FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    イエロー「レッドさんが僕を男だと誤解しているところを利用します」

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:54:56.62 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「僕はレッドさんが好きです」


    イ工口ー「とっても好きです」


    イ工口ー「好意を抱いています」


    イ工口ー「だけど」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:57:09.75 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「問題があります」


    イ工口ー「それはですね」


    イ工口ー「僕を男性と勘違いしているんです」


    イ工口ー「レッドさんの中では僕は弟のような存在でしかない」


    イ工口ー「致命的ですね」


    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:59:52.08 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「そして他にも問題がありまして」


    イ工口ー「ライバルが多いんです」


    イ工口ー「ナツメさん、エリカさん」


    イ工口ー「二人とも魅力的な女性なんです」


    イ工口ー「もちろん彼女たちは女性と認識されていますので」


    イ工口ー「なんというんだろう」


    イ工口ー「勝負にすらなっていない」


    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:01:46.09 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「でもですね」


    イ工口ー「あきらめきれません」


    イ工口ー「レッドさんが好きなんです」


    イ工口ー「振り向いて欲しい」


    イ工口ー「抱きしめて欲しい」


    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:03:09.49 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「そんなこんなで」


    イ工口ー「思いが募っちゃって」


    イ工口ー「耐え切れなくなっちゃったので」


    イ工口ー「ほんのちょっぴり」


    イ工口ー「解消させてもらおうかなと」


    イ工口ー「思う次第です」


    イ工口ー「はい」


    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:06:57.60 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「そこで」


    イ工口ー「ピンチをチャンスに変えるように」


    イ工口ー「男の子っぽいところをアドバンテージとしようと考えまして」


    イ工口ー「まあ」


    イ工口ー「男友達って缶ジュースを回し飲みしません?」


    イ工口ー「お泊りしません?」


    イ工口ー「そういうことです」


    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:09:18.26 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「そういうわけで」


    イ工口ー「本日はレッドさんの家でお泊まり会です」


    イ工口ー「ナツメさんや、エリカさんも到達していない」


    イ工口ー「一つ屋根の下で暮らすという」


    イ工口ー「金字塔を打ち立てました」


    イ工口ー「はい」


    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:12:44.50 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「思う存分」


    イ工口ー「やりたい放題」


    イ工口ー「します」


    イ工口ー「僕の特権じゃないですか」


    イ工口ー「僕だってやるときにはやるんです」


    イ工口ー「悪になります」


    31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:15:51.56 ID:09A5NPpf0

    レッドの家


    イ工口ー「レッドさん、僕です、イ工口ーです!」コンコン


    レッド「おぅ、よく来たな。まあ、入れよ」ガチャ


    イ工口ー「はい! お邪魔します!」


    レッド「自分の家だと思ってくつろいでいいぞ」


    イ工口ー「(レッドさんと同じ世帯になりたいです)」


    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:19:46.73 ID:09A5NPpf0

    レッド「まずは飯でも食おうか」


    レッド「出前でも取るか?」


    イ工口ー「いえいえ、おかまいなく」


    イ工口ー「そんな気を使わなくてもいいですよ」


    イ工口ー「ですから」


    イ工口ー「もしよかったら」


    イ工口ー「僕に作らせてください」


    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:21:09.94 ID:09A5NPpf0

    レッド「お、いいのか?」


    イ工口ー「はい、せめてこれぐらいはお礼させてください」


    レッド「ははは、じゃあ遠慮なく頼む」


    イ工口ー「はい!」


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:24:29.88 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「とまれ」


    イ工口ー「エリカさんあたりは」


    イ工口ー「これをチャンスと見るや」


    イ工口ー「唾液や媚薬でも仕込みそうですが」


    イ工口ー「僕はそんなことしません」


    イ工口ー「全力で料理します」


    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:25:51.07 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「いつか僕の性別に気づいてくれた時に」


    イ工口ー「ちゃんと」


    イ工口ー「花嫁修業はばっちしだなと」


    イ工口ー「思ってくれるために……」


    イ工口ー「僕ってなんて策略家……」


    イ工口ー「ふふっ……♪」


    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:29:40.55 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「僕はこんなこともあろうかと」


    イ工口ー「メニューを考えに考えました」


    イ工口ー「なにを作ろうかな……」


    イ工口ー「レッドさんはどんなものが好きかな……」


    イ工口ー「すっごく考え込みました」


    イ工口ー「思いついたのは」


    イ工口ー「おいしい料理」


    イ工口ー「とはちょっと違います」


    42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:32:57.91 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「なにを作るかといえば」


    イ工口ー「白飯」


    イ工口ー「サンマの醤油煮」


    イ工口ー「豆腐の味噌汁」


    イ工口ー「ひじき」


    イ工口ー「切干大根」


    イ工口ー「です」


    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:35:05.24 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「なんの変哲もありませんが」


    イ工口ー「そこがいいんです」


    イ工口ー「ビーフストロガノフ的なものじゃ」


    イ工口ー「だめなんです」


    イ工口ー「だって」


    イ工口ー「毎日食べたくないもん……」


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:38:14.22 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさんに毎日食べたいと思って欲しい……」


    イ工口ー「僕……」


    イ工口ー「レッドさんと毎日……」


    イ工口ー「いたいから……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「そんな思いを込めて作りました……」


    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:41:42.91 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん、できました!!」


    レッド「へ~、イ工口ーはこういうもの作るんだ」


    イ工口ー「はははは、こんなどこにでもあるようなものしか作れませんよ」


    イ工口ー「レッドさんの口に合えばいいです!」


    レッド「ははは、さてどうかな」


    イ工口ー「手加減してくださいね!」


    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:46:05.76 ID:09A5NPpf0

    食後


    レッド「ごっそさん」


    イ工口ー「ごちそうさま」


    イ工口ー「レッドさん、完食ですね」


    レッド「あぁ。うまかったからな」


    イ工口ー「よかった。口に合わなかったらどうしようかと思いました」


    レッド「そんなことないさ。残すのはいけないことだし、ほんとおいしかったからな」


    イ工口ー「僕の味ってどんな感じですか?」


    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:46:40.31 ID:09A5NPpf0

    レッド「う~ん」


    レッド「……あれだな」


    レッド「家庭の味って」


    レッド「感じだ」


    レッド「安心する味だ」


    イ工口ー「レッドさん……」


    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:53:08.53 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「ふふふふ、レッドさんのなかで僕の評価が上がったかな」


    イ工口ー「やっぱり、料理かできる人をお嫁さんにしたいですよね」


    イ工口ー「レッドさんのお嫁さんになりたいなあ」


    イ工口ー「レッドさんに毎日料理を作りたいなあ」


    58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:55:38.00 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「金曜の夜といえばなんでしょうか」


    イ工口ー「もちろん」


    イ工口ー「金曜ロードショーですよね!」


    イ工口ー「これが僕の計画でほんっと重要なんです!!」


    イ工口ー「ちゃんとなんの映画を放送するか、事前にチェックしていました!」


    イ工口ー「さて、どんな映画を僕は狙っていたでしょうか」


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:58:28.91 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「恋愛もの?」


    イ工口ー「違います」


    イ工口ー「僕がレッドさんと見たかったもの、それは」


    イ工口ー「じゃじゃん!」


    イ工口ー「ホラー映画ですっ!!」


    イ工口ー「いろいろと言い訳に使わせてもらいます」


    63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:03:29.73 ID:09A5NPpf0

    映画鑑賞中


    イ工口ー「うぅぅぅぅぅ……」


    レッド「こんなの作りもんだろ。そんな怖くないって」


    イ工口ー「で、でもぉ……」


    レッド「あははははは、大丈夫だって。こんなの現実にいるわけないだろ」


    イ工口ー「うぅ……」


    イ工口ー「れ、レッドさん……」



    イ工口ー「情けないかもしれないんですけど……」


    イ工口ー「抱きついても」


    イ工口ー「いいですか?」チラッ


    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:06:59.80 ID:09A5NPpf0

    レッド「ほんと怖がりだなー」


    レッド「ほら、腕貸してやるよ」


    イ工口ー「あ、ありがとうございます!!」


    イ工口ー「」ダキッ


    イ工口「……」


    イ工口ー「」ギュッ


    イ工口ー「……ふふっ♪」ギュッギュッ


    71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:09:20.13 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさんの腕の温かさを堪能しました」


    イ工口ー「とても」


    イ工口ー「よかったです……」


    イ工口ー「体も心もぽかぽかして……」


    イ工口ー「うん……」


    イ工口「でも……」


    イ工口ー「胸はドキドキします……」


    75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:15:12.98 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「ここで賭けに出たいと思います」


    イ工口ー「のるかそるかの大博打です」


    イ工口ー「わかります?」


    イ工口ー「それは」


    イ工口ー「うん」


    イ工口ー「お風呂です」


    77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:18:55.89 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「さて」


    イ工口ー「僕の帽子の中の秘密」


    イ工口ー「僕はポニーテールだったんです」


    イ工口ー「これが問題です」


    イ工口ー「レッドさんは温泉でも帽子を外さない豪の者ですが」


    イ工口ー「いくらんでも」


    イ工口ー「お風呂に麦わら帽はないでしょう」


    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:20:47.02 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「まあ」


    イ工口ー「今からなんとかします」


    イ工口ー「レッドさんのにぶちんにかけます」


    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:23:10.97 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん、レッドさん」


    レッド「どうしたイ工口ー?」


    イ工口ー「僕ですね」


    イ工口ー「イメチェン」


    イ工口ー「しようと思いまして」


    イ工口ー「じゃじゃん」


    イ工口ー「髪伸ばしてみました」バサッ


    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:25:27.62 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「……」ドキドキ


    レッド「イ工口ー」


    イ工口ー「は、はい」


    レッド「うん」


    イ工口ー「はい」


    レッド「いいんじゃないか」


    イ工口ー「はい……」


    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:27:43.28 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「(嬉しくもあり悲しくもある)」


    イ工口ー「うん」


    イ工口ー「レッドさん、ところで」


    イ工口ー「お風呂が湧いたわけですが」


    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:29:53.23 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「僕ですね」


    イ工口ー「さっきのホラー映画がですね」


    イ工口ー「ほら」


    イ工口ー「風呂椅子に座って」


    イ工口ー「頭を洗っていると」


    イ工口ー「見えない背後からですね」


    イ工口ー「うん」


    93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:32:41.53 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「なんか」


    イ工口ー「いるような気がしません?」


    レッド「そうだな」


    イ工口ー「そうですよね」


    99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:38:37.53 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「詮ずるところ」


    イ工口ー「さっきのホラー映画のせいで」


    イ工口ー「仕方なく」


    イ工口ー「仕方なく」


    イ工口ー「見えない背後になにものかがいるような気がするので」


    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:40:00.67 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん」


    イ工口ー「僕」


    イ工口ー「怖いから」


    イ工口ー「一緒に入ってください」


    イ工口ー「お風呂」


    レッド「いいよ」


    イ工口ー「ありがとうございます」


    135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:02:45.54 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん」


    イ工口ー「僕、恥ずかしがりやなんで」


    イ工口ー「腰にタオルを巻くんです」


    レッド「そうか」


    レッド「俺は」


    レッド「しないな」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「よし、はい」


    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:06:31.25 ID:09A5NPpf0

    ガラガラガラ


    イ工口ー「レッドさん」


    レッド「なんだ?」


    イ工口ー「わがままに付き合ってくれたお礼に」


    イ工口ー「背中」


    イ工口ー「流しますね」


    レッド「そうか」


    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:08:41.59 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「それと」


    イ工口ー「この前テレビで見たんですが」


    イ工口ー「スポンジよりも」


    イ工口ー「手で」


    イ工口ー「洗うといいんですって」


    イ工口ー「マジで」


    イ工口ー「マジで」


    レッド「そうか」


    143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:11:35.62 ID:09A5NPpf0

    レッド「マジなら」


    レッド「そうしたほうがいいな」


    イ工口ー「はい」


    レッド「頼む」


    イ工口ー「はい」


    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:14:16.74 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「」ボディディソープヌルヌル


    イ工口ー「じゃ、いきますよ」


    レッド「あぁ」


    イ工口ー「洗います」ヌルヌル


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」カァァァァァッ


    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:16:06.32 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「」ヌルヌル


    イ工口ー「」スベスベ


    イ工口ー「」ペタペタ


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「ふぅ……」


    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:18:04.56 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「終わりました」


    レッド「そうか」


    イ工口ー「どうでした?」


    レッド「悪くなかった」


    イ工口ー「そうですか」


    レッド「まあ、ありがとうな」


    レッド「じゃあ」


    レッド「うん」


    レッド「次はイ工口ーの番だな」


    イ工口ー「え?」


    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:19:56.87 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「え?」


    イ工口ー「え?」


    イ工口ー「いや」


    イ工口ー「いいですよ」


    イ工口ー「ほんと」


    イ工口ー「気持ちだけ」


    イ工口ー「いただきます」


    152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:21:53.44 ID:09A5NPpf0

    レッド「どうして?」


    イ工口ー「そりゃ」


    イ工口ー「どうしてもこうしても」


    イ工口ー「だって」


    イ工口ー「ねぇ?」


    イ工口ー「ほらぁ」


    レッド「さっぱりわからん」


    155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:24:01.39 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「あれですよ」


    レッド「あれ」


    イ工口ー「あれです」


    イ工口ー「あれあれ」


    イ工口ー「そう」


    イ工口ー「僕ってとっても敏感肌」


    レッド「ふむ」


    156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:26:52.21 ID:09A5NPpf0

    レッド「だったら」


    レッド「優しくすれば」


    レッド「いいんじゃないか」


    イ工口ー「えっと……」


    レッド「そうじゃん?」


    157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:29:09.97 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「はい……お願いします……」


    レッド「おう」


    161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:31:11.20 ID:09A5NPpf0

    レッド「~♪」ボディーソープヌルヌル


    イ工口ー「待ってください」


    イ工口ー「もしかして」


    イ工口ー「手で」


    イ工口ー「洗うんですか」


    レッド「イ工口ーが言ったんじゃないか」


    イ工口ー「あ」


    163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:33:46.19 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「……」


    イ工口ー「えっと……」


    イ工口ー「うんと……」


    レッド「敏感肌なんだろう?」


    イ工口ー「はい……」


    レッド「だったら」


    レッド「手じゃないといけなくないか?」


    レッド「イ工口ーの話からすると」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「そうですね……」


    166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:36:08.52 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「……」


    イ工口ー「わかりました……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「そうだ」


    イ工口ー「実はですね」


    イ工口ー「いくつか注意点が」


    イ工口ー「あります」


    レッド「そうか」


    171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:39:22.58 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「背中はまだなんとか」


    イ工口ー「でも前と下の方は」


    イ工口ー「とってもすっごく敏感肌」


    イ工口ー「触られただけで」


    イ工口ー「ひゃあっ」


    イ工口ー「と、なりますので」


    イ工口ー「くれぐれも」


    イ工口ー「前と下のほうだけは……」


    レッド「ほう」


    179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:44:48.44 ID:09A5NPpf0

    レッド「あいわかった」


    イ工口ー「ご注意ください」


    レッド「ではいくぞ」


    イ工口ー「はい」


    レッド「頑張れよ」


    181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:45:22.78 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「はい」


    レッド「……」


    レッド「ちなみ」


    レッド「なんだが」


    レッド「ここがだめなんだな?」ピトッ


    イ工口ー「ひゃぁぁっっ!!!」


    187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:48:17.41 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん」


    レッド「こんな前はもっとだめなんだな?」ペタッ


    イ工口ー「いひゃぁぁぁっっ!!」


    イ工口ー「れ、レッドさん」


    イ工口ー「そこはもう背中じゃない」


    イ工口ー「真逆です」


    レッド「そうかそうか」


    192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:50:48.80 ID:09A5NPpf0

    レッド「下も敏感なのか?」


    イ工口ー「そうです」


    レッド「でも」


    レッド「ひょっとしたら」


    レッド「敏感じゃないかもしれない」


    イ工口ー「敏感です」


    197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:52:45.73 ID:09A5NPpf0

    レッド「イ工口ーはしたの方を誰かに触られたことがあるの?」


    イ工口ー「ないです」


    レッド「だったら」


    レッド「人に触れられても」


    レッド「大丈夫かそうじゃないか」


    レッド「わからないじゃん?」


    202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:54:16.88 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「わかります」


    レッド「どうして?」


    レッド「試してもいないのに」


    レッド「なんで?」


    レッド「どうして?」


    208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:56:43.59 ID:09A5NPpf0

    レッド「古来から科学者は」


    レッド「実験に」


    レッド「実験を重ね」


    レッド「絵空事を絵空事じゃないと証明してきた」


    211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:59:17.45 ID:09A5NPpf0

    レッド「彼のライト兄弟は」


    レッド「それはもう」


    レッド「失敗の連続だった」


    レッド「そのたびに馬鹿にされた」


    レッド「苦渋を味わった」


    レッド「でも彼らは知りたかった」


    レッド「人間は空を飛べるのかどうか」


    218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:01:27.81 ID:09A5NPpf0

    レッド「だが」


    レッド「彼らにはあったのだ」


    レッド「強い好奇心」


    レッド「使命感」


    レッド「くじけない心」


    レッド「なによりも」


    レッド「挑戦心が!!」


    222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:05:56.40 ID:09A5NPpf0

    レッド「彼らのそんな心が」


    レッド「彼らを導いた」


    レッド「彼らは」


    レッド「とうとう成功したのだ」


    レッド「人間が空を飛ぶことに!」


    レッド「地を這い蹲るだけの人間が」


    レッド「空を飛んだのだ!!」


    レッド「おぉぉぉぉ……」


    レッド「ビバ挑戦心」


    224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:09:03.79 ID:09A5NPpf0

    レッド「というわけで」


    レッド「レッツトライ」


    イ工口ー「いやです」


    レッド「またまた」


    レッド「そんなことをいって」


    イ工口ー「いやです」


    レッド「おっと手が滑ったぁぁぁぁぁーーーッッ!!!」サワッ


    イ工口ー「えひゃぁぁっっ!!!」


    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:11:08.26 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「レッドさん」


    レッド「不可抗力だ」


    レッド「あれだ」


    レッド「そう」


    レッド「ボデーソープ」


    レッド「のせいだ」


    イ工口ー「レッドさん」


    236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:13:58.63 ID:09A5NPpf0

    レッド「下の逆は」


    レッド「敏感肌じゃないのかもしれない」


    イ工口ー「おもっくそ敏感肌です」


    レッド「まあまあ」


    レッド「ここはひとつ」


    レッド「やってみよう」


    イ工口ー「いやですだめです」


    239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:17:56.03 ID:09A5NPpf0

    レッド「上が大丈夫なら」


    レッド「下の逆は大丈夫」


    レッド「対偶」


    レッド「だから」


    イ工口ー「ちがいます」


    レッド「昔の」


    レッド「数学者が証明した」


    レッド「真理」


    イ工口ー「やめて」


    242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:20:58.37 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「下の逆だけはやめて」


    イ工口ー「下の逆だけは」


    レッド「だけ」


    レッド「ということは」


    レッド「帰するところ」


    レッド「そこ以外は」


    レッド「万事問題なし」


    レッド「ということ」


    レッド「じゃん?」


    247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:25:07.82 ID:09A5NPpf0

    レッド「下の逆とそれ以外」


    レッド「どっちか選んで」


    レッド「さあ」


    レッド「ファイナルアンサー?」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:26:26.90 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「……」


    イ工口ー「二番で……」


    251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:28:03.13 ID:09A5NPpf0

    レッド「二番?」


    イ工口ー「はい……」


    レッド「ファイナルアンサー?」


    イ工口ー「ファイナルアンサー……」


    レッド「……」


    レッド「……」


    レッド「……」


    レッド「だらららら」


    255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:30:34.95 ID:09A5NPpf0

    レッド「だらららら」


    レッド「だらららら」


    レッド「……」


    レッド「……」


    レッド「……」


    257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:31:43.37 ID:09A5NPpf0

    レッド「……」


    レッド「う~ん」


    レッド「……」


    レッド「……」


    レッド「残念ッッ!!!」


    イ工口ー「は?」


    レッド「ははははは」クチュッ!


    イ工口ー「いぇあひゃぁぁぁぁッッ!!??」


    267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:36:22.44 ID:09A5NPpf0

    レッド「あははははは」クチュクチュ


    イ工口ー「いやぁっ!! えぇっ!? あやぁっ!!?」


    レッド「イ工口ー」


    レッド「いったいいつから――――」


    レッド「俺がイ工口ーを男と誤解していると思っていた?」クチュッ


    イ工口ー「いぎっ……え、えぇぇぇぇぇぇッッ!!??」


    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:39:54.09 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「なんでどうしてぇっ!!??」


    レッド「俺を馬鹿にしすぎだ」


    レッド「君は」


    レッド「俺がトキワの森で助けた女の子だろう?」


    レッド「違う?」クチュクチュ


    イ工口ー「いやぁっひぃっ!? き、気づいて……」


    レッド「一目見た時から」クチュッ


    イ工口ー「いあぁッ!?」


    284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:43:36.71 ID:09A5NPpf0

    レッド「まあなんだ」


    レッド「一回」


    レッド「気をやれ」グチュッ クチュクチュ 


    イ工口ー「うひゃっ!! ひぃぃッ!! あぁぅッ!!??」


    レッド「つまんだほうが早いか」ツネッ


    イ工口ー「あぁぁぁぁッ!!!」


    289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:46:01.46 ID:09A5NPpf0

    レッド「両方で行くか」


    レッド「ほら、さっさといけ」ギュゥゥゥゥッ


    レッド「さむい」グチュッグチュッグチュッ 


    イ工口ー「うぁぁぁあああああッッ!!!」


    292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:51:44.96 ID:09A5NPpf0

    ジュポッジュポッジュポッ!!!


    イ工口ー「いやぁぁッ……くあぁぁ……うやぁぁぁッッ!!」


    ギュゥゥゥゥゥゥ……シュコシュコシュコ……


    イ工口ー「うぅぅぅぅ……ひぃぅぅぅぅう……」



    クチュッジュポッッズチュッズチュッ……


    293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:52:28.55 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「あぁぁぁぁ……ひゃぁぁぁぁ……」


    レッド「いけ、イ工口ー」


    ズチュッッッ!!!!


    イ工口ー「あぁぁぁぁぁぁあああああああああああッッッッ!!!!!!!!!!」


    ビクンビクンビクンッ!!!


    イ工口ー「あぁぁぁぁ……」


    イ工口ー「あ……あ……」


    イ工口ー「あぁ……」


    イ工口ー「……」


    ……


    294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:55:24.70 ID:09A5NPpf0

    レッドの部屋


    レッド「ははははは」(イ工口ーをお姫様だっこ)


    イ工口ー「あぁぁ……」


    レッド「ほれ」ポイッ


    イ工口ー「うぅッ!」バフッ


    レッド「はははははは」ノシッ……


    レッド「……」


    レッド「イ工口ー」


    295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:57:07.30 ID:09A5NPpf0

    レッド「こうして近くで見ると」


    レッド「ほんとうに」


    レッド「女の子だな」


    イ工口ー「レッドさぁん……」


    イ工口ー「ひどい……ひどすぎるぅ……」


    296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:59:12.56 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「あなたは……ぜんぶわかっていたんですね……」


    レッド「あぁ」


    イ工口ー「わかったうえで……だまって……」


    イ工口ー「僕が……」


    イ工口ー「悲しんだり……落ち込んだりするのを……」


    イ工口ー「知って……うぅ……」


    298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:01:07.67 ID:09A5NPpf0

    レッド「だって」


    レッド「俺はイ工口ーが」


    レッド「泣いたり」


    レッド「落ち込んだり」


    レッド「恥ずかしがったり」


    レッド「困ったり」


    レッド「するところが」


    レッド「好きだから」


    299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:03:53.83 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「ひどいよぉ……僕は……僕は……」ウル……


    イ工口ー「ずっとレッドさんが好きで……」


    イ工口ー「でも僕の気持ちに気づいてくれないと……ぐすっ……」


    イ工口ー「思ってぇ……うっぐ……」


    303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:06:08.81 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「ひどいや……あんまりだ……えぅぅぅ」ポロポロ


    イ工口ー「うぇぇぇっ……ひぃっ……うぇぇぇぇぇん……」


    イ工口ー「れっ……えぅ……うぇぇぇ……レッドさんの……ばかぁ……うぅぅ……」


    306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:09:09.42 ID:09A5NPpf0

    レッド「だって」


    レッド「好きなんだ」


    レッド「イ工口ーが俺のことを好きなのと同じくらい」


    レッド「イ工口ーのことが好きなんだ」


    レッド「俺はイ工口ーを」


    レッド「泣かせたい」


    レッド「恥ずかしがらせたい」


    レッド「困らせたい」


    307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:11:00.66 ID:09A5NPpf0

    レッド「今のイ工口ーは」


    レッド「とてもいい」


    レッド「うん」


    レッド「もうだめだ」


    レッド「さっきから」


    レッド「もうだめ」


    レッド「もういいだろう?」


    312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:17:30.23 ID:09A5NPpf0

    イ工口ー「やだやだやだやだやだぁぁぁぁ……ひぃっ……」


    イ工口ー「僕……僕……こんなのぉ……うぅぅ……えぅ……」


    イ工口ー「やだぁぁ……ぁぁぁ……」


    イ工口ー「うぅぅ……ぐすっ……や……だぁぁぁ……っく……うぅ……」


    レッド「イ工口ー……」


    313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:18:02.27 ID:09A5NPpf0

    レッド「愛してる……」


    レッド「ん……」チュ……


    イ工口ー「んぅ……」ポロポロ……


    イ工口ー「うぅ……」


    イ工口ー「うぅぅ……」


    イ工口ー「ぅん……」


    イ工口ー「ん……」


    イ工口ー「……」


    ……


    314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:19:06.79 ID:09A5NPpf0

    終わり


    引用元: イエロー「レッドさんが僕を男だと誤解しているところを利用します」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (167)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (33)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (238)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (332)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (148)
    擬人化・人外・動物・ロボット (69)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (338)
    シンデレラガールズ (1593)
    ミリオンライブ (282)
    シャイニーカラーズ (82)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (335)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (31)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (154)
    仮面ライダー (14)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (480)
    機動戦士ガンダム (40)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (20)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (57)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (63)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (41)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (32)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (24)
    桜trickSS (3)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (38)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (41)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (70)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (8)
    とある魔術の禁書目録 (135)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (98)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (23)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (8)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (7)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (12)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (41)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (10)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (121)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (163)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (116)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (50)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (226)
    遊戯王 (48)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (33)
    ゆるゆり (25)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (335)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (2)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (12)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (35)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (167)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク