FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    上条「あれ・・・?不幸じゃなくなった?」

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:50:15.81 ID:n0bJ3ZV50

    上条「くそ!補習が長引いちまった・・・」

    上条「あーあ、この時間だともうタイムセールは終わってるな…」

    上条「・・・ん?」

    上条「新規開店?半額セールだと!?」

    上条「珍しくついてるな」

    タッタッタッタッ



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:53:01.14 ID:n0bJ3ZV50

    上条「・・・ふぅー、こんなにいっぱい買うことができた」

    上条「ただいまー」

    イン「お腹すいたんだよ!早くご飯作ってほしいかも!」

    上条「喜べインデックス!今日は半額セール行ってきたからいっぱいくえるぞ!」

    イン「じゃあさっさと準備するんだよ!まちきれないかも!」

    上条「はいはい、じゃあちょっと待ってろ」


    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:56:32.65 ID:n0bJ3ZV50

    上条「よーしっ、準備できたぞ」

    イン「早速食べるんだよ!」

    上条「ちょ、インデックス!料理運ぶ途中に服引っ張る・・・あっ!」

    ガッシャーン

    上条「ああぁ・・・」

    上条「まだたくさん料理はあるけど・・・」

    上条「捨てるか・・・」

    上条「・・・ん?この肉生焼けじゃないか?」

    上条「おぉ、ついてるな」


    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 22:59:06.87 ID:n0bJ3ZV50

    次の日

    上条「じゃあいってきます」

    上条「ふー、なんだか昨日幸運が続いてたからな・・・」

    上条「今日まとめて不幸が降りかかってくるかもしれなから用心するか」



    上条「あ、信号が青に」

    上条「電車がちょうど・・・」

    ビューーー キャーーキャーー
    上条「いたずらな風・・・」

    上条「どうなってるんだ?」


    8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 23:04:10.73 ID:n0bJ3ZV50

    上条「今日もなんだか補習がなくなった」

    上条「どうゆうことd」

    御琴「あ、みつけたわよ!」

    上条「げ!御坂か」

    上条「(あ、そういえば俺のイマジンブレーカーはちゃんと機能してるのか?)」

    上条「なぁ御坂、お願いがあるんだけど」

    御琴「(え?何?いきなり・・・まさかデートのお願いとか!?)な、なによ!」

    上条「俺に電撃飛ばしてくれないか?」

    御琴「今週は日曜日が空いて・・・え?」

    上条「だからお前の電撃を俺に向かって飛ばしてほしいいんだ」

    御琴「」


    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 23:08:06.50 ID:n0bJ3ZV50

    御琴「(期待した私が馬鹿みたいじゃない・・・)じゃあ本気でいくわよ?」

    上条「ちょ、ちょっと待て!軽く頼む!ピリっとくるくらいで!」

    御琴「??まぁいいけど、いくわよ」ビリビリ

    上条「(よし、右手で)」

    キュウイーーーーーン

    上条「!?」

    上条「吸収した・・・?」

    上条「く・・・」フラッ

    上条「あ、頭が・・・ズキズキ・・す・・r」バタッ

    御琴「ちょ、ちょっと!大丈夫!?ねぇ!」

    ・・・・


    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 23:13:31.72 ID:n0bJ3ZV50

    上条「・・・ん」

    上条「ここは、病院か」

    リアルゲコ「やぁ、君の住所をここに変更するかい?」

    上条「先生、いつもすいません」

    ゲコ「まぁいいよ、症状も疲労に似たものだし」

    ゲコ「でも・・・」

    上条「?」

    ゲコ「脳に多きな負担を掛けたようだね」

    ゲコ「別に障害が出たりしてるわけではないから安心していいよ」

    ゲコ「どういう理由かはしらないけど、君の脳が急激な思考をした形跡があるんだ」

    上条「つまり?」

    ゲコ「君が能力者のような、しかも上位のLEVEL能力者のような演算をした形跡があるんだ」

    上条「でも俺、LEVEL0ですよ?」

    ゲコ「それは私も知っている。だから不思議でならないんだ」

    ゲコ「とりあえず今日は泊まってゆっくりしていきなさい」


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/10(金) 23:21:10.44 ID:n0bJ3ZV50

    ゲコ「じゃあ」バタン

    上条「俺には能力がないし・・・」

    上条「俺は御坂の電撃を食らって、それで・・・」

    上条「!?」

    上条「なんだ、これ・・・」

    上条「なんなんだ!?」

    上条「どうして電撃の演算の仕方を俺が知ってるんだ?」

    上条「静電気を作る・・・」パチパチ

    上条「電磁石に・・・」

    上条「電撃を飛ばす」ビリビリ

    上条「どうなってんだよ・・・」


    ガラガラ

    御琴「!あ・・・」

    上条「御坂、すまない。電撃を飛ばさせて、勝手に倒れて」

    御琴「ほ、ほんとよ!し、心配したんだからね!(よかった、ほんとに・・・)」


    21: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:01:56.23 ID:FvH2aVPp0

    黒子「あらあらお姉さま、さっきまでは不安そうに涙ぐんでいらっしゃったのに、その健気なお姉さまはどこへ
        いってしまったのですか?」

    御琴「黒子!!///」

    黒子「お久しぶりでございますね」

    上条「おう・・・白井・・・だっけか?」

    黒子「はい、まぁ後数年もすれば"御坂”の性に変わりますg」

    御琴「あんたは外でまってなさい!」

    上条「(そうだ・・・)白井って確かLEVEL4だったよな?」

    黒子「そうですわ。能力はテレポートですが」

    上条「あの、手、触らせてくれないか?」

    黒子「」

    御琴「」

    上条「・・・いや!別にやましいことなどぜんぜん上条さんは考えてませんよ!?」


    25: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:11:35.32 ID:FvH2aVPp0

    黒子「はぁ・・・まぁいいですわ」ヒョイ

    上条「ん、ありがとう」ピタ


    キュイーーーーーーン

    上条「(まただ・・・しかも今度は能力を出してないのに触っただけで演算が頭に入ってくる)」

    上条「・・・痛っ・・!」

    御琴「!あんた、また倒れちゃうんじゃ!!」

    上条「いや・・・大丈夫だ・・(頭はズキズキするが、さっきの倒れるほどじゃないし、慣れたっぽいな)」

    黒子「大丈夫でして?」

    上条「大丈夫。ありがとうな」

    黒子「ならよかったですわ。ではお姉さま、そろそろ私たちもお暇しましょうか」

    御琴「そうね、体に障ると悪いしね」

    御琴「ちゃんとしっかり休むのよ」

    上条「わかった、ありがとな、御坂」

    御琴「・・・///」ガラガラ バタン


    29: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:14:42.57 ID:FvH2aVPp0

    上条「とりあえず、俺は能力者の能力、または体に障ると演算方法が頭に流れ込む、プラスその能力を使用
        できる。しかもその能力者のLEVELに合わせてってとこか・・・」

    上条「これが、俺の能力なのか?」

    上条「・・・とりあえず寝よ」

    上条「zzz」

    ・・・・・


    34: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:21:13.85 ID:FvH2aVPp0

    翌日

    上条「さて、家に戻るか」

    上条「あれ?なんか忘れてるような・・・」

    上条「っ!!なんだ?どうして俺の部屋越しから嫌な気配がするんだ・・・」

    上条「誰だ!?」ガチャ

    イン「とうまぁあああああああああ!!!!私をほっぽり出してどこへいってたの!!!!もう家にあるもの
       全部食べたけど飢え死にしそうだったんだよ!」

    上条「い、インデックス!すまない、ちょっと入院してたんd」

    イン「問答無用なんだよ!さっさとご飯食べさせてほしいかも!」カプ

    上条「やっぱり不幸なのかああああああああああああああああ」


    39: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:25:27.15 ID:FvH2aVPp0

    上条「結局ファミレスに・・・」

    イン ガブガブノミノミガブガブ

    上条「今月も厳しい家計がさらに厳しく・・・」

    一方「あン?三下じゃねェか」

    上条「一方通行?」

    一方「おめェも大変そうじゃねェか」

    上条「どうしてお前がここに・・・」

    一方「どうしてもあいつがここのハンバーグを食いたいッていってよォ」

    打ち止め ムシャムシャ


    45: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:30:30.40 ID:FvH2aVPp0

    上条「お前のところは優しいもんだよ、俺なんて今月はモヤシで過ごすしか・・・」

    一方「(どんだけ貧しいんだよォ)・・・チッ・・・今日はこのォ第一位の一方通行様がおごってやるよォ」

    上条「!! いいのか?」

    一方「うるせェんだよ、てめェと違って俺は金があるからなァ」

    上条「ありがとう!!恩に着るぜ!」ガシ

    キュイイイイイイン

    一方「直接俺に触れられるのはおめェくらいだ」

    上条「(うぉ・・・ベクトルの演算重すぎ・・・)ちょっとトイレ行ってくる・・・」


    53: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:40:32.27 ID:FvH2aVPp0

    上条「ハァ・・・ハァ・・・」

    上条「ベクトル操作ってこんなに演算すげーのか・・・」

    上条「さすが第一位ってとこか」



    一方「もう会計済ませといたゼ」

    上条「今日はおごってもらってありがとな」

    一方「気にすんナ、あばよ」クルッ

    打ち止め「もう動けないとミサカはミサカはあなたに今のお腹の現状を報告するかも」

    一方「うっせェ、さっさとかえるゾ」

    打ち止め「おんぶして帰ってとミサカはミサカは上目遣いでお願いするかも」

    一方「・・・くそッ・・・今日だけだからなァ・・・さっさと乗れ」

    打ち止め「わーい、ありがとうとミサカはミサカは恥らいながらもあなたに感謝するかも!」

    タッタッタッ

    上条「」


    56: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:46:44.68 ID:FvH2aVPp0

    次の日

    上条「今日は祝日か・・・」

    上条「よし!町に出てみんなに触りまくろう!」

    キュィイイイイイイイン

    上条「(この人は火か)」

    キュイイイイイイイイン

    上条「(この人は水流操作か)」




    上条「ふぅ・・・午前中だけで50以上は能力を手にいれたな」

    上条「でもこの能力は能力者のLEVELによるってところが少しマイナスか」

    上条「これ、訓練したらその能力も伸びるのか?」

    上条「とりあえず公園で練習しよう」


    ―――公園
    上条「ん?あれは・・・」

    上条「佐天さん・・・だっけか?」


    58: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 00:54:47.82 ID:FvH2aVPp0

    佐天「え?あ、あぁ上条さんお久しぶりです」

    上条「なにかあったのか?あ、隣座っていい?」

    佐天「あ、どうぞ」

    佐天「いや、あの、私ってLEVEL0じゃないですか」

    佐天「今日も御坂さんや、白井さん、初春と遊んでたんですけど、やっぱり私は無能力者なんだなって痛感
        することがあって・・・」

    佐天「無能力者じゃ・・・何の魅力もありませんよね?」

    佐天「能力が絶対の物差しであるこの学園都市で・・・」

    佐天「無能力者なんて・・・いなくても同じじゃないかなって思って」

    佐天「っ!すいません、愚痴こぼしちゃって。私そろそろいきますね」

    上条「そんなことないと俺はおもうけどな」

    佐天「え?」

    上条「能力があったほうが確かにこの学園都市だと有利になることが多いだろう」

    上条「でも、能力がないからって魅力がなくなるなんてことは絶対にない」

    上条「佐天さんだって十分魅力的だと俺は思うけど」(イケメンAA

    佐天「上条さん・・・///」


    63: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 01:02:59.28 ID:FvH2aVPp0

    上条「・・・佐天さん、手を握ってもいいか?」

    佐天「え?えぇぇ!?い、いいですけど///」ピタッ

    キュイイイイイイイイイイン

    上条「(! これは)佐天さん、左手で風の能力のイメージししてくれないか?」

    佐天「? は、はい」

    上条「(よし、ベクトル操作で血流を少しでもよくしてやって・・・)」

    スゥーーーー

    佐天「!?」

    佐天「こ・・これ・・・能力・・・?」

    上条「そうみたいだね、佐天さんは風の能力持ってたのか、おめでとう」

    佐天「や、やったぁああああああ!!!」ダキッ

    上条「さ、佐天さん!?」

    佐天「やった!上条さん!!私が!私が能力者!!」

    上条「(大きなお山が・・体に・・・やわらけぇ・・・)」


    67: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 01:10:03.80 ID:FvH2aVPp0

    上条「さて、特訓するか」

    上条「ぬぬっ」ボワッ

    ビシャビシャ カキーーン

    上条「少しずつだがLEVELが低い能力のやつもだんだん強くなってる気がする…」

    上条「さーてと、特訓も終わったしスーパーよって帰るか」

    上条「ってタイムセールスまで時間ねえ!!」

    上条「裏道通るか・・・」

      「ジャッジメントですの!!(数が少々多い上に今日は少し体調が悪いですの・・・さっさとケリをつけたい
       ですわね)」

      「はっはっはwwこの小さいのがジャッジメントだってよww」

      「犯してやろうぜwww」

      「お前マジ悪趣味www」

    上条「あ、あれは・・・」



    上条「おい、女の子一人囲んで恥ずかしくねーのか?」

    黒子「あなたは、上条当麻!」


    68: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 01:16:40.55 ID:FvH2aVPp0

    男A「あん?うるせーんだよ、燃やすぞ」ボワッ

    男B「正義のヒーロー気取りですか?」

    男C「おいおい、俺たちLEVEL3だぜ?」

    俺「黒子たんマジかわゆす。調子ノンなよクソ餓鬼が、やっちまおうぜ」


    上条「・・・せねぇよなぁ」

    俺「あん?」


    上条「能力を手に入れることさえ苦労する女の子だっているのに・・・能力をこんなクソみたいなことにしか
        つかわねぇなんてさ」

    上条「それに・・・」

    上条「(友達の)白井に手を出そうとしてたお前達は絶対に許さない!!」

    上条「いいぜ・・・能力振りかざせばなんでも思い通りになるとおもってるなら・・」




    上条「まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!!」


    75: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 01:23:58.77 ID:FvH2aVPp0

    男s「くそ・・・電撃・・・LEVEL5のレールガン並じゃねぇか・・・」

    黒子「どうゆうことですの?」

    黒子「その能力はお姉さまの能力ではなくて?」

    上条「・・・そうだ」

    黒子「事情聴取もかねて教えてくださいまし」

    上条「わかった・・・とりあえず場所を移そう」ニギッ

    ヒュン

    黒子「ここは・・・ファミレスですの?」

    上条「あぁ」

    黒子「テレポートまで、使えるんですのね」

    上条「まぁな」

    黒子「それは、私の能力ですの?」

    上条「あぁ・・・かくかくしかじか・・・ということでな」

    上条「自分の能力をコピーされたみたいで気分を害したらすまない」


    83: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 01:30:11.23 ID:FvH2aVPp0

    黒子「別にかまいませんの」

    黒子「つまり上条さんは今50程度の能力をお持ちで?」

    上条「あぁ、白井や御坂のような高LEVELからLEVEL1までいろいろだけどな」

    黒子「すごいですわね・・・まさに都市伝説のマルチスキルのようなものですわ」

    上条「確かにそうd・・・うっ・・・」


    さーて、能力をこんなに使えてうれしいか?


    上条「・・・・痛っ・・・誰だ・・・」


    能力をこんなに持ったんだから使用料いただくぜ


    黒子「上条さん!?上条当麻!!」


    上条「・・・誰・・・だ・・・」



    誰って?
    上条当麻、お前自身だよ


    151: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 21:57:49.04 ID:FvH2aVPp0

      まぁ今日はいいや、自己紹介ってことでな、じゃあな

    上条「どうゆう・・・」

    上条「っ!・・・はぁー、はぁー・・」

    黒子「大丈夫ですの?さっきから独り言を言っているように聞こえますの」

    上条「いや、大丈夫だ(なんだったんだ今の・・・)」

    黒子「そうですの。まぁとりあえずこのことは私と上条さんとの秘密にしておきますわ。お姉さまに知られたらめんどくさいことになりそうですし・・・」

    上条「そうだな、ありがとう」

    黒子「私は先ほどの事件の報告書を書かなければなりませんので。上条さんのことは書きませんのでご心配なさらず、では」ヒュン

    上条「さて、俺も帰るか・・・」

    上条「それに・・・さっきのは・・・」


    153: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:04:23.86 ID:FvH2aVPp0

    上条「今日も安売りに遭遇」

    上条「まぁ幸運も悪いものじゃないからぜんぜんいいんですけどね」トボトボ

    美琴「あ」

    上条「あ、御坂」

    美琴「あんた体調大丈夫なの?」

    上条「上条さんは入院の一つや二つ日常のことですからぜんぜん大丈夫なんですよ」

    美琴「でも病み上がり・・・!」

    美琴「(これを口実にあいつに接近すれば・・・///)」

    美琴「病み上がりなんでしょ?スーパーの袋重そうじゃない。持ってあげるわ」

    上条「いや、そんな重たくな・・」

    美琴「私がやるっていんだからいいでしょ!貸しなさい!」ブンッ

    美琴「で、家はどこ?」

    上条「ホントにいいのか?」

    美琴「いいのよ」

    上条「ありがとな」ニコッ


    157: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:10:31.09 ID:FvH2aVPp0

    美琴「・・・///」

    トボトボ

    上条「こうやってスーパー袋二人で並んで持ってると」

    美琴「?」

    上条「新婚さんみたいだよな」

    美琴「!!///あ、あんたねー!!!(新婚さん、結婚・・・)」マッカッカ

    上条「い、いやそういうつもりじゃなくて///」

    美琴「///」



    ガチャ

    上条「ただいまー」

    イン「おかえりなんだよ!!あ、短髪!何しにきたの?」

    美琴「なんでこんなところにシスターがいるわけ・・・」ゴゴゴ

    上条「いや、その・・・」


    158: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:18:13.80 ID:FvH2aVPp0

    上条「いろいろあってだな・・・」

    上条「・・・ん?お風呂場から音がするんだが・・・」

    上条「インデックス、シャワー出しっぱなしにしてたのか?」

    イン「あ、とうまが買い物言ってる間にね、おn」

    佐天「インデックスちゃん、ごめんね、タオルどこに・・・」スッポンポン

    イン「そっちの棚のなかだよ!」

    上条「」

    佐天「あ・・・い、いやぁぁああああああ///」バタン

    美琴「・・・あんたねぇ・・・」

    上条「ひっ!ち、違うって!俺も知らない・・・」

    美琴「この浮気者がぁあああああああああああ!!!!!」ビリビリ

    上条「浮気も何もつきあってな・・・」

    美琴「電撃が効かなければ」

    美琴「グーで殴ればいいのよ!!!」バコバコ


    159: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:25:28.86 ID:FvH2aVPp0

    上条「いててて(まぁ、佐天さんの裸が見れただけでも幸運か・・・)」

    美琴「どう?反省した?」

    上条「はい、反省しました」ボロボロ

    佐天「すいません・・・」

    上条「いや、別にいいよ(眼福ご馳走様でした)」

    上条「で、何で佐天さんはここに?」

    佐天「涙子で呼び捨ててももらっていいですよ」

    上条「んー、じゃあ涙子、どうしてここに?」

    佐天「/// あの、上条さんに能力を見つけていただいたお礼をしようと思って」

    佐天「友達に上条さんに住所を調べてももらってたずねさせてもらったんですが」

    イン「やってきた涙子に私がラーメンを浴びせちゃったんだよ!」

    佐天「それでシャワーを勝手ながらかりさせてもらちゃって・・・すいません」

    上条「そうなのか、ごめんね私服を汚したみたいで」

    佐天「ぜんぜんいいですよ。それより、なんで御坂さんが?」


    160: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:31:15.75 ID:FvH2aVPp0

    美琴「こいつの荷物もちよ」

    上条「御坂が持ちたいっていうから」

    美琴「ああああ、あんたが重そうだったから・・・」

    佐天「(御坂さんって上条さんのこと好きなんだなぁ)」

    佐天「(私も上条さんのこと、好きなのかn)」

    上条「あ、二人とも今日はうちで食ってきなよ」

    佐天・美琴「!!」

    佐天「いいんですか?」
    美琴「まぁ、荷物もちしたんだから当然よね!」

    イン「私の分はあげないんだよ!」

    上条「はいはい、じゃあちょっとくつろいでて」

    佐天「私も手伝いましょうか?」

    上条「いや、いいよ、ゆっくりしてて」タッタッタ


    164: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:38:52.20 ID:FvH2aVPp0

    上条「できたよー」

    佐天「うわぁ、おいしそう!」

    美琴「意外に料理上手なのね」

    上条「まぁ一人暮らしだしな」

    上条「じゃあ

    上条・佐天・美琴・イン「いっただきまーす」

    ・・・・・


    165: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:42:31.94 ID:FvH2aVPp0

    佐天「今日はご馳走様でした」

    上条「いえいえ、お粗末さまでした」

    美琴「じゃあ私達帰るね」

    上条「送ろうか?」

    美琴「大丈夫よ。私がいるし、佐天さんも能力者だしね」

    佐天「へへっ///」

    上条「そか、じゃあ気をつけてな」

    美琴「じゃあね」

    佐天「おやすみなさい」

    バタン

    上条「俺達もそろそろ寝るか」

    イン「じゃあとうま、おやすみー」

    上条「おやすみ」


    168: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:47:21.94 ID:FvH2aVPp0

    上条「zzz」

    上条「zz・・・」

    上条「」ムクッ

    上条「クックックッ・・・」

    上条「やっと体を手に入れたぜぇ・・・」

    上条「さーて、のびのび散歩と行きましょうか・・・」シュン


    169: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:52:38.22 ID:FvH2aVPp0

    シュン

    スキルアウト1「おい、ねぇちゃん、ちょっと遊ぼうぜww」

    女「い、いや・・」

    アウト2「こんな夜中に歩いてるってことは誘ってるってことなんだろ?ww」

    アウト3「いっただっきまーすww」

    アウト2「ん?何みてんだ?クソ餓鬼!」

    アウト1「ぶっ殺すぞごらぁ!!!」

    上条「ぶっ殺す・・・あははははは!!!」

    上条「殺す、殺す、殺す・・・いい言葉だなぁ・・・おい・・」

    アウト3「な、何だこいつ・・・」

    上条「あははははははははは」

    アウト1「てめぇ!わらってんじゃねぇぞ!鉄パイプの味を教えてやr」

    アウト1「あ、あれ?つかめねぇ?」

    上条「なんだ?どうした?」

    アウト「俺の腕が・・・腕が・・・あぁあああああああああああああああああああああ」


    173: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 22:59:32.80 ID:FvH2aVPp0

    アウト2「な、なんだこいつ!!??」

    アウト3「ち、畜生!ナイフで刺してやるよぉお!」ブン

    上条「すげぇおせーよ」

    上条「神経の電気信号を自分で調節するだけでこんなに動きが軽くなるもんなんだな」

    上条「じゃあ今度は俺の番」シュン

    アウト2「き、消えた!?」

    上条「う・し・ろ♪」

    アウト2「え?あぁあ嗚呼ああ!!!目があぁああああああああ!」

    上条「目の水分をからっからにした気分はどうだ?」

    アウト3「あ・・・あ・・・・っ・・・」

    上条「お前はどうしてほしい?」

    アウト3「たす・・・け・・」ジリジリ

    上条「お前は・・・」ピタ

    上条「腕の血管を冷やしてやるよ」

    上条「ここだけ血管を氷で固めると・・・」


    175: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 23:02:12.13 ID:FvH2aVPp0

    アウト3「腕が、ふ、膨らんで」

    上条「じゃあな」シュン

    アウト3「うわぁあああああああああああ」ビシャ





    上条「・・・っ!くそっ!・・・」

    上条「まだ、完全には体は支配できねぇか・・」

    上条「まぁ、いい」

    上条「とりあえず家に帰るか・・・」シュン


    178: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 23:07:26.60 ID:FvH2aVPp0

    ・・・・・・
    上条「朝か・・・」チュンチュン

    上条「んー、なんだか体が疲れてる気がする・・・」

    上条「インデックスー、おきろー」

    イン「ん・・・おはよーとうまぁ、ふわぁ・・・」

    ピッ

    今日未明第12学区で20代の3人の男達が重症で発見されました・・・

    上条「こわいな、右手取れてるとか、どんだけ凶悪犯なんだ・・・俺も気をつけないとな」

    上条「じゃあいってきまーす」

    イン「言ってくるんだよ!」


    バタン


    180: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 23:17:57.16 ID:FvH2aVPp0

    ・・・・・・
    ジャッジメント支部

    黒子「ひどい話ですわね・・・」

    固法「3人とも一命をとりとめたものの、2人は腕をなくし、1人は失明」

    固法「しかも能力者によるものだと思われるわ」

    固法「まぁ3人が3人とも違う能力の痕跡があるから犯人は複数犯、しかもかなりのLEVELの能力者ね」

    黒子「そうですわね」

    初春「ここまで凶悪犯だとほかの学区のジャッジメントが駆り出されるのもわかりますね・・・」

    固法「とりあえずLEVEL4以上の人をしらみつぶしで捜査していきましょうか」

    黒子「わかりましたわ」

    黒子 (なにか、なにか、引っかかるんですの・・・)

    黒子 (でも、それが何なのかわからないんですの・・・)

    黒子「あぁああああ!!もやもやしますわ!」

    黒子「とりあえず初春!LEVEL4以上のアリバイを聞き込みにいくですの!」

    初春「わかりました~」


    183: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 23:29:38.10 ID:FvH2aVPp0

    上条「ふぅー、勘でのテストが大当たりで今日も補習なしっと・・」

    上条「ん?」

    上条「黒子!」タッタッタ

    黒子「あら、上条さん」

    初春「白井さん、どなたですか?」

    黒子「上条当麻さんですわ」

    上条「どうも」

    初春「私、初春飾っていいます」ペコリ

    上条「で、何してるんだ?」

    黒子「今日未明の事件をご存知で?」

    上条「あー、あれか。3人重症ってやつか?」

    黒子「そのとおりですの。それで犯行に高LEVELの能力を使われた形跡があるので、今高能力者の聞き込み調査中ですの」

    上条「ジャッジメントも大変だな」

    黒子「いえいえ、それでは私達はまだ仕事があるので。いきますわよ、初春」タッタッタ

    初春「さようなら~」


    186: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/11(土) 23:36:08.29 ID:FvH2aVPp0

    黒子「・・・・そうですの、協力ありがとうですわ」

    初春「はぁ・・・収穫まったくありませんでしたね」

    黒子「まぁ、うちの学区が安全ということの証明につながりますわ」

    黒子「・・・・!!!」

    黒子「(高能力・・・何種類もの能力・・・)」

    黒子「まさか・・・あの上条さんがそんなわけ・・・」

    初春「どうしました?白井さん」

    黒子「いえ、何でもないですの。支部に戻りましょう、初春」

    黒子「(疑うのはよくないこととは思いますが、疑いを払拭するためにも上条さんを調査する必要がありますね)」


    192: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 00:36:53.23 ID:vY/YTkxc0


    黒子「とは言ったものの・・・」

    黒子「どこから探せばいいものか・・・」

    黒子「とりあえず治安の悪そうな場所からあたりましょうか」シュン



    イン「zzz」

    上条「・・・」ムクッ

    上条「ふー、今日も遊びにいくきますかぁ」シュン


    193: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 00:43:34.07 ID:vY/YTkxc0

    アウトA「おい、あそこの地区のやつらが今朝のニュースの被害者らしいぜ」

    アウトB「かーっwwだっせーww」

    アウトC「俺達なら楽勝だなwww」

    シュン
    上条「今日はあいつらでいいか・・・」

    カッカッカ・・・・

    アウトB「あん?」

    アウトC「なんだ、あいつ・・・」

    アウトA「おい、兄ちゃんこんな時間に出歩いてると危ない目にあっちゃうぜぇ」

    アウトA「今みたいにな!」ブンッ

    ガッ

    アウトC「おいwwAwwいきなり釘バットとか可愛そうだz・・・え?」

    アウトA「て、てめぇ・・・指一本で・・・」

    上条「こんなもんかよ・・・」

    アウトA「おらぁあああああ!!!!ボディーががら空きだぜ!!!」バコッ


    196: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 00:51:15.13 ID:vY/YTkxc0

    アウトA「いってぇえ!!」

    上条「さすがはベクトル操作・・・でも、これ使うとかなり疲れるっつーか・・・」

    上条「いざというとき使うか。いざというときがいつ来るかわかんねぇーけどな・・・はははっ・・」

    アウトC「A!大丈夫か!?」

    アウトB「動くな!兄ちゃん、派手にやってくれたじゃねぇか・・・」

    アウトB「これが見えるか?銃だよ銃」

    アウトB「動くと撃つからな!!」

    上条「」カッカッカッ

    アウトB「お、おい!動くなっていってんのがわかってんのかよ!!??」

    上条「うっせぇーな」カッカッ

    上条「ビビるぐらいならさっさと撃てばいいじゃねぇか」カッカッカッ

    アウトB「く、くそぉおお!!!調子のんなやぁああああ!!」バンッ

    上条「うっ・・・」ガクッ

    アウトB「ハァー、ハァー・・・はははwwざまぁ見やがれ!!もう足を撃ったんだ!うごけねぇだろ!!なぶり殺しにしてやる!」

    上条「」シュー・・・


    198: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 00:56:43.13 ID:vY/YTkxc0

    上条「ホント肉体強化系の能力ってのは治療までできるのか・・・。便利だな」

    アウトB「お、おい!なんで、傷が治ってるんだよ・・・」

    上条「は?直したからに決まってんだろ、クソ虫」

    アウトB「クソ虫だと!?直接殴っちまえばこっちのもんだ!おらぁぁあああ!」

    上条「まずは足を切り取るか・・・風って便利ー」シュパ

    アウトB「何がどうなって、うわぁああああああああ!!!いてっぇぇええ!!」

    アウトC「ヒッ・・・」

    アウトA「C!お前もチャカつかって撃つんだ!」

    アウトC「く、くらえ!!」バンバン

    上条「反射でおkってか」キュィィイン

    アウトC「ガハッ・・・」バタッ


    上条「さーて最後の料理といきますか・・・」


    202: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 01:04:51.46 ID:vY/YTkxc0

    黒子「まったく手がかりなし・・・」

    黒子「柄の悪いのしかみあたりませんわね」シュン

    黒子「ん・・あ、あれは!?」




    上条「お前は特別だ」

    アウトA「に、逃がしてくれるのか・・?」

    上条「斬新なを死に方をさせてやるよ」

    アウトA「や、やめてくれ・・・」プルプル

    上条「まず右人差し指を体に刺します」

    上条「次に左人差し指を体に刺します」

    アウトA「くっ・・うっあ・・・」

    上条「そして、右で人差し指で温度を上げながら、左人差し指で温度を下げます」

    アウトA「これを徐々に温度差を開かせれば・・・」

    アウトA「おおえぇぇえ・・・・」ゲロゲロ


    203: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 01:09:58.82 ID:vY/YTkxc0

    黒子「ジャッジメントですの!!!上条さん!おやめなさい!!」

    上条「あ?なんだてめぇ」

    黒子「(私のことを覚えてない・・?)」

    黒子「上条さん、これはれっきとした暴行罪ですの!今すぐ投降なさってくださいまし!」

    上条「あぁーあ、興がそれたわ・・・」

    上条「ちゃんとその分たのしませてくれるんだろぉーなぁ・・・」

    黒子「(な、なんて嫌な気配ですの・・・)」

    上条「まずはどこから切り落とそうか・・・」

    上条「まずは腕から行くか」シュン

    黒子「テレポートっ・・・」

    上条「気づくのおせぇーよ」


    250: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:01:54.38 ID:vY/YTkxc0

    上条「がっ・・・もう時間かよ・・・」

    黒子「くっ」シュン

    シュタ
    黒子「(一旦距離をとりましたが・・・完全に後ろを取られてましたわ)」

    黒子「あなたはいったい誰ですの?」

    上条「あぁ?俺は上条当麻だよ」

    黒子「私の知っている上条さんとは程遠い行為をなさっているように思うのですが」

    上条「それは元の上条当麻な」

    上条「そしてこの俺も“上条当麻”だよ」

    黒子「(二重人格・・・ですの?)」

    黒子「とりあえず上条さん、同行願いますわ!」

    上条「つってももう今日は疲れたから寝るわ。興も削がれたしな」

    上条「じゃ」シュン

    黒子「お待ちなs・・・」

    黒子「行ってしまいましたか・・・」


    253: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:05:53.55 ID:vY/YTkxc0

    ――――翌朝
    上条「ふわぁ・・・」

    上条「なんか疲れがとれない」

    上条「上条さんももう年なのか?」

    上条「インデックスおきろー」

    イン「おはよー・・・」

    上条「朝ごはんの準備っと・・・」


    ピッ

    ――本日未明またもや凶悪な暴行事件が発生しました

    上条「げっ、また今日もか」

    上条「インデックスも気をつけるんだぞ」

    イン「ふぁかっふぁー」バクバク

    上条「ものを食べながらしゃべるんじゃありません!」

    上条「じゃあ行ってきまーす」バタン


    254: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:09:59.35 ID:vY/YTkxc0

    ――――女子寮
    黒子(とりあえず、被害者三人は未だ話せる状態ではないので上条さんのことは少しは安心ですが・・・)

    黒子(誰かに相談するわけにも・・・ましてやお姉さまになんて・・・)

    黒子(マルチスキルといえば)

    黒子「悔しいですが、背に腹は代えられませんわね」ピッピッピッ

    黒子「木山春生・・・ですの?」

    木山『白井黒子、か・・・?」

    黒子「そうですの、少々お話したいことがございますの。お会いできなくて?」

    木山『別に私はかまわないが・・・急にどうしたんだ?』

    黒子「詳しくは後ほどお話しますが、マルチスキルについてお聞きしたいことがございますの」

    木山『マルチスキルとは・・・また久しぶりにその名を聞いたな・・・』

    木山『まぁ、いいだろう。今日の昼、セブンスミストのカフェでいいかね?』

    黒子「かまいませんの、それでは」


    255: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:13:10.63 ID:vY/YTkxc0

    美琴「ふわぁ・・・」

    黒子「お姉さま、おはようございますですの」

    美琴「んー・・・あんた早いわねぇ・・・」

    黒子「ジャッジメントの仕事で早めに片付けて起きたいことがございましたから」

    美琴「頑張るわねぇ・・・ま、体に気をつけてがんばるのよ。ふわぁ」

    黒子「お姉さまが・・・私のことを・・・心配なさって・・・」

    黒子「おねええさまぁああああああああ!!!」

    美琴「ちょ、あんたやめなさい!」グイグイ

    黒子「もっと私のことを見てくださいましー!!」

    美琴「やめなさいぃいい・・・・ オネサマー ヤメナサイー ビリビリ


    256: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:18:10.10 ID:vY/YTkxc0

    ――――昼 セブンスミスト
    木山 ズズズ

    木山「ここのコーヒーは、おいしいな・・・」

    黒子「お待たせですの」シュン

    木山「いや、私も今来たところだ」

    黒子「で、早速本題に入りますわ」

    黒子「まずマルチスキルをあなたのような機械や、媒体を使わずにマルチスキルを使用することは可能ですの?」

    木山「つまり・・・?」

    黒子「その・・・私の知り合いに、手で、能力者ないし能力を触ることで能力を、自分の能力として使うことができる方がいらっしゃいま

    すの」

    木山「それは・・・すごいな・・・」


    257: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:20:59.44 ID:vY/YTkxc0

    木山「それはたぶん・・・LEVEL6と言っても過言ではないのではないのか・・・?」

    黒子「そうかもしりませんが。とりあえず今の能力開発の過程でそのような現象が起こることはありえますの?」

    木山「普通能力は一人につき1つの能力が原則だ。まぁ、私のように何人もの能力者を媒体にしたらいくつもの能力を一人で使うことはで

    きるが・・・」

    木山「まぁ実際に起こっているのなら、それはありうることなのだろう・・・」

    黒子「それに伴って、精神に悪影響がでることはございますの?」

               フル・スキル 
    木山「その子、ここでは完全個体と便宜上言おうか、その完全個体は精神に何か問題があらわれているのか?」

    黒子「それが・・・以前会ったときに温厚な性格が凶暴化、なおかつ私のことを覚えてございませんでしたの」

    木山「ふむ・・・精神分裂か」

    木山「これは私の仮定だが」

    黒子「?」


    258: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:24:13.39 ID:vY/YTkxc0

    木山「能力が1人に1つあるというのは、精神1つに対し、1つの能力しか持つことができないということだ」

    木山「私のように精神を何人も抱えれば能力もそれ相応に持てる」

    木山「だが精神1つに何十もの能力を持てば」

    木山「それの数に伴い精神が安定を求めて分裂する」

    木山「という仮定だが・・・」

    黒子「つまり、まだこれからも能力数に応じて精神が分裂する可能性があるかも知れないということですの?」

    木山「そのとおりだ、まだ仮定にすぎないが・・・」

    黒子「・・・そうですの。わかりましたわ。」

    木山「もし何かあればその完全個体を私のところに連れてくればいい」

    木山「少しは役にたとう」

    黒子「ありがとうですの」

    黒子「それでは」ガタン


    260: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:28:19.31 ID:vY/YTkxc0

    黒子「あ、スカートに紅茶が・・・」

    木山「大丈夫か?」

    黒子「問題ないですの、ちょっと運がわるいですわね、制服に染みができてしまうなんて」

    黒子「それでは」ペコリ


    261: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:31:03.26 ID:vY/YTkxc0

    ――――街
    美琴「黒子抜きで3人で遊ぶのは初めてかしら?」

    佐天「そうですね!」

    初春「最近の凶悪犯の聞き込みも一通りけりがつきましたから久しぶりの休みです」

    美琴「え?黒子がまだジャッジメントの仕事があるって言ってたけど・・・」

    初春「もう、終わったはずですが?もしかしたらほかの事件に首をつっこんでるかもしれませんね、白井さんのことですし」

    美琴「そうねー。あの子以外に真面目だからね・・・」

    佐天「まぁ今日は3人で楽しみましょう!後で白井さんへのお土産も買ってきましょうか」

    美琴「そうね・・・あっ!財布がない!!」

    初春「ほ、ほんとうですか?」

    美琴「せっかくゲコ太のお気にの財布だったのに~・・・」

    佐天「あ!私も携帯がない!!」

    初春「えぇ~!?佐天さんも?」

    佐天「どっかに落としちゃったのかなぁ?」

    初春「なんだか二人とも不幸というかなんというか・・・」


    270: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:53:55.66 ID:vY/YTkxc0

    どうだ・・・・?猿さん取れた?
    あと、ちょくちょく誰かがレスしてくれて直るんだったらそこらへんも支援お願いしますさーせん


    ・・・・・・・・・・

    黒子「さて・・・」

    黒子「とりあえず、上条さんのところに行きましょうか・・・」




    上条「ふぅ・・・午前授業だけなら学校休みにしてくれればいいのにな」

    上条「ん?ドアの前に・・・白井?」

    上条「よっ、白井」ポン

    黒子「っ!!」ビクッ

    上条「うぉ!そんなに怖がられると上条さんも傷つくんですよ~・・・」

    黒子「いえ、考えごとをしていてたのでびっくりしただけですわ」

    黒子「(昨日のことを思い出すだけで震えがでますわね)」


    272: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:56:04.72 ID:vY/YTkxc0

    黒子「今日は上条さん、あなたに用事がございましたの」

    上条「俺に?なんでまた」

    黒子「まぁいろいろですわ」

    黒子「とりあえずレディに玄関前で立ち話をさせるなんてひどくなくって?」

    上条「お、おぅ、すまない」

    ガチャ

    上条「あれ?インデックス?」

    [今日は子萌がバイキングに連れて行ってくれるっていうからついてくんだよ! インデックス]

    上条「・・・ま、いいっか」

    上条「まぁそこらへんに座ってくれ。ちょっとお茶用意するからさ」

    黒子「いえ、お構いなく」


    275: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 20:59:07.92 ID:vY/YTkxc0

    上条「はい、紅茶でいいか?」

    黒子「どうもですの・・・」

    上条「で、俺に用事ってなんだ?」コポコポ

    黒子「あぁ、その・・・最近上条さん体に何か変化はございますか?」

    上条「いや、特に・・・」

    上条「幸福体質になったのと、あと能力の吸収くらいでほかはなんにも」

    上条「そういや、最近寝ても疲れが取れないことがあったな」

    上条「なんか動き回った後というか、なんというか・・・」

    黒子「(自分ではまだ精神分裂に気がついていらっしゃらないですのね)」

    上条「(あ、そういえば前白井とファミレス行ったときのあの幻聴みたいなのはなんだったんだろう、ま、言わなくてもいいか)」

    黒子「そうでしたか、ありがとうございますですの」ペコリ

    上条「え?それだけ?」

    黒子「えぇ、それだけですが・・・」

    上条「なんだ、ほかに用事があるのかと期待しちまったぜ」(イケメンAA

    黒子「そ、そんなわけないですの!私はお姉さま一筋ですの!」///


    278: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:05:02.70 ID:vY/YTkxc0

    黒子「失礼しますの!」///

    上条「」グッ

    黒子「上条さん、いきなり手をつかm・・・!!」ゾクッ

    上条「よぉ・・・昨日ぶりかぁ?」ニヤリ

    黒子「(しまっ・・)」

    ブン
    ドンッ

    黒子「がはっ!」

    黒子「(なんて腕力ですの・・・少し手をスナップさせただけで人を投げるなんて・・・)」

    黒子「(受け身を取れてよかったですわ・・・取れなかったら壁に当てたれた時点で骨が何本か逝ってしまうとこでしたわ・・・)」ズキ

    ズキ

    黒子「あなたは昨日の“方”ですか?」

    上条「そうだ・・・昨日の夜てめぇに会った“上条当麻”だ」

    黒子「あなたは今自分の中に何人いらっしゃいますの?」

    上条「“上条当麻”の精神は今のところ俺と元の2人だけだな」

    黒子「(まだ二人でしたか・・・それは助かった、のでしょうか?)」


    281: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:10:10.46 ID:vY/YTkxc0

                    オリジナル
    上条「まぁ俺がこの体をのっとったら元のほうはぶっ殺すけどな」クックック

    上条「で、てめぇは今日俺を楽しませるためにやってきたのか?」

    黒子「生憎あなたにやられるつもりはございませんの」

    上条「そーかい」

    黒子「上条さん、ごめんなさいですの!あなたの体を少し傷つけ・・・!」

    黒子「(針がないっ!?)」

    上条「ここだよ、お前のお得意の武器は」ジャラジャラ

    黒子「くっ・・・」

    上条「そんな目、すんなって」

    上条「返してやるからよぉ・・・」

    黒子「!」ゾク

    ズボッ


    283: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:13:43.87 ID:vY/YTkxc0

    黒子「か・・・」バタン

    上条「返すつってもてめぇの体の中だけどな」

    黒子「(もう動けませんわ・・・)」

    黒子「(ここで死んでしまうのでしょうか・・・)」

    黒子「(おねぇさま・・・)」

    上条「つまんねぇーやつ」

    黒子「・・・」

    上条「くっ・・・あぁああああああああ!!!もう時間かよ・・・」

    上条「とどめを刺すのはやめといてやるよ・・・」

    上条「こんなさくっとした死に方じゃあかわいそうだからな・・・あはははははははっ・・」バタ


    284: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:17:59.55 ID:vY/YTkxc0

    上条「ん・・・俺・・・!」

    上条「白井!?」

    上条「腹から血が・・・」

    上条「しっかりしろ!白井!白井!!」


    285: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:20:00.90 ID:vY/YTkxc0

    ――――病院

    カッカッカッ

    上条「! 先生!」

    ゲコ太先生「やぁ」

    上条「白井は!?」

    ゲコ「大丈夫だよ、一命は取りとめた」

    上条「はぁ・・・よかった」

    上条「でもどうして白井が・・・」

    上条「俺、意識を失った後、白井が倒れてて・・・」

    ゲコ「何者かに襲われたかもしれないね」

    上条「くそ・・・絶対ゆるさねぇ・・・!」

    ゲコ「当分彼女は入院するから、まぁ安静をとってということだけどね。安心して今日は帰りなさい」

    上条「先生、ありがとうございました」ペコリ

    タッタッタ


    286: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:22:00.23 ID:vY/YTkxc0

    ――――
    白井『絶対に上条さんに自分がやってしまったということを気づかないようにしてくださいまし!』

    ゲコ『まぁ、いいけど。詳しいことはまた聞かせてもらうよ。これ以上被害者を出さないためにも』

    ―――――――
    ゲコ「君はとんでもない人物になってしまったようだね、上条君・・・」


    288: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:24:38.55 ID:vY/YTkxc0

    ――――――翌日
    プルルルル ガチャ

    初春『もしもし、どなたですか?』

    佐天「さすが三連休は格が違うね!初春!」

    初春『佐天さん、いきなり朝から電話してくるなんてどうしたんですか?』

    佐天「せっかくの休みなんだから今日もあそぼうよぉー。いつも初春ジャッジメントの仕事だし」

    初春『もー、仕方ないですね・・・」

    佐天「じゃあ今から初春のところに行くね!」

    初春『はいはい、あ、佐天さん、来る前に飲み物買ってきてくれませんか?』

    佐天「おーおー、初春は私をパシリにつかうようになったのかーい?」

    初春『買ってきてくれないと家に入れてあげませんよっ』

    佐天「はいはい、じゃあちょっとスーパーよってからにするね」

    ピッ

    佐天「うーん、初春の少し手前のスーパー結構いろいろあるからそこで買っていこうかな。」

    佐天「ってことは8番線にのらないと」


    290: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:25:36.03 ID:vY/YTkxc0

    ―――――
    上条「今日は久しぶりに出かけるか、インデックス(白井のお見舞いにも行きたいしな・・・)」

    イン「おいしいものを食べにいきたいんだよ!」

    イン「まぁ、当麻はお金ないからそんな無理する必要ないんだよ!」

    上条「へいへい、どうせ上条さんは貧乏ですよ」

    上条「お金と携帯と・・・」


    上条「あれ?これいつ買った宝くじだっけ?」

    上条「あぁ、土御門と青ピと三人で買ったやつか・・・」

    上条「・・・まぁ番号だけでも確認しておくか」

    上条「宝くじ、当選番号検索っと」

    上条「んー・・・ん・・!」

    上条「119867・・・」

    [119867]

    上条「2、20万!?」


    291: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:29:34.91 ID:vY/YTkxc0

    上条「よしっ!フランス料理でも食いにいくか」トコトコ

    イン「フランスフッランスー♪」トコトコ

    上条「久しぶりにいいもんが食えるな」

    イン「で、フランス料理のお店にはどうやって行くの?」

    上条「8番線のバスのって、20分くらいしたところに巷で噂のフランス料理屋があるらしいんだ」

    イン「8番線って・・・あ、もうバス来ちゃってるんだよ!」

    ブーン

    イン「あ、バス乗って行っちゃったね・・」

    上条「まぁ次のバスに乗ればすぐだしな」


      

    キキィイイイイイイイイイイ


    292: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:30:37.80 ID:vY/YTkxc0

    美琴「あははは、コンビ二で立ち読みってやっぱりやめられないわね」

    美琴「ん?」

    飛行船[11時12分ころ8番線のバスが横転炎上・無人バス、故障か?女子生徒一人が重傷]

    美琴「無人バスが横転なんて、プログラムミスかしら?」


    299: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:41:10.31 ID:vY/YTkxc0

    ―――――――
    イン「いっぱい食べたんだよー」ゲプ

    上条「すげーおいしかったな」

    携帯ニュース[11時12分ころ8番線のバスが横転炎上・無人バス、故障か?女子生徒一人が重傷]

    上条「インデックス、おれっちの乗りそうだったバスが事故おこしたらしいぞ!」

    イン「あぶなかったんだよ!」

    上条「やっぱり今までの不幸分だけ幸運になってくんだな」ウンウン


    302: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:45:56.45 ID:vY/YTkxc0

    ――――病院
    初春「佐天さん!!佐天さん!!!」

     ピッピッピ

    ゲコ「君は彼女の知り合いかい?」

    初春「は、はい・・・」

    初春「佐天さんは無事なんですか!?」

    ゲコ「体のダメージは少ないけど、頭を強くぶつけたようでね」

    ゲコ「意識がもどらないんだ」

    初春「そんな・・・」ヘタッ

    ゲコ「僕も全力を尽くすから君も彼女を励まし続けてくれ」

    初春「はい・・・」グスッ

    ゲコ「それじゃあ僕は午後の検診があるからこれで」バタン


    305: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:50:06.89 ID:vY/YTkxc0

    上条「あ、インデックス、ちょっと俺病院に見舞いに行きたいやつがいるから先帰ってれくれ」

    イン「わかったんだよ!私もついてくんだよっ!」

    上条「痛っ・・(また頭痛が・・・)」

    イン「どうしたの当麻、苦しそうだよ?」

    上条「い、インデックス、先に帰っててくれ・・・」

    イン「え、だ、大丈夫?」

    上条「あぁ、大丈夫だ・・・とにかく先に帰ってくれ・・・」

    イン「・・・わかったんだよ、スフィンクスと遊んでるから早く帰ってきてね」タッタッタ

    上条「くそっ、頭痛がおさまらねぇ・・・」

    上条「っ・・・」

    上条「」

    上条「ふぅー、ようやく昼間でも体の主導権を取れるようになったか」

    上条「ふははははは!!」

    上条「たまんねぇーな!」

    上条「」シュン
    ナニアノヒト ワライスギダロ イッテンジャネ


    307: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:52:40.35 ID:vY/YTkxc0

    上条「今日は満足しそうだぜ・・・」

    ―――廃墟

    アウトⅠ「俺達、スキルアウトを襲うやつが最近出回っている!」

    アウトⅠ「だが俺達はそんなやつに屈指なんてしねぇ!!」

    アウトⅠ「俺達でそいつをぶっ殺すんだ!!」

    オオォオオオオ

    アウトⅠ「その輩の特徴はツンツン頭だそうだ!」

    アウトⅠ「見つけ次第全力でつぶせ!!」

    オオオオォォォ

    上条「おぅおぅ、俺狙われてるわ」ニヤリ


    309: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:54:53.92 ID:vY/YTkxc0

        ガラッ

    アウトs「だ、誰だ!?」

    上条「どうもー、うわさの上条さんだよー」

    アウトs「お、おいあいつ・・・」
        「まちがえねぇ」

    アウトⅠ「てめぇが最近俺達スキルアウト狩りをしている野郎か?」

    上条「まぁな、暇つぶしで」

    アウトⅣ「てめぇ・・・!!」

    アウトⅨ「生きてかえさねぇーぞ!」

    アウトⅠ「てめぇーらいけぇぇ!!!」

    上条「いいね、この感覚、殺気がたまらなく気持ちいいいぃいい」

    上条「でも・・・」

    上条「弱いってのが難点だな」ビリビリ

    アウトs「ぐわぁぁああ!」


    311: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:56:47.40 ID:vY/YTkxc0

    上条「今日はいろいろ試してやるよ」

    上条「まずはお前の身の回りの水分を凍らせて・・」

    アウト「あ、あ、・・・」カチカチ

    上条「お前はここの筋肉の腱を切って」

    アウト「足がうごかせねぇ・・・痛っ・・・」


    クソッ イテェ ウデガ!!メガイテェェエエ!
    ウデガネェンダヨォオオオオオ
    グワァアアアアアアア


    313: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 21:58:11.21 ID:vY/YTkxc0

    アウトⅠ「ど、どうなってんだよ・・・」

    アウトⅠ「何でお前何個も能力使えるんだよ・・・っ・・」

    上条「そんなことどうだーっていいだろ?」

    アウトⅡ「30人近くいたのに・・・」

    アウトⅣ「あと数人しか残ってねぇ・・・」

    上条「ったくよー、こんなに骨のねぇやつらだと張り合いねぇな」

    上条「めんどくせーや」

    アウトⅠ「見逃してくr」

    上条「もうみんな死ねばいいんだ」カッカッ




    ジャッジメントですの!!!!!


    316: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:00:09.54 ID:vY/YTkxc0



    上条「・・・殺しておけば正解だったか?」

    黒子「目を覚ましになってくださいまし!上条さん!」

    上条「目を覚ますも何も俺はもう目ぇさめてるぜ」

    黒子「ならば力ずくででも!!」シュン


    ブンッ

    上条「っと!」スッ

    黒子「まだまだ!!!」

    ブンブンブンッ!

    上条「いい蹴りだな、おい」ヒョイヒョイ

    上条「っ!」シュン

    カランカラン

    黒子「(不意打ちの針移動も避けられるとは・・・)」

    上条「おい、もうおわりかぁ?」

    上条「次は俺から行くぜ」シュン


    319: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:04:07.22 ID:vY/YTkxc0

    黒子「(先ほども、その前も私の後ろを取るのなら・・・!)」

    黒子「はぁぁぁ!!」ブンッ

    上条「なっ・・・」ドゴッ

    ズザザザザ

    上条「俺の先を読んでカウンターで蹴りとは、やるじゃねぇか」

    黒子「あなたに褒められても何もうれしくはありませんの」

    上条「次の攻撃はどうだ?」シュン

    黒子「(感覚を研ぎ澄ますのよ、黒子!)」

    黒子「右っ!」ブンッ

    上条「なにっ!?」ガッ

    シュン

    上条「まさか、俺が引きの一手を取らされるなんて・・・」

    黒子「(カウンターもガードされてしまうなんて・・・早めにケリをつけなければ・・・)」


    320: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:05:47.94 ID:vY/YTkxc0

    上条「おらぁああ!!」ビュン

    黒子「(風っ!)」シュン

    上条「おせーよ、おせーよ!」ボッ

    黒子「(今度は風と炎の組み合わせですの!?)」シュン

    上条「移動先は読めてるんだよぉおおお!!!」バコッ

    黒子「くっ・・・」ズザザザザ

    黒子「(左腕がもう使えませんの・・・)」

    上条「まだまd・・・」

    カエセッ・・・

    俺の体を

      返せ!!!


    322: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:08:29.32 ID:vY/YTkxc0


    上条「ぐっ・・・あ・・・っ・・・」

    黒子「元に戻りかけてますの・・・」

    黒子「助かりましたわ・・・」ヘタッ

    上条「くそったれがぁあああああああああああああ!!!!」

    バタッ

    黒子「とりあえず、上条さんの家に」シュン


    324: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:10:49.48 ID:vY/YTkxc0

    ――――――
    ピンポーン
    イン「はーいはーい」

    ガチャ

    イン「あれ?あなたは短髪の友だちの・・! とうま!?」

    黒子「詳しいことはまた後で話しますわ、とりあえず中に入れてくださいまし」

    イン「わ、わかったんだよ!」



    上条「ん・・・」

    黒子「お目覚めですの?」

    上条「白井・・・?ここは、自分の部屋か・・・」

    上条「俺・・・なんだかすげー夢見てた気がする」

    黒子「私と戦ってる夢、ではございませんか?」

    上条「って、ことは・・・」

    黒子「それは夢ではございませんわ。正真正銘あなたと私は戦っていましたわ」

    上条「なんで、俺・・・」


    326: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:14:27.48 ID:vY/YTkxc0

    黒子「短刀直入に言わせていただくとあなたは二重人格ですの」

    黒子「つい先日のスキルアウトの暴行事件もあなたの犯行かと」

    上条「! そんな・・・俺が・・・何もしてない人を・・・」

    黒子「と入っても、そのスキルアウトも前科があるのでそこまで気になさらずとも・・・」

    上条「そういうことじゃねぇーんだ!」

    上条「そういうことじゃねーんだよ・・・」

    黒子「上条さん・・・」

    黒子「上条さん、明日一緒に木原春生のところに行きませんか?」

    黒子「あなたの二重人格の改善につながる道があるかもしれません」

    上条「そうか・・・」

    イン「とうま・・・」

    上条「インデックス、心配掛けてごめんな。すぐにこの、おれ自身の幻想をぶち殺してくるからな、待っててくれ」

    イン「わかったんだよ・・・私はいつまでも待ってるんだよ・・・」

    黒子「ということですので、今日はこれで失礼するですの」シュン

    上条「・・・はぁ・・・」


    327: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:17:44.42 ID:vY/YTkxc0



    黒子「急いで帰らないと門限に間に合いませんわね」シュン

    シュン


    シュン

    黒子「えっ?」

    キィイイイイイイイイイイイ ドンッ


    332: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:23:02.41 ID:vY/YTkxc0

    翌朝

    上条「インデックス、じゃあ今日俺行くから」

    イン「気をつけてね、とうま・・・」

    上条「それにしても白井から連絡がないな・・・」

    上条「ん?あ、これ青ピに借りた裏モノDVD?」

    上条「はは・・・こんなときでも運ってのはついてるんだな・・・」

    上条「白井、どうしたんだ?」ピッ


     続いてのニュースです

     昨日夜、常葉盤中学1年生の白井黒子さんがトラックに引かれ、病院へ運ばれましたが、意識不明の状態が続いています。トラックの運転手は・・・・・・・・・・


    上条「え?」


    334: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:27:04.94 ID:vY/YTkxc0

    上条「え?」

    イン「と、とうま!これって・・・」

    ダッ バタン

    イン「とうま!・・・」



    上条「ハァハァ・・・」

    上条「(どうして白井が・・・)」

    上条「(!)」

    1時12分ころ8番線のバスが横転炎上・無人バス、故障か?女子生徒一人が重傷

    上条「俺が幸福を手に入れるたびに、ほかの人が不幸になる・・・?」


    339: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:31:23.37 ID:vY/YTkxc0

    ―――――病院 夕方
    ゲコ「君か・・・」

    上条「白井は!?」

    ゲコ「残念だけど、意識が戻らないね・・・」

    上条「そん・・・な・・」

    上条「! それと、つい先日のバス横転で怪我した女の子ってここにいますか!?」

    ゲコ「? まぁいるが・・・」

    上条「名前は!?」

    ゲコ「確か・・・」ペラッ

    ゲコ「佐天、涙子さんだね」

    上条「あ・・・あ・・・」

    ゲコ「知り合いかい?」

    上条「はい・・・」

    上条 フラ

    上条「じゃあ、俺はこれで・・・」

    ゲコ「あぁ、気をつけて帰るんだよ」


    341: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:33:49.39 ID:vY/YTkxc0

    トボトボ

    上条「俺の幸福のせいで、いろんな人が不幸になってるのか・・・?」

    上条「俺の幸福が悪いのか?」

       いいじゃねぇーか、他人なんて

    上条「くそっ・・・また頭痛・・・」

      てめぇがその右手で幸福を吸い取れば吸い取るほど他の人は
      残りカスの不幸で痛い目をみる

      けどよぉ?お前は幸せを願わなかったか?

      不幸をうらまなかったか?

      どうして自分だけ不幸だとはおもわなかったのか?

      幸福そうな他人を見て少しでも妬んだことはなかったのか?

         ・・・あったんだろ?

             楽になっちゃえよ

    上条「うわぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


    上条「あははあっはっははは!!!!」


    343: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:37:29.08 ID:vY/YTkxc0

    上条「やっと!!やっと体が手に入った!!!」


    ナニアノヒト? ヤバクナイ? ガヤガヤ

    上条「うるせぇええええええええええええええ!!!」ボワッ


    上条「てめぇらなんか全員死んじまえばいいんだよぉ!!!」ビリビリ


    ガガガガガッシャアアアアン

    キャータスケテーーー キャーー


    347: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:39:20.84 ID:vY/YTkxc0

    ―――――少し前
    一方「ったくよォ・・・何でこの一方通行サマがてめェの買い物につきあわなきゃならないんですかァ?」

    打ち止め「どうせあなたは暇じゃないってミサカはミサカはあなたの日常生活に切り込んでみたり!」

    一方「俺だっていろいろ急がしいんだよォ」

    打ち止め「あ、私クレープ食べたいかもってミサカはミサカはお願いしてみたり!」

    一方「は?うっせェんだよ。どんだけ金使わせるつもりですかァ?」

    打ち止め  →上目遣い
           泣く
           駄々をこねる

    一方「・・・わァったよ!!買えばいいんだな!オい!」

    打ち止め「やったぁ!!」

    キャーキャーー


    349: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:41:58.51 ID:vY/YTkxc0

    一方「ン?誰ですかァ?あんな広場の真ん中で能力使ってるおばかさンは・・・」

    一方「って三下じゃねェか!?」

    一方「あいつ能力使えたのか?」

    一方「それ以前に三下が一般のやつらを攻撃するわけがねェ・・・」

    一方「てめェはちょっと隠れてろ」ガシッ

    打ち止め「え?あなたはどうするのってミサカはミサカは尋ねてみる?」

    一方「少し話をしてくるだけだ、心配すんナ」タッタッタ


    357: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:46:52.15 ID:vY/YTkxc0

    ――――少し前
    美琴「またコンビニで立ち読み・・・」

    美琴「まったくつまらないわね・・・」

    美琴「あはははw」ペラペラ

    美琴「ファッション雑誌かぁ」

    美琴「私も少しお洒落すればあいつに振り向いてもらえるのかな・・・?」

    美琴「って私はぜんぜんあいつのことなんか・・・///」

    美琴「・・・セブンスミストで服見てこようかしら・・・」

    キャーー タスケテーーキャー

    美琴「ん?どうしたのかしら?騒がしいけど・・・

    美琴「あれは、能力者!?」

    美琴「どう見ても一般人に能力使ってるじゃない!」

    美琴「止めに行かなきゃ!!」タッタッタ


    359: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:50:41.46 ID:vY/YTkxc0

    美琴「え・・・?」タッタ・・

    美琴「どうしてあいつが・・・?」

    美琴「何で能力使ってるのよ・・・」

    美琴「で、でもとりあえず止めなきゃ!」タッタッタ


    364: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:55:04.20 ID:vY/YTkxc0

    上条「まだまだあぁあああああああああ」キュィイイン

    パリーンパリーン

    一方「(ん?あいつ今ベクトル操作しなかったか?)」

    一方「(それ以前に電撃や、炎まで・・・)」

    一方「(こいつァ面倒なことになりそうだなァ、おい・・・)」


    上条「さいっっっっこうに気持ちいいいいい!!!!」

    一方「おい、三下ァ・・・てめェ何やってるんだ?」

    上条「あん?誰だお前・・・」

    一方「(? 俺のことを覚えていない・・・?)てめェが能力使えたなんて初めて知ったぜェ」

    上条「ぐちぐちうるせぇええんだよぉおおお!!さっさと死んじまえぇえええええ!!」ボワッ

    一方「おいおい、三下ァ。てめェが一番俺に能力が利かないって知ってるんじゃねェのか?」

    上条「あん?何で能力がきかねぇんだ?」

    一方「(こいつァ完全に俺のことを忘れている・・・というより二重人格、精神分裂ってとこですかァ?)俺の能力はよォ、ベクトル操作つってなァ、あらゆるもののベクトルを変えちまうんだぜェ」

    上条「はーん、なるほどね・・・」


    366: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:56:36.09 ID:vY/YTkxc0

    美琴「待ちなさい!!」

    一方「あン?」

    上条「誰だ、おめぇ」

    美琴「え?」

    美琴「と、とぼけてんじゃないわよ!私は・・・」

    一方「待て、第3位」

    美琴「一方通行・・!?」

    一方「あいつはなぜか今記憶をなくしてる、というよりも精神が分裂してるみてェなんだよォ」

    美琴「意味わかんないわ!」

    一方「俺もよくわかんねェよ」

    一方「けどよォ」

    一方「あいつを今ここで止めねェとやべェーってことは確かだぜェ」

    美琴「そ、そうね・・・」

    一方「まったくよォ、気にくわねェが第三位、ちょっと手伝いナ」


    369: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 22:59:26.16 ID:vY/YTkxc0

    一方「あいつは能力を何種類も使えててよォ」

    一方「今のあいつは俺のベクトル操作もお前の電撃も使える」

    美琴「何でそんなに能力が使えるのよ!?」

    一方「わからねェっつっただろうがよォ」

    一方「さて、行くぞ」パキパキ

    美琴「・・えぇ、わかったわ・・・!」


    371: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 23:00:52.58 ID:vY/YTkxc0

     ・・・
      おい、厄病神がきたぞ!
       こっちくんな
        不幸がふりかかってくるぞ

    俺は別に幸福がほしいわけじゃなかった
    不幸がなくなればいいなと思ってたけだ

    みんなが幸せになればいいと思ってたんだ



    上条「ここは・・・」

           オリジナル
    神条「よぉ・・・元」

    上条「あたり一面真っ白、なんだここ?光?」

    神条「まぁわかりやすく言えば心の中ってとこか、精神の中だ」

    上条「で、お前は誰だ?」

    神条「俺はお前だ」

    神条「そして、これから俺が元になるんだよぉおおお!!」シュン


    373: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 23:02:57.74 ID:vY/YTkxc0

    上条「きえt・・・」ドゴッ

    神条「ほらほら、立ち上がれよ、元」

    神条「俺はてめぇを殺して上条当麻になるんだぁああああああ!!!」ボワァ

    上条「くそっ!」キュイイイイイン

    神条「むだむだぁあ!!」ビリビリ

    上条「っ!」キュイーーン

    神条「はははっ。言い忘れてたがてめぇはここでは無能力者のままだぜ!!!」

    神条「無様な死に方をして俺に体をよこしなっ!」ボワッ


    377: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 23:08:48.83 ID:vY/YTkxc0

    ※今外の神条ないし上条が分裂して“中”のオリジナル上条と戦ってるってことで


    ――――― 外
    上条「っと、“中”でも始まったようだな・・・」

    一方「余所見してんじゃねェぞ!!」キューーーーン

    上条「むだむだ!」キューーン

    一方「三位!いまだァ!」

    美琴「ハァアア!!!」

    上条「超電磁砲か・・・反射すれゃちょろい・・」

    一方「おっとてめェのベクトル操作は俺が相殺させてもらうぜェ!!」

    上条「笑わせんな・・・」

    チュドオオオオン

    上条「なんのための右手だと思ってんだよ」シュゥ・・・

    一方「ちッ・・・ラチがあかねェ・・・」


    382: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 23:11:31.94 ID:vY/YTkxc0

    上条「おらぁあああ!」バコッ

    一方「っ!!」キュイイイイン

    一方 スタッ 「畜生・・・ベクトルが相殺されるとここまでつれェとはよォ・・・」

    一方「三位!俺が右手とベクトルをとめてやるからよォ!!てめェの磁力で作った武器で物理攻撃しやがれ」

    美琴「わかったわ!」

    美琴「はぁあ!!」ヂヂヂヂッヂ

    一方「大した鉄の槍だなァ!」

    一方「いくぞォ三下ァァァァ!!」

    上条「あめぇぇんだよぉおお!!」

    一方「っ!!ベクトルで引き寄せられてんのか・・・なら・・・」

    一方「おらァ!!」

    上条「!? さらにベクトル上げて接近してきやがった・・っ」


    384: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/12(日) 23:14:36.11 ID:vY/YTkxc0

    一方「右腕つかませてもらぞ三下ァ!!」

    上条「っ!!右手で触れねぇ!!!」

    美琴「おりゃぁあああああ!!」ブンッ

    上条「クソッ・・・」ズボッ

    シュン

    一方「距離とられちまったか・・・」

    美琴「はぁ・・・はぁ・・・これだけやってまだかすり木津

    一方「いちいちしょげてんじゃねェぞ!次の攻撃いくぜェ、三位!」
    キュイイイイイン キュイイイイイン


    394: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:00:41.08 ID:lfw3/lbr0



    ―――――― 中
    神条「おいおい!逃げてるだけじゃ倒せねぇぞ!!」ビリビリ

    上条「くそっ!!近づけない・・・」キュイイイン

    上条「おらぁああああ!!」タッタッタ

    神条「ほらよぉおおお!」ブワッ

    上条「風で、近づけない・・・っ」



    11時12分ころ8番線のバスが横転炎上・無人バス、故障か?女子生徒一人が重傷


    昨日夜、常葉盤中学1年生の白井黒子さんがトラックに引かれ、病院へ運ばれましたが、意識不明の状態が続いています。トラックの運転手は・・


    397: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:05:15.26 ID:lfw3/lbr0

    上条「・・・」ムクッ

    神条「まだ立ち上がるか・・・さすが俺だぜ」

    神条「まずは電撃くらいなぁぁぁ!!!」

    上条「・・・」キュイイイイン

    神条「ゲームオバーなんだよ!!元!!てめぇの後ろががら空きだぜぇええ!!はさみうちすりゃてめぇの負けだ!!!!」ボワ

    上条「・・・」キュイイイイイン

    神条「何!?左手で!?」

    上条「・・・るせねぇ」

    神条「あ?」

    上条「ゆるせねぇよ!自分が幸福だと思ってたのは他人の幸福奪ってうかれてよ!!!しかもみんなが不幸になって・・・それでも呑気にいた自分がゆるせねぇ!!!」

    上条「神条当麻!!てめぇが俺の体を乗っ取ろうって言うならまずは

            


              そ   の   幻   想   を   ぶ   ち   殺   す    !!!


    399: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:09:52.26 ID:lfw3/lbr0

    神条「ん、んなわけねぇぇえだろぉぉぉ!!!俺が元になるんだよぉおおおおおおおおおおお!!!!」

    上条「うぉぉおおぉおおおおおおおおおお!!!!」




    ―――――外
    一方「はァ・・・はァ・・・」

    美琴「はぁ・・・はぁ・・・ぜんぜん敵わない・・・」

    一方「(さすがにやばいぜェ・・・1位と3位で共闘しても歯にもかからないなんてよォ)」

    上条「おいおい!!まだまだ遊びはこれからだぜ!!!」

    上条「おらぁああ!!」ビリビリ

    一方「くそっ」キューーーン

    一方「!? ぐわァァァァァ!!!!」

    上条「ははははは!!!どうだ?ベクトル操作つき電撃はよぉおおお!!」


    400: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:15:04.55 ID:lfw3/lbr0

    上条「!?  あぁぁああああああああああ!!!!」

    上条「くそっ!!俺がオリジナルに負けるはずが・・・」

    上条「うわぁあああああ!!!!」

    一方「どうなって・・・やがる・・・はァ・・・はァ・・・」

    美琴「あんた、大丈夫!?」

    一方「あァ、問題ねェ・・・」

    一方「だが、どうなってやがる?」


    402: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:21:32.68 ID:lfw3/lbr0

    一方「一人でもがき苦しみやがって・・・」

    一方「(精神崩壊ってやつですかァ?)

    一方「まァ、とりあえずは山は越えたっぽいなァ、おい」


    ―――――中

    上条「おらぁぁぁぁ!!!」ドゴッ

    神条「ぐあぁあ!!」ズザザザ

    上条「まだおわらねぇええよおおお!!」

    神条「ちっ(テレポートで一旦距離を・・・)」ガシッ

    神条「!?」


    405: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:23:25.95 ID:lfw3/lbr0

    上条「逃げんじゃねぇぞ!!!コピー野郎!!!」ボコォ

    神条「がはっ・・・」

    神条「なめんじゃねーぞ!!!!!!」ボコォ

    上条「がっ・・・」ズザザザザ

    神条「俺が元になるんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

    上条「てめぇに俺の大切な人達の幸せを奪われてたまるかぁあああああああああ!!!!!!」




    神・上条「おらぁああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」





    キュィィイィイイイイイイイイイイイイイィィイィイイイイイイイイイイイイイィィイィイイイイイイイイイイイイイィィイィイイイイイイイイイイイイイィィイィイイイイイイイイイイイイイィィイィイイイイイイイイイイイイイン!!


    406: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:28:04.14 ID:lfw3/lbr0

    ―――――外

    上条「が、はっ・・・」

    上条「俺が元に・・・なるんだ・・・畜生・・・ちくしょ・・・」


    バタッ


    一方「三下ァ!さんしt・・・

    美琴「ねぇ、ちょっとあんた!しっかりしt・・・


    411: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:32:23.65 ID:lfw3/lbr0


    ―――――――病院
    美琴「はい、口あけて!」

    上条「あーんなんてできないですよ!上条さんにはレベルが高すぎて・・・」

    美琴「は、はずかしがってんじゃないわよ!他の看護婦の人がいないから私がご飯を手伝ってあげてるわけで別にあんたが好きとか・・・ゴニョゴニョ


    ガラッ

    佐天「お見舞いにきましたよーーって・・・早速私は邪魔虫ですか・・・?」

    美琴「そ、そんなことないわ!!ぜんぜん!!」

    黒子「まったく、私のお姉さまを独り占めなんてゆるしませんの」

    美琴「私、あんたのものじゃないからね!?」

    初春「上条さん、体調いかがですか?」

    上条「ん?すこぶる元気だよ」ニコッ

    上条「まぁでも・・・

        

           やっぱり右腕がないってのは結構不便かなー・・?」


    416: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:36:32.02 ID:lfw3/lbr0

    意識が戻ったときには左腕のイマジンブレーカーは消えていたが、右手には完全個体の能力はなかったものの、未だイマジンブレーカが残っていた



    そして上条当麻はヘブンキャンセラーに頼んで右腕を施術して切り取った



    一時は義手をつけることも考えたが、それさえも人の幸福を奪ってしまうのではと上条当麻は懸念して、右腕のないままの生活を選んだ


    423: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:38:53.25 ID:lfw3/lbr0

    ガラッ
    一方「三下ァ・・・体調はどうだァ?」

    上条「おぅ、ぜんぜん問題ねぇよ」

    一方「それにしても、三下はフラグ建築しなんだなァ、おい」

    上条「フラグ建築・・・?」

    一方「だから、ここにいる女どもがてめェのことを・・・」

    美琴 ギロッ

    黒子 ギロッ

    佐天 ギロッ

    初春 ??

    一方「・・・はァ・・・じゃあ今日は邪魔したな、またナ」

    上条「おう!」

    ガラッ バタン


    428: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:41:20.34 ID:lfw3/lbr0

    美琴「じゃ、じゃあ、気を取り直して、あーん・・」

    黒子「お姉さま!私があーんを上条さんにしてあげますわ!お姉さまの手を煩わせませんの!」グイグイ

    佐天「いや、ここは私がしますよ!二人こそゆっくりしててください」グイグイ

    ワタシガ! ワタクシガシマスノ!! ワタシガヤリマスヨ!!!
    ガヤガヤ

    初春「上条さん、あーん」

    上条「あ、あーん」パク

    美琴・黒子・佐天「あっ・・・」

    上条「ん、初春ちゃん、ありがとう」ニコッ

    初春「どういたしまして」ニコッ


    431: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:45:05.76 ID:lfw3/lbr0


    黒子「上条さん・・・」
    佐天「上条さん・・・」
    美琴「あんた・・・」

    「っの浮気ものがぁあああああぁぁあ!!」ドコバコビリビリビュウシュン


    上条「いたっ!浮気って!付き合ってないいたたた!!!もう右腕ないから!ふせげないから!あ・・ああ・・


        不幸だああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

                                   終


    433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 00:46:13.54 ID:wWGK1qsT0

    おおぅ、終わってた
    乙だぜ


    434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 00:46:38.03 ID:Anrx/Wnt0

    乙!
    あれ?イ・・・誰か忘れてね?


    435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 00:47:27.13 ID:naSQ1Cxk0

    重要な人物を忘れているじゃなイカ!


    437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 00:47:58.83 ID:WhOkDqe7O

    乙、何か本家の最終回みたいだな


    439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 00:51:18.38 ID:dvGznEZR0

    お、乙なんだよっ!


    440: 1 ◆sHNGWXTAUA 2010/12/13(月) 00:54:34.16 ID:lfw3/lbr0


    あ、イカむすm 忘れてたわ・・・
    インが嫁の方さーせん
    俺は書いたとおり黒子さえいてくれればそれでいいんで



    腕って生えてくるの?
    原作よんでなくてさーせん

    無理がありすぎて、つっこみどころおおいな・・・

    とりわけ裏モノDVDと黒子の交通事故の幸、不幸はすごく悩んだ

    けど、俺の考える幸運なんてこれぐらいしかなかったんだ・・・


    最後まで読んでくれてありがとう
    またSS書いたときには読んで

    では最後に


    黒子ォォォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

    大好きだああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


    黒子「!」ゾクッ
    黒子「寒気がしましたの・・・」                                  Fin


    448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 01:26:07.90 ID:O76MwwMc0

    原作読んでないと一方通行ってステイルみたいな立ち位置になっちゃうのかな


    449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/13(月) 01:38:57.23 ID:xB+y5Y7NP

    二次創作的には一方さんは絶好の噛ませだから仕方がない


    引用元: 上条「あれ・・・?不幸じゃなくなった?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (78)
    幼馴染 (13)
    兄妹 (26)
    姉弟 (6)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (224)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (148)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (116)
    擬人化・人外・動物・ロボット (63)
    著名人 (30)
    ブーン系 (33)
    おんJ・なんJ (151)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (146)
    シンデレラガールズ (756)
    ミリオンライブ (150)
    シャイニーカラーズ (55)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    あそびあそばせ (1)
    アマガミ (10)
    アンパンマン (2)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    ウマ娘 (3)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (65)
    ガールズ&パンツァー (158)
    かぐや様は告らせたい (9)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (210)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (27)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (2)
    銀魂 (5)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (28)
    けものフレンズ (12)
    コードギアス (9)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (24)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    こち亀 (4)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (4)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (13)
    少女終末旅行 (4)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    ジョジョの奇妙な冒険 (7)
    進撃の巨人 (36)
    新世紀エヴァンゲリオン (21)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (15)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゾンビランドサガ (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (9)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (27)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (48)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (4)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (4)
    化物語 (1)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (34)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (27)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (1)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (9)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (98)
    ぼくたちは勉強ができない (18)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (26)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (49)
    遊戯王 (23)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (21)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (102)
    リトルバスターズ! (7)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (23)
    ワンピース (13)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (28)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (7)
    私に天使が舞い降りた! (10)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (2)
    食戟のソーマ (1)
    DEATH NOTE (2)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク