FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    【咲SS】京太郎「これが……神の一手?」アカギ「ククク……」【アカギ】

    1: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:38:07.93 ID:gMIcwShDo



     咲(世界観&キャラ)×アカギ(キャラ)×ヒカルの碁(設定)のSSとなります
     京太郎とアカギが主人公なので、ご注意を 


    ・のんびりと、ちまちまと更新

    ・京太郎が麻雀します

    ・ところどころ畜生になる咲キャラがいるかも

    ・恋愛要素……あるかも?

    ・カンちゃんハウス

    ・安価などは無し

    ・オチまで考えてはありますが、指摘によって展開の変更なども考えます

    ・対局描写が下手くそ 


     以上がよろしい方は、どうぞご覧ください



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399286287



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    3: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:41:59.69 ID:gMIcwShDo



     俺が望んだもの……
     それは変化だった……



    ~~ キョウ ~~


    【Roof-top】


    京太郎「……」

     全てをひっくり返すような変化だ
     生まれ変わるほどの……

     しかし俺はその資質に欠けていた
     
    優希「……」

    まこ「……」

    久「……」


     女の子目当てで入った麻雀部では、初心者ゆえにカモられ
     手を出すことなど出来ず、雑用としてこき使われる毎日

     そして今日、【大会】への出場を賭けての麻雀も……


    京太郎「(持ち点が……あと少し)」チャリッ


     連敗――
     
     追い詰められた


    京太郎「くっ……」

     これまでずっと4位……流れに乗れずに点棒が減るのみ
     そのたびに胸が締め付けられる

    久「さぁ、須賀君の番よ」

    京太郎「……」

     これが尽きたら、俺はこれから先ずっと雑用としてみんなを応援しなければならない
     麻雀をやることもなく……ただみんなを影から見守るだけ

     半年前、麻雀部に入った
     その日から俺の運命は決まっていたのかもしれない

    京太郎「(なんとかしのいで次の半荘へ)」チャラッ

     もう振れない

    京太郎「(大丈夫、これならきっと通る)」タンッ

    久「ロン」

    京太郎「!?」


     あぁ……終わった
     何もかも


    京太郎「(ミスらしいミスはしてないのに……どうして?)」ギリッ


     俺は確かに初心者だ
     だけど、運が絡む麻雀でここまで一方的なのか?

     これじゃあまるで、一方的なリンチじゃないか


    5: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:43:38.49 ID:gMIcwShDo



     俺は確かに初心者だ
     だけど、運が絡む麻雀でここまで一方的なのか?

     これじゃあまるで、一方的なリンチじゃないか


    優希「……諦めるじぇ」

    まこ「京太郎……もう辞めるんじゃ」

    久「須賀君、アナタがどうしても必要なの。みんなの為にもお願い……」


     そんなこと、理解はしている
     しかし、だからと言って納得はできない


    京太郎「(俺は……男だ)」グッ


     俺には分かる
     もしここで【大会】に出ず、そのままずるずると過ごしても何も変わらない

     俺は負け犬のまま、ずっと……ずっと


    京太郎「(この半荘でラスをくうとオワリ。次の半荘へすすめない)」


     なんとか3位!  
    ……頼む!


    京太郎「っ!」カッ
     
     カシッ

    京太郎「……(ダメだ、来ない)」


     どれだけ祈っても、掴むのはゴミのような手
     泣きたくなるような配牌

     変わらない運命


    6: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:45:28.24 ID:gMIcwShDo



    京太郎「(誰か、変えてくれ……!)」


     誰でもいい……!

     このよどんだ空気、流れを!

     変えてくれっ!


    京太郎「(誰でもいい……!)」


     神でも……!


     魔でも!


     
     ギィッ……


    京太郎「……?」


     それは不思議な感覚だった


    ?「……へぇ」


     そいつが部屋に入った瞬間――
     俺の世界はガラリと変わった


    ?「……」


      | _   /:: / /:::: /  /:::::::   :::::\   iヽ   i、
      r'´ l  |::: //::::` ソ.  /::::       ::::::ヽ  i,:::ヽ  i、
     i  .:::l   | :/、,_::  ノ :/::ヽ         ::::ヽ:  i,:::::ヽ  i、
     | ::::::l   | :ヽ、`フ/-、_ :::::ヽ        ,r:'::´、 :l:::::::::ヽ :l
     i  ::::::l  :|   ./、 弋ソ`ー、::ヽ     ,r'´:::_,:::rヽトー─-
     .i, :::::::l  |     ` ̄"''::::'::´:::.... .. ....;'::::'"´ '心'. l| _, r::'´
      ヽ :::::l  |       ::::::::::::''''   :: |::.''''::::` ̄"" ̄::::::::::::::
       ヽ ::::i |              :: |::::::..  :::::::::::::::::::::::::::::/
        `l 、_l l             :: |:::::::::..     ..:::::::::::/
         |  ヽ.l            :: |::::::::::::..   ..:::::::::::::/
        /|  `|.              :: |::::::::::::::::.. ..::::::::::::::/
    .    / |   l'i         ..  :: |:::::::::::::::::::::::::::::::::/
    .  / , l   |:::ヽ.  ヽ,,,_    :::... :: |::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
      /   | .l .|:::::ヽ     ̄''''' ー、:: |_:::::::::::::::::::::/  ヽ
    . /   |/| |::::::::ヽ       :::::`::´:   ̄´:::::::::/|    ヽ
    /    |::::::'|:::: ::::ヽ    ,,,,,,  ::::::::::::::::::::::::::/::::|    ヽ
         |::::::|::   :::::ヽ    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::/::::::::|     ヽ


     その男――
     神か、悪魔か


    7: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:47:20.19 ID:gMIcwShDo



    【??年前 某所】

     
    「こだわらねぇだろ……どうせお前は……」


     誰だ?


    「死んだ後の墓のことなど……なあ…」


     死んだ?
     オレが……?

    そうか、死んだのか


    「許してやってくれや……みんな……」


     クク……なんてことはねぇ


    「好きなんだ…お前が…!」


     死んだ奴に、価値なんてねぇんだ


    「赤木は笑っているだろう――」

     


    8: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:48:55.45 ID:gMIcwShDo



    【現在より数日前 某所】


     やせがまんばかりでもう半年過ぎた
     
     何が変わったか、誰を愛したか

     頭の中で今、夢が崩れだした


    京太郎「……何とかなれ」


     俺の名前は須賀京太郎
     清澄高校二年、部活は麻雀

     俺の在籍する麻雀部は全国大会で優勝し、今や我が校の誇りとまで言われている


    京太郎「この俺を除けば……ね」


     全国大会での、女子団体戦での優勝
     それは……俺たちの環境を大きく揺るがした


    京太郎「……」


     個人戦でも活躍した咲や和は勿論
     俺を除く五人は、我が校の英雄となった

     むしろ、県の象徴と言ってもいい


    京太郎「……」ギリッ


     一方の俺は惨め極まりない結果
     個人戦初戦敗退、それも……県予選でだ

     感じるのは周囲からの失望と、冷やかな視線



    9: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 19:50:13.79 ID:gMIcwShDo



     元々女子の中に一人だけいたこともあり、風当たりも強かった
     俺をよく知らない連中は陰口を叩き、陰湿な真似もしてくる


     ただでさえ美少女の五人、それなりに狂信的な奴も多いわけだ


     そんな連中からしたら、俺は目の上のタンコブ
     アイドルの周りでチラつく男の影など……無い方がいいに決まってる


     俺の存在を無くせという声は次第に大きくなり……
     それはやがて、知らぬ存ぜぬで通せないレベルに膨れ上がる


     学校側もそれを無視できなくなり、動き出す
     こうして、提案された一つの案



     清澄高校麻雀部から清澄高校【女子】麻雀部への変更



    京太郎「……」




     そして俺は……麻雀部をクビになった



    10: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 20:05:50.37 ID:gMIcwShDo



    京太郎「ここ、だよな?」

     殺風景な住宅街を抜けた先にある、寂れた墓地
     そこに、【その男】の墓は建っているという

     俺が最後の希望を持って縋りに来た
     ここが始まりの場所になるのか、それとも……
     
    京太郎「……?」

    ?「……」

     そこにいたのは、歳は30から40
     ヘタをすればもっと行ってるかもしれない男

     細身でメガネを欠けたその男は、ただ静かに立ってる
     
     一つの墓の前で何も言わず、ただぼんやりと……視線を墓石に向けて


     【赤木しげるの墓】


     そう刻まれた、墓石の前でただ立っている


    京太郎「……(マズイな)」

     人がいるとは思わなかった
     これでは、俺の目的が果たせない

    京太郎「(早く帰ってくれよ……)」

     そんな想いを浮かべながら、どう暇を潰そうかと思案した
     その時だった

    ?「お前、この男に用があるのか?」

    京太郎「えっ?」ドキッ

     声をかけられた
     もしかして、バレてる?

    ?「……まだガキだな」

    京太郎「ど、どうも……」ペコリ

    ?「見ろよ、この人の墓」スッ

    京太郎「え?」

    ?「墓石の欠片をガリガリ削られて、今じゃこんなに小さくなっちまった」

    京太郎「そ、そうですね」

    ?「しかしそれも数年前までの話だ。今じゃ、誰もこの人の墓を削ろうなんてしねぇ」

    京太郎「……」

     そう
     俺がここに来た目的

     それは、この【赤木しげるの墓】を削ること

     その墓石の欠片を手に入れたかったのだ


    ?「……お前は、コレが欲しいのか」

    京太郎「……はい」

    ?「そうか。素直な奴だな」ハハハ


    11: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 20:20:16.73 ID:gMIcwShDo


     一体この人は誰なんだろうか?
     赤木しげるの知り合いなのか、それともただの変人か

     もしくは俺と同じように力を求めてきた人間なのか?

    ?「お前、麻雀か?」

    京太郎「っ!?」

    ?「その反応、図星か。ガキだからそんなことだろうと思ったけど」

    京太郎「……」

    ?「……お前は、どうしてここに来た?」

    京太郎「そ、それは……」

    ?「強くなりたいのか?」

    京太郎「……」コクッ

    ?「……そうか、強くなりたいか」トオイメ

     男はひとしきり俺を見回した後、静かにため息を吐いた
     そして、この世の終わりのような顔で呟く

    ?「やめておけ、ろくなことにならないから」

    京太郎「なっ!?」

    ?「俺も長くこの世界にいる。分かるんだよ、そういうの」

     見込みがない
     そう言いたいのだろうか?

     だとしたら、なんて腹の立つ言葉なんだ

    京太郎「なんでそんなことを、アンタに言われなきゃいけないんだ!」

    ?「……ごもっとも。だからこれはただの忠告」ザッ

     砂利を踏み鳴らし、墓石を一瞥もせずに男は歩き出す
     その背中にはどこか、哀愁が感じられる

    京太郎「あ、あのっ!」

    ?「俺はひろゆき。井川ひろゆきだ」

    京太郎「ひ、ひろゆき?」


    ひろゆき「……なんでですか?」ボソッ


     ひろゆきさんは呟く
     それは、もう既にこの世にいない人に向けてのものなのか

     それとも

    ひろゆき「どうして、今さら……」


     その先の言葉は聞き取れなかった
     だけど、俺は直感的に察することができた


     あの人が言いたかったこと、それは――



    「化けて出てくるんですか?」



     その真意はまるで分からなかったけど


    15: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 20:33:23.97 ID:gMIcwShDo


     ひろゆきさんがいなくなってから数分
     俺はひろゆきさんと同じように、赤木しげるの墓を眺めていた

    京太郎「……」

     さっき言ったようにこの墓石は人によって削られている
     というのも、この赤木しげるが生前【神域の男】と呼ばれ……恐れられた博徒だったかららしい

     ようは赤木しげるの運にあやかりたい連中が、この墓石の欠片をお守りとするわけだ

     そして俺も、そんな連中の一人
     なんとしても強くなりたい、そんな一心からこんな場所にまで来てしまった

     ただの大馬鹿者だ

    京太郎「……赤木しげる」

     果たして、この男は一体何者だったのだろうか
     何を見て、何を感じ、何を想い、何を目指していたのか

     俺のような凡才が、到底追いつくことのない頂きに到達した男

     神と呼ばれた男は――
     俺と何が違ったのだろう?

    京太郎「それを知りたい。だから――」グッ

     持ってきたカナヅチを構える
     犯罪だってのは分かってる、だがそれでもいい

     どうせ今の俺に失うものなんて無いのだから
     だから――

    京太郎「……」ググググッ


     カラァーンッ


    京太郎「……」ガクッ

     ダメだ、やれない

    京太郎「やっぱ、ダメだ」

     どれだけ決意を固めても、手が思うように動かない
     決して怯えているわけじゃないのに

     どうしても躊躇してしまう

    京太郎「俺に、その資格があるのか?」


     この男の力に縋る、その資格
     そして、もう一つ


    京太郎「俺は……こんな形で勝ちたいのか?」


     自分の実力でどうにもならなくて、逃げ出して
     泣きたい想いを抑えて、俺は今ここにいる

     その最後の選択が、ここで、本当にいいのか?


    京太郎「……」

     


    17: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 20:45:59.02 ID:gMIcwShDo


    京太郎「……」

     そっと、赤木しげるの墓に触れる
     アンタがどんだけすごかったのか、強かったのか

     それはもう分からないかもしれない

     でも、それでも俺は――

    京太郎「俺のチカラで、やってみます」

     もうすぐ、俺を待ち受けている試合
     勝ち目なんて全く無い、ただの消化試合だ

    京太郎「でも、それでも」ガンッ

     思い切り赤木しげるの墓を殴りつける
     拳が裂け、血が噴き出し……俺の血が赤木しげるの墓を染めていく

     それでも、力は緩めない
      
    京太郎「俺は!! 俺の力を信じる!!」

     罰当たりだとか、不謹慎だとかどうでもよかった
     ただ楽になりたかった

     ここで宣言しても何も変わらないのに
     ただ認めて欲しかった

     目の前の男に、挑む資格があるということを

    京太郎「……はぁっ、はぁっ」


     パキッ


    京太郎「……え?」


     パキキキッ……

     パキィィンッ……!!

     カランッカランッ!


    京太郎「あっ……」

     それは、偶然なのか必然なのか

    京太郎「欠けた……?」

     たまたま古くなって弱っていた?

     いや、違う

     これは――赤木しげるからの餞別だ

    京太郎「……赤木さん」スッ

     俺の血で染まった、赤木しげるの墓石の欠片
     ……そこまで言うなら

    京太郎「貰っていってやるよ」

     俺が、戦う姿をアンタに見ていてもらう
     俺が強くなる姿を、アンタに見せる

    京太郎「……ありがとうございましたっ!!」ペコッ


     なぁ、赤木さん
     アンタは今――

     どんな顔を、してるんだ?



    19: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 20:56:41.62 ID:gMIcwShDo



     こうして、赤木しげるの墓参りを終えた俺は長野へと戻っていた

     なんてことはない

     休日を抜ければ平日が戻ってくる
     俺にとって、苦痛でしかない毎日


     学校での生活に……


    【翌日 清澄高校】

     がやっ……
        がやっ……


    京太郎「……」スーッ ハーッ

     ガラガラッ

    京太郎「おはよう」

     シーン

    京太郎「……」スタスタ

     ヒソ……
      ヒソ……

    京太郎「……」

     俺が麻雀部を辞めて一週間近く
     既に以前ほどの風当たりは無くなったが、それでも妙な噂は尽きない

     というのも、近々予定されている【大会】に
     俺がエントリーしようとしているからだ

     その大会というのが……


      ダァンッ!!


    一同「!?」ビクッ

     ざわっ……  
        ざわっ……

    男A「おいっ、須賀京太郎はいるか!?」ガンガンッ

    男B「このクラスなんだろぉ!?」ガラガシャァン

    男C「出てこいやぁ!!」


    京太郎「……ここだよ」スッ

     教室に余計な被害が出ないように名乗りでる
     相手は三人……逃げてもすぐに捕まるだろうな

    男A「おぉーいたな。須賀京太郎」

    男B「麻雀部のお荷物君、いや、荷物持ちだったか?」ククク

    男C「どっちにしても、”元” だがなぁ?」ヒャヒャヒャ

    京太郎「……」ハァ

    男A「おいおい、テメェよぉ? 辞めたくせにまだ部室に入り浸ってるんだって?」

    男C「女子部に男が入るなんて、おかしぃだろぉ?」

    男B「こいつ女みたいな顔してっからなぁ……実はタマ無しなんじゃねぇか?」

    京太郎「……」


    20: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 21:09:06.23 ID:gMIcwShDo



    京太郎「……退部手続きしに行っただけだ」

    男A「ほぉー? ならいいんだけどよぉ」

    男C「じゃあなんで、お前が【大会】に出ることになってんだ?」
     
    京太郎「……」

    男A「質問してんだろうがっ!?」ブンッ

     バキッ

    京太郎「っ!?」ツ……ツツ……

    男B「おい、顔はやめろ。バレたら退学だぜ」

    男A「ふん、かまうこたぁねえよ」

    京太郎「……」

    男C「だいいちみろ、このふてぶてしい態度」

    男A「どうせ教師の誰かが止めにくると、たかをくくってやがるのさ」

    京太郎「……」

    男A「残念だがその計算はきかねえよ。なぜなら俺らのバックには……」

     ガラガラッ

    京太郎「!?」

    教師A「……なんだ、何してる?」

    男A「実は須賀君が絡んで来まして」

    男C「俺たちに殴りかかろうとしてきたんで、つい反撃しちゃったんですよ」

     チ、チガッ! スガハワルクナイ!
     ソウダソウダ! ナニモシテナイヨ!

    教師A「静かにしろ!!」ダンッ

     シーンッ……

    教師A「またお前か? ん? 須賀?」ツカツカ

    京太郎「……」ジロッ

    教師A「なんだその反抗的な目は……?」

    京太郎「……すみません」

    教師A「須賀、廊下に立ってろ。放課後は反省文を10枚書け、いいな?」

    京太郎「……」コクッ

    男ABC「「「……」」」ニヤリ

    教師A「ふんっ。貴様のような生徒、早くやめればいいんだ」

     ア、アイツッ! ヤメロヨメダ!
     クソォー…… ミヤナガサンガイレバ……

     ナンデコンナトキニイナインダヨ! 

    教師A「静かにしろと言っただろ!! 騒いだ奴も廊下に立たせるぞ!!」

     ……シーン

    教師A「では出席を取る。須賀、早く出て行け」

    京太郎「……」スタスタ

     ガラガラガラッ



    23: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 21:20:40.94 ID:gMIcwShDo


    【清澄高校 一年教室前 廊下】

    京太郎「……」

     普段から毎日こうだというわけじゃない
     咲や部長達が居る前では、あいつらも表立っての行動はできないわけだ
     
     だが今は違う
     咲達、清澄高校【女子】麻雀部の皆は……旅行に行っている

     学校側から渡された旅行券五枚
     一週間、課外授業扱いで好きに旅行してきていいらしい

     全国大会優勝への、保護者会からの贈り物だとかなんとか
     みんな、素直に喜んでたな……

     確か、他の学校の人とも行くとか言ってったっけ?

     龍門渕の部長が張り切ってチャーター機を用意したお陰で
     風越、鶴賀も合同で参加したらしい

     きっと、楽しい旅行を満喫してるに違いない


    京太郎「ま……俺には、当然何も無いんだけどさ」


     それどころか、今まで咲達の目を忍んでしか行えなかった嫌がらせが激化
     当たり前のように生徒にも教師にも目をつけられる毎日


    京太郎「……」


     正直、俺自身分からなかった

     麻雀なんて元々そんなに好きじゃないし、さっさと見限ればいい

     そんで普通の高校生活に戻って
     咲達を遠くから応援して……学校を卒業して

     普通に生きればいい
     大学を出て、そこそこの会社に就職して……いつかは結婚して

     子供が出来て、子供を育てて行く

     そんな生活を夢見ればいい


    京太郎「でも……逃げたくない」


     意地、なのかどうか
     そんなことも分からねぇ

     でも、きっとここで背を向けたら……俺はきっと死んじまうから
     ずっと死んだまま、これから先生きて行かなきゃいけないと思うから


    京太郎「だから俺は、大会に――」


     


    24: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 21:30:56.35 ID:gMIcwShDo



     俺が出場を決意した【大会】

     それはプロもアマも男女も関係なく――
     ただ、最強の雀士を決めるという大会だ

     以前行われたことがあるものに【プロアマ親善試合】というものがあるが
     規模はまるで違う

     全国大会に出場した高校から男女混合の代表者二名が出場
     プロの実業団からも代表者が二名選ばれて出場する

     いわば各高校の最強と、プロ実業団の最強選手が出場し
     競い合うお祭りのようなものだ


    京太郎「当然、清澄高校の枠は2つ」


     選ばれるのは二人
     当然あの五人の中から選ばれるだろう

     学校の面子もあるし、全国の記者や視聴者が咲達に期待している
     プロを打ち負かすのではないかと、ワクワクしているのだ

     だからこそ、その枠は二つとも揺るぎないものとなる


    京太郎「……」

     
     部長は言った


    ~~久「咲と和を出す。それが学校の総意よ」~~


     俺も同じ気持ちだ
     最も強い二人が出れば、長野の代表として鼻が高いし
     必ずいい結果を残すだろう

     だからこそ、俺はこう返した


    ~~京太郎「部長、俺がその二人に勝てば――代表になってもいいですか?」~~



    27: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 21:41:56.18 ID:gMIcwShDo


     部長は困惑した顔で俺を見つめていた
     言いたいことは分かる

     無理だと、不可能だと
     その目が告げている

     でも俺は引き下がらなかった

     そしてようやく、一つの条件を取り付けた


    ~~

    久「まず、私とまこと優希。この三人に勝てたら考えてあげるわ」

    京太郎「ほ、本当ですか!?」

    久「でもね、須賀君。アナタも知ってる通り……今私たちは英雄になってる」

    京太郎「……」

    久「それを差し置いて須賀君が出場になれば、きっと今以上に風当たりは強くなるわよ?」

    京太郎「分かってます」

    久「……退部届けだって、私そんなの受け取りたくないわよ」

    京太郎「……なら、染谷先輩が部長になってからでも」

    久「そういうことじゃないでしょ!!!」

    京太郎「……」

    久「いい? 例えどんなに辛くても、周りが敵だらけでも……須賀君はここに必要なの」

    京太郎「……」

    久「咲も和も優希も、まこも……みんな力を出し切れないわ」

    京太郎「……」

    久「だから須賀君。もし、私達に負けたら――」


    ~~


    京太郎「マネージャーとして入部しろ、か」

     今までと何も変わらない
     咲達の為に裏方として頑張って、応援して

     それで、みんなが活躍するのを見守る

     変わったことはただ一つ
     俺の未来が――枯れるだけ

    京太郎「……なぁ、咲」

     お前は今、どこにいる?
     俺と過ごしてきたお前は今、どこに立とうとしてるんだ?

     なぁ、咲



     俺は――お前に並べるか?




    ?「……」スゥーッ







    36: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 21:55:33.55 ID:gMIcwShDo



    【都内 居酒屋】


     ガヤガヤ

    ?「うぅっ……もっとビールくらひゃい」ヒック

    ひろゆき「飲みすぎだぞ……」

    ?「らって、井川さんが冷らいから……」ヒック

    ひろゆき「……全く。麻雀を打ってる時とは大違いだな、お前」

    ?「ぶーっ、いいやじゃないれすか! 麻雀なんへ……」ブツブツ

    ひろゆき「なぁ俺さ。……今でも……時々思うんだ」

    ?「へっ?」

    ひろゆき「……若い頃のあの人はどれほど強くて……化物だったのかと」

    ?「……あの人って、赤木しげるのことですか?」

    ひろゆき「ああ、俺が知る限り――あの人より強い人は存在しない」

     チラリと、旧知の顔が思い浮かんだがそれはいい
     あの人もきっと、同じことを言うだろうから

    ?「ねぇ、井川さん」

    ひろゆき「なんだ? 結婚ならしないぞ」

    ?「違います。あの、その赤木って人と私……どっちが強いのかなって」

    ひろゆき「あ? そうだな……最近の若いのは変なオカルトめいた力を使うしな」ウーン

    ?「わ、若いっ……えへへっ」ニマニマ

    ひろゆき「……でもな、そういうのじゃねぇんだよ」

    ?「え?」キョトン

    ひろゆき「あの人の強さはもっとこう……別にあるというかさ」グイッ

     ゴクゴクッ

    ひろゆき「そこんとこはまだ俺にも……分からん」

    ?「ふーん……。でも、井川さんがそんな話するの珍しいですね」

    ひろゆき「……」

    ?「普段は聞いても黙ってるじゃないですか?」

    ひろゆき「……それはだな。今朝、変なガキを見たんだ」

    ?「ガキ?」

    ひろゆき「てんで弱そうで、情けなくて。才能の欠片もないような奴」

    ?「酷い言いよう……」

    ひろゆき「でもな、あの人がそいつを選んだんだ」ギリッ

    ?「???」

    ひろゆき「……分かりませんよ、赤木さん」グスッ



     なんで俺じゃ――ダメなんですか?



    ?「……」


    40: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 22:06:28.63 ID:gMIcwShDo



    【数日後 Roof-top】

     部長と話し合った結果、対局の場所はこことなった
     部室に俺が入ればまた問題になるし、ここならその心配も減る

     それに――この試合のことは咲と和には内緒だから
     もし二人が知れば、どちらかが辞退する可能性がある

     それは、出来れば避けたいこと


    優希「……」

    まこ「事情は聞いちょる」

    久「……私達三人が相手よ」

    京太郎「……はい」


     そして――いよいよ決戦
     相手は俺のよく知る三人だ


    優希「京太郎……私達が勝てば、辞めないんだよな?」

    京太郎「ああ、約束だからな」

    優希「……」


     優希の奴はきっと分かってる
     俺が部活に残ることになれば、今以上に苦しい日々が待っているかもしれない

     それでも、俺にいて欲しいのか?
     そんなに俺のことを想ってくれてるのか、優希?

    京太郎「……ありがとな」ポンッ

    優希「うっ、うぁっ……うあぁぁあぁっ、ごめん……ごめんなさいぃ……」ポロポロ

    まこ「……京太郎、お前が苦しんどるのに気づけんで――すまん」

    京太郎「いえ、いいんですよ。俺が望んだことですから」

    まこ「じゃが……こんな結末!」ギリッ

    久「まこ、よしなさい。須賀君の決めたことよ」

    まこ「っ!! そんな言葉、口にする資格があると思うちょるんか!?」

    久「……そうね。私が言うのは筋違いだわ」ウツムキ

    まこ「……くっ!」

     みんな、苦しんでる
     誰も悪くないのに、みんな自分の想いのままに歩んだだけなのに

     それもこれも、全部俺のせいなんだ

     俺が弱いから

     俺が何もできないから

     だから――


    京太郎「打ちましょう」


     強くなるしかない



    41: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 22:09:57.69 ID:gMIcwShDo



     俺が望んだもの……
     それは変化だった……


    【Roof-top】


    京太郎「……」

     全てをひっくり返すような変化だ
     生まれ変わるほどの……

     しかし俺はその資質に欠けていた

     
    優希「……」

    まこ「……」

    久「……」


     女の子目当てで入った麻雀部では、初心者ゆえにカモられ
     手を出すことなど出来ず、雑用としてこき使われる毎日

     そして今日、【大会】への出場を賭けての麻雀も……


    京太郎「(持ち点が……あと少し)」チャリッ


     連敗――
     
     追い詰められた


    京太郎「くっ……」

     これまでずっと4位……流れに乗れずに点棒が減るのみ
     そのたびに胸が締め付けられる

    久「さぁ、須賀君の番よ」

    京太郎「……」

     これが尽きたら、俺はこれから先ずっと雑用としてみんなを応援しなければならない
     麻雀をやることもなく……ただみんなを影から見守るだけ

     半年前、麻雀部に入った
     その日から俺の運命は決まっていたのかもしれない

    京太郎「(なんとかしのいで次の半荘へ)」チャラッ

     もう振れない

    京太郎「(大丈夫、これならきっと通る)」タンッ

    久「ロン」

    京太郎「!?」


     あぁ……終わった
     何もかも


    京太郎「(ミスらしいミスはしてないのに……どうして?)」ギリッ


     俺は確かに初心者だ
     だけど、運が絡む麻雀でここまで一方的なのか?

     これじゃあまるで、一方的なリンチじゃないか


    42: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 22:10:49.20 ID:gMIcwShDo


     俺は確かに初心者だ
     だけど、運が絡む麻雀でここまで一方的なのか?

     これじゃあまるで、一方的なリンチじゃないか


    優希「……諦めるじぇ」

    まこ「京太郎……もう辞めるんじゃ」

    久「須賀君、アナタがどうしても必要なの。みんなの為にもお願い……」


     そんなこと、理解はしている
     しかし、だからと言って納得はできない


    京太郎「(俺は……男だ)」グッ


     俺には分かる
     もしここで【大会】に出ず、そのままずるずると過ごしても何も変わらない

     俺は負け犬のまま、ずっと……ずっと


    京太郎「(この半荘でラスをくうとオワリ。次の半荘へすすめない)」


     なんとか3位!  
    ……頼む!


    京太郎「っ!」カッ
     
     カシッ

    京太郎「……(ダメだ、来ない)」


     どれだけ祈っても、掴むのはゴミのような手
     泣きたくなるような配牌

     変わらない運命


    43: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 22:12:24.87 ID:gMIcwShDo

    京太郎「(誰か、変えてくれ……!)」


     誰でもいい……!

     このよどんだ空気、流れを!

     変えてくれっ!


    京太郎「(誰でもいい……!)」


     神でも……!


     魔でも!


     
     ギィッ……


    京太郎「……?」


     それは不思議な感覚だった


    ?「……へぇ」


     そいつが部屋に入った瞬間――
     俺の世界はガラリと変わった


    ?「……」

      /::,ィア::::..          /}        廴
      ノイ/:::/:::::/:::::::::/ / / / ハ          :j
       / ハ:::::::/::::r/ / / ̄// ̄! i!       :|
        |/ | ./{::::::::::ヽノイへ ノ'_____| ノ: y       :!
          j/ イ}::::::/  ヾ::::L ー┴宀ソ/i     :i!
           ノ/      ̄     )' リ r―、 ::l
           `iヾ辷ーァ         / /刀 i :ノ
              |::::::::::::__        / /ノノ ノ :/
            l:::::::::::≠ミ=-,...__〟    レ'ー'/::从
            |:::::::::{..___    ̄   入__(:::::::::::i
             ';:::::::::ノ     ,,イ /  ∧入::::::l
             }:::::/    ,,;;≦:::::{ /     ヾ、:::|
             jノ _ ―{:::::::::::::::::/       从k
              ̄    ヽ:::::::::::/  --;;::: ̄ ̄ ::::{
                _/-='' ̄     -―― 、::`ヽ、
                i:   /: ̄ ̄ ̄   ̄`ヽ:::ー -::}
                |:  /:::::::::         ::\`V
        ____r‐'{::〈k=ニ二二二二`ヽ、    ::∨\
      ィ斥:::::::―…¨::::::::::::::::::::........      ̄      :::\_}


     その男――
     神か、悪魔か


    53: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 22:46:35.60 ID:gMIcwShDo


     その男はまるで幽鬼のようにふらりと現れた

     店内にいる、他の一般客とはまるで違う空気

     歳は十代後半から二十代前半と言ったところか
     見た目に関してはなんてことはない、どこにでもいそうな男

     だが、それなのに俺は――
     その男の眼差し――一挙手一投足に、目を奪われた


    ?「クク……」ツカツカ


     歩いてくる
     対局中のどの卓にも目もくれず、ただまっすぐ俺達の元へ

     
    京太郎「(一体誰なんだ、あの人――?)」

     
     染谷先輩の知り合いか?
     それとも部長の?

     頭の中をぐるぐると、色んなことが巡り回る

     しかし、誰もその人を見ようとしない
     こんなに近づいてきているというのに、誰も意識を向けようとしない


    京太郎「……?」

    ?「……」ドサッ


                    ア     非   ヽ
                   ム"         ハ
                    / " "        ".ハ
                  / " "       " " |
                  }イ " "/  /ヽ   " " |
                      |イ /1/レイ/_  XA   |
                      |.|/ }∧ ー゚'’ ii ー゚ ”}沙
                      ハ   ||    /}::::ヾ、
                        r/:∧ ー仆一 / |:::::::}:::> .
                   /:/:::: ∧  zz / リ:::::::|:::::::::::::> .
                , <:::::/:::::: | ヽ   /  /::::::: |:::::::::::::::::::::::::> .
             , <:::::::::::::/::::::::::{   ヽ/  /:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
            ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::|>---:</::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
            }::::::::::::::::::::/:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::_|__::::::>::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::::‘ー---:::|;;;>=へ ̄ ̄:::::::::::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::!
           .}:::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           /::::::::::::::::::::::::::::::> ´        >::::>:: ̄`丶:::::::::::::::::::::::::リ
            〈::::::::::::::::::::::::::/        r千:/::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::/
           }::::::::::::::::::/:/         /;;}:/::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::/
           |::::::::::::::::::}/ /      ./;;;;;;;;}':::::::::::::::::::::::::::::::::::' ̄ ̄「´
          .ノ::::::::::::::::/:} }  ./ /  /;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::|


     男は何も言わず、俺の後ろの椅子に座る
     どうやら、俺の配牌を見ているようだ

    京太郎「??」ガバッ

     振り向くと目線が合う
     男は何も表情を浮かべず、ただこちらを見ているだけ

     一体――何が目当てなんだ?

    久「……須賀君?」

    京太郎「えっ?」

    久「対局中によそ見しないで。それに、椅子なんか見てどうするの?」

    京太郎「???」

     椅子? いやいや、こんな見られてたら集中できないでしょ普通!


    57: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:00:01.64 ID:gMIcwShDo


    まこ「少し、疲れとるんじゃろ」

    優希「こんなに京太郎と打つのは初めてだじょ……」

    京太郎「……?」

     もしかして、みんな後ろの奴に気づいてないのか?
     こんな人に見られながら打つ俺の身にもなって欲しいんだが……

    久「そうね、今思えば須賀君と打つのなんて……どれくらいぶりかしら?」

    まこ「……」

    京太郎「……」

     だが、いいところもあった
     あの張り詰めた空気が少しだけ緩和されたような気がする

     勝ちを確信しているのもあるのか、あきらかに勝負の熱が引いている

    京太郎「(変わるかもしれない、流れが――!)」グッ

     そうだ
     まだ負けると決まったわけじゃない!

     ここを凌いで、次の半荘から連続トップを取れば――
     収支で一位になれば問題無い

     まだ俺の点棒は――残ってる


    ?「……」


    ~~~~

     そして、南四局の八巡目
     とうとう、俺にもチャンスが来る

     235p 123m 12399s 中中 
     ツモ中
      
    京太郎「(きたっ!)」

     5pを切って1p、4p待ちにする
     高めの1pが出ればドラを絡めてハネ満まである

     逆転トップも可能な手――

    京太郎「……」ググッ

    久「……」

    まこ「……」

     この時、京太郎にとっては生涯において初めての鬼気迫る戦いであった
     それでも、その戦いの中で一番の決断を迫られたのはきっと――


    京太郎「(2p切りか5p切りか……)」


     この決断に他ならない 
      

     


    59: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:07:13.11 ID:gMIcwShDo


     5p切りしたいのはヤマヤマだが、問題は久のリーチ
     
     久の河にある現物は
     西北2p3m1s5m9p6s

     5pはどこかきな臭く感じる
     一方で2pなら現物だし、安全だ

    京太郎「(中のみだけの安手……それでも)」

     しかたがない……

    京太郎「(振ってしまえばそこで全て終わっちまう……無理はできねぇ)」

     第一、テンパイにしておけば流局狙いもできる
     一旦ここは凌いで、次のチャンスを――

    京太郎「……」つ2p

     悩む京太郎、しかし掴んだのは現物の2p
     この時京太郎は既に、戦いにおいて最も重要な牙を抜かれていた

    京太郎「(もう、これしか――)」スッ

     いよいよ持って、その一打を放とうと腕を上げた


     その時だった



    ?「死ねば助かるのに……」



    京太郎「え?」

     声がした
     耳に心地よく残る、それでいてどこか不思議な冷たさを感じる声

     振り返ると、先ほどの男が京太郎をじっと見つめていた


    65: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:20:29.45 ID:gMIcwShDo


    京太郎「……」

    ?「昔、そんなモノをよく知っていたような気がする」

     男は遠い過去を思い返すようにそう呟くと、そのまま続ける

    ?「ただ……今気配が死んでいた」

    京太郎「気配……?」

    ?「背中に勝とうという強さがない。ただ助かろうとしている」

    京太郎「そんな、こと……」

     そんなことない、と言い返しそうになって言葉が濁る
     だって、本当にその通りだったから

    ?「お前はただ怯えている」ニヤッ

    京太郎「(コイツ!)」ギリッ

     なんなんだ急に、後ろから好き勝手言いやがって!!
     お前に何が分かるんだ、ここで負けたら終わりなんだ!

     負けてしまえば俺は――!!

    京太郎「(無視だ、無視)」ブンブン

    久「??」

    まこ「……ついにおかしく、京太郎」ギリッ

    優希「うぅっ……」グスッ

     俺は俺のやり方でやる
     そうじゃなきゃ、意味が無いだろ!!

    京太郎「(だから俺は――!!)」つ2p プルプル

     俺は……

    京太郎「……」スッ

    ?「……」ジッ


    66: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:23:50.19 ID:gMIcwShDo




    京太郎「……ああ、そうだ」

    ?「……?」

    京太郎「確かに俺は怯えてた。こんなんじゃ、いつまで立っても追いつけない」スッ

    久「須賀君……?」

    京太郎「(俺は今、戦ってるんだ。相手を倒すという、目的を持って!)」

     なのに、闇が怖くてどうする?
     相手が怖くてどうする?
     
     足踏みしてるだけじゃ――

    京太郎「(進まないっ!!)」つ5p

     どうせ死ぬなら
     強く打って……!!

    /     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
        /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
      イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
    // /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
     ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
    / / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
    {/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
     '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
    '  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
    /        | 从   |            \ ∨/        ,  /
           _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
     ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
    ´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
    /////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
    /////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
    /////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////

    京太郎「(死ねっ!)」ダァンッ!!!!


     5p


    久「!?」

    まこ「!!?」

    優希「!?!?」

     

    京太郎「……」


    久「……くっ」つツモ


    京太郎「(通った……!)」


     


    71: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:37:37.35 ID:gMIcwShDo



    まこ「(ここで5pじゃと……?)」

     その時
     全くノーマークのまこが実はテンパっていた

     まこの待ちは発と2p
     
     もしも京太郎が2pで逃げていれば振り込んでいた運命のイタズラ

    まこ「(惜しいのぅ……)」タンッ

    優希「うぅー」タンッ

     そして、その1巡を乗り越えた京太郎
     そのたぐり寄せるツモは――

    京太郎「……っ!?」つ中

     引いたのは、四枚目の中
     すかさず――京太郎は動く

    京太郎「カンッ!」バララッ

    久「え?」


     そして京太郎が嶺上牌に手を伸ばす


    久「(馬鹿、そんな苦し紛れで何が――)」


     引き入れるのは、神か悪魔か


    京太郎「(頼むっ……!!)」


     引いたのは――


    ?「クク……」

    京太郎「!! ツモ!!!」つ1p

     
    久「嘘っ!?」

    まこ「なっ!?」

    優希「!?」


    京太郎「新ドラは――」カチャッ

     8s

     たぐり寄せる、勝利への波


    京太郎「三色同順、中、嶺上開花、門前にドラ3だから、えーっと?」

    まこ「倍満じゃ」

    京太郎「ば、倍満……?」

    久「この半荘は……須賀君のトップね」

    京太郎「!?」ガタッ


     勝負の振り子はゆっくり――
     京太郎へと触れ始めた


    75: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:46:08.48 ID:gMIcwShDo



    京太郎「俺が……トップ?」ヘナヘナ
      
     この三人を相手にトップ
     未だ四回目の半荘でようやく、一位を取れた

     生き延びた――
     死なずに済んだのだ

    久「少し休憩しましょ」

    まこ「あ、ああ……そうじゃな」

    優希「……」

     ガタッ スタスタスタ


     それぞれ思うところがあったのが、一度席を立つ三人
     一方で京太郎は、自分を勝利へと導いた男の存在が気になっていた


    京太郎「……あの?」

    ?「……」

     先ほどから微動だにせず、京太郎を見つめる男
     京太郎は少しばかり恐れを感じながらも尋ねる

    京太郎「アナタは一体……?」

     それは純粋な感謝の気持ちからなのか、好奇心からなのかは分からない
     ただ京太郎は知りたかった

     目の前の男の、底知れぬ気迫
     その正体を――


    ?「……赤木」

    京太郎「え?」


    アカギ「赤木しげる……」


         /  , _                              ヽ
        l. /  `/. ,y-ー.'ア´ /   /ヽ                  l
        l. l /´/ /_,.ィ´ _. -'/  ,/  ::ヽ   、              l,
       l. l i,/ /ー ' ´ ^/ ,/     ::::'、 l::i  |, i!      iヽ  ヽ、 l,
       l │ | / /  ヽ``く '"´、 、     ::::! .i::'、 !i ,l ! . l'、  l ヽ   ! ヽ l
      l   | ヾ /    `<う\ヽゝ     ::::! l ::l ,| ! | l  l l  l '、. |  l l
    .  l   ヽ┤/      `ー ',..:::     ,..-lノ-:;l,|-:l,l .l l  l  !  i, l  l i
      l   / ''|          ''''''" :::: ,∠ッァ-ー一, /i! l l  ! ,!  l !   !
    ヽl /   .:l              ::: l::`ー゙'''''"´´/   l,!  l,'    | |
     V     .:::|             :: l::      ::/   '   ´     !i
      ヽ    ::::l             :: l::.    ..:/           '
      ... ヽ  .::::|            , 、   : !:::.  ..::/
      ::::...ヽ .::::::|   ヽ、     rヽ   i:::::::::, '
     .. .:::::::.. ヽ:::.:|     ` ー- ..._ __`、. l:::/
       :.:::::::... ヽi             ヽ !'
        ::::::::::::.... ヽ    ー- 、......  /
        ::::::::::::::::.. \  ::::::::  /ヽ
      :   ::::::::::::::::: ,.イ>.     /:::::::.. ヽ
      :..   ::::::::::.: ./ l   /:::::::::::::::.... ヽ
       ::..:.  :::::.::. / ,'   /::::::::::::::::::::::::::. . ヽ
    |   ::::.:.  :::: / ,' ー 'ヽ::::::::::::::::::::::::: : : : ヽ
    |   :::::::.. ノ  ,i      入:::::::::::::::: : :     ヽ
     !   /   <        '、::::::::::: :      /:|
     |/     \、      i、::::::     /::::.l
      `´                 :::      ::::::::l


    83: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/05(月) 23:58:39.30 ID:gMIcwShDo



    京太郎「あ、赤木しげる?」

    アカギ「……」

     何を馬鹿な、と京太郎は思った
     なぜならその名は、つい最近聞いたばかりの名だったからだ

     それも死人

     数十年前に死んだ……神域の男
     その伝説の名前

    京太郎「あの、冗談じゃなくて真面目に答えてください」

    アカギ「冗談に聞こえるか?」

    京太郎「いや、だって。その名前は――!」

    アカギ「まぁいいさ。別に名前なんか」

    京太郎「え?」

    アカギ「好きに呼べばいい。萩原でも聖人でも。そんなもんに価値はねぇ」

    京太郎「は、はぁ……でも一応、アカギさんって呼びます」

    アカギ「……そうか、好きにすればいい」ゴソゴソ

     そう言って男はどこからか取り出したタバコに火をつける
     どうやら20歳以上のようだ

    京太郎「それでアカギさん。アナタは何者なんですか?」

    アカギ「……知りたいか?」

    京太郎「そりゃ、まぁ」

    アカギ「フフ……だがな、それは無理な相談だ」

    京太郎「……え?」

    アカギ「記憶がねぇーんだ。さっき目覚めてから、ここに来る以前の記憶が」

    京太郎「ええっ!? それってまずいんじゃ!?」アセアセ

     記憶喪失だって!?
     それなら早く病院に行くべきだ!

    京太郎「じゃ、じゃあ救急車呼びます!」ピッペップッ

    アカギ「ハハハ……ばかだなおまえ。まだ気づかないのか?」

    京太郎「へっ?」

     スクッ

    アカギ「フフ……オレはな」スゥーッ

    京太郎「!?!?」ビクッ



    アカギ「もう、死んでんだ」ククク


    京太郎「ぎゃああああああああっ!?!?」ドンガラガッシャァァン!


     ざわっ……
       ざわっ……




    84: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/06(火) 00:11:21.16 ID:cBr7aM1eo



     タッタッタ!

    まこ「どうしたんじゃ!?」

    京太郎「ゆ、ゆっ、幽霊が!?」ビクビク

    まこ「はぁ!? 何を寝ぼけとるんじゃ?」

    京太郎「だ、だってそこに、ほらっ!」ユビサシ


    アカギ「フフ……」 


    まこ「……? なんもおらんぞ」

    京太郎「へっ? 見えないんですか?」

    久「……須賀君、もしかして私達の動揺を誘ってるの?」

    京太郎「い、いや! そういうわけじゃ!」

    優希「でも……対局中にもブツブツなにか言ってたじょ」ジトッ

     うっ、そう言われるとそうなっちゃうのか?
     いやでも! だって俺には普通に見えてるわけで!

    アカギ「まぁ、諦めな。どうやらオレはお前にしか見えないらしい」

    京太郎「そ、そんな……」

    アカギ「……」

     いきなり目の前に幽霊が現れて、俺にしか見えない?
     そんなオカルトがありえるのか?

    京太郎「(でも、確かにアカギさんは目の前にいる)」ゴシゴシ

     声だって聞こえるし、今もこうして話している
     決して妄想や幻覚なんかじゃない

     俺にはハッキリ分かる

    京太郎「(この人はいま、ここにいる!)」

     そして……さっきは俺のピンチを助けてくれた
     そこに変わりはないし、幽霊だろうと恩人だ


    京太郎「すいません、ちょっと疲れてたみたいです」

    久「そう。残り半荘二回。頑張ってね」

    まこ「ゆっくり休むとええ」

    京太郎「はい」ペコッ

     ゾロゾロゾロ

    京太郎「……」

    アカギ「へぇ、もう怖がるのはやめたのか?」

    京太郎「はい。幽霊でも、アカギさんはいい人そうですし」

    アカギ「フフ……的が外れてやがる。俺はそんなんじゃねぇ」ドサッ

    京太郎「じゃあ……どうして?」

    アカギ「……」

    京太郎「どうして、俺を助けてくれたんですか?」





    87: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/06(火) 00:27:53.68 ID:cBr7aM1eo



    アカギ「ま……気まぐれって奴だ」

    京太郎「え?」

    アカギ「別にいいだろ、どんな理由だろうと」

    京太郎「でも、気になりますよ」

    アカギ「……人のこと気にかけてる余裕があるのか?」

    京太郎「……?」 

    アカギ「クク……もうすぐ始まるんだろ、続き」

     ガヤガヤ

    まこ「そろそろ再開じゃぞ」

    久「もういい?」

    京太郎「あ、はいっ!」

    アカギ「……」

    京太郎「あの、俺もう戻りますけど……アカギさんはどうします?」

    アカギ「さあな」

    京太郎「もしよければ、まだそこに居てくれませんか?」

    アカギ「フフ……幽霊に居て欲しいなんて、おかしな奴だなおまえ」

    京太郎「見ていて欲しいんです」

    アカギ「……?」

    京太郎「俺……もう死にませんから」

    アカギ「ふーん。ま、やってみな」

    京太郎「じゃあ、また後で」タタッ

    アカギ「……」


    久「それじゃあ、再開するわよ」

    優希「さっきみたいなまぐれはもう無いじぇ」

    まこ「……(何かが違う、京太郎……一体何をしたんじゃ?)」


    京太郎「さぁ……やりましょう」


     のちに――
     麻雀界を震撼せしめる須賀京太郎


     これがそのはじまり


    アカギ「……」


     赤木しげるを名乗る幽霊と、一人の平凡な少年
     この二人が交差する時――


    京太郎「フフ……」


     物語は、大きく動く



     つ づ く


    132: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 11:56:17.16 ID:pif1xvFeo



    【都内 某所】

    ?「馬鹿もん!!」
     
     ダンッ

    ひろゆき「っ!? アイタタ……あまり大声出さないでください」キンキン

     井川ひろゆきが京太郎と遭遇した翌日
     彼は、とある旧知の麻雀プロのもとを訪ねていた

    ひろゆき「謝りますから、ね? 許してください大沼さん」ペコリ

    秋一郎「……」

     大沼秋一郎、プロのシニアリーグで活躍する麻雀プロ
     堅実な防御と、”火薬”の異名を持つ彼はプロでも指折りの強者である

     かつては、あの【伝説】ともあいまみえたこともある
     この日本で、あの男の名をよく知る人物の一人なのだ 

    秋一郎「全く、人と約束しておいて昨日は飲み歩いとったのか?」

    ひろゆき「すみません、一昨日大きな勝負に勝って……それで」ズキズキ

    秋一郎「それでまた【アイツ】の墓に行っておったのか?」

    ひろゆき「ええ、まぁ」ポリポリ
     
     ひろゆきは、裏での麻雀勝負に勝つと毎度のようにあの墓を訪れる
     それは、報告の意味も兼ねて……あの人にどれだけ近づけたか確認する為

    秋一郎「……はぁ。それはいいとしても、あの女を飲みに誘うことは無いじゃろ?」

    ひろゆき「たまたま入った居酒屋で会っただけですよ。俺も酔ってましたし、つい流れで」

     というより、見つかった途端に向こうから走り寄ってきたのだ
     すかさずガッチリ捕まり、ずるずると同席になってしまった

     正直、なんと迷惑な話だろうか
     あれで可愛くなければ、流石のひろゆきでもブチギレるだろう

    秋一郎「その気が無いのに……期待させるのはやめておけ」ハァ

    ひろゆき「いや、別に無いというわけでも。ただ若すぎますね」

    秋一郎「抜かせ。お前も酒を飲めばやんちゃになるだろうに」

    ひろゆき「あ、あはは……治そうとは思ってるんですけど」

     そう、ひろゆきは普段こそ物腰の柔らかい男だが、酒を飲むと少し変わる
     口調が荒くなり、45歳のおっさんそのものとなってしまう

     歳は取りたくないものだと、常々思う

    ひろゆき「……」

    秋一郎「それより……【あの話】考えてくれたか?」

    ひろゆき「……大沼のじっさん、前にも言いましたけど」

    秋一郎「お前も知ってるじゃろうが、今の男子プロは弱い」バッサリ

    ひろゆき「じっさんがいるじゃないですか?」

    秋一郎「もうすぐくたばる老いぼれに、何が出来ようか」

    ひろゆき「……じっさん」


    133: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 12:13:49.28 ID:pif1xvFeo


    ひろゆき「前にも言いましたけど、プロなんて興味ありませんから」

    秋一郎「……」

     ひろゆきが頑なに拒む麻雀プロリーグ
     それにはちゃんとした理由があった

    ひろゆき「大沼さんも知ってるでしょう? 男の強いのは”裏”にいるって」

     そうだ、この世界での男雀士の大半が裏の世界で生きている
     組の代打ちとして、勝負師として、あるいは政治家として

     生きるか死ぬかのギャンブルの炎に身を焼かれながら今を生きる

     そうした無頼こそが強者

    ひろゆき「じっさんには悪いですけど、おままごとじゃ俺は満足できません」

     ひろゆきの目的はあくまで【あの人】に近づくこと
     あの人を越えること

     それなのに、命のやり取りの無いプロで戦うなんて
     とてもじゃないが納得できることではなかった

    秋一郎「……そうじゃな。麻雀がメジャーになってから、どこかおかしくなtっちまった」

     昔はこうじゃなかった
     実力のある者が、しのぎをかけて戦う場であったプロリーグ
     裏では組が糸を引き、麻雀賭博が横行していた ※サッカー賭博のようなもの

    秋一郎「しかし今じゃ、アイドルを作り出す場じゃ」

    ひろゆき「可愛くて、カッコイイそこそこを打たせておけば人気が出ますから」

     会場の入場費、グッズ販売
     それだけで、賭博以上の安定した収支が得られるのだ

     今やヤクザが警察に押さえつけられていることもあり、
     麻雀社会は大きく変動を遂げていった

    ひろゆき「最も、激戦区の女子はなかなかイイ線行ってると思います」

    秋一郎「じゃろうな、あやつらは本当に強いぞ」

     そういったスジに進まない女子は、純粋にプロを目指す
     自然に集うのは本物の強者

     男子のエセプロとは大きく違った、本物の打ち手

    ひろゆき「それでも、俺から言わせれば綺麗な麻雀ですけど」

     超能力頼みの闘牌など、ひろゆきにしてみればお笑いだ
     そんな次元では無いのだ

     あの男の闘牌は、生き方は!!

    秋一郎「……アカギ、か」

    ひろゆき「っ!!」

    秋一郎「なぁひろゆき。お前も近々50になり、生前のアイツに追いつくじゃろ」

    ひろゆき「……」

    秋一郎「そろそろ、潮時じゃないのか?」




    134: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 12:28:07.79 ID:pif1xvFeo


    秋一郎「お前が強いのは知っておる。だからこうして誘う」

    ひろゆき「……」

    秋一郎「そして何より、【あの男】の強さもよぉく知っておる」

    ひろゆき「……」

    秋一郎「届かんよ、お前じゃ」

     それは、ひろゆきが今までずっと貯め続けてきた想い

    秋一郎「お前とアカギでは……」

    ひろゆき「やめてください」

    秋一郎「住む世界が、違う」

    ひろゆき「っ!」グッ

     そんなことは言われなくても分かっている
     だが、ひろゆきはそれでもできるだけ近づきたいのだ

     【熱い三流】でいたいのだ
     あの人を越えることができず、死を迎えるとしても

    ひろゆき「もし、これを辞めたら……その時が、本当の俺の死ですから」

    秋一郎「……」

    ひろゆき「……それでは、失礼します」ペコリ

    秋一郎「ひろゆき、一つ聞かせてくれ」

    ひろゆき「……」

    秋一郎「お前、アカギの墓で何を見た?」

    ひろゆき「……」

    秋一郎「気づかんと思うか? ひろゆき、正直に答えろ」

    ひろゆき「……アカギさんを見ました」

    秋一郎「!?」

    ひろゆき「とは言っても、見た目は十代から二十代の若い姿でしたけど」

    秋一郎「なっ……お前、飲んでおったのか?」

    ひろゆき「ええ。でも、あれは見間違いなんかじゃない」

     確信があった
     あれは間違いなくアカギ

     赤木しげるなのだ

    ひろゆき「俺、見てしまったんです」グッ

     絶対に認めたくない
     でも――分かってしまう

    ひろゆき「赤木さんが、後継者を選ぶのを」

    秋一郎「なっ……!?」

    ひろゆき「今度の【大会】……きっと、面白くなりますよ」

     ガチャッ  バタン

    秋一郎「アカギの……後継者?」


     果たして、それはひろゆきの思い過ごしか……それとも


    第二話
    ~~アカギ~~


    135: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 12:56:38.39 ID:pif1xvFeo


     
    ~~アカギ~~


    【Roof-top】

    久「……」

    まこ「……」

    優希「……」

     須賀京太郎15歳――
     
    京太郎「……」

     この日の京太郎は、半年前に役を覚えたっきりで
     スジの読み方も知らない、ど素人レベルだったという

    京太郎「お願いします」タン

     しかし実践の中で京太郎は少しずつ麻雀を理解していた
     この四回の半荘で雌雄が決しなかったことが幸いし

     京太郎は今、恐るべきスピードで上達を見せていた

    久「ツモッ!」バラバラ

    京太郎「……」

     結局、五回戦目……京太郎の東場はマイナス7千2百
     振込もしないが和了りもない

     平凡な内容
     のちに天才といわれるその才気の片鱗はまだみえない

    久「(結局さっきのはただのまぐれってことね)」

    まこ「(……)」

    優希「じぇ……」

     
     既に優希は精神的に追い詰められ、挙句の長期戦で疲弊している
     本来の実力の半分以下も出しきれず、ただ牌を切るだけの人形と化している

     つまり、この局面での敵は久とまこ
     まだ躊躇のあるまこはともかく、確実に仕留めに来ている久こそ

     今回京太郎が倒すべき相手となる

    久「(このレベルなら、簡単に打ち取れる)」ニヤリ

     さしもの久も京太郎の成長には驚いていた
     しかし、対策の取れないレベルではない

     全国を経験した久に取って、この程度の雀士は腐るほど見てきたのだから

    久「(ごめんなさい須賀君。でも、私はみんなの為に……)」

     さらに、まこや優希と違い京太郎を引き止めることに躊躇がない
     既に久の頭の中には、京太郎をマネージャーとすることしかなかった

    まこ「……京太郎」

    優希「……」

     まこも優希もその結果を悟っている
     だからこそ、戦う気力が起きない
     
     これ以上死体蹴りをして何になるというのか?
     
     そういう諦めが二人にはあった

    アカギ「……」 

     しかし、この男だけは違う


    136: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 13:08:00.41 ID:pif1xvFeo



    京太郎「……」

    アカギ「フフ……」

     勝つのは確実に目の前の男
     須賀京太郎であると、確信していた

    久「須賀君。もう諦めた方がいいわ」

    京太郎「まだ……次がありますよ」
     
    久「……そう。あくまで諦めないつもりなのね」

     既に大差が開き、役満でも連発しない限り京太郎の勝ちは無い
     なのにこの自信

     久が苛立つのも無理は無かった

    久「(どうしてこう、私の言うことが聞けないの?)」イライラ

     久からしてみれば、飼い犬に手を噛まれるような気持ち
     京太郎のことは可哀想だとは思う
     
     だが、自分たちだってそれなりに彼のことを気遣ってきていたのだ
     京太郎もそれなりにいい思いをしているし、自分だって優しく接してきた

    久「……」

     自分がいなくなった後、麻雀部が瓦解するのは避けなければいけない
     京太郎はその要なのだ

     雀力がなくても役に立てる
     それだというのに、何が不満なのか?

     こういう役に立つ方法もあるとなぜ認めないのか?

    久「……っ」

     次第に久は冷静さを失っていく
     理不尽な怒りに、苛立ちを募らせていくばかりだ

    京太郎「さぁ、早く打ちましょう。部長」ニッコリ

    久「……ええ、そうね」

     この男をねじ伏せたい
     久はいつの間にか、その心を深く堕としていった……


    137: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 13:19:56.20 ID:pif1xvFeo


     そして事が起きたのは南二局――


    京太郎「……」

     白白発発中中西 89p 2357m

     大三元の種、その対子がみっつ……!
     まさに勝負手、大逆転へのその第一歩

    アカギ「……」

     麻雀を始めたての者でも分かる
     これをモノにしなければ、逆転の道は存在しない

    まこ「……」つ中

     そして、ついに飛び出る一枚目の中
     
    京太郎「……」スッ

     しかし京太郎、なんとこれをスルー
     常人では考えられないほどの愚行

    優希「……」つ白

     一枚目の白
     
    久「……」発

     さらに発すらも……

    まこ「……ちっ」つ中

     そして飛び出す、最後の中
     だがこれも同じように、京太郎は……

    京太郎「……」

     黙って見送る
     この局面でなぜ?
     どうして?

     理解できるものなど、この場にはいない
      

     ただある人物


    アカギ「クク……」


     この一人を除いては


    京太郎「……」

     白白発発中中西 88p 2355m


     結局、あれだけの手が七対子どまり……!
     未来など何も無い

     掴んだのは絶望の袖

     逆転など、起こりえないように思われた


    138: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 13:30:13.63 ID:pif1xvFeo



     所詮初心者のままなのか
     彼をよく知るものほど、こう思うだろう

     だがそれは違う
     京太郎は感じ取っていた

     逆転への布石
     その準備は既に、京太郎の中で整っていた

    久「……じゃあ次は」スッ

     山も減り、残りわずかというところで事件は起きた

     ガチャッ カランカラーン

    久「!?」

                          -≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:i.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ハ
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.::!:i:.∧:ト、:.:.:.:ハ:.:.:!:.:.:.:.l
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:斗-ミ:.i:.i{:.::.ナナメ、.:.:}:.:!.:.:.:.:|
                /  イ:.:!.:.:ト(∨}八トⅥ'´V  l仆.:i :.:.:.:|
                      i:八:.:lx=ミ    x==ミ 八.:i、:.:.:|
                      l.:.:个ト::::::. ,   .::::::. /〃:ハ:.:.:|
                      |/レ从    __     厶イ 丿ハl
                         |人   ∨__ノ    ィ´ ̄.:/′
                          __n> __,.     |人ト/
                      //^>、_.」    h___
                        l   /〉}j     八:i:i廴__
                      r≦|   /:i|-、  -/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧x
                      ∧i从___八:| ̄ ̄/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i∧》
                  /ヾ Ⅵ:i:i:i:/:i:i:i|   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i/  ヾ

    咲「あっ、みんなここにいたんだ!」

    久「さ、咲……!?」ビクッ

    まこ「っ!?」

    優希「……」


    京太郎「……」


    咲「あれ、京ちゃんと打ってるんですか?」

    久「え、えっと。その……そうよ。たまにはいいでしょ?」

     焦る久
     それも無理はない

     咲は何も知らないのだ
     もし、こんなことが咲にバレれば、間違いなく大会を辞退する

     それだけは避けなければならない
     絶対に……




    139: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 13:45:03.44 ID:pif1xvFeo



    まこ「さ、咲こそどうしたんじゃ? 今日は休むって聞いちょっとが」

    咲「はい。また校長先生達に呼ばれて、和ちゃんと記者の取材を」

    久「よかったわね。なにせ、アナタ達は長野の希望だから」アハハ

    咲「も、もう部長! やめてください!」アセアセ

     慌てる咲に、久たちは咄嗟に思案を巡らせる
     咲は何も知らない

     京太郎が迫害にあっていることすら、咲は知らないのだ

     というのは、教師達も狂信的な生徒達も咲の前では大人しいからだ
     媚を売り、ゴマをすり……下手に出てやり過ごす

     今までそんな経験の無い咲は図らずも有頂天になる
     姉との和解も済ませ、チヤホヤされる毎日

     今までに経験したことの無い心地よさが咲の目を曇らせる 


          '. : :.'. : : :.'._」 i -‐i‐‐|: :|: {_____i:.i__i: :i   i: : ハ: : : :ハ: {__i:} 
         ∧:_:_:!>''"! l !_ . ハ_」_i:.|ハ: : : : : |. :{´i ̄:.「~¨`ヽ: : : :.}: : :.:`ヽ|  
         /        .!. : : :!; <{: | i:.| |: : : : : |: : 八: : | |: : ハ: : : ': : : : : :.:| 
    .    /     { . :´: :! xく:|ヽ! iヘ:「ヽ! 八: : : :.:|ヽ:「 \| |:.:/ |: :./ : : :': : : .| 
       /  ,  .∧ : : : i: :|ヽ| ,」⊥jL ヽ  \: :.|ヽァテ¬=ミ、 |ハ'. : :./. : : : | 
      ,'. :イイ: : : :. : : {ヽ|,.ァ7'"⌒ヽ`ヽ   ヽ|  ん'.:::::::ハ`Y /: : :/ : : : : :|  
      ,''´ | |: : : ∧: :Y 〃 ん'.::::::::ハ         { {::::::::::::i:} }}': :/ヘ: : : : : :.|
        { |: : : : : \! {{ { {:::::::::::i::}         Vヽ.__,ノリ ノ/|/  } : : :.∧|
           |: : : : : : ! \ .Vゝ--' ノ        ゝ--- '     /. : :./ ノ  
           |: : /{: :八 个 > '~´     ,        :.:.:::::   ;  /.: : :/     
           |: / ヽ: :.:iヽハ   ::.:.::               /_,ノィ: :/     
           |/   \| ゝ:.      、ー― ァ        /: :./ ノ:/      
                    }ヘ、        ̄         .イイ/  /     
                    |: />. .             .イ:./ ノ′       
                   {/  ヽ{≧ト .. __  .  ´ |/
                       ヽi           |_
                          ,|          ノ.::\
                           /.:|         /.:::::::::::\


    咲「えへへ、でも本当に毎日が慌ただしくて」ニコニコ

    京太郎「……」


     大事な幼馴染の苦悩など、何も知らずに


    久「(まずい、このままじゃ……)」

     折角追い詰めたのに、ここで勝負がうやむやになるのは望むところではない
     まして、次に戦う時には京太郎は今よりも少しばかり手ごわくなっているだろう

     何が起こるかは分からない

     仕留めるのなら、今

    久「……それより、続けてもいいかしら?」

    まこ「え?」

    優希「……」

    京太郎「……ええ、いいですよ」

    優希「京太郎?」


    140: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 14:02:26.27 ID:pif1xvFeo



    久「あともう少しで終わりだし、よければ咲も見ていけば?」

    咲「わぁ、京ちゃんが打つのを見るの、久しぶりだね」ニコニコ

    京太郎「そうか?」

     機は熟す
     当然だと言わんばかりに椅子に腰掛ける咲

     京太郎は視線を向ける
     そこにあの男の姿は無い

     気が付けば、その男は――

    アカギ「クク……これがお前の打ち方か?」

    京太郎「……」

     隣に立つその男は、京太郎の手牌を見て
     静かに笑う

    アカギ「……見たところ、真剣勝負だったようだが」

    京太郎「……真剣勝負?」

     何を馬鹿な、と京太郎は思う
     元々この勝負は前提条件が成り立っていない

     相手は三人とも結託し、京太郎を抑えようとしている
     躊躇や戸惑いはあれど三対一の勝負なのだ

    京太郎「俺は、機会があればいつかこうしようと思っていましたよ」ボソッ

     つまり、元々まともな勝負ではなかったのだ
     だからこそ――この一筋の希望に縋った

    アカギ「フフ……」

     アカギは笑った
     無くしたはずの記憶の底で、くすぶるものがある

     自分と真逆のような性格……そのハズなのに
     根っこがどこか同じように思えるのだ

    京太郎「さぁ、部長。再開しましょう」カチャッ

     伏せた牌を起こす京太郎
     それに釣られて、他のメンツも一斉に手を起こしていく

     そして、なんら変わらない自分の手をゆっくりと眺める

     そんな中、ただ一人だけ違う結末を迎える


    咲「(えっ……? 嘘、でしょ……)」ゾクッ



     七対子どまりのゴミ手が、今ゆっくりと――



     白白白発発発中中中 888p 西



    京太郎「勝負はこれからですよ」


     恐るべき、変貌を遂げる


    145: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 14:15:27.45 ID:pif1xvFeo



    咲「(大三元四暗刻単騎待ち!?)」ゾクゾク

    京太郎「次、誰だっけ?」

    久「あ、えっと……私よ」タンッ

     うまい流れ、京太郎の思惑通り 
     今三人は咲の存在に注意が行っている
     
     そんな今麻雀を再開させれば、相手は動揺する

    京太郎「……」タン

     あれだけ大量に河から牌をすり替えているのだから、
     ちょっと注意すればその異常に気づくハズ

     気づかれてしまえば、ツモでの和了しか不可能になる

     だからこそ、みんなの意識が戻らない今こそが絶好のチャンス

    アカギ「(今は一種の思考停止状態……混迷の時)」

    久「……」


     早く終わらせたい焦りからか
     それとも一線を超えた京太郎が引き寄せる悪運なのか

     魅せられたように――吐き出してしまう


    久「……」つ西

    京太郎「ロン」バラッ

    久「えっ……?」


     京太郎の策にツキものった――!


    京太郎「大三元、四暗刻単騎待ちです」


     ざわ……
      ざわ……


    まこ「な、なんじゃと!?」ガタッ

    優希「え? えっ、でもさっき……」キョトン

    まこ「京太郎、そこまでして……!!」ギリッ

    久「まこっ!!」

    まこ「っ!?」チラッ


    咲「うわぁー、京ちゃん凄いねっ!」パチパチ

    京太郎「おう、サンキュ!」ニカッ


    まこ「ぐっ……」

    アカギ「(なるほど、ここまで計算ずくってわけだ)」

     この河からのすり替えは、ただ和了ってもダメ
     今のような状況でこそ、初めて通用する

     それ以外は無効扱い
     おそらくやり直しになっていただろう

    京太郎「いやぁ……俺も悪運強いっすね」ハハハ

    久「……須賀、君」ギリギリ


    147: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 14:31:50.11 ID:pif1xvFeo


    咲「京ちゃん、こんなの一生に一回あるかないかだよー」アハハ

    京太郎「うるせー! 俺だってやればできんだよ!」

    久「……」

     咲の手前、ムキになって否定することもできない
     あくまでこれは【遊び】なのだ

     少なくとも咲の前では、そうあらなければならない

    優希「??」

     まさか京太郎がイカサマをしたなどとは思わない優希

    まこ「……」

     気づいていても、咲の手前発言できないまこ
     そしてなにより悔しいのは――

    久「須賀、君。やってくれるわね……」

     咲が和了の立会人となった以上、反故にはできない
     数の暴力で押し切ることも不可能

    まこ「部長、いいのか?」

    久「……いいも悪いも無いわ。やられた方がアホなのよ」

    京太郎「……」

    久「でもね須賀君。一度だけにしておきなさい」

    京太郎「……さぁ、なんのことでしょう」

    久「まだ私はね、穏便に済ませようと思ってるのよ」

     ふつふつと湧き上がる怒りを押さえ込み、久は平静を装う
     
    久「でもね、もしまた同じようなことをしたら……」

    まこ「……」

    久「無理やり、言うことをきかせることもできるのよ」ボソッ

    京太郎「……」

    アカギ「ふーん……そいつは大変だ」

     引退寸前とはいえ、学生議会長
     その気になれば――物騒な生徒を動かすことも可能だ

    久「……何でもアリで困るのは、そっちだと思うけど」

    京太郎「……よく覚えておきますよ」ブルブル

     京太郎にも恐怖はある
     もしここでしくじれば、京太郎は死を選ぶしかない

     だが、それでも前を向いて進めるのはきっと――

    京太郎「でも、勝つのは俺です」

    アカギ「クク……」

     隣にいる男のお陰なのか
     それとも全く別の意思によるものか

    京太郎「さぁ、続きです」

     恐怖はある、恐れもある
     しかし、この時既に京太郎の中にはもう――

    京太郎「決着を付けましょう」


     迷いは無かった


    169: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 16:53:52.56 ID:pif1xvFeo



     京太郎の起死回生の和了の後、久の提案でほんの少しの休憩時間が用意された
     泣いても笑っても最後の半荘

     あと一歩まで追いついた京太郎に対し、久はある対策を練ろうとしていた


    久「……」

    まこ「部長、なんで止めなかったんじゃ?」

    久「まこ……」

    まこ「わしは、京太郎のあんな姿は見とうなかった」ギリッ


     染谷まこの知る須賀京太郎は……平凡で、素朴な打ち手
     だがそれでも強くなろうとする愚直さ、真摯さをまこは評価していた

     それはもはや、ただ一人の後輩に向けるものではなくきっと――
     
    まこ「なんで、ここまで追い詰める必要があるんじゃ!」


     一つの、好意だったのかもしれない


    久「……まこ、黙って」

    まこ「っ!?」

    久「私はね。みんなの為を思ってるの」

     京太郎に好意を寄せる咲や優希、まこが戦えなくなる
     それだけは絶対に避けるべきこと

     学校中が期待しているのだ
     それだけではない、この街に住む人達……長野に住むほとんどの人が思っている
     
     プロでも活躍が期待されている咲や和
     その輝かしい未来を奪うわけにはいかない


     例えその為に自分の想い人が苦しもうと……


    久「私自身が、鬼になっても」

    まこ「……」ブルブル

    久「それにね、もう遅いのよ」クスッ


     あるいは既に、久は壊れているのかもしれない
     一人で背負うには余りある重圧

     その期待に奔走され続けた少女の運命は――


    久「須賀君はもう離さないわ。ずっと……ずっとね」ポロッポロッ

    まこ「……まさか?」

    久「えぇ……次で終わりよ。絶対に」 つ 携帯


     既にねじ曲がってしまっているのだから



    170: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 16:57:36.40 ID:pif1xvFeo


     久とまこが話し合うその陰で、咲と優希が談笑している
     もっとも、本当のことを打ち明けるわけにはいかないので

     優希は現時点で、咲の見張り役にすぎないのである


    優希「うぅ、京太郎のくせに……」

    咲「優希ちゃん、次は頑張ってね」

    優希「う、うん……」


     そして一方の京太郎は、アカギとともに卓で再開を待っていた
     椅子に座り、ただ時計の針の音に身を委ねながら

     怯えているのだ


    京太郎「……」ガタガタ


     やってしまった
     圧倒的な負けを取り返す為のイカサマ

     部長達を本当に敵に回す、最低の行為

    京太郎「(お、俺は……)」ガクガク

    アカギ「フフ……おかしな奴だ」

    京太郎「アカギさん……?」

    アカギ「自分でイカサマやって、顔を赤くしたり青くしたり……」

    京太郎「……」

    アカギ「京太郎」

    京太郎「は、はい」

    アカギ「……あのおさげの女。何か特別なのか?」

    京太郎「え?」

     アカギの視線の先
     まこと話し合う久が、何やら不敵な笑みを浮かべている

    京太郎「特別も何も、強いですよ。全国大会でも大活躍で……」

    アカギ「クク……ばか。俺が聞きたいのはそんなことじゃねぇよ」

    京太郎「へっ?」

    アカギ「俺の見立てじゃ、このまま行けばおまえの勝ちだ」

    京太郎「!?」


     アカギはさも当然だと言わんばかりに京太郎を見る
     しかし、当然ながら京太郎はその言葉を信じることができない


    171: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 17:01:07.57 ID:pif1xvFeo


    アカギ「奴らは目が曇ってる」ククク

    京太郎「そんな、こと……」

    アカギ「あの女、お前に脅しをかけただろ?」

    京太郎「!?」

    アカギ「自信が無いのさ、心の奥底でどこかお前に負けるビジョンが見えている」ククク

    京太郎「あの、部長が……?」

    アカギ「所詮アイツは、多額の金や生命を賭けた勝負をしたことがない」


     そんな中、一方的に圧力をかけて勝とうとする
     ハンデを得て、優位になっていると勘違いしているのだ

     そんな脅し、本当に追い詰められた者にはなんの逆境にもならないというのに
     むしろ……闘志に火をつけるだけだ


    アカギ「慢心した奴ほど脆いものはない。クク……ハダカの奴の麻雀は児戯に近いのさ」

    京太郎「部長の……ハダカ?」モンモン


          〃:::::::::::::::/::::〃::::‐ン:/   |│」 |ヽl゙¦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::l
         //::::/:::::::/::::丿/::丿:/    リ !l l i:`ー  '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
        '/::::/:::::::ノ::/'丿 /丿      ゙   丨 ヽ   '、::::::::::::::::::!:::::::::::l:::::::::::1
       /イ::::/:::::::::::.//丿  ,'/         -――ーー--l..:::::::::::::::│::::::::::::::::::::::│
      .//j 丿::::./ シイ'''''7广 ̄                ゙ ^:::::::::::1::::::::::::::::::::::│
      l/亅::/ │丿l'./  丿                   1 :::::::::::1::::::::::::::::::::::{
      ! │/::::丨././/  丿 ^         ""       ¦:::::::::::│:::::::::::::::::: l
     彳 !│::::l::::' ,'ノ  〃                    ¦:::::::::::│:::::::::::!:::::::1
     ||  !:::::::l│/l   ! __,,.._        ¬llbii辷ニニョllll- !:::::::::::亅:::::::::::|:::::::│
     !  │::::1l lヘーlllョョdll宀゙゙             ̄ "   l :::::::│:::::::::::|:::::::l{
    │  {| ::::」:::::::!                        l:::::::::::│:::::::::::│::::!│
    ∫  〈|:::::::1:::::│ ///////         /////////  ノ:::::::::::::::!:::::::::::::::!::::l::::!
    ヽ  │!:::::::::::::::│                      //:::::::::::丨:::::::::::亅:::::::'
        !1::::::::::: 1                      / :::::::::::│:::::::::::│:::::::!
        lil::::::::::::::: ヽ         _,,          丿’:::::::::::::::,':::::::::::::::,':::::::亅
        ヽl::::::::::::::::::\                   彳:::::::::::::::│:::::::::::│ 丿
         !ゝ::::::::::::::: \                 丨| :::::::::::│:::::::::::::::!::::
           ' 、:::::::::::::::1 ‐..              ノl│:::::::::::::::::::::::::::::丿 /
             、::::::::::: ,│ │‐、       _..-‐  /│:::::::::::/::::::::::::::::::::::/
             ゙‐.. ::::│  ' / ゙l`ー -‐''"      │:::::::::::/::::::::::::::::::/
               丿‐ーー-::くr  │          亅冫―-ー:/,,..‐
              /:::::::::::::::〈ン   1         / //:::::::::::丿
            /::::::::::::::::::::::1   ノ        ノ  / :::::::::::¦゙l゛ー 、


    アカギ「……」

    京太郎「はっ!? いやいや、そういう意味じゃないってのは分かってます!」アセアセ

    アカギ「フフ……お前も好きなんだな、そういうの」

    京太郎「いえ、まぁ。人並みには」ポリポリ

    アカギ「とにかく、残りの半荘でお前がトップになるのは間違いない」

    京太郎「……」

    アカギ「だが気になるのは、あのおさげの妙な自信」

     まだ勝負は分からないというのに、絶対に勝てるという確信
     負けるハズが無いという自信があの女にはある

    アカギ「何か隠してるぜ、あの女……」

     ざわ……
       ざわ……


    172: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 17:04:55.09 ID:pif1xvFeo


    京太郎「……」

     確かに久は強い
     まこも優希も普段の京太郎ならまるで相手にならないだろう

     だが、今は違う
     完全に勝負の流れが京太郎に来ている

     戦意を削がれた優希とまこを使ったとしても、久が逃げ切ることは容易ではない

    アカギ「鬼が出るか蛇が出るか……ククク」

              /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
    .          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
             /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
                 ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
    .            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
               / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
                |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                     l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                        Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                        ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                     __ : : : : //    .: :'      /:-イ
                 /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
                /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
    .        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
    _ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
    : : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
    : : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
    : : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
    : : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
    : : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :
    ヽ:. : : _/: : :|.     . : : :/         /: : : : : : : : :|: : : : : : : : :

    アカギ「おそらく、今頃隠し玉を用意してるハズだ」

     この、一見支離滅裂なアカギの予想だが……実は正解

    京太郎「……」

     京太郎はすぐに思い知ることになる
     竹井久がどれほど自分に執着しているのか、そして――

    久「えぇ、そうよ。すぐに来て欲しいの」

    ?『構わないが……本当にいいのか?』

    久「勿論。それじゃあお願いね」

    ?『ああ、分かったよ』

     どんな手段を用いても、自分を手に入れようとしていることに

    久「待ってるわよ、靖子」

    靖子『……構わないさ』


     戦いは、いよいよ最後の半荘へともつれ込む




    198: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 19:52:45.57 ID:pif1xvFeo



     勝負再開――


    京太郎「ではそろそろ」

    久「……ええ、そうね」

    まこ「……」

    優希「……」

     久の出した休憩の提案から十数分
     ようやく、対局を再開することとなった

    咲「京ちゃん、頑張ってねー」フリフリ

    京太郎「……ああ」

    アカギ「クク……」

     京太郎の気がかりはアカギの言葉
     久の隠し玉、その一つだけ

    京太郎「(なんだか分からねーけど、今は普通に打つだけだ)」

     流れは京太郎に来ている
     ならば、隠し玉とやら届く前に差を開いておけばいい

    京太郎「(負けられない)」タン

    久「……」
     
     東一局
     京太郎の思惑通り、序盤を制したのは京太郎

    まこ「……」タン

    優希「……」タン

    京太郎「……来た! ツモ!」タンッ

     バラバラッ

    久「……くっ」

     いくら三人が慎重に打とうと、ツキは京太郎の味方
     次々と有効牌を引き寄せて、ツモ和了してしまう

    久「(勢いが完全に奪われた……このままじゃ)」

     未だ五回の半荘で収支プラスとはいえ、このままでは暗雲立ち込める
     三人で結託しようにも、優希やまこも既に戦意を失いつつあるのだから

    久「ふぅ……困ったわね」パタン

     八方塞がり
     一度日を改めればまた違った結果だろうが、とにかく”今”勝たなくては意味が無い

    久「正直、侮っていたわ須賀君」

     頃合だと思ったのか、久が手を止め
     突然口を開く

    京太郎「どうしたんですか、突然?」

    久「ねぇ須賀君。一つ提案があるの」

    京太郎「……?」


    199: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 19:56:11.86 ID:pif1xvFeo



     ここに来て提案?
     一体なんの?

    京太郎「(落ち着け、どうせハッタリだ)」ドキドキ

     ちらりと横のアカギを見る
     しかし彼は、どこか遠くを見つめて――何やら嬉しそうな顔をしている

    京太郎「(アカギさん……?)」

    久「須賀君の実力は分かったし。あの事、考えてもいいなって思ってきたの」

    京太郎「!?」

    咲「??」

    久「でも、例え須賀君が私に勝っても……その証明にならないと思わない?」

    京太郎「なっ!?」

     まさか約束を反故にする気なのか?
     それも……まだ決着の着いていないこの段階で

    久「だから、もう一つ条件を出していいかしら?」

    京太郎「条件……?」

    久「ええ、これから私が代打ちを立てる。その代打ちに勝てれば……」

    京太郎「……」

     なるほど、そういうことか
     自分の負けを感じ取って、新たに自分に有利な状況を作り出そうとしているのだ

     だが、そんなこと受ける必要はない
     わざわざ不利な条件を受けるメリットなど、無いのだから

    京太郎「受けると思いますか? このタイミングで」

    久「ふふっ、そう言われると思ったわ。だから……」クスクス

    咲「あの、部長。一体なんの話ですか?」キョトン

    久「ああ、咲。咲は知らないのよね」クスクス 

    京太郎「!?」ガタッ

     まさか、この女――!?

    久「うふふ、どうしようかしらねー?」チラリ

    京太郎「(俺と同じ手を……使ってきた!?)」ギリッ

     そう
     咲に【自分の現状】を知られたくないのは……京太郎も同じ
     
     もし自分のせいで幼馴染が苛められ、虐げられていると知れば……
     必ず咲は傷つき、自分を責めることになる

    京太郎「……」ギリィッ

     言わば、京太郎の良心に訴えかける脅し
     条件を飲まないなら、全て打ち明けるぞという……久の玉砕覚悟の脅しなのだ


    202: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:05:24.57 ID:pif1xvFeo


    久「……」ジィーッ

    アカギ「クク……この女、太いタマだな」

    京太郎「……分かりました、部長」

     こうなればもう受けるしかない
     咲を傷つけることなく、穏便に済ますには……

    久「あら、素敵。素直な須賀君が大好きよ」ペロッ

    咲「???」

    京太郎「……それで、誰が代打ちなんですか?」

     咲か、和か
     それとも全く知らない人間なのか

    京太郎「誰でもいいです。俺が、勝ちますから」


    :::::::::::゙l::゙l:゙l                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ::::::::::::゙l::゙l:゙l                          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    :::::::::::::゙l::゙l:゙l                               : : : : : : : : : : : : : ;
    ::::::::::::::゙l::゙l:゙l                          i         : : : : : : : : :
    :::::::::::::::゙l::゙|:゙l  `、                        イ         : : : : : : i
    ::::::::::::::::゙l:::l|:゙|   ヽ. ,,、                                 /
    ::::::::::::::::::゙l::lll:゙l    `、ヽ、                              /:::
    ヽ::::::::::::::::|::||:ト     `、 `ヽ、                           /::::::
    :::`、:::::::::::|::|ト:|       `、  `-、                        /::::::::
    ::::::`、:::::::::|::|:|:::`、      ヽ、    `ヽ、..._               ,,     爪::::::
    :::::::::ヽ::::::|: /           ` 、_     ゙̄`'ー‐‐---------ゥ-‐''    /::/::::::;/,
    ::::::;;;;;;`、;;ノノ    `、       `ー--、......____,,,....,、、‐''     ,/::/:::::::/:/
    二,,,、、_z      `、                           ,,,/:::::ク::::://
    ::::゙l::::|ト ハ       `、                      ,,,//::::::;":;;/ /
    :::人::ハ::::::`、        ヽ                ,,,,,,,, ∠ニニ=== _ク/
    ::::::::Y::::\:::`、        `ヽ、,,,,,,,,         ,,,,,,/:::::::/::::ハ::::::::/

                        ゙゙゙゙゙゙゙'''''''''''゙゙゙゙゙゙゙
    久「……」ニヤリ

     コツッ 

    ?「誰でも……勝つ?」

     ピシィィンンッ!

    京太郎「!?」ガタッ

    アカギ「……おでましだ」ニヤ


    ?「随分と、デカイ口を叩くんだな……少年」


    久「待ってたわよ」ニッコリ


     ざわ……
      ざわ……


    久「遅かったじゃない、靖子」クスクス


    靖子「やれやれ」ドンッ
     

    京太郎「藤田……プロ?」


    アカギ「……」


    204: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:08:22.53 ID:pif1xvFeo



    咲「お久しぶりです!」

    靖子「やぁ、全国では大活躍だったじゃないか」

    咲「いえ、みんなのお陰で……//」アセアセ

     オイ、フジタプロダゾ……
     マジカヨ、スゲェナ!  

     ざわ……
       ざわ……
     
    京太郎「……やってくれますね、部長」

    久「あら? なんのことかしら?」クスッ


     そう、これは久の完璧な作戦
     実力で遥か上の藤田靖子を戦わせ、尚且つ周囲の客の目をこちらに向けさせる

     こうなった以上、京太郎はもうイカサマもできない
     さらに、負けたことをごねることも許されない

     つまり、衆人環視の中で京太郎を倒す
     そうすることで、京太郎の心を折るつもりなのだ


    久「(しかも須賀君……アナタは人の目に触れながら打つことに慣れていないハズ)」ニヤリ

     ガヤガヤ ワイワイ

    京太郎「ぐっ……」

    まこ「よくやる……」ギリッ

    優希「じぇ? じぇ?」キョトン

    久「それじゃあ靖子。私と代わってくれる?」クスクス

    靖子「ん? ああ、いいよ」ツカツカ

     ドサッ

    靖子「よろしく。名前は、えーっと……?」

    京太郎「……須賀京太郎、です」

    靖子「須賀君、か。分かった……」

     ドクン ドクンッ……

    京太郎「(怯むな、相手がプロでも……流れは今俺にあるんだ)」ドクン

    アカギ「……」

     ニイチャンガンバレヤー マケルンヤナイデー
     フハハハハ マ、カテルワケナイケドナァ

    久「さぁ、続けましょ」

    京太郎「はい……」

    靖子「お手柔らかにな」カチャッ

    京太郎「……」ゴクッ


    207: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:11:20.87 ID:pif1xvFeo




     まだ初心者を抜けたばかりの須賀京太郎
     対する相手は毎日のように修羅場をくぐり抜けてきた麻雀プロ

     いくら流れが京太郎にあろうとも、それをひっくり返すだけの実力差


    京太郎「……」
     

     そうして迎えた東四局
     圧倒的なツキを持って牌を引き入れる京太郎に対し


    靖子「ポン」チャッ

    京太郎「!?」

    靖子「……チー」チャッ

     
     ツモらなくても次々と有効牌を相手から拾う靖子
     京太郎のように高い手ではなくても、安い手を確実に素早く作り上げる

     
    靖子「ロン」

    京太郎「……なっ!?」

    まこ「(早いっ!?)」

    優希「じょっ!?」

     ざわ……
      ざわ……

     サスガプロダナ ナンテハヤインダ

    京太郎「……」クッ

     チャラッ

    久「ふふっ……」ニヤリ

     久の思惑通り、京太郎には成す術が無い
     並みの運だけで越えることができない実力の差を、京太郎は痛感した

    京太郎「(こんな相手に……勝てるのか?)」ゾクッ

    靖子「……(脆いな)」フゥー

     靖子は電話から京太郎の特徴を既に仕入れていた
     戦い方は鳴きをせず、手牌で揃えようとする傾向があり

     なるべく高い手を作ろうとする、初心者にありがちな打ち筋

    靖子「(なら、こっちは安い手で早和了すればいい)」


     既にリードしている勝負
     無理に相手に付き合う必要など無い

     こちらは逃げ切るだけでいいし、初心者の京太郎に靖子のスピードを越えることは不可能
     つまり、どう足掻いても勝ち目などない


    209: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:14:24.34 ID:pif1xvFeo



    靖子「(どうせなら、少しばかりハンデを上げてやってもよかったか)」

     ただでさえ初心者を倒すという、気乗りしない仕事だ
     ましてリードをもらってからの引き継ぎなど……屈辱すら感じる

    靖子「(すまないな須賀君。またいずれ……普通に打ちたいものだ)」


    京太郎「うっ……あっ」ブルブル

     目前に見えた勝利の希望
     それが……一瞬にして霧散してしまった

    京太郎「(くそっ、くそぉ……あと一歩だってのに!)」ギリッ

     それなのに、どうしてこんなことに?
     いくらイカサマしたとはいえ……こんなのはあんまりだ

    咲「うわぁ、私も最初は全然対応出来なかったなー」クスクス

    靖子「ふふ、今だってどうか分からないさ」ニヤリ

    京太郎「(あの咲ですら……? なら、俺になんて絶対に無理なんじゃ……)」

     怯え、恐怖
     京太郎が意地で押さえ込んでいたものが……次第に鎌首をもたげてくる

    久「さぁ、南局を始めましょう。泣いても笑っても最後の……ね」

    京太郎「くっ……」ガクガク

     勝てない
     あの一局で、靖子と京太郎の格の違いがあきらかになった

     もうひっくり返ったって、京太郎の勝ちは無いだろう

    京太郎「……」ガクッ

     完全な終わり
     ゲームオーバーだ

    京太郎「(もう……どうでもいい)」

     全力は尽くした
     卑怯な手も使って、自分にできることをなんでもやった

     それでも届かなかった
     勝てなかった

     なら、もういいじゃないか

    京太郎「(最後まで、男らしく戦ってやる!)」キッ

    靖子「(こいつ、まだ目が死んでいない……?)」

    京太郎「(どうせ死ぬんだ。だったら、最後に大暴れしてやる!)」

     もはや、覚悟は決まっている
     この勝負を受けた時から、ずっとずっと考えていたこと

     身の破滅
     ギャンブルの炎に身を焼かれて死ぬこと

    アカギ「……」ジッ

    京太郎「さぁ、続けましょう」

     だから俺は――まだ戦う
     戦うことを諦めたら――心まで、死んでしまうから


    210: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:15:57.84 ID:pif1xvFeo



    アカギ「待て、京太郎」


    -z_   ̄`         < _
    /                 ニ- >x
                       z---  _ヽ
            l l l l      ヾ丶\   ヾ
               j  i:.ヽ   ヽヽ    ヽ
      _  i|.i / /: : :.Vヽヽヾ  .\  ヘ
     /r- Y  /.// -=、 Vi ヘ ヽ 、ハヽ ∧
    7 i,-- 7  ./イ: : :.r、  \、i V',ヘ V ヘ ヽ∧
    .| L-.7  /: : : : : :ヽ``ヽ、ヽY /V',ヽ.ヘ ヽ:i
    ..! ∨7 ./: : : : .'   ヽ、_ゞ× イ  V! ',.i  ヾ
    八 T .イ: : : : '         .: : :''ヘ   リ  リ
      テi/: : : : '        .: : : : ''ヘ
     y':∧ : : : :    _    '-__: :''ヘ
    .イ: : ::∧: : : : .   `ヽ、_   ヽ `ヽ-'
    : : : : : : ヘ: : : :.    ......  ヽ─'
    : : ' ヽ: : : ヘ: : : :.   t‐---'
    ヽ、   : : : :ヽ     ∨
    ///>x  : : :.ヽ    ',
    //////j\  : : ヽ    ,
    ////////j\  / \_j
    //////////j\i>x


    京太郎「えっ?」

     しかし、ここで京太郎を制止する声
     そう……アカギである

    アカギ「フフ……このままやろうって考えてんだろ?」

    京太郎「……」コク

     周りの目もあるため、声には出さずに頷く京太郎
     それに対し、アカギは首を振りながら続ける

    アカギ「ダメだな。話になんねーよ」

    京太郎「っ!!」ギリッ

    アカギ「奴はお前の二枚も三枚も上、レベルが違う打ち手」

    京太郎「……」コク

    アカギ「京太郎……代わろうか?」

    京太郎「なっ!?」ガタッ


    一同「!?」


    京太郎「っ……」

    アカギ「フフ……どうする?」

     ざわ……
      ざわ……


    211: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:16:54.63 ID:pif1xvFeo



    京太郎「(ふざけるな、どうしてこの局面で!!)」ギリッ

     自分の運命を賭けた戦いを、変われ?
     何を寝言言っている?

     どこの誰かも分からない相手に、どうして身を委ねることが出来ようか?

    京太郎「……」フリフリ

     勿論答えはNO
     この時京太郎、以外に頑固

    アカギ「あらら……」

     当のアカギは少しだけ残念そうに肩を竦める
     本気だったのか、冗談だったのか

     どちらにせよ、京太郎に乗る気は無い

    アカギ「……ぎりぎりもいいとこじゃない。強がってる場合か?」

    京太郎「……」

     確かにアカギの言う通り、強がる場合ではない
     だが、かといってこのアカギを信用してもいいものか

    京太郎「(だけど、もしこいつが本当に赤木しげるの幽霊なら……)」

     京太郎の脳裏に浮かぶのは、あの伝説
     もし……もしもポケットの中にある墓の欠片がこの男を呼び寄せたなら

     あるいは――きっと

    京太郎「……」

     決断は二つに一つ
     自分で打って確実に負けるか、この男を信じて破滅するか

     どっちでも結果は同じ

     なら、選ぶ道は一つ

    京太郎「……(自分で打つ!)」キッ

    アカギ「……」

     そうだ
     信じるのは自分の力のみ

     そう墓の前で宣言したじゃないか


    213: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:19:31.03 ID:pif1xvFeo



    京太郎「(だから、例えアカギさんが本物でも……)」

    アカギ「聞き分けのねぇガキ。うんと言わすには……もう……実力行使しかねぇか」ボソッ

    京太郎「!?」

    アカギ「クク……京太郎。俺は今、こいつらの牌をのぞき放題だ」

    京太郎「!?」

    アカギ「もしお前が言うことを聞かないってんなら……それを読み上げてやってもいい」

    京太郎「……!?」


     それはつまり、相手の手牌を教えてくれるということ
     そんなのもはや、イカサマでもなんでもない

     ただのインチキ
     麻雀ですら無い戦いとなる


    京太郎「っ!!」ギリッ

    アカギ「……俺はお前を勝たせる。何をしてもな」ククク

    京太郎「……」

    アカギ「もう一度聞く。代わろうか?」


     アカギの脅迫
     それは卑怯者になるかどうかの瀬戸際

     常人なら、身の破滅を戦いを賭けたギャンブルでこう言われたら喜んで頼むだろう
     だがしかし、京太郎の答えは一瞬で決まる


    京太郎「……」コクッ

     答えはYES
     京太郎に取って、死よりも辛いもの

     それは――


    京太郎「(プライドを捨ててまで、勝とうとは思わない)」


     どうせ死ぬなら、今まで生きてきた須賀京太郎として死ぬ
     それが須賀京太郎の決意

     色褪せることの無い、悲願なのだ


    アカギ「クク……それでいい」スタスタ

    京太郎「(相手も代打ちを立てたんだ。こっちだって、少しくらいいいさ)」


     とは言っても、向こうは正真正銘のプロ
     こちらは自称赤木しげるの幽霊

     どちらが優勢かなど、一目瞭然だ


    アカギ「俺は牌を掴めないんでね。言った牌を切ってくれればいい」

    京太郎「……」コクッ

     この時の京太郎はアカギを信じることしか出来なかった
     だがそれと同時に、不思議な安心感も感じていた

    京太郎「(この人なら、なんとかしてくれるかもしれない)」ギュッ



    214: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 20:29:40.85 ID:pif1xvFeo



     もっとも、なんら確信の無い思い込みである
     だが、自分に2p切りではなく5p切りを決意させた言葉

     あの気迫――


    京太郎「(この人には、絶対に何かある)」

     妙に確信めいた思いが京太郎にはあった

    アカギ「……」フフ

    靖子「そろそろいいか?」

    京太郎「……はい」


     こうして対局は始まる
     南一局、藤田靖子の親番


    京太郎「……」

    アカギ「クク……見てな。凍りつかせてやる」

     過去に【神域】と呼ばれた男と……
     のちに【神域】と呼ばれる男の初の試合

    京太郎「それじゃあ行きます」

    アカギ「……」

    靖子「(なんだ、この感覚……?)」ゾクッ

    咲「っ!?」


    . /   ..:::,:/ 〃〃 .:::::/ 〃 .::://〃.:::/   /〃 ..:::/: :    :::\  ::::::::::::::::::
    /    .:::://  〃 .::::: / 〃.::/: / .:/. :   /〃.::/: : :     ::::\ ::::::::::::::
       ..:::::/     .:::/.:  ./: ー:' . :/: :   .′.:::/: : :        ::::::\ ::::::::::
      ..::::::/ ′  .:::∧ .′/_   :' / `: : : :、:′.::/: :            _. :-\ :::::
    '〃.:::/  ′  .::::/: :. ' :/\`¨ 7 /..__  : : : |  /: :        ,. : ´.:::::::::::::\
    / .::/  !〃〃::/ : : :l:∧  `:./ /  {茫Zメ| :/:\       /:::::_: :ィ芯フ  ̄
    .::::/   | 〃.:::∧ : :|l ∧   /` ー-`二...._|厶ィ:::::./    .∨:::::<_ 二´:-‐::
    :::/   |〃.::/  :. : :∨ハ./      ー-..:::::::::::/  | |:::. `\::::::::::,-―:.:.:.:.::
    :/   |.:::/   ヽ  :∨ハ         ̄ ̄ ´   | |::::::.   ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.::
        | /    >-:∨ハ              | |::::::::..      :.:.:.:.:.:::
         j /   /. : /: : ∨ハ                   | |::::::::::. :.      .:.:.:.:
    .     _/-‐ :´: : : :/ : : : ヘ小             | |::::::::::::. :..    .:.:.:.:.:.:
     . :-: ´:/: : : : :. :/: : : : :.:.:`ハ               | |:::::::::::::. :.:..  .:.:.:.:.:.:.:.:
    : : : : /: : : : :..:.:.:/: : : : : :.:.:.:.:.|::.               | |::::::::::::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
    : : /: : : : : .:.:.:.:/ . : : : : :.:.:.:.:.:l∧            _  | |:::::::::::::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;
    : : : : : : : .:.:.:.:.:./ . : : : : : :.:.:.:.:.:|: :.            \ | |::::/:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/
    : : : : : : .:.:.:.:.: /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.l : :.、       - ――ヾ__j/----:.-.:.:.:.:.:.:..:::::/
    : : : : :.:./: : / . : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : :ヽ         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/
    : : : .:./:.:. : :/ . : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : : :.ヽ     _____ .:.:.:.:.:.:.:::::::/::
    : : :.:/:.:. : :/ . : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : : : :ヽ     ::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.:.::::::/:::::


     運命の賽は今、確かに放られた


    【OP】
    http://www.youtube.com/watch?v=bEUEHMl-pCM





    228: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 21:27:18.76 ID:pif1xvFeo



     須賀京太郎と竹井久の意地をかけた戦い
     その戦いは須賀京太郎しか知らぬところで、代打ち同士の対局になっていた

    咲「京ちゃん、負けないでねー」クスクス

    久「ふふっ……」

    アカギ「……」クク

    京太郎「(頼むぜ、アカギさん)」ググッ

    靖子「さぁ、打つか」タン

     靖子の親番
     ここはなるべく早い手を使って流したいところ

    京太郎「……」

     その、重要な鍵を握る1戦
     最初の靖子はツモ切り

     続くまこが白を切り、それに対し靖子が鳴く

    靖子「ポン」

     先ほどと同じ、靖子の速攻
     京太郎は冷や汗をかきながら動向を見守る

     しかし、この男は違った

    アカギ「……」ジッ

    靖子「……」

    京太郎「……(俺の番か)」スッ

     その運命を握る配牌は――

    京太郎の配牌

     3577m 468p 1246s 中

     ツモ中

    京太郎「(ツイてる!)」

     靖子の親番を流したい今、早和了の特急券である中の対子
     最も欲しかったところだ

    京太郎「(まだ俺の勢いは落ちてない……戦える!)」

     ほくそ笑む京太郎
     だが、その一方でアカギの出した指示は……

    アカギ「中だ」

    京太郎「(えっ……?」

    アカギ「中を切ってくれ」

    京太郎「(な、何!?)」

     京太郎……困惑
     ここでなぜ中切り?
     
     理解不能の指示に、京太郎は思わず頭を抱えそうになる


    230: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 21:36:35.00 ID:pif1xvFeo


    京太郎「(やっぱり、この人に任せるべきじゃなかった)」ギリッ

     恐らく麻雀もろくに知らないのだろう
     でなければ、そんな選択は生まれないハズ

    京太郎「……」チラッ

    アカギ「……どうした? 中だ」

    京太郎「くっ」

     しかし、一度任せると約束した以上……指示に従うべきだ
     例えそれがいかに悪手だと分かっていても

    京太郎「……」タン

    咲「?」

    久「……(馬鹿ね。どうしてそうなるのよ)」

     理解不能、それは咲も久も同じ
     きっと京太郎がやけになっただけ

     そう思うのも無理はない

     しかしこの時、この中でただ一人

    アカギ「……」クク

     アカギだけが、それを感じ取っていた

    京太郎「……」

     そしてまわった次巡
     そこでもアカギの指示は中切り

    京太郎「……」つ中

    咲「京……ちゃん?」

    靖子「……」

     その時、最初に鳴いた靖子の手は――

    靖子の手牌

    1255p 3477s 発中 ポン白白白

    ツモ1p

    靖子「(中の二丁落とし? 染め手でも無いようだが……)

     なんにしても、不可解な手ではある
     だがこちらは急いで和了ればいいだけの話

    靖子「(中は持っていても仕方ない)」つ中

    久「(ま、当然ね)」

    まこ「……」タン

    京太郎「(アカギさん、一体どうする気なんだ?)」ギリッ

    アカギ「……」


     


    231: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 21:46:56.45 ID:pif1xvFeo


     しかし次巡――
     京太郎達の認識は一気に覆る

    靖子「(さて、ツモは……)」スッ

     カッ

     中

    靖子「(なっ……!?)」

     意外、それは中

    靖子「(チッ……まさか被ってくるとは)」つ中 タンッ

    京太郎「(また中……? ツモがかぶったのか?)」

    久「(運が悪いわね)」チッ

     この時は、まだ違和感を覚える程度
     だが――さらにその次巡

    靖子「……!?」スッ

     引いたのは発

    靖子の手牌

    11255p 3477s 発発 ポン白白白

    靖子「(しまった……)」

     プロとはいえ、思わず後悔してしまうミス
     そしてすぐに気付く

    靖子「(あの中連打さえなければ……)」ギュッ

     小三元、いや……京太郎の中切りが遅ければ大三元も有り得た
     その動揺が、早和了をするという靖子の目的から外れていることを……消し去ってしまう

     格下に役満を潰された
     この屈辱が、靖子の中で消えない痛みとして残ってしまったのだ

    靖子「……」タン
     
    久「(まさか……偶然よ)」

    まこ「……?」

    優希「じぇ?」

    アカギ「……」フフ


     その三巡後に発を鳴く靖子だが、時既に遅く中は切れた後
     この頃になって、様子を見ていた京太郎にも

     アカギの指示がどういう意図だったのかハッキリしてくる


    京太郎「(あの連打で、藤田プロの大三元を封殺した……?)」

     ざわ……

    咲「……」

    京太郎「(白を鳴いただけで、大三元の匂いを嗅ぎ当てたのか?)」

     危険への予知
     その感度が常人よりもかなり早い

    京太郎「(俺なら、数巡後に中を鳴かれていたかもしれない)」ゴクッ


    232: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 21:58:01.34 ID:pif1xvFeo


     そしてさらにその後、京太郎は三色イーシャンテンとなる

     京太郎の手牌
     233m 34678p 22234s

     しかし、靖子の手は既に3フーロー
     和了が早いと察するとみるや

    アカギ「チーだ」

    京太郎「チー!」

     534s カッ!

     育てた三色をあっさり捨てる
     そこに一切の迷いは無い

    優希「うーん……」つ5p

    京太郎「ロンッ!」バララ!

     1000点食い和了り
     あの局面からなんとか靖子を出し抜くことに成功 

    靖子「ぐっ……」

    久「嘘……」

    咲「京ちゃん……だよ、ね?」

     みんなが驚くのも無理は無い
     最速の中切りもそうだが、今の和了手もそうだ  

    久「(普通これを凡人が打てば、三色に未練を残して手を遅くする)」

     結果として靖子が和了となっていたハズだ
     
    京太郎「(でも、そんな未練がどれだけ自分の足を引っ張るか……知ってるんだ)」ゾクッ

     感度の差――!
     
     プロである藤田靖子を寄せ付けないだけのモノが、そこにはあった

    アカギ「クク……認識はあらたまったかい?」

    靖子「……なるほど、ただの少年じゃなさそうだ」フゥー

     靖子は京太郎のことを素人だと決めつけていた
     運がいいんだけのラッキーボーイ

     久に聞いた時の印象はそんなものだった

    靖子「(だが、今は間違いなく違う)」

     刺激し過ぎて眠れる獅子を起こしたのか、どうなのかは分からない
     ただ一つ言えることは――

    靖子「(こいつはもう、ただの子供じゃない)」キッ

     内側に魔物を秘めた、化物
     自分と互角の打ち手
     
     そう思って戦わなければ……容赦なく喰われるだろう

    京太郎「(すごい、アカギさん……)」

     


    233: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 22:15:43.80 ID:pif1xvFeo


    靖子「……須賀君、見直したよ」

    京太郎「ど、どうも……(そりゃ俺じゃないし)」

    靖子「しかし……もう油断はしない」

    京太郎「!?」

    靖子「持てる力の全てで君を倒そう」

    アカギ「……クク」

    久「(靖子……本気で言ってるの?)」

     久が困惑するのも無理はない
     いくら京太郎が妙な和了をしたとて、それはたったの一回のことだ

     それなのに、靖子はもう京太郎を自分と同格に扱うと言ったのだ

    まこ「(確かに今の京太郎は妙じゃったが……)」

    優希「……」

    靖子「……さぁ、続きだ」チャッ

     靖子もまた、化物の一人
     魔を喰らい……その身に宿す一人なのだ

    京太郎「ええ、勿論」

     そして京太郎も……その背中に魔を宿す男
     赤木しげるという、闇に生きる魔そのものを

    アカギ「……」ニヤリ

     そして始まる次局
     南二局、まこの親番だ

    靖子「……」

     認識を変えて、京太郎を敵だと認識した靖子
     つまりここからが本番

     靖子VSアカギ

    アカギ「……」

     今、この二人は代打ちとしてこの場にいる

     つまり賭けているものが無く、もしくは無いに等しい状態
     その勝負を制するのはセンスと集中力に長けた能力の高い者だ


    236: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 22:39:01.32 ID:pif1xvFeo


    靖子「……」タン

    京太郎「……」タンッ

     京太郎とアカギ、その戦いはそのセンスと集中力を競うもの
     そして先に仕掛けたのは――

    靖子「リーチ……!」

     藤田靖子
     そのリーチは……

    久「(ふふっ……靖子ったら)」

     靖子 カン7s待ちリーチ

     345m 23488p 34568s

    久「(いきなり脅しをかけた……)」

    靖子「(普通この手はもう少し待って、両面に変わってからリーチするべき)」

    久「(それを迷わず、フライング気味の先制リーチ)」

     靖子は京太郎の、アカギの対応を見たいのだ
     勝負の質を変えて本気となった靖子のリーチ

    京太郎「(かわすか、受けるのか……?)」チラッ


     京太郎の手牌

    566m 23445p 78999s
     
     ツモ6p

    京太郎「(テンパイ……)」

    久「(これは面白いわね)」クスッ


     今までの京太郎なら、安パイの9s 落としだろう
     並の打ち手なら仕方の無いこと

     だが、ここで京太郎が――アカギが選ぶのは
     

    京太郎「……」つ6m

    靖子「(うっ……)」

    アカギ「……」

    咲「……」ポーッ

    久「(並の神経じゃない……)」ゾワッ

     スンナリ切ったこの一打だけでも、並の人間には生涯到達出来ない領域
     完全に迷いを見切っているその打ち筋

    靖子「(なるほど、一筋縄じゃいかないな)」タッ

     


    237: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 22:40:08.12 ID:pif1xvFeo



     次巡――

    【京太郎の手牌】

    56m 234456p 78999s

    ツモ7s

    アカギ「……六萬だ」

    京太郎「……」ピシッ つ6s

    久「(六萬は通す癖に……本命の7sはキッチリ抑えて、的確なヨミ)」ギリッ

     一体いつの間にここまでの感性を身につけたのか
     そして、その勝負強さ

    京太郎「(六萬が通ったからいけいけなんて、考えないのか?)」

     雰囲気に流されない
     自分の判断にただ沿おうとする心――

    靖子「(どこが運のいい素人だ……)」

     目の前の少年は、靖子に取って不気味の域を越える
     自分の判断を信じる才能――揺れない心を持つ強者

    靖子「ふふっ……手強いな、少年」

    京太郎「……」クスッ

     この対局を見据える久と咲
     そのあまりの緊張に、二人はただ息を呑むしかない

     そして、次巡
     とうとう流れが変わる時が来た

    靖子「!」

     靖子、このカン7s待ちを……

     345m 23488p 34568s 

     ツモ7s

     ツモ和了!

    靖子「……」

    久「(ふふっ、これがプロの実力よ)」ニヤリ

     追い込まれた中で、薄い7sを引き寄せる才能
     これで和了れば京太郎との差は更に開く

     流れも引き寄せ、一石二鳥の和了となる……

    靖子「……」ピシッ

     7s

    久「えっ……?」

     ハズだった


    238: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 22:52:15.59 ID:pif1xvFeo



     なんと、靖子は和了らずにそのまま7sを切る
     
    京太郎「?」

    アカギ「……」

    咲「(あれ? アレは和了牌じゃ……?)」

     ざわ……
      ざわ……

    久「……! (なるほど、ね)」

     誰もが呆気に取られている最中、久だけが靖子の真意に気付く
     これは京太郎の読みを裏切り、混乱を誘う作戦

     これは靖子の策略なのだ

    靖子「……」フフ

    京太郎「……(あ、アカギさん?)」チラッ

    アカギ「……」

    靖子「(どうする? 本命の7sは通ったぞ)」ツモキリッ

     タンッ 東

    靖子「(私が和了らなければ、この局は須賀君がものにするだろう、しかしそれでいい)」

     京太郎は点棒を拾うが、代わりに迷いを一つ抱くことになる
     その不信があとあとボディーブローのように効いていき、苦しめることになるのだ

    久「(自分の読みに疑いを抱けば、後にもっとプレッシャーがかかる局面で迷いを呼ぶ)」)
     
     それが弱い打ハイへと流れる
     その一打こそ、重い勝負では命取り……!

    久「(流石、この世界で生きてきた靖子ね)」ニヤリ

    靖子「(プロは心理から絡め取るのさ)」

     その網に、京太郎はもう半分かかった
     靖子と久はそう確信していた

     しかし、十五巡目
     そこで意外な展開――!

    京太郎「……」カッ

    【京太郎の手牌】

    3344566p 778899s

     ツモ5p

    咲「(来たっ!)」

     なんとここで、京太郎の和了

    京太郎「(二盃口、平和ツモ。満貫だ!)」

     これを和了れば京太郎のは靖子を上回り、トップとなる
     しかし、ここでアカギ――

    アカギ「ツモ切りだ」

    京太郎「(えっ?)」

     意外にもこれをスルー

     


    243: ミスごめんよ、脳内変換よろ ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 23:07:36.62 ID:pif1xvFeo


    京太郎「(な、なんでだ?)」つ5p

     タンッ

    靖子「!?」

     ざわ……

    靖子「(妙だ。あの5p、和了でもおかしくなさそうだが……)」

     疑惑が残る靖子
     しかし、確信は得られない

    久「(なんなの……? 須賀君、アナタ一体……!?)」

     そして、そのままお互いに膠着状態が続き……
     気が付けば、とうとう流局

    京太郎「……テンパイ」ジャラッ

    【京太郎の手牌】
    3344566p 778899s

    靖子「!? (やはり……)」ゴクッ

     京太郎はさっきの5pで和了っていた

    靖子「(こいつ……満貫を蹴ってまで、確かめに来た?)」ギロッ

     自分の読みが外れていたかどうか、その確認
     そうしておいた方が後の勝負では有効だと、分かっていても普通は出来ない

     それが、自分の運命を賭けた勝負なら尚更だ

    靖子「(惜しくないのか!?)」

    京太郎「(アカギさん……)」

    アカギ「フフ……おい、京太郎」

    京太郎「(なんですか?)」コクコク

    アカギ「手を開けさせろ。その女、必ず張ってる」

    京太郎「(わ、分かりました!)」コクッ

    久「……」

    京太郎「あの、藤田プロ」

    靖子「……なんだ?」

    京太郎「手を開けてくれませんか? テンパイなんでしょう?」

    靖子「……くっ」バラッ

     345m 23488p 34568s 

    アカギ「クク……やっぱりな。想像はしていたが、案の定ひねた打ち方」

    京太郎「(アカギさんの、読み通りだ……)」

    アカギ「人を嵌めることばかり考えてきた人間の発想――」

    京太郎「……痩せた、考え」ボソッ

    アカギ「……!?」 

     ざわ……
       ざわ……

    靖子「なん……だと?」ギリッ

    京太郎「俺なら、もっとストレートに行くのに」ボソッ

    アカギ「へぇ……言うな。京太郎」ニヤッ

    靖子「~~~っ!!」ビキビキッ


    247: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 23:14:23.57 ID:pif1xvFeo


    久「や、靖子……」

    靖子「私は……まだ心のどこかで、彼を甘く見ていた」チャラッ

     ざわ……

    靖子「軽んじていた。しかし、もう舐めない。毛ほども舐めたりはしない」ギロリ

    京太郎「っ!」ゾクッ

    靖子「なぜなら、その薄皮一枚剥いだその下は……魔物」

     あの天江衣や、宮永照と同じ――いや、もしくはそれ以上の……
     容量が計り知れない

    靖子「(間違いなくこの男、将来とてつもない逸材となる)」

     しかし、それは遠い未来の話
     今なら勝てる

    靖子「(何せ君はまだ――【オカルト】を知らない)」ニヤリ

     麻雀に存在する合理性
     それを根本から覆す存在……オカルト


    /::::::/|::::::::/ー--、      ゙、:::::|  レレレ /
    :::::;:, -、:::|     ` 丶、     V       /
    :::;/ λ゙、:| ┌─--- 、 `丶、 |      /
    ::;:| | | ゞ  ヽ   φ \   ノノ , ,/ _/
    ::::|        `ー----__,   '   / /
    /|::゙、                   ̄/
     |::::|゙、                     /
      |::| 〇__            ,   /
      | /|::::::',   T- _         /
        / |';::::::',    \w二、‐-- _ /
         ̄ ';:::入    \  ̄    /
          レ  \     ̄~ー-- /

    靖子「(これで君を――ねじ伏せる)」ゴッ

    京太郎「……」

       ! lll        ,イllll /:::::\  い  :::::::::::::::::::::::::::::::::
       ! ll  ,イ llll   /::|ll /:::::::::::::`メ \  :::::::::::::::::::::::::::::
       !   ./ .i lll.   /:::::|/:::::::::.,,/  `ー`ヽ . . ,,,::::::::::::::::::::
       ! ll /  i ll  K.:::::::|::::  //    _,,xー''´ィ´::::::::::::::::::::::::
       .! i   i  / \    ソ ,,ャj'´ ,. ' ´  :::::::::::::::::::::::::
       レ'   ∨     \  ....  'y ´     :::::::::::::::::::::::
                  y,;;'''''';;;;;,,,....      ::::::::::::::::::::
                   /,;'            ::::::::::::::::::
                /,;'             :::::::::::::::::
    .            /,;'  ´ ̄)           ::::::::::::::::
               /   /ソ       ブ`   :::::::::::::::::
              ./  / ノ´    _ ィ ´     ::::::::::::::::::::
              `´   丶-ーヘ´     ..... :::::::::::::::::::::
                       i__ .. イ;;;;;;'' ::::::::::::::::::::::
                          |;;;;;  ::::::::::::::::::::::::
                          |;;;  ::::::::::::::::::::::::::

    アカギ「さぁ、これからが本番だ」フフ


    260: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 23:37:54.38 ID:pif1xvFeo


     
     そして迎える南三局
     親は優希――


    京太郎「……」

    靖子「……」タンッ


     本気を出すと宣言した靖子
     そのあまりの恐ろしさに、思わずして緊張してしまう京太郎だが

     その緊張も、不意に霧散する

    靖子「……」タンッ

    京太郎「?」

     ざわ……  
      ざわ……

     というのも、靖子が全く動かないからだ
     序盤のように鳴くわけでも、急いでる様子も無い

     ただ引いては切り、引いては切り
     その繰り返し

     先ほどの言葉とは裏腹に、逆にやる気を無くしたようにさえ思える打ち方だ


    アカギ「……?」


     当然困惑するアカギ
     それは京太郎も同じだ


    靖子「……フフ」タンッ

    優希「うーん?」

    まこ「……」

    久「(まさか、アレを使う気なの……?)」

    咲「あの時と、同じ……」

     その時、気づいているのは久と咲
     後は直感でまこが感じ取っていたくらいだろう

     靖子の真意
     それは――

    靖子「……」タンッ

    アカギ「ロンだ」

    京太郎「ろ、ロン!! 混一色ドラ……満貫です!」バタタタッ

     ざわ…… 
      ざわ……

    優希「きょ、京太郎が……逆転?」

     そう、なんとこの手で京太郎は大逆転
     大きく差を付けてトップに踊り出ることとなる


    263: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/07(水) 23:47:00.25 ID:pif1xvFeo



    京太郎「(おいおい、意外と藤田プロって弱いのか?)」

     そんなことが脳裏をよぎる京太郎
     だが――実際は違う

    まこ「……やっぱりか」

    久「フフ……終わりね」

    靖子「……ふ、ふふふっ。しくじったな、須賀君」ニヤァ


    京太郎「えっ……?」


    靖子「……最後の一局の前に、教えてあげよう」


     ズォォォォッ……


    靖子「私がプロで、何と呼ばれているか」

    アカギ「……!?」ゾワッ

     総毛立つような、靖子の気迫
     先ほどとはまるでレベルが違う……

     記憶を無くしたアカギの奥底で、どこかくすぶる懐かしい記憶

    アカギ「(昔……こんな奴と戦った記憶がある)」

     それが誰かは思い出せない
     だが――彼の本能が覚えている

    アカギ「(これは――危険だな)」

    靖子「Reversal Queen……まくりの女王」

    京太郎「まくりの、女王?」

    靖子「そう。馬鹿でも分かるだろう、その言葉の意味」

     限定的な条件でのみ発動するオカルト
     条件ゆえに使い勝手は悪いが、その分発動すれば強力な力を持つ

    靖子「もう、これで格付けは済んだ」

     靖子と京太郎
     否、靖子とアカギの運気がごっそりと入れ替わる

     その超常めいたチカラで――運気そのものを捻じ曲げるのだ

    咲「(京ちゃんは頑張ったけど、もう終わりかな)」

     あの時、自分ですら防げなかったまくり
     それを――今の京太郎に防ぐことは恐らく不可能

    京太郎「……」ゴクッ

    久「(須賀君の悪運もここまでね)」

     言わば、先ほどの靖子とはもはや次元が違うのだ
     この状態になった靖子は――上位のプロですら凌駕するのだから


    270: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 00:05:15.19 ID:0F13/UPyo


    京太郎「……」

    靖子「どうした、怯えて声も出ないか?」フフ

    アカギ「……」

     流石のアカギも、オカルトというモノの予備知識は無い
     どう攻略すればいいか、倒すべきか

     一局でも様子を見ることが出来れば……対策は立てられる
     だが、その最後の一局で雌雄が決するのだ

    久「(もう手遅れよ、何もかも)」

     この場の全員が、徐々に靖子の勝ちを確信していく
     久や取り巻きで見ている野次馬も含め
     
     あの咲ですら……京太郎の負けを予見していた

    咲「(いい戦いだったよ、京ちゃん)」

    靖子「さぁ、親番だぞ。須賀君」

     そして始まるオーラス、京太郎の親

    京太郎「……」

     誰もが諦めと、失意に飲まれて傍観する最中

     ただ一人
     この局面においてたった一人だけ――

    京太郎「(アカギさん、俺に考えがあります)」チラッ

    アカギ「!?」

     この男だけが――己の、アカギの勝利を確信していた

    アカギ「へぇ、自信があるのか?」

    京太郎「はい……でも、俺一人では無理です」ヒソヒソ

     誰にも聞こえない音量で、ヒソヒソと話す京太郎
     アカギはそんな京太郎の言葉に……ただ耳を傾ける

    京太郎「……だから、……して、……すれば」

    アカギ「……クク、分かってるのか? それが失敗すれば、確実負けだ」
     
     京太郎はマネージャーとして残りの学生生活を過ごし
     学校中の悪意と戦いながら生きなければならない

     しかし京太郎はそんな覚悟など、とうに決めていた

    京太郎「自分の身を削らないで、勝ちを拾おうなんて思っちゃいない」

    アカギ「……」ニヤリ


    京太郎「俺はハナから……命、賭けてんだ」ボソッ


    アカギ「フフ……同類だ、お前は」

    京太郎「?」

    アカギ「……やるぞ、京太郎」

     くすぶりかけたアカギの闘志に、再び火が灯る
     それを呼び覚ましたのは、京太郎の言葉か――それとも

     だが、この時ハッキリしていたこと
     それは――

    京太郎「(必ず、勝つ!)」

     須賀京太郎
     この男もまた――無頼


    279: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 00:20:58.09 ID:0F13/UPyo



     南四局 京太郎の親

     泣いても笑っても、焼き土下座しても最後の一局
     京太郎に取って運命を左右するこの局の初手は――

    京太郎「……」

    【京太郎手牌】
     122444688m 35p 29s 発

    咲「(ダメ、なんて重い手……)」

     ここは軽いタンピン手などがベスト
     だが掴んだのは高火力を狙うような配牌
     
    久「(そして一方の靖子は――)」

    【靖子手牌】
    128888s 145p 267m 東

    久「(一見すると凡手に見える。でもね……)」

     引き寄せる
     靖子のオカルト……まくりの力

    京太郎「ドラ確認します」カチャッ

     来る、引き寄せる

     7s

    久「……」ニヤッ

    靖子「……」フフ

     凡手から一気にドラ4の手に変化
     しかも、それだけではない

    咲「(あのカンドラ……)」

     そう……咲には見えていた
     もし誰かがカンをすれば、新しくドラが表示される

     そのドラすらも……

    靖子「(埋まっているが、間違いなく7s)」

     靖子と咲の読みは正解
     隠された新ドラは8s

     つまり、靖子の手はドラ8となる
     暗槓しただけでドラ8は確定

     ツモ和了でも京太郎をまくり確実に勝利する


    284: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 00:31:38.40 ID:0F13/UPyo


    京太郎「……」

     一方で、重たい手を手中に入れたことでお通夜モードの京太郎サイド
     後ろに並ぶ一般客は、みな顔を見合わせてため息を吐く

     京太郎の勝ちはもうない
     希望のきの字も無い

     そう思っているのだ

    アカギ「クク……」

     だが、ここで二人の若き天才は――

    京太郎「(思い通りの手が来た!)」

     全く、別のストーリーをこの手から創造していた

    久「(もう終わりよ、諦めなさい)」

    京太郎「では、行きます」タンッ

     こうして始まった戦い
     半荘六回にも及ぶ激戦の果て――勝つのは京太郎か、久か

    京太郎「……ポンッ!」

     二巡――
     まずは京太郎が動く

     222m カシッ!

     そして三巡――

    京太郎「チー!」ピシッ

     768m カシッ!

    京太郎「……」

    まこ「これは……」

    優希「(混一色か、清一色か?)」

     早々とした鳴き
     手を急ぐべき京太郎には当然の行動のように思える

     無論、周囲もそう思っているし
     それは対局している優希とまこも変わらない

    優希「(この局面、絶対に振り込めないじぇ)」つ現物

    まこ「(降りるべきじゃな)」つ現物

     二人にできるのは靖子の邪魔をせずに、生き延びること
     つまり、無理に戦う必要は無いのである

    咲「(二人が降りた。これで一体一……)」

     遠目に見守る咲だが、まだ京太郎の分が悪いのを悟る
     靖子は運気すら引き寄せているのだ

    靖子「(いくら鳴いてスピードを速めようが……私には勝てないさ)」ニヤリ

     着々と積み上がる靖子の怪物手
     和了さえすればドラ8は確定

     その恐るべき異能の力によって


     


    285: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 00:42:37.65 ID:0F13/UPyo



    靖子「(一見、清一色や混一色を匂わせているが、それはフェイク)」

     なぜなら今そんな手をいれる必要が無いからだ
     勝ち逃げならタンヤオで十分
     
    靖子「(どうせドラは全部こっちが握ってるんだ。焦る必要はない)」

     仮に和了られても、直撃でなければトビはしない
     
    靖子「(問題は、いつ暗槓するかだ)」チラッ

     手を持って確認する靖子
     もう少しでテンパイ

     その時に嶺上開花で和了る

    靖子「(恐らく、あの嶺上牌が……)」

     靖子の求める和了牌
     ドラ8を絡めた嶺上開花で京太郎をまくる

     完璧なシナリオ

     ただ一つ誤算があるとすれば――


    アカギ「京太郎、今だ」

    京太郎「……へへ、待ってました」ボソッ

    靖子「なに……?」

     バララッ

    京太郎「カン」

    一同「!?!?」

     4444m カシャッ

    靖子「なっ……?」
     
     先にカンをされた
     ということはつまり――

    京太郎「じゃあ、リンシャンツモりますね」スッ

    靖子「(な、それは――私の!?)」

    京太郎「……」クスッ

     つ3p

    京太郎「いらんな」ペシッ

    靖子「……ぐっ」

     流されてた……
     テンパイする前に、自分の和了る筈だった牌を……

     それもよりによって須賀京太郎によってだ

    靖子「(だがしかし、ドラは表示される!)」

    京太郎「おっ、また8sがドラですね」カチャッ

    靖子「(当然だ)」

     計画の狂いはあったが、問題無い
     別に嶺上開花でなくても和了ればいいのだ

     和了さえすれば、己の勝ちなのだから


      


    291: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 01:30:31.69 ID:0F13/UPyo


    【京太郎のフーロー】
     
    カン4444m ポン222m チー678m


    靖子「(三鳴きしたんだ。もう既に張っている可能性が高い)」ギリッ

     圧倒的な有利からスタートし、
     いつでも有効牌を取れるという油断が、暗槓の遅れを招いた
     
    京太郎「……」

    【靖子の手牌】つ6p
     2455p 118888s 567m

    靖子「(須賀君は一度3pを切っている。また出る可能性は高い)」

     ここはドラを切ってでも無理やりテンパイに持っていくか?
     それとも、暗槓するか

    京太郎「……」

     しかし、暗槓すればドラ8は警戒される
     別にロン和了でなくても勝機はあるが――可能性はぐっと低くなる


    靖子「……」

     思案する靖子
     長い思考の果てに選んだのは――


    【靖子の手牌】
     4556p 118888s 567m

     つ2p

     暗槓せず、現状保持

    靖子「……(あの嶺上牌をつかめばいい)」

     靖子がカンをする時、拾うであろう牌……

    靖子「(恐らく、7p)」グッ

     確信めいた直感、恐らく100%的中するハズだ
     ならばそれを待ちにできるようにセッティングする

     今の靖子の運なら、造作の無いことだ


    293: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 01:35:57.39 ID:0F13/UPyo


      
     一方の京太郎は迷うことなく手を切っていく
     
    京太郎「……」つ1s

    靖子「……」
      
     中々尻尾を出さない京太郎
     待ちが読めないこともあり、靖子の焦りも次第に強くなっていく

    靖子「(あの四枚……一体何が隠されている?)」

     見えない京太郎の手を見て、靖子は不安に駆られる
     嫌な予感がひしひしとあの四枚から感じられるのだ

     そして、そんな予感を抱えてのツモ

    靖子「(これは……)」

    【靖子の手牌】4p
     4556p 118888s 567m

     まさかの4p
     ここで8sを切り、6p待ちにする手も考えられる

    靖子「(だがドラ2の8sを切るなんて、考えられない)」

     やはりここは常識的に考えて4pだ
     
    靖子「(だが唯一気になるのは、3pを彼が持っている可能性もある)」

     ツモ切りからの素早い切り捨て
     考えられるのはピンズが無く、清一色や染め手であること

     しかし、そこにピンズが加わっているとなると……話は変わる
     混一色も清一色も無ければ、ただのゴミ手
     
    靖子「(仮にこれで和了られても、痛くも痒くもない)」つ4p

     タンッ

    京太郎「……」

    靖子「(今は須賀君の親番。飛ばない限り、次の機会はある)」

     つまり、多少は危険を犯しても強気で行くべきなのだ
     相手にドラは無い

     染まってもいない手に恐怖など感じる必要など皆無


    294: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 01:39:43.27 ID:0F13/UPyo



    京太郎「……」
     
    靖子「……」ホッ

     結果としてこの手は通る
     そして、京太郎の番が来る

     だが、次の京太郎の1打が……靖子を苦しめることとなる

    京太郎「……」スッ つ3p

    靖子「ぐっ!?(まさか、本当に抱えていた?)」

     困惑する靖子
     そして、続くもう1巡

    京太郎「……」5p

    靖子「!!」

     これは――どういうことなのか?
     もしかすると須賀京太郎は、35p で4pをカン待ちしていた?

     ならばなぜ、和了らなかった?

    靖子「!!(こいつ、もしかして私の思惑に気づいて……)」

     そう、もし今の4p直撃でも靖子を飛ばせないとすれば
     恐らく、京太郎の手は相当安い

    靖子「(だから見逃した。もっと高い手を作ろうと……)」

    京太郎「……」

    靖子「(ここに来て、なんて馬鹿な真似を)」ニヤリ

     やはりこの男は凡夫だった
     勘がよければドラ8の匂いを感じ取れたものを……

    靖子「(つまり、今須賀君はテンパイしていない)」ニヤリ

     そんな見逃しをしてしまえば、運の女神も見放すというもの
     その証拠に――靖子が掴んだものは
     
    【靖子の手牌】つ3p
     4556p 118888s 567m

    靖子「(来た来た来た!!!)」ニヤリ


    298: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 01:57:07.45 ID:0F13/UPyo


     運命を引き寄せる力
     オカルトによる、絶対的な支配

     何をも恐れぬ、女王の闘牌

    靖子「ふ、ふふっ……ははは……あははははっ!!」

     靖子は笑う
     己の勝ちを確信し、ただ嗤う

    京太郎「……」

    靖子「須賀君、私の勝ちだ」

     ざわ…… 
      ざわ……

    靖子「長かったよ、ここまで。すごくいい勝負だった」

    アカギ「……」

    靖子「だが、勝つのは私だ! この、私なんだ!!」バラッ

     倒される四つの8s
     ドラ8の化物――相手を地獄に誘う死者

    靖子「カンッ!!」

     そして、引き寄せられる勝利への鍵
     運命をねじ伏せる――


    靖子「(ツモッ! ツモツモツモツモツモ!!! 私のチーピン!!) 」


     ハズだった


    アカギ「クク……」ニヤリ

    靖子「えっ……!?」

    久「う、嘘……でしょ?」

     掴んだのは7pなどではない
     あるのは――

     そこに有るはずの無い発

    靖子「う、嘘だ! これは……何かの間違いだ!」

     先程までの余裕から一転、慌てふためく靖子
     だが、それに対して一方の京太郎は笑みを浮かべる

    京太郎「フフ……どうしたんですか?」

    靖子「な、なぁっ……」ブルブル

    京太郎「自分の読みが外れて、大慌てですか?」

    靖子「ち、違う! こんな、こんなハズは無い!」

     確信があった
     必ず7pであると

     しかし、結果は違った
     なぜ? どうして?

     疑惑が募る
     驚愕だけが――靖子を包み込む


    京太郎・アカギ「「まるで白痴だな」」


    靖子「!?!?!?」


    302: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 02:11:51.19 ID:0F13/UPyo


    靖子「な、なぜ……」つ発

     仕方なく発を切る靖子
     他に選択などできるハズが無い

     そして、新ドラが表示される

    京太郎「……」

     一方的な靖子の和了かと思われた
     しかし、そんな絶望的状況を乗り越えた先に――

    京太郎「……ツキの女神は、待っている」ニィ


     3m 


    靖子「!?」

     
     新ドラは――4m


    アカギ「クク……」

     京太郎の手牌が一気に跳ね上がる
     それも満貫確定のドラ4

    京太郎「藤田プロ」

     ざわ……
       ざわ……

    靖子「な、なんだ……?」

    京太郎「考えてみてください。あの局面、俺がどうして早々にカンをしたのか」

    靖子「!?」

    京太郎「別に急ぐ必要も無し、無駄なドラを乗せることもなかった」

    靖子「(まさか、まさかこいつ――!?)」

    京太郎「アンタの探し物は……」つ2m

     バラッ 4444m

    京太郎「カン」スッ

     つ7p

    アカギ・京太郎「「こいつだろう?」」

     バラララッ

    京太郎「ツモ、嶺上開花」


    77p 999s カン4444m カン2222m チー678m 


    靖子「な、なんで……? どうして、そこに……? ありえ、ない」ガタガタ

    京太郎「……」

     そして、めくられる新ドラ
     まるで――地獄で悪魔と契約してきたかのよう


     1m


    京太郎「リンシャンツモ、ドラ8――トビです」

    靖子「嘘だぁぁぁぁあ!!!」
     


    306: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 02:18:07.82 ID:0F13/UPyo


     ざわ……  
      ざわ……

    靖子「こんな、こんなハズはない!!」

    久「や、靖子……」

    靖子「私に分かる。7pはあそこじゃない! 私が引くハズだった!!」

    京太郎「……」

    靖子「何をした!? オカルトなのか? お前も……持っているのか!?」

    京太郎「……なんの話か、分かりませんね」

    靖子「!?」

    京太郎「ただ、一つ言えるとしたら」

     ざわ……

    京太郎「俺、幽霊が見えるんですよ。それも、とびっきりの、ね」ニコッ


    ∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
    ::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
    :::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
    : |:::: `  ー‐=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
    ::|:::::      ..::::::::::::::::::::::/    ハ     ヽ!
    :|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:   ,'l }
    |l::::::        `__:::    /.|′
    iヘ::::..      ̄ ̄     `ヽ ./^'
    :|::ヽ:::..      ‐==;;   /
    ::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
    :::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
    ::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


    アカギ「クク……」

    靖子「……」ヘナッ

     フラフラ……バタン

    優希「……う、うそ」

    まこ「まさか、本当に……」

    久「靖子に、勝った……?」

     ガヤガヤ ナニモンダアノニーチャン
     スゲーゾ マジデヤリヤガッタ!

    咲「……」

    京太郎「それじゃあ部長、例の件。お願いします」

    久「……え、ええ」

    京太郎「よし。それじゃあ咲、帰ろうぜ」

    咲「……うん」タッ

     スタスタスタ

    京太郎「それじゃあ、また学校で」

    久「……」

     ガチャッ

     カランカラーン


     バタン



    311: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 02:25:39.27 ID:0F13/UPyo


    京太郎「……ふぅー」

     長い戦いは終わった
     策略と、力の打ち合いによる死闘

     制したのは京太郎とアカギである

    京太郎「……(今でも、心臓がバクバクしてる)」ドキドキ

     生まれて初めてだった、あんな経験は
     勝負に命を賭けるスリル、興奮

     それは――京太郎にとって、人生の価値観を変える一戦

    咲「……」トコトコ

    京太郎「……」スタスタ

     何はともあれ
     これで、資格を得た
     
     咲や和、この二人と戦い――代表を得る資格
     プロを倒した事実さえあれば――

    咲「……ねぇ、京ちゃん」

    京太郎「んー? どうした?」

    咲「私ね……気づいてるよ」ジッ

    京太郎「っ!?」ドキッ
     
    咲「イカサマ……だよね?」
      
    京太郎「……」

    アカギ「クク……」

     この時アカギ、地味に付いてきている


    319: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 02:47:19.29 ID:0F13/UPyo



    咲「……最初の四萬カンの時に、牌を入れ替えたんでしょ?」

    京太郎「おいおい……なんの冗談だよ」

    咲「分かるよ。だって、あの時に位置がずれたんだもん」

     咲は常に嶺上の牌が何か分かる
     だからこそ、あの時の違和感は拭えなかった

    京太郎「あのな。あれだけ人がいるのにそんなことできるわけないだろ」

    咲「……」

     確かに、あれだけのギャラリー、
     野次馬がいれば京太郎がイカサマをするのは至難の業だ

     その道のプロだって、できるかどうか怪しいもの

    咲「早々と鳴いて手牌を少なくした。残った牌をまとめれば……体に隠れて後ろからは見えないよ」

    京太郎「手牌はそうでも、嶺上牌はそうはいかねぇだろ?」

     京太郎が手を伸ばし、ツモり、牌を切る
     この一連の動作の中で嶺上牌を入れ替えるなど、不可能だ

    京太郎「なぁ、そうだろ?」

    咲「……」ジッ

     見つめ合う二人
     咲は何も言わず、京太郎をずっと見つめていたが……

     やがて

    咲「うん、そうだね。ごめん、無理に決まってるよ」ニコッ

     その愛らしい笑顔で、京太郎に微笑む

    咲「私の勘違いだよね、きっと」

    京太郎「そうそう。偶然だよ偶然」アハハ

    咲「……」

    京太郎「……早く帰ろうぜ」

    咲「うん」タッタッタ

    京太郎「……」

    アカギ「あらら……いいのか? 泣きそうな顔だったぜ」ヒョコッ

    京太郎「アカギさん……(ついて来てたのか)」

    アカギ「クク……それにしても、本当に初めてだったのか?」

    京太郎「当たり前じゃないですか、あんなの」ハァ

     正直、もう二度とゴメンだ
     心臓がいくつあっても足りやしない

    アカギ「……」

    京太郎「しかし、うまく行ってよかったですよ」

     確かに、京太郎は一つの強攻策を取った
     だがそれは――

    京太郎「でも、言えるわけがない。”イカサマ”じゃないなんて」

    アカギ「フフ……」

     京太郎が藤田靖子を下した作戦
     それは、一種の神がかり的トリック

    京太郎「咲、俺は……」


    412: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 23:51:04.95 ID:Ac31SEe5o


    ~~南四局 京太郎の親~~


     泣いても笑っても、焼き土下座しても最後の一局
     京太郎に取って運命を左右するこの局の初手は――

    京太郎「……」

    【京太郎手牌】
     122444688m 35p 29s 発

    咲「(ダメ、なんて重い手……)」

     ここは軽いタンピン手などがベスト
     だが掴んだのは高火力を狙うような配牌
     
    久「(そして一方の靖子は――)」

    【靖子手牌】
    128888s 145p 267m 東

    久「(一見すると凡手に見える。でもね……)」

     引き寄せる
     靖子のオカルト……まくりの力

    京太郎「ドラ確認します」カチャッ

     来る、引き寄せる

     7s

    久「……」ニヤッ

    靖子「……」フフ

     凡手から一気にドラ4の手に変化
     しかも、それだけではない

    咲「(あのカンドラ……)」

     そう……咲には見えていた
     もし誰かがカンをすれば、新しくドラが表示される

     そのドラすらも……

    靖子「(埋まっているが、間違いなく7s)」

     靖子と咲の読みは正解
     隠された新ドラは8s

     つまり、靖子の手はドラ8となる
     暗槓しただけでドラ8は確定

     ツモ和了でも京太郎をまくり確実に勝利する

    京太郎「……」チラッ

    アカギ「……」コクッ

    靖子「……」チャッチャッ つ牌

     ざわ……
       ざわ……

    アカギ「……」ジィーッ

    京太郎「……」



     


    415: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/08(木) 23:55:58.17 ID:Ac31SEe5o


    京太郎「……」

     一方で、重たい手を手中に入れたことでお通夜モードの京太郎サイド
     後ろに並ぶ一般客は、みな顔を見合わせてため息を吐く

     京太郎の勝ちはもうない
     希望のきの字も無い

     そう思っているのだ

    アカギ「クク……」

     だが、ここで二人の若き天才は――

    京太郎「(思い通りの手が来た!)」

     全く、別のストーリーをこの手から想像していた

    久「(もう終わりよ、諦めなさい)」

    京太郎「では、行きます」タンッ

     こうして始まった戦い
     半荘六回にも及ぶ激戦の果て――勝つのは京太郎か、久か

    京太郎「……ポンッ!」

     二巡――
     まずは京太郎が動く

     222m カシッ!

     そして三巡――

    京太郎「チー!」ピシッ

     768m カシッ!

    京太郎「……」

    まこ「これは……」

    優希「(混一色か、清一色か?)」

     早々とした鳴き
     手を急ぐべき京太郎には当然の行動のように思える

     無論、周囲もそう思っているし
     それは対局している優希とまこも変わらない

    優希「(この局面、絶対に振り込めないじぇ)」つ現物

    まこ「(降りるべきじゃな)」つ現物

     二人にできるのは靖子の邪魔をせずに、生き延びること
     つまり、無理に戦う必要は無いのである

    咲「(二人が降りた。これで一対一……)」

     遠目に見守る咲だが、まだ京太郎の分が悪いのを悟る
     靖子は運気すら引き寄せているのだ

    靖子「(いくら鳴いてスピードを速めようが……私には勝てないさ)」ニヤリ

     着々と積み上がる靖子の怪物手
     和了さえすればドラ8は確定

     その恐るべき異能の力によって

    京太郎「(まずは邪魔な二人の排除)」

    アカギ「……」

     染めていることを匂わせられる配牌は、京太郎の望むところであった
     相手に牽制をかけ、靖子との一対一に持ち込むことが出来るからだ


    416: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:00:48.47 ID:fv4ydcs1o




    京太郎「……」

     京太郎の策
     それは――常人には到底思いつきもしない異端の策略であった

     というのも、なんら確証もない……それも、想像の域を出ないものだからだ

     だが、今はその京太郎の想像こそが――
     この大勝負の、運命を左右することとなる


    京太郎「(藤田プロは、自分を"まくりの女王"と言った)」


     それは即ち、オーラスで自分が大逆転をする
     それが【自分の能力】です、と説明してくれたに他ならない


    京太郎「(そして……今現状は1万点以上の差がついている)」

     考えられるのは2つ 


    ・逆転できるほどの大きい手をツモ和了する

    ・一位に当てて逆転する


     この2パターン

    京太郎「(だけど、プロの世界でまくりの女王と呼ばれている以上、2つ目の可能性は低い)」

     プロの世界で生き残るのは簡単ではない
     相手とて、それなりの打ち手だし1位の逃げ切りが出来ないほどヤワではないだろう

     まして、まくりの条件を満たすということは藤田プロよりも格上である可能性が高い
     あの藤田プロを越える雀士が、果たして差込や現物での逃げ切りができないものか? 

     否、つまりこれは当てはまらない

    京太郎「(あくまで可能性だが、自分で和了る系統の能力だ)」

     確信は無い
     だが、今の京太郎にとっては十分過ぎる考察

    京太郎「(となると、次に考えるべきは藤田プロの手の高さ)」

    ・役満での和了

    ・高い役を絡める大きな手

    ・ドラを引き寄せた高い手

    京太郎「(こればかりは分からない……場合によってはどれもありえる)」

     そう、高い手で和了だということしか分からない
     つまり――こればかりは見てみないと判別は不可

     しかし、京太郎の雀力では藤田プロの筋を読み切り
     相手の手牌を想像することは不可能だ


    京太郎「(だからこそ、この人の力がいる)」

     
    アカギ「クク……」

     
     まずはアカギが見をする
     そこで、どのパターンの高い手を作っているかを想像する

     勝つための第一の条件は、まずそこが鍵となるのだ


    417: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:14:03.56 ID:fv4ydcs1o


    京太郎「(どうですか、アカギさん?)」チラッ

    アカギ「染めている様子も無い。それに、クセも見抜いた」

    京太郎「……?」

    アカギ「所詮競技麻雀……お上品な打ち方」ニヤリ


     そう、この時アカギは藤田靖子の”あるクセ”を見抜いていた
     それは――


    一般客ウニ頭「うーん、麻雀はよく分からないのでせうが」

    一般客シスター「ちんぷんかんぷんなんだよ!」 

     ざわ……
       ざわ……

    靖子「……ふぅ」カチャカチャ

     チャッチャッ

    2455p 12 8888s  567m つ1p


    一般客ウニ頭「おぉ、見やすい!」

    一般客シスター「ありがとうなんだよ!」

    靖子「……」クス


    アカギ「槓子があるな」

    京太郎「(槓子?)」

     そう、麻雀プロゆえの観客を意識した打ち方だ
     テレビに放映されることも多く、自然と牌を整理して並べるクセがあるのだ

    京太郎「(部長、俺にサマをさせないように客を集めたのが逆に災いしましたね)」

     靖子はあくまでもプロ
     そのクセは、意識しない限り抜けることはないだろう

     もっとも、こんなほんの一瞬の隙を見抜けるのは――
     この場ではアカギくらいであろうが


    アカギ「牌の種類はバラバラだが、どういう塊があるかは見え見えだな」

    京太郎「(つまり、萬子、ピンズ、ソーズの塊は出来ている)」

     そして今、牌を整理するときに見せた4つの牌の塊
     順子や刻子なら3つ……つまり、槓子である可能性が高い

     だが勿論、それ以外の可能性も捨てきれないわけではない

    京太郎「(確証はあります?)」

    アカギ「まず間違いない、と言いたいが。クク……そういう罠かもな」

    京太郎「(いや、そんなメリットは無い……)」
      
     だがもし、アレが槓子なら……考えられるのは四槓子、四暗刻などか
     
    京太郎「(ん? そういや、なんで暗槓しないんだ?)」

     見られたく無い牌なのか?
     それともする必要が無いからなのか……?

    京太郎「(もし、もしだけど……藤田プロの和了牌が嶺上牌にあるとすれば?)」

     以前、咲は藤田プロに破れたと言っていた
     つまり――カンを奪うこともできると、考えられる


    419: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:23:01.70 ID:fv4ydcs1o


    京太郎「(アカギさん……)」

    アカギ「クク、なら確かめてみるか」

     チャッ

    京太郎「(ツモは……4m!)」

    アカギ「京太郎、今だ」

    京太郎「……へへ、待ってました」ボソッ

    靖子「なに……?」

     バララッ

    京太郎「カン」

    一同「!?!?」

     4444m カシャッ

    靖子「なっ……?」
     
    京太郎「(明らかに今、動揺した)」

    アカギ「クク……」

    京太郎「じゃあ、リンシャンツモりますね」スッ

     つまり、今から引く牌は有効牌の可能性が高い
     それも――とびっきりの

    靖子「(な、それは――私の!?)」

    京太郎「(お前か3p……)」クスッ

     つ3p

    京太郎「いらんな」ペシッ

    靖子「……ぐっ」

    京太郎「(とりあえず、危険なピンズは整理しておくか)」チャッ

    靖子「(だがしかし、ドラは表示される!)」

     そして、何も気づいていないフリをしながら
     ドラ表示牌に手を伸ばす

    京太郎「おっ、また8sがドラですね」カチャッ

    靖子「(当然だ)」

    京太郎「(なるほど、ドラが8sね)」ゾクッ

     つまり、これで疑惑は確信に変わる
     藤田靖子の槓子の正体は8s

     ドラ8の化物手……

    京太郎「(つまり、役もろくに作らずともドラ8だけで逆転ってわけだ)」

     そうなると、手の内を想像するのは簡単だ
     役も適当に……ただ和了さえすればいい

    京太郎「(それにいつかは暗槓しなきゃいけない。ということは……)」

     狙うのは恐らく嶺上開花
     つまり、次の牌が藤田靖子の和了牌となる可能性が高い

    京太郎「(兎に角、ここで第一の条件はクリアだ)」

     藤田靖子の和了るハズだった牌を奪う
     これこそが、京太郎の策

    京太郎「(流れは――今、変わった)」ニィッ


    425: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:41:05.38 ID:fv4ydcs1o



     これからが反撃の時

    京太郎「……」

     しかし、ここまで冷静に藤田靖子のオカルトを分析してきた京太郎だが
     ただ一つだけ絶対に自信を持てないことがあった


    京太郎「(支配を破る為の……方法だ)」


     咲やあの天江衣――大星淡のように
     場を支配し、牌の位置を自在に操る力
     
     それが――いつ決定されるのか、ということ


    京太郎「(我ながら何を馬鹿なって思うけど……あいつらの力ってそういうもんだろ)」

     つまり――

    ・牌を引く時に有効牌に変わる

    ・最初から運命づけられてその位置に存在する

     この二通りのどちらであるのかが、重要な鍵となる

    京太郎「(……分からない。どちらもあり得るし、その判断はここじゃ付かない)」

     そう、こればかりは分からない
     それに2である場合、京太郎にはもうどうしようもない

     このまま負けを認めるしかなくなってしまう

    京太郎「(だが、1のパターンならまだ可能性がある)」
     
     オカルト持ちが牌を引く時――
     触れた時に牌が決定されるのであれば

    京太郎「(俺にも――やれる!!)」
     
     望みの薄い策ではある
     だが、0よりは1

     ――やらなければ、何も変えられない

    京太郎「(それが、さっきの牌への接触)」

     そう、京太郎は先ほどの嶺上牌のツモである一つの作戦を決行していた

    京太郎「(イカサマスレスレだけどな……)」ニッ

     嶺上牌を引く時に、その下の牌――
     次に惹かれる牌に少し触れたのである
     
     上から軽くちょんっと押す程度であったが
     牌をツモる動作で、ずれた牌を直すレベルの動きだ

    京太郎「(そう、藤田プロが引く前に俺が触れた。つまり、あの牌の支配は俺にある)」

     とんだ屁理屈、子供の理論
     だが京太郎は本気だった

    京太郎「(つまり今度は俺が引く牌を――次に藤田プロが奪う形になる)」


     当然、そんな保証はどこにもない
     そのまま和了牌を引かれて負ける可能性だって大いにある


    京太郎「(だけどもし俺にほんの少しのオカルトがあれば――)」

     京太郎が触れた瞬間に牌は決定され、そこに位置することになるハズだ
     
    京太郎「(言わねーけど、藤田プロ。俺のオカルトはへなちょこだぜ?)」


     


    431: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:54:29.42 ID:fv4ydcs1o



     そして、そんな思考を抱えながら京太郎は闘牌を続ける
     一方の京太郎は迷うことなく手を切っていく
     
    京太郎「……(次はピンズを切らないと)」

     靖子の有効牌が3pであると分かった以上、35pは危険だ
     早めに切り捨てるべきである

    アカギ「いや、ツモ切りでいい」

    京太郎「(え?)」

    アカギ「早くしろ、出来るだけ迷い無く打ったように思わせろ」

    京太郎「(は、はい)」タンッ

    靖子「(あの四枚……一体何が隠されている?)」

     見えない京太郎の手を見て、靖子は不安に駆られている
     嫌な予感がひしひしとあの四枚から感じられるのだ

     そんな中の迷い無いツモ切りである
     靖子の思考に影が差すのも無理はない

    靖子「(これは……)」

    【靖子の手牌】4p
     4556p 118888s 567m

     まさかの4p
     ここで8sを切り、6p待ちにする手も考えられた

    靖子「(だがドラ2の8sを切るなんて、考えられない)」

     当然靖子は相手の直撃を覚悟で打つことになる
     ドラを落とすことなど、考えられないからだ
     
    靖子「(だが唯一気になるのは、3pを彼が持っている可能性もある)」

     ツモ切りからの素早い切り捨て
     考えられるのはピンズが無く、清一色や染め手であること

     しかし、そこにピンズが加わっているとなると……話は変わる
     混一色も清一色も無ければ、ただのゴミ手
     
    靖子「(仮にこれで和了られても、痛くも痒くもない)」つ4p

     タンッ

    京太郎「……」

    靖子「(今は須賀君の親番。飛ばない限り、次の機会はある)」

     だが、ここでアカギは確信
     4pを切ったということ、それにさっきの2p切りも踏まえると

     3ー7pを待ちに据えたイーシャンテンといったところ

     つまり、危険牌を整理するなら暗槓する前
     今しかない


    434: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 00:58:49.77 ID:fv4ydcs1o


     そしてアカギも動く

    アカギ「3pだ」

    京太郎「……」スッ つ3p

    靖子「ぐっ!?(まさか、本当に抱えていた?)」

     困惑する靖子
     一方のアカギは、勝利への流れ感じ取っていた

    京太郎「(ツモは……!?)」

     7p

     引き寄せたのは、まともや藤田靖子の有効牌
     圧倒的に見える靖子のオカルトに――ヒビが入り始めた証拠であった


    57p 999s  【222m 678m 4444m】


    アカギ「5pを切れ」

    京太郎「……」5p

    靖子「!!」

     そして二連続で手の内から切った35p
     これにより、靖子は盲信する筈だ

    靖子「!!(こいつ、もしかして私の思惑に気づいて……)」

     そう、もし今の4p直撃でも靖子を飛ばせないとすれば
     恐らく、京太郎の手は相当安い

    靖子「(だから見逃した。もっと高い手を作ろうと……)」

    京太郎「……」

    靖子「(ここに来て、なんて馬鹿な真似を)」ニヤリ

     アカギの思惑通り、靖子は高をくくる
     そして慢心を持って和了を決意するだろう

    靖子「(つまり、今須賀君はテンパイしていない)」ニヤリ

     そんな見逃しをしてしまえば、運の女神も見放すというもの
     その証拠に――靖子が掴んだものは
     
    【靖子の手牌】つ3p
     4556p 118888s 567m

    靖子「(来た来た来た!!!)」ニヤリ

     勝ちを確信する靖子
     だがそれは大きな間違いだった

    京太郎「……」


    438: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 01:02:17.02 ID:fv4ydcs1o


     運命を引き寄せる力
     オカルトによる、絶対的な支配

     何をも恐れぬ、女王の闘牌

    靖子「ふ、ふふっ……ははは……あははははっ!!」

     靖子は笑う
     己の勝ちを確信し、ただ嗤う

    京太郎「……」

    靖子「須賀君、私の勝ちだ」

     ざわ…… 
      ざわ……

    靖子「長かったよ、ここまで。すごくいい勝負だった」

    アカギ「……」

    靖子「だが、勝つのは私だ! この、私なんだ!!」バラッ

     倒される四つの8s
     ドラ8の化物――相手を地獄に誘う死者

    靖子「カンッ!!」

    京太郎「(来たっ!)」

     果たして、自分の読みが当たっているのか
     それとも外れてしまっているのか

    靖子「(ツモッ! ツモツモツモツモツモ!!! 私のチーピン!!) 」

    京太郎「(頼むっ――!!)」


     発 


    アカギ「クク……」ニヤリ

    靖子「えっ……!?」

    久「う、嘘……でしょ?」

     掴んだのは7pなどではない
     あるのは――

     そこに有るはずの無い発

    靖子「う、嘘だ! これは……何かの間違いだ!」

     先程までの余裕から一転、慌てふためく靖子
     だが、それに対して一方の京太郎は笑みを浮かべる

    京太郎「フフ……どうしたんですか?」

    靖子「な、なぁっ……」ブルブル

    京太郎「自分の読みが外れて、大慌てですか?」

    靖子「ち、違う! こんな、こんなハズは無い!」

     靖子には確信があった、必ず7pであると

     しかし、結果は違った
     京太郎の策により、違う牌を掴まれたとも知らず

     ただ困惑するのみ、自分の負けを認められない愚か者
     みっともない敗北者の姿


    京太郎・アカギ「「まるで白痴だな」」

    靖子「!?!?!?」


    442: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 01:04:34.13 ID:fv4ydcs1o


    靖子「な、なぜ……」つ発

     仕方なく発を切る靖子
     他に選択などできるハズが無い

     そして、新ドラが表示される

    京太郎「……」

     一方的な靖子の和了かと思われた
     しかし、そんな絶望的状況を乗り越えた先に――

    京太郎「……ツキの女神は、待っている」ニィ

     3m 

    靖子「!?」
     
     新ドラは――4m

    アカギ「クク……」

     京太郎の手牌が一気に跳ね上がる
     それも満貫確定のドラ4

    京太郎「藤田プロ」


     ざわ……
       ざわ……


    靖子「な、なんだ……?」

    京太郎「考えてみてください。あの局面、俺がどうして早々にカンをしたのか」

    靖子「!?」

    京太郎「別に急ぐ必要も無し、無駄なドラを乗せることもなかった」

    靖子「(まさか、まさかこいつ――!?)」


    446: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 01:08:55.12 ID:fv4ydcs1o


    京太郎「……」

    アカギ「京太郎」

    京太郎「(アカギさん……?)」

    アカギ「……お前の勝ちだ」

    京太郎「(いえ、違いますよ)」フルフル

    アカギ「……?」

    京太郎「(”俺達”の勝ちです)」ニッ

    アカギ「……フフ。ああ、そうだな」


    靖子「あ、ぁっ……」ガタガタ

    京太郎「アンタの探し物は……」つ2m

     バラッ 4444m

    京太郎「カン」スッ

     この運を引き寄せたのは――赤木しげるの狂気の運なのか
     それとも、須賀京太郎の粘りに粘った勝利への執着がもたらしたのか

     答えは分からない

     だが一つだけハッキリしているのは――


     7p


    アカギ・京太郎「「こいつだろう?」」

     バラララッ

    京太郎「ツモ、嶺上開花」


    77p 999s カン4444m カン2222m チー678m 


    靖子「な、なんで……? どうして、そこに……? ありえ、ない」ガタガタ

    京太郎「……」チャッ


     1m


    京太郎「リンシャンツモ、ドラ8――トビです」

    靖子「嘘だぁぁぁぁあ!!!」
     

     この二人――
     どちらも劣らぬ、本物の無頼である



    461: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 01:36:31.09 ID:fv4ydcs1o


    【次回予告】 

    ~~デジタル天使、のどっち編~~


    久「私は、彼に賭けてみようと思うの」

    和「なっ……」

     大会出場を取り消され、憤りを覚える和
     その矛先は勿論京太郎

    和「なら、私が須賀君を倒します!」

     自分の実力を証明し、咲と大会へ進むことを決意する
     だがしかし、そんな和の前に現れたのは――


    アカギ?「……」

                 /|  /|  /|
            /! ///|///|///,|
           /| |.|//// .///  /// |/|
          /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
         /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
    .     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
    .    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|
        l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|
    .   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!
    .   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
       !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l
        `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
          l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
          ! ゙-‐           ,.lト‐'   l  (ムネデケェ……)
    .     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
           !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
           ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\
            ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
             ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
                   |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
               /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
              /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
                //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','

    和「アナタは?」キョトン



     次回
     のどっちVSアカギ……?

     

    京太郎「和の写真を用意してっと……」ゴソゴソ

    アカギ「クク……なるほど、それで4545やろうってんだ」スッ

    京太郎「」

    アカギ「なんでもっとこう、スパッと生きられないかねぇ」

    京太郎「!?」

    アカギ「クク――パイプッシュだ」ニヤリ


     つ づ く


    506: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/09(金) 23:55:48.30 ID:qZCMW0WXo



     京太郎と藤田靖子の闘牌から遡ること数十分前
     清澄高校校長室では、一つの取材が行われていた


    記者「それではもう一度写真いいですか?」

    和「はい。どうぞ」ニッコリ

    咲「うぅ……」グギギ

    記者「あはは、硬いね。もっと自然に笑えるかな?」パシャッ

    咲「が、頑張ります」ニコッ

    和「いい感じですよ、咲さん」クスクス

    咲「ふ、ふふ……」ニコニコ

    和「……」

     全国大会で活躍した宮永咲、原村和への取材である
     それも、大々的な人気の麻雀雑誌への掲載だ

    校長「いやー。素晴らしい」パチパチ

    和「ありがとうございます」

    校長「これで我が清澄高校も安泰だよ。君たち【女子】麻雀部のお陰でね」アハハハハ

    咲「え? 女子、麻雀部?」キョトン

    和「……校長先生?」ジロッ

    校長「あ、いやっ! なんでもないよ、あははっ!」

    咲「???」

    和「もう終わりですよね? では私達は失礼します」

    校長「あ、ああそうだね。ありがとう」

     ガチャ バタン

    和「……ふぅ」

    咲「和ちゃん、さっきのどういう意味だろう?」

    和「さぁ、校長先生の何か勘違いでは?」

    咲「そうだよね。酷いなぁ、京ちゃんだっているのに」プンプン

    和「……」

    咲「それじゃあ和ちゃん。私、もう行くね」

    和「どこかに行くんですか?」

    咲「うん。ちょっと京ちゃんを捜しに」

    和「須賀君を……ですか?」

    咲「最近全然話せてないから、えへへ、少し話したいなって」モジモジ

    和「……須賀君も、喜ぶと思いますよ」ニコッ

    咲「そ、そうかなぁ……//」

    和「では……私は先に帰ります」

    咲「あ、うん。また明日だね、和ちゃん」

    和「はい。では、また明日――」

     タッタッタッタッタッタッ

    和「……」


    508: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:04:41.78 ID:UgzkO2sZo




    和「……」

     清澄高校一年、原村和
     元インターミドルチャンプで、今年はインターハイにて好成績を残す

     両親は弁護士と検事
     その恵まれた美貌に、常人離れしたスタイル
     
     成績優秀、品行方正

     彼女を知る者は誰もが溜息を吐きたくなるほどの完璧超人
     
     それが――
     原村和であった


    和「……」スタスタ

    男子A「は、原村さん……// さようなら」デレデレ

    和「はい、さようなら」ニコッ

    男子A「うひょぉぉぉ!!」ダダダッ


     テメェナニハラムサントハナシテンダ! シネッ!
     ドガバキッ!  ギャァァァア!


    和「……」

     アーハラムラサンダー  カワイイー
     スタイルイイヨネー  ウラヤマシー

     ナカヨクナリタイナァー ホントホントー

    和「……」ニコニコ

     常に、誰に対しても笑顔を崩さず
     全ての人に癒しを運ぶ少女

     人々はこぞって彼女を慕い、応援する

     中には狂信的なファンも多く――親衛隊のようなものまで出来る始末だ

    和「……」スタスタ

     恵まれた存在
     人々がおおよそ望む、全ての幸福を詰合せたような――そんな人生

     その余りある幸福の中にあって、彼女にはただ一つだけ

     欠けているものがあった


    和「……」ギリッ
     

     それが――
     今回の騒動を引き起こす、キッカケとなる


    509: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:14:26.78 ID:UgzkO2sZo

     
    <<第三話 ~~ノドカ~~>>

    【京太郎の部屋】

     藤田靖子との対局の後、京太郎は帰宅していた
     というのも、出された宿題や次の日の予習――学生にはやることが多々あるのだ

     それに宿題を忘れればそれを口実にどんな嫌がらせをされるか分かったものではない
     弱みを作らない為にも、京太郎は優等生にならなけばならないのである

    京太郎「……」カリカリ

     その――

    アカギ「……」ジィー

    京太郎「……う、うぅ」

     ハズだったのだが

    京太郎「だぁぁぁ!! 集中できませんよ!!」

    アカギ「あらら……」

    京太郎「なんで、ついて来てるんですか!?」

     というのも、発端はあの靖子との一戦の後
     帰宅する京太郎の後ろを、アカギがずっと付いてきたのだ

     そしてそのまま家に上がり、部屋まで入り
     今じゃベッドに寝転んでくつろいでいる有様である

                    __ィ ニ ミy ニ 三 ミ、
                , z  二,三 : : : : : : : i! : : : : : :`ヽ
              ´   < : : : : : : : : : : :',: : : : : : : : :ミx
                / : : /: : : : ::γ: : : : ',: :ヽ: : : : :∧
                ,イ: : : :イ : : : : : ::/: : : : : : : : : ヽ : : : :ミ、
               〃 : : /: ,,イ: : : : :,': : : : : : : : : : : : ∨: : : :ミ、
              イ :ィ: ;イ: :i!: : : : : :{: : : : : : : : :!,: : : : :',: : : :∧
            / オ: / { : i! : : : : : i!: : : : : : : : |∨:ミ、: :ト 、: ::∧ ヽ
         / ´ {!:/ : i! /! : : : : : i|: : : : : : : : :! ∨:Y    ィ メ、 .!
             |/ : : i/: ! : : : : : i|:: : : : : ::λ| 〃  ,イツ  ヾj、 |
             λ: : r'ヘλ: : : : /i从 : : : : { jリ ′ 〃 - '     Y
             / }: : !、r ⅴ: : : i!: : ',  ,, =ー 、         iヽ
              从リ- テ.':ヽ: : i!ーソ´  セツ ラ ヽ        !  ィ= = = 7≧=-
            ' | '  リハi!: 川リ: :≧ ´ー   ´   :.     , イ  .:   .∨////////´
              ヽ   j! \:∨从:  ≧       ー ‘   シ  .::   ∨//////7777
               ∧     ヽ    ー┬≧    ー   _´  /::    ∨///〈////
                  ',       |}     イ   ヾ!≧=-, ヘ.  イ:::      ≦=ァⅴ//
                   }、   /   ァ ´ _ , ≦ > ´//∧/≧ュ、   _ ,イ    ̄≧
               / ミー  ィ  {′,イ>=<////////∧ー、/ハ二 ___
                 /        ,' r' ィ//////>、77777て’/////////////\
             /       ,' ,从/////////≧ュ//////////////////// ,ー
               /          ,'rf/////////////∧//////////////////////
            /        .ハ///////////////,∧/////////////////////
           ./           ///////////////////ハ _///////////////////
            ,イ       / {77/ /≦ 、//////////,'}////////////////////
         /          i――=<//\///////,イ/////////////////////
        ,/          /   !      \/∧///,////////////////////////
         i!        〃   i!      ∨,∧//////////////////////////
         |       ''    j!        ,イy´ ヽ ////////////////////////
         i!          /      /     ≧=- 、///////////////////
        |          イ     ...::             ヽ /////////////////
        i!       /    , <              \///////////////
        |       ´   イ
        ゝ、   ,  -=≦

    アカギ「クク……そう怒るなって」

    京太郎「家に帰ればいいでしょ!」

    アカギ「おいおい、忘れたのか? 俺は記憶喪失なんだ」

     つまり、帰る家も分からない
     どこに行く宛も無いというわけだ

    京太郎「いやいや! お墓があるでしょ! お・は・か!」


    512: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:27:54.80 ID:UgzkO2sZo



     幽霊であるならお墓に帰るべきだ

     というかどうやってあの世からこっちに来たの?
     どうして俺のとこなの?

     聞きたいことは山ほどある 

    京太郎「あの……そもそも、どういう経緯でここまで?」

     それが一番の気になるところだ
     幽霊はお風呂のぞき放題だとか、そんな姿でも性欲はあるのかとか
     色々と聞きたいことはあるがまずはそこ

    京太郎「教えて、くれませんか?」

    アカギ「……ま、話してやるか」

     この時アカギ、意外に素直

    アカギ「アレは――」


    【数日前 赤木しげるの墓】


     それはいつからの事なのか
     
    アカギ「……」

     アカギは気が付けばそこに存在していた

    アカギ「……?」

     見渡せば墓石が立ち並び、ここが墓地であることはひと目でわかる
     そして――自分の目の前にある【赤木しげる】の墓石

    アカギ「クク――なるほど」

     それは、記憶の奥底で覚えていることなのか
     それともただの直感なのか

    アカギ「赤木しげる……それが俺の名か」

     目の前の墓が自分のものであると、理解することができた
     
    アカギ「化けて出たってわけだ」

     微妙に透けた身体
     おぼろげな記憶

     そんなまどろみのような存在として、アカギはそこに存在した

    アカギ「さて、どうしたもんかね」

     どうしてそこにいるのかは、別にどうだっていい
     過去の事に縛られても――そこには何の価値も無い
     
     だが、問題はこれからのこと

    アカギ「……」

     記憶がなければ行く宛も無い
     何をする気も起きない


    513: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:39:55.30 ID:UgzkO2sZo



    アカギ「……」

     そこでアカギの取った行動は待機
     その場で留まることを決意する

    アカギ「……ま、いろいろあるしな」

     墓前に備えられた栄養ドリンクやタバコ、その他様々なお供え物
     物には物理的干渉できないアカギだが、なぜかこれられには触れることが出来た

    アカギ「クク……」カチッ

     スパスパ

    アカギ「フゥー」

     タバコを吸いながら、ぼーっと空を見つめる
     目的も無く、これからどうするか

     一度死んだ身に、何ができるのか
     
     命の重みも実感できず、”あの”胸の焼け付くような戦いも出来ないのだ

    アカギ「……あの?」
     
     思い出せない
     だが、確実に心の中に眠っている

     勝負を求める――狂気の魂

    アカギ「……」

     だが、今となっては無力
     例えどれだけの才能があろうと、力があろうと

     体が無くては何もできない
     生を実感することも――不可能

    アカギ「クク……お手上げだな」

     半ば諦めのような気持ちもあった
     だが同時に――期待もある

    アカギ「……」

     ここで待っていれば、何かが変わる 
     そんな――予感



    ~~~~~~~


    ひろゆき「……ヒック、赤木さん」スタスタ

    天「……」ゴシゴシ


     その数日の間
     時々は誰かがやってきて、墓前で手を合わせていった


     顔も知らない、でもどこか懐かしい面々ではあったが――
     誰ひとりとして、赤木に気付くものはいない


    アカギ「……」


     アカギは待った
     そこから動くことはなく、ただずっと
     


    514: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:49:57.16 ID:UgzkO2sZo



     オレが望んだもの……
     それは変化だった……

     全てをひっくり返すような変化だ
     生まれ変わるほどの……

    アカギ「……」

     この死ぬよりもつまらない退屈
     それを全て吹き飛ばすような――そんな変化

    ひろゆき「それでですね、赤木さん。今日は――」ゴクゴク

     ほぼ毎日のように顔を見せるこの男の戦勝報告でもなく
     ただもっと――

     もっと自分を満たすような狂気の闇
     勝負への渇望

     誰でもいい

     このくそったれな空気
     流れを……変えてくれっ……!

    アカギ「誰もいい……魔でも……!」

     神でも――!!

    ?「……」ソローリ

     ジャリッ

    アカギ「!?」

     それは――

    ひろゆき「お前、この男に用があるのか?」
     
    京太郎「えっ?」ドキッ

     それは――今や枯れ果て
     とうの昔に失った――熱いなにか


                        _,.. -- 、__, 、___
                  ⌒> ´  ´  ヽ  `ヽ、
                    _,.   ´  ,  , 、   | 、 、 ヽ
                    ̄7  / / 从  、 |  |  |  :.
                     /イ / /l/  | | | l}从}  |   {
                   _/_ { 从ヽ、 { | |/ イ´∨}  :
                     ̄´ {∧ { ○ 从{  ○ }'⌒}、{
                     {从         r-く| \
                         叭   __   八}イ
                       、 └―┘ ィ/∨
                      「¨>-- rく「 ̄ }
                 , ------ ∨_」   :, ∨]/|ィ¨7ー-- 、
                   ////////「//| ー- 」 }ヽ// ///////}
                    {/{////// \∧ r'  ヽ }' {///////
                    |l∧////////Ⅵ,〈      | |///////|
                    |/∧/////////|l∧     ,l |///////|
                    |//∧/////////() \//∧}///////

    アカギ「……待っていた」ザッ

     自分には分かる
     自分がここにいたわけ、その理由――

    アカギ「お前だ、お前を待っていた」

     
     それは――同類を嗅ぎ分ける、直感だったのか
     それとも――魔物が引き寄せた運命のイタズラか


    アカギ「クク……」

     こうして、二人は出会ってしまったのである


    515: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:55:24.48 ID:UgzkO2sZo



    ひろゆき「……まだガキだな」

    京太郎「ど、どうも……」ペコリ

    ひろゆき「見ろよ、この人の墓」スッ

    京太郎「え?」

    ひろゆき「墓石の欠片をガリガリ削られて、今じゃこんなに小さくなっちまった」

    京太郎「そ、そうですね」

    ひろゆき「しかしそれも数年前までの話だ。今じゃ、誰もこの人の墓を削ろうなんてしねぇ」

    京太郎「……」

    ひろゆき「……お前は、コレが欲しいのか」

    京太郎「……はい」

    ひろゆき「そうか。素直な奴だな」ハハハ

     二人が話し込んでいるのを尻目に、アカギはただじっと少年を観察していた
     そのオーラ、身に纏う無頼としての格

    アカギ「……」

     てんでお話にならない
     そこいらの小学生でも、もっとセンスのいいものはいるだろう

    ひろゆき「お前、麻雀か?」

    京太郎「っ!?」

    ひろゆき「その反応、図星か。ガキだからそんなことだろうと思ったけど」

    京太郎「……」

    ひろゆき「……お前は、どうしてここに来た?」

    京太郎「そ、それは……」

    ひろゆき「強くなりたいのか?」

    京太郎「……」コクッ

    ひろゆき「……そうか、強くなりたいか」トオイメ
     
     ひろゆきも先ほどのアカギと同じように京太郎を品定めする
     結論は同じ
     てんでお話にならない

    ひろゆき「やめておけ、ろくなことにならないから」

    京太郎「なっ!?」

     だが、この時アカギには確信があった

    アカギ「……」

     この少年には何かがある
     必ず、自分の求めている何かが――


    516: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 00:59:53.11 ID:UgzkO2sZo




    ひろゆき「俺も長くこの世界にいる。分かるんだよ、そういうの」

    京太郎「なんでそんなことを、アンタに言われなきゃいけないんだ!」

    ひろゆき「……ごもっとも。だからこれはただの忠告」ザッ

     去りゆくひろゆき
     その背中を見て――アカギはなぜか、自分でもよく分からないが

    京太郎「あ、あのっ!」

    ひろゆき「俺はひろゆき。井川ひろゆきだ」

    アカギ「ヒロ……」ボソッ

     呼び止めていた
     その男を、顔も覚えていないその――かつての”仲間”を

    ひろゆき「(今の、声……)」ドクン


        |`/|  /〃    /  ,/\      ゛     ゙  }: : :.i
        |/ .|`/'i リ 〃/i〃/   \∧゛:}   {\ ゛_.: : : :|
            |/ |:∧}八} | ./     ヽ \\: : : : : : : 、: : |
            }ハ ___ レ′      >-ヽ 丶、: :}: : : : :|
             '∧ヽ弋ゥ、    ∠ _____ i: :i⌒ヽ: :|
              {ハ  ー-/     弋^“´ _. イ |: :|爪 |: :.|
               i  :/        ̄     .|: :|じ リ: :.|、
               '  /             }_ノ.イ: : : ハ
                ∨  .. -‐-        ノ、i: : ' : : } i
                   'ヘ´ ‐- .._ __,     / :∨: i:.:/ .|
                        __    /     ',: :/  l\
                 ∧  ヽ::::ノ   /        ∨   |  \
                / .∧      /         /    .|
               /   / 丶_ . イ           /     |
              /   ./       }          /      .|
          /      /      |        ./       |
          /       /        :|       /        .|
    アカギ「クク……またな」

     聞こえているわけがない
     アカギ本人もそう思っている

     しかし――それは運命の数奇なイタズラか
     それともただの幻聴だったのか

    京太郎「ひ、ひろゆき?」

    ひろゆき「……なんでですか?」ボソッ

     ひろゆきの胸にはしっかりと――

    ひろゆき「どうして、今さら……化けて出てくるんですか?」

     アカギの言葉は届いていた



    517: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 01:05:35.63 ID:UgzkO2sZo



     こうしてひろゆきと別れた後
     京太郎は目的を果たす為にカナヅチを取り出す

     墓石を手に入れようというのだ  


    京太郎「……」ググググッ

    アカギ「……」

     一方でアカギの方は、この少年にどう接触するべきか悩んでいた
     話しかけることも触れることもできない
     
     この状況ではさしものアカギもお手上げである

    京太郎「俺は!! 俺の力を信じる!!」

     そんな最中、京太郎が一大決心とともにアカギの墓を殴りつける
     すると――

    アカギ「!?」バキィッ

     突然、横っ面を殴り飛ばされたようにアカギが転倒する
     その衝撃は――重く、アカギの心にまで響く一撃であった
     
    京太郎「……はぁっ、はぁっ」

    アカギ「……クク、やってくれるな」

     フラフラと起き上がり、京太郎を睨み上げるアカギ
     すると、そんなアカギに呼応するかのように――

     パキッ

    京太郎「……え?」

     パキキキッ……

     パキィィンッ……!!

     カランッカランッ!

     墓石の欠片が、京太郎の前に転がり落ちたのである

    京太郎「欠けた……?」

    アカギ「あらら……」

    京太郎「……赤木さん」スッ

     京太郎はそれを、アカギからの餞別だと勘違いしたのか
     ゆっくりと拾い上げる

    京太郎「貰っていってやるよ」

     そして、深々とお辞儀をし――
     あらん限りの声で叫ぶ
     
    京太郎「……ありがとうございましたっ!!」ペコッ

    アカギ「……」


    518: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 01:15:26.40 ID:UgzkO2sZo



     そうして、京太郎は早々と帰っていく
     対するアカギはその後ろからバレないように付いて歩いている

     というのも、先ほど京太郎が墓の破片を手にしてから
     なんだか急に体が重くなり

     今までのふわふわとした感覚が無くなっていったのだ

    アカギ「……」

     今の自分は、目の前の少年に近くされる
     漠然とだがアカギはそれを理解していた

    京太郎「ふんふ~ん」テクテク

     だからこそアカギは後ろを歩く
     この少年を見極める為に――

    アカギ「フフ……」


    ~~~~


     そうして長野まで付いてきたアカギが目にしたのは、
     学校内で虐げられる京太郎の姿であった
     
     理不尽な暴力、嫌がらせ

     しかしそれに不満を言わず、ただ辛抱する

     馬鹿そのもの生き方
     他人のことばかり気にして、自分のことを考えない愚か者

    京太郎「うっ……くっ……ちくしょぉ」ポロポロ

    アカギ「……」

     なんてことは無い
     この男は優しすぎるのだ

     無頼として生きるには――不要な甘さ
     
    アカギ「やれやれ」

     現状では、この男には何も価値が無い
     自分を満たすような存在には到底思えないのだ

     しかし、それでもアカギが京太郎を見放さずに付いて回るのは――

    京太郎「……だけど、明日で変わるんだ!」ギリッ

    アカギ「クク……それでいい」

     瞳の奥底に僅かにくすぶる……勝負への執念
     勝ちへのあくなき執着

     それこそが、アカギが最も求めているものであった


    519: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 01:26:24.51 ID:UgzkO2sZo



    【現在 京太郎の部屋】


    京太郎「つまり……オレが面白そうだから付いてきたってことですか?」

    アカギ「フフ……分かってるじゃん」ニヤリ

    京太郎「なんじゃそりゃぁあぁ!!」

     そんな映画を見に行こう的な感覚で言われても
     こっちは困っちゃいますって!!

    アカギ「ま、いいだろ別に。減るもんでないし」

    京太郎「なんで幽霊と同棲しなきゃならないんですか!?」

    アカギ「中々出来ない経験って奴さ」

    京太郎「そういう問題じゃないでしょ!」

     ズキズキと痛くなる頭を抱えつつも
     京太郎は続ける

    京太郎「俺について来て、アカギさんは結局何がしたいんですか!?」

    アカギ「……」

    京太郎「……」


    アカギ「そうだな……もう一度、満足の行く勝負をしたい」


    京太郎「えっ?」

    アカギ「……心を満たすような、身を焦がす命懸けの死合だ」

    京太郎「……」ゴクッ

     アカギの言葉はまるでとんちかんであったが、
     なぜか妙な重みがあった

     それは――冗談でもなんでもなく
     間違いなく本気の一言であると、京太郎は理解していた

    アカギ「クク――だが俺はものに触れないんでね。必要なのさ、お前が」

    京太郎「ひぃいぃぃ!? 体を奪われるぅぅぅぅ!?」ズザザザッ

    アカギ「あらら……」

    京太郎「というか命懸けの勝負ってなんですか!?」

    アカギ「そりゃ……負けたら死ぬってことだ」

    京太郎「もう死んでるじゃないですか!!」

    アカギ「だから――」

    ./:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ
    {:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |
    ;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、
    ;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::}
      |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/
      |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/
      |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/
      |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/
      |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_
      |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
    、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
    ──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
    ___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
    圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
      . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三
     . ..:.:.:.:.:/.::::::::::::. :. :|三三三三三三;三三三三三三三三

    アカギ「京太郎――お前でいい」


    522: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 01:40:18.30 ID:UgzkO2sZo


    京太郎「え? それは俺に死ねと言っているのでしょうか?」グギギギ

    アカギ「クク……ま、遠からずってとこかな」

    京太郎「」

    アカギ「だが、今のお前じゃまだまだ弱い」

    京太郎「そ、そりゃアカギさんに比べれば弱いですけど……」ブツブツ

     策略や運
     その全てが桁違いだったアカギ

     それと比べれば京太郎など、吹けば飛ぶようなものだ

    アカギ「だから――しばらく見ていてやるよ」ゴロン

    京太郎「え?」

    アカギ「お前は強くなりたい。俺はお前を借りて勝負したい」

     ただそれだけ
     アカギにしてみれば、京太郎の死は自分の死に等しいのだから
     
     それで十分に熱い勝負が出来ると踏んでいた

    アカギ「お互いに目的を果たせるってわけだ」

    京太郎「た、確かにそうですけど……」

     アカギの闘牌を間近に感じ、ともに戦う
     今日一日だけでどれほど勉強になり――成長することができたか

     一目瞭然だった

    京太郎「……」

    アカギ「……」

    京太郎「アカギさん。一つだけ、いいですか?」

    アカギ「ああ、言ってみろ」

    京太郎「確かに俺は強くなりたいし、実際に今はアカギさんに敵わないでしょう」

    アカギ「……そうだな」

    京太郎「だけど、だけど俺は強くなりたい。誰よりも――アナタよりも!」

     そう、誓ったんだ
     自分のチカラで赤木しげるを越える
     
     それが俺の目標なんだ

    京太郎「だから――いつか俺と勝負してください」

    アカギ「!」

    京太郎「……そして、必ずアカギさんを満足させて――成仏させます」

     それは――いずれ果たされる約束

     京太郎は命を――アカギは魂を――
     
     それぞれが求める、夢の果てにあるもの
     胸焦がし、喉がひりつくような熱い勝負の先――


     神(魔)の一手を巡る戦いの始まり


    京太郎「俺は――アナタを殺す」ニィ

    アカギ「クク……面白い。やってみろ」ニヤリ

     アカギと京太郎
     その長い死闘の火蓋は今、切って落とされたのである


    549: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:04:58.51 ID:wNxDkFVio




     須賀京太郎と藤田靖子の闘牌を終えたRoof-top
     そこでは一時的に盛大な、お祭り騒ぎが起こり――場を賑やかせていた

     全く無名の高校生がプロ雀士を下す
     それも――完全に実力を上回る打ち筋である
      
     人々は口々に噂し、Twitterや2chにその情報を流す

     やがて、その噂は妙な現実味を帯びて語り継がれることになる


     あの【神域】の再来が現れたと


    靖子「……」


     卓に突っ伏したまま、一言も発さずに微動だにしない藤田靖子
     今、彼女の胸を巡る想いはどのようなものなのか

     誰にも分からない
     きっと、このプロ雀士本人にも――ずっと


     ざわ……
       ざわ……

     
    久「……」

     そんな喧騒の最中、頭を抱えている少女がいた
     
    久「全く、どうしたものかしら」

     ある意味ではこの騒動の発端となった存在
     清澄高校麻雀部部長、竹井久である
     
    まこ「……あれが、京太郎じゃと?」

    久「何が言いたいのー?」ハァ

    まこ「わしゃ……アレが京太郎とはとても思えん」

    優希「……同感だじぇ」

     途中まではよかった
     正直、よく飛ばなかったと驚いた程だ

     そしてあの5pを切っての和了に至っては
     その瞬間――京太郎に麻雀をさせるべきではないか、そう考えたほどである


    551: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:12:22.43 ID:wNxDkFVio


     しかし――
     藤田靖子が現れてから、須賀京太郎は変わった

    久「まるで鬼神ってとこかしら――」

     大三元のイカサマ、中の二連打切り
     靖子の目的を見抜いての和了の見逃し――

     そして極めつけは決着の一撃となったあの和了

    久「まさか、”まくりの女王”のまくりにカウンター決めるなんて」

     まるで理解できない
     自分達にいいようにやられていた須賀京太郎からは、到底信じがたい闘牌

    優希「なんだか京太郎が怖い。今までのアイツじゃなくなっちゃったみたいで……」

    まこ「優希、やめんか」

    優希「で、でも!!」

     今にも泣き出しそうな顔で、優希は縋り付く
     対するまこの顔色は伺いしれない

     それは、彼女なりの必死のやせ我慢であったのかもしれない

    まこ「……そもそも。わしらの知ってる京太郎とはなんじゃ?」

    優希「えっ?」

    久「……」

    まこ「いつも明るくて、雑用を嫌な顔せず引き受けて、スケベで、麻雀も弱い……」

    久「……他は?」

    まこ「……」フルフル

    久「優希は、分かる?」

    優希「や、優しくて……私のわがまま、聞いてくれて、それで、それで……」ジワッ

     思い浮かばない
     半年近くずっとそばにいたのに――自分達は一体京太郎の何を知っていたのか?
     
     知ったつもりでいたのか

    久「所詮、それくらいなのよ。私達が知っていることなんてね」

    優希「……」ガクッ

    久「彼がどんな風に強くなったとか、今の私達にどんな想いを抱えているか……何も分からないわ」

    まこ「ああ、そうじゃな……」ウツムキ

    久「でも、一つだけハッキリしてることがあるわ」

     須賀京太郎は以前の素人ではない
     経過はどうあれ、今の彼は魔物――

     恐らくは自分達よりも遥か高みにいる


    久「私達は負けたのよ」


     竹井久は覚悟を決めた
     何があっても、彼を――須賀京太郎を守りぬく

     それが自分の――最後の仕事であるのだと


    553: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:17:30.84 ID:wNxDkFVio




     原村和が竹井久の呼び出しにより、Roof-topに着いたのは日が沈見かけた夕暮れであった
     大事な話があるから来て欲しい

     そんな簡素な呼び出しだけに、和はどこか嫌なものを感じていた

    和「……」

     ただでさえ、気の滅入るような取材を終えて帰宅したばかり
     正直気は進まなかったが、無碍にするわけにもいかず


               ,、  ─ -  _
        ┌::-/      ┌:Y´::7
        {::./     /   ヽ V:::}:::::}
        ,Y  1 l lj ! !V } Y'::`く
        く::! ィ, N升卅从卅代ノ;イト'
          `ヽN 〔厂 '  〔厂 l  | l
            i| '、       ノ  1 ト、
            /jj `ー  ニ ‐,´ l  | ヽヽ
         〃/  レ:´:.{  }:.:.:Y l| l V
         V {  ト:;\i /::/ ∧ l {
          ハ l !\><:∧/  }  〉
          V 1Y    〉く   } | ./′
           Y{   /:::::i    j |'′
            | ヽ {::::::::l  〈  |
             |  {  {::::::::l  {  |

     こうやって、出向いてきたのである

     ガヤガヤ ザワザワ

     店の前まで来ると、店内は異様な熱気に包まれていた
     またあの日のようにコスプレでもさせられるのか

     そう思うと沈んだ気持ちが更に沈み込んでいくのが分かる

    和「……」ハァ

     和は意を決し、扉を開く
     そこで自分の想像を越えた出来事が


    555: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:21:28.48 ID:wNxDkFVio


    久「和、大会の出場を諦めてくれる?」

    和「はい?」

     店内に足を踏み入れた和
     彼女を待ち受けていたのは、久の唐突な発言であった

    和「え? えっと……状況が掴めないんですが?」

     和は困惑に支配されながら、必死に理解しようと務める
     部長は以前、確かに咲と和

     この二人を大会に出すと言っていた

     その決定を覆すということはつまり、出場する選手が変わるということ

    和「もしかして、部長が出るんですか?」

     和が出した結論
     それは至極、理に適った考えである

     今年引退の竹井久が出場したいと思うのであれば、自分の辞退もやぶさかではない 
     それに――元々出たかったわけでものないのだから

    久「……いえ、別に人よ」

    和「え? じゃあ……染谷先輩でしょうか?」

     次点で可能性があるのが染谷まこだ
     来年度の部長でもあるし、経験を積むことはいいことだ

     和も彼女になら代表を譲るのに抵抗はない

    まこ「……違う」

    和「えっ……?」

     そうなると、残っているのは片岡優希
     確かに実力は評価しているが、自分ほどではない

     しかし、来年からの成長を考えているのだとしたら――
     これも部への貢献となるだろう

    和「分かりました。ゆーきの為でしたら――」

    優希「ううん、のどちゃん。私でもないじぇ」

    和「はい?」

     そうなると、一体誰が残るというのか
     新しく誰かが入部した?

     それならばいくらか合点も行くが複雑な心境だ
     自分たちが必死になって手に入れた代表の座を、部外者に明け渡すなど

    久「須賀君よ」

    和「……はい?」

    久「須賀君が、和の代わりに出場するの」

    和「え……?」キョトン


    559: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:30:00.17 ID:wNxDkFVio


     スガクン……?

     すがくん

     須賀君

     須賀京太郎君

     同じ麻雀部員だった少年
     優しく、雑用をよく引き受けてくれていたあの須賀京太郎


    和「あの、須賀君ですよね?」

    久「ええ……そうよ」

    和「本気ですか!?」

     和が声を荒げるのも無理はない
     それは何も、須賀京太郎の実力を軽んじてのことではなく
     
     ただ純粋に――彼の身を案じてのことだ

    和「もし今そんなことになったら――」

    久「ええ、そうね。特に和――アナタの親衛隊、黙っちゃいないでしょうね」

    和「っ……」ゾワッ

     思い出しただけでも身の毛のよだつ集団
     あの気持ちの悪い男達の集まり――


     あんなもの、欲しくもなんともない


     ただただ、気持ち悪いだけ
     見られているだけで、声をかけられただけで――背筋が凍る
     
     そんな――頭のおかしな連中が、存在しているのだ


    和「そう……ですよ、あの人達にまた――酷い事、されてしまいますよ?」ブルブル

    久「そうなるかもしれないし、ならないかもしれない」

    和「そんな無責任なっ!」

    久「……私はね。別に今更善人ぶるつもりも、取り繕う気もないわ」

    和「!?」

    久「私は自分の夢の為に須賀君を利用したし、そこに後悔は一切無い」

     断言
     その瞳には、本当に迷いや後悔は無いように見て取れる


    562: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:39:14.23 ID:wNxDkFVio


    まこ「部長、それは少し言い過ぎじゃ……」

    久「まこ、別に言い訳しても仕方ないし、結果的にそうなった以上認めるわ」

    まこ「……」

    和「じゃあ、どうして今更須賀君に?」

    久「……見たくなったのよ」

    和「えっ……?」

    久「私達が勝手に決めつけていた須賀京太郎という男のイメージ……その真の姿を」

    和「??」

     和にはまるで意味の分からない言葉だった
     須賀京太郎は須賀京太郎

     それ以上でも、それ以下でもない

     麻雀は弱く――雑用しか取り柄がない
     優しさはあり、優希も懐いていて好青年だとは思う

     しかし、自分はあまり好きではなかった
     感謝こそしているが――所詮彼も他の男と同じ

     自分をいやらしい目で見ているだけでの、男にすぎなかった

    久「和、あなたのイメージはきっと当たっていると思うし。事実よ」

    和「……」

    久「でもね。目に見えるものだけが真実じゃない、私はそう思うわ」

     和には分からなかった
     なぜ久がこんなにも須賀京太郎を過信しているのか

     どうしてここまで言い切ることが出来るのか

    和「ですが、それと大会と何の関係があるんですか!?」

     折角、落ち着いてきたばかりだというのに
     あれだけ殺気立っていた連中も最近は影を潜め――

     今では大したこともしていないと聞いていた

     咲の耳にも入っていないことからも分かるように、
     このまま須賀京太郎が部活を辞めるだけで全て上手く行くハズだった

     それなのに――
     なぜ、なぜ掘り返そうというのか

    久「私は、彼に賭けてみようと思うの」

    和「賭ける?」

    久「須賀君が――優勝することに」

    和「なっ……」


    571: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:49:19.01 ID:wNxDkFVio



     和はますます分からなくなる
     あの須賀京太郎が優勝?

     県予選ですらまともに戦えなかったあの少年が?

     全国の強者やプロを退けて優勝する?

     そんなオカルトありえない

    和「……分かりました」ワナワナ

    久「和……?」

    和「つまり部長は、私より……須賀君の方が強いと、仰りたいんですね?」キッ

     屈辱だった
     それは別に須賀京太郎がどうとか、そういうことじゃない

     今までずっと麻雀を打って来て――辛い想いもたくさんして
     共に全国大会を勝ち抜いてきた仲間から、一方的にこんなことを言われるなんて

    久「……ええ、そうよ」

    和「っ!?」

    まこ「部長」

    久「事実だもの。いずれ分かるわ」

    和「っ……それが、答えですね」ワナワナ

    優希「の、のどちゃん……」

    和「染谷先輩も、ゆーきも……同じですか?」

    まこ「……」コクッ

    優希「……うん」ポロポロッ

    和「……」

     裏切られた、という気持ちよりも
     ただただ虚しかった

     自分が信じていた絆というものが、あっさり砕け散ったかのようにも思えた

     こんなにも、自分達の関係は儚いものだったのだろうか

    和「……決定した以上、私に異論はありません」

    久「和、ごめんなさい」

    和「ですが、まだ大会までは日がありますよね?」

    久「え?」
     
    和「なら、私が須賀君を倒します!」


    572: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 21:53:47.74 ID:wNxDkFVio



     それは果たして――
     誰に対する挑戦であったのか

    和「そうすれば、また考え直していただけますね?」

     どういう経緯で奪われたのか、それはどうでもいい
     ただ結果として、自分が彼よりも強いと証明できればいい

     そうすれば――全てが丸く収まるのだから

    久「……ええ、いいわ」

    まこ「部長!」

    久「でも、和。一つだけ忘れないで」

    和「……なんでしょうか?」

    久「私達の絆が壊れたって、思ってるんでしょ?」

    和「っ!」ドキッ

    久「でもね、それは違うわ」

     久はゆっくりと息を吸い込み
     体を震わせながら、消え入るように吐き出す

    久「元々、完成していなかったのよ。だって、私達六人で麻雀部じゃない……」

    和「!!」

    久「……ピースが足りてないパズルが、完成するわけないのにね」

    優希「うっ、うぇぇっ……」グスッ

    まこ「……」ギリッ

    和「……」


     その問いかけは果たして、和に対するものか
     それともまこや優希に向けられたものなのか

     あるいは――


    久「……ごめんなさい」ウツムキ


     自分に向けられた言葉だったのかもしれない



    573: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 22:04:53.64 ID:wNxDkFVio

     
    【和の寝室】


     Roof-topでの話し合いから数時間が経ち、月が綺麗に輝く夜空

    和「……」

     和は部屋の窓を開け、静かにその星空を眺めていた

    和「どこで、ズレてしまったんでしょうか」

     和は思い返す
     まだ麻雀部に咲がいなく、優希と京太郎が馬鹿騒ぎを繰り返していた日々

     そこに咲が加わり、大会への目標を誓い合って
     それでみんな必死に努力して、頑張って、戦って

     やっとの思いで優勝した

     しかし、気が付けばそこに須賀京太郎の姿は無くなっていた

    和「……」

     別に彼が嫌いなわけではない
     むしろ――自分がこれほどに仲を保てる男友達など彼を除いてはいないだろう

     
    和「……っ!?」ゾクッ


     だが、ダメなのだ
     気づいてしまったから

     理解してしまったから――

     周りが自分をどんな風に見て、どんな対象として触れようとしてくるのかを


    和「はぁ、はぁっ……」ブルブル


     男はみんな同じ
     自分の事を性愛の対象くらいにしか思っていないのだ

     それはきっと――あの須賀京太郎も同じ

     だから、だからこそ


    和「負けられません……男にだけは」カチカチカチカチ


     身を凍らせるような恐怖の中で、和はただ一人耐える
     自分を守る為に――

    和「うぅっ……くっ……」ゴシゴシ


     好きだった可愛らしい衣装も――
     今ではもう着られない

     自分を【見られる】ということに、耐え難い苦痛を感じる日々


    和「咲さん……ゆーき……助けて」ガタガタ

     
     唯一の心の支え――
     それは奇しくも、揃って別の方を向いている

     
    和「須賀、くん……」


     和にはもう、何が正しくて
     何が間違っているかなど、分かるハズもなかった



    579: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 22:13:49.77 ID:wNxDkFVio


     一方その頃京太郎はというと――

    【京太郎の部屋】

     お風呂上がり、体が火照っている至福のひと時
     心地よい睡魔に誘われるようにベッドに転がりこむ

     そして――その布団の心地よい感触に身を委ねながら……

    京太郎「……よし

     決意する

    京太郎「(今日は和で抜くか)」ガサゴソ

     自家発電準備っ……!! 圧倒的っ……自家発電っ……!!

    京太郎「和の写真を用意してっと……」ゴソゴソ

     ベッドから飛び上がり、机の引き出しから和の写真(引き伸ばし)を取り出す
     そしてティッシュボックス(ウェット)をセット
     誤爆の無いようにズボンとパンツを脱ぎ捨て、ベッドに再び腰掛けて終了――


     この間二秒弱

     数万回としてきた動きだ
     よどみはない


                _,...---、_,.、
               / : /: : / : : ヽー-、
                /. : :, !: iハ!/メ、.i | \
                イ : :{ ヽN  'i:!/!人iヽi
             _1: : :i(    _ 丶:\
            /   `Yリヽ   '、_)'´!`ー`
          /:::..     |  ,. _/
    .      /.::、::    ト、ィ'
          / ::::::|::    !;-!
        /  ::::|::     ! ヽ、        ,:-‐クヽ
        /    ::!::..   ⊥__!_      /  ..:ノ)
       /     |::::..         ̄`''''''' ′..::::::::::ノ
    .  /:     |::::.....      ..............:::_,:::-‐'′
     /::      `ー‐┬---r―'''''''"" ̄__
    ./__       /!   i      / iu-゙、
    /----、\   ::::/ |::  ⊥ __,...-‐'.i...:ヒノ
     ̄ ̄`ー`ー`ー-、/ |::.         _,.-‐'"

    京太郎「よーし、そんじゃ早速!」ビンビン

     スゥー

            _、‐-、, -‐z._
            > ` " " ′.<
          / " " " " ゙ ゙ ゙ ゙ \
            7 " " ",.",ィ バ ,゙ ゙ ヾ       r‐ ' _ノ
           ! " " /-Kl/ Vlバ.N     _ ) (_
           | "n l =。== _ ,≦ハ!      (⊂ニニ⊃)
          |."しl|  ̄ ,._ ∨       `二⊃ノ
          | " ゙ハ  ー--7′       ((  ̄
          r'ニニヽ._\. ¨/           ;;
         r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、
       /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
    .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
      | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
    .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
       |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
    .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
       |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

    アカギ「クク……なるほど、それで4545やろうってんだ」スッ

    京太郎「」

    アカギ「なんでもっとこう、スパッと生きられないかねぇ」

     和の読みはある意味、的中しているのかもしれない


    586: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 22:22:42.54 ID:wNxDkFVio



    京太郎「死にたい」ズゥーン

    アカギ「フフ……お前もやっぱりただの馬鹿だよな」

     京太郎の失敗
     それはアカギの存在を忘れていたことに他ならない

    京太郎「いつもの、いつものクセなんです……」シクシク
     
     みっともなく布団に包まり泣き出す京太郎
     十五歳で自分の4545タイムを覗かれたのだから、当然といえば当然である

    アカギ「というか、女々しく自分で慰めるくらいなら適当に女を抱けばいいだろ」フゥー

    京太郎「は?(半ギレ)」

    アカギ「ん?」

    京太郎「俺DTなんですけど? そこ分かっていらっしゃいます?」ギリギリギリギリ

    アカギ「い、いや……」タジッ

    京太郎「DT舐めるなよゴルァァァ!! 好きで4545してんじゃないんだよぉぉぉ!!」

    /:::::::        ::::::::      ::::::::::           ::::::::|
    :::::::_      :::::::     ::::::::://::::::::|:::          ::::::|
    .__-/    :::::::        /:/:::::|:::::|:|::::::  :::::::::     :::::|
    .../::::  :::::::::::  ::::::::::/ :::::/:::/::::/|:::::|:::|:::::::   ::::::::    ::::::::|
    /::::: /   ::/ ::::// :::/  |::::|::::|:::|:::::|:::::::::  :::::::     :::::|
    .. //::::::://:::::/:::/ :/   :|:::|::::::|::| ::::|::::::::::   :::::::   :::::|
    /.../:::::/::/:::/ :/::/     |:|  :|:|__|_\:::      :::::|
    .. /:::/:__// :::://       -| ̄ ̄:|::::::::::::/::::::::    ::::::::|
    ...//| :::/―__:/   _― ̄     |:::::::::::|:::::   ::::::  :::::|
    ./.. |____     ______:::::::::::|:::::::/⌒\   ::|
    ..   |\ ̄ ̄_@)   ≡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄@/::::::::| :::::|:/⌒:| |  :::|
    ...   |  ̄ ̄::/:::   ::::  ̄ ̄ ̄ ̄ :::::::::::::| ::|/::::::::| |  ::|
    ....   |     /:::::::            ::::::::::::|:::::|/\:| | ::::|
    .....   | ::::/:::::::::::            ::::U::::| :|:::::::::|//:::::::|
    ......   | /:::::::::::::::           :::::::::::::::| |√)// ::::::|
    .......   /::::::::::::_::::)         :::::::::::::::::::|:::|\//   :|
    .....   ( :::'''            、   :::::::::::::::|..|ヽノ   ::::|
    .      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::::::::::::::::::/|/::::\   ::|
    ...      |  ___        :::::::::::::::/::  ::::::::\  |
    .....      |  ::::〓       ::::::::::::::/::    ::::::::::::\
    .......      |  :::       ::::::::::::/::
             |        :::::::::::/:::
    ....         |      :::::::::/:::
    ......     //  ヽ    :::::/::::
        /  /   ヽ  :::/:::::
      /   ./     ヽ/ |:::

    アカギ「……」

     面倒くさいのでさっさとDTを捨てさせよう
     そう決意するアカギであった


    598: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 22:40:35.94 ID:wNxDkFVio



    アカギ「それで、お前この女が好きなのか?」

    京太郎「えっ!?」ドキッ

     アカギが指差すのは勿論、原村和の引き伸ばし写真である
     集合写真を伸ばしたものだから解像度こそよくないが、その美貌は当然健在だ

    京太郎「い、いやまぁ……好きって言えば、好きだけど……その、愛というか憧れというか」デレデレ

    アカギ「クク……でもヤりてぇんだろ?」

    京太郎「はい」キリッ

     即答である

    アカギ「ふーん、ま、胸も大きいし顔も悪かない。ただちょっと丸いな」

    京太郎「丸いって、そりゃアカギさんに比べれば大抵の人は丸いですよ」

    アカギ「ほー、言うな京太郎」ギロリ

    京太郎「すんませんしたっ!」ドゲザッ

    アカギ「まぁいい。それより、他に抱きたい女はいるか?」

    京太郎「え?」

    アカギ「女だ。いるのか、いないのか?」

    京太郎「え、えーっと……」

     そりゃまぁいるといえば星の数ほどいる
     福路さんとか、神代さんとか、石戸さんとか、松実さんとか
     
    京太郎「瑞原プロとか戒能プロとか愛宕プロ……いや、流石に人妻は……」

    アカギ「クク、お盛んなこった」

    京太郎「そりゃまぁ、年頃ですから」ポリポリ

    アカギ「……なぁ、京太郎」

    京太郎「?」

    アカギ「お前――この世で一番抱いて気持ちのいい女がどんな女か知っているか?」

    京太郎「えっ……?」

     そう言われても返答に困る
     そんなの人それぞれだと思うし、というかDTに分かるわきゃねぇだろ!

    京太郎「む、胸のデカイ人ですか?」ドキドキ

    アカギ「アホかおまえ、他には?」

    京太郎「えーっと、あそこの締めつけがいいとか?」グヘヘ

    アカギ「……」

    京太郎「自分のナニと、相手のアソコの相性がピッタリ! これだ!!」

     まさにDTの思考そのものである

    アカギ「なんだなんだ! お前はただのDTか?」ヤレヤレ

    京太郎「」

    アカギ「……ハァ、もういい」

    京太郎「(なんだかすげー失望されてる気がする)」ガビィーン



    604: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 22:57:14.53 ID:wNxDkFVio



    京太郎「あの、答えは教えてくれないんですか?」

    アカギ「ん……、知りたいのか?」

    京太郎「後学の為に是非とも!」ペコリ

     みっともなく頭を下げる京太郎に、アカギは半ば呆れながらも口を開く
     若い二十代前後の姿からは想像も出来ない、憂いを秘めた瞳で
     
    アカギ「……たとえば麻雀だ」

    京太郎「麻雀?」キョトン

    アカギ「世の中には頓狂な奴がいて……ラチのあかねぇ遊戯に自分の限界を越えたもん賭けちまう」

    京太郎「自分の人生も……」

    アカギ「まぁ、そんな奴だから……頭は悪いが、勝ちたい気持ちはスゲェーもんだ」

    京太郎「……」

    アカギ「女も一緒さ。自分の全知全能をかけて考える、決断して、そして躊躇して」

     相手が本当に自分にふさわしいのか?
     自分が人生を預けるに値する男であるのか?

    アカギ「それでもやっぱりこの人しかない」

    京太郎「っ」ゴクッ

    アカギ「そりゃもう、ほとんど自分の魂を切るように体を差し出すのさ」ククク

     その魂の乗った身体
     そういう女を抱くことは、それはまるで人の心を喰らうようなもの

    京太郎「それって、つまり?」

    アカギ「ククク……ようは自分にベタ惚れな女ってこった」

    京太郎「へっ?」

    アカギ「それに比べりゃあ、お前が言った女はゴミみてぇなもんだ」

    京太郎「は、はあ……」

     そんな簡単なことなのか?
     そう思う京太郎

     見よ、これがDTである

    アカギ「この世じゃ人の心が一番うまいんだ。女だってそうさ」

    京太郎「ふ、深い……」シミジミ

    アカギ「自分みたいなクソッタレの為だけに、女が魂かけて差し出すから抱く価値がある」

    京太郎「……」

    アカギ「違うか……?」

    京太郎「は……そうですね……」

    アカギ「わかったらさっさと惚れさせろこらっ!!」どんっ

    京太郎「は…はいっ!!」ビクビク

     こ、この人急にお爺ちゃんぽくなるんだな……
     ちょっと怖い

    アカギ「フフ……」


    609: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 23:16:51.39 ID:wNxDkFVio



    京太郎「とは言っても、和はガード固いしなぁ」

     というか手を出したら殺されるんじゃなかろうか
     あの親衛隊どもに……

    京太郎「あ、あのー……やっぱり別な人にしちゃダメですか?」

    アカギ「……」ギロリ

    京太郎「が、頑張りますっ!」ビシッ

    アカギ「それでいい」

     というかなんで脱DTする流れになってんだ?
     しかも相手があの和……?

     おいおい、マジかよ

     そんなの太陽が西から昇るくらいありえねぇって!

    アカギ「……」ジィー

    京太郎「アカギさん?」

    アカギ「いや、なんでもない」

    京太郎「?」

     今、窓から外を見ていたよな?
     一体何を見ていたんだ……?

     ブルブルブルブルッ

    京太郎「ん? 携帯……メールか」パカッ

    アカギ「けーたい……?」

    京太郎「えっ!? 和からっ!?」ビクッ

     驚くのも無理は無い
     あの和からメールなど、ここ数ヶ月無かったからだ

    京太郎「(てっきり嫌われてるんだと思ってたけど……)」チャッ

     カチカチ


    【差出人:マイフェイバリットエンジェルのどっち】
    題名:お願いです

    本文
     明日の放課後、私と麻雀を打ってくれませんか?
     清澄では何かと目立つかと思います

     なのでよろしければ鶴賀の麻雀部で、いかがでしょう?
     既に鶴賀には話を付けてありますから


     須賀君、どうかお願いします





    京太郎「和から、勝負……?」

    アカギ「クク、なるほど。いい機会だ」

    京太郎「もしかして、部長が何か言ったのかなー」ウーン

     もしくは本当に約束を守ってくれたとか
     それで代表権を賭けての戦いを挑んできた……?


    612: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 23:27:25.53 ID:wNxDkFVio


    アカギ「どうする、受けるのか?」
     
    京太郎「……受けますよ、そりゃ」

     ここで逃げてちゃ、何も変わらない
     脱DTは置いておいて……まず普通に和とは話しておきたいし

    アカギ「……勝算はあるのか?」

    京太郎「それなんですけど、アカギさん」

    アカギ「なんだ?」

    京太郎「実は俺……部長やみんなにも、隠してることがあるんです」

     それは――いつか和と戦う日を夢見てきた少年の――
     
    アカギ「隠してること?」

     とっておきの、切り札

    京太郎「俺……和にだけは絶対に勝てるんです」ニッ


    ~~~


    和「……必ず、勝ちます」ギュッ

     この時、原村和はまだ知らない
     今この瞬間にも――嫌悪し、憎悪にも似た想いを向ける少年こそが

     自分を闇から救い出す、一筋の光であるということを

     
    ~~~


    京太郎「……ということなんです」

    アカギ「クク……なるほど、それならお前の勝ちだ」ニヤリ

    京太郎「だから、明日は俺一人でやります」

    アカギ「好きにすればいい。お前の売られた喧嘩だ」フフ

    京太郎「待ってろ和。オレは必ず、お前を倒す」

    アカギ「……」

     しかし、京太郎もまた知らない
     自分の存在が――和にとって光であると同時に


    京太郎「……クク」クスッ


     強すぎる光は、闇をも生み出すということを



     つ  づ  く 



    624: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 23:39:08.03 ID:wNxDkFVio



    【お ま け】

     瞬間――
     彼は何も無い真っ暗な空間で目を覚ました

     
    幸雄「っ……?」


     その男の名は平山幸雄
     遥か昔、伝説の男【赤木しげる】に成りすまし、代打ち稼業についていた男である

    幸雄「……?」キョロキョロ

     男はかつて、本物のアカギと戦う前に浦部という代打ちに敗北
     その後はとある男に命懸けの勝負にいざなわれ……

     あえなく敗退
     
     致死量の血液を抜き取られて死亡した

     その後、多摩地区のはずれの森林にて埋められているところを発見され
     そのまま死体は火葬処分となった

    幸雄「お、俺は……」ブルブル

     生きている
     今現在、どういう経緯かは分からない

     だが、確実に今ここに生存している

    幸雄「う、うぉぉぉお!!」

     雄叫びを上げる
     自分が生きてここにいることを証明せんとばかりに――ニセアカギは声をだs

    幸雄「はぁはぁ……おっと、こんなことしてる場合じゃねぇ」

     そう、生き返ったからといって別に今までどおりというわけではない
     今がいつで、ここがどこなのか?

     分からないことは多い

     しかし、生きてさえいればチャンスはいくらでもある
     そう、これからがチャンス――

    ??「あー、やっぱり失敗なのですよー」

    幸雄「えっ?」

     不意に、声がした
     小さな女の子のような、可愛らしい声

    ?「とんだパチもんね。酷いったらありゃしない」クスクス

     今度はとても艶めかしい、大人の女の声
     俺は囲まれているのか?

    ?「どうしますか、やり直します?」

    ?「面倒……」ポリポリ

    ??「正直本物にしか興味ないのですよー」

    幸雄「だ、誰だ!? お前らは俺に何をしようとしてるんだ!?」

     姿の見えない声が、幸雄に恐怖を与える
     一体ここはどこで、相手は誰なのか?

     情報が少なすぎて推理することすらままならない

     そんな絶望的な状況の中


    628: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/10(土) 23:47:00.52 ID:wNxDkFVio



    ?「そうね、本物でないなら意味は無いし……」

     何やらブツブツと、念仏のようなものが聞こえる
     一体これはなんだ?

     周りで一体何が起きようとしているのか?

    ??「成仏するんですよー」

    ?「ばいばい……」ボリボリ

    幸雄「な、なんだ……」グワングワン

     意識が薄れていく
     気分が悪くなって……まるで、血を抜かれているかのよう

    幸雄「や、やめろ……俺は、死にたくない」

    ?「クスッ……何を言ってるのかしら?」フフフ

    幸雄「やめろー……死にたくない、死にたくなーい……!」


    ?「だってもう、アナタは死んでるんですもの」


    幸雄「ヤメロー! シニタクナーイ! シニタクナーイ!」

     シニタク、ナイ……

     シニタク……

     シニ……


    ??「……Zzzz」スピー

    ?「ふぅ、失敗ね」

    ?「どうして失敗だったんでしょうか?」

    ?「そうね。考えられるとしたら――」


     既に、この世に戻ってきている――


    ?「なんて、ありえないかしら?」クスクス

    ??「……御無礼……むにゃ」スピー

    ?「あら、もっと別なものを呼び寄せてしまったかしら」

    ??「これで大会優勝は頂きなのですよー!」

     ワイノワイノワイノ! キャッキャウフフフ!


    ダメギ「シニタクナーイ、シニタクナーイ……」



     その日、出番を心待ちにされていた一人の幽霊が消えた
     なんていうことはない、器ではなかったのだ

     和と対決?
     そんなこと許されるわけがない

     だってダメギだし

     うん、ダメギだもん



     カンッ


    697: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/11(日) 23:59:13.36 ID:UsTwM+QZo



     京太郎とアカギの運命の出会いから一日が経った
     鮮烈な記憶を残したほんの一瞬の勝負

     その熱は今や身を潜めていたが、確かに京太郎の中にくすぶり続けている

     一度火がつけば消えることのない、その火はやがて大きくなり
     止まることなく、京太郎の体を焼き尽くす


     そんな身を削る戦いの先にある頂き――


     そう遠くない未来
     彼はふと思い出すのだろう

     自らを導いた一人の神域の存在
     越えるべき一人の伝説の男のことを


    京太郎「そうでしょう……アカギさん」


                      i               \ \
                      .:|          、    \ \
                      .:| \ \        \ \  \ 、
      .:i        :i       .:|  i i \         ',\ 、   \
      .:|  :i       :|   :i  .::|  l |   ', ',     }  \、
      .:|  :|       :|   :|  .:;   l |  ,/  V    }   \
      .:|  :| :   : /:/|   :|  /   丿 ,//.ハ Ⅵ    }\ \
    ⌒ヽ|  :|斗 77:/丁 ¨ /| :/=‐-、   〈/斗弋、Ⅵ:|  ハ  、 \
    ノ`ヽ| i |/ //:/ :|  / :|/____ :\ ∨^ー彡ヘ|从 /  \ \
     Y´| |[ |.:/癶 ̄| :/ ̄|赱及 . : ::ヽ      丿 }/      `\
      Ⅵ |[ |    '^|/─‐|^¨´  . . : : :::.
    \ \|[ |    .:/   /    . . . : : ::::.     }
    \  :И|   /           . . . : : :::.  \  ,
    . :.:\_)                 . . __,::::.__/ ′
      . :|三\                      /
      . :|三三\                   / /
      i :|三三三> .      ー――   ´   \__
    、 l :|三三三三三> ..        ー=彡'  |=====‐‐‐ 、
    Ⅵ[/ 三三三三三三三> .           | ========⌒ヽ       _ --======
    . ∨三三三三三三三三三三> ..    人=======Y⌒ヾ\ _ --==========
    _/ニニニニニニニニニニ=‐‐     丁\{========||===}}================
    =ニニニニニニニニニ=‐‐       ,/   \ ===== ||==={{================
      ‐=ニニニニニニ=‐       /{       \====||=== \==============
        ‐=ニニニニ=-        {  .:        Ⅵt=||======\============
    .         \::.           .::       ...::Ⅵ/ ̄ ̄ ̄ ̄============
                \::.         .::    ...:::´  Ⅵ=====================
                \::.       .::  ....::: ´      Ⅵ====================
                \::.    .:://           Ⅵ=============== i===
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::\.......:.:.:/'′           Ⅵ\============|==
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ /             i===\==========i|===
                          : : . .               |====/==========||===
                     : : : . . .            |===/===========||==/
                      : : : . . .           |==/============Ⅳ/
                       : : : . . .          |=/=============Ⅳ



     闇を飲み込み、男は変わる――


    OP2 
    http://www.youtube.com/watch?v=tvT3KY9kJkg




    699: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:04:30.40 ID:zSdNQf1Ao


    【早朝 清澄高校 廊下】


    京太郎「……」

    アカギ「クク……」

     ざわ……
       ざわ……

     こうして普通に登校し、歩いているだけでも京太郎は目立つ
     それは勿論いい意味ではなく悪い意味ではあったが

    京太郎「……」スタスタ

     噂話とは尾ひれが付くものであり
     今や京太郎は麻雀部の部員に付きまとう変人であり、みんなの嫌われものだと言われていた

     当然それは嘘であり、京太郎のクラスは全員そんなことはないと知っている
     だがそれをいくら訴えたところで、所詮は焼け石に水

     京太郎の噂はどこまでも広がり、今や県外のファンサイトですら叩かれる始末だ

     なんてことはない
     事実無根であろうがなんだろうが、他人の噂など面白ければ面白いほどいい

     京太郎のことを知らぬ者など、みんなこぞって悪人だと決め付ける
     女子5人の部活に一人男がいたのだ、下衆な妄想をしてしまうのも無理もない

     それは嫉妬か――羨望か
     たとえ手を出していなくても、五人の美少女の中に一人だけ男がいたという事実は変わらない

     世の男性が京太郎に向ける悪意は――とても計り知れるものではなかった

      
    教師A「ん? 須賀か」

    京太郎「……」ピタ

    教師A「貴様……まだ学校に来れるとはな」ハァ

     その悪意は当然、こういった部分にも現れる
     今までは気にも止めなかったくせに、麻雀部が全国優勝した途端にこれだ

     顧問も付けなかった部に、あたかも学校側が力を注いできたかのように振る舞い
     京太郎のことを部の栄光に泥を塗る存在だと、勝手に決めつけて排除する

     醜いクソッタレな現実がそこにあった


    700: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:06:44.94 ID:zSdNQf1Ao



    教師A「お前も分からん奴だな、うん? なぁ、おい」

    京太郎「……」

    教師A「お前みたいなクズのせいで、学校が迷惑してるんだぞ」ガシッ

    京太郎「……やめてください」

    教師A「どうしてあいつらのまとわりつく? そんなによかったのか、あ?」

    京太郎「俺とあいつらはそんな関係じゃありません」

    教師A「ふん、どうだかな」グググッ

    京太郎「……」

     京太郎は抵抗しない
     それは自分が反撃でもしてしまえば、事実だと認めてしまうようなものだから

     あの大切な仲間達に――
     みんなに迷惑はかけたくなかった

     だが――

    教師A「なぁ、俺にも少し回してくれないか? そうすれば――」

    京太郎「!」

     もし、標的が自分からアイツらになるというのなら
     話は別だ

    教師A「特に原村はいい体してるだろう?」ククク

    京太郎「……」ジャキッ


     こんな奴、殺してもいい


    アカギ「フフ……」


    教師A「なんだその眼は? あぁ?」

    京太郎「……死ねよ」ボソッ

     京太郎の瞳が怪しく光り――
     その腕が伸びようとした――その時だった

    ?「私の後輩に――!!」ダダダダッ!


     ダッダッダッダッ!


    教師A「ん?」クルッ

    久「何してんのよっ!!!!」ガンッ!!


     チーンッ


    教師A「」タマグチャァァア

    京太郎「!?」タマヒュンッ!

    アカギ「……」コカンヲサッ


     メリメリメリッ!
     グチュァ……

     
    教師A「お、おぉっ……おほぉ……」ピクピク


    701: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:10:14.54 ID:zSdNQf1Ao



    教師A「」ピクピク

     ナンカタオレテネー? シラネ
     オイ、タドコロブチコンデイイゾー  イキマスヨーイクイク

     アーッ!


    久「ふぅ……。おはよう須賀君」ニッコリ

    京太郎「ぶ、部長?」ビクビク

    久「あら、どうしたの股間なんて抑えて?」

    京太郎「い、いえ……」ガクガクブルブル

     強烈なトゥーキックが玉袋にめりこんでいた
     あれは確実にタマタマが破裂しているレベルですね、はい

    京太郎「(部長だけは怒らせないようにしよう)」ブルブル

    アカギ「……」トオイメ

    久「探してたのよ。今日、和と打つんでしょ」

    京太郎「え、ええ。そうですけど」

    久「ごめんなさいね、私が上手く説得できなくて」

    京太郎「あ、いえ。というか――いきなり代表の座をくれるとは思ってなくて」

     元々の約束は代表の座を考えてくれ、というものだ
     てっきり次は咲や和と打ってから――なんて状況を想定していたのだが

     こうもあっさり認めてもらえるなんて、どういうことだろう?

    久「それは、アナタの実力を認めたからよ……」

    京太郎「……」


     それが嘘なのだと京太郎はすぐに察した
     それほどまでに、今の久の言葉は軽く――心に響かない

     きっと彼女なりの罪滅ぼし――あるいは、


    704: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:15:30.72 ID:zSdNQf1Ao



    .        /::::::::::::::::: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::ヽ
              .″::::::::::::; ::::::::::::::::::::::::::::_::;::: ‐ ''"`ノ,:::;::::::゙,
    .         |::::::::::::::/:::::::::──-ニ之_,    彡从i:::::::::i
           |:::::::::::::i :::::::::::;/,,_/'ー 、    、 " ノレ i :ト.
             |:::::::::::::l:::::::::;イ/テ=ミ;_      , -`ミー i:: |::}:l
           |::::::::::::::{::::::/ハ {:。:::::c'ヽ     ,=ミ;, /:: i ;l:|
    .       |:::::i::::::::::i| /:::i、 ゙`ー-'       /。::c!} /:::://.||
    .        |:::::|:::::::::゙l゙;l:::::::i  ' ' '      ` -'゙ '/::::// .i|'
    .       i::::::|::::::::::从 ::::!         `  ' ' / :::;ツ  i!
    .      ヽ::::{:::::::::i::::)人     ‐ -    /;:.イ  /
            \i;;;;;;;;i彡″ \       . イ:::::::ノ
        _ , - ' ~ナT爪く    ゙ -,r、<;:::y':::/
              /:::::::::| \.    /. `ゞ===l"
        \. ./:イ::::::八   \  ∧\ |::::::::|
          \|::/ |::::::::::::\  \_ 冫、`;|::::::::t、
           i:| .|:::::::::::::::::\  \ーヘ八::::::::::\
            ヾ  \::::::::::::::::::ヽ   \ヽ \:::::::::::ヽ


    久「……ねぇ、須賀君」

     ほんの少し、思いつめたような顔で久が呟く
     
    京太郎「なんですか?」

    久「私の事……恨んでる?」

    京太郎「はい……?」

    久「え?」キョトン

    京太郎「恨む? 何をですか?」

    久「……だって、その雑用とか……指導とか」

    京太郎「……」

    久「それに、今回の事だって守ってあげられなくて……」ジワッ

     バツの悪そうな顔でもじもじと久がうつむく
     彼女なりに思うところは多いようだ

     しかし、そんな態度が逆に気に入らない京太郎

    京太郎「部長、俺をバカにしないでください」

    久「!?」ビクッ

    京太郎「俺が雑用を進んでやったのは弱かったからです」

     そう――
     みんなと同じ舞台に立つこともできず、見ているしか出来なかった

     練習相手になることも、その辛さを分かち合うこともできず
     静観することしか許されなかった

    京太郎「無力だった――」




    705: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:21:05.34 ID:zSdNQf1Ao


    京太郎「今回のことだって、もし俺が全国に出場でもしていれば――違ったかもしれない」

    久「須賀君、それは――」

    京太郎「全部俺の蒔いた種です。だから、部長にとやかく言われる筋合いはありません」

    久「……」ギュッ

    京太郎「それに――俺、今でも感謝してますよ」ニッ

    久「えっ……感謝?」

    京太郎「俺を麻雀部に誘ってくれて、あんな面白いものに出会わせてくれた」

     もしも、これを知らずにいたら――俺はきっとつまらない人生を送っていただろう
     きっかけもつかめず、何も変わらず

     そして何よりも

    アカギ「フフ……」

     この人に出会うこともなかった

    京太郎「だから――もういいんです」ポン

    久「須賀君……」ジワッ

    京太郎「部長は役目を果たしてくれました。次は――俺が応える番です」ザッ

    久「……うん」ポロポロ

    京太郎「部長――俺、優勝しますから」

     和も、咲も、誰よりも強くなる
     例えそれで俺が俺でなくなろうとも、きっと俺は――もう引き返せない

    久「ええ……待ってる」

    京太郎「……」

     きっと、部長も分かってる
     ここから先は――俺がもう戻ってこられないこと

     だから――

    京太郎「だから部長――もし、俺が和に勝ったら」
      
     
     きっとこれが最後の――


    京太郎「その黒タイツ、一度ビリビリに引き裂いていいですか?」ニカッ


                   . . -――..、--- .、
                    . : ´: : : : :_:_:/: : \: : : \
              /: :/: : / /:/リi:l: i\: : : :\
             /: :/: : /   i// 从ハ: :\: : : :.
            /〃:./: : :./ノ    ̄ ‐‐- ∨: :.i: : : ::.
    .        // l/: : : /´     ‐‐ 、,__ ∨:.|: l: : ::.
          // /: : : :/ ニ、      ィ斥心ヽi: :|:リ: : : :
            i/  .: : ://ィ斥心     V沙゚ ノi: :l/ : : : |
            l   |: : |/从 V沙  ,    ,,,   l〃: : : : :|
            i   |: : i:∧  ,,,          /: : : : / : |
            |: : |: ∧           〈: : : : /: : :;
             八: :i/: ∧      ´`       〉:l: :.i: : :/
                ヾi/:/i:介: . ..,        .イi: :l: l:|: :/
              ∨ノ: :i: :l:_:〕 --   i:.|:l:/:/:.|:/
              〃: : :l:.ノ.:.:i        ト〃:/: ノ:{
              -=´i/:/:./ニニニ\     i/: /:./: : :ヽ
          // ̄ ノ从ハニニニニニ\__i从i:/`ヽ: :l:.i=-、
          ///\   {::\二二二\   |'二ニi从リ二/、
    .     i/{  i \ \:::\二二二\ |二二二ニ/} ∧
    .     l/|  八  \ \:::`<ニニニニ\|二二>'":://  i

    久「……ばか」

     アナタの後輩として出来る、最後の恩返しなんだ   
     


    708: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:34:18.52 ID:zSdNQf1Ao



     スタスタスタ 

    アカギ「……よかったのか?」

    京太郎「何がですか?」

    アカギ「フフ……」

     意味深な顔で後ろ付いてくるアカギ
     どうやら色々と思うところがあるらしい

    京太郎「別に、部長とは何もありませんし」プイッ

    アカギ「……そうかい」ニヤ

    京太郎「そりゃまぁ、おかずにはしたことありますけどね」

     数百回くらい
     主にロッカープレイ

     せまいところが(ry

    アカギ「ほー」

    京太郎「うぐぐ」

     ええい、なんなんだ!
     アカギさんは俺に何を言いたいんだ!

    京太郎「というか、学校まで付いてこないでくださいよ!」

    アカギ「クク……そんなのは俺の勝手だ」

    京太郎「うぐぐ、学校は部外者立ち入り禁止なんですから」

     勿論、幽霊も例外ではない

     多分だけど……

    アカギ「へぇー、そいつは初耳だ」

    京太郎「……もういいです」ハァ

     相変わらずアカギさんは子供なんだが大人なんだかよく分からないな
     ていうか、あれ?

     そういやアカギさんっていくつなんだ?

    京太郎「あの、アカギさんって何歳で死んだんですか?」

    アカギ「……さあな」

    京太郎「あ、そういえば記憶が無いんでしたっけ」

    アカギ「ああ、何も覚えてない」

     つまり、20歳だったり100歳だったりもありえるのか?
     あれだけの伝説を残してるくらいだし、結構な歳はいってそうだが

    京太郎「(一度、アカギさんのこと詳しく調べた方がいいかな……)」

     だけど図書室とかにありそうもないし
     裏で伝説を残した人だから表立っての資料は残っていなそうだ

     やはりそういう筋の人を尋ねるのが一番だろう

    京太郎「そうなると……やっぱり」


     【あの人】を――頼ってみるか


    712: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:49:09.48 ID:zSdNQf1Ao



    【一方その頃 東京 某所】


     ヤクザ同士の麻雀賭博
     そんなものは、いつの時代だって行われている

     例え規制が強くなろうと、なんであろうと
     それが組の面子を保つものである限り――この先も残り続けるだろう

     そして――そんなヤクザ同士のゴタゴタの中で
     今、一際異色を放つ代打ちがいた

    黒服「お嬢、お見事でした」

     ざわ……
       ざわ……

    ??「……存外つまらないな。裏のプロというのも」

    八木「……」

     男の名は代打ちの八木圭次
     遥か以前は相当な打ち手として名を馳せたその男も――今や死にかけのジジイ

     若い時代に飲み込まれるのも、無理のない話であった

    黒服「いえ、この程度の代打ちはまだまだ三下でして」

    ??「そうか。ならいい」

     元々は興味本位で付いていった組同士の代打ち麻雀
     そこで見た、一人の男

     優男な風貌からは想像も出来ない、悪魔じみた闘牌
     そこいらのプロ雀士よりも遥かに高みにいる、その実力

    ??「……」

     心が震えた

     あれほどに強い打ち手がいるということ
     麻雀にはまだまだ先があるということを知った



    713: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 00:54:36.86 ID:zSdNQf1Ao



     今の自分ではとても敵いそうにないが――いずれ機会があれば戦いたい
     そのためにも、今は実力を付けるのみ

    ??「そういえば、あの男はどれくらいの強さなんだ?」

    黒服「井川ひろゆきのことでしょうか? でしたら――最上位より、少し落ちるくらいかと」

    ??「……あれでか」

    黒服「とは言っても、今では引退間際の天さんを除けば上から数えた方が早いのですが」

    ??「そうか。あれよりも上がいるのか――」

     恐るべき強さを有していた井川ひろゆき
     しかし、それすらをも上回るという打ち手

     そして、終局後に井川ひろゆきが言った言葉――
     今でもハッキリと覚えている


    ~~~「まだまだ赤木さんには届かないな……」~~~


    ??「ふふっ、面白いな」

    黒服「は……?」

    ??「次の相手を用意しろ。なるべく強いのがいい」

    黒服「か、かしこまりました!」

    ??「赤木しげる。【神域】と呼ばれた男……どれほどなのか」


     少女はまだ知らない
     いずれ、自らの前に立ちふさがる少年こそが――


     その【神域】の男であるということに 



     


    714: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:04:04.26 ID:zSdNQf1Ao


     
    【さらに一方その頃 鶴賀学園】


    睦月「……」サッサッ

    鏡「」キラーン

    睦月「……」カミイジリイジリ

    鏡「」キラキラーン

    睦月「に、にこっ」ニカー

    鏡「」ブッブー

    睦月「」ガーン

     ガクッ

    桃子「むっちゃん先輩、何してるんすか?」

    佳織「えっと……今日、部室を清澄の人に貸すらしくて」

    桃子「そういえば、清澄のおᘄぱいさんが来るとかなんとか」

    佳織「うん。それでその、一緒に清澄の、ほら……男の人がいたでしょ?」

    桃子「男? あぁ、あの荷物持ちしてた奴っすね」

    佳織「あのね、これは内緒なんだけど……」ヒソヒソ

    桃子「ええええ!? むっちゃん先輩がアイツに!?」ガビーン

     ざわ……
       ざわ……

    佳織「ああ! ダメダメ!」アセアセ

    桃子「ご、ごめんなさいっす」」シュン


    睦月「う、うむ。ひ、久しぶり、だ、だね」グギギギッ

    鏡「」ブブー

    睦「Orz」ズゥーン


    桃子「一体何があったんすか?」ヒソヒソ

    佳織「詳しいことはよく分からないの……」ヒソヒソ



    睦月「す、須賀君……きょ、今日もいいて、天気で」グギギギ

    鏡「」ブブー


    睦月「」ショボーン


     
    桃子「重症っすね」

    佳織「重症だね」



    719: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:16:16.72 ID:zSdNQf1Ao


     
    桃子「でも、可愛いっすよ」ヒソヒソ

    佳織「うん。恋する乙女だよね」ヒソヒソ


    睦月「……帰る」フラフラ


    桃子「!?」

    佳織「ええっ!?」


    睦月「こんな顔じゃ須賀君に会えないから、帰るよ」スタスタ

    桃子「え、うぇええ!?」

    佳織「ど、どうしたの急に!?」アセアセ

    睦月「もう死のう」

    桃子「どういう思考回路っすか!?」

     ギャーギャー

     ガチャッ

    ゆみ「おいおい、何を騒いでるんだ?」

    智美「廊下まで声が漏れてたぞー」ワハハ

    桃子「先輩! 元部長さん!」

    佳織「どうしてここに?」

    ゆみ「今日は清澄に立会人を頼まれてな」

    智美「それで部室を掃除しておこうと思って来たわけだぞ」ワハハ

     モトブチョウダー
     ユミセンパイカッコイイ
     ワハハセンパイマジワハハ

    睦月「嫌われる、もう終わりだ……おしまいだぁ」ガクガクブルブル

    ゆみ「で、これはなんだ?」

    智美「見事なナーバスぶりだなー」ドンビキ

    桃子「ジツハカクカクシカジカスカトロモモなんすよ」

    ゆみ「あの、須賀とかいう少年に?」

    智美「おー、めでたい!」パチパチ

    佳織「ま、まだ付き合ってるわけじゃないよ」アセアセ


    睦月「ソウテダヨワタシガスガクントツキアエルワケナイヨウムモウシノウ」ブツブツブツブツ


    佳織「あぁぁ! ち、違うのぉ!」アセアセ

    ゆみ「重症だな」

    智美「重症だぞ」

    桃子「重症っすね」

    佳織「重症だよぉ!」


    睦月「うむ……」


    723: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:23:56.02 ID:zSdNQf1Ao


    睦月「死なせてください!!」ジタバタ

    智美「や、やめるんだ! 早まるんじゃないぞー!」ガシッ

    佳織「いやー!!」

     ギャーギャー! ワイワイ!



    桃子「そういえば、清澄はなんの用なんすか?」

    ゆみ「ああ、なんでも原村と須賀が【二人きり】で勝負したいらしくてな」


    睦月「……」ピクッ


    桃子「え? 清澄じゃダメなんすか?」

    ゆみ「事情は分からないが、なんでも【人目につかない場所】がいいらしくてな」


    睦月「……」ピクピクッ


    桃子「それでここってわけっすね」

    ゆみ「ああ。私と蒲原でメンツを揃えて、サシ馬対決でもする気だろう」


    睦月「サシ馬……? 挿す……? 馬のように……?」ガクガク


     モワモワァン

    ~~妄想~~


    京太郎「そら、和! どうだ!!」パァニパァニ!

    和「ひひぃぃぃん!?」ガクガク

    京太郎「馬並みだっ……!! 俺のはっ……馬並みだろうっ……!!」パァニパァニ!

    和「ひぐぅぅぅぅ!?」ガクガクプシャァァア!!


    ゆみ「いいぞー!」

    智美「やれやれー!」ワハハ



    ~~~~


    睦月「……死にます」フラフラ

    ゆみ「どうしてそうなる!?」ガーン


    731: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:32:40.23 ID:zSdNQf1Ao


     ガラガラッ!

    睦月「飛び降りる! 死ぬしか、道はない! 無いっ!」グググッ

    智美「だからやめっ、やめろぉー!!」ガシッ

    佳織「死んでもいいことないよぉ!」グググッ

    睦月「う、うぅっ……!!」ポロポロッ

     その時、奇妙な偶然が起こった
     窓を開けて身を乗り出し、涙を流す睦月

     暴れたことにより飛び散った涙のひとしずくが……
     静かに遥か下へと吸い込まれていくその最中



    「……」ピチョン


     偶然にも、下を歩いていた少年に当たってしまった

    睦月「えっ……?」

    「雨か……?」

     顔を上げる
     その少年の視線が上へ、上へと上がって行き――やがて


        __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__
          > ´ ̄  /   `   `、  、
    、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
     `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
       /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
      {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
      /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
    <__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
         {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
          从Ⅵ              /.: ノ  |
           叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
             、           イj   / /
                :.          < |'  /}/
                、__   ´    } イ从/
                   |        |/
                  「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
                  |//l|     |//////// 、
            ,. <// ∧      |//////////> 、


    京太郎「津山……さん?」

    睦月「あっ……」

     その視線は激突した

    睦月「あ、あぁっ……//」カァァァア

    京太郎「……? (何してるんだろ)」

     事情がよく分からない京太郎ではあったが、
     視線があった以上挨拶しないわけにもいかない

    京太郎「……」ニコッ

    睦月「」ボムッ!

    智美「!?」ビクッ

    睦月「あ、うぁ……あぁ」バタンッ


    一同「えええええ!?」

     


    734: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:40:49.57 ID:zSdNQf1Ao


     ムッキー! ウワァァアシンダァァア!!
     ダレカァー! ビエェェン!


    京太郎「騒がしいな……」

     鶴賀はとても賑やかな場所らしい
     京太郎の中での鶴賀のイメージがちょこっとだけずれていく

    アカギ「フフ……そんなことより京太郎。相手はお待ちかねのようだ」

    京太郎「……!!」

     アカギの視線の先
     そこで待ち受けるのは――


                ,. . . ---. . . .,
            _,,,,.  '.: : : : : : : : : : : : :`゙'. ,   _
           i/              ._,./::iヽ,
         i'"~::/ . .; .i: : ; : : : : : : : : : : : ィ´::::`v":::ィ
         i: :./: :.i : l: :l: : il: : : : i: : :.li: : ; i: ヽ::::;;:::i::i:::::|
        冫/:./i: : li: i: : i:.|: : : |: : :|: |: :|i: i: :冫:::::/iヽ,l
        !,::i: :i:.|: : |:| |: :.i|:.|: : :|i: :.|: :.|: |:|: |; iゝイ:::i;::::\
        ./|:.|i:.|: : |:i__l_l_:.|: : ! l l:_!_i:_:l´l ||: リ::;,!l__/
        く;;;|:|'|:.l: :.||'ャii;;;;;;;i \! l/ヤi;;;;;;i;'ヤl|_,.! '´:|: :l: |
         l! l!,\l !:ヽ辷ソ    ヽ==ソ .! |: : :.|: :|: |
          /|: |: :|i    、       ;ィ'| : : :|i: :i: |
           / |: |: :|:ゝ            /" | : :.|:|: :|:.|
    .     / /| |: :|: ||`ヽ 、  ̄    イヾ  |  : :|i |: :|:|
        / ./:|:l: : |: || |  _,`,iー "´ ィ冫、.|i  : |:| |: :.i';
        ;´ /:.i|i : :l_,..-‐'''´:/:イ   /:::::::::::|:| . i|.,| |: : ハ
       ; /: :i:|: : :|:::::::::::::::iニ-ー,/::::::::::::::::|:| . :.l|;´ヽ,: : ハ
        i /: :.l/|: : |::\::::::::|   /:::::::::::_,.‐'_;i ; : : l; /`il: :i: :',
       ,': : :/.l: : |i.\;;:`ヽl /;;;.:-::':;´‐''~/;': : //   :|i: :l: : i
    .   iil: :.i .l: : i .'._ .゙''.‐.,y,._≠'' ´,,..‐//: : / i    |:l: :i :i: l
        l!i :i; lil! l  `゙''ー;-'‐;:-‐ ''´  //: : .;'`;.|.    |::|i:|: .i |
       ', / l:!l:l l     トーィ;"    ;'/i:.i .i   i|     |::||:l: | l!
        ;' li l:l i    / .i ,!    ;' l:li :l  ';  i   |::|: i:| !

    和「よく来てくれましたね」

    京太郎「和――」

    和「須賀君、私は絶対に負けません」

    京太郎「……」

    和「私が勝って、咲さんと大会に出ます」キッ

     それは――正面から京太郎をねじ伏せるという和の決意
     だが、それは大きな勘違い

    京太郎「なぁ、和。一ついいか?」

    アカギ「クク――」

    和「……?」

    京太郎「俺が負けたら、出場権をお前に返すのはいいんだけどさ」

    和「はい、そうして貰えるなら助かります」

    京太郎「でもよ、これっておかしくないか?」

    和「……はい?」キョトン

     まるで分からない、という和の表情
     それに対し京太郎は――至って冷静な顔で告げる

    京太郎「お前が負けたらどうするんだ?」

    和「えっ……?」


    737: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 01:54:26.89 ID:zSdNQf1Ao


     和にはまるで意味が分からなかった
     自分が負けたら何を差し出すか?

     自分が負けたら?

     何を言っているのだろう?

    和「あの、言葉の意味がよく……」

    京太郎「俺は部長達に勝って枠を手に入れた、負けたらマネージャーになるって条件でな」

    和「それが……?」

    京太郎「俺はこの枠に命を賭けて、必死にしがみついて手に入れたんだ」

    和「……」

    京太郎「だから、メリットの無い戦いにこの枠を賭けるなんてするわけないだろう?」

    和「!!」

     ここまで来て、ようやく和は理解した
     つまり京太郎は和にも賭けの商品を差し出せと言っているのだ

    和「……」

     正直、和は全くそんなことを考えていなかった
     なぜなら大会の枠というのは強い二人が選ばれるもの

     戦って勝った方が手に入れる
     それが当たり前だと思っていたからだ

    京太郎「つまり、だ。お前が俺を勝負に乗せるだけの何かを差し出すってんなら――打つぜ」

    和「……見損ないました」

     これでも和は京太郎を他の男子よりは評価しているつもりだった
     ほんの僅かではあるが、それはエベレストにも勝るものである

     それが、まるで紙くずのように吹き飛んでいくのが分かる

    和「アナタはもっと、真摯な人だと思っていました」

    京太郎「なんだっていいさ。俺の考えは変わらない」

    和「くっ……」

     だが、いくら和が京太郎を嫌おうと――見下そうと
     枠を握っているのは京太郎である

     つまり――京太郎が受けなければ勝負自体が成立しないのだ

    和「……ハッキリ言えばいいんじゃないですか?」

    京太郎「ん? なんだ?」

    和「須賀君の……望みはなんですか?」

     正直、これ以上失望したくなかったというのもある
     須賀京太郎が他の低俗な男と同じだと、なぜか認めたくなかった

     しかし、その期待は裏切られることになる

    京太郎「そうだな――それじゃあ」

    和「……」

    京太郎「胸、ひとつ」

    和「……えっ?」

    京太郎「和が胸をひとつ賭けるなら受けてもいい」




    741: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 02:04:19.69 ID:zSdNQf1Ao



     和の胸のサイズは90cmオーバー
     この当時の90cmオーバーは今の90cmオーバーである


    和「む、胸……ですか?」ビクッ

    京太郎「ああ、そうだ。右でも左でも好きな方でいい」

    和「そんな――胸を、どうするんですか?」

    京太郎「所有権を貰う。触ったり、舐めたり、嗅いだり……」ウヘヘ

    和「ひっ!?」

    京太郎「枕にしたり――!?」チラッ

    アカギ「……」
     
    京太郎「!?」


     その時のアカギさんの表情は印象的で
     今でもよく覚えている

     子供が興味の無いおもちを見つめる目


    ┏━━━━┓ lll   /.lll / l iii ii ii /|iii iilヽ  ll llll   ┏━━━┓
    ┃だ で あ┃  lll / ! i´ liii/| iiii/  .|lll | ヽ lll   ll    ┃生 オ..┃
    ┃ろ き ん┃ lll ./,,,,,,,| i  |ii/ |iii./ _ ,.,,|ii |,,,,,,,,,\ll   ll  ┃涯 レ. ┃
    ┃う  な .な┃  | /   .l'"".|/ .|ii/'"`` ヽ|     |   lll  ┃ ・ に .┃
    ┃か い 目┃ l i-====ヽ  レ ====== -|ll|⌒ ヽ .┃ ・ は .┃
    ┃ら    .は┃ ヽl | ,. (。0)// ;;;   (。0)    |ll|⌒| | ┃ ・  .  ┃
    ┃・       .┃   | `¨゙゙"//  ;;;;;`゙゙'''' ''' '' ゙゙ |ll|  .| | ┃      ┃
    ┃・       .┃   .|   //   ::::::::::      .|ll|⌒| / ┃      ┃
    ┃・       .┃    |  //              |ll| ノ / .┗━━━┛
    ┃        ┃    ゙l //   _, )          |ll|  / ||| |
    ┗━━━━┛     (.,,-・'             Wし iii  /
                 .゙l  ────--     / |   /
                  .゙l,            /   .|iii iii/
                   ヽ  ;;;;;;;;;;,     /;;;   .| ll /
                   .ヽ        /;;;;;;     |  /\
                    \      /;;;;;;      |iii/  \
                    _,,,入   /;;;;;;;       | /   \
                 ,,,.. '" /  ヽ、/|;;;;;;        |/     \
                ''"   /      |         /
                    /       |        /
                   /       |       /


    京太郎「(って、諦めるかー!!)」ギラギラ

    和「……っ」ブルブル

     燃え上がる京太郎とは対照的に、和は苦しんでいた
     ただでさえ京太郎に裏切られたことに続き……この展開である



    745: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 02:14:29.41 ID:zSdNQf1Ao



    和「何を……馬鹿な」

    京太郎「……」

    和「そんなもの受けれるわけないじゃないですか!」

    京太郎「なぜ……?」

    和「なぜも何もありません! 話にもなりません!」

     必死に否定する和
     その姿は異様なまでに怯えにまみれている

    京太郎「なんだ……自信が無いのか?」

    和「自信は……あります」

     悩む和
     自分が負けるとは思えない

     だが、もし――もし負けたらどうなるのだろう?

    和「しかしどんなに低い確率でも、ゼロではありません」

    アカギ「……」

    和「たとえ1%でも裏を引く可能性がある以上、胸なんて取り返しのつかないもの……」

    京太郎「……」

    和「勘違いしないでください。これは負けることや胸を失うことを恐れているわけではないんです」

    京太郎「じゃあなんだ?」

    和「こんなの馬鹿馬鹿しい賭けです。確率が低いとは言っても――」

    京太郎「……和」

    和「単なる大会で、命や体を張れますか? 【無意味な死】はごめんです」

    京太郎「無意味な死?」

    アカギ「クク……なるほど、凡夫だ」

    京太郎「その【無意味な死】ってのが――まさにギャンブルじゃないのか?」

    和「えっ……?」

    京太郎「俺は最近そう考えるようになったけど、違うのかな?」


    749: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 02:22:30.49 ID:zSdNQf1Ao



     京太郎の瞳に迷いは無い
     本気でそう思っているのだ

     隣にいるその男の影響か――あるいは元から眠っていた本質か

    和「私とは考えが違うようですね、須賀君と私とは」

    京太郎「いや、これは考えの違いじゃない。覚悟の問題だ」

    和「!?」

    京太郎「ようするにお前はまだ勝負の覚悟を決めていないんだ」

    和「なん……」ワナワナ

    京太郎「だから、麻雀を確率なんかで計ろうとする。見当違いも甚だしいぜ」

    和「っ!!」ギリッ

    京太郎「背の立つところまでしか海に入ってないのに、海を知ったと言ってるようなもんさ」ニヤリ

    アカギ「ハハハ、言うな京太郎」

    和「須賀君っ……!!」ギロッ

     デジタル麻雀に対する罵倒
     これは――和本人への罵倒よりも遥かに効果を与える

    京太郎「さぁ、どうする?」

    和「わ、私は――」

    京太郎「まさか、ここまで言われて引き下がるのか?」

     確かにこのままでは悔しい
     勝負に勝って、目の前の男に敗北を与えたいという衝動が沸き上がってくる

    和「……」

     この男に胸を奪われて、好き勝手にされて……
     そんなこと、考えただけでおぞましい

    和「(でも……)」ブルブル

     負けたくない
     男には――特に、こんなことを言う男にだけは

     だから――

    和「分かり、ました……」

    . /: : : : : : : |: : .:i:.|:.:.:.:i| |:.:.:.:.:.:.|!:.:|i:.:| 、:.:.゙、::、   ゙、゙、:::::::::::;::イ/:::::::::::::::i:::::
    ./ : : : |: : :i:.|:.:.:.:i:.|:.:.:.i| |:.:.:.:.:.:.:.|!:.| i:.:i 、:.:.:、:.、::.:.:.!:.:iヽ/:.:.:.|/:::::::::::::::::i::::
    i: |: : : |: :.:|:.|:.:.:.:i|:|:.:.:.| ! |  ..:|i. | .i: i ゙、:.:.i.;A-‐ハ:.!:.:.:.:.:.:.:..!:::::::___|::::
    !:.i |: :.:| .:.:.i:.!:.:.:.|!.i! :l |:.:!:.:.:.:.:..i:.:.i ゙、! _/ハ:ハ/ |ィ;.:.,.-‐-、!:/.:.:.:.:.V/
    i :|.| :.:.:i   i i_:|、!、:.:.! i:!、i:.:.:.:.:.:.i:.:.i _;彡';tr=、 ヾ、"' /ヽ |':.:.:.:.:.:.i:.:|:.:.:.:
    . ! i:i!  | ..:i :i:.:.:i`iー>ト-!、丶:.:.:.:.:i:、^V i_;:::::::ヽ /      i: : : : :.:|:.:|:.:.:.:
     、:!:i、:.:.i:.:.:.:.|:.i:、:.7メ'f:::::::ヾー\:.:.:.:、`ヾ  <;;;:ン ′     ノ : : : :.:.:!:.|:.:.:.:
      ヾi 、:.\:.:\:.]〈  っ::::;:i    ̄`            _,∠|:|: : : : .:|:.|―-
        ヽ!:.i、`゙ー-r≧   >≠    ,      " "   /  |:! : : : :.:|:.!////
         |:.|:.:.:.:.:.:.:\!  ,, ,,                /   i!: : : : : ::i:.i////
         |:.|: : : : :.:.:.i i       r== "ヽ      /   i: : : : : :.:i:.|////
         | |: : : : : :.:i:.:|\     ∨__ノ)   /    /: : : : : :.:i.:|////
         |:| : : : : :.:.|:イ |:::|l`ー-..、    ̄ ̄   /     / : : : : : :.:|/////
          |.|: : : : : :.:|:∧ i:.:!i::::::::::::::`i ー-‐ '    ,..-‐:/: : : : : : :.:.i!/////

    和「その勝負、受けます!!」

    京太郎「Good!!」

    アカギ「なぁ、京太郎。やっぱり命を張らねぇか?」

    京太郎「ダメです。これこそがベスト」キリッ

    アカギ「……そうか」


    753: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 02:38:30.82 ID:zSdNQf1Ao



    和「胸が欲しいだなんて……ヘン夕イですね」

    京太郎「そうか? 俺らしいと思うけど」

    和「……最低っ」ボソッ

    京太郎「あっはっはっ、そう怒るなって」

    アカギ「……?」


    和「私は、負けません――絶対」ブツブツブツ

    アカギ「……」

    和「いやらしい男なんかに、絶対、男には――」ギリッ


    アカギ「……なるほどな」

     この時、アカギだけは京太郎の思惑に気づく
     
    京太郎「……(悪いな、和。こうでも言わないと――)」グッ

     その恐るべく思惑は――
     
    アカギ「(クク……お優しいこった)」ニヤリ

     きっと、京太郎に残された最後の良心

    京太郎「じゃあ、行こうぜ和」

    和「……」コクッ

     この時の和はまだ知らない
     胸を賭けたことの本当の意味――

     京太郎が自分をどんな目で見ていたのか

    和「……必ず、勝ちます」

     そして、須賀京太郎に対する考えがこの日を境に――


     ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
    ´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
    /////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
    /////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
    /////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////


    京太郎「――さぁ、楽しい勝負の始まりだ」

     
     思いもよらぬ方向へ、変化していくことを



    ED
    http://www.youtube.com/watch?v=Md42D3kDEXg





    756: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/12(月) 02:46:33.46 ID:zSdNQf1Ao


    【次回予告】


     須賀京太郎と原村和
     両名の意地を賭けた闘牌は、ある意味予想通りの出だしとなる

    和「ツモ、倍満です」

    京太郎「……」

     何もできない京太郎
     優勢に進める和

    京太郎「さーて、頑張るぞっと」

    ゆみ「(まるで平凡な打ち手だが……なぜだ? なぜこうも嫌な予感がする!)」ゾクッ

     だがそれは――

    京太郎「和、やっぱりお前にだけは負けない」

    和「!?」

     全て――
     この男の策の内である

    京太郎「俺さ、ずっと好きだったんだ」

    和「須賀……くん?」 



     次回

    ――シセン――



    京太郎「和。俺は一度だってお前を――」

    和「っ!」ドクンッ





    アカギ「……」ソワソワ




     この時アカギ、意外に純情



    793: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 01:53:59.70 ID:w5gMM8hSo




    【数週間前 清澄高校】


    和「……」スタスタ

     その頃、原村和は喜びに満ちた日々を送っていた
     というのも、所属する部活が全国大会で団体戦優勝

     自分は引越しもせずに済み、この長野の地に留まることが出来たからである

    和「ふふっ……」

     親友の片岡優希、そして大切な仲間である宮永咲
     頼りになる先輩である竹井久、染谷まこ

     それと、ほんの少しだけ仲のいい


                    ____  _
                  /     ' Y  __>
                 /           ゙、  \
                   /        |    |     `,=-
               /   i _l,-|‐ | | -ト.|_|  ヾ、
                 |/ __ ゙、 ハ,ハ|゙、 |/|ハ∧| / ゙、
          ___, -‐::´| /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ ゙、
         /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄
        // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ
       //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
      |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|
      /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、
     |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |
    ./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |
    |::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |
    |=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |
    |:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |
    |:::゙、__;|:;/:::|     /       / |   |
    |::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |
    !:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |
    `ー-、::::::::::|    /       /|  | |   |
         ̄ ̄|o   |     / |   | |   |


     ――ちょっとだけ気になる男の子



    和「……いえ、ないですね」

     確かに優しさもあるし、優希が懐くだけのことはある
     だけど、正直よく分からない

     恋愛という気持ちを体感したことがない上に――そもそもそんなに熱を上げているわけでもない

     あくまで他の男子よりもほんの少しだけ上に位置している

     ただそれだけのことだ


    和「あっ……」


     などと色々と思案していたが、大事なことを忘れていた
     次の授業は移動授業

     日直である自分が教材を運ばないといけないのだ


    和「ゆーきは……先に行ってしまいましたね」

     
     待たせてしまうが、こればかりは仕方ない
     踵を返し、教室へと引き返す和


     それが、悲しい出来事の始まりとなった


    794: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 01:57:38.85 ID:w5gMM8hSo



     ガヤガヤ

     移動教室というものは不思議なもので
     大体が移動する時に仲のいいグループでかたまり、女子はさっさと移動
     男子は時間ギリギリまで教室で遊んだり、喋っていたりするものだ


     この日もそれは例外ではなく、和をはじめとした女子はみな先に移動を終え
     今教室に残っているのは一部の不良男子のみであった


    和「(……少し、入りづらいですね)」

     と、教室の前まで戻ってきた和であったが
     中に男子しかいない状況はいささか、躊躇する


    和「(まぁ、気にすることもないでしょう)」


     一応はクラスメイトである
     とって食われるわけでもないと言い聞かせ、扉に手をかけた――


    男子A「やっぱり原村の胸は最高だよなぁー」グヘヘ


    和「っ!?」ピタッ


     扉越しに聞こえた言葉
     自分の胸が最高――?

     それは一体――


    男子B「だよなぁ、顔も可愛いけどやっぱりあの胸だな!」

    男子C「あぁ~、一度でいいから揉みしだきてぇよ~」

     ゲラゲラゲラゲラ  イヒヒヒヒ
     フヒヒヒヒ   


    和「え……? 何、を……?」


     困惑
     今まで自分が聞いたこともないような下卑た言葉が、和を混乱させる


    男子A「俺なんか昨日は原村の大会の映像見てさー」

    男子C「あー、原村とヤれたら気持ちいいだろうなー」

    男子B「犯したくなっちゃうよなー隣で見てると」ニタァ


    和「!?」ゾワッ


    795: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 01:59:49.52 ID:w5gMM8hSo


     多少の自覚はあった
     優希がネタにしたり、からかう時によく言う言葉

     だが、実際にそうだなんて――思ってもいなかった


    男子A「私服もアレだぜ? 誘ってるに違いねーよ」ニヤ

     ワカルワカルー  ショウジキガードアマスギ

    男子D「なる~、やっぱ淫ピってか」ギャハハハ

    男子B「じゃけん今度、マワしましょうね~」


     ガヤガヤ  ザワザワ


    和「あ、あぁ……」ブルブル

     むしろ、今まで何も気付かなかった方がおかしいのだ
     その余りある美貌、常人離れしたスタイル

     学校中の男子が一度は自分をそういう目で見ているのは当然のこと

    和「い、いや……」ガクガク

     普段は優しく自分にプリントを配ってくれた男子も
     委員会で一緒に仕事を頑張ったあの人も

     大会優勝を祝ってくれた男子のみんなが――


    男子ABC「「「やっぱり原村はいいオカズだわ」」」

     
     自分のことを、性欲の目でしかみていなかったという現実


    和「っ!!」ダダダッ


     それからは無我夢中で何も覚えていない
     気が付けばいつの間にか保健室で寝ていて


    和「(あれは夢……悪い夢なんです)」フラフラ

     教室に戻ると、みんな暖かく迎えてくれた

     しかし――

    男子A「原村、大丈夫だったか?」ニコッ

    男子B「気をつけろよー」ニコニコ

    男子C「”大事なカラダ”なんだからさー」アハハ

     アハハハハ! フフフフ!

     クスクス  ゲラゲラ

    和「(やめて、ください……)」

     和の目には、もう男子は正常には映らなかった
     全てのシセン――声がいやらしい意味に聞こえる

     自分のことをそういう目で見ているようにしか感じられない


    和「(もうっ……いや……!!)」ブルブル


     その日から、原村和は変わった
     男に恐怖する、一人の少女として

     あるいは――


    796: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 02:01:08.78 ID:w5gMM8hSo


    【鶴賀学園 麻雀部部室】


    ゆみ「……では、改めて自己紹介させてもらおうか」

     鶴賀学園麻雀部

     つい最近まではたったの5人しかいなかったこの小さな部も、
     今では10人を越えるメンバーがいる

     しかし、今日に限ってはその数は少なく
     残っているのは一世代前のレギュラーメンバーだけである

    ゆみ「元鶴賀麻雀部員の加治木ゆみだ」

    智美「元部長の蒲原智美だぞー」ワハハ


     今や引退した身であるが、相応の実力を備えた二人だ
     そして――今回の目玉とも言えるのは次の二人である


    和「清澄高校麻雀部一年、原村和です」

     元インターミドルチャンプ、原村和
     
    京太郎「清澄高校元麻雀部一年、須賀京太郎です」

     元麻雀部員である須賀京太郎

    ゆみ「今回の闘牌はこの四人で行う。そして、立ち会いを見届けるのが――」

     ゆみの視線の先
     そこにいるのは三人の少女

    佳織「せ、妹尾佳織です」

    桃子「東横桃子っす」

    睦月「う、うーむ……」

    ゆみ「一人気絶しているが、気にしないでくれ」ハァ

    京太郎「……??」

    ゆみ「とにかく、私と蒲原が入り、原村、須賀の両名の対決ということで問題ないか?」

    和「……ありません」

    京太郎「ええ、いいっすよ」


    797: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 02:05:09.20 ID:w5gMM8hSo



     そう、今日は須賀京太郎と原村和の決闘の日である
     お互いに負けることのできないものを賭けた、真剣勝負

     京太郎は大会の出場権を
     和は自身の体の一部を

     それぞれ、譲ることのできない大切なもの


    ゆみ「ルールはプロアマ大会仕様、半荘一回での結果勝負とする」

    京太郎「問題ないです」

    智美「不正が発覚した場合はその場で敗北。まぁ、これは問題無いと思うが」ワハハ

    和「いえ、どうでしょうか」ジッ

     ざわ……
      ざわ……

    京太郎「それはどういう意味だ?」

    和「……聞いていますよ、須賀君があの藤田プロに勝ったということ」

    ゆみ「何……?」バッ

    智美「それは本当か?」ワハハ

    京太郎「さぁ、どうでしょう?」

     こればかりは正直に答えるわけにはいかない
     何せ、勝てたのは全て……

    アカギ「フフ……」

     この隣にいる男の力によるものなのだから


    桃子「その噂、確かに聞いたっす」

    佳織「う、うん。クラスで凄い噂になってた」

    睦月「うむ、うむむ……」ムニャムニャ


    和「しかも、奇想天外な方法で勝利したとも伺っています」

    京太郎「(そりゃまぁ、ドラが8も乗ったしな)」ポリポリ

     イカサマもなにも、オカルトの力も利用したものだ
     最も和には理解できないだろうが

    和「言っておきますが、私にイカサマは通用しません」

    京太郎「……へぇ?」

    和「やりたければどうぞ。それでも私は負けませんので」

     それは、和の麻雀に対する絶対の自信の表れ
     不正などには負けない、そう和は言い切ったのだ



    798: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 02:10:15.73 ID:w5gMM8hSo



    京太郎「なぁ……和」

    和「なんでしょうか?」

    京太郎「俺は、麻雀ってのは奥が深いもんだと思ってる」

    ゆみ「……?」

    京太郎「確立とか、運とか、オカルトじみた力とか……色んな要素がごちゃまぜ」

    和「……」

     だからこそ面白い
     だからこそ、色んな戦い方がある

    和「それがどうかしましたか?」

    京太郎「中でも、和は理に適った打ち方を好む。確立と計算によるデジタルな打ち方だ」

    和「ええ……そうですね」

    京太郎「そんなお前からしたら、俺は運だとかオカルトじみた部分に少し頼ってる――不安定な打ち手に見えるかもしれない」

    和「だから、なんだと言うんですか?」

    京太郎「否定はしないよ。事実だし、俺はこのスタイルを気に入ってる」

     俺は頭もよくないし、特別な力も無い
     でも、自分は勝てると信じたい

     自分の力を信じて、相手を打ち勝てると思っている

    京太郎「だから、お前が俺を弱いと決めつけて、俺の打ち方は否定するというのなら――」

     それは最大の侮辱
     勝負に命を賭けようとする男の……触れてはいけない琴線


    京太郎「俺はお前のやり方で、お前を倒す」ニカッ

    和「!?」ガタッ

    京太郎「今日の俺は”理”でお前を倒してみせる」


     京太郎からの和への挑発
     勿論、こんなことを言われては和も引き下がっているわけにはいかない


    和「……分かりました。では、疑うのはもうやめましょう」


     軽率な自分の言葉を戒め。新たに決意を固める和
     目の前の男は――全身全霊を持って倒す


    和「私も、私の”理”を持ってアナタを倒します」


     こうして原村和、須賀京太郎による麻雀勝負は始まる

     交差する”理”と”理”

     勝つのは計算による”理”か、それとも――


    京太郎「さぁ、サイを振ろう」


     須賀京太郎の”理”か



    799: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/14(水) 02:12:38.12 ID:w5gMM8hSo



    アカギ「……」タバコスパー


              /: : : : : : : : : . : /        :' ;:    ミ   |
    .          / : /: : :/ : : :彡/ . / . : : .   .: ;'       ミ }
             /://: :/ 彡 : : : / 彡/ 彡: : :ミ 、 ; :;   ミ
                 ///: : / : : /. :__/. ::/ヽ:   |\:;       ミ  ′
    .            /  /.://: 彡// /:/: :   ミト ;: 、   ミ     /
               / / /:/./┬く:|/ヽ     \|: :'_、 \    ミ/
                |  // {: :|: :ゞ<\ハ  /.: ̄: ,: \ }\⌒V
                     l/  : :| : : : ≧く.:} / :.xくア二二ア | /.:}
                        Ⅵ: .  . : ://  ヾ :' ;:     |_/.://
                        ヾ: : : : : ://    ,: ;:     __//
                     __ : : : : //    .: :'      /:-イ
                 /: : :.∧: : /厶イ__;      /  ハ
                /: : / ̄ ̄ ̄}l__}l:_:')    /}  : : :.
    .        _ .. -/: : : /   -―‐´┬\\.;     .: :|" / : : l\
    _ .. -‐. : : : : : : : : : : : /   ______\;;>ヽ/.: :八/} : : |: :\
    : : : : : : : : : : : /: : : : :/   ´      }l   l \_ソ: :   / : : : |: : : : :\
    : : : : : : : : : : /: : : : :/    ー―― …ー 、_ソ: : :   / : : : : |: : : : : : :\
    : : : : : : : : : /: : : : :/         _. - ―┘: :   /.: : : : :|: : : : : : : :
    : : : : : : : : /: : : :_:/         Y´:ヽ/: : : :    /: : : : : : :|: : : : : : : : :
    : : : : : : : /: /: |        . : / : : : : : :      / : : : : : : |: : : : : : : :
    ヽ:. : : _/: : :|.     . : : :/         /: : : : : : : : :|: : : : : : : : :


     イクゾノドカッ!  ドウゾ
     ワハハ、マケナイゾー  サテ、ドウナルカ

     ガンバルッスヨー!  マダオキナイノカナ?   ウム……

     
     ワイワイ  キャッキャウフフ


    アカギ「……」


                    >'7´ ̄ 7 <
                  Y´         \
                  ノ            .
                   イ ハj  /`メ、/ ハ. !
                  イ 乂ル' rァ<!/_ュル ハj
                    } /    ⌒ |´/ル'
                  ル'へ   __ 」/
                /人_ \  `/
              /::/ ::: :::::::} />く _
            . ' :: :::: ::/::⌒:::\ ::: :::::/\          f「!
              / ::: :::: :::::::::::::::´ ̄ ̄>く :: :: \.      ∩_ノ メ!=''
           / ::: ::: ::: ::::::::::::::::::::::/   ` <::ノ\    ノ   ノ
            / :::::::: :: ::::::::::::::::::::::/ 、     \x ´ ̄ `  /
    .     / :::::::::: :::::::::::\: :::: :i  \      }    ,.<
    .     .' ::::::::::::::::::::::::::::: :\: :! ;:::::/> .     ,.< /∧
         i ::::::::::: ::::::::::::::::::::::::: \!:::/ / . :>--<\ /⌒ 〉 ___
         } ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// . :: : : : : : : :.∨/   /´ : : : : \
        ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / : : : : : : : : : : : : :V   /: : : : : : : : :.\
         } :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : :V : : : : : : : : : .  / : : : : : : : : : : : :\
         | ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : ∧ : : : : : : : : ∧/ : : : : : : j/ : : : : : : :\
         { ::::::::::::::::::::::::::: / : : : : : : : :/:∧ : : : : : : : ': ∧: : : : :/ \ : : : : : : : :.\
        ノ :::::::::::::::::::::: / : : : : : : : : :/://∧ : : : : : : : ' :∧: /     \ : : : : : : : :.\
       〈 ::::::::::::::::::::/ : : : : : : : : : :/ ///: :.\ : : : : : : ' :∧       \ : : : : : : : : 7 、____ノ⌒ヽ
         } ::::::::::: / : : : : : : : : : : :/ :/ ´: : : : :: X : : : : : ': : \          `ヽ: : : : : :/: :/ⅤⅤハ⌒}
        〈:::::::::/ : : : : : : : : : : : :.//:: : : : : /  \{/ : : : : : :.〉、          ヽ.__/:/介! ̄__j_メ
        ヽ/ : : : : : : : : : : : : :/ _:_:_:_:_:/       \ : : : :ノ: :.>- 、       \/  r ='´
          `` ー ── ─ <                  \Y:/介彡' X⌒ヽ
                                   乂 ____ / Vノハ
                                        ` = = ''

     この時アカギ、意外に手持ち無沙汰



     つ づ く


    822: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:18:01.67 ID:umasereeo




    【鶴賀学園 麻雀部】


     須賀京太郎と原村和
     両名の意地を賭けた闘牌、その始まり


    京太郎「……」

    ゆみ「(藤田プロを倒したという実力、嘘か誠か……)」


             /     /ミヽV /彡|      V   \
              /     /⌒¨゙ー'´⌒|      ',   ハ
            /      /         i         ヽ
         ,イ/    /        ',        \   !
          /      ナ ‐-- 、    -‐气─-    \ ア !
        ´  〃 /,イ            ヾ\     `   |
    < __ . -彳ィ i ! ___      ___、 7‐ _   ≧ ァ
            i ! ハ《 _fっ::;}`     ´_fっ:::;}》 〃  } T  T´
            iハ ! .              /   // .′ |
    .          /ヽ i     ′        ´ー ´  .イ    !
            /  八     _             r-‐'       |
            .′ / へ      `        ィ |       |
    .       /   ′            i | .!       ハ
         //  /      `!ー-‐  ´  |、 ! |        ;
    .     {/i λ    i ,ィ/|、  _  -‐ ´ V、        | !i
            | / i __,ィ.::::/ /_V ヽ      /.:::ヽ        | |}
         _ ..-‐::::/.::::::/ ,イ////∧     /.::::::::|:7 /-ァ / i〃
     r.:i::´::::::::::::/.:::::::::// }////  ヽ  /.:::::::::::|' /:::/ /:::::`::‐-..、

     ざわ……
      ざわ……

    ゆみ「では、始めよう」

     最初の親は加治木ゆみ
     そこから順に和、智美、京太郎が親となる
     
    ゆみ「……」タンッ

    和「……」タン

    智美「……」タンッ

    京太郎「ふーむ」タンッ

     それぞれがよどみなく牌を切っていく最中、
     後ろからその闘牌を見守るのは桃子、佳織の両名である

    桃子「(うーん、さすがおᘄぱいさんっすね)」ジーッ

    佳織「(すごい、三つがもうあんなに……)」

    睦月「うーむ……うむ」スピー

    和「……」チャチャッ


    823: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:19:51.27 ID:umasereeo


     順調な滑り出しを見せる和
     その手牌の速さ、牌の流れを見切る動きに唖然とする外野

    和「(……聴牌、ここで気になるのは加治木さんの動きでしょうか)」チラッ

     彼女の実力はよく知っている
     河から察するに、もう聴牌をしていてもおかしくはない

     しかし、こんな序盤から警戒をするほどのことでもなし
     そもそも相手は目の前の須賀京太郎なのだから

    和「(それで、一方の須賀君はというと――)」チラッ

    京太郎「ふんふ~ん♪」チャッ

    智美「……?」

    ゆみ「……???」

     理解不能
     京太郎が切るのは――

    【京太郎の河】
     3s 4m 発中 9p

    和「(切ってる牌はほぼ他家の現物ばかり)」

     つまり、京太郎は最初からベタオリしているのだ
     それも始まったばかりの東一局の第一打から

    和「……須賀君」

    京太郎「ん? どうした、和?」ニコッ

    和「それが――アナタの”理”なんですか?」ギロッ

    京太郎「おいおい、和。対局中に相手の打ち方に文句付けるなよ」アハハ

    ゆみ「……原村、須賀の言うとおりだ」

    智美「勝負が終わるまでは口出し無用だぞー」ワハハ

    和「……そうですね。では」スッ千点棒


                __  ‐ ''" ̄ ̄ `゙' ..、
    .           | . / : : : : : : : : : : : : :.' ,
              ≠ / : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨゙\
              | _イ. /: : : :/ ハ: :、: 、: : 、: : r‐┴| く
             イ:/: /: /:/:Χ./ .}: 八:.|::!:.:.|: : !  :| .ノ
             {:::{: /:|/レ|ィ心≧ |/ .ィナ什ノ: : L...ノイ.、
    .        //|',::::(,| .ヒ::リ゙. ′ 匕:::リレ∨: : |\冫
            //::ハ: : : : :', :::::::     `'-'゙ :: ハ:.: レイ
           / : ノ ∨: : : ヘ   __   :::::: ,≠ヽ',: : ::ト、
         ,./: : : :/._,.-∨: ::_丶  _ .  イ    ∨: :.!: \
    .    , '>.-‐''二>''.´\ ,.二つ ̄ ̄ ̄二>.  ',: :',: : : :\
       く    く//__.ハ .i\.ヾ{_:_: : :_ : : :__ミ、__  マ: :ヾ、: : ::ゝ
    .  ,' .\  .{|::|─、U (/゙ .二⊃|ヽ\  {:::::::|:|.、  マ:..'., ヽ: : : : :>ー - 、
         { .\_.>‐ "  ̄ ゙̄´!.: :: :.∨\\|:::::::|:}. ',.  ',: :..'.,   × : : : : : : : : :ヾ
         ∨: : ├──.!  /      マ::::::┐::://::k.}  マ: :...'.,       ̄ ヾ´
    .     ∨: : \.  |.Y.        ヾ.__{_/彡Χ   ',: : : .'.,
    .      マ: : : :ー┤| ,'         ∨゙|   \  ∨: : : :\
            \_ イ! | :          ∨、     \  ' ,: : : : .:\
                ∨.',          }::::ヽ      ∨ .\: : : : ヾ
    .             ∨.' ,     / ,' ノ.::::::::.\   :ノ    \: : :::

     タンッ

    和「リーチです」


    824: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:21:22.59 ID:umasereeo


     和の先制リーチ
     相手がベタオリするというのなら、自分は少しでも高い手を和了る

     和は合理的な考えで、場を支配しようと動き出した

    智美「手が早いなー」タンッ

     一方それに対しての京太郎の行動

    京太郎「これは通るかなー?」つ危険牌

     それが――全くの意味不明さ

    桃子「(えっ……?)」

     ざわっ……
      ざわっ……

    和「……通ります」

    京太郎「やったぜ。」

    ゆみ「(ここでその牌だと?)」

    智美「(危険スレスレの牌を……?)」

    佳織「ほえ?」

     周りが困惑するのも仕方ない
     何せ、今までずっとベタオリだった男が――突然危険ギリギリの牌を切ったのだ

    ゆみ「(現物が切れたにしても、もっとやりようがあるだろう)」タンッ

    和「……」タンッ

    智美「降りるかなー」ワハハ

    京太郎「お、いい牌。んじゃ……」

    一同「「!?!?」」

     またもや巻き起こる混乱
     そう、京太郎がツモ牌を引き入れた代わりに出した牌が――

    京太郎「通れ!」つ現物

     和の現物
     つまり、先ほどの危険牌打ちは現物切れではなかったのだ

    ゆみ「(なんだこいつは――まるで意味不明だ)」タラッ

    和「……」ワナワナ


    825: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:23:29.83 ID:umasereeo


    京太郎「よっし、いいぞ」ニコニコ

     リーチ一発が付きそうな場面での現物保留
     その直後の現物切り

     京太郎の目的は一体何か?
     
     その場に分かるものはただ一人だけ


                   ∠'´--,-、__`゙≡  ヽ 、iヽ
             )     ,, ‐'_´_≡ ≡    ミ  '‐‐-、
             (,-‐-、_ -´_'´´≡,           ニ、‐、
            ,/. )    ̄´,,-‐´ 彡, ‐ , -""       、i
          /. ,,,,   ///_,‐、ゝく/,-‐'"´i ll ili i|i  、ゝ
         /,ン‐//-ュ   //i ,Y l\´  ,,ゝ、ハ  i|li  |__________  ,,,,-‐
       , ‐´''''''/'‐"‐片    `‐i/ l/゙゙|  丶く、_  、|、i   ノ-、,_,,, -‐'´
     -'´,,,,_丘‐-ッ‐i'"       /  ,|    ゙  ゙̄'' ゝ  / ,, -‐
    ''"´´'" `'''‐"、/        'i ,,,_´' ヽ     /,,-、. /
    ''''゙゙゙"' ‐=、,___ノ    ∧.   i `"''"'‐、_    .//゙ノノ/       ____
    ‐-<'‐-、,,ッ'     ノ | \  | ヾ‐、  "´ イ__,,ノ./‐--‐''''"´´ ̄
    ノ ´   |    / |   \|       , ∧\ /          ,,-
     i    /-、__/   |     |  _, ‐ ´ / |  \‐ ‐ -      //
      l__,,,-‐'  ∠_/`‐-、|     ∟‐- 、  /  |   \     ,/ /
     ,|      /    ___,,,,,,,,/     ,ノ  |     |_/ ̄´
    /      /  /´\     /ゝ‐-/   \   //_ ‐'  ノ

    アカギ「……」ゴロン


     そう、アカギ一人である


    826: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:24:50.79 ID:umasereeo


     京太郎の打ち方は混乱こそ招いたが、それは有効打とはなりえない
     というのも、京太郎が変な打ち方をしても周りは普通に打てばいい

     対策をする必要も無いし、むしろ勝手に自滅してもらえれば好都合

    ゆみ「(やはり藤田プロに勝ったというのは偶然か)」

    智美「(だろうなー)」ワハハ

     一斉に京太郎への評価が決定されていく中――

     バラッ

    和「ツモ、倍満です」

     とうとう和のツモ和了となる

    京太郎「……」

    ゆみ「くっ……流石にツモは防げないか」

    智美「いきなり倍満手とは凄いなー」ワハハ

    和「4000・8000です」

    京太郎「お、おおぉお!!」


     と、ここで京太郎が震え出す
     誰もが和の実力に驚き、恐れだしたのだと思った

     だが――


    京太郎「お、俺今二位だ!!」ジィーン

    ゆみ「……は?」

    京太郎「よっしゃー、このままリード守るぞー」ウエヘヘ


    ヽ./ : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ冫
    :: |: : : : ::/::/: : : /」: : : /}: : : :}゙`「丁ヽハ:!:!: !:  }
    -ィ: : : |_,'_,,|-‐''/ / / .}: : /.|: :|: |:::/. }:|:|:. リ !.|. ト.、           ,. ──‐、
    : :ト、::ィ゙ |: ::|\/ //.  /: :/ !: :!/!/  !从:/|:.| !∧冫         //´ ̄ ̄ヽ',
    : :|人小|ヽ:!.ィ爪沁ヽ. /./ /,.イ爪心ヽ.! イ/.//′           U     } }
    : :l: : ヾ |/{:::::::::⊂. ′   ´ ! :::::ィ./ ト,ムノ:!                    , ,' '
    :γ⌒ⅵヽ弋二;;ノ       ゝ-.″ | }: : : :|                 //
    ',:{ :::`    ::::::::::::::     、  ::::::::::  レ′ : :!.  ◯  ◯  ◯     { !
    ..',\     ::::::::::              ノ:   ::::!                   U
    : : :| `ー´\       ,. ,      / !:! !  !
    : : :|.     ` 、          ./|: :. !:! !  ::!                ◯
    : : :|         }`   .. __ , イ  |::|: |:|: :|  |
    : :: }     ィ‐┤.        ├ .、|::|: |:|: :|  {

    和「……」ポカーン

     困惑
     ただその言葉に尽きる



    827: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:27:19.27 ID:umasereeo

                 _ _
            , ': : : : : : : : : : `: : .、
          / . . .,. : : : : : : : : : : : : :ヽ
    ...    ,.': : : : ; ' : : : : ; : ' : : : :,, ´: ¨:`ヽ
        /: __: /: : : ,,: ': : : _;.: -:' : : : : : : : : : j
    / ̄ ̄ ̄\_:  ̄: : :  ̄: : : : : : : : : : : : _,丿 ¨`:,
      ネ  あ . !: `_-: _:_:_: : : : _:_.、 -‐,. '" ヽ'-; : : :}
      ジ  ま .|'"-、j/: :./ __、_, ., `.、    |'/: :../
      が  り .| .(/l{: /  l!,/ミヾ、、ヽ ゙'v   ;': :../
      と  の ○o。 `'   ヾノ/ ゙`、   ,-、": :/
      ん 衝  |:`v       `   ,/ヽ´ノ!: ;{
      だ 撃  |: 、    /       .{゙/`'' !:.{
      か に  |: :';     し     ..:::ゝ:|   `、_
    \___/: ト:', ヽ.     -_、 ノ: : l
    ::/: : : : /:::::|: : l ;.',  .〉、   ,. ' : : : .l
    ´: : :./ ::::::|: : lヾ:', /: : `;;‐': : : l,: : : : l
    : :/:::::/:;l:::j: : j、 ':;ヽ : : ; :イ : : :l l: : : :.l
    ´:::::::::/:::;;l/: :./::'、;; ></:/|: : : :l .l: : : :.l
    ::::::::/:::::::/: :/::::::::jj /-く/ .l: : : :.l !: : : :l

    ゆみ「お、おい? 肝心の原村には大差を付けられたままだぞ?」

     ゆみの言うとおり
     これは京太郎と和の勝負

     今や16000の差を付けられたのだから、この先の勝負は厳しいハズ
     だが京太郎はそんなこと気にも止めていない様子で微笑む

    京太郎「いやー、加治木さんや蒲原さんからは直撃取れる気がしないので」エヘヘ

    和「っ!?」キッ

     ざわ……
      ざわ……

    ゆみ「は、はは。言うな……」

    京太郎「事実ですから」ジャラジャラ

     その言葉、裏を返せば和からは直撃が取れるということ
     京太郎の挑発かあるいはただのハッタリか

     いずれにしても、それは和に多大な効果を与える

    和「……続けましょう」

    ゆみ「あ、ああ……」

     しかしそれでも平常心を保っていられるのは、和の実力か
     それとも【負けられない対価】を賭けた戦いだからなのか

    和「(須賀君、これが”理”だと言うのなら――それは勘違いです)」

     挑発や虚勢などなんの意味も持たない
     自分は感情によって、闘牌を変えるような愚か者ではないからだ

    和「……」つエトペン

    桃子「あれは……」

    ゆみ「来たか……」

     ギュッ

    和「……」ポーッ

     デジタルの神の化身
     闘牌を全て俯瞰で感じる、その恐るべき思考能力

    和「では……私の親ですね」

    智美「(怖いなー)」ブルブル

    ゆみ「(どう警戒したものか)」ゾワッ

     それぞれが和に対する警戒を強める中で
     京太郎はただ一人、別の展開を描いていた

    京太郎「……」ニカッ


    828: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:29:34.54 ID:umasereeo



     そうして迎えた東二局
     和の親である

    和「……」カチャカチャ クルッ カチャ

    ゆみ「……」カチャカチャ

    智美「……」カチャカチャ カチャッ

    京太郎「……」ジィー カチャカチャ

     まずは配牌
     京太郎の手牌はまずまずといったところ

    和「……」タンッ

     対する和は好調な配牌
     運も和に傾いているかのような状況である

    ゆみ「……」タン

    智美「うーん」タン

     一方で二人は和に対する様子見
     まずは出方を伺っているのだろう

    和「……」タンッ

            j:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::://:::/:!l::::/!:/!::::;'!::::::/: : : :!:::::::::.:.:.:.!
           ,':.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::j !V:!ヽ!:::! l:! !::;':!l::::::!: : : : !l:::::::::::::::!
             j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::l ,.ィ.,ニj!''ヽl! l:::! !ハ::::!: :-‐'j!l::::j::::::.:.!
           j.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈! ら:::!   トヘ::! ! ヽ:!: :_,l!':/j::::::.:.!
           !.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::!. 弋;;ノ  . : :ヽ: : : : ィ'ニ`ヽ'/∧:::::l
          j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::|   --     : : : : : .fr':}  }∧:::.:.:!
           /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             _`''′/.j:::::.:.:.j
         /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|          ヽ      .,::::::.:.:.!
        ../.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                   ,::::::::.:.:!
       /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: . .     r‐‐ュ      ノ:::::::::.:.|
      ./.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!>、: : .     ̄   u., イ::::::::::::::.:!
      }/!.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:!: : :>. _      , ..<::::::::::::::::::::::ハ
       !.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::j::l、 : : : : : : >-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       l.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::;;l:l::::::::/!:! >.、: : : ∧::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::ハ!
     _,,. -―='''" ̄ ̄ ̄7.:リ:::::::/ j!    >-'_∧:::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::! !
    '".:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:j!!::::/ /    ,イ::..::..::ヽヽ:::::::::::::::::::::/:! !:::::/ j
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:l:;イ.:.ヽ  / ヽ::..::..:lハ ∨`ヽ、:::::/./ j:::/ ./
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.\     !::..::.Vヽ!.:.:.:.:.:.:.:>メ、/:/
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>イ´.:.\   .l.::..::..:V l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノイ.ヽ、

    桃子「(凄い、これが原村和……)」ゾクッ


    【和の手牌】 ※ドラ9p

    123m 1237s 1299p 東東  

     
    桃子「(鳴かずの三色、役牌2、チャンタ、ドラ2……)」

     そのままでも8翻での和了
     リーチすれば、裏も踏まえて三倍満も夢ではない

    桃子「(これがまだ4順目の手っすか!?)」

     配牌も、ツモも、流れを読みきった動きも
     全てが和の手中に収まっている


    829: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:31:45.49 ID:umasereeo


    桃子「(……それに対して、須賀京太郎は?)」チラッ

     この好調な手牌に対応できるわけがない
     そう思いながらも、京太郎の手を覗く桃子

    京太郎「……」

    【京太郎の手牌】

    1156p 33447s 9p 西北南南


    桃子「(これまた微妙な手っすね)」

     ドラ2の七対子
     リーチ裏ドラで跳ね満出世も視野に入るが――

    桃子「(このままいくと、多分ダメっす)」

     桃子の予感
     それはある意味で的中する

    京太郎「さーて、頑張るぞっと」

     数巡後――

    【京太郎の手牌】

    1155p 33447s 9p 西南南 
     
    桃子「(ようやくここまでっすね)」

     イーシャンテンまでこぎつけた京太郎
     目の前の和の動向も気になる中での、ツモは――

    京太郎「……」つ西


    【京太郎の手牌】
    1155p 33447s 9p 西西南南

     
    桃子「(聴牌!!)」ドクン

     なんという豪運であろうか
     和のあの神ががった手を躱しながら聴牌まで持ってきたのだ

    桃子「(ビギナーズラックって奴すかね?)」チラッ

    佳織「(みっつずつじゃない?)」アレ?

    桃子「(だけど、ここが正念場っすね)」


     問題は7s切りか、9p切りか
     7sは既に河に二枚あり、地獄待ちとなる
     逆に9pはドラであり、まだ河には一枚も無い 


    桃子「(切られる可能性も低く、放銃の可能性もある9p)」

     それか出るかどうかすら怪しい7sにするか
     この決断は迷うところである

    桃子「(さて、どうするっすか?)」チラッ


    830: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:33:10.82 ID:umasereeo


    京太郎「……」スッ

     京太郎が選んだのは――


     タンッ! カラン


    京太郎「リーチ」

     9p

    ゆみ「!?」

                ィ´ ̄
             __//   -───-
           /´ ̄ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
          /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.://:/_:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:/:.イ/ }イ:.:.:.:.ハ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:|:.:.:.:/レl/ />、/ |:.:.:.:.:l:.|
     _ ∠;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.!:.イ/ 〃⌒ヽ/ ' l:.:.:.:イ/
     __..ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.|  {{   }} /:.//
     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄lイ:.:.:.:.:l:.::|ヾミゞ==彡_ヾ      て
       \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ⌒' |:.:./:人リ       ̄ ゙̄ 、   ⌒^\
         `ー┐:.:.:.|   Ⅳイ    _       l
           j∧:.:`ー一x     /  `   __  |
            l:.:∧:.:.:./`     {      }ノ /
            レ' _」:.:/      ̄ ̄ `ヽノイ
        ____ / ̄ ̄`  _、  /ー─‐ ´ ̄
      ∠_    \      /| /> 、
     /    `ヽ、   \   /  | ヾ、 ∧__
     l       ,    \ハ ` ┐ i ヘ、\ `ヽ、
     |       l     ヽ::\ | | /\}  ハ
     |        、   i    \:ヽl Ⅵ  '. /  l
     '.          ヽ、 |      ヽゝ_j::|   ∨   |
      、           Y^       Y::::::|   |   |

    智美「(ここでドラ!?)」

    和「!!」ピクッ

    桃子「(ドラ切り……)」ゾワッ

     正直な話、京太郎はここで7sを切ると桃子は思っていた
     少しでも高い手が欲しい局面、ドラを残したいと思うのが人情だ

    桃子「(だけどこの男は、まるで確信があるかのように……)」

     勿論ありえる選択肢ではある
     だが、それだけでは片付けられない奇妙な偶然があるのだ

    和「……」

    【和の手牌】 ツモ東

    123m 1237s 1299p 東東 

     和も聴牌
     そして、その手の内にあるのは先ほど京太郎の待ち選択肢の7sと9p

     もし京太郎が9pを待ちに選んでいれば、確実に出ていなかっただろう
     逆に、この7sはどうであろうか



    和「(須賀君の手は捨て牌から見て七対子ですね)」

     素早く巡る、和の思考回路
     リーチをしたということは、それなりに出やすいものを待ちに選んでいる可能性が高い


    831: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:35:11.35 ID:umasereeo


    和「(私の手で切りたいのは7s、これはどうでしょうか?)」

     場には既に二枚の7sが出ている
     つまり、残りは1枚のみ

     一巡待てば違う待ちにできる七対子をリーチで縛り、更にはドラを捨ててまでの地獄待ち
     非合理的過ぎる

     さらに言えば、聴牌を崩して受けに回るほど劣勢な場面でもない

    和「(どう考えてもこの局面で、7s切り以外ありえません)」タンッ

     そして、とうとう切られる7s 
     吸い込まれるように……和はその手を差し出してしまう

    京太郎「クク……悪いな、和」

    和「え?」


              /   /     |   | |   | |  :       l :l   |  |   :|   | |
           / /    |    |__ | |   | |  |  :   l :l:  /|  |   :|   | |
    .      ///     |    |\ |‐\八 |  |  |    |__,l /-|‐ :リ   リ  | |
         /  /   - 、     :|   x===ミx|‐-|  |:`ー /x===ミノ//  /  :∧{
           /   |  :.八   _/ {::{:::刈`|  |  l:  /´{::{:::刈\,_|  イ  /ー―‐ ..__
    .      / / :|  ::|/ \{^ヽ 乂辷ツ八 |\| /' 乂辷ソ ノ^l/ } :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `「⌒:.
    .       //  /|  ::l、   :    ー‐   \{  | /  ー‐    j/ /}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
         / _,/:.:..|  ::| \ !           j/        ′/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.
            / :.:.:.:.:{  ::|\ハ_,          ノ            ,___/{:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧
    .    /:.:.:.:.:.:.:.::′ ::|:.:.|\圦                       / j/l/.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.∧
    .   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′_,ノ⌒ヽ::|  、    、      _  -‐'     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.::/:.:
     /\:.:.:.:.:.:.:r‐ ' ´     ∨\/ ̄ )  ̄ ̄        /   /.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:.:./:.:.:
    /:.:.:.:.:.:.\:.:.ノ  ----- 、  ∨/   / 、          /   ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:/:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        ‘,  ‘, ./、 \       /   /.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:/:.:.:.:.:.{   ---- 、   ‘,  } /:.:.:} ̄ \ ̄ ̄ ̄/ ̄ /:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-<⌒:.:.:.:.:
    :.:./:.:.:.:.:./       ‘,  ‘,「l /⌒^\________/}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´    \:.:.:.:.:
    :/:.:.:.:.:.:.{: .    . :    ‘, 人U{:.:.:.:.:.:.:.|:\        /:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―‐┐:/        \:.:
    :.:.:.:.:.:.:.: }: : : :--:/\: . ノ:r/   / .: .:.:.:.:.|:.:.:.:\    ,/:.:.:. |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


     ジャラッ

    京太郎「ロン。一発リーチ、チートイ、裏は――流石に乗らないか」クスッ

    和「なっ……」

    京太郎「ハイ、御免でした。満貫頂き!」イェイ

     ざわ……
      ざわ……

    ゆみ「7sで地獄待ち……?」

    智美「おもしろい待ちをするなー」ワハハ

     一同が騒然とするのも無理は無い
     先ほど和が考えた思考がそのまま、裏をかかれた形となるのだから


    832: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:36:00.33 ID:umasereeo


    和「……」

     唖然とする和
     しかし、それよりももっと驚愕に包まれていたのは――

    桃子「(な、なんて奴っす!)」ゾクゾク

     和の手牌を見抜いたように、正確な7s残し
     結果として和の7s切りを見抜き――挙句に直撃まで奪った

    桃子「(こいつ……バカのフリして実は!?)」

    京太郎「ん……ドラ? あぁぁー!!? 俺ドラ切ってるじゃん!!」

    一同「……え?」

    京太郎「ぐあぁぁぁ! しまったぁぁ! あ、でもドラで和了でも同じようなもんか」ポン

    ゆみ「……」ポカーン

    智美「ここ、笑うとこ?」キョトン

    佳織「????」

    桃子「(や、やっぱりこいつアホっす)」ガクッ

     一同の京太郎への評価がまたもや急転直下していく
     そんな中、静かに京太郎を見つめる和

    和「……(偶然に決まっています)」ギリッ

     自分の好調な手を潰されたのは腹ただしい
     しかし、だからといって負けが決まるわけでもない

    和「(元々意味不明な闘牌をする人でしたし、気にする必要はありません)」

     目の前の男が計算外の行動を起こしただけのこと
     その破天荒さも視野に入れれば、計算できないことではない

    和「(もう油断しません)」キッ


    京太郎「……」クスッ

    アカギ「クク……」


     
    ゆみ 17000

    和 33000

    智美 21000

    京太郎 29000 



    833: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:36:58.02 ID:umasereeo



    【東三局】
     
     そして続く蒲原智美の親番
     ここまで見に回っていた智美だが、親番となっては強気に動くしかない

    智美「(早和了で場数を稼ぐしかないなー)」ワハハ

     タンッ

    京太郎「……」つ東

    智美「ポンッ!」

     東東東 カッ!

    智美「……(よしっ)」

    ゆみ「(蒲原が早いな――一方の原村はどうか)」チラッ

    和「……」タンッ


    【和の手牌】ドラ4m

     456456m 678s 2223p


    桃子「(やはり流れはおᘄぱいさんっすね)」ゴクッ

     異様に手が早く、しかも高い
     智美も聴牌しているが、どちらが先に和了か――

    京太郎「……」つ2m

    ゆみ「ポンッ!」チャッ

     222m カッ!

    京太郎「今日はよく鳴かれるなー」アハハ

    桃子「(こいつはこいつでマイペースすぎるっすね)」

     役牌を切ったり、現物を切ったり
     フラフラと自分なりの麻雀を打っているようだ


    834: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:37:48.26 ID:umasereeo


     だが、一方で隣に座る加治木ゆみは冷や汗をかきながら京太郎を見る

    ゆみ「(まるで平凡な打ち手だが……なぜだ? なぜこうも嫌な予感がする!)」ゾクッ

     というのも、先ほどから京太郎が危険牌をことごとく切っているのだが
     それが一つも原村和にヒットしない

    和「……?」

     それどころか、なぜこうもことごとく躱されるのかと困惑しているようにも見える
     つまり、原村和の手を読み切っているような打ち筋なのだ

    智美「……」タンッ

    ゆみ「(二人が張っているのに、どうしてそんなに強気なんだ?)」チラッ

    京太郎「~~~♪」チャッチャッ

    ゆみ「(私も聴牌だが――降りるべきか?)」

     悩むゆみ
     しかし、背負う者の無い闘牌である

    ゆみ「(むしろここは、相手を牽制する!)」スッ

     タンッ!

    ゆみ「リーチ!」

    智美「!」

    和「……」

     場に点棒が出たことで、ダマテン二人にも緊張が走る
     しかし、そんなことを意に介さない男が一人

    京太郎「うわー、手が早いですね」ニコニコ

    ゆみ「あ、ああ。ありがとう」

     ただ笑って、手を進めるのであった

    智美「(ユミちんの待ちが読めないなー)」

     動揺を隠せない智美だが、ここまで来た以上降りるわけにもいかない
     迷わずに聴牌を維持しながらツモ切りに務める

    和「……」

     それは和も同様で、聴牌を崩さずに勝負に走る
     自分が和了るという絶対の自信の表れなのだろうか


    835: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:38:45.42 ID:umasereeo


    京太郎「……」

     そして一方の京太郎
     聴牌もしておらず、ベタオリするかに思われた彼に行動は――

    ゆみ「……一発は乗らずか」スッ

    京太郎「ポン……!」チャッ

    ゆみ「え?」

    京太郎「……」ニカッ

    ゆみ「では……」スッ

     タンッ

    京太郎「ポンッ!!」

     チャッ

    ゆみ「!!」

    和「……」

    桃子「(どうしてここで2副露?)」

     三人が聴牌している状況で無理に勝負する必要も無い
     これではまるで――

    ゆみ「よしっ! ツモだ!」ジャラッ!

    智美「くっ……」

    ゆみ「2000・4000だ」

    和「……」

    京太郎「あちゃー、鳴かなければよかったなー」アハハ

    桃子「(先輩に和了牌を引かせる為だけに鳴いた……?)」

     勿論、そんなことは可能性である
     どう見ても初心者の京太郎が場の聴牌も読めずに鳴いた

     その結果ゆみが牌を多く引き、ツモ和了しただけ

    京太郎「……」クス

    和「……(偶然に決まっています)」

     どちらにせよ、和のトップは揺るぎない
     大丈夫、問題は無い

    京太郎「次は――俺の親だな」ニカッ


    ゆみ 25000

    和 31000

    智美 17000

    京太郎 27000 


    836: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:40:37.22 ID:umasereeo


    【東四局】


    京太郎「……」カチャカチャ

    和「……」チャッチャッ クルッ クルッ チャッ

    ゆみ「……」チャッチャッ カッ

    智美「……」ワハハ

     そして続く東四局
     待ちに待った京太郎の親である


                   __  /⌒ヽ
                     ⌒\ ∨   ヽ___
                  _, ----`      ∨   `ヽ、
               /´               |     \
              / ____    /  l|     | :.     \
                ///    /   |     |l |  :       ヽ
                  /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
              / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
             .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
             }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
               / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
              ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                    {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
                   |                ノ ' }/イ/
                    {               _,ノ
                       人       _,..::ァ       r }/   ガンバルゾー
                         `     ゝ - '   イ   |/
                            `  ーr  ´  ___|_
                         ___|     |//////|
                       {|___ノ  __|[_]//∧_
                     /// |____|///////////> 、
                         ///// |   /////////////////> 、
                   /////// { //////////////////////}
                 //////////∨///////////////////////|

    京太郎「……」タンッ

    和「……」ゴクッ

     ここまで平静を保ってきた和だが、
     京太郎の親となるといささか緊張がぶり返してくる
     
    和「(もし、負けたら――)」

     目の前の男に、自身の胸をいいようにされ
     死にたくなるような恥ずかしめを受けるに違いない

    和「……」ギュッ

     エトペンを抱く手に更に力がこもる
     大丈夫、自分は負けない

     そう言い聞かせながら、和は更なる高みへと身を落としていく

    和「……」ポーッ


    837: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:42:13.60 ID:umasereeo


    京太郎「……」タンッ つ中

    和「ポン」カッ

    ゆみ「(鳴きにシフトしたか……)」

    智美「(須賀君の親を流すつもりかー?)」ワハハ

    京太郎「……」つ7s

    和「ポン」カチャッ!

     息も付かせぬ早い鳴き
     この予想外の動きに、ゆみと智美は動揺する

    ゆみ「(現物が少なすぎて、何を切ればいいか分からない)」クッ

    智美「(とりあえず無難なところを切るかー)」ワハハ

     タンッ 1s

    和「ポン」チャッ!
     
    智美「(しまった!?)」

     これで和の鳴きは中、17s
     混一色の可能性大である

    ゆみ「(これは下手にソーズは切れないな)」

    智美「(ここはなんとしても降りるぞー)」ワハハ

    京太郎「……」

     一方の京太郎は意にも介さず、思うように牌を切る

    京太郎「せいっ」つ東

    桃子「(あぁっ、バカ!)」

    和「……」
     
     しかし和、この東をスルー
     この時和の待ちは――

    【和の手牌】>>5s赤ドラ

     45s 北北 【111s 777s 中中中】

     ずばり36s両面待ち
     
    京太郎「ふんふーん」つ8s

    和「……っ」

    京太郎「ん? どうかしたか?」ニコッ

     通る
     京太郎の切るソーズがことごとく通る

    京太郎「これもいいな」つ9s


    838: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:43:29.89 ID:umasereeo



     そのあまりの自然なソーズ切りに、動揺したのは和だけではない

    ゆみ「(まさかソーズが通るのか?)」

    智美「(読み違えたか……?)」

     京太郎のソーズ連打にゆみと智美、両名の思考が鈍る
     そしてとうとう、まるで悪魔に魅入られるように――

    智美「(通るか……?)」タンッ

     6s

    和「ロン!」ジャラッ

    智美「あっ」

    和「7700です」

     鳴きの混一色役牌にドラ1
     僅か数巡でこの和了である

    京太郎「折角の親が流れちまったなー」


    ゆみ 25000

    和 38700

    智美 9300

    京太郎 27000 


     これで京太郎と和の点数差は11700
     先ほどの奇跡のような和了で詰めた点差も、またもや一瞬で離される

    ゆみ「(これが原村和か……)」

     場の流れを読み、確実に自分の手牌を積み上げる
     合理的で完成された闘牌スタイル

    ゆみ「(まるで付け入る隙が無い)」グッ


    839: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:45:10.94 ID:umasereeo


     恐ろしい実力だと、改めて関心するゆみ
     そして逆に対峙する京太郎への印象は最悪だ


      /:::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::/        |::::::::::::|   
      /::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::/          |::::::::::::|  
     /:::::::::::;;/::::::::::::::::::::::::/           |::::::::::::|  
     |__;;:-‐::':::::::::::::::::::::::/ ̄`ー-、        ト、:::::::|  
    ::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;:イ ̄- 、 __ー--      -‐'Τ゙、::::::\ 
    -:-:-:::'::'::':::>、:::/ | </::::;;;:::::i\-     _二ニy/|:::゙、:::::::::\
    /:::::::::::/:::::{. Y   .゙、::::...:::/      イ:;;::::////:::;:个::::::::::::`ー-、_
    :::::::::::/:::::/::\    -ー‐゜-       !::..:゜/ノイ;:イ:::::| ̄`ー―--‐''''
    ::::::::/:::::/:::::::/`ー,          ,   ̄ /:::::|:::::|::::::|
    ::::::/:::::/::::::::|:::::|:|`             /|:::::::|:::::|:::::|
    |::::|:::::::|:::::::::|:::::|::|  \      、っ   /:::|:::::::|:::::|::::::|
    |::::|:::::::|:::::::::|:::::|::|   ` 、_  _ ,  ':::::!:::::::|:::::::|:::::|::::::|


    ゆみ「(何を考えているのかまるで分からん)」

     奇跡的に放銃を躱してはいるが、それはあくまで運がいいだけに過ぎない
     先ほどの和了も偶然のように見えるし、合理性に欠ける

    ゆみ「(ようするに、無茶苦茶に打っているだけの素人か)」

     ゆみの推察はある意味では正しかった
     唯一誤算があるとすれば、京太郎は無茶苦茶に打っているわけではない

    京太郎「あー、もう東場は終わりか」

    和「……これで分かりましたか? 須賀君に勝ち目はありません」

    京太郎「ん? 逆だろ?」


     この男は、自分の”理”を組み立てながら打っている


    京太郎「この東場でハッキリした」
     
     ざわ……
      ざわ……

    和「何が、言いたいんですか?」ギロリ

    京太郎「和、やっぱりお前にだけは負けない」

    和「!?」

     京太郎の闘い
     それは既に始まっている


    842: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/15(木) 16:53:27.09 ID:umasereeo



    和「虚勢ですね……」キッ

    京太郎「そう聞こえるか? なら、証明してやるよ」

     チャッ

    京太郎「次の局。俺はお前から直撃を取る」

     ざわ……
       ざわ……

    ゆみ「(馬鹿な、何を根拠に……)」

    智美「(そんなの無理に決まってるなー)」ワハハ

    桃子「(無理っすね、絶対)」


     果たしてそれは――現実となるのか


    和「……」


     二人の戦いはいよいよ、後半戦へともつれ込んでいく

     
    睦月「ん……ここは?」パチッ


                           ...::<//////////ミヽ、
                         y-‐<///////////////////////zz、
                     /////////////////////////////////>、
                        /////////////////////////////////////ヽ
              ヘ      j/////////イ州z‐-////////////////////////ゝ、
            /   \ ___ノ///////ー-- 、/////`¨''-、///////////////////∧
           /       イ//j///ー=─-ミ  ヽー=ー 、///ヽ///////////////////ヽ
          /        ///{//ー=Z        ー、 ヽ//ハ///////////////////
                ////ハ::/           ミ、州弋 |///////////////////
                 /////,イ:::.                ト州州,l/,イ///////////////
               ,//////ソ:::::                 }州州彡'' ,ィ彡´///////////
               ///////イ::               |州州州州'///ノ/////////
            /___,,-─--|ィ':..               j州州彡', <´///////////
              `∨    /:::::..              .::Y`l州州///////////////
                /      |イ::::::..:::.          ...:::::/._ノ州<//////////////
            /   --─--|::::::::::::      ..:::::::洲州州//////////////
           r─-- 、    lハ::l::::::::::::::::::::::::::,イ::.j::/    //////////////
          Yニニ'''   ヽ、   lハ::::,イ:::::::::::::::/ ,}/リ   //////////////
         イ---      ヽ、___.ソ ハ:::::,イ::/ー- ___  <//⌒''ー-、/////l\
         (__ー弋         `¨¨'∨-ソ─---- 三三j     ∨///|  \
            ̄ `ヽ、 __                          ハミヽj
                    `¨'''ー- 、_                  /
                          `¨''ー- 、_           /
                                 `¨''ー- __/

    アカギ「Zzzz……」スピー



    京太郎「さぁ、続けようぜ」

    和「……はい」


     この闘い
     勝つのは京太郎か、それとも和か

     思考渦巻く闘牌の果てに――

     二人は何を見るというのか

    京太郎「……」



     つ  づ  く


    918: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:09:29.75 ID:8WKWUlwfo



    【南一局】ドラ7p


     京太郎の和に対する直撃宣言
     その言葉により、その場は重い空気に包まれていた


    京太郎「……」カチャカチャ

    和「……」チャッカチャカチャ

    ゆみ「ふむ……」カチャカチャ

    智美「……」ワハハ


    睦月「あ、あれ……?」

    佳織「あ、起きたの?」

    睦月「うむ……」

    桃子「もう後半戦っすよ」

    睦月「南場か……須賀君は?」チラッ


    ゆみ 25000

    和 38700

    智美 9300

    京太郎 27000 


    睦月「二位!! 二位だ!! 須賀君が二位だ!!」パァァァァ

    桃子「むっちゃん先輩……これはサシ馬対決っすよ」

    睦月「ん……ということは」

    桃子「11700の差で須賀京太郎が負けてるっすよ」

    睦月「なん……だと……?」グギギギ

     原村和、須賀京太郎による対決
     現在は和の圧倒的有利状態――

    ゆみ「では始めるぞ」タンッ

    和「……」タンッ

    智美「うーん」タンッ

    京太郎「……」タンッ

     それぞれが思い思いの牌を切っていく

    和「……」タンッ

    智美「……」タンッ

    京太郎「……」タンッ

    桃子「(なるほど、おᘄぱいさんも意地があるっすね)」

     先ほどの京太郎の挑発
     直撃を取ると宣言された以上、狙われる和は少しは弱気になりそうなものだ

     しかしそれでも和は今までどおりの強い闘牌で攻める


    920: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:10:34.19 ID:8WKWUlwfo


    ゆみ「(ここで降りれば、須賀の思うツボだからな)」

     牌効率、相手の捨て牌から手を予想し切る
     単純、だがそれゆえに弱点らしいものが見つかりにくい

     和には絶対の自信があった
     それゆえに自分のスタイルを曲げてまで逃げたりはしない

    ゆみ「……」タンッ

    和「……チー」チラッ

     678s カッ

    智美「ふーん」タンッ

    京太郎「……」タンッ

    和「ポン」

     111s カッ

    ゆみ「(ソーズの2副露か)」

    智美「(早めにソーズを処理しておくかー)」タンッ

     4s

    和「……」ピクッ

    智美「(まだ聴牌はしてないのか……?)」

    京太郎「……」タンッ

     2s

    和「ポンです」

     222s カッ

    ゆみ「(これは――!?)」

    【和の鳴き】

     678s 111s 222s

    【和の捨て牌】
     3m、2p、72m、59p、3s、西、1p

    智美「(やっぱり清一色、もしくは混一色か?)」チラッ


    和「……」カシッ クルッ カシャッカシャッ

    京太郎「……」ジィー

    和「……」つ9s


     タンッ

    ゆみ「(9sを切ったか。既に聴牌している可能性が高い)」

    智美「(字牌とソーズはもう切れないなー)」ワハハ


    921: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:11:27.08 ID:8WKWUlwfo


     この時、誰もが和の聴牌を察知
     ソーズと字牌に対する警戒が最高潮に高まっていく

     そんな中、ただひとり

    京太郎「……」

     京太郎だけはある確信を持って、その手を切っていた

    京太郎「……」つ4s

    桃子「(えっ……それは!?)」

     圧倒的危険牌4s
     その時京太郎の手牌は――

    【京太郎の手牌】 ドラ7p

     35m 333455s 222m 678p

    桃子「(現物の3s、もしくは萬子の整理でもいいハズっす!)」

     それを敢えてこの危険な勝負である
     そんな必然性などどこにもない

    京太郎「……」タンッ

     だがそれはあくまで、京太郎以外の話である

    和「……っ!?」

    京太郎「……どうした? 通るのか?」

    和「……」コクッ

     ざわ……
       ざわ……

    ゆみ「(偶然か……? いや、それにしては妙な自信だ)」

    智美「(なんにしても、ここはベタオリだな)」

     点数差のある智美がベタオリに移行
     ゆみも少し悩んだが、様子見で降りを決意

     これにて戦いは京太郎と和
     この両名に限られた

    京太郎「……」ニッ
     
    桃子「(こいつには、一体何が見えてるんすか……!?)」

    和「……っ」

     しかし、ここで動揺したのは和である
     
    和「(私の牌が見られている……?)」

     そんなハズは無い 
     しかし、京太郎の不思議な動きはどうにも理解できない


    922: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:13:20.47 ID:8WKWUlwfo


    和「(私の牌が見られている……?)」

     そんなハズは無い 
     しかし、京太郎の不思議な動きはどうにも理解できない

    和「(……いえ、落ち着かないと)」タンッ

     例え相手がどんな打ち方をしようと、自分の打ち方を貫く
     それが原村和の意地なのだ

    智美「……」つ現物 タンッ

    京太郎「……」タンッ

     5m(赤)

    和「(……赤ドラ切り?)」

     ここに来ての赤ドラ切り
     わざわざ5mの赤を切るということは35m 57mのカンチャン整理の可能性が高い

     和への直撃を意識して、少しでも待ちを広くするのであれば
     23m、78mの1469m待ちが怪しくなってくる 

     つまり萬子の待ちだとしても、2378はほぼ通ると言える 
     
    ゆみ「……」タンッ

     タンッ タンッ タンッ

     場に少しばかりの緊張が流れていく
     一方で和はその思考をどこまでも高めて、確立を重んじる戦いを続ける

    和「……」つ2m

     そして、和のツモで引き入れたのは2m
     これは安牌

    和「……」タンッ

     自分の待ち牌はまだ河に出ていない
     焦らず、待ちを広げられれば――

    京太郎「……和」クスッ

    和「えっ……?」

    京太郎「だからそれが、お前の限界ってわけだ」パタン

    【京太郎の手牌】

     34m 33355s 222m 678p

    京太郎「ロン。2600だ」

    和「なっ……!?」

     あまりの衝撃に、誰もがハッと息を呑む
     そして京太郎の和了を見て――誰もがある事実に気付く

    ゆみ「馬鹿な、さっきの赤5mで和了じゃないか!?」

     そう、京太郎は先ほどの5mでツモ和了
     点数は7900となり、直撃を取るよりも点数を稼げた


    923: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:14:31.94 ID:8WKWUlwfo



    和「なんで、こんな……」

    京太郎「合理的じゃないかって?」

    和「っ!?」ドクン

    京太郎「悪い、俺は点棒に興味は無いんだ」 

     ゆっくり、ハッキリと京太郎は告げる
     
    京太郎「俺は”お前”に勝つ為に打ってる」

    和「……!」

     それは不合理極まりない打ち方
     しかし時にそれは――

    京太郎「まずは俺の一勝、かな」ニッ

     相手の喉元に喰らいつく牙となる


    睦月「はぅっ……//」キューン


                      /                       ヽ
                       / __/  〃                         :.
                     ///                          l
                       /〃/   〃                   |
                        /  /〃                         |
                    厶イ/    〃    〃                 :|
                    /  /   〃                  :
                       〃/   ./                    . :l
                    | / /〃 /〃/. : {: .               r‐x : : ′
                   / ′/∨ . /. :/´\   、   {\__ . : /、 }: /
                        | / .l. :/:| /〉 x=ヘ: . {\ \、\ : |: :八} /: {
                        |   |:∧ ///: : : . \l: : .\l  ̄ :!:/_ノ/: : |__
                        -‐    ̄∨/ : : : : .       : : : : /_/:. : :八:\
                 /       // : : : :  :     . : : /:::::\_:_/}: :∨ \
                /         〈/ イ ー-  、  . : :/:::   :::: : :/: : : :. : : :
                /l       _.. :/-‐/, :ヘ ニ=‐   . :/:::::      . : : : : :〉: : :
                l_/ ̄  |/   /: : : : .     :/::::::::     /: : : : : /: : : :
            /     } /      / : : : : : : 〉 _/::::::::::    /: : : : : : /: : : : :
             /    | ;       . : : : : : : :/:.  \:::::    /: : : : : : : /: : : : : :
    .        /  |:.    | .:|    / : /\: : :∧::.       ..::/: : : : : : : : /:::: : : : : :
            ′ |::    |: :|:   厶イ : : :∧ /   :.    .. :: :/: : : : : : : : : /:::::: : : : : :

    アカギ「……Zzzz」スヤァ


    ゆみ 25000

    和 36100

    智美 9300

    京太郎 29600


    925: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:15:59.43 ID:8WKWUlwfo


    【南二局 和の親】

     京太郎の和了により、ざわめき立つ部室
     不可能と思われた京太郎の和直撃

     誰もがその偉業に驚き、騒然としている

     僅か2600とはいえその功績は大きい

    京太郎「さて、やるか」ジャラジャラ

     そんな空気を意にも介さぬといった様子の京太郎が牌を落としていく
     しかし、そこで思わぬ場所から物言いの声が上がった

    桃子「待つっす!!」バァーン

    ゆみ「モモ? どうかしたか?」

    桃子「……牌の交換をするっす」

    京太郎「へぇ……」

    智美「んー? どういうことだ?」ワハハ

    桃子「さっきから後ろで見てるっすけど、須賀京太郎の打ち筋が何かおかしいっすよ!」 ビシッ

     ざわ……   
       ざわ……

    睦月「何!? まさか、須賀君がイカサマしてるとでも!?」ゴゴゴゴゴッ

    桃子「い、いや……えと、その」ガクガク

    佳織「」ビクビク

    ゆみ「まぁ落ち着け津山。モモの言うことにも一理ある」

    京太郎「……」

    ゆみ「先ほどの4s切りといい、東場での回避といい。いささか神がかり的に思える」

    京太郎「それは、相手が和だからですよ」チラッ

    和「っ!!」ガタッ

    ゆみ「落ち着け原村。だが須賀君、そう言い切れるということは牌は別に変えてもいいだろう?」

    京太郎「ええ、いいっすよ。何も変わらないと思いますけど」

    和「……」ギリッ

    智美「よし。確か新品の牌がロッカーにあったハズだぞー」ワハハ

     ガヤガヤ

    京太郎「……」

     こうして、南二局より新品の牌を使用することとなる
     キズ一つなく、ガンパイすることなど確実に不可能

    桃子「これでよし!」

    睦月「須賀君がイカサマなんかするハズない……うむ、絶対に」メラメラ

    桃子「あ、あくまで保険っすよ、保険」ビクビク
     だが、本音を言えば少し違う

    桃子「(あの荷物持ちが、こんなに強いハズ無いっす!)」

     自分を難なく抑え、全国でも大活躍だった原村和
     一方的なライバル意識さえ多少なりとも持っている相手だ

     それを――雑用しかしてこなかった男
     ”男”が原村和を上回っているなどと、絶対に認めたくない

    桃子「(むっちゃん先輩には悪いすけど、どうせこいつはイカサマしてたっすよ)」フフン

     だがそれもこれで終わり
     新牌になった以上ガンも出来ず、小細工などしようものなら後ろから止めに入ればいい


    926: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:18:44.94 ID:8WKWUlwfo


    京太郎「……じゃあ、続けようか」

    和「ええ、では」チャッ

    桃子「(そのメッキ、外してみせろっす!)」
     
     桃子の京太郎に対する認識
     麻雀もできないくせに、女子目当てで入部してるようなふしだらな”男”

     それはきっと概ね正しい

    京太郎「……」タンッ

     だがほんの数分後

    和「……」グッ

     その認識がそのままそっくり裏返ることになるとは――誰が予想しえただろうか


    【南二局】


    和「……」タンッ

     原村和は今、軽い混乱の最中にいた
     対局を俯瞰で感じながら、牌効率と相手の捨て牌によって最良の手を切っていく

     それが自分のスタイル
     完成されたデジタルの打ち方だと自負していた

     
     八巡目――


    ゆみ「……」タンッ 4s

    和「……(鳴けますね――でも)」チラッ つツモ

    京太郎「……」ジィーッ

    【和の手牌】

     3888p 23455m 3567s

     先程は鳴いた為に手を読まれた
     ここは面前での最良の手を作る

    和「(そうすればアナタは捨て牌から私の手を予想するしかない)」タンッ

     南

     そう、それこそが完全無欠のデジタル
     得られる情報から、予想し限りなく正解に近づける打ち方

    和「(須賀君、アナタにそれができますか?)」  


    927: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:19:50.34 ID:8WKWUlwfo


    京太郎「……フフ」

    ゆみ「?」

    京太郎「なるほど、考えてるな和」

    和「……さぁ? なんのことでしょう」

    京太郎「素晴らしい”理”だよ。関心する、本当に」

    和「……」

    ゆみ「須賀君、無駄な私語はやめるんだ」

    京太郎「すみません、じゃあ俺の番っすね」チャッ

     タンッ

    桃子「……」ジッ

     京太郎は静かに微笑む
     その打ち筋には微塵も迷いは感じられない

    和「……」グッ

     そして迎えた十巡目――

    【和の手牌】ツモ4p

    3999p 23455m 3567s

    和「(3s切りで聴牌ですね)」チラッ

     京太郎の河を見る
     相変わらず読みづらい、デタラメな河だ

    和「(恐らく七対子。ですが、この牌で待ちますか?)」

     3s切りで聴牌である
     これを逃す手は無い

    和「通ればリーチ!」つ3s

     カランッ

    京太郎「……ふふ、それが出るか」

    和「えっ……?」

    京太郎「御無礼、ロンだ」バラッ


    【京太郎の和了】ドラ4m 赤5m

    3s 5577p 334455m 中中
     

    京太郎「またまた、満貫頂き!」ニカッ

    和「……」ヘナッ

    ゆみ「(なんだこれは――!?)」

    智美「(偶然じゃ……ない!?)」


    929: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:20:36.87 ID:8WKWUlwfo


     ざわ……
       ざわ……

    和「……」
     
     これで京太郎の逆転トップである
     ここにいる誰ひとりとして予想しえなかった状況

     誰もが困惑し、動揺を隠せない中――

    桃子「い、異議ありっす!!」

     すばやく我に帰った桃子が割って入る

    京太郎「……なんだ?」

    桃子「さっきから後ろで見ていたっすけど、今の和了には不自然なところが……」

    睦月「無い」キッパリ

    桃子「い、いや!」アセアセ

     ざわ……
       ざわ……

    ゆみ「モモ、どういうことだ?」

    桃子「その男、聴牌してからずっと3sを待ちにしていたっす!」

    京太郎「それが何か問題なのか?」

    桃子「問題って……だって、待ちを変えることはいつでも出来たハズ!」

     そう、3sだなんてものよりもっと出そうな待ちはいくらでも出来た
     場に一枚出ている中や北……などなど
     少なくとも3sよりは出やすい待ちがあった筈なのだ

    桃子「なのに、どうして……?」

    京太郎「どうしてって、和が3sを持ってるからだよ」

    和「!!」ガタンッ!

     と、ここでとうとう和に限界が来る
     京太郎の度重なる挑発、言動に冷静さを取り繕っていたが
     流石にここまで言われて黙っているわけにもいかない

    和「説明してください! どうして分かったんですか!?」

    京太郎「えー? 残り二局あるのに?」

     そう、仮にトリックがあるにしても
     それを教えてしまえば次からは利用できない

     教えるとしても終局後――そう考えるのが普通だ


    931: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:23:33.43 ID:8WKWUlwfo


    ゆみ「気持ちは分かるが、それは直感や能力の類ではないのだろう?」

    京太郎「いや、まぁ――」

    和「そんなオカルトありえません。何か仕掛けがある筈です」キッパリ

    京太郎「んんー、まぁそうなんだけどさ」ポリポリ

    和「でなければ、私が――須賀君なんかにっ!」ワナワナ

    京太郎「……」


    睦月「あー、怒らせたねー。うむ、私の事本気で怒らせちゃったよ……」オープンアップ

    佳織「あ、あわわわっ……」


    京太郎「あーもう、分かった。分かったよ」オテアゲ

    和「!」

    京太郎「種明かししてやるから、そう怒るなよ和」ニッ

    和「……」キッ

    京太郎「可愛い顔が台無しだぜ、な?」ニコニコ


    睦月「うっ、ひぐっ……ぐすっ……」ポロポロッ

    桃子「(はやっ!?)」ビクッ


    和「やめてください。虫唾が走ります」ギロッ


    睦月「……あ?」スクリュー ブリザート!

    佳織「」ガタガタブルブル


    ゆみ「では一時中断し、須賀君の話を聞こうか」

    京太郎「とは言っても、大した仕掛けじゃないですけどね」ポリポリ

     そして京太郎は卓の上の牌を集めて説明を始める
     須賀京太郎の”理”

     それは、恐るべき異端の策の上に成り立っていた



    ゆみ 25000

    和 28100

    智美 9300

    京太郎 37600



    933: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:24:30.81 ID:8WKWUlwfo


     
    京太郎「まず一局目から順を追って説明します」

    ゆみ「ああ、頼む」

    京太郎「まず東一局、俺はいきなりベタオリを見せましたね」

     そう、和の現物ばかり差込み
     まるで和了る気配を見せない闘い

    京太郎「みんなにはそう映ったかもしれないけど、アレは俺なりの闘いだった」

    智美「俺なりの闘い……?」

    京太郎「……俺はある【方法】で和の牌の傾向が大体分かっていたんです」

    和「やっぱりイカサマを……!」

    ゆみ「まぁ待つんだ。最後まで聞こう」

    智美「それで?」ワハハ

    京太郎「ですが、実戦でそれを試したことがない。だから、それが通用するか確かめたんです」

    桃子「つまり、ベタオリしながら様子見――?」

    京太郎「ああ。それで和がリーチした時に、俺はそれを試した」

     和の手牌を理解しているなら、放銃を避けることは容易い
     その結果が――あの時の危険牌打ち

    京太郎「結果として大成功。それは通り、俺は確証を得ました」

    ゆみ「なるほど――その後の現物切りは目的達成の証というわけか」

    京太郎「それもありましたし、和にとっては意味不明な打ち方をすることも目的でした」

    和「!!」

    京太郎「混乱したろ?」ニカッ

    和「っ~~!!」ギリギリッ

    桃子「(おᘄぱいさんの目が血走って怖いっす……)」ビクビク

    京太郎「和がツモった後のアホ発言も、まぁ……和のペースを乱す為です」

    ゆみ「結果としては、更に本気にさせてしまったようだが……」

    京太郎「いえ、そんなことありませんよ」

    ゆみ「何?」

    京太郎「あの挑発のお陰で、和は自分でも気づかない程に動揺してました」

    和「そんなことっ!!」

    京太郎「してたさ。だからこそ俺はあの東二局で勝負に出た」

     七対子での7s待ち
     ドラを切っての、予想を裏切る攻撃

    京太郎「ドラなんてどうでもよく、最初から俺は和の7sを狙ってたんだ」

    和「……」

    ゆみ「確かに、7sが分かっているのならあの打ち方にも納得が行く」

    智美「その後のアホな振る舞いは演技かー?」

    京太郎「お恥ずかしながら」ポリポリ

    桃子「(こ、コイツ……!?)」

    ゆみ「そして続く東三局は私の和了だったが?」

    京太郎「東場で和了を重ねても、俺が警戒されちゃまずいので……それでちょっと」


    934: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:26:04.65 ID:8WKWUlwfo


     今は格下と侮られている(事実その通りなのだが)京太郎が
     もしも東場で荒稼ぎしたらどうなるか?

    京太郎「和を油断させたまま、混乱だけを積み重ねたかった」

     その為に自分はのらりくらりと和を躱し、
     逆にゆみに和了を譲ることでその場を凌いだ

    ゆみ「だが東四局では原村に譲っていたな?」

    京太郎「あれは出来れば蒲原さんか加治木さんに和了って欲しかったんですけどね」アハハ

    智美「申し訳ないぞー」ワハハ

    桃子「そこは別に謝るとこじゃないっすよ」

    京太郎「でも、それで東場で俺から直撃を取れなかったという事実を和に突き付けた」

    ゆみ「直撃を?」

    京太郎「和のスタイルは別に狙い打つようなスタイルじゃありません。でも――」

     その東場が終わった後に京太郎が見せた挑発
     それは――自分が和から直撃を取るというもの

    京太郎「これで和は相当動揺した筈だ。俺からの直撃なんてとんでもないって」

    和「……」

    京太郎「本人は気丈に振舞って打っているつもりでも、どこか俺を意識してしまう」

    和「してませんっ!!」

    睦月「そうだそうだ!!」

    京太郎「えーっと? それでまぁ、和はいささか保守的な動きにならざるを得ない」

     それは普段の和のデジタル計算機の――僅か1%を狂わせたにすぎない
     だがその1%にこそ、勝機がある

    京太郎「それで迎えた南一局。和が染めている気配を見せた瞬間――計画はスタート」

    ゆみ「……」

    京太郎「まずは和の和了牌が5sだと予想した俺はまず4sを切り――」

    和「だからそんなことは不可能だとっ!」ガタッ!

    桃子「お、落ち着くっすよ!」アセアセ

    京太郎「……はぁ、分かった」オテアゲ

    和「えっ?」

    京太郎「最後まで引っ張ろうと思ったけど、そこまで言うなら先に教えるよ」

    和「……お願いします」

    京太郎「じゃあ、あの時の和の鳴きの形はこうだろ?」


    【和の鳴き】
     678s 111s 222s

    【和の捨て牌】
     3m、2p、72m、59p、3s、西、1p


    935: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:27:17.89 ID:8WKWUlwfo


    ゆみ「ああ、間違いない」

    京太郎「この鳴きを完成させる前に和は一度、蒲原先輩の4sに反応しています」

    智美「ああ、覚えてるぞ。正直ヒヤヒヤしたけどなー」ワハハ

    京太郎「この時4sは俺が一枚、場に一枚、そして蒲原さんの切った一枚が見えていました」

    ゆみ「つまりポンではなく、チー」

    京太郎「234s、345のチーは俺が3sを三枚、和が一枚切ってるからありえない」

    智美「考えられるのは――56sのチーだな」

    京太郎「その後和はある牌”X”をツモって9sを切った」

    和「……」

    京太郎「つまり、Xをツモる前の和の牌の形はこうなります」カチャカチャ

     569s X

    京太郎「Xの牌が何か、可能性は四つ」

     6s 7s 8s 9s  

    京太郎「まず9sの場合、この形なら4蒲原先輩のsで和了だ。見逃す必要が無い」

    桃子「9sじゃないってことっすね」

    京太郎「次に6sの場合ですけど、これも不自然なことがある」

    ゆみ「6s切りの数巡前に確か、3sを切っていたな」

    京太郎「そのとおり。もし3sなら和はその時点で35669sとなるから、切るなら普通は9s」

     この局面で聴牌を崩す必要性など皆無だからだ

    京太郎「なら次は7sだけど、5679sならさっきの4s鳴きの反応が不可解になる」

    智美「単騎待ちの上に、ツモによっては両面待ちにできるからなー」ワハハ

    京太郎「そうなると残るは――5689s。つまりXの正体は8sで決まるってわけだ」

    和「……」ワナワナ

    京太郎「和、俺の考え……間違ってるか?」

    和「いえ、ここまでは正解です」

     ざわ……
       ざわ……

    睦月「うむ、かっこいい……//」フラフラバターン

     ギャー! マタキゼツシター!?
     マタカ!? ウワァァアンン!

    ゆみ「(な、なんて奴だ……!?)」

     まるで非の打ち所のない的確な推理
     恐ろしい程までに研ぎ澄まされた”理”の打ち方

    智美「凄いな、普通にデジタルも打てるんじゃないかー?」ワハハ

    京太郎「あはは、【師匠】がいいんですよ。【師匠】が」

    和「で、ですがっ!」ダンッ

    京太郎「ん?」

    和「そこまでは認めます。しかし、5689sからの9s切りは二通りある筈ですよ」

    智美「確かに7sをツモっての5678sか、8sをツモっての5688sと二通りあるな」ワハハ

     7sをツモっていれば58sが待ちとなり、8sをツモっていれば47sが待ちとなる

    和「これでどうやって7sか8sか特定できるんですか!?」


    936: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:28:06.41 ID:8WKWUlwfo


    和「これでどうやって7sか8sか特定できるんですか!?」

     そうだ
     これが特定できない以上、4s切りは50%の確立で死亡するギャンブルと同じ

    和「結局は運だけで――」

    京太郎「いや、違うよ」

    和「え?」

    京太郎「言っただろ。俺の”理”で勝負するってさ」ニカッ

     京太郎は胸を張って言い切る
     100%の確立で、4sが通ると確信していたと

    ゆみ「しかし、どうやって――」

    桃子「聞きたいっす」

     その京太郎の自信に――誰もがその種に関心を寄せていた
     先ほどまで、意味不明な素人と思っていた人間の”理”

     この場はもう、京太郎に対する興味のみが渦巻いている

    京太郎「と、その前に――一つ、いいですか?」

    和「……?」

    ゆみ「……なんだ?」

     突如、解説を遮り――視線を上げる京太郎
     その先にいるのは……原村和

    京太郎「……俺は、麻雀部に入部してからほとんど打たずに雑用ばかりで過ごしました」

    和「っ……」

    ゆみ「ああ、知っている」

    京太郎「俺には優希みたいな東場で強くなる力も無いし、部長の悪待ちなんてものもない」

     ただ、弱かった
     なんの力も持たず、なんの成果も得られず

    京太郎「咲みたいな能力も当然無いし、染谷先輩みたいに豊富な知識があるわけでもなかった」

     暗闇
     弱者に位置づけられた自分に、這い上がる術など何もないと思っていた

    京太郎「正直、何度もやめようと思ったし……辛い日々だった」

    和「……」ブルブル

    京太郎「でもな和。お前なんだ」

    和「……わた、し?」

    京太郎「お前が俺に、光をくれたんだよ」

     オカルトに負けず、自分の打ち方に自信を持ち
     誰が相手でも効率を重視した完璧なデジタルをやり遂げる


    937: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:29:34.14 ID:8WKWUlwfo


     オカルトに負けず、自分の打ち方に自信を持ち
     誰が相手でも効率を重視した完璧なデジタルをやり遂げる

    京太郎「だから俺は――ずっとお前に憧れてた」

    和「私に、須賀君が……?」

    京太郎「その日から俺、家でも部活でも、ずっとお前の打ち方を真似してたんだよ」
     
     当然、そんなに甘いわけでもなく
     勝率なんて少なく――ネトマでも負け越すことの方が多かった

    京太郎「お前のビデオを見て、過去の牌譜も暗記して――ずっと幻影のお前を追っかけてた」

    和「そこまで――」

    京太郎「勿論、和みたいに凄い計算ができるわけじゃないから――弱いままだったけどさ」

    桃子「(さっきの理詰めでも十分凄いっすけど……確かにおᘄぱいさんには劣るっすね)」

    京太郎「それで、ある日気づいたんだ」

    ゆみ「気づいた……?」

    京太郎「和の打つ時のクセ、ツモり方が――目に焼き付いて離れないってことに」

    和「!!」ドクンッ

    京太郎「そんな俺からしたら――7sツモか8sツモかなんてハッキリ分かる」

    ゆみ「どうやって……?」

    京太郎「無意識だったんでしょうね。和の奴――ツモった牌をひっくり返したんです」

    一同「!!?」

    京太郎「5689sは上下対称。ひっくり返す必要なんて無い」

     つまり――あの時に和が引いた牌
     それは確実に7s

    京太郎「だから俺は5678sでの待ち、58sが和了牌だと分かったんだ」

    和「……じゃ、じゃあ!」

    京太郎「ああ。今までの局でお前の手が分かったのもほとんどはこれ」

     配牌時に――ツモった時に
     整理し、回転させ、位置を整える

    京太郎「俺はお前がどういう傾向で並べてるのかよーく知ってんだ」ニッ

    和「そ、そんな――」

     これが須賀京太郎の”理”
     デジタルでは和に及ばないものの、その場の空気――対戦相手の気配を察知し
     
     相手の手牌を予想する
     それは――和のデジタルよりも、恐らく精度の高いもの

    ゆみ「(原村限定とはいえ――なんて男だ!?)」

    桃子「(勝負への覚悟、執念がまるで違う……)」ゾクゾクッ 

    和「どう、して……?」ジワッ

    京太郎「……」

    和「す、須賀君は……悪い、男の人、なのにぃ……どう、じで……」ポロポロッ

     和は戸惑っていた
     目の前の男は自分にいやらしい視線を寄せ、挙句に胸を賭けに要求するような男
     他の男――あのクラスの男子達となんら変わらない存在、そのハズだった

     なのに、どういうことだ? 
     雑用をしながらヘラヘラ鼻の下を伸ばしていたと思っていた彼が、陰でこんなにも努力していた
     自分に憧れてデジタルの道を学び、ここまで成長していた
      こんなにもまっすぐな瞳で、麻雀に向き合っているではないか 


    938: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:30:54.84 ID:8WKWUlwfo


    和「わ、わたっ……私……」ブルブル
     
    京太郎「俺さ、ずっと好きだったんだ」

    和「ふぇっ?」

     しんと静まり返る部室
     京太郎が発した言葉――その一言が周囲の雑音を消し去ったのだ

    京太郎「和――」

    和「須賀……くん?」 

    京太郎「俺は確かに、スケベで弱虫で――麻雀も弱い、役立たずだ」

    和「……」

    京太郎「お前の事を性的な目で見てたし、正直――何回オカズにしたか分からねーくらいだよ」

    和「っ!!」ゾクッ

     やっぱり、同じなのだろうか?
     あのいやらしい人達と、須賀京太郎も――

     そう、和が思った時である

    京太郎「でも、でもな……」

     それは――
     和が一度も見たことがないような優しい笑顔

     嘘偽りの無い、穢れなき光

                         ____
                   ,. ´ __    `¨¨ヽ
                ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
               /  _     ,:   ∨   、    :.
              / /,´      /    |    ヽ     .
           / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
           l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
         _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
          ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
              / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '
               / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
             ´    \∧  '        ,r ' /
                   、  v   ァ    / 从/
                         \ `こ     イ  _|、
                      ` r  ´   //∧
                         /|     /////∧
                    「  |   //////////> 、
                  , </∧ /   {///////////////> 、
                , </////// ∨__∨//////////////////>、

     
    京太郎「和。俺は一度だってお前を”身体だけで”見たことなんかねぇよ」

    和「……!」


    939: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:32:42.33 ID:8WKWUlwfo



    京太郎「可愛くて、おᘄぱい大きくて、それでいて堅物なくせに、仲間想いで――」

    和「……」ツーッ

     言葉にすればいくらでも出てくる
     須賀京太郎が好きな、原村和という少女の特徴

    京太郎「なんかいい匂いして、少女趣味で、俺の麻雀の手本になってくれて――」

     京太郎はなおも、続ける
     無理やりのようなものも、長所と言えないようなものもひっくるめて

     次々と、和にその言葉をかけていく

     
    京太郎「他にもえーっと、うん。まぁたくさんあっけどさ。一つ言わせてくれ」

     彼の他に、誰も言葉を発しない
     ただその行く末を見届けたいと――誰もが思った

    京太郎「誰が、お前の”身体”だけに惚れるかってんだ!」

    和「っ!」ドクンッ

    京太郎「俺はな、お前の全てをひっくるめて好きなんだよ!」

    和「!!」ドクンッドクンッ

    京太郎「勝手に――値打ち下げてんじゃねぇ!」プイッ

    和「あ、うぁっ……//」カァァア

     超が付くほどのどストレートな言葉
     それは、なんの打算も無い――ただただシンプルな想いの叫び

    京太郎「……」チラッ

    ゆみ「……//」モジモジ

    智美「わ、ワハハ……//」テレテレ

    佳織「はぅ……//」ドキドキ

    桃子「……//」ポーッ

    睦月「Zzzz……」スヤァ

      ,,‐´ __                      ゝ
    ∠-‐´,, -‐' ´   ll     ll   ll    ll   ll ヾ
      / ll   lll    ll    ll   lll   ll   ll ヽ
    / ,, ‐; ‐' ~   ll    ll    lll   lll   ll   |
    ,-‐', '´ ll   lll   lll  /| ll    ll    ll   ll  |
    ./l , -‐'´ ll   lll /ll/. | .iヘ   lll   ll   ll
    .ll/ /    l  /ll.//l/    |ll| | llヽ、 lll   ll   |
      / ll./ ll.∠// .l/    , |.|-‐|.| ̄ヽ、 ll.    lll |
     ./l//l / / `ヽ、|   /  |  |  ::\  ll  ll|
    ../ //.|.=====、  __ ========::::| .l⌒ヽ .|
      ./  | ` ‐--゚‐/,::: '''' ` ‐-゚--‐ ' ´  ::|ll|⌒l | |
          |    :::/,::::::::            :::| |⌒l |lll|
    .      |  ::/,:::::::::::::          :::|l|6ノノ .|\
    .        |. /,:::::::::::__:::)           :::::||、_ノ |::::::\
    .         l.(_::             :::::::/l   ll|::::::::::::|
    .         l.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :::::::/ | lll |::::::::::::::|
               l、   ___     ::::::/:   | ll|::::::::::::::::|
            _, -/l、   ̄ ̄    :::::/::    | |:::::::::::::::::|
        _, -':::::::/::::::!.        ::::/:::     |.|:::::::::::::::::::|
        ::::::::::::::/::::::::::ヽ、     :::/:::       |:::::::::::::::::::::|
       :::::::::::/::::::::::::::l::ヽ、  ::/:::       /l:::::::::::::::::::::|
       ::::::::/::::::::::::::::l:::::::lヽ/:::         /::|::::::::::::::::::::::|
       :::::/::::::::::::::::::|:::::::::|::::         /::::|::::::::::::::::::::::::|
       ::/:::::::::::::::::;:へ::::::::|            /:::;:へ::::::::::::::::::::::|
       /:::::::::::::/:::::::::\::|- 、      , -‐//:::::::::\::::::::::::::::|
       ::::::::::/::::::::::::::::::0:|  ヽ   /  /:::::::::::::::::::::::\:::::::::::|

    アカギ「……」ソワソワ

     この時アカギ、意外に純情


    943: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:33:46.09 ID:8WKWUlwfo



    和「え、えっと……// そのっ……//」モジモジ

     突然の愛の告白に戸惑う和
     今までに数多くの告白を受けてきた百戦錬磨の和だが、
     こんな情熱的な告白は初めてなのだから無理もない

    和「~~~っ!」ギュゥゥゥ

    エトペン「」ブチブチブチッ

     あまりの興奮と衝撃からか、思わずエトペンを握りつぶす和
     中身出そうになってる? 知らんな

    京太郎「……とまぁ、こういう感じで和の手牌の一部は分かってました」ポリポリ

     と、一方の京太郎はいささか罰の悪そうな顔で話を戻す
     そりゃこれだけの人数を前にして告白まがいをしたのだから当然だ

    ゆみ「あ、ああ。分かった、痛いほど理解したよ」ニヤニヤ

    智美「あぁー、愛のなせる技だぞー」ワハハ

    佳織「(あぅぅ、気絶していて助かったよぉ)」ホッ

    睦月「うむ……」スピー

    桃子「(あれ、どうしてっすかね。なんだか胸が……)」バクバク

    京太郎「後は約束の直撃を取る為に、5mの赤を見逃して2mを待ちにしました」

     あの状況で智美、ゆみが降りることはなんとなく予想できた
     となるとアレに引っかかるのは強気で勝負してくる和くらいだろう

    ゆみ「南二局の3s待ちは?」

     狙いすましたように和の3sを七対子で待った
     ただ牌を予想できても、必ず切る保証など無いハズだ

    京太郎「ああ、それも原理は同じです」

    ゆみ「というと?」

    京太郎「和は早くに、加治木先輩の4sで鳴こうか悩んだんですよ」

    和「!?」

    智美「?? そんな気配あったかー?」

    ゆみ「いや、私は感じなかったが」

    和「そうです。あの時は慎重に行動していたので、分かるハズがありません」

     そう言い切る和
     しかし京太郎は首を横に振って否定する

    京太郎「ツモる時の指だよ」

    和「指……?」

    京太郎「和の牌をツモる動作はすごく綺麗だ。毎回ブレなくまっすぐに牌の中心を掴んでる」

    ゆみ「そう言われると確かにそうかもしれないが、だからどうした?」

    京太郎「その時は和の奴、鳴こうか悩んだ4sに視線を送っていたんで手がずれたんですよ」

    一同「???」

    京太郎「つまり、よそ見しながら牌をツモろうとして、いつもより左に流れた部分を掴んだんです」


     ○=指  ●=牌
       
     ○○       ○○
     ●●  →   ●●
      ○        ○

    和「そ、そんなっ!?」


    944: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:34:40.74 ID:8WKWUlwfo


    和「そ、そんなっ!?」

    京太郎「他家の河から察するのに4sポンじゃない。となると3567sの牌形が分かる」

     つまり、そこの牌溢れとなりえる3sを狙った
     その為に待ちを変えやすい七対子に絞って

    ゆみ「し、しかし……そんな小さなこと!」

    京太郎「だから、言ってるだろ」

    和「……」ドキドキ

    京太郎「俺は、ちゃんと”和”を見てる」ジッ

    和「ぅぁっ、ぁぁ……//」ドキドキドキドキ

     顔が熱い
     心臓が早鐘のように鳴り響いている

     平常心を保てない
     顔がにやけそうになるのを、必死にこらえていなければならない

    和「(私、どうして……?)」

     分からない
     この気持ちがなんなのか?

     考えれば考える程
     目の前にいる須賀京太郎を見つめれば見つめるだけ――動悸は激しさを増していく

    ゆみ「なるほど……それが君の”理”ということか」タラッ

    京太郎「納得して頂けましたか?」ニッコリ

    ゆみ「ああ。正直言うと言葉が出ないよ」

     今まで彼女達の京太郎への評価など、ただの荷物持ちでしかなかった
     大会ではいいとこ無しだと聞いていたし、それは変えようのない事実である

    京太郎「……」

    ゆみ「(何がきっかけで化けたのか分からないが――この男!?)」

    智美「(精密なデジタルをベースに、ラフプレイに心得もある)」

    桃子「……」ジィー

    京太郎「まぁ、対策するのには観察が必要だし。和以外にはそうそう通用しませんけどね」アハハ

     この間の竹井久達との対戦でもそうであった
     久はラフプレイに慣れているし、まこは京太郎よりも技術が上
     優希は沈黙していたが、最初の東場で暴走されていたら手遅れであっただろう 

     つまり、最初からまともにやりあって勝てる相手は和くらいなもの

    京太郎「だけど――和にだけは負けない自信があった」

    和「はぁっ……はぁっ……//」ギュッ

     須賀京太郎の”理”は和の”理”を制す
     それは同時に和の中の何かを変えるキッカケとなる


    945: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:35:17.30 ID:8WKWUlwfo


    ゆみ「しかし、困ったな」

     正直言うと、ゆみも含めてここにいるほとんどが京太郎のイカサマを確信していた
     だが実際はそうでなく京太郎は確かな対策を持って和に挑んでいたのだ

    智美「ああ、これじゃあ残りの二局……京太郎君が不利だなー」ワハハ

     種を明かされた手品ほどつまらないものはない
     あの原村和に、同じ手はもう通用しないだろう
      
    京太郎「まぁ、約束した以上。最後まで俺の理で挑みますよ」

     例え勝算が薄いと分かっていても
     それでもいい

    京太郎「俺は和に認めて欲しかった。こんな”シセン”もあるってこと」

    和「あっ……」ハッ

    京太郎「だから、もう勝ち負けなんてどうでもいい」ニカッ

    和「須賀君、まさか……?」 

     そして和は気付く
     あのまとわりつくような視線への嫌悪感

     それがもう綺麗さっぱり消え去っている

    和「(まさか、あんな賭けを持ち出したのも?)」

     胸を賭けた闘い
     和の中で京太郎の評価は最低値にまで落ちていたが――今ではむしろその逆

     もしかすると京太郎は、身を持って教えようとしたのでないだろうか

    京太郎「男はみんなスケベなもんさ。そりゃ中にはマジでろくでもない奴もいるけど、でも……」

    和「……須賀君」ドクン

    京太郎「お前が魅力的過ぎるのも悪いんだぜ?」ハハハ

    和「……フフ。そう、ですね」クスッ

     笑った
     原村和が――ついに笑みを見せた

    京太郎「(ああ、これでいい)」

     須賀京太郎は最初から、勝つつもりは無かった
     この闘いの中で和に道を示し――その抱えている闇を照らしてあげられれば、それで

    京太郎「……じゃあ、残り二局。打つか」

     もっとも、勝機の見えない戦いである

     京太郎が”理”で戦う限り――の話だが

    和「待ってください」

    京太郎「ん?」

    和「この勝負――私の負けです」

    ゆみ「何?」

     ざわ……
       ざわ……

    京太郎「和、お前?」

     突然、負けを認める和に一同が騒然とする

    和「私の理は須賀君の理に負けました。それは代わりのない事実です」

     最初に取り決めた約束
     和はそれに破れた、挙句にその弱点を指摘してもらえる始末

    和「ですから、私の負けです」


    946: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:35:53.42 ID:8WKWUlwfo


    京太郎「和、お前はそれでいいのか?」

     京太郎からしてみれば、和がここで敗北を認める意図が分からない
     いくら意地があるとはいえ、負ければ胸一つを賭けると言っている勝負だ

    和「……はい」コクッ

     迷いの無い瞳で京太郎を見る和
     だが逆に、京太郎が首を振って否定する

    京太郎「それはダメだ、和」フリフリ

    和「!? どうしてですか!?」

    京太郎「俺が認めない。勝っていない勝負の景品なんか、なんの価値にもなりゃしねぇ」

    和「須賀君……」ギュッ

    京太郎「だから俺は続けるぞ」チャッ

     勝ちの目があるから勝負するんじゃない
     勝ちたいから勝負をする

    京太郎「……」

    和「……分かり、ました。ですが須賀君、お願いがあります」

    京太郎「なんだ?」

    和「須賀君には――何か、不思議な力のような、オカルトめいた物が……ありますよね?」

    一同「!?」

    和「残り二局――須賀君、本来のスタイルで打って貰えませんか?」

     ざわ……
       ざわ……

    京太郎「和、お前……?」

    和「須賀君が藤田プロを倒したのは、恐らくこの方法じゃありませんよね?」

    京太郎「……ああ」

    和「お願いします。それなら、まだ勝負は分かりませんから」

    京太郎「でも、それは……!」

     京太郎本人の実力ではない
     あの【神域】の男の知恵を借りた――偽りの闘牌だ


    947: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:36:29.85 ID:8WKWUlwfo


     京太郎本人の実力ではない
     あの【神域】の男の知恵を借りた――偽りの闘牌だ

    京太郎「俺の、力じゃ……」

    アカギ「クク……いいじゃねぇか京太郎」スッ

    京太郎「(アカギさん!? いたんですね)」ビクッ

     京太郎の悩みを掻き消すように、ゆっくりとアカギが姿を現す
     その顔はどこか誇らしげである

    アカギ「京太郎。お前は明らかにこの女を上回った、それは事実だ」

    京太郎「(でも、今はもう違います)」

     京太郎の指摘で和は以前のような隙は見せなくなるだろう
     かといって全力で挑んでも地力の差で敵わない

    アカギ「……お前が逆なら、どうだ?」

    京太郎「!!」

    アカギ「女の意地、通してやれねぇような男じゃあんめぇ」ニッ

    京太郎「……はは、本当にお爺ちゃんみたいだ」ボソッ

    アカギ「フフ……」

    京太郎「(でも、お陰で目が覚めた)」

     和が望むなら、自分の持てる最大の力で戦うしかない
     それが例え――

    アカギ「退屈してたところだ。さぁ、やるぞ」

     悪魔の力でも

    京太郎「分かった……やるぞ、和」

    和「……須賀君!」パァァッ

    ゆみ「話はまとまったようだな」

    智美「じゃあ、続けるぞー」ワハハ

    桃子「……須賀、京太郎。須賀京太郎、須賀京太郎……」ジッ

    佳織「ど、どうなっちゃうんだろう?」ドキドキ

    睦月「う、うぅむ……」スヤァ

      
    京太郎「和……」

    和「はい」

    京太郎「これから打つのは……俺であって俺じゃない」

    和「……」


     和はその言葉の意味がよく分からなかった
     だけど、その時和にはハッキリと見えた


    948: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:38:25.39 ID:8WKWUlwfo




    . /   ..:::,:/ 〃〃 .:::::/ 〃 .::://〃.:::/   /〃 ..:::/: :    :::\  ::::::::::::::::::
    /    .:::://  〃 .::::: / 〃.::/: / .:/. :   /〃.::/: : :     ::::\ ::::::::::::::
       ..:::::/     .:::/.:  ./: ー:' . :/: :   .′.:::/: : :        ::::::\ ::::::::::
      ..::::::/ ′  .:::∧ .′/_   :' / `: : : :、:′.::/: :            _. :-\ :::::
    '〃.:::/  ′  .::::/: :. ' :/\`¨ 7 /..__  : : : |  /: :        ,. : ´.:::::::::::::\
    / .::/  !〃〃::/ : : :l:∧  `:./ /  {茫Zメ| :/:\       /:::::_: :ィ芯フ  ̄
    .::::/   | 〃.:::∧ : :|l ∧   /` ー-`二...._|厶ィ:::::./    .∨:::::<_ 二´:-‐::
    :::/   |〃.::/  :. : :∨ハ./      ー-..:::::::::::/  | |:::. `\::::::::::,-―:.:.:.:.::
    :/   |.:::/   ヽ  :∨ハ         ̄ ̄ ´   | |::::::.   ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.::
        | /    >-:∨ハ              | |::::::::..      :.:.:.:.:.:::
         j /   /. : /: : ∨ハ                   | |::::::::::. :.      .:.:.:.:
    .     _/-‐ :´: : : :/ : : : ヘ小             | |::::::::::::. :..    .:.:.:.:.:.:
     . :-: ´:/: : : : :. :/: : : : :.:.:`ハ               | |:::::::::::::. :.:..  .:.:.:.:.:.:.:.:
    : : : : /: : : : :..:.:.:/: : : : : :.:.:.:.:.|::.               | |::::::::::::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
    : : /: : : : : .:.:.:.:/ . : : : : :.:.:.:.:.:l∧            _  | |:::::::::::::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;
    : : : : : : : .:.:.:.:.:./ . : : : : : :.:.:.:.:.:|: :.            \ | |::::/:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/
    : : : : : : .:.:.:.:.: /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.l : :.、       - ――ヾ__j/----:.-.:.:.:.:.:.:..:::::/
    : : : : :.:./: : / . : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : :ヽ         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::/
    : : : .:./:.:. : :/ . : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : : :.ヽ     _____ .:.:.:.:.:.:.:::::::/::
    : : :.:/:.:. : :/ . : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:|  : : : :ヽ     ::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.:.::::::/:::::

    アカギ「……」ニヤリ

    京太郎「……」

    和「(そう、それが須賀君の――)」

     一瞬の出来事
     瞬きをする間に消えてしまったけれど、和にはそれで十分だった

    京太郎「それでも、許してくれるか?」

    和「ええ、勿論」ニコッ

     そこからの勝負は――
     およそ、現実とは思えない程の闘いであった

    京太郎「……」


     その打ち筋は独特で、誰も真似が出来ない


    アカギ「クク……的が外れてやがる」

    ゆみ「そんな……!?」

    智美「こ、こんな打ち方――!」

    和「ああ……須賀君。これが、これがアナタの――目指してる道なんですね」


     まぎれもなく天性の博才


    京太郎「和……その牌だ」

    和「……私の、負け。ですね」


     鶴賀学園で行われた須賀京太郎と原村和の意地を賭けた対決
     その結果は――須賀京太郎の勝利

     終わってしまえば、圧倒的な点差である



    949: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:39:12.41 ID:8WKWUlwfo



    ゆみ「ああ、しかと見届けた」

    智美「ワハハ、強かったなー」

    桃子「……」ポーッ

    睦月「う、うぅーむ」

    佳織「あれ? 待ちを変えて? あれ? あれれ?」チンプンカンプン

     
     須賀京太郎の勝利を見届け、それぞれ思うところがあるようだ
     ある者は恐れ、ある者が感心し、ある者は憧れを抱いた

     だが、それでも京太郎は満たされない
     
     なぜならこれは――自分一人で掴んだ勝利じゃないから


    京太郎「……それじゃあ、俺。帰ります」ガタッ

     スタスタ

    和「待ってください、須賀君!」

     ガチャッ バタンッ

    和「っ!!」タタッ



    【帰り道】


    京太郎「……」

     タッタッタッタッタッ!

    和「須賀君!!」ザッ

     ピタッ

    京太郎「……和」

    和「はぁ、はぁっ……ま、まだ。終わっていません」ゼーゼー

    京太郎「……」

    和「しょ、賞品を――渡して、いません」カァァ

    京太郎「賞品?」

     それは――原村和の胸
     はっぱをかける為だけに持ちかけた条件である


    951: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:40:19.71 ID:8WKWUlwfo


    和「……その、須賀君になら……//」モジッ

    京太郎「……悪い、和」

    和「えっ?」

    京太郎「今の俺には、それを受け取る資格がない」

    アカギ「……」

    和「で、でも!」

    京太郎「それは好きにしてくれ。だけど、たった一つ望むならこれかれはもっと自信持てよ」 

    和「……そ、そんな!」

    京太郎「……」クルッ

     そのまま踵を返して去ろうとする京太郎
     だが、和はなぜか引き止めていた

    和「行かないでくださいっ!」

    京太郎「……」

    和「わ、わた……私は!」

     ここで引き止めないと、手遅れになるような気がした
     もう二度と――以前の須賀京太郎には会えなくなる

     そんな――予感

    和「私はアナタが好きです!!」

    京太郎「……っ!」

    和「だから、だから――お願い、します」ポロッ

    京太郎「……」

    和「胸でも、どこでも……好きにして、いいですからっ」ポロポロ

    京太郎「……和」

     京太郎は振り向かない
     その顔を見せないのは、一体どういう意図なのか?


    952: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:42:52.95 ID:8WKWUlwfo



     ただ一つ、分かっていること
     それは……


    京太郎「敗者に、そんな資格は無いだろ」

    和「っ!!」

    京太郎「俺が欲しけりゃ、いつでも勝負してやるよ」

    和「勝負……?」

    京太郎「お前が勝てば、好きにしていい」ザッ


     歩き出す
     これまでの甘えを捨て去るように――強くなる為に


     好きな人すらも、犠牲にして


    京太郎「俺は今よりも、もっと強くなる」

     大会で強者と闘い、喰らい
     自分の強さの糧として――いつかはあの男を越える

     それが、須賀京太郎の目標だから


    和「だったら……私も、強くなります!」


    京太郎「……」


    和「だから、待っていてください! 必ず、須賀君を手に入れてみせますから!」


     それは本心からの叫び

     ”完璧”である原村和に唯一欠けるもの――


    和「私は……! 私は須賀君を追いかけますから!」


     愛を、手に入れた瞬間だった

     
    京太郎「……」スタスタ




    956: ◆RwzBVKdQPM 2014/05/18(日) 00:51:48.75 ID:8WKWUlwfo



    ~~~~~


    アカギ「クク……よかったのか?」

    京太郎「……んー? 何がですか?」

    アカギ「惚れてたんだろ、アイツに」

    京太郎「ええ、まぁ。それなりに」ポリポリ

    アカギ「ふーん……。折角のDTを捨てるチャンスを不意にしたってわけだ」

    京太郎「それは……うん。もういいです」

    アカギ「あらら……」

     一人の少年と、一人の幽霊は歩く
     夕日が落ち、朝と夜の狭間の影の中で――

    京太郎「ヤるときゃ自前でやりますよ。酒と女は自前って言うじゃないですか?」

    アカギ「フフ……分かってきたな」


     今日も、明日も
     これからも――

     二人は共に歩いていく


    京太郎「しっかし、今日の闘牌。あれどうやったんですか?」

    アカギ「お前にはまだ早い」

    京太郎「チャンタって言うんでしたよね。あれかっこいいですよ!」


     いつか、お互いに戦うことになるその日まで
     どちらかが、本物の【無頼】となるその時まで


    京太郎「ところで字牌を逆さまにしろって指示……あれチャンタの合図?」

    アカギ「当たり前だバカ。気づくのが遅い」ハァ

    京太郎「うぅ、ちくしょー」


     須賀京太郎と赤木しげる
     二人の男は、運命的な出会いの中でともに戦いに身を投じていく

     次の相手は――仮か、本物か


    京太郎「あぁ……強くなりてぇーなー」

    アカギ「ククク……」


     いずれにせよこの二人


    京太郎「でもなにより、勝負がしたい!」グッ

    アカギ「ああ、それでいい」ニヤッ


     向かうところ、敵無しである






     第一部  完


    971: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 01:10:12.29 ID:n0R62MeMo

    乙!
    最後の二人の会話がかなり好きかも


    963: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 00:58:20.04 ID:PzA0FZR00

    あれ、なんだろう
    この二人がすげーいいコンビに思える
    会ってからまだ大して経ってないのに


    977: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 01:58:38.41 ID:nYREGZpo0

    和とのオリ対局は実に良かった


    969: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 01:05:55.73 ID:JNqSThnA0


    理牌の癖からの手牌読みかぁ。
    やっぱネトマはオート機能切らなきゃな


    引用元: 【咲SS】京太郎「これが……神の一手?」アカギ「ククク……」【アカギ】

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (164)
    幼馴染 (62)
    兄妹 (56)
    姉弟 (10)
    姉妹・女女 (17)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (231)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (325)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (146)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (32)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (225)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (314)
    シンデレラガールズ (1267)
    ミリオンライブ (212)
    シャイニーカラーズ (73)
    相棒 (6)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (12)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (296)
    カイジ (16)
    かぐや様は告らせたい (21)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (119)
    仮面ライダー (13)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (429)
    機動戦士ガンダム (39)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (19)
    SSSS.GRIDMAN (1)
    クレヨンしんちゃん (11)
    けいおん! (4)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (34)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (61)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (36)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (31)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (22)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (6)
    ジブリ (7)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (35)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (37)
    進撃の巨人 (96)
    新世紀エヴァンゲリオン (102)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (69)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (16)
    ゾンビランドサガ (6)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (15)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (132)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (96)
    ドラえもん (11)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (22)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (11)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (11)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    ファイナルファンタジー (1)
    Fate (117)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (7)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (8)
    ポケットモンスター (159)
    ぼくたちは勉強ができない (20)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (114)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (46)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (214)
    遊戯王 (44)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (21)
    ゆるゆり (23)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (227)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (12)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンパンマン (2)
    ワンピース (32)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (92)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (5)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (8)
    DEATH NOTE (19)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (12)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (6)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (9)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (13)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (10)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク