FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    由比ヶ浜「ヒッキー大変!小町ちゃんと体が入れ替わっちゃった!」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:42:29.13 ID:UE+yY/pb0

    比企谷「……いや、小町の姿で言われても誰と入れ替わったのかわかんねえし」

    由比ヶ浜「私私!由比ヶ浜結衣!!」

    比企谷「へー。で、小町。それは新しい遊びか?」

    由比ヶ浜「信じてないし!?」

    小町「いやあ、お兄ちゃん。実はこれが本当なんだよー」

    比企谷「おう。いたのか由比ヶ浜」

    比企谷「まさかお前も、小町と入れ替わったーなんて言わないだろうな」

    小町「お兄ちゃん、ちょっと耳貸して」

    比企谷「お前、お兄ちゃんって」

    小町「いいから耳貸して。お兄ちゃんは……」ゴニョゴニョ

    比企谷「な、なんでそれを」

    由比ヶ浜(なにを言ったんだろう……)



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:50:34.83 ID:UE+yY/pb0

    比企谷「マジなのか?心をコネクトでもしたのかお前ら」

    小町「なんかぶつかったらこうなっちゃってー」

    由比ヶ浜「もうびっくりだよ!どうしたらいいのかな、ヒッキー」

    比企谷「もう一度ぶつかればいいんじゃね?」

    由比ヶ浜「それはもう何回も試したの!!」

    比企谷「じゃあお手上げだ。病院にでも行ってこいよ」

    由比ヶ浜「信じてもらえるかなあ……」

    由比ヶ浜「ってやば!もう帰らなきゃ!」

    小町「それはつまり、私が結衣さんのおうちに帰ればいいんですよね?」

    由比ヶ浜「あ、そっか。そうだね」

    小町「じゃあ結衣さん。兄をよろしくお願いします」

    由比ヶ浜「え!?」

    小町「それではー」

    由比ヶ浜「ちょっと待って小町ちゃん!!」


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:59:42.01 ID:UE+yY/pb0

    由比ヶ浜(ひ、ヒッキーと二人きりになっちゃった!)

    比企谷「えーと……じゃあ、飯でも食うか?」

    由比ヶ浜「う、うん……」

    比企谷「……」

    由比ヶ浜「……」

    由比ヶ浜(な、なにこの沈黙ー!ヒッキーと二人きりで夕御飯とか、マジどうしたら)

    比企谷「……あれだな。まだ信じられんな」

    由比ヶ浜「そ、そりゃあそうだよね!私も、他の人に言われたら信じられないだろうし!」

    比企谷「姿は小町そのものだもんな。まあ、態度は全然違うけど」

    由比ヶ浜「……お、お兄ちゃん」

    比企谷「え」

    由比ヶ浜「って呼んだほうがいい……?」


    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 19:10:07.08 ID:UE+yY/pb0

    比企谷「い、いや……それは好きにすればいいと思うが」

    比企谷(なんだこれ……姿は小町なのにドキッとしたぞ……いかん、俺にそっちの気はないはずじゃないか)

    由比ヶ浜(うわー!私、ヒッキーのことをお兄ちゃんって!お兄ちゃんって!)

    由比ヶ浜(でも……なんでだろ……ヒッキーをお兄ちゃんって呼ぶと、すごく落ち着く……)

    由比ヶ浜(それに……なんかすごくきゅんきゅんするし!)

    由比ヶ浜「お、お兄ちゃん」

    比企谷「おう……」

    由比ヶ浜「お兄ちゃん!」

    比企谷「お、おう」

    由比ヶ浜(うっはー!!これやばいよう!顔がすごい熱いよ!)


    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 19:13:41.24 ID:UE+yY/pb0

    比企谷「な、なあ、そろそろ飯にしようぜ」

    比企谷「お前……じゃない、由比ヶ浜は着替えてこいよ」

    由比ヶ浜(お前……)

    由比ヶ浜「ひ、ヒッキー!私のことはいつもの小町ちゃんみたく接していいから!」

    比企谷「え、でも」

    由比ヶ浜「お願い、お兄ちゃん……」

    比企谷「」ズキューン

    比企谷「わ、わかった」

    比企谷「じゃ、着替えてこいよ。俺は飯の準備してるから」

    由比ヶ浜「うん!」


    由比ヶ浜(ヒッキーが、なんかいつもよりも近くに感じる!)

    由比ヶ浜(かけてくる声も心なしか優しいし!)

    由比ヶ浜(これが妹への接し方なんだ……)


    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 19:22:01.98 ID:UE+yY/pb0

    由比ヶ浜「お、お待たせー」

    比企谷「おう。皿とってくれ」

    由比ヶ浜「え、えっと……どのお皿……?」

    比企谷「あ、そっか。わかんないよな」

    比企谷「じゃあ、座って待っててくれ」

    由比ヶ浜「そんな、悪いし!じゃあ、運ぶくらいはするよ!」

    比企谷「じゃあ、頼むわ。これ持ってて」

    由比ヶ浜「はーい!」

    由比ヶ浜(これって、まるで新婚さんみたいじゃ……)

    由比ヶ浜(って、やだ!あたしったら!ばかばか!)

    比企谷「どうした?」

    由比ヶ浜「う、ううん!なんでもないよ、おにいちゃん !」

    比企谷「ふーん、じゃ、次はこれ持ってって」

    由比ヶ浜(あれ、なんだろう。今自然にお兄ちゃんって出ちゃった)


    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 19:47:38.22 ID:UE+yY/pb0

    由比ヶ浜「ごちそうさまです」

    比企谷「ごちそうさん」

    比企谷「じゃあ、由比ヶ浜。風呂沸かしてあるから、先入れよ」

    由比ヶ浜「え」

    比企谷「今日は疲れただろ。先はいって出たら寝ちまえ」

    由比ヶ浜「で、でも……あたしが出たら、次、ヒッキー入るんだよね……?」

    比企谷「そりゃ、まあ……っておい」

    比企谷「今のお前の体は小町のなんだから、気にしてもしょうがないだろ」

    由比ヶ浜「それはそうだけど……」

    由比ヶ浜「……の、覗かないでよヒッキー」

    比企谷「誰が妹の風呂なんぞ覗くか」

    由比ヶ浜「……わ、私の」

    比企谷「え」

    由比ヶ浜(本当の体だったら……)

    由比ヶ浜「なんでもない!じゃあお風呂入ってくるね!」


    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 19:57:01.96 ID:UE+yY/pb0

    由比ヶ浜「……ふぅ」

    由比ヶ浜(不思議な気分。ヒッキーのおうちのお風呂に入るなんて)

    由比ヶ浜(しかも今はおうちに二人きりだし……///)

    由比ヶ浜(うー、本当に自分の体だったらなあ)

    由比ヶ浜(……小町ちゃんの体。裸になると、違いがよくわかる)

    由比ヶ浜(知らない怪我のあととか、手足の長さも、ちょっと違うし)

    由比ヶ浜(それに……ここがちょっと楽だ)フゥー

    由比ヶ浜(小町ちゃんから借りてるんだもん。大切にしなきゃ)


    由比ヶ浜「でたよー」

    比企谷「おう」

    由比ヶ浜(今のも新婚さんっぽい///)


    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:05:46.51 ID:UE+yY/pb0

    比企谷「じゃ、俺も入るわ」

    由比ヶ浜「うん///」

    由比ヶ浜(やっぱり、小町ちゃんの体じゃ、風呂上がりでもダメかぁ)

    由比ヶ浜(小町ちゃんの部屋行こうかな)

    由比ヶ浜「……」

    由比ヶ浜(それとも、ここでテレビ見ながら湯冷まししていこうかな。なんか逆上せちゃったし)


    比企谷「まだいたのかお前」

    由比ヶ浜「あ、ヒッキー、出たんだ」

    比企谷「おう。とっとと寝ろって言ったのに」

    由比ヶ浜「えへへ、なんかテレビ見てたら目が冴えちゃえって」

    由比ヶ浜(湯上がりヒッキーだぁ)


    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:43:53.50 ID:UE+yY/pb0

    じゃあ体(心)にします


    比企谷「ほどほどにして寝ろよ」

    比企谷「自分の体のつもりでいると、痛い目に合うぞ」

    小町(由比ヶ浜)「じゃあ、ヒッキーも一緒にテレビ見ようよ」

    比企谷「いいよ俺は。見たい番組もないし」

    小町(由比ヶ浜)「えー。見ようよー」

    小町(由比ヶ浜)「ね、お兄ちゃん。となり座って?」

    比企谷(う……)

    比企谷(なんか今のこいつにお兄ちゃんって言われると断れないな)


    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:41:34.24 ID:VWulXNV/0

    比企谷「わかった。ただし、この番組だけだぞ」

    小町(由比ヶ浜)「やったー!」

    比企谷「……」ジッ

    小町(由比ヶ浜)「な、なにヒッキー?そんなに見つめて、恥ずかしいし!」

    比企谷「由比ヶ浜、だよな?」

    小町(由比ヶ浜)「そうだけど……まだ信じてなかったの?」

    比企谷「いや、なんか……今のお前が、普段の由比ヶ浜と違う感じがしてな」

    小町(由比ヶ浜)「え、そかなー?」

    比企谷「気のせいかもな」

    比企谷(他人の体で他人の家に泊まるんだ。おかしくないほうがおかしいか……)


    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:59:18.57 ID:VWulXNV/0

    比企谷「で、寝落ちかよ……」

    小町(由比ヶ浜)「……」スースー

    比企谷「はぁ、部屋に連れていくか……」ヨッコラセ

    小町(由比ヶ浜)「んん……」スースー

    比企谷「寝顔だけなら……この小町の中身が、由比ヶ浜だとは思えないな」

    比企谷(何回も見たことがある、小町の寝顔としか思えない)

    比企谷(……やべ、思ってたより重い)

    比企谷(アニメとかならここで、羽のように軽いぜ!とか思うんだろうが)

    比企谷(もやしっこの俺に、寝ている中三女子を運ぶのはまさに荷が重い)

    比企谷「仕方ねえ……おーい、由比ヶ浜ー起きろー」ユサユサ

    小町(由比ヶ浜)「んん……?」


    157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:05:40.10 ID:VWulXNV/0

    比企谷「頼む、起きてくれ、もう無理だ」

    小町(由比ヶ浜)「ヒッ……キー?」ボー

    比企谷「おし、起きたな。じゃあ自分で歩いてくれ」

    小町(由比ヶ浜)「お兄ちゃんっ」ギュッ

    比企谷「え?」

    小町(由比ヶ浜)「えへへ。部屋まで運んでって」

    比企谷「いや、自分で」

    小町(由比ヶ浜)「お兄ちゃん、だめ?」

    比企谷「……はは、わかったよ!お兄ちゃんの底力ってやつを見せてやるぜ!!」


    比企谷「ぜー……ぜー……も、もう無理……」

    小町(由比ヶ浜)「ありがと、お兄ちゃんっ」

    比企谷「……」フゥ

    比企谷「やっぱり、変だぞ、由比ヶ浜」


    162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:11:23.20 ID:VWulXNV/0

    小町(由比ヶ浜)「そうかな……?でもなんか、こうしてると、楽で、気持ちいいし……」

    小町(由比ヶ浜)「ふわぁ……ごめんね、ヒッキー……なんだか、すごい、眠くて……zZZ」

    比企谷「……もしかして、長い間入れ替わったままでいるのは、まずいのかもな」

    比企谷「明日には戻れるようにしたほうがいいな」

    比企谷「さて、俺も寝る――」グイッ

    比企谷「え?」

    小町(由比ヶ浜)「……」スースー

    比企谷「おい、由比ヶ浜……離してくれ」

    小町(由比ヶ浜)「……」スースー

    比企谷「くそ、外れない……おい、起きろ由比ヶ浜」ユサユサ

    比企谷「……ここで寝ろってのか」


    170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:24:49.60 ID:VWulXNV/0

    小町(由比ヶ浜)「んん……」

    小町(由比ヶ浜)「ふわぁ……あさぁ?」

    小町(由比ヶ浜)「あれ、ここどこだっけ……」キョロキョロ

    比企谷「……」

    小町(由比ヶ浜)「ひ、ヒッキー!?な、なんでここに!!?」

    比企谷「ん……?朝か……」

    比企谷「よう」

    小町(由比ヶ浜)「あ、お、おはよ……」

    小町(由比ヶ浜)(あれ?もしかしてあたし、寝ぼけてすごく大事なこと忘れてる!?)

    小町(由比ヶ浜)「なんで……ヒッキーが、一緒に……?」

    比企谷「お前が離してくれなかったからだよ」

    小町(由比ヶ浜)「あ、あたしが!?離さなくて、一緒に寝て!?」

    比企谷「落ち着け。そこの鏡をよく見てみろ」


    175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:33:27.24 ID:VWulXNV/0

    小町(由比ヶ浜)「鏡?ってあれ、小町ちゃんが写ってる……あ!」

    比企谷「思い出したか」

    小町(由比ヶ浜)「そっか。あたし、小町ちゃんになってたんだ」

    比企谷「じゃ、俺は一旦自分の部屋行くから」

    小町(由比ヶ浜)「あ、うん」

    小町(由比ヶ浜)「ヒッキー!ごめんね……あたしのせいでよく眠れなかったよね……」

    比企谷「別に気にしなくてもいいさ。こんなの、昔は小町相手によくあったよ」

    小町(由比ヶ浜)「そっか……でも、ありがと。お兄ちゃん」

    比企谷「はいはい」


    176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:35:24.36 ID:VWulXNV/0

    比企谷「じゃ、小町の中学、頼むな」

    小町(由比ヶ浜)「うん!任せて!」

    比企谷「放課後になったら、高校に来てくれ。体を戻す実験をするからな」

    小町(由比ヶ浜)「おっけー!じゃあいってきまーす!」

    比企谷「気を付けていけよ」

    小町(由比ヶ浜)「はーい!」

    小町(由比ヶ浜)(いつもなら、やっはろーって挨拶する相手に、いってきますって言うのは、ちょっと恥ずかしくて……嬉しいな)


    183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:46:57.90 ID:VWulXNV/0

    比企谷「……」

    ガヤガヤ

    比企谷(さて、教室についたわけだが。小町はもう来てるのか?)キョロキョロ

    由比ヶ浜(小町)「あ!おっはよー!じゃない、やっはろー!おにいちゃーん!」

    比企谷「」

    「お兄ちゃん?」

    「ヒッキーが?」

    由比ヶ浜(小町)「あ。やっちゃった」

    比企谷「来い」グイッ

    由比ヶ浜(小町)「ちょ、お兄ちゃん?そんな引っ張らないでよー」


    191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 23:56:01.56 ID:VWulXNV/0

    比企谷「お前な……」

    由比ヶ浜(小町)「ごめんねーお兄ちゃん」

    比企谷「そのお兄ちゃんは、学校では禁止だ」

    由比ヶ浜(小町)「えー、お兄ちゃんは小町のお兄ちゃんだもん!あ、今の小町的にポイント高いよ」

    比企谷「頼むから、由比ヶ浜の姿でそういうことを言わんでくれ……」

    由比ヶ浜(小町)「えー。結衣さんにお兄ちゃんって呼ばれるの嬉しくない?」

    比企谷「嬉しくないから」

    由比ヶ浜(小町)「ううん……じゃあ」

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー……大好き」

    比企谷「」

    由比ヶ浜(小町)「とか、どうかな?お兄ちゃん」

    比企谷「兄で遊ぼうとするんじゃない……」


    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 00:07:10.97 ID:UGfexi6P0

    由比ヶ浜(小町)「で、そっちは、どうだったの?結衣さんと一晩中一緒だったんでしょー?」

    比企谷「お前の体の由比ヶ浜と、何かあるわけないだろ」

    由比ヶ浜(小町)「あ、それって結衣さんがちゃんと自分の体だったら、一晩居ればなんかあったってことだよね?」

    比企谷「違うっつーの」

    比企谷「……お前は、割りと普通なんだな」

    由比ヶ浜(小町)「体が入れ替わるっていう普通ありえない状態だけどねー」

    由比ヶ浜(小町)「で、結衣さん、何かあったの?」

    比企谷「なんつーか、様子がおかしかったんだ」

    比企谷「やたらテンションが高かったんだよ。子供みたいだったつーか」

    由比ヶ浜(小町)「へー」


    210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 00:16:06.61 ID:UGfexi6P0

    比企谷「入れ替わりの影響じゃないかと思ってさ」

    由比ヶ浜(小町)「んー、そういえば」

    比企谷「何かあったのか?」

    由比ヶ浜(小町)「変な夢見たんだよねー。夢のなかでも小町は結衣さんで、結衣さんが子供の時の夢を」

    比企谷「体の記憶を読んだってことか?」

    由比ヶ浜(小町)「そこまではわかんない。でも、結衣さんのおうちで、なんか知らないのに知ってるーみたいな感覚は何度かあったかな」

    比企谷「そうか……でもそれだけじゃ戻る手がかりにはならないな」

    比企谷「とにかく、放課後になったら、お前たちの体を戻す方法を探すぞ」

    由比ヶ浜(小町)「はーい」

    比企谷「……もう教室ではお兄ちゃんとかいうなよ」

    由比ヶ浜(小町)「もちろん!」


    274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 05:15:58.04 ID:UGfexi6P0

    比企谷『俺が先に戻るから。お前は少ししてから来い』

    比企谷「……」

    ガヤガヤ

    比企谷(俺が帰ってきても反応なし……誰も気にしてないな)

    比企谷(普段からそんなもんだし、さっきのも気に止められなかったか)

    比企谷(なんとか、クラスメイトにお兄ちゃんと呼ばせているヘン夕イの汚名は免れたか……)ヤレヤレ

    比企谷(あとは放課後まで、なにもないといいが……)

    戸塚「おはよ、八幡……」

    比企谷「ん?ああ、おはよう戸塚」

    比企谷(なにやら顔色が暗いな。そんな戸塚もかわいいが)

    戸塚「ねえ、さっき由比ヶ浜さんが八幡のことお兄ちゃんって呼んでたけど……」

    比企谷「あ、ああ……聞いてたのか」

    戸塚「うん……ちょうど教室に入ってきたところだったんだ」

    戸塚「それで、八幡って……そういう趣味なの?」


    279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 05:31:45.26 ID:UGfexi6P0

    比企谷「」

    戸塚「男子には女の子にお兄ちゃんって呼ばれたいって人もいるけど……八幡もそうなのかなって」

    比企谷「誤解だ。さっきのは由比ヶ浜が寝ぼけてただけだ」

    戸塚「え、でもそんな風には」

    比企谷「とにかく、さっきのは俺が言わせたわけではないし、そもそも俺にはリアル妹がいるんだぞ」

    戸塚「そっかぁ」

    由比ヶ浜(小町)「たっだいまー」

    「あ、結衣おかえりー」

    「で、さっきのはなに?」

    由比ヶ浜(小町)「え?さっきのって?」

    「ほら、ひきおのことお兄ちゃんって呼んでたじゃん?」

    由比ヶ浜(小町)「ああ、あはは。ついいつもの癖が……」

    比企谷「」


    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 05:35:14.55 ID:UGfexi6P0

    「い、いつも?いつも呼んでるわけ?」

    由比ヶ浜(小町)「え、あ!違う違う!さっきのは……ちょっと寝ぼけちゃって!」

    由比ヶ浜(小町)「それにほら……ヒッキーってお兄ちゃんっぽいし?」

    「ええー?そう?」

    比企谷(……もはやいいわけは無理だな)チーン

    戸塚「ど、どうしたの?八幡?」

    比企谷「なんでもない……」

    戸塚「……元気だしてよ、その、お兄ちゃんっ」

    比企谷「!?」ガバッ

    戸塚「え、えへへ。元気出たかな?」

    比企谷「出た。すごく出たぞ」

    戸塚「そっかぁ。良かった」

    「あ、比企谷ってやっぱり……(察し)」


    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 05:45:36.12 ID:UGfexi6P0

    由比ヶ浜(小町)「おに、ヒッキー!」


    由比ヶ浜(小町)「おに、ヒッキー、勉強教えて!」


    由比ヶ浜(小町)「おに、ヒッキー、お昼一緒に食べよー」


    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー、部活いこー!」


    比企谷「お前、俺んとこ来すぎ」

    比企谷「明らかにみんな怪しんでたぞ……」

    由比ヶ浜(小町)「ええー。しょうがないじゃん。だって……不安なんだもん」

    比企谷「はぁ……あれじゃあ、戻ったあとの由比ヶ浜が大変だろう」

    由比ヶ浜(小町)「そっかな。あれだけやれば、クラスで結衣さんとラブラブしても問題ないでしょ」

    比企谷「なんで俺と由比ヶ浜がラブラブするんだよ。しかも人目の多いクラスなんぞで」


    284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 05:59:40.74 ID:UGfexi6P0

    比企谷「っと、いつのまにか部室についてたな」

    比企谷「うーっす」

    由比ヶ浜(小町)「やっはろー!」

    雪ノ下「……いらっしゃい、二人とも」

    比企谷「おい、雪ノ下。ちょっと聞いて欲しいことがあるんだが」

    雪ノ下「いやっ!」

    比企谷「は?」

    由比ヶ浜(小町)「雪乃さん?」

    雪ノ下「あ、ごめんなさい……でも言わなくても大丈夫よ。わかっているわ」

    比企谷「え、いつ知ったんだよ」

    雪ノ下「ごめんなさい。さっきの話が聞こえてしまったの……あと、昼間偶然二人の姿を見て……すぐに分かったの……」

    比企谷「さっきの?つうか、さすがだな雪ノ下。見ただけで分かるとは」

    雪ノ下「私としては、由比ヶ浜さんの相手があなただなんて、全くおすすめできない……むしろ今すぐ別れることを勧めたいのだけれど、一応言っておくわ。おめでとう」

    比企谷「待て。なんのことだ」

    雪ノ下「二人がお付き合いを始めて……ら、ラブラブだって」


    288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 06:04:59.10 ID:UGfexi6P0

    比企谷「お前はひどい勘違いをしている」

    雪ノ下「そうかしら……でも、二人がいつもよりも親密だということは間違いないわ」

    比企谷「そりゃ、今由比ヶ浜の中身は妹だからな」

    雪ノ下「妹?」

    由比ヶ浜(小町)「そうなんですよ!ね、お兄ちゃん」

    雪ノ下「お兄ちゃん!!?」

    雪ノ下「比企谷君……あなた、ヘン夕イだとは思っていただけれど……」

    雪ノ下「小町ちゃんという実際の妹がありながら、他の女子にまでお兄ちゃんと呼ばせるドヘン夕イだったなんて……」

    比企谷「だからそれは大きな勘違いだ!」


    296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 06:44:09.45 ID:UGfexi6P0

    由比ヶ浜(小町)「まあまあまあ」

    由比ヶ浜(小町)「雪乃さん。少し落ち着いてください。これから説明しますから」

    雪ノ下「由比ヶ浜さん?」

    由比ヶ浜(小町)「ややこしくなりそうだから、お兄ちゃんは黙っててねー」

    比企谷「はいよ」ケッ

    由比ヶ浜(小町)「それで、実は……」


    雪ノ下「二人の体が、入れ替わった?」

    由比ヶ浜(小町)「そうなんですよー」

    雪ノ下「そう……」ジッ

    雪ノ下「そんな奇妙キテレツなこと、どうすればいいのかしら……やはり、入れ替わった時と同じ状況を再現して……」

    比企谷「……いきなり信じすぎじゃね?」

    雪ノ下「彼女たちが、そんなくだらない嘘をつくとは到底思えない……なら真実ということよ」

    雪ノ下「もしかして、あなたはすぐに信じられなかったのかしら?」

    比企谷「ぐ……そりゃあな」

    雪ノ下「やはりね」フフン


    305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 07:46:17.26 ID:UGfexi6P0

    比企谷「お前だってさっき、俺の話を聞こうともしなかったじゃないか」

    雪ノ下「あら、あなたは自分が由比ヶ浜さんたちと同等の信頼を勝ち得ていると思うほど、自惚れていたのかしら?」

    比企谷「思ってねえよ」

    雪ノ下「さて、話を戻しましょう」

    雪ノ下「とにかく、二人が揃わないことには話にならないわね。小町さんになっている由比ヶ浜さんは?」

    比企谷「中学が終わったらすぐ来ることになってる」

    雪ノ下「そう。では、待ちましょう」

    比企谷「あとよ、雪ノ下。気になることがあるんだけど」

    雪ノ下「なにかしら?あら、しまったわ」

    比企谷「何が」

    雪ノ下「あなたにセクハラ発言をされたという証拠を残すための、録音機を用意していなかったわ」

    比企谷「真面目な話だ!」


    380: >>1です 2013/10/02(水) 12:59:21.65 ID:n+A2DudT0

    雪ノ下「どのような話かしら」

    比企谷「実はな……」


    雪ノ下「二人の心が、体に影響を受けている、ということかしら」

    比企谷「ああ。由比ヶ浜は特に様子がおかしかった。早く戻した方がいいと思う」

    雪ノ下「そうね。でも、その戻し方がわからないのだけど」

    比企谷「……」

    雪ノ下「……」

    由比ヶ浜(小町)「……遅いねー結衣さん」

    比企谷「そうだな。まあ、中学から来なきゃならないしな。そのうち来るだろ」

    由比ヶ浜(小町)「じゃあ、暇潰しにゲームでもしようよ!ほら、トランプ!!」

    比企谷「お前な……お前らのことで悩んでるのに」

    由比ヶ浜(小町)「えー、やろー、ねえお兄ちゃんやろー」

    雪ノ下「……」

    比企谷「お、おい、あんまり引っ付くな」


    386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 13:13:45.79 ID:n+A2DudT0

    由比ヶ浜(小町)「あれ?お兄ちゃんどきっとしちゃった?結衣さんの体にドキドキしちゃったのかな?」

    比企谷「お前の体じゃないんだから自重しろと言ってるんだ。あと、由比ヶ浜の体って言い方はやめろ」

    由比ヶ浜(小町)「あれぇ、いやらしい想像しちゃったのかなあ、お兄ちゃん」

    雪ノ下「小町さん、不本意だけれど、比企谷君の言う通りよ。中身は比企谷君の妹とはいえ、その体は由比ヶ浜さんのものなのだから、
    普段のようにそう接していては、いつその肉欲に溺れた男のなけなしの薄い理性が飛んでしまうとも限らないわ」

    比企谷「人を発情期の猿みたいに言うなよ。ぼっちの俺がそんなリア充みたいな真似するわけないだろ」

    雪ノ下「あら、さっき中身が妹さんだと分かっているのに、鼻の下を伸ばしていたあなたに言えることではないわね」

    比企谷「伸ばしてねーって」


    391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 13:21:19.08 ID:n+A2DudT0

    由比ヶ浜(小町)「まあまあお二人さん、そんなことよりゲームを始めましょう。何がいいですか?やっぱり、ババ抜きから始めます?」


    由比ヶ浜(小町)「小町の勝ちー!」

    比企谷「くそっ、もう一回だ」

    由比ヶ浜(小町)「何度やってもお兄ちゃんには負けないよーだ」

    雪ノ下「……」

    雪ノ下(なにかしら……すごく居づらいわ……)

    雪ノ下(それにしても、小町さん、少しテンションが高いような……顔色も心なしか上気しているように見えるわね)

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃんの考えてることなんて、小町お見通しだもーん。あ、今のって小町的にポイント高いかも」

    雪ノ下(やはり、比企谷君が言っていた、由比ヶ浜さんと同じ症状が出ているのかしら……って)

    雪ノ下「遅いわね、由比ヶ浜さん」


    397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 13:26:58.94 ID:n+A2DudT0

    比企谷「……そうだな。さっき電話とメールもしてみたが、何も帰ってこない」

    由比ヶ浜(小町)「というか、そろそろ帰ったほうがいい時間じゃないですか」

    雪ノ下「そうね……」

    比企谷「俺、家に帰るわ。もしかしたら由比ヶ浜も帰ってるかもしれないし」

    比企谷「あとで連絡するわ」

    雪ノ下「じゃあ、そうしましょう。残念だけれど、由比ヶ浜さんがいないと、手の出しようがないのだから」

    由比ヶ浜(小町)「もう解散かー」

    比企谷「お前はちゃんと由比ヶ浜んちでフォロー頼むぞ」

    由比ヶ浜(小町)「はいはーい!任せてお兄ちゃん!」

    由比ヶ浜(小町)「じゃあ……」ギュッ

    比企谷「……え」

    雪ノ下「」

    由比ヶ浜(小町)「また明日!お兄ちゃん!」


    400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 13:33:39.38 ID:n+A2DudT0

    比企谷「……なんだあいつ」

    雪ノ下「あなたが言っていた由比ヶ浜さんのおかしな言動……小町さんもそうじゃないかしら」

    比企谷「そうだな。だから早く戻さないといけない……って言うのに、どこに行ったんだ、由比ヶ浜は」

    雪ノ下「比企谷君。由比ヶ浜さんのこと、頼むわよ」

    比企谷「……ま、なんとかしてみるさ」



    由比ヶ浜(小町)「はぁはぁ……どうしよ……」

    由比ヶ浜(小町)(ちょっと、お兄ちゃんに結衣さんを意識させるだけのつもりだったのに……)

    由比ヶ浜(小町)(この体でお兄ちゃんと居ると……胸がドキドキするよぉ)

    由比ヶ浜(小町)(お兄ちゃん、助けて……じゃないと小町)

    由比ヶ浜(小町)「止まれなくなっちゃう……」


    414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 14:07:15.21 ID:n+A2DudT0

    比企谷「……」ガチャッ

    比企谷「靴はある」

    比企谷「おい、由比ヶ浜ー?帰ってるのかー?」

    シーン

    比企谷「由比ヶ浜?どうしたんだ」

    比企谷(小町の部屋にいるのか?)

    比企谷「由比ヶ浜」コンコン

    「あ……ヒッキー、おかえりぃ……」

    比企谷「お前、どうして来なかったんだ?なにかあったのか?」

    「ごめんね……なんか、ダルくて……」

    比企谷(声も弱々しいな)

    比企谷「開けるぞ」ガチャッ


    445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 15:35:19.67 ID:n+A2DudT0

    小町(由比ヶ浜)「お帰り……ヒッキー」

    比企谷「大丈夫か。辛そうだな」

    小町(由比ヶ浜)「うん。寝てれば、大丈夫だと思うから」

    比企谷「熱は?」

    小町(由比ヶ浜)「少し、あるけど……さっき薬飲んだし」

    比企谷「わかった。仕方ないさ。安静にしてろ」

    小町(由比ヶ浜)「ごめんね……ヒッキー」

    比企谷「何が」

    小町(由比ヶ浜)「大切な、小町ちゃんの体なのに……」

    比企谷「気にすんなよ。疲れが出たんだろ」

    小町(由比ヶ浜)「ごめんね……ごめんね……こんなことになって……うう」ポロポロ


    453: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 15:51:27.03 ID:n+A2DudT0

    比企谷「だから気にすんなよ」サワッ

    小町(由比ヶ浜)「」ビクッ

    小町(由比ヶ浜)「ひ、ひひひヒッキー!?」

    比企谷「ゆっくり休んで治せばいいさ」ナデナデ

    比企谷「……(やべえ、つい頭撫でちまった)」

    小町(由比ヶ浜)「……ありがと(お兄ちゃん)ボソッ」

    比企谷「ん?」

    小町(由比ヶ浜)「じ、じゃあ、あたし少し寝るね」

    比企谷「わかった」


    比企谷「というわけだった」

    雪ノ下『そう……熱が。わかったわ。比企谷君、由比ヶ浜さんのこと、お願いね』

    比企谷「おう」


    ゆきのんってメールできたっけ


    455: 没ネタ 2013/10/02(水) 15:56:44.61 ID:n+A2DudT0

    雪ノ下(早く、治るといいのだけれど)

    プルルルル

    雪ノ下「あら。由比ヶ浜さん……?ああ、小町さんだったわね」

    雪ノ下「はい、雪ノ下ですが」

    由比ヶ浜(小町)『あ、雪乃さんですか!?さっきお兄ちゃんから電話をもらって』

    雪ノ下「ええ、つい今しがた私も聞いたところなの」

    由比ヶ浜(小町)『えーと、その、結衣さんの熱なんですけど、たぶん』

    由比ヶ浜(小町)『計算通りなら、あれじゃないかなあって……』

    雪ノ下「」

    雪ノ下「あれって……」

    由比ヶ浜(小町)『あれです』

    雪ノ下「……比企谷君に任せておけないわね」

    由比ヶ浜(小町)『一応、部屋に一式あるので大丈夫だと思うんですけど』


    458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 16:04:17.89 ID:n+A2DudT0

    ピタッ

    小町(由比ヶ浜)「ん……?」

    比企谷「ん?すまん、起こしたか」

    小町(由比ヶ浜)「タオル……?」

    比企谷「ああ。でも、大分熱は下がったみたいだな」サワッ

    小町(由比ヶ浜)「ん……ヒッキーの手、冷たくて気持ちいい……」

    比企谷(中身は由比ヶ浜でもこれは小町。中身は由比ヶ浜でもこれは小町。中身は由比ヶ浜でもこれは小町)

    比企谷「飯食えるか。おかゆ持ってきてやるよ」

    小町(由比ヶ浜)「うん、じゃあ、お願い」


    比企谷「ほれ」

    小町(由比ヶ浜)「あーん」

    比企谷「は?」

    小町(由比ヶ浜)「あーん!」


    460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 16:11:36.51 ID:n+A2DudT0

    比企谷「はぁ。ほら」

    小町(由比ヶ浜)「んー、おいひぃ」

    小町(由比ヶ浜)「ヒッキー、次、次」

    比企谷「はいはい……」

    小町(由比ヶ浜)「あーん」

    小町(由比ヶ浜)(幸せだなあ……どうせなら、ずっとこのままでも……)

    小町(由比ヶ浜)(ずっとこのままなら、妹でも、ヒッキーとこうやって……)

    小町(由比ヶ浜)(小町ちゃんなら、妹の体なら……ヒッキーも、こんなに優しいし……)

    小町(由比ヶ浜)(なら、ずっと、このままで……よくなくない?)

    比企谷「どうした由比ヶ浜?」

    小町(由比ヶ浜)「」ハッ

    小町(由比ヶ浜)「あ、な、なんでもないし!ほら、ヒッキー、次ちょうだい。あーん」


    473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 16:39:37.17 ID:n+A2DudT0


    またちょっと経って

    ジャブジャブ

    小町(由比ヶ浜)「……ヒッキー?」

    比企谷「おう。熱は下がったみたいだぞ。良かったな」

    小町(由比ヶ浜)「うん……看病してくれて、ありがと。ヒッキー……」

    比企谷「気にするな。俺がやるしかないしな」

    小町(由比ヶ浜)「前も……看病してくれたよね……」

    比企谷「は?」

    小町(由比ヶ浜)「あの時も……お兄ちゃんのおかげで、すごく、安心したんだぁ……」

    比企谷「由比ヶ浜……?」

    小町(由比ヶ浜)「お兄ちゃん……大好き」

    比企谷「……(これは……)」

    小町(由比ヶ浜)「もう、寝るね。お兄ちゃん……」

    比企谷「あ、ああ」


    539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 18:22:37.85 ID:S8N+4J5x0

    比企谷「……」ウツラウツラ

    コンコン

    比企谷「」ビクッ

    比企谷「ん?朝か……?」

    比企谷「六時過ぎ……そうだ、もう一回由比ヶ浜のタオルを交換しにいくつもりで、寝ちまったのか」

    コンコン

    比企谷「由比ヶ浜か?」

    ガチャッ

    小町(由比ヶ浜)「おはよ、お兄ちゃん」

    比企谷「ああ。良くなったのか?」

    小町(由比ヶ浜)「うん。お兄ちゃんのおかげだよ」

    比企谷「……由比ヶ浜。どうした?お兄ちゃんなんて。またからかってるのか」

    小町(由比ヶ浜)「別にそうじゃないけど……ほら、外でヒッキーって呼ばないように、練習だから」

    比企谷(昨日は心まで小町に染まったのかと思ったが、由比ヶ浜としての自覚はちゃんとあるか)


    543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 18:27:05.28 ID:S8N+4J5x0

    比企谷「そうか。ならいいんだ」

    比企谷「しかし、もう朝か。寝た気がしないな」

    比企谷「目を覚ますのに、俺はシャワーでも」

    小町(由比ヶ浜)「あの、お兄ちゃん、お願いあるんだけど……」

    比企谷「?どうした」

    小町(由比ヶ浜)「昨日……いっぱい汗かいちゃって。でも、昨日の今日だし、シャワーもどうかなって」

    比企谷「それで?」

    小町(由比ヶ浜)「だいたい拭けたんだけど、背中だけ、まだ力が入らなくて、よく拭けなかったの……」

    小町(由比ヶ浜)「だから、お兄ちゃん……拭いて?」

    比企谷「」


    637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:17:47.57 ID:S8N+4J5x0

    比企谷(はっ、一瞬気絶していた)

    小町(由比ヶ浜)「どうしたの、お兄ちゃん」

    比企谷「いや」

    比企谷(落ち着け。クールになれ。別に中身が由比ヶ浜だろうと体は小町のなんだから、取り乱すほうがおかしい)

    比企谷(だがされど中身は由比ヶ浜だ。よし、断ろう)

    比企谷「いや、それは――」

    小町(由比ヶ浜)「……」クルッスルッ

    比企谷(脱ぐのはやっ!俺まだ答えてないのに……)

    小町(由比ヶ浜)「お兄ちゃん、はやく……」

    比企谷「お、おお」

    比企谷(こうなったら仕方ない……無心だ。無心で拭こう)

    比企谷(相手に飲まれるな。俺ならできるはずだ)

    小町(由比ヶ浜)「優しくしてね……お兄ちゃん」

    比企谷「わかった」

    比企谷(なぜわざわざそういう、音声だけ切り抜いたら勘違いされそうな台詞ばかり言うのだろうか……)


    639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:24:50.23 ID:S8N+4J5x0

    比企谷(だが、お兄ちゃんを甘く見るなよ。今さら小町の背中なんぞで発情するお兄様ではないわ)

    比企谷(お兄ちゃん呼びも、こうなればむしろ有り難い。そう、今目の前にいるには小町)

    比企谷(間違いなく小町。正真正銘の小町。俺の可愛い妹だ)

    比企谷(恐れるものなど何もない)スッ

    小町(由比ヶ浜)「ヒッキー……」

    比企谷「」ビクッゴシッ

    小町(由比ヶ浜)「っつ」

    比企谷(なんでいきなり戻すんだよ……おかげで力入っちゃったよ……)

    比企谷「わりぃ……」

    小町(由比ヶ浜)「痛いよ……ヒッキー」ウルウル

    比企谷(俺の妹がこんなに工口可愛いわけがない)

    比企谷(え、なにこれ。見た目は小町なのに、なんか妙に工口いんですけど)


    642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:32:38.37 ID:S8N+4J5x0

    小町(由比ヶ浜)「もう。次は優しくしてよね」

    比企谷「はい……」

    比企谷「じゃあ」ゴシゴシ

    小町(由比ヶ浜)「ん……」

    比企谷「……」ゴシゴシ

    小町(由比ヶ浜)「ん、ん……いい……そこ」

    比企谷(無心。無心)ゴシゴシ

    小町(由比ヶ浜)「あ……んん……」

    比企谷「……」ゴシゴシ

    小町(由比ヶ浜)「ん、ヒッキー……そこ、もうちょっと強く……」

    比企谷(って出来るかい!!)

    比企谷「おい。変な声出すなよ」

    小町(由比ヶ浜)「ごめんね、でも、つい出ちゃって……」


    649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:39:27.67 ID:S8N+4J5x0

    比企谷(ええい、こうなったら)ゴシゴシゴシ

    小町(由比ヶ浜)「あ、そんな雑に」

    比企谷「はい、終わり。じゃ、俺はシャワー行くから」

    小町(由比ヶ浜)「あ、うん。ありがとお兄ちゃん」

    比企谷(またお兄ちゃんかよ)

    比企谷「じゃ」


    比企谷「……この朝食、お前が作ったのか?」

    小町(由比ヶ浜)「あ、うん。元気出たし、昨日はお兄ちゃんにやってもらっちゃったし」

    比企谷「そうか……」

    比企谷「……いただきます」

    比企谷(病み上がりでせっかく作ったわけだし、さすがの俺でも、これを某新聞社員が新妻の手料理こき下ろしたみたいに扱うわけにはいかないよな……)


    650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:44:21.58 ID:S8N+4J5x0

    比企谷「あれ」

    小町(由比ヶ浜)「どうしたの?」

    比企谷「普通だ」

    小町(由比ヶ浜)「えー、その言い方はちょっとひどくない!?」

    比企谷「いや、これは驚異的なことだろ。まるで、いつもの小町が作ったように……」

    比企谷「……お前、料理する時、なんか違和感は?」

    小町(由比ヶ浜)「え?んー、別に?自然に体が動いたし」

    比企谷「由比ヶ浜が、自然に料理を……?」

    比企谷(これも、入れ替わりの影響か……)

    小町(由比ヶ浜)「んー、おいしい!あたしって実は料理できたのかも!」

    比企谷「ははは……(それはない)」


    762: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 05:15:19.68 ID:UYHfTRL/0

    比企谷「じゃあ、今日は学校が終わったら家で待っててくれ」

    比企谷「二人を連れてくるから」

    小町(由比ヶ浜)「うん。おっけー」

    比企谷「病み上がりなんだから、無理すんなよ」

    小町(由比ヶ浜)「……ありがと」

    比企谷「ん?」

    小町(由比ヶ浜)「心配してくれてありがと、お兄ちゃん///」

    小町(由比ヶ浜)「行ってきます!」

    比企谷「お、おう。車に気をつけろよー」


    比企谷「……」ガラララ

    由比ヶ浜(小町)「あ、やっはろー!ヒッキー!」

    比企谷「うーす」

    由比ヶ浜(小町)「あっれー?せっかく愛しのいも、じゃなかった、私が朝一番の挨拶に来たのに、元気がないぞぉ?」

    比企谷「お前な……だからそういうのはクラスではやめろって言ってんだよ」ボソッ


    763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 05:22:28.96 ID:UYHfTRL/0

    由比ヶ浜(小町)「大丈夫だよ、お兄ちゃん。昨日のことでも、他の人たちはああやっぱりねって感じだったらしいよ」

    比企谷「何がやっぱりなんだよ……ってお前、由比ヶ浜の友達とは普通にやってんのか」

    由比ヶ浜(小町)「そりゃあ戻ったとき結衣さんに迷惑はかけられませんからねえ。普通にやってるよ」

    由比ヶ浜(小町)「世渡りの上手な私なのでー」

    比企谷「そうか」

    由比ヶ浜(小町)「あ、それでどうだった?私の体っていうか、結衣さんの体調」

    比企谷「もう良くなったよ」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん、ちゃんと看病してあげた?そこでちゃんとしてると好感度うなぎ登りだよー」

    比企谷「そのくらい普通にするわ。好感度はどうだか知らんがな」

    由比ヶ浜(小町)「へー……どんなことしたの」

    比企谷「普通の看病だよ。濡れタオル乗せてやったりとか、おかゆ作ったとか」


    764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 05:30:33.47 ID:UYHfTRL/0

    由比ヶ浜(小町)「おかゆ、お兄ちゃん作ったんだ」

    比企谷「そりゃあ俺しか作れないだろ。それに、由比ヶ浜に料理させるくらいなら、俺のがなんぼかマシだしな」

    比企谷「一昨日の夜も、昨日の朝も俺が用意したよ」

    由比ヶ浜(小町)「へー。そうなんだー。ふぅん」

    比企谷「……どうした、お前」

    由比ヶ浜(小町)「え?ああ、うん、なんでもー」

    由比ヶ浜(小町)「それで、看病ってそれだけぇ?もっとなんかえᘄちなイベントとかなかったの?」

    比企谷「はは……あるわけないだろ」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん……」

    由比ヶ浜(小町)「小町にはお兄ちゃんが嘘ついても、すぐわかるんだからね?」

    比企谷「あとはちょっと汗拭いたりしただけだ」

    由比ヶ浜(小町)「汗……それって」

    比企谷「おい、先生が来たぞ」

    由比ヶ浜(小町)「あ、うん。じゃあ席に戻るね」


    767: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 05:43:32.85 ID:UYHfTRL/0

    「席つけー出席取るぞー」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    ガヤガヤ

    由比ヶ浜(小町)(……なんか、もやもやする)

    由比ヶ浜(小町)(お兄ちゃんと結衣さんが仲良くしてるのは、いいことのはずなのに)

    由比ヶ浜(小町)(その二人を思い浮かべると……すごくもやもやする……)

    由比ヶ浜(小町)(……本当なら、そうやってお兄ちゃんに看病してもらうのは、私だったんじゃないの?)

    由比ヶ浜(小町)(お兄ちゃんにおかゆ作ってもらったり、汗拭いてもらえたのは、私だったんじゃないの)

    由比ヶ浜(小町)(私の体で、お兄ちゃんといちゃいちゃしてるんだ、結衣さん……)

    由比ヶ浜(小町)(なら今のあたしだってヒッキーと……妹じゃできない、この体じゃないとできないことしたって……)

    「由比ヶ浜ー!由比ヶ浜どうしたー?」

    由比ヶ浜(小町)「あ、はーい!」


    769: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 06:01:59.01 ID:UYHfTRL/0

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー!」


    由比ヶ浜(小町)「ねえ、ヒッキー」


    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー、今の授業の」


    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー、お昼食べよー」


    由比ヶ浜(小町)「じゃ、部活行こっかヒッキー」


    比企谷「だからお前絡みすぎだっつの」

    由比ヶ浜(小町)「ええー。かわいい妹が他人の体で不安がってるのに、たった一人頼れるお兄ちゃんに話しかけちゃダメなのー?」

    比企谷「人目があるところでやるなって言ってるんだよ」

    比企谷「それにお前。由比ヶ浜の交遊関係は問題なかったんだろ」

    由比ヶ浜(小町)「でも、それは結局結衣さんのお友だちだし……話をしていて変なぼろ出たら困るし」

    由比ヶ浜(小町)「それにヒッキー……さっきの言い方だと」グイッ

    比企谷「お、おい、急に引っ張ってどうしたんだよ」


    770: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 06:06:17.29 ID:UYHfTRL/0

    由比ヶ浜(小町)「……」

    比企谷「どうしたんだよ、小町」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    比企谷「……お前、ほんとに小町か?」

    由比ヶ浜(小町)「……そういうこと言うと……止まれなくなっちゃうよ」グイッドンッ

    比企谷「え……って、ここは」

    由比ヶ浜(小町)「人目がつかないところだよ」

    由比ヶ浜(小町)「さっき言ってたよね。人目がつかないところなら……」ギュッ

    由比ヶ浜(小町)「こういうこと、してもいいんだよね……?」

    比企谷「」

    比企谷「そ、そういう意味じゃない。離せ」

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー……ううん、お兄ちゃん……」

    由比ヶ浜(小町)「助けて……」


    776: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 06:32:36.58 ID:UYHfTRL/0

    比企谷「小町?」

    由比ヶ浜(小町)「あはは、今の自分がおかしいって、今の自分でも分かってるんだよ?」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん、怖いよ。小町、だんだん小町じゃなくなってる気がするの」

    由比ヶ浜(小町)「小町ね、知らないはずのことが、結衣さんじゃないとわからないことが、無意識でできてるの」

    由比ヶ浜(小町)「自分がどうだったかって、よく思い出せなくてね。前から結衣さんだったんじゃないかって気もして」

    比企谷「大丈夫だ。気をしっかり持て、小町」

    由比ヶ浜(小町)「それにね……お兄ちゃんと一緒にいると、すごくドキドキするの……」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃんのこと、小町大好きだけど、違う大好きになっててるの……」

    由比ヶ浜(小町)「このままじゃ、あたし、元に戻れなくなっちゃうよ……」

    由比ヶ浜(小町)「ずっとこのままでいいやって思っちゃうよ」

    比企谷「わかった。今日こそ戻れるようにするから、ちょっと落ち着いて」


    778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 06:37:33.61 ID:UYHfTRL/0

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー……」

    比企谷「落ち着け、な?」

    由比ヶ浜(小町)「このまま……」

    比企谷(や、やられる……!?)

    平塚「なにをやっとるんだお前らは」

    由比ヶ浜(小町)「先生……」

    比企谷(た、助かった)

    平塚「神聖な学舎でいちゃいちゃしてんじゃねー!!!」

    比企谷「いや、違うんすよ」

    比企谷「由比ヶ浜が体調が悪いっていうんでちょっと俺に寄りかかってただけなんすよ」

    比企谷「というわけで、今日は奉仕部の活動は休止して俺ら帰るんで、じゃ」

    平塚「な、ちょっと待てお前ら!!って、行ってしまったか……」

    平塚「くそ、比企谷の癖に私以外の女子といちゃいちゃしやがって……」


    782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 06:45:39.93 ID:UYHfTRL/0

    ガラララ

    雪ノ下「あら、遅かったじゃない、二人とも……なにかあったのかしら?様子がおかしいようだけど」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    比企谷「ちょっと、な。それより、小町たちを早く戻さないとやばい」

    雪ノ下「なにかあったのね」

    比企谷「ああ。由比ヶ浜には学校が終わったらすぐ帰れと言ってある。俺たちも、行くぞ」

    雪ノ下「わかったわ。じゃあ」

    雪ノ下「何があったのか、道中しっかり聞かせてもらおうかしら」

    比企谷「お、お手柔らかにお願いします」


    793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 07:33:02.08 ID:UYHfTRL/0

    比企谷「というわけだ」

    比企谷(由比ヶ浜の背中拭いたとか、小町に迫られたとかは濁したが、まあいいよな)

    雪ノ下「なるほど。精神と体の記憶に混濁が起きているようね……」

    比企谷「それは、入れ替わりが戻れば治るんだよな?」

    雪ノ下「精神と体の記憶が一致すれば、混濁は止まるでしょうね。ただ、今現在起こっていることの記憶は、どうなるかわからないけれども」

    雪ノ下「とにかく、現状のまま放置をすれば、最悪二人は、自分が誰かもわからなくなってしまう恐れがあるわ」

    雪ノ下「すぐにでも、入れ替わっている状態を戻さないと危険ね」

    比企谷「そうか……」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    比企谷「どうした、小町。えらく静かだが」

    由比ヶ浜(小町)「……あの、あんまりね。その、しゃべったりすると、気づいたら、結衣さんみたいになってることがあるから」

    由比ヶ浜(小町)「怖くて……」

    比企谷「わかった。無理に喋らなくても大丈夫だ」


    796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 07:49:47.49 ID:UYHfTRL/0

    比企谷「ついたな」

    比企谷(由比ヶ浜は、もう帰ってきているだろうか)ガチャッ

    雪ノ下「お邪魔します」

    由比ヶ浜(小町)「お邪魔しまー、じゃなかった、ただいま!」

    比企谷「……おけーり、小町」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん……ありがと」

    比企谷「さて。おーい、由比ヶ浜ー」

    「はーい」

    小町(由比ヶ浜)「おかえりーお兄ちゃん」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん……?」


    799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 07:58:36.98 ID:UYHfTRL/0

    雪ノ下「こんにちは、由比ヶ浜さん」

    小町(由比ヶ浜)「あ、二人とももう来たんだー。久しぶり、ゆきのん」

    雪ノ下「ええ。久しぶりね」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    小町(由比ヶ浜)「ごめんね、小町ちゃん……昨日は行けなくて……それに、大切な小町ちゃんの体を預かってたのに、熱出しちゃって」

    由比ヶ浜(小町)「あ、いえいえ。それは結衣さんのせいじゃありませんしー」

    比企谷「とりあえず上がろうぜ」

    小町(由比ヶ浜)「うん。上がって上がって」

    雪ノ下「それでは、失礼するわ」

    由比ヶ浜(小町)「(ほんとは小町の家なのに……)」


    雪ノ下「このヘン夕イ」

    比企谷「いきなりなんすか雪ノ下さん。いじめないでくださいよ」


    822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 09:55:49.73 ID:d9gD2T9k0

    雪ノ下「あなた、やっぱり由比ヶ浜さんにもお兄ちゃんって呼ばせていたじゃない」

    比企谷「あれれー?それについてはここに来るまでに、由比ヶ浜のおかしな様子として説明したと思うんだが……」

    雪ノ下「あら、そうだったかしら」

    由比ヶ浜(小町)「……」ソワソワ

    比企谷「どうした小町。トイレなら今のう――」

    雪ノ下「比企谷君。由比ヶ浜さんの体にセクハラするのはやめなさい」

    比企谷「セクハラじゃねえって。俺は小町のことを思ってだな」

    由比ヶ浜(小町)「あはは、ありがとお兄ちゃん……でも、違うの」

    由比ヶ浜(小町)「小町なんだか、自分の家に帰ってきた気がしなくて……」

    比企谷「小町……」

    雪ノ下「小町さん……」

    小町(由比ヶ浜)「お茶入ったよー」

    由比ヶ浜(小町)「……」ジッ

    比企谷・雪ノ下「……」

    小町(由比ヶ浜)「え、なに……?どうしたの?」


    828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 10:11:16.61 ID:d9gD2T9k0

    比企谷「いんや、なんでも」

    雪ノ下「ありがとう、由比ヶ浜さん……大分、比企谷君のうちに馴染んでいるようだけれど」

    由比ヶ浜(小町)「!」

    小町(由比ヶ浜)「あ、うん、そうなんだー。なんかずっとここに住んでたみたいに落ち着くんだよねー」

    由比ヶ浜(小町)「……」

    雪ノ下「そう……」

    比企谷「……そんなことより、早く二人を戻す方法考えようぜ」

    雪ノ下「そうね。ではまず、入れ替わった時の状況を整理したいのだけど」


    833: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 11:06:00.79 ID:8854hzua0

    小町(由比ヶ浜)「っていうわけなんだけど」

    雪ノ下「……由比ヶ浜さんが比企谷君のお宅に訪ねてきて、小町さんが玄関の扉を開けようとしたら足を滑らせてしまい、玄関の前にいた由比ヶ浜さんと正面衝突した、ということね」

    由比ヶ浜(小町)「はい。そうなんですよー」

    比企谷「ぶつかっただけで入れ替わるとかマジかよ。それじゃあこの世にもっと入れ替わったやつがいなきゃおかしくね」

    雪ノ下「ぶつかったのはきっかけに過ぎず、他に原因があったのかもしれないわね」

    雪ノ下「とりあえず、状況を再現してみましょう。ただぶつかっただけでは、戻らなかったのは実験済みなのよね?」

    小町(由比ヶ浜)「うん、そだよー」


    雪ノ下「戻らないわね……」

    小町(由比ヶ浜)「もう転ぶのやだよー……」


    925: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 15:28:22.04 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「状況を再現してもダメか……他になにか、気づいたことはないのかよ」

    由比ヶ浜(小町)「ううん、他にー……」

    小町(由比ヶ浜)「……」

    小町(由比ヶ浜)「ねえ、もう今日はやめにしない?」

    比企谷「は?何いってんだお前」

    雪ノ下「それはおすすめできないわね。さっきも説明したけれど、あなたたちは今、記憶の混濁が起きている。できる限り速やかに戻す必要があるわ」

    小町(由比ヶ浜)「でも戻れないし……」

    小町(由比ヶ浜)「もしかしたら、そのうちあっさり戻るかもしれないじゃん?」

    比企谷「そんな保証どこにもないだろ」

    比企谷「もしそれで手遅れになったらどうするんだ?お前はずっとそのままでいたいのか?」

    小町(由比ヶ浜)「べ、別にそういうつもりじゃ……」

    比企谷「俺はこのままなんて嫌だ。小町を戻してやりたいからな」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん……」


    927: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 15:34:37.88 ID:mGlRlO8N0

    雪ノ下「私も比企谷君に賛成よ」

    雪ノ下「確かに、時が経てば自然に戻るという可能性もあるかもしれない。でも、それが正しい答えだと判明したわけではないのだし」

    雪ノ下「思い付く限りのことを戻るまで続けるべきだわ」

    小町(由比ヶ浜)「ゆきのんまで……」

    小町(由比ヶ浜)「でもさ、これだけぶつかるのは試したじゃん!」

    由比ヶ浜(小町)「あ、あの、今日は確かにもう遅いですし、また明日でも……」オロオロ

    比企谷「いいや、ダメだ。俺はお前を今日戻してやるって約束しただろ」

    比企谷「……これはただの思い付きだが。由比ヶ浜お前」

    小町(由比ヶ浜)「な、なによヒッキー」

    比企谷「真剣に戻りたいと思ってないんじゃないのか?それで戻れないんじゃないのか?」


    931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 15:41:46.91 ID:mGlRlO8N0

    小町(由比ヶ浜)「そ、そんなことないし!だいたい、そんなことが戻れないことに関係あるかなんて」

    比企谷「ないかもしれないし、あるかもしれない。心が入れ替わるなんて、普通ありえないんだからな。何が影響してるかなんて分かったもんじゃない」

    比企谷「どうなんだ、由比ヶ浜」

    雪ノ下「そろそろやめなさい、比企谷君」

    由比ヶ浜(小町)「そうだよ。お兄ちゃん、そんな問い詰めるような言い方しなくても……」

    比企谷「原因がこいつの心持ち次第かもしれないんだぞ。はっきりしておく必要があるだろ」

    小町(由比ヶ浜)「……ひどい」

    小町(由比ヶ浜)「ひどいよ!ヒッキーのバカ!いつもいつも……あたしの気持ちなんて……」

    小町(由比ヶ浜)「……そうだね。いいよ、もうこのままでも」

    比企谷「なんだと」

    小町(由比ヶ浜)「そしたら、あたしがずっとヒッキーの妹だもん!!」ダッ

    比企谷「待――」

    雪ノ下「落ち着きなさいと、何度言わせるの」

    比企谷「離せよ、雪ノ下」

    雪ノ下「今はダメ。あなたも由比ヶ浜さんも、頭に血が上っているんだもの。落ち着いてからにしなさい」


    933: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 15:49:43.04 ID:mGlRlO8N0

    雪ノ下「小町さんと同じように、由比ヶ浜さんも、記憶の混濁でかなり精神が繊細になっていりのよ」

    雪ノ下「もっと考えた言動をしなさい」

    比企谷「……悪い。つい」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃん……」

    比企谷「ごめんな、小町。こうなっちゃ、今日戻してやれそうにない」

    由比ヶ浜(小町)「ううん、大丈夫だよ。お兄ちゃんがきっとなんとかしてくれるもん」

    比企谷「はは、そう頼られても、俺の力なんてたいしたもんじゃないけどな」

    由比ヶ浜(小町)「そんなことないよ……お兄ちゃんは私の最高のお兄ちゃんだもん……あ、今の小町的にポイント最高かも」

    比企谷「久しぶりに聞いたなそれ」

    由比ヶ浜(小町)「あれ、今日いってなかったっけ」

    比企谷「ああ」

    雪ノ下「小町さん。じゃあ、そろそろ帰りましょう。送っていくわ」

    由比ヶ浜(小町)「はい。あ、ちょーっとだけお兄ちゃんと二人きりにして欲しいんですけど」

    雪ノ下「……わかったわ。じゃあ、少し行ったところで待ってるから」

    由比ヶ浜(小町)「はい、ありがとうございます」


    939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 16:31:16.25 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「……なんでわざわざ二人きりになんて」

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー……」ギュッ

    比企谷「」

    由比ヶ浜(小町)「ヒッキー、分かる?あたし、すごくドキドキしてるんだよ……」

    比企谷「な、なにを……」

    由比ヶ浜(小町)「……この体になってからね、小町、お兄ちゃんのそばにいると、ずっとこのドキドキを感じていたの」

    由比ヶ浜(小町)「これは、結衣さんの気持ち。分かる、お兄ちゃん?」

    比企谷「……記憶の混濁で混乱しているだけじゃないのか」

    比企谷「妹の感覚で近づいて、その距離が近すぎるから、由比ヶ浜の体がびっくりしているだけじゃ」

    由比ヶ浜(小町)「違うよ。そんなんじゃないよ。どうして受け止めてくれないの?だからきっと、こんなんなっちゃったんだよ」

    由比ヶ浜(小町)「このドキドキは、嫌じゃないの。むしろ、ずっと……だから、小町もちょっと思っちゃったんだ。ずっとこのままでいいんじゃないかって」

    比企谷「お前……」


    940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 16:37:42.99 ID:mGlRlO8N0

    由比ヶ浜(小町)「そしたら、妹じゃできないこと、お兄ちゃんとできるでしょ?結衣さんの体だったら、お兄ちゃんと付き合うことだって」

    比企谷「それは無理だ」

    由比ヶ浜(小町)「うわあ、ばっさりだー」

    由比ヶ浜(小町)「でも、ちょっとそう思っちゃったんだ。それはきっと、結衣さんも」

    比企谷「……」

    由比ヶ浜(小町)「お兄ちゃんがそんな風に、寄せ付けないから、ならいっそ妹のままでって思っちゃったんだよ、結衣さん」

    由比ヶ浜(小町)「だから、結衣さんにちゃんと答えてあげて。そしたらきっと、戻れるよ」

    由比ヶ浜(小町)「小町が言いたかったのはそれだけ……」

    由比ヶ浜(小町)「それじゃ、小町行くね。雪乃さんをずっと待たせちゃ悪いから」

    比企谷「……なあ」

    由比ヶ浜(小町)「なに?お兄ちゃん」

    比企谷「お前も、ほんとはそのままでいたいのか?」

    由比ヶ浜(小町)「……ううん。戻りたいよ」

    由比ヶ浜(小町)「だって、小町はやっぱり、お兄ちゃんのことがお兄ちゃんだから好きだから。妹でいたいもん。その席を、誰にも渡したくないよ。結衣さんにも」


    942: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 16:43:55.89 ID:mGlRlO8N0

    由比ヶ浜(小町)(きっと、これで戻れるよね……これで)

    由比ヶ浜(小町)(戻っちゃうのかぁ)ポロッ

    由比ヶ浜(小町)「あ、あれ……涙が」

    由比ヶ浜(小町)「ふえぇぇん、おにいちゃぁぁん」

    雪ノ下「まるで、失恋でもしたかのようね」

    由比ヶ浜(小町)「雪乃さん……」

    雪ノ下「遅いから、迎えに来てしまったわ。あなたが、彼にセクハラされてるかもしれないと思って」

    由比ヶ浜(小町)「うう……ゆきのさーん」ダキッ

    雪ノ下「よしよし」

    由比ヶ浜(小町)「なんか涙が止まらないよーうえーん」

    雪ノ下「はいはい」

    雪ノ下(比企谷くんも、罪な男ね……二人も泣かせて)


    945: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 16:49:35.99 ID:mGlRlO8N0

    比企谷(ちゃんと答えろたって……告白もされてーねのにどうしろっていうんだよ……)

    比企谷(え、なに?お前、俺のこと好きだろ……とか臭い台詞言えってわけ?)

    比企谷(ないわー……どこの自意識過剰男だよ。そんなのただイケだろ……)

    比企谷(とりあえず、さっきのことは謝っとくか……)コンコン

    「……」

    比企谷「……」コンコン

    比企谷(無視かよ……)

    比企谷「あー、由比ヶ浜?」

    比企谷「さ、さっきは悪かったな……その、つい、な」

    「小町」

    比企谷「は?」

    「私のこと小町って呼んでよ、お兄ちゃん」


    947: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:02:23.86 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「」イラッ

    比企谷「……お前は由比ヶ浜だ。小町じゃない」

    「小町は小町だよ!!」

    比企谷「その声で、そういうことを、お前が言うんじゃない」

    「……ヒッキーってほんとシスコンだね。キモい」

    比企谷「これがシスコンだっていうなら、キモくて結構だよ。俺は妹愛してるからな」

    「……羨ましい」

    比企谷「由比ヶ浜……?」

    「ヒッキーにそんなに思われて、小町ちゃんが、羨ましいよ……」

    「……でも、このまま戻れなくて、記憶がどんどんごっちゃになったら」

    「今の小町が、小町だよね」

    比企谷「」ゾクッ

    比企谷「おい、開けろ。中に入れろ」

    「……いいよ。来て、お兄ちゃん」


    952: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:13:25.60 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「由比ヶ浜……」

    小町(由比ヶ浜)「お兄ちゃん……あはは、すごいんだよ。今ね、どんどん昔の小町のこととか、お兄ちゃんのことを思い出してるの」

    比企谷「それはお前の記憶じゃない。気をしっかり持て」

    小町(由比ヶ浜)「そんなことないよ。だって、こんなにはっきり思い出せるんだもん。あれ、でも、結衣さんだったことのことは、わかんなくなってきちゃった……」

    比企谷「お前は由比ヶ浜だ」

    小町(由比ヶ浜)「そうだったかもしれないけど、私はもう小町だよ。お兄ちゃんが愛してる妹だよ。あ、私も愛してるよ、お兄ちゃん!あ、今の小町的にポイント高いよ」

    比企谷「由比ヶ浜……!」

    小町「なに?お兄ちゃん」

    比企谷(くそ、マジかよ……こんなんどうしたら……)

    由比ヶ浜(小町)『……この体になってからね、小町、お兄ちゃんのそばにいると、ずっとこのドキドキを感じていたの』

    由比ヶ浜(小町)『これは、結衣さんの気持ち。分かる、お兄ちゃん?』

    比企谷(……なんか思い付いちゃったんですけど。え、これマジそれをやらないといけない流れ?ちょー恥ずかしいんですけど)


    965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:23:01.97 ID:mGlRlO8N0

    小町(由比ヶ浜)「あ、そうだお兄ちゃん。そろそろご飯作ろっか。腕によりをかけて美味しいの作るからね」

    比企谷(……やるっきゃないと)

    比企谷「由比ヶ浜」

    小町(由比ヶ浜)「もう、お兄ちゃんってば、まだそんな――」ギュッ

    比企谷「お、思い出せ、由比ヶ浜。お前自身の気持ちを」

    比企谷(……殺してくれ。誰か俺を殺してくれ。恥ずかしさに耐えられん)

    小町(由比ヶ浜)「ひっ……きー……」ポロッ

    小町(由比ヶ浜)「ひっきー……うえぇぇん」

    比企谷「はいはい」ポンポン


    967: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:25:35.44 ID:mGlRlO8N0

    小町(由比ヶ浜)「ごめんね……ごめんね……あたし、戻りたくないなんて……あたしがひっきーの妹だなんて、小町ちゃんにもひどいこと言って……」

    比企谷「よちよち」

    小町(由比ヶ浜)「でも、あたし、わけわかんなくなっちゃって……そしたら、もうこのままでもいいんじゃないかって思っちゃって……」

    小町(由比ヶ浜)「だって、どうせ戻っても、ヒッキーは……あたしのことなんて……」

    比企谷「言えよ。言ってみなけりゃわかんねえだろ。そういうすれ違いから物語は大きな問題に発展していくんだろうが」

    比企谷「ほうれんそうが大事って知らないのかよ。社会人の常識だぞ」

    小町(由比ヶ浜)「……だってあたしまだ学生だし」

    小町(由比ヶ浜)「でも、そっか……そうだね、うん。はっきり言うよ」

    小町(由比ヶ浜)「あ、あたしは……!ヒッキーのことが好きです!付き合ってください!」


    973: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:31:03.55 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「……わかった」

    小町(由比ヶ浜)「え、いいの!?」

    比企谷「いやこれOKって意味じゃないから。了解しましたってことだから」

    小町(由比ヶ浜)「ええー!?ちょっとはっきり答えてよヒッキー!」

    比企谷「……今は答えたくない。戻ったら言ってやる」

    小町(由比ヶ浜)「ちょ、それずるくなーい!?」

    比企谷「ずるくない。答えの如何によっては、お前また戻りたくないとか言うかもしれないだろうが」

    小町(由比ヶ浜)「それって戻りたくなくなるような答えってことじゃん!!」

    比企谷「さーて、それはどうかなー」

    小町(由比ヶ浜)「……ヒッキーのいじわる。へたれ」

    比企谷「なんとでもいえ。俺はちゃんと、戻ったら答えると言っているんだ」

    比企谷「これは先伸ばしにしたんじゃない。つうか、告白したら当然答えがもらえるとか思ってんじゃねえよ」

    比企谷「勝手に告白してくる癖に。条件つけてるだけまだ等価交換だろ」

    小町(由比ヶ浜)「へりくつじゃん!!」


    985: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 17:35:50.54 ID:mGlRlO8N0

    比企谷「はい。というわけで、答えが聞きたかったら早く元に戻ってください」

    小町(由比ヶ浜)「むきー!戻ってやる!今すぐ戻ってやる!!」ピッピッピ

    小町(由比ヶ浜)「あ、小町ちゃん?ちょっとこっち戻ってきて!今なら戻れる気がするから!!」

    小町(由比ヶ浜)「小町ちゃんたち、すぐ来るって」

    比企谷「ん」

    小町(由比ヶ浜)「約束……忘れないでよ。答えてくれなかった……今度は入れ替わってなくても、妹として居座るから」

    比企谷「はいはい。ま、楽しみにしててくれ」

    比企谷(……やっべーマジどうしよ)

    比企谷(戻すためのへりくつで、あとはばっくれようと思ってたのに)

    比企谷「……」

    比企谷(ま、仕方ないか)


    997: あ、これ無理だ 2013/10/03(木) 17:41:33.87 ID:mGlRlO8N0

    小町(由比ヶ浜)「じゃ、行くよ!」

    由比ヶ浜(小町)「はい!」

    ズルッ

    ゴッチーン!

    由比ヶ浜?「いったー……」

    小町?「いたたたたた……」

    比企谷「お、おい。どうなんだよ。戻ったのか?」

    小町「ふえー、お兄ちゃんいたいよー」

    由比ヶ浜「あーもう。こんなに何回もぶつけて痕残っちゃったらどうすんのよ!ヒッキー責任とって!」

    雪ノ下「どうやら、戻ったようね」

    由比ヶ浜「え!?」

    小町「ほんとだー戻ってるー!」

    由比ヶ浜「やったね小町ちゃーん!」

    小町「やりましたー」

    比企谷「ようやくか……はー、マジ疲れた……」


    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 18:14:25.54 ID:H2DCJ3dA0


    比企谷「さあて、これでやっとゆっくり」

    由比ヶ浜「その前に、答えて」

    比企谷「いや、明日でいいんじゃないか?うん。せっかく戻ったんだし、今の幸せを噛み締めようぜ」

    由比ヶ浜「あ、あたしはあんなに勇気出して告白したのに!戻ったら答えてくれるっていうから戻ったんだからね!!」

    比企谷「出たよ、女の理屈。自分があんだけ辛い思いをしたんだからとか、こんな苦労をしたら報われてしかるべきとか」

    比企谷「社会ってもんはそんな生易しいもんじゃないんだよ」

    由比ヶ浜「へりくつはいいから!こ・た・え・て!」

    小町「お兄ちゃーん。こりゃ誤魔化すのは無理だよー」

    雪ノ下「告白の答えに条件をつけるとか、ほんと最低ね。これで答えないとか、万死に値するわね」

    由比ヶ浜「答えないと……ほんとに殺すよ?なんか今あたし、なんでもできそうだし」

    比企谷「はい、わかりました。誠心誠意答えさせていただきます」

    比企谷(やべえ、目がマジだよ……)


    39: >>17今放置してるスレはありませんね 2013/10/03(木) 18:24:29.11 ID:H2DCJ3dA0

    比企谷「ただ……さすがにその、な」チラッ

    由比ヶ浜「あ……うん、そうだね」チラッ

    小町「はいはーい。邪魔物は消えまーす」

    雪ノ下「比企谷君。くれぐれも、行動が答えなどと言って、由比ヶ浜さんに襲いかからないように」

    比企谷「野生動物扱いするのやめてくれない?」

    雪ノ下「あら、野生す動物の方がまだ理性的だと思うけれど」

    小町「……あ、あの、お兄ちゃん」

    比企谷「どうした、小町」

    小町「今日中に戻してくれるって約束、守ってくれてありがと」

    比企谷「気にすんなよ。愛する妹のためだ」

    小町「あはは、そうだよね。小町は妹だもんね……」


    59: >>25ちょうどスマホの電源が切れそうだったので、予備電池パックに変えました 2013/10/03(木) 18:32:34.64 ID:H2DCJ3dA0

    小町(まだ、残ってるな……でもこれでいいんだよね)ウルッ

    雪ノ下「……」

    雪ノ下「さ、行きましょう、小町さん」ポンッ

    小町「あ、はい」

    雪ノ下「比企谷君」

    比企谷「なんだよ」

    雪ノ下「これだけの騒ぎになったのは、ある意味あなたの普段からの優柔不断さが招いたと言っても過言ではないのだから、いえ、むしろ断言できるのだから」

    比企谷「いや、それは言い過ぎだろ。ってかそこまでにしといて。実は色々なことがありすぎて泣きそうよ俺」

    雪ノ下「いいから。真面目に答えなさいね」

    比企谷「わかってるって」

    雪ノ下「それじゃあ」

    小町「がんばって、お兄ちゃん!」b


    68: >>25ちょうどスマホの電源が切れそうだったので、予備電池パックに変えました 2013/10/03(木) 18:37:16.34 ID:H2DCJ3dA0

    しーん……

    由比ヶ浜「……じゃ、じゃあ、ヒッキー……おねがい」

    比企谷「お、おう」

    比企谷「えーと、だな……その……」

    由比ヶ浜「……」ドキドキ

    比企谷「あー……」

    比企谷(いかん、こういう経験なさすぎるせいで、声を出すこともできん)

    比企谷(え、どうすればいいの俺)

    比企谷(正直に、真面目に答えろって言われてもね)チラッ

    由比ヶ浜「……」ドキドキ

    比企谷(俺は由比ヶ浜のことをどう思ってるんだ……?)

    比企谷(え、ていうかこいつマジで俺のこと好きなの?ぶっちゃけあの場のノリじゃね?)

    比企谷(あー、あるある。あるよねー。その場のノリでなんとなく告白しちゃったとか。いや、俺の人生には全くなかったけど)


    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 18:46:50.46 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「……ヒッキー?まだ?」ドキドキ

    比企谷「ちょっと待て。今考えてる」

    由比ヶ浜「か、考えるようなことぉ!?好きか嫌いか、それだけでしょ!?」

    比企谷「だからそれを真剣に考えてるんだよ」

    由比ヶ浜「し、真剣に?」

    比企谷「お前な。そうやって軽い「あたし好きかもー」とか軽く付き合ってすぐヤっちまうのをビッチっていうんだよ」

    比企谷「付き合うからには、もしかしたらこいつと結婚までいくんじゃないか?それでいいのか?くらいまで考えなきゃいけないだろ常考」

    由比ヶ浜「け、結婚!?それはちょっと、気が早すぎるっていうか……あ、別にヒッキーと結婚するのが嫌ってわけじゃなくて!」

    比企谷「……」

    比企谷(うん。今の反応はかわいい。正直付き合って嫁にしたい)

    由比ヶ浜「……好きとか、嫌いとかだけならさ。そんな悩むことじゃないじゃん?結婚は、まだ早いし。あたしもそこまで考えてないから、そんな覚悟しなくていいよ」

    由比ヶ浜「もしヒッキーが……また、断ったら入れ替わっちゃうんじゃないかって、気にしてるなら……大丈夫だよ」

    由比ヶ浜「もう、入れ替わりたいなんて、思ってないし。なってもすぐ戻るから……だから、正直に答えて」


    90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 18:52:52.78 ID:H2DCJ3dA0

    比企谷「ああ。もしかしたらそういうこともあるか」

    由比ヶ浜「え」

    比企谷「いや、また入れ替わるかもなんて考えてもなかった。つうか、あんな怪現象そうほいほい起きてたまるかよ」

    由比ヶ浜「じゃあ、ほんとに真剣にあたしのこと考えてくれてるんだ……///」

    由比ヶ浜「で、答えは?」

    比企谷「……わかった。言うぞ」

    由比ヶ浜「うん///」ドキドキ

    比企谷「えーとだな。うん」

    比企谷「その……」

    由比ヶ浜「もう!早く答えて!」

    比企谷「……わかった」

    由比ヶ浜「え……それだけ」

    比企谷「それだけで悪かったな!これが今の俺の背一杯!」

    由比ヶ浜「告白の返事くらい、男らしく答えてよ。へたれヒッキー
    ///」


    98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:00:49.09 ID:H2DCJ3dA0

    比企谷「顔がにやけてんぞ。お前」

    由比ヶ浜「そ、そんなことないし!///」

    比企谷「ま。というわけで、よろしく頼むわ」

    由比ヶ浜「……なんか、面白くない」

    比企谷「は?」

    由比ヶ浜「あたしはこんなに嬉しいのに、どうしてヒッキーはそんなにクールなの?」

    比企谷「またその理屈かよ……」

    比企谷「男ってもんはな……そうほいほい顔に感情を出していたら、社会の荒波の中をいきていけないもんなんだよ」フッ

    由比ヶ浜「専業主夫希望の癖に。社会に出る気ない癖に」

    比企谷「俺は一生井の中の蛙でいいわ」


    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:11:13.06 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「……ヒッキー!」ダキッ

    比企谷「ちょ、バカお前!抱きつくな!お前みたいなのにそう何度もほいほい抱きつかれたんじゃ、さすがの俺も我慢の限界がな」

    由比ヶ浜「何度も……?あたし、自分の体で何度も抱きついたことあったっけ……?」

    比企谷「え、あ……そうでしたねー。あ、そうだ。やっと終わったことだし、もう遅いし、お祝いもかねて夕飯でも食べて――」

    由比ヶ浜「小町ちゃんがあたしの体だった時に、何度も抱きつかれたの……?」

    比企谷「しかったなかったんやー。妹のためだったんやー」

    由比ヶ浜「ふぅ……まあいいや。あたしも、小町ちゃんの体で、その、色々しちゃったし」

    比企谷「ほっ……」

    由比ヶ浜「ね、ヒッキー」

    比企谷「なんだ――」

    チュッ

    比企谷「」

    由比ヶ浜「キスは、初めてだね///」

    由比ヶ浜「大切にしてよね!///」

    比企谷「あ……はい」


    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:16:51.71 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「おいしかったー小町ちゃんの手料理」

    雪ノ下「私までごちそうになってしまって、ごめんなさいね」

    小町「いえいえー。私こそごめんなさい……なんか、少しやってなかった間に腕が鈍ったみたいで、思ってたほどおいしくできなかったので」

    比企谷「誰かさんの体にいたんだ。仕方ない」

    由比ヶ浜「ちょ!ヒッキー!?」

    比企谷「お前は小町の体の感覚が残っている間に、しっかり練習した方がいいぞ」

    由比ヶ浜「ふん。毒味役はヒッキーだからね」

    比企谷「毒味っつった?今。味見じゃないの?毒なの?」

    由比ヶ浜「い、いい間違えただけだし!!」

    雪ノ下「ふぅ、二人とも。いちゃいちゃしたい気持ちも分かるけれど」

    由比ヶ浜「い、いちゃいちゃなんてしてないよゆきのん!!」

    雪ノ下「もう大分遅いわ。帰りましょう」

    比企谷「俺、送ってくわ」

    雪ノ下「それには及ばないわ。タクシー呼んだもの」

    比企谷「おいおい、男の役割とんじゃねーよ……」


    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:22:02.98 ID:H2DCJ3dA0

    雪ノ下「帰りまであなたたいのいちゃいちゃを見せられたら敵わないもの。それじゃ、行きましょ。由比ヶ浜さん」

    由比ヶ浜「あ、うん!じゃ、ヒッキー、小町ちゃん、おやすみなさーい!」

    雪ノ下「ごきげんよう。比企谷くん小町さん」

    小町「はぁーい、おやすみなさーい」

    比企谷「じゃあな」

    小町「あれあれー?結衣さんにおやすみのちゅーはしなくていいのかなー?お兄ちゃーん」

    比企谷「そんな恥ずかしいことできるかよ」

    比企谷「付き合うと言っても、俺はバカップルになる気は」

    チュッ

    由比ヶ浜「え、えへへ。おやすみ!ヒッキー!」タタタッ

    比企谷「」

    小町「それで?お兄ちゃん。バカップルには?」ニヤニヤ

    比企谷「バカップルさいこー」


    117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:29:26.55 ID:H2DCJ3dA0

    ―――
    ――


    比企谷(ううん、それにしても、俺に彼女ができるとは……)

    比企谷(いかん。一人だと顔がにやける……俺も由比ヶ浜のこと言えないな)

    コンコン

    比企谷「はいよ」

    小町「お兄ちゃーん。ちょっと話したいことがあるんだけどー」

    比企谷「おう。どうした」

    小町「その、やっぱり、ちゃんとお礼をね。えへへ。ありがと、お兄ちゃん」

    比企谷「気にすんなよ。兄とし当然のことをしたまでだ」キリッ

    小町「あはは……」

    小町「……小町ね」

    比企谷「どうした」


    119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:35:16.28 ID:H2DCJ3dA0

    小町「もう、お兄ちゃんと居ても、普通、だと思うんだけど」

    小町「まだ、そのね。たまに思い出したようにね、お兄ちゃんに、どきっとするんだ」

    比企谷「……」

    小町「すぐ、もとに戻ると思うから、気にしないで欲しくて」

    小町「ごめんね……小町。変な妹に、なっちゃったかも……」

    比企谷「気にすんな。お前はできすぎるくらいの妹だったからな。少し変になったくらいで、ちょうどいいさ」

    小町「うん。ありがと、お兄ちゃん」


    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 19:36:03.63 ID:H2DCJ3dA0

    比企谷「いやあ、それにしても、この三日で小町の有り難みを改めて痛感したわ」

    小町「ふふーん。ならもっと大事にしてよねー……彼女と同じくらいに」

    比企谷「それはさすがに、由比ヶ浜に殺されるかもしれないし」

    小町「大丈夫だよ。私たち、入れ替わってお互いの記憶を見た仲だもん。ほんとの姉妹よりも仲良くなれるよ、きっと」

    比企谷「お前ら二人も相手にしなきゃならないなんて、俺には無理だわ」

    小町「それでもなんとかしてくれるんだよね、今回みたいに」

    小町「信じてるからね、お兄ちゃん」チュッ

    比企谷「」

    小町「じゃ、おやすみー///」

    比企谷「え、ちょ、なにこのフラグ?やめて。俺が二人に刺される未来しか見えないんだけど」


    おわり


    144: ガハマさんのいちゃいちゃがふえて欲しい 2013/10/03(木) 19:57:27.00 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「あれからヒッキーって、お兄ちゃん……」

    比企谷「」ビクッ

    由比ヶ浜「って呼ぶと、顔がすごくにやけるよね……ヘン夕イだね」

    比企谷「いや、仕方ないだろ。あんなことがあれば」

    由比ヶ浜「お兄ちゃん……結衣、今度デート行きたいよー」

    比企谷「……どこに行きたいんだ」

    由比ヶ浜「やったぁ!あのねー」ヨイショ

    比企谷(こいつ、自分もあれの後遺症で妹モードになると、甘えたがりになること気づいてないのかね)

    比企谷(つうか、膝の上に座ってくるとか、小町でも今しないぞ……)

    由比ヶ浜「あ、そうだ、あとここにも寄ろうよ!決まり!」

    比企谷(ただ……ちょっと背徳感も大きいな……)


    147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:04:15.47 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「あ、おにいちゃ、じゃなかった、ヒッキー!」

    比企谷「……」

    比企谷(あれから……由比ヶ浜が度々お兄ちゃんと間違えるせいで……)

    川崎「あ、お兄ちゃん」

    葉山「やあ、お兄ちゃん、おはよう!」

    戸塚「お兄ちゃん……」


    由比ヶ浜「なんか最近、ヒッキーのことお兄ちゃんって呼ぶ人増えたねー」

    比企谷「お前のせいだ、お前の」

    比企谷(戸塚のお兄ちゃんはGJ)


    156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:12:58.14 ID:H2DCJ3dA0

    小町「サブレー!」

    サブレ「ぉん!うぉん!」ハッハッハッ

    小町「あ、もう、舐めないでーきゃはは」

    比企谷「お前んちの犬……小町になつきすぎじゃね」

    由比ヶ浜「うん、なんか、入れ替わってる間に仲良くなったみたいなんだけど、心が同じとか分かるのかなー」

    由比ヶ浜「でもね……」

    由比ヶ浜「サブレー!」

    サブレ「へっへっへ……」プイ

    小町「ちょっと、サブレってば、結衣さんが呼んでるよー?」

    由比ヶ浜「なんか、いつのまにか、私よりも小町ちゃんの方が順位上になってるみたいなんだよね……」

    比企谷「どんまい」


    158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:20:30.38 ID:H2DCJ3dA0

    小町「あのまま入れ替わったままだったら、どうなってたかなー」

    比企谷「そうだなぁ」

    小町「今とあんまり変わってなかったかな」

    比企谷「まあ、体の記憶に飲み込まれてたのかもな」

    小町「え?ああ、そういうことじゃなくてぇー」

    小町「結衣さんになった私と付き合ってたかもねーってこと」

    比企谷「……え」

    小町「あ、冗談冗談……冗談だよ、お兄ちゃん。うふふー」

    比企谷「ああ。そう……」


    161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:24:43.80 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「へー、小町ちゃんがそんなこと言ってたんだー」

    比企谷「冗談でな」

    由比ヶ浜「ほんとに冗談かな……?」

    比企谷「お兄ちゃんはそう信じてる」

    由比ヶ浜「……じゃあもし、あたしが小町ちゃんのままだったらどうなってたかなあ」

    比企谷「ううーん……」

    由比ヶ浜「なんならー……今再現してみる?お兄ちゃん」

    比企谷「え」

    比企谷「……冗談?」

    由比ヶ浜「冗談じゃないよ」ニコッ


    166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:35:57.11 ID:H2DCJ3dA0

    雪ノ下「最近、あなたのわた、奉仕部への心配りが、大分下がってるような気がするのだけれど」

    比企谷「いや、そんなことないけど?」

    雪ノ下「朝は由比ヶ浜さんといちゃいちゃ登校して、クラスでもいちゃいちゃ、お昼もいちゃいちゃ、部活に来てまでいちゃいちゃ」

    雪ノ下「いやらしい。学生にあるまじき生活態度だわ」

    比企谷「それは由比ヶ浜に言ってくれよ」

    雪ノ下「あなただって、満更でもないのでしょう。同罪よ」

    比企谷「それはこっちも悪かったかもしれないが……なんか雪ノ下のその言い分、平塚先生に似てきたような」

    雪ノ下「あなたの処罰が決定したわ。死刑」

    比企谷「やめろ。俺が死ぬと由比ヶ浜が悲しむぞ」

    雪ノ下「のろけてるんじゃないわよ……」

    雪ノ下「……今度私も小町さんと入れ替わろうかしら」ボソッ


    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 20:51:16.48 ID:H2DCJ3dA0

    平塚「付き合いだしただと……?」

    平塚「お前ら、やっぱりあの時いやらしいことしようとしてたんだな!!」

    由比ヶ浜「あの時?」

    平塚「わざわざ人目のないところで、由比ヶ浜!お前が比企谷に迫ってたじゃないか!!」

    由比ヶ浜「へぇー。ふぅーん」

    比企谷「由比ヶ浜さん……?」

    比企谷「えっと、その件に関しましては、妹愛として水に流したんですよね?」

    由比ヶ浜「うん。そうだねー。これから同じことしてちゃらだね」

    比企谷「え、同じこと?」

    由比ヶ浜「こうやって私は抱きついてたの?ね、ヒッキー、どうなの?」ギュッ

    比企谷「おい、やめろ、平塚先生が見てる」

    由比ヶ浜「あ、やば」

    平塚「……」プルプル

    平塚「お前らなんか嫌いだー!しねーしねー!うえーん!」

    比企谷「いくつだよ……あの人」


    178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:05:47.20 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「うーん……」

    雪ノ下「由比ヶ浜さん、何を悩んでいるのかしら。力になれることであれば、相談に乗るけれど」

    由比ヶ浜「あ、ゆきのーん!じゃあ今度勉強教えてー」

    雪ノ下「勉強?それは構わないけれど。なにかあったのかしら?」

    由比ヶ浜「うん。ほらー、また進路希望書かなきゃいけないじゃん?」

    由比ヶ浜「もっと上の大学目指そうかと思って」

    雪ノ下「それはいい心がけね。なにか、なりたい職業でもできたのかしら」

    由比ヶ浜「ううん、職業っていうか……ほら、私ヒッキーを養っていかなきゃいけないから」

    雪ノ下「……」


    雪ノ下「比企谷くん。あなた、もう進路希望調査は書いたのかしら」

    比企谷「ああもちろんだ。当然専業主夫ってな」

    雪ノ下「私、今あなたを殴りたくて仕方ないのだけれど……」ゴゴゴゴゴゴ


    184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:22:10.66 ID:H2DCJ3dA0

    小町「ごめんねー……お兄ちゃん」ゴホッ

    比企谷「気にすんなよ」

    小町「でも今日、結衣さんと約束があったんでしょ?小町のせいで行けなくなっちゃって」

    比企谷「むしろあいつが、小町の面倒みてやれって言ってたんだぜ。気にすんなよ」

    比企谷「ああ、そうそう。あとで由比ヶ浜、見舞いにくるってさ」

    小町「そっかぁ、悪いなあ……」

    比企谷(小町が熱出したなんて、あの時以来か……)


    由比ヶ浜「やっはろー、小町ちゃん」

    小町「結衣さん、やっはろー……」

    由比ヶ浜「あ、そのままでいいよ」

    由比ヶ浜「大丈夫?あ、はい、スポーツドリンク」

    小町「どうもでーす……」


    185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:26:13.76 ID:H2DCJ3dA0

    ―――
    ――


    小町「結衣さん、すごいですねー」

    由比ヶ浜「え、なにが?」

    小町「いやあ、結衣さん、まるで小町の心が読めるみたいに、して欲しいことしてくれるから」

    由比ヶ浜「あー。ほら、あたしその体で一度経験してるから、なんとなくねー」

    比企谷「おかげで俺のすることはなくなっちまったな」

    由比ヶ浜「……背中、拭いてあげれば?」

    比企谷「おい」

    由比ヶ浜「うそうそ。私が拭いてあげるよ。小町ちゃん」

    小町「?はい」


    由比ヶ浜「小町ちゃん寝ちゃったから、あたし帰るね」

    比企谷「ありがとな。助かったわ」


    187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:31:20.61 ID:H2DCJ3dA0

    由比ヶ浜「いいのいいの。なんか小町ちゃんって、もう一人の自分って気がして、ほっとけないから」

    比企谷「お前のことも、小町に相談すると、わかるから楽だわ」

    由比ヶ浜「ふぅん、あたしが欲しいなーって思ったプレゼントをいつも用意してくれて、ヒッキーにしては気が利くなーって思ってたけど」

    由比ヶ浜「そんなカンニングしてたんだ」

    比企谷「いや、ほら、由比ヶ浜だって、欲しいもんもらえたほうが嬉しいだろ?」

    由比ヶ浜「……結衣って呼んでよ。二人きりなんだから」

    比企谷「はいよ」

    比企谷「じゃあ結衣、送って」

    由比ヶ浜「いいよ。小町ちゃん、一人にして置いていけないでしょ」

    由比ヶ浜「ヒッキーからのおやすみのキスで許してあげる」

    比企谷「え」

    由比ヶ浜「だって、いつも私からだし」


    192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:37:41.73 ID:H2DCJ3dA0

    比企谷「お前な。俺が、自分からキスなんてするような男じゃないって、一番知ってるだろ」

    由比ヶ浜「でもして欲しいの!」

    比企谷「ええー……」

    由比ヶ浜「はい、じゃあ、してくれるまでこの体勢で待ってるから」ンー

    比企谷「お前……バカみたいだぞ」

    由比ヶ浜「バカって言うなし!じゃあ早くしてやめさせて!」

    比企谷「……これは、あくまでも、自分の彼女が、そんなアホみたいな格好をずっとしてるのは忍びないからするんだからな」

    由比ヶ浜「わかったって。男のツンデレキモいよ」

    比企谷「バカお前、ツンデレって言ったら代表格はむしろ男ばかりだぞ」

    比企谷「某戦闘民族の王子とか」

    由比ヶ浜「そんなのどうでもいいし!早く!」

    比企谷「……いくぞ」

    由比ヶ浜「……」ドキドキ

    チュッ


    198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 21:49:27.59 ID:H2DCJ3dA0

    「ゆきのーん!大変大変!大変なの!!」

    雪ノ下「……今なにか、おぞましい声が聞こえたような」

    「ゆきのん!!」

    雪ノ下「……それは、なんの冗談かしら、比企谷君」

    比企谷?「違うの!ゆきのん大変!今度はヒッキーとあたしが入れ替わっちゃった!」

    由比ヶ浜(比企谷)「自分の声とはいえ、男が由比ヶ浜のしゃべり方をしていると聞くに耐えんな……」

    雪ノ下「ほんとに……耳が腐りそうだわ」

    比企谷(由比ヶ浜)「どうしよ、ゆきのん!また戻ろうとしてみたけど、戻れなくて」

    雪ノ下「そ、そう……それで、今度はどうしたら入れ替わったのかしら?」

    比企谷(由比ヶ浜)「え、それは……その、ヒッキーとキスしたら……///」

    雪ノ下「これは私の手に負えないわ。もう勝手にしてちょうだい」

    比企谷(由比ヶ浜)「えー!ゆきのん助けてよー」

    雪ノ下「由比ヶ浜さんには悪いけれど、その声でゆきのんと二度と呼ばないでちょうだい」

    由比ヶ浜(比企谷)「転校生は、まあ青春ラブコメとしてありがちだな」


    おわり


    引用元: 由比ヶ浜「ヒッキー大変!小町ちゃんと体が入れ替わっちゃった!」


    引用元: 由比ヶ浜「ヒッキー大変!小町ちゃんと体が入れ替わっちゃった!」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (100)
    幼馴染 (23)
    兄妹 (34)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (222)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (137)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (43)
    おんJ・なんJ (175)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (185)
    シンデレラガールズ (857)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (209)
    カイジ (4)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (72)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (280)
    機動戦士ガンダム (32)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (8)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (30)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (20)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (16)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (23)
    進撃の巨人 (66)
    新世紀エヴァンゲリオン (45)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (28)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (8)
    ゾンビランドサガ (5)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (11)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (60)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (62)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (12)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (61)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (4)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (127)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (4)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (56)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (18)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (105)
    遊戯王 (33)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (109)
    Re:ゼロから始める異世界生活 (0)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (5)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (3)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (3)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク