FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    西住みほ「堕ちていくほど、美しい」

    1: 津島 2016/04/01(金) 22:11:00.99 ID:sOyMUoJv0

    喪うことの多い生涯を送ってきました。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459516250



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: 津島 2016/04/01(金) 22:11:30.71 ID:sOyMUoJv0

    子供の頃はまだ憧れだった偉大な姉も、歳がゆけば西住の名を背負う存在となり(それは仕方のないことですけれど)、母が私にもそうあれと望み、周りの者に比べられるようになってからは、お化けのような恐ろしい存在になってしまいました。


    3: 津島 2016/04/01(金) 22:12:10.13 ID:sOyMUoJv0

    隊長の妹。西住流の娘。

    名ばかりの七光りとはならぬようにと努力するうちに、愛してやまぬはずの戦車は鉄の檻のように感じられるようになり、私は不安に陥ってしまいました。


    4: 津島 2016/04/01(金) 22:13:25.96 ID:sOyMUoJv0

    私の一生を決定的なものにしたのは、2年前の全国大会の決勝での一件です。

    崖道を走行中に、後輩の乗るIII号戦車が川に滑落し、水没したのです。

    私は我知らず、己の居るフラッグ車から走り出してしまい、結果として我が校は敗れ、10連覇は喪われました。


    5: 津島 2016/04/01(金) 22:13:58.10 ID:sOyMUoJv0

    さて私が行ったからにはその者たちは助かったのかと問われれば、残念ながら、と言うほかありません。

    III号に乗っていた後輩はみな死にました。


    6: 津島 2016/04/01(金) 22:14:46.48 ID:sOyMUoJv0

    「西住先輩、西住先輩、助けてください」


    7: 津島 2016/04/01(金) 22:15:31.04 ID:sOyMUoJv0

    そう言って沈んでいった、後輩の顔を忘れたことはありません。

    伸ばした手をつかんだのに。

    当然私自身も無事とはいかず、しばらくの入院を余儀なくされました。

    敗けたこと、III号の後輩がみな死んだことは、病床で逸見さんから聞いたことです。


    8: 津島 2016/04/01(金) 22:16:21.27 ID:sOyMUoJv0

    逸見さんは怒っていました。


    9: 津島 2016/04/01(金) 22:17:19.45 ID:sOyMUoJv0

    というより、後輩を喪った気持ちと、敗けた口惜しさと、私への怒りが綯い交ぜになってやりきれなかったのだと思います。


    10: 津島 2016/04/01(金) 22:18:05.59 ID:sOyMUoJv0

    逸見さんはあの時、フラッグ車の砲手でしたから、落ちてゆくIII号がよく見えたのです。

    後輩たちがどんな思いで落ちていったかも、きっとわかったはずです。


    11: 津島 2016/04/01(金) 22:18:27.98 ID:sOyMUoJv0

    病室を去る前、逸見さんは、お前が殺したんだ、と言いました。

    それについては、私は何とも申し上げることはできません。


    12: 津島 2016/04/01(金) 22:19:07.17 ID:sOyMUoJv0

    私は病床で、病でもないのに臥せったまま、無為に退院までの日を過ごしました。

    尋ねる人は不在でした。

    ぼんやりと天井を眺めるまま、私も死んでいれば、と思いました。

    何を食べる気にもなれず、点滴の世話になりました。

    1週間程度で、私はすっかり痩せました。

    そうして退院するころには、まるで餓鬼のようでした。


    13: 津島 2016/04/01(金) 22:22:08.27 ID:sOyMUoJv0

    やがて退院の日が来ました。

    迎える人も、不在でした。

    もしかしたら、姉が迎えにきてはくれないかと期待もしたのですが、戦車で来られでもしたら卒倒していたでしょう。

    私はひとりで、わずかな荷物を傍に抱えて家路につきました。


    15: 津島 2016/04/01(金) 22:23:31.98 ID:sOyMUoJv0



    家で私を待っていたのは、恥辱であり、面罵であり、地獄でした。


    16: 津島 2016/04/01(金) 22:24:18.57 ID:sOyMUoJv0


    私が玄関先で何も言えないで、変にもじもじしているのを一瞥した母は、

    「入りなさい」

    と短く言いました。


    17: 津島 2016/04/01(金) 22:25:04.99 ID:sOyMUoJv0


    暗がりを歩くようにおっかなびっくりと家に入る時は、とても敷居が高く感じられました。


    18: 津島 2016/04/01(金) 22:25:44.18 ID:sOyMUoJv0


    眼前に座る母は、和室の戦車柄の襖も相まって閻魔様のように見えました。

    その傍に座っている姉でさえ、まるで地獄の悪鬼悪霊と見まごうほど恐ろしく感じられるのです。

    いつになく険しい顔で、一文字に結んだ口を開こうとはせず、私を睨んだままでいます。


    19: 津島 2016/04/01(金) 22:26:32.44 ID:sOyMUoJv0

    「よくもおめおめと顔を出せたわね、この恥曝し」


    20: 津島 2016/04/01(金) 22:27:14.91 ID:sOyMUoJv0

    おおかたそのようなことを言おうとしていたのか、はたまた私を労わる言葉をかけようとしてくれていたのかは、ついぞわからぬままになりそうです。


    21: 津島 2016/04/01(金) 22:28:04.33 ID:sOyMUoJv0

    「何故フラッグ車を放って救助に行ったの」

    「...え、っと」

    「貴女が助けに行こうと行くまいと、どのみちあの子達は死んでいたわ」

    「っ...ぁ」

    「犠牲無くして勝利は得られないのです」


    22: 津島 2016/04/01(金) 22:29:19.06 ID:sOyMUoJv0

    母が私の心臓に金槌を振り下ろしました。

    私は眼の前が暗くなりました。

    がくりと項垂れ、全身をわなわなと震わせることはできても、なお言葉は出ず、身体も動きません。


    23: 津島 2016/04/01(金) 22:30:09.47 ID:sOyMUoJv0

    勝利のためならば、人死にさえ厭わないと言うのか。

    それではまるで戦争ではないか。

    できることなら、母の言葉を否定しとうございました。

    できることなら、母の喉笛に飛びかかってやりたいところでした。


    24: 津島 2016/04/01(金) 22:30:47.39 ID:sOyMUoJv0

    そうして何もかも葬り去ったのちに、火を以って西住家を灰にしてやろうとも思いました。

    無論そんなことはできようはずもなく、唖のように黙り、瞽のように何も見ていない私を、姉が連れ出してくれました。


    25: 津島 2016/04/01(金) 22:31:22.41 ID:sOyMUoJv0



    部屋で私は、ぼこられ熊を抱きしめて、固まっておりました。

    声は出ず、ただ涙だけが頬を伝います。

    姉は私を見下ろしているばかりです。

    夢なら覚めてほしいと願いました。


    26: 津島 2016/04/01(金) 22:32:29.20 ID:sOyMUoJv0

    しかしこれは天の道理が起こした運命なのだと気づかされ、私はどうしようもない虚無の思いを抱えざるを得ないのです。


    27: 津島 2016/04/01(金) 22:33:00.19 ID:sOyMUoJv0


    お姉ちゃん、と声が漏れました。

    痩せこけた心が絞り出した悲鳴でした。


    28: 津島 2016/04/01(金) 22:35:01.46 ID:sOyMUoJv0

    待っていたのは、武士の情けでした。


    29: 津島 2016/04/01(金) 22:36:12.70 ID:sOyMUoJv0


    「私はもう、お前の姉ではいられないよ」


    30: 津島 2016/04/01(金) 22:36:51.53 ID:sOyMUoJv0

    あとのことは、もう覚えておりません。

    気づけば、私は熊本の生家から、大洗に転がり込んでおりました。

    戦車から逃げ出したのに、また戦車に追い込まれるとは、思いもよらない出来事でした。


    36: 津島 2016/04/02(土) 23:57:26.95 ID:5Tnn/W+A0

    *
    手記を持つ手が震えていた。

    私は頭がおかしくなりそうだった。


    37: 津島 2016/04/02(土) 23:57:58.64 ID:5Tnn/W+A0


    あの子が何を思っていたのかなど、私は知る由もなかった。

    自分の言葉が、あの子にどんな意味を持ったのかもわかっていなかった。

    その結果がこれだ。

    笑い話にさえなるものか。


    38: 津島 2016/04/02(土) 23:58:29.70 ID:5Tnn/W+A0

    西住の名を継ぐ者。戦車道の体現者。

    私はそうあろうと努めてきたし、それ以外の道を知らぬまま生きてきた。


    39: 津島 2016/04/02(土) 23:58:55.04 ID:5Tnn/W+A0


    あの子は、何を求めていたのだろう。

    あの子は、救いを求めていたのだろう。


    40: 津島 2016/04/02(土) 23:59:22.16 ID:5Tnn/W+A0


    傍にあったウォトカを少し呷ると、私は震える手で次の頁をめくることにした。

    素面では、正気を保てそうにない。


    48: 津島 2016/04/03(日) 22:22:52.21 ID:ZVeZtIZf0

    *

    大洗はよい町でした。

    大きくはないけれど、素朴な人々が美しい町でした。

    何よりも友人がいました。


    49: 津島 2016/04/03(日) 22:23:18.95 ID:ZVeZtIZf0


    沙織さんがいて、華さんがいて、優花里さん、麻子さんがいました。

    教室で、誰と話すこともなく、席にいて、ペンを落とし、消しゴムを落とし、拾おうとして机に頭を打つ醜態をさらしていた時、声をかけてくれたのは沙織さんと華さんでした。

    食卓を3人で囲むうちに、仲良くなりました。


    50: 津島 2016/04/03(日) 22:24:00.36 ID:ZVeZtIZf0

    その後のことでした。


    51: 津島 2016/04/03(日) 22:24:27.18 ID:ZVeZtIZf0

    「西住ちゃん?」


    52: 津島 2016/04/03(日) 22:25:06.80 ID:ZVeZtIZf0


    心臓がどきりと跳ね、命の危機を訴えます。

    この時に私のところにきた3人は、生徒会の役員の方だとあとで聞きました。


    53: 津島 2016/04/03(日) 22:25:33.72 ID:ZVeZtIZf0


    「は、はい」

    「大洗にようこそ。戦車道とってね~」


    54: 津島 2016/04/03(日) 22:27:11.21 ID:ZVeZtIZf0

    3人は去って行きました。

    石のように固まった私を、二人が心配してくれました。


    55: 津島 2016/04/03(日) 22:27:54.88 ID:ZVeZtIZf0


    「みほさん、大丈夫ですか」

    「大丈夫...大丈夫だから」

    「顔色悪いよ?保健室行こっか?」

    「いいんです、いいんです」


    56: 津島 2016/04/03(日) 22:28:20.68 ID:ZVeZtIZf0


    「...何かあったのですか?」


    57: 津島 2016/04/03(日) 22:28:53.77 ID:ZVeZtIZf0

    華さんの問いで、私は答えに窮しました。

    そして同時に、ようやくできた友らしい友を喪いはしないかと畏れました。


    58: 津島 2016/04/03(日) 22:30:47.24 ID:ZVeZtIZf0


    「大丈夫だよ。なにか不安なら、言って」


    59: 津島 2016/04/03(日) 22:31:17.63 ID:ZVeZtIZf0

    沙織さんは強いひとでした。

    戦車道という規範など無くても、沙織さんのような女性ならばきっと良妻賢母となるでしょう。

    私は意を決して、経緯を告白したのです。


    60: 津島 2016/04/03(日) 22:31:56.42 ID:ZVeZtIZf0


    戦車道の試合中に、後輩のⅢ号が川に落ちたこと。

    助けようとフラッグ車を放り出して、その結果黒森峰は敗れたこと。

    そしてⅢ号に乗っていた後輩は死に、私も重体になったこと。

    そうした責任や戦車道を棄てて逃げてきたこと。


    61: 津島 2016/04/03(日) 22:32:41.49 ID:ZVeZtIZf0

    全てを話し終えると、二人は深刻そうな顔をしましたが、すぐに一周回って何も感じていないような顔になりました。

    今度は友人を喪った。そう思いました。


    62: 津島 2016/04/03(日) 22:33:07.02 ID:ZVeZtIZf0


    ところが背を向けて去ろうとすると、二人は私を引き止めるのです。


    63: 津島 2016/04/03(日) 22:34:37.87 ID:ZVeZtIZf0


    幸せなことに、二人は私を案じてくれました。

    行かずともよい、と言ってくれました。

    もし生徒会が何か言ってきたら、直談判してあげるとまで言ってくれました。

    二人のおかげで、かりそめとはいえ安心が得られました。


    64: 津島 2016/04/03(日) 22:35:08.24 ID:ZVeZtIZf0

    悪夢はそこから始まりました。


    73: 津島 2016/04/07(木) 23:52:58.60 ID:RnEfYJDs0

    *

    ウォトカの瓶が転がっている。

    一つや二つではない。

    吐き気を催すほど、身を抉られるほど、読むのが辛い。

    私がここにいること、今生きていることさえもが、あの子を苦しめていたように思える。

    頭を抱えてうずくまっていると、声がした。


    74: 津島 2016/04/07(木) 23:53:32.48 ID:RnEfYJDs0

    「大丈夫ですか、しほさん」

    振り返ると菊代さんであった。


    75: 津島 2016/04/07(木) 23:54:07.92 ID:RnEfYJDs0

    大丈夫です、と短く答えてから、手記に向き直った。

    目を背けるわけにはいかない。

    それは許されない。


    76: 津島 2016/04/07(木) 23:54:59.71 ID:RnEfYJDs0

    *
    その日の放課後に、生徒はみな体育館に集まるようにと放送がありました。

    行ってみれば何のことはなく、戦車道のプロパガンダ映画の上映でした。


    77: 津島 2016/04/07(木) 23:56:08.74 ID:RnEfYJDs0

    乙女の嗜み。良妻賢母となる為に進むべき道。


    78: 津島 2016/04/07(木) 23:56:55.04 ID:RnEfYJDs0


    規範。


    79: 津島 2016/04/07(木) 23:58:01.78 ID:RnEfYJDs0

    熱狂する女生徒たちは、それが人を死に至らしめうるものであることを忘れているようでした。


    80: 津島 2016/04/07(木) 23:58:44.91 ID:RnEfYJDs0


    戦車とはもとより、戦争のための兵器です。二度の世界大戦でも用いられ、今日では武道です。

    人を殺すための道具であるにも関わらず。


    81: 津島 2016/04/07(木) 23:59:52.90 ID:RnEfYJDs0

    いかに特殊カーボンに護られていようと、防げるのは砲弾と銃弾に過ぎません。

    それすら不安な時だってあるのですから。


    83: 津島 2016/04/08(金) 00:01:00.98 ID:WehW0Hup0


    昨年の全国大会で命を落とした赤星さんたち後輩のことは、無かったことにされたのです。


    85: 津島 2016/04/08(金) 00:01:47.40 ID:WehW0Hup0

    私にとって何より辛かったのは、私の味方になってくれた沙織さんも華さんも他の女生徒たちと同様に、生徒会が煽った熱狂にあてられていることでした。

    願わくば、少なくとも二人には戦車道などという恐ろしいものには触れもせずに生きていて欲しいと思っていたのです。


    86: 津島 2016/04/08(金) 00:02:17.07 ID:WehW0Hup0


    私は既に、戦車道で近しい人を喪っていたからです。


    92: 津島 2016/04/09(土) 01:05:49.97 ID:NNwyxT3D0

    翌日のことです。

    蛇が蛙を睨むように、私は履修登録用紙に睨まれていました。


    93: 津島 2016/04/09(土) 01:06:33.72 ID:NNwyxT3D0

    戦車道という単語さえ、私を窒息させるに足るのです。


    94: 津島 2016/04/09(土) 01:07:00.28 ID:NNwyxT3D0

    死体のように固まっている私を見かねてか、二人は心配そうに私の顔を覗き込んでいます。


    95: 津島 2016/04/09(土) 01:08:06.54 ID:NNwyxT3D0


    逃げることは容易いのでした。

    けれども、一人でその道を行く勇気は無いのでした。


    96: 津島 2016/04/09(土) 01:09:42.09 ID:NNwyxT3D0

    沙織さんは、わかった、と一言言って、幸せにも私に合わせてくれました。

    私は胸のつかえが取れたようでした。


    97: 津島 2016/04/09(土) 01:10:54.62 ID:NNwyxT3D0


    これで少なくとも、やっとできた友人を、また戦車で喪うことはないと思えたからです。


    98: 津島 2016/04/09(土) 01:11:48.74 ID:NNwyxT3D0

    翌日の昼、校内放送がありました。


    99: 津島 2016/04/09(土) 01:12:21.15 ID:NNwyxT3D0

    『西住みほ、生徒会室に出頭せよ』


    100: 津島 2016/04/09(土) 01:13:21.71 ID:NNwyxT3D0

    私は震え上がりました。

    死の宣告をされた気分でした。

    取り落とした箸が情けなく転がって行き、体はどうしようもなく強張っています。


    101: 津島 2016/04/09(土) 01:14:15.33 ID:NNwyxT3D0

    私の顔はきっと青ざめていたでしょう。


    103: 津島 2016/04/09(土) 01:14:59.64 ID:NNwyxT3D0


    幸いなことに、二人が寄り添ってくれました。

    そのおかげで、なんとか生徒会室にはたどり着けました。


    104: 津島 2016/04/09(土) 01:15:35.51 ID:NNwyxT3D0


    鉄塊の様な扉を開けると、生徒会の方が揃い踏みでした。

    案の定、何故戦車道を選択しないのかと詰問されました。


    105: 津島 2016/04/09(土) 01:16:06.48 ID:NNwyxT3D0


    「私、戦車道が嫌で、この学校に...」

    「取ってくれなきゃ困るんだよねぇ」


    106: 津島 2016/04/09(土) 01:16:56.66 ID:NNwyxT3D0


    駄々をこねる子供を見るような調子で、私を横目に見ながらそう言うのです。


    107: 津島 2016/04/09(土) 01:17:41.27 ID:NNwyxT3D0

    その傍らでは、広報の河嶋さんがこれはどういう事だと履修登録用紙を突き出していて、また副会長の小山さんが我が校はお終いですと嘆き悲しんでいました。


    108: 津島 2016/04/09(土) 01:18:15.08 ID:NNwyxT3D0

    みほが戦車道を取らねばならぬ道理などない、生徒の規範たる生徒会が道理を捻じ曲げようというのか、と沙織さんと華さんは臆することなく声をあげてくれました。

    けれども、二人はそれほど戦車道に抵抗を示しているわけではないのでした。


    109: 津島 2016/04/09(土) 01:19:12.84 ID:NNwyxT3D0


    何故生徒会が私にそこまでこだわるのかはのちにわかるのですが、この時はまだそんなことおくびにも出ず、私は混乱し怯えるばかりでした。

    事情もわからず渦中に放り込まれるほど、心にのしかかるものはありません。


    110: 津島 2016/04/09(土) 01:20:30.25 ID:NNwyxT3D0


    本当はどこかで戦車道をやりたいと思っているであろう二人に申し訳なくなり、私は我知らず、やります、と口走っていました。

    これが良いことだったのかは、未だに答えを出せずにいます。


    111: 津島 2016/04/09(土) 01:21:16.24 ID:NNwyxT3D0

    そして図らずも、追い込まれていることに気づかずに、逃げ出したはずの戦車に自ら足を踏み入れていたのです。

    今思えば、なんと愚かだったことか。


    112: 津島 2016/04/09(土) 01:21:44.69 ID:NNwyxT3D0


    *
    夜が明けていた。

    暗い家の中に、青白い光が浮かび上がっている。

    足取りはおぼつかないけれど、顔を洗うことにした。


    113: 津島 2016/04/09(土) 01:22:25.00 ID:NNwyxT3D0


    顔を上げて鏡を見た。

    写っていたのは、まるで死者だった。


    114: 津島 2016/04/09(土) 01:22:58.98 ID:NNwyxT3D0

    みほの苦しみは、どれほどのものだっただろう。

    私が最後に見たあの子の姿は、どんなだっただろう。

    振り向いて、家の中を見回してみても、記憶は浮かんでこないのだ。


    115: 津島 2016/04/09(土) 01:24:28.33 ID:NNwyxT3D0

    あの子はどんな風に笑う子だったか。

    考えてみれば、まほの笑った顔も覚えていない。

    私さえ、笑った記憶がない。


    116: 津島 2016/04/09(土) 01:25:26.08 ID:NNwyxT3D0

    私は、みほのことも、まほのことも、何も知らなかったのだ。

    娘としてでなく、西住流の後継者としてしか見ていなかった。


    117: 津島 2016/04/09(土) 01:27:09.98 ID:NNwyxT3D0


    今更悔やんでも、悔やみきれない。


    126: 津島 2016/04/12(火) 20:23:02.68 ID:/bxXoDww0

    *
    私が戦車道を取るとなってからは早いものでした。

    総勢22名が集められ、目の当たりにしたのはガラクタの様なⅣ号戦車1輌でした。

    経験者ではない私以外も、これだけかと疑問を口にしています。


    127: 津島 2016/04/12(火) 20:23:47.47 ID:/bxXoDww0


    「書類上はまだ残っているはずだ。捜せ」


    128: 津島 2016/04/12(火) 20:24:20.50 ID:/bxXoDww0


    河嶋さんはそう言い、会長は愉快そうに笑っているだけでした。小山さんは力なく首を振っています。

    大洗の戦車道は、戦車の調達から幕を開けたのです。


    129: 津島 2016/04/12(火) 20:25:20.75 ID:/bxXoDww0


    けれども、まずⅣ号の装甲に触れてみれば、まだまだ活きの良いもので、整備さえすれば戦闘は可能な車輛でした。

    単砲身の威力は些か心許ないですし、錆など長い間放置されていたらしき傷が心配でしたが、自動車部の皆さんが一晩で修復してくださいました。


    130: 津島 2016/04/12(火) 20:25:51.33 ID:/bxXoDww0


    しかし、1輌では試合など夢想に過ぎません。


    131: 津島 2016/04/12(火) 20:26:24.77 ID:/bxXoDww0


    皆さんの懸命な捜索活動により、Ⅲ号突撃砲、八九式中戦車、38t、M3リーを発見することができました。

    沼に沈められていたものもあったり、森に棄てられていたようなものもありましたが、一人一人の協力と自動車部の皆さんの尽力でどうにか全ての戦車が完璧に修復されたのです。


    132: 津島 2016/04/12(火) 20:27:12.47 ID:/bxXoDww0

    また捜索の傍ら、友人であり、戦車の専門家でもある優花里さんに巡り会えました。

    戦車道の経験はないとのことでしたが、経験不足を補って余りある知識と洞察力は、経験者のほぼいない大洗にとっては願ってもないアドヴァイザーでした。


    133: 津島 2016/04/12(火) 20:27:47.64 ID:/bxXoDww0


    何より、数少ない私の友人でした。


    134: 津島 2016/04/12(火) 20:28:18.05 ID:/bxXoDww0


    それから、遅れて登校した日に、綿毛のようにふらついていた女生徒に出会いました。

    それが麻子さんでした。


    135: 津島 2016/04/12(火) 20:28:44.42 ID:/bxXoDww0


    あまりにふらふらしているので、肩を貸したことを覚えています。

    聞けば、低血圧ゆえに遅刻ばかりしているとのことです。風紀委員長の園さんが憤慨なさっていました。


    136: 津島 2016/04/12(火) 20:29:58.99 ID:/bxXoDww0


    何日か後、陸自の教官を招いて指導を請うと聞きました。


    137: 津島 2016/04/12(火) 20:30:24.38 ID:/bxXoDww0


    その日、輸送機から落下傘で投下された10式は、学園長の車を破壊してから私たちに向かってきました。

    44トンの重量は軽量な部類といえど、車を潰すには充分です。


    138: 津島 2016/04/12(火) 20:30:51.09 ID:/bxXoDww0


    しかしそんなことは皆、意に介さない様子でした。


    139: 津島 2016/04/12(火) 20:31:40.30 ID:/bxXoDww0

    中から現れた女性は蝶野さんと言いました。


    140: 津島 2016/04/12(火) 20:32:32.24 ID:/bxXoDww0

    私が西住の娘であることに気づかなかったのか、はたまた気づかないふりをしてくれていたのかは定かではありませんけれど、私に注目しないでいてくれたのは僥倖でした。

    しかし、その後の経験はあの時以来の恐ろしいものでした。


    141: 津島 2016/04/12(火) 20:33:00.86 ID:/bxXoDww0


    基礎訓練もままならぬのに、教官はいきなり実戦を指示したのです。

    危険ですと言っても、大丈夫だと言って聞かぬのです。


    142: 津島 2016/04/12(火) 20:33:49.34 ID:/bxXoDww0

    愉快そうに、会長は笑っています。

    そうして、なし崩し的に模擬戦が始まったのです。


    143: 津島 2016/04/12(火) 20:34:17.84 ID:/bxXoDww0


    戦車に乗ったこともない素人をいきなり戦車に乗せて戦わせるということは、子供に銃を持たせるほど危険なことなのに。


    144: 津島 2016/04/12(火) 20:43:09.19 ID:/bxXoDww0


    問題なのはそれだけではありません。

    私は戦車に乗ると、動悸と頭痛に悩まされるようになっていたのです。


    145: 津島 2016/04/12(火) 20:43:39.68 ID:/bxXoDww0

    とはいえ、この時はまだそれほど深刻ではありませんでしたから、なんとか堪えておりました。


    146: 津島 2016/04/12(火) 20:44:37.99 ID:/bxXoDww0

    車長は沙織さん、操縦手は華さん、砲手は優花里さん、装填手は私。

    ひとまず通信手は置かずに模擬戦が始まりました。個人の殲滅戦です。


    147: 津島 2016/04/12(火) 20:47:26.79 ID:/bxXoDww0

    試合開始から10分も経たぬうちに、こちらに八九式の砲撃が浴びせられました。


    148: 津島 2016/04/12(火) 20:48:05.41 ID:/bxXoDww0

    車長の沙織さんは、先ほどまではまだ元気でしたけれど、今や半狂乱で、もうやだと泣き叫んでいます。

    操縦手の華さんは、無理もありませんが初めての操縦にまごついています。

    砲手の優花里さんは、沙織さんとは反対に初めての戦車に高揚していました(一種のcombat highでしょうか)。


    149: 津島 2016/04/12(火) 20:48:32.99 ID:/bxXoDww0

    私は砲塔脇のハッチから周囲を観察しつつ、冷静さを欠いた沙織さんを励まして指示を出しました。


    150: 津島 2016/04/12(火) 20:48:59.00 ID:/bxXoDww0


    その時、演習場だというのに草っ原で昼寝している麻子さんがいたのですから、全く肝の冷える思いがしました。


    151: 津島 2016/04/12(火) 20:49:27.01 ID:/bxXoDww0

    戦車の外は危険極まりないので、私たちは麻子さんを車内に収容して向こう岸に向かうため、吊橋を渡ろうとしました。


    152: 津島 2016/04/12(火) 20:49:56.34 ID:/bxXoDww0


    不覚にも、そのすぐそこにはⅢ突がいたのです。


    153: 津島 2016/04/12(火) 20:50:26.37 ID:/bxXoDww0

    砲撃を受けましたがまだ撃破はされておらず、それなのにⅣ号は動きを止めたのでした。

    目をやれば、華さんがぐったりと横たわっていて、失神したのだと直ぐに合点がいきました。


    154: 津島 2016/04/12(火) 20:50:58.73 ID:/bxXoDww0

    Ⅳ号の直下は川が流れており、このまま砲撃を浴びていては落ちてしまいます。

    私はどうなっても構いませんが、この人たちをここに沈めてはならない。


    155: 津島 2016/04/12(火) 20:51:24.79 ID:/bxXoDww0

    そう思った私が操縦手を替わるために華さんを通信手席に座らせていると、俄かにⅣ号が命を取り戻しました。

    覚醒した麻子さんが説明書を片手に、まるで手足のようにⅣ号を乗りこなしています。


    156: 津島 2016/04/12(火) 20:51:54.57 ID:/bxXoDww0


    「西住さんには借りがある。ここは任せてくれ」

    これなら、と感ぜられました。


    157: 津島 2016/04/12(火) 20:52:21.33 ID:/bxXoDww0

    麻子さんは手早く吊り橋を渡りきると、草陰に車体を潜めました。


    158: 津島 2016/04/12(火) 20:52:48.81 ID:/bxXoDww0


    「優花里さん、あのⅢ突を破ってください」

    「はい」


    159: 津島 2016/04/12(火) 20:53:16.77 ID:/bxXoDww0

    優花里さんは先ほどの興奮が嘘のように落ち着いていました。

    冷静に、教えてもいないシュトルヒ計算を淡々とこなし、一撃でⅢ突を撃破したのです。


    160: 津島 2016/04/12(火) 20:53:49.10 ID:/bxXoDww0


    味方である私さえ恐れを抱くほどに、鮮やかな砲撃でした。

    背後で橋を渡り終えた八九式も、すぐに撃破してくれました。


    161: 津島 2016/04/12(火) 20:54:23.18 ID:/bxXoDww0

    近くにいたM3リーは泥糠に嵌ってエンジンが燃えてしまったらしく、また残る38tも優花里さんが撃破して、この危なげない模擬戦は幕を閉じました。


    162: 津島 2016/04/12(火) 20:54:49.74 ID:/bxXoDww0

    蝶野さんが試合終了を告げ、毒にも薬にもならないお言葉でもって演習は終わりになりました。


    163: 津島 2016/04/12(火) 21:00:43.12 ID:/bxXoDww0

    現状はこれで充分だということになり、河嶋さんの一本締めで解散になりました。


    164: 津島 2016/04/12(火) 21:01:09.72 ID:/bxXoDww0

    練習試合の話も早く、来週の寄港時にはSaint. Glorianaとの練習試合があると聞かされ、暗澹たる思いになったものです。

    それでも、私は年端もいかぬ頃から戦車に乗ってきましたから、持ち合わせている情報と西住流仕込みの経験で戦力の差を埋めることを必死に考えました。


    165: 津島 2016/04/12(火) 21:02:00.98 ID:/bxXoDww0

    採用されたのは河嶋さんの作戦でしたが、あの校にはそれほど有効な作戦とは言えぬものでした。


    166: 津島 2016/04/12(火) 21:02:30.67 ID:/bxXoDww0


    待ち伏せはあらゆる戦いにおいて基本中の基本ですし、真っ先に警戒すべき点の一つです。

    流派はどうあれ、その程度の作戦ならば容易く撃ち破る力を持ち合わせた高校が、Saint. Glorianaという強豪なのです。


    167: 津島 2016/04/12(火) 21:03:52.54 ID:/bxXoDww0


    その上当時の私たちには、作戦を完遂するだけの戦車も練度もありませんでした。


    168: 津島 2016/04/12(火) 21:04:20.08 ID:/bxXoDww0

    私は脅されるようにして引き込まれた身であるし、若輩者の部類に入ると頭ではわかっていましたけれども、口を出さずにはいられませんでした。


    169: 津島 2016/04/12(火) 21:04:50.56 ID:/bxXoDww0


    案の定と言うべきか、結果は河嶋さんを激昂させただけでした。


    170: 津島 2016/04/12(火) 21:05:16.91 ID:/bxXoDww0


    「黙れ。私に文句があるならお前が隊長をやれ」


    171: 津島 2016/04/12(火) 21:06:10.42 ID:/bxXoDww0

    言い分としては尤もです。

    未経験者ばかりの中で、河嶋さんは年長者として、隊を率いていかなければならない重圧もあったのでしょうが、私には青天の霹靂みたいな大声でした。


    172: 津島 2016/04/12(火) 21:06:47.25 ID:/bxXoDww0

    会長が河嶋さんを宥め、ひとまずその場は取り持たれました。


    181: 津島 2016/04/13(水) 23:18:06.96 ID:TV7I0Cox0

    試合の日、大洗の港にはSaint. Glorianaの学園艦がそびえ立っていました。

    私は、マチルダⅡやチャーチルが列を成して大洗の町へと下って行くのを眺めながら、なんとなく胃の痛い思いにふけっていました。


    182: 津島 2016/04/13(水) 23:18:48.30 ID:TV7I0Cox0


    やはり戦車の中に入ると、あの時の光景が脳裏に浮かぶのです。


    183: 津島 2016/04/13(水) 23:19:37.79 ID:TV7I0Cox0

    ひどい時には何もしていなくても助けを求める声が聞こえるほどでした。


    184: 津島 2016/04/13(水) 23:20:27.81 ID:TV7I0Cox0


    そして私は、一人で誰にも見られない部屋に篭り、会長に頂いたセルシンを腕に注射しました。

    今になってから思いますけれど、これは明瞭な選択の誤りでした。


    185: 津島 2016/04/13(水) 23:22:09.09 ID:TV7I0Cox0

    戦場に赴くのにクスリが必要だなんて、まるでゲリラか少年兵です。

    それでも、クスリのおかげかなんとか平静は保てました。


    186: 津島 2016/04/13(水) 23:22:59.70 ID:TV7I0Cox0


    それが我が身を蝕んでゆくとも知らずに。


    198: 津島 2016/04/14(木) 22:36:39.81 ID:327i9k410

    練習試合の日の何日か前のことです。


    199: 津島 2016/04/14(木) 22:37:13.35 ID:327i9k410

    日増しに悪くなっていく動悸と頭痛は耐えかねるものになってしまいました。

    顔色が悪い、と指摘されることさえも頭痛の種になるようです。

    幻聴があった時には、もう限界だと思いました。


    200: 津島 2016/04/14(木) 22:37:51.55 ID:327i9k410

    もう駄目です、と会長に言いました。


    201: 津島 2016/04/14(木) 22:38:23.06 ID:327i9k410


    会長は、いい医者がいる、とだけ答えられました。


    202: 津島 2016/04/14(木) 22:38:53.16 ID:327i9k410


    この時になってようやく、この人は、私がどのような経緯でここに来たのかをわかった上で、私がこうなることをわかった上で、私に戦車道を強いたのだと悟ったのです。


    203: 津島 2016/04/14(木) 22:39:36.23 ID:327i9k410

    私はもう既に、怒ることも出来ぬほど疲弊していました。


    204: 津島 2016/04/14(木) 22:41:38.26 ID:327i9k410

    次の日、会長に手渡されたのは、幾つかの使い捨ての注射器とセルシンのアンプルでした。

    覚醒剤やなんかとは違って簡単にできるし合法だから、辛い時に使いなよと言われました。


    205: 津島 2016/04/14(木) 22:42:04.63 ID:327i9k410

    その言葉は、偽りではないようでした。


    206: 津島 2016/04/14(木) 22:43:42.32 ID:327i9k410

    さて試合会場に行ってみると、大洗の戦車隊は仰天の有様でした。

    38tは黄金色に、M3リーは桃色、Ⅲ突は派手な色に車高の低さを打ち消すような4本の幟。

    八九式に至っては、バレー部復活を願う語句がアカのデモ隊みたいな書体で車体に書き込んでありました。


    207: 津島 2016/04/14(木) 22:44:32.61 ID:327i9k410

    絶句する私をよそに、皆誇らしげでした。


    208: 津島 2016/04/14(木) 22:45:06.30 ID:327i9k410

    これでは擬態効果など微塵も望めませんが、考えてみれば迷彩云々は教えた覚えもありません。

    ですから、もう何も言わぬことにしました。


    219: 津島 2016/04/18(月) 20:52:34.56 ID:LYxkpJFU0

    蝶野さんの号令で、試合開始が告げられました。


    220: 津島 2016/04/18(月) 20:53:13.13 ID:LYxkpJFU0

    めいめいが戦車に乗り込み、大洗の、他校とは初の実戦が幕を開けました。

    幸いにもあちらのご厚意で、こちらよりも少し多い程度の編成で試合をしてくださるとのことでした。


    221: 津島 2016/04/18(月) 20:53:48.84 ID:LYxkpJFU0


    私たちの現在位置を知る良い機会ですから、無駄にしてはなりません。


    222: 津島 2016/04/18(月) 20:55:06.72 ID:LYxkpJFU0

    最初の模擬戦とは編成を変え、砲手を華さん、装填手を優花里さん、通信手を沙織さん、そして沙織さんの説得で加わってくれた麻子さんを操縦手、車長が私になりました。

    先に指定位置でⅣ号以外を待ち伏させ、私たちは偵察に出ました。


    223: 津島 2016/04/18(月) 20:56:15.14 ID:LYxkpJFU0

    河嶋さんの作戦通りに待ち伏せを成功させるには、まず大洗の戦車では火力に、次に機動力に劣ります。

    ですから、そこを腕と頭で補わねばなりませんでした(この時点ではそうする間もありませんでしたが)。


    224: 津島 2016/04/18(月) 20:56:51.25 ID:LYxkpJFU0


    見下ろした崖からチャーチル、マチルダⅡを確認し、おびき寄せるために一発、撃てと指示をしました。

    ぎこちなくはありますが、華さんは着実に一角の砲手に大成しつつあるようでした。

    当てられませんでしたと申し訳なさそうにしていましたが、どのみちあの距離と単砲身では当たったところで擦り傷になるかならないかですから、気にしないように言ってから離脱しました。


    225: 津島 2016/04/18(月) 20:58:22.95 ID:LYxkpJFU0


    沙織さんが無線で砲撃準備を指示し、敵戦車をキルゾーンへ誘導したと思ったら、次の瞬間には味方から砲撃されていました。


    226: 津島 2016/04/18(月) 20:58:59.27 ID:LYxkpJFU0

    Ⅳ号に当たった訳ではありませんでしたが、味方に撃たれるのはぞっとしないものです(最初に私たちに撃ったのは生徒会の38tでしたから、嫌われているのだろうかとも思いましたが、今までの射撃訓練を思い返してみれば理由は察しがつきました)。


    227: 津島 2016/04/18(月) 21:00:13.14 ID:LYxkpJFU0

    そしてやはりSaint.Gloriana相手に待ち伏せは通じず、彼女たちは私たちの攻撃を意に介さないかのようにこちらを包囲し始めました。


    228: 津島 2016/04/18(月) 21:00:52.29 ID:LYxkpJFU0


    マチルダⅡとチャーチルの猛攻に恐れをなしたのか、M3リーの一年生たちは戦車から飛び出して行きました。

    キューポラから見えたその背中に向かって、外に出てはだめですと叫びましたが、既に遅く、あの子たちは逃げて行ってしまいました。


    229: 津島 2016/04/18(月) 21:01:30.22 ID:LYxkpJFU0


    カーボンで守られているのは車内だけですから、外に生身を晒せば何があるかわかったものではありません。

    逃げた生徒のすぐ近くに着弾したときにはもう、クスリを打っていなければ卒倒していたでしょう。幸いにも、みな無事ではいてくれましたけれど。


    230: 津島 2016/04/18(月) 21:01:57.74 ID:LYxkpJFU0

    無人となったM3リーは撃破されました。


    239: 津島 2016/04/22(金) 23:05:24.85 ID:XXWJaIDA0

    そうこうしているうちに、38tは履帯が外れたらしく、窪地に嵌っていました。

    浅い窪地なら履帯さえ直せば這い出すことはできますし、市街地まで退いてから遭遇戦に持ち込む以外に取るべき道はありません。

    五体満足なⅢ突と八九式を従え、私たちは大洗の町へと下りました。


    240: 津島 2016/04/22(金) 23:06:44.09 ID:XXWJaIDA0

    マリンタワーを右に、学園艦前を通過しつつ、遭遇戦の指示を出しました。

    私以外はみな多かれ少なかれ大洗ないし茨城県の出身ですから、私よりも土地勘があります。

    Ⅲ突のエルヴィンさんと八九式の磯辺さんの頼もしい返答を聞いてから、私たちも市内へと身を潜めました。


    241: 津島 2016/04/22(金) 23:07:23.19 ID:XXWJaIDA0

    しばらく後に、それぞれから1輌撃破という話を聞いたときには胸が躍ったものです。


    242: 津島 2016/04/22(金) 23:08:14.68 ID:XXWJaIDA0


    けれども、その直後に被撃破報告を聞いたときには、背筋の凍る思いでした。

    残っているのは私たちだけです、と優花里さんが溢しました。


    243: 津島 2016/04/22(金) 23:09:35.98 ID:XXWJaIDA0


    そこに、こちらへ向かってくるマチルダⅡとチャーチルが見えたのです。


    244: 津島 2016/04/22(金) 23:10:28.85 ID:XXWJaIDA0

    急いでください、と言い切らぬうちに麻子さんはわかっていたようにⅣ号を急加速させました。


    245: 津島 2016/04/22(金) 23:12:17.85 ID:XXWJaIDA0

    それなりに足も速く、練度の高いSaint. Gloriana戦車隊の追撃をⅣ号で振り切る麻子さんは、到底戦車に乗って日の浅い者の動きではなく、熟練の手練です。

    しかし、折り悪く中断した工事現場に追い込まれてしまいました。


    246: 津島 2016/04/22(金) 23:15:19.28 ID:XXWJaIDA0

    前に降りた時には無かったんだ、と麻子さんが舌打ちし、背後には敵戦車が揃い踏みです。

    報告よりも1輌多いように見えましたが、よく見れば1輌は燃料タンクが破損しているのみです。


    247: 津島 2016/04/22(金) 23:16:59.66 ID:XXWJaIDA0


    ふと、チャーチルから金髪の女性が姿を現しました。

    こんな格言を知っているかと問うのです。


    248: 津島 2016/04/22(金) 23:17:43.52 ID:XXWJaIDA0


    「英国人は恋と戦争では手段を選ばない」

    これは恋でも戦争でもない、と叫びたくなるような気持ちでした。


    249: 津島 2016/04/22(金) 23:18:36.66 ID:XXWJaIDA0

    そこへ、生徒会の38tが間を割って到着したのです。


    250: 津島 2016/04/22(金) 23:19:13.98 ID:XXWJaIDA0


    一発、砲撃が響きました。

    砲弾は虚空を舞い、返答が4つ。

    38tは虚しく敗れ去りました。


    251: 津島 2016/04/22(金) 23:20:09.38 ID:XXWJaIDA0

    けれども、その機会を無駄にはせずに、私たちは脇道に逃げ込みました。

    すれ違いざま、38tを陰にマチルダⅡを1輌撃破しました。

    道の突き当たりから顔を出した他のマチルダⅡも2輌撃破し、残るは私たちとチャーチルだけになりました。


    252: 津島 2016/04/22(金) 23:22:16.97 ID:XXWJaIDA0

    Ⅳ号でチャーチルを破るには、弱点を近距離から射抜かなければなりません。

    皆さんを信頼し、チャーチルの側面に回り込むように指示を出しました。


    253: 津島 2016/04/22(金) 23:22:45.30 ID:XXWJaIDA0

    刹那ののち、はたして白旗はⅣ号から上がったのです。


    254: 津島 2016/04/22(金) 23:23:31.77 ID:XXWJaIDA0

    回収車に運ばれてくる戦車を眺めながら、私はなんだかよくわからない幸福感に包まれていました。

    あれほど嫌だった戦車に乗った後で、なぜ幸せを感じるのでしょう。クスリのせいでしょうか。

    ぼんやりしていると、Saint. Glorianaの方々がいらっしゃいました。


    255: 津島 2016/04/22(金) 23:24:16.42 ID:XXWJaIDA0

    あのチャーチルに乗っていた方々で、隊長はダージリンさんと言いました(Saint. Glorianaの戦車道は幹部クラスの生徒のみ、紅茶の銘柄を名前として襲名するのだそうです。本名はのちに伺いましたが、ここには記しません)。


    256: 津島 2016/04/22(金) 23:26:28.89 ID:XXWJaIDA0

    名前を聞かれ、私は焦燥に駆られました。

    しかし誤魔化す訳にもいかず、名を名乗りました。


    257: 津島 2016/04/22(金) 23:27:08.74 ID:XXWJaIDA0

    ダージリンさんは、合点がいったような顔で、お姉さんとは随分違うのね、とおっしゃいました。

    楽しかった、と一言残し、Saint. Gloriana の皆さんは帰って行きました。


    258: 津島 2016/04/22(金) 23:28:03.71 ID:XXWJaIDA0

    その後、沙織さんに連れられ、大洗の町を楽しんだ後は帰艦が出航のギリギリになってしまいました。

    するとなにやら、一年生たちが勢ぞろいでした。

    逃げ出したりして申し訳ない、と言うのです。


    259: 津島 2016/04/22(金) 23:29:36.28 ID:XXWJaIDA0

    人に謝ることはあっても、謝られたことのなかった私は、ちょっと返答にまごつきましたけれど、無事でよかった、くらいのことは言えました。

    そこに居合わせた会長からは、次から作戦は西住ちゃんに一任すると言われ、一つ、籠を手渡されました。


    260: 津島 2016/04/22(金) 23:30:10.75 ID:XXWJaIDA0

    紅茶のティーセットと、ダージリンさんからのメッセージカードでした。


    261: 津島 2016/04/22(金) 23:30:58.47 ID:XXWJaIDA0


    貴女のお姉さんよりも面白い試合だったわ、と書いてありました。


    262: 津島 2016/04/22(金) 23:31:43.34 ID:XXWJaIDA0

    Saint. Glorianaは認めた相手にティーセットを贈るから、西住殿が認められたのです、と優花里さんは喜んでいるようでしたが、あまり頭に入っては来ませんでした。

    そうして、大洗の初の実戦は幕を閉じました。


    271: 津島 2016/04/24(日) 21:45:11.97 ID:Pv36NlMi0

    1週間後、全国大会予選の抽選会が行われました。


    272: 津島 2016/04/24(日) 21:45:52.15 ID:Pv36NlMi0

    大洗の番号は8。縁起の良い数字ですが、巡り合わせは悪く、強豪の一角たるサンダース大附属高校が一回戦の相手になりました。

    けれども、フラッグ戦であることと、試合毎の車輌数制限を鑑みれば勝つことが全くの不可能ではありません。


    273: 津島 2016/04/24(日) 21:46:34.26 ID:Pv36NlMi0

    戦車喫茶の席で項垂れる皆さんを励ましていた時でした。


    274: 津島 2016/04/24(日) 21:47:22.09 ID:Pv36NlMi0


    「...副隊長?」


    275: 津島 2016/04/24(日) 21:48:08.58 ID:Pv36NlMi0

    振り向くと、逸見さんと姉でした。


    276: 津島 2016/04/24(日) 21:49:07.16 ID:Pv36NlMi0

    私はもうお前の姉ではいられない。

    お前が殺したんだ。


    277: 津島 2016/04/24(日) 21:49:56.14 ID:Pv36NlMi0

    いつかの情景が眼前に浮かんでは消えました。

    フォークを落としたことにも気づかずに、私は石のように固まっていたようです。


    278: 津島 2016/04/24(日) 21:51:31.39 ID:Pv36NlMi0

    我に帰ると、私以外の皆さんと逸見さんが言い争っているようでした。

    あの時の西住殿は間違っていませんでした、という優花里さんの言葉は心を撫でるようで、胸に刺さるようでもありました。


    279: 津島 2016/04/24(日) 21:52:34.76 ID:Pv36NlMi0

    姉は、まだ戦車道を続けていたんだな、と短く言いました。


    280: 津島 2016/04/24(日) 21:53:07.49 ID:Pv36NlMi0


    姉の顔には表情と呼べるものが浮かんでいませんでした。


    281: 津島 2016/04/24(日) 21:53:44.45 ID:Pv36NlMi0

    私自身は何も言えないまま、二人は去って行きました。

    けれども、去り際に、逸見さんがばつの悪そうな顔で言った言葉はまだ覚えています。


    282: 津島 2016/04/24(日) 21:54:14.39 ID:Pv36NlMi0


    逸見さんは、あんなこと言って悪かった、と告げたのです。


    283: 津島 2016/04/24(日) 21:55:15.27 ID:Pv36NlMi0

    ぼんやりした言いようのない不安に、少しだけ安心が見えました。


    294: 津島 2016/04/28(木) 23:40:51.08 ID:C9CTruly0

    大洗の戦車隊は、性能も国籍もバラバラでしたけれども、その違いを活かしたやり方でもって、どうにか三回戦までコマを進めることが出来ました。


    295: 津島 2016/04/28(木) 23:41:29.22 ID:C9CTruly0

    一回戦は、サンダース大附属らしからぬ無線傍受の憂き目に遭いましたが、逆手にとってこちらの優位に持ち込みました(サンダース大附属の名誉の為に明らかにしておきますが、これは不幸な事故とも言うべきことです)。

    そして最後は、華さんの一射で勝利を掴み取りました。


    296: 津島 2016/04/28(木) 23:42:37.75 ID:C9CTruly0

    二回戦では、アンツィオ高校という、戦車道を再興させようとしていた、大洗と似た境遇の高校でした。

    一見すると大洗のそれよりも貧弱な戦車群で、非常に上手な戦いをするので思わず感心したのを覚えています。


    297: 津島 2016/04/28(木) 23:43:20.26 ID:C9CTruly0


    もし彼女たちの作戦が本当の意味で成功していれば、私達も危うかったことでしょう。


    298: 津島 2016/04/28(木) 23:44:06.86 ID:C9CTruly0

    彼女たちには不幸でしたが、ほんの僅かな違和感があったからこそ、こちらの心理を突いた欺瞞作戦を破れたのだと思います。


    299: 津島 2016/04/28(木) 23:45:01.05 ID:C9CTruly0

    サンダース大附属の隊長はケイさん、アンツィオ高校隊長はアンチョビさん(あの校はイタリア料理の名か食材の名を襲名する慣習があるようです)といい、どちらも人格者と言うべき方でした。

    流派や名前ではなく、人として、戦車道を往く者として純粋に、私を評価してくださったからです。


    300: 津島 2016/04/28(木) 23:47:04.04 ID:C9CTruly0


    そうした喜びとは裏腹に、クスリの量は緩やかに増えていきました。


    301: 津島 2016/04/28(木) 23:48:01.00 ID:C9CTruly0

    三回戦の会場に向かうために学園艦が北上しているとき、会長から声がかかりました。

    夕食のお誘いでした。


    302: 津島 2016/04/28(木) 23:49:17.51 ID:C9CTruly0

    行ってみると、生徒会の皆さんが炬燵を囲んで鮟鱇鍋を煮ています。

    何を問うても、皆さんは鍋を勧めるばかりでしたから、机を叩きそうになりました。


    303: 津島 2016/04/28(木) 23:49:54.93 ID:C9CTruly0


    その刹那、会長の目には怯えの色が浮かんだのです。

    その声の震えも、間違いではありません。


    304: 津島 2016/04/28(木) 23:52:43.82 ID:C9CTruly0

    私が怒っていると勘違いをしているのでしょう。


    305: 津島 2016/04/28(木) 23:55:59.71 ID:C9CTruly0

    借りが余りにも多いから。

    私だけが、総てを台無しに出来るから。


    306: 津島 2016/04/28(木) 23:56:55.00 ID:C9CTruly0

    ひとまず晩餐を共にし、あとで部屋でお話をしましょうね、と会長に言い残してから校舎を後にしました。


    307: 津島 2016/04/28(木) 23:57:35.15 ID:C9CTruly0


    私の胸は、どす黒い劣情に満たされていました。


    316: 津島 2016/04/29(金) 22:04:01.09 ID:rlL1zQil0

    私の部屋の中で、会長は悪事が暴露た子供のように震えていました。

    可愛らしい猫が可愛らしさ故に石を投げられるように、私は嗜虐的な愛おしさを会長に見出していました。


    317: 津島 2016/04/29(金) 22:04:38.86 ID:rlL1zQil0

    私に何か隠してることありませんか、と言ったら、びくりと身体を震わせていました。


    318: 津島 2016/04/29(金) 22:05:08.95 ID:rlL1zQil0


    クスリの作用か気が大きくなっていた私は、ぞくりと沸き立つ悍ましい慾望を、会長に向けたのです。


    319: 津島 2016/04/29(金) 22:05:45.29 ID:rlL1zQil0

    ベッドの上に彼女を押し倒すと、私は唇を奪いました。


    320: 津島 2016/04/29(金) 22:06:19.55 ID:rlL1zQil0

    両腕を捻り上げて、痛いと喚く彼女を押さえつけてから、私は右腕を眼前に突きつけました。

    無数の注射痕を前に、彼女は益々震え上がり、さながら天敵に追い込まれた小動物のようでした。


    321: 津島 2016/04/29(金) 22:07:10.09 ID:rlL1zQil0

    会長のおかげで、もう戦車に乗るの、怖くないんですよ、と微笑んでも、ひっと身体を強張らせるばかりです。

    興が削がれるような気がしたので、手近にあったタオルで彼女の身体を縛ってから、私はこう囁きました。


    322: 津島 2016/04/29(金) 22:07:37.47 ID:rlL1zQil0


    言ってくれないと、酷いことしちゃいますよ、と。


    323: 津島 2016/04/29(金) 22:08:14.84 ID:rlL1zQil0


    そしてついに、彼女は告白したのです。

    一度でも敗ければ大洗は廃校になることを。


    324: 津島 2016/04/29(金) 22:08:56.58 ID:rlL1zQil0

    まだありますよね、と言ったら、好き、とも言いました。

    それから、彼女は啜り泣き始めました。


    325: 津島 2016/04/29(金) 22:09:33.45 ID:rlL1zQil0

    私は、この人が堪らなく愛おしくなって、なにか慰めの言葉を吐いてから、この角谷杏というひとを嬲り、犯し、穢してしまいました。


    326: 津島 2016/04/29(金) 22:10:43.09 ID:rlL1zQil0


    行為の後、人形のようにぐったりした彼女を抱きかかえて浴室に行くときに、鏡に写った私の姿が見えました。


    327: 津島 2016/04/29(金) 22:11:36.22 ID:rlL1zQil0


    堕ちた雌犬の、醜い有様がそこにありました。


    328: 津島 2016/04/29(金) 22:12:51.13 ID:rlL1zQil0

    けれども、décadent調の一種の美しさも見出され、私の心は揺らぎました。

    戦車道という規範から見れば、私は忌むべきものであり、人間ですらないのだろうと思います。


    329: 津島 2016/04/29(金) 22:13:33.86 ID:rlL1zQil0


    しかしどうやら、人は堕ちていくほど美しいようなのです。


    330: 津島 2016/04/29(金) 22:14:06.55 ID:rlL1zQil0

    クスリが見せた幻覚なのか、あるいは単なる夢だったのかはわかりませんけれど、それは思い込みというよりは悟りにも似た境地でした。


    331: 津島 2016/04/29(金) 22:14:58.15 ID:rlL1zQil0


    その夜、私は会長を、これまでぬいぐるみにそうしてきたように抱き締めて眠りました。

    酷いことをしてすみません、と謝ると、会長は何も言わずに抱きしめる力を強めました。


    332: 津島 2016/04/29(金) 22:15:28.06 ID:rlL1zQil0

    こっちこそ、西住ちゃんの優しさに付け込んだりして、悪かったよと言う様子は、普段の飄々さからは想像もつかないしおらしさでした。


    333: 津島 2016/04/29(金) 22:16:04.86 ID:rlL1zQil0

    そして私は、ようやく根を下ろせると思えたこの学び舎を喪わないためにも、より真摯に戦いへと身を投じなければと思ったのです。

    追い込まれたはずの戦車道で、いつしか私は自ら退路を断ち、自発的に戦車へと足を向けるようになっていました。


    334: 津島 2016/04/29(金) 22:17:01.99 ID:rlL1zQil0


    それから私は、クスリを絶ちました。


    344: 津島 2016/05/02(月) 00:11:11.59 ID:lweXcJnN0

    三回戦は、赤星さん達を喪った時以来のPravda校戦でした。


    345: 津島 2016/05/02(月) 00:12:29.63 ID:lweXcJnN0

    屈強なソヴィエト戦車で知られるPravdaですが、大洗とて修羅場はくぐっています。

    Ⅳ号を旧部棟で発見された長砲身に換装し、さらに山中で発見されたルノーB1bisと風紀委員の方3名が戦列に加わり、多少の戦力も増強することができました。


    346: 津島 2016/05/02(月) 00:12:55.57 ID:lweXcJnN0

    一度退いてからの戦いを得意とする彼女らに対しては、慎重さを以って臨むことが必要です。


    347: 津島 2016/05/02(月) 00:13:42.57 ID:lweXcJnN0

    しかし二回戦までの快進撃とも呼ぶべき戦果に自らの位置を見誤っていた皆さんは、一気に押し切ることを望みました。

    上がりきっていた士気を下げることもあるまいと思い、短期決戦に舵を切ることになりました。


    348: 津島 2016/05/02(月) 00:14:23.05 ID:lweXcJnN0


    後になってからそれが仇となるのですが、この時はまだそんなことは思いもよらないのでした。


    349: 津島 2016/05/02(月) 00:15:01.87 ID:lweXcJnN0


    試合開始の前、Pravdaの隊長であるカチューシャさんと副隊長のノンナさんにお会いし、挨拶を交わしました。


    350: 津島 2016/05/02(月) 00:15:29.79 ID:lweXcJnN0

    地吹雪の異名に恥じぬ不遜な人だと思う方でしたが、実際には紳士的な(女性にこの表現が適当かは存じませんけれど)方でした。


    351: 津島 2016/05/02(月) 00:16:08.08 ID:lweXcJnN0


    カチューシャさんは去り際、あんな勝ち方は望んでいなかった、本当に済まなかった、と申し訳無さそうに言いました。

    今度は正々堂々、道に恥じぬ戦いをすると誓う、と言いました。


    352: 津島 2016/05/02(月) 00:16:38.33 ID:lweXcJnN0

    私は、はい、とだけ言って、戻りました。


    370: 津島 2016/05/08(日) 20:27:27.13 ID:4AxfUhFN0

    試合開始が告げられ、静謐な白い大地にエンジンの音が響きました。

    皆概ね戦車に慣れ、雪原であってもよく走れていましたが、三回戦が初参加かつ初の実戦である風紀委員の方々(鴨チームと呼んでいました)は、雪の坂道を上がりづらそうにしていました。

    ですが、麻子さんの手ほどきを経てからは見違えるようでした。

    しばらく進むと、敵戦車が3輌のみ、こちらに背を向けて鎮座していました。


    371: 津島 2016/05/08(日) 20:28:12.85 ID:4AxfUhFN0

    これ幸い、とは思わず、最初に浮かんだのは違和感でした。

    敵もすぐにこちらに気づいたようで、砲撃が始まりました。


    372: 津島 2016/05/08(日) 20:29:10.29 ID:4AxfUhFN0


    長砲身の優位を活かすならば今だ、と思い、砲撃用意に移らせ、河馬チームのⅢ突と鮟鱇のⅣ号でそのうちの2輌を撃破しました。

    けれども、これほど容易く撃破されるのは、精強なPravdaらしからぬことです。

    その戦果は、どうやら皆さんを浮つかせたようでした。

    残された1輌を追うと、フラッグ車を含む6輌ほどが確認されました。


    373: 津島 2016/05/08(日) 20:29:51.92 ID:4AxfUhFN0

    めいめいが砲撃と前進を小刻みに繰り返す中、私の中の違和感は強みを増していました。

    心理的に、二兎を得た者は三兎を得ようとさらに追おうとするものです。

    敵は明らかに指向性のある動きをしています。

    廃村に差し掛かり、背後に迫るT-34に気づいた時、違和感は確信に変わりました。


    374: 津島 2016/05/08(日) 20:30:29.83 ID:4AxfUhFN0


    しかし、些か手遅れのようでした。

    撤退が可能なルートは既に抑えられていました。

    周りはすべて敵だったのです。


    375: 津島 2016/05/08(日) 20:31:46.27 ID:4AxfUhFN0

    唯一見えた、南西の廃教会へと逃げるよう指示し、これまでで最も早い速度で私たちは撤退を強いられました。

    追い込まれたまま闘ったところで蹂躙されるだけですし、籠城以外に取るべき道はありません。

    入り口付近で転輪ごと履帯を破壊されたⅢ突をⅣ号で押し込んだところで、砲撃の雨はひとまず止んだようでした。


    376: 津島 2016/05/08(日) 20:32:53.23 ID:4AxfUhFN0

    10分も経たぬうちに、白旗を持った伝令が2名やってきました。

    曰く、"勝負は決した。これ以上無駄な争いは無用。降伏せよ"とのことでした。

    三時間、返答を待つ、と言い、彼女たちは帰って行きました。


    377: 津島 2016/05/08(日) 20:33:27.24 ID:4AxfUhFN0


    これが、道に恥じぬ闘いか。


    378: 津島 2016/05/08(日) 20:34:31.01 ID:4AxfUhFN0

    激昂こそしませんでしたが、冒涜されているような心地が拭いきれず、我知らず、Ⅳ号の車体を殴りつけて皆さんを怯えさせてしまいました。

    カチューシャさんは、あの一件を畏れ、臆病になりすぎているが故にこのような手を使ったのです。

    力を見せつけて、抵抗の意思を挫くことは、平和的な手段としては最良の部類に入るでしょう。

    しかし、これは戦争ではありません。


    379: 津島 2016/05/08(日) 20:35:06.85 ID:4AxfUhFN0

    生きているかぎり、闘い抜かねばならない戦車道なのです。

    己の道に背き、自ら負けを認めさせようなどというやり方など言語道断です。

    敗ければ廃校になるなどということは、感情の昂るあまり頭から抜け落ちてしまっていました。


    380: 津島 2016/05/08(日) 20:35:56.34 ID:4AxfUhFN0

    よく見ると、皆さんが心配そうな顔で私を覗き込んでいます。

    華さんが何度も私の名を呼んでいたことさえも、気づいていなかったのです。

    外は零下の寒さですが、私は地獄の火よりも熱くなりすぎていたようです。


    382: 津島 2016/05/08(日) 20:37:03.81 ID:4AxfUhFN0

    普段は傲岸不遜な河嶋さんでさえ、鼠のように固まっています。

    なぜこんな目に遭わなければならぬのだ、と目が訴えていました(考えてみると、廃校の事実は私と生徒会の方々以外は知らないようでしたから、そのことでかなり苦労なさったのでしょう。初めて会ってからの態度にも納得がいきました)。


    383: 津島 2016/05/08(日) 20:37:30.30 ID:4AxfUhFN0

    降伏などするものですか、と絞り出した声は、皆さんをさらに戦慄させたように見えました。


    403: 津島 2016/05/18(水) 20:19:42.19 ID:f3bNH4DM0

    気づけば、吹雪の音だけが聞こえているようでした。

    皆立ち尽くしているか、膝から崩れ落ちているかです。

    これでは打開など望むべくもありません。なにか具体的な策を取らなくては。


    404: 津島 2016/05/18(水) 20:20:28.36 ID:f3bNH4DM0

    このスターリングラード染みた包囲と、カチューシャさんのとった方法を考えれば、大方包囲網のどこか一箇所には薄い部分があるのでしょう。


    405: 津島 2016/05/18(水) 20:21:22.49 ID:f3bNH4DM0


    しかし、元来力押しを是とする彼女ならばそこに私たちを誘い込むのが狙いに違いありません。

    すぐに動くには情報があまりにも不足しており、また皆さんは策に嵌められたという悔しさと、これまでの勝利に舞い上がってしまったことへの後悔がいささか見てとれましたから、先ずは士気を上げ、そして偵察を徹底して行う必要に迫られました。


    406: 津島 2016/05/18(水) 20:22:07.57 ID:f3bNH4DM0

    幸いにも、優花里さんとエルヴィンさん、冷泉さんと園さんの協力のもと、敵勢力の配置をほぼ完全に把握することができ、偵察はおおよその成功を収めました。

    けれども、なによりも問題なのは皆さんの心の方でした。


    407: 津島 2016/05/18(水) 20:22:39.08 ID:f3bNH4DM0

    心理的に、私がそうであったように、逆境に追い込まれた人間は何もかもを諦めるか、破れかぶれになるかのどちらかです。

    私は隊を率い、この大洗という学舎の存亡を背負う第一人者として皆さんを支える責任がありました。

    赤星さんたちを喪ったときの私は、きっと今の皆さんのような顔をしていたに違いありません。


    408: 津島 2016/05/18(水) 20:23:26.76 ID:f3bNH4DM0


    あの時に私が必要としていたのは、ひとえに共感と救済でした。


    409: 津島 2016/05/18(水) 20:24:09.80 ID:f3bNH4DM0

    絶望し、不安に陥った者を掬い上げるのに必要なのは、共感と救済、そして信頼です。

    私がクスリを断つことができたのは、皆さんに対し、幼少の頃から抱えてきた不安をぬぐい去る程の信頼を抱くようになっていたからです。


    410: 津島 2016/05/18(水) 20:24:35.85 ID:f3bNH4DM0

    私は口火を切りました。


    418: 津島 2016/05/19(木) 22:05:01.96 ID:LGbQeHgR0


    「三つ、話があります」


    419: 津島 2016/05/19(木) 22:05:34.07 ID:LGbQeHgR0

    重苦しい気配が辺りに広がって行くのが見て取れるようでした。


    420: 津島 2016/05/19(木) 22:06:09.40 ID:LGbQeHgR0


    「一つ、私はここに来る前、黒森峰にいました」


    421: 津島 2016/05/19(木) 22:06:50.49 ID:LGbQeHgR0

    戸惑う皆さんをよそに、私は話を続けました。


    422: 津島 2016/05/19(木) 22:07:29.29 ID:LGbQeHgR0


    「去年の全国大会の決勝で、後輩の乗っていたⅢ号が川に落ちて、後輩が五人、皆死にました。助けに行ったのに、手を掴んだのに、助けられなかったんです。後輩が、西住先輩、西住先輩、助けてください、と言っていたのは覚えています。私は、死なずにいました。それから、ぜんぶ捨てて大洗に逃げてきました」


    423: 津島 2016/05/19(木) 22:08:05.85 ID:LGbQeHgR0

    事情を知る沙織さんと華さんは、口をきつく閉じて不安そうにこちらを見ていました。


    424: 津島 2016/05/19(木) 22:08:47.95 ID:LGbQeHgR0


    「二つ、大洗は廃校の危機に立たされています。文科省で、実績のない校は予算の都合で解体が決まっているのだそうです。大会で一度でも敗れれば、私達は母校を失うことになります」


    425: 津島 2016/05/19(木) 22:10:56.84 ID:LGbQeHgR0

    肉親の死を知らされたように、皆さんの顔は凍りついていました。


    426: 津島 2016/05/19(木) 22:11:28.68 ID:LGbQeHgR0


    「三つ、皆さんには私を信じてほしい」


    427: 津島 2016/05/19(木) 22:11:59.41 ID:LGbQeHgR0

    一人一人の目を強く見据え、私は演説台のチャーチルのように声を上げました。


    428: 津島 2016/05/19(木) 22:13:14.88 ID:LGbQeHgR0


    「大洗という学校は、町は、皆さんにとっては、帰るべき家であり、心強い拠り所でしょう。失いたくないのは、私も同じです。追われるように逃げてきた私を、受け入れてくれたからです。私は、命を懸けて、大洗を護るつもりです。死んでも構わないと思うほど、心に決めているのです」


    429: 津島 2016/05/19(木) 22:13:41.10 ID:LGbQeHgR0

    声が震えているようでした。


    430: 津島 2016/05/19(木) 22:14:21.73 ID:LGbQeHgR0


    「私についてきてください。死中に活を見出して、大洗を護り通してみせます」


    431: 津島 2016/05/19(木) 22:14:47.60 ID:LGbQeHgR0


    皆さんの目に、強い意志を宿すことができたようでした。

    やりましょう、まだいけます、と皆が口を揃え、まるで島津の武士の如き闘志が燃え始めました。


    432: 津島 2016/05/19(木) 22:15:20.02 ID:LGbQeHgR0

    沙織さんと優花里さんが調理し、皆に振る舞ったスープは、天上のボルシチみたいなおいしさで、体の奥底から戦意を沸き立たせるかのように感ぜられました。

    そして、審判の時がやってきました。

    降伏はしない、と言い、私達は戦闘の用意に入りました。


    433: 津島 2016/05/19(木) 22:16:52.60 ID:LGbQeHgR0

    ふと、会長がこちらに微笑んで、ここまで連れてきてくれてありがとう、と言いました。

    それはまるで、今生の別れのように聞こえました。

    けれどもそれは、これからの道を誓う祈りでした。


    434: 津島 2016/05/19(木) 22:17:28.02 ID:LGbQeHgR0

    38tを先頭に、フラッグ車の八九式を守りつつ、私達は駆け始めました。

    カチューシャさんの作戦を打ち破るのであれば、取るべき作戦はただ一つ、意図的に開けられた西側の穴を無視し、真正面の、厚い戦車群の壁に穴を穿つのみです。


    435: 津島 2016/05/19(木) 22:17:55.00 ID:LGbQeHgR0

    案の定、悪い夢を見たような顔が、キューポラの上に確認できました。


    436: 津島 2016/05/19(木) 22:19:19.65 ID:LGbQeHgR0

    そして、38tに気を取られたのか、どれを狙えば良いかわからないかのように、散発的な砲撃が始まったのです。

    前方から新たな敵が4輌視認され、後方からも4輌ないしそれ以上という報告を受け、挟撃される前に10時の方向へ旋回を指示したところで、38tが庇うように躍り出ました。


    437: 津島 2016/05/19(木) 22:19:47.21 ID:LGbQeHgR0

    ここは引き受けたよ、できたら合流する、と会長が言ったのです。

    そのようなことを言って生還した者を、未だかつて見たことはありませんでしたが、すぐさまお願いします、と言えるくらいには彼女を信頼していました。


    438: 津島 2016/05/19(木) 22:20:32.26 ID:LGbQeHgR0

    実際に、彼女は素晴らしい手練で、数多くの履帯と転輪を破壊した末に砲撃によって(砲撃音からしてT-34のどれかでしょう)撃破されました。

    それはまるで、夜叉でした。

    あとは頼む、と言葉を残し、生徒会の皆さんは戦線を離れました。


    残された私達は、敵の追撃を振り切るため、2時方向へと舵を切りました。


    439: 津島 2016/05/19(木) 22:21:01.22 ID:LGbQeHgR0


    しかし予想に反し、砲弾ではなく機銃の、それも曳光弾の波が夜空へと、オーロラめいて放たれて行きました。

    この時点で追撃に来ていたのは6輌程度で、雪の坂を越えればやり過ごすことはできる数でした。


    440: 津島 2016/05/19(木) 22:21:41.84 ID:LGbQeHgR0


    暴露るのを避けるため、あまり撃ち返さないように言ってからⅣ号とⅢ突を控えさせ、フラッグ車を含む皆さんを先行させました。

    目論見が外れたとなれば、恐らくカチューシャさんはとにかく物量を以って早い段階で戦闘を終わらせようとするでしょう。

    ひどく盲目的に、シベリアの熊のようにフラッグ車だけを追うに違いありません。

    そして間違いなく、自軍のフラッグ車だけは、敵はおろか自分たちからすらも遠くに隠しておくことでしょう。


    441: 津島 2016/05/19(木) 22:22:08.07 ID:LGbQeHgR0


    キューポラに直立する程度では見えないので、優花里さんにお願いし、偵察に出てもらいました。

    快く飛び出して行ってくれた優花里さんを見送り、私達は先行させた本隊を追いました。


    442: 津島 2016/05/19(木) 22:22:50.80 ID:LGbQeHgR0


    無線により、IS-2の砲撃でM3リーが撃破されたことがわかりました。

    私は皆さんに全幅の信頼を置いていましたが、実際のところ、私達はそう長く逃げ続けるわけにもいきません。


    443: 津島 2016/05/19(木) 22:23:34.99 ID:LGbQeHgR0


    冬に慣れていない私達には、長くなればなるほど不利でしかないからです。


    444: 津島 2016/05/19(木) 22:24:18.50 ID:LGbQeHgR0


    眼前に立ちふさがるKV-2を河馬チームのⅢ突と鮟鱇のⅣ号で破り、さらに歩を進めたところへ、鴨チームの被撃破報告が届きました。

    家鴨チームの八九式が丸裸にされたのです。

    勝敗の決するところまでは、もって4分でした。


    445: 津島 2016/05/19(木) 22:24:54.30 ID:LGbQeHgR0

    廃教会の塔に立った優花里さんの報告で、敵フラッグ車の位置は既に把握できました。

    けれども、走り回る対象に、走りながら砲撃を当てるのは至難の技です。


    446: 津島 2016/05/19(木) 22:25:25.54 ID:LGbQeHgR0


    ならば、と優花里さんに管制を指示し、河馬チームを伏させました。

    家鴨チームの皆さんには、あと少しだけ持ちこたえてください、と言うほかありませんでした。


    447: 津島 2016/05/19(木) 22:25:57.33 ID:LGbQeHgR0


    そして、敵フラッグ車をキルゾーンへと誘い込み、雪中からⅢ突の主砲が火を噴いたのと、無線から轟音が響き渡ったのは同時でした。


    448: 津島 2016/05/19(木) 22:26:26.83 ID:LGbQeHgR0

    僅かな静寂が流れ、どうやら、白旗が上がったのは敵フラッグ車でした。

    右の履帯を失いながらも、八九式は持ちこたえてくれたのです。

    ともあれ、私達は、この長き戦いの果てに勝利を収めたのでした。


    449: 津島 2016/05/19(木) 22:27:01.07 ID:LGbQeHgR0

    試合後、カチューシャさんは少し憔悴したような顔でした。

    何か言うことはありますか、と問うと、下を向いて黙りこくってしまいました。


    450: 津島 2016/05/19(木) 22:27:27.41 ID:LGbQeHgR0

    ふと、私が悪いのです、とノンナさんが現れました。


    451: 津島 2016/05/19(木) 22:27:55.09 ID:LGbQeHgR0


    「今回の作戦は、私が無理を言ったんです。怖かったんです。あの時も、カチューシャが庇ってくれて、...甘えていました」


    452: 津島 2016/05/19(木) 22:28:44.26 ID:LGbQeHgR0

    どういうことですか、と言うと、耳を疑うような一言が放たれたのです。


    453: 津島 2016/05/19(木) 22:29:11.88 ID:LGbQeHgR0


    「あのⅢ号を沈めたのは、私なんです。ずっと、どうしたらいいか、...謝っても、謝りきれなくて、...」


    454: 津島 2016/05/19(木) 22:29:40.54 ID:LGbQeHgR0


    彼女は泣き崩れ、カチューシャさんは、何も言わずに項垂れました。

    崖崩れだと思っていました、と呟くことしかできず、心の中を戸惑いだけが満たしていました。

    何かを喪っていたのは、私だけではなかったのです。


    455: 津島 2016/05/19(木) 22:30:13.97 ID:LGbQeHgR0

    フラッグ車の護衛は、確かにまず狙われます。

    彼女はたんに、正攻法で戦っていたのです。

    それが人を死に至らしめるなどとは、思いもよらない結果だったでしょう。

    私がその立場だとしたら、どうしても彼女を責めることはできません。


    456: 津島 2016/05/19(木) 22:30:43.95 ID:LGbQeHgR0


    彼女はあの時、人命と、信じてきた戦車道とをいっぺんに喪っていたのです。

    かつて怨敵だと思っていたひとは、私と同じく苦しんできたのです。


    457: 津島 2016/05/19(木) 22:31:10.09 ID:LGbQeHgR0

    私は、泣き暮れるノンナさんと、項垂れるカチューシャさんに向き直りました。


    458: 津島 2016/05/19(木) 22:31:42.22 ID:LGbQeHgR0


    「私は、聖職者ではありませんから、赦しを与えることはできません。けれども私は、守るべきもののためにどこまでも争い、太陽のように生きるつもりです。どうかあなた方も、あなた方の闘いをたたかい続けてくださいまし」


    459: 津島 2016/05/19(木) 22:32:11.67 ID:LGbQeHgR0

    そうして、私はふたりを腕の中に抱いて、いつまでもふたりの苦しみに共感していました。


    そしていつしか、親の仇のように降っていた雪は鳴りを潜め、静かな宵闇が眠るように流れて行きました。


    484: 津島 2016/05/24(火) 20:21:51.31 ID:TWnfRPqC0

    3回戦が終わってすぐ、決勝戦の相手が黒森峰であると伝えられました。

    特に不思議ではありませんし、覚悟はした上でことに臨んでいましたけれども、実際問題、黒森峰の重戦車群にどう対処するかは悩みの種でした。

    姉や逸見さんはティーガーを駆るでしょうし、パンター、ヤークトパンター、ラングなど、ドイツ戦車見本市のような布陣を敷いてくるに違いありません。


    485: 津島 2016/05/24(火) 20:22:36.44 ID:TWnfRPqC0

    対して、こちらはⅣ号、Ⅲ突、八九式、M3リー、38t、ルノーB1bis。

    戦車の歴史をなぞるかのような趣はこちらも同じですが、まず数で、次に火力で劣っていました。


    486: 津島 2016/05/24(火) 20:24:32.91 ID:TWnfRPqC0


    しかし大洗とて、伊達に3回戦までを戦ってきたわけではありません。


    487: 津島 2016/05/24(火) 20:25:38.54 ID:TWnfRPqC0

    黒森峰の、重戦車と定められたドクトリンは、一見合理的ですが、裏を返せばそれは、僅かな綻びが命取りになる教科書的な戦い方ということです。

    これまでにそうしてきたように、陽動、撹乱、待ち伏せ、そして遭遇戦に持ち込めば、決して勝てなくはないのです。

    ただ、少しばかり足りないものがありました。


    488: 津島 2016/05/24(火) 20:27:45.73 ID:TWnfRPqC0

    頭を抱えていると、河嶋さんからお呼びがかかりました。

    先日発見されたポルシェティーガーの修復が完了した、とのことでした(実を言うと、Pravda戦の直前に既に発見されていましたが、学園艦の奥深くという場所が場所だけに搬出が難航し、また構造の複雑さ故に修復に時間がかかってしまいました)。

    これは願ってもない、と私達は校庭へ駆け出しました。


    489: 津島 2016/05/24(火) 20:28:14.98 ID:TWnfRPqC0


    私自身、戦車には長いこと触れてはきましたが、実際にポルシェティーガーをこの目で見、そして共に戦おうというのは初めてのことでした。

    足回りの弱さとエンジンの燃えやすさは懸念事項でしたけれど、それでも主砲の88mmは大洗にとっては頼もしい存在でした。

    それに、対処法がないわけではありません。


    490: 津島 2016/05/24(火) 20:29:13.51 ID:TWnfRPqC0

    それから、新たに猫田さんとその友人の方2名が戦列に加わり、また学園の駐車場に放置されていた三式中戦車が導入されました(長い間放置されていたようでしたが、幸いにも最低限の整備で運用が可能な、状態の良い戦車でした)。


    491: 津島 2016/05/24(火) 20:29:47.49 ID:TWnfRPqC0

    次に既存の戦力強化が図られました。

    会長が手配してくださった(事務手続き等は小山さんがしてくださったようですが)シュルツェンをⅣ号に装着し、カラーリングも変えてH型仕様にしました。

    もとより、歩兵支援車両のD型を改造したものですから、装甲の薄さは相変わらずですけれども、この状況では破格の戦力と言えました。


    492: 津島 2016/05/24(火) 20:30:29.48 ID:TWnfRPqC0

    そして38tは、ヘッツァー改造キットなるものに換装され、砲塔を犠牲に火力が向上しました(車幅の違う38tにどうやってヘッツァーの車体を移植したのだかは未だにわかりませんが、ポルシェティーガーの件といい、大洗女子学園の技術は、私の思うところよりも遥か上を行っていたようです)。

    ともあれ、合計で8輌になった大洗の戦車隊は、Saint.Glorianaとの一戦から大きな成長を遂げ、未来を掴み取る舞台へと赴く用意も終えることができました。


    493: 津島 2016/05/24(火) 20:31:08.49 ID:TWnfRPqC0

    人事を尽くした後は、天命を待つばかりでした。


    494: 津島 2016/05/24(火) 20:31:39.34 ID:TWnfRPqC0

    試合の日、私達は戦車道の聖地へと降り立ちました。

    自動車部の皆さんと戦車の最終チェックをする最中、Saint. Glorianaのダージリンさんとオレンジペコさんがいらっしゃいました。

    次いで、これまでに鉾を交えた皆さんが応援に駆けつけてくださいました。


    495: 津島 2016/05/24(火) 20:32:30.98 ID:TWnfRPqC0

    貴女は不思議な方ね、とダージリンさんは言いました。

    私は戦った人皆と仲良くなる、と言いました。


    496: 津島 2016/05/24(火) 20:32:56.79 ID:TWnfRPqC0

    皆良い人ですから、と返答すると、ひとつ英国の諺をくれました。

    4本足の馬でさえつまづく、という諺で、強さは永遠ではない、という意味なのだそうです。


    497: 津島 2016/05/24(火) 20:33:28.36 ID:TWnfRPqC0


    ダージリンさんの言わんとするところが黒森峰の斜陽を意味していたのか、大洗の終焉を意味していたのかは、神のみぞ知るところです。


    499: 津島 2016/05/24(火) 20:34:02.19 ID:TWnfRPqC0

    試合開始の直前、逸見さんは姉の傍に、からりとした微笑みをたたえて控えていました。

    あとは戦車にて語るべし、とその目は告げていて、さながら武士のようでした。


    502: 津島 2016/05/24(火) 20:35:19.96 ID:TWnfRPqC0

    黒森峰の戦法は、基本的には火力による力押しです。

    Pravdaとは対照的に、1輌ごとの火力が高い点は特筆すべきでしょう。

    まずは有利な場所へ急行し、長期戦を展開せねばなりません。

    私達と敵との距離が縮み切らないうちに、移動を完了する必要がありました。


    503: 津島 2016/05/24(火) 20:35:45.20 ID:TWnfRPqC0


    開始直後に207地点への移動を指示し、乗車始めの号令を発し、大洗の行く先を決める闘いが幕を開けました。


    513: 津島 2016/05/26(木) 23:11:50.95 ID:DmRot5ES0

    向かう道すがら、良かったですね、と優花里さんが言いました。

    西住殿は間違っていなかったんですよ、と微笑んでくれました。

    私は、自分がどうなっても、助けてあげたかったんです、と言いました。


    514: 津島 2016/05/26(木) 23:12:38.04 ID:DmRot5ES0

    207地点まで2kmの段階で、敵による砲撃を確認しました。

    森を重戦車で横断するなどとは、猪突猛進な黒森峰らしい戦い方と言えるでしょう。

    おそらく、私達が作戦に入る前に叩き潰す腹積もりに違いありません。

    ジグザクに動きながら、前方へと逃げるように指示しました。


    515: 津島 2016/05/26(木) 23:13:12.83 ID:DmRot5ES0


    丘へ上がろうとする最中、三式がⅣ号の盾となって落伍してしまいました。

    猫田さんが、ごめんね、と言いました。

    3名とも無事なのは幸いでしたが、被撃破報告というものは、いつ聞いてもぞっとしないものです。

    ある程度走ったところで、こちらが用意した煙幕を展開しました。


    516: 津島 2016/05/26(木) 23:13:54.74 ID:DmRot5ES0

    無駄玉を撃たせたい願望が無い訳ではありませんでしたが、実際の狙いは、私達がポルシェティーガーをある程度の高さに牽引し切るまで、こちらの真意に気付かせない点にありました。

    そして中腹に差し掛かったところで、比較的軽く足の速い、八九式とルノーB1bisに煙幕を展開しながらジグザク走行をするよう指示し、同時に麓に待機させておいたヘッツァーに陽動を開始させました。

    丘の頂点に到着し、陣地を構築完了したとの報告を受けてから、射撃用意の号令を発しました。


    517: 津島 2016/05/26(木) 23:14:20.61 ID:DmRot5ES0

    麓に停止した黒森峰は、一瞬の沈黙を経てからこちらを囲み始めました。


    518: 津島 2016/05/26(木) 23:15:06.32 ID:DmRot5ES0

    そこで射撃を開始させ、数輌の戦果を得たところ、ヤークトティーガーが盾のように前へ出てきました。

    ドイツ重戦車史の一端を担うヤークトティーガーは、やはり巨人のような趣で、甲冑のような硬さでもってこちらへゆっくりと進んで来ています。

    黒森峰の有り方をその身に写すようなヤークトティーガーへ、幾重にも砲撃を重ねるものの、正面からではなす術もありません。


    519: 津島 2016/05/26(木) 23:15:32.78 ID:DmRot5ES0


    流石に、西住流を継ぐ者たる姉らしく、私の意図は見抜かれていたようです。

    しかし、現状二輌程度削ることができれば、この段階では御の字でした。


    520: 津島 2016/05/26(木) 23:16:12.11 ID:DmRot5ES0

    撤退のため、陽動の第二段階を発令し、今度はヘッツァーを黒森峰の隊列の中に走り回らせました。

    重戦車級の大きな車輌ばかりを主だって運用する黒森峰は、小さな戦車で懐に入り込まれるのを大の苦手としているからです。

    中には固定砲塔も多く、また回転砲塔でも長砲身ならばすぐ近くの敵を撃つことは、相打ち無しにしては至難の技でしょう。

    特に、隊列を組んで攻めることを主とする黒森峰には。


    521: 津島 2016/05/26(木) 23:16:39.77 ID:DmRot5ES0


    そしてヘッツァーに気を取られ、横を向いたラングを河馬チームのⅢ突が仕留めました。

    次いで本隊も再び射撃を始め、慌てふためいた黒森峰の隊列は伸びきっていました。


    522: 津島 2016/05/26(木) 23:17:10.23 ID:DmRot5ES0

    教科書通りの戦い方では、このような事態に対応しきれないのです。

    パニックに陥るのも無理はありません。


    523: 津島 2016/05/26(木) 23:18:16.51 ID:DmRot5ES0

    そしてがら空きになった右側へと舵を切り、ポルシェティーガーを先頭に、楔を打つように撤退を始めました。

    鈍重で足回りが弱いポルシェティーガーでも、下り坂ならば巡行戦車並みの早さでした。


    524: 津島 2016/05/26(木) 23:18:54.98 ID:DmRot5ES0

    さて黒森峰の隊列が再び整う前に、次の作戦地域である市街地へと急ぐ必要がありました。

    そこに至るルートには大河が横たわっていて、越えられない川ではありませんが、軽い戦車では流される恐れがありました。

    そのため、ポルシェティーガーを上流に、八九式を下流に置いて、私達は川渡りを急ぎました。


    525: 津島 2016/05/26(木) 23:19:22.83 ID:DmRot5ES0


    ところが、半ばまで来たところで、一年生たちのM3リーは動きを止めたのです。


    526: 津島 2016/05/26(木) 23:21:00.48 ID:DmRot5ES0

    エンストを起こしたらしく、川の半ばで立ち往生を強いられていました。

    そして恐るべきことに、かつての記憶が、それに起因する不安が、動悸が、じわじわと蘇り始めたのです。


    527: 津島 2016/05/26(木) 23:21:26.59 ID:DmRot5ES0

    けれども、その時、私の手に重ねられた沙織さんの手の温もりが、私を私へと繋ぎ止める糸になってくれました。


    528: 津島 2016/05/26(木) 23:22:11.75 ID:DmRot5ES0


    「行ってあげなよ。こっちは私達が見るから」


    529: 津島 2016/05/26(木) 23:23:24.54 ID:DmRot5ES0

    沙織さんに勇気付けられ、私は優花里さんからロープを受け取り、救助へと行くことができました。

    戦車は横に並んでいますから、跳べないことはありません。

    これは、私が何のために逃げ出した戦車道へと再び舞い戻り、私達が何のために戦っているのかを、再考する瞬間でもあったのです。


    530: 津島 2016/05/26(木) 23:23:51.77 ID:DmRot5ES0

    M3リーへとたどり着くと、私は、泣き腫らした顔の一年生たち(兎チームと呼んでいました)と協力し、牽引の準備を早急に整えました。

    その間、6時方向に視認された敵は、不思議と砲撃はせず、その上私たちが川を渡り終えるまでは近寄りもして来ないのでした(この点に関しては、紳士的だと思います)。


    531: 津島 2016/05/26(木) 23:24:18.73 ID:DmRot5ES0

    浅瀬まで来ると、M3リーも息を吹き返し、同時に敵の砲撃も再開されました。


    532: 津島 2016/05/26(木) 23:25:08.78 ID:DmRot5ES0

    市街地の直前に掛かっている橋を渡る際、最大限に時間を稼ぐため、橋を落とすよう自動車部の方々(レオポンチームと呼んでいました)へと指示をしたさい、鈍重な車体をとことん利用したウィリー走行のような挙動と、そのスポーツカー染みた加速には驚かされました。

    ほかにもポルシェティーガーのエンジンを走行しながら修復していたりと、レオポンチームの皆さんは私が思う以上に逸材揃いだったようです。


    533: 津島 2016/05/26(木) 23:25:47.51 ID:DmRot5ES0

    そして苦難のすえ、ようやく市街地に到達することができました。


    534: 津島 2016/05/26(木) 23:26:26.74 ID:DmRot5ES0

    数で劣るこちらが打つもう一手は、市街地での遭遇戦です。

    砲塔が長く、鈍重な重戦車中心の編成である黒森峰には、これ以上ない有効な一手であり、現状私達が取りうるほぼ唯一の正攻法です。

    廃墟の陰から顔を出したⅢ号を追いかけ、私達は団地群へと入って行きました。


    535: 津島 2016/05/26(木) 23:26:52.65 ID:DmRot5ES0


    次の瞬間、驚愕とも畏怖ともつかぬ感情が私達を支配しました。


    536: 津島 2016/05/26(木) 23:27:45.03 ID:DmRot5ES0

    壁のように、山のように眼前に聳え立つそれは、ドイツ重戦車の終幕を飾ったマウスでした。

    重戦車偏重主義もここに極まれりか、と思わず舌打ちが出るほどでした。

    ネズミの名に不釣り合いな巨体から放たれた砲撃の至近弾だけで、ヘッツァーが吹き飛ばされかけましたから、その火力は絶大です。


    537: 津島 2016/05/26(木) 23:28:14.36 ID:DmRot5ES0


    直後に反撃を試みたルノーB1bisが撃破され、マウスの進撃が始まったのです。


    538: 津島 2016/05/26(木) 23:28:58.52 ID:DmRot5ES0

    そして反撃を試みたルノーB1bisが撃破され、マウスの進撃が始まったのです。

    後退するこちらの反撃も意に介さぬかの如くⅢ突が破られ、私はどうしようもない焦りと、危機感に襲われました。

    しかし、迫る敵の本隊が合流する前に、沙織さんの素朴な感想で、この巨大なマウスを撃破するための策を思いつくことができたのは僥倖でした(市街戦でカタをつけるにはマウスはどうしようもない障壁でしかないからです)。

    もはや荒唐無稽な作戦ですが、捨て身の精神を持った皆さんとならば、不可能ではありません。


    539: 津島 2016/05/26(木) 23:29:25.85 ID:DmRot5ES0


    後戻りはできないという逆境が、大洗をこれほどまでに強くしてきたのです。


    540: 津島 2016/05/26(木) 23:29:56.59 ID:DmRot5ES0

    マウスの陰に控えていた、視界の狭いマウスの目代わりであろうⅢ号を撃破したところで、マウス撃破のための作戦を始めました。


    541: 津島 2016/05/26(木) 23:31:42.11 ID:DmRot5ES0

    装填の遅いマウスの一撃を先ずかわし、ヘッツァーを激突させてマウスの下へと潜り込ませ、船を座礁させる要領で動きを封じました。

    それからM3リーとポルシェティーガーによる挑発で砲塔を向けさせ、最後の仕上げに八九式をマウスの上へ登らせたのです。

    亀チーム(生徒会の皆さんをそう呼んでいました)の皆さんと、兎チームの皆さんと、レオポンチーム皆さんの度胸、そして八九式の家鴨チームの皆さんの練度(それも、マウスの車体程度の狭い範囲を動きまわれるほどの)なくしては、この策は成功し得なかったでしょう。


    542: 津島 2016/05/26(木) 23:32:21.26 ID:DmRot5ES0


    少しの間踏ん張ってくださいと言ってから、Ⅳ号で背後へと回り込み、車体後部のスリットを華さんが射抜き、ついに猛鼠は息絶えたのでした。


    543: 津島 2016/05/26(木) 23:32:57.87 ID:DmRot5ES0

    マウスほどの存在にもなれば、実際の戦力よりも精神的な支柱としての役割が大きくなります。

    ですから、この戦果は黒森峰を多少なりとも揺るがすに違いありません。

    同時に、私たちの士気を上げる結果にもなりました。


    544: 津島 2016/05/26(木) 23:33:33.19 ID:DmRot5ES0

    偵察に出した兎チームの報告で、3分以内に本隊が到着する様子でしたから、いよいよ最後の作戦を発動する時がやってきました。

    そしてそれは、この学舎の行く末を定める刹那でした。


    545: 津島 2016/05/26(木) 23:34:11.81 ID:DmRot5ES0

    しかし移動の最中、無理がたたったのかヘッツァーは完全に破損してしまいました。

    我々の役目はここで終わりだ、あとは頼む、と言葉を残し、勝利の地での再会を約束して、私達は別れました。


    546: 津島 2016/05/26(木) 23:34:49.26 ID:DmRot5ES0

    14対4という劣勢に私達は身を置いていましたが、フラッグ車自体は1輌ずつに過ぎません。

    はなから、互いの狙いはフラッグ車以外にないのです。

    敵フラッグ車との一騎打ちをうかがうべく、敵の戦力を可能な限り分散するように指示を出し、レオポンチームの協力を仰ぎました。


    547: 津島 2016/05/26(木) 23:35:24.60 ID:DmRot5ES0


    脅威は後続のヤークトティーガー、エレファントの火力でしたが、その足止めに兎チームの皆さんが手を挙げてくれました。

    かつてSaint. Glorianaとの一戦で逃げ出してしまったあの子達は、大きな成長を遂げていたのです。


    548: 津島 2016/05/26(木) 23:35:50.33 ID:DmRot5ES0

    そして鮟鱇には、袋小路には用心しながら敵を撹乱し、相互の情報と位置を把握し、またHS0017地点までは発砲を避けるように指示してから、最後の作戦を発動しました。


    549: 津島 2016/05/26(木) 23:37:34.99 ID:DmRot5ES0

    私達がHS0017地点へと向かうまでに、兎チームの皆さんはエレファントを撃破した後にヤークトティーガーと刺し違え、次に家鴨チームの皆さんが落伍しました。

    鮟鱇とレオポンチームだけを残すのみとはなりましたが、事は目論見通りに運ばれて行きました。

    やはり姉は西住流の者であるらしく、私の誘いには乗ってくれたようで、自らの駆るフラッグ車だけで廃校の中庭へとやってきてくれたのです。


    550: 津島 2016/05/26(木) 23:38:22.45 ID:DmRot5ES0

    追おうとする後続を締め出さんと、ポルシェティーガーの車体を入り口に鎮座させ、さながら弁慶の仁王立を思わせる有様となりました。

    レオポンチームの皆さんには、勝敗が決するまでの間、邪魔を入れないようにしてもらう必要があったからです。

    そしてそこまでは、既に成功を収めています。


    551: 津島 2016/05/26(木) 23:38:49.08 ID:DmRot5ES0

    あとは、この血縁の呪いのような戦いへと身を投じるばかりでした。


    552: 津島 2016/05/26(木) 23:39:18.55 ID:DmRot5ES0

    中庭で、私達は敵フラッグ車のティーガーⅠへと向き合いました。


    553: 津島 2016/05/26(木) 23:39:48.17 ID:DmRot5ES0


    「西住流に逃げるという道はない」


    554: 津島 2016/05/26(木) 23:40:32.94 ID:DmRot5ES0


    これまで機械のように口を閉ざしていた姉が、初めて声を発しました。

    それは、お前に勝てるのか、という挑戦状であり、西住流の矜持を、誇りを、未来を背負う者の覚悟でした。


    555: 津島 2016/05/26(木) 23:41:06.04 ID:DmRot5ES0


    「受けて立ちます」


    556: 津島 2016/05/26(木) 23:41:37.32 ID:DmRot5ES0

    躊躇いもせずにそんな事を言えたのは、私がひとりではないからでした。

    一瞬の静寂を、Ⅳ号とティーガーⅠの咆哮が破りました。


    557: 津島 2016/05/26(木) 23:43:02.85 ID:DmRot5ES0

    いかにレオポンチームの皆さんの奮闘があるとはいえ、いかに一騎打ちを仕掛けているとはいえ、敵はフラッグ車を除いてまだ11輌を残しているのですから、そう長く戦い続けるわけにもいきません。

    おそらく姉以外では、逸見さんがすぐに私のやらんとするところを見抜くでしょう。

    ポルシェティーガーの装甲とて、それほど長くはもちません。

    勝敗の決するところまでは、長くても5分が精々でした。


    558: 津島 2016/05/26(木) 23:43:58.70 ID:DmRot5ES0

    廃校の中庭で、私達は互いに背後を探りあい、遮蔽物から遮蔽物へと移動し続けていました。

    しばらくして響いた音は、徹甲弾ではなく榴弾のそれでした。

    一瞬の間を置いて、道が破壊されていることを確認すると、全速で後退し、背後に迫るティーガーⅠに車体をぶつけることで辛くも一撃は避けることができました。


    559: 津島 2016/05/26(木) 23:44:55.92 ID:DmRot5ES0

    見て呉れをいかに変えたところで、元来の装甲の薄さは誤魔化しようがありません。

    ティーガーⅠの88mmは、こちらを正面からでも瞬殺できる威力を秘めているのですから、一発でもまともに喰らうことは避けねばなりませんでした。

    しかし度重なる砲撃でシュルツェンは徐々に剥がされて行き、徐々に丸裸に近づいています。


    560: 津島 2016/05/26(木) 23:45:28.80 ID:DmRot5ES0

    その上、ポルシェティーガーの被撃破報告が届き、残るは鮟鱇のみとなり、いよいよ私達は追い込まれました。


    561: 津島 2016/05/26(木) 23:45:59.69 ID:DmRot5ES0


    このまま一進一退を繰り返すだけでは、無様に負けるのを待つのと同義です。

    かといってティーガーⅠの正面装甲をⅣ号で抜くことは不可能に近い所業ですから、ひとつ賭けに出ることを選んだのです。


    562: 津島 2016/05/26(木) 23:46:46.92 ID:DmRot5ES0


    装填速度を速めることはできますか、と尋ねると、優花里さんは二つ返事で、可能ですと言ってくれました。


    563: 津島 2016/05/26(木) 23:47:14.15 ID:DmRot5ES0


    華さんは、行進間射撃でも可能ですが、0.5秒でも停止してくだされば確実に射抜きます、と言ってくれました。


    564: 津島 2016/05/26(木) 23:47:43.14 ID:DmRot5ES0


    全速で正面から背後まで一気に肉薄できますか、と尋ねると、麻子さんはひとこと、できると言ってくれました。


    565: 津島 2016/05/26(木) 23:48:11.14 ID:DmRot5ES0

    Saint. Glorianaのチャーチル相手には失敗したこの一手は、確実に弱点さえ射抜けば成功するはずです。

    今度は逃がさない。


    566: 津島 2016/05/26(木) 23:48:36.07 ID:DmRot5ES0


    そして正対するティーガーⅠへ、私達は駆け始めました。


    567: 津島 2016/05/26(木) 23:49:28.36 ID:DmRot5ES0


    回りこむ直前、互いに一撃を交わし、転輪も履帯をも引き千切りながら、吸い込まれるように私達はティーガーⅠの背後へと回り込み、砲撃の音が重なって轟きました。


    568: 津島 2016/05/26(木) 23:49:57.83 ID:DmRot5ES0

    爆煙が周囲に満たされ、僅かな炎がいくばくか上がっているようでした。


    569: 津島 2016/05/26(木) 23:50:23.50 ID:DmRot5ES0

    ぼんやりと、遠くのキューポラに、間に合わなかった、という落胆の顔が見えました。


    570: 津島 2016/05/26(木) 23:50:49.97 ID:DmRot5ES0


    白旗は、ティーガーⅠから上がっていたのです。


    571: 津島 2016/05/26(木) 23:51:22.90 ID:DmRot5ES0


    試合後、勝利の喜びに浸る皆さんを置いて、私は姉のもとに走りました。

    私はどうしても、姉の言葉に関して、真意を問わねばならなかったのです。

    そして、母のことも同様でした。


    572: 津島 2016/05/26(木) 23:51:48.07 ID:DmRot5ES0


    姉は私を振り返ると、優勝おめでとう、と一言言いました。

    そして、ごめんね、と言いました。


    573: 津島 2016/05/26(木) 23:52:15.76 ID:DmRot5ES0

    私は、あの時の真意を問いました。

    ここでも、Pravda戦での一件のような、驚くべき事実が明らかにされたのです。


    574: 津島 2016/05/26(木) 23:53:24.07 ID:DmRot5ES0


    「...あの時は、とにかくみほを熊本と戦車道から引き離す必要があった。事後処理をする間、みほに色々なものの矛先が向かないようにするためだ。へんに慰めを言うよりも、突き離した方がいいと思っていたんだ...済まなかった。」


    575: 津島 2016/05/26(木) 23:53:51.41 ID:DmRot5ES0

    姉は、涙を堪えているようでした。


    576: 津島 2016/05/26(木) 23:54:48.60 ID:DmRot5ES0

    姉は、私を護るために手を尽くそうとしてくれていたのです。

    ただ少し、言葉足らずで、不器用でした。

    そして私は、どうしようもなく脆かったのです。


    577: 津島 2016/05/26(木) 23:55:30.20 ID:DmRot5ES0


    「お母様をあまり責めないでやってほしい。赤星たちの死に、心を痛めていないわけじゃない。決して、人死を肯定などはしていないよ。お母様は、戦車道で誰かが亡くなったことを受け入れ難かったんだ。自分の道が、人を死に至らしめうるものであるとは、思いたくなかったんだろう。」


    578: 津島 2016/05/26(木) 23:56:06.24 ID:DmRot5ES0

    犠牲無くして、勝利は得られない。


    579: 津島 2016/05/26(木) 23:56:56.70 ID:DmRot5ES0

    あの言葉は、母の揺らぐ心を、過去を、生き様を否定しないための防衛機制だったのかもしれません。

    起きてしまった結果は、信じてきた己のたたかいの果てにある報いとしては、あまりに残酷です。

    私はとたんに、母を憎いと思う気持ちを喪い、むしろ同情すら抱くようになっていました。


    580: 津島 2016/05/26(木) 23:57:23.19 ID:DmRot5ES0


    顧みると、人の心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳でした。


    581: 津島 2016/05/26(木) 23:57:58.53 ID:DmRot5ES0

    それから私は、泣きかけた姉を抱きしめて、かつてPravdaのふたりに贈った言葉をかけ、その苦しみに寄り添っていました。

    あとには、大洗が護られたという事実だけが残りました。


    582: 津島 2016/05/26(木) 23:58:40.16 ID:DmRot5ES0

    それが、唯一の救いでした。


    583: 津島 2016/05/26(木) 23:59:09.08 ID:DmRot5ES0

    いまは私には、幸福も不幸もありません。

    今でさえ、折に触れて、赤星さん達が死んだときに私も死んでいるべきだった、という思いが頭をよぎります。


    584: 津島 2016/05/26(木) 23:59:37.20 ID:DmRot5ES0

    しかし、大洗に逃げてからの数年間は、私の生涯で唯一、命を賭して守るべきものが与えられた瞬間だったのです(となると、私が会長を犯した夜は、私がこの身を以って学校を護るという誓約だったのでしょうか。生徒会の皆さんは私以外に頼る者がいなかったのですから、どうか責めずにいてください)。


    585: 津島 2016/05/27(金) 00:00:08.84 ID:psIF1EIN0

    本当のことを言いますと、廃校の危機を脱したらすぐに、もっとも楽な世界へ消えてしまうつもりでした。

    けれども、後に残されるみなさんのことを考えるといかにも不憫です。

    そのうえ、また決勝で相見えることをエリカさんと約束していましたから、そのまま死ぬ訳には行かずに、ずるずると今日まで生きて参りました。


    586: 津島 2016/05/27(金) 00:00:42.91 ID:psIF1EIN0

    記憶してくださいまし。

    私が生きたかったのは、立ち塞がるものを薙ぎ倒して往く戦車の道ではなく、己の足で歩んで行く人の道だったのです。


    587: 津島 2016/05/27(金) 00:01:08.28 ID:psIF1EIN0

    撃てば必中。

    守りは固く、進む姿は乱れ無し。

    鉄の掟。

    鋼の心。


    588: 津島 2016/05/27(金) 00:01:43.95 ID:psIF1EIN0

    人として幼い少女を淑女に育て、良き妻、賢き母として成熟させるための礎としてはこれ以上ない、よい規範でしょう。

    しかし、普遍的な家族愛とかいったものをもたらしてはくれません。


    589: 津島 2016/05/27(金) 00:02:09.32 ID:psIF1EIN0

    母も、姉も、逸見さんも、ノンナさんも、カチューシャさんも、是とした自分の闘いを、たたかい抜いていただけなのです。

    赤星さんたちの死は誰のせいでもないという事実が、やりきれぬ無念となって私を塗り潰して行きました。


    590: 津島 2016/05/27(金) 00:02:52.16 ID:psIF1EIN0


    私は今になって、人の業というものを強く思い知らされたのです。


    591: 津島 2016/05/27(金) 00:03:18.65 ID:psIF1EIN0

    沈んでいった赤星さん達が、今を懸命に生きている大洗のみなさんが、そしてエリカさんとの約束が私を生き長らえさせました。

    それからもう一年が経つでしょうか。

    明日は大洗女子学園と黒森峰女学園との決勝戦です。

    エリカさんとの約束のあとは、もうやり残したことはありません。

    伝えるべきことはすべて、大洗のみなさんに伝えました。

    私が大洗で見出した戦車道が、しっかりと受け継がれていくことを願うばかりです。


    592: 津島 2016/05/27(金) 00:03:56.56 ID:psIF1EIN0


    私がいなくても、一切は過ぎて行きます。

    私がいなくなっても、大洗女子学園の行く先に心配が無いのは幸いです。


    593: 津島 2016/05/27(金) 00:04:35.75 ID:psIF1EIN0

    私はあの人たちに残酷な恐怖を与えたくはありません。気付かれぬうちに消えて果てるつもりです。

    願わくば、私を産んだ私の過去が、もう誰の身にも決して起こらぬようにしてください。

    それが叶ったとき、喪い続けてきた私の一生は、本当の意味で救われることになるのです。


    594: 津島 2016/05/27(金) 00:05:11.23 ID:psIF1EIN0

    そしてどうか、私の代わりに、赤星さんたちのお墓に、花を供えてあげてください。

    考えてみると、私は、悔いるばかりで、悼むことを忘れていましたから。


    595: 津島 2016/05/27(金) 00:05:39.25 ID:psIF1EIN0

    *
    この手記を書き終えたみほは、その翌日の黒森峰との再戦を終え、姿を消した。

    方々、手は尽くした。

    私自身も各地へと出向き、ひたすらにあの子を捜した。


    596: 津島 2016/05/27(金) 00:06:12.08 ID:psIF1EIN0

    各校も協力すると手を挙げてくれて、とりわけSaint. GlorianaやPravdaなどは、自前の諜報機関で日本はもとより、世界中を捜してくれた。

    それでもなお、みほの行方は杳として知れなかった。


    597: 津島 2016/05/27(金) 00:06:39.64 ID:psIF1EIN0


    あの子は、どこかへと消えた。

    どうしようもない後悔と、茫漠たる虚無だけが残された。


    598: 津島 2016/05/27(金) 00:07:20.39 ID:psIF1EIN0

    今年の10月、私は、いまは静岡に住んでいる、みほの当時の友人を訪ねた。

    彼女は大洗女子学園を出てから、現在は陸自で10式の教練を受けているのであるが、どうしても聞かねばならないことを聞くために、無理を言って都合をつけてもらった。


    599: 津島 2016/05/27(金) 00:07:46.74 ID:psIF1EIN0


    というのは、あの手記は彼女が私に手渡したものだったからだ。

    もっと早く行くべきだという思いを抱えていながら、踏ん切りをつけられずに既に2年が経っていた。


    600: 津島 2016/05/27(金) 00:08:14.52 ID:psIF1EIN0

    富士駐屯地は、富士山の麓にあるかなり大きい駐屯地であった。

    その中の応接室らしき場所に通され、私たちは顔を合わせた。

    私自身は、大洗優勝の一報を聞いた時に見た写真で彼女の顔は知っていたし、向こうも私の顔くらいは知っているはずであったけれど、実際に膝を向けて話をするのはこれが初であった。


    601: 津島 2016/05/27(金) 00:08:43.93 ID:psIF1EIN0

    そして、最後であろう。


    602: 津島 2016/05/27(金) 00:09:36.46 ID:psIF1EIN0

    「初めまして…秋山優花里と申します」

    「ええ、初めまして…西住しほです」

    「はい、存じ上げます」

    「今日ここへ来たのは、伺いたいことがあるからなのです」

    「…はい」


    603: 津島 2016/05/27(金) 00:10:04.48 ID:psIF1EIN0

    「この手記を、あなたは読みましたか」

    「はい。これは、まず西住殿が私に、このノートと写真と、小さなぬいぐるみの小包を送ってきたものです。黒森峰との、最後の試合があった数日後です。差出人は、西住殿本人に決まっているのですが、名前も住所もありませんでした。西住殿がいなくなってから、全部読んでみて、…」


    604: 津島 2016/05/27(金) 00:10:32.10 ID:psIF1EIN0

    それから、彼女は、静かに嗚咽を漏らした。


    605: 津島 2016/05/27(金) 00:10:58.76 ID:psIF1EIN0


    「結局、私たちが何をしても、大洗がどうなろうと、西住殿は、消えてしまうつもりだったのかな、と悲しくなりました。どうして、…私たち、まるで、捨てられたみたいに、…もう、生きているかどうかも…」


    606: 津島 2016/05/27(金) 00:11:25.18 ID:psIF1EIN0

    私が悪かったのです、と、我知らず声が出た。

    彼女は、泣きはらした顔を上げた。


    607: 津島 2016/05/27(金) 00:12:36.26 ID:psIF1EIN0


    「じぶんで、したことは、そのように、はっきり言わなければ、かくめいも何も、おこなわれません。じぶんで、そうしても、他のおこないをしたく思って、にんげんは、こうしなければならぬ、などとおっしゃっているうちは、にんげんの底からの革命が、いつまでも、できないのです」


    608: 津島 2016/05/27(金) 00:13:13.26 ID:psIF1EIN0

    私は魂を射抜かれたように、心を抉られたように、うなだれた。

    彼女は最後に、貴女は、貴女の闘いをたたかい続けてください、と言った。

    そしてこう付け加えた。


    609: 津島 2016/05/27(金) 00:14:08.19 ID:psIF1EIN0


    「私たちの知っている西住殿は、とても素直で、よく気が利いて、…天使みたいないい人でした」



    終わり


    612: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:16:25.88 ID:hnED0/4fO


    おもしろかった


    614: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:18:16.16 ID:7Ie9Sbkro

    乙乙
    いい感じに闇深なSSだった


    616: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:20:49.29 ID:Fymc0n31o

    乙です

    西住殿失踪だと、カチューシャとノンナと会長さんの正気度も
    ガリガリ削られちまたんじゃないでしょうかと思わないでもない。


    621: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:44:07.58 ID:7s/K4+UGO

    乙。せめて生きていて欲しいものだが手記の内容からするともうね


    623: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 00:57:25.88 ID:UTkAYbSSo

    乙。みほは…手記の内容とボロボロの内心を見るにどうなったか察するな

    優花里の言葉でダグラムの始まりと終わりのナレーション思い出した


    632: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/27(金) 22:48:16.62 ID:rod2On+3O

    乙です。
    読んでて引き込まれた。この作者の作品をまた読みたい。


    引用元: 西住みほ「堕ちていくほど、美しい」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (325)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (321)
    シンデレラガールズ (1394)
    ミリオンライブ (233)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (310)
    カイジ (17)
    かぐや様は告らせたい (23)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (128)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (445)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (19)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (41)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (61)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (37)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (23)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (39)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (103)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (16)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (134)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (97)
    ドラえもん (13)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (7)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (11)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (118)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (160)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (115)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (46)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (221)
    遊戯王 (46)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (23)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (277)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (34)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (120)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク