FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    アンパンマンは涙を流せない

    2: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:35:03.79 ID:GWCl//d70

    優しき心を持ち
    全ての者に対して慈悲深く
    自らを傷つけてまでも施しを与え
    空を自由に駆ける
    両の拳は分厚い鉄板すらも貫き
    その体は何物も寄せつけない

    ただ
    ただ一つ、彼には欠点がある
    そして、そのたった一つの欠点が故に

    彼は

    涙を流せない



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    3: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:37:01.43 ID:GWCl//d70

    「パトロールに行ってきます」
    「いってらっしゃーい」
    皆の声がアンパンマンを送り出す。パン工場の煙突から、アンパンマンは勢い良く飛び出していった。
    その勢いのまま森の方へと向かう。
    目の前には青く広がる空。眼下には一面緑の絨毯。心地良い風を感じながら、赤いマントがなびいている。
    何も変わったことは無い。穏やかな一日の始まり。
    アンパンマンが、森を抜ける小道にさしかかると、楽しそうな子供たちの声が聞こえてきた。
    小学校の子供たちが、列を成して歩いている。先導しているのはみみ先生だ。
    「あ、アンパンマンだ!」「おーいアンパンマン!」「パトロール頑張ってね!」
    空を指差して、子供たちがアンパンマンへと声をかけた。それに答えるように、アンパンマンは手を大きく振る。
    アンパンマンはそのまま気持ち良さそうに飛び続けた。


    4: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:38:55.13 ID:GWCl//d70

    森を抜けると今度は広大な野原が広がっていた。
    色とりどりの花々が、鮮やかに世界を彩る。
    「今日もいい天気だなぁ」
    アンパンマンの声は弾んでいた。今日は困っている人の声も聞こえない。
    バイキンマンが悪さをする様子も無い。平和な、幸せな一日。
    そういえば、さっきの子供たちはピクニックをしているみたいだった。
    もし、このまま何も起こらなければ、お昼ごろお邪魔するのいいかもしれない。
    楽しい光景を想像していたら、アンパンマンの顔にも自然と笑みが浮かんでいた。


    その時だった。


    5: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:41:54.96 ID:GWCl//d70

    遠く、子供たちがいた森の方で、一瞬眩い光が見えた。

    爆音。

    その光に遅れること数秒。アンパンマンの耳に爆音が届いた。
    それは聞いたことの無いような音だった。バイキンマンのものとは違う。
    もっと、何か、不純物を多分に含んでいるような、そんな音。
    微動だに出来ないアンパンマンを動かしたのは、二回目の爆音だった。今度は街の方から聞こえた。
    しかし、異変はそれで収まらなかった。
    異変が異変を呼ぶように、次々と爆発音が耳に入ってきた。あちらこちらで煙が昇っている。
    こんな状況をアンパンマンは知らない。


    6: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:42:47.32 ID:GWCl//d70

    一日に起こる異変は、いつも一つ限りだった。そちらの方へ飛んでいけば、バイキンマンが居て、悪さをしている。
    起こりうる問題はすぐに解決出来た。
    それは単純な図式によって成り立っていた。
    しかし今はどうしていいか分からない。
    どこへ飛んでいけばいいのかが分からない。

    世界が、自分達の世界が、大きな何かに蝕まれていった。


    7: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:46:54.14 ID:GWCl//d70

    「アンパンマン!」

    聞きなれた声が耳に入った。アンパンマンは視線を声の方へと向ける。
    「食パンマン…」
    すぐ傍まで食パンマンが飛んできていた。
    この異変に食パンマンも気付いているのだろう。その顔は不安で塗り潰されていた。
    「一体どうなっているんですか?この状況は」
    「僕にも分からない。どうすればいいのか分からないんだ」
    「アンパンマン!こんな時に私達が解決しないでどうするんです!?」
    しかし、二人が持っているカードは全く一緒だった。こんな状況で出せるカードは無い。
    臨機応変という言葉は存在しなかった。
    相手を頼りにしても、解決方法が提示されるはずもなかった。


    8: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:48:03.52 ID:GWCl//d70

    「とにかく、私はバイキンマンの所へ向かいます!この騒ぎもまたバイキンマンの仕業かもしれない」
    その言葉を占める大半が、食パンマンの希望であることに、アンパンマンは気付いていた。
    「じゃあ僕は一度パン工場に戻ってみます」
    二人は顔を見合わせ、お互いの健闘を祈るように、一度だけ大きく頷いた。
    そして、自らの目的地へと飛び去っていった。


    9: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:51:57.51 ID:GWCl//d70

    パン工場のドアが開いた。
    アンパンマンがパトロールに行ってから、暫く経ってのことだった。
    ノックは無かった。唐突に、勢い良く、ドアは開かれた。
    その音に驚いたバタ子さんは、身をすくめ、声を出せずにいた。
    ジャムおじさんも、異変に気付く。けれどいつものように、優しい口調でドアの方へと話しかけた。
    「おやおや、見慣れないお客さんだね。私らのパンを食べにきたのかい?」
    ドアには数人の男が立っていた。皆一様の服を身にまとっている。身長はジャムおじさんよりも高く、その顔は小さい。
    この世界では珍しい体格をしていた。


    10: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:53:05.58 ID:GWCl//d70

    中心に立っていた男は、張り付いたような笑みを浮かべていた。
    「ヤーヤーヤーヤー。これはこれはパン工場の皆さん、ごきげんよう。あいにくお腹がいっぱいでね。パンはご遠慮しておこう」
    「おや、そうかい。それじゃあどうしたんだい?」
    その問いに答えること無く、一人の男が無遠慮に中へと入ってきた。
    「これが、かの有名なアンパンマンを製造する工場か。素晴らしい」
    「そうだよ。凄いだろう。でも君、勝手に人の家に入ってはいけないよ」
    ジャムおじさんは、あくまでルールを守ろうとした。

    この世界のルール。単純明快な図式にのみ構成されているルール。

    悪いことをした者には、注意しなくてはならない。


    11: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:54:17.66 ID:GWCl//d70

    男が振り向いた。その顔には、不気味な笑みが張り付いたままだった。
    「ヤーヤーヤーヤー。この技術は我々の想像の範疇を超えているよ。理解しがたい。それ故に、失うのは非常にもったいないとしか言いようが無いね」
    「さっきから何を言っているんだい?」
    「うんうんうんうん。我々にとって、障害となる因子。分かるかい?そう、アンパンマンだよ」
    「おや、アンパンマンならさっき、パトロールに行ってしまったよ。でもすぐ帰って来ることだろう。そうだ、美味しいお菓子があるんだよ。帰って来るまで、一緒にお茶でも飲むかい?」
     
    心なしか、ジャムおじさんの口調は早まっていた。
    お茶を取りに行こうとしたジャムおじさんを、男は制止する。


    12: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:57:38.56 ID:GWCl//d70

    「アンパンマンの能力はまさに冗談と言える代物だ。不死身の肉体を持ち、空を自由に飛び回る。
     そしてその拳は、巨大な岩さえ打ち砕くと聞いている。
     しかしながら、喜ばしい事に、我々は安全なのだよ。安心してもらいたい。
     なぜならこうして、今、パン工場に立っているのだから」
    「…君たちは、何をしに来たんだい?」
    男は、何も答えず、懐から取り出した物をジャムおじさんへと突き付けた。
    それは、ジャムおじさんにとって、初めて見る物体だった。
    鈍い光を放ち、この世界には存在しない概念で固められている。
    ジャムおじさんの額に、冷たい金属の感触が伝わった。
    「バタ子さんや、アンパンマンを呼んできてくれないかい?」

    突き付けられた拳銃。

    死、という概念。

    笑みを浮かべる男。

    その全てがルールの外からやってきた。


    13: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/02(水) 22:59:07.38 ID:GWCl//d70

    それでもジャムおじさんは自分のルールに従った。
    危機が迫ったのなら、アンパンマンを呼ばなくてはならない。
    手の平には、今まで掻いた事の無い汗が滲んでいる。
    視線の先にいるバタ子さんに、不安を与えたくは無かったが、声は微かに震えてしまった。彼女は口元に手をあて、固まったように動かない。

    「バタ子さん。アンパンマンを…」

    「それには及ばない」

    ジャムおじさんの言葉を遮るように、乾いた破裂音がパン工場に響き渡った。


    16: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 18:58:07.35 ID:K1mSpJS+0

    「頑張ってね!アンパンマーン!」
    空に向けて子供たちは手を振っていた。アンパンマンも答えるように手を振っている。
    暖かい太陽の光に、子供たちは目を細めた。
    アンパンマンは視界の外へと飛び去っていった。

    「今日は楽しいピークニック!みんなで楽しいピクニック!」
    楽しそうに、誰かが歌い出した。それにつられて、いつのまにか子供たち全員が歌い出していた。
    「ほらほら。みんな、ちゃんと歩きなさい」
    振り向いて、そう子供たちに注意を促すのは、みみ先生だった。
    困った顔をしているものの、その表情は幸せに満ちている。
    楽しくお喋りしながら、子供たちは森の小道を歩き続けた。


    17: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 18:59:28.32 ID:K1mSpJS+0

    「あーぁ。早くお昼ご飯食べたいなぁ~」
    「僕もお腹減っちゃったよ」
    歩きながら、カバ夫くんとピョン吉くんはお腹に手を当てていた。
    「もう。二人とも食いしん坊なんだから。あとちょっとなんだから我慢しなさい」
    ウサ子ちゃんのその口調は、まるで二人の母親のようだ。
    それに反抗するようにカバ夫くんが声高に言う。
    「だって、今日のお昼はどんぶりまん3人の特製丼なんだよ!」
    その目は真剣そのものだ。カバ夫くんの迫力に、子供たちの視線はどんぶりまん達に注がれた。
    「そうそう。あたしのてんどんは世界一ざんすからねぇ。皆たのしみにするざんす」
    「何を言ってるのかね。ミーのカツドンが世界一ね」
    「オラの釜飯が世界一だべ~」
    いつものごとく、3人の小競り合いが始まる。その光景を見ながら楽しそうに笑う子供たち。
    当の3人も、いつのまにか笑い声に包まれていた。

    その時、確実に迫っている異変に、誰も気付かないでいた。


    18: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:01:43.93 ID:K1mSpJS+0

    丁度、森の広場が見えてきた頃だった。

    耳をつんざくような、甲高い金属音が響いた。

    「キャー」そう声をあげたのはウサ子ちゃん。
    「うわぁ」情けない声をあげているのはカバ夫くん。
    皆それぞれ、得意の反応を示した。何かおかしな事が起こった時にする反応。
    答えが先に分かっている時の、お決まりの反応だった。
    「みんな大丈夫?」
    すぐさま、みみ先生が子供たちに声をかける。この世界でのルール。
    「うん大丈夫だよ、先生」
    子供たちがそう答えようとした時

    どさり

    と、音がした。何かが地面に倒れこむ音。


    19: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:07:14.31 ID:K1mSpJS+0

    音のした方向へ、皆が視線を向ける。
    そこに倒れていたのは、かまめしどんだった。
    けれどその違和感に、そこにいる誰もが声を出せずにいた。

    かまめしどんの頭部、釜の部分が粉々に砕けていた。地面には釜飯が散らばっている。
    その瞬間、なぜだろうか、見慣れているはずの釜飯が、得体のしれない奇妙な何かに見えてしょうがなかった。

    「きゃああああああああああ」

    ウサ子ちゃんが、生まれて初めての悲鳴を上げた。

    ルールにそぐわない、平和な世界を切り裂く声。

    その悲鳴が合図だっかのように、森の影から多くの男が現れた。
    「子供たちはなるべく傷つけずに捕らえろ。抵抗するものは殺して構わん」
    男の一人が静かな声で言う。一斉に男たちの手によって子供らが捕らえられた。
    無機質な、無駄の無い動き。
    叫び声と悲鳴が、森の木々へと吸い込まれていった。


    20: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:10:35.48 ID:K1mSpJS+0

    初めての状況だった。
    カツドンマンは動けずにいた。
    自分達のルールに当てはめることが出来ない。
    かまめしどんは、いつもの弱弱しい声を出すことなく、釜の大半が醜くひしゃげ、地面に伏せている。
    子供たちは聞き慣れない悲鳴をあげている。

    それらに対して、男達は一切の反応を見せていない。

    こんな光景は見たことが無い。
    それでも、一つだけ、カツドンマンにはするべき事が分かっていた。

    子供たちを助けなくてはいけない。

    子供たちが連れ去られそうになっている。その犯人がバイキンマンでなくても構わない。
    今、子供を助けるのが、カツドンマンの出せるただ一つの答えだった。

    「子供たちから手を離すね!」

    その声に、男達は振り向きもしなかった。無意識に息を呑んだ。
    自分の知らないルールに打ちのめされる。
    カツドンマンの世界が、ぐにゃりと、形を歪めていく。

    「こ、子供たちから、手を離すね!」

    そう叫んで、カツドンマンは男達へと向かっていった。


    21: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:12:49.81 ID:K1mSpJS+0

    -----カツドンマンは、地面から立ち上がった。全身砂まみれだった。
    辺りを見回す。けれど目に入るのは、森の木々と、青い空。そして地面に伏しているかまめしどんだけだった。

    男達も、子供たちも、みみ先生も、この場から消え去っていた。

    「てんどんまんは?」
    ふと気付いたように、カツドンマンは友の名前を口にした。
    記憶には、自分と同じように男達と戦うてんどんまんの姿があった。
    連れ去られてしまったのだろうか。
    もしくは、傷付いてどこかに倒れているのだろうか。
    どちらにしても、探さなくてはいけない。
    懸命に、周囲に目を凝らした。遠くの方、森の広場の中心で、何か動く物があった。

    カツドンマンは広場へと走っていった。


    22: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:16:28.52 ID:K1mSpJS+0

    広場の中心には木が一本立っていた。陽の光を遮るように葉が広がっている。
    その木陰の中に、てんどんまんが座っていた。

    「てんどんまん、大丈夫かね?」
    カツドンマンがすぐに駆け寄る。
    てんどんまんは、その体を木に縛り付けられ、口はテープで塞がれていた。
    そしてぐったりと、首をもたげている。
    てんどんまんが、カツドンマンに気付いた。目を見開き、涙を流しながら、弱弱しくうなっている。
    「大丈夫ね。今すぐ助けてやるからね」
    口元のテープを一気に剥がす。テープが剥がされると同時に、てんどんまんはかすれた声で何かを言った。
    乾いた息に混じって、カツドンマンには聞き取れなかった。

    「どうしたね?もしかして、あいつらに天丼を抜かれてしまったのかね?安心するね。今すぐミーのカツドンを分けてやるからね」

    その言葉にてんどんまんは大きく反応した。けれど力が出ず、カツドンマンを止めることが出来ない。

    「大丈夫だから。ちょっと待つね。空っぽのどんぶりじゃ可哀相だからね。」


    そう言いながら、カツドンマンがてんどんまんの蓋を開ける。


    23: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/03(木) 19:27:27.94 ID:K1mSpJS+0

    ピン


    と、ガラスを爪はじいたような、小気味良い音がした。

    カツドンマンが覗くと、予想に反し、中は空っぽでは無かった。
    見知らぬ緑の球体がひしめきあっていた。

    それが何であるかカツドンマンには分からなかった。考えることも出来なかった。

    この世界には存在しない異質な物体。
    M67破片手榴弾。

    てんどんまんの涙が、地面へと落ちていく。

    「開けては…ダメざんす…」

    その叫びは、眩い光と爆音に包まれ、カツドンマンに届くことはなかった。


    27: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 00:15:38.88 ID:LFIm09ZV0

    「はじめまして、バイキンマン」
    バイキン工場の中、いつの間にか一人の男が立っている。

    バイキンマンは声も出せずに振り向いた。

    いつ入って来たのか。

    なぜそれが分からないのか。

    もしこっそり入って来たと言うなら、頭から煙を出して怒鳴ることが出来るはずなのに。

    なぜ・・・

    「お前ら誰だ!オレ様の城に勝手に入ってきやがって。さっさと出てけ!」

    なぜ、自分の声は震えているのか。


    28: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 00:19:30.42 ID:LFIm09ZV0

    「バイキンマン、あなたはアンパンマンを倒したいですか?」
    「なにぃ?」
    「言うなれば、私達はあなたの味方ですよ。私達にとってもアンパンマンは邪魔な存在だ。
     一緒にアンパンマンを倒しましょう」

    男は笑みを浮かべている。
    その異様な雰囲気に、バイキンマンはたじろいだ。

    「いいから出てけ!」
    「協力と言っても、実際に手を下すのは我々がやります。だからあなたには、アンパンマンに関する情報を提供していただきたい」
    「うるさい出てけ!オレ様は誰の手も借りん。何よりお前らが気に食わない!」
    「そう、ですか。それは残念だ。我々は今、非常に悲しい気持ちになりました」

    言葉とは裏腹に、男は変わらない笑みを浮かべていた。
    バイキンマンの声が大きくなっていた。

    「分かったらさっさと出てけ!」

    男は溜息をつく。やれやれ、とでも言いたげに首を振った。

    「致し方無い。こういう方法を取らせていただく」

    男が手の平を、肩の位置に上げた。


    29: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 00:29:17.66 ID:LFIm09ZV0

    それが合図だったのか、複数の男達が突如現れた。
    男の肩には誰かが担がれている。バイキンマンの表情が強張った。

    「何するのよ!レディにヒドいじゃない!」
    「ドキンちゃん!!」

    後ろ手を縛られたドキンちゃんが、床へと転がされる。

    「いったーい。もうホントいい加減にしなさいよね!」

    ドキンちゃんは、まだ自分のルールに基づいていた。
    けれどその姿を見て、バイキンマンの中では何かが変化していった。

    「ドキンちゃんを離せ!」
    「えぇもちろん。あなたが協力するとおっしゃってくれるのなら」
    「バイキンマン!早くこいつら追っ払ってよ」

    男達と、ドキンちゃん。
    二つの世界の狭間に、バイキンマンは立っていた。
    バイキンマンは拳を握り締める。

    「バイキンマン!」

    ドキンちゃんの声に、バイキンマンは突然走り出した。
    男達に背を向けて、この場から逃げ去るように走り出した。
    それはルールとは違う行動だった。

    「なんなのよもぉ!バイキンマンのバカァ!」

    それは普段のドキンちゃんが言う台詞。ルールに基づいた台詞。
    なのに、ドキンちゃんの声は、困惑の色で溢れていた。
    不安な眼差しで、男達を見上げる。

    何か大きなものに、呑み込まれていくようだった。


    30: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 00:35:04.36 ID:LFIm09ZV0

    「あららら。バイキンマンが逃げ出してしまいましたよ、ドキンちゃん」

    男達が楽しそうに笑っている。

    「あんたたち、何者なの?」
    「あぁ。そういえば自己紹介がまだでしたね。
     しかし残念なことに、我々は、あなたがたのような、個々別なキャラクターを反映する名前を持ち合わせていないんですよ。
     名前を持っていることには持っているのですが、それは単なる記号にすぎない」
    「何訳分かんないこと言ってんのよ。もうここには用は無いんでしょ。この縄ほどいて、早く出て行きなさいよ!」
    「ですから、我々を呼ぶときには、総称を使っていただくに他ならないわけです」
    「いいから、早く、出て行きなさいよ」

    自分の知らない応答に、ドキンちゃんの声は小さく、かぼそくなっていった。

    「なので我々を呼ぶ際には、人数や個々に関わらず、是非こう呼んで頂きたい」

    ドキンちゃんの視線を受けて、男の笑みは一層強くなる。


    「人間、とね」


    44: 続き 2009/12/05(土) 15:15:11.14 ID:2ZTF1Df70

    小さな音がした。

    男達が目をやると、壁にヒビが入っていた。そこから細かい破片が床へと降り注いでいた。 
    次の瞬間、ヒビの中心をぶち破るように、巨大なロボットが現れた。

    「ハーヒフーヘホー!オレ様のロボットで、お前ら全員踏み潰してやる!」 

    バイキンUFOが変形した二足歩行ロボット、、通称『だだんだん』。
    アンパンマンと何度も戦い、その度に苦い想いを経験しているロボットだ。

    「しかぁし!お前らみたいな変な奴らに負けるほど、やわなロボットじゃないのだ!」

    バイキンマンの高笑いが工場に響いた。
    その声にドキンちゃんもほっと息をついた。たとえバイキンマンが負けても構わない。
    これで全てが元通りだ。
    バイキンマンは、情けない声をあげながら気を失い、起きてから凄く落ち込むことだろう。
    それを見ながら私はバイキンマンを馬鹿にするのだ。アンパンマンじゃなくてもアンタはダメなのね、と。
    まあたまには、その後傷の手当してあげても良いけど…。

    けれど、いつもの展開には発展しそうになかった。
    その場から居なくなってしまったのかと言うほど、男達は静かだった。


    45: 続き 2009/12/05(土) 15:17:42.92 ID:2ZTF1Df70

    「なによアンタたち!ビックリして声も出ないのね!」

    焦ったようにドキンちゃんが叫んだ。早く、いつもの展開に戻さなくてはいけない。
    返答の代わりに、手を鳴らす音が聞こえた。

    誰かが拍手している。こんな時に、拍手?

    男の一人が感嘆の声をあげた。

    「素晴らしい!素晴らしいよバイキンマン。耳にしてはいたものの、実際に目にすると君の科学力には本当に驚かされるな。是非ご教授いただきたいものだよ」

    予想していた反応と違う。それだけでバイキンマンの手にはじっとりと汗が滲んできた。

    「うるさーい!ごちゃごちゃ言ってないで、さっさとドキンちゃんから離れろ!」

    男達を蹴散らすように、ロボットが歩き始める。
    普段だったら、蜘蛛の子を散らすように逃げ惑うやつらを、笑いながら見下ろしていれば良い。
    誰一人として踏み潰したりはせず、堂々と闊歩するだけで良い。
    そしたら、アンパンマンのやつが現れてくれる。

    しかし男達は、一匹の大きな生き物のように、一塊のままロボットから距離を取った。
    声も出さずに全員で同じ動作を行う様子は、薄気味の悪さ以上に、このまま相対してはいけない恐怖をバイキンマンに感じさせた。

    「なにやってるのよバイキンマン!早くあいつらをやっつけて!」

    ドキンちゃんの声が、バイキンマンを自分達の世界に繋ぎ止める。

    「お前ら、俺様のロボットに手も足も出ないな!」

    バイキンマンが再び歩き出そうと、レバーを握る手に力を込めた時、男達が一斉に何かを取り出した。
    「撃て」

    誰が発したのか分からないその一言で、激しい金属音が鳴り響いた。
    横殴りの雨を受けるように、無数の銃弾がロボットに降り注ぐ。
    ドキンちゃんは聞いたことの無い音に襲われ、体を丸め、ぎゅっと目を閉じていた。


    46: 続き 2009/12/05(土) 15:19:28.55 ID:2ZTF1Df70

    銃声が鳴り止んだ。

    経験したことの無い男たちの行動が、バイキンマンの全身に汗を噴出させた。
    しかし幸いなことに、その行動にはアンパンマンほどの力は無かった。
    バイキンマンの声が幾ばくかの元気を取り戻す。

    「ハーヒフーヘホー!そんなものじゃ俺様のロボットはビクともしないのだ!」

    男の一人が笑みを浮かべた。

    「ああ、まったく、そのようだ。さすが、と言うべきかな」
    「降参するのも今のうちだぞ!さっさと俺様の工場から出て行け!」
    「何か特殊な金属でも使っているのか?傷一つ付かないとは」
    「俺様は本気だからな!早くしないとギタギタにするぞ!」
    「けれど、どうやらコクピットの強度はそれ程でも無さそうだ。とは言ってもこの角度では君に当たりそうも無いのだがね」
    「訳分かんないことばかり言いやがって!もう怒ったぞ!」

    バイキンマンがロボットの足を踏み出そうと動かし始める。
    男達はそれを見ても何ら表情を変えずに、先ほどと同じ様に銃を構えた。


    47: 続き 2009/12/05(土) 15:22:39.28 ID:2ZTF1Df70

    「何度でもやってみろ。俺様のロボットは無敵なのだ!」

    「おっしゃる通り。では、こういう手はいかがかな?」

    男達は銃口をロボットから別の対象へと向けた。

    そこに居たのはドキンちゃん。
    目をパチパチさせ、この後の展開を想像出来ないでいる。

    バイキンマンも同じだった。
    自分の知らないルールで、何が正しいのか、何をすればいいのか。
    考え判断する思考を、持ち合わせていなかった。

    ただ、ルールに関係無く、バイキンマンはドキンちゃんが好きだった。

    大好きだった。

    自分が何をして、何で喜ぶのか。

    そんなことは分かりきっていたのだ。


    再び、工場内が銃声で満たされていく。


    50: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 18:28:27.55 ID:2ZTF1Df70

    「バイキンマーン!ドキンちゃーん!」

    食パンマンがあらん限りの声を振り絞っていた。しかし、すぐに声はかき消されてしまう。
    バイキン工場内は、あちらこちらから爆発音が聞こえ、壁は崩れ落ちつつあった。
    あとどれくらい持ち堪えてくれるのかも分からない。もう二人はここには居ないのだろうか。

    「バイキンマーン!どこに居るんですかぁー!」

    崩れる壁の中を縫うように、食パンマンは奥へと進んでいった。

    ある部屋の入り口に、ゆらゆらと動く影が見える。

    「あれは・・・ドキンちゃん!」

    食パンマンの声に気づいたのだろう。ドキンちゃんも視線をあげた。
    その目は虚ろで、まだ食パンマンの姿が見えてないようだった。


    51: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 18:30:18.03 ID:2ZTF1Df70

    食パンマンがドキンちゃんの目の前へと降り立つ。様子がおかしい彼女の肩をつかみ、問いただした。

    「ドキンちゃん、大丈夫ですか?いったい何が起こってるんです?これは誰の仕業なんですか?」

    紳士な態度とは言えない矢継ぎ早な質問。
    それでも、食パンマンの声に、存在に、ドキンちゃんの顔は力を取り戻していった。
    そして質問に答える代わりに、くしゃっと顔をゆがめてしまった。

    「食パンマン様ぁぁぁぁ」

    ドキンちゃんは食パンマンに抱きつき、耳が痛くなるほどの泣き声をあげる。
    困惑した食パンマンは彼女の肩を抱き、少し落ち着くのを待った。

    しゃくり声をあげるドキンちゃんに、先ほどと同じ質問をかける。

    「ここで何が、あったんですか?」

    ドキンちゃんは何も言わず、小さく首を横に振った。

    「これは誰の仕業なんですか?」

    また首を振る。答えが得られることを信じていた食パンマンは、その反応にたじろいだ。
    ドキンちゃんですら何も知らないとなると、今この世界はどこに向かっているのだろうか。
    ずっと目を背けていた不安が一瞬にして食パンマンに絡みつく。
    食パンマンもそれ以上ドキンちゃんに質問出来ないでいた。
    次の展開を望むように、ドキンちゃんの顔の上で目を泳がせた。


    52: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 18:31:58.48 ID:2ZTF1Df70

    二人の沈黙を破るように、一際大きな爆発音がして、壁が激しく崩れ落ちてきた。
    我に返ったように食パンマンは工場内を見渡す。

    「ドキンちゃん!とりあえずここから出ましょう。このままでは二人とも埋まってしまいます」

    コクコク、とドキンちゃんは頷いた。その手を取り、食パンマンは出口へと向かおうとした。

    「なんなんですか一体・・・」

    手を引かれるがままにドキンちゃんも歩き出そうとする。

    「バイキンマンの仕業じゃないとは・・・」

    その瞬間、急に食パンマンの手が振りほどかれた。驚いて後ろを向くと、ドキンちゃんは真っ直ぐに食パンマンを見つめていた。

    「食パンマン様、ごめんなさい。アタシ行けない」
    「何言ってるんですかドキンちゃん!このままでは工場が崩れ落ちてしまいますよ!」
    「でもダメなの。だって、バイキンマンが待ってる」
    「え、バイキンマンがいるんですか?」

    食パンマンの声を無視するかのように、ドキンちゃんは元いた場所に向かって走り出した。
    その後姿追いかけようとした食パンマンの視界を、崩れ落ちてきた壁が遮る。

    「ドキンちゃーん!」


    もうその声は彼女に届いていないようだった。


    53: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 18:34:51.73 ID:2ZTF1Df70

    地震のように激しく床が揺れている。
    眼前に広がるのは数時間前とは打って変わった工場内の景色。
    壁は残っているところを探す方が難しく、至るとこに亀裂が走り崩壊している。

    その中心に巨大なロボットが居た。
    四つんばいの格好で、先ほどまで動いていたのが嘘のように、重い金属の塊と化している。
    ドキンちゃんはコクピットの部分に寄りかかった。

    「全く、アンタのおかげで私もここに残るはめになっちゃったじゃない」

    セリフとは裏腹にその声は穏やかだった。

    「食パンマン様の誘いを断ったのよ?せっかくのデートだったのに」

    「でもこんな埃だらけじゃダメよね。・・・何嬉しそうな顔してるのよ。しょうがないわね」

    「目が覚めたら、早く工場内を綺麗にするのよ。綺麗なのが苦手だからって、今回ばかりは許さないんだから」

    コクピットを覆っていたガラスは粉々に砕かれている。
    その中、バイキンマンは背もたれに体を預けて目を瞑っていた。


    54: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/05(土) 18:38:37.77 ID:2ZTF1Df70

    眠ったように静かなバイキンマン。
    その表情は、今までにないくらい幸せに満ちている。

    ただ、バイキンマンの下半身は、跡形もなく、見るも無残に消し飛んでいた。
    無数の銃弾がバイキンマンの体を引き千切っていた。

    「ねぇ、早く、目を覚ましてよ。バイキンマン・・・」

    そんなバイキンマンを見て、ドキンちゃんは微笑む。

    幸せそうな表情のバイキンマン。

    周囲を崩れ落ちた壁が包み込む。


    静かに、ゆっくりと、二人の世界が終わりを告げた。


    61: 続き 2009/12/06(日) 03:10:57.11 ID:WVDFJSYT0

    アンパンマンは躊躇した。
    パン工場のドアに手をかけたまま、一瞬その動きを止めてしまった。

    このままドアを開けても良いのだろうか。
    いや、良い悪いでは無い。自分はこのドアを開けても、自分でいられるのだろうか。
    そんなことを考えてしまう自分の変化に、アンパンマンは気づけないでいた。
    異なるルールが、徐々にアンパンマンの精神を塗りつぶしていく。

    不吉な考えを追い払うように頭を振り、ドアを開けた。


    62: 続き 2009/12/06(日) 03:12:44.06 ID:WVDFJSYT0

    室内は薄暗く、異様な臭気が漂っていた。
    暗いのは明かりだけじゃない。ジャムおじさんとバタ子さん、二人の明るい声も聞こえてこなかった。

    アンパンマンは中に足を踏み入れることが出来なかった。
    助けを求めるように、工場内に視線を巡らせる。

    「ジャムおじさん。バタ子さん。居ないんですか?」

    それはアンパンマンが出してはいけない声だった。
    顔は一切濡れてないはずなのに、怯えと困惑の色で満たされた声。
    勇気の化身であるはずのアンパンマンが、アンパンマンで無くなってしまった瞬間。

    見えてはいた。

    床に横たわる“それ”が、視界には入っていたのだ。
    ただそれは、この世界にあるはずも無い物。あってはならない概念。

    ゆっくりと、アンパンマンは工場内に足を踏み入れる。
    それを目の前にしても、アンパンマンはまだ理解することを拒否していた。
    それに手をかけ、ごろりと上を向かせる。

    頭を打ちぬかれた死体。
    数時間前、ジャムおじさんであった物体。

    アンパンマンは息を呑んだ。
    名前を呼んではいけない。これがジャムおじさんであってはならない。
    快活な笑顔と優しい声。それを持たぬこれを、ジャムおじさんと呼んではいけない。

    後ずさるようにアンパンマンはそれから離れた。
    壁に寄りかかり、上手く息を吸うことの出来ない胸を押さえた。


    63: 続き 2009/12/06(日) 03:14:36.70 ID:WVDFJSYT0

    「アン・・・パ・・・ン」

    かすかに聞こえる声に、アンパンマンは小動物のように飛び上がった。

    「アンパンマン・・・そこに居るの?」

    声の主は、バタ子さんだ。
    それに気づいたアンパンマンはすぐさま彼女のもとに駆け寄った。
    バタ子さんも、部屋の奥で床に横たわっていた。

    アンパンマンはバタ子さんを抱き起こす。
    しかし、抱き起こしたバタ子さんは、アンパンマンの知らない誰かだった。

    「アンパンマン、無事だったの?」

    バタ子さんの声がするものの、彼女の顔は赤い液体がべっとりとへばり付いている。

    「アンパンマン・・・なの?私、今、何も見えないの」

    彼女の目は赤黒く、一欠けらの光も映しこんではいない。

    「ジャムおじさんも、チーズも、あいつらにやられてしまったの・・・」

    これは誰だ?

    いや、僕は知っている。

    本当は理解しているのだ。

    ああ、もう、戻れない。

    昨日までの日々には、もう戻れないのだ。


    64: 続き 2009/12/06(日) 03:16:08.01 ID:WVDFJSYT0

    一歩、踏み出さなくてはならなかった。
    腕の中で横たわる彼女の、大好きだった彼女の、愛おしい名前を、僕はちゃんと呼んであげなくてはならない。

    「バタ子さん、大丈夫ですか?」

    恐怖も不安も、そこには含まれていなかった。別の何かが体を支配していく。
    バタ子さんは力無い笑顔を向けた。

    「アンパンマン、良かった。無事だったのね」
    「いったい、何があったんです?」
    「急にあいつらがやって来たの。外から。私達の知らないところから」
    「あいつら?」
    「人間、と言っていたわ。あいつらは、この世界にあってはならない物を持っていたの」
    「・・・そいつらがバタ子さんを、皆を、こんな風にしたんですね」

    アンパンマンは、バタ子さんを自らの胸の中できつく抱きしめた。

    「離して、アンパンマン。顔が汚れてしまうわ」

    聞こえないかのようにアンパンマンは抱きしめ続けた。

    「ねえアンパンマン。私、分かっているの。私はもうバタ子さんでは無いわ。もうパンを焼いたり、笑ったりは出来ない。
     あなたの知ってるバタ子さんはここには居ないのよ。だから、ねえ、もう放っておいていいのよ」

    バタ子さんもまた、自らをルールの外に置いていた。
    全てを受け入れ、理解していた。

    なぜかその声はいつもより優しく聞こえた。


    65: 続き 2009/12/06(日) 03:18:26.94 ID:WVDFJSYT0

    「アンパンマン、泣いているの?」

    バタ子さんの顔の上へと、涙が落ちる。

    「顔が濡れてしまっては力が出ないでしょう。正義の味方なのに、子供みたいよ」

    バタ子さんはくすくすと笑った。

    「いつもだったら、すぐに新しい顔を焼いてあげられるのに。ごめんなさい。私にはもう無理なの」

    アンパンマンは黙って首を振る。

    「でもアンパンマン、安心して。釜の中に最後の一つが残っているわ。それをつけたらもう泣いてはダメよ?アナタは正義の味方なんだから。他の人達を助けに行って」
    「・・・バタ子さん」

    何でも良い、何でも良いから声をかけたいのに、アンパンマンの口からは何も発することが出来なかった。

    「ほら、早く行きなさい」

    バタ子さんは、ニッコリと微笑んでみせる。
    そして明るい声で言った。

    「それいけ、僕らの、アンパンマン」

    腕の中の彼女がずっしりと重くなった。
    もう彼女は話すことも、笑うことも出来なくなってしまった。
    不思議なことに、経験したことの無かったそれを、アンパンマンはすんなりと受け入れることが出来た。


    66: 続き 2009/12/06(日) 03:21:31.78 ID:WVDFJSYT0

    アンパンマンは目を閉じ、もう一度きつく抱きしめた後、静かに、大切に、彼女を床へと寝かせた。

    力の入らぬ体で立ち上がり、釜の前へと足を進める。
    普段なら軽く開けられる扉が、やけに重く感じる。

    中にはバタ子さんの言った通り、アンパンマンの顔が入っていた。
    しかしそれは焼きあがる前の、生の生地だった。
    手に取ると湿っていて、重く、指がめり込むようだった。
    ふわふわで温かい新しい顔とは似ても似つかない代物。

    それでもアンパンマンは自らの顔を外し、新しい顔へと付け替えた。
    膝から崩れ落ちそうになる。体中に重りをつけられたかのように、全身から力が抜けた。
    それでも足を踏ん張り、歯を食いしばった。

    あらん限りの力で足を上げ、出口へと一歩を踏み出そうとした時、

    空気を震えさせるような爆音が響いた。

    激しい衝撃が体を貫く。
    気がつけば周囲は炎に包まれていた。
    バタ子さんも、ジャムおじさんも、見る間に黒ずみ縮んでいく。

    炎に揺らめきながら、外の方に何かが見えた。


    67: 続き 2009/12/06(日) 03:23:31.24 ID:WVDFJSYT0

    「ヤーヤーヤーヤー。これでかの有名なパン工場も一巻の終わりといったところだね。アンパンマンも彼らと共に消し炭と変わったことだろう。
     仲間とともに死ねるなら、優しいアンパンマンの本望だろうさ」

    パン工場の外には男達が一列に並んでいる。
    その後ろには巨大な鉄の車。主力戦車、MIエイブラムス。

    「うんうんうんうん。なんと嬉しきことかな。アンパンマンが居ないとなれば、この世界は我々のものになったも当然だ。」

    男は両手を広げて空を仰ぎ見た。

    「豊富な土地と資源。我々の世界とは異なる性質を持つ未知なる物質。
     科学者でなくても、この世界の素晴らしさには感動せざるを得ないね」


    燃えさかるパン工場が音を立てて崩れ落ちた。


    68: 続き 2009/12/06(日) 03:25:38.77 ID:WVDFJSYT0

    「ん?」

    男の目に、炎の中、一つの影が揺らめいてるのが見える。

    「君が・・・」

    その影が何かをつぶやいた。男の耳には届いてこない。

    「君が僕を・・・」
    「全く、しつこい奴だ」

    男が後ろの戦車へと合図を送る。轟音とともに主砲が発射された。
    爆風と炎が影を包み込む。
    が、次の瞬間、影を包んでいた炎が全て吹き飛ばされていた。

    突風が吹いたのではない。
    彼が自らのマントを翻し、全ての炎を消し去ったのだ。


    瓦礫の中、アンパンマンが立っている。

    「君が僕を」

    その声は空気を震わし、地面を揺らした。

    「焼成させた!」

    それは咆哮に似た叫びだった。


    69: 続き 2009/12/06(日) 03:29:23.81 ID:WVDFJSYT0

    釜で焼かれた顔ではない。
    斑についた焦げ目は醜く、優しい顔など作れやしない。
    それでも体の内には、ふつふつと力が湧いてきている。

    新しく手に入れた感情、手にしたくなかった感情。
    愛や勇気はもう自分の体を満たしてはくれない。

    それでも、それでも戦う。

    譲れない何かのために。

    たった一つの理由のために。

    アンパンマンはその決意を言葉に込めた。

    誰に言うでもなく、一人つぶやく。


    「元気百倍、アンパンマン」


    83: 続き 2009/12/06(日) 18:12:46.04 ID:8+fcfG650

    それはまさに、ファンタジーの世界だった。

    全ての悪を屠る強さ。

    物語で読むヒーローの姿。

    部隊を一歩前へ出させた。攻撃目標はもちろん彼だ。
    ただ、銃を構えさせる前に、一人の頭が消し飛んだ。
    瓦礫の中に居たはずの彼がそこに居る。彼に我々の距離の概念は通用しない。
    拳の一振りで、熟したトマトのように頭部が弾ける。残された体は小刻みに震えていた。

    その場に居た男達が一斉に銃を向ける。

    しかしそこに彼は居ない。銃口を四方へ向けながらその姿を探す。

    馬鹿なやつらめ。彼には重力の概念すら無いというのに。

    男の視線の先に彼が居た。
    空中で、マントをなびかせながら、眼下に居る我々を見下ろしている。


    84: 続き 2009/12/06(日) 18:14:18.12 ID:8+fcfG650

    「上だ!」一人が叫ぼうとする。

    しかし最初の一文字すら発音させてもらえない。
    叩きつけるように振るわれた拳によって、そいつは単なる地面の赤い染みと化した。

    我々は、なんと脆く醜い生き物なのか。
    彼の拳に対し、腐った果実を握り潰すような、湿り気を帯びた音を立てることしか出来ない。
    空に飛ばされ、キラリと光って消えていくことも出来ず、赤黒いペンキをそこらにぶち撒けるだけ。

    それにしても、我が部隊も残り少なくなったものだ。

    そこのお前、情けない悲鳴をあげるんじゃない。
    どうせ銃弾など当たりはしないのだ。たとえ当たったところで、傷の一つも付けられない。

    冗談のような存在。

    御伽噺の主人公。

    あれだけの血の雨を降らせたというのに、なぜ一滴たりともその身に浴びていないのか。


    ああ、なんて彼は、美しいのだ。


    85: 続き 2009/12/06(日) 18:16:31.16 ID:8+fcfG650

    「くふ」

    尊敬と畏怖の念が口から漏れ出した。
    それは笑い声に聞こえた。

    「くふふふふふふ」

    いや男は笑っていた。彼の者の姿を目の当たりにし、笑っていたのだ。

    微塵の気配すら感じさせず、彼は自分の脇を通り抜ける。
    後ろを振り向かずとも分かる。
    轟音を響かせながら、主力戦車がハリボテの如く吹き飛ばされたのだ。

    ものの数分の出来事だった。もうこの場には彼と自分しか居ない。

    冷たい風が、頬を撫でた。

    「ああ、君は素晴らしいよ。アンパンマ」

    男の意識はそこで途切れた。


    105: 遅くなってすいません 2009/12/07(月) 23:05:57.23 ID:kdXKz3Mj0

    「君たち、やめるんだ!」

    食パンマンが叫ぶ。

    それは悪を戒め、人々に勇気を与える言葉。
    聞いた相手が怯んでしまうようなセリフ。

    けれど、今は違う。

    「やめてくれ!」

    食パンマンは懇願するように叫ぶ。そこに力強さを感じることは出来ない。
    何も無い空間を掴むように腕を伸ばす。

    その先には、男が居た。


    106: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/07(月) 23:08:08.03 ID:kdXKz3Mj0

    町は、住人達は、その姿を変えていた。

    ある者はその愛くるしい顔を恐怖で歪ませ。
    ある者は自身に似つかわしくない悲鳴をあげ。
    ある者はもう何も言えない体になっている。

    周囲は倒壊した建物が並び、勢いの収まらない炎が瓦礫の山を明るく照らしている。

    その中に男が居た。

    足元には住人達が寝転んでいる。
    半分は食パンマンを見つめたまま、体を震わしていた。
    半分は地面の一点を見つめたまま、ピクリとも動かない。

    男が小銃を住人の頭へ押し当てる。

    「やめるんだ!」

    食パンマンが拳を振りかぶった。
    その瞬間、男は小銃から手を放し、両手を顔の前へ上げた。

    「分かったよぉ食パンマン。もう二度としないよぉ」
    「ほ、本当かい?今度は、本当、かい?」
    「あぁ本当だよぉ。嘘なんてつかないよぉ。もう悪いことなんてしないよぉ」

    食パンマンは短く荒い息を吐いた。


    107: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/07(月) 23:09:57.59 ID:kdXKz3Mj0

    良かった。この後どうすれば良いのかなら分かる。

    もう嫌だ。

    これで終わりだ。早く終わりにするんだ。

    「じゃあすぐに町の人達を離すん」
    食パンマンの声は途中で遮られる。

    笑い声と共に銃声が鳴り響いた。
    住人は自身を貫く銃弾に合わせ、小刻みに体を揺らせる。
    そして、音が鳴り止むと共に、一切の動きを止めた。

    「ぐひひひひひひ。ごめんよぉ食パンマン。嘘ついちゃったぁ」

    口から涎を吐き出しながら男が笑う。

    「ぐひ、ぐひひひひ」

    下水管が詰まったような笑い声。


    何度目だろうか。

    何度この笑い声を聞いたのだろうか。

    私は、何も間違っていないはずなのに。

    簡単な話だったじゃないか。いつもなら終わる話じゃないか。

    これしか知らぬ私に、どうしろと言うんだ。

    誰か・・・誰か・・・


    再び男が小銃を住人へと向ける。


    108: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/07(月) 23:11:56.41 ID:kdXKz3Mj0

    「ほらぁ撃っちゃうぞぉ」

    握った拳は、力を込めすぎてブルブルと震えている。
    その拳を大きく振りかぶる。

    「ぐひひ。やっぱりやめとくよぉ。悪いことはしちゃいけないもんなぁ」

    大量の涎が地面へとこぼれ落ちる。男は肩を上下させ笑っている。

    食パンマンは拳を下ろすことが出来ない。
    その表情は苦痛に耐えるように歪んでいる。

    「う、うあああ」

    食パンマンの喉から搾り出された叫び。

    気高き、正義の、鋼鉄なる拳を

    男へと向けてしまった。


    112: さらに続き 2009/12/08(火) 00:29:36.98 ID:iD4UBn/r0

    食パンマンの拳は、男の頭を振り抜いてはいなかった。
    男の眼前で止まっていた。

    いつ、現れたのか。

    力強い手の平によって食パンマンの拳は受け止められている。

    「この男を倒してはダメだろう?食パンマン」

    アンパンマンが、二人の間に立っていた。


    113: ID変わったけど1です 2009/12/08(火) 00:34:18.07 ID:iD4UBn/r0

    「アンパンマン・・・」

    食パンマンが呆けたように言った。

    「こいつは、もうしないと言っている。そうしたら、許してあげないといけないよ」
    「しかし、しかしですね」

    食パンマンの声が上擦る。

    アナタだって、知っているのでしょう?
    喉まで出かかっていたセリフが上手く言葉にならない。

    「食パンマン」

    そんな考えを読んだかのように、アンパンマンは語気を強めた。

    「君は、食パンマンだろう?」

    励まされたのでは無い。叱咤されたわけでも無い。
    言葉の通り、それは確認だった。


    114: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/08(火) 00:35:12.24 ID:iD4UBn/r0

    「ぐひひひ。さすがはアンパンマンだぁ。格好良いよぉ」

    男は腹を抱え、嬉しそうに体を揺らした。

    「アンパンマンの言うとおり、もうしないから、許してくれよぉ」
    「待ってくださいアンパンマン!この男はさっきもそう言って」

    アンパンマンは何も言わず、食パンマンの顔を見つめ、首を横に振った。

    「食パンマンにもごめんなさぁい」

    男の口からは次から次へと涎が溢れてくる。
    アンパンマンは男に背を向けたまま、その肩に手を置いた。

    「ぐひ?」

    ぶん、と風を切る音がした。すぐ後に続く、何かが潰れる音。

    近くの壁に叩きつけられた男は、自ら吐き出した涎のように、その体を地面へと滴らせた。


    115: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/08(火) 00:37:43.85 ID:iD4UBn/r0

    状況が何一つとして飲み込めない。

    あの男は、今、どうなったんだ?
    誰が、何をしたんだ?

    「食パンマン」

    両肩を掴まれ、食パンマンの焦点がアンパンマンに合わされる。

    「これは、何なんですか?何がどうなってるんですか?」
    「悪い奴らがやってきたんだよ」
    「違います!この状況を良く見てください。ああ、町が、みんなが・・・」
    「まずは、落ち着くんだ。そんなんでは、君のハンサムな顔が台無しだよ」
    「これが落ち着いていられますか!この状況が分かっているんですか?」
    「僕は、ちゃんと分かっているよ」
    「アンパンマン、どうしたんですか。私は一体どうすれば良いんですか!?」
    「食パンマン、ちゃんと、現実を見るんだ」
    「見てますよ!さっきから何を言っているんですか、アンパンマン・・・」
    「いいかい食パンマン。今、悪い奴らがやって来ている。そして多くの町の人達が困っている。
     それを助けるのが、食パンマン、君の役目だろう?」

    アンパンマンは、子供に言い聞かせるように、ゆっくりと、丁寧に言った。

    その時になって食パンマンはやっと気づいた。
    アンパンマンの顔が普段と違う。斑に焦げ、所々が引き攣っている。

    「・・・アナタは、どうするんですか?」
    「僕も戦うよ」
    「私と、同じように?」

    アンパンマンは黙ったまま何も答えない。


    116: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/08(火) 00:38:51.06 ID:iD4UBn/r0

    食パンマンの肩から手が離された。

    「アナタは!」

    ふわりと宙に浮いたアンパンマンを引き止めるように、食パンマンが言った。

    「食パンマン。この世界は君が守るんだ」
    「待ってください!」

    その声が届く前に、アンパンマンは飛び去っていった。

    一人立ちすくむ食パンマンは空を見つめ、彼が消えていった方向へとつぶやいた。


    「アナタは、いったい、誰なんですか・・・?」


    153: 1です 2009/12/09(水) 21:52:31.33 ID:dEJfRLz80

    「助けて!」

    子供達は寄り添いあい、震えている。
    それを取り囲むように小銃を持った男達が立っていた。
    恐怖のあまり子供達は声を出せずにいた。

    耳をつんざくような音の嵐。
    目の前で繰り広げられる銃撃。
    無数の弾丸をすり抜けるように空を舞う影。

    「助けて!」

    声が聞こえる。
    子供達は息を吸い、吐くだけでも精一杯だった。
    悲鳴すらあげられない。

    「助けて、カレーパンマン!」

    なのに助けを求める声が聞こえる。

    「待ってろ。今助けてやるからな!」

    カレーパンマンが答える。頼もしいセリフで、声で。

    それを聞いた男達の顔は、皆嘲笑するかのごとく歪んでいた。


    154: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 21:57:22.13 ID:dEJfRLz80

    向かい来る銃弾を視界に捕らえる。
    一つ一つはかわすに造作無い速さだとしても、四方八方を飛び交う銃弾を避けるには、わずかな隙間を縫うように飛ばなくてはならなかった。
    たとえ当たったところで、顔で無ければ傷一つ付くことは無いだろう。

    しかしミスは許されない。許してはいけない。

    自分自身が、許すことなど出来ない。


    156: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 21:58:58.88 ID:dEJfRLz80

    カレーパンマンは得意げに言った。

    「へっへへーん。お前らの攻撃なんて全然当たらないんだからな」

    その言葉の通り、カレーパンマンはひらりひらりとアクロバティックに飛んでいる。

    ただただ銃弾だけが空に消える状況の中、小太りな男が不安そうに隣を見上げた。

    「お、おい君、本当に大丈夫なのか?さ、さっきから全然当たってないじゃないか」

    吃音交じりの、聞き取りにくい声。
    隣に立つ男が張り付いたような笑顔で答えた。

    「ご安心ください大尉。我々にはこの通り人質がおります」

    小太りな男は後ろを振り返り、怯えた子供達を目にすると、ニタニタと笑った。

    「そ、そうだったな。いざとなったらコ、コイツ等を使えばよい」
    「ええその通りです。万が一なことがあったとしても、彼なら大尉だけは傷つけたりしないでしょう。
     なにせ彼は、かの有名なカレーパンマンですから」


    158: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:02:08.50 ID:dEJfRLz80

    「あ、ああ。なら良かった。お、おい!そこのお、お前!全然当たってないぞ。し、しっかりやれ!」

    小太りな男は安心したのか、急に部下に向かって声を荒げた。
    それをなだめる様に隣の男が言う。

    「大尉、気持ちも分かりますが落ち着きください。大尉には大尉の役目があるんですから」
    「おお、そうだった。す、すまんな。つい興奮してしまってな」
    「それでは、まだお続けになりますか?」
    「も、もちろんだ。まだカレーパンマンの力が、ぜ、全然見れてないからな。
     ウチの部隊も、全滅とはならないだろう?」
    「ええ、もちろん。いざとなったら、はっきりと、大声で、降参するように指示してあります」
    「うん。な、なら良いんだ」
    「それでは大尉。そろそろ、お願いします」
    「よ、よし。任せとけ」

    小太りな男が、張り切った声で空に向かい叫んだ。


    「助けて、カレーパンマン!」


    159: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:03:54.39 ID:dEJfRLz80

    「待ってろ。今助けてやるからな」

    しかしカレーパンマンは悔しそうな声で続けた。

    「とは言ったものの全然近づけねぇや。こっちに飛んでくる、このスイカの種みたいなのが邪魔だなぁ。
     ん?スイカの種?」

    カレーパンマンは空中で目まぐるしく飛びながら、腕を組んだ。

    「そういや前にパン工場のみんなでスイカを食べた時、チーズが上手く口から種を飛ばしていたな。
     ・・・そうだ!」

    何かを思いついたかのように、手のひらをポンと叩く。

    「よーし、それならこっちも同じ手だ!」

    大きく息を吸ったカレーパンマンは頬を膨らました。

    「これでもくらえー」

    いくつもの小さなカレーの塊が、口から勢い良く飛び出す。
    的確な狙いで地面に居る男達の顔へと降り注いだ。


    160: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:07:32.11 ID:dEJfRLz80

    刺激臭と熱さで男達がその動きを止める。

    「よし、今だ!」

    一瞬にしてカレーパンマンは男達との距離を詰める。
    瞬く間に男達の中心へと降り立っていた。

    そして一人の男の腹部目がけて拳を振るった。
    砲弾のように硬く重い拳が男へと向けられる。

    しかし拳は、男に触れると同時に止まっていた。
    そこからもう一度力を込め、男を投げ飛ばすように拳を振りぬく。

    数メートルほど宙を舞った男は、地面に叩きつけられ意識を失った。
    カレーパンマンすぐさま次の男へ向き直った。
    目にも留まらぬ速さで一連の動作を次々と行う。
    そこに居た男達は皆同じ方向へ飛ばされ、山のように積みあがり、怪我一つ無く気を失っていった。


    161: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:10:16.88 ID:dEJfRLz80

    拍手が聞こえる。

    「そこまでだカレーパンマン」

    男が地面に横たわるピョン吉くんに銃を押し付けている。
    隣では小太りな男が手を叩いて笑っている。

    カレーパンマンは堪えるように拳を握り締めた。

    「この~。卑怯だぞ!子供達から手を離せ!」
    「す、凄い!凄いなカレーパンマン!一瞬にして全員を気絶させた。し、しかも部隊の誰も、き、傷を負っていないじゃないか」

    カレーパンマンを無視するように小太りな男が叫んだ。

    「どうしますか、大尉?」

    ピョン吉くんに拳銃を押し当てたまま、男が聞く。

    「ん、うん。もう、ま、満足した。もう終わりにして良い」
    「そうですか。かしこまりました」
    「何ごちゃごちゃ話してんだ。くらえ!」

    二人の話を遮るかのように、男の顔へとカレーが飛んできた。
    男はうろたえること無く、カレーを手のひらで受け止める。

    「くっそ~」
    「はぁ。全く、君らは本当に、融通が利かないのだな。可哀相になるよ」

    男はため息をつきながら首を振った。

    「なぁカレーパンマン。もうこのくだらない茶番なんてさっさと終わらせよう」

    それを聞いた、カレーパンマンの表情が変わる。

    茶番?

    茶番だって?

    ふざけるな


    そんなの、最初から分かっていたさ。


    164: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:17:34.70 ID:dEJfRLz80

    「このカレーが正にそうだ。君の力なら容易く手のひらごと頭蓋骨を打ち抜けるだろうに。
     その鋼鉄の拳を振るうときですら、君は縛られている」

    オレは、縛られてなんかいない。

    「助けを求められたなら、たとえそれが誰であろうと、助けに向かわずには居られない。弱き者は守らずには居られない」

    そうだ。
    オレは、“そう”なんだ。

    「この世界では、誰も死なないそうだな。血すら流れない。何をしようが、反省すれば全てが許される」

    それがこの世界、オレ達の世界だ。

    「素晴らしい世界だね。全く、素晴らしすぎて反吐が出るよ」

    お前らに、何が分かる。

    この世界は何も変えさせない。


    165: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:21:25.91 ID:dEJfRLz80

    ごめんよ。出来れば子供達を助けてやりたかった。
    ずっと隙を窺ってはいたが、やっぱりオレでは無理だった。
    この世界に生きるオレでは無理だった。
    しかし
    オレは決して、お前らのルールなど持ち込ませない。
    この世界はオレ達のものだ。

    いいかよく聞け。

    オレはカレーパンマン。

    それ以上でもそれ以下でも無い。

    悪を砕き弱きを助け、この世界で生きる、ジャムおじさんが作った正義の味方


    カレーパンマンだ!


    166: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/09(水) 22:24:03.72 ID:dEJfRLz80

    男は拳銃をピョン吉くんからカレーパンマンへと向けた。

    「動くなよ?カレーパンマン。少しでも動いたら、子供達が君の見たことの無い姿に変わる」

    拳銃から銃弾が発射される。
    カレーパンマンからすれば容易に避けられる速度。
    ピクリとも動かず、迫り来る銃弾を見つめた。

    オレが傷ついていいのは、その後すぐに助けが来る時だけなのに・・・

    「くそ、ここで終わるのか」

    カレーパンマンは男に聞こえないよう呟く。

    そして誰も居ない空へと、声にならぬ叫びをあげた。


    後は任せたぜ。アンパンマン!


    228: 1です 2009/12/13(日) 21:15:26.24 ID:G3ebosKe0

    悲痛な叫びが聞こえたならば
    虐げられる姿を捉えたならば
    僕はすぐさまその場へ向かう

    弱き者を守るために
    悪しき者を砕くために

    いや、違う

    自分のためにだ


    229: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:16:59.28 ID:G3ebosKe0

    男達は皆、町外れへと向かっているようだった。
    その後ろを、縄で数珠繋ぎにされた町の人達が歩いている。
    手首を縄で縛られ、俯いたまま一言も発していない。

    男達に周囲を警戒してる様子は見られなかった。
    ヒーローは何をするにおいても、いくつかの手順を踏まなくてはいけない。
    それを、男達は知っているのだ。

    アンパンマンは、上空から狙いを定めた。

    そして、町の人達が自分に気づく前に、
    「助けてー」とお決まりの声を発する前に、

    音も無く男達の頭を消し飛ばした。

    男達はアンパンマンから遠ざかるように二、三歩よろめくと、シャワーのように血を噴き出させ、そのまま地面へと倒れこんだ。


    230: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:19:08.26 ID:G3ebosKe0

    アンパンマンは顔はおろか、振り下ろした拳にすら血の一滴もついてはいない。
    しかし、町の人達はペンキをひっくり返したように赤く染められていた。
    綺麗な白い毛が、滑らかな肌が、じっとりと血で濡れている。
    その目は細かく振るえ、視線をアンパンマンへと定められないでいた。

    ありがとう、アンパンマン

    聞き慣れたセリフはいくら待っても聞こえてはこない。

    男達はもう居なくなったというのに、なぜ、彼らはまだ怯えた目をしているのだろうか。
    その目は、誰に向けられているのだろうか。

    分かっている。
    これは皆を助けるためでは無い。
    悪を懲らしめるためでも無い。

    そんなこと、分かっている。


    アンパンマンは何も言わずその場から飛び去った。


    231: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:20:11.07 ID:G3ebosKe0

    アンパンマンは男達が向かっていた方向へと進んでいった。
    途中、眼下に男達の姿を見つければ、例外なくその全てを葬り去った。
    握った拳の一振りで、いとも簡単に男達は物言わぬ肉の塊となった。
    アンパンマンは表情を変えずに、淡々と行った。

    その時、町の人達が捕らわれていることも何度かあったが、アンパンマンは何も言わず、背を向けたまま立ち去った。
    町の人達の反応を待つことは無かった。


    232: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:22:34.60 ID:G3ebosKe0

    町の外れに、見知らぬテントが立っていた。
    町から最も離れた所に一際大きなテントが見え、その前方に、見たことも無い車と、小さなテントが立ち並んでいた。
    その間を繋ぐように男達が立っている。

    アンパンマンは、上空から、その全てを視界に収めていた。
    風が強く吹き荒れ、マントは激しくはためいている。

    そしてそのまま、音も無く地面へと降り立った。
    表情を変えず、目の前で笑っている男の後頭部を、拳で打ち抜いた。


    男達が一斉にアンパンマンへ銃口を向けてきた。
    何かを口々に叫んでいる。
    そのどれもが煩わしい雑音にしか聞こえなかった。
    トリガーにかけた指に力を入れる間もなく、男達の頭は次々と消し飛んでいく。
    装甲車はオモチャのように吹き飛ばされ転がった。
    悲鳴と銃声が空中で溶け合い、混ざり合う。

    アンパンマンの歩みは止まらない。

    視界に入るもの、その身に触れるもの、それら全てに拳を向けた。


    233: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:23:54.92 ID:G3ebosKe0

    一人の男があるテントへと逃げ込んでいくのが見えた。
    追うようにアンパンマンもテントへ入る。

    「こ、こ、こっちに来るな!」

    男が叫びながら、拳銃強く握り締めた。その手は震えている。
    荒く息を吐き、顔には汗が噴き出していた。

    「いいか。こっちに来るなよ」

    その銃口はアンパンマンへ向いていなかった。地面に横たわる、子供達へと向けられていた。

    「それ以上近づいたらな。こいつらの命は」

    喋り終わるのを待たず、アンパンマンは拳を振りぬいた。

    アンパンマンがテント内を見回す。
    荷物のように、子供達は地面へと転がされている。
    捕らわれた子供達の半分以上は既に事切れていた。口を半開きにし、頬には涙の跡が見えた。
    まだ息がある者も、その目は虚ろで、感情の無い人形のようだった。

    アンパンマンは拳を強く握り締める。しかし、その顔は無表情なままだった。
    踵を返し、テントの外へと足を向けた。


    234: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/13(日) 21:28:24.59 ID:G3ebosKe0

    かすかに声が聞こえる。

    アンパンマンは咄嗟に後ろを振り返った。
    耳を澄まし、それが気のせいでなかったことを確かめようとした。

    「お腹・・・空いたなぁ」

    聞こえる。カバ夫くんの声だ。

    その瞬間、アンパンマンの体は動いていた。
    途中地面に足を取られ、バランスを崩しながらも、カバ夫くんの所へ駆け寄った。

    抱き起こしたカバ夫くんは、ぐったりと力無い息を吐いていた。
    その目はアンパンマンではなく、何も無い空間を見つめている。

    「お腹が空いたなぁ」

    誰に向けられるでも無く、口からこぼれ落ちた言葉。
    アンパンマンはその顔をくしゃりと歪め、大切に、大切にその言葉を拾い上げた。
    自らの顔に手をやり、カバ夫くんへと差し出す。


    「さあ、僕の顔を、お食べ」


    241: さらに続き 2009/12/14(月) 01:09:53.35 ID:Bv1cdWQp0

    アンパンマンはカバ夫くんの震える手に、パンを握らせた。
    餡子の匂いが届いたのか、カバ夫くんはその表情をほころばせる。

    「おいしい。おいしい」

    カバ夫くんはもごもごと口を動かしている。
    それを見て、アンパンマンはきつく目を閉じた。

    「アンパンおいしいよ」

    嬉しそうにカバ夫くんは言う。

    しかし、アンパンは一向に減っていなかった。

    その手に握られたアンパンは、胸の上に置かれたまま動かない。
    カバ夫くんは自分の腕を、口元まで持っていくことすら出来ない状態だった。

    それでもカバ夫くんは口だけをわずかに動かし、力無い声で言うのだった。

    「おいしいな。おいしいなぁ」


    242: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 01:11:15.95 ID:Bv1cdWQp0

    カバ夫くんは虚ろな瞳でアンパンマンを見つめ、ニッコリと微笑んだ。

    「ありがとうアンパンマン。ありがとう、ありがとう」

    胸の上からアンパンが転がり落ちた。
    カバ夫くんはもう二度と、アンパンを食べることは出来ない。


    アンパンマンは泣いてはいけない
    涙で顔が濡れてしまうから
    力が出なくなってしまうから
    だから泣いてはいけない

    なら僕は
    強くなくていい
    アンパンマンでなくていい


    アンパンマンはカバ夫くんを抱きしめたまま天を仰いだ。
    零れ落ちる涙の全てを、その顔で受け止めるように。
    失われたものの重さを、その身で感じられるように。


    243: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 01:15:02.23 ID:Bv1cdWQp0

    顔は欠け、湿っている。
    全身は鉛のように重く、両の足はすぐにでも崩れ落ちそうだ。
    もう、この場に倒れこんでしまいたかった。
    何も考えず、何も感じず、泥のように眠ってしまいたかった。

    しかしそれは許されない。
    アンパンマンは出口へと向かった。

    足を進めさせるのは勇気じゃない。
    拳を作らせるのは愛じゃない。
    涙で濡れたこの顔が、全身を包むこの重さが
    アンパンマンを動かしていた。

    ああ分かっている。
    方法は一つだ。


    267: 続きです 2009/12/14(月) 23:33:27.00 ID:JsBGLNgB0

    「ま、まだ、つ、捕まらないのか?」
    「全く、うちの部隊はほぼ全滅だ。どうしてくれる」
    「ここいらの連中は反抗なんてしないって話じゃなかったのか」
    「いまだ抵抗しているのは一人なんでしょう?」
    「ここまで被害が出るとは・・・だから交渉の線も考えるべきだと言ったのだ」

    テントの中、馬蹄形の机が中央へ置かれている。
    その机を取り囲むように、5人の男が座っていた。

    「何を今更。交渉は無理だという結論が出たでしょう。ここの奴らには損得感情なんてものが無いんです」
    「た、確かに、バカみたいに、す、素直だったけどな」
    「あいつらは悪しき理想論の塊だ。どこぞの人権団体よりも性質が悪い。そんな考えを持ち込まれては我が国の癌になる」
    「その通りだ。検体は既にある程度確保している。あとは筋書き通りに進めればよい」
    「分かっているさ。
     『我々は平和的に解決すべく必死に説得と交渉を試みたが、その甲斐も虚しく、彼らは激しい抵抗を見せ、やむを得なく武力行使に至った』
     だろう?」
    「今となっては我が軍にもかなりの被害が出ていることだし、説得力も増しんたんじゃないですか?」
    「笑い事では無いんだぞ貴様。今回の作戦は、各方面にかなりの無理を言って強引に進めたものだということを、貴様も知っているだろう」
    「し、失敗したら、二度目はもう、む、難しいからな」


    268: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:34:43.44 ID:JsBGLNgB0

    その時、テントの中に一人の男が入って来た。
    肩を上下させながら激しく息をしている。

    机を囲む男達の視線が注がれた。

    その視線を受け、両手を体の横へぴったりとくっつけたまま、直立不動で叫んだ。

    「ご報告いたします!先ほど、アンパンマンを確保しました」

    それを聞いた男達は、皆同じように口元を歪めて笑った。


    269: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:36:37.69 ID:JsBGLNgB0

    アンパンマンは両脇を男に支えられ、つま先を引きずられる形でテントに入って来た。
    放り投げられるようにして机の中央へ転がされる。
    ぐったりと動かないアンパンマンを男達が取り囲んだ。

    「ほう。これがあの・・・」
    「おお、ア、アンパンマンだ。凄い、す、凄いな」
    「おい、なぜまだ生かしているんだ。さっさと処分しろ。こいつに我が部隊は潰されたのだぞ」
    「いやいや何言ってるんですか。こんな貴重なものを処分だなんて。軍事利用の可能性が最も高い検体ですよ?」
    「軍事利用だと?数多の同胞がこいつの餌食となっているのにか」
    「これだから年寄りは困ります。彼の研究がいかに有益かを理解出来ていない」
    「・・・あまり、舐めた口を聞くんじゃないぞ若造」
    「なあ、アンパンマンは、も、もう動かないのか?」

    男達の声がアンパンマンの背中へと降り注ぐ。
    アンパンマンは一切の反応を見せずに横たわっていた。

    「諸君、少し落ち着きたまえ。せっかくのお客様じゃないか」

    男の一人が周囲をたしなめるように言う。

    「様々な意見や主張があることは分かるが、それはこの後ゆっくりやれば良い。せっかく、目の前に彼がいるんだからな」


    270: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:39:03.01 ID:JsBGLNgB0

    そして好奇心を抑えられないかのような口調で言った。

    「諸君は、気にならないのか?」

    「も、もしかして」
    「全く、酔狂な人達だ」
    「その通り。この機会を逃しては二度と手に入らないぞ」
    「そういやぁそうだったな。聞いたところによりゃあ、コイツの顔は絶品だって言うからな」
    「ははは、本当に試すんですか?ここの連中の味覚なんて信用出来ませんよ」
    「そういう君も、気にはなっているんだろう?」

    男達がニヤニヤと笑い始める。

    「は、早く、食べてみようよ」

    「まあ待ちたまえ。こういう時はちゃんと、手順を踏まなくてはね」

    男達は堪えきれなくなっていた。
    皆顔を歪め、笑い出すのを我慢している。

    「ええ、分かっていますよ。それでは早く、お願いします」

    男の一人に視線が集まった。


    271: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:40:05.60 ID:JsBGLNgB0

    視線の集まった男は、唇を突き出し、いかにも情けない声で言った。


    「アンパンマ~ン。お腹が空いたよう~」


    その瞬間、ダムが決壊したように笑い声がテントの中を満たしていった。
    ある者は腹を抱えて、ある者は口元に手をやり、皆下品に笑っている。

    そんな中

    アンパンマンの指がかすかに動いた。


    272: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:40:59.25 ID:JsBGLNgB0

    ジャムおじさん・・・

    意識は朦朧としていた。
    体は地面と一体化してしまったようだ。

    バタ子さん・・・

    誰が何を言っているのか、その前に言葉など発しているのだろうか。
    聞こえてくる雑音は、意味を理解する前に抜けていった。

    みんな・・・

    口からは空気が漏れ出すばかりだ。吸うことすらままならない。
    口の先で砂が舞い上がるが、それすら見えてはいなかった。

    僕は・・・僕は・・・

    もう全てを遮断してしまいたかった。
    頭が痛くて、意識を保っていることが苦痛でしか無かった。


    273: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:42:37.33 ID:JsBGLNgB0

    その時、聞き慣れた、懐かしいセリフが聞こえた。

    無意識だった。腕が震えながら自分の体を支え、起こしていた。
    足が前へと踏み出されている。声のした場所へ、自分のなすべき事をする場所へ。

    一歩一歩ゆっくりと進んでいく。

    視界はぼやけて何も見えない。それでも、出来る限り近づいた。

    腕は自分のものでは無いかのように重く、小刻みに震えている。上に持っていくのにすら時間がかかった。
    顔は斑に焦げ、湿っている。表情を作ることすらままならない。

    それでもアンパンマンは全身の気力を振り絞り、満面の笑みを作った。
    それはいつものような、優しく、慈愛に満ちた笑顔だった。

    アンパンマンは自分の顔に手をかけ、かすれた声で言った。


    「さあ、僕の顔を、お食べ」


    274: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/14(月) 23:43:39.41 ID:JsBGLNgB0

    ピィン

    と、小気味良い音がテントの中へ鳴り響いた。
    男達の視線が一点に集められる。

    アンパンマンの中から、緑色の球体がその姿を現していた。


    餡子は向こうへ置いてきた。
    顔に詰まっていたのはこっちのルール。
    M67破片手榴弾
    僕はもう、アンパンマンじゃない。


    気づいた時には遅かった。

    眩い光が、アンパンマンの、その優しい笑顔を包み込んでいった。


    282: エピローグ 2009/12/15(火) 00:12:33.83 ID:5jMkw/LF0

    「食パンマーン。早く食べようよ!」
    「はいはい。今、行きますよ」

    学校で、食パンマンが子供達にパンを配っていた。
    皆で校庭にシートを引き、楽しそうに話しながら、座り込んでいる。
    中には待ちきれずに既に食べてしまっている子供もいた。

    「こら、みんなでいただきますしてからでしょう」

    みみ先生が腰に手を当てながら注意する。その顔は幸せで満ちていた。
    食パンマンもそんなやり取りを笑顔で見守りながら、近くのシートへと座った。

    みみ先生が子供達を見渡す。

    「それでは、食べましょうね」

    その合図で、子供達は声を揃えて言った。

    「いただきま~す」

    楽しい楽しい、お昼の始まりだった。


    283: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:14:08.08 ID:5jMkw/LF0

    世界は何も変わらなかった。
    気づいた時には、男達はもう居なくなっていた。

    倒壊した建物はすぐに修復作業へと入っていった。
    大げさな気合を入れて修理を始める時も、励まし合いエールを送る時も、誰も倒壊した理由には触れなかった。

    町の人達はその数を大幅に減らしていた。
    しかしそれについても、積極的に話題に出すものは居ない。
    悲しみにくれる人は一人も居なかった。皆、毎日を楽しそうに生活している。

    町は、人々は、またこの世界に従うように生きていた。


    284: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:15:23.10 ID:5jMkw/LF0

    それでも失ったものは大きかった。

    知っていたわけではない。自然とそうする事が正しいように思えた。
    森の外れに、木の杭が並べられていた。
    今までは無かったもの。男達が居なくなってから新たに立てられたもの。

    杭の一つ一つには名前が書かれている。

    ジャムおじさん。バタ子さん。チーズ。てんどんまん。カツドンマン。かまめしどん。

    誰が置いていくのは分からない。ただいつも杭には花が添えられていた。

    カバ夫くん。ピョン吉くん。ウサ子ちゃん。

    杭はかなりの数が立てられていた。
    その一つ一つが綺麗に手入れされている。

    バイキンマン。ドキンちゃん。

    カレーパンマン。


    しかし、その中に、彼の名前は無かった。


    285: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:16:38.13 ID:5jMkw/LF0

    食パンマンは、パン工場のあった場所へと来ていた。
    今ではただの空き地となっている。
    煙突から出る煙も、皆の楽しそうな声も、もう存在しない。

    食パンマンは、誰も居ないはずの空を見上げた。
    太陽の光が眩しい。今日も青く、いい天気だった。

    すると森の中から子供の泣き声が聞こえてきた。
    そちらの方向へと歩いていく。

    「ふぇ~ん」

    小さな子供が地面に座り込んで泣いていた。

    「どうしたんですか?」
    「みんなで遊んでいたら迷子になっちゃったんだよう」
    「それじゃあ、私と一緒に町へ戻りましょう」
    「うん!」

    その言葉に子供は笑顔を取り戻した。
    食パンマンと手を繋ぎ、パン工場の方へと歩いていく。

    森を抜け、パン工場のあった場所へ戻ってきた時だった。
    子供が食パンマンの手を引き、元気の無い声で言った。

    「食パンマーン。お腹が空いたよう」

    その言葉に、食パンマンの表情が一瞬止まった。
    しかしそれを悟られることなく、優しく話しかけた。

    「それでは、私の顔を食べてください」


    287: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:23:25.04 ID:5jMkw/LF0

    食パンを受け取った子供は嬉しそうに口へと頬張った。

    「おいしい。おいしいよ食パンマン!」

    食べ終わるのを、食パンマンは笑顔で見守っている。

    そして子供の頭を撫でながら言った。

    「君は、ここに何があったか知っているかい?」

    食パンマンの質問に、子供は首を捻った。
    しかしすぐに思い出したのか元気良く答えた。

    「知ってるよ!パン工場があったんでしょ?」
    「そうですよ。よく知っていましたね」

    褒められたのが嬉しかったのか、子供は自分から話し出した。

    「あのね、お父さんに聞いたんだよ。ここには前にパン工場があって、ジャムおじさんと、バタ子さんがいたって。
     それで美味しいパンを焼いてたんでしょ?」
    「ええ、その通りです。でもパン工場には他にも人がいたんですよ」
    「他にも・・・?あ!チーズだ。チーズがいたんだ。でも、チーズは犬だからなぁ」

    頑張って思い出しているのだろう。うんうんと唸りながら子供は頭を揺らしていた。
    食パンマンは微笑みながら子供を見つめる。

    「ここに居たのはね、正義の味方なんですよ」
    「え?食パンマンだって正義の味方でしょ?」
    「いいえ。私なんかよりも、彼は強く、真っ直ぐでした」
    「?」

    子供は食パンマンの言っていることが上手く理解できなかった。
    ただ、食パンマンがとても悲しそうな顔をしているのは分かった。

    食パンマンは遠く高い空を見つめた。



    「彼の名前はアンパンマン。皆の夢を、守ったんです」




                    アンパンマンは涙を流せない ~完~


    290: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:28:47.34 ID:5jMkw/LF0

    どうも長い間こんな妄想にお付き合いいただきありがとうございました。
    誤字脱字含め突っ込み所は満載ですが、ノリと勢いで書いていたのでそこら辺は勘弁してください。

    あとアンパンマンファンの方々が気分を害してたらすみません。
    実際は永遠に平和な世界です。
    みんな安心してアンパンマンを見よう!


    292: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:38:36.60 ID:YsCSDoWr0

    >>290
    乙です。
    原作の基本設定を踏み外さずに、侵入者に抵抗する心理的葛藤が面白かった。


    294: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:47:09.92 ID:vn6jxokEO

    お腹が空いてるんだね?なら、僕の>>290乙をどうぞ。元気がでるよ

    前に書き込んだアンパンマンファンですが、楽しめたというより、考えさせられました。
    しかし、他の同人を見た時のような、憤りは感じませんでした。
    アンパンマンのテーマである愛と勇気を、やなせたかし氏とは全く違った手法で表現しているように思われました。
    ぼくはこれ好きです。


    296: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 00:58:20.44 ID:/09ADZlbO

    大変素晴らしいものを見せていただきました。


    297: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 01:17:48.00 ID:P2tvNREjO

    >>1乙でした。
    シリアスで大人の鑑賞に堪える、素晴らしいアンパンマンだったよ。


    298: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 01:22:29.21 ID:bVY4PeNAO

    書籍化希望
    ここまですごい物語読んだことないです
    >>1ありがとう


    299: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 01:47:03.58 ID:nDO02W3vO

    自分もアンパンマンファンだがこれはすごいとしかいいようがない。
    ブラーブァ!!!


    303: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 07:50:10.70 ID:X7ykVbPqO

    おつかれ
    良いもの見せてくれてありがとう


    305: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 08:28:06.38 ID:QCowwQsMO

    感動した!
    >>1ありがとう!!そして乙


    306: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 09:29:12.94 ID:BREviiig0

    あれ、なんか目の前が霞んで見えるぞ…
    ちくしょう!! 俺はどうしちまったんだ!


    311: ローカルルール変更議論中@VIP+ 2009/12/15(火) 10:53:25.11 ID:A6wlQUKxO

    全俺が泣いた


    引用元: アンパンマンは涙を流せない

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (89)
    幼馴染 (18)
    兄妹 (28)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (189)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (130)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (41)
    おんJ・なんJ (162)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (173)
    シンデレラガールズ (786)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (188)
    カイジ (3)
    かぐや様は告らせたい (9)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (70)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (243)
    機動戦士ガンダム (29)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (6)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (20)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (17)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (5)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (15)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (12)
    進撃の巨人 (57)
    新世紀エヴァンゲリオン (36)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (24)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (5)
    ゾンビランドサガ (2)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (10)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (49)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (55)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (9)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (2)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (46)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (3)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (117)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (42)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (14)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (79)
    遊戯王 (30)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (105)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (17)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (2)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (4)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (2)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (1)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク