FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    【ガルパン】エリカ「これが私の戦車道」

    1: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 18:59:51.94 ID:hKgyX4ca0


    教室

    キーンコーンカーンコーン


    エリカ「……」ゴソゴソ


    沙織「へい彼女!」

    エリカ「……?」

    華「逸見さん、ご一緒にお昼はいかがでしょうか」

    エリカ「……は?私と?まあいいけど」

    沙織「やったぁーナンパ成功」

    エリカ(何なの、いきなり……)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454839191



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:00:29.48 ID:hKgyX4ca0

    学食

    沙織「私は武部沙織!」

    華「五十鈴華と申します」

    エリカ「知ってるわよ。一応クラスメートだから」

    沙織「覚えててくれたんだぁ!」

    華「ありがとうございます」

    エリカ「それで、なんで私を誘ったの?」

    沙織「だって逸見さん、転校してきてからいつもキリッとしててかっこいいじゃん」

    華「できる女、という感じです」

    エリカ「別にもともとこういう顔よ」


    3: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:01:03.82 ID:hKgyX4ca0


    華「では、いただきます」モグモグ

    エリカ「うわ……あなた何、その量。食べきれるの?」

    華「いつもこの位の量をいただいてますが……」

    エリカ「そ、そう」

    沙織「おお、すごーい!華のそれ、普通は誰も突っ込みたくても突っ込めないんだよぉ」

    華「もう、沙織さんったら」

    エリカ「いや、どうみてもおかしいじゃない」

    沙織「ね?誘って良かったでしょ?」

    華「ええ、とっても楽しいです」

    沙織「ね、せっかく仲良くなったんだから名前で呼んでいいよね?」

    エリカ「いちいち言わなくても好きにすればいいわ」

    華「ではよろしくお願いしますね、エリカさん」

    沙織「私達のことも名前で呼んでいいからね!えりりん!」

    エリカ「……えりりん?」


    4: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:01:58.10 ID:hKgyX4ca0

    次の日

    教室

    沙織「ね、今日も一緒にお昼いこうよえりりん!」

    エリカ「いいけどその呼び方なんとかならない?」

    華「可愛らしくて良いではありませんか」

    エリカ「いや、可愛くないわ」

    沙織「そうだ、今日は前の学校の話してよ!熊本だったよね」

    エリカ「……その話はあまりしたくないわ」

    沙織「あ、ご、ごめん。じゃあさ、この大洗のこと教えるよ!」

    華「干し芋が名物なんですよ」


    5: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:03:16.70 ID:hKgyX4ca0

    ツカツカ

    エリカ「なんか知らない人たちが入ってきたけど、誰?」

    沙織「あ、生徒会長だ」

    華「それに副会長と広報の方ですね」


    杏「お、いたいた!逸見ちゃ~ん」

    エリカ「私?何か用ですか?」

    杏「今度の必修選択科目だけど、戦車道取ってねー」

    エリカ「!?この学校は戦車道は無いはずでしょ?」


    6: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:03:57.22 ID:hKgyX4ca0

    桃「今年から復活するんだ」

    エリカ「そう。でも私は取りませんから」

    杏「そういうわけにはいかないんだよねぇ~、ま、よろしく」

    エリカ「はぁ?いきなり来てなんなのよ!?」

    沙織「え、えりりん落ち着いて」

    華「事情はわかりませんが、もうすこしちゃんとお話したほうが」

    杏「今度オリエンテーションするからー、君たちも良かったら取ってね~。んじゃ帰るよ」

    桃「はいっ!」

    柚子「お願いね」ペコリ

    スタスタ

    エリカ「待ちなさい!」


    7: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:04:38.59 ID:hKgyX4ca0

    沙織「ど、どうどう。喧嘩はだめだよえりりん」

    エリカ「……っ!戦車道がないからこの学校に来たのに」

    華「エリカさんは戦車道をされていたんですか?」

    エリカ「一応ね。だけどもうやらないって決めたから」

    沙織「じゃ、じゃあさ、オリエンテーションの後にちゃんと断りにいこ?」

    華「そうですね。私達もご一緒しますよ」

    エリカ「大丈夫よ。一人で断るわ」

    沙織「何言ってるの!友達じゃん!」

    エリカ「う……ついてくるなら勝手に付いてくれば?」

    華「ふふっ」


    8: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:05:11.44 ID:hKgyX4ca0


    オリエンテーション終了後


    沙織「私、戦車道やる!」

    華「私も興味が湧いてきました」

    エリカ「……なにまんまと乗せられてるのよ」

    沙織「えりりんもやろうよ?経験者でしょ?」

    エリカ「あなた達が戦車道をやるのは止めない。でも一つだけ言っておくわ。
    さっき見た映像では綺麗にまとめられてたけど、現実はそんな綺麗なもんじゃない」

    華「そうなんですか?」

    エリカ「友達と一緒に楽しもうなんて考えで参加したら、後悔するわよ」

    沙織・華「……」

    エリカ「じゃあ、私は生徒会にきっぱりと断りに行ってくるから」


    9: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:05:51.25 ID:hKgyX4ca0

    生徒会室


    桃「それは一体どういうことだ?」

    エリカ「今言ったはずですけど。私は戦車道はやらないって」

    杏「それじゃ困るんだよねー」

    桃「わが校の戦車道経験者はお前だけなんだぞ」

    柚子「このままじゃあ……」

    エリカ「そんなの知ったことじゃありません」

    杏「そんなこと言ってると逸見ちゃん、この学校にいられなくしちゃうよ?」

    エリカ「脅しですか?」

    桃「会長は何時だって本気だ!」

    柚子「おとなしく従ったほうがいいよぉ」

    エリカ「ふん。退学させたきゃ勝手にすれば?こんな学校に未練なんてないしね」

    桃「何だと!?」


    10: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:06:35.39 ID:hKgyX4ca0

    バアァン

    沙織「ちょっと待って下さい!」

    華「横暴すぎます!」

    桃「なんだお前らは!?」

    エリカ「あんた達、付いてきてたのね」


    沙織「えりりん、寂しいこと言わないでよ」

    華「せっかく仲良くなれたのですから」

    エリカ「関係ないでしょ。ここにいると巻き込まれるから帰ったほうがいいわ」

    沙織「ほら、そうやって私達のこと心配してくれてるじゃん」

    エリカ「こっ、これは別に」

    杏「そーだ、君らも逸見ちゃんのこと説得してくんないかなー?一緒に戦車道やりなよ」

    沙織「いえ、えりりんがやらないなら私達もやりません!」

    華「一蓮托生です」

    エリカ「ちょっとあんた達!」


    11: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:07:07.30 ID:hKgyX4ca0

    杏「ふ~ん、じゃあ連帯責任にしちゃうよぉ?」

    エリカ「……!この子たちは関係ないでしょ!」

    沙織「いいよ!それならえりりんと一緒に転校するもん!」

    華「どこでも花は咲けます!」

    桃「お前らぁ、会長をなめてると」

    ギャーギャー キャーキャー

    沙織・華「~~~!!」ブルブル

    エリカ(ふたりとも、手が震えてるじゃない)

    エリカ(私なんかのために、なんでここまで……)

    エリカ「……」



    エリカ「わかったわ!」


    12: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:08:03.05 ID:hKgyX4ca0

    杏「!」

    エリカ「沙織、華。ありがとう。もういいわ」


    エリカ「私、戦車道やるから」


    沙織「えっ?」

    華「いいのですか?」

    エリカ「もう、私のために転校するとか勝手なこと言わないで」ギュッ

    沙織「あ、手」

    華「ふふ、やはりエリカさんは優しい方です」




    14: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/07(日) 19:09:26.18 ID:hKgyX4ca0

    杏「んじゃ、3人ともよろしくねぇ」ニッコリ

    エリカ「え?やるのは私だけで」

    沙織「何言ってるの!」

    華「一蓮托生と言ったじゃないですか」

    エリカ「もう……知らないからね」

    エリカ(まさか、こんなことになるなんてね……)

    エリカ(これじゃあの子たちに顔向けできないかな)


    29: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:41:16.14 ID:r+80YtHS0


    車庫


    桃「今日から戦車道の授業を始めるぞ!」


    ハーイ ザワザワ


    沙織「うわ、汚い」

    エリカ「……このスクラップみたいなⅣ号だけで戦車道?冗談でしょ?」

    杏「これしか残ってないんだよねぇ。この学園艦のどっかにはあるはずだから今日はみんなで捜索よろしく~」

    エリカ「なんなのよこの学校は……」


    30: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:42:41.61 ID:r+80YtHS0


    あや「えー、戦車探すのぉ?」

    桂利奈「早くたたかいたーい!」

    優季「彼に写メ送らなきゃ~」

    キャッキャッ


    エリカ「……」イラッ

    エリカ「あなた達!」

    「!?」

    エリカ「戦車は遊園地のゴーカートじゃないのよ?遊びに来たつもりなら今すぐやめて別の選択科目を取りなさい!」

    あゆみ「ひ、ひぇ」

    梓「ごめんなさぃ!」

    杏「まあまあ逸見ちゃん。せっかくの受講者を減らさないでさー」

    沙織「えりりん、あの子たち1年なんだから、ね?怯えちゃってるよ」

    一年生「……」ガクガクブルブル


    31: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:43:50.98 ID:r+80YtHS0

    エリカ「あ……」

    沙織「ごめんねみんな。えりりんも悪い子じゃないんだよ?」

    一年生「」ウルウル

    エリカ「す、すこし強く言い過ぎたわ……でも遊びじゃないのは本当だから」

    一年生「」コクコク

    華「私たちも戦車探しに参りましょうか」

    沙織「そうだね!ほらえりりん、行こ!」

    エリカ「……ええ」


    桂利奈「こ、怖かったー!」ビエー

    あや「びびったぁ」ガクガク

    優季「桂利奈ちゃん怒らせたぁ~」

    梓「ちょっと!聞こえちゃうから!」フルフル


    32: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:45:22.23 ID:r+80YtHS0

    沙織「もーはらはらしたよ」

    華「エリカさんはそれだけ戦車道に対して真剣なんですね」

    エリカ「中途半端な気持ちでやるのが許せないだけよ」

    エリカ(やめるって決めたのにこうやってまた始めちゃった私も人のこと言えないんだけどね……)

    沙織(男にモテると思って興味持ちましたなんて言えない……)

    沙織「と、とにかくさ!戦車探さないとだね!どこにあるかな?」

    エリカ「戦車道の授業で戦車探しなんて普通やらないからね。
    見当もつかないし、この町はあなた達ののほうが詳しいから、任せるわ」

    エリカ(どうせそう簡単に見つかるもんじゃないし……1両だけじゃさすがに戦車道も中止でしょ)

    沙織「駐車場とかにあるかな!戦車も車だし!」

    華「そんな気軽にあるものでしょうか」

    エリカ「はぁ……この調子じゃまず無理……ところで」

    クルリ

    優花里「!!?!?」

    エリカ「あなたさっきから付いてきてるけど、なんのつもり?」


    33: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:46:45.10 ID:r+80YtHS0

    優花里「あ、あのですね」

    エリカ「何?はっきり言いなさい」

    優花里「えっっと」アワアワ

    沙織「ほらほらえりりん、また怖い顔してる」

    エリカ「だからもともとこういう顔よ」

    華「確か、あなたも戦車道を取っていた方ですよね?」

    優花里「は、はい!普通Ⅱ課、秋山優花里であります!」

    沙織「私は武部沙織!」

    華「五十鈴華と申します」

    沙織「秋山さんも、一緒に戦車探す?」

    優花里「いいのでありますか!」パァァ


    34: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:47:43.17 ID:r+80YtHS0

    華「ええ、大人数のほうが楽しいですし」

    沙織「えりりんもいいよね?」

    エリカ「別に構わないけど。私は逸見……」

    優花里「存じ上げております!逸見エリカ殿でありますね!」

    沙織「えりりんのこと知ってるの?」

    優花里「戦車道ファンなら誰もが知ってますぅ!逸見殿はあの黒森峰の」

    エリカ「やめて」

    優花里「あっ」

    エリカ「ほら、とっとと行くわよ。駐車場なんかにあるわけないんだから」

    沙織「えっひどくなーい!?」

    華「山のあたりに行ってみましょうか?」


    35: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 12:48:55.87 ID:r+80YtHS0

    優花里「ご、ごめんなさい逸見殿」

    エリカ「あまり人の昔話をしないでほしいわ」

    優花里「き、気をつけますぅ」

    エリカ「わかってくれればいいけど。で、どうするの?私達と来るの?」

    優花里「は、はい!是非とも!」

    エリカ「戦車道ファンとか言ってたっけ?なら去年の私のこと知ってるんでしょ?よく私なんかと一緒に行動しようなんて思えるわね」

    優花里「そんな!逸見殿は……」


    沙織「おーい!えりりん!ゆかりん!置いてくよー!」ブンブン

    エリカ「今行くわ」

    優花里「ゆ、ゆかりん!?あ、待ってくださいー!」


    49: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/08(月) 23:34:54.75 ID:zz5ci8KCo



    再び車庫

    ザワザワ

    エリカ「で、見つかったのが38t、89式、Ⅲ突、M3……」

    華「戦車でもなんでも探せばあるものですね」

    沙織「へー、なんか戦車道っぽくなってきた」

    エリカ「……しょっぼ」ハア

    沙織「え、そうなの?」

    優花里「確かに一線級とは言い難いですが、戦車は戦車であります!」キラキラ

    エリカ(こんなんじゃ試合なんて夢のまた夢ね。まあそのほうが良いと思うけど……
    校内で練習するだけなら初心者だらけでも危険じゃないし)


    50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:36:06.75 ID:zz5ci8KCo


    桃「今日はご苦労だった!後の整備は自動車部に任せて解散するぞ!」

    エリカ「自動車部?その人達は戦車の整備は経験あるの?」

    柚子「それはないと思うけど、すごい優秀な人達で快く引き受けてくれたの」

    エリカ「……ちょっと、その自動車部って規定のカーボン装備までちゃんとできるんでしょうね?」

    桃「戦車道で規定されている装備なら彼女らにもしっかり伝えてある。大丈夫だ」

    エリカ「信用出来ないわね。私もその整備に同行させてもらうから」

    桃「何だと!私の言うことが信用出来ないのか!」

    エリカ「戦車の弱さはともかく、安全装置の不備だけは洒落にならないわ」

    桃「だからそれは自動車部に任せればだな!」

    杏「まあまあ、経験者の逸見ちゃんがついてくれたら自動車部も何かと助かるっしょー。
    逸見ちゃん、それならおねが~い」

    桃「会長がおっしゃるのなら、わかりました」

    杏「あーそうそう、チーム分けは私らが38t、逸見ちゃん達がⅣ号、あとは見つけた人たちでってことでいいよねー」

    桃「それでは改めて、解散!」

    杏「かーしまー、逸見ちゃんに自動車部紹介してあげてねー」


    51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:36:53.18 ID:zz5ci8KCo

    ザワザワ

    エリカ「そういうことだから。じゃあね」

    沙織「えー、せっかく帰りにアイスでもって思ったのに」

    華「私達も整備、ご一緒しましょうか?自分たちが乗ることになるのですし」

    優花里「わ、私もご一緒します!」

    エリカ「素人がいても邪魔になるだけ、いらないわ」

    沙織「えー!」

    優花里「戦車の知識は誰にも負けません!きっとお役に立ちます!」

    エリカ「戦車の知識はあっても戦車道は素人でしょ?
    授業は毎日あるんだから慣れてないあなた達は余計なことに体力使わないで」

    優花里「あうぅ」

    華「沙織さん、秋山さん。エリカさんは未経験の私達を案じてくれているんですよ。ここはお言葉に甘えて帰りましょう」

    エリカ「別に。体力を消耗した素人と戦車に乗りたくないだけよ」

    沙織「そうだよね!私達一緒の戦車に乗るんだよね!楽しみー、あっ」

    エリカ「はぁ、楽しむのは結構だけど。何回でも言うわよ。遊びじゃないって」

    華「ではまた明日、よろしくお願いしますね」


    52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:37:42.04 ID:zz5ci8KCo

    帰り道

    沙織「私達だけでもアイス食べに行こうか!」

    華「いいですね。3段が食べたい気分です」

    優花里「あ、あの」

    沙織「ゆかりんも来なよ!」

    優花里「はい!!」


    53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:38:20.68 ID:zz5ci8KCo

    アイス屋

    沙織「ね、ゆかりん。えりりんが転校してきた理由、知ってるの?」

    華「そういえば、前の学校のエリカさんのことを知っているようなことをおっしゃっていましたね」

    優花里「そ、それはぁ、そのぉ」

    沙織「あ、ごめんごめん。知っててもしゃべるわけにはいかないよね」

    華「エリカさん、昔の話はしたがりませんから。いつか話してくれると嬉しいんですが」

    優花里「申し訳ありません!私も逸見殿ともっとお近づきになりたいのですが……」

    沙織「一緒の戦車に乗るんだから、仲良くなれるって!」

    華「そうですね。楽しみです」


    優花里「……」

    『去年の私のこと知ってるんでしょ?よく私なんかと一緒に行動しようなんて思えるわね』

    優花里(逸見殿……)


    54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:39:16.68 ID:zz5ci8KCo

    翌朝 車庫


    ナカジマ「いやー、助かったよ。やっぱり経験者がいると違うねー」

    ホシノ「私らだけじゃ、一晩で終わらなかったね」

    エリカ「私はほどんど見てただけじゃない……」

    エリカ(なんなのよこの人達……一晩で5両全部の整備をほぼ終わらせるなんて)


    55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:39:52.21 ID:zz5ci8KCo

    キーンコーンカーンコーン

    エリカ「ってもう朝!?」

    ナカジマ「徹夜に付きあわせちゃってごめんねー。みんなでお風呂でも行こうか」

    エリカ「いやもう授業始まる時間じゃない!私としたことが!」

    ナカジマ「いってらっしゃーい」

    タッタッタ

    エリカ(学園艦は小さいくせに学校はそこそこ大きいのよね、えっと校門がここだから校舎はこっちね)

    「~~~~!!!」

    エリカ(なんか校門が騒がしいわね……風紀委員か)


    56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:40:33.29 ID:zz5ci8KCo


    そど子「また遅刻よ冷泉さん!」

    麻子「うるさいな、そど子」

    そど子「私はそど子じゃなくて……!!ちょっとあなた!」

    エリカ「は?え?私!?」

    そど子「その格好は何!?」

    エリカ「ああこれ?制服が汚れるからって自動車部からツナギを借りたんだけど、そのままだったわ。
    ちょっと着替えてる時間ないから勘弁してよ」

    そど子「だめよ!そんな格好で授業に出るなんて風紀が乱れるわ!」

    エリカ「えーなにこのおかっぱ……」

    麻子「ちゃんす」コソコソ ダッ!

    そど子「あ、こら!冷泉さん待ちなさい!」

    麻子「この借りは返す」スタコラサッサ

    そど子「まてーっ!!」ピピーッ


    エリカ「……なんだったの」


    67: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/10(水) 07:51:58.46 ID:MAFqVjIy0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    2日後 


    桃「昨日は戦車の洗車、ご苦労だった!今日は特別に教官をお呼びした!」

    亜美「蝶野亜美です。みんな、よろしくね」

    「「「「よろしくお願いしまーす!」」」」

    亜美「では早速模擬戦をやるわよ!」

    エリカ「待ってください。未経験者だらけの状態でいきなり模擬戦は危険かと」

    亜美「あら、あなたどこかで見たことあるような?」

    エリカ「私のことはどうでもいいんで、それより……」

    亜美「大丈夫大丈夫!戦車なんてがーっと乗ってばーっと戦えばすぐ慣れるから!」

    エリカ「……」イラッ

    沙織「あ、あの!教官はモテますか!」

    亜美「撃破率120%よ!」

    オオー

    杏「逸見ちゃん、教官もああ言ってるんだしやってみればいいじゃないの」

    エリカ「未経験者は黙っててください」

    杏「おお、言うね~」

    桃「貴様会長に向かってなんて口の聞き方だ!」ギャー


    68: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/10(水) 07:52:33.20 ID:MAFqVjIy0

    エリカ「……わかりました。なら少しでも危ないと判断したら即時中止すること。いいですね?」

    亜美「ええ、もちろんよ!」

    エリカ「あと戦闘地域の範囲を見せてください」

    亜美「ここからここのエリアを使う予定だけど」

    バサッ

    エリカ「これだとエリア内に渓流がある。森林地帯だけに限定してください」

    亜美「うーん、そこまで気を使うこと無いと思うけど、わかった。範囲を修正するわ」



    亜美「じゃあそういうことで!各チーム役割分担を決めて乗り込みなさい!」

    オー!


    69: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/10(水) 07:53:38.03 ID:MAFqVjIy0

    ザワザワ キャイキャイ

    沙織「それで、役割ってなにがあるの?」

    華「何をすれば良いのでしょうか?」

    エリカ「はぁ……まあそうなるわよね」

    優花里「このⅣ号が要するのは車長、砲手、操縦手、通信手、装填手の5人であります!」

    沙織「えーじゃあ一人足りないじゃん」

    エリカ「今回は通信手は兼任でいいわ。で、希望はある?」

    優花里「私は戦車に乗れるならなんでも!」

    エリカ「あなた、構造には詳しい?」

    優花里「はい!実戦経験はありませんが知識でしたら!」

    エリカ「何も知らないよりはマシね。操縦手をお願い」

    優花里「逸見殿に直々に任命してもらえるとは光栄であります!
    不肖秋山優花里、操縦手の任を全ういたします!」

    エリカ「何がそんなに嬉しいんだか……」


    70: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/10(水) 07:54:12.51 ID:MAFqVjIy0


    沙織「ねえねえ!私達は?」

    エリカ「そうね……沙織は集中力なさそうだから華が砲手で」

    華「わかりました」

    沙織「ちょっとー!私だって料理のときとか集中するし!」

    エリカ「沙織は装填手で。装填だって楽な役じゃないから」

    沙織「もう!とりあえずえりりんの言う通りにするわよ」


    71: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/10(水) 07:55:01.09 ID:MAFqVjIy0


    優花里「ではやはり逸見殿が車長でありますね!」

    エリカ「必然的にそうするしかないでしょ。にしても他のチームは全員未経験なのが厄介ね」

    エリカ「ちょっと待ってて。他のチームを見てくるわ。変なことやられたらたまらないからね」

    タッタッタ

    沙織「ちょっとえりりん!って行っちゃった」

    華「エリカさん、結構面倒見がいいですよね」

    優花里「逸見殿の下で戦車に乗れるなんて!」キラキラ

    沙織「もうちょっと愛想が良ければね~」


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    亜美「各チーム準備出来たわね?それでは模擬戦、開始!」


    79: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:45:40.40 ID:iUZKy8DGo


    優花里「ひゃっほおおおおううう!最高だぜぇええ!」

    エリカ「騒がないで。そのまま前進」

    沙織「なんかゆかりんのキャラが変わってない?」

    華「パンツァー・ハイですね」

    優花里「逸見殿、前進ではなくパンツァー・フォーと言って欲しいであります!」

    エリカ「どっちでもいいでしょ……まあいいわ。パンツァー・フォー」


    80: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:46:22.30 ID:iUZKy8DGo


    ブロロロロロ

    ガチャ

    エリカ「敵影なし。このまま真っ直ぐMH地点まで向かって」

    優花里「了解であります!」

    ガゴッ グググ

    エリカ「ちょっと?」

    優花里「すいません、思ったより真っ直ぐ進むというのが難しくて」

    エリカ「初めての操縦でそこまで正確さは求めてないわ。ゆっくりでいいから進みなさい」

    ドゴォン!

    沙織「きゃあっ!!」

    華「爆発ですか?」

    優花里「敵からの砲撃です!」

    エリカ「……!2時の方向にⅢ突!」


    81: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:47:16.89 ID:iUZKy8DGo


    優花里「待ち伏せでありますか!」

    エリカ「あのチーム、素人にしてはⅢ突の使い方をわかってるじゃない。
    まあいいわ。止まらないで前進!」

    優花里「こ、交戦は!?」

    エリカ「必要ないわ。今の砲撃で他のチームもこちらに集まってくるはず。わざわざ今戦ってもメリットが薄い」



    エルヴィン「外した。逃げていくぞ」

    おりょう「追うぜよ!御用改ぜよ!」



    桃「始まった!我々も戦うぞ!」

    柚子「桃ちゃん落ち着いて」



    忍「キャプテンどこかで試合が!」

    典子「根性ーーー!!!」



    優季「すごい音~」

    あや「私達も行く?」

    あゆみ「とりあえず行ってみようよ」


    82: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:48:00.00 ID:iUZKy8DGo


    ガロロロロ

    エリカ「よし、ここでいいわ。止まって」

    沙織「えりりん!森を抜けちゃったけど大丈夫なの!?」

    優花里「これだけ見晴らしが良い場所では私達、格好の的になるのでは」

    エリカ「それでいいの。見晴らしが良いのは私達も同じ。
    森を抜けて私達を狙って近づいてきたところを各個撃破するわ」

    優花里「なるほど!さすが逸見殿であります!」

    ドォン!!

    華「いらっしゃったようですね」


    83: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:48:48.75 ID:iUZKy8DGo


    エリカ「38tね。この距離でしかも相手は動きながら。まずこっちに当たることはないから落ち着いて。装填!」

    沙織「は、はい!うーん、しょ。お、おもぉい!」ウググ

    ガッシャン

    沙織「はー、はー、装填しましたぁ」ゼーゼー

    華「撃ちます!」

    エリカ「待って!もっと相手が近づいてからよ」

    ドゴォン!

    沙織「か、かなり近くなってるよぉー!」

    エリカ「大丈夫だから。あなたは次弾準備」

    沙織「は、はひいぃ」


    84: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:49:18.44 ID:iUZKy8DGo


    桃「ここがお前らの死に場所だぁー!」

    柚子「桃ちゃん全然当たってないよ」


    ドゴゴォン!!

    華「まだ、でしょうか」

    エリカ「もう少し引きつけなさい。38tの砲手はともかく操縦手はセンスあるわね。
    おかげで真っ直ぐこっちに向かってきてるから狙いやすいはず」

    華「はい。集中します」

    ドゴゴォン!!!

    沙織「も、もう無理だよぉ」

    優花里「逸見殿……!」

    エリカ「まだよ!あと3、2……」

    華「……」ゴクリ

    エリカ「1……撃て!!」

    華「……」カチリ


    85: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:49:50.60 ID:iUZKy8DGo



    ズバァンッ!!!!


    ドォン! カッ シュポッ


    桃「うわあああああ」

    杏「やられちゃったねー」


    沙織「うわぁ、すごい音。鼓膜破れるかと思ったよ」

    優花里「やりましたよ逸見殿!」

    エリカ「ええ、もたもたしてると次来るわよ」

    沙織「華すごい!一発で当てるなんて!」

    華「」

    沙織「華……?」

    華「」


    86: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/11(木) 15:50:16.16 ID:iUZKy8DGo


    沙織「えりりん大変!華が気絶してる!」

    エリカ「な!?大丈夫なの!?」

    華「」

    沙織「い、一応気を失ってるだけみたい」

    エリカ「良かった……とりあえず通信手の席に動かして、私が砲手を」


    ドォン! ボンッ!


    エリカ「ちっ!こんな時にもう!Ⅲ突と89式が同時に来た。徒党を組んでるわねあいつら」

    沙織「どうしよう!?」

    エリカ「交代してるヒマがないわ。まずここから離れるわよ!」

    優花里「はい!」


    100: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:13:15.81 ID:FrlqQ+zQo


    あや「なんかみんなで攻撃してるよ~」

    優季「私達も狙っちゃおうか~」

    あゆみ「いいね!とりあえず一緒に攻撃しよう!」

    梓「ちょっとまって、狙われてるのあの先輩の車両じゃない?」

    あや「こ、攻撃したらあとで怖そう……」

    あゆみ「やっぱりやめとこう!逃げよう!」

    桂利奈「あい!」

    ブロロロロ ガゴッ

    桂利奈「あれ?動かない!」

    梓「はまってる!ぬかるみにはまってるよ!」

    ブロロロ ガガガガ 

    ボッ カッ シュポッ

    あや「え、終わり?」


    101: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:13:50.15 ID:FrlqQ+zQo


    ブロロロロ バァン! バァン!


    エリカ「相手の練度ならある程度引き離せばしばらく追いつけない。その間に交代を……!」

    エリカ「!?止まって!!!」

    ゲシッ

    優花里「うっはい!」

    沙織「えりりんひどい!友達を蹴るなんて!」

    優花里「いえ武部殿これは」

    エリカ「そういうものなの!それより、外に人がいるわ」


    102: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:14:33.17 ID:FrlqQ+zQo


    麻子「んー……」ムニャムニャ

    ガチャ

    沙織「人!?って、あれ麻子じゃない!」

    麻子「……沙織、起こしに来なくてもいいって言ってるだろ……ぐー」ムニャムニャ

    沙織「いやここ外!外だから!」

    エリカ「戦闘区域に一般生徒。試合は中止ね。蝶野教官に連絡を……」

    バァン! バァン!

    沙織「きゃあ!!」

    エリカ「……!あいつら!よく見えないのにバンバン砲撃して!危ないから戦車の中に乗せるわよ!」

    沙織「う、うん!」

    優花里「お手伝いします!」

    麻子「……うーん」

    沙織「ほら、麻子しっかりして」グイッ

    エリカ「あ、この子あの時風紀委員と揉めてた……」

    麻子「んー、あー」

    バァン! ドシャア!

    エリカ「っ!全員中に入ったわね。出して」


    103: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:15:07.05 ID:FrlqQ+zQo


    グルルルルル

    エリカ「茂みに入った。ここで止まって」

    優花里「は、はい!」

    ガチャ

    エリカ「ここまで来るにはもう少し時間があるはず。さっさと通信して模擬戦を終わらせるわ」

    麻子「待て。大体の状況はわかった。私のせいで戦いを止める必要はない」

    エリカ「なんで状況わかっちゃうの?」

    沙織「この子、成績は学年トップだから」

    エリカ「ダメよ。巻き込むわけにはいかないわ」

    優花里「この方がそう言ってるのなら、大丈夫なのでは?逸見殿」

    エリカ「……」キッ

    優花里「あ、いえ。その……」シュン


    104: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:15:35.36 ID:FrlqQ+zQo


    華「……あっ」ガバッ

    沙織「あ、華!大丈夫?」

    華「はっ!ここは……もしかして私、気絶していたのでしょうか?
    申し訳ありません」

    エリカ「戦車に初めて乗って失神はたまにある話よ。気にしなくていいわ」

    沙織「せ、戦車道ってこわいんだね」

    エリカ「とにかく、砲手も目が覚めたばっかりだし、やっぱり中止……」

    華「いえ、やらせてください。やってみせます」

    エリカ「!」

    エリカ「……いいわ。そこまで言うならやってみなさい」

    華「ありがとうございます」


    105: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:16:14.77 ID:FrlqQ+zQo


    ブルルルル

    エリカ「!来たわね!戦闘準備!」

    優花里「了解であります!」

    沙織「うっ、また弾込めるのぉ。重ぉおおいい」グググ

    沙織「きゃっ」

    ゴロンゴロン

    優花里「武部殿!?」

    沙織「た!大変!弾落としちゃった!爆発するよ!」

    エリカ「落ち着いて!落としたくらいで爆発しないから。言ったでしょ?装填も楽じゃないって」

    沙織「はぁ、はぁ、大変すぎるよぉ」

    エリカ「私が代わるわ。一旦外に出て」


    106: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:17:11.10 ID:FrlqQ+zQo


    優花里「あ!私でしたら砲弾のレプリカを家でよく持っているので代われるかと!
    逸見殿には指揮に集中してほしいです!」

    エリカ「操縦はどうするのよ!?」

    優花里「あ……忘れてました」

    麻子「目が冴えてきた。私がやろう」

    沙織「麻子!?」

    エリカ「何言ってんの!そんなの無理に決まってるでしょ!」

    麻子「いまここにあるマニュアルを読んだ。早く代われ。時間がないぞ」

    沙織「わかった!ゆかりん!装填お願い!」

    エリカ「待ちなさいって!」

    沙織「大丈夫だよ。起きてる時の麻子は超すごいから!私を信じて」

    エリカ「はぁ……しょうがないわね!」


    107: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:17:40.01 ID:FrlqQ+zQo


    あけび「敵チームの動きがありません」

    典子「速攻でアタックだ!」

    ガチャン

    典子「撃て!」

    バァン!

    ゴゴゴ ドォン!

    あけび「あ、避けられた!……って撃ってきたー!」

    ガゴォン!! カッ シュポッ

    典子「根性で避けろーーー!!」

    妙子「キャプテンもう当たってます」



    108: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:18:06.51 ID:FrlqQ+zQo


    エリカ「すごい、本当に完璧に操縦できてる」

    麻子「次はどうする」

    優花里「またもや命中しました!さすがです五十鈴殿!」

    華「ほふぅ」ウットリ

    エリカ「Ⅲ突も来たわ。4時方向に正面を向けて停止。次弾装填急いで」

    優花里「はい!!」ガッチャン

    沙織「すごいなぁ、あんな重いのに」

    エリカ「撃て!!」


    カエサル「来た、見た、勝っ……」

    ゴバァン! カッ シュポッ

    左衛門佐「敵は本能寺に……あれ?」


    ピー!

    亜美「終了!!」


    109: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:18:46.82 ID:FrlqQ+zQo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    大浴場

    沙織「はぁ、疲れたー」

    優花里「初の戦車で初勝利!最高の体験でした!」

    華「とても気持ちよかったです」

    麻子「……」ブクブク


    エリカ「ヒヤヒヤしたわよ、全く。色々運が良かったけど」


    110: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:19:30.23 ID:FrlqQ+zQo


    華「私、これからも砲手を続けてよろしいでしょうか?とっても快感だったので」

    エリカ「快感って……まあ、筋もいいし合ってると思うわ」

    優花里「では私は装填手を!砲弾の重みがたまりません!」クーッ

    沙織「えりりんが車長で、麻子は操縦手でしょ?あれ?私はー」

    エリカ「通信手は?あなたおしゃべり好きだし」

    沙織「通信ならなんとかなるかなー。メール打つ速度には自信あるし!」

    エリカ「はぁ、言っておくけどね……」

    沙織「わかってるって!楽な仕事じゃないって言うんでしょ?だいたいえりりんの言うことがわかってきたよ」

    エリカ「なっ……」


    111: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/13(土) 23:20:29.01 ID:FrlqQ+zQo


    麻子「ちょっと待て。私は戦車道をやる気はないぞ。今日はそこの逸見さんに恩があるから手伝っただけだ」

    沙織「戦車道取れば遅刻が帳消しになるよ?」

    麻子「うっ」

    沙織「ほらほら。おばあちゃんに怒られたくないでしょ?」

    麻子「わ、わかった。やる」

    優花里「武部殿、策士ですぅ」

    華「こういう交渉は沙織さんにしかできませんね」

    沙織「恋は駆け引きだからね!」

    華「したことないでしょう?」

    沙織「うるさいわね!」

    エリカ「ふふっ……」クスッ

    沙織「あ!えりりんが笑った!かわいー!」

    エリカ「なっ……///あなたが間抜け面してるからおかしかったのよ!」

    バシャ!

    沙織「あはは、顔赤くなってるー」

    バシャバシャ!

    麻子「風呂場で騒ぐな」


    128: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:07:01.06 ID:WoClQ2mho

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    翌日



    89式「バレー部復活!!」

    Ⅲ突「王者の風格」

    M3「どピンク~」

    38t「金ピカ~」



    沙織「何よもー!私達も塗り替えればよかったじゃん!」

    優花里「あぁぁぁなんてことを」ガクガク

    エリカ「……」

    優花里「逸見殿!あんまりですよね!ビシっと言ってやってください!」

    エリカ「ほんと、バカみたいよね。こんなの考えたことなかったわ」

    優花里「ですよね!ここはしっかり元の塗装に塗り直すように逸見殿から!」

    エリカ「まあいいんじゃない。他校と試合するわけでもないし。勝手にすれば」

    優花里「えええぇ」


    桃「早速だが練習試合が決まった!」

    エリカ「えええぇ」


    129: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:07:35.45 ID:WoClQ2mho


    桃「相手は聖グ口リアーナ女学院だ!」

    優花里「……!」

    華「秋山さん、ご存知ですか?」

    優花里「強豪校ですよ!全国大会で準優勝したこともあります」

    沙織「準優勝!?やばそうじゃん」

    エリカ「ちょっと!いまの状況で他校と試合なんて出来ないと思いますけど!」

    桃「相手はこちらに合わせて5両で戦ってくれるそうだ」

    エリカ「いや、数だけの問題じゃなくて……意識よ意識!」


    130: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:08:02.73 ID:WoClQ2mho


    エリカ「戦車をあんな風にして遊び気分でやるんなら相手にも失礼でしょ!」

    優花里「そうですよ!その通りであります!」

    カエサル「これは我々の魂!決して折れはしない!」

    エリカ「なんですって!」ギロッ

    カエサル「……あ、その」

    おりょう「時と場合によっては魂も無血開城するぜよ」

    梓(巻き込まれないように黙っておこう……)



    131: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:09:09.93 ID:WoClQ2mho

    杏「まあまあ、いいじゃないの。士気も重要だよー?」

    エリカ「会長!」

    杏「それに、塗り替えたって逸見ちゃんが気にしてる安全性は変わらないよー」

    エリカ「それは、そうですけど……」

    杏「よろしくねぇ~」

    エリカ「あ、ちょっと!」

    エリカ(また上手く流されたような。あの会長と話すとあっちのペースに持ってかれるのよね……)

    桃「というわけで!日曜は朝6時に集合だ!解散!」

    エー ハヤーイ


    132: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:09:57.23 ID:WoClQ2mho


    麻子「無理……人間が起きられる時間じゃない。無理だ無理。絶対無理」

    エリカ「ムリムリうるさいわね」

    麻子「無理なものは無理だ」

    沙織「もー!戦車道やるって言ったんだから早起きくらいしてよ」

    麻子「無理」

    優花里「モーニングコールさせていただきます!」

    麻子「無理だ」

    華「冷泉さん」

    麻子「無理」

    華「まだ何も言ってませんが……」



    133: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:10:39.46 ID:WoClQ2mho


    エリカ「常に監視でもしないとダメな勢いね」

    沙織「あ、それいいじゃん!」

    エリカ「え?」

    沙織「土曜の夜、みんなでお泊り会しようよ!それなら麻子も一緒に起こせるでしょ!」

    華「いいですね。どなたの家に集まりましょうか?」

    優花里「お泊り会!初めてであります!あ、私の家は実家なのでちょっと」

    沙織「ウチも服とか散らかってるんだよねー」

    麻子「人をもてなすような家じゃない」

    華「私の部屋も少々、和風過ぎて皆さんに合わないかもしれません」


    134: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:11:32.10 ID:WoClQ2mho


    エリカ「……」

    「「「「……」」」」ジー

    エリカ「わかったわよ!ウチに泊まりたきゃ来ればいいでしょ!」

    沙織「やったぁ!」

    華「楽しみですね」

    優花里「寝袋を持参いたしますぅ!」

    麻子「当然沙織が夕飯を作ってくれるんだろうな」

    エリカ「……ったく」



    135: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:12:16.38 ID:WoClQ2mho

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    試合前日 土曜夜

    エリカの部屋

    麻子「早速だが寝ていいか」

    華「とても綺麗にしてますね」

    優花里「ここが逸見殿のお部屋……なんというか無駄なものがなくてスタイリッシュであります!」

    沙織「へー、あ!この風船みたいな奴しってる!ダイエットで使うやつだ!」

    優花里「パンチングボールでありますね!」

    エリカ「沙織と一緒にしないで。体を動かしたくなったときに使うのよ」

    沙織「えー!……あっこっちにも面白そうなものが!」

    エリカ「あんまり人の部屋をジロジロ見ないでほしいわね」

    沙織「あ、クマのぬいぐるみじゃん!」

    華「怪我をされているようですが」


    136: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/14(日) 15:12:49.26 ID:WoClQ2mho


    沙織「ちょっと変だけど意外~!えりりんがこういう可愛いの好きなんて」ヒョイ

    エリカ「……!それに触らないで!!」

    沙織「ひゃっ?ご、ごめん」

    エリカ「あ……そ、それよりも用意は良いの?料理するんでしょ?」

    沙織「あ、うん。そうだね!買い物はここにくる前にしてきたから冷蔵庫借りるよ~」

    ガチャ

    沙織「あ!ビールが入ってる!!」

    華「あら……それは良くありませんね」

    優花里「そんな!逸見殿が!」

    エリカ「よく見なさい!ノンアルコールビールだから!」

    優花里「そういえば黒森峰はドイツを模した校風で、自家製ノンアルコールビールが名物だと聞いたことがあります」

    エリカ「まあね、市販のやつは味はあれだけど前の学校の癖でこっちに来てからも買っちゃうのよ」

    沙織「あはは、なんか独身のOLみたい」

    エリカ「うるっさい!!」

    華「大人っぽくてよろしいじゃないですか」


    149: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:11:20.43 ID:uc/Ee/LEo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    翌朝


    桃「ちゃんと全員集合したな!これより戦車を移動し上陸だ!」

    ハーイ

    麻子「うー……」

    沙織「ほら麻子、しっかりして」

    優花里「冷泉殿、なかなか手強かったでありますな」

    エリカ「ほんと、戦車で引っ張っても起きないかと思ったわ」

    沙織「ごめんねえりりん、隊長になったんでしょ?麻子のことで無駄にエネルギー使わせちゃって」

    エリカ「いいわよ別に。作戦に文句言ったらなし崩し的に隊長にさせられただけだし」

    優花里「逸見殿の指揮で戦えるなんて光栄であります!」

    エリカ「あなたそれ前にも言ってた気がするけど……私の指揮なんてそんな上等なものじゃないから」


    150: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:11:58.18 ID:uc/Ee/LEo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    桃「急な申し出に関わらず試合を受けてくれて感謝する」

    ダージリン「グ口リアーナは勝負から逃げませんの。お互い騎士道精神で戦いましょう。
    それにしても、個性的な戦車ですわね。ふふっ」クスッ

    エリカ(あー恥ずかし……)


    『一同、礼!試合開始!』


    エリカ「パンツァー・フォー!」


    151: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:13:07.81 ID:uc/Ee/LEo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    コソコソ

    エリカ「マチルダⅡ4輌、チャーチル1輌前進中」

    優花里「さすが、綺麗な隊列ですね!」

    エリカ「全国レベルの高校ならこのくらい普通よ。それよりも問題は装甲。
    こっちの戦車じゃかなり近づかないと貫けない」

    優花里「では、どうすれば」

    エリカ「そこは戦術と腕……と言いたいところだけど。はっきり言ってどっちも聖グ口のが上ね。たぶん負けるわ」

    優花里「ええっ!あんまりであります!」

    エリカ「これは練習試合。負けるのも練習のうちよ。もちろん最大限努力はするけど。
    河嶋さんの作戦と練度の低いうちの戦車隊でどこまでやれるか。それをみんなが知るのが目的」

    優花里「なるほど!さすが逸見殿!将来を見据えてますね」

    エリカ「今ある条件を詰めたらそれしかないのよ。さ、移動するわよ」


    152: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:13:36.33 ID:uc/Ee/LEo


    ドォン!

    オレンジペコ「撃ってきましたね」

    ダージリン「全車、応戦」

    ズバァン! ズバァン!

    エリカ「都合よく全車両で追ってきたわね。このまま残りが待機してるキルゾーンへ誘導するわ」

    麻子「ほい」

    ブルルルルル

    エリカ「沙織、待機部隊に通信。もうすぐ到達するわ」

    沙織「うん!」

    ブロロロロ

    桃「来たぞ!撃て撃て!!!」

    ドォン! バァン!

    エリカ「馬鹿!!!味方を撃ってどうするの!!」


    153: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:14:50.70 ID:uc/Ee/LEo


    バァン! ガァン!

    ダージリン「敵は勝手に混乱しているわね。全車、2方向に展開。囲むわよ」

    ズズズズズズ

    妙子「登ってきたー!」

    典子「アタックを緩めるな!!」

    バァン!バァン!

    桃「動いているものはすべて撃てー!」

    カエサル「うわー!カイロネイアの戦い!」

    エリカ「何やってるの!指示通りに前方の1輌から各個撃破を……」

    ドォン! ズバァン!

    あゆみ「怖い!もう無理!」

    優季「いやー!」

    ガチャン! ドタンバタン! キャーキャー!

    梓「あ!逃げたらダメだって!みんな待って!」

    ドタバタ

    ズバン! カッ シュポッ


    154: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:15:31.03 ID:uc/Ee/LEo


    エリカ「くっ……各チームの状況確認を!」

    沙織「各車両、状況を報告してください!」

    典子「強烈なアタック喰らってます!」

    エルヴィン「言うに及ばず!」

    桃「うお~~~~~~!!!!」

    沙織「M3はどうですか?応答してください」

    「…………」

    沙織「一年の子たちから応答がないよ!」

    エリカ「まさか……」

    ドォン!! バァン! ガキィン!

    桃「ぬわっ!どうした!」

    柚子「きゃあっ!」

    杏「あちゃー履帯切れちゃったね」


    155: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:17:00.71 ID:uc/Ee/LEo


    ズバァン! バゴォン!

    エルヴィン「隊長殿、指示を!」

    沙織「えりりん、私たちみんなえりりんについてくよ!」

    麻子「どこへだって行ってやる」

    エリカ(38tを見捨てて残った車両で脱出すればあるいは……だけど)

    エリカ(ここは視界が悪い……1年生たちがどこに行ったかもわからない今、むやみに動いて万が一のことがあったら)

    エリカ「……全車両、ここで最後まで戦うわ。指示通り動いて」

    エルヴィン「了解!」

    典子「了解!!」

    桃「もとよりそのつもりだー!なんとかしろ隊長ーーー!」


    156: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:17:45.23 ID:uc/Ee/LEo


    エリカ「全車、38tの正面。チャーチルの左前方にいるマチルダに集中砲火。
    作戦会議の時に言ったウィークポイントを狙いなさい」

    華「かしこまりました。ですがそれでは他の車両から狙われるのでは」

    エリカ「このまま戦っても何も残せず全滅するだけ。なら一矢報いたいでしょ?あの1両に集中して」

    華「……!はい」

    エリカ「全車砲撃用意!……撃て!!」

    ドォン! バァン! ズドォン! ボンッ!

    華「命中」

    あけび「ヒット!」

    左衛門佐「射抜いた!」

    柚子「桃ちゃんここで外す?」

    カッ シュポッ

    ルクリリ「くそう!こちらマチルダ2号車、走行不能!」


    158: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:19:20.63 ID:uc/Ee/LEo


    ダージリン「窮鼠猫を噛む、おやりになるわね」

    ダージリン「だけど、袋のネズミよ。全車攻撃」


    ズバァン! ズバァン!

    カッ シュポッ カッ シュポッ

    エルヴィン「ぐっ、やられた!」

    典子「なんというスパイクぅ……!」

    桃「まだ撃て撃て!」

    ズドォン! カッ シュポッ

    杏「やーらーれーたー」


    159: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 00:20:25.65 ID:uc/Ee/LEo


    優花里「装填完了!」

    エリカ「目標チャーチル!撃て!!」

    ズドォン! カンッ!

    華「……やはり硬い」

    ダージリン「これでトドメですわ」

    エリカ「……ここまでね」

    ズバゴォン!!

    カッ シュポッ


    『大洗女子学園、全車両走行不能!聖グ口リアーナ女学院の勝利!』



    185: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 18:53:24.74 ID:rjO9EJitO

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    華「負けてしまいましたね」

    優花里「さすが聖グ口は強いですぅ……」

    エリカ「急ぐわよ」

    ガチャッ 

    沙織「えりりん!?どこ行くの?」

    エリカ「決まってるでしょ。あの子たちを探すのよ。ここは崖も多いし足場も悪いわ。
    パニック状態で放っておいたらどうなるか……」

    沙織「た、た、大変!早く探さないと!」

    エリカ「あなたは落ち着きなさい。まずは各車両に通信。
    損傷箇所の確認が終わったら手の開いてる隊員は捜索に参加すること。ただし各車両1名は残ることを伝えて。いいわね?」

    沙織「わかった!」ガチャガチャ


    186: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 18:54:16.24 ID:rjO9EJitO


    優花里「逸見殿、我々は捜索隊でありますね!」

    エリカ「ええ。華と優花里はついてきて」

    優花里「おお!!」パァァ

    エリカ「なによ?」

    優花里「初めて逸見殿に名前を呼んでもらいましたぁ!」クネクネ

    エリカ「……置いていくわよ」

    麻子「沙織が落ち着いたら私も行く」


    187: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 18:55:09.36 ID:rjO9EJitO


    ドタバタ ドタバタ

    ダージリン「あら、回収車が来るまでご一緒に紅茶でもと思ったのだけど。みんな忙しそうね」

    エリカ「ごめんなさい。悪いけど今はそれどころじゃないの」

    ダージリン「貴女が隊長さん?お名前は?」

    エリカ「……逸見エリカ」

    ダージリン「……そう。呼び止めてごめんなさい。またいつか戦いましょう」

    エリカ「ええ、じゃあ」

    タッタッタ


    188: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 18:55:43.00 ID:rjO9EJitO


    オレンジペコ「戦いの途中で戦車から逃げるなんて。練度はまだまだのようですね」

    アッサム「それを大慌てでみんなで捜索、なんというか非合理的というか」

    ダージリン「あら。私は嫌いじゃないわ。私達とは全然違うけど」

    ダージリン「こんな言葉を知ってる?」



    189: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/15(月) 18:56:28.09 ID:rjO9EJitO

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ガサガサー

    優花里「おーい!」

    典子「いないならいないって返事しろー!」

    柚子「怖がらないで出てきて~」

    おりょう「逃げの小五郎ばりに見つからないぜよ」

    優花里「別働隊の皆さんもまだ見つからないそうです」ピピピ

    麻子「おい、いたぞ」

    優花里「え、どこでありますか?」

    麻子「木の上だ」


    一年生たち「」ガクガク ビクビク


    211: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:00:31.94 ID:m9HXZKQho

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    華「秋山さんから連絡が。一年生の皆さんが見つかったそうです。
    みなさん怪我もないようですね」

    エリカ「はぁ。そう」ホッ

    カエサル「良かったな。我々も戻ろう、隊長」

    エリカ「全く、手間かけさせて」

    桃「会長からも連絡だぞ。戦車の回収が終わったから各自、港に集合せよとの事だ」


    212: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:01:01.20 ID:m9HXZKQho


    桃「それにしても戦車を捨てて逃げ出すなど無責任な奴らだ!」

    エリカ「はぁ?」ジロッ

    桃「な、なんだ!」

    エリカ「自分で考えた作戦で真っ先に味方を撃つのは無責任じゃないのかしら」

    桃「私に口答えする気か!」

    エリカ「口答えぇ?当然のことですけど!?弁解があるなら言ってみなさい!!」

    桃「あ、う……あれは事故で……その……」ウルッ

    華「まあまあお二人とも。とりあえずみんな無事でよかったじゃありませんか」

    カエサル「内乱は国の崩壊を招くぞ」

    エリカ「ふん。戻るわよ」


    213: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:02:08.60 ID:m9HXZKQho


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    大洗港 集合場所


    杏「やあやあ逸見ちゃん、今回は残念だったねー。どんまーい」

    エリカ「力量差が違いすぎました。言っては悪いけど当然の結果です」

    杏「まあみんないい経験になったじゃん。負けたら罰ゲームであんこう踊りって思ってたけどあの子らの捜索でイベントの時間過ぎちゃったんだよねー。また今度よろしくー」

    エリカ「あんこう踊り……?」

    沙織「よ、よかったぁああ。助かったよぉ」

    優花里「ネットで晒し者にならなくて済みました!」

    華「そうなった場合は自殺を視野に入れていました」

    エリカ「どれだけ嫌な踊りなのよ……それより、1年たちは?」

    沙織「あ、あの子たちならあそこに」


    214: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:03:03.06 ID:m9HXZKQho


    優季「怖かったぁ」

    あゆみ「戦車道なめてたよー」

    佳利奈「走ったー!」

    あや「メガネ割れるかと思った」

    梓「み、みんな!逸見隊長が来たよ。ちゃんと謝ろう」

    佳利奈「うん!あやまろう!」

    あや「反省だよねー」


    215: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:04:00.85 ID:m9HXZKQho


    ツカツカツカ

    エリカ「……」

    梓「逸見隊長」

    エリカ「車長、前に出なさい」

    梓「は、はい」ススッ


    バチィン!!


    梓「っ……!」

    エリカ「何考えてるの!!あの状況で外に出るなんて!!」

    沙織「ちょっとえりりん!!ビンタはやりすぎだって!」

    杏「!……あー逸見ちゃーん、穏便にねー」




    216: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:04:42.08 ID:m9HXZKQho


    梓「……ご、ごめんなさ」ジワッ

    エリカ「外がどれだけ危険かわかってた?!大怪我してたかもしれないのよ!?」

    梓「ひぅ……み、みんなが外に」

    エリカ「それで車長まで戦車を捨ててどうするの!!車長が指揮を放棄したらもう誰も何もできないのよ!!?」

    梓「うっ……うっ、ぐすっ」ポロポロ


    桃「お、おい。もうそのくらいに」

    エリカ「うるさい!」

    桃「はい!」


    217: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/16(火) 19:06:50.35 ID:m9HXZKQho


    あゆみ「ま……ま、待ってください!わ、私達が」

    優季「最初に逃げちゃったから」

    あゆみ「梓ちゃんを責めないで!」

    エリカ「そうね。あなた達全員、失格だわ。もう戦車には乗せられない」

    桂利奈「しっ失格?」

    エリカ「隊長命令よ」



    エリカ「M3のチームは全員、戦車道を辞めなさい」


    242: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:01:05.97 ID:etMnZmXfo

    梓「……!」


    優花里「逸見殿、それはあまりにも厳しい処分では」

    華「反省もしてることですし」

    沙織「そうだよえりりん!」

    エリカ「素人は黙っててほしいわね」

    沙織「えっ……」

    杏「逸見ちゃん、勝手に受講者を減らさないでもらえるかなー?」

    エリカ「私を隊長に任命したのはあなたでしょ?隊長として事故の可能性を放っておくわけにはいきません。
    それとも会長は生徒に万一のことがあってもいいと思ってるんですか?」

    杏「いやー、そう言われると確かにね~」

    桃「会長!」

    柚子「会長……」

    エリカ「そういうことだから。もう今日は解散でいいわよね?私は帰るわ」

    沙織「あっちょっと、待ってよ!」

    優花里「逸見殿……」


    243: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:02:23.23 ID:etMnZmXfo

    テクテク

    麻子「悪い、おばぁに会いに行ってたら遅れた……ん?」


    梓「……」

    あゆみ「……」

    あや「……」

    桂利奈「……」

    優季「……」

    紗希「……」


    麻子「あまりいい状況じゃなさそうだな」

    沙織「麻子ー!もー大変なことになってるんだから!」


    244: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:02:55.70 ID:etMnZmXfo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    エリカの部屋

    ガチャバタン

    エリカ「はぁ……」

    ヨロヨロ ドサッ

    エリカ「何やってんのよ、私」

    エリカ「戦車道はやらないって決めたのに、こんなことになって」


    ピンポーン


    エリカ「?」


    245: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:03:34.83 ID:etMnZmXfo

    華『エリカさん。いるんでしょう?』

    優花里『五十鈴殿、肝が座ってますね』

    沙織『えりりん、ちょっと様子が変だったから来ちゃった』

    麻子『カッとなってもいいことないぞ』


    エリカ「あなた達……わざわざ来たの?」


    優花里『逸見殿!私達と話しましょう』

    華『もうすこし落ち着けば、きっと悪いことにはならないはずです』

    沙織『うん!とりあえず入れてよ!』

    麻子『……血圧が心配だ』


    エリカ「あれだけひどいこと言ったのに……」

    エリカ「……」

    ガチャ

    エリカ「入って」

    沙織「えりりん!……目赤いね。泣いてた?」

    エリカ「!!」ゴシゴシ

    エリカ「何しに来たのよ!1年のことなら、もうどうにもならないわよ!」


    246: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:04:18.32 ID:etMnZmXfo


    麻子「誰だって間違いはする。確かに危険な行為だが一回のミスで辞めさせるのはやりすぎじゃないのか」

    沙織「麻子の言うとおりだよ。次、ちゃんとやればいいじゃん!」

    エリカ「一回のミスで次がなくなるかもしれないの!それがわからない?」

    優花里「逸見殿……やはり」

    エリカ「そういえばあなた、知ってたわね。去年の大会で私が何をしたか」

    優花里「え、ええ。でも逸見殿は話してほしくないと」

    エリカ「いいわ。教えてあげる」


    247: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:05:10.41 ID:etMnZmXfo


    エリカ「私は、転校する前は黒森峰の戦車道チームの副隊長だったわ」

    沙織「副隊長?隊長じゃなくて?」

    優花里「武部殿!!黒森峰の副隊長に就くのがどれだけすごいか……!」

    エリカ「去年の全国大会の決勝戦。私はフラッグ車の車長だった」

    エリカ「詳しい状況は省くけど……私の乗るフラッグ車を挟んで、味方は前と後ろに1輌ずつ」

    エリカ「そこで敵の奇襲を受けて、前方の車両が川に滑落したわ」

    華「とても危険な状況ですね」

    エリカ「私の後方車輌の車長は、すぐに身を乗り出して彼女らを助けに行こうとした」


    248: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:06:24.80 ID:etMnZmXfo


    エリカ「それを私が制止したの」


    沙織「え……」

    優花里「室内を守るカーボンは耐水でもありますから。水に沈んでも即危険とはならないんです」

    エリカ「ええ。もし危険な場合は審判団が即時中止をするはず、今は戦闘に集中すべき。
    その時の私はそう判断して後方車輌に戦闘継続を命じて応戦した」

    エリカ「そうしているうちに、こちらの隊長の中隊が敵のフラッグ車を撃破。試合には勝ったわ」

    華「それで、川に落ちた方々は」

    エリカ「救助班によって引き上げられたけど……」

    エリカ「乗員が川に落ちた時にパニックになって、外に出ようとした結果……ハッチから水が侵入して」

    沙織「ど、どうなったの?まさか」

    エリカ「命は助かったけど、全員が入院。一人はしばらく昏睡状態が続いたわ」


    249: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/18(木) 01:07:32.50 ID:etMnZmXfo


    麻子「生きてただけ良かったと思うべきか」

    エリカ「私は仲間を見捨てて、勝負を優先して命の危険に晒した。だから戦車道をやめたの。
    私なんかがやるべきじゃない」

    優花里「そんな!逸見殿は悪くありません!あれは不運が重なっただけです!」

    エリカ「言い訳にならないわ。まあ、そうやってやめておいて戦車道をまた始めた私も最低よね」

    沙織「えりりん……」

    エリカ「だからせめて、もう誰も傷つけたくないの。今回だって、1年生たちを危険な目に合わせてしまったわ。
    隊長としてしっかり指導できていれば、こんなことにはならなかった」

    エリカ「本当は私も隊長を辞するべきなんでしょうけど、私がいなくなって生徒会が仕切ればますます危険に突っ走ってしまうわ」

    エリカ「だから、こうするしかないのよ」



    274: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:25:52.68 ID:qugZ0jfZO

    沙織「話してくれてありがとね、えりりん」

    華「思い出したくないお話を、わざわざ私達の為に。ありがとうございます」

    エリカ「あなたたちも、こんな話聞いて私と戦車に乗りたくなんてなくなったでしょ?
    いいのよ。正直に言ってくれて」

    沙織「何言ってんの!そんなわけないじゃん!えりりんと戦車乗るの、楽しいし!」

    華「エリカさんと出会えたおかげで、私の中にも新しい風が吹き込みました」

    優花里「何度だって言いますよ!逸見殿は素晴らしい人です!」

    麻子「安心しろ。私は川に落ちるようなことはしない」


    275: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:26:48.63 ID:qugZ0jfZO


    エリカ「なんなのよ……そんな大層な人間じゃないって言ってるでしょ」

    沙織「うん。そうだよ!えりりんだって普通の女の子で、私達の友達でしょ?」

    エリカ「友達……」

    華「友達となにかやることが、楽しくないわけがありません」

    優花里「と、友達とこちらから言うのはおこがましいですが!私ももっと逸見殿と仲良くなりたいです!」

    麻子「ひとりでなんでも背負うな。楽にしろ」

    エリカ「だって、経験者の私がしっかりしなきゃいけないのよ」

    沙織「そりゃえりりんはすごいけど、もうちょっと私達に頼ってくれてもいいんじゃない?」

    華「いつまでも素人でいるつもりはありませんから」


    276: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:27:36.28 ID:qugZ0jfZO


    沙織「そうそう、恋も戦車道も向上心が大事よね♪」

    華「恋したことありましたっけ?」

    沙織「ちょっと華!いい感じにしめようと思ったのにー!」

    エリカ「ふふっ……もう。ゴリ押しじゃない、はははっ」

    優花里「逸見殿!!」

    沙織「あ!また笑った!」

    エリカ「こっちは真面目に言ってるのに、そんな勢いでこられたら、おかしくなっちゃって」

    華「やはり笑顔も素敵です。逸見さん」

    エリカ「そうね……ちょっと硬くなりすぎたのかもしれない。
    それは認めるわ……だけど、やっぱり危険行為を許すわけにはいかないの」


    277: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:28:53.21 ID:qugZ0jfZO


    沙織「えりりんも落ち着いたことだし、もう一回あの子たちの話を聞いてあげなよ」

    エリカ「あの子たちだって私にあんなこと言われて、もう嫌になっちゃったでしょ。
    こんな嫌な隊長の下で戦うなんてね」

    麻子「それは聞かなきゃわからないな。そろそろ入っていいぞ」トンタン

    エリカ「……?」

    ガチャ ゾロゾロゾロ

    梓「隊長!」

    あゆみ「隊長!」

    優季「隊長!」

    佳利奈「隊長!」

    あや「隊長!」

    紗希「……」

    エリカ「ちょ、ちょっとあなたたち!この部屋そんな人数入れないわよ!?」


    278: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:29:32.30 ID:qugZ0jfZO

    沙織「さ、さすがに圧迫感あるね」

    優花里「満員電車みたいです」

    麻子「我慢しろ」

    梓「隊長、もう一回しっかり謝らせてください。すいませんでした!」ペコリ

    「「「「「すいませんでした!!」」」」

    エリカ「な、なによ?たとえ私が許したって、私と戦車道なんてやりたくないでしょ?」


    279: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/19(金) 18:31:09.34 ID:qugZ0jfZO


    梓「そんなことありません!隊長はいつもかっこいいです!」

    あや「怒られると怖いけど、私達のためだってわかってます!」

    あゆみ「隊長が私達を真っ先に心配して探しに出てくれたって、先輩から聞きました!」

    佳利奈「模擬戦の前に、わざわざこっちに来て操縦を教えてくれたことずっとかんしゃしてます!」

    優季「いつも私たちの安全を第一に考えてくれてるしー!」

    紗希「……」コクコク

    梓「もう絶対に、絶対に逃げたりしません。だから、もう一度隊長と」

    スゥー

    「「「「「「戦車道をやらせてください!!!」」」」」」



    298: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 11:58:53.47 ID:DOGk1s1oo



    エリカ「わかった、そこまで言うならやればいいわ」


    梓「……!ありがとうございます!」

    エリカ「ただし!私についてくるって決めた以上は、今までより厳しくするから覚悟なさい」

    優季「わかりましたー!」

    桂利奈「やったるぞー!」

    沙織「うん、うん。よかったねみんな!」

    麻子「これでゆっくり寝れるな」

    華「一件落着ですね」

    あゆみ「先輩たちも、機会を作ってくれてありがとうございました!」

    優花里「逸見殿の器のおかげですぅ!」


    299: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 11:59:21.92 ID:DOGk1s1oo


    エリカ「それと、あなた」

    梓「は、はい!」

    エリカ「その……叩いたりして悪かったわ」

    梓「そんな!怒られて当然ですから」

    エリカ「……傷まない?」ホッペサスサス

    梓「あぅ……//だ、大丈夫ですぅ」


    300: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 11:59:56.40 ID:DOGk1s1oo


    杏「いやーよかったよかった」

    優花里「会長!?いつの間に」

    桃「これで公式戦も戦えるな」

    エリカ「だから私の部屋に押し寄せてくるな!」

    華「公式戦、とは?」

    優花里「戦車道の全国大会があるんです!我が校も出るんですね!」

    杏「そうだよー。高校戦車道は競技人口が少ないからねぇ。
    ウチでも応募するだけで地区予選とかなしで茨城県代表になれたよ」

    エリカ「公式戦……か」

    杏「どーしたの、逸見ちゃん」


    301: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:00:40.63 ID:DOGk1s1oo


    エリカ「私達じゃ大会でまともに戦えません。
    そもそも大会には強豪校しか出れないっていう暗黙のルールがあります」

    優花里「いいじゃないですか負けても!全力でやれば絶対に楽しいですよ!」

    桃「いや、私たちは勝たねばならんのだ!そんな暗黙なルールなど気にしてられるか!」

    エリカ「現状、勝ちから遠のく最大の原因があなたなんですけど。河嶋さん」

    桃「何だと!」

    杏「ほら、かーしま、さっき言ったとーりに」

    桃「う、逸見……その、誤射をしてしまいすまなかった。今後気を付ける」ペコ

    柚子「桃ちゃんが頭を下げた」


    302: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:01:09.69 ID:DOGk1s1oo


    桃「ぐぐぐ」

    杏「よーし、おっけーおっけー。んじゃ今日は今度こそ解散かなー!
    早速だけど来週は大会の組み合わせ抽選会があるからねー。
    逸見ちゃんは参加よろしく~」

    エリカ「……仕方ないわね」

    優花里「会長!私も!私も是非抽選会に行きたいです!」

    杏「んー、まあいいよー」

    沙織「えりりんとゆかりんが行くなら私達もいこっか!」

    華「楽しそうです」

    麻子「午後ならいいが」



    303: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:01:46.46 ID:DOGk1s1oo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    1週間後

    抽選会場


    エリカ「……やっぱり会長が行ってくれませんか?」

    沙織「どうしたのえりりん。お腹痛いの?」

    エリカ「いえ、そうじゃなくてあまり舞台に立ちたくないというか」

    杏「まーまー、隊長らしく堂々と行ってきなよ逸見ちゃん」

    エリカ「う……わかりました」




    304: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:02:35.76 ID:DOGk1s1oo


    『大洗女子学園、8番!!』

    ワァーーーーー


    アリサ「やったわ!1回戦は余裕ね!!」

    キャーキャー


    優花里「初戦はサンダース大附属……」

    沙織「強いの?」

    優花里「優勝候補の一角です」

    麻子「」クカー


    305: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:03:05.54 ID:DOGk1s1oo


    エリカ(サンダースか。クジ運がいいのか悪いのかわからないわね……)

    エリカ「早く席にもどりましょ」イソイソ



    「……」

    「……」

    「お姉ちゃん……今の人」

    「……ああ。私も見た」



    杏「いやー逸見ちゃん、強豪と当たっちゃったねぇ。どんまーい」

    柚子「初戦から厳しいですね」

    桃「どこが相手だろうと勝たねばならないのだ!」


    306: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/21(日) 12:03:32.33 ID:DOGk1s1oo


    エリカ「あなたたち、恨むなら私の運を恨みなさい」

    華「エリカさんを恨むわけないじゃないですか」

    沙織「うん。頑張ろう!」

    麻子「むにゃ、ん~、そろそろ終わりか?甘いモノが食べたい」

    沙織「もー、何しに来たのよ。なにか食べるのは賛成だけど!」

    華「確かにお腹が少しすきました」

    優花里「それでしたら!この近くに有名な戦車喫茶があるんですよ!」

    沙織「戦車喫茶!?なにそれーなんかすごそう」

    華「せっかくですので行ってみましょうか」

    麻子「ケーキがあるならどこでもいい」

    優花里「逸見殿もよろしいですか!?」

    エリカ「好きにして」

    優花里「はい!では戦車喫茶へパンツァーフォーであります!」


    320: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:26:18.64 ID:1tIahumAo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    沙織「わぁ~戦車型のケーキだー」

    優花里「形はもちろんですがとっても美味しいと評判なんですよ!」

    華「いただきます」

    麻子「」ザクッ

    優花里「それにしても、初戦からサンダース大と当たるとは」

    逸見「悪かったわね」

    優花里「い、いいえ!逸見殿を責めてるわけでは決して」

    沙織「そんなにやばいところなの?」

    優花里「超お金持ちで、戦車の保有数は全国ナンバーワンなんです」

    エリカ「車両数は制限あるし、一回戦は10輌までだから保有台数はそんな気にすることじゃないわ」

    沙織「って10輌!?やばくない?うちの2倍じゃん!」

    エリカ「だから言ったでしょ。普通は強豪校しか参加できないって。決勝まで行ったら20輌なんだから」



    みほ「エリカさん……?」


    321: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:26:57.51 ID:1tIahumAo

    エリカ「!!」


    まほ「また戦車道を始めたとは思わなかった」

    エリカ「隊長……」

    沙織「へ?隊長?」

    優花里「ああああこここここの人たちは……!」フルフル

    華「エリカさんのお知り合いですか?」


    323: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:28:01.59 ID:1tIahumAo


    エリカ「まぁね。で、何の用?」

    みほ「えっ……えっと、エリカさんを見かけたから……」

    エリカ「馬鹿にしに来たわけ?弱小校が大会に出るなって」

    みほ「そ、そんなことないよ。で、でも……」

    エリカ「……何よ?」

    みほ「エリカさんは戦車道やめるために転校するって聞いてたから、驚いちゃって」

    エリカ「どこで何をしようと私の勝手でしょ?」

    みほ「あう……そ、そうだよね。私なんかと一緒じゃ、嫌だよね」

    エリカ「っ……。そういう態度が……昔から気に食わなかったのよ!!」

    みほ「!!」ビクッ



    324: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:29:59.23 ID:1tIahumAo


    まほ「……もう行くぞ、みほ」

    みほ「うん。……ごめんね、もう話しかけたりしないから。さよなら……逸見さん」


    エリカ「……」

    沙織「ちょっとえりりん!なんかよくわからないけどさすがに感じ悪いよー」

    麻子「せっかくのケーキが不味くなるぞ。甘いものでも食べて頭を冷やせ」

    華「大丈夫ですか?もっとちゃんとお話したほうがよろしいのでは」

    エリカ「関係ないでしょ。放っておいて」

    沙織「またそうやってもー」

    華「ところで秋山さん。先程から固まっているようですけど、どうかされたんですか?」


    325: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:32:07.32 ID:1tIahumAo


    優花里「あ、あ、あれは黒森峰の隊長副隊長!西住姉妹ですよ!本物初めて見ました!」ブルブル

    沙織「えー、じゃああのオドオドしてる感じの子が副隊長!?全然見えないね~」

    優花里「私もそれは少し意外でしたが……でもとんでもない人たちなんですよ!
    あの戦車道の家元、西住流の後継者なんですから」

    華「家元……」

    麻子「それがそんなにすごいのか」

    優花里「西住流は最も力強く由緒正しい流派とされていますから。
    その指揮能力ももちろんですが、個人の技量としても隊長副隊長のコンビネーションは無敵とまで言われてます!
    高校戦車道において西住姉妹と渡り合える者なしと……」


    326: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:32:56.84 ID:1tIahumAo


    沙織「へー。ゆかりんがそこまで興奮してるってことはすごいんだろうねー」

    優花里「もちろん黒森峰も優勝候補筆頭で、11連覇は間違いないと断言する評論家も多いんです」

    エリカ「……はぁ」

    優花里「あっ……で、ですがそれはつまり西住姉妹と一緒に黒森峰を率いていた逸見殿のすごさの裏付けでもありまして!」

    エリカ「フォローしようとしなくていいわよ」

    沙織「……とりあえず、ケーキ食べよう!ケーキ!ね!」

    麻子「もう一個注文していいか」



    327: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/22(月) 00:33:28.80 ID:1tIahumAo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    連絡船 甲板


    優花里「冷えませんか?」

    エリカ「……何?」

    優花里「先程はすいませんでした。逸見殿の気持ちを考えずにぺらぺらと」

    エリカ「全く。ほんとに戦車道が好きなのね。別に気にしなくていいわ。大会に出た時点でいつかはこうなるって思ってたし」

    優花里「逸見殿……」

    エリカ「そんなことより、初戦のこと考えないとね。やるからには中途半端にはしたくないもの」

    優花里「はい!」

    エリカ「サンダースの車輌構成がわからない以上、事前に用意できる作戦にも限界はあるけど」

    優花里「車輌構成……でしたら私に考えが!」


    338: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:15:27.10 ID:PEJ/pjhIo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    秋山家 優花里の部屋

    ジャジャーン♪

    優花里「と、いうわけでこれが私がサンダースに潜入して入手した全情報であります。
    まだ編集は完全ではありませんが」

    沙織「す、すごい行動力」

    エリカ「だから、危険なことするなってあれほど言ってるでしょ!」

    優花里「もっ、申し訳ありません。少しでもお役に立てればと……」

    華「せめて先にお伝えしてくれればよろしかったのに。とても心配してたんですよ」

    優花里「えっ心配?私のことをみなさん心配してくれていたのですか?」

    沙織「当たり前じゃん!」


    339: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:15:56.28 ID:PEJ/pjhIo


    エリカ「ったく、勝手なことしちゃって。練習も欠席して。自分がいなくなったらどう思われるかくらい考えなさい」

    優花里「はい……」ウルウル

    エリカ「な、泣くほどは強く言ってないでしょ!?」

    優花里「いえ、嬉しいんです……友達が出来て……
    みなさんが私のことを心配してくれるのが」ウルウル

    エリカ「……ま、この情報は有効活用させてもらうわ。……ありがと」

    優花里「も、もったいなきお言葉であります!!」パァァ

    エリカ「ただし!!今度勝手に潜入調査なんて真似したら許さないわよ!」

    優花里「はい!」ビシッ

    麻子「」スヤスヤ


    340: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:16:50.09 ID:PEJ/pjhIo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    翌日

    生徒会長室

    エリカ「得られた情報を元に作戦を考えたわ」

    「「「おお~」」」

    桃「最後にスパイがバレたんだろう?情報が漏れたとわかっているなら相手は車輌も変えてくるんじゃないのか?」

    エリカ「サンダースに限ってそれはないわ。正々堂々オープンに戦うのがあの学校の信条。
    情報が漏れたとわかった上で喜んで同じ車輌で参加するはずよ」

    カエサル「気前のいい学校だな」

    エリカ「強豪校なのに甘っちょろい考えよね。でも、こちらの戦力を考えるとそれでも不利なことには変わりないわ」

    杏「でも逸見ちゃんの指揮に期待してるよー」


    341: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:17:46.32 ID:PEJ/pjhIo


    エリカ「大会はこの前の練習試合と違ってフラッグ戦。数が少なくてもフラッグ車さえ撃破すれば勝てる」

    梓「工夫次第で勝機があるということですね」

    典子「それで、作戦というのは?」

    エリカ「敵のフラッグ車に護衛は無し。これは重要な情報よ。防御より攻撃に重点をおいた布陣ね」

    エリカ「今回の試合場所は森林が多いフィールドだから、フラッグ車を森の中に潜ませるはず。
    そしてファイアフライを基点としたシャーマン部隊が機動力と連携力を活かして攻めてくる」

    カエサル「こちらはどうするんだ。聞いただけでは勝ち目が見えないが」

    エリカ「そうね。じゃああなた、質問」

    梓「私ですか!?なんでしょうか」

    エリカ「相手の車輌はこちらの2倍。だけどフラッグ車は単独で森の中に隠れている。さて、こちらはどうするべき?」


    342: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:18:49.05 ID:PEJ/pjhIo


    梓「えっと……フラッグ車を倒せば勝ちなら……本隊が敵と戦っている間に、こっそりフラッグ車を探して倒す、でしょうか……」ドキドキ

    典子「おおー!いいね!」

    エリカ「よく考えたわね。とりあえず正解よ。戦力差のあるフラッグ戦ならそれが基本戦術」

    梓「よ、よかったぁ」ホッ

    エリカ「だけど、サンダースも馬鹿じゃないわ。当然こっちがそういう戦い方をすることは予想してる」

    梓「確かに……」

    エリカ「だから今回は、別のやり方をするわ。会長、学園艦の警備はちゃんと強化してくれてますよね?」

    杏「安心していーよー。生徒会風紀委員その他大勢総出でやってるからねー」

    エリカ「サンダースがスパイを出すとは思えないけど、とにかくこちらの情報は漏れていないわ」


    343: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:19:55.87 ID:PEJ/pjhIo


    カエサル「漏れるほど重要な情報などあったか?」

    エリカ「あるわ。こちらの車輌数よ。まさか全国大会に5輌で参加するとは思ってないでしょう。
    私も信じられないくらいだしね。その思い込みを利用してやるわ」

    典子「どうするんですか!」

    エリカ「全車輌で敵本隊に突っ込む。楔を打ち込み中央突破、そして敵の混乱が収まらないうちにフラッグ車を仕留める」

    「「「おお~」」」

    カエサル「簡単に言うが、偵察無しでフラッグ車を見つけられるのか?」

    エリカ「護衛無しとは言え、相手も自軍のフラッグ車は常に意識している。
    こちらが本隊を突破すればフラッグ車を守るように行動するはずよ」

    エリカ「それに森の中で隠れるポイントも限りがあるから、予めある程度の予想はできるわ」



    344: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/23(火) 23:20:44.65 ID:PEJ/pjhIo


    カエサル「緊密な連携と……運も必要な作戦だな」

    エリカ「100%勝てる作戦なんて存在しないの。この弱小校が勝つために必要なのは万全な作戦じゃない。
    ハイリスクだろうと思い切った勝負をしなきゃ可能性すら生まれないのよ」

    カエサル「ふふ。賭けは嫌いじゃない。隊長と共にルビコン川を渡るとしよう」

    エリカ「あなたたちは?」

    杏「逸見ちゃんに任せるよ~」

    典子「どんな作戦でも気合で頑張ります!」

    梓「逸見隊長の指示に従います」

    桃「会長が言うなら、仕方あるまい」

    エリカ「いいわ。じゃあ作戦名は……」


    359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:25:22.51 ID:sATGWW9V0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    エリカ「とりあえず説明は以上よ。車長は各チームに持ち帰って話し合うこと。
    それと、戦車の塗装はちゃんと元に戻すのよ。さすがに公式戦にあのふざけた姿で出るわけには行かないわ」

    カエサル「う、わかったよ」

    桃「金色じゃなくなるのは残念だが勝つためには仕方あるまい」

    杏「どうせ中からは自分の戦車の色わからないしね~」

    梓「あの、隊長……」スッ

    エリカ「なに?」

    梓「意見ってほどじゃないんですけど、うちのみんながどうしても言ってくれって」ゴニョゴニョ

    エリカ「なんでもいいから言いたいことがあるならはっきり言いなさい」


    360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:26:25.86 ID:sATGWW9V0


    梓「チーム名を決めたいって……みんなが。アルファベットとか戦車の名前で呼び合うのはわかりにくいからって」

    エリカ「はぁ?」

    梓「あっ!いいんです!大丈夫です!一応言ってくれってだけなんで」

    杏「お、いいじゃーん澤ちゃん。名前があったほうがチームのまとまりも出そうだしね~」

    桃「会長の仰るとおりです!」

    エリカ「たかだか5両で間違えも無いと思うけど、まぁいいわ。別にマイナスでもないしそれで士気が上がるなら好きにしなさい。で、名前は何がいいの?」

    梓「私たちの戦車はうさぎ小屋で見つけたので、ウサギさんチームとか……」

    エリカ「ぶっ……」


    361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:26:55.26 ID:sATGWW9V0


    桃「なんだその名前は……」

    杏「可愛いじゃないのー。じゃあみんな動物の名前つけよっか!」

    エリカ「そんな恥ずかしい名前で大会に出たくないんだけど」

    梓「ごめんなさい!やっぱりだめですよね!」

    杏「まあまあ逸見ちゃん、じゃあちょっとかっこよくすればいいじゃん」


    362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:27:55.52 ID:sATGWW9V0

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    試合当日 会場

    杏「さあみんな!やるよー!」

    オオー!


    沙織「サンダースの隊長、すごく良い人だったね」

    麻子「フレンドリーだったな」

    優花里「潜入の件も気持ちよく許してくれましたし」

    華「皆様に好かれるお人なんでしょうね」

    エリカ「何?私に対する嫌味?」

    優花里「そんなことはございません!我々の隊長は逸見殿だけです!」

    沙織「えりりんだってちょっと愛想が悪いだけですっごく魅力的だよ!」


    363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:28:59.82 ID:sATGWW9V0


    エリカ「はいはい……で、準備は?」

    沙織「流された……各チーム、準備はどうですか?」


    梓『チーム・カニンヒェン、準備おーけーです!』

    典子『ハオスエンテも大丈夫です!』

    エルヴィン『こちらチーム・ニルプフェルト。いつでもいいぞ』


    桃「シルトクレーテも準備完了だ。……ってなんなんだこのチーム名は」

    柚子「カメさんチームのが良かった?」

    桃「いやそれも別に……」

    杏「かっこよくて良い案だと思うけどね~」


    364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:30:04.69 ID:sATGWW9V0


    沙織「みんな準備OKだって!でも私はもうちょっと可愛い名前が良かったなぁ。
    動物の名前なんだから日本語のままのが可愛いじゃん」

    優花里「何をおっしゃいます!あのティーガーやパンターだって動物の名前なんですから!」

    麻子「なんでもドイツ語に訳せばいいというわけじゃない」

    華「確かに少々背伸びしている感じはありますが、これはこれで力強い感じがしてよろしいかと」

    沙織「でもねー、それにしてもこの案誰が考えたんだが」

    エリカ「……」

    沙織「まさかえりりん!?」


    365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 12:31:04.69 ID:sATGWW9V0


    エリカ「うっうるさいわね!//なんでもいいでしょ名前なんて!」

    優花里「私は非常に良い名前だと思っております!
    さあ逸見殿!ご命令を!」

    エリカ「ふう。チーム・ゼートイフェルより各車へ。
    試合開始と共に作戦を開始するわ。各車の連絡は密に、不測の事態も予想されるけど落ち着いて対処すること」

    エリカ「……やるからには勝つわよ!」

    「「「「おおおおー!!」」」」

    『サンダース大学付属高校対大洗女子学園、試合開始!!』


    エリカ「パンツァー・フォー!」


    381: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:02:40.98 ID:DIS64ca8O

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ガサガサ


    ヒョコ


    典子「いたぞ。敵戦車だ」


    あけび「コート内ですね。隊長に知らせましょう」



    『こちらハオスエンテ。A16地点にて敵小隊発見。シャーマン3両が微速前進中』


    沙織「了解。見つからないように警戒を続けてください」


    『こちらカニンヒェン。C22地点で敵小隊を発見しました。シャーマン3両……

    あ!1両だけ鼻が長いやつがいます!』


    沙織「了解しました。警戒を続けてください。

    えりりん、鼻の長いのがいるって」


    優花里「17ポンド砲、ファイアフライですね」



    382: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:03:42.39 ID:DIS64ca8O


    『こちらニルプフェルトだ。B05地点で敵小隊を発見した。3両とも停車して様子をうかがっているみたいだ』


    沙織「了解です。警戒を……」


    エリカ「待って。全車にこちらに戻るように指示。小隊が散開している今はチャンスよ」


    沙織「う、うん。各車、こちらに集合してください」


    エリカ「小隊の配置から考えて、おそらく敵フラッグ車は更に奥の森林地帯。

    キーマンのファイアフライがいるC22地点の支援を受けやすい場所と仮定すれば、隠れそうなのはここか、このあたり」


    優花里「おお、さすがであります!」


    エリカ「ファイアフライは避けて、B05地点を全車両で突破。そのままフラッグ車を強襲するわ」


    華「殴りこみですね。わくわくします」


    沙織「華って時々物騒なことサラッと言うよね……」


    383: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:05:26.08 ID:DIS64ca8O


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    エリカ「全車集まったわね。これより正面からⅢ突、89式、Ⅳ号、フラッグ車の38t。

    後方にM3の縦隊で前進。敵小隊の正面から突っ込むけど狙いはあくまで突破。撃破は考えないで無事に抜けることを再優先とすること」


    『『『『了解!』』』』


    エリカ「ベルリンの赤い雨作戦、開始!パンツァー・フォー!!」






    384: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:08:49.32 ID:DIS64ca8O


    ブロロロロ


    ガガアァ!!


    典子「うおおおお!!根性!!」


    左衛門佐「鉄砲隊、前へえぇ!」


    桃「落ち着け落ち着け落ち着け私」


    優季「うわー一番後ろこわーい」


    あや「背後から狙われるかもー!」


    あゆみ「ひぃー!」


    エリカ「相手の数は3両。救援が来る前に突破できる!

    楔を打ち込むわよ!」



    385: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:09:32.84 ID:DIS64ca8O


    ドドドドド


    ケイ「Oh!アメージング!アリサの勘が当たったわね!」


    アリサ『言ったでしょう。今日の私の感は冴えてるんです』


    ケイ「頼りになるぅー!ハイ!みんな迎え撃つわよ!ファイア!」


    バァン!!バァン!


    ドォン!ドシャャア!


    おりょう「ぐわー!これ全部こっちが狙われて一番前の私らが不利ぜよ!」


    エルヴィン「そうそう当たるもんじゃない!隊長を信じて突っ切るぞ!」


    386: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:10:21.51 ID:DIS64ca8O


    ドドォン! バァン!


    エリカ「よし、このままなら突破でき……」


    ゴゴゴゴゴ 


    典子「!!!」


    典子「こちらハオスエンテ!!敵増援部隊確認!!左から……いや」


    ズバアアァン!!


    典子「くっ!右からもです!!」


    エリカ「馬鹿な!あの距離まで離れてたのにこんな短時間で!?」


    ズバゴォン! ドバァン! カンッ!


    梓「こちらウサギ、じゃなかったカニンヒェン!猛攻を受けてます!」


    バゴォン!!


    典子「こちらハオスエンテっ!強烈なアタック食らってます!!」


    桃「こちらフラッグ車やばいぞどうすれば!!」



    387: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:12:06.42 ID:DIS64ca8O

    エリカ「くそっ!!縦隊を維持したら良い的ね……全車!陣形を外れて各車で森のなかへ!!

    とにかく身を隠すわよ!!」


    ヒュンッ バギィッ!


    梓「きゃあっ!!!」


    あや「ひゃあああ!!」


    梓「う、撃たれました!!直撃!?」


    エリカ「大丈夫!?被害は?」


    あや「撃破はされてませんけど、メガネが割れました!あと主砲が損傷したっぽいです!」


    優季「主砲ってどっちだっけー?」


    あゆみ「主砲は大きい方!あやの乗ってるのは副砲!」


    あや「ごめんなさい間違えました!副砲損傷!」

    梓「まだ走れる!頑張って桂利奈!」

    桂利奈「あいーーーーーー!!」


    388: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:13:18.09 ID:DIS64ca8O


    バァン!


    バシュンッ!


    ナオミ「ふ、ウサギさんは瀕死。その前に鳥を落としておこうか」


    キリキリキリ ゴバァンンッ!!


    ドゴォオオッン!


    典子「うっわああああ!」


    忍「あああっ!」


    ゴロンゴロンドッ カッ シュポッ


    『大洗女子学園89式、走行不能!』


    妙子「アヒル……じゃなかったハオスエンテ、撃破されちゃいましたすいません!」



    389: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:16:53.44 ID:DIS64ca8O


    沙織「みなさん怪我は!?」


    『『『大丈夫です!!』』』



    エリカ「……!各車、森へ急いで!ジグザクに走るように意識しなさい!!」


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ケイ「逃げられちゃったわね。深追い厳禁よ。1両倒したし、オーライオーライ」


    アリサ『大丈夫です隊長。残りもすぐに倒す機会が来ますから』


    ケイ「ほんとに今日のアリサは自信満々ねー」


    アリサ『女の勘です』


    ケイ「HAHAHA!面白いわね、頼むわよ!」



    390: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:17:43.06 ID:DIS64ca8O

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    エリカ「はあ、はあ……状況は?」


    優花里「89式が撃破され、残りは森に逃げ込めましたがM3は副砲損傷、38tは履帯破損……」


    沙織「みんなこの近くでそれぞれ隠れて指示を待ってるよ」


    優花里「38tの履帯はすぐに修理ができるようですが、M3の副砲は完全に使用不能だそうです」


    エリカ「副砲のないM3なんて的の大きい自走砲みたいなものだから、厳しいわね……」


    華「どういたしましょう」


    エリカ「今考えてるわ……それにしても、なんであいつらはあんなに早く集まれたの……

    まるで予知能力のような……」


    エリカ「……まさか!?」


    391: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/26(金) 23:20:25.63 ID:DIS64ca8O


    ガチャ


    エリカ「……!なるほどね、奴ら。私達の無線を傍受してるわ」


    沙織「え!盗聴!?ずるじゃんそれ!」


    優花里「戦車道のルールブックには禁止とは書かれてませんが……」


    エリカ「……許さない」


    沙織「えりりん?」


    エリカ「何がサンダースは正々堂々よ。こんな卑怯で姑息なやり方……気に入らないわ」


    ゴゴゴゴ


    エリカ「見てなさい。絶対に勝つ。圧倒的な敗北を味わわせて……粉々になるまで心を砕いて……戦車道を汚したこと、死ぬまで後悔させてやる!!」




    403: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:02:50.89 ID:cI4nKC2Ro


    優花里「逸見殿が燃えています!」ワクワク

    麻子「だがどうするんだ。仲間との通信もできないぞ」

    エリカ「……」

    華「タイマンでしょうか?」

    優花里「五十鈴殿、その発想はどこから……」

    沙織「無線機が使えないなら私の出番が……せっかく頑張って覚えたにぃ」

    麻子「メールは得意だからって張り切ってたじゃないか」

    沙織「メールとは全然違うんだよ!……あ!」

    華「どうかしましたか?」

    沙織「それならメールでみんなと連絡とりあえば良くない!?」

    エリカ「!」


    404: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:03:24.57 ID:cI4nKC2Ro


    優花里「おお!確かにケータイを使っちゃダメって規定もありません!
    無線でうまく偽情報を流せば!」

    沙織「でしょ?冴えてるー!ね、えりりん」

    エリカ「ダメよ。規定にないからってなんでもやったらあいつらと変わらないわ。
    ケータイなんて現代の技術、戦車道の精神に反する」

    沙織「で、でも、ずるしたのはあっちが先じゃん」

    エリカ「もちろんその報いは受けてもらう。
    ケータイは使わないけど……奴らは私のやり方で叩き潰す」

    華「わかりました。エリカさんには何か考えがおありのようです。私はエリカさんに従います」

    麻子「どこへでも行ってやる」

    沙織「えりりんがそう言うなら、うん、私もついてくよ!何かできること無い?」


    エリカ「通信の用意をして」

    沙織「え!?盗聴されるのに!?」


    405: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:05:15.66 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    サンダース・フラッグ車 シャーマン(76mm)待機地点
     

    アリサ「さぁーて、そろそろ動きがあってもおかしくない頃合いね。
    とっとと居場所をさらけ出しなさい」

    装填手「……」

    アリサ「何よ?これも勝つためなんだから文句ないでしょ?」

    ザザッ……

    アリサ「来た!奴らの通信ね!」

    エリカ『こちら隊長車、ゼートイフェル。各車へ。通信は敵に傍受されている。
    繰り返す。通信は敵に傍受されている。これより隊長車以外の通信は禁止する』

    アリサ「はぁああ!??バレた!?いやそれよりもなんでわざわざ通信でそれを言うわけ!?」

    エリカ『この通信も傍受されているのはわかっている。サンダースへ告ぐ。
    あなたたちは戦車道を冒涜した。これは許されることじゃないが、汚名返上のチャンスをあげるわ』

    アリサ「な、不利なのはそっちのくせに何様のつもりよ!!」

    エリカ『これよりこちらのフラッグ車はE43地点へ単独で向かう。そちらもフラッグ車を単独で向かわせなさい。
    フラッグ車同士の1対1で正々堂々と決着をつけようじゃない』


    406: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:06:05.03 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    38t車内

    桃「なにぃぃいい!1対1だと!聞いてないぞ!」

    柚子「逸見さんも結構無茶ぶりしてくるわよねぇ」

    杏「まー逸見ちゃんに任せたしねー」モグモグ



    407: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:07:31.34 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    エリカ「各車、返答は不要。フラッグ車38tのチーム・シルトクレーテはE43地点へ向かって。
    我々も含めその他の車輌はH24地点に集結し、待機せよ。サンダース諸君に堂々たる精神が残っていることを期待している」

    エリカ「最後に、戦いに望む皆にドイツの名将グデーリアンの言葉を送るわ。

    Er sagt zu all dem Panzerkorps . Die Menschen werden von sich selbst absolut nicht kommen.
    Es soll die Flagge in einer Reihe zu sein belagern . Wir sammelten auch in E43 Punkt ,
    traf Reverse Belagerung. Bitte greifen in jedem Wagen des Urteils durch den Hinterhalt .
    Flag sollst G32 Punkt zu verstecken.」

    沙織「長っ!」

    エリカ「健闘を祈る。通信は以上よ」


    408: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:08:05.89 ID:cI4nKC2Ro


    優花里「本当にタイマンを申し込んでしまうとは……
    しかし逸見殿!流石流暢なドイツ語でした!
    恥ずかしながら私では学が足りずわからなかったので、グデーリアンのどの言葉か教えていただきたいです!」

    エリカ「グデーリアンの言葉じゃないわ」

    優花里「え、と言いますと?」

    エリカ「……全車に告ぐ。奴らは絶対に1対1に応じず、多数でフラッグ車を狙ってE43地点に集まってくるはず。
    こちらも集結して待ち伏せし、敵を各個撃破する。フラッグ車はG32地点に隠れていろ」

    エリカ「って言ったの。ドイツ語でね」

    優花里「な、なるほど!サンダースと言えど高校生、逸見殿のドイツ語をその場で訳せるはずがありません!」


    409: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:09:20.76 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    装填手「それで、乗るんですか?アリサさん」

    アリサ「ふふふ……乗るわけないじゃない。何が正々堂々よ!
    奴は、名言に偽装してドイツ語で本当の指示を出してたわ」

    装填手「え?あれ指示だったんですか?」

    アリサ「私のことを甘く見たわね……!通信技術で私の右に出る者はいないわ!
    当然通信に使われる言語だってマスターしてるのよ!」

    アリサ「隊長の逸見エリカは黒森峰出身。非常時はドイツ語で指示を出すマニュアルでも作ってたんでしょうけど、
    裏目に出たわね!隊長に繋ぎなさい!」

    ケイ『ハーイ!アリサ、何かあった?』

    アリサ「全車、直ちにG32地点に向かってください。敵フラッグ車が隠れている可能性が高いです」

    ケイ『……なーんでそこまでわかっちゃうわけ?まあいいわ。今回はアリサの勘に乗るって決めたしね。
    OK!すぐに行くわ!』

    アリサ「お願いします!」


    アリサ「くっくっく……そっちがE43地点にのこのこ集まってる間にフラッグ車を潰してやるわ!!
    あーっはっはっは!!」


    410: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:10:02.96 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    G32地点


    ケイ「で、アリサの指示通りにここに集まったんだけど」

    ケイ「なにもないよーーーーー!!」

    アリサ『そ、そんな筈は!?周辺を警戒して探してください!』

    ケイ「それはもうやってるけどねー。偵察を出したわ」

    『偵察車より連絡!Ⅳ号戦車が南からそちらに進行中!』

    ケイ「おっと、そっち?なんでそんなところに……」

    ナオミ「!!来たぞ!!!」

    ガァンッ!!

    ブロロロロロ

    ケイ「って、言ってるそばからⅣ号戦車ね。1発だけ撃って逃げてったわ」

    ケイ「アリサの勘も外れたわねー。みんな!まずはⅣ号を追うわよ!」


    411: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:11:40.47 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アリサ「ど、どういうこと?G32地点にフラッグ車はいなくて、Ⅳ号が挑発してくるだけ……」

    アリサ「Ⅳ号は隊長車よね……まさか!?」

    装填手「どうしたんですか?隊長たちが交戦してるみたいですから我々もここを動いたほうが」

    アリサ「最初から、ドイツ語の指示なんてあっちのチームは誰も理解してなかったっていうの?
    無線を傍受した私ならわかるとピンポイントで狙って2重の罠を仕掛けてきたわね……!」

    砲手「うちだってドイツ語わかる人なんてアリサさんぐらいですもんね」

    アリサ「とすると、おそらくⅣ号の狙いは隊長たちを奴らの待機場所、
    H24地点におびき寄せて攻撃することね!!
    75mm固定砲のM3リーとⅢ突が残ってるから、待ち伏せ攻撃をどうしてもしたいはずだもの」

    砲手「なるほどー、まんまと乗せられてますね」



    412: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:14:15.06 ID:cI4nKC2Ro


    アリサ「ふふふ、だけど最後の最後で詰めを誤ったわね。ドイツ語が奴らの仲間に伝わってないってことは、
    敵フラッグ車は当初の予定通りE43地点でフラッグ車同士の決戦を待っているということよ!」

    砲手「38tならタイマンでも余裕ですね!」

    アリサ「ここからならE43地点に急行して、我々でフラッグ車を撃破できる!行くわよ!!」

    アリサ「MVPは私達!!あーはっはっは!これでタカシも振り向いてくれるわ!」




    413: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:14:45.34 ID:cI4nKC2Ro

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    E43地点

    ブルルルル


    桃「まだかぁ~来るなら来い!でも出来れば来るな!」

    柚子「桃ちゃんどっちなの」

    杏「勝負を受けるとは限らないしねー」


    414: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:15:31.25 ID:cI4nKC2Ro


    ガガッァツ! ズバァン!!


    桃「うわぁ来た!!敵フラッグ車!撃ってきた」

    杏「ありゃ、ほんとにきたんだ」

    柚子「危なかったぁ。2発目くるよ桃ちゃん急いで」

    桃「わかってる!あと桃ちゃん言うな!くらえー!!」

    バァン! ボスッ

    柚子「桃ちゃんここで外す?」



    415: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:16:33.66 ID:cI4nKC2Ro


    アリサ「あーっはっは!どこ狙ってるのかしら!
    ま、正面から受けてもそっちの主砲じゃ傷一つ付かないけどね!」

    アリサ「次弾装填急ぎなさい!」

    装填手「無線傍受の機材が邪魔で弾が取りにくいんですってば」



    エルヴィン「ってーーー!!」


    ッバゴォンッッ!!!


    アリサ「ひゃああーー!??」


    カッ シュポッ


    416: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/28(日) 01:18:28.46 ID:cI4nKC2Ro


    エルヴィン「隊長の指示通り敵が来たから迎え撃ったが……なぜ我々しかいないんだ?
    なぜか味方のフラッグ車が来ちゃってるし」

    カエサル「ドイツ語の指示がわかったのがエルヴィンだけなんじゃないのか」

    おりょう「あんなのわからんぜよ」

    エルヴィン「ドイツ語くらい常識だろ?」

    「「「それはない」」」

    左衛門佐「それより今撃った車輌、敵フラッグ車に見えるんだが気のせいか」

    カエサル「へ?」



    『サンダースフラッグ車、走行不能!!よって、大洗女子学園の勝利!!』




    453: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:13:18.73 ID:77jXDFwCo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    観客席

    ワー キャー


    オレンジペコ「まさかあの人達がサンダースに勝つなんて……」

    ダージリン「見に来て良かったでしょう?」

    オレンジペコ「ダージリン様は、あの人達が勝つと予想されていたんですか?」

    ダージリン「まさか。勝負は時の運。終わってみるまで誰にも勝敗なんてわからないわ」

    オレンジペコ「はぁ。それにしても一体何が起こったのかよくわからないんです。
    ダージリン様はおわかりに?」

    ダージリン「一つだけわかるのは、この劇的勝利によって『大洗の逸見エリカ』の名は今日のうちに戦車道の世界に知れ渡るということね」

    オレンジペコ「私達も、うかうかしてられませんね」

    ダージリン「焦りは禁物よ。こんな言葉を知ってるかしら……」


    454: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:13:55.66 ID:77jXDFwCo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    みほ「……あんなに不利だったのに、フラッグ車だけを撃破して勝っちゃった」

    まほ「サンダースはエリカに火をつけてしまったんだろう」

    みほ「えっ……?」

    まほ「戦車道で、怒りや焦り、恐怖などで感情的になることはあってはならない。
    西住流でも、他でも教えられる当然のことだ」

    みほ「うん。ちゃんと落ち着いてないと、仲間にも迷惑がかかるし……」

    まほ「だがエリカは、負の感情でも力にできる。西住流では褒められたことじゃないがな」

    みほ「……そうだね、私と違ってエリカさんは強いから」

    まほ「みほ、お前だって……」

    ブーブー

    まほ「おっと……もしもし。そうか、うん。
    ……わかった。ならみほだけ、ああ、頼んだ」

    ピッ




    455: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:14:22.66 ID:77jXDFwCo


    みほ「何の電話?」

    まほ「生徒会からだ。今の試合の話題がすぐに広がり、エリカが他校で隊長になったことが黒森峰でも知れ渡ったらしい。
    問い合わせやら批判やらが殺到していて、私が帰ったら面倒なことになるからしばらく戻らないように言われた」

    みほ「えっ、じゃあ」

    まほ「悪いが、みほだけ先に帰ってくれ。私がこっちにしばらく滞在する手筈は生徒会がしてくれる。
    ここでお別れだ。学校に帰ったら連絡をしてくれ」

    スタスタ

    みほ「お、お姉ちゃん……」

    みほ「私、操縦苦手なのに……」


    456: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:14:50.11 ID:77jXDFwCo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    沙織「勝ったよえりりん!私達勝ったよ!」

    優花里「逸見殿!やりましたよ!」

    華「作戦通りにいきましたね」

    麻子「終わってみればあっけない」

    エリカ「はぁ~~~」ドサッ

    沙織「えりりん!」

    エリカ「ったく、サンダースの奴ら。私にこんな頭使わせて……疲れたわよもう」クター

    優花里「見事な作戦でした!すべて逸見殿の読み通りでしたね!」


    457: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:15:29.09 ID:77jXDFwCo

    エリカ「冷静になって考えると、一歩間違えればこっちがやられる可能性もあったけどね。
    相手の動きや能力はあくまで予想だし。ま、上手く行ったからいいわ」

    華「エリカさん、ずっと冷静に指示を出されていたように見えますが」

    エリカ「冷静なんてとんでもないわ。頭の中煮えくり返ってどうやって奴らに痛い目見せてやろうかってずっと考えてたわよ」

    沙織「女の怒りは怖いもんね!あ、皆来たよ!」

    オーイ

    典子「やりましたね隊長!」

    梓「隊長!一体何が起こったんですか!?」

    桃「いきなり決闘なんてさせるんじゃない!」

    杏「勝ったからいいじゃないのー」

    エルヴィン「隊長、部隊の皆にしっかりドイツ語教育を……」


    エリカ「ちょっとは休ませてよ、あんたたち。これからやることもあるんだから」



    458: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:16:16.92 ID:77jXDFwCo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    ケイ「バッカモーン!!いきなり試合が終わってワッツハップンって思ったら!!」

    アリサ「ごめんなさい!ごめんなさい!」

    ケイ「卑怯は事はするなってあれほど言ったでしょ!!」

    アリサ「ごめんなさい!」

    ナオミ「隊長、大洗の隊長が……」

    ケイ「Oh,こっちから謝りに行こうと思ったのに」


    ツカツカ

    エリカ「何か言うこと、ある?」

    ケイ「つまらないことしてごめんなさい!」バッ

    エリカ「全くね。フェアプレイが聞いて呆れるわ」

    ケイ「ええ、言い訳のしようもない。二度とこんなことはしないって誓う」

    エリカ「ま、そのつまらない策のおかげで勝たせてもらいましたけど?」


    459: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:16:57.90 ID:77jXDFwCo

    アリサ「……ぐぐぐ」

    ナオミ「落ち着け、アリサ」


    エリカ「で、謝って終わりなわけ?戦車道に泥を塗るような真似しておいて」

    ケイ「……あなた達にために、私たちに出来ることがあるなら……何でもするわ」

    エリカ「いい心がけね、じゃあそうね。シャーマンを5両ほど譲渡してもらおうかしら。
    戦車が足りてないのよね、うち」

    ケイ「なっ……そ、それは」

    エリカ「冗談よ。そんなの隊長の権限で出来るわけないもんね」

    ケイ「ごめんなさい。戦車をあげることは出来ないけど、
    あなた達の戦車が受けた被害の修理費用くらいなら全額出すわ」

    エリカ「ま、それで勘弁してあげよる。それともうひとつ」

    ケイ「……何?」

    エリカ「土下座して謝りなさい。そっちの誰がやったのか知らないけど、隊長がサンダースを代表してね」

    ケイ「……オーケー。それで許してくれるなら」


    460: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:18:00.80 ID:77jXDFwCo


    アリサ「やめてください隊長!隊長がそんなことしないでください!」

    ケイ「シャラップ!!これが隊長の責任よ!」

    エリカ「そうね。部外者は黙ってなさい。ほら早く」

    ケイ「ええ」スッ

    アリサ「まっ待って!私よ!!無線を傍受したのは私!土下座なら私がするから!!」

    ケイ「アリサ!ストップ!」

    エリカ「……」

    アリサ「ごめんなさい!だから、隊長にそんなこと……させないで……」

    エリカ「ふーん……」


    461: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:18:30.65 ID:77jXDFwCo


    ケイ「アリサ……」

    エリカ「このまま隊長に黙って土下座させるような奴が無線傍受の犯人なら、
    探し出して完膚なきまでにボコボコにしてやろうと思ってたけど」

    アリサ「……」ビクッ

    エリカ「顔も拝めたし、もういいわ。じゃ、この後頑張ってね。
    これから色んな所から色々言われるでしょうけど」

    ケイ「……ありがとう、エリカ」

    スタスタ

    アリサ「隊長、ごめんなさい」

    ケイ「いいのよアリサ。私のために出てきてくれてありがとね」ナデナデ

    アリサ「隊長……!」パァ

    ケイ「……じゃあ反省会するから」ギロリ

    アリサ「ひっ!?」



    462: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:18:58.77 ID:77jXDFwCo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    沙織「あ、えりりん!おーい!」

    優花里「逸見殿!ご帰還を待っておりました!サンダースと交渉決裂しませんでしたか!?」

    エリカ「お待たせ。別に大したこと話してないわ。私達も帰りましょ」

    麻子「ケーキ食べたい……」

    ニャーニャー

    麻子「ん?知らない番号からだ。もしもし……え、は、はい」

    フラッ

    沙織「麻子!?どうしたの?」

    麻子「おばぁが、倒れて病院に」フラフラ

    華「大変ではありませんか!」

    麻子「行かないと」フラフラ


    463: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:19:36.80 ID:77jXDFwCo


    優花里「ですがここから茨城はかなりかかりますよ」

    麻子「泳ぐ」

    沙織「何言ってんの!?」

    エリカ「待って。私に考えがある」

    優花里「考えとは?」

    エリカ「ちょうどいい乗り物が近くにあるはずよ。麻子、ついてきて」

    麻子「え……」

    沙織「だったら私も一緒に!」

    エリカ「悪いけど人数が多いと見つかりやすくなる。みんなは先に帰ってて。行くわよ。
    身を低くして走って!」

    麻子「わかった!」

    タッタッタ

    沙織「えりりん、一体何をする気なのよ」


    464: ◆3hqm7P36Pw 2016/02/29(月) 01:20:06.42 ID:77jXDFwCo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    数分後


    みほ「私のヘリが無い……」


    みほ「こ、ここに駐めてあったはずなのに」オロオロ

    みほ「どうしよう、どうしよう」

    みほ「お、お姉ちゃんにこんなこと言ったら怒られるかな……」アタフタ

    みほ「ヘリを無くすなんて、いくら私でも間抜けすぎるよぉ」オロオロ



    沙織「心配だなー」

    華「ここは逸見さんを信じて、私たちは戻りましょう」

    優花里「きっと逸見殿なら大丈夫ですよ武部殿!」

    沙織「そ、そうだよね。って、あれ……あそこにいる子って」

    優花里「!!」


    510: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:16:27.45 ID:ObrJZqdoo


    みほ「……」オロオロ


    沙織「戦車喫茶で会った、えりりんの前の学校の……」

    華「たしか、副隊長をやってらっしゃる」

    優花里「西住みほ殿ですよ!」

    沙織「な、なんかキョロキョロしてあからさまに困ってる感じなんだけど」

    華「落し物でしょうか?聞いてみましょう」

    沙織「そうだね!」

    優花里「あ、こっ心の準備が!」




    511: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:16:54.73 ID:ObrJZqdoo

    華「あのー」

    みほ「っ!?はっはい!?私ですか?」ビクッ

    沙織「そこまでびびらなくても……私たちのこと覚えてます?」

    みほ「確か、エリカさんと一緒にいた大洗の」

    沙織「うん!私は武部沙織!」

    華「五十鈴華です」

    優花里「あ、あっ秋山優花里であります!」ビシィッ

    みほ「ど、どうも。西住みほ、です」ペコリ



    512: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:17:29.06 ID:ObrJZqdoo


    沙織「それで、なにかキョロキョロしてたけど落し物でもしたのかなって」

    華「よろしければ、探すのをお手伝いしましょうか?」

    みほ「えっと……落し物というか、無くし物というか……」

    優花里「一体何を無くされたんですか?」

    みほ「……ヘリが無くなっちゃったんです」

    「「「ヘリ!?」」」

    みほ「ぅう……//ごめんなさい、信じられないですよねこんなこと言っても……。
    でも確かにここにあったヘリが無いんです」

    「「「……」」」

    優花里「……『ちょうどいい乗り物が近くにある』」

    沙織「……『人数が多いと見つかりやすくなる』」

    華「……『身を低くして走って』」

    みほ「……?」

    みほ(おかしい人だって思われちゃったかな……)

    「「「ごめんなさいっ!!」」」

    みほ「えぇっ!?」ビクッ


    513: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:18:10.66 ID:ObrJZqdoo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    沙織「というわけで、ほぼ間違いなくえりりんがヘリに乗って行ったんだと思う!
    ほんとごめんなさい!私達知らなくて」

    優花里「面目次第もございません!」

    みほ「ううん。緊急事態だし、うちのヘリが役に立つなら使ってくれて大丈夫ですよ。 」

    優花里「ああ、なんと寛容なお言葉……」ウルッ

    華「ありがとうございます。ですが、無断というのはさすがに良くありませんでした」

    みほ「あはは……昔からエリカさんはそういうとこ真っ直ぐだから……」


    514: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:22:23.56 ID:ObrJZqdoo


    沙織「そうだ!お詫びに何かおごりますよ!」

    みほ「えっ、そんな!いいですよ」アワワ

    華「いいえ。ヘリが戻ってくるまで、待たなきゃいけないでしょうから。私達もご一緒します」

    沙織「うんうん!ね、ゆかりん!」

    優花里「はい!この近くで丁度いいカフェを見つけました!流石に戦車喫茶はありませんでしたが」

    沙織「さすが仕事が早い!じゃ、行こう西住さん!」

    みほ「あっ、あのっ、ちょっと」

    ドタバタ



    516: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:24:21.34 ID:ObrJZqdoo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    喫茶店

    沙織「それでそれで、前の学校のえりりんはどんな感じだったの?」

    みほ「う、うーんと……」

    優花里「武部殿!」

    沙織「えー、だって気になるじゃん」

    優花里「それはそうですが……」

    みほ「エリカさんは……すごく強い人です」

    華「ええ。私達もそう思います」

    みほ「黒森峰でも、私は迷惑ばっかり掛けて……いつもしっかりしろって怒られてました。」

    沙織「あーうん、怒ってる姿は想像つくわ」


    517: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:25:07.78 ID:ObrJZqdoo


    優花里「で、ですが!西住殿も西住流の後継者じゃないですか!」

    みほ「西住は西住でも、私はお母さんやお姉ちゃんと違って才能もないし……」

    優花里「そんなことありません!黒森峰の西住姉妹といえば最強のコンビと戦車道の世界では言われてるんですよ!」

    みほ「それは、お姉ちゃ……隊長が凄いからです。私は妹だからちょっと上手く合わせられるだけで……」

    華「西住さん。私の家も華道の家元だから、気持ちは少しわかります。生まれた環境のせいで、嫌でも比較されてしまいますから」

    みほ「そうなんですか……」

    沙織「ふーん、そういうもんなのかなー。えりりんもそうだった?」

    みほ「エリカさんは……むしろ『家元だから何?』って感じで私にも接してくれましたけど……」


    518: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:25:36.30 ID:ObrJZqdoo


    華「エリカさんらしいですね」

    沙織「あら、意外と仲良かったのかな?」

    みほ「……」

    沙織「あっ、ご、ごめん……?」

    みほ「私のせいで……エリカさんは戦車道をやめちゃったから」

    沙織「え?」

    みほ「……私が、エリカさんにひどいこと言っちゃったから……」


    「「「……」」」


    沙織「そ、そういえば注文まだだったよね!」

    華「甘いものが食べたいですね」

    優花里「い、五十鈴殿!このジャンボパフェなんかどうでしょうか!」



    519: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:26:12.24 ID:ObrJZqdoo


    カランカラーン

    イラッシャイマセー ナンメイサマデスカー

    エリカ「あ、もう先に来てると思いますから」


    みほ「!!」

    エリカ「!!」


    沙織(あ、そういえば『この喫茶店にいるから帰ってきたら合流しよ』ってメールしちゃってた……」)

    優花里(すごい気まずいタイミングでご本人登場ですぅ……!)


    エリカ「あなた達、一緒にいたのね」

    みほ「……う、うん。誘ってもらって」

    エリカ「まあいいわ。ヘリ借りたわよ」



    520: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:26:47.70 ID:ObrJZqdoo


    沙織「えりりん、無断で持って行ってそれはないって」

    華「ちゃんとお礼とお詫びをしましょう?」

    エリカ「うっ」

    みほ「い、いいんです。ヘリくらい。……でも、言ってくれれば私が……」

    エリカ「あんた操縦ヘタクソじゃない。非常時に任せられないわ」

    みほ「あう……ご、ごめん」

    エリカ「……はぁ、なんであんたが謝ってるのよ!?
    普通怒るでしょ?勝手なことされた上にここまで言われたら!」

    みほ「そんな……」

    沙織「いやむしろなんでえりりんが怒ってるのよ」

    みほ「あの……私そろそろ行きますね。ありがとうございました」

    沙織「あ!まだ注文もしてないのに!」

    優花里「行っちゃいましたね……」


    521: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:27:48.52 ID:ObrJZqdoo


    エリカ「……」

    沙織「なんか悪いことしちゃったね。それでえりりん!麻子とおばあちゃんは大丈夫?」

    エリカ「ええ。病院に到着した頃には意識も回復してたし、大丈夫みたい」

    優花里「それはよかったですね!」

    華「改めてみんなでお見舞いに行きましょう」

    沙織「うん!」


    522: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:29:36.06 ID:ObrJZqdoo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    カルパッチョ「全員、気をつけっ!」

    ビシッ

    アンチョビ「諸君、次の相手は大洗女子だ!」


    ザワザワ ザワザワ


    「大洗って?聞いたこと無いっすよ姐さん」

    「お前戦車道ニュース見てないのかよ!『大洗の魔女』逸見エリカのところだよ!」

    「なにっ!あの『大洗の魔女』か!魔術で敵も味方も意のままに操るっていう……」

    「サンダースのフラッグ車は突然動き出して敵陣に突っ込んでやられたらしいぞ」

    「こわっ!完全に黒魔術じゃないっすか!やばくないっすか姐さん!」



    523: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/01(火) 22:30:12.79 ID:ObrJZqdoo


    アンチョビ「恐れるな!!魔術なんてものがあってたまるか!それに我々には秘密兵器が」


    キーンコーンカーン


    「「「「ランチタイムだー!!!」」」」


    ドドドドドド


    アンチョビ「お前らーーー!!」




    544: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:30:52.15 ID:ulq4Ngljo


    カッ シュポッツ

    『知波単学園フラッグ車、走行不能!黒森峰女学園の勝利!』


    みほ「ふうっ……」

    「お疲れ様!」

    「やりましたねー」

    みほ「お疲れ様でした」

    ザザッ

    まほ『みほ。何かあったのか?いつもより動きに落ち着きがなかったぞ』

    みほ「お姉ちゃん……ううん。大丈夫。なんでもないよ」

    まほ『次の対戦相手は継続高校。一筋縄ではいかない相手だ。
    心が乱れていては勝利は危うくなる』

    みほ「うん。わかってる。本当に大丈夫だから」

    まほ『……それならいいが。撤収するぞ。通信は以上だ』

    みほ「はい。では皆さん、撤収を」

    「待ってください!」

    ダダッ

    みほ「……?」


    545: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:32:00.10 ID:ulq4Ngljo


    絹代「私は知波単学園の副隊長、西絹代であります!この度はありがとうございました!」ペコ

    みほ「あっ、こちらこそありがとうございました。勉強させていただきました」ペコリ

    絹代「我々のどのようなところが勉強になったのでしょうか!」

    みほ「せ、精神……とか」

    絹代「そうでありますか!っとと、実は我が知波単学園では大会の終了後に代交代がありまして、
    僭越ながらこの私が隊長をやらせていただくことになりました。
    付きましては今後のためにご挨拶をしにきた次第です!」

    みほ「あ、でしたらお姉ちゃ、うちの隊長を呼びますね」

    絹代「いえ!そこまでお手間を掛けていただく必要はございません!
    それに、私は副隊長殿とお話がしたかったんです!」

    みほ「え?私とですか?」

    絹代「はい!私のような者が言うのは恐縮なのですが……」


    546: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:32:31.97 ID:ulq4Ngljo


    絹代「西住殿は、迷ってらっしゃるように見えました」

    みほ「えっ……ど、どうしてですか?」

    絹代「我が知波単学園と黒森峰は、戦力の差はあれど戦い方に似たものがあると感じております!」

    みほ「そ、そう……かもしれないですね。黒森峰は何があっても前に進む西住流を基本戦術にしてるし……
    知波単さんはその、突撃が得意で勇敢だから」

    絹代「ですが、私は最近これでいいのかと思う時があるんです。もちろん知波単魂は誇るべきものですが。
    西住殿の戦いを見ていて、こう、似たようなものを感じたというかですね……勘ですけど!」

    みほ「なるほど……すごい勘ですね。確かに、私もいろいろ考えちゃってます。チームの皆には言えないけど」

    絹代「そうでしたか!!やはり!ではお互い、頑張りましょう!」

    みほ「はっはい?」

    絹代「陰ながら応援しております!目指せ優勝でありますな!ではこれにて失礼!」

    みほ「あっあの」


    みほ「な、なんかすごい人だったな……」


    547: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:33:09.43 ID:ulq4Ngljo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    大洗女子学園

    生徒会室

    桃「各々の捜索の結果見つかったのが、ルノーB1、ポルシェティーガー、あと75mm長砲身です」

    杏「いやー上出来だねえ」

    エリカ「1年生が遭難しかけたんですけど」

    杏「まあまあ」

    柚子「2回戦までには整備は間に合いませんが……」

    桃「先への希望が見えただけでも十分な成果だ」



    549: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:33:39.08 ID:ulq4Ngljo


    エリカ「でもポルシェティーガーじゃねぇ……」

    桃「うちのどの戦車よりも高火力だ!整備が完了すれば頼もしい戦力になる」

    エリカ「まともに動けばね?壊れやすいことで有名な失敗兵器じゃない」

    桃「なにぃ」

    杏「まーまー。そのへんはなんとかなるって。
    ルノーもポルシェも乗員の目星はついてるからさー」

    桃「さすが会長です!」

    エリカ「まぁ、それよりも2回戦の対策を考えたほうが良いわね」

    柚子「アンツィオ高校……ノリと勢いならどこにも負けない、調子に乗ったら手強いと言われてますね」

    エリカ「単純な戦力で言うならサンダースに及ばないけど、舐めてかかっていい相手じゃないわ」

    桃「敵の戦力に関しては、潜入調査を願い出たものがいたから……あっ」

    エリカ「は?」


    550: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:34:25.51 ID:ulq4Ngljo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    アンツィオ高校 学園艦


    優花里「さて、今回も無事に学園艦に潜入しました!」

    優花里「それでは早速アンツィオ高校の制服に着替えます!」ヌギッ


    エリカ「私の分もある?」

    優花里「うわぁあぁぁああっ!?////」


    エリカ「大声出さないでよ。潜入中でしょ」

    優花里「いいいいい逸見殿!?なんでここに!?」

    エリカ「生徒会に問いただしたのよ。っていうかね……」

    エリカ「なんで私に言わないのよ!!勝手にこういうことしたら許さないって言ったでしょ!!」


    551: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:34:57.04 ID:ulq4Ngljo


    優花里「す、すいませぇん!逸見殿には作戦の立案に集中してもらいたくて、
    生徒会の皆さんに黙っててもらったんです」

    エリカ「だーからー、変に心配させられたほうが作戦も考えられないって言ってるの!」

    優花里「逸見殿が私の心配を……」ウルウル

    エリカ「もうこれからは偵察行為は絶対禁止ね。今回はしょうがないから私もついていくわ」

    優花里「は、はい……では予備の制服をどうぞ」

    エリカ「用意がいいわね」


    552: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:35:59.77 ID:ulq4Ngljo


    優花里「周辺は出店でいっぱいであります!お祭りでしょうか!?」

    優花里「おっ、あそこには戦車を模したお店がありますね」

    優花里「あれはCV33!箱乗りしてます!」

    エリカ「私が一緒にいるんだから映像を撮る必要ないでしょ」

    優花里「いや、雰囲気というものがありますから」


    ペパロニ「アンツィオ名物鉄板ナポリタンだよー!」

    優花里「逸見殿!あそこでナポリタンを作ってるのはアンツィオの副隊長ですよ!チャンスです!」




    553: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:36:30.51 ID:ulq4Ngljo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    優花里「美味しいです!」

    エリカ「悪く無いわね」モグモグ

    ペパロニ「だろぉ~?」

    優花里「そういえば新しい戦車が入ったそうですね」

    エリカ「馬鹿!露骨すぎ!」

    ペパロニ「何だぁお前……良く知ってるなぁ!確か重戦車の……」

    エリカ「もっと馬鹿がいた……」



    554: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:36:56.87 ID:ulq4Ngljo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    コロッセオ


    アンチョビ「これが我らの新兵器!P40だぁ!!」

    ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

    優花里「おお、P40は初めて見ました!」

    エリカ「もういいでしょ。帰るわよ」

    優花里「も、もうちょっと。せめて2ショットで写真を……」

    エリカ「何言ってんのよ!」


    アンチョビ「ん……そこのお前たち、戦車道チームじゃないな?」

    エリカ・優花里「!!!」



    555: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:37:35.34 ID:ulq4Ngljo


    優花里「は、はい!最近転校してきたばかりでして!アンチョビ殿のファンであります!」

    「おお~さすがドゥーチェっす!」

    「他校にも名が知れ渡ってますね!」

    「写真撮らせてあげたらどうっすか?」

    アンチョビ「お、おおそうか!歓迎だぞ!そっちのお前もファンか?」

    エリカ「ハ、ハイー、ソウデスー、ファンデスー」

    優花里「逸見殿、演技下手すぎますぅ!」


    556: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:39:25.35 ID:ulq4Ngljo


    アンチョビ「逸見?ん……ていうかどっかで見たことあるような……」

    エリカ「ソ、ソンナコトナイワヨ?」ギクッ

    アンチョビ「!!思い出した!!お前、『大洗の魔女』だな!!」

    エリカ「いや誰よそれ!?魔女!?」

    アンチョビ「大洗の魔女、逸見エリカだな!?」

    エリカ「うわ、突っ込みたい点はあるけどバレてるっぽいわね!逃げるわよ!」

    優花里「了解!!」


    アンチョビ「逃げたぞ追えーーー!!魔女狩りだぁー!」

    「おおおーー!!」


    557: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/02(水) 22:40:00.65 ID:ulq4Ngljo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    大洗女子学園


    優花里「そして近くに駐めてあったCV33を逸見殿が強奪してなんとか逃げきりました」

    エリカ「ひどい目に合ったわ……」

    沙織「えりりん、また乗り物盗んだの」

    エリカ「ちゃんと置いてきたわよ!」

    華「CV33、私は可愛くて大好きです。ご一緒したかったですね」

    沙織「華、興味持つポイントがおかしいから」



    583: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:03:28.94 ID:MeCFxmqNo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    歴女チーム(ニルプフェルト)宅


    カエサル「やあ隊長。いらっしゃい」

    エリカ「お邪魔するわ……あの庭にあるやつって?」

    カエサル「自家製の装填練習マシーンだ。ほら、こうやって……ふん!」ガッチャン

    エリカ「それで自主トレしてるってわけね。ちょっともう一回やってみて」

    カエサル「え?いいけど……よいしょっ」

    エリカ「ふんっ」ゲシッ

    カエサル「うわあ!?」ドタン

    ゴロンゴロン


    584: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:03:57.28 ID:MeCFxmqNo


    カエサル「何するんだ!いきなり蹴るなんて!」

    エリカ「着弾の衝撃はこんなもんじゃないわよ?」

    カエサル「!」

    エリカ「実戦の時はこんな広くて平坦で揺れのない場所で装填なんかできないでしょ」

    カエサル「……た、確かに」

    エリカ「何があっても弾を落とさないようにしなさい。
    あなたの仲間には、装填の練習中に積極的に邪魔するように言っておくわ」

    カエサル「あ、ありがとう……なのか?」

    ドタドタ

    左衛門佐「何事だ!戦か!?」

    おりょう「夜襲ぜよ!?」


    エルヴイン「おお、よく来た。イタリア軍の資料は用意してあるぞ」

    エリカ「ありがと」


    585: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:04:36.47 ID:MeCFxmqNo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    試合当日


    杏「おーよろしくー、チョビ子~」

    桃「何の用だ。安斎」

    アンチョビ「私はアンチョビだ!……おい」

    エリカ「あ、見つかった」

    アンチョビ「そこのお前、久しぶりだなぁー?うちのCVの乗り心地はどうだった?」

    エリカ「あまり良くなかったわね。次から中に座布団敷いてもらえる?」

    アンチョビ「お望みならピザと一緒に配達してやろう」

    エリカ「戦車の揺れで台無しになったピザはさぞかし美味しいでしょうね」

    アンチョビ「くくく……」

    エリカ「ふふふ……」


    586: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:05:06.49 ID:MeCFxmqNo


    沙織「なんだか変な雰囲気」

    優花里「名指揮官同士、高度な心理戦をしているのでしょう!」

    華「あの方もすごい指揮官なんですか?」

    優花里「はい!アンツィオはかつては大洗並に戦車道が廃れてしまっていたのですが……
    あのアンチョビ殿が全国大会でそこそこ戦えるほどに立て直したんです!」ワクワク

    麻子「物好き同士」

    沙織「ちょっと麻子!」



    カルパッチョ「たかちゃーん♪」

    カエサル「ひなちゃーん♪」

    キャッキャッ



    587: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:06:16.72 ID:MeCFxmqNo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    『試合開始!』


    エリカ「パンツァー・フォー!」


    アンチョビ「アーヴァンティ!」


    アンチョビ「マカロニ作戦開始だ!」

    オオーーーー!!

    カルパッチョ「マカロニ、展開してください」

    ペパロニ「よっしゃあ!行くぞお前ら!マカロニ用意!」



    588: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:07:52.61 ID:MeCFxmqNo


    エリカ「敵はCV33での撹乱をしてくると予想されるわ。
    全車、絶対に挑発に乗らないように」

    『『『了解!』』』


    梓『こちらウサギ、じゃなくてカニンヒェン!敵を発見!CV33が6両布陣しています!』

    エリカ「何ですって!?」

    優花里「なんという展開速度でしょう」

    エリカ「足の早いカルロ・ヴェローチェとはいえ、予想以上ね」


    典子『こちらハオスエンテ!敵を発見!豆タンクが5両!』

    エリカ「東西両方に!?……ん?」

    麻子「1両多いぞ」

    華「11両いますね。規定は10両なのに」

    優花里「しかもあれだけ自慢してたP40もいません!」


    589: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/04(金) 00:10:26.12 ID:MeCFxmqNo


    沙織「ちょっとー!またズルされてるんじゃないのー!?」

    エリカ「通信傍受と違って車両数は確実な違反だからそれはないわ」

    優花里「では……」

    エリカ「カニンヒェン、ハオスエンテ。敵に少しでも動きはある?」

    梓『いえ、全然動きません』

    典子『微動だにしません!』

    エリカ「やっぱり、ハリボテか何かで水増ししているわね」

    梓『偽物!?』

    典子『なら突破して先に進みますか?』

    エリカ「待って。いくら離れてるとはいえ、設置する車両数を間違えるなんて単純なミスをするとは思えない。
    おそらく、わざと私たちにハリボテと気付かせるのが敵の狙いよ」

    優花里「なるほど。さすが戦略家のアンチョビ殿であります」

    エリカ「私を騙そうったってそうは行かないわよ……各車、前進を止めて様子を見るわ」




    619: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:51:59.84 ID:Utj3sPeXo


    優花里「それにしても、わざと気付かせるとは敵の狙いはなんでしょうか?」

    エリカ「デコイはそこを突破させたくないから置くものよ。当然、気づいたら突破するのが普通」

    エリカ「なら敵の狙いは、私たちがハリボテを意気揚々と突破してきたところを奇襲……そんなところでしょうね。
    あの十字路は超えちゃいけない。ここは持久戦ね」

    華「持久戦?」

    エリカ「やってくるはずの相手がいつまでも来なければ、当然待っている側は不安になるわ。
    特にアンツィオのような機動力重視のチームなら、しびれを切らしてあちらから動くはずよ」

    沙織「恋の駆け引きみたいに、攻めずに待つのも重要ってことね」

    華「駆け引きしたことあるんですか?」

    エリカ「先行してるハオスエンテとカニンヒェンに本隊に合流するように指示して」


    620: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:52:39.06 ID:Utj3sPeXo


    桃『相手はアンツィオだぞ!そんな高度な作戦ありえん!十字路を突破するべきだ!』

    エリカ「隊長は私です!指示に従ってください!」

    典子『偵察を続けなくていいんですか?』

    梓『あの。私達だけでも十字路に残りましょうか?』

    エリカ「敵を不安にさせるのが大事なの。見つかりやすい十字路に残ったら悟られるかもしれない。
    全車集まりなさい』


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ブロロロロロ

    沙織「えりりん、全車ここに集まったよ」

    エリカ「さて、あとは相手がしびれを切らして出てくるのを待つわ」


    621: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:53:31.74 ID:Utj3sPeXo


    優花里「大丈夫でしょうか。5両を1箇所に集めるのは逆に奇襲を受けた時にリスクがあります」

    エリカ「何?私の作戦に文句あるわけ?」

    優花里「いえ!そんなことはございません!」

    エリカ「平気よ。相手はアンツィオ。奴らは待つのが苦手だからなし崩し的に出てくるはずよ」

    梓『!!!8時方向に敵影!!!』

    バロロロロ

    エリカ「なっ!?後ろから!?」

    ドォン!! バァン!

    梓『うっ、敵はセモヴェンテ2両……!』


    622: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:54:04.60 ID:Utj3sPeXo


    エリカ「回りこまれたか……でも2両なら火力はこっちが上よ!全車転換して迎撃!!」

    ドォン!! ドバババババ!!

    典子『た、隊長!!4時方向からも敵が!!豆タンクがえっと、5両くらいです!!』

    エリカ「そっちからもですって……!ハオスエンテはカルロ・ヴェローチェの相手を!
    シルトクレーテは身を守りつつ……」

    ドォンッ!!

    エルヴィン『前方からP40出現!!フラッグ車だ!!他2両!!』

    エリカ「!!!」

    エリカ「……囲まれた!!」



    623: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:54:32.99 ID:Utj3sPeXo


    アンチョビ「はーっはっは!マカロニ作戦大成功!よくやったぞペパロニ!」

    ペパロニ『ありがとうっす!看板全部出しきったっす!!』

    アンチョビ「は!?2枚は予備って言ったよな!?」

    ペパロニ『へ?ダメなんすか!?』

    アンチョビ「ま、まあ良い!それは試合が終わったらゆっくり教えてやる!!今は戦闘に集中だ!
    お前ら!魔女狩りの再開だーー!!このまま終わらすぞ!」

    『『『『おおーーー!』』』』



    624: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:55:32.56 ID:Utj3sPeXo


    ドォン!! ズバァン!

    エリカ「そんな……私が間違ってたの……」

    ドォン! ズバァン!

    エルヴィン『隊長!!このままじゃ防戦一方だ!!私達が囮になるからフラッグ車と脱出を!』

    エリカ「だ、だめ!Ⅲ突の火力をここで失うわけには……」

    エルヴィン『フラッグ車と隊長車を失うよりはマシだろ!』

    エリカ「でも……」

    ドォンッ!! バァンッ!!

    桃『おいどうするんだ!!うわーもうだめだー!』

    杏『河嶋、おちつけー。逸見ちゃん、ちょっと私らもやばい感じだねー』


    625: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:56:03.68 ID:Utj3sPeXo


    ズバァン!! バァン!!

    エリカ「くそ……くそ……こういう時、こういう時は……!」

    典子『アターック!!』

    ブロロロロ ドォンッ!

    エリカ「ハオスエンテ……!?勝手に集団から離れるな!」

    典子『すいません隊長!私達の頭じゃこのくらいしか浮かびません!
    Ⅲ突の火力はダメでも89式の火力なら失っても大したことないですよね!』

    エリカ「なにするつもり!?」


    626: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:56:41.09 ID:Utj3sPeXo


    典子「河西!8時方向セモヴェンテにバックトス!!」

    河西「了解!!」

    ブォォオ ドォン! ドォン! カァン!!

    「なっ、やったなー!」

    「ティーポ89を追え!」

    典子「ほら、こっちだこっちー!」


    アンチョビ「セモヴェンテ!深追いするな!中央集団に集中しろ!!」

    カルパッチョ『しかし統帥、放っておくと奇襲を受けるのでは』

    アンチョビ「わかってる!ペパロニ!CVを引き連れて追え!89式ならどうにかなる!」

    ペパロニ『了解!!よっしゃー!いくぞおめーら!!』

    ブロロロロ ブォン!!


    627: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:57:28.88 ID:Utj3sPeXo


    ドォンッ! ドォッン!

    エリカ「カルロ・ヴェローチェが89式を追って囲いに穴が空いた……今ならここから突破できる……?
    でもP40に背中を見せるのはむしろ危険か……!?」

    ドォンッ!! ズバァン!!

    エリカ「でも……でも…」

    ギュッ

    エリカ「!」

    華「大丈夫ですよ」

    優花里「逸見殿、私達もいますから」

    エリカ「華……優花里……」

    エリカ(知らないうちに、手が震えてた……)


    628: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:57:55.99 ID:Utj3sPeXo


    エリカ「シルトクレーテ!カニンヒェン!ここから撤退するわよ!!」

    桃『わかった!急げ!』

    梓『了解です!!』

    エリカ「そしてニルプフェルト……頼みが」

    エルヴィン『……心得た。任せろ!!』

    ブロロロォ ドドドドォ

    エルヴィン『いくぞアンツィオ!Ⅲ突をなめたらフィンランド人が許さんぞ!てーっ!』

    ドバァンッ!!



    629: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:58:42.09 ID:Utj3sPeXo


    アンチョビ「3両が撤退、Ⅲ突だけ向かってきただと!?すぐ倒して追うぞ!」

    カルパッチョ(……!Ⅲ突のあのパーソナルマークは!)

    カルパッチョ『統帥。あの75mm長砲身の相手は私が!フラッグ車を追ってください!』

    アンチョビ「わかった!任せた!」


    ブロロロロ ズドォン!


    エリカ「後方のカニンヒェン、状況は?」

    梓『P40、それとセモヴェンテが2両追ってきます!』

    ドォンッ! ズバアッン!

    エリカ「どうにかセモヴェンテを引き剥がしてP40を孤立させれば……」


    630: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/06(日) 23:59:25.34 ID:Utj3sPeXo


    あや「うわー!怖い怖い!追ってきてる!」

    あゆみ「砲塔回るんだから撃てば?」

    あや「あ、そうか!くらえーっ!」

    ドォン!!

    ボスッ!

    あや「全然あたらない!」

    梓「やっぱり、私達の実力なら止まって撃たないと……急がば回れだよ」

    優季「でも止まったら隊長たちに置いてかれちゃうよー?」


    631: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:00:32.94 ID:1EliwttAo


    梓「だけど隊長はセモヴェンテをどうにかすればきっと勝ってくれる」

    あや「なら梓!答えは一つじゃん!」

    梓「逸見隊長、セモヴェンテは私達がなんとかします!行ってください!」

    エリカ『何!?勝手なことしないでついてきなさい!』

    梓「桂利奈、合図で急ブレーキ!……今!」

    桂利奈「あいっ!!」


    キキッ!!


    アンチョビ「うおっ!いきなり止まるな!!避けろ!!」

    ギュンッ!

    アンチョビ「ふうっ。M3は相手にするな!このままフラッグ車を追うぞ!」



    632: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:01:36.01 ID:1EliwttAo


    優花里「逸見殿!M3が急停止!」

    エリカ「あの子たち……みんな勝手なことを!」

    麻子「どうするんだ」

    エリカ「私達も止まって……いや、このまま行くわ!」

    麻子「おっけー」


    あゆみ「敵も私達無視して先に行っちゃうよ!」

    梓「大丈夫。まだ射程圏内だから。あや、砲撃用意……撃て!」

    ドォンッ!! バスッ!

    あや「外した!」

    梓「あゆみ。主砲を右に15度。上に4度修正。撃て!!」



    633: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:02:12.36 ID:1EliwttAo


    ズドォンッ!!

    カッ シュポッ

    あゆみ「当たったぁ!」

    優季「すごーい!隊長みたーい」

    あや「でも残りは見えなくなりそう」

    梓「追うよ!」


    634: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:03:37.92 ID:1EliwttAo


    『姐さんやられましたぁ!』

    アンチョビ「くそっ……止まれ!砲塔旋回!!撃て!!」

    ドォォンッ!!

    あや「あ、P40の砲塔がこっち向いて……いやぁっ!」

    ズゥガァンッ!!

    カッ シュポッ

    梓「カニンヒェン撃破されました!1両しか倒せませんでした……すいません!」


    635: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:04:29.75 ID:1EliwttAo


    アンチョビ「奴らもやるじゃないか!だがこっちも2両相手も2両!
    まだなんとなかる……じゃなかった勝てる!」

    「あの!後ろと戦ってる隙に森で敵を見失ったんですが!」

    アンチョビ「遠くには行ってないはずだ!落ち着いて周りを警戒!
    こちら統帥!全車に告ぐ!動ける車輌はみんなこっちに集まれ!
    戦力を集中させるぞ!分度器作戦だ!」


    「崖の下に敵フラッグ車です!」

    アンチョビ「いたな!よーし!狙え!」

    ドォン!! 

    ギュォォ!

    柚子「うう、危なかったぁー」

    アンチョビ「外した、もう一発……」

    「姐さん危ない!!」

    ドォンッ!!

    カッ シュポッ

    アンチョビ「あっお前ら!……森の影からⅣ号……!!くそ、怪しいと思ったが……」



    636: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:05:15.86 ID:1EliwttAo


    華「セモヴェンテがフラッグ車の盾に……」

    エリカ「でも撃破したわ。次でフラッグを仕留めればいい!麻子、来るわよ。避けられる?」

    麻子「任せろ」 ガコッ


    アンチョビ「砲撃用意!」

    エリカ「砲撃用意!」


    ヒューン


    アンチョビ「……ん、なんだ?」

    エリカ「……!?崖の上からなにか降ってくる!?」





    637: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:05:57.70 ID:1EliwttAo


    ヒュルルル


    ペパロニ「姐さーん!!」

    ズドォン!!


    アンチョビ「ペパロニ!?」


    ヒュルルル


    典子「隊長ーーー!!」

    ズドォンッツ!!

    カッ シュポッ


    エリカ「89式も落ちてきた!?」


    638: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:06:52.38 ID:1EliwttAo


    典子『あ、撃破判定でちゃいました!なんとかCVを5両倒してあと1両だったんですけど』

    エリカ「そんなことより無茶しないで!怪我したらどうするの!」


    ペパロニ「はっは!こっちは白旗出てないぜ!軽さの勝利だ!」

    アンチョビ「おい!無茶すんな!!怪我したらどうする!!」


    エリカ「はっ」

    アンチョビ「あっ」


    エリカ「撃てーー!!!」

    アンチョビ「撃てッッ!!!」


    ドォンッ!! ドォンッ!!

    カァンッ! ドゴォッ 

    カッ シュポッ


    640: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:08:50.75 ID:1EliwttAo


    アンチョビ「よしっ隊長車を倒したぞ!!」

    エリカ「やられた……装甲と砲身の差が出たわ……だけど」


    エリカ「これだけ引き付ければ上等!!」



    杏「かーしまー、代われ。装填最速で頼むよ」

    桃「はいっ」

    杏「小山!ギリギリまで近づいちゃって!」

    柚子「はいっ!!」

    ギギギッィイイィィ




    641: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/07(月) 00:09:57.58 ID:1EliwttAo


    アンチョビ「フラッグ車が逆方向に?!ハプニングに気を取られたっ!砲塔旋回!」

    ガガッ

    「砲塔旋回不能!」

    アンチョビ「Ⅳ号の一撃か……!なら車体を転回!まだ距離がある!38tなら接射でもされなきゃ大丈夫だ!」

    杏「おりゃ!」

    ドォンッ!!

    ビシィイッ バリンッ!

    「り、履帯がやられました!!」

    アンチョビ「何ぃい!!!」

    ギギギギギ

    ピタッ

    杏「ほい、ゼロ距離」

    ドォォンッ!!!


    カッ シュポッ


    『アンツィオ高校フラッグ車、走行不能!大洗女子学園の勝利!』




    667: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:04:13.93 ID:9KOrxDdjo


    優花里「やりましたよ逸見殿!シルトクレーテがやってくれました!」

    沙織「会長たちすごーい!」

    華「私たちで倒せなかったのは残念でしたが、砲撃が活きたみたいで良かったです」

    麻子「お腹すいた」

    エリカ「……」

    沙織「どうしたの?えりりん。勝ったんだよ?」

    エリカ「え、ええ……そうね。良かった」


    668: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:04:50.81 ID:9KOrxDdjo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    あや「私達、ベスト4だってー!」

    優季「すごーい、有名人みたーい」

    あゆみ「沙織先輩嬉しいだろうな」


    桃「あと2回、あと2回勝てば……」

    柚子「頑張ろうね、桃ちゃん」


    典子「全国大会で優勝して、今度はバレー部で全国へ!」

    「「「おおー!」」」


    おりょう「カエサルはどうしたぜよ」

    エルヴィン「友達に会いに行ってるよ。私達と相討ちしたセモヴェンテに乗ってたらしい」


    669: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:05:19.77 ID:9KOrxDdjo


    アンチョビ「いやー、良いとこまで行ったんだけどなー!負けた負けた」

    杏「おー、チョビー。こっちもハラハラしたよー」

    アンチョビ「チョビって言うな!アンチョビだ!隊長はどこいった?」

    杏「んー、見てないねえ」

    アンチョビ「そうか……まあいい!これから宴だぞ!アンツィオの流儀を見せてやろう!
    お前たち!湯を沸かせ釜を炊け!」

    オオッー!!ヤルゾーッ!



    670: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:05:45.79 ID:9KOrxDdjo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ザワザワ ザワザワ

    華「とっても美味しいです。おかわり頂いてもいいでしょうか?」

    ペパロニ「あんた良い食べっぷりだねぇ!どんどん食べてくれ!」

    沙織「アンツィオさん、華に食べ放題させて後悔しても知らないからね」

    麻子「デザートもあるのか。アンツィオは素晴らしい」

    優花里「それにしても、逸見殿はどうしたんでしょうか」

    沙織「トイレにしては長いよね」

    華「みんなで探しましょうか?折角の料理、エリカさんにも食べていただかないと勿体無いです」


    671: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:06:18.88 ID:9KOrxDdjo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    エリカ「……」


    アンチョビ「こんなところで何やってるんだ?」

    エリカ「戦車の修理箇所を確認してただけよ。何の用?」

    アンチョビ「せっかく両校を労う宴会に隊長がいないんじゃ締まらないだろ?」

    エリカ「騒ぐのは苦手なの」

    アンチョビ「無理に騒がなくてもいい。仲間と美味いものを食べるだけで楽しくなるもんだ!」

    エリカ「仲間ね……」

    アンチョビ「どうかしたのか?」



    672: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:06:58.96 ID:9KOrxDdjo


    エリカ「……あなた達のこと、見くびってたわ。ここまで追いつめられるなんて」

    アンチョビ「そうだ!アンツィオは弱くない!じゃなかった強いんだ!」


    アンチョビ「ま、食事に向ける情熱がもっと戦車道に向いてくれればとは思ってるけど……
    それがあの子たちの強みでもあるからな!それを活かしてやるのが私の役目だ!」

    エリカ「信頼してるのね、仲間を」

    アンチョビ「もちろんだ。良い奴らだし、何だかんだ言って私についてきてくれるからな」

    エリカ「そう……それは結構なことで」

    アンチョビ「なんだー?お前らだってチームワーク良かったじゃないか!」


    673: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:07:44.23 ID:9KOrxDdjo


    エリカ「みんなが勝手にやったのよ……私はむしろ押さえつけてた。
    自分の判断が一番正しいって信じてたの。みんな素人だから私が引っ張らなきゃって。
    それでここまで追いつめられて、仲間の勝手な行動に助けられて、バカみたいよね」

    アンチョビ「そうか?チームなんだから助けたり助けられたりは当たり前じゃないか。
    自分がミスして仲間にカバーしてもらったら、終わった後に『ありがとう』って言えばいいだけだ」

    エリカ「単純で羨ましいわ」

    アンチョビ「なんだとー!せっかく心配してやったのに!……まあ、今回は心配もいらなそうだけどな」

    エリカ「は?」

    アンチョビ「おーい、遠慮しないで出てきたら?」


    沙織・華・優花里・麻子「!!」


    674: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:08:15.01 ID:9KOrxDdjo


    エリカ「あなた達……」

    沙織「えりりんどっか行っちゃったから心配でさー」

    華「お料理が冷めてしまいますよ」

    優花里「見つけたら隊長同士で何やら重大なお話があったようでして」

    麻子「要観察」


    エリカ「ったく……」

    アンチョビ「ほら、『ありがとう』だ。『ありがとう』」

    グイッ

    エリカ「ちょっと、押さないで!」



    675: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:08:45.10 ID:9KOrxDdjo


    優花里「どうしたのですか?逸見殿」

    エリカ「あ、あ、ありが……」

    沙織「あり?」

    エリカ「……なんでもない。次からはもうちょっと……みんなに頼らせてもらうから」ボソッ

    華「ふふ、ありがとうございます」

    沙織「もう任せて!」

    優花里「逸見殿に頼っていただけるとは!」

    麻子「ん」


    忍「あ、逸見隊長!ここにいたんですね」

    沙織「どうしたの?」

    忍「生徒会がリーダーに招集をかけました。逸見隊長がいないから探して来いと言われて……」

    エリカ「わかった、すぐ行くわ」



    676: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:09:17.29 ID:9KOrxDdjo


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    杏「急に悪いね~まー食べながら聞いてよ~」モグモグ


    典子「何かあったんですか?」

    桃「たった今、情報が入った。先ほどプラウダ高校が2回戦を勝利し、準決勝に駒を進めた。
    つまり私達の次の相手だ」

    エリカ「プラウダ……!」

    梓「確か、プラウダは前回大会準優勝ですよね」

    カエサル「強敵が順当に勝ち上がってきたということか」

    桃「試合を終えたばかりだが、ここからが正念場だ。訓練の時間も増やし更なる練度の向上を図らねばならない」


    677: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:09:43.94 ID:9KOrxDdjo


    梓「でも、格が違いすぎるんじゃ」

    杏「逸見ちゃんは去年プラウダに勝ってるし、頑張れば案外行けるかもよー?」

    エリカ「……もちろん、やるからには勝利を目指します。でも」

    杏「んー?」

    エリカ「ここからは、私の指揮だけじゃなく全員で力を合わせないと絶対に勝てない。
    今日の試合で痛感しました」

    桃「まったくだ。最初から私の提案に乗っていればだな」

    杏「そうだねー、みんなで次も頑張っていこっか!」

    典子「はい!」



    678: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:10:23.14 ID:9KOrxDdjo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    同時刻


    アキ「もう片方の準決勝の組み合わせが決まったよ。プラウダ高校と大洗女子だってさ」

    ミカ「重要なのは誰が戦うかじゃない、どう戦うかじゃないかな?」

    アキ「もう、またひねくれたこと言って。すいませんね西住さん……って両方西住さんか」

    まほ「いや、気にしないで良い。情報感謝する」

    アキ「聖グ口リアーナとの戦い、がんばってくださいね。応援してますから」

    みほ「ありがとうございます」

    ミカ「私達を倒した貴女達ならどこまでも進めるでしょう。だけど進むべき道はまっすぐとは限らない」

    まほ「……どういうことかな?」

    ミカ「走り続けることよりも、立ち止まることの方が難しい時もある」

    みほ「えっと……」

    ミカ「黒森峰のみなさんの健闘を祈ります」 ポロローン♪

    まほ・みほ「……」


    679: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:11:48.29 ID:9KOrxDdjo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ノンナ「同志ニーナ。カチューシャは?」

    ニーナ「あ、お疲れ様です!疲れだみだいで、すっかり眠ってらぁ」


    カチューシャ「zzz」

    ノンナ「そうですか」

    スッ ナデナデ

    ノンナ「カチューシャ……次の対戦相手は大洗女子学園。あの逸見エリカさんが隊長です」

    ノンナ「貴女の隊長就任を阻んだ、あの人……」

    カチューシャ「……」スヤスヤ

    ニーナ「ノンナ隊長、そろそろ撤収しねえと」

    ノンナ「ええ。行きますよ。カチューシャ」ダキッ

    カチューシャ「……むにゃ」ゴシゴシ

    ノンナ「この戦いで勝って、私は貴女を王座に据える。貴女こそがプラウダを導くのに相応しいお方です」


    680: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:13:15.53 ID:9KOrxDdjo

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    桃「今日は試合ご苦労だった!明日からまた訓練だ!解散!」

    ザワザワ


    エリカ(プラウダ……あいつらには、あいつらにだけは……!)






    -----------------------------------------

    エリカ「これが私の戦車道」Kapitel I






    682: ◆3hqm7P36Pw 2016/03/08(火) 23:14:17.78 ID:9KOrxDdjo


    残りのボリューム的にこのスレだけでは終わらなそうなので、
    1章完ということでこのスレへの投稿はこれで〆ることにしました。

    ここまで付き合ってくれたみなさん、ありがとうございました。

    近いうちに次スレを立てて続きを書くので、その際はこのスレでお知らせします


    683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 23:15:25.99 ID:23nFA63Qo

    乙 待ってる
    ノンナが隊長・・・そうきたか


    685: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 23:24:52.41 ID:4i5d3bVbo

    乙!
    ノンナが隊長でもカチューシャを立てたがるのね


    687: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/08(火) 23:40:29.49 ID:G2GKU7K9o

    アンチョビがいい子過ぎてほんと好き
    去年プラウダ勝てなかったからカチューシャ隊長になれんかったのか…
    どう影響するかこれからも楽しみ


    688: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:16:45.70 ID:yOLEhZMv0



    これから新チームとの邂逅もあるのか・・・

    意外とネトゲ組好印象だったりして


    691: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 05:44:09.75 ID:dROY6V8KO

    乙でした!
    エリカが素直にありがとうを言える日はいつになるやら…


    引用元: 【ガルパン】エリカ「これが私の戦車道」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (100)
    幼馴染 (23)
    兄妹 (34)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (221)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (137)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (175)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (185)
    シンデレラガールズ (856)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (209)
    カイジ (4)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (72)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (279)
    機動戦士ガンダム (32)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (8)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (30)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (20)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (16)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (23)
    進撃の巨人 (66)
    新世紀エヴァンゲリオン (45)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (28)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (8)
    ゾンビランドサガ (5)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (11)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (60)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (62)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (12)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (60)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (4)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (127)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (56)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (17)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (105)
    遊戯王 (33)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (109)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (0)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (5)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (3)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (3)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク