FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【後編】

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    476: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:04:26.45 ID:DFsrETlp0
    ミーア「ひぐっ、ぐすっ」

    メイド「!」

    メイド「どうしたのですか?」

    ミーア「あ、メイドしゃん………」

    メイド「ほら、これで鼻をかんでください。不細工な面は衆目に堪えませんわ」

    ミーア「ふぁい」チーン

    メイド「それで、なぜ泣いていたのかしら。客が何かしたのかしら」

    ミーア「ち、違います。ちょっと昔のことを夢で見ちゃって」

    メイド「思い出して?」

    ミーア「はい………」

    ミーア「助けてもらった人を、私が助けれなくて、助けにいけなくて」

    ミーア「私が不甲斐なくて」

    メイド「………」

    メイド「えぇ、不甲斐ないですね」

    ミーア「そ、そうですよね、わた、わたしは」

    メイド「私は、天涯孤独の身でしたが、拾ってくださったご主人様への大恩をお返しすべく、努力をしました」

    メイド「ただのちっぽけな目つきが悪いだけの小娘だった私がご主人様を助くべく血反吐を吐いてここまで来たのです」

    メイド「そんな私からみれば過去を振り返ってぐじぐじ一人で涙を流すなんて唾棄するほどの不甲斐のなさですわ」

    ミーア「うぅ、ひぐっ」

    メイド「ですからっ」バンッ

    ミーア「ひっ」

    メイド「変われるのだから、なぜ変わらないの。私は立ち上がって歩く奴の手は引くけど、座り込んで泣くだけの奴に手は貸さねぇよ」

    メイド「立って、歩いて、迎えに行けば良い。一緒に行ってあげるから」

    ミーア「メイド、しゃん」

    メイド「それに、言えば助けてくれるような奴ばっかりがここにいるわよ。ご主人様を含めてね」

    ミーア「でも、いいんでしょうか」

    メイド「良いも何も、それが私たちの目標、ですわよね。ご主人様」

    男「! 気づいていたのか。いや、なに聞き耳を立てようとしていたわけではなく、偶然耳に入ってだな」

    メイド「それはどうでもいいですわ。私たちの目標は亜人の救済。ミーアと私たちの道は変わらず。つまり力を貸さない理由がない」

    男「むしろ進んで助けにいくのが我々の指針だ。任せろミーア。助けたい人がいるなら助けに行く。だから力を貸セ」

    メイド「えぇ、任せてください」

    ミーア「よ、喜んでっ」

    ミーアの愛情度【180/300】

    メイドの愛情度【170/300】

    477: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:11:52.18 ID:DFsrETlp0
    ~4年目 第3週~

    メル「ふわぁ」

    メル「今日もぽかぽかなの~」フワフワ

    ドラコ「相変わらずだな。メルメル」

    メル「わ~、ドラコなの~」

    ドラコ「そんなにのんびりしてると、怖い奴に捕まえられちまうぞ」ケラケラ

    メル「それは困るの~。今度は騙されないの~」

    ドラコ「あん? 今度は?」

    メル「悪い人についてったら~。メルは売られちゃったの~」

    メル「もうメルは騙されないのよ~」

    ドラコ「………もう経験積みなのかよ」

    メル「ネオメルメルは疑い深いのよ~」

    古書娘「あ、メルメルではないですか。甘いお菓子が手に入りましたのでご一緒にいかがですか」

    メル「わぁい~」パタパタ

    ドラコ「心配だな」

    478: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:12:37.28 ID:DFsrETlp0
    男「さて、今週は」


    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【人材を求める】心×20

    【害獣退治】警備

    【開発補助】知識

    >>479

    479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 00:15:42.30 ID:jAw3OnhPo
    村の発展リオ

    480: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:23:05.02 ID:DFsrETlp0
    リオ「拙者、推参っ」シュタッ

    男「扉から入ってこい」

    リオ「でも屋根裏から登場って、忍者らしくないでござるか?」

    男「詳しくないが、忍者だって呼ばれればふつうに扉から入ってくると思うぞ」

    メイド「ご主人様」シュタッ

    男「なぜ、お前まで屋根裏から入ってくる」

    メイド「メイドだからですわ」

    男「さすがにメイドが屋根裏から入ってくるのはおかしいと思う」

    メイド「泥棒がいたので捕まえておきましたわ」

    くノ一「むぐー、むぐー」ジタバタ

    リオ「に、忍者っ」

    男「とにかく、お前は仕事にいけ」

    ―――

    ――



    【成功】

    リオ「床下から現れるのは忍者らしくないでござるか?」

    男「忍者というものを発明家に聞いてくればいいと思うが。本場の人間だし」

    リオ「拙者も一度行ってみたいでござるなぁ。東洋ではガマに乗って移動して、白い顔をした人間がもてなしてくれるらしいのでござる」

    男「そうなのか? 聞いたことなかったな」

    リオ「こないだ見た本に書いてあったでござる」

    村Lv2【290/300】

    481: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:26:05.50 ID:DFsrETlp0
    ~4年目 第3週 休日~

    ナグ「ぐ、ぐぅっ」ズキンッ

    ナグ(古傷が痛む………鏡でこの醜い体を見るたびに、声をあげて傷が叫ぶ)

    ナグ「ぐ、ぐうぅっ」

    ナグ(これも、全て人間の―――)

    482: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:34:56.52 ID:DFsrETlp0
    「戦傷が誉れか、戦傷も負わぬほどの武功が誉れか」

    ナグ「………」

    「まぁ、共に誇るべきことではある」

    「では、逃げ傷と傷を負わぬように逃げ回ること、どちらが恥か」

    ナグ「………共に恥だ」

    「だが命あっての物種とも言うだろう」

    ナグ「我らオークに…逃走はない」

    ナグ「………人間に、毒されているのでは……ないのか」

    「手厳しいな。だが前者は一度は立ち向かっている。俺はそのことを評価したいね」

    ナグ「戦士なら……戦にて果つるべし……」

    「ナーグルは典型的なオークの考え方だな」

    「だけど俺は守れるものを守れないことに意味はないと思ってる」

    「死なない事に徹して、目的を果たす人間達の考えは取り入れるべきだとは思うけどな」

    「逃げ傷は引き際を心得た賢者の傷だ」

    ナグ「………愚者の……考えだ」

    「かーっ。やっぱり、問答は無用ってことか」

    ナグ「……それより………鍛錬だ」

    「はいはい。やれやれ、オークにも聡明な軍師が必要だと思うけどなぁ」

    483: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:39:57.95 ID:DFsrETlp0
    ザワ……… ザワザワ

    ナグ「森が……鳴いてる…?」

    「! ナーグル、村に戻って伝えろ。人間達だ」

    ナグ「私たちで……殲滅すべき。時間がない」

    「被害は最小限にとどめるべきだ。そのために一旦村に戻って」

    ナグ「……被害は……私だけだ…っ」タッタッタ

    「あぁっ、くそっ」

    「死ぬなよナーグル」

    484: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:45:13.58 ID:DFsrETlp0
    ナグ「はァああっッ!!」グオンッ

    「お、オークだっ!!」

    ナグ(思ったより数は多い。だが私一人で半分は、削れるか)

    ナグ「命を…賭せば」

    ナグ(不退転、不惜身命であれば)

    ナグ「………」ゴクッ

    ナグ「きっと、私はこの日のために生まれてきた………のだっ」ブオンッ

    ナグ(だから迷いなんて………ない…ッ)

    ナグ「来い人間……生を抱いて、剣が握れるか…?」

    485: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:59:21.52 ID:DFsrETlp0
    ナグ「はぁっ、はぁっ」

    ナグ(思ったよりも強い)

    ナグ(このまま抜かれれば、村は………)

    ナグ「役目を全うしなけれ……ば」

    トスッ

    ナグ「ぐっ………ぎぃっ」

    「今だやれぇっ」

    ザシュッ

    ナグ「は、はぁ」

    ナグ「命を、賭して」

    クラッ

    ナグ(視界に、夜が降りてく、る?)

    ナグ(私は………死ぬ?)ゾクッ

    ナグ(………………怖い)

    ナグ「い、いやだっ」クルッ ダダダッ

    「オークが逃げるぞっ! もう一度矢を打てっ」

    トスッ

    ナグ「ぎぃっ」グラッ

    ドンッ


    ナグ「い、いやだ。死にたくな」

    「よし、網をかけろ。鎖を持ってこ―――」ボキッ

    「だろ? それが当たり前なんだよ」

    ナグ「なっ、助けに……きたの……か?」

    「逃げろナーグル。村のことは大丈夫だ。あいつらはたどり着けねぇから」

    「ほら、早く逃げろナーグル。命がありゃできることはいっぱいある」

    ナグ「わ、わかった」ガクガク

    ナグ「すまな………すまない」フラフラ

    「おいっ、もう一人のオークが逃げ―――」グシャッ

    「おっと! オーク相手によそ見は禁物だぜ?」

    「特に死を覚悟したオーク相手にはなぁっ!!」ブオンッ

    486: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 01:00:43.32 ID:DFsrETlp0
    ナグ(ダメだ、血が足りない)

    ナグ(夜が、もっと暗く、視界を染めて)

    ナグ「………ぅあ」バタンッ

    487: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 01:04:12.40 ID:DFsrETlp0
    ナグ「………生きて」ガシャンッ

    ナグ「!」ガシャンガシャンッ

    ナグ(動けな――)

    「おい、オークが暴れてんぞ」

    「あれだけ手負いになりゃ、獣だって動けやしねぇよ。ほっとけほっとけ」

    ナグ「くっ」

    ナグ(檻の中か。足まで鎖に縛られて………這うしかない)」ガシャンッ

    「………」

    ナグ「!」

    ナグ「お前も……生きてたのか」

    ナグ「体力が……回復すれば………私とお前で………」

    「………」

    ナグ「………おい」

    「………」

    ナグ「………………」

    ナグ(その体に逃げ傷は一つもなかった)

    488: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 01:07:43.62 ID:DFsrETlp0
    ―――

    ――



    ナグ「はぁっ、はぁっ」ポタ ポタ

    ナグ「この傷は………愚者の傷だ………」

    ナグ「ぐぅ…ッ………恥ずべき傷だ」

    ナグ「こんな傷を負って」ハァハァ

    ナグ「生き恥を晒して」

    ナグ「戦士の入れ墨も焼き印で消されて………」

    ナグ「私は………私は………」

    ナグ「私は……なんだ?」バタンッ

    489: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 01:09:45.13 ID:DFsrETlp0
    男「さて、今日は何をするかな」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>490

    490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 01:17:10.35 ID:I/0ZTobmo
    4ナーグル
    お話

    495: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 22:36:04.90 ID:zMDyCSyQ0
    コンコン

    男「………」

    コンコン

    男「………ん? 留守か?」

    ガチャ

    男「鍵は開いてる………が」

    ナーグル「………」グッタリ

    男「!」

    男「おい、ナーグル! おいっ」

    男(なぜナーグルが半裸で倒れている!?)

    男「返事をしろっ」ユサユサ

    男「体が冷え切っている。いつからこうなっていたんだ?」

    男「えぇい、暖めるのが先決だが………ふんっ」

    男「ダメだ、持ち上がらない。仕方ない、お湯を沸かして部屋を暖めるか」

    男「どうしたんだ、ナーグル」

    496: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 22:47:09.67 ID:zMDyCSyQ0
    ナグ「う、うぅ……」

    男(うなされている…。風邪か?)

    男(風邪なら六瓢連のところにいかねばならぬが)

    ナグ「や、やめて、やめて…」

    男「ナーグルを一人にするわけにはいくまい」

    男「メイド」パチンッ

    タッタッタッタッタ

    シュタッ

    メイド「ここに」

    男「急に呼び出して悪かったな」

    メイド「いえ。ところで………な、な、ナーグルの服を脱がして!」

    メイド「なんて古典的な勘違いは置いておきまして、これは………」

    男「六瓢連に風邪薬をもらってきてほしいのだが」

    メイド「………………風邪ではありませんね、おそらく」

    男「では、一体」

    メイド「心労でしょうか。うなされていますし」

    メイド「体より心に難あり、といったところでしょうか。心当たりは?」

    男「やけに自己評価が低い。ぐらいか」

    メイド「精神になにかあるみたいですわね。とりあえずこのまま休ませておくのが吉ですわ。何かあってはいけませんし、ご主人様は傍で見ていてあげてください」

    メイド「夜になっても目を覚まさなければ、別に手をうちましょう」

    男「了解した。本当に助かった」

    メイド「いえ。それが私の役目ですから」シュバッ

    497: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 22:56:55.99 ID:zMDyCSyQ0
    ナグ「………ァ!」ガバッ

    ナグ「はぁ、はぁ」

    男「起きたか」

    ナグ「!?」

    ナグ「なぜ、ここに」

    ナグ「………!」ハンラ

    ナグ「き……貴様」

    男「まて、半裸は元からだ。私ではない」

    男「家に入ったらお前が倒れていてな」

    ナグ「………………」

    ナグ「……すまなかった」

    男「体調が悪いのか?」

    ナグ「…いや………大丈夫だ」

    男「では?」

    ナグ「……なんでもない」

    男「なんでもないことはないだろう」

    ナグ「………………」

    男「無理に話せとは言わないが、貴様を心配するやつが私を含めて何人かいるのだ」

    男「よかったらでいい。教えてくれ」

    ナグ「………この傷だ」

    ナグ「私のこの醜い傷をつけたときのことを………今でも思い出す」

    ナグ「心も体も……安々と傷は癒えてくれない。過去は私にしがみ付いて離さない」

    ナグ「……いや……私が離さないのかも……な」

    男「亜人のことなら気負うことはない。私も協力する」

    ナグ「……違う………そうじゃない」

    ナグ「あれは……方便だ………亜人を助けるだなんて………」

    ナグ「立派な……強そうな………そんなことを言って隠してただけだ………」

    ナグ「……本当の私が………弱いことを」

    498: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 23:20:20.30 ID:zMDyCSyQ0
    ナグ「……戦うのが怖い………死にたくない………」

    ナグ「……でも、死んでほしくない………皆」

    ナグ「臆病者だ……口ではなんとでも言う………そんな」

    男「それが当然だ。私だって、死ぬのは怖い」

    ナグ「……でも………私よりましだ」

    ナグ「……立ち向かって………助けて」

    ナグ「今だって………みんなのために…」

    ナグ「私は……他を遠ざけて………弱いことを……隠して」

    ナグ「大切なもの……が………できないように……逃げて」

    男「この前の事件。死ぬことが怖い臆病者があんなことするか?」

    ナグ「あれは………必死だった……目の前で………あんなこと」

    男「昔のナーグルがどうかはわからない」

    男「だが今のナーグルがあの娘を助けたことは知っている」

    男「ナーグルは人が傷つくのが怖いとても優しい臆病者だよ」

    ナグ「………男」

    ナグ「いや……違う………私は」

    男「私はそう思っている。始めから逃げたやつに傷はつかない」

    男「傷は立ち向かった証だろう?」

    ナグ「………勝手に、つけられる傷もある」

    ナグ「………誰かのせいで……負う傷もある」

    ナグ「傷が……立ち向かった証だなんて………詭弁だ」

    ナグ「………もう…私のせいで………誰かを傷つけたくない」

    ナグ「……目と……耳を…塞いで………座り込んで…いたい」

    男「それでもいい。今はそれでもいい」

    男「武器を振るうだけが戦いじゃない」

    男「この先、平和になったあと。武器を振るうよりも大切なことがいっぱいできる」

    男「そのとき、ナーグルに先生になって欲しいと思っている」

    ナグ「……無理だ。私には」

    男「ナーグルだからいいんだ」

    男「平和を願うナーグルだから、子供達にそれを教えてほしいんだ」

    ナグ「………………無理だ」

    男「できる」

    ナグ「……できない」

    男「してくれ」

    ナグ「…いやだ」

    男「頼む」

    ナグ「断る」

    男「ナーグル」

    ナグ「やめろっ」

    ナグ「こんな……こんな……私に…優しくするな……ッ」

    ナグ「私の……心を………壊すな…っ」

    男「ナーグル………」

    499: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 23:24:05.87 ID:zMDyCSyQ0
    男「わかった、今日は帰る」

    男「とりあえず、今日は冷えるから、暖かくするんだ。いいな?」

    ナグ「………」コクッ

    男「それではな」

    ナグ「………」

    バタンッ

    ナグ「……こんな……私に………優しくしてくれるな」

    ナグ「……私は………許されては………いけないんだ」

    ナーグルの愛情度【130/300】

    500: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 23:32:25.37 ID:zMDyCSyQ0
    ~4年目 第4週~

    ベル「僕は生まれたときから不幸だって胸を張って言える」

    ベル「普通のスライムと普通のスライムの間に生まれた僕は普通のスライムじゃなくて。皆みたいに柔らかい体を持ってなかった」

    ベル「その結果何があったかなんて言うまでも無い。迫害さ」

    ベル「苛めなんてもんじゃない。僕はそもそも命として認められてなかった」

    ベル「分かるかい? 他の子供が無邪気に遊ぶ中。他のスライムの目を盗んで食料を得る生活」

    ベル「雑草ですら、僕が所持するのは許されていなかったのさ」

    ベル「つねに空腹に襲われた中、嬉しそうに笑うほかの子供を見て思ったものさ」

    ベル「他と僕。何が違うんだい」

    ベル「他は水、僕は氷水。ただそれだけ」

    ベル「話す言語や、考えだって同じなのに」

    ベル「なんで僕に笑顔は向けられないんだい。なぜ嘲笑や怒りしか向けられないんだいってね」

    ベル「今思えば理由なんて特にないのさ。誰かがそうしたから自分もそうする」

    ベル「それだけなのさ」

    501: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 23:51:44.09 ID:zMDyCSyQ0
    ベル「ふふ、奴隷のほうが幸せだったくらいさ」

    ベル「奴隷という存在で僕を認めてくれる。僕は奴隷としてならいていいんだってね」

    ベル「あの頃は生きていきたいと願う希望よりも、死んでしまうかもしれないという感覚のほうが僕にとっての現実だった」

    ベル「そう、体を構成する水が枯れ、死が現実として僕を覆い始めたころ」

    ベル「“心優しい”誰かが僕を人間に引き渡したから僕は生きていれたのさ」

    ベル「え? 優しくないだろうって?」

    ベル「知ってるよそんなの。でもそのおかげで僕は今ここにいるんだから」

    ベル「まぁ、僕を飼った奴隷商人はひどいものだったけどね。でも毎日少しでも水が出るなら、前よりは幸せさ」

    ベル「痛いことはいっぱいあったけどね………」

    ベル「檻の中で、鞭で打たれながら思ったものさ」

    ベル「男性の慰め物でもいい。偽物の愛でいいから注いで欲しいってね」

    ベル「もちろん今はごめんさ。君のだって気まぐれじゃないとしない」

    ベル「おっと、僕が君の事を好きだなんて勘違いはよしてくれよ? うん、わかってるならいいんだよ」

    ベル「愛は幸せだって。今でも信じてる。生娘が恋を想うようにね」

    ベル「始めは君の言葉に愛をひしひしと感じたものさ。これから僕は幸せになるんだってね。死に際の夢じゃないかって何度も疑ったものさ」

    ベル「君の甘い囁きに体が沸騰しそうだった。だから君がそうしたとき。今までで一番痛かった」

    ベル「うん、心も」

    ベル「思わず性格が変わってしまうぐらいにね」

    ベル「そんな泣きそうな顔しないでよ。僕が苛めているみたいじゃないか。そんなつもりはないんだよ」

    ベル「でも罪悪感を感じるなら僕を幸せにしなよ。それが贖罪ってやつさ」

    ベル「君の変態的な欲望を受け入れたんだ」

    ベル「君は僕をもっと深く深く受け入れるべきなんだ」

    ベル「ふふ、どうしたんだい。体が強張っているよ? 嫌かい? でもこれは気持ちいいこと、だろう?」

    ベル「はは、こんなことしてるって、知られたらどうなるかな」

    ベル「無理やりしてる、だって?」

    ベル「ふくくっ。周りはそうは思わないよ。だってそうだろう?」

    ベル「任せて。君は僕に罪悪感を積み重ねていけばいい」

    ベル「それを頂いて僕は幸せになっていくんだから」

    ベル「僕をこう変えたのは君だ」

    ベル「恨むなら、君自身をうらむんだね」

    ベル「ふくくっ。どうしたんだい? そんな顔して」

    ベル「一言でいうなら」

    ベル「最悪」

    ベル「だね?」

    ベル「いいんだよ、いいんだよ。最悪で。ほら、もっと堕ちて、ほらもっともっと」

    ベル「僕の中で溺れなよ」

    ベル「ぷくくくくっ」

    502: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 23:54:52.84 ID:zMDyCSyQ0
    男「………今週が最後か」

    お嬢「えぇ。心残りがあるならお忘れなく」

    お嬢「それより顔色が悪いですわよ?」

    男「疲れだ」

    お嬢「体調管理には気をつけてくださいまし。倒れでもしたら笑えませんの」

    お嬢「とにかく、今週が最後ですからお忘れなく」

    男「そうだな…、今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【人材を求める】心×20

    【護衛任務】警備

    【食品調達】運送

    >>503

    503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/05(土) 00:01:05.71 ID:iIexTVMAo
    【村を発展させる】 リオ

    504: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/05(土) 00:08:20.47 ID:joYqU4UM0
    リオ「これが最後の仕事でござるかぁ」

    男「あぁ、決めてきてくれ」

    リオ「この程度、たわいも無い」

    リオ「と、言いたいところでござるが、有終の美を飾るべく気を引き締めて参るでござる」

    リオ「ににんっ」

    ―――

    ――



    【成功】

    リオ「滞りなく」

    男「任せて正解だったようだな」

    リオ「ご主人様の慧眼ゆえでござるよ」

    村Lv2【300/300】

    Lv2→Lv3

    505: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/05(土) 00:12:06.60 ID:joYqU4UM0
    ドラコ「よし、今度こそ訓練所だな」

    道具娘「で、でも生活のためには流通が大事ですし」

    ドラコ「今は目先のことだよな。戦いに勝てなきゃ買いもんなんて意味はねぇ」

    道具娘「でも、お腹が空いたら元気がでませんよぉ」

    ドラコ「飢えてでも戦うぜ」

    道具娘「大切なのはご飯ですよぉ」

    ドラコ「おい、男」

    道具娘「どっちを選びますかぁ?」

    男「そうだな」

    【訓練所】仕事の経験値が+10される

    【商隊】商品が割引される

    男「>>506だ」

    506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/05(土) 00:14:06.66 ID:r8YjZ2Cco
    【訓練所】

    507: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/05(土) 00:17:54.75 ID:joYqU4UM0
    ドラコ「っしゃおらぁっ!!」

    道具娘「男さんがいうなら仕方ないですねぇ」

    ドラコ「やっぱり、わかってんなお前!」

    ドラコ「さすが男だぜぇ!!」

    【訓練所】ができた

    508: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/05(土) 00:29:19.38 ID:joYqU4UM0
    メリー「インタビューでぃす!」

    カグヤ「あらぁ? いきなりどうしたのかしらぁ」

    メリー「メリーさん達はいわゆる古参なわけです。だからここいらで一丁メリーさんたちのことを周知させる必要があるのでぃす」

    メリー「まず第一弾は歩く娼館、カグヤさんに」

    カグヤ「私はサキュバスだから種族上エッチなことになっちゃうけど、私自体はエッチなこと好きじゃないのよぉ?」

    メリー「体は正直ってやつでぃすね?」

    カグヤ「こらーっ」プンスコ

    メリー「でもサキュバスなのにエッチなこと嫌いって珍しいですよね。なぜなのでぃすか?」

    カグヤ「エッチ自体は否定しないわよぉ? でも恋愛小説家としてエッチがしたいから恋愛するなんてことは否定したいのよぉ」

    カグヤ「恋愛は恋愛で素晴らしいものなのよぉ?」

    メリー「うーん。メリーさんにはまだよくわからないですねぇ」

    カグヤ「メリーさんにもきっと素敵な恋人が現れるわよぉ」

    メリー「カグヤさんは昔と比べてなにか大きく変わったことはあるのですか?」

    カグヤ「そうねぇ。小説家ってのは変わらないし、変わったことといえばやっぱり人間関係よねぇ」

    カグヤ「戦争で散り散りになっちゃったし。かっこいいなぁって思ってた人は、兵隊に頭を」

    メリー「おっと! 凄い重い話になりそうだから取材はここまでっ! さらばなのでぃす!!」


    509: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/05(土) 00:31:56.21 ID:joYqU4UM0
    男「来週から………」

    男「なにかやりのこしたことはないだろうか。しばらく日常は戻ってこないだろうしな」

    男「さて」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>524

    524: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/06(日) 23:38:52.34 ID:47JRCDZno
    教会で武器が買えるようなら買ってみるか
    買えないなら安価↓

    525: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 21:59:46.95 ID:QIfW5XT70
    シスター「あら。喜捨ならこちらのほうですよ。今なら全財産も受け入れ可能なのでそちらをお勧めしますが」

    男「断る」

    シスター「冗談ですよ?」

    シスター「では懺悔ですか? それか、神に祈るならこちらがおすすめですよ」

    男「武器を買いに来た」

    シスター「そうですか」

    ウニョニョ

    ドッペル「ここじゃまずいからこっちに来て」ポチッ

    ゴゴゴゴゴ

    男「神の像の下に武器を隠していたのか。いいのかそれで」

    ドッペル「神様が見守っていてくださるもの」

    526: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 22:28:29.51 ID:QIfW5XT70
    ドッペル「包丁から、火薬式の銃まで私の顔にかかればなんでもござれで集めたわよ」

    ドッペル「どうかしら、街の武器屋に負けない品揃えだと自負してるわ。むしろ勝ってるといってもいいわよね」

    男「予想以上だ………」

    ドッペル「私に手に入れられないものはないわよ。手間賃さえ貰えれば国王の礼装だって盗んできてあげる」

    ドッペル「さて、いらっしゃい。私の店へ。多少値は張るけどそれでも買うべきだって思わせてあげるわ」

    男「さて、ふむ…」


    鉄の剣     力3 威力4                      100G
    鋼の剣     力4 威力6                      150G
    斬馬刀     力4 威力6                      200G
    斬魔刀     力4 威力8 行動力-5                200G
    壁の大剣    力5 威力8 防御力4                 300G
    フェザーナイフ 技3 威力3                      100G
    レイピア    技4 威力4                      200G
    黒いレイピア  技5 威力6 コンマ20以下で敵防御無視攻撃      250G
    カタール    技4 威力3 二回攻撃を行う              200G
    ダーツ     技5 威力3 敵の装備防御を無視して攻撃を行う     100G
    魔術師の杖   心3 魔術+20                    150G
    蒼玉の杖    心4 魔術ダメージ+3                 250G
    翡翠の杖    心4 魔術+30                    200G
    琥珀の杖    心5 魔術+50                    300G
    鳳雛の杖    心5 魔術ダメージ+5                 350G

    男「ふむ」

    資金494G

    >>527

    527: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/14(月) 22:48:52.41 ID:4MadbDjAo
    カタール

    529: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 22:52:36.57 ID:QIfW5XT70
    ミス 斬馬刀 力4 威力8 行動力-15でした

    530: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 22:53:50.94 ID:QIfW5XT70
    資金494G→294G

    ドッペル「まいどあり。で、もちろんまだ買うでしょ?」

    男「ふむ」

    >>531

    531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/14(月) 23:02:08.90 ID:dtf1eHwDo
    蒼玉の杖

    532: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 23:10:46.30 ID:QIfW5XT70
    ドッペル「ま、これだけもらえりゃ、教会が少しは立派になるわね」

    資金294G→44G

    男「さすがにもう買えないな」

    ドッペル「今度はもっと大金もってきなさい。金の切れ目が命の切れ目になるんだからね」

    533: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/14(月) 23:14:44.09 ID:QIfW5XT70
    男「来週から安らかに眠ることはできなくなりそうだな」

    男「………いくらこの戦いで、その次の戦いで完勝したとしても戦い続けていればいずれ、後輩と戦うことになる」

    男「騎士団が出てくれば、簡単に勝てるとは言えない。勝てるだなんてことも………」

    男「いや、勝たなきゃいけないんだ。そのためにできることは、どんなことだってしよう」

    男「………………」

    男「今日が終わるにはまだ時間はある。最後になにをしようか」

    >>534

    534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/14(月) 23:38:31.82 ID:u6KMDYeKo
    男が前線に出るのかわからんけど身体を慣らしておいた方がいいのかな

    536: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/16(水) 22:19:15.90 ID:9RrMQdKd0
    男「久々の戦いだ。体を慣らしておいたほうがいいだろう」

    ―――

    ――



    男「はっ――ふっ―――やっ!!」

    男「はぁあっ!」

    ズキッ

    男「ぐっ――っ」

    男「……ダメか………ダメなのか?」

    男「この足では、私は」

    男「……あいつらを守ることなんて」

    男「―――――くそぉっ!」ドンッ






































    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    537: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/16(水) 22:25:59.71 ID:9RrMQdKd0
    男「!?」

    男(今、声が聞こえたような)

    男(聞き覚えはない。村の住民をすべて覚えているわけではないから確信は持てないが)

    男(いや、村の住民だとは思えない。あんなに嬉しそう……悲しそう? いや、なんだあの声は)

    男(嬉しそうに嗚咽を漏らすような、苦しそうに笑い声をあげるような歪な声を………人が出せるのか?)ゾッ

    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    男「幻聴では、ないようだ」

    男(声は森の更に奥から聞こえる………)

    男「私の願いが叶うなら、だと?」

    男(………神か、悪魔か)

    男(この声の下へ行くべきか?)

    >>538

    538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 22:34:20.20 ID:jY+Hq9IOo
    行く

    539: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/16(水) 22:39:58.33 ID:9RrMQdKd0
    男(森を進んでいくと、辺りは光を失い、湿気が増し、踏み折る枯れ枝の音がやけにうるさい)

    男(一言で言うなら不気味だった)

    男「こんなところにいる奴がまともダとは思えないな」

    ザッザッザ

    男「………………?」

    男(そういえば聞こえた声はあまり大きくない。近くにいるはずなのに、私は今どれだけ森の中に足を踏み入れた?)

    男「………いや、声の主が奥に誘っているんだ。そうに違いない」

    男「どこまでいけばいい! 私の願いを聞くんだろう!?」

    シーンッ

    男(音が止んだ)

    男(自分の心臓の音すらもかき消すような静寂)

    男(その静寂の間を縫ってソレは現れた)

    540: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/16(水) 22:51:19.71 ID:9RrMQdKd0
    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    男(それは花嫁を模した闇だった。見通すことができない黒のベールが風もないのに揺らぎ、裾が生きてるかのように蠢く)

    男(醜悪で身の毛もよだつような………という表現がぴったりだな。陳腐だが)

    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    男(攻撃をしてくる気配はない。しかしなんだあれは。亜人ですらない。垂れ下がった舌とこっちを招くような動きをする腕以外は全部黒。いや、逆なのか?)

    男(舌と腕だけに色がある?)

    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    男「私の願いだと? それはすべての亜人の解放だ」

    「あなたの願いが、もし、叶うなら?」

    男(叶えてくれるようには思えない。なんども同じセリフを吐くだけだ)

    男「どうやら願いをかなえることはできないみたいだな。とんだ無駄足だ」クルッ

    「あ な た の ね が い が も し か な う な ら」

    男「!!」

    「わ た し は あ な た の       が ほ し い」

    男(後ろにいる。それもぴったり後ろに)

    男「わ、私の何がほしい」

    「あ な た は な に が ほ し い」

    男(質問が変わった………! 願いは私が欲しいもの? 亜人の解放………は欲しいといった表現には当てはまらない)

    男(戦う力。あいつらを守る力が欲しい)

    男(だが、それを言って私は何が奪われる……!? やつは何が欲しいといった!?)

    男(口に出していいのか、願いを………私は!!)

    >>541

    541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/16(水) 23:16:34.25 ID:zGielLrco
    願っていいのじゃよ

    543: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 01:49:36.88 ID:MsD5JQKI0
    男「私は、戦う力が欲しい。あいつらを守る力を」

    「わ た し は あ な た の ね が い を か な え る」

    「だ か ら わ た し は あ な た を も ら う」

    男「うぐぁっああっ!!」

    男(熱い! 足が、足がまるで、溶け)

    ドロッ

    男「!!」

    男(いや、溶けて)

    グラッ

    男「ぐわぁああぁああああっ!!」

    544: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 02:18:52.62 ID:MsD5JQKI0
    パチッ

    男「うあぁああっ!!」ガバッ

    古書娘「うるさっ」

    男「はぁ、はぁ。こ、ここは?」

    古書娘「私の家です。森で倒れてたあなたを連れてきました」

    古書娘「秘密裏に」

    男「私は、倒れてたのか?」

    古書娘「えぇ、まぁ、とりあえず。驚かないでくださいね。叫ばないでくださいね。絶望しないでくださいね」

    男「え、あぁ、どういうことだ?」

    古書娘「こういうことです」

    バサッ

    男「―――」

    男(足がない………)

    男(足があった場所にあるのはゆらゆらと揺らぐ………影)

    古書娘「あなたの足。なくなってます」

    男「………悪い冗談だ」

    魔女「………………」

    男「……いたのか」

    魔女「………」ナデナデ

    魔女「………ごめん」

    魔女「………ね」

    547: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 21:23:53.13 ID:MsD5JQKI0
    男「なぜ謝る」

    魔女「………止められ」

    魔女「………なかった」

    魔女「………いや」

    魔女「………気づけなかった」

    男「どういう、ことだ」

    古書娘「責めないでください」

    男「いや、責めてはいない。知っているのか、あれを」

    魔女「………うん」

    魔女「………だって私」

    スッ

    魔女「………一緒だから」

    男「!!」

    男(魔女がマスクを取り、口を大きく開ける)

    男(そこにはあるべきものがなく、黒い舌だけがウネっていた)

    548: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 21:38:51.11 ID:MsD5JQKI0
    魔女「………私は」

    魔女「………禍舌の魔女」

    魔女「………万喰い」

    魔女「………そう、呼ばれてる」

    魔女「………これのせいで」

    男「あの影と、会ったのか」

    魔女「………私の願い」

    魔女「………ご飯が食べたいだった」

    魔女「………舌がとられて」

    魔女「………なんでも食べれるようになった」

    魔女「………でも」

    魔女「………味しない」

    古書娘「あのくそったれは願いをかなえるために体の一部を自分のと交換してくるのです」

    古書娘「この子は何でも食べれる力を舌と引き換えに」

    古書娘「………できることなら私が契約したかったのですが。この子のために」

    魔女「………お姉ちゃん」

    古書娘「叶え方は望ましいものではありません。ですが、願いはきっちり叶っています。この子はもう飢えることはない」

    男「私は………叶えてもらっているのか?」

    古書娘「あなたは何を?」

    男「私は、戦うための力だ」

    男「………でも、こんなんじゃ戦えないじゃないか」

    549: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:02:48.03 ID:MsD5JQKI0
    メイド「お父様」

    男「………メイドか」

    メイド「話は聞きましたわ。よくわかりませんでしたが」

    男「だろうな」

    メイド「でも、お父様はお父様です。私にとっては変わりません」

    メイド「これからもずっとあなたを支えていきます」

    男「………」

    メイド「車いすを用意しています。帰りましょう」

    男「………あぁ」

    550: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:06:35.86 ID:MsD5JQKI0
    ~4年目 第5週~

    男「模擬戦?」

    お嬢「えぇ。個々の戦いは慣れているでしょうがこれは戦争です」

    お嬢「いくらあなたでも練習がいると思いますわ」

    男「確かにな」

    男「それに今の私では戦えない。後ろに引いていたほうがいいだろう」

    お嬢「では、こちらで説明を」

    551: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:11:08.66 ID:MsD5JQKI0
    メイド「はい。説明を賜りましたメイドです」

    メイド「部隊を従えて戦う場合、個々人の力がはっきりと出る事はありません。ですが、指標として」

    メイド「心→指揮 技→知略 体→戦闘 のように対応する能力が高いほど、結果も大きいものとなっていきます」

    メイド「ですので部隊の数はミーアやメルメルが」

    メイド「策略ではリオネシアが」

    メイド「戦闘ではドラコやナーグルが活躍しやすいのです」

    メイド「百聞は一見にしかず。まずはやってみましょうか」

    552: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:27:07.98 ID:MsD5JQKI0
    ミーア「み、みんな! 私に任せて!!」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】

    リオ「この時を待っていたでござる!!」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ドラコ「はっ! もっと声を張りやがれお前ら!!」兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】



    メイド「はい、ではこちらをご覧ください」

    メイド「兵力、戦闘力、指揮力がありますね」

    メイド「兵力はおおよそ体力。戦闘力はダメージの基本、指揮力は行動順と考えてもらえれば十分です。大きいに越したことはありませんね」

    メイド「策略は一戦闘に一度づつしか使えない代わりに通常攻撃よりも大きな効果を発揮します」

    メイド「次に通常攻撃についてですが」

    メイド「通常攻撃は 突撃 乱戦 殲滅 防衛の4つの選択肢の中から一つを選びます」

    メイド「突撃は相手に大きな損害を与えますが、こちらもそれなりの被害を受けることになります」

    メイド「乱戦は相手にほどほどの損害を与えますが、こちらも多少の被害を受けることになります」

    メイド「殲滅は兵力が勝ってる場合のみ大きな損害を与え、被害を最小限に収めることができますが、逆に兵力が相手より劣っていれば多大な被害を受けることになります」

    メイド「防衛は相手からの被害を抑える代わりに反撃のみでしか相手に損害を与えることができません」

    メイド「ものは試しで、それでは私がお相手しましょう」

    553: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:30:23.11 ID:MsD5JQKI0
    メイド「私は戦いでも完璧なのですよ」兵力1000



    ミーア「怯えてなんかいられないっ!!」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】

    リオ「疾風のごとくあればっ」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ドラコ「楽しくなってきたんじゃねぇか?」兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】

    ミーア達の行動>>554

    554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/17(木) 22:37:07.76 ID:4row6OGA0
    乱戦

    555: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 22:55:47.67 ID:MsD5JQKI0
    メイド→行動なし

    ミーア→乱戦

    リオネシア→乱戦

    ドラコ→乱戦

    行動順 メイド→リオネシア→ミーア→ドラコ

    メイド「全軍停止してください」 行動なし

    リオネシア「皆! 我々の力を見せてやるでござるよ!!」乱戦

    メイド兵力1000→980

    ミーア「皆さんっ、お願いしますっ」乱戦

    メイド兵力980→930

    ドラコ「お前らっ! 俺に続けぇ!!」

    メイド兵力930→830



    メイド「今回は反撃はありませんでしたが、実践では手痛い反撃を受けて、責めているのに負けたなんてことがあります」

    メイド「そのために大切なのが策略です」

    メイド「今ある策略の説明ですが」

    メイド「【奮起】兵力の回復 【疾風】行動順を無視して行動する 【毒びし】攻撃を行う敵部隊の兵力を減少させる 【変わり身】敵の攻撃を中断する 【一騎当千】敵部隊1つに強力な攻撃を行う」

    メイド「それではドラコで一騎当千を行ってみましょう」

    556: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:02:55.04 ID:MsD5JQKI0
    メイド→防衛

    リオネシア→行動無し

    ミーア→行動無し

    ドラコ→【一騎当千】

    行動順 メイド→リオネシア→ミーア→ドラコ

    メイド「敵の攻撃に備えてください」防衛

    リオ「しばし休息でござる」行動無し」

    ミーア「す、ストップです!!」行動無し

    ドラコ「しゃあぁっ! 俺らの力を見せてやるぜぇ!!」 策略

    ドラコの【一騎当千】

    メイドの兵力830→530



    メイド「はい、この様に策略は敵から反撃も受けず、一方的に行動を行える切り札というわけです」

    メイド「それではあとは自由に行動をしてください」

    ミーア「えっと、こ、これが一番です!!」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】

    リオ「日輪は我らにあり!」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ドラコ「余裕余裕♪」兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略

    ミーア・リオネシア・ドラコの行動>>557

    557: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/17(木) 23:09:57.33 ID:L10oQ18Uo
    ミーア乱戦
    リオ毒びし
    ドラコ突撃

    558: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:22:23.58 ID:MsD5JQKI0
    メイド「全軍、攻撃に備えてください」 防衛

    リオネシア「敵軍の逃げ場をなくすでござるよっ!!」 策略

    リオネシアの【毒びし】

    敵部隊はの周りに毒びしが撒かれた

    ミーア「み、皆さんいきましょうっ」 乱戦

    メイドの兵力530→500 ミーアの兵力500→370

    ドラコ「お前ら! 獲物を手放すなよ!?」

    メイドの兵力500→420 ドラコの兵力200→70

    メイド「次のターンで終わりにしましょう、耐えてくださいね」

    ミーア「えっと、こ、これが一番です!!」兵力370 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】

    リオ「日輪は我らにあり!」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ドラコ「余裕余裕♪」兵力200 戦闘力 70 指揮力1 策略

    ミーア・リオネシア・ドラコの行動>>558

    559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/17(木) 23:26:06.67 ID:cbDLPJQ6o
    ミーア 特攻

    リオネシア 変わり身

    ドラコ 防衛

    561: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:32:29.69 ID:MsD5JQKI0
    メイド→特攻

    リオネシア→【変わり身】

    ミーア→特攻

    ドラコ→防衛

    メイド「皆さん、敵を撃ち滅ぼしましょう」特攻

    リオネシアの毒びしの効果

    420→370

    リオ「おぉっと! 好き勝手はさせないでござる!!」 策略

    リオネシアの【変わり身】

    メイドの攻撃は中断された

    ミーア「み、みんなっ。いいい、いくよっ!」 突撃

    メイドの兵力370→290 ミーアの兵力 370→180

    ドラコ「お前ら、敵の攻撃なんてはじき返しちまえよっ」防衛



    敵戦力290

    味方戦力 450

    【ミーア達は勝利した】

    562: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:33:05.01 ID:MsD5JQKI0
    メイド「以上が戦いの流れとなります」

    メイド「それではお疲れ様でした」

    563: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:43:38.37 ID:MsD5JQKI0
    ~4年目 第5週 休日~

    メリー「そいつが聞きたいんっ メリーさんっのお時間、ディス!」ビシィッ

    白鞘「………なんじゃ?」ギロッ

    メリー「ひぃっ!!」

    メリー「ほほほ、報道は圧力に負けやしないのででで、デース!」

    メリー「こ、これつまらぬものですが」

    白鞘「! 酒か! お主礼儀ができているようじゃなっ! かっかっか!!」

    メリー(やっぱり酒でなんとかなるでぃすね)

    メリー「あの、白鞘童子さんの昔ってどんな感じか、教えてもらいたいのですが」

    白鞘「ん? 儂の話を聞きたいのか? まぁ、いいじゃろう」

    白鞘「今はこんななりじゃが、本来の儂はもっと大きくてな。胸も尻も扇情的じゃったのじゃぞ?」

    白鞘「あの男とナージャに腕を斬られてから休息のためにこんな姿にはなってしまったがの」

    メリー「し、白鞘童子さんはすっごい強いと思うのですが、なぜ男さんたちに負けたのでぃすか?」

    白鞘「負けておらんわ!!」ドンッ

    メリー「ひぃっ」

    白鞘「あれは引き分けよ。儂は腕、あやつは足。痛み分けよ。痛み分け」

    白鞘「まぁ、あいつらは強かったのぅ。ま、その強者二人がかりでないと引き分けにならない儂がどれだけ強いかは言うまでもないなっ」

    白鞘「それに儂の愛刀、天下に名響く、三千世界鳥波風歌八丁仏があるからして、鬼に金棒とも言え」

    メリ(あ、これ話長くなるやつでぃすね?)

    白鞘「この刀の名前の由来はの、この世界に届かぬ場所無しといわれるものと同じくらい、この八丁仏から逃れられるものはおらぬという」クドクド

    メリー(………帰りたいでぃす)

    564: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/17(木) 23:44:36.99 ID:MsD5JQKI0
    男「車いすの扱いにも少し慣れてしまったな………」

    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>565

    565: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/17(木) 23:49:53.13 ID:Fh7dKi85o
    4
    足を失ったことに対する奴隷達の反応

    571: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 22:37:10.38 ID:qtDHmvvu0
    ドラコ「後ろから指示してばっかで姿見せねぇけど、なんだ、またなんかあったのかよ?」

    ミーア「け、怪我ですか!?」

    ベル「うわー しんぱいだなー」

    メル「怪我ならメルが痛いの痛いのとんでいけーするのー」

    ニケ「私も痛いの痛いの飛んでいけするよっ!! びゅおーんっ!」

    ジョゼ「でも怪我と決まったわけじゃないわよ~」

    ナグ「…病気……か?」

    メイド「怪我でも病気でもありませんが………似たようなものです」

    メイド「では、来てください。ご主人様」

    キコ…キコ

    男「久しぶりだな」

    ミーア「え、えぇ!?」

    ドラコ「足がねぇ………!」

    ベル「なにそれ、スライムデビュー?」

    メル「わー、うねうねしてるの~」

    ニケ「人間ってあんな風になるんだねっ!」

    ジョゼ「さすがにならないと思うわ~」

    メイド「………思ったより評判は悪くないみたいですね」

    男「良くもないだろう」

    男「見ての通り、足を無くした」

    ドラコ「足を無くしたって、そんな落とし物みたいに言われてもちょっとわけわかんねぇんだけど」

    ベル「というか、それなに?」

    男「………なんだろうな」

    ミーア「い、痛くないんですか?」

    男「不思議なことに痛覚はある。だが、自由に動かしたり、立ち上がったりは出来ないみたいだ」

    男「これでは戦えないナ」

    572: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 22:45:59.46 ID:qtDHmvvu0
    リオ「やけにあっさり言うでござるな………」

    男「………一週間もあれば現実が目に入る」

    ミーア「あ、あの!」

    男「なんだ」

    ミーア「そ、その姿は不便だと思うからっ。わ、私が身の周りのお世話を」

    メイド「私がしてます」

    ミーア「でもっ、メイドさんも忙しそうですし」

    リオ「いきなり休みをとったのはこれが原因でござるか」

    ミーア「む、むむむ」

    メイド「………ふっ」ニヤリ

    ドラコ「でもよう。メイドが四六時中ついてるわけにもいかねぇだろ。少しぐらいは俺たちが面倒みるぜ?」

    ミーア「そうです! そ、そのとおりですっ」

    ジョゼ「確かにそうですね~。メイドさんにも生活がありますし~」

    メイド「いえ、大丈夫です」

    ニケ「私たちにお任せだよねっ!!」

    ベル「なんで僕を見るのさ。僕やんないよ?」

    男「ふむ。その通りだな。いやでも私一人で」

    ミーア「歩けないとおトイレが大変だと思います!!」

    ドラコ「なんで真っ先にトイレの心配がでるんだよお前は。いや、確かにそうだけど」

    メル「男ちゃんも、甘えていいんだよ~?」

    男「………では、頼めるか?」

    メイド「!!」ドンドンッ

    ミーア「ふふっ」ニヤリッ

    メイド「!」ギロッ

    ミーア「ひぃっ」

    573: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 22:52:31.42 ID:qtDHmvvu0
    ドラコ「んで、俺と」

    ミーア「はい! はい!」ピョンピョン

    ニケ「私にお任せっ!!!」

    ナグ「………」

    ドラコ「ナーグルが志願するって珍しいな」

    ドラコ「にメイド含めた5人か」

    男「でも、本当にいいのか?」

    ドラコ「いちんちぐれー、どうってことはねぇよ」

    ニケ「安心して私にお任せだよっ」

    男「一番安心できないのがニケライトなんだが」

    ニケ「がーんだよっ!!」

    男「こう、なんというか気恥ずかしいものがある」

    メイド「でしたら、私だけに」

    男「が、好意を受け取らないわけにはいかないな。頼んだ」

    メイド「わ、私だけの………」ズーン

    574: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 22:55:44.23 ID:qtDHmvvu0
    ~4年目 第6週~

    お嬢「いよいよですわ」

    男「しかし、いいのか?」

    お嬢「えぇ、家族の絆なんてものは元から持ち合わせていませんの」

    お嬢「私の家族は民。義務と誇りは血よりも濃く、優先されるものですわ。我々貴族においては」

    お嬢「さぁ、参りますわよ。私たちの民を救い」

    お嬢「堕落し、悪しき心に染まった人間の打倒へ」

    男「あぁ。行こうか」

    575: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 23:08:38.42 ID:qtDHmvvu0
    メイド「第一部隊奇襲成功。最前線となった村には申し訳ありませんがこのまま制圧させていただきましょう」

    男「人道、良心に反する行為は禁止する。厳罰をもって対処だ。例外はない。繰り返し言うが例外はない。そして厳罰も処刑以外ない」

    お嬢「我々はテロリストではないのですから、必要以上に恨まれる行為はするべきではない」

    お嬢「胸に誇りを、足には意思を。それが私たちですわ」

    メイド「はい。ただちに全軍に通達を。命令を徹底させますわ」

    576: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 23:24:01.35 ID:qtDHmvvu0
    メイド「数名、違反者が出ました。ですので直ちに私共で制裁を行いました」

    男「大丈夫だったか?」

    メイド「えぇ、私たちはすでに覚悟を決めているので。味方に刃を向ける覚悟を」

    メイド「それよりも遠くで敵部隊を確認。ただの反乱とみてあまり数は見えませんが」

    メイド「迎え撃ちますか?」

    男「あぁ、もちろん」

    メイド「では、率いる者をお選びください」

    【ミーア】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    【リオネシア】兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】(味方部隊の行動順を最初にする)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)【変わり身】 (敵部隊一つの攻撃を無効にする)

    【ドラコ】兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】 (敵部隊一つの兵力を削る)

    【メルメル】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    【ナーグル】兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】(敵部隊一つの兵力を削り、行動順を最後にする)

    【ベルグレイン】兵力300 戦闘力20 指揮力2 策略【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    【ニケライト】兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    【ジョゼット】兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    >>577(三名)

    577: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/18(金) 23:37:54.13 ID:P6dnMpsZo
    リオネシア
    ナーグル
    メルメル

    578: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 23:40:14.26 ID:qtDHmvvu0
    リオ「主君を守る黒き刃! 参る!!」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ナーグル「これが戦士の役目だ」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】

    メル「わくわく~ はしないかな~」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】

    579: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 23:42:11.52 ID:qtDHmvvu0
    メイド「敵は2部隊、戦力は………」

    敵部隊1 兵力400

    敵部隊2 兵力400

    メイド「全体的では数は勝っていますが、個々で見るとやや危ないかもしれませんわね」

    メイド「それではご命令を」

    男「あぁ。全軍、気を引き締めていけ」

    580: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/18(金) 23:45:10.26 ID:qtDHmvvu0
    メイド「………敵部隊1は突撃陣形をとろうとしていますわ」

    メイド「では、各部隊に命令を」

    リオ「むむむ、これは厳しいかもしれぬでござる」兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【毒びし】【変わり身】

    ナーグル「安心しろ………私が…捻りつぶす」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】

    メル「わわ、敵さんが多いの~」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】

    陣形 突撃 乱戦 殲滅 防衛

    >>581 (各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 00:04:21.40 ID:bmtvZGa+o
    リオ毒びし
    ナーグル投石
    メルメル乱戦

    582: 指定がないため対象はランダムです ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 00:20:22.34 ID:Ej1/jGC+0
    リオネシア→毒びし

    ナーグル→投石

    メルメル→乱戦

    敵部隊1→突撃

    敵部隊2→殲滅

    行動順 リオネシア→敵部隊1→敵部隊2→メルメル→ドラコ

    リオ「ふふんっ。拙者の妙技! とくとご覧あれ! で、ござるよ♪」策略

    リオネシアの【毒びし】

    敵部隊の周りに毒びしが撒かれた

    敵部隊1の突撃

    リオネシアの毒びしの効果

    400→350

    敵部隊1の突撃

    ナーグル「ぐっ………!」

    ナーグルの兵力300→140 敵部隊1の兵力350→230

    敵部隊2の殲滅

    リオネシアの毒びしの効果

    敵部隊2の兵力400→350

    リオネシア「んなっ! 囲まれたでござるか!?」

    リオネシアの兵力200→60

    メルメル「みんな、命は大切に戦うの~」乱戦

    敵部隊1の兵力230→180 メルメルの兵力500→470

    ナグ「………用意は……いいな」策略

    ナーグルの投石

    敵部隊1の兵力180→80

    リオネシアの兵力60

    ナーグルの兵力140

    メルメルの兵力470

    敵部隊1の兵力80

    敵部隊2の兵力350

    583: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 00:23:04.29 ID:Ej1/jGC+0
    メイド「敵部隊2はどうやら乱戦陣形をとるようですわ」

    男「ふむ、では」

    リオ「ぐ、ぐぅ」兵力60 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】【変わり身】

    ナーグル「まだだ……まだ……負けてない」兵力140 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】

    メル「皆大丈夫なの~?」兵力470 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】

    陣形 突撃 乱戦 殲滅 防衛

    >>584 (各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    584: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 00:39:56.57 ID:2gOk/OgA0
    リオ敵2に変わり身
    ナーグル敵1に殲滅
    メルメル敵2に殲滅

    585: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 00:47:28.01 ID:Ej1/jGC+0
    リオネシア→【変わり身】

    ナーグル→殲滅

    メルメル→殲滅

    敵部隊1→乱戦

    敵部隊2→乱戦

    行動順 敵部隊2→メルメル→ナーグル→敵部隊1

    敵部隊2の乱戦

    リオ「おぉっと! ここは拙者達にお任せを!!」

    リオネシアの【変わり身】

    敵部隊2の攻撃は中断された

    メルメル「メルにお任せなの~」殲滅

    敵部隊2の兵力350→260

    ナーグル「………これで……決める!!」殲滅

    敵部隊1の兵力80→0

    敵部隊1は壊滅した

    リオネシアの兵力60

    ナーグルの兵力140

    メルメルの兵力470

    敵部隊2の兵力260

    586: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 00:50:43.79 ID:Ej1/jGC+0
    メイド「あと一押しですわね」

    メイド「敵部隊2は突撃陣形をとるようようですわ」

    男「では」

    リオ「くらくらしてきたでござるよ」兵力60 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】

    ナーグル「いける……絶対に………っ」兵力140 戦闘力40 指揮力1 策略

    メル「あわわわわ~、リオネシアちゃんが危ないの~」兵力470 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】

    陣形 突撃 乱戦 殲滅 防衛

    >>587(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    587: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 01:29:09.40 ID:bmtvZGa+o
    リオ防衛
    ナーグル防衛
    メルメルリオを治療

    590: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 01:42:07.33 ID:Ej1/jGC+0
    リオネシア→防衛

    ナーグル→防衛

    メルメル→【治療】

    行動順 リオネシア→敵部隊2→メルメル→ナーグル

    敵部隊2の突撃

    リオネシアの兵力60→20 敵部隊2の兵力260→260

    メルメル「みんなー! 元気だしてほしいのー!!」策略

    メルメルの【治療】

    リオネシアの兵力20→140

    リオネシアの兵力140

    ナーグルの兵力140

    メルメルの兵力470

    敵部隊の兵力260

    591: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 01:45:25.88 ID:Ej1/jGC+0
    メイド「敵部隊2は突撃陣形をとるようですね」

    メイド「今が攻める時でしょう。被害を防ぎたいならナーグルに【疾風】を使うことを進言します」

    男「なるほどな。では」

    リオ「あと一息でござる!」兵力140 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】

    ナーグル「時間が……ないな」兵力140 戦闘力40 指揮力1 策略

    メル「メルも役に立ってるのかな~」兵力470 戦闘力10 指揮力2 策略

    陣形 突撃 乱戦 殲滅 防衛

    >>592(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    592: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 01:47:18.33 ID:h2ZGaFSno
    リオ疾風→ナーグル
    ナーグル乱戦
    メル殲滅

    593: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 01:54:47.90 ID:Ej1/jGC+0
    リオネシア→【疾風】

    ナーグル→乱戦

    メルメル→殲滅

    リオネシア「この道を通ると背面に回り込めるでござるよ」策略

    リオネシアの【疾風】

    ナグ「……助かる」

    行動順 ナーグル→敵部隊2→メルメル

    ナグ「畳みかけろ………!」乱戦

    敵部隊2の兵力260→200 ナーグルの兵力→140→120

    敵部隊2の突撃

    メルメルの兵力470→410 敵部隊2の兵力200→150

    メル「えぇ~い! 囲んじゃえー!!」殲滅

    敵部隊2の兵力150→70

    リオネシアの兵力140

    ナーグルの兵力120

    メルメルの兵力410

    敵部隊2の兵力70

    594: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 01:57:05.02 ID:Ej1/jGC+0
    メイド「敵部隊2は防衛陣形を執ろうとしています。このまま殲滅するのがよろしいかと」

    男「ふむ」

    リオ「あと一息でござる!」兵力140 戦闘力10 指揮力5 策略

    ナーグル「このまま押し通す」兵力120 戦闘力40 指揮力1 策略

    メル「皆! あともうちょっとだよ~」兵力410 戦闘力10 指揮力2 策略

    陣形 突撃 乱戦 殲滅 防衛

    >>595(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    595: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 01:58:53.16 ID:8z/EfbcIo
    全員殲滅

    596: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 02:03:47.31 ID:Ej1/jGC+0
    あ、リオネシアの毒びしの処理忘れてました

    リオネシア→殲滅

    ナーグル→殲滅

    メルメル→殲滅

    敵部隊2→防衛

    行動順 リオネシア→メルメル→ナーグル

    リオネシア「ふっふっふー。秘儀! 影籠目の術!!」殲滅

    敵部隊2の兵力70→50

    メルメル「かーこーめー かーこーめ~ でも、こーふくした人は倒しちゃ、めっ、だよ~」殲滅

    敵部隊2の兵力50→10

    ナグ「………終わりだっ」

    敵部隊2の兵力10→0

    味方兵力【670】 敵兵力【0】

    【完勝】

    597: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 02:05:23.63 ID:Ej1/jGC+0
    メイド「見事な采配でしたわ」

    男「いや、皆のお蔭だ」

    メイド「村の制圧は完了しました。お嬢様の交渉により、この村を補給基地として運用することが可能になりましたわ」

    メイド「この村を起点に部隊を置いて攻略していきましょう」

    男「あぁ」

    598: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 02:08:44.94 ID:Ej1/jGC+0
    ~4年目 第6週 休日~

    ドラコ「今日は俺か」

    男「頼めるか」

    ドラコ「任せとけって。家事以外はやってやるよ」

    男「なにができるというんだ?」

    ドラコ「………欲しいもんとってくるとかか?」

    男「犬でもできそうだな」

    ドラコ「犬は器用だろ。飯作ってるし」

    男「犬とコボルトは別だ。似てるけども」

    ドラコ「二足歩行する犬がコボルトじゃねぇのかよ」

    男「聞かれたらリオネシアが怒るぞ」

    ドラコ「酒場が使えなくなるのはやべぇな」

    男「ふと思えば酒場を仕切ってるリオネシアのヒエラルキーは結構高いのか」

    ドラコ「意外だなぁ」

    599: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/19(土) 02:09:31.71 ID:Ej1/jGC+0
    男「さて、今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>601

    601: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:16:43.84 ID:X8ZB7aEP0
    1
    リオとナーグルとメルメルを褒めよう
    複数褒めれないなら4の交流って形で

    603: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 21:44:46.91 ID:4zLuSqfS0
    リオ「わふんっ。拙者の戦働き、ご覧いただけたでござるな」

    メル「メルも頑張ったの~ でも敵さん可哀想なの」

    ナグ「……それが………戦いだ」

    男「初戦でどうなるかと思ったがしょせん一地方の民兵か」

    ナグ「……油断は……大敵だ」

    男「わかってはいる。先のは敵の本隊ではなく、偵察隊程度だろうからな」

    男「だが勝てたのは事実。このまま快進撃を続けようか」

    リオ「拙者がいれば安心でござるよ。ねっ、主君殿!」

    男「戦い自体は頼りないがな」

    リオ「わふぅ…」

    男「すべてに長けた者がいないのは事実」

    男「だが、十分協力で補える。これからも私と共に戦ってほしい」

    リオ「愚問でござるな」

    メル「メルメルは男ちゃんと一緒にいるのよ~」

    ナグ「………あぁ、私も……だ」

    リオネシアの愛情度【110/300】

    メルメルの愛情度【110/300】

    ナーグルの愛情度【140/300】

    604: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 22:08:07.93 ID:4zLuSqfS0
    ~4年目 第7週~

    お嬢「わたくし達の勝機はただ一つ。相手がこちらを侮っているうちに喉元に喰らいついてそのまま喉仏を噛み千切る

    ドラコ「おいおい、お嬢様が物騒なことを言うじゃねぇか」

    お嬢「あのくそったれのド低能なスライム以下の単細胞をつぶして捏ねて肥料にしてさしあげましょう」

    ベル「僕、スライムなんだけど?」

    お嬢「あら、失礼」

    ミーア「ね、ねぇ。お嬢様さん、どうしたの?」

    ドラコ「まぁ、あいつにも色々あんだよ。小さい頃から身内に命狙われてりゃああもなるさ」

    メイド「とりあえず、このまま進んで行きましょう。ちょうどここに駐留軍がいますし」

    ジョゼ「でも大丈夫なのかしらぁ? 警戒してるでしょう~?」

    男「そこはこいつに頼む」

    くノ一「うちたい!!」

    「………………」

    くノ一「反応悪いとよ?」

    男「こんなのだが腕は一流だ」

    くノ一「うちが忍び込んで司令官を打ち取ってくるたい。それでいいとね?」

    男「その混乱に乗じて制圧する」

    男「それに比べ我々混成軍の良いところは私が死んでも止まらないということだな」

    ミーア「ふ、不吉なこと言わないでください!!」

    メイド「そうです。貴方が死んだら私も死にます」

    お嬢「おほん、それでは作戦のお話をしましょう」

    605: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 22:16:21.40 ID:4zLuSqfS0
    お嬢「といった形でいいですわね」

    くノ一「うちが討ち取って」

    メイド「私の部隊が工作によってさらに混乱へ」

    男「浮足立った敵に一気に攻め込む」

    ドラコ「単純だな。けどこれぐらいしかできる事はねぇしな」

    男「数で劣る相手に勝つには奇襲が一番だ」

    メル「メルの魔法で~どっかーん」

    ドラコ「無理」

    男「さて、今回は」

    >>606(亜人の中から三人を選んでください)

    606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 22:18:17.90 ID:KB0Q5G/Uo
    ミーア ドラコ ニケ

    607: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 22:24:03.75 ID:4zLuSqfS0
    ミーア「ふぁっ、ふぁいっ! がんばりますですっ!!」

    ドラコ「守ってやるぜ。みんな纏めてこの俺がなっ」

    ニケ「わーい! わーい!………………はい、私がやります」

    【ミーア】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    【ドラコ】兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】 (敵部隊一つの兵力を削る)

    【ニケライト】兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    608: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 22:27:07.54 ID:4zLuSqfS0
    メイド「奇襲成功、攻め込むなら今のうちです。しかし完全な無力化は失敗、敵兵がそちらへ向かっています」

    男「想定の範囲だ。やれるな?」

    ドラコ「任せろ!」

    ミーア「男さんのためにがんばりましゅっ」

    ニケ「はい。準備はできています」

    メイド「敵は3部隊。戦力は」

    敵部隊1 兵力400

    敵部隊2 兵力300

    敵部隊3 兵力200

    男「気を引き締めていかねばな」

    609: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 22:32:29.35 ID:4zLuSqfS0
    メイド「敵部隊1は殲滅陣形をとろうとしていますわ」

    メイド「では、各部隊にご命令を」

    ミーア「み、皆さん大丈夫ですからっ お、落ち着いてぇっ!」 兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略 【奮起】

    ドラコ「おっしゃ、とりあえず目標は一部隊は潰さなきゃな」兵力200 戦闘力50 指揮力1 策略【一騎当千】

    ニケ「情報分析完了。それでは参りましょうか」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】

    男「では」

    陣形 突撃(ダメージ大 反撃中) 乱戦(ダメージ中 反撃小) 殲滅(兵力が勝ればダメージ特大 違うなら反撃大) 防衛(反撃特小

    >>610(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    610: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 22:57:38.55 ID:KB0Q5G/Uo
    ミーア 殲滅
    ドラコ 【一騎当千】
    ニケ 突撃

    611: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:17:50.65 ID:4zLuSqfS0
    ミーア→殲滅

    ドラコ→策略

    ニケ→突撃

    敵部隊1→殲滅

    敵部隊2→突撃

    敵部隊3→乱戦

    行動順 敵部隊3→ミーア→ニケライト→敵部隊2→ドラコ→敵部隊1

    敵部隊3の乱戦

    ドラコ「うおっ。全員一旦下がれっ!」

    ドラコの兵力200→100 敵部隊3の兵力200→150

    ミーア「皆さんっ。どうかよろしくお願いしますっ」

    ミーアの殲滅

    敵部隊1の兵力400→300

    ニケ「さて、参りましょうか。この子のためにも早く終わらせなければ」

    敵部隊3の兵力150→0

    敵部隊3は壊滅した

    敵部隊2の突撃

    ニケ「っ! 大丈夫です。被害は軽微ですから」

    ニケライトの兵力400→260 敵部隊2の兵力300→180

    ドラコ「お前ら、俺に続け。俺より先に行くな。俺より後に帰るな。いいな?」

    ドラコの【一騎当千】

    敵部隊1の兵力300→0

    敵部隊1は壊滅した。

    612: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:21:32.90 ID:4zLuSqfS0
    男「さすがに余裕のようだな」

    メイド「多少の犠牲は出ていますが………まぁ、軽微ということで」

    男「人を殺すのだからこちらは無傷で、なんて都合のいいことは考えてないさ。………私の血は流れていないがな」

    メイド「どうやら敵部隊2は突撃陣形をとるようですわね」

    男「そうだな、では」

    ミーア「み、皆さん大丈夫ですからっ お、落ち着いてぇっ!」 兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略 【奮起】

    ドラコ「おっしゃ、とりあえず目標は一部隊は潰さなきゃな」兵力100 戦闘力50 指揮力1 策略【一騎当千】

    ニケ「情報分析完了。それでは参りましょうか」兵力260 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】

    >>613(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    613: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 23:29:51.48 ID:M+mXzceGo
    ミーア殲滅
    ドラコ防衛
    ニケ応援

    615: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:47:24.70 ID:4zLuSqfS0
    ミーア→殲滅

    ドラコ→防衛

    ニケ→応援

    敵部隊2→突撃

    行動順→ミーア→ニケ→敵部隊2→ドラコ

    ミーア「この人数差ならいけますっ」

    ミーアの殲滅

    敵部隊2の兵力180→80

    ニケ「皆さん、お願いです、どうかお力を………!」

    ニケライトの【応援】

    ニケライトの兵力260→360

    敵部隊2の突撃

    ドラコの兵力100→80 敵部隊2の兵力80→50

    616: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:49:36.76 ID:4zLuSqfS0
    男「降参を勧めてもなお戦いを選ぶというなら仕方ない」

    メイド「えぇ、終わらせてしまいましょう。時間もありませんから」

    メイド「敵部隊2はどうやら防衛陣形をとろうとしていますね」

    男「そうか、なら」

    ミーア「み、皆さん大丈夫ですからっ お、落ち着いてぇっ!」 兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略 【奮起】

    ドラコ「おっしゃ、とりあえず目標は一部隊は潰さなきゃな」兵力80 戦闘力50 指揮力1 策略

    ニケ「情報分析完了。それでは参りましょうか」兵力360 戦闘力30 指揮力2 策略

    >>617(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    617: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 23:51:57.96 ID:QCOuogUio
    ミーア 防衛

    ドラコ 突撃

    ニケライト 突撃

    620: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:56:14.73 ID:4zLuSqfS0
    ミーア→防衛

    ドラコ→突撃

    ニケライト→突撃

    敵部隊2 防衛

    行動順 ニケライト→ドラコ

    ニケ「………ふぅ、これで………!!」

    ニケライトの突撃

    敵部隊2の兵力50→0

    敵部隊2は壊滅した

    味方兵力【940】 敵兵力【0】

    【完勝】

    ミーア「これで、褒めてくれますよね」

    ドラコ「よしお前ら! 帰って飯食って風呂入って寝るぞ!!」

    ニケ「あれ? なんか勝っちゃってる! わーいっ!!!」


    621: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/24(木) 23:58:20.70 ID:4zLuSqfS0
    メイド「これで敵の動きは分かりやすくなりましたね」

    男「補給線をつなげたのが大きいな。あまり長すぎると困りものだが」

    メイド「あと1か月程度で終わらせなければ王国の兵がやってきそうですわね。それまでに領地を落として人間を人質に取らなければ」

    622: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/25(金) 00:00:59.71 ID:dPWB8jhh0
    ~4年目 第7週 休日~

    ドラコ「なに嬉しそうにしてるんだ?」

    ミーア「えへへぇ。ご主人様に褒められたんですよ」

    ドラコ「俺褒められてねぇなぁ」

    ミーア「ドラコさんも褒められたいんですか?」

    ドラコ「ばっ! この俺がそんなわけねぇだろ。ただ肉ぐらいくれてもいいんじゃねぇかって思っただけだ」

    ミーア「素直になっていいんですよぉ?」

    ドラコ「頭へごちんっ!」ゴンッ

    ミーア「あうぅ………」

    ドラコ「俺はあいつに恋愛感情はねぇ! 絶対ねぇんだからな!」プンスコ

    ミーア「痛いです………ほんとに」

    623: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/25(金) 00:01:50.74 ID:dPWB8jhh0
    男「さて、今日は」


    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    >>625

    625: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/25(金) 00:04:11.30 ID:obNiXs4DO

    リオとナーグルとメルメルの時みたいに今回戦った3人をほめる

    633: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/29(火) 22:04:45.01 ID:AmN94CGS0
    ニケ「わっしょいっっ!!」バァンッ

    ドラコ「うるせぇ!!」

    ミーア「ドア………ニケライトさんの形に穴が空いてますよ」

    男「………まぁいい。戦いの立役者だからな」

    男「豪勢に労おう、と言いたいところだがまだそんな余裕はない。言葉とささやかな食事を用意した。それで許してくれ」

    男「正式な礼はいずれする」

    ミーア「そ、そんなぁ。お礼だなんて、そ、そんないいですよぉ」テレテレ

    ドラコ「肉くれ。俺はそれでいい。褒められたくて戦ってるわけじゃねぇからな」

    ニケ「お礼って、私何やったか覚えてないからなーっ!!」

    男「だとしても形式的な礼は必要だ。お前たちのためじゃなくな」

    男「では食事は用意してある。メイドのところへ行ってくれ」

    ミーア「男さんは、ご一緒しないんですか?」

    ドラコ「ミーア」

    男「いやいい。遠慮しておこう」

    ニケ「いってくるよぉ!!」ベキバキッ

    ミーア「あぁっ!! 扉が!!」

    男「………隙間風が入るな」

    ドラコの愛情度【110/300】

    ミーアの愛情度【190/300】

    ニケライトの愛情度【110/300】

    634: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/29(火) 22:15:05.75 ID:AmN94CGS0
    ~4年目 第8週~

    男「住民はどうなっているんだ?」

    お嬢「戦争が激しくなってきたので一般住民も徴兵されているらしいですの。これ以上血が流れる前に早く終わらせましょう」

    男「しかし、一般住民を盾にされては」

    お嬢「向こうは盾だなんて思ってないですの、剣とも。いうなれば投石程度かしらね」

    男「帰ってこなくていいと?」

    お嬢「本国の兵士が届くまでのつなぎですわ。民なんて草のようなもの。土壌が良ければいくらでも生えてくる」

    お嬢「そんな考えですの。だから私はあの人を討つ」

    お嬢「安心してくださいまし。逃げようとしている住民は潜り込ませた配下が保護してますわ」

    お嬢「民と言えど亜人に敵対すれば………えぇ、私たちが歩んできた道は決して真ん中ではないでしょう?」

    男「そうだが。だとしても………まさかこんな幼い少女にそれを言われるとはな」

    お嬢「女は生まれたときからレディー。レディーは慧眼を持っているものですの。その目が濁らない限り」

    メイド「ご主人様。そろそろ作戦を」

    男「………あぁ。行かなければいけないな」

    メイド「はい。では今回は」

    男「そうだな」

    >>635(亜人3人)

    635: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/29(火) 22:54:28.45 ID:JyOQLK9to
    メルメル
    ベル
    ジョゼ

    638: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 20:27:43.90 ID:L9dUBoTk0
    メル「わぁー、メルが選ばれたのー」

    ベル「一緒だね!! メルメルちゃんっ!!」

    ジョゼ「あら~ 新人の私にはちょっと荷が重いかしら~?」

    男「攻め落とすまであともう少しだ。お前たちの力を借りたい」

    メル「メルにおまかせなのー」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    ベル「今回は私もっ」バタンッ

    ベル「………はい、私ががんばります」兵力300 戦闘力20 指揮力2 策略【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    ジョゼ「人間に恨みはないんですが~ いや~ あるからちょっとお姉さん頑張っちゃうかも~?」兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    男「それでは諸君、朗報を期待する」


    640: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 20:32:05.58 ID:L9dUBoTk0
    メイド「敵も本気を出してきたみたいですわね、なかなか厳しいかもしれません」

    男「だが方法はあるんだろう?」

    メイド「えぇ、私たちが誇る最高の暗殺者が向こうに紛れ込んでますから」

    男「ほう。聞いてないが」

    メイド「えぇ、私しか知りません」

    メイド「あら、敵の情報が届きましたわ」

    メイド「敵部隊は3部隊、兵力は」

    敵部隊1 300
    敵部隊2 300
    敵部隊3 300

    メイド「気を引き締めていかなければなりませんね、それではまずご命令を」

    641: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 20:32:57.38 ID:L9dUBoTk0
    しまったニケライトじゃなくてベルグレインでした………

    642: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 20:35:50.58 ID:L9dUBoTk0
    ベル「頑張れ頑張れニケライト。僕の代わりに頑張ってくれよ」

    ニケ「………ベルグレイン様?」

    ベル「ごめんね、出撃面倒だったから今回は君に身代わりになってもらったんだ」

    ベル「その代わりと言ってはなんだけど」

    【ニケライト】兵力400 戦闘力30 指揮力3 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    ベル「ちょっとだけ僕が力を貸してあげるよ 」

    644: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 20:40:28.23 ID:L9dUBoTk0
    メイド「敵部隊1は突撃をしようとしていますわ」

    メイド「ではご命令を」

    ニケ「ベルグレイン様のお力でパワーアップ、です」兵力400 戦闘力30 指揮力3 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)


    メル「んー、良い風が吹いてるの。なんだか今日は良いことがありそうなの」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    ジョゼ「お姉さん、やるときはやるのよ~?」兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    男「ふむ」

    陣形 突撃(ダメージ大 反撃中) 乱戦(ダメージ中 反撃小) 殲滅(兵力が勝ればダメージ特大 違うなら反撃大) 防衛(反撃特小

    >>645(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    645: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 20:46:25.55 ID:kEfiAoG3o
    ベル・メル殲滅
    ジョゼ毒ビシ

    646: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:05:49.38 ID:L9dUBoTk0
    ニケライト→殲滅

    ベルグレイン→殲滅

    ジョゼット→毒びし

    敵部隊1→突撃

    敵部隊2→突撃

    敵部隊3→乱戦

    行動順 ニケライト→ジョゼット→メルメル→敵部隊1→敵部隊2→敵部隊3

    ニケライト「私たちの方が数は上です。信じてください、数は力ですから」

    ニケライトの殲滅

    敵部隊1の兵力300→60

    ジョゼ「うふふ~ これはとっても痛いわよ~?」

    ジョゼットの【毒びし】

    戦場に毒びしが撒かれた

    メル「怪我には気を付けてなの~ 絶対生きて帰るんだからね~」

    メルメルの殲滅

    敵部隊2の兵力 300→200

    敵部隊1の突撃

    敵部隊1は毒びしを受けた

    敵部隊1の兵力60→30

    ニケ「っ! 大丈夫です。驚いただけです」

    ニケライトの兵力 400→380 敵部隊1の兵力30→0

    敵部隊1は壊滅した

    敵部隊2の突撃

    敵部隊2は毒びしを受けた

    敵部隊2の兵力 200→170

    ニケ「負傷兵は下がって、後ろは投石で援護を試みてください」

    ニケライトの兵力 280→200 敵部隊2の兵力 170→90

    敵部隊3の乱戦

    敵部隊3は毒びしを受けた

    敵部隊3の兵力300→270

    ニケ「囲まれてますね。ですが、こちらの方が………はい、こちらの方が有利です」

    ニケライトの兵力200→120 敵部隊3の兵力 270→240

    ニケライトの兵力120

    メルメルの兵力500

    ジョゼットの兵力300

    647: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:19:27.59 ID:L9dUBoTk0
    メイド「敵はもはや壊滅状態ですね」

    メイド「敵部隊3は突撃してくるみたいですわね」

    メイド「ではご命令を」

    ニケ「ふぅ………すみません、私が不甲斐ないばかりに」兵力120戦闘力30 指揮力3 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    メルメル「うんうん、いい感じなの~」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    ジョゼ「うふ、うふふ~ 楽しくなってきたわね~ もっとやりましょう~?」兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    男「ふむ、では」

    >>648

    648: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 21:21:28.53 ID:hE/Aeoi5o
    ニケ【離間工作】
    メルメル殲滅
    ジョゼ【捕縛】

    649: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:39:23.56 ID:L9dUBoTk0
    ニケライト→【離間工作】

    メルメル→殲滅

    ジョゼット→【捕縛】

    敵部隊2→防衛

    敵部隊3→突撃

    行動順 ニケライト→ジョゼット→メルメル→敵部隊2→敵部隊3

    ベル「ここは僕がやるよ」

    ベルグレインの【離反工作】

    ベル「さぁさぁ人間達、こっちの水は甘いよ? もっと楽に幸せに生きてみないかい?」

    敵部隊3の兵力240→150 ニケライトの兵力120→210

    ジョゼ「うふふ~ こっちへいらっしゃい~ 悪いようには、しないと思うわよ~?」

    ジョゼットの捕縛

    敵部隊2の兵力90→0

    敵部隊2を撃破した

    資金44G→194G

    メル「うん、大丈夫だよ~ 絶対に~」

    メルメルの殲滅

    敵部隊3の兵力150→50

    敵部隊3の突撃

    敵部隊3は毒びしを受けた

    敵部隊3の兵力50→20

    ニケ「相手は風前の灯。しかし窮鼠猫を噛むとも言います。気を抜かないように」

    ニケライトの兵力210→200 敵部隊3の兵力20→0

    敵部隊3は壊滅した

    味方兵力【1000】 敵兵力【0】

    【大勝】

    650: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:44:08.89 ID:L9dUBoTk0
    男「次には大半を制圧できるか」

    メイド「相手もここまで追い込まれるとは思ってなかったようですわね。爆弾を体に括りつけて突撃、なんて意見が出てるそうですわ」

    お嬢「奇襲であれば効率はいいかもしれないですけど、策としては下策ですの。戦いの後を考えていない」

    男「負けた後を考える。なんてことができるのは人間と人間の戦いだけだ。少なくとも向こうはそう思っているだろう」

    男「特攻は見つけ次第飛び道具で対応を。徹底させなければな」

    お嬢「首を洗ってお待ちになっててくださいませお兄様。ギロチンの見栄えが良い様に」

    651: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:47:55.76 ID:L9dUBoTk0
    ~4年目 第8週 休日~

    ベル「やぁやぁ。頑張った僕に甘い水でもないのかい?」

    男「あぁ、確かに流れる血の量はベルグレインのお蔭で減ったな」

    男「だが私はベルグレインに戦場へ向かえと伝えたはずだが」

    ベル「まぁ、そこは粗末なことさ」

    男「………」

    ベル「う、まぁ、反省はしているよ。今度はちゃんと行くさ」

    ベル「それじゃあ僕は失礼するよ」

    ベル「まったく、少しぐらいは褒めてくれてもいいんじゃないかな」ボソッ

    652: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 21:48:30.71 ID:L9dUBoTk0
    男「さて、今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    >>653

    653: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 21:51:47.83 ID:3L7tF1C4o
    今回出陣したメンバー+ベルを褒める

    655: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:02:53.43 ID:L9dUBoTk0
    ベル「呼び出してなんだい?」

    メル「わーい! お褒めの言葉だねーっ」

    ニケ「うんっ! 美味しい食事もあるよー!!!」

    ジョゼ「あらあらぁ~ 私が勝利の女神よ~ なんてね、うふふっ」

    ベル「は? な、なんで僕も?」

    男「ベルグレインのお陰でもあるからな」

    ベル「はっ。僕は逃げた卑怯者さ。歓迎される筋合いはないね」

    男「そうなのか? ニケライト」

    ニケ「よくわかんないけど私的にはベルさんはにじゅーまるです!! ほしみっつ!!」

    メル「ぱちぱちぱち~」

    656: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:07:45.17 ID:L9dUBoTk0
    ベル「むぐ、むぐぐ」

    ベル「まぁ、受け取れるものは受け取っておこうかな」

    男「甘いものがいいんだろう? メイドに用意させている」

    ベル「………悔しいけど」

    ベル「……幸せ……かな」

    ニケ「わぁいっ!! ベルさん一緒に食べよーっ!!」バァンッ

    ベル「ぐぎゃっ!!」

    ベル「や、やっぱり不幸せかもねっ!?」

    メル「素直じゃないの」

    ジョゼ「最近の子は難しいのね~?」

    ベル「ふ、ふんっ。君がいなければちょっとは幸せだっ その醜い仮面を僕に見せないでよねっ!!」

    ニケ「悪い言葉は使っちゃめーっ!!」ベシンッ

    ベル「あぼうっ」

    ニケライトの愛情度【120/300】

    メルメルの愛情度【120/300】

    ベルグレインの好感度【-35/100】

    658: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:18:29.96 ID:L9dUBoTk0
    ~4年目 第9週~

    発明家「できたで!!」

    男「なんだ、朝早くから」

    発明家「ふっふーん。最新式魔導部隊や!!」

    男「これは、作ってた銃か」

    発明家「大量生産に成功したんや。と言っても精々作れて数百丁ってとこやから堪忍な」

    発明家「でもこれは戦いがぐーんっと有利になるはずやで。一番最初の攻撃だけやけどえげつない威力をたたき出すはずや!」

    男「ふむ、それは助かる」

    【魔導兵器部隊が編制できるようになった】

    659: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:26:49.41 ID:L9dUBoTk0
    メイド「新しい部隊が設立したことですからここで説明を致しましょう」

    メイド「普段他の亜人が率いているのは一般兵。何にも秀でない代わりに多く存在する兵士ですわ」

    メイド「それとはまた別に特別部隊というのがありまして今回の魔導兵器部隊がそれにあたります」

    メイド「ちょうどよいので部隊の割り振りをしてみましょうか」

    メイド「今存在する部隊が」

    【突撃部隊】突撃時の被ダメージ与ダメージを増やす

    【魔術部隊】反撃ができなくなる代わりに攻撃時指揮者の心に応じたダメージを与える

    【魔導兵器部隊】最初の攻撃のみ特大ダメージになる

    メイド「の三部隊ですわね。デメリットがある部隊もあるのでしっかり考えてくださいね」

    メイド「ではこの三部隊を誰に預けますか?」

    特殊部隊を率いる亜人 >>660 (それぞれの名前をあげてください)

    660: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 22:35:09.30 ID:kEfiAoG3o
    ナーグル突撃
    ミーア魔術
    メルメル魔導

    661: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:40:33.30 ID:L9dUBoTk0
    ナーグル E.突撃部隊

    ミーア  E.魔術部隊

    メルメル E.魔導兵器部隊

    メイド「わかりました。各自に伝えておきます」

    662: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 22:45:11.54 ID:L9dUBoTk0
    男「ここを落とせば市街戦か」

    お嬢「あと少し。もう少しですわ」

    メイド「街の中はどうなっているのでしょうか」

    お嬢「状況が状況ですから密偵からの情報が入ってきませんの。良いとは言えないとは思いますが」

    男「こちらの時間もほとんど残されてはいまい。迅速に攻め落とすことが必要だ」

    お嬢「えぇ」

    メイド「ご主人様、敵部隊に情報が入ってきました」

    敵部隊1 兵力400

    敵部隊2 兵力400

    敵部隊3 兵力300

    メイド「敵もかなり強くなってます。誰に行かせるか、慎重に考えてくださいね」

    男「ふむ」

    【ミーア】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    【リオネシア】兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】(味方部隊の行動順を最初にする)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)【変わり身】 (敵部隊一つの攻撃を無効にする)

    【ドラコ】兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】 (敵部隊一つの兵力を削る)

    【メルメル】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    【ナーグル】兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】(敵部隊一つの兵力を削り、行動順を最後にする)

    【ベルグレイン】兵力300 戦闘力20 指揮力2 策略【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    【ニケライト】兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    【ジョゼット】兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    >>663(三名)

    663: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 23:01:17.92 ID:hE/Aeoi5o
    【ミーア】 【ナーグル】 【ニケライト】

    664: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 23:08:17.17 ID:L9dUBoTk0
    ミーア「はっ、はいっ! ミーア! 出陣しましゅっ!!」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    ナグ「………大丈夫だ。これが私の………役目だから」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】(敵部隊一つの兵力を削り、行動順を最後にする)

    ニケ「よしっ、ニケライトは、は、は」バタンッ

    ニケ「お騒がせします。この子の代わりに私が行きます」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    男「頼んだぞ」

    665: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/31(木) 23:11:29.98 ID:L9dUBoTk0
    メイド「敵1は乱戦を行うようですね」

    メイド「いかがなされますか」

    ミーア「あわわ、敵がいっぱいいます」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    ナグ「………喰らいついて……突き破る」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】(敵部隊一つの兵力を削り、行動順を最後にする)

    ニケ「任せてください。貴方に最高の勝利をささげてみせますから」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    男「ふむ、では」

    陣形 突撃(ダメージ大 反撃中) 乱戦(ダメージ中 反撃小) 殲滅(兵力が勝ればダメージ特大 違うなら反撃大) 防衛(反撃特小

    >>666(各部隊の陣形、もしくは策略をお選びください)

    666: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 23:32:06.41 ID:gOEOVwqDO
    ミーア 殲滅
    ナーグル 投石
    ニケ 突撃

    668: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 20:53:18.95 ID:9c4SPLbF0
    ミーア→殲滅

    ナーグル→投石

    ニケ→突撃

    敵部隊1→突撃

    敵部隊2→突撃

    敵部隊3→乱戦

    行動順 敵部隊3→ミーア→ニケライト→敵部隊1→敵部隊2→ナーグル

    敵部隊3の乱戦

    ミーアの兵力500→380

    ミーア「信じてください! それが魔術なんですっ!」殲滅

    敵部隊3の兵力300→0

    敵部隊3は壊滅した

    ニケライト「ミーアさんに続いてください。敵は総崩れです」乱戦

    ニケライトの乱戦

    敵部隊2の兵力400→280

    敵部隊1の突撃

    ミーアの兵力380→200

    敵部隊2の突撃

    ミーアの兵力200→70

    ミーア「きゃあっ! み、みなさん、ぶ、無事ですか!?」

    ナーグル「ミーアを………援護する」策略

    ナーグルの【投石】

    敵部隊1の兵力400→240

    敵部隊1の行動順が減少した

    ミーアの兵力70

    ナーグルの兵力300

    ニケライトの兵力400

    敵部隊1の兵力240

    敵部隊2の兵力280

    味方兵力【770】 敵兵力【520】






    669: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 20:57:23.61 ID:9c4SPLbF0
    メイド「魔術部隊………すさまじいですわね」

    男「だがやはり集中的に狙われるな」

    メイド「あら敵部隊2が殲滅を行おうとしていますわ」

    男「ふむ、では」

    ミーア「だ、大丈夫。まだ、ぐすっ」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    ナグ「………気分が……高まる」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略

    ニケ「弱いものは滅びる… 私は………どちらなのでしょうか」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    >>671(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    671: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/02(土) 21:01:24.39 ID:GBwT7ET0o
    ミーア 奮起
    ナーグル 乱戦
    ニケ 突撃

    674: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:13:34.20 ID:9c4SPLbF0
    ミーア→【奮起】

    ナーグル→乱戦

    ニケライト→突撃

    敵部隊1 突撃

    敵部隊2 殲滅

    ミーア→ニケライト→敵部隊2→ナーグル→敵部隊1

    ミーア「お願い………っ 皆さん、もう少しだけ私に付き合ってくださいっ」

    ミーアの【奮起】

    ミーアの兵力70→310

    ニケライト「私は生き残らなければいけないのです。そこをどいてください…っ」 突撃

    敵部隊2の兵力280→100 ニケライトの兵力400→310

    敵部隊2の殲滅

    ミーア「だ、大丈夫です! 落ち着いて対処をしてくださいっ」

    敵部隊2の殲滅は失敗した

    ミーアは反撃を行うことができなかった

    ナーグルの乱戦

    敵部隊2の兵力100→0

    敵部隊2は壊滅した

    敵部隊1の突撃

    ニケライトの兵力400→290 敵部隊1の兵力 240→120

    味方兵力【900】 敵兵力【120】

    675: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:17:40.96 ID:9c4SPLbF0
    男「もう終わりだな」

    メイド「片付けてしまいましょう。敵部隊1は防衛をしようとしていますが無駄な足掻きでしょう」

    ミーア「負けちゃいけない、ここでくじけちゃダメな私に戻っちゃうからっ」兵力310 戦闘力10 指揮力2 策略

    ナグ「………良い空気……良い………世界だ」兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略

    ニケ「この戦い、相手に一縷の希望なんてありません。剣を持つものはすべて打ち倒してください」兵力290 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    >>676(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    676: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/02(土) 21:23:03.20 ID:hlbjPUReo
    全軍殲滅

    677: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:31:41.83 ID:9c4SPLbF0
    ミーア→殲滅

    ナーグル→殲滅

    ニケライト→殲滅

    敵部隊1→防衛

    行動順 ミーア→ニケライト→敵部隊1→ナーグル

    男「全軍に通達す。殲滅せよ。立ち上がり向かってくるものすべてを殲滅せよ」

    ミーア「はいっ」

    ナグ「………勝ち戦…………つまらない」

    ニケ「勝った、なんてまだ油断してはいけませんね」

    ミーアの殲滅

    敵部隊1の兵力120→0

    味方兵力【900】 敵兵力【0】

    678: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:40:06.49 ID:9c4SPLbF0
    男「このまま推し進める。包囲はするな。包囲すれば必ず立ち向かう者が現れる」

    男「それにこちらの犠牲も増えるはずだ。速やかに押し入り制圧を行え」

    男「………ふぅ」

    メイド「お疲れ様です」

    男「久々の戦いだ。慣れないな」

    メイド「殺し合いに慣れてほしくはありません」

    男「命令をするものがそれではいけないだろう」

    メイド「だとしても私はあなたに人を殺めることに慣れてほしくないのです」

    メイド「甘いかも、しれませんが」

    男「当然の考えだ。それが当然の考えのはずだ」

    男(戦場の血煙の香りはその当然を奪っていく。戦場に出るもののケアは欠かしてはいけないな)

    メイド「………お父、様」ギュッ

    男「………メイド」

    男(メイドが怯えている? それもそうか、ここは戦場だ)

    男「大丈夫だ。私がいる。悪い兵隊はいない」

    メイド「お願いです。みっともないかもしれませんが、抱きしめてください。私を繋ぎとめてください」

    男「あぁ、任せろ」

    679: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:45:05.55 ID:9c4SPLbF0
    ~4年目 第9週 休日~

    ドラコ「姉貴から聞いた、つーか聞かされたんだが」

    ミーア「なんですか?」

    ドラコ「男って夜の方は相当激しいらしい。姉貴が野獣って言ってた」

    ミーア「や、野獣!?」

    ドラコ「あの姉貴がそう言うんだから相当なもんだろうな。姉貴は痛みに強いから付き合えたんだろうけど」

    ミーア「い、痛みでも私は受け入れますっ。ご主人様がくれるものはすべて私、飲み干しますからっ」

    ドラコ「何言ってんだ」

    ドラコ「ドラゴニュートは種族的に痛みには強いけどお前はそうもいかないんだろ?」

    ミーア「そこに愛があるなら痛みだって素敵です///」

    ドラコ「ダメだこいつ」

    ミーア「あ、でも実際に怪我するのとかは、ちょっと。相談してほしいです」

    ドラコ「相談しだいでやんのかよ。いや答えなくていい。聞きたくねぇ」

    ミーア「奪うのも押し付けるのも、愛ですから///」ポッ

    680: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 21:45:41.36 ID:9c4SPLbF0
    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    >>681

    681: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/02(土) 21:55:44.33 ID:Xx2RrUXdo

    奴隷たち+メイドのケア
    具体的な内容が必要なら安価下で

    682: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/02(土) 22:20:17.11 ID:9c4SPLbF0
    男(何人もはさすがに手が回らないな)

    男(今日はだれか一人に専念しよう)

    男(しかし何をすれば………)

    >>684

    684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/02(土) 23:00:16.38 ID:/eooiCL7O
    ナーグル褒める

    686: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 22:28:44.45 ID:g8X85PkH0
    男(戦いを正当化させないために、あまり褒めるという手段は好ましくないのだが)

    男(ナーグルはオークだし、他の種族と比べても戦いが身近だから悪影響はないだろう)

    男(と、思いたいがナーグルの将来のためにもあまり戦わせたくはないんだよな………)

    男「どう思う?」

    棟梁娘「何が? 心の内を読むなんて器用な事、あたいにはできないんだけど」

    男「ナーグルを褒めようと思うのだが、よく戦ってくれたと褒めてもいいものかとナ」

    男「戦わせている私が言うのもなんだがこの戦いは正当化できても善であり当然ではない」

    男「すべてが終わり理想の日常が築けたとき、あいつらが歪んでいないかと考えてしまうのだ」

    棟梁娘「あたいは殺し合いなんてしたことないから答えが返せるとは思わないでくれよ?」

    棟梁娘「でさ、あたいは前とは変わった。理不尽から復讐を願うくらいにはね。でもあたいはこんなあたいで良いって思ってる」

    棟梁娘「逃げじゃないよ。歪んだんじゃない、外へ飛び出して世界が広いってことも見てあたいは変わったんだ」

    棟梁娘「あんた達のおかげであたいは変わったんだよ。だから戦って戦ってその先にあるのが歪みだとすればそれを変化にするのがあたい達、あんたの役目なんじゃないのかい?」

    男「………私は元来臆病者でな」

    棟梁娘「だとしても、頑張ったナーグルを否定するなんてのは無しだよ」

    棟梁娘「あんたが褒めなくてもあたいが褒める。頑張ってくれてありがとうって言ってやる」

    棟梁娘「戦った奴に戦いはいけないだなんてしたり顔で言うこと。それだけは絶対やっちゃいけないことなんだよ」

    棟梁娘「どうするんだい。あんたは」

    男「………ナーグルって何が好きなんだろうな」

    男「思えば私はナーグルについて何も知らない。いつも一人でいる姿を遠くからみていたが踏み込まないようにしていた」

    棟梁娘「んなもん聞けばいいじゃないか。なにを躊躇することがあるんだい? ナーグルはただの一人の女の子だよ」

    棟梁娘「図体はデカいけどね。本人は着てるメイド服より可愛らしいじゃないかい」

    男「ナーグルが、可愛い?」

    棟梁娘「おう、失礼じゃあないかい? 笑いそうになったら顔を背けて見えないようにするところとか、以外に家事が上手なところとか。もっと見なよナーグルを」

    棟梁娘「この村一のべっぴんさんだってあたいはそう思ってるんだよ」

    男「…行ってくる」

    棟梁娘「トンカチで頭を叩かれたくなけりゃ急いでいきな、すぐ行きな」

    男「それは、怖いな」

    687: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 22:39:17.80 ID:g8X85PkH0
    キコキコ

    ナグ「……男、か」

    男「何を見ていたんだ?」

    ナグ「…わからない………たぶんどこか遠くだ」

    ナグ「………戦いが……………楽しくて」

    ナグ「……この血の高揚は……サガか………それとも私の………」

    男「戦いが楽しいのが怖いのか?」

    ナグ「……子供たちに………相応しいとは…言えないだろう」

    男「前の話か」

    ナグ「……嘘………だったのか?」

    男「いや、嘘じゃない。考えてくれたのか?」

    ナグ「………」コクッ

    ナグ「前……貴様を……拒絶してしまった………」

    ナグ「怖いんだ……私はまた………」

    ナグ「私のせいで………無力なせいで………」

    ナグ「失って……しまうことが………とてつもなく…怖い」

    ナグ「……だから私に近づいてほしく………なかったんだ」

    男「一人が好きなわけではないんだろう?」

    ナグ「………皆が」

    ナグ「………………………………好き」

    男「そうか」

    688: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 22:45:37.05 ID:g8X85PkH0
    男「お前がみんなのことを好きなら。みんなもお前のことが好きだよ」

    ナグ「どんな……理屈だ」

    男「大体はそうなんだ。純粋な好意は少なかれ嬉しいものだ」

    男「そうだ、ナーグル。提案がある」

    ナグ「……なんだ?」

    男「私に少し身を任せてくれないか」

    ナグ「っ!?」ビクッ

    男「あー。言葉が悪かったか。ちょっと服装とか変えてみないか?」

    男「メイド服だからと言ってもその荒れた髪とか、隙間から覗く眼光とかがすこーしだが怖い。子供ならたぶん泣く」

    ナグ「……私は………怖いのか?」

    ナグ「ふふ………怖いのか………」ズーン

    男「だから変えてみようと思ってな」

    ナグ「………好きにしろ」

    ナグ「もう……私を………壊してくれ」

    男「了解だ」

    689: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 22:53:50.10 ID:g8X85PkH0
    メイド「呼ばれた気がしました」

    男「今から呼ぼうと思ってたが、なんでわかった」

    メイド「愛、でしょうか」ポッ

    男「真顔で頬を染めるな。怖いんだよそれ」

    メイド「ところでご用は?」

    男「ナーグルの身なりをちゃんとしようと思ってな」

    メイド「あぁ。今は荒れた大木みたいな外見ですものね」

    ナグ「………!」

    男「言い過ぎだ。さすがにそこまでではない……うん、そこまでではない」

    メイド「失礼。木と違って服は着てますね」

    ナグ「………!!」

    メイド「それでこの子の剪定を行えと」

    ナグ「………私は………そこまで無様か?」

    メイド「冗談ですわよ」シレッ

    男「外見の怖さだったら昔のお前も」

    メイド「あらやだお父様」スパァンッ

    男「んぐっ」

    メイド「うら若き娘の過去を軽々しく話すものではありませんわ」プンスコプンスコ

    690: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 23:02:37.56 ID:g8X85PkH0
    メイド「それでは失礼して、髪を」

    メイド「うわっ、枝毛が出るほど痛んでるわこれ。せっかく長い髪しているのだからもう少し気を使えばいいのに」

    メイド「髪どうやって洗ってるのよこれ」

    ナグ「………お湯」

    メイド「石鹸ぐらい使いなさいよ、いやほんと。うわっ、いいのこれ?」

    男「素が出てる」

    メイド「! こほんっ。髪ですがかなり状態が悪いですわね。切りましょう。顔だしましょう」

    ナグ「え……顔を出すのか」

    メイド「えぇ、邪魔でしょう?」

    ナグ「………怖い」

    メイド「それ、あなたを見て子供が思ってることですよ。外見お化けですもの」

    ナグ「………き、切る」

    メイド「えぇ、私に任せてくださいませ。刃物の扱いには慣れてますので」シャキンッ

    男「!? ナイフでやるのか?」

    メイド「慣れた獲物でやる方が楽なのです。それにこのナイフは散髪専用ナイフですので」

    男「いつもナイフで切ってるのか………」

    メイド「メイドたるもの獲物は銀のナイフですわ」

    691: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 23:10:13.73 ID:g8X85PkH0
    スパッ スパッ

    男「思い切りが良い」

    ナグ「……切りすぎ……じゃないか……?」

    メイド「まだ5cmも切ってませんわ。とりあえず肩辺りまで切りましょう」

    ナグ「そ…そんなに」

    メイド「いっそのこと短髪なんてどうでしょうか。似合うと思いますわよ」

    ナグ「……いやだ」

    メイド「では肩辺りでそろえましょうか。前髪は?」スパッ

    ナグ「………切らないで……欲しい」

    メイド「目を出しましょうか」スパンンツ

    ナグ「!?」ビクッ

    メイド「じっくり見たことなかったのですがオークって目の色が赤ですのね」

    ナグ「……見ないで……ほしい」

    メイド「目の上らへんまで切ります」

    ナグ「……い、いやだ………やめて………」

    メイド「目を閉じててください。星空を思い浮かべていれば終わりますから」

    ナグ「や……やめろ………やめてくれ………っ」

    ナグ「くっ………助けて……っ」

    692: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 23:25:07.73 ID:g8X85PkH0
    メイド「はい、きれいさっぱり」

    男「やはり顔は見えていた方がいいな」

    メイド「前はザ・蛮族って感じでしたものね」

    ナグ「見るな……私を………見るなっ」

    男「さて、次は服か?」

    メイド「その前に化粧とスキンケアにフェイスケアに角質落としに」

    男「私にはわからないが時間がかかるということだな?」

    メイド「道具娘さんと一緒にきれいさっぱり、生娘に変えてきてさしあげますわ」

    男「頼んだ。私は仕立て屋のところに行ってくる」

    693: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/03(日) 23:44:39.52 ID:g8X85PkH0
    カランコロン

    ジョゼ「あら~ いらっしゃい~」

    男「なぜジョゼットが、いてもおかしくはないが」

    ジョゼ「究極の服作りのお手伝いよ~」

    ジョゼ「どう、ぱんぱかぱ~ん♪ 新作の服~」

    男「すまないが今日は私の服ではないんだ」

    ジョゼ「残念~ 下が隠れるような服も作ったのよ~?」

    男「これを隠せば逆に怖いと思うのだが、下半身がないんだぞ?」

    ジョゼ「ところで今日のご用は~?」

    男「ナーグルが着れるような服は」

    仕立て屋「あるでございますでございます!?」シュバッ

    男「どうした。目の下に凄いクマがあるぞ」

    仕立て屋「最近徹夜ばかりでございまして。皆様の服の点検などで」

    男「迷惑をかけるな」

    仕立て屋「ところでナーグル様のご衣装でございますね。わたくしかねがねあのスタイルがメイド服だけでおさまってることに反感を覚えていたのでありまして、その欲求を発散すべくナーグル様の服は、ほら、こんなにもっ」ズラッ

    男「なんというか………大丈夫なのか?」

    仕立て屋「いずれナーグル様サイズの服が必要になるときが来ましょう。その時のためでございます」

    男「こちらは助かるが、しかし数が多いな」

    ジョゼ「これとかどうかしら~?」

    男「腹の部分に布がないぞ。腹が冷えるだろう」

    ジョゼ「割れた腹筋がセクシーなのよ~」

    仕立て屋「ナーグル様にはパンツルックも似合うとは思いますが、ここは一度ギャップを狙ってパンク色の入ったこのスカートは」

    男「待て。ナーグルが着たいと思う服を選んでくれ」

    仕立て屋「ではこちらの黒のスーツを。ありきたりでございますが、スタイルが協調されますし、なによりナーグル様は筋肉が見事ですので堅苦しいスーツの印象を破って野生的な魅力を引き出してくれるはずでございます」

    ジョゼ「筋肉は魅力よね~ あのお腹が見える服がジョゼットは良いと思うけど~」

    男「スーツか………これくらいなら嫌がらないだろう」

    男「いや待て………ナーグルの印象を変えるならやはりこれではいけないのか」

    男「いっそのこと女性味溢れた服装のほうがいいのでは?」

    男「そうだ。ナーグルに着せる服は」

    >>694

    694: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/04(月) 00:10:09.47 ID:hkf76Ruso
    ディスガイアの戦士♀のやつ
    (上は胸に幅広のベルト、下はホットパンツ)
    腹筋は見せよう!

    695: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/04(月) 00:44:09.14 ID:xVmzfUte0
    今日はここまでで

    ディスガイア♀戦士の服装は巨〇のナーグルがしたらとても大変なことになりますね

    腹筋はいいものです

    697: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 22:04:47.52 ID:lKwivDI70
    メイド「これは服、というよりそのうえにつけるベルトに見えるのですけど」

    ナグ「くっ……殺せっ…」

    メイド「私の視点からだと下乳しか見えないのですが?」

    ジョゼ「いいわ~ やっぱり筋肉はいいわ~」ウットリ

    仕立て屋「フリーサイズでございますよ」

    メイド「フリーサイズというか………ねぇ」

    メイド「これでいいんですか? ナーグル本人すっごい嫌がってますけど」

    男「解放感があっていいんじゃないか?」

    メイド「解放感っていうか………解放されてますよね。いろいろと」

    ナグ「………もう……いやだ」

    メイド「たしかに変身はしましたけど、新しく敬遠されるような」

    ドラコ「うおっ、誰かと思ったらナーグルか! いいんじゃねぇかその服。かっこいいぜ?」

    ミーア「あそこまで露出度あげたら、うへへ」

    男「評判は良さそうだが」

    メイド「あれ脳内からっぽと脳内ピンクですから参考になりません」

    ドラコ「ふえっくしゅっ」

    ミーア「くしゅんっ」

    698: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 22:19:47.84 ID:lKwivDI70
    男「どうだ、ナーグル」

    ナグ「……いいように………見えるか?」ギロッ

    男「前よりは良いと思うぞ。メイド服も捨てがたいが、ナーグルにはそういった感じの服が似合ウ」

    ナグ「……変態か………貴様」

    男「冷静になって考えると否定ができないな」

    男(腹筋を目立たせるほうがいい、と思ったがこれでは胸も協調されてしまう)

    男(それにナーグルの太ももだってよく見え………)

    ナグ「………この」

    ナグ「………………変態///」

    ミーア「可愛い! ナーグルさん可愛い可愛い!!」

    メイド「かーわーいーいー」

    仕立て屋「ワイルド系、と思いましたがナーグル様はキュートだったのでございますねっ」

    ジョゼ「筋肉いいわ~」ウットリ

    ナグ「わ…私は戦士だっ………こんな……破廉恥な服装っ」

    ナグ「………無理だっ」ドドドドドッ

    メイド「逃げましたね」

    男「いずれあの服装にも慣れてくれるだろう。それに顔が見えるから前より明るく感じる」

    男「いくら私が嫌われようと、他のみんながナーグルを認めてくれればそれでいいんだ。あのナーグルはみんなに好かれるはずだ」

    メイド「あの服装を選んだ理由にはなってませんわよ?」

    男「趣味だ」

    ナーグルの愛情度【170/300】



    699: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 22:40:26.22 ID:lKwivDI70
    4年目第10週

    お嬢「やっと、やっとこの日が来ましたの」

    お嬢「お姉さま、見ていてくださいまし」ギュッ

    ドラコ「おい、こんなところにいたら危ないぜ?」

    お嬢「では守ってくださいまし。わたくしの騎士様」

    お嬢「わたくしはこの光景が見たかったのですの」

    お嬢「あれの絶望する光景を、ずっと」

    お嬢「見てくださいまし。残すはちっぽけな城と城下町だけ。ソレすらもわたくしが、わたくし達が奪い取る」

    ドラコ「あんまり私怨に飲まれんなよ。お前は俺たちの大将だろ?」

    お嬢「わかってますわ。それでも抑えきれないものがありますの」

    お嬢「ノブレスオブリージュではない。わたくし個人の黒くてドロドロした感情」

    お嬢「希望よりも強い行動力の源は、抑えきれませんのっ」

    ドラコ「いざってときは俺が止めてやるよ」

    ドラコ「汚れんのは俺で十分だ」

    ドラコ「お前は綺麗なお嬢様のままでいてほしいんだよ」

    お嬢「ドラコ………」

    ドラコ「んじゃ、俺は行かなきゃいけないから、お前も戻れ。お前が後ろでどーんと構えてないと俺たちは安心して戦えねぇんだよ」

    ドラコ「勝利は俺が持ってきてやる。お前はそれを受け取るだけでいいんだよ」

    ドラコ「任せろ。それともこの俺が信用ねぇか?」

    お嬢「いえ、信頼してますわ。この世界の誰より」

    ドラコ「そいつぁ重いな。だが悪くねぇ。悪くねぇな、くくっ」

    ドラコ「誰かを守るほうが性にあってるだなんて、昔の俺が見たらバカにされるぜ」

    ドラコ「でも今の俺は昔の俺を笑ってやるのさ。たった一人の大好きな奴もいねぇ。守るもんがねぇ奴はいくら強くても意味がねぇんだってな」

    ドラコ「愛してるぜ、お嬢」

    ドラコ「俺の無事を祈っててくれよ」

    お嬢「わたくしも愛していますわドラコ」

    お嬢「貴方の勝利と栄光を祈っていますわ」

    700: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 22:45:41.78 ID:lKwivDI70
    メイド「ふぇっくちっ」

    男「風邪か? 気を付けろよ、大切な時なのだから」

    メイド「いえ、なんだか鼻にきました。風邪ではないのですが」

    メイド「それより、今回の戦いですが城下町の占領、城の包囲が目標ですわ」

    メイド「逃げ場がない相手は今まで以上に死に物狂いになることでしょう。城下町ですからゲリラ戦にも注意が必要ですわね」

    メイド「敵部隊の推定は」

    敵部隊1 500

    敵部隊2 500

    敵部隊3 500

    メイド「報告では敵も戦術を使うらしいので気を引き締めて参りましょう」

    メイド「とにかく、編成には気を付けてくださいね」

    メイド「それでは今回は誰に指揮を任せますか?」

    【ミーア】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    【リオネシア】兵力200 戦闘力10 指揮力5 策略【疾風】(味方部隊の行動順を最初にする)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)【変わり身】 (敵部隊一つの攻撃を無効にする)

    【ドラコ】兵力200 戦闘力 50 指揮力1 策略【一騎当千】 (敵部隊一つの兵力を削る)

    【メルメル】兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    【ナーグル】兵力300 戦闘力40 指揮力1 策略【投石】(敵部隊一つの兵力を削り、行動順を最後にする)

    【ベルグレイン】兵力300 戦闘力20 指揮力2 策略【離間工作】(敵部隊一つの兵力を削り、自分の部隊の兵力を回復させる)

    【ニケライト】兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    【ジョゼット】兵力300 戦闘力20 指揮力3 策略【捕縛】(敵部隊一つの兵力を削り、この策略で敵部隊を撃破できた場合資金が手に入る)【毒びし】(行動した敵の兵力を削る)

    >>701(三名)

    701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/06(水) 22:52:50.71 ID:fDcVduero
    ミーア
    メルメル
    ニケライト

    702: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 23:05:23.13 ID:lKwivDI70
    ミーア「わ、私ですか!? が、がんばりまひゅっ!」

    メルメル「うん、メルメルにお任せなのー」

    ニケ「大丈夫です。私は常に覚悟をしていますから」

    男「ふむ、では今回は」

    発明家「待った待った待ったぁっ!!」

    男「発明家? ここは前線だ。危ないぞ」

    発明家「発明家様の大発明をお届けやでぇ!」バサァ

    男「大砲?」

    発明家「そんなちゃちなもんやないで! これは中に集光グラスに魔石のエネルギーを集中化させることによって」

    男「理屈はいい。なにができるんだ?」

    発明家「そんな長い説明やないで? まぁええわ。えっとやな、これは簡単に言うと光の熱量を吐き出して継続的に敵を焼き払うことができるんや」

    発明家「大砲と違って魔力切れるまでは打ちっぱなしやからそう簡単に逃げれるもんやないし、敵がぎょーさんおったらそれこそこれで解決や」

    発明家「もってけ泥棒!!」

    【発明家砲】を手に入れた

    (発明家砲は戦闘中任意のタイミングで敵全体に被害を及ぼします)

    703: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 23:10:28.44 ID:lKwivDI70
    男「それではメイド、敵の様子は」

    メイド「敵部隊1がなにやら怪しい動きをしていますね」

    男「そうか、では」

    ミーア「大丈夫ですっ 大丈夫ですよね?」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    メルメル「うーん。敵さんにはごめんなさいだけどメルメルやっちゃうよー」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    ニケ「勝てる確率と負ける確率は五分五分でしょうか………いえ、すいません」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    >>704(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    704: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/06(水) 23:15:18.78 ID:JcY4orqqO
    いきなり発明家砲撃とう
    安価下

    705: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/06(水) 23:17:55.55 ID:U1cdRM0wo
    全員防衛+発明家砲

    706: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 23:30:56.45 ID:lKwivDI70
    ミーア→防衛

    メルメル→防衛

    ニケ→防衛

    敵部隊1→隠密

    敵部隊2→突撃

    敵部隊3→突撃

    行動順 敵部隊1→敵部隊2→敵部隊3

    発明家「そーら仕事や! ぶっ放せっ!!」

    発明家「ひゃっはーっ!!!」

    【発明家砲】が放たれた。

    敵部隊1の兵力500→400

    敵部隊2の兵力500→400

    敵部隊3の兵力500→400

    敵部隊1の【隠密】

    敵部隊1は隠れた

    敵部隊2の突撃

    ミーアの兵力500→410

    敵部隊3の突撃

    メルメルの兵力500→390



    ミーアの兵力410

    メルメルの兵力390

    ニケライトの兵力400

    敵部隊1の兵力400

    敵部隊2の兵力400

    敵部隊3の兵力400

    味方部隊【1200】 敵部隊【1200】


    707: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/06(水) 23:35:28.63 ID:lKwivDI70
    男「なかなか敵が強いな」

    メイド「敵の行動順に注意して行動を決めるといいと思いますわよ」

    メイド「あと策略は有効に」

    メイド「おや、どうやら敵部隊2は乱戦を行うみたいですわね」

    男「そうか、では」

    ミーア「痛いけど、まだまだやれるよね?」兵力410 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    メルメル「くらくらするのぉ~ ふえ~ん」兵力390 戦闘力10 指揮力2 策略【治療】(味方部隊一つの兵力を回復する)

    ニケ「味方がやられてる………なにか私にできることは」兵力400 戦闘力30 指揮力2 策略【応援】(兵力を回復し、次のターンの戦闘力を上昇させる)

    >>708(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    708: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 00:01:16.70 ID:RlxXqrCSo
    ミーア乱戦 敵部隊2
    メルメル治療
    ニケ応援

    710: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/07(木) 00:35:54.68 ID:jiHLbz5F0
    ミーア→乱戦

    メルメル→治療

    ニケライト→応援

    敵部隊1→突撃

    敵部隊2→乱戦

    敵部隊3→乱戦

    行動順敵部隊1→ミーア→メルメル→ニケライト→敵部隊2→敵部隊1

    敵部隊1の突撃

    ニケライトの兵力400→280 敵部隊1の兵力400→280

    ミーア「私が、戦わなきゃっ もう逃げちゃいけないんだっ」乱戦

    敵部隊2の兵力400→230 ミーアの兵力410→370

    メルメル「みーんな、メルメルにお任せ~」

    メルメルの【治療】

    メルメルの兵力390→500

    ニケ「皆さん、ここが踏ん張りどころです。頑張ってください」

    ニケライトの応援

    ニケライトの兵力280→370

    ニケライトの戦闘力が上昇した

    敵部隊2の乱戦

    メルメルの兵力500→430 敵部隊2の兵力230→200

    敵部隊3の乱戦

    ミーアの兵力500→340



    ミーアの兵力【340】

    メルメルの兵力【430】

    ニケライトの兵力【360】

    敵部隊1の兵力【280】

    敵部隊2の兵力【200】

    敵部隊3の兵力【400】

    味方兵力【1130】 敵兵力【880】

    711: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/07(木) 00:40:57.85 ID:jiHLbz5F0
    男「勝ってはいるが、逆転されてもおかしくはないか」

    メイド「敵部隊2が何かを行おうとしていますわ」

    男「ふむ、では」

    ミーア「痛い………、でもまだ立てるわよね、私」兵力340 戦闘力10 指揮力2 策略【奮起】(自分部隊の兵力回復)

    メルメル「敵を今から一網打尽! なの~」兵力430 戦闘力10 指揮力2

    ニケライト「消耗した兵は後ろに下がってください。無駄死には許しません」兵力360 戦闘力40 指揮力2

    >>713(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    713: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 01:16:35.57 ID:aeWrxpUA0
    ミーア 奮起
    メルメル 殲滅→部隊1
    ニケ 殲滅→部隊2

    720: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:00:57.09 ID:eu/rZ1xf0
    ミーア→奮起

    メルメル→殲滅

    ニケライト→殲滅

    敵部隊1→乱戦

    敵部隊2→一斉突撃

    敵部隊3→突撃

    行動順 敵部隊1→ミーア→メルメル→ニケライト→敵部隊2→敵部隊1

    敵部隊1の乱戦

    メルメルの兵力 500→410 敵部隊1の兵力 280→260

    ミーア「皆さんっ、きっと勝てますっ。いえっ、絶対に勝ちます!!」

    ミーアの【奮起】

    ミーアの兵力340→500

    メル「とりかこめなの~」

    メルメルの殲滅

    魔導兵器部隊の効果が発動した

    敵部隊1は壊滅した

    ニケライト「どうやら私たちの優勢のようですね」

    ニケライトの殲滅

    敵部隊2は壊滅した

    敵部隊3の突撃

    ニケライトの兵力360→120 敵部隊3の兵力400→250

    ミーアの兵力【500】

    ニケライトの兵力【120】

    メルメルの兵力【430】

    敵部隊3の兵力【250】

    味方部隊【1030】 敵部隊3【250】



    721: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:05:55.23 ID:eu/rZ1xf0
    男「装備の差………それに思いの差か」

    メイド「相手が優れるものは連携と戦う技術のみ。それ以外で亜人に勝てるものなんてありませんわ」

    男「数で突き崩せばこの通りか。さて終わらせてしまおう」

    ミーア「皆さん、頑張ってくれてありがとうっ」兵力500 戦闘力10 指揮力2 策略

    メルメル「メル、もしかしてやられちゃう?」兵力120 戦闘力10 指揮力2 策略

    ニケ「それでは参りましょうか。終わらせに」兵力430 戦闘力30 指揮力2 策略

    >>722(各部隊の陣形、もしくは策略。攻撃対象をお選びください)

    722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:09:36.71 ID:lzIfSZ97o
    ミーア 殲滅 敵部隊3
    メルメル 防衛
    ニケ 殲滅 敵部隊3

    723: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:13:59.29 ID:eu/rZ1xf0
    ミーア→殲滅

    メルメル→防衛

    ニケライト→殲滅

    敵部隊3→自爆

    行動順 敵部隊3→ミーア→メルメル→ニケライト

    敵部隊3の自爆

    ニケ「い、痛いの。助けて、男ちゃん………」

    ニケライトの部隊は壊滅した

    味方兵力【930】 敵兵力【0】

    【勝利】

    724: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:14:53.82 ID:eu/rZ1xf0
    突然ですがどんな人外が好きかを

    >>725~>>728の間で教えてください。

    725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:21:52.02 ID:1j9bkTzyo
    不死鳥みたいな幻獣系
    レアなやつ

    726: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:26:03.15 ID:e6d19fN1o
    がんばんなさい
    リアルが落ち着いてから更新するんだ

    727: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:26:25.75 ID:Rj8YRNUKO
    サッキュバス!!!!!

    728: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:27:14.27 ID:lzIfSZ97o
    天使

    730: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:37:46.38 ID:eu/rZ1xf0
    ご協力ありがとうございます

    731: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:43:25.61 ID:eu/rZ1xf0
    男「大半を制圧。あとは城だけだ」

    お嬢「あいつを裸の王様にしてしまいましょう」

    メイド「大半制圧済みと言っても危険なものは危険です。護衛を連れて行ってください」

    男「護衛か、そうだな」

    >>732(メルメル以外から3人)

    732: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 22:44:52.56 ID:jg6coiADO
    ドラコ ナーグル リオネシア

    733: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 22:57:28.58 ID:eu/rZ1xf0
    【ドラコ】HP25 SP5 攻撃力11 防御力2 行動力5 武器 鋼の剣 防具 皮の鎧

    【振り下ろし】(攻撃1.5倍 SP3消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)

    【薙ぎ払う】(敵前衛に攻撃力分のダメージ SP消費5)

    【かばう】(対象への攻撃をかばう)

    【絶対防衛戦線】( かばうが発動した場合に攻撃力分のダメージを攻撃してきた相手に与える)



    【ナーグル】HP20 SP10 攻撃力7 防御力2 行動力0 武器 鉄の剣 防具 皮の鎧 

    【振り下ろし改】(攻撃3倍 SP7消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)



    【リオネシア】HP5 SP5 攻撃力2 防御1 行動力25 武器 小さなナイフ 防具 布の服

    【二連撃】(二回攻撃を行う。 SP消費3)

    【疾風撃】(四回攻撃を行う。 SP消費5)

    【ファストアクション】1ターン目の一番最初に行動したときのみ二回攻撃を行う。


    メイド「装備の変更はいかがですか?」

    メイド「現在持っている武器は」

    カタール    技4 威力3 二回攻撃を行う  

    蒼玉の杖    心4 魔術ダメージ+3 

    メイド「以上ですね」

    メイド「それでは、武器はどうしましょうか」

    >>734

    734: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/20(水) 23:20:06.10 ID:9JdRCx5oo
    リオにカタール装備させる

    735: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 23:21:28.58 ID:eu/rZ1xf0
    【リオネシア】HP5 SP5 攻撃力4 防御1 行動力25 武器 カタール 防具 布の服

    【二連撃】(二回攻撃を行う。 SP消費3)

    【疾風撃】(四回攻撃を行う。 SP消費5)

    【ファストアクション】1ターン目の一番最初に行動したときのみ二回攻撃を行う。

    736: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 23:28:46.66 ID:eu/rZ1xf0
    キィキィ

    リオ「おっと、ここは足場が悪いでござるよ」

    ドラコ「ナーグルが男を抱きかかえてりゃ楽でいいんじゃねぇの?」

    ナグ「……冗談」

    お嬢「民衆と降伏した兵達に不必要な暴力や制裁を加えてはいませんわね?」

    男「徹底はしているはずだ。フラストレーションは溜まるだろうが、道徳に反してはいけない」

    ドラコ「言っとくが道徳って言ってもそいつらそれぞれだからな。いや、俺がそういうことするってわけじゃあねぇが」

    男「道徳などはおいおい基準を作っておくべきだろうな」

    リオ「ところで敵の城主はすでに逃げたのではござらぬか? 民を守るなんて思わないような人物でござろう?」

    お嬢「プライドが高く、恥をかくのが大嫌いな三下ですもの。逃げてませんわ」

    男「あぁ、あの中にいる」

    ドラコ「言い切ってるけど、根拠はあんのか?」

    男「秘密だ」

    ドラコ「なんだそれ」

    お嬢「でも追い詰められたらなりふり構わず逃げるような奴ですから取り囲んでおきましょう」

    男「それについても安心してもらっていい」

    お嬢「貴方………何をしましたの?」

    男「秘密だ」

    737: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 23:39:13.16 ID:eu/rZ1xf0
    ドォン ドドンッ

    ドラコ「おうおう、やってんな」

    リオ「追い込まれた鼠のごとく激しい反撃をしているみたいでござるな」

    ドラコ「しかしなんで銃や大砲があんのに使わなかったんだ?」

    お嬢「自分を守る戦力が弱くなるからでしょう」

    ドラコ「あー。わかるんだかわかんねぇんだか」

    ドラコ「とりあえず危ないから俺の後ろにいろよ」

    お嬢「大丈夫ですの。これで命を落としてはどうせいつか道半ばで果てますわ」スタスタ

    ドラコ「お、おいっ」

    男「私たちも続こう。お嬢を一人にさせるわけにはいかない」

    ナグ「………」コクリ

    リオ「承知したでござるっ」

    738: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 23:47:15.99 ID:eu/rZ1xf0
    お嬢「すぐにわたくしのものになるのですからあまり傷つけてほしくありませんわね」

    お嬢「どれもわたくしの家に代々続くものなのですから。無くなってほしくはありませんの」

    ドラコ「道わかるのか?」

    お嬢「もちろん。幼いころはこちらにいましたから」

    敵兵「う、うぉおおっ」

    ドラコ「あぶねぇお嬢!」

    お嬢「下がりなさい無礼者!!」カッ

    敵兵「!?」ビクッ

    お嬢「わたくしはこの代々続く領主の血を継ぐもの」

    お嬢「預けた城を受け取りに来ました。だからその刃を収めなさい」

    敵兵「し、しかし」

    お嬢「収めなさい!!」クワッ

    敵兵「はっ、はいっ」

    お嬢「逃げなさい。あいつのために無駄に人生を使う必要はありませんわ」

    敵兵「承知しましたっ。それではっ!」ビシッ

    ドラコ「お前が領主の娘だなんて証拠はねぇのによく通じたな」

    お嬢「カリスマ、ですもの」ファサッ

    739: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/20(水) 23:50:56.32 ID:eu/rZ1xf0
    ドラコ「ん? 大砲の音が止んだ?」

    男「メイドの部隊が制圧したんだろう」

    ドラコ「すげぇなメイド」

    男「城内の敵はある程度無力化したが」

    リオ「お嬢殿の一喝が効いたでござるな」

    お嬢「ほほほ、ですの」

    男「あとは虱潰しか」

    お嬢「召使もどこかの部屋に集まっているでしょう。危ないですから批難させておきましょう。罪はないですもの」

    男「あぁ」

    740: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 00:04:30.99 ID:FgDJTEpM0
    キィ バタンッ

    キィ バタンッ

    キィ バタンッ

    男「部屋が多すぎる」

    リオ「城でござる。当然でござろう」

    男「しかしなんだこの部屋は」

    リオ「檻にガラスの筒に、これは亜人の死骸? うげぇでござる」

    男「隠し扉を見つけたからきっとここだとは思ったが、なにやら別のものらしい」

    男「亜人を使って人体実験か?」

    リオ「許せないでござるな。拙者達の命はそう軽くないでござる」ワオンッ

    リオ「もっと意味がある命のはず……でござる」

    ガサッ

    リオ「!!」ピコンッ

    リオ「敵でござるか!?」スチャッ

    男「戦えるか?」

    リオ「もちろんでござるっ」

    リオ「誰でござるか!? 姿をみせるでござるっ!!」

    ガサガササッ

    「ァ……アァ!?」

    リオ「なんで………ござるかこれ」

    男「………………亜人だ」

    リオ「これが、こんなのが亜人でござるか!?」

    男「言うな。これは亜人だ」

    「ゥアヲボォ」ズルズル

    男「呼吸器官が未発達なのか? ひどく苦しそうだ」

    男「………リオネシア」

    リオ「………」コクッ

    スッ

    ドスッ

    「ルボッ」

    男「鳥の羽に魚の鱗に毛皮に………」

    リオ「まるでツギハギでござる………」

    男「ここははずれのようだ。急ごう」

    リオ「………後で弔いにくるでござる」

    リオ「次はもっと立派に生まれるでござるよ。絶対に」

    741: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 00:27:56.99 ID:FgDJTEpM0
    ドラコ「ん? 人だ」

    ナグ「………敵?」ズンッ

    「ひ、ひぃっ」

    お嬢「お姉さまではありませんか」

    「え、お、お嬢?」

    お嬢「えぇ、そうですわ」

    「助けに、助けにきてくれたのね!?」

    お嬢「いえ、ここを貰いに参りましたの」

    「え?」

    お嬢「この戦争を引き起こしたのはわたくしですわ。あいつを葬るために」

    お嬢「そして民衆を導くために」

    「そ、そうなの。じゃ、じゃあわたしはいいのよね?」

    お嬢「わたくし達は姉妹でしょう?」ニコッ

    「あはは、そう、よね。姉妹だものね」

    お嬢「えぇ」コクッ

    「やっぱり愛しているわ。かわいい妹だものね。生きていて嬉しいわ。ほら、もっと顔を近くで見せてちょうだい」

    お嬢「お姉さま………」

    「可愛い、可愛い。私のいもう―――」

    お嬢「捕えなさい」

    ドラコ「おう」ガシッ

    ナグ「………」ガシッ

    「えっ?」

    お嬢「愛してるなんて言葉はナイフを持ちながら言う言葉ではありませんわ」

    お嬢「それにわたくしの個人的な復讐には貴女も含まれていますの」

    「なんで? 私が何かしたかしら!? ナイフを持ってたのは謝るわ! でも怖かったの!!」

    「信じて! 私は悪いことしてないわっ」

    お嬢「私たちの中で本当に善たるのは次女お姉さまだけですの。貴方ごときが善人面をしないで」

    お嬢「あなた達が次女お姉さまを死に追いやった時からこう考えてましたの」

    お嬢「いつかぶっ殺して差し上げますわ、と」

    「誤解よっ! 私は次女に何もしてないわっ 全部お兄様がやったのっ」

    お嬢「バカな貴女がバカなりに平和を愛していればこういうことにはなりませんでしたの。悲しいですわね」

    お嬢「恨むなら今の嘘がこのわたくしに通じると思った自分の愚かさを恨みなさい」

    お嬢「連れて行って、ドラコ。ナーグル」

    「結局貴女も人殺しじゃないっ! 私もお兄様にも手をかけるつもりでしょう!?」

    お嬢「えぇ。私は自分が綺麗とは思ってませんの。でもあなた達と違って誇りはもってますわ」

    お嬢「人殺しであろうと血で染められようとも民のために歩んだこの誇りは幾分たりとも汚れませんわ」

    「詭弁よっ! そんなのってないわっ! 一緒!! 一緒なのよぉおっ!!」

    お嬢「あとどちらにせよあなたには犠牲になってもらうつもりですから」

    お嬢「民の血である財産を啜ったあなた達に許しはありませんの。それにこの戦いはあなた達の血以外で収まらない」

    お嬢「さようならお姉さま。いつかまた御機嫌よう」ペコリッ

    「いやぁあああっ 離してぇええええぇっ!!」

    748: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 23:02:23.71 ID:FgDJTEpM0
    男「そっちはどうだった?」

    お嬢「見つけられませんでしたの。収穫はありましたけれど」

    男「?」

    お嬢「どうでもいいことですの。気にしなくてもよろしいですわ」

    お嬢「大半は探し終わっているはずなのですが、見つかりませんわね。本当に逃げたのかしら」

    男「出来れば身柄は捕えておきたいんだがな」

    お嬢「ところでそちらは何かありましたの?」

    男「詳しいことは後で話すが隠し扉の先で妙なものを見つけた。だが関係はなかった」

    お嬢「隠し扉。いかにもあいつが考えそうなことですわ」

    お嬢「そういえば私の記憶と少し間取りが違う部屋がありましたわね」

    男「よく覚えているな」

    お嬢「よくお城の中を散歩してましたから覚えてますの」

    お嬢「おそらく城の上の方にあるはずですの」

    男「上? 隠し扉を作るなら下だろう?」

    お嬢「プライドだけは高い男ですから、きっと上ですの」

    男「よくわからんプライドだな」

    お嬢「えぇ、端的にいうとバカですから」

    749: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 23:08:32.29 ID:FgDJTEpM0
    男「どうだ、隠し扉がありそうな場所はあるか?」

    お嬢「あー、まどろっこしいですわ!!」

    男「!?」

    お嬢「火をつけましょう!! 火を!!」

    男「いきなり何を」

    お嬢「いくら隠れててもあぶり殺せばいいんですわ!!」

    お嬢「さぁ! はやくっ!!」

    男「待て、さっきと言ってることが」

    お嬢「しっ。静かにしてくださいまし」

    男「一体………」

    ギギギッ

    お嬢「あっちですの!!」

    男「火をつけられると思って出てきたのか」

    男「………なんというか本当に」

    お嬢「えぇ。バカでしょう?」

    750: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 23:15:38.60 ID:FgDJTEpM0
    お嬢「ドラコッ」

    ドラコ「おう? 見つかったのか?」

    お嬢「ぶっ殺しにいきますわよっ!!」グイッ

    ドラコ「お、おうっ」

    男「リオネシア、ナーグル」

    リオ「ここにっ」

    ナーグル「………行こう」

    男「これで終わりだ。臣下を失い追い込まれた王様を倒しに行こうか」

    751: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/21(木) 23:45:26.68 ID:FgDJTEpM0
    バァンッ

    お嬢「さぁ、大人しく殺されてくださいましっ!!」

    「!」ビクッ

    「ふ、ふはは。待っていたぞ!」

    お嬢「あらずいぶん余裕そうですわね。それとも現実逃避ですの?」

    「偉そうな口を叩くなっ! 俺はここの王!! 一番偉くて一番凄いんだ!!」

    お嬢「はい? 脳みそドロドロに溶けましたの?」

    「なのにみんなみんな俺を裏切りやがって!! ろくでなしどもがっ!!」ガァンッ

    ドラコ「おいてめぇ。てめぇの命令で死んだ奴がどれだけいると思ってんだ」

    「はっ。俺がいてこその国だろう? 俺を守るために死ねば本望だろう」

    リオ「なんというか絵にかいたような暴君でござるな」

    男「お前はここで終わりだ。大人しくしろ」

    「ここで終わりだぁ? 貧相な眼球を抉り出してよぉく見ておけ!! これがっ これこそが俺だけの力!!」

    「もっと早く完成していればここまで愚弄されることもなかっただろうが仕方ない。さぁこいっ すぐこいっ ここにこいっ!」

    「貴族の血を啜りに来た薄汚いヒルどもを嬲って潰して切り刻んでしまえっ!!」

    ナグ「………なんだ?」

    「承知したぞ。主様」ヌゥッ

    お嬢「なんですの。貴方」

    男「地下室で見た奴だな……。鱗に獣の耳に毛皮。右羽は赤く、左羽は白い。それにあの手と足の数」

    男「一体どれだけ混ぜたんだ?」

    「古来亜人は人間のためにうまれたぁっ! そうっ亜人は人間の奴隷!! いや奴隷ですらないっ。人と呼ぶことすら烏滸がましい、物だっ!!」

    「創造主たる人間様に逆らう亜人はもういらないっ!! この俺様に従う便利な道具さえいればいいっ。はははっ 亜人には亜人をぶつければいいのだっ!! 人間様が亜人なんて薄汚れたものと戦うわけがなかろうっ!!」

    お嬢「イカれてますわ。脳みそドロドロもあながち間違ってなさそう」

    「さぁいけっ!!」

    キメラ「ということで、疾く快く死んでもらおうぞ」

    760: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 21:42:09.56 ID:8WkovefE0
    「命を懸けて足止めをしてろっ!」

    お嬢「逃がしませんわよっ!」

    キメラ「ここは通さないぞえ?」ブオンッ

    ドラコ「あぶねぇ!!」ガキンッ

    キメラ「我が主様を追わせはしないわ」

    男「どんなことをしてくるかわからない。十分に気を付けてくれ」

    ドラコ「お嬢、下がってろよっ」HP25 SP5 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    リオ「腕がうねうねしてて気持ち悪いでござるよ…」HP5 SP5 攻撃力4 防御1 行動力25

    【行動】攻撃 防御 二連撃(消費SP3) 疾風撃(消費SP5)

    ナーグル「………どう動くんだろう」HP20 SP10 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    【行動を選択してください】>>761

    761: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 21:47:02.94 ID:qYTMKas7o
    ドラコ チャージ
    リオ 攻撃
    ナーグル チャージ

    762: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 21:57:51.27 ID:8WkovefE0
    リオ「それではリオネシア! 舞う!!」

    リオネシアの攻撃!!

    キメラに2のダメージ!

    キメラに2のダメージ!

    リオ「まだまだまだぁ!!」

    リオネシアの【ファストアタック】

    キメラに2のダメージ!

    キメラに2のダメージ!

    キメラ「まっててください。すぐに楽にしてあげます」

    キメラは【大きく息を吸った】

    ドラコ「ぜってぇーぶっとばしてやっからな!!」

    ドラコの【チャージ】

    ドラコの体に力が漲った

    ナーグル「………ふんっ」

    ナーグルの【チャージ】

    ナーグルの体に力が漲った

    763: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 22:08:30.24 ID:8WkovefE0
    リオ「毛皮が硬いでござる! 拙者のよりずっと!!」HP5 SP5 攻撃力4 防御1 行動力25

    【行動】攻撃 防御 二連撃(消費SP3) 疾風撃(消費SP5)

    ドラコ「ちょっとなんか嫌な予感がするな」HP25 SP3 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    ナグ「……斬り倒す……だけだ……っ」HP20 SP8 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    キメラ「恨むならあの世で恨んでくださいまし!」

    【行動を選択してください】>>764

    764: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:28:52.51 ID:tHK7EXsDO
    全員防御

    765: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 22:40:59.98 ID:8WkovefE0
    リオネシア「防御でござるっ」

    リオネシアは防御した

    ドラコ「こいつぁやべぇか?」

    ドラコは防御した

    ナグ「………来るか?」

    ナーグルは防御した

    キメラ「御身、燃え、灰塵と化し、魂、煉獄へ行け」

    キメラの【炎の吐息】

    リオネシアに7のダメージ!

    ドラコに3のダメージ!!

    ナーグルに2のダメージ!!

    リオ「ぐぅっ、拙者は、ここで、散るので………」バタンッ

    リオネシアは倒れた

    キメラ「ふわぁ、弱いんだねぇ」

    766: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 22:43:34.19 ID:8WkovefE0
    ドラコ「あっちいけど、大丈夫だ」HP22 SP3 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    ナグ「……あぶな、かった」HP18 SP8 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    キメラ「弱いものを虐めるのは………たのしい」ゾクゾクッ

    【行動を選択してください】>>767

    767: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:49:32.50 ID:SsWVaS0Fo
    振り下ろし
    振り下ろし改

    768: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 22:57:17.25 ID:8WkovefE0
    キメラ「猫の手でも借りたらいかが?」

    キメラの薙ぎ払い

    ドラコに6のダメージ!

    ナーグルに6のダメージ!

    ドラコ「これでっ! ぶっとべやぁああっ!!」

    ドラコの振り下ろし

    キメラに18のダメージ!

    ナグ「……たお……れろっ!!」

    ナーグルの振り下ろし改

    キメラに21のダメージ!

    キメラ「ちょっと、クラっときたぜ」


    769: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 23:01:49.22 ID:8WkovefE0
    ドラコ「くっそ、鱗が割れたぜ」HP16 SP0 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    ナグ「まだ……まだ戦える」HP12 SP8 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    男「………薬を使うべきか?」

    【アイテム】傷薬(HPをキャラクターの体分回復)×1 六瓢連印の傷薬(HPを10回復)×1 精神薬(MPをキャラクターの心分回復)×1

    キメラ「首を差し出せば楽にしてやろう」

    【行動を選択してください】>>770

    770: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:11:10.45 ID:ZoZGaEDAo
    ドラコ攻撃
    ナグチャージ
    でナグに傷薬

    771: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 23:20:03.85 ID:8WkovefE0
    男「ナーグル! これを使え!!」

    ナグ「………借りができた」

    ナーグルの体力が4回復した。

    キメラ「脆いですよ。あなたたち」

    キメラの【炎の吐息】

    ドラコに5のダメージ!

    ナーグルに5のダメージ!

    ドラコ「倒れやがれぇっ!!」

    ドラコの攻撃

    キメラに6のダメージ!

    キメラ「本気を、出そうかな」

    ナーグル「………次に……賭ける」

    ナーグルのチャージ

    ナーグルの体に力が漲った

    772: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/24(日) 23:22:52.08 ID:8WkovefE0
    ドラコ「もしかして、追い詰められてる、のか?」HP11 SP0 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    ナグ「戦う……勝たなければ」HP11 SP0 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    男「………薬を使うべきか?」

    【アイテム】六瓢連印の傷薬(HPを10回復)×1 精神薬(MPをキャラクターの心分回復)×1

    キメラ「とりあえずは一人、導いてさしあげますわ」

    【行動を選択してください】>>773

    774: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:52:32.68 ID:qYTMKas7o
    ドラコ防御
    ナーグル防御
    傷薬をナーグル 精神薬をドラコに

    778: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/25(月) 23:23:41.13 ID:+v1IIQtm0
    男「ナーグル! ドラコ!!」

    ナーグルの体力が10回復した

    ドラコの精神力が1回復した

    ドラコ「くっそ…、いってぇなぁ」

    ドラコは防御した

    ナグ「痛いのは………覚悟してる」

    ナーグルは防御した

    キメラ「そんなもので私たちを防げるかしら?」

    キメラの【振り下ろし改】

    ドラコに5のダメージ

    キメラの【千腕】

    キメラは再び【振り下ろし改】を繰り出した!

    ドラコに5のダメージ!!

    779: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/25(月) 23:26:04.85 ID:+v1IIQtm0
    ドラコ「嘘…俺、死ぬのか?」HP1 SP1 攻撃力11 防御力2 行動力5

    【行動】攻撃 防御 かばう 振り下ろし(消費SP3) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5)

    ナグ「まだ、まだ戦える……あぁ………戦える」HP21 SP0 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    男「くっ、もう何もできないのか?」

    キメラ「僕たちを倒したいならもっともっと連れてこなくちゃぁ」

    【行動を選択してください】>>780

    780: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:59:06.54 ID:Zjxv5BC3o
    もうジリ貧かな…一か八かで
    ドラコ薙ぎ払う
    ナグ攻撃

    781: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:03:31.22 ID:PE8s/aEl0
    キメラ「やだやだもう! めんどくさいったらありゃしない!!」

    キメラの【薙ぎ払う】

    ドラコに6のダメージ!!

    ドラコ「俺、ここで………姉貴………お嬢……っ」

    ドラコは倒れた

    ナーグルに6のダメージ!

    キメラの【千腕】

    キメラは再び【振り払い】を繰り出した!

    ナーグルに6のダメージ!

    ナグ「………逃げない……私は………逃げない…っ」

    ナーグルの攻撃

    キメラに4のダメージ

    782: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:05:22.81 ID:PE8s/aEl0
    ナーグル「はぁ……はぁ……」HP8 SP0 攻撃力7 防御力2 行動力0

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2)

    キメラ「諦めたらいいと思うな。それが良いと思いますわ」

    【行動を選択してください】>>783

    783: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 00:11:05.95 ID:R54zIhYQo
    攻撃

    784: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:18:53.67 ID:PE8s/aEl0
    キメラ「諦めないなら仕方ないこーん♪」

    キメラの【振り下ろし】

    ナーグルに10のダメージ!

    ナグ「まだ………まだ……戦わ……せ、て」

    ナーグルは倒れた

    キメラ「ふわぁ。終わったぞい」

    785: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:29:18.77 ID:PE8s/aEl0
    お嬢「そんな、ドラコ、ドラコ! あなた程の人が…なぜ?」

    キメラ「弱いから、それ以外に理由があって?」

    キメラ「そしてあなた達も弱い」

    キメラ「私たちと違ってね」

    お嬢「どちらにせよ、あいつはもう終わり………なのに、なぜ?」

    お嬢「なぜあんな奴に?」

    キメラ「………………」

    キメラ「疲れた。逃がしてあげるわ」

    お嬢「嫌ですの」

    キメラ「はぁ………一応聞いておきますけど、なぜ?」

    お嬢「私は貴族ですから」

    キメラ「………わかんない。では、死のっか」

    男「待て……っ」

    キメラ「貴方は後で。その体じゃ止められないですわよね」

    お嬢「男。大丈夫ですわ。もう亜人は止まらない」

    お嬢「わたくしたちの勝ちですわ」ニコッ

    キメラ「優しく―――縊り殺してあげる」

    男(なぜ?)

    男(なんで戦えない)

    男(なぜ、私の足はない)

    男(私の願いは――――――)

    786: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:38:55.73 ID:PE8s/aEl0
    「ま  も  り  た  い  の  な  ら」

    「か   な   え   て  あ  げ  る」

    「さ    ぁ    い    の    っ    て」

    「ね     が     い     を       」

    「さけんで」

    男「ぐあぁああああぁああああァあああッ!!」

    キメラ「なに?」ビクッ

    男(血液が逆流する感覚)

    男(体の中が溶けていくような)

    男(血潮が何かに犯されていくようなおぞましい感覚)

    男(血管の隅々まで痛みに溢れて噴き出してしまいそうな)

    男「黒―――ドロドロとした――――――黒が」

    お嬢「!? どうしましたの男!!」

    男(痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い)

    男(だけど)

    男「俺は、お前らを、守るんだ」

    男「守る力を―――くれよぉおおおぉおおっ!!」

    ドクンッ

    787: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 00:44:37.55 ID:PE8s/aEl0
    お嬢「男、あ、あなた」

    男「―――あ?」

    お嬢「立ってます、わよ?」

    キメラ「なに、その足。私たちより………変」

    キメラ「なにそれ何それ、なんなのそれ」

    男(ゆらゆらと揺れる陽炎のような黒い足)

    男(存在すら危ういような足。風も吹いてないのに揺らぐその足で俺はしっかりと立っていた)

    男(体中に棘を流したかのような痛みは絶え間なく続いている)

    男(だけど、俺はしっかりと立っていた)

    男「戦いは好きじゃないが。とりあえず勝たせてもらうぞ」

    キメラ「一人で、一人がなにをできるっていいますの!? そんな変な足で」

    キメラ「俺たちに何ができるってんだよぉ!?」

    792: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:07:51.77 ID:PE8s/aEl0
    【男】HP40 SP20 攻撃力9 防御6 行動力30 武器 鉄の剣 防具 皮の鎧

    【黒衣の足】行動力を上昇させる。また行動力が低下しない

    【黒衣の血】体力、防御力が上昇する。ターン終了時、軽減不可のダメージを受ける。

    【振り下ろし改】(攻撃3倍 SP7消費)

    【薙ぎ払い】(敵前衛に攻撃力分のダメージ SP消費5)

    【魔力斬】(ダメージ+【心】 魔法ダメージ SP消費4)

    【二連撃】(二回攻撃を行う。 SP消費3)

    793: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:12:23.29 ID:PE8s/aEl0
    キメラ「あなたも、私たちと一緒なのかしらぁ?」

    男「違う。俺は俺だ」

    キメラ「失礼、しちゃうわぁっ!!」ブワァッ

    男「ふん」HP40 SP20 攻撃力9 防御6 行動力30

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5) 魔力斬(消費SP4)二連撃(消費SP3)

    【行動を選択してください】>>795



    795: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:18:46.20 ID:aSI6MRmjo
    振り下ろし改

    796: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:26:59.66 ID:PE8s/aEl0
    男「まさか、こんなに体が動かせるようになるとはな」

    男の【振り落ろし改】

    キメラ「な、はや―――」

    キメラに14ダメージ!!

    キメラ「―――いたいぃっ!!」

    キメラ「許さないっ、ぜぇったいに許さないぃっ!!」

    キメラの【振り下ろし】

    男に6のダメージ!

    キメラの【千腕】

    キメラは再び【振り下ろしを繰り出した】

    男に6のダメージ!

    キメラ「くーっくっくっく、どうじゃ! 我たちの一撃は!!」

    男「まだ、まだ戦えるぜ」

    キメラ「くうっ。生意気なっ」

    【黒衣の血】が男の体を駆け巡る!

    男に5のダメージ!

    797: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:33:08.29 ID:PE8s/aEl0
    キメラ「私たちは、勝たないといけないのよっ。そうじゃないと生きてる意味がないんですよっ」

    キメラ「俺たちは我らが主様のためにあなた達を殺―――ちが」

    キメラ「命を、かけて、足止め?」

    男「あぁ、お前たちは捨て駒ってことだ」

    男「見捨てられてるんだよ」

    キメラ「違う違う違うちがぁうっ! ぼくわたしおれおれぼくわたしは我らが主様のためにぃ」

    キメラ「なにぃ? 主様のためになにすればいいのぉ!?」

    男「愚かで、可哀想な」

    キメラ「うぐるるるるぅう! そんな目で見るなぁ!!」

    男「楽にしてやる」HP22 SP13 攻撃力9 防御6 行動力30

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5) 魔力斬(消費SP4)二連撃(消費SP3)

    【行動を選択してください】>>798

    798: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:34:54.24 ID:pUQBholvo
    振り下ろし改

    799: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:40:17.30 ID:PE8s/aEl0
    男「復讐はしてやる。だから眠っておけ」

    男の【振り下ろし改】

    キメラに14ダメージ!!

    キメラ「うるるるるるるぅっ!!」

    キメラの【振り下ろし】

    男に6のダメージ!

    キメラの【千腕】

    キメラは再び【振り下ろし】を繰り出した

    男に6のダメージ!

    【黒衣の血】が男の体を駆け巡る!

    男に5のダメージ!

    800: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:41:58.86 ID:PE8s/aEl0
    男「ふぅ、はぁ………っ! どうした、動きが鈍いぞ」

    HP5 SP6 攻撃力9 防御6 行動力30

    【行動】攻撃 防御 振り下ろし改(消費SP7) チャージ(消費SP2) 薙ぎ払う(消費SP5) 魔力斬(消費SP4)二連撃(消費SP3)

    【行動を選択してください】>>801

    801: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/26(火) 23:53:02.74 ID:aSI6MRmjo
    相手の残りHPもわからんし詰んでる感しかしない…
    二連撃

    802: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/26(火) 23:56:15.77 ID:PE8s/aEl0
    男「遅いっ」

    男の2連撃!

    キメラに5のダメージ!

    キメラに5のダメージ!

    キメラ「う、うぐるるる、るぅ」バタンッ

    キメラを倒した!

    【黒衣の血】が男の体を駆け巡る!

    男に5のダメージ!

    男は倒れた

    803: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/27(水) 00:00:17.34 ID:yxBR4rYv0
    お嬢「み、皆さん。動いて、動いてくださいまし」

    お嬢「みな、さん?」

    メイド「お嬢様」

    お嬢「ひゃあっ!?」

    メイド「これは、全滅ですか」

    お嬢「び、びっくりさせないでくださいまし。それより早く、早くみんなを助けてくださいましっ!!」

    メイド「えぇ、こんなこともあろうかと」

    春告「むびょーれんさんがきたよー」

    お嬢「大丈夫ですの!? 本当に大丈夫ですの!? これで!」

    春告「むびょーれんが信用されないのは分かってるけど、むびょーれんの腕は信用してほしーよ」

    春告「さっさとみんなを運ぶーよ!!」ウネウネッ

    804: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/27(水) 00:03:42.56 ID:yxBR4rYv0
    男「―――うっ」

    お嬢「! 男が目を覚ましましたの!!」

    メイド「っ!」シュバッ

    メイド「痛みは大丈夫ですか。ご加減はいかがですか。なにか欲しいものありませんか。よければ私と一緒に寝ませんか」

    お嬢「怪我人にそんなに強く迫るものではないですわ」

    ドラコ「―――があっ! こ、ここは」

    お嬢「!!」シュバッ

    お嬢「痛みはどうかしら。加減は大丈夫ですの? なにか食べたいものはありませんの? わたくしと寝れば暖かくなりますわよ?」

    メイド「怪我人に迷惑ですわ」

    805: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/27(水) 00:07:26.32 ID:yxBR4rYv0
    ドラコ「俺、どうなって、うぐっ」ズキッ

    お嬢「傷はそこそこ深いですから安静にしてくださいまし」

    ドラコ「勝った、のか?」

    お嬢「男がキメラと相討ち。命に別状はありませんから勝った。と言えますわね」

    お嬢「逃がしてしまいましたけど」

    男「それについては、大丈夫、だ」

    メイド「えぇ。ずぅっと前に打つ手は打ってますわ」

    お嬢「なにを、おっしゃってますの?」

    ギィッ

    お嬢「誰かしら」

    「はぁ、はぁ。あたし一人だけに無理させすぎよぉっ!!」

    「はぁ。これ、約束は果たしたわよ」ポイッ

    ゴロゴロ

    お嬢「く、首!? ひぃっ!」

    ドッペル「あー疲れた」グテッ

    メイド「お疲れ様です」

    男「苦労を、かけたな」

    806: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/27(水) 00:12:12.93 ID:yxBR4rYv0
    お嬢「ななな、なぜあいつの首を?」

    ドッペル「忍び込んでたのよあたし。あいつのところに。執事に変身してね」

    ドッペル「で、あいつが逃げようとしたから後ろからずぶっとやったわけ」

    ドッペル「でもいくら変身できるからって、首もって敵兵がいる場所から逃げ回るなんて無茶な注文よ。ほんと」

    男「他者との繋がりを持つものならば、ドッペルはその懐に易々と潜り込めるからな」

    男「最善の暗殺者だ」

    ドッペル「聖職者!!」

    817: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 22:59:10.69 ID:d29LoBjo0
    メイド「つまり私たちの大勝利。ぶい」

    メイド「ということなので心配せずお休みになってください」

    男「………頼みがあるんだが」

    メイド「はい。身の周りから夜のお世話までお任せしてください」

    男「後半はいらない。ちょっと耳を貸してくれ」

    メイド「内緒のお話ですね。わかります」

    男「城――隠し扉――資料―――破棄」ゴニョゴニョ

    メイド「あっ ふぁっ あんっ!」ゾクゾクッ

    男「………風邪でもひいたか?」

    メイド「存在感をださないと皆さまに好きになっていただけないかと」

    男「風邪でもひいたのか」

    メイド「恋の病なら」

    男「………」

    メイド「恋の病なら!」

    ドラコ「お前らうっせーぞ!!」

    818: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:04:44.16 ID:d29LoBjo0
    メイド「冗談はおいといて承りましたわ」

    男「あぁ。大切なことなのだ」

    メイド「私にお任せを」シュッ

    男「お嬢。他の奴の容態はどうだ?」

    お嬢「リオネシアが少し傷が深いですが、命に別状はありませんわ」

    お嬢「ただしばらく酒場が大変なことになるでしょうが」

    男「そうか。全員無事か」

    お嬢「それよりわたくしはあなたのほうが心配ですの。貴方のその影? はどうなってますの?」

    男「さぁな。俺もわからん」

    お嬢「あの時のあなた、しっかり立ってましたわよね」

    男「俺にはわからん。詳しくは魔女………いや詳しいことは誰もわからないだろうな」

    お嬢「危ないものでないといいのですが」

    819: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:18:44.60 ID:d29LoBjo0
    男「お嬢。車いすをとってもらえるか?」

    お嬢「怪我人は安静ですの」

    男「もう動き回れるくらいにはなってる」

    お嬢「化け物かなにかですの?」

    男「心配ごとだらけなんだ。ベッドの中じゃ不安に押しつぶされてしまう」

    お嬢「わたくしに任せてくださいまし。それともわたくしは信用できないのかしら」

    男「そういうわけではないが………」

    お嬢「あなたと私はもう一蓮托生。でしょう?」

    男「…勝ったとして援軍が来るだろう。そうすれば奪還されて終わりだ」

    男「次の手を打たなければ」

    お嬢「………あー。そのことでしたら」

    男「どうした」

    お嬢「………白鞘童子が」

    男「………………喰った?」

    お嬢「えぇ…」

    男「………最悪だ」

    820: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:30:32.83 ID:d29LoBjo0
    男「まだ俺たちだけなら地方での反乱でしかなかった。騎士団を喰ったとなれば」

    男「ダメだ………事態が早急に動きすぎる………」

    お嬢「大丈夫ですわ。人間を打倒した亜人達の噂はすでに亜人達の中に流れていますわ。賽はすでに投げられたとしても、出目まで見えてるわけではないですの」

    お嬢「未来が見えないなら、希望も絶望もありますわ。戦況がいくらでも動く今、あなたは絶望しか見ないつもりですの?」

    男「…だとしても、ベッドの上で夢を見る、なんてことは出来ないよ」

    お嬢「正義感がお強いですこと」

    お嬢「わかりましたの。どうせ這ってでも行くつもりでしょう?」

    男「助かるよ」

    821: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:39:03.84 ID:d29LoBjo0
    キィキィ

    男「仕方ないとはいえ、怪我人が多いな。死者はどうなっている?」

    お嬢「そちらはメイドさんがやっているのでわたくしにはあまり分かりませんが、教会で弔ったのちに墓地に埋葬するようです」

    お嬢「棟梁娘さんたちが大急ぎで完成させようとしていますわ」

    男「そうか………」

    お嬢「悼む気持ちは良いですけど」

    男「大丈夫だ、わかっている」

    お嬢「そうですわね。あなたなら理解も覚悟もしてますわよね」

    男「? あれはなんだ。檻?」

    お嬢「? わたくしは知りませんわ」

    男「見てみるか」

    お嬢「えぇ」

    822: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:42:17.83 ID:d29LoBjo0
    キィキィ

    男「!?」

    お嬢「―――っ!!」

    キメラ「ぐぅぐぅ、すやぁ」

    男「なぜ、なぜキメラが?」

    お嬢「わ、わたくしは知りませんの!」

    古書娘「そこの怪我人。なぜ出歩いているのです。歩いてはいませんが」

    男「そんなことよりなぜこいつがここに」

    古書娘「あの触手が治しました」

    春告「触手より親しみを込めてむっちゃんって呼べーよ」

    男「なぜだ、六瓢連。なぜこいつがここに」

    春告「ベッドが埋まってるし、この図体だと暴れるとやっかいだからだーよ」

    男「そうではない」

    823: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/28(木) 23:58:38.72 ID:d29LoBjo0
    男「なぜ、連れて帰った。なぜ、生かした?」

    古書娘「亜人を救うと誓ったあなたが、亜人を殺せ、ですか?」

    男「ぐっ………」

    春告「それにお嬢がいってたーよ」

    春告「『みんな』を助けてって」

    春告「むびょーれんにとっては同じ命よ。『みんな』同じ命だーよ。そこに貴賤はないーね。それにこれがむびょーれんの仕事」

    春告「助けるのが仕事よ」

    男「すまない…」

    春告「治療の邪魔だから早くベッドに戻る―よ。今度抜け出したらむびょーれん特製眠り薬を尻にぶちこむね」

    お嬢「戻りましょう男。数日もすればちゃんと動けるようになりますわ」

    古書娘「腹立たしいことに、薬効は確かにありますよ」

    春告「ぶーい」

    824: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/29(金) 00:13:32.63 ID:njt3+M9I0
    お嬢「どうやらあなたにできる最善のことは体を休めることだけ」

    お嬢「だからお眠りなさい、男」

    お嬢「目を覚ましたら始まりますわよ」

    お嬢「それを見逃さないためにも今は眠りなさい」

    お嬢「お休みなさい」

    825: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/29(金) 00:45:48.18 ID:njt3+M9I0
    ~4年目 第14週 休日~

    春告「もうくるなよ~」フリフリ

    男「世話になったな」

    男「ところで、あのキメラはどこに?」

    春告「檻の中で元気にやってるーよ」

    男「様子を見に行ってもいいだろうか」

    春告「むびょーれんに聞かれてもこまるよ」

    男「だな。行ってみるか」

    春告「怪我させんなーよ」

    男「うぐぅ…」

    826: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/29(金) 00:56:06.74 ID:njt3+M9I0
    男「………久しぶり、でいいのかな」

    キメラ「貴方は………」

    キメラ「貴方なら、私たちを殺して、くれるでしょう?」

    男「死にたいのか?」

    キメラ「私たちは、我らが主様のために作られた存在」

    キメラ「貴方は自分の存在を見失って………生きていけるのか?」

    男「生まれたばかりの赤ん坊が自分の存在意義なんて考えるもんじゃない」

    キメラ「私は我らが主様のために生まれたの。生まれた時からそれを知ってしまった。なのに知りえたことを考えるなだなんて無茶ですわ」

    キメラ「お願い、私たちを殺して」

    男「生きる理由がないからといって………死ぬ理由にはならないだろう?」

    キメラ「こんな私たちが生きてて良い理由はないでしょう」

    キメラ「見て、俺たちはここの誰とも違う。歪な存在。存在しえないもの。生まれてはいけない命なんだぜ」

    男「………お前たちは、俺よりも後ろ向きなんだな」

    男「生きる理由。生きてていい理由なんて自分でわかるもんじゃない。誰かに見つけてもらうものだった」

    男「少なくとも、俺はそうだった」

    827: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/29(金) 01:11:12.25 ID:njt3+M9I0
    キメラ「そこまで言うなら、僕たちの生きる理由。君が見つけてくれるんだよね」

    キメラ「殺さない責任。とってほしいわ」

    男「それに、お前たちは歪なんかじゃない。ただ個性的なだけだ」

    キメラ「そんなの慰めでしかない」

    キメラ「貴方ほど、私たちは綺麗じゃない」

    男「綺麗だよ」

    キメラ「嘘」

    男「綺麗だ」

    キメラ「馬鹿にするなぁっ!」

    キメラ「それならあなたは私たちを抱けるの!?」

    キメラ「無理でしょう!? だって気持ち悪いから! 見てよこの腕! 足!! こんなの多いの見たことある!?」

    キメラ「翼だって変! 右は赤いのに左は真っ白! 体には毛皮なのに鱗が生えてる! ほら私たちの顔をよく見てよ! 左は狐なのに右は鳥なのよ!? しかも右目をよく見て!? 目の中に目がいっぱいあるの!! あははっ 吐き気がするでしょ!? それに獣臭いのにエラがあるから水の中でも呼吸ができる!」

    キメラ「ほら気持ち悪い! グロテスク! ね!? ねぇ!?」

    キメラ「ほらぁやっぱり駄目じゃない!!」

    男「抱いて、いいのか?」

    キメラ「あはっ 強がる必要はないぞ!? 抵抗しないから殺せばいいだけよ!!」

    男「抱いて、いいんだな?」

    キメラ「なに、なんで近寄るのさ!? 哀れみなんかいらないっ」

    キメラ「誰にも愛されないんだから、抱かれてもそこに愛はないから生きる価値無し! 証明終了なんだからっ」

    キメラ「だから無理無理無理無理!! 愛なんかないんだから残念でした! こんな私たちじゃ無理でーす!!」

    キメラ「貴方だって本当は―――」

    男「抱くぞ?」

    835: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 21:48:36.78 ID:3cRAyJcV0
    ―――

    ――



    キメラ「はぁ、はぁっ。あなたは、本当に?」

    男「あぁ、証明はできたと思うが」

    キメラ「でも………こんな私たちに」

    男「証明が足りないか?」

    キメラ「むっ、むむむ、無理よもう!」

    男「そうか。それは残念だ」

    キメラ「貴方、好きものね」ハァ

    男「いずれ皆が互いの相違など気にしなくなる世の中がくる」

    キメラ「こんな私たちでも?」

    男「まだ証明が足りないか?」グイッ

    キメラ「あっ―――」

    836: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 21:52:53.82 ID:3cRAyJcV0
    ミーア「ぶわっしょいっ!!」

    ドラコ「うおっ、びっくりした」

    ミーア「なんだか嫌な予感がヒゲを駆け抜けて」

    ドラコ「お前のヒゲどうなってんだよ」

    ミーア「具体的には男しゃんが誰かに寝取られたような」

    ドラコ「んだよ。またいつもの妄想か」

    ミーア「悔しいけど興奮します」ハァハァ

    ドラコ「………お前、変わったよな」

    ミーア「ドラコさんもですよ?」

    ドラコ「お、俺は変わってねぇよ」

    ミーア「にゃふふ」

    ドラコ「なに笑ってんだよぉっ」

    ミーア「男さんに褒められたあと、こっそりガッツポーズしてるの、ミーアはばっちり見たのです」

    ドラコ「う、嘘だね」

    ミーア「信じるか信じないかは私の話を聞いた人しだい、ですにゃー」

    ドラコ「夕飯一回」

    ミーア「聞こえません」

    ドラコ「男の手伝い代わってやる」

    ミーア「はい、なんのお話してたか忘れちゃいましたー」

    ドラコ「ちっ」

    837: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 21:58:21.91 ID:3cRAyJcV0
    ~4年目 第15週~

    お嬢「やっぱりすぐに亜人と人間が上手くいくだなんて思ってませんけど」

    お嬢「事がいろいろと起き過ぎですわ」

    男「自分たちの居場所が奪われればな。こちらで無理やり土地の再配分をしたんだ」

    お嬢「その分のお返しはしてるつもりなのですのに…」

    男「見回りを強化すべきだろうな」

    お嬢「そちらに人員を割けるほどの余裕はないのですけどねぇ」

    お嬢「………あの少し聞いてもいいかしら」

    男「なんだ?」

    お嬢「なぜ、キメラさんに抱きかかえられていらっしゃりますの?」

    キメラ「我が主のために行動することこそ我らが生きる道じゃからの」

    男「だそうだ」

    お嬢「メイドさんがハンカチを噛み千切ってしまいそうですわよ」

    メイド「ギギギッ」

    男「助けてくれないか?」

    お嬢「お断りしますの」

    838: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 22:00:43.83 ID:3cRAyJcV0
    男「そういえばキメラキメラと呼んでいるが、名前はあるのか?」

    キメラ「私たちに名前はありませんわ」

    男「そうか、ならキメラと呼ぶのは非礼に値するな」

    キメラ「我が主からなら気にはしませんわ」

    男「しかし名前がないというのも不便だ。そうだなお前の名前は>>839とかどうだ?」


    839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 22:09:22.52 ID:4ooVqjoIO
    レイティア

    841: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 22:15:56.83 ID:3cRAyJcV0
    レイティ「レイティア。我が主様から賜られた私たちの名前」

    レイティ「気に入ったぜ。さすがは我が主様だ!」

    お嬢「では、決まったところで仕事のお話に戻りますわよ」

    お嬢「基本的には前と同じですが、外交も重要になりますわ。亜人達が一致団結しなければ勝てる見込みはありませんから」

    お嬢「そしてわたくし達が王国を打倒したあかつきには波紋は波となって全世界まで届きますわ。そして波は津波となりそうなればもう誰にも止められない」

    お嬢「そのきっかけに命を賭して、おや話がズレてしまいましたわね」

    お嬢「とにかく内と外、両方に今まで以上目を配るように」

    男「あぁ。わかった」

    842: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 22:24:19.10 ID:3cRAyJcV0
    男「では………」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>843

    843: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:27:48.95 ID:sxZmvI8mo
    外交

    844: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:30:31.20 ID:ayajx9y5o
    外交 ミーア

    845: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 23:46:42.57 ID:3cRAyJcV0
    お嬢「では、ミーアを連れて行ってきますわ」

    ミーア「あれ。男さんは行かないんですか?」

    男「俺の姿を見てみろ」

    ミーア「じーっ」

    男「どうだ?」

    ミーア「ぽっ///」

    男「仮面に声に、それに足だ。信用を得難いだろう」

    ミーア「そんなことありませぇんっ!」

    お嬢「貴方はそうだとしても一般的には怪しい人でしかないんですの」

    男「表にはお嬢に出てもらうようにする。このなりだと不安がるものも出るだろう」

    ミーア「むぅ」

    お嬢「仕方ありませんの。ほら行きますわよ」

    ミーア「男さんのぶんまで頑張ってきますねっ!」

    ―――

    ――



    【大成功】

    お嬢「北の森に暮らしてる亜人の会合に参加しましたの」

    ミーア「男さんのすばらしさについて演説をしてきましたよ! おかげで胃が痛いです………」

    男「そういえば人見知りか。頑張ってくれたようだな」ナデナデ

    ミーア「えへへぇ」

    お嬢「ちゃんと私たちの目的や活動についてもお話してきましたから安心していいですわよ」

    お嬢「物資なんかもやり取りしてもらえるそうで経済も少しは回るはずですの。ただ人間がいることに多少の反発はありましたが」

    お嬢「はぁ…。亜人に変装すればいいのかしら」

    男「バレた時が厄介だ。開き直っていこう」

    ミーア「あの、撫でる手が止まってますよ?」

    男「すまない」ナデナデ

    ミーア「えへへぇ」

    知名度【60】

    846: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 23:50:25.05 ID:3cRAyJcV0
    ~4年目 第15週 休日~

    ベル「愛されマスターの僕としてはね」

    レイティ「愛されマスター」

    ベル「僕たちは愛されるために生まれたんだと思ってる」

    レイティ「でも望まれない人だっているはずでしょう」

    ベル「ふふんっ。世界に拒絶された人なんかいるわけないじゃないか」

    ベル「拒絶をするのはいつもただ一人の個人さ。嫌う人がいるなら愛してくれる人もいるはず」

    ベル「それを探すのが人生ってものさ」

    レイティ「なにやら深い言葉のように感じますなぁ。ところで見つかったのですか?」

    ベル「………人生は長いさ。そう急ぐこともないよ」

    レイティ「なるほどぉ」

    847: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/09/30(土) 23:52:59.42 ID:3cRAyJcV0
    男「レイティアがいない。外出をするなら今のうちだな」

    ピラッ

    男「ん、なんだこれは」

    『平穏はもう最後。愛する人を求めるなら今のうち』

    男「なんだこの紙は」

    男「まぁいい。今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>848

    848: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/30(土) 23:56:16.82 ID:WGNqFsaDO
    1ミーア

    850: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/01(日) 00:04:42.63 ID:OyetYliO0
    ミーア「呼びましたか?」

    男「あぁ。良く人見知りを押して行ってくれたな」

    ミーア「男さんのためならどこにでも行きますよ。それしか私にはできませんから」

    男「いや。ミーアにできることはたくさんあるさ。俺なんかよりもずっと」

    男「俺たちの付き合いももう長いな」

    ミーア「一番最初、ですからね。思えば私はあの日死ぬのかなって思ってました」

    男「そんなに俺は怖かったか?」

    ミーア「いえ。人間みんな怖かったです」

    男「なのに仕事に出してすまなかったな」

    ミーア「そのおかげで古書娘さんに出会えましたから」

    男「許してくれるなら幸いだ。これからもお願いしていいか?」

    ミーア「はい。だから覚えておいてくださいね。私のことを」

    ミーア「私がいることを」

    ミーアの愛情度【220/300】

    851: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/01(日) 00:19:25.90 ID:OyetYliO0
    ミーア「………え?」パリンッ

    メイド「どうしましたミーア」

    ミーア「い、今の話本当ですか!?」

    「うお、な、なんだ猫のお嬢ちゃん」

    ミーア「娼館の話をしてましたよね!?」

    「す、すまなかったよ。こんなところで」

    ミーア「いえ、そうじゃなくて。その亜人しかいない娼館の話です」

    ミーア「“なんだってやっていい”亜人の娼館の狼娘」

    ミーア「抱いたんですね!?」

    メイド「ミーア。お客様に―」

    ミーア「抱いたんですよね!?」

    「お、おぉ」

    ミーア「っ!」ストンッ

    メイド「ミーア!」ダキッ

    ミーア「よ、良かった」ウルッ

    ミーア「生きてるんだ」ポタッ ポタッ

    ミーア「よかったぁあ˝あっ」

    852: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/01(日) 00:23:58.49 ID:OyetYliO0
    メイド「そんなことが」

    ミーア「でも、狼の亜人だからといって……彼女かどうかはわかりませんよね」

    メイド「あるのは城下町ですし、亜人を連れて侵入なんてことは難しいですわね」

    ミーア「ど、どうしよう。死んじゃったら」

    ミーア「死んじゃったらどうしよう」オロオロ

    メイド「難しいだけで不可能とは言ってませんよ」

    ミーア「ふぇ?」

    メイド「ただ失敗したら、死んでください」

    ミーア「………」

    メイド「貴方はただ城下町に紛れ込んだ亜人。それでいいのなら」

    ミーア「いいんですか?」

    メイド「もちろんご主人様に聞きに行って、ですけども」

    ミーア「………はい。やります」

    ミーア「彼女にもらった幸せ。その恩返しをしなくちゃいけないから」

    861: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 00:36:46.72 ID:QN2BKdYK0
    レイティアの見た目が今ひとつイメージできない
    どんな怪物を抱いたんだろう

    862: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 22:42:17.07 ID:2sIJYNBx0
    レイティアの見た目は

    顔は左半分と頭の大部分が狐で右半分が鷲。その鷲の眼の中にいくつも黒目があります。また首元にはエラが生えています。

    体は基本毛皮ですが、ところどころ魚のような鱗が生えてます。

    背中には翼が生えていて、右翼は燃えるような羽。左翼は純白の羽。

    腕は肘から先がいくつもの手に分かれ、足はヒトデの管足のように伸びてます。

    ………想像し辛いですね

    863: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 22:47:32.52 ID:2sIJYNBx0
    ミーアの愛情度【220/300】

    ドラコの愛情度【110/300】

    リオネシアの愛情度【110/300】

    メルメルの愛情度【120/300】

    ナーグルの愛情度【170/300】

    ベルグレインの好感度【-35/100】

    ニケライトの愛情度【120/300】

    ジョゼットの好感度【40/300】

    メイドの愛情度【170/300】

    最初に愛情度が最大値になったヒロインのエンドになりますからお気をつけください。

    864: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 22:53:03.97 ID:2sIJYNBx0
    男「ダメだ」

    ミーア「なんでですかっ!?」

    男「わかるだろう。危険すぎる」

    メイド「承知していますわ」

    男「それでもだめだ。危険すぎる」

    ミーア「でも、あの子は今も苦しんでるのに……っ!」

    男「ミーアを失いたくはない。何とかして手は打つ。わかってくれ」

    ミーア「なんとかって、どうするつもりなんですか!?」

    ミーア「私の代わりに誰かが危険な目にあうだけでしょう!?」

    男「………もう一度言う。駄目だ。許可しない」

    ミーア「そんなっ」

    ミーア「もういいですっ! 私はもう―――」

    男「ミーア………」

    ミーア「あなたの奴隷なんかじゃない!!」ダダダッ

    バンッ バタンッ

    男「………メイド。俺は間違っているのだろうか」

    メイド「人を思う気持ちに正解も不正解もありませんわ」

    メイド「申し訳ありません。私のせいでこんなことに」

    男「メイドも、ミーアのことを思ったからなんだろう」

    男「責める事なんて………できないさ」

    865: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 22:59:57.89 ID:2sIJYNBx0
    ~4年目 第16週~

    ジョゼット「困ったわ~ 困ってしまったわ~」オロオロ

    メリー「どうしたのですか? もしかして事件ですか!?」キラリンッ

    ジョゼット「服のモデルを頼んだナーグルさんが逃げてしまったのよ~」

    メリー「うーん。記事にはできそうにないでぃすね~」

    ジョゼット「探してもらえないかしら~ メリーさんは足が速いんでしょう~」

    メリー「もちろんメリーさんは自分の健脚を誇ってはいるのでぃすが。見つけたところでメリーさんがナーグルさんを連れてくることは不可能でぃす!」

    メリー「ということで、メリーさんはスクープを探しに―――」

    ジョゼット「待って~」シュルッ

    メリー「んむぐぐっ」シュルルルッ

    ジョゼット「ナーグルさんがいないなら仕方ないわ~」

    ジョゼット「子供服のモデルもほしかったのよ~」ズルズル

    メリー「んもぐぐぐぐっ!!」

    ジョゼット「食べちゃわないから安心してね~」

    866: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 23:00:45.79 ID:2sIJYNBx0
    男「さて、今週は」

    男「では………」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>867

    867: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:09:57.28 ID:lq4KO8bQo
    【外交を行う】 メルメル

    868: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 23:18:55.13 ID:2sIJYNBx0
    メルメル「メルがいくの~」

    男「メルメルなら、問題はないだろう」

    お嬢「あら、メルメルに信頼を置いてますのね」

    男「だってメルメルだぞ?」

    メル「ん~?」

    お嬢「まぁ、毒はなさそうですわ。憎たらしい」プニプニ

    メル「わぁ~ やめてほしいの~」

    男「やめてやれ」

    お嬢「と、お遊びはここまでにして行ってまいりますの」

    メル「お土産楽しみにしてね~」

    ―――

    ――



    【成功】

    メル「お土産貰ったの~」

    男「なんだ。お菓子ばっかだな」

    お嬢「向こうのお年寄り方からの貢ぎ物ですの。疲れましたわぁ」

    男「老人の子供好きはどこも変わらず、か」

    メル「はい、あ~んなの~♪」

    知名度【90】

    869: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 23:26:16.29 ID:2sIJYNBx0
    ~4年目 第16週 休日~

    魔女「………」サワサワ

    男「あまり触らないでくれないか。くすぐったい」

    魔女「………あ」

    魔女「………ごめん、なさい」ショボン

    古書娘「妹を虐めないでください」

    男「虐めたつもりはないのだが………すまない」

    魔女「………ううん」

    魔女「………私が」

    魔女「………悪い」

    男「俺の足………これはやはりわからないか?」

    魔女「………うん」

    魔女「………私とも」

    魔女「………クロさんとも」

    魔女「………違う」

    魔女「………願い、のせい?」

    男「願いか………魔女の場合は?」

    魔女「………お腹すいた……から」

    魔女「………お腹いっぱいに……なり………たい」

    男「それでこの舌か」

    魔女「……いや………マスク………捲らないで」

    魔女「…………はず…かし………い」

    古書娘「人の妹にセクハラしないでいただけませんか」

    男「いや、そんなつもりでは………すまない」

    魔女「…………こういう……ことは………」

    魔女「……こいびと……に……………なって」

    魔女「……から…………だよ…?」

    古書娘「殺しますね?」

    男「殺さないでくれ」

    870: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 23:27:19.91 ID:2sIJYNBx0
    男「さて、今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>871

    871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:38:28.65 ID:zwLiQl5DO
    4メイドと亜人の唱館について調べてみる

    874: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/03(火) 23:56:12.59 ID:2sIJYNBx0
    メイド「乙女になにを……」

    男「い、嫌か? 嫌ならすまない」

    メイド「冗談ですわよ。慌てるお父様、かわいい」

    メイド「それならとっくに調べはついてますわ」

    メイド「と言っても亜人の娼館なんて腐るほどありますし、ミーアが探しているのが本当にこの亜人なのか分かりませんわ」

    男「亜人の娼館か………」

    メイド「亜人は人とはついてますけど人権はありませんから好き放題し放題ですからね」

    メイド「どんな変態趣味も亜人ならば許される。そんな世の中ですわ」

    男「………」

    メイド「どうしました?」

    男「いや、なんでもない」

    メイド「この娼館は特に変態が集まる場所みたいで、骨折りが序の口………この先は言いたくありませんわね」

    男「なおさらミーアには行ってほしくないな」

    メイド「気持ちはわかりますわ。でも私は今回はお父様の味方はできません。ミーアの味方をするわけでもありませんけど」

    男「だが最近ミーアに避けられているんだ。話しかけても返事をしてくれないし」

    メイド「取り次ぎくらいはしてあげますわよ」

    男「助かる。ついでに止めてくれればもっと助かる」

    メイド「お断りします」

    875: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:02:04.95 ID:rQlW+zRp0
    メイド「でももし助けるとしたら早くした方がいいですわよ」

    メイド「あんなところにもう何年も。体が持ちませんから」

    メイド「もちろん心も。本当に、耐えたものですね。普通なら一年持てば十分。一か月でダメが普通」

    メイド「でも今はミーアのケアを考えたほうがいいかもしれませんね。目を離すとたぶんあの子一人で行きますよ?」

    男「助けたいのはもちろんなんだ」

    男「だが………」

    メイド「えぇ。わかってます。貴方が持っているものは、他の人が思うよりよっぽど重いってことは」

    メイド「だから私がいるのです。寄り添って、付き添って。貴方が望むのならどこまでも手を引いていきましょう」

    メイド「血はつながっていないけれど、私はあなたの娘。でしょ?」

    男「あぁ、可愛い、大切な娘だよ」

    メイド「………今日は甘えてもいい?」

    男「いつでも」

    メイド「………ありがと」

    メイド「………………ごめんなさい」

    876: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:07:25.31 ID:rQlW+zRp0
    ~4年目 第17週~

    ナグ「………どうだ?」

    男「どうだ、と言われても」

    ナグ「やっぱり……似合わない………か」ダダダッ

    ジョゼ「ちょっと~ ダメですよ~ めっ」プンプン

    男「いや、いきなりすぎて」

    男「なんだあの服は」

    ジョゼ「可愛いでしょう~ フリフリなんですよ~」

    男「あぁ、可愛らしく、はあったが」

    ジョゼ「だったら褒めてあげないとだめですよ~ ナーグルちゃん、可愛い~って」

    ジョゼ「そんな女心が分からないなんて、貴方様は朴念仁ですよ~」

    男「いきなりすぎて感想が言えなかった。それにいつものナーグルと違い過ぎてて」

    ジョゼ「じゃあ、あのナーグルちゃん。かわいかったですか~?」

    男「可愛い、んじゃないか? あれはあれでありだとは、思う」

    ジョゼ「うふふ~ そうナーグルちゃんに伝えてくるわ~♪」

    男「………いや、なんなんだ?」

    877: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:09:08.45 ID:rQlW+zRp0
    男「さて、今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>878

    878: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:25:39.69 ID:bGc9zEn4o
    リオで村を発展させる

    879: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:31:11.56 ID:rQlW+zRp0
    リオ「村の発展ならばこのリオネシアにお任せを。筆を誤らぬほどの活躍、みせるでござるよっ!」

    男「お前は自信があるときに限って失敗するからなぁ」

    リオ「きゃいんッ それはひどいでござるよ! 拙者毎回毎回失敗してるわけではござらぬよ?!」

    リオ「くぅんっ! こうなれば必ずや成功して戻るでござる!」

    ―――

    ――



    【成功】

    リオ「ほら、成功でござる! 成功!!」

    男「よくやったよくやった」ナデナデ

    リオ「お、お˝ぉっ。もっと、顎の下も、くぅ~ん♪」

    男(楽だなぁ)

    村Lv3【30/700】

    880: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:37:01.65 ID:rQlW+zRp0
    ~4年目 第17週 休日~

    ナグ「な、ナーグルちゃん、だよ~☆ な、ナーグルちゃんと一緒に、はっぴはっぴ、し、しよ~☆」

    ナグ「あ、まちが、は、はっぴはっぴするにぃ~☆」

    ナグ「………///」ボフッ

    ナグ「ど、どうだ……?」

    男「どうだ、と言われてもな」ポリポリ

    ナグ「や、やっぱり……ダメじゃない……かっ」ダダダッ

    ジョゼ「あらあら~」

    男「やはり、ジョゼットの差し金か」

    ジョゼ「差し金ってひどいわ~ せっかく可愛い服着てるんだからとびっきり可愛いナーグルちゃんを見せたかっただけよ~」

    男「取り繕った可愛さなんていらん。俺が好きなのは普段のナーグルだ」

    ジョゼ「あら~ 今の言葉ナーグルちゃんにお届けだわ~」

    ジョゼ「うふふ~ ナーグルちゃん喜ぶわよ~」

    男「何を考えているかわからんが。ナーグルに言っても喜ばないと思うが」

    ジョゼ「相変わらず朴念仁ね~」

    881: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 00:37:46.76 ID:rQlW+zRp0
    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>883

    883: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:51:09.76 ID:bGc9zEn4o

    レイティアは攻略対象外なのかな

    887: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 21:42:52.33 ID:rQlW+zRp0
    男「………ミーア」

    ミーア「っ!」

    男「話をしないか?」

    ミーア「あ、貴方と話すことなんか、ねーですっ!」

    男「待ってくれ!」

    ミーア「………私は、貴方の奴隷じゃねーです。だから言うことなんて聞かねーです」プイッ

    男「………奴隷なんて、思っちゃいない」

    ミーア「じゃあなんで私のやることを止めるんですか!? あれこれ口だして!! ダメだダメだって!!」

    ミーア「助けてもらったことには感謝してます。でもだからって私の人生をあげたつもりは―――」

    ミーア「私は―――私だけのものなんだからっ!!」ダダダッ

    男「………ミーア」

    男(ダメか…… 俺一人ではどうも追いつけないし。話を聞いては貰えないみたいだ)

    888: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 21:48:29.90 ID:rQlW+zRp0
    ~4年目 第18週~

    レイティ「はい、私たちにつかまってくださいねー」

    男「すまない。助かる」

    レイティ「そんなっ。我が主様のためならこれくらいたやすいですわっ」

    レイティ「俺たちの体を触ってくれるのは我が主様だけだし、うれしーからいいんだぜ」

    メイド「私の、仕事が………」ガクッ

    レイティ「我が主様の身の周りのお世話は全て我らがするのであるぞ」

    メイド「この泥棒………泥棒キメラッ!」

    レイティ「なんとでもいいなよ」

    889: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 21:51:42.61 ID:rQlW+zRp0
    男「さて今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>890

    890: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 22:05:26.69 ID:zbktR+dMo
    【外交を行う】 メルメル

    891: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 22:35:13.94 ID:rQlW+zRp0
    メル「むおんっ メルは今日も頑張るの~」

    メル「お~か~し~の~た~め~に~」

    お嬢「皆のために頑張ってくださいまし」

    メル「最近暖かくなってきたからテンションあ~っぷ~」

    お嬢「あら、北の方に向かいますから冷えますのよ?」

    メル「テンションだ~うん~」ガックシ

    ―――

    ――



    【成功】

    メル「お鍋が美味しかったの~」

    お嬢「冷えた体に暖かいお鍋、お魚がもっちりしてて美味しかったですの~」

    男「何しに行ったんだ」

    お嬢「もちろん要件は済ませてますわよ」

    メル「旅行気分でうふふ~」クルクル

    男「目的を果たせてるのなら、言うことはないが………」

    知名度【120】

    892: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 22:47:56.39 ID:rQlW+zRp0
    白鞘「ちと食い過ぎた感がある」

    お嬢「出ましたわね、諸悪の根源」

    白鞘「なんじゃいきなり」

    お嬢「貴方のせいで、無用な戦いばかり起きてますのよ」

    白鞘「責任もって食ろうておるからいいじゃろうが」

    お嬢「それが問題ですのよ! 人間達だけでなく亜人達まであなたのこと恐れてますのよ!?」

    白鞘「鬼が他に好かれようとは思わんぞい。儂は儂のために生きておるのじゃから」

    白鞘「それに雑魚ばっかりよこす向こうが悪い。あんな雑魚、全部食ろうてやらんと腹の足しにならん」

    白鞘「それにあんなんじゃ儂の傷も治らん」

    お嬢「はぁ、貴方が力を貸してくれてとても助かってはいるのですが………その火の粉が私たちに降りそそぐのですわ」

    白鞘「火の粉程度払えぬ弱者、生きる価値無しじゃろう」

    お嬢「本当この蛮族的思考………」

    白鞘「失礼な。この世で我を通すための力を持つものが正道となるのじゃ。弱きものの考えなどなんの役にも立たん」

    お嬢「そんな世の中を変えようとしているのです!」

    白鞘「ふんっ。生き辛い世の中、何が楽しいものか」

    お嬢「快楽だけで生きてく貴方とは違うのです」

    白鞘「あんまり儂を舐めると頭からボリボリ食ってやるぞ?」

    お嬢「私は邪道に曲げられるくらいならこの命、喰われて無くす方を選びますわ」

    白鞘「すぐ死ぬ人間のくせに」

    お嬢「だからこそできることを精一杯してるのです」

    白鞘「人間のくせに儂に逆らうとは、気に入らん。もしすべてが終わったとき、男と一緒にお前も喰らうてやるぞ?」

    お嬢「その時用にお酒も用意しておきますわ」

    白鞘「ぐぬぬ。減らず口ばっかり。あーもういい!! 酒じゃ酒ぇ!!」

    お嬢「はいはい。ミーアさん、お酒を」

    ミーア「え、嫌です…怖いです」

    白鞘「持ってこぬとその耳引きちぎるぞ!!」

    ミーア「ひやぁっ!!」

    893: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 22:48:54.84 ID:rQlW+zRp0
    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>894

    894: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 22:52:45.43 ID:Y33Id0CHO
    4レイティア

    895: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 22:56:42.50 ID:rQlW+zRp0
    レイティ「お呼びですかー 我が主様ー」スリスリ

    男「よせ。くすぐったい」

    レイティ「もしかして、抱いてくれんのか? ぽっ」

    男「今は無理だ」

    レイティ「なんだ。では何かしてほしいのかい?」

    男「話し相手になってほしいだけだ」

    レイティ「んふふ~♪ 我が主様と一緒にいれるなら何でもいいですよ~」

    男「そうだな、そういえば>>897

    897: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 22:59:54.37 ID:+QFX2Hz/o
    お前の好物は何だ

    898: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:05:13.48 ID:rQlW+zRp0
    レイティ「好きなもの………我が主様!」

    男「いや、そうじゃなくて好きな食べ物とか」

    レイティ「………食べ物って、美味しいの?」

    男「は!?」

    レイティ「食べ物っておいしくないから食べないようにしてますわ」

    男「…なに食べてるんだ?」

    レイティ「草とか…泥とか……あとなんだか酸っぱい匂いのするお肉なんか貰ってましたねぇ」

    男「こっちでは?」

    レイティ「食べなくても怒られないから食べてません!」

    男「………」クラッ

    男「よし、今からごはんを食べにいくぞ」

    レイティ「ひっ、わ、我が主様っ そ、それだけは」

    男「食べたら俺も何かしてやるから」

    レイティ「絶対、絶対ですよ!?」

    899: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:11:09.19 ID:rQlW+zRp0
    レイティ「くんくんっ。酸っぱい匂いしないっ!」

    メイド「喧嘩売ってます?」

    男「いや、まともなもの食べたことないらしい」

    レイティ「こっちの草は、なにがかかってますのコレ、我が主様の(ズキュンッ)?」

    男「違う違う違う。絶対違う」

    メイド「………いやがらせ、とかじゃないんですよね」

    男「単純に知らないらしい」

    レイティ「……生まれてすぐですもの。何も分かりませんわ」

    メイド「とにかく食べてみてください」

    レイティ「わ、わかったぜ。度胸がいるな、これ」オソルオソル

    レイティ「!!」モギュモギュ

    レイティ「気持ち悪くない!!」

    メイド「わーうれしくない賛辞」

    レイティ「気持ち悪くない! 気持ち悪くないです!!」モシャモシャ

    レイティ「うれしい!! うひゃーっ!」ガツガツ

    メイド「お代わりも食べるでしょ。体大きいし」

    レイティ「なんだこれ! なんだこれぇ!!」バリバリ

    メイド「それは皿。食べ物じゃない」ペシッ

    レイティ「これ味がない!」

    メイド「皿だっつってんだろ鳥頭」

    900: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:13:55.93 ID:rQlW+zRp0
    レイティ「気持ちよかった!」

    男「美味しいっていうんだ。気持ちいいじゃなんだかよくわからん」

    レイティ「美味しかったよ。メイドくん」

    メイド「それはどうも。覚えておきましょう。これが食事です」

    レイティ「食事は楽しい。うん、覚えました」

    レイティ「………! わぁ!!」

    男「次はどうした」

    レイティ「お腹痛くないっ! お腹が痛くないよっ! すごいやっ」

    レイティ「ごはん食べたらお腹痛くなくなったぜ! 料理ってすげぇやっ!!」

    メイド「………デザートもありますわよ」

    男「………いっぱい食べろ」

    レイティ「料理もっと食べる!!」

    901: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:16:44.75 ID:rQlW+zRp0
    レイティ「ありがとうございます。メイドさん」

    メイド「これが私の仕事ですから」

    レイティ「我が主様…」

    男「どうした」

    レイティ「どうやらワシたちは知らないことばっかりらしい」

    レイティ「見た目は普通じゃないが、せめて中身はふつうになりたい」

    レイティ「わたくしたちに、普通を、教えてくださいませんか?」

    男「あぁ。当たり前に幸せになってもらおう」

    レイティ「やっぱり、貴方は我が主様だわっ」

    レイティアの好感度【30/300】

    902: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:21:42.99 ID:rQlW+zRp0
    ~4年目 第19週~

    仕立て屋「わたくしの印象はそんなに薄いのでございましょうか」

    男「目立ちはしないな」

    仕立て屋「がーんでございますっ」

    男「表にあまり出てこないし」

    男「ほかの騒動を起こす連中と比べたらな」

    男「良いところでもあるのだが」

    仕立て屋「でもわたくし、カグヤ様と並んで影が薄いと………」

    男「ドッペルゲンガーと棟梁娘も薄いから大丈夫だ」

    仕立て屋「何も大丈夫じゃないのでございますぅっ!」ウルウル

    男「今度の祭りで影薄い連中で歌って踊れば、なんて」

    仕立て屋「それで、それで皆さまからの注目を浴びれるのなら!」

    男「………冗談のつもりだったんだが、やる気になってしまったか」

    仕立て屋「もう、あ、そういえば仕立て屋さんいたな。なんて言われないようにするのでございますよーっ!」メラメラ

    903: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/04(水) 23:22:26.49 ID:rQlW+zRp0
    男「さて今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>904

    904: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 23:48:50.21 ID:+/pWAEETo
    軍事
    ドラコ

    905: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/05(木) 00:09:02.80 ID:CDD4C3zz0
    ドラコ「お? 俺か。久々って感じがするな」

    男「訓練より実戦してたからな」

    ドラコ「まーな。といっても体が鈍っちゃいけねぇし基礎はいくらやっても無駄になんねぇ」

    男「任せれるか?」

    ドラコ「俺を誰だと思ってんだ。大船に乗ったつもりで任せておけよっ」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「最近見回りばっかりでやっぱり体が鈍ってたな」

    男「お前でもか」

    ドラコ「乱入してきた白鞘童子に全員ぼっこぼこにされちまった」

    男「それは鈍ってなくても同じだと思うぞ」

    ドラコ「いや、前ならあと10秒は耐えれた」

    男「しかし白鞘童子が乱入か。安全面に問題ありだな」

    軍事Lv3【60/700】

    919: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/07(土) 23:38:01.33 ID:RPkaJ6RF0
    ~4年目 第19週 休日~

    リオ「拙者が子供?」

    メイド「えぇ。というよりペットでしょうか」

    リオ「失礼なっ! 拙者は主君殿の右腕で」

    メイド「犬みたい」

    リオ「コボルトでござる!」プンスコ

    リオ「小さいかもしれないでござるが、種族の壁は越えれないでござる。、成長限界があるのでござるよ」

    メイド「ほかのコボルト達もなんだかペットだったり、召使だったり」

    リオ「そういう種族………いや、それは言い訳でござるな」

    リオ「とにかく拙者は拙者なりに、自分を通して生きてるのでござる」

    リオ「ただ、秘する事こそ花。沈むからこそ浮かぶものもあり」

    リオ「拙者はそういう風に生きることこそ望みなのでござるよ」

    リオ「大きく咲く大輪の花ばかりでは、ダメなのでござる」

    リオ「でも、ミーア殿やメイド殿が少しは羨ましいでござるなぁ」

    メイド「……思ったよりは、大人なのですね」

    リオ「失礼でござるっ!」

    920: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/07(土) 23:38:45.52 ID:RPkaJ6RF0
    男「さて、今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>921

    921: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:46:01.20 ID:yujwPb1go
    4古書娘にミーアのことについてを相談 可能なら間を取り持ってもらう

    922: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/07(土) 23:51:22.79 ID:RPkaJ6RF0
    古書娘「ミーアの恩人、ですか」

    男「所在がある程度は分かったのだが、助けれそうにはない」

    男「いや、助けれそうにないことはないのだが、それでもかなりの無理がある」

    男「このままではミーアは隙を見てそいつに会いに行くだろう」

    古書娘「なにが問題なのでしょう」

    男「その恩人がいる場所は亜人専門の特殊な娼館、それも城下町に位置する」

    男「そこに亜人がフラフラと入ってみろ。ただでさえ亜人に対する緊張感が増す今、ただでは済まない」

    古書娘「だから取り持てと、言うのですか」

    男「あぁ。ミーアのことについては、そっちも詳しいだろう」

    古書娘「えぇ。ミーアのことはいろいろと知っていますし、貴方よりずっと仲はいいです」

    古書娘「だからこそ、貴方の言うことに従いたくはありません」

    923: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/07(土) 23:59:15.88 ID:RPkaJ6RF0
    古書娘「ミーアさんのことは私がなんとかします。もちろんその恩人についても」

    男「何をする気だ」

    古書娘「手段はただ一つでしょう。プレゼントを開けるには包装を解かなければいけないように」

    古書娘「欲しいものを手に入れるためには、行動を起こさなければ。私にとっては武力行使」

    男「読書家の言葉とは思えないな」

    古書娘「家族の願いを叶えるためには、使えるものは使うでしょう」

    男「それでどうする。他の亜人にも迷惑がかかるぞ」

    古書娘「その知らない亜人のために、ミーアさんの思いを殺せと?」

    男「そう言っているわけではない」

    古書娘「いえ、そう言ってます」

    古書娘「貴方のことが大切だから貴方の望みを諦めろ。っていう貴方の望みでミーアさんを縛る」

    古書娘「ミーアさんにとってはその人が大切なのに。このことを分かっていない貴方にミーアさんとの仲を取り持つ気はありません」

    男「ミーアと共に助けにいったとして万事上手く行くとでも?」

    古書娘「残念ながら私に未来を見る力はありませんね。貴方もでしょうけど」

    古書娘「とにかく、言い訳で目を塞いでミーアさんを見ない貴方と話す言葉はもうありません」

    古書娘「お帰りを」

    男「待ってくれ」

    古書娘「待ちません。春告」

    春告「あいあいヨー」ウネウネ

    男「おい、やめろ春告」

    春告「古書娘には逆らえないのよー」ウネウネ

    春告「歯を磨いて寝ろーよー」ポイッ

    924: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:01:54.79 ID:ZZsGo/js0
    ~4年目 第20週~

    男「俺は間違って、いるのだろうか」

    レイティ「私たちにはわかりませんわ」

    レイティ「私たちにできるのは最後まで我が主様の味方でいることだけ」

    レイティ「ただそれだけですわ」

    男「……とにかく、できる事はやろう。助けてくれるか?」

    レイティ「うん。我が主様が僕たちを助けてくれたように、僕たちは我が主様を助けるよ」

    925: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:03:01.15 ID:ZZsGo/js0
    男「さて、今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>926

    926: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 00:10:20.49 ID:6w1nU+ygo
    ニケ外交

    928: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:16:22.76 ID:ZZsGo/js0
    ニケ「んーっ! 私は今日も元気だぜいえい!!」

    男「うるさい」

    お嬢「まぁまぁ、久しぶりですの」

    ニケ「なんだか最近よく眠くなってたけど、最近は元気なんだよっ!!」

    お嬢「眠く? あぁ、なるほど」

    男「その調子なら仕事を頼んでも大丈夫みたいだな」

    お嬢「道中が賑やかで楽しそうですわね」

    ニケ「荷物も持ってきたよっ!! お弁当に! 水筒に! ベルさんっ!!」

    ベル「はなして」

    ―――

    ――



    【成功】

    男「どうだった?」

    お嬢「わたくしだけで終わらせてきましたわ」

    男「ニケライトは?」

    お嬢「会議の場に連れていくわけにはいきませんし」

    お嬢「ただ子供たちのウケはよかったので価値はありましたわ」

    男「席に着くだけが交渉ではないということか」

    知名度【150】

    929: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:24:06.47 ID:ZZsGo/js0
    ~4年目 第20週 休日~

    発明家「調子はどうやー」

    男「悪くはない」

    発明家「車椅子も不便やろうし、改造してやろうかなーって思って来たんやけど」

    男「いや、それには及ばない。車椅子だからこそ誰かに頼ることができる」

    発明家「つまらへんなぁ。空飛んだりできるで」

    男「空は……連れて行ってくれる奴がいるからな」

    発明家「じゃあええわ。ところでその足、いろいろ調べさせてもらえへんか? 別室でゆっくりねっとりーなんて」

    レイティ「それは我らが許可をしない」

    メイド「お祈りをしなさい。それが今あなたができる最善のことよ」

    発明家「………うち、悪いことしてないやん」

    ギャーッ

    930: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:24:37.38 ID:ZZsGo/js0
    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>931

    931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 00:32:33.29 ID:OYouVyu6O
    5でその辺をぶらついてみたり

    932: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:34:59.95 ID:ZZsGo/js0
    男「散歩でもしてみるか」

    レイティ「我が主様。私たちがお手伝いしましょうか」

    男「いや、一人でいい」

    レイティ「そうですか」ショボン

    男「帰ったら、一緒に酒場にでも行こう」

    レイティ「! はいっ」

    933: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:39:33.23 ID:ZZsGo/js0
    キィキィ

    男「まだ体が治ってないのか。少し痛むな」

    男「もうそろそろ夏が来る。そうすれば向こうの本格的に動くだろう」

    男「あいつが来ないといいが」

    キィキィ

    男「………ん、ここは」

    ドッペル「あら、お祈りにきたのかしら。殊勝なことで結構」

    男「いや、ただの散歩だ」

    ドッペル「喜捨はいつでもウェルカムよ~」

    男「ただの、散歩だ」

    ドッペル「つまらないわねぇ」

    男(そういえばドッペルゲンガーならどこでも侵入できるのか」

    男(………どうする)

    >>934

    934: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 00:41:13.89 ID:3bQsMHUDO
    ミーアの恩人を探してもらうように頼む

    935: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:48:42.59 ID:ZZsGo/js0
    ドッペル「は? 街中に入り込んでくれって?」

    男「できるよな」

    ドッペル「そりゃあ私だもの。でもそれって良いこと? 悪いこと?」

    ドッペル「悪人ならともかく私は進んで暗殺なんてしないわよ。神様に顔向けできないもの」

    男「いや、暗殺なんかじゃない。調べてほしいだけだ。ある人を探している」

    ドッペル「人探し? 街中で?」

    男「あぁ、ミーアの恩人とやらがいるらしい。所在は分かっているが本人かどうか確かめたい」

    ドッペル「それくらいならいいわよ。ただ教会に寄付はしてもらうわよ。神様だってお腹が空いてしまうわ。空腹を満たすために必要なのはパン。パンを買うために必要なのはお金。先立つものって聖職者でも大好きなの」

    男「融通はする」

    ドッペル「交渉成立。それじゃ」ガシッ

    男「むぐっ」

    ドッペル「あんたの顔。借りるわよ」

    936: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:51:14.72 ID:ZZsGo/js0
    男(これで、ミーアと話す材料はできたかな)

    男「ただ、救出はいぜん変わらず困難、か」

    男「いくらドッペルでも難しいな」

    男「さて、どうしたものか」

    937: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:54:56.16 ID:ZZsGo/js0
    ~4年目 第21週~

    コバン「抱き着け…ない///」

    男「車いすだからな」

    コバン「背中……背中…っ///」

    男「車椅子を押せばいいんじゃないか?」

    コバン「たしかにそうすれば貴方には見られない。それにずっと一緒に入れるし、奉仕って言葉の響きは素晴らしい、あなたやお前と言い合う熟年夫婦のような息のぴったりさを披露することもやぶさかではない。だけどそれでも一つ重要大変な問題があってしまう。それは―――」

    レイティ「おはようございます。我が主様」ガチャ

    コバン「ほ、他から…っ 隠れれないぃ……///」

    男「なるほどな」

    938: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 00:55:48.59 ID:ZZsGo/js0
    男「さて、今週は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>939

    939: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 01:08:03.74 ID:6w1nU+ygo
    リオ村を発展

    940: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 01:20:40.72 ID:ZZsGo/js0
    リオ「ふぅ、そろそろ本気を出す時が来た」

    リオ「でござるな!!」

    男「どうした」

    リオ「本気の本気の本気の拙者を見せる時がきたでござる」

    リオ「素早く、確実に、そして丁寧に」

    リオ「指揮を執ることすら可能となった拙者。ニューリオネシアでござる」

    男「そうか。人が増えたから今まで以上にできるのか」

    リオ「拙者の力! でござるっ!!」

    ―――

    ――



    【成功】

    リオ「戦火の跡も、だいぶ直ってきたでござるね」

    リオ「こんなのがあっては不便以上に心に悪いでござる」

    リオ「拙者達がしたからこそ、誰よりも真剣に取り組まなければいけないのでござる」

    棟梁娘「あたいは直すだけさ。そこに正も義もなけりゃ悪なんてもんもないからね。言っている意味はわからないねぇ」

    棟梁娘「やりたいことはやってやるさ。兵隊さんにゃできないこと全部」

    リオ「拙者達は兵隊なんてもんじゃないでござる。いうなれば弱きものを救うヒーロー、でござる」

    棟梁娘「結果は一緒さ。壊れて燃えて、誰か死ぬ」

    村Lv3【80/700】

    941: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 01:24:55.63 ID:ZZsGo/js0
    ~4年目 第21週 休日~

    ドッペル「はい。確認とってきたわよ」ペラッ

    ドッペル「あと、深い心の傷を負ったから寄付は弾むように」

    男「これが、ミーアの恩人、なのか? 酷く………」

    ドッペル「見せないほうがいい、と思うわよ」

    ドッペル「あの子のためを思うなら、死んだと伝えるほうが良いと思う」

    男「そんな勇気が俺にあるとおもうか?」

    ドッペル「ないでしょうね」

    ドッペル「私だってないわよ。言うだけ言って責任逃れに逃げるのが、ドッペルゲンガーだもの。勇気なんてこれっぽっちもないわ」

    ドッペル「とにかく教会に帰って寝るから」

    ガチャ バタンッ

    男「これが、本人と決まったわけではないが」

    男「………」

    942: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 01:25:30.15 ID:ZZsGo/js0
    男「さて今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>945

    945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 01:45:52.07 ID:RzM+t76yo
    4 ミーア
    乙ー

    948: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 23:32:10.07 ID:ZZsGo/js0
    男「ミーア」

    ミーア「!!」

    男「ミーアの恩人の顔は………これでいいのか?」チラッ

    ミーア「え、あ」ジーッ

    ミーア「………っ」

    男「こいつなんだな?」

    ミーア「えぇ、はい。たしかに」

    男「そうか」

    ミーア「えっと、ありがとうございます」ペコリ

    男(さて、話はできそうだが)

    >>949

    949: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:41:50.28 ID:djqxuu9S0
    現在の状況を確認してきたが、かなり酷い状態だが詳しい話を聞く覚悟があるかと聞いてみる

    950: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/08(日) 23:49:54.97 ID:ZZsGo/js0
    男「どうなってるのか、知りたいか? 見た目よりもずっと酷いぞ」

    ミーア「はい………。知りたい、です」

    男「まず目だが客に暴力を振るわれ網膜剥離し、視力がほとんどない」

    男「骨も何度も折れて、癖付いてしまっている。内臓も傷ついているらしい。食事しても血と共に吐き出すそうだ」

    男「死なないのが不思議なくらいだ。人間と違ってよっぽど強いんだろうな」

    ミーア「………っ」

    男「見に行ってくれたドッペル曰くそれでももって今年中、下手すると売られてしまうかもしれないらしい」

    ミーア「売る、って?」

    男「―――殺すのが趣味の奴にだ」

    ミーア「うぇ―――」

    ミーア「見せて、くれて。ありがとうございます」

    ミーア「でも、それで、、けぷっ。何が、したいんですか?」

    男「これは」

    >>951

    951: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:09:11.29 ID:cXceeKu/o
    売られるか…
    ドッペルくノ一当たりと共闘して買い取る奴になりすまして掠め取れないかという事を考えつく

    953: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 00:20:29.82 ID:qrOIe9ow0
    男「売られるところを狙って、助け出す。それが一番現実的だと考えている」

    ミーア「それはいつですか?」

    男「……情報はくノ一を使って調べさせておくが」

    ミーア「今、じゃないんですよね」

    ミーア「彼女は今、苦しんでいるんですよ」

    ミーア「なのに貴方は状況が悪化するから。私が傷ついてしまうから、なんてことばっかで」ポロッ

    ミーア「やっぱり、貴方は、私を見てくれないんですね。私はあなたの奴隷じゃないし」ポロポロ

    ミーア「人形じゃないっ! 私は私ですっ! ミーアなんですっ!!」

    ミーア「もう近寄らないでくださいっ!!」

    ミーアの好感度【0/300】

    954: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 00:25:27.76 ID:qrOIe9ow0
    ~4年目 第21週~

    男「………」

    お嬢「くらーい顔、してますわね。たぶん」

    男「……そう、見えるか?」

    お嬢「見えますわ。動かないはずの仮面が泣いてるみたいですの」

    お嬢「嫌われるのは辛いですわよね。そんなあなたに良いニュースはないですけれど、悪いニュースを一つ」

    お嬢「ミーアがいなくなりましたわ」

    男「………!」

    男「探しに、探しにいって――「無理ですわ」

    お嬢「これを選んだのは貴方。みんなに危害が及ばないように考えた優しい貴方の答えですの」

    お嬢「為政者としては一番の答えですわ。素晴らしい。だからそれを覆すようなことはしてあげませんの」

    お嬢「どうです。痛いでしょう。上に立つものは」

    男「……あぁ、痛い」

    お嬢「では、今週の仕事は」

    男「今週は―――」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>955

    955: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:28:56.59 ID:muMn4I9P0
    わーお失敗したなぁ…ベルの時よりヤバいかも

    軍事ドラコ

    956: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 00:36:23.77 ID:qrOIe9ow0
    ドラコ「朝飯くってねぇから腹減った。仕事の前に飯でもいかねぇか?」

    男「いや、俺はいい…」

    ドラコ「どうした、体調でも悪いのか?」

    ドラコ「なら仕方ねぇな。体調悪い奴はゆっくり寝て、あとは俺に任せとけって」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「んだよ。まだ調子悪いのか? 風邪ひく時期でもないだろうに」

    ドラコ「どうした、喋るのも辛いのか? おいおい、寝てろって。俺がベッドまで連れてってやるよ」

    ドラコ「抵抗すんな抵抗すんな。はいはい、行くぞー」

    軍事Lv3【110/700】

    957: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 00:44:51.47 ID:qrOIe9ow0
    ~4年目 第21週 休日~

    お嬢「貴方の選択肢が最善。だから気に病む必要は―――いえ、失言でしたわ」

    お嬢「確かにミーアのことは残念でした。だとしても貴方にはあれ以上できませんわ。そうしたらわたくし達が敵に回ってましたもの」

    お嬢「だからもっとシャキッとしてくださいまし」

    男「わかってはいる。だとしてもだ」

    男「親しいものがいなくなる。その事実は慣れないんだ」

    お嬢「ナージャさんがいたら、いいのかしら」

    男「はは。ナージャがいたら、今の俺は殺されているだろうよ」

    お嬢「本望でしょう?」

    男「後ろ向きな考えだろう?」

    お嬢「女々しい以下ですわね。女はもっと強いですもの」

    男「耳が痛い」

    お嬢「耳を塞いでいないことはいいことですわ。ほら、何もしないからそうなるのですわ」

    お嬢「なにか、しないと」

    男「そうだな………」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    >>958

    958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 00:47:55.27 ID:s/x7YklDO
    8 ミーアの足どり

    962: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 00:58:01.25 ID:qrOIe9ow0
    男「くノ一」

    くノ一「あいなっ」

    くノ一「パンツ一枚でなんでもござれのくノ一ばいっ」

    男「……ミーアの足取り、掴めるか?」

    くノ一「お茶の子さいさいたいね。うちから逃げれるものはいないっちゃ」

    男「頼む」

    くノ一「じゃあお姉ちゃんのパンツを」フンス

    男「頼む………っ」

    くノ一「あー、仕方ないばいね。うちがやっちゃるけん、安心してよかとよ」

    くノ一「本気の仕事、ちゃね?」

    男「できるだけ迅速に頼む」

    くノ一「すぐ行ってくるっちゃ」シュンッ

    男「………頼んだ。くノ一」

    963: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 01:09:11.23 ID:qrOIe9ow0
    ~4年目 第22週~

    くノ一「足取り、掴めたっちゃ」

    男「どこにいるか分かったか」

    くノ一「捕まってたばい。それで奴隷市場に連れられていったっちゃ」

    男「助けてはくれなかったのか?」

    くノ一「無理ばい。うちができるのは暗殺だけ。戦闘は得意やないけん。それにミーアちゃん助けれたとしても亜人連れて街をでるのはでけん」

    くノ一「うちだって命が惜しか。見てることしかできんかったばい」

    男「そう……か」

    くノ一「忍者は現実家たい言うちゃるけど、もう無理っちゃ。それか、買ってくると?」

    くノ一「人間おるからできるけんども、外に連れ出すには危険ちゃ。うちらが暴れたせいで厳しくなっとーと」

    くノ一「進言するた、諦めるこっちゃね。ならっ!」シュンッ

    男「ミーア………」


    964: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 01:10:01.17 ID:qrOIe9ow0
    お嬢「はいお仕事の時間ですの!!」

    お嬢「今週はどうされまして?」

    男「今週…は」

    【軍事力強化】 体×20

    【村を発展させる】 技×20

    【外交を行う】心×20

    >>965

    965: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 01:11:44.17 ID:4jaHCCeAO
    外交メルメル

    966: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 01:16:36.48 ID:qrOIe9ow0
    メル「痛いの痛いのとんでけ~」

    男「いきなりなんだ?」

    メル「泣いてるのって、痛いからでしょ~」

    メル「怪我したの? 病気なの?」

    メル「でもメルは魔法が使えるから解決できるはずなの」フンス

    メル「痛いの痛いのとんでけーって~」

    お嬢「………行きますわよ。メルメル」

    メル「でも、男ちゃんの痛いの飛んでないの」

    お嬢「いいですから、行きますわよ」

    メル「んむ~」プクー

    ―――

    ――



    【大成功】

    メル「男ちゃんの痛い痛いをなくすために頑張ったの~」

    お嬢「えぇ、珍しくまじめに頑張ってましたわよ。そのおかげで交渉もスムーズにいきました」

    お嬢「これで亜人達の連合も見えてきますわ」

    男「そうか。ありがとうな、メルメル」ナデナデ

    メル「えへへ~」

    知名度【210】

    967: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 01:22:01.23 ID:qrOIe9ow0
    ~4年目 第22週 休日~

    お嬢「そういえばお給金渡すの忘れてましたわ」

    資金194G→494G

    男「最近忙しかったからな。金を使うことがないから困りはしなかったが」

    お嬢「今日も部屋に籠りますの?」

    男「………>>969」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.教育

    8.探索

    969: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 01:24:23.58 ID:7jcw/XOSO

    気晴らしにメイドと外出でもするか

    971: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/09(月) 01:27:14.96 ID:qrOIe9ow0
    ミーアは助けることが可能ですが、失敗すると大変なことになります。

    ミーアの言葉を良く聞いてください

    972: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 02:37:53.63 ID:muMn4I9P0
    乙、珍しくヒントが出たな…
    安易に助けに行くと全部ぶっ壊れそうだからなぁ

    街に攻め入る時助け出すとかしか思いつかん

    975: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:13:51.09 ID:zeSzAT3e0
    メイド「良い天気ですね。日向ぼっこができそうなくらい」

    男「そう、だな」

    メイド「………お父様、気晴らしに私を誘ってくれたのでしょう?」

    メイド「なのに上の空は、悲しいです」

    男「すまない…」

    メイド「謝ってほしいわけじゃないですよ。ただ私が今あなたといることを知ってほしいのです」

    メイド「隣に立ててうれしいはずなのに、お父様が私の隣に立ってくれないから、寂しいんです」

    男「情けない話だが、自分の行動で誰かが不幸になることは、本当に堪える。頭の中でいくら覚悟していてもどうしようもない」

    男「お嬢のように強くはなれなかったんだ。知らない大勢が救われるより、知っている人がいなくなるほうが嫌なんだ」

    男「またあの屋敷にいたころのようにやり直せたらなんて思ってしまう」

    メイド「お父様はもっと好きに生きて良いんですよ。人を救って、助けて、幸せにして」

    メイド「その先で貴方が不幸になる必要はない。自分ができるとこまでやればいいんです」

    メイド「もっと、好きに行きましょう。幸せじゃない人は人を幸せにできませんよ」

    メイド「行動理由なんて自分勝手でいいんです。トーラさんも、ナージャさんも、貴方の人生じゃないでしょう」

    メイド「………逃げませんか、私と」

    男「………メイド」

    男「>>976」

    976: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/13(金) 23:15:08.13 ID:WVvwMIMKo
    ・・・すまん

    977: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:21:30.00 ID:zeSzAT3e0
    男「………すまない」

    メイド「ふふっ、冗談ですよ」

    男「たちの悪い冗談だ」

    メイド「ここですべてを捨てて逃げようとしたら、怒ってました。とっても怒ってました」

    メイド「だから、貴方が昔と変わらなくてうれしいんです」

    メイド「無理をしてでも誰かを助けようとして、人間だから無理なことが多くて葛藤して」

    メイド「あれもかれも理解しようとするけど、できなくて挫けて」

    メイド「それでも立ち上がろうとする貴方が好きなんです」

    男「ありがとう、励ましてくれて。メイドの期待に応えるためにも頑張らないといけないな」

    メイド「はいっ。頑張ってください」ニコッ

    メイド「私が貴方を幸せにできるように頑張りますから」

    メイド「そうすれば皆幸せ、ですよね?」

    男「あぁ。みんな幸せで」

    男「―――良い世界だな」

    978: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:23:58.55 ID:zeSzAT3e0
    男「今日はいい気分転換になった。さすがはメイドだ」

    メイド「貴方を誰よりも知ってますもの」

    メイド「味わったことはありませんが、大きさは知ってますし?」グッ

    男「………何の話だ」

    メイド「うふふ~」

    メイド「それではおやすみなさい、お父様」

    男「お休み、メイド」

    979: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:30:27.15 ID:zeSzAT3e0
    ガチャッ

    男「…誰だ?」

    白鞘「儂じゃよ」

    男「なぜ俺の家に」

    白鞘「儂は嘆かわしくて嘆かわしくてのう」

    白鞘「罪もなき少女が、こんな目にあってある世界が!!」

    白鞘「人間も亜人も、一緒くたに物以下の扱いをされる人間達の世界が!!」

    白鞘「そんな現実から目をそらすお主が、嘆かわしくてたまらんのよ!!」

    男「しかし、場所が「我がままを押し通す力がないと!?」

    白鞘「儂の腕を落とした人間が何を言うのか!!」

    白鞘「気に入らん不条理を、自分にはできないからと諦めて!! 目を閉じて耳を塞ぐ人間らしさを!!」

    白鞘「お主が口にだすでないわっ!!」

    980: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:37:41.63 ID:zeSzAT3e0
    白鞘「立ち上がれば痛い。立ち向かえば傷がつく、ともすれば死ぬ」

    白鞘「だが、それは誰でもできる。子供でも、大人でも、老人でも、人間でも、亜人でも!!」

    白鞘「前に進むことができるのに、なぜしない。世界を変える男が、それでいいのか!? いいや良くない!!」

    白鞘「諦めで生を拾うより、相手の喉元にかみついてでも死を押し通す力が我らであろうがっ!! 不条理には笑って立ち向かうのが我らであろうがっ!」

    白鞘「儂の手を取れ、男よ。嫌とは言わせぬぞ」

    白鞘「誰のためでもない、お主のために儂の手を取れっ!!」

    男(白鞘童子がいれば、もしかするとミーアを助けることはできるだろう)

    男(だが多くの血が流れることは確かだ。亜人への風当たりを強めることにもなる)

    男(お嬢たちにも迷惑がかかるだろう。個人の感情で流されてはいけない)

    男(俺はもう、一人じゃないだろ。俺だけの俺じゃないだろ?)

    男「俺は………」

    >>981

    981: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/13(金) 23:38:49.96 ID:myXAlHjho
    ミーアを助ける

    983: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:49:18.24 ID:zeSzAT3e0
    ガシッ

    男「ミーアを助ける。それで、誰かが傷つけばそいつも助ける」

    男「皆、幸せ。そうだろ?」

    白鞘「それでこそよ! 己が意思を通せねば死ぬ方がマシじゃ! 駆けるぞ男!」

    白鞘「笑って死のうぞ! 戦の果てにて全てを成し遂げ、暁に死ねっ!!」

    白鞘「それでこそ生の価値あり! 死の意味あり!!」

    男「責められようとも不埒に笑って、語らずに死ね。だろう?」

    白鞘「うむっ! 前のお主に戻ったのう。今度は儂の息の根すらも止めれるんじゃないかの?」

    男「鬼を殺せなきゃ、無理を通すことも出来やしないだろう?」

    白鞘「かっかっか。言いおるわ。さて、思い立ったが吉日じゃ」

    男「鬼が験を担ぐものか?」

    白鞘「鬼は信心深いぞ?」

    男「意外だ」

    白鞘「なんじゃお主」

    984: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:55:05.90 ID:zeSzAT3e0
    白鞘「さぁ、戦じゃ戦」ガチャッ

    レイティ「私たちも連れて行ってくださいませっ」ガシッ

    白鞘「うぬっ!? なんじゃお主は!」

    レイティ「あ、間違えましたわ」

    レイティ「こほんっ。俺たちも連れてってくれよ、なぁ!?」ガシッ

    男「いや、お前を巻き込むわけにはいかない」

    レイティ「置いて行かれるほど、残酷なことはないっ。僕たちは我が主様と一緒に行くんだっ」

    レイティ「………わがまま、押し通す力がいるんでしょ。あたしたちだって押し通せる」

    レイティ「我が主様についてくわがままを押し通す力があるもんっ」

    男「レイティア…」

    レイティ「だから置いてかれてもついてくから、絶対にね」

    白鞘「許可を取る必要はない。生きたいように生き、死にたいように死ね」

    白鞘「それが我らモノノフよ」

    男「そう、だな。一緒に行くか。レイティア」

    レイティ「―――はいっ!!」

    985: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/13(金) 23:57:28.74 ID:zeSzAT3e0
    このスレはここまでで。

    次スレも似たような名前で付けるとおもうのでその時もよろしくお願いします。

    とりあえず、残りのコメントに好きなキャラを書いてくださると、次スレ用にお話し作っときます。

    よろしくお願いします。

    986: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:08:24.10 ID:tkL0GSKWo
    乙です
    これゲームだったら愛情度表示された所でセーブ作って全員のエンド周回したいわ
    ベルが大外から刺しきってゴールとか
    ええベルくん(とニケ)が好きです

    987: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:15:46.47 ID:VdSEuY7go
    メイドさんは良い女

    988: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:16:02.06 ID:0vkeG2RMo
    乙でした
    やっぱりミーアが好きです
    何とか助けたい

    989: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:21:04.32 ID:+qz47qdRo
    おつ
    後輩

    990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:24:24.81 ID:0ZxJbnglO
    ベルグレインとレイティアが幸せにしたい娘ランキングトップ

    991: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 00:25:20.81 ID:3TWWh3suO

    乙女度合いが上昇中のナーグルの話が読みたいですよ私は

    992: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 01:02:48.73 ID:ufVHmOJGO

    ベルニケ尊い、メルメルは天使。てかみんな天使

    993: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 02:47:21.60 ID:3Vmy/I55o
    堕天使から力天使よりどりみどり
    リオネシアとむびょーれんがイチオシーよ
    おつ

    994: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 03:42:33.74 ID:AE1ubk0IO
    白鞘と男の殺し合い、もとい語り合い?
    この二人の会話好きだわー殺したい程愛してるって感じで

    995: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 04:09:56.95 ID:E/8jF8iCO
    乙ー

    996: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 08:02:58.17 ID:FrJvRr0+o
    ミーアと古書娘

    997: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 11:23:45.65 ID:C6p3d9hWO
    乙乙
    メイド、ニケ、レイティアかなあ
    あと地味に仕立て屋さん

    998: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 13:19:47.88 ID:YK7ojCZDO
    ナーグルが一番好きです

    999: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 13:26:11.07 ID:dQ2bHpVDO
    何だかんだでミーア・リオネシア・ドラコの初期の亜人たちが好き

    1000: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 13:28:08.96 ID:3nIQR+pxo
    >>1000なら大団円

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    引用元: 男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (770)
    男女 (62)
    幼馴染 (14)
    兄妹 (21)
    姉弟 (2)
    姉妹・女女 (9)
    父母・夫婦・子供・家族 (28)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (207)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (92)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (94)
    擬人化・人外・動物・ロボット (70)
    著名人 (25)
    ブーン系 (12)
    おんJ・なんJ (131)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (863)
    シンデレラガールズ (607)
    ミリオンライブ (119)
    シャイニーカラーズ (38)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (8)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (57)
    ガールズ&パンツァー (80)
    かぐや様は告らせたい (6)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (113)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (23)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (1)
    グランブルーファンタジー (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (2)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (28)
    けものフレンズ (8)
    コードギアス (3)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (8)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    こち亀 (2)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (3)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (3)
    STEINS;GATE (12)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (3)
    進撃の巨人 (5)
    新世紀エヴァンゲリオン (6)
    スクールガールストライカーズ (5)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (7)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (7)
    ちびまる子ちゃん (5)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (8)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (30)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (4)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (3)
    化物語 (1)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (3)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (29)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (15)
    BLACK CAT (2)
    プリキュア (6)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (62)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (7)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (3)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (11)
    遊戯王 (19)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (12)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (86)
    リトルバスターズ! (2)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (8)
    笑ゥせぇるすまん (22)
    ワンピース (11)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (24)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (1)
    ウマ娘 (3)
    はたらく細胞 (2)
    志衛 (5)
    BLEACH (1)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    BLACK LAGOON (2)
    ぼくたちは勉強ができない (17)
    あそびあそばせ (1)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    イナズマイレブン (2)
    School Days (1)
    魔法少女俺 (1)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    キン肉マン (1)
    ゾンビランドサガ (1)
    銀魂 (1)

    タグクラウド


    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク