FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    義妹「お兄さん、今日のご飯は何ですか?」兄「何にしようか」

    5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 14:25:56.40 ID:wgLqs4pT0

    兄「ん、ご飯は炊いたし、卵……あ、野菜が切れかけだな」ガチャッ

    義妹「無理しなくてもいいですよ……パンでもいいですし」

    兄「家族なんだから遠慮しなくていい、気を使わないでもいいの」

    義妹「……はい」ニコッ

    兄(最近結婚したうちの両親は、基本家にいない)
    兄(毎月必要な分の金を置いてくれるし、俺のバイト代もそこそこあるが)
    兄(義妹が急な病気や事故にあった時のため、無駄使いはしない事にしている)
    兄(決して俺はシスコンではない)
    兄(うちでは俺が料理担当だ。一人の時間が多かったから、そこそこ出来る)
    兄(義妹は俺にはもったいないくらいの良い子で、主に掃除洗濯を手伝ってくれる)
    兄「よし、決めた」
    兄(まず、鶏肉に胡椒をし、袋に入れる)
    兄(料理酒、少しの砂糖を加え、よく揉みこんで放置)

    義妹「何か手伝う事はありますか?」

    兄「今は無いかな、ありがと」

    ピンポーン

    兄「悪い、出てくれるか?」

    義妹「はい」ガチャ

    友「夕方に失礼します、兄は居ますか?」スマイル

    兄「友か、どーした?」

    友「野菜のおすそ分けに来ました」ニコッ

    兄「おー!切れかけだったんだ、助かるわ!」

    友「いえいえ、それでは」ペコリ

    兄「おう、またなー」

    兄(友は紳士を絵に描いたような奴だが、畑を借りて野菜を育てている)
    兄(高校ではそのギャップがたまらんと、モテまくっている)

    兄(噂ではバレンタインにクラス一個分の女子からチョコを貰ったとか)
    兄(……そろそろいいか、小さなフライパンに油をひいて)
    兄(鶏肉、それに玉ねぎを炒める)ジュウゥゥ
    兄(ある程度火が通ったら、さっきの調味液、それに醤油を加えてひと煮立ちさせ)
    兄(最後に溶き卵を加え、蓋をする)

    兄「もう出来るわー」

    義妹「はい」

    兄(それをご飯によそい、青ネギを少し散らす)
    兄(三つ葉が欲しい所だが、生憎とそんなものはない)

    兄「今日は親子丼です(材料費 160円ほど)」コトッ

    義妹「おいしそう……いただきます」ペコッ

    兄「いただきます」

    義妹「おいしい……鶏肉が柔らかい」モグモグ

    兄「我ながら卵の火の通しが最高だなー」ガツガツ

    義妹「お兄さんは、コックさんにならないのですか?」

    兄「俺はそーゆーの向いてなくてな」

    兄(そう、俺は自炊は出来ても料理が出来ない)
    兄(父が忙しく、一人でいる事が多かったせいか、自然と飯は自分で作っていた)
    兄(材料が少ない親子丼や唐翌揚げは出来ても、ハンバーグは作れない」
    兄(義妹のためにもっと覚えないとなー……)

    兄「ごちそう様、風呂入ってくる」

    義妹「はい」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396412184



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 14:26:43.22 ID:wgLqs4pT0

    兄「ふー、さっぱりした……洗い物ありがと」

    義妹「いえ、作っていただいたのですから当然です」

    兄「そっか、じゃあ俺は課題終わらせてくるわ」

    義妹「はい」

    兄「計算とかマジで向いてないんだよ……材料費ならともかく」カリカリ

    兄「終わった……頭痛い」

    義妹「お兄さん」コンコン

    兄「ん、義妹はまだ起きてるのか?」ガチャ

    義妹「はい、眠れなくて……一緒に寝ていいですか?」

    兄「ん、いいよー」

    兄(別にやましい気持ちは無いが、俺は義妹の表情を見て、断れなかった)
    兄(不安げな顔だ。怖い話でも見たのだろうか)
    兄(電気を消して布団に入ると、義妹はすぐに寝てしまった)
    兄(……そういえば、前の家の話とか聞いた事ないな)

    義妹「……いや……」

    兄「!」

    義妹「……」

    兄(寝言か)

    兄(義妹の目から、涙が流れた。怖い夢でも見ているようで、随分と魘されている)

    兄「……」ナデナデ

    義妹「……」

    兄(少しして義妹の涙は止まった)
    兄「明日……聞いてみる……か……」
    兄(へばりついてくる眠気に、俺は意識を失った)


    7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 14:45:27.72 ID:wgLqs4pT0

    義妹「……おはようございます」

    兄「おはよ、朝ごはん出来てるぞー」コトッ

    兄「フレンチトーストとヨーグルト、野菜ジュースだけど嫌いなものとかある?」

    義妹「いえ、大丈夫です……いただきます」

    兄(うちには残念な事にオーブンがない)
    兄(父がオーブンなど使うはずもなく、あるのは小さなオーブントースターだ)
    兄(だから、お菓子作りはそこまで得意ではない。義妹のためにケーキとか覚えた方がいいのだろうか)

    義妹「わ、このヨーグルト……」

    兄「リンゴをすりおろして入れてみた」ドヤッ

    義妹「プレーンはあまり好きではないのですが……おいしいです」

    兄(やっぱ嫌いなものあったのか、あぶねぇ!)
    兄(俺はプレーンでも大丈夫だが、念のため入れてよかった。栄養も摂れるし)

    兄「朝はやっぱ糖分だよな、果物もいいけど」

    義妹「このフレンチトースト、しっとりしてておいしいです」ニコッ

    兄「一晩漬けたらやっぱしっとりするよなー」モグモグ

    兄(昨日のうちに食パンを卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスの液に浸し)
    兄(バター……と言いたいところだが、高いのでマーガリンを溶かし)
    兄(弱火でじっくりと焼いたものだ。気に入ってくれてよかった)
    兄(義妹が家に来たのはおよそ一週間前。最初は面食らったが)
    兄(今はある程度心を開いてくれている)
    兄(まだよそよそしい所は残っている。まぁ、時間が経てば慣れてくれるだろう)

    兄「ごちそう様、日直だから先に学校行ってくる」

    義妹「はい、また後で……」

    兄「弁当は机の上だから、じゃ、戸締り頼む」

    義妹「はい」

    兄「じゃ、いってきまー……やべ、鞄忘れる所だった!」

    義妹「ふふっ……いってらっしゃい」

    兄(よく「行ってらっしゃい」という言葉が一人暮らしには心に来ると言うが)

    兄(こんなにもじんわりした気分になるとは思わなかった)

    兄(今までは朝起きて一人で行ってたからなぁ)

    兄「……さて、急ぐか!」


    8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:17:50.06 ID:wgLqs4pT0

    ――

    兄「昼だぁー」グッタリ

    友「貴方は本当に計算が苦手なんですね」

    兄「向いてないんだものー。あー腹減った」カパッ

    友「……炒飯だけ、ですか?」

    兄「うん、金かからんし」

    友「しかし随分と極端な……でも、おいしそうですね」

    兄「別にただのパラパラにした炒飯だよ、何なら食べるか?」

    友「ぜひ……うん、やはり美味い」

    兄「大げさだろー、あ、そのプチトマト一個くれ」

    友「もちろん。ですが、義妹さんもまさか炒飯一色……?」

    兄「アホか。義妹のはちゃんとした奴だよ」

    友「そうですか」ニコリ

    友2「義妹ちゃんの弁当を炒飯だけとか許さねぇぞ!」バンッ

    兄「どっから沸いてきた、帰れ」

    友「貴方は相変わらず一途ですね……」

    友2「だってよ、あの小さな身長、さらさらの黒髪、可愛らしい顔!!」

    友2「成績もクラストップ、運動もそこそこ出来る!!」

    友2「完璧じゃねぇか、何でお前の家にいるんだよ!!」

    兄「耳元で叫ぶなよ、頭に響く……」

    友「頭の悪さがにじみ出てますね」

    友2「あれっ、お前俺に対してキツくね?」

    兄「そこまで言うなら隣のクラス行って、一緒に食べてこいよクソ坊主が」

    友2「くそが、もう……ぼ、坊主は関係ねえよ!」

    友(すでに行ってやんわりと断られたように見えますが)

    兄(奇遇だな、実は俺もだよ)

    友(「ごめんなさい、友達と食べるので」……のように断られたのでは)

    兄(うわぁすごい分かる、困った顔が目に浮かぶわ)

    友2「お前の家に泊まりたいよぉぉぉぉ」

    兄「うわキッモ、今度は涙目になりだしたぞ」

    友「不愉快ですね、学校に来ないでほしいです」

    友2「だから言い方キツくない!?」


    9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 15:46:40.83 ID:wgLqs4pT0

    義妹「……」モグモグ

    妹友「義妹ちゃんのお弁当ってすごい綺麗だよね」

    妹友2「彩りが多く、栄養も良さそう」

    義妹「卵焼き、食べますか?」

    妹友2「ぜひ……絶品」モグモグ

    妹友「これ、隣のクラスの兄が作ってるんだっけ?」

    義妹「はい、お兄さんのご飯は美味しいですよ」ニコ

    妹友(これは……!!)

    妹友2「今日、遊びにいかない?」

    義妹「えっ?」

    妹友「あ、私も!」

    義妹「え、あぅ……お兄さんに許可を取らないと」

    義妹「私だけが勝手に決めるわけにもいきませんし……」

    妹友(かわええ)

    妹友2(頭撫でたい)モグモグ

    妹友(こんな子と住んでるのか……どんな奴かはよく知らないけど)

    妹友「なら行ってくる、待っててね!」

    義妹「あ、ちょっと……」

    妹友2(この野菜炒めも絶品。キャベツの甘みが活かされている)モグモグ

    義妹「行っちゃった……どうしましょう」オロオロ

    妹友2「どうせすぐ帰ってくる、心配ない」モグモグ

    義妹「大丈夫でしょうか」アレ、ヘッテル



    友2「なぁ兄、今日家行っていいか?」

    兄「生憎うちにはゴキブリホイホイ無いからちょっと……」

    友2「せめて人間扱いしろよ!トイレ行ってくる」

    兄「あ、ジュース買ってきてくれね?」

    友2「動けや!」

    友「まあまあ……ん、誰かこっちに来ますよ」

    妹友「ねえ兄」

    兄「……誰?」ピクッ

    妹友「義妹ちゃんをあんまり縛らないであげて」

    兄「あ?」

    妹友「あの子に手をだしたらただじゃおかないからね」

    兄(……ああ、気持ち悪い)

    友2(何だよこの空気、どーするよ)

    友(……まずい、ですね)

    兄「それで、話はそれだけか?」

    妹友「あ、後今日義妹ちゃんと遊ぶから」

    兄「ふーん……ご自由に」


    14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:18:17.54 ID:wgLqs4pT0

    兄(そうして、妹友は戻っていった)

    友「……大丈夫ですか?」

    兄「ああ、悪い……」

    友2「おいおい、そんなヘコまなくても」

    友「いえ、そういう事ではなく」

    友2「?」

    兄(俺は、自分と同じ年の女子が嫌いだ)
    兄(嫌い、と言うと語弊があるか。好きではないと言った方がいいのだろう)
    兄(大抵の女子には、簡単に心を開く事が出来ない)
    兄(ある事がきっかけでそうなった。軽い女性不信のようなものだ)
    兄(女は口で言う事と思っている事が違いすぎる。まぁ、それなら男もと思うだろうが)
    兄(確かにそうだ。たまたまきっかけが女子だっただけで、頭では理解している)
    兄(しかし、近くにいると気分が悪くなってしまう。もちろん、全ての女子がそうではなく)
    兄(「大丈夫」そうな人間は、一目で分かる。義妹もそうだった)
    兄(大方、さっきの妹友さんは「あんな可愛い子を独占している兄から彼女を救う」と言う、少女漫画地味た事を考え)
    兄(あんな風に言ったのだろう。「美人の友達」と言う立場に酔うと共に、軽い嫉妬もあったと見える)

    兄「……」ハァ

    友「しかし、先ほどの方はすごかったですね」

    友2「あいつと知り合い?」ゴクゴク

    兄「ちげーよ」

    友2「マジかよ、じゃあ初対面の奴呼び捨てとか、性格キツそうだよな」モグモグ

    兄「さあなー、お、そのミニメロンパン一個もーらい」

    友2「ああっ、俺の貴重な昼飯!」

    友「さて……あ、兄。今日はスーパー手伝いますよ」

    兄「おお、助かるわ!卵今日安かったはず」

    友2「俺もバレーが無かったら行くんだけどなぁ」

    兄「別に呼んでないけどな」

    友2「ちょっ、ひどくね?」

    友「ふふっ……もう昼休みも終わりですね」

    兄「晩飯何にしようかなー、お、決めた」

    ヴヴーッ

    兄(あ、義妹からメール)
    兄(「今日は遅くなりそうなので、晩御飯は大丈夫です」か)
    兄(帰りどうすんだろ、心配だ)
    兄(……まぁ、俺一人なら、コスパ最強のアレでいくか)

    兄「よし、友、お前の玉ねぎ使わせてもらうわ」ドヤ

    友「アレですね。その顔を見るに」

    兄「おう、やっぱアレは男飯って感じするよなぁ」

    友2「アレって?」

    兄「ふふふ……聞いて驚け」

    兄「――玉ねぎ丼だ」ドヤァ


    16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 23:41:58.08 ID:wgLqs4pT0

    ――

    兄「悪かったな、手伝って貰って」

    友「いえ、私からやった事ですから」ニコ

    兄「卵が四パックあるのは嬉しいわー、明日の休日畑手伝うよ」

    友「有り難いですが、義妹さんは良いのですか?」

    兄「おおう、やっぱまだ家に一人は慣れてないか……」

    友「また今度と言う事で、明日は一緒に居てあげて下さい」

    兄「うん、今度ピザでも食べようじゃないか」

    友「ええ、楽しみにしてます。では」ペコリ

    兄「またなー」フリフリ

    兄「さて、義妹居ないし掃除しとくか」


    兄「……お、もう夕食どきか、行くぜ!!」

    兄(まず、スーパーの肉コーナーで貰った牛脂を刻み、弱火にかける)
    兄(その間に玉ねぎをみじん切りにし、ご飯を用意しておく)
    兄(牛脂が溶けたら玉ねぎを投入、塩と胡椒をしてあめ色になるまで炒め)
    兄(ご飯に混ぜ、最後に半熟茹で卵を乗せれば)
    兄(ご飯が光の速度で消える、玉ねぎ丼の完成だ)ドヤァ
    兄(材料費は精々80円にもならないだろう)
    兄(もやしに変えてもやし丼にするとさらに安くなるが、やはり玉ねぎの方が美味い)
    兄(コツとして、塩をきつめに加えるのがポイントだ)
    兄(塩がうすいと、牛脂のせいで玉ねぎの味がぼけてしまう)
    兄(辛くなりすぎたなら、スープを加えて「玉ねぎ茶漬け」にするのもうまい)

    兄「いただきます」カチャッ

    兄「うめえぇぇぇ!!」ガツガツ

    兄(牛脂で炒めたあめ色玉ねぎは、旨みをたっぷりと吸いつつ本来の甘みと調和させ)
    兄(そこにトローリととろける卵黄が、その濃厚な旨みを見事に纏めている)
    兄(冗談抜きで茶碗の米が消える。かきこまずにはいられないッ!!)
    兄(すだちを絞れば最高だが、生憎とそんなものはない)
    兄(栄養はあまり好ましくないが、何より安くてうまい)

    兄「ごちそうさんー」

    シーン

    兄「……そういや、いつもなら義妹がいるんだよな」

    兄(少し寂しくなってしまった自分を笑いつつ、洗い物を終えた俺は風呂に入った)


    17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 10:01:41.07 ID:osU0Jf+N0

    義妹「……ただいま、です」

    兄「お帰り、遅かったな」

    義妹「あ、ごめんなさい……」シュン

    兄「別に怒ってる訳じゃないけど、心配する」

    義妹「……!」

    兄(義妹の表情が、少し明るくなったように見えた)

    兄「で、今日は楽しかった?」

    義妹「はい、初めてプリクラを撮りに行って、それから……」

    兄(それから義妹は、楽しそうに今日の出来事を話してくれた)
    兄(クレープを初めて食べた、ファミレスで色々と話した、など)
    兄(ナンパされたと聞いた時は驚いたが、今朝の妹友が守ってくれたようだ)
    兄(次会ったら、一応感謝だけはしておこう)

    兄「そっか、友達と馴染めてるなら良かったよ」ハハッ

    義妹「妹友さんも妹友2さんも、優しい人で良かったです」

    兄「友達は大事にしろよー、転校生は何かと目立つからな」

    義妹「……はい」

    兄(しかし、最初の実力テストで圧倒的成績を取った義妹は、十分目立っている)
    兄(実際、友2がその存在を知っているくらいだ。悪い虫がつかないといいが)

    兄「……そうだ、義妹」

    義妹「?」

    兄「もっとお互いの事を知ろうと思うんだ、義妹の事を教えてくれないか?」

    義妹「……」

    兄(義妹は無表情になり、うつむいてしまった)
    兄(何かまずい事を言ってしまったのだろうか)

    兄「え……ごめん、何か言いたくない事なら別に」

    義妹「お兄さん」

    兄「はいっ!」ビシィ

    義妹「……お兄さんは、ずっと私と一緒、ですよね」

    兄「うん」

    兄(義妹はそれを聞くと、優しく微笑み、今までの事を語りだした)
    兄(義妹は以前女子中に通っていたらしい)
    兄(容姿端麗で成績も優秀な義妹は、女子グループのリーダー的な女子に僻まれ)
    兄(辛辣ないじめを受けたそうだ)
    兄(何よりも辛かったのは、親友だと思っていた子からも蔑まれ)
    兄(担任からは「義妹ならうまくやっている、大丈夫」と決め付けられ、心配すらされなかった事)
    兄(自分は一人だと思い、誰にも相談できずに)
    兄(それでも母に心配をかけないため、三年間通学を貫いたそうだ)
    兄(涙を零しながら語るその姿は、ひどく弱弱しかった)
    兄(俺は漫画の主人公ではない。他人の痛みなど本当に理解など出来るはずがない)
    兄(無力の俺に出来る事は――)

    兄「……義妹」

    義妹「は、い……」

    兄「……辛かったんだな」ギュッ

    義妹「う、う……!!」

    兄「義妹は一人じゃない。絶対に見捨てないから、その……安心してくれ」

    義妹「お兄さん……!!」

    兄(声を上げて泣きじゃくる義妹の頭を、俺はしばらく撫でていた)


    18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 12:39:17.81 ID:osU0Jf+N0

    兄(それから数日後、その……何と言うか)

    義妹「お兄さん、おはよーございます!」

    兄「おはよー」

    兄(よそよそしさが消え、義妹が懐いてくれた。それはいいのだが)

    義妹「えへへ、今日は学校はお休みです。お兄さんと一緒にいれます」ニコニコ

    兄(……性格変わりすぎじゃね?)

    義妹「お兄さん、今日の予定はありますか?」

    兄「そうだな、今日は友の畑手伝う予定だけど……義妹は?」

    義妹「お兄さんが行くなら行きます、着替えてきますね」タタタッ

    兄(ただ、依存に近い懐き方なのが気になる所だ)


    ――

    友「兄と義妹さんですか、兄弟揃ってどうされました?」ザクザク

    兄「畑手伝いに来たよー」

    義妹「こんにちは」

    友「ありがとうございます、では兄は土壌の手入れ、義妹さんは収穫をお願いします」

    兄「りょーかーい」クソッ、クワガオモタイ

    義妹「どこまで収穫すればいいですか?」

    友「そうですね、ここから……この三列ですね」

    義妹「分かりました」

    兄「しかし重労働だよな、こんなん一人でやってるとかすごいわ」ザクッ、ザクッ

    友「慣れればそこまで辛くは無いですよ」ザクザク

    義妹「わ……これはカブ、ですか」

    友「ええ、カブは育てやすいですからね」ザクザク

    兄「クワ振るの速すぎだろ」ザクッ、ザク

    友「何事も慣れですよ、貴方もかなり筋が良くなってきたじゃないですか」

    兄「最初の事は忘れろ、マジ」

    義妹「最初のお兄さんはどんな風でした?」

    兄(クワ振り上げた瞬間転んだとか言えない)

    友「クワを扱えずに転んでいましたね」

    兄「友てめぇぇぇぇぇ!!」

    友「おっと、作業を再開しましょうか」ザクザクザク

    兄「さらに速い!?」

    義妹「……」クスクス


    21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 23:03:43.45 ID:osU0Jf+N0

    友「お疲れさまです、今日はこの程度にしておきましょうか」

    兄「何で息切れ一つしてないのお前……」ゼェゼェ

    友「慣れですよ」ニコリ

    義妹「野菜、収穫終わりました」コトッ

    友「ありがとうございます、はい、お礼です」ゴトト

    兄「え、三割くらい入ってるけどいいのか?」

    友「良いんですよ、お気になさらず」

    兄「あ、なら夕食うちで食べないか?」チラッ

    友「良いのですか?」

    義妹「ぜひ来てください」ニコ

    兄「……だそうだ」

    友「ふふ、ではお言葉に甘えて」

    ――

    兄「ちょっと待っててくれよー」

    義妹「お兄さん、手伝う事はありますか?」

    兄「んー、ソースを作ってくれるか?やり方は……」

    友(……距離が近くなっている。どうやら打ち解けたようですね)

    兄(さて、では取り掛かる事にしよう)
    兄(ホットケーキミックスを一袋ボウルにぶちまけて)
    兄(人肌程度に温めた湯を加え、ヘラで混ぜ)
    兄(塩一つまみとオリーブオイルを少し加え、さらに混ぜる)
    兄(まとまってきたらラップをし、三十分ほど寝かせる。別に十分でも良いが)

    義妹「こんなもので良いでしょうか?」

    兄「おっけ。よくできました」ナデナデ

    義妹「……えへへ」ニコニコ

    兄(そして、少し膨らんだ生地を手にし、まな板に打ち粉をして延ばす)
    兄(トースターの面積の都合で、二つ作る事にしよう)
    兄(薄く延ばしたら、ピケをしてから淵を作ってソースを塗り、チーズ、豚肉を乗せ)
    兄(ブラックペッパー・バジルを振りかける。これで準備完了)
    兄(上にふんわりとアルミホイルを被せ、トースターで焼く)
    兄(今回は趣向を変え、醤油・おろしにんにく(無臭タイプ)・玉ねぎ・蜂蜜・ごま油)
    兄(それらを合わせ、弱火で煮詰めたソースにしてみた)

    兄「――焼けた、今日の夕食はピザと友の野菜です!」(材料費 320円ほど)

    友「おお、チーズの香ばしい香り……素晴らしいですね」

    義妹「いただきます」

    友「いただきます」ペコリ

    友「おお、生地がカリカリ、そこにとろけるチーズ、プリプリの豚肉!」

    友「それにこのソース……醤油をベースにしているのですね、それがまた合う!」モグモグ

    兄(そう、トマトも良いが、醤油とチーズは相性抜群なのだ)
    兄(ホットケーキミックスのおかげで、生地はイースト菌が無くても膨らむ上にボリュームがでる)

    義妹「友さんの野菜も美味しいです、トマトも瑞々しい」モグモグ

    友「ははは、ありがとうございます」

    兄(明るい食卓。俺はこんな風景に憧れていたのだろうか)
    兄(一人で食べる、あの虚無感が感じられない。暖かい気持ちだ)

    義妹「お兄さん、どうしました?」

    兄「……いや、何でもないよ」ニコッ
    兄(そう言って、俺はとびきりの笑顔をしてみせた)


    25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 13:17:07.77 ID:lmwoVIwV0

    兄「うー、もう腹いっぱいだ」

    友「実に美味しかったです、さすがは男ですね」フキフキ

    義妹「ごちそうさまでした。お腹いっぱい……」

    兄「安くて美味いものは正義と思うんだ」キリッ

    友「はは、ではそろそろ御暇しましょうかね」

    兄「おう、また来いよー」

    義妹「お野菜、ありがとうございました」ペコ

    友「いえいえ、こちらこそ。では」ペコリ

    バタン

    兄「ふう、お腹いっぱいだ、さて、ちょっとくつろごうか」ゴローン

    義妹「お兄さん、猫みたいです」クスクス

    兄「食べてすぐ横になるのは、消化に良いんだぜ?」キリッ

    義妹「クスクス……えいっ」ギュッ

    兄「あうっ!?」

    義妹「安心します……」ウットリ

    兄(寝転がった俺を抱きしめる義妹。やはり、一人では無いと言う事実が、安心できるようだ」
    兄(ただ、同学年の女の子に抱き着かれるのはまずい、メンタル的に考えて)

    兄「よし落ち着け義妹、年頃の男に抱きつくのはやめよう、マジで」

    義妹「?お兄さんにしかこんな事しませんよ?」キョトン

    兄「ぐふぅ……とにかく駄目です、ほら頭撫でてやるから」ナデナデ

    義妹「むー……なら許してあげます」

    兄「懐いてくれたのは嬉しいけど、随分甘えんぼさんになったなぁ」ナデナデ

    義妹「えへへ、もっと甘えちゃいます」ギュー

    兄「仕方ない、なら撫でるのやめようかな」ピタッ

    義妹「お兄さんは……私の事、嫌いですか?」

    兄(なん……だと……)

    兄「いや嫌いじゃないけど、やっぱまずいじゃん?」

    義妹「最初、お兄さんは「兄弟なんだから気を遣わなくて良い」と言いました」

    兄「ぐぬぬ」

    義妹「ただの兄弟のすきんしっぷ、ですよお兄さん」ギュー

    兄「負けました」ナデナデ

    義妹「えっへん」

    兄(まぁ、変な事はしないし大丈夫だろう)

    義妹「お兄さんに抱き着いていると、落ち着きます」

    兄「そりゃ重畳。そろそろ風呂入ってくるわー」トテトテ

    義妹「はーい」トテトテ

    兄「……いや、何でついてくんの?」

    義妹「駄目ですか?」ウルウル

    兄「それだけは絶対に駄目です」

    義妹「……はーい」

    兄(……近いうちに、俺の精神が押し負けそうで怖い)


    26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/04(金) 16:11:59.66 ID:lmwoVIwV0

    ――

    兄「さて、忌々しい数学も終わりだ」グデー

    友「……大丈夫ですか?」

    友2「腹減った……何で家庭科室で食べるんだ?」

    兄「電子レンジ借りにきた」スチャッ

    友「それは!」

    友2「何それ、パン?」

    兄(これは、昨日のピザの生地を大き目に延ばし)
    兄(それにたっぷりの特製ソース、チーズ、豚肉を入れて包み、焼き上げたもの)
    兄(カレーパン風ピザのようなものだ)ドヤァ

    友2「うわ、なんかレンジから良い匂いが」

    友(昨日の味が脳裏に蘇ってきました)ジュルリ

    チーン

    兄「さて、いっただっきまーす」カプッ

    兄「……」モグモグ

    兄「――うめぇぇ!!」

    友2(くそう、一口食べた瞬間、アツアツのチーズの匂いが広がりやがった!)ジュルリ

    友「おお……」

    兄(カレーパン風にする事によって、ソースとチーズをたっぷりと入れる事が出来る)
    兄(一口食べた瞬間、ソースにチーズが絡みついた濃厚な旨みが広がり)
    兄(豚肉の脂のコクが、その魅力をさらに倍増している)
    兄(昨日と違い、今回はソースがメインだ。少しスープで薄め、潰したプチトマトを一つ加えた)
    兄(それにより、特製ソースは、まるでビーフシチューのような味わいとなる)

    友2「くそう……テロだ、俺の弁当が霞むじゃねえか!」

    兄「焼きそばに唐翌揚げ、後はおにぎりか」

    友「しかし、ここで食べている人がいたらかなりの迷惑に……」

    ガタッ

    義妹「あ、お兄さん」ニコッ

    妹友「……チッ」

    妹友2「ふうん、あれが……」

    兄(――俺は、突然の来訪者に、ほんの一瞬だけ、動きが止まってしまった)
    兄(立ち上がるチーズの香ばしい匂い)
    兄(間違いなく、ドン引きされるか罵倒されるか。そのどちらか)

    義妹「あ、もしかしてこの匂いは」

    兄「おっと飲み物忘れたなー、買いにいってこよーかなー(棒読み)」ガタッ

    妹友2「待って」シュンッ

    兄(一瞬で背後に回られた!?)

    妹友2「私は義妹の友達。よろしく」

    兄「……よろしく(何だこいつ、善意的か悪意的か分からん)」

    妹友2「あなたと話したい事がある、放課後図書室まで来て」

    友2「なん……だと……!?」

    友(予想外ですね、しかし……)

    義妹「……えっ」

    妹友「はぁ!?」


    30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/05(土) 00:13:54.05 ID:W7CBF6gC0

    兄(それから学校が終わり、俺は図書館へと出向いた)
    兄(中には妹友2が一人、本を読んでいた)
    兄(長身、長い黒髪、凛とした目。図書室にいるとやけにしっくりくる容姿だ)
    兄(書道部と言われても信じてしまうかもしれない)
    兄(正直な所、妹友2はよくわからない。俺の嫌いな独特の感じは無いが、信用しろと言われても無理だ)
    兄(まあ話したことも無い他人だ。その程度の距離感がちょうどいいだろう)
    兄(無視して帰りたかったが、義妹の友達だ。一応行くに越したことはない)

    兄「話って?」

    妹友2「兄くんは料理が得意と聞いた」

    兄「いや、別に得意ってわけじゃ」

    妹友2「だから、私と友達になってほしい」キリッ

    兄「……えっ」

    妹友2「同じ趣味の人が居ない。一人で作るだけなのは面白くない」

    兄(一人で、か……)

    兄「でも、女子なら何人かいるんじゃないか?」

    妹友2「お菓子作りをアピールして男子に媚びる人は嫌い。男の目なんてどうでもいい」

    兄(ふと、俺は妹友2に親近感を抱いた。少し違うような感情かもしれないが)

    兄「……そうか、別にいいけど」

    妹友2「ありがとう、迷惑でなければ、今日メールしてほしい」

    兄「ん、俺妹友2さんのアドレス知らないけど」

    妹友2「問題ない。もうポケットに紙を入れておいた」

    兄「……マジだ、いつのまに!?」ビクッ

    妹友2「それじゃ、待ってる」フリフリ

    兄(いつの間に俺の視界に入らずにドアまで!?)

    妹友2「……ばいばい」パタン

    兄「いや、俺もすぐ出るけど……もう階段まで行ってやがる。何もんだよあれ」

    兄(……「迷惑でなければ」なのに「待ってる」ねぇ)
    兄(メールしてみようかな……ま)

    兄「気が向いたら、だけど」


    34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 12:23:34.29 ID:W7CBF6gC0

    ――

    兄「ただいま」

    義妹「お兄さん、お帰りなさい」トテトテ

    兄「すぐご飯にするからなー、今日も丼だけど」

    義妹「手伝う所は?」

    兄「簡単だから大丈夫、ゆっくりしててくれ」

    義妹「はい」

    兄(某寿司屋の丼が美味そうだったので、それっぽいものを作る事にする)
    兄(小さなフライパンにごま油を引き、豚バラを炒め)
    兄(醤油・みりん・ザラメ砂糖で作った、適当なタレを加えてひと煮立ち)
    兄(肉を先にご飯に乗せ、真ん中に半熟茹で卵、それを包むように青ネギをたっぷり乗せて)
    兄(最後にタレを回しかければ完成だ)
    兄(後は、皿にトマト、レタスを添え、スモークサーモンを乗せる)
    兄(味付けはオリーブオイルで大丈夫だが、念のため小皿に注ぎ、ついでにドレッシングも持っていこう)

    兄「今日の夕食は豚バラ丼です」(材料費 110円ほど)

    義妹「わ……いただきます」ニコッ

    兄「いただきまーす」

    兄(豚バラとごま油は、相性が良い)
    兄(ごま油の香ばしさが、豚バラの脂の甘みを引き立て)
    兄(それの旨みが溶け込んだタレがご飯に染みわたり)
    兄(全体的に濃いめの味を、半熟卵が纏め、さらにねぎが口を爽やかにしてくれる)
    兄(つまり何が言いたいかと言うと)

    兄「ンまいっ!!」ガツガツ

    義妹「おいしいです、お兄さん」

    兄「おかわりもあるぞー」ガツガツ


    35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 14:14:46.25 ID:W7CBF6gC0

    兄「うまかった、ごちそーさん」

    義妹「ごちそう様です。お兄さん」

    兄「さすがに丼ばっかは飽きるよな、明日は別のものにするわ」ゴローン

    義妹「お兄さんのご飯なら、何でも好きですよ?」ギュー

    兄「もう夕食後のハグが恒例になってるな」ナデナデ

    義妹「えへへ、おにーさーん……♪」

    兄(ただ、このハグで俺自身も安心感を抱いているのも事実だ)

    義妹「お兄さん、今日妹友2さんと、何を話してたんですか?」

    兄「なんか、友達になってくれって(真顔で)頼まれた」

    義妹「あの子が自分から男子と話してる所、見た事ないです」

    兄「なんか趣味が一緒だからどーとか」

    義妹「そうですか、妹友2さん、良い人ですよ?」

    兄(女子の「良い人」はあてにならんが、義妹が言うのならそうなんだろう)

    兄「じゃ、メールでもしてみるかな」

    兄『兄です。一応送ってみたよ。よろしくなー』ピロンッ
    ヴヴーッ

    兄「返信早すぎだろ」

    義妹「何て書いてありますか?」

    妹友2『送ってくれてありがとう!! 異性の人とメールするなんて初めてだから緊張してます。笑 さっそくだけど、兄君の得意料理って何?』

    兄「」

    義妹「……」ニガワライ

    兄「」

    義妹「お兄さん、しっかりしてください」ユサユサ

    兄「はっ!」

    義妹「妹友2さんは、メールで素が出せるそうですよ」

    兄「いやいや、義妹よりも変貌してんぞ……」

    義妹「ほら、返信してあげて下さい」

    兄「えー……『コストが高くない料理です。丼ものとかは得意かな』っと」ピロン
    ヴヴーッ
    兄「早すぎだろ、マジで」

    妹友2『そうなんだ!丼ものって男の人って感じするよね。笑 義妹のお弁当がすごい綺麗だけど、お弁当は苦手なの?野菜炒め食べさせて貰ったけど、すごい美味しかったよ!』

    兄「早すぎだろ、予測してるのを疑うレベル」

    義妹「お兄さん、ふぁいと、です。お風呂入ってきます」クスクス

    兄(やはり女子は理解出来ない)


    36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/05(土) 15:26:33.28 ID:W7CBF6gC0

    ――

    友2「それで、お前……寝るまで、メールしていた、と?」

    友「意外ですね、見た所機械を使わないタイプのように見えましたが」

    兄「それが返信くっそ早い。ビビるぜマジで」

    友2「おう、帰れ。リア充は帰れ」

    兄「お前もリア獣じゃねーかよ」

    友2「うまくねーよ」

    友「まあまあ……おや、今日の昼食は」

    兄「ん、焼きおにぎり。安くてうまいし、朝食の余った奴」テッテレー

    友「確かに朝の焼きおにぎりは安心しますね」モグモグ

    友2「カリッカリに焼くのがうまいんだよな」モグモグ

    兄「塗ってるのは味噌と醤油、それにレモンを少し絞った奴だ。カリカリで香ばしいのに、いくらでも腹に入る」

    友2「詳しい説明要らねえから!」

    友「本当に罪な人ですよ……」モグモグ

    兄「お前のサンドイッチも自家製だろ?絶対うまいじゃん」

    友「朝収穫したのを挟んだだけですよ」

    友2「友の朝採れ野菜……だと……!?」

    兄「で、お前のは??」

    友2「や、焼きそばパン……(小声)」

    兄「え?何て?」

    友2「うっせええぇぇ!!焼きおにぎりよこせやコルァァ!!」

    兄「うわ、叫びだしたぞ」

    友「単細胞って怖いですね」

    友2「だから辛辣なんだよ!!」

    ――

    妹友「それで、実は先生の靴が……」

    義妹「え、左右反対だったんですか?」

    妹友「そうそう、だから言ったら、開き直りだしてさ」

    妹友2「愚の骨頂……」

    妹友「それでさ、来週の予定なんだけど、ケーキ食べ放題でいい?」

    義妹(あんまりお金を使いたくないなぁ……お兄さんに迷惑かけたくないし)

    妹友2「……」チラッ

    妹友2「私の家に来る?」

    義妹「……えっ」


    37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 00:28:38.97 ID:zHbvBIKi0

    兄「ふーん、来週あの人の家かぁ」ジュウウウゥゥ

    義妹「はい……駄目、でしょうか」

    兄「「遠慮しなくて」良いって。連絡さえしてくれたら」ジャカジャカジャカジャカ

    義妹「はい、お兄さん」クスッ

    兄(今日の夕食は、炒飯だ)
    兄(ただの炒飯ではない、まず、刻んだにんにくを油で熱し、きつね色になったら端によけておき))
    兄(卵を入れたら間髪入れず、ご飯を投入)
    兄(卵と油がご飯によく馴染むように、全身全霊でブンシャカする)
    兄(ただ、家庭用のコンロでは熱がすぐ逃げてしまうので、ある程度馴染んだらブンシャカをやめ、木べらで混ぜる)
    兄(そこそこぱらぱらになった時に、塩胡椒で味付けし、新鮮な春キャベツと刻んだソーセージを投入)
    兄(キャベツの歯ごたえを損なわない程度まで火を通せば完成だ)
    兄(スープにはベーコン・玉ねぎ・キノコを入れた、簡単なコンソメスープだ)

    兄「今日は春キャベツの炒飯です」(材料費 100円ほど)

    義妹「いただきます」パクッ

    兄「いただきます」ガツガツ

    兄(香ばしいにんにくの香りが食欲を湧き立たせ、炒飯を口に入れるごとに、シャキシャキとした春キャベツの歯ごたえと甘み)
    兄(口の中に広がる、細かく刻んだソーセージの肉汁)
    兄(そして、コンソメスープのほっとする味。炒飯にも良く合う)
    兄(あえて醤油を使わない事によって、春キャベツの甘みを最大限まで感じる事が出来る)
    兄(味わい深いのに決してしつこくなく、ぱくぱくと口に入れる事が出来る一品)
    兄(贅沢な料理ではないが、春キャベツの炒飯は個人的にかなり好きだ)


    義妹「美味しいです、お兄さん」モグモグ

    兄「うまうま」モグモグ

    ヴヴーッ

    兄「あ、妹友2さんからだ。」パタン

    義妹「良いんですか?」

    兄「食事中に携帯いじる奴は嫌いなんだよ」

    義妹「そうですか、あの子とは仲良しですか?」

    兄「仲良しって……別に悪い関係じゃないよ。結構話しやすいし」

    義妹「……お兄さん、今日は一緒に寝て良いですか?」

    兄「えっ!?」

    義妹「何だか、今日は甘えたい気分なんです」

    兄「ははは、まさか妹友さんに嫉妬とか?」

    義妹「むー、お兄さんは私のです……」ジトー

    兄( マ ジ で し て た )

    兄「ごちそうさま」

    義妹「ごちそうさま、です」

    兄「なぁ義妹」

    義妹「何ですか?」クルッ

    兄「お前は俺の可愛い妹なんだから、見捨てたりなんかしないよ」ナデナデ

    義妹「……うー//」

    兄「だから安心して良いんだよ」

    義妹「……もう、ずるいですよ」ギュッ

    兄「なんとでも言うがよい」ナデナデ

    義妹「えへへ……ずっと、一緒ですよ、お兄さん?」ニコッ


    40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/06(日) 12:22:54.30 ID:zHbvBIKi0

    ――

    友「今日もここですか?」

    友2「もうお前がここに来る=テロって分かってるんだよこっちは!」ガタッ

    兄「あ、今日は別に手作りじゃないよ。インスタントの焼きそば」

    友2「マジかよ。なら安心だな」

    友(「安く・美味く」がモットーの彼が、何の工夫も無しに既製品を買うとは考えにくい……何か、来るッ!!)

    兄「お、お湯湧いたな」コポポポ

    友2「まぁ焼きそばくらいなら、俺のコロッケパンも霞まんだろう」モッシュモッシュ

    兄「友のは……フルーツサンドか!」

    友「ええ、苺もかなり収穫できるようになったので」モグモグ

    友2「スイーツ系で攻めてくるとは……何と言う伏兵!!」

    兄「よし、お湯切ってー」ジャバババ

    兄「ソースを入れて―」プツッ

    友2「く、ソースの良い匂いが……でも焼きそばくらいならいつでも」

    友(いや――来る!)

    兄「よく馴染むように混ぜて――こいつだ」スチャッ

    友「そ、それは……」

    友2「鰹節……だと!?」

    兄「こいつを一パック、贅沢に入れて」ファサッ

    友「おお……」

    兄「スーパーの魚コーナーで置いてる、醤油を少し垂らし」タラーリ

    友2「……」ガクガク

    兄「よく混ぜてから――かきこむッ!!」ガツガツ

    兄「うめえぇぇぇぇ!!」

    友2「貴様ァァァ!!」

    兄「ワシワシと麺を噛むごとに口に広がる、ソースの芳醇なコクと鰹節の香ばしさ!!」
    兄「キャベツの甘みがソースと調和し、ますます食欲が沸いてくる!!」

    友2「許さねぇ……絶対に許さねぇぞ!!」

    友「これを教室でやったら、全員から罵倒が飛んできそうですね……」

    兄「ふはははは、あー美味かった」ドヤァ

    友2「畜生、コロッケパンが味気なく感じる……」モッシュモッシュ

    友「ごちそう様でした」フキフキ

    兄「あ、トイレ行ってくるなー」

    友「ごゆっくり……おや」

    友2「これは、兄のケータイ……それも、ロックがかかっていない!」

    友2「……これは、履歴見るしかないだろう」パタン

    友「止めはしませんが……」チラッ

    友2「さりげなく見てんじゃねーかよ」

    友「気になるもので」

    『女子 好むご飯』『女子受けが良い美味しいお弁当』『お前ら、女子が好きな食べ物教えろpart2』『女の子 スイーツ』『お弁当 彩り・栄養』

    友「兄……」ホロリ


    43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 00:20:42.25 ID:h4bze+Tt0

    義妹「お兄さん、起きてください」ユサユサ

    兄「んー……」

    義妹「せっかくの休日ですよ、昼寝しないでいちゃいちゃしましょうよ」ユサユサ

    兄「うー……」

    義妹「……」フーッ

    兄「うわあぁぁ!?」

    義妹「えへへ、おはようございます♪」

    兄「耳に息吹きかけるのは駄目だろ……つーか自分からいちゃいちゃ言うな」

    義妹「起きないお兄さんが悪いんですよー」

    兄「くそ、目も冴えた……仕方ない、おやつでも作るか」

    義妹「やった!」ニコニコ

    兄(まずは、生クリームを温め、砕いたビターチョコに混ぜる)コポポポ
    兄(よく混ざったら冷蔵庫に入れておく)バタン
    兄(これだけ)ドヤァ
    兄(そして、白玉粉に少量の砂糖を混ぜ、人肌に温めた湯を加えてヘラで混ぜる)
    兄(よく練ったら、ラップをしてレンジにぶち込む)ガタンッ
    兄(一回目が終わると、水で濡らしたヘラで軽く練り、もう一度レンジへ)チーン
    兄(それを繰り返し、三回目辺りで透明感が出る生地になる。これで求肥の完成)
    兄(そうすれば、片栗粉をまぶして……と言いたい所だが、別に小麦粉でもそこまで大きな差は出ない)
    兄(さっと全体に小麦粉をまぶし、適度なサイズに伸ばす)
    兄(と、そろそろ固まってきただろう。先ほど作った生チョコを求肥で包み、丸める)
    兄(それを延々と繰り返す……よし、おk)

    兄「生チョコ大福だよー」(材料費 320円ほど)

    義妹「いただきまーす♪」モニュモニュ

    兄「……」モチノビー

    義妹「おいしいです」モニュモニュ

    兄「小さな一口サイズにしたから、しつこい甘さになってないだろー」モチノビ-

    兄(生チョコと大福は、かなりナイスなコンビだ)
    兄(苺大福も好きだが(白あん派)、生チョコもうまい)
    兄(もっちもちの求肥に包まれた生チョコは、口の中に入れると滑らかにとろける)
    兄(一口で口に入るサイズにしたため、一気に喉が渇く事もない)
    兄(しかしそこは俺、ちゃんと紅茶を用意してある)

    兄「ほら、紅茶。砂糖はお好みで」

    義妹「さすがお兄さんです」モニュモニュ

    兄「生チョコ大福は簡単に短時間で作れるからいいよなー」

    義妹「……」モニュモニュ

    兄(うわ、もう半分になってる。随分と気に入ってくれたようだ)
    兄(お、新しい料理閃いた。明日挑戦してみよう)

    兄「ごちそう様ー」(摂取量・5個)

    義妹「ごちそう様でした」(摂取量・10個)

    兄「意外と食べるんだな……」

    義妹「甘い物は別腹、ですから♪」ニコニコ

    兄「まったく……あ、メール」ヴヴーッ

    妹友2『兄君、今日はキッシュに挑戦してみました♪ 初めてだったけど、上手に焼けたよ!』

    兄「おお、何だこれ……甘くない、料理の方のタルトみたいなもんかな」

    兄『おお、すげー! 何かオサレな名前だけど、ピザみたいな感じのタルト的な奴かな?』ピロンッ
    ヴヴーッ

    妹友2『そんな感じかな? あ、良かったら、今日おまけで作ったタルト食べる?』


    49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/07(月) 14:16:23.06 ID:h4bze+Tt0

    兄「……どうしよう」

    義妹「お兄さん、こんなメールは素早く返してあげて下さい」

    兄「何で見てんだよ。まぁ……一応、貰いますか」

    兄『くれるのなら食べます(必死)』ピロンッ
    ヴヴーッ
    妹友2『分かった、今から届けに行くね!』

    兄「えっ、明日学校でとかじゃないの?」

    義妹「学校は妹友さんの目があるから、あまり動きづらいのでは?」

    兄「妹友さんのけ者かい。つーか学校で話しかけてきたよな?」
    ピンポーン

    兄「……早くね?」

    義妹「妹友2さんの家は……こんな早くに来れる距離では……」

    兄(あらかじめ近くに来ていたのか……はたまた超スピードで来たのか)
    兄(……あの人なら超スピードで来るのが否定できないのが辛い)

    兄「どうしよう、出るのすっごい怖い」

    義妹「お兄さん、男の見せ時ですよ」

    兄「えー……」ガチャッ

    妹友2「持ってきた。早めに食べてほしい」

    兄「お、おう(キャラ違いすぎだろ)」

    義妹「妹友2さん、こんにち……夕方ですし、こんばんはの方が正しいですね」ニコ

    妹友2「こんばんは」ペコリ

    「……」

    兄「(何だよこの間は!)えー、えっと、なんか違和感すごいな」ハハ

    妹友2「私はただコミュ障なだけ……心の中ではメールの性格」

    兄(つまりさっきのは、『タルト持ってきたよ、早めに食べてほしいな♪』って事か)
    兄(なんか……うぅん……)

    兄「ま、まぁすぐ慣れるわ。大体訳せるようになってきたし」

    妹友2「嬉しい。では、もう帰ることにする」

    義妹「妹友2さん、お兄さんが送っていってくれるそうですよ」ニコ

    兄「えっ!?」

    妹友2「では、お願いする」ペコリ

    兄(おい、何無理ゲーに挑ませてんだよ!!)
    義妹(仲良くなるチャンスですよ♪)
    兄(まず会話長持ちしないって!)
    義妹(メールでは出来てるんでしょ?)

    兄「(畜生……)じゃあ行ってくるわ」

    義妹「行ってらっしゃい」フリフリ



    兄「……えっと」スタスタ

    妹友2「……」スタスタ

    兄「そ、そういえばさ、あのタルトって生地から手作りs……」

    妹友2「兄君」クルッ

    兄「はいなんでしょうか!!」ビクゥ

    妹友2「……義妹の事、どう思ってる?」


    50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 00:05:22.40 ID:YvkYGf9i0

    兄(……まあ、「異性として」って意味だろうなぁ)

    兄「大切な妹だよ。それ以外でも何でもない」

    妹友2「……そう」

    妹友2「妹友から聞いてって頼まれてた。これで問題ない」

    兄「あー、そーゆー……」

    妹友2「じゃ――私の事は?」

    兄「えっ……」

    兄(夕暮れで真っ赤に染まる塔をバックに振り返る妹友2は、とても綺麗に見えた)

    兄「メールするようになってからそんな日数経ってないし、まだ分かんないかな」

    兄「ただ、き、……嫌いじゃないけど」

    兄(うわあぁぁぁぁ何言ってんだ俺えぇぇ!!)
    兄(野郎のツンデレなんて需要無いのに!!)

    妹友2「……そう、今はそれで良い」

    兄(妹友2は、そう言うと――)

    妹友2「ここまでで大丈夫。……またね、兄くん」ニコッ

    兄(少し恥じらいが混じった、とびっきりのスマイルで、去っていった)

    兄「あ、おう……」

    兄(俺はしばらく、呆然として動けなかった)

    ――

    義妹「お兄さん、どうでした?」

    兄「おーう……」

    義妹「何かあったんですか?」

    兄「おーう……」

    義妹「聞いてますー?」ジー

    兄「おーう……」

    義妹「今日、一緒にお風呂に入りましょうよ」

    兄「おー……はっ、駄目だっつーの!」」

    義妹「ちっ」

    兄「今舌打ちしたよね?」

    義妹「とんでもない。で、どうしたんです?」

    兄「んー」

    兄「そうだな、「何も無かった」よ」ニコッ

    義妹「何ですか、それー」ジトー

    兄「さーな。さて、夕食にしようか!」
    兄(ポイントで貰ったシリコンスチーマーに春キャベツ・豚バラ・春キャベツ……と重ねていく)
    兄(途中で塩胡椒を振りながらだ。そして、レンジにぶち込む)チーン
    兄(これだけ)ドヤァ

    兄「今日は炊き立てご飯、味噌汁、そしてこいつだ」イタダキマース

    義妹「……これは、前の炒飯よりもキャベツの甘みが活かされてます!」モグモグ

    兄(キャベツ自体の水分のみで蒸された豚バラは、ジューシーでとても甘く)
    兄(旨みをダイレクトに吸収したキャベツは、甘みを生かしつつもシャキシャキとしていて)
    兄(また、そこに溜まったキャベツの出汁と豚バラの脂のスープを、スプーンで飲むのも醍醐味だ)
    兄(白菜と豚バラを重ねた鍋の、簡易版と言った所か。110円しかかからんし)

    兄「うまい!!」ガツガツ


    52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/08(火) 17:11:09.74 ID:YvkYGf9i0

    ―翌日―

    兄(暇だ)

    兄(学校が終わり、義妹はいつもの三人で妹友2さんの家にいる。なんか一日泊まるらしい)

    兄(着替えやら鞄やら教科書やらを集めていたのは、そういう事だったのか。先に言ってほしかった)

    ピンポーン

    兄「……どしたん?」ガチャ

    友2「突然ですが、泊まりに来ました」キラッ

    兄「帰れ」バタン

    友2「待って、俺だけじゃないから!!」

    友「実は私もいます」

    兄「何でだよ、唐突すぎるわ!!」

    友「今日学校で話してたじゃないですか、それで」

    友2「兄が「義妹ちゃんいなくて寂しいよぉぉwwww」ってならんように、泊まりに来てやった訳だ」

    兄「よし、明日お前の黒歴史を学校で放送してやる。楽しみにしてろ」

    友2「くっ、ひ、卑怯だぞ!!」ガクガクブルブル

    友「まぁまぁ……野菜持ってきましたし、入れて下さいよ」

    兄「それを先に言え」ガチャッ

    友「おじゃまします」

    友2「おじゃまー」

    兄「ったく、夕食は食べたよな?」

    友・友2「えっ」

    兄「……たかる気マックスかよ。どれどれ」

    兄(友の持ってきた袋の中には、キャベツ、ジャガイモ、カブ、ニンジン、玉ねぎがあった)

    兄(んー、よし)

    兄「決めた、今のうちにやっとくか」

    友2「よし、スマブラしよーぜ」ガタ

    友「私はゲームキューブのコントローラーで」

    兄(……俺のでっていうが火を噴く時が来たようだな、待っていろ貴様ら……!!)

    兄(とりあえず野菜の皮をむいて、適当に切る。カブだけは大きめにカットだ)

    兄(鍋に水を入れ、ニンジン・ジャガイモを入れ、火をつける)

    兄(沸騰したらコンソメと醤油を投入、軽く表面を焼いたカブ、玉ねぎを入れ、落し蓋をして火を止める)

    兄(とりあえずこれで放置)

    兄「よっしゃ、俺も混ぜろ野郎共!!」

    友2「ヨッシー?そんなんで俺の圧倒的火力、ガノン様に勝てるわけがないっていうwwwwwww」

    兄「……てめーは俺を怒らせた」

    友(ああ、友2は今地雷を踏みましたね)←ルカリオ

    友2「ふっ、魔神拳で一気に……呑み込みやがった!」ペロッ、ポン

    兄「からの転がり→転がり→転がり解除→ジャンプして上からヒップアタック→上スマッシュだ!」ドガン

    友「フッ……甘いですね、二人共」パリン


    兄「友のすぐ側にスマッシュボールが!? しまっ……ああぁぁぁぁ!!」ドドドドドド


    59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/09(水) 12:01:25.92 ID:73CRtjhi0

    ――
    兄「くそ、さすがは64からやってる古参なだけあるぜ、友……」

    友2「次のステージはハイラルで良いよな」ポチッ

    兄・友「えっ」

    友2「……」

    兄「……まぁ良いか」

    友2「何だよその微妙な空気。悪いが今回は俺の勝ちのようだな」←ドンキーコング

    兄(どうせ背負ってそのまま道連れにする気だろ……)←ルイージ

    友(徹底的に倒しましょうかね……)←クッパ

    友2「行くぜっ」ピコピコ

    兄「掴みを緊急回避で避け、A連打からの地獄突きだ!」ドュクシ

    友「さすがに簡単には倒せないですね……」ピコピコ

    兄「敵キャラのレベル最強にしたからな」

    友2「はっ、スマッシュボール!」キラン

    友2「よし、貰ったぜ!」ドコドコ

    兄「と思わせてーの」パリンッ

    友(ファイアボールで後ろから破壊したか……さすがですね。逃げましょう)

    友2「くそっ、この距離じゃ……」

    兄「ネ ガ テ ィ ブ ゾ ー ン 」ミワワワワ

    友2「くそ、動けねぇ!」ガチャガチャ

    兄「動けないゴリラにゆっくりと近づき――」

    兄「ゼロ距離のファイアジャンプパンチだ」カッキーン

    友2「くそおぉぉ!」キラーン

    友「よし、倒した……最終決戦ですね、兄」

    兄「お前が72%、俺が30%か……あ、そろそろ飯にするか」

    友「そうですか、では残念ながら」

    友2「あ、なら俺がやる!」

    友「手は抜きませんよ?」ピコココ

    友2(全く反撃出来ない!?)

    兄「ほら、ゲーム中止しろ。今日はポトフだ」コトッ

    友「ええ、もう終わりました」

    友2(一度も攻撃できずに負けた……)

    兄・友・友2「いただきます」

    兄「……」ズズー

    友2「はぁ~」

    兄(ポトフは、野菜をスープで煮込むだけの料理だ)

    兄(つまり野菜がメインの料理だ。今回は肉を入れていないが、牛すじをじっくりと煮込んだ奴も良い)

    兄(温かみのある、思わず息をついてしまう素朴な味だ。蕪が口の中でとろけ、ホクホクのじゃがいもがまた美味い)

    兄「普通はマスタードだが――こいつも、合うぜ?」スチャッ

    友「柚子胡椒ですか……おぉ、確かに!」

    友2「鼻にすーっと通る爽やかな香りと、舌にピリピリと流れる辛み!こいつはうめぇぜ!!」


    63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 17:12:50.94 ID:ySLQ9p+V0

    ――

    兄「おっ、ナイス友」カッ

    友「いえいえ、任せてください」

    友2「お、落ちてきた。俺のカジキマグロが火を噴くぜ!」ズガガガガ

    兄「ちょっ……えっ」

    友(パーティで曲射を使う人ですか)

    兄「せめて頭狙おうぜ……」シャキーン

    友「では私は左の翼を狙います」←スラアク・ラギア

    兄「おう、任せたぜー」←双剣・ゲネル

    友2「あ、狂走薬が無くなった。くれ」←弓・カジキマグロ

    兄(マジでこいつ帰ればいいのに)

    友(典型的な地雷ですね)

    友2「あ、倒した。とどめは間違いなく俺だな!」

    兄「モンハンやってたらもうこんな時間か」

    友「……」

    友2(そーいえば、夕飯ってあのポトフだけだったな。腹減った)

    兄「さて、夜食にするか」

    友2「一生ついて行きます師匠」

    兄「スマブラ付けといてくれー」

    兄(昨日の残りご飯があった。三人分くらいならまぁ大丈夫だろう)

    兄(俺の夜食=おにぎり・ソーセージ・卵焼きが鉄板だ。大晦日の夕食も、毎年それで固定している)

    兄(だが、今回は……)

    兄(まずはご飯をレンジで温める)チーン

    兄(そして、目玉焼きを焼いて、ご飯に乗せる。ご飯は少な目にしておく)

    兄(醤油を用意する。ただし、この醤油は燻製にした醤油だ)

    兄(ホームセンターにある小さな土鍋とスモークチップがあれば、マンションでも簡単な燻製が可能だ)

    兄(土鍋に周りをアルミホイルで包んだチップを入れ、上に百均で買った網を乗せる)

    兄(その網に具材を乗せ、蓋を被せるのが理想だが、蓋に高さが無くて無理ならアルミの箱のようなものでも良い)

    兄(具材の上にそれを被せ、その隙間をアルミホイルで塞げば、もう燻製は可能だ)

    兄(スモークチーズ・ビーフジャーキー・鶏むね肉の燻製程度なら何とか出来る)

    兄(ちなみに、この醤油には燻製の時に鰹節を入れて燻してある)

    兄「今日の夜食は――目玉焼き丼です」

    友「おお……」

    友2「いただきまー……!?」

    友(口に入れた瞬間、燻製の香ばしい香り、それに麺つゆのような旨みが!!)モグモグ

    友(それが半熟の卵黄のコクと合わさり、まろやかで濃厚な味わいだ!!)

    友2「うめえぇぇwwwwwwwww」

    兄「これが深夜のテンションか……しかしうまい」モグモグ


    70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/12(土) 23:58:42.51 ID:NUUouaha0

    妹友「嫌あぁぁぁ!!」ギュー

    義妹「……」ガクブル

    妹友2「……♪」オ、オイ、イマコエガ

    妹友「なんで見る映画がホラー物なのよ!!」キノセイジャネ?イコーゼ

    妹友2「ジャンケンで負けたあなたが悪い」チョッ、マテヨ、ウ、ウシロ……

    義妹「うぅ……」エ?ウシロ?

    妹友「わああぁぁぁ!!」ギャアアァァァ

    妹友2(おかしい……涙目になって耐えるばかりで、抱き着いてこない)

    義妹(もう2時……眠くなってきました)

    妹友「やっと終わった……もう寝よ」

    妹友2「分かった」

    妹友「義妹はいつごろ寝てるの?」

    義妹「いつもは12時頃にですね」ゴソゴソ

    妹友「兄になんかされたらいつでも言ってね」

    義妹「大丈夫です」

    妹友2「明日の教科書も用意した。もう電気を消す」カチッ

    義妹「おやすみなさい」ニコ

    妹友「おやすみー」

    義妹(お兄さんは、今頃ぐっすり寝てるのかな)


    兄「ッシャアアァァ来てるぜ、よし、よし!」ドゴ、ドゴ

    友「最後です、決めて下さい兄!」ガキン

    兄「振り向き―の……うおおぉぉお!」シュイーンドコゥ!!

    友2「いったあぁぁぁぁ!!」

    兄「やっべえぇぇ!!」

    友「おおおお!!」

    友2「なんてコンビネーションだよ……すげぇ」ズササー

    兄「ホームランコンテスト新記録だあああああ!!」

    友「やはり一人より二人の方が安定しますね!」

    友2「こんな記録初めて見たぜ!!」

    兄「野郎共、次は亜空の使者だ!!」

    友2「やらいでかぁ!!」

    兄「あ、友と俺な。お前は実況でもしてくれ」

    友2「え、ひどくね?見てるの好きだけどさ」

    兄「冗談だよ、お前やっていいぞ」

    友2「兄……//」

    兄「きもい」

    友「汚物ですか……」

    友2「おーい!!」


    74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/14(月) 21:57:36.79 ID:UK5e9hfY0

    ――
    兄「……」グデー

    友「……」アクビ

    友2「……」グデー

    兄「さすがに徹夜はやりすぎたな……」

    友「とてつもなく眠いですね……」

    友2「……」

    兄「もう動くの無理だわ……食べようか」

    友「おや、今日は普通の弁当ですか」

    兄「今日はって別に……」

    兄(弁当は海苔を敷いたご飯・唐揚げ・プチトマト・レタス・鮭だ)

    兄(弁当に揚げ物は入れない主義だが、唐揚げだけは許せる)

    兄「んまい」モグモグ

    友「その唐揚げはまさか……朝やっていた」

    兄「ああ、自家製だよ。もも肉を生姜・無臭ニンニク・料理酒・醤油のつけダレで漬けて、牛脂で揚げた奴だ」

    兄(ちなみに、別に牛脂じゃなくても良い。油使うのがもったいないからだ)

    兄(俺はめったにやらないが、揚げ物には拘るタイプだ)

    兄(かみしめるごとにぷりぷりの肉から旨みが溢れだし、レモンをあらかじめタレに絞っているので、こってりかつさっぱりとしている)

    兄(これの揚げたてはマジでやばい。カリカリの衣とジューシーな肉のハーモニーを感じながら、がつがつとご飯を口に入れ――麦茶で流し込むッ!!)

    兄(自家製の揚げたて、それは一種の贅沢だ)ドヤァ

    兄「うん、やっぱ冷めても美味いわ」モグモグ

    友「良い匂いです」

    ガララ

    兄「いつまで死んでるんだお前は」

    友2「義妹ちゃんの匂い!!」ガバッ

    兄「え?」

    義妹「お兄さん、少しついてきて下さい」

    妹友「おいハゲ、何義妹をキモい目で見てんのよ」ドゲシ

    友(……机を蹴った)

    妹友2「少しだけ協力してほしい……」

    兄「え、良いけど……」ガタ

    友2「怖い……あいつ怖い……」ブルブル

    友(これは、何かありますね)


    75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/15(火) 17:02:43.69 ID:JScoA0890

    後輩「……この人ですか?」

    義妹「そうです。うちのお兄さんです」ニコ

    妹友「ほら、挨拶」

    兄「兄です。そろそろ説明してくれ。帰りたい」

    後輩「一学年下の後輩です。実は、好きな人がいて、誕生日にお菓子をプレゼントしたいんですけど」

    兄「(なんだリア充の見せつけかよ)いいんじゃね?」

    後輩「ただ、私自身はお菓子作りが下手で……」

    兄「妹友2さんがいるじゃん。俺いらないよね」

    妹友「……?」

    妹友2「私だけでも教えるだけなら大丈夫、だけど、男の好みなども参考にしたいし……何より」チラ

    後輩「うぅ……」シュルッ

    兄「何より?」

    後輩「あうぅ……」

    兄「?」

    兄(目を隠していた前髪の一部をゴムでくくった後輩は、目を合わせてくれない)

    兄(しかし綺麗な目だな……隠さなくてもいいのに)ジー

    義妹「後輩ちゃんは恥ずかしがり屋さんなんです」

    妹友2「そう。つまり、兄くんで克服するのも兼ねている」

    兄「なるほどー」

    妹友「ふん」ドゲシ

    兄「いって……何なのお前」

    妹友「キモい」

    兄「あっそ……」

    妹友2「では、本題に入る事にする。作るのは――」

    妹友2「プリン」キリッ


    82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/17(木) 18:10:07.02 ID:W4U/A35A0

    兄(プリンは、卵・牛乳・砂糖で作る、簡単なお菓子だ。俺もそこそこ作る)

    兄「どんな奴にするのか決めてる?」

    妹友2「兄くんは普通どうやってる?」

    兄「アレンジしてスーパーカップを溶かして卵黄二個、それをカラメルを注いだ容器に入れて蒸すだけ」

    兄(ただ、アイスを溶かせばどうしても細かい泡が残るので、気になるなら半紙などで除くのもいいかもしれない)

    兄(バニラアイスを溶かし、卵を加え、入れる。ただし、うちには蒸し器もオーブンもない)

    兄(ならば鍋だ。容器を鍋に入れ、水を半分くらいの高さまで注ぎ、弱火で蓋をする)

    兄(地獄蒸しと呼ばれるやり方だ。フライパンでも出来る)

    兄(もともと完成されたバニラアイスに卵黄を足すだけなので、砂糖もいらない)

    妹友2「それは初めて聞いた。でも……」

    兄「手作り感に欠ける、って言いたいのは分かってる。だから、こんなのはどうだ?」ゴニョゴニョ

    妹友2「――それはいい。かなりいい」

    後輩「お、お願いします!」

    妹友2「なら、明日の放課後私の家でやろう。みんなで晩御飯もついでに」

    義妹「本当ですか?」

    妹友「妹友2の料理はおいしいもんね。いただくよ」

    妹友2「明日の放課後、うちに来て。材料は揃えておく……」

    兄(……あれ?)

    義妹「お兄さん、楽しみですね!」ニコニコ

    兄「え、俺も行く事になってるけど……」

    妹友2「レシピを知ってる人が来なくては意味が無い」

    後輩「お、お願いします」

    兄「……(マジかよ)」

    妹友「何?」ギロ

    兄「はぁ……分かった、行くわ」

    兄(女子の家に行くとか……妹友さんがいるし)

    兄(憂鬱だ)

    ――
    ジャアナー バイバーイ マタアシタ


    友「……兄」

    兄「ん?」

    友「――「何が」あったのですか?」

    兄「……お見通しか。さすがは親友」

    兄「いや……いい加減区切りをつけないとな」

    友「あれですか……ゆっくりで良いんですよ。一番辛いのは貴方なのですから」

    兄「義妹にはまだ話してない。俺はただの卑怯者だよ」

    友「いいえ、それも貴方の優しさですよ」

    兄「臆病なだけだ」

    友「違います」

    友「――あの人は、まともじゃなかった」


    83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/18(金) 22:27:41.10 ID:iAunAFfw0

    兄「……」ドキドキ

    義妹「お兄さん、挙動不審ですよ、落ち着いて下さい」

    兄「お、おう」

    ガチャ

    妹友2「いらっしゃい」

    後輩「今日はよろしくお願いしますね」ペコリ

    妹友「……」

    兄(家に入った瞬間、女子の匂い、と呼べばいいのだろうか。そんな匂いがした)

    兄「とりあえず洗面器借りる。手洗って……あ、材料は」

    妹友2「もう用意してある」グッ

    兄「さすが。じゃ、行こうか」

    義妹「はい」

    兄(本日作るのは、オーブンを使わないケーキ的なものだ)

    兄(ちっさいフライパンで作る事にする)スチャッ

    義妹「あ、持ってきたのはこれですか」

    兄「そだよー、準備はいいよな」」

    後輩「は、はい」シュッ

    兄「まず、小麦粉を用意、三つの卵を分け、レモン汁を少し加えて卵白を泡立てる」

    後輩「泡だて器、ですか?」

    兄「おう、自分の手で泡立てるんだ」

    妹友「ちょっと、そんなの女の子にさせる気?」ジロ

    後輩「……やります!」ガチャッ

    義妹「後輩ちゃん、頑張って」

    兄「よし、こんなもんか……そしたら次は」

    妹友2「はい」スッ

    兄(すでにバター・牛乳・砂糖・卵黄を練ったものを作っていただと!?)

    兄「お、おう。じゃあそれを混ぜて……」

    後輩「ちょっと重いですね……」ネリネリ

    兄「混ざったら、バターを溶かしたフライパンに入れる。空気が抜けるように、出来るだけ高い所からな」

    後輩「はい!」

    兄「さて、こっからが本番だ……蓋をして超弱火で焼く」

    後輩「どれくらい焼けばいいですか!」

    兄「一時間かな。十秒に一回くらいは濡れ布巾で底を冷ませよー」

    妹友「はぁ!?」

    義妹「手間がかかりますね……」

    兄「ホットプレートやオーブンなら大丈夫だろうがな。心を込めて焼けよー」ソファスワリー

    妹友「ちょっ、そこで丸投げって……やる気あんの!?」

    兄「おう、それとも、出来ないか?」

    後輩「――いえ、やります!!」キリッ

    兄「……いいね」ニヤッ


    85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/20(日) 00:01:27.17 ID:OIlFNMLS0

    兄「おー、良い感じに焼けたな」ホクホク

    後輩「成功ですかね?」

    兄「味見してみるか」

    義妹「あ、私が切ります」サクッ

    妹友「バターの香りだ。何これ?」

    兄「何だろうな。材料的にはケーキなんだが……よくわからん」

    妹友「やっぱふざけてんの?」

    後輩「でも、すごい綺麗な黄色……いただき、ます」オズオズ

    義妹「!」モグモグ

    兄(材料で考えれば、これはカステラに近いか)

    兄(しかし、ふわふわぱさぱさのカステラと違い、これはしっとりもちもちとした食感だ)

    兄(一番近いのがプリンケーキ……だろうか)

    妹友2「表面は綺麗な茶色なのに、中は鮮やかな黄色……」モグモグ

    義妹「でも、素朴で暖かい味です」

    後輩「レシピは覚えました。先輩は、誰にこれを習ったのですか?」

    兄「……」

    義妹「?」

    兄「自分でてきとーに作ったら出来た。ほらよく言うじゃん、失敗は成功のもとって」

    後輩「そうですか」クス

    妹友2「……」

    後輩「ありがとうございます、来週一人で作って、それで……」

    兄「あー、はいはい」


    86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/20(日) 10:42:38.34 ID:OIlFNMLS0

    妹友2「では、そろそろ夕食にとりかかる」

    兄「あ、手伝うわ」ガタッ

    妹友2「兄くんはお客様。手伝わせるような事は出来ない」

    兄「はい」シュン

    兄(そう言うと、妹友2さんはエプロンを着て台所へ向かった)

    兄(何か、こう、新鮮な感じがする。良いねこういうの)

    妹友「……」ギロ

    兄「何すか」

    妹友「キモい」

    兄「お前まじで何なの。言いたい事があるならちゃんと言えよ」

    妹友「別に。話しかけないでくれる?」

    兄「は……?」

    後輩「二人とも、お、落ち着いて下さい」

    義妹「お兄さん」

    兄「……分かった」

    兄(帰りたい)

    後輩「と、所で、兄先輩の友達って誰ですか?」

    兄「友と友2かな。よくつるんでるのは」

    後輩「そうなんですか……」

    義妹「来週渡すんですよね?」

    後輩「は、はい!」

    義妹「頑張って」ニコ

    後輩「頑張り……ます……//」

    妹友2「出来た」コトッ

    兄「鰆、回鍋肉、サラダ、すまし汁か。うまそー」

    妹友2「おかわりもある」

    義妹「いただきます」

    後輩「……うわ、鰆がふわっふわ!」モグモグ

    妹友「でも皮がカリカリ……それに、オリーブオイルで焼いたのかな」

    兄「……ポワレ、か」

    妹友2「正解。皮がカリッとしたら、最後に蓋をして蒸し焼きにした」

    義妹「なるほど……」

    兄「回鍋肉もうめぇ。これは……イカのわたか!」

    妹友2「さすが。この回鍋肉にはわたにお酒と醤油、レモンを加え、煮詰めたソースを混ぜた」

    後輩「塩胡椒で味付けされたイカも、コリコリしておいしいです!」ガツガツ

    兄(わたの濃厚でねっとりとした旨みが、回鍋肉の根強いコクとなっている。さすがだぜ)

    後輩「……おかわり頂きます」ガツガツ

    兄(こいつは大食いかよ)

    兄「よっしゃ、俺もおかわり貰おうかな!」


    87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/22(火) 16:38:41.78 ID:+M1bMGLy0

    ――

    義妹「ごちそうさまでした」

    妹友「美味しかった。さすがは妹友2だね」

    後輩「また来てもいいですか」

    妹友2「もちろん。またこの「五人」で集まろう」

    兄(あれ、さりげなく俺も入れられてね?)

    兄「今日はごちそうさん。それじゃ、帰ろうか」クルッ

    義妹「はい。ありがとうございました」ペコリ

    妹友2「いつでも歓迎する。ばいばい」フリフリ

    後輩「……あ、バスに間に合わない。失礼します!」バヒュン

    兄「速いなー、さすが陸上部」

    義妹「あ、忘れもの……少しだけ待ってて下さい」タッタッタ

    兄「えっ」

    兄「……」

    兄「」チラッ

    妹友「なに」ギロォ

    兄(ふえぇ……こいつと二人っきりとか無理だよぅ……)

    妹友「……あんたはさ」

    兄「ん?」

    妹友「運命とか、神様って信じる?」

    兄「……?」

    妹友「何でもない……そう、あんたには関係無い事だから」

    兄(どういう事だ……突然口を開いたと思ったら、わけわからん事言い出したぞ)

    兄「なんか俺が悪い事した?」

    妹友「別に」

    兄「……あっそー」

    義妹「お待たせしました。行きましょうか」タタタッ

    兄「そうだな」

    妹友「うん」


    89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/23(水) 16:43:42.96 ID:JMprTRqH0

    兄「義妹は……寝たか」

    兄(突然ですが、兄です。宿題を終わらせているともうこんな時間です)

    兄(今まではバイトで速攻寝てたけど、やっぱ辞めたら自由時間が多くなるな)

    兄(そんなわけで、とてもお腹がすきました)

    兄(なら作るしかないだろう、そう――夜食の時間だ)

    兄(夜食の魅力は、何と言ってもその美味さと、「手軽に作れる」という事だ)

    兄(まずは、お隣から分けてもらったバターをフライパンに溶かす)ジュウゥゥゥゥ

    兄(十分温まったら――こいつだ)ゴハンッ!

    兄(素早くフライパンを振りながら、バターをまんべんなくまぶす)

    兄(いい感じになったら、醤油・胡椒を加える)

    兄(この匂いがたまらん。醤油バターマジ最強)

    兄(しばらくしてから、くぼみを作り、卵を割る)カパ

    兄(そして蓋をしてちょっと放置)

    兄(オープン!)ホワアァァ

    兄(そう、これは「醤油バターご飯」だ)

    兄(当然カロリーは高く、お世辞にも健康的とは言えないものだが)イタダキマース

    兄(これがうめえぇぇぇ!!)ガツガツ

    兄(バター醤油。この調味料を吸い込んだご飯の中で、時折感じる胡椒の香り)

    兄(それが食欲を湧き立て、さらに箸が進む!!)

    兄(半分ほど食べてから卵の黄身に傷を付ける)トロー

    兄(これで味の変化が生まれ、まろやかなコクが生まれる)

    兄(うめえぇぇ!!)ガツガツ

    兄「ふぅ、美味かった……」

    兄(スモークチーズも作っておいたし、もう寝る事にしよう)

    兄(それでは皆様、良い夜食を)キリッ


    97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/25(金) 17:25:09.73 ID:lzlH+Et50

    兄「よし、先に行ってるぞー」ガチャ

    義妹「はーい♪」

    兄「……あ、おっさん。おはよー」

    隣人「おっさん言うな。傷つくぞ」

    兄「スモークチーズはもう作っておいたぜ」ニヤ

    隣人「そうか、実はまた北海道の実家からバターが届いたんだが……」ニヤ

    兄・隣人「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

    兄「じゃあ学校行ってくるわ」

    隣人「おう」

    隣人2(何なんだあいつら……)

    ――
    兄「世界史まじちょろいわー」

    友「ほう、次のテスト勝負でもしてみますか?」

    兄「いいだろう……負けた奴は卵一パックだ」

    友2(この秀才どもが……くそ、くそぉ!)

    兄「そろそろ保温型の弁当とか買ってあげた方がいいかなぁ」

    友「どうでしょう……おや」

    友2「ハッ、この匂いh」

    妹友「……」ギロォ

    友2「アーコロッケパンウメーナー」

    友「それ、焼きそばパンですよ……」

    後輩「せ、先輩!!」

    兄「あー、了解」ガタ

    アイツガナンデアンナカワイイコタチト? ノロッテヤル メシテロヤロウノクセニ

    後輩「せせせ先輩、か、改良して持ってきました」ビクビク

    兄「そんな緊張しなくても」

    後輩「だって、そんな……あうぅ」

    妹友2「目を見てこれを渡す。貴女なら出来る」

    後輩「……」ガクガクガク

    兄「……」ジー

    後輩「ど、どうぞ!」

    義妹「及第点……じゃないでしょうか?」

    妹友「まぁこれくらいなら、ね」

    兄「いただきまーす」ヒョイパク

    兄「おぉ」モッシュモッシュ

    妹友2「これは、半分がカラメルソース、もう半分はコーヒーソース……おいしい」モッシュモッシュ

    兄「刷毛で塗った後、ちゃんとカットして爪楊枝も添えてあるな。良いじゃん」

    義妹「コーヒーのほろ苦さと、カラメルの甘さが良い感じです」

    後輩「あ、明日渡そうと思う……んですけど」

    兄「これなら全然オッケーだろ。うまいうまい」モッシュモッシュ

    妹友「――で、相手は?」


    98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/27(日) 12:22:42.93 ID:/6fAUirx0

    ――

    兄「今日は本気の黄金炒飯を作る事にします」キリッ

    義妹「わー」パチパチ

    兄「ぶっちゃけこれで出来ないとか考えられん。メモはいいか?」

    義妹「はい!」

    兄「よし。まずは、米に卵を割りいれ、隅々までなじむようかき混ぜる」カパッ

    義妹「卵かけご飯を作るんですね!」

    兄「そこにごま油だ。分量大匙一ほど」トロー

    義妹「なるほど」メモメモ

    兄「醤油、隠し味に焼き肉のタレを加える」

    義妹「ふむふむ」メモメモ

    兄「鍋にサラダ油を引き、熱々になるまで熱する」ジュウゥゥゥ

    兄「そして、卵かけご飯を入れ、箸を使ってかき混ぜつつブンシャカだ」ジャカジャカジャカジャカ

    義妹「卵で纏まっているようですが、大丈夫ですか?」

    兄「大丈夫だ、五分くらいしてれば……ほら、ほぐれてきた」

    義妹「わ、お米が卵を纏って独立してきました」ワクワク

    兄「もうそろそろだな」ジャカジャカジャカジャカ

    兄「仕上げに塩、胡椒を加える」パッパ

    兄「これでパラッパラの黄金炒飯の完成だ」

    義妹「本当にパラパラですね、お箸で掴めない……」ポロ

    兄「お、ホイル焼きも出来たな」

    兄(ついでに、これはホイルに玉ねぎをびっしり敷き、鮭、バターをほんの少し、コンソメスープを注いで閉じ、鍋に乗せて火をつけたものだ)

    兄「後は生のトマト。さて、いただきまーす」

    義妹「いただきまーす」

    兄(スプーンで口に入れた瞬間、ふわっとした舌触り)

    兄(噛みしめるごとに米の甘みがじわじわと広がり、ごま油の香ばしい味も感じられる)

    兄(米と卵と言う単純な材料だからこそ可能な、シンプルな旨み)

    兄(無論、ホイル焼きもうまい。ホイルを割った瞬間、熱気と共に素晴らしい香りが広がり)

    兄(玉ねぎの甘さと一体化したスープ、ふっくらと蒸された鮭、そして、少量のバターがコクを加える)

    兄「うん、いい出来だな」モグモグ

    義妹「おいしいです」モグモグ

    兄「いよいよ明日だな、後輩さん」

    義妹「頑張ってほしいですね……」

    兄「ま、大丈夫だろ。風呂入ってくる」

    義妹「……?」

    兄「ん?」

    義妹「何でもない……です」

    兄「お、おう」

    義妹(お兄さん……何か変だった……?)


    102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 12:54:00.21 ID:7y3q9bS80

    兄「いよいよだな」コソコソ

    妹友「大丈夫かな……」コソコソ

    義妹「結局、告白するまでは秘密って言ってましたもんね」コソコソ

    妹友2(静かに、誰か来た)

    兄(こいつ直接脳内に……!)

    後輩「……」ガクガクガクガクガク

    兄「くっそ震えてんじゃねーかよ」

    義妹「ギリギリ見えませんね……」

    妹友「……!?」

    兄「あ、あれは……!」

    「あの時の子か。話って?」

    後輩「あ、あの……こ、これ、受け取って、貰えませんか」








    後輩「――友2先輩!!」

    友2「お、何これ?」ガサガサ

    友2「ケーキかな、いっただっきまーす」

    後輩「……」ビクビク

    友2「おー、うめぇ!!」モッシュモッシュ

    後輩「!」

    友2「もっちもちでうまいわ。……ん?」カサ

    友2「これは……手紙?」

    後輩「よ、読んでください」

    友2「……」フムフム

    友2「――なるほど」

    後輩「へ、返事が……欲しいです」

    友2「付き合うのは無理だ」

    後輩「え……」

    兄(真剣な表情になったと思ったら……)

    義妹(即答……)

    妹友2(……)

    友2「俺バカだから、正直恋愛とかよくわからん」

    後輩「……そう、ですか」

    友2「だから、まずは友達から始めないか?」ホレ

    後輩「これは」

    友2「俺のアドレス。暇なら送ってくれ」ニカッ

    後輩「……は、はい!!」

    友2「じゃーな!」

    後輩「やっぱり優しい……あの時、私を救ってくれたみたいに」


    105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/29(火) 22:17:04.01 ID:7y3q9bS80

    後輩「……」

    妹友2「」シュンッ

    後輩「!?」ビクゥ

    妹友2「立派だった」

    後輩「見てたんですね……」

    妹友「まぁ振られた訳じゃないけどさ……」

    義妹「近くのカフェにでも行きましょうか」ニコ

    後輩「全員いるんですね……あれ」

    後輩「――兄先輩は?」




    兄「よう」

    友2「……お前、さては」

    兄「見てました」

    友2「は~……どこから?」ガリガリ

    兄「受け取った所から」

    友2「全部じゃねーかよ!」

    兄「まぁ茶番はここまでで」

    友2「だな」

    兄「あの子と何があったんだ?」

    友2「あのケーキはお前が絡んでたな?」

    兄「教えただけだ。作ったのは本人だし、尋常じゃない手間がかかる」

    友2「そうか……うまかったわ」

    友2「ちょっと前、ある男が夕暮れを歩いていました」

    兄「どうみてもこいつです。本当にありがとうござい(ry」

    友2「その時、近くの暗がりでとある女の子がストーカー的な奴に着けられていました」

    兄「マジかよ」

    友2「ストーカーと思われる人物は、カッターを取り出してその子に近づきます」

    友2「その時、とっさにその男がストーカーに飛び蹴りをかましました」

    兄「……」

    友2「男はその後気まずくなり、逃げるように家に帰りました」

    兄「うわぁ」

    友2「ま、こんな感じだよ。たまたま俺だっただけだ」

    兄「そっか、とりあえずラーメン屋行こうぜ。お前のシリアスモードは見てて歯痒くなる」クルッ

    友2「何だよそれ」ニヘラ

    兄「……ごめん、財布忘れた」

    友2「友の畑でも見に行くか。耕してるだろ」

    兄「……」ジー

    友2「ん?」

    兄「……何でもねーよ」ニヤ

    友2「おい、その意味深な笑みは何だ、ちょっ、ニヤニヤすんな!」


    108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/30(水) 16:52:01.82 ID:ZbXg2ogW0

    後輩「……友2先輩は私の事嫌いなのかな」

    義妹「そんな事無いと思います。わざわざ嫌いな人を助けたりしないでしょうし」

    妹友「気になってたんだけど……そのストーカーはどうなったの?」

    後輩「怖くて逃げたんでよく分かりません」

    妹友2「それは危険。何故それを言わなかった」シュビビビビッピロン

    義妹(スマホを超高速で打ってる……)

    後輩「え?」

    妹友2「その男と面識は?」

    後輩「顔をよく見ていないので何とも……」

    妹友2「もしそうなら、その男は逆上して襲い掛かってくる可能性がある」

    妹友「……」ギロ

    妹友2「顔を見られていないなら、ある程度動ける――後輩と友2くんが危ない」


    109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/01(木) 11:10:24.93 ID:Zgr7MWq70

    兄「あ、メールだ……妹友2さんか」

    兄「……何!?」

    友「どうしました?」

    兄「おいハゲ、ストーカーの特徴とかは」

    友2「ただの坊主だよ! フードとマスクとグラサンしてたからなぁ」

    兄「お前と後輩を逆恨みして襲う可能性がある」

    友2「考えてなかった」テヘッ

    友(……)

    友「何があったのかは察しました。これからは一人で帰らないようにして下さい」

    兄「部活ある時はしゃーねーけど、無い時は三人で帰るか……後輩はどうする?」

    友「彼女も一人にしないよう気を付けましょう。もっとも、あの人がいるので多少はマシでしょうが」

    兄「妹友さんか……あれでも女だし、いざと言う時はやばくね?」

    友「ふむ……「彼」に協力してもらいましょうか」

    友2「まさか、あいつか?」

    兄「出てきそうだなぁ……行ってみるか」ピロン

    ――

    兄「うぇーい」コンコン

    「……」ガチャ

    兄「ちょっと良いか?」

    「……」コクン

    兄「実はなー」カクカクシカジカ

    「……分かった」

    兄「そっか、助かるわ……謎男」

    謎男「別に気にしてない……多分」

    兄「多分?」

    兄(こいつは、引きこもりの謎男)

    兄(成績は圧倒的によく、身体能力もドン引きするレベルだ)

    兄(しかし学校にはほとんど来ない。定期的に出席日数の調整のために来る程度だ)

    兄(簡単に言えば学校をサボっているだけだ。たまに一人で山へ行っている。そして――)

    謎男「そいつの体型は……?」

    友2「そこまで高く無かったな。ちょうど兄みたいな体型で……ハッ」

    兄「こっち見んな」

    謎男「普通ってとこか……凶器さえ持ってなかったら兄でも戦いにはなるね」

    兄「狂気なら満ち溢れてるだろうけどなぁ」

    謎男「とりあえず、しばらくは行動する……殺人未遂してるゴミは捨てないと」ギラ

    兄(野性的な目つきになった……)

    謎男「しばらくはその子の帰りを見送る……任せておいて」

    兄「助かるわ」

    謎男「良い……今度ケーキでもおごってくれれば」

    兄(そして、甘党と言う一面がある)


    114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 17:50:39.91 ID:W1gOtdIP0

    義妹「あ、お兄さん。お帰りなさい」

    兄「ただいまー」

    義妹「その……後輩ちゃんの事なんですが」

    兄「メール来たよ。しばらくは固まって帰ってやってくれ」

    義妹「はい。友2君も心配ですが……」

    兄「あいつは心配ないよ。後、謎男って奴もしばらく送ってくれるからな」

    義妹「誰ですか?」

    兄「学校サボってるけど良い奴だよ。ほら写メ」

    義妹「この人、この前クレープ屋さんで五つも買ってた人です!」

    兄(何やってんだよあいつ……)

    兄「そうか、まぁ……知ってるならやりやすいか。後輩にも説明してやってくれ」

    義妹「はい……」

    兄「……心配すんなって。さて、おやつでも作ろうか」ニコ

    兄(卵を分け、白身に軽く砂糖を加え、全力で泡立てる)ガチャチャチャ

    兄(もったりとして角が立ったら、小麦粉を加えて)ファサァ

    兄(湯煎したビターチョコに珈琲を加えたもの、卵黄を加えて混ぜ)ドロー

    兄(100均で買ったココット皿に流し入れ、強火のトースターに入れる)ガタン

    兄(後は様子を見ながら焼き、焦げそうになったら弱火だ)

    兄(ぷっくらと膨らんで焼けたら完成)チーン

    兄「フォンダンショコラだよー」(材料費 140円ほど)

    義妹「甘い匂い……」ウットリ

    兄「いただきまーす」サク

    義妹「中身がとろとろです」ハム

    義妹「んー♪」ニコニコ

    兄(サックサクの表面にスプーンを入れると、中から甘い香りと、とろけるチョコが現れる)

    兄(ビターチョコにコーヒーも加えてあるので、甘すぎない大人な味だ)

    兄(アーモンドプードルを混ぜてもいいかもしれないな)

    兄「うまうま」

    義妹「ごちそうさまでした」カタン

    兄「さて、くつろぐか」ゴローン

    義妹「そうですねー」

    兄「背中に乗るな。重い」

    義妹「女の子に向かって重い……?」ゴゴゴゴゴゴ

    兄「嘘ですごめんなさい羽のように軽い義妹マジ女神です」

    義妹「まぁ……良いですけど」テレテレ

    兄(ちょろい)

    義妹「とか思ってたらお風呂一緒に入りますけどね」ジー

    兄(心を読みやがった!?)

    兄「まぁまぁ」ナデナデ

    義妹「全く、お兄さんは……♪」ニコニコ


    117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 15:36:52.33 ID:e0r/3PSF0

    ――

    兄「さてと」

    友「おや、何処へ?」

    兄「図書室にでも行こうかなーと。借りた本の期限ヤバいし」

    友「では行きましょうか」

    友2「そうだな」

    兄「ただあの人がいるからなー、面倒くせぇ」

    友2「あの人?」

    友「あぁ……」

    友2「誰だよそれ?」

    兄「お前滅多に行かないもんなぁ。もう着いたし分かるよ」ガチャ

    「やあ兄君。持ってきたかな?」
    「兄君じゃない。久しぶりね」

    兄「ちゃんと持ってきましたよーだ」

    友2「えーっと」

    兄「ああ、名前な。こっちのちっこい女「みたいな」顔の奴が……」

    図書娘「図書委員の図書娘です」ニコ

    友2「どうも……(どうみても小柄な女子にしか見えん。これで男子かよ)」

    兄「で、このイケメンが」

    会長「イケメンって言われても嬉しくないわね……生徒会長をしてる会長よ」

    友2「……?」

    友2「どうも」ペコリ

    兄「ちなみに髪短いけどオネェじゃなくてちゃんとした女だよ」

    会長「失礼ね……先輩への敬いが足りないと思うんだけど」

    兄「返却カードくれー」

    図書娘「ああごめんね。はい」スッ

    会長「スルー?」

    兄「……あれ、後輩の名前が」サラサラ

    兄(「誰でも出来る美味しい家庭料理」「初心者のための包丁マナー」「基本のクッキー生地」「これはうまい、絶品ご飯」「こねこちゃんがかたる、ぶらっくきぎょうのげんじつ」などを借りている)

    兄(一ヶ月前から頻繁に来ている。やはり努力していたんだな)

    会長「彼女なら少し前から来るようになったわ。随分とお菓子を勉強していたみたいだけど」

    兄「……」

    友「そうですか、最後に来たのはいつ頃ですかね?」

    会長「12日前。最後は「自分の勇気を知る本」を借りてたはずよ」

    図書娘「会長、僕の仕事取らないでください」

    兄「そもそも何で会長様(笑)がここにいるんですか」

    会長「本の匂いって好きなの」

    兄「俺は珈琲とか紅茶の匂いが好きですね」

    図書娘「あ、今度紅茶ごちそうするよ。僕紅茶入れるの得意なんだ」

    兄「ほほう」


    118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/06(火) 10:44:59.67 ID:f4QL0wc60

    兄「お、来たか」

    義妹「はい」

    兄「しばらくはこの謎男に送ってもらう」

    後輩「よ、よろしくお願いします……」

    妹友「……別にそんなのいらないけど」ギロ

    謎男「……」

    妹友2「しばらくお願いする」ペコリ

    謎男「気にしてないよ……多分」

    友2「なんかごめんな、俺があんな中途半端な事したから」

    後輩「い、いえ、全然大丈夫です!」

    兄「じゃ、頼むぜ」

    謎男「任せておいて」

    ――

    兄「友、どう思うよ」

    友「おそらくは同じ事を……ですが、決めつけるのにはまだ早いですね」

    友2「?」

    兄「ま、しばらくは様子見って事で……明日朝市やってるらしいけどさ、行くか?」

    友「もちろん」

    友2「行くに決まってるじゃん?」

    兄「フヘヘ……あなご天……サンマ……タコ天……」

    友2「おい、兄がおかしくなったぞ」コソコソ

    友「あの朝市は安くて美味しいですからね……」コソコソ

    兄「あ、俺今日ここに寄りたいんだけど……」

    友「構いませんよ。待っています」

    兄「サンキュ。すぐ戻ってくるから」

    友2(え、此処って)

    【珈琲 森のせせらぎ】

    兄「どうもー」カランカラーン

    マスター「やぁ」

    兄「さっそくですけど」

    マスター「うん、もう時間的にも大丈夫だよ。はい」

    兄「ありがたい」

    兄(ここのマスターとはちょっとした知り合いだ)

    兄(たまに店が終了する時間帯に、使い終わった出がらしを貰っている)

    兄(もともとは廃棄されるだけの、ただの土のように見えるが、紙コップにいれて布で包むと、消臭効果とコーヒーの香りがじんわりと広がる)

    兄(うちではトイレに置いている。結構使えるんだこれ)

    兄「ありがとマスター。また飲みにくるわー」カランカラーン

    マスター「うん。待ってるよ」ニコ


    マスター「……兄も変わったなぁ」


    120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/07(水) 17:15:39.12 ID:09TubdOm0

    ガヤガヤ イラッシャーイ ヤスイヨヤスイヨー

    兄「良いなぁ朝市の活気は」

    友2「フオォォォオォォ!!」

    友「……」ジトー

    友2「ちょっとテンション上がっただけだから。そんな目で見ないで下さい」

    謎男「……」

    兄「おっうま」ヒョイパク

    友「エイのひれの干物ですか……おぉ、良い味です」

    兄「お、見っけた」

    兄「一つ下さい」キリッ

    おばちゃん「ありがとーね、葱と醤油は大丈夫?」

    兄「大丈夫です」チャリン

    おばちゃん「はい、あなご天とご飯(並)! 熱いから気をつけやー」

    兄「フヘヘ……これだよこれ」ニヤニヤ

    友2「あなごの天ぷら……だと!」

    兄「いただきます」サクッ

    兄(朝市と言えばやはりあなご天……!!)

    兄「さくさくの衣に歯を立てた瞬間、ふんわりとした舌触りのあなごが!!」

    友2「ゴクリ」

    兄「口の中に広がる滑らかな旨み! シャキシャキとしたねぎと醤油がまたうまい!」

    友2「……」ブルブル

    兄「これでご飯をッ!! 頬張るッ!!」モグモグ

    兄「……うめぇぇぇwwwww」

    友2「もう辛抱できねぇぇぇぇぇ!!」オバチャン、ヒトツクレー!!<ハイヨー

    友「おお、素晴らしい味です」モグモグ

    謎男「うまいねこれ……」モグモグ

    友2「お前らいつの間に……いただきまーす」サク

    友2「」

    友2「兄……お前は……最高だぜ……!」ガシッ

    兄「フハハハ、そうだろうそうだろう!」ガシッ

    友「タコ天などもあるようですね……謎男?」

    謎男「見 つ け た」バキュゥン

    兄(妹友2さんを超える速度で移動しただと……!?)

    謎男「これと……あとこれ」

    お爺さん「まいど」

    謎男「うまそう……」

    兄「苺大福と桜餅……白あんとは分かってるな」

    謎男「……うまい。特に桜餅が最高」モグモグ

    兄「どれどれ」コレクダサーイ

    兄(ほほう、こしあんの滑らかな甘みに、桜葉の塩っ気が絶妙なバランスだ)


    121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/08(木) 17:17:48.06 ID:Ir4fX4u80

    兄「ふー、楽しかったな」

    友「お土産のしらす干しも買いましたし、もう帰りましょうか」

    友2「今からだとバス遅いぜ。電車乗るか」

    兄「……電車か」

    友「あっ」

    友2「?」

    謎男「まぁ急いでないし……バス待とうか」

    友2「別にいいけど……?」

    友「」ホッ

    謎男「ここの和菓子はキてる……」モグモグ

    友2「ゆっくり食いたいだけかよ」

    友2「しかしお前が来るなんて意外だよな」

    謎男「別に学校で学ぶ事なんか無いだけ」モグモグ

    兄「ハイスペックすぎだろ……」

    友2「寝ていても学力が全く落ちないとは……」

    謎男「退屈だ、釣りや山の探索をする方がよっぽど楽しい」

    兄「もう飛び級とかやっちまえよ」

    謎男「それは困る……お前らとこうしてたまに遊べない」

    兄・友・友2「えっ」

    謎男「失言したか……寝る。着いたら起こしてくれ」

    友「はいはい」クスッ

    友2「寂しいのか、寂しいのか謎男ちゃんは(・∀・)」ニヤニヤ

    謎男「……」シュッ

    友2「ぐふぅ!?」

    兄「ナイスパンチ!」グッ

    友「今のは擁護できませんね」

    友2「ちょっとは心配……しろ……」ガクッ


    122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/09(金) 14:58:24.99 ID:iq/QJ8Hj0

    ――
    兄「ブリのごついアラ買ってきたよー」

    義妹「お帰りなさい」ニコ

    兄「すぐお昼にするからなー、100均で面白いの買ってきたし」

    兄(ブリのアラはまず熱湯に通し)ドボン

    兄(塩・胡椒・バジルで臭み取りをする。まぁバジルはあったから使っただけだ)

    兄(鍋に醤油・料理酒・生姜・麺つゆの適当なタレを作り、入れる)

    兄(そして、こいつだ)テッテレー

    兄(片面は落し蓋・もう片面には三本の足がついていて、蒸す事が可能なものだ)ドヤァ

    兄(つい衝動買いしてしまった)

    兄(適当に切った大根を入れ、こいつを上から乗せて、弱火でじっくりと煮る)カチッ


    兄(……もうそろそろ大丈夫だな)




    兄(次はご飯を用意し)

    兄(庶民の味方、豆腐から出来た油揚げさんを用意)スチャ

    兄(軽く炙ってやり、いい感じになったら四つの正方形に切る)

    兄(それをご飯に乗せ、大根おろしを少々)

    兄(それを囲うようにしてしらすを乗せるッ!!)

    兄(最後に、大根おろしに醤油を少しだけ)タラーリ

    兄(よくある、油揚げとしらすご飯だ)

    兄「いただきまーす」

    義妹「ブリが柔らかい、それにトロトロです!」モグモグ

    兄「生姜があるとかなり変わるな、大根もいけるぜ」モグモグ

    兄「油揚げご飯もいただくか」

    兄(香ばしい油揚げに醤油を吸った大根おろしの爽やかさ、しらすが全体的に味を上げている)

    兄「こいつもうまい!」ガツガツ

    義妹「どうしてこんなにも合うのでしょうか?」モグモグ

    兄「もはや運命的な何かを感じるよな」

    ーあんたはさ、運命とか、神様って信じる?-

    兄「……」

    義妹「どうしました?」

    兄「いや、別に何も……でも」


    兄「そろそろ割り切らないとな、と思ってな」ニコ


    127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 12:57:32.18 ID:DJ+94J1Q0

    兄(その翌日。いつもの平凡な日常は、ある一通の手紙によって崩れ去った)

    友2「誰だよ……こんな事した奴は……!!」

    兄(友2のロッカーを開けると、ズタズタにされた靴と、一枚の紙)

    【許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さな許さない許さない許さない絶対に許さない】

    兄(それには、許さない、と殴り書きされた文字が羅列していた。筆圧の強さから見るに、相当な憎しみが込められているようだ)

    友「誰がこんな事を……」

    友2「……」

    兄(これで、犯行は学校内の人間に絞られたわけだ)

    兄「謎男に連絡を……あ、あれは」

    後輩「こ、これ……」

    義妹「……」

    友「どうされました……これは!」

    【愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる】

    兄(後輩が持ってきた手紙には、先ほどとは違い、狂気を感じるほどに丁寧な文字がびっしりと並んでいた。)

    友2「後輩にも……あいつ……」

    妹友「絶対に見つけ出す」

    妹友2「すでに入っていると言う事は、昨日の夜遅くか今日の朝早く……」

    兄「昨日は学校休みだったから、行けるのは部活をやってる奴か」

    妹友「あんたは絶対に守るから、一人で帰ったらダメだよ」

    後輩「……はい……」

    謎男「……」シレッ

    兄「うおぉ!」ビクゥ

    謎男「どうする、先生に言うか?」

    後輩「そ、それはやめて、下さい!」

    謎男「……何故?」

    後輩「目立ちたく……無いんです、それに」

    後輩「友2先輩に、迷惑かけたくないから……」

    友2「後輩……」

    妹友「……今回は特別。次何かされたら問答無用だからね」ハァ

    友2(……この紙の匂い、どこかで)

    兄「そろそろ戻ろうか、時間だ」

    友「そうですね……何かあったら遠慮なく言ってください」ペコリ

    友2「じゃあな……」

    後輩「……はい」シュン


    ――

    【森のせせらぎ】

    兄「おぉ、ドアの隙間からアップルパイの匂いが」クンクン

    友「このシナモンの匂い……たまりませんね」ウットリ

    友2「……!?」

    友2「なぁ――まさか、とは、思うんだけどさ」


    128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 12:31:48.64 ID:38GpL3YT0

    (可愛い……)

    後輩「……」オドオド

    (その怯える顔。不安げな足取り。引き締まった美しい足)

    (全てが魅力的……壊してしまいたくなるくらいに)

    (このナイフで指を切り落として保存しよう)

    (愛してる……誰よりも、心の底から。あの男なんかに渡したりはしない!!)ダッ

    後輩「……ひっ!!」ビクッ

    謎男「あいつの言った通りか……ゴミ処理の時間だ」ギラ

    「ああああああぁぁぁぁ」ブン

    謎男「とりあえずは全力で帰って。お前が出来るのはそれだけ……」スカッ

    後輩「は、はい!!」ダッ

    謎男(さて、どうするか……腹に帯を巻いてあるが所詮気休め程度。相手はナイフを持ってる。リーチは60㎝と考えた方が良いな)

    「殺してやる……邪魔をする奴は全員眼球を抉りとってやる!!」

    謎男(ひどく興奮しているな……力ずくでねじ伏せるしかないか)

    謎男(こんなゴミは見てて吐き気がする)チラ

    「……死ねぇ!!」ダッ

    謎男「こんな戦闘は、まず「絶対に刃物を持っている相手のリーチに入らない」」ダッ

    謎男「次に「突きと頭への攻撃だけは確実に回避出来るように意識を向け」」キュッ

    「あああぁぁぁ!!」ブン

    謎男「「わずかな隙を見せ、乗ってきた所をステップで避けて」」スカ

    謎男「――「手首に強烈なダメージを与える」」ドコ

    「うっ……!?」ポロ

    謎男「痛いだろう……俺の蹴りは」

    謎男(そのまま体制を崩させてと……腕ひしぎでもかけておくか)ギリリ……

    「離せ、離せ離せ離せ離せ離せ!!」ジタバタ

    謎男「ゴミが人間みたいに喚くな……耳障り」ギリギリ

    謎男「その腕へし折るぞ?」

    「……」ゾッ

    友「お疲れ様です」グルグル

    謎男「しっかり腕縛っておけ……完全に理性飛んでる。ちゃんと証拠の動画もあるだろうな」

    友「勿論ですとも。今日はよく喋りますね」

    「ころ、じてやる!!」

    友「貴女はどうして大切な物をわざわざ壊そうとしたのですか?」

    友「……会長さん」

    会長「殺そうとしてない、ただ、指を一本だけ貰おうとしただけ!!」

    兄「レズに興味は無いが……頭おかしいんじゃねえの」

    会長「邪魔するな、私の初恋を!!」

    友「なるほど……」


    友「ふざけんなよお前」


    130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 14:15:57.40 ID:38GpL3YT0

    友「後輩がどれだけ怖かったか分かってんのかよ」

    会長「私の愛だ!」

    友「指を切り落とそうとしておいて……自分の頭がおかしいのを正当化してるだけだろ?」

    会長「私は誰よりも愛してるわ! あんな男よりも私の方がふさわしい!」

    友「……会話が通じないな」

    兄(ああ、気持ち悪い)

    ー回想ー

    友2「もしかしたら……あの会長って人が犯人かも」

    友「何か気付きましたか?」

    友2「犯人に飛び蹴りかました時にさ、ほんのりだけど……この、シナモンの香りがしたんだよ」

    兄「……」

    友2「図書室で初めて対面した時、どこかで嗅いだ匂いだなって思ったんだけどさ」

    兄「そうかもしれないな」

    兄「あの人さ、やけに後輩に固執しているように見えたんだよ。図書係のあいつよりも早く借りた本を言ってたし、「流暢に話せすぎ」と思った」

    兄「でも、唯一説明出来ないのは」

    友「ええ……あの人は女性です」

    兄「だよな……今はただ怪しいってだけだし」プルル

    友2「お、電話きてんぞ」

    兄「はいはいっと」ピッ

    義妹「お兄さん……その」

    兄「ん、何かあったか?」

    義妹「朝、後輩ちゃんが手紙を見た時に、その……」

    兄「ああ、何かぼーってしてたな。何かあったのか!?」

    義妹「見ちゃったんです、向こうの校舎で、生徒会長の人がこっちを見てて……」

    義妹「にたぁっ、て笑ってたのを……」ブルブル

    兄「……分かった、一人で帰るなよ」ピッ

    友「どうでした?」

    兄「会長っぽいわ。確信は持てないけどな。ならレズビアンか……」

    友「あんな格好いい人があの手紙を……」

    兄「よし、決めた」

    友・友2「……?」

    兄「ハゲは会長に見つからないように謎男達と行動。後輩が部活終わったら、わざと人気のない通りを歩かせる」

    友2「坊主だよ!」

    兄「後輩の近くには謎男。一応顔を見られてるらしいから、会長に気付かれないように動く」

    兄「俺は会長の後ろを尾行する。逐一電話で状況を報告するから」

    友「危険です、私が……」

    兄「お前は謎男といてくれ。三人もいたら十分取り押さえれるだろ」

    友「分かりました」

    兄「後は、会長の見てる所で、友2が後輩とちょっと親しげにしてれば良い。すぐ喰いついてくるだろ」

    友2「了解」
    ――


    136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/26(月) 13:46:50.22 ID:ggFj43A30

    兄「お前のさ」

    兄「‘愛’って何なの?」スゥ

    友(まずい、兄が)

    会長「後輩のためなら死ねる、それくらいの気持ちよ!」ハァハァ

    兄「そうか、じゃあさ」スッ

    兄「今死ぬ?」ジィッ……

    会長「……!?」

    兄「お前が死なないなら、今から後輩を呼び出して殺しにいくけど」

    会長「なっ……(本気の目をしてる!)」

    兄「ほら、死ねるんだろ? はよ」

    友(兄の目が、昔のような虚ろな目に!)

    会長「わ、私は!」

    兄「所詮お前らの言う‘愛’なんてそんなもんなんだろ」

    兄「いつ後輩が好きになったの?」

    会長「初めて会った時からよ!!」

    兄「何で?」

    会長「は……?」

    兄「何でそんな簡単に人を好きになるの?」

    会長「好きになる事に理由なんて……」

    兄「表面しか見てないじゃん」

    会長「私はそれからずっとあの子の事を」

    兄「だから表面だけ見て好きになって、それから中身を知ろうとしたわけじゃん」

    兄「何でそんな軽々しく人を好きになれるの?」

    会長「軽々しくなんか」

    兄「なあ、何でだよ」グッ

    会長「あ……カッ……(息が……!)」

    友「そこまでだ、兄」ドゴッ

    友2(友が兄に攻撃した!?)

    友「落ち着け……」

    兄「チッ、お前も敬語消えてるじゃねーかよ……まぁいいか」

    兄「すまん、ちょっと血がのぼってた」

    友「分かればいい……ですよ」

    謎男「もういいだろ……こいつを警察に連れてく、それだけ」

    友2「なぁ……会長」

    会長「何よ……」

    友2「兄にビビってるのは良いけどさ、何で俺に危害を与えなかったんだよ」

    会長「お前に汚される前に、私があの子を……」

    友2「どこまでも自分の事だけか……あいつがどれだけ怯えてたか……!!」

    友2(あれ、何で俺はこんなに会長の事が……)

    友2(そうか、これが――)


    137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 18:20:40.51 ID:VQka5DVr0

    兄(それから数日後。事件が終わり、いつもの日常へと戻った)

    兄(会長は警察に引き渡された。詳しくは知らないが、後輩曰く「もう会う事は無い」との事)

    兄(そうして、俺達の平穏な日々は元に戻った――ある一点を除いて)

    後輩「はい先輩、あーん」

    友2「ちょww自分で食えるしwww」パク

    後輩「とか言いながら食べるくせにー」

    友2「後輩の弁当が美味いのが悪い」モグモグ

    後輩「あ、ご飯粒ついてますよ」ヒョイパク

    友2「お、おう……」テレテレ

    兄(こいつらがくっつきやがった)ビキビキ

    友「……」

    兄(先日の一件があり、友2は「守りたい人が見つかった」とメールを送ってきた)

    兄(そうして学校に行ったらこれだよ!!)

    兄「友……負担はお前にかかるが、頼みがある」

    友「何でしょうか?」

    兄「ちょっと、面白い事をな」ニヤァ


    138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/28(水) 18:54:49.28 ID:VQka5DVr0

    ――

    友2「くそ、明日までにこの課題終わらせねえと……」カリカリ

    友2「もう12時か……腹減ってきたなぁ」テレーン

    友2(この時間帯に友からメール?)

    友「動画が入ってる……まさか……」

    兄『やぁ、今頃山のように溜まった課題をやっている頃かな?』

    兄『所で友、こいつをどう思う?』スチャ

    友『すごく……丸いです……』

    兄『そうだな、これは友の畑で採れた新じゃがだ』

    友『その新じゃがを丁寧に洗います』ジャー

    友『そして、小鍋に油を注ぎ』トポポ

    兄『火を点け……そして』

    友「ま、まさか……」

    兄『じゃがいもを入れる』ジュウゥゥゥウゥ

    兄『揚がったら油をよく切り、十字に切れ込みを入れてー』アチチ

    友『バターを乗せ、醤油を少々』

    兄『では』

    友『いただきます』

    兄・友『……』カプ

    兄・友『』ニッコリ

    友「こっち見んなクソがあぁぁぁ!!」

    兄『プチッとした皮の歯ごたえと、溢れるホックホクの新じゃがの旨み、それを包むバター醤油』

    友『やはりじゃがバターは正義ですね』

    兄『そうだな――そしてこいつですよ』タキタテゴハンッ!

    兄『はい、こちらは豚バラです。それに100円のチーズを乗せてねー』

    兄『くるくると巻くのですよ、お爺さん』

    友『ほほう、左様ですか』

    兄『そしてフライパンに油を引いてね』

    兄『塩胡椒して焼く。これだけ』ドヤァ

    友『おぉ、豚肉のジューシーな匂いに、チーズのとろける香りが……』

    兄『はい、ご飯に乗せた皿に豚バラチーズ巻きを乗せて』

    友『レトルトのカレーを投入します』

    兄『ではいただこうか』

    友『はい』

    兄『あえて辛口にしたが、どうよ?』

    友『素晴らしい、豚バラをスパイスの鋭い香りが包み込み、口に入れるとジューシーな旨みが!』

    兄『しかもトロリと口の中でとろけるチーズのコクが、さらにカレーと合う!』

    兄『ご飯が進むな』ガツガツ

    友『全くですね』ガツガツ

    友2「ああああああああぁぁぁ!!」


    144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/29(木) 16:59:07.71 ID:2gVylA8A0

    友2「……」ガラッ

    兄「友2さんちーっすwwwwwwwwwww」ニヤニヤ

    友2「おかげで全然集中出来なかった……」ゲンナリ

    兄「ごめんなー、いやぁしかし美味かったわ^^」

    友2「てめえぇぇ!!」

    友「あれはちょい足しと呼ばれる何かですか?」

    兄「ちょい足しにしては手が込みすぎてるけどな」ピロン

    兄(ん、妹友2さんからだ)

    妹友2【昨日挑戦してみたよ。笑 なかなか綺麗に出来たと思うけど、兄くんの感想を聞きたいです!】

    兄(これは……トマトをくりぬいて、中にトマトのジュレとコンソメゼリーを詰めたものだ)

    兄【フレンチの前菜っぽいね。トマトのジュレとコンソメゼリー的な物を組み合わせるとはさすがだわw】テレン

    兄「それにしてもさー」

    友「……ええ」

    友2「?」

    後輩「?」

    兄「くっつきすぎなんだよお前ら!」

    友「まさかホームルーム寸前まで来るとは……」

    後輩「えー、だってー」

    友2「なー」

    後輩「ねー」

    兄「うわキッモ」

    友「ゴリラがリスの物まねをしているようですね」

    友2「だから厳しいんだよお前らは!」

    ――

    兄(放課後。突然図書娘(男)から連絡があり、今日うちに来ることになった)

    兄(前話していた紅茶を入れてくれるらしい。楽しみだ)

    兄(紅茶と合うかは微妙だが、俺もおやつを作ることにする)

    兄(バニラアイスを溶かします)

    兄(溶けたら卵白を入れてよく混ぜます)カチャチャ

    兄(余った卵白は、豚バラチーズ巻きなどを焼く前にまぶせば、白身の膜が出来て肉汁が逃げにくくなる)

    兄(砂糖を熱してカラメルを作ります)ヂゥゥ

    兄(これをお湯でのばすわけだが、ざるなどの上から注ぐと、弾けたカラメルで火傷をしない)バチュゥン

    兄(よく混ざったら何度か濾す。二回くらいでオッケー)

    兄(そしてカラメルソースを注いだ器に入れ、蒸すッ!!)カチッ

    兄(前にも言ったが、このプリンはカラメル以外に砂糖を使わないのが楽だ。バニラエッセンスも要らないし)

    兄(唯一の欠点は、アイスに細かい気泡がついているので、蒸し終わった表面が気泡だらけな事だ)

    兄(まぁ中は大丈夫だから、気にしないにこしたことはない)

    兄(後は冷やしておけば完了っと)バタン

    ピンポーン

    兄「……お、来たか」


    147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/01(日) 14:45:59.49 ID:9lrpdZSP0

    兄「いらっさーい」

    義妹「ただいま」ニコ

    図書娘「おじゃまするねー」

    兄「おー。義妹も一緒だったのか」

    義妹「図書娘ちゃんとはよく話しますよー」

    図書娘「だからちゃん付けはやめようか」

    兄「図書娘ちゃん」ニヤリ

    図書娘「もー!」

    兄「まぁまぁ、紅茶用のカップでも用意するから」ガラ

    図書娘「じゃ、ポットも持ってきたし淹れようかな」

    兄「お、どれどれ」

    図書娘「まず、鉄が含まれてるポットは使わないんだ。何かよくないらしいよ」

    兄「ほほー」

    図書娘「水道水を汲みます」ジャー

    兄「あ、水道水でいいのか?」

    図書娘「うん。酸素の濃度がどーとかでいいんだってー」

    図書娘「はい、鍋に注いで沸騰させます」カチ

    図書娘「ちょっと多めにね。あ、カップ貸して」

    兄「?」ホラヨ

    図書娘「入れる前に、別のお湯でポットとカップを温めておきます」

    義妹「あ、よく聞きますね」

    図書娘「おっきい泡がブクブクしてきたら火を止めて―」

    図書娘「ポットに茶葉を入れて、お湯を注いでさっと蓋をします」

    義妹「蒸らすんですね!」グッ

    兄「あー、そーゆーの珈琲に似てんなぁ」

    図書娘「個人的には高い所から注ぐ方が良い感じかな。はい、後は三分くらい置いとくだけっ!」ニパー

    兄(天使が降臨なさった)

    義妹(とか思ってたら……)

    兄(こいつ直接脳内に……!?)

    義妹(妹友2さんに教えてもらいました)

    兄(習得できるもんなのかよ)

    図書娘「でっきあーがりー♪」

    兄「合うかは知らんが、プリン作ってたんだ」ガチャ

    図書娘「あ、実はクッキーも持ってきたんだ。食べようか」

    兄(何でこいつ男なの。マジで)

    義妹(全くですねー……)

    兄「まぁ、いただきますか」

    義妹「はーい」ニコ

    図書娘「いただきまーす」ニコニコ

    兄(全く、俺も随分と……あ、ヤベ、これも聞かれてるんだった)


    149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 23:36:48.12 ID:syl0WTMW0

    兄「では」

    図書娘「いただき」

    義妹「ます」

    図書娘・義妹「いぇいっ!」ハイタッチ

    義妹「では、紅茶をいただきます」ズズ

    兄「おぉ……芳醇な香りと香ばしい味わいが……心地よい苦みだな」

    図書娘「いつもと一味違うでしょ?」ドヤ

    義妹「香りでリラックスできますね、クッキーもおいしい」モグモグ

    兄「これは……オレンジ?」

    図書娘「そ、オレンジピールを混ぜてみました」

    義妹「オレンジの風味が紅茶と合いますね」ゴク

    兄「午後の一日をゆっくり過ごしたくなる味だな」ゴク

    兄(これが癒しオーラか……)

    義妹(羨ましいですね……)

    兄(お前もそこそこ放ってるじゃん)

    義妹(……ふふ)

    兄「では、俺のプリンも出すことにしようか」コト

    図書娘「兄君のプリン……いただくね」

    義妹「!」

    兄「フッ」ドヤァ

    図書娘「普通のとちょっと違う……これ、ティラミスみたい!」

    兄(そう、俺流プリンは表面はしっかりと固まっているが、中身はティラミスのようになっている)

    義妹「こってりしてて、すごい緻密な舌触り……それを苦めのカラメルソースが、甘ったるくしないようにしてます!」

    兄(まぁアイスには生クリームが入っているから、必然的に普通よりも濃厚な味になるな)

    兄「うまうま」モグモグ

    図書娘「さすが兄君だね!」ニコ

    兄「まーな」ドヤァ

    義妹「……」ジトー

    兄(?)

    義妹(お兄さんがデレデレしてる……)

    兄(してねーよ。後ナチュラルに脳内に送んのやめてくんない?)

    義妹「ちっ」

    兄「今舌打ちしたよね?」

    義妹「気のせいですよ」

    兄「よしよし」ナデナデ

    義妹「その手にはかかりませんよ?」

    兄「チッ」

    義妹「今舌打ちしましたよね?」

    兄「気のせいだよ」

    図書娘「二人とも仲良いねー♪」ニコニコ


    154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 18:06:16.11 ID:HwOHbNn20

    兄「え、焼き肉?」

    妹友2「そう、たまには息抜きも必要」

    兄「本音は?」

    妹友2「最近接点が無くて寂しい」キリッ

    兄「……お、おう……良いんじゃね?」

    妹友2「兄くんならそう言うと思った、すでに連絡は済ませてある」

    兄「用意周到すぎるだろ……」

    兄(って事はあいつも来るのか……ハァ)

    兄(憂鬱だ……)

    ――

    ワイワイ ロースニニンマエー ミズクダサーイ 

    兄(と、思っていたが、男子女子の席に分かれてくれた。よかった)

    兄「よし、これで問題なく食べまくるぜ……フヒヒ……」

    友2「おい、兄がまた呟いてるぞ」ヒソヒソ

    友「肉を目の前にしたらすぐ戻りますよ」ヒソヒソ

    店員「お待たせしましたー、タン四人前でーす」

    兄「いただきまあぁぁぁぁぁぁす!」

    店員「ひっ」ビクゥ

    友「失礼しました、どうかお気になさらず……」

    店員「いえいえ」スタスタ

    友2「ドン引きしてたな」

    友「焼きましょうか、兄の目が血走ってます」ジュゥウゥ

    友2「はいはいっと」ジュウゥゥ

    兄「……」ギュルルルル

    兄「では……いただきます」パク

    兄「んまいっ!」

    友2「うめぇww」

    友「良いタンですね、ここのは」

    兄「タンの魅力はやっぱり歯ごたえと、しつこくない旨みだよな」モグモグ

    友2「コリッコリだよな」モグモグ

    友「次は何にしますか?」

    兄「ハラミで」ピッ

    友2「じゃあ俺はレバーで」ピッ

    友「では私はロースを」ピッ

    兄「レバーちゃんと焼けよ?」

    友2「分かってるよ!」

    友「まぁ別に食中毒起こしても構いませんが」

    兄「だよな」

    友2「おーい!」

    兄「あ、ちょっとトイレいってくるわー」


    155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 18:42:58.09 ID:HwOHbNn20

    兄「ん」

    妹友2「あ……」バッタリ

    兄「……や、やっほー」

    妹友2「やっほー」

    兄(無表情のやっほーとかシュールすぎるだろ)

    妹友2「突然誘って迷惑だった?」

    兄「むしろご褒美です……って何でそんな事聞くんだ?」

    妹友2「――最近、他人がよくわからないから」

    兄「え……?」

    妹友2「何でも無い……ほら」

    妹友2「楽しもう、兄くん?」

    兄「……何かあったのか? いや、簡単に聞くのも良くないよな。悪い」

    兄「分かった、楽しみまくるよ」コクリ

    妹友2「うん」

    ――

    兄「お、来てるな」

    友「もう焼いてますよ……」ピクピク

    友2「後輩、いっぱい食べろよー」

    後輩「先輩こそー」

    兄(何でこいつら一緒の席になってんだよ……)ヒソヒソ

    友(少しテンションが上がっているようですね)ヒソヒソ

    兄「まぁいただくか」ジュワッ

    兄「うめえぇぇ!」

    友「ハラミの幾重にも折り重なった旨みの層が口の中で広がりますね!」モグモグ

    兄「しかも肉汁が一気に口で弾けるよな、俺ハラミ大好きだわ」モグモグ

    友2「レバーもうまいんだよなぁ」

    後輩「ねっとりとした口当たりですね、それにまったりした旨み」

    友「ですがロースも負けていませんよ?」

    兄「くそ、こいつもハラミに負けず劣らずだぜ……!!」

    友「赤身自体の旨みと脂の旨みが共存してますからね」

    兄「ご飯が止まらないいぃぃぃ!」

    友2「ご飯おかわりする奴ー」

    兄・友「はい」

    友2「大盛りにしとくなっと」ピッ

    兄「焼き肉は最高だな、鶏肉頼んだの誰だよ」

    友2「俺だ」ドヤァ

    兄「しっかり火を通せよー」

    後輩「私が見てますから大丈夫ですよ」

    友2「こいつー」ワシャワシャ

    兄(後でこいつの飯に塩まぶしてやろう)


    156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/08(日) 12:39:43.99 ID:DjoIuutt0

    カラーン
    マスター「申し訳ありませんが、今はまだ準備中で……ああ、君か。どうしたんだい?」

    謎男「……別に、気が向いたから来ただけ」

    マスター「他の子は居ないのかい?」

    謎男「今頃焼き肉に行ってる」

    マスター「君は行かないのかい?」

    謎男「俺が行っても白けるだけだ……」

    マスター「そうか、それよりも……ナイフ持った相手とやったんだって?」

    謎男「」ギクゥ

    マスター「一応戦い方は教えたけど……「まず第一の攻略は戦わないこと」って言ったよね?」ジロ

    謎男「仕方ないだろ……あのままだと後輩がやられてたかも知れないし、何より」

    謎男「――大人の力を借りたくはない」

    マスター「君ね……命より大事なものなんて無いよ?」ハァ

    謎男「俺にとっては命なんかよりも「自分」の方が大事だ」

    謎男「あんたに教わった総合格闘技も……約束通り、自分のためには使ってない」

    マスター「まぁ生きててなによりだけど……所で、彼の様子は?」

    謎男「兄は……やっぱり心の底が不安定だ。本気で首を絞めてた」

    マスター「大分変わったと思ったんだけどね……」

    謎男「それでも、新しい家族が出来た事で大分落ち着いてると思う」

    マスター「え、何それ初耳……」

    謎男「義妹と言う女の子だ」

    マスター「なっ!」

    謎男「大丈夫だ、兄が言うには「大丈夫な奴は見れば分かる」らしい」

    マスター「良かった……」ホッ

    謎男「それと、友が「兄はそろそろ本気で過去に立ち向かうつもり」と」

    マスター「ほう……彼も成長した、と言う事か」

    謎男「それでも、一人で会わせるわけにはいかない」

    マスター「そうだね、それに……」

    謎男「ああ、あいつには大切な存在が出来た」

    マスター「……珈琲でも入れようか」コポコポ

    謎男「……ああ、頼む」

    マスター「どうぞ」コト

    謎男「……」ゴク

    謎男「うまい」

    マスター「それはよかった」ニコ

    謎男「……ごちそうさま、もう行く」ガタ

    マスター「……君は自分がちっぽけな存在と思ってるようだけど、案外気にかけてくれる人はいるもんだよ?」

    謎男「……ふん」カランカラーン

    マスター「ん、メモが……」ペラ

    【ありがとう】

    マスター「――全く、素直じゃないなぁ」クス


    160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/13(金) 19:12:08.24 ID:+vNI/Tgp0

    オカイケイ  〇〇エンニナリマース ハーイ

    兄「うまかったな」

    友2「腹いっぱい……死ぬ……」

    後輩「もう、食べ過ぎですよ」

    妹友「これからどうするの、妹友2」

    妹友2「決めてない。どこかで話す?」

    後輩「あ、私はそろそろ門限が……」

    友2「俺が送るよ」キリッ

    友「早く消えてくれませんか?」

    友2「ひどくない!?」

    後輩「クスクス……失礼します」ニコ

    友2「じゃーなー」

    兄「おー、二度と現れんなー」フリフリ

    友「この公園にしましょうか」

    兄「おう」

    義妹「あ、自動販売機に行ってきます」

    妹友「あたしも行くよ。夜の一人歩きは危ないから」

    友「私も行きますかね」

    妹友「……」

    友「別に干渉はしませんから」

    妹友「……良いけど」

    兄(……この人と二人か。珍しい)

    妹友2「座ろうか」

    兄「……? おう」

    妹友2「つい先日、全く知らない男子から告白をされた」

    兄(まぁ……モテるだろうなぁ)

    妹友2「理由を聞くと、「一目ぼれした」と言われた」

    兄「え……」ズキ……

    妹友2「それを聞いた瞬間、何だかとても悲しくなった」

    兄「……」ズキ、ズキン

    兄(胸が 痛い)

    妹友2「他人が分からない……」

    兄(痛い)

    妹友2「確かに私は普通の女子とズレている……でも」

    妹友2「私と言う「個人」を理解しては、くれないの?」

    兄「俺……は……」

    兄(いや……逃げるな!)


    161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/13(金) 19:55:07.48 ID:+vNI/Tgp0

    兄「俺は妹友2さんが、どれだけ苦しいのかは分からないけど」

    兄「少なくとも、俺……いや、俺達は、妹友2さんを見ている」

    妹友2「……」

    兄「俺には、もう「好き」なんて感情は分からないけど」

    兄「それでも」

    兄「妹友2さんの事を信じてる」

    兄「……一人じゃないんだからさ、もっと他の人に頼ってもいいと思うぜ?」

    妹友2「……」

    妹友2「……私は、貴方の事が……」

    兄「……え」

    妹友2「この気持ちは……何……?」

    妹友2「貴方の事が、頭から離れない……」

    兄(まさか)

    妹友2「貴方の言葉が、やけに心地いい……何故?」

    兄「ちょっと待て、考えすぎんな」

    妹友2「貴方の側に居たい……これが」

    妹友2「――これが、「好き」なの?」

    兄「あ……」ズキ

    妹友2「もしそうだとしたら……嬉しいと思っている自分がいる」

    兄「落ち……着け、嫌な事を話したばっかで、そんな気分になっているだけだ」

    妹友2「ううん、違うよ」

    妹友2「私は、貴方の事が好きです。この気持ちは多分変わらないよ」

    兄「……口調が」ズキ

    妹友2「今だけ、貴方には本当の自分を出せる……」

    妹友2「私は、兄くんの事が――」

    「おいおい、えらいべっぴんさんがいるじゃねえかァ」

    兄「!」

    チャラ男「こんな夜中に公園にいるとか、あれじゃん?」

    兄「……お前、何だよ」

    チャラ男「あ? お前には話しかけてねーよ。帰れ」

    妹友2「……」

    チャラ男「なーなー、ちょっと別の所で話そっか。俺おごっちゃうよー」ニコ

    妹友2「……不愉快。消えて」

    チャラ男「またまたー、ツンデレって奴?」ギュ

    妹友2「触らないで」バチ

    チャラ男「あ……? お前、女だからって調子に乗んなよ?」ギロ

    兄(痛い。痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い)

    兄(ゴミは、どうするんだっけ……)

    兄(ああ、そうだ――)

    兄(潰さないと)


    164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/14(土) 15:07:21.69 ID:wGf6fbe20

    ほら、泣かないで。

    うん。ありがとう。

    どうして泣いてるの?

    僕が弱いから。

    君は弱くないよ。

    いいや、僕は何も守れないんだ。

    私は、君が好きだよ?

    え……?

    ほら、帰ろうよ。

    うん。「お姉ちゃん」。
    ――――

    兄「――はっ」

    妹友2「……」ビクビク

    チャラ男「ごめんなさい……ごめんなさい……」ブツブツ

    兄(目が覚めると、血まみれのチャラ男がいた)

    兄(鼻からは大量の鼻血が出ていて、顔は真っ赤だ。ピアスだけが明かりに照らされて光っている)

    兄(妹友2さんは、ひどく怯えた様子でこちらを見ている)

    兄(横たわっていた身体を動かすと、全身に激痛が走った。両手は奴の鼻血で真っ赤に染まっている)

    兄(そうか)

    兄「俺、は……」

    妹友2「兄くん……?」

    兄「俺は、俺は」ブルブル

    化け物だ。

    兄「……」ダッ

    妹友2「待って、兄くん!」

    友「お待たせしました……これは!」

    義妹「な、何があったんですか?」

    妹友「……」

    妹友2「この人がナンパをしてきて、怒った兄くんが……」

    友(まずい)

    友「皆さんはもう帰っていて下さい。私が追いかけますから」

    義妹「そ、それだったら皆で探した方が」

    友「――いいから早くしろ!!」ギロォ

    義妹「」ビク

    友「くそ、まずい……」ピッ

    謎男『……何』

    友「兄が、暴走したみたいだ! 来てくれないか!」

    謎男『場所は?』

    友『夕暮れ広場の近くだ。俺も今探してる!』

    謎男『分かった、すぐ行く』


    167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/15(日) 00:05:03.86 ID:GPej/laA0

    兄「……」

    兄(もう夜になりかけだ。辺りは薄暗い)

    兄(俺はみたいな化け物は……もう、いっそ、このまま)

    友「見つけた」ガサ

    兄「!」

    友「ここに来ると思ったぜ。お前はいつもここにいたもんな」

    謎男「……追いついた」トッ

    兄「……」

    友「兄、お前が今何考えてるかなんて分かんだよ……大方、自分の頭がおかしいから、消えようとでも思ってんだろ」

    兄「俺は……」

    謎男「お前はいつも考え事をする時に、ここに来てた」

    友「この小さな公園は、人気が無くて屋根があるから、リラックスできるんだっけ?」

    兄「来るな、見ただろ……俺は、やっぱり、駄目だったんだ」

    友「まだ時間なんて山ほどある。それに」

    友「――お前には、義妹がいるだろ?」

    兄「……」

    謎男「お前は純粋すぎるんだ……」

    兄「もう、俺には、空っぽの感情だけが、ズキズキと痛みつけてくるだけだ」

    友「空いたなら、また埋めればいいだけだ……ん?」

    義妹「お兄さん!」ガサッ

    友「……ついてくるなと言ったのに」

    兄「義妹」

    義妹「私は全てを話しました。だから、お兄さんも……一人で抱え込まないでください」グスッ

    兄「……」

    謎男「……兄」

    兄「分かった、今夜……全てを話すよ」

    兄「随分と、長くなるかもしれないけどな」

    ――

    そうだな。あれは、俺が中学二年生くらいの時だった。

    俺には、近所に住んでいた姉代わりのような人が居たんだ。名前は……幼馴染。

    小学校の頃からの中でさ、本当に姉みたいに思ってたんだ。俺は一人っ子だったから。

    今思えば、俺も半分依存してたかもしれないな……。

    とりあえず、最初から話していこうか。


    兄「暑い……夏なんて嫌いだ……」グテー

    兄(今は昼休み、早急に昼飯を平らげた俺は、学校の隅のスペースにいる)

    兄(簀子が置いてあり、外からの竹が良い感じに光を遮る、俺の涼みスポットだ)ドヤァ

    兄(あれ、近くで誰かが寝てる。……倒れてる?)

    兄「……どうしたんだお前、アイス食うか?」

    友(茶髪)「……あ? 別になんもねーよ」ハァ、ハァ

    これが、友との最初の出会いだったんだ。


    169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/15(日) 10:40:44.09 ID:GPej/laA0

    兄「いやいや、お前傷だらけじゃん……ほら」スッ

    友「お前、傷だらけの人間にアイス差し出すか?」

    兄「暑いじゃん。ほれほれ」

    友「……お前、変わってんな」パク

    兄「と言いつつ食うんですね。はいはいツンデレツンデレ」

    友「お前、シメんぞ?」

    兄「傷だらけの身体で言われてもなぁ……誰にやられたんだ?」

    友「別にお前には関係ねーよ……さっさと消えろ」

    兄「ここは俺の涼みスポットだ。動く気はないな」ドヤァ

    友「……調子に乗りすぎだ」ブンッ

    兄「うおぉ」スカ

    友(避けやがった!? いくら傷だらけの身体とはいえ……)

    兄「おおおお前あぶねぇだろ! 当たったらどうすんだ!」

    友「……お前」

    兄「そろそろ、何でそんな傷だらけなのか教えてくれよ」

    友「(変わった奴だ……)別に」

    幼馴染「あ、いた!」

    兄「あ」

    幼馴染「あれ、兄も……さっきは助けてくれてありがとう!」

    友「……チッ」

    兄「どーいう事?」

    幼馴染「朝、登校してたらナンパされて……それをこの人が助けてくれたの」

    友「余計な事を……」

    兄「ふーん……なんか」

    兄「お前、面白い奴だな!」ニコ


    172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/15(日) 19:01:12.59 ID:GPej/laA0

    友「お前……ふざけてんのか?」

    兄「さっきからお前お前うるさいよ。俺の名前は兄だ」

    友「……俺は友だ」フン

    それからはさ、その三人でよく行動するようになったんだ。

    暑い夏のひと時を、いつもの三人で過ごしてさ。我ながら、ああ、学生っぽいなーって思ってた。

    それで、テストも終わって、俺達は遊びに出かけたんだ。渓流で釣りでもしようぜって。

    兄「おー、涼しいな……」

    友「釣りは良い……落ち着かせてくれる」

    幼馴染「ほら、フルーツサンド作ってきたよ」コト

    兄「俺は特製ビーフジャーキーとスモークチーズだ」ドヤ

    兄(スモークチーズは、市販のチーズで十分だ。そして、小さな土鍋を用意し)

    兄(アルミホイルで周りを包んだチップ(桜)を土鍋に入れる。煙が真っ直ぐ上がるようにだ)

    兄(そして、火をつける。土鍋には百均で買った網を乗せ、さらにその上にチーズを乗せる)

    兄(後はその上から蓋を被せ、隙間をアルミホイルで防ぐ)

    兄(チップが黒焦げになったら火を止めて放置。念のため近くに水を用意しておく)

    兄(十分ほどしたらチーズが黄金色に染まる。後は冷やすだけだ)

    兄(一日熟成させると、さらに味が深くなる)

    兄(ビーフジャーキーの方は、オーストラリア産の赤身肉を用意した。132円でこのサイズは素晴らしい)

    兄(燻製は、水分と脂肪が少ない物が向く。胸肉とかな。赤身肉をフォークで滅多ざしにし)

    兄(塩・胡椒・蜂蜜を刷り込んで、一日~三日ほど冷蔵庫で放置)

    兄(後は軽く塩抜きをし、薄く切る。それを同様に燻すだけだ)

    兄(チップに砂糖を少し混ぜると、照りが出る。気がする)

    兄「いただきまーす」

    友「……」モグモグ

    友「……うまい」

    友(チーズはまろやかで濃厚な旨みだ。燻製の香りが鼻をくすぐり、チーズの味を数段階上まで上げている)

    友(ビーフジャーキーは赤身自体の旨みだけではなく、胡椒の香りと燻製の香りが見事に調和している。噛みしめるごとに深い味が出てきやがる……)

    兄「フルーツサンドはラップで乾燥するのを防いでるな。苺と生クリームがぴったりだ」

    幼馴染「こっちのみかんとももの奴も美味しいよー」ニコニコ

    兄「おお、こっちもさっぱりしててうまい。さすがは幼馴染だな!」

    幼馴染「もー、お姉ちゃんでしょ?」

    兄「この年でそれは恥ずかしいわ」

    友「……!」シュビッ

    兄「お、来たか!」

    友「鮎か。ここの川は綺麗だから食えるかもな……」ピチピチ

    兄「スモーカー(燻製のための箱。一斗缶や段ボールでも可)持って来ればよかったなぁ」バチュウゥン!

    幼馴染「……あれ、今、奥の方で……」

    兄「……俺の目が濁って無かったら、今すげえスピードで魚を取る奴が居たように見えたが」

    友「奇遇だな。俺もだ」

    そして、俺達はそこで謎男と出会った。


    180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/22(日) 11:05:47.48 ID:IC4OHd+d0

    謎男「……何」

    兄「あ、いや、えっと」

    マスター「こら、初対面の人にそんな無愛想な態度を取らない」

    謎男「……」

    友「確か同じクラスにいたな、謎男だったか」

    幼馴染「知り合いなの?」

    友「別に」

    謎男「……チッ」

    マスター「ああ、君たちは同じ学校の子か……見ての通り、こんな性格だから友達も居なくてね。良かったら仲良くしてあげてくれないか?」

    兄「はい」

    友「ふん……」

    幼馴染「え、えっと、さっきすごい速さで魚捕ってたね!」

    謎男「これくらい鍛えてるから楽勝だ」

    兄(あ、ちょっと照れた。表情は変わらんけど。つーかこいつ目のクマすごいな)

    友(ただ者じゃねぇな……)

    幼馴染は持ち前の明るさとコミュ力で、すぐ謎男の心を開かせた。

    マスターとは後々話すが、随分とお世話になったよ。

    ただ、俺達は男で、幼馴染だけが女だろ?

    だから、ちょっとしたすれ違いもあったりするわけで……。

    幼馴染「ん~……」

    兄(長い……服を買いに来ただけなのに……)

    友「早く決めろよ」イライラ

    謎男「……」

    幼馴染「……やっぱ、今回はいいかな」

    友「はぁぁ!?」

    幼馴染「クレープでも食べに行く?」

    友「知るかよ、俺は帰る」スタスタ

    まぁ、そんな感じで、だんだん幼馴染と過ごす時間が減っていってさ。

    幼馴染とは疎遠になってきたんだ。学年も一つ上だし。

    ただ、俺は家が近いから、何度か話す事もあったんだ。

    それが良くなかったんだろうな……。

    幼馴染「ねえ、最近私に冷たくない?」

    兄「?」

    幼馴染「あんまり私と話してくれない……嫌いになっちゃった?」グスン

    兄「あり得ないって、大丈夫だよ」ナデナデ

    幼馴染「本当に?」

    兄「本当だよ、「お姉ちゃん」だろ?」

    幼馴染「……ふふ」

    俺も、幼馴染には「家族愛」みたいなのを感じてて。

    幼馴染もそうだろうな、って思ってたんだ。


    184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 18:28:01.29 ID:mpXDiVAq0

    友「……悪いな、突然家に来ちまって」

    兄「まぁうちは両親ほとんど家に居ないし、全然オッケーだぜ」

    友「何を作ってんだ?」

    兄「ん、腹減ってるだろ?」コト

    友(こ、この匂いは……チキンラーメンッ!!)

    友(俺の大好物じゃねぇか!)ワクワク

    兄「いただきます」

    友「いただきます」

    友「……うまい!」ズルズル

    兄「やっぱ元祖って感じするよな。この麺とか。無性に食べたくなる時がある」ズルル

    友「鶏ガラのすっきりしたスープが良いんだよ」ゴクゴク

    兄「今回はあえて卵を用意しなかったぜ」

    友「ああ、卵で味がぼけてしまうからな……純粋なチキンラーメンを楽しめる」

    兄「まぁ他の用途のためにも……で、まだ腹減ってるだろ?」

    友「まさか……」

    兄「コンビニで買ってきた冷凍炒飯もあるんだ。あ、スープは残しておけ」コト

    友「冷凍ねぇ……う、うまい!?」パク

    兄「チャーシューもしっかり入ってるのがポイント高いよな。粗挽き胡椒が良い仕事してる」モグモグ

    友「香味油が良い香りだ。思ってたより冷凍炒飯ってのも悪くないな、むしろうまい」モグモグ

    兄「はい、炒飯が半分になった所で、お行儀が悪いのは承知していますが……」スッ

    友「おい、まさかお前!」

    兄「――そう、チキンラーメンのスープを投入ッ!!」ジャァァ

    友「あぁ、せっかくのパラパラが!」

    兄「まぁ落ち着けよ。ほらスプーン」

    友「……」パク

    友「何だと……」

    兄「」ドヤァ

    友(チキンラーメンの鳥ガラスープが、この炒飯とぴったり合いやがる!)

    友(時折感じるチャーシュー、胡椒と香味脂の風味、それがこのすっきりしたスープとマッチして……)

    友(しかも、パラパラ感はなくなったが、炒飯の歯ごたえはまだ残っている!)

    友(くそ、行儀が悪いが……これはうまい!!)

    兄「どうだったんですかー」ニヤニヤ

    友「くそが……うまかったよ!」

    兄「フッ」ドヤァ

    友「」イラッ

    兄「所で、何で突然家に?」

    友「ああ、幼馴染の事で……お前は不快に感じるだろうが」

    友「少し、気になった事があって、な」

    兄「気になった事?」

    友「ああ、今日、偶然見てしまったんだが――」


    185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 19:17:11.99 ID:mpXDiVAq0

    ――――
    友(……あれは幼馴染? 何か雰囲気が……)

    幼馴染「今、何て?」

    モブ「え、だから」

    モブ2「お前、一つ下の兄って奴に絡まれてんだろ? 俺らに任せておけって」

    幼馴染「……どうして?」

    モブ「いや、だって明らか不釣り合いじゃん、あんなフツーな奴がお前に近づくとか……なぁ?」

    モブ2「うんうん。いやいや付き合ってやってんだろ? もうやめとけって。俺らが何とかするからさ」





    幼馴染「何言ってるの?」ジィ





    モブ「……!?」ゾッ

    モブ2(表情は変わっていないのに……何だ、この威圧感!?)

    幼馴染「兄は私の大切な弟なの、あなた達は何も知らないくせに」

    幼馴染「勝手な事言わないでよ……」

    モブ「わ、悪かったって、ちょっとした冗談っていうかさ」

    モブ2「お、おい、バイトに遅れんぞ、行こうぜ」

    幼馴染「兄……会いたい、会いたいよ……そうだ、掃除ちゃんとしてるのかな……」ブツブツ

    友(……何だありゃ、完全にヤバイ状態じゃねえか)

    幼馴染「今までずっと側にいたのに……どうして……あの二人が兄を奪って……」ブツブツ

    友(とりあえず、謎男に連絡しておくか。兄には直接言った方がいいだろう)

    ――

    兄「マジか……」

    兄(確かに、思い当たる事は無い事もなかった……先日の発言など)

    兄(あまりにもいつも通りすぎて、変化に全く気付けなかった)


    それを聞いてから、俺は考えたよ。

    でも、やっぱり、今までずっと一緒に居た家族みたいなもんだからさ、そう簡単には割り切れなくてさ。

    だから、一度二人でじっくり話してみようと思ったんだ。当然友や謎男には反対されたが……。

    二人が影で見守るって条件で、俺は幼馴染をとある公園に呼び出したんだ。

    今でも鮮明に覚えてるよ。夕暮れの、かすかに蒸し暑い琥珀色の公園。

    二人でブランコに乗って、他愛もない話をして。

    漠然とした不安を抱えたまま、幼馴染の顔を見てた。

    それで、「どうしたの?」って言われて。

    俺は、聞いたよ。「幼馴染は、異性として俺の事が好きなのか」って。

    「うん」……即答だった。だから、俺は言った。

    「俺は、幼馴染を大切な家族と思っている。だから、付き合えない……ごめん」と。

    すごく傷ついた顔をしていた。触れると今すぐにでも崩れてしまいそうな。そんな顔をしてから、あの人は言った。

    幼馴染「……あの二人のせいだ」


    191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/26(木) 17:04:10.65 ID:HwBXdaqV0

    その後、幼馴染はびっくりするくらい元気な声で、こう言った。

    「じゃあ、まずは整えないとね!」

    兄「整える……?」

    幼馴染「兄は何も心配しなくても良いよ、また元に戻すだけだからね」ニコ

    幼馴染「じゃ、またね」フリフリ

    友「……」ガサ

    謎男「……」ガサ

    兄「どう思う?」

    謎男「精神状態が良くないな……目に光が灯ってないみたいだ」

    友「ありゃ駄目だろ、もしかしたら俺達に危害与えてくるかもな」

    兄「いつからあんな風に……」

    友「いや、最初から「ああだった」のかもな」

    謎男「今までは兄とすぐ側にいたから大丈夫だったが、俺達が兄と出会ってから、「兄が取られる」ように感じたんだろうな」

    兄「俺は……」

    友「お前はいつも通りに接してやれ」

    謎男「下手に刺激を与えると何をするか分からないからな」

    兄「分かった」

    友「じゃあな」ザッ

    謎男「……」

    謎男(一悶着、ありそうだな)

    その次の日。いつもは家の前で待ってる幼馴染は居なかった。

    俺は心にもやもやと広がる嫌な感覚を抱えて、すぐに学校へ走ったよ。

    兄「――ハァ、ハァ……!!」

    友「来たか。俺は無事だが――」

    ヒソヒソ……

    友「ごらんの通りだ。とりあえずやった奴はシメといた」

    教室を開けたら、友の机に落書きや、水が浴びせられていた。靴に画鋲も仕込まれていたらしい。

    部屋には何人かの男子が倒れていた。すでに友がやった奴を脅して吐かせ、ボコボコにしたらしい。

    兄「……謎男は」

    友「あいつは今日は学校に来てねぇ」

    兄「くそ……!」

    友「もう連絡は取ってる。大丈夫だ」

    兄「お前は大丈夫じゃないだろ!」

    友「ハッ……随分と甘く見てくれてるようだが」

    友「この程度で負けるような男じゃねえよ、俺は」

    兄「……」

    オイ、ココカ? ハイ

    先輩「おい……お前だ、ちょっと来いや」ガラ

    兄「!」

    友「――大丈夫だよ、心配すんな」ニッ


    195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/04(金) 13:13:58.13 ID:D04AhdW/0

    友が連れて行かれるのを、俺は唖然として見てた。

    もしかしたら友の噂を聞きつけた先輩が呼び出しただけかもしれない。

    しかし、もしも幼馴染の手によるものだったとしたら……?

    兄「……」

    でも、動けなかった。

    友(大丈夫だ)

    友の覚悟を決めた眼を見て、俺は動けなかったんだ。

    俺は抜け殻のように自分の教室に戻り、その日を過ごした。

    俺が何か下手な行動を起こせば、幼馴染が何か仕掛けてくると分かってたから。

    それから学校が終わり、俺は急いで友を探そうとした。

    ――でも。

    幼馴染「兄、一緒に帰ろう?」ニコ

    兄「……うん」

    幼馴染が教室の前に来て、行けなかった。


    友「……が……」

    金髪「おい、こんなもんかよ?」ドゴ

    先輩「暴れやがって……しかし、まさか一人で三人も倒すとはな」スッ

    友「……!!」

    先輩「腕、折っとくか」ミシッ……!!

    友(俺は負けない……絶対に!!)

    友「あああああぁぁ!!」ブン

    金髪「コイツ、まだこんな力が!」ブン

    友「――おらぁ!」メリッ

    先輩(金髪のフックを避けて、鳩尾にカウンターを決めやがった……相当喧嘩慣れしてんな)

    金髪「ぐふっ……」ドサ

    友「残りはお前だ!!」バッ

    先輩「だが、まだ荒い」スカ

    先輩「動きが雑だ」ガシィ

    先輩「……おぉ!」ブオッ

    友(ぐっ……投げ技!? こいつ、ただのヤンキーじゃ――)

    先輩「からのー、はい、首に極まりましたー」

    友「……!!」ジタバタ

    先輩「終わりだよ」ミシ

    友(意識……が、消え)

    謎男「――全く」ドゴォ!

    先輩「て、てめぇは!」

    謎男「話すつもりはない」ガガガッバァン! メキィ!

    先輩「」ドサッ

    謎男「ふぅ」

    友(ありえねぇ……瞬殺しやがった!)


    198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/08(火) 13:15:58.37 ID:AFra0y9P0

    謎男「大丈夫か」

    友「こんぐらい平気だ」ペッ

    謎男「兄が心配だな……」

    友「すぐ向か……」フラッ

    謎男「満身創痍で無茶するな」ガシ

    友「……悪い」





    幼馴染「……♪」ニコニコ

    兄「……」ハァ

    兄「なあ、楽しいか?」

    幼馴染「うん、楽しいよ?」

    兄「俺一言も喋ってないけど」

    幼馴染「それでもいいの、兄さえいれば……」

    兄「」ゾク

    幼馴染「私を……見捨てないで、兄……」

    幼馴染「お願い……」ポロポロ

    兄「幼馴染……」

    兄(俺は、どうすればいいんだろう)

    兄(幼馴染をこのままにしていたら、自殺さえ躊躇いなくしそうだ)

    兄(……)

    ギュッ

    幼馴染「あ……」

    兄「大丈夫だよ、「お姉ちゃん」……俺は、見捨てたりなんかしないから」

    幼馴染「……」ギュウウウ

    兄「よしよし」

    兄(何とか落ち着いた……か?)

    幼馴染「じゃあ」

    幼馴染「あの二人と二度と会わないで?」ジッ

    兄「……!?」


    200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/10(木) 10:01:57.76 ID:/CzDVTVY0

    兄「おいおい、何言ってんだよ。何であいつらが……」

    幼馴染「兄があの二人に取られそうで、不安で心が張り裂けそうなの……お願い……」

    兄「俺は絶対に幼馴染から離れないって。信じてくれよ」

    幼馴染「それでも」

    幼馴染「あの二人が居なければ、私が苦しむ事も無かった」スゥ

    兄(あ、目のハイライトが消えた)

    幼馴染「私の可愛い弟を……どうして……」ブツブツ

    兄「おーい、戻ってこーい」

    幼馴染「そうだ……全部あの二人が悪いんだ……」ブツブツ

    兄「幼馴染さーん?」

    幼馴染「消さないと……」ブツブツ

    兄「こら」ペシ

    幼馴染「いたっ」

    兄「落ち着けって。そもそも今まで俺が話しててもそんなの無かったじゃねーか。何で今更」

    幼馴染「兄にはクラスで話す友達はいっぱい居たけど。遊ぶ友達は居なかった」

    兄「現実突きつけないで。俺泣いちゃうよ?」orz

    兄「いやいや、何回か遊んだ事はあるんだぜ?」

    兄(いや……待てよ……?)

    兄(昔、遊んでから一週間くらいした後、何故かそいつが俺を避けだしたのは……?)

    兄「まさか……」

    幼馴染「ううん、野蛮な事はしてないよ。ただ弱みを握ってただけ」

    兄「何で」

    兄「何でそんな事したんだよ……俺はお前のおもちゃじゃねえぞ……!!」

    幼馴染「えへへ……♪」

    兄「何笑ってんだよ!!」

    幼馴染「兄が今、私だけを見てくれてる……」ウットリ

    兄「」ゾクゥ

    幼馴染「大好き♪」ギュー

    兄(他人から見れば、可愛い女の子に抱き着かれてるリア充に見えるんだろう)

    兄(でも、少なくともこの瞬間、俺は「得体の知れない何か」に抱き着かれていたんだ)

    兄「……」ガクガク

    幼馴染「何で震えてるの? 何も怖くないよー?」ニコニコ

    兄(怖い)

    兄(得体が知れない)

    兄(次の瞬間、俺は幼馴染を振り払って、駆け出していた)


    202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/11(金) 22:28:20.44 ID:ENUSjG1d0

    兄「ハァ……ハァ……」ブルブル

    クソ暑い夏なのに、俺はぶるぶる震えながら、毛布をかぶってた。

    震えが止まらなかったよ。鳥肌もすげぇ立っててな。

    それから次の日、ついに俺にも牙が向けられた。

    その日は、プールの授業があったな。幼馴染の級と合同の。

    俺はその日は行きたくなかったけど、あいつらが心配で少しだけ遅れて行ったんだ。

    「兄、遅刻だぞ。準備運動とシャワー浴びて来い」

    兄「はい」

    何故か、やたら幼馴染の周りの奴が俺を見てたのを覚えてるよ。気持ち悪かったなぁ……。

    それから授業が終わって、俺達は教室に戻った。

    兄(やけに女子が居ないな……もう二時間目始まるぞ?)

    それから十分くらいしてから、一人の女子が言ったんだ。

    「〇〇の服が盗まれた」ってな。

    そりゃ皆ざわめくわ。男子に至っては「お前だろ?」「まさかww」とか行ってるし。

    一応その授業の先生がカバンチェックをしたんだ。

    「……え?」

    空気が凍りついたね。

    教師「兄……お前、これ、どうしたんだ?」

    兄「ちょっ……おかしいって! 絶対俺じゃ無い!」

    「じゃあ、何でお前のカバンにあるんだよ?」

    「兄wwwwwwwまじかwwwwwwwww」

    「ヒソヒソ……アリエナクナイ? ナイテルヨ?」

    「言い逃れ出来なさすぎワロタ」

    「そもそも、このクラスで盗めるの兄だけじゃん」

    兄「違うって!!」

    「必死すぎwwwwwブフフwwwwww」

    「追い詰められてるな。彼も若かったのだよ……」

    無口女「兄君……どうして……?」ポロポロ

    兄「俺じゃないから、本当に俺はやってないから!!」

    「そもそも、ドアも窓も鍵かかってたよな」

    「兄シャンズ・トリックってかwwwwwwww」

    「うわぁ……」

    教師「兄、今なら俺も一緒に謝ってやるから」

    兄「……誤ってんのはそっちだろ」

    「うまいwwww」

    「追い詰められすぎて逆ギレきました」

    「内心震えてるんだろうな、ざまぁ」

    教師「……指導室に来い」ギロ

    兄(何でだ。確かに俺が怪しいのは間違いないが、ドアも窓も鍵が……)

    そうして辺りを見回した時に、俺は気付いた。


    203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/11(金) 23:20:56.04 ID:ENUSjG1d0

    兄「……」

    ようやく解放された俺は、憮然とした表情のまま学校を出た。

    俺は見つけてたんだ。ドアも窓も鍵がかけられていたけど、「上の窓」の一番右端の鍵だけ開いてたのを。

    さすがに女子更衣室は覗けなかったが……。

    ただ、幼馴染の身体能力では無理な高さだった。つまり、別の誰かがやった事になる。

    友「……居た!」ダッ

    謎男「大丈夫か」

    兄「どいつもこいつもゴミばっかだ……吐き気がする」

    謎男「今日職員室で日誌を見てきたが……幼馴染の所は遅刻者が二人居た」

    友「そこそこ噂されてるぜ、怪我が無ければシメてたんだが」

    兄「遅刻者か……俺の見た感じだと、俺より後に入った奴は一人居たな。性格悪そうな女」

    兄「そいつにでも頼んで、俺の席を教えて、無口女……いや、誰でも良かったんだろうが、服を盗む」

    兄「二人なら可能かな、一人が誰か居ないかチェックして、もう一人が教室に入って、俺のカバンに入れる」

    友「難しくないか、いや、お前の組だけ二階の端だったな……」

    兄「お前らは一階だが、幼馴染は三つ左に行った所のクラスだからな」

    謎男「女子更衣室はどうするんだ?」

    兄「これもあくまで想像だが……「あ、ゴーグル忘れたから鍵閉めは私がするね」とでも言ったんじゃないかな」

    兄「そう言いながら、後ろの鍵を開けておくんだ。それなら俺みたいに先生に鍵を貸してもらわなくても入れる」

    兄「多分、女子更衣室も上の窓空いてると思う」

    兄「いや、そもそも何で俺の教室の、上の窓が開いていたんだ……?」

    兄(まさか、俺のクラスにもあいつの協力者がいるのか?)ブルッ

    友「待て待て。そもそも移動してたら誰かに見つかるだろ。掃除のおばちゃんとか」

    兄「幼馴染のためにわざわざするのか分からないけど、人望高そうだな……」

    友「あくまで想像なんだろ? 気にしすぎだ」

    謎男「明日調べる……それだけ。お前は学校を休め」

    兄「……あぁ」

    友「あんまり思いつめすぎんなよ。またうまい飯でも食おうぜ」

    謎男「……桜餅が食べたい」

    兄「……そうだな」ハハ

    兄「ありがとな、お前ら」


    204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/12(土) 19:41:46.97 ID:+9Cdf/3a0

    謎男(……なるほど、やはりか)カキカキ

    謎男(昨日休んでいたのは不良女とバレー部所属のバレー女か)

    謎男(怪しい所は見られていないが、確かに鞄を持って移動していた所を掃除のおばちゃんが見ている)

    謎男(その中に服が入っていても気付かないな。幼馴染と接点は無いようだが……)

    謎男(もっと決定的な証拠が必要だな……あいつが残しているわけもないが)

    ???「……」ジー




    謎男「チッ……何も残してないか」

    謎男(兄が心配だな……今から家に向かうとしよう)

    謎男(友、兄。まさか兄にまで危害を加えるとは思っていなかったが……まぁ次は)

    ???「」ブンッ

    謎男「俺だろうな……」パシッ

    ???「!?」

    謎男「先ほどから視線を感じていた……お前は誰の差し金だ?」

    ストーカー「お前に教える必要は無い」ヒュッ

    謎男「まぁ幼馴染だろうが……」スカ

    ストーカー「」カチン

    ストーカー「幼馴染‘様’を付けろ貴様ァ!!」ダッ

    謎男「ゴミが……」シュンッ

    謎男「――喋るな」メキィ!!

    ストーカー「がうっ……」ドサ

    ストーカー(何て速さ……急所を的確に狙われた……)

    ストーカー(だが、俺は負けない……)

    ストーカー(幼馴染様のために!!)ムクリ

    謎男「俺の攻撃を受けて立つか……少しは根性が据わってるようだな」

    ストーカー「あぁああぁぁぁぁ!!」

    謎男「叫ぶな、頭に響く……」バキィ

    ストーカー「」バタッ

    謎男「さて、こいつを……ちょうどいい、あの公園に運ぶか」グッ



    兄「ハァ……ハァ……」ガクガク

    兄(迂闊だった……まさか家にまで来るとは!!)

    幼馴染「寝込んでるって聞いたから。ちゃんとしたもの食べないと駄目だよー?」

    兄(くそ、どうやったら逃げられる……!!)

    幼馴染「はい、出来たよ。ちゃんと栄養のあるもの食べてね?」ニコニコ

    兄「これは……」

    兄(見た感じ、塩胡椒をして炒めたゴーヤに、ベーコンと卵を合わせた、ゴーヤチャンプルー風に、冷製スープ)

    兄(何かおかしなものは入れていないように見えたが……食べないと、どうなるか分からないな)

    兄「いた、だきます……!?」パク

    兄「こ、これ……お前、どういう事だ!?」ガタン


    207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/13(日) 22:12:17.12 ID:oS9r8Rwv0

    兄(ゴーヤの炒め物の方は、しっかり塩味をきかせて、最後にレモンを絞ってえぐみを感じさせず)

    兄(ベーコンとゴーヤの旨みを共存させ、半熟の卵が舌に心地よい)

    兄(そして、ご飯の炊き上げ具合だ。俺の好きな、べちゃっとしない固めの炊き上げ)

    兄(そして、この冷製スープ。あさりと鯛のあらで取った出汁に鰹節で旨みを補強したものだ)

    兄(豊かな旨みが舌に染みわたる。何度も濾しているのだろうか、漉き取るような清冽な味わいだ)

    兄(底には黒胡椒が香るコンソメのジュレが忍ばされてある。鋭い旨みがまた違った味わいを感じさせてくれる)

    兄(出汁を取り終えた鯛のほぐし身を混ぜ込んだ卵焼きも、ふっくらとしていてうまい)

    兄(申し分なく――うまい、うまいが……この味は)

    『兄、お金をいっぱい使わなくても、安い材料で美味しい物は出来るのですよ?』

    兄「何でお前が……この味は――母さんの味だ!!」

    幼馴染「ふふ♪」

    兄「どうやって盗んだ!!」

    幼馴染「兄に喜んでもらいたくて、昔ごちそうになった味を必死に思い出して……」

    幼馴染「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと練習したんだ」スウゥ

    兄(……本当に練習したんだろうな、完璧に母さんの味をコピーしてある)ゾクゥ

    幼馴染「本当は直接聞きたかったけどね、まぁ別にいいんだけど」

    兄「」ピキッ

    兄「……帰れ」

    幼馴染「え……?」

    兄「帰れ、と言ったんだが」

    幼馴染「兄、どうしたの?」キョトン

    兄「 消 え ろ 」ギロ

    幼馴染「……そんな怖い顔しないでよ、今日は帰るね」ニコ

    パタン

    兄(あいつは俺を挑発するために言ったのか?)

    兄(本気の憎しみがむき出しになってしまった……)

    兄(いつから、幼馴染はこんな風になってしまったんだろう)



    兄「俺はどうすればいいんだよ……母さん」ポロ


    211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/14(月) 23:21:25.56 ID:qwzUSwDX0

    謎男「起きろ」ドサ

    ストーカー「ぐっ……」

    謎男「とりあえず、知ってる事は洗いざらい吐いてもらう……別に言いたくないなら良い」

    謎男「無理やり吐かせる。それだけ」アクビ

    ストーカー「俺が言うとでも思ったか? 甘く見るなよ」

    謎男「ふーん」ドゴッ

    ストーカー「!」

    謎男「どうせ「幼馴染の事は絶対に離さない俺一途でカッコいい」とか心の中で思ってるんだろ」

    ストーカー「幼馴染さ……」

    謎男「ゴミが人間みたいに喋るな」ガッ

    謎男「お前らみたいな欲望をむき出しにしてる奴を見てると……吐き気がする」

    謎男「俺は人殺しをしたくない……だから」

    ストーカー「……」ブルブル

    謎男「――吐けよ」ギラ

    ストーカー(ば……化け物だ!!)



    友「いてて……まだ思いっきり動けねぇな」ズキズキ

    友(この調子じゃ兄を守れねぇ……面目ないが謎男に任せるしかないか)

    友(しかし、幼馴染は何故このタイミングで豹変したんだ……?)

    友(もう少し……夏の七月十二日は……)

    友(兄の誕生日だぞ?)

    ???「坊ちゃん、お客様が来ておりますが……」

    友「お客様……?」

    ???「はい、三日月のアクセサリーを付けた、とても綺麗な女性でございます」

    友「なっ!?」

    ???「どうしましょう?」

    友(おそらく、幼馴染だろう……俺の家を割り出したのか!?)

    友「……俺の部屋に迎えて構わない。お茶を頼む」

    執事「かしこまりました」ペコリ

    コンコン

    友「入れ」

    幼馴染「ごめんね、いきなり来て」

    友「分かってるんなら帰れ」ギロ

    幼馴染「私ね、考えたの」

    友(!)

    幼馴染「兄が私の思い通りに動いてくれないから、焦ってたんだ)

    友(何か……してくる!)

    幼馴染「だから、まずは」

    幼馴染「――あなたから、攻める」


    213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/16(水) 14:03:48.83 ID:gjw4ysEk0

    友「お前、何やって……!!」

    幼馴染「ふふ……」スル

    友「ふ、服を着ろ!」ギロ

    幼馴染「顔赤らめながら言っても説得力無いよ?」

    友「お前、こんな事していいと思ってんのか!」

    幼馴染「人を呼ぶ? 良いよ、別に」

    友(この状況じゃ、間違いなく俺が悪者になる)

    友(ちっ……ドアはあいつの方にある。逃げれねぇか)

    友(しまった、執事に紅茶を頼んだんだった!)

    執事「坊ちゃん、お茶をお持ちしましたが」コンコン

    友「す、すまん、コーヒーにしてくれ!」

    執事「……? 承知しました」

    友(危なかった……)ホッ

    幼馴染「隙ありー」スッ

    友「! 近寄るな!」ドン

    パシャッ

    幼馴染「よし、これで証拠は出来たっと♪」ピロン

    友(ケータイのセルフタイマーカメラ!? しまった!)

    幼馴染「うん、よく撮れてる」

    友(よりによって俺が押し倒した瞬間に!!)

    友「チッ!」バッ

    幼馴染「もう遅いよ?」

    友「誰に送りやがった!」

    幼馴染「私のもう一つのケータイに送ったから無駄だよ♪」

    幼馴染「あ、服は着てあげるね」

    友(やられた……!!)

    幼馴染「ね、お願い聞いてくれるよね?」

    友「だったら、兄に危害加えないように……」

    友「今、お前を潰す」ギロ

    幼馴染「あ、女の子に手を上げちゃうんだー、ひどいねー」クスクス

    友「俺は男女関係無く扱う……俺は、ただ自由に生きたいだけだ!」

    執事「コーヒーをお持ちしました」コンコン

    友「チッ……入ってくれ」

    執事「失礼いたします」ペコリ

    幼馴染「今日の所は帰るね、私がしてほしい事は一つだけ」








    幼馴染「兄に関わらないで?」ニコッ


    215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/17(木) 17:49:59.06 ID:HIvYqpSw0

    謎男「……しつこいな、いい加減吐けよ!!」ドゴ

    ピロン

    ストーカー「よう……や、くか」ニヤ

    謎男「……幼馴染!?」

    【終わったよ、お疲れさま】

    謎男「どういう事だ……?」ポイ

    ストーカー「俺の、もく……ガハッ、てきは、お前を足止めすゲホッゲホ、る、事……ガハァ」

    謎男(落ち着いてから喋ってほしい)

    ストーカー「幼馴染様、が、すでに、布石を打っておいオエエェェ」ビチャァ

    謎男「くそ、兄か……!!」

    ストーカー「足止めこそが俺の役目、つまりこの勝負は俺の勝ウップ」

    謎男「チッ!!」ベキィ

    ストーカー「」ドサッ

    謎男(兄が電話に出ない……くそ、直接向かうか!)シュバッ

    謎男(兄はもうかなり心にきてる……これ以上何かされたら!)ダダダダダ

    謎男(――!)ザッ

    謎男「兄か!?」

    兄「……」

    謎男(ブランコに乗っている……あれは確かに兄だ)

    謎男「大丈夫か?」

    兄「謎男……」

    兄「俺、どうするべきなんだろうな」

    謎男「?」

    兄「これ、友からだ」

    友【すまん、やられた。しばらく……いや、かなり長い間お前に近づけない】

    謎男(くそ、布石を打っておいた、とは友の事だったのか!)

    兄「もう、お前達に関わらない方が良いのかもな」

    兄「俺が不幸を呼んでるんだよ、多分」

    謎男「それは違うぞ」

    謎男「俺は、お前達と出会えて……孤独では無くなった」

    謎男「お前達と出会わなかったら、どこか虚ろな生活を送っていたかもしれない」

    謎男「感謝してるんだ、皆に……」

    兄「謎男……」

    兄「ありがとうな」スッ

    兄「また、楽しかったあの頃に戻ろう!」

    謎男「あぁ、そうだな」ニコ

    兄(謎男が笑った! 珍しいな)

    兄「お前のおかげで元気出て来たわ」ニカッ

    【俺、もっと頑張ってみるよ。ありがとう友!】ピロン

    兄「よし、帰るか!」


    216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 13:48:07.69 ID:/93tH+rQ0

    ――

    幼馴染「話って何?」ニコニコ

    兄「幼馴染……」

    兄「もう、戻ろう」クルッ

    幼馴染「?」

    兄「楽しかったあの頃に、戻ろうぜ?」

    幼馴染「……」

    兄「また、四人で笑いながら、楽しく遊びに行こう」

    幼馴染「嫌」

    兄(即答か、ちくしょう)

    幼馴染「私は兄さえいれば、それで満足なの」

    兄「俺はお前が大事だ。本当の姉のように思っている」

    幼馴染「!」

    兄「だからこそ、俺に依存せずに、もっと輝いてほしい」

    兄「……それでも嫌か?」

    幼馴染「……無理だよ、もう」

    幼馴染「戻れないよ。今まで心の中で眠ってたこの心が」

    幼馴染「抑えられないよ……」スゥ

    幼馴染「兄が笑ってたら私も嬉しくなる。兄が側にいるだけで心がぽかぽかしてくる。兄の事を思うだけで世界が輝いて見える。兄が話しかけてくれるだけで、いくらでも元気が湧いてくる。兄が悲しそうにしていたら、泣きそうになる。兄が誰かと喋っていると、胸が張り裂けそうになる」

    幼馴染「あなたが大好きなの……」グスッ

    兄「心が、制御できないのか」

    幼馴染「うん……」

    兄「……」ギュッ

    幼馴染「あ……」

    兄「心が制御できないのなら、俺が一緒に付き合ってやる」

    兄「ゆっくり、ゆっくり治していこう」

    幼馴染「う……あ……」ウルウル

    兄「よしよし」ナデナデ

    謎男(大丈夫みたいだな……)クルッ

    謎男「!?」

    謎男(おいおい、マジか……)ゾクゥ

    幼馴染「グスッ……」ニヤァァ

    謎男(まさか、兄が幼馴染を受け入れる事を読んでいたのか!?)

    謎男(兄からは顔が見えないな……くそ)

    謎男(兄の優しさを利用しやがって)ギリ

    謎男(覚えていろ……お前は必ず、俺が徹底的に追い詰めてやる)

    謎男(ゴミは俺が処理する!!)タッ


    その日から、俺は出来るだけ幼馴染の側に居て、心を制御できるようにしようとした。

    でも、それは全くの逆効果で、むしろ幼馴染の依存を強める結果になってしまったんだ。

    今思えば、俺も焦っていたんだな。


    219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 11:13:41.78 ID:d2vz7zia0

    兄「幼馴染、忘れ物だぞ」

    幼馴染「あ、ごめん、じゃあ行こっか?」

    そして、最後に、俺に強烈なトラウマを与えたのが、俺の誕生日の前日。

    俺は、幼馴染と海に行く事になった。こっそり謎男も着いてこさせて。

    やけに蝉の鳴き声が、家を出た時に頭に残っていたなぁ……。

    でも、ちゃんと聞こえているのに、どこか夢心地、みたいな。不思議な気分だった。

    幼馴染「水着はちゃんと持ってきた?」

    兄「着て来たわ。ガキじゃねーんだし」

    兄(こうしてると、幼馴染は普通に無害なんだけどなぁ)

    幼馴染「海なんて久しぶり」

    兄「つっても去年も来ただろ」

    兄(あれ……俺、これまで本当に幼馴染だけと過ごしてたんだな)

    幼馴染「……あ、バス来たよ」

    ブルルン……

    兄(やはり暑苦しいのは嫌いだが、夏の雰囲気だけは大好きだ)

    兄(バスも良い。眩しい太陽が照らす、流れゆく風景を見るのも好きだ)

    兄(謎男は見つからないよう、電車で海へと行っている)

    幼馴染「ねぇ、兄」

    兄「ん?」

    幼馴染「……何でもない」

    兄「何だそれ」ハハッ



    兄「着いた。暑い。帰りたい」グデー

    兄(早く水を浴びたい)

    「お待たせ♪」

    兄「……」

    幼馴染「どうしたの?」

    兄「……似合ってんな」プイッ

    幼馴染「!」

    幼馴染「ふふ……さ、行こ?」ニコ

    兄「おう。!」

    謎男(暑い……)

    兄(よし、来たか)

    それから数時間は、普通に俺達は海を楽しんだ。幼馴染は泳ぐのが得意だったっけな。

    謎男は退屈そうに空を眺めてた。あいつには悪い事したな。

    途中で逆ナン?みたいな事もされたっけ。

    遊び疲れてくたくたになって、辺りは夕焼けになっててさ。そろそろ帰ろうとしたんだよ。

    俺は喉が渇いてさ、ラムネを買いに、少し離れたんだ。

    この時、俺は幼馴染の目が、あの目になっていたのに気が付くべきだった。

    戻った俺の目に映ったのは――


    220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 14:12:01.44 ID:d2vz7zia0

    兄(どこに行ったんだ……?)スタスタ

    謎男「兄」シュバッ

    兄「お、幼馴染どこ行ったか分かるか?」

    謎男「今すぐ帰った方が良い」

    兄「え?」

    謎男「今すぐ帰れ」

    兄「何かあったのか?」

    謎男「俺からは言えない……が」

    謎男「吐きそうになった」ギロ

    兄「あいつに何かあったのか?」

    謎男「探すな。お前にとってはもはやトラウマに……うっ」ビチャァ

    兄「謎男が吐くほどの……まさか!」ザッ

    謎男「やめ、ろ、兄……」ハァハァ

    謎男(止め、ないと、俺が……)

    ――お前が全部悪いんだ!!

    ――あんたなんて、産むんじゃなかったわ!!

    謎男「う……!!」ズキン

    謎男(くそ、こんな時に……意識が……)





    兄(あ、これあいつのサンダルだ。こんな人気の無い茂みに……?)

    「あっあっ、……んっ」パンパン

    兄「え……」

    幼馴染「あは、兄……やっと来てくれた♪」

    兄「……何、やってんだよ……」

    幼馴染「見て、んっ分からないの? あっ」

    グラサン「あ、彼氏君? いただいてまーす」パンパン

    兄(俺の目に映ったのは、水着を脱いだ幼馴染と)

    兄(それに腰を打ちつける、知らない色黒のグラサン男だった)

    兄「なん、で」

    幼馴染「ほら、嫉妬、するでしょ……私のっ、気持ち、分かってくれた?」

    グラサン「役得だわー、こんな良い女とやれるとか」パンパン

    兄「あ……あ……」ブルブル

    幼馴染「私も、そんな思いだったんだよ?」

    兄「おえっ……!!」ビチャアァ

    グラサン「うわ、吐いてやんのww」

    幼馴染「兄……大好きだよ」

    兄(その言葉を最後に、俺の景色は歪み、反転した)


    221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 14:53:16.84 ID:d2vz7zia0

    夢を見ていた。

    昔、家族……あ、俺の方の母さんな。親父と母さん、それと幼馴染の両親もいて、桜の木の下で、花見をしてた。

    あの頃は、皆笑っていた。幸せだった。

    兄「はっ」

    幼馴染「起きた?」

    兄(今のは夢……?)

    幼馴染「ほら、帰ろう?」ギュッ

    兄「!!」バッ

    兄(今のぬるっとした感触は)

    幼馴染「あぁ、さっきのは夢なんかじゃないよ?」

    兄「……何で、そんな事したんだ」

    幼馴染「だから、兄に知ってもらうために」

    兄「あいつとはどんな関係だ?」

    幼馴染「知らないよ」

    兄「――ふざけんなよ!!」

    幼馴染「?」

    兄「そんな事のために、お前は身体を許したのか!!」

    幼馴染「あ、怒ってくれた……♪」

    兄「いい加減にしろよ!!」

    兄「お前はただ自分が良ければそれでいいだけだろ!!」

    幼馴染「怒らないでよー」

    兄「お前は俺の事が好きなんかじゃない!! ただ理想の恋人像を押し付けてるだけだ!!」

    幼馴染「ああ、もうバスの時間じゃないね……電車乗ろう?」

    兄「……」

    その時、俺はこいつに何を言っても届かないって分かった。

    もうこいつは自分の世界に囚われてる、そう思った。

    電車の中でも、俺は一言も口を利かなかった。

    その時は、時間的にかなり人がいてさ。満員のぎゅうぎゅう詰めだったよ。

    そして、次の駅で俺達の町だって時に、幼馴染は――

    幼馴染「……んっ」モジモジ

    兄「!?」

    俺に密着してきた。俺の身体に背中を向ける形で。

    そして、顔を赤らめ、不安げな顔をして……気の強そうな女に視線を送り始めた。

    俺は離れようとしたが、人が多すぎて動けない。謎男も遠い所に居た。

    「この人、痴漢です!」

    そして、そいつはそう叫んだ。乗客たちが一斉にこっちを見て、幼馴染はへたりこんだ。

    「ちょっと君、この駅で降りて」

    そう言われ、俺はほぼ強制的に降ろされた。謎男が叫んでいたが、人ごみのせいで届かない。

    幼馴染を見ると、やっぱりうっとりしながら笑っていた。


    223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:41:48.74 ID:d2vz7zia0

    「君、名前と学校は?」

    兄「ちょっと待って下さい、俺は何も」

    「実際に彼女は顔を赤くしてたじゃないか?」

    幼馴染「何でもないんです、ちょっと風邪気味だっただけで……」

    「ああ、そうだったのか? 紛らわしいリアクションはやめてくれよ」

    幼馴染「はい、迷惑かけてすいません」

    「君、疑ったりして悪かった。最近は痴漢が多くてね……」

    兄「いえ、気にしてないっす」

    「それじゃ、仕事があるのでこれで」スタスタ

    幼馴染「……ふぅ、ドキドキしたね♪」

    兄「……」

    幼馴染「皆私達だけを見てたよ、ふふ」

    兄「……」

    幼馴染「さ、帰ろうか」


    兄「もう……うんざりだ」

    幼馴染「?」

    兄「頭おかしいよお前」

    幼馴染「どうしてー?」

    兄「好きなのに他の男に気軽に身体を許して、人を痴漢野郎に仕立て上げようとして」

    兄「俺の友達にまで危害を及ぼして」

    兄「――もう、お前なんか大っ嫌いだ!!」

    幼馴染「え……」

    兄「顔も見たくない、二度と俺に近寄るな!!」

    幼馴染「待ってよ兄、まだ言いたい事が」

    兄「うるさい!!」

    幼馴染「誕生日プレゼントは、「二人っきり」で過ごそうと思って、遊園地のチケット買ったんだ」

    兄(謎男に気付いてたのか!?)ゾク

    兄「~!!」

    兄「もう俺に一切関わるな。お前なんてもう」

    兄「――「お姉ちゃん」じゃない」

    幼馴染「あ、あ……」

    兄「じゃあな、幼馴染さん」スッ

    幼馴染「兄、私を見捨てないで、兄……!!」



    兄「……ハァ、ハァ……オエッ」

    プルルル

    兄「……はい」

    兄「分かりました……」

    兄「今、行きます」


    225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:59:58.11 ID:d2vz7zia0

    幼馴染父「来てくれたか……」

    兄「……」

    幼馴染父「今日の事は、謎男君から全て聞いたよ」

    幼馴染父「君に辛い思いをさせてしまった、本当にすまない」スッ

    兄「頭を上げて下さい……あんたは何も悪くないでしょ」

    幼馴染父「そもそも、君に幼馴染の様子を聞いた時に、もっと気を付けるべきだった……」

    幼馴染父「幸い、私達は明後日で遠くに引っ越す予定だった。もう君に関わる事はないと思う」

    兄「そうですか……」

    幼馴染父「今は部屋に籠って君の写真を眺めていたよ」

    幼馴染父「いつからあんな風になってしまったんだろうな」

    兄「……」

    幼馴染父「最後に君の父親に会えなくて残念だよ、よろしく伝えておいてほしい」

    兄「はい」

    幼馴染父「……すまないね。本当に。今日はゆっくり休んでくれ」

    兄「失礼……します」

    兄(心に、ぽっかりと穴が開いた気分だ)

    兄(もう全部がどうでも良い)

    ソレデネー、ソノトキアイツガサ

    兄「うっ……」

    兄(気持ち、悪い。吐くものが無くて、胃酸がこみ上げてきた)フラフラ

    兄(女は……気持ち悪い)

    兄(気持ち悪い……気持ち悪い……)

    兄(ああ、全部考えなければ良いんだ)

    兄(心の片隅に、嫌な気持ちを押し込んで)

    兄(楽しい事を考えよう)

    兄(あれ、楽しいってなんだったっけ……)

    兄(もう、霞んで思い出せない)

    兄(……俺は、何だったっけ)

    兄(今までの……俺……は……)フラッ


    ドサッ

    謎男「見つけた!」

    友「おい、大丈夫か!」

    兄(何で……居るんだ……)

    友「おい、意識はあるか!」

    兄(……眠って、しまおう)

    謎男「おい、兄!!」

    兄(目が覚めたら、あの頃に戻っていたらいいなぁ)


    227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 10:24:54.80 ID:vPKGAqI40

    兄「……」パチ

    謎男「!」

    マスター「目が覚めたようだね。はい、水」スッ

    兄「……」ゴク

    友「大丈夫か?」

    兄「……」

    謎男「今日はもう休め」

    兄「……」コク

    カランカラーン

    マスター「大丈夫……ではなさそうだね」

    友「……兄」

    それからは、まぁ学校もサボって、抜け殻のように過ごした。

    そして、あいつが引っ越す日になったが、俺は部屋に籠ったままだった。

    幼馴染は最後に、「ずっと待ってるから」とメールを残して、引っ越していった。

    俺はそれから、本当に抜け殻だったよ。

    友と謎男は随分気を使ってくれて、いつでも三人で過ごすようになった。

    マスターはよくアウトドアやキャンプに連れて行ってくれたっけな。

    兄「……」

    友「兄、ゲーセン行こうぜ!」

    兄「……」コク


    謎男「明日は祭りだな、行くか?」

    兄「……」コク

    友「よし、明日は夕方に神社で集合だな」

    兄「……」グッ


    友「執事が育てたスイカを貰ってきた。食べようぜ」

    兄「……うん」

    謎男「!」

    友(ゆっくりで良いんだ、回復してくれれば)ニッ


    謎男「……焼き芋。それだけ」スッ

    友「いや分かんねぇよ!?」

    謎男「良いさつま芋を貰った。たき火するぞ」

    友「それ犯罪じゃね?」

    謎男「ヤンキーのお前が言うか」

    兄「プッ」

    謎男(ようやく笑ったか)フッ


    友「寒っ、もう冬だな」

    兄「そうだな」

    謎男「マスターに珈琲でもたかりにいくか」ニヤ


    228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 19:27:47.29 ID:vPKGAqI40

    友「寒いな……マフラーでも買うべきか」

    謎男「マフラーをするヤンキーか……」

    友「うっせーよ! そんくらい別にいいだろーが!」

    兄「……?」

    友「どうした?」

    兄「あれ……」

    謎男「――!!」

    「いってー、今のは痛かったわー」

    「すいません」

    「謝罪とかいいからさ、ちょっと付き合ってくれるー? 俺紳士だしさ」

    「えっと、その……」

    「ほらいいから、とりあえず行こうぜ」グイ

    友(まずい、ナンパしてやがる!)

    友(……やべぇ!!)

    兄「ゴミ、は、消さない、と……!!」

    兄「俺、が……全部……全部……」ズキ

    謎男「落ち着け兄!」ガシ

    兄「あ……う……!!」ブルブル

    兄(頭と、胸が、痛い)

    兄「――あああああああああああぁぁぁぁぁあぁぁ!!」バッ

    謎男「ぐっ!」ドサ

    友(謎男を跳ね除けた!? なんてパワーだ!)

    「な、なんだよお前!」

    「何でキレてんだよ……二人でやるぞ」

    謎男「おい、やめろ!」

    「やべーよ、こいつ目がイってるって!!」

    「ビビんなよ、隙だらけだ」ガツン

    兄「があぁぁ!!」ブン

    「うっ!」

    「何だよこいつ、怯まねえぞ!」シュッ

    兄「ああぁぁ!!」メキィ

    「ぐっ、調子にのんな!」ガッ

    兄「ぜん、ぶ、全部ぶっ壊してやる!!」ベキィ

    兄「俺、が、この手で!!」

    謎男「くっ……!!」ガッ

    友「ナイスだ! おいお前ら、早く逃げろ!」

    兄「ヴヴヴ!! があああああああぁぁぁ!!」

    「お、おい、もう行こうぜ」ダッ

    謎男「……くぅ!」ミシシ

    友(それから十分ほど暴れようとした兄は、力尽きて眠ってしまった)


    229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 13:29:38.71 ID:u/xnoCmU0

    謎男「!」

    友「兄、分かるか?」

    兄「俺、何してたっけ」

    友「覚えてないか……」

    兄「確か、俺は……あ、あ……!!」ガクガク

    謎男「しっかりしろ!!」

    兄「怖い……もう……近寄らないでくれ」

    兄「俺と居たら、また傷つける……」

    兄「人が怖い……」ポロッ

    友「あーもう……面倒くせぇな!!」ダン

    謎男「!?」

    友「女々しいんだよお前!! しょーもない気ばっかり使いやがって!!」

    友「いくらでも俺らに迷惑かけやがれ!! 何でも相談しろや!!」

    友「――俺達は親友だろーが!!」

    兄「!」

    友「ハァ……ハァ……」

    兄「友……」スッ

    兄「ありがとうな」

    兄「そうだな……俺達は親友だ」

    兄「これからも、よろしく頼むぜ!」ニカッ

    友「おう!」ニッ

    謎男(さすがは友だな……激情的なあいつだからこそ、心の声を思い切りぶつける事が出来た)

    謎男(……)

    友「おいクマ野郎、お前もだよ!」

    謎男「!」

    友「どうせ自分は違うとか思ってんだろ! お前もとっくに仲間だろーが!」

    謎友(仲間……)

    謎男「誰がクマ野郎だ……別に睡眠はとってる」

    友「これだからツンデレは……」

    兄「ぷっ……」

    友「……」

    謎男「……」

    「あははははwwwwwwwww」

    兄「はー、久しぶりに笑ったわ」

    友「……」

    兄「?」

    友「俺、結構恥ずかしい事言ってたよな……」

    謎男「……『俺達は親友だろーが!』」ニヤニヤ

    兄「『お前もとっくに仲間だろーが!』」ニヤニヤ

    友「やめてください!!」


    232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 18:45:16.29 ID:u/xnoCmU0

    マスター「なるほど、兄が……」コト

    謎男「完全に理性を失っていた。目が獣のようにギラついていた」

    マスター「理性、か」

    謎男「表情は怒りに満ちていたが、苦しんでいるようにも見えた。おそらくあの激昂は」

    マスター「溜めこんだ膨大なストレスが、一時的に爆発した、と?」

    謎男「ああ。ナンパを見て、幼馴染につけられたトラウマを思い出したんだろう」

    マスター「それが、彼が言う‘心の化け物’か」

    謎男「こればっかりは時間が経つのを待つしかない……」

    マスター「同意見だ。トラウマが風化してくれるのを待つしか出来ないね。ただ」

    マスター「もしまた君の目の前で暴れたら、君が止めてやるんだよ」

    謎男「勿論だ」

    マスター(兄は良い友達を持ったね)

    ――――

    まぁ、それから時間が経って、俺は他人がナンパされても暴走しないようになったんだ。

    自分で言うのも何だがかなり明るくなったし、またうまい飯を探求するようにもなった。

    でも、やっぱり学校では居場所は無くて辛かったな。ヘン夕イの烙印は最後まで消えなかったし。

    だから、うちの中学の生徒は、大抵は南の方の高校に行くんだが、俺は北の高校……今の所だな。そこへ行った。

    中学を卒業する事には何の未練も無かったが、あいつらと離れるのは辛いなーって思ってた。

    でも、あいつらはわざわざ俺に高校を合わせてくれたんだ。

    本当に良い友達を持ったよ。

    兄「……もうこんな時間か。長々と話し込んで悪かったな」

    義妹「……」

    兄「どうした?」

    義妹「自分の境遇が恥ずかしいです」

    兄「え?」

    義妹「お兄さんはこんなに辛い思いをしたのに、私はあれくらいでふさぎ込んで……」

    兄「おいおい、別に俺は」

    義妹「だから」ギュッ

    兄「!」ビクッ

    義妹「私はどんな事があっても、絶対にお兄さんを苦しめたりしません」

    義妹「お兄さんがどんな立場になっても、ずっと味方でいます」

    義妹「もう……死のうなんて思わないでください」

    義妹「お兄ちゃん……!!」

    兄「義妹……」

    兄「……すまん」ギュッ

    義妹「グスッ……」

    兄「ごめんな……!!」ポロッ

    義妹「……」ギュウゥ

    兄(それからしばらくして、俺達は手を繋いで眠った)


    236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 13:11:32.30 ID:58aIjnU10

    兄「……」

    義妹「何オドオドしてるんですか。早く入りましょうよ」

    兄「いや、よく考えたら妹友2さんに暴走したの見られててさ……」

    義妹「妹友2さんは優しいですし、大丈夫ですよ」ドン

    兄「いてっ、無理やり校門くぐらせる事もないだろ」

    義妹「可愛い妹と登校したんですからいいじゃないですか!」

    兄「あ、自分で可愛いとか言っちゃうんだ」

    義妹「……//」ウツムキ

    兄「恥ずかしいんなら最初から言うなよ……」ハァ

    義妹「は、早く行きますよ! もう!」ギュッ

    兄「はいはい」プークスクス



    友「おはようございます」ニコッ

    兄「うわぁ」

    友「?」

    兄「義妹に話してから今のお前みたら、違和感すげぇわ」

    友「私の事も話しました?」

    兄「あー、別にお前のキャラチェンジのきっかけとかは言ってないよ、必要無さそうだったし」

    友「まぁ別に聞かれても構いませんが……恥ずかしいじゃないですか」

    兄「あのヤンキーが随分紳士になったもんだ」ニヤ

    友「からかわないで下さいよ……おや」

    友2「うーっす」

    兄(誰だったっけ……)ヒソヒソ

    友(えーと……)ヒソヒソ

    友2「聞こえるように言うのやめようか」

    兄「あー、思いだした、ハゲか」

    友2「坊主だっつってんだろ!」


    ――

    兄「さて、昼食タァァァァイム!!」

    友「いつにもましてテンションが高いですね……あっ」ガラッ

    兄「」

    妹友2「兄くん……ちょっと良いかな?」

    兄「はい」

    妹友2「ごめんね……じゃあ、行こう」

    友(……あれ、妹友2さんの口調が少し変わった……?)

    友2「もしかしてこれは」ガタッ

    友「野暮な事はしないように」ガシ

    友2「友っ……貴様ッ!!」

    友(さて……どうなりますかね)


    237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 13:49:06.54 ID:58aIjnU10

    兄(おおおおお落ち着け俺素数を数えるんだ)

    妹友2「ここなら誰もいない……はず」

    兄(1,3……あれ、素数って何だったっけ)

    妹友2「……」

    兄(奇数だったっけ……いや違う、何か一つだけの数字みたいな)

    妹友2「ごめんなさい」ペコリ

    兄「!?」

    妹友2「昨日は兄くんが私のせいで傷ついたのに……私は怯える事しか出来なかった」

    兄「いや、あれは俺が勝手に暴れただけだし」

    妹友2「それでも、あの時兄くんが居なかったら、どうなっていたか分からない」

    妹友2「……あなたに何があったのかは知らないけど、側を歩いて行きたいです」

    妹友2「付き合ってください」

    兄「……俺は」ズキッ

    兄(大丈夫、大丈夫だから……!)

    兄「妹友2さん……ごめん」

    兄「俺には、好きって感情が分からないんだ」

    兄「このまま付き合ったら、絶対に傷つける」

    兄「だから、好きになれるかもしれないけど……ごめん、無理だ」

    妹友2「っ……何が、あったの?」

    兄「ちょっと話すと長くなるんだ。今日の夜に電話してもいいか?」

    妹友2「分かった」シュン

    兄「……」

    妹友2「じゃあ、今日の夜……待ってるね」

    兄「……うん」


    ――

    友「兄」

    兄「ん?」

    友「何かありましたね」

    兄「……俺はやっぱり駄目な奴だな」ハァ

    友「そんな事ないですよ……」

    兄「でも、今日の夜にきっちり説明するよ。昔とは違うんだ、だから」

    兄「女々しいなんて言わせないぜ?」

    友「……成長しましたね」フッ

    兄「所で、あのハゲは何で隅っこで呪詛を吐いてるんだ?」

    友「『義妹ちゃんに懐かれて妹友2さんから呼び出しされる兄くたばれ』だそうです」

    兄「彼女いるくせに何言ってんだよ……」

    友2「あ、やっぱりwwwwwwww?」グワッ

    兄「」イラッ

    友2「だよな、確かにwwwwそれはwwwwww仕方がない? っつーかwwwwwwブフフwwww」

    兄(今度後輩にこいつの黒歴史教えてやろう)


    242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/26(土) 16:16:54.65 ID:7MyLWtRB0

    兄「暑いな」

    義妹「暑いですね」

    兄「こいつの出番だよな」ソウメンッ

    義妹「やってきましたか」ハァ

    兄「そんな残念そうな顔するなよ、そうめんうまいじゃん」

    義妹「最初は良いんですけど……飽きますよね、絶対」

    兄「そうめんにはトッピングと言うものがあってだな」

    義妹「トッピング……? 錦糸卵とかですか?」

    兄「こいつですよ」カニカマッ

    義妹「かにかま……?」

    兄「そう、別にこのまま使うわけじゃないよ」

    兄(醤油をまぶしたかにかまに適当な衣を付けて、小さなフライパンで揚げる))

    兄(これだけで、あのかにかまがやたらとうまくなるのだ)ドヤァ

    兄(カレー粉をまぶしてもいいかもしれない)

    兄「さて、いただきまーす」ホラ

    義妹「あ、ありがとうございます」イタダキマス

    兄「麺つゆにワサビ入れるならどうぞー」

    義妹「ちょっとだけ……では」パクッ

    義妹「あ、美味しい……!?」

    兄(揚げたかにかまは、醤油であらかじめ味付けしている)

    兄(カリッとした衣の歯ごたえと、柔らかい中身の変化が楽しい)

    兄(しかも、熱々のかにかまは旨みたっぷりで甘く、これだけでもご飯のおかずになりそうな味だ)

    兄(しかし、それだけでは無い……この揚げかにかまは)

    義妹「あ、麺つゆに浸してもおいしいですね!」

    兄(そう、麺つゆとの相性が抜群なのだ)ニヤリ

    兄「たまには良いだろ、こーゆーのも」ズゾゾー

    義妹「たまには、ですね」ズゾゾー

    兄(さて、そろそろ電話しないとな)
    ――

    兄「……これで俺の過去は終わり」

    妹友2「……」

    兄(おいこのリアクション二回目だぞ)

    妹友2「兄くん、あなたは恋愛感情を無くしてしまっただけ」

    兄「え」

    妹友2「あなたの心が埋まるその時まで……好きでいてもいいですか?」

    兄「俺の、心が埋まる時……」

    妹友2「もし、他に好きな人が出来たその時は、私を振ってくれても構わない」

    妹友2「でも、それまでは……まだ、あなたを思っていてもいいですか?」

    兄「どうしてそこまで……」

    妹友2「決まってる」

    妹友2「――あなたが、好きだから」


    244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/26(土) 18:08:22.88 ID:7MyLWtRB0

    ――

    兄(先日の告白を受けて以来、しばらく俺は妹友2さんとの接点を失っていた)

    兄(しかし、あのバカが余計な事をしてくれたおかげで、今、俺達は――)

    コッチハマグリサンニンマエ オーイ、イカノイチヤボシマダカー! オオアサリウマスギワロリッシュ

    兄(浜焼き屋さんに来ている)ハァ

    友2「賑わってるなぁー」

    図書娘「潮の匂いがする!」クン

    兄(余計な事しやがって……しかもそこそこの人数だ)

    兄(面子は俺・友・ハゲ・図書娘・義妹・妹友・妹友2・後輩だ)

    兄(かなり金がかかるからなぁ……それに、あいつがバイトしてるらしいし)

    友「ほら機嫌直して下さいよ」

    兄(しかも席は俺・友・義妹・妹友。もう一つのテーブルに図書娘・妹友2・後輩・ハゲ)

    兄(憂鬱すぎんだろ畜生)

    友「ほら、注文しますよ、何にします? ハマグリですか?」

    兄「さっそくハマグリ頼む奴はバカだね、汁が飛び散って火傷するのが目に見えるぜ」

    妹友「偉そうに……じゃあ最初は何頼むの?」ギロ

    兄「睨むなよ……最初は大アサリにしとけ」

    義妹「ではそれで、四つで良いですか?」

    妹友「うん」

    「こちら大アサリ四人前になりますっ!」コト

    兄「すげぇ元気だな」

    友「すでに貝殻は片方カットされていますね」

    兄「ちなみに和名はウチムラサキだったはず、貝殻の中が紫色だったから……的な」

    妹友「誰も聞いてないし」

    兄「最初にタレをかけてから焼けよ、焼きすぎてパッサパサになるからな」ハァ

    友「お任せあれ」シュピピピッ

    兄「タレがぐつぐつしてきたら食べごろなー」

    妹友「仕切りたがりって絶対に一人は出てくるよね」

    義妹「まぁまぁ、落ち着いて下さいよ」ニコ

    友「もう全体的に良さそうですね」

    兄「じゃあいただきますかー」パクッ

    友「おお、うまい!」

    義妹「身がぷりぷりしてます! すごいジューシー!」

    妹友「……」

    友(無表情を貫こうとしているが、頬がゆるんでますね)ヒソヒソ

    兄(うまいものの前では、所詮奴も一人の女よ……)ヒソヒソ

    妹友「……何」ギロォ

    兄「いえ」

    友「何でも」

    兄・友「ございません」キリッ


    245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/26(土) 18:32:27.08 ID:7MyLWtRB0

    友2「あっつ、ハマグリあっつ!!」バチュゥン

    後輩「もう、落ち着いて下さいよー」フキフキ

    図書娘「あ、開いたよ。どうぞ」スッ

    妹友2「ありがとう」

    図書娘「どういたしまして♪」

    友2「ハマグリに殺されるかと思ったぜ」フゥ

    後輩「落ち着いて取ってくださいよ、もう」

    友2「すまんなwwwww」

    図書娘(どうして僕はいちゃいちゃを見せられてるんだろう)ニガワライ

    妹友2(あの二人は勝手に楽しむから大丈夫)

    図書娘(……え、えっ!? 今口動いてな……えっ?)


    「こちらサザエ四人前になります……あ、来たんだね」ニコッ

    友「ああ、ここでバイトしているんですか、イケメン君」

    イケメン「ああ、知り合いが働いててね、存分に食べていってくれ!」キラッ

    兄(俺はこいつが嫌いだ、いや、すごい良い奴なんだが……)ジロー

    イケメン「おいおい兄、そんなに睨むなよ」ナデナデ

    兄(こいつは軽いホモなのだ。とりあえずボディタッチがものすごい多い)パシッ

    兄「はよ厨房に戻れよ」

    イケメン「つれないなーもう」ハハ

    友「いただきましょうか、これもタレを?」

    兄「うん、確かここの奴はほとんどタレかけてから焼くタイプと思う」

    義妹「これもぐつぐつしたら食べれますか?」

    兄「おう、最初にタレをしっかりかけとかないと、奥でひっついたりするからな」

    友「ぬかりはありませんよ」シュピピピピッ

    妹友「……」クン

    義妹(バレないように匂いを嗅いでる……)フフ

    兄「よし、もういけるな」スッ

    兄「よっと」ドゥルッポン

    友「おお、さすがですね、コツなどは?」

    兄「ちょっと斜めに挿して、殻を回す事かな?」

    義妹「……あ、出来た!」ドゥルッポン

    友「ふぅ」ドゥルッポン

    妹友「……」

    兄「……貸してみ」

    妹友「……ん」スッ

    兄「ほいさっと」ドゥルッポン

    妹友「……ありがと」

    兄(こいつにお礼を言われる日がくるとは……)

    兄「どういたしまして」


    248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/28(月) 13:18:02.92 ID:iRcK/ncq0

    義妹「んー、身がコリッコリですね!」コリコリ

    友「噛むたびに旨みがにじみ出てきます」コリコリ

    兄「やっぱ肝だろ、まったりとした強烈な旨みと適度な苦みがたまらん!!」モグモグ

    義妹「肝は苦くて苦手です……」

    妹友「レモンをかけるみたいだよ」ホラ

    義妹「あ、これなら大丈夫です」モグモグ

    兄「そろそろまとめて注文するか、何にする? ハマグリは面倒だから最後が良いと思うぞ」

    友「ホタテ、イカの一夜干し、後は刺身や吸い物がありますね」

    妹友「ホタテが良いな」

    兄「よし、ホタテとサザエで」キリッ

    義妹「あ、じゃあ呼びますねー」ピンポーン

    ――

    兄「ふぅ、美味かったな」ケプッ

    義妹「最後のハマグリも美味しかったです」ニコニコ

    兄「ハマグリは開いた瞬間食う食べ物だからな、おかげで指がやられたけど」ヤケドガイテェ

    妹友「……」

    兄「?」

    妹友「……ん」スッ

    兄「あ……(絆創膏だ)」

    義妹(ふーん)クスッ

    妹友「ん!」

    兄「はいはい、ありがたくいただきますよっと」ヒョイッ

    妹友「ふん」プイッ

    兄(何か印象変わったなぁ)

    友「あちらも食べ終わったようですし、そろそろ帰りますか」

    義妹「そうですね」チラッ

    友2「うまかった」

    後輩「ですねー」ニコ

    図書娘「ごちそうさまー」ポンポン

    妹友2「満足」

    兄「じゃあ帰るか! 経費はハゲ持ちで!」

    友2「破産するだろ!! バカか!」

    ハハハ……

    兄「今日は楽しかったな」テクテク

    義妹「楽しかったですね、皆でわいわいするの……憧れてたんです」

    兄「そっか、それは良かった。……お、月が綺麗だな」ニコ

    義妹「……//」

    兄「ん、……あっ、悪い、完全に無意識だった!」ペコリ

    義妹「お兄さん」

    義妹「……本当に、綺麗な満月ですねっ」ニコッ


    249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/28(月) 13:42:21.06 ID:iRcK/ncq0

    兄(皆様、こんばんは。しがない兄です)

    兄(今日は義妹は妹友2さんの家で食べてくるそうです)

    兄(仕送りはもう少ししたら来ますが、浜焼きでかなり金を使ったので、俺一人の時は節約します)

    兄(もやし丼で行くか……いや、別に今日くらいはいいだろう)

    兄(ここに一杯のご飯があります)ゴハンッ

    兄(それを二つに分けます。一つは小皿に乗せて)

    兄(フライパンで炙った塩を少し多めに加えて、全体にいきわたるようにします)

    兄(完成です、今夜の夕食はご飯定食です)

    兄「いただきまーす」

    兄(塩飯を馬鹿にする奴がいるが、やっていることはおにぎりと大差ない)

    兄(塩は全ての食材の旨みを増幅させる、米も例外ではない)

    兄(塩によってコメと言う穀物自体の純粋な旨み、芳醇な甘みを感じる事が出来る)

    兄(固めに炊く事によって、いつもとは違う米の歯ごたえをも楽しめる)

    兄「この焼き塩仕立ての米を頬張って」

    兄「――普通のご飯を喰らうッ!!」ガツガツ

    兄(そして、味付けしないご飯は、その食材の味を全て受け止める)

    兄(旨みたっぷりの少し塩辛い塩飯+普通のご飯)

    兄(うまいっ!!)モッシュモッシュ

    兄「ごちそう様でしたー」

    兄(茶碗一杯分なので、食べ終わるのも必然的に早くなる)

    兄「さて、宿題やって寝よ……」


    250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/28(月) 15:00:27.24 ID:iRcK/ncq0

    兄(ここは、森の小川。精神を沈めるのにちょうど良いと、謎男に教えてもらった場所だ)

    兄(……夏休みが近づいてきた)

    兄(ちょうど、トラウマを植え付けられたあの日)

    兄(あの日に、全部終わらせよう)スタスタ

    兄(俺が……自分自身の過去と、心の化け物を制御するために)カツン

    兄「ちっ、何だよ……人がせっかくシリアスモードに入ってんのに」ヒョイ

    兄「……まつぼっくりか、久しぶりに見るなぁ」クルッ

    兄「うおっ!?」バッ

    兄(こ……これ……くっついてんのって……)

    兄「――何かの、爪だよな?」

    兄(それにしても、どっからこんなものが……)キョロキョロ

    兄(ん?)

    兄(何だあれ……こんな森の中に……)

    兄「廃墟……?」




    兄「――って事があったんだが」

    謎男「あの廃墟は俺もよく知らない……近寄らないに限る」

    兄「そりゃそうだけどよ、あの場所でさ、何かの爪が「丸ごと」くっついたまつぼっくりを見つけたんだ」

    謎男「ほう」ニヤ

    兄「お前こーゆー謎追いかけんの好きだったよな」

    謎男「……」

    兄「今度あの廃墟調べないか?」

    謎男「……まぁ」


    謎男「気が向いたら、な」ニヤ


    兄「友がすももくれたんだけどさ、俺酸っぱくて苦手なんだよなぁ」

    義妹「あー、確かに強烈ですよね、私はわりと好きですけど」

    兄「でも酸っぱいって事はさ、パイナポゥやキウイと似たような感じだろ?」

    義妹「パイナポゥって……」クスッ

    兄「まぁそんなわけで、スーパーでこれ買ってきたわけよ」ガサッ

    豚肩ロース(トンテキ用 138円)

    兄「今日のご飯はトンテキと味噌汁でいいか?」

    義妹「お兄さんの料理なら何でも」ニコ

    兄(とりあえず、すももの芯を取ってすりつぶしておく)

    兄(肩ロースは包丁の背でよく叩いた後、筋切りをして胡椒をしておく)

    兄(それをジップロックに入れて、すりつぶしたすももを加えてよくもみこむ)

    兄「うまくいくといいけどなぁ」

    義妹「え、実験するんですか……?」

    兄「まずかったら今日のご飯はリゾットに変更します」キリッ

    義妹「もう、適当なんだから」フフ


    251: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/28(月) 15:28:21.31 ID:iRcK/ncq0

    兄「さて、もういいかな」

    兄(つけこんだすももは、よく払っておく)パシッ

    兄(煮詰めてソース……と言いたいが、すももを煮詰めてもおそらくまずいだろう)

    兄(軽く小麦粉をまぶし、丁寧に焼く)ジュウゥウ

    兄(いい色になったら、爪楊枝を刺してみる)プスッ

    兄(透明な肉汁だ、そろそろ良いだろう)

    兄(目玉焼きを乗せて、千切りキャベツ(お買い得品;半分65円)を添えておく)

    兄「では、いただきますかー」

    義妹「はーい」ニコ

    兄「どれどれ、……うん、うまい」

    義妹「柔らかいですね! これは成功です!」

    兄「うーん、けどやっぱ若干残ったすももの味が合わないなぁ」

    義妹「そうですか? 言われなければ気付かない範囲だと思いますけど」

    兄「美味い物には妥協したくないんだよ、余ったすももは半分ジャムにしよう」

    義妹「あ、それはおいしそうですね!」

    兄「今回はこれで我慢してくれ」

    義妹「我慢だなんて……そもそも、目玉焼きの黄身のおかげで、全く気になりませんよ?」

    兄「そうだな、ありがとう」

    義妹「どういたしまして」ニコ

    兄「明日はリゾットでいいか?」

    義妹「勿論です!」

    兄「よし、明日はうまいもん作るよ」

    義妹「ふふ……」ギュー

    兄「何故抱き着く」シュドッ

    義妹「いたっ、チョップしないで下さいよ」

    兄「暑いんだよ!!」

    義妹「ちょっと失敗したからってしょげてるお兄さんが可愛かったからつい」テヘ

    兄「やかましい、夏は抱き着くの禁止」

    義妹「そ……そんな……家族のぬくもりが……」ガクガク

    兄「……涼しい日なら許す」

    義妹「お兄さーん!」

    兄「だから今は暑いだろうが!」スカッ

    義妹「ぶーぶー」

    兄「蜂みたいに鳴くなっつーの、あ、そういえばさ、今日森で」

    義妹「森で?」

    兄「……やっぱ何でもね」ニカッ

    義妹「何ですかそれー! 気になるじゃないですかー!」

    兄「まぁまぁ、頭撫でてやるから」ナデナデ

    義妹「むー……何か納得できませんね……」

    兄(義妹が近寄ったらまずいしな、廃墟の事は言わないでおこう)


    258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/29(火) 10:47:15.89 ID:FiwGVzHu0

    兄「ん」」

    隣人「お」バッタリ

    隣人「丁度いい、取りすぎたからこれやるわ」

    兄「またでっけぇお菓子のプライズだけ取りやがって……俺もゲーセン行きたいなぁ」

    隣人「行かないのか?」

    兄「無駄な金は使いたくないんで。これはありがたくいただきますー」

    隣人「またいつか二人で乱獲しに行こうぜ」ニヤ

    兄「そうだな」ニヤ

    兄・隣人「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    隣人2(仲良すぎじゃね、あいつら……)



    ???「……」ジー




    兄「今日はリゾットです」

    義妹「わー」パチパチ

    兄「えっとー、まず……おっさんに貰ったバターをちょっと溶かして」ジュゥ

    兄「刻んだ玉葱を炒めます」ジャァァ

    義妹「ふむふむ」

    兄「良い感じになったらかるーく洗った生米・薄めたコンソメスープを加えて炊きます」

    義妹「薄めるんですか?」

    兄「煮詰めていく過程でどうしても辛くなるからな、熱々のうちは辛さを感じにくいし」

    義妹「なるほど」

    兄「何回か継ぎ足していって、良い感じになったら角切りにしたスモークチーズを投入」パララ

    兄「あ、別にこれは無くてもいいぞ、あったから使っただけだ」

    義妹「あれ、溶けませんよ?」

    兄「スモークチーズは溶けにくいからな、味の変化に使っただけだ」

    兄「はい、とろけるチーズを投入、全体になじませたら終了」

    兄「じゃあ、いただきますか」パン

    義妹「ですね」パン

    兄「うっま、あつっ、やっぱ熱々のチーズは最高だな」ハフハフ

    義妹「玉ねぎの甘さが溶け込んで美味しいです! お米もプチプチした歯ごたえがあって!」モグモグ

    兄「アルデンテにしておいたからな、気に入ってくれてよかった」ハフハフ

    義妹「それに、とろけるチーズとスモークチーズの二重の味が、深いコクを出してますね」モグモグ

    兄「普段はスモークチーズの代わりにベーコンを入れるんだけどな」ハフハフ

    義妹「あ、それもおいしそうです」モグモグ

    兄「うまかった、ごちそーさまー」フゥ

    義妹「ごちそうさまでした」

    義妹「さて、洗いますからお風呂入ってきてください」ニコ

    兄「ん、ありがとなー」

    兄(こんな日常が、いつまでも続くといいな)


    259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/29(火) 11:55:23.25 ID:FiwGVzHu0

    兄(ふと俺は思った。人を褒めちぎったら、どんなリアクションをするのだろうか)

    兄(そんなわけで、今日は褒めに褒めまくってやろう)ニヤ

    義妹の場合

    兄「なぁ、義妹、お前って本当に良い子だよな」

    義妹「へ? どうしたんですか突然」

    兄「いや、よく考えたら手伝いもよくしてくれるし、頭は良いし、めっちゃ良い子だし」

    義妹「そ、そんな……」テレテレ

    兄「よくなついてくれるし、気配りもできるし」

    義妹「……//」

    兄「本当に完璧だわ、こんな妹を持てて俺は幸せだな」ハハ

    義妹「お兄さーん!!」バッ

    結果;頬ずりしながら三分ほど抱きしめられた。

    妹友の場合

    兄「妹友さんってさ、実は優しいよな」

    妹友「は?」ギロ

    兄「なんかこの前絆創膏くれたし、さりげなく義妹にレモン上げてたし」

    妹友「うっさい、媚びる奴は嫌い」ガン

    結果:蹴られた。もっと仲良くなろう。

    妹友2の場合

    兄「妹友2さんってさ、何か側にいて落ち着くよな」

    妹友2「?」パラ

    兄「何か安心するって言うか、何でだろうな、初めて会った時も大丈夫だって分かったし」

    妹友2「……そうなの?」ペラ

    兄「うん、口数は少ないけど、心はすごい優しい人だって知ってるし」

    妹友2「……う、うん」

    兄(あ、ページをめくる手が止まった)

    兄「すごい献身的だし、本当に理想的な清楚美人っていうかさ」

    妹友2「……そう//」

    兄「綺麗だけどやっぱり内面だな、本当に性格良いし」

    妹友2「……//」ポフポフ

    兄「いた、ちょっ、本で叩くのはやめっ」

    兄(まぁ全然痛くねーけど)

    結果:顔を真っ赤にして本で顔を覆われた。


    おまけ イケメンの場合

    兄「なあ、お前ってホモだけどすげぇ良い奴だよな」

    イケメン「どうしたんだい兄、突然褒めだして」ギュー

    兄「それに頭もすげぇ良いし、運動神経抜群だし」

    イケメン「ははっ、照れるじゃないか」サワサワ

    兄「ああぁぁぁぁぁ尻を触るな、抱きしめるな!!」パシィ

    結果:アッー!


    260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/29(火) 13:42:32.14 ID:FiwGVzHu0

    友「……おや、チャージアックスを使うようになったのですか?」ピコピコ

    兄「今まで毛嫌いしてたけどさ、使ってみるとかなり強いわ」ピコピコ

    友2「あれ使いにくくね?」

    兄「慣れたら簡単だぜ? ガード・ステップ・尻尾切断・スタン・高威力技・飛び込み攻撃出来るし」

    友2「おお、それ聞いたら良さそうだな」

    兄「特にテオをボコボコに出来るのが嬉しいね、希ティ狩れた時は鳥肌立ったわ」

    友「なるほど、次の看板武器ですもんね……さ、何狩ります?」

    友2「俺ラージャンの角欲しい」

    兄「団長の挑戦状やってろ」

    友2「ダレンモーランとか」

    兄「あれランスで突進するだけじゃん」

    友2「レウス亜種……」

    兄「あ、それならいいぞ」

    友(欲しい素材無いんですけどね)ピコピコ

    兄「クシャル装備で行くか)

    友2「よっしゃー」

    兄「あ、こっちからだわ」デン!

    友「了解、隣ですね」

    友2「ペイントボールはよ」

    兄「はいはい」ペチン

    レウス亜種「ゴアァァァァァ!」

    友「おや、耳栓ですか」

    兄「クシャル用の装備だからな、お前は操虫棍か」

    友「……よし、そろそろダウン取れますよ」ピコピコ

    兄「ナイス! 頭貰っていいか?」

    友「どうぞ」

    兄「生憎これはスタン取れる奴じゃないけど、その分ダメージ入るからさー」ジャキィン

    友「おお、モーションがかっこいいですね」

    友2「待たせたな……あっ」

    兄「バックジャンプブレス喰らってやんのwww」

    友「マタセタナッ」ウラゴエ

    兄「ぶwwwww」

    友2「やべえ、早く回復しないと……ああっ! 毒喰らった」

    兄「よっと」カッ!

    友「ナイス閃光玉です」ボトッ

    兄「高出力属性解放斬り楽しいわー」

    友「名前がすごいですね……」

    兄「おいハゲ、そこに居たら多分」

    友2「あ、死んだ!!」ガクン

    兄「尻尾に当たるくらい分かるだろ……」ハァ


    261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/29(火) 16:57:12.59 ID:FiwGVzHu0

    兄「お、妹友2さんからメールが」ピロリン

    兄「……ほう、……なるほど……ほぉ!」

    兄「さすがだな――良いだろう、作ってやるさ!!」ギラッ

    【兄くん、この前話してくれた豚バラチーズ巻きだけど、アレンジを思いつきました】

    【もちろん、材料も最小限にしています、一つしか足しません】

    【まず、豚バラに塩胡椒をします】

    兄「暑いなぁ」パッパッ

    【卵を白身と黄身に分けます】

    兄「……」パキッシャカシャカ

    【豚バラを全て巻いて、一つの肉の塊のようにします。チーズ巻きと違って、全てを合わせます】

    兄「豚バラチーズ巻きはトッピング系だが、こうしてみるとメインディッシュって感じがするな」

    【それに白身をまぶします、全部纏めてからにしないと崩れやすくなってしまいます】

    【よく表面と隙間にまぶしたら、強火で表面を固めます】

    兄「――ヒャッハアァァァァ!!」ジュウゥウゥゥウゥ

    義妹「お、お兄さん!?」
       
    兄「悪いな、肉とフライパンが奏でる音色についテンションが上がってしまった」

    義妹「確かに良い匂いですけど……」

    【表面が固まり、肉汁が逃げないようになったら、ホイルで包んで、トースターで15分ほど火を通します】

    【兄くんの家はトースターだったよね? 間違ってたらごめんね】

    兄「大当たりですよっと」カチッ

    【卵黄に塩胡椒を加え、焼いた後の脂と、少しだけ醤油を加えます、お湯でも良いけど】

    【それを湯煎しながら撹拌して、乳化させます】

    【脂が足りなかったらサラダ油やごま油、オリーブオイルを足すと良いです】

    兄「乳化……マヨネーズを作るのと一緒だな、俺マヨネーズ嫌いだけど」

    義妹「あ、私もです。出来ればなかったら嬉しいかなーって」

    兄「うん、使わんよー」

    【もったりとしたら完成です、義妹と食べるなら二人前……卵が二ついるかもです】

    【火が通ったら、ホイルに溜まった油もその乳化ソースに加えてあげて下さい】

    【火を通してから五分くらいはそっとしてあげてください、肉汁が落ち着くようにです♪】

    【それで完成です、名前は……なんちゃってローストポーク、卵黄ソース添え……なんてどうでしょう?】

    兄「完璧だ……卵を一つ加えるだけでそれっぽい肉料理にするとは」イタダキマース

    義妹「あ、これあの子が教えてくれたんですか?」イタダキマース

    兄「うん。……おおぉぉ!!」パクッ

    兄(まるで漫画のようだ、口に入れた瞬間、じゅわっと脂が溢れてきやがった!)ジュワッ

    兄(ぷりぷりのバラ肉はジューシーで、ボリューム満点だ!)モグモグ

    兄(そのジューシーさが、まろやかな卵黄ソースとマッチして……)

    兄「うめえぇぇぇ!!」

    義妹「うん、すっごい美味しいです!!」

    兄「これはうまい、ご飯ともばっちりだ!!」

    義妹「さすがは妹友2さんですね♪」ニコ


    264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/30(水) 11:10:36.73 ID:PgehKYse0

    兄「今日は席替えか、何でこんなタイミングに……」

    友「次はどんな席になるでしょうね」

    兄「俺の番だ、くじ引いてくる」

    兄「21番だ」

    イケメン「えーっと、……おぉ、いい席取ったね」カッカッ

    兄「後ろの端か、よっしゃ」

    イケメン「俺の隣だね」ニコッ

    兄「」

    友「……あ、私は一番前ですか」

    友2「俺がいるぜ?」ドヤ

    友「チッ」

    友2「おい、今舌打ちしたよな!?」

    兄「……」

    兄(俺の前の席……あいつか)

    兄「嫌だなぁ」

    イケメン「何がだい?」ズイッ

    兄「お前じゃねーよ! いや、お前も嫌だけどさ!」

    天然女「あ、兄くん後ろなんだ~、よろしくね~」ニコニコ

    兄「うん、よろしくな」

    兄(この天然女は、ぽわぽわとした癒し系だ)

    兄(だが、その八方美人っぷりが気に喰わない。あくまで俺の好みなんだが)

    兄(あいつと重なって見えてしまうんだ)

    兄(はやく夏休みに入らないかな)ハァ

    ――

    ミーンミンミーン 

    兄「うえっ、蝉の声が……」

    友2「ザ・夏って感じだな」フワァ

    友「……」

    兄「大丈夫だよ」ニッ

    友2「?」

    兄「所でさ――」

    1,とある廃墟があるんだが……(探検)

    2,プール行かないか?(妹友と和解)

    3,このハゲにも教えないか?(兄の過去・友の口調変化の出来事)

    4,謎男が最高の飯を食べさせてくれるってよ(日常)

    安価>>270


    265: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:13:22.74 ID:l9Pbm6JDO

    2

    水着回ktkr


    266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:18:45.54 ID:jND0qyHvo

    ksk


    267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:20:01.34 ID:v/bSYmb1O

    ksk


    270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:59:38.42 ID:CneCNPSHO

    2


    273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/30(水) 12:43:33.72 ID:PgehKYse0

    兄「夏だしさ、思い出作りって感じでプール行かないか?」

    友「良いですね、謎男はどうしましょう?」

    兄「あいつは来ないだろうなぁ……」

    友2「俺の可愛い彼女をジロジロみたらお前……どうなるか分かっt」

    兄「え、お前も来んの?」

    友2「えっ」

    兄「冗談だよ、明日行くか」

    友2「おう!」


    兄「ってゆー事で、明日プールに行きます」

    義妹「勿論私も行きますよ?」

    兄「えっ」

    義妹「お兄さんがもし逆ナンとかされたら……私、心配です!!」

    兄「大丈夫だよ、この前暴れてちょっと減ったし」

    義妹「減った……? とにかく、私も行きますからね!!」

    兄「えー」

    義妹「そんなに私と行くのが嫌なんですか……」グスッ

    兄「分かったよ、水着とかあるか?」ハァ

    義妹「あ、この前二人と買いに行ったんで大丈夫ですよ」

    兄「ああ、やっぱ来るの確定なんですね?」

    義妹「ナンパ、されたらどうしましょう」フフ

    兄「俺が睨み殺すから大丈夫です」

    義妹「冗談に聞こえませんよ……」



    友2「姉ちゃん、俺の水着ってどこだっけー」

    友2姉「だから、同じ場所にしまっとけって毎年――目の前にあるでしょうが!!」

    友2「おおぅ」

    友2姉「だいたいあんたはいっつもいっつも大雑把で呑気で(ry」

    友2(耐えろ……この小言さえ乗り切れば後輩といちゃいちゃ出来る……!!)


    友「……ありましたね」ゴソゴソ

    友父「明日は何か用事が?」

    友「はい、友人とプールに行きます」

    友父「そうか、高校生のうちは青春を楽しむといい……お前も分かっているな?」

    友「……はい、もちろんですとも」

    友父「なら良い、あまり遅くならないようにな」

    友「ええ。では畑の世話をしますので」ペコ

    友父「……」



    妹友「……」ゴホッ


    274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/30(水) 13:44:59.40 ID:PgehKYse0

    兄「暑い……」グデー

    友「すでにだらけてどうするんですか……まずは準備体操ですね、足つっても知りませんよ?」

    友2「うおおぉぉぉぉ」

    兄「で、あのバカは何やってんの?」

    友「暇だから腕立てしているそうです」

    兄「ふーん……っ!!」シュバッ

    ▼兄は 逃げ出した!

    友2「何で!?」

    友「まさか、いや、そんな……」

    義妹「お待たせしましたー」パタパタ

    友2「……グレィトだぜ、ブラザー……」グッ

    友「一緒にしないで下さい」パシッ

    友2「いや、よく見てみろ……あの天使を、背は小さいのにあの胸……」ゴクリ

    友2「それに人懐っこい笑顔が、清楚な雰囲気と見事に調和してやがるぜ……守りたい、あの笑顔」

    友2「いや、妹友2も良いな……あの高い身長と長い脚、全く無駄が無いスレンダーボディ」

    友2「露出が控え目なあの水色の水着が、まるで……」

    友「……あっ」シュバッ

    友2「ん? どうし……た……」

    後輩「 今 の 話 詳 し く 聞 き た い で す ね ぇ ? 」

    友2「」

    チョッマテ、チガウンダ!! オレハタダリソウノフロンティアヲマエニハッスルシテシマッタダケデ  アァァァァ!!

    兄「あばばばばばばば」

    友「兄、落ち着いて下さい」

    兄「恥ずかしいじゃん!!」

    友「あ、さっき友2が義妹さんの事を……」

    兄「おk、あいつのすね毛全部むしり取ってやる」ダッ

    義妹「あっ」

    妹友「……」

    妹友2「……//」

    兄「……」

    兄「」ダッ

    妹友2「どこへ行くの?」シュッ

    兄(くそ、この人相手じゃ逃げ切れねぇ!!)

    義妹「お兄さん、遊びましょうよー」ギュー

    兄「お前マジで今の状態で密着すんなマジであっばばばばばばば」

    義妹「お兄さんが壊れた!?」

    友「……泳ぎましょうか」クスッ

    妹友2「うん」

    妹友「……」


    275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/31(木) 13:35:39.27 ID:Y++wkDla0

    兄(すごい対照的だな、豪快な友のクロールと、静寂と言う言葉が似合う妹友2さんのバタフライ)

    兄(友は大きな音を立ててぐんぐん進むが、妹友2さんは水の抵抗を避けているかのようにすいすい進んでいる)

    兄(鮫とイルカみたいだな……友に至っては昔のギラギラした顔に戻ってるし)

    兄(妹友さんはプールに腰掛けて、空を見ている)

    義妹「お兄さー」

    兄「甘いっ」ダボンッ ドババ

    義妹(一瞬で後ろに泳ぎこまれた!?)

    兄「悪いが泳ぎなら俺が一番上手いぜ?」

    義妹「そうなんですか、教えてください♪」

    兄「墓穴掘ってしまったか」チクショウ

    兄「でもお前も普通に泳げたよな? さっき普通に」

    義妹「(・3・)~♪」

    兄「……」

    義妹「あれー? どこ見てるんですかー?」ニヤニヤ

    兄「べ、別にどこも見てねぇし!?」

    義妹「でも今視線がー」

    兄(逃げるぜ)シュババババ

    義妹「あ、待て―!」バチャバチャ

    妹友「……」


    ――

    兄「あー疲れた……」グデー

    義妹「ですねー」

    友「久しぶりに泳げましたね」

    妹友2「友くんはすごく泳ぎが上手、楽しかった」

    友「でも、兄の方が上手いですよ?」

    妹友2「……兄くん、勝負しよ?」ニコ

    兄「義妹から逃げすぎて疲れてるんです本当……もうちょい待って、あっ」ポタン

    妹友2「……雨?」

    兄(――ん? 向かい側にいるのは)

    妹友「ハァ……ゲホッ、……あ」グラッ

    ドボンッ

    兄「やべっ!!」バッ

    兄(何で気付かなかった……体調が悪かったんだ!)ババババババ

    兄「ぷはっ」ザバ

    兄(水は飲んでないみたいだ……うわ、すげぇ熱)

    義妹「大丈夫ですか!?」

    兄「熱出てる。病院ってどこだっけ?」

    妹友2「案内出来る、すぐ連れて行こう」


    276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/31(木) 14:22:06.69 ID:Y++wkDla0

    ザァァァァァァー……

    医者「ただの風邪だね、熱は高いけど安静にしてたら大丈夫だよ」

    義妹「ありがとうございます」ホッ

    医者「ただ、かなり衰弱してるから、精神的にきてるね……」

    兄「分かりました」ペコッ


    妹友「……ハァ、ハァ」

    兄「とりあえず、家に送ろう」

    友「私が傘を差しますから、肩を……いや、おぶってあげてください」

    兄「えっ……くそ、この状況じゃしょーがねーか、でもお前濡れんぞ?」

    友「ご心配なく、かっぱも持ってきています」

    兄「さすが」

    兄(……すげぇ熱い、こんな状態なのによく来たな)

    兄(だから水に浸からなかったのか……くそっ)ザッ

    妹友2「ここが彼女の家」ピンポーン

    妹友母「はい、あっ妹友2ちゃん、どうしたの?」

    妹友2「風邪を引いたみたい」

    妹友母「あらあら、ありがとう。すぐ寝て休まないと」

    妹友母「せっかくだし上がっていってくれる?」

    兄「いや、俺は……」

    妹友母「あ、あなたが兄くんね。どうぞ上がって?」

    友(何故そこまで勧めて……?)

    兄「……じゃ、おじゃまします」


    妹友母「今お茶を入れるから、ちょっと待っててね」

    義妹「あ、おかまいなく」ペコリ

    妹友母(あ、兄くん)コソ

    兄(……はい?)

    妹友母(あの子の側にいてくれない?)

    兄(ファッ!? 俺嫌われてますけど)

    妹友母(違うの……あの子の殻を破ってあげて、お願いっ!)

    兄(え? ちょっ)グイグイ

    ガチャ

    兄「……」

    妹友「ハァ……ハァ……ゲホッ……」

    兄(うなされてる……)ジャーッ

    兄(冷えピタとか無さそうだからなぁ)ギュウゥゥ

    兄(タオルで勘弁してくれ)ピタッ

    妹友「……」

    兄「ちょっとはマシになったか」フゥ


    277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/31(木) 15:53:24.72 ID:Y++wkDla0

    ――

    兄(もう夕方か……)

    妹友「……あ」

    兄「あ、目覚めたか。おはようございます」

    妹友「……何で……」

    兄「別に変な事はしてないから。お母さんに頼まれてさ」

    妹友「余計な事を……」ボソッ

    兄「まぁまぁ」

    妹友「……別に、あんたに言った訳じゃない」

    兄「?」

    妹友「……寝る。もう帰っていいよ」

    兄「……」

    妹友「何?」

    兄「前から思ってたけどさ、妹友さんって」


    兄「あんまり人の目、見ないよな?」


    妹友「――!!」

    兄(あ、もしかして俺地雷踏んだ?)

    妹友「帰って!!」

    兄「!?」

    妹友「帰っ……ゲホゲホッ!!」

    兄「あーもう喉治ってないのに大声だすから! 大丈夫か!?」スッ

    妹友「触るな!!」バシッ

    兄「いっ……!」

    妹友「あ……」

    兄「悪い。帰るわ」スッ

    妹友「その、ご……ゲホッ!!」

    妹友(待って……)ゲホッ、ゴホッ


    義妹「あ、お兄さん、どうでした?」

    兄「ん、大分回復したみたいだ」

    兄(でもスマブラしてんのな……)

    友2「ガノン様をなめるなよ?」ピコピコ

    友「ミュウツーの方が好きなのですがね……」ピコピコ

    妹友2「ピクミンはかわいい」ピコピコ

    兄(何でスマブラ持ってんだよ)

    友「……どうかしましたか?」

    兄「ん、あぁ……別に」


    兄「何も無かったよ」


    278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/31(木) 16:48:59.89 ID:Y++wkDla0

    ――

    兄「……」

    イケメン「何を考えているんだい?」スッ……

    兄「ん? 別に何もねーよ、後お前の近くで警戒は解いてないからな」パシッ

    イケメン「ははっ、さすがは兄だね」

    天然女「兄くん、考えすぎは身体に毒だよ~?」

    兄「うん、ありがとうなー」フワァ

    図書娘「兄ー、お菓子食べる?」スタスタ

    兄(この空間での清涼剤……それが図書娘ッ……!!)

    兄「うまうま」モッシュモッシュ

    天然女「あ、図書娘ちゃんだ、やっほ~」ニコニコ
    (男のくせに女々しくて気持ち悪いなぁ……)

    図書娘「こんにちは、天然女さん」ニコニコ
    (腹黒いのに天然ぶってて嫌いだなぁ……)

    兄(あれ……何か火花が飛び散ってるように見えるのは気のせいか……?)

    イケメン「やぁ図書娘、こっちに座りなよ」ニコッ

    図書娘「あ、僕昼休みだからそろそろ行かないと。ばいばい」ゾク

    兄「……」

    ――

    兄「しかし暑いな、本当に」

    友2「焼き肉食べたいなぁ」

    友「この前食べ……おや」

    妹友「兄、借りるから」

    兄「……」

    友「どうぞ」ニコ

    友2「?」



    兄「……何か?」

    妹友「……」

    妹友「……ごめんなさい」ペコ

    妹友「色々してくれたのに、恩を仇で返して」

    兄「……何であの時怒ったんだ?」

    妹友「……」

    兄「俺が言ってから、目の色変えて怒ってたよな、何かを否定するみたいに」

    兄「トラウマでも抱えてんの?」

    妹友「……うん」

    兄「そっか。なら悪いのは不用意にそれを抉った俺だな。ごめん」

    兄「今回の事はこれでおしまいにしようぜ、さ、帰って――」

    妹友「待って」

    妹友「……聞いてくれる?」


    281: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 11:11:00.45 ID:SuC0G6Zm0

    妹友「ここなら誰にも聞かれないかな」

    兄(何でこんなにしおらしいんだよ……帰りにくいだろうが!)

    妹友「あんたには知る権利がある、と思う……」


    幼妹友(当時6歳)「お兄ちゃーん」トテトテ

    親戚「お、どうした妹友ー」ヨシヨシ

    幼妹友「大好きー」ニコー

    親戚「かわええのぅ、こやつめー」ワシャワシャ

    幼妹友「えへへー♪」


    妹友「私には、心の底から信頼している親戚が居た」

    妹友「家の近くに住んでいて、私はその人が大好きだった」

    兄「……」

    妹友「でも」


    妹友(12歳)「兄貴? どうしたの?」

    親戚「うおっ!? いや、何でもない」スタスタ

    妹友「……?」


    妹友「時間が経つごとに、様子がおかしくなっていった」

    兄「様子……か」ピク

    妹友「そして、ついに私は見てしまった」



    親戚「ハァッ!! ハァ……うっ」

    妹友「兄貴……何、してんの……?」

    親戚「っ!」ビクッ

    妹友「それ、私の……下着、だよね?」

    親戚「えっ、いや、違っ……」

    妹友「ヘン夕イッ!!」

    親戚「く、くそっ! こうなったら――」ガバッ

    妹友「何するの!! 離して、はな……」チュッ

    妹友父「おい、ちょっと――何やってんねん親戚!!」ガラッ

    親戚「!?」

    妹友父「おい、うちの娘に手ェ出すとはええ度胸してるやんけ……?」

    親戚「あ、あ……う」


    妹友「幸い、うちのお父さんが見つけてくれたおかげで、最後までされる事は無かった」

    兄(……妹友さんと俺、似てる……?)

    妹友「それでも、私のファーストキスはあの男に奪われた」ギリ

    妹友「それ以来、私は男が怖くなった。目も合わせる事が出来ないくらいに」

    兄「だから、あの時あんなに動揺したのか?」

    妹友「そう、いつも敵意を向けて誰にも近寄らせないから、それを見抜いたあんたが怖くなった」

    妹友「……あんたも、何かあるんでしょ?」


    282: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 12:49:44.78 ID:SuC0G6Zm0

    ――

    兄「……以上で終わり、勝手に語って悪かったな」

    妹友「そう……あんたも色々あるんだね」

    兄「ってゆーかさ、俺達なんか似てるよな」

    妹友「確かにね。境遇が似てる」

    兄「……」

    妹友「……」

    兄「……ぷっ」

    妹友「……ふふっ」

    兄「何かアホらしくなってきたな」ハハ

    妹友「そうだね、もやもやは消えたかな」ニコ

    兄「!」

    妹友「……何さ」

    兄「いや、お前の笑った所、初めて見たなーと」

    妹友「……」ギロッ

    兄(あ、やべ)

    妹友「……そうだね、これからはあんたには気を許してもいいかな」フッ

    兄「え、あぅ!?」

    妹友「プッ、何その声」

    兄「えっと、あ、ありがとう……?」

    妹友「どういたしまして」クスッ

    兄「さてと、それじゃ……」

    妹友「あ、かき氷の屋台あるよ。食べていかない?」

    兄「……そうだな、いただきますか!」ニッ


    チリーン

    兄(最高だわ、この青空、柔らかいそよ風、染みわたる風鈴の音、そしてこのかき氷(メロン味))

    兄(妹友の息苦しさも消えたし、リラックスできるわ)ホッコリ

    妹友(イチゴ味)「……」ジー

    兄「?」シャクッ

    妹友「もーらいっ!」スッ

    兄「!?」

    妹友「うん、おいしい。ほら」スッ

    兄(え、何これ!? 口付けて良いやつなのか!? おあぁ!?)

    兄「あ、はい」パクッ

    妹友「……」ジー

    兄「はい、美味しいです、とてもメルシーっす」

    妹友「ふふっ、あんたって変わってるね」ニコ

    兄(変わったお前には言われたくないけどな)フッ

    妹友と和解ルート 終わり


    283: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 13:00:30.34 ID:SuC0G6Zm0

    兄「~♪」

    友「機嫌良さそうですね」

    兄「うおっ、人が鼻歌歌ってる時に近寄るなよ! 恥ずかしいだろ!」

    友「それは失礼」クスクス

    友2「兄ー、アイス買って帰ろうぜー」

    兄「そうだな、コンビニでも行くか」



    兄「うまうま。やっぱ梨味は最高だな」ガリガリッ

    友2「いやソーダだろ、常識的に考えて」シャリシャリッ

    友2「最近はグレープフルーツもあるのですね、なかなかいけますよ」シャクシャク

    兄「炎天下の下で食べるアイスは何でこんなにうまいんだろうな」

    友「冷たさが染みわたりますね」

    兄「あ、そーだ」

    友2「だろ、やっぱソーダ味が最強だわwww」

    兄「違うからな。あのさー」


    1,とある廃墟があるんだが……(探検)

    2,このハゲにも教えないか?(兄の過去・友の口調変化の出来事)

    3,謎男が最高の飯を食べさせてくれるってよ(日常)

    次安価>>290です


    284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 13:14:21.07 ID:8vMMfaVoO

    ksk


    286: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 13:18:30.50 ID:FV/HDKLc0

    ksk


    287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 13:36:33.56 ID:TAWSxg7DO



    290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 14:32:17.14 ID:dGFycU7sO

    1


    292: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 16:46:23.05 ID:SuC0G6Zm0

    兄「とある廃墟があるんだが……」

    友「駄目ですよ、探索なんて法的にグレーゾーンですし、老朽化して危険です」

    友2「……」ソワソワ

    謎男「兄、調べて来たぞ」シュッ

    兄「うおっ! で、どうだった?」

    謎男「かなり‘いわくつき’な所だそうだ」ニヤァ

    兄「ほほう、詳しく」

    謎男「あの洋館はとある富豪の別荘だったらしいが、ある事件が起きて以来、誰も立ち入らないらしい」

    謎男「取り壊しが何回か起きようとしたが、必ず不幸な事故が起きたそうだ。今は放置されている」

    友2「おおぅ……」ソワソワ

    友「駄目です、怪我をしたらどうするつもりですか」

    謎男「俺は大抵の事では死なん、今までどれだけ探索を続けてきたと思っている」

    友「それはそうですけど……」

    謎男「大丈夫だ。朝から行く」

    友「……」

    兄(実は気になってしょうがないんだろうなぁ)

    友「ま、思い出って事で、良いですよね?」

    兄(墜ちた)ニヤ


    兄(探索なんて小学生の頃のワクワクを思い出すなぁ、特製チリペッパー爆弾で武器とか言ってたっけ)

    兄(ま、いざと言う時のために、十分な準備をしていくか)ワクワク

    義妹「お兄さん、何をしてるんですか?」

    兄「あー、明日ちょっとサイクリングに行くんだよ」

    義妹「そうですか、気を付けて下さいね?」

    兄「分かってるって。ありがと」

    兄(……チリペッパーと塩胡椒を卵の殻に詰めて……あ、食べ物と喉も乾くだろうな)ワクワク

    兄(手動発電出来るライトに、ロープに、アーミーナイフにー)ウキウキ

    義妹(お兄さんがすごく目を輝かせてリュックサックに詰め込んでる……)

    兄(うしっ、これで良いか。秘密基地とか憧れてたんだよなぁ)ズシッ

    兄(誰かさんのせいで集まる奴居なかったけど)orz


    謎男(……「禁忌の洋館 一家全滅事件」か……本当にただの殺人事件なのか?)カタカタッ

    謎男(やはり兄とバカは連れてこない方が良いか……? だが、バカは(一応)体格があるし、何よりも)

    謎男(兄の凡人離れした頭脳も必要だ。あいつのあらゆる不幸を読む力があれば、もしかすると謎が解けるかもしれない)

    謎男(幽霊など信じては居ないが)

    謎男(……対策くらいはしておくか)チャキッ

    謎男(……まぁあくまで噂だ。無事に探索出来ればそれで満足だがな)


    友「……うっ」ズキ


    294: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 17:26:59.79 ID:SuC0G6Zm0

    ミーンミンミーン ジリリリリリ

    謎男「友は居ないのか?」ザッ

    兄「お、お前も同時刻か……あれ、時間厳守のあいつらしくないなぁ」

    友2「こっちは全力で早起きしたって言うのに……」フワァァァァ

    兄「俺が電話かけて連れて来たんだろうが」

    友「来ましたか」スッ

    兄「ん、もう中に入ってたのか!?」

    友「暑いもので……まだ中を探索はしていませんよ」

    兄「しっかしすげぇな、表面を葉っぱが覆ってやがる、いかにもって感じだな」ウズウズ

    謎男「落ち着け、こういう時こそ冷静に動くんだ」フゥ

    友2「では、行こうか!! いやー暑いなぁ、タオル持ってきて正解だわ」アセヌグイ

    兄「そうだな、確かに今日は暑い……!!」

    友「どうかしましたか?」

    兄「いや、別に何も……」

    兄(……どういう事だ?)

    ギィイィィィ

    兄「おお……すげぇな」

    謎男(……足場は大丈夫みたいだ、オーソドックスな洋館だが、しっかりとした造りのようだな)ポンポン

    友2「応接間って言うのか、こーゆーの」

    兄「知らん、しかし暗いな。窓から来る日差しのおかげで多少は見えるけど……」ガサッ

    謎男「俺が一番先頭を進む」

    兄「一番戦闘も強いしな」

    友2「おいおい、これって血痕じゃね?」

    謎男「……確かに、かなり古いものだが」

    謎男(マリオネット人形? こんな所に……?)

    兄「!」ゾクッ

    兄「警告……?」

    友「どういう事ですか?」

    兄「いや、分からん。何か頭に浮かんだから言ってみただけ」

    友2「うえ、なんか不気味だな……」

    謎男「……階段は俺が先に行く、崩れたらすぐそっちに飛ぶ」

    兄「飛ぶって……」

    謎男「行けそうだ」ギシ、ギシ

    兄「部屋とか探索する?」ギシ、ギシ

    友2「おお、いいねぇ」ギシ、ギシ

    友「気を付けてくださいよ?」

    友2「そりゃな。お化けとか皆信じるタイプ?」

    謎男「信じない」

    兄(……)


    296: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 17:53:15.94 ID:SuC0G6Zm0

    兄「うわ、この絵すげぇな」

    友「これは……女の人が少年の頭に手を乗せている写真ですかね」

    友2「老朽化のおかげで不気味すぎるわ……では、一つ目の扉。謎男さん!」

    謎男「俺か」ガチャ

    兄「……個室だな、ベッドまで丁寧にある」

    友2「うわあぁぁぁぁ!! 壁に血が!」

    謎男「これもかなり古いものだな、いわくつきと言っただろ……」ハァ

    兄(俺としては何故そんなに冷静でいられるのか不思議なんですが)ブルブル

    友「何らかの事件が起きたんでしょうね……」

    謎男「ああ、……どうだ、肝試しにもぴったりだろ?」

    兄「ソウダネー、マダ アカルイノニ ボク フルエマクッテルヨ」

    友2「同じく」ブルブル

    兄「いやお前はあの時の度胸を見せろよ」

    友2「後輩が居れば大丈夫なんだけどなぁ」ブルブル

    兄「子供の部屋っぽいな、ここ」

    謎男「ボロボロのおもちゃが……」

    友2「怖すぎんだろ!」

    友「ここの少年も、さぞ辛かったでしょうね……」

    友2「俺が被害者なら発狂してるわ……」

    兄「……?」

    謎男「写真……かなり前のものみたいだが」

    兄「皆笑ってんな。両親、姉と弟、それに使用人までいるのか」

    友2「ちっ金持ちが……」

    謎男「それだけじゃない、見ろ、姉の手首を」

    兄「……すごいリストカットの数だな」

    友「どんな家庭だったんでしょうね……」

    謎男「! 良い物を見つけた。日記だ!」

    兄「おいおい、見るの? マジで?」

    【〇月〇日 今日も良い天気。お姉さまはまだ選ばれていない】ミーンミンミーン

    【〇月〇日 土砂降りの一日だった。皆憂鬱そうに読書をしている】ジリリリリ

    【〇月〇日 親父が新しい使用人を連れてきた。二人も雇って大丈夫なんだろうか】ミーンミンミ 

    【〇月〇日 新入りの人はとても良い人だ、これなら】

    兄「――嫌な予感がする」

    謎男「……奇遇だな、俺もだ」

    兄・謎男(あれだけうるさかった蝉が、突然鳴くのをやめた……? 辺りは木だらけなのに)

    ――バターン!!

    兄「!」バッ

    謎男「!!」シュバッ

    友2「ひうぅ!?」ビク

    謎男「……風でドアが勢いよく閉じただけのようだ。大丈夫」


    297: ◆evrb978ejs 2014/08/01(金) 18:20:29.18 ID:SuC0G6Zm0

    友2「本当に!?」

    謎男「本当だ。ちゃんと隙間も出来てる……閉じ込められたとしても脱出できる」

    兄「心臓がパンクするかと思ったぜ」フゥ

    友「日記、どうしますか」

    謎男「先に全て探索してからにしよう、腰を据えて読みたい」

    兄「そうしようぜ……怖いわ」

    謎男「次は二つ目の部屋だな」ガチャ

    友2「これはお姉さんの部屋だな」

    兄「割れたティーセットが雰囲気あるわぁ……」

    友「ベランダがあるんですね」ガラ

    兄「ここを無傷で脱出するのは難しいな……謎男ならあの木に飛び移れるかもだが」

    謎男「本棚がある。何かいい物があると良いが」

    友2「あ、机の中に鍵が入ってた!!」

    兄「おお、何の鍵だ?」

    友「サイズ的に、どこかの部屋のカギですかね?」

    謎男「……ククッ」ゾワゾワ

    兄「おいワクワクすんな、もうちょい落ち着け」

    友2「……」バッ

    兄「どうした?」

    友2「と、鳥の骨……? みたいな」

    兄「……サイズ的には雀のようだな。茶色い染みが出来てる……」オエッ

    兄(なんか、嫌な予感がするんだよなぁ……)ゾク

    謎男「これは……パワーストーンの箱のようだな」ガチャ

    友「どれどれ……煌びやかですね」

    兄「これ、変わってるよな、骨を削った勾玉?」

    謎男「さっきの雀の骨は、これの材料だったのかもな」

    友2「……もうめぼしい物は無さそうだ、はよ次行こうぜ」

    兄「そうだな」

    謎男「次の部屋は……随分と奥だな、廊下が潰れないと良いが」ギシシ

    兄「不安になるからマジでやめて」ギシギシ

    友2「音が怖いわ……」ギシ

    友「しかし不気味ですね……」

    ガチャ

    兄「……ここは?」

    謎男「……でっかいテレビと電話があるだけ?」

    友2「殺風景すぎんだろ……」

    ジリリリリリリリリ!! ジリリリリリリリリリリ!!

    友2「ひゃんっ!」

    兄「……おいおい、マジか……」


    303: ◆evrb978ejs 2014/08/03(日) 20:54:37.98 ID:EF4gMf8+0

    兄「……どうします?」

    謎男「出る」ガチャ

    友2「えっ、待って! 心の準備が」

    謎男「……」

    「…………」

    謎男「……」

    「……………………」

    友「……」

    友2「無言電話?」

    謎男「……どうだろうな」

    「あはっ」

    謎男「!」

    「待っててね、待っててね、待っててね、待っててね、待っててね、待っててね」ケラケラ

    謎男(……高いな、女の声?)

    「 す ぐ 取 り 返 し に 行 く か ら 」プツッ

    兄「……やばくないか?」

    謎男「……」

    ミーンミンミー……ミイィィイィイィ!! ミッ……

    ……ザアァァァァァ――

    友2「嘘だろ、すげえ雨、いやむしろ雷雨が……」ピカッ

    兄「こりゃ帰れねえな、雷がすごい。台風なんてニュースでやってたっけ……」

    謎男「収まるのを待った方が良い。この中で動くのは危険すぎる」

    友2「はぁ!? 無理してでも逃げようぜ! さっきの電話聞いてなかったのか!?」

    兄「とりあえず、いつでも逃げれる場所を確保しようぜ、二階は逃げ場が……」

    友「そうですね、とにかく移動しましょう、まだ下はよく探索していませんし」

    兄「とりあえず口に入れてエネルギー出すぞ、鶏胸肉の燻製とカロリーメイトだ」スッ

    友2「このパサパサ感が良い感じだな、塩っ気もたまらん」モグモグ

    謎男「チャーシューみたいな食感だな、良い意味でパサパサだ。うまい」

    兄「水とかあるのか?」ゴクゴク

    謎男「ぬかりはない」

    ザアァァァァァ……

    兄「すげぇ雨だな、辺りがさらに薄暗くなってきた」

    友2「淡々と言ってるけどさ、かなり怖いからな?」ブルブル

    兄「……とりあえず外に出たけど、どうするよ?」

    謎男「何かが俺達に気付いているのは明白だな……あ、日記を見てなかったな」

    兄「そうだな、見てみるか」ペラ

    【〇月〇日 ありえない、あの新入りが    に気付いてしまった。それどころか、触ってしまったと言う】

    【〇月〇日 あの子には死んでもらうとして、僕たちはどうすればいいんだ。お姉さまはふさぎ込んでいる】

    【〇月〇日 まず親父が狂った。お母様を殺し、その肉を喰らった。僕は怖くて鍵をかけている】

    【〇月〇日 全て使用人が選ばれてもいないのに     に触ったせいだ。許せない】


    304: ◆evrb978ejs 2014/08/03(日) 21:21:15.85 ID:EF4gMf8+0

    【〇月〇日 血筋だけあって、お母様を喰った親父は選ばれこそしないものの、権利を得たようだ】

    【〇月〇日 新入りが死んだ。四肢をもがれていた。    に触ったからだ。当然だ】

    【〇月〇日 親父がついに話をしに行った。僕はお姉さまと一緒に部屋で待っている】

    【〇月〇日 親父の馬鹿。余計な事をした。できそこないが思い上るからだ】

    【〇月〇日 親父のせいで、完全に怒らせてしまったようだ。僕もいずれは死ぬんだろう】

    【〇月〇日 親父の遺体が大広間で見つかった、人とは思えない顔をして死んでいた】

    【〇月〇日 先輩の使用人がニエになると言った。あの人は何も悪くないのに】

    【〇月〇日 誰かに見られているような気がする】

    【〇月〇日 使用人が死んだ。ニエになったおかげで、僕たちはそう苦しまずに死ねるだろう】

    【〇月〇日 お姉さまがついに選ばれた。最後のあいさつを済ませ、僕はお姉さまをあの部屋へと送る】

    【〇月〇日 怒らせた   の力は強すぎる。あのお姉さまが呑まれてしまった、死ぬのは怖い】

    【〇月〇日 夜中になると何かが徘徊している。朝になると遺体が横たわっているので、お遊びをしているんだろう】

    【〇月〇日 痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い遺体遺体遺体遺体遺体遺体】

    【きょうもいいてんきです】

    謎男「……よく見ると、最後のページに「助けて下さい」ってかすれた文字で書いているな」

    友2「もう帰ろうぜ」ウルウル

    ドガーン ゴロゴロゴロ ビュウウウゥゥゥウゥ ザアアアアアァァァァァァ

    兄「無理だわ」

    友「無理ですね、一階を探索してみませんか?」

    謎男「少し確かめたい事がある、俺は行く。……友2はここで待っていてくれ」

    兄「俺も行く。嫌な予感がへばりついているんだ」

    友「私も行きますよ?」

    友2「……俺も行く。ここで一人とか嫌だ」

    兄「部屋がいくつかあるな、えっ!?」ザッザッ

    謎男「……台所、最近使われたみたいだな」

    兄「冷蔵庫……うお、電気が通ってるぞ!」ガチャ

    謎男「良かったな、いるとしても人間の可能性が高いぞ」

    友2「さっきからお前が持ってるのは何だ?」

    謎男「ああ、これはス……」

    兄「――おい、後ろに何かいるぞ!」バッ

    友2「……あ、あ、あ……」

    謎男「しっかりしろ!」バチン

    兄(何だあいつ……すげぇ色が白いけど、血が顔にこびりついてる。女? ピ工口そっくりだな)

    ピ工口女「……」ニタニタ

    ピ工口女「あ、はっ」ダッ

    友2「あ……うわあぁぁぁ!!」ダッ

    謎男「チッ!」ギリリリリ  バチィィン!!

    ピ工口女「!」ザッ

    謎男(スリングショット、持ってきてて良かった)

    兄「逃げるぞ!」ダッ


    306: ◆evrb978ejs 2014/08/04(月) 11:16:59.82 ID:OSxooPjc0

    謎男「二手に分かれるぞ!」

    兄「分かった、俺は友、ハゲは謎男とだ!」ダッ

    友「了解です」

    友2「何なのあいつ、人間だよな!?」

    謎男「人間だ、ちゃんと攻撃が当たって怯んでいた」

    謎男(ゴム弾じゃ怯ませる程度しか……パチソコ玉でいくか? もし目に当たったら……)

    謎男(いや、命を狙われてるんだ。こっちも本気でいかないと殺される。幸いあれは露出が多い)

    ピ工口女「けけけけけけけけけけけ」ニタニタ

    謎男「よし、このまま突っ切るぞ……!?」

    「……」ズン

    友2「もももう一体いるぞ!? ど、どうするんだよ!?」

    謎男「……仕方ない、二階に行くぞ!」ダッ

    友2「逃げ場ねえじゃんかよおおぉおぉぉ」ダッ

    謎男(くそ、何だあいつは……着ぐるみは厄介だな、スリングショットが無効化される)

    着ぐるみ「……」ズンッズンッ

    謎男(しかし動きはかなり鈍い。警戒すべきはピ工口女か)



    兄「あいつらの方に行ったか」

    友「そのようですね、無事だと良いのですが……」

    兄「……あのピ工口女さ、どっかで見た事あるような気がしないか?」

    友「どうでしょうかねぇ?」

    兄「何か見覚えが……あっ」

    友「?」

    兄「この前テレビでやってた、家族全員を殺したっていう女じゃね!? 結構話題になってたぞ」

    友「ああ、それですね。言われてみれば」

    兄(……)

    友「とにかく、今は探索を続けましょう」

    兄「……そう、だな」


    謎男「ッ……行き止まりか!!」

    友2「うぅ……嘘だろぉ……」

    ピ工口女「助けてえええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」ダダダダ

    謎男(相手はイカれているとはいえ、丸腰の女だ……腹をくくるか)

    謎男「やるぞ」

    友2「え!?」

    謎男「……」ギリリリリリ ガァン!

    ピ工口女「あっ!?」ガクン

    謎男(眉間に当たったか……裸足は好都合。まず指、その次は手の指を狙う! 折れるだろうが、許してくれ)

    謎男「友2!」ガァン! ガァン!

    友2「うっ……うぉおぉぉぉぉぉおぉ!!」タックル

    ピ工口女「んぎっ……」ドサッ


    307: ◆evrb978ejs 2014/08/04(月) 14:43:27.20 ID:OSxooPjc0

    謎男「やるじゃないか」ヒュンッグルグルグル

    友2「はー、はーっ……」

    謎男「よし、とりあえず拘束しておくか。足の指も折ったしすぐには動けないだろ」

    友2「お前淡々としてるけど、かなり怖い事してるからな?」

    謎男「……気が向いた、お前に見せてやろう」バサッ

    友2「えっ……これ、傷……」

    謎男「昔両親から受けた傷だ」

    友2(傷が体中に……どんな虐待を受けてたんだ!?)

    謎男「だから俺は誰にも負けられないんだ……」

    友2(それ以上に、すげぇ身体鍛えこんでるな……どれだけ努力したんだ)

    謎男「あの着ぐるみはどこだ!?」

    友2「あいつ不気味だったよな、あの動物……ドロドロの赤い奴まみれだったけど、熊?」

    謎男「あれは厄介だが……動きは鈍い。気を付けていれば大丈夫だ」



    兄「ここは親父さんの部屋みたいだな」

    友「……」

    兄「ん? 何だ……うおっ、すげぇ古い本だ」

    【シシナシ】

    兄「シシナシ……?」

    【シシナシとは 〇〇家に伝わる神様である。遥か昔、四肢をもがれた未熟児が山の神様に憑りつかれた姿】

    【〇〇家の血を継ぐ女が、ある儀式を繰り返す事によってシシナシに選ばれる】

    【選ばれさえすればその家はシシナシの守りを受けるが、逆に怒らせてしまった場合は】

    【その二頭身以内の血縁の者が全て罰を受ける】

    【遥か昔、強力な霊能力者が一度封印したらしい】

    【選ばれた者が亡くなった場合、その血を継ぐ者が選ばれるまでそっとしておく必要がある】

    兄(俺達、想像しているよりもヤバい場所に来たんじゃ……)

    兄「なあ友、やっぱ帰った方が」クルッ

    兄「友……?」

    兄(どこに行ったんだ!?)ダッ

    着ぐるみ「……」」

    兄「うっ……くそ!」ダッ

    兄(相手は着ぐるみ。俺達全員でなら普通に戦える……友はどこに行った!?)

    兄(……二階に行くか)ギシッ

    兄「謎男!」

    謎男「……友は?」

    兄「それが、部屋を調べてたら突然消えたんだ!」

    友2「マジか!! 早く探さないと!!」

    ピ工口女「……あははははは」ケラケラ

    兄「……?」



    312: ◆evrb978ejs 2014/08/05(火) 14:27:34.20 ID:khscWD030

    兄「よし、ロープで完全に柱に固定した」グルグル

    謎男「友を探さないとな、一階を探索しないと」

    兄「あ、それなんだけどさ。親父さんの部屋でかなり詳しい本を見つけた。シシナシって言う神様? があるらしい」

    謎男「シシナシ……日記の空白の部分か」

    兄「それを見てて思ったんだけどさ、お姉さんが「選ばれた」のに、「呑まれた」って書いてるじゃん?」

    友2「そうだな」

    兄「あの本には、「選ばれた者が死んだ場合、次の者が選ばれるまでそっとしておく」って書いてるんだ」

    謎男「それを新入りの使用人が破ってしまったんだろう?」

    兄「うん。その後お姉さんが怒ったシシナシに呑まれて、家族は全滅したと」

    兄「じゃあさ、もうシシナシは何もしないはずだろ? でも」チラッ

    ピ工口女「けけけけけけけけけけけ」ケラケラ

    兄「あいつは完全に狂ってる、それに「取り返す」って言ってた」

    友2「つまり……どういう事だってばよ?」

    兄「シシナシ本体に何かあったんじゃないか? それで訴えているんだと思う」

    謎男「ならあの二人を使って自分を助ければいいんじゃないか?」

    兄「それはそうなんだけどさー……大方、こいつらこの家の金品漁ってたんじゃね?」

    ドガーン……ゴロゴロゴロ……

    謎男「そろそろ行くか。着ぐるみに気を付けないとな」

    兄「あいつ鈍いし、三人なら余裕じゃね?」

    謎男「スリングショットが効かない。倒すのは容易だが拘束出来ない。おそらくあいつも狂っているだろうからな」

    兄「引きずりだすとかは……危険だよな。うん」

    友2「早く友探しに行こうぜ! 雷雨がますます強くなってきてるよ……」ブルブル

    兄「本当に、あいつどこに行ったんだよ」ハァ


    兄「所で、気になってたんだけどさ……」ギシギシ

    友2「?」ギシギシ

    兄「いや、……何でもないわ」

    友2「気になるだろ!」

    ギシ

    謎男「! 静かに」

    ギシ ギシ ギシ ギシ   ズズズッ……

    兄(音的に……左の角からこっちに向かってきてるな)

    謎男(こちらが迂闊に歩いてもバレる……しかし、何かが這うような音が遠のいた?)

    友2(……結構待ったけど、音がもうしないぞ、どうする?)

    謎男(先手必勝だ、まずは飛び蹴りでバランスを崩させる)ダッ

    謎男「ハッ!!」ドゴ

    着ぐるみ「」ズッデーン

    謎男「……空っぽ? ――しまった!」

    兄「おい、後ろ!!」スカッ

    友2「うぐっ……」

    スキンヘッド「……」グググ


    313: ◆evrb978ejs 2014/08/05(火) 14:52:32.94 ID:khscWD030

    謎男(くそ、友2が捕まったか……スリングショットを撃てない、狭いから回り込む事も駄目か……)ギリリ

    兄「うおおぉ!」ダン

    兄(びくともしねえ! すげぇガタイしてやがる……)

    友2「ガ……カフッ……」

    兄(あ、忘れてた!!)ブンッ

    スキンヘッド「……あっ……ああああぁぁぁぁ!!」ガシャン

    友2(力が無くなった!?)バッ

    謎男「よし!」ガキィン!!

    謎男「フッ!!」ガァン! ドドドドッ ブン ドォン! ギチチ

    兄「流れるようなコンボだな……よくこんな大男投げれるぜ」シュルシュル ギチチ

    謎男「よくやった兄。大丈夫か?」チラ

    友2「何とか……兄の投げた奴がちょっと顔にかかって涙が止まらん」ゴホッ

    兄「ただの塩胡椒とチリペッパーを混ぜた爆弾だよ。これでロープ使い切っちまった」

    謎男「こいつは……確か、銀行強盗をした奴だったよな」

    兄「あー、やっぱりこいつも犯罪者か。まぁいいや、早く友を探そうぜ」

    友「おや……居ましたか」スタスタ

    兄「えっ!?」

    謎男「どこに行っていたんだ?」

    友「少し調べ物を……おかげで、ようやくわかりましたよ」

    友2「ん、何がだ?」

    友「あの鍵の事です」

    謎男「これか?」チャラ

    友「はい、とにかく、電話がかかってきたあの部屋に移動しましょう」



    兄「ここで鍵を使うのか?」

    友「ええ、時間も無い事ですし……」

    友2「って言ってもさ、どこに使うんだよ」

    友「謎男、このテレビをどかしてもらえませんか?」

    謎男「? ……つながってない!?」ゴゴゴ

    友2(平然とそんなでっかいテレビを運べるお前が驚きだわ)

    兄「……奥に続いてる!?」

    友「行きましょうか」ゴソゴソ

    謎男「……」ゴソゴソ


    「暗いな、本当に続いているのか?」

    「……」

    「狭いな、俺の身体じゃギリギリだぜ」

    「これ、扉か?」

    「ええ……すぐ開けるよ」ガチャ


    318: ◆evrb978ejs 2014/08/05(火) 20:49:41.53 ID:khscWD030

    兄(そこは、不思議な空間だった)

    兄(外はとんでもない豪雨のはず……なのに、それを全く感じさせない静けさ)

    兄(窓からの薄暗い明かりだけではない、不思議な淡い明るさを持っている)

    兄(神社のような注連縄が厳かな雰囲気を醸し出し、そして、奥には一つの箱があった)

    兄(洋館内に満ちていた不気味さが微塵も感じられない、神秘的な部屋だ)

    謎男「……」ゴクッ

    友2「……すげぇ」

    兄「……行こう」ギシ

    謎男「……これが、シシナシ……」

    兄(箱はすでに蓋が開けられていた。中に入っていたのは、四肢が無い、小さなミイラだった)

    兄(しかし、‘生きている’――生命の鼓動など全く感じられないが、それでも生きているのが理屈で無く理解できる)

    兄(だが、そのシシナシに何かが結び付けられている。封筒?)

    兄「これ……か」スッ

    謎男「待て!!」

    兄「っ」ピタ

    謎男「うかつに触って良いのか? 使用人が触れたせいでシシナシが怒ったんだぞ?」

    友2「そ、そうだ! 俺達には何も関係ないだろ!」

    兄「……あのマリオネット人形は、警告なんかじゃなかった」

    兄「シシナシが、自分が操られてるって訴えてたんだ」

    兄「なんとなく……分かる、何でかは分からないけど」

    兄「一人ぼっちのままは、寂しいもんな。シシナシ様」スッ

    謎男「兄……?」

    兄「それだけは分かるよ……これが、あなたを苦しめてたんだな」シュルル

    ザアアァァ……ァァ……

    ……ミーン……ミン……ジリリリリリリリ……

    友2「……嘘だろ? あんな雷雨が一瞬で止みやがった……」

    謎男「最初から、お前が助けてくれるって……信じてたのか?」

    友2「……兄?」

    兄「うっ、うああ!!」ゾクッ!!

    謎男「どうし……!!」ゾッ

    友2「ふ、封筒に入ってんの……爪が一つと、髪の毛の束……!?」

    兄(しかもかなり長い……何らかの呪いの手口のようだ)

    謎男「……」

    兄「こいつで呪いをかけた、もしくは悪霊みたいなのを呼んでシシナシの力を乗っ取らせたんじゃないか?」

    謎男「幽霊など信じないが……確かにそうかもしれないな」

    兄「俺達が入って鍵を取ったのがヤバいと思って、ピ工口女を操って「取り返しにいく」と言ったんだろうな」

    友2「でも、日記にも死体が操られてるって書いてたぞ?」






    319: ◆evrb978ejs 2014/08/05(火) 21:11:13.43 ID:khscWD030

    兄「お遊び……自分の存在を疎まれているように思って、寂しかったんだろ。子供がおもちゃで遊ぶように」

    謎男「……何故俺達は狂ったり、殺されたりしなかった?」

    兄「シシナシがわずかな力で守ってくれた……もしくは、「この家の敵」じゃなかったからか、条件があるのか」

    友2「いやいや、それでもおかしくね? 悪霊が力のほとんどを占めてたのなら、俺達なんかすぐにひねりつぶせるだろ」

    兄「それについては、ここに来た時からずっと思ってた事があるんだが……」

    友2「?」

    兄「出てから言うわ。他に聞きたい事は?」

    友2「冷蔵庫の電気は、あいつらの仕業か?」

    兄「多分な、まだ腐ってなかったし」

    友2「ピ工口女が、「助けて」って言いながらこっちに襲い掛かってきたのは……」

    兄「一時的に支配が緩くなったんじゃね?」

    謎男「……もし悪霊が妨害をしたければ、最悪あの部屋で居座っていればいいはずだ」

    兄「そのままだと俺達が無理してでも帰る可能性があったからだろ……そもそも、これを言い出したのは」

    友「まぁまぁ、とりあえず戻りましょうか」ニコ

    兄「――そうだな」




    ピ工口女「殺される……怖い……「長い髪の女」に食い殺される……」ブルブル

    兄「お、正気に戻ってやんの」

    ピ工口女「た、助けて!!」

    兄「おう、警察署の中で言ってろ、ゴミが」ニコ

    スキンヘッド「……」アゼン

    謎男「……白目剥いてるし」

    兄「じゃ、警察に連絡して帰りますか」

    謎男「そうだな」

    友2「おう」

    ――ありがとう、君はやっぱり僕に似てるよ。

    兄「?」(今のは……)

    友2「あれ……またあいつが居ないぞ?」

    友2「あ、そういえばケータイの存在忘れてたわ。呼び出せば……あれ、メール?」ピピ

    【 from 友】

    【to 兄 友2 謎男】

    【申し訳無いです、突然風邪を引いてしまい、今日の探索には行けそうにありません(;□;)】

    友2「えっ」

    謎男「午前7時に来てるな……俺達が到着した辺りの時間だ」

    友2「じゃ、じゃあ……」



    友2「俺達とずっと一緒に居たあいつは、誰だったんだよ……?」


    320: ◆evrb978ejs 2014/08/05(火) 21:35:37.85 ID:khscWD030

    兄(それから、俺達はあいつらを警察に連れて行った)

    兄(不法侵入の事をこっぴどく怒られたが、犯罪者二名を捕えた事によってプラマイゼロにしてもらえた)

    兄(今、あの洋館は誰も居ない。シシナシは今でも一人で、あの洋館を守り続けるだろう)


    謎男「この前のような不気味さが少し消えたな、ここ……いつから気付いてたんだ?」

    兄「最初からだよ。気になるポイントなんて山ほどあったわ」

    友2「最初から? 何か怪しい所あったか?」

    兄「あのクソ暑い炎天下の中、先に廃墟で涼んでいたとはいえ「全く汗をかいていない」とかありえないだろ」

    友2「あー、俺が暑いなって言った時か」

    兄「その次、あの廃墟はそこそこ傷んでて、動くたびに床がギシギシ音を立ててたじゃん?」

    友2「うん」

    兄「あいつが歩いている時だけ、何故か音がしなかったんだよ。注意深く聞かないと分からないだろうけどさ」

    兄「さらに、最初の部屋を探った時。写真を見る前に、「ここの少年」って言ったんだよ」

    友2「? ……あっ、確かにあのおもちゃだけじゃ性別分からないな!」ポン

    謎男「……あいつが食べ物を受け取らなかったのも」

    兄「まぁ実体はあるんだろう、鍵触れるくらいだし。ただ、あの中で水も食料も無しとかそこそこキツい」

    兄「それに、あのスキンヘッドが着ぐるみを置いて、音を立てないように這いずりながらこっちへ回って来たじゃん?」

    謎男「ああ……」

    兄「あいつ、スキンヘッドが回ってた方向から来たんだよ。絶対にすれ違うはずなのにさ」

    友2「そうか! 確かに絶対に見つかるな!」

    謎男「あいつが何回か消えたのは……?」

    兄「それが分かんないんだよなぁ……多分、守ってくれてたんじゃね?」

    友2「?」

    兄「あいつ、最終的に何かの文献を見たとかも言わずに、あの隠し部屋に案内した」

    謎男「確か、「もう開けるよ」と言っていたな、あれは違和感があった」

    兄「多分……あの友は、シシナシ様だったんじゃないか?」

    謎男「!?」

    兄「そもそも、日記見てから「雨が止むまで待機」じゃなくて「探索をする」って言い出したのはあいつだし」

    兄「俺達に助けてほしかったんだろ、多分。それと、自分の事も知ってほしかった、とか」

    友2「そっか……何か、不思議な体験だったな」

    謎男「ああ……まだ胸の鼓動が熱を帯びてる」

    兄「何にせよ、すげぇワクワクしたよな、誰かさんはビクビクだったけど」

    友2「お、俺だって一応ピ工口女にタックルしたんだからな!」

    謎男「ただ……気がかりなのは、お前が見つけた爪と、シシナシにあれを縛りつけた人間だ」

    兄「」ピク

    謎男「あの一家は全て死んでいる。誰があれを縛りつけたんだ……?」

    兄「……それは俺にも分からない。ま、終わった事だし良いじゃねえか」

    友2「そうだな、ラーメンでも食べに行こうぜ!」クルッ

    兄(……夕暮れに染まる古びた廃墟、その二階の窓によりかかった誰かが)

    兄(「今日の事、忘れないでね」――そんな事を言った気がした)

    廃墟編 終わり


    325: ◆evrb978ejs 2014/08/06(水) 11:19:13.39 ID:Xehd2a4+0

    友「そんな事があったんですか」ザッ

    兄「おう、完璧にお前そっくりでさ、最初は違和感に気付いても半信半疑だったわ」

    友2「あれが幽霊だったとか……」

    謎男「幽霊、実在するんだな」

    兄「とりあえず、何で今日は山なんか来たんだよ……暑いわ」ザッ

    謎男「貴重な経験をさせてやろうと思ってな」

    友2「足が疲れてきた」ハァ

    兄「しっかりしろよバレー部」

    謎男「ほら、もうひと踏ん張りだ」

    兄「蝉がうるせぇ……」ミーンミンミーン



    兄「着いた……」オウゥゥ

    謎男「良い景色だろ……俺のお気に入りだ」

    友2「疲れた……」

    友「良い風が来ますね、それに空が素晴らしい」フゥ

    兄「写真でも撮るか」

    友2「おう」

    兄「セルフタイマーっと……」

    パシャ

    兄「よしよし、後でお前らに送るな」

    謎男「ああ。……そろそろ行こうか」

    兄「えっ、どこに!?」

    謎男「ここから降りて、あの畑に行くぞ」

    兄「……そこそこ遠くね?」

    謎男「俺の親戚がいるんだ」

    友「まだ歩くんですか……」





    農家「おー、よく来たのう」

    謎男「久しぶり。さっそくだが」

    農家「分かっとるって、ちょっと待っててな」

    兄「? 何かあるのか?」

    謎男「腹、減ってるだろ?」ニヤリ

    友2「イエス!!」グウゥウゥ

    農家「こんなもんで良かったら好きなだけどーぞ」ゴトッ

    兄(麦茶と……おにぎり!!)

    友「にくい事をしてくれますねぇ」グゥゥ

    謎男「腹が減ってる時に喰うおにぎりは最高だ、さあ……いただこう」

    兄「いただきます!!」


    326: ◆evrb978ejs 2014/08/06(水) 11:40:36.50 ID:Xehd2a4+0

    兄「うめえぇぇ!! 農家の人のおにぎりって、何でこんなにうまいんだ!」モッシュモッシュ

    友2「スカスカの腹にうれしいぜ!! もう一個もーらいっ!」

    謎男「家で食べる米とは一味違うだろ?」モシュモシュ

    友「米の旨みが違います……最高ですね!」モグモグ

    兄「麦茶も乾いた喉に染みわたるぜ……」ゴクゴク

    謎男「最高に減った腹で食べるおにぎり、これが俺の提供するうまい飯だ」

    兄「まぁ提供してくれたのは農家のおばちゃんだけどな」モグモグ

    友2「ブフフwwwww」

    謎男「お前ら、まだ分かっていないな……」

    友「?」

    兄「何がだ? ごちそうさん」ポンポン

    友2「いやー、うまかったぜ」ゲフゥ

    農家「はいはい、スイカだよー」ゴト

    兄「!!」

    友「!!」

    友2「!!」

    謎男「ふっ」ニヤリ

    兄「これがメインか……侮ってたぜ……」

    謎男「この暑い中、凍る寸前まで冷やしたキンキンのスイカだ……」

    友2「いただきます!」

    兄「んー!! 甘い!!」シャクシャク

    友2「……」ジュルルルルル

    友「蝉みたいに吸わないで下さいよ……しかし甘いですね!」シャクシャク

    農家「おばちゃんの作ったスイカだからね!」フンス

    兄「ああ、染みわたる……身体も一気に冷えてきたぜ!」

    謎男「暑い中のスイカ、これも最高だろ?」シャクシャク

    兄「そうだな、もうスイカは飲み物って認識でも良いんじゃないか?」

    謎男「……言い忘れてたけど、帰る時も歩きだから」

    友「えっ」

    友2「うそん」

    兄「……マジですか」

    謎男「頑張れ野郎共、エネルギーは十分チャージしただろ?」ニヤ


    327: ◆evrb978ejs 2014/08/06(水) 12:57:44.73 ID:Xehd2a4+0

    ――

    兄「これから三日は、コスパの王様、パスタさんにします」

    義妹「わー」パチパチ

    兄「今日の夕食は、一番安く作れる、シンプルかつ難解な料理、ペペロンチーノだ」

    義妹「あの唐辛子の奴ですか?」

    兄「そう。材料はスパゲティ、オリーブオイル(小瓶型 132円)、にんにく、唐辛子の代わりにチリペッパーだ」

    義妹「チリペッパー……確か、粉末の奴ですね?」

    兄「おー、よく知ってるな、スパイスの一種だ。さて、まずはにんにくを輪切りにします」トントン

    兄「オリーブオイルをフライパンに注いで、冷たいままにんにくを入れて、弱火だ。徹底的に弱火だ」

    義妹「強火にすると何か悪いんですか?」

    兄「にんにくはきつね色を超えると超苦くなる。それに、弱火で焼けば焼くほどにんにくの旨みが油に溶けだす」

    義妹「なるほど」

    兄「弱火で炒めている間に、鍋にたっぷりの水と一%ほどの塩を加えて、ぐつぐつに沸騰させる。たっぷりの水な」

    義妹「たっぷりですか」

    兄「たっぷりの湯で茹でないとスパゲティが入れにくいんだ」

    義妹「ふむふむ」

    兄「ぐつぐつしたらスパゲティを投入。これのゆで時間は七分だな」

    兄「そして、にんにくがほんのりきつね色になりかけ、って所で皿に移して、オリーブオイルにチリペッパーを投入」

    兄「ここからが難しい。スパゲティのゆで汁を多めに加えて煮詰める。一般的に言う「乳化」をさせるんだ」

    義妹「乳化?」キョトン

    兄「確か水・油が混ざった状態……みたいな。特徴としてとろみがついて白っぽくなる」

    義妹「ドレッシングとかですか?」

    兄「お、正解。後はこってり系のスープとかだな」

    兄「煮詰めながら、箸とかでかき混ぜる。なんとなく乳化が早まる気がする」シャカシャカ

    義妹「ゆで汁を加えるのは何故ですか?」

    兄「まず湯に逃げた旨みを集めるのと、乳化を促進させるためだな。最悪小麦粉を加えて煮詰めたら乳化できる」

    義妹「あ、ちょっと白っぽくなってきました」

    兄「後はゆであがったスパゲティを投入して……ひたすらフライパンをかき混ぜてソースを麺になじませる!」ジャカジャカ

    兄「馴染んだら皿に盛りつけて、さっきのにんにく、ついでに胡椒を振りかける。あったらバジルとかもいいね」

    義妹「なるほど、……にんにくの香りが立って、すごくおいしそうです」ゴクリ

    兄「ではいただきますか」

    義妹「……おいしいです! よく絡んだソースに、にんにくの旨みとピリッとした辛さが!」モグモグ

    兄「ペペロンチーノって本当にコスパ良いよな、油さえ持てば四日は食べれる」モグモグ

    義妹「スパゲティも良い茹で加減ですね」

    兄「うむ。ちゃんとメモしたか?」

    義妹「ばっちりです」ニコ

    兄「よしよし。できた妹を持って俺は幸せだぜ」ナデナデ

    義妹「えへへ♪」ニコニコ

    兄「明日のパスタはカルボナーラな。生クリーム使わないけど食べれるか?」

    義妹「大丈夫です!」


    328: ◆evrb978ejs 2014/08/06(水) 13:57:44.74 ID:Xehd2a4+0

    兄「今日はカルボさんです」

    義妹「メモの準備は大丈夫です!」

    兄「細切りにしたベーコンを、オリーブオイルでじっくりと炒める、昨日と一緒だ」

    義妹「今回はベーコンの脂をオリーブオイルに馴染ませるためですか?」

    兄「そう。同時に昨日と一緒でスパゲティをゆでる」グツグツ

    兄「ベーコンがカリカリになったら、端に避けておく」

    兄「次はソースな。今回は卵黄だけを使う」パキャッ パキャッ

    義妹「片手で割れるんですか!?」

    兄「慣れだよ慣れ。卵黄、粉チーズ……が無いから普通のチーズ、茹で汁、オリーブオイルを加えて湯煎する」

    義妹「あ、昨日の乳化をさせるんですね!」

    兄「そうそう。ここで重要なのは、オリーブオイルと茹で汁を若干多めにする事だ。チーズはレンジでも良いぞ」

    義妹「? ……あ、ドロドロすぎたら絡みすぎるので、滑らかにするんですね!」

    兄「大正解。ソースがどろっとするより、ちょっと滑らかなくらいがちょうどいいんだ」

    兄「さて、お湯を切ったパスタをフライパンに入れて、またベーコンの脂をなじませる」ジャカジャカジャカ

    兄「後はソースを入れて、全体まで行き渡らせたら完成。湯煎じゃなくても出来るけど、固まるから難しいんだ」

    義妹「なるほど」メモメモ

    兄「皿に盛りつけて、胡椒を振りかける。よし、いただこうか」

    義妹「いただきます」ゴクリ

    義妹「んー、昨日と違って全体的にまろやかな味わいですね! ベーコンの歯ごたえも良い感じです」カリッ

    兄「だろ? 生クリームの代わりにチーズを少し多めにする事で、コクが出るんだ」モグモグ

    義妹「ソースが滑らかな分、ペペロンチーノよりもしっかり絡みますね。確かにドロドロだと食べづらいです」モグモグ

    兄「しかもベーコンの脂が溶け込んでるからな、旨みもばっちりだ」

    義妹「美味しいですけど、ペペロンチーノに比べると手間がかかりますね……」

    兄「まぁな。さっきも言ったけど、湯煎じゃなくても一応出来るんだ。ただ。固まるからすごい難しい」

    義妹「なるほど」シュルシュル

    兄「あ、それ結婚式とかの重要な場ではあんまりやらない方がいいぞ?」

    義妹「え、このスプーンで受けてフォークでパスタを巻く行為がですか?」

    兄「うん。上品に見えるけど、マナー違反なんだって」

    義妹「そうなんですか」シュン

    兄「ま、友達と食べるくらいなら全然オッケーだろ。あくまでフルコースとかの場ではやめた方が良いってだけで」

    義妹「はーい」

    兄「うまかった、ちなみに明日もパスタで良いか?」

    義妹「勿論です、お兄さんのご飯なら何でも美味しいですよ」ニコニコ

    兄「ええ子や……」ホロリ

    義妹「明日はどんなパスタですか?」

    兄「和風ボンゴレビアンコだ」キリッ


    329: ◆evrb978ejs 2014/08/06(水) 14:21:32.55 ID:Xehd2a4+0

    兄「そんなわけで、今日は和風ボンゴレビアンコだよ!」

    義妹「はい!」ビシッ

    兄「ちなみにボンゴレ=あさり、ビアンコ=白いって意味だ」

    義妹「なるほど」メモメモ

    兄「まずは塩抜きしたあさりを鍋に入れて、白ワインの代わりに料理酒で蒸します」カチッ

    義妹「あさりの酒蒸しにするんですね、ざるに入れて砂抜きをしたのは何故ですか?」

    兄「ざるの上なら、吐いた砂を再び取り込む事が無いからだよ」

    義妹「なるほど」

    兄「同時進行でオリーブオイルと輪切りにんにく、チリペッパーをフライパンに。ペペロンチーノと一緒だな」カチッ

    兄「殻が開いたら取り出して皿に分ける。鍋には白っぽいあさり出汁が残る」

    義妹「……」ゴクリ

    兄「ちょっと味見するか?」スッ

    義妹「ごく……すごい、あさり出汁の旨みが、その……」

    兄「おう、言いたい事は分かった、落ち着け」クス

    兄「ここで醤油を少し加えて味付けをしておく、次はスパゲティを茹でる」カチッ

    義妹「あ、にんにくの匂いが立ってきました」クンクン

    兄「よし、にんにくを取り除いて、あさり出汁を加える。下がった方がいいぞ」ッジュアアァァァァ!!

    義妹「!」ビクゥ

    兄「後は料理酒を足して煮詰める」

    義妹「びっくりしました……」

    兄「大丈夫か?」

    義妹「はい……」

    兄「後は煮詰めたソースを茹で汁でのばして、再び煮詰める。今回も乳化だな」

    義妹「なるほど、煮詰めたのをもう一度伸ばすのは何故ですか?」

    兄「こうすることで深い味わいが生まれるんだ。インドカレーもこんな感じで煮詰める」

    義妹「なるほど」メモメモ

    兄「後はゆであがったパスタを同様に馴染ませる」ジャカジャカ

    兄「後は皿に盛って、酒蒸ししたあさりとにんにくを乗せる。完成だ」

    義妹「いただきます!」

    兄「うん、いい感じだ」モグモグ

    義妹「あさりの風味とにんにくの香りがよく合いますね! 全体的に和風な感じがします」モグモグ

    兄「あさり出汁に醤油で味付けするのは自由だが、加えた方が味がボケずにすむ」モグモグ

    義妹「ふむふむ。にんにくも口に入れたらトロッて溶けて甘みが出てきます!」モグモグ

    兄「食べ終わったらガム用意したから。うがいの後でどうぞ」

    義妹「さすがですね、でもおいしい」ニコ

    兄「あさりは火を通しすぎると駄目になるからな、最後に盛り付けるくらいで良いんだ」

    義妹「身が固くなるからですね」

    兄「そーゆー事だ。ごちそうさまー」

    義妹「はーい、お皿洗ってきますね」ガタ

    兄「頼んだ」


    331: ◆evrb978ejs 2014/08/07(木) 10:22:46.10 ID:eQF7uW+r0

    ――

    兄「俺さ、弁当に豚肉入れるのは嫌いなんだよ、豚バラとか論外」モグモグ

    友2「突然どうした」モグモグ

    兄「だってさ、豚バラの脂が冷えて蝋燭みたいになるじゃん?」

    友「ああ、あれは確かに気持ち悪いですね」モグモグ

    兄「そもそも、魚の脂と肉の脂じゃ、融点が違うじゃん?」

    友2「?」

    兄「つまり、口の温度で溶けるか溶けないかって事だ」ビシッ

    友2「ああ、魚の脂は融点が低いから溶けるんだな」イテッ

    兄「そうだ。俺は弁当の王様は魚だと思うんだよ」

    友「ほう」

    兄「ジューシーな鮭とか、ふっくら煮たタラとかも良いね」

    友2「いいね」ゴクリ

    兄「そんなわけで、義妹にはしっかりした弁当を作ってやりたいのですよ!」ダン

    友「自分の弁当は……?」ジー

    兄「いや、俺は別に」←焼きおにぎり

    友2「すまん。俺には関係ないわ」

    兄「? 何でだ?」

    友2「そwwwwれwwwwwwはwwwwwねwwwwww」クルッ

    友2「後輩が作ってくれるんですぅwwwwwwwww」ドッヤアァァァ

    兄「」レモンジルピュー

    友2「ぎゃああぁぁぁあ!!」ゴロゴロ

    兄「」オイウチデサラニピュー

    友2「し、死ぬうぅぅぅぅ!!」ビッタンビッタン

    友「兄、その辺にしておきましょう」

    兄「チッ……チリペッパー爆弾があれば……」サイゴニピュッ

    友2「目が、目があぁああぁぁぁぁぁ!!」

    友(今日も平和ですね)クスクス


    332: ◆evrb978ejs 2014/08/07(木) 11:21:51.21 ID:eQF7uW+r0

    兄「それで、どうして僕はこんな所にいるのかな?」

    義妹「まあまあ、スイーツを知るのも大切ですよ?」

    兄「いやいや、何で女子の中に俺が混じってんの?」

    妹友2「……嫌?」

    兄「嫌じゃないけどさ、ほら……ハズカシイジャン」

    義妹(可愛い)

    妹友「ほら、何頼むの?」

    兄「えっ、あぅ、苺のやつで!」

    妹友「焦ったら奇声出す癖、どーにかならないの?」クス

    義妹(あれ)

    妹友2(これは……)

    兄「だって頭の中がごちゃごちゃに……ありがとうございます」スッ

    妹友「あ、あの席空いてるよ、行こ?」ギュッ

    兄「!?」

    妹友2(兄くんに対する刺々しさが消えてる……?)

    兄(あれは!)

    謎男「……」モグモグ

    兄(ヘルプ!!)

    謎男「……がんばれ」シュバッ

    兄(謎男おぉぉぉぉぉ!!)

    妹友「うん、甘くておいしい」ニコニコ

    義妹「妹友2さんのはプリンが入ってるんですか」モグモグ

    妹友2「少し高かったけど、その分おいしい」モグモグ

    兄「お、うまい」モグ

    義妹「ちょっといただきますねー」パク

    兄「おあぁ!?」

    義妹「ふふっ♪」クス

    妹友(兄弟だからこそ出来る芸当か……やるね)

    兄「美味かった」フゥ

    妹友2「兄くん、口にクリームが」フキフキ

    兄「あ、ありがとう」

    妹友2「どういたしまして」ニコ

    義妹(ぐぬぬ……)

    兄「これからどうするんですか」モハヤナニモイウマイ

    妹友「喫茶店とか?」

    妹友2「そうしよう」

    義妹「レッツゴーです!」ギュッ

    兄(誰か助けて下さい)


    335: ◆evrb978ejs 2014/08/07(木) 14:26:27.50 ID:eQF7uW+r0

    ――

    兄(昨日は散々だったぜ……義妹は今日は遊びに行っている)フゥ

    兄(しかし、今日の俺は一味違う。スーパーの開店時間に訪れて、一番に買ってきたのだ)スッ

    兄(――そう、鰹  の  た  た  き !)

    兄(あのスーパーの魚介類は天下一品だからな。全く生臭さがねぇ)フヘヘ

    兄(これを薄切りにして、二枚ほど醤油につけておく)スッスッ

    兄(残りを丼に綺麗に渦を巻くように盛り付けて―の)チョイチョイ

    兄(卵黄を中心に割りいれてーの)パキャ

    兄(ねぎを添えてっと)スッ

    兄(後はすりおろした生姜を醤油に混ぜて、まんべんなく振りかけたら)

    兄「鰹のたたき丼だああぁぁぁぁ!!」(材料費 220円)

    兄(しかし、その前に、丼の四分の一のご飯を茶碗によそっておく)

    兄「いただきます」パシッ

    兄「……うめえぇ!!」

    兄(たたきの魅力は、その香ばしい外側と、しっとりとした内側だ)モグモグ

    兄(赤身の旨みが、生姜醤油によって全く違和感なく引き立つ)モグモグ

    兄(そこにマイルドな黄身、爽快感溢れるねぎが合わさって)

    兄「かきこまずにはいられねぇ!!」ガツガツ

    兄(しかもこれで220円・盛り付けるだけと言うんだから良いね)

    兄「さて、食べる前に分けておいた四分の一のご飯に、最初に漬けた鰹とねぎを乗せ」

    兄「和風出汁を注ぎ――出汁茶漬けにする!!」トポポポ

    兄「これもうめええぇぇ!!」

    兄(隣のおっさんとかにご馳走したらすげぇ喜ぶだろうな)モグモグ

    兄「ふぅ、ごちそうさん!」パンッ


    339: ◆evrb978ejs 2014/08/07(木) 23:44:24.62 ID:eQF7uW+r0

    兄「まぁ散々ペペロンチーノの話をしたけどさ」

    義妹「?」

    兄「世の中にはこんな便利なものもあるんですよ」スッ

    義妹「パスタのためのオイルソース……ですか?」

    兄「そう。まずスパゲティを茹でるじゃん?」カチッ

    兄「オイルソースで適当なサイズに切ったレタスを炒めるじゃん?」ジュゥウゥ

    兄「んで、茹であがったスパゲティをフライパンに投入して、オイルソースを絡ませる」ジャカジャカ

    兄「これで簡単ペペロンチーノの完成だ。俺の乳化()とか言ってたのが恥ずかしくなるくらい簡単だろ?」

    義妹「え、これで完成なんですか?」

    兄「そーゆー事。まぁ食べてみろ」

    義妹「いただきます」ペコ

    義妹「あ、おいしい……」モグ

    兄「くやしい事に、オイルソースに唐辛子の辛さ、にんにくの風味がばっちり生きてるんだ」モグ

    義妹「確かにこれはお手軽ですね……レタスもオイルソースに馴染んでます」

    兄「しかもにんにく買うよりも安く済むっていうな。悔しいがコスパも良い」

    義妹「なるほど」

    兄「しかも醤油味とかシーフードとかもあるからなぁ」

    義妹「で、でもお兄さんのペペロンチーノも好きですよ?」アセアセ

    兄「ありがとー、それで救われるわぁ」ナデナデ

    義妹「ふふ……」ニコニコ

    兄「まぁ親父からの仕送りも来たし、もうパスタばっかりって事もないよ」

    義妹「あ、来たんですか。いつ帰ってくるんだろ……」

    兄「……」

    義妹「やっぱり嫌、ですか?」

    兄「まぁな。俺からすれば前の妻にどの面下げて生きているんだって感じで」

    義妹「でも、ちゃんと私達のために働いてくれてますよ?」

    兄「育ててくれたのは感謝してる。でも……割り切れないんだ」

    義妹「そうですか……」

    兄「……心配しなくても大丈夫だよ。うまくやるからさ」ナデナデ

    義妹「私はお兄さんの味方ですからね?」ギュー

    兄「おう、暑いから離れろ」ガシ

    義妹「えー」

    兄「……大丈夫だからさ」

    義妹「……はい」ニコ


    340: ◆evrb978ejs 2014/08/08(金) 00:06:49.49 ID:bERCDumD0

    ――

    ザアアァアァ――

    兄「雨か」

    図書娘「あ、兄だ。やっほー」ニコー

    兄「おう、今日は邪魔してるぜー」

    図書娘「あの二人と帰らなくて良いの?」

    兄「今日はそーゆー気分なんだ」

    図書娘「そーゆー気分なのか、なら仕方ないね」

    兄「まぁ迷惑はかけないからさ」

    図書娘「分かってるよ、ごゆっくりー」ニコニコ

    兄(……雨の日は憂鬱だな)

    兄(俺は卑怯者だ。ずっと被害者ぶって、妹友2さんの気持ちにはっきりと答えないままでいる)

    兄(そもそも、好きって感情が空っぽになった俺に、その気持ちを受ける権利はあるのだろうか)

    兄(義妹はよく分からないが……とりあえず懐いてくれてる、最初と比べると随分と明るくなった)

    兄(妹友はこの前腹を割って話してからは、笑顔を見せてくれるようになった。素直に嬉しい)

    兄(あの夏の日、俺は何かを失った)

    兄(……未だに知らない女子には嫌悪感がある。昔と違って普通に会話は出来るようになったが)

    兄(幼馴染に植え付けられたトラウマは、克服はしたものの、払いきってはいない)

    兄(――不安、なのか?)

    兄(幼馴染に会うのを恐れているのか、俺は)

    兄(……逃げるな。そのまま逃げ続けていたら、また誰かを傷つける)

    兄(もう、俺には大切な……)

    兄(家族? 友達? いや……)

    兄(「居場所」が出来たんだ)

    兄「……住所、聞いておかないとな」フゥ

    天然女「誰の~?」

    兄「うわ!」ビク

    天然女「そんなに驚かないでよ、もう」プク‐

    兄「す、すまん。どうしてここに?」

    天然女「んー……何となく?」

    兄(嘘つけよ、図書娘が嫌いって目をしてたの知ってんだぞ)

    天然女「兄くんはどうしてここに~?」

    兄「……何となく?」

    天然女「何それ~」クスクス

    兄(やっぱ……あいつに‘似てる’んだよなぁ。苦手だ)

    兄「さて、そろそろ帰ろうかな」ガタ

    天然女「もう帰るの?」

    兄「うん、じゃあなー」フリフリ

    天然女「うん、ばいばーい」ニコー

    天然女(ふーん……)


    341: ◆evrb978ejs 2014/08/08(金) 13:06:26.58 ID:bERCDumD0

    先生「もうちょっとで夏休み、まぁ俺が言いたいのは面倒な事起こさずに、適当に楽しめよって事だ」フワァ

    兄「相変わらずの適当さだな……」

    先生「あ、二学期の初めに実力テストあるからしっかりしとけよー」

    イケメン「兄、夏休み暇だよね? 良かったら……」

    兄「お断りします」

    イケメン「うちでバイトしないかい?」キラッ

    兄「お断りします。大切な事なので二回言いました」

    イケメン「そんな冷たい事言うなよ」スッ

    兄「そして触れるのも許さん」パシッ

    イケメン「相変わらず堅いなぁ」

    兄「ホモはお断りです」

    天然女「二人とも仲良いんだね~」

    イケメン「ははっ、照れるじゃないか」

    兄「いや全然違うからな?」

    先生「えーっと、何だったっけな、……忘れたから後は良いわ。おし、終わろうかー」

    兄「ええー……」

    キリーツ レーイ オツカレー

    友「後2週間ほどで夏休みですね、そして……」

    謎男「……」

    兄「……」

    友2「え、何でこんな無言なの?」

    兄「あー、お前には言っとくか。とりあえず、そこの公園で話すわ」



    兄「――で、あの日はもうすぐそこって訳だ」

    友2「……お、俺バカだから……こういう時、何て返せばいいのか分からないけど」

    友2「兄、頑張れよ!!」

    兄「はっ……何だそのシンプル」クス

    兄「あ、ついでに友の事も話そうぜ」

    友2「? あぁ、昔はヤンキーだったって奴か」

    友「話すんですか……恥ずかしいんですが」

    謎男「くくっ……良いじゃないか、男前だぞ」

    友「茶化すのはやめて下さいよ? 兄に比べればすごく短いですし。では……確か、あれは」

    友「兄が壊れてから、一年半ほどの日が経った頃でしたか……」

    兄「壊れたって、なかなかの良い方だな」オイ

    ――


    342: ◆evrb978ejs 2014/08/08(金) 14:26:42.51 ID:bERCDumD0

    友(未だ茶髪)「おー執事、今日も頑張ってんな」

    執事「おや、おはようございます」

    友「ずっと畑の世話すんのって楽しい?」

    執事「ええ、植物は嘘をつきませんからね」ニコ

    友「ふーん……?」

    執事「坊ちゃんも野菜を育ててはみませんか?」ザクッ

    友「俺はそーゆーの向いてねぇわ。パス」

    執事「そうですか、残念です……」ザクザク

    友「もうそこそこの歳だろ? 何でそんな弱った身体で、毎日重いクワを振り回してんだ?」

    執事「……私の夢だったのですよ、この畑は」

    友「?」

    執事「私の祖父……ですね、昔語ってくれました」

    執事「野菜を育てるのは、自分の努力がそのまま表れる。美しい実がなっているのを見ると、心が現れるようだ、と」

    友「……」

    執事「本当に素晴らしいですよ」ニコ

    友「そっかー」

    ――それから数日後でしたかね、急に執事の体調が悪くなったのは。

    執事「……ハァ、ゴホッ……」フラッ

    友「……? おい、執事?」

    執事「……」ドサッ

    友「お、おい!! どうした!!」ガシッ

    執事「ゲホッ!! ゴホッ!!」

    友「待ってろ、今運んでやるからな!!」


    医師「……残念ですが、後二日持つか、持たないか……と言った所ですか」

    友「なっ……何とかならないのかよ!?」

    医師「もうお歳ですし、駄目ですね……」

    友「くっそ……!!」

    執事「……大丈夫です、お気になさらず……」

    友「んな顔色で納得出来るか!!」

    次の日の……夕方頃でしたか。執事の様子が急激に悪化したのは。

    執事「……」

    友「執事……」

    執事「……」ハァハァ

    医師「……峠ですな。今日さえ乗り切れば……」

    友「くそ……執事!! 死ぬな!!」

    執事「……」

    友「頼むから……!!」

    執事「……坊ちゃん」

    執事「お願いが、あるのです……」ゴホッ


    343: ◆evrb978ejs 2014/08/08(金) 14:53:07.50 ID:bERCDumD0

    友「何だ?」

    執事「二つほど……ですが、よろしいでしょうか……ゴホッ!!」

    友「ああ、分かったから無理すんな!」

    執事「……まず、一つ……は、貴方は、いずれ、父上様の後を継ぐ……いいえ、それを越えれるほどの実力があります」

    友「……買い被りすぎだ、俺はただの好き勝手してるガキだよ」

    執事「いいえ、貴方は素晴らしいお人です。ですから……、それに相応しい行動を、してもらいたいです……」

    執事「貴方はとても、優しい人ですから……威圧でそれを隠さずに、誰とでも仲良く……ゴホッゴホッ!」

    友「分かった、分かったよ……!!」

    執事「もう一つは、個人的なお願いなのですが……」

    執事「私が耕しているあの畑、それと小さな家ですが……それを、坊ちゃんに継いでもらいたいのです」

    執事「貴方も、野菜を育てるための大切な心の持ち主……です、から……」

    友「……ああ、これから毎日耕してやる!! 諦めるな、執事!!」

    執事「ふふ、私は……幸せ者です……」

    友「おい、気力を消すな!! 執事!!」

    執事「……私の使っていたテーブルに、野菜の全てを書いたノートがあります、どうぞお使い……下さい……」

    友「……」

    執事「ふふ、泣かないで下さい……貴方は本当に優しい人だ」クスッ

    執事「貴方に仕えていたこの14年間……私は誇りに思っています」

    友「お、おい!! まさか」

    執事「……今まで、お世話になりました。本当に……」ギュッ

    友「執事……?」

    執事「……強く、生きてください……」

    友「お、おい……」

    友「執事……?」

    ピー

    医師「……残念ですが……」

    友「……」ギリッ



    友「――ああああああああぁぁぁぁ!!」



    友父「……そうか、執事が……」

    友「……あの畑と家は、俺が受け継いでも……良い、ですか」

    友父「! ……良いだろう」

    友「分かっ……りました。ありがとうございます」ペコ

    友「失礼、します……」ガラ

    友父(あの友が……執事め、何を言ったんだ?)

    ――

    友「……と言うわけです」

    友2「お前がそんな紳士なのは、そういう事だったのか……」

    友「ええ、私はあの人を尊敬しています。これからも……」


    348: ◆evrb978ejs 2014/08/10(日) 15:06:15.85 ID:3TGJv5GX0

    兄(……)ジャッジャッ

    兄(……考えるのは後にするか、今はただ飯と向き合おう。ご飯とキャベツををパスタの為のオイルソースで炒める)

    兄(塩胡椒で味付けしたら完成)

    兄(コンソメスープの具は、炒めたべーコンと玉ねぎ。甘みとコクの黄金コンビだ)グツグツ

    兄(後はこんがりと焼いた鮭、生野菜のサラダ)コト

    兄「ん、晩御飯出来たよー」

    義妹「はーい」トタタタ

    兄「では、いただき」

    義妹「ます」パン

    兄「ん、うまうま」モグモグ

    義妹「美味しいです……」

    兄「……こら」ハァ

    義妹「?」

    兄「そんなしょんぼりすんなよ、別に死ぬわけじゃないんだからさ」

    兄(そう、幼馴染と会うのは明日。すでに何人かには伝えてある)

    義妹「でも……」

    兄「そんな葬式みたいな雰囲気で飯食ってもうまくないだろ、ほらいつもみたいに笑って」ムイー

    義妹「おにいふぁん、ひっふぁららいれふらはい」ジトー

    兄「はっはっは、そんだけ言えれば大丈夫だな、ほら、いただこうぜ?」

    義妹「……はい」ニコ

    兄「ん、うまい。オイルソースはやっぱ偉大だな」モグモグ

    義妹「オイルソースの風味が、細かく刻んだキャベツと合いますね、炒飯ですか?」

    兄「これは……まぁ言ってしまえば炒飯なのかね? 鮭もジューシーでうまいわ、皮うめぇ」バリバリ

    義妹「コンソメスープもほっとする味ですね。ベーコンと玉ねぎがよく合います」ゴク

    兄「しかし暑いな、この暑いのに熱いコンソメスープとか死ねるわ」

    義妹「何で作ったんですか?」クス

    兄「それは風呂上りのお楽しみだ。風呂入ってくるなー」

    義妹「はーい♪」




    義妹「上がりました!」パタパタ

    兄「……君ね、もうちょっと露出控えない? シャツ一枚て」プイッ

    義妹「こんなのお兄さんの前だけでしか、しませんからね?」

    兄「そっかー」カアァアァ

    義妹「そっけなく言ってますけど、顔真っ赤ですよ?」クスクス

    兄「うっせーよ! 事実を突きつけるな!」ワタワタ

    義妹「それで、お楽しみって何ですか?」

    兄「冷蔵庫に注目」ガチャ

    義妹「あっ、スイカ!!」

    兄「スイカ買ってきたんだ」


    351: ◆evrb978ejs 2014/08/10(日) 15:23:55.73 ID:3TGJv5GX0

    義妹「う……薄くないですか?」

    兄「確かに一般的には厚いスイカを思い浮かべるだろう……」

    兄「 だ が し か し 」

    兄「薄く切る事によって、次々と食べてもまだあると言う安心感が生まれる!! それに」

    兄「含まれる種が少なくなり、ついでに種がものすごく取りやすいのだ!!」キリッ

    義妹「な、なるほど」

    義妹「これなんか透き通ってますよ?」ピラピラ

    兄「自重でぎりぎり崩れない薄さに切る技術」ドヤァ

    義妹「あーんっ」スッ

    兄「うまっ……おあぁ!?」

    義妹「そんなびっくりしないでも」クス

    兄「びっくりするわ!!」

    義妹「ほら、いただきますよー?」

    兄「くそ、何で主導権握られてんだ……いただきます」シャク

    義妹「うん、やっぱり夏はスイカですね」シャク

    兄「あ、ちゃんと厚く切った奴二枚冷やしてるから」シャク

    義妹「さすが」シャク

    兄「身体が冷えるわー」プププッ

    義妹「のども潤いますねー」プププッ

    兄「ふぅ」

    義妹「はぅ」

    兄「さて、おまちかねの厚いスイカ!」スッ

    義妹「わー♪」シャクッ

    兄「甘いっ!」

    義妹「甘い!」

    兄「真っ赤だな、甘いわ」ゴクゴク

    義妹「ですね、冷たくて身体の芯から冷えます」ゴクゴク

    兄「ふぅー」

    義妹「はぅー」

    兄「ごちそうさまでした」パン

    義妹「おそまつさまでした」パン

    兄「何でお前が言う側なんだよ」ペシ

    義妹「てへ、つい」イタッ

    兄「よし、そろそろ寝ますか」フワァ

    義妹「あ、お兄さん」

    兄「……?」

    義妹「今日は、一緒に寝させて下さい」

    兄「……許す」

    義妹「やった!」バッ

    兄「飛びつかないでよろしい」スカッ


    353: ◆evrb978ejs 2014/08/10(日) 15:52:11.24 ID:3TGJv5GX0

    ザアァァァァァァー ゴトッ…… ビュウウゥゥ……

    兄(嵐か、明日には晴れるらしいが……)

    兄(やっぱ眠れないな、どっかで緊張してるわ)ドクドク

    兄(……俺は幼馴染に会ってどうしたいんだ?)

    兄(逃げた過去を断ち切る? トラウマを克服する?)

    兄(そんな事が漠然と頭に浮かぶけど、俺は本当はどうしたいんだ?)

    兄(幼馴染に会ってそういう事をするのは、どこか「目標」じみた感じがして)

    兄(……こんな事を考えてる時点で、まだ縛られてるのかもな)ハァ

    義妹「……」ギュ

    兄「!!」

    兄「……眠れないのか」

    義妹「……そっちこそ」

    兄「はっ……」

    義妹「ふふ……」

    義妹「……ねぇ、お兄さん」

    兄「?」

    義妹「本当は、許してあげたいんじゃないんですか?」

    兄「……俺が!?」

    義妹「お兄さんに深い傷を与えたのは許せない……ですけど」

    義妹「それでも、お兄さんが好きだった人ですから」

    兄「……」

    義妹「昔は、ずっと一緒に居たんでしょ?」

    兄「……意外だな、お前なら行くなって言うと思ってたけど」

    義妹「確かにそう思ってますけど、お兄さんの覚悟を無下にするわけにもいきませんから……」

    兄「……本当に出来た妹だよ」

    義妹「……えへへ」ギュッ

    兄「……大丈夫だよ。ちゃんとケリをつけてくるからさ」ナデナデ

    義妹「待ってますからね?」

    兄「ああ、帰ったら笑顔でただいまって言ってやんよー」

    義妹「はい、楽しみにしてます♪」

    兄(……ああ、瞼が重くなってきた。義妹のおかげかな)



    兄「よく、眠れそうだ……」スー




    義妹「……寝ましたか」

    義妹「本当に、行ってほしくないんですよ?」

    義妹「私は家で待ってますから」

    義妹「絶対に、笑顔で帰ってきてくださいね……」

    義妹「お兄ちゃん……」ナデナデ

    義妹「……」スゥ


    355: ◆evrb978ejs 2014/08/10(日) 16:12:36.09 ID:3TGJv5GX0

    兄「……綺麗な空だ」ガラ

    兄(義妹は寝てるな。えーっと、リュックサックは……あった)

    兄「お金持った、あれも持った、地図、タオル、etc……)

    兄「よし、行きますか」

    兄「……行ってくるよ」ニコッ

    義妹「……」スースー


    兄(時刻は6時12分)ガチャッ



    兄「……」テクテク

    兄(ヒトの視線……嫌な感じがする)

    兄(俺は戦闘が得意じゃないからなー、ドッジボールだとひたすら避けるタイプ)

    兄「……」ピタ

    兄「誰?」

    ???「」ザッ

    謎男「ッ!!」バキュン

    兄「うぉ!?」

    兄(ど、どうなってんだ?)

    謎男「……最近兄を嗅ぎまわっていたのはお前か」

    兄「謎男!」

    天然女「嗅ぎまわったって? ただ調べてただけなんですけど~?」

    兄(天然女さん!?)

    謎男「何をするつもりだ?」スッ

    天然女「私の友達がね、ある噂を教えてくれたの」

    天然女「確か、「女子の服を盗んだヘン夕イがそっちの学校にいる」みたいな」

    兄「!!」ギリ

    天然女「それで詳しく調べたら、候補は兄君一人に絞られて」

    謎男「……それで?」

    天然女「? 別に何も無いよ?」

    謎男「あ?」

    天然女「本当かどうか確認したかっただけ」

    兄「わざわざこんな朝早くに? ……お前もだよ」

    謎男「俺はこっそり着いて行って、いざと言う時が来たら飛び出すつもりだった」

    天然女「私はねー」

    天然女「……何をするつもりだったでしょう?」エヘヘ

    謎男「……兄、行け」

    兄「おう、分かった」ダッ

    謎男「お前……幼馴染に似てるな」ギロ

    天然女「……ビンゴ♪」

    謎男「?」

    天然女「……ふふ」


    359: ◆evrb978ejs 2014/08/11(月) 12:11:35.50 ID:+4wklDzr0

    ガタンッ……ゴトゴト……

    兄(バスはやはり良い。痴漢の疑いも受けにくいし)

    兄(時折揺れながら、青空を眺める。素晴らしいね)

    兄(あいつらが気になるが……謎男なら大丈夫だろ)

    兄(幼馴染の家はそこそこ田舎の方らしい。田んぼが多くなってきた)フワァ

    兄(まだまだ先だし、寝ようかな……)ウトウト

    「……」ストッ

    プシュー ……ゴトンッ


    謎男「兄の乗ったバスは……この時刻なら、……あの辺りか」

    天然女「そうだね、多分田舎の方だから……ちょっと調べてみるね~」

    謎男「……ん? 何でお前まで着いてくるんだ?」

    天然女「だって気になるから……あれ? 何で一緒に歩いてるんだっけ?」

    謎男「?」

    天然女「?」

    謎男(な、何だ? この煙にまかれる感じは?)

    謎男「確か、お前が兄の思考と似てるって話した所からだな」

    天然女「そう、それで兄君の事が知りたくて、ちょっと前から調べてたの~」

    謎男「それで、ストーキングに限りなく近い行為をしていたと」

    天然女「べ、別にそんなつもりじゃ……、それで、この前友2君に昔の話をしてる所を聞いてね」

    謎男(嘘だろ、俺と兄が気付けなかった……!?)

    天然女「やっぱり冤罪みたいだし、何か深い事情があるのかなーって」

    謎男「……出発する時刻までは分からないはずだ」

    天然女「盗聴器、使わせてもらいました。あ、聴いてちゃんと捨てたから安心して?」ニコー

    謎男(……何だこいつ? 異常なのか正常なのかよく分からん……)

    天然女「あれ? さっき何の話してたんだっけ?」

    謎男「……兄が行く場所だ」

    天然女「あ、忘れてた! 早く調べないと!」アタフタ

    謎男「もう良い、俺が調べる……」ハァ

    謎男(何か起こしそうなら取り押さえるが……こういうのを天才肌って言うのか? 変人?)


    兄「……ん、……まだ着いてないか、良かっ……!?」バッ



    「――起きた?」ニコ




    兄「……な、何で……此処にいるんだよ……」




    兄「幼馴染……!!」




    幼馴染「久しぶり」ニコ


    365: ◆evrb978ejs 2014/08/13(水) 19:42:20.38 ID:AWEiV60q0

    謎男「……ここだな」ピッ

    天然女「そこそこかかるね、急ごうか~」フワアァ

    謎男(急ぐ気ねぇだろ……)イライラ

    謎男「……お前は、兄に会ってどうするつもりだ?」

    天然女「「ん? 貴重なサンプルだからね。とりあえずは幼馴染さんに何て言うか気になるな~」ワクワク

    謎男「……」

    謎男(……何を考えてるんだ?)




    兄「……」

    幼馴染「……」スー スー

    兄(隣に座ったと思ったら、すぐに寝やがった……)

    兄(……呼吸のペース、全く乱れていない。しかもリラックスしてる時の間隔だ)ジー

    兄(間違いなく寝てる。演技とかでは無い)

    兄(まさかこんなに早く会うとは……まだ完全な気持ちの整理が出来てないのに)

    兄(でも、不思議な気持ちだ。いざ会ってみると、思ったより冷静な自分がいる)

    兄(幼馴染は何を考えてるんだ?)

    兄(俺の乗るバスを見通してた……つまり、幼馴染父さんのメールを見ていたのか)

    兄(とりあえず着いたら、近くにある川の近くでゆっくりするつもりだったんだが)

    兄(……)

    『許してあげたいんじゃないんですか?』

    兄(……どうなんだかな)

    兄(そんな簡単な事でも無いだろ)ハァ

    幼馴染「……兄」

    兄「!!」

    幼馴染「……」

    兄(……寝言か)

    幼馴染「……ゆるして……」

    兄(……)ギリッ

    「〇〇町、神社前ー。○○町、神社前ー」

    兄「あ、降ります!」

    兄(くそ、幼馴染がいて降りれねぇ!)

    兄(……)

    幼馴染「……」スー スー

    兄「くそ……」

    兄「……」スッ


    369: ◆evrb978ejs 2014/08/15(金) 15:35:26.84 ID:scgbbhGC0

    兄「……まだ寝てやがる、どこまで本当なんだか」

    兄「……ここ、だよな」ピンポーン

    幼馴染父「やあよく来てくれ……!?」

    兄「これ、どうぞ」ヒョイ

    幼馴染父「え、どうしたんだい?」ガシ

    兄「バスの隣に乗ってきて、そのまま寝やがった」

    幼馴染父「わざわざ担いできてくれたのか、ありがとう」

    兄「……俺はしばらくゆっくりしてる、夕方ごろにもう一度来ます」

    幼馴染父「ああ、夕飯は食べていくかい?」

    兄「……」

    幼馴染父「頼むよ、彼女も少し変わったんだ」ペコリ

    兄「……分かった」ザッ

    幼馴染父(ふむ……)

    幼馴染父(彼も変わったのかな)クルッ


    兄「おー……この岩とか良さそうだな」スッ

    兄(ふーん、なかなかいい川だな、まるで謎男に会った時の……)

    兄「……」

    兄(静かだ)

    兄(幼馴染が「変わった」か……)

    兄(あの人が言うんなら、きっとそうなんだろうな)

    兄(幼馴染は俺にとって……)

    兄「……何だ?」

    兄(幼馴染は……俺にとって……)


    兄「時間はまだある。ゆっくり考えるか……」スッ


    謎男「よし、後三十分もすれば着くだろう」ブルル……

    天然女「さすが謎男君だね、頼りになる~」パチパチ

    謎男「……俺が居なかったらお前はどうしてたんだ?」

    天然女「んー……迷ってた?」カナ?

    謎男(兄……ちゃんと向き合えよ、自分の心と……)

    天然女「どうしたの、変な顔してー」ユサユサ

    謎男「人の考えている顔を変な顔……」ピキピキ

    天然女「どうしたの、イライラしたらよくないよ~?」

    謎男「誰のせいだ。誰の」トス

    謎男「何か落ちたぞ?」スッ

    謎男(心理系の本、それにノート……確かに兄の勉強している分野と同じだな)

    天然女「あー、女の子の持ち物見るの良く無いんだよ?」プンプン

    謎男「お前が言うとわざとらしく聞こえるのは何故だ」オンナノコッテ

    天然女「は? 何様のつもりで言ってんねん自分」ギロ

    謎男「えっ」


    370: ◆evrb978ejs 2014/08/16(土) 00:15:06.19 ID:nzWDZ3zQ0

    兄(靄がかった景色……向こうにいるイケメンな奴は、俺?)

    兄(ああ、これは夢か。確か明晰夢って言うんだっけ?)ポー

    兄(……あ、近づいてきた)

    兄『おい、俺』

    兄「なんだよ?」

    兄『本当はどうしたいんだよ? 幼馴染は変わったらしい。俺もあの時とは違うだろ?』

    兄「そうだな。俺には大切な家族と、友達が増えた」

    兄『おう、……お前にとって、幼馴染は何だ?』

    兄「……宿敵、とかでは無いと思う。家族って訳でもないし」

    兄『本当は自分でも分かってんだろ? 許すのは別に難しい事じゃない』

    兄「でも!」

    兄『認めてしまって心が揺らぎ、また暴走してしまったら、とか思ってるんだろ?』

    兄「っ!」

    兄『お前は俺なんだからお見通しだよ』

    兄『今日は今までの苦しみにケリをつけに来たんだろ? 別に許すも否定するも、お前の自由だけどさ』

    兄『俺が言いたいのは、まぁ……今日は暴走なんて絶対させないから、ちゃんと向き合ってみろって事だ』ニカッ

    兄「……俺は」

    兄『……そろそろ時間だ、うまくやれよ』ジャラ

    兄「その鎖は?」

    兄『化け物の事なら心配すんな。今日一日だけだがちゃんと封じ込んでやるからよ』

    兄『ま、あいつもお前の一部なんだが……それはまた今度で』

    兄『ま、頑張ってこいや!』トンッ


    兄「……あ、また寝てたのか……」

    兄「!!」バッ

    幼馴染「起きた?」

    兄(本日二回目です。今度は膝枕されてました)

    兄「幼馴染」

    幼馴染「兄、聞いてくれる……?」

    兄「……どうぞ」

    幼馴染「私はあれから兄が居ない日々を過ごして、廃人みたいになってた」

    幼馴染「今までの記憶を思い出して、私の兄に対する大好きは、自分勝手なエゴだって分かった」

    幼馴染「……もう兄が嫌がるような事は絶対にしない。兄が望むなら何でもしてあげれる」

    幼馴染「だから、その……すごく自分勝手だって思うけど……」

    幼馴染「今までの私の言動全てを、許して欲しいです……」スッ

    兄「……土下座なんかやめろ」

    兄「幼馴染、俺も変わったんだ」

    兄「……それで、色々と考えてみたんだけどさ」





    兄「俺は――」


    377: ◆evrb978ejs 2014/08/16(土) 15:58:57.60 ID:nzWDZ3zQ0

    兄「……逃げてた、本当はちゃんとお前に会って、はっきりと伝えないといけないのに」

    兄「引っ越した事を良い事に、俺は今まで逃げてたんだ」

    兄「正直、お前にはすごく苦しめられたよ。それは今でも変わらない……死のうと思った事もあった」

    幼馴染「……」シュン

    兄「でも、お前も変わったんだな」

    幼馴染「えっ?」

    兄「……俺はお前を許すつもりは無かった。けど、義妹――新しい家族に言われたんだ」

    兄「本当は許してあげたいんじゃないか、ってさ」

    兄「俺はその言葉を考えてるうちに、無意識の内に心に抑え込んでた気持ちに気付いたんだ」

    兄「前はあんな事を平気でしてた、自分勝手な幼馴染だけど、それでも」



    兄「――許したいんだ」

    兄「それを簡単に認めたら、お前に植え付けられたトラウマや、分からなくなった好きはどうすんだって思ってたけど」

    兄「全部をお前のせいにせずに……一つずつ、逃げずに向き合っていけばいいんだ」

    兄「だから、さ」ギュッ

    幼馴染「!!」

    兄「……帰ろうぜ。お姉ちゃん」ニッ

    幼馴染「……あ」

    幼馴染「……ごめ、んなさい……!!」グスッ

    兄「よしよし」ナデナデ

    幼馴染「二度と、兄を、困らせるような事はしないから……!!」

    兄「おう」

    幼馴染「ごめん……ごめんね……!!」

    兄「……」ニコ







    謎男「……着いた」

    天然女「のどかな所だね~」ニコニコ

    謎男(……)ゾワ

    謎男(兄じゃないが、すごく、嫌な予感がする……)

    謎男(……まさかな)ピンポーン

    幼馴染父「……謎男君じゃないか! 君も兄君に着いてきたのかい?」

    謎男「……兄はどこですか?」

    幼馴染父「少し考える、と行って出て行ったが……幼馴染も探しにいったな」

    謎男「チッ!!」バッ

    天然女「あ、どこ行くの?」

    謎男(……あいつが兄と再会して、何をするか分かったもんじゃない!)バキュンッ

    幼馴染父「君は謎男君の友達かい?」

    天然女「あ、初めまして~」ペコリ


    378: ◆evrb978ejs 2014/08/17(日) 13:23:30.08 ID:yRsmPZYq0

    兄「……いつ以来だろうな、こうして隣を歩くの」

    幼馴染「そうだね、……本当に嬉しい。ずっと夢見てた」グスッ

    兄「……もう十分な時間が経った、俺達も成長していかないとな」

    幼馴染「そうだね、私も変わるから……」

    兄(……居心地が良い)

    兄(すごく、心が温かい)

    兄「こっちに来て、友達とかは出来たのか?」

    幼馴染「うん、そこそこの友達は出来たよ、ただ」

    兄「?」

    幼馴染「ううん、何でもないよ」ニコ

    兄「嘘だね。笑顔なのに目線が俺の目を直視してない。声も少し低くなった」

    幼馴染「……さすが。実はね……」

    幼馴染「私が変われたきっかけ、みたいなものもくれたんだけど」

    幼馴染「ストーキング、されてるんだ。……兄への前の私みたいに」

    兄「えっ?」

    幼馴染「根暗男、って言う子なんだけどね……ずっと一人だったから、話しかけたら……依存されちゃって」

    兄「……」

    幼馴染「ほら、一日でこんな感じだよ」

    メール 321件

    着信 10件

    兄「うわきっも……死ねばいいのに」

    幼馴染「……兄もこんな気分だったんだよね」

    兄「あ、別にそんなつもりじゃ」

    幼馴染「ううん、おかげで反省出来たから……でも、正直困ってる」

    兄「……そいつの特徴は?」

    幼馴染「目を隠すくらい長い前髪、小柄……後は、んーっと」

    幼馴染「……あ、赤い十字架のアクセサリーを付けてるとか」

    兄「なるほどな……」ギリ

    幼馴染「何もしなくていいよ、これ以上迷惑かけるわけにはいかないし、今日は帰らないといけないんでしょ?」

    兄「……」

    幼馴染「あ、今日は晩御飯ご馳走させて! ずっと練習してたんだ!」ニコ

    兄「……分かった。じゃあ家に帰ろうか」クルッ



    謎男(……なるほど、幼馴染は「独占欲」が「忠誠心」へと変わったのか)

    謎男(兄がこのまま何もしないわけないな。しかし何が出来る?)

    謎男(まさか住所を調べて殴り込みなんてしてもな、全く意味が無い)ダレオマエッテナルシ

    謎男(せめて夕方じゃなかったら作戦を練れたんだろうがな……)

    謎男(……とにかく、合流するか)ピクッ

    謎男「!」バッ

    謎男(今、誰かが居たような……?)


    381: ◆evrb978ejs 2014/08/17(日) 16:23:13.06 ID:yRsmPZYq0

    幼馴染「はい、どうぞ♪」コト

    兄「おおー!」

    謎男「別に俺は食べなくても……」

    天然女「まあまあ、ありがたくいただこうよ」ニコニコ

    謎男「いや何でお前は普通に食べるんだよ」

    幼馴染母「ふふふ、遠慮しなくてもいいのよ?」

    兄(サラダ、ホッケの開き、肉じゃが、味噌汁……随分と家庭的な料理だ)

    兄「……うおっ、すげぇうまい!」パク

    幼馴染「!」パアアァァ

    天然女「ホッケはジューシーでご飯に合いますね~、肉じゃがも甘ったるい味付けじゃなくて美味しいです」ニコ

    兄「むしろ粗挽き胡椒のピリッした辛さが味を引き締めてるな、うまい」モグ

    謎男「……」ヒタスラホッケモグモグ

    幼馴染「♪」

    幼馴染母(幸せそうですね)コソコソ

    幼馴染父(ずっと練習してたからなぁ。……席をはずそうか)シミジミ

    兄「ごちそう様でした」フゥ

    兄「……すごいうまかったよ」

    幼馴染「うん……うん!」

    謎男(すごい嬉しそうな顔をしている……やはり幼馴染も成長したんだな)

    ピロンッ♪

    幼馴染「……えっ」

    兄「どうした?」

    幼馴染「……これ」スッ

    兄(俺の写真!? 盗撮されてたのか!?)

    【こいつが今まで幼馴染さんを苦しめてた奴なんだね】

    【大丈夫、僕がちゃんと処理するから。安心して(^〇^)】

    謎男(スリングショットは持ってきてないな……)ゴソゴソ

    幼馴染「兄……」

    兄「望む所だ。年中発情期のクソ猿は俺が相手してやる……!!」ギリリッ

    謎男(兄の様子が……まさか、また暴走するとかはやめてくれよ?)

    謎男「落ち着け兄。そもそもお前はそんなに強くないだろ」ペシ

    兄「じゃあ放っておけってか?」ギロ

    謎男「誰もそんな事言っていない。冷静になれと言っている」

    天然女「ほらほら、落ち着いて?」キャンディーダヨ

    兄「……どうも」ボリッガリガリ

    兄「相手は異様な執着心を持ってる、おそらく相当な嫉妬で頭が狂ってんだろ」

    兄「おそらく俺が一通りの少ない道に出たら、すぐ襲ってくると思う」

    謎男「俺が距離を取って待機しておくか」

    兄「……天然女さんはどうするよ」

    天然女「此処で待ってる。終わったら戻ってきてほしいな」ミチワカラナイシ


    383: ◆evrb978ejs 2014/08/17(日) 17:09:28.12 ID:yRsmPZYq0

    幼馴染「私のせいで……」

    天然女「あなたのせいじゃ無いですよ、きっとあの人なら大丈夫です~」

    幼馴染「兄とどういう関係なの?」

    天然女「んー……強いて言うなら」

    天然女「――研究対象、ですかね?」




    兄(暗いな……電燈も少ないし、夕暮れなのに真夜中みたいな暗さだ)

    兄(一応最大限に警戒はしてるけど、気配がしないな)

    兄(特徴は、小柄、長い前髪、それと)

    兄「赤い十字架……だったっけ」ピクッ

    兄「!!」バッ

    根暗男「――死ねぇ!!」ガツンッ!

    兄「がっ……!?」ドサッ



    謎男(……強い!)ハァハァ

    眼鏡男「……」ハァハァ

    謎男(突然襲い掛かってきたこの眼鏡、かなり強いな……身体もそこそこ鍛えている)

    謎男(兄は大丈夫なのか!?)チラ

    眼鏡「 よ そ み 」ブンッ

    謎男(ほんの一瞬の隙を……!)ガッ

    眼鏡「お前、強いな。でも、俺には何も関係ない……関係無い……」メガネカチャッ

    眼鏡「おわああぁぁああぁぁぁ!!」ブンッ

    謎男「!?」ペチ

    眼鏡「おらぁ!!」メキッ

    謎男「うっ!」(しまった、突然の謎の行動に不意を突かれた……バランスが崩れた、まずい!)ズサァッ

    眼鏡「ハァ……ハァ……!」ブン

    謎男(しかし相手はかなり体力を消耗してる、ここは右手を捌いて)パシッ

    謎男(――三角締めで極める!)ギチチッ!

    眼鏡「く……!!」ジタバタ

    謎男(よし、完璧に極まった!!)

    謎男(……腹のダメージが大きいが、このまま……!)ズキズキ



    バチンッ!!



    謎男「……?」

    眼鏡「ゲホッ、ゲホゲホッ!!」

    謎男(あれ、は)

    謎男「すたん、がん……」ドサ

    眼鏡「ハァ……ハァ……よし、連れて……行くか……」ガシッ


    389: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 14:55:37.82 ID:Mm69AkXT0

    ???「こんばんは」ガチャ

    幼馴染父「君も来たのか、兄君達は出かけたようだよ?」

    幼馴染「あ、実は兄が――」

    ???(……繋がらない?)ピッ

    ???(謎男が居て……? まさか)ダッ

    「待ってくれ!」

    ――

    兄「……ん」

    根暗男「目を覚ましたか」

    兄(……ここは……くそ、暗いな……木で出来ているし、小屋か?)

    兄「謎男!」

    謎男「ぐ……」

    謎男(随分ときつく結んでくれたな……)

    兄「……」ギロッ

    眼鏡「根暗男、俺はどうすれば良いんだ?」

    根暗男「お前はこのクマ野郎が暴れた時に備えておいてくれ」

    謎男(誰がクマ野郎だ)

    兄(チッ、思ったより冷静に動いてやがる……謎男の強さも調べているのか)

    兄(後頭部がすげぇ痛い……おそらくあのバットで殴られたんだな)ズキ

    兄(俺は全く縛られていない、一人で逃げ出す事も可能だが、謎男を置いていけるわけないしな)

    兄(謎男は少し距離を取ったあちら側にいる。何をしたいんだ?)

    根暗男「あー、あー、うん、じゃあさ、とりあえずお前」

    根暗男「土下座しろ、土下座」クイッ

    兄「あ?」

    根暗男「そうだな、「幼馴染さんを苦しめてごめんなさい、ゴミが生きててごめんなさい」とかさ」

    謎男「お前!」

    根暗男「黙ってろよ!」ガン!

    兄「!」ゾワッ

    眼鏡「おい、何もそこまでしなくても」

    根暗男「良いんだよ! 幼馴染さんを泣かせたんだぞ!?」

    謎男(……待てよ、確か……もう一人……?)ズキズキ

    兄(このゴミが……ぶっ殺してやる……!!)ギリリッ

    兄(でも、ここで暴れたら謎男が……)

    兄「……幼馴染さんを苦しめてごめんなさい、ゴミが生きててごめんなさい……」スッ

    根暗男「ヒャハハハッ! 本当に言ってやんの!!」ゲシ

    兄(頭に足を乗せてんじゃねーぞ、豚が……!!)ギロ

    根暗男「よし、じゃあ次は服を脱いでその辺を走ってきてもらおうかな」

    兄「は!? 謝っただろ!?」

    根暗男「幼馴染さんをずっと苦しめてたのはどいつだよ!? あぁ!?」ガツン

    兄「ぐっ!」


    391: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 15:56:56.87 ID:Mm69AkXT0

    兄『おいおい、キレすぎじゃね、俺……』ギリリリリッ

    化け物『アアアアアアアアアアァァァァァ!!』ガンガン

    ‘ぶっ殺してやる……!!’

    ‘この豚が……!!’

    兄『化け物の心が思考に融けこんできてるぞ……そんな怒らないでくれよ』ギリリッ

    兄『‘自制心’の俺が頑張らないとなぁ』フンヌッ

    兄『さて、あとどれくらい時間稼ぎが出来るか……』

    兄(正直、限界が近いんですけど)ピシッ

    ――

    兄(幼馴染を苦しめてた? 俺が?)

    兄(苦しめられてたのは俺の方だ。そして、幼馴染は成長して、自分の行いを悔いる事が出来たんだ)

    兄(何も知らないくせに、勝手な事を言いやがって……!!)ギロッ

    謎男(……まずい、かなりお怒りの様子だ)

    根暗男「どうした!? 早くしろよ! 別に俺はこいつを半殺しにしたって良いんだぜ!?」ガンッ

    謎男「ッ……兄、落ち着け……」

    根暗男「遅いんだよこの鈍間!! こんな奴に惚れてたのかよ幼馴染さんは!」ペッ

    根暗男「どいつもこいつも、俺の魅力に気が付かない!! ふざけんなよ出来そこない共が!」

    兄(俺だけじゃなくて、幼馴染まで馬鹿にした……)ビキビキ

    兄(許せねぇ……こいつは、俺が、ぶっ殺さないと……!!)

    兄(全部、全部全部……)

    兄(俺が……!)ギラッ

    兄( グ チ ャ グ チ ャ に し て や る  ! ! )

    謎男「兄!!」

    自制心・兄『あ、これもう無理ですわサーセン^^』パリーン



    兄「――ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

    根暗男「ひぃ!」ササッ

    根暗男「眼鏡、出番だ!」

    眼鏡「ん」ザッ

    兄「フー……!!」ギロ

    眼鏡「目線だけで人を殺せそうだな、お前」スッ

    兄(死ね!!)ゴッ

    眼鏡(格闘の心得なんて全くない……獣みたいな攻撃だな)パシッ

    眼鏡(彼の方が圧倒的に強い、この程度ならスタンガンを使わなくても大丈夫だ)ベキッ!

    兄「アアァァ!!」ドゴ

    眼鏡「うっ!」(怯まない!?)

    兄「死ね!! 死ね、死ね!!」ブンブン

    眼鏡「ちっ……」ガンッ スカッ 

    眼鏡(動きは出鱈目だが、全ての攻撃に殺意が込められている。本気でいくか)ドゴッ!!

    兄「がっ!!」


    392: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 16:22:52.03 ID:Mm69AkXT0

    眼鏡「こういう相手は……」チラ

    謎男「?」

    眼鏡「こうして」グイッ

    兄「!?」ガクッ

    眼鏡「ハッ!」ギチチ

    謎男(三角締め!? お返しのつもりか……)

    兄「~!!」ジタバタ

    眼鏡「無駄だよ、先ほどの彼のように綺麗に入ってるから」ギチッ

    謎男(くそ……兄ではあれに対処できない!! ロープが千切れれば……!)モゾモゾ

    兄「ヴヴ……!!」ズンッ

    眼鏡「……え?」フワッ

    根暗男「う、嘘だろ? え……?」

    謎男(……強引に、力だけで眼鏡を持ち上げた? 馬鹿な、眼鏡は少なく見積もっても65キロはあるぞ!?)

    兄「死ね!!」ズドン! 

    眼鏡「うっ!!」(ま、まずい、マウントポジションをとられ……)

    兄「あああああああああああぁぁぁぁ!!」ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ!!

    眼鏡「……!!」

    兄「死ね、死ね死ね死ねっ!!」ガンッ!

    兄「何で、お前らみたいな、ゴミが、生きてんのに!」ベキィ!

    兄「誰よりも、謙虚に、生きてきた、母さんは、死んだんだよ!!」ガンッ!! ドゴッ!!

    謎男(……!?)

    兄「何、で!!」ブンッ

    眼鏡(! 隙が出来た!)バシッ ドゴッ!

    眼鏡「ぐ……!」(何とか脱出出来たが、随分と痛めつけてくれたな……)ズキズキ

    兄「――あああああああぁぁぁぁぁぁ!!」ビリビリッ

    眼鏡「すごい迫力だが……お前も体力をかなり消耗しているはずだ」スッ

    兄「ああっ!」ブンッ

    眼鏡「はっ!」スカッ ミシッ!!

    謎男(兄の拳を避けてカウンターを決めた!)

    兄「ヴヴヴ……」ガシッ

    眼鏡(な、何で怯まないんだ!? もろに鳩尾に当たったはずだぞ!?)

    兄「アァッ!!」バキン

    眼鏡「うっ!」(頭突き……意識が……)フラッ

    兄「フー、フー……!!」ゼェゼェ

    謎男(まずい、眼鏡がスタンガンを!)

    眼鏡「……認めよう、君は強い、だが――」スッ

    兄「があぁぁあ!!」ブオッ

    眼鏡「!!」(ペットボトルのお茶!?)ビチャッ

    兄「死ね!!」バキィッ

    眼鏡「」ドサッ


    393: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 16:48:25.45 ID:Mm69AkXT0

    兄「ああぁああ!」ドゴ ドゴッ

    眼鏡「あ……が……」

    兄「ハァ……ハァ……」スッ

    根暗男「」ガチャッ

    謎男「お、おい兄! 根暗男が逃げたぞ! 扉も鍵をかけたみたいだ!」

    兄「!!」ガチャガチャ

    兄「逃がさねえ……生き地獄にしてやる!!」ガンガン!! ドゴッ!! ガァン!!

    謎男「……出来れば縄解いて欲しんだが」モゾモゾ


    根暗男(な、何なんだよあいつは!)ダダダ

    根暗男(あいつがキレたらやばいって事くらい調べてたよ、でもまさか眼鏡を倒すレベルなんて!)

    根暗男(だが俺も脚の速さには自信がある、逃げ切って新しい作戦を立て直すぜ!)

    根暗男(眼鏡は……うん、俺の幸せの犠牲となってくれ!)キリッ

    「――アアアアアアアアアアアアアアアァァァァァアァァァァ!!」ダンッ!! ダンッ!!

    根暗男「は……?」

    「ハァ……ハァ……!!」ダンダンダンダンッ!!

    根暗男「は、速すぎだろ!」シュバババババッ

    根暗男(すごい速度で脚を動かして、強烈な力で地面を蹴ってやがる! ま、まるで……)

    根暗男(恐竜に追いかけられてるみたいだ!)ゾク

    根暗男(何だよあの目……獣じゃねえか!)

    兄「があぁ!」ガシッ

    根暗男「うわぁ!」ドサッ

    兄「ゲホッ、ゲホゲホッ……ガハッ!!」ゼェゼェ

    根暗男「ま、待てよ! もう十分暴れただろ!?」

    根暗男「あ、あいつなら好きなだけ殴ってくれていいからさ、み、見逃してくれよ!」

    根暗男「べ、別に俺はあいつに命令されて動いただけだし! 本当はやりたくなかったし!」

    根暗男「だ、だからさ――」


    兄「もう良い、死ね」スゥッ


    根暗男「あ……あ……」ガクガク



    友「本当に合っているんですか?」

    ストーカー「うん、確かにあの二人が連れ去れたのはこの森の奥!」

    友「で、何もしなかったと」(義妹さんが胸騒ぎがすると言うから来てみれば……厄介な事になっていますね)

    ストーカー「うっ……俺は弱いし、それに相手は謎男を倒した奴だし……」ムカシボコボコニサレタシ

    友「……ま、感謝しますよ、居場所を教えてくれて」

    ストーカー「あの根暗男って奴は、幼馴染様の事を考えずに自分勝手な行為を向けているんだ!」

    友「ほう」

    ストーカー「だ、だから、今回は俺も協力する!」

    友(幼馴染さん……彼女も変わったんですね)


    394: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 17:05:19.32 ID:Mm69AkXT0

    謎男「……友? それと、お前は確か」

    ストーカー「今回は何もしてないから!」

    友「義妹さんに頼まれて来たのですよ……貴方がやられるほどの相手ですか」シュルシュル

    謎男「スタンガンを持っていた。ほら、そこでぐってりしてる奴だ」

    友「……ひどく殴られたようですが、これは」

    謎男「兄だ。それも、今回は幼馴染を馬鹿にされた事によって、今までで一番の暴走だ……」

    友「なるほど、では急ぎましょう」

    謎男「ストーカー、こいつをこの縄できつく縛っておけ」ポイ

    ストーカー「了解!」ビシッ





    根暗男「」

    兄「……」ハァー、ハァー、ハァー、ハァ

    友「……兄!!」

    謎男「……これはかなり……いや、熱い……熱中症?」

    友「確かに……熱中症の症状と酷似しています! 水を持ってこないと!」ダッ ガコン

    謎男(……あの時投げたお茶、もしかしたらこうなる事を想定して……?)

    友「とりあえず自動販売機で買ってきました」スッ トポトポトポ

    兄「……」ゴクゴクゴクゴクッ

    友(一本を全て飲み干した!? 全然足りない!)

    謎男「俺も買ってきた、飲め」トポトポ

    兄「……」ゴクゴクゴクゴク

    兄「っは、ハァ……ハァ……」

    謎男「とにかく、急いで幼馴染を呼んで来よう!」






    医者「えー……一体どんなに身体を酷使したらこんな風になるんですか?」

    幼馴染「あ、兄は!?」

    医者「熱中症で意識を失いかけていたらしいですが、それ以前に全身の筋肉……特に足がズタズタです」

    謎男「!」

    医者「しばらくはかなり安静にしないと駄目ですね。しばらくは自宅の近くの病院で入院です」

    幼馴染父「分かりました、本日はありがとうございました」ペコリ

    医者「いえいえ。お大事に……」ペコッ

    ――

    兄「……」パチッ

    幼馴染「兄!!」

    兄「ここは……痛ッ!」

    謎男「動くな、全身の筋肉にひどいダメージを負ったらしい」

    友「義妹さんに連絡はしておきました。幸い今は夏休みですし、ゆっくり休んで下さい」

    謎男「俺と友は天然女を連れて帰る。今日は此処に泊まっていいらしい」


    395: ◆evrb978ejs 2014/08/18(月) 17:29:14.66 ID:Mm69AkXT0

    謎男「……じゃ」

    幼馴染「うん……」

    天然女「お邪魔しました~」

    友「……私達は、貴女が兄にやった事をそう簡単には許せません」

    幼馴染「そうだよね……」

    友「ですが、兄が許す、と言うなら……私達も、ゆっくりと成長していくつもりです」

    幼馴染「!!」パアァァ

    謎男(一番変化したのはお前だろ)

    友「ですから……また、こっちの方へも遊びに来てください」

    幼馴染「うん……ありがとう、友君……」グスッ

    謎男「兄を頼んだ」

    幼馴染「任せて、明日お父さんがそっちに送ってくれるらしいから」

    友「それでは……」

    謎男「またな」

    天然女「ふふふ」メモメモ

    幼馴染「……うん、本当にありがとう!」


    謎男「……兄の激昂がようやく理解出来た」

    友「え?」

    謎男「理性が途切れると同時に、咆哮を上げて暴走状態になる」

    謎男「そして、暴走中でも何度も叫んでいた」

    友「……つまり?」

    謎男「まあそれは置いておいて。兄が怯まない理由も、おそらく興奮しすぎてアドレナリンが一気に分泌……つまり」

    謎男「痛覚が鈍り、人としての力のリミッターが外れているんだろう」

    友「なるほど、今回は特に酷使したから、全身がボロボロになったと」

    謎男「ああ、本来なら腕に力を込めすぎると痛みが伴うが、兄にはそれが薄くなるから、強烈な一撃を加えれる」

    謎男「それで、あの暴走だが――兄の心の化け物は、おそらく処理できなくなった感情の塊なんだろう」

    友「ほう」

    謎男「溜めこみすぎたストレスが、トラウマによってさらに膨れ上がり、自分では処理できなくなった」

    謎男「何度も咆哮を上げるのは、溜まったストレスを少しでも発散させようとしてる……とは考えられないか?」

    友「確かに……何故そう確信できるのですか?」

    謎男「……「何故お前らみたいなゴミが生きてて、誰よりも謙虚に生きていた母さんが死んだんだ」と言ってた」

    友「!」

    謎男「無意識の内に出てきたんだろうが……兄は今でも苦しいのかもしれない」

    友「兄の母上様ですか……そういえば、中学の頃からいませんでしたね」

    謎男「昔調べた事がある……飲酒運転による交通事故、の被害者だったそうだ」

    友「!」

    謎男「しかも、目の前で吹っ飛ばされたらしい。今でも自分を責めているんだろうな……」

    友「自責の念、幼馴染さんによるストレス、そしてトラウマ……」

    友「それらが膨れ上がり、病的なまでに汚い人間を嫌うようになった、と」

    謎男「ああ……だが、今回の暴走で、かなりストレスが「減った」。これからは暴走は起きないと思う」


    398: ◆evrb978ejs 2014/08/20(水) 14:25:35.90 ID:CpkhdCxd0

    兄(……また夢の中か)

    自制心・兄『よっ……随分と暴れたみたいだな』

    兄「また暴れた……俺は……」ギリ

    自制心・兄『幼馴染を許したからだろうな、成長したあいつを馬鹿にされたから怒ったんだろ?』

    自制心・兄『ま、さすがにあれはやりすぎだけど、あの時怒ったお前は間違ってねーよ』オレモ トメラレナカッタシ

    兄「不謹慎だけど……暴れてから、心に余裕が出来たような気がする」

    自制心・兄『そうだな、ほら……あれを見てみろよ』クイッ

    化け物「……」

    兄「随分大人しいな」ジー

    化け物‘憎くないのか。あんなに苦しい思いをして、死のうとすらした事もあったのに、簡単に許せるのか’

    兄「……」

    化け物‘そんなにあっさりと許していいのか? あいつは自分のために友を傷つけた女だぞ?’

    化け物‘お前にもトラウマを植え付け、変わったから許して欲しいなんて言う自分勝手な人間’

    化け物‘俺の嫌いな汚い人間と一緒だ’

    化け物‘それなのに、お前は許せるのか? 本当は心のモヤモヤを消したいだけじゃないのか?’

    兄「……やっぱお前も俺の一部なんだな」

    化け物‘当然だ。そもそも、そこの自制心もお前が俺を抑えるために分裂させた心の一部だからな’

    兄「ありがとうな。お前が居なかったら、俺達はどうなってたか分からないよ」ペコ

    化け物‘!?’

    自制心・兄(その代わり自分は重傷だけどな)

    兄「お前にだけ濃い苦しみを押し付けてごめんな。本当は俺達が共有しないといけないのに」スッ

    自制心・兄『おい待て、お前まさか……それで以前のような抜け殻になったら!』

    兄「色々考えたんだけどさ。やっぱり、俺達も成長しないといけないよ」

    化け物‘……’

    兄「俺の勝手な都合で、分裂させて悪かったな。ちゃんとお前らの全部を受け止めるよ」

    自制心・兄『……本当に大丈夫なのか?』

    兄「ああ、……さ、戻ろうぜ」


    ――

    兄「……」パチ

    幼馴染「……」スー スー

    兄(今は夜の二時……幼馴染はずっと側で見ていてくれたのか)

    兄(感情が、温泉のように湧き出てくる。憎しみ、悲しみ、悔しさ、怒り……)

    兄(全てが混ざり合って、頭がぐちゃぐちゃになりそうだ。これが、今まで俺が溜めこんでた心……)

    兄(最後に化け物が言った、ただ心のモヤモヤを消したいだけ……確かにそうなのかもしれない)

    兄(それを消すために、少し自分の心も無視して強引に許したのかもな……それでも)

    兄(今なら自信を持って言える。幼馴染は、俺にとって恩人だ)

    兄(確かに苦しめられたけど、小さい頃、あいつが仕組んだとはいえ、一人だった俺の側に居てくれた人だから)

    兄(あいつが欲望のために動いていたとはいえ、俺が昔幼馴染に救われていた事は事実)

    兄(……許そう、また、楽しかったあの頃に……みんなが笑っていたあの頃に)

    兄(戻れる……なら……)スー スー


    400: ◆evrb978ejs 2014/08/20(水) 14:56:43.05 ID:CpkhdCxd0

    兄「……お世話になった」ペコリ

    幼馴染「兄、その……」

    兄「ん。言わなくても分かってるよ……それじゃ」

    兄「――‘またな’」ニカッ

    幼馴染「うん……‘またね’!」グスッ

    幼馴染父「よし、送るよ。ほら、肩を貸して」ガシ

    兄「いっ!! ……迷惑かけてすいません」ズキン!!

    幼馴染父「あぁっ、ごめんね、君の家の一番近い病院は……」

    兄「ああ、地図ならあの病院ですね……義妹、心配してるだろうな」

    幼馴染父「連絡は届いているようだし、まずは自分の事を考えなさい」ブルル……

    兄「はい」クルッ

    幼馴染「……!!」フリフリ

    兄(まだ手を振ってやんの)クスッ

    ――

    看護師「兄さんは、101号室ですね」

    兄「はい、お世話になります」

    看護師「三週間ほどで普通に動けるようになるみたいです。無理に身体を動かしちゃ駄目ですからね?」ガチャ

    兄「分かってますよ」チクショウ

    兄「……暇だな」

    義妹「お兄さん!!」バタン

    兄「うおぉ!?」

    義妹「よかっ、私、しんぱ、いで……!!」エッグエッグ

    義妹「お兄さ、暴走したって、聞いて、心配で、心配で……!!」

    兄「……ごめんな」

    義妹「ちゃんと、帰ってきてくれて、良かったです……!!」

    兄「……ああ、ただいま」ニカッ



    義妹「はい、桃ですよ」スッ

    兄「おお、ありがとな」モグモグ

    義妹「でも良かったです。幼馴染さんとも和解出来て」

    兄「まぁ時間が少なすぎたし、あんまりしっかり本音を言い合えなかったけどな」

    義妹「でも、自分の身体も少しは大切にしてくださいよ?」ジトー

    兄「返す言葉もございません。あー、学校後少しだけど行けそうにないなぁ。抜け出すか……」ニヤ

    義妹「  し  っ  か  り  休  ん  で  下  さ  い  ね  ?  」<イエス、マム……

    義妹「全く、人が死ぬほど心配したのにへらへらして」ジー

    兄「ありがとうな。まぁ俺は大丈夫だよ」ニッ

    義妹(? 随分晴れやかな顔をして……和解だけじゃなくて、他にも何かあったのかな)

    義妹「……寝てしっかり休んで下さい。ちゃんと待ってますからねっ!」ニコッ

    兄「! お、おう……」

    兄(何だ……今の、胸がモゾッてする感覚……)


    401: ◆evrb978ejs 2014/08/20(水) 17:34:16.54 ID:CpkhdCxd0

    兄「ふわぁ……今日も暑いな、蝉がうるせぇ」

    友2「兄さんうぃーっす!」ガラ

    兄「チッ」

    友2「今明らかに舌打ちしたよね!?」

    友「お疲れ様です、林檎を買ってきたのでどうぞ」シュルルル

    謎男「暇だと思って持ってきた、砂時計くらいなら動かせるだろ」コト

    兄「……ひたすら流れるのを見ておけと?」

    謎男「そうだ」ニヤ

    兄「てめー絶対嫌がらせだろ!!」

    友「まあまあ、ほら、どうぞ」

    兄「男にあーんされるのってなかなかあれだな……」シャクシャク

    友2「うわぁ……ま、俺には関係ないけどwwwww」

    友2「何故かって? それは……俺には」

    兄「謎男、飛び膝蹴りだ」

    謎男「了解」ドゴ

    友2「ぐふぅ!!」ドサ

    友「学校は特に大した事はありませんね。妹友さんや妹友2さんが心配してましたよ」

    友2「え? あの妹友が!?」

    兄(回復力高いなこいつ)

    友「ええ、近いうちにお見舞いにくると言っていました」

    友2「お前、まさか……」

    兄「別に何もねーよ、お前は大人しくその頭磨いてろ」

    友2「だから坊主だよ! 磨けるようなツルッツルの頭じゃねーよ!」バン

    謎男「……そろそろ帰った方がいいな」

    友「そうですね。ゆっくり休んで下さい」

    謎男「しかしお前が大人しく病室で寝てるとはな」

    友2「兄って殺しても死なないような男だもんな」

    友「ふらっと現れて「よう、暇だからトマト買ってきたわ」とか言いそうですね」

    友2「wwwwww」

    兄「さすがにそんな事はしねーよ!」(休養しろと脅され……言われてるし)

    友「では、お大事に」ガラ

    謎男「早く帰ってこいよ」

    友2「おう!」キリッ

    兄「俺のセリフだよ馬鹿」

    友2「はっはっは! じゃあな!」

    バタン

    兄「……嵐のような奴らだったぜ」

    兄「……暇だな」スッ

    サララララララ……

    兄(あ、やべ。結構眺めてるの楽しいわ)


    404: ◆evrb978ejs 2014/08/22(金) 15:27:19.60 ID:FOoTCW3T0

    兄(兄です。思うように動けない状態にも、早くも慣れてきました)

    兄(砂時計にも飽きてきました。暇ってこんなに辛いって知らなかった)サララララ

    ガチャ

    兄(お?)

    図書娘「兄ー!」タタタッ

    兄「おー、図書娘!」

    図書娘「大丈夫なの!? 大けがしたんだって!?」

    兄「おうおう、とりあえず落ち着け。深呼吸しろ深呼吸」

    図書娘「すー……はー……ふぅ」

    兄「よしよし」

    図書娘「ふぅ、落ち着いた……じゃなくて!」バン

    図書娘「怪我したって聞いて、急いで飛んできたんだよ!」

    兄「ん、ありがとーなー。まぁ学校には行けないけど夏休み中には治るよ」(彼もええ子や……)

    図書娘「よかった~……」

    兄「――あれ、もう一人いる?」ピク

    図書娘「え?」

    天然女「じゃじゃーん、私です!」ガチャ

    兄「おう、帰れ」

    天然女「え、兄君ひどいよ~?」

    兄(てゆーかさ、この状況どうすればいいの)

    図書娘「あ、天然女もお見舞いに来たんだね」

    天然女「うん。図書娘も来てたとは知らなかった~」

    兄(さん君付けが無くなってるよ!! 前より関係悪化してるよ!!)ブルブル

    天然女「もう十分話したでしょ~? 私も兄君を知りたいから帰ってくれないかなぁ~?」メモスチャッ

    図書娘「僕もさっき来たばかりなんだ。どうしても嫌なら天然女が少し席を外したらどうかな?」クビカシゲ

    兄(ふえぇ……言い回しがストレートになってきてるよう……)ガクブル

    天然女「……ふふふ♪」ゴゴゴゴゴ

    図書娘「……えへへ♪」ゴゴゴゴゴ

    コンコン

    ガチャ

    兄「!」

    天然女「!」

    図書娘「!」

    妹友「……何この空気?」

    妹友2「さあ、知らない……」

    兄(救世主達よ!!)グッ

    天然女「あ、私はもう帰るね?」スチャ

    図書娘「僕も帰ろうかな。また遊ぼうね、兄」フリフリ

    バタン

    妹友「……兄」ジロ


    405: ◆evrb978ejs 2014/08/22(金) 23:57:34.64 ID:FOoTCW3T0

    妹友「あんたの事を知ってまだ日が浅いから、私にうるさく言う権利は無いけど」

    妹友「……もっと自分を大切にして。自己犠牲は良く無いよ」

    兄「はい、すいません……」

    妹友2「……」

    兄(やべぇ、すごい怒ってる……)

    妹友2「兄くん」

    兄「はい」

    妹友2「……心配した。とても」ギュッ

    兄「!」(ちょっとだけ痛い)

    妹友2「……バカ」グスッ

    兄「……ごめんな」

    妹友「……」

    スッ

    妹友「本当に馬鹿だよ、あんたは……」ナデナデ

    兄「妹友……」(泣いてる?)

    妹友「私達が、どれだけ心配したか……」

    妹友2「……」ギュウウゥゥ

    兄「いっ……ごめん、ちょっと力緩めてほしい」ズキッ

    妹友2「あ、ごめん! 大丈夫!?」アタフタ

    兄「うん、大丈夫だ」

    妹友2「……いつ治りそうなの?」

    兄「夏休み入ってちょっとしたら治るよ」

    妹友「良かった。じゃあ祭も行けるね」

    兄「おう?」

    妹友2「近くの神社で祭がある。皆で行こうって計画してた」

    兄「マジか!」

    妹友「だからさ」ニコ

    妹友2「早く、元気になってね」ニコ

    兄「……うん、ありがとう!」ニッ

    妹友「あ、これ妹友2と買ってきたんだ」イチジクッ!

    兄「おお、いちじく好きなんだ!」

    妹友2「剥いてあげるね。……お腹は空いてる?」

    兄「うん、スカスカです!」

    妹友「ちゃんと手は洗ってあるから。はい」スッ

    兄「え?」

    妹友2「? もしかして嫌いだった?」スッ

    兄「別にそれくらいなら一人で食べれるのですが」

    妹友・妹友2「却下」

    兄(ですよねー)ガクッ


    406: ◆evrb978ejs 2014/08/23(土) 00:37:54.01 ID:XsLfGm7j0

    妹友「はい」ニヤニヤ

    兄「……ん、うまい、けど……」モグ

    兄(何なんだよこの状況は!!)

    妹友2「甘いのを選んできたつもり」スッ

    兄「ん、確かに甘くておいしいけど……」モグ

    兄「俺は何で餌付けされてんの? 妹友は絶対楽しんでるよね?」ゴチソウサマ

    妹友「あれー? 何の事か分からないなー?」ニヤニヤ

    妹友2「いちじくは柔らかで繊細な果肉と、ほのかな甘みが魅力。私も大好き」ペロ

    兄「ッ!!」

    妹友「? どうしたの?」

    兄「い、いや。別に何もない」

    兄(な、何だ? 指についた果汁をぺろってする動作が、すげぇぞわって……)

    妹友(ははーん)ニヤ

    妹友「ていやっと」ドン

    妹友2「!?」ガバッ

    兄「ん!? えぇ!?」

    兄(どどどどどういう状況だってばよ……俺のすぐ目の前に妹友2さんの顔がががが)

    妹友2「……//」プシュー

    兄「お、おい!! お前何やってんだ!!」

    妹友「あははっ、やっぱ面白いね、あんたって!」ケラケラ

    兄「わ、笑ってる暇あったらどかせ! ぐったりしてんぞ!」

    妹友「はいはい」スッ

    妹友「ほらほら、しっかりしな」ペシペシ

    妹友2「も、もう……心臓に悪い……」カァァ

    妹友「そろそろ戻ろうか、行くよ?」

    妹友2「うん……またね、兄くん」フリフリ

    妹友「またね、兄」ニコ

    兄「お、おう……またな……」グッタリ

    兄(……全く、余計に疲れたわ)フゥ

    兄(なんかモゾッてきたりゾワってきたりするな。初めての感覚だ)

    兄(……心を開いたばっかで自分でもよく分からないな。時間はあるし整理していこう)

    兄(……これが「好き」なのか? それだと俺はあいつら全員が好きになるぞ?)

    兄(まだ外部からの情報に対して敏感なのかな。ゆっくり寝て落ち着かせるか……)


    409: ◆evrb978ejs 2014/08/23(土) 21:59:06.70 ID:XsLfGm7j0

    ――憎い

    ゴミばかり 全て裏切る 誰も理解してくれない 悲しい 

    ひとりぼっちはさみしい

    好かれるのが 怖い また 別人みたいに変わってしまう

    誰か この真っ暗な世界から 助けて



    兄「はっ!!」ガバッ

    兄(……ああ、夢か)

    兄(俺が無意識に思っている事が、夢に現れたのか……)フゥ

    兄(今は……昼の4時か。夕食にはまだ早いな。義妹はちゃんと食べてるかな?)

    兄(やっぱり心のどこかで恐れてるな。もう大丈夫なのに……)

    兄(誰も変わらない。その幼馴染でさえ改心してくれた)

    兄(大丈夫、なんだけどな)

    ガチャ

    イケメン「やあ兄!!」

    兄「」

    イケメン「君が入院したって聞いてね! サッカーは今日休みだしお見舞いに来たんだ!」

    兄「帰れ」

    イケメン「心配しなくても何もしないさ! 動けない相手に手を出すような男じゃないよ」ハハッ

    兄(動けたら手を出すのかよ)

    イケメン「暇だと思って本を持ってきたよ! 一番イイのを選んできたからね」

    兄「お、おう……サンキュ」スッ

    兄「――ってこれBLじゃねえかこのクソ野郎!!」

    イケメン「兄にもこっちの世界に入ってくれると思ったのに……」

    兄「俺はノーマルだ!!」

    ガチャ

    イケメン「ふふふ、本当はどうしたいんだい?」ツツ

    兄「がー!! 頬を撫でるな!!」

    イケメン「これくらい許してくれよ」トントン

    イケメン「ん?」クルッ

    妹友「フッ!!」バァン!!

    イケメン「うっ!?」

    兄(……え? どうなってんの? 妹友が現れてハイキックを繰り出して、それをイケメンがガードして)

    イケメン「ハハッ……なかなか良い蹴りを放つじゃないか」

    妹友「あんたはキザったらしくて嫌い……兄に手を出すなら、本気でいくよ?」ギロ

    イケメン「おお怖い怖い……じゃ、俺は失礼しようかな」ニコ

    兄(あれー? 俺なんで男に襲われて女の子に守られてるの?)

    妹友「ふぅ……危ない奴だね」

    兄(お前もなかなか怖いよ)


    410: ◆evrb978ejs 2014/08/23(土) 22:33:38.48 ID:XsLfGm7j0

    妹友「今日は義妹はスーパーに、妹友2はそれに付き添い。だから私が来たんだ」

    兄「お忙しい中、ありがとうございます」ペコリ

    妹友「あの二人から手紙を貰ってきたよ。後で読んで」パサ

    兄「お、ありがとー」

    妹友「……目にクマが出来てるけど、やっぱり眠れないの?」

    兄「……ん」

    妹友「辛くなったらいつでも言ってよ。お互い隠す事はもう何もないんだから」

    兄「……」

    兄「……ちょっとな、怖いんだよ」

    妹友「何が?」

    兄「好きって気持ちを受け止めるのがさ。また俺のせいで幼馴染みたいに変わったらって思うと……」

    兄「あ、でもあいつはもう改心したよ。大丈夫って分かってるんだけどさ……」

    兄「……やっぱまだ怖くてさ」

    ギュッ

    兄「……あ」

    大丈夫だよ。

    ……大丈夫だから。

    兄(……すごく、優しい声だ)ウトウト

    妹友「……あんたは優しいね」ナデナデ

    妹友「相手の事を第一に考える。自分なんて二の次」

    妹友「いつもへらへらして、そのくせ妙に鋭くて、いざという時は行動力があって。相手の気持ちをよく考えてて」

    妹友「そういう所が、私は……」

    兄「……」スー スー

    妹友「……寝ちゃったか」フッ

    妹友「……ゆっくり休んでね。兄……」ナデナデ



    兄「……ん」パチ

    兄(いつの間にか寝てたみたいだ……なんだか、すごく良い夢を見たきがする)

    兄(あ、手紙……三つ?)

    【お兄さん。早く帰ってきて下さいね! 家の事は心配しないで下さい。ちゃんとやってますからね!】

    【早く身体を治して、祭りに行こう♪ いつでも兄くんの事を思ってるからね? お大事に】

    【ゆっくり身体を休めな。待ってるから】

    兄「……俺って世界一幸せな気がする」グスッ

    兄「ん? 妹友の手紙の裏に……何か書いてるぞ?」

    【辛い時は、いつでも聞いてあげるからね。大切な人だから……】

    兄「……」カアァァァァ

    兄(すっげぇ恥ずかしい。顔が熱い)

    兄「……寝るか。うん。寝よう」スッ


    414: ◆evrb978ejs 2014/08/25(月) 12:56:02.02 ID:qD06vSUk0

    兄(今日でようやく退院か。長かったぜ)

    看護師「では最後に怪我の様子を見ますね……こっちです」カツカツ

    兄(……よし。かなり普通に動けるな)

    医者「……どれどれ。ふむ……うむ。問題ナッシング」b

    兄「え、軽くないですか……?」

    医者「これくらいのジョークを持たないと不安でしょー? 全然余裕だから安心してねー」フワァ

    兄「ええー……」

    看護師「」ジロッ

    医者「そんな睨まないでよー、安心が一番の薬だぜ?」キラッ

    兄「はは……」

    看護師「とにかく、退院したからといってすぐに激しい運動をしないこと。それと……」

    兄「お世話になりました!」ダッ

    看護師「あー!! 言ったそばから!!」

    兄(久しぶりの家だ、義妹は大丈夫かな)



    ガチャ

    兄「?」(真っ暗だ。いないのか?)

    兄「おーい、義妹……?」

    パンッ! パンパンッ!!

    兄「うおおぉぉ!? 何だ? 敵襲か!!」バッ

    「お帰り!!」

    義妹「お帰りなさい、お兄さん」ニコ

    兄「……へ?」

    友「ケーキも買ってきましたよ。いつ帰ってくるかヒヤヒヤしましたが」

    妹友2「待ってたよ?」

    兄「え? ……えっ、もしかしてこれって」

    妹友「もしかしなくても、あんたの退院祝いだよ」

    友2「ちなみに俺はスイカを買ってきたぜ!! ナイスプレイ!!」

    後輩「……オナカスイタ」グルルルル

    兄「……」

    図書娘「兄?」

    兄「……何か、ありがとうな、本当に……」

    友「ふふ……さ、いただきましょうか」スッ

    友2「じゃ、行くぞ、みんな~……かんp」

    兄「かんぱーい!!」カンッ

    兄(……母さん、見てるか)

    兄(俺は、今……多分人に誇れるくらい)


    兄(幸せです)

    オーイ!! イマノハオレノターンダッタロ! アアー! サイダーコボシテシマッタァ! オマエモウカエレヨ ケーキオイシイデス

    タイインシテクレテヨカッタヨ ナガカッタデスネ アシタカラメシハオレニマカセロ ハイ オイスマブラハナイノカ? イツノマニキタンダヨオマエハ!


    419: ◆evrb978ejs 2014/08/26(火) 13:59:31.45 ID:8IEAdYMe0

    兄「……あ、やべ、材料ほとんど無いな」

    義妹「あ、ごめんなさい。昨日行くの忘れてて……」

    兄「退院祝いしてくれたのに、謝ることないよ。おっ、玉ねぎとスパゲティがあるな」

    兄「……んー……よし」

    兄(玉ねぎを出来るだけ細かくみじん切りにし、あめ色になるまで炒める)ジュウゥ

    兄(いい感じの色になったら塩胡椒・醤油で味付け)

    兄(そして薄めのコンソメスープを加えて煮詰め、小麦粉(あれば水溶き片栗粉)でとろみをつけてっと)

    兄「よし、玉ねぎのスパゲティだ」コトッ

    義妹「わー……いただきます!」

    兄「お、うまいな。うん。適当にしてはなかなかの味だ」モグモグ

    義妹「コンソメスープと玉ねぎって、どうしてこんなにも合うんでしょうね。とろみがついてるからよく絡みます」モグ

    兄「甘みもよく引き立ってるな。材料無い時ならこれでも十分か」コト

    義妹「ごちそうさまでした」コト

    兄「しかし夏休みかー……宿題マッハで終わらせないとなぁ」

    義妹「そう言うと思って、少しだけやっておきましたよ」

    兄「おお、サンキュ……あ、本当に少しだけだな」パララ

    義妹「自分の力で頑張ってください」ニコ

    兄「はーい」

    兄「……」

    兄(こうして思い出してみると、廃墟に行ったのが昔みたいだな)

    兄(シシナシ様は今も居るんだろうか。……ま、そっとしておくか)

    兄「義妹」

    義妹「?」

    兄「……夏休みの終わるちょっと前、親父と義母さんが帰ってくるそうだ」

    義妹「!」

    兄「……部屋、片づけておかないとな」

    義妹「……はい」

    兄「……」

    義妹「……」

    兄「心配すんな」

    義妹「え?」

    兄「前にも言ったろ。大丈夫だからさ」ニッ

    義妹「……そうですね!」ニコ

    兄「よしよし、それじゃ、宿題やってまいりますよーっと」

    義妹「頑張って下さい♪」b


    420: ◆evrb978ejs 2014/08/26(火) 14:44:22.07 ID:8IEAdYMe0

    兄「今日は鱈とあぶらかれいが安かった」

    義妹「どうするんですか?」

    兄「安定のコンソメだよ。スープにするわー」ザクザクッ

    兄(鱈とあぶらかれいは、熱湯をかけたら塩胡椒をして小麦粉をまぶし、型崩れをしないようにまず表面を焼く)ジュゥウウゥ

    兄(軽く焼いたら、崩れないようにそっとコンソメスープの中に入れる。ついでに炒めた玉ねぎも)トポッ

    兄(後は少し煮るだけ。煮すぎると味が抜けるからそんなに長く煮込まなくて良い)グツグツ

    兄「ん、どうぞー」

    義妹「白身魚のスープですか! いただきまーす」

    兄「……」ゴク

    義妹「あ、美味しいです! 鱈のふっくらした舌触りと、あぶらかれいの風味に柔らかい玉ねぎの甘さが!」シャクシャク

    兄「やっぱ玉ねぎは炒めてスープに入れたほうが美味しいな。レタス入れてもいいかも」モグモグ

    義妹「ごちそう様でした。あ、お兄さん」

    兄「?」

    義妹「妹友2さんが、相談があるそうですよー」ニコ

    兄(不思議だな。可愛い笑顔なのにすっげぇ怖い)ブルブル


    妹友2『……突然で申し訳ない。実は、弟の誕生日がすぐ近くなんだけど』

    兄(弟居たのか!! てっきり告白の事かと……)

    妹友2『ハンバーグを作ってあげたい。それで、兄くんの力も借りたい』

    兄「んっ!? ハンバーグ!! ……俺さ、ひき肉系は材料多いから作った事ないんだ。ただの偏見だけどさ」

    妹友2『問題無い。兄くんの考えも聞きたい』

    兄「おー……いつ手伝えばよろしいので?」

    妹友2「出来れば今から来てほしい。ちょうど今からするつもり」

    兄「はーい……」

    兄(調べながら行くか。ハンバーグってどうも苦手意識がなぁ……)



    妹友2「今日はありがとう。ちょっと待ってて」タタッ

    兄「ハイ、オカマイナク……」(やべぇ緊張がやばい……やべぇよ!)

    兄(何かすごい良い匂いするし、すごいきちんと整理されてるし!)

    弟「……あんたが兄か?」ガチャ

    兄「!!」ビクッ

    弟「……」ジロー

    兄「……な、何だ?」

    弟「聞いたような男には見えないな。一つ言っておくけどよ」

    弟「お前みたいな腰抜けに、姉ちゃんは渡さねえぞ!!」ギロ

    兄「……あ?」

    弟「……俺が言いたいのはそれだけだ。どうせお前も顔を目当てに来たんだろ!!」バタン

    兄「……」


    423: ◆evrb978ejs 2014/08/27(水) 11:34:31.79 ID:MTjqi3xC0

    妹友2「……弟が何か言った?」ガチャ

    兄「ううん、何も言ってないよ」

    妹友2「……なら良いけど。とりあえず、材料は大きく分けて」

    ・牛豚合挽き肉

    ・玉ねぎ

    ・パン粉(牛乳に浸したもの)

    ・卵

    妹友2「……で行こうと思う」

    兄「ほう」

    妹友2「何か思った事はある?」

    兄「んー、中に刻んだ牛脂入れるとか?」

    妹友2「なるほど……なら出来るだけ細かく刻んだ方が良いね」

    妹友2「あ、前のように、焼く前に白身でコーティングするといいかな」

    兄「お、いいね! 豚バラで包んでみるって言うのは……やめとこうか。味がすごいしつこくなりそう」

    妹友2「ソースはどうしよう?」

    兄「牛脂を入れたらその分ジューシーになるけど、味が重くなるからな。さっぱり系でいったほうがよくね?」

    妹友2「一般的なのは大根おろしソース」

    兄「まあ妥当だな」

    妹友2「でも、他のソースも考えてみたい」

    兄「頑張り屋さんだな……」ハハ

    妹友2「それほどでもない」テレテレ

    兄「ブロッコリーのソースとか?」

    妹友2「……?」

    兄「ブロッコリーを薄いコンソメで煮て、ミキサーにかける。後はオリーブオイル・黒胡椒で味付け」

    妹友2「良いかも。さっそく買いに行こう」



    兄「まぁ買ったのはブロッコリーだけなんだけどな」フゥ

    妹友2「それは禁句。台所はこっち」クイッ

    兄(……なんか袖をつままれるのって、小動物に近い何かを感じる)

    兄「うわ広いな……うちの狭すぎる台所とは違うぜ」ガクッ

    妹友2「では始める。時間があるし、玉ねぎをあめ色になるまで炒める」ジュゥウゥウ

    兄「俺はソースでも作ろうかな」カタッ

    兄(あ、いつの間にか髪の毛縛ってエプロン着てる。水色と白の水玉模様……意外だ)ジー

    妹友2「……人の姿をじろじろ見ないこと」コホン

    兄(あ、ばれてたか)

    妹友2「あめ色になったら、冷蔵庫にいれて冷やしておく」

    兄「まぁ基本ですな」グツグツ

    妹友2「冷えたら合挽き肉をボウルに、パン粉、卵、ナツメグと砕いた氷、塩を加える」サッ

    兄「ナツメグ家に無い場合は胡椒でいい?」

    妹友2「良いと思うよ?」


    424: ◆evrb978ejs 2014/08/27(水) 12:07:59.12 ID:MTjqi3xC0

    妹友2「ちなみに、氷を砕いて入れるのは」

    兄「練る時に温度でダレないようにするためだろ? だからひき肉は苦手なんだ」オレ タイオンタカイシ

    妹友2「兄くんはパンを作るのに向いてるかも。さらに玉ねぎを入れてよく練ったら、少し冷やしておく」

    兄「こっちも煮込み終わりそうだ」グツグツ

    妹友2「……」ジー

    兄「な、何ですか?」

    妹友2「気にしなくて良い、集中してて」

    兄(ずっと無表情で見つめられたら困るんですが)

    兄(……よし、こんなもんで良いか。後はこいつをミキサーにかけて)ギュルルルルル

    兄(オリーブオイル・黒胡椒を加えて味付けっと……あ、何か余ってるからレモンで酸味も加えるか)

    兄(よし、これで完成だ)

    妹友2「さて、そろそろ焼く……まず空気を抜いて」ペシペシ

    妹友2「白身をまぶして、中心を凹ませて焼く」ジュウゥウゥ

    兄「おお、なかなか厚いな。コンソメ少し残ってるから使う?」

    妹友2「ありがとう」

    妹友2「火が全体的に通ってきたら、スープを加えて蒸し焼きにする」パタン

    兄「良い匂いだ」クンクン

    妹友2「よし、もう火が通った」プスッ

    兄(爪楊枝を刺して透明な肉汁が出てきたら、火が通った証拠だ。さすがに手慣れてるな)

    妹友2「後は兄くんが用意してくれたソースをかける」ピピッ

    兄(うわっ、さらっとフレンチの盛り付け方だよ……すげぇな)

    妹友2「いただきます」

    兄「いただきます」

    妹友2「……!」モグモグ

    兄「おぉ、すごいジューシーだ。表面もグズグズに崩れるような柔らかさじゃなくて、カリッと焼かれてる」

    妹友2「ブロッコリーの豊かな風味が脂のしつこさを消してくれてる。もしかしてレモンも加えた?」

    兄「うん、余ってたから使わせてもらった。酸味も加えてみた……勝手に使ってごめんな?」

    妹友2「気にしなくて良い、すごくおいしい」ニコ

    兄「!」ドキッ

    妹友2「……?」

    兄「な、何でも無いよ!?」

    妹友2「これなら十分かも。手伝ってくれてありがとう」ニコ

    兄「どういたしまして……あ、そろそろ帰るわ。夕食の準備しないと」

    妹友2「うん、またね」フリフリ

    兄「お邪魔しました」ガチャ


    兄「ん」

    弟「……姉ちゃんとコソコソやってるみたいだけど、お前なんかが手伝ったもんは食わねえからな」ギロ

    兄「はー……それで? そんだけ?」

    弟「――俺とタイマンだ!! 俺に勝てたら認めてやる!!」

    兄「えぇー……」


    429: ◆evrb978ejs 2014/08/28(木) 13:18:43.56 ID:AD40uXkc0

    弟「ハァ……ハァ……おい、この程度かよ!!」

    兄「」

    兄(兄です。突然ですが、年下の子にボコボコにされてます。喧嘩慣れしてないからね! しょうがないよね!!)

    兄(ぶっちゃけもう泣きそう)

    弟「こんな奴に姉ちゃんは渡さないぞ……ハァ、どいつも、こいつも、寄ってくる男はクズばっかりで……!」

    兄「!」

    兄(やっぱり、こいつ俺に似てるんだ)

    兄(分かった、それなら……お前の気持ち、全部俺が……)

    兄(受け止めてやるよ!!)グッ

    兄「フ――……!!」ムクリ

    弟「!」(まさか本当に起き上がるとは思ってなかった……)

    兄「ハァ……ハァ……!!」ギラ

    兄「フッ!!」ドゴッ

    弟「うっ……おおぉおぉぉ!!」ダッ



    弟「……何で、お前は、起き上がれるんだよ……」ハァハァ

    兄(どれだけ痛くても)

    兄(絶対倒れない)

    兄(お前は俺に似てる)

    兄(お前の苦しみも、全部受け止めてやる)ギラ

    兄(だから)ググッ

    兄「ほら、まだまだ、だろ……?」フラフラ

    弟「……くそ、くそっ!!」ゴッ

    兄「ハァ……ハァ……」ガッ ガッ

    兄「ああぁぁ!!」ドゴッ

    弟「ぐっ……」

    弟「……ハァ、ハァ」

    兄「……」フラフラ

    「おおおおおぉおぉぉおぉ!!」ダッ

    ドサッ

    兄「……」

    弟「……」

    兄「……」ムクッ

    弟「……降参だ。俺の負けだ……」

    兄「……そうか」ドサッ

    弟「何であんたは……倒れないんだ? 俺よりもよっぽどダメージ受けてるだろ?」

    兄「……お前が、俺に、似てるからだ」

    弟「ハッ、何だそりゃ……不屈って言葉が似合うな」

    弟「認めてやるよ。あんたは他のゴミ共とは違う」スッ

    兄「そりゃどーも……とりあえず、口切れて痛いわ」ギュッ


    432: ◆evrb978ejs 2014/08/30(土) 15:51:00.33 ID:nDaDcPIg0

    兄「ただいま」ガチャ

    義妹「お帰りなさ……どうしたんですかその傷!!」ガバッ

    兄「あー、んーっと……大丈夫だ。これは「必要な傷」みたいなもんだから」

    義妹「……」ジー

    兄「……」

    義妹「……本当みたいですね」ハァ

    義妹「全くもう、心配ばかりかけて……」

    兄「マジごめりんこ」

    義妹「」ブチッ

    兄「嘘ですごめんなさい心の底から反省しております、本当です」orz

    兄(しかしあいつの変貌ぶりには驚いたな。急に敬語使いだしたし)

    兄(「兄先輩は、姉ちゃんの事どう思ってるんすか?」とか言ってきたし)

    兄(どうやら、認めた者には敬意を払うタイプのようだ)

    義妹「もう……傷だらけじゃないですか」ピトッ

    兄「いたっ」

    義妹「ああ、口も切れてる!!」

    兄「ちょっと妹友2さんの弟とな」

    義妹「……大体何があったか分かりました」ハァ

    兄「すまんな……今日どん兵衛でいい?」

    義妹「良いですよ」


    兄「いただきます……いってぇ!!」

    義妹「口が切れてるのに熱いものは無理ですよ……蜂蜜とかありましたっけ?」

    兄「食べてから塗るわ。どん兵衛ってやっぱうまいよな」ハフハフ

    義妹「やっぱり出汁の香りがたまりませんね。いくらでも飲めそうです」

    兄「油揚げをこう思いっきり絞って、スープを染みこませて食べる」ジュワッ

    兄「いってぇ!!」

    義妹「美味しいですけど、無理しないでくださいよ」ハァ

    兄「早く治らないかなぁ……」

    義妹「しばらくは冷たいものですね」

    義妹「あ、それと……」ゴソゴソ



    義妹「はい、すごく遅れましたけど、誕生日プレゼントです」スッ

    兄「あ……そういや、入院してて忘れてたな」ゴソゴソ

    兄「これはパワーストーンの……確かガーネットだっけ?」ジャラ

    義妹「はい。お兄さんはあまりおしゃれをしませんから。三人でお金を出して買ったんです」ニコ

    兄「おぉ……ありがとう。何かすごい嬉しい」ジーン

    義妹「ふふ、どういたしまして♪」

    兄「……」ジー

    義妹(すごく気に入ってくれたみたいです、っと)ピロン

    義妹(えへへ、お兄さんが喜んでくれてよかった♪)


    433: ◆evrb978ejs 2014/08/30(土) 23:35:40.63 ID:nDaDcPIg0

    兄「今日は台風来るのか……ネギが安いな、多分寒くなるだろうし」

    兄(口の傷はまだ痛むが、治りかけている。弟へのハンバーグは大成功だったらしい)

    兄(そして、面倒なのが)チラ

    弟「兄先輩、ネギ買うんすか! 何本くらい買います!?」

    兄「三本でいいかな」

    弟「うぃっす! 他に何かやる事は無いっすか!」

    兄「……」

    弟「」キラキラ

    兄「適当に安い奴探してこい」ハァ

    弟「うぃっす!!」ダッ

    兄(弟がすげぇ懐いてきた事だ。ぶっちゃけ扱いに困る)

    弟「兄先輩!! 豆腐が今日は安いみたいっす!」

    兄「お、でかした!」

    兄「……ん?」

    妹友「あ」バッタリ

    兄「」ダッ

    妹友「何故逃げるし」ダダッ

    兄(くそ、こいつ脚速いぞ!!)

    弟「あ、妹友さん。こんにちは」

    妹友「あんたもいるの? 接点あったっけ?」

    弟「この前男の決闘した仲っす!」ドヤァ

    兄(お前が勝手にふっかけてきたんだろうが)

    兄(つーか、妹友には普通に話すんだな)ボソボソ

    弟(この人は……勝てないっす)ブルブル

    兄(何があったし)

    弟(あぁ……思い出すのも恐ろしい……会った時に「うっせーよこのまな板が」って言ったら……)

    兄(言ったら?)

    弟(次の瞬間、股間を思いっきり蹴り飛ばされました。「ゴリュゥ!!」って音がしたっす……)ブルブル

    兄(おおぅ……)ブルブル

    妹友「何ぼそぼそ話してんの?」

    兄・弟「何でもないっす!!」ビシッ

    妹友「? ……変なの」

    妹友「あ、今日家に遊びに行っていい?」

    兄「うーん……今日台風来るし、やめた方が良いと思うぞ?」

    妹友「それもそうか……じゃ、また今度ね」ニコ

    兄「おう」

    弟(あ、今さりげなく約束したなこの人)

    妹友「じゃあね」フリフリ

    兄「おー」フリフリ

    弟(ふえぇ……女って怖いよう……)ブルブル


    434: ◆evrb978ejs 2014/08/31(日) 00:00:04.33 ID:nDaDcPIg0

    ビュウウゥウ…… 

    兄「おお、すげえ嵐だな」

    義妹「少し肌寒いですね……」ブルッ

    兄「そんな時にこいつだ」ネギッ!

    兄「はい、土鍋に昆布を一枚敷きます」

    兄「高さを切りそろえた長ネギ達、それに豆腐」

    兄「これを入れて、火をつける」カチ

    兄「――そう、ネギ鍋と湯豆腐を楽しもうってわけだ」ドヤ

    義妹「良いですね!! 私大好きです!」

    兄「そして、ついでにこいつもオーブントースターに入れる」カチッ

    義妹「ホイル包み……あっ」

    兄「」ニヤァ

    グツグツ……

    兄「よし、そろそろいただこうか。あ、柚子胡椒もあるぜ」

    義妹「いただきます」

    兄「……うめぇ!!」モグ

    義妹「じんわりと火を通したネギの甘さがたまりませんね!!」モグ

    兄「ポン酢が良い仕事してるぜ。いくらでも喰えるわ」ハフハフ

    義妹「湯豆腐と柚子胡椒もぴったりです! 湯豆腐大好きです!」ハフ

    兄「なかなか変わってるね」

    義妹「お兄さんには言われたくありません」ジト

    チーン!

    兄「お、出来た出来た」

    義妹「」ワクワク

    兄「はい、こいつは」ビリッ

    兄「――ネギにレモン醤油をたらし、じっくりと焼いたやつだあぁぁぁ!!」

    義妹「うわぁ……すごく良い匂いです」ゴクリ

    義妹「んー!! さっきよりも鮮烈な甘みと香ばしさ! レモン醤油が甘みをさらに引き立ててます!!」

    兄「こーゆーのとか鰻や焼き鳥は、焦げ目を感じていたいよな」モグモグ

    義妹「……寒かった身体がぽかぽかしてきました!」

    兄「そいつはよかった。さ、まだまだ時間はあるし、ゆっくりテレビでも見ながら食べようぜ」

    義妹「はい!」ニコ

    ハフハフ…… 

    兄(こうしてゆっくり過ごすのも悪くないな。台風も楽しめるぜ)フッ


    437: ◆evrb978ejs 2014/08/31(日) 13:16:46.61 ID:EALkZhLy0

    兄「暑い」シャクシャク

    友「ですね」シャクッ

    友2「あっちー……」バリボリ

    謎男「……」シャクシャク

    兄「なんかさー」

    友2「んー?」

    兄「良いよな、この青空とかー、風鈴の音とかー、涼しい木陰でアイスとかー」

    友「ああ、確かに良いですね。入道雲がまた素晴らしいです」

    謎男「夏は嫌いなくせに、風情は大好きなんだな」

    兄「うんー……でも暑いのはやっぱ無理だわー」グデー

    友2「あー、やっぱ夏だわ。あ、そういえばさ」

    友2「明日祭りだな。俺は後輩と行くけどさ」ドヤァ

    謎男「人ごみは嫌いだ」

    友「綿あめにりんご飴、後は……」ボソッ

    謎男「だが仕方なく行こう。せっかくだからな」キリッ

    兄「絶対喰いまくる気だろ。高いからやめとけ」

    友「……今年もあの屋台に行きますか」

    兄「おお、いいね」ニヤ

    友2「?」

    兄「神社の近くにある寂れた屋台で、毎年かき氷が100円で売ってんだよ」

    謎男「最近の型で作った荒い氷じゃなくて、糸のようなふわふわの仕上がりだ。水も良いのを使ってるらしいぞ」

    友2「」ジュルリ

    友「では、明日は何時に集まりますか?」

    謎男「夕方ごろ、俺がお前の家に行く。それから兄を迎えに行こう」

    友「了解です」

    兄「……」

    友2「よし、そろそろ俺は帰るわ。午後の部活があるんでね」

    兄「おー、さっさと消えろ」

    友「精々頑張って下さい」

    謎男「死ねハゲ」

    友2「おい!! 謎男だけドストレートじゃねえか!! 傷ついちゃうぞ!!」

    兄「どうせ後輩に癒してもらえるじゃねえか」

    友2「ま、まぁそうだけどね?」ニヘラ

    謎男「はよ行け」ゲシッ

    友2「へいへいっと」ダッ

    友「……何を悩んでるんですか? まだ何か心残りがあるのですか?」

    兄「いや? そういう訳では無いよ、ただ……」

    兄「俺もそろそろ、誰が好きなのかはっきりさせないとな」

    謎男「!?」

    兄「今日中にしっかり考えるよ。中途半端のままにするのも良くないし」クルッ


    440: ◆evrb978ejs 2014/09/01(月) 14:09:53.65 ID:/uwZdi7n0

    友「お待たせしました」

    兄「ん、じゃあ行くか。近いし歩きで良いだろ」

    謎男「ハゲは後輩を迎えに行ってる。どうせ後で会うだろうが」

    兄「……」ザッザッ

    友「決まったのですか?」

    兄「……んー」

    謎男「?」

    兄「……多分、決まる、と思う」

    謎男「まだ決まってないのか?」ハァ

    兄「……いや、決まってるんだ。ただ、本人を前にして揺らがないか心配なだけでさ」

    謎男「無理に答えを出さなくてもいいんだぞ?」

    兄「いや、ちゃんと答えるよ。それが俺に出来る唯一の……」

    謎男「……着いたな」

    ヤキトリイカガッスカー ヤキソバウマイデスヨー カステラヤキタテッスー

    友2「おおう、遅れてすまんなwwwwww」

    後輩「どうもー!」ペコ

    兄「ん、とりあえず移動するか」

    友2「……薄暗いな、こんな所にあんの?」

    後輩「怖い人が居たらどうしましょう……」ギュッ

    友2「心配すんな、俺が守ってやるよ」キリッ

    謎男「ほう、なら頑張ってもらおうか」ニヤアァァ

    友2「えっ」

    友「この辺りはよく不良が溜まってるんですよ」

    友2「えっ」

    兄「うわー友2さんかっけーなー、守ってあげちゃうんだー」

    友2「……えっ?」

    兄「」ニヤニヤ

    友「」ニヤニヤ

    謎男(不良来い不良来い不良来い)ニヤニヤ

    友2「お、おう! ボコボコにしてやんぜ!!」

    兄「……あ、着いたな」(無事に)

    謎男「そうだな」(残念だが)

    老人「……おう、今年も来たか、ヒヨッ子共」

    老人「ん? 後ろの奴は見ない顔だな」ジロ

    兄「ああ、こいつは去年試合があって来れなかったんだ」

    友2「うっす」ペコ

    謎男「かき氷はよ」

    老人「はいはい、慌てなさんな……何味が良い?」

    友2「チェリー味、それにキウイ味とかもあるのか!」

    兄「ここは自家製のシロップを提供してるんだ、……うまいぜ?」ニヤ


    443: ◆evrb978ejs 2014/09/01(月) 17:38:18.98 ID:/uwZdi7n0

    老人「……」トポポ

    友2(あ、もうシロップかけんの? 少なくね?)

    老人「……」ガガガガガ

    友2(おお、シロップの上にさらに氷!! 二層のシロップか!)

    老人「お待ちどうさん、左から順にキウイ味、イチゴ、パイン、ブルーハワイ、チェリーだ」

    兄「おお、これだよこれ!」

    友2「いつものは氷の破片って感じだけど、これは氷の糸が集まったみたいだな!」

    友「ではいただきますか」

    友2「!!」スッ

    友2(な、何だこの食感は!! ガリッて音がしない!? 口に入れた瞬間、すっと優しく口に溶けたぞ!?)フワッ

    友2(それにキウイの甘さと独特の酸味が、よけいに爽快感を増してやがる!!)

    友2(何だこのかき氷、こんなうまいの今まで食べた事ねえ!!)

    友2「……最高だ……」ガクッ

    後輩「うわ、氷がすごいふわふわです!」

    兄「やっぱこれだね」スッ

    謎男「……」スッ

    友「相変わらずの味ですね。すごく美味しいです」ニコ

    老人「ケッ、野郎に褒められても嬉しくないわ」

    老人「……所で、クソガキ。お前、悩んでるな?」

    兄「クソガキて……何でそう思った?」

    老人「悩んでる人間は分かるんだよ。ほれ、来てみ」

    兄「?」スタスタ

    謎男「!」バッ

    友2「え、どうした?」

    ッパアァァァァン!!

    兄「いってえええぇえぇぇぇえぇえぇえぇ!!」ゴロゴロ

    友2「うっわ……痛そ~……」ブルブル

    謎男(背中に強烈な張り手を入れやがった……)

    兄「せ、背中があぁぁぁああぁぁ!」ゴロゴロ

    老人「かっかっか! そんだけ叫べりゃ十分だ!」

    友「誰でも叫びますよ、あの威力は……」

    老人「悩みなんて吹っ飛ぶだろ! がはははは!」

    兄「くっそ、老いぼれが……」ボソッ

    老人「よし、もう一発追加だな」スッ

    兄「だがしかし全力で逃げるッ!!」ダッ

    友「ごちそう様でした」ペコリ

    謎男「また来る」クルッ

    老人「おう、儂が生きてりゃな! はっはっは!」

    友2(かき氷すげぇうまかったな……)

    友2「ごちそうさまっした!」ペコ


    444: ◆evrb978ejs 2014/09/04(木) 18:08:05.27 ID:psmskM9j0

    兄「……おっ!」

    謎男(いかにもって奴が歩いてきたぞ!)ニヤ

    DQN「なあ君たち、ちょっと金貸してくれね? 今金欠で困ってるんだよ」ガシ

    友2「えっ」

    DQN「ちょっとでいいから。な? お願いだ」ニッ

    友2「いや、ちょっとモッテナイデス……」

    DQN「はああぁぁ!?」

    兄(出た、最初は柔らかく接して、無理だと分かったら豹変するタイプ)

    DQN「お前なめてんのかその態度!? あぁ!?」

    後輩「……」ブルブル

    友2「う……」

    兄(おっ?)

    友2「うっせーよ!! お前なんかにやる金なんてどこにもねーよ!!」ギロ

    DQN「お前調子乗ってんな。シバくわ」ゴッ

    友2(ひぃぃ!!)

    友2(……?)パチ

    謎男「よく言った」パシッ

    兄「友2さんカッコいいなぁ」ニヤニヤ

    DQN(なんだこいつ、力が……)プルプル

    謎男「さて」ギュッ グルン ガチッ!!

    DQN「いっ……ああああああぁあぁぁ!! 痛い痛い痛い!! は、離せ!!」ズキッ

    謎男「あんまり動くと余計にひどいぞ?」

    友2「おお、関節技……」

    謎男「アームロックだ。先に行ってていいぞ」ギチッ

    DQN「痛い痛い痛い痛いいぃいぃいいぃ!!」

    友「ええ、では後ほど」ニコ

    兄「うええ、痛そう……」ブルブル

    後輩「先輩」

    友2「?」

    後輩「かっこよかったです♪」チュッ

    友2「お、おう……//」テレ

    兄「……」ビキィ

    友「はは……」ビキビキ

    兄(うわ、友の笑顔がすげぇ固い)スタスタ

    アノヒトスゴイスタイルヨクネ? ホントダ ビジンダネ ダレカコエカケテミロヨ イヤイヤ オマエイケヨ 

    友「おや、……あれは!」

    兄「……あ」

    幼馴染ver,浴衣(兄どこに居るのかな……?)キョロキョロ

    友「後輩さん、この馬鹿を連れて二人で楽しんで下さい」ニコ

    後輩「え、そうですか? じゃ、じゃあお言葉に甘えて……」ギュッ


    446: ◆evrb978ejs 2014/09/06(土) 15:28:19.60 ID:MbMQdm2y0

    幼馴染「あ、居た」タタッ

    兄「……よう」

    幼馴染「……」チラ

    兄「?」

    友(全く、鈍い人だ)ツンツン クイッ

    兄「! ……ああ、似合ってるよ」クス

    幼馴染「ふふ、ありがとう」ニコ

    友(……二人きりにしたい所ですが、一応見張っておきますか)

    謎男「終わったぞ」シュンッ

    兄「うおっ!」

    幼馴染「あ、謎男」

    謎男「……来たのか」

    幼馴染「うん、夏休みだし行こうかなって」

    謎男「……まぁ、楽しんでいくと良い」

    幼馴染「うん!」

    友(どう思います?)ボソボソ

    謎男(兄は人の嫌な感じを感じ取るからな。逃げないって事は本当に改心したんだろう)ボソボソ

    友(私もそう思いますが、やはりね……)

    謎男(まだ会って二回目だ、ゆっくり戻っていけばいいさ)

    幼馴染「そういえば、言ってた義妹ちゃんってどこ?」

    兄「あいつらは三人で行ってるよ。回ってたら会うだろ」

    幼馴染「じゃ、回ろっか?」ギュッ

    謎男「しかし人ごみが多いな」モッフモッフ

    友「いつのまにわたあめを……しかもすごい大きさですね」

    謎男「腕相撲に勝ったら大きさ二倍とか言ってきたからつい……甘い」モフッ

    兄「お前に腕相撲挑むとかすげぇな」ハハッ

    幼馴染「……」

    兄「ん、どうした?」

    幼馴染「なんか、嬉しくて」

    兄「?」

    幼馴染「こうして、この四人で話してるのが……」ニコ

    兄「……そっか」ニッ

    友(……)

    謎男(……な?)

    友(そうですね)ニコ

    兄「暑いな……ほら、うちわ」スッ

    幼馴染「あ、ありがとう」パタパタ

    兄「……何故礼を言って俺を扇ぐんだ」

    幼馴染「え? 暑いでしょ?」アレ?

    兄「自分に使えっつーの」ペシ


    447: ◆evrb978ejs 2014/09/06(土) 23:06:10.22 ID:MbMQdm2y0

    義妹「あ、お兄さん達ですよ」コソコソ

    妹友2「……//」

    妹友「何恥ずかしがってんの?」ニヤニヤ

    義妹「でも妹友さんも顔赤いですよー?」ニヤ

    妹友「なっ……!」カァァァ

    妹友2「……うう」

    義妹「ふぅ」ドキドキ

    妹友2「いよいよ……だね」ドキドキ

    妹友「……ふん」ドキドキ

    義妹「勝っても負けても、恨みっこ無しですよー?」ニコ

    妹友「分かってるよ」プイッ

    妹友2「……もう、行く?」

    義妹「あ、待って下さい! まだ心の準備が」

    妹友「はいはい、ほら行くよ?」ニヤリ

    義妹「くっ、さっきの仕返しですか……」


    兄「あ、居たぞ」

    義妹「お兄さんー……?」

    幼馴染「あ、初めまして。幼馴染です」ペコ

    義妹(この人が……すごく綺麗な人だけど……)

    妹友「……あんたが幼馴染?」ギロ

    幼馴染「印象は最悪だよね……」シュン

    兄「まぁそうだろうなぁ」

    義妹「……聞きたい事があります」

    妹友「来て」ギロ

    幼馴染「うん、分かった……」

    兄(俺はどうしよう?)ボソ

    謎男(待ってる。着いていけ)

    兄(分かった)


    兄(ここは……神社の裏側だ。竹が生えてて、昔遊んだっけな)

    義妹「幼馴染さん」

    義妹「私達は……」スゥッ

    義妹「――お兄さんが好きです!!」

    兄(!?)

    義妹「それぞれが、純粋にお兄さんの事を思っています」

    義妹「教えて下さい。あなたは本当にお兄さんが好きなんですか?」

    幼馴染「うん!! もうあんな事は絶対にしない! 兄が幸せならそれで良いの!」

    義妹「即答ですか……それが聞ければ十分です」ハァ

    兄「……なあ、四人とも。聞いてくれ。色々考えたんだけどな」

    兄「俺は――」


    453: ◆evrb978ejs 2014/09/09(火) 18:30:00.31 ID:jCEycf+50

    妹友2「えっ……?」

    義妹「そうですか……」

    妹友「ま、しょうがないか」ハァ

    幼馴染「兄が決めたんだもんね……」

    兄「ごめんな、本当に」

    義妹「いえ、大丈夫ですよ」

    妹友「恨みっこ無しだもんね」

    妹友2「……え、あ……?」

    幼馴染「兄、幸せになってね……!」

    兄「おう、絶対に大切にする!」

    妹友2「……? え!?」アタフタ

    義妹「まだ事実呑み込めてないですね……お兄さん貰っちゃいますよ?」

    妹友「いいね、この隙に貰っちゃおうか」ジリッ

    兄「おい待て何をするつもりだ」ザザッ

    妹友「大丈夫、傷つけたりしないから」ジリジリ

    義妹「ふふふ……」ジリジリ

    幼馴染「兄ー……」ジリジリ

    兄(ふえぇ……みんな目が怖いよう……)ダラダラ

    妹友2「……!」

    妹友2「――ふぇっ!?」ボン

    義妹「おお、見事な赤面顔です」

    妹友(くっ、不覚にも可愛いと思ってしまった)

    妹友2「え、えっと、つ、つまり……その……」

    兄「恥ずかしいから何度も言わせないでほしいんだが……言うぞ?」

    妹友2「う、うん」






    兄「俺は妹友2さんの事が好きです」





    妹友2「……嬉しい」

    妹友2「嬉しい……嬉しい……!!」ポロッ

    妹友「あーあ、泣ーかしたー」

    兄「俺が悪いのかよ」

    義妹「何が悲しくて二回も好きって聞かされるんでしょうね」

    幼馴染(幸せそう……良かった)ホッ

    妹友2「……うわぁぁぁぁん!!」ギュッ

    兄「おおぅ」


    兄(それからしばらく、妹友2さんは泣き続けた)


    455: ◆evrb978ejs 2014/09/09(火) 19:12:54.92 ID:jCEycf+50

    兄「……落ち着いたか?」

    妹友2「うん」

    義妹「もうすぐ花火ですよー、二人で回ってきたらどうですかー?」

    兄「あれ、もしかして拗ねてる?」

    義妹「そんなことないですよーだ」プクー

    兄(意外と子供っぽい所あるんだな)クス

    妹友2「兄くん、行こ?」ギュッ

    兄「! ……そうだな」タッ

    謎男「……もう心配ないな」

    妹友「いつのまに……まさか全部見てたの?」

    友「申し訳ないです」ニコ

    義妹(この人が一番心配ですね、わざわざ遠い所から浴衣で来て振られて)

    幼馴染「……♪」

    義妹(でも、本人は笑ってますし、大丈夫ですね)フフ

    友「そういえば、彼らはどうなったんですか?」

    幼馴染「何もしてこないよ。すごい強烈なトラウマを植え付けれたみたい」

    謎男「……元々、眼鏡の方は普通な性格だった。あのゴミが腐りきってただけで」

    謎男(……暴走した兄は心が爆発した状態。ドス黒い怒りに支配された状態……それも今までで一番の暴走)

    謎男(……まあ、あの程度の人間の心を折るには十分だったか)

    義妹「私達も回りましょうか、あの二人に近づかないように」

    友「そうですね……行きますか」


    兄(……やばい、心臓がすげぇバクバク音を立ててる)チラッ

    妹友2「何?」ニコ

    兄(……すっげぇ恥ずかしい!!)カァァ

    妹友2「ぶどう飴、おいしいね」モグモグ

    兄「そうだな、外の歯ごたえと中の柔らかさがいいね」カリ

    兄「あ、手が汚れた……水湧いてるアレどこだっけ?」

    妹友2「こっちだよ?」クス

    兄「すぐ側だったか、ちくしょう」トポポ

    妹友2「はい、ティッシュ」スッ

    兄「あ、ありがとう」

    妹友2「……そろそろ花火が見える、こっちに良い所があるよ」クル

    兄「お、じゃあそこで見るか」

    ヒュルルルル…… パァァン!!

    兄「……綺麗だな」

    妹友2「うん、すごく綺麗……今までで一番綺麗な花火に見える」ニコ

    兄「そうか……俺もだよ」ニッ

    妹友2「……♪」

    兄「……」

    兄(言葉なんていらない。最後のでかい花火が辺りを照らすまで、俺達は手を繋いで夜空を見ていた)


    457: ◆evrb978ejs 2014/09/10(水) 18:24:38.06 ID:+a78pGPm0

    兄「……終わったか」フゥ

    妹友2「そうだね、戻ろうか……」

    兄「……」

    妹友2「……」

    妹友2「ねえ、本当に私で良いの?」

    兄「ん、何でそう思うんだ?」

    妹友2「最初に告白した私に気を使っているんじゃないかって、ずっと気になってて……」

    兄「……そんなことか」

    兄「俺がちゃんと自分でしっかり考えて出した結果だよ、誰が何と言おうが俺は妹友2さんが好きだ」

    妹友2「……」カァァ

    兄「だから、何も心配しなくて良いんだよ」ニッ

    妹友2「……うん!」ニコ

    兄「じゃ、戻ろうぜ」ザッ


    友「おや、帰ってきましたか」

    謎男「……」

    兄「何だよ」

    謎男(「これなら分かるだろ?」みたいな感じでキスとかしてほしかった)ボソ

    兄「ははっ、言ってくれるではないか」ドゴォ

    謎男「だがまだ甘い」ガキン

    兄「畜生、ガード取りやがった!」

    友「兄」

    兄「ん?」

    友「……おめでとう」ニコ

    兄「……おう!!」

    友2「おっ、お前ら……おあああああ!! お前何で手繋いでんだよ!!」ビクゥ

    後輩(まさか!)

    兄(あ、こいつらの存在忘れてたわ)

    友(同感です)

    謎男(チッ)

    妹友「で、どうだったの?」コソコソ

    妹友2「……二人で手を繋ぎながら花火を見た」コソコソ

    義妹「えっ、それだけですか?」コソコソ

    幼馴染「兄は奥手だからねー」コソコソ

    妹友(奥手同士か……でも手を繋いだだけ良しとするか)

    幼馴染「あ、もう帰らないと」チラ

    兄「バスで来たのか? 今からだと……」

    幼馴染「ううん、お父さんに送ってもらったから。大丈夫だよ」ニコ

    兄「幼馴染、その……俺」

    幼馴染「気にしないで。言わなくても大丈夫だよ……それじゃ」

    幼馴染「ありがとう――大好きだよ、兄」ニコ


    458: ◆evrb978ejs 2014/09/10(水) 18:42:28.12 ID:+a78pGPm0

    兄(あれから数週間。俺はまぁ普通の生活を過ごしていた)

    兄(変化があったとすれば、たまに妹友2と遊びに行ったりする事か)

    兄(たまにどちらかの家で一緒にご飯を作ったりもするようになった)

    兄(あれから義妹はあまり抱き着いたりしないようになった)

    兄(兄弟の間によそよそしさが出来た――と思ったのは数日で、もう元に戻っている)

    兄(妹友さんと一緒に「諦めないから!」とメールを送ってきたのは驚いたが)クス

    義妹「お兄さーん、帰ってくるのいつでしたっけー?」バッ

    兄「ああ、後二日だな」スカッ

    兄(そう、明後日に、うちの親父と義母さんが同時に帰ってくるそうだ)

    義妹「せっかくの日ですけど、ご飯は何にするんですか?」

    兄「……まだ作ってやった事なかったっけな」

    義妹「?」ワクワク




    兄「カレーだよ」ニヤ


    462: ◆evrb978ejs 2014/09/11(木) 19:26:50.59 ID:kPGAGCHo0

    兄(カレー。もはやラーメンと並ぶ日本食と言っても過言ではない料理)

    兄(メインとなるスパイスは、香りのクミン、辛さのレッドペッパー、風味のコリアンダー、色のターメリック)

    兄(レッドペッパーはチリペッパーとも言ってややこしい……分かり易く言うと唐辛子だ)

    兄(昔調合して作った事があるが、カレー粉自体はすげぇまずい。まじであれは香辛料だわ)オエェ

    兄(それに脂のコク・スープの風味などで旨みを足す。自家製は香りが強く尖っていて、スパイスの香りを楽しめる)

    兄「まぁわざわざそんなもん作らねーけどな!」

    兄(面倒だ。安定のカレールーを使う)ドヤァ

    兄(ぶっちゃけた話、説明通りに作るのが一番うまい。悔しいぜ)ガクッ

    兄( だ が し か し 、 言わせてもらおう……)

    兄(――それでは「家庭の味」が全て一緒になってしまうと言う事を!!)クワッ

    兄(やはりオリジナリティを大切にしたいのだ!!)バンッ

    兄(さて、それでは今日のうちに作っておこう。一日寝かせて味を馴染ませる)

    兄「ククク……やってやろうじゃないか!! 俺のカレーを!!」

    義妹(お兄さんが一人でブツブツ言ってる……)ジトー


    兄(まずは玉ねぎ、これをアホかと言うほどみじん切りにする)ザッザッザッザ

    兄(七個くらいあったら最高だが、疲れるので四つにする)

    兄(こいつに塩を振り、スーパーで貰った牛脂でじっくりと気長に炒める)ジュウゥゥゥ

    兄(ついでに人参も半分、じゃがいも二つを切ってぶちこむ)

    兄(そして、玉ねぎが良い感じになったら……)

    兄(フライパンに豚バラ・鶏ももをいっぱいぶち込む!!)ジュウゥゥゥゥ

    兄(ちなみにこの時、すり下ろしたにんにくをじっくり弱火で炒め、風味を油に移しておく)

    兄(豚バラは塩胡椒、鶏ももは「潰したキウイ」をもみこんでしばらく置いておいたものだ)

    兄(キウイのおかげで、鶏ももが非常に柔らかくなる。後は蜂蜜とかヨーグルトとかでも柔らかくなるけどな)

    兄(肉を多く入れるのがポイントだ。動かさずに高温で表面に焼き目をつけるだけで良い)ジュゥウゥ

    兄(いい感じになったら玉ねぎの山に肉を移し、フライパンに残った旨みをこそげ取るため、コンソメスープを加える)

    兄(ヘラで旨みをこそげ取り、スープを鍋に移す。ついでにこの時、トマトも適当に潰して加えとく)

    兄(後は水を加えて文字通り水増しし、一旦煮詰めてアクを取る)グツグツ

    兄(アクが取れたら、一旦火を止めて五分ほど待ってからルーを入れる)ドポン

    兄(ルーをよく溶かしこんだら、弱火でじっくりと煮込んでいく)グツグツ

    義妹「良い匂いです! もう出来ますか?」クンクン

    兄「まだだよ、つーか今五時だぞ」

    兄(最後に砂糖を加え、ゆっくりと焦げないように煮込むだけ)

    兄(しばらく煮込んだら、食べる前に一旦火を消して冷ましておく)

    兄(こうする事で、味が落ち着くのだ)ハラヘッタ

    義妹「うわぁ、すごくお腹が空きました!」

    兄「カレー作ってやった事無かったからなぁ。口に合うかは分からんけど」

    義妹「いえ、絶対に美味しいです」ゴクリ

    兄「ククク……お、そろそろいいかな」


    464: ◆evrb978ejs 2014/09/15(月) 14:14:46.69 ID:0I5NShzV0

    兄「では、いただきます」

    義妹「いただきます!」

    義妹「……美味しいです! 昔から食べてる味よりも濃厚で!」モグモグ

    兄「肉もにんにくの香りが効いてて美味いな」モグモグ

    義妹「あ、この鶏ももすごく柔らかいですね! ジューシーですごい美味しいです!」

    兄「今回は肉を味の中心にしてみたんだ」ドヤ

    義妹「豚バラの旨みが全体的に馴染んでますね、ご飯が進みます」モグモグ

    兄「カレーはとりあえず玉ねぎが重要だよなー」

    義妹「野菜の甘みが無いと単調な味になりますもんねー、あ、じゃがいもホクホクで美味しいです」

    兄「だろ? スパイスの風味のおかげで全然しつこい味にならないんだ」

    義妹「これならお母さんも喜びますよ!」

    兄「だと良いけどな……所で」

    義妹「?」

    兄「半熟茹で卵、それにとろけるチーズがあるんだが」ニヤ

    義妹「ぜひ頂きます」キリッ

    兄「はいよっと」コト

    義妹「んー! チーズのコクと卵のまろやかさがたまりませんね!」

    兄「これはこれでまた違ったうまさになるよな」

    義妹「ご馳走様でした、すごい美味しかったです……」

    兄「喰いすぎだろ、後輩じゃないんだから」

    義妹「うう」グッタリ

    兄「片づけとくから横になってな」カチャ

    義妹「ありがとうございます……」ゴロン

    兄(……)チラ

    ――

    兄『なあ、妹友2』

    妹友2『何?』

    兄『俺さ、好きってようやく感じたばっかで、あんまり理解出来てないんだけどさ』

    兄『好きって色んな形があるもんなのか?』

    妹友2『……うん、そうだと思う。兄くんは義妹の事が好き?』

    兄『何て!?』

    妹友2『隠さなくても良い……好きなんでしょ?』

    兄『んー、妹友2とはまた違う、何か側に居て当たり前って言うか、何て言うか……やっぱ俺駄目な奴だな』ハァ

    妹友2『ねえ、兄くん』

    兄『?』

    妹友2『それは、家族愛って言うんだよ?』ニコ

    ――

    義妹「どうしました?」ニコ

    兄「ん……何でも無い」

    兄(やっぱ家族って暖かいもんだな)


    467: ◆evrb978ejs 2014/09/17(水) 18:06:43.86 ID:+CnnAwr40

    友2(神様なんて居ない、はっきりとそう言える)ゴゴゴゴゴ

    友2(俺は昨日までの行動を振り返る、朝起きて、学校に行って、適当に馬鹿やって、部活に励んで――)

    友2(勿論水は飲んだ、が……部活をやっているからには必要な量だ)

    友2(そう、今俺は腹に魔物を宿している。それも、とんでも無くヤバい強さの)ギュルルルルルル

    友2「あ……うぐっふ……!!」プルプル

    友2(くそがっ……!! 今健全な腹を持つ奴全てが憎く見えるぜ……!!)

    友2(いつもなら「先生、トイレ行ってきまーす」で済む話なんだが)

    友2(今日に限って、バレー部の顧問の授業……そう、トイレなんて行ったら恐ろしい事になる!)

    友2(おそらくは「休み時間に行けば良かっただろ?」と聞くだろう……)

    友2(だがしかし俺は問いたい、「あんたは学生の頃、授業中腹を壊したらどうしたか?」と)

    友2(じ……時間は、後三十分……なかなかの強敵だ……!!)チラ

    兄(あいつ何であんな振動してんだ……あ、なるほど)

    友(顔色を見るに、お腹を壊してしまったと……心中お察しします)

    友2(くっ、また波が……た、耐えろ……俺の肛門括約筋……!!)プルプル

    友2(うおお、鳥肌がすげぇ……膝がずっと震えてやがる……!!)

    「はい、じゃーこの問題を……友2」

    友2(なん……だと……!?)

    友2(ま、まずい……これはいかんぞ……授業なんて全く頭に入ってこなかった……!!)

    友2(しかし、この質問を答えないと、どっちにしろ俺は詰む……)

    友2(考えろ、考えるんだ……)

    友2(問題は英文、whatから始まっている……今までのプリントの流れだとit'sで答えるはずっ!!)

    友2(そしておそらくここに入る単語は、この文の前後に入っている!)

    友2(つまり、この答えは――)シュッ

    友2(?)チラ

    「どうした、分からないのか? まさかな?」

    友2「い、It's steam technologyだす!」

    兄(だすww!)プルプル

    友(盛大に噛みましたね)クス

    「お、答えやがったか……そう、発展したのは蒸気の技術だな、テスト出るから覚えとけよー」

    友2(た、助かったぜ……てっきり汽車かと思ってた)

    友2(あいつが紙を投げてくれて助かったぜ……)

    イケメン「フッ」キラッ

    友2(しかし、あくまで「壁」を乗り越えただけ……肝心の「敵」はまだ生きている!)

    友2(心を無にして、耐えるんだ、そう、心を無に)ギュルルル

    友2(出来るかよおおおおおおおおおぉぉおぉぉおぉぉ!!)


    友2(や、やっと終わった……)プルプル

    友2(だが、ここからが本番だ!! 気合を入れ直せ!!)ギロ

    友2(迅速かつ、尻に負担がかからないように動く!!)シュババッ

    友2(ベルトを緩めつつ……間に合え、間に合えッ……!!)ガチャッバァン!

    友2(……父さん、母さん、姉さん、今日も世界は平和です)スッキリ


    468: ◆evrb978ejs 2014/09/17(水) 18:44:44.21 ID:+CnnAwr40

    兄「……」ギロ

    義妹「お兄さん、目つき悪いですよ?」

    兄「あ、まじか……そうだな」ゴシゴシ

    義妹「じゃ、ドア開けますね」

    兄「ああ……」

    「ただいま」

    兄「……ってまだ帰ってねーじゃねーかよ」

    義妹「あらら、本当ですね……あ、手紙が」

    兄「少し散歩してきます……? あいつら……」

    義妹「まあまあ、仲は良い方が……ね?」

    兄「……まあ、そうだけどさ」

    義妹「カレー、温めておきますね」

    兄「ああ、頼む」


    兄(……結婚してから会うのは二回目だな)

    兄「……ふぅ」

    父「……ふぅ」

    兄「!?」ビクッ

    父「よう、久しぶりだなマイブラザー」

    兄「なっ、おま、今散歩って……つーかブラザーじゃねえよ!」

    父「おう、耳元で喚くな。頭に響く」

    義妹「えっ、お父さん、何でここに!?」

    父「やあマイシスター、驚かせようと思ってトイレに隠れてたんだ」<シスターハチガウトオモイマス

    義母「ただいま……久しぶりね、義妹!」ギュー

    義妹「苦しいです、お母さん」

    父「腹が減ったな、今日の飯は何だ?」

    兄「……カレー」

    義母「久しぶりに兄の料理が食べれるのか、嬉しいな」ニコ

    兄「よそってくるから」スタ

    義妹「手伝いますよー」パタパタ


    父「うおっ、やっぱうめえな!! コクがある? っていうの?」モグモグ

    義母「兄の料理食べたの一度だけだから、また食べたかったんだ。良い腕してるね」モグモグ

    義妹(……お兄さん、やっぱり目が……)

    父「肉の旨みが全体に混ざってんな。それに隠し味の醤油の味がスパイスと完全に馴染んでる。さては一日寝かせたな?」

    兄「ろくに作れねえくせに、味はしっかり分かるんだな」

    父「そりゃー俺だって昔は料理くらいしたさ、焼きそばだけどな!」ハッハッハ

    父「うまかったけど、おかわりとかない感じ?」

    義母「え、まさか……」キラキラ

    兄「んなもんねーよ、一日寝かせたんだから。でも――」

    兄「ちょっとしたお菓子ならあるかな」


    469: ◆evrb978ejs 2014/09/21(日) 12:01:16.83 ID:qdrwLyIT0

    兄「出来た」

    義妹(あれ、これって、確か)

    父「……」

    義母「わ~、良い匂い! 綺麗な黄色だね!」

    兄「蜂蜜で風味を付けた、カステラに似たケーキだ」

    義母「何か黒いシロップで綺麗な模様描いてるね、器用だなぁ」

    義妹(コーヒーソースとカラメルソースですね、でも何で今これを?)

    兄「……これを出した意味、分かるよな?」

    父「……ああ」

    義母「? どういう事?」

    兄「これは、最後に母さんから教わったんだ」

    義妹(あ、だからあの時はぐらかして……)


    兄『母さん、今日は何を作るの?』

    母『今日は黄色いケーキを作ります。作り方はまず……』

    兄『うわぁ、すごい良い色だね!』

    母『何度も濡れ布巾で底を冷ますのがコツですよ、じっくり気長に焼いてね』

    兄『うん!』


    義母「そうだったんだ……」

    兄「親父、あんたは何で再婚したんだ? ……別に義母さんが嫌いな訳じゃない。ただ、知りたいだけだ」

    父「……お前はまだ若い。だから、色々と分からないかもしれんが」

    父「俺は《代わり》なんて求めてないぞ」

    兄「!」

    父「俺はあの人を愛していた、が、この人も本当に愛している」

    義母「……//」

    父「お前には呑み込み辛いかもしれんが、愛の形は色々あって、それぞれが個別のものなんだ」

    兄「……」

    父「お前には俺が裏切ったように見えるかもしれんが、俺は今でもあの人を大切に思っているぞ、それに」

    父「――お前にも、大切な家族が出来ただろ?」

    兄(突然会わせて二人暮らしさせたくせに、何を無責任な……でも)ギリ

    兄(この人が言っている事も納得出来る。悔しいが、俺も認めないとな……)

    兄「はぁ……そうだな。分かったよ」

    義妹「そ、それじゃ、いただきましょうか!」パン

    義母「うーん、優しい甘さだね! もちもちしてる!」モグモグ

    父「二種類のソースが良い感じだな、ほろ苦さと甘さがベストマッチだわ」モグモグ

    義妹「優しい気持ちになれますね、やっぱりおいしいです」ニコニコ

    兄(ケッ、何嬉しそうにしてんだよ。全く……)

    兄(一旦親父の気持ちを認めただけだし。マジで)

    兄(まあ、でも)

    兄(……そんなに悪い気分じゃないな)ニッ


    471: ◆evrb978ejs 2014/09/21(日) 16:09:49.36 ID:qdrwLyIT0

    妹友2「……そう、良かった」

    兄「別に完全にあれって訳じゃないけどな。一応あいつの気持ちを認めただけで」

    妹友2「こういうのをツンデレって言うの?」

    兄「違うからね? どこからそんな知識を……」

    妹友2「……」ジー

    兄(見つめるの止めてほしい。この人も綺麗な目をしてるんだよな)プイッ

    妹友2「かわいい」ツンツン

    兄「頬をつつくのを止めなさい。後、やりたいことがあるんだけど」

    妹友2「何をするの?」

    兄「日頃の感謝、みたいな感じでさ。もう夏休みも終わりじゃん?」

    兄「皆にちょっとした料理を振る舞おうかな、と」

    妹友2「……」ニコ

    兄「ん?」

    妹友2「兄くんのみんなに感謝を忘れない所、好きだよ」

    兄「んなっ……からかわんでよろしい!」

    妹友2「♪」

    兄「で、俺が唯一自炊目的じゃなくて、「料理」として覚えたものがあるんだけど」

    妹友2「初耳……どんな料理なの?」

    兄「ビーフシチューです」

    妹友2「!」

    兄「まずは赤ワイン買わないとな。おっさんに頼むか……丁度ベーコンも完成するし」ブツブツ

    妹友2「私も手伝う。……一緒に作ろ?」ニコ

    兄「……おう!」

    兄(妹友2と会ってる時はすごい恥ずかしいな、でも、嫌な恥ずかしさじゃない)

    兄(何かこう、優しい恥ずかしさ、みたいな。……もっとあの人を知りたいと思う)

    兄(これが好きって感覚なんだろうなぁ)ニヘラ


    兄(そして今の俺のにやけ顔、他人から見れば超キモいんだろうなぁ)



    隣人「赤ワイン? 別に良いけど」

    兄「助かるわ―、俺じゃ買えなくてな」

    隣人「おう任せとけ、所で、例のブツは順調か?」ボソボソ

    兄「おう、きっちり熟成させて、昨日塩抜きをして乾燥させてる」ニヤ

    隣人「おおう」

    兄「しっかりと燻したベーコンを、一日寝かせて燻製の香りを落ち着かせて」

    隣人「ほうほう」

    兄「分厚く切って、弱火でじっくりと火を通して、肉汁が溢れる自家製ベーコンを……頬張るッ!!」

    隣人「……たまんねぇなァ!!」ゴクリ

    兄・隣人「wwwwwwwwwwwwww」

    兄「じゃあ頼んだぜ」

    隣人「おう」


    477: ◆evrb978ejs 2014/09/22(月) 18:18:34.83 ID:F11tnpBa0

    兄「はい、まずはここにノートがあります」ドン

    妹友2「レシピノート……?」

    兄「どんな感じにするか決めよう」

    妹友2「ビーフシチュー……隠し味にはやっぱり」

    兄「日本の心、味噌だよな」

    兄(ビーフシチューの酸味はトマトによるものだ。味噌を隠し味に使うと、味が尖らずに和風の味になる)

    妹友2「八丁味噌や白味噌が良いと思う」

    兄「まあ妥当だよな。でも白味噌は甘さがちょっとクドく感じるんだよな」

    妹友2「確かに……」

    兄「豆乳をほんの少し加えると、良い感じになるんだ」

    妹友2「珍しい……でも良いかも」

    兄「肉はどこを使う?」

    妹友2「バラが一般的だけど、みんなに振る舞うなら楽しさも必要と思う。色んな種類の美味しさ……」

    兄「……あ、なるほど、色んな部位をぶち込むのか」

    妹友2「バラ肉、すね、肩ばら、もも肉、テール……」

    兄「おお、別々の部位が楽しめるのか、いいな! でも、煮込み時間が違ってくるよな?」

    妹友2「出来上がったものはスープごと器に移して、保存しておいたら良いと思う」カキカキ

    兄「なるほど、テールが煮込み終わったら器に移して、そのままもも肉とかを煮込むのか」

    妹友2「野菜は玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、……茄子は合いそうだけど、好き嫌いがありそう」カキカキ

    兄「ま、そんなもんで良いか。後はホールトマトもいるよな」

    妹友2「……まず順序良く行こう。まず、肉と刻んだ玉葱を袋に入れて、ワインに漬けておく」

    兄「その時は潰したキウイ、蜂蜜も加えて揉みこんでおこうか」

    妹友2「了解」カキカキ

    妹友2「そして、肉・玉ねぎとワインを分けて、肉を塩胡椒をして小麦粉をまぶし、バターで軽く焼き色を付ける」

    兄「次に別の鍋で同時に玉ねぎ・人参・じゃがいもを炒める、だな」ニヤ

    妹友2「炒め終わったら、小麦粉を加えて、さらに粉臭さが無くなるまで炒めて」クスッ

    兄「肉を加え一旦煮詰めた赤ワイン、豆乳、ホールトマト、デミグラスソース、水で濃度を調節してじっくり煮込む」

    妹友2「……シンクロ、だね」クスクス

    兄「だな」ケラケラ

    妹友2「材料は私が出すよ」

    兄「ばーか、そこまで落ちぶれてねえよ」

    妹友2「いやいや、兄くんに迷惑は……」

    兄「俺がそもそも提案したんだっつーの」

    妹友2「ぐぬぬ」

    兄(無表情のぐぬぬって……)

    妹友2「……割り勘。ここだけは譲らない」キリッ

    兄「……分かったよ」

    妹友2「みんな明後日ならいけるらしい」

    兄「そっか、じゃあ今から材料買いに行くか!」

    妹友2「……うん!」


    478: ◆evrb978ejs 2014/09/24(水) 15:01:58.30 ID:YKiLQTdS0

    友「では、おじゃまします」ペコリ

    友2「飯だあぁぁぁぁぁ!!」

    後輩「うるさいですよ」

    友2「はい、すいません……」

    謎男(すっかり尻に敷かれているな)

    妹友「……あの娘は?」

    兄「? ああ図書娘か。あいつは遅れてくる。そしてあいつは男だ」

    妹友「えっ!?」

    兄(ちなみにイケメンは合宿中、天然女は誰も連絡先を知らなかった)

    妹友2「腕によりをかけました」

    兄(俺が野菜を切り、残りの作業は妹友2がやった。その間、俺は付け合わせを作っておいた)

    兄(子玉ねぎをバターでじっくり炒めたグラッセ、アスパラガスをホイルで包んでレモンを絞ったもの、そして――)

    兄(特製ベーコンが堂々たる参戦だあぁあぁぁぁぁ!!)

    兄(ベーコンはバラ肉に塩・胡椒・パセリをして六日、塩抜きと乾燥に一日かけ)

    兄(そして三時間サクラのチップ、それとピートで燻した一品だ!!)ドヤァ

    兄(それを厚めに切り、バターでじっくりと弱火で焼いた!)

    兄(つまみ食いの衝動を抑えるのが辛かったぜ!!)

    兄(ちなみにおっさんにはこの四分の一、後は焼いたイカにわた・醤油・酒・すだちを煮詰めてまぶしたのをあげた)

    兄(「酒のあてキター!!」と狂喜していた)

    後輩「何を食べさせてくれるんですかっ!!」ワクワク

    兄「まぁ待ちやがれ。んー……」



    兄「えー、皆さん。こんな面倒な奴とつるんでくれて、ありがとうございます」

    兄「これは、俺からの日頃の感謝を込めたものと言うか、えー」

    謎男「」ニヤニヤ

    友2「」ニヤニヤ

    兄「~!! あーもー恥ずかしい!! 以上だ!! おいしくいただきやがれ!!」コト

    友「この香りは……!!」

    友2「ビ、ビーフシチュー!?」

    妹友(良い匂い……)クンクン

    兄「付け合せは玉ねぎ、アスパラガス、特製ベーコンだ」

    図書娘「こんばんはー」

    謎男(……いいタイミングで来たな)

    兄「おう、もう出来てるぞ」

    義妹「さて、それでは!」

    「いただきます!」


    479: ◆evrb978ejs 2014/09/24(水) 16:00:15.65 ID:YKiLQTdS0

    友「……見事な味です!!」パク

    妹友「トマトの味がしっかり活きてるのに、酸っぱさが無いね。ハヤシライスみたいなまろやかさ」モグモグ

    義妹「野菜の甘みが溶け込んでます! それと、この肉……すごいとろとろです」プルプル

    妹友2「それはテール。ゼラチン質が豊富で、煮込むほど舌触りが良くなる」

    義妹「んー!! すっごい滑らかな舌触りです!! 口に入れた瞬間優しく溶けて、口が旨みでいっぱいに!!」トロリ

    友「……おお、良く煮込まれています。この赤身肉が箸で切れるとは」スッ

    兄「それはもも肉だな。つーかナイフあるんだから使っていいのに」

    友「……おお、これも柔らかいですね! 赤身肉の油っ気が無い、強い「本来の牛肉の旨み」が溢れてきます」モグモグ

    図書娘「兄、これは何?」

    兄「バラ肉だな。友のと違って脂が多い」

    図書娘「うわ、噛みしめるごとに肉汁がじゅわじゅわ出てくる! それがシチューと一体になって、すごいおいしい!」ニコ

    後輩「付け合わせも美味しいですね! 玉ねぎは甘くて、アスパラガスは酸味が効いててほっこりしてます。何より……」

    友2「ベーコンうめええええええええええええぇぇぇぇえぇぇぇえぇ!!」

    義妹「ビーフシチューの香りに混ざって、スモーキーな香りが流れてきますね!」クンクン

    友「これも自家製ですね? 香りが市販の物とは比べ物にならない鋭さです」

    妹友(……この匂い好き)クンクン

    友2「しっとりした肉!! それに何といっても脂が甘くてうまい!! 自家製のベーコンってこんなにうまいんだな!」

    図書娘「バターのコクと燻製の香りがすごく合ってるね! しっとりしてるけど、歯ごたえもしっかりあって」

    図書娘「まさに「ワイルド」って感じ!!」ドヤァ

    兄「お前がそれ言う?」

    友2「図書娘がワイルドって……」プククッ

    図書娘「ぼ、僕だっていつかムキムキになるんだ……多分……」

    妹友「……空手、教えてあげようか?」

    謎男「……俺も鍛えてやろう」

    図書娘「お願いします」ペコリ

    兄「……」

    妹友2「……」チラ

    妹友2(嬉しそう。すごく……嬉しくて嬉しくて仕方がない顔してる)クス

    友2「はい先生!!」ビシ

    兄「ん?」

    友2「おかわりはあるんですか!」

    兄「当たり前だ! 皿貸してみやがれ!」

    友2「一生ついていきます兄貴ィ!!」

    後輩「え? 私は……遊びだったんですか……」ウルウル

    友2「え、いや、そんなつもりじゃ」

    後輩「私達、これまでですね……」

    チ、チガウ! チガウンダァー!! マズハアシノシンヲアテルヨウニダナ フムフム ナンデスカコノチャバンハ マッタクデスネ ハハハ……

    兄(……ありがとうな、お前ら)

    兄「おら、ビーフシチューに刻んだベーコンを混ぜてやったぜ!! より旨みに深みが出るはずだ!」ニカッ

    友2「おおっ、いただきまーす!!」


    484: ◆evrb978ejs 2014/09/25(木) 17:56:42.16 ID:BGrZVfIH0

    義妹「今日で夏休みも終わりですね」

    兄「ん、そだなー」ジャッジャッ

    義妹「やり残した事とか無いんですかー?」

    兄「つってもなー……結構充実してたと自分では思ってるよ」

    義妹「なら良いんですけどね? 今日の昼ご飯は何ですか?」

    兄「バターを溶かして、ご飯と細かく切ったベーコンを混ぜて炒める」ジャッジャッ

    兄「後はチーズをまぶして、黒胡椒、レモン醤油を加えれば出来上がりだ。これは無くても良いけどな」

    義妹「チーズとバターのコクに、ベーコンの脂と塩っ気がぴったりですね! レモン醤油で味もくどくなりません!」

    兄「醤油とチーズって抜群に合うよな。うまうま」ガツガツ

    義妹「でも、すごくカロリーが高そう……」

    兄「動けば大丈夫だ!!」b

    義妹「そんな無責任な……あ、今日予定ありますか?」

    兄「とりあえずいつも通り集まって喋る。後は妹友2と夕方頃会うつもり」

    義妹「そうですか。で? その包んでるものはちゃんと渡すつもりですよね?」ニヤニヤ

    兄「う、うるさいな! ちゃんと渡すよ!! いつ気付いたんだよ!」

    義妹「さあー? どうでしょうねー?」

    兄「くっ、俺のプライバシーが……行ってきます」ガチャ

    義妹「あ、お兄さん」

    兄「ん?」

    義妹「――頑張って下さいね?」

    兄「……おう」


    マスター「……やあ、いらっしゃい。ベーコンありがとうね」

    兄「むしろあれだけしか無くて申し訳ない」

    謎男「来たか」ズズ

    友「どうも」ニコ

    友2「ふえぇ……珈琲苦いよう……」

    兄「うわキッモ」

    友「そもそもエスプレッソに砂糖を入れない時点で」

    謎男「死ね」ジャリジャリ

    友2「いやいや、残った砂糖食ってる奴に言われたくねえよ!!」

    友「いえ、これが正しい作法だそうですよ? イタリアでも砂糖を入れて、残ったものはスプーンで食べるそうです」

    謎男「……まぁここは日本だし、好きなように飲んでいいと思うぞ」

    友2「くそう、勝者の余裕がむかつく……」

    友「ああ、そう言えば……仲は進展しましたか?」

    兄「くっ、どこが「そう言えば」だよ……別に、たまに遊びにいったりするくらいだ」

    友2「……ま、まさか、お前、まだキスも」

    兄「何か言おうとしたのはこの口かな? ん? 塩ぶちこむぞ?」ギュウゥウゥゥ

    マスター「店のものだからやめてくれるかい?」<ウィッス……

    友「まぁ予想通りと言うか……奥手な兄らしいと言うか……」

    謎男(……面白い流れになってきたな)ニヤ


    485: ◆evrb978ejs 2014/09/25(木) 18:32:37.55 ID:BGrZVfIH0

    友2「いやいや、付き合ってある程度経っただろ?」

    兄「たった二週間だよ!! お前と一緒にすんな!」

    友「まあ彼はあれですが、兄と妹友2さんは両方奥手ですからね。慎重に仲を縮めて行けば良いでしょう」

    友2「あれってなんだよ!」

    兄「別に仲悪い訳じゃないぜ? 水族館とかも行ったし、弟は……うん。懐いてくれるし」

    謎男(絶対に「あの魚うまそうだな」とか言ってるな)

    友2「俺らのアッツアツの仲には負けるけどなwwwwwwww」

    兄「こいつ殴っていいかな」ビキキ

    友「兄と妹友2さんには、彼らなりの居心地の良さがあるんですよ」

    謎男「……だな」

    兄「おお、良い事言うね」

    友2「まあ俺から見れば、ろくに登校しないクマ野郎はともかく、友に彼女が出来ないのは何故なんぐはぅ!」ドコ

    謎男「誰がクマ野郎だ」

    友「店の中ですから、お静かに……私はそういうのは遠慮しておきますよ」ニコ

    友2「ふーん……あ、もう部活の準備しねえと。帰るわ! じゃーな!」

    兄「おー」

    謎男「……友」

    兄「あいつには教えなくていいのか? ……俺も最近知った事だけど」

    友「……ええ」

    兄「お前はそれでいいのかよ?」

    友「私はあの人のおかげで変わる事が出来ました。もう十分ですよ」ニコ

    謎男「……そうか」

    兄「お前がそれで良いんなら、俺は口出し出来ないけどさ」

    兄(高校を卒業したら、親の会社を継いで、親が決めた許嫁と結ばれる。そんなの……)

    友「今、いつもの日常を……貴方達と楽しみたいですし。しんみりした空気は彼には似合いません」

    兄「そっか」

    謎男「……外に出るか」


    兄「やっぱアイスうめぇ」シャクシャク

    友「ですね」

    謎男「……いつもの公園、ここは俺達の築いてきた思い出」

    兄(お?)

    謎男「卒業して、離ればなれになっても……思い出が心を繋げてくれるさ」

    友「!!」

    友「……はい、そうですね……いやぁ、貴方に一本取られるとは」ハハ

    友「ええ、ありがとうございます」ニコ

    兄「しかし、謎男がこんな恥ずかしい台詞を言うとはな。「思い出が心を繋げてくれるさ」って」クス

    謎男「……うるさい。今の言葉は、最後の夏の陽炎みたいなもんだ」

    兄「何だそりゃ。でも……覚えとくよ。陽炎みたいに揺らいだりしない」

    友「……兄、謎男」

    友「――貴方達は、私の誇れる友人ですよ」ニコ


    486: ◆evrb978ejs 2014/09/25(木) 19:16:55.89 ID:BGrZVfIH0

    オーシーッツクツク…… オーシーッツクツク…… ツクツクウィーヨォンッ!! ツクツクウィーヨォンッ!! 

    兄(ツクツクボウシが鳴いてる。もう夏も終わりだな)

    兄(……良い夏だった。本当に)

    「ごめん、待った……?」

    兄「ん、全然待ってない」

    妹友2「そう、良かった。話って何?」

    兄「……座るか」

    妹友2「見て、夕暮れがとても綺麗」

    兄「おー、確かに。メラメラ燃えるような赤だ。なのに透き通ってて……綺麗だな」

    兄「……なあ、妹友2。出会ってから、かなり俺達メールしたよな」

    妹友2「? うん」

    兄「……思えば、最初は不思議な人だと思ったよ。妹友の印象は最悪だったし、女は信用出来ないって思ってた」

    妹友2「……」

    兄「やっとトラウマを克服して、押し固めてた苦しみが解放されて」

    兄「……皆と出会わなければ、俺はまだ真っ暗な世界で、独り苦しんでたかもしれない」

    兄「ありがとう、それと……これ」スッ

    兄「――誕生日おめでとう!」

    妹友2(これ、蒼い花をあしらったブローチ……すごく綺麗)

    妹友2(見てて、不思議な暖かい気持ちになれる)

    兄「……あれ、もしかしてまずかった?」

    妹友2「ううん、嬉しい。ありがとう……」

    義妹『誕生日おめでとうございます。お兄さんと約束してますよね? ……今日くらいは、勇気を出してはどうですか?』

    妹友2(もう……義妹のばか。言われたら余計意識して恥ずかしくなる)

    妹友2「兄くん」

    兄「?」

    妹友2「ありがとう」

    妹友2「私は今まで人を好きになった事が無かった」

    妹友2「でも、兄くんとメールしたり、話したりしてるうちに、どんどん心の中が兄くんでいっぱいになっていった」

    妹友2「兄くんが私の事を好きって言ってくれた時、夢かと思った」

    妹友2「……私は、兄くんが大好き」

    兄「! ――ああ、俺も妹友2が大好きだ」

    妹友2「……」ニコ

    妹友2「だからね、今日くらいは……私も、勇気を出してみる」

    兄「? つまりどういう――」

    チュッ

    兄「!」

    妹友2「……ずっと、一緒にいようね」ニコ

    兄(妹友2の紅潮した顔は、真っ赤な夕日に照らされてより紅くなっていて、)

    兄(以前、俺が見とれた笑顔――それよりも、もっと綺麗な笑顔だった)

    終わり


    502: ◆evrb978ejs 2014/09/28(日) 18:01:14.61 ID:F9YI44J40

    ・後日談


    兄「……ただいま」

    義妹「おかえりなさい」ニヤニヤ

    兄「何だよ」

    義妹「いえ別に」クスクス

    兄「……? あっ、お前まさか!!」

    義妹「ええ、ばっちりと聞きましたとも」

    兄「……」

    義妹「いやー、あの子が自分から惚け話をするなんてねー」

    兄「……」ブルブル

    義妹「にくい演出しますねー、蒼い花をあしらったブローチなんて」

    兄「……くぅ……」

    義妹「そして最後は妹友2さんからの……キャー!!」

    兄「うわあああぁぁぁ!! いっそ殺せええええぇぇぇ!!」

    義妹「ふふふ、ごちそうさまです」

    兄「死にたい……」

    義妹「……ねえ、お兄さん」

    兄「ん?」

    義妹「私はお兄さんが好きですが……それは以前の異性としてよりも、家族愛に近くなってる気がします」

    兄「……うん」

    義妹「このままだと、私は「お兄さん」として、好きになっていくでしょう」

    兄「おう」

    義妹「だから、この気持ちが消えないうちに……」

    義妹「……大好きです。お兄さん」ギュッ

    兄「!! おまっ……」

    兄(……泣いてる?)

    義妹「……忘れたくない、この感情を……」ポロッ

    義妹「このままだと、家族として好きになっちゃう……」

    義妹「それも良いけど、異性として好きでいたい……」

    義妹「胸が切ないよ……お兄ちゃん……!」ギュウウゥゥ

    兄「……義妹」

    兄「ありがとうな」ナデナデ

    義妹「……え」

    兄「そんなに好きでいてくれて、苦しんでくれて」

    兄「でも、大丈夫だよ。人は成長するんだから」

    兄「お前が俺をどんな風に思おうが、義妹は俺の大切な家族だ」

    義妹「……やっぱり、私じゃ」

    兄「でも」

    兄「家族愛……それは駄目な事なのか?」

    義妹「……?」


    503: ◆evrb978ejs 2014/09/28(日) 18:15:59.66 ID:F9YI44J40

    兄「誰がそれは悪いと決めたんだ?」

    兄「なあ、俺達はたった二人の兄弟じゃないか。血は繋がってなくても」

    兄「俺は、家族としてお前が大好きだぞ」

    義妹「……でも、それじゃ」

    兄「――俺は人に順序を付けないぞ。「一番」なんて無い」

    義妹「!」

    兄「義妹、妹友、妹友2、幼馴染、友、友2、謎男……みんなが俺にとって恩人だ」

    兄「だから……ほら、焦らなくてもいいんだよ」

    義妹「~!!」ギュゥウゥ

    義妹「私、お兄ちゃんと、あの子が、付き合って」

    義妹「お兄ちゃんが、どんどん、遠くなっていく気がして」グスッ

    兄「……」ポンポン

    義妹「いつかは、私なんて、どうでもよくなるんじゃないか、って、思って」

    兄「うん」

    義妹「だから、だから……」

    兄「……大丈夫だ」

    兄「大丈夫だから……な?」

    義妹「お兄ちゃん……!!」




    義妹「……」スー スー

    兄(寝たか)

    兄(考えてもみれば当たり前だな。好きな人がキスされてる所を見せられて、惚け話を聞かされて)

    兄(……傷つくだろうな、顔には出さないだろうけど)

    兄(それでも健気に、友達の話を聞いてあげて)

    兄「義妹、お前は本当によく出来た妹だよ」

    兄「……これから、二人で頑張っていこうな……」ナデナデ

    兄(……寝るか)



    兄「おやすみ、ゆっくり休んでくれ」ナデナデ



    義妹(……おやすみなさい、お兄さん)ニコ


    終わり


    504: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 18:37:26.50 ID:d1klyRM30


    また料理のSSでもなんでも書いてくれたら、絶対読みます


    506: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 07:29:51.65 ID:OgP7dCZ4O

    すごくよかった
    乙です


    引用元: 義妹「お兄さん、今日のご飯は何ですか?」兄「何にしようか」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (95)
    幼馴染 (20)
    兄妹 (30)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (208)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (133)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (42)
    おんJ・なんJ (170)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (182)
    シンデレラガールズ (819)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (200)
    カイジ (3)
    かぐや様は告らせたい (10)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (71)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (265)
    機動戦士ガンダム (30)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (6)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (25)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (19)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (15)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (17)
    進撃の巨人 (62)
    新世紀エヴァンゲリオン (42)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (26)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (7)
    ゾンビランドサガ (5)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (10)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (54)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (59)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (11)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (55)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (3)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (122)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (50)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (16)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (94)
    遊戯王 (33)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (107)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (3)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (4)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (2)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (2)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク