FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    【ガルパン】みほ「えっ?私の転校先って大洗のはずじゃ…」

    1: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 22:32:01.90 ID:4XcCKEl10

    ・独自設定あり

    ・劇場版のネタバレを含む可能性もあります

    黒森峰学園艦

    黒森峰教師(以下教師)「西住さん、準備はいい?」

    みほ「…はい」

    まほ「みほ…元気でな。向こうの学校でも頑張れ(あぁ…みほ、行かないでー)」

    みほ「うん…お姉ちゃんも元気でね」

    教師「じゃあ、行きましょか」

    みほ「はい」

    まほ「みほー!!」

    エリカ「…はぁ…」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450531920



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    2: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 22:40:20.61 ID:4XcCKEl10



    教師「連絡によると、港まで迎えの人が来てるはずだけど…」

    「黒森峰女学園の方ですか?」

    教師「はい。えっと…昨日連絡のあった」

    黒服「はい、お迎えに上がりました。そちらの方がえっと、西住さん?」

    みほ「はい、西住みほです」

    黒服「…最後に聞きますが、本当に宜しいですか?」

    教師「(戦車道的にかな?)確かに、彼女を転校させるのは些か痛手なところもありますが、これは彼女が決めた事でもありますし、お家も了承済みですので」

    みほ「…はい」

    黒服「…そうですか…。分かりました、じゃあ、行きましょうか、西住さん」


    3: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 22:44:33.82 ID:4XcCKEl10

    連絡船

    黒服「…しかし、まさか本当に、女…しかも女子高生を送ってくるとは…本当にこんな華奢な少女が…大丈夫だろうか?」

    みほ「…あ、あの何か?」

    黒服「…えっ、いやなんでも。っと、そろそろ接岸するんで乗船準備を」

    みほ「えっ?もうですか?」

    黒服「ちょうど近くを航行してたんで」

    みほ(あれが、大洗の学園艦…なんか、黒森峰と似てる)


    6: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 22:53:14.77 ID:4XcCKEl10

    黒服「ゲートを出たら、右の建物へ」

    「黒森峰女学園2年、西住みほ」

    みほ「は、はい!」

    「本艦へようこそ。学園からの書類を」

    みほ「えっと、これです」

    「…確かに。転校手続きの書類は受け取った、今から君は我が校の生徒だ。おい、第8へ」

    黒服「はい。こっちへ、車で現地まで送ろう」

    車内

    みほ「あの、現地って?」

    黒服「今日は日曜だが、我が校は修業日だ。早速だが授業に出てもらう」

    みほ「えっ、い、いきなりですか!?あ、あの荷物の整理とかは?」

    黒服「終わってからにしなさい。生憎とまだ、君の荷物は届いてないんでな」


    7: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 22:57:56.84 ID:4XcCKEl10

    黒服「さあ、付いたぞ。この先で皆準備をしてるはずだ」

    みほ(こういうのは、最初の挨拶が大事、しっかししないと)

    黒服「失礼します。転校生をお連れしました」

    みほ「は、初めまして!黒森峰女学園から転校してきました!西住み…ほ…で…す」

    バウアー「君か、新入りの転校生は。第8中隊へようこそ。私はバウアーだ」

    みほ「えっ?」


    8: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 23:05:35.64 ID:4XcCKEl10

    みほ(えっ!?何で、戦車が…大洗って戦車道ないはずじゃ…それより、大洗って女子高のはずじゃ?)

    シュルツ「ボケっとしないで、手荷物を片付ろ。そしたら、ハンスと75mm砲の整備だ」

    みほ「あ、あの…」

    シュルツ「閉鎖機に少しでもサビが付いてたら、朝まで砲弾磨きだ。返事は?」

    みほ「は、はい!」

    みほ(一体、何がどうなってるのー!?)


    10: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 23:23:31.81 ID:4XcCKEl10

    みほ「あ、あの…」

    バウアー「なんだ?どうした?」

    みほ「い、いえ…そうじゃなくって…えっと、ここって大洗女子学園じゃ?」

    バウアー「大洗?ここは、第8中隊、通称黒騎士中隊だ」

    ハンス「戦車道男子…通称硬式戦車道のチームだ。カールスラント大付属の」

    みほ「黒騎士?!カールスラント!?えっ、えっ?」

    シュルツ「おい、どうした?」

    みほ「わ、私大洗女子学園に転校って…」

    バウアー「どういう事だ?」

    黒服「私に言われましても、正式な転校手続きの書類はありますが…」

    みほ「…そんな、何かの間違えじゃ?」

    黒服「えっ?でも、向こうの学園長の正式なサインと印鑑もありますし…何より君は自らサインしてるじゃないか」

    みほ「…た、確かに私転校手続きの書類にはサインしましたけど…でも大洗女子学園への…えっ?ここの学校の名前…」


    11: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 23:30:55.91 ID:4XcCKEl10

    黒服「黒森峰からも正式な転校手続きの書類もあるし、君と保護者も正式に書類にサインしている以上は我々がどうこう出来る問題でもないしな」

    みほ「…そ…そんな…やっぱりこの前の全国大会の事…怒ってるんだ…皆…」

    その頃 黒森峰女学園

    教師「ただいま帰りました」

    学園長「ご苦労様でした。西住さんはちゃんとお迎えの方のところへお送りしましたか?」

    教師「はい、ちゃんと大洗女子の迎えの方に引き継ぎました」

    学園長「そうですか。彼女が黒森峰をさるのは寂しいですが、彼女の選んだ道です。戦車道から離れて大洗の地で新たに頑張るでしょう」

    教師「そうですね」


    16: ◆v/LK4luEPU 2015/12/19(土) 23:57:25.81 ID:4XcCKEl10

    みほ(そういえば、お姉ちゃんも怒ってるような顔だったし…騙されたんだ私…)

    バウアー「おい、シャッキとせんか!」

    みほ「えっ?」

    バウアー「理由はわからんが、我が中隊へ配属になったからには、私と共にこの学園と仲間の為に戦ってもらわねばならん」

    みほ「そ、そんな…わ、私…戦車が嫌で…戦車道が無い学校へ行こうと…」

    バウアー「どうして戦車を嫌いになったかはしらんが、嫌いとは言いつつもその目は一人前の戦車乗りの目だ」

    みほ「…」

    バウアー「戦車での裏切りは戦車で返せ」

    みほ「…裏切り…私を騙すなんて…黒森峰も…お母さんも…許さない…」

    バウアー「私と共に、学園と仲間の為に戦え。犬死はさせん!」

    みほ「…」(敬礼)



    17: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 00:07:15.35 ID:qBqgXuwq0

    バウアー「なら、改めてよろしく頼むぞ。西住」

    みほ「はい!」

    シュルツ「なら、さっき言ったとおり75mm砲の整備だ。急げ、敵は待ってくれんぞ」

    みほ「あ、あの…」

    シュルツ「なんだ?まさか、戦車砲の整備がわからないとかじゃ無いだろうな?」

    みほ「い、いえ…。そうじゃなくて、硬式戦車道ってなんですか?」

    シュルツ「硬式っても基本はお前ら女子がやってる戦車道と変わらん。ケンドー、ジュードーとかと一緒で武術の一つだ。ルールの元安全に考慮して戦う。
    どっかの、紳士の嗜む本みたいにはならん」

    みほ「ほっ」

    シュルツ「違うとすれば、実弾が女子と違って減装薬だの軽くする処置がとられて無い分重いのと、戦車だけじゃなく乗員を行動不能にしなきゃならんくらいか」

    みほ「乗員も?」


    18: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 00:22:15.80 ID:qBqgXuwq0

    バウアー「女子と違い我々のパンツァージャケットは戦車と同じくセンサーが付いている。つまり、戦車がやられても乗員に戦死判定が出てなきゃ、脱出して、戦えるわけだ」

    みほ「戦うって、戦車も無しにですか!?」

    バウアー「戦車の参加数に規定はあるが陣地に戻って予備車を出してこようが、あるいは戦車猟兵科の奴らのPAKにたのもうが、個人携帯の対戦車火器を使おうが、乗り込んで乗員をやっつけて奪おうが、ともかく相手の戦車と兵隊を全部行動不能にすれば勝ちだ」

    みほ「な、生身じゃ危ないじゃないですか!」

    バウアー「ジャケットには、特殊カーボン製の対弾材が縫い合わせあるし、人間相手にはセンサーで戦車の火器にはロックが掛かり、火器の発射は不可能になるようになっている。代わりに、バトラーシステム同様レーザーで判定する。死にはせん」


    20: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 00:33:18.19 ID:qBqgXuwq0

    バウアー「ともかく、百見は一見にしかずだ。やってみればわかる。1時間後には練習試合だ、それまでに砲の整備を終わらせろ」

    みほ「は、はい!」

    一時間後

    バウアー「お客さんが来たぞ。戦闘準備!」

    みほ「えっと、私は何をすれば…」

    シュルツ「お前は、装填手をやれ。女子の戦車と違って弾が重いからきおつけろ」

    みほ「は、はいっ。えっと、徹甲弾は…お、重い…」

    バウアー「エンジン停止!今回の戦闘は霧が濃いぞ…敵のエンジン音に注意しろ」

    VOOOOM

    バウアー「黒騎士1より、2へ。11時方向、お客さんだ!」

    黒騎士2「了解、戦闘を狙う」

    みほ「このエンジン音…四号?」

    シュルツ「練習試合だからな、相手も同じ四号だ」

    バウアー「フォイア!」

    BARM


    21: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 00:42:16.37 ID:qBqgXuwq0

    みほ(私の知ってる砲声より大きい…)

    バウアー「お客さんが多すぎる。黒騎士2、後退するぞ。正面戦闘は不利だ」

    黒騎士2「了解」

    バウアー「この霧で敵は我々を見失ってくれたようだな…よし、敵の側面へ突っ込むぞ。黒騎士2、右をやれ!黒騎士3、4は無線の状態が悪いのか通じん。2両で突っ込む。西住、装填急げよ」

    みほ「は、はいっ!」

    バウアー「2時方向、敵Ⅳ号、距離400、撃てっ!」

    BAKOOOM

    バウアー「よし、命中だ、うまいぞ。次!」

    みほ「そ、装填完了!」

    バウアー「フォイア!」

    BARM

    黒騎士2「黒騎士2被弾、脱出する!」


    22: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 00:54:30.29 ID:qBqgXuwq0

    バウアー「反転しろ。黒騎士2の脱出を援護する!」

    BAKOOM

    みほ「キャアアア」

    ビーっ!

    バウアー「ちいっ、重症判定か」

    シュルツ「中隊長がやられた!」

    ハンス「脱出だ!」

    みほ「ま、待ってください!ここで私たちが逃げたら、2号車の皆さんが危険です!」

    シュルツ「照準器がイカレたんだぞ、西住!」

    みほ「……」


    23: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 01:09:17.50 ID:qBqgXuwq0

    みほ「…ふーっ。少し右です!」

    シュルツ(砲身越しに直接覗いて狙うとは)

    みほ「今です!」

    BAKKOM

    試合終了

    みほ「お、終わったの?」

    シュルツ「西住、お前は大した戦車乗りだ。俺の戦車突撃徽章を授けよう」

    みほ「ありがとうございます」

    対戦相手車長「バウアー、女なんか入れて大丈夫か?」

    バウアー「馬鹿野郎!俺の尻を舐めろ。彼女は立派な戦車兵であり、俺の部下だ。俺の中隊にいる限り女子だからといって誰にも文句は言わせん!」

    みほ「///」


    29: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 13:26:22.35 ID:YyprRBgu0

    翌日

    みほ「お、おはようございます」

    シュルツ「おはよう。なんだ、西住そのツラは?我が校の生徒なら、身だしなみはちゃんと整えろ!ましてや、君は女子だろ」

    みほ「それが…私の私物、大洗宛に送ってしまって…最低限の私物しかなくて…」

    シュルツ「何だと?わかった、代わりは兵站部に言って、調達させる。なきゃ整備大隊よろしく、そのへんから使えそうな物をかき集めろ」

    みほ「か、かき集めろって…///し、下g…」

    バウアー「諸君、おはよう」

    みほ「おはようござい…ま…す」

    バウアー「どうした?」

    みほ「あ、あのーバウアーさん…その目は?」


    30: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 13:35:43.07 ID:YyprRBgu0

    バウアー「西住、ここでは戦車道中は階級をつけて呼ぶんだ。今の俺は中尉、シュルツは曹長、マイヤーは伍長、
    ハンスは上等兵だ。そして、お前の今の階級は上等兵だ。わかったな?」

    みほ「は、はい。中尉殿!」

    バウアー「よろしい。これは昨日の戦闘で得たこいつの代償だ」」

    みほ「戦傷記章…安全には配慮されてるはずじゃ…」

    バウアー「安心しろ。ただのものもらいだ。昨日の戦闘でゴミが目に入ったのも影響あるがな」

    みほ「…な、なんだ驚いた…」


    33: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 14:31:51.50 ID:YyprRBgu0

    バウアー「これから整備中隊へ行ってくる。他の奴らは準備しとけ」

    みほ「整備中隊?」

    バウアー「硬式戦は、我々機甲科以外にも、補助戦力、フラッグ戦の時の陣地防御に必要な戦車猟兵科、後方支援の整備科と連携しての戦いとなる。基本試合後の戦車は整備班の生徒が点検整備を、して裏から支えてくれている」

    みほ「へぇー」

    整備中隊

    バウアー「第8中隊だ。ガラクタと軍馬をもらっていくぞ」

    整備班「どうぞ。不良品のバーゲンセールです。持っててください」


    34: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 14:39:06.61 ID:YyprRBgu0

    みほ「ガラクタ?」

    シュルツ「硬式戦は女子に比べてマイナー競技だからな。やってるとこも少なきゃ、予算も少ない。少しでも使えるもんが
    あるなら持ってくんだ。ドラム缶のそこに少し残ってるオットーとか、使えそうなバッテリーとかな」

    みほ(戦車道って、やっぱりお金が掛かるんだ。黒森峰の時は感じなかったけど…)

    バウアー「急げー!積み込んだら、乗車だ!西住ぼけっとしてないで、お前も運べ!」

    みほ「は、はいっ!えっとー、えっとー」

    ハンス「こいつをもってけ。あと、コレ…。おっ、こいつはお前が、使えるんじゃないか?」

    みほ「はいっ(洗面器…少し汚いけど。顔を洗えないよりましかな?)」


    35: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 14:46:10.08 ID:YyprRBgu0

    BA-FUN

    マイヤー「下っ手くそな整備しやがって」

    バウアー「各部点検。どうだ?」

    マイヤー「エンジン、燃料系もまぁ、異常なし」

    ハンス「無線機異常なし」

    シュルツ「照準器、作動機構異常なし」

    みほ「閉鎖機周り異常なし!」

    バウアー「よし、俺の馬車馬をもらっていくぞ」

    整備班「勝手にしやがれ!」

    バウアー「PANZEAR VOR!」


    37: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 14:58:17.37 ID:YyprRBgu0

    「パンツァーファアストより黒騎士へ!コード7、緊急事態!」

    バウアー「お客さんか。予定より早いな。パーティーが始まるぞ!準備しろ」

    みほ「コード7って?」

    シュルツ「試合開始って事だ。今日はT-34連中が相手だ。忙しくなるぞ」

    前進を開始して約10分後敵部隊と接触

    みほ「T-34が一杯…」

    バウアー「40両近くいるぞ。黒騎士1より各車へ、各個撃破しろ」

    シュルツ「忙しくなるぞ!西住、装填急げよ」


    38: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 15:05:46.63 ID:YyprRBgu0

    バウアー「前方1800、T-34 フォイア!」

    BARM

    バウアー「有効射程外か。前進!接近しろ」

    DOkAm BAKOM

    バウアー「馬鹿な‥。イワンの76mmは届かんはずだ?」

    みほ「中尉、85mmがいます!」

    バウアー「あいつか、黒騎士2。煙がてるぞ、後退しろ!」


    39: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 15:13:16.95 ID:YyprRBgu0

    バウアー「黒騎士より、パンツァーファウストへ!強力な敵と遭遇!増援願う」

    「黒騎士へ。本店も客でいっぱいだ。そっちまでボーイは回せない!ウェイター到着まで踏み止まれ」

    バウアー「くそっ。見殺しにする気か」

    みほ「……」

    バウアー「パンツァーカイルで前進!損害に構わず単一目標に攻撃を集中しろ!」

    シュルツ「西住、装填頼むぞ!」

    みほ「は、はいっ」

    バウアー「距離1200、フォイア!」

    DORM


    40: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 15:22:35.45 ID:YyprRBgu0

    黒騎士3「黒騎士3被弾!やられました。すいません」

    バウアー「もっと接近しろ、砲塔基部を狙え、フォイア!」

    BOOOOM

    バウアー「命中、次2時方向急げ!」

    みほ「装填完了!」

    DARM BARM

    バウアー「88mmか。猟兵連中の応援がきたな。残りを仕留めるぞ」

    「訓練終了、訓練終了!」

    バウアー「今回の損害は?」

    ハンス「戦死判定11名、負傷判定17名。戦車は7台が撃破判定。修理可能扱い3両です」

    バウアー「……」


    41: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 17:31:22.58 ID:YyprRBgu0

    バウアー「死んでないとはいえ、戦死判定って言葉は、いつ聴いてもいい気がせんな」

    みほ「…」

    バウアー「戦いでの犠牲はつきものだが、やはり指揮官としては部下を一時的にとはいえ失うのは心苦しい」

    みほ「……」

    バウアー「犠牲なき勝利なんてものは不可能に近いが、戦いで共に戦う仲間が減っていくってのは辛いもんだ。お前もそうだろ?」

    みほ「えっ?」

    バウアー「この間の女子の全国大会。あそこでⅢ号の乗員を助けに行った」

    みほ「あの時の…」


    42: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 17:52:30.15 ID:YyprRBgu0

    みほ「あの時は…でも、あのせいで黒森峰は負けて…私は…」

    バウアー「向こうで何を言われたかはわからんが、お前の判断は間違っていなかったと思う」

    みほ「えっ?」

    バウアー「あのまま戦闘を続けていれば勝てたかもしれん。だが、部下を見捨てるようでは敗北も同じだ。オットーやハーマンと違って戦友ってのは変えが効かん」

    シュルツ「優れた戦車兵ってのは、優れた兵器にも勝るもんだ」

    みほ「……」


    43: ◆v/LK4luEPU 2015/12/20(日) 18:09:01.52 ID:YyprRBgu0

    バウアー「戦車乗は決して一人じゃ戦えん。常に仲間との連携が大事だ。仲間を大切に出来ん奴の下では優秀な部下は育たん。あの試合は負けたかもしれんが、あのまま戦っているようではいずれ敗北する日が来ていただろう。あの時の判断が間違って無かったといずれ、分かる日が来るだろう」

    みほ「…私、あの日からずっと…私のせいで…負けたんだって…そう思ってて…でも、少し楽になった気がします」

    バウアー「少し表情が柔くなったな」

    みほ「ありがとうございます」


    47: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 22:03:49.42 ID:3UB8yPwL0

    バウアー「いいか、西住。硬式戦車道で必要なのは乗ってる戦車をやられても命ある限り戦い抜く不撓不屈の精神、階級制度を通しての各人の責任感、指導力、そして各機関との連携での仲間意識を通しての団結だ。お前も戦車道を学ぶ者なら、忘れるな」

    みほ「はいっ!」

    バウアー「よろしい。なら、明日の試合でも頼むぞ西住」

    みほ「試合?」

    バウアー「プラウダの男子との練習試合だ」



    48: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 22:11:40.90 ID:3UB8yPwL0

    みほ「プ、プラウダ…」

    バウアー「この前の決勝での相手だ。男子とはいえプラウダの基本戦術はわかるな?」

    アンタノセイデ…10レンショウガ…

    みほ「……」

    バウアー「聴いてるのか!?」

    みほ「…えっ?」

    バウアー「前回負けた相手で色々思うところがあるかもしれんが、今度はお前が奴らをヴェルハラへ送ってやれ」

    みほ「……」

    バウアー「俺の部下である限り犬死はさせん!あの恨みを倍にして返してやれ」

    みほ「わ、わたしやります!」


    49: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 22:26:14.00 ID:3UB8yPwL0

    翌日

    シュルツ「着替えは終わったか?」

    みほ「はいっ。でも、あの…少し大きいですけど…」

    シュルツ「男用だから仕方が無い。合わないなら服に体を合わせろ」

    みほ「そんな無茶苦茶な…」

    バウアー「無駄口を叩いてないで戦車の準備をしろ!試合は待ってくれんぞ」

    みほ「はいっ」


    50: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 23:06:54.32 ID:3UB8yPwL0

    プラウダ陣地

    セルゲイ「準備はいいな?点呼を取る、集合!」

    「ちっ、めんどくせぇ」

    プラウダ生「おい、シュガポフ集合だぜ。急げよ」

    シュガポフ「へっ。戦車道の試合は教科書通りに行くかよ」

    セルゲイ「おい、シュガポフ!今度そんな口を聞いたら、シベリア送り25ルーブルだ」

    シュガポフ「へっ、インテリが。弾は前からだけじゃねえぞ」

    プラウダ生「いいから、早く乗れよ」

    セルゲイ「おい、ゴロドク軍曹はどうした?」

    生徒「腹の具合が悪いって、休んでます」

    セルゲイ「まったく…。突撃砲が居ないとすぐこれだ。まぁ、いい。乗車!」


    51: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 23:16:14.05 ID:3UB8yPwL0

    その頃 試合会場内線路

    「どうだ?治ったか?」

    「ダメです。別の牽引車要請して引っ張ってもらわないと動けそうにないですね」

    「こんな時に故障とは…もうじき試合が始まる。一回避難しよう」

    「大丈夫ですか?壊れないですかね」

    「乗ってるのは戦車だぞ。大丈夫だろ」

    「そうですね」


    52: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 23:38:06.40 ID:3UB8yPwL0

    バウアー「妙だな。静かすぎる」

    みほ「確かに、今まで敵と一回も遭遇してないんて。プラウダは一度引いてからの反撃が得意なのに…妙ですね」

    バウアー「鉄道土手か、停止!」

    みほ「待ち構えるとしたら、土手の向こうが有効…」

    バウアー「あぁ、おそらく待ち構えているはずだが…わからんな」

    みほ「…どうするんですか?」

    バウアー「黒騎士1より、各車へ。先に土手を越える、100m間隔で付いてこい」


    54: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 23:48:57.13 ID:3UB8yPwL0

    バウアー「PANZER VOR!」

    VOOOM 

    バウアー「減速しろ!地盤が緩いぞ、気をつけろ」

    マイヤー「うおっ」

    VROM

    プラウダ砲兵「……」(ニヤッ)

    プラウダ砲兵「各砲、距離800。射撃用意、撃てっ」

    VAROM 

    みほ「キャァァァ」

    バウアー「畜生。脱出しろ」

    プラウダ兵「逃がすか!」

    DOKOKOKOKO(注:空砲です。あたり判定はセンサーで行っおります)

    バウアー「ちっ」

    黒騎士2「黒騎士1へ、援護する。早く脱出を」

    バウアー「来るな、ワナだ!」




    55: ◆v/LK4luEPU 2015/12/26(土) 23:55:51.08 ID:3UB8yPwL0

    プラウダ砲兵「(ニヤリ)撃てっ」

    BAM BAKOOOM


    黒騎士2「やられた、戦闘不能」

    バウアー「配置に戻れ!戦闘準備」

    プラウダ砲兵「バカめ、撃てっ」

    DARM DOM

    バウアー「馬鹿者!徹甲弾じゃない、榴弾だ!」

    みほ「は、はいっ」

    プラウダ砲兵「ちゃんと狙え。それでも砲兵科の生徒か!ぬわっ」

    DOKOW

    バウアー「次っ!」

    DRAM BAKOOM

    プラウダ砲兵陣地「……」(シュパッ!)


    57: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:06:02.63 ID:2jPm/NzG0

    バウアー「黒騎士1より、各車へ。間隔100でゆっくり前進してこい。黒騎士3、ワイヤーで引っ張り上げてくれ」

    黒騎士3「了解」

    みほ「あ、あの。砲兵の皆さんって、生身なのに大丈夫なんですか?」

    バウアー「砲兵は砲を据えたら、カーボン製の囲いで砲を覆うんだ。早い話がトーチカ化するようなもんだ」

    シュルツ「だから榴弾を撃たれても吹っ飛びはせん。榴弾の着弾点からの破片効果でダメージが算出され撃破判定がでる仕組みだ」

    みほ「なるほど」

    黒騎士3「黒騎士1へ、牽引の準備ができた」

    バウアー「了解。引っ張ってくれ」


    59: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:24:27.67 ID:2jPm/NzG0

    黒騎士3「ゆっくり、前進!」

    オーライ、オーライ

    バウアー「よし、いいぞ。そのまま。そっちは大丈夫か?」

    マイヤー「前も大丈夫です」

    バウアー「よし、いいぞ。抜けた」

    みほ「よかったぁ」

    バウアー「黒騎士3、感謝する…いかん、ワイヤーを外せ乗車!急げ!」

    VROOOOOOOOO

    セルゲイ「カリーニン1号より全車、突撃する。Ⅳ号相手ならこちらが有利だ」

    シュガポフ「けっ、そうそう上手く行くかよ」

    バウアー「来たぞ、11時方向お客だ。T-34/85もいるぞ。こちらの射程距離まで詰めろ」


    60: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:29:16.39 ID:2jPm/NzG0

    VOROM DAOM

    カリーニン3「被弾!戦闘不能です」

    シュガポフ「バカが、有利だからって突っ込んで距離縮めれりゃこっちも危険だぜ。おい、止めろ!2時方向の奴を仕留めるぞ」

    DORM

    黒騎士7「戦闘不能!」

    DOKOM VOROM

    バウアー「くそっ、敵が強力すぎる。戦闘中止、黒騎士中隊、一時後退しろ!」

    VOOOOO

    セルゲイ「怯んでるぞ、突っ込めー!」

    バウアー「プラウダめ、追撃してくるぞ!」


    61: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:34:56.56 ID:2jPm/NzG0

    黒騎士9「被弾した。戦闘不能!」

    バウアー「停止!ここで、他が土手を超えるのを援護する。フォイア!」

    DORM

    バウアー「各車、先に土手を超えろ!急げー」

    みほ「装填完了!(お願い、無事に逃げて)」

    バウアー「ここは通さんぞ!フォイア…」

    BAKOM

    みほ「キャアァァァァァァ」

    バウアー「くそっ、脱出だ!」


    62: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:42:42.62 ID:2jPm/NzG0

    シュガポフ「よし、仕留めたぞ」

    セルゲイ「シュガポフ軍曹、遅れてるぞ」

    シュガポフ「無線を切れ。バカが、ただ突っ込めばいいてもんでも無いんだぞ。俺たちはこのまま残党狩りを続けるぞ」

    DORM

    黒騎士10「やられたー!」

    シュガポフ「次だ!撃てっ」

    DORM

    ビーッ!

    シュルツ「当たり判定!?くそっ、破片で足をやられた」

    バウアー「くそっ」

    みほ「……(このままじゃ、皆やられちゃう…でも、どうやったら…)」


    63: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:51:50.01 ID:2jPm/NzG0

    みほ(…ん?あれは…!!確か…)

    ~回想~

    みほ「鹵獲?」

    バウアー「そうだ。女子と違って硬式では敵の放棄された戦車でも、修理可能なら回収して修理が完了すれば自軍の戦車として再出撃させることが可能だ」

    シュルツ「しかも試合終了まで撃破されなきゃそのまま返さずに、その学校が正式に鹵獲品として自軍の戦車に加えることが出来る」

    バウアー「継続やスオミが得意とするやり方だな。噂じゃ女子の分まで男子が戦車を稼いでるらしい」

    みほ「そ、そうなんですか…。じゃあ、新品もですか?」

    バウアー「誰も使ってないなら見つけたもの勝ちだな。新車が転がってる状況なんて滅多にあるもんじゃないがな」

    「ハハハハハ」

    みほ「中尉!あれって、もしかしたら」


    64: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 00:59:21.07 ID:2jPm/NzG0

    バウアー「!!マイヤー、ハンス。シュルツを運べ。行けっ」

    みほ「これは…」

    バウアー「急げ!乗車!」

    BARM

    バウアー「各部点検。どうだ?」

    マイヤー「燃料、バッテリーOKです。やってみます」

    シュルツ「…ハンス、お前が装填手をやれ」

    ハンス「俺がですか?」

    シュルツ「Ⅳ号の装填で一杯一杯の奴には、こいつの75mmは無理がある。そこは俺が代わる。右足負傷で重症判定の俺じゃ、照準手は無理だ」

    みほ「えっ、じゃあ誰が照準するんですか?」

    シュルツ「お前しか居ないだろ西住!」

    みほ「えっ、わ、私ですか!?」


    65: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 01:06:10.44 ID:2jPm/NzG0

    シュルツ「今そこをやれるのはお前だけだ、無理とは言わせんぞ!」

    みほ「は、はいっ!」

    プラウダ兵「ん?なんだありゃ、動いてるぞ」

    バウアー「PANZE VOR!」

    プラウダ兵「撃てっ!」

    VORM KAN

    プラウダ兵「85mmがはじかれだたと!?」」

    バウアー「フォイア!」

    みほ「発射!」

    BOROM

    プラウダ兵「うおっ」

    みほ「外した!?」


    66: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 01:12:08.53 ID:2jPm/NzG0

    みほ「…新品だから、照準の調整がちゃんと終わってない?今のは右に15ずれた、なら」

    バウアー「その通りだ。右に15ずらして狙え。フォイア!」

    BOROM

    みほ「命中!T-34撃破!」

    バウアー「いいぞ、次だ!」

    BORM DORM BAKOOOM

    カリーニン6「やられた。戦闘継続不能!」

    カリーニン8「被弾、戦闘不能!」

    セルゲイ「なんだ?一体、何が起きた!?」


    70: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 12:56:54.76 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「けっ、言わんこっちゃねぇ。前進だ!」

    セルゲイ「パンターだ!カリーニン7、敵の後ろに回れ!聞いているのか?シュガポフ」

    シュガポフ「糞バカが!回り込んだら敵にこっちが側面さらしてやられちまう。小隊、このまま突っ込め!」

    DOM

    黒騎士3「被弾!」(シュパッ!)

    バウアー「横からくるぞ!4時方向!黒騎士4、6は反転!残りはゲルべ小隊の支援の下、敵主力と当たれ!」

    ハンス「徹甲榴弾装填よし!」

    バウアー「フォイア!」

    DARM

    バウアー「命中!西住、次だ!」


    71: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:06:27.57 ID:2y1YERBP0

    DARM BAKOOM

    プラウダ兵「くそっ、やられた」

    シュガポフ「畜生、くたばれ!」

    DAM KAAAAN

    みほ「きゃあっ。被弾!?」

    バウアー「落ち着け、かすっただけだ。あの活きのいい奴を喰うぞ」

    シュガポフ「ちっ、くそったれが、距離を詰めろ」

    セルゲイ「カリーニン1よりカリーニン7、敵強力、援護求む!応答しろ!シュガポフ!」

    バウアー「撃てっ!」

    DARM


    72: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:16:48.91 ID:2y1YERBP0

    セルゲイ「シュガポフが、勝手な事を!くそっ、カリーニン1より、全車へ正面に囮を残し、地形を利用して敵側面へ回り込む、左へ回れ」

    バウアー「黒騎士1より、4、6へ。正面の敵は陽動だ。敵が主力の側面を取ろうとしてるぞ。裏をかいてやる。全速前進!」

    マイヤー「りょ、了解!」」

    みほ「中尉、そんなことしたら敵とぶつかります」

    バウアー「構うな、全速で突っ込め!」

    シュガポフ「突っ込んでくるぞ、回避しろ」

    操縦手「うわぁぁ」


    73: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:26:20.51 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「畜生、俺を無視しやがったな。反転しろ!追うぞ!」

    VOOOOOOM

    みほ「スゴイ音…」

    マイヤー「中尉、戦車のエンジンが悲鳴をあげ出しました」

    バウアー「構うな。俺にはワルキューレの声に聞こえる。奴らをヴェルハラへ送ってやるぞ」

    みほ(一応、安全には考慮されてるはずじゃ…)


    74: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:35:29.79 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「カリーニン1へ、敵が突っ込んで来るぞ」

    プラウダ生「隊長、本当に敵です!側面!」

    セルゲイ「何だと!?くそっ、シュガポフのやつ…。全車2自方向砲撃用意!」

    バウアー「突っ切れー!」

    シュガポフ「よし、いいいぞ。尻に一発ぶち込んでやる」

    セルゲイ「撃てっ、撃てっ!」


    75: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:46:03.94 ID:2y1YERBP0

    操縦手「うわっ、シュガポフ、味方に撃たれた!」

    シュガポフ「うるせい、わかってる!奴は反革命だ!」

    操縦手「はぃ?」

    バウアー「全車止まるな!砲塔旋回、2時~3時方向。各個に砲撃始め!」

    DARM DORM

    バウアー「遅いっ!バカモン!偏差射撃もできんのか!?」

    みほ「す、すいません!(お、落ち着いて…落ち着いて狙えば…でも、片目照準って長時間は苦手なんだよ)」


    76: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 13:51:55.60 ID:2y1YERBP0

    バウアー「抜けたか。反転して敵に正面を向けて停止しろ!」

    マイヤー「ヤーッ」

    バウアー「ここからなら上手い具合に丁度風上だ。砲煙が邪魔にならん。よく狙えるぞ、西住!ほらっ」

    みほ「これは?」

    バウアー「予備の眼帯だ。お前、長時間片目瞑るの苦手だろ?そいつを使え」

    みほ「ありがとうございます」

    バウアー「よしっ、プラウダ連中をヴェルハラ送りにしてやれ。フォイア!」

    みほ「(これで大分楽になった。これなら…)発射!」

    DARM


    80: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 19:19:06.51 ID:2y1YERBP0

    セルゲイ「うわっ、もっと早く回せ!やられるぞ」

    BARM DOKKKANN

    プラウダ生「ダメです、硝煙が邪魔でよく見えない」

    みほ「照準よし、発射!」

    DARM シュパッ

    セルゲイ「畜生、一度後退だ!陣地に戻って再編成だ。おい、予備の戦車の準備もさせとけ!」

    プラウダ生「おい、シュガポフ後退だってよ」

    シュガポフ「そんなもん糞くらえだ。止めろ!こっからな奴らを狙えるぞ。変われ、俺がやる!」


    81: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 19:24:44.71 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「喰らえっ、ゴロツキどもが!」

    DOM BAKOM

    バウアー「くそっ、損傷は?」

    マイヤー「大丈夫です、機関周り異常なし!」

    バウアー「2時方向、T-34。あいつだ 砲塔旋回!」

    シュガポフ「こっちを狙ってるぞ、早くこめろ!」

    バウアー「フォイア!」

    シュガポフ「喰らえ!」

    BARM BAGOM


    82: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 19:28:55.72 ID:2y1YERBP0

    ビーッ

    バウアー「誰がやられた!?」

    シュルツ「俺です。戦死扱いだ。元々重症判定だからしょうがねぇが」

    バウアー「他に損害は!?」

    マイヤー「跳弾でハッチが開閉不能になりましたが、他は大丈夫です。走れます!」

    バウアー「よしっ」

    シュガポフ「くそったれが」

    プラウダ生「シュガポフ、このままじゃまずいぜ。一度下がったほうが」

    シュガポフ「言われなくてもわかってる!一度後退だ」


    83: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 19:46:15.23 ID:2y1YERBP0

    ハンス「敵が後退していきますぜ」

    バウアー「陣地に戻って再編成する気か?それとも誘ってるのか…」

    みほ「どうするんですか?」

    バウアー「…エンジンの出力を絞りながらゆっくり進め。追跡するぞ」

    VOOOO

    みほ「…エンジン音が聞こえます」

    バウアー「…おっ、いたぞ。間隔をあけて最後尾につけろ。西住、そのこのクワスを空けろ」

    みほ「へっ?クワス?」

    ハンス「プラウダに転校ですかい?奴らの戦車道の単位は最悪ですぜ」

    バウアー「そう文句を言うな。パンターも正面から見れば立派なT-34だ。このまま付いていけ、プラウダのフラッグの場所が分かるぞ」

    みほ「…以外と美味しい」

    バウアー「いいぞ、プラウダ高見たくもっと豪快に飲め」


    84: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 19:49:08.10 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「おい、減速しながら横の茂みに突っ込ませろ」

    プラウダ生「急にどうした?」

    シュガポフ「付けられてる気がする」

    VOOOOOOOO

    バウアー「いいぞ、そのまま前進だ」

    シュガポフ「ちくしょう、やっぱり付けてやがった。おい、戦闘用意だ!」


    85: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:12:59.53 ID:2y1YERBP0

    バウアー「少し遅れてるぞ、増速しろ」

    みほ(もうじき日が暮れる…これ以上暗くなると照準が厳しく…)

    ぐぅ~

    みほ「あっ…///」

    ハンス「腹減ったのか?試合中はそんな余裕ねぇからな。普段慣れてる俺らと違って、昼食ってなきゃ腹も減るわな」

    マイヤー「恥ずかしがんな。誰も気になんかしねぇよ。しかし、飯食う暇が無い試合ってのはやなもんだぜ」

    バウアー「ぼやくな。試合が終了したら俺が野戦レストランでたらふく奢ってやる。4、6号車、こちらが発砲したら各自攻撃開始、派手にやれ!」


    86: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:20:12.35 ID:2y1YERBP0

    バウアー「見えたぞ、あの集落がプラウダの本丸だ。地獄を見せてやる、砲撃!」

    DARM BAKKON

    セルゲイ「うわっ、攻撃だ!反転しろ、急げ!」

    操縦手「味方と建物が邪魔で無理です」

    バウアー「4、6号車は右へ回れ。突撃ー!」

    マイヤー「前方にPAKです」

    バウアー「無人のPAKなんか踏みつぶせ、前進!」

    プラウダ砲兵「うわぁぁ、にげろー」


    87: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:25:42.85 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「周り込む気だな。こっからな真横だ。撃てっ!」

    DOM

    SU-85クルー「うわぁ」(シュパッ!)

    シュガポフ「畜生。味方が近すぎる」

    バウアー「左、SU-85だ!」

    みほ「建物が邪魔です」

    バウアー「構うな建物ごとぶっ飛ばせ!フォィア!」

    BAKOM シュパッ!

    セルゲイ「くそっ、パンターはどこだ!?」

    黒騎士4「もらった」

    セルゲイ「うわぁぁ」(シュパッ!)


    88: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:30:12.93 ID:2y1YERBP0

    プラウダ生「隊長車がやられたぜ」

    シュガポフ「構うな!前方の奴をやるぞ!」

    BARM KAN

    バウアー「くそっ、どこだ?」

    シュガポフ「くそっ、跳弾か」

    プラウダ生「何で、弾かれたんだ!?」

    シュガポフ「命中角が浅いからだ、深きゃ貫通する。この角度じゃ不利だ」

    プラウダ生「お前、普段の成績悪い割には、学があるんだな」

    BLAM


    90: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:36:59.48 ID:2y1YERBP0

    バウアー「いたぞ。五時方向だ。砲塔回せ!」

    みほ「それが、暗くて照準がよく見えません」

    バウアー「バカモン!同軸機銃を使え。戦車相手には発砲出来る!」

    DOKAKAKAKAKA

    バウアー「いいぞ、当たってる。フォイア!」

    BARM 

    シュガポフ「くそっ。やられた」

    プラウダ生「今日は厄日だな、シュガポフ」


    91: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:46:20.86 ID:2y1YERBP0

    バウアー「いいぞ。後は陣地無いにあるフラッグを奪えば俺たちの勝ちだ」

    DOKKAN BAKKOM

    黒騎士4「黒騎士4被弾!戦闘不能」

    バウアー「なんだ、どっからだ?」

    マイヤー「前方、敵戦車!くそっ、スターリンだ」

    バウアー「砲塔回せ!」

    UEEEEEN

    バウアー「くそっ、旋回が追いつかん。突っ込め!122mmなんか喰らったら即昇天だ」

    スターリン車長「流石だな。恥を忍んで女子から頼んだだけはあるぜ」

    ノンナ(特別出演)「……」←スターリン砲手風邪の為に代理


    92: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:52:50.23 ID:2y1YERBP0

    ノンナ「……」

    ZBAM

    黒騎士6「くそっ、行動不能!」

    ノンナ「…あと1両」

    バウアー「肉薄しろ!」

    DOKKAN

    スターリン車長「うおっ。ぶつけてくるとはなんて奴だ」

    バウアー「いいぞ。そのまま回りこめ」

    スターリン車長「させるか」

    DOM

    みほ「硬い…この距離でも抜けないなて」

    バウアー「…あそこだ、バイザーブロック」

    みほ「はいっ」

    BAM DOKOM

    スターリン車長「畜生」

    ノンナ「…まだ行けます」


    94: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 22:56:20.85 ID:2y1YERBP0

    UEEEEN

    ハンス「まだ動いてやがる。なんてやつだ」

    バウアー「情無用!フォィア!」

    click

    みほ「…あれ?嘘…」

    ノンナ「…もらった」

    バウアー「!!非常スイッチ!」

    みほ「はっ」

    click DOAM

    ノンナ「くっ……」(シュパッ!)

    みほ「やった…」

    バウアー「よし、今だ、フラッグを奪取するぞ!」


    95: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 23:03:09.92 ID:2y1YERBP0

    バウアー「黒騎士1より、パンツァーファアストへ、フラッグ奪取、繰り返すフラッグ奪取だ!」

    アナウンス「確認中…プラウダ側フラッグ沈黙を確認、試合終了!試合終了!」

    みほ「…はぁ~…終わった…」

    バウアー「ご苦労だったな西住。よくやった」

    シュルツ「騎士鉄十字賞ものの活躍だ。まったく女子なのに大したやつだ」

    ハンス「全くだぜ」

    マイヤー「一時はどうなるかと思ったが、やるな」

    みほ「ありがとうございます///」


    96: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 23:12:15.99 ID:2y1YERBP0

    シュガポフ「けっ、このシュガポフ様が女にやられたとは」

    プラウダ生「おい、やめろよ。シュガポフ」

    みほ「……」

    シュガポフ「だが、女なのに硬式戦車道でこんだけやるとは、中々肝が座ってやがるぜ。敵ながらあっぱれだ」

    みほ「そんな、私なんて全然…」

    シュガポフ「けっ、よく言うぜ。この俺を撃破したんだぜ…この借りは次で倍にして返してやるから覚えときやがれ」

    みほ「はいっ!」

    シュガポフ「へっ、次やり合うのが楽しみだぜ」


    97: ◆v/LK4luEPU 2015/12/27(日) 23:23:27.51 ID:2y1YERBP0

    ノンナ「……」

    スターリン車長「どうした?」

    ノンナ「いえ、なんでも(私以外にも、女子で硬式戦車道をやってる人が居るなんて…彼女中々やるわね)フフッ」

    スターリン車長(ブリザードが笑ってやがる。おっかねぇ)

    バウアー「よし、帰還だ。西住、約束通り俺が野戦レストランでたらふくおごってやるぞ」

    無線「パンツァーファウストより黒騎士へ、集計した戦車計算がおかしい。もう一度確認の為台数を送られたし」

    バウアー「馬鹿者!俺の尻を舐めろ!交信終了!」

    こうして、私の初の試合は終了しました。Ⅳ号戦車を沢山撃破されてしまいましたが、引き換えにパンター戦車を6両現地で受領しました。この戦車はこのまま鹵獲車両として中隊で使うみたいです。でも、あれどこの戦車なんだろう? 記録者:中隊長車装填手 西住みほ


    104: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 11:20:27.75 ID:fcfPY/bg0

    翌日

    みほ「(なんだろう?何か騒がしいなぁ)おはようございます」

    バウアー「おっ、来たか。早速だがパンツァージャケットに着替えて集合だ」

    みほ「えっ?今日って、戦車道の授業って午後からじゃ?」

    バウアー「昨日の練習試合での功績で表彰されることが決まった。お前もだ、西住」

    みほ「えぇー!?わ、私もですか!?」


    106: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 11:35:14.17 ID:fcfPY/bg0

    エミール「…以上、昨日でのプラウダ高校との練習試合での戦いの功績を認め、シュルツ准尉に対しては、この柏葉付き騎士鉄十字賞を授ける。おめでとう」

    パチパチパチ

    エミール「次、西住みほ!」

    みほ「は、はいっ!」

    エミール「貴官は昨日、プラウダ高校との練習試合において女子という身体的ハンディキャップの中、戦車搭乗員として鋼の意思をもって戦い、砲手負傷という状況の中、砲手代行として多くの敵戦車を撃破した功績は偉大な者である。その勇敢なる貴官に対しこの騎士鉄十字賞を特別に授与するものとする。おめでとう、よくやったぞ」

    みほ「ありがとうございます!」


    107: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 11:43:43.61 ID:fcfPY/bg0

    ハンス「すげー、いきなり鉄十字賞ですかい。まぁ、あれぐらいの活躍してりゃ当然か」

    マイヤー「ぼやくなよ。俺たちだって受賞したんだ。それに、全員めでたく昇進だしな」

    ハンス「まあなぁ。授業の中だけの階級だけど」

    シュルツ「静かにしろ」

    バウアー「諸君、まずは受賞と昇任おめでとう。みなめでたく昇任した事及び、昨日のパンター6両の補充を受けてチーム編成が変更となる。シュルツ准尉については副隊長として2号車の車長をやってもらう」

    シュルツ「了解しました」

    バウアー「それに伴い、空いた2号車砲手を西住伍長!お前に任せる」


    108: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 11:47:22.18 ID:fcfPY/bg0

    みほ「わ、私でいいんですか?」

    バウアー「隊長命令だ!」

    みほ「そんな、き、来たばかりで私なんかがいきなり…」

    ハンス「あれだけやっといて何を弱気になってんだよ?」

    マイヤー「学校での歴じゃ俺らが長いが、俺もハンスも高校に入ってから戦車道始めたばかりだ。経験でいえば昔から
    やってるお前の方が上だ。俺らは異論は無い」

    バウアー「いいか、これは命令だ。拒否するようなら懲罰大隊贈りだ!」

    みほ「えぇ!?そ、そんなの嫌ですよ。私砲手やります!」


    109: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 11:52:30.35 ID:fcfPY/bg0

    バウアー「よろしい。では、午前中の課目が始まるので解散!」

    一同「…」(敬礼)

    バウアー「西住!」

    みほ「は、はいっ?」

    バウアー「午後の練習開始前に、お前に戦車突撃徽章の授与を行うので、遅刻するなよ」

    みほ「は、はいっ(えっ、また貰うの?もらってばかりで悪いような…)」

    シュルツ「ぼけっとしとると、1時限めに遅れるぞ」

    みほ「えっ?わぁ、急がなきゃ!」

    タッタッタッ

    みほ「わぁぁぁ」 コケッ


    113: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:30:59.91 ID:dpaPp9g90

    シュルツ「アクトゥン!」

    バウアー「新入生諸君私が黒騎士中隊中隊長、バウアー大尉だ。我々は諸君らの戦車道履修を心より歓迎する。我が中隊は新型戦車受領を含め新編されたばかりである。新体制での我が中隊の戦力として活躍を期待する。私と共に我が校と誇りと戦友たちの為に戦え!犬死はさせん」

    新入り一同「…」(ビシッ)

    シュルツ「では、諸君の配置を発表する。呼ばれた者から前へ出ろ!」

    DORM BARM

    バウアー「第一着弾が低すぎるぞ!よく狙わんか!こちら黒騎士1、黒騎士2、突撃砲小隊が丸見えだぞ、どうなってる?」

    シュルツ「こいつら、座学で何学んだのか知りませんが、突撃砲の利点を理解できてないみたいで、まともに動かせてませんぜ」

    バウアー「西住、教育してやれ。地の利を生かせない突撃砲がどうなるかをな」

    みほ「はいっ」

    UEEEEEN


    114: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:35:13.37 ID:dpaPp9g90

    みほ「発射!」

    BARM DOKAN

    突撃砲兵「ひいっ」

    バウアー「黒騎士1よりゲルべ小隊へ。突撃砲の利点を生かせない奴らには何度でも射撃するぞ!」

    突撃砲兵A「くそっ、味方に撃たれるなんて…これじゃ、戦車猟兵科の方がましかもしれん」

    突撃砲兵B「馬鹿野郎、生身の対戦車道なんかやりたかねぇ!」

    バウアー「西住、お前の番だ!中隊長車砲手を任されたからには中隊で一番上手くなきゃいかんのだぞ」

    みほ「はいっ」

    バウアー「よし、マイヤー全速前進だ」


    115: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:39:09.20 ID:dpaPp9g90

    みほ「ぜ、全速ですか!?動きながらんて、照準がぶれて…」

    バウアー「馬鹿者!停止目標なんてそうそういないぞ。こちらが動かなきゃ同じ条件にはならんだろ!」

    みほ「は、はいっ。(落ち着いて…)」

    BARM

    バウアー「遅いっ!偏差射撃は、どんな状況でも出来るようにせんか!」


    116: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:45:30.78 ID:dpaPp9g90

    その頃 大洗女子学園

    華「発射!」

    DOM BAKOM

    沙織「すごい、華。当たったよ!」

    カエサル「被弾した!?」

    エルヴィン「うーむ、やはり突撃砲は地の利を活かした待ち伏せの方が効果的だな」

    おりょう「火力が高いからといって前に出たらいい的ぜよ」

    あゆみ「発射!」

    優季「あぁー、またハズレ」

    梓「でも、確実に近くなってるよ。落ち着いてもう一回」


    117: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:48:33.27 ID:dpaPp9g90

    桃「あんな調子で本当に試合が出来るのか?」

    柚子「桃ちゃんが言えた事じゃ無い気が…」

    桃「桃ちゃんと呼ぶな!」

    杏「でも、我々は勝たねば行けないんだ。それにしても、あの戦車道の名門西住流の娘が転校してくるって聞いたときは、
    行けるって思ったんだけどなぁ」

    桃「しかし、都合により転校の話は無かったことにとは、黒森峰もふざけている!」

    柚子「まぁまぁ。向こうにもそれなりの事情があるんだよ」


    118: ◆v/LK4luEPU 2015/12/28(月) 23:51:50.91 ID:dpaPp9g90

    バウアー「ちいっ、まだ突撃砲の利点をマスターしてない輩がいるな。西住活を入れてやれ!当てて構わん。身を持って分からせろ」

    みほ「は、はいっ」

    BARM シュパッ!

    突撃砲兵「うわぁぁ」

    バウアー「馬鹿者!地形を生かさないからそういう目に遭うのだ!地形を生かせない突撃砲なんぞ、いい的だ!わかったか!?」

    みほ「ふうっ…」

    バウアー「おい、次はまた西住、お前だぞ!今度こそ当てろ。さもなくば懲罰大隊送りだ」

    みほ「そ、そんな…」


    119: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 00:03:33.97 ID:8uCMhVj30

    みほ「はぁ…疲れた…」

    シュルツ「大尉、次の練習試合の日程が決まったそうです」

    バウアー「ほう。相手はどこだ?」

    シュルツ「来週末にサンダース大付属…第3軍とですぜ」

    バウアー「ちっ、3軍か」

    みほ「えっ?3軍でそんなって、サンダースの男子ってどんだけ強いんですか?」

    シュルツ「はぁ?・・あぁ、女子とは違って一から強いって訳じゃ無いんだ」

    バウアー「硬式戦車道ではサンダースは3軍が一番強い。次に1、2の順だ。サンダース3軍は大胆不敵あれ!がモットーの隊長、ジョージが指揮する部隊で高い機動戦を得意としている」


    120: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 00:15:32.30 ID:8uCMhVj30

    シュルツ「猛将として名高い奴だ。下手するとかなり手ごわい相手だぞ」

    バウアー「物量のスチームローラーに潰されん用に気おつけろ」

    みほ「すごい人なんですね…」

    バウアー「まぁ、誰をリスペクトしてるかは言わずもがなだがな…ともかく厄介な相手だ」

    みほ「へぇー」


    126: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 14:27:51.54 ID:9tNDOKks0

    みほ「あ、あの…」

    バウアー「どうした?」

    みほ「えっと、その、試合前って休みは?」

    バウアー「前日は休みだ。練習をする予定も無いが、なんだ?やりたいのか?」

    みほ「そ、そういうわけじゃ」

    シュルツ「闇雲に練習すりゃいいってもんじゃねぇぞ。休める時にはしっかり休め」

    みほ「はいっ。あ、あの外出とかって?制限は?」

    バウアー「そんなもん、お前の休みだ勝手にしろ。試合に間に合うんなら別に朝帰りでも問題ない。そんな状態で戦えればの話だがな」


    131: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 15:21:23.67 ID:9tNDOKks0

    休日 

    ピンポーン ガチャ

    みほ「あ、あの、おはようございます…」

    ノンナ「連絡より早い到着ですね」←この間の試合の後連絡先交換以来メル友

    みほ「今日しか休みが無いから時間がなくて…。ご迷惑でしたか?」

    ノンナ「私は構わないですよ。今日予定があると言ったらカチューシャはご機嫌斜めでしたけど(怒ったカチューシャも可愛かった)」

    みほ「ご、ごめんなさい」

    ノンナ「謝らなくても大丈夫ですよ。それで、相談っていうのは?」

    みほ「は、はい。それは…」


    128: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 14:44:48.01 ID:9tNDOKks0

    ノンナ「なるほど、行進間射撃でのコツを教えて欲しいと」

    みほ「はい。次の試合相手はサンダースの3軍なんです。それで…私、まだ行進間射撃で命中にブレがあって…」

    ノンナ「確かに…機動戦を得意とするサンダース相手では、行進間射撃も重要ですね。でも、何で私に?」

    みほ「大尉とか周りには聴きづらくて…。戦車道家元の娘が何聴いてるんだって…怖くって…」

    ノンナ「女子の戦車道と硬式戦では違いますよ。両方やっているあなたならわかるでしょ?本当にそんな理由で?」

    みほ「い、いえ実は…この間の練習試合でのあなたの射撃を見て、何か感じるものがあったんです。上手くは言えないんですけど…」

    ノンナ「戦車乗りのカンですか?」クスッ

    みほ「そうかもしれません。何か、私に足りないものを感じたというか…」

    ノンナ「フフッ。さすが、私の認めた砲手ですね。いいでしょう、私でよければ力になりますよ」


    129: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 15:10:41.24 ID:9tNDOKks0

    みほ「ありがとうございます!」

    ノンナ「では、早速練習しましょうか。こちらへ」

    みほ「こ、これは…」

    ノンナ「今日はこちらも休日ですから、学校の戦車を勝手に使うわけにもいきませんし、人も居ませんからこれで練習しましょう」

    みほ「T、T-64…確かに自動装填装置だから2人で練習はできるけど…危なくないですか?」

    ノンナ「これは125mm搭載のA型ですから、装填装置も新型を積んでいるんで大丈夫なはず…です」

    みほ「はずって…」

    ノンナ「マニュアルにも書いてありますよ、性能に疑問が生じたときは祖国の技術を信じなさい」

    みほ「……(頼む相手間違えたかな…)」


    133: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 23:26:07.81 ID:SdK1nK010

    ノンナ「前進します」

    VOOOOOO

    ノンナ「左に的があります。それを狙ってみて」

    みほ「はいっ。落ち着いて…」

    BARM

    みほ「外した…」

    ノンナ「落ちて着いてもう一度」

    DAM


    134: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 23:37:11.30 ID:SdK1nK010

    みほ「また外れ…」

    ノンナ「…一度変わりましょう」

    みほ「行きます」

    VOOOO

    ノンナ「……」

    BARM 

    みほ「…すごい当たった」

    ノンナ「…振動でのブレにもタイミングがあります。その瞬間を見逃さないように落ち着いて。こればかりは慣れかもしれませんが、
    そのタイミングで射撃できれば当たります」

    みほ「はいっ」


    135: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 23:42:59.27 ID:SdK1nK010

    ノンナ「では、もう一回最初から」

    みほ「はいっ」

    VOOOOO

    みほ(ふぅ…集中して。落ち着いて…落ち着いて…今っ!)

    DARM BAKKON

    みほ「やった、当たった」

    ノンナ「その感覚です、それを忘れないように。もう一回」

    みほ「はいっ。……今っ」

    DOM

    みほ「よし、また命ちゅ…きゃあ」

    ノンナ「どうしました?」

    みほ「…はぁ、はぁ…そ、装填装置に…危なかった」


    136: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 23:55:00.90 ID:SdK1nK010

    みほ「ふうっ…」

    ノンナ「…お疲れ様でした」

    みほ「ありがとうございます。ノンナさんのおかげです」

    ノンナ「みほさんの実力ですよ」

    みほ「ノンナさんのアドバイスが良かったから。…でも、本当に今日はありがとうございました。わざわざ休みの中付き合っていただいて…対戦高なのに」

    ノンナ「試合が終わればそんなのは関係ないですよ。それに、強い好敵手がいた方が私もやりがいがあります」

    みほ「好敵手だなんて///」

    ノンナ「次の試合もがんばって。みほさんならきっとやれますよ。また、次戦うときを楽しみにしてます」


    137: ◆v/LK4luEPU 2015/12/29(火) 23:57:55.76 ID:SdK1nK010

    翌日

    バウアー「おはよう諸君」

    みほ「大尉、おはようございます」

    バウアー「昨日はしっかり休めたか?」

    みほ「はいっ!」

    バウアー「ふむ。なら、今日もよろしく頼むぞ」

    シュルツ「大尉、中隊集合完了」

    バウアー「よし、黒騎士中隊乗車!出発用意!」


    138: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 00:09:07.54 ID:lPgqhQOF0

    練習試合会場

    シュルツ「平原地帯ですかい、正面きっての撃ち合いになりそうですね」

    バウアー「猛進がモットーの連中相手では数でこられたらやっかいになるな」

    みほ「……」

    BOOOOO

    「HEY!」

    みほ「あれは?」

    バウアー「あれが3軍の隊長のジョージだ」


    139: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 00:17:47.87 ID:lPgqhQOF0

    ジョージ「ハッ…わっ」コケッ

    みほ(車から飛び降りようとして、こけた…)

    ジョージ「shit…んっ…good morning。諸君、いい朝だな、サンダース大付属、硬式戦車道チーム、第3軍隊長のジョージだ。今日はよろしく頼む」

    バウアー「カールスラント大付属、黒騎士中隊中隊長バウアーだ」

    ジョージ「試合を受けてくれて感謝する」

    バウアー「こちらこそ。今日はよろしく頼む」

    ジョージ「あぁ。…ん?」

    みほ「あっ…」


    140: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 00:30:10.22 ID:lPgqhQOF0

    ジョージ「ほーっ、硬式に女子がいるとは珍しいな」

    みほ「えっと、その…」

    バウアー「俺の部下だ。優秀な戦車乗りに性別なんて関係ない。下手に手を出すなら射[ピーーー]るぞ」

    みほ「///」

    ジョージ「おぉ、怖いねー。だが、あえて硬式戦車道に挑戦するとは相当なんだろうね、期待しているよ。」

    チュッ(跪いて手の甲にです)

    みほ「えっ!?///」

    とある姉ととある装填手「「なんだろう、今ものすごく不快な気分が」」


    141: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 00:41:42.45 ID:lPgqhQOF0

    みほ「///」

    バウアー「彼女はそういった事に慣れていないようだ。試合前に戦力の低下を図られては困る」

    ジョージ「勘違いするなよ。我々と同じく硬式戦車道を歩む彼女への尊敬の印さ。さて、そろそろ時間だ。これで失礼する、お互い頑張ろう。GOOD luck」

    タッタッタッ 

    ジョージ「行くぞ、前進だ!ハッ、ぬわっ」コケッ

    みほ「大丈夫なんですか?あの人」

    バウアー「油断するな。あんな奴でも、戦車道となると人が変わる。油断するな」


    142: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 01:16:28.68 ID:lPgqhQOF0

    みほ「作戦はどうするんですか?」

    バウアー「経験が浅い連中が多い、パックフロント式で迎え撃つぞ。各小隊ごと偽装をさせろ。景色に溶け込め!新入り、クルツ!」

    クルツ「はっ、バウアー大尉!」

    バウアー「萱を刈って来い。刈ってきたら、ハンスと植生しろ。マイヤーと西住は偽装網だ。照準器に被らないよう注意しろ」

    みほ「了解」


    143: ◆v/LK4luEPU 2015/12/30(水) 01:26:11.04 ID:lPgqhQOF0

    サンダース陣地

    ジョージ「各小隊、準備はいいか?」

    「第一小隊準備よし」

    「第二小隊準備よし」

    「第三小隊よし」

    「対戦車自走砲小隊準備よし」

    ジョージ「よし。タカシ、俺のヘルメット!」

    タカシ「どうぞ、隊長」

    ジョージ「……」(ニヤッ)


    151: ◆v/LK4luEPU 2015/12/31(木) 08:57:38.23 ID:TgHUY7YgO

    サンダース陣地

    ジョージ「行くぞ!各小隊、前進開始! 」

    voooo

    サンダース生「隊長、小隊全部前進させて、大丈夫なんすか?」

    ジョージ「…この時期は新入りが多い。経験の浅い奴らが多い突撃砲を残して、攻勢に出てくるとは考えづらい。恐らくは、地の利を生かした、パックフロント式防御で、構えてるだろう」


    152: ◆v/LK4luEPU 2015/12/31(木) 09:06:27.96 ID:TgHUY7YgO

    サンダース生「凄いっすね。そこまで解るんですか?」

    ジョージ「勘だかな。だが奴らの現状で効果的な戦果を上げるには、一番ベストな選択だろう」

    サンダース生「へぇー」

    ジョージ「操縦手、全速力だ!中隊の最前列へ出ろ!奴らが防御体制を整える前に突っ込むぞ。」

    ドライバー「はっ」


    153: ◆v/LK4luEPU 2015/12/31(木) 09:24:48.45 ID:TgHUY7YgO

    バウアー「……。エンジン音、お客さんだ。各小隊戦闘準備!」

    みほ「……」(眼帯装着し、無言で照準器を覗く)

    バウアー「奴らが、cゾーンに入ったら射撃開始!判断は各小隊長に任せる」

    各小隊「ヤヴォール!」

    バウアー「見えたぞ!距離約2000、焦らず有効射程まで誘い込め」

    みほ「……(距離約1800…そのまま、そのまま。私がヴェルハラへ送ってあげる!……あれ!?私、今なに考えて…)」


    154: ◆v/LK4luEPU 2015/12/31(木) 09:44:56.86 ID:TgHUY7YgO

    ジョージ「停止!…」

    サンダース生「敵が居ましたか?」

    ジョージ「……(待ち構えるなら、この先が地形的にもベスト、恐らく居るな。俺には分かるぞ)」ニヤッ

    サンダース生「隊長?」

    ジョージ「小隊各車、スモーク装填!俺に続け!第二小隊は発射準備を整えて、現在地で待機。命令を待て!」

    タカシ「対戦車自走砲小隊、ポイント到着。待機します。」

    ジョージ「予定より早いな。いいぞ、少尉(タカシの階級)!お前はそのまま待機、花火を合図に作戦開始だ」

    タカシ「イェッサー!」

    ジョージ「小隊、全速!作戦開始だ」


    158: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 11:37:42.91 ID:YoGCv/sY0

    バウアー「距離1500。まだだ、まだ引き付けろ」

    みほ「……」(無表情で照準器を覗き込む)

    クルツ「……」(足踏み)

    みほ「落ち着いて、クルツ上等兵。ゆっくり深呼吸して落ち着きましょう。待ち伏せは焦ったら負けだよ」

    クルツ「はっ、すいません。軍曹殿!」

    バウアー「ふっ…西住も随分と染まってきたな」

    みほ「えっ?そうですか?」


    159: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 11:43:31.87 ID:YoGCv/sY0

    ゲルべ小隊小隊長「隊長!」

    バウアー「どうした?ゲルべ小隊?」

    小隊長「はっ、うちの新入りが緊張からか、パニックを起こしておりまして」

    新入り「ずっとこんな中にいたらおかしくなりそうだ!ここから、出してくれー」

    バウアー「ちっ」

    みほ「…落ち着きなさい!!」

    新入り「うっ」

    みほ「戦車に乗っているとき怖いのはわかります…女子の戦車道しかやって来なかった私でもそう…でも、戦車道は皆で戦う競技なんです。一人でも欠けたらダメなんです!」

    新入り「軍曹…」


    160: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 11:51:02.29 ID:YoGCv/sY0

    新入り「でも、こんな中にいたらおかしくなっちまいそうで…」

    みほ「みんなまともな神経ででは乗ってないと思います。…そう、病気みたいなものかもしれません。あなただって装填手という名の病気に掛かっているようなものです。ですが、あなたが居ないと私たちは試合ができません」

    新入り「……」

    シュルツ「大した娘だ。いつの間にかすっかり泥臭くなっちまったな」

    バウアー「女にこんだけ言われといて情けなくないのか!貴様も硬式の戦車乗りなら戦わんか!」

    新入り「はいっ!」

    バウアー「よしっ。距離900、喰え西住!フォイア!」

    BRAM


    161: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 11:58:20.15 ID:YoGCv/sY0

    「ローテ小隊フォイア!」

    「ブラウ小隊、フォイア!」

    DOM BARM BAKKOM

    サンダース生「うわぁぁ。敵の待ち伏せだー!」 「Dチームがやられた!」

    ジョージ「やはり来たか。各車スモーク発射!おい、そこの双眼鏡をくれ」

    BARM DOM

    バウアー「スモークだと?目くらましのつもりか。構わん、撃てっ!」

    ジョージ「あの地点、あそこもそうか…。おっ、あっちからも発砲煙が」

    砲手「隊長、攻撃中に顔出すなんて危ないですよ!」

    ジョージ「お前らの攻撃なんか当たらんぞ!ヘタクソがっ!よし、第二小隊!敵の位置がわかった。座標を送る、派手にやれっ!」


    162: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 12:09:19.62 ID:YoGCv/sY0

    第二小隊陣地

    小隊長「座標データ確認。おい、算定急げ!ロケットの準備は?」

    サンダース生A「全車、カリオペの準備は終わってます!いつでもぶっ放せますよ!」

    サンダース生B「小隊長、諸元計算終了。第一目標、1号車、方位…」

    小隊長「よし、ロックンロールだ!派手に行くぜ。ファイア!」

    シュワッ シュバ! シュバ!

    タカシ「派手に花火が上がったな。全車エンジン始動!攻撃開始だ」


    163: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 12:14:24.86 ID:YoGCv/sY0

    バウアー「全車全速後退!陣地を離れろ!」

    ハンス「了解」

    クルツ「どうしたんですか?正面相手にはこっちが有利ですよ」

    キュワン キュワン

    みほ「…くるっ」

    BAKOOM BAFOON DOKAAN

    バウアー「くっ」(ビリビリッ)

    クルツ「わっ、な、なんだ一体?」

    「ブラウ小隊、上から攻撃が。うわっ。」「ゲルべ小隊、何両かやられたぞ。どうなってる!?」

    みほ「…上方から…カリオペロケット?!」


    164: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 12:26:21.08 ID:YoGCv/sY0

    バウアー「あれも、シャーマンの装備だからな。レギュレーション的には問題ない。くそっ、正面主力で猛進かと思ったが、
    囮にして陣地をあぶり出すとはな。奴も考えたな」

    戦車猟兵「こちら第二砲兵陣地!すまん、敵に突破された。横からくるぞ気おつけろ」

    バウアー「やはり、側面援護のPAKを突いて横を取りに来たか。ゲルべ小隊!くるぞ」

    「こちらゲルべ小隊、了解!動けるものは体制を立て直せ、敵がくるぞ!なにっ、早いっ。畜生応戦しろ!」

    バウアー「もうだと?砲兵陣地からは距離があるはずだが。シャーマンにしては早すぎる」

    みほ「(確かにあの距離をシャーマンのスピードではこの時間での突破は不可能…もっと早くないと…でも、BT以外でそんな猫みたいにすばしっこい戦車…猫!?)
    大尉、おそらくM18では!?」

    バウアー「ヘルキャットか。80km出せるあいつなら可能性はある。ゲルべ小隊!おそらく一撃離脱の機動戦で仕掛けてくるぞ、
    攻撃中止!後退しろ!装甲が貧弱だが、高機動の旋回砲塔相手に突撃砲では不利だ」


    168: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 21:21:33.56 ID:M6p7y3GQ0

    タカシ「よし、俺の合図で、小隊停車!一斉射の後全速後退!」

    サンダース生「えっ?固定砲塔の自走相手には旋回砲塔のこちらが有利では?」

    タカシ「行進間射撃で必中なんてのは無理がある。だが、停止間射撃では向こうに旋回する時間を与える。長引いて応援が来られると厄介だ。こっちは一発喰らえば終わりだらな」

    サンダース生「なるほど」

    タカシ「よし、停車!ファイア」

    DOM DOM 

    ゲルべ小隊「わっ。くそっ」

    タカシ「撃破2!よし、全速後退、後へ!」

    VOOOOM


    169: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 21:31:43.32 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「各小隊の状況は?」

    マイヤー「ローテ小隊は損傷軽微、ブラウ小隊が戦闘喪失4割です」

    バウアー「ちっ。敵を牽制しつつ下がらせろ。パックフロントの後方でもう一度陣形を整える。ゲルべ小隊は?」

    ゲルべ小隊長「カリオペに2両、ヘルキャットに2両やられました。1両は修理すればまだ行けます。ヘルキャット連中は後退してきました」

    バウアー「了解。一時下がれ」

    シュルツ「ちっ、すばしっこいドラ猫が」

    バウアー「機動力で来られたらこちらが不利だ。先に奴を叩く」

    みほ「ですが、どうやって?」

    バウアー「猫をおびき出すには餌が必要だな」


    170: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 21:52:49.40 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「了解、シュルツ俺に着いてこい。敵の側面を付くぞ、他は後方で体制を立て直せ」

    各車「了解」

    バウアー「全速前進だ!敵主力の側面へ回り込む」

    VOOOM

    ジョージ「損害は?」

    サンダース生「撃破3両、修理可能車両4両、うち2両は応急修理完了!ですが、1両は後方への後送が必要です。乗員は生存判定者6名です」

    ジョージ「よし、じゃあとっとと後方へ下がらせろ。予備の第4、第5小隊は?」

    サンダース生「合流まで3分!」

    ジョージ「よしっ。合流後、各小隊体勢を立て直せ、前進するぞ!おい、前方の車両下がれ!前進の邪魔だー!」


    171: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 21:55:59.95 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「見えたぞ、敵主力だ、停止!」

    シュルツ「どうするんですか、大尉?」

    バウアー「砲撃準備だ。側面からの奇襲で敵をおびき出す」

    シュルツ「…了解。砲撃準備だ!」

    みほ「照準よし」

    バウアー「いくぞ、フォイア!」

    BRAM


    172: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:04:14.91 ID:M6p7y3GQ0

    BAKKOM

    ジョージ「なっ、攻撃だと?10時方向、各車砲撃開始!」

    BARM DOM

    タカシ「主力の側面が奇襲されただと?」

    サンダース生「はい、どうします?小隊長」

    タカシ「(ヘルキャットの機動性なら、ここからなら2分もかからんな…)小隊反転!奇襲して来た敵の後ろを取る」

    DORM BAKOM

    ジョージ「けっ、下手くそな射撃だな。ファイア!敵は2両だけだ、圧倒しろ」

    バウアー「よし、そろそろ餌に食いついた頃だろう。黒騎士2後退だ!西住、隊長車に一発食らわせろ」

    みほ「…フォイア!」

    BAKKOM


    173: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:10:01.90 ID:M6p7y3GQ0

    ジョージ「うおっ」

    砲手「クソッ…隊長、砲破損射撃不能!」

    ジョージ「ちいっ…」

    バウアー「ブラボー。いいぞ、西住。これで、奴も追っては来ないだろう」

    シュルツ「大尉、来ましたぜ。お客さんだ」

    バウアー「…回り込む気だな。砲塔旋回!」

    みほ「(早い…これじゃあ射撃のタイミングは一度…でも、外したらこっちが危険…せめて先頭の足でも止められたら。足…!!)クルツ上等兵、榴弾装填!信管短延期で」

    クルツ「えっ?榴弾ですか?」

    みほ「急いで!」

    クルツ「は、はいっ」


    174: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:15:37.98 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「!!西住、外すなよ」

    みほ「…わかってます。発射後徹甲弾、装填急いで」

    クルツ「了解。信管調整よし、装填完了!」

    みほ「(集中して…)発射!」

    BAM DOKAN

    タカシ「うおっ。なんだ?どうした?」

    2号車「うおっ!ぶつかる、停止!」

    操縦手「左動力系統異常!走行不能!おそらく履帯をやられたかと」

    タカシ「何だと?」

    バウアー「フォイア!」

    シュルツ「後続が止まったぞ!撃てっ!」

    DARM BAKOM 

    タカシ「ぐわっ」

    2号車「被弾、大破!」



    175: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:26:18.32 ID:M6p7y3GQ0

    3号車「まずい!全速で後退だ。4号車、早く下がれ!」

    バウアー「残りも喰うぞ!フォイア!」

    DORM DOM BAKKON シュパッ! シュパッ!

    タカシ「小隊全滅だと…くそっ、やられた…」

    操縦手「あの角度から履帯を吹き飛ばすとはなんて腕だ…」

    タカシ「…いや違うな。僅かだが下からの衝撃に感じた…おそらくは、短延期の榴弾を地面に撃ち込んで簡易的な地雷替わりにしたか」

    操縦手「馬鹿な…そんな事…地面たって簡単に撃ち込めるもんじゃないしましてや、角度だって…バケモンか…」

    タカシ「神業には違いないな…。どちらにしろ完敗だな…」


    176: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:30:24.92 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「よし、一度後退だ体制を立て直す」

    DRAM

    バウアー「なにっ」

    ジョージ「逃がすか!」

    みほ「うそっ。確かに、砲破損に追い込んだのに…」

    バウアー「現地で元気な車両と取っ替えてきやがったか」

    ジョージ「撃てっ!これだけ近きゃ、76mm長砲身なら抜けるぞ!」

    BARM DOM

    シュルツ「くそっ。黒騎士2被弾!脱出する」

    バウアー「くそっ。黒騎士2がやられたぞ」

    ジョージ「もう一丁、ファイア!」

    DORM


    177: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:34:07.91 ID:M6p7y3GQ0

    BAKOM

    バウアー「うおっ」

    ビーッ

    みほ「大尉!」

    バウアー「俺に構うな、撃て、西住!」

    みほ「くっ…発射!」

    BAKKOM

    ジョージ「くそっ、脱出しろ」

    バウアー「くそっ。重症判定か…車両は?」

    マイヤー「走行は可能です」

    ハンス「くそっ。不完全複座だ。砲身がどっかイカレたようです」

    バウアー「ちっ。黒騎士2の乗員を回収後、一時後退だ」


    178: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:46:51.59 ID:M6p7y3GQ0

    集結地

    バウアー「状況は?」

    整備中隊「整備可能車両は改修完了して再度前進しました。予備車準備も出来てます」

    バウアー「そうかご苦労…」

    ビーッ

    バウアー「ちっ、死亡判定だ…くそっ、ここでリタイアか。シュルツ准尉、後を頼む」

    シュルツ「了解」

    みほ「あの隊長車の車長は?」

    バウアー「お前しか居ないだろ西住」

    みほ「私でいいんですか?」

    バウアー「残ったものが指揮を引き継げ。いいか西住。お前がさっき言ったとおり、チームは一人もかけてはいかん。だがな、硬式をやっている以上は今回みたいに仲間が離脱することもある。そうなった時に互が互をフォローできねば、いくら人がいても意味は無いんだ!」

    みほ「!!」


    179: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:55:45.71 ID:M6p7y3GQ0

    バウアー「頼むぞ西住!勝利を信じて戦って来た仲間の為、今も戦っている戦友の為に」

    みほ「ですが私、車長の経験って…あの時以来で…その…」

    クルツ「自分は軍曹の判断を信じます」

    ハンス「俺もだ」

    マイヤー「大尉無き後は、序列でいえばお前が次だ。同じ戦車を扱うクルーだろ。俺たちは君の指示に従うぜ。お前になんかあったら俺が指揮を引き継ぐ、心配するな」

    みほ「皆さん…」

    バウアー「仲間を信じろ西住。行けっ!」


    180: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 22:59:22.42 ID:M6p7y3GQ0

    みほ「スーッ(深呼吸)。これより戦闘に復帰します!全員予備の四号に乗車!出撃準備!」

    一同「了解」

    みほ「…各部点検!」

    マイヤー「エンジン、油圧系統異常無し」

    ハンス「無線機周り異常無し」

    クルツ「閉鎖機動作異常なし、砲弾異常なし」

    みほ「…照準器も異常なし。…行ける。PANZER VOR!」

    VOOOOO


    181: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:08:30.36 ID:M6p7y3GQ0

    みほ「黒騎士1より、黒騎士2へ。シュルツ准尉に指揮権を譲渡します」

    シュルツ「了解、黒騎士1。各車これよりパックフロント前方でもう一度防御体制を取る。後に続け」

    みほ「本車はこのまま前進します」

    マイヤー「防御に加わらないのか?」

    みほ「カリオペがいる限り、陣地防御の構築は危険です。敵は再び中央突破を図ろうとしているはずです。この隙に側面に回ってカリオペ小隊を一気に叩きます」

    クルツ「単独でですか?」

    みほ「少々危険ですが、カリオペ搭載で仰角制御が難しい今なら可能性はあります」


    182: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:15:13.52 ID:M6p7y3GQ0

    サンダース生「隊長、準備整いました」

    ジョージ「いいか、こいつが最後の予備車だぶっ壊すなよ」

    操縦手「了解」

    ジョージ「今度こそ突破するぞ!全車前進、俺に続け!カリオペ、準備は?」

    第二小隊長「準備よしです。ご命令を」

    ジョージ「よし、俺が合図したらぶっぱなせ」

    第二小隊長「了解」

    みほ「敵が近い…エンジンの回転数抑えて」

    VOOO

    みほ「見えた。突入します。命令したら全速で突っ込んでください。クルツ上等兵、装填は迅速にお願いします」

    クルツ「はっ」

    みほ「では、行きます…前進!」


    183: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:20:19.10 ID:M6p7y3GQ0

    BARM

    第二小隊長「敵襲だと!?」

    みほ「次、装填!」

    BARM BAKKON

    小隊長「くそっ、応戦しろ!護衛のシャーマンは何をしてる?」

    サンダース生「発射機のせいで仰角が撮りづらい…うわっ」シュパッ

    護衛車車長「くそっ。撃てっ!」

    DOM

    みほ「!! 停止!…このっ」

    護衛車車長「外した?うわっ」シュパッ!

    第二小隊長「何をやっている相手はⅣ号一両だぞ」

    みほ「前進!そこのシャーマンの影に隠れて!」

    BAKOM

    サンダース生「くそっ。味方の残骸が邪魔で見えねぇ…ぐわっ」シュパッ!


    184: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:27:50.05 ID:M6p7y3GQ0

    ジョージ「隠れるとすればそこだな…。第二小隊、座標を送る。ぶっぱなせ!」

    第二小隊長「こちら第二小隊!現在、敵と交戦中!それどころじゃ…」

    ジョージ「なにっ?何がどうなってる?」

    第二小隊長「現在敵の奇襲にあい…くそっ、なっ…味方は俺ら一両だけだと!?ぐわっ…」

    ジョージ「第二小隊!おい、応答しろ…くそっ」

    サンダース生「どうするんですか?隊長」

    ジョージ「第四小隊のジャンボを全面に出して正面突破を図る。第四小隊は回り込んで敵を側面から付け。前進!各車、援護火器が無い以上、迂闊に突っ込むな、戦って散るのが戦場の華じゃないぞ。一両でも多くの敵を倒すことが勝利につながるのだ!」


    185: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:33:53.46 ID:M6p7y3GQ0

    クルツ「すごい…単独で敵一個小隊を全滅させるなんて」

    みほ「反転して陣地へ戻ります。重火器の援護が無い今、ゴリ押しだけで正面突破をかけるとは思えません。おそらく、正面に火力を集中させておいて側面から叩く戦法で来ると思います。ですから、本車は側面を叩こうとする敵を側面から叩きます」

    ジョージ「…おい、反転だ」

    操縦手「えっ?反転ですか?」

    ジョージ「第二小隊を喰った奴が戻ってくる…。おそらく、第四小隊を側面からやる気だろうな。そいつを倒す」


    186: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:45:18.23 ID:M6p7y3GQ0

    みほ「…おそらくもうすぐ接敵するはずです。減速、回転数を絞ってください」

    マイヤー「了解」

    みほ(双眼鏡を覗きながら)「……はっ。敵接近!11時方向」

    ジョージ「やはりいたか。前進だ!距離を詰めろ。四号相手なら75mmでも高速徹甲弾なら行けるぞ」

    みほ(シャーマン相手なら、この距離なら…)

    DORM

    ジョージ「停止!」

    みほ「…くっ、外した」

    ジョージ「前進だ!もう少し行ったら左へ行くふりして右へ旋回して一気に側面へ回れ!」

    操縦手「側面ですか?」

    ジョージ「さっき車長がキューポラからこちらを視認してから発射まで、この距離にしてはタイムラグが大きい。おそらく、車長負傷で砲手あたりが兼任してると見た。周囲の状況判断が咄嗟に出来ない筈だ。なら行けるぞ」


    187: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:49:30.97 ID:M6p7y3GQ0

    クルツ「装填よし!」

    みほ「今度こそ…」

    ジョージ「今だ、やれっ」

    みほ「くっ、左?!!右に旋回、急いで!」

    ジョージ「発射!」

    BAM KAAAN

    みほ「きゃっ」

    ジョージ「ちっ。角度がつきやがったな。弾かれた。そのまま前進だ!側面へ回れ!」

    みほ「回り込む気…前進!」

    ジョージ「ちっ」


    188: ◆v/LK4luEPU 2016/01/01(金) 23:57:40.64 ID:M6p7y3GQ0

    みほ「側面に回り込まられたら負けです。側面を取らせないで」

    ジョージ「くそったれが、逃がすか!」

    VOOOO

    マイヤー「くそっ、こんなぐるぐる回ってるだけじゃ一向に好転しないですよ」

    みほ(相手の砲身が確実にこっちを捉えてる…横Gのなかでなんて腕…なら…ブレーキでの旋回範囲は…)

    クルツ「横Gなんて、おかしくなりそうだ…」

    みほ「3、2、…停止!」

    GYAAA

    ジョージ「!?しまったっ…」

    みほ「発射!」

    DORM BAKKON


    189: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:04:48.65 ID:l8Y3jiBs0

    ジョージ「ちっ…」シュパッ!

    みほ「…はぁ、はぁ…やった…」

    ジョージ「戦車大破、乗員全員死亡判定か…くそっ」

    ガチャッ

    ジョージ「急停車での反動に加えてこっちの未来位置も予測してあらかじめ砲塔を回しとくなんて。大した腕だぜ大尉!」

    ガチャッ

    みほ「……」

    ジョージ「なっ…君だったのか…」

    みほ「……」(敬礼)

    ジョージ「へっ…」(答礼)

    みほ「まだ戦いは終わってません、予定通り側面の敵を叩きます!PANZER VOR!」

    VOOOOO

    ジョージ「…俺を相手にここまでやるとは…へっ、惚れたぜ」


    190: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:17:02.14 ID:l8Y3jiBs0

    みほ「見えた…停止!フォィア!」

    クルツ(さっきから、こんな状況で車長と砲手を兼任できるなんて…大尉といいこの人といいどうなってるんだ…)

    みほ「装填急いで!」

    クルツ「はっ、すいません」

    BARM DOM

    シュルツ「よしっ、敵を食い止めたぞ。前進!残敵の掃討に当たるぞ」

    みほ「我々も側面から加わりましょう」

    VOOOOO

    「サンダース全車両、搭乗員の戦闘不能判定を確認…試合終了!試合終了!」


    191: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:20:22.80 ID:l8Y3jiBs0

    みほ「はぁ…はぁ…お、終わった…」

    バウアー「ご苦労だったな、西住」

    みほ「あっ、大尉」

    バウアー「一人で2個小隊を喰っちまうとはな。恐ろしい奴だ」

    みほ「い、いえっ。私だけじゃありません…皆さんが協力してくれたおかげです。それに、どんな状況でも諦めない不撓不屈の精神が大事だって教えてくれたのは、大尉です」

    バウアー「貴様もすっかり硬式に染まってきたな」

    ジョージ「あぁ。全くだ」

    みほ「あっ、ジョージさん」


    192: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:24:08.13 ID:l8Y3jiBs0

    ジョージ「ナイスファイトだったぞ!俺ら相手に女でここまでやるやつは見た事ないぜ」

    タカシ「全くだよ。完敗だ」

    みほ「あ、ありがとうございます」

    ジョージ「へっ、しかしこうやって戦車から降りてよく見ると可愛いな。改めて惚れたぜ」

    タカシ「なっ、隊長!抜けがけはずるいですよ」

    みほ「ふぇっ!?」


    193: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:33:03.52 ID:l8Y3jiBs0

    ジョージ「今回戦って戦車だけでなく俺自身も撃破されちまったよ。俺と付き合って…」

    タカシ「なっ、いくら隊長だからって抜けがけはよくないですよ!俺だって…」

    みほ「えっ!?えっ!?」

    シュルツ「色男二人に責められて困ってやがるな。やっぱ年頃の女子だな」

    みほ「///えっと、その…」

    ジョージ「すぐに答えは出せないか…よしっ!なら、今度戦った時に君を撃破出来たら付き合ってくれないか?」

    タカシ「俺も負けませんよ」

    みほ「ふぇっ!?」


    195: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:41:48.85 ID:l8Y3jiBs0

    観覧席

    サンダース女子「迫力ある試合だったわねー。うちら女子とは大違い。ねぇ、ナオミ」

    ナオミ「……」

    サンダース女子「ナオミ?」

    ナオミ(あの子…女子で硬式をやってるなんて…それ以上に砲手として相当な腕を持ってる、戦ったら面白そう…いつか手合わせ願いたわね)

    アズミ「硬式戦の研修もたまには悪くないものですね、隊長」

    愛里寿「……」

    アズミ「隊長?」

    愛里寿(あの人…かっこいい///…でも、大学付属のチーム…戦う機会があるとすれば相当な驚異になる。下手したら私のセンチュリオンでも危険かも。でも、一度戦ってみたい)


    197: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 00:49:18.15 ID:l8Y3jiBs0

    余談ではあるが、この試合の翌日某2つの学校で壁に殴られたような穴が複数空いているのが発見され、ちょっとした騒ぎになったがそれは別の話である

    その頃

    教師A「厄介な事になったな」

    教師B「あぁ、例の試合での鹵獲戦車…あれ、黒森峰が受領予定の新車だったって話だろ?」

    教師A「その件で黒森峰との間で学園長が話し合い中だがどうも雲行がよろしくなさそうだ…。会場内の戦車は使用可能なルールとはいえ、運営に確認もせずに使用しちまったからな」

    教師B「あぁ。こりゃ黒騎士中隊も処分は免れんな」

    教師A「懲罰大隊…無期限の戦車猟兵科への配置替え…個人携行火器担いでの生身での対戦車戦…ゾッとするな」


    201: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 17:15:51.16 ID:U0/z4qM50

    翌日

    教官「…以上、今回の件に関しては黒森峰からは厳重な抗議が来ている。大尉、今回の件に関しては君たちの考えも分かる。私でも同じ状況だったらそうしていただろう…。だが、今回の件に関して先方から今後の硬式戦車道でのこうった事が起きないよう、徹底してほしいと要求がある以上。やむ負えない措置である」

    バウアー「……」

    教官「大尉、黒騎士中隊は本日より、別命あるまで戦車抜きでの懲罰大隊…いや戦車猟兵科への配置替えを命ず。以上だ!」

    バウアー「……」(敬礼)


    202: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 17:29:19.37 ID:U0/z4qM50

    シュルツ「大尉、どうでした?」

    バウアー「今回の件に関しての処分として、我が黒騎士中隊は本日より別命あるまで戦車猟兵科への配置替えを命ぜられた」

    みほ「戦車猟兵科…」

    シュルツ「聞こえがいいが、PAKが中心の正式な連中とは違う。機甲科内の戦車猟兵科だ。早い話が懲罰大隊行きだ」

    ハンス「ふざけてやがるぜ。試合中に運営だってなんにも言ってこなかったじゃねぇか」

    バウアー「だが、確認の義務を怠ったこちらにも責任の一部はある。俺たちがどうこう言ったってどうにもならん。こうなったのも、俺の責任だ。諸君、すまない」

    マイヤー「謝らないでください、大尉。誰のせいでも無いですよ。俺らで決めた事じゃないですか」

    ハンス「そうだ、今更文句言ってくる黒森峰の連中がどうかしてるぜ。次の日ぐらいに気づけよな」

    みほ「黒森峰…」


    203: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 17:54:24.15 ID:U0/z4qM50

    みほ「一度とならず二度も私を苦しめるなて…許さない…いつか必ずひとり残らずヴェルハラへ送ってやる…」

    シュルツ「…大尉、全員ってことは西住もですかい?あれが彼女に出来ますか?」

    バウアー「出来る出来ないでは無く命令である以上やってもらわねばならん」

    みほ「それで、大尉。戦車猟兵科って何をすれば?」

    バウアー「その名のとおり、戦車を狩ればいい。但し個人携行可能な対戦車火器を使用して生身でだがな」

    みほ「生身で!?それって、危険じゃ…」

    シュルツ「戦車道の科目だからな一応安全には考慮されている。前にも言ったとおりセンサーロックで生身に対しては実弾は撃てない様になっている。他は自己責任だがな」


    204: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:01:08.30 ID:U0/z4qM50

    みほ「他ですか?」

    シュルツ「例えば味方がパンツァーファウストを撃つときに後方爆風の危険地域に入っちまうとか、戦車に近づきすぎて轢かれたとか、
    火炎瓶投げようとして手が滑ったとかで足元に落として火だるまとか…自爆につがなるような事は自己責任になる。もしそれで死んでも
    本人の責任だ」

    みほ「えぇー!?それじゃあ危険じゃないですか」

    シュルツ「馬鹿な真似をしなきゃいいだけだ。今まで生身での対戦車戦での死亡だ重症だなんて話はどこの学校でも聞いてない」

    マイヤー「だが、本人の責任とはいえ、バツを犯すとこれがあるからってんで硬式が嫌われる理由でもあるんだがな」


    205: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:11:31.22 ID:U0/z4qM50

    バウアー「うだうだ言っても始まらん。生き残りたければ訓練あるのみだ。シュルツ、西住の面倒をみてやれ」

    シュルツ「了解」

    みほ「…重い…」

    シュルツ「戦車猟兵は生身だからな。いつもの戦車服の上にカーボン製の防弾チョッキとヘルメットが最低条件だ。
    その上、個人で携行する対戦車火器が加わるから当然だ」

    みほ「これで移動するんですか…」

    シュルツ「硬式の戦車乗りがこれくらいの事で文句を言うな!」

    みほ「は、はいっ」


    206: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:20:24.55 ID:U0/z4qM50

    シュルツ「よし。西住、あそこに見える的まで何メートルぐらいだ?」

    みほ「…えっと、約50mです」

    シュルツ「概ね正解だ。正確に50mとってある。いいか、お前が今から使うパンツァーファアストは60m程しか届かん。戦車が近づいてきても50mまでは耐えろ。慌ててやられる必要はない。こいつが照準器だ。こいつを起こして狙う。照準ははこの四角い穴から弾頭の頂点を照星として見通せ。やってみろ」

    みほ「……」

    シュルツ「そうだ。次に発射の仕方だが、まず弾頭の安定翼部を外して…」


    207: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:23:43.81 ID:U0/z4qM50

    シュルツ「…以上が発射手順だ。実際にやってみろ」

    みほ「はい」

    シュルツ「準備は出来たな?よし、撃ってみろ。用意、発射!」

    みほ「発射!きゃあっ」

    シュルツ「馬鹿者!重心が後ろすぎだ!」

    みほ「すいません」

    シュルツ「発射煙で位置がバレるんだぞ。撃ったら即移動が鉄則だ。そんなんじゃ反撃くらってお陀仏だぞ!」

    みほ「もう一回お願いします」

    シュルツ「ちっ。とっとと準備しろ」


    208: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:29:28.49 ID:U0/z4qM50

    その頃大洗

    杏「秋山ちゃん、ちょといい?」

    優花里「なんでありますか?」

    杏「今度聖グロリアーナと練習試合する事になったんだけどさ」

    優花里「聖グロリアーナといえば全国大会でも準優勝経験のある強豪じゃないですか。そんな学校と試合をするんでありますか?」

    杏「そうなんだよね。そこでさ、秋山ちゃんって、戦車の事かなり詳しいよね?」

    優花里「はい。戦車の知識なら負けません!」

    杏「うちのチームでそんだけ戦車詳しいのって秋山ちゃんだけなんだよねぇ。だからさ、次の作戦考えてくんない?」

    優花里「えぇー!わ、私がですか?」


    209: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:40:06.75 ID:U0/z4qM50

    シュルツ「遅ぃ!もっと早く走らんか!そんなんではいい的だぞ」

    みほ「はぁ…はぁ…はいっ!」

    シュルツ「よし、今だ地雷を投げろ!」

    みほ「えいっ」

    シュルツ「馬鹿者!手前すぎる。そんなんじゃ踏んでくれんぞ!届かないならもっと近づけ」

    みほ「は、はいっ」


    210: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 18:50:35.80 ID:U0/z4qM50

    みほ「はぁ…はぁ…」

    シュルツ「今日の訓練はここまでだ」

    みほ「お疲れ‥さま…でした」

    バウアー「どうだ西住は?」

    シュルツ「やはり女だからか体力面での問題があります。基本操作はいいんですが」

    バウアー「仕方ないか。だが、戦ってもらわねばならん。早速ではあるが練習試合の予定が入ってきた」

    シュルツ「もうですかい?けっ、今度学園長同士での話し合いがあるから黒森峰の連中にアピールしておきたんでしょうな」

    バウアー「西住、やれるか?」

    みほ「…や、やります。やらせて…ください。黒森峰に見せつけてあげます」


    211: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 19:14:40.19 ID:U0/z4qM50

    試合当日

    バウアー「今回はまたプラウダ男子との練習試合であるが、今回我々は対戦車猟兵科連中の増強火力としてフラッグの左側方での防御戦闘を行う」

    みほ「プラウダ…シュガポフさんと?」

    シュルツ「今回はあいつらとは別チームだ」

    みほ「そうですか…」

    バウアー「いいか、諸君。今回は戦車抜きでの対戦車戦闘である。生身での対戦車戦がいかに厳しいものであるかは諸君も承知の上だろう。厳しい戦いではあるが、命ある限り戦い抜け!最後まで希望を捨てるな。いいか、勝利を信じて戦い抜けない者には栄光はない!」

    一同「……」(ビシッ)


    212: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 19:25:00.46 ID:U0/z4qM50

    VOOOOO

    バウアー「来たぞ、各人配置に付け!いいか、敵がきても早まった事はするな。十分にひきつけろ」

    みほ「信管挿入よし、弾頭装着…。安全装置解除…」

    ガシャッ

    VOOOOM

    みほ(すごい地響き…戦車が近づくとこんなに揺れるんだ。練習とは大違い…しっかり固定しないと照準が狂う…)

    VOOOM

    みほ「はぁ…はぁ…距離およそ100m。もう少し、もう少し…」


    213: ◆pIkmSwAl/M 2016/01/02(土) 19:31:25.13 ID:U0/z4qM50

    その頃 大洗

    梓「あぁ、逃げちゃだめだよー」

    典子「わっ。まともにアタック食らった…」シュパッ

    桃「ともかく、撃てっ、撃てっー!」

    沙織「ゆかりん、次はどうするの?」

    優花里「えぇとー、こんな戦法で来るとは予想外であります。えっと…」

    BARM シュパッ


    214: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 19:35:40.39 ID:U0/z4qM50

    みほ(距離およそ50m…今っ、発射!)

    VAHHM BAKOM

    みほ「よしっ、命中!」

    バウアー「西住!早く移動しろ!死にたいのか!?」

    みほ「はっ。しまった…」

    UEEEEN

    バウアー「ちっ」

    VAHHM BAKOM


    217: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:09:29.62 ID:U0/z4qM50

    バウアー「無事か!?西住」

    みほ「はいっ」

    バウアー「ぼけっと戦果確認なんぞしてないで、移動せんか!一発撃ったらバレるんだぞ」

    みほ「すいません!」

    VOOOOOO

    バウアー「ちっ。まだきやがる。おい、次は同じミスをするなよ」

    みほ「はいっ」


    218: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:16:18.63 ID:U0/z4qM50

    プラウダ生「敵が多いぞ!2号車へ、慎重に前進しろ」

    VOOO DOKOKOKOKO

    ビーッ、ビーッ

    「やられた」「くそっ」

    クルツ「くそっ、味方が」

    バウアー「行くな、クルツ!罠だぞ」

    クルツ「ですが、味方が危険です」

    バウアー「たわけ!パンツァーファウストの射程にも近づけんぞ」

    みほ「……」


    219: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:23:07.96 ID:U0/z4qM50

    VOOOO

    バウアー「俺が敵を引き付ける。クルツ、その間に喰え!」

    クルツ「…了解です」

    バウアー「西住、お前は左の奴を警戒しろ」

    みほ「了解」

    その頃

    エミール「今回はわざわざ御足労ありがとうございます」

    黒森峰学園長「いえいえ。今回はお互い納得いく結論が出せるといいですね」


    220: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:31:22.47 ID:U0/z4qM50

    学園長「今回、こちらとしても6両もの戦車の損失は非常に痛手となっております」

    エミール「その件については申し訳ありませんでした」

    学園長「まったくです。この間の転勤の件でご期待に添えなかったとはいえ、貨車の上の新品の戦車を使用する事に何の疑問も持たなかったのですか?」

    エミール「その件についてはこちらの確認不足でした。申し訳ない。しかし、指導教官要員では無かったとはいえ、人員不足に悩む硬式戦車道の為女子とはいえ人員の差し出しをして頂いた黒森峰女学院には感謝しておりますよ。彼女も今は立派な戦車エースです」

    学園長「えっ?女子?」

    エミール「ん?」


    222: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:42:31.54 ID:U0/z4qM50

    学園長「一体どういう事ですか?当初転勤予定だった者はおりましたが、一心上の都合で転勤が不可能になったとの旨の謝罪の手紙をお送りしたはずでは?それに、転勤予定の者は男性教諭でしたが。何かのお間違えでは?」

    エミール「そのような手紙の報告は受けておりませんが。そちらから来たのは転校に関する要望と承認を求める書類でしたが。承諾の旨の返信書類をそちらに送ったの後に、正式な転校手続きの書類を携えて、無事に転校してきましたがね。えっと、2年生、西住みほさんは」

    学園長「ファッ?!」

    VOOOO

    バウアー「よし、行くぞ。クルツ外すなよ」

    クルツ「はっ」

    バウアー「うおぉぉぉぉっ」


    224: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:47:15.61 ID:U0/z4qM50

    プラウダ生「敵だっ」

    バウアー「うおっ」

    BOM

    プラウダ生「くそっ。火炎瓶だ」

    UEEEN

    クルツ「今だっ!」

    BOHUM BAKOM

    みほ「クルツ上等兵!ナイス」

    クルツ「はっ、ありがとうございます」

    プラウダ生「くそっ。2号車がやられた。あそこか、ぶっ飛ばせ!」


    225: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:50:58.22 ID:U0/z4qM50

    VOOOO DOKOKOKOKO

    クルツ「うわっ」

    みほ「伏せて!」

    プラウダ生「いいぞ、もっと近づけ。そうすれば向こうも爆風が危険で近づけんぞ」

    みほ「まだ近づいて来る…。この距離で撃ったら爆風でこっちも危険…」

    プラウダ生「いいぞ、もう少し近づけ」

    みほ「あっ…」

    操縦手「!!危ねっ」(みほが小柄なため発見が遅れる)

    クルツ「軍曹!」

    バウアー「西住!」


    226: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 21:57:54.47 ID:U0/z4qM50

    PRRRRR

    教師A「黒森峰女学園です。はいっ、はいっ…そうですが…えっ?はぁ、それに関してはこちらもなんとも、学校の方に確認は?えっ?居ない?はい、確認の上折り返しお電話します」

    教師(冒頭でみほを送った人)「どうしました?」

    教師A「あの、この間大洗に転校になった西住みほさんなんだけど。荷物が来ても一向に引取りに来ないし、学校に連絡してもそんな生徒は居ないって言われたみたいで…」

    教師「はぁ?どういう事?」

    PRRRRRR

    教師「はい。黒森峰女学園です。あっ、学園長ですか。一体どうされました?」

    学園長「どうされましたじゃないです。あなた西住みほさんの転校手続きの書類ちゃんと確認したの!?」

    教師「えっ?確認ですか。はい、ちゃんと…あっ」


    227: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:02:56.28 ID:U0/z4qM50

    みほが転校になる数週間前

    教師B「大洗女子学園から転校手続きの書類が届きましたよ」

    教師「ありがとう。えっと、確かに。大洗からの書類ね」

    教師C「できましたよ。例の書類」

    教師「ありがとう。はぁ…毎回の事になるとはいえ面倒ね」

    教師C「しょうがないですよ。硬式は人気ないですから…。でも、そろそろなんとかしないと。毎回毎回断りの理由考えるの大変なんですから」

    教師「全く。いい加減諦めてほしい…」

    「そっちに逃げたぞ!」

    教師「ん?」


    229: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:08:44.81 ID:U0/z4qM50

    猫「にゃぁ~」

    バサバサ

    教師「わっ。何この猫は?」

    赤星小梅「先生、捕まえてください!」

    教師「えっ?」

    ガシッ

    小梅「ありがとうございます。先生」

    教師「いいのよ。それより、この猫どうしたの?」

    小梅「戦車の格納庫の中に迷い込んでいて。最初はみんなで抱っこしたりしてたんですけど。逸見さんが触ったら暴れだして」

    教師「はぁ…彼女のことだから、強く抱きすぎたんじゃないの?」

    小梅「その通りです」

    教師「全く…早く離して来てあげなさい。学校の中に置いとくわけにはいかないわよ」

    小梅「はいっ。すいませんでした。失礼します」


    230: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:12:59.36 ID:U0/z4qM50

    教師「全く…あぁ、机の上がぐちゃぐちゃ」

    学園長「例の硬式戦車道の件の書類できてる?先方から早めに送って欲しいって連絡があったのだけど」

    教師「えっ?ちょっと待ってください…えっと、えっと…」

    …学園への転…←書類の山の中に見えた文字

    教師「あった。これです」

    学園長「ありがとう。はいっ、私のサインとハンコ押したから。後はポストに出しといて頂戴」

    教師「分かりました」

    ~回想終了~

    教師「……」(ダラダラ)


    234: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:49:55.21 ID:U0/z4qM50

    その頃 大洗

    オレンジペコ「以外とあっさり試合が終わってしまいましたね」

    ダージリン「そうね」

    アッサム「戦車道を始めたばかりのチームとはいえ、もう少し骨のあるチームかと思ったんですが」

    ダージリン「勇将は根のようなものであり、そこから枝となって勇敢な兵卒が生まれる。優秀な指揮官がいれば大洗も面白いチームになりそうよ」

    オレンジペコ「彼女たちには根となるリーダーが居ないって事ですね」

    アッサム「ですが、あの中にそんな逸材になりそうな人はいそうに無いですよ。外部からもあんな現状じゃやって来てきてくれる人なんて」

    ダージリン「運命は浮気もの。不利だからといって全てダメになってしまうわけではないわ…」


    235: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:52:51.09 ID:U0/z4qM50

    クルツ「大尉、あれ!」

    バウアー「!!」

    VOOOO

    みほ「わぁぁぁ」

    プラウダ生「なっ、乗りやがった」

    車長「ちっ、小賢しい奴が。振り落とせ!」

    バウアー「見ろ、クルツ。あれこそ硬式戦車乗り魂だ」

    みほ(落っこちたら轢かれる。離してたまるもんですか)


    237: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 22:56:53.60 ID:U0/z4qM50

    操縦手「くそっ、前が見えねぇ!なんとかしてくれ」

    車長「えいっ。撃てっ!死亡判定にさえさせちまえば…うおっ」

    みほ「きゃぁっ」ドサッ

    BTOOOM ZAZAAA

    みほ「痛たた…」

    操縦手「くそっ、穴に落ちてハマっちまった…」

    車長「くそっ、脱出だ…あっ」」

    みほ「あっ…」


    238: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:02:53.40 ID:U0/z4qM50

    みほ「目が合った‥やられる!?」サッ(腰のワルサーに手をかける)

    車長「降伏する…撃つ…」

    PAN! PAN!(←空砲です)

    みほ「……」

    車長「…お、おい…やめろ」

    みほ「……」(無言で柄付き手りゅう弾を放り込む)

    BAKOM(音だけです。判定はセンサーで行います)シュパッ!


    240: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:08:35.65 ID:U0/z4qM50

    その頃

    学園長「なんですって!?なんでしっかり確認しなかったの!?」

    教師「すいません、すいません…」

    学園長「面倒なことになったわ…ともかくこの件はまだ内緒にしておきなさい。それより、みほさんに謝らないと…もし彼女に何かあったらあの親子に…ガクガク…あの、みほさんは今どちらに?」

    エミール「練習試合の最中ですな」

    学園長「試合!?早く、連絡して彼女を引き上げさせてください」

    エミール「連絡しようにも、彼女はあの黒騎士中隊の所属ですからな。今は戦車猟兵として参加してますから、直ぐには連絡がつくかどうか」

    学園長「!!!!!!!!!」


    242: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:15:30.41 ID:U0/z4qM50

    学園長「戦車猟兵だなんて…彼女は女の子ですよ!なんで、そんなこと」

    エミール「今回の件に関わった人間には大小にかかわらず厳しい処罰をと望まれたのはそちらでは?」

    学園長「うっ…」

    教師「もしもし、学園長、学園長?」

    教師A「大丈夫?どうしたの?」

    シツレイシマス、サクジツノレンシュウジアイノケッカヲ…

    教師「…まずい…まずい…あの時書類をしっかり見てれば…どうしよう…みほさんが硬式戦車道を…その上今戦車猟兵だなんて…あの姉に知れたら…」

    バサッ

    まほ「……」

    教師「あっ…」


    248: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:21:47.74 ID:U0/z4qM50

    まほ「先生、ちょっとお伺いしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」

    教師「えぇ…(終わった…)」

    バウアー「西住無事か?」

    みほ「はいっ。何とか」

    クルツ「飛び乗って手りゅう弾でやっつけるなんて、軍曹凄いですよ」

    みほ「轢かれる?!って思ったら無我夢中で」

    バウアー「どんな状況でもあきらめず戦う。それぞ硬式の戦車兵魂だ」

    みほ「大尉///」

    バウアー「敵は一度後退したがまた来るぞ。今のうちに弾薬の補充だ」


    249: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:27:57.58 ID:U0/z4qM50

    VOOOO

    みほ「大尉!エンジン音です!」

    バウアー「むっ、KV-1だ。伏せろ!」

    クルツ「重戦車を盾に突っ込んできましたね」

    バウアー「パンツァーファウストあるか?」

    クルツ「さっきので撃ち切りました。あるのは爆薬だけです」

    バウアー「戦車道だから随伴歩兵役がいないのが救いだな…。クルツ、やれ。援護する」

    クルツ「はっ」

    VOOOO

    バウアー「いまだ、援護射撃だ」

    みほ「はいっ」


    250: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:32:09.73 ID:U0/z4qM50

    PAPAPAPAPA

    プラウダ生「敵だっ!」

    UEEEN

    バウアー「左右に散るぞ、西住、走れ!」

    プラウダ生「ちっ…おい、右のとろそうなやつからだ」

    みほ(最初にこっち!?)

    プラウダ生「撃てっ」

    クルツ「…今だ」

    SHUN  BAKKKOM シュパッ!

    クルツ「やったっ」

    バウアー「見事だクルツ!」


    251: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:36:31.04 ID:U0/z4qM50

    みほ「ちょうどいいタイミングでした。もう少し遅かったら私、やられたかも」

    クルツ「何言ってるんですか、生身でT-34つぶす人が言うセリフじゃないですよ」

    HAHAHAHA

    バウアー「一時下がって、弾薬補充だ」

    弾薬置き場

    バウアー「なにっ?後退ですか?」

    無線「理由はわからんが黒騎士中隊の…後方へ下がれと…長が…」

    バウアー「ちっ。バッテリがー少ないのか」

    クルツ「後退ですか?」

    バウアー「あぁ。無線の調子が悪いんで細部は不明だが、直ぐに後退しろとの事だ。命令なら仕方ない…引くぞ」

    無線「こちら…D-1を敵が…突破…」

    バウアー「ちっ、防衛線の一部が崩れたぞ。急がんと回り込まれる、いくぞ」


    252: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:46:33.67 ID:U0/z4qM50

    バウアー「西住、時間が無い。予備のパンツァーファウストと弾薬は破棄する」

    みほ「えっ。でも危険では?」

    バウアー「味方のフラッグまではそう遠くない。急げば間に合う。それ以上に、今のお前の体力でそいつを担いで走れるのか?」

    みほ「うぅ…」

    バウアー「そういうことだ。行くぞっ」

    ザッ…ザッ…ザッ…

    バウアー「!!とまれ!」

    BARM

    クルツ「T-34です」

    バウアー「ちっ。先を越されたか…」

    プラウダ生「…降伏しな」


    253: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:50:01.95 ID:U0/z4qM50

    バウアー「くそっ、パンツァーファウストを持ってばよかった…こうなったのも俺の責任だ」

    みほ「どうしますか?」

    バウアー「…俺がおとりになる。お前らはその隙に突破しろ」

    クルツ「無茶です。なら、自分も残ります。軍曹は下がって」

    みほ「…仲間を見捨てて後退なんてできません」

    バウアー「…貴様ら」

    UEEEN

    プラウダ生「降伏する気がないみたいだな…なら、お望みどおりにしてやる」

    BAKOOM


    254: ◆v/LK4luEPU 2016/01/02(土) 23:55:49.73 ID:U0/z4qM50

    プラウダ生「なっ…」シュパッ

    バウアー「なんだ!?」

    クルツ「大尉、友軍です!」

    バウアー「おぉっ…ん?ティーガーⅠ!?何処のどいつだ?うちにはティーガー装備の部隊は居ないはずだが」

    クルツ「ですが、T-34を撃破したのはあのティーガーです。新戦力では?」

    みほ「…!!あの砲塔番号は…」


    259: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:07:34.92 ID:O32WoAVl0

    まほ「みほっ!」

    みほ「……」(キッ)

    まほ「ひいっ!」

    エミール「無事か?大尉、軍曹」

    バウアー「はっ」(敬礼)

    みほ「学園長!」(敬礼)

    エミール「ご苦労」(答礼)

    学園長「西住さん」

    みほ「黒森峰の学園長…どうしたんですか?ヴェルハラに送られる覚悟でもついたんですか?」

    学園長「!!!!!」

    エミール「そうじゃない西住軍曹…。今更言いづらいんだが、実はな…」


    260: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:10:57.62 ID:O32WoAVl0

    みほ「…間違え?」

    学園長「そ、そうなの。まさかこんなことになるとは。本当にごめんなさい」(土下座)

    みほ「……」

    まほ「そ、そうなんだ。みほ。だから、こんなところにいる必要は…」(足ガクガク)

    みほ「…そんな話なら後にしてもらえますか?」

    学園長&まほ「えっ?」

    みほ「まだ、試合中です。多くの仲間がまだ戦っているのに、そんな話で呼びもどさないでください」

    学園長「そんな話でって…」

    みほ「なんでしょうか?」

    学園長「ひいっ」


    264: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:18:14.94 ID:O32WoAVl0

    みほ「学園長、出撃の許可をください。私はまだ戦えます」

    エミール「しかしだな」

    バウアー「彼女は本気だ…。俺からも許可を願います。硬式戦車乗りは不撓不屈の精神の持ち主だ。それに戦友は見捨てない。あなたも十分承知のはずでは?」

    エミール「…頑固者め。誰に似たんだか…。いいだろう、黒騎士中隊は現時点を持って職務へ復帰せよ」

    バウアー「はっ!」

    まほ「…で、でも、生身は危な…」

    みほ「なら、戦車の使用許可をいただけるんですか?あれは黒森峰の戦車だから、私たちが勝手に使うのはダメなはずですよね?」

    学園長「こ、今回の件はな、無かった事に、し、します…。戦車はそちらに譲りますー」

    みほ「…お気遣い感謝します」

    バウアー「ふっ。クルツ、マイヤーとハンスを呼び戻せ!西住、オットーとハーマンのチェックだ」


    268: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:24:22.56 ID:O32WoAVl0

    バウアー「集まったな。乗車、出撃準備!」

    一同「はっ」

    バウアー「西住、眼帯はいいのか?」

    みほ「あっ…戦車乗らないと思ってたんで、持って来て…」

    バウアー「ちっ、ほれ。俺の予備をくれてやる。お前の腕は重要だからな」

    みほ「大尉、ありがとうございます!」

    眼帯装着

    みほ「よし、行ける」

    まほ「あっ///」

    バウアー「PANZER VOR!」


    270: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:29:24.21 ID:O32WoAVl0

    バウアー「11時方向T-34、距離1200。フィイア!」

    BARM

    対戦車砲手「!!おっ、黒騎士だ。黒騎士中隊が来たぞ!」

    「やっっほー!」「いいぞ、やっちまえ」「よっしゃ、巻き返すぞ!」

    みほ「照準よし、発射!次、装填急いで」

    クルツ「装填よしっ!」

    みほ「よし、フォイア!」

    「プラウダのフラッグ沈黙を確認、試合終了、試合終了!」


    271: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:31:29.94 ID:O32WoAVl0

    みほ「ふうっ…」

    バウアー「ご苦労だったな。相変わらずいい腕だ、西住」

    みほ「大尉、ありがとうございます///」

    エミール「軍曹、もういいかね?いい加減、話を纏めないといかんのでな」

    みほ「了解です」


    272: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:40:40.62 ID:O32WoAVl0

    学園長室

    みほ「それで、私はどうしたらいいんですか?」

    学園長「こちらとしては、その間違えた責任もありますし…その、償いとかあるので黒森峰に戻ってきていただけると」

    まほ「そ、そうだ、みほ。あれはお前だけの責任では無い。隊長としての私の責任でもある。皆も納得してくれるはずだ…。文句を言うなら私が…」

    みほ「隊長の権限で黙らせるんですか?権力を振りかざして威張り散らすだけじゃ優秀な戦車乗りは育たないですよ、隊長。相互に強固な信頼が出来てこそ、チームとして戦えるのでは?あれは、私の責任です。あの時、ほかの乗員に的確な指示をできていれば…いやっ、車長不在でも残ったものが指揮を引き継ぐような柔軟性を持たせられなかった…車長である私の」

    まほ「みほ……」(ナミダメ)


    273: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 00:47:23.83 ID:O32WoAVl0

    みほ「黒森峰に戻ってほしいとの事ですけど。間違えだったとはいえ、私は戦車道が嫌で大洗への転向を望んでいたのに裏切られた形になりました。その上、戦車を勝手に使用したと仰いましたが、確認せずこちらが使ったことは申し訳ありませんでした。ですが、一度は紛失扱いにしておきながら、硬式で使ってい
    るとわかるや否や、毎年の人員要望のうっ憤晴らしだと抗議されたそうですね?」

    学園長「い、一体どこでその話を?」

    しほ「私が電話で話したわ」

    まほ「お、お母さま!?」


    274: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:03:34.26 ID:O32WoAVl0

    みほ「お久しぶりです、お母様」(ビシッ)

    しほ「…久しぶりね、みほ」

    学園長「に、西住さん…どうしてここが?」

    しほ「宅配便だけ届いて、娘がいつまでも姿を現さなかったら親の所に連絡の一つもくるわ。それに、私だって西住流戦車道師範、高校だろうが大学だろうが硬式だろうが、戦車道の話は嫌でも耳に入ってくるわ」

    学園長「…」

    しほ「このたびは、大変なご迷惑をおかけしました」

    エミール「いやいや。彼女はわが校でもエース級の活躍をしてくれた。迷惑だなんて思ってませんよ」


    275: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:11:37.97 ID:O32WoAVl0

    しほ「…そうですか」

    みほ「それで、私はどうしたら?」

    しほ「…大洗に行きなさい、みほ」

    まほ&学園長「!!」

    みほ「大洗へ?」

    しほ「今回の件は間違いが起こした結果とはいえ、あなたにはいろいろ負担が大きすぎたわ。今の気持ちのまま黒森峰に戻っても何も解決しないわ。それに、硬式戦車道は基本的は男子の戦車道、怪我や病気が理由での一時的な女子の参加はあっても、基本的には女子の参加は認められてない。そうですよね?」

    エミール「あぁ。確かに、西住さんの件ではいろいろと突かれては来ているのは事実だが」

    しほ「なら、ここでこのまま硬式を続けるのも不可能よ。…この短時間であなたには精神的にも負担が大きすぎた。だから、新たに気持ちを整理するためにも当初の予定通り大洗女子学園へ行って、新天地で新たなスタートを切りなさい」

    みほ「…お母様…わかりました」


    276: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:13:47.47 ID:O32WoAVl0

    しほ「…なら、転校の手続きのほうよろしくお願いします」

    エミール「わかりました。早めに準備の方を進めます」

    しほ「お願います。…みほ」

    みほ「なんでしょうか?」

    しほ「…逞しくなったわね。今のあなたなら心配なさそうね…新しい学校でも頑張りなさい」

    みほ「はいっ!」

    しほ「…フフッ。まほ、帰るわよ」


    279: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:20:49.55 ID:O32WoAVl0

    1週間後

    エミール「黒騎士中隊、中隊長車砲手、西住みほ!」

    みほ「はいっ」

    エミール「サンダース戦での砲手、そして戦車長としての功績を讃えここに柏葉付騎士鉄十字章を授与するものである。おめでとう」

    みほ「ありがとうございます」

    パチパチパチ

    エミール「続いて、先のプラウダ戦において戦車無き中においても個人携行火器を使用し果敢に敵戦車と戦い、打撲を負いながらも果敢に戦った功績は偉大なものであると認め、ここに戦車撃破章および戦傷徽章の授与を行う。立派だったぞ、おめでとう」

    みほ「ありがとうございます」


    282: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:32:19.90 ID:O32WoAVl0

    エミール「最後に、本日付で我が校より転校となる西住みほ軍曹の戦車道除名式を行う」

    バウアー「アクトゥン!」

    ザッ

    エミール「黒騎士中隊、中隊長車砲手、軍曹、西住みほ!」

    みほ「はいっ」

    エミール「短い期間ではあったが、貴官の本校での硬式戦車道精神を遺憾なく発揮し今日まで戦い抜いた功績に敬意を表し、曹長に特別昇進の上柏葉剣付騎士鉄十字章を授ける。私のお古だが受け取ってくれ」

    みほ「ありがとうございます、学園長」

    エミール「では、只今の時間をもって貴官を本校硬式戦車道履修者より除名する。ご苦労であった」

    みほ「はいっ」(敬礼)

    パチパチパチ


    283: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:36:21.04 ID:O32WoAVl0

    バウアー「西住」

    みほ「大尉」

    バウアー「新天地での活躍を期待しているぞ。向こうでどんな困難があるかはわからんが、硬式戦車道の精神を忘れず最後まで戦い抜け」

    みほ「はいっ」

    シュルツ「元気でな。頑張るんだぞ」

    マイヤー「普通の女子高生ライフってのを満喫してきな」

    ハンス「達者でな」

    クルツ「軍曹、お元気で」

    みほ「皆さん…お世話になりました!」


    284: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:41:59.48 ID:O32WoAVl0

    「…今日一番ラッキーなのはふたご座のあなた。想いの人に巡り合えるチャンスかも?ラッキーアイテムは黄色いハンカチです…」

    優花里「…行ってきます」

    好子「待って優花里」

    優花里「どうしたの?」

    好子「これ、持ってきなさい」つ黄色いハンカチ

    優花里「何これ?」

    好子「今日の占い、ふたご座が一番だったのよ。それで、黄色いハンカチがラッキーアイテムだったから、持ってきなさい。最近疲れてるみたいだし」

    優花里「…うん、ありがとう」


    285: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:47:17.74 ID:O32WoAVl0

    優花里「はぁ…。結局今日も寝ずに考えても、想いつかなかった…生徒会が言った期限まであと3日…はぁ…」

    トボトボ

    優花里(強豪校に勝ための戦術なんて…いくら戦車に詳しいからって、作戦が立てれるわけじゃ無いのに…。そりゃ、基本的な戦術くらいは勉強してるけど…この間のグロリアーナみたいに、セオリー通りじゃない戦い方相手だと、とっさの判断なんて…)

    トボトボ

    優花里(しかも、全国大会で優勝出来なきゃ大洗が廃校になるなんて…そんなのいきなり言われても…そんなプレッシャーの中で作戦なんて立てれるわけ内であります…)


    287: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:52:28.64 ID:O32WoAVl0

    優花里(はぁ…。あのお方だったら…西住みほ殿ような素晴らしいお方だったら、きっとこんなの簡単に思いつくのでしょうが…。最近は戦車道の試合でもお見かけしませんし…どこへいってしまったんでしょう…あんな素晴らしい人が隊長だったらなぁ…)

    「えっと、地図だとこの道が、ここだから…」

    ドンッ

    優花里「わっ。」

    「きゃっ」


    288: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 01:57:08.62 ID:O32WoAVl0

    優花里「はっ、すみません、すみません。私が下を向いて歩いてたばかりに、すみません!」(土下座)

    「いや、そんな謝らなくても大丈夫ですから、怪我もありませんし、私も地図を見ながらだったんで。…あれ?その制服、もしかして大洗女子学園の生徒の方?」

    優花里「(まずい、この時期に学校にクレームなんて入れられた…でも、嘘つくわけには…)は、はい…」

    「よかった」

    優花里「すいません、どんな事でも致しますから学校だけには…えっ、よかった?」


    291: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 02:12:15.95 ID:O32WoAVl0

    「私、今日付で大洗に転校になったんだけど、使おうとした道が工事中で迂回路探してるうちに迷ったみたいで‥。学校まで案内してくれると助かるんですが」

    優花里「はっ、あ、あなたは…」

    みほ「あっ、挨拶がまだでしたね。初めまして、本日付で大洗女子学園普通Ⅱ科、2年A組に転校になりました、西住みほです。」

    優花里「~~~~////(願いがかったであります~)」

    みほ「!!大丈夫ですか?どこか怪我とか…」

    この日西住みほは大洗に居た。大洗戦車道Aチーム、後の”あんこうチーム”からこの物語は始まる…聖グロリアーナ戦での惨敗を経ての、廃校をかけた全国大会へと、大洗の戦局は決して良いものではなかったが…

    完!


    292: ◆v/LK4luEPU 2016/01/03(日) 02:14:32.12 ID:O32WoAVl0

    これにて完結です。大洗転校後まで行こうと思ったんですが、長くなるんでここまでって事で
    次は機会があれば書こうと思います。今までお付き合いありがとうございました


    295: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 02:16:20.71 ID:LURQ0z/aO

    おもしろかったです。

    続きも期待!


    299: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 07:47:52.33 ID:2KLPp5ODo

    乙!
    結果に違いはなくても過程に大きな違いがありそうな大洗編が気になるぞ


    301: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 08:50:11.56 ID:lFJZcDCCo

    間違いなくサンダース戦は曰く付きなものになるな


    309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 18:21:52.22 ID:6iBdNHYd0

    >>225で操縦手が気付かず轢いてたら今頃どうなってたんだろうなって思うと怖い想像が止まらない。

    でも硬式戦車道だとそういうこともありうるんだよなぁ


    310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/22(金) 19:46:31.49 ID:EesdLbkHO

    特殊なカーボンがあるから大丈夫


    引用元: 【ガルパン】みほ「えっ?私の転校先って大洗のはずじゃ…」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (95)
    幼馴染 (19)
    兄妹 (29)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (5)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (205)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (133)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (42)
    おんJ・なんJ (168)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (181)
    シンデレラガールズ (813)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (197)
    カイジ (3)
    かぐや様は告らせたい (10)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (71)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (261)
    機動戦士ガンダム (29)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (6)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (24)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (19)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (15)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (14)
    進撃の巨人 (61)
    新世紀エヴァンゲリオン (41)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (26)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (6)
    ゾンビランドサガ (4)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (10)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (53)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (58)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (10)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (53)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (3)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (121)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (48)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (16)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (91)
    遊戯王 (32)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (106)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (3)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (4)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (2)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (1)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク