほむら「……なるほど……じゃ、いってくる」スクッ

    マミ『美樹さんによろしくね』カタカタ

    ほむら「? ……え…ええ」


    231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:37:29.78 ID:1SVxlYO50



    ほむら・恭介「「私たち、付き合うことになりましたーっ♪」」


    さやか「」

    仁美「」


    253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:43:15.80 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~

    マミ『お前じゃねえよぉぉぉぉぉおおおおおお!!!!』カタカタカタ ッターン!

    ほむら「え? ……え?」

    マミ『何で第三者のアンタが入り込んでるのよぉぉぉぉおおおお!!!」スッターン ッターン ッターン!

    ほむら「だって恋愛は先に付き合ったもん勝ちだって……」

    マミ『アンタが勝ってどうすんのよ!! 美樹さんよ! 美樹さんに勝って欲しかったのよ!!』タタッーン! スタタタ ッターン!!

    ほむら「?…………あ」

    マミ『……はぁ……それであなた……美樹さんによろしくねって言った時、きょとんとしてた訳だ……』カタカタカタカタ

    ほむら「ご……ごめんなさい……」

    マミ『で、でも! 恋愛は自由だって聞くし! あなたも上条って人が好きなんでしょ?』カタカタ

    ほむら「いや全然」

    マミ「…………」ピク ピクピク


    263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:46:30.96 ID:1SVxlYO50

    マミ『あなたが告白した後、彼女たちはどうなってた……?』カタカタ

    ほむら「彼女たちは……」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     =回想=

    さやか「あははははははははははは!! そうか恭介って面食いだったんだ!! そりゃあたしに振り向かない訳だよ!
        あたしってブサイクだもん!! あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!!!

        転校生如きがァァァァァァァァァァァあああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


    仁美「恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん恭介さん」ブツブツブブツブツブツブツ


    まどか「ひ、仁美ちゃ(ドスッ)うっ! や、やめ(ドコッ)くぅっ! お腹(バコッ!)くはっ! 腹パンしないd(ドゴォッ!)おえぇぇ!!」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ほむら「……てな感じに」

    マミ『予想以上にひどいことになってる!!?』ッタターン!


    269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:48:48.32 ID:1SVxlYO50

    ほむら「こわかった……」

    マミ(ほぼアンタのせいだけどね……)

    マミ『これからどうするの?』カタカタ

    ほむら「今度こそ恋愛経験がありそうな人を用意したわ」

    マミ『(バレてる……)誰それ?』カタ

    ほむら「あなたも知ってる人よ。ついでにワルプルギスの夜について会議するわ、私んちでね」

    マミ『!? でも私……外には……』カタカタ

    ほむら「安心して。あなたもちゃんと参加できるようにしてあるわ」


    274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:50:42.21 ID:1SVxlYO50

     ~ほむホーム~


    ほむら「ようこそ、ここが私の家よ。どう?」ファサァ

    杏子「おぉ……、その…なんだ……。す、すごいな……」

    ほむら「ふふ……じゃあ、会議を始めましょう」チラ

    杏子「ああ、そうだな」

    ほむら「まず、あなたはどこまで知っているのかしら?」チラチラ

    杏子(ん? どこ見てんだ? 上?)チラ

    ほむら「…………」ドキドキ

    杏子「うわっ、何だあの振り子!? 危ねぇな」

    ほむら「」ガーン


    278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:52:36.56 ID:1SVxlYO50

    杏子「そういや、もう一人の魔法少女ってのはいつ来るんだい?」

    ほむら「そのうち来るわ。それまで……私に教えてほしいことがあるのだけど……」

    杏子「(記憶のことか?)何だ? 言ってみろ」

    ほむら「恋愛のことなんだけど……」

    杏子「実は数日前から変な記憶があるんだが……って恋愛!?」

    ほむら「…………」コクン

    杏子「な、何故……?」

    ほむら「……美樹さやかが恋愛で悩んでいて……彼女の手助けをしようと思ったんだけど……、
        私恋愛経験ないから逆効果になっちゃって……」

    杏子(それで最近さやかの様子がおかしかったわけだ……)

    ほむら「あなたなら恋愛経験ありそうだし、教えてくれないかしら?」


    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:54:08.23 ID:1SVxlYO50

    杏子「れ、恋愛を!? ア、アタシだって人に話せるような恋愛はしてな……、あ、あった」

    ほむら「き、聞かして!」ズイッ

    杏子「そ、そんなに身を乗り出すな! ……えっと、アイツと出会ったのは春になりかけの頃っだったかな」

    ほむら「…………」ドキドキ

    杏子「あー……あれだ、アイツを初めて見たとき、アタシの体に衝撃が走ったね」

    ほむら「…………」ドキドキ


    杏子「いわゆる、一目惚れってヤツ?」

    ほむら「…………////」プシュゥ~


    284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 20:57:07.75 ID:1SVxlYO50

    杏子「そこにはアイツの他にも同じ様な奴がいっぱいいたんだよ」

    ほむら「…………?」

    杏子「けどアイツは違った。他の奴らより一際輝いてたんだ」

    ほむら「…………」

    杏子「なんか、あっちからアタシを誘ってるようにも見えたよ」

    ほむら「…………////」

    杏子「そしてアタシは、アイツに近づいてこう言ったんだ」

    ほむら「…………////」ドキドキ



    杏子「『なんて美味しそうなリンゴなんだ////』ってね」

    ほむら「…………////」ドキドキ

    ほむら「…………//」ドキド…


    ほむら「ん?」


    293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:00:07.41 ID:1SVxlYO50

    杏子「そんでアイツをレジに持っていこうとしたら、アイツを眺めるのに夢中になってて、お金払わずお店出ちゃったんだ」

    ほむら「…………」

    杏子「いやー、お店の人にしこたま怒られちゃったよ。その後、ちゃんとお金払って買ったけどね。あははは」

    ほむら「…………」

    杏子「で、どうだい? 参考になったか?」

    ほむら「…………」



    ほむら「ワルプルギスの夜の出現予測なんだけど」

    杏子「スルー!?」


    297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:02:19.20 ID:1SVxlYO50

        ティロリン♪

    ほむら「あ」

    杏子「ん? 何だ今の音?」

    ほむら「あれよ」ユビサシ→【パソコン】


    ―――――ティロさんが入室されました―――――


    杏子「これは……チャット?」

    ほむら「そうよ。諸事情でね、今日来る予定だったもう一人の魔法少女はこの形で参加なのよ」

    杏子「はあ!? アタシとは顔も合わせたくないってのか?」

    ほむら「そうではないわ。まあ、詳しいことは本人に訊いてみたら?」


    ティロ≪どーもーっ!! ティロさんでーっす!! ごきげんうるわっっっしゅっ!!!≫


    杏子「テンション高っ!?」


    300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:03:24.78 ID:1SVxlYO50

    ティロ≪ごめんねーっ! 設定とかで手間取っちゃって遅れちゃったぁー!≫

    杏子「とりあえず語尾伸ばすの止めろ。イラつくから。……ってこっちの意思はどうやって伝えんだ?」

    ほむら「こっちの音声はそのままあっちに行ってるわ」

    ティロ≪ねー、作戦会議ってのはどこまで進んだのぉ~?≫

    ほむら「まだ始まったばかりよ」

    ティロ≪そっかぁ~≫

    杏子「お、おいちょっと待てって! こんな素性も分からない奴と協力できるわけないだろ!!」

    ほむら「…………」

    ティロ≪もぉ~、乙女の秘密を探ろうだなんてデリカシーないぞっ☆ もっと落ち着いてこうね、あんこちゃん♪≫

    ほむら「あ……」

    杏子「い、今……アタシの名前……」


    304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:05:56.77 ID:1SVxlYO50

    ティロ≪え? え……?≫

    ほむら「わ、私が教えたのよ!」

    杏子「お前とは口頭でしか自己紹介してねえだろ」

    ほむら「…………」

    ティロ≪え? なになに!? 私変なこと言った?≫

    杏子「アタシを……杏子をあんこって呼ぶ奴は一人しかいねぇんだよなあ……」

    ティロ≪あ、あんこちゃん?≫

    杏子「そういや、お前のハンドルネームも聞き覚えがあるんだよ……なぁ……」

    ティロ≪…………はっ!≫


    杏子「ティロ・フィナーレさんよぉ!!」


    ティロ≪え……ええ……あ……あはは……………あはははははは≫

    ―――――ティロさんが退室されました―――――


    309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:08:49.17 ID:1SVxlYO50

    杏子「ああ!? 逃げやがった!!」

    ほむら「…………」

    杏子「おい! こりゃいったいどうなってやがんだ!! くたばったって聞いたマミの奴は生きてるし! お前はワルプルギスの夜に
       ついて詳しすぎるし! 協力しろって言うんなら、もっと手の内を見せてくれたっていいんじゃねえの!!」


    QB「それは是非僕からもお願いしたいねぇ、暁美ほむら?」


    杏子「どこから湧いて出やがったテメェ……」ジャキッ

    QB「やれやれ、僕をゴキブリみたいに言うのはやめてくれるかな。せっかく重要な情報を報せに来たのになぁ」

    ほむら「(1匹見たら30匹以上いる……ゴキブリだろ)聞くまでもないわ、美樹さやかね」

    QB「分かってるなら話は早いや。彼女は魔法を使うだけでなく、彼女自身が呪い生み始めた」

    杏子「お前のせいだろ、それ……」

    QB「さあ?」

    ほむら(私のせいかも……)


    312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:11:11.14 ID:1SVxlYO50

    QB「このままだと彼女、ワルプルギスの夜よりも先に厄介なことになるかもしれない」

    杏子「魔法少女の魔女化か……」

    ほむら「!?」

    QB「……はあ、どうして君たちがこんな情報を持ってるか、僕はとても興味深いよ」

    ほむら「……話は聞いたわ。消えなさい」

    QB「…………」スゥ


    ほむら「あなた……どうして?」

    杏子「……何故か奇妙な記憶がいくつかあるんだ……さやかが魔女になったところとかな」

    ほむら「…………」

    杏子「……と言っても、それはさっきの淫獣の話を聞いて思い出したんだけどな」


    314: &gt;&gt;311 憂さ晴らし 2011/03/30(水) 21:13:00.44 ID:1SVxlYO50

    杏子「アンタのことも、つい先日思い出したばっかしだし……なぁ、何なんだよこの身に覚えのない記憶は……」

    ほむら「それは…………ッ」

    杏子「…………ふっ、アンタは何か知ってそうだけど、まだ何も言わなくていいよ」

    ほむら「…………え」

    杏子「そうだな……さやかを見つけてから話してくれよ」

    ほむら「…………あなた……」

    杏子「へへ……アタシは信じたくねえんだよ。あんな結末は……ね」

    ほむら「…………」

    セットン≪運命は変えられるのよ。自分の手でね≫

    杏子「さりげなく戻って来てんじゃねえよ。ハンドルネーム変えたってバレバレなんだよ。つーか丸パクリじゃねえか」


    318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:16:34.85 ID:1SVxlYO50

       ~電車内~  
            ガタン ゴタン ガタン ゴトン

    さやか「…………」

     デサー ソコデイッパツ キメタンダヨ  マジッスカ カッコイイッス

    さやか「…………」チラ

    男A「つーかよぉ、まーたあの女がちょっかい出してきてよぉ」

    男B「女ってどの女っスか? 多すぎますよ」

    さやか「…………」

    男A「あー、あれだよ、お前のとこの奴と似ている……いやお前んとこの奴がこっちに似てるってなるのか?」

    男B「ああなるほど、アイツっスね。確かにウザいっスよね。そういうのは犬か何かだと思って躾けないとダメっスよね」

    男A「おまっ!? あの子とそんなプレイしてんかよ!」

    男B「じょ、冗談っスよ! 言葉のあやっス!」

    さやか「…………」

    男A「はぁ……まあお前の口リコン疑惑は置いといて……この前もアイツと会ったらビリビリやられたんだよ」


    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:21:18.70 ID:1SVxlYO50

    男B「ビリビリやられても効かないじゃないですか」

    男A「(口リコン否定しねえの?)それでもいきなりやられると心臓に悪いの!」

    さやか(なにこの会話……?)

    男A「はぁー…出会いが欲しい……」

    男B「何言ってるンすか、毎日いろンな女ととっかえひっかえ宜しくやってるンでしょ、上条さン?」

    さやか「……かみ……じょう?」ピク

    男A「はあ? んなわけねえだろ」

    男B「この前また別の女とデートしてるの見ましたもン」

    男A「ありゃデートじゃねえよ。姫神に頼まれて買い物に付き合わされただけだ。あん時もビリビリが出やがったし……」

    男B「それを世間ではデートって言うンすよ。つーかそのビリビリはオリジナルの求愛行動じゃないンすか?」

    男A「……ありえねえ……そうだとしても過激すぎんだろ」

    さやか「ねえ」


    330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:23:55.41 ID:1SVxlYO50

    男A「ん?」

    さやか「あんたも上条っていうんだね」

    男B「まーた女っスか」

    さやか「あたしの知り合いにも上条って奴がいてね、そいつもモテるんだぁ……」

    男A「…………」

    さやか「ねえ、モテるってどんな気持ち? ねえねえ、いろんな人から好かれるってどんな気持ち?」

    男B「何こいつ……知り合い?」

    男A「いや……記憶にねえけど……」

    さやか「あはは……もう何もかも嫌になっちゃたんだぁ……」

    男A「…………ッ」


    339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:26:04.95 ID:1SVxlYO50

    男A(…………おかしいだろ)

    さやか「ねえ、この世界って守る価値あるの?」

    男A「…………あるに決まってんだろ」ボソッ

    さやか「あたし何の為に戦ってたの?」

    男A「…………知らねえよ」ボソ

    さやか「教えてよ。今すぐあんたが教えてよ」

    男A「ああ……、分かった」スクッ

    さやか「でないとあたし……」


    さやか「 ど う に か な っ ち ゃ う よ ? 」


    男A「一から十まで全部教えてやるよ! この大馬鹿野郎!!」


    348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:28:09.18 ID:1SVxlYO50

      ~駅~

    さやか「…………」


    杏子「やっと見つけた!」タッ

    さやか「…………」

    杏子「あんたさぁ、いつまで強情張ってる気?」

    さやか「……悪いね。手間かけさせちゃって」

    杏子「な、なんだよ。らしくないじゃんかよ……」

    さやか「うん」


    さやか「別にもう、どうでもよくなっちゃたからね」プックラ


    杏子(ほっぺた、ちょー腫れてるんだけどっ!?)


    357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:30:20.82 ID:1SVxlYO50

    さやか「あはは……電車でツンツン頭の男にからんだらさ……長時間説教されたあげく顔面にパンチもらっちゃってさ」

    杏子(あ、なんか『こぶとり爺さん』っていう昔話思い出した)

    さやか「普通、女の子の顔殴るかな……しかも初対面の」

    杏子(とれるのかな……)ソォ~ト

    さやか「確かにね……あの男の言うことは間違ってなかったよ…………でもねぇ!!」

    杏子「っ!?」ビクッ!

    さやか「そんなの綺麗事なんだよ! 世迷い言なんだよ! こんな腐った世界に通用すわけないじゃん!!」

    杏子「……さ、さやか……?」

    さやか「もう嫌だ! 何もかも嫌だッ!! 世界なんか消えて無くなればいい! リア充爆発しろッ!!」


    362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:32:18.95 ID:1SVxlYO50

    杏子「……アンタ……」

    さやか「ふぅー……ふぅー……。……ごめんね、こんな愚痴聞いてもらって……。でもあたし分かってるんだ」

    杏子「…………」

    さやか「こんなことを言えるのは、あたしが一番腐ってるからだって」


         ドクンッ  ドクンッ  ドクンッ  ドクンッ


    さやか「 あ た し っ て ほ ん と バ カ 」

            ピシッ  ピシピシ  

    杏子「さ、さや……ッ」

      パキンッ!  
          ゴォォォォォオオオオオオォォォオォオオオオオォォオォォォオオオオオオオオオ!!!!!


    杏子「さやかぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああッ!!!!」


    375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:34:45.52 ID:1SVxlYO50

     =ほむらの助けにより魔女の結界から脱出した杏子とさやかの亡骸=


     ~線路~


    ほむら「…………」

    杏子「……ちくしょう…」

    さやかの亡骸「」

    まどか「さやかちゃん……さやかちゃぁぁん!! うわぁぁあああん!!」


    378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:37:01.51 ID:1SVxlYO50

    ほむら「……佐倉杏子。忠告しておくわ、これ以上まどかを巻き込まないで」

    杏子「……どういう意味だ」

    ほむら「あなたは魔女化した美樹さやかを助けようと、まどかの呼び声で彼女の自我を取り戻そうするわ」

    杏子「そう……なのか……」

    ほむら「(この記憶は無いのかしら?)そして失敗する。意味の無いことでこの子を巻き込んでほしくないの」

    杏子「ッ!!」ガシッ!

    ほむら「……離して」

    杏子「……何が意味の無いことだッ! こいつはさやかを助けようとして……」

    ほむら「あなた……記憶が……」

    杏子「ああそうさ! たった今、はっきりと思い出したよ! アタシはこいつを連れてさやかのとこに行った!
       何度も、何度も何度も呼びかけた! だけどさやかは一度も振り向いてくれなかった! それでアタシは……ッ」

    ほむら「…………」


    380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:38:46.72 ID:1SVxlYO50

    まどか「ぅう……うう…………ぇぐ……ぅぅぅ…」

    ほむら「…………死体の扱いは注意してね。適当なところに置いとくと後々厄介よ」

    杏子「テメェ……それでも人間かッ!」

    ほむら「もちろん違うわ。……あなたもね」コッ コッ コッ


    杏子「……クソ…」

    まどか「……さや……さやかちゃぁん……ぅぅ…」

    杏子「おい、アンタ……」

    まどか「ぅ……ぐす……ぅぅ?」

    杏子「アタシはたとえどんな現実が待っていようとも、自分の目で確かめるまで諦めたくない」

    まどか「…………」

    杏子「まどか……アンタはどうなんだい?」


    384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:40:34.11 ID:1SVxlYO50

     ~マミ家~

    マミ『えぇ!? 結局、美樹さん魔女になっちゃったの!?』カタカタ

    ほむら「ええ、つい先ほどね」

    QB「やっぱりね。さやかのソウルジェムの濁り方は尋常じゃなかったし」

    ほむら(いたのかい)

    マミ『そんなぁ……。ねえ、どうにかして美樹さんを救える方法はないの?』

    QB「ないね。魔女になった魔法少女は絶対に元に戻らない」

    ほむら「…………」スクッ

    マミ『どこに行くの?』カタ

    ほむら「魔女を倒しに行くわ。今は少しでもグリーフシードが欲しいところだし」

    マミ『そ、そんな! もう諦めちゃうの!?』カタカタ

    ほむら「私は全てを諦めても、果たしたい約束があるの。こんな所で止まっていられない」

    QB「ふうん。だったら急いだ方がいいんじゃない? 佐倉杏子がまどかを連れて魔女の結界に入ったみたいだよ」


    390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:41:41.70 ID:1SVxlYO50

    ほむら「なッ……! どうして……」

    QB「さあ? 何か作戦でもあるんじゃないかな? 無謀だと思うけど」

    ほむら「……っ」ダッ!

       ガチャッ  バタンッ!

    マミ“…………ねえ、キュゥべえ。あんこちゃんと鹿目さんは美樹さんを救えるのかしら”

    QB「そんなの不可能に決まってるじゃないか。今まで一度も魔女が魔法少女に戻ったなんて例は確認されてないよ」

    マミ“そう……、だったら今回が初めての例になるってわけね♪”

    QB「……何か考えがあるのかい?」

    マミ“ええ、ここ三日三晩寝ないで考えた秘蔵の策がね。教えないけど”

    QB「…………」

    マミ“だから……ひとつ頼まれてくれないかしら?”

    QB「?」


    393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:44:11.07 ID:1SVxlYO50

      ~魔女の結界内~


    オクタヴィア「ォォォオオオオォオオォオオオオ!!!」

    まどか「さやかちゃん! お願い! 目を覚まして!!」

    杏子「さやかぁぁああああああああッ!!!」

    オクタヴィア「オオォォオオォオオオオオオオォオ!!」ヒュン

          ドンッ!

    まどか「きゃぁ!!」

    杏子「ま、まどかぁ!!」

           シュンッ  ガシッ!

    ほむら「…………」

    まどか「ほ、ほむらちゃん……」


    394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:45:21.75 ID:1SVxlYO50

    ほむら「……佐倉杏子……どこまであなたは愚かなの!? 忠告したわよね! こんなことをしても無駄だって!
        これ以上まどかを巻き込まないで!」

    杏子「お、落ち着けって! 今回こそ大丈夫だ! 見せてやれ、まどか!」

    まどか「うん! さやかちゃぁぁぁああん!!」

    オクタヴィア「オオオオオォォォォ」


    まどか「さやかちゃん最近、自作ポエムにはまってたよね! もしさやかちゃんが戻らなかったら、たぶん
        そのポエム公開されちゃうよ! 遺書とかと勘違いされちゃうかもよ! ちなみに私そのポエムのノート
        盗み見しちゃったんだ! ごめんなさい! でも大丈夫、あまり覚えてないから! えっと、まだ覚えてるのは……」


      < メロディ >    作:サーヤ
     

      このメロディはどこから聴こえてくるの?  あの大きな木の下かな? それともあの大きな湖の端の方からかな?

      ううん このメロディはあなたから聴こえてきたよ  とても とても やさしいメロディ 
     
      わたしは ただ聴いてるだけ  それだけで とっても しあわせ  でも あなたも しあわせ になってほしいな

      とても とても やさしいメロディを奏でる  わたしの とても とても  愛しい ひと


    408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:48:39.51 ID:1SVxlYO50

    ほむら「」

    オクタヴィア「オオオオオォォォ!!」

    ほむら「な、なにこれ……?」

    杏子「普通、恥ずかしいモンを残して死ねないだろ? これなら恥ずかしくて戻ってくんだろ!」
      (メwロwディww サーヤってペンネームww? 〈とても とても〉 使い過ぎだろwwwww)

    ほむら(ああ分かった、佐倉杏子。この子、バカな子なのね)

    まどか「さやかちゃぁぁん!! 早く帰って来ないと他のも暗唱しちゃうよ! えっと……」


      < バイオリン >   作:サーヤ


      あなたの横にいつもいる バイオリン  あなたが演奏するときにいつもそばにいる バイオリン
     
      とても とても きれいな音ね  でもわたしは 真逆  だって わたしはあなたと いつも一緒にいられないし

      そのバイオリンに 嫉妬しちゃうかr

    オクタヴィア「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!」


    419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:51:45.78 ID:1SVxlYO50

        ドコォンッ!!


    まどか「きゃぁ!」

    杏子「なにぃ! 激情した!? 逆効果だったか!?」

    ほむら「さっきは心の中で言ったけど、今度はちゃんと言うわ。お前バカだろ! 正真正銘のバカな子だろ!!」

    杏子「バ、バカって言う方がバカなんだぞ! バーカバーカ!!」

       ゴォッ!

    まどか「ひぃ!?」

    ほむら「まどかッ!!」

    杏子「しまっ……」


        {ティロ・フィナーレ!!}


    427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:54:16.42 ID:1SVxlYO50

       ドッコォォォォォォオオオオオン!!

    ほむら「ど、どうして……ッ」

    杏子「この技……あいつの! でも声変じゃね?」

    まどか「変……とういうか、この声……キュゥべえの声だよね?」

       スタッ  カチッ

    QBの声{私は魔法少女 フル☆フェイス!!} ドーン!

    ほむら「」

    杏子「」

    まどか「」

    フル☆フェイス「キリッ!」


    434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 21:56:54.28 ID:1SVxlYO50

    まどか「マ、マミさん……?」

    フル☆フェイス「…………」カチッ

    QBの声{私は魔法少女 フル☆フェイス!!} ドーン!

    杏子「んなヘルメットの魔法少女なんかいてたまっかッ!!」

    ほむら「(キュゥべえの声を録音してきたのね……)あなた……何で?」

    フル☆フェイス「…………」カチッ

    QBの声{助けに来たわよ! ……ねえマミ、君も今から行くつもりなn}

    杏子「おい今舞台裏が聞こえたぞ! つーかマミって言ったぞ!!」

    QBの声{私は魔法少女 フル☆フェイス!!} ドーン!

    杏子「しつけえ!!」


    441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:00:27.37 ID:1SVxlYO50

    まどか「マ、マミさ」

    フル☆フェイス「ギロッ!」

    まどか「ビクッ! ……ふ、フル☆フェイスさん……」

    杏子「いいよ言い直さなくて!」

    まどか「……さやかちゃんを助けてくれるんですか……?」

    フル☆フェイス「…………コクン」

    まどか「!!」パァァ

    ほむら「何言ってるの! 不可能よ! あなたにできるはずがない!」

    QBの声{やるのは私じゃない……あなたよ}

    フル☆フェイス「ビシィッ!」ユビサシ

    ほむら「わ、私!?」

    QBの声{ねえ誰なんだい? そこは教えてくれよぉ、気になるじゃないk}

    杏子「ちゃんと編集してから来いよ……」


    446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:02:28.34 ID:1SVxlYO50

    QBの声{これが作戦よ。心して読むがいい!}

    フル☆フェイス「…………」つ【メモ】

    ほむら(メモ?……いったい何が書いてあるというの?)ペラッ


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      <もし美樹さんが魔女なっちゃったら~ こうしとけ!>


      ほむほむが時間操作で、グリーフシードになる前のソウルジェムに戻す!

                                   
                                       お☆わ☆り

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ほむら「」


    453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:04:38.23 ID:1SVxlYO50

    QBの声{ふふん♪ どうだい? 完璧な作戦だろう?}

    ほむら「…………」ビリビリ ビリビリ!

    フル☆フェイス「!?」

    ほむら「…………」ポイッ

    メモだったもの「ヒラ ヒラ~」

    フル☆フェイス「~~~~~~~!!」

    ほむら「…………」

    フル☆フェイス『ちょっと!! 私の作戦メモをなにバラバラに破いてんよ!!』ッターン! カタカタ ッタターン!

    まどか(PDAに文字打ち込んでる?)

    ほむら「無理に決まってるわよ! そもそも私の能力は時間操作じゃなくて、時間停止なのよ!!」


    459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:07:41.42 ID:1SVxlYO50

    フル☆フェイス『嘘おっしゃい! それじゃ、あなたのタイムリープは何なのよ!!』ッターン! タタタタタッターン!

    ほむら「そ、それは……一定の時間から一定の過去の時間に飛ぶもので……あまり私にも……
        制御し切れてないというか……なんていうか……、とにかく! 無理なものは無理なのッ!!」

    まどか「……そっか、そうだよね……」

    ほむら「ま、まどか……!」

    まどか「ううん……ほむらちゃんを責めてるわけじゃないの……結局人に頼っている自分を責めてるの」

    ほむら「まどか……」

    フル☆フェイス「…………」

    まどか「さやかちゃんは……私が助ける! さやかちゃぁぁああん!! 戻ってきてぇえええ!!
        えっと……<クレッシェンド> だんだん強くなるこの思い あなたは受け止めてくれるの?」

    オクタヴィア「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!」

    ほむら「やめて! それはただ怒らせるだけだから!」


    467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:09:34.49 ID:1SVxlYO50

    まどか「とめないで! そもそもほむらちゃんが上条くんを取らなければ、こんな事にはならなかったかもしれないのに!!」

    ほむら「」ガーン!

    フル☆フェイス「…………」チョンチョン

    まどか「! フ、フル☆フェイスさん……」

    フル☆フェイス『あなたは真実を知るべきね。実は美樹さんを一番心配してたのは暁美さんなのよ』カタカタカタ

    まどか「え!? だ…だって……」

    フル☆フェイス『ええ、実際暁美さんと上条くんは付き合うことになったわ。でもね、この方法が美樹さん
            を救うことになるって、私たちは思っちゃったのよ』カタカタカタカタ カタカタ

    まどか「私たちって……」

    フル☆フェイス『暁美さんは私に相談してきたの。まあ、二人とも恋愛経験ゼロだし、言葉の食い違いが
            あったけど……、これだけは覚えといて』カタカタ カタカタ

    まどか「…………」

    フル☆フェイス『美樹さんを助けたいのは、あなただけじゃないって事を』カタカタ    ッターン 


    471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:11:05.14 ID:1SVxlYO50

    まどか「……ほむらちゃん」

    ほむら「…………」

    まどか「ごめんなさい……私、ほむらちゃんの気持ちも知らずにあんなひどいこと言っちゃって……」

    ほむら「べ、べべ別に気にしてななないわ」ファサァ

    まどか「あっ、そうだ! メアド交換しよっ! この前ファミレスで交換しそこなっちゃったし!」

    ほむら「!! う……うん!」

    フル☆フェイス(そういうのは後にしろよ……って、ん?)

    ほむらのソウルジェム「ピカー」

    フル☆フェイス(暁美さんのソウルジェムが輝いてる? これはもしかして……)


    476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:12:43.30 ID:1SVxlYO50

    まどか「交換完了♪」

    ほむら(まどかのアドレスまどかのアドレスまどかのアドレスまどかのアドレスまどかのアドr)

    フル☆フェイス『暁美さん』カタ

    ほむら「ビクッ! な、何?」

    フル☆フェイス『あなたの魔力は今どうなってる?』カタカタ

    ほむら「?……! す、すごい……いつもより比べられないぐらい強くなってる……」

    ほむらのソウルジェム「ピッカー!」

    フル☆フェイス『(感情の高ぶりと魔力の強さは比例するかしら? だったら……)鹿目さん』カタ

    まどか「はい? 何ですか、フル☆フェイスさん」

    フル☆フェイス『あなた、暁美さんを抱きしめてくれない? 後ろからでいいから』カタカタカタ


    482: &gt;&gt;474 何故バレた 2011/03/30(水) 22:14:18.76 ID:1SVxlYO50

    まどか「だ、だきしめ……///」

    フル☆フェイス『美樹さんを助けるにはこの方法しかないのよ。お願い』カタカタ

    まどか「は、はい……分かりました///」


    ほむら(今日帰ったら何てメールしよう////)

    まどか「ほ、ほむらちゃん! うし、後ろ向いて////!!」

    ほむら「? は、はい。クルッ これでいいかしら?」

    まどか「えいっ!」

         ギュゥウッ!

    ほむら「ほっ!? ほほほ!!? ほほほほほほほっむほむぅぅぅぅぅうううううううううう!!!!!」


    ほむらのソウルジェム「ビィィィカァァアアアアアヂュゥゥゥゥゥウウウウウウウウウウウ!!!!!」


    ―――――――――――カチ カチ カチッ  カチンッ
     

                       ギュン――――――――――――――――――――――――


    488: &gt;&gt;474 何故バレた 2011/03/30(水) 22:16:43.05 ID:1SVxlYO50

    杏子「さやかぁぁあああ!!」

    オクタヴィア「オオオオォォォォオオオオ!!」

       ビィィィカァァアアアアアヂュゥゥゥゥゥウウウウウウウウウウウ!!!!!

    杏子「な、何だ!?」

    フル☆フェイス『やあ、空気だったら消えちゃったかと思ったわよ』カタカタ

    杏子「うぜぇ! 作戦の説明してたから、こっちは気を使ってさやかの注意を引いてたんだよ!」

    フル☆フェイス『それはごくろう』カタ

    杏子「態度でけえ! つーかしゃべれよテメエ! ちっこい機械での文字は読みづらいんだよ!」

    フル☆フェイス『作戦は始まったわ。こっちにも仕事はあるわよ』カタカタ

    杏子「無視かゴルァ! って、やっと始まったのかよ。んで仕事ってのは?」

    フル☆フェイス『まあ、今まで通り美樹さんの注意を引き付けて逃がさなければいいわ。私はやらないけど』カタカタカタカタ

    杏子「やんねーのかよ! 何しにこっち来たんだっつーの!!」

    フル☆フェイス『最初のティロ・フィナーレでほとんどの魔力使い果たしちゃったのよ。
            もうマミさんは、あっ間違えた、フル☆フェイスさんは立ってるだけで精一杯なの』カタカタカタ ッターン!

    杏子「もう正体隠す気ねーだろッ!!」


    489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:19:08.59 ID:1SVxlYO50

    オクタヴィア「アアアァァァァアアアァァァ!!??」

      『さやかぁぁあああ!!』

    杏子「!? ア、アタシの声?」

    フル☆フェイス「……………」

    オクタヴィア「アアァァアアアァぁぁああァァ!!?」

      ≪<クレッシェンド> だんだん大きくなるこの思い あなたは受け止めてくれるの?≫

    杏子「今度はまどかの声……? どうなってやがんだ?」

    フル☆フェイス『今、美樹さんの時間を戻してるのよ。魔女になる前までね』カタカタ

    杏子「……この声は魔女のさやかに呼びかけた声か……」


      ≪そのバイオリンに 嫉妬しちゃうかr≫

    オクタヴィア「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!」


    495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:21:58.25 ID:1SVxlYO50

      ≪でもわたしは 真……逆≫
                   ≪とても と…… き…な音……ね≫
           ≪あな………するとき…………そば……いる バ………リン≫

    オクタヴィア「GYAAA!! GYAAAAA!!! GYYYYYYAAAAAAA!!!!!」

    杏子「声が小さくなっている?」

    フル☆フェイス『暁美さんの力が弱くなってるんだわ! でも大丈夫! 応援ソング用意してあるから!』カタカタ ッターン!

    杏子「応援ソング?」

    フル☆フェイス「…………」カチッ


    QBの声{ふれぇ~ふれぇ~、がんばれがんばれぇ~、ふわぁ…、いけ~いけ~ふぁいとだよぉ~}

    杏子「…………」

    QBの声{が・みゅ・びゃ・れぇ~}

    フル☆フェイス「…………ドヤ」

    杏子「おい、どや顔やめろ。見えねえけど」


    499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:24:08.90 ID:1SVxlYO50

    ほむら「はあ……はあ……」

    オクタヴィア「オオオオォオオォオォォォォォオオ!!!」

    ほむら「くっ……もう力が……ッ」

    まどか「ほむらちゃん、がんばって!!」ギュゥゥゥゥウ!

    ほむら「ほむほむほむほむほむ!? ほっほほほむほむぅぅぅぅぅうううううううううう!!!!」

    ほむらのソウルジェム「ビカビカビカビカビカ!! ビッビカヂュゥゥゥゥゥゥウウウウウウウウ!!!!」

    オクタヴィア「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!?」

       
        ≪わたしの とても とても  愛しい ひと≫
                            ≪でも あなたも しあわせ になってほしいな≫

           ≪とても とても やさしいメロディ≫ 

     ≪このメロディはあなたから聴こえてきたよ≫


               ≪このメロディはどこから聴こえてくるの?≫


    502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:25:49.90 ID:1SVxlYO50

    杏子「また声がはっきりと聞こえるようになったぞ!」

    フル☆フェイス『私の応援ソングのおかげね』カタカタ

    杏子「嘘ぉ!?」

    オクタヴィア「アアアァァぁああぁぁあ……ぁぁああ……」

                      ≪そのポエム公開されちゃうよ!≫
      ≪自作ポエムにはまってたよね!≫
                       ≪さやかちゃぁぁぁああん!!≫
     ≪さやかぁぁああああああああッ!!!≫


           ≪さやかちゃん! お願い! 目を覚まして!!≫


    オクタヴィア「あぁ……ぁぁ…ぁぁあ…………ぁあ……」

     ≪おい! さやか!!≫  ≪早く戻ってこねえとこのリンゴ食っちまうぞッ!≫

    杏子「…………」  フル☆フェイス「…………」

    杏子「……いや……食べ物で釣れるかなって……ははは……」

    フル☆フェイス『m9(^Д^)』ッターン!

    杏子「…………イラッ」


    504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:27:52.02 ID:1SVxlYO50

    オクタヴィア「ぉぉ……あぁぁ……おお…………おぉぉ……」

      ≪あ た し っ て ほ ん と バ カ≫

    フル☆フェイス「…………」カチッ

    QBの声{美樹さん……あなたにその姿は似合わないわ。全然正義の味方らしくないわね}

    杏子(人のこといえねーだろ……)

      ≪もう嫌だ! 何もかも嫌だッ!! 世界なんか消えて無くなればいい! リア充爆発しろッ!!≫

    QBの声{早く帰ってきなさい。みんな待ってるわ}

    オクタヴィア「ぁぁ……あああ……ぉお…あああああ」

      ≪……悪いね。手間かけさせちゃって≫

    QBの声{紅茶とケーキを用意しとくわね。それと……}

    オクタヴィア「……ぁぁああ……ああああああ…………あああああああああああああああああ!!!」


      ≪まずはその幻想をぶち殺す!!≫


    QBの声{あまり先輩に心配かけちゃダメだぞ☆}


    509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:30:07.06 ID:1SVxlYO50

    ―――――――――― コトン


    さやかのソウルジェム「キランッ」

    杏子「戻った……? さやかのソウルジェムに……? ぅ~~~やったぁぁぁああああ!!」

    ほむら「ぜぇー……ぜぇー……つ、疲れた……」

    まどか「やったぁ! やったやったやったぁ!! ありがとうほむらちゃん!!」ギュゥウ

    ほむら(はわわわ///、……って抱きつかれるの初めてじゃなかったわね……忘れてたけど……)

    フル☆フェイス『喜ぶのはいいけど、早くそのソウルジェムを美樹さんに渡してあげなさいな』カタカタカタ

    杏子「う、うるせぇ! 分かってるよ、んなことぉ!」ヒョイ

    まどか「あ、あの……フル☆フェイスさんもありがとうございました」

    フル☆フェイス『なんのなんの』カタカタ

    杏子「……なあ……もういいんじゃねえの? 正体ばらせよ」

    フル☆フェイス『……ええ、分かったわ。実は魔法少女フル☆フェイスの正体は……巴マミだったのよぉ!!』スッタッタッターン!

    まどか「な、なんだってー!」

    杏子「ほ、ホントは分かってたよな! のってあげてるだけだよな!?」


    515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:33:11.38 ID:1SVxlYO50

    ほむら「はあ……はあ……くっ! くぅぅ……ッ!」

    まどか「ほむらちゃん!?」

    フル☆フェイス『……これはヤバいわね。ソウルジェムがかなり濁っている……』カタカタ

    まどか「そ、それじゃ……今度はほむらちゃんが……」

    ほむら「ッはぁ……! くぅぅ……くはっ!」

    フル☆フェイス『手持ちのグリーフシードは無いし……万事休すだわ……』カタカタ

    杏子「…………」

    まどか「そんなぁ! こんなのってないよ! ほむらちゃぁああん!!」

    ほむら「……ッ! ぐっ……っは! ぁあ! はぁ……はぁ……ッ!」

    杏子「…………ッ」


    518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:34:46.94 ID:1SVxlYO50


    グリーフシード「コロコロ」

    まどか「……え? グリーフシード……?」

    杏子「使いなよ。アタシがストックしていた分さ」

    フル☆フェイス『……ありがたく使わしてもらうわね』ヒョイ

          シュウゥゥ……

    ほむら「はぁ……はぁ……ッ! ………ふう……ふう……ふぅ…」

    フル☆フェイス『落ち着いたみたいね』カタ

    まどか「よかったぁ~……。ありがとう杏子ちゃん!」

    フル☆フェイス『どういう風の吹き回しかしら?』カタカタ

    杏子「別に……ここで魔女になったら面倒だし……後味わりぃし……それに……」

    フル☆フェイス「…………」

    杏子「…………さやかの恩人だし……」ボソッ


    524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:36:55.48 ID:1SVxlYO50

    フル☆フェイス『……え? 最後よく聞こえなかったわ。もう一度言って』カタカタ

    杏子「だ、誰が言うかよ!」

    フル☆フェイス『ふふ……恩人さんに感謝しなきゃね』カタカタ

    杏子「て、テメェ! 聞こえてんじゃねえか!!」

    まどか「あはは」

    ほむら「クスッ」

    杏子「~~~ッ///! さやかの肉体はアタシんちにあるからよ! 来るんだったらさっさと行くぞ!」


    530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:39:48.93 ID:1SVxlYO50

     ~杏子家(ホテル)~


       「………………ぅ……」

    まどか「!」

       「…………ぅう……こ……ここは……?」


    まどか「さやかちゃぁぁあああん!!」ガバッ

    さやか「へ? ま、まどか?」


    杏子「…………」

    ほむら「…………」

    フル☆フェイス「…………」


    535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:42:27.51 ID:1SVxlYO50

    さやか「ど、どうしてアンタが……」

    まどか「うぇぇえええん!! うわぁぁぁあああん!!」

    さやか「あれ?……あたし……」

    杏子「…………」

    ほむら「…………」

    さやか「何でアンタらが……ってマミさん!?」

    フル☆フェイス『ぴーす』カタ

    さやか「ま、マミさんだよね……ヘルメットしてるけど、あのおᘄぱいはマミさんだ……」

    フル☆フェイス『ただのおᘄぱいとは違うのだよ! ただのおᘄぱいとは!!』カタカタ ッターン!

    杏子・ほむら「「…………イラッ」」


    538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:44:04.98 ID:1SVxlYO50

    さやか「マミさん生きてたの……? はは……何が何だか分からなくなってきt……あ」

    まどか「グス……さやかちゃん?」

    さやか「……あはは……そうだ……そうだったよ……あたし魔女になっちゃったんだね」

    杏子「!」

    ほむら(記憶があるのね……)

    さやか「でもまた人のカタチでいられるってことは……アンタたちが助けてくれたんだね、ありがと」

    杏子「…………」

    ほむら「…………」


    さやか「でも有難迷惑なんだよねぇ!!」


    フル☆フェイス「…………」


    546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:46:38.94 ID:1SVxlYO50

    まどか「さやかちゃん……?」

    さやか「どうしてこんなクズなあたしを助けたのさ! あのまま暴れたかった! 何も考えず本能のままにね!!」

    杏子「……さやか……」

    さやか「もしくは殺しちゃえばよかったんだ! 魔法少女は魔女を殺すものだろ? 今まで通りにさ!!」

    ほむら「…………」

    さやか「最低だよね……助けてもらったのにこんな言葉しか言えないなんてね……」

    フル☆フェイス「…………」スクッ

    さやか「ねえ……誰か殺してよ……殺さないとまた魔女になっちゃうよ?」

    フル☆フェイス「…………」スタスタ

    さやか「殺してよ! こんなクズなあたしが生きていたって価値なんかないんだからっ!!」

    フル☆フェイス「…………」スタスタスタスタ

    さやか「ねえ殺して! お願いだからあたしを殺して! 誰でもいいからあたしを殺してよっ!!」


    ――――――――――――バチンッ!


    558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:51:19.66 ID:1SVxlYO50

    さやか「ッ!」

    フル☆フェイス「…………」

    まどか「さやかちゃん!」

    杏子「…………ビンタ……」

    ほむら「…………」


    さやか「痛っ……何すんのさマミさn」

    フル☆フェイス『だまりゃっしゃいッ(怒)!!』カタッターン!!


            ゴンッ!!


    さやか「ッつぅ~~~~~!!?」

    まどか「ひぃ!?」

    杏子「…………ゲンコツ……」

    ほむら(痛そう……)


    563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:54:14.18 ID:1SVxlYO50

    フル☆フェイス『あんたねえ! いったいどんだけ人が頑張ったと思ってるのよ!!』ッターン! ッタターン!

    杏子(お前はティロフィナ一発だけだろ……)

    フル☆フェイス『あんたを助ける作戦考えるのにどんだけ無い知恵絞ったと思ってるのよ!!』ッタッターン!

    ほむら(メモは一行だったけどね……。しかも洒落になってない……)

    フル☆フェイス『魔法少女じゃない鹿目さんも頑張ったのよ! 鹿目さんの頑張りを聞かせてあげましょうか!?』カッターン!

    まどか(やめて! アレを聞かしたら、さやかちゃんまた魔女になっちゃうかも!)


    さやか「……べ、別に頼んでないし……」

    フル☆フェイス『ずあっ!!』ッターン!

             ザシュッ!

    さやか「ぎゃあ!?」

    杏子(何だ今の攻撃!? 見えなかったぞ!?)


    569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:56:56.73 ID:1SVxlYO50

    さやか「……痛い……」

    フル☆フェイス『ええそうね! 割と本気でやったから痛いでしょうね!』ッターン! ッタターン!

    さやか「こんな痛みだったら……」

    フル☆フェイス『消してしまえばいいって? バカ言ってんじゃないわよ! 自分の痛みがあるから相手の痛みも分かる!
            自分の痛みがあるから傷つきたくない! 生きたいって思うのよ!』スタタタ タタターン!

    さやか「あたしはもう死んでるの……、もうゾンビなの!」

    フル☆フェイス『ああああああ!! しゃらくさいわねえぇ!! あんたがゾンビってんなら私は……』アタタタタタ ッタターン! カタタタタ
            
          グイッ!

    さやか「へ?」

    まどか「ふぇ?」

    杏子「は?」

    ほむら「あ」


    マミ(首無し)“ デュラハンだァァァァァァァァああああああああああああああああああああああああッ!!!!”


    580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 22:59:29.75 ID:1SVxlYO50

    さやか「え」

    まどか「ええ」

    杏子「えええ」

    マミ“はぁー……はぁー……、あっ、でもデュラハンって妖精の類だったわね”

    さやか・まどか・杏子「「「ええええぇぇぇぇぇえええええぇぇぇええぇええええぇぇえええええ!!!!??」」」

    マミ“あ、やべ”

    さやか・まどか・杏子「「「」」」

    ほむら「巴マミ、テレパシーになってる」

    マミ“え? ああPDA、PDA……えっと、こ・れ・に・は・じ・じょ・う・が……ってああ面倒臭いッ!!” ブンッ!

    杏子「ぐへっ!?」ドカッ!


    586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:01:56.26 ID:1SVxlYO50

    杏子「」チーン

    まどか「」ブクブク

    さやか「……ま、ままま、マミさ…ん……?」

    マミ“どう? この姿。 滑稽でしょ?”

    さやか「……ッ」

    マミ“でもねぇ……、生きてるの。生きたいのよ私はッ! ねえ、もう一度さっきの言葉を私の前で
       言ってみなさいよ! そんなの私が許さないんだからッ! また『ずあっ!!』ってやるからッ!!”

    さやか「…………」

    マミ“『早く殺してくれ』? ふざけんじゃないわよ! 『生きてる価値が無い』? あるに決まってんでしょ!
       無かったらみんなこうしてあなたを助けようとしないわよ!!”

    さやか「…………どうして……」

    マミ“……はぁ……そんなの簡単なことでしょ”


    マミ“友達だからよ”


    596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:04:26.16 ID:1SVxlYO50

    さやか「……っ!」

    マミ“私とあなたは先輩後輩って関係だけど、それ以前に友達だって思ってるわ。みんなもね”

    さやか「…………っ」クルッ

    まどか「……さやかちゃん」

    杏子「……けっ」

    ほむら「…………」

    さやか「…………あたし……」

    マミ“まったく……気付くの遅過ぎよ。もう二度と…あんなこと…言わないでね。
       もう…まったく…ねえ……ぅ……ああ……もう……ぅぅ……”

    さやか「……マミさん……?」


    マミ“……心配したんだからぁ……”


    602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:05:55.45 ID:1SVxlYO50

    さやか「マミさん……」

    まどか「……泣いてる……」

    さやか「…………ッ、……ご……ごめ……」

    マミ「…………、……」


    さやか「……ごめんなさい……ごめんなさい……ぅぁ…ごめっ……うああうああっ…ご、ごめんなさ……
        ぅぅううう、ごめ……うああぁぁ…うあああぁぁぁぁぁぁあぁぁあああぁぁぁあ!!!」


    まどか「さやかちゃん……グスッ」

    ほむら「…………」

    杏子「…………エグッ」


    610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:08:30.64 ID:1SVxlYO50

     =数分後=


    さやか「……グスッ……ぅぅ……」

    マミ“泣き疲れたでしょ? もうそこら辺にしておきなさい”

    さやか「……うん……グス……、ありがと、マミさん」


    さやか「みんなも……助けてくれて本当にありがとう!」

    まどか「えへへ」

    杏子「き、気にすんじゃねえよ」

    ほむら「…………」

    さやか「あと……転校生!」

    ほむら「! な、なに?」

    さやか「あたしはまだ恭介のこと諦めてないから! 絶対アンタからぶんどってやる!」

    ほむら「……そのことなんだけど……あの……もう別れたわ、彼とは」

    さやか「へ?」


    617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:10:43.08 ID:1SVxlYO50

    さやか「え? ……何で?」

    ほむら「えっと……それは……その……」

    まどか「! あれはほむらちゃんがさやかちゃんのためにやったことなんだよね!」

    さやか「あたしのため……?」

    ほむら「そ、そうよ! あなたが恋に困ってたから何とか助けられないかなって。まあ作戦考えたのはあの首無しだけど」

    マミ“ちょ、首無しってひどくなーい? てかあなたが勘違いしたのがいけないんじゃない! この恋愛経験ゼロがッ!”

    ほむら「主語を省略したのがいけなかったのよ。それとあなただって恋愛経験ゼロじゃない!」

    さやか「……そ、そうだったんだ~……ああ…」ヘナヘナ~

    まどか「さやかちゃん?」

    さやか「ほっとしたら、力が……。あー……なんかごめんね、転校生」

    ほむら「…………ほむ……」ボソッ

    さやか「ん?」

    ほむら「……ほむらでいいわ」ファサァ

    さやか「……ああ、ありがとな、ほむら!」ニカッ

    ほむら「…………ほむぅ///」


    623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:13:30.81 ID:1SVxlYO50

    杏子「よっと」ドサッ

    さやか「わっ!? いきなり何すんだよ、アンタ!」

    杏子「アタシのことは杏子って呼んでくれよ。食うかい?」つ【ポッキー】

    さやか「……うん、ありがと、杏子」

    杏子「へへ/// んでさやか、あんたはこれからどうすんのさ?」

    さやか「どうするって…………はっ!」

    まどか「ニヤニヤ」 マミ「ニヤニヤ」

    ほむら(……どうやってるのかしら?)

    杏子「ほら! さっさと上条って奴に愛の告白とやらを囁いてこいよ!」ドンッ

    さやか「んなッ!? 何でアンタがそのこと知ってんのさ! みんなもニヤニヤしないでっ!」

    まどか「ふふ、さやかちゃん! れっつごー♪」

    ほむら「……ふぁいと」

    マミ「…………」カチッ

    QBの声{が・みゅ・びゃ・れぇ~}

    全員(マミ以外)「「「「…………イラッ」」」」


    630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:16:04.46 ID:1SVxlYO50

    杏子「ほら! いってこいって!」ドンッ ドンッ

    さやか「そ、そんなに押さないでよっ! 分かった! いってくるから!」

    まどか「ふれ! ふれ! さ・や・か・ちゃん!」

    ほむら「……がむば」

    QBの声{ががガビガガ…みゅガビビががガガ…ぇ~びゃびゃびゃガガザザージジジ……}

    マミ「o...rz」

    さやか「う~~~~///! あとで覚えておきなさいよ! もう~~~~///!!」ダダダダダダダダ


    =================数分後=========================


    オクタヴィア「オオオォォォオオォオオオオォオオオ!!!」


    杏子「…………」

    まどか「…………」

    ほむら「…………」

    マミ「…………」


    650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:19:18.57 ID:1SVxlYO50

     =数時間後=  ~マミ家~


    さやか「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

    杏子「溜めてたグリーフシード無くなちまった……」

    マミ『過ぎたことをぐちぐち言わないの』カタカタ

    杏子「テメエが無駄に暴れて、すぐ魔力尽きるからだろうがッ!」

    ほむら「コヒュー……コヒュー……」

    まどか「し、しっかりしてほむらちゃぁん!」

    ほむら(大丈夫よまどか……あなたがいる限り私は……あれ意識が遠のいて……)スゥ…

    まどか「ほ、ほむちゃぁぁあぁあああぁぁああんッ!!?」

    マミ『デュラハンって戦士の魂を天国に導くんだぁ、へー、……って私の出番!?』カタカタ ッターン!


    657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:21:34.87 ID:1SVxlYO50

    さやか「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

    杏子「その……なんだ……、お、男なんか星の数ほどいんじゃねえかよ! な!」

    さやか「……グスッ……きょ、きょうこ……」

    まどか「でも星に手は届かないよね?」

    さやか「」ガーン!

    杏子「テ、テメエ! んな現実叩きつけんじゃねえよ!!」

    さやか(げ、現実!?)ガガーン!

    ほむら(まどかの天然ボケかわいいよぉ~///)


    マミ『ほらほら! 昔のことじゃなくて今からのことをお話しましょ。ワルプルギスの夜のこととか……ね』カタカタ カタッタ タタンッターン!


    666: &gt;&gt;659 ヒント:さやかが魔女になってからまだ一日も経ってない つまり深夜 2011/03/30(水) 23:24:11.03 ID:1SVxlYO50

    杏子「その前にさぁ……巴マミ、アンタのこと聞かしてよ」

    マミ『私のこと?』カタカタ

    さやか「そうですよ! その首が無い姿は何なんですか!」

    まどか「マミさんは私たちの目の前でモグモグされたんですよ!」

    マミ『モ、モグっ!? ……分かったわ。心して聞きなさい!』カタカタ ッターン!

    杏子・さやか・まどか「「「……ゴクッ」」」


    マミ『……あれは数年前になるわ。朝方にね、適当にテレビのチャンネルを替えてたら、あるアニメに出会ったのよ』カタカタカタ

    ほむら「はいストップ! いきなり脱線してるよ、というか出発する方向から違うわよ!!」

    マミ『え~! ここから話さないと、私の髪型はロールじゃなくてツインドリルだ!、に繋がらないわよ』カタカタカタカタ

    ほむら「何の話するつもりよ!?」


    674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:27:48.41 ID:1SVxlYO50

    ほむら「いいわ。あなたは黙ってて。私が説明する」

    マミ『無理よ、暁美さんには。私だって説明したら文庫本の上下巻に収まるかどうかってとこなのよ』カタカタカタ

    ほむら「魔女に食われた結果」

    マミ『九文字!?』カタッターン!

    さやか「それは知ってるんだけどさ……どうして生きていて、しかもあの姿なのか……」

    マミ(一桁……私の勇姿が一桁で……)ガーン

    ほむら「あなたはすでに知ってるはずよ、美樹さやか」

    さやか「? ……あ! ソウルジェムは自分の魂……」

    ほむら「そうよ。巴マミは魔女に食われる瞬間、自分のソウルジェムを体から離したの。それで助かった」

    杏子「だったら何で首無しのままなんだ? さっさと魔法で頭を治しゃあいいのに」

    ほむら「失った頭を再生させるのには膨大な魔力が必要なのよ。今少しずづ再生させてるけど、まだ足りない……」

    杏子「ふーん」

    さやか「…………」


    679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:30:43.12 ID:1SVxlYO50

    まどか「あの……ほむらちゃん。数日前のファミレスでのメールは、本物のマミさんからだったんだね……」

    ほむら「そ、そうよ……」

    まどか「……あの時もひどいこと言っちゃったんだよね、ごめんなさい」

    ほむら「……気にしてないわ、鹿目まどか」

    まどか「でも……」

    ほむら「いいのよ……まどか」フッ

    まどか「……ほむらちゃん////」


    杏子「おい、何だこの桃色空間」

    さやか「……別にいいじゃん……杏子」ズイッ

    杏子「……さやか? おいおい! ち、近ぇよ////」

    さやか「……ねえ? …………杏子……」

    杏子「……さ、さやか…………アタシ……」


    マミ『はいはい! 終了終了! カプ厨乙! カプ厨乙ぅ!!』ッターン! ッターン! タンッターン! タタン スッターン!


    685: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:33:00.44 ID:1SVxlYO50

    まどか「///////」

    ほむら「///////」

    さやか「…………ちぇ////」

    杏子「…………ったく////」

    マミ『ちっ、百合どもが……今度こそ本題に入るわよ! はい、暁美さん説明ヨロシクゥ!!』カタカタカタカタ ッターン!

    ほむら「わ、私!?」

    マミ『ワルプルギスの夜とか、時間の話とか、あなたが知ってること全部話してくれないかしら?』カタカタ カタカタ

    ほむら「で、でも……」

    マミ『恐れなくていいわ。どんな現実でも受け止める覚悟があるし、それに……』カタカタ カタ…


    マミ『あなたの言うことは信じるわ。だって友達じゃない!』カタカタ ッターン!

    まどか「そうだよほむらちゃん!」

    さやか「恩人の話を信じるなってな方が無理があるよ、ほむら」

    杏子「当たり前の事だろ、ほむら?」

    ほむら「みんな…………分かった……全て話すわ。私が知ってる真実をッ!」


    692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:35:03.52 ID:1SVxlYO50

     =説明中(魔法少女と魔女の関係&ほむらのタイムループ&ワルプルギスの夜&インキュベーターについて)=


    さやか「ループしてるって……?……しかも過去のあたしっていつも魔女化してない?」

    杏子「ファンタジーかと思ったらSFかよ……。侵略者……?」

    まどか「私……魔法少女になったことあるんだ……」

    ほむら(やっぱり……誰も受け入れられない……)

    杏子「なーにしょぼくれてんだ。信じるよ」

    さやか「あたし……魔女になりまくってた……ってのはショックだったけどさ。あたしも信じるよ」

    まどか「ほむらちゃん……ずっと独りで戦ってきたんだね……」

    ほむら(信じてくれた!? ……こんなこと初めて……私…グス…嬉しい……っ!)


    マミ『いやいや、キュゥべえが宇宙人とかありえねえだろ。アイツはどっかの不思議の国の住人だって』カタカタ ッターン!


    ほむら「お前は信じねえのかよッ!!?」


    700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:38:25.27 ID:1SVxlYO50

    まどか「でも、どうしてそこまでして……」

    ほむら「それは……ッ! …………約束……、あなたとの約束だからよ、まどか」

    まどか「私と……?」

    ほむら「ええ、約束……。キュゥべえに騙される前のあなたを助ける、というのね。だから……
        鹿目まどか、あなたはキュゥべえと契約してはいけない。それが私の叶えたい願いでもあるから」

    まどか「ほっ……ッ、ほむらちゃん!」ガバッ

    ほむら「ま、まどか!?」

    まどか「ごめんなさいほむらちゃん! ほむらちゃんが私のためにこんなに頑張ってるのに……
        私……何も知らなくて……何も覚えてなくて……」

    ほむら「いいのよ、まどか。普通、覚えてる方が異常なのよ」チラッ


    杏子「異常って……」

    マミ『心外ね』ッターン

    杏子「あたしは首無しと同類にされた方が心外だ」


    703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:41:17.62 ID:1SVxlYO50

    さやか「……ってほむらは約束果たしたんじゃない? だってまどかはもうキュゥべえに騙されることはなさそうだし」

    ほむら「いえ、まだよ。奴はワルプルギスの夜を使ってまどかと交渉……いえ、勧誘してくるわ」

    まどか「……どういうこと?」

    ほむら「今までワルプルギスの夜まで生き残った魔法少女は少なかった。それでワルプルギスの夜の対抗策として
        まどかを最強の魔法少女に、最悪の魔女に仕立て上げたのよ」

    まどか「……そんなぁ」

    杏子「そんじゃぁ、今回は全然違うじゃねえか」

    マミ『ええ、そうね。全員生きてるし、鹿目さんは契約してない』カタカタ

    杏子「最高な展開じゃん。まあグリーフシードが無いのと、首無しがいるのが心もとないけど……」

    さやか「……すいません」

    マミ『うるさいわねぇ!ヽ(`Д´)/ 頭はあと少しで完成するの!』カタカタ ッターン!


    705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:43:26.30 ID:1SVxlYO50

    杏子「そうかよ。なあ、腹減ったんだけど、何か食っていい? 勝手に冷蔵庫から食っちまうぞ」トコトコ トコトコ

    マミ『そ、そこはダメッ!!』ッターン!

    杏子「ん?」パカッ


    作りかけのマミの頭「ゴロ ゴロン」


    杏子「」

    さやか「どうしたの、固まっちゃって。何か冷蔵庫から落ちたけど……って何これグ口ォォォおぇぇぇええええ!!」

    杏子「!! さ、さやか大丈夫k臭ぁ!? おぅうええぇえぇぇぇぇええええええ!!!」

    まどか「さ、さやかちゃん! 杏子ちゃん! どうしたnもらいゲロォォおおおえええぇぇぇぇええええ!!!」

    ほむら「まどか!?(まどかのゲロ!? ひゃっほーい!!)おぉぉおおおえええぇぇぇぇぇぇえええ!!!」


    マミ(今、初めて口が無くてよかったって思ったわ……)


    714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:47:06.35 ID:1SVxlYO50

     =数分後=


    さやか・杏子・まどか・ほむら「「「「すいまっせんでしたーっ!」」」」

    マミ『別に怒ってないわよ』シュー シュー つ【ファブリーズ】

    さやか「先輩! ファブリーズは人に直接かけるものじゃないと思うっス!」

    マミ『別に怒ってないわよ』シュー シュー つ【ファブリーズ】

    杏子「先輩! 集中的にかけすぎて髪がびちょびちょっス!」

    マミ『別に怒ってないわよ』シュー シュー つ【ファブリーズ】

    まどか「先輩! 文字が変わってないっス! もう全身ヌレヌレのスケスケっス!」

    マミ『別に怒ってないわよ』スカ スカ ガサゴソつ【ファブリーズ】

    ほむら「先輩! もうファブリーズ空っス! 新しいの持って来ないでほしいっス!」


    723: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:53:19.02 ID:1SVxlYO50

    マミ『……さて、おふざけここまでにして、ワルプルギスの夜までの数日間何するか決めましょ』カタカタ

    さやか「あはは~全身からいい匂いがするよぉ~」

    杏子「見て見て~頭振り回すだけでー、人間スプリンクラ~」ブンブンッ ビチャビチャ

    まどか「あれ~ほむらちゃんどこぉ~? でも匂いで分かるよぉ~、ここだぁ!」バッ

    ほむら「きゃぁー! 着替え中よ! まどかのえっㄘぃ!」

    マミ「…………」スッつ【ファブリーズ】

    さやか・杏子・まどか・ほむら「「「「すいまっせんでしたーっ!」」」」

    マミ『……まあ、やることって言ってもいつも通り魔女を倒してグリーフシードを集めるしかないか……って』カタカタ カタカタ

    さやか・杏子・まどか・ほむら「「「「…………」」」」」プゥ~ン

    マミ『アンタら臭い! いい匂いすぎて逆に臭いっ!! お風呂でも入ってきなさい!!』ッターン! ッタタン! タタタタッターン!

    さやか・杏子・まどか・ほむら「「「「お前のせいだろッ!!」」」」


    729: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 23:56:49.81 ID:1SVxlYO50

     ~お風呂場~
            
          カッポーン

    杏子「ひっろーーーーーい!!」

    さやか「何でわざわざみんな一緒に……」

    杏子「広いんだからいいじゃんよ! あれ? マミの奴は?」

    まどか「マミさんは後から入るって」

    ほむら(まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸まどかの裸)

    さやか「えー、マミさんの生乳見れないの?」

    杏子「ふーん、ま、いっか。はぁ~久しぶりの風呂だ……」

    さやか「久しぶりって、アンタ……」

    杏子「へ? ああ! み、三日ぶりなだけだ! うん!」

    さやか「いや毎日入るもんでしょ、お風呂は」

    杏子「え? あー……ははは……、うっせえよバーカバーカ////!!」ビシャビシャ!


    733: &gt;&gt;ソウルジェムから 2011/03/30(水) 23:58:40.87 ID:1SVxlYO50

    さやか「わぷっ!? 口入った! やったねこのぉ!」ビシャビシャ!

    ほむら「こ、こら、二人とも! ここは人の浴場よ! もっと大人しく……」

    まどか「えい! えい!」ジャブ ジャブ

    ほむら「まどかまで!?」ガーン

    杏子「おらぁ! くらえぇえ!!」バシャッ!

    さやか「見切った!」サッ

          バシャァッ!!

    まどか「あ」

    杏子・さやか「「え?」」

    ほむら「…………」ビチャ ビチャ

    杏子「……いや……その……」

    ほむら「……ふ……ふふふ……ふふふふふ………………、やったわねぇ! あなたたちぃ!!」バシャァッ!

    さやか「わー! ほむらが怒ったー!」

    杏子「逃げろ―! 逃げろ―!」

    まどか「ほむらちゃんがメラメラー! 水場なのにメラメラー!」


    739: ミスった… &gt;&gt;725 ソウルジェムから匂いを嗅いでる 2011/03/31(木) 00:03:28.56 ID:JUZrx8Ez0

            バチャバチャ
      キャキャ             ゴボゴボ…
         ワーワー  ジャバジャバ      ホムラチャンガ シズンデル!?

     
     ~ベランダ~


    マミ(ふふ……みんな楽しそうね。私も入りたいけどその前に……)

    マミ“いるんでしょ? キュゥべえ”

    QB「…………」スゥ

    マミ“まったく……女の子の会話を盗み聞きなんて感心しないなぁ”

    QB“いいのかい? この状況で僕と会話したら裏切り行為になるんじゃないのかな?”

    マミ“だったら、わざわざテレパシ-で話しかけないでしょ。テレパシーはあなたに盗聴される可能性が
       あるけど……それは逆も可能なのよ”

    QB“……そうかい”

    マミ“そもそも裏切り行為って……敵じゃあるまいし”

    QB“……違うのかい?”

    マミ“他の子は知らないけど、少なくとも私はそう思ってないわ”


    741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:05:31.90 ID:JUZrx8Ez0

    QB“…………”

    マミ“何で?……とか訊かないでね。誰だって命の恩人が敵なのは嫌なのよ”

    QB“……そういや、君の願いは僕に『助けて』だったね”

    マミ“そうよ。あなたのおかげで生きてられる、こうしてみんなと会うことができた”

    QB“……楽しいのかい?”

    マミ“ええ、すっごく。思わず首が無くなっても生きたいって思うぐらいにね”

    QB“……それはあと数日で終わるとしてもかい?”

    マミ“…………”

    QB“ワルプルギスの夜が来ればまどかは魔法少女となり、魔女になる。そうすれば人類は滅亡さ”

    マミ“させないわ”

    QB“無理だ。運命は変えられない”

    マミ“魔法少女じゃないとね”


    742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:08:04.13 ID:JUZrx8Ez0

    QB“…………”

    マミ“…………”

    QB“……ふっ、確かに魔法少女は運命を変える力を持ってるよ”

    マミ“運命は変えられる。変えてみせるわ。私たちの手でね”

    QB“……ふぅ、じゃあこれは君たち魔法少女に対しての挑戦状さ”

    マミ“挑戦状?”

    QB“ああ、ワルプルギスの夜の間に僕はまどかを魔法少女にする。阻止できたら君たちの勝ち。できなかったら……”

    マミ“あなたの勝ちってわけね”

    QB“僕はどんな手を使ってでもまどかと契約する。君たちが勝つことは不可能さ”

    マミ“そんなことないわ。現にあなたが不可能だって言った美樹さんを助けてるじゃない”

    QB“うっ……、あれは暁美ほむらの能力を把握し切れてなかったせいさ。次はないよ”


    746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:10:07.40 ID:JUZrx8Ez0

    マミ“それはどうかしら?”

    QB“……訳が分からないよ。どうして君はそこまで強気なのかい? 君たちが戦ってる間に僕はまどかと接触できるんだよ?”

    マミ“……信じてるからよ”

    QB“信じてる? まどかをかい?”

    マミ“鹿目さんだけじゃないわ。美樹さんもあんこちゃんも暁美さんも……もちろんあなた、キュゥべえもね”

    QB“……本当にわけが分からない……何故赤の他人を信じられるんだ?”

    マミ“そ、それは……”

    QB“…………”

    マミ“……ぇと……、ワ、ワルプルギスの夜が終わったら教えてあげるわよ!”

    QB“…………そうかい”

    マミ“…………”

    QB“それまでに思いついてるといいね”

    マミ“う、うるさいわねぇっ!”


    752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:12:30.93 ID:JUZrx8Ez0

     ~風呂場~

    ほむら(……巴マミ……キュゥべえ……挑戦状……)ブクブク

    さやか「ん? どうしたのほむら? もしかして沈んだことへこんでる?」

    ほむら「そ、そんなわけないじゃない!」

    杏子「なぁーなぁーさやかぁー、あの<メロディ>とか<バイオリン>とかって何だったんだよ?」

    さやか「ふぇ!? な、ななな何でアンタがそれを……、ま、まどかぁ!!」

    まどか「ひゃい!? あ、あれはさやかちゃんを助けるために必要で……あ……あはは……」

    さやか「まぁ~どぉ~かぁ~……」ゴゴゴゴゴゴ

    まどか「ひぃ!?」

    ほむら「でも あなたも しあわせ になってほしいな(笑)」ボソッ

    さやか「!」

    杏子「とても とても やさしいメロディを奏でる(苦笑)」

    さやか「!!」

    まどか「わたしの とても とても  愛しい ひと(爆笑)」

    さやか「お……おおお…………おおおおお前らぁぁぁああああぁぁぁぁあぁああああああああ!!!!」


    759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:17:26.52 ID:JUZrx8Ez0

      ワーワー! バチャバチャ  トリャァ
            キャッキャッ    
        バシャァ!      ゴボゴボゴボ…
                 マタ ホムラチャンガ シズンデル!?
     ~ベランダ~

    QB“騒がしいね”

    マミ“ええ、そうね。自分の家じゃないみたい”

    QB“あと残された数日……楽しめばいいさ”

    マミ“うん、そうさせてもらうわ。人生で一番って言えるほどにね”

        ガラガラ  ダッ

    アレ? マミサン?   
           アノ シルエットハ マミサンダ
     ウソダロ… デケェ…
              …………

    マミ“これがシャア専用おᘄぱいよッ!!”ドーン!

      キター!   
           ソノヒョウゲン ヒワイダヨ マミサン 
    ゼッタイ チュウサン ジャネエヨ ソノオッパイ!!
                イッタイ ワタシト ナニガチガウト イウノ…

    QB「…………」


    765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:19:29.78 ID:JUZrx8Ez0

    QB「残念だよマミ……」

    QB「君なら僕側に来てくれると思ってたのになぁ……」

    QB「まあ、いいさ。僕はこの宇宙を救うためならなんだってする」

    QB「たとえ人間たちが言う卑怯な手を使ったとしてもね」

    QB「もう君たち魔法少女への、僕の挑戦は始まってるんだよ」


    QB「……マミ……」


    772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:24:18.16 ID:JUZrx8Ez0

     =VS ワルプルギスの夜 当日=


    ほむら「……ついにこの日が来たわね……。みんな準備はいい?」

    さやか「おーけー!」

    杏子「いつでもかかってきやがれ!」

    フル☆フェイス『準備万端よ!』ッターン!

    ほむら「……ふっ……それじゃ行きましょ! いざ! ワルプルギスの夜へ!!」

    さやか・杏子・フル☆フェイス「「『オーッ!!(ッターン!)』」」



    杏子「いやちょっと待て」


    779: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:27:40.04 ID:JUZrx8Ez0

    さやか「なに杏子? 出鼻くじかないでよ」

    フル☆フェイス『そうよそうよ!』カタカタ

    杏子「いやお前のことだかんね! 何でまたフル☆フェイスなんだよ! 首はどうした!?」

    フル☆フェイス『まだ完成してないのよ(´・ω・`)』カタカタ

    さやか「この数日遊びまくって魔女退治してないからね。あっはっは」

    杏子「あっはっは、じゃねえよ! アタシも一緒に遊んでたけど!!」

    ほむら「魔女退治以前に、ここ数日見滝原に魔女が一体も出現していないわ」

    フル☆フェイス「…………」

    杏子「手持ちのグリーフシードゼロで戦うのか……そりゃ結構きついかもな」

    さやか「回復薬無しでモンハンやるよーなことだよね」

    フル☆フェイス『自動回復はアリ?』カタカタ

    さやか「それはアリ」

    杏子「よく分かんねーんだけどその会話! つーか緊張感無さすぎだろッ!!」


    781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:31:12.80 ID:JUZrx8Ez0

     =VS ワルプルギスの夜=


    ワルプル《 エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー 》


    さやか「…………」

    フル☆フェイス「…………」

    杏子「…………」

    ほむら「…………」


    ワルプル《イッツカ キミガ ヒトミニトモス アイノヒカリガ トーキヲコーエテ》


    杏子「……なあ……あれ……鳴き声?」

    ほむら「そうね」


    787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:33:42.04 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 ホーロビ イソグ セカイノ ユメヲ タシカニ ヒトツ コーワス ダーロウ 》


    杏子「……なんか……歌ってね? 日本語……なのか?」

    ほむら「そうね」


    ワルプル《 タメライヲ ノミホシテー キミガ ノゾーム モーノハ ナーニ? コンーナ 》


    杏子「何で歌ってんだよ……薄気味悪いぜ……」

    ほむら「そうね」


    ワルプル《 ヨクブカイ アコガレノ ユクエニ ハーカナイ アシータハ アールノ? 》


    ほむら「サビに入る! 来るわよ! みんな構えてッ!!」
     
    杏子「サビに入ってから攻撃仕掛けてくんの!? だったら何で待ってたし!!」


    ワルプル《 子供の頃 夢に見てた 古の魔法のように 》


    杏子「本気で歌い始めた!?」


    800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:37:30.86 ID:JUZrx8Ez0

     ~まどか家~


    まどか「…………」

    まどか(お願いっ! みんな無事に帰ってきて!)

      
       コン コンッ


    まどか「!」

    QB“まどか。入っていいかい?”

    まどか「だが断る」キリッ

    QB「答えは聞いてない」スゥ


    まどか「…………」

    QB「…………」


    809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:40:56.63 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「……何しに来たの?」

    QB「それは質問なのかい? 確認なのかい?」

    まどか「…………」

    QB「……まあ、いいや。君はここで何をしているんだい?」

    まどか「……キュゥべえには関係ないよ」

    QB「そんなに警戒しないでくれよ。今回の僕は君と契約しに来たんじゃない」

    まどか「……だったら何しに……」

    QB「……人間ってのはすごいよね。本人とは関係ない赤の他人から力をもらえるんだから」

    まどか「……何が言いたいの?」


    QB「応援だよ、鹿目まどか」


    813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:43:29.83 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「…………」

    QB「君たちは美樹さやかを救ったじゃないか。実はその時、僕も少しは協力してたんだ」

    まどか(が・みゅ・びゃ・れぇ~……とかかな? あれは絶対協力の内に入ってないと思う……)

    QB「マミに応援ソングとやらを歌わされてね。実際役に立ったかは知らないけど、現に美樹さやかは帰ってきた」

    まどか(まったく役に立ってなかったと思うよ)

    QB「……ここで本題だ。応援は全く関係のないこの地で祈るよりかは、はるかにマシだと僕は思う」

    まどか「!」

    QB「美樹さやかと一緒に魔女の結界に何度も入った君なら、分かると思うんだけどねぇ~……」スゥ

    まどか「き、消えた!? どこ行くの!?」

    QB“それは質問なのかい? 確認なのかい?”

    まどか「…………ッ」ギリッ


    QB“ついておいで、鹿目まどか”


    814: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:47:15.47 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 願いぃぃぃぃいいいいいぃぃぃいぃいいいぃいぃいいいいいい!!! 》

          ドコォオンッ!

    さやか「ぐはっ!?」

    杏子「さやかぁ!? くっそぉ! よく分かんねえ攻撃してきやがって……」

    フル☆フェイス(無駄撃ちは控えなきゃいけないし……だからといってティロ・フィナーレは魔力の消費が激しいし……)

    杏子「なぁ、ほむら! お前何度もアレと戦ってんだろ! 弱点とか攻撃手段とか知らねえのか!」

    ほむら「私が知ってるのはビルを投げつけたり、変な炎を放ってくるぐらいよ! 撃ィ!!」

           ドンッ!

    杏子「お、お前っ! その戦車どっから持ってきたんだよ! つーか敵の情報少なすぎんだろ!!」

    戦車「キュルキュルキュルキュルキュルキュル」

    ほむら「ちっ! 効かないか……。しょうがないじゃない! 情報が無いのよ! いろんな意味で!!」

    杏子「そ、そうなのか……(あまり深く追及しないほうがいいな……)」


    820: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:49:16.50 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 いつか君も誰かのために 強い力を 望むのだろう 》


    ほむら「歌が2番に入った! さらに強い攻撃が来るわ! みんな気を付けてぇ!!」

    杏子「そうなの!? やっぱ歌と攻撃性は関係あったのかよ!!」


    ワルプル《 愛が胸を捉えた夜に 未知の言葉が 生まれて来る 》


    さやか「はあ……はあ……あたしだって…………役に…役に立つんだぁぁぁあああ!!」ダッ!

    ほむら「!!(美樹さやかは二度の魔女化で精神が弱っている! こんな状態で特攻は……ッ)ダメェ!!」


    ワルプル《 迷わずに行けるなら 心が砕けてもいいわ いつも 目の前の哀しみに 立ち向かう為の 》


    さやか「うおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおッ!!!」ダダダダダダダ

    杏子「ッ! あのバカッ!! さやかぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ!!!」ダッ


    ワルプル《 呪 文 が 欲 し い 》

            グシャッ!


    827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:52:56.84 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 君はまだ夢見る記憶  私は眠らない 明日 》

    さやか「きょ、杏子……?」

    ワルプル《 二人が出会う奇蹟を 勝ち取る為に 進むわ 》


    杏子「無茶しやがって……一人で突っ走てんじゃ……ねえ…よ……」


    ワルプル《 怯えるこの手の中には 手折られた花の刃 》  


    さやか「無茶なのはアンタの方だよ! あたしをかばっ…て……、ッ!」

    杏子「あん? 何だよ……こんぐらいの怪我……唾つけりゃ治っ……あれ…?」フラァ…


    ワルプル《 想いだけが生きる全て 心に振りかざす 》


    さやか「きょ、きょう……ッ!?」

    杏子「はは……泣き顔……アタシに…見せんじゃ……ねえ…………よ」ドサァッ…

    さやか「杏子ォォォォォォォォおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!」


    ワルプル《 願いぃぃぃぃいいいいいぃぃぃぃぃいいいいいいぃいぃいぃぃいいぃぃいいいいいい!!! 》


    835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:56:02.91 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 ~~~~~♪ ~~~~~~~~♪ ~~~♪ ~~~~~~~~~♪ 》


    さやか「杏子っ! お願い! 目を開けてッ! 死なないでよッ!!」

    杏子「バーカ……お前の声がでかくて……眠ることさえできねえよ……」

    フル☆フェイス“美樹さん! あんこちゃんを連れて早く安全なところへ!!”

    さやか「マ、マミさん……」

    ほむら「間奏中は攻撃してこないわ。私の手をとって」

    さやか「え……?」

    ほむら「早くッ!!」

    さやか「……ッ」

           パシッ!

        ほむら・ザ・ワールド!

    ―――――――カチンッ!   カチッ カチッ カチッ カチッ


    840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:57:41.25 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 》


    さやか「こ、これは……」タッタッタッタッタ

    ほむら「私の時間停止中の空間よ。そんなことより佐倉杏子を安全なところへ!」タッタッタッタッタ

    杏子「…………」

    さやか「…………っ」タッタッタッタッタッタ



    ほむら「はあ……はあ……ここまで来れば……」

    ―――――――――――――カチッ カチッ カチッ カチ… カチ… カ… カチンッ!


    ワルプル《 ~~~~~~~~♪ ~~~~~~♪ ~~~~~~~♪ ~~~~~~~~~~~♪ 》


    ほむら(時間停止が勝手に解かれた!? もう私の魔力も残り少ない……)

    さやか「杏子っ! しっかりしてよっ!!」

    杏子「……へっ、どんだけ荒い運転のタクシーだよ……思わず吐きそうになったぜ……」


    841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:59:14.35 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「……美樹さやか……あなたは佐倉杏子を看てなさい」

    さやか「あ、あたしも戦う!」

    ほむら「……はっきり言うけど……足手まといなのよ、あなたは」

    さやか「ッ! あたしだって戦える……杏子の仇を取るんだッ!!」

    ほむら「みんなッ!!」

    さやか「!?」

    ほむら「みんな生きて帰る……、 それがまどかとの約束でしょ!! そんなことも忘れたのッ!!」

    さやか(ま、まどか……)


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    さやか『……んじゃ、行ってくるわ』

    まどか『…………』

    さやか『ん? まどか?』


    845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:01:31.14 ID:JUZrx8Ez0

    まどか『私……ホントに嫌な子だ……。みんなに行ってほしくないって……ワルプルギスの夜なんかどうでもいいからって……』

    さやか『まどか……』

    ほむら『…………』

    まどか『みんな行かないでよぉ……独りにしないでよぉ……』

    杏子『…………』

    まどか『……ぅぅ……ぇぐ……』

    さやか『…………ていっ☆』スパァーン!

    まどか『いてっ! ……!?……ふぇ?』

    さやか『なーに、泣き言いってんのさ。私たちが負けるはずないじゃん!』

    まどか『……グス……でも……みんな戦ってるのに……わたし……何もできなくて……』

    ほむら『……あなたはいるだけで私たちの希望になるのよ。生きてまた帰ろう……生きてまたみんなと一緒に……ってね』

    まどか『ほむらちゃん……』


    847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:04:55.81 ID:JUZrx8Ez0

    杏子『それに、私たちの心配されてもねえ。だったら勝つように祈っておいてくれよ』

    まどか『祈…り?』

    杏子『そうだ、祈りだ。祈りの力ってすげえんだぞ?』

    まどか『……分かった。私祈ってる! みんなの勝利を!!』

    杏子『おお、その意気だぜ』

    ほむら『頼むわね』

    さやか『何か力が湧いてくる気がするよ』

    まどか『あと……約束して! みんな生きて帰ってくるって!!』

    さやか・ほむら・杏子『『『…………うん』』』


    さやか・ほむら・杏子『『『 約 束 す る !!』』』

               ・
               ・
               ・ 

    壁|☆フェイス(何これ……入りにくい……、というか何この疎外感……)


    851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:08:05.96 ID:JUZrx8Ez0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    さやか「まどか……」

    ほむら「思い出したのなら、そこで大人しくしてなさい」タッタッタッタッタ

    さやか「…………」

    杏子「…………さやか……お前……」

    さやか「…………ぅぅ……」

    杏子「……震えて……」

    さやか「……ホントはね……めちゃくちゃ怖かったんだ……」

    杏子「…………」

    さやか「正直に言うと……大人しくしてろって言われてホッとしているんだ……けどそんな自分が許せないッ!!」

    杏子「……さやか……」

    さやか「戦いたいよ……でも怖いの! 震えが止まらないの! できることならこの場から逃げ出し……あっ! その手があったか!!」

    杏子「さやか?」

              ダッ タタタタタタタタタタタ  ピュ~ン

    杏子「さやか? どこ行く…え? マジで逃げた? ええ!? マジで!? ちょ、ま、おまッ……さや…さやかぁぁああぁぁああ!!!」


    862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:11:44.57 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 囚われた 太陽の輝く 》


    ほむら「はあ……はあ……生きて…帰る……まどかのため……に……」


    ワルプル《 不思議の国の本が好きだった頃 》

           ゴォッ!

    マミ“きゃぁ!?”

    ほむら「マミ!!」


    ワルプル《 願いはきっと叶うと 》


    QB「あらら、予想以上にやられてるねえ」

    まどか「ッ! み、みんなは……?」


    867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:14:06.24 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「ま、まどか!? どうしてここにッ!?…………はっ!」

    マミ(キュゥ……べえ……?)


    ワルプル《 教えるおとぎ話を 信じた 》


    QB「おや? 美樹さやかと佐倉杏子がいないね。肉片にでもなったのかな?」

    まどか「そ、そんなっ……」

    QB「まあ、いっか。必要な役者は揃ったしね」


    ほむら「イ、イイィィンキュぅぅぅぅぅぅ……ッ!」


    ワルプル《 光 と 影 の 中 》


    ほむら「インキュベェェェェェタァァァァァァァァァあああああああああああッッッ!!!!!」


    QB「さあ、勝負だ。魔法少女たち!」


    870: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:16:29.80 ID:JUZrx8Ez0

     ~マミ家~


    杏子「ぜぇー……ぜぇー……さやかの奴……どうしてここに……?」

    さやか「…………」ポゥ…

    杏子「お前……ッ、それはマミの……」

    さやか「あっ! 杏子!? どうして来たのさ! 安静にしてなきゃダメじゃん!」

    杏子「テメエが勝手に走り出すから……、てかアンタ……それ……」

    さやか「そうだよ。こんな臆病なあたしより、ベテランのマミさんが100%の力で戦った方がいい」

    杏子「でも……魔力……足りないんじゃ……」

    さやか「……大丈夫……あたしの契約は癒しの祈りによるものだからね……これぐらいどうってことないよ」


    879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:19:08.26 ID:JUZrx8Ez0

    杏子「…………」

    さやか「……はぁ……はぁ……」ポゥ…

    杏子「…………ッ」バッ! ポゥ…

    さやか「! あ、アンタ……ッ!」

    杏子「アタシにも協力させろ。お前ほどじゃねえけど、少しは足しになるだろ」

    さやか「じゃなくてっ! アンタは自分で自分の怪我を治しなさいよ!」

    杏子「お前らのせいだかんなッ!!」

    さやか「えっ!?」

    杏子「お前らのせいでアタシは自分の為だけじゃなく……他人の為に魔法を使うようになったんだからなッ!」


    さやか「…………後悔しても知らないよ?」ニッ

    杏子「バーカ、後悔なんて、あるわけないだろ」ニカッ


    884: &gt;&gt;874 な、なにこれ! ちょー嬉しい//// 2011/03/31(木) 01:21:39.35 ID:JUZrx8Ez0

    B「まったく……人間は本当に愚かだ。君のことを言ってるんだよ? 鹿目まどか」

    まどか「え……?」

    QB「僕の口車に乗せられてこんなとこに来るなんて。来なければ、この光景を見ずに結果だけ分かったのになぁ」

    まどか「わたっ……わたしはどんなにキュゥべえに頼まれても魔法少女にならないよ!」

    QB「……違うんだよ……、全っ然、違うんだよなぁ……鹿目まぁどぉかぁ!!」

    まどか「ひっ……」

                  ・・・・
    QB「僕が君に頼むんじゃない。君が僕に頼むんだよ。契約させてくれ。魔法少女にしてくれってね」

    まどか「そ、そんなの……」

    QB「はあ……ったく、人間って奴は……。こっちが下手に出れば勝手に調子に乗って……立場ってものが分かってないよね」

    まどか「そんなのありえないよっ!」

    QB「あるさ! 宣言しよう。今から30秒後、君は僕と契約して魔法少女にしてくれって懇願するはずさ」


    896: &gt;&gt;884 ずれてる… 強調部分は「君が僕に」です… 2011/03/31(木) 01:26:23.54 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 静かに 咲き乱れていた 》


    マミ(か……鹿目さん……)

    QB「おやおや、マミはもう虫の息かい? そもそも息してないけどね」

    まどか「マミさん……ッ!」

    QB「彼女より厄介なのが残っているね。さて、どうしてあげようか」

    ほむら「インキュベェェェタァァァァァァァァアアアアアアアアアッ!!!」ゴォォォォォ!

    まどか「ほ、ほむらちゃん!?」

    QB「やれやれ、またあの火炎放射器かい。……そうだな……少し黙っててもらおうか」トンッ


    ワルプル《 古の魔法 優しく 》

         ギュォオオッ!!

    ほむら「なッ!?」


    901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:28:58.46 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「ほむらちゃん危ないっ!!」

    ほむら「くっ!」シュン!

    QB「ふむ……、やっぱり彼女の能力の時間停止は厄介だね」

    まどか「キュゥべえ……さっき……」

    QB「ふふ……、だったら……」トンッ


    ワルプル《 世界を変える 力が 》

          デュォオォオオッ!!

    まどか「ひゃ……っ」

    ほむら「ッ、まどっ……!?」

    QB「暁美ほむら、君以外の人間の場合はどうなんだい?」

    ほむら「まどかぁぁぁぁぁぁあああああああああああああ!!!」


    ワルプル《 その手にあ


       ほむら・ザ・ワールド!

    ―――――――カチンッ!   カチッ カチッ カチッ カチッ


    907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:32:43.33 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「まどかっ!」ドンッ!

    まどか「」ドカッ! ドサァ…

    ほむら「これでまどかは大丈……」

    ―――――――――――――カチ… カチ… カ… カチンッ!


    ワルプル     ると 囁く 》


        デュォオォオオッ!!


    ほむら「はッ!? っっあああ!!」

    まどか「え……? ほ、ほむらちゃん!?」

    QB「あ~らら、まともに能力も使えないようだね。魔力が足らないのかい? グリーフシードはどうしたんだ?
      ここ数日の見滝原に魔女が一体も現れなかった、なんてことは、ありえないしなあ」

    ほむら「はあ……はあ……、こっ、この外道がッ……」


    ワルプル《 終わらない 夢を 見よう 》


    まどか「嫌だよ……もうヤダよぉ……こんなの見たくないよぉ!」


    913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:34:32.48 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「……もうやめてよぉ…………キュゥべえ……」

    QB「何言ってるんだい? 鹿目まどか。まだ30秒経ってないよ。もう少しこの光景を見ておこうよ」

    まどか「いやだぁ……もうやだぁ……」

    マミ“随分とひどいことするのね、キュゥべえ”

    QB「マミかい? 何してるんだ? テレパシーするならまどかにしなよ。かわいそうじゃないか」

    マミ“私のテレパシーが鹿目さんに届かないようにジャミングしているくせに、どの口が言えるのかしらねえ”

    QB「あはは、バレてたか。言ったよね? どんな手も使うって。例えばこんな手もね」トンッ


    ワルプル《 君と行く 時の中で 》


        ズアァァァアアアッ!!


    マミ“ッ!? くああああぁぁッッ!!”

    まどか「ま、マミさぁんっ!?」

    QB「やっぱりテレパシーをジャミングするの止めようかな? 悲鳴がまどかに聞こえないんだよね。
      まあ、血が飛び散るだけで良しとするか」


    919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:37:22.36 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「…………ねえ……キュゥべえ」

    QB「ん? 何の用だい、鹿目まどか」


    ワルプル《 想いだけが 生きる全て 》


    まどか「私……決めたよ……」

    QB「そうかい……僕が言ったことは覚えてるよね?」

    ほむら「……うそ……うそよ……やっとここまで来たのに……」

    まどか「…………うん」


    922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:39:10.29 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 命を 作るのは 》


    QB「丁度30秒だ。今までで一番長い30秒だったよ。僕にとって、たぶん君にとってもね」

    ほむら「……約束……約束したじゃない……」

    まどか「…………私の願い……聞いてくれるかな?」

    QB「……うん。いいよ」

    ほむら「だめ……だめよ…………まどか……」

    まどか「…………私を……」

    ほむら「…だめぇ……………だめぇぇえ……!」

    まどか「魔法少女にっ!」

    QB「…………」

    ほむら「だめぇぇぇぇぇぇぇええええええええええええええええええええッッッ!!!!」


    ワルプル《 願いぃぃぃいいいぃぃぃいいぃいぃいいいいいいぃぃぃいぃぃいいいいいいいいいい!!!! 》


    QB「チェックメイトだ、魔法少女たち!」


    925: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:40:50.57 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「しt











    さやか「マミさぁぁぁぁぁぁあああああああんッ!!! 新しい顔だよッ!! それっ!!!」


                   ブ ン ッ!!


    938: &gt;&gt;603 読まれてただとッ!? 2011/03/31(木) 01:44:12.84 ID:JUZrx8Ez0

    マミ“えっ! な、なに? ブゴヘッ!?”ドコォッ!

    さやか「……あ、あれ?」

    杏子「ちょ、人の顔をぶん投げてんじゃねえッ!!」

    さやか「首に回転しながら入って、元気百倍すると思ったのに……」

    杏子「ならねーよ! つーかさっきからアンパンマン押し過ぎだっつーのッ!!」


    まどか「さやかちゃん! 杏子ちゃん!」

    QB「あれま、生きてたんだ。これは予想外だったなぁ」


    マミ“痛た……なによぉ……ってこれ私の頭!? 完成してる……”

    さやか「マミさーんっ! それ作るの結構苦労したんですからねーッ!」

    杏子「それで速攻やられたら承知しねえぞーッ!!」

    マミ“美樹さん……あんこちゃん……うん、分かったわ! これならいける!!”

    QB「何がどういけると言うんだい?」トンッ


    942: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:47:04.50 ID:JUZrx8Ez0

    ワルプル《 エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー 》

            スッ……    ヒュンッ!


    マミ“えッ!?”


         ドゴォォォォオオオオオオンンン……!!


    まどか「マミさんっ!?」

    さやか「ビルに押しつぶされた!?」

    杏子「速攻やられてんじゃねーかッ!?」

    ほむら「…………ッ」

    QB「これで完成したばかりの頭もマミもぐちゃぐちゃだね。戻ってきた美樹さやかと佐倉杏子は魔力が
      ほとんど無さそうだし、残りの魔法少女は君だけだよ。暁美ほむら」


    ほむら「それは違うわ……」

    QB「?」


    956: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:54:09.59 ID:JUZrx8Ez0

    ~~、

    まどか「…………あれ?」

    ほむら「生きてるわ」


    杏子「……あの輝き……おい、見ろよあれ……」

    さやか「…………うん、見えてる」

    ~~~♪

    まどか「この曲……っ」


    ほむら「巴マミは生きている」


    ~~~~~~♪

    まどか「この……変な曲っ!!」

    さやか「やっぱりすごいなぁ……マミさんは…」


    ほむら「私たちが信じ続けてる限り!!」


    ―――――― サールティー  ロイヤーリー  タマリーエ パースティアラーヤー レースティングァー


    983: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:01:34.52 ID:JUZrx8Ez0

    ―――――― サールティー  ロイヤーリー  タマリーエ パースティアラーヤー レースティングァー


         「愛と勇気と友情が 願いと共に ひとつの頭に込められて」


      「絶望も 悲観も 苦悩も 無力感も 全部まとめて吹き飛ばす力となるッ!!」


                   ビ シ ィ ッ !!


    「運命は変える 変えられる 変えてみせる!  その希望の力を みんなから託された!!」



         「私を誰だと思ってる!!  フル☆フェイスじゃない!」


              「私はマミっ   魔法少女……」



    「 マ ミ ☆ マ ギ カ だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああッッッ!!!!」


    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:11:46.15 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「マミさんっ!」


    さやか「マミさん……」


    杏子「マミっ!」


    ほむら「……巴マミ」



    QB「…………」


    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:13:40.65 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「みんなっ! 久しぶりになるわね、この顔は」

    まどか「……まぁ……まむぃ…グス…まみさぁん……」

    マミ「鹿目さん、まだ泣かないの。 泣くのは全て終わってから!」

    まどか「……ゴシゴシ……、うん!」

    ほむら「…………」

    マミ「暁美さん、ありがとね。またあなた独りで戦わしちゃったわね」

    ほむら「…………」フルフル

    マミ「美樹さんもあんこちゃんも! 私の頭作ってくれてありがとう!」

    さやか「こ、これぐらいどうってことないですっ! はいっ!」

    杏子「あんこって呼ぶなーっ!!」


    マミ「ふふ……さぁ~て、長い戦いだったけど最後は一気に片づけてやるわ!!」


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:17:53.86 ID:JUZrx8Ez0


    ワルプル《 エエエ~ェーェー エエエ~ェーェー 》

    マミ「……あなたも元は希望に満ち溢れる魔法少女だったのかもね」

    ワルプル《 エエエ~ェーェー エエエ~……ェー 》

    マミ「でも私たちは進むわ。たとえあなたを踏み台にしても!!」


    ワルプル《 エエ………ェー…ェー エエ…ェー………… 》


    マミ「もう疲れたでしょ……。もう、いいのよ……。だから……早く休みなさい」


    ワルプル《……………………………………》


    マミ「ふふ……、いい子ね。じゃあ……いくわよ」



    マミ「ギィィィイイガァァアア……! ティィィロォォォオオオオオ…………!!」


    マミ「フィナァァァァレェェェェェェェェェエエエエエエエエエエエエエエエエエッッッ!!!!!」


      ドッッッガァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアンッッッ!!!!!


    38: &gt;&gt;27 すげぇ…… 2011/03/31(木) 02:20:49.68 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「………やっ……」

    マミ「……ふぅ、……さよなら」

    さやか「……やっ…………」

    マミ「もう首無しじゃないけど、デュラハンの最後の使命を果たせたわよね?」

    杏子「やっ……………」

    マミ「きちんと天国に送れたかしら……」

    ほむら「やっ…………やぁっ……」


    マミ「あれ、みんな? どうしたの、黙っちゃって。終わったわよ」



    「「「「やぁっっったぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああ!!!!」」」」


    42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:22:35.06 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「ふぇぇぇえええん! よかったぁぁあ! よかったよぉぉおお!!」

    マミ「ふふ、鹿目さんっ、かわいい顔が台無しだぞっ」

    さやか「まったく……グス……まどかは泣き虫だなぁ」

    杏子「そういうお前だってぇ……泣いてんじゃねえか」

    さやか「杏子だって目に涙溜めてんじゃん」

    杏子「ち、ちげえよっ! これは……目にゴミが入っただけだ!」

    ほむら「…………エグ」

    さやか「ほんとかよ……。あーっ! ほむらも泣いてるっ!!」

    ほむら「!! な、泣いてなんかっ、いないっ、わっ、……わたしもっ目にゴミがはいっ、はいっただ……け……よぉ…」


    マミ「…………暁美さん……ガマンしなくていいわよ」


    ほむら「ぅぅ……別っにっ……そんなっ、ことっ、ぅぁ……ぇぐ……うぅぇ……うええぇぇぇぇええええぇぇえええええんっ!!!」


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:25:08.05 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「よしよし」

    ほむら「うえぇぇぇえええぇぇぇええええんっ!! ふぇぇぇぇえええええぇぇぇぇええぇぇえええぇぇえええええんっっ!!!」

    さやか「あんなほむら初めて見たよ……グス」

    杏子「ずっと溜め込んでたもんな……やっと叶ったんだもんな……ズズ」

    まどか「……ほむらちゃん…ごめんなさい……わたし…キュゥべえと……」

    ほむら「グス……エグ……全部言わなくていいわ……。いいのよ…あなたが無事ならそれで……もちろんみんなもっ!」

    さやか「へへ///」

    杏子「ふん、当ったり前だろ////?」

    マミ(その張本人が見当たらないのだけれど……どこ行ったのかしら?)


    47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:26:28.20 ID:JUZrx8Ez0

    さやか「てか、今更だけど何でまどかがここに!?」

    まどか「え……え~と……、来ちゃった」

    杏子「来ちゃった、じゃねえよ! 祈ってろって言ったろ!」

    まどか「だって……みんなが心配で……」

    マミ「まあまあ、その辺にしておきなさいよ」

    ほむら「まどかがキュゥべえと一緒に来たときは、本っ当に焦ったわ。デジャヴ感が半端なかったわよ」

    まどか「ごめんね、ほむらちゃん……もうしないよ、あんなこと……」ギュゥゥウ

    ほむら(ほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむほむ///////)

    杏子「ったく、まどかの奴、無茶して……あ痛たた……」

    さやか「無茶なのはアンタも一緒だよ……こんな怪我までして……」

    杏子「これぐらい唾つけてりゃ治るって言ったろ。……さやかの『癒し』のを……さ…////」

    さやか「…………ばか杏子……////」


    マミ「はいはい! まーた桃色空間かよ! 首の有る無し関係なしに、はぶられるのね、私!!」


    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:28:52.53 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「ところで、よく私の頭治せたわね。魔力足りたの?」

    さやか「えへへー、大丈夫ですよ。結構ギリギリだったけど」

    杏子「一番むずかったのは顔の部分だよな。さやかなんか間違えて松崎しげるみたいな顔にしてたし」

    マミ「色黒ッ!?」

    さやか「そ、そういう杏子だって、みのもんたみたいな顔にしてたじゃん!!」

    マミ「朝ズバッ!?」

    杏子「いやいや、さやかよりマシだって。他にも笑福亭鶴瓶みたいな顔に……はっ!?」

    マミ「…………」ゴゴゴゴゴゴゴ

    さやか「で、でででも! 最後には以前と全く同じ顔にできたわけだし!」

    杏子「そ、そそそうだ! めっちゃ苦労したんだぞ! そのロールもッ!!」

    マミ「私の髪型はぁぁ……、ツインドリルだぁぁぁあああッ!!!」

    さやか・杏子「「キレるとこそこッ!?」」

     ワーワー! ギャーギャー! マチナサーイ!!

    まどか「あはは!」

    ほむら「クスッ」


    62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:31:23.14 ID:JUZrx8Ez0

        アハハ! ワー! ワ-!
          キャッキャッ    ギガドリルゥゥ!
                         ギャァー!?


    ほむら「……あは……あははは! ……やっと……」


    ほむら「約束……果たしたよ」



    ほむら「……まどか……」



    まどか「ほむらちゃん?」

    ほむら「いいえ、何でもないわ……まどか」ファサァ


    68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:34:24.42 ID:JUZrx8Ez0

    さやか「あははは………ぇ? ……くぅ……っあああ!!!」

    杏子「さやか? おい、どうし……た……? っ……ぅぅ……ぁぁ…ぁああああ!!!」

    マミ「……え?」

    まどか「さやかちゃん!? 杏子ちゃん!?」

    ほむら「ソウルジェムがかなり濁っている……(やはり巴マミの頭を治すのに魔力を使い過ぎていたのね……)」

    まどか「それじゃ……二人は……」

    ほむら「安心して、まどか。ワルプルギスの夜を倒したのだから、そいつのグリーフシードを使えばいいのよ」

    グリーフシード「…………」




    QB「パクッ」

    マミ・まどか・ほむら「「「あ!?」」」

    QB「ゴクン、きゅっぷい」


    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:38:03.68 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「グリーフシードを……」

    まどか「食べちゃった……?」

    ほむら「インキュベーターッ!!」ジャキッ!

    QB「暁美ほむら、君は僕を殺したらグリーフシードが出てくると思うのかい?」

    ほむら「くッ!」

    さやか「ぁああ! ………っぅうあああ!!」

    杏子「ぅぅぅうう!! っくぅ……うああっ!!」

    まどか「なんでなの……どうしてなの……グリーフシード出してよ!!」

    マミ「キュゥべえ……」

    QB「どんな手でも使うと言ったろう? 悪いね、僕は君たちに二度、嘘をついていた」


    88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:41:05.19 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「うそ……?」

    QB「ああ、ひとつはマミ、君にだよ。僕の挑戦はワルプルギスの夜の間って言ったけど、それは違う」

    ほむら「…………ッ」

    QB「マミの頭が治ってワルプルギスの夜を倒すのは予想外だったけど、計算外ではなかった。
      ワルプルギスの夜が終わって、希望の絶頂の今こそが本命だったんだよ」

    まどか「いやだ……なんで…………全部終わったんじゃないの……」

    QB「そしたらもうひとつの嘘も分かるよね?」

    さやか「あああッ! っぁあ! あああぁぁァァァァアアアアアアアアアッ!!!」

    QB「さっき言ったチェックメイト、あれが嘘だ」

    杏子「くぅぅぅううう……さや……さやかぁぁ………さやかぁぁァァァアアアアアアアアッ!!!」


    QB「今度こそ本当のチェックメイト、僕の勝ちさ! 魔法少女たち!」


    96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:44:50.27 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「……あなたは……あなたはどうしてそこまでするの?」

    QB「それが宇宙の為、僕の使命だからさ」

    ほむら「まどかっ! そいつの言葉に耳を傾けちゃだめぇッ!!」

    QB「早くしなよ。道は一つしかない。君たち人間に分かりやすいようにかなりシンプルにしたんだ。
      あとは決断だけ。簡単だろう?」

    まどか「…………」

    ほむら「まどかっ!!」

    QB「見捨てるのかい? 君たちが言う友達って奴を。まどかの性格じゃ考えられないんだけどなあ」

    ほむら「黙れッ!!」ゴォォォォォ!

    QB「ああ熱い、熱い。その火炎放射器で僕の仲間が何体壊れたんだか」

    ほむら「き、効かないっ!?」

    QB「暁美ほむら。あまり僕の邪魔をすると、君から……潰すよ」

    ほむら「ッ!?」


    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:47:40.43 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「キュゥべえ……」

    QB「なんだい、マミ。黙ってたらいいものを。君も邪魔するってんなら、容赦はしない」

    マミ「あなたは……私の恩人であると同時に敵でもあるのよね」

    QB「……うーん。君たち人間が言うんならそうかもしれないね」

    マミ「そう……」

    QB「……それだけかい? だったら下がっててくれ。もうそろそろ最高のショーが見れるよ」


    さやか「アアアアアアアッッ!! ァァァアアア、マ、マドカ……マ、まどかっ!」

    まどか「さやかちゃん!?」

    さやか「まどか……ゴメンね…最後がこんな落ちで……。でもね……後悔なんて無いんだからね……」

    まどか「さやかちゃん……わたしっ」

    さやか「あはは……なんつー顔してんのさ……アンタは優しい子だからね……でも今思ってることを…口にしちゃだめだよ…」

    まどか「でも……ッ、でも……ッ」


    さやか「キュゥべえの勧誘に屈すんじゃないよ………はあ…はあ……あと約束……守れなくて………ごめ……ん」

      パキンッ!
          ゴォォォォオオオオオォォォォォオオォォオオォオオォォオオオオォォォォォォオオオオオオッ!!!


    111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:50:47.10 ID:JUZrx8Ez0

          「オオオオオオォォォォオオォオォオオオオォォォォオオオオ!!!!」


    QB「いやー、三度目の魔女化か。すごいね」

    まどか「……さやかちゃん……」

    杏子「くそっ……はあ…はあ…さやかの奴……先…いきやがって……いいよ…一緒にいてやるよ…。……おい、まどか…」

    まどか「……杏子ちゃん……?」

    杏子「アタシも……もう、もちそうにない……だから…さやかの後を追うよ……最悪な置き土産を…許してくれ……」

    まどか「そんなっ……杏子ちゃんまで……っ」

    杏子「アンタらと過ごした数日間……すごく楽しかったよ……みんなと出会えて本当に良かった……」

    まどか「…………ぅぅ………ぅぅうう」

    杏子「だからと言って……キュゥべえなんかに負けんじゃねえぞ……じゃねえとほむらが救われねえ……」

    ほむら「…………ッ」


    杏子「ああ…………もう一度だけ……みんなと…風呂……入りたかった……………なあ…」

       パキンッ!
          ゴォォォォオオォォォォオオォォオオオオォォオオオオオオォォォォォオオォォォオオオッ!!!


    116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:52:36.17 ID:JUZrx8Ez0

        「アアアアァァァァァァァアアアアアァァァァァアアアアアァァァァァ!!!!!」


    QB「あ~あ、まどかがもたもたしてるから、二人とも魔女になっちゃったじゃないか」

    まどか「ぅぅぅううう…………ぅうあああああ……うああああああああああああああああああ!!!!」

    QB「まあ、まどかが魔法少女になれば二人とも救えるかもしれないよ?」

    まどか「うぁぁあああああぁぁぁあああ…………うぁぁぁああぁあああああぁぁあああ!!!」

    ほむら(どうして……どうしてこんなことに……)

    QB「早くしてくれないかな? 僕だってずっと待ってるのは好きじゃない」

    ほむら(なにか……なにかないの……?)

    QB「さっさとしないと君の前から逃げちゃうよ……?」

    ほむら(なにか……解決の糸口は……っ)


    QB「希望が」

    ほむら(希望は!)


    マミ「…………」ザッ

    QB「……マミ……」


    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:55:03.68 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「…………」

    ほむら(…………マミ)

    QB「どうしたんだい、マミ。君もそろそろ危ないんじゃないかな?」


          「オオオオォォオォォオオォオオオオオオォオオオォォォォォオオ!!!」

          「アアアアァァァァアアァァアアァァァァァアアアアァァアアアア!!!」


    マミ「……二人とも……みっともない姿になっちゃって……美樹さんにいたっては三度目じゃない! 懲りないわねえ」

    QB「…………」

    ほむら「巴マミ……あなた…いったい何を……。ッ! あなた……ソウルジェムが……」

    マミ「うん、真っ黒」


    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:57:35.82 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「綺麗なイ工口ーだったのになあ……」

    QB「……マミ……、君は……まさか…っ」

    マミ「ふふ……ねえ、鹿目さん?」

    まどか「ぅぅぅうああ……ぅぅ……ふぇ?」

    マミ「ほら! もっとシャキッとして! 鹿目まどかさんっ!!」

    まどか「ふぁっ!? はいっ!!」

    マミ「ふふ、いい返事ね。これから先輩として、友達として最後の言葉を残すからね」

    まどか「最後って……」

    マミ「あら、なんか遺言みたいね。まあ、あまり変わらないか」

    まどか「やだよぉ! マミさんまで……そんなのやだよぉ!」

    マミ「こら! 人の話は最後まで聞く!」

    まどか「ぅぅ……グス……ズズ」


    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:59:41.28 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「鹿目さん……あなたは美樹さんが言ってたようにとても優しい子。そしてとても強くて、
       いっぱい希望が溢れてる子よ。あなたは……その希望を絶望に変えちゃダメなの」

    まどか「…………」

    マミ「……だから……私と約束して。私がいなくなっても、キュゥべえと契約して魔法少女にならないって」

    まどか「…………コクン」

    マミ「いい子ね」クス

    まどか「マミさんは……どうするんですか……いなくなっちゃうんですか……」グス

    マミ「そうね……まだデュラハンとしての仕事が残ってるから……もう首は繋がったけど」

    まどか「……ぅぅ……ぃゃ…………ぃゃぁ……」

    マミ「まったく……、メソメソしない!『ずあっ!!』ってやるわよ!『ずあっ!!』って!」

    まどか「ひぃ!?」ビクッ!

    マミ「ふふ、冗談よ」


    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:01:10.97 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「…………」

    マミ「ほっむほむぅ~!!」

    ほむら「ビクゥ! な、なに?」

    マミ「なにって、あなたにもあるわよ。えっと……もう遺言でいっか」

    ほむら「別に聞きたくないわ」

    マミ「え~! 冷たいなぁほむほむぅ~。眼鏡時代のほむほむはどうしたのよぉ!」

    ほむら「…………んで……」

    マミ「……え?」

    ほむら「あなたは何ですぐ死んでしまうの! 私のループであなたは一度も生き残ったためしがないっ!
        あなたは何でそこまでッ! あなたは……なんで……どう…して……」

    マミ「…………」

    ほむら「もう……わたしに……あなたの…死んだ姿を…見せない………で…よぉ……」


    140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:03:47.89 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「…………」

    ほむら「ぅぅ……ぁあぁぁぁあ…………ぅぅぅぁぁあああ……」

    マミ「……フッ、私はほたr

    ほむら「こんな時に冗談言ったら許さない」グスッ

    マミ「……すいません」

    ほむら「……エグ……グス……」

    マミ「……何でって言われてもねえ……」

    ほむら「…………」

    マミ「そんなこと分からないわよ」

    ほむら「え!?」

    マミ「人がいつ死ぬのなんか分かるはずないわよ」


    143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:05:44.58 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「……だってあなた運命を……」

    マミ「運命はすでに変わってるわ。みんなと……あなたと会えた時から少しずつね」

    ほむら「…………」

    マミ「いい加減、私の遺言聞いてよぉ~ほむほむ!」

    ほむら「……分かったわ」

    マミ「ふふ……、暁美ほむらさん! 通称ほむほむ!」

    ほむら「……あなただけよ」

    マミ「あなたは……鹿目さんを守って欲しいの」

    ほむら「え……?」

    マミ「キュゥべえだけからじゃないわ。あの子は強いけど色々無茶するでしょ? それはあなたも同じことか……。
       まあ、ずっと一緒にいてやりなってことよ!」

    ほむら「……巴…マミ……」

    マミ「もう~! マミマミって言ってくれなきゃイヤっ!」

    ほむら「…………マミ…さん」

    マミ「何急にかしこまっちゃって! けどそれもかわいいから許す!」


    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:07:55.11 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「…………」

    マミ「さあ、最初のお仕事よ。暁美さん。鹿目さんとできるだけ遠いところに逃げて」

    ほむら「っ、……で、でも」

    マミ「早く行ってッ!」

    ほむら「っ!」

    マミ「ふふ……」


    マミ「かわいい後輩たちに……カッコ悪いとこ見せられないもの」


    ほむら「ッ!!……行くわよ、まどか」

    まどか「えっ!? で、でもマミさんが……」

    ほむら「……行くのよ……」

    まどか「でも……」

    ほむら「まどかッ!!」

    まどか「!! ぃや……やだ……マミさん…マミさ……マミさぁぁぁあああああんッ!!」


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:09:49.96 ID:JUZrx8Ez0

    QB「……行ったみたいだね」

    マミ「ええ……。あなたにもあるわよ、キュゥべえ」

    QB「……?」


    マミ「しつこい男は嫌われるぞっ☆」


    QB「………そうかい。……なあ…思いついたのかい? あの答えを」

    マミ「ええ、ワルプルギスの夜を倒して、みんなと喜びあって……やっと思いついたわ」

    QB「それじゃ、聞かしてくれよ。何故君たち人間は、赤の他人を信じられるのかい?」


    マミ「それは―――――――





          ―――――――――― 心が繋がってるからよ」


    155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:13:12.00 ID:JUZrx8Ez0

    QB「心が……? それは君たちのソウルジェム……」

    マミ「いいえ魂ではないわ。心はソウルジェムより脆くて……弱い……」

    QB「…………」

    マミ「けれど……ソウルジェムより壊れにくくて、強いのよ」

    QB「……矛盾してないかい?」

    マミ「そうかもね」

    QB「……はあ……また人間の訳が分からないことが増えたよ」

    マミ「だったらもっと人間を勉強して、理解しなさい」

    QB「理解……か。うん、善処するよ」

    マミ「なら、よろしい。あっ、私、キュゥべえに一つ嘘ついてたわ」

    QB「おかえしかい?」

    マミ「まあ、そうなるわね」

    QB「……聞かしてくれよ」


    159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:15:54.70 ID:JUZrx8Ez0

    マミ「ええ、ベランダで話したことなんだけど……魔法少女は運命を変えられるみたいな話になったじゃない?」

    QB「ああ……そうだね」

    マミ「私は……運命を変えられるのは何も魔法少女だけじゃないと思うの。変えたいって意思さえあれば、
       普通の子供、普通の大人、普通の女子中学生、でもね」

    QB「…………」

    マミ「……否定しないの?」

    QB「……いまさらマミの発言を否定してもきりがないからね。そもそもそれは嘘だったのかい?」

    マミ「うっ……、うるさいわねえ! さっきからあなたにしてやられてるから、これぐらいいいでしょ!」

    QB「ははは。しかし驚いたよ。君がこんな手段を選ぶとはね。怖くは無いのかい?」

    マミ「怖いわよ。でも私は生き続けるわ」

    QB「?」

    マミ「あの子たちの中でね」


    162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:17:52.62 ID:JUZrx8Ez0

    QB「……ふう……それといい、復活の時や必殺技といい、君はグレンラガンが好きだねえ」

    マミ「え!? なにキュゥべえもグレンラガン知ってたの? なによぉ~、もっと早く言ってくれたら色々語ることもあったのに!」

    QB「そうだね……もっと早く……ね」

    マミ「…………ええ……」

              「オオオオオオオォォォオオオオオォォォオオオオオ!!!」

              「アアアアァァァアアァァアアアアアアァァァァアア!!!」


    マミ「悪いわね……あなたたち、随分待たしちゃった。…………、キュゥべえ」

    QB「なんだい?」

    マミ「あなたも早くここから離れた方がいいわ。巻き込まれるわよ」

    QB「いや……いさしてくれ。君の最期が見たいんだ」

    マミ「え? 何それ? あは…あははは! 似合わないわねえ! あははははははははは!」

    QB「…………」

    マミ「ふぅー…あーおかしい。……まったく、変なこと言わないでよねえ……でも、ありがと……はあ……ホントに…もう……ぅ…」


    168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:22:17.97 ID:JUZrx8Ez0




       後輩だけにじゃなく……あなたにも私のカッコ悪いとこ…見せたくなかったのになあ……



    ―――――――――――ピシッ ピシ ピシ







             …………キュゥべえ…………




    ―――――――――――バキンッ!



    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:25:14.76 ID:JUZrx8Ez0

              ・
              ・
              ・
              ・
              ・


    ほむら「…………巴マミ……」

    まどか「うぁぁぁぁあぁぁぁぁ……うううぅぅぅぅぁぁあああ………」

    ほむら「………………ぅぅ……」




    QB「いやー、すごい爆発だったね」




    ほむら「イン……キュベーター……」


    175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:27:46.22 ID:JUZrx8Ez0

    QB「生への執着心がすごい巴マミが自爆とは……これは予想外であり、計算外だったよ」

    ほむら「……何しに来たの…」

    QB「君じゃないよ、用があるのは鹿目まどかだよ」

    ほむら「あなたまだッ……!」

    まどか「……グス……なに…? キュゥべえ……」

    QB「これで最後だ、鹿目まどか」



    QB「僕と契約して、魔法少女になる気はあるかい?」


    180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:32:00.02 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「……それは……」

    ほむら「…………」

    まどか「……それは質問じゃなくて、確認だよね……キュゥべえ…」

    QB「…………」

    まどか「私は……何も役に立たない自分が嫌だった…。みんな戦ってるのに何もできない自分が嫌だった」

    ほむら「…………ッ」

    まどか「でもそれは違う……。何も役に立たないんじゃなくて、何も役に立とうとしない自分。何もできないんじゃなくて、何もしない自分に気づいたの」

    QB「…………」

    まどか「私だって……私にしかできないことをやるんだって決めたの」

    ほむら「…………」

    まどか「苦しいことも悲しいことも、いっぱい、いっぱいあったけど……私は希望を捨てないっ! あなたの力なんか借りないっ!」


    まどか「私は魔法少女にならないっ!!」


    まどか「それが……さやかちゃんの想い、杏子ちゃんの祈り、ほむらちゃんの願い……そして―――――――


    ――――――――――――――マミさんとの約束だからっ!!」


    183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:34:49.96 ID:JUZrx8Ez0

    QB「…………」

    ほむら「……まどか……」

    QB「なるほどねえ……僕の挑戦は敗北で終わったというわけか」

    まどか「……ぅぅ……みんな……」

    ほむら「…………」



    QB「でもただじゃ終われないね」


    ほむら「……っ!? ああっ!! ぅぅぅああああっっ!!!」


    188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:38:06.05 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「ほむらちゃん!? キュゥべえ! ほむらちゃんに何したのっ!?」

    QB「何もしてないさ。たぶん暁美ほむらの魔力が底に着いただけだと思うよ」

    ほむら「あああっ!! くぅぅぅぁあぁぁあああっ!!」

    まどか「ほむらちゃん……」

    QB「さて、どうするんだい? 鹿目まどか。君しかできないことをやって見せてよ」

    まどか「ほむらちゃん……ちょっと待ってて……すぐ戻って来るから……」

    ほむら「ま…まどっ! ぁぁああああぅぅぅうあぁぁああああッ!!」

    QB「何する気だい?」

    まどか「魔法少女はここだけじゃないでしょ……今から行ってグリーフシードを譲ってもらう……。
        それか……この前の病院みたいにグリーフシードが落ちてるかもしれない……」

    QB「不可能だ。間に合うはずがない」

    まどか「不可能とか可能とかじゃないっ! やるのッ!!」

    QB「…………」

    ほむら「……まど…か………っぅぅうぁああ!」


    190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:39:44.83 ID:JUZrx8Ez0

    QB「…………」

    まどか「…………」

    QB「……ふぅ、ダメだ。全く理解できない。本当に訳が分からない。君たち人間、君たち魔法少女」


                   「君、鹿目まどかは」


    グリーフシード「コロコロ」

    まどか「! これ……」

    QB「使いなよ。さっきの魔女が落としたものさ」

    まどか「でも……」

    QB「安心しなよ。別にこれと交換条件に魔法少女になれ、なんて言わないよ。ちょっと前の僕なら言ってたかもしれないけど」

    まどか「……ッ」ギュッ

          シュゥウウ……

    ほむら「ま……まどか……?」


    197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:44:09.00 ID:JUZrx8Ez0

    まどか「ほむらちゃぁぁああん!! うわぁぁぁぁぁあああああああん!!」ダキッ

    QB「良かったね、暁美ほむら。これで当分魔女化する心配は無くなったよ」

    ほむら「あなた……今度は何を企んで……ッ」

    QB「…………」クルッ

    まどか「ぁぁぁああああああ……ぅぅぅうううう……みんなぁ……」

    QB「これは独り言なんだけど……」

    ほむら「…………」


    QB「まだ宇宙のエネルギーのノルマを達成できていないんだ。まどかが魔女になってくれれば達成できそうだけど……」

                  ・・・
              「まあ、今回は無理そうだね」


    ほむら「……何が言いたいの…?」

    QB「さあ? あっ、そうそう!」クルッ


    205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:47:16.94 ID:JUZrx8Ez0

          君の 願いは 無事  叶った  みたい だね



    ――――――――え?



            お めで  ト  う


    ――――――――今 何て ?


                   か ラ
        心  の             賞賛    ス ru よ
             そこ


    ――――――――今 何て言ったの ?


      ア
         ke
       
    mi


          む  
            ら


    211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:51:02.11 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「…………」

    まどか「ぁぁぁああああああああ…………ぅうぁぁぁあああっうぅぅ………」

    QB「…………」

    ほむら(これが私の望んだ未来……?)

    まどか「ぅぅぁぁ……さやかちゃぁぁああん………きょうこちゃぁぁあん……ぅぅああ…」

    QB「…………」


    ほむら(これが私の願った未来……?)

    まどか「ぅぅぇえぇぇ…………まみ……まみさぁぁぁあん」

    QB「…………」


    ほむら「……これが……」

    まどか「ぅぅぅぁぁ………ぅぅぅうう…………………みんなぁ…」

    QB「…………」



    ほむら「 ま ど か と 約 束 し た 未 来 ? 」


    216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:54:55.22 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「…………」

    QB「…………」

    まどか「ぅうっ……えぐっ……うう…………」

    ほむら「……ごめんね、まどか」

    QB「…………」

    まどか「……グス……ふぇ?」


    ほむら「やっと……やっと果たせたのに……」

    QB「…………」スゥ

    まどか「……え……? なにを言って……?」


    ほむら「約束…………破ることになりそう」


    まどか「ほ……ほむらちゃ


    ―――――――――――カチ カチ カチッ  カチンッ
     

                       ギュン――――――――――――――――――――――――


    221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 03:57:35.61 ID:JUZrx8Ez0

    ――――――――――繰り返す



    ――――――――――私は 何度でも繰り返す



    ――――――――――たとえ 永遠の迷路に閉じ込められても


    ――――――――――たとえ インキュベーターの手のひらの上で踊らされていても




    ――――――――――みんなが生きて帰れる 笑顔の ハッピーエンドまで





    ――――――――――私は 諦めない


    238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:03:09.65 ID:JUZrx8Ez0

    ほむら「はっ!」

    ほむら「…………」


    ほむら(いつもの部屋……)

    ほむら(いつもの服……)

    ほむら(いつもの……日付)

    ほむら(……戻ってきた……)

    ほむら(……何やってんだろ……私……。まどかだけでも精一杯だったのに……全員だ…なんて……)

    ほむら「けど……挫けない……あの日々を、あの日常を取り戻すまで」


    ほむら「自信は……ない。だけど、やる。やってみせる。これは私だけができることだと思うからっ!!」



      「メ、メガンテェェェェエエエェェぇぇぇぇえええええぇええぇえええええッッッ!!!???」


    ほむら「……え?」


                                           Fin.


    243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:04:51.38 ID:FRnDCOC50

    マミさん記憶持ち越してるwww


    248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:05:24.47 ID:rjvpT0bSQ

    強くてニューゲーム


    252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:05:46.40 ID:WGJ04KWC0

    これは勝った 乙


    260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:07:08.29 ID:svXod63G0

    乙!
    グレンラガンの次はドラクエかwww


    261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:07:13.31 ID:ZOGCQz7w0

    もうなんかノリでループしちゃったんだろうね


    262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:07:14.19 ID:nOVMBYIn0

    このまま持ち越しコンティニュー繰り返してればいずれは




    265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 04:08:41.75 ID:qltyqlVIO

    一番の問題はさやかをどうするかってことが良くわかった


    引用元: マミ「首がぁ……首がぁぁああ!!?」 ほむら「……え?」


    引用元: マミ「首がぁ……首がぁぁああ!!?」 ほむら「……え?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (158)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (55)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (318)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (145)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (246)
    シンデレラガールズ (1093)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (279)
    カイジ (16)
    かぐや様は告らせたい (19)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (82)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (386)
    機動戦士ガンダム (38)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (17)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (60)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (32)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (28)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (18)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (36)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (93)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (66)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (14)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (129)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (93)
    ドラえもん (8)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (10)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (10)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (113)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (158)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (113)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (42)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (208)
    遊戯王 (40)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (167)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (30)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (17)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (11)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (9)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク