FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    1: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/10(金) 22:56:31.81 ID:O/lVvFoe0
    このSSは以下の要素を含みます

    ・亜人
    ・奴隷
    ・オリキャラ

    上記の要素が含まれますのでご注意ください。

    よろしい方はよろしくお願いします。


    2: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/10(金) 23:06:23.04 ID:O/lVvFoe0
    メイド「皆様、ご機嫌用。案内役を務めさせていただくメイドと申します」

    メイド「このSSは安価SSであるため、頻繁に安価が入りますわ」

    メイド「そして安価のコンマ下二桁で成否判定を行うことも多く、その奴隷の持つ基本的な能力である心技体の三つのパラメーターにその職業で必要なスキルを乗じたものを下回れば成功。上回れば失敗」

    メイド「数値の半分以下なら大成功。倍なら大失敗。しかし1~5の範囲は自動で大成功。96~00までは自動で大失敗となります」

    メイド「と、いった具合ですね」

    メイド「ご主人様は毎週奴隷たちに仕事を与え、それによって得た資金を管理していただきます」

    メイド「週末は奴隷と交流したり、物語を進めるうえで便利なアイテムを購入したりできます」

    メイド「それではまず仕事についてお話しましょう」

    メイド「わが屋敷には週の初めに仕事の依頼が届きます。ご主人様はどの奴隷がどの依頼に合うか判断して頂き、奴隷を派遣していただきます」

    メイド「同じ仕事場に同じ奴隷を派遣させ続けることで、給与が上がったり依頼主と仲良くなったりできます」

    メイド「特に依頼主との仲は後述する村の発展にかかせませんのでご注意を」

    メイド「こうして週末になると選択肢の中から一つ選び行動することができます」

    メイド「あと外出することでいろいろな場所にいけたりしますわ。行ける場所は主に」

    ・道具屋

    ・武器屋

    ・鍛冶屋

    ・薬屋

    ・闘技場

    ・職業訓練所

    メイド「ですわ」

    メイド「あと狩りに行ったりなど物語を進めていくうえで大切なことがいろいろありますがそれは私の建てる目標を見てください」

    メイド「今の目標はこれですわ」

    【奴隷を二人以上村へ送り込む】 残り一人

    【森のボスを倒す】

    メイド「あともう少しなので頑張ってください」

    メイド「次に人々の説明なのですが」

    ベル「は僕に任せて。メイドさんは他のところで休んでていいよ」

    メイド「ということらしいので、失礼します」

    3: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/10(金) 23:24:17.97 ID:O/lVvFoe0
    ベル「まずは僕たちのご主人様である男。今は全身やけどして仮面をつけているよ。元騎士らしくて今は僕たち奴隷を派遣する業者をやってるよ。元騎士の癖に今はメイドさんより弱いんだってさ」

    ベル「なんか亜人と人間が共存できる世界を作るとかなんとか言ってるけど本当なのかどうなのか」

    ベル「僕を殺そうとするしね………」

    ベル「まぁそれよりもご主人様でありながら今は僕の奴隷ってことが大事かな」

    ベル「次はメイドさんだね。ご主人様とは昔馴染みらしいけど詳しいことはわからないなぁ。仕事はバリバリできるし戦闘もこなせるって凄いよね」

    ベル「次は一番最初に奴隷になったワーキャットのミーア。メガネのどじっ娘。おどおどしてるらしいけど僕はあんまりおどおどしてるところ見たことないなぁ」

    ベル「次は二番目に奴隷になったコボルトのリオネシア。ござるござる言ってるけど強くはないよ。今は村にいて酒場でお料理作ってるらしい。あとレズと同居してるよ」

    ベル「次は三番目に奴隷になったドラゴニュートのドラコ。男勝りというか完全に男だよね」

    ベル「次は四番目に奴隷になったメルメル。いつもふわふわしてるオオスカシバの亜人だよ。すぐ死にかけるね。これも今は村にいるよ」

    ベル「次は五番目に奴隷になったオークのナーグル。無口であんまりしゃべらないね。人間が嫌いらしいよ。だから表面上の付き合いしかしないんだって。大人だね」

    ベル「次は僕。奴隷でありながらご主人様なベルグレインだよ。スライムだけど氷結晶で体が作られてる異端児だよ。さっきも言ったけどご主人様に殺されかけたんだ。だから本当はあいつが大っ嫌い。だけど僕が幸せになるために利用してみせるさ!」

    ベル「今のところ最後の奴隷は先週入ってきたゴーレムのニケライト。頭に角が生えててうざいぐらい元気なこと以外今の所はいうことないかな」

    ベル「次は他の人だけど僕は僕の事が紹介できたからいいかな」

    ベル「メイドさーん。あとよろしくー」

    4: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/10(金) 23:35:56.80 ID:O/lVvFoe0
    メイド「なんのために自己紹介をしたのでしょうか」

    メイド「では次に私達の信愛なる友人たちを」

    メイド「古書娘。古書堂を趣味で経営していた若い女性ですわ。ミーアと魔女以外あまり親しい人はいないようです。以前まで街を恐怖に陥れる放火魔でしたが今は村に移住して平和な日々を送っていますわ。魔女の姉ですわ」

    メイド「道具娘。道具屋を経営していた少女ですわ。調べた限りでは天涯孤独ですが現在はリオネシアと村で同居していますわ」

    メイド「お嬢様。命を狙われている元貴族のお嬢様ですわ。今は行方不明となっていますが本当は村で村長をしていますわ。ドラコと仲がいいようで」

    メイド「魔女。村で薬を作っている魔女ですわ。何を考えているかわかりませんわ。あまり話しませんし。今村で姉である古書娘と親友であるメルメルと暮らしていますわ」

    メイド「鍛冶屋。冴えない男ですわ」

    メイド「シスター。とある教会でシスターをやっている女性ですわ。そういえばなぜあの教会はシスター一人しかいないのでしょうか」

    メイド「棟梁娘。以前まで街で大工をやっていましたが建築中の家が放火され責任をとることになった父親に頼まれてナーグルが村に連れてきましたわ。今は村で簡素な小屋を建てる仕事をしているご様子」

    メイド「発明家。変な言葉で喋る女性ですわ。魔導具なんてものを作ってるらしいです」

    5: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/10(金) 23:41:01.29 ID:O/lVvFoe0
    メイド「次にご主人様と因縁のある方々のご紹介ですわ」

    メイド「トーラ。ご主人様が亜人と人間の共存を目指すようになった村に住んでいた村娘です。ご主人様は彼女の意思を次いで行動していますわ。あとすでに戦争によって命を奪われていますわ」

    メイド「ナージャ。ご主人様の嫁であり戦友。ちなみにドラコの姉ですわ。性格は良くも悪くも脳筋。愛情も怒りもストレートですわ。彼女も命を落としています」

    メイド「白鞘童子。ご主人様が腕を斬り落とした鬼ですわ。今、村で穀潰しをやっていますわ。味方ではありませんが敵でもないはずです」

    メイド「後輩。ご主人様がいた騎士団のメンバーでご主人様を慕っている小娘ですわ。ただ戦闘能力だけはずば抜けており、街中で発生した亜人事件のほとんどを自慢の両剣で切り捨てています。今はご主人様の命で放火犯を探しています」

    メイド「カグヤ。村に住んでいるコウモリ………ではなくサキュバスの小説家。おっとりした性格でサキュバスらしさは皆無ですわ」

    メイド「六瓢連春告。村に住んでいる梅のアルラウネですわ。どうやら薬師らしく同じく薬を作る魔女に絡んでいますわ」

    メイド「詳しいことを知りたい方は」

    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】


    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】

    メイド「よろしければこちらをご覧くださいませ」

    6: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:15:11.31 ID:EUmvakdb0
    メイド「最後に奴隷たちの能力をお伝えします」

    【基礎情報】

    ミーア 年齢14 身長 159 体重46 B89 W56 H81          

    好きなもの 読書 猫 男 古書娘 パンケーキ 嫌いなもの 恐怖 骨が多い魚

    【ステータス】

    心 4 技 2 体1

    知識【47】

    魔術【20】

    聖職【15】

    接客【32】

    料理【27】

    清掃【24】

    運送【10】

    土木【9】

    警備【7】

    ミーアの好感度【100/100】

    ミーアの忠誠心【100/100】

    【スキル】

    【引っ込み思案】 接客の数値が半分になる

    【読書家】書籍に関する仕事での職業値が倍になる



    【基礎情報】

    リオネシア 8歳(人間でいうところの16歳) 身長 128 体重 33 B53 W48 H55

    好きなもの 忠義 時代劇 侍 嫌いなもの 不誠実 裏切り 忍者

    【ステータス】

    心1 技3 体1

    知識【05】

    魔術【01】

    聖職【01】

    接客【36】

    料理【32】

    清掃【25】

    運送【18】

    土木【8】

    警備【10】

    リオネシアの好感度【100/100】

    リオネシアの忠誠心【100/100】

    【スキル】

    【忠犬】忠誠心が上がりやすく下がりにくい。

    【二足歩行苦手】コンマでぞろ目を出したとき場合その仕事の判定が接客 運送だった場合自動的に失敗する。

    7: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:16:09.29 ID:EUmvakdb0
    【基礎情報】

    ドラコ 19歳 身長179cm 体重128kg B88 W68 H91

    好きなもの 肉 戦い 寝る 嫌いなもの 面倒事 バカな人間 読書

    【ステータス】

    心1 技1 体5

    【知識】01

    【魔術】01

    【聖職】01

    【接客】01

    【料理】01

    【清掃】01

    【運送】10

    【土木】10

    【警備】23

    ドラコの好感度【100/100】

    ドラコの忠誠心【20/100】

    【スキル】

    【反骨精神】 忠誠度によって仕事にマイナスの補正がかかる。

    【目立ちたがり屋】 放置すると忠誠度が下がる。

    【絶対防衛戦線】 かばうを発動した時、攻撃を行った相手に攻撃力分のダメージを与える(軽減可)




    【基礎情報】

    メルメル 年齢6歳 身長118cm 体重25kg B62 W48 H58

    好きなもの 魔女ちゃん 男ちゃん 抱き着くこと お世話 嫌いなもの 暑さ 寒さ 悲しんでる人

    【ステータス】

    心4 技2 体1

    【知識】10

    【魔術】50

    【聖職】26

    【接客】28

    【料理】10

    【清掃】18

    【運送】21

    【土木】01

    【警備】01

    メルメルの好感度【100/100】

    メルメルの忠誠心【90/100】

    【スキル】

    【非力】 運送以外の職業値の限界が30

    【天真爛漫】職場と親密になりやすい

    8: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:17:41.84 ID:EUmvakdb0
    【基礎情報】

    ナーグル 年齢19歳 身長239cm 体重148kg B118 W86 H125

    好きなもの 自然 家事 嫌いなもの 人間 酸っぱいもの

    【ステータス】

    心2 技1 体4

    【知識】17

    【魔術】11

    【聖職】09

    【接客】05

    【料理】18

    【清掃】12

    【運送】08

    【土木】20

    【警備】15

    ナーグルの好感度【40/100】

    ナーグルの忠誠心【20/100】

    【スキル】

    【無口】 接客の数値が半分になる。魔術の行使が1ターン後になる。

    【巨躯】 ダメージに+2される。行動値が-5される。



    【基本情報】

    ベルグレイン 年齢13 身長 平均149 体重 平均43 B だいたい75 W おおよそ58 H おそらく69

    好きなもの 綺麗な水 大切にしてくれる人 嫌いなもの 孤独 迫害 汚い水

    【ステータス】

    心2 技2 体2

    【知識】19

    【魔術】11

    【聖職】30

    【接客】12

    【料理】05

    【清掃】17

    【運送】08

    【土木】06

    【警備】10

    ベルグレインの好感度【-100/100】

    ベルグレインの忠誠心【-100/100】

    【スキル】

    【卑屈】 職業値を上げるために必要な資金が増加する

    【復讐心】 好感度忠誠心が上がりにくくが定期的に悪影響が起こる

    【アガペー】 聖職を使用した判定が大成功した場合好感度が上昇する

    【半氷晶体】 防御力が2上がるが炎に弱くなる ある程度自身の体を変えることが可能 

    9: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:18:10.81 ID:EUmvakdb0
    【基本情報】

    ニケライト 年齢 3歳(出土してから) 身長166cm 体重126kg B72 W58 H78  

    好きなもの 魔力 楽しいこと 詩 嫌いなもの 暴力 いじめ

    【ステータス】

    心3 技2 体3

    【知識】05

    【魔術】20

    【聖職】05

    【接客】20

    【料理】01

    【清掃】10

    【運送】15

    【土木】20

    【警備】05

    【スキル】

    【看板娘】コンマ20以下で自動大成功になる

    【石でできた体】防護点が+2される。一部の状態異常にならない。

    【二面性】おしおきされると一定期間【看板娘】が消える。

    10: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:24:51.67 ID:EUmvakdb0
    ~2年目 第46週~

    男『今週の仕事は』

    メイド「こちらに」

    メイド「………あの、ご主人様」

    男『なんだ』

    メイド「ご主人様が喋れるようになる手段を後輩様が探しているようです」

    男『いずれ治る』

    メイド「早く治った方がよろしいですし」

    男『なら期待しておこう』

    男(さて、今週の依頼だが)

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>11

    ドラコ>>12

    ナーグル>>13

    ニケライト>>14

    メイド「ベルグレインはまだ心に傷が残っているみたいです」

    11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 00:26:21.88 ID:zDdkWgwKo
    新スレ乙
    ベルが滅茶苦茶扱いにくいキャラになってしまったな…

    ミーア魔導家

    12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 00:26:47.14 ID:yCtwhGcho
    立て乙
    ドラコは警備に

    13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 00:34:43.37 ID:JRNEeAyxO
    ナーグル建築

    14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 00:37:22.48 ID:rmm/avo0o
    ニケ仕立屋

    16: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:39:05.39 ID:EUmvakdb0
    ミーア「あ、あのぅ」

    「侵入者、侵入者」

    ミーア「と、通してくださぁい」

    発明家「どしたんやごーちゃん。ん?」

    ミーア「発明家しゃあん」

    発明家「あー、こいつはうちが発明したゴーレムのごーちゃんや。警備させてるんやけどうち以外全部侵入者って勘違いするのがたまに傷や」

    発明家「ごーちゃん。ミーアは侵入者やない」

    ごー「侵入者。侵入者」

    発明家「かーっ。またバグってもうたか。リセットボタン、リセットボタン」

    ―――

    ――



    【成功】

    ゴー「俺、リセット、されない!」ブォン

    ミーア「発明家さん、あぶないっ」ドンッ

    発明家「わっ、うひゃぁ!?」

    発明家「暴走かいな! リセットボタンおさせん言うならこっちにも考えあるで!! えぇい!超荷電式短距離砲! 弾は土にかえるから自然にやさしいでぇ!!」ババババンッ

    ごー「き、機能停止、ぷしゅー」

    発明家「はー、うちもまだまだやなぁ。自分が作ったゴーレムに反乱されるなんて」

    ミーア「は、発明家さん。ゴーレム作れるんですね」

    発明家「魔導ゴーレムは便利やからな。うちの育った街では自分の体の一部をゴーレムにする奴だっておったで」

    発明家「たしか医療関係で義手とかにも使われてたはずやで。ここじゃあ許されそうにないけど」

    ミーア「わぁ、すごいですね」

    発明家「えへへ、せやろ。もっと褒めてもええんやで?」

    ミーア「すごいです。憧れます。いいなぁ、美人で頭いいって。それに比べて私はちんちくりんで」

    発明家「わーっ! そない褒めんなや! 恥ずかしゅうなるわ! っていうかその体のどこがちんちくりんやねん………」

    資金374G→384G

    ミーアの心【358/1600】

    17: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:42:11.97 ID:EUmvakdb0
    ドラコ「一人で夜間警備ってのも暇なもんだ」

    ドラコ「ってお嬢のところも一緒だったな」

    ドラコ「いま執事とかはなにやってんのやら」

    ドラコ「あっちの職場はよかったなぁ」

    ―――

    ――



    【大成功】

    ドラコ「犯人捕まえたからボーナス?」

    ドラコ(犯人捕まえるなんて当り前じゃねぇの?)

    資金384G→414G

    ドラコの体【539/3600】

    18: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 00:49:03.97 ID:EUmvakdb0
    春告「わたーしの家。犬小屋だーよ」

    お嬢「古書娘さんに協力はしていただいてるはずですわよ?」

    春告「鬼嫁だーよ。しくしくなーの」

    お嬢「本当に容赦ありませんわねあの人は」

    お嬢「しかたありませんわ。早いところあなたの家を建てましょう」

    棟梁娘「しかし犬小屋なんか作ってないのに一体どこからもってきたのかね」

    春告「それまで六瓢連はどこに住めばいーのーね」

    棟梁娘「あたいの家にすみなよ。狭いけどさ」

    春告「天使なのーね!」

    春告「のーね!」

    ―――

    ――



    【成功】

    春告「これ飲むのーね!」

    ナグ「………?」

    春告「体に悪い影響は起きーないのよー」

    ゴキュゴキュ

    春告「どうよー?」

    ナグ「……わからない」

    春告「なんとバストが1cmも大きくなるーの」

    ナグ「………いらない」ポイッ

    春告「世紀の大発明よー!?」

    【村の収容人数が増えた】

    20: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 01:02:21.22 ID:EUmvakdb0
    カランコロン

    「いらっしゃいませでございますよー」

    ニケ「今日から働きにきたニケライトだよーっ」

    「これはこれはかわいらしい方が来てくださったのでございますね」

    「わたくしはこのお店を営んでいる仕立て屋と申しますでございます」

    仕立て屋「この店ははるか昔わたくしのご先祖様が鶴の亜人から渡された布から服を作り、それを売って建てたのでございます」

    ニケ「わぁ! 布御殿だね! すごいなぁっ」

    仕立て屋「そんなそんな布御殿と呼べるようなものでは。それよりお仕事でございますが簡単にお客様の接客でございますね」

    仕立て屋「それとこれにお着替えしてほしいのでございます」

    ニケ「わっ、ワンピースっ!」

    仕立て屋「わたくしが貴方様に似合うと思った服でございます。宣伝も兼ねてお渡ししておきます。お仕事中と通勤中はこれをぜひお召しになってください」

    ニケ「これはお店のマークかなぁ?」

    仕立て屋「鶴のマークでございます。あまりうるさくないデザインでございましょう」

    ニケ「うんっ 可愛いよっ」

    仕立て屋「それではよろしくおねがいしますでございます」フカブカ

    ニケ「よろしくねっ」ピョコッ

    ―――

    ――



    【失敗】

    ニケ「わっ」

    ビリッ

    ニケ「仕立て屋さんっ ごめんなさいっ」ピョコッ

    仕立て屋「あらあら。これならすぐに治せるはずでございます」シュシュシュッ

    ニケ「わっ もう治った!」

    仕立て屋「応急処置なので後でまた縫わせていただきますよ」

    ニケ「ありがとう仕立て屋さんっ」

    資金414G→420G

    21: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 01:06:29.00 ID:EUmvakdb0
    ~2年目 第46週 休日~

    後輩「ご主人様♪」

    男「………」

    後輩「いや、男先輩殿が好きなのかと思って真似しただけであります」

    後輩「そんなことよりやっと放火犯の足取りがつかめたであります」

    男『本当か?』

    後輩「男、ということはほぼ間違いないであります。現場に残った足跡と目撃証言からであります」

    男『引き続き頼む』

    後輩「この後輩。男先輩殿の手となり足となるであります!」

    後輩「男先輩殿! 体にお気をつけて!」ザッザッザ

    男(さて、私はなにをするか)

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>23

    23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:13:36.97 ID:JRNEeAyxO
    5
    ニケライトを職業訓練へ

    24: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 01:17:30.70 ID:EUmvakdb0
    教官「わたしだ! 特に親しいというわけではないが紹介されなかった教官だ!」

    ニケ「ニケライトだよっ」

    教官「うむ。元気があってよろしい」

    教官「すべての基本は元気からだからな」

    教官「それだけ元気があれば仕事を覚えるのもたやすいだろう、ではどの職業値を上げるのだ!?」

    職業とどれだけ上げるか(1につき5G:現在420G)

    >>25

    25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:19:59.34 ID:qnnAEsKlo
    接客を10

    26: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 01:24:09.16 ID:EUmvakdb0
    教官「接客の心得はおせ! はしれ! しつこく! だ!! おはしと覚えると良いぞ」

    ニケ「それ押し売りっていうんじゃないかな!?」

    教官「売れれば一緒だろう」

    ニケ「わっ。人間ってすごいんだねっ!」

    ニケライトの接客【30】

    資金420G→370G

    27: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 01:28:48.20 ID:EUmvakdb0
    ~2年目 第47週~

    ベル「今日はメイドさんのかわりに僕が持ってきてあげたよ」

    男『まだ働けないのか?』

    ベル「んー、働いてもいいけど」

    ベル「お金もらうよ。一回につき20G」

    ベル「だって僕お小遣い欲しいからね。それに君に嫌がらせができるいい機会だ」

    ベル「ね、どうする? 僕を好きにしたいならお金が必要だよ?」

    男「………」

    ベル「まぁまぁ、依頼を決めながらゆっくり考えてよ」

    ベル「それともあっちのお仕事がいいかな? あはっ」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>29

    ドラコ>>30

    ナーグル>>31

    ニケライト>>32

    ベルグレイン>>33 働かせた場合-20G

    29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:30:40.32 ID:qnnAEsKlo

    ミーア魔導家

    30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:32:02.25 ID:JRNEeAyxO

    ドラコ警備

    31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:40:31.22 ID:fM8Z5GvKo

    ナーグルを建築に

    32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 01:49:13.79 ID:yCtwhGcho

    ニケは仕立て屋

    33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 02:12:25.81 ID:+RroQWOAO

    ベル休養

    55: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 22:51:25.74 ID:EUmvakdb0
    発明家「どないしたん、そんな本棚をじーっとみて」

    ミーア「い、いえ。ただ本が好きなので」

    発明家「なら何冊か持って帰ってもええよ。うち、その中のもんほとんど覚えてるさかい」

    ミーア「あの、この中で人体に使う魔導技術の本って、ありますか?」

    発明家「あー、それはうちの専門やないからなぁ。医学知識も必要やし」

    ミーア「できないんですか」ショボンッ

    発明家「うちができるのは魔導具作るまでや。実際の移植は医者の手がないとどうしようもできへん。この街にそんなことしてくれる医者がいるとは思わんけど」

    ミーア「うぅーん。なんとかならないんですかね」

    発明家「なんや、したい相手がおるん?」

    ミーア「はい、実は………」

    ―――

    ――



    【成功】

    発明家「で皮膚に声帯を魔導でなんとかしようって思うたんか」

    ミーア「む、無理ですか?」

    発明家「無理ーってほどやないけどかなり難しいで」

    発明家「それ相応の設備と道具が必要や。さすがにうちのとこじゃどうしようもできへん」

    発明家「ん、いや待てよ」

    発明家「閃いたで!! 声だけならなんとかなるかもしれへん!」

    発明家「ちょっと集中したいから今日はここで終わりや! ご苦労さん!!」

    資金370G→380G

    56: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 22:54:35.09 ID:EUmvakdb0
    ドラコ「へいへいほー」

    ドラコ「へいへいほー」

    ドラコ「墓地の見回りなんて必要あんのかねー」

    ドラコ「うぅ、なんかやけに今日は寒いな」

    ドラコ「グルルルル 肩も重いし」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「はぁ、なんか最近よく眠れねぇなぁ」

    ドラコ「なんでだ?」

    資金380G→395G

    ドラコの体【614/3600】

    57: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:05:26.13 ID:EUmvakdb0
    お嬢「なんでこのようなことに………」

    棟梁娘「は、はは。ウソだろおい」

    魔女「………ごめん」

    魔女「………なさい」

    お嬢「いや、悪いのはあなたではありませんわ」

    白鞘「ぐがー、ぐがー」

    お嬢「面白がって樽で一気飲みさせたこいつですわっ!!」

    ナグ「………3、いや5樽も」

    お嬢「鬼の飲み比べは話に聞いていましたがこんなにも………っ」

    ナグ「………どうする」

    お嬢「白鞘童子さんのお腹を押せば出てくるのでなくて?」

    魔女「………わたしの」

    魔女「………お腹も?」ビクビク

    棟梁娘「いや、出てくるだろうけどさすがに飲みたくはないね」

    ―――

    ――





    春告「じゃんじゃかじゃーん。鬼殺しー」

    春告「これのませーると鬼でもめっちゃつれー二日酔いになるーよ」

    棟梁娘「ナグ、あいつの口の中に入れときな」

    ナグ「………了解」

    白鞘「ぐがー、ぐがー」

    ―――

    ――



    白鞘「あんぎゃーっ! こ、この世の終わりかのぅ!?」ジタバタジタバタ

    お嬢「溜飲はいくらか下がりましたわ」

    棟梁娘「うわ、鬼が悶えてる」

    【村の収容人数が増えた】

    58: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:16:57.89 ID:EUmvakdb0
    仕立て屋「やはりその服がお似合いでございますね」

    ニケ「えへっ。そうかな!?」

    仕立て屋「はい、服は着飾るものですが、ちゃんとしたものを選べば本人を輝かせるのでございます」

    仕立て屋「その人の着たいものがその人に似合うわけではないのが難しいところでございますが」

    ニケ「仕立て屋さんの実力でなんとかならないのかなっ?」

    仕立て屋「服が人を選ぶものですから残念ながら。ニケライト様はある程度は服に選ばれる人でございますね」

    ニケ「そうなんだ! うれしいなっ!! でもなんでわかるの!?」

    仕立て屋「わたくしは服の声が聞こえるのでございます」

    ニケ「わっ。なんだかプロっぽいねっ!?」

    仕立て屋「いえ、本当に聞こえるのでございます。わたくし一族は皆、服の声を聞けるのでございます」

    ニケ「え、本当!?」

    仕立て屋「はい。ですからニケライト様が今日犬に吠えられてびっくりしたことも聞かされてございます」

    ニケ「超能力者だね!?」

    ―――

    ――



    【失敗】

    仕立て屋「え、ニケライト様、この服を床に脱ぎっぱなしにしたのでございますか?」

    ニケ「あ、え、えへへ」

    仕立て屋「………わたくし、自分のことのように悲しくございます」

    ニケ「こ、今度からちゃんとするから!!」

    仕立て屋「はい。せっかくのニケライト様の相棒が悲しんでおりますので」

    資金395G→401G

    60: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:20:46.16 ID:EUmvakdb0
    ~2年目 第47週 休日~

    メイド「来週からは休みにするご予定で?」

    男『あぁ。そうする』

    メイド「そのように伝えておきますわ」

    メイド「今年はトーラ様たちは戻られるでしょうか」

    男『きっと戻るさ』

    男『筆談が面倒なのが辛いところだが』

    メイド「そういえばミーアがご主人様の声がどうにかなるかもしれないと言っておりましたが」

    男『本当か?』

    メイド「はい。詳しくは聞いておりませんが」

    男(そうか………ふむ)

    男『なら』

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>62

    62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/11(土) 23:20:56.46 ID:Rr08KRUc0
    5
    ドラコと村へ
    お嬢と会わせる

    63: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:30:01.18 ID:EUmvakdb0
    ドラコ「あん? 俺が村に?」

    ドラコ「いかねぇよ。村のために働くなんて」

    男『お嬢様に会いにいくだけだ』

    ドラコ「お嬢に? なんだそれなら最初からそう言えよ」

    ドラコ「よっしゃいくかっ!!」

    64: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:37:25.88 ID:EUmvakdb0
    ドラコ「ひっさしぶりだなー この村」

    ヒヒーンッ

    ドラコ「っと、ついたみたいだな」

    ドラコ「へへっ。一番のりってなっ」

    ドラコ「ずいぶん建てもんが増えたなぁ」

    お嬢「そうですわね。こちらを住宅地予定にしたほうが………あら?」

    ドラコ「よう!」

    お嬢「ドラコっ! お久しぶりですわねっ。ついにこっちへ?」

    ドラコ「いや、俺はまだこっちにくるつもりはねぇから」

    お嬢「そうですの…」ショボン

    ドラコ「でもまぁ、お前の顔を見に来るぐらいはしてやるよ」

    お嬢「ふ、ふんっ! そんな事言われてもうれしくなんてありませんのよ?」チラッ チラッ

    ドラコ「にしてもずいぶんと立派になったもんだな」

    お嬢「みなさんの協力と努力あってのものですわ」

    ドラコ「いやそうじゃなくて、お前が」

    お嬢「そんなことないですわ。服も髪も前よりもずっと………」

    お嬢「は、恥ずかしいですわーっ!」ニゲッ

    ドラコ「お、おいっ」

    男『認識のずれという奴だな』

    ドラコ「服やなんやが立派でも意味ねぇだろ?」

    男『追いかけてやれ』

    ドラコ「おうっ」

    65: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:47:20.04 ID:EUmvakdb0
    お嬢「は、恥ずかしいですの。こんな恰好でドラコの前にいるなんて」

    お嬢「メイクもなにもしてないんですのよ? 服だってこんなに汚れて」

    ドラコ「汚れてるのが立派じゃないなら俺はなんなんだよ」

    お嬢「ぴぃっ!」

    ドラコ「俺から逃げれるわけねぇだろ?」

    お嬢「そのセリフ、なんだかドキリとしますわね」

    ドラコ「服じゃねぇ、アクセサリーやメイクでもねぇ」

    ドラコ「金だけかけた外面が立派な奴だって? ふざけんな」

    ドラコ「前よりもずっと自由で自信にあふれたてめぇ自身が立派だってんだ」

    ドラコ「お前が立派なんだよ」

    お嬢「ドラコ………///」

    ドラコ「けっ。なんだか柄にもねぇこと言っちまったな」

    お嬢「うふふっ」ギュッ

    ドラコ「お、おいっ」

    お嬢「あなたも立派になりましたわね」

    お嬢「前よりずっと優しくてかっこいい///」

    お嬢「ドラコっ」カベドンッ

    ドラコ「届いてねぇぞ」

    お嬢「いつか貴方がこっちに来ることがあったら、あなたを私の騎士に任命しますの」

    お嬢「それまでにわたくしは貴方が仕えるに値する貴族になってますから」

    お嬢「期待しててくださいまし」

    ドラコ「………おう」

    67: 百合なのか? ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:49:30.52 ID:EUmvakdb0
    男『もういいのか?』

    ドラコ「あいつの邪魔するわけにはいかねぇからな」

    ドラコ「ま。満足だよ今日は」

    ドラコ「サンキューな。男」

    ドラコの忠誠心【40/100】

    70: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:54:59.99 ID:EUmvakdb0
    ~2年目 第48週 休日初日~

    男『聖夜祭だな』

    メイド「探しにいかないのですか?」

    男『今の私を見て二人がわかるとでも?』

    メイド「あの二人なら受け入れてくださいますわ」

    男『そういえば後輩をどうするべきか』

    メイド「あ、忘れてましたわ」

    メイド「後輩様は里帰りで遠くに行かれましたわ」

    男『なら都合がいい』

    メイド「亜人に厳しすぎて、戦闘狂なところさえなければ極めて良い子なのですが」

    男『その悪い部分が大きすぎてなんとも言えないな』

    メイド「もし心配でしたらドラコを連れていけばよろしいのでは? 妹ですし」

    男『そうだな。ドラコを連れていくか』

    71: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/11(土) 23:58:13.66 ID:EUmvakdb0
    ベル「どこ行くんだい?」

    男『聖夜祭だ。行くか?』

    ベル「行かない。人間多いし、食う寝る遊ぶで忙しいし」

    男『そうか』

    ベル「でもお土産はいるから」

    男『わかった』

    72: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:02:17.07 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「なぁ。仮面いるのか?」

    男『そういう祭りだからな。生者なのか死者なのかがわからないようにするんだ』

    ドラコ「仮面とか苦手だな」スチャッ

    ドラコ「なんだよこのマスク」

    男『ベネチアンマスクだ』

    ドラコ「お嬢が好きそうだ」

    ドラコ「んじゃ行くか。祭りなんだし出店あんだろ?」

    男『もちろん』

    ドラコ「じゃあ肉だ肉。肉食うぞ」


    73: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:05:31.22 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「見てくれよこれ! 肉串二刀流!」バァーンッ

    ドラコ「一本が30cmぐらいあるぜ!」

    男『恥ずかしいからやめろ』

    ドラコ「んだよ。祭りなんて騒いでなんぼだろ」ムシャムシャ

    ドラコ「それよりどこ行くんだよ。死者が帰ってくるのは教会だっけ?」

    男『あいつが素直に教会にいる気がしない』

    男『だからとりあえず適当に周るぞ』

    ドラコ「了解。他にも食べたいもんいろいろあったしな」

    74: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:11:15.00 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「うぃー。くったくったー」

    ドラコ「祭りだとなんか美味く思えるのはなんでだろうな」

    男『あそこに腕ずもう対決があるぞ』

    男『勝てたら景品があるそうだ』

    ドラコ「なに、そいつぁやるしかねぇな!」

    男『初級、中級、上級』

    ドラコ「上級一択だろ」

    男『行ってこい』

    ドラコ「いよっしゃぁっ!」ウデマクリ

    「亜人で女か。まったく相手にならねぇな?」

    ドラコ「はっ、人間なんざ一ひねりだな」

    「それでは両者、同意とみてよろしいですね」

    「腕相撲! ファイっ!!」

    >>75 コンマ70以下で勝利

    75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 00:11:35.79 ID:xT/PXCOWo
    やってやるです

    76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 00:12:36.67 ID:mNp6ZmCfo
    oh...

    79: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:18:53.54 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「んなぁっ!?」

    「はっ。人間様を舐めるなってんだ! 亜人でもなんでもきやがれってんだ!!」

    「では私が行こうか」

    ドラコ「ってて………ん、あ、てめぇは!?」

    「さっきよりはでけぇがてめぇも女じゃねぇか! 一ひねりに」

    「はじめに言っておくが、私の体のスコアは」

    ナージャ「8だ」

    81: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:23:03.30 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「見てて可哀想になったぜ」

    ナージャ「はっはっは。可愛い妹を泣かす声が聞こえたからな」

    ドラコ「泣いてねぇよ!!」

    男(………机が割れた)

    トーラ「机壊してすみませんっ すみませんっ」

    ナージャ「快く景品ももらったところで祭りを共にまわろうじゃないか」

    トーラ「ほらっ、ナージャさんも謝って!」

    ナージャ「私がか? しかし私は正当な勝負で」

    トーラ「大人が赤ちゃん相手に本気を出してなにが正当な勝負ですか! 謝らないこと禁止! ですよ!」

    ドラコ「お前もかなりひどいこと言ってるぜ?」

    82: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:26:32.61 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「ところでそこにいるのはダーリンだろう?」

    男「………」

    ドラコ「あー、いまこいつしゃべれねぇんだよ」

    トーラ「剣士さん、なにかあったんですか?」

    ドラコ「怪我でのどやったんだよ」

    ナージャ「なんだと!? 命に別状はないのか!?」

    ドラコ「あったらここいねぇから」

    男『平気だ』

    トーラ「あわわわわ」

    男『落ち着け』

    83: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:30:11.82 ID:CZwStCDb0
    ドラコ「あと火傷でな。顔とか」

    ナージャ「ふっ。私は顔でダーリンを愛しているわけではないっ!」ズギャァンッ

    ナージャ「しかしダーリンの愛の囁きが聞こえないのはさびしいな」

    トーラ「いちゃつくの禁止! なんですけど!?」

    男『囁いた覚えはないが』

    ナージャ「ふっ。夢の中で囁かれたのをしかと覚えている!」

    ドラコ「なんか姉貴更にバカになってねぇ?」

    トーラ「あの! あんまり騒ぐと周りの目が痛いんですけど!?」

    84: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:34:57.40 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「見てくれダーリンっ! 肉串6刀流だ!」ズバババァーンッ

    ドラコ「うわっ。さっきの俺あんなのかよ。うわっ。恥ずかしいっ」

    ナージャ「と言っても私達はこちらのものは食べられないからな。食べてくれダーリン」

    男『そんなには無理だ』

    トーラ「なんで買ったんですか?」

    ナージャ「祭りの雰囲気のせいかな」

    トーラ「わけわからないんですけど」

    85: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:38:29.71 ID:CZwStCDb0
    トーラ「お祭り、楽しかったですね」

    ナージャ「見世物を見るだけでも存外楽しいものだったな」

    ドラコ「姉貴は乱入してたじゃねぇか」

    ナージャ「最強決定戦というのなら私を混ぜてもらわないと困る」

    ドラコ「1ラウンドで終わらせてんじゃねぇよ。見世物にならねぇから」

    トーラ「私と剣士さんが謝ったんですからね!?」

    男『頼むから落ち着いてくれ』

    86: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:45:46.25 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「久しぶりだなメイド。では今から「勝負はいたしません」そうか、それは残念だ」

    メイド「お久しぶりです。トーラ様。ナージャ様」

    トーラ「お久しぶりですメイドさん。今回もよろしくお願いします」

    メイド「お部屋の支度はできていますのでどうぞごゆるりと」

    トーラ「それは助かります」

    ナージャ「ところでなぜ私は睨まれているのだろうか」

    ミーア「じーっ」

    メイド「………色々あるのですわ」

    ナージャ「勝負希望だろうか」

    トーラ「ナージャさんが本気だしたらあの人確実に死にますよ」

    ナージャ「死者が死者を生み出しては冗談にすらならないな」

    ベル「あ、おかえり、ご主人様達。あれ、この人たちは?」

    ナージャ「私はナージャだ。男の嫁だ」

    トーラ「トーラです。しがない村娘やってます」

    メイド「二人とも死者で、戻ってきているのです」

    ベル「あ、僕はベルグレイン。そっか、二人とも、し、死者ぁっ!?」

    ベル「あわ、あわわわわわ」

    ベル「んぎゃゃぁああああっ!」ドロロンッ

    メイド「………そういえば亜人に蘇りは馴染みないですわね」

    ナージャ「良いスピードだ」

    87: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:48:27.94 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「………」ゴゴゴ

    ナーグル「………」ズズズ

    トーラ「あわわわわ」

    ナージャ「………」ギンッ

    ナーグル「………」サッ

    ナージャ「………」

    ナーグル「………」

    ナージャ「………なかなかやるな」

    ナーグル「………御見逸れ、しました」

    トーラ「な、なにがあったんだろう」

    88: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:52:39.20 ID:CZwStCDb0
    ニケ「わっ、大きい人がいるねっ」

    ナージャ「動く石、蛍石か?」

    トーラ「わーっ 綺麗ですね」

    ニケ「綺麗ななんてそんなっ」テレテレ

    ニケ「お二人も綺麗だよっ」

    トーラ「えへっ。ありがとうございます」

    ナージャ「綺麗よりも強そうと言われたい乙女心がだな」

    トーラ「それ乙女心じゃないです。絶対私は乙女心って認めません」

    89: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 00:53:30.84 ID:CZwStCDb0
    メイド「今日を含めて7日は奴隷達に休暇を与えましたがご主人様のご予定は」

    男「………」

    >>90

    90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 00:54:20.24 ID:pbYwvknQo
    ナージャといちゃつく

    91: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:14:24.34 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「なに、私と愛を育みたいというのか」

    男『そこまでは言っていない』

    男『だが、せっかくだ。お前と二人きりでゆっくりしたかった』

    ナージャ「ダーリン………」

    ナージャ「………なぁ、ダーリン。私が去年言ったことを覚えているか」

    男『新しく好きな人を作れか』

    ナージャ「私は尽くす良い女だからな。お前に幸せになってもらわないと困る」

    男『無理だ』

    ナージャ「女としての私にとってはその言葉はうれしいが妻としては悲しいんだよ」

    ナージャ「私はこうやって抱きしめられるだけでいい。ダーリンの体温はわからないが鼓動は伝わる」

    ナージャ「ふふっ、少し速くなったか?」

    ナージャ「私もだよ」

    92: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:17:57.67 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「言いたいことは言った。あとは私がダーリンにしたいことをする」

    ナージャ「ダーリンは私にしたいことをしてくれ」

    男『なにがしたいんだ』

    ナージャ「私か。そうだな私はダーリンにあーんというものをしてみたい」

    ナージャ「向こうの世界で聞いたんだ。恋人同士では当たり前なのだろう?」

    男(それは恥ずかしいな)

    ナージャ「ということでメイドになにかもらってくる」

    男(恥ずかしいが止められそうにないな)

    93: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:21:21.90 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「ということで口をあけろ」

    男「………」ンア

    ナージャ「柔らかいプリンだ。実においしそうだな」

    ナージャ「あーん」

    男「………」モグモグ

    男『美味い』

    ナージャ「そうか、それはよかった」

    ナージャ「なんだか満ち足りた気分だ」

    ナージャ「あとは耳かきお風呂添い寝の新妻コンボがあるがまた今度にしよう」

    ナージャ「そういえば添い寝はなんどもしているな」

    ナージャ「耳かきは」

    男『やめてくれ。鼓膜まで失いたくはない』

    ナージャ「失礼な」

    ナージャ「ところでダーリンは私になにがしたいんだ」

    ナージャ「胸でも尻でもなんでもいいぞ」

    男『私をなんだと思っている』

    男(私がやりたいことか)

    >>94

    94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 01:23:41.20 ID:UL6v9pBTO
    ただただ抱き締めていたい

    95: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:33:07.45 ID:CZwStCDb0
    男『いつもお前から抱きしめてくるからな』

    男『私から抱かせろ』

    ナージャ「ふむ。なるほど」

    ナージャ「こいっ!!」バッ

    男(結局こっちから行ってるって気はあまりしないな)

    ナージャ「………!?」

    ナージャ「これは、なんとこそばゆいというか心地よいというか」

    ナージャ「抱かれるというのも悪くはない」

    ナージャ「ふっ。腕を上げたなダーリン」

    男(堅くて………柔らかいな。ナージャの体は)

    ナージャ「………ダーリン。私はダーリンの体がどうなろうと気にはしない。変わらず愛し続ける自信は間違いなくある」

    ナージャ「だが無茶はしないでくれ。心配で心配で胸が張り裂けそうになる」

    ナージャ「こんな強い私がだ。思うだけで挫けそうになる」

    ナージャ「愛とは良いものだが同時になんて恐ろしいものだろうか」

    ナージャ「なぜこんなにも重くて纏わりついてくるのだろうか。だがそれに負けないことこそ愛の証明だ」

    ナージャ「ダーリン。私は頑張るよ。頑張って立ち続ける」

    ナージャ「だからダーリンも頑張って生きてくれ。生き抜いてくれ」

    ナージャ「約束だ」

    96: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:35:39.44 ID:CZwStCDb0
    ナージャ「すっきりした」ツヤツヤ

    男『ならよかった』

    ナージャ「それではもうすぐ夕食時だな」

    男『用意している』

    ナージャ「食べても素通りするぞ?」

    男『味は感じるのだろう?』

    ナージャ「優しいな」

    男『当然のことだ』

    ナージャ「それでは行こう。お姫様だっこでな」ヒョイッ

    男『逆だ』

    男『逆だ』

    男『逆だ!』

    ナージャ「はっはっは」

    98: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 01:37:19.44 ID:CZwStCDb0
    ~休暇 二日目~

    ニケ「おはようっ! 今日もいい天気だよ!」

    男『おはよう』

    ニケ「メイドさんから伝言だよっ」

    ニケ「今日の予定を教えてほしいってさ!」

    男(今日の予定………今日の予定か)

    男『>>100だ』

    100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 01:39:25.80 ID:3arN8ojco
    おつつ
    安価なら奴隷派遣先にあいさつ回り

    111: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:06:39.99 ID:CZwStCDb0
    男「………」コンコン

    鍛冶屋「はいはーい。年末は休業………うおっ、誰!?」

    男『男だ』

    鍛冶屋「え、あ、なぜ仮面をお召しになって…?」

    男『怪我でな』

    鍛冶屋「あー、そうですか、それは大変ですね。それで今日はうち閉めてるんですけど」

    男『年末のあいさつまわりだ』

    鍛冶屋「それはどうも御丁寧に。来年もよろしくおねがいします」

    男『ところで売れ行きはどうだ』

    鍛冶屋「ぼちぼち、と言いたいんですけどさっぱりで」

    男『他の街には行かないのか』

    鍛冶屋「行ける金もないですよ、ははっ」

    男『そうか』

    鍛冶屋「なーんか他に鍛冶屋がいない場所でもありゃいいんすけどねぇ」ハァ

    男『探しておいてやろう』

    鍛冶屋「え、あ、本当ですか? こりゃどうも」ペコッ

    男『来年も頼む』

    鍛冶屋「こちらこそ来年も贔屓してくださいよ」

    112: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:13:27.67 ID:CZwStCDb0
    仕立て屋「いらっしゃいませ。あら、あなた様が件の男様でございますね」

    男『よくわかったな』

    仕立て屋「話は聞いておりましたから」

    仕立て屋「今日はなんの御用でございましょう」

    男『年末のあいさつ回りだ』

    仕立て屋「あぁ、もう年末なのでございますね。わたくし日頃から籠っておりますのでどうも季節の感覚が薄く」

    仕立て屋「ところで貴方様に着られたいという服が何点かあるのですがいかがでございますか?」

    仕立て屋「主に鎧が貴方に着られたいと申してございます」

    男『今はあまり持ち合わせがなくてな。また今度頼む』

    仕立て屋「はい、普段着から防具まで。ぜひともわたくしにお任せください。貴方にあう一品を選び抜く次第でございます」

    男『それではよいお年を』

    男『そして来年もよろしく頼んだ』

    仕立て屋「はい、どうも御丁寧にありがとうございます」

    113: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:24:15.13 ID:CZwStCDb0
    男「………」コンコン

    発明家「うち今家の中おらへんでー。あんたの後ろや」

    発明家「んで、誰やあんた」

    男『ミーアの飼い主だ』

    発明家「あーあー。日頃お世話になってます。ってことはちょいと待っとき」

    男「?」

    発明家「これでもないあれでもない、わっ、これ探しとったけど今ちゃう。どこやったかなぁ。ん、あー、これやこれや」ガサゴソ

    男「?」

    発明家「うち発明の発声チョーカーや。声帯は傷ついとっても話そうとする信号は死んでないから、それを読み取って言葉に変える優れもんや!」

    男「あ、アー」

    発明家「まだまだ自然には程遠いけど、少しは楽になったやろ?」

    発明家「これが今なら300Gや!」

    男「高いナ」

    発明家「厚利小売の一点ものやからな。これくらいふっかけんと生きていけれへんねん」

    発明家「な? うちに対する先行投資や思うて。それにこんな美少女のたれ死なせるのは寝ざめ悪いやろ?」

    男『考えておく』

    発明家「近日中に頼むで! 買ってくれへんと年開けれへんねん! うちは新年くらいいいもん食べたいねん!」

    発明家「約束やからな!? 約束やで!?」

    男『では良いお年を』

    発明家「良いお年にするために買ってくれや」ズイッ

    114: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:36:16.09 ID:CZwStCDb0
    男(………さすがに夜の教会に人はいないか)

    キィ

    男(遅くに済まないが)

    カツカツカツ

    男(たしかこの部屋にいると聞いたが)

    コンコン

    「誰!?」

    男(声出せないとこういうときに不便だ)

    「もしかして礼拝者かしら。申し訳ないけど今日の礼拝は終わってるわよ」

    コンコン

    「もしかして強盗かしら? でもこの教会に金目のものなんてないわよ。清貧ですもの」

    「わかったらさっさと出て行きなさい」

    男(そうか。扉の隙間から紙を差し込めばいいのか)

    スッ

    「………?」

    「あぁ、あなたが例の」

    「あ、あー、う゛んっ。えーっと今シスター様はいませんのでまたの来てください」

    男『ではよいお年を過ごしてくれと伝えておいてくれ』

    「わかりました。それでは」

    116: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:48:14.26 ID:CZwStCDb0
    男(ふぅ。挨拶回りだけでかなりの時間を食ってしまったな)

    メイド「おかえりなさいませご主人様」

    メイド「ご夕食の準備はできていますので」

    男『すぐに行く』

    メイド「それでは、失礼します」

    男(さて、外套を脱いですぐに)

    男「………?」

    ヌメヌメ

    ヌヌヌッ

    ベル「やぁ、おかえり」

    男『いたのか』

    ベル「僕はどこにでもいるさ」

    ベル「で、それであの幽霊の人たちは」

    男『害はない。少なくとも小さい方に害はない』

    ベル「信用できないねっ。だって幽霊じゃないか! 幽霊は、つまりそういうことなんだろう?」

    男『本の読みすぎだ。この街では一般的なものだ』

    ベル「むぅ。だって亜人に幽霊はいなかったよ」

    男『それだけ人間が信仰している神の影響力が大きいということだ』

    ベル「………? なんで亜人の幽霊が?」

    男『あの村に限っては人間とおなじ神を信仰するものもいるんだ』

    ベル「信じると蘇れる。分かりやすい御利益だね」

    男『だから無害だ。安心しろ』

    ベル「無害とわかってもその心が、ね」

    男『俺よりは害はないよ』

    ベル「ふぅん。わかってるじゃないか自分のこと。それじゃあ僕はご飯食べてくるから」ヌメメッ

    117: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/12(日) 23:55:11.20 ID:CZwStCDb0
    ~休暇 3日目~

    ミーア「え、えへへ。ご主人様起きてください」

    ミーア「お、起きないと布団にもぐりこみますよー。猫ですからねー」

    ミーア「ち、沈黙は同意ですよね?」

    ミーア「失礼して」ソーッ

    ナージャ「起きろダーリンっ!」

    ミーア「うにゃぁっ!?」

    ナージャ「なんだもう先客がいたか。ダーリンはゆするぐらいでは起きないからたたき起こすのがちょうどいいぞ?」

    パァンッ

    男「~~~~~~っ!?」

    ナージャ「おはようダーリン」

    男「!?!?」キョロキョロ

    ミーア「か、紙とペンです」

    男『加減をしろ!!!!!!』

    ナージャ「ダーリンなら受け止めてくれると信じていた」

    ミーア「むぅ…っ」ジーッ

    ナージャ「ところでダーリン。今日はなにをするんだ?」

    >>119

    118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/12(日) 23:57:09.77 ID:CRS14WKQo
    ナージャとトーラを連れて村の状況を見せに行く

    119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 00:08:20.52 ID:Iw8UskJA0

    120: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 00:49:35.56 ID:P+Jjh65q0
    トーラ「村がおっきくなってます!?」

    ナージャ「ふむ、実に壮観だ」

    お嬢「お話は伺っておりますの。わたくし、現長をやらせていただいております、お嬢様と申します」

    ナージャ「私はナージャだ。一時期ここで騎士をしていた」

    トーラ「私はトーラです。生まれも育ちもこの村です」ペコッ

    お嬢「よろしければこの村の話を聞かせていただけませんか? 戦火に焼ける前の姿を知りたいですの」

    トーラ「私で良ければ」

    お嬢「ではこちらに―――」

    白鞘「ほう、懐かしい顔じゃの」

    ナージャ「白鞘童子か。久しいな」

    白鞘「やろうか」

    ナージャ「あぁ」

    お嬢「白鞘童子!!」

    白鞘「………と言いたいところじゃが許してくれそうになくての」

    ナージャ「丸くなったな」

    白鞘「丸くはなっておらぬよ。牙も爪も変わらずある。ただ鞘へのしまい方を覚えただけ」

    白鞘「悲しいことに戦はもう終わったのよ。虐殺の場にこの身を置けどただ血雨を浴びるばかりで高揚もなにもない。戦場以外で振るう暴の力も持ち合わせておらん」

    白鞘「生きにくい時代よの。なぁ龍」

    ナージャ「鬼が哭くようになったか?」

    白鞘「言いおる。が事実よ。今は死に場所を探す老体よ。だがここに一席戦の場を」

    お嬢「また、ここでの戦いは」

    白鞘「飲み比べじゃぁ!!」

    トーラ「幽霊と飲み比べは無謀だと思うんですけど」

    お嬢「水の飲み比べしか許可しませんわよ?」

    121: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 00:59:10.89 ID:P+Jjh65q0
    白鞘「むぅ」

    ナージャ「鬼が形無しだな」

    白鞘「身を置かせてもらっとる弱みがあるのでな」

    ナージャ「鬼はもっと不条理なものだと思ったが」

    白鞘「不条理じゃよ。だが人間の方がもっと不条理じゃ」

    白鞘「ワシの腕も戦場も好敵手もすべて奪いおった」

    白鞘「奴はワシが付けた傷を火傷でつぶしてしもうたし」

    白鞘「なぁ男よ。もう一度ワシに切られてみんか」

    男『お断りだ』

    ナージャ「それは許可できない」

    トーラ「暴力はいけませんよ!」

    お嬢「白鞘童子。夜に少しお酒つけますからおとなしくしていただけませんこと?」

    白鞘「つまらぬよ。つまらぬよ………」

    白鞘「我が愛刀、三千世界鳥波風歌八丁仏も泣いておるよのぅ」

    トーラ「なんだか可哀想な気もしますね」

    男『かと言って相手するとここ一帯の建物がすべてなくなるぞ』

    白鞘「つまらんのぉ………」

    122: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:07:58.93 ID:P+Jjh65q0
    古書娘「ですから犬小屋を」

    棟梁娘「犬いないじゃないかい」

    お嬢「まだ言ってますの?」

    男『二人とも』

    古書娘「どうしました」

    棟梁娘「あたらしい住民かい?」

    トーラ「この村生まれこの村育ちです! ………死んじゃってますけど」

    ナージャ「この村で騎士をしていた。同じく死んでいる」

    棟梁娘「あぁ、それはすまないね」

    古書娘「そういえば聖夜祭でしたね」

    棟梁娘「あたいは棟梁娘。みての通り大工だよ」

    古書娘「古書娘です。妹とこの村に住んでいます」

    お嬢「古書娘さんはこの村に多大な寄付をしてくれましたの」

    古書娘「いろいろありお金だけは余ってましたから」

    トーラ「ありがとうございますっ」

    古書娘「い、いえ」

    男『褒められなれてないのか』

    古書娘「うるさいですよ」

    123: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:14:17.53 ID:P+Jjh65q0
    トーラ「古書娘さんはこっちの村に来てくれたんですね」

    古書娘「えぇ。行く場所もありませんし」

    ナージャ「そういえば温泉のときにいたような………」

    トーラ「いましたよ。お嬢様もいましたし」

    お嬢「あ、あら。そうでしたかしら」

    トーラ「あの、麻袋に」

    お嬢「あの時は殺されるかと………」

    古書娘「………懐かしいことです」

    お嬢「笑いごとにすらなりませんわよ。正直いまだにトラウマですわ」

    男『ところで道具娘たちは』

    お嬢「道具娘さん達と魔女さん達はちょうど温泉にいますわ」

    古書娘「………私、聞いてないのですが」

    男『では他の二人のところにいくか』

    古書娘「………おねえちゃん、聞いてないのですが」

    124: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:20:58.43 ID:P+Jjh65q0
    カグヤ「! トーラちゃんとナージャちゃんだぁ」

    トーラ「カグヤさん! 戻ってたんですね」

    春告「六瓢連もいるよー」

    ナージャ「六瓢連。相変わらずだな」

    春告「ナージャも変わらないーね。生きてたらまた薬を飲んでほしーよ」

    ナージャ「はっは。生き返る薬でも作ってもらおうか」

    春告「がんばーるよ」

    トーラ「カグヤさんはまだああいうエッチな本書いてるんですか?」

    カグヤ「エッチにしようと思ってエッチにしてるわけじゃないのよぉ?」

    カグヤ「あのねぇ、サキュバスの本能っていうかなんというか、私はそのエッチなのあんまり得意じゃないんだけどねぇ?」

    トーラ「エッチな体して………! エッチな体のくせに………!」

    カグヤ「と、トーラちゃぁん?」

    男『落ち着けトーラ』

    トーラ「なら剣士さんは私とカグヤさんどっちがエッチだと思うんですか?」

    男『本当に落ち着け』

    カグヤ「あらあらぁ」

    春告「鎮静剤うつーよ」

    トーラ「あう」

    春告「六瓢連の分泌物だから健康に害はないーよ」

    125: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:25:52.57 ID:P+Jjh65q0
    トーラ「はっ。私のアンパンが食べられた!」

    男『それは夢だ』

    トーラ「なんだ、夢ですか。あれ、なんで私寝てるんでしょう」

    春告「幽霊にも薬が効くことがびっくりだーよ」

    トーラ「体温と食べ物が消化されない事と目の色以外は普通の人間ですからね」

    春告「じゃあ幽霊って死ぬのー?」

    ナージャ「こっちで死ぬと向こうに強制送還だ」

    お嬢「殺された幽霊が復讐しにくるとかよく聞く話ですわね。そのために幽霊相手のボディーガードとかいますし」

    男『さて、それでは最後に風呂でも行くか』

    ナージャ「混浴か」

    お嬢「温泉は男女別ですわ」

    ナージャ「一緒に入ろうかダーリン」

    男『どっちに入っても大惨事だ』

    お嬢「許可できませんわね」

    126: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:29:08.32 ID:P+Jjh65q0
    男「………」

    ナージャ「いい湯だな」

    トーラ「なんで私まで///」

    男(なぜいる)

    メル「わぁい」パチャパチャ

    リオ「わふぅ、とろけるでござるなぁ」

    魔女「………///」

    道具娘「水着だからセーフだよぉ。でも私は男さんの命令に逆らえないから水着脱いだ方がいいのかなぁ」

    トーラ「剣士さん………」ジトーッ

    ナージャ「浮気か!? 浮気なのか!?」

    男「………」

    男(なんでこうなった)

    127: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:33:29.99 ID:P+Jjh65q0
    道具娘「お久しぶりだねぇ。トーラさんとナージャさん」

    トーラ「お久しぶりですね」

    ナージャ「それよりもさきほどの件について詳しく」

    道具娘「男さんにお金もらって、それで」

    トーラ「不潔です」

    ナージャ「抱きたければ私を抱けばいいだろう!?」

    男「………」

    男(発明家のところであれを買っておけばよかったか………)

    メル「男ちゃん男ちゃん」

    男「?」

    メル「えへへ~」ピトッ

    リオ「メルメル殿、主君殿に対して失礼であろう!」

    魔女「………リオネシア」

    魔女「………羨ましそう」

    リオ「羨ましいでござるぅ……っ ナデナデしてほしいでござる………!」

    男(………あがろう)

    128: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:37:46.86 ID:P+Jjh65q0
    お嬢「今日はいかがでしたでしょうか」

    トーラ「懐かしくて、楽しくて、嬉しかったよ」

    ナージャ「あぁ。少しずつだが雰囲気は戻ってきているな」

    お嬢「トーラ様とナージャ様のお話を参考にして今後とも村の発展に努めていきますので」

    トーラ「それではまたいつか」

    ナージャ「あぁ、来年戻ってきたときによらせてもらう」

    お嬢「それまでにもっと素晴らしい村にさせていただきますわ」

    男『では帰ろう』

    トーラ「あ、剣士さん」

    男『なんだ』

    トーラ「馬車の中で剣士さんの所業、たーっぷり聞かせてもらいますからねっ」

    ナージャ「そのだな、私が言ったのは色を好むではなく、愛を誓える関係をだな。金ではなく」

    男『誤解だ』

    男(筆談で弁明するのにはどうやら骨が折れそうだ………)

    129: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:40:10.93 ID:P+Jjh65q0
    ~休暇4日目~

    ドラコ「おーい、姉貴がよんでんぞーっ」ゲシッ

    男「………」ムクッ

    ドラコ「んだよ」

    男『これくらいの起こし方がちょうどいい』

    ドラコ「うわっ、お前被虐趣味あったのかよ」

    男「………」チガウヨ

    ドラコ「知ってるよ。姉貴は加減をしらねぇからな。いや加減してあれなのか?」

    ドラコ「とりあえず姉貴がどこいくか知りたがってるから」

    男(そうだな)

    >>130

    130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 01:41:55.42 ID:yOO6gQ95o
    メイドも含めて奴隷達と個人面談
    欲しいものとか聞いとく

    131: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:47:28.10 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 メイドの場合~

    メイド「私が欲しいものですか?」

    男『なにかあるか?』

    メイド「いえ、私は貴方様に仕えている、その事実だけで十分ですわ」

    男『本当は?』

    メイド「という良いメイドの建前を除けば普通に欲しいものはもちろんありますわよ?」

    男『なんだ』

    メイド「この武器カタログの手首に仕込める隠しナイフが欲しくて、もしくは今の銃の装弾数を増やして」

    男(育て方を間違えたか?)

    メイド「………こほん」

    メイド「綺麗な指輪が欲しいですわ」ニコッ

    132: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:52:01.26 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 ミーアの場合~

    ミーア「私の欲しいものですか?」

    ミーア「あっくんの首輪が古くなってきたので新しいものをと」

    男『ミーア自身が欲しいものだ』

    ミーア「私自身………?」

    ミーア「………」

    ミーア「………」

    ミーア「………」

    ミーア「あれ、私満ち足りてますね」

    男『では服やアクセサリーか』

    ミーア「なら私指輪欲しいです。ご主人様指輪ください、指輪。薬指のサイズ教えておくので」

    男(指輪か。女というやつは指輪を欲しがるものみたいだな)

    133: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:52:59.55 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 ドラコの場合~

    ドラコ「肉」 

    男『そうか』

    134: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 01:57:35.79 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 ナーグルの場合~

    ナーグル「……欲しい、ものか」

    男「あぁ、年末だからな」

    ナーグル「………一つ、いや二つある」

    男「なんだ」

    ナーグル「フライパン……もしくは裁縫道具一式だな」

    ナーグル「いや……編み棒も鉤編みができるやつが………」

    男(助かる)

    ナーグル「いや、違う…他の亜人の解放を………」

    男『欲しいものはわかった。ありがとう』

    ナーグル「……亜人、亜人の解放だからな………」

    135: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 02:01:21.15 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 ベルグレインの場合~

    ベル「欲しいもの?」

    男『なにかあるか?』

    ベル「平和と自由」

    男『物で頼む』

    ベル「仕方ないなぁ」

    ベル「家」

    男『規模を小さく頼む』

    ベル「わがままだね。君は」

    ベル「でも欲しいものって案外僕ないんだ」

    ベル「おいしいものとかそれくらい」

    ベル「他にあるとしたら大切にしてくれる人。それだけが僕の欲しいもの」

    ベル「こんな僕に現れそうにないけどね………」

    男「………」

    136: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 02:05:38.66 ID:P+Jjh65q0
    ~個人面談 ニケライトの場合~

    ニケ「え!? え!? 欲しいものくれるの!?」

    男(やるとは言ってはいないが)

    ニケ「嬉しいなぁっ えっとね、えっとね!」

    ニケ「駄目だ! まとめきれないよっ」

    ニケ「あれも欲しいしこれも欲しいし」

    男『一つで頼む』

    ニケ「それなら皆でできるゲームを買おうよ!」

    ニケ「皆でわいわい盛り上がれるやつ!」

    男『参考にしておく』

    137: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 02:06:41.31 ID:P+Jjh65q0
    男(さすがにすぐ終わってしまったな)

    男(午後からだからあまり大した行動はできないがなにをしようか)

    >>139

    139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 02:15:44.84 ID:ReDFu+A7o
    新しく好きな人を作れというナージャの言葉について少し夢想してみる

    146: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 21:53:13.94 ID:P+Jjh65q0
    男(新しい人。言われたがまったく想像がつかないな。こんな俺が誰かとだなんて)

    男「………」

    男(確かに身の回りに女は多いが………)

    男(少し考えてみるか。たとえば>>147のこととか)

    147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 21:53:41.55 ID:SkNYPfbio
    メイド

    149: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:03:16.76 ID:P+Jjh65q0
    男(メイドか………あいつのことはそういう目で見てないしおそらくあっちもそうだろう)

    男(だが想像することはできる)

    男(たとえば)

    ―――

    ――



    メイド「ごはん、できてますよ」

    男「そうか。今日のごはんは」

    メイド「あなたの好きなものばかりですよ。ずっと暮らしてきたんですもの。貴方の好き嫌いは完ぺきに把握してます」

    メイド「ごはんが終わったらお風呂です」

    メイド「寝る前には歯を磨いて」

    男「待った。子供じゃないんだからわかっている」

    メイド「あらどうでしょう。あなたは私がいないとなにもできませんもの」

    男「そんなわけない」

    メイド「あらあら、この前脱いだ服をそのまま放置してたのは誰でした?」

    男「………あれは」

    メイド「いいんです。私がいないと何もできない貴方で」

    メイド「貴方がいないと何もできない私だったんですから」

    ―――

    ――



    男(なんてこと言うわけがないな)

    男(おそらく無理だろう。なら次は>>150だ)

    150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 22:04:27.04 ID:DOCfbvzHo
    ミーア

    151: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:12:26.13 ID:P+Jjh65q0
    男(おそらく。おそらくだがミーアの方がまだ現実的だ)

    男(ただの隷属の関係かもしれないが)

    ―――

    ――



    ミーア「えへへ。メイドさんには及びませんけど私だってお料理得意なんですからね!」

    ミーア「家庭料理しか作れないですけど。それでも愛情ってスパイスが、あ、えっと、あう」

    ミーア「は、入ってるんですからーっ!」

    男「はっはっは」

    ミーア「もう、なんで笑うんですか」

    男「いやなに。ずいぶん明るくなったなと思ってな」

    ミーア「だって毎日が楽しいですからそりゃあ明るくなります。それに私の目標だって叶いましたし」

    男「目標?」

    ミーア「素敵な王子様………いえ、あなたとの結婚です」

    ミーア「私を暗い世界から助けてくれた、貴方の妻になれたことが嬉しくて」

    ミーア「あ、お料理が冷めちゃいますから! はやくはやく!!」

    ミーア「こっち見ないでください」

    ミーア「………いじわる」

    ―――

    ――



    男(ひょっとしてこういう想像をすること自体が罪なのではないか?)

    ショヤバッチコイデスー

    男(………? どこからか声が聞こえた気が)

    男(まだ時間はあるな。そうだな、他には>>152)

    152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 22:13:36.85 ID:ReDFu+A7o
    ドラコ

    154: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:25:10.17 ID:P+Jjh65q0
    男(ドラコ………ありえないが。ありえないがまぁ)

    ―――

    ――



    ドラコ「夕飯? 肉だ肉」

    男「なんでそんな肉ばかり」

    ドラコ「肉うめぇだろ。そのあとは風呂入って運動だな」

    ドラコ「なに嫌な顔してんだよ。姉貴だって同じことしてたんだろ?」

    ドラコ「俺は姉貴に負けるつもりはねぇ!」

    ドラコ「つーことでよろしくな♪」

    ドラコ「それに肉ばっか食うと太るから運動をせざるを得ない。俺は俺の頭の良さに恐れおののくぜ」

    男「運動なら鍛錬を」

    ドラコ「二人でできて汗いっぱいかいてもっと楽しいスポーツあんだろ?」ニヒヒ

    ドラコ「楽しもうぜ、な。ダーリン」

    ―――

    ――



    男(あ、これナージャにやられた奴だ)

    男(さすがに姉妹といっても違うはずなんだがどうしてもナージャの面影を………)

    男(やっぱりドラコは想像できないな)

    155: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:27:16.58 ID:P+Jjh65q0
    メイド「夕食ができてますわよ。ご主人様」

    男「!?」ビクッ

    メイド「なにをなさってらっしゃるので?」

    男『少し考え事をな』

    メイド「そうですか。では下で皆がお待ちですから」

    男『あぁ』

    男「………」

    男(あんな想像しなければよかった………)

    156: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:32:48.80 ID:P+Jjh65q0
    トーラ「相変わらずメイドさんのごはんはおいしいです」

    ドラコ「なぁなぁ姉貴。それくれよー」

    ナージャ「断る。可愛い妹といえどその要求はのめない」

    ドラコ「だって姉貴幽霊だろぉ?」

    ナージャ「消化吸収はされないからそのまま出てくるが………出てきたのを食べるのか?」

    ドラコ「うぇ、やめろよ食事中にそんな話」

    ドラコ「なら黙って自分のを食べるといい。ほらダーリン、あーんだ」

    ドラコ「あ、いいなぁ!」

    ミーア「………羨ましい」ギリッ

    ニケ「あははっ。みんなで食べるごはんは楽しいねっ」

    ベル「そうかな。騒々しいだけだと思うけど」

    ニケ「そんなことないよーっ ベルさんは嫌い?」

    ベル「嫌いだね」ムスッ

    ニケ「はいベルさん。あーん!」

    ベル「押しつけないで! 押し付けないで!!」

    158: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:38:23.41 ID:P+Jjh65q0
    男(毎日夕食が賑やかだ)

    メイド「毎日夕食が賑やかでいいですわね」

    男『いたのか』

    メイド「えぇ。ご主人様、あまり夜風に当たりすぎると体に毒ですわよ?」

    男『大丈夫だ。それよりどうした』

    メイド「ご主人様が戦争に行っていたときは屋敷にはメイドの私とほか数名、さびしい食事でしたわ」

    男『私がいてもさびしいことにかわりはないだろう』

    メイド「あら、そんなことありませんわよ」

    男『なぜだ』

    メイド「私は貴方の娘ですもの」

    男『娘じゃない』

    メイド「ふふっ。娘ですもの」

    メイド「認知してください、お父様」

    男『やめろ』

    メイド「そんなに否定して、お可愛らしいことで」

    メイド「でも、あなたに仕えることが私の生きがい。それが寂しくない理由ですわ」

    男「………」

    メイド「ところで明日のご予定は?」

    男「………そうだな」

    >>160

    160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 22:41:15.29 ID:SkNYPfbio

    161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 22:44:51.42 ID:r5zV0jsfO
    ナージャに奴隷たちの訓練をつけてもらう

    164: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 22:51:28.04 ID:P+Jjh65q0
    ~休暇5日目~

    ナージャ「ということで貴様らに教授することになった」

    ナージャ「訓練と言っても実戦形式でいく」

    ナージャ「手加減はするが、油断をしていると死ぬぞ?」

    ナージャ「個別には面倒だ。とりあえず全員かかってこい」

    ナージャ「叩きのめして欠点を見つけてやろう」

    165: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:00:27.61 ID:P+Jjh65q0
    ドラコ「おい、ナーグル!」

    ナグ「………なんだ」

    ドラコ「姉貴はかなり強い。だから連携してだな」

    ナグ「………私は、一人で………!」ブンッ

    ナージャ「ほう」パシッ

    ナグ「………!」

    ドラコ「言わんこっちゃない」

    ナージャ「良い威力だ。掛け値なしに」

    ナージャ「だが格上に通じるほどではない」ボキッ

    ナージャ「これが私達が生きている世界だ!!」ボスッ

    ナグ「………」

    ナグ「………」グルンッ

    ナグ「………」バタンッ

    ミーア「な、ナーグルさんが一撃で!?」

    ナージャ「お前の敗因は単純に明快!! 実力差を見誤った!!」ドンッ

    166: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:19:15.05 ID:P+Jjh65q0
    ドラコ「お前らは俺が守る! だから魔術で攻撃しろ」

    ミーア「は、はいっ」

    ニケ「いっくよー☆」

    ナージャ「………ふむ」

    ミーア「火の精霊よ。オキツヒメ、オキツヒコ、ホムスビよ。重ねて申すは三宝守護せし伽藍の羅刹。生れ落ちては消えゆき消えては生まれる暗き冥き」

    ニケ「お願い、お願いお願いお願い!! 落ちてきて!!」

    ミーア「三千世界をも覆う戦火の記憶よ。今ぞなにとぞ恐み恐み白す!!」

    ニケ「ティンクルティンクルリトルスター!!」

    ゴォオオォオオ

    ドーン☆

    ナージャ「ほうほう。魔術も使えるのか。楽しいな」

    ナージャ「楽しいがこれは実践的ではない。戦略級戦術級でなければ詠唱時間は5秒以内、それ以上は戦闘用とは呼べないな」

    ナージャ「そして何より」

    ナージャ「私にその程度の魔法が効くか!!」

    ナージャ「炎天五階・爆発・重ね・重ね!!」

    ドォオオオオオンッ

    ナージャ「爆散!!」

    ドラコ「手加減ってなんだよぉっ!!」

    ナージャ「お前の敗因はそれはなんと実力差だぁっ!!」

    169: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:23:10.16 ID:P+Jjh65q0
    ナージャ「さて残りはドラコ。お前だけだが」

    ナージャ「その前に」

    ドラコ「な、なんだよ」

    ナージャ「待ってろ」シュンッ

    ―――

    ――



    ベル「はぁ、やれやれ。あんなことして怪我したらどうするだろうね」

    ベル「とにかく逃げるが賢い選択さ。馬鹿正直に付き合うわけがないよ」

    ベル「さて、僕は戻って本でも」

    ナージャ「見つけた」シュンッ

    ベル「んぎゃぁっ!?」

    ベル「ななな」

    ナージャ「撃滅!!」

    ベル「あんぎゃーっ!!」

    ナージャ「お前の敗因! は、考えろ馬鹿者ーっ!!」

    170: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:32:50.69 ID:P+Jjh65q0
    ナージャ「ただいま」

    ドラコ「なんかすごい悲鳴が聞こえたが」

    ナージャ「さて、本当に残るはお前ひとりだが」

    ドラコ「くそっ、こうなったらみんなの仇を!」ダッ

    ナージャ「戦場で捨て身とはそれすなわち死!」

    ナージャ「捨て身で不思議なことが起きるのは物語だけと知れ!!」ドゴォッ

    ドラコ「ぐっ」

    ナージャ「ほう、防御だけは一人前か」

    ナージャ「だが攻撃は一発が通らなければ二発、三発、四発と!!」

    ナージャ「一撃にすべてを込めるのではなく、すべてに殺意を込めて!!!」ゴッゴッゴッゴッ

    ナージャ「圧倒的暴の前に守りだけの防御など意味なしと知れ!!」

    ドラコ「ぐへっ」

    ナージャ「爆発四散っ!!」ドォーン

    ナージャ「そしてお前も実力が足りないっ!!」

    172: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:38:23.09 ID:P+Jjh65q0
    ナージャ「ということで、お前たちは実力が足りない」

    ドラコ「手加減ってなんだよ」

    ナージャ「死んでなければよし」

    ドラコ「訓練にすらなってねぇよ」

    ナージャ「一度死を目前にしてなければ見えないものがあるからな」

    ミーア「あうぅ」

    ニケ「石じゃなかったらやばかったかもっ かもっ!?」

    ドラコ「………不覚」

    ベル「………ぷしゅう」

    ドラコ「いまだに一人目を覚ましてないんだけど」

    ナージャ「そいつに関しては割と本気でやった」

    ドラコ「ベルグレイィイイン!!」

    ナージャ「まぁ、死んでないだろう。たぶん」

    ドラコ「なぁ姉貴、誰かに稽古つけたことあるのか?」

    ナージャ「はっはっは。ない」

    ナージャ「ないがまぁ学べたものは多かっただろう」

    ドラコ「教えられたことは災害に対しては人って無力なんだなってことぐらいだ」

    ナージャ「そう褒めるんじゃない。褒めても夕食のおかずはやらないぞ」

    【ミーアたちは新しい技を閃いた】

    175: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:42:23.67 ID:P+Jjh65q0
    男『風呂は沸いているから入ってこい』

    ミーア「うぅ。絶対沁みます」

    ドラコ「節々がいてぇ」

    ニケ「洗いっこしようよベルさん!」

    ベル「一人でしてよ」

    ニケ「一人じゃ洗いっこはできないよ!?」

    ベル「僕は綺麗な水で綺麗になるから」

    ニケ「私は綺麗になれないもんっ!」

    ベル「あぁ、そうですか」

    ニケ「ベルさんに洗剤混ぜたらどうなるの?」ワクワク

    ベル「やめてよ」

    176: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:49:14.70 ID:P+Jjh65q0
    ~休暇 6日目~

    男『明日は全員で村に行く』

    メイド「あら、年越しは村でですか?」

    男『あぁ、その方がいいだろう』

    メイド「ではそのように伝えておきますわ」

    男『さて、今日は>>178をする』

    178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 23:51:37.87 ID:ReDFu+A7o
    この前聞いた欲しいものを一応準備する

    179: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/13(月) 23:56:24.03 ID:P+Jjh65q0
    男(メイドとベルグレインが指輪。ドラコは肉。ナーグルはフライパンか? ベルグレインは………良い山水でも取り寄せよう。ニケがみんなでできるゲーム)

    男(いくらぐらいかかるだろうか)

    ―――

    ――



    男(全部で150Gか)

    資金401G

    男(どうしようか)

    >>180

    180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/13(月) 23:57:41.21 ID:sy0Xm/WDO
    まとめて買う

    183: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:01:50.21 ID:6NqwPr5L0
    「配送しときますねー」

    男「………」コクッ

    資金401G→251G

    男(まだ時間があるな。どうしようか)

    >>184

    184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 00:02:25.09 ID:LrFqdQeJ0
    発明家のところにいく

    185: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:05:17.50 ID:6NqwPr5L0
    発明家「おっ。待ち望んでたで~」

    男『例のものを』

    発明家「300G用意したんか? びた一文まけへんで?」

    資金251G

    男(さて、どうしたもんか)

    発明家「うちかて良い新年を迎えたいねん。には先立つもんが必要やさかい」

    発明家「ほな、気持ちのいい取引しよか」

    男『>>186』

    186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 00:06:57.14 ID:Gr90O2//o
    分割で頼めないか?

    187: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:09:00.10 ID:6NqwPr5L0
    発明家「………2回払いまでならええで」

    発明家「でもびた一文まけんからな」

    発明家「どうすんねん?」

    >>188

    188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 00:10:00.00 ID:JoyVrcUHO
    買う

    191: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:16:52.05 ID:6NqwPr5L0
    資金251G→101G

    発明家「よっしゃ、じゃあそこ座っとき。あんたにあわせて調整するから」

    男「………」

    発明家「クビふっといなぁ。男ってみんなこないなん?」

    発明家「あー、火傷跡酷いなぁ。そりゃあミーアんも治そうとすんなぁ」

    発明家「ほいっ! できたでー」

    発明家「声、だしてみ」

    男「………ア、あー。ふム」

    発明家「ある程度はご愛嬌や。堪忍」

    発明家「はい、あめんぼあかいなあいうえお」

    男「あめンぼあかいナ、あいウえお」

    発明家「柿の木栗の木かきくけこ」

    男「かきノき、くリのき、かきくけコ」

    発明家「法則性がないから直しようないなぁ。ええか?」

    男「あア」

    発明家「のこりの半分やけど来月末には必ず徴収するさかい。なかったら尻の毛まで持っていくで」

    男「分かってイる」

    発明家「ほなまた、良いお年を」ワクワク

    男「よいオ年を」

    192: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:19:12.88 ID:6NqwPr5L0
    メイド「なにか荷物が届いてましたよ」

    男「どこ二ある?」

    メイド「! ご主人様?」

    男「あァ。これのおかゲだ」

    メイド「チョーカー。ミーアが言っていたのはこれでしたのね」

    男「万全、とマではいかないガ。かなリ楽になル」

    メイド「よかったですわ。筆談は大変でしたでしょう」

    男「迷惑かけタな」

    メイド「お世話をするのが私の役目ですから」

    193: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:33:57.29 ID:6NqwPr5L0
    ~休暇 最終日~

    白鞘「酒が飲めるのじゃーっ!!」

    春告「年末は祭りで酒がのめるぞー」

    白鞘「酒が飲めるのじゃー!!」

    春告「酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞー」

    男「あノ調子だト、すべて飲み干しソウだ」

    お嬢「まぁ、この日ぐらいは」

    ドラコ「俺は酒より肉だな」

    お嬢「ドラコ! もちろん用意してますわよ。ささ、こっちですわ」グイッ

    ドラコ「腹減ったなぁ」

    リオ「主君殿のお料理はこちらでござる。全部拙者が作ったのでござるよ」

    ズラーッ

    男「すごい量ダ」

    リオ「褒美として、ナデナデしてくれてもいいんでござるよ?」

    メル「メルもなでなでー!」ダキッ

    リオ「くっ、卑怯でござる。やはり卑怯でござる」

    194: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:41:44.23 ID:6NqwPr5L0
    棟梁娘「この櫓、あたいが組んだんだぜ?」ヘヘッ

    ナグ「………立派だ」

    棟梁娘「だろぅ? そんな隅じゃなくもっとこっちにきなよ」

    ナグ「……結構だ」

    棟梁娘「なんでさ」

    ナグ「…こういうのは………苦手だ」

    棟梁娘「難儀だなぁ」

    棟梁娘「じゃああたいもここで見てる」

    ナグ「……いい………楽しんで来い」

    棟梁娘「親友おいて楽しめるかよ」

    ナグ「………親友?」

    棟梁娘「あたいはそう思ってる」

    棟梁娘「いやかい?」

    ナグ「……人間が………」

    ナグ「………」

    棟梁娘「はーっ。あたいフラれちまったのかい」

    ナグ「……すまない」

    棟梁娘「いいっていいって。人間嫌いなんだろう?」

    ナグ「……嫌いだ」

    ナグ「………だが、棟梁娘は」

    ナグ「………嫌いじゃない……はず」

    ナグ「…整理がつかない………だけだ」

    ナグ「この……憎しみを………消してしまうのが………怖い」

    棟梁娘「………憎んでくれてもいいよ。ナーグルがあたいのそばにいるっていうなら」

    棟梁娘「初めての友達だったんだよ。大切な………」

    ナグ「………私も………だ」

    棟梁娘「………はは、なんか食べるかい?」

    ナグ「………なんでも、いい」

    棟梁娘「任しときな! とびっきりおいしいもんとってきてくるから」

    195: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:47:29.76 ID:6NqwPr5L0
    道具娘「はい、男さんあーん」

    ミーア「!?」

    カグヤ「剣士さんこれもおいしいですよぉ~」アーン

    ミーア「!?!?」

    トーラ「両手に花ですね、けっ」

    ミーア「わ、私だって」

    ナージャ「ダーリンダーリン。これ食えこれ」ズイッ

    ミーア「う、うぅぅう」

    ミーア「天然には勝てないんですか………っ 計算じゃだめなんですか………っ」

    ベル「欲しかったら勝ち取りなよ」

    ミーア「そ、そうですよね! 男さ―――」

    ニケ「これめっちゃおいしいよっ☆」ドンッ

    ミーア「あにゃ゛あっ」

    197: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 00:57:20.94 ID:6NqwPr5L0
    メル「楽しいね~」

    魔女「………うん」

    メル「はいあーん」

    魔女「………ん」モグモグ

    魔女「………おかえし」

    メル「ん~ おいしいの~」

    古書娘「尊いですね。私の妹は」

    魔女「………おねえ」

    魔女「………ちゃん」クイクイ

    古書娘「はい。なんですか魔女さん」

    魔女「………あーん」

    古書娘「………」

    古書娘「………」

    魔女「………?」

    古書娘「ぶはっ」ドバッ

    メル「古書娘おねーちゃんが血を出して倒れたよぉ!?」

    魔女「………お、おねえちゃん」オロオロ

    古書娘「良い、人生、でした」

    198: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:10:42.79 ID:6NqwPr5L0
    お嬢「ドラコ、これもおいしいですわよ」

    ドラコ「おいおい、さっきからお前は食ってねぇじゃねぇか」

    お嬢「わ、私はいいですわ。こっちも美味しい――」

    ドラコ「よくねぇよ」ズイッ

    お嬢「きゃっ」

    ドラコ「ほら、食えよこれ」

    ドラコ「美味かったぞ?」

    お嬢「か、間接き………」

    お嬢「あ、あーん」プルプル

    ドラコ「ほらよっ」

    お嬢「もぐもぐ………ごくんっ」

    ドラコ「どうだ?」

    お嬢「味なんか、わかりませんわよ」ボソッ

    ドラコ「ほら、これとこれとこれも」ポイポイポイッ

    お嬢「か、勘弁してくださいましーっ!」

    199: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:17:33.56 ID:6NqwPr5L0
    春告「ありきたりなラブコメの波動を感じたーよ」

    白鞘「ほら、飲むのじゃ飲むのじゃ」ゲラゲラ

    春告「がぼぼぼぼ」

    メイド「白鞘童子様。それは危険ですわよ」

    白鞘「だってワシは鬼じゃからの!」

    メイド「六瓢連様の緑の肌が青くなっておられます」

    白鞘「むぅ。つまらん」

    メイド「私が御酌をしますから」

    白鞘「主人の仇はとらぬのか?」

    メイド「ご主人様は剣士として貴方に挑みました。それに対して私がかたき討ちというのは野暮ですわ」

    白鞘「先の大戦で強者は悉く死んでしもうた。ワシも誰かに殺されたいのう」

    メイド「あら、祭りで弱音は禁物ですわよ?」

    メイド「けんか祭りではありませんので満足はできないかもしれませんが、どうか私と踊ってくださいませ」

    白鞘「鬼の風流、なめるなよ?」ニヤッ

    200: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:22:05.41 ID:6NqwPr5L0
    トーラ「もうすぐ、日が変わりますね」

    男「あァ」

    トーラ「戻らないと、いけないんですね」

    ナージャ「そう言うな。私達がいる場所は向こうだ」

    トーラ「………消えたくない、です」

    トーラ「こっちの世界で、幸せになりたかったんですけど」

    男「………」

    トーラ「結婚して、子供産んで、そんな当たり前の幸せを」

    ナージャ「戦場に身を置く私だって覚悟はしてたさ」

    ナージャ「でも、それでもダーリンの子を産めなかったのは悔いだ」

    男「すまなかっタ。二人とも守っテやれなクて」

    ナージャ「なんて………慰めにすらならないか」

    トーラ「ごめんなさい、ナージャさん」

    トーラ「ごめんなさい、男さん」


    201: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:26:44.65 ID:6NqwPr5L0
    ミーア「あ、ごしゅじんさ―――」

    古書娘「行ってはいけません」

    ミーア「………」

    ミーア「私じゃ、あそこにいけないんですね」

    ミーア「もし、もし私がこの村に生まれて、男さんと出会えてたら」

    古書娘「ミーアさんは、ミーアさんで男さんと寄り添える場所を作りましょう」

    ミーア「………」コクッ

    古書娘「こちらへ。舞台でメルメルが舞っていますからそれを見ましょう」

    古書娘「白鞘童子さんの舞踊も見れるそうですよ」

    ミーア「古書娘さん」

    古書娘「なんでしょう」

    ミーア「抱きしめてください」

    ミーア「鼓動が、どうしようもなく私の体を揺らして」

    古書娘「………わかりました」

    202: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:32:27.07 ID:6NqwPr5L0
    トーラ「頑張りましたね。剣士さん」

    男「私は、お前たチになれるよう二」

    トーラ「本当に、私達のために」

    ナージャ「ダーリンは、ダーリンの人生を生きていいんだぞ」

    トーラ「私の人生を歩まなくても」

    男「違う」

    男「お前たちガ、私に人生を与えタんだ」

    男「トーラとナージャ、二人が私ノ人生なんダ」

    トーラ「………」

    トーラ「涙、ながれないです」

    トーラ「幽霊だから、生きてないから」

    トーラ「でも嬉しくて嬉しくて、これをどう表せばいいんでしょうか」

    男「笑ってくレ」

    トーラ「ありがとう。剣士さん」ニコッ

    ナージャ「行こう、トーラ」

    トーラ「はい―――」

    203: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 01:42:31.33 ID:6NqwPr5L0
    男「メイド」

    メイド「ご主人様。トーラ様たちは」

    男「いったよ」

    メイド「そうですか。きっとまた来年も」

    男「来たらまタこうして祝ってヤロう。ところでダ」

    メイド「なにか」

    男「なぜ真っ赤なドレスになっテる」

    メイド「フラメンコに少々覚えがありまして」カカンッ

    ニケ「あ、ご主人くんっ! メイドさんすごかったんだよ!!」

    ニケ「白鞘っちの踊りもすごかったよ!! なんかゆらーっって静かだけど迫力のある踊りで!」

    ニケ「を、合わせちゃったの!! 二人で!!」

    ニケ「で、メルさんはバレエでくるくるーって」

    ニケ「それで、ご主人くんは何を踊るのかな!?」キラキラ

    男「いや、私ハ」

    メイド「ふふっ、では私と一緒に踊っていただけませんか?」

    ニケ「わくわく」

    男「………頼んだぞ」

    メイド「合わせて差し上げますわ」

    216: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:18:37.19 ID:6NqwPr5L0
    ~元旦~

    男「新年あけましテおめでとウございます」

    お嬢「おはようございます」

    メイド「おはようございます」

    ミーア「おはようございます」

    男「起きてるノはこれダけか」

    お嬢「あとはみんなぐっすりですの」

    男「そウか」

    218: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:24:44.95 ID:6NqwPr5L0
    メイド「新年なので今年もご主人様を僭越ながら評価させていただきます」

    メイド「去年の目標は」

    【奴隷を二人以上村へ送り込む】

    【奴隷の好感度・忠誠心を二人以上最大にする】

    【奴隷を3人解放する】

    【森のボスを倒す】

    メイド「森のボスだけは達成できてませんね」

    メイド「ですが他の目標は達成できてます」

    メイド「お疲れ様でした」

    メイド「目標達成したのでこちらが私からのお年玉でございます」

    【メイドのお守り】(致命傷を一度だけ防ぐ)

    メイド「それでは今年の目標を建てていきましょう」

    219: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:30:10.48 ID:6NqwPr5L0
    メイド「ご主人様に足りないものは」

    【村を発展させる】

    【奴隷を村へ送り込む】

    【森のボスを倒す】

    【奴隷の好感度・忠誠心】

    メイド「ですわね。ここを意識して」

    メイド「あと、最終的な目標として今年以内に」

    【村へ移住する】

    メイド「を達成しましょう。村を発展させればすぐですから」

    メイド「あと私の勘なのですが、後輩様と一緒に事件を追わなければ後輩様は騎士団に戻ってしまわれるかと」

    メイド「それでは今年もがんばっていきましょう」

    220: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:32:36.82 ID:6NqwPr5L0
    男「さて元旦ダ、なにをすルか」

    >>221

    221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:33:28.63 ID:M5XEH6fro
    白鞘童子に退屈なら森のボス退治手伝ってくれるよう言ってみる

    222: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:39:45.89 ID:6NqwPr5L0
    白鞘「嫌じゃ。なぜワシがお前なんぞのために手苦労をせねばならん」

    白鞘「ワシに何か見返りはあるのかえ?」

    白鞘「相当なもんじゃないとワシは動かんぞ。たとえば貴様の足一本などな。かっかっか」

    白鞘「で、何が出せるのじゃ?」

    男「>>223」

    223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:46:35.09 ID:a0ylPsi5o
    お嬢様に飲んでいい酒の量について掛け合ってやる

    224: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:56:13.87 ID:6NqwPr5L0
    白鞘「いらんいらんんなもん」

    白鞘「酒は好きじゃ。だがそれだけじゃ貴様に加担するほどの理由にはならん」

    白鞘「ワシは戦でしか暴の力をふるわんのじゃ」

    白鞘「帰れ帰れ」シッシ

    225: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 22:58:38.18 ID:6NqwPr5L0
    男(フラれてしまった)

    男(時間はまだだいぶ余裕があるが)

    >>226

    226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:03:36.79 ID:rUolk1poO
    武具防具揃えるにはお金足りんだろうしなぁ
    安価した

    227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:06:01.65 ID:M5XEH6fro
    魔女姉に、模倣犯の話して助言なんか貰えないか

    228: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:18:17.16 ID:6NqwPr5L0
    古書娘「模倣犯?」

    男「あぁ、今でモ、放火がおこル」

    古書娘「私に意見が聞きたいと?」

    男「あぁ、だめか?」

    古書娘「………専門家ではないですから」

    古書娘「でも私の事件に便乗していたとしてもいまだ捕まらないというならかなり狡猾かと」

    古書娘「目的もわかりませんし」

    男「………そうカ」

    古書娘「ですがひとつわかることが」

    男「なんダ?」

    古書娘「犯人は亜人だと思います」

    男「後輩ハ亜人にしては目撃しょうゲンがなさすぎるト」

    古書娘「知らないのですか?」

    男「なにをダ?」

    古書娘「亜人。一部の特定種は馴染んでますよ」

    男「ハ?」

    古書娘「例えば、もう言っていいですよね」

    古書娘「あの小さな教会のシスター」

    古書娘「亜人ですよ」


    229: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:20:48.24 ID:6NqwPr5L0
    男「なゼ知ってる?」

    古書娘「火薬、そこで仕入れてたので」

    古書娘「人間に悪意を持つ亜人は多いのですよ? 私はそれに協力する側でしたし」

    古書娘「例えば亜人をかくまったりこっそりと逃がしたり」

    古書娘「あ、秘密でお願いしますね。まだつながりは切れてないので」

    男「古書娘は、人間だろう?」

    古書娘「人間ですが人間じゃないですよ」

    男「それハ、どういうことダ?」

    古書娘「私なんかが人間でいられるわけ、ないじゃないですか」

    230: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:24:47.93 ID:6NqwPr5L0
    古書娘「私がお手伝いできるのはここまでです」

    古書娘「あ、そうそう。あなたの事話題になってますよ」

    古書娘「人間の癖に亜人に加担する変人だって。バレてますよ。やってること」

    男「そう………カ」

    古書娘「ここの事は前から有名でしたし、貴方も亜人の中で有名なんですよ」

    男「それは良い意味でカ?」

    古書娘「賛否両論です。過激派にはお気をつけて」

    男「………」

    231: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:28:08.82 ID:6NqwPr5L0
    男「せっかクの新年だ。教会デモ行くか」

    男「………誰と行くカ」

    >>232

    232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:30:30.68 ID:tFVro8ydo
    ミーア

    233: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:32:03.51 ID:6NqwPr5L0
    ミーア「わ、私ですかぁ!?」

    男「駄目カ?」

    ミーア「全然、全然大丈夫です! バッチグーです!!」

    男「なら行くカ」

    ミーア「ミーア! お供します!」

    234: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:38:33.76 ID:6NqwPr5L0
    ミーア「やっぱり長いですね」

    男「だナ」

    ミーア「あ、あのぉ」

    男「なんダ?」

    ミーア「こんなに人多いですし、はぐれちゃいけないですし」

    ミーア「あの、その」

    ミーア「手、繋いでも、いいですか?」

    男「それもそうダな」ギュッ

    ミーア「あ、えへへ」

    ―――

    ――



    ミーア「私達の番ですよ」

    男(何を祈るか)

    1.好感度上昇

    2.忠誠心上昇

    3.金運上昇

    >>235

    235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:40:25.24 ID:eJeBfkfto
    2

    237: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:46:48.99 ID:6NqwPr5L0
    「その願い、叶えてさしあげましょう」

    男「!?」

    ミーア「? どうしたんですか?」

    男「なんでもなイ」

    男「ミーアは何をお願いシタんだ?」

    ミーア「私は、えへへ。みんな元気にいられるようにって」

    ミーア「ご主人様はなにをお願いしたんですか?」

    男「秘密ダ」

    ミーア「えー! いじわるですー」プクー

    男「帰るゾ」

    ミーア「あ、手! 手を握ってください! はぐれちゃいますから!私が!」

    ドラコの忠誠心【40/100】

    ナーグルの忠誠心【40/100】

    ベルグレインの忠誠心【-90/100】

    ニケライトの忠誠心【20/100】

    238: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/14(火) 23:51:42.13 ID:6NqwPr5L0
    ~3年目 第一週~

    男「今年中には村デ活動でキるといいガ」

    メイド「順調に発展してますからきっと大丈夫ですわ」

    男「ところデ依頼はきテいるか?」

    メイド「こちらに」

    男「さて」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>239

    ドラコ>>240

    ナーグル>>241

    ニケライト>>242

    ベルグレイン>>243 働かせた場合-20G

    239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:52:53.01 ID:a0ylPsi5o
    ミーア魔導家

    240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:53:14.87 ID:eJeBfkfto
    警備

    241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:54:52.55 ID:M5XEH6fro
    ナーグル土木

    242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:54:59.43 ID:KhJOVjxcO
    土木

    243: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:55:41.97 ID:S3dcohfjo
    ニケなら仕立屋
    ベルなら無し

    245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:03:37.64 ID:/qYIKNIA0
    >>237
    ドラコの忠誠は上がって40?お嬢に会いに行った時に一回40になってて、一緒に祭も行ったし構ってなかった気はしないんだけどまた下がったの?

    249: ドラコの忠誠心はミスですね 60です ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:09:21.50 ID:mgUosM1+0
    ミーア「あけましておめでとうございます」

    発明家「おめでとうさん。今年もよろしく頼んだでー」

    ミーア「おせちのごみが………片付けますね」

    発明家「いろいろ忙しゅうてなぁ」

    発明家「助かるわほんま」

    ミーア「そういえばご主人様が喋れるようになってました」

    発明家「あれか。あれ自信作なんやで。音声はあんまよくないけど画期的な発明やろ」

    発明家「魔術覚えてテレパシーすれば早いかもしれへんけど………」

    ミーア「そんなことないですよ。テレパシー覚えるのって結構大変なんですから」

    発明家「ほんまか? まぁ、うちは人の役に立つもんしか作らへんからな!」

    ―――

    ――



    【大成功】

    ミーア「お部屋、片付きましたよ」

    発明家「ありがとうさん。ん?」

    ミーア「どうしたんですか?」

    発明家「無くしたと思ってた部品、ここにあったんか!」

    発明家「助かったで! 招き猫やなほんま! にゃーんいってみにゃーんって」

    ミーア「にゃ、にゃーん?」

    資金101G→121G

    ミーアの心【524/1600】

    250: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:12:19.92 ID:mgUosM1+0
    ドラコ「今日は教会ねぇ」

    ドラコ「夜の教会に人なんてくんのか?」

    ドラコ「それより盗むもんなんてあんのか?」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「銀の燭台とかあったのか」

    ドラコ「犯人捕まえれてよかったぜ」

    資金121G→136G

    ドラコの体【627/3600】

    251: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:17:50.72 ID:mgUosM1+0
    道具娘「お店ができたーっ!」

    棟梁娘「こんなもんでいいのかい?」

    道具娘「前のお店より立派だよぉ!」

    リオ「念願のお店でござるなぁ」

    お嬢「開店おめでとうございます。本当古書娘さんのおかげで一気に開発が進みましたわね」

    古書娘「そんな。私はただ妹の生活を豊かにしたかっただけですから」

    道具娘「それでも嬉しいよぉ!」

    ―――

    ――



    【成功】

    お嬢「あとは鍛冶屋、仕立て屋は必須ですわね」

    古書娘「食住は整いましたから」

    お嬢「あとは教会、でしょうか」

    棟梁娘「さすがにああいうのは作ったことないねぇ。ナーグルは?」

    ナグ「………オーク式なら」

    棟梁娘「オーク式?」

    ナグ「………祠だ」

    棟梁娘「ちょっと小さいかもねぇ」

    【村の収容人数が増えた】

    252: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:20:46.85 ID:mgUosM1+0
    仕立て屋「今年もよろしくお願いいたします」

    ニケ「おねがいしまーす!」ペコッ

    仕立て屋「それでは福袋もあるので今日は忙しいはずでございますよ? 準備はよろしいでございますか?」

    ニケ「ばっちぐーだよ!」

    仕立て屋「それでは」

    ―――

    ――



    【大失敗】

    仕立て屋「ふぅ、大変でしたでございますね」

    ニケ「へとへとだよーっ」

    仕立て屋「それではあと片付け………ニケライト様」

    ニケ「なぁに?」

    仕立て屋「紙袋に入れっぱなしの服があるのでございますが」

    ニケ「あ」

    仕立て屋「………渡し忘れでございますね」

    ニケ「ごめんなさぁい!」

    253: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:29:33.21 ID:mgUosM1+0
    資金136G→116G

    ベル「お久しぶりだね、シスターさん」

    シスター「ベルグレインさん。お久しぶりです」

    シスター「………」ジッ

    ベル「どうしたの? 僕の顔をじっと見て」

    シスター「何かあったのですか?」

    ベル「なんで?」

    シスター「なんだか以前と変わられたように感じて」

    シスター「女性の階段を登ったのかと」

    ベル「セクハラだなぁ」

    シスター「冗談ですからセクハラではありません」

    ベル「まぁ、いろいろあったんだよ。人生感が変わるようなことが」

    シスター「私も神に出会って人生が変わりました」

    ベル「シスターさんはなぜシスターになったの?」

    シスター「恩人がシスターだったからです」

    ―――

    ――



    【成功】

    シスター「彼女は清貧を絵に描いたような人で、誰でも分け隔てなく平等に接し」

    ベル「シスターさんとは全然違うね」

    シスター「今なんと?」

    ベル「何も言ってないです」

    シスター「みすぼらしい私に救いの手を差し伸べてくださいましたから」

    シスター「私も誰かに救いの手を差し伸べられるようにシスターになったのです」

    ベル「へぇ。そのシスターさんどんな人なんだろう」

    シスター「絵もなにも残ってませんよ。彼女を記録したものは何一つ」

    ベル「なんで?」

    シスター「そろそろ日が暮れますよ。お帰りなさい」

    ベル「え? あ、うん。それじゃあまた」

    資金116G→125G

    ベルグレインの心【198/800】

    254: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:33:01.70 ID:mgUosM1+0
    ~3年目 第1週 休日~

    後輩「ただいま戻ったであります!」

    男「よく帰っタな」

    後輩「! 男先輩殿の声が戻ってるであります!?」

    男「これのおかゲだ」

    後輩「ほうほう、この首についてるやつでありますな?」

    後輩「とにかく男先輩殿が喋れるようになってなによりであります」

    男「長旅は疲れただろう。休むといい」

    後輩「そんな! 今こうしてる間にも犯人は次の狂事を起こそうとしているのかもしれないのであります! 私は平気でありますゆえ見回りにいってくるであります!」

    男「そうカ」

    後輩「それでは失礼するであります!」

    男「………さテ、わたシは」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>255

    255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:33:31.23 ID:rEnTLcGyo

    256: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:37:48.86 ID:mgUosM1+0
    男「私はわたシなりに調査をしよう」

    男「古書娘から重要なことはきイたが」

    男「どこへ行くカ」

    >>257

    257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 00:41:36.77 ID:WSiP+B0+0
    古書娘に聞いた情報を元に教会へ探りを入れてみる

    258: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:47:57.79 ID:mgUosM1+0
    シスター「こんにちわ。お祈りですか。懺悔ですか」

    シスター「この教会はたとえあなたがどのような人でも神に向き合う心があるのならば受け入れますよ」

    男(気づいていない? そうか仮面だものな)

    男(………まて。声が違うぞ)

    男(この間、教会にいたのは誰だ?)

    シスター「どうされました?」

    男「懺悔ヲ」

    シスター「あら、面白い声。おっと、冗談ですよ?」

    男「いいカ?」

    シスター「えぇ。では懺悔室へ」

    261: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 00:58:42.70 ID:mgUosM1+0
    シスター「罪は懺悔することで失われはしません」

    シスター「ですが罪と向き合うその心こそ、貴方を今後よき人生へと導くのですよ」

    シスター「貴方は一体なにに懺悔を?」

    男「………」

    男「守ると誓ったものヲ、欲望で傷つけた」

    男「正気ではナカった。過去のわたシによってダ」

    男「ありもしない喝采ヲ。暴力を正義とすル声を」

    男「聞いてしまッタ。亜人をコロせと。それが正義であルと」

    男「私は正義の味方デはない」

    男「正義なドではない。命を殺スものは正義ナどではない」

    シスター「先の大戦で?」

    男「そのとおリだ。仕方なかっタと言えばそれマデだが、いヤ、しかたなくナイことはしってル。だが他に選択肢なドなかった」

    男「やらさレ、命令サれ、それをこなスたびに、英雄と、持てはヤサれ」

    男「死の匂いニ、命をうバうことのつミの感覚すラ麻痺し」

    男「たダ、ただ、殺し殺されるのミ」

    男「そんな世界の、死人ガ、私の足ヲ、また」

    男「また引っ張り」

    男「沈め、沈めよと、怨嗟ノ声をあげ、足ヲ、肩ヲ、クビを」

    男「殺せ、殺せヨと、死人ヲ増やせよト、悦びの声ヲあげ、手を、腰ヲ頭を」

    男「泥の中に沈める」

    男「きがつけば、私は大切にしなケればならない存在を、ころしかけテいた」

    シスター「………」

    262: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:07:55.37 ID:mgUosM1+0
    シスター「あなたの中で戦争はまだ終わっていないのですね」

    男「終わらない、終わるコトなどない。皆あの世界にいたもノは狂う」

    男「戦争とハ、そういうモノだ」

    男「げに恐ろしきは終わったあと二残る毒、爪痕」

    男「だが私は、許されてハならない、はず」

    シスター「神は許します」

    シスター「しかし人は違います。怨み、憎む」

    シスター「許す許さないはその心の間にしかありません」

    シスター「懺悔はそれを理解し、許しを請う手助けをするだけ」

    シスター「神はいつも正しき者。正しくあろうとするものの背中を少し押してくれます」

    シスター「あとは行動あるのみです。後悔の気持ちとその先を持っていれば必ずいつかは」

    シスター「………あの」

    男「なんダ」

    シスター「あなたは亜人を殺そうと?」

    男「………あァ」

    シスター「………」

    男「どうしタ」

    シスター「いえ、なんでもありません」

    シスター「懺悔は終わりました。貴方とその人に幸あらんことを」

    263: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:09:13.76 ID:mgUosM1+0
    男(………やはり声がまったく違う)

    男(前の声は今のシスターよりも幼かった)

    男(しかしこの教会に住んでいるのは一人だけだが?)

    男「今日はここまで二するか」

    264: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:10:25.12 ID:mgUosM1+0
    今日はここまで。

    ドラコの忠誠心は【60/100】が正しいですね。

    265: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:11:34.50 ID:mgUosM1+0
    メイド「教えて、なぜなにメイドちゃんです」

    メイド「わたくしメイドが皆様の疑問や攻略についての糸口を与えるコーナーでございます」

    メイド「何かありましたら明日まで随時回答を行いますのでどうぞよしなに」

    268: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:17:31.88 ID:mgUosM1+0
    メイド「結論から言いますとありません」

    メイド「コツコツと信頼を取り戻すか」

    メイド「もしくはベルグレインを奴隷以上の立場に迎え入れるか」

    メイド「ベルグレインにご主人様の事情を説明したところで理解してくれるとは思いませんし」

    メイド「理解したところで受け入れられるわけはありませんし」

    メイド「ということで以前の関係に戻ることはおそらくないでしょう」

    270: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:19:09.63 ID:mgUosM1+0
    メイド「ご主人様からの好感度が高い人ですか」

    メイド「私です(断言)」

    メイド「いえ、本当ですよ」

    メイド「あとナージャ様とトーラ様」

    メイド「案外ミーアやドラコなんかも嫌いではなさそうですね」

    271: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:21:19.60 ID:mgUosM1+0
    メイド「スリーサイズですか」

    メイド「上からビューティー ビューティフォー ビューティフルです」

    メイド「あとおそらく察しがついてると思いますが戦災孤児です」

    メイド「ご主人様に幼いころ拾われて今に至ります」

    メイド「ですのでわたくしの年齢自体は他の奴隷達とさほど変わりませんよ」

    メイド「あと、好きなものや嫌いなものですが………」

    メイド「好きなものはご主人様が好きなもの」

    メイド「嫌いなものはご主人様が嫌いなものです」

    メイド「あと納豆」

    275: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:30:56.40 ID:mgUosM1+0
    メイド「ナージャ様とご主人様のなれ初めですか」

    メイド「戦いの中で友情が芽生えたそうです」

    メイド「御主人様が村へ行ったときに敵と間違われて………敵と言えば敵ですが村の警護をしていたナージャ様に襲い掛かられたのです」

    メイド「そしてご主人様は善戦ののちに敗亡。あわや命を奪われるかというところでやっとトーラさんによって説明され、村では中立ということで収まりました」

    メイド「そしてナージャ様と組んで村で起きる事件に対処していたところナージャ様から男様に告白され」

    メイド「善戦ののち敗北。そして押し倒されました」

    メイド「抵抗はしていましたが別に嫌いではなかったそうですよ。ただ立場が立場だったので抵抗はしたようです」

    メイド「と、トーラ様から聞きました」

    276: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:34:13.66 ID:mgUosM1+0
    メイド「プレゼントはまだ配っていませんね。ごたごたしていたものですから」

    メイド「それと亜人良いとのことですが」

    メイド「わたくし自体は好きでも嫌いでも」

    メイド「ただ、亜人がいいという声は聞きますね」

    メイド「ですが亜人だから好きなのではなく、好きな子が亜人なだけです。見た目ではなく亜人と人間の差に萌えるのです」

    メイド「ぶっちゃけ見た目が円柱のロボットで同じ言葉しかしゃべらなくても仕草が良ければ十分萌えれる!」

    メイド「と誰かが言っていました」

    278: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 01:56:58.96 ID:mgUosM1+0
    メイド「知識・魔術・聖職は心」

    メイド「接客・料理・清掃は技」

    メイド「運送・土木・警備は体」

    メイド「計算はそれぞれの職業値に対応したステータスを乗じたものとなります」

    メイド「ですのでミーアの場合はその計算で間違いはありません」

    メイド「もしかするとどこかで計算をミスしてしまったかもしれません。申し訳ありません」

    287: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 23:25:21.22 ID:mgUosM1+0
    メイド「森のボスですが、もう十分楽に倒せますよ。所詮はじめのボスですからね」

    メイド「村に行った奴隷は今のところは狩りにつれていくことはできませんので戦力がいるうちに行くことをお勧めします」

    メイド「御主人様が後輩様をベッドで後輩していた件ですが、そういう仲だったからご主人様だけが後輩様を制御できたのですね」

    メイド「それでは皆様、ごきげんよう」

    メイド「あとメイドさん可愛い綺麗ビューティフォーと言ってくださった方には格別の感謝を」

    289: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 23:26:44.63 ID:mgUosM1+0
    メイド「おっと、答えきれなかった質問がありましたね」

    メイド「ベルグレインの好感度を上げたらデレるのかという質問ですが」

    メイド「前の関係には戻りませんが、うざいからうざカワイイにはなりますよ」

    290: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 23:30:03.63 ID:mgUosM1+0
    ~3年目 第2週~

    男「どうシタ、眠たそうダナ」

    メイド「昨日は遅くまで仕事をしていたもので。ふわぁ」

    メイド「失礼」

    男「ご苦労。だが体にきをつけテ、休む時はヤスめ。倒れられるト困る」

    メイド「これくらいは平気ですので。それより今週の依頼に目を通してください」

    男「ン」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>292

    ドラコ>>293

    ナーグル>>294

    ニケライト>>295

    ベルグレイン>>296 働かせた場合-20G

    292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:33:16.28 ID:vK1fCeWoo
    魔導家

    293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:35:13.35 ID:xXYMy90Po
    ドラコなら警備
    ナーグルなら土木

    294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:36:22.06 ID:Tnw1+VHxo
    ナーグル建築

    295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:38:33.73 ID:WSiP+B0+0
    ニケなら仕立て屋
    ベルなら休養

    296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 23:39:14.67 ID:8hUcZ/LhO
    聖職

    297: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 23:52:37.97 ID:mgUosM1+0
    発明家「今日も元気におはようさん」

    ミーア「お、おはようございます」

    発明家「ミーやんは調子ええから今日は魔導について教えたろか」

    ミーア「み、ミーやん?」

    発明家「ミーアやからミーやん。可愛いやん?」

    ミーア「そ、そうでしょうか」

    ―――

    ――



    【成功】

    発明家「今魔術がほとんど世界を仕切ってて、魔術師なんか引く手あまたやな。銭湯なんかやと絶対魔術師おるし」

    発明家「でも魔術師がいない土地とかもあるやん。田舎とか。それに魔術師だけが主導権握ってるのもあかんやろ。悪徳魔術師とかおるし」

    発明家「やから魔術師ほど器用なことはできへんけど一般人でも同じことができる必要があるねん。多少はその差を埋めとかなあかんねん」

    発明家「そこで生まれたのが魔導やね。魔力を通せば決まった形に吐き出す道具や。これで一般人でも簡単にお湯を沸かせるようになったんやで」

    ミーア「で、でもなんでこんな便利なものが広まらないんでしょう」

    発明家「前言った通り利権や。この魔導具が広まってしまえば魔術師はお払い箱やからなぁ」

    ミーア「便利だから一回話題になれば」

    発明家「無理や。ここは魔術の街やさかい魔導の道具はてんで手にはいらへん。流通させれるだけのパワーがあらへんねん」

    発明家「誰かパトロンでもつけば別なんかろうけど、貴族は皆こぞって魔術に傾倒するからなぁ」

    ミーア「お金、お金って大切なんですね」

    発明家「お金より大切なもんはあらへんからなぁ」

    資金125G→135G

    ミーアの心【576/1600】

    298: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/15(水) 23:55:36.31 ID:mgUosM1+0
    ドラコ「うぇ!? 向こうの建物燃えてんじゃねぇか!!」

    ドラコ「つっても俺にゃ関係ねぇか」

    ドラコ「こっちまで来ないだろうしな」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「被害総額は10万Gを越える、ね」

    ドラコ「10万Gなんて想像もできねぇなぁ」

    資金135G→150G

    ドラコの体【692/3600】

    299: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:01:22.18 ID:Dr1Rkx3l0
    ナグ「………もう、夜か」

    棟梁娘「さすがに火の灯りだけじゃ仕事はできないしねぇ」

    棟梁娘「………火、ね」

    ナグ「………大丈夫だ」

    棟梁娘「あ、あはは。心配かけちまったかい?」

    棟梁娘「でももっと他に灯りが欲しいね」

    魔女「………いる?」

    棟梁娘「わぁっ!」

    魔女「………っ」ビクッ

    棟梁娘「おっと、驚かせてしまってすまないねぇ。どうしたんだい?」

    魔女「………灯り」

    魔女「………出せるよ」

    棟梁娘「本当かい?」

    ―――

    ――



    【大成功】

    魔女「………どう」

    魔女「………明るく」

    魔女「………なった」

    魔女「………でしょ」

    棟梁娘「魔術ってのは便利なもんだね。お天道様を作れるだなんて」

    魔女「………魔力だから」

    魔女「………熱くない、よ」

    ナグ「………作業、進めよう」

    棟梁娘「だね。これくらい明るければきりのいいところまで進めれるね」

    【村の収容人数が大幅に増えた】

    300: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:06:54.80 ID:Dr1Rkx3l0
    仕立て屋「………来ないでございますね」

    仕立て屋「え、大丈夫でございますよ。一人でも」

    仕立て屋「ただ、わたくしだけではどうもお店の雰囲気が暗く」

    仕立て屋「わたくしがもう少し接客向きであればよかったのでございますが」

    仕立て屋「生まれ持った外見と性格はどうにもならず」

    仕立て屋「慰めてくれるのでございますか?」

    仕立て屋「ありがとうございます」

    ―――

    ――



    【失敗】

    ニケ「遅刻しましたぁ!!」

    仕立て屋「なるほど。寝坊でございますね?」

    ニケ「やっぱ超能力!?」

    仕立て屋「ニケライト様の御召し物が仰っているので」

    ニケ「それ超能力でいいともうけどなぁ!」

    資金150G→156G

    304: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:14:44.16 ID:Dr1Rkx3l0
    資金156G→136G

    ベル「どうしたの?」

    シスター「いえ、なんでもありませんよ」

    ベル「げ、礼拝に来た人がいる。僕倉庫で片付けしてくるね!」

    シスター「倉庫の扉にかんぬきをかけておきましょうか」

    ―――

    ――



    【失敗】

    ベル「うわぁ、ほこりだらけだなぁ」

    ベル「まぁ、でもここなら自分のペースでサボりながらできるし」

    ベル「でも薄暗くて」ドンッ

    ベル「わっ」

    ドンガラガシャン

    ベル「いてて、僕がスライムじゃなかったら死んでたかも」

    ベル「………? なんだろうこの紙」

    シスター「ベルグレイン?」

    ベル「わ、わぁ! わざとじゃないんだよ!?」

    シスター「倉庫の片付け。どうぞごゆっくり」

    キィ バタン ギィィィィ

    ベル「今かんぬき刺したよね!? 開けて! 開けてよ!!」

    シスター「………今回だけですよ」

    資金136G→141G









    ベル「これは、絵なのかな? ずいぶんと本物みたいだけど」

    ベル「これはシスターさん? じゃあこっちの人は誰だろう」

    305: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:18:18.08 ID:Dr1Rkx3l0
    ~3年目 第2週 休日~

    後輩「男先輩殿!」ビシィッ

    男「どうシた」

    後輩「調査の結果、手がかりを手に入れたのであります!」

    男「どんナ手がかりをてにいレたのだ?」

    後輩「犯人はやはり人間であります! 目撃証言がありました!」

    後輩「しかも犯人はどうやら女のようでありますな」

    男「よくヤった。引き続きたのム」

    男「さて私ハ」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>307

    306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:18:44.85 ID:OW5hJRixo
    2ニケ

    307: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:19:09.59 ID:G6VugFQ5o

    309: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:26:27.32 ID:Dr1Rkx3l0
    男「遅刻をしたト、連絡がきタ」

    ニケ「そ、それはごめんねっ」

    男「私は優しクしてるつもりだが、それが原因なラ」

    ニケ「ち、違うよ、そんなつもりはなくてっ」

    ニケ「だから、叩いたり、しないで、ね? ね?」アトズサリ

    ニケ「私硬いから叩いても」

    ゴンッ

    ニケ「きゃぁああっ!!」

    男「逃げるナ。これは必要なこトだ」

    ニケ「………っ!!」

    ―――

    ――



    ニケ「はい、申し訳ありません。今後二度とこのようなことがないようにしていきますので」

    ニケ「すみません、すみません、すみません」

    男「………」

    ニケ「すみません、すみません、すみません」

    ニケ「すみません、すみません、すみません」

    311: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:30:35.65 ID:Dr1Rkx3l0
    ニケライト(裏) 年齢 3歳(出土してから) 身長166cm 体重126kg B72 W58 H78  

    好きなもの 褒めてくれる人 詩 嫌いなもの 暴力 いじめ  体を削られること

    【ステータス】

    心2 技3 体3

    【知識】05

    【魔術】10

    【聖職】10

    【接客】30

    【料理】01

    【清掃】20

    【運送】20

    【土木】10

    【警備】05

    【スキル】

    【強迫観念】大失敗しない が大成功しない。

    【石でできた体】防護点が+2される。一部の状態異常にならない。

    【二面性】褒められると【強迫観念】が消える。

    312: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:34:43.14 ID:Dr1Rkx3l0
    ~3年目 第3週~

    ニケ「おはようございますご主人様」

    ニケ「本日はメイド様に代わり私、ニケライトがご主人様の目覚めを補助することになりました」

    ニケ「なんなりとお申し付けください。私は貴方のお役にたてるようがんばりますので」

    男「………どうシた?」

    ニケ「なにか不備がありましたでしょうか。申し訳ありません」ペコッ

    男「とりあエず。今日の依頼は」

    ニケ「こちらに用意してございます。それではお召し物を着替える手伝いをさせていただきますのでお体に触れることを容赦ください」

    男「………」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>313

    ドラコ>>314

    ナーグル>>315

    ニケライト>>316

    ベルグレイン>>317 働かせた場合-20G

    313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:34:52.25 ID:OW5hJRixo
    お仕置きじゃないから大丈夫かと思ったがそんなことはなかったぜ

    314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:35:42.12 ID:Piw0kH9oo
    ミーア魔導

    315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:37:09.68 ID:M28SbkeTo
    裏ニケ情報見るにかなり酷い事されたんだな…(削られるとか)
    安価ドラコなら警備
    ナーグルなら土木

    316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:40:08.62 ID:YEx4M7tPO
    ナーグル 土木
    ニケライト 接客

    317: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 00:40:44.76 ID:MdisYCUMO
    聖職

    319: 2と3を空目しましたorz ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:42:49.57 ID:Dr1Rkx3l0
    ミーア「発明家さんって、おいくつなんですか?」

    発明家「なんや藪から棒に。いくつに見える?」

    ミーア「け、結構若く見えるので」

    発明家「えへへ。せやろ、まぁ美少女っちゅうことやからなぁ」

    発明家「でも年齢は秘密や。秘密は女の特権やからな!}

    ミーア「独り立ちしてここまでするってすごいなぁって、お、思って」

    発明家「褒めて褒めて、もっと褒めてや」

    ―――

    ――



    【大成功】

    ミーア「え、偉い偉い~?」ナデナデ

    発明家「うちかてたまにはこう誰かに褒められんとやっていけないときもあんねん」

    発明家「だって女の子やねんから」

    ミーア「あ、あの」

    発明家「まだまだ」ガシッ

    ミーア「偉い偉い~?」ナデナデ

    発明家「あ~」

    資金156G→176G

    ミーアの心【644/1600】

    321: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:46:07.79 ID:Dr1Rkx3l0
    ドラコ「俺はもっと強くなりてぇのに。こんな仕事じゃ」

    ドラコ「どっか戦う仕事でもありゃいいのになぁ」

    ドラコ「そう考えるとお嬢のところはよかったな」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「こうやってただ刺激が無い日々を送ってるとうろこが剥がれ落ちそうだ」

    ドラコ「爪の手入れもしてねぇしなぁ」

    資金176G→191G

    ドラコの体【724/3600】

    323: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:52:07.85 ID:Dr1Rkx3l0
    ナグ「………」

    カグヤ「もうちょっとポーズをこちらへお願いしますぅ」

    棟梁娘「なにやってるんだい?」

    ナグ「………わからない」

    カグヤ「参考資料が欲しいの~」

    カグヤ「ナーグルちゃんの体すごいねぇ。筋肉いっぱいですよぉ」カキカキ

    棟梁娘「小説家ってのはこういうのなのかね」ボソボソ

    ナグ「………わからない」

    ―――

    ――



    【成功】

    カグヤ「ありがとうねぇ」ペコッ

    カグヤ「これ、リオネシアちゃんのところで使える券だからおいしいもの食べてきてねぇ。棟梁娘ちゃんのぶんもあるわよぉ」

    ナグ「………いくか?」

    棟梁娘「二人で行こうかね。二人で!」

    ナグ「………?」

    【村の収容人数が増えた】

    324: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 00:58:51.26 ID:Dr1Rkx3l0
    ニケ「本日もよろしくお願いします。仕立て屋様」

    仕立て屋「そ、そんなに畏まらないでいいでございますよ?」

    ニケ「いえ、今までのご迷惑を取り戻さなければいけませんから」キリッ

    仕立て屋「そうでございますか? それではよろしくお願いします」ペコッ

    ニケ「お任せください。もう私はミスしませんので」

    ―――

    ――



    【成功】

    ニケ「ありがとうございました」ペコッ

    ニケ「仕立て屋様。こちらが今週の収支合計です。あとは来週の発注なのですが」ペラペラ

    仕立て屋「そんなに力入れてやらなくてもいいのでございますよ?」

    仕立て屋「それより前みたいににっこり元気のほうが」

    ニケ「! い、今の私は失敗、でしょうか」

    仕立て屋「すっごい頑張っててすっごい助かったでございますよ」

    仕立て屋「お疲れ様でございます。ニケライト様。大変助かりましたでございます」ペコッ

    ニケ「………来週もよろしくお願いします。仕立て屋様」ペコッ

    資金191G→202G

    ニケライト(裏)の技【22/800】

    325: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:10:20.95 ID:Dr1Rkx3l0
    資金202G→182G

    ベル「ふぅ、やぁっと綺麗になったよぉ」

    シスター「お疲れ様、です」

    ベル「どうしたのシスターさん。疲れてるみたいだけど」

    シスター「えぇ、ちょっと疲れがたまっていまして」

    ベル「先週のシスターさんはいつもみたいに元気だったのに。大丈夫?」

    シスター「大丈夫ですよ」

    ベル「僕を閉じ込めてさぁ」

    シスター「? え、あぁ、はい、すいませんでした」

    ベル「………あ、そういえば聞きたいことがあったんだ」

    シスター「なにか」

    ベル「この絵の人誰? シスターさんの隣の」

    シスター「………それを、どこで?」

    ベル「倉庫の中にあったよ?」

    シスター「そうですかありがとうございます。探していたんですよ」ニッコリ

    ―――

    ――



    【失敗】

    ベル「探し物が見つかってよかったね」

    シスター「えぇ、本当に」

    ベル「で、それだれなの?」

    シスター「………先代のシスターですよ?」

    ベル「へぇ、これが前のシスターさんなんだね。でもシスターさんの恰好してないね」

    シスター「その日は休日だったので」

    ベル「でもシスターさんはいつもの服だね」

    シスター「………何が目的ですか?」

    ベル「目的って、なんのことかなぁ。僕はただ誰か知りたかっただけだよぉ?」ニコッ

    シスター「………っ」ギリッ

    シスター「それが、仕事になにか関係がありますか?」

    ベル「ただの興味だから」

    シスター「興味ですか………でしたら」

    シスター「仕事に、手を抜いてはいけませんよ?」ニゴッ

    ベル「っ! そ、そうだね。ごめんねシスターさん」

    シスター「いえいえ。反省することが大事なことですからね」ニコッ

    資金182G→187G

    326: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:12:01.42 ID:Dr1Rkx3l0
    ニケ「はい、私をおよびになったとメイド様からうかがったのですが」

    男「着替えろ。出かけルぞ」

    ニケ「分かりました。しかしメイド服ではいけないのでしょうか」

    男「駄目ダ」

    ニケ「承知致しました」ペコッ

    327: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:14:00.74 ID:Dr1Rkx3l0
    ガラガラガラ

    ニケ「ご主人様、街からかなり離れておりますが一体どこへ」

    男「くれバわかる」

    ニケ「………承知いたしました」

    ガタンッ

    男「ついたよウだ」

    ニケ「ご主人様、私が先におりますのでどうぞ手を」

    男「たすカる」

    328: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:21:39.06 ID:Dr1Rkx3l0
    ニケ「山奥ですね」

    男「あぁ、良い空気ダろ」

    ニケ「ここで、何ヲ」

    男「ここから少し歩クぞ」

    ニケ「…承知いたしました」

    ―――

    ――



    ニケ「! ここは」

    男「妖精がいるホドの濃い魔力の泉だ。昔よくナージャと来てイた。傷を癒しにな」

    男「ニケライト。今週の働きはとても素晴らしいモノだった」

    男「しかしモットゆっくりしてくれテいい。倒れられると困ル」

    ニケ「迷惑はかけないようにしますので」

    男「違う、大切だかラだ。貴様ホドの人材、そうはいナイ」

    ニケ「私が、大切、ですか?」

    男「あァ」

    ニケ「大切にしてくれるのですか?」

    男「もちろんダ」

    ニケ「ですが、今まであんなに失敗を繰り返して」

    男「それガどうかしたか。あれは些細なことダ」

    ニケ「些細………」

    男「今日はここでゆっくり休メ。そのために来た」

    ニケ「御主人様………………」











    ニケ「こんな素敵な場所っ! 連れてきてありがとうご主人くん!!」

    330: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:25:25.48 ID:Dr1Rkx3l0
    ニケ「あー空気がとってもおいしいよっ☆」スゥッ

    男「魔力を食べていルのか」

    ニケ「こんなに濃いの久しぶりだよっ!」

    ニケ「やっぱり濃いほうがいいねっ♪」

    男「本当、すまなカッタ」

    ニケ「ううん、いいんだよっ! こんな場所に連れてきてもらえたんだからねっ」

    ニケ「でも、大切にしてくれないと………」

    ニケ「また、私はこうなってしまいますので………」

    ニケ「できればこっちのニケライトでいたいからっ! よろしくねっ!!」

    ニケ「ずっと大切にしてほしいなっ!」ペカー

    ニケライトの好感度【20/100】

    ニケライトの忠誠心【40/100】

    334: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/16(木) 01:31:52.26 ID:Dr1Rkx3l0
    ~3年目 第3週 休日~

    ニケ「ご主人くんご主人くんっ!」

    男「どうシた」

    ニケ「昨日あんなに食べたから太ってないかな!?」

    男「………太るノか?」

    ニケ「魔力を取りすぎると太っちゃうよ~!!」

    男「そうか…それは不思議ダな」

    ニケ「胸だけ大きくならないかな!?」

    男「成長する過程ガわからなさすギル」

    ニケ「成長するよ~! 女の子だからねっ☆」

    男「とりあえず太ったヨウには見えないガ」

    ニケ「そう!? よかった~♪」

    ニケ「でもご主人くんも運動はしたほうがいいと思うよ~ 病気は怖いんだからねっ」

    男「それもソウだな」

    男「じゃあ今日ハ」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>337

    337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 01:33:41.75 ID:3r41x2ah0
    9
    ベルにシスターに何か変わった事が無かったか聞く

    356: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/18(土) 09:11:23.97 ID:kFMIxwvG0
    メイド「皆様おはようございます。コケティッシュなメイド長のメイドでございます」

    メイド「それでは皆様の質問に答えさせていただきますわ」

    メイド「後輩と一緒に事件を追うときは9に後輩と行動をすると書いていただければできますが」

    メイド「………あまり、おすすめはしないかと。戦闘の必要性があるとき以外は」

    メイド「亜人と人間の間の子供が産めるかどうかですが」

    メイド「一番最初の亜人はもともとにんげ………おっと」

    メイド「なんでもありませんわ。そして職業訓練ですが可能ですわ。ただお金が大量に必要であるということをお忘れなく」

    メイド「闘技場ですが、勝利をすればお金が手に入りますわ。戦闘好きな亜人のフラストレーション発散させるのにも効果的かと」

    メイド「火傷の後遺症ですが戦闘能力に補正はかかりません。ですが不審者になったことは間違いありませんね」

    メイド「私ルートですか」

    メイド「安価と人生は自由でなにがあるかわかりませんよ」

    メイド「以上、僭越ながらわたくしが回答させていただきました」

    メイド「なお、おそらく火曜日まで安定した更新ができないと思います」

    メイド「質問に対する回答ならできますのでよろしくお願いします」

    359: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/22(水) 23:42:31.18 ID:yzItEsgn0
    ベル「僕を呼び出してどうしたんだい? 何か用事があるならそっちが来るのが道理ってものじゃないかな」

    男「それはすまナかった。聞きたいことガある」

    ベル「聞きたいこと? まぁいいけどさ。なにがききたいの?」

    男「シスター………彼女に何か変わったことはなかっタか」

    ベル「シスターさん? 彼女は変わった人だけど」

    男「そういう事デはない。不審なところはナかったか」

    ベル「あったよ」

    男「それはドういうところが変だったンだ?」

    ベル「シスターさんの先代の人がなんだか変だったんだ」

    男「先代?」

    ベル「先代だってシスターさんは言ってたよ。シスターさんよりは背が低かったかな。それでねシスターさんがその人の頭を撫でてたんだ」

    男「先代のシスターの頭を撫でテた?」

    ベル「あとなんだろう、その先代のシスターさんに違和感を感じたんだよね」

    男「違和感とイうと」

    ベル「なんだろうね。人間らしくないというかなんというか。表情とかは人間らしいんだよ? でも全体の雰囲気としてなにかずれてるんだ」

    男「そうカ。タすかった。それで他ニは?」

    ベル「これぐらいかなぁ。あ、もう一つだけあったよ」

    ベル「シスターさんが僕に謝った」

    男「謝ったことガ怪シい?」

    ベル「先週シスターさんに怒られて閉じ込められたんだけど、今週シスターさんにそのことについて文句言ったら一瞬え?って顔してそのあと謝ったんだ」

    ベル「シスターさんが疲れてただけってことかもしれないけどなんか変だよね」

    男「そうカたすカった」

    ベル「あ、待って」

    男「まだあルのか?」

    ベル「教えてあげたんだから、夕ご飯のあとデザート食べたいな?」

    男「………わかっタ」


    360: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/22(水) 23:50:54.24 ID:yzItEsgn0
    男(シスターの様子が変ってことはわかった)

    男(まず先代のシスター)

    男(ベルグレインの言葉を信じればどこか変だった。どこかということは目に見えては変ではないのだろう。ということは亜人ではない?)

    男(それはまだ判断できることではない)

    男(ただ引っかかるのが今のシスターが先代のシスターの頭を撫でている、ということだ)

    男(先代のシスターというからには今のシスターよりは偉いはずだが………)

    男(最後にベルグレインが言っていたシスターの様子………)

    男(わからないな)

    男(シスターが本当に事件に関係あるのだろうか。あるとしてなぜ人間が亜人の味方を?)

    男(まだ情報がたりないな)

    361: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 00:01:41.14 ID:s9bGPcwy0
    ~3年目 第4週~

    男「おキろ」

    メイド「!?」ガバッ

    男「寝覚めが良いヨうだな」

    メイド「なぜ、私の部屋へ?」

    男「今日は早く目が覚メたかラな」

    メイド「………女性の寝室へ入るのは大変失礼なことですわよ」

    男「そうナなのか。それはスまなかった」

    メイド「入っていいのは自分の妻の寝室だけです。肝に銘じておいてください」

    男「次からハ気を付ける」

    メイド「あと、私も年頃の娘ですから気を付けてください」

    男「あァ」

    男「ところデ、今週きてタ依頼だが」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>363

    ドラコ>>364

    ナーグル>>365

    ニケライト>>366

    ベルグレイン>>367 働かせた場合-20G

    363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 00:15:13.36 ID:ZrTXS0Cjo
    ミーア魔導家

    364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 00:18:09.39 ID:lx8YowRHo
    警備

    365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 00:20:44.11 ID:U4OxJtBTo
    建築

    366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 00:25:14.97 ID:9D76Pbm7O
    仕立て屋

    367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 00:34:20.44 ID:iwx1fHlSo
    聖職

    370: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 00:45:27.42 ID:s9bGPcwy0
    ミーア「は、発明家さん。どうしたんですか?」

    発明家「あー、きてたんかい、みーやん」

    ミーア「ぐったりしてますけど、びょ、病気ですか?」

    発明家「なぁみーやん」

    ミーア「な、なんですか?」

    発明家「おっぱい揉ませて」

    ミーア「はい!?」

    ―――

    ――



    【成功】

    ミーア「それで、いったいどうしたんですか?」

    発明家「魔術師のボケ老人どもがさっきここにきてさんざんいやがらせしてったねん」

    発明家「うちの発明がどうのこうのとか」

    発明家「魔導がこの街の治安を悪くするやら」

    発明家「挙句の果てにうちが放火犯やないかとか言ってくるんやで!?」

    発明家「もうやってられへんわぁ!!」

    ミーア「は、発明家さん、辞めてしまうんですか?」

    発明家「やめへんやめへん。ただ今はやる気おきんだけやねん」

    発明家「だからみーやん、おっぱい揉ませて」

    ミーア「な、なんでそうなるんですか? それに発明家さん女性じゃないですか」

    発明家「低反発ぅ………」ムギュッ

    ミーア「ひゃぁ!?」ガリッ

    発明家「ぎゃあ!」

    187G→197G

    ミーアの心【688/1600】

    371: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 00:50:57.49 ID:s9bGPcwy0
    ドラコ「今日の仕事場は街の見回りねぇ」

    ドラコ「んなの人間の仕事じゃねぇのか?」

    ドラコ「放火が多いからしかたないのかね」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「俺がまわってたところは燃えなかったらしいけど、他のところが燃えたらしいな」

    ドラコ「ま、俺に関係はねぇか」

    資金197G→212G

    ドラコの体【785/3600】

    372: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:02:10.45 ID:s9bGPcwy0
    棟梁娘「おいっすー」

    ナグ「………おはよう」

    棟梁娘「まともに返されるとはずかしいな」

    ナグ「………?」

    道具娘「あ、棟梁娘ちゃーん」

    棟梁娘「道具娘、どうしたんだい?」

    道具娘「この大八が壊れちゃって、仕入れができないよぉ」

    棟梁娘「これは、あちゃー、軸がぽっきりいってるね」

    道具娘「直せないかなぁ」

    棟梁娘「ちょっと時間かかるね。少なくとも今日中は無理だよ」

    道具娘「えぇ!?」

    棟梁娘「仕入れねぇ。そんなに多いのかい?」

    道具娘「多くはないけど、酒樽だから重いんだよぉ」

    棟梁娘「酒樽なら。ナーグル!」

    ナー「……なんだ」

    棟梁娘「道具娘の仕入れ手伝ってあげてやりなよ」

    ナー「…了解した」

    道具娘「ありがとぉー」

    ―――

    ――



    【大成功】

    道具娘「やっぱりナーグルちゃんは力もちだねぇ」

    ナー「………戦士だから」

    道具娘「今日は助かったよぉ。はいこれお礼だよぉ」

    ナー「?」

    道具娘「チョコレート。甘くておいしいんだよぉ」

    ナー「……感謝する」

    【村の許容人数が大きく増えた】

    373: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:14:31.78 ID:s9bGPcwy0
    ニケ「おっはよぉー!」

    仕立て屋「おはようございます。ニケライト様」

    ニケ「今週の私は元気なんだよぉ!!」

    仕立て屋「それはよろしいことでございますね」

    ニケ「今日も元気だけは人一倍! ニケライト、がんばります!」

    ―――

    ――



    【大失敗】

    仕立て屋「ニケライト様?」ニッコニッコ

    ニケ「ごめんなさいっ!」ペコッペコッ

    仕立て屋「紳士に女性ものの下着、淑女に男性用下着」

    仕立て屋「間違えてはならない間違えでございますよ?」

    ニケ「ごめんなさいぃっ!」

    375: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:24:46.45 ID:s9bGPcwy0
    資金212G→192G

    シスター「おはようございます。ベルグレイン」

    ベル「おはよう、シスターさん」

    シスター「今日は私は懺悔室にいるので、あとの雑用、宜しくお願いしますね」

    ベル「うん。任せて」

    シスター「それでは」

    ―――

    ――



    【成功】

    ベル「シスターさんの服の乾いたみたいだね。しまわなくていいって言ってたけどついでだし」

    ベル「あれ、シスターさんこんな可愛い寝巻着るんだ」パサッ

    ベル「? 小さくないかなこれ」

    資金192G→200G

    ベルグレインの心【210/800】

    376: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:30:00.63 ID:s9bGPcwy0
    ~3年目 第4週 休日~

    発明家「おうおう、取り立てに来たで~」

    男「待っテいた」

    発明家「調子はどないや?」

    男「悪クない」

    発明家「金もらう前にちょちょいと調整するから首の後ろこっち向けえや」

    男「うム」

    発明家「思いのほか消耗激しいなぁ。魔翌力に優れたのがいればええんやけど」

    発明家「できたで、これからも定期的にうちのとこでメンテうけや。費用は安くするさかい」

    発明家「ほな、今後ともよろしゅう」

    資金200G→50G

    377: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:33:12.38 ID:s9bGPcwy0
    ベル「ん、どこか行くのかい?」

    ベル「まぁ。僕に関係なんだけどさ。ふわぁ」

    ベル「で、どこいくの? お土産欲しいんだけどさぁ」

    男「今日は」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>380

    380: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 01:39:36.71 ID:Oam+y+hLo
    9

    381: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 01:42:55.49 ID:s9bGPcwy0
    男(事件の調査)

    男(今のところ気になるのはシスターのことだ)

    男(ただ本当にシスターが事件にかかわっているのか。古書娘はシスターから火薬を手に入れたといっていたが)

    男(さてどうするか)

    男(見回りや聞き込みをするか。それとも………)

    >>382

    382: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 01:47:48.07 ID:lx8YowRHo
    二人いるか中身だけ別者がいるか
    安価下

    383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 01:57:48.63 ID:aacBepdL0
    懺悔しにいく
    以前の会話を出してどの辺りから今のシスターが覚えてないか確かめる

    384: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 02:07:47.70 ID:s9bGPcwy0
    男「亜人を、傷つけた」

    男「罪もない亜人を」

    男「守るト誓った亜人を」

    シスター「それが、あなたの懺悔ですか」

    男「あぁ」

    シスター「………また懺悔をしにきたのですね」

    男「気持ちガはれなくて。努力はしてイる。だがそれが進んでいるのか、実るのカ、そこが心配でたまらない」

    シスター「あなたは正しくなろうとしている人です」

    シスター「私は誰しも正しくあろうとする人の味方です。手伝う事はできませんがあなたの気持ちを聞くことはできます」

    シスター「辛さや悲しみは再現なく溜まっていくものであり、定期的に吐き出さなければなりません」

    シスター「吐き出してください、時間はありますから」

    385: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 02:11:46.46 ID:s9bGPcwy0
    男(シスターの様子に不審なところはなかった)

    男(収穫はなかったが………)

    男(前の時シスターではない誰かがいたことは確認済み)

    男(………忍び込むか?)

    >>386

    386: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 02:20:42.81 ID:YqBev2R70
    忍び込む

    387: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 02:34:15.45 ID:s9bGPcwy0
    シスター「………ふぅ」

    男(シスターが自分の部屋に入っていった)

    男(あの部屋は前シスターではない誰かがいた部屋だ)

    男(とりあえず聞き耳をたててみるか)

    「………ぷはっ」

    「本当疲れるわね。この仕事」

    「今日は組織の仕事がないから楽だけど」

    男(すごい簡単に情報をもらしてくれたな)

    男(だがシスターの声じゃない。誰だこいつは)

    男(踏み込むか?)

    >>388


    388: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 02:42:57.69 ID:ljS7AokUO
    もう少し様子を見る

    389: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 02:50:16.78 ID:s9bGPcwy0
    「最近わたしの給料少なくてやってられないわよ。わたしだって欲しいものとかいろいろあるのに」

    「あんなに大げさに動いて、ばれたらどうするのよ。終わりよ終わり」

    「………寝よ」

    「あ、その前にお風呂に」

    男(もう無理か)ササッ

    ガチャッ

    「ふわぁ」

    男(………誰だあれ)

    390: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/02/23(木) 02:53:12.12 ID:s9bGPcwy0
    ~3年目 第5週~

    メイド「………私のお給料は出せなさそうですね」

    男「本当にすマない」

    メイド「いいですよ。仕方ありませんよ。私のことは優先度低いですからね」ツーン

    男「来月、来月こソは」

    メイド「………仕方ありませんね」ハァ

    男「それデ、今週の仕事は」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>392

    ドラコ>>393

    ナーグル>>394

    ニケライト>>395

    ベルグレイン>>396 働かせた場合-20G

    392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 03:01:15.24 ID:NA61WE1f0
    メイドと奴隷、亜人が好きなオレトク

    393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 04:23:20.61 ID:GPzTaEygO
    ミーアなら聖職
    ミーアなら何か手がかりを掴んでくれそう

    394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 07:07:39.39 ID:lx8YowRHo
    おつ
    ドラコなら警備

    395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 07:34:33.55 ID:djh3WTZyo
    ナーグル土木

    396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/23(木) 07:38:17.67 ID:2lMgJW36O
    休みで

    400: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 21:18:13.03 ID:wIOVQ5zP0
    シスター「おや、今日はあなたなのですね」

    ミーア「あ、は、はい。よろしくお願いします」ペコッ

    シスター「えぇ、迷える子羊から金を巻き上げるために」

    ミーア「あ、あはは…」

    シスター「冗談ですよ?どうしました?」

    ミーア「い、いえ」

    ミーア(ご主人様から探ってこいと言われましたが私には荷が重いです!)

    ―――

    ――



    【成功】

    シスター「なにを、してるのですか?」

    ミーア「にゃあ゛っ!?」

    シスター「あぁ、お洗濯を」

    シスター「ですがこっちですよ」

    ミーア「ははは、ひゃいっ」

    シスター「可愛い子ですね」

    ミーア「あ、ありがとうございます?」


    401: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 21:21:38.74 ID:wIOVQ5zP0
    資金50G→59G

    ミーアの心【727/1600】

    403: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 21:29:42.35 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「ふわぁ………」

    ドラコ「俺、まじめだよな」

    ドラコ「なんでこんな丸くなっちまったんだか」

    ドラコ「………これでいいのか?」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「前の俺ならこんな………」

    ドラコ「なんでこんな馴染んじまったんだ?」

    ドラコの体【846/3600】

    資金59G→74G

    404: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 21:45:22.44 ID:wIOVQ5zP0
    ナグ「………これは?」

    棟梁娘「髪留め。あと櫛」

    ナグ「…なぜ?」

    棟梁娘「髪もうちょっと手入れしなよ。あたいが言えることでもないけどさ」

    道具娘「私チョイスです!」

    道具娘「髪のお手入れは任せてください。リオちゃんのをいつもやってますから」

    ナグ「……いい。戦いに御洒落はいらない」

    棟梁娘「どこに戦いがあるっていうんだい?」

    ナグ「………いま、ここに」

    棟梁娘「?」

    ―――

    ――



    【成功】

    道具娘「受け取ってくれなかったねぇ」

    棟梁娘「今ここが戦場? わかんないね」

    白鞘「かかかっ。人間にはわかるまいよ」

    道具娘「白鞘ちゃん? どういうこと?」

    白鞘「わかるまいよ。負けたものの中に続く戦は」

    棟梁娘「………」

    【村の収容人数が増えた】

    405: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 21:53:17.22 ID:wIOVQ5zP0
    ニケ「ベルさん!」

    ベル「げっ、ニケライト…」

    ニケ「? どうしたの?」ズイッ

    ベル「近いよ君。僕になにか用かい? 用がなければ消えてほしいんだけど」

    ニケ「用はあります!」

    ベル「じゃあ手短にお願いするよ」

    ニケ「一緒に遊ぼうよ!」

    ベル「お断る」

    ニケ「やだ!!」

    ベル「僕に決定権はないのかい?」

    ニケ「だってベルさんと仲良くなりたいしっ!」

    ベル「わかった、仲良くなりたいのならテンションを僕に合わせてくれ」

    ニケ「そんなっ。死んじゃうよ?」

    ベル「僕としてはそれで構わないんだけど。はぁ…」

    ベル「わかった。これ以上うるさくなる前に出かけようか。どこ行くんだい? 僕は静かなところがいいな。人気がない」

    ニケ「静かなところ? わかった! いいところがあるんだ!!」

    ベル「やれやれ」


    406: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 22:00:27.23 ID:wIOVQ5zP0
    ~3年目 第5週 休日~

    男「さテ、今日は」

    ベル「や、やぁ」

    男「なんだカ、疲れてるナ」

    ベル「いくら静かだとしても野宿はいやだよ」

    男「なにヲしてたんだ」

    ベル「僕、もう寝るから」

    男「そうカ」

    ベル「やっぱ僕、あの子は苦手だよ」ヨロヨロボドッ

    男「さて、私ハ」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>409

    407: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 22:01:43.01 ID:M79WKJMXo
    4
    ドラコを闘技場に出して発散させちゃる

    409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 22:06:43.46 ID:3qUFQgI10
    >>407

    410: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 22:10:39.18 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「あ? 闘技場?」

    男「あぁ、駄目カ?」

    ドラコ「いいぜ、久々に暴れたかったんだ」

    ドラコ「俺が買ったらステーキな」

    男「いいダろう」

    411: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 22:19:57.27 ID:wIOVQ5zP0
    受付「はい闘技場へようこそ! 出場の方はこちらへ!!」

    男「初めテなんだが」

    受付「はい、それではご説明いたしますね」

    受付「闘技場に参加する場合は初級、中級、上級の中からお選びください」

    受付「優勝すると階級に応じた賞金が授与されます」

    受付「それではどの階級に参加されますか?」

    男「>>414

    414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 22:35:06.72 ID:PNha4wuuo
    中級

    415: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 22:46:39.91 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「初級!? 俺をなめすぎだろ!? 上級だって余裕だぜ?」

    男「段階をあげテいく」

    ドラコ「ま、ステーキがあるならいいか」

    受付嬢「ドラコ、ドラコ様ー。出番ですのでこちらへどうぞー」

    ドラコ「うっす」

    ―――

    ――



    実況「それでは本日のカードはこちら!! ドラコと村人Aェ!!」

    村人A「この試合で勝ったらあの子に告白するんだ!!」

    ドラコ(見た目は普通。筋力は………2ってとこか? まるで祭のイベントだな)

    ドラコ「準備運動にもなんねぇが。本気は出させてもらうぜ」

    【自動成功】

    ドラコ「はっ! こんなもんか人間!!」

    受付「瞬殺!! 開始の鐘と同時にケェイ! オォーッ!!」

    ドラコ「かかってこいよ人間ども!! ヒャァッハーッ!!」

    資金74G→94G

    416: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 22:55:40.04 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「やっぱ戦うのが性に合ってんな。俺」

    男「やはり好キか」

    ドラコ「姉貴は戦争に行った。その時俺はまだ子供だった」

    ドラコ「戦うのが俺たちだ。なのに俺はまだ戦場になんか行ってない」

    ドラコ「なぁくれよ。俺に戦いを」

    ドラコ「姉貴見たいに俺を死なせてくれ」

    ドラコ「一人前の戦士ならなきゃいけないんだ俺は。あいつのために」

    男「ドラコ」

    ドラコ「なんだ」

    男「今は、ステーキを食べてオけ」

    ドラコ「………」グゥ

    男「あト、お前は死ぬな。あいつのために」

    男「ナージャのためにモ」

    ドラコの忠誠心【80/100】

    417: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 23:01:31.21 ID:wIOVQ5zP0
    ~3年目 第6週~

    メイド「ご主人様」

    男「なんダ」

    メイド「大事件です」

    男「大事件、とは」

    メイド「下へどうぞ」

    男「なんダいったい」

    418: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 23:12:07.22 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「こいつ、諦めねぇなぁ」

    ミーア「は、離さないでくださいよ、それ!」

    ドラコ「ミーア。お前が持ってるの殺虫剤」

    「モガー モガーッ」ジタバタ

    男「なんダ、これハ」

    メイド「暗殺者、かと」

    男「暗殺者?」

    ベル「さっき僕が見つけたんだ。泥棒かと思ってメイドさんに伝えて」

    メイド「捕まえました」

    ニケ「僕も!」ペカー

    男「暗殺者。いったいだレが」

    ベル「なんで僕を見るんだい。そりゃあ僕が一番可能性高いけど」

    ナグ「……本人に聞けば、いいのでは」

    メイド「そうですね」シュルッ

    暗殺者「地獄に落ちろ、亜人の敵!!」

    メイド「正解ですわ」

    ベル「僕じゃないから」

    419: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 23:22:01.71 ID:wIOVQ5zP0
    男「さて、どうシたらいいのカ」

    暗殺者「お前たちは騙されているんだ!! そいつは極悪人だ!!」

    ドラコ「知ってる」

    ナグ「……」コクッ

    ベル「僕もそう思うけど僕じゃない」

    ニケ「良い人だよ!?」

    ミーア「はいそうです!」

    男「お前ラ………」

    男「さて、どう、するカ」

    暗殺者「私は! 私はなにも話さないぞ!」

    メイド「例の拷問室に閉じ込めておけばいいのでは?」コソッ

    男「そうダな」

    メイド「それでは」ズルズル

    暗殺者「なにをする気だ! はなさ(ゴンッ)痛いっ!」

    ニケ「メイドさん力持ちだね!!」

    男「やれやれ」

    420: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 23:32:11.91 ID:wIOVQ5zP0
    ドラコ「ずいぶん落ち着いてるなお前」

    男「あぁ、想定はしていタ」

    ドラコ「で、お前は亜人の味方なのか、それともあいつの言う通り極悪人の敵なのか?」

    男「私ハ、ナージャとトーラの味方ダ」

    ドラコ「じゃあ俺の味方ってことか」

    男「そうダな」

    ドラコ「じゃあいい。で、今週の仕事決めておいた方がいいだろ。はい、取ってきてやったぞ」

    男「助かる。そうだな」

    【魔導家の仕事】10G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 11G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>421

    ドラコ>>422

    ナーグル>>423

    ニケライト>>424

    ベルグレイン>>425 働かせた場合-20G

    421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 23:32:40.13 ID:c1CT8tWvo
    ミーア魔導家

    422: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 23:41:56.37 ID:M79WKJMXo
    ドラコ警備

    423: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 23:48:25.88 ID:1QATm8G3o
    土木

    424: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 23:55:46.29 ID:IKdXAMlpO
    接客

    425: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/02(木) 23:56:11.29 ID:PNha4wuuo
    聖職

    426: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/02(木) 23:58:04.13 ID:wIOVQ5zP0
    発明家「おおきにー」

    ミーア「ありがとうございましたー」

    発明家「これで今日は飯食えるで」

    ミーア「そ、そんなにお金に困ってるんですか?」

    発明家「家賃人件費その他もろもろ、かかるねん」

    ミーア「どうすればお客さん増えるんでしょう」

    発明家「魔導の軍事利用が一番売れるんやろうけどなぁ。んなことしたらじじいがお冠やで」

    ミーア「魔導の軍事利用?」

    発明家「ほな説明しよか」

    ―――

    ――



    【大成功】

    発明家「これ見てみ」

    ミーア「な、なんですか、これ」

    発明家「銃把、弾倉、銃身。組み立てるだけで銃になんねんなこれ」

    発明家「弾倉に魔力入っててな、引き金引くと魔力放出されんねん」

    発明家「組み立て簡単で魔力なくても撃てる。銃把の引き金の上に真四角の弾倉はめる部分あるやろ。それで弾倉にも銃身をはめる部分あんねん」

    発明家「かちゃかちゃーっと、出来上がり。弾倉1個で20発は撃てるで。ほら見てみ」ホイッ

    ミーア「思ったより軽、わっ」パァンッ

    発明家「あぶなっ!!」

    発明家「ま、こんなもんや。ま、こんなんあってもしゃあないからあげるわそれ。んで宣伝しといてや」

    ミーア「い、いいんですか?」

    発明家「ええてええて。みーやんが魔導に興味を持ってくれるだけで十分や」

    資金94G→114G

    ミーアの心【801/1600】

    【魔導拳銃を手に入れた】

    427: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 00:05:27.18 ID:UQhvES1U0
    ドラコ「ふわぁ。手伝いなんてするもんじゃねぇな。眠ぃ」

    ドラコ「にしてもあれなんだ? 亜人の暗殺者なんて」

    ドラコ「あとどこに連れてった………あぁ、あそこか」ゾクッ

    ドラコ「思い出したくねぇな」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「ま、俺はあいつが味方ならいいか」

    ドラコ「あとはあいつが俺に戦場をくれりゃ完璧」

    資金114G→129G

    ドラコの体【909/3600】

    428: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 00:25:17.00 ID:UQhvES1U0
    白鞘「人間どもから食べ物や酒を奪ってきたのじゃ」

    白鞘「亜人の奴隷も連れてきたぞい」

    お嬢「では家を割り当てますが最近予想以上に奴隷が多いですわね」

    白鞘「戦争はないはずじゃぞ?」

    ナグ「……裏の奴隷狩り?」

    白鞘「はっ、奴隷狩りに裏も表もあるもんか」

    お嬢「一応騎士団以外には認められていませんが。騎士団も厳格の規則に基づいて奴隷を捕まえますし」

    白鞘「厳格な規則は亜人の声を聞いたのかの?」

    お嬢「わたくしに喧嘩腰で話されましても仕方ないことですわよ?」

    棟梁娘「あー、あたいは家を案内してくるよ」

    お嬢「この調子で増えると土地が全然足りませんわね」

    お嬢「せめて人間なみの領土があれば………!」

    ―――

    ――



    【失敗】

    白鞘「どうしたかの?」

    お嬢「いえ、なんでもありませんわ」

    白鞘「心当たり、あるみたいじゃの」

    お嬢「なんでもありませんわ!」

    お嬢「皆さんがわたくしの責任に巻き込まれる必要はありませんの!!」

    429: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 00:39:44.65 ID:UQhvES1U0
    ニケ「おはよう仕立て屋さん!」

    仕立て屋「ニケライト様。ご機嫌がよろしいようでございますね」

    ニケ「うん! いつも元気だよ!」

    仕立て屋「今日はニケライト様の服も喜んでいるようでございます」

    ニケ「あはっ」

    仕立て屋「それでは今日も一日頑張っていきましょう」

    ニケ「うんっ!」

    ―――

    ――



    【大成功】

    仕立て屋「ですから、お客様にはこちらの服のほうが」

    客「なに、この店は客を選ぶというの?」

    仕立て屋「そういうわけでは」

    客「私はこの色が」

    ニケ「こっちの色がいいと思うよ!!」

    客「なに、この石」

    ニケ「だってこっちの色太って見えるからねっ!! こっちの色のほうがすらっとしてていいと思うよっ!!」

    客「あ、あらそう?」

    ニケ「うんっ!!」ペカーッ

    客「じゃあこっちを」

    ニケ「お買い上げありがとうございましたー!」ペカーッ

    仕立て屋「あのニケライト様」

    ニケ「なに?」

    仕立て屋「ありがとうございます」ペコッ

    ニケ「わわっ。そんなことないよっ」

    資金129G→151G

    ニケライトの技【31/400】

    430: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 00:54:51.56 ID:UQhvES1U0
    資金151G→131G

    ベル「シスターさん?」

    ベル「あれ、シスターさんがいない」

    ベル「部屋かな」ガチャッ

    「すやぁ、すやぁ」

    ベル「? 誰、これ」

    ベル「とりあえず起こすか」ペチンッ

    「ふぎゃぁっ」

    「あ、あなた誰よ!」

    ベル「君こそ誰さ」

    ―――

    ――



    【大成功】

    ベル「で、君はシスターさんの娘?」

    娘?「えぇ、そうよ」

    ベル「シスターさんって独身じゃなかったかな」

    娘?「孤児だもの」

    ベル「なるほど。それで、シスターさんはどこ?」

    娘?「し、シスターさん? おかしいわねぇ、朝どこかいったのかしら?」

    ベル「じゃあ帰ってくるまで待ってるよ」

    娘?「! その必要はないわよ。帰ってきたら伝えに行くからベルグレイン」

    ベル「それは助かるよ。できれば休みたいけど」

    娘?「えぇ、そうするわ!」

    ベル「あ、そうそう」

    娘?「何かしら?」

    ベル「いや、なんでもない」

    ベル「それじゃ」

    ベル(先代シスターさん)

    資金131G→149G

    ベルグレインの心【241/800】

    431: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 01:01:26.09 ID:UQhvES1U0
    ~3年目 第6週 休日~

    男「なニカ情報はわかったか」

    メイド「特に何もはきませんわ」

    メイド「三食ちゃんと食べますが」

    男「やってルノか」

    メイド「やめましょうか?」

    男「いヤ、いい」

    メイド「私としてはできればご主人様に尋問してほしいですが」

    男「私ハ」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    10.暗殺者に尋問を行う

    >>433

    432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 01:05:33.80 ID:lO5zkcypo
    10

    433: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 01:25:35.54 ID:+ZhY0XT4o

    434: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 01:50:44.87 ID:UQhvES1U0
    暗殺者「ここから私をだせ!!」

    男「少し、太ったカ?」

    暗殺者「はっ、そんなこと言われても女としての自尊心はとっくに捨てた!!」

    男「調子はよさソうだな」

    暗殺者「おいしい料理を食べさせて懐柔しようという魂胆ならきかないぞ」

    男「では料理はいらラナいようだな」

    暗殺者「くっ。極悪人めっ」

    男「懐柔をするつもりはなイが、容赦もしない」

    男「何者だ」

    暗殺者「極悪人の人間を殺す者だ」

    男「なぜ私が極悪人だと?」

    暗殺者「亜人の敵だからだ。亜人をものにしてこき使い自分の野望のために利用する男」

    暗殺者「殺すべし!!」

    男「誰にそソのかされたんだ?」

    暗殺者「言うものか!!」

    男(ふむ、飴か、鞭か)

    >>435

    435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 02:05:18.32 ID:lO5zkcypo
    まずは飴

    436: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 02:24:25.31 ID:UQhvES1U0
    男「ではまずは私ガそういう存在でナいと証明しよう」

    男「まずはお近づきニ」

    男「メイド特製のパンケーキだ」

    暗殺者「なんだこれは! 薄いパンケーキを幾層に重ねて間に別々の味付けをしているではないか!」

    男「ここの亜人が良く食べていル」

    男「これで信じてもらエるか?」

    暗殺者「餌付けしようとしても私は懐柔されない」モグモグモグ

    男「………気に入ってくれてなによりだ」

    暗殺者「私は何も言うつもりはない」ギリッ

    男「口の端にジャムがついている」

    暗殺者「………くっ」

    暗殺者「一つだけ言っておく」

    暗殺者「闇を照らそうとすればそれを拒むものは必ず現れる」

    暗殺者「人間が全てを侵すことはできないとしれ」

    男「それデ十分だ」

    暗殺者「これ以上話すつもりはない。私は私の誇りがある。そっちがその気ならば私はこの命を絶つ覚悟と覚えておけ」

    男「囚われ者が脅すカ」

    暗殺者「誇り高きライカンスロープの牙は自らを食らうさ」

    男「じゃああとでメイドに削らせよう」

    暗殺者「………くっ」

    437: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/03(金) 02:32:16.93 ID:UQhvES1U0
    ~3年目 第7週~

    男「調子はドうだ」

    メイド「絶好調ですわよ?」

    男「暗殺者のダ」

    メイド「運動させたほうがいいかもしれませんわね」

    男「ペット気分か」

    メイド「私、猫飼ってみたかったのです」

    男「ずいぶん大きナ猫だな」

    メイド「今度服買ってきます」

    男「それで、今週の依頼は?」

    メイド「こちらに」

    【魔導家の仕事】8G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 12G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>439

    ドラコ>>440

    ナーグル>>441

    ニケライト>>442

    ベルグレイン>>443 働かせた場合-20G

    439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 02:39:25.91 ID:/aGNkvAt0
    ミーア魔導

    440: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 03:01:39.23 ID:j1YOqShtO
    警備

    441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 06:26:30.18 ID:3Ja8zMLM0
    ナーグルなら土木

    暗殺者=シスターではないのか?
    情報足らないなぁ…いっそ古書娘呼んできて確かめた方が早いかな?

    442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 07:00:58.54 ID:jWxjlPMXO
    おつ
    仕立て屋

    443: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 07:37:40.76 ID:hP2z9dl9o
    聖職
    おつ
    表ニケ仕事初成功やったぜ

    445: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:00:17.39 ID:mKHapYEE0
    ミーア「おはようごz「また来たんか帰れ帰れーっ!!」にゃ゛ぁ!?」

    発明家「って、みーやんかいな」

    ミーア「ど、どうしたんですか?」

    発明家「あのくそ魔術師どもが嫌がらせしてきてなぁ。心底こまっとんねん」

    ミーア「嫌がらせ、ってまたなにかあったんですか?」

    発明家「あいつらこともあろうに女は家庭に入っておとなしくしてろなんて、セクハラやでセクハラ」

    ミーア「そ、それはひどいですね」

    発明家「相手なんて紹介してもらわんでもうちなら十分よりどりみどりやで! たぶん」

    ミーア「こ、コーヒーいれてきますね」

    発明家「おーきにな、みーやん」

    ―――

    ――



    【成功】

    発明家「はぁ、なんで魔術師共はこないうちに嫌がらせしてくるんやろうな」

    発明家「魔導は魔導、魔術は魔術ちゃうんかい。確かに魔術師の仕事は取るけど」

    ミーア「が、がんばってください。発明家さん」

    発明家「もう、ミーやん結婚してぇな。うちを養って」

    ミーア「え、えぇ!?」

    発明家「人間の黒いところは見飽きたんや。もう自然に囲まれてくらしたい」

    発明家「なんて弱音をはくのはうちらしくないな。ちょい仕事してくる」

    ミーア「が、頑張ってください」

    資金149G→157G

    ミーアの心【810/1600】


    446: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:06:50.66 ID:mKHapYEE0
    ドラコ「最近運動不足感が否めない」

    ドラコ「うちに暴れれそうな部屋でもないのか?」

    ドラコ「もしくはメイド相手に………」

    ドラコ「いや、やめとくか」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「こないだの暗殺者ならいい相手になんじゃねぇかなぁ」

    ドラコ「つってもあいつどうしたんだろうな」

    ドラコ「(ブルッ)想像したくねぇな」

    資金157G→172G

    ドラコの体【982/3600】

    447: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:13:45.03 ID:mKHapYEE0
    魔女「………」ジーッ

    棟梁娘「魔女ちゃん、だっけ。なにしてるんだい?」

    魔女「………日光」

    魔女「………浴」

    棟梁娘「まだ日光浴には寒い季節じゃないかい?」

    魔女「………」

    魔女「………」

    魔女「………」コクリ

    棟梁娘(何考えてるかよくわからない子だね)

    ―――

    ――



    【大成功】

    魔女「………へくち」

    棟梁娘「あぁ、いわんこっちゃない。あたいの上着きなよ」

    魔女「………」

    魔女「………いいの?」

    棟梁娘「あたいは体が強いからね」ハッハッハ

    魔女「………ありがと」

    棟梁娘「若い子が体冷やすもんじゃねぇって死んだおっかさんも言ってたしね」

    棟梁娘(って、予想以上に寒いねぇ)

    ナグ「………棟梁娘」

    棟梁娘「あん? なんだい?」

    ナグ「…これ……着ろ」

    棟梁娘「んなことしたらあんたが寒いだろう?」

    ナグ「……若い娘が………体を冷やすべきではない」

    棟梁娘「あんただって若い娘だろうに」

    ナグ「……鍛え方が………違う」

    棟梁娘「だろうけど。そこまで言うならありがたく着させてもらうよ」

    ナグ「………」

    棟梁娘「でっかいねぇ」ブカブカ

    棟梁娘(でもまぁ。温かいからいいか)

    【村の収容人数が大幅に増えた】

    448: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:26:56.57 ID:mKHapYEE0
    ニケ「おっはよーっ!!」

    仕立て屋「今日はお早いのですね。ニケライト様」

    ニケ「えっへんっ」

    仕立て屋「いつもこの時間だと大変ありがたいのでございますが…」

    ニケ「善処するよ! あれ、善処の使い方ってこれでいいのかな!? かな!?」

    仕立て屋「あのニケライト様。開店準備を手伝ってはいただけませんか?」

    ニケ「こないだ見た本だとこういう時に使えばいいってかいてたかな!?」

    仕立て屋「あのぉ………」

    ―――

    ――



    【成功】

    仕立て屋「亜人の方に学校はないのでございましょうか」

    ニケ「ある亜人はあるよ。でも私はないかな!!」

    ニケ「だって3歳だからね!!」

    仕立て屋「さっ…え、三歳でございますか?」

    ニケ「出土してから三年だからね!」

    仕立て屋「あわ、あわわ三歳を働かせたことがばれれば捕まってしまうでございますぅ」ヒィィ

    ニケ「たぶん私は例外だと思うかな! ゴーレムだし!!」

    仕立て屋「あわわわわでございますぅ」

    資金172G→184G

    ニケライトの技【37/400】

    449: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:38:22.84 ID:mKHapYEE0
    資金184G→164G

    ベル「先週はどこ行ってたのシスターさん」

    シスター「? なんのことでしょう」

    ベル「シスターさんの娘さんに会ったよ」

    シスター「娘…あぁ、そうなのですね。あの子は可愛いでしょう」

    ベル「まぁ、僕よりは可愛くないとしてまぁまぁの可愛さなのはみとめいたたたた」

    シスター「すみません。冗談ですよ?」ズブブブブ

    ベル「暴力の何が冗談なのかなぁ!?」

    シスター「遊んでないで仕事ですよ仕事」

    ベル「あれやられると心臓掴まれてる感じで気持ち悪いんだよ。僕心臓ないけど」

    ―――

    ――



    【失敗】

    ベル(やっぱり先代シスターさんと娘さんの顔一緒だよなぁ)

    ベル(でもなんでそんな嘘ついたんだろう)

    ベル「ん、あれ偶像の裏になにか切れ目………扉?」

    シスター「ベルグレイン」

    ベル「わっ。シスターさん。どうしたんだい?」

    シスター「すみませんがこれを届けてくれませんか。住所は紙に書いてますので」

    ベル「え、これかなりとお「行ってきてください」はい」

    ベル(シスターさんかなり怖いんだけど)

    ベル(でもあれは一体?)

    資金164G→169G

    450: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/05(日) 23:45:36.15 ID:mKHapYEE0
    後輩「男先輩殿」

    男「なんダ」

    後輩「近々騎士団が再び遠征に行くようであります」

    男「そうナのか?」

    後輩「なので私は近日中に騎士団に戻らなければいけないのであります」

    後輩「男先輩殿であれば事件を解決できると信じているであります!」

    後輩「そこに私がいないのが残念でありますが」

    男「あとドれくらイだ?」

    後輩「ひと月後には」

    男「そうか」

    男(そうか………なら今日は)

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    10.暗殺者に尋問を行う

    >>452

    452: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 23:51:50.16 ID:LCy3MmuNo
    ええとあと四回以内でシスター関係捌けないと後輩と敵対か
    10暗殺者締め上げて情報欲しい

    454: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:26:56.11 ID:SRWlnnzy0
    暗殺者「また貴様かっ」

    男「済まないナ、もう時間ガない」

    暗殺者「な、何をする気だ」

    男「私はただ、知りたいだけダ」

    男「今この街を脅かす存在をお前がシっているか」

    暗殺者「はっ、人間は私達を脅かす存在ではないか!!」

    男「人間がどうなロうと正直しッタことではない。が、やらなケればならないこトがあってな」

    男「放火魔は誰ダ」

    暗殺者「放火魔? 知らないな」

    男(本当かどうか。どっちだ)

    男(まぁいい、とりあえず)

    鞭? 飴?

    >>455

    455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:28:01.72 ID:w3yWOHY5o

    456: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:38:01.31 ID:SRWlnnzy0
    男「人間の味方でなイことは保障しヨう」

    男「そうダな。お近づきのしルしだ」

    暗殺者「なんだこれハ」

    男「この檻の鍵ダ」

    暗殺者「………バカか貴様。そんなもの渡してしまえば私はすぐに貴様ののどをかき切るぞ」

    男「あくマでこの檻だけだ。部屋はまた別の鍵ダ」

    暗殺者「だとしても、どうする気だ。脱出ははるかに容易になるぞ?」

    男「貴様ごときどうとデモなる、ということだ。メイドはな」

    男「私はわかラナいが」

    暗殺者「女頼りとは情けないやつだ」ハッ

    男「なら貴様の依頼主もなサけないものだ」

    暗殺者「私は女を捨てている!!」

    男「まぁいイ、そっちへ投げるぞ」チャリンッ

    暗殺者「馬鹿めっ!」ガチャッ

    暗殺者「私の爪、牙が私の武器なのだ!!」ジャキッ

    メイド「はい、おとなしくしましょうね」パチッ パチッ

    暗殺者「私の爪ぇっ!!」

    メイド「はい、あーんしてください」ギーコギーコ

    暗殺者「あがっ、あががっ」

    メイド「はい、爪と牙をもがれた獣ですわ」

    暗殺者「人のほこりをこうもたやすく汚すとは! くっ、人間めっ!!」

    457: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:40:28.99 ID:SRWlnnzy0
    男「さすガだな。メイド」

    メイド「飼い主のマナーですから」

    男「すでに飼い主気分か」

    暗殺者「私の爪ぇ、牙ぁ」シクシク

    メイド「さぁ、こちらへ座ってください」

    男「今日の紅茶は?」

    メイド「マタタビ茶ですわ」

    男「そんなのがあるのか」

    メイド「精がつくそうですわよ」

    メイド「さぁ、あなたも」

    暗殺者「敵の情けはうけぬ!!」

    男「いまさらでハないか?」

    暗殺者「………くっ」

    458: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:46:13.88 ID:SRWlnnzy0
    メイド「いかがですか?」

    男「………あまり好きではない」

    暗殺者「この味が嫌いとは! やはり人間は悪だ!!」

    男「なゼそうなる」

    メイド「おかわりはいかがですか?」

    暗殺者「………もらおうか。しかし! しかしだ。勘違いしてもらっては困る。これは誇りを忘れ施され、身をやつしたわけではない」

    男「でハ?」

    暗殺者「依頼人のことは話さない………だが」

    暗殺者「お前が行っている放火魔だが、噂程度だが聞いたことがある」

    暗殺者「人間と同じ姿をした亜人がしていると」

    男「人間と同じ姿をした亜人?」

    暗殺者「一人だけ心当たりはある」

    男「誰ダそれは」

    暗殺者「………教会のシスターだ」

    459: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:47:43.45 ID:SRWlnnzy0
    男「教会のシスター………」

    メイド「いかがなさいます?」

    男「まだ日は高いガ」

    >>460

    460: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:51:28.82 ID:C5/RS5KnO
    行こう

    461: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:53:35.26 ID:SRWlnnzy0
    シスター「あら、確か男さんとその従者の」

    メイド「メイドでございます」

    シスター「本日はお祈りですか?」

    男「少し相談ガあってだな。話せるカ?」

    シスター「はい、ではこちらへどうぞ」

    462: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 00:54:55.73 ID:SRWlnnzy0
    シスター「どのようなご相談ですか? お布施ならば100G以上が好ましいですが」

    男(どう切り出すか。一応裏はとれている……とれているのか?)

    >>463

    463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 01:13:02.99 ID:ucFZ836UO
    カマをかけよう

    464: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 01:32:49.21 ID:SRWlnnzy0
    男「お前の秘密を知っている」

    シスター「!」

    男(少し、動揺したみたいだな)

    男(だが秘密を持つものは少なくない。本当に放火魔なのだろうか)

    シスター「私は神に誓って何も隠すようなことはしていませんが」

    男「亜人」

    シスター「…えぇ、亜人がどうしましたか?」

    男「ばらしてもいいのか?」

    シスター「………」

    シスター「亜人に関する罪があったでしょうか」

    男「私ノ知り合いに騎士ガいる。双刃の女騎士トいう名は聞いたことないか?」

    男「もしクは亜人殺しの血まみれ女でもいいガ」

    シスター「えぇ、私達のために戦ってくれている方ですね」

    男「犯罪者の亜人なら喜んデ斬るぞ?」

    シスター「待ってください。犯罪者の亜人?」

    シスター「あの子は犯罪者ではないですよ?」

    男「………あの、子?」

    シスター「………」

    465: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 01:40:44.42 ID:SRWlnnzy0
    シスター「何も言ってません」

    メイド「聞きました」

    シスター「………」

    男「あの子トは」

    シスター「貴方が考えてるような犯罪者ではありません。ただの亜人です」

    シスター「だからそっとしておいてください!!」

    男(シスターが声を荒げている。珍しいな)

    男「だがここカら知り合いが火薬を買っている。ここにいる亜人からダ」

    シスター「………火薬を売るのが犯罪ですか? 黒色火薬程度ならそこらの道具屋で手にはいりますよ?」

    男「少なくとも教会で許可をとるよウなことはないダろう? 火薬を扱うのにハ許可がいる。少量でも」

    男「そレが爆弾を作れるほどの量ならナおさら」

    シスター「………」

    シスター「亜人がこの街で生きていくために必要なことです。仕方がないことなのです」

    シスター「ご存じのとおり、この教会では武器を密売しています」

    シスター「犯罪だと知っています。ですが、ですがどうか見逃してはいただけませんか」

    メイド「いかがしますか、ご主人様」

    男「>>466」

    466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 01:46:39.02 ID:jAK8cCQJO
    その子と会って話してから決めよう

    467: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 01:53:47.85 ID:SRWlnnzy0
    男「合わせテくれ。話をしてきメる」

    シスター「見逃してください、あの子は」

    シスター「私の大切な………もういいよ」ウネウネ

    シスター?「もういいよ母さん」ウネッ

    男「………は?」

    メイド「!?」

    シスター?「どんなことでもするわ。だから許して」

    男「シスターは。シスターはドこにいった」

    シスター?「母さんなら帰ったわ」

    メイド「今、どうみても貴方がシスター様に」

    シスター?「シスターは私よ。今はね」

    シスター?「いや、体は私って言った方があってるかしら」

    男「まテ、おいつかナい。説明しろ」

    シスター?「母さんはもういないわ」

    シスター?「だって人間に殺されたもの」ギリ

    469: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 01:58:29.55 ID:SRWlnnzy0
    シスター?「もういいわ。全部話すわよ」

    シスター?「私の名前はドッペルゲンガー。人の姿を真似て生きる亜人よ」

    ドッペル「それでこの姿は母さんの娘の姿。病死した娘の姿よ」

    ドッペル「でも母さんは私を私として愛してくれたけど」

    男「でハなぜシスターの姿を?」

    ドッペル「さっきいった通り母さんは人間に殺されたから」

    ドッペル「亜人嫌いの人間に殺されたから………っ!」

    ドッペル「だから私は人間を許さない。だけど戦わない」

    ドッペル「だから武器を売ってるの。人間が出来るだけ殺されるようにね…っ」

    470: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:06:47.57 ID:SRWlnnzy0
    男「お前がドッペルゲンガーだとイうことはわかッタ」

    男「だがさっきのシスターはなンだ」

    ドッペル「体は私だけど中身は母さん」

    男「………分からン」

    ドッペル「聖夜に死者が生き返るでしょ。それみたいなものよ」

    ドッペル「私の体に母さんの魂下ろしてるの」

    ドッペル「実質母さんよ」

    男「メイド。わかルか」

    メイド「分かりましたが理解はできませんね」

    ドッペル「でしょうね。私ぐらいしかできないもの。こんなに完璧な降霊術」

    ドッペル「あぁ、たぶんなんで亜人の私にそんなことができるかって聞きたいんでしょう? 先に教えておいてあげるわ」

    ドッペル「貴方たちの神は貴方たちのための神じゃない。自分を信じるもののための神なのよ。人間亜人関係なく信者には庇護をもたらすわ」

    ドッペル「だから私はこんなことができるの。分かった? OK? 了解?」

    ドッペル「これが私のすべてよ。亜人でシスターで武器商人」

    ドッペル「亜人協会については………できれば話したくないけど話さないと私を殺すんでしょ?」

    ドッペル「仕方ないから話してあげるわ」

    ドッペル「死にたくないんじゃない。もう二度と母さんを殺させたくないだけ」

    ドッペル「私が死んだら母さんが本当に死んでしまうもの」

    471: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:13:42.35 ID:SRWlnnzy0
    男「一つ、ききタい」

    ドッペル「なに? こうなったらなんでも話すわよ」

    男「お前は、放火魔カ?」

    ドッペル「………はい?」

    ドッペル「さっき言ったでしょ。私は戦わないって。だから人間を殺さない。一応聖職者だもの」

    ドッペル「あー………もしかして私をその放火魔と勘違いして…? もしかして私の事知らなかった?」

    男「放火魔だと思ってタ」

    ドッペル「はぁ… 運がないわね私。もう逃げられないじゃない。ここまで自分でべらべら話してるんだから」

    男「それで、亜人協会とハ」

    ドッペル「文字通り人間に紛れて暮らす亜人の組合。秘密組織よ。亜人のために相互協力するの。たまに人間にも協力するけどね」

    ドッペル「そこで私は武器商人をやってるってわけ。犯罪だけどそれだけ。放火魔では決してないわ」

    ドッペル「だけど心当たりがないわけじゃない。武器商人だもの」

    ドッペル「私のところとはまったく関係ないけど火薬を買い集めている亜人がいるらしいわ。知ってるのはそれだけ」

    男「名前は?」

    ドッペル「………私が言ったなんて絶対漏らさないでよね」

    ドッペル「………レッドキャップ」

    472: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:18:42.85 ID:SRWlnnzy0
    男「協力感謝すル」

    ドッペル「あ、ちょっと待って」

    男「なンだ」

    ドッペル「噂で聞いたけど、亜人の味方って本当?」

    男「敵でハない」

    ドッペル「協会の連中は貴方のこと危険視してるけどここまで深入りされたなら少しだけ協力してあげるわよ」

    ドッペル「是非武器買いに来て頂戴。一応そこらへんの店には負けない自信あるわよ。裏だから集めれる武器もあるの」

    ドッペル「だから私のことは秘密にしてちょうだい。亜人にも人間にも」

    ドッペル「私はただの武器商人として蚊帳の外でありたいの。母さんのためにも平穏な生活を送りたいの」

    ドッペル「お願い」

    男「あァ」

    ドッペル「それじゃあ送っていくわ。ちょっと待って」

    シスター?「この恰好じゃないと怪しいからね。あ、降霊してないから母さんじゃなくて私よ」

    シスター?「絶対秘密にしてよね」

    473: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:20:11.62 ID:SRWlnnzy0
    メイド「と言っていましたがどうしますか」

    メイド「騎士団に告げれば後輩様からの評価もあがりますし、亜人協会についても」

    メイド「そうすれば放火魔はすぐに逮捕されるでしょう」

    男「そうダな」

    男「>>474」

    474: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 02:32:53.02 ID:2ISON/GEo
    秘密にしとこ

    475: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:35:44.71 ID:SRWlnnzy0
    男「くっくッく。秘密にしておこう」

    メイド「あらやだ」

    男「その方が利用でキそうだからな」

    メイド「いやらしい」

    男「………」

    メイド「若い女性の弱みを握り自分が良いように利用する」

    メイド「官能小説のように!」

    男「やメろ」

    476: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 02:39:00.28 ID:SRWlnnzy0
    ~3年目 第8週~

    メイド「お給料いただきますわ」

    資金169G→119G

    メイド「はぁ、久しぶりのお給料ですわ」

    メイド「あとご主人様」

    メイド「早く奴隷を村に送った方が得策ですわよ?」

    メイド「さてそれでは今週の依頼ですが」

    【魔導家の仕事】8G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 12G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>477

    ドラコ>>478

    ナーグル>>479

    ニケライト>>480

    ベルグレイン>>481 働かせた場合-20G

    477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 04:05:54.64 ID:Q04kcTeVO
    乙かな?
    ミーアなら魔法

    ってか送れる奴隷いたの?
    可能なら現在の忠誠好感度パラメータ見せて下さい

    478: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 04:45:36.78 ID:2ISON/GEo
    警備

    479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 04:50:09.09 ID:RqBJBSwL0
    ナーグル建築

    480: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 04:57:19.77 ID:2ISON/GEo
    接客

    481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 04:58:45.22 ID:W7hrtXVfO
    教会

    486: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 22:33:51.69 ID:SRWlnnzy0
    ミーアの好感度【100/100】

    ミーアの忠誠心【100/100】

    ドラコの好感度【100/100】

    ドラコの忠誠心【80/100】

    ナーグルの好感度【40/100】

    ナーグルの忠誠心【40/100】

    ベルグレインの好感度【-100/100】

    ベルグレインの忠誠心【-90/100】

    ニケライトの好感度【20/100】

    ニケライトの忠誠心【40/100】

    487: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 22:39:31.97 ID:SRWlnnzy0
    発明家「はぁ、忙し忙し」

    ミーア「あれ。め、珍しく忙しそうですね」

    発明家「なんやようわからんけど魔導拳銃が十丁近く欲しいっていう奴が来てなぁ」

    発明家「みーやんは弾倉作るの手伝ってぇや」

    ミーア「あ、は、はい」

    ―――

    ――



    【成功】

    ミーア「ふぇぇ」

    発明家「さすがにこれだけ弾倉ありゃあ十分やろ! チャージ代も含めて先行きは明るいで!!」

    発明家「でもこないに武器集めてどうする気なんやろうなぁ」

    発明家「ま、ええか!」

    資金119G→127G

    ミーアの心【846/1600】

    488: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 22:48:05.68 ID:SRWlnnzy0
    ドラコ「へっくしっ」

    ドラコ「風邪気味か、これ」

    ドラコ「へっくしっ、へっくしっ」

    ドラコ「あー、だりぃ。風邪なんか引いたことなかったのに」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「頭ぼーっとするし」

    ドラコ「鼻水とまんねぇし」

    ドラコ「めぇかゆいし」

    ドラコ「やっべぇ、つれぇわ」

    資金127G→142G

    ドラコの体【1004/3600】

    489: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:04:57.09 ID:SRWlnnzy0
    春告「はい、これ薬だよー」

    道具娘「ありがとーごじゃいますぅー」ズビッ

    春告「花粉症だったのーね」

    道具娘「ばいぃ」

    春告「それは大変ーね」

    棟梁娘「あんたが花粉の原因じゃないのかい?」

    春告「失礼ーね! そんなどこでも花粉をばらまく女と思われたくなーいね!」プンプン

    棟梁娘「え、花粉でるのかい………」

    ―――

    ――



    【大成功】

    棟梁娘「花粉出せるって性別どっちなんだか」

    春告「女性に性別を聞くものじゃないね!」

    棟梁娘「えぇ………」

    棟梁娘「ナーグルは女の子、だよね?」

    ナグ「……あぁ」

    棟梁娘「まぁ、そんな大きなもんがついてる男はいないよね」

    春告「それ、セクハラーよ?」

    棟梁娘「え、ほんとかい?」

    ナグ「………そんなに……大きいか?」

    棟梁娘「あーうん。かなり」

    ナグ「…戦士としては………恥だな」ショボン

    【村の収容人数が大きく増えた】

    490: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:14:54.52 ID:SRWlnnzy0
    ニケ「皆くしゃみしてたねっ」

    仕立て屋「そうでございますねぇ。花粉症の時期ですから」

    ニケ「花粉症ってなにかな!?」

    仕立て屋「花粉症をしらないのでございますか?」

    ニケ「うん!! しらない!!」

    仕立て屋「花粉症というのは―――」

    ―――

    ――



    【失敗】

    仕立て屋「ということでございます」

    ニケ「じゃあこの仕立て屋さんにもってきた花の冠もだめだったんだね!」

    仕立て屋「わぁ、素敵でございますね」

    客「へっくしっ!!」

    仕立て屋「だけどしまっておきましょうか」

    ニケ「はーい!!」

    資金142G→148G

    491: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:25:37.13 ID:SRWlnnzy0
    資金148G→128G

    ベル「こんにちはシスターさん」

    ドッペル「あ、今日はシスターいないわよ」

    ベル「あれ、シスターさんの娘さんじゃないかい」

    ドッペル「今日は教会はお休み。だけど仕事はあるから」

    ベル「はぁ、教会が休みなら帰りたいんだけど」

    ドッペル「給料払ってるんだから働きなさいよ」

    ベル「はいはい。仕方ないからやってあげるよ」

    ドッペル「覚えてはいるけど、実際に相手するとむかつくわねこの子」ボソッ

    ―――

    ――



    【大成功】

    ベル「なにこれ、おもっ」

    ドッペル「落とさないでよねー。爆発するから」

    ベル「僕になに持たせてるの!?」

    ドッペル「うるさいわね。あんた爆発しても大丈夫でしょ?」

    ベル「なわけないでしょ!?」

    ドッペル「冗談よ冗談。下手に扱わない限り大丈夫だからさっさと運びなさい」

    ベル「親子そろって嫌な冗談を………」

    資金128G→146G

    ベルグレインの心【279/800】

    ベルグレインの好感度【-80/100】

    492: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:28:12.31 ID:SRWlnnzy0
    ~3年目 第8週 休日~

    ベル「はぁ、全身が筋肉痛だ」

    男「筋肉アるのか?」

    ベル「気分的にだよ、察しなよそれくらい」

    ベル「とりあえず働いたんだから甘いものを要求する」

    男「メイドに聞いてみろ」

    ベル「生クリーム飲みたいなぁ」

    男「さて、今日ハ」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    10.暗殺者に尋問を行う

    >>494

    494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:41:14.46 ID:5czBeAneO
    狩ろう

    495: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:42:50.80 ID:SRWlnnzy0
    男「狩りに行ってくル」

    メイド「誰を連れていくのですか?」

    メイド「今連れていけるのはミーア、ドラコ、ナーグル、ニケライトです。この中から三人お選びください」

    男「そうダな」

    >>496

    496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 23:44:48.45 ID:OSZw2gH9o
    ミーア以外

    498: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:58:24.31 ID:SRWlnnzy0
    【男】HP20 SP20 攻撃力7 防御2 行動力15 武器 鉄の剣 防具 皮の鎧

    【主人としての責務】メンバーの中に好感度・忠誠心が最大となっている亜人の数によってステータスが上昇する。


    【ドラコ】HP25 SP5 攻撃力11 防御力2 行動力5 武器 鋼の剣 防具 皮の鎧

    【振り下ろし】(攻撃1.5倍 SP3消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)

    【かばう】(対象への攻撃をかばう)

    【絶対防衛戦線】( かばうが発動した場合に攻撃力分のダメージを攻撃してきた相手に与える)



    【ナーグル】HP20 SP10 攻撃力7 防御力2 行動力0 武器 鉄の剣 防具 皮の鎧 

    【振り下ろし改】(攻撃3倍 SP7消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)



    【ニケライト】HP15 SP15 攻撃力6 防御力4 行動力10 武器 鉄の剣 皮の鎧

    【振り下ろし】(攻撃1.5倍 SP3消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)

    【魔力斬】(ダメージ+【心】 魔法ダメージ SP消費2)

    【マジックトランス】(SPを誰かへ消費分与える SP消費X)

    499: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/06(月) 23:59:54.62 ID:SRWlnnzy0
    ドラコ「ひゃっはーっ! 戦いだー!!」

    ニケ「何がでるかな!? 何がでるかな!?」

    ナグ「………近い」

    ドラコ「なんか強そうな奴のにおいがするけど、どうする?」

    男「………」

    >>500

    500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:03:25.95 ID:boi5ukrLo
    ヌシだろ多分
    行っとくか

    501: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 00:09:30.52 ID:kEAZGlZO0
    森の主「プギィイィイイッ!!」

    ドラコ「うわぁっ!! でけぇ!!」

    ベル「すっごいおっきいねぇ!! ごわごわして堅そう!!」

    ナグ「……構わない………斬る…っ」

    男「構えロ、行クぞ」

    森の主「プギィイイィッ」

    502: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 00:13:18.17 ID:kEAZGlZO0
    男(堅そうだな、どうするか)攻撃 防御 振り下ろす チャージ 魔力斬

    ニケ「うーん。でっきるかなー?」攻撃 防御 振り下ろし チャージ 魔力斬 マジックトランス

    ドラコ「ま、問題ねぇだろ。たぶん」攻撃 防御 振り下ろし チャージ かばう

    ナーグル「………」攻撃 防御 振り下ろし改 チャージ

    【行動を決めてください】

    >>503

    503: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:16:27.28 ID:/2rE5C0Io
    男魔力斬
    ニケ魔力斬
    ドラコ振り下ろし
    ナーグル振り下ろし改

    504: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 00:27:13.49 ID:kEAZGlZO0
    男「久々だガ、できるか……っ!?」

    【男の魔力斬!!】

    【森の主に10ダメージ】

    森の主「ピギャァアアッ!!」

    【森の主のチャージ】

    ニケ「私も続くよ!!」

    【ニケライトの魔力斬!!】

    【森の主に9ダメージ!!】

    ドラコ「分厚くたって俺にかかればっ!!」

    【ドラコの降り下ろし!!】

    【森の主に12ダメージ!!】

    ナグ「他愛……無いっ!」

    【ナーグルの振りおろし改!!】

    【森の主に16ダメージ!!】

    505: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 00:30:21.39 ID:kEAZGlZO0
    男(あと少しといったところか)攻撃 防御 振り下ろす チャージ 魔力斬  SP15

    ニケ「いける? いけるよね!?」攻撃 防御 振り下ろし チャージ 魔力斬 マジックトランス SP10

    ドラコ「ラストは俺が頂きだぁ!」攻撃 防御 振り下ろし× チャージ かばう SP2

    ナーグル「………」攻撃 防御 振り下ろし改× チャージ SP3

    【行動を決めてください】

    >>506

    506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:52:06.59 ID:1QmWO1nyO
    男 魔力斬
    ニケ 振り下ろし
    ドラコナーグル 攻撃

    507: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 00:59:41.26 ID:kEAZGlZO0
    男「終わりか」

    【男の魔力斬!!】

    【森の主に10ダメージ!!】

    森の主「ぷ、ぷぎゃぁあああっ!!」

    ドラコ「あっ、俺が倒したかったのに!!」

    ニケ「すごーい!!」

    ナグ「………ふぅ」

    【森の主を倒した】

    資金146G→246G

    【森の主の牙を手に入れた】

    ドラコの忠誠心【100/100】

    ナーグルの好感度【60/100】

    ナーグルの忠誠心【60/100】

    ニケライトの好感度【40/100】

    ニケライトの忠誠心【60/100】

    509: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:01:42.30 ID:kEAZGlZO0
    メイド「お疲れ様でしたご主人様」

    メイド「さて、森の主も倒したことですから次に進みましょうか」

    男「次はナにをすればいい」

    メイド「村の発展のために発明家 シスター 仕立て屋を村に連れて行きましょう」

    メイド「最悪誘拐でも構いません」

    メイド「そうすれば村のほうへ私達も移住することができるでしょう」

    メイド「それでは頑張ってくださいませ」

    510: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:05:32.43 ID:kEAZGlZO0
    ~3年目 第9週~

    後輩「はぁ…」

    男「どうシた」

    後輩「あや! これは恥ずかしいところを見られてしまったでありますな」

    後輩「なんでもないであります。ただもうすぐ私はここを出て元の生活に戻るのでありますな」

    後輩「できれば男先輩殿と一緒に犯人をなます切りにしたかったであります」ショボン

    男「そうカ」

    後輩「それでは今日も元気にパトロールに行ってくるであります!」

    男(犯人がどんな奴かは分かっているが………)

    男「それよりも今は依頼だな。今週は」


    【魔導家の仕事】8G 魔法

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 12G 接客

    【教会の仕事】9G 聖職

    【警備の仕事】15G 警備

    ミーア>>511

    ドラコ>>512

    ナーグル>>513

    ニケライト>>514

    ベルグレイン>>515

    511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:07:47.08 ID:5v2XlYdso
    魔法

    512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:08:06.39 ID:8BfEidgfO
    警備

    513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:09:15.03 ID:q6IYkIjHo
    ナーグルなら建築

    514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:09:49.66 ID:5v2XlYdso
    接客

    515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:11:39.71 ID:xcBBNdeIO
    聖職

    516: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:17:24.91 ID:kEAZGlZO0
    発明家「なんかまた注文かかったわ」

    発明家「光だけの花火やけどなんか祭りでもあんのかなぁ」

    ミーア「で、でも売れてよかったですね」

    発明家「せやな。夕飯食べにいかへん?」

    ミーア「いいですよ。あ、あ、でも私の分は私がだします」

    発明家「ええてええて。日頃の感謝や! 銭はため込むもんやないしな」

    ―――

    ――



    【大成功】

    発明家「よしっ、これで注文分は終わったでー」

    ミーア「花火大会もいいですねぇ」

    発明家「地に桜、天に花火とは風流やなぁ」

    資金246G→162G

    ミーアの心【938/1600】

    517: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:19:17.17 ID:kEAZGlZO0
    ドラコ「今日の警備は墓守りかよ………」

    ドラコ「こんなとこ警備して意味あんのかぁ?」

    ―――

    ――



    【成功】

    ドラコ「なんか街が騒がしいな」

    ドラコ「まぁいいや、帰ろ、帰ろ」

    資金262G→277G

    518: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:23:49.45 ID:kEAZGlZO0
    お嬢「今日も紅茶がおい、ぶふぇっ!」

    古書娘「汚いですね」

    お嬢「ななな、これはなんですのぉ!?」

    古書娘「新聞ですが」

    道具娘「新聞ですねぇ」

    お嬢「街で大規模テロ。死傷者、多数……!?」

    道具娘「え、わ、大変ですね!!」

    古書娘「割とどうでもいいです」

    ―――

    ――



    【大成功】

    お嬢「何かできることはありませんの?」

    古書娘「ないです」

    道具娘「家が無くなった人をここに連れてくる?」

    お嬢「……無理ですわ。ここが見つかってしまいますもの」

    お嬢「…口惜しいですわ」

    【村の収容人数が大幅に増えた】

    519: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:26:47.17 ID:kEAZGlZO0
    仕立て屋「ひぃぃぃっ!!」

    ニケ「大丈夫!? 仕立て屋さん!!」

    仕立て屋「燃えてる服の悲鳴が聞こえるでございますぅ!!」

    ニケ「私がいるから落ち着いて! ニケライトだよ!?」

    仕立て屋「何人も何人も撃ち殺されてるでございますぅ!!」

    ニケ「耳ふさいで!! 耳!!」

    ―――

    ――



    【失敗】

    仕立て屋「うぅ………」グッタリ

    ニケ「わぁ……向こうの家が燃えてるよ」

    ニケ「ここまで来ないといいけど………」

    ニケ「さすがに元気にはなれないかな」

    資金277G→183G

    520: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:31:15.44 ID:kEAZGlZO0
    資金283G→263G

    シスター「負傷者を運び入れてください」

    ベル「う、うんっ」

    「あァ、亜人だ!!」

    ベル「あうっ」

    シスター「落ち着いてください。このベルグレインもシスターですから」

    シスター「ベルグレイン。修道服を着てきてください」

    ベル「あ、う、うん」

    ―――

    ――



    【失敗】

    ベル「受け入れ、これ以上できないよ!!」

    シスター「困りました、ね」

    ベル「それになんだかみんなが僕を見る目が怖いよ」

    シスター「分かりました。ベルグレインは奥に行って傷薬をかき集めておいてください。この場は私がなんとかしま―――」

    シスター「ったく、なによこれ。こんなことになるとか聞いてないわよ………?」

    シスター「どうする気なのこれ。あいつら本当に人間達を滅ぼせると思ってるの…?」

    資金263G→268G

    521: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:35:12.80 ID:kEAZGlZO0
    ~3年目 第9週 休日~

    メイド「大変なことになりましたわね」

    メイド「犯人はまだ捕まってないみたいですわ」

    男「状況ハ?」

    メイド「街の中心の時計塔、人が多く行きかう市場、学校の三ケ所で大規模な爆発。そのほかにも銃を持った亜人の目撃例も」

    男「………」

    メイド「いかがなさいますか。おそらく犯人はわかっているのでしょう?」

    男「名前と姿はな。ただどこにいるか」

    メイド「今日はいかがいたしますか?」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    10.暗殺者に尋問を行う

    >>522

    522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 01:37:29.48 ID:5v2XlYdso
    9

    523: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/07(火) 01:45:19.45 ID:kEAZGlZO0
    メイド「待ってくださいご主人様」

    男「なんダ」

    メイド「暗ちゃんから聞いておきましたがレッドキャップは武装しているとのことです」

    メイド「外見は子供と同じで髪が赤みがかっていることだけが特徴みたいです」

    メイド「ただ子供にはない残酷さを持っているらしく、もし今外に行くならだれかをお供に連れていってください」

    メイド「私でもいいのですが、貴方を守れるつもりですし」

    ミーア「話は聞きました! 私が行きます!!」

    ドラコ「チビは引っ込んでな。俺が行くぜ」

    男「そうだな、でハ」

    >>524

    524: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/07(火) 02:24:32.99 ID:aqYA4htIO
    めいど

    530: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:05:58.89 ID:YS+mbK8Q0
    メイド「はい、ご主人様の身は私が守らせていただきます」

    男「頼んダ」

    男(男としては情けない限りだが)

    メイド「それでは参りましょう」

    男「あぁ」

    531: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:10:29.93 ID:YS+mbK8Q0
    メイド「さすがにあんなことがあって警備もかなり増えてますね」

    男「だナ」

    男「赤い髪が目印ダが」

    男「………街は広い。こう歩いていて見つかるだろウか」

    メイド「悪い意味でもご主人様は亜人の中で有名ですから」

    男「向こうが探してイるか。だがナぜ?」

    メイド「亜人と人間の共存に異を唱えるものも多いのですわ」

    メイド「親や友人を殺した相手と同じ種族ですものね」

    男「それモ、そうか」

    メイド「それ以外にも色々ありそうですが…」

    メイド「ご主人様、あれは?」

    男「赤い髪の子供………あれがレッドキャップなのか?」

    メイド「とりあえず追ってみましょう」

    532: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:13:24.19 ID:YS+mbK8Q0
    男「今のトころ変な動きはなイが」

    メイド「えぇ、ただの歩いている子供かもしれません。あ、路地裏に入りましたね」

    メイド「路地裏の扉の中へ………行きますか? もしただの子供なら」

    男「そのとキはそのトきだ」

    メイド「それに建物の中。もし中で襲われたら逃げ道はありませんわよ?」

    メイド「それにかなりの大事になる」

    メイド「それでも進みますか?」

    男「私は>>533」

    533: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 23:14:27.22 ID:i7IXsN6Oo
    一時待機

    535: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:26:30.05 ID:YS+mbK8Q0
    男「やめておこう。まだ何かやり残しタことがある気がするかラな」

    メイド「分かりました。レッドキャップのアジト仮として記憶しておきましょう」

    メイド「では本日は何をなさるのですか?」

    男「そうダな」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    >>536

    536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 23:27:12.30 ID:aI65yIDyo
    8ドラコ

    537: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:33:15.20 ID:YS+mbK8Q0
    ドラコ「んだよ、呼び出して」

    男「お前ニは、村へ行ってもらウ」

    ドラコ「………俺が村ニか。あいつに見合うようになれタかね」

    男「見合う見合わないデはない」

    男「村を危険から守るたメに、お前をいかセるんだ」

    ドラコ「お嬢が危険なのか?」

    男「もしかシたらナ。敵がふえタ」

    ドラコ「分かった。すぐに用意する」

    538: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:35:14.24 ID:YS+mbK8Q0
    ドラコ「今まで世話になった。まぁ、一応な」

    メイド「えぇ、今までお世話しましたわ」

    ドラコ「最後まで気に入らねぇ女」

    メイド「おほほ」

    ドラコ「じゃあな」

    メイド「お気をつけて」

    ドラコ「はっ、お前もな」

    539: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:42:50.64 ID:YS+mbK8Q0
    ~3年目 第10週~

    メイド「………依頼の数が激減しましたわ」

    男「だロうな。無実の亜人にも石が投げられている今、そもそも亜人の存在すラ排除しようとシている今」

    メイド「この社会の根底の労働力を排除して、この街は回っていけるのでしょうか」

    男「無理だ。生活水準はソう簡単に落とセない」

    男「便利は一度覚えてしまっては二度ト忘れられない」

    メイド「ですわね。でもどうやってお金を稼げばいいんでしょう」

    男「………」

    メイド「とりあえず今は目先の事ですわね。依頼はこれだけですわ」

    【建築の仕事】土木  ナーグルよこせ

    【仕立て屋の仕事】 12G 接客

    男「………思った以上だ。発明家が依頼をよこさなイのは予想外だった」

    メイド「てっきり気にしないと思ってまシたが。あと教会も」

    男「………建築は>>540 仕立て屋は>>541にいかせる」

    540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 23:48:05.60 ID:SHOQG53ho
    ナーグル土木

    541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/13(月) 23:49:51.76 ID:l9JEd35Mo
    にけ

    542: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/13(月) 23:57:34.44 ID:YS+mbK8Q0
    ドラ「よう」

    ナグ「………」コクッ

    棟梁娘「人手増えてくれて助かったよ。さすがに人数が少ないと辛いからね」

    ドラ「まぁ、力は誰にもまけねぇ、ってなんだよ」

    ナグ「……なんでも…ない」

    棟梁娘「二人とも睨み合ってないで手伝っておくれよ」

    ―――

    ――



    【成功】

    お嬢「ドラコ。お昼ご飯ですの」

    ドラコ「水筒にあったかいスープか。弁当も温かいから出来立てみたいだな」

    ドラコ「これ弁当にする必要あったか?」

    お嬢「ふふ、雰囲気ですの」

    お嬢「わたくしの手作りですから心して食べるといいですわ」

    ドラコ「なら期待できそうにねぇな」

    お嬢「まっ! 文句があるなら食べなくてよろしいんですのよ?」

    ドラコ「いいよ。不味くても食うから」

    お嬢「ドラコ………」

    お嬢「って! わたくしの料理が不味い前提で考えるのやめてくださいまし!!」

    ドラコ「あ、うめぇうめぇ」

    お嬢「! ふ、ふふん!! 当然ですわ! 手間暇かけましたの、手間暇かけましたからもうちょっと味わってくださいましー!!」

    棟梁娘「あたいたちも温かいもの食べたいねぇ」

    ナグ「………」コクッ

    【村の収容人数が増えた】

    543: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:04:23.27 ID:+zRUq3Ak0
    ニケ「おっはよー」ドンヨリ

    仕立て屋「ど、どうしたのでございますか!?」

    ニケ「ここに来るまで散々だよぉ」

    仕立て屋「なるほど、亜人の事件でニケライト様も非難されたのでございますね」

    ニケ「うん、そうなんだよぉ。わたしは何も悪いことしてないんだよぉ」

    仕立て屋「私はニケライト様を信じておりますから」

    ニケ「わぁい! 仕立て屋さん大好きだよぉ!!」ガションッ

    仕立て屋「ニケライト様。堅い、堅いでございます!!」

    ―――

    ――



    【失敗】

    ニケ「いらっしゃいま――ありがとうございましたー!!」

    ニケ「うえーん。お客さんがこないよぉー!!」

    仕立て屋「ニケライト様は悪くありません。上手く処理できない私が悪いのでございます」ションボリ

    ニケ「うえーん!!」

    資金268G→274G

    545: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:08:08.94 ID:+zRUq3Ak0
    ~3年目 第10週 休日~

    男「世間の亜人に対する風当たりハ強くなる一方だ」

    男「事を起こせば亜人の対する風当たりは強クなる。理解しているハずだが」

    メイド「理解してても受け入れるかどうかは別、ということですわ」

    メイド「人間が強いから風当たりを気にする必要がある、なら人間より強くなれば解決」

    メイド「おそらくそう考えているのでしょう」

    男「面倒ナことになったものダ」

    メイド「それで、今日はなにをなさるのですか?」

    男「今から」

    1.褒める (誰を)

    2.叱る (誰を)

    3.お仕置き (誰を)

    4.交流(誰とどうする)

    5.外出

    6.狩り

    7.村へいく

    8.村へ送る

    9.事件を調査する

    >>546

    546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 00:14:15.12 ID:yEHk0FCzo
    9

    547: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:17:38.45 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「後戻りはできませんが準備はよろしいですね?」

    男「>>548」

    548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 00:18:53.28 ID:rNyNCvhXo
    うむ

    549: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:24:30.78 ID:+zRUq3Ak0
    男「私は今から亜人を倒す」

    男「人間のタめではない。私自身のたメにだ」

    男「亜人でも人間でもない」

    男「この私ノためにだ」

    男「正義デはない。私はただ私のためニ行うのだ」

    メイド「存じておりますわ、ご主人様」

    男「それでハいこうか」

    メイド「えぇ、どこまでもお供いたしますわ」

    550: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:31:58.60 ID:+zRUq3Ak0
    【メイド】HP15 SP20 攻撃力8 防御力4 行動値25 武器 仕込み傘 防具 特注のメイド服

    【ファストアクション】(1ターン目の一番最初に行動した場合、二回攻撃を行う)

    【乱射】(ランダムに三回攻撃を行う SP消費6)

    【接射】(相手の防御値を-3してダメージ計算を行う SP3)

    【連射】(特定の相手に二回射撃を行う SP消費6)

    551: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:34:31.36 ID:+zRUq3Ak0
    男「ここカ」

    メイド「はい。それではまず私が」

    男「いや私ガいく」

    メイド「しかし」

    男「はなレていろ」ドガッ

    男「………鍵をしテない?」

    メイド「敵、いませんわね」

    男「注意して―――」キィィィ バタンッ

    男「!」

    メイド「開きませんわ。鍵が閉められています」

    男「罠か」

    552: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:38:59.91 ID:+zRUq3Ak0
    「やぁやぁご機嫌よう諸君」

    男「お前がレッドキャップだナ」

    「いかにもいかにもその通り。それで今日はぼくの隠れ家になんの用かな?」

    男「逮捕する。抵抗はすルなよ」

    「って言われて抵抗しない奴見たことあるぅ? 犯人ならなおさらさ!」

    「ま、ならぼくからも言っておくことがあるよ」

    「楽に殺してあげるから抵抗はやめなよ?」

    男「殺される予定ハ入っているか?」

    メイド「いえ、この後は夕飯の買い物の予定です。重いものを買うのでご主人様に手伝ってもらおうかと」

    「精一杯の強がりが透けて見えるね! 亜人の敵は死ね!! 人間はみんな死ね!!」

    553: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:42:13.10 ID:+zRUq3Ak0
    【味方情報】

    【男】HP15 SP15 攻撃力6 防御2 行動力15 武器 鉄の剣 防具 皮の鎧

    【主人としての責務】メンバーの中に好感度・忠誠心が最大となっている亜人の数によってステータスが上昇する。

    【振り下ろし】(攻撃1.5倍 SP4消費)

    【チャージ】(次のターン攻撃を2倍にする SP消費2)

    【魔力斬】(ダメージ+【心】 魔法ダメージ SP消費4)



    【メイド】HP15 SP20 攻撃力8 防御力4 行動値25 武器 仕込み傘 防具 特注のメイド服

    【ファストアクション】(1ターン目の一番最初に行動した場合、二回攻撃を行う)

    【乱射】(ランダムに三回攻撃を行う SP消費6)

    【接射】(相手の防御値を-3してダメージ計算を行う SP3)

    【連射】(特定の相手に二回射撃を行う SP消費6)

    【敵情報】

    レッドキャップ

    武装した亜人×3

    554: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 00:44:53.25 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「とろくさくてお話になりませんわ!!」攻撃 防御 乱射 接射 連射

    メイドの行動とターゲット>>555

    男「くっ、こちらが不利か?」

    男の行動とターゲット>>555

    555: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 01:00:11.65 ID:a5BRZrgX0
    メイドならレッドキャップに連射

    主人ならレッドキャップに振り下ろし

    556: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 01:10:10.10 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「お黙りなさい」SP20→14

    【メイドの連射】

    【レッドキャップに4のダメージ】

    【レッドキャップに4のダメージ】

    【メイドのファストアクション】SP14→8

    【レッドキャップに4のダメージ】

    【レッドキャップに4のダメージ】

    「なかなかやるじゃないか!! それじゃあぼくもお返ししなきゃね!!」

    【レッドキャップは手斧をメイドに振り下ろした!!】

    メイド「くうっ………!」

    【メイドに4のダメージ!】メイド HP15→11

    男「大丈夫かメイド!」

    【男は鉄の剣をレッドキャップに振り下ろした!!】男 SP15→11

    【レッドキャップに5のダメージ!!】

    レッド「痛いね、さすがに」

    レッド「さぁ! お前たちやってしまえ!!」

    【武装した亜人Aの魔導拳銃!!】

    【男に3のダメージ!】HP15→12

    【武装した亜人Bの魔導拳銃!!】

    【男に3のダメージ!】HP12→9

    【武装した亜人Aの魔導拳銃!!】

    【メイドに3のダメージ!】HP11→8

    557: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 01:11:40.90 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「御主人様、私の後ろへ」攻撃 防御 乱射 接射 連射

    メイドの行動とターゲット>>558

    男「バカをいうナ」

    男の行動とターゲット>>558

    558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 01:26:12.74 ID:rNyNCvhXo
    メイドはレッドキャップに接射
    男はレッドキャップに振り下ろし

    559: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 01:46:00.43 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「いくら硬くてもこの距離なら!!」

    【メイドの接射】SP8→5

    【レッドキャップに7のダメージ!!】

    「な、なかなかやるじゃないか。だがぼくはここで倒れるわけにはいかないんだぁ!!」

    【レッドキャップは手斧をメイドに振り下ろした!】

    【メイドに4のダメージ!】メイドHP8→4

    男「いや、お前ハここまでダ」

    【男は鉄の剣をレッドキャップに振り下ろした!!】男 SP11→7

    【レッドキャップに5のダメージ!】

    【レッドキャップは倒れた!】


    560: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 01:48:07.08 ID:+zRUq3Ak0
    「く、ぐぅぅっ! やれ! お前ら!! 八つ裂きにしろぉ!!」

    【武装した亜人Aの魔導拳銃!!】

    【メイドに3のダメージ!】HP4→1

    【武装した亜人Bの魔導拳銃!!】

    【男に3のダメージ!】HP9→6

    【武装した亜人Aの魔導拳銃!!】

    【メイドに3のダメージ!】HP1→0

    メイド「あぁっ!」

    男「メイドッ」

    「は、はは。残念だったねぇ! あともう少しだったのにぃ!!」

    「ゲームオーバーさ!」

    「いや、お前らがチェックメイトだ」バギャァンッ

    男「!?」

    後輩「無事でありますか? 男先輩殿」

    後輩「酷くやられているようでありますな。だがご安心を。私が来たからにはこいつらは今ここで死ぬ運命でありますから」

    男「あいつは殺すな、あクまで逮捕だ」

    後輩「約束はしないでありますよぉ!!」ズババァンッ

    【後輩の剣舞!!】

    【武装した亜人Aに10のダメージ!】

    【武装した亜人Bに10のダメージ!】

    【武装した亜人Cに10のダメージ!】

    【後輩の双刃!!】

    【武装した亜人Aに10のダメージ!!】

    【武装した亜人Aは細切れになった】

    後輩「こんなもんでありますか。戦場にはもっと強い亜人がいたでありますが………残念であります。が、それはそれ、これはこれ。戦いもなぶり殺しも好きであります」

    「ひ、ひぃぃ」

    「ひゃぁああ」

    【残った敵は降参した】

    後輩「? 亜人の言葉はよくわからないな」ズバアンッ

    【武装した亜人Bは細切れになった】

    【武装した亜人Cは細切れになった】

    後輩「手ごたえない相手だったであります」フンス

    男「相変ワらず、だな」

    後輩「褒めると照れるであります!」テレッ

    男(褒めてはない)

    男「とにかく助かった。しかしなぜここが?」

    後輩「そんなことよりもメイドさんを手当しないといけないであります」

    後輩「あと、こいつの足、斬りおとしとくであります!」

    「ぎゃぁああっ!!」

    男「………」

    565: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:07:41.96 ID:+zRUq3Ak0
    男「なゼこの場所が分かった」

    後輩「男先輩殿の声が聞こえたもので駆け付けたのであります」ビシィッ

    男「聞こえるものか?」

    後輩「男先輩殿の声は聞きなれているものでありますから、たとえ雑踏の中であろうと聞き逃したりはしないであります!」

    男「まるで犬ダな」

    後輩「はい! 私は男先輩殿の忠実な犬であります!!」

    メイド「あの、痛いのですが」

    後輩「おっと、今すぐ病院につれていくであります!!」

    566: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:13:18.34 ID:+zRUq3Ak0
    後輩「犯人は逮捕され、のちのち情報をはくことでしょう」

    後輩「捜査の協力感謝するであります!!」

    後輩「これでこの街はもっと良くなるでありますな!!」

    男(これで、良くなるものか)

    男(この街に流れた亜人排斥の動き、止まらないはずだ)

    男(もう、この街にはいられないだろうな)

    後輩「男先輩殿?」

    男「あ、お前もご苦労ダったな」

    後輩「務めでありますから!!」

    男「後輩………」

    後輩「なんでありますか?」

    男「イや、なんでもない」

    567: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:16:06.47 ID:+zRUq3Ak0
    後輩「私の株も騎士団内であがるはずであります。もう筋肉で考える女なんて陰口言わせないでありますよ!!」

    男(そんなこと言われてたのか)

    男「後輩は、なぜ戦うンだ? 騎士団内でも疎まれている………いや、すまない」

    後輩「迷惑がられているのは事実でありますし、気にしないようにはしているであります」

    後輩「と、私が戦う理由でありますか。単純でありますよ。私にはこれが向いていて、これしかできることがなくて」

    後輩「亜人をぶっ殺したいからであります!」ニカッ

    568: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:22:09.54 ID:+zRUq3Ak0
    ~3年目 第11週~

    男「少し出かけてくる。メイドついてこい」

    ニケ「いいなぁ! おでかけ!!」

    ニケ「あれ、ニケたちにお仕事はないの?」

    男「あァ、今週はな」

    ベル「ま、休めるならいいさ、さーて僕はもう一眠り」

    ニケ「じゃ! 遊ぼうよベルさん!!」ガシッ

    ベル「え、い、いやだ! 僕は遊ばないんだからね! 絶対、絶対だー!!」ズルズルズル

    男(どうやってベルグレインを引っ張ってるんだ?)

    569: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:31:45.01 ID:+zRUq3Ak0
    男(亜人達の事が知られ、話題になっている)

    男(そのせいで今までいくらでも見れた亜人の姿がひとつもない。奴隷市場も閉まっている)

    メイド「ご主人様。いったい街でなにを?」

    男「一応職場を見にな。亜人協力派だっタからなにか不利益でもあルカと思ってな」

    メイド「少なからずあるとは思いますが、気にするようなことでは」

    男「とくに教会だ。正体がばれる前ニ口止めないしは回収シておきたい」

    570: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:35:47.35 ID:+zRUq3Ak0
    メイド「? なにか向こうが騒がしいですわね」

    「なんや! うちに関係あらへんやろ!? 知らんかったんやって!!」

    メイド「………あまり目立ちたくはないですが、面倒事のようですし」

    男「>>571」

    571: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 23:37:34.31 ID:yODtMNzJo
    様子を確認する

    572: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/14(火) 23:53:51.13 ID:+zRUq3Ak0
    発明家「たしかにうちが売ったで!? でも知らんかったんや!!」

    騎士「許可なく危険物を売っているのが問題なのだ」

    発明家「ぐっ………せやかて売らんとうちが餓死してたんや」

    発明家「文句あるならボケ魔術師共の言えや! もともとの原因あいつらやろ!!」

    騎士「とにかくこいっ」グイッ

    発明家「変態! 痴漢! ひーとーさーらーいー!!」

    男(発明家と騎士が揉めている? どうするべきか)

    >>573

    573: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 23:56:43.22 ID:33sDVM1s0
    元中佐の男が「何事だ」と割り込む

    …中佐だっけ?

    575: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:02:51.84 ID:VkGD7XBk0
    男「どうシた」

    騎士「部外者は………あ、お久しぶりです!」ビシッ

    発明家「あ、助けてや! うち逮捕されんねん!」

    騎士「亜人に武器販売をしましたから、男さんの知り合いならなんとか言ってくれませんか」

    発明家「げっ、敵なんか!?」

    男(騎士の味方をすれば騎士団に怪しまれない。発明家の味方をすれば騎士団に怪しまれる。それどころか逃がせば共犯か)

    男(どうするかな)

    >>576

    576: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 00:08:12.94 ID:oQTlWEUFo
    こいつは私に任せておけと言って騎士を去らせる

    579: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:19:07.68 ID:VkGD7XBk0
    男「では私が騎士団まデつれていこう。今いろいろ大変だろウ」

    騎士「お心遣いありがとうございます。それでは頼みました」

    騎士「失礼します!」

    発明家「くぅ~ 女の敵ぃ~!」グスッ

    男「さテ」

    発明家「うちは、うちはわるぅないやろ。包丁買ったやつがその包丁で人殺したら売ったやつが悪いんかー!!」

    男「包丁は料理をスるもの。銃は撃つもノだ」

    発明家「ぐぅ。ぐぅの音がでぇへん。? なんで売ったのが銃やって知ってるん?」

    男「撃たれたのは俺ダ」

    メイド「あと私も」ヒョコッ

    発明家「げっ………はぁ、優しくしてや?」

    男「もういいか」

    発明家「?」

    男「私ノ家はわかるカ?」

    発明家「わからん!」

    男「………ついてこい」

    580: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:24:23.23 ID:VkGD7XBk0
    発明家「なぁ、どこいくん?」

    男「とリあえず助けてはやる」

    発明家「ほんまか!?」

    男「だが今はついテこい」

    発明家「ついてくついてく! 助けてくれるんやったら海でも山でもどこまでも!」

    男「さて次は教会カ」

    581: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:31:36.30 ID:VkGD7XBk0
    シスター「な、なんです貴方たちは」

    騎士「亜人に武器の密売の容疑で逮捕する」

    シスター「私は神に誓ってなにも」

    男(やはりか。さすがに丸く収まりそうにない)

    メイド「騎士2人。鎮圧可能ですが」

    発明家「なぁ、なにやるつもりなん?」

    メイド「お静かに」

    メイド「いかがいたしますか?」スチャッ

    男「>>582」


    582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 00:33:55.11 ID:3LvQFyvN0
    こうなってはどうにもならん
    隠密に素早く処理しろ

    583: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:40:28.89 ID:VkGD7XBk0
    メイド「承りました」

    メイド「対人制圧用のこれ、使ってみたかったんですよね」

    パパパパパパンッ

    騎士「うげっ」

    騎士「ぐはぁっ」

    メイド「死にはしませんわ。脳震盪の後遺症は知りませんけど」

    発明家「うわぉ」

    シスター「な、何事ですか?」

    男「大丈夫か。シスター」

    シスター「殺してしまったのですか?」

    男「気絶してるだけだ。そしていきなりで悪いがドッペルゲンガーに変わってくれ」

    シスター「なぜあの子を…?」

    男「話がある」

    シスター「………」

    ドッペ「なによ、いきなり。助けてくれたのには感謝するけど」

    男「単刀直入に言う。死にたくなければついてこい」

    ドッペ「は? 何言ってるかわからない、意味不明なんだけど?」

    男「時間はない。早くしろ」

    ドッペ「………わかったわよ」

    584: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:43:48.92 ID:VkGD7XBk0
    仕立て屋「いらっしゃいませでございます」

    男「調子はどうだ?」

    仕立て屋「あなたが男様ですね。そちらはメイド様。いつもお世話になっております」

    仕立て屋「そしてそちらは亜人様。そちらは発明家様でございますね?」

    男「!?」

    ドッペ「な、なによあんた」

    発明家「エスパーかいな」

    仕立て屋「貴方様の服がそう言っていますので」

    発明家「エスパーやないか」

    585: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:48:16.80 ID:VkGD7XBk0
    男(これは、まずいか?)

    仕立て屋「きょうはどのような御用で?」

    男「様子を見るたメだ。最近街の雰囲気があれだろう?」

    仕立て屋「たしかに亜人に厳しくはありますね。ですが私は今後とも末永くお付き合いさせていただく所存でして」

    男「…いや、モうその仕事はしない」

    仕立て屋「そう、でございますか」

    仕立て屋「さびしくなりますね」

    男「あぁ、その挨拶だ」

    仕立て屋「ニケライト様を連れてまたのご来店を」

    男「………あぁ」

    586: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 00:56:36.13 ID:VkGD7XBk0
    発明家「あ、みーやん」

    ミーア「あれ? 発明家さん」

    ミーア「どうしたんですか? こんなところで」

    発明家「こいつにナンパされたねん」

    ミーア「………え?」

    メイド「されてませんわよ?」

    ニケ「お客さんだー、いらっしゃいー!」

    ドッペル「どうも。それにしても知ってたけどムカつくぐらい大きな家ね。金もってそう」

    男「数人で暮らすには大きナ家だ」

    ドッペル「五分の一で十分じゃない? 売りなさいよ土地」

    ベル「どうしたのさ僕たち集めて」

    ナグ「………」

    男「荷物を纏めろ。街を出るぞ」

    「え?」

    587: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 01:05:45.97 ID:VkGD7XBk0
    メイド「準備済みですわ」

    ライカ「んーっ! んぐーっ」グルグルマキ

    発明家「なんやこれ、そういう趣味?」

    発明家「………え、うちも?」

    ドッペル「教会あるんだけど」

    男「ここにいてモしかたないだろう」

    男「それにこれの調整もシてもらわないとな」

    発明家「拒否権、はなさそうやな。誘拐経験者?」

    男「そんなことは………」

    発明家「なんで言いよどむんや?」

    ベル「急だね、いきなり」

    男「遅すぎタぐらいだ」

    ニケ「え? え?」

    ナグ「……承知した」

    ミーア「貴方と一緒ならどこまでも」

    ドッペル「わけわからないわ。本当………」

    588: 人外好き ◆HQmKQahCZs 2017/03/15(水) 01:06:14.00 ID:VkGD7XBk0
    今日はここまでです。

    次回 村編です。

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    引用元: 男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (739)
    男女 (56)
    幼馴染 (14)
    兄妹 (21)
    姉弟 (2)
    姉妹・女女 (8)
    父母・夫婦・子供・家族 (25)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (195)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (92)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (90)
    擬人化・人外・動物・ロボット (69)
    著名人 (25)
    ブーン系 (12)
    おんJ・なんJ (127)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (838)
    シンデレラガールズ (585)
    ミリオンライブ (116)
    シャイニーカラーズ (38)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (8)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (55)
    ガールズ&パンツァー (79)
    かぐや様は告らせたい (6)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (113)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (23)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (1)
    グランブルーファンタジー (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (2)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (26)
    けものフレンズ (8)
    コードギアス (3)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (7)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    こち亀 (2)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (3)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (3)
    STEINS;GATE (11)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (3)
    進撃の巨人 (5)
    新世紀エヴァンゲリオン (6)
    スクールガールストライカーズ (5)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (6)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (7)
    ちびまる子ちゃん (5)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (8)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (30)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (4)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (4)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (3)
    化物語 (1)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (2)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (29)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (15)
    BLACK CAT (2)
    プリキュア (6)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (59)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (7)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (3)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (10)
    遊戯王 (19)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (11)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (84)
    リトルバスターズ! (2)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (7)
    笑ゥせぇるすまん (20)
    ワンピース (8)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (16)
    その他 (23)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (1)
    ウマ娘 (3)
    はたらく細胞 (2)
    志衛 (4)
    BLEACH (1)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    BLACK LAGOON (2)
    ぼくたちは勉強ができない (17)
    あそびあそばせ (1)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    イナズマイレブン (2)
    School Days (1)
    魔法少女俺 (1)
    邪神ちゃんドロップキック (1)

    タグクラウド


    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク