FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    皇帝「このクソブスが!」皇后「お、勝負すっか!?」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 22:47:20 ID:97Vr1veM

    ~ 宮殿前広場 ~

    市民A「おお、皇帝陛下がお出でになったぞ!」

    市民B「皇后様もご一緒だ!」

    ワァァ…… ワァァ……



    皇帝「本日は帝国式典に集まってくれて、本当にありがとう」

    皇后「こんなに盛大な式典となったのは、皆さまのおかげですわ……」



    市民A「うひゃ~! 見ろよ、あの皇帝陛下の凛々しいお姿!」

    市民B「皇后様もなんて美しいんだ……!」

    市民A「若くして、早くも帝国始まって以来の名君になるともいわれる皇帝陛下と!」

    市民B「かなりの大国である友好国から帝国に嫁いでこられた皇后様……」

    市民A「まさに全てを兼ね備えたベストカップルだな!」

    市民B「まったくだね!」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 22:50:14 ID:97Vr1veM

    皇帝の演説が終わり──

    皇帝「──と、このように、余はこの帝国をさらに豊かな国にしていく所存である」

    皇帝「どうか、見守っていてほしい」

    皇后「わたくしはかげながら陛下を支えて参ります……」



    ワアァァァァァ……!

    「ブラボー、皇帝陛下!」 「皇后様ァ~!」 「帝国に栄光あれ!」



    大臣「陛下、ありがとうございました」

    大臣「それでは、陛下と皇后様にはご退席いただきましょう」

    皇帝「分かった。では行こうか、妃よ」

    皇后「はい、名残惜しいですが……」

    ワァァ…… ワァァ……

    熱狂する市民たちの歓声を背に、皇帝夫妻は退場した。


    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 22:53:33 ID:97Vr1veM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「ふぅ……疲れた」

    皇后「疲れた……じゃねえよ。ちょっとキレイごとをくっちゃべっただけだろーが」

    皇帝「あ? テメェなんざ、俺の横でアホ面浮かべて突っ立ってただけだろうが!」

    皇后「なんだそりゃ!? だれがアホだ、コラァ!」

    皇后「アンタの毒にも薬にもならねークソ話を、間近で聞かされる身にもなれや!」

    皇后「ったく、耳が腐るかと思っちまった」ホジホジ…

    皇帝「うっせーよ、ボケ! だったら耳に石でも詰めてやがれ!」

    皇帝「なんなら俺が詰めてやろうか!? 三半規管までよォ!」

    皇后「その前にアンタの鼻の穴に拳ぶち込んでやるよ! もちろん右でな!」


    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 22:56:52 ID:97Vr1veM

    皇后「つか、なんなんだあの一人称、“余”って! なにかっこつけてんだ!」

    皇后「余ってツラか!?」

    皇帝「一人称はツラでいうもんじゃねーだろ!」

    皇帝「それに俺だって、好きで余って自称してるわけじゃねーんだ!」

    皇帝「やっぱ皇帝たる者、一人称も皇帝っぽくしなきゃならねーだろが!」

    皇帝「仮にも女房ならそんくらい理解しろや! 俺だって苦労してんだよ!」

    皇后「なぁ~にが、皇帝っぽくだ。笑かすなボケ」

    皇后「余じゃなく『Yo! Yo!』とかやってろや、ラッパーっぽくよ!」

    皇后「あぁ、アンタはパッパラパーか! ギャハハハハッ!」

    皇帝「笑ってんじゃねえぞ、ぶっ殺すぞ!」

    皇帝「このクソブスが!」

    皇后「お、勝負すっか!?」


    5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 22:58:38 ID:97Vr1veM

    皇帝「死ねやァ! うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「あ~……もういいわ。だりぃ、ケンカ飽きた」

    皇后「飽きたのはこっちの方だ、ボケ」


    6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:02:14 ID:97Vr1veM

    ~ 宮殿内 ~

    皇帝「さて、政務を行うぞ。大臣、重臣たちを執務室に集めよ」

    大臣「はっ」

    皇后「わたくしは兵士の方々にお会いしてきますわ」

    大臣「ありがとうございます」

    大臣「彼らは辛い訓練をしてるゆえ、皇后様のお声掛けが大変励みになるとか……」

    大臣(お二人ともご多忙なのに、なんと生き生きしておられるのだ……)

    大臣(疲れやストレスといったものをまるで感じない)

    大臣(お二人の寝室は完全な防音ゆえ、中で何をされているのかは分からないが)

    大臣(きっと寝室で仲睦まじくされているおかげで)

    大臣(お二人はストレスを溜めずに済んでいるのだろうな……)

    大臣(おっと、こんなことは私が立ち入ることではない、か)


    7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:06:51 ID:97Vr1veM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「ようやく一日が終わったし、寝るか」

    皇后「いちいち宣言すんな。寝るなら黙って寝ろ」

    皇帝「あ!? 就寝どころか失神させっぞ、コラ!」

    皇后「やってみろや! 逆に永眠させてやっからよ!」

    皇帝「俺をマジ切れさせたこと、後悔すんじゃねーぞォ! クソアマがァ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「もういいや……マジで寝る」

    皇后「くっそ……風呂入ったのに汗かいちまった」


    8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:21:14 ID:97Vr1veM

    式典後のある日、宮殿では国内の貴族、豪族を集めたパーティーが開かれていた。

    ~ 宮殿内大広間 ~

    ワイワイ…… ガヤガヤ……

    大臣「皇帝陛下、皇后様、本日のパーティーは大盛況ですな」

    皇帝「うむ、こうやって国を盛り立てていかねばな」

    皇后「これも陛下のご人徳あってのこと。わたくしも嬉しいですわ」

    大臣「ただし、式典もそうでしたが、弟殿下は来られなかったようで……」

    皇帝「うむ……仕方あるまい。余とあやつは最後まで皇位を争っていたからな」

    大臣「おっと失礼、パーティーの場に相応しくないことを申しました。お許しを」

    大臣「お二人とも、どうかお楽しみ下さい」

    皇帝「そうさせてもらおう」

    皇后「ありがとうございます、大臣」ニコッ…


    9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:25:23 ID:97Vr1veM

    貴族「お久しぶりです、皇帝陛下」スッ…

    皇帝「おお、貴族殿。元気そうでなによりだ」

    皇后「お久しぶりでございます」

    皇帝「パーティーは楽しんでいるかね?」

    貴族「はい、料理はどれもこれもとてもおいしく……」

    皇帝「シェフたちが腕を振るってくれておるからな。存分に楽しんでもらいたい」

    貴族「はい」

    貴族「ところで、今日は皇后様も料理を作られたとか……」

    皇后「ええ」ニコッ

    皇帝(え……)

    皇后「あちらにある魚料理やデザートはわたくしが手がけましたの」

    貴族「そうだったんですか! とてもおいしゅうございました!」

    皇后「ありがとうございます」ニコッ…

    皇帝「…………」


    10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:31:22 ID:97Vr1veM

    シェフ「皇帝陛下、本日の料理はいかがでしたか?」

    皇帝「うむ、美味であった。さすがシェフ、と感心していたところだ」

    シェフ「こちらこそ、皇后様の腕前には驚嘆いたしました」

    皇帝「!」

    シェフ「帝国に嫁がれる前から、料理の腕前が評判だったとはうかがっていましたが」

    シェフ「まさか、あれほどとは……」

    シェフ「料理を専門としている、私どもと遜色ない腕前ですよ」

    シェフ「我々の仕事がなくなってしまうのでは、と心配になってしまうほどです」

    皇后「まぁ、お上手だこと……」フフッ

    皇帝「…………」


    11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:35:29 ID:97Vr1veM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「よっしゃ!」グッ

    皇帝「なにがよっしゃだよ、オイ」

    皇后「アタシの料理がシェフやみんなに褒められただろ?」

    皇后「そりゃガッツポーズの一つも取りたくなるってもんよ」

    皇帝「ハァ~? お前の料理って、あのゲロみたいなやつのことか?」

    皇后「おい、ゲロってなんだコラ! みんな褒めてただろうが!」

    皇帝「あんなもん、リップサービスに決まってんだろうが」ハァ…

    皇帝「リップサービスの最上級……リップ、リッパー、リッペストだよ」

    皇后「なにがリッペストだ、ぶっ殺すぞ!」

    皇后「だいたい、アンタだってうまいうまいって食ってただろうが!」

    皇帝「我慢してたに決まってんだろ」

    皇帝「なんでシェフの料理と一緒にゲロが置いてあるんだろ、と思ったし」

    皇后「ゲロってのやめろ!」


    13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:39:04 ID:97Vr1veM

    皇后「ま、アンタみてーな味覚オンチにアタシの料理のよさは分かんねーか」

    皇后「クソをカレーだと思って食うくらいだしよ」

    皇帝「食わねーよ!」

    皇帝「ちょっとシェフや貴族にリッペストされたくれーでいい気になんなよ!」

    皇后「うっせーよ! 最下層舌の持ち主が! 地獄よりも地下だ、アンタの舌は!」

    皇帝「俺ほどのグルメに向かって上等だよ……よほど死にたいらしいな?」

    皇后「地獄の閻魔様にかわって、舌引っこ抜いてやるよォ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「食いすぎの上に運動したら眠くなってきた……寝る」

    皇后「アタシも……今日は疲れた」


    14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:44:04 ID:97Vr1veM

    ~ 宮殿内 ~

    政務を終えた皇帝と大臣、それを迎える皇后。

    大臣「本日もお疲れ様でした。ゆっくりお休みください」

    皇帝「うむ」

    大臣「……ところで、皇后様は政治に口を出されたことはまったくありませんな」

    皇后「わたくしは陛下を信じておりますので……」

    大臣「なるほど」

    大臣(皇后様が政治に介入すると)

    大臣(皇后様の故国が我が帝国内で力を持つことになりかねん)

    大臣(そうなると、我が国にさまざまな“ひずみ”が生まれる)

    大臣(それを危惧してらっしゃるのだろう)

    大臣(聡明なお方だ……)


    15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:48:20 ID:97Vr1veM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「おう」

    皇帝「あ? ……なんだよ」

    皇后「アンタ、職人たちの成果に応じて助成金出すなんて制度を作るらしいが……」

    皇帝「職人のモチベ増強のためにな! イカしてんだろ!?」

    皇后「ああいうのって、下手すりゃ足の引っ張り合いになんぞ?」

    皇后「その辺、ちゃんと考えてんのかなぁ~と思ってよ」

    皇帝「……も、もちろん考えてるに決まってんだろ!」

    皇帝「俺は皇帝だぞ!? バッチリよ!」

    皇后「やっぱ考えてなかったのかよ。マジ終わってんな……」ハァ…

    皇帝「終わってねーよ、ボケ!」


    16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:52:02 ID:97Vr1veM

    皇后「どうせ職人の立場になって考えず、新制度考えた自分に酔ってたんだろ?」

    皇后「この酔っ払いが!」

    皇帝「うるせぇ! んなこといったって、職人の立場になるとかムズいんだよ!」

    皇帝「ある程度上から強引に決めていくのも政治だろうが!」

    皇后「強引に決められるほど、経験積んでんのか!? “EXP”をよォ!」

    皇后「“皇帝見習い”の分際でよォ!」

    皇帝「だれが見習いだ! だったらテメェ八つ裂きにしてレベル上げてやんよォ!」

    皇后「来いやぁ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「くっそ、ここで暴れたってなんの経験にもなりゃしねえ……」

    皇后「むしろレベル下がるっつうの……」


    17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:55:54 ID:97Vr1veM

    翌日──

    ~ 執務室 ~

    皇帝「昨日決定しかけた、職人への成果助成金の件なのだが──」

    大臣「はい、どうかなされましたか?」

    皇帝「仕組みを精査せぬと、足の引っ張り合いなどが起こる可能性がある」

    皇帝「そうなれば職人ギルド間で、重大な遺恨ができかねん」

    皇帝「今一度、再考の機会を設けたいのだが……」

    大臣「そうですな……」

    大臣「たしかに、職人のモチベーションを上げる良案だと思いましたが」

    大臣「職人同士の不和の種となってしまっては、本末転倒ですな」

    皇帝「一度、職人たちから意見をくみ上げることも必要かもしれぬ」

    大臣「承知しました」

    大臣「時間を経たことで、見えなかったものが見えた、といったところですかな?」

    皇帝「……うむ、まぁ、そんなところだ」


    18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/11(水) 23:58:33 ID:97Vr1veM

    ~ 宮殿内 ~

    ある昼下がり、皇后はこんな会話を交わしていた。

    貴婦人「皇后様はお顔もそうだけど、体型もスマートで羨ましいわ」

    皇后「いえ、そんなことはありませんわ」

    貴婦人「でも、お体が引き締まっておられるし、なにか運動でもなさってるの?」

    皇后(運動……特にやってないけど……)

    皇后「特に思い当たりませんわねぇ……」

    貴婦人「ということは、天性のものですのね。羨ましいわぁ~」

    皇后「…………」


    19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:03:43 ID:gOEsDzto

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「…………」ニヤニヤ…

    皇帝「なにニタニタ笑ってやがんだ、気持ち悪ィな。投獄されてえのか」

    皇后「あ!? 笑うぐらいいいだろうが!」

    皇帝「笑ってるテメェは悪魔みたいなツラだからな。存在するだけで罪だ」

    皇后「だれが悪魔だ!」

    皇帝「ところで、なんで笑ってやがったんだ」

    皇后「今日……スマートっていわれちゃってよ」

    皇帝「ハァ~!? スマ~トォ!? お前が!?」

    皇帝「養豚場で拾われた説もあるテメェがスマートはないわ」

    皇后「んな説ねーよ! 死にてーのか、コラ!」

    皇后「アンタこそ腹出てきてんじゃねーのか!? ポンポコタヌキさんみてーによ!」

    皇帝「で、出てねーよ! 俺はちゃんと軍団長から剣の手ほどきとか受けてるし!」


    20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:06:28 ID:gOEsDzto

    皇帝「テメェとは親同士が仲良かったから、ガキの頃からの付き合いだが……」

    皇帝「国同士の政略結婚じゃなきゃテメェみたいなブタと結婚してねーし!」

    皇帝「このピッグ、ピッガー、ピッゲストが!」

    皇后「だからいちいち比較級、最上級みたいにすんじゃねーよ! マイブームか!?」

    皇后「こっちこそアンタと結婚するくらいなら」

    皇后「ドブネズミと結婚した方がマシだったわ! 本気と書いてマジで!」

    皇帝「テメェ……どうやら俺を本気と書いてマジで怒らせたいらしいな!?」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「すっげえ疲れた……本気と書いてマジで」

    皇后「1000キロカロリーくらい消費した気がする、本気と書いてマジで」


    22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:12:30 ID:gOEsDzto

    ~ 街 ~

    皇帝夫妻のパレードを心待ちにする市民たち。

    ザワザワ…… ガヤガヤ……

    市民A「うひぃ~! もうすぐ皇帝陛下ご夫婦の行列がやってくるな! 待ち遠しい!」

    市民B「なんとか、一目だけでいいから見てみたいね」

    少年「…………」ドキドキ…



    ザワッ……!

    市民A「おおおっ、来たぞ!」

    市民B「お二人のいるところだけ、まるで別世界のような気品が漂ってるよ……」

    少年(よ、よし……へいかたちにプレゼントわたすんだ!)


    23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:15:53 ID:gOEsDzto

    通りがかった皇帝夫妻の馬車に、少年が駆け寄ってくる。

    少年「へいかー!」タタタッ

    兵士「コラッ!」バッ

    皇帝「む?」

    少年「ぼくんち、おかし屋で、これはぼくんちじまんの新作チョコレートです!」

    少年「どうぞ!」スッ…

    兵士「皇帝陛下に近づくんじゃない! 子供だからとて許さんぞ!」

    皇帝「まぁよいではないか。ありがたく頂いていこう」

    皇后「フフフ、可愛いプレゼントですこと」

    兵士「陛下がそうおっしゃられるなら……だが今度は許さんからな!」

    少年「はいっ!」

    「可愛いハプニングだな」 「皇帝陛下は優しいなぁ」 「俺もやればよかった……」

    ワイワイ……


    24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:19:52 ID:gOEsDzto

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「オイ」

    皇后「なんだよ」

    皇帝「さっき俺がもらったチョコレート、どこやった?」

    皇后「ああ、食った。スゲーうまかった」

    皇帝「オイ、なに勝手なことしてんだよ!? 後で食おうと思ってたのによ!」

    皇后「うっせえな、いいじゃねえかよ。疲れたから、甘い物食いたかったんだよ」

    皇帝「馬車に乗って手ぇ振ってただけだろが! なに仕事したつもりになってんだ!」

    皇后「うるっせえな、毒味してもらったとでも思っとけよ」

    皇帝「なにが毒味だ、毒みてーなツラしてるくせによ!」

    皇后「誰が毒みてーなツラだ、失礼すぎんだろ、コラ!」

    皇帝「テメェが俺のおやつのチョコ、食うからいけねーんだろうが!」

    皇后「ったく国のトップのくせに、チョコ一個くれーでグチグチうぜえ……」

    皇后「だったら名前でも書いとけ、ボケ!」


    25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:23:15 ID:gOEsDzto

    皇帝「名前なんか書いたって、どうせテメェは食ってただろうが!」

    皇后「たりめーだ、こういうのは早い者勝ちなんだよカス!」

    皇后「世の中の厳しさが分かったか? 皇帝陛下」ニヤッ

    皇帝「最悪だわぁ~……マジ最悪だわぁ~……」

    皇帝「これはもう、あれだ。処刑だわ、処刑するしかねーわ」

    皇帝「その食い意地はったド汚ねえ口、二度と開けないようにしてやるよ!」

    皇后「こっちこそ、その小さいけつの穴、二度と開かないようにしてやるよ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「糖分が……欲しい……」

    皇后「チョコレート買おうか……二人分」


    26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:29:46 ID:gOEsDzto

    ~ 執務室 ~

    外交問題について話し合う皇帝たち。

    皇帝「……隣国との会談か」

    大臣「はっ」

    大臣「おそらく隣国は今回、貿易についてかなりの無理難題を仕向けてくるものかと」

    皇帝「最近、隣国の態度はいやに強硬だな」

    大臣「国力は我が帝国の方がもちろん上ですが」

    大臣「帝国はだいぶ穏健に傾いてきておりますし──」

    大臣「あとこれは、申し上げにくいのですが……」

    皇帝「よい。申してみよ」

    大臣「陛下がまだお若い、というのも関係しているかと……」

    皇帝「なるほどな……」

    皇帝「余は隣国の王に比べ、年も若く、経験も圧倒的に劣っている」

    皇帝「低く見られるのも、やむをえんかもしれぬな」


    27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:38:12 ID:gOEsDzto

    皇帝「父母が早くに亡くなり、未熟ながら帝位につくことになった余ではあるが」

    皇帝「余とてこの誇り高き帝国の皇帝としてのプライドは持っている!」

    皇帝「隣国王との会談では決して怯まず、尻込みせず」

    皇帝「帝国皇帝として、堂々たる態度で臨まねばならん!」

    大臣「おおっ!」

    大臣(そうだ……皇帝陛下とて名君の素質を持つお方なのだ!)

    大臣(しかしながら、隣国王の迫力は凄まじいからな)

    大臣(たくましい白ヒゲとその気性の激しさで“白獅子王”と呼ばれ)

    大臣(大抵の人間は彼と目を合わせることすらできんという)

    大臣(いかに相手の要求を少しでも抑えるか……という会談になるだろうな)


    28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:42:27 ID:gOEsDzto

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「はぁ~……」

    皇后「オイオイ、くせー息吐くんじゃねえよ。環境破壊する気かよ」

    皇帝「あ!? ──ったくお気楽でいいよなァ、専業主婦はよォ!」

    皇帝「俺はあっちの国やらこっちの国やらと気ィきかせんの、大変なんだよ!」

    皇后「ああ、隣国との会談があるから、それでビビってやがんのか」

    皇后「たしかに隣国は、アタシの母国と同じぐらいの国力を持つ国だし」

    皇后「しかもあそこの王はおっかねえからな。ツラもライオンみたいだしよ」

    皇后「アタシの父上も王だが、温厚な父上とはだいぶタイプが違う」

    皇后「そりゃアンタみたいなひよっ子じゃ話にならんわなァ!」

    皇帝「誰がひよっ子だコラァ!」

    皇后「ひよっ子の上にチキンだしよ、もうどうしようもねえじゃん!」

    皇后「なんなら皇帝辞めて、養鶏場にでも就職したらどうだ?」

    皇后「ま、雇ってもらえるわけねーけど! ギャハハハハッ!」

    皇帝「このアマ……!」


    29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:46:29 ID:gOEsDzto

    皇后「アンタみてーな尻の青い若造如きが、このデカイ国を代表するなんてのが」

    皇后「そもそも、ちゃんちゃらおかしいわけで」

    皇帝「んだとコラァ! 皇帝の重圧ナメンなよ、テメェ! 国背負ってんだぞ!」

    皇后「んで重圧に押し潰されて、カエルみてえにペシャンコってわけか!」

    皇后「アンタみたいなチキンカエル皇帝にゃ、お似合いの最期だわな!」

    皇帝「好き勝手ほざきやがって……!」

    皇后「やるか? ケガで会談欠席させてやろーか?」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「落ち込んでたのに、なんでこんなことしなきゃならねーんだ……」

    皇后「アタシが聞きたいっての……」


    30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:52:59 ID:gOEsDzto

    数日後、いよいよ隣国王との会談の日となった。

    ~ 帝国と隣国の国境 ~

    大臣「あちらにある会場が、会談場所となります」

    皇帝「ふ~む、なかなか洒落た建物ではないか」

    大臣(……どういうことだ?)

    大臣(もうまもなく会談だというのに、陛下は非常にリラックスしておられる)

    大臣(まさか、隣国王をなめてかかっているのでは……)

    大臣(いやしかし、いつも慎重な陛下に限って……)

    皇帝「では、ゆこうか」ザッ

    大臣「はっ!」


    31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 00:56:17 ID:gOEsDzto

    ~ 会議室 ~

    皇帝が中に入ると、すでに隣国王は着席していた。

    隣国王「これはこれは……お待ちしておりましたぞ! 皇帝殿!」ギンッ

    皇帝「…………」

    大臣(ううっ! なんという迫力……! これが“白獅子王”か……!)

    大臣(国力も、国としての格も、まだまだ我が帝国が上なのだが──)

    大臣(そんなことは関係ないとばかりの態度だ!)

    大臣(気負っていかねば、我が国の利権を一気に奪われることになりかねん!)キッ

    皇帝「隣国王殿、今日はよろしくお願いします」ニコッ

    隣国王「!」

    大臣(まるで、友だちに挨拶をするようなほがらかさで……!?)

    ………………

    …………

    ……

    会談はおよそ四時間にも及んだ。


    32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 01:01:18 ID:gOEsDzto

    会談終了後──

    隣国王「いやはや、有意義な時間を過ごさせていただきましたよ」ニィッ

    皇帝「こちらこそ」ニコッ

    皇帝「今後ともどうぞよろしく」

    ガシッ……!

    握手を交わす皇帝と隣国王。



    大臣(無事終わった……)ホッ…

    大臣(会談でも、陛下の弁舌が隣国王を一枚上回っていたといってよい)

    大臣(まさかこんな結果になるとは……)

    大臣(私は陛下の力をだいぶ過小評価していたようだ)

    大臣(しかし、陛下にはまだ弟殿下という最大の政敵が残っているのだが……)


    33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/12(木) 01:07:52 ID:gOEsDzto

    帰りの馬車で、“白獅子王”こと隣国王は皇帝をこう評した。

    隣国王「フフフ、正直驚いたな。あの皇帝が、まさかあそこまでの器とは」

    部下「とおっしゃいますと?」

    隣国王「普通、大帝国の頂点に立てば、人は“自分が国を背負う”と気張るものだ」

    隣国王「しかし、あやつは──」

    隣国王「国を背負おうなどとは考えず、あくまで己を一個人と認識していた」

    隣国王「ゆえにプレッシャーも少なく、適度な緊張感を保っていた」

    隣国王「虚勢も張らず、委縮もせず……なかなかできることではない」

    隣国王「ましてあの若さでな……」

    部下「…………」ゴクッ…

    隣国王「今日は叩き潰してやるつもりでいたのだが、逆にしてやられてしまった」

    隣国王「しかし、不思議と気分は悪くない」

    隣国王「まったく面白い奴が出てきたものよ」

    隣国王「ワァッハッハッハッハッハ……!」


    40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 01:57:14 ID:64ATbHFg

    しかし、隣国との会談を無事終えた皇帝を、さらなる事件が見舞う。

    ~ 宮殿内 ~

    大臣「大変です、陛下!」

    皇帝「どうした」

    皇后「どうなさったの?」

    大臣「東の都市で反乱が起き、都市の一部が占拠されたとのことです!」

    皇帝「反乱だと……!?」

    皇后「それで……状況はどうなのですか? 都市の方々はご無事なのですか!?」

    大臣「詳しいことはまだ不明ですが、死者や大きな怪我人は出ていないということです」

    皇帝「分かった。すぐ軍団長も交え、会議を開く!」

    皇帝「妃は部屋に戻っていてくれ」

    皇后「かしこまりましたわ」スッ…


    41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 01:59:00 ID:64ATbHFg

    ~ 執務室 ~

    皇帝「軍団長、報告を頼む」

    軍団長「はっ、反乱軍の規模はおよそ数百名」

    軍団長「都市の役場や食糧庫といった要所を占拠しております」

    皇帝「反乱軍を構成しているのは?」

    軍団長「貧民層や少数民族の混成部隊とのことです」

    大臣「東の都市にも常駐兵はいたはずだが……」

    軍団長「完全に不意を突かれ、ほとんどが捕縛されてしまったようです」

    軍団長「さらに、反乱軍は強力な刀剣で武装しているようで……」

    皇帝「強力な刀剣……入手経路は分かっているのか?」

    軍団長「事前にどこか武器庫を襲撃したのかもしれませんが、未確認です」

    皇帝「ふうむ……」

    皇帝(誰かが武器を渡した、のかもしれないな……)

    皇帝「大臣、どうすべきだと考える?」


    42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:01:28 ID:64ATbHFg

    大臣「隣国との会談が終わったばかりですし、見せしめとして徹底的に叩き潰すべきです」

    大臣「小規模とはいえ反乱を長引かせれば、周辺国に示しがつきませんからな」

    皇帝「ふむ」

    皇帝「分かった。とにかく早急に対処せねばならん」

    皇帝「軍団長は軍を編成、大臣らはさらに情報を集めてくれ」

    皇帝「余は少し部屋に戻る」ガタッ…

    軍団長「はっ!」

    大臣「かしこまりました!」


    43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:07:00 ID:64ATbHFg

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「ぷっ、ぶぶっ、ぷっ……」

    皇帝「なにがおかしいんだ、テメェ!」

    皇后「だ、だって……反乱って……」ププッ…

    皇后「ようするに、アンタが気にくわないってことだろ?」

    皇后「ついに来るべき時が来たっつうか……歴史の必然っつうか……ぶふっ!」

    皇后「今まで起きなかったのが不思議なくれーだもんよ! ギャハハハハハッ!」

    皇帝「笑ってんじゃねーぞ、コラァ! マジ大事件だぞ!?」

    皇后「だって誰も起こさないならアタシが起こそうとしてたくれーだし。この部屋でよ」

    皇后「そうすりゃ今回みたく誰かを巻き込むことなく、クーデター完成だ」

    皇帝「んだとォ……!?」

    皇后「ま、アンタはせいぜい自分の行いを反省してろや!」

    皇帝「うっせーよ、ボケ!」


    44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:11:04 ID:64ATbHFg

    皇后「とりあえず、アンタをギロチンにかける役はアタシやっから!」

    皇后「アンタの生首は、国中に晒してから生ゴミの日に捨てっから!」

    皇帝「ざけんなよテメー! 国家反逆罪で反乱軍より先に死刑にすんぞ!」

    皇后「やってみろゴラァ!」

    皇后「反逆するにはそれなりの理由があんだよ!」

    皇后「特にアンタみたいなクソがトップだとよ! 分かんねーか!?」

    皇帝「このアマ……もう法に照らす必要なんざねー! テメェはここでブチ殺す!」

    皇后「お、来いや!? 返り討ちにしてやんよ!?」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「くそっ……アホやってる場合じゃねえ。すぐ戻らねーと」

    皇后「とっとと行け、クソが。みんな待ってんだろが」


    45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:13:13 ID:64ATbHFg

    ~ 執務室 ~

    中座していた皇帝は、驚くべき結論を下した。

    大臣「なんですと!?」

    皇帝「うむ、一度話し合いの機会を設ける」

    大臣「悠長なことを……! これはもう立派な反逆罪です! 内乱なのですぞ!」

    皇帝「反逆するには、それなりの理由というものがある」

    皇帝「ここで彼らを叩き潰せば、さらなる火種を生むことになりかねん」

    皇帝「死者も出ておらず、反乱の規模がこの程度である今がチャンスなのだ!」

    大臣「な、なるほど……」

    ザワザワ……

    皇帝(それに、落ちついて考えてみると──)

    皇帝(ここで強硬策に出ると、彼らに武器を提供した者の思う壺になりかねない……)

    ………………

    …………

    ……


    46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:16:33 ID:64ATbHFg

    それからまもなく──

    ~ 街 ~

    「号外、号外!」 「皇帝陛下が反乱軍を無血鎮圧!」 「スピード解決!」



    市民A「うひゅ~! すっげぇなぁ!」

    市民B「うん……みごとに話し合いだけで解決したもんね」

    市民B「さすが陛下、反逆者に理由を問うなんてビックリだよ」

    市民B「おまけにだいぶ寛大な処分で済んだみたいだし……」

    市民A「それに反乱軍も、誰かにそそのかされてたみたいだしな!」

    市民B「結局、黒幕は分からずじまいか……いったいどこの誰だろう?」

    市民A「そりゃあれだ、今の体制に不満を持ってる奴が仕組んだんだろ」

    市民B「そんな奴いるのかい?」

    市民A「そりゃいるだろうさ……。ま、これに懲りてもう諦めて欲しいけどな!」


    47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:22:20 ID:64ATbHFg

    ~ 宮殿内 ~

    弟「兄上め……うまく反乱をさばいたか」チッ

    側近「はっ……」

    弟「隣国との会談直後という微妙な時期でもあるし」

    弟「必ずや反乱軍には強硬策を行使する、と思ったんだがな」

    弟「そうすれば現状に不満を抱いている者は怒りと不安を覚え……」

    弟「水面下で反皇帝の動きが広がり……」

    弟「そこに武器を提供すれば、さらなる大反乱が起こり、ボクが付け入る隙が生まれる」

    弟「……はずだったのだが」

    側近「こうなった以上、この策を続けるのは難しいでしょう」

    弟「ふん……こうなれば仕方ない」

    弟「直接対決だ。このボクが自ら動いて、兄上を追い落とす!」

    側近「しかし殿下……皇帝が強権を発動したら……」

    弟「フフフ、心配はいらない。あの兄にボクをどうこうする度胸はないさ」


    48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:26:13 ID:64ATbHFg

    ついに表立って動き出した弟の影響で、帝国上層部のバランスが崩れ始める。

    ~ 執務室 ~

    大臣「陛下……すでにご存じかと思いますが」

    大臣「弟殿下が有力貴族や諸侯に、金品をバラ撒いているとの噂が……」

    大臣「さらに帝国軍に赴き」

    大臣「自分ならば兵士への待遇をよりよくする、などと吹聴しているとか……」

    皇帝「……耳には入ってきている」

    大臣「古今東西、どのような国の最高権力者にとってもいえることですが」

    大臣「親族は最大の政敵にもなりえるのです! ここは厳しい処分を──」

    皇帝「いうな、大臣」

    皇帝「あれでも……血を分けた唯一の弟なのだ……」グッ…

    大臣(陛下……)


    49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:29:14 ID:64ATbHFg

    ~ 宮殿内 ~

    側近「殿下、予想以上の効果です」

    側近「皇帝陣営の動揺はかなりのものです」

    弟「フフッ、当然だろう」

    弟「しかし、兄上はなにも手出しできんさ」

    弟「今でこそ名君だとかチヤホヤされているが──」

    弟「遠い記憶だが、昔の兄上は烈火の如き燃えるような気性を持っていた」

    弟「しかし、父上が死に、皇帝になってからはすっかり大人しくなってしまった……」

    弟「あれでは帝国は弱くなるばかりだ!」

    弟「成長する周辺諸国や、北方の異民族にもいずれ出し抜かれる!」

    弟「皇帝という地位に慢心し、たるんでしまった兄上など、もはやボクの敵ではない」

    弟「手を緩めるな! 一気に兄上を皇帝の座から引きずり下ろす!」

    側近「はっ!」


    50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:32:00 ID:64ATbHFg

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「聞いたぜぇ?」

    皇后「反乱軍の次は、弟さんに刃向かわれてるんだってな?」

    皇后「まさに敵だらけだなァ! それでも皇帝かよ、ギャハハハハハッ!」

    皇帝「うっせえ、黙れ! その薄汚ねえ口を閉じやがれ!」

    皇后「しっかし、滑稽だなオイ」

    皇后「仮にも国で一番偉い男が、実の弟に手も足も出ねーんだからよ」

    皇帝「ンだとォ……!?」

    皇后「ま、このままいきゃあこの国はあの弟さんのもんだろ」

    皇后「したら、アタシも弟さんに乗り換えなきゃなァ」

    皇帝「抜かせ、クソビッチが!」

    皇后「ビッチだと!? 甲斐性ナシがほざいてんじゃねーよ!」


    51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:35:36 ID:64ATbHFg

    皇后「それとも弟が怖いってか!? ビビってんのか!? お兄ちゃんよォ!」

    皇帝「怖くねーよ! ただ疎遠になってたしよ……ちょっと気まずいだけだ!」

    皇后「だったらぶつかってみろや……どうせ大した能もねえんだからよ!」

    皇后「あれこれ考えたって時間の無駄だっつうの!」

    皇帝「外野のくせにギャーギャーうっせんだよ、テメェは!」

    皇后「悔しかったら外野を黙らせるぐらいシャキッとしろ、タコが!」

    皇后「いや、イカ臭えんだよ、アンタは!」

    皇帝「このアマ……そんなに海の幸が好きなら、海に沈めてやる!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「くっそ、弟は逆らうし妻はもっと逆らうし……俺の家族はひどすぎる!」

    皇后「そりゃこっちのセリフだ、ボケ!」


    52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:38:24 ID:64ATbHFg

    ~ 宮殿内 ~

    皇帝は弟に接触を試みることにした。

    弟「二人きりで話をしたいだって?」

    皇帝「ああ……」

    弟「場所は?」

    皇帝「玉座の間だ」

    皇帝「あそこならば、兄弟で腹を割って話せるだろう?」

    弟(なにを考えている……? まさかボクを暗殺するつもりでもあるまい……)

    弟(反乱軍のようにボクを懐柔するつもりか? ……無駄なことだ)

    弟(そうだ……これを機会に徹底的に兄上を言い負かしてやろう)

    弟(そうすれば今後の展開がさらに有利になる!)


    53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:42:13 ID:64ATbHFg

    ~ 玉座の間 ~

    皇帝「単刀直入にいわせてもらう」

    皇帝「弟よ、お前は近頃余の周辺を荒らし回っているようだな」

    弟「これはこれは……荒らし回っているとは失敬な」

    皇帝「お前が何がしたい? いったい何が目的なのだ?」

    弟「さぁ?」

    皇帝「先の反乱……反乱軍に武器を提供したのはお前か?」

    弟「どうでしょうかねえ?」

    皇帝「…………」

    皇帝「お前は余から皇帝の座を簒奪するつもりか?」

    弟「……だとしたら?」

    皇帝(ここは……威厳を見せなければ!)


    54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:46:02 ID:64ATbHFg

    皇帝「ならば余は兄として、皇帝として、忠告する」

    皇帝「これ以上放っておけば、今度こそお前の下らぬ策で死者が出てしまうかもしれぬ」

    皇帝「今日からは容赦しない」

    弟「…………!」

    弟(く……怯むな! 兄上がボクに何かをできるわけないんだ!)

    弟「へえ……どう容赦しないっていうんだ?」

    弟「糾弾するか? 追放するか? 死刑台に送るか!?」

    弟「やってみろ!」

    皇帝「!」

    弟「ボクは皇帝になって変わってしまったあなた──いやキサマなどに負けはしない!」

    弟「この国を昔のような人々に畏怖された帝国に戻せるのは、ボクだけなんだ!」

    皇帝「むむむ……」グッ…

    皇帝(機先を制された……こうまでハッキリいわれてしまうと……)


    55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 02:49:46 ID:64ATbHFg

    弟「とはいえ、あなたはボクにとっても唯一の兄、お命を奪うのも忍びない」

    弟「とっととボクに皇位を譲り、田舎にでも引きこもっていろ!」

    弟「あのお美しい義姉(あね)と一緒に、二人きりで暮らすがいい!」

    皇帝(うわ……田舎に隠居ってのはともかく、アイツと二人きりは絶対イヤだ)

    弟「そうだ! なんならボクがあの人をもらってやってもいいか!」

    皇帝「!」

    弟「元は皇后も他国から嫁いできた高貴な身、“元皇帝”などとは釣り合うまい!」

    皇帝(弟がアイツと、結婚……!?)

    皇帝(マズイ……それだけは止めねばならん!)

    皇帝(いくら政敵とはいえ、たった一人の弟なんだから……!)

    ガシィッ!

    弟の胸倉を掴む皇帝。

    弟「う、うげっ……!?」ゲホッ…

    皇帝「……いい加減にしろよ、テメェ」グイッ


    56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:10:56 ID:64ATbHFg

    弟「は、はなせ……!」

    皇帝「なんでテメェはそうなんだ!?」

    皇帝「母上が病で亡くなり、父上も後を追うように倒れ……俺は寂しかった!」

    皇帝「だが、皇帝としてなんとかやってきた!」

    皇帝「お前とは決して仲がいいとはいえなかったが、肉親として情を持っていた!」

    皇帝「だからなるべく好きにさせといたが……」

    皇帝「これ以上やるんならもう容赦しねえ……俺はテメェを止める!」

    皇帝「どんな手を使ってもな……!」

    弟「…………!」ゾクゾクッ

    弟(このボクが、震えている……!?)

    弟(鬼のような気迫だ……。か、勝てる気が……しない……)

    弟(兄上は……変わっていなかった……。ただ表に出さなくなっただけなんだ……)

    弟(それにしても皇后のことを口に出しただけで……)

    弟(これほど怒りをあらわにするとは……)

    弟(兄上はそれだけ深く……彼女を愛している、ということか……)


    57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:12:47 ID:64ATbHFg

    皇帝(しまった……! つい皇帝っぽい言葉づかいを忘れちまった!)

    弟「フ、フフ……フフ……」

    皇帝(まずい! こんな恫喝したことを世間にバラされたら──)

    弟「反論、したいところ、だが……なにも言い返せないよ」

    弟「震えが……止まらない……」

    弟「まさか一対一で、こうも器のちがいを……見せつけられるとは……」

    皇帝(なんの話だ? なにいってるんだこいつ?)

    弟「兄上……。ボクは兄上ならば、帝国を強くできると分かった」

    弟「これからは、弟として兄上を支える……!」ガクッ

    皇帝「!?」

    皇帝「そ、そうか……分かってくれて余も嬉しいぞ」

    皇帝(急に素直になるなんて……絶対罠だろ、これ。怪しすぎる……)


    58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:15:57 ID:64ATbHFg

    その後、皇帝の心配とは裏腹に、弟の反皇帝運動は沈静化していった。

    ~ 宮殿内 ~

    弟「義姉上」

    皇后「あら……弟様、どうかなさって?」

    弟「相変わらずお麗しい……」

    皇后「まぁ、お上手だこと」クスッ…

    弟「どうかこれからも、兄上を愛してあげて下さい」

    弟「兄上があなたを愛しているように……」

    皇后「……もちろんですわ」

    弟「フフ……ではこれで」

    弟(ボクは兄上と……あなたに負けたのですから……)


    59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:18:53 ID:64ATbHFg

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇后「さっき弟さんから話しかけられたが、なんかあったのか?」

    皇帝「弟が? ああ、もしかしたらアレのことかな」

    皇后「アレって?」

    皇帝「この前、アイツがお前と結婚したいみたいなことを抜かしてたから」

    皇帝「あんなゴキブリの下位互換みたいな女はやめとけ、って忠告しといたんだよ」

    皇后「オイコラァ!」

    皇后「女に向かっていっていいセリフじゃねえぞ、謝って取り消せ!」

    皇帝「そういうセリフはな、お前みたいなクソブスがいっていいセリフじゃないから」

    皇帝「せめて整形してからいうようにしろよ……いや整形しても無理か。というか無駄か」

    皇后「んだとコラァ!」

    皇帝「分かった分かった、あとでゴキブリに謝っておくわ」

    皇后「アタシに謝れ、カス!」


    60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:30:17 ID:64ATbHFg

    皇后「マジで弟さんに乗り換えっからな!」

    皇帝「テメェみてえな外道に、大切な弟は渡さねーよ!」

    皇后「はァ? もしかしてブラコンか、アンタ?」

    皇帝「ブラコン?」

    皇后「オイオイ、ブラコンも知らねーのかよ……この無知皇帝は」

    皇帝「し、知ってるから! え、と……ブラジャーコンプレックスだろ!?」

    皇后「全然ちげえ! つか、なんでブラジャーが出てくんだ!」

    皇帝「いや、**すぎてブラジャーもつけられないお前を指した言葉だよ」

    皇后「**じゃねーし! バッチリ胸あるし! なんならさわってみるか!?」

    皇帝「いや……チ𠂊ビから毒液とか出てきても困るし」

    皇后「出ねーよ!」


    61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/13(金) 03:33:08 ID:64ATbHFg

    皇帝「もういい! とにかく勝負だ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」

    皇帝「弟とは仲直りできたが……テメェとは一生かかっても無理だな」

    皇后「一生どころか一回死んで生まれ変わっても無理だ」






    どうにか帝国内の平和を取り戻した皇帝と皇后。

    しかし、そんな二人に最大の試練が訪れることになる──


    67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:21:14 ID:rWthKoJM

    ~ 宮殿内 ~

    兵士「大臣、大変な知らせが入りましたッ!」ザッ

    大臣「どうしたのだ?」

    兵士「北方民族が……南下を始めました! それもこれまでにない規模です!」

    大臣「な、なんだとォ!?」



    北方民族──

    この帝国や隣国、皇后の母国などがある地方から、北に居を構える異民族。

    気候風土はもちろん、文化や風習も帝国などとは全く異なる。

    しばしば南下しては、帝国を始めとした周辺諸国を荒らし回ってきた歴史を持つ。

    近年は穏健な人物が首長となり、大人しくなっていたと思われたのだが──


    68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:26:02 ID:rWthKoJM

    ~ 執務室 ~

    皇帝「北方民族……」

    皇帝「今の首長となり、気質が穏やかになったと聞いていたが」

    皇帝「あれは、こちらに隙を作るための偽情報だったということか」

    大臣「はっ、このままでは帝国──いや、周辺諸国まで奴らに食い荒らされます!」

    皇帝「…………」

    弟「兄上、北方民族は北の厳しい大地で培った強力な騎馬兵団を持ち」

    弟「武術や戦術も我々とはちがう」

    弟「帝国軍だけでは、到底太刀打ちできない」

    弟「隣国や皇后殿の故国はもちろん、周辺諸国に協力を仰がねば……」

    皇帝「分かっておる」

    皇帝「すぐに各国に檄文を飛ばすのだ!」

    皇帝「北方民族には、我が帝国軍を中心とした“連合軍”で対抗する!」


    69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:29:23 ID:rWthKoJM

    大臣「陛下……」

    大臣「おそらく陛下のご人望ならば、連合軍を組むことは可能です」

    大臣「ですが、あの獰猛な北方民族に対抗できるほどに士気を上げるためには」

    大臣「陛下自ら出陣し、先頭に立たねばならぬ場面もあるかと……」

    皇帝「むろん、そのつもりだ」

    皇帝「盟主である余が先頭に立ち、連合軍を鼓舞せねば、勝利はありえぬだろう」

    弟「お待ち下さい、兄上!」

    弟「もし兄上が倒れられたら、この国はどうなるのです!」

    皇帝「もしもの時は……弟よ、余の後を頼んだぞ」

    弟「兄上っ……! 兄上がいなくなったらボクはっ……生きていけません!」

    皇帝「お前ならば、余がいなくとも大丈夫だ」

    皇帝(俺がいなきゃ生きていけないとか、アイツは絶対いわないだろうな……)



    大臣(外交もうまくいき、陛下も弟殿下と和解し、これからという時だったのに……)

    大臣(今回の北方民族の南下……。まさに陛下にとっては最大の試練となるだろう……)


    70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:32:49 ID:rWthKoJM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「とまぁ、こういうわけだから、ちょっくら出てくらぁ」

    皇后「おう、戦死してこいや」

    皇帝「第一声がそれかよ!?」

    皇后「帝国のトップらしく、最期くらい華々しく散れよ!」

    皇后「アンタが死んだらバカ皇帝追悼式やっからよ、ド派手にな!」

    皇后「花火打ち上げて、カーニバルして……一ヶ月はどんちゃん騒ぎだ!」

    皇帝「ふざけんなよ、テメェ……!」

    皇帝「絶対そんなことはさせねえ! させてたまるか!」

    皇帝「北方民族を追い返して帰ってきたら──」

    皇帝「真っ先にテメェの首を取ってやる! んで城門にさらす! 一生さらす!」

    皇后「これから死ぬアンタにできるわけねーだろ!」


    71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:35:09 ID:rWthKoJM

    皇帝「俺はぜってー戻る!」

    皇帝「テメェより先にくたばるなんて耐えられねえ! 悔しすぎる!」

    皇后「ふん……死体になって帰ってきたら」

    皇后「骨は砕いて海にバラまいて、鮫のエサにでもしてやっからよ!」

    皇帝「俺をナメるなよ、クソアマ!」

    皇帝「俺はテメェよりも一分一秒でも長く生きて」

    皇帝「テメェが死んだら祝賀パーティーを開いてやるんだからよ! それが夢だ!」

    皇后「やってみろ、コラァ! なんなら今ここでケリつけちまうか!?」

    皇帝「上等だァ!」

    皇帝「うおおおおおっ!」

    皇后「きえええええっ!」

    ドタン! バタン! ドタン! バタン!

    皇帝「ハァ、ハァ……」

    皇后「ゼェ、ゼェ……」


    72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:39:14 ID:rWthKoJM

    ~ 街 ~

    皇帝が軍団長とともに、軍を率いて出陣する。

    ワァァ…… ワァァ……

    市民A「うひぇ~! 皇帝陛下のご出陣だ!」

    市民B「中央平原で他国の軍隊と合流して、北方民族と戦うんだったよね」

    市民B「勝てるかなぁ……」

    市民A「バッキャロウ! 皇帝陛下が負けるわけねえだろ!」

    市民B「でも……相手が悪すぎるよ」

    市民B「宮殿内じゃ、陛下の命ですでに陛下亡き後の準備もしてあるって聞くし……」

    市民A「…………」



    民衆に向けて拳を振り上げる皇帝。

    皇帝「余は必ず勝って戻る! 安心していてくれ!」

    ワァァァァァ……


    73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:43:05 ID:rWthKoJM

    皇后たちもまた、皇帝の出陣を眺めていた。

    弟「兄上……どうか死なないで! 神よ、兄上に勝利を与えたまえ!」

    皇后「…………」

    大臣(これから最愛の夫が死地に向かわれるというのに……)

    大臣(皇后様は落ちついておられる……なんという気丈な方だろうか)

    大臣(本当は誰よりも辛いはずなのに……)

    大臣「皇后様、陛下は必ず戻られますよ」

    皇后「ええ」

    皇后「わたくし、あの方を信じておりますもの」

    皇后(さて、準備をしないと……)


    74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:45:32 ID:rWthKoJM

    ~ 中央平原 ~

    蛮勇を誇る北方民族に対抗すべく、各国軍隊が集結する。

    皇帝「みんな、余の呼びかけに応じてくれてありがとう!」

    皇帝「今回の戦いは、我が帝国や各国だけではない」

    皇帝「この地方全ての平和を勝ち取るための戦いだ!」

    皇帝「敗北は許されぬ!」

    皇帝「恐れるな、皆には余がついておる!」



    ウオォォォ…… ワァァァァ……


    75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:48:25 ID:rWthKoJM

    各国の王と、挨拶を交わす皇帝。

    皇帝「これは隣国王殿!」

    隣国王「あの会談以来ですな、ワァッハッハッハッハ……」

    隣国王「ワシも“白獅子王”などと呼ばれる身、及ばずながら力になりましょうぞ」

    皇帝「あなたが味方というのは、本当に頼もしいですよ」

    さらに──

    皇后父「ど~も」

    皇帝「おお、義父上も来て下されたか!」

    皇后父「なにしろ義理の息子からの呼びかけですからなぁ~」

    皇帝「義父上こそ、王国ほとんどの兵を出してくれたようで、感謝しております」

    皇帝(なんでこんないい人からアイツが生まれるんだか……突然変異か?)

    軍団長(帝国はもちろん、周辺国全ての主力が集まっている……)

    軍団長(あとは士気さえ上がれば、この戦……勝てるかもしれん!)


    76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:53:48 ID:rWthKoJM

    連合軍が北上を開始すると、まもなく北方軍と遭遇した。

    ~ 戦場 ~

    皇帝「あれが……北方民族の軍隊か」

    軍団長「どうやら連合軍を待ち受けていたようですな……恐ろしい余裕です」



    首長「グハハハッ! キサマら軟弱民族に、策など不要よ!」

    首長「ザコが集まってくれて好都合だ……まとめて片付けてくれるわ!」

    ウオォォォ……! ウオォォォ……!



    軍団長(ぐ……なんてことだ! 北方軍の士気はこちらを一歩も二歩も上回っている!)

    軍団長(やはり陛下が先頭に出るのは危険すぎる!)

    軍団長「陛下、下がって──」

    皇帝「いや……ここで余が出ねば、連合軍の敗北が決定する!」

    皇帝「皆の者、余に続けェ! 全軍突撃ィィィッ!!!」

    軍団長「はいっ!!!」


    77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 01:58:12 ID:rWthKoJM

    他国の軍も、皇帝に呼応する。

    隣国王「ふん、まさか本当に皇帝が先頭に立つとはな……やりおるわ」

    隣国王「我が軍も帝国に負けておれんぞ、続けぇっ!」バッ

    ウオオオォォォォォ……!



    皇后父「よいか、みんな」

    皇后父「可愛いわしの娘を未亡人にしてはならんぞ~い!」

    ワアアアァァァァァ……!



    「我が軍も突撃だ!」 「帝国軍を援護しろっ!」 「この地を守るんだ!」



    馬にまたがり剣を手に、北方軍に突撃する皇帝。

    皇帝「いざ参るッ!」ドドドッ

    北方兵「バカじゃねーか、いきなり大将首が突っ込んできやがったぜ! 死ねやァ!」


    78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:01:13 ID:rWthKoJM

    皇帝「うおおおおおっ!」ビュアッ

    ザンッ……!

    北方兵「うぎゃっ!?」ドザァッ

    皇帝「うおおおおおっ!」シュバッ

    ザシュッ! ドバッ! ズシャッ!

    皇帝の剣が、次々に敵兵を斬り飛ばしていく。



    軍団長(つ、強い! 普段の穏やかな陛下とはまるで別人……!)

    軍団長(これは単に武芸に優れているというだけではない……)

    軍団長(皇帝陛下はケタ外れの闘争心を持っておられる!)

    軍団長(しかし、あの宮殿生活の中、どうやって闘争心を培ったのだろうか……?)



    皇帝「うおおおおおおおおおおおっ!!!」

    ズバシュッ……!


    79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:06:40 ID:rWthKoJM

    一方、宮殿では──

    メイドA「陛下が出陣してから、皇后様はずっと寝室にこもりっきりね」

    メイドB「きっと陛下の無事を祈ってらっしゃるのよ」

    メイドA「ちなみに弟殿下は祈願に滝浴びをしすぎて、ひどい風邪をひいたそうよ」

    メイドB「あんなに仲が悪かったのに、今やすっかりブラコンね」

    メイドA&B「オホホホホホ……」



    皇后「こんなこともあろうかと、異国から仕入れていてよかった……」

    皇后「この大量のワラ人形と五寸釘で、アイツをあの世に送ってやる!」

    皇后「きええええええっ!」ガンガン!

    皇后「きええええええっ!!」ガンガンガン!

    皇后「きえええええええええっ!!!」ガンガンガンガンガン!


    80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:12:53 ID:rWthKoJM

    ~ 戦場 ~

    皇帝「ぐっ……!」ズキッ…

    皇帝(伝わってくるぞ、あの女の呪いが! 怨念が! 殺意が!)ズキズキ…

    皇帝(今この世で誰より俺の死を望んでるのは、北方民族じゃない)

    皇帝(あのクソアマだ!)

    皇帝(北方民族の強さや獰猛さはやっぱり予想より凄まじいし)

    皇帝(ここが俺の死に場所か、と覚悟を決めてた部分もあったが──やっぱゴメンだ!)

    皇帝(あの女より先に死ぬのはまっぴらだ! 絶対生き残る!)ギロッ

    皇帝「死んで……たまるものかァ!」

    皇帝「余には皇后がいるのだからァ!!!」

    皇帝「うおおおおおおおおおっ!!!」ビュアッ

    北方隊長「わ、わわっ!」

    ザシュッ!

    皇帝「北方軍の隊長一人、余が討ち取ったりィ!」バッ

    ウオオォォォォ……!


    81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:19:09 ID:rWthKoJM

    ……

    …………

    ………………

    連合軍と北方軍の戦力は拮抗し、戦争は十日以上にも及んだ。



    そして、ついに──

    首長「ぐうう……一気に決めるはずが、こうまで手こずるとは……!」ギリッ…

    首長「奴らがここまでの力を持っているとは、誤算だった……! もう兵糧もない……」

    首長「……全軍退却だ! 馬はこちらの方が速い!」

    ワァァ…… ワァァ……



    軍団長「おおっ、退却していく……」

    軍団長「やりましたよ、陛下! 連合軍の勝利です!」

    皇帝「あ、ああ……」ボロッ…


    82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:23:11 ID:rWthKoJM

    皇帝「北方民族は我らの反撃になすすべなく、逃げ帰った!」

    皇帝「連合軍の大勝利だ!」

    皇帝「各国軍隊のみんな、よくやってくれた!」

    皇帝「ありがとう……!」

    皇帝「本当にありがとう!」

    ワァァ…… ワァァ……



    隣国王「ワァッハッハ……この短い間で、すっかり周辺国のリーダーになってしまったな」

    皇后父「義父として鼻が高いですわ~い」

    こうして連合軍は解散し、それぞれがそれぞれの国に帰った。


    83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:27:12 ID:rWthKoJM

    ~ 宮殿 ~

    大臣「陛下、おめでとうございます! ご無事でなによりでした!」

    弟「兄上こそ真の英雄です! ……くしゅんっ!」

    皇帝「ありがとう、二人とも」

    大臣「ではさっそく、盛大に陛下の凱旋式を──」

    皇帝「いや……まずは妃に会いたい。どこにいる?」

    大臣「おっと、そうでしたな」

    大臣「皇后様はこの二週間、ほとんど寝室から出てこられませんでしたが」

    大臣「おそらく寝室で陛下をお待ちしているはずです」

    皇帝「すまぬな」ザッ…

    弟(真っ先に皇后殿のもとに向かうとは……)

    弟(やはり、兄上は皇后殿を深く愛しておられるのだな……)

    弟(なんだか嫉妬すら感じてしまうよ……)

    弟「ハーックション!」


    84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:31:02 ID:rWthKoJM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「……残念だったな、戻ってきちまったぜ」

    皇后「……ちっ」

    皇帝「つか、なんだこの部屋!?」

    皇帝「ワラ人形だらけじゃねえか! 釘が刺さりまくってるしよ!」

    皇后「くっそ、呪いは通じなかったか」

    皇帝「しかも、『祝・皇帝戦死』なんてド派手なパネルまで作りやがって!」

    皇后「せっかく手作りしたのに台無しになっちまった」

    皇后「どっかのバカがのこのこ逃げ帰ってきたせいでよォ!」

    皇帝「逃げてねえし! 戦ったし! わりと活躍したし! つーか勝ったし!」


    85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:36:37 ID:rWthKoJM

    皇后「あ~あ、ったくつまらねえ結末になっちまった」

    皇后「国もみんなも助かって、アンタ一人だけ死ねば最高だったのによ」

    皇帝「ほざいてろ!」

    皇后「あ~あ……」ポロッ…

    皇帝「あ……? なに泣いてんだ、テメェ」

    皇后「く、悔し涙だよ! アンタが生きて帰ってきちまったから……」グスッ

    皇帝「う……」ポロッ…

    皇后「アンタこそ……なに泣いてんだよ?」

    皇帝「あ、これは……テメェの悔しがる姿を見れた、嬉し涙だよ!」グシュッ…

    皇后「…………」ポロポロ…

    皇帝「…………」グシュッ…

    二人の目から大粒の涙がこぼれる。


    86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:41:33 ID:rWthKoJM

    皇帝「うっ……」グスッ

    皇后「う、くっ……」グシュッ…

    皇帝「うおおおぉぉぉぉ~~~~~~んっ!!!」

    皇后「うわあぁぁぁ~~~~~~んっ!!!」

    皇帝「うおおおおぉぉぉぉ~~~~~~~~~~~んっ!!!」

    皇后「うわわぁぁぁ~~~~~~~~~~~~んっ!!!」

    皇帝「うおおおぉぉぉ~~~~ん! うおおぉぉぉぉぉ~~~~~ん!!!」ガシッ…

    皇后「うええぇえ~~~ん! うわあぁぁ~~~~~~~~ん!!!」ギュッ…

    うおぉぉぉ~ん…… うええぇぇ~ん……





    二人は抱き合ったまま、完全防音の部屋でいつまでも泣き続けた……。

    ………………

    …………

    ……


    87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:45:23 ID:rWthKoJM

    時は流れ、十年後──



    ~ 宮殿前広場 ~

    ワァァ…… ワァァ……

    皇帝「本日は帝国式典を存分に楽しんでくれたまえ」

    皇后「皆さまの元気なお姿を見られて、大変嬉しいですわ」



    市民A「うひょ~! 皇帝陛下はすっかり貫禄がついたな!」

    市民B「皇后様だって、さらに美しさと気品に磨きがかかってきた感じだ」

    市民A「それに、ついに弟殿下が帝国軍単独で北方民族を追い払ったしな!」

    市民A「弟殿下があそこまで策略に長けていたとは驚きだぜ!」

    市民B「帝国はもしかして、これからが最盛期といえるのかもしれないね……!」

    ワァァ…… ワァァ……


    88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:49:11 ID:rWthKoJM

    ~ 皇帝夫妻の寝室 ~

    皇帝「テメェ、コラァ!」

    皇帝「さっき退場する時、わざと俺の足踏んだだろ! いてぇだろうが!」

    皇后「あ!? アンタこそ、手ェ振る時、どさくさ紛れにアタシの頭叩いたろうが!」

    皇帝「脳みそが故障してるみたいだから、直そうとしてやったんだよ!」

    皇后「ほざくな! アンタは全身が故障してんだろが! ポンコツ皇帝がよ!」

    皇帝「やんのかコラァ!」

    皇后「来いよ! 今日こそ三途の川渡らせてやんよ!」

    娘「ちょっと、ちょっと」

    娘「二人とも、いい加減にしてよね! いい年してみっともない!」

    皇帝&皇后「!」


    89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:53:49 ID:rWthKoJM

    皇帝「う、ぐ……」

    皇后「むむ……」

    娘「ほら、仲直りの握手」

    皇帝&皇后「はい……」ギュッ…

    皇帝(この憎きクソアマの股から出てきた娘……なのに)

    皇后(この憎きクソヤロウのオタマジャクシだった娘……なのに)

    皇帝「可愛いよぉ~! さっすが俺の娘!」ナデナデ…

    皇后「可愛すぎる~! さすがアタシの娘!」ナデナデ…

    娘「はぁ……」

    娘「あたしがしっかりしないと……この国は滅ぶわ」


    90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 02:56:21 ID:rWthKoJM

    皇帝「じゃあパパと、お風呂入ろうか?」

    娘「イヤよ!」

    皇后「じゃあママと、お絵かきする?」

    娘「いい! あたし勉強する! ジャマしないでね!」プイッ

    皇帝&皇后「そ、そんなぁ……」

    皇帝「くっ、娘が俺になびかないのはテメェのせいだ!」

    皇后「だからほざくな! アンタのせいに決まってんだろうが!」

    娘「あ~また始まった……!」



    ──────

    ────

    ──


    91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 03:02:31 ID:rWthKoJM

    皇帝夫妻の一人娘は、後に次代皇帝“女帝”として帝国に君臨することとなる。

    そして、北方民族との和睦や、他国同士の戦争の仲裁など数々の偉業を達成し、
    “仲裁女王”の異名を残すまでになる。

    しかし、彼女はこれらの偉業を成すたび、こう笑ったという──



    「あの二人を仲裁するのに比べれば、なんてことないわ」



    “あの二人”とは誰を指すのか?
    彼女自身の口から語られることは一切なかったため、
    今もなお歴史家の間ではさまざまな説が流れている。

    なお、その中の一説に『女帝の両親が、“あの二人”なのでは』というものがあるが
    女帝の父母は帝国史屈指のおしどり夫婦だったとして有名であり、
    この説は俗説の域を出ていない。





                                     ── 完 ──


    92: ◆M7i4SVP2Fw 2014/06/14(土) 03:04:37 ID:rWthKoJM

    以上でこの物語は完結となります

    読んで下さった方
    レス下さった方
    ありがとうございました!


    93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 03:12:24 ID:0o8O31MI

    面白かった!乙乙!


    95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 03:15:46 ID:kj8bfRvs

    乙です
    面白かったよー


    96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 03:16:58 ID:/zBoA8w2

    ブラボー!乙


    97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 07:42:29 ID:HwZ6tN2U


    このテンポ大好き


    101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 09:36:43 ID:Vdv5MF3U

    これは良スレ。大層乙!


    103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/14(土) 13:27:38 ID:f6i5TUHM

    乙!
    笑わせてもらった


    110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 04:35:50 ID:A3onKzk6

    どこまでも素直じゃない二人w
    なにげにブラコンと化す弟ww

    面白かった乙!


    引用元: 皇帝「このクソブスが!」皇后「お、勝負すっか!?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (83)
    幼馴染 (14)
    兄妹 (27)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (226)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (168)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (123)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (40)
    おんJ・なんJ (154)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (160)
    シンデレラガールズ (768)
    ミリオンライブ (154)
    シャイニーカラーズ (58)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (10)
    アンパンマン (2)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (173)
    カイジ (3)
    かぐや様は告らせたい (9)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (66)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (228)
    機動戦士ガンダム (27)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (2)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (29)
    けものフレンズ (12)
    コードギアス (14)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (26)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (5)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (13)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (9)
    進撃の巨人 (47)
    新世紀エヴァンゲリオン (32)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (19)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゾンビランドサガ (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (9)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (39)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (51)
    ドラえもん (4)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (5)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (1)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (37)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (1)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (9)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (108)
    ぼくたちは勉強ができない (18)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (34)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (13)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (63)
    遊戯王 (25)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (21)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (103)
    リトルバスターズ! (7)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (23)
    ワンピース (15)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (2)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (2)
    食戟のソーマ (2)
    DEATH NOTE (3)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (1)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク