FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    マミ「私の勝ちね」 杏子「ぐっ……」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:31:33.39 ID:RzyHP9W/0

    マミ「さて、これからどうしましょう」

    杏子「くそっ…殺るならさっさとやれよ!」

    マミ「そんな死に急がなくたっていいじゃない」

    杏子「な、なんだよ…」

    マミ「ふふっ、心配しないで。殺しはしないから」

    ドスッ

    杏子「ッ!?」ドサッ

    マミ「とりあえず、私の家に来てもらうわよ」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:37:01.03 ID:RzyHP9W/0

    マミ宅

    杏子「う、う~ん……」

    杏子「ここは……?」

    マミ「目が覚めた?」

    杏子「あっ、てめえ!!」

    マミ「元気はあるみたいね。よかった」

    杏子「なんだこれ、身体が動かな……」

    マミ「暴れられたら困るからリボンで縛ってあるの」

    杏子「はぁ!?ふざけんな、ほどけ!!」

    マミ「イヤよ」

    杏子「てめぇ…一体なにが目的だ!」

    マミ「単刀直入に言うわ」

    マミ「私のお友達になってちょうだい」


    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:42:16.32 ID:RzyHP9W/0

    杏子「……は?」

    マミ「聞こえなかったの?私のお友達になってって言ってるの」

    杏子「……意味わかんねえし」

    マミ「はぁ、物覚えが悪いわね」

    杏子「ふざけんな!いいからこのリボンほどけよ!!」

    マミ「お友達になってくれたら、ほどいてあげる」

    杏子「誰がてめえなんかの友達になるもんか!」

    マミ「そう、じゃあ……」

    ギュッ

    杏子「!?」

    マミ「このまま…あなたを絞め殺してもいいのよ?」


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:45:54.23 ID:RzyHP9W/0

    ギュギュギュッ…

    杏子「うっ…ぐぁっ」

    マミ「苦しい?」

    杏子「ぐっ…くそっ……」

    マミ「私のお友達になってくれる?」

    杏子「ふ、ふざけんな…ぶっ殺す……」

    マミ「……」

    ギリッ

    杏子「がはっ!?」

    マミ「お友達に、なってくれる?」


    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:49:31.71 ID:RzyHP9W/0

    杏子「はっ……かはっ……」

    マミ「……」

    ギリッ、ギリッ

    杏子「ぁがっ……かっ……」

    マミ「……」

    杏子「わ……わかっ……」

    マミ「……」

    杏子「なる……なるから……」

    マミ「なに?」

    杏子「とも…だち……なるから……ほどい…て……」

    マミ「本当!?うれしい!」


    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/23(水) 23:55:15.91 ID:RzyHP9W/0

    杏子「ぁっ……ぅぐ……」

    マミ「待ってて、今リボンほどいてあげるから」

    プツン、パラ…

    杏子「はっ、はぁっ……」

    杏子(た、助かった……)

    マミ「ごめんなさい、ここまでするつもりはなかったんだけど」

    マミ「大丈夫?痛いところない?」

    杏子「てめ……」

    マミ「でも嬉しいわ、佐倉さんが私のことを受け入れてくれるなんて」

    マミ「これで魔法少女コンビの誕生ね!」

    杏子「……」

    杏子(なんなんだコイツ……)


    27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:02:40.74 ID:7Btmkks70

    マミ「ありがとう佐倉さん、私とっても嬉しい」

    杏子「……ふざけんな」

    マミ「え?」

    杏子「なにが魔法少女コンビだ……バカにすんのもいい加減にしろよ」

    マミ「……」

    杏子「やられた分はやり返す!」

    杏子「覚悟しろよ巴マミ!今すぐてめえをぶっ殺してやるからな!!」

    マミ「……ねぇ、なんでそんなこと言うの?」

    杏子「は?」

    マミ「私はあなたとお友達になりたいだけなの。それの何が間違っているの?」

    マミ「ねぇ、何が間違っているの?」


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:09:55.67 ID:7Btmkks70

    杏子「ひ、人を縛っておいて何を……」

    マミ「私たちもうお友達でしょ?」

    マミ「お友達には優しくしなきゃダメって教わられなかった?」

    マミ「ぶっ殺すなんて言葉使っちゃダメじゃない。何でそんなこと言うの?」

    杏子「ひっ…!?」

    マミ「答えて佐倉さん。私たちお友達よね?」

    マミ「仲良くできるわよね?仲良くしましょうよ」

    杏子「あ、あたしは……」

    マミ「お友達じゃないのなら佐倉なんて……」

    杏子「!?」

    マミ「死んじゃえばいいのに」


    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:16:44.61 ID:7Btmkks70

    杏子「ま、魔法少女に……仲間なんて」

    マミ「仲間じゃなくて、お友達でしょ?」

    杏子「……」

    マミ「お友達よね?」

    パァンッ!!

    杏子「ッ!!?」

    マミ「痛い?そうよね、銃で足を撃ちぬかれたら痛いわよね」

    杏子「あがっ…てめっ……」

    マミ「でも私の心はもっと傷ついているの。あなたのせいよ」

    パァンッ!!

    杏子「がっ!?」

    マミ「あなたのせいよ。あなたのせいなんだから」


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:23:26.43 ID:7Btmkks70

    杏子「う……ぐっ……」

    マミ「私たち、お友達よね?」

    パァンッ!!

    杏子「がはっ!?」

    マミ「お友達よね?」

    パァンッ!!

    杏子「あがっ…!?」

    マミ「ねぇ、答えてよ。お友達になってくれるって言ったじゃない」

    マミ「なんでウソつくの。ねぇ、なんでウソつくの」

    マミ「酷いじゃない」

    パァンッパァンッ!!

    杏子「ぐっ……」

    マミ「私たち、お友達でしょ?」

    ドゴォン!!


    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:29:45.40 ID:7Btmkks70

    杏子「ぁっ……!!?」ドサッ

    マミ「……部屋、血だらけになっちゃった」

    マミ「佐倉さんが来ると思ってせっかく掃除したのに…」

    杏子「かはっ……ヒューヒュー……」

    マミ「ソウルジェムは無事のようね」

    杏子「た、たすけ……」

    マミ「きっと今日は色々あって疲れてるのね。だから私にあんな酷いこと言って…」

    杏子「ぁぐっ……」

    マミ「いいわ、一日頭を冷やせば考え直してくれるかもしれない」

    マミ「今日はうちに泊まっていって♪」

    杏子「……」


    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:37:00.64 ID:7Btmkks70

    マミ「はい佐倉さん、空き部屋だけどここ使って」

    マミ「逃げ出さないように身体をリボンで縛っておきましょうね♪」

    ギュッギュッ

    マミ「あっ、別に佐倉さんのことを信用してないってわけじゃないの」

    マミ「ただ、一応ね」

    杏子「……」

    マミ「あぁ…こんなに傷だらけになって」

    マミ「ごめんなさい……ここまでするつもりはなかったのに」ポロポロ

    杏子「てめ…ぇ……」

    マミ「とりあえず今日はそこで寝てて。明日また話し合いましょう」

    マミ「おやすみなさい、佐倉さん」

    杏子「……」


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:41:07.17 ID:7Btmkks70

    杏子「……」

    杏子(くそっ……なんてやつだ……)

    杏子(こんなんじゃ拷問受けてるようなもんじゃんか……)

    杏子(早くここから脱出する方法を考えないと……)

    「うぅ…」

    杏子「?」

    QB「きょ、杏子……」

    杏子「QB!?あんたここでなにしてんの!?」

    QB「ご覧の通り……手足を切断されてここに監禁されているんだよ」


    64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:48:00.87 ID:7Btmkks70

    杏子「なっ…!?」

    QB「マミは…ここから逃げ出そうとした僕を捕まえて」

    QB「お仕置きだって言って、こんな事を……」

    杏子「ひ、ひでぇ……」

    QB「これじゃあ、新しい子のところに契約にも行けないよ……」

    杏子「な、何とかなんないのか!?二人で力を合わせてここから…」

    QB「無理だよ…マミからは逃れられない」

    QB「マミに目をつけられたら最後……友達になるまで罰せられ続ける」

    杏子「そんな……」

    QB「今は抵抗しないほうがいい。素直に彼女の友達になったほうが安全だよ」

    杏子「……」


    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:52:25.99 ID:7Btmkks70

    翌日

    マミ「佐倉さーん、おはよう♪」

    マミ「傷は治った?」

    杏子「……」

    マミ「うん、大丈夫そうね。昨日は本当にごめんなさい」

    マミ「大切なお友達を傷つけるなんて……私どうかしてたわ」

    杏子「マミ……」

    マミ「名前で呼んでくれるの?嬉しい!」

    マミ「なら私も今日から杏子って呼ぶね」

    杏子「……」

    マミ「さてと、朝ごはん食べましょうか」


    72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 00:57:27.45 ID:7Btmkks70

    杏子「お、おい……QBは……」

    QB「……」

    マミ「あぁ、あの子?あの子は悪いことをしたから今反省中なの」

    マミ「だからそのままにしておいて」

    杏子「いいのかよ……」

    QB「……」

    マミ「あんなのほっといて、早くご飯食べましょうよ」

    マミ「あっ、でも一応身体は縛ったままね」

    杏子「え……」

    マミ「心配しないで、私が食べさせてあげるから」


    74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:01:25.40 ID:7Btmkks70

    マミ「はい、あーん♪」

    杏子「……」

    マミ「あーん♪」

    杏子「あ、あーん……」モグモグ

    マミ「美味しい?」

    杏子「……」

    マミ「美味しい?」

    杏子「あ、あぁ…」

    マミ「よかった。今日は杏子のために頑張って作ってみたの」

    杏子「……」

    マミ「うふふっ。はい、あーん♪」


    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:11:16.55 ID:7Btmkks70

    マミ「はぁ、今日は学校休んじゃおうかな」

    杏子「え…?」

    マミ「だって、もっと杏子と一緒の時間を過ごしたいし」

    杏子「いや…学校は行ったほうがいいんじゃないか?」

    杏子(その隙に私も逃げられるし……)

    マミ「ふふっ、杏子ったら素直じゃないんだから」

    マミ「本当は私と一緒にいたいんでしょ?」

    杏子「ちが……」

    マミ「一緒にいたいんでしょ?」

    杏子「……」

    マミ「大丈夫、杏子の考えてることはぜーんぶ分かってるから」

    マミ「今日は一日中一緒にいましょうね♪」

    杏子「……」


    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:20:22.61 ID:7Btmkks70

    学校

    ほむら「……」

    ほむら(インキュベーターが見つからない……もうそろそろまどかと接触するはずなのに)

    ほむら(一体何が……)

    まどか「ほむらちゃん、どうしたの?」

    ほむら「いや……」

    まどか「そうだ、今日は学校終わったらどこか遊びに行かない?」

    ほむら「えっ……」

    まどか「なにか用事あるの?」

    ほむら「……いいえ、ないわ」

    まどか「そっか、じゃあ遊ぼうね!」

    ほむら「……」

    ほむら(これはあくまで警備……まどかを守るために側にいないと)

    ほむら(むふふ……)


    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:31:08.75 ID:7Btmkks70

    マミ「杏子、私たちお友達よね?」

    杏子「あ……あぁ、もちろん」

    マミ「本当!?嘘じゃない?」

    杏子「あたしは嘘なんてつかねえよ……」

    マミ「本当ね!本当なのね!!」

    マミ「杏子大好き!!」

    杏子「なぁ…とりあえずこのリボンほどいてくれよ」

    マミ「あっ、ごめんなさい」

    シュルリ

    杏子(はぁ……ようやく自由になった)

    マミ「きつかった?ごめんなさい、本当にごめんなさい」


    84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:33:43.68 ID:7Btmkks70

    マミ「私ってばこんなことして…本当にバカよね」

    マミ「でもこれも全部杏子のためなのよ!?」

    マミ「杏子のためを想って、杏子のためにしたことなの!」

    杏子「あ、あぁ……」

    マミ「私のこと…嫌いになった?」

    杏子「……」

    杏子(ここで嫌いって言ったら何されるか分かんねえ……とりあえず愛想良くしておくか)

    杏子「そ、そんなことねえよ。マミの気持ちは伝わったって」

    マミ「杏子…///」

    杏子(早くここから逃げたい……)


    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:41:34.10 ID:7Btmkks70

    マミ「ねぇ杏子、大好き」

    マミ「これからはずっと一緒にいようね」

    杏子「ず、ずっと……?」

    マミ「杏子がここで暮らせばいいのよ」

    杏子「!?」

    マミ「ね?」

    杏子「いや、それは流石に悪いんじゃ」

    マミ「気にしないで、私は杏子がいてくれればそれでいいんだから」

    マミ「杏子は何もしなくてもいいの。魔女と戦わなくてもいい」

    マミ「私の側にいて。私がずっと面倒見てあげるから」


    96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:49:37.32 ID:7Btmkks70

    杏子「あ、あのな……」

    マミ「ふふっ。ねぇ、今日の夕飯はなに食べたい?」

    マミ「杏子好きなものならなんでも作ってあげる」

    マミ「遠慮しなくていいのよ、杏子に尽くすことが私の幸せなんだから」

    杏子「……」

    マミ「なに食べたい?」

    杏子「……ハンバーグ」

    マミ「オッケー。任せて」

    マミ「とびっきり美味しいの作ってあげる!」

    杏子「……」

    杏子(悪い奴じゃないんだよな…悪い奴じゃないんだけど……)


    103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 01:56:53.15 ID:7Btmkks70

    マミ「そうだ、写真でも撮りましょうか」

    杏子「え?」

    マミ「私と杏子がお友達になった記念写真」

    マミ「毎日撮りましょうね♪」

    杏子「ま、毎日…?」

    マミ「だって、杏子との思い出を少しでも多く残しておきたいんだもの」

    マミ「それと携帯も買いに行きましょうか。持ってないでしょ?」

    マミ「買ったら毎日メールしましょうね。これで離れてても杏子と話せるわ」

    杏子「あ、あぁ…」

    マミ「ふふっ。ねぇ杏子、私のこと好き?」

    杏子「あぁ……」

    マミ「私も大好き♪」

    杏子(ダメだ……なんかきつい……)


    105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:10:22.49 ID:7Btmkks70

    マミ「さて、じゃあ買い物にでも行きましょうか。色々とそろえないとね」

    杏子「!!」

    杏子(チャンス…この隙に逃げ…)

    マミ「杏子も一緒に行きましょうね」

    杏子「え…あたしも?」

    マミ「言ったでしょ?面倒見るって」

    マミ「杏子の新しい服とか靴も買い揃えないと。私が選んだやつをね」

    マミ「とりあえずお店に行って試着してみないと」

    杏子「ふ、服なんて別に……」

    マミ「ダメよ、杏子にはずっと可愛くいてほしいんだから」

    マミ「私のお友達なんだし……ね?」

    杏子(勘弁してくれよ……)

    マミ「ふふっ、楽しみね」


    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:16:44.77 ID:7Btmkks70

    まどか「ほむらちゃんとこうして遊ぶのって初めてだよね」

    ほむら「そうね」

    ほむら(まどかと一緒…それは嬉しいけど)

    さやか「それでどこに行こっか」

    ほむら(なんでコイツまで……)

    まどか「服とかはどう?私欲しいやつあるんだ」

    さやか「いいね、賛成。転校生もそれでいい?」

    ほむら「……ええ、構わないわ」


    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:24:07.22 ID:7Btmkks70

    洋服屋

    マミ「どれが杏子に似合うかしら…」

    杏子(くそっ、逃げ出そうにもなかなか隙を見せねえ……)

    マミ「あっ、これなんてどう?かわいいし」

    杏子(うわ…微妙)

    マミ「どう?」

    杏子「い、いいんじゃねーの」

    マミ「そうよね!じゃあこれ二着買いましょう」

    杏子「二着も?」

    マミ「ええ、私と杏子のペアルックよ」


    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:31:25.84 ID:7Btmkks70

    杏子「ペアルックってお前……」

    マミ「どうしたの?なにか変?」

    杏子「……あのさ、はっきり言えば私とお前って昨日今日の仲じゃんか」

    杏子「それなのにペアルックって……」

    マミ「なんで?私たちもうお友達でしょ?」

    杏子「いや…」

    杏子(友達はペアルックなんて着ねえだろ……)

    マミ「大丈夫よ、私に全部任せて」

    マミ「杏子が心配することなんてなに一つなにんだから」

    杏子(コイツ……なんでそこまでして)



    さやか「あっ、もう春の新作出てるじゃない」


    114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:37:28.66 ID:7Btmkks70

    まどか「本当だ」

    さやか「まどか、これ試着してみる?」

    まどか「うーん……ほむらちゃんは?」

    ほむら「私?」

    まどか「うん、ほむらちゃんのほうが似合いそうだなーって思って」

    ほむら「私は…遠慮しておくわ」

    まどか「えー、似合うと思うんだけどなぁ」

    ほむら「……」

    ほむら(今のところ何も問題はない)

    ほむら(こんな日がずっと続けば良いのに……)

    ほむら「……あっ」

    杏子「ん?」


    117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:49:27.44 ID:7Btmkks70

    ほむら(杏子…どうしてここに?)

    杏子「な、なにさ。人の事ジロジロ見て」

    さやか「どうしたの転校生、知り合い?」

    ほむら「いえ……」

    さやか「?」

    杏子(なんだこいつら…この辺に住んでる学生か?)

    さやか「あれ?なんかどこかで見たことあるような……」

    杏子「えっ…」

    さやか「ねぇ、私たちって前に会ったことあるっけ?」


    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 02:58:09.58 ID:7Btmkks70

    杏子「はぁ?何言ってんだよあんた」

    杏子「あんたの顔なんてみたことねーよ」

    さやか「そうだっけ…?」

    杏子「……」

    杏子(でもなんだろう…確かにコイツとは見覚えのあるような無いような……)

    さやか「どこ中?私たちと同じ学校じゃないよね?」

    杏子「う、うるせーな。知らねえって言ってんだろ」

    さやか「なにその態度…ムカつく。行こ、転校生」

    ほむら「……」

    杏子「ちっ…何だってんだ」

    ほむら「……佐倉杏子」

    杏子「え?お前、なんで私の名前知って……」

    ほむら「あなたに話があるわ。後でまた会いましょう」


    121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:03:44.71 ID:7Btmkks70

    杏子「は、話しって…」

    ほむら「魔法少女のことについてよ」

    杏子「!!」

    ほむら「八時に公園で。詳しいことはその時に話すわ」

    ほむら「それじゃあ」

    杏子「あっ、おい!」

    杏子(何なんだあいつ……あいつも魔法少女?)

    杏子(けど、なんで私の名前を……)

    マミ「――杏子」

    杏子「ひっ!?」

    マミ「今、あの子たちと何を話していたの?」


    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:09:42.94 ID:7Btmkks70

    杏子「あっ、いや……」

    杏子(なんだ今の殺気!?)

    マミ「……知り合い?」

    杏子「し、知らねーやつだよ。いきなり話しかけられて……」

    マミ「ふーん、失礼な人もいるものね」

    杏子(……あっ、いいこと思いついた)

    杏子「なぁマミ、実はあの黒髪のやつ――魔法少女なんだってよ」

    マミ「なんですって?」


    126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:20:04.42 ID:7Btmkks70

    杏子「自分でそう言ってたぜ。話があるから今夜の八時に公園に来いだってよ」

    マミ「……そう」

    杏子「どうする?行くか?」

    マミ「ええ、相手が同じ魔法少女ならほっとけないわね」

    マミ「一緒に行きましょう」

    杏子(よしよし、これでいい)

    杏子(相手は魔法少女だ…たぶんあの黒髪の奴もこのエリアを狙っているんだろう)

    杏子(話し合いなんてすぐに終わっていずれ戦闘になる……)

    杏子(そしたら私が黒髪のやつに味方して一緒にマミを倒す。そうすればここから解放されるはずだ)

    杏子(よし、完璧な作戦)

    マミ「油断はできないわ。いざという時のために戦う準備はしておきましょう」

    杏子「ああ、そうだな」


    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:26:05.42 ID:7Btmkks70

    公園

    ほむら「……」

    ほむら(あのお店…杏子と一緒に巴さんまでいた)

    ほむら(二人はチームを組んでる?)

    ほむら(でも、そんなことは今まで一度もなかった)

    ほむら(一体何が……)

    ほむら「……」

    ほむら「遅いわね…」

    杏子「よっ、待たせたな」

    マミ「……」


    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:30:42.16 ID:7Btmkks70

    ほむら「!?」

    ほむら「……二人で来たのね」

    杏子「まぁな、こいつも魔法少女だし」

    ほむら「ええ、知ってるわ」

    杏子「なっ…!?」

    マミ「よろしく。えっと……」

    ほむら「暁美ほむらよ」

    マミ「そう、暁美さん」

    杏子「で、話ってなんなんだよ?」

    ほむら「……」

    杏子「ま、そっちの用件はだいたい分かってるけどな」





    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:36:09.09 ID:7Btmkks70

    ほむら「……」

    杏子「さっさと構えろよ。はなっから話し合いなんてする気ないんだろ?」

    ほむら「私は話をしに来ただけよ。戦う気なんてないわ」

    杏子「はっ、よく言うぜ」

    杏子(なんだコイツ…本当に戦わない気かよ)

    杏子(それじゃあ私が困るんだって……)

    マミ「待って杏子、事を荒立ててはダメよ。まずは話し合いましょう」

    杏子「はぁ?」

    ほむら「……」

    マミ「ねえ暁美さん、私たち――お友達にならない?」


    140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:40:09.51 ID:7Btmkks70

    ほむら「……え?」

    杏子「お、おい何言って……」

    マミ「ねえ、いいでしょ?同じ魔法少女なんだし」

    マミ「私たち、きっと仲良くなれると思うわ」

    ほむら「……仲間になれってこと?」

    マミ「仲間じゃないわ。もっと深い関係よ」

    ほむら「深い…?」


    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:45:26.89 ID:7Btmkks70

    マミ「ね?いいでしょ?いいと思わない?」

    ほむら「…それよりまず」

    マミ「お友達になりましょうよ、ね?」

    ほむら「うっ……」

    ほむら(なに…この威圧感)

    ほむら(なにか企んでいる…?どちらにしても迂闊な行動はできないわ)

    マミ「魔法少女同士仲良くするのって、素敵だと思わない?」

    ほむら「仲良くする気はないわ。でも、協力を…」

    マミ「素敵だと思わない?」

    ほむら「……」


    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 03:51:53.44 ID:7Btmkks70

    杏子「マミ、やめとけって」

    杏子「魔法少女がかんたんに友達になるわけねーだろ」

    マミ「でも杏子は私のお友達でしょ?」

    杏子「うっ…・・・」

    マミ「あら?違うの?」

    マミ「ねぇ、お友達でしょ?違うの?」

    杏子「……そう…だけど」

    マミ「なら、暁美さんとだってお友達になれるわよ」

    マミ「ね?暁美さん。お友達になりましょ」

    ほむら「……」

    マミ「暁美さんみたいなミステリアスな子、魅力的だわ」

    マミ「お友達になってもっと暁美さんのこと知りたいな」

    マミ「ねえ、お友達になりましょうよ」

    ほむら(なにこの巴さん……こわい)


    152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:00:22.80 ID:7Btmkks70

    マミ「暁美さん?聞こえてないの?」

    ほむら「……聞こえてるわ」

    マミ「なら答えてちょうだい。お友達になる?ならない?」

    ほむら「……遠慮しておくわ」

    マミ「……」

    ほむら「私がお願いしたいのは、ワルプルギスの夜に…」

    マミ「どうして?どうしてお友達になってくれないの?」

    ほむら「……」

    マミ「ねぇ、何がいけないの?私のなにがダメなの?」

    マミ「こんなにお願いしてるのになんでダメなの?なにが不満なの?」

    マミ「問題があるなら改善するわ。だからはっきり言ってちょうだい」

    マミ「私は暁美さんとお友達になりたいの、仲良くなりたいの」

    ほむら「いや……」

    ほむら(なに…これ)


    160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:12:35.32 ID:7Btmkks70

    マミ「暁美さん、お友達になりましょ?」

    ほむら「……」

    ほむら(いつもより様子がおかしい…ここは一旦逃げたほうがよさそうね)

    ほむら(友達になったら何か嫌な予感がするわ…)

    杏子「おい、言葉で言って分からねえんだ。力づくでやるぞ」

    杏子(早くこいつと協力してマミをぶっ倒さねえと)

    マミ「……残念だけど、そうするしかないみたいね」

    ほむら「……」シュン

    マミ「!?」

    杏子「き、消えた!?」

    杏子(まさか…あいつ一人逃げたのか!?)


    165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:26:59.16 ID:7Btmkks70

    マミ「っ……」

    杏子(嘘だろ…せっかくのチャンスだったのに……)

    マミ「……なんでよ」

    杏子「…え?」

    マミ「なんでよ…なんでなんでなんでなんでなんで!!!」

    マミ「なんで私じゃダメなのよぉ!!!」

    杏子「お、おいマミ…落ち着けって」

    マミ「杏子…杏子は私から逃げたりしないわよね?私のそばにずっといてくれるわよね?約束したものね?
       そうでしょ?お友達でしょ?私たち。ずっと一緒でしょ?離れちゃイヤよ、許さないんだから。
       お願い、私の側にいて。優しい杏子ならいてくれるわよね?私信じてるから、杏子のこと信じてるから。
       暁美さんとも仲良くなりたかったけど、もういいの。杏子さえいてくれればそれでいいの。
       浮気っぽいことしてごめんなさい。つい寂しくて……。でも、これからは他の子に目移りしないわ。約束する。
       だって杏子がずっとそばにいてくれるんですもの。杏子以外の子なんてもう興味ないわ。
       もう杏子だけしかいらない、杏子だけでいい。私には杏子だけでいいの!
       だからお願い、私のそばにいて。あなたに全力で尽くしてあげるから!あなたのためだったら何でもするから!!
       私のそばにいて杏子!!」

    杏子「あ……うん」 


    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:36:39.25 ID:7Btmkks70

    マミ「よかった…やっぱり杏子は優しいわね」

    マミ「私、杏子とお友達になれてよかった」

    杏子「ま、まぁな……」

    杏子(やべ…友達であることを完全に肯定しちゃったよ……)

    マミ「これからは、杏子のためだけに生きるわ」

    マミ「杏子のためだけに、杏子と一緒に……」

    杏子「そ、そうか…」

    マミ「帰りましょうか。お腹すいてるでしょ?」

    杏子「……」

    マミ「手をつないで一緒に帰りましょうね」


    173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:42:14.84 ID:7Btmkks70

    ほむら「はぁ、はぁ……」

    ほむら「あれは何だったの…」

    ほむら「いつもの巴マミじゃない」

    ほむら「なにか危険な予感がするわ……」

    ほむら「……」

    ほむら「とにかく…まどかには近づけないようにしないと……」


    176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 04:49:17.59 ID:7Btmkks70

    マミ宅

    マミ「はい、杏子が食べたいって言ってたハンバーグよ」

    マミ「あーん♪」

    杏子「あ、あーん…」

    マミ「美味しい?」

    杏子「う、うん…うまいよ」

    マミ「食後はケーキもあるから、楽しみにしててね」

    杏子「……」モグモグ

    杏子(なんだか…食べてる気がしねえ……)

    マミ「お風呂はどうする?一緒に入りましょうか」

    杏子「ぅえっ!?」

    マミ「ふふっ、もう隠し事なんてお互いないんだしいいじゃない」

    マミ「ちょっと恥ずかしいけど…杏子とは一緒に入りたいし///」

    杏子「……」

    杏子(どうしてこうなった)


    271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 15:32:38.58 ID:7Btmkks70

    マミ「ねえ、いいでしょ?一緒に入りましょうよ」

    杏子「よ、よせよ…流石にそれは気持ちわりーって」

    マミ「……え?」

    杏子「色々してくれるのは嬉しいんだけどさ、限度ってモノが……」

    マミ「私と一緒じゃ…イヤなの?」

    杏子「イヤとかそういうんじゃなくて……」

    マミ「イヤじゃないなら一緒に入りましょうよ。何も問題ないでしょう?」

    杏子「だから……」

    マミ「ねえ、入りましょうよ」

    杏子「うっ……」


    276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 15:39:29.35 ID:7Btmkks70

    マミ「さっき約束してくれたじゃない、ずっと一緒にいてくれるって」

    マミ「まさか嘘なの?」

    杏子「……」

    マミ「……裏切るの?」

    杏子「え?」

    マミ「あなたも、QBや暁美さんみたいに私を裏切るの…?」

    杏子「う、裏切るってなんだよ。あたしはただ……」

    マミ「私たちお友達でしょ?お友達は約束も守るし嘘もついちゃいけにないのよ?」

    マミ「分かってるわよね?」


    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 15:46:27.05 ID:7Btmkks70

    杏子「……」

    マミ「……」

    杏子「きょ、今日のところはさ、なんていうか……」

    マミ「……」

    杏子「こ、心の準備ができてないんだよ」

    マミ「え?」

    杏子「あたしも本当はマミと風呂に入りたいんだけどさ、まだ恥ずかしいって言うか……」

    杏子「今日はとりあえずまだ別々でいいんじゃないかな…なんて……」

    マミ「……」

    杏子「……」

    マミ「そっか、そうよね。さすがに私も急かしすぎたわ。ごめんなさい」

    杏子(ほっ…なんとか切り抜けた)

    マミ「じゃあ杏子から先に入っていいわよ。私は後で入るから」

    杏子「あ、あぁ…分かった」


    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 15:53:53.47 ID:7Btmkks70

    マミ「もう、杏子ったら。いつもは強気なくせにこういう時は恥ずかしがりやさんなんだから」

    マミ「でもそこが可愛いわよね」

    QB「……」

    マミ「ねえQB、あなたもそう思わない?」

    QB「マミ…殺すのなら早く殺してくれ。その方が僕にも楽だよ」

    マミ「ダメよ殺すなんて。物騒すぎるわ」

    マミ「あなたはずっとそのままでいるの。もうどこにも逃がさない」

    マミ「だって私たちお友達ですもんね」

    QB「……」

    マミ「早く杏子が入った後のお風呂に入りたいわ」


    288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:03:34.55 ID:7Btmkks70

    杏子「はぁ…マジ何なんだアイツ」

    杏子「あたしを苛めてるのか?」

    杏子「でもそういう感じでもないんだよな…」

    杏子「……」

    杏子「せっかく他の魔法少女が助けに来たと思ったのに……」

    杏子「やっぱり自分で何とかするしかねえのかなぁ」

    杏子「はぁ…なんか超疲れた……」

    杏子「明日はどうしよう……」


    294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:11:07.65 ID:7Btmkks70

    杏子「風呂上がったぞ」

    マミ「どうだった?気持ちよかった?」

    杏子「ま、まぁな」

    マミ「よかった。この日のために新しい入浴剤買っておいたの」

    杏子「そうなのか…」

    マミ「杏子、こっち来て」

    杏子「へ?」

    マミ「杏子のためにパジャマ買ったじゃない。お着替えしましょうね」


    299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:18:29.69 ID:7Btmkks70

    杏子「お、お着替えって……」

    マミ「私が着替えさせてあげる。ほら、こっち来て」

    杏子「い、いいよ、一人でできるから…」

    マミ「だめ、杏子の面倒は私がみるんだから」

    マミ「はーい、お洋服脱ぎましょうね」ヌギヌギ

    杏子「……」

    マミ「杏子の身体って綺麗ね。お人形さんみたい」

    マミ「はい、腕挙げて」

    マミ「うん、似合ってる。杏子はなに着ても可愛いわ」

    マミ「これからも私が服を着替えさせてあげるからね、杏子」

    杏子(もうヤダ…)


    302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:28:38.22 ID:7Btmkks70

    ・・・・

    マミ「さてと、じゃあ今日は一緒のベッドで寝ましょうか」

    マミ「ほら、早く早く」

    杏子「はぁ……」

    マミ「ふふっ、誰かと一緒に寝るなんて初めて。とっても嬉しいわ」

    杏子「そうかい…」

    マミ「私ね、杏子がお友達になってくれて本当に嬉しいと思ってる」

    マミ「だって今まで一人で、寂しくて、魔女とも戦うのが怖くて……」

    マミ「ずっと独りで泣いていた」

    杏子「……」

    マミ「でも今は違う。同じ魔法少女の杏子がいるだけでとても嬉しい。とても幸せ」

    マミ「ありがとう杏子。あなたは私の大切なお友達よ」

    杏子「っ…」


    307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:34:53.26 ID:7Btmkks70

    マミ「私の大切な杏子。大好きな杏子」

    マミ「ずっと一緒にいましょうね」

    マミ「おやすみなさい」

    杏子「……」

    マミ「すぅ…すぅ…」

    杏子(寂しい、か……)

    杏子(魔法少女になったくせに今さらなに言ってんだよ)

    杏子「……」

    杏子(バカらしい…明日絶対に逃げてやる)

    杏子(逃げてやるんだからな……)


    311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:41:30.49 ID:7Btmkks70

    翌日

    マミ「じゃあ私学校行ってくるから、留守番お願いね」

    杏子「…ああ」

    マミ「それと一時間おきにメール送るから、ちゃんと返信するのよ?」

    マミ「お昼には電話もかけるから」

    杏子「分かったよ……」

    マミ「じゃ、行ってきまーす♪」

    杏子「……」

    杏子(身体は縛られていない…自由だ)

    杏子(信用されているって事か?はんっ、甘いなマミ)

    杏子(意外と簡単に逃げられそうだ)

    QB「きょ、杏子……」


    318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:48:11.36 ID:7Btmkks70

    杏子「あっ、QB」

    QB「頼む杏子…僕をここから逃がしてくれ」

    杏子「逃がしてくれって言われてもなぁ……」

    QB「頼む…お願いだよ」

    杏子「そんなことしたら、後でマミに何て言われるか分かったもんじゃねえし……」

    QB「何を言ってるんだ…君だってここから抜け出そうとしてるんだろう?」

    QB「それなのに今さらマミがどうこうなんて関係ないじゃないか」

    杏子「……それもそうだな」

    杏子「あたしも今日限りでこの街からおさらばしようと思ってたし」

    杏子「よし、じゃあ一緒に逃げるか」

    QB「ありがとう杏子、助かるよ」


    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 16:57:41.27 ID:7Btmkks70

    杏子「で、お前はどこまで運べば良いんだ?」

    QB「近くの河原でいい。人目につかない所に僕の身体を置いておいてくれ」

    杏子「はぁ?それじゃあアンタ飢え死にしちゃうじゃないか」

    QB「いいんだ、どうせこの身体は長く持たない」

    杏子「?」

    QB「とりあえずそこまで頼むよ」

    杏子「よく分かんねえけど…アンタがそれでいいならそうするよ」

    ~~♪

    杏子「おっ…と。マミからのメールだ」

    杏子「……」

    杏子(一応…見ておくか)ピッ


    338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:16:43.93 ID:7Btmkks70

    From:マミ
    sub:初メール

    お友達になって初めてのメールね、なんだかとっても新鮮な気分。
    杏子は今なにをしているの?私はちょうど朝のHRが終わって一時間目の準備をしているところよ。
    今日は一時間目から数学だからちょっと憂鬱。でも、杏子が家で私の帰りを待ってくれていると思うと頑張れるわ!
    はぁ、早く学校終わらないかなぁ。早く杏子のところに行きたい。杏子も学校に通えたらいいんだけど…手続きが難しいのよね。
    もし杏子が私と同じ学校に通っていたら、毎日が幸せなんでしょうね。きっと一日があっという間に終わってしまうわ。
    あっ、けどもし他の子が杏子のこと好きになっちゃったらどうしよう……。
    杏子って可愛いし、かっこいいから男の子にも女の子にもモテると思うのよね。それはそれでイヤだわ……だって杏子は私のお友達なんだもの。
    もし誰かが杏子に告白したら……私、嫉妬してその子のこと殺しちゃうかも。
    でもダメよねそんなこと。だって私たちは魔法少女なんですから。一般人にそんなことするなんて……ダメよね。
    ごめんね、変なこと書いちゃって。気にしないで。でもそれくらい杏子のことが好きなの。
    嫉妬で狂っちゃいそう……こんなこと初めて。杏子はこんな私のこと嫌いになっちゃった?
    ごめんなさい、反省するわ。でも私は杏子のことが好きよ。今も杏子のことしか頭にないわ。
    数学の授業もたぶん頭に入らない、それぐらい杏子が私の頭の中を占めているの。
    あぁ…早く会いたい。杏子に会いたい。あっ、そろそろ授業が始まるからこの辺でね。
    じゃあね、杏子。返信楽しみにしてるわ。


    352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:26:31.36 ID:7Btmkks70

    杏子「……」

    QB「どうしたんだい杏子?」

    杏子「いや……」

    QB「さぁ、早く逃げよう。僕たちはもう自由を手にしているんだ」

    杏子「そ、そうだな」

    杏子(どうしよう…全文読んでないけどこれって返信したほうがいいのか……)

    杏子(けど返信しなかったら学校抜け出してすぐこっちに来そうだし……)

    杏子(遠くに行くまで相手しておくか)

    ピッピッ



    From:杏子
    Sub:Re:初メール

    QBが死んだ。
    今遺体を埋めている。


    杏子(これでQBのことも誤魔化せるだろう)


    363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:34:40.28 ID:7Btmkks70

    杏子「この辺でいいか?」

    QB「うん、ありがとう杏子」

    杏子「まぁお互い大変だったけど、これで…な」

    QB「これで僕もようやく本来の仕事に戻れそうだよ」

    QB「ばいばい、杏子」

    杏子「じゃ、達者でな。あたしも早く遠くの町へ行くことにするよ」



    杏子「はぁ、この二日間ちょー疲れた……」

    杏子「とりあえず元の町にでも……ん?」

    ほむら「あっ…杏子」


    367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:40:44.16 ID:7Btmkks70

    杏子「アンタ…なんでここに?学校だろ?」

    ほむら「この近くで魔女が現れたわ」

    杏子「なんだと!?」

    ほむら「私は今からそいつを倒しに行くところなの」

    杏子「お、おい、だったら私も行くぞ。久しぶりに身体を動かしたいんだ」

    ほむら「私と一緒にいていいの?あなたは巴マミの仲間なんでしょ?」

    杏子「誰があんなやつ……」

    杏子「とにかく、あたしも行くぜ。グリーフシードも欲しいしな」

    ほむら「……構わないわ」


    371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:46:28.67 ID:7Btmkks70

    QB「ふぅ……ようやくマミの家から抜け出せた」

    QB「一週間近くも飲まず食わずで放置されていたんだ…おそらくこの身体ももう持たないだろう」

    QB「あとは後任の僕に任せるとしよう…」

    QB「これでやっと…まどかと契約できそうだ……」

    QB「……」

    「……」ヒョコッ

    「……」モグモグ

    QB「きゅっぷい」

    QB「さぁ、早くまどかの所に行こう」

    マミ「こんな所にいたのね、QB」

    QB「!?」


    380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:52:08.90 ID:7Btmkks70

    マミ「よかった、元気そうじゃない」

    マミ「いつの間にか手足も生えてるし」

    QB「マ、マミ…なんでここに?」

    マミ「杏子からQBが死んだって聞いたから急いであなたを探しに来たの」

    QB「そうなんだ……」

    マミ「ところで杏子は?」

    QB「杏子は……」

    マミ「……」

    QB「杏子は…逃げたよ」

    マミ「!?」

    QB「僕を囮にしてこの街から逃げようとしているんだ」


    391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 17:58:42.62 ID:7Btmkks70

    マミ「な、なんですって……」

    QB「あのメールは嘘だ。マミの注意を僕にひきつけておいてその隙に脱出しようって魂胆だよ」

    QB「僕も無理やり連れ去られてわけが分からなかったよ」

    マミ「杏子が…そんな……」

    QB「あっ、魔女の気配を感じるよ」

    QB「早く倒しに行こう」

    マミ「…………ええ」

    QB(よし、マミが戦闘に集中している間に逃げ出せる)

    QB(ごめんね杏子。でもマミは謝れば許してくれるから大丈夫だよ)

    QB(最悪さっきまでの僕みたいに四肢を切り落とされるだけさ)




    397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:07:16.49 ID:7Btmkks70

    結界内

    シャルロッテ「……」

    杏子「あれがそうなのか?」

    ほむら「ええ、手強い敵よ。気をつけて」

    杏子「よっし、いっちょやるか!」

    バキィン!ガキィン!

    ほむら「……」

    杏子「アンタも中々やるじゃねーか」

    ほむら「……」

    杏子「よかったらさ、前に言ってた話だけど……」

    「ティロ・フィナーレ」

    シャルロッテ「!?」

    ドゴォォオオオオオオオオオン!!!


    404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:11:26.53 ID:7Btmkks70

    ほむら「!!」

    杏子「な、なんだ!?魔女が爆発した!?」

    ほむら「いえ、あれは……」

    マミ「……」

    杏子「あっ……」

    ほむら「巴マミ……」

    マミ「……」

    杏子「な、なんでここに…」

    シャルロッテ「ググッ……グバッ!!」

    マミ「邪魔よ――消えなさい」

    シュン…

    シャルロッテ「!?」

    ドガアアアアアアン!!!

    杏子「い、一撃で倒しやがった……」


    412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:19:05.76 ID:7Btmkks70

    マミ「……」

    杏子「マ、マミ」

    マミ「ねえ、なんでその子といるの?」

    ほむら「……」

    杏子「いや、これは……」

    マミ「私、あなたにお留守番を頼んだわよね?なんで家にいないの?」

    マミ「まさかウソついたの?」

    杏子「……」

    マミ「QBから聞いたわよ。杏子がQBを囮にして逃げようとしたって」

    杏子「はあ!?」

    マミ「でもそんなことはどうでもいいの」

    マミ「答えて杏子、なんで私の家にいなくて暁美さんと一緒にいるの?」

    マミ「まさか私のこと…飽きちゃった?」


    417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:27:01.26 ID:7Btmkks70

    杏子「ち、違うんだマミ!!私はただ…」

    ほむら「彼女とはたまたま会っただけよ」

    ほむら「それで魔女を一緒に倒して欲しいって協力を頼んだの」

    マミ「……」ギロッ

    杏子(こわっ!?)

    マミ「……」

    杏子「そ…そうそう!別にお前が考えてるような変なことはしてねーって」

    杏子「それにウソついてるのはQBの方だ!あいつ、私のこと…」

    マミ「……本当に?信じて良いの?」

    杏子「も、もちろん。お前から逃げるつもりなんてねーし」

    杏子「お前は私のこと信じてくれるよな?そうだろマミ?」

    マミ「……ええ、杏子がそう言うのなら」

    杏子(ほっ…よかった)

    マミ「でも……あなたは許せないわ、暁美さん」

    ほむら「えっ?」


    423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:33:21.27 ID:7Btmkks70

    マミ「よくも杏子を危険な目に合わせたわね……もし杏子が死んだらどう責任をとるつもりだったのよ!!」

    ほむら「それは……」

    マミ「許さない…許さない許さない許さない!!」

    マミ「私から杏子を取り上げようとするあなたを…絶対に許さない!!!」ジャキッ

    ほむら「!?」

    マミ「ティロ・フィナーレ!」

    ドゴォォオオン!!

    ほむら「くっ……!?」

    杏子「お、おい!落ち着けよマミ!!」

    マミ「杏子は黙って!!」

    マミ「この子は杏子のことを殺そうとしたのよ!?だったら私がこの子を殺すしかないじゃない!!」


    434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:41:19.98 ID:7Btmkks70

    杏子「だからそうじゃねえって!!」

    杏子「あたしはグリーフシード欲しさにこいつについて来ただけなんだよ!」

    マミ「グリーフシードが何よ!!そんなもの私がいくらでもあげるわよ!!」

    マミ「でもこの子はグリーフシードをエサに杏子を殺そうとした!!」

    マミ「そうなんでしょ!?そうに決まってるわ!!」

    ドガアアアアン!!ドガアアアアン!!

    ほむら「くっ……」

    マミ「絶対に許さないんだから……許さないんだから!!」

    杏子「もうやめてくれマミ!!」


    445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:49:53.70 ID:7Btmkks70

    マミ「杏子……」

    杏子「そこまでする必要はねえだろ…今のお前は見てられねえよ」

    杏子「あたしが勝手に家を出たのが悪かった……あたしが悪かったんだ」

    杏子「だからもうやめてくれ」

    マミ「……」

    杏子「ほら…帰るぞ。魔女はもういないんだ」

    ほむら「杏子……あなた、今の巴マミと一緒にいるつもり?」

    杏子「仕方ねえだろ…こうなった以上。お前にも悪いことしたな、巻き込んじまって」

    ほむら「……」

    杏子「じゃあな」


    459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 18:57:29.25 ID:7Btmkks70

    マミ宅

    杏子「たっく、無駄に魔法を使いやがって…」

    マミ「……」

    杏子「それにしてもQBのやつ、今度会ったら絶対にぶっ殺してやる…」

    マミ「……」

    シュル…パシッ!!

    杏子「なっ!?」

    杏子(ま、また身体にリボンが!?)

    マミ「……」

    杏子「お、おいマミ!!これはどういうことだ!!」

    マミ「これでもう…どこにも行けないわよね」


    465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:04:19.36 ID:7Btmkks70

    杏子「は…?」

    マミ「杏子はどこにも行かないで…ずっとここにいて」

    マミ「魔女と戦うなんてもってのほか……死んじゃったらどうするの?」

    マミ「グリーフシードなら大丈夫。ちゃんと私が杏子の分まで魔女を狩るから」

    杏子「マ、マミ…」

    マミ「杏子はここにずっといればいいの」

    マミ「食事だってちゃんと与えてあげる。身体も私が綺麗に洗ってあげる」

    マミ「トイレだって、ちゃんと処理してあげるわ」

    マミ「だからずっとここにいて。一緒にいましょう?ね?」

    マミ「私たち――永遠に二人っきりよ」

    杏子「ひぃっ!?」ビクッ


    481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:28:23.99 ID:7Btmkks70

    マミ「杏子…私の大切なお友達」

    マミ「あなただけは、ずっと…ずっと……」

    杏子「マミ!落ち着けよ!!」

    マミ「杏子…大好き」

    杏子「ひっ…」

    ギリッギリッ

    マミ「優しい杏子が大好き。たくましい杏子が大好き杏子の赤い綺麗な髪が大好き。鋭い目つきが大好き。
       たくさん食べてる姿が大好き。怒ってる顔が大好き。泣いてる顔も大好き。笑ってる顔も大好き。顔中舐めまわしたいぐらい大好き。
       頭のてっぺんから足のつま先まで、心も、あなたの全部が愛おしいの。
       初めて会った日のこと覚えてる?最初は敵対してたわよね。
       でも私には分かっていた。あなたは本当は優しい子だって。だからあなたとお友達になりたかったの。
       そして私が思っていたとおり、あなたは優しい子だった。嬉しかった。あなたとお友達になれたことが嬉しかった。
       嬉しくて今まで真っ暗だった毎日が明るくなった。もう何も怖くない…独りじゃないんだって。
       生きる希望が見つかったの。あなたのために生きたいの。
       あなたが好きで好きで好きでたまらないの!」   

    マミ「でもこんなに大好きなのに…杏子は私のことを好きって言ってくれない」

    マミ「どうしてなの?」

    杏子「あ…あぁ……」


    487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:37:24.40 ID:7Btmkks70

    マミ「ねぇ、私のこと好き?」

    ギリッ

    杏子「がっ…!?」

    マミ「好きよね?好きなのよね??」

    マミ「好きだから一緒にいてくれるのよね?」

    杏子「マ…ミ……」

    マミ「好きって言ってよ……言いなさいよ!!」

    ギギギギッ!!

    杏子「かっ…はっ……」

    杏子(ダメだ…意識が……)


    ――――――――――――
    ――――――――
    ――――


    493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:45:35.47 ID:7Btmkks70

    杏子「ぁ……う?」

    ほむら「気がついた?」

    杏子「あれ?あたし……」

    ほむら「私から離れてはダメよ。あなたの時間が止まってしまう」

    杏子「おまえっ…どうしてここに!?」

    杏子「ていうかコレどうなってんだよ!!」

    ほむら「私の魔法よ。今、私たち以外の時間は全て止まっている」

    ほむら「巴マミの時間もね」

    杏子「なっ…!?」


    501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:50:37.96 ID:7Btmkks70

    ほむら「……」

    杏子「あんた…どうしてそんなこと……」

    ほむら「急ぎましょう。魔法が解けるまでに逃げるわよ」

    杏子「……あたしのこと、助けてくれるのか?」

    ほむら「あなたには生きてもらわないと困る。ここで死んで欲しくないの」

    杏子「えっ…」

    ほむら「とにかく、あなたの力が私には必要なの。だから助けただけ」

    杏子「よ、よく分かんねえけど…礼は言っておく」

    ほむら「……」


    505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 19:57:21.75 ID:7Btmkks70

    ほむら「行くわよ」

    杏子「ああ……ってどこに?」

    ほむら「しばらくは私の家に身を隠していなさい」

    杏子「……」

    ほむら「安心して、巴マミみたいに変なことはしないから」

    ほむら「あなたにはワルプルギスの夜まで戦力として残って欲しい」

    杏子「ワルプルギスの夜…だって?」

    ほむら「詳しいことはあとで話すわ」

    ほむら「とにかく今は急ぎましょう」

    杏子「……」

    杏子「じゃあな、マミ」


    570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 21:46:47.25 ID:BvAFp4so0

    ほむら宅

    杏子「ここがアンタの家?」

    ほむら「ええ、そうよ。今日からワルプルギスの夜までここに住んで」

    ほむら「拘束するつもりはないけど…勝手な行動はしないほうがいいわ」

    ほむら「巴マミにみつかってしまう恐れがある」

    杏子「……」

    ほむら「…一つ聞きたいんだけど」

    杏子「なんだよ」

    ほむら「あなた達って、どんな関係なの?」


    578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 21:52:55.92 ID:BvAFp4so0

    杏子「別に…元々は敵対していたさ」

    杏子「けど私が負けて、あいつに捕まってからはアンタの知っての通り…・・・」

    杏子「まるでペットみたいな扱いをずっと受けてたのさ」

    ほむら「……」

    杏子「生きた心地がしなかったぜ」

    ほむら「そう、大変だったのね」

    杏子「まぁ…アンタのおかげで助かったんだ。感謝してるよ」

    ほむら「……」


    583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 21:59:53.72 ID:BvAFp4so0

    マミ宅

    マミ「杏子……?」

    マミ「杏子…どこなの?」

    マミ「ねぇ、どこ行ったの?返事をして、杏子」

    マミ「もう怒ってないから出てきて。ねぇ…出てきてよ」

    マミ「杏子の好きなお菓子だってあるのよ、この日のために紅茶だって買ってきたのよ」

    マミ「一緒に飲みましょう、杏子」

    マミ「杏子……」

    マミ「……」

    マミ「……」

    マミ「……」


    591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:09:05.89 ID:BvAFp4so0

    翌日

    まどか「良い天気だねー」

    さやか「今日は学校終わったらなにしよっかなー」

    ほむら「……」

    まどか「あっ、ほむらちゃんおはよう」

    ほむら「……」

    さやか「無視?イヤなやつ」

    まどか「まぁまぁ」

    ほむら「……」

    ほむら(今のところ問題なし…一応順調に事は運んでいる)

    ほむら(後は魔女とQBを狩りつつ、ワルプルギスまでやり過ごせば……)



    マミ「ねえ…暁美さん」


    597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:12:56.40 ID:BvAFp4so0

    ほむら「っ!?」

    マミ「……」

    ほむら「巴…マミ」

    まどか「ほむらちゃん、知り合い?」

    さやか(三年の人?)

    マミ「杏子…どこ行ったか知らない?」

    ほむら「……知らないわ」

    マミ「……」

    ほむら「……」


    600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:16:33.63 ID:BvAFp4so0

    マミ「そう……そうよね」

    マミ「あなたが知ってるはずないわよね」

    ほむら「……」

    マミ「杏子がね…消えたの」

    マミ「私の目の前から突然…いなくなったの」

    ほむら「そう」

    マミ「杏子…どこなの……」

    マミ「杏子……」フラフラ

    ほむら「……」

    さやか「なにあの人…こわっ」

    まどか「大丈夫かな?」


    607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:22:45.92 ID:BvAFp4so0

    さやか「ねえ転校生、あの人とどういう関係?」

    ほむら「あなた達には関係ないわ」

    さやか「ムッ…なにそれ」

    まどか「なんか思いつめた顔してたね…」

    ほむら「まどか、巴マミとは関わってはダメよ」

    まどか「え?」

    ほむら「あの人は危険…近づいたら何をされるか分からないわ」

    まどか「そ、そこまで言わなくても…悪そうな人じゃない感じだし」

    ほむら「……とにかく、あの人には近づかないこと。これは忠告よ」

    さやか「ま、三年だし顔合わせることなんて滅多にないでしょ」

    まどか「うん……」


    612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:28:43.27 ID:BvAFp4so0

    放課後

    マミ「杏子…杏子……」

    「巴さん、大丈夫?体調が悪そうだけど…」

    マミ「杏子が…杏子がいないの……」

    マミ「私が怒っちゃったから…出て行った……」

    マミ「私のせい……」

    マミ「杏子…待ってて……今迎えに行くから……」フラフラ

    「あっ、行っちゃった…」

    「どうしたの?巴さん」

    「さぁ……?」


    618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:34:10.90 ID:BvAFp4so0

    まどか「さやかちゃん、今日はどうする?」

    さやか「ああ、ごめん。この後恭介のところに行こうと思うんだ」

    まどか「そっか。バイバイ、さやかちゃん」

    さやか「バイバイ、また明日ね」

    ほむら「……」

    まどか「ほむらちゃんは暇?」

    ほむら「私は用事があるから帰るわ」

    まどか「そう…?じゃあね、ほむらちゃん」

    ほむら「……」

    ほむら(今は魔女とQBの排除に専念しないと……)

    ほむら(このまま進めばまどかを魔法少女にせず、かつワルプルギスも倒せるかもしれない)

    ほむら(ようやく…この戦いが報われる)


    622: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:41:23.24 ID:BvAFp4so0

    まどか「はぁ、みんな用事あるし…今日はこのまま帰っちゃおうかなぁ」

    マミ「……」フラフラ

    まどか「あっ……あの人」

    マミ「杏子……杏子……」

    まどか「……」

    まどか(大丈夫かなあの人…朝から様子が変だけど……)

    マミ「杏子…杏子……」

    マミ「杏…子……」ドサッ

    まどか「!!」

    まどか「だ、大丈夫ですか!?」


    629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:46:48.59 ID:BvAFp4so0

    マミ「杏子……」

    まどか「あの、怪我は…」

    マミ「杏子が…杏子が……」

    まどか「杏子…?」

    マミ「どこ行ったの…杏子……」

    マミ「もう怒らないから…帰ってきて……」

    まどか「あの、えっと…確か……」

    まどか「マミさん、でしたっけ?」

    マミ「え……?」

    まどか「とりあえず保健室に行きましょう。私、保険委員なんです」


    634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:50:52.88 ID:BvAFp4so0

    保健室

    マミ「……」

    まどか「落ち着きましたか?」

    マミ「杏子がね…いないの……」

    まどか「杏子さんって、マミさんの友達ですか?」

    マミ「大切な…お友達……」

    まどか「……」

    マミ「杏子…杏子……」

    まどか「どこに行ったか…分からないんですか?」

    マミ「……」

    まどか「……じゃあ、私もその杏子さんを探すの手伝います!」


    639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 22:57:41.82 ID:BvAFp4so0

    マミ「えっ……」

    まどか「私でよければ、手伝わせてください」

    マミ「あなたが……?」

    まどか「はい!」

    マミ「……どうして」

    まどか「だってマミさん、困ってるみたいですし…なにか力になってあげたいなって思って」

    マミ「……」

    まどか「あの、よかったらでいいんですけど」

    マミ「杏子……」フラッ

    まどか「あっ、マミさんどこに」

    マミ「杏子…杏子のところに……」

    まどか「マミさん……」

    マミ「私が…迎えに行かなくちゃ……」

    マミ「フフッ……フフフフフ」

    まどか「……」


    648: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:03:53.70 ID:BvAFp4so0

    ほむら「ふぅ……」

    ほむら(魔女は倒せた…あとはQBでも)

    まどか「あっ、ほむらちゃん。ここにいたんだ」

    ほむら「!!」

    まどか「よかった、見つかって。探したんだよ」

    ほむら「まどか…どうしてここに」

    まどか「実はほむらちゃんに聞きたいことがあって」

    まどか「ねぇほむらちゃん、杏子さんって人のこと知ってる?」


    655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:11:54.70 ID:BvAFp4so0

    ほむら「……知らないわ」

    まどか「そっか」

    ほむら「……なぜそんなことを聞くの?」

    まどか「あのね、マミさんがその人のこと探してるの」

    ほむら「……」

    まどか「私も探すのを協力してあげたいんだけど…」

    ほむら「彼女には関わらないでって言ったはずよ。忘れたの?」

    まどか「け、けど困ってるみたいだし…」

    ほむら「もう帰りなさい。私は杏子なんて人知らないし、興味も無い」

    ほむら「探しても無駄よ」

    まどか「でも……」

    ほむら「いいから、もう帰って。それと白い生物には気をつけて」

    まどか「白い生物?」

    ほむら「臭くて汚らしい獣よ。近づくと噛むから見つけたら走って逃げること。分かった?」

    まどか「うん…分かった」


    658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:17:47.36 ID:BvAFp4so0

    ほむら「はぁ…またまどかが巴さんに興味を持つなんて」

    ほむら「どうしてあの二人は、毎回……」

    ほむら「……」

    ほむら「とにかく、今は目の前のことに集中しないと」

    ほむら「もう一度町を見回りしたら帰りましょうか」

    ほむら「杏子が私の部屋を散らかしてなければいいけど……」


    663: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:25:50.97 ID:BvAFp4so0

    マミ「杏子…杏子…」

    マミ「私の大好きな杏子……」

    マミ「戻ってきて…お願いだから……」

    マミ「杏子がいないと私…おかしくなっちゃう」

    マミ「もう杏子なしじゃ生きられないの……」

    マミ「私の全ては、あなたのためにあるの……」

    マミ「杏子がいない世界なんて…辛い……」

    マミ「地獄にしか思えない……」

    マミ「もうイヤ…私を独りにしないで」

    マミ「杏子…杏子……」

    マミ「……」


    670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:32:07.99 ID:BvAFp4so0

    ほむら宅

    ほむら「ただいま」

    杏子「おー、おかえり」

    ほむら「大人しくしてた?」

    杏子「ん?まぁな」

    ほむら「……冷蔵庫の中、勝手に漁ったでしょ」

    杏子「い、いいじゃねーか!腹へってたんだし」

    ほむら「…まぁいいわ」

    杏子「そうだ、今日はあたしが夕飯作ってやろーか?」

    ほむら「……は?」

    杏子「家の中でゴロゴロしてるのも暇だしな。別にいいだろ?」


    678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:36:36.49 ID:BvAFp4so0

    ほむら「……やめて」

    杏子「何でだよ」

    ほむら「あなたがまともな料理を作れるとは思えないわ」

    杏子「はあ!?なめんじゃねー!」

    ほむら「……」

    杏子「上等じゃねーか、絶対美味いって言わせてやるかんな!」

    ほむら「……キッチンはあまり汚さないで」

    杏子「ったく、人の好意ぐらい素直に受けろっての」ブツブツ

    ほむら「……」


    683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:43:36.10 ID:BvAFp4so0

    杏子「ほら、できたぞ!」

    ほむら「……なにこれ」

    杏子「冷蔵庫にあったものを適当にフライパンで焼いてみた」

    ほむら「くさいわ」

    杏子「あ、味は大丈夫だよ!食ってみろって!」

    ほむら「あなたが先に食べて」

    杏子「えぇ……」

    ほむら「自分で作ったものなんだから、まずは自分で食べて」

    杏子「……分かったよ」

    杏子「……」モグモグ

    杏子「……マッズ」

    ほむら「私はレトルト食品でも食べてるわ」

    杏子「あっ、てめ!いいから食えって!!」


    694: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:49:18.89 ID:BvAFp4so0

    マミ宅

    マミ「じゃーん、今日も杏子が大好きなハンバーグ作ってみたの!」

    マミ「杏子が喜んでくれるかなって思って」

    マミ「あ、嬉しい?ふふっ、良かった」

    マミ「はい、あーん♪」

    マミ「美味しい?今日は自信作なの」

    マミ「あっ、口の周りが汚れてるわよ」

    マミ「もう、杏子ったらだらしがないんだから……ふふっ、でも可愛いわよ」

    マミ「杏子の喜んでる顔が見えるだけで、私とっても幸せ」

    マミ「幸せ……」

    マミ「……」

    マミ「杏子……杏子……」

    マミ「あぁっ…ああああああああああああああ!!!」


    713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:53:45.48 ID:BvAFp4so0

    さやか「あー、今日も疲れたなぁ」

    QB「さやか、大変だ!」

    さやか「どうしたのQB?」

    QB「魔女が現れたんだ、いそいで来て!」

    さやか「えっ、今!?」

    QB「とにかく早く!」

    さやか「う、うん。分かった。今準備するよ」


    722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/24(木) 23:57:37.33 ID:BvAFp4so0

    結界内

    魔女「……」

    さやか「アレが今回の魔女ね」

    QB「さやか、気をつけるんだよ」

    さやか「分かってるって」

    魔女「……」

    ビシュッ!!バシュッ!!

    さやか「くっ…遠くから攻撃してきて」

    さやか「こうなったら一気に接近して――斬る!!」

    ヒュン――

    魔女「!?」

    ズバアアアアッ!!

    さやか「よし、退治完了!」


    738: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:03:45.44 ID:3aZdqyyO0

    さやか「どう?手馴れてきたもんでしょ?」

    QB「うん、だいぶ魔法少女として板についてきたみたいだね」

    さやか「…ねぇ、どうでもいいんだけどさ。私以外の魔法少女っていないの?」

    QB「え?うーん……」

    さやか「?」

    QB「今はそんなこと気にしなくていいんじゃないかな。そのうち会えるよ」

    さやか「そう?」

    さやか「まぁいいや、いないならいないで」

    QB「もし仲間が必要なら、まどかが契約するのもありだよ」

    さやか「まどか、ね……あの子にはあんまり危険なことに巻き込みたくないかな」

    QB「そうかい?まぁ僕は明日彼女と接触するけどね」

    QB「もしかしたら魔法少女になってくれるかもしれないし」


    745: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:11:43.42 ID:3aZdqyyO0

    翌日

    まどか「ほむらちゃん、昨日のことなんだけど…」

    ほむら「……」

    まどか「マミさんのこと、詳しく教えて欲しいな」

    ほむら「……」

    まどか「私、やっぱりあの人の力になりたくて……」

    ほむら「どうして?」

    まどか「え?」

    ほむら「あなたはどうして巴マミにこだわるの?」

    まどか「だって…ほっとけないんだもん。あんな寂しそうな目……」

    ほむら「……」


    747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:17:34.92 ID:3aZdqyyO0

    まどか「ねぇ、ほむらちゃん…」

    ほむら「いい加減にして」

    まどか「っ!」ビクッ

    ほむら「彼女のことはもう忘れなさい。あなたとは何の関係もない人間よ」

    まどか「関係あるよ!」

    ほむら「ないわ」

    ほむら「とにかくもう――!」

    QB(あっ、見つかった)

    ほむら「ッ!!」ダダダッ

    まどか「ほむらちゃん?どこに?」

    まどか「……?」

    まどか「もういいや…私一人でマミさんのところに行こう」


    749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:22:13.33 ID:3aZdqyyO0

    まどか「えっと、学校で聞いた住所は……ここでいいんだよね」

    ピンポーン
    ピンポーン

    まどか「……いないのかな」

    ガチャッ

    まどか「!?」

    マミ「杏子!!」

    まどか「あっ……ごめんなさい、私です」

    マミ「……」

    まどか「あ、あの…話があるんですけど……お邪魔してもいいですか?」

    マミ「杏子…杏子じゃない……」ブツブツ

    まどか「あのぅ……」

    まどか(上がっても…いいのかな?)


    753: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:28:42.37 ID:3aZdqyyO0

    マミ「杏子…どこ……」

    まどか「失礼しま――!?」

    まどか(なにこの部屋…なんでこんな散らかって……)

    マミ「杏子……杏子……」

    まどか「あの、体調は大丈夫ですか?今日学校休んだって聞いたんですけど…」

    マミ「……」

    まどか「マミ…さん?」

    マミ「杏子とのね…写真撮ったの……」

    まどか「え?」

    マミ「杏子…私の杏子……」

    まどか「この人が…杏子さんですか?」

    マミ「メールもした…一緒に寝た……」

    マミ「私の大切なお友達……」

    マミ「杏子…いまどこにいるの……」


    758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:34:42.98 ID:3aZdqyyO0

    まどか「……」

    マミ「杏子…杏子……」

    まどか「あの、マミさ――」

    マミ「違う…あなたは杏子じゃない」

    まどか「え?」

    マミ「出てって…杏子と私の部屋を汚さないでよ」

    マミ「出てって!!!」

    まどか「ひっ…」ビクッ

    マミ「うぅ…ううぅぅぅぅぅ」

    マミ「うあああああああああああっ!!!」

    まどか「マ、マミさん」

    マミ「出てって!!早く出てってよ!!」

    まどか「は、はい!すいませんでした」タタタッ


    764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:42:02.26 ID:3aZdqyyO0

    マミ「うっ…うぅ……」

    マミ「杏子がいない……杏子が……」

    マミ「なんで私を…独りにするの……」

    マミ「うぅ……」

    マミ「……」

    マミ「そうよ…あの子と会ってからおかしくなったのよ……」

    マミ「暁美ほむら…・・・」

    マミ「あの子がまさか杏子を……!!」

    マミ「許せない…私の杏子をよくも……」

    マミ「絶対に許せないんだから…!!」


    771: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 00:54:11.65 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……」

    ほむら(インキュベーターは始末した…けどまた現れるわね)

    ほむら(なんとかしてまどかには近づけさせないようにしないと……)

    杏子「よっ」

    ほむら「!?」

    ほむら「あなた…どうしてここに!」

    杏子「暇だったからさ、ちょっと散歩でも」

    ほむら「…あなた、自分の立場が分かってるの?」

    ほむら「巴マミに見つかったらどうするつもり?」

    杏子「心配すんなって、そう簡単に捕まるわけねーよ」

    杏子「もし見つかったとしても、あんたと二人で戦えば余裕で退けられるだろ?」

    ほむら「……」




    783: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:06:05.22 ID:3aZdqyyO0

    杏子「なーなー。私たちってさ、結構良いコンビになると思わないか?」

    ほむら「……なんの話?」

    杏子「私さ、魔法少女ってずっと一人で戦い続けるもんだと思ってたけど……アンタに優しくされて気が変わったよ」

    杏子「これからは二人で魔女退治するってのはどうだい?

    ほむら「別に優しくなんてしてないわ。勘違いしないで」

    杏子「そ、そんなこと言うなよ…」

    ほむら「あなたとは仕事上協力して欲しいだけで、それ以外は別になんとも思ってないわ」

    ほむら「少なくとも、ワルプルギスの夜までの付き合いね」

    杏子「そ、そりゃねーだろ!」

    ほむら「……」

    杏子「ちっ…なんだよ。じゃあもういいさ」

    杏子「そっちがその気なら、私だって……」


    795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:16:02.29 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……とりあえず、家に戻るわよ」

    ほむら「私がついてってあげる」

    杏子「よけーなお世話だ。お前の手なんて借りねーよ」

    ほむら「さっきも言ったけど、巴マミに見つかったらどうするの?」

    杏子「うるーせな。ぶっ潰してやるよ、それでいいんだろ」

    ほむら「あなた負けたんでしょ?」

    杏子「っ……」

    ほむら「どうするの?」

    杏子「……分かったよ」

    ほむら「聞き分けが良くて助かるわ」

    杏子「……」

    ほむら「なら、行きましょうか」


    799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:24:33.46 ID:3aZdqyyO0

    ほむら宅

    ほむら「ここにいること。分かった?」

    杏子「なんだよ、もう行くのか?」

    ほむら「他にやることがあるの」

    杏子「……もしマミのやつがこの家に来たらどうするんだよ」

    ほむら「……」

    杏子「な?危ないだろ?」

    杏子「なら一緒にここで…」

    ほむら「巴マミは私の家を知らないわ」

    杏子「そんなもん簡単に調べがつくだろ!」

    ほむら「……なら、どこかホテルにでも」

    ピンポーン

    ほむら「!!」


    807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:30:51.54 ID:3aZdqyyO0

    杏子「だ、誰だ!?」

    ほむら「黙って、このまま居留守のふりをするわよ」

    杏子「……」

    シーン・・・

    ほむら「……」

    ガチャガチャガチャッ

    ほむら「っ!!」

    杏子「な、なんだ……無理やりドア開けようとしてんのか?」

    ほむら「……」

    杏子「……」

    杏子「行った…か?」

    ほむら「気配がしないわ。どうやらそのようね」

    杏子「な、なんなんだよ…驚かせやがって」


    819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:39:15.67 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……」

    杏子「…これからどうするのさ」

    ほむら「……」

    杏子「お、おい。黙るなよ……」

    ほむら「じっとして。誰か来るわ」

    杏子「えっ……」

    ピンポーン

    ほむら「……」

    杏子「……ゴクリ」

    まどか「ほむらちゃんいるー?私だよ、まどかだよ」


    833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:44:03.75 ID:3aZdqyyO0

    杏子「な、なんだ?知り合いか?」

    ほむら「ええ……」

    ほむら(まどか…どうしてうちに?)

    ほむら(家に来てくれるのは嬉しいけど、今はそんな時じゃ……)

    まどか「いないのかな……」

    ほむら「いるわよ」

    まどか「あっ、いたんだ」

    ほむら(しまった、嬉しくてつい答えてしまった……)


    839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:48:59.38 ID:3aZdqyyO0

    まどか「時間あるかな?話したいことがあるの」

    ほむら「……」

    杏子「ど、どうするんだ?」

    ほむら(まどかがうちに……)

    ほむら「ちょっと待ってて」

    ほむら「杏子、押入れの中に入ってなさい」

    杏子「えっ、なんでだよ」

    ほむら「勘違いされるでしょ」

    杏子「勘違いって…」

    ほむら「いいから」グイグイ

    杏子「あっ、おい!」


    842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:52:01.52 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「はぁ…これでよし」

    まどか「ほむらちゃん?」

    ほむら「待って、今開けるわ」

    ほむら(まどかがうちに来る。こんなの初めて)

    ほむら(緊張する……)ドキドキ

    ガチャッ

    ほむら「い、いらっしゃ――」

    まどか「あっ、ごめんね。急にお邪魔しちゃって」

    QB「やあ、暁美ほむら」

    ほむら「……」


    849: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 01:58:45.03 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「あなた…どうしてまどかと」

    まどか「あっ、QBとはさっき会ったの」

    ほむら「っ……」

    まどか「それでQBから色々と聞かされて……」

    まどか「ほむらちゃんも魔法少女だって言うから、話がしたいって言ったらQBがここまで連れて来たの」

    ほむら「……」

    ほむら(こんな事になるのなら、杏子じゃなくてずっとまどかの側についてあげるべきだった……)

    まどか「それでね、ほむらちゃん」

    ほむら「契約したの?」

    まどか「え?まだだけど」

    ほむら「そう、それならいいわ」

    ほむら「ならその汚いのは捨ててうちへ上がって」


    851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:03:10.12 ID:3aZdqyyO0

    まどか「えっ、でも……」

    QB「僕がいないと話にならないじゃないか」

    ほむら「あなたは黙って。うちはペットお断りなの」

    まどか「そうなんだ、それじゃあ仕方ないね」

    まどか「外で待っててね、QB」

    QB「えっ、ちょっと」

    ガチャッ、バタン

    ほむら「……」

    まどか「ごめんね、急に来ちゃって」

    まどか「でも頭の中が色々と混乱してて……」

    ほむら「……とりあえず中へ。話はそれからよ」


    857: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:10:29.22 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「それで…話ってなに?」

    まどか「魔法少女のことなんだけど……」

    ほむら「そう…全てを知ってしまったのね」

    まどか「ねえ、ほむらちゃん……」

    ほむら「魔法少女になるのはダメよ。QBと関わるのもダメ」

    ほむら「もちろん、私たちとも」

    まどか「どうして?」

    ほむら「……」

    まどか「私ね、聞いたんだ。魔法少女になればどんなこともできるって」

    まどか「困ってる人の役にも立てるって」

    ほむら「……」

    まどか「もしかしたら、マミさんのことも……」

    ほむら「っ……」


    859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:18:22.96 ID:3aZdqyyO0

    まどか「ほむらちゃん、私…」

    ほむら「魔法少女は、あなたが思ってるような存在ではないわ」

    まどか「えっ……」

    ほむら「魔法少女は――」

    ガラッ

    杏子「ダメだ、ここ狭くて長く入っていられねーよ」

    まどか「あっ、杏子さん!」

    杏子「あ?」

    ほむら「……」


    863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:26:01.47 ID:3aZdqyyO0

    杏子「あんた…なんで私の名前を?」

    ほむら「どうして出てきたの」

    杏子「だから狭いんだって!」

    杏子「それに話聞いてたらこいつも魔法少女に関わってるそうじゃん?」

    ほむら「あなたには関係ないわ」

    杏子「はぁ?」

    まどか「ねえ、なんでほむらちゃんの家に……」

    ほむら「勘違いしないで。そういうことじゃないの」

    まどか「そいうことって?」

    ほむら「……」

    まどか「まさかほむらちゃん…!!」

    ほむら「ち、違うの。この子はうちにいきなり上がりこんで住み着いてるの」

    杏子「お前が連れてきたんだろ!」

    ほむら「この子は妄想癖があるの。気にしないでまどか」


    868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:32:50.92 ID:3aZdqyyO0

    杏子「おい!なんだよそれ!?」

    まどか「ほむらちゃん、まさかマミさんから杏子さんを奪い取ったの!?」

    ほむら「ち、違うわ……そういうことじゃない」

    ほむら「とりあえず二人とも落ち着いて」

    杏子「人を異常者扱いしやがって…ふざけんな!!」

    杏子「もういい!お前の顔なんて見てくねえ!!」

    ほむら「杏子、どこに行くの?」

    まどか「酷いよほむらちゃん…いくら好きだからって他の人から奪い取るなんて」

    ほむら「私はまどか一筋よ」

    杏子「ちっ…なんだよそれ。私はどうでもいいのかよ」


    875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:36:55.64 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「杏子……」

    杏子「来んな。私はもう別のところに…」

    ガチャッ

    杏子「ん?……うわっ!?」

    ほむら「どうしたの!?」

    杏子「げ、玄関に…惨殺されたQBの死体が……」

    QB「」

    ほむら「!!」

    まどか「な、なんで…」

    ほむら「……」

    ほむら(QBを認知できるのは魔法少女と関わりのある人だけのはず……)

    ほむら(まさか…!!)


    883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:42:30.85 ID:3aZdqyyO0

    まどか「なんでQBが…酷いよ……」

    ほむら「まどか、見ちゃダメ。あなたは家の中に隠れて」

    杏子「ど、どういうことだよ……」

    ほむら「……今外に出るのは危険よ」

    杏子「はぁ?」

    ほむら「恐らくQBを殺したのは…」

    杏子「あっ……おい待て、ドアノブに何かかかってる」

    杏子「なんだコレ…ビニール袋?」

    ほむら「……」

    杏子「……お菓子が入ってる」

    ほむら「お菓子?」

    杏子「これ…あたしがよく食べてたやつだ」


    898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:49:34.84 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……」

    杏子「おい…これってまさか……」

    ほむら「……あなたが思ってる通りよ」

    ほむら「とうとう見つかってしまったわね」

    杏子「っ……」

    ほむら「どうするつもり?」

    杏子「……腹はくくってたさ。やるならやってやる」

    杏子「おいどこだ!!隠れてないで出て来い!!」

    杏子「マミ!!」

    ほむら「……返事はないわね。けど、油断しないで」

    杏子「くそっ…気味が悪ぃ……」

    ほむら「……とりあえず家の中に戻りましょう。作戦を練るわよ」


    908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:54:38.98 ID:3aZdqyyO0

    杏子「カーテン閉じとくぞ。狙撃されるかもしれねえ」

    まどか「ほ、ほむらちゃん…一体何が……」

    ほむら「まどかは隠れてて」

    杏子「で、どうするんだい?」

    ほむら「巴マミが乱心を起こしたら何をするか分からないわ…特にあなたに対してはね」

    杏子「……」

    ほむら「……殺すしかないわ。でないと、こっちが殺される」

    杏子「……だな」

    まどか「マ、マミさんを殺すの…?なんで……」

    ほむら「あなたには関係ない。これは私たち魔法少女の問題よ」


    916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 02:59:34.25 ID:3aZdqyyO0

    杏子「どうやって攻める?」

    ほむら「私が時間さえ止めればなんとかなるわ」

    ほむら「もし対面したらあなたは注意を引きつけておいて。そうすれば一瞬で片がつく」

    杏子「分かった」

    まどか「二人とも…本気なの?」

    ほむら「もうどうしようもないことなの」

    まどか「けど、話し合いとかで……」

    杏子「そんなことができたらこんな事にはなってねーよ」

    まどか「……」

    杏子「…巻き込んで悪かったな。元々はあたしの問題だったのに」

    ほむら「そうね。けど今さらそんなことを言ってもしょうがないわ」

    杏子「……行くか」

    ほむら「ええ」


    922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:04:39.03 ID:3aZdqyyO0

    バンッ

    杏子「マミ、出て来い!こっちは準備できてるぞ!!」

    ほむら「……気配がない」

    杏子「逃げたか?」

    ほむら「いえ、消してるだけね」

    杏子「ちっ…どこにいるんだアイツ」

    ほむら「……」

    杏子「……」

    ほむら(このままじゃ埒が明かない…時間を止めて探し――)




    まどか「きゃあああああああああっ!!」





    ほむら「!?」


    928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:10:19.75 ID:3aZdqyyO0

    杏子「おい!今の声って…」

    ほむら(しまった…杏子狙いだと思ってたのに)

    ほむら(まさかまどかを…!?)

    杏子「くそっ、戻るぞ!!」

    ほむら「まどか!まどか!!」

    ガチャッ、バタン!!

    ほむら「……!!」

    杏子「なんだ、誰もいねえ……」

    杏子「窓のガラスが破られてる……「

    杏子「まさか…連れ去られたのか!?」

    ほむら「くっ…!!」


    933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:17:36.70 ID:3aZdqyyO0

    杏子「なんだよ…あたしを追ってきたんじゃないのかよ!?」

    ほむら「……」

    杏子「おい、マミの後を追うぞ!!」

    ほむら「後を追うって…どこに」

    杏子「とりあえずあいつの家だ。手がかりはそこしかねえ」

    ほむら「……私たちを誘い込む罠ね」

    杏子「お前はアイツを助けたくないのかよ!?」

    ほむら「助けるわよ…絶対に」ギリッ

    杏子「なら乗り込むぞ、覚悟はいいな?」

    ほむら「もちろんよ」


    939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:23:02.62 ID:3aZdqyyO0

    マミ宅

    杏子「玄関から行くか?それともベランダ突き破って入り込むか?」

    ほむら「二手に分かれましょう」

    ほむら「私は玄関から行くわ」

    杏子「じゃあ私はベランダから行くぜ」

    ほむら「……まどかのこと」

    杏子「分かってるよ。助けるようにする」

    杏子「悔しいけど…あいつはアンタの大切なやつなんだろ?」

    ほむら「……」

    杏子「助けてやるさ」

    ほむら「……杏子」

    杏子「じゃあ…行ってくる」

    ほむら「……」


    943: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:25:52.57 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……」

    ほむら(まどか…絶対に助ける)

    ピンポーン

    ほむら「……」

    ほむら(出てこない…ドアは……)

    ガチャッ・・・

    ほむら「!!」

    ほむら(開いてる…誘い込んでるの?)

    ほむら「……」

    ほむら(いいわ、どうせ入り込むつもりだったし)

    ほむら(何があっても……)

    ほむら「……」


    945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:29:08.14 ID:3aZdqyyO0

    ほむら「……」

    ほむら(暗い…電気が消されている?)

    ほむら(巴マミはいるの……?)

    ほむら「……!」

    ほむら(今…微かだけど音が聞こえた)

    ほむら(誰かいる……)

    「マ…ミ……」

    ほむら「!!」

    ほむら(まどかの声!?)

    ほむら「まどか!ここにいるの!?」


    946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:33:16.52 ID:3aZdqyyO0

    「マ…ミ……さん……」



    ほむら「この部屋から…!」

    ほむら(まどか…今助けるからね)

    ガチャッ、バタン!

    ほむら「まどか!!」

    ギシギシ、アンアン

    まどか「ひゃんっ…マミさん激しすぎます……///」

    マミ「ふふっ、ここが良いの?」

    ほむら「……え?」


    959: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:37:14.35 ID:3aZdqyyO0

    マミ「あら、遅かったわね暁美さん」

    まどか「あっ、ほむらちゃんだ」

    ほむら「まどか…これは一体……」

    まどか「ごめんねほむらちゃん…私、マミさんの手伝いをしてたの」

    まどか「ほむらちゃん達がここに来るように誘導するのに協力してくれたら…お友達にしてくれるって言われて」

    ほむら「なっ…!?」

    ガシャーンッ!!

    杏子「おら、覚悟しろマミ!! ……って、あれ?」

    マミ「あはっ、杏子…ようやく来た」

    杏子「な、何してんだよお前達……」


    964: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:39:46.79 ID:3aZdqyyO0

    マミ「何って…見て分かるでしょ?」

    まどか「ひゃうんっ///」

    マミ「杏子も…する?」

    マミ「お友達になってくれるのならいいわよ」

    杏子「だ、誰がそんなこと!!」

    ほむら「まどかから離れて!!」

    マミ「あら?暁美さんは鹿目さんとしたくないの?」

    ほむら「っ……」

    マミ「お友達になってくれるなら…鹿目さんとしてもいいわよ?」

    ほむら「なります」

    杏子「おい!!」


    974: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:43:11.39 ID:3aZdqyyO0

    まどか「ほむらちゃん…」

    ほむら「ま、まどか…///」

    マミ「あとは杏子だけよ」

    杏子「あ、あたしは……」

    マミ「あなた、暁美さんのこと好きなんでしょ?」

    杏子「!?」

    マミ「暁美さんと…工ッチなことしたくないの?」

    杏子「うぅ…///」

    マミ「私とお友達になってくれたら、してもいいのよ?」

    杏子「ほ、本当か…?」

    マミ「ええ、もちろん。その代わり…私ともしてね」

    杏子「なる!」

    まどか「これでみんな仲良しですね!」

    マミ「ええ、もう何も怖くないわ」

    マミ「ずっと一緒にいましょうね!」


    982: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:45:50.78 ID:3aZdqyyO0

    ワルプルギスの夜 当日

    さやか「あれが…ワルプルギスの魔女」

    ワルプルギス「……」

    さやか「戦えるのは、私しかいないんだね」

    QB「残念なことに…」

    さやか「私に任せて!あんなやつに負けたりしないんだから!!」

    ワルプルギス「……」

    さやか「恭介は…みんなは私が守る!」

    さやか「てやーーーーっ!!」


    さやかの勇気が世界を救うと信じて…!

                                 ご愛読ありがとうございました!


    986: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:46:25.83 ID:tSldurc80

    乙、楽しかった
    さやかェ…


    985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/25(金) 03:46:06.66 ID:oKotjpRc0

    むしろここからが本当の戦いだろう


    引用元: マミ「私の勝ちね」 杏子「ぐっ……」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (102)
    幼馴染 (27)
    兄妹 (35)
    姉弟 (6)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (226)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (138)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (178)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (187)
    シンデレラガールズ (873)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (212)
    カイジ (4)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (73)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (285)
    機動戦士ガンダム (32)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (7)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (8)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (31)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (21)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (17)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (24)
    進撃の巨人 (67)
    新世紀エヴァンゲリオン (48)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (30)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (9)
    ゾンビランドサガ (5)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (12)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (62)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (63)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (12)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (37)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (63)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (4)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (128)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (58)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (19)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (110)
    遊戯王 (34)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (109)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (1)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (5)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (3)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (3)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク