FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    ラディッツ「勘違いするなよ、カカロット。」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:15:01.75 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「俺はお前に敵対する意思はないぞ。ただ、お前を仲間に引き入れる為に来ただけだ。」

    悟空「オラ、おめぇの仲間になんかなんねぇぞ!」

    ラディッツ「そう言うな。今はもう血の繋がった、たった二人の兄弟だろう?」

    悟空「オラに兄貴なんていねぇさ。オラは地球人、孫悟空だ!」

    ラディッツ「まぁ聞けカカロット。」

    悟空の兄と名乗るラディッツは、フリーザの事を悟空に話した。この物語は、サイヤ人の結束力がもたらす、あったかもしれない話、である・・・



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:17:56.05 ID:pjfj03Yj0

    悟空「・・・つまり、そのフリーザとか言う奴を倒すために手を貸せ・・・てぇことか?」

    ラディッツ「そうだ。それも、サイヤ人の手でな。」

    悟空「・・・宇宙にそんな悪い奴がいるんなら、放っておくわけにはいかねぇ。」

    ラディッツ「そうだろう?なら、素直に俺の仲間になれ、カカロット。」

    悟空「そいつを倒すためだけなら・・・おめぇの仲間になる。」

    ラディッツ「よし、聞き分けの良い奴だ。ちなみにだな、俺の仲間はあと二人いる。そいつらも今この星に向かってきているはずだ。」

    悟空「そいつらもサイヤ人なんだろ?」

    ラディッツ「もちろんだ。」


    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:19:57.87 ID:pjfj03Yj0


    異星―――

    ベジータ「ふん・・・地球にいるカカロットってのは、ラディッツの弟だったのか。」

    ナッパ「ま、俺たちはもう数少ない生き残りだからな。一人でも仲間は多い方がいい。」

    ベジータ「戦力として数えられればいいけどな。それじゃ、俺たちも地球とやらに向かうか。」

    ナッパ「ここから地球までは約一年くらいだな。」

    ベジータ「そうか。ならば、久しぶりにゆっくりと睡眠をとるとするか・・・。」


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:22:47.37 ID:pjfj03Yj0


    ラディッツ「とりあえず、二人が到着するまではかなりの時間がある。俺の仲間二人は俺よりも相当戦闘力が上だからな。」

    ラディッツ「そいつらが来るまで、少しでも修行して力をつけなきゃならん。」

    悟空「それなら、いい奴を知ってる。」

    ラディッツ「いい奴?」

    悟空「ああ。オラについてきてくれ。」


    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:25:26.04 ID:pjfj03Yj0

    カプセルコーポレーション―――

    悟空「おーいブルマー!いるかー?」

    ブルマ「はいはーい。あら、孫くん。それに・・・誰?」

    悟空「ああ。こいつはオラの兄貴だ。」

    ラディッツ「カカロットの知り合いか。俺の名はラディッツだ。」

    ブルマ「・・・??どういうこと?」

    悟空「わりぃブルマ。詳しいことは後で話すからさ、とりあえずオラの頼み聞いてくんねぇかな?」

    ブルマ「なぁに?」

    悟空「ああ、実は今から一年、修行しようと思うんだ。だから、いい修行部屋なんて用意できねぇかなぁなんて思ってよ。」


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:28:07.45 ID:pjfj03Yj0

    ブルマ「修行ね・・・それなら、ずっと考えていた案を形にしてみようかしら。」

    悟空「お?なんかいい案があんのか?」

    ブルマ「ええ。重力を制御する装置を開発中なの。あとひと月もすれば完成すると思うわ。」

    悟空「そうか!そりゃありがてぇ!」

    ラディッツ「ふむ、確かにな。この星はどうも重力が軽すぎる。こんなところに一年もいたら体がなまってしまうからな。」

    ブルマ「まぁとりあえずあがってよ。孫くんのお兄さんだっていうあなたにも話を聞きたいし。」

    ラディッツ「兄と言っても、今までずっと別々に生きてきていたからなぁ。話すことなんてなにもないぞ。」


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:30:42.43 ID:pjfj03Yj0

    ひと月後―――

    ブルマ「孫くん!できたわよ、重力装置室。」

    悟空「サンキュー、ブルマ!さ、ラディッツ!修行すっぞ!」

    ラディッツ「俺よりもお前の方が戦闘力は下なのだからな?そのことを忘れるなよ?」

    悟空「わかってっさ!それより、おめぇにも気のことを教えてやるからよ!」

    ラディッツ「気・・・?あぁ、スカウターなしで相手の居場所を特定するための技術か。」

    悟空「ああ、そうだ。まぁ、修行しながら教えてやる。」


    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:32:40.39 ID:pjfj03Yj0


    一年後―――

    ラディッツ「カカロット。今日の午後辺りに、二人が地球に到着するぞ。」

    悟空「そっか、わかった。行こう、ラディッツ!」

    ラディッツ「ああ!」

    午後、荒野―――

    悟空「来たな・・・でけぇ気の奴らが、二人。」

    ラディッツ「ちっ、寝てやがるな。ベジータにナッパの野郎・・・。」

    ドォォォドォォォン・・・・・・ウィィィィン

    ナッパ「ふっ・・・くぁぁぁぁぁっ・・・!よく寝たぜぇ・・・。」

    ベジータ「・・・む?この星はずいぶんと重力が軽いな。」

    ラディッツ「待ってたぜ、ベジータ、ナッパ。」

    ナッパ「おお、弱虫ラディッツじゃねぇか。」


    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:34:36.22 ID:pjfj03Yj0


    ラディッツ「俺をそう呼ぶのは今日限りだぜ、ふふふ・・・。まぁ、とりあえずそのスカウターで今の俺とカカロットの戦闘力をはかってみな。」

    ナッパ「ん・・・?」カチッ

    ナッパ「・・・ほぉ・・・この一年でずいぶんと力をあげたじゃねぇかラディッツ。戦闘力3800か。」

    ベジータ「ふん、ようやくサイヤ人としての真の力の一旦が目を覚ましたってところか・・・。」

    ナッパ「カカロットも、戦闘力3806・・・これなら十分戦力になるぜ!」

    ラディッツ「な、なんだと!?俺の数値が3800で、カカロットの数値が3806!?何かの間違いじゃねぇか!?」

    ベジータ「はっはっは、傑作だな。弟に超えられてんじゃねぇか!」


    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:37:36.37 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「ちぃっ・・・まぁいい。」

    ベジータ「・・・ん?スカウターに反応・・・複数の奴らがここに向かってきているな。」

    ラディッツ「何?・・・・・・む、本当だ。」

    ナッパ「おいおいラディッツよぉ。一年も地球にいて頭がおかしくなったのか?スカウターもつけずに何言ってんだよ。」

    ラディッツ「ふふふ・・・お前らも後でカカロットに教えてもらうといい。気のことをな。」

    ベジータ「気・・・?とりあえずそれは後だ。」

    ザザザザザッ!


    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:39:15.77 ID:pjfj03Yj0

    ピッコロ「何者だ、貴様ら!?」

    天津飯「も、ものすごい気だ・・・!」

    クリリン「ご、悟空も一緒ってことは・・・敵じゃないのかな?」

    ヤムチャ「なぁに。俺たちだって修行をしてきてんだから、こいつらに引けはとらないだろうよ。」

    餃子「天さん、こいつらヤバいよ。」

    ベジータ「カカロット、こいつらは貴様の仲間か?」

    悟空「ああ。そうだ。」(ピッコロは違うけど・・・まぁいっか。)


    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:42:33.01 ID:pjfj03Yj0

    ピッコロ「孫、どうういことだ!?一年前俺の前にいきなり現れたあの野郎と同じような奴らが揃いも揃って!!」

    悟空「わりぃ、みんな。でも、とりあえずこいつらは敵じゃねぇ。」

    天津飯「そ、そうか・・・ならいいんだが・・・。」

    ナッパ「おいベジータ。あいつ、ナメック星人じゃねぇか?」

    ベジータ「どうやらそのようだな。」

    ピッコロ「?」


    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:46:00.88 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「おい貴様。なぜナメック星人がこんなところにいる?」

    ピッコロ「俺のことか?」

    ベジータ「・・・自分が何者なのか知らないのか?」

    ピッコロ「生憎、俺の親父は俺がまだ子供のころに孫に殺されててな。」

    ベジータ「ふむ・・・そう言えば前に聞いたことがあるな・・・。ナメック星には不思議な力がある、と。」

    ナッパ「この星に、不思議なものはなにかないか?」

    悟空「そうだなぁ・・・不思議なものっていったら、ドラゴンボールくらいしか・・・。」


    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:48:23.31 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「それだ!そのドラゴンボールとやらは、なんでも願いを聞いてくれるという奴だな?」

    悟空「あ、あぁ。」

    ベジータ「それは恐らく、ナメック星人にしか作れないものだ。」

    ピッコロ「俺が、宇宙人・・・。」

    ベジータ「なんでも願いが叶うなんて、フリーザが知ったら大変なことになるな。まぁとりあえずそのことはいい。」


    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:50:46.90 ID:pjfj03Yj0

    ナッパ「そうだ、ラディッツ。」

    ラディッツ「む?なんだ?」

    ナッパ「お前は仲間は後二人いるっていってたけどな。実はもう一人いるんだ。」

    ラディッツ「何!?」

    ベジータ「そうだったな。後一人、ターレスって奴がいる。そいつを含めた俺達5人が、サイヤ人の生き残りだ。」

    ベジータ「聞こえているだろう、ターレス!」

    ターレス『ああ、聞こえてるぜ・・・王子さん。』


    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:54:19.97 ID:pjfj03Yj0


    ベジータ「よし、これで準備は整ったな。問題は宇宙船なんだが・・・。」

    悟空「心配すんな。ラディッツが乗ってきた宇宙船を、オラの知り合いが解析して大型の宇宙船に技術を取り入れて作ってくれたんだ。」

    ベジータ「そうか、でかしたぞカカロット。では、とりあえず本星に戻るとしよう。カカロット、貴様も一緒にだ。」

    悟空「ああ、わかった。」

    ピッコロ「俺もついていくぞ。」

    ヤムチャ「ああ、俺達m
    ベジータ「貴様らは邪魔だから来なくていい。元々この戦いは、俺たちサイヤ人とフリーザとの戦いだからな。」


    72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 17:57:08.48 ID:pjfj03Yj0


    ターレス「じゃ、俺も行って来るか・・・宇宙の化けもん退治によ・・・!」

    ターレス軍団「お気をつけて!ターレス様!!」

    ターレス「ああ。アモンド、ダイーズ、カカオ、レズン、ラカセイ・・・行って来るぜ。」

    ターレス「もし俺が戻ってこなかったら・・・後はおめぇたちの好きにしな。」

    アモンド「我々はずっとターレス様の部下です!」

    ターレス「へっ・・・バカ野郎どもが・・・。」


    77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:00:15.31 ID:pjfj03Yj0

    ひと月後、惑星フリーザNo79―――

    フリーザ兵1「正体不明の宇宙船が来るぞ!」

    フリーザ兵2「ベジータ様達の乗った船だろう。新しい仲間と一緒に新しい船に乗って、ちょうど今日到着するという連絡が来ている。」

    キィィィィィィン

    フリーザ兵1「・・・?おかしいな、誰も出てこない・・・。」

    フリーザ兵2「お、おい大変だ!中でベジータ様方が血だらけで倒れている!」

    フリーザ「なんだって!?まずい、急いで開けて皆をメディカルマシーンに!」


    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:01:56.70 ID:pjfj03Yj0

    コポコポ・・・

    フリーザ兵1「一体宇宙船の中で何が・・・?」

    フリーザ兵2「とりあえず、傷の修復は終わった。」ピッ

    ウィィィン

    ベジータ「ふぅ・・・。」

    フリーザ兵1「ご無事ですか、ベジータ様。」

    ベジータ「一体俺はなぜメディカルマシーンに・・・?」


    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:04:55.96 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ兵1「新しい宇宙船でこの星に到着したときには、もう船の中で血だらけで倒れられてましたよ。」

    ベジータ「船の中・・・?・・・あっ!!!」

    フリーザ兵1「ど、どうなさいました?」

    ベジータ「い、いやなんでもない・・・。」

    ベジータ(修行のしすぎで倒れていたなんて言えるわけないだろう!!)

    ベジータ「それよりも・・・ほかに乗っていた奴らは無事なのか?」

    フリーザ兵2「みなさん別々のメディカルマシーンでお休みになられています。」

    ベジータ「そうか。ターレスはもう到着しているか?」

    フリーザ兵1「はい。ターレス様なら先に部屋でお休みになられていますよ。」


    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:07:35.79 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「それで・・・フリーザ様は?」

    フリーザ兵1「はぁ、それが今はお出かけになられていまして・・・確か、ナメック星だとか・・・。」

    ベジータ「なにっ!?ナメック星だと!?」

    フリーザ兵1「今まで行こう行こうと思いながら先延ばしにしていた星だとかで、フリーザ様が直々に行かれました。」

    ベジータ(なんてことだ・・・!このタイミングで!!)

    フリーザ兵1「ベジータ様方がお帰りになられた際は、フリーザ様の指示があるまで待機していろ、と仰っていました。」

    ベジータ「くっ、こんなことをしている場合ではない!!俺たちもナメック星に向かう!!」


    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:09:10.59 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ兵1「は?ナメック星に、ですか!?」

    ベジータ「そうだ!お前は俺たちが乗ってきた宇宙船に人数分の小型宇宙船とメディカルマシーンをつけさせろ!急げ!!」

    フリーザ兵1「りょ、了解しました!1日もあれば完成しますので、それまでお待ちを!」

    ベジータ「ちっ・・・フリーザの野郎・・・!」


    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:12:52.83 ID:pjfj03Yj0

    翌日―――

    ベジータ「ぐがぁぁ・・・・・・ぐがぁぁ・・・。」

    ピルルルルッ ピルルルルッ

    ベジータ「んがっ・・・」

    ピルルルルッ ピルルルルッ ピッ

    ベジータ「俺が寝ている間は起こすなといつも言っているはずだぁ!!!!」

    フリーザ兵1「ひぃっ!!も、申し訳ありません!!ですが、昨夜は宇宙船の準備が終わり次第起こせとのお達しでしたので・・・!」

    ベジータ「昨夜・・・?宇宙船・・・?」

    フリーザ「は、はい。ベジータ様方が乗ってこられた宇宙船の中に、人数分の小型宇宙船とメディカルマシーン5台、準備完了しました!」

    ベジータ「馬鹿野郎っ!!そういうことは早く言いやがれ!!」


    95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:19:09.38 ID:pjfj03Yj0

    サイヤ人の部屋―――

    バァン!!

    ベジータ「貴様ら、起きろ!宇宙船の準備が終わったみたいだから、俺たちもナメック星へ出発するぞ!!」

    ベジータ「ナッパ、貴様はまずヒゲを剃って来い!!そんな無精ヒゲで戦いに行くつもりか!?」

    ナッパ「わ、わりぃ。今剃ってくるぜ。」バタバタ

    ベジータ「ラディッツ、貴様はいつまで寝ていやがるんだ!さっさと起きて仕度しやがれぇ!!」ドガッ

    ラディッツ「うおっ!?な、なんだ!?ベ、ベジータか・・・ふわぁぁ・・・。」

    ベジータ「カカロット、なぜさも当然のようにその服を着ていやがるんだ!!サイヤ人ならサイヤ人の服を着やがれ!!」ガチャ ポイポイ

    悟空「うえ、これかよ!?オラいつもの胴着の方が動きやすいんだけどなぁ・・・。」

    ベジータ「ターレスの野郎の姿が見えんが、どこに行った!?」

    ナッパ「あいつなら、体を暖めるだとかで惑星一周に行ってますぜ。10分くらい前に出て行ったから、あと20分くらいで帰ってくるんじゃねぇですかね。」

    ベジータ「あの野郎、勝手な行動しやがって!!いいか、オレは作業の終わった宇宙船の様子を見てくる!俺が帰ってくるまでに準備を終わらせておくんだぞ、いいな!?」


    100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:22:34.65 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「んぅ・・・むにゃむにゃ・・・。」

    悟空「おーいラディッツ。いい加減起きなきゃベジータに殺されっぞ。」

    ラディッツ「んぁ、ああ・・・ふわぁぁぁ・・・。」むくり

    悟空「やぁっと起きたか、ラディッツ。」

    ラディッツ「あぁ・・・!?お、親父!?」

    悟空「はぁ?オラ悟空だぞ?」

    ラディッツ「あ、ああカカロットか・・・。」

    ラディッツ(カカロットの野郎、ただでなくても親父に似ていやがるってのに、そんな色の戦闘服を着るともう親父にしかみえねぇぜ。)


    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:25:54.38 ID:pjfj03Yj0

    20分後―――

    ウィィィィン

    ベジータ「準備は終わっているか!?」

    悟空「ああ、みんなバッチリだぞ。ターレスもついさっき帰ってきた。」」

    ベジータ「よし、行くぞ!」

    悟空「この戦闘服、どうも落ちつかねぇな・・・。」

    ベジータ「文句を言うな、カカロット!出発だ!!」

    ベジータ達は宇宙船に乗り、ナメック星へ向けて出発した。


    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:29:14.61 ID:pjfj03Yj0

    二週間後、ナメック星―――

    ベジータ「ふぅ・・・着いたか、ナメック星・・・おいお前ら。気は抑えておけよ。」

    ナッパ「わかってるぜ・・・。」

    悟空「ここに来るまでに大分修行したからな・・・これだけ強くなりゃ、そのフリーザって奴にも勝てんじゃねぇか?」

    ベジータ「奴を甘く見るな。フリーザは長い間宇宙に君臨してきた帝王だ。」

    ベジータ「まずは奴の周りから崩していく。奴の側近は二人なのだが、今日はそれにもう一人戦闘力の高いやつが一緒にいるようだ。」

    ナッパ「俺達は三手に分かれてその側近の撃破に回る。ベジータ一人、俺とターレス、そしてカカロットとラディッツだ。」


    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:31:17.85 ID:pjfj03Yj0


    悟空「あ、そうそう。おいおめぇら。これ、二粒ずつ持ってけ。」

    ラディッツ「・・・?なんだ、カカロット?この豆は。」

    悟空「これは仙豆って言ってな。食べたら体の傷を瞬時に治してくれるっちゅうもんだ。」

    ベジータ「ほう・・・ありがたくいただくとしよう。」

    ターレス「そんじゃ、俺からもいいもんをくれてやる・・・。ほら。」

    ナッパ「ん?こっちは奇妙な実だな。」

    ターレス「神精樹の実って言ってな。まぁどんなもんかは食べてみりゃわかるさ。」

    ターレス「敵との戦いでピンチになったときに食ってみな。」


    110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:34:17.30 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「貴様ら、準備はいいな?」

    ナッパ「おう!」

    ラディッツ「バッチリだ!」

    悟空「オラも大丈夫だ。」

    ターレス「待ちに待った瞬間だ・・・派手に暴れてやる。」

    ベジータ「よし、行くぞ!気を高めろ!!」


    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:38:16.72 ID:pjfj03Yj0

    ピピッ

    ドドリア「んっ!?」

    フリーザ「どうかしました?」

    ドドリア「はっ。高い戦闘力を持った集団が、ナメック星に来たみたいです。」

    フリーザ「ほう・・・数はどれくらいですか?」

    ドドリア「ひぃ、ふぅ・・・五つですね。」

    フリーザ「・・・ギニュー特戦隊の方々じゃないんですか?」

    ドドリア「それにしては低いですね。サイヤ人の連中じゃないですか?確か、地球に生き残りの同志がいるから迎えに行くとか前に言ってましたよね?」

    フリーザ「そうですね・・・それなら数も合いますね。ベジータさんに、ナッパさん、ラディッツさんに、ターレスさんに、その迎えに行った同志で5人。」


    117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:42:34.68 ID:pjfj03Yj0


    ザーボン「しかし、何をしに来たのでしょうか。確か、我々が出発する前に別命あるまで待機と伝えておいたはずですが。」

    フリーザ「命令違反ですねぇ。ま、放っておいても問題はないでしょうが・・・わたしの周りでチョロチョロされても目ざわりですね。」

    フリーザ「ザーボンさん、ここに連れてきていただけますか?」

    ザーボン「はっ・・・しかし奴ら、どうも不穏ですね。一人で行って、奴らが反逆してきたら返り討ちに合ってしまいます。」

    フリーザ「やれやれ、心配性ですねぇ。なら、ドドリアさんとキュイさんも同行しておあげなさい。逆らうようなら殺しても構いません。」

    ドドリア「はっ!」

    キュイ「了解しました!」

    ザーボン「では行ってまいります。」


    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:44:12.85 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「動き始めた!貴様ら、負けることは許さんぞ!いいな!?」

    ナッパ「任せとけ!」

    ベジータ「よし、予定通りに散るんだ!」

    バシュウ!バシュウウウ!

    悟空「オラ達はこの場をうごかねぇってことでいいんだよな?」

    ラディッツ「ああ。さて、三人のうち誰が来るか・・・。」


    122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:46:40.12 ID:pjfj03Yj0

    ザーボン「三手に分かれたな・・・これはますます怪しい。反逆を企てたと見て間違いないな。」

    ドドリア「へっ、各個撃破ってか?サイヤ人のくせに生意気じゃねぇか。」

    キュイ「オレは一人のとこに行くぜ。多分それがベジータだ。」

    ドドリア「じゃあオレは移動してる二人を追うぜ。」

    ザーボン「ならオレは停滞している二人だな。」


    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:49:05.11 ID:pjfj03Yj0

    東方―――

    ベジータ「くく・・・俺の所には三人の中で一番気の低い奴が来ている・・・キュイだな。わかりやすい奴だぜ。」

    ピタッ

    ベジータ「さぁ、きやがれ・・・。」

    ギュウウウウウウ・・・キキッ

    キュイ「へへへ・・・ベジータ。フリーザ様の裏切り者として、オレが処分しに来てやったぜ。」

    ベジータ「笑わせるな。お前如きにこの俺が始末できるわけないだろう。」

    キュイ「ほざいてな!すぐに黙らせてやる!!」


    126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:51:09.44 ID:pjfj03Yj0

    西方―――

    ターレス「こっちには誰が来るかな・・・?」

    ナッパ「奴らの性格を考えると、ドドリアだろうな。へっへ・・・腕がなるぜ。」

    ギュウウウウウウ・・・キキッ

    ドドリア「ほう・・・こっちに逃げていたのはターレスとナッパか。」

    ナッパ「よう、ドドリアさん。久しぶりだな・・・。」

    ドドリア「悪いがフリーザ様のご命令だ。貴様ら、死んでもらうぜ。」

    ターレス「ほざけ、ザコが・・・。」


    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:55:11.59 ID:pjfj03Yj0

    中央―――

    悟空「でかい気が近づいてくる!」

    ラディッツ「ちっ、どうやら俺達は一番厄介な奴っぽいぜ!」

    悟空「来たッ!!」

    ギュウウウウウウ・・・キキッ

    ザーボン「・・・ほう。ラディッツ。逃げずに待っていたとはいい度胸だ。」

    ラディッツ「へっ・・・いつまでも貴様らに従うわけはねぇってことだ。」

    ザーボン「何を寝言を・・・それで?隣の貴様、何者だ?」

    ラディッツ「こいつは俺の弟のサイヤ人、カカロットだ。」

    悟空「・・・・・・。」

    ザーボン「ふん、落ちこぼれの弟もやはり落ちこぼれか・・・ゴミのような戦闘力だ。」

    ザーボン(しかし、こいつ・・・どこかで見たことがあるような・・・?)


    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:57:22.23 ID:pjfj03Yj0

    キュイ「ライバル同士、ケリをつけてやる!死ねぇベジータ!!」

    ドドドドドドドドド!!

    ベジータ「ふんっ!!」

    バシバシバシバシバシバシバシバシバシ!!

    ゴォォォ・・・

    キュイ「へへへ・・・全弾命中・・・死んだな。案外とあっけなかったな、ベジータめ。」

    ベジータ「こちらのセリフだ。」

    キュイ「!?」


    135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 18:58:58.18 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「そらっ!!」バキィ!

    キュイの背後から、空高くキュイを殴り上げる。

    キュイ「ぐえっ!!」

    ベジータ「砕け散れぇ!!」ピッ

    キュイ「ふ、フリーザ様ぁぁぁぁぁぁ!!」

    ドォォォン!!

    ベジータ「ふん、汚ねぇ花火だ。さて・・・他の奴らは片付いたかな?」


    137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:00:16.12 ID:pjfj03Yj0

    ドドリア「生意気な奴らめ・・・はぁぁぁ・・・かぁぁ!!」

    ナッパ「なんの!!カバッ!!」

    ドォォォォォォォ・・・・・・

    ドドリア(な、なんで押し勝てねェ・・・!?)

    ナッパ「がぁぁぁ・・・!!!」

    ターレス「隙ありだ、ドドリア!!」


    140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:02:06.28 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「くたばれぇ!!」バッ

    ゴォォ・・・ドォォォン!!!

    ドドリア「ぐああああ!!」

    ナッパ「トドメだぜ!!」クンッ

    シュウウウウ・・・ドガアアアアアアアアアアアアアン!!!!

    ドドリア「ふ、フリーザ様ぁぁぁぁぁぁ!!」

    ナッパ「ふぅ~、片付いたか・・・。」

    ターレス「ふん、この程度の奴に今まで言いなりになってたと思うと腹が立つぜ。」


    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:04:23.68 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「行くぞ、カカロットよ!」

    悟空「ああ!」

    ザーボン「悪いがフリーザ様の命令だ。手加減はせんぞ。」

    ラディッツ「ほざけ!そらそら!」

    悟空「だだだだ!!」

    ザーボン「ぬっ・・・くっ!はっ!」

    ラディッツ「そこだぁ!」

    悟空「はぁ!」

    バキバキィ!!

    ザーボン「くぁっ・・・!」


    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:06:04.65 ID:pjfj03Yj0

    ザーボン「く、下級戦士の分際で生意気な・・・!いいだろう、好きではないのだが、わたしの真の姿を見せてやる!!」

    ザーボン「ぐ・・・がが・・・!!」

    ラディッツ「・・・ば、バカなっ・・・!気が上がっていく・・・!!」

    悟空「・・・・・・くっ!」

    ザーボン「ぐはは・・・貴様ら、ミンチにしてくれるぞ!!」

    悟空「大丈夫だ、二人でかかれば勝てない敵じゃねぇ!!」


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:07:45.73 ID:pjfj03Yj0

    悟空「らぁぁ!!」バキィ!!

    ザーボン「!? なっ・・・!!」

    悟空「ラディッツ!そっち行ったぞ!!」

    ラディッツ「くっ・・・そらぁ!!」ドゴォォ!!

    ザーボン「ぐあああぁ!!」ドサッ

    ザーボン「なっ・・・そんなはずは・・・!!」

    悟空「ふぅ・・・おめぇの負けだ。大人しく自分の星にけぇれ!」


    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:09:54.90 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「何を甘いことを言っているのだ、カカロット!こいつはここで殺さなきゃならんのだ!!」

    悟空「無理に命を奪うことねぇ。」

    ザーボン「くっ・・・一時撤退して体勢を整えた方がよさそうだ・・・!」バッバシュウウウウ!

    ラディッツ「あ、待てザーボン!!逃げられてしまったではないか、カカロット!貴様、ベジータらにどう言うつもりだ!?」

    悟空「素直に言うさ。なに、あいつぐれぇなら敵じゃねぇ。」

    ラディッツ「ぬぅぅ・・・!」


    158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:13:07.14 ID:pjfj03Yj0

    ナメック星、とある村―――

    フリーザ「ほっほっほ・・・素直でよろしい。さて、これで残り二つですか・・・。」

    ピピッ・・・ピピッ・・・

    フリーザ「ん・・・誰かがここに近づいている・・・この数値は、ザーボンさんですね。」

    スタッ

    ザーボン「はぁ、はぁ・・・フリーザ様!」

    フリーザ「! どうしたのですか、ザーボンさん!その有様は!?」

    ザーボン「大変です!奴ら、急激に力をあげたようで・・・わたしが真の力を解放しても、倒せない程です!」

    フリーザ「ふがいないですね・・・仕方ない。ギニュー特戦隊を呼びなさい!」


    163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:19:37.61 ID:pjfj03Yj0


    ザーボン「ギニュー特戦隊を・・・ですか!?」

    フリーザ「そうです。五日もあれば到着するはずです。スカウターも持ってくるように言っておきなさい。」

    フリーザ「わたしの持っていたスカウターも、不意を突かれて壊されてしまったのでね。」

    ザーボン「くっ・・・わかりました。」

    フリーザ「わたしは残り二つのドラゴンボールを集めます。いいですね!」

    ザーボン「は、はっ!了解しました!」


    169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:24:03.85 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「ザーボンは逃がしたか・・・ふん、まぁいい。奴はもう俺達の敵じゃないだろうからな。」

    ラディッツ「ベジータまで・・・!」

    ベジータ「ただしカカロット。その甘さは今のうちに捨てておけ。」

    悟空「・・・ああ、わかった。」

    ベジータ「さて、次はギニュー特戦隊への備えが必要だ。」

    悟空「ギニュー特戦隊・・・?って、なんだ?」

    ナッパ「フリーザ配下の、全宇宙の精鋭を集めたエリート部隊だ。正直、今の俺達で勝てる相手じゃねぇ。」

    ベジータ「まぁ・・・すぐには到着せんだろう。その間は、俺たちは更に力をつけなければならん。俺達の乗ってきた宇宙船にはメディカルマシーンがある。」

    ベジータ「恐らくは五日ほどといったところか・・・それまでは体を痛めつけ、最後の一日はメディカルマシーンで回復・・・まぁそんなもんでいいだろう。」


    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:27:27.07 ID:pjfj03Yj0

    悟空「それだけで強くなれるんか?」

    ベジータ「ふん・・・貴様も薄々気付いているんじゃないのか?俺たちサイヤ人は死の淵から這い上がるたびに戦闘力を大幅にあげるんだ。」

    ベジータ「体を限界まで痛めつけ、そして回復すれば相当のパワーアップができるはずだ。」

    悟空「そ、そうか。」

    悟空(確かに・・・オラも、傷が治るたびに強くなってるような気がしたもんな。ありゃ、気のせいじゃなかったのか。)

    ナッパ「カカロットから貰った仙豆とかいう豆と神精樹の実は、いざというときの為に取っておけよ。」

    ベジータ「貴様らは先に修行を始めていろ。俺は野暮用を済ませてくる。」

    ラディッツ「野暮用?」

    ベジータ「フリーザはドラゴンボールを集めているはずだ。全て揃えられたら最後だから、まだ奪われていない村からひとつ、預かってくる。」

    悟空「あー・・・そっか。わかった。」

    ベジータ「・・・ん?丸型の宇宙船が一機、降りてくる・・・誰だ?」


    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:29:24.13 ID:pjfj03Yj0

    ドォォォォォォォ・・・ン ウィイイン

    悟空「出てくるぞ・・・。」

    ??「兄さん!」

    ベジータ「・・・!?ターブルか!?」

    ターブル「よかった、すぐに会えて!」

    ベジータ「なぜ貴様がここに?」

    悟空「ラディッツ、誰だ?」

    ラディッツ「さ、さぁな・・・俺も初めて見るサイヤ人だ。」

    ナッパ「あいつは、ベジータの弟のターブルだ。」


    181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:34:07.45 ID:pjfj03Yj0


    ラディッツ「な・・・!ベジータにも弟がいたのか?」

    ナッパ「ああ。ベジータの弟ではあるんだが、サイヤ人らしからぬ大人しい性格のせいで辺境の惑星に送られていたはずだったんだが・・・。」

    ターブル「ターレスさんの仲間だっていう人たちから聞いたんです。兄さんがサイヤ人の生き残りを集めていよいよフリーザに反逆を起こすって。・・・いてもたってもいられなくて僕も来ました!」

    ターレス「あいつらか・・・粋な真似しやがるぜ。」

    ベジータ「そうか・・・しかしお前、戦えるのか?」

    ターブル「任せてください!こう見えても、辺境惑星に送られてからも修行はしていたんですよ!」

    ターブル「みなさん、初めまして!あ、ナッパさんはお久しぶりです!僕、ベジータ兄さんの弟のターブルって言います!」

    ラディッツ「あ、兄と似ているのは外見だけか・・・。」


    185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:36:18.21 ID:pjfj03Yj0

    ターブル「今後は僕も戦列に参加しますので、よろしくお願いします!」

    悟空「ああ、よろしくな!」

    ターレス「足は引っ張んなよ。」

    ナッパ「これで六人か・・・サイヤ人も結構生き残りがいるんだな。」

    ラディッツ「ギニュー特戦隊が5人に、ザーボンの野郎もいるはずだから、これで人数は同じってわけか・・・。」

    ベジータ「ならターブル。お前は俺と一緒に来い。低姿勢なお前がいれば、ナメック星人も気を許してくれるかもしれんからな。」

    ターブル「? はい、わかりました。」

    ベジータ「では、俺とターブルは行ってくる。貴様らは先ほど言った通り先に修行を始めていろ。」


    190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:40:26.77 ID:pjfj03Yj0


    五日後―――

    フリーザ「到着しましたね・・・ギニュー特戦隊のみなさん。」

    ギニュー「お待たせ致しました、フリーザ様。まずはこちらを。スカウターでございます。」

    フリーザ「御苦労さまです。さて、それで・・・あなたたちを呼んだ理由は一つ。ベジータたちサイヤ人が、ついに表立ってわたしに逆らい始めたのです。」

    フリーザ「わたしが直々に奴らを血祭りにあげてもよろしいのですが・・・わたしには別の用事がありましてね。あなたたちに始末をお願いします。」

    ギニュー「了解致しました、フリーザ様。すでにスカウターでベジータ達の居場所は捕えてあります。」

    フリーザ「ザーボンさん、あなたも特戦隊のみなさんと一緒に奴らを始末に行きなさい!いいですね!」

    ザーボン「りょ、了解しました。」


    193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:44:34.43 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「それと・・・奴らがドラゴンボールを持っていたら、奪ってわたしのところまで持ってきてください。」

    フリーザ「わたしの勘が正しければ、持っているはずです。あと二つで全てが揃うのですからね。」

    ギニュー「ドラゴンボール・・・なんでも願いが叶う、不思議な球の事ですな。了解しました。」

    リクーム「奴らは全員で何人なんですか?フリーザ様?」」

    フリーザ「報告によると、5人のようですね。」

    ギニュー「こちらの方がひとり多いのですな・・・ならば奴らがドラゴンボールを持っていた場合、ひとりがそれを持ってフリーザ様のところに来るように致しましょう。」

    フリーザ「任せましたよ、特戦隊のみなさん。」

    ギニュー「お任せを!よーし、行くぞぉ!ギニュー特戦隊!!」

    全員「ファイ、オーッ!!」

    ザーボン(なぜわたしがこんな奴らと行動を共にせねばならんのだ・・・。)


    194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:46:51.61 ID:pjfj03Yj0

    サイヤ人の宇宙船―――

    ウィィィィン

    ベジータ「ついに来たか、ギニュー特戦隊・・・。」

    ナッパ「今の俺達なら、奴らと互角に戦えるだろうぜ。」

    悟空「来た!!」

    ザザザザザザッ!


    196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:51:16.13 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「ほう、大人しく待っているとは関心したぞ、ベジータ。」

    ベジータ「ふん・・・。」

    リクーム「おぉ、ナッパちゃん。元気だったか?」

    ナッパ「へっ・・・気安く声をかけんじゃねぇよ。」

    ジース「ターレス、お前のことは宇宙でよく聞くぜ。星を荒らしまわってるってな。」

    ターレス「ただ荒らしているだけだとでも思ってるのか?能天気な奴らだ・・・。」

    バータ「おお、弱虫ラディッツじゃねぇか。まさかお前まで俺たちに逆らうつもりか?」

    ラディッツ「ほざけ・・・!戦闘民族をなめるなよ!!」

    グルド「こっちの二人は初めて見る顔だな・・・。おいお前ら、名はなんてぇんだ?え?」

    悟空「オラは孫悟空・・・もとい、カカロットだ。」

    ターブル「ぼ、僕の名前はターブルです。」

    ザーボン「・・・・・・。」(わたしが戦った時よりも更に一人増えている・・・どういうことだ?)


    203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:55:31.12 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「ふん・・・死に損ないのザーボンも一緒か。」

    ギニュー「さて、ベジータよ。ドラゴンボールとやらを持っているのはわかっているんだぞ。大人しく渡してもらおうか。」

    ベジータ「ふん・・・こいつのことかな?」スッ

    リクーム「おい、ザーボン。あれで間違いないのか?」

    ザーボン「ああ・・・確かにドラゴンボールだ。」

    ジース「そうか、やはりフリーザ様の勘は正しかったってことだ。さ、大人しくこっちに渡しな。」

    ベジータ「残念だがそれはできん相談だ。こいつが欲しければ力ずくで奪ってみな。」

    グルド「サイヤ人の猿が生意気な口を聞くじゃねぇか・・・なら!」

    ベジータ「!」(何かを仕掛けてくる!?)

    グルド「はぁ、はぁ・・・へっ・・・これでどうだ?」


    204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 19:58:52.80 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「!?な、いつの間に!?」

    ギニュー「ふふふ・・・後はこれをフリーザ様のところまでお届けすれば、フリーザ様の永遠の命が手に入る。」

    ギニュー「だがフリーザ様のご命令は貴様らの始末でな。悪いが相手をしてもらうぞ。おいグルド!」

    グルド「わかってるぜ、隊長。」ボチャン

    ギニュー「ふふふ、安心しろ。ちゃんと沼の底に沈めてやったからな。もし奪い返せる自信があるのなら、いつでも奪い取ってくれて構わん。」

    ベジータ「く、くそ・・・。」

    悟空「なぁ、ターレス」ひそひそ

    ターレス「なんだ、カカロット?」ひそひそ

    悟空「あいつ、今どうやってベジータからドラゴンボールを奪ったんだ?」

    ターレス「あぁ・・・俺も詳しくは知らんのだが、奴は超能力者だと言われている。恐らくは、今回もそれで奪ったんだろう。」

    悟空「へぇ・・・。」(餃子と同じようなもんか・・・。)


    207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:00:59.79 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「よし、それでは誰が誰と戦うかを決めるとしよう!」

    リクーム「俺はやっぱベジータちゃんがいいなぁ。」

    ジース「おいザーボン!お前もジャンケンに加わるんだよ!」

    ザーボン「わ、わかった・・・。」(くそ、なんでこんなことになったんだ・・・。)

    じゃーんけーん・・・

    ベジータ「ふん・・・あくまでゲーム感覚というわけか。ふざけた野郎どもだ。」


    211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:04:56.48 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「よし、決まったぞ。ベジータ、貴様の相手はこの俺だ!ありがたく思うがいい!」

    ベジータ「ほう、隊長自らが俺の相手をしてくれるのか・・・これは光栄だ。」

    リクーム「ナッパちゃんの相手は俺だぜぇ。」

    ナッパ「リクームさんか・・・へっへっへ。お手柔らかに頼むぜぇ。」

    ジース「俺の相手は宇宙の壊し屋か。へへ・・・オレよりも赤く体を染めてやるぜ。」

    ターレス「今のうちにせいぜいほざいとくんだな。」

    バータ「こいつは未知数だが・・・ま、ラディッツ以下ってことはねぇだろ?」

    悟空「さぁて・・・そう簡単にオラに勝てるかな?」

    グルド「俺の相手は得体の知れないこいつかよ・・・ちっ、ついてねぇぜ。」

    ターブル「お手柔らかにお願いします。」

    ザーボン「ふふふ・・・今度は一対一だ、ラディッツ。貴様くらいなら、わたし一人でも倒せる!」

    ラディッツ「あまり舐めていると痛い目をみることになるぞ!!」


    215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:08:47.51 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「おい、ターブル。」ひそひそ

    ターブル「なんですか、兄さん?」ひそひそ

    ベジータ「お前が戦うことになるグルドは、超能力者だと言われている。気をつけろ。」

    ターブル「わ、わかりました。」

    ベジータ「それと、これを一粒持って行け。食べると傷を瞬時に治す豆だ。」

    ターブル「ありがとうございます、兄さん。」

    ギニュー「貴様ら、早く片付けてフリーザ様のところに戻るのだ、いいな!」

    特戦隊一同「おう!!」バシュウウウ

    ギニュー「ザーボン!!貴様返事はどうした!!」

    ザーボン「お、おう・・・。」

    ギニュー「ちっ、ノリの悪い奴め・・・まぁいい、行け!」

    ザーボン「わかった・・・。」(くっ、生意気な奴め・・・!)バシュウウウ


    217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:11:42.62 ID:pjfj03Yj0

    グルド「へへへ・・・お前、初めて見る野郎だが、何もんだ?え?」

    ターブル「名前は先ほども名乗りましたよね。サイヤ人の、ターブルです。」

    グルド「名前なんてどうでもいいんだ!ったく、舐めた野郎だぜ・・・。」

    ターブル「は、はぁ・・・じゃあなんて答えればいいのでしょうか?」

    グルド「き、貴様・・・このオレをコケにしてんのか!?」

    ターブル「いえ、そんなつもりはありませんが・・・。」

    グルド「いちいち腹立つ野郎だ。もういい、早くドラゴンボールをフリーザ様のところに持っていかなきゃなんねぇからな。」

    グルド「あっさりと殺してやるぜ!低俗な猿野郎め!!」

    ターブル「望むところです!」


    220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:13:57.97 ID:pjfj03Yj0

    グルド「む・・・むむ・・・!でい!」ボゴン!!

    ターブル「い、岩が浮いた!?」

    グルド「へっへっへ・・・死にな、猿が!!」ヒュン!

    ターブル「でも、その程度じゃ・・・。」パヒュウ・・・ドゴオオン

    グルド「えっ?うわ、破片がああ!!」ビシビシビシ!

    ターブル「はぁ!」バッ!

    グルド「ま、まずい!んぐっ!!」←息を止め、ターブルの後方に回る

    グルド「ぷはっ!」

    ターブル「あ、あれ!?」スカッ


    221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:16:44.27 ID:pjfj03Yj0

    グルド「ちょっと焦ったぞ・・・サイヤ人のくせに、生意気な野郎だ。」

    ターブル「い、いつの間に・・・?」

    ターブル(そうか、そう言えば兄さんが言ってたな。超能力者だって。)

    グルド「しょうがねぇ・・・こうなったら!はぁぁあぁぁ・・・!!」

    ターブル「!? か、体が・・・っ!?」

    グルド「光栄に思え・・・!オレ様の、とっておきの必殺技である金縛りの術を食らって死ねるんだからな・・・!」

    ターブル「んぐ・・・ぐがががが・・・がぁぁぁぁぁ!!!!」バギィィィィィィィンッ!!!

    グルド「・・・え?」

    ターブル「はぁ、はぁ・・・。」


    223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:19:02.79 ID:pjfj03Yj0

    グルド「そ、そんな・・・オレの金縛りを・・・力ずくで解除しやがった!!?」

    ターブル「覚悟してください、グルドさん・・・!」グッ・・・

    グルド「ひ、ひいいぃぃぃぃ!!」ダッバシュウウウウウ!!

    ターブル「はぁぁ!!」ポヒュウウウ・・・

    逃げるグルドめがけ、エネルギー波を放つ。

    グルド「そ、そんな・・・このオレ様は・・・特戦隊のこのオレ様があああああぁぁぁぁぁぁ!!!」ドオオオオオオ・・・ン

    パラパラパラ・・・

    ターブル「ふぅ・・・超能力使い、恐ろしい相手だったな・・・。」


    225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:22:01.96 ID:pjfj03Yj0

    ザーボン「ふはは・・・!わたしはついている!サイヤ人の中でも、一番弱い貴様が相手になるとはな!」

    ラディッツ「俺を舐めすぎだ、ザーボン・・・!」

    ザーボン「ふん、生意気な口を聞くな、ラディッツよ・・・ふんっ!」ボンッ!

    ラディッツ「最初から変身か・・・一番弱い俺に、少々余裕がないんじゃないか?ザーボン。」

    ザーボン「ははは・・・!サイヤ人は確実に根絶やしにしなければならんからな・・・!」

    ラディッツ「もはや貴様に負ける俺ではない!」


    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:24:27.56 ID:pjfj03Yj0

    ザーボン「ほざけ、下級戦士風情があああ!!」ダンッ

    ラディッツ「む・・・!くっ!せい!!」

    ザーボン「はぁ!!だぁ、ずぇい!!」

    バキ、グシャ、バシィ!!

    ヒュン、ドドド、ズドォォン!!

    ラディッツ「ぬぉぉおおらっ!!」

    ザーボン「でああああ!!」

    バギィィィ!!

    ラディッツ「ぬっ・・・ぐぐぐぐ・・・!!」

    ザーボン「ぐ・・・がが・・・!!」

    取っ組み合い、力比べをする二人。


    231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:27:48.00 ID:pjfj03Yj0

    ザーボン「くそ、ばぁ!!」パヒュウ!!

    ラディッツ「甘いわ!」ヒュンッ ドォォン

    ラディッツ「隙あり!せい!!」ズン!!

    ザーボン「ごあっ・・・!?」

    ザーボンの腹に渾身のひざ蹴りがめり込み、たまらず膝をつくザーボン。

    ラディッツ「はぁ、はぁ・・・。」

    ザーボン「お、おのれ・・・!」

    ラディッツ「しぶとい奴め!!これで終わりにしてやる!!」ググググ・・・!

    ザーボン「・・・っ!?ま、まずい・・・!!」

    ラディッツ「一瞬で消してやるぞ!くたばれぇぇぇ!!」パヒュウウウウン!!

    ザーボン「ぐっ・・・ぐおおおおおおおお!!」バッ ドゴォォォォン!!

    エネルギー波がザーボンに直撃し、辺りに砂煙を撒き散らす。


    234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:30:33.86 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「はぁ、はぁ・・・ケリがついたか・・・?」

    ザーボン「ぐぅぅぅ・・・ごはっ、はぁ、はぁ・・・。」

    ラディッツ「なっ・・・!?くそっ、本当にしぶとい奴め!!」

    ザーボン「お、お返しだ・・・!エレガントブラスター!!」

    ラディッツ「くっ!ならばこちらからもプレゼントしてやる!!はっ!!」

    ゴォォォォォ!!

    ザーボン「ぐぅ・・・がが・・・!!」

    ラディッツ「終わりだぁぁ、ザーボン!!でぇぇぁぁぁああ!!」

    ザーボン「なっ、お、押し返され・・・!ぎ、ぎぃぃぃぃあああああアアアアアァァァァ・・・」ドゴォォォ・・・

    ラディッツ「こ、今度こそ終わったか・・・。」


    240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:33:58.70 ID:pjfj03Yj0

    バータ「さぁて・・・改めてお前の名を聞いとくぜ、サイヤ人。」

    悟空「オラの名前は孫悟空・・・サイヤ人としての名は、カカロットだ。ちなみに、ラディッツの弟らしい。」

    バータ「はぁ!?あの弱虫ラディッツの弟だぁ!?」

    悟空「あいつは弱虫なんかじゃねぇ!」

    バータ「おいおいマジかよ・・・こりゃハズレかもしんねぇなおい・・・。」

    悟空「ごちゃごちゃ言ってねぇでかかってこいよ!」

    バータ「口だけは一丁前だな!オレの宇宙一のスピードについてこれるか!?」ヒュヒュヒュヒュ!!

    悟空「・・・こっち!」バッ バキィ

    バータ「ぐへっ!?」


    242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:37:15.28 ID:pjfj03Yj0

    悟空「確かにはええけど、捕えられねぇスピードじゃねぇな。」

    バータ「猿野郎のくせに・・・!いいだろう、本気でやってやるぜ!」バッ

    悟空「ぬっ!」バッ

    バータ「そらぁ!」ヒュン

    悟空「ふん!あ、あれっ?」スカッ

    バータ「馬鹿め、こっちだ!」ズドドド!

    悟空「しまった、残像拳!?ぐはっ!」

    猛スピードで悟空の背後に回り、背中に真速打撃を叩きこむ。


    247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:40:23.96 ID:pjfj03Yj0

    バータ「おいおい、ちょっと本気を出しただけでこのザマかぁ?確かにあの弱虫ラディッツよりかは数段強いかもしんねぇが、オレの敵じゃねぇな!」

    悟空「あてて・・・一気に何発も攻撃加えやがって!よぉし、ならオラも見せてやるさ!」

    バータ「お、仕掛けてくるか?来いよ!」

    悟空「そら!」ブンッ ブンッ ブンッ

    バータ「おぉ?オレと同じ技か?」

    悟空「行くぞ!」

    バータ「おもしれぇ!このオレとスピード勝負しようってか?」

    悟空「だぁぁらぁぁ!!」

    バータ「たたたたた!!」

    ババババババババババババババババババババババ!!!!!


    251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:44:22.22 ID:pjfj03Yj0

    悟空「そらそら!!」

    バータ「ぬお、くっ、はぁ!」(馬鹿な、このオレが手数で負けている!?)

    悟空「そこだぁ!!」ヒュン ドドドドドド!!

    バータ「うぐあああ!!」ドサッ

    三方向からのほぼ同時の打撃を受け、その場に倒れこむバータ。

    悟空「はっ、はっ・・・じ、自分のスピードに自信を持ちすぎだ・・・だから、手数で負けると焦んだ・・・。」

    バータ「くっ、猿野郎がオレに説教なんざ・・・!!」

    悟空「今回ばかりはトドメを刺さなきゃいけねぇんだったな・・・。はっ!!」グキッ!!

    バータ「ぐぇっ・・・」ピクピク

    悟空「はぁ、はぁ・・・あいつらはどうなったかなぁ・・・。」


    252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:46:24.45 ID:pjfj03Yj0

    ジース「今日はいつもつるんでるお仲間はいねぇんだな。」

    ターレス「ふん、貴様らごとき、俺一人で十分だってことよ。」

    ジース「ほざいたな、所詮サイヤ人の下級戦士の分際で!!」

    ターレス「さぁ来な!!今日でギニュー特戦隊は解散だ!!」

    ジース「行くぜ、宇宙の壊し屋あああ!!クラッシャーボール!!」バッ

    ターレス「この程度!!」バシンッ ドォォン!!


    256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:48:52.89 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「今度はこっちの番だ!!キルドライバー!!」グワッ バッ!!

    ジース「っ!?は、はや・・・」ドオオオオォォォン!!

    ジース「・・・ぐぐっ・・・やってくれたな、この野郎・・・!」

    ターレス「ふふふ・・・もはや貴様程度、俺の敵じゃない。」

    ジース「なら俺のとっておきを見せてやるぜ!!はぁぁぁぁぁぁぁ・・・!!」

    ターレス「・・・!?な、なんだこの赤い気は・・・!?」

    ジース「行くぜ・・・!『赤いマグマ』っ!!」

    赤い気を纏い、猛スピードでターレスへ体当たりを仕掛ける。


    261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:52:13.44 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「ぬおおっ!?」バギィィィ

    ターレスはそれを、真正面から受け止める。

    ジース「オラァァァァァァァ!!吹っ飛びなああ!!!」

    ターレス「ぬぐ・・・ぐぐぐぐぁあがががが・・・!!」ズズズズズ・・・ピタッ

    ジース「・・・!?お、オレの赤いマグマが・・・止められた!?」

    ターレス「はぁ、はぁ、少々肝を冷やしたぜ・・・!」バギイイイィィィ!!

    右手でジースの頭を押さえつけ、左手の拳で思い切りジースを殴りつける。

    ジース「ぐっ・・・はぁ・・・」ドサッ


    263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:56:03.18 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「おいどうした、赤いマグマさんよ・・・この程度で終わりか?」

    ジース「ぐっ・・・ま、まだ・・・!」

    ターレス「もう少し遊んでやってもいいんだが・・・生憎俺たちにゃ時間がねぇんだ。」

    ジース「勝った気に・・・なるなよ・・・!!」

    よろよろと、力なく立ち上がるジース。

    ターレス「よく立った、と褒めておくぜ。」

    にやりと笑い、ジースの顔面に掌をかざす。

    ターレス「あばよ、ジース。」ドゴォォォォ・・・ン

    ターレス「ふん・・・意外と呆気なかったな。」


    264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 20:59:48.92 ID:pjfj03Yj0

    リクーム「いっくぜえナッパちゃん。ちゃんとついてこいよぉ?」

    ナッパ「俺にちゃん付けすんのはやめな。もう貴様なんかにゃまけねぇんだからよ。」

    リクーム「おお、いいねいいねそれくらい自信なくちゃ!さぁ、どっからでもかかっておいで!」

    ナッパ「ちっ、こうして話してるとイラついてくるぜ・・・おらあ!!」ダッ

    リクーム「お?」

    ダダダダン バギィィ ドドドドド!!!

    ナッパ「うらあああああ!!」

    リクーム「いいぞナッパちゃん!予想以上に楽しめそうだぜ!!」

    ダダン、スタスタっ


    268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:02:24.79 ID:pjfj03Yj0

    ナッパ「はぁ、はぁ・・・ちっ、相変わらず特戦隊の野郎どもは化けもんだぜ・・・!」

    リクーム「どうした?もうギブアップか?」

    ナッパ「ちっ・・・!」

    リクーム「来ないならこっちから行くぞぉぉ!リクーム・・・イレイザーガン!!」ドォォォ!!

    ナッパ「ぐっ!カバっ!!」ドォォォォ!!!

    リクーム「・・・ん?」

    ナッパ「ぐがががが・・・!!!」

    リクーム(まさか・・・互角・・・!?)


    272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:05:19.90 ID:pjfj03Yj0


    ドォォォン!!

    ナッパ「はっ、はっ・・・お、押しきれねぇとは・・・。」

    リクーム「・・・ずいぶんと調子づいてるねぇ、ナッパちゃん・・・。」

    ナッパ「くっ、タフな野郎だぜ・・・。」

    リクーム「今のはちょおっと頭に来たかな・・・。」

    リクーム「ちょっと本気出させてもらうぜ!!リクーム・・・マッハパンチ!!」ドヒュッ!!

    ナッパ「ぐうおおお!!」バシィィィィィィ・・・!!

    リクーム「う、受け止められただとぉ・・・?」


    273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:08:22.42 ID:pjfj03Yj0

    ナッパ「捕まえたぜ、リクーム・・・!おらぁっ!!」ゴンッッッ!!

    リクーム「おっ・・・!?」ぐらり

    繰り出された拳を受け止めたまま、頭突きをくらわす。

    リクーム「おっ・・・ととっ・・・。」よろよろ

    ナッパ「へ、へへっ・・・足が笑ってるぜ、リクーム・・・!おらぁ!!」バギィッ!!

    リクーム「あぐぁ・・・くそ、頭突きしてくるなんざ、とんだクレイジー野郎だぜ・・・!」ガクッ

    そのまま膝をつき、その場に倒れこむと同時に気を失った。

    ナッパ「そのクレイジー野郎に、貴様は殺されるんだ・・・!吹っ飛びな!!」ドゴオオオオオォォォオン!!

    ナッパ「な、なんとか勝てたか・・・。」


    279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:11:19.22 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「こうして貴様と対峙するのは初めてだな。今はどんな気分だ?」

    ベジータ「ふん・・・最高にいい気分だぜ。貴様らを倒せば、厄介な奴はいなくなるからな。これでフリーザ一人に集中できるってもんだ。」

    ギニュー「ほう・・・既にオレに勝った気でいるか・・・自信過剰なのは変わらないのだな、貴様は。」

    ベジータ「今頃は他の奴らも俺たちサイヤ人にやられている頃だろうさ・・・。」

    ギニュー「気に入らんな・・・とりあえずその減らず口を叩けなくしてやる!!」ダンッ!!

    ベジータ「はぁっ!!」ダンッ!!

    ガシッ、ググググググググググッ・・・!!

    ギニュー「た、短期間でずいぶんと力を上げたな、ベジータ・・・!このオレと腕力で張り合うとは、褒めてやるぞ!」ググググッ・・・

    ベジータ「へっ・・・てめぇなんかに褒められても嬉しくねぇよっ・・・!!」ググググッ・・・


    281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:13:37.86 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「ぬぐっ・・・おおおぉぉぉ・・・!!!」

    ベジータ「ぐぐぐぁぁぁががが・・・!!!」

    ミシミシ・・・ズズンッ!

    ギニュー「おおおぉぉぉ・・・・・・!!!!」

    ベジータ「はああぁぁぁ・・・・・・!!!!」

    ズズズズンッ・・・

    ギニュー「ちぃ、埒があかん!!そら!!」ブゥン!

    右足で蹴りを放つ。

    ベジータ「でぇあ!!」ガッ

    ギニュー「ぬぅぅ、おのれ・・・!!」


    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:15:42.68 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「ふん!!」バキィ!!

    更に放った蹴りが、ベジータの脇腹に命中する。

    ベジータ「あくっ・・・!お返しだ!!」バシッ

    ギニュー「ぬおお!?」よろり

    ダンッ スタッ

    足払いでギニューがよろけた隙に、距離を置くベジータ。

    ベジータ「はあぁあぁぁぁ・・・!!ギャリック砲!!」バッ!

    ギニュー「ぬぅ!?そら!!」バシン!!」

    ドォォォォン・・・

    ベジータ「はぁ・・・はぁ・・・。」

    ギニュー「はぁ・・・はぁ・・・。」


    285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:20:42.00 ID:pjfj03Yj0


    ベジータ「ちぃっ・・・相当パワーアップしたつもりだったんだがな・・・完全に互角だとは思わなかったぜ・・・!」

    ギニュー「それはこちらのセリフだ・・・プライドが傷ついたぞ。特戦隊の隊長であるこの俺がサイヤ人などと互角だとはな・・・!」

    ギニュー「だが、他の所はすでに片付いてる頃だろう・・・貴様よりも強いサイヤ人などいないだろうからな・・・。」ピッ

    ベジータ「むっ・・・。・・・・・・。」←辺りの気を探っている

    ベジータ「・・・ふふふ・・・。」にやり

    ギニュー「ふむ・・・やはりあらかた片付いているな。他の奴らがフリーザ様の所へドラゴンボールを持って行きさえすればとりあえずはいいのだ。」

    ギニュー「その後貴様はフリーザ様に八つ裂きにされるだろうしな。」

    ベジータ「おい・・・スカウターで辺りをよく探ってみな・・・他の野郎共はともかく、グルドの野郎の数値は見当たらねぇはずだ・・・。」

    ギニュー「なに・・・?」ピッピッピッ


    287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:24:30.93 ID:pjfj03Yj0

    ギニュー「・・・馬鹿な・・・散らばっている戦闘力の全てがグルドの最高戦闘力を上回っているだと・・・!?」

    ベジータ「ふふふ・・・貴様ら、サイヤ人を甘く見過ぎだ・・・!!」

    ギニュー「お、おのれ・・・!だが、グルドはともかく他の奴らまでやられたとは限らん!!それに、ここでリーダーである貴様を葬りさえすれば奴らの指揮はガタ落ちだ!!」

    ベジータ「よーく覚えとくんだな・・・!!サイヤ人は!!戦闘種族だ!!!」バッ!!

    ギニュー「ぬお!?」

    ベジータ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

    バギィ、ドゴォォ、ズドドドド!!

    ギニュー「あぐぁぁ!!」

    ダダンッ、ドグシャ、バギィィィィィィ!!

    ギニュー「あっ・・・かはぁっ・・・!?」

    ベジータ「吹っ飛べぇぇぇぇぇぇ!!!!!」バシュウウウウウ!!!

    ドザァァァァァ!


    289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:27:41.14 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「はぁ、はぁ・・・。」

    ベジータ「た、倒したか・・・さすがに、少しばかりしんどいぜ・・・。」

    ヒュウウウウ・・・スタスタスタスタスタッ

    ベジータ「貴様ら・・・やったか・・・?」

    悟空「ああ。あの青い奴は首の骨を折ってやった。もう生きてねぇ。」

    ターレス「ジースは仕留めた・・・もうチリひとつのこっちゃいねぇさ。」

    ナッパ「リクームの野郎もやったぜ。相当タフだったがな。」

    ラディッツ「ザーボンも倒した。あいつ、変身したら相当強くなるんだな・・・ちょっと焦ったぜ。あぁ、そうそう。泉に沈められていたドラゴンボールも回収してきたぜ。」

    ターブル「超能力を使うあいつも、僕がやっつけました。体中ボロボロです・・・。」


    293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:30:22.90 ID:pjfj03Yj0


    ベジータ「はは・・・フリーザめ、ざまぁみやがれ・・・!これで、幹部の強い奴らはあらかた倒したはずだ・・・。」

    ベジータ「悪いが俺は、メディカルマシーンに入らせてもらう・・・ギニューを仕留めたはいいが、俺も少々無事では済まなかったからな・・・。」

    ターブル「申し訳ありませんが、僕も回復させていただいてもよろしいでしょうか?金縛りを無理やり解いたから、体中ボロボロなんです・・・。」

    悟空「ああ、わかった。」

    ベジータとターブルは、宇宙船のある方向へと飛んで行った。

    悟空「後はフリーザって奴、一人なんだろう?」

    ナッパ「多分、フリーザの野郎が俺たちの持ってるドラゴンボールを求めてくるまで、もう一日もねぇだろう。宇宙船を壊されるわけにはいかねぇから、俺たちは別の所で一旦休息を取る。」

    ラディッツ「・・・!?お、おい!これはどういうことだ!?」


    297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:32:42.05 ID:pjfj03Yj0

    悟空「どうした、ラディッツ!?」

    ラディッツ「い、今の今までドラゴンボールだったものが・・・ただの石ころになっちまった!」

    ターレス「何・・・?」

    ラディッツ「い、一体何が起こったのだ!?」

    悟空「まさか・・・!ドラゴンボールを作った奴が死んじまったんだ!」

    ナッパ「なんだと!?まさか、フリーザの野郎・・・!!」


    303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:36:32.38 ID:pjfj03Yj0

    数十分前―――

    フリーザ「ふむ、残りのひとつは恐らくベジータが持っているのでしょうが・・・わたしの方でも一応探してみましょうかね。」

    フリーザ「ドラゴンボールを七つ揃えただけで願いがかなうわけでもないでしょうからね。さて、ナメック星人の生き残りはどこにいますかね・・・。」ピッ

    フリーザ「・・・ん?ギニュー特戦隊とサイヤ人とはまた別に、大きい気がひとつ、全く別の方向に・・・。」

    フリーザ「まぁ、ナメック星人なら誰でもいいですね。行ってみましょうか。」

    最長老の建物―――

    フリーザ「失礼しますよ。」ガチャ

    最長老「ついにここまで来たか、フリーザ・・・。」

    ネイル「・・・・・・・・・。」

    フリーザ「ほう・・・大きい気はあなたでしたか。」


    311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:40:29.31 ID:pjfj03Yj0


    ネイル「最長老様に手出しはさせんぞ、フリーザ・・・。」

    フリーザ「ほほほ、強気ですねぇ、あなた。なに、わたしの質問に答えてくれれば何もしませんよ。ドラゴンボールは残りひとつで全て揃うわけですからねぇ。」

    最長老「・・・!」(ネイル・・・聞こえますか。)

    ネイル「!」(はい、最長老様・・・。)

    最長老(フリーザに願いを叶えさせるわけにはいきません。わたしの寿命も残り僅か・・・。)

    最長老(ここは、あなただけでも逃げなさい。そして、今フリーザと戦っているサイヤ人の方々と共に戦うのです。)

    ネイル(すみません、最長老・・・その命令は聞けません!!)

    フリーザ「いつまで念で会話を続けるつもりですか?」

    ネイル「・・・!!全て、筒抜けというわけか・・・。」


    316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:44:33.36 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「あなたの寿命は残り僅かですか・・・なら、あなたには用無しです。隣の、元気が有り余っていそうな方に聞くことにします。」

    最長老「フリーザよ・・・。」

    フリーザ「なんですか?」

    最長老「わたしには見えるぞ・・・お前さんの行く末が・・・。永遠の命など、所詮は夢幻・・・お前さんの願いは、永遠に叶うことはない・・・。」

    フリーザ「・・・老いぼれの分際で、口だけは回るようですね・・・。」

    フリーザ「まぁいいです。あなたに用はないですからね。お死になさい。」スッ

    ネイル「させん!!」ガバッ

    フリーザ「甘いですね、あなた・・・。」ピッ

    ネイル「・・・ッッ!!??」

    フリーザの放ったデスビームは、ネイルの胸を貫き後ろの最長老の頭までをも貫いた。


    317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:46:31.44 ID:pjfj03Yj0

    ネイル「ぐっふ・・・さ、最長老様・・・!!」ドサッ

    フリーザ「ふふふ、安心なさい、若きナメック星人・・・あなたは生かしてありますからねぇ。」

    フリーザ「ほっほっほ・・・さて、ドラゴンボールの置いてある宇宙船へ戻りますかね。」

    フリーザの宇宙船―――

    フリーザ「・・・?おかしい、確かにここにドラゴンボールを六つ、置いておいた筈なのに・・・全て石に変わっている・・・。」

    フリーザ「どういうことだ・・・?」

    ネイル「・・・ぐぅっ・・・!」


    321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:50:06.66 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「気がつきましたか。」

    ネイル「ふ、フリーザ・・・っ!!」

    フリーザ「ふん、こいつに聞いてもわからんだろう。さて、どうしたものか・・・。」

    ネイル「・・・ふ、ふふふ・・・。」

    フリーザ「何がおかしいんですか?」

    ネイル「貴様は最大の過ちを、犯した・・・。ドラゴンボールの創造主である最長老を貴様が殺したから、ドラゴンボールも最早ただの石ころだ・・・!」

    フリーザ「なっ!!?」

    ネイル「すでに我らナメック星人も大半が貴様らに殺されている・・・。お、オレも、もう用済みだろう・・・?さ、さぁ・・・殺すならひと思いに殺せ・・・。」

    フリーザ「ぐっ・・・貴様ぁ!!!」ドォォォォン!!!

    フリーザ「くそっ・・・まさかこんなことになるとは・・・・!!」

    フリーザ「ええいっっ!!こうなったら散々わたしの邪魔をしてくれたサイヤ人共だけでも血祭りにあげてくれる!!!」


    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:53:20.43 ID:pjfj03Yj0


    サイヤ人達の休息場、洞窟―――

    ナッパ「ドラゴンボールが使えないと知ったら、フリーザは今すぐ俺たちを殺しにくるぞ!!てめぇら、覚悟はしとけ!!」

    ナッパ「こうなったらもう四の五の言ってられねぇ!!フリーザを相手にするには体力を全開にしとく必要がある!」

    悟空「おめぇら、オラがやった仙豆を食っとけ!体力も一瞬で回復できる!!」パクッ

    ナッパ「ちくしょう・・・まさかドラゴンボールにそんな制約があるとは・・・!」パクッ

    ターレス「ふん、フリーザも調子に乗りすぎたな・・・墓穴を掘りやがって、さまぁみやがれだぜ。」パクッ

    ラディッツ「くそ、こんな早くフリーザと対峙する羽目になるとは思わなかったぜ!!」パクッ

    ナッパ「っ!!ちっ、気付きやがったな、フリーザの野郎!!バカでかい気が猛スピードでここに向かってきてる!!」

    悟空「望むとこだ!!迎え撃つぞ!!」

    一同「おう!!」


    327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:56:06.75 ID:pjfj03Yj0


    ピタッ

    フリーザ「いましたね・・・。」

    ナッパ「き、きやがったな・・・フリーザ・・・!!」

    スーーー・・・スタッ

    フリーザ「ベジータの姿が見当たりませんね・・・誰かにやられたのですか?」

    ナッパ「へ、へっ・・・てめぇにゃ関係ねぇぜ。」

    フリーザ「ナッパに、ラディッツに、ターレス・・・それに、もうひとり、見慣れない奴がいますね・・・。」

    悟空「・・・・・・。」

    フリーザ(・・・はて・・・?どこかで見たことがあるような・・・?)


    335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 21:59:39.06 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「・・・はっ!!」

    悟空「?」

    フリーザ「お、お前はっ・・・!!あの時のサイヤ人・・・!?生きていたのか!?惑星ベジータと共に死んだはずじゃ・・・!?」

    悟空「何のことだ!?」

    フリーザ「とぼけるな!!おのれ・・・!!本当にしぶといですねサイヤ人は!!」

    フリーザ「・・・まぁいい。どうせ、ここでサイヤ人は絶滅することになるのですからねぇ!!」

    ナッパ「・・・!!来るぞ!!」

    フリーザ「まずは、あの時殺し損なった貴様からだ!!」バッ!!

    悟空「くぅっ!!」


    344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:02:44.43 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「せぇい!!」ブゥゥゥン!!

    悟空「ぬあっ・・・!!」ガッッ!!

    フリーザ「・・・ぬ!?」ググググッ・・・

    悟空「がぁぁ・・・!!」

    ラディッツ「隙あり!!」ドガッ!

    フリーザ「ぬぅ!?」

    ターレス「もう一発だ!!」バキィ!!

    フリーザ「うぐっ!?」

    ナッパ「おらぁぁぁ!!」」バシュウウ!!

    フリーザ「ぐ、おのれ!!」バッ ドォォン!!


    357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:05:37.57 ID:pjfj03Yj0


    ターレス「油断はしないことだ、フリーザ。ザーボンやドドリアとの戦いやギニュー特戦隊との戦いを経て、今や俺たちの力はお前に近しいと言ってもいいくらいにパワーアップしているはずだ。」

    ラディッツ「最初からお前が来ていれば、また話は違ったんだろうけどな。」

    フリーザ「生意気ですね、あなたたち・・・。わたしに近い実力を持っている、ですか。はたして、それは本当ですかねぇ?」

    ナッパ「今のやりとりで証明されたんじゃねぇのか?このまま俺たちと戦えば、貴様は間違いなく負けるぜ!!」

    フリーザ「・・・ならば、あなたたちにわたしの恐怖を思い出させてあげましょう!!」

    フリーザ「はぁぁぁぁ・・・!!」

    悟空「・・・っ!?き、気が上がっていく・・・!?」


    363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:07:15.57 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「はぁっっ!!」ドンっ!!

    フリーザ「ははは・・・!気をつけるんだな!!こうなってしまっては、前ほど優しくはないぞ!!」

    ラディッツ「まさか・・・フリーザもザーボンと同じ変身型の宇宙人だったのか・・・!!」

    悟空「相当のパワーアップだ・・・!!でも、全員でかかればまだ!!」

    フリーザ「ははははははは、むしろ一度にまとめてかかってこなければ死ぬぞ、貴様ら!!」

    ナッパ「なめんじゃねぇ、フリーザ!!おらぁぁぁ!!!」

    ブゥンッ!! ドガァァ!!!

    フリーザ「ふふふ・・・。」にやり

    ナッパ「お、俺の蹴りを受けて平然と笑ってやがるだと・・・!?」


    366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:10:04.17 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「まずは貴様か、ナッパ!!」ガシッ

    ナッパ「あ、足を!?」

    フリーザ「そぉぉぉぉぉら!!」ブゥンブゥンブゥン!!

    ナッパ「うおおおぉぉぉぉぉっ!!!?」

    ナッパの右足を掴み、頭上でぐるぐると回転させてそのまま上空へ投げ飛ばすフリーザ。

    フリーザ「まずは一匹!!」ヒュウウウウウウウ!!!!

    ナッパ「うおおおおあああああああっっ!!!」

    ズグンッッッ!!!!!

    ナッパ「がっ・・・はっ・・・!!!」

    フリーザ「ふふふふふ・・・。」

    フリーザの頭の角で、ナッパの腹が貫かれる。


    368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:12:40.75 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「ナッパああああああああああああ!!!!!」

    ターレス「くっ・・・ナッパがやられた・・・!!」

    悟空「な、ナッパっ・・・!!」

    フリーザ「ふんっ!!」ブンッ

    首を下に振り下ろし、ナッパが宙を舞う。

    フリーザ「ばっ!!!」ドガァァァァァァァン!!

    ドサァァァッ!!

    更に追撃でナッパを爆撃し、地面に叩きつけられた。

    フリーザ「さて、次に死にたいのはどいつだ?」

    ナッパ「う、うぐぐぐ・・・!!ごはっ!!」ビチャビチャッ


    373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:16:07.73 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「ちっ、正真正銘の化けもんか、フリーザの野郎!!」バッ バシュウウウウ!!

    フリーザ「ふん!!」バシッ ドォォン!!

    ラディッツ「そこだ!!」

    悟空「てやあああ!!」

    バキ!!!

    フリーザ「ぬがっ・・・!」

    ラディッツと悟空がフリーザの顔面に拳を叩きつけ、僅かによろけるフリーザ。

    ターレス「そこだ!!!」ドドドドドドドン!!!

    フリーザ「っ!?ちぃっ!!!」

    ドガガガガガガガ!!


    380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:18:04.23 ID:pjfj03Yj0


    悟空「ラディッツ!!」

    ラディッツ「ああ!!」

    悟空「はああああああ!!!」バッ

    ドオオオオオオーーン!!!

    フリーザ「ぬあああああっっっ!!?」

    ターレス「はぁ、はぁ、はぁ・・・。」

    ラディッツ「はぁ、はぁ、はぁ・・・。」

    悟空「はぁ、はぁ、はぁ・・・。」

    ナッパ「ど、どうなった・・・!?」

    最後の仙豆を食べたナッパが、戦線へ復帰する。


    389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:22:37.21 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「はぁっっ!!」

    ガラガラガラ!!!

    悟空「へ、へへへ・・・少しはダメージがあったらしいな・・・!」

    フリーザ「おのれぇ・・・!いよいよ本気で頭に来たぞ貴様ら!!いいだろう!!不本意だが、もう一段階変身してやるぞ!!」

    ナッパ「な、なんだと・・・!?」

    フリーザ(むっ!?ナッパが普通に復活しているだと!?くっ、だが今はいい!!)

    フリーザ「モノのついでに教えておいてやる!!このフリーザは、変身をする度にパワーが遥かに増す!!そしてこのオレは、後2回の変身を残している!!」

    ラディッツ「そ、そんなバカな!?」

    フリーザ「光栄に思え!!この姿まで見せるのは、貴様らが初めてだ!!!」

    フリーザ「はあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・!!!!!!」

    フリーザ「はぁぁ!!!」


    397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:29:16.71 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「さて・・・仕切り直しと行きましょうか?」

    ナッパ「く、くそっ・・・ホントに化け物みてぇな野郎だぜ・・・!」

    ターレス「・・・ここらが、これの使い時だな・・・。」スッ

    フリーザ「む?それは・・・?」

    ターレス「ふふふ・・・なに、ただの木の実さ・・・。」ガブッ

    ヒュッ

    フリーザ「なに!?」ガシッ

    ターレス「ほう・・・よく受け止めたな、フリーザ。」

    フリーザ(バカな・・・!?こいつ、スピードとパワーが先ほどとは段違いにあがっている・・・!?)

    ターレス「だが、パワーは俺の方が上だっ・・・!!!」ググググググググググググッッ・・・!!

    フリーザ「ぐ・・・ぐっ・・・!!?」ズズズズズズズズズズズズズッ・・・

    ターレス「おらぁぁぁ!!」ダァン!!


    402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:32:36.59 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「ぐぅ、貴様!!」

    ターレス「どうしたフリーザ!!変身した割には大したことないな!?」

    ダダンッ、バッ、ドガッ!1

    ターレスとフリーザは、空中で激しい格闘戦を繰り広げていた。

    悟空「す、すげぇ・・・!この実を食べただけでそこまで力があがるんか・・・!」

    フリーザ「てぇい!!」

    ターレス「うぐっ!!」

    フリーザに吹っ飛ばされたターレスが、空中で体勢を整える。

    フリーザ「ふはは!!距離さえあけばこちらのものだ!!」ピッ

    バシッ!!

    ターレス「ぐっ!?な、なんだ今のは・・・!?」


    403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:34:54.67 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「ほほほ・・・。」ピピピッ

    バシバシバシッ!!

    ターレス「ぐががっ!!?」

    ターレス「な、何が怒っている・・・!?」

    悟空「き、気弾だ・・・!それも、目にも止まらない程の速さの・・・!!」

    フリーザ「きえええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!」

    ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ!!!!!!!!

    ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ!!!!!!!!

    ターレス「ぐあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」


    407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:37:01.55 ID:pjfj03Yj0

    ナッパ「ターレス!!くっ、俺もターレスに加勢する!!さっきのダメージから回復してるから俺も戦闘力は上がっているはずだ!!」

    ナッパ「カカロット、ラディッツ!!お前らは隙を見てフリーザの野郎にフルパワーでエネルギー波を食らわせてやるんだ!」

    悟空「ああ、わかった!」

    ラディッツ「く、悔しいがあれほどの戦いじゃ手出しができねぇ・・・!!」

    ナッパは、空中でクレイジーフィンガービームの餌食になっているターレスの加勢に加わる。


    413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:40:24.49 ID:pjfj03Yj0


    ナッパ「ふぅんっ!!」ドゴォォン!!

    フリーザ「ぬぐ!?貴様!!」

    ターレス「ぐっ・・・はぁぁっっ・・・!!」ドサァァァ

    フィンガービームから解放されたターレスが、地面へと落ちる。

    ナッパ「宇宙の帝王とやらも、随分と焦り始めてきてんじゃねぇのか!?それも、あれほど蔑んでいたサイヤ人にだ!!」

    フリーザ「貴様、好き放題言ってくれるな!!」

    悟空「かぁぁぁー・・・めぇぇぇー・・・はぁぁぁー・・・めぇぇぇー・・・」

    ラディッツ「はあああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・!!!」

    ナッパ「俺もよぉ、さっきのてめぇの攻撃から回復したから戦闘力があがってるんだぜ・・・!!おらぁ!!」

    フリーザ「ぐぅっ!?」ドゴンッ!

    ナッパ「今だ、カカロット、ラディッツぅ!!!」

    悟空「波ぁぁーーーーーーーーー!!!!!!」

    ラディッツ「でええええええいい!!!!!!」


    416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:43:27.31 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「し、しまっ!!!」

    ドオオオオオオオオオン!!!!!

    フリーザ「ぬ、ぐ、ぐああああああああああああああああああああ!!!!!!」バシュウウウウウウウウウウウウウ・・・・・・

    悟空とラディッツの渾身のかめはめ波とエネルギー波をまともに受けて、大空へと飛ばされるフリーザ。

    悟空「はぁ・・・はぁ・・・ち、ちぃっとばっかし疲れたぞ・・・!」

    ラディッツ「はぁ、はぁ・・・。」

    ターレス「ふ、ふふふ・・・あれほどの攻撃を食らったんだ。いくらフリーザとはいえ、無傷ではないだろう。」

    ターレスも、最後の仙豆を食べて戦線に復帰する。

    ナッパ「はっ、はっ・・・ちっ、力をほとんど使っちまったぜ・・・。」

    ラディッツ「お、俺もだ・・・フリーザめ、正真正銘の化け物だぜ、あいつは・・・。」


    421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:45:54.97 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「ぐっ・・・おのれあのサイヤ人め・・・!!」

    フリーザ「確かカカロットとか呼ばれていたな・・・このオレの体に傷を負わせるとは・・・!!」

    フリーザ「奴ら、絶対に皆殺しにしてやるぞぉぉ!!」ヒュウウウウウウウウウウウウ!!!!!

    遥か空に飛ばされたフリーザが、地上に向けて急降下する。

    スタッ!!

    ターレス「来た・・・ふふふ、やはりボロボロだな。」

    フリーザ「ターレスまで・・・!?貴様ら、光栄に思うがいい・・・!!わたしの最後の変身を・・・わたしの真の姿を見せてやる!!!」

    ナッパ「い、いよいよか・・・!!」

    フリーザ「はあああああぁぁぁ・・・!!!はっ!!!」


    423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:47:48.96 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「・・・・・・・・・。」

    悟空「あ、あれがフリーザの真の姿・・・!?」

    ラディッツ「な、なんか思ってたより大したことなさそうだな・・・。」

    ナッパ「馬鹿野郎ッ・・・!だからお前はいつまでたっても弱虫ラディッツなんだ・・・!!」

    ターレス「奴の潜在パワー・・・先ほどまでとはケタ違いだ・・・!」

    悟空「おまけにさっきのオラのかめはめ波のダメージも消えてやがる・・・!!」

    フリーザ「さて・・・まずはどいつから死にたい?」


    429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:50:49.91 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「ふん・・・。俺のことを忘れてねぇか、フリーザ?お前からのダメージから更に回復してるんだ。さすがに一人じゃ無理かもしれねぇが・・・。」

    悟空「・・・・・・・・・。」

    ナッパ「・・・・・・・・・。」

    ラディッツ「・・・・・・・・・。」

    ターレス「俺たちの力は、お前との戦いで更に磨かれつつある・・・。」

    ターレス「余裕をぶっこいてられるのも今のうちだぜ!!」ダンッ!!

    フリーザ「ほう、まずはお前かターレス。」

    ターレス「後は王子さんとその弟さんの復活を待つだけだ!!もうじきその二人も回復して戻ってくる頃だぜ!!」


    435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:53:03.75 ID:pjfj03Yj0

    サイヤ人の宇宙船、メディカルマシーンの間―――

    ピーッ ピーッ

    ベジータ(治療が終わった!!)バシュウウウ!!ザァァァァァ・・・

    ベジータ「・・・・・・・・・。」グッグッ

    ベジータ「ターブルももう終わっているな・・・。」ピッゴォォォォ ウィィィン ガコォン

    ターブル「ふぅ・・・。兄さん。」

    ベジータ「ああ。さぁ、行くぞターブル。奴らの気は、まだ全員残っている。俺達も、フリーザの野郎との最後の戦いに加勢に行くんだ!!」

    ターブル「はい、兄さん!!」


    438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:55:25.25 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「おおおおおおおらああああ!!!」バババババ!!

    フリーザ「・・・。」バシバシバシバシバシ!!

    ターレス「ぐっ・・・!!おらぁぁ!!」バシュウウ!!

    フリーザ「・・・ふふふ。」バシ ドォォン!!

    ターレス「くっ、くそっ・・・俺の攻撃がちっとも通用しねぇ・・・!!」

    悟空「・・・!ベジータ達の気だ!!」

    ナッパ「何!?・・・!ほ、本当だ!!」

    ラディッツ「ベジータめ、やっと復活か!!」

    スタスタッ


    442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 22:58:45.60 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「ほう・・・ベジータ。生きてたのか。」

    ベジータ「貴様・・・フリーザか?随分と風貌が変わったじゃねぇか。」

    ターブル「も・・・ものすごい気だ・・・!!」

    フリーザ「・・・また見慣れないサイヤ人・・・おいお前、何者だ?」

    ターブル「ぼ、僕はベジータ兄さんの弟の、ターブルです。」

    フリーザ「ベジータの弟・・・?」

    ベジータ「全員・・・とりあえずは無事だな。」

    ベジータ達は、フリーザを六方から取り囲むように立つ。


    445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:01:37.14 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「くくくく・・・フリーザ、今はどんな気分だ?」

    フリーザ「ふん・・・どんなも何もないよ。猿野郎に囲まれて非常に不愉快だ。」

    ナッパ「俺たちが全員揃ったからにゃてめぇはもうおしまいだぜ!!」

    ラディッツ「貴様に滅ぼされた、惑星ベジータ・・・それに大勢のサイヤ人の憎しみを、少しでも貴様に教えてやる!!」

    悟空「オラは初めてあったけど、ろくでもねぇ奴だってことくらいはわかる!」

    ターブル「宇宙に平和をもたらす為に・・・僕たちはあなたを倒します!」

    ターレス「俺も早いとこ仲間の元に戻って気ままに宇宙を旅してぇんだ・・・終わらしてやるぜ、フリーザ!」

    フリーザ「貴様ら・・・言いたい放題言ってくれるな。」


    449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:03:53.30 ID:pjfj03Yj0


    フリーザ「そして、貴様。」

    悟空「ん?オラか!?」

    フリーザ「そうだ!!初めて会っただと!?あの時、貴様はオレの宇宙船に向けて突撃してきただろう!!忘れたとは言わせんぞ!!」

    ラディッツ「・・・?おい、フリーザ!」

    フリーザ「今度は貴様かラディッツ!?なんだ!?」

    ラディッツ「その突撃してきた奴って・・・もしかして、頬に大きな傷がなかったか!?」

    フリーザ「・・・言われてみれば・・・あったような気がするな。」

    ラディッツ「・・・!!」(お、親父・・・!!)

    フリーザ「! 貴様、頬に傷がない・・・。もしや、本当に別人か・・・?」


    455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:07:52.72 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「いいことを教えてやる・・・フリーザ!!てめぇがさっきから言ってるそのサイヤ人は、俺とカカロットの親父、バーダックだ!!」

    ベジータ「バーダックだと?」

    ナッパ「聞いたことのある名だな・・・下級戦士にしちゃあパワーがたけぇって言われてた奴だな、確か。」

    ターレス「俺も聞いたことがある。俺達下級戦士の間では結構有名な奴だったぜ。」

    フリーザ「あいつの息子・・・!?」

    悟空「俺の、父ちゃん・・・?」

    ラディッツ「へへ・・・さすがは俺の親父だぜ。そんな昔にフリーザに挑んでいやがったとは・・・!」

    フリーザ「あいつの意思が、未だ残ってオレに立てついていると言うのか・・・!?」

    バーダック(これで、全てが変わる・・・!惑星ベジータの運命、この俺の運命、カカロットの運命・・・そして、貴様の運命も!!!)

    フリーザ「はっ!!?」


    458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:10:15.32 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「お、おのれ・・・!死してなおこのオレに立てつくとは!!だが、ここで貴様らを全て滅ぼせばそれもおしまいだ!!!」

    フリーザ「まずはあの時オレに立てついた奴の息子の貴様らだ!!」

    ラディッツ「ちぃっ!!」

    悟空「くぅっ!!」

    ナッパ「馬鹿野郎、てめぇら!!避けろ!!!」ドンッ!!

    ラディッツ・悟空「!?」

    ナッパ「ぐっ・・・ぐぐくくくぉぉぉっ・・・!!!!!」ズズズズッッ・・・

    フリーザ「このオレの攻撃が、貴様程度に止められるとはね・・・。どうやらあの時、惑星ベジータを滅ぼしたのはやはり正解だったようだ。」ググググッッ・・・


    461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:13:24.14 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「でも、ボクもかなり頭に来てるからね。そぉら!!!」ブゥン!!

    ナッパ「ぐああ!!」

    フリーザに殴り上げられ、空に投げ出される。

    ターレス「隙ありだ、フリーザあああ!!」ググッ ドズンッ!!

    フリーザ「ふん・・・。」メギメギッ・・・!!

    フリーザの手にターレスの拳が握りつぶされる。

    ターレス「ぐがあああああ!!!?」ガクッ

    ラディッツ「くそっ!!離せフリーザ!!」ドガッ!!

    フリーザ「効かないよ。」バキッ!!

    ラディッツ「ぐはっ・・・!!」

    悟空「ちっ!!てりゃああああ!!」バキィィ!!

    フリーザ「・・・むっ?」よろり


    469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:15:57.59 ID:pjfj03Yj0

    ナッパ「ぐぐっ・・・ちくしょう・・・!!」

    ターレス「ぐぅ・・・はぁ、はぁ・・・。」

    フリーザ「やはり徒党を組まれると厄介だ・・・!!」

    フリーザ(む?ベジータとターブルがいない!?どこに行った!?)

    ベジータ「誰をお探しかな、フリーザさんよぉ!!」

    フリーザ「後ろ!?」バッ

    ベジータ・ターブル「でやぁあああ!!バギィィ!!

    フリーザ「おぐっ!?」

    フリーザの顔面に、ダブルパンチを打ち込む二人


    476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:19:42.08 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「ぐくっ・・・!やってくれたな貴様らぁ!!」

    悟空「ラディッツ!」こそこそ

    ラディッツ「なんだ!?」こそこそ

    悟空「オラと同じポーズを取ってエネルギー波を出してくれ!」こそこそ

    ラディッツ「そういえば先ほど技名を言っていたな。それと同じ技か!?」

    悟空「ああ、そうだ!!」

    フリーザ「そぉら!!」バシバシドガッ!!

    ベジータ「はぁぁぁぁ!!」ガッガッ

    ターブル「うわああああ!!」ガッガッ


    481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:22:24.51 ID:pjfj03Yj0

    ラディッツ「フリーザああああああ!!」

    フリーザ「むぅ!?」

    悟空「今だ、ラディッツ!!」

    ラディッツ「はぁぁあああああ!!!」

    悟空「ダブルかめはめ波だぁぁぁぁああああーーーーーー!!!!!」

    フリーザ「ぬぐっっっ!!?」バシィィィン!!

    ターレス「はぁ、はぁ・・・か、カラミティブラスター!!!」バシュウウウ!!

    ナッパ「お、俺も加勢するぜ・・・!!インパクトボム!!!!」バシュウウウウ!!!

    フリーザ「ぬぐぐっっ!!!」ボゥン!!


    491: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:26:28.65 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「ターブル!!俺達も行くぞ!!」

    ターブル「は、はい兄さん!!」

    ターブル「はぁぁぁ・・・!!」

    ベジータ「ダブルギャリック砲!!!」バシュウウウウ!!!

    フリーザ「お、抑えきれなっ・・・!!」ズゴゴゴゴゴゴ・・・・・・

    上空から6人まとめてのエネルギー波を抑えつつ、地面と挟み打ちになるフリーザ。

    フリーザ「お、おのれっっ・・・・・・!!」

    フリーザ「ぐ、ぎ、ぎぃぃぃぃぃぃぃいやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ズゴオオオオオオオ・・・・・・!!!!


    497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:30:12.81 ID:pjfj03Yj0

    ゴォォォォォ・・・・・

    ラディッツ「た、倒したのか・・・?フリーザの野郎を・・・!」

    ベジータ「手ごたえは十二分にあった・・・死んでると思いたいが・・・。」

    悟空「ま、まだ気が残ってる・・・!」

    ナッパ「わ、わりぃベジータ・・・俺とターレスは下がらせてもらう・・・仙豆も無くなって、大分深手を負っちまった・・・。」

    ベジータ「そうか・・・。フリーザも無傷ではないだろう。貴様らはこの星からの脱出手段である宇宙船を守っておけ。」

    ターレス「わ、悪いな王子さん・・・!」タッ

    ピシュンッ


    500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:32:56.55 ID:pjfj03Yj0

    ターレス「・・・っっっ!!??」ぐらり

    空中で体勢を崩したターレスが、そのまま地面へと落ちる。

    悟空「ターレス!!?」

    ベジータ「・・・ふ、フリーザっ・・・!!!」

    フリーザ「今のはかなり危なかったぞ・・・さすがに生命の危機を感じた・・・!このフリーザ様が、貴様らサイヤ人なんぞにだ!!!」

    大穴の空いた地面の下から、重症を負ったフリーザがゆっくりと浮かび上がってくる。

    ナッパ「おい、しっかりしろターレス!!」

    ターレス「・・・・・・。」


    504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:37:01.26 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「ナッパ、ターレスは!?」

    ナッパ「・・・ダメだ・・・。」

    悟空「・・・・・・!!!!」

    ラディッツ「た、ターレス・・・!!」

    フリーザ「こんなもので済むと思っているのか、貴様ら・・・?このフリーザにここまで立てついておいて、無事で帰れるなどと思うなよ!!」

    ターブル「ターレスさん・・・!!」

    悟空「よくもターレスを・・・!!」スッ

    フリーザ「む・・・?」


    509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:40:36.58 ID:pjfj03Yj0

    悟空「許さんぞ・・・貴様あああああ!!!」ガブッ!

    ヒュッッ!!バギィィィィィ!!!

    フリーザ「うぐっ・・・!?」

    悟空「はぁぁぁぁぁぁ!!」

    バキィ!ズン!!グシャ!

    ドガドガドガ!!

    フリーザ「ぬぐっ!!」

    悟空「らぁぁぁ!!!」ズグン!!

    フリーザ「ぬがあああぁぁぁ!!!」

    ベジータ「か、カカロット!?」


    512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:43:27.10 ID:pjfj03Yj0

    悟空「はぁ、はぁ・・・。」

    フリーザ「うっ・・・ぐっ・・・!き、貴様・・・!?こ、この力は・・・一体・・・!?」

    悟空「ターレス・・・おめぇの力、確かに受け取ったぜ・・・!」ポロッ・・・

    フリーザ「ま、またあの実・・・!?」

    悟空「おおおおおおおあああああああああああああああ!!!!!」バシュウウウウウウ!!!

    フリーザ「ぬううう!!!?」

    ダダン、ドガッ、バギバギバギ!!!


    518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:45:04.46 ID:pjfj03Yj0


    ベジータ「そうか!あの実で・・・!」

    ラディッツ「あの実なら、俺もまだ使っていない!」

    ターブル「え、えっ?あの実ってなんですか?」

    ナッパ「ターブル、こいつをやる・・・。」ポイッ

    ターブル「え?」パシッ

    ベジータ「こいつを食べて四人でかかれば・・・!」スッ

    ラディッツ「フリーザを倒せるかもしれねぇ!」スッ

    ターブル「これは・・・?」

    ナッパ「あとは、任せた・・・ターブル。俺はターレスを連れて、宇宙船に戻ってるぜ・・・。」


    520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:48:00.11 ID:pjfj03Yj0

    フリーザ「くっ、たかがサイヤ人になぜここまでの力が!!?」

    悟空「はあああぁぁぁぁ!!」

    ベジータ「フリーーーーザーーーーー!!!」

    悟空「っ!!」ピタッ

    フリーザ「!?」

    ベジータ「貴様の終わりの時が来たようだぜ!!」ガブッ

    ラディッツ「これで倒せなきゃ、俺たちが終わりか・・・。」ガブッ

    ターブル「な、なんだかよくわからないけど・・・。」ガブッ

    フリーザ「まさかあの実は・・・!!」


    524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:50:53.09 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

    ラディッツ「ち、力が湧きあがってくる!!これなら!!」

    ターブル「な、何だ!?急に力が・・・!!」

    フリーザ「くっ、やはりそうか!!」

    悟空「よそ見してんじゃねぇ、フリーザ!!」バキィっッ!!

    フリーザ「うぐっ!!」ドガァァァン!!

    上から思い切りフリーザの頭を殴りつけ、地面へと落とす。

    フリーザ「くそ、あの猿野郎・・・!!はっ!?」

    ベジータ「よぉ、フリーザ・・・。」

    砂煙が引いた後にフリーザが見たのは、四方をベジータ達が囲っている光景だった。


    528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:53:32.64 ID:pjfj03Yj0


    フリーザ「き、貴様らあああ!!」

    ベジータ「・・・。」バチバチバチッ・・・

    ターブル「はぁぁ・・・!」グググッ・・・

    ラディッツ「ぬぅぅぅぅ・・・!!」ビギビギビギッ・・・

    悟空「はぁぁぁぁ・・・・・・!!!」シュウウウウウ・・・

    フリーザ「ぐぅっ!!」バッ

    ベジータ「ギャリック砲!!!!!!」バッ

    ターブル「はぁぁ!!!」バッ

    ラディッツ「でぇぇぇぇぇぇいい!!!」バッ

    悟空「かめはめ波ぁぁぁぁぁ!!!!」バッ

    ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!!!


    530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:56:49.33 ID:pjfj03Yj0

    ベジータ「はぁ、はぁ・・・ふふふ。」にやり

    四人はフリーザにエネルギー波を放つと同時に、上空へと避難していた。

    ベジータ「出て来いフリーザ!!まだ生きているのはわかっているぞ!!!」

    フリーザ「はぁぁぁぁ・・・・・・!!」ググググッ・・・

    ラディッツ「で、出てきた!だ、だがあの姿は!?」

    ターブル「体が一回り大きく・・・!?」

    悟空「多分・・・あいつがあの体で使える100%の力を解放したんだ。」

    ベジータ「ほう・・・カカロット、お前も見抜いていたのか。奴が100%の力を出していないということを。」


    537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28(月) 23:59:38.66 ID:pjfj03Yj0


    フリーザ「ふふふふ、貴様ら・・・褒めてやるぞ。このフリーザに、100%の力を使わせるとはな・・・!」

    ベジータ「逆だ、フリーザ。」

    フリーザ「何!?」

    ベジータ「貴様が、100%の力を使わざるを得ない状況まで追い込まれているんだ。」

    フリーザ「ふふふ・・・。」ドグッ!!

    ベジータ「ぐっ・・・!!」

    ターブル「兄さん!!」

    フリーザ「口には気をつけろ、ベジータ。」


    543: >>1 2011/03/29(火) 00:02:12.83 ID:Wqp0HOFA0

    フリーザ「ケリをつけてやるぞ、猿ども!!!」バシュウウ・・・!!

    ラディッツ「なぜフリーザは、ここまで傷を負ってから100%の力を解放したんだ・・・!?」

    悟空「多分だけど、100%の力に体の方が耐えられねぇんだ。」

    ラディッツ「何!?」

    悟空「ほら、深くフリーザの気を探ってみろ。少しずつだけど、気が減ってきてる。」

    ラディッツ「・・・ぬぅぅ・・・。ダメだ、いまいちわからん・・・。」

    フリーザ「やかましいぞ、貴様ら!!」バッ

    悟空「くっ!!だぁぁ!!」ガシィィ

    ラディッツ「うおぉぉぉぉ!!」ガシィィ

    悟空とラディッツに片手ずつ受け止められるフリーザ。


    549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:05:28.79 ID:Wqp0HOFA0

    フリーザ「ぬぐぐががっっっ・・・!!」

    悟空「お、オラ達にばっかり構ってる暇はねぇはずだ・・・!!」

    ベジータ「はっはっはぁ!!」バキッ!!

    ターブル「せえええいい!!」バキッ!!

    フリーザ「うぐっ!!」

    ラディッツ「おっとっ!!にがさねぇぜ、フリーザ・・・!!」ググググググググッ・・・!!

    フリーザ「う、うぐあああっ・・・は、離せ貴様ぁ・・・!!」グググググッ・・・

    ラディッツ「離さねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!」グググググググググググググググググ・・・・・・!!!!!

    フリーザ「き、貴様あああああああああ!!」


    552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:07:34.76 ID:Wqp0HOFA0

    ベジータ「はぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・!!」

    ターブル「はぁぁぁぁぁぁぁ・・・!」

    悟空「ぜ、全力の・・・かめはめ波を食らわしてやるっっ・・・!!!」

    フリーザ「ま、まずいっっ・・・!!や、やめろ!!!離せ、離せえええええええええ!!!!!」グググググググググッ・・・・・・

    ラディッツ「やっちまええええええベジータああああああああああああああ!!!!!」

    ベジータ「ファイナルバーストキャノン!!!!!!!!」バッ ドオオオオオオオオオオオオ!!!

    ターブル「ギャリック砲!!!!」バッ ドオオオオオオオオ!!

    悟空「かめはめ波あああああ!!!!!」バッ ドオオオオオオオオオオオ!!!!


    557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:10:27.77 ID:Wqp0HOFA0

    フリーザ「お、おのれ・・・。」ヒュウウウウ・・・

    ラディッツ「だあああらぁあ!!!」バキィィィ

    フリーザごあぁっ、おのれええええええ!!!」ひゅうううううう!!!!

    フリーザ「猿野郎共がああああああああああああああああああああああああああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・・・・・・・・・・」
    バシュウウウウウウウウウウウウウウ・・・・・・

    ベジータ「はっ・・・はっ・・・はっ・・・はぁ・・・。つ、ついに倒した・・・!!」

    ターブル「こ、これで・・・はぁ、はぁ・・・終わった・・・ん、ですか・・・!?」

    悟空「あ、あぁ・・・!!フリーザの気が、完全に消えたぞ・・・!」

    ラディッツ「は、ははは・・・!や、やっと終わったんだな・・・!」


    566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:14:04.29 ID:Wqp0HOFA0

    ドサドサドサドサッ

    緊張の糸が途切れた四人は、そのまま地面へと落ちた。

    ベジータ「礼を言うぜ、カカロット・・・!それに、ターブルもな・・・。」

    ベジータ「お前たちの力がなければ、フリーザは倒せなかった・・・。」

    悟空「い、いや・・・オラは悪い奴をやっつけただけだ・・・。」

    ターブル「僕も、カカロットさんと同じです。兄さんに認めてもらうため、そして宇宙に平和を・・・って、やっぱりサイヤ人らしくないですね、僕。」

    ベジータ「いや・・・お前はそれでいいんだ、ターブル。」


    571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:18:14.43 ID:Wqp0HOFA0

    ラディッツ「なぁ、カカロットよぉ・・・。」

    悟空「なんだ、ラディッツ?」

    ラディッツ「これで、親父は報われたのかなぁ・・・?」

    悟空「オラ達の父ちゃんか・・・。オラ、全然覚えちゃいねぇけど・・・満足、してるんじゃねぇのかな。」

    ラディッツ「そうかなぁ・・・。親父、俺達・・・フリーザを倒したぜ。」

    ベジータ「貴様ら、仙豆は残っているな・・・?最後の一粒を食べておけ。」パクッ

    ターブル「これですね。わかりました。」パクッ

    ラディッツ「流石に体がボロボロだからな・・・これがあって助かったぜ。」パクッ

    悟空「オラも今回ばかりは相当疲れたぞ・・・。」パクッ

    ベジータ「ナッパの事が気になる。ひとまず宇宙船に戻ろう。」


    576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:21:01.67 ID:Wqp0HOFA0

    サイヤ人の宇宙船―――

    ナッパ「ベジータ達か!フリーザの気が消えたみたいだが、まさか・・・!?」

    ベジータ「ああ。フリーザを倒した。」

    ナッパ「つ、ついにやったんだな!!」

    ベジータ「ああ・・・。・・・ターレスは?」

    ナッパ「ターレスなら、メディカルマシーンに入ってる。かろうじで息はあったみたいだからな。」

    悟空「本当かナッパ!?」

    ラディッツ「これでターレスに死なれちゃ、後味悪いところだったな。よかったじゃねぇか。」


    581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:24:38.23 ID:Wqp0HOFA0

    メディカルマシーンの間―――

    悟空「それで、これからおめぇらはどうすんだ?」

    ターブル「僕は、僕の派遣された星に帰るつもりです。待っている人も、いますし。」

    ラディッツ「俺はカカロット、お前と同じ星・・・地球でこれから暮らそうと思ってる。」

    ベジータ「俺とナッパは、フリーザの星々を回ろうと思っている。フリーザの死と、自由だということを伝えなければならんからな。」

    悟空「そっか・・・。」


    589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:29:42.88 ID:Wqp0HOFA0

    一時間後―――

    ピーッ ピーッ

    ベジータ「ん・・・ターレスの治療が終わったな・・・。」ピッ ゴォォォォ

    ターレス「死んだと思っていたが、生きてたか・・・。それで、フリーザは?」

    ベジータ「倒してきた・・・かろうじで、だがな。」

    ターレス「そうか・・・最後まで参戦出来なくて、悪かったな。」

    悟空「ターレス、おめぇはこれからどうすんだ?」

    ターレス「ん?俺には俺の仲間がいるからな。そいつらと、これからも宇宙を気ままに旅するだけさ。」

    悟空「そっか。これで、俺達はまた散り散りになるんだな。」

    ベジータ「そうだ。だが、心配することはないカカロット。スカウターさえあれば、星間同士でも通信が可能だ。」

    ベジータ「ヤバい敵が現れたら、俺達はまた集結できる。」


    599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:33:14.89 ID:Wqp0HOFA0

    悟空「そう・・・だな。」

    ベジータ「さて。もうこの星にも用はないだろう。カカロット、この宇宙船なんだが・・・。」

    悟空「ん?」

    ベジータ「俺とナッパが貰っても構わないか?」

    悟空「ああ。自由に使ってくれ。確か、人数分の小型宇宙船も積んであったよな?オラ達はそれで帰ることにする。」

    ???「ど、どなたかー!!」

    ベジータ「? なんだ?外から声が・・・?」


    603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:36:00.48 ID:Wqp0HOFA0

    ベジータ達が外に出ると、生き残りのナメック星人達が集結していた。

    ナメック人1「ありがとー!あのフリーザを倒してくれて―!!」

    ナメック人2「俺たち、あんたたちサイヤ人のことは絶対に忘れないからな―!」

    ベジータ「ナメック人達が・・・。」

    悟空「そんだけ、あのフリーザって奴が悪い奴だったってことだな・・・。」

    ナッパ「礼には及ばんぜ!むしろ、ここを戦場にしちまって悪かったな!!」

    ナメック人達「ありがとー!!!」


    617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:43:24.71 ID:Wqp0HOFA0

    こうして、サイヤ人達とフリーザの戦いは、幕を閉じた。

    ラディッツは悟空と共に地球へ行き、悟空の家に居候生活・・・

    ターレスは仲間達と合流し、気ままな宇宙の旅へ・・・

    ターブルも自分が今まで暮らしていた星へ戻った・・・

    ベジータとナッパは、無数に存在するフリーザ配下の星々をまわり、フリーザの死を伝えて回った・・・

    一年後、地球―――

    チチ「悟空さ、なんかこの機械から声がしてるけど・・・なんだべか?」

    悟空「スカウターから?」カチャカチャ

    悟空「誰だ?」

    ベジータ「た、大変だカカロット!!あのフリーザに、父親と兄貴がいることが判明した!!急いで、俺たちに合流してくれ!!星の位置は―――」

    悟空「わかった!!おいラディッツ!行くぞ!!」

    ラディッツ「ちっ、フリーザの父親と兄貴だと!?悪夢でも見てるみてぇだぜ・・・!」

    彼らの戦いはまだ続くようであるが、この話は一旦ここでおしまいである

    続きは、またの機会に―――

    終わり


    620: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:44:37.55 ID:Ymm+4IDE0

    >>617
    面白かったよー乙


    625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:45:04.62 ID:IosA9T9W0

    >>1
    おつー
    面白かった


    632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:46:14.17 ID:Ds3M10E10

    >>1
    こういうのも良いわ、面白かった


    636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:47:16.59 ID:rRVajNmS0

    最高のデキだ。面白かった!
    >>1乙な!


    646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:52:57.37 ID:FttlWGNQ0

    ラディッツ活躍してくれて嬉しかった
    主人公の兄貴なのにもったいなすぎるキャラだから


    648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:54:38.63 ID:cAKrIQMt0

    おつ
    みんなイイやつだなwww悟空だけサイヤ人よりになってたがww


    引用元: ラディッツ「勘違いするなよ、カカロット。」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (120)
    幼馴染 (42)
    兄妹 (40)
    姉弟 (9)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (227)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (256)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (140)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (190)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (205)
    シンデレラガールズ (963)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (231)
    カイジ (7)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (82)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (318)
    機動戦士ガンダム (32)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (9)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (9)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (40)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (31)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (25)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (18)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (23)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (27)
    進撃の巨人 (79)
    新世紀エヴァンゲリオン (59)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (38)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (13)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (14)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (80)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (69)
    ドラえもん (7)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (13)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (6)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (7)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (75)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (4)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (135)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (77)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (23)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (140)
    遊戯王 (36)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (122)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (1)
    ワンピース (23)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (7)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (3)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (3)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (7)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク