FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    提督「おいクソレズ」 大井「なによ能無し」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 09:41:05.04 ID:QUs5mDAP0


    提督「このまとめた書類を大淀に渡しといてくれ」

    大井「はあ? そんなの自分でやりなさいよ、だから能無しなのよ」

    提督「オレにはまだやることがあるんだよ。時間が押してんの」

    大井「どうせまた工廠の裏でタバコふかすんでしょ?」

    提督「」ギクッ

    大井「図星ね。あんたの行動パターンなんて全部お見通しなんだから」

    提督「……ち、ちげーし。今日はグラビア雑誌を読むし」

    大井「仕事しなさいよ!!」ドカッ

    提督「痛っ!?」


    北上「相変わらずだねぇ、あの二人」

    電「いつも通りなのです。喧嘩するほど仲がいいのです」

    北上「結婚して、何だかんだ上手くいってる夫婦みたいな感じだよねー」

    電「なのです! でも……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457224864



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 09:52:24.17 ID:QUs5mDAP0


    電「まだケッコンカッコカリは済んでないのです」

    北上「そうなんだよねー、しちゃえばいいのに」

    電「大井さんの練度もとっくに最大なのです……」

    北上「んー……まあそれを言ったら、電もあたしも最大まで上がってるし」

    北上「他にも五人くらいいるよねー」

    電「そこまでしてケッコンしない理由はなんなのです?」

    北上「さあ? 提督に聞いてみないとなんとも」


    提督「痛つつ……いい上段蹴りじゃねぇか」

    大井「これでも手加減したのよ? 本気出してたら、今頃気絶してるわ」

    提督「マジか、それは助かったな」

    提督「おかげで良いもん見れたし」

    大井「は?」


    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 10:00:50.41 ID:QUs5mDAP0


    提督「……ピンク、か」ニヤニヤ

    大井「!」

    提督「しかもフリフリがついてるやつ」

    大井「……ッ」カァァ

    提督「へっへっへ、結構カワイイの穿いてんじゃ…」

    大井「オラァ!!」ドゴッ

    提督「ぐふっ!?」

    大井「今すぐ忘れなさいこのヘン夕イっ!!」ドカッ バキッ

    提督「おま、やめっ……誰か助けっ」


    電「いつも通りなのです」

    北上「いつも通りだねー」


    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 10:12:50.93 ID:QUs5mDAP0



    ――執務室――


    提督「マジで痛ぇ……あいつ最後に本気で蹴って来ただろ……」

    提督「パンツ見たくらいでこの仕打ちはねぇよ、ったく……」

    コンコン

    大淀「失礼します」

    提督「どうぞー」

    大淀「……提督、その傷はまた大井さんですか」

    提督「おお、すげえな何で分かった」

    大淀「いつものことですから」

    大淀「それより、例の件についてですが……」

    提督「痛たた……湿布を貼るか」

    大淀「……提督」


    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 10:26:34.69 ID:QUs5mDAP0



    大淀「一体いつになったらケッコンカッコカリを済ませるんですか」

    提督「」ピクッ


    大淀「練度が上限に達している艦娘は、現在八人もいます」

    大淀「それなのに誰一人とも契りを結んでいないなんて……まさかまだお悩みに?」

    提督「……」

    大淀「誰に指輪を渡すか、悩む必要はないと以前にもお話ししましたよね?」

    大淀「ジュウコンのための指輪もちゃんと用意されてるんですよ?」

    提督「あー……分かってる、分かってるよ」

    大淀「その言葉はもう聞き飽きました」

    提督「大丈夫だって、もう誰に渡すかは決めてるから」

    大淀「! そうなんですか?」

    提督「ああ、今から渡しにいくところだったんだよ」ガサゴソ

    提督「この指輪をな」スッ

    大淀「……箱がボロボロですけど」


    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 10:50:02.83 ID:QUs5mDAP0


    提督「大事なのは箱じゃなくてな、中身だよ」

    提督「ほら、指輪本体はこんなに綺麗だろ」ピカーン

    大淀「はぁ……そうですね。では、今日中にご報告をお願いしますね」

    提督「任せとけ」

    大淀(その言葉も、何回も聞きましたけどね)ガチャッ

    提督「……」

    提督「分かってるんだけどな、オレだってさ」

    提督「でもあいつの前に立つと、何でか話が逸れちまってな……」

    提督「……あーもうめんどくせえ。こうなったら勢いでやってやる」スッ

    提督「そうだ、ウジウジすんのはやめだ。うし、さっそく今から行ってやるよ」スタスタ ガチャ


    スタスタスタ


    北上「……これは」フフフ

    電「いいことを聞いたのです」フフフ


    26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 02:49:30.61 ID:fHxQ9U2r0



    ――鎮守府通路――


    電「これで晴れて、提督はケッコンするのです」コソコソ

    北上「その現場を目撃できるとはねー。てか、相手は誰なんだろうね」コソコソ

    北上「ま、だいたい予想はつくんだけど」コソコソ

    電「あっ、司令官さんが止まったのです!」ピタッ


    提督「……うわー、すげえ早く見つけちまった」


    大井「――はぁ、はぁ、……こ、こんなに一気に持つんじゃなかったわ……――」


    提督「――山積みのダンボール箱を抱えて階段上るとか、危なっかしいやつだな」


    27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 03:06:36.19 ID:fHxQ9U2r0


    提督「おーいクソレズー」

    大井「! その声は能無しね」

    提督「前も見えねえのかよ。重そうだな、手伝ってやろうか?」

    大井「結構よ! こんなの私一人で充分なんだから!」

    提督「いやいや、無理すんなって」

    大井「無理なんかしてな……」ツルッ

    提督「!!」


    ドカッ ゴロゴロゴロ ガシャーン!!


    提督「大井!!」スタタタ!

    提督「おい、大丈夫か? おい!」

    大井「……」

    北上「提督っ!」

    電「大井さんは無事なのです!?」

    提督「! 北上と電か……」

    提督「意識がない、すぐに救護班を呼んでくれ」

    電「分かったのです!」スタタタ!


    28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 03:36:07.52 ID:fHxQ9U2r0


    北上「大井っち! ねえ!」

    提督「頭を打ってるから動かすな」

    北上「提督……大井っち、大丈夫だよね?」

    提督「……」


    ――三十分後・医務室前――


    北上「グスン……」

    電「北上さん、泣かないでください……きっと大丈夫なのです」

    提督「……」

    ガラガラ

    大淀「!」

    大淀「提督、ここでお待ちになってたんですか」

    提督「大淀……大井の容態は?」


    29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 04:07:57.15 ID:fHxQ9U2r0


    北上「まさか、死んじゃったりしないよね?」

    大淀「ええ、今はまだ意識がない状態ですけど、命に別状はないですよ」

    提督「……そうか」

    電「よかったのです……!」

    大淀「ただ脳震盪を起こしているので、しばらくは安静にしていないと」

    大淀「顔合わせをしたいのでしたら明日にしてください」

    提督「……分かった」

    提督「それなら大淀……悪いけどよ」

    提督「ケッコン報告すんのも明日でいいか?」

    大淀「え?」

    提督「本当に悪いな。それじゃ」スタスタ

    大淀「……なるほど……」

    大淀「やっぱり相手は、大井さんなのね」


    30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/07(月) 04:20:29.40 ID:fHxQ9U2r0


    電「なのです、提督は大井さんに指輪を渡すつもりだったのです」

    北上「けどこんなことになっちゃって、結局渡せず仕舞いという」

    大淀「……でも、不思議ですね。なぜ大井さんにこだわるんでしょうか」

    北上・電「え?」

    大淀「指輪はいくつも用意してあるんですよ? 何なら今ここで、北上さんや電さんに渡したって……」

    電「ちっちっち、なのです」

    大淀「えっ」

    北上「ふふ、大淀さんも分かってないねー」

    北上「事務的というかなんというか」

    電「理屈では通らない想いが、そこにあるのです!」

    大淀「???」


    44: 再開 2016/03/08(火) 23:19:35.58 ID:Y1C5x3Ts0


    提督「……勢いで言っちまったな」

    提督「まあ、どのみちいつかは渡さなきゃいけねえし」

    提督「覚悟を決めるか。オレはこの指輪を、明日……」

    提督「大井に渡す」



    ――翌日・医務室前――



    北上「ヒトサンマルマル。大井っちが無事に目を覚まして、大淀さんから顔合わせオッケーが出たので……」

    電「いざ出撃なのです! 司令官さん、準備はいいのです?」

    提督「お、おう」

    電「落ち着いて深呼吸なのです」

    提督「スゥー、ハァー」

    北上「鼻毛が出てるよ」

    提督「え? マジかよ」ゴシゴシ

    電「指輪は持ったのです?」

    提督「ああ、ポケットにバッチリ……ん?」


    45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 23:48:42.30 ID:Y1C5x3Ts0


    提督「何で指輪のこと知ってんだよ」

    電「」ギクッ

    電「えっと、それは……」

    北上「なに言ってんの提督、昨日大淀さんに言ってたじゃん」

    北上「『ケッコン報告すんの明日でいいか』ってさ」

    電(あ、そういえばそうだったのです)

    北上「それってつまりぃー」ニヤニヤ

    提督「……さ、さーて、ノックするぞー」

    北上「ごまかした」クスクス

    提督「うっせぇ!」

    コンコン

    大井「はい」

    提督「……オレだ、入るぞ」


    46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:03:46.57 ID:kL7MaGD70


    ガラガラ

    大井「あ」

    提督(なんだ……普通に椅子に座ってやがる)ホッ

    北上「やっほー大井っち、怪我は大丈夫?」スタスタ

    大井「北上さん! はい、もう痛みはないです。お見舞いに来てくれたんですね」

    北上「そりゃあたしと大井っちの仲だし、当然だよ」

    大井「嬉しいです!」

    電「大井さん、これ食べてください。果物なのです」スッ

    大井「電もお見舞いありがとう。美味しそうね」

    提督「……」

    スタスタ

    提督「コホン……まあ、あれだな」

    提督「その……なんだ……元気そうじゃねえか」

    大井「……は?」


    47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:21:41.13 ID:kL7MaGD70


    大井「何その投げやりな態度、提督ならもっと心配そうにしなさいよ」

    提督「なっ……こ、これでも心配してんだぞコラ!」

    大井「ああ、今の大声で頭痛が悪化して、記憶が飛んでしまったわ」

    大井「すいませんあなた誰でしたっけ?」

    提督「この野郎っ……!」

    北上「ま、まあまあ二人とも落ち着いて!」

    電「大井さん! 司令官さんは大井さんに、とっても大事な話があるのです!」

    大井「大事な話?」

    北上「そうそう、大事な話があるんだよね?」

    電「二人っきりじゃないと話せないらしいのです」

    提督「え?」


    48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:30:20.85 ID:kL7MaGD70


    電「邪魔者の電たちは、おいとまするのです」

    北上「盗み聞きなんて絶対にしないから安心してよ」

    提督「おい待て、もうちょっと段階を踏んで…」

    電「司令官さんファイトなのです」スタスタ

    北上「大井っち、また後でねー」スタスタ

    ガラガラ

    提督(あ、あいつら……)

    大井「……」

    大井「で?」

    提督「!」

    大井「話ってなによ」

    提督(……しゃあねえ、行くか)


    49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:39:37.79 ID:kL7MaGD70


    提督「話ってほどのもんじゃねえけど……」

    提督「大井、お前は今練度が最大だな」

    大井「なに? 急に私のこと名前で呼ぶとか、気持ち悪い」

    提督「」カチン

    提督(お、抑えろオレ……大人の対応ってやつだ……)

    提督「最大だよな?」

    大井「……そうね」

    提督「そこでだ」

    提督「ほれ」ポイッ

    大井「わ、ちょっ……いきなり何なのよ」

    提督「それさ、お前にやるよ」

    大井「は?」


    50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:47:05.52 ID:kL7MaGD70


    大井「なにこれ、きたなっ!」

    提督「……開けてみ」

    大井「変なにおい……は、しないわね」クンクン

    提督「開けてみ」

    大井「ゴミかなにか?」

    提督「開・け・て・み!!」

    大井「分かったわよ! うるさいわ……ね……」パカッ

    大井「……こ、これ……」

    提督「……」

    大井「……指輪、よね」

    提督「まあな」

    大井「私に?」

    提督「おう」

    大井「……」


    57: 再開します 2016/03/11(金) 21:06:53.45 ID:tAWr1MGK0


    大井「……あ、そっか」

    提督「?」

    大井「どうせあれでしょ? 他の艦娘にもとっくに渡してるんでしょ?」

    大井「確かジュウコン用の指輪も用意されてるのよね」

    提督「……そうだな」

    大井「やっぱり! ああビックリした…」

    提督「でも、まだ他の艦娘には渡してねえよ」

    大井「!」

    提督「お前が一番最初だ」

    提督「ジュウコン用じゃなく、このケッコン用の指輪は、お前に渡したかった」

    大井「!!」

    大井「そ……それって……」

    提督「つまりそういうことだ」

    大井「……」カァァ


    59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 21:25:27.86 ID:tAWr1MGK0


    提督「普段はキツい態度をとっちまうけど」

    提督「なんだかんだ、お前を一番に信用してるから」

    提督「だから……大井。指輪を受け取ってくれ」

    大井「……」


    大井「……はい」

    提督「!」


    大井「ケッコンお引き受けします、提督」ポロポロ

    提督「……何で泣いてんだよ」

    大井「な、泣いてない」ゴシゴシ

    提督「いや思いっきり泣いてるだろそれ」

    大井「泣いてない!」


    60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 21:47:42.50 ID:tAWr1MGK0


    提督「嘘つけ! 泣いて…」

    ガラガラ

    北上「あーはいはいそこまで!」

    電「せっかくの余韻が台無しになるのです!」

    提督「は? お、お前ら何で……」

    大淀「三人で聞き耳を立ててたんですよ」

    提督「大淀まで……!」

    電「大井さん、おめでとうなのです!」

    北上「やっと正式に夫婦になったねー」

    提督「は!? なんだよ夫婦って!」

    提督「いいか? これは練度の限界を突破するための儀式であって…」

    電「司令官さん顔が真っ赤なのです」

    北上「照れなくてもいいのにねー」

    電「ねー、なのです」

    提督「こ、この……!!」


    61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/11(金) 22:03:35.60 ID:tAWr1MGK0


    提督「おい大井、お前もこいつらに言ってやれ!」

    大井「……」

    提督「……大井?」

    大井「っ! な、なによ?」

    提督「いや、だから……」

    電(指輪を見つめてて聞いてなかったのです)

    北上(よっぽど嬉しかったんだねー)

    大淀「コホン」

    大淀「提督、大井さんに指輪を」

    提督「あ?」

    大淀「あ? じゃなくて指輪です。提督ご自身が、艦娘の指に指輪を嵌めるんです」

    大淀「それも儀式の一環なんですよ」

    提督「……マジかよ」


    67: 再開します 2016/03/12(土) 15:58:29.04 ID:TmAHspHl0


    大淀「さあ早く」

    提督「急かさなくてもいいっての。大井、指輪貸してくれ」

    大井「……」スッ

    提督(すっかり大人しくなってんな)

    提督「指をこっちに」

    大井「はい」スッ

    提督「嵌めるぞ」

    北上(淡々としてるねー)

    電(ドキドキなのです)


    提督「…………。ん?」

    大井「な……何で……?」


    68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 16:18:15.82 ID:TmAHspHl0


    大淀「提督、どうされました?」

    提督「いや……指輪がな」

    大井「入らないんです、私の指に」

    北上・電「!?」

    大淀「入らない? そんなはずは……」

    提督「お前もしかして太ってる?」

    大井「失礼ね! 毎日欠かさず体型維持に努めてるわよ!」

    大淀「いえ、体型は関係ありませんよ」

    大淀「その指輪はどの艦娘の指にも嵌められるようになってますから」

    北上「じゃあ何でだろうね」

    電「嵌められない理由が、大井さんにあるのです?」

    大淀「……まさか……」


    69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 16:30:52.75 ID:TmAHspHl0


    提督「何か心当たりがあるのか?」

    大淀「ええ……でも、そんなことが……」

    大井「教えてください大淀さん!」

    大淀「これはあくまで予想に過ぎませんけど」

    大淀「指輪が嵌められない理由があるとすれば、たった一つなんです。それは……」


    大淀「艦娘の練度が最大まで達していない状態の時」


    大井「!!」

    提督「はあ? んなわけあるかよ」

    電「そうなのです!」

    北上「大井っちは、この鎮守府で一番早く練度最大になったんだよ?」

    大淀「知っています。でもそれ以外に考えられません」


    70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 16:45:13.09 ID:TmAHspHl0


    提督「いや……ありえねえって。指輪がおかしいんだろきっと」

    大淀「そんな無茶苦茶な……」

    大井「」スタタタッ

    ガラガラ!

    北上「ちょっ、どこ行くの大井っち!」

    電「大変なのです! まだ病み上がりなのに……!」

    提督「追いかけるぞ!」

    スタタタッ


    ――演習場――


    大井「はぁ、はぁ……練度が最大じゃない……?」

    大井「そんなはずない……そんなはずは……!」


    71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 16:50:57.15 ID:TmAHspHl0


    スタタタッ

    大淀「居ました!」

    提督「艤装つけて何やってんだ、あのバカ!」

    電「的を狙い撃とうとしてるのです!」


    大井「――っ!」ドーンッ ドーンッ

    ヒュンッ ヒュンッ

    大井「くっ……」ドーンッ ドーンッ

    ヒュンッ ヒュンッ


    北上「……大井っち……」

    電「大きく外れてるのです……」

    提督「……」


    72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 17:06:37.05 ID:TmAHspHl0


    大井「何で? こんな……!」

    大井「そうよ、雷撃なら!」シュバッ シュバッ

    ドーンッ ドーンッ

    大井「まだよ、まだ!」シュバッ シュバッ

    ドーンッ ドーンッ


    電「……全く違う位置なのです」

    北上「あんな分かりやすい的、いつもの大井っちなら目を瞑ってても当てられるのに」

    提督「……」

    大淀「どうやら、練度が関係していることは間違いないようですね」

    電「何でなのです? 何で大井さんは……」

    大淀「分かりません。練度が下がったなんて事象、今まで起きたことないですから」

    北上「待ってよ! 大井っちは怪我をしてるんだよ?」

    北上「完治すればきっと元に戻るって!」


    73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 17:19:03.69 ID:TmAHspHl0


    大淀「そうですね……そうだといいんですが……」

    提督「とりあえずよ」

    大淀・北上・電「!」

    提督「練度がどうこうの前に、怪我して間もないあのバカを止めんのが先だろ!」スタタタッ

    大淀「提督!?」

    電「何をするつもりなのです!?」

    提督「言っただろ! バカを止めんだよ!」スタタタッ

    北上「でも提督、そのままだと……!」


    ドボーン!


    提督「ががぼぼぼごぼぼ」


    北上「……海に落ちるって言おうとしたのに」

    電「大変なのです! 司令官さんカナヅチなのです!」


    74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 17:27:47.00 ID:TmAHspHl0


    大淀「はぁ……無鉄砲すぎるわ」


    大井「何で! 何でなのよ! 何で当たらないの!?」

    大井「今まで通りにやってるつもりなのに、どうして……!」

    提督「……大井……がぼぼ」

    大井「!」

    提督「ごぼぼ……助け……」ガシッ

    大井「きゃあぁぁぁぁぁっ!!」ドカッ

    提督「ぐふっ」

    大井「な、なに今の……深海棲艦!?」


    北上「大井っちー!」

    大井「あ……北上さん」


    75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 17:42:42.93 ID:TmAHspHl0



    大井「まさかあんただとは思わなかったわ……」

    提督「げほっ、ごほっ……何にしたって蹴ることはねえだろ」

    大井「海中から伸びてきた手に足を掴まれたら、そりゃ危機を感じるわよ」

    北上「確かに」

    電「でも、無事でよかったのです!」

    北上「大井っちを助けるつもりが、逆に助けられるなんてねぇ」

    大井「私を助ける?」

    大淀「はい。提督は怪我をしてる大井さんの身を案じて、海に飛び込んだんですよ」

    大井「……泳げないのに?」

    提督「うるせえよ……」

    大井「ふふっ、バッカじゃないの?」クスクス

    提督「うるせえよ!」

    大淀「それよりも、大井さん」


    76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 18:02:32.81 ID:TmAHspHl0


    大淀「砲撃や雷撃を放ってみて、何か分かったことがあるのでは?」

    大井「……」

    大淀「私たちはずっと見てました」

    大淀「動きも鈍く、普段のあなたからは似ても似つかないほど劣っている命中率」

    大淀「これは……」

    大井「その通りみたい」

    大淀「!」

    大井「変よね、今までどおりの感覚でやったはずなのに」

    大井「ことごとく外れちゃった。まるでここに初めて着任した時の私よ」

    提督「……」

    大井「練度、ホントに下がったみたいね」

    提督「……」


    78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 18:19:59.51 ID:TmAHspHl0


    電「原因は分からないのです?」

    大井「ええ、自分でも何が何だか」

    大井「それより謝らないとね。せっかく指輪をもらったのに、こんなことになって」

    提督「……」

    大井「私には……もう嵌めることができないから。誰か他の…」

    提督「今更何言ってんだよ」

    大井「!」

    提督「オレはお前にこの指輪を渡したんだぞ」

    提督「んで、お前は引き受けてくれた。責任持ってしっかり受け取って貰わねえとな」

    大井「そ、そんなこと言ったって……!」

    大井「見てたんでしょ!? 私は練度が下がったの! どうしようもないじゃない!」

    提督「待ってりゃいいだろうが」

    大井「え?」


    79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 18:38:13.30 ID:TmAHspHl0


    提督「オレが待てばいいだけの話だ。いつまでも待つぞ」

    提督「お前がまた元通りの練度になるまでな」

    大井「……!」

    提督「簡単なことだろ。それよりもな」

    提督「今はしっかり怪我を治せ。頭に包帯巻いたまんまじゃ、ろくに練度上げもできねえだろ」

    大井「……っ」

    北上(言うねぇ提督)

    提督「北上、電」

    電「は、はいなのです!」

    提督「悪いけど、大井を部屋まで送り届けてくれねえか」

    北上「おっけー任せといて」

    大井「……提督」

    提督「ん?」

    大井「……ありがとう……」ボソッ

    提督「……ああ」

    スタスタスタ


    82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/12(土) 18:51:45.71 ID:TmAHspHl0


    提督「さて、オレも仕事に…」

    大淀「提督」

    提督「」ビクッ

    大淀「またケッコンカッコカリを引き延ばすんですか」

    提督「いや……だってなぁ……」

    提督「仕方ねえって。まさか大井にあんなアクシデントが起きるなんて」

    提督「つーかお前はケッコンしろしろ言い過ぎなんだよ、オレの親かよ」

    大淀「……私だって、好きで口酸っぱく言ってる訳じゃないんですよ?」

    大淀「提督には自由にケッコンを決めていただきたいですし」

    大淀「大井さんにも幸せになってもらいたいと思ってるんです」

    提督「じゃあそれでいいだろ」

    大淀「そうは問屋が卸さないんです」


    92: 再開します 2016/03/13(日) 20:47:12.81 ID:m2xxY1sw0


    大淀「大元帥からの指令なんですよ」

    大淀「『深海棲艦の力が強まっているため、艦隊の強化に尽力せよ』」

    大淀「『練度が最大に達した艦娘には、なるべく期間を開けずに契約を結ぶように』と」

    提督「……」

    大淀「ここの鎮守府は、他と比べると優れた戦果をあげている方ですけど……そのうち……」

    提督「そうだな」

    提督「それを考えたら、確かにのんびりしてる場合じゃねえな」

    大淀「……はい」

    提督「一か月」

    大淀「え?」


    93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 20:59:02.53 ID:m2xxY1sw0


    提督「いや、半月だ」

    提督「半月待ってくれ、頼む」

    大淀「半月って……もしかして資材をつぎ込むおつもりで?」

    提督「……」

    大淀「そんなに豊富ではないんですよ?」

    提督「オレも怠けずに本腰を入れて仕事するから」

    提督「そうすりゃ今までの二倍は固いだろ?」

    大淀「それは……そうかもしれませんけど」

    提督「よし、そうと決まればさっそく執務室だ」スタスタ

    大淀「あっ、提督! 勝手に話を進めないでください!」スタタッ


    95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 21:17:57.21 ID:m2xxY1sw0



    ――翌日・鎮守府通路――


    スタスタ

    提督「ふぁぁ……眠い」

    提督「徹夜なんて久々だな……コーヒーでも飲むか……」

    大井「おはよう」スタスタ

    提督「おう、おはよ――……ん!?」

    提督「おい待て! お前何してんだよ!」

    大井「は?」

    提督「いやいや、は? じゃなくて……まだ怪我してんだろうが」

    大井「ああ、そのことなら」

    大井「修復材を使わせてもらったから、もう大丈夫よ?」

    提督「修復材? ……そうかなるほど、その手があったか」

    提督「って、何勝手に使ってんだよ! ……いや、でも時間がねえし」

    大井「? なにブツブツ言ってんの、気持ち悪っ」

    提督「なっ……今なんつったコラ」


    96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 21:34:28.21 ID:m2xxY1sw0


    大井「何も言ってないわよ」

    提督「嘘つけ」

    大井「それよりも」

    提督「流すんじゃねえ」

    大井「午後から三十回くらい出撃したいんだけど、編成お願いできる?」

    提督「三十!?」

    大井「練度が低くても攻略できる海域がいいわ」

    大井「頼むわね! 私これから演習行ってくるから!」スタタッ

    提督「おいっ! ……行っちまった」

    提督「あいつも急いでるんだろうけど、三十回とか正気じゃねえぞ」

    提督「……資材、さっそく使いまくることになりそうだな」スタスタ


    97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 21:48:48.25 ID:m2xxY1sw0



    ――演習場――


    ドーンッ ドーンッ

    大井「まだまだ!」


    電「大井さん張り切ってるのです」

    北上「そりゃそうだよ、少しでも早く提督とケッコンしたいだろうし」

    電「ラブパワーなのです!」ニコニコ

    北上「ラブパワー、だね」ニコニコ


    大井「……電、それに北上さんも」

    大井「さっきから何で、じーっと私を見てるんですか?」

    北上「あっ、気が散るよね。ごめんね、続けて」

    電「電たちも訓練するのです!」

    北上「そだね、邪魔になっちゃうし」

    大井「……?」


    98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 22:02:12.36 ID:m2xxY1sw0



    ――午後・出撃中――


    ドーンッ ドーンッ

    大井「そこよ!」


    電「決まったのです! 完全勝利なのです!」

    北上「いいねー大井っち♪」

    大井「……あの」

    北上「ん? どしたの?」

    大井「ごめんなさい……私お荷物で」

    電「そ、そんなことないのです!」

    大井「そんなことないわけないじゃない。だって……」

    大井「ここって高難易度の海域よ? 練度が低いの私だけだし」

    北上「でも、その方が経験値も多く貯まるしー」

    電「何度も攻略してる海域なので、電たちに負担はかからないのです!」

    大井(……私も何度も出撃してるんだけどね)


    99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 22:17:32.40 ID:m2xxY1sw0


    大井(こうして気を使っちゃうから、もっと攻略しやすいところが良かったのに……あのバカ)

    大井(……まあそんなこと言ってる余裕もないんだけど……)

    長門「大井! 来るぞ!」

    大井「は、はい!」

    大井(いけないわ。今は戦いに集中よ!)

    ドーンッ ドーンッ 


    ――――


    ――夜・鎮守府食堂――


    北上「鳳翔さん、カツカレー二つ分お願い」

    鳳翔「あら? 珍しいわね、そんなに食べるなんて」

    北上「違うよー、もう一つは……」


    大井「」ズーン

    電「肩を揉んであげるのです!」モミモミ

    大井「……ありがと……きもちいい……」


    北上「あそこでテーブルに伏せてる大井っちの分」

    鳳翔「な、なるほど」


    100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 22:35:21.37 ID:m2xxY1sw0



    スタスタ

    提督「かなり堪えたんだな。当然っちゃ当然だけどよ」

    電「司令官さん!」

    提督「ここ座るぞ」ドカッ

    大井「……」

    提督「無反応かよ」

    電「無理もないのです、資材を使ったとはいえ三十回も」

    提督「だよなぁ……キツイよな……やっぱ回数減らすか」


    大井「それだけはダメ」ガバッ

    提督「うお!?」


    大井「これくらいがちょうどいいわ。いいえ、これくらいこなさないと……」

    大井「今日で改にもなれたし、もっと増やしてもいいくらいよ」

    電「それはさすがに多すぎるのです!」

    電「というより、司令官さんは『いつまでも待つ』って言ってくれたんですから」

    電「本当はもっとペースを落としてもいいのです! ね? 司令官さん!」

    提督「あ、ああ……」


    101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/13(日) 22:47:28.92 ID:m2xxY1sw0


    提督「しっかしなぁ、本当何で練度が下がったのか」

    電「大淀さんは『頭を強く打ったせい』って言ってたのです」

    提督「それしか原因は見つからねえよな……」

    提督「……ひょっとしたらよ、頭叩いたら元に戻んじゃねえか」

    北上「テレビかよ」ペシッ

    提督「痛っ」

    北上「大井っち、カレー貰ってきたよー」コトッ

    大井「……ありがとう……」パタッ

    電「あ、またテーブルに」

    北上「せめて一口だけでも食べないとダメだよ」

    大井「……そうね……がんばる……」スッ

    提督「……」

    提督「んじゃ、オレはそろそろ仕事に戻るかな」

    北上・電「え?」


    109: 再開します 2016/03/16(水) 21:02:06.86 ID:qkZLDc9X0


    北上「提督、夕飯を食べに来たんじゃないの?」

    提督「そのつもりだったけど、なんか無性にやる気が出てきてな」

    提督「あとで鳳翔に握り飯でも作ってもらうかな」スタスタ

    電「……行ってしまったのです」

    北上「一体どうしちゃったんだろうねー、あんなに仕事熱心な提督見たことないよ」

    大井「……」




    ――三日後・とある海域――


    ドーンッ ドーンッ

    大井「今よ!」


    北上「大井っちも、そろそろ改二が近づいてきたねぇ」

    電「なのです! このままいけば、一週間後には練度最大なのです!」

    北上「だねー。でも……」


    大井「はぁ……はぁ……」ゼェ ゼェ


    北上「一つ心配なのが、今の練度に見合った動きじゃないんだよね」

    電「なのです。少し鈍いのです」

    北上「間宮さん特製の甘味も食べてるんだけど、疲れが取れきってない感じだよね……」


    110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 21:15:51.88 ID:qkZLDc9X0


    長門「大丈夫か大井? もう一戦控えているが」

    大井「はい! 行けます!」

    長門「そうか……ならいいんだが。気を引き締めていけよ」

    大井「はい!」


    翔鶴「敵艦見ゆ!」

    瑞鶴「制空権確保しました!」

    長門「よし、行くぞ!」

    大井(大丈夫、いけるわ。あと一戦くらい余裕よ)


    ――数分後――


    大井「これで終わりよ!」

    ドーンッ ドーンッ


    北上「ふー、疲れたー」

    電「攻略完了なのです!」

    長門「皆よく頑張ったな。帰投するぞ」


    111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 21:41:17.63 ID:qkZLDc9X0


    電「でも……なんだか今回の敵艦は手強かったのです」

    北上「うん、前に来た時より手ごたえあったよねぇ」

    長門「そうだな」

    北上「あ、やっぱり長門さんもそう思います?」

    長門「間違いない。今日に限らず、以前出撃した時の敵戦力も……ん?」

    電「どうしたのですか?」

    長門「あれは……!」



    大井「はぁー……つかれた……」ボソッ

    大井「いえ、そんなこと言ってられないわ……もう二回は出撃して……」


    長門「大井! 避けろ!」バッ

    大井「えっ?」


    ドゴーンッ!!


    大井「な、長門さん!?」

    長門「平気か……大井……」

    大井「長門さんこそ、直撃して……! 一体どこから……!!」


    112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 22:07:27.51 ID:qkZLDc9X0


    電「大井さん! 敵航空機なのです!」

    大井「え?」

    瑞鶴「七時の方向に敵艦隊見ゆ!」

    長門「戦艦に空母まで……」

    北上「そんな、おかしいよ! この海域にまで進出してくるなんて」

    翔鶴「急いで撤退しましょう! 大井さんは長門さんをお願いします!」

    大井「は、はい!」



    ――数十分後・艦隊帰投――


    提督「長門!」

    長門「すまない。派手にやられてしまった」

    大井「……」

    提督「いや、無事で何よりだ」

    長門「ふふ、大破は無事に入るのか?」

    提督「沈んじまうよりずっといいだろうが」

    長門「それもそうだな」


    113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 22:28:57.66 ID:qkZLDc9X0


    提督「……教えてくれ、一体何があった」

    大井「私を、庇ってくれたのよ」

    提督「庇った……?」

    電「出撃した海域に、普段とは違う強力な敵艦隊が現れたのです!」

    提督「……!」

    北上「ホントにビックリしたよ……」

    翔鶴「完全に隙を突かれました。私の慢心が招いた結果です」

    瑞鶴「翔鶴姉は悪くないよ! 悪いのは、攻略後も注意深く索敵をしなかった私で……」

    提督「……」


    提督「皆、すまなかった」スッ


    全員「!?」

    北上「な、なんで提督が謝るのさ?」

    電「なのです! これはイレギュラーな事態だったのです」


    114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 23:10:42.15 ID:qkZLDc9X0


    提督「いや、実はな……」

    提督「敵の力が強まっていることは……知ってたんだよ」

    北上「えっ!?」

    提督「と言っても、オレが知ったのもつい最近なんだけどよ」

    提督「まさか練度最大の長門を大破に持ち込むようなのが」

    提督「比較的に難易度の低い海域に出るなんて、思いもしなかった」

    提督「……なんか言い訳にしか聞こえねえな。本当にすまん」スッ


    大淀「私にも謝らせてください」スタスタ


    長門「大淀?」

    大淀「敵戦力増大の情報を初めに入手したのは私です」

    大淀「提督だけでなく、あなた方艦娘にも注意を促すべきでした」

    大淀「申し訳ありません」スッ

    長門「……」


    115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 23:22:39.33 ID:qkZLDc9X0


    長門「気にするな二人とも」

    長門「こうして帰投できたんだ、それで良しとしようじゃないか」

    電「そ、そうなのです! みんな帰って来れたのです!」

    提督「そう言ってくれると助かる」

    長門「……しかしあれだな。ここまで腰が低いお前は、らしくなくて気味が悪いな」

    提督「……、あ?」

    長門「そうだ。そうやってガン飛ばししている方が似合っているぞ」

    提督「……」

    長門「さて、そろそろ入渠するとしよう」

    翔鶴「あ、私もお供します」

    瑞鶴「私たちも中破しちゃったしね」

    スタスタスタ


    116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 23:33:04.43 ID:qkZLDc9X0


    北上「んじゃ、あたしたちも行こっか」

    電「お風呂でさっぱりしたいのです!」

    大井「……そう、ね」

    北上「提督、覗かないでよー?」

    提督「んな危険なことしねえよ」

    スタスタスタ

    提督「……」

    大淀「大井さん、元気がありませんでしたね」

    提督「そりゃそうだろ。危うく轟沈しそうになったんだ」

    大淀「それもあると思いますけど」

    提督「?」

    大淀「長門さんに庇われたこと、気にしてるんじゃないですか」


    117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/16(水) 23:49:56.88 ID:qkZLDc9X0


    大淀「『私がしっかり動けていればこんなことにはならなかった』と」

    提督「……そんな女々しい奴じゃねえだろ」

    大淀「女々しいって、女性ですけどね」

    大淀「悩んでる可能性はあります。あの中で唯一練度が低いですから、それがネックになって……」

    提督「分かった。フォローしとくよ」

    大淀「はい、お願いしますね」

    大淀「それと、話は変わりますが」

    大淀「……いえ、繋がっていますね」

    提督「何だよ」

    大淀「真面目な話です」


    124: 再開します 2016/03/17(木) 20:49:42.17 ID:5mVLk/GC0


    大淀「上から通達が来ました」

    大淀「『艦娘の練度が最大の場合、即刻契約を交わして艦隊の強化に努めよ』」

    大淀「『もしこれを無視するようであれば、新たな人材を用意して貴鎮守府に着任させることとする』」

    提督「は? 何だその無茶苦茶な話は?」

    大淀「私もそう思います」

    提督「そうだよな。無視しちまおうぜ」

    大淀「それはできないんです」

    大淀「明日、大元帥の鎮守府から艦娘が見回りに来ることになってます」

    大淀「その場で練度最大の艦娘全員と契約を交わしていなければ……」

    提督「……。オレはクビってか」

    大淀「……」

    提督「そんなのありかよ」

    大淀「……ですが提督」


    125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 21:18:00.89 ID:5mVLk/GC0


    大淀「長門さんが大破してしまった事実があります」

    大淀「難易度の低い海域にそんな強敵が出たとするなら、高レベルの海域だと」

    提督「頭にその可能性がなかっただけだろ……事前に準備さえしていれば…」

    大淀「指揮だけじゃどうにもならないことだってあります。それに艦娘の命にも関わるんですよ」

    提督「……」

    大淀「もう決まってしまったことなんです……ここでどうこう言っても、何も変わらないんです」

    大淀「提督の大井さんに対するお気持ちは分かりますが、どうか覚悟を決めてください」

    提督「……」

    大淀「……また後で、練度が最大の艦娘を招集しましょう」

    大淀「その時に、大井さんも一緒に」

    提督「……」


    126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 21:58:56.35 ID:5mVLk/GC0



    ――執務室――


    大淀「――ということです」

    提督「……」

    大井「……」

    金剛「Oh、一体何かと思ったら、ケッコンの話だったんですネ」

    北上「そ、そんな……」

    電「でも、大井さんが……!」

    大淀「仕方のないことです」

    陸奥「本当に、なんとかならないの?」

    赤城「私なら今のままでも……」

    大淀「決定してしまったことなんです。明日までに契約を交わさなければ……」

    妙高「提督は退任してしまう、と?」

    大淀「はい」

    長門「……」


    127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 22:09:46.44 ID:5mVLk/GC0


    長門「こういうのはどうだ?」

    長門「明日、高難易度の海域へ出撃して戦果をあげれば…」

    大淀「おそらく聞く耳持たずでしょう」

    長門「……そうか」

    大淀「なので、皆さんには今日中に……」


    提督「ダメだ」

    大淀「え?」


    提督「やっぱり納得いかねえ」スタスタ

    金剛「提督! どこへ行くんデス?」

    提督「大元帥のとこだよ。直接話をつけてくる」ガチャ

    大淀「そ、そんな無茶な!」

    提督「だってよ、身勝手過ぎんだろ! 自分とこのルールを押しつけやがって……!」

    提督「今から行けば夕方には…」


    大井「身勝手はどっちよ」

    提督「!!」


    129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 22:24:34.32 ID:5mVLk/GC0


    北上「大井っち?」

    大井「身勝手は、あんたの方でしょ」

    大井「敵の状況を見て対策しようとしてるのに、あんたはそれを個人の都合で拒否しようとしてるのよ」

    提督「んだと……?」

    電「け、喧嘩はやめるのです!」

    提督「大井、オレはな。お前との約束を……!」

    大井「私なら大丈夫よ」

    大井「みんなの身を考えたら、どっちが大切か一目瞭然でしょ? それに」

    大井「あんたがここからいなくなるよりは、ずっとマシだから」

    提督「!」

    大井「……っていうか」


    131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 23:34:13.99 ID:5mVLk/GC0


    大井「ケッコン用じゃなくて、ジュウコン用の指輪も用意されてるんでしょ?」

    大井「別にこだわらなくてもいいじゃない! 私、ジュウコン用の指輪でいいわ」

    提督「……」

    大井「あ、待って……唯一望めるのなら」

    大井「ケッコン指輪は、北上さんが嵌めてて欲しいかも」

    北上「えっ?」

    大井「もちろん、皆さんがよければの話ですけど……」

    金剛「うーん……そうデスね!」

    金剛「提督が惚れ込んでいる大井の頼みデスし、受け入れないわけにはいきまセン!」

    長門「私は別に構わないが」

    陸奥「私もよ」

    赤城「こだわりはありません」

    妙高「同じく」

    金剛「ワオ……みんな躊躇なしデスね」


    132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/17(木) 23:53:40.25 ID:5mVLk/GC0


    電「でも、ホントにいいのです? あんなに頑張ったのに」

    大井「大淀さんも言ったでしょ? 仕方ないことなのよ」

    大井「あとは北上さんが受け入れてくれれば……」

    北上「あたしはいいんだけど……さ」

    大井「……ありがとうございます。私のワガママで」ペコリ

    提督「おい、勝手にいろいろと決めるなって」

    大井「こうでもしないと、あんたいつまでもグダグダ引きずるでしょ?」

    提督「なっ……!?」

    大井「さて、それじゃさっそく契約を結びましょう!」

    大井「早くケッコン指輪を北上さんに嵌めて」

    提督「……」

    大井「早く」

    提督「……」スッ


    133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/18(金) 00:06:05.31 ID:koLRDenA0


    提督「北上、指出せ」

    北上「う、うん」スッ

    提督「……大井」

    提督「本当に……いいんだな?」

    大井「ええ」

    提督「……そうか……」スッ


    パァァァ!


    金剛「Oh! 嵌めた途端、指輪が光りました!」

    大淀「これで仮契約です。あとはこの書類にサインしていただければ」スッ

    北上「あたしだけでいいの?」

    大淀「いえ、提督と北上さん両方です」

    提督「めんどくせえな」

    北上「だね」

    大淀「な、名前だけですよ?」


    大井「……」スタスタ

    ガチャ

    電「!」

    電(……大井さん……)


    143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 20:55:05.12 ID:eF2UenEn0


    大井「……仕方ないわよね」ボソッ

    大井「できれば一番になりたかったけど……うん、仕方ない……」


    電「やっぱり無理してたのです」

    大井「!?」


    大井「い、電……いたの?」

    電「ケッコン指輪が欲しかったなら、素直にそう言えばよかったのです」

    大井「……言えるわけないじゃない」

    大井「私のワガママで、指令に背くようなこと」

    電「何か方法を考えればよかったのです……きっと何か……」

    電「そうなのです! ケッコン指輪だけは大井さんが持ってて」

    電「他のジュウコン指輪を電たちに渡せばいいのです!」

    大井「……」

    電「そうすれば大井さんが練度最大になった時に、司令官さんとケッコンでき…」

    大井「それは無理よ」


    145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 21:25:02.90 ID:eF2UenEn0


    大井「最初にケッコン指輪を使わないと、他のジュウコン指輪は使えないの」

    電「そ、そうなのです?」

    電「じゃあ他に何か手は……」

    大井「……ありがとう電」

    電「?」

    大井「気を使ってくれたのよね。でも、もうホントに大丈夫だから」

    大井「例えケッコンできなくてもジュウコンはできるでしょ?」

    電「でも!」

    大井「ふふ、これ以上はお節介よ。ほら、早くジュウコンしてきなさい!」グイッ

    電「わわ! 押さないでください!」

    ガチャ

    大井「ふぅ……さて」

    大井「がんばろっと」スタタッ


    155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 00:37:31.52 ID:nsMtjS990



    ――翌日・演習場――


    大井「はぁ……はぁ……」


    北上「おーい、大井っちー」スタスタ

    電「そろそろ出撃できるのです!」スタスタ

    大井「……二人とも」

    大井「大元帥のところから来た艦娘は、もう帰ったんですか?」

    電「なのです!」

    北上「指輪を確認しただけだったからねー」

    大井「そう、それじゃさっそく……」フラッ

    北上「大井っち!?」ガシッ

    大井「ご、ごめんなさい。ちょっとつまづいちゃって」

    電「つまづくような物はないのです!」

    北上「ちょっと頑張りすぎじゃないの?」


    156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 00:52:32.25 ID:nsMtjS990


    北上「確か昨日も、夜遅くまでずっと演習場にいたよね」

    大井「大丈夫ですよ。その分ちゃんと休んでますから」ニコッ

    大井「さ、早く行きましょう!」スタスタ

    北上「……大井っち……」

    電「大丈夫じゃないのです……とても不安なのです」

    北上「そうだよね。あんな状態で出撃なんて……」

    電「電たちでフォローするのです!」

    北上「それはもちろんだよ」

    電「なのです! 今まで以上に頑張るのです!」スタスタ

    北上(……でも)

    北上(敵も強くなって来てるし、あたしたちはあたしたちのことで精一杯になる状況が来たら……)


    157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:11:27.82 ID:nsMtjS990



    ――――


    ――それから四日後――


    大井「……やった……やっと改二になれたわ!」

    大井「敵勢力の事情で出撃海域が限られてしまったけど、ようやく……!」


    北上「おめでとう大井っち!」

    電「なのです! 電も嬉しいのです!」

    大井「ありがとう! これも付き添ってくれた二人のおかげです!」

    北上「ううん、大井っちが頑張ったからだよ」

    電「さっそく提督に報告なのです!」

    大井「え?」

    北上「早く報告してさー、抱きしめてもらいなよ」ニヤリ

    大井「なっ!?」カァァ


    158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:25:44.54 ID:nsMtjS990


    電「いえ、ちゅーくらいしてもらってもいいのです!」

    大井「ななっ……何を言って……!」

    北上「ほらほら、あたしたちも一緒に行くからさー」グイグイ

    電「一緒に行くのです!」グイグイ

    大井「待ってください! 抱擁ならまだしもチューなんて、そんな大胆なこと……!!」


    ――執務室前――


    大井「……うぅ……」

    北上「ノックノック」ヒソヒソ

    電「れっつごーなのです」ヒソヒソ

    大井「……コ、コホン」

    コンコン

    提督「どうぞー」

    大井「し、失礼します」ガチャ


    159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:44:31.41 ID:nsMtjS990


    提督「おー、大井か」

    大井「……どうしたのよその顔」

    提督「顔?」

    大井「なんかやつれてない? 目の下にクマができてるし、髪もボサボサよ」

    提督「ゾンビメイク」

    大井「ふざけないで。そんなになるまで何してんのよ」

    提督「仕事だよ仕事、最近仕事が楽しくてなー」

    大井「あんたってそんな奴だったっけ」

    提督「うるせえよ。それより何か用か?」

    大井「……」

    大井「……この服、見て」

    提督「服?」


    160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:55:45.35 ID:nsMtjS990


    大井「そう」

    提督「見たけど」

    大井「……何か思うことない?」

    提督「ああ……そういや、なんかいつもと違うな」

    大井「!」

    大井「……と、言うと?」

    提督「何だよいきなりニヤニヤしやがって」

    大井「いいから! どこが違うと思うの?」

    提督「んー、なんか……」

    提督「……白いよな? 服が裏返ってんのか」

    大井「殴るわよ」

    提督「嘘だって嘘、振り上げた拳を降ろせ」


    177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 19:45:49.33 ID:nsMtjS990


    提督「しっかし早いな……もう以前のお前の恰好に戻るなんてな」

    大井「っ!」

    提督「おめでとう。こんな無難な事しか言えねえけど」

    大井「……そんなことないわ」

    提督「?」

    大井「ありがと。嬉しい」ニコッ

    提督「お、おう」ドキ

    大井「それでその……他には何かないの……?」

    提督「何かって何だよ」

    大井「え。だから、えっと……ご褒美的なものを……」

    提督「……ああ、なるほど」

    提督「悪い。考えたんだけどよ、ちょっと今は懐に余裕がなくてな」

    大井「違うそうじゃない」


    178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 20:24:43.48 ID:nsMtjS990


    提督「違うのか?」

    大井「いや……その気持ちは嬉しいんだけど」

    大井「ほら、お金を絡めなくてもできることって……あるじゃない?」モジモジ

    提督「……ああ、なるほど」スッ

    提督「分かった」スタスタ

    大井「……っ」ドキドキ

    提督「……」ピタッ


    提督「よく頑張ったな」ナデナデ

    大井「……へ?」


    提督「ん? 何だよ、これも違うか?」

    大井「……ううん」

    大井「あってる」

    提督「そうか」

    大井(……これはこれでありかも……)


    179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 20:33:36.83 ID:nsMtjS990


    大淀「失礼します」コンコン

    大井「!?」

    提督「どうぞー」

    大淀「提督、例の件についてなのですが……」ガチャッ

    大淀「あら? 大井さん、いらっしゃったんですね」

    大井「ええ……」

    大淀「やっぱり、その格好の方がなじみ深いですね。改二おめでとうございます」ニコッ

    大井「ありがとうございます」ペコリ

    大淀「それで、例の件なのですけど……」ジー

    大井「?」

    提督「あー……そうだな」

    提督「大井、悪いけど席を外してくれるか?」

    大井「え?」


    180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 20:43:20.69 ID:nsMtjS990


    大井「あの、私のことなら気にせず…」

    提督「重要な話なんだよ、頼む」

    大井「……そう、分かった」

    ガチャ

    大井(……重要な話……私には話せないってこと?)

    大井(……まあ、仕事の中にはそういうのもあるわよね……)

    スタタタッ

    北上「大井っち、どうだった?」

    電「大淀さんが来たから、隠れてて見れなかったのです!」

    大井「二人とも!」

    北上「ギュってしてもらえた?」

    電「それともちゅーなのです?」

    大井「ふふ、秘密です」


    181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 20:58:54.95 ID:nsMtjS990


    北上「えー教えてよー」グイグイ

    電「このこのーなのです!」グイグイ

    大井「それより、今日も出撃任務ありましたよね?」

    大井「昼食をとって備えましょう!」スタタッ

    電「あ、逃げたのです!」

    北上「絶対に口を割らせてやるんだからー!」

    スタタタッ


    ――――


    ――午後・任務達成して帰投――


    電「おつかれなのです!」

    北上「それじゃ後で食堂に集合ねー」

    大井「はい、また後で!」


    大井「ふー、今日も何とか……ん?」

    大井「あれは……提督と金剛さん」


    185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 00:13:14.05 ID:/J/MtmKs0



    提督「――――」ワイワイ

    金剛「――――」ワイワイ


    大井「……楽しそうね」

    大井「何を話してるのかしら?」スタスタ


    提督「――んじゃ、そういうことで……」

    大井「こんにちは金剛さん」

    提督「!?」ビクッ

    金剛「お、大井!? ビックリしたデース!」

    大井「そんなに驚かなくても……」

    大井「それより、二人で何を話してたんですか?」

    提督「別に、何でもねえよ?」

    金剛「そうデス! 気にすることないネ!」

    大井「けどあんなに楽しそうにして……」


    186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 00:25:04.82 ID:/J/MtmKs0


    大井「教えてくれたっていいじゃないですか」ムスッ

    提督「何というかよ……お前には関係ないことだから」

    大井「……は?」

    金剛「提督、言葉が悪いデス!」

    金剛「あ、あははー! 安心するネ! 他愛のない会話というやつデス!」

    金剛「そうデス! 私、榛名に用事があったんデース!」スタスタ

    大井「あっ、ちょっと」

    提督「オレも用事があったんだ」スタスタ

    大井「待って!」ガシッ

    提督「うおっ」

    大井「どうして言えないの? 何かマズイことでも…」

    提督「んん……まあ、そうだな……」ポリポリ

    提督「悪い大井!」スタタッ

    大井「あ……!」

    大井「何なのよ……もう」


    187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 00:31:59.45 ID:/J/MtmKs0



    ――数分後・食堂――


    電「……大井さん、なにかあったのです?」

    大井「え?」

    電「さっきからボーっとしてるのです」

    北上「分かった、提督のことでしょ」

    大井「……」

    北上「……あたりっぽいけど、ハッピーな感じじゃないね」

    大井「北上さん」

    北上「ん?」

    大井「実はさっき――」


    188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 00:39:42.77 ID:/J/MtmKs0


    大井「――酷くないですか? これっぽっちも教えてくれないんです!」

    北上「んー、それは確かに酷いねー」

    電「……そういえば」

    北上「どうしたの?」

    電「今日の朝も、提督と金剛さんがナイショ話をしてたのです」

    大井「本当に?」

    電「なのです。近づこうとする前に終わってしまったのですけど……」

    大井「……」

    北上「……大丈夫だよ大井っちー」

    大井「えっ」

    北上「きっと人に話すほど深い内容じゃないんだよ、話すのもバカバカしいっていうかさ」

    大井「そ、そうでしょうか」

    電「なのです! 考えすぎなのです!」

    大井「それならいいんだけど……」


    189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 00:48:33.99 ID:/J/MtmKs0



    ――翌日――


    提督「――――」ワイワイ

    陸奥「――――」ワイワイ


    大井「こ、今度は陸奥さん?」

    大井「一体何を……」スタスタ


    陸奥「――ふふっ、そうね。その方がいいと思うわ」

    大井「何がですか?」

    陸奥「きゃっ!?」

    提督「大井……」

    大井「何がいいと思うんです、陸奥さん」

    陸奥「え? ええっと……」

    提督「気にすんなよ、な? 何てことない話だ」

    大井「じゃあ話してくれたっていいじゃない!」

    提督「お、怒るなよ……」

    大井「怒るわよ!」

    陸奥「まあまあ落ち着いて……」


    190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 01:01:27.88 ID:/J/MtmKs0


    陸奥「安心して? 私はただ…」

    提督「待て陸奥! 何も言うなって!」

    大井「」ピクッ

    大井「はぁっ!!」キーンッ

    提督「ふぐっ!?」

    提督「こ……股間はねぇよ……股間は……」

    大井「さあ陸奥さん! 今のうちに洗いざらい!」

    陸奥「へ? あ、あの……その……」チラッ

    提督『頼む、逃げろ』ジェスチャー

    陸奥「ご、ごめんなさい!」スタタタッ

    大井「陸奥さん!」


    191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 01:12:42.09 ID:/J/MtmKs0


    大井「何で……何でなのよ」

    大井「こうなったら……あれ?」

    大井「あいつがいない!! 一体どこへ!?」


    提督「うおぉぉぉぉぉぉ!!」ドドドドド

    神通「きゃあぁぁぁぁぁ!!」

    那珂「提督がすごい速さでホフク前進してる!?」

    川内「キモっ!?」


    大井「くっ、どこにもいない……這って逃げたわね」

    大井「そういや身体能力だけはいいんだった……迂闊」

    大井「……何で?」

    大井「……どうして話せないのよ……バカ……」ボソッ


    203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:38:45.98 ID:/J/MtmKs0



    ――翌日――


    大井「金剛さん、陸奥さんと続いて」


    妙高「――――」ワイワイ

    提督「――――」ワイワイ


    大井「次は妙高さん?」

    大井「聞きにいってもどうせ教えてくれない……それなら!」

    大井「静かに近づいて盗み聞きよ」コソコソ


    妙高「――で――と思いますよ」

    提督「なるほど――ってわけか――」

    大井(ダメね、もうちょっと近づかないと)コソコソ


    妙高「――そうですね……好きですよ」

    大井「っ!?」

    提督「そ、そうか」

    妙高「はい」

    大井(え……どういうこと? 今、確かに好きって……)


    204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/21(月) 23:48:58.58 ID:/J/MtmKs0


    提督「っと、そろそろ報告書まとめねえと」

    妙高「以前の提督からは考えられないような発言ですね」

    提督「うるせーよ。んじゃ、またな」スタスタ

    妙高「はい、お仕事頑張ってください」


    大井(……す、好きって……まさか……)

    大井(妙高さん、あいつのことを?)

    大井(……あいつも、満更でもない顔してたわよね……)


    妙高「大井さん?」

    大井「!!」ビクッ

    妙高「こんなところにしゃがみ込んで、何をなさってたんです?」

    大井「い、いえっ!」

    大井「何でもないです!」スタタッ

    妙高「あっ」

    妙高「? 体調が悪いのかしら……」


    205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:14:04.79 ID:EljtKm/a0


    大井(落ち着くのよ、まだそうと決まったわけじゃないわ)スタスタ

    大井(聞き取れなかったとこもあるし、そもそも他の艦娘があの能無しを好きになるなんてありえないし)スタスタ

    大井(そうよ……! あんなダメ男の世話ができるのなんて私くらいしかいないんだから……)スタスタ

    大井(でも、待って)ピタッ

    大井(そういえば金剛さんといい、陸奥さんといい、みんなジュウコンした艦娘よね)

    大井(指輪をもらって、特別感が沸いてきて……その気になったって可能性もあるんじゃないの?)

    大井(だからみんなあいつと距離を縮めようと、楽しそうに会話を……)

    大井(……って、何考えてるのかしら私。妄想を膨らませすぎよ)

    大井(大丈夫。うん、きっと大丈夫……)スタスタ


    206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:32:48.70 ID:EljtKm/a0



    ――翌日・勝利して帰投――


    北上「大井っち、だいぶ元の動きに近づいてきたよね!」

    大井「本当ですか?」

    電「キレが戻ってきてるのです!」

    大井「そう言ってもらえると嬉しいわ」


    北上「……ん? あれって提督と……」

    電「長門さんなのです」

    大井「!」

    北上「なんか話してるっぽいねー」

    大井「二人とも、早く食堂に行きましょう」スタスタ

    電「大井さん? 急にどうしたのです?」

    北上「ちょっと待ってよー!」

    スタスタ


    207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 00:47:14.51 ID:EljtKm/a0



    ――食堂――


    大井「……」モグモグ

    北上「ねえ大井っち、どこか具合が悪いの?」

    電「さっきからずっと黙ったままで、心配なのです……」

    大井「……ごめんなさい」

    大井「ちょっと考え事をしてただけだから……」

    北上「考え事って、もしかして提督のこと?」

    大井「……」

    電「不安がることないのです!」

    北上「そうだよ、そりゃさっきも長門さんと一緒だったけど」

    北上「ほら、きっと任務の話だよ! 二人とも真面目な顔してたし」

    大井「……」

    大井「あの……一つ、いいですか?」

    北上・電「?」


    209: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 01:03:53.54 ID:EljtKm/a0


    大井「変なことを聞きますけど。北上さんも、電も」

    大井「指輪をもらって、提督に特別な感情を抱いたりとかは……」

    電「とくべつな感情?」

    大井「その、だから…」

    北上「あー……なるほどね……」

    北上「ねえ大井っち。もしかして、あたしが提督を好きになったんじゃないかと疑ってるの?」

    大井「……はい」

    電「あ、とくべつってそういうことなのです?」

    北上「どう? 電は提督のこと好き?」

    電「うーん、考えたことなかったのです」

    電「でも恋愛感情はないとハッキリ言えるのです」

    北上「だよね。あたしも同じだよ」

    北上「あたしだけみんなと違うケッコン指輪をもらったけど、それは大井っちの頼みだからだし」

    大井「ほ、本当ですか? 本当に……」

    北上「心配しすぎだってば」クスクス


    210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 01:13:53.20 ID:EljtKm/a0


    北上「安心して、天地がひっくり返ってもそんなことないから」

    北上「それにさー。あんなの好きになる物好き、この鎮守府に大井っちくらいしかいないよー?」

    大井「! ……好きかどうかは置いといて」

    北上(ここまで来てまだ濁すのか)

    大井「そ、そうですよね? あんな無能、私しか相手にできませんよね?」

    電「なのです!」

    大井「……へへ」

    大井「えへへへ」ニコニコ

    電(すごく嬉しそうなのです)

    大井「……あ、大変! そろそろ演習行かないと!」アタフタ

    北上「元気になってよかったね」ヒソヒソ

    電「一安心なのです」ヒソヒソ

    大井「北上さん! 午後の出撃もお願いしますね!」スタタッ

    北上「うん、よろしくねー」


    211: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 01:27:50.47 ID:EljtKm/a0



    ――その日の夜・入渠ドック入口――


    大井「ふぅ、いいお湯だったわ」ポカポカ

    大井「時間も時間だし、そろそろ寝よう…」

    赤城「そんなの心配ないですよ」

    大井「? 今の声って…」

    大井「!」


    提督「本当かよ」

    赤城「自信を持って言えますね」


    大井(赤城さんと二人?)

    大井(これでジュウコン艦コンプリートよ、あいつ何が目的なのよ)



    赤城「だって、提督のことを愛していますから」ニコッ



    大井「――――」


    212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 01:42:50.07 ID:EljtKm/a0



    大井(……え……?)

    大井(………………)

    スタタタッ

    提督「?」

    赤城「どうしました?」

    提督「いや、今誰かがいたような……」


    スタタタッ

    大井(そんな、嘘よ……! けど)

    大井(今度はハッキリ聞いた、愛してるって)

    大井(赤城さんが……あいつに……愛していますって……っ)

    大井(やっぱり私の予想は当たってたんだわ。少なくとも赤城さんは)

    大井(あいつのことが好きで、その想いを伝えたのよ……)

    大井(……)

    大井(……なんて返事をするのかな……)

    大井(……)


    224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 00:08:35.28 ID:Rv1aAvF20


    スタスタ

    北上「あー肩が凝る。こんな時は温泉風呂につかって――」

    大井「」スタタタッ

    ドン!

    北上「うわっ! 痛てて……ん?」

    北上「誰かと思ったら大井っちじゃん。どうしたのそんな慌てて」

    大井「ごめんなさい。前を見てなくて」

    北上「……。それはいいけど、何かあった? 元気ないじゃん」

    北上「あっ。もしかして、また提督関連?」

    大井「……」

    北上「心配性だねぇ旦那のことになると。そんなに不安ならさ、いっそ直接…」

    大井「やめてくださいッ!」

    北上「!?」ビクッ

    北上「お、大井っち……?」

    大井「気休めはもういいんです」


    225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 00:34:42.57 ID:Rv1aAvF20


    大井「私、見てしまったんですよ」

    大井「赤城さんがあいつに告白をしているところを」

    北上「赤城さんが!? 何かの間違いじゃ…」

    大井「ハッキリ聞きました。『提督を愛していますから』って」

    大井「やっぱり私が考えてた通りだったんです! みんなあいつに指輪をもらったから……!」

    大井「あいつのことを好きに……」

    北上「……で……でもさ。まだそうと決まったわけじゃないよ?」

    北上「そうだ、提督に聞いてあげるよ! ジュウコンした艦娘と何を話してたのか!」

    北上「真実を話すまでとことん問い詰めるよ!」

    大井「……」

    大井「……私、今すごく酷いことを考えてしまっているんです」

    北上「え?」

    大井「でも確かめないと気が済みません」

    大井「北上さん、あなたはあいつのことどう思ってますか?」

    北上「!!」


    226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 00:49:31.40 ID:Rv1aAvF20


    北上「それは昼にも言ったじゃんか」

    大井「『本当のこと』を話してください。指輪をもらって密かに好意を抱いてませんか」

    北上「だから…」

    大井「ましてやケッコンをしてますから、特別な感情を抱く可能性はジュウコンよりも高いです」

    北上「……」

    大井「偽りなく答えてください北上さん、答えてくれないと私…」


    北上「大井っち!!」

    大井「!」ビクッ


    北上「あんまり自分勝手なこと言ってると怒るよ?」

    大井「……」

    北上「あたし、大井っちに嘘なんてついたことないから」

    北上「今までも。これからも、ずっとね」


    227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 01:00:19.07 ID:Rv1aAvF20


    大井「……ごめんなさい、私……」

    北上「まあ……好きな人のことだもんね。仕方ないよ」

    北上「って、あたしにはまだ分かんないけどさ」ニコッ

    大井「本当にごめんなさい」ペコリ

    北上「いやいや、頭まで下げなくても……あっ、そうだ!」

    北上「さっそく問い詰めてやんないと! 大井っちを不安にさせるなんて、酷い奴だよ!」プンスカ

    大井「えっ。今からですか?」

    北上「おうよ! 大井っちも来る?」

    大井「私は……」

    大井「やめておきます。もし危惧していることが本当だったら、その」

    大井「怖いですし」

    北上(……そんなことないって言いたいけど)

    北上(万が一の場合も、あるっちゃあるんだよね)

    北上(あたしが好きじゃなくても他はどうなのかっていう)


    228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 01:23:54.56 ID:Rv1aAvF20


    北上(そういう意味では、昼に言ったことは無責任だったな……)

    北上「……分かった」

    北上「じゃあ行ってくるね」スタスタ

    大井「は、はい」

    大井(……今日は不安で眠れそうにないわ)スタスタ



    ――執務室――


    コンコン

    北上「たのもー」

    提督「武士かよ……どうぞー」

    ガチャ

    提督「北上……? こんな時間にどうした」

    北上「どうしたもこうしたも無いよ、って」

    北上「目がヤバくない? すごい眠そう」

    提督「48時間ぶっ続けだからな」

    北上「それに至ってはお疲れ様としか言いようがない」

    提督「どうも。それで何の用だ?」

    北上「……コホン」


    229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 01:33:06.85 ID:Rv1aAvF20


    北上「お疲れのとこ悪いけど、ちょっと質問したいことがあるんだよね」

    提督「……何だよ……」

    北上「提督さー、最近ジュウコンした艦娘とよく一緒にいるよねぇ」

    提督「……」

    北上「仲良さそーに何を話してんの?」

    提督「…………」

    北上「……提督?」

    提督「…………zzzzzz」

    北上「おいこら寝んな!!」

    提督「はっ! あ、あっぶねぇ。ついウトウトと」

    北上「はぁ……しょうがないとはいえ、ちゃんと聞いててよ」

    提督「悪い。で、最近なんだって?」

    北上「だから、最近ジュウコンした艦娘と――」


    232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 02:16:01.27 ID:Rv1aAvF20


    スタスタ

    大井「あーダメ、待って」ピタッ

    大井「気になり過ぎて仕方ないわ。私も行こうかしら」

    大井「このままじゃ寝られず、明日の演習や出撃に万全な体調で挑むことができないし……」

    大井「……ん? 待てよ?」

    大井「そうよ……私、やっぱり考えすぎてた!」

    大井「もし本当に、他のジュウコン艦娘があいつのことを好きだったとして」

    大井「あいつがその艦娘を好きだっていう保証はどこにもないじゃない!」

    大井「……まあ内緒話をしてる時は満更でもない顔してたけど……」

    大井「でも、あいつがケッコン相手に選んでくれたのは、私なんだから」

    大井「もっと自信を持つべきなのよ!」グッ

    大井「ふふ、なんかそう考えたら一気に肩が軽くなっちゃった!」

    大井「北上さんに任せてしまったけど、もう何を聞いてもへっちゃらだろうし」

    大井「私も聞きに行っちゃおっと!」スタスタ


    246: 再開します 2016/03/25(金) 22:31:11.41 ID:Du+0boFL0



    北上「――……なるほど、そういうことね」

    北上「提督の考えは分かったよ」

    提督「……」

    北上「あたしがどうこう言えることじゃないね」

    北上「でも、もう少しやりようがあるんじゃないの?」

    提督「……仕方ねえだろ」

    北上「仕方なくないよ。ホント極端というか不器用というか」

    提督「だってよ、あいつその話をしてる時に限って急に現れるんだぞ」

    北上「公の場で話してたらそうなるよ」

    提督「んじゃ今度からはこっそりと…」

    北上「それはそれでバレた時にヤバいから」

    提督「じゃあどうしろってんだ」

    北上「……どうしようね」

    提督「おい!」


    247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 22:42:03.32 ID:Du+0boFL0


    北上「まあがんばって、大井っちには黙ってるから」

    提督「お前な、首を突っ込もうとしといて……」

    北上「だから言ったじゃん。あたしがどうこう言えることじゃないって」

    北上「唯一できるとしたら、行く先を見守ることくらいかな」

    提督「……」

    北上「んじゃ、もう寝るよ」スタスタ

    提督「おい」

    北上「ん?」

    提督「一つ頼みがある」

    北上「頼み……?」

    提督「お前にしか頼めないことだ」

    北上「な、なにさ」


    248: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 22:54:16.96 ID:Du+0boFL0



    提督「――そこの書類、とってくれるか」

    北上「……は?」


    提督「ほら、そこの棚の上にある青色のやつあんじゃん。それ」

    北上「……どんな重要な頼みかと思ったら」

    北上「この面倒くさがり! そんくらい自分でとれ!」

    提督「いいだろ、ついでだよ」

    北上「はぁ、ったくもう」スタスタ

    北上「よっと……あれ、うんしょ……」

    北上「ダメだギリギリ届かねえ」

    提督「お前そんな小さかったか?」

    北上「標準サイズだと思うけど」

    北上「はあ! ……くっそー」

    提督「あーもういいよ。やっぱオレがやるから」スッ


    249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:04:12.28 ID:Du+0boFL0


    北上「いや、もうちょっとで」

    提督「引き止めたオレが悪かったよ。そこどいてくれ」

    北上「あと少しだから黙って見ててよ!!」

    提督「……何だよその使命感」


    スタスタ

    大井「――執務室、まだ明かりがついてる」

    大井「よかった。話は終わってないみたいね」

    大井「覚悟しなさい! 北上さんとの強力タッグで陥落させてやるわ!」スタスタ


    北上「ちょっ、押さないでって! 危ないから!」

    提督「危ないのはそっちだろうが!」

    北上「人にものを頼んどいてその言いぐさは……!」

    ツルッ

    北上「きゃっ!?」

    提督「なっ!?」


    バターンッ!!


    大井「な、なに今の音!?」


    250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:24:53.38 ID:Du+0boFL0


    大井「中で一体何が……」ガチャ


    大井「――――!?」


    北上「うう……言わんこっちゃないよ……」

    提督「やべ、腰打った…」

    提督「! ……大井?」

    北上「えっ」


    大井「――――」

    北上「大井っち、寝たんじゃなかったの?」

    大井「――――」

    提督「き、北上、降りろ……!」

    北上「え?」

    北上「あっ、ち、違うんだよこれは……大井っち!」ササッ

    提督「そうだ。痛つつ……こ、これは書類を…」

    大井「何も聞きたくないわ」

    提督「!」


    254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 23:51:45.81 ID:Du+0boFL0


    大井「何も聞きたくない」

    大井「酷いです北上さん、さっき私にあんなこと言っておいて」

    大井「実はこの事実を隠すための建前だったんですね」

    北上「違うんだって!! 話を…」

    大井「嘘つき」ボソッ

    大井「嘘つき、嘘つき、嘘つき嘘つき嘘つき嘘つき嘘つき嘘つき嘘つき嘘」

    提督「大井っ!!」

    大井「」ピクッ

    大井「――やっぱり北上さんを庇うのね」

    大井「北上さんのことが好きだから」

    提督「なっ、お前何でそんな……」

    大井「否定はしないんだ」

    提督「は? 勝手に話を…」

    大井「焦らなくていいわよ。分かってるから」

    大井「もう出て行くわね。邪魔しちゃってごめんなさい」ガチャ

    提督「待て大井!!」


    257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:17:27.56 ID:l27hY/AO0


    提督「痛っ!? くっそ、腰が思った以上に……」

    北上「ごめん提督」

    北上「大井っちに勘違いされちゃった。あたしのせいだ」

    提督「いや、お前のせいじゃ…」

    北上「ちょっと部屋まで行ってフォローしてくる!」

    提督「待て」

    北上「!」

    提督「いいよオレが行く。お前はもう寝とけ」

    北上「でも」

    提督「さっき見守るって言ってただろ」

    北上「……分かったよ」

    提督「……」

    提督「……謝るのはオレの方だな」

    北上「?」

    提督「大井と一番仲が良いのに、亀裂が入るような勘違いさせちまったな」

    提督「悪かった」

    北上「……」


    259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:39:08.60 ID:l27hY/AO0


    北上「いいよ、勘違いだから誤解を解けばいいんだし」

    北上「提督に解けるかどうかが不安だけどさ」

    提督「解くまで頑張るよ」

    北上(不安すぎる)

    提督「それじゃあな。ちゃんと睡眠とれよ」

    提督「というか、あいつ自分の部屋に帰ったのか?」スタスタ


    北上「……んー、本当に不安だなぁ」

    北上「こっそりついて行きたいけど、見守るって言ったし」

    北上「ここは信じて任せようかな……」

    北上「不安過ぎて眠れないかもだけど」

    スタスタ


    260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 00:54:26.73 ID:l27hY/AO0



    ――翌朝・艦娘寮の通路――


    北上「……提督、何やってんの」

    提督「ん? おお、北上と電か」

    電「聞いたのです! 大井さんの誤解を解いてるって」

    提督「まさにその最中だな」

    北上「いやいやどう見ても、大井っちの部屋の前に小型の机を設置して仕事してるようにしか見えないんだけど」

    提督「……それがよ」

    提督「いくら呼びかけても部屋から出て来ず、返事もなくてな」

    提督「誤解は解きたいし、でも仕事はしねえとだし」

    電「だからここで?」

    提督「ああ」

    北上「え……もしかして昨日の夜からずっと……?」


    261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/26(土) 01:11:15.70 ID:l27hY/AO0


    提督「いや、ついさっきだな。一通り部屋の前で話した後、自室で少し寝てからまたここに来た」

    電「……大井さんは、本当に部屋の中にいるのです?」

    提督「確証はねえな。でもあいつ、いつもならこの時間帯は演習してるだろ?」

    提督「見に行ったけどいなかったんだよ。他も見回ったけど見つからず」

    提督「おまけに部屋には鍵がかかってる」

    北上「なるほど、可能性は高いね」

    電「とても心配なのです……」

    電「……あれ? というか、大井さんが部屋から出て来ないのなら」

    電「今日の出撃はどうするのです?」

    提督「一応木曾に声はかけといたから、人数の心配はねえけどな」

    北上「……」

    北上「ねえ大井っち、いるなら返事して?」

    北上「昨日のあれはね、提督があたしに書類を取らせようとして」

    北上「あたしが取れなかったから、結局提督が――」

    提督「そんな感じで説明したけど、全く反応なしだ」

    北上「……そう」


    278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 01:26:21.07 ID:Os+12J4C0


    電「司令官さんはこれからもずっとここにいるのです?」

    提督「ああ」

    北上「でも、それだとかえって余計に出て来ないんじゃないの」

    北上「いつも通り執務室で仕事して、大井っちが顔を出してくれるまで待った方がいいと思うよ?」

    提督「……」

    電「なのです。電もそう思うのです」

    提督「……そうか」

    提督「じゃあ、少ししたら片すわ」

    北上「うん。これから出撃だけど、あたしも時間見つけて様子見にくるからさ」

    電「電もなのです!」

    提督「おう」

    スタスタ

    提督「……」


    279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 01:48:55.03 ID:Os+12J4C0


    スタスタスタ

    電「でも大井さん、本当に心配なのです」

    電「司令官さんとジュウコンするために、あんなにがんばってたのに」

    電「演習も出撃も拒否してしまうなんて」

    北上「……そだね」

    北上「それだけ深く傷つけちゃったってことなのかも」

    電「北上さんは悪くないのです」

    北上「はは、ありがと。しかしこんなことになるなんてなぁ」

    北上「大井っち、あんなに周りが見えなくなるタイプじゃなかったと思うんだけど」

    電「恋は盲目……というやつなのです?」

    北上「恋っていうか、すでに愛に達してるよね」

    電「愛……。愛は何なのです?」

    北上「えっ? ふ、深いこと聞くね。何かと言われてもなー」


    長門「二人とも! こんなとこで何やってるんだ!」

    陸奥「もうみんな集まってるわよ?」

    北上「わっ、ごめんなさい!」

    電「すぐに行くのです!」

    スタタタッ


    280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 02:11:23.91 ID:Os+12J4C0



    提督「……なあ大井」

    提督「何度も言ってるけど、あれは勘違いなんだよ」

    提督「オレが北上に書類を――って、これは何回も言ったか」

    提督「とにかく悪かった――なんて謝り方したら、怒るよなお前」

    提督「……正直な話、どうすりゃお前が出てきてくれるのか分からん」

    提督「かと言って、オレが抱えてる事を話すのも厳しい」

    提督「すまん。ただな、唯一言えるのは……他のジュウコン艦と話をしてたのは」

    提督「お前のためなんだよ」

    提督「これだけは伝えとくから」

    提督「……」

    提督「…………」

    提督「…………片づけるか」


    282: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 02:34:38.62 ID:Os+12J4C0



    ――数分後――


    提督「うっし、これでよしと」

    提督「……大井。これから仕事に戻るけどよ」

    提督「もしオレの土下座でも見てやろうって気になったら執務室に来てくれ」

    提督「……」

    提督「んじゃ」スタスタ


    カチャ


    提督「!!」

    提督(……今の、鍵が開く音か?)

    提督(大井の部屋から聞こえたのは確かだな)

    提督(……開けて……みるか……?)


    284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 02:49:09.54 ID:Os+12J4C0


    スタスタ

    提督「……大井ー……」ソー

    提督(って、明かりつけてねえのかよ)

    提督(カーテンも閉めてるし……日の光でどこに何があるかは分かるけど)

    提督(そして肝心の本人は……)


    大井「……」


    提督(……ベッドの上で布団にくるまってる……)

    提督「入ってもいいか?」

    大井「……」

    提督(顔が見えねえ)

    提督「……入るぞ?」

    大井「……」コクリ

    提督(今、頷いたよな?)


    287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 02:57:27.34 ID:Os+12J4C0


    スタスタ

    提督「……えっと……」

    大井「ドア」

    提督「へ?」

    大井「閉めて」

    提督「あ、ああ」

    バタン

    提督「……えっとな……それで」

    提督「聞こえてたかもしれねえけど、改めて言う」

    大井「……」

    提督「昨日の夜のあれは、勘違いでな」

    大井「分かってる」

    提督「それで――……え?」


    289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 03:37:50.49 ID:Os+12J4C0


    大井「昨日、説明してくれたし」

    提督「……」

    大井「けどホントは……」

    大井「何となく気づいてたの」

    提督「!」

    大井「あんたと北上さんが横になってるの見た時」

    大井「頭が真っ白になった」

    大井「それで混乱して、色んな言葉が口から出てきて」

    大井「……それからよ……っ」

    提督「……!」

    大井「部屋に戻ってから、頭が冷えてきて……」

    大井「だんだん、冷静になって……好き勝手言ったこと後悔して……っ」

    提督「……お前、泣いてんのか」

    大井「グスッ……だって、そうでしょ? 北上さんがあんなことするはずないもの」

    大井「なのに私、酷いこと……!」

    大井「それで、顔を合わせるの怖くて……」


    293: 再開します 2016/03/27(日) 23:17:28.52 ID:Os+12J4C0


    提督「だから籠ったままだったのか?」

    大井「あと」

    提督(まだあるのか)

    大井「……あんたにも勝手なこと言って、嫌われたかと思った」

    提督「オレ?」

    大井「うん」

    提督「……嫌いならこうしてここにいねえよ」

    大井「……そうね」

    大井「ごめんなさい」

    提督「な、なんで謝るんだよ」

    大井「だって心配かけちゃったし。忙しいのに」

    提督「……そんなこと言ったら……」

    提督「オレだってお前を不安にさせるようなことして、勘違いとはいえこうやって追い詰めちまって……」


    294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:19:43.12 ID:Os+12J4C0


    提督「謝らないといけないのはこっちだ。本当に悪かった」

    大井「……」

    提督「それに北上も、お前のこと嫌ってなんかいない」

    提督「外の声、聞こえてたろ?」

    大井「……うん」

    提督「……」

    大井「……」

    提督「……。部屋から出れそうか?」

    大井「……ごめん。それはもうちょっと待って」

    提督「そうか……まあ気持ちが完全に落ち着くまで…」

    大井「違うの」

    大井「えっと、なんていうか」

    大井「……今、ひどい顔してるから……」ボソッ


    295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:21:44.11 ID:Os+12J4C0


    提督「は?」

    大井「け、結構泣いちゃって……目も腫れてるし」

    大井「収まるまでここにいたいの。演習や出撃の遅れた分は、後でちゃんと取り戻すから」

    提督「……」

    提督(ここで『なんだその理由』なんて口走ったら)

    提督(デリカシーがないって言われるか……)

    提督「……そんな酷いのかよ」

    大井「たぶん」

    提督「確認してねえのか。どれ、ちょっと見せてみろ」

    大井「へ?」

    提督「ちょっと見るだけだよ。明かりつけるぞ」

    大井「ま、待って!」

    パチン

    大井「……っ」

    提督「……」


    296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:23:48.49 ID:Os+12J4C0


    提督「……? 別に気にするほどでもねえだろ」

    大井「あ……あんたが気にしなくても私は……!」

    提督「大丈夫だよ。可愛い可愛い」

    大井「なっ!? か、かわ……!!」カァァ

    提督「……かと言って、無理に引っ張り出すのもあれか」

    提督「うん……そうだな。つーかお前、ここ最近がんばり過ぎてたし」

    提督「今日くらいじっくり休め」

    大井「え?」

    提督「代役は木曾に任せたし、出撃任務は明日からだ。もちろん演習もな」

    大井「そんな、そこまでしなくても……」

    提督「練度上げを急ぐ必要はないだろ?」

    提督「ジュウコンするための時間制限ってもんがあるなら、話は別だけどよ」


    297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:25:15.96 ID:Os+12J4C0


    大井「……分かったわよ。お言葉に甘えるわ」

    提督「おう。じゃあオレは執務室に戻るから、腫れが引いたら顔見せてくれ」スタスタ

    大井「……」


    大井「待って」

    提督「?」


    大井「聞きたいことがあるの」

    提督「何だよ」

    提督「! ……さっき部屋の前でも言ったけど、他の艦娘と話してた内容は秘密だぞ」

    大井「分かってる。ただ……」

    大井「私が関係してるのよね?」

    提督「……まあな」

    大井「ホントに?」

    提督「それだけは間違いない」


    298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:27:14.00 ID:Os+12J4C0


    大井「でも、聞いちゃったんだけど」

    提督「聞いた? 何を」

    大井「妙高さんと赤城さんが、あんたのこと『好き』とか『愛してる』とか」

    提督「は……? そんなこと……」

    提督「!」

    大井「なによ、急に顔赤くして」

    提督「いや……何でもない……」

    提督「てかお前聞いてたのかよ!」

    大井「だ、だってひた隠しにしようとするから!」

    提督「まさかそれ以外は聞いてねえよな?」

    大井「うん。他は聞き取れなかった」

    提督「そうか……」ホッ

    大井「で、言葉の真意は?」

    提督「……どう伝えたもんかな……」


    299: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:28:49.86 ID:Os+12J4C0


    提督「よし、こうしよう。お前が練度マックスになったら全部教える」

    大井「……つまり」

    大井「今は教えることができないってこと?」

    提督「ああ」

    大井「……やましいことじゃないのよね?」

    提督「誓う」

    大井「……ふふ、よかった」

    提督「?」

    大井「胸の奥につっかえてたものが、取れた」ニコ

    提督「そ、そうか」

    大井「明日から、また頑張らないとね!」グッ

    提督(……元気になったみてえだな)

    提督(……よかった)


    301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:32:54.82 ID:Os+12J4C0




    ――その日の夕方・執務室――


    北上「お、大井っち……」

    大井「北上さん……出撃任務、お疲れ様です」

    大井「それと、昨日はごめんなさい」ペコリ

    大井「頭に血が昇ってしまって、我を忘れてあんな酷いことを……」

    北上「ううん、気にしてないし、私も悪かったよ」ウルウル

    北上「ごめんねぇ! もう提督には近づかないからね!」ギュッ

    大井「北上さん……」ギュッ


    電「女の友情なのです」ジーン

    提督「まるでオレが危ない奴みたいな言い方だな」


    302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/27(日) 23:39:13.51 ID:Os+12J4C0


    提督「で、北上。報告は?」

    北上「……耳を貸して大井っち」

    大井「えっ」

    北上「」ゴニョゴニョ

    大井「ええ……はい……」

    提督・電「?」


    大井「えっと、『作戦は成功、艦隊も無傷で完全勝利』だそうよ」

    提督「……なんで大井を通した」


    北上「」ゴニョゴニョ

    大井「『大井っちの旦那に、無暗に近づくわけには…』って、旦那って何言ってるんですか!?」

    提督「めんどくさいから普通に言えや!

    電「おしどり夫婦なのです」ニヤリ

    大井「ちょっ、電まで!?」

    提督「……お前そんな企んでるような顔できたのか」


    315: 再開します 2016/03/30(水) 00:12:11.35 ID:jz6pkPi20



    ――翌日――


    ドーンッ ドーンッ

    大井「まだまだ行けるわ!!」


    電「大井さんすごいのです! キレキレなのです!」

    北上「残ってた疲れがとれたからかな? 動きがさらに良くなってるね」

    電「それに、前よりもずっと生き生きしてるのです」

    北上「吹っ切れた感じだねー」


    大井「北上さん! サポートをお願いします!」

    北上「! おっけー、行くよー!」

    電「電も続くのです!」

    ドーンッ ドーンッ


    ――

    ――――

    ――――――


    316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:17:46.65 ID:jz6pkPi20



    ――そして、それから一週間後――


    大井「とうとうこの日が来たわ」ゴクリ


    大井「今日の出撃任務が成功すれば……」

    大井「私の練度は最大になる」

    大井「そして、無事に帰投できたら」

    大井「ジュウコンできるのよ!」グッ

    スタスタ

    北上「大井っち、いよいよだね」

    電「電たちも張り切ってサポートするのです!」

    大井「二人とも……」

    大井「今まで、ありがとうございます」ペコリ

    北上「気が早いよ大井っち」

    電「なのです。気を抜かずに挑むのです!」

    大井「そ、そうね」


    317: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:25:57.16 ID:jz6pkPi20


    スタスタ

    提督「お前ら、準備はいいか?」

    北上「提督」

    電「バッチリなのです!」

    提督「そうか。今日は比較的、難易度の低い海域だけど」

    提督「以前みたく報告にない敵戦力と衝突する場合もある。油断するなよ」

    北上「任せといて」

    大井「……」

    北上「……それよりもさ」

    北上「提督、大井っちに何か一言ないの?」

    提督「一言?」

    大井「北上さん……」

    提督「あー……そうだな」


    318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:32:38.34 ID:jz6pkPi20


    提督「そういや、この作戦が成功すれば練度最大か」

    北上(わざとらしい)

    提督「……頑張れよ」ポン

    大井「う、うん」

    提督「帰ってきたら、これ渡すからな」キラーン

    大井「……うん」

    北上「熱いねぇ二人ともー」ニヤニヤ

    電「ひゅーひゅーなのです」ニヤニヤ

    提督「うっせぇひやかすな!」

    スタスタ

    大淀「みなさん、そろそろ準備をお願いします」

    大井「! ……はい!」

    電「了解なのです!」

    北上「よっしゃ、蹴散らしちゃうよー!」


    319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:35:00.31 ID:jz6pkPi20



    ――第一艦隊、出撃――


    長門「事前の説明はあったが」

    長門「敵艦隊は、軽巡洋艦と軽空母を中心に構成されているとの情報を得ている」

    長門「しかし、何が起こるか分からない。目標との戦闘中も周囲に気を配っておけ」

    加賀「了解」

    赤城「慢心はダメね」

    大井(……この作戦、絶対に成功させる)

    大井(成功してみせる! 今まで以上に頑張らないと!)

    北上(大井っち、張り切ってるなぁ)

    北上(張り切り過ぎて、空回りしないといいけど……)

    電「大井さんのためなのです! 敵を駆逐するのです!」フンス

    北上(……こっちも違う意味でヤバいかも)


    320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:41:09.53 ID:jz6pkPi20


    赤城「敵艦隊、見ゆ!」

    長門「来たか」

    加賀「制空権を確保します」

    長門「よし! 見る限りは情報通りの戦力だな」

    長門「雷撃翌用意!」

    北上「行くよ大井っち!」

    大井「ええ!」


    バシュッ バシュッ

    ドーーーーンッ


    電「やったのです! 航空戦と雷撃で、もうほぼ撃沈したのです!」


    321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:42:27.85 ID:jz6pkPi20


    長門「……いや、まだだ」

    電「?」

    北上「やっぱり出てきたね」


    ヲ級「……」ゴゴゴゴゴ


    電「はわわ、他の敵より異質なのです!」

    加賀「冷静に対処するのよ」

    赤城「私たちならやれます、大丈夫!」

    大井「行くわ!」ドーンッ ドーンッ


    ドーンッ ドーンッ



    ――

    ――――

    ――――――


    322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:47:18.50 ID:jz6pkPi20



    ――激戦の末――


    長門「――……敵艦隊の全滅を確認」

    北上「作戦成功だね!」

    電「やったのです!」

    大井「……」

    電「大井さん、これで練度マックスなのです!」

    北上「もっと喜びなよー!」

    大井「……ええ」

    大井「本当に嬉しい……みんなありがとう……!」

    赤城「待ってください!」

    北上「え?」

    加賀「まだ終わってないわ」


    レ級「……」ゴゴゴゴゴ


    大井「敵の増援!」

    長門「奴を中心に、戦艦、空母、重巡洋艦……」

    北上「どうしてあんな数が攻めてくるのさ!?」


    323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:51:37.81 ID:jz6pkPi20


    長門「分からん……が、しかし」

    長門「ここは撤退した方がいいだろう」

    加賀「そうね。まだこちらに余力があるとはいえ、あの数を相手にするのは……」

    電「みなさん、後ろを見てください!」

    長門「……!?」


    戦艦棲姫「……」ゴゴゴゴゴ


    赤城「後ろからも!?」

    長門「まさか奴らの狙いは……」

    加賀「私たち艦娘?」

    北上「マズイよ! 退路を確保しないと!」

    電「でも左右にも敵が……」

    長門「前と後ろよりも手薄だ、右から突破するぞ!」

    大井「はい!」


    324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:54:42.97 ID:jz6pkPi20


    ドーンッ ドーンッ

    北上「ああもう、駆逐艦ウザい!」

    電「ごめんなさいなのです!」

    北上「電に言ったんじゃないよ!」

    長門「バカをやってる場合か!」


    大井「はぁ、はぁ……しつこいわね……!」

    大井「せっかく練度マックスになれたのに、こんな事が起きて……」


    赤城「大井さん! 危険です!」

    大井「え?」


    ドーーーーン!!


    大井「きゃっ!?」

    北上「大井っち!」

    大井「だ……大丈夫よ……」

    電「そんなはずないのです! 大破なのです!」


    325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/30(水) 00:59:40.62 ID:jz6pkPi20


    長門「全員、大井を中心に陣形を取れ! 急いで切り抜けるぞ!」

    加賀「さっきからやってはいるけれど……!」

    赤城「キリがないですね……数が多すぎます!」

    北上「敵の戦艦たちがどんどん近づいてるのに、このままじゃみんな」

    電「た、大変なのです! 敵空母が艦載機を……!」

    長門「くそっ、仕掛けて来たか」

    赤城「私たちに任せてください!」

    加賀「一航戦の力、侮らないで」

    北上「……!」


    北上「ちょっとストップ!!」

    加賀「何?」

    赤城「北上さん! 考えている場合じゃ…」

    北上「そうじゃなくて、なんか様子がおかしいよ?」

    長門「……あれは」


    357: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:02:23.27 ID:KSnmH7YC0


    長門「私たちではなく、敵を攻撃している?」

    大井「もしかして……」

    電「味方なのです! 向こうに支援艦隊が見えるのです!」


    金剛「みなサーン! 助けに来まシタ!」

    陸奥「すごい数ね」


    長門「金剛と陸奥が率いる、第二、第三艦隊!」

    電「妙高さんもいるのです!」

    赤城「そして、大和さんと武蔵さん率いる第四艦隊まで!」

    北上「た……助かった……」

    加賀「気を抜いてはダメよ」

    長門「そうだ。最後まで何が起きるか分からん」

    長門「今が好機だ! 第一艦隊、このまま押し切るぞ!」


    358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:03:48.23 ID:KSnmH7YC0



    ――――


    ――そして――


    赤城「――敵艦隊、撤退して行きます」

    加賀「諦めたようね」

    長門「敵側が戦力の半分以上を失って、こちらが有利になりつつあったからな」


    北上「今度こそ、助かったね」

    電「切り抜けられたのです!」

    大井「……よかった……」

    電「ホントによかったのです! 金剛さんたちが助けに来てくれなかったら」

    電「電たちは危うく沈んでいたのです」

    長門「しかし、なぜ支援が?」

    赤城「救援は出しましたけど、いくらなんでも到着が早すぎでは」


    359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:04:36.19 ID:KSnmH7YC0


    金剛「ああ、それは……提督と大淀の考えデス」

    金剛「第一艦隊が出撃して間もなく、念には念を押して支援を出そうという話になって」

    北上「にしたって大和さんと武蔵さんまで……念を押しすぎじゃない?」

    陸奥「初めは第二艦隊だけの予定だったんだけど」

    陸奥「提督が『念を押しまくった方がいい』って、私たちにまで出撃命令を出してね」

    北上「なるほど……まあ、結果的にちょうどいいくらいだったけどさ」

    大井「……資源もバカにならないのに、全く……」

    電「司令官さんらしいのです」

    妙高「ふふふ、そうね」

    長門「奴の予感が的中したな」

    長門「さて、それじゃあ帰投するか」


    360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:05:36.57 ID:KSnmH7YC0



    ――鎮守府――


    提督「無事だったか……」

    長門「ああ、おかげさまでな」

    提督「大破した艦娘は?」

    北上「大井っちだけだよ。あとはみんな中破、小破で済んでる」

    提督「!」

    大井「……」

    提督「……そうか。よかった」

    提督「皆、よくやってくれたな。当初の作戦は成功だ。各自ドックでじっくり休んでくれ」

    提督「あとで執務室に来てくれ」ボソッ

    大井「! わ、分かった」


    361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:06:31.64 ID:KSnmH7YC0



    ――入渠ドック――


    大井(いよいよね)ドキドキ

    大井(長かったレべリングも今日で一区切り)

    大井(ジュウコンだけど、この指に指輪を嵌められる……)

    大井(よし!)ザバー


    北上「大井っち、やっと上がるんだね」

    大井「ひゃっ!?」ビクッ

    大井「きき、北上さん!? いつからそこに……!」

    北上「三十分くらいかなぁ」

    大井「もうとっくに回復してるじゃないですか!」

    北上「お互い様だよー、提督が修復材使ってくれたしねぇ」

    北上「なのに、大井っちはなかなか出ようとしないから」


    362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:07:48.23 ID:KSnmH7YC0


    大井「な、なんで私を観察して……」

    北上「のぼせちゃわないか心配だったからね」

    北上「でも踏ん切りついて、今から提督のとこ行くんでしょ?」

    大井「……はい」

    北上「じゃ、一緒に行こ。大井っちを祝福したいからさ」ザバー

    大井「北上さん……」

    北上「あっ。でもさ、体を念入りに洗っといた方がいいかもね」

    大井「何でですか?」

    北上「だってさ、何が起こるか分かんないじゃん?」

    北上「提督と大井っちにとって特別な日なんだし、夜に何かあっても……」ニヤニヤ

    大井「なっ!? からかわないでください!!」カァァ

    北上「あはは、じゃあ外で待ってるね」スタスタ


    363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:08:53.32 ID:KSnmH7YC0


    大井「ま、全くもう……」

    大井「……」

    大井「……ボディソープ、ボディソープ……」シュコシュコ


    ――執務室前――


    北上「あれ、大井っち良い匂いする」

    大井「気のせいです!」

    北上「そっか」クスクス

    コンコン

    大井「失礼します」

    提督「どうぞ」

    ガチャ

    大井「……!」


    364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:09:41.43 ID:KSnmH7YC0


    提督「……」

    電「お待ちかねなのです!」

    金剛「やっと来まシタ!」

    長門「長い入浴だったな」

    赤城「そりゃあ色々準備はありますし」

    陸奥「身だしなみはしっかりしなきゃね」ニコニコ

    妙高「ですね」ニコニコ


    大井「み、皆さん……」


    大淀「さあ大井さん、早く提督の前へ」

    大井「えっ、は、はい」スタスタ


    365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:11:18.41 ID:KSnmH7YC0


    大井「というか、どうして皆さんが……」

    北上「大井っちをお祝いしたいからだよ」

    電「なのです!」

    大井「あ、ありがとうございます」ペコリ


    大淀「ふふ、それでは始めましょうか」

    大淀「提督、お願いします」

    提督「ああ」

    大井「……」

    提督「……大井」

    提督「お前の練度が下がっちまった時」

    提督「『いつまでも待つ』って言ったけど、結局待ってやれなかったな」

    提督「仕方ないとはいえ、本当にすまなかった」

    大井「……」


    366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:12:43.93 ID:KSnmH7YC0


    提督「でもお前はジュウコンでいいからって。一生懸命になって練度を上げて」

    提督「その間、オレは裏方に回ることしかできなくて」

    提督「他に何かしてやれないかって考えすぎて、お前のことを気にかけてるつもりが疎かにしてて」

    提督「おかげで途中、行き違いで揉めちまったりしたけど」

    提督「こうして言葉通り、練度を元通りにしてくれた」

    大井「……」

    提督「改めて言う」

    提督「普段はいろいろキツイこと言ったり、おちょくったりするけど」

    提督「お前を一番信頼してるし……それに」

    提督「色々あって自覚できた。オレはお前のことが好きなんだ」

    大井「!」

    提督「艦娘に頼らねえとやっていけないような、どうしようもない提督だけど」

    提督「頼む。この指輪……受け取ってくれ」


    367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 01:13:56.17 ID:KSnmH7YC0


    大井「……はい」ニコッ

    大井「お受けします、提督」


    スッ


    ――パァァァァ――



    電「指輪が光ったのです!」

    北上「おめでとう大井っち!」

    大井「ありがとうございますっ……本当にありがとう!」


    長門「……で」

    長門「まだあるんだろう、提督」

    陸奥「まさか忘れてないわよね」

    大井「えっ?」


    381: 再開します 2016/04/03(日) 11:15:06.06 ID:rutIu2K/0


    赤城「こそこそ隠れて、私たちに相談して」

    妙高「おかげで大井さんとの仲がこじれそうになった原因を」

    金剛「早く渡すんデス!」

    提督「分かってるよ」

    提督「大井、これ」スッ

    大井「?」

    提督「開けてみてくれ」

    大井「うん」パカッ

    大井「……ネックレス?」

    提督「その……ケッコン指輪の代わりじゃねえけど」

    提督「ホントは指輪にしたかったんだけどよ。手が届かなくてな」

    提督「いつか必ず本物を贈るから」

    大井「……も、もしかして、他の方と話をしていたのって…」

    北上「その通りだよ大井っち」

    北上「提督はサプライズで大井っちを驚かせたかったから、影でいろいろ聞いてたんだよ」


    382: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:16:00.85 ID:rutIu2K/0


    金剛「何を贈ったらいいのカ、とか」

    陸奥「どこで買えばいいのか、とか」

    妙高「どのタイミングで渡せばいいのか、とか」

    大井「……」

    提督「……ま、まあそんな感じの内容だったんだよ」

    提督「ただ北上にも言われたけど、相談するにしてもやりようがあったかもな」

    北上「だねぇ。おかげで不安が募って、あたしとのアクシデントで爆発しちゃったし」

    長門「その件に関しては、私たちも考えるべきだった」

    大淀「そうですね。せめて大井さんがいないことを確認してから行うべきでしたね」

    大井「……」


    383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:24:38.57 ID:rutIu2K/0


    大井「じゃあ妙高さんと赤城さんが」

    大井「好きとか愛してるとか言ってたのも、全部?」

    提督「あれは……説明するとだな……」

    ――――

    妙高『どのタイミングで渡すか?』

    提督『ああ。一応、ジュウコン指輪を渡す時に一緒に、って考えてるんだけどよ』

    妙高『いいじゃないですか! サプライズで喜ばれると思いますよ』

    提督『サプライズか。やっぱ女ってそういうの好きなのか?』


    妙高『そうですね……好きですよ』


    提督『言い切るなおい』

    妙高『私の主観が入ってますけどね』

    ――――

    大井「……」

    提督「それと、赤城の場合は……」


    384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:25:16.98 ID:rutIu2K/0


    ――――

    提督『しかし、指輪とは違うもん渡していいのか?』

    赤城『急に弱気ですね』

    提督『だって完全に自己満足だろこれ』

    赤城『自己満足だろうと何だろうと、提督のお気持ちが大切なんですよ』

    赤城『プレゼントすることが大事なんです。何をプレゼントされても、大井さんは嬉しいと思います』

    提督『そ、そうか?』

    赤城『そうですよ!』


    赤城『だって、提督のことを愛していますから』


    赤城『愛してる人からの贈り物なら、どんなものでも幸せになりますよ』

    提督『愛してるってお前……』

    ――――

    提督「……」

    大井「……」


    385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:26:02.84 ID:rutIu2K/0


    赤城「まさかその場に大井さんがいたとは知らず……」

    妙高「てっきり聞かれてはいないものだと……ごめんなさい」

    大井「いえ」

    大井「……本当に、全部私のために……」

    大井「ありがとう」

    提督「お、おう」

    大井「……」

    提督「……」

    北上「……ところでさ」

    北上「キスはいつするの?」


    大井・提督「っ!?」


    大井「北上さん何言って……!」カァァ

    電「大胆発言なのです! でも、もっともなのです」

    大井「電まで!?」


    386: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:26:32.70 ID:rutIu2K/0


    金剛「ですネ。これは提督と大井の結婚式と言っても過言ではありまセンし!」

    長門「うむ、一思いにやってしまえ」

    大井「そそそそんな……人前でキスだなんて……」アタフタ

    提督「よしやるぞ大井」

    大井「ふぇっ?!」

    提督「嫌か?」

    大井「い、嫌では……ないけど……っ」

    提督「んじゃ、目を瞑ってくれ」

    大井「! ……分かった……」スッ


    大井(き、緊張する……まさかキスするなんて……)

    大井(恥ずかしい! ……でも嬉しい……やっぱ恥ずかしい!)

    大井(は、早く済ませて!)

    大井(……)

    大井(……?)


    387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:27:02.89 ID:rutIu2K/0


    大井(なかなか来ないわね)

    大井(……ええい、まどろっこしいわ)

    大井(私から行っちゃえ!)グイッ

    ゴンッ!

    提督「がふっ」

    大井「え?」


    バタンッ

    提督「」ピクピク

    金剛「What!? 大井の頭突きが提督の顔面に!」

    陸奥「あらら、完全にのびてるわ」

    電「鼻血が溢れだしてるのです!」

    大淀「きゅ、救護班呼びます!」

    大井「……こ、こんなはずじゃ……」


    388: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:27:50.28 ID:rutIu2K/0


    北上「んー……仕方ないね。主役の片方がこんなんじゃ、式はここまでかな」

    北上「まあ、大井っち」ポンッ

    大井「?」

    北上「今夜は眠れないと思うけど、がんばれ」グッ

    大井「……?」

    長門「なんだ、何か予定があるのか?」

    長門「鎮守府全体でパーティーを開く予定だったんだが」

    赤城「長門さん」ゴニョゴニョ

    大井「???」

    長門「……! ああ、そういうことか」

    妙高「パーティーなら日を跨ぐまでには終わりますし」

    長門「そうだな、うん」


    389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:28:30.97 ID:rutIu2K/0


    長門「ファイトだ大井」

    大井「えっ?」

    長門「男女の交わりに関してはアドバイスできんが、応援しているぞ」

    大井「……!!」カァァ

    妙高「い、言ってしまいましたね」

    北上「てか大井っちも、今気づいたっぽいね」

    大井「男女の……交わり……」

    大井「夜に……夜戦……魚雷……雷撃……」プシュー

    バタンッ

    金剛「大井まで倒れまシタ!?」

    陸奥「何があったの!?」

    電「こっちも鼻血なのです!」

    大淀「担架2人分用意します!」

    北上「あはは、ウブだなぁ」


    ――

    ――――

    ――――――


    390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:29:04.33 ID:rutIu2K/0



    ――一か月後――


    提督「おい大井」

    大井「なによ」

    提督「この書類、大淀に渡しといてくれ」

    大井「は? そのくらい自分でやりなさいよ」

    ワーワー ギャーギャー


    北上「まーたやってるよ」

    電「いつも通りなのです」

    北上「結婚して、何だかんだ上手くいってる夫婦だね」

    電「なのです!」


    391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:29:41.13 ID:rutIu2K/0


    大井「――はぁ……全く」

    北上「大井っち」

    電「お疲れさまなのです!」

    大井「二人とも……」

    北上「いつにも増して、旦那と仲良いねぇ」

    大井「や、やめてください」

    大井「それより、次の出撃は高難易度の海域ですから」

    電「分かってるのです!」

    北上「集中していかないとね……っていうか」

    北上「やっぱりネックレスは外してるんだね」

    大井「はい。戦闘の邪魔になりますから」

    電「……でも」


    392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 11:30:43.26 ID:rutIu2K/0


    電「指輪は外さないのです?」

    北上「なに言ってんの、外せないようになってるでしょ」

    電「いえ、ジュウコン指輪じゃなくて、もう一つの……」

    大井「……これは」

    大井「戦闘の邪魔にはならないから」キラッ

    電「でも、せっかく司令官さんが決意して、ローンを組んで買ったのに」

    北上「まあまあ。理屈じゃないんだよね?」

    大井「……はい」

    北上「っと、そろそろ準備しないとね」

    電「ホントなのです! また長門さんに注意されるのです!」

    スタタッ

    大井(……これだけは)

    大井(この指輪だけは、肌身離さず持っていたい)

    大井(また練度が下がるようなヘンテコなことが起きても……)


    北上「何してるの大井っち!」

    電「はやくしないと大変なのです!」

    大井「……はい!」

    大井「すぐに行きます!」スタタッ



    END


    397: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 12:43:41.50 ID:dxMsbTI5o

    乙でした。
    幸せになれよ!(柳沢慎吾調)


    398: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 13:03:37.96 ID:zYJwjahm0

    乙でした
    結局大井っちの錬度が下がったのはなんでだったん?


    400: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 14:45:01.56 ID:rutIu2K/0

    >>398
    一応、記憶喪失の一種みたいな設定です
    普段やってたことができなくなるケースがあるらしいので


    401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/03(日) 15:00:13.15 ID:5uExg78c0

    おつー!
    いやぁかわいらしいですなおおいっち、


    引用元: 提督「おいクソレズ」 大井「なによ能無し」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (144)
    幼馴染 (51)
    兄妹 (49)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (229)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (290)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (144)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (207)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (227)
    シンデレラガールズ (1036)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (260)
    カイジ (13)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (82)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (357)
    機動戦士ガンダム (36)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (15)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (10)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (49)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (32)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (26)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (18)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (29)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (32)
    進撃の巨人 (91)
    新世紀エヴァンゲリオン (76)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (51)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (15)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (14)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (110)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (81)
    ドラえもん (7)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (17)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (8)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (9)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (96)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (5)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (147)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (97)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (31)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (177)
    遊戯王 (38)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (150)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (1)
    ワンピース (26)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (12)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (7)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (5)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (11)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (9)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク