FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    まどか「ほむらちゃんが泣いてる……」

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:25:15.68 ID:TkA9iyS70

    ガタッ

    ほむら「!」ホムッ

    まどか「……あ」

    ほむら「……まど」

    まどか「ご、ごめん、ごめんね!」

    バッ
    タタタッ......

    ―――――
     ―――――




    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:28:41.67 ID:TkA9iyS70

    まどか「(……ほむらちゃん、どうして)」

    たまたま、教室に忘れ物を取りに帰ったときだった。
    まどかの机の前に立ち、ほむらはぽとぽとと。涙を落としていた。
    静かに静かに、声を押し殺して。

    驚いて、思わず声に出て、結局何も取りに帰らずに逃げるようにして出てきてしまった。
    まどかは下駄箱で立ち止まると、小さく息を吐いた。
    荒かった息が徐々に元に戻っていく。

    まどか「(……あの時、なんて言えばよかったんだろう。せめて大丈夫?くらいは声かけるべきだったよね)」


    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:32:33.17 ID:TkA9iyS70

    まどか「……」

    どうして逃げてしまったのか、まどか自身も正直よくわからなかった。
    ただ、ほむらの泣き顔が妙に苦しくて堪らなかった。
    自分の胸も、締め付けられるようで。

    元々人の涙を見るのは苦手な性質なのだ。
    誰かが泣くなら自分が代わりに泣く方がいい、なんて思ってしまう。

    それに、いつもあのクールなほむらが泣いていたのだから。
    それできっと、取り乱してしまったのだ。
    ほむらも酷く怪訝に思ったに違いない。いや、嫌な気分になっている可能性だって。

    まどか「……教室、戻らなきゃ」

    戻って、きちんと謝ろう。
    それからどうしたのと訊ねて――


    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:35:16.02 ID:TkA9iyS70

    ほむら「……」

    まどか「ほ、ほむらちゃ……」

    振り向く。
    さっきまで泣いていたはずの、ほむらがいた。

    硬直する。いつもの冷たい視線がまどかを射抜く。

    まどか「……あの、」

    ほむら「さっきのこと」

    まどか「え?」

    ほむら「気にしないで」

    視線と同じ冷たい声で。ほむらは言った。
    「でも」
    そう言い掛けて止める。聞かれたら嫌なことなのかも知れない。それに――
    ほむらの視線が、何も聞くなと、そう言っていたから。


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:40:27.55 ID:TkA9iyS70

    まどか「……わかった」

    ほむら「あと……」

    まどか「うん?」

    ほむら「……何でもないわ」

    さらっ。
    髪を後ろに流すと、ほむらはいつもどおり、悠然とした足取りでまどかの横を
    通り過ぎていく。
    けれど、その背中が少し、いつもよりも小さく感じたのは気のせいなのだろうか。

    まどかは何も言えなかった自分を心の中で叱ると、もう一度、小さく息を吐いた。



    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:44:08.18 ID:TkA9iyS70

    まどか「ねえ、キュゥべえ?」

    ぴょこん。
    ベッドの脇から、白い毛をした不思議な生物が顔を出す。
    真っ赤な瞳が、まどかを見詰める。

    QB「どうしたんだい、まどか?」

    まどか「……キュゥべえ、言ってたよね」

    QB「何をかな?」

    まどか「ほむらちゃんのこと……まったくのイレギュラーだって」

    QB「あぁ、彼女のことか。そうだね、僕にも彼女のことはよくわからないよ」

    まどか「……ほむらちゃんって、強いんだよね」

    QB「それはどうかな。魔法少女としてはかなり高い能力を持っているとは思うけれど、
      君の言ってる強さがどの強さかわからないからなんとも言えないね」

    まどか「……そっか」

    QB「突然だね。気になるのかい?暁美ほむらのことが」


    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:49:42.19 ID:TkA9iyS70

    まどか「……うん」

    気になる、と言ったらきっと気になるんだろう。
    たぶん、これまでだって何となく、ほむらのことが気になっていた。
    それは別におかしな意味じゃなく。

    まどか「……仲良く、なれないのかなあ」

    今日、初めて本当にそう思った。
    元々ほむらにあまり好かれていないような気がしていたから、あまりまどかは
    ほむらに近付かないようにしていた。もちろん、それは不自然な距離ではなくって。

    まどかは、それはそれでいいと思っていた。
    普通に話して、普通にクラスメートとして過ごす……。
    けれど。

    ほむらの泣いている姿が、どうしても頭から離れない。


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 13:55:31.02 ID:TkA9iyS70

    それで仲良くなりたいなんて思うのは、変だとわかっている。
    いや、きっと仲良くなりたいわけじゃない。

    まどか「(……守りたい、のかな。ほむらちゃんを)」

    自分じゃ守るだなんて言えない。
    けれど、せめて抱き締めたい……そう思った。
    ほむらの細くて今にも崩れそうな身体を包み込んであげたい、と。

    まどか「……私、おかしいのかなあ」

    QB「さあ、それはどうだろうね。ただ、まどか。ほむらと仲良くなりたいなんて、
      ハードルが高すぎるように思うな。なんなら僕と契約して」

    まどか「それは遠慮しとくよ」


    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:03:33.94 ID:TkA9iyS70

    QB「それは残念だね」

    まどか「……おやすみ」

    がばっと頭から布団を被る。
    キュゥべえの声から逃れるように、はたまた自分のおかしな思考を遮断するように。

    「僕はいつでも待ってるからね」

    遠くの方で、そんな声が聞こえた。
    けれど目の前には放課後のほむらの姿。

    まどか「(……ほんと、どうかしてるのかな、私)」



    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:07:36.19 ID:TkA9iyS70

    次の日。
    洗面所の前、きちんと髪を結っていると、絢子が眠そうに入ってきた。

    まどか「ママ、おはよう」

    絢子「あぁ、おはよう」

    まどか「今日は遅いんだ……って、どうしたの?」

    食い入るように我が娘を見詰める絢子に、時折おかしな行動をとる母親に慣れているまどかも
    流石に少したじろいだ。

    絢子「いや……あんた、今日はやけに気合入ってるなって思ってさ」

    まどか「え?これのこと?」

    絢子「そう。まどか、いつもそんなに綺麗に結んで無いじゃないか」

    まどか「そ、そんなことないよ」

    絢子「でも、今日はかなり気を遣ってただろ?」

    まどか「それは……まあ」


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:11:41.80 ID:TkA9iyS70

    何となく気恥ずかしくなり、まどかはさりげなく視線を逸らすと頷いた。
    絢子が隣に立ちながらしきりに「そうかそうか」と頷いている。

    まどか「何が?」

    絢子「仁美ちゃんやさやかちゃんだけじゃなくって、あんたにも春が来たのかってさ」

    まどか「えぇ!?どうしてそうなるの!?」

    絢子「違うの?」

    まどか「ち、違うよ!」

    別にそんなつもりだったわけじゃない。
    ただ、そう……何となく。いつもよりも身嗜みに気を遣ってみただけだ。
    不意にほむらの横顔が浮かび、よけいに恥ずかしくなる。

    まどか「(何も変わらないだろうけど……こうしたらほむらちゃんと少しでも話せるかなって)」

    まどか「(そう、思っただけで……)」


    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:19:40.38 ID:TkA9iyS70

    絢子「じゃあなんだ?」

    まどか「お呪い、みたいなもの、かな……」

    絢子「ほう。あんたら好きだねえ、そういうの」

    まどか「女の子だったら誰でもそういうの好きなの!」

    絢子「あたしは女じゃないみたいな言い方だな!」

    まどか「ま、ママは……今日もお化粧素敵だね!」

    絢子「化粧だけか」

    バタン

    ―――――
     ―――――

    まどか「行ってきまーす」

    今朝は、昨日よりもだいぶ気分が良かった。
    絢子にリボンを褒められたこともそうだし、自分でも上手く出来たと満足して。
    けれど、学校が近付くにつれて徐々に心に雲がかかっていくようだった。

    まどか「(はあ……昨日謝りそびれたこと今更謝るのってどうなんだろう。それに、
         ほむらちゃんは気にしないでって。……でも他に会話の糸口ってあるのかな)」


    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:25:26.79 ID:TkA9iyS70

    さやか「お、まどかきたきた」

    まどか「あ、さやかちゃん、仁美ちゃん」

    仁美「まどかさん、少し走らないと遅れるんじゃありませんこと?」

    まどか「えっ」

    いつのまにかとぼとぼと歩いてしまっていたらしい。
    時計を見るといつもよりも数分遅い。待ち合わせ場所には、さやかと仁美の待ちくたびれたような姿。
    まどかは「ごめん!」と慌てて走り出した。

    「もう」と笑いながら先にさやかたちが歩き出す。
    あと数歩で追いつきそうになったとき――

    まどか「わっ」

    さやか「え、まどか!?」

    少し先に、ほむらの後ろ姿が見えて。
    足が、縺れた。

    仁美「危ないっ」

    咄嗟に差し出された仁美の手を掴もうとした。
    しかし、その手も外れ、まどかは派手に転んでしまった。


    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:32:02.48 ID:TkA9iyS70

    まどか「ったたた……」

    さやか「うわあ、派手に転んじゃったねえ、あんた」

    仁美「大丈夫ですか?まどかさん」

    まどか「う、うん……」

    段々とさやかたちの背後に見えるほむらの背中が見えなくなっていく。
    もうその背中は、昨日のように頼りなげではなく。
    何となくほっとするような、残念なような。

    仁美「膝を擦り剥いちゃいましたのね、血が出てますわ」

    まどか「うん、けどこれくらい平気だよ」

    よっ、と声に出して立ち上がる。
    平気とは言ったものの、びりっときた痛さに思わず顔を顰めてしまった。

    さやか「あんま平気じゃなさそうだけど?保健室、行く?」

    まどか「うん……」


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:40:28.53 ID:TkA9iyS70

    気分がいい、なんて本当に束の間。
    まるで地獄のどん底にいるような気分になる。
    さやかに肩を貸してもらいながら、人の気持ちはつくづく不思議だな、
    なんておかしな考えが頭の隅に浮かぶ。

    まどか「(……ほむらちゃんだって、人間だもんね。たまには泣きたい時とか、あるのかも)」

    ぽたぽたと落ちる血が、昨日見たほむらの涙へと変わっていく。
    やっぱり、どうかしてるのかもしれない。
    そんなことを思いながら、まどかはずるずると足を動かし始めた。

    ――――― ――

    保健室には誰もいなかった。

    さやか「うわあ、鍵開いてたのに誰もいないって、かなり物騒だよね」

    仁美「でも、今は助かりましたわ」


    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:43:12.93 ID:TkA9iyS70

    さやか「まあ、そうだね。まどか、座れる?」

    まどか「そこまで大袈裟じゃないって」

    仁美「そんなことないですわ。血が溢れて……」

    仁美が言いかけたとき、その声と被るようにチャイムが鳴り響いた。
    始業のチャイムだ。

    さやか「やばっ、鳴っちゃった……」

    仁美「早く治療して」

    まどか「う、ううん、いいよ二人とも!先に教室行っておいて。私、自分でしてすぐに行くから」

    さやか「大丈夫なの?」

    まどか「たぶん、平気だと思う」

    仁美「でも……いいんですの?」

    まどか「先生に何も行って来て無いし三人とも遅刻にされちゃうでしょ?」

    仁美「……わかりましたわ」

    ガラガラッ
    バタン、


    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:51:24.08 ID:TkA9iyS70

    まどか「……はあ」

    二人が出て行った後、思わず零れ出た溜息。
    どうして朝からこんなふうになってしまうのか、と自問する。
    もちろん、答えなんて見付からない。

    まどか「とりあえず血、止めなきゃ……」

    よいしょと立ち上がり、勝手に保健室の備品を漁り始める。
    箱型のティッシュを数枚抜き取って膝に当てるが、早く教室に戻らなきゃ、と焦るほど
    血は止まってくれない。

    まどか「どうしよう……」

    呟いたときだった。
    がらっと音がして、誰かが保健室へ入ってくる。

    まどか「せんせ……ほむらちゃん」


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 14:57:07.68 ID:TkA9iyS70

    ほむら「……」

    少し顔色の悪いほむらは一度、まどかに目をやるとすぐに逸らした。
    何となく居た堪れない気持ちになる。

    まどか「……ほむらちゃ」

    ほむら「どうしたの?」

    まどか「え……あ、私?私、ちょっと転んじゃって……ほむらちゃんこそ授業は?
        そろそろ始まってるんじゃないのかな」

    ほむら「えぇ。けど、少し気分が悪かったから」

    まどか「……そう、なんだ」

    沈黙がおりる。
    まどかはどこを見ればいいのかわからず、視線をあちらこちらに動かす。
    不意に、ほむらの手に視線が止まる。右手に、傷跡。

    魔法少女という単語が、まどかの気分をますます重くさせる。

    ほむら「……血、止まらないの?」

    まどか「えっ、あ、うん……」


    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 15:14:53.27 ID:TkA9iyS70

    まどかの視線に気付いたのか、ほむらはさりげなく傷跡を隠すように手を後ろにした。
    そのまま、まどかの側に近付いてくる。

    ほむら「そんなので止血してたら黴菌が入るわ」

    まどか「えっ、でも……」

    ほむら「ここにこれが、あるから」

    保健室のことは、なんでも知っているようだった。
    まだ転校してきてあまり経っていないというのに。

    手際よくまどかの膝を治療して行くほむら。

    ほむら「消毒、しみると思うけど」

    まどか「だ、大丈夫」

    いつのまにか、さっきまではまったく止まらなかった血が止まっていて。
    その代わりに、心臓はさっき以上にばくばくとしたままだった。


    43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 15:19:19.22 ID:TkA9iyS70

    ほむら「これで大丈夫だと思う」

    まどか「……ありがと、ほむらちゃん」

    ほむらの手が離れる。
    まどかはほっと息を吐いて言った。

    まどか「(ほむらちゃんが、話しかけてくれた。それに手伝ってくれたし……)」

    まどか「(このまま、教室に戻りたくないな、なんて……)」

    ほむら「保健の先生は」

    まどか「あ、いないみたい……。私、勝手に入っちゃって」

    ほむら「……そう」

    まどか「……うん」


    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 15:24:50.43 ID:TkA9iyS70

    ほむら「……教室、戻らなくていいの?」

    まどか「え?」

    ほむら「――美樹さやかや、志筑仁美、待ってるわよ」

    まどか「……あ、うん。そう、だよね」

    まどか「(二人に待たせちゃ悪いし、もう授業始まってるし……ほむらちゃんも、ずっとここに
         私がいたら迷惑、だよね)」

    苦笑する。
    少しだけ思いあがってしまった自分が、恥ずかしくなる。
    もしかしたら、今のは昨日のことでほむらが自分に何か負い目を感じているからだけなのかも知れない。
    だとしたら、よけいにここにはいないほうがいいだろう。

    まどか「……私、戻るね」


    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 15:50:01.82 ID:TkA9iyS70

    ほむら「……」

    ほむらはもう何も言わなかった。
    立ち上がる。ガーゼの貼られた膝に、また小さく痛みを感じた。

    ―――――
     ―――――

    さやか「まどか、大丈夫だった?」

    まどか「うん、ありがと」

    仁美「良かったですわ」

    一時間目の授業が終わると、まどかは早速飛んできたさやかたちに囲まれた。
    二人の友人の側にいても、けれどまだ痛みは消えない。

    仁美「授業が始まった直後、突然暁美さんが保健室へ行くって」

    まどか「え?」

    さやか「転校生、結構あんたのこと気にしてるぽかったからまた何かちょっかい出されてんじゃないかって心配でさ」


    54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 16:07:14.92 ID:TkA9iyS70

    まどか「そ、そんなわけないよ。大体、ほむらちゃんが私のこと気にしてるわけないって」

    さやか「そう?あたしにはそうは見えないけどなあ」

    仁美「でも確かに暁美さん、人とあまり関わるタイプではありませんしね」

    まどか「うん、そうそう。だから絶対そんなこと、ないよ」

    さやかの言葉に一瞬ドキッとしてしまった。
    でも、もし本当にほむらが自分のことを気にしてくれていたのなら――

    まどか「……本当にそうなら、嬉しいけどね」

    さやか「えぇ!?なんでさ」

    まどか「なんでだろ、でもほむらちゃんと仲良くできたら、嬉しいでしょ?」

    さやか「うーむ……時々あんたの考えはわかんないわ。仲良くしてても面倒臭いタイプじゃん?」

    仁美「さやかさん」

    さやか「だってさあ」

    まどか「でも……きっといい子だよ」


    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 16:13:06.81 ID:TkA9iyS70

    根拠なんて、ない。
    だけど、なんとなく。そんなふうに思ってしまう。

    さやか「そうかねえ」

    仁美「まどかさんがそう言うんならそうなんですわよ、きっと」

    さやか「なんで」

    仁美「だって、私があなたと仲良くなったのも、まどかさんが『さやかちゃんはいい子だよ』って
       言ってくれたからじゃありませんこと?まどかさんがそう言わなければ私きっと」

    さやか「うわあ、その先は言うのやめて!」

    まどか「へへっ、私の言うことは当たるもん」

    さっきよりも、心が軽くなった。
    本当に、人の気持ちはつくづく不思議。

    まどか「(後でまた、ちゃんとほむらちゃんに話してみよう……)」

    二時間目のチャイムが鳴る。
    その音を聞きながら、まどかは思った。



    58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 16:21:10.50 ID:TkA9iyS70

    放課後。

    さやか「よし、まどか。帰るか!」

    まどか「あ、うん……」

    仁美「どうしたんですの?キョロキョロして」

    まどか「えっと……ごめん、今日用事があるから先に帰ってもらえないかな」

    さやか「いいけど……なに?誰かにラブレターでも貰ったか!?」

    まどか「ち、違うよ!?」

    さやか「ほーう?朝から思ってたんだけど、まどかが急に可愛くなったからさ。
        いや、元々可愛いけど、あたしの嫁は!」

    まどか「も、もうさやかちゃんったら……」

    仁美「そうですわよ、さやかさん。破廉恥です」

    さやか「お、仁美は嫉妬かい?」

    仁美「お、おかしなこと言わないで下さい!」


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 16:24:22.11 ID:TkA9iyS70

    さやか「あら恐い!――で?」

    まどか「え?」

    さやか「まどかが急にリボンの色変えたりした理由!」

    まどか「理由って、別に……ママにも聞かれたよ、それ」

    さやか「まあそりゃあ気になるわよねえ、恋でもしたのかなってさ」

    まどか「な、なんでそうなるの!?」

    さやか「若しくは気になる人がいるとか」

    仁美「私もそれは思ってましたわ、まどかさん」

    まどか「え?え?えぇ!?」

    慌てて首を振る。そんなわけない。
    確かに、気になるのは気になる――のかも知れないけれど、恋だなんて。

    まどか「だいたい、女の子だもん……」

    さやか・仁美「えっ!?」


    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 18:53:53.54 ID:zFZwli+H0

    そう、相手は女の子。
    恋なんて、そんなものじゃない。
    もちろん同性が好きな人がいることだって知ってはいるけれど、自分はそうじゃない、はずだ。

    さやか「……あぁ、えーっと?」

    仁美「なるほど……お相手は女の子なんですのね」

    まどか「え、だから仁美ちゃん……」

    仁美「それで、まどかさんの心を射止めたのは今朝の話にも出てきた暁美さんじゃありませんこと?
      今日の用事というのも暁美さん絡みなんじゃ」

    まどか「なっ……」

    知らず知らずのうちに赤くなる。
    決してそんなことはないというのに。

    さやか「なるほど……だからまどかはあんなにあの子のこと庇ったわけだ!」

    まどか「だからそれは誤解で……」

    ガラッ
    後ろの教室のドアが、開いた。


    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 18:56:33.62 ID:zFZwli+H0

    仁美「ほら、ご執心中の暁美さんの登場ですわ」

    まどか「えっ……」

    背中を押される。
    背後で、「でも転校生って意外にモテるよね、女の子に」というさやかの声が聞こえた。
    その意味がよくわからない。振り向きかけて、けれどバランスがとれずにそのまま前に身体が動いてしまう。

    まどか「……わ、とと」

    ほむら「……」

    ほむらの足元が見えた。
    顔を上げられずにいると、擦れ違い様、仁美の申し訳なさそうな「ごめんなさい」

    まどか「え?」

    仁美「……ほんの冗談のつもりだったのだけど……まどかさん、暁美さんと仲良くなりたいって
       言っていたから」


    88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 18:58:52.19 ID:zFZwli+H0

    手を振り、教室を出て行く仁美たち。
    まどかは「そっか」と思った。同時に可愛いなあ、とも。
    “復讐”のやり方が些か強引な気もするけれど。
    仁美は敵に回すと怖いタイプらしい。

    まどか「(仁美ちゃん、さやかちゃんが私のことばっかり言うから、本当に妬いてたんだなあ)」

    いっそさやかと仁美、付き合っちゃえばいいのに、なんて思う。
    二人とも女の子じゃなかったらきっとお似合いだったはず、と。

    ほむら「……鹿目まどか?」

    突然、声が降って来た。
    それでやっとまどかは自分がずっと俯いていたことに気付いた。


    92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 19:03:46.92 ID:zFZwli+H0

    まどか「あ、ほむらちゃん……」

    ほむら「帰らないの?」

    ほむらがさっきさやかたちの出て行ったドアのほうに目をやる。
    まどかは顔を上げながら曖昧に頷いた。

    まどか「えっと……帰る、けど」

    普段なら、ここで「ほむらちゃんも一緒に帰らない?」と言えるのに。
    さっきの仁美の言葉が、冗談だとはわかっていても邪魔をして中々声が出てこない。

    妙に意識し出すと止まらないものらしく、まどかはいじいじと忙しく手を動かしながら、
    なんとか切り抜ける言葉を必死に探す。


    94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 19:08:33.22 ID:zFZwli+H0

    ほむら「帰る、けど?」

    まどか「う、うん……足、痛いっていうか」

    ほむら「……今朝怪我したところ?」

    まどか「そう、なんだけど」

    ほむら「気をつけたほうがいいわ、家に帰ったらもう一度消毒してガーゼも貼り直して」

    まどか「わかった……あの、ほむらちゃんって、色々……詳しいんだね」

    ほむら「……」

    ほむら「そうね、そうかも知れないわ」

    さらっ。
    癖なのか、髪を後ろに流すとほむらは頷いた。
    その様子が、少し不安定に思えた。
    それからすぐにほむらは自分の机まで歩くと、鞄に荷物を詰め始める。

    まどか「(ほむらちゃん、帰っちゃう……)」


    95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 19:11:48.55 ID:zFZwli+H0

    ほむらが、鞄のチャックに手をかける。
    そのまま全部閉めてしまい――

    ザアッ...

    ほむら「……雨?」

    まどか「……みたい」

    突然、外で滝のように雨が降り始めた。
    いつのまにか教室にはまどかとほむら、二人だけで。

    まどか「……ほむらちゃん、傘、持ってる?」

    ほむら「……」

    ほむら「……忘れた、わ」

    小さな声で。ほむらが答える。
    まどかは足を引きずりつつ自分の机に駆け寄ると、鞄の中を探る。

    まどか「(傘、あったかな……)」


    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 19:31:05.86 ID:zFZwli+H0

    もしあるなら、ほむらと一緒に入れるかもしれない。
    そうしたら自然と話すチャンスもあるし――

    まどか「……あ、ないや」

    ほむら「傘?」

    まどか「うん……」

    雨はよけいにきつくなっていて、とてもじゃないが傘無しでは帰れそうになかった。
    どうしよう、と椅子に座り込むと、ほむらも同じように自分の席に腰を下ろした。

    まどか「ほむらちゃん?」

    ほむら「……傘が無いなら、暫く雨宿りするしかないと思うわ」

    まどか「あ、そうだよね……」

    まどか「……あの、ね。ほむらちゃん」

    ほむら「なに?」

    まどか「私も、その……一緒にいて、いいかな」


    110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 20:02:44.40 ID:8M/yBy5z0

    ほむら「……」ホムッ

    驚いたように、ほむらはまどかを見た。
    たじろぐまどかに、ほむらは小さく頷いてみせた。
    声こそ出さないけれど、まどかはそれだけで満足して――嬉しくなった。

    まどか「ありがと」

    ほむら「……聞く必要もないのに」

    まどか「え……でも、聞かなきゃほむらちゃんに迷惑かかるかもしれないから」

    そんなことないのに、と聞こえた気がした。
    けれど、聞き返してもほむらはそれっきり何も答えない。
    だからまどかももう何も言わずに窓の外の雨の音に耳を傾ける。


    112: ID変わってるが>>1 2011/05/18(水) 20:07:47.60 ID:8M/yBy5z0

    ザア...

    まどか「……」

    ほむら「……」

    ほむらと二人でいるとき、必ず一度は訪れる気がする、沈黙。
    けれど今の沈黙は、いつもの重苦しいものではなく……温かい。

    いつまでも浸っていたいような、そんな気分にさえなってしまう。

    まどか「……雨、止まないね」

    ほむら「そんなにすぐ止むものじゃないでしょ」

    まどか「ん……そっか」

    けれど、さすがに数分も経てば雨の音を聞くことにも飽きてしまう。
    「暇だね」と呟けば、「えぇ」と返事。

    まどか「(ほむらちゃん、面倒臭そうだけどちゃんと答えてくれるんだな……)」

    まどか「何か、することあるかな」


    114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 20:18:55.39 ID:8M/yBy5z0

    そう言って、そっとほむらの様子を伺ってみる。
    気が付かないうちに、ほむらは何かの教科書を広げているようだった。

    まどか「……数学?」

    ほむら「えぇ、宿題」

    まどか「あ、そっか!今の時間にやればちょうどいいんだよね」

    ほむら「そうね、時間の節約にもなるから……」

    まどか「えっと……でも、私、わかんないんだ、数学」

    ほむら「……私も苦手よ」

    まどか「でもほむらちゃん、ちゃんと解けてるよ、いつも」

    ほむら「あれは……そうだけど」

    珍しく、曖昧に頷くほむら。
    それからなにやら躊躇った後、「――一緒に、する?」
    まどかは立ち上がると、ほむらの側に寄った。頷く間もなかった。嬉しくて。


    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 20:30:02.62 ID:8M/yBy5z0

    まどか「あの、ほむらちゃんがいいなら……邪魔にならないようにするから!」

    ほむら「邪魔なんかじゃないわ。私もちょうど、わからないところがあったから……」

    まどか「でも私、何もわからないよ?」

    ほむら「……」

    ほむら「二人で解けば、わかるかもしれないでしょ」

    まどか「……うん、そうだね!」

    『二人で解けば』
    ほむらの言う『二人』という単語が、酷くまどかの気持ちを昂ぶらせる。

    まどか「ここの机借りちゃおう」

    クラスメートの椅子に座ると、まどかは早速持ってきた数学の教科書とノートを開けた。
    数字ばかりに一瞬くらっとするも、すぐに気を引き締めなおす。

    まどか「ほむらちゃん、ここ……」

    ほむら「どこ?」

    まどか「あ……机、遠いね」

    ほむら「……引っ付ける?机」


    125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 20:44:23.72 ID:8M/yBy5z0

    まどか「……う、ん」

    小さな声で、頷いた。
    嫌われてるんじゃないだろうか、なんて思っていたけれど。
    たとえもし、嫌われていて今の時間だけこうしてくれている――だとしても。
    まどかは今の時間が、素直に幸せだと思ってしまう。

    今までほむらと話したって、ここまでの気持ちにはならなかった。
    恋とは違う――違うと信じたいけれど。

    まどか「(……どうしよう、嬉しいや)」

    ほむらと普通の友達のように一緒にいられる。それだけで自然と口許がにやけてしまう。
    まどかは椅子から立ち上がると、クラスメートの机を勝手に動かしてほむらの机に
    引っ付けた。

    まどか「あ、後でちゃんと元に戻しておかないとね」

    ほむら「……えぇ」

    照れ隠し。
    何となく恥ずかしくて、まどかはそう言って笑った。


    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 21:11:51.51 ID:8M/yBy5z0

    ほむらは顔を逸らして頷いただけ。
    でも、照れているように見えたのはきっと、気のせいじゃない。

    まどか「(ほむらちゃんでも……照れるんだなあ)」

    ほむら「どうかしたの?」

    まどか「え、あ、ううん!」

    思わず呆と見てしまっていたらしい。
    慌てて首を振ると、まどかは椅子に座りなおした。

    肩と肩がぶつかるほど近くに、ほむらがいる。
    頬が自然と上気する。
    折角なんとか意識しなくなっていたというのに、こんなに近くにいるとまた――
    胸がドキドキと鼓動をたてはじめる。

    まどか「(……ほむらちゃんに気付かれませんように)」

    ベタにそんな願い事。


    143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 21:34:53.02 ID:8M/yBy5z0

    けど、こんなこと考えてたらキュゥべえに契約って言われちゃうかな、と苦笑する。

    まどか「(今ここにキュゥべえがいなくて良かった)」

    そう思いながら一人で小さく笑っていると、視線を感じた。
    「まどか」と。
    名前を呼ばれる。

    まどか「え!?」

    どきんっと心臓が跳ね上がり、ばっと思わず勢いよく隣を見てしまった。
    “鹿目まどか”ではなく、ただの“まどか”

    まどか「(ほむらちゃんに、初めて名前だけで呼ばれた、ような……)」

    それだけで心臓が早鐘を打つ。
    なんてずるいんだろう、と思ってしまう。


    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 21:39:29.06 ID:8M/yBy5z0

    ほむら「……どうしたの?」

    怪訝そうな表情をするほむらも――はっとそのことに気付いたらしく、
    まどかからさりげなく顔を逸らした。

    まどか「……へへっ、嬉しいな」

    声に、出してみる。
    ほむらの肩がぴくりと震えたのがわかった。
    そんな姿に、どうしてか昨日の泣き顔が頭に浮かんで。
    まどかは慌ててそれを打ち消した。

    雨の音はまだ止む気配がない。
    ほむらは暫くずっと俯いていた後。

    ほむら「……私も」


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 21:44:12.77 ID:8M/yBy5z0

    まどか「え?」

    ほむら「私も、嬉し、かった」

    ぼそり、と小さな声。
    けれど、確かにほむらはそう言った。

    それが何に対しての“嬉しかった”なのか、わからない。
    名前を呼んでくれたと喜ぶまどかを見て嬉しかったのか、それとも今ここで一緒に居られることが
    嬉しかったのか。

    どちらにしても、まどかにとってはもっと嬉しい言葉であるのには変わり無い。

    まどか「……ほむらちゃん」

    どきん、どきん。
    いつの間にかこの鼓動さえも心地良い。

    まどか「……へへっ」

    今度は照れ隠しでも何でもない。
    本当に嬉しくて、この時間が楽しくて。

    ほむらも小さく、笑い返してくれた。



    150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 21:49:48.10 ID:8M/yBy5z0

    雨が止んだ。
    けれど時間が時間で、夕方はとっくの昔に過ぎていて。
    外はかなり暗かった。

    まどか「……まさかこんな時間まで学校に残らなきゃいけないなんて」

    ほむら「えぇ、そうね」

    まどか「(……でも、残れてよかったな、ほむらちゃんと)」

    まどか「それじゃあ、私」

    ほむら「……」ホムッ

    まどか「ほむらちゃん?」

    ほむら「……家まで、送るわ」

    まどか「えっ、でも……」

    ほむら「……魔女に襲われたら、危ないから」

    まどか「……う、うん」


    154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/18(水) 22:02:31.56 ID:8M/yBy5z0

    意外だった。
    ずっとここでお別れだと思っていたまどかは、だから驚いて。
    ほむらの優しさに、また変に意識してしまったり。

    まどか「……あ、私の家わかる?案内……って変、だよね」

    ほむら「いいえ、知ってるけど……案内、して」

    まだ少しぎこちない。
    けれど、こうしてちゃんと会話できる。まどかの足は自然と軽くなる。

    まどか「それじゃあ、行こっか!」

    ほむら「えぇ」

    膝の怪我の痛みなんて、もうどこかへ行ってしまった。
    走ることさえ出来る気がする。

    まどか「(案内、して……か。まだ胸がドキドキしちゃってる……)」


    244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 12:13:03.43 ID:R0RzmGq+0

    ほむら「……」

    まどか「……なんでだろう」

    ほむら「……?」ホムッ

    まどか「ほむらちゃんの隣を歩いてるとね、ずっと昔もこんなこと、あったのかなって」

    ほむら「……」

    まどか「そんな、気がするの」

    ほむら「……そう」

    まどか「へへっ、でも、もし本当にそうだったら私、凄く嬉しいな」

    突然、ほむらは立ち止まった。
    まどかも釣られたように立ち止まり、それからそう言って笑った。
    ほむらの表情は、暗がりの中よく見えない。
    けれど、また小さく、肩が震えているように見えて。


    245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 12:23:08.63 ID:R0RzmGq+0

    まどか「……ほむら、ちゃん?」

    ほむら「……ごめんなさい、何でもない」

    まどか「でも……」

    まどか「(……また、ほむらちゃん――泣いてる)」

    ほむら「……あなたといたら、昔の私が出ちゃうから」

    まどか「……え?」

    訊ね返す。
    ほむらはそれっきり何も言わずにまどかに背中を向けると、一度小さく息を吐いて。
    「……ごめんね」
    もう一度、謝って。

    まどか「……どうして?よく、わかんないよ」

    まどか「(ほむらちゃんはどうして謝るの?どうしてそんな声で……一体何のことを言ってるの?)」

    ほむら「……私」

    小さな小さな声で、ほむらは呟く。
    まどかはつい、手を伸ばしていた。たぶん、自分でも気付かないうちに。

    ほむら「……まどか?」


    252: ミス 2011/05/19(木) 12:42:25.31 ID:R0RzmGq+0


    まどか「……ほむらちゃん」

    後ろから、抱き締めて。
    ほむらの身体がびくっと震えたのがわかった。
    でも、たぶんそれ以上にまどかの手は震えていて。

    ほむら「……!」

    まどか「ほむらちゃん、あのね……」

    ほむら「……まどか」

    まどか「私……」

    ドンッ
    突然、身体を押された。

    まどか「……ほむら、ちゃん」


    253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 12:48:52.01 ID:R0RzmGq+0

    ほむら「……っ」

    まどか「……ご、ごめん、その」

    ほむら「……違う、違うの」

    まどか「え?」

    二人の間に、微妙な距離。
    ただほむらは首を振り続け、まどかは手持ち無沙汰になった手をそのまま。

    ほむら「……ごめん、なさい」

    もうほむらの声は、完全に震えてしまっていた。
    まどかはどうすることも出来ずに、ほむらを見詰めるだけで。
    もうすぐでまどかの家が見えるような場所。きっと、今までで一番重い沈黙。

    ほむら「……」

    まどか「……」

    ほむら「私、戻るね」


    258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 13:17:13.09 ID:R0RzmGq+0

    暫く経った後、最初に口を開いたのはほむら。
    震えこそしていなかったものの、口調も声も、聞きなれないもので。

    まどか「え」

    まどかがはっと顔を上げたときにはもう、ほむらの背中は遠くなっていた。
    「待って」と伸ばしかけた腕が、虚しく空気をさいて。

    まどか「……」

    まどか「ほむら、ちゃん……」


    259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 13:21:09.99 ID:R0RzmGq+0



    まどか「……ただいま」

    QB「今日は随分と遅かったようだね、まどか」

    まどか「キュゥべえ……いたんだ」

    QB「最近はどうも魔女の数が減ったようでね。魔法少女の素質を持つ子もあまり見受けられないし、
      休暇中みたいなものかな」

    まどか「……そっか」

    ほむらが行ってしまった直後、折角止んだ雨がまた降り始め、雨に打たれていることに気付いたときには既に遅く
    びしょ濡れになってしまった。けれど着替える気力もなく、濡れたままの格好で
    ベッドに倒れこむ。

    「ねーちゃ、ねーちゃぁ!」

    部屋の外でタツヤの声がする。
    まどかは布団を被って耳を塞いだ。

    まどか「(私……ほむらちゃんに、拒絶、されちゃった)」


    260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 13:29:18.67 ID:R0RzmGq+0

    怯えたような、悲しそうな、辛そうな。
    ほむらの様子を、思い出す。

    どうしてだか、涙が止まらなかった。
    あの幸せだった時間なんて嘘みたいに、涙が止まらない。

    QB「まどか?どうかしたのかい?」

    キュゥべえの不思議そうな声が頭上から聞こえる。
    ドンドンッとドアを叩き「ねーちゃ」とひたすら叫ぶタツヤの声や、「帰ってるのかい?」
    という知久の優しい声でさえ、今は何も聞きたくないと、まどかは初めてそう思った。

    まどか「(……どうして、私)」

    たった一日。
    たった一日で、こんなにも。
    ぎゅっと、シーツを握り締める。声が漏れないように、痛いくらいに奥歯を噛締め。

    『まどかさんの心を射止めたのは今朝の話にも出てきた暁美さんじゃありませんこと?』

    たぶん、もう仁美のその言葉だってきっと、否定できない。
    部屋の外が、突然静かになる。知久がタツヤを連れて下に下りていったらしい。

    まどか「……」

    まどか「(私、ほむらちゃんのこと――好きになっちゃった、のかな)」


    264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 13:51:24.45 ID:R0RzmGq+0

    これが自分の勘違いであればいい。
    そうしたらきっと、笑い話に出来るのに。
    今までどおり、みんなの前で笑うことが出来るのに。

    それともいっそ、どちらかが異性だったら。
    それならきっと、拒絶されたって何をされたって、一緒にいることは出来ただろうに。

    もし“友達”としても避けられてしまったら――

    そう考えるだけで、怖い。とてつもなく怖くて。

    まどか「ねえ、キュゥべえ……どうして、私もほむらちゃんも、女の子なのかなあ」

    QB「……?」

    QB「さあ。僕にもよくわからない」

    まどか「あはは、そう、だよね……」

    QB「ただ、それが君たちの運命なんだろうね」


    265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 13:55:50.68 ID:R0RzmGq+0

    布団からそっと顔を出すと、キュゥべえの真っ赤な目がすぐそこにあって。
    「ひっ」と思わず声を上げる。

    QB「やれやれ、酷いなあ。何もそこまで驚くことないじゃないか」

    まどか「……ごめん」

    QB「同性として生まれたのは君たちのせいでも世界のせいでもなく運命、必然なんだよ。
      だとすると、君たちは、もちろん僕たちだって、それを受け入れることしか術はないんじゃないかな?」

    まどか「……受け入れる?」

    QB「だってそうだろう?君も暁美ほむらも男に変わりたいわけじゃないだろうし。
      たとえ変わりたいって願いをされたとしてもそれは魔法少女になれないわけだから叶えるわけにはいかないよ」


    266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 14:03:03.40 ID:R0RzmGq+0

    キュッキュッ
    キュゥべえの尻尾がゆらゆらと揺れている。

    まどか「……うん」

    手の甲で、涙を拭う。
    そしてもう泣かないように、まどかは天上を見上げ。

    まどか「……」

    まどか「(……せめて、ほむらちゃんと友達のままでいたい)」

    まどか「(それ以上の関係なんて、望まないから。せめてほむらちゃんが泣いてるとき、
        隣にいられるような、そんな存在になれるだけで――それだけでいいから)」

    QB「まどか?」

    受け入れるしか、ないのだ。
    結ばれるはずなんて無い、同性で。しかも、一度拒絶されてしまって。
    それでもまだ、一緒にいたいと思ってしまうから。
    受け入れるしか、ない。受け入れて、それで、友達として傍にいられればいい。

    まどか「(……いいよね、それで)」


    272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 14:46:47.05 ID:R0RzmGq+0


    翌日。

    さやか「おーっ、まどか!」

    仁美「おはようございます」

    まどか「あ、うん、おはよう二人とも」

    さやか「……?どうかしたの、まどか?」

    まどか「へ?」

    さやか「何か昨日と比べて元気ないし」

    仁美「リボン、曲がってますわよ」

    まどか「えっ」

    慌てて頭に手をやると、確かに手探りでもわかるくらいに曲がっていた。
    さやかが慣れた手つきで元に戻してくれる。

    さやか「まったくもう、昨日の気合の入りようは一体なんだったんだか」

    まどか「……ははっ」

    まどか「(……本当に、昨日のママやさやかちゃんの言う通りだったんだなあ、私)」

    仁美「……まどかさん、ちょっと」


    273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 14:50:19.96 ID:R0RzmGq+0

    昨日のことを思い出すとまた苦しくなってくる。
    それを隠したくて無理に出す笑い声。
    そんなまどかの制服の裾を、仁美は不意に掴んで小声で言った。

    まどか「仁美ちゃん?」

    さやか「なにー?あたしには内緒の話ってかー?」

    仁美「えぇ」

    さやか「なっ!?」

    仁美「だからさやかさんは少し黙っててくれません?」

    さやか「仁美……」

    仁美「後でよしよししてあげますから」

    まどか「よしよし?」

    さやか「ぬうっ……バカッ、変なこと言うんじゃないわよ仁美!」

    仁美「いつも変なこと言ってくるさやかさんに仕返しですわ」クスッ

    さやか「うぅ……」


    274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 14:56:47.76 ID:R0RzmGq+0

    いつもとは立場が逆転しているけれど、そんな親友二人のやり取りが今日はなぜだか
    普段よりも違うように見えた。

    まどか「……仲、いいな、やっぱり」

    仁美「そんな……そんなこと、ありませんわ」カアァッ

    まどか「……仁美ちゃん?」

    仁美「あんなのとはあまり仲良くなんてしたくないですわ、それに私たちだって仲いいじゃない!」

    まどか「あ、うん……けど」

    まどか「(……何だか、私と仁美ちゃんたちとの関係って、違う気がする)」


    276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 15:02:22.97 ID:R0RzmGq+0

    さやか「おーい、先行くよー」

    言葉とは裏腹に、さやかは話が聞こえない程度の場所で二人を待っていた。
    そんな姿を見て、まどかはやっぱりさやかちゃんって優しいんだな、と思う。
    仁美は「わかってますわ」と返事をし、さやかのほうに視線を飛ばした。

    まどか「それで、仁美ちゃん」

    仁美「……あ。えぇ」

    そのまま数秒が経過し、まどかの声でようやく仁美ははっとまどかに視線を戻した。
    そっと後ろを振り向くと、さやかは声を押し殺して身体をクの字にまげて笑っていた。

    仁美「……えっと」

    まどか「あの……私のことなら、気にしなくていいよ」

    仁美「え?」

    まどか「……朝、自分でも気付いてた。目、だいぶ腫れちゃってるなって」


    277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 15:08:00.23 ID:R0RzmGq+0

    苦笑する。
    仁美は一瞬迷うような表情をした後、気まずそうにまどかから目を逸らした。

    まどか「……別に、何でもないんだけど」

    仁美「まどかさん……」

    まどか「ほら、たまに泣きたくなる時あるし。昨日それで、だから……」

    気にしないで欲しい。
    何も聞かないで欲しい。
    そう信号を送る。聞かれたら、きっと今のままじゃ全部吐露してしまうだろう。
    昨日のことも、自分の気持ちのことも、何もかも。
    そして気持ち悪いだなんて言われてしまうかもしれない。もしかしたら、仁美たちも
    友達でいてくれなくなってしまうかもしれない。

    そう思ってしまうから。

    仁美「……でも、本当に何かあったら相談、して欲しいですわ」

    まどか「……うん、ありがと」

    仁美「私も、さやかさんも待ってますから」

    まどか「……うん」


    279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 15:14:28.39 ID:R0RzmGq+0

    いつのまにかまた自分に注がれていた仁美の真直ぐな視線が痛かった。
    まどかは小さく頷く。それからこのおかしな空気を打開したくて、
    ふと思いついた話を口に出してみた。

    まどか「そういえば、最近仁美ちゃんとさやかちゃん、何かあったの?」

    仁美「え?ど、どうしてですの?突然……」

    まどか「あ、いやえっと……さっきも言ったけど、仲いいし。それに、前とちょっと雰囲気違うっていうか」

    しどろもどろに言葉を繋ぐ。
    けれど、それでも仁美にはなぜだか色々と効果抜群だったらしい。

    仁美「そ、それはその……そ、そんなことありませんわ!まどかさんったら何言って……!」

    まどか「……ひ、仁美ちゃん?」

    取り乱す仁美が珍しく、まどかまで戸惑ってしまう。
    「ちょっとー、もうまじで学校行かなきゃまずいって!」というさやかの声で救われる。


    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 15:20:41.27 ID:R0RzmGq+0

    仁美「わ、わかりましたわ!」

    少し大きめの声で返事をし、仁美がまどかに背を向ける。
    しかしすぐにまどかのほうに向き直ると、「今日は転ばないで下さいね」と言って
    手を差し出した。

    まどか「……へへっ、気をつける」

    照れ笑いを浮かべ、まどかはその手を掴んだ。
    まどかを引っ張るようにして仁美が走り出す。
    いつものお嬢様然ではなく、一人の少女として。その先に、さやかがいる。

    まどか「(……いいな、やっぱり)」

    まどかはそう思った。
    何がいいのかなんてわからないけど、やっぱりいい。
    落ち込んでるときに、何も聞かずに手を引っ張ってくれる人がいる、待ってくれる人がいる。

    まどか「(……私も、ほむらちゃんにとってそんな存在になれるかな。さやかちゃんたちみたいな、
         友達になれるかな)」

    ずきりと痛んだ胸を無視して、まどかは思う。
    少し遠くのほうで予鈴のチャイムが鳴った。


    299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:08:49.14 ID:z8fYoQu50



    まどか「(はあ、昨日に続いて……)」

    まどかたちが教室に着いた頃にはギリギリ――遅刻だった。
    周囲のクラスメートが口々に心配げに、若しくはからかい気味に声をかけてくるのを
    適当に受け流しながらまどかは席に着いた。

    さやかも仁美も同じように言われているのを見て、「三人一緒じゃこの反応も当たり前かあ」と
    苦笑する。

    先生「はーい、もうざわざわしないのー。今日の連絡いくわよー」

    早乙女先生ののんびりとした声でやっと教室が静かになる。
    まどかはほっと一息吐くと鞄に手を掛けかけ。

    まどか「……あ」

    目が、合った。ほむらと。
    「暁美さん、前向いて」と早乙女先生の注意。すぐに目が逸らされてしまう。

    まどか「(……ほむらちゃん)」


    301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:15:33.87 ID:z8fYoQu50

    さやか「……」

    ツンツン
    突然、後ろから何か細いもので突かれた。
    振り向くと、にんまりした笑顔でシャーペンをカチャカチャさせるさやか。

    まどか「もうさやかちゃん……」

    さやか「いやさ、あんた昨日転校生と一緒に帰ったのかなって」

    まどか「え」

    さやか「あの後雨降り出してきたじゃん?相合傘でもして帰ったのかなーと」

    まどか「……そんなこと、してないよ」

    さやか「今日のあの子、いつも以上にあんたのこと気にしてるみたいだなって思ったんだけど」

    まどか「……もしそうだとしたら、私の所為だし。きっといい意味でなわけない」

    さやか「……まどか?」

    先生「はい、そこ!美樹さんに鹿目さん!」

    さやか「はひっ!す、すいませーん!」


    302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:20:04.81 ID:z8fYoQu50

    さやかのおかしな奇声にクラス中が笑いに包まれる。
    その空気にまどかは少しほっとする。

    まどか「(……気にしてる、か……ほむらちゃんは昨日、私のことどう思ったのかな)」

    まどか「(……そういえば私、自分のことばっかでほむらちゃんのこと、何も考えてなかったや)」

    まどか「(……友達だって、思ってくれてるかな)」

    一番前の席。
    長い黒髪は微動だにしない。ただ真直ぐに伸びた背中が、今のまどかにとっては
    悲しくて、怖かった。

    まどか「……」

    ―――――
     ―――――


    305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:33:48.62 ID:z8fYoQu50

    昼休み。
    仁美は「先に食べておいて」と教室を飛び出して行ってしまった。

    まどか「いいのかな?」

    さやか「いいっしょ、たぶん。あたしもうお腹減っちゃってさ」

    まどか「じゃあ、食べる?」

    さやか「おう!」

    カチャカチャと嬉しそうにお弁当を開け始めるさやか。
    今日はなぜか、向かい合わせではなく横に机を引っ付けていた。
    それが昨日のことに重なってしまう。

    まどか「(……重症かなあ、私)」

    さやか「で、さ」

    お箸を取り出しながら、不意にさやかが口を開いた。
    「ん?」と顔を向けると、やけに真剣な顔をしてタコさんウインナーを口に運ぶさやかの姿。

    まどか「……えっと」


    307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:42:16.36 ID:z8fYoQu50

    さやか「あんた、やっぱ何かあったかなって」

    もぐもぐと。
    口を動かしながらさやかが言う。
    あまりに自然な流れで、まどかは思わず頷きそうになった。

    まどか「何かって……」

    仁美のときのように、「気にしないで」なんて言ってもさやかには無駄だろう。
    きっと強引に訊ねてくるに決まってる。
    朝だって、気付いてない振りして本当はまどかが泣き腫らしていたことを勘付いていたらしい。

    まどか「……仁美ちゃんに何か言われたの?」

    さやか「何でここで仁美が出てくんのよ」

    まどか「だって……」

    さやか「まあ、そりゃあ仁美が今朝まどかを引っ張ってったの見て、あ、仁美も気付いてるって
        思ってたけど。あんたの様子変わんないからさ、何にも解決してないんだろうなって」

    まどか「……別に、何でもないってば」

    さやか「あたしらじゃ力になれないようなこと?」


    308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:49:32.87 ID:z8fYoQu50

    今朝の仁美の視線よりももっと、強くてきつい視線がまどかを射抜く。
    つい、認めるように視線を逸らしてしまうほど。

    まどか「……わかんないよ」

    さやか「何それ」

    まどか「……だって、ほんとにわかんない」

    二年生に進級してから、屋上で昼をとる人が多くなった。
    教室には、まどかたち以外、殆ど人はいない。
    もちろん、ほむらの姿だって。

    さやか「誰にも相談、できないようなことなの?」

    まどか「……じゃあ、さやかちゃん」

    さやか「なに?」

    まどか「……もし、さやかちゃんが誰か好きな子がいて」

    さやか「はっ!?」カァアッ

    まどか「その子が、同じ女の子だったら」

    ぎゅっと。
    スカートを握り締め、まどかは呟いた。

    まどか「――どうする?」


    310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 17:59:57.53 ID:z8fYoQu50

    じっと。
    さやかの目を見詰め、まどかは訊ねる。

    そんなこと、答えられるはずない。
    いいや、もっと違うことを思うはずだ。

    『何それ』『おかしいし』『気持ち悪いじゃん』

    案の定、さやかは何も言わなかった。
    ただ、まどかの目を見詰め返したまま。

    まどか「……って、変な例え話だったよね、ごめん。今の、聞いてみたかっただけっていうか」

    気にしないで。
    最後のその言葉が、さやかの声にかき消された。

    さやか「……好きなら仕方無いって、諦めちゃう」


    314: ミス 2011/05/19(木) 18:13:22.97 ID:z8fYoQu50


    まどか「……諦める?」

    さやか「そう、自分に対して諦める。その気持ちを諦めるんじゃなくって、そんな気持ち
        感じちゃう自分を諦めちゃうの。それで、『それもいいか』って思ってさ」

    まどか「……そっか」

    さやか「そりゃあ友達のままのほうが色々いいかも知んないけどさ、あたしは
        そういうの我慢出来る性質じゃないし。きっと告っちゃってお風呂で泣いてるパターンかな」

    まどか「……うん」

    さやか「両思いでもそういうのっていけないもんね、同じ女の子ならさ。だから
        諦めて自分の気持ち認めてさっさと告って振られて、……その想いを諦める」

    「ま、あたしの場合はすぐに諦めきれないんだけどさ」
    さやかの答えはやけにリアルで。
    一通り話した後、さやかは少し照れ臭そうに笑って「ごめん」と謝った。

    さやか「つい話し過ぎちゃったよ。で、あんたのほんとの相談ってのは?」

    まどか「あ、うん……」

    ガラッ
    ドアが開く。仁美がいた。


    315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 18:18:05.36 ID:z8fYoQu50

    さやか「あ、仁美……」

    仁美「……バカじゃないですの」

    教室に入ってくるなり、仁美は言った。
    まどかが座れるように椅子をずらした。そこに椅子を滑り込ませ、仁美はいつもと
    違って、少し尖った声で。

    さやか「……聞いてたの」

    仁美「何のことですか」

    さやか「何でもない」

    まどか「……さやかちゃん、仁美ちゃん?」

    仁美「ごめんなさい、さっさとお昼ご飯食べちゃいましょう」

    いつもの仁美の声に戻って、まどかは少しほっとした。
    さやかももう何も言わずにお弁当をぱくつき始める。
    普段よりも静かな食事。

    けれど、まどかの舌は何の味も感じなかった。
    さやかの言葉が目まぐるしいほど頭の中でぐるぐると。回っていた。


    322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 19:09:40.63 ID:z8fYoQu50

    ――――― ――
    昼休みも終わり、五時間目、六時間目と眠い時間が続いていく。
    やっとその眠気から解放されるのは、もちろん授業終了のチャイムが鳴り響いてから。

    まどか「……ふあ」

    キーンコーンカーンコーン
    お決まりのその音に、まどかはばっと机から顔を上げた。
    今日の場合は眠気から、というよりも眠りから解放されたようだった。

    まどか「(……私、寝ちゃってたんだ)」

    数学教師が足早に教室を出て行くのが見えた。
    また成績下がっちゃう、と溜息を吐く。

    まどか「(昨日ちゃんと寝てなかったせいかな……)」

    さやか「まどか、よく寝てたねあんた」

    まどか「あ、さやかちゃん……」

    仁美「おはようございます」

    まどか「うぅ、仁美ちゃんも……」

    何か、おかしな夢を見ていた気がした。
    けれどまどかは、それが一体どんな夢だったのか思い出せずにさやかたちのからかいに身を委ねる。

    さやか「で、今日はどうする?帰り」


    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 19:15:19.44 ID:z8fYoQu50

    突然そういえば、と思い出したようにさやかが言った。
    まどかは「あ……」と答えに詰まる。

    仁美「もちろん、私たちと一緒に帰りますわよね?」

    仁美が助け舟を出してくれたようだった。
    やはりまどかがほむらと何かあったんじゃないかと考えているのだろう。

    さやか「まどかはいいの?」

    まどか「……うん」

    さやか「でもあんた転校生と昨日何かあったのは確かよね」

    仁美「ちょっと、さやかさん」

    まどか「……」

    さやかだって、きっとそう。
    こうしてずばずばと言ってくるさやかに、まどかの気持ちを推し量り黙ってくれている仁美。
    まるで正反対だけど、仁美も、さやかだって――優しさからなのはわかっている。
    わかってはいるけれど……。

    さやか「仲直り、しなくていいの?」

    まどか「(……喧嘩したわけじゃないのに。仲直りも何もないよ)」

    少しだけ、「どうして」と思ってしまう。
    放っておいて欲しいのに、と。


    325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 19:22:20.35 ID:z8fYoQu50

    きっと、自分勝手なのだ。まどかはそう思いながらも、暗い気持ちを抑えることが
    出来なくなっていた。

    『諦めて自分の気持ち認めてさっさと告って振られて、……その想いを諦める』

    まどか「(私にはそんな勇気ないよ。今だって、ちゃんとほむらちゃんに何か言われたわけでも
         ないのにこんなにうじうじ悩んでて)」

    『両思いでもそういうのっていけないもんね、同じ女の子ならさ』

    まどか「……」

    昼休みのさやかの言葉がずっと胸に突き刺さったまま、不満の種も大きくなり。
    大切な友達。それには変わりない。だけど、今は朝のように一緒にいたいとは思えなかった。

    まどか「さやかちゃんと仁美ちゃん、先に帰ってよ」

    さやか「けどさ……」

    まどか「さやかちゃんには関係ないもん」


    326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 19:28:00.72 ID:z8fYoQu50

    さやかの表情が、固くなる。
    「それ、どういう意味よ」と冷たい冷たい声。

    まどか「……そのままだよ」

    さやか「あんたねえ」

    仁美「さやかさん」

    さやかがまどかに食って掛ろうとしたとき、仁美が静かに止めに入った。
    固めていた拳を解き、さやかが「はあ」と溜息を吐いた。

    さやか「……あっそ。そうだよね、あたしには関係ないし」

    「先、帰るわ」
    さやかは鞄をぐっと握り締めると仁美も待たずに教室を出て行った。
    仁美も「まどかさん、ごめんなさい」そう言って出て行ってしまう。

    まどか「(……私こそ、ごめん)」

    一人になった。
    教室にはもう、誰も残っていなかった。ただ一つ、鞄が置いてある机があるだけで。

    まどか「(……ほむらちゃん、まだ学校にいるんだ)」


    333: ミス 2011/05/19(木) 19:41:41.93 ID:z8fYoQu50


    廊下からも、物音一つしない。
    まだ、一人で帰る勇気がない。どうしてあんなこと言っちゃったんだろう、と
    早速後悔している自分がいることに、まどかはよけいに暗い気分になった。

    まどか「(……このままほむらちゃんがどこからか戻ってくるのを待っていたら、
         昨日みたいに一緒に帰れるのかな……そうしたら私)」

    まどか「(……私、どうなるんだろう)」

    きっと、何も言えなくなってしまう。
    きっと、笑い合えなくなってしまう。
    たぶん、そう。

    ほむらの机に近付いた。
    誰もいない。もう一度そのことを確かめてから――まどかはほむらの机に触れる。
    固い木の感触しか返ってこないのに、一瞬抱き締めたときのあの柔らかな感触を思い出してまた、
    涙が、出そうになる。


    334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 19:46:09.98 ID:z8fYoQu50

    一回、二回、三回――
    指で、机の表面を撫でていく。

    ふと、前に放課後の教室、ほむらが自分の机の前で泣いていたことを思い出した。
    あの時、一体ほむらは何を考えて、どうして泣いていたのか……。

    まどか「……」

    まどか「……ほむらちゃん」

    名前を、呼ぶ。
    何度でも、何度でも呼びたかった。その名前を口に出して、せめて心の中だけでも
    ほむらという存在を繋ぎ止めていたかった。

    ガタッ

    まどか「!」


    357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 20:36:43.76 ID:mgP855tV0

    ほむら「……あ」

    まどか「……ほ、むらちゃん」

    開きっぱなしになっていた教室のドアの前。
    ほむらが放心した様に立っていた。

    まどか「……あの、これは」

    慌ててほむらの机から離れる。
    手が――名残惜しい。

    まどか「別に、変な意味とかなくって!その……!」

    いい言い訳が思い浮かばない。
    焦って、おかしな言葉しか並ばない。

    まどか「(今日、折角ほむらちゃんと初めて話したのに……こんなのって)」

    まずは、謝らなきゃいけなかったのに。
    それから昨日のように、ちゃんと話して。なのに。

    まどか「……ごめん」

    自分の机に置いてあった鞄を、引っ掴む。そのまま、固まっているほむらの横を
    通り過ぎた。ほむらの横を通り抜けた瞬間、何か聞こえた気がした。
    けど、立ち止まれなかった。恥ずかしくて居た堪れなくて。


    365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 20:43:12.82 ID:mgP855tV0

    ―――――
     ―――――
    一人で通いなれた道を走り抜ける。
    誰とも一緒に帰らなくったって、一人で帰れるんだ、なんてことを思いながら。
    涙を、我慢しながら。

    やっとの思いで家に帰り着く。
    まどかはそのまま自分の部屋にと直行しようと靴を脱ぎ捨てた。

    けれど。

    絢子「おかえり、まどか」

    まどか「……ママ」

    絢子「今日は早かったんだ、仕事」

    まどか「パパとタツヤは?」

    絢子「散歩に行ってるよ。ちょいっとその間、あたしに付き合ってくれない?」


    367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 20:48:08.11 ID:mgP855tV0

    ――――― ――
    リビング。
    コップに、並々とオレンジジュースが注がれる。
    外はもう、だいぶ暗くなっていた。

    まどか「……ママ、いくら暗いからってこんな時間にお酒はよくないよ」

    絢子「いいだろー?好きなんだから」

    まどか「……」

    絢子「なあ、まどか」

    カラン
    ジョッキに入った氷が溶けて小さく音をたてた。
    まどかは小さく、身体を震わせる。

    絢子「昨日から、碌に何も食って無いし家族と話してもないんだってな?」

    まどか「……うん」

    絢子「やっぱあれか?本当に春ってのが来たってか?」

    まどか「ママ、飲みすぎ」

    絢子「まだ半分も飲んでないっつーの」

    まどか「瓶一本とっくに開けちゃってるでしょ」


    373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 20:56:26.63 ID:mgP855tV0

    絢子「ばれちゃったか」

    まどか「……うん」

    カランカラン
    冷たくて清清しい音が、部屋に響く。

    絢子「……ま、まじで何があったかなんて、聞いちゃいけねえのかもしんないけどさあ」

    まどか「……」

    絢子「誰か好きな子でも出来たんだな、そんな顔してる」

    ぐいっと頭を引き寄せられる。
    絢子の大きな手が、まどかの頭をゆっくり撫でる。

    不意に、引っ込んだ涙がまた、零れそうになった。

    絢子「相手は」

    まどか「言わない」

    絢子「どんな子」

    まどか「……凄くいい子だよ」


    375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 20:59:00.51 ID:mgP855tV0

    絢子「そ、ならいいか」

    まどか「……ママ?」

    絢子「そりゃあ悪い子だったら許すわけにはいかねえけどさ、いい子ならいい」

    まどか「……うん」

    絢子「告白はしないのか」

    まどか「……」

    まどか「うん」

    絢子「そうか」

    まどか「どうしてか、聞かないの」

    絢子「あぁ。あたしもそれくらいの年頃は随分と奥手だったからな」

    まどか「……へへっ、信じられないや」

    絢子「ま、まどかがその子とどんな関係になりたいかにもよるけど。場合によっちゃ
       告らなきゃ始まらないこともあるからさ」


    376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:03:41.95 ID:mgP855tV0

    まどか「……うん」

    絢子「まどかはその子とどんな関係になりたい?」

    まどか「……友達」

    絢子「恋人じゃなく?」

    まどか「だって、そんなの……おかしいもん」

    カラン、
    また一つ、氷が溶けていく。


    377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:04:18.91 ID:mgP855tV0

    絢子「なら、その子に『友達になって』って言わなきゃいけないな」

    まどか「……え?」

    絢子「それだって、伝わらなきゃ始まらないだろ?」

    まどか「……でも」

    絢子「元々友達だったとしても、そうはっきり伝えると何か変わるものさ」

    「たーだまあ」

    玄関から、元気のいい声が響いてきた。
    「少し買物に行って来たよ」という知久の声も。

    絢子「……ま、最終的に決めるのはあんただけどね」

    まどか「……うん」



    381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:11:23.78 ID:mgP855tV0

    まどか「(……結局私、宙ぶらりんだったのかな)」

    ベッドに潜り込み、思う。
    だから今日も結局何も出来ず、ほむらにも何も言えないまま。

    心が、決まってない。
    絢子に、そう言われた気がした。

    どこか心の奥底で、まだほむらと友達ではなく、恋人として――一緒にいたいと、
    そう思っている自分が、いた。

    『そういうのっていけないもんね、同じ女の子ならさ』
    それならいっそ。

    まどか「(……大丈夫、友達として。明日、ちゃんとほむらちゃんに伝えよう)」

    まどか「(それできっと、こんな気持ちもなくなっちゃえる)」

    ―――――
     ―――――


    390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:41:14.68 ID:mgP855tV0

    まどか「……さやかちゃん」

    さやか「……」

    翌日、いつもの場所に行くとちゃんとさやかと仁美の姿があった。
    昨日喧嘩別れのようになってしまったことを思い出し、行き難かったまどかは
    少しほっとした。

    仁美「……大丈夫?」

    まどか「え?」

    仁美「またリボン」

    まどか「あ、はは……」

    慌ててずれたリボンをきちんと直す。
    「これで可愛く見えるかな」といつもどおりの鹿目まどかを意識して。
    「えぇ」と頷いた仁美の後に、それまで黙っていたさやかが口を開いた。

    さやか「……あのさ、まどか」


    392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:44:34.51 ID:mgP855tV0

    まどか「……さやかちゃん」

    つい、身構えてしまう。
    さやかもまどかも気まずくて目を合わせられない。

    さやか「あたし、その……」

    仁美「さやかさん、まどかさん。先に学校行っちゃいましょう」

    それ以降言葉が出てこないらしいさやかに、仁美が助け舟を出す。
    ちょうど、予鈴のチャイムが鳴りそうなところだった。
    「うん」と、微妙な距離を保って三人は歩き出す。

    まどか「……あ」

    前を向くと、不意にすっかり見慣れてしまった後姿が目に入った。
    つい、立ち止まる。

    さやか「まどか?」


    393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:49:28.55 ID:mgP855tV0

    仁美もまどかの視線を辿って気付いたらしい。
    「あ」と小さく声を上げてまどかを見た。

    まどか「……」

    さやか「……まどか」

    大丈夫。
    まどかは自分に言い聞かせた。

    普段どおり、いつもどおり、話しかければいい。
    それで、「前、突然驚かせちゃってごめんね」と謝って「でもまだ友達でいて欲しい」と
    言ってしまえばいい。

    まどか「二人とも、ごめん。ちょっと先に行って来てもいいかな」

    きっと、このままじゃいけないから。
    どうせならさっさとピリオドを打ったほうがいい。自分が滅茶苦茶になってしまう前に。


    395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 21:55:26.92 ID:mgP855tV0

    仁美「……わかりましたわ」

    仁美が、頷いて。
    まだ少し迷っているまどかの背中を、押してくれる。
    さやかは何も言わなかった。けれど、何も聞かなかった。

    まどか「……ごめんね」

    まどかはもう一度謝ると、走り出した。
    ほむらの背中に向かって。
    治り掛けていた膝の傷がまた痛み出す。けれどそのまま。

    まどか「……っほむら、ちゃん!」

    あと数歩で追いつきそうになったとき――
    名前を呼ぶ。ほむらが、振り向いた。

    足が、縺れる。

    まどか「わっ」

    ほむら「……まどか!?」ホムッ


    400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:01:37.22 ID:mgP855tV0

    久しぶりに、名前を呼んでもらえた――
    こんなときなのに、なぜかまどかはそんなバカみたいなことを考える。
    嬉しいものは、嬉しいから。

    まどか「……ったたた」

    つい最近も、同じようなことがあった。
    派手に転んだまどかの膝から、折角治り掛けていた瘡蓋が剥がれ、真っ赤な血が
    流れ出ていた。

    痛い。だけど。

    ほむら「……大丈夫?」

    まどか「……ほむらちゃん」

    たぶん、血が流れてるからとか、そんなことじゃなく。
    違う意味で、心臓がどくどくと高鳴っていた。

    まどか「……えっと、たぶん、大丈夫」

    立ち上がろうとする。
    けれど、今度は両膝とも擦り剥いてしまったせいでふらついてしまった。
    ほむらの手が、まどかの手を掴んだ。

    まどか「……!」


    504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 13:42:09.50 ID:ztaI89Yi0

    ほむら「……保健室、行かなきゃ」

    まどか「あ、うん……」

    目を、逸らされる。
    まどかの手を掴んだまま。



    保健室には、相変わらず誰もいなかった。
    まどかは、保健の先生はこの時間帯、いつも職員会議でいないのだと数日前早乙女先生に
    聞かされたことを思い出した。

    まどか「ほむらちゃん、ごめんね?」

    ほむら「構わないわ」

    以前のように、黙々とまどかの傷を手当するほむら。
    こそばゆいような気持ちになるけれど、足の痛みが勝って声は沈んでしまう。

    まどか「(……今、謝らなきゃ。さっきのことだけじゃなくって、昨日のことも、その前のことも)」

    ほむら「……これで大丈夫」

    まどか「あ、ありがと」


    507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 13:49:17.08 ID:ztaI89Yi0

    まどかの足に触れていたほむらの手が離れてしまう。
    少しだけ、名残惜しいような。

    ほむら「教室、戻れる?」

    チャイムはもうとっくの昔に鳴ってしまっていた。
    今日はさやかたちが早乙女先生に、保健室に行っていると伝えてくれているはずだ。
    だからまどかは首を振る。

    まどか「……足、痛いから」

    少しだけ、わがまま。
    本当はそんなに痛くなんてない。けれど、伝えなきゃいけないことがあるから。
    きっと今を逃してしまったら、結局何も言えなくなってしまいそうで。

    ほむら「……そう」

    まどか「ほむらちゃんも」

    鞄を持ち上げかけたほむらの動きが止まる。
    まどかは、ほむらの顔を見れずに俯きながら。それでも、行かないで欲しくて。
    まどかは言う。

    まどか「ほむらちゃんもね、一緒に……いてくれないかな」


    508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 13:56:59.45 ID:ztaI89Yi0

    ほむら「……まどか」

    まどか「お願い、ほむらちゃん」

    嘘だ。
    たぶん、違う。謝りたいわけじゃ無い。行かないで欲しいわけでもない。
    行って欲しい、とどこかで願ってる自分もいる。行かないでと思う自分もいる。
    わからなかった。頭の中がぐちゃぐちゃで。

    ただ本当に、一緒にいたい。
    それだけなのかも知れない。

    ほむら「……えぇ」

    トスッ
    保健室の固いソファーの右端に、ほむらは腰を下ろした。
    まどかが座る左端と、ほむらの座る右端。
    空いてしまっている真ん中が、今のまどかとほむらの距離をそのまま表しているようで。

    まどか「……あのね、ほむらちゃん」

    それを意識したくなくって、まどかは口を開いた。
    何の前置きもなく、「ごめん」と謝る。


    510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 14:01:51.72 ID:ztaI89Yi0

    ほむら「……どうして、まどかが」

    まどか「だって、私……。昨日も、一昨日も、ほむらちゃんに変なことしちゃったって」

    やっぱり顔は見れない。
    今ほむらがどんな表情で自分を見ているのか、まどかは考えたくも無いと思う。
    ただ早く謝って、それでもう一度友達として――そう言ってしまわなきゃ自分が
    おかしくなってしまいそうだった。

    好きな女の子と、二人だけの保健室。
    冷静でいられるはずがない。

    やっぱり、こんなときに「好き」だと感じてしまう。

    まどか「(……私、最低だ)」

    ほむら「……そんなこと、ない」

    まどか「あるよ。急にその……抱き、ついちゃったりして……ほむらちゃんが、
        私を突き飛ばしたのだって当たり前だなって、思うし……」


    515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 14:18:50.66 ID:ztaI89Yi0

    ほむら「あれは……その」

    まどか「避けられるのだってわかるよ。……だから、ごめんなさいなの」

    ほむら「……」

    ほむらの声が、聞こえなくなった。
    何の音も、しなくなった。

    まどかは、そっと隣を窺う。
    ぎゅっとスカートを握り締め、ほむらは俯いていた。

    まどか「……ほむらちゃん」

    ほむら「まどかの、せいじゃない」

    まどか「え?」

    ほむら「……私、嫌じゃなかった、のに」

    震えた声。
    真っ黒な髪が、俯いているほむらの耳から滑り落ち、表情を完全に隠してしまう。

    まどか「……」

    まどか「……それなら、また……仲良くしてくれる?」


    523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 14:35:13.45 ID:ztaI89Yi0


    どうしてだか、まどかの声まで震えてしまって。
    ちゃんと、言えたはずなのに。これで最後まで言ってしまえば、それでいいはずなのに。

    ほむら「……仲良く」

    まどか「うん」

    ズキズキと、嫌な痛みに変わっていく。
    足も、心も、身体全体が痛みの発生源になったようだった。

    まどか「友達として、仲良くしてくれたら、嬉しいなって」


    528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 14:49:39.19 ID:ztaI89Yi0



    ぽろっ


    まどか「……あれ?」

    まどか「……なんで」

    涙が。溢れてきて。
    どうしていいかわからないくらい、止まらなくなって。

    ほむら「……まどか?」

    まどか「ち、違うの!これは……目、目に何か入ったのかなあ、おかしいや、私」

    ほむら「……まどか」

    必死に、取り繕う。
    へへっと、いつものように笑ってみる。だけど、涙は止まらない。


    534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 15:28:35.09 ID:ztaI89Yi0

    まどか「(……なんで。私、ちゃんと昨日、決めたくせに――こんなのって、ないよ)」

    まどか「(ほむらちゃんだって、困った顔して……)」

    お互い、動けなかった。
    見詰め合った状態のまま、ずっと。

    まどかの涙だけが、唯一時間が止まっていないことを示すもので。

    チャイムが、鳴る。
    一時間目の終わりだった。

    まどか「……ごめん、急に私」

    ほむら「……まど」

    まどか「トイレで目、洗ってこなきゃ!」

    立ち上がる。
    また、逃げてしまう。耳を塞いで、ほむらの声も、何も聞こえない振りをして。
    まどかは鞄も持たずに、痛む足を酷使して保健室を走り出た。


    536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 15:31:37.15 ID:ztaI89Yi0

    途中、誰かと擦れ違った。
    たぶん、クラスメート。

    「え?鹿目さん?」
    「大丈夫?」

    そんな声が聞こえた気がした。
    だけどまどかは振りかえらなかった。

    まどか「(何で私、こんなに弱いんだろう……バカみたい、どうしてこんなことで)」

    ぐっと拳を握り締め。
    自分を殴り倒してしまいたくなる。このまま、死んでしまいたくなる。

    トイレに駆け込み、ドアを閉める。
    カチャリと音がして、漸くまどかは全ての動きを止めて。力を、抜いて。
    その場に崩れ落ちるようにして座り込んだ。


    538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 15:40:44.58 ID:ztaI89Yi0

    バカみたい、ともう一度思う。
    きっと、本当におかしくなってしまったのだ。これがゲームで、何かのバグなら
    やり直せるのに。やり直したいのに。

    あの時、ほむらの泣き顔なんて見なければ。

    必死に我慢したって、涙は次々と零れ落ちていき。
    我慢することさえ放棄した今はもう、ただ涙を流すためだけに生きているような。

    声だけは、漏らさないように。誰にも、気付かれないように。
    まどかは泣き続けた。

    十分休みが終わり、二時間目のチャイムが鳴る。
    泣き疲れて、涙はもう出てこない。けれど気持ちはずっと、悲しいままで。

    まどか「(あんなとこ見られたら、変な子だって思われて……きっともう、友達にもなれないよ)」

    呆とした頭で、まどかは思う。
    教室に戻る勇気はなかった。どうしよう、そんなことを考えていると、突然声がした。

    「あの、暁美さん!」

    まどか「(え……ほむらちゃん?)」


    545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 16:02:13.90 ID:ztaI89Yi0

    どこかで聞いたことのあるような声だった。
    確か二年生になったときの一番最初の席で、隣だった。

    それより、どうして授業中に。
    そこまで考え、まどかははっとする。確か二時間目は体育の授業で、着替えてから
    トイレで身嗜みチェックをする子もいる。
    ここにいることがばれたらまずい――そうはわかっているけれど。

    「……何か?」
    「あの、こんなとこでごめんなさい。だけど……中々暁美さんが一人でいるところ、
     見ないから……。今じゃなきゃ、どうしてもだめなの。話、聞いて欲しい」

    飛び出してしまいたい衝動に駆られる。
    それを必死に抑えて、まどかは外の話に耳を傾けた。


    550: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 16:15:43.37 ID:ztaI89Yi0

    「……出来るだけ、手短に」
    「わかってる。あのね、でも暁美さん、甘いものとか好きかな?」
    「嫌いよ」
    「!で、でも、一生懸命作ってきたの、受取って欲しい!」

    がさがさと音がする。
    誰かが、ほむらに何かを渡しているようだった。

    「受取ってくれない?」
    「どうして?どうしてあなたはこれを私に渡そうとするの?」
    「どうしてって……だって、それは私、あなたのこと、好きだから!」

    『でも転校生って意外にモテるよね、女の子に』

    不意に、いつか聞いたさやかの言葉が頭に蘇ってきた。
    その時、それがどういう意味なのかわからなかった。けれど――

    ガクガクと、震えだす。手と、足が。まどかは必死に音をたてないように、
    何の話も聞こえないように、耳を塞いだ。


    557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 16:37:57.27 ID:ztaI89Yi0

    しかしクラスメートのほうは、告白してしまったことでヒートアップしてしまったのか、
    声が大きくなり、耳を塞いでいたって声は漏れ聞こえてしまう。

    「別に、どんな関係でもいいからさ、付き合ってほしいなって思ってる!」
    「クラスにもいい人なんて沢山いるでしょ」
    「ううん、暁美さんみたいな子、中々いないもん!私、本気だから!」

    「こらーっ、さっさと授業行きなさい!」

    校庭に集合らしい。
    見回り当番の先生が、話し声に気付いたのか叫んでいるのが聞こえた。
    「はーい」という明るいクラスメートの声。それにかぶさるように。

    「……悪いけど私、そんな趣味はないから」


    564: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 16:51:47.47 ID:ztaI89Yi0

    まどか「……え」

    一瞬、頭が真っ白になって。
    けれど、なんとなくほっとする自分もいて。

    まどか「(……そう、だよね。そうはっきり言ってくれたほうが、私だって……)」

    諦めが、つくかも知れない。
    今度こそ。

    なのに。

    「嘘よ」
    「……え?」
    「暁美さんって、どっちかっていうと女の子のほうが好きって聞いたことあるし」
    「……誰に」
    「誰かなあ、確か昨日、メールでさやかに聞いて」

    まどか「(……さやかちゃん?どうしてそこにさやかちゃんが)」


    566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 16:56:08.80 ID:ztaI89Yi0

    「……意味がわからないわ、どうしてそんな」
    「それに、暁美さんはずっとまどかちゃんのこと気にしてるって、そうも言ってたし」

    まどか「……!?」

    今度は、違う意味で身体がびくっと震えた。
    さやかは一体、このクラスメートに何を言って……。

    「でも喧嘩したって聞いたからチャンスかなって思って暁美さんにぶつかったんだけど」
    「……」
    「無理だったかあ、残念。ま、これからも同じクラスメートとして宜しくね」

    たたたっ
    軽い足音が遠ざかっていく。たった今、告白して振られた子だとは思えないくらい。

    カリンッ
    何かが投げつけられるような音がした。
    それから、すすり泣く声が。

    まどか「(……ほむらちゃん、また泣いてるの?)」


    568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 17:02:49.36 ID:ztaI89Yi0

    けれど、まどかは動けずその声を聞くだけで。
    扉一枚隔てて、きっとすぐ近くに、ほむらはいるのに。

    まどか「(……今更、そんなこと聞いたって)」

    せっかく、諦めきれると思っていたのに。
    そんなことを聞いてしまったら、一体自分はどうすればいいのだ。

    まどか「(……わからない、わからないよ)」

    やがて、声が聞こえなくなる。
    ほむらの足音が遠ざかっていく。

    まどかはそっとトイレの扉を押すと、外に出た。
    さっきあのクラスメートがほむらに押し付けたらしい何かの入った袋が、
    ぐちゃぐちゃにされて、捨ててあった。

    それを、拾い上げる。
    あの告白が、本当に冗談半分だとわかるような中身。ほむらが投げ捨てたくなるのも
    よくわかった。

    手を洗い、トイレから出る。授業に出るつもりはなかった。
    ただ、どこか一人になれる場所に――突然、名前を呼ばれる。

    仁美「まどかさん?」


    570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 17:07:29.62 ID:ztaI89Yi0

    まどか「……仁美ちゃん」

    仁美「どうしてサボったんですの、一時間目」

    まどか「……仁美ちゃんこそ」

    仁美「今日は女の子の日ですから、体育は腹痛で見学ですわ」

    まどか「あ……そうなんだ」

    仁美「ですから、ここであなたを待っていましたの」

    まどか「いいの?そんなことして」

    仁美「いいですわ、まどかさんが泣いてるって聞いていても立ってもいられなくなって」

    多分、保健室からここへ来る途中、擦れ違ったクラスメートの誰かが、
    まどかのことを仁美やさやかに知らせたのだろう。

    仁美「突然ですけど……まどかさんは、暁美さんのこと、どう思ってますか?」


    572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 17:15:28.48 ID:ztaI89Yi0

    まどか「……え?」

    仁美「どうしても聞いておきたくて。好きか嫌いかの二択で答えて」

    まどか「……」

    まどか「好き、だよ」

    仁美「そう、良かった」

    まどか「……どうして」

    仁美「あなたに、お節介したい人がいるそうですわ」

    まどか「お節介……?」

    仁美「今日の帰りは先に帰ってやるからな、って。その時にさっさと仲直りしとけよって」

    まどか「……!」

    まどか「……でも、私。ほむらちゃんは、そんな趣味ないって、だから……」

    仁美「“そんなのわかんない!諦めつかないなら当たって砕けるしかないっつーの!”」

    まどか「仁美ちゃん……?」

    仁美「“あんたが友達のままでいいならそれでもいいけど、動くことが大事でしょ!”」

    仁美「“あんたが一番、後悔しないで済む方法でさ!”」


    575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 17:22:12.85 ID:ztaI89Yi0

    『誰かなあ、確か昨日、メールでさやかに聞いて』
    『それに、暁美さんはずっとまどかちゃんのこと気にしてるって、そうも言ってたし』

    仁美「私も実は、さっきの暁美さんたちの会話、聞いていたんですけど……」

    仁美「きっと、作戦違ってもあの人のことだから、結果オーライって笑うんでしょうね」

    まどか「……さやかちゃん」

    仁美「ふふっ、さやかさんの言葉遣い、こんなのお母様たちに聞かれたら大変ですわ」

    まどか「……うん、そうだよね」

    仁美「まどかさん。あなたが一番後悔しないで済む方法は、私にはわかりませんけれど――」

    仁美「……きっと、大丈夫ですわ。明日にはあなたがいつもどおりの笑顔を見せてくれるって、
       信じてますから」

    まどか「……仁美ちゃん」

    仁美「……私だって、本当はまだ怖いの」

    まどか「……仁美ちゃん?」

    仁美「こんなのずるいって、わかってます。けど、あなたと暁美さんが上手くいけば、
       私も……さやかさんとの関係を、自分達自身で否定しないで済むのかなって」


    576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 17:29:35.94 ID:ztaI89Yi0

    まどか「(……もしかして、仁美ちゃんとさやかちゃんは)」

    仁美「……だから」

    『……ま、最終的に決めるのはあんただけどね』
    『同性として生まれたのは君たちのせいでも世界のせいでもなく運命、必然なんだよ。
      だとすると、君たちは、もちろん僕たちだって、それを受け入れることしか術はないんじゃないかな?』

    『……好きなら仕方無いって、諦めちゃう』

    まどか「(……もう、私には後がないんだ)」

    だったら。
    同性であることを受け止めて、好きなら仕方ないって諦めて。
    それで――

    “あんたが一番、後悔しないで済む方法でさ!”

    まどか「(私が、一番後悔しないで済むこと――)」

    まどか「……仁美ちゃん、私ね」

    仁美「はい」

    まどか「さやかちゃんに昨日も今日もごめんねって伝えて欲しいな、他に一緒に帰る人がいるから、って」


    596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:21:48.03 ID:t/GbYHkb0


    三時間目、四時間目、昼休み……時間はだんだん過ぎていく。
    チャイムが鳴るそのたびに、まどかの心臓は大きく鳴ってしまう。
    そして、ほむらの姿を見るたびにその何倍も。

    さやかとは、結局まだ何も話していない。
    この前のことや、これまでのこと、あなたの気持ちを考えずに質問してしまって
    ごめんなさいと、全部終わって吹っ切れてしまったらそう伝えよう。
    まどかはそう思う。

    気が付けば、今日最後の授業が終わって。
    これで、今度こそお終い。
    逃げたりなんか――しない。そう自分自身の心に、まどかは刻み付けた。


    597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:23:23.55 ID:t/GbYHkb0

    ざわざわとクラスメートたちが教室を出て行く。
    さやかと仁美も。
    さやかは振り向かずに、仁美はまどかを勇気付けるように微笑んで。

    みんな、出て行ってしまう。
    もしかして、とは思っていた。
    もしかして、ほむらはいつも最後まで教室に残ってるんじゃないかと。
    教室に、ほむらの姿はない。
    けれどいつか見たように、ほむらの机にはまだ鞄があって。

    まどか「……ほむらちゃん」

    ほむらの机に、近付く。
    手を、伸ばす。触れる、指先でそっと。何度も何度も繰り返して。


    599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:25:13.37 ID:t/GbYHkb0

    「好き:という文字を、何度も何度もそこに画いて。

    ガタッ
    音が、した。

    今度こそ、まどかは驚かなかった。
    心臓がばくばくうるさく鳴っている。
    それさえ無視して、まどかはほむらに笑いかけた。

    まどか「ほむらちゃん、一緒に帰ろう」

    ―――――
     ―――――


    600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:28:24.31 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……まどか」

    名前を、呼ばれた。
    少し後ろを歩くほむらが、困惑した声で。

    ほむらがこんなふうに戸惑う理由は、もちろんわかっていた。
    朝のことも、昨日のことも、その前のことも。
    だから敢えてまどかは何も言わなかった。

    立ち止まる。


    601: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 2011/05/20(金) 18:28:46.99 ID:t/GbYHkb0

    まどかはすうっと大きく息を吸い込んだ。
    チャンスはもうない。
    またあれこれ何かを考えて、怯えてしまう前に。

    まどか「……ほむらちゃん」

    ありったけの勇気を振り絞ったって足りない。
    自分の中にある全部の気持ちを詰め込んで。

    まどか「私ね、今日ほむらちゃんに嘘、吐いちゃった」

    ほむら「え?」

    まどか「本当は、あなたと友達になんかなりたくない」

    ほむら「……!」

    まどか「私、ほむらちゃんと、恋人同士になりたいの」

    まどか「ほむらちゃんが、好きだから。友達としてじゃなくって、一人の女の子として」


    608: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 2011/05/20(金) 18:34:11.14 ID:t/GbYHkb0

    周囲には、誰もいなかった。
    少し、声は震えてしまったかもしれない。けれど、思ったよりもちゃんと出て。

    まどか「……なんて」

    そう言って、笑う。
    逃げないと決めたのに。結局最後、冗談のように締めくくってしまう。
    だけど――それくらい、許して欲しい。

    ほむら「……まどか」

    やっぱり、怖かった。
    ほむらの返事を聞くのが、怖いと思った。

    言わなきゃ良かった。
    後悔が、不意に襲ってくる。ほむらの表情は、逆光でよく見えなかった。
    けれど、もう遅くて。

    まどか「……ごめん、ね?困らせちゃうって、わかってた。気持ち悪いよね、おかしいよね」

    まどか「……ほむらちゃん、そんな趣味ないって、言ってたもんね」


    610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:37:32.70 ID:t/GbYHkb0

    言ってしまった言葉はもう取り消せない。
    そうだとわかって、言ってしまったのだから。
    これで、ほむらにどんな目で見られたって、後悔なんて――ないはず。

    涙だって、出てこない。
    大丈夫。

    ほむら「……違う」

    まどか「……え?」

    ほむら「……まどかが気持ち悪いなら、私だって、気持ち悪い……!」

    まどか「……ほむら、ちゃん?」

    ほむら「ずっとずっとまどかが好きで――!ずっとずっと、あなたに恋してた……!」

    ほむらの声は、濡れていた。
    涙が。泣けないまどかの代わりに、ほむらが泣いていて。


    614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:40:37.46 ID:t/GbYHkb0

    まどか「だけど、そんな……!」

    ほむら「……私が、おかしいから。そんなはずないって、ずっとずっと」

    まどか「でもほむらちゃん、そんな趣味ないって、そう言ってた!」

    ほむら「……ないわ」

    まどか「……!じゃあ……」

    ほむら「あなた以外で、私はそんな趣味、ない……から」


    621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:45:01.88 ID:t/GbYHkb0

    赤い夕日が、ほむらとまどかを照らしていて。
    それに負けないくらい、まどかもほむらも赤くなっていて。

    まどか「……」

    ほむら「……」

    沈黙。
    どうすればいいかわからなかった。
    嬉しくて、こそばゆくて、恥ずかしくて。

    けど、覚悟していた悲しみや辛い気持ちは何にもない。

    まどか「……ほむら、ちゃん」

    ほむら「……」

    ほむらの泣き声が、小さく頷きに変わる。
    本当に好きで好きで仕方なくって。愛しい。まどかはそう思った。

    まどか「……私たち、女の子同士だよ」

    ほむら「……」

    わかってる、そういうように、ほむらは頷く。
    涙を拭いながら。


    626: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:51:45.24 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……女の子同士で、だけど」

    ほむら「……」

    一歩、二歩。
    ほむらに近付く。肩が、震える。まどかの手も。
    それでも、震える手でほむらの涙をそっと払って。

    まどか「……こんなに、好きなの」

    涙声に、変わってしまう。
    泣かない。決めていたはずなのに。結局、まどかも泣いてしまう。

    好きすぎて、苦しくて。


    628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:52:33.67 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……まどか」

    まどか「でも、ほんとはいけないんだよ、こんなの……」

    ほむら「……うん」

    まどか「でも、でもね、……ほむらちゃん」

    震えた手のまま、ほむらを、抱き寄せて。
    もう、ほむらは抵抗しなかった。
    それが嬉しくて、ぎゅっと抱き締めて。

    まどか「……ほむらちゃんが泣いてるとき、ずっと側にいたいよ。ずっと側にいて、
        大丈夫だよって、こうして抱き締めてあげたい。泣かないで、って言ってあげたい」

    ほむら「……うん」

    まどか「ずっとずっと、ほむらちゃんの、一番大好きな人になりたいの」

    まどか「……いい、かな」


    629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 18:55:26.21 ID:t/GbYHkb0

    こくり。
    ほむらが、まどかの腕の中で頷く。

    ほむら「……でも、私も」

    まどか「……え?」

    ほむら「まどかの、涙を拭いてあげられるような、そんな人になりたい」

    まどか「……うん」

    微笑んで、頷いて。
    ただ、今感じるお互いの温もりが嬉しくて。

    女の子同士だと、わかっていても。
    やっぱり愛しい。

    これからのことだって、何があるかわからない。
    それでも――

    まどか「……大好き」

    堪えきれずに、呟いてしまう。

    終わり


    660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:38:00.63 ID:t/GbYHkb0

    後日談


    まどか「ほむらちゃん、一緒に帰ろう!」

    今日最後の授業が終わり。
    チャイムが鳴ると、すぐにまどかは――私の元へ走り寄ってきて笑った。
    こくっと頷く。今声を出してしまえば、きっと裏返ってしまうような気がしたから。

    まどかと一緒に居ると、時々昔の私が顔を覗いてしまう。
    そんな私をまどかは「かわいい」と言ってくれるけれど、私はまどかを守りたくて
    魔法少女になって――そして、この時間軸に存在している。
    だから、このままじゃワルプルギスの夜にも結局負けてしまう……そんな気がして。
    だけど、今この時間がただ幸せで。


    661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:38:17.08 ID:t/GbYHkb0

    ずっと、まどかが好きだった。同じ女の子のまどかに、恋していた。
    時間を何度も巡るにつれて、その想いは強くなっていって。
    何度も泣いた。一人、放課後の教室で。この想いを呪って、泣いて。

    伝えられない気持ちが苦しかった。
    まどかを一時拒んでしまったのも、この気持ちがますます加速してしまいそうで、
    怖かったから。

    だけど。

    まどか「ほむらちゃん?」

    まどかの声にはっと我に返る。
    気が付かないうちに、口許が緩んでしまっていたらしい。

    まどか「ほむらちゃん、嬉しそう」

    私よりも嬉しそうに、まどかが笑ってくれる。
    「……えぇ」頷いて、一緒に教室を出て。


    671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:48:26.04 ID:t/GbYHkb0

    下駄箱に向かう途中、一人のクラスメートと擦れ違う。
    「良かったね、まどかちゃんと仲良くなれて」くすっとした笑いつきで。

    ほむら「……」ホムッ

    どうやら、一部の人間にはばれてしまっているようだった。
    ――もし、私たちが友達以外の関係だと知ったら。
    このクラスメートたちは、今のように接してくれるのだろうか。

    さやか「おー、きたきた」

    仁美「早く帰りません?」

    そんなことを考えていると、聞きなれた声がしてぶんぶんと大きく手を振っている
    美樹さやかと控えめに言う志筑仁美の姿が見えた。

    まどか「ごめんごめん!」

    まどかが慌てて廊下を走り始める。
    けれどすぐに立ち止まって。「ほむらちゃんも」


    673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:51:23.41 ID:t/GbYHkb0

    まどか「早く行こう?」

    ほむら「……」ホムッ

    頷く。やっぱり、口許がだらしなく緩んでしまってるんじゃないだろうか。
    今の自分の表情は、鏡で見たくない。
    そう思った。すごく、幸せな気持ちで。

    ―――――
     ―――――

    さやか「でさー、ほんっとありえないんだよねえ」

    仁美「はしたないですわよ、さやかさん」

    まどか「……」

    ほむら「……」

    帰り道。
    最近、こうして四人で帰ることが多くなっていた。
    美樹さやかと志筑仁美の二人が前で、まどかと私が後ろで。

    まどか「……さやかちゃんたち、楽しそうだね」

    ほむら「……えぇ」


    675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:56:14.76 ID:t/GbYHkb0

    「付き合ってる」
    一応、私たちはそういう関係なんだと思う。

    お互い、好きで。
    一緒にいたくて。

    でも、それがどういうことなのか、正直よくわからない。
    私はずっと想いを伝えずに何度もループして過ごしてきて、照れ臭くてどうしようもなくて。
    話したいことも、伝えたいことも沢山あるはずなのに、それが言葉に出来ない。

    まどか「……へへっ」

    ほむら「まどか?」

    まどか「……ほむらちゃんと一緒に歩けるの、嬉しいなって」

    ほむら「……うん」ホムッ


    676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 19:58:17.71 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……でも、やっぱり実感涌かないや。付き合うって具体的にどうすればいいんだろうね?」

    ほむら「……そうね」

    ふと、前を見る。
    美樹さやかも志筑仁美も、会話を続けていて――自然に。

    まどか「……」マドッ

    ほむら「……」ホムッ

    手を、繋いでいて。
    ぎゅっと、固く固く。


    679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 20:08:15.01 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……」

    ほむら「……」

    つい、立ち止まって、顔を見合わせる。
    さやかたちと、かなり距離が離れてしまう。

    まどか「……」

    ほむら「……」

    まどか「手、繋いでみよっか」

    まどかは前に向き直ると、言った。
    照れ臭そうな表情で、手を差し出される。

    ほむら「……」

    そっと。
    その手に私の手を重ねてみる。まどかの手が、私の手を包み込んでくれる。


    684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 20:28:51.34 ID:t/GbYHkb0

    温かくて、ほっとして。

    まどか「……」

    ほむら「……」

    やっぱり何も話せなくなる。
    けれどそれはそれでいい気がして。

    さやか「おーい、二人とも何やってんのさー」

    突然、後ろを振り返ってさやかたちが私達に手を振っていた。
    ついびくっとしてお互い手を離してしまう。

    まどか「……あ」

    ほむら「……」

    まどか「行こっか」

    離れてしまった手は、もう繋げない。
    だけどまだ手にまどかの温もりが残っている。
    まどかは小さく言うと、先に立って走り出した。


    695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:11:25.65 ID:t/GbYHkb0

    ―――――
     ―――――

    仁美「それじゃあまた明日」

    さやか「じゃねー」

    交差点。
    私だけ、三人とは方向が違っていた。
    まどかとも、別れなきゃいけない。

    ほむら「……じゃあまた」

    そっとまどかの隣を歩き出す。
    まどかの「また明日」が聞こえるはずだった。

    まどか「ごめん、さやかちゃん、仁美ちゃん!」

    代わりにそんな声が聞こえ、足音。
    「待ってほむらちゃん!」と、まどかが追いかけてくる。

    さやかたちはもう遠くへ行ってしまっていた。

    ほむら「まどか……いいの?」


    698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:14:01.41 ID:t/GbYHkb0

    私に追いついて、はあはあと息を切らしているまどかに尋ねる。
    「いいよ」とまどかが笑う。

    まどか「二人の邪魔、したくないし。今日ね、これから一緒に遊びに行くんだって」

    ほむら「こんな時間に?」

    まどか「うん。今日は特別な日だからって」

    ほむら「……そう」

    まどか「それに私、まだほむらちゃんと一緒にいたかったから」

    不意に、温かいものが手に触れて。まどかの手。
    驚いてまどかを見ると、照れ臭そうに微笑んでくれた。

    まどか「さっき、すぐに離しちゃったから」


    699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:19:05.78 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……うん」

    まどか「……へへっ」

    嬉しそうに。まどかが笑って。
    私も嬉しくて。

    まどか「そういえば私、こっちの道通るの初めてだなあ」

    ほむら「……大丈夫なの?」

    まどか「ん、平気だよ!後でちゃんと帰れる様に覚えとく」

    ほむら「私、送って」

    まどか「それじゃあ私がこっちに来た意味ないよ」

    ほむら「……そう?」ホムッ

    まどか「へへっ、そうだよー」


    701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:25:33.51 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……じゃあ、明日は私がまどかを送る」

    まどか「えぇ、いいよそんな!」

    ほむら「いいの、私がやりたいから」

    まどか「じゃあ、お願いしようかなあ」

    ほむら「えぇ、任せて」

    まどか「へへっ、何か変な会話だね、これ」

    ほむら「……えぇ」

    でも、楽しい。
    こうやって何でもないようなことを話せる事がすごく。

    まどか「私ね、そういえば前に見たことあるの」

    ほむら「え?」

    まどか「いつだったかな……夢で、こうやってほむらちゃんと歩いてるとこ」


    703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:27:53.67 ID:t/GbYHkb0

    まどかの、私の手を握る力が強くなる。

    まどか「……その時も、こんな感じだったなって」

    ほむら「……うん」

    まどか「凄く、幸せな夢だったな、今思うと」

    ほむら「……そう」

    まどか「でもね。今はもっと幸せ」

    へへっと笑い声をあげ、まどかが言う。
    私も、まどかの手を強く、握ってみる。

    まどか「……こんな幸せ、ずっと続けばいいのにな」


    706: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:32:54.37 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……まどか」

    まどか「私ね、最近思うの」

    痛いくらいに、握った手の力が強くなって。
    私は「うん」と頷くことが精一杯で。

    まどか「あなたとずっと一緒にいたいって、ずっと一緒にいれますようにって」

    ほむら「……」

    まどか「キュゥべえにそう願って、それが本当に叶うんなら。私、魔法少女になってもいいかなって」

    思わず、立ち止まる。
    少し先を行っていたまどかの手を引っ張ってしまい、まどかがバランスを崩しそうになった。

    ほむら「あ、ごめんなさい……」

    まどか「ううん、いいけど……どうしたの?」

    ほむら「まどか。お願いだから、そんなこと――魔法少女になりたいなんてこと」

    QB「その願いは本当かい?鹿目まどか」

    不意に、声がした。
    私の声を掻き消して、そいつが、いた。


    708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:35:15.98 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「インキュベーター!」

    まどか「キュゥべえ……」

    QB「もしその願いが本当なら、僕が容易く叶えてあげられるよ」

    まどか「あ、うん……」

    白い尻尾がゆらゆら揺れている。
    「だめ!」そう言い掛けたとき。

    突然、その白い尻尾が宙に浮いた――ように見えた。

    「無理な勧誘はだめって言ってるでしょ」


    710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:39:57.32 ID:t/GbYHkb0

    まどか「マミさん!」

    マミ「お久し振りかしら、鹿目さん?……と暁美さん」

    ほむら「……えぇ」

    QB「何しに来たんだい、マミ?」

    マミ「佐倉さんと魔女を狩りに行っていたんだけどね、あなたの姿が見えたから」

    まどか「あはは……」

    マミ「なんだかいいところを邪魔しちゃったみたいね?キュゥべえもごめんなさいは?」

    クイッ

    QB「キュッ」

    マミ「ほら」

    QB「ごべんなざい」


    713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:45:18.90 ID:t/GbYHkb0

    ほっ、とする。
    まどかの巴マミを見る目に、少しだけ暗い気分になるけれど。

    「おーい、何やってんだよー!?先に帰るぞ!?」

    遠くで、聞き覚えのある声が巴マミを呼んでいた。
    佐倉杏子と巴マミ――
    何だか、少し意外な組み合わせ。

    だけど。そんな杏子の声に反応するマミは――たぶん、今まで見たことある笑顔の中でも
    きっと一番の笑顔を見せていて。

    ほむら「……巴マミ、そいつを連れてさっさと戻ったら?」

    マミ「言われなくってもね。あまりこの子を連れて帰りたくはないんだけど、
       今日のところは仕方無いわね」

    ふふっと笑いながらマミは言うと、小さく手を振ってたぶん、杏子のところへと
    駆け戻って行った。


    714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 21:47:41.30 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……」

    安堵の溜息。
    と、まどかが手を繋ぎ直してきた。

    まどか「マミさん、やっぱりかっこよかったなあ」

    ほむら「……」

    ずきん、と嫌な鼓動。
    私は何も答えず、歩き出す。

    まどか「ほむらちゃん?」

    ほむら「……」

    まどか「ねえ、ほむらちゃん!」

    ほむら「……」

    まどか「……ほむらちゃん?」

    ほむら「……」

    まどかの不安げな声に、立ち止まる。
    こんなことで妬いてしまうなんて。今までだったらこんなこと、なかったのに。


    724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:10:17.28 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……えっと」

    ほむら「……ごめんなさい、何でもない」

    そのくせ、まどかの顔を見るとすぐに許してしまうことはずっと前から変わらない。
    まあいいか、と。そんなふうに思ってしまう。

    まどか「……もしかして、妬いてくれてたのかな」

    ほむら「……!」ホムッ

    不意にまどかがそう言って。
    つい、赤くなってしまう。私は今度こそ何も言わずに、だけどまどかの手をちゃんと
    引いたまま歩き出す。

    家が、近くなっていた。


    730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:16:40.99 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……あそこがほむらちゃんのお家?」

    ほむら「……えぇ」

    まどか「……そっか」

    ほむら「……えぇ」

    まどか「……」

    ほむら「……」

    また、立ち止まる。
    さっきから歩き出したり立ち止まってばかり。でも、まどかもそうだということは
    やっぱり帰りたくないと、そう思ってくれているはずで。

    ほむら「……」

    手が、離れそうになる。
    ――――「待って」
    思わず、その手をもう一度掴んでしまっていた。


    733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:23:05.60 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……ほむらちゃん」

    ほむら「……」

    小さく、小さく。息を繰り返して、荒れる心臓を宥める。
    「もう少し、一緒にいて欲しい」と。
    たったそれだけの言葉を言うために。

    ほむら「まどか、あの……」

    まどか「……」

    まどか「もう少し、一緒にいてもいいかな」

    ほむら「……え?」

    まどか「もう少し、ほむらちゃんと一緒に」

    柔らかな笑顔で、まどかが言った。
    つい、目を逸らしてしまうほど。私は、小さく頷いた。


    736: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:28:57.43 ID:t/GbYHkb0



    まどか「……お邪魔します」

    いつもよりも小さな声で、まどかがそう言って入ってくる。
    「今、家誰もいないから」と、そう声をかけるとまどかは「あ、そうなんだ」と
    よけいに居心地悪そうに周囲を見回した。

    まどか「……ほ、ほむらちゃんのお家、すごく綺麗だね」

    ほむら「そう?……ありがとう」

    まどか「う、うん」

    ほむら「どこかその辺りに適当に座っておいて」

    まどか「あ、うん」


    741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:34:27.86 ID:t/GbYHkb0

    まどかが私の家にいる。
    何だかおかしな感じだった。台所に立ちながら思う。

    そっと背後を窺うと、やっぱりきょろきょろとしているまどかの姿が見えた。

    ほむら「まどか」

    まどか「へっ!?」

    ほむら「……まどか?」

    まどか「あ、ごめん……えっと」

    ほむら「コーヒーしか、ないんだけど……大丈夫?」

    まどか「うん、ほむらちゃんに淹れてもらえるなら何でも」

    ほむら「……」ホムッ

    また、赤くなってしまう。
    慌てて前に向き直ると、コーヒーを二つ分のマグカップに注ぐ。


    743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:37:23.18 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「まどか」

    まどか「あ、ありがと」

    ことりと。
    まどかの前にカップを置くと、ようやくまどかはほっと一息吐いた。
    それから私の淹れたコーヒーに口をつけると「美味しい」と笑ってくれる。

    ほむら「……良かった」

    まどか「あ、あのね、ほむらちゃん」

    けれどすぐにまた。
    落ち着かないように周囲を見回し始めた。

    ほむら「……まどか、どうかしたの?」

    まどか「へっ、あ、いや……なんでも、ないよ」


    747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:43:45.68 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……でも」

    まどか「そ、それより!」

    ほむら「え?」

    まどか「えっと……ほ、ほむらちゃんは、どうして私を、魔法少女にしたくないのかなって」

    ほむら「それは……」

    まどかの突然の問い掛けに、私は答えに詰まってしまった。
    いくら今のまどかでも、「時間を越えているの」なんて言ったって信じてくれる
    はずはなくって。寧ろ、そんなこと言っておかしな子だとは思われたくなかった。

    ほむら「……」

    まどか「言えない、かな」

    ほむら「……まどかは、私たちが何度も会ってるとしたら、どう思う?」


    748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:47:35.50 ID:t/GbYHkb0

    まどか「えっと……?」

    ほむら「ごめんなさい、全然関係ない、ことだから。変な質問、気にしないで」

    まどかの反応に、私は慌ててそう付け足した。
    けれど。

    まどか「……もし本当にそうなら、嬉しいかな」

    ほむら「……まどか」

    まどか「だって、それって何度もほむらちゃんに会えるってことでしょ?」

    ほむら「……それは、そう、だけど」

    まどか「それにね、なんだか本当にありそうな気がするの」

    ほむら「……どうして?」

    まどか「さっき帰り道話した夢の話。あれ、本当にありそうだったから」

    まどか「それが、昔の記憶だったらいいなって」

    ほむら「……!」


    750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:52:54.98 ID:t/GbYHkb0

    覚えているはずがない、今まで私が繰り返してきた時間を、まどかが。
    だけど――本当に少しでも覚えていてくれたのだとしたら、それはすごく。

    ほむら「……えぇ、そうね」

    まどか「私ね、結局はきっと、ほむらちゃんのこと好きになってそうだな」

    ほむら「……まどか」

    まどか「どこで会っても、いつ出会っても、私はほむらちゃんを好きになる気がする」

    ほむら「……私も」

    ずっとずっと。
    たぶん、これからだって。

    まどか「へへっ、嬉しいな」

    ほむら「……うん」

    二人で、笑い合う。
    幸せすぎて、壊れてしまいそうで。
    つい、壊れてしまわないように、離してしまわないように、まどかの手を。
    掴んでいた。


    752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 22:55:20.99 ID:t/GbYHkb0

    まどか「ほむらちゃん……?」

    ほむら「……」

    どうしてだか、何も言えなくなった。
    温かかったコーヒーが、だんだんと冷たくなっていく。

    まどか「……」

    ほむら「……」

    沈黙。
    おかしな雰囲気が、私たちの間に流れて。

    まどか「――ほむらちゃん」

    まどかの顔が、近付いてきて。
    あと少し、あと数センチ――唇が、触れそうになる。


    758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:06:49.16 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……だめ」

    けれど。
    あと少しのところで、私はたぶん、まだ弱気で。

    まどか「……ほむらちゃん」

    顔を、逸らしてしまう。
    「ごめん」と謝ると、まどかはううん、と首を振る。

    まどか「……私こそ、急ぎすぎたよね。……ごめんね」

    ほむら「……ううん。私が、悪いの」

    まどか「そんなことないよ!へへっ、本当、ごめんね?……私、そろそろ帰るよ」

    ほむら「え……」


    759: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:09:26.93 ID:t/GbYHkb0

    まどか「あんまり長居しすぎちゃってもだめだから……」

    ほむら「……まどか」

    まどか「あ、さっきのことは、その……気にしないで!」

    ほむら「……」

    まどかが、立ち上がる。
    そのときに、まどかの足がテーブルに当たって冷めたコーヒーが、零れてしまった。

    まどか「あっ、ご、ごめん……!」

    慌てて屈みこもうとしたまどかを、私はぐいっと引っ張った。

    まどか「ほ、ほむらちゃん……?」

    まどかの柔らかな頬に、口付ける。
    今は、まだ。これくらいしかできないけど。

    まどか「……」

    ほむら「……」

    かあっと頬が熱くなる。
    もう、まどかと暫く目が合わせられない。


    765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:15:05.06 ID:t/GbYHkb0

    まどか「ほむら、ちゃん……」

    ほむら「……ご、ごめん、急に……」

    まどか「……ううん!」

    ぎゅっと。
    まどかが私の身体を抱き締める。
    お互い、真っ赤な顔が見られなくてほっとして。でも、よけいにドキドキしたりして。

    まどか「どうしよう、自分でしようとしたくせに……今の私、絶対人に見せられない顔しちゃってる」

    ほむら「……うん」

    まどか「……やっぱり、ずるいよほむらちゃんは」

    ほむら「……そうかな」

    まどか「うん、そうだよ。ほむらちゃんはずるい」

    額に。頬に。
    まどかの唇が押し付けられる。私はもう、抵抗しなかった。
    けれど、まどかは唇に触れる一歩手前で小さく笑った。


    769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:17:10.04 ID:t/GbYHkb0

    まどか「……今はお預けかな」

    ほむら「……そうしてくれると、嬉しいわ」

    まどか「じゃあ、その代わりに」

    ほむら「うん?」

    まどか「……ほむらちゃんにしか叶えられない願い、叶えて欲しいな」

    ほむら「私にしか、叶えられない……?」

    まどか「キュゥべえには言っちゃだめだし……だったらほむらちゃんにしか叶えられないよ」

    淡く微笑み、それから少し照れ臭そうに。
    まどかは私の耳元で囁いた。

    まどか「……私と、ずっと一緒にいて欲しいな。ずっとずっと、ほむらちゃんと一緒にいたい」


    775: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:21:16.73 ID:t/GbYHkb0

    ほむら「……」

    そんなこと、当たり前なのに。
    こくり、と頷く。

    まどか「へへっ……ありがと」

    ほむら「……うん」

    まどかの手が、私の手を優しく掴んで。
    ずっと昔に忘れてしまっていた、指きり。

    「約束」

    声が重なって。

    ずっとずっと、これからも一緒。
    だから、ゆっくりゆっくり進んでいけばいい。

    まどか「――大好きだよ、ほむらちゃん」



    終わり


    781: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:22:53.44 ID:pO3LD1DS0

    乙!

    心温まった、今日はよく眠れそうだ


    782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:23:37.42 ID:OP7NZ1ut0

    超乙

    最高だった


    783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:23:38.14 ID:+45k8Fco0

    うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
    めっちゃ良かったよ!!!!!
    始終にやけちゃったよ!!!!!!
    乙!!


    789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:27:01.56 ID:duoZ5zeW0

    乙!
    文章の雰囲気がたまらなく好きだった
    また別のSSで会おうな!


    792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:30:33.20 ID:r1QIr/VCP

    ニヤニヤした! ニヤニヤを堪能したよ!
    乙! 乙!

    また、新しいのがあればぜひ読みたい!


    795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 23:33:55.71 ID:RJvkqRrg0

    ほっこりした
    ガチ工口いかないぐらいが丁度いいのかもな
    乙した


    引用元: まどか「ほむらちゃんが泣いてる……」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (325)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (322)
    シンデレラガールズ (1414)
    ミリオンライブ (236)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (314)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (23)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (135)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (448)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (19)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (41)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (61)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (37)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (23)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (39)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (135)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (97)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (23)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (8)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (11)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (118)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (161)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (115)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (46)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (221)
    遊戯王 (46)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (23)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (282)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (34)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (122)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク