FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    優花里「あれ、西住殿こんな時間にどこへ? え? クリスマスパーティー…?」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:27:22.940 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「私のところへそんな連絡は…」

    優花里「え? グループLINE…?」

    優花里「私そんなの招待されてないのですが……」

    優花里「というか皆さんLINEしてたんですね…。私がアカウント聞いても皆インストールしてないって……」

    優花里「あっ、いえどうぞ私にはお構いなく西住殿は行ってください」

    優花里「いえ、泣いてないですよ、大丈夫です。早く行ってあげてください、はい」



    関連

    ハルヒ「SOS団で恋の暴露大会をするわよ!」

    【朗報】わたてんさん、ケムリクサを超えてガチで覇権へ

    【ラブライブサンシャイン】善子「運命の引力」

    【悲報】Twitterで3年前に「令和」を予言してたものがいたwwwwwwwww



    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:34:59.644 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「この袋ですか? これは戦車のプラモデルです」

    優花里「毎年クリスマスはプラモデルを組み立てながら過ごすのが決まりなんです」

    優花里「まあそれ以外に過ごす方法がないのですが…」

    優花里「西住殿のその手の箱は……? プレゼント交換ですか? へ、へぇ……それは楽しそうですね」


    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:38:34.518 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「私結構早い歳からクリスマスのプレゼント貰えなくなっちゃって…それで思い切って自分で自分に贈り物してるんです」

    優花里「このプラモデルがそれなんですよー、結構レア物で自分へのご褒美っていうか」

    優花里「でもやっぱり貰うなら一度でいいからお友達から心がこもったプレゼントを…」

    優花里「あ、ごめんなさいこんな話で足を止めさせてしまって……それではまた来年に……」


    21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:44:50.362 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「えっ!? いやいやいいですよ! 私招待されてないですもの…!」

    優花里「そんな場所に西住殿に連れられた私が乱入したら変な空気になりますって……」

    優花里「いいですって、私プレゼントも何も持ってませんし!」

    優花里「本当にお構いなく! 西住殿はパーティーを楽しんで来てください!」

    優花里「私は戦車達とパーティーなので! それでは!」


    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:49:26.191 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「ただいまー……」

    優花里「お母さん、これ頼まれてたフライドチキン…」

    優花里「私は……いいや、今日はちょっと食欲なくて」

    優花里「部屋に戻るね…」

    優花里「……」

    ガチャッ


    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 20:55:53.509 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    パンパーン!

    優花里「うわわわっ!?」

    優花里「な、何ですかびっくりした……あれ!?」

    優花里「西住殿……! 五十鈴殿に武部殿と冷泉殿も……!」

    優花里「どうして私の部屋に……? 皆さんクリスマスパーティーをしていたのでは……その、私を除いて……」

    優花里「……えっ!? ど、ドッキリぃ!?」


    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:00:07.033 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「ど、ドッキリってどういうことですか、一体全体…」

    優花里「『私が毎年寂しいクリスマスを過ごしてた噂を聞いてサプライズを…』……ですか?」

    優花里「私を最近避けてたのはこれを悟られない為で…」

    優花里「さっき西住殿と遭遇したのはアクシデントで……西住殿は嘘が苦手だから私に少し情報を流してしまったんですね」

    優花里「……って私の部屋にいるってことはお母さんもグルですか!?」


    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:04:35.311 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「……あっ、いや! 大丈夫です、こらは悲しくてじゃなくて嬉しい涙で……!」

    優花里「うぅ……よ、良かったですぅ…! 私てっきり皆から嫌われたかと……!」

    優花里「それにまさか友達とクリスマスを過ごせるなんて……!」

    優花里「あ、謝るなんてとんでもない! 確かにちょっとびっくりはしましたけど、本当に嬉しいんですよ……!」


    40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:10:04.631 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「あ……西住殿、それはさっきのプレゼント……」

    優花里「わ、私にだったんですか……!? あ、開けてもよろしいので…?」

    優花里「うわぁ! これは…ボコのマフラー……! それに西住殿の首に巻かれてるそれと色違い…! まさかこれは…!」

    優花里「ぺ、ペアルックですか……!? か、感激ですぅ……!」


    44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:15:34.957 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「しかし私は交換用のプレゼントを用意しては……」

    優花里「い、いいのですか…? そんなサプライズだからって私だけ…」

    優花里「……わかりました。皆さんの気持ちとても嬉しいです!」

    優花里「今日は人生で一番幸せなクリスマスです!」

    優花里「お母さん、やっぱりフライドチキン食べる! 人数分お願い!」

    優花里「あっ、いや…普段家ではこの話し方で……」

    優花里「もー、笑わないでくださいよー!!」


    46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:19:03.020 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ゆかりんぼっちコースにしようかと思ってたけど辛すぎるから幸せなendで
    歴女チームとのパーティー展開も幸せそうだ


    53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:24:07.974 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「はぁ……今年はあんこうチームの皆さんとクリスマスを過ごせるかと思ってましたが…」

    優花里「西住殿は熊本へ帰り…」

    優花里「冷泉殿はお祖母様と一緒に過ごし…」

    優花里「五十鈴殿は五十鈴流のクリスマス花道ショーなるイベント出演…」

    優花里「武部殿はクリスマスまでに彼氏作れなかったショックで寝込み…」

    優花里「今年も1人になってしまうとは…」

    優花里「例年通りプラモデルを組み立てながらチキンを頬張りましょうかね…」


    58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:30:24.340 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「……ん? 私を『グデーリアン』とソウルネームで呼ぶその声は……」

    優花里「エルヴィン殿! おお、しかもドイツ軍の冬仕様のコート着用です!」

    優花里「あ、あははメリークリスマスです……いえ私はその…」

    優花里「じつはあんこうチームの皆さんの都合が合わなくて…」

    優花里「その大量の食料はもしかしてパーティーの食材で…?」

    優花里「えっ、わ、私もですか……!?」


    60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:34:52.184 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「い、いいのですか……カバさんチームのパーティーに私なんかが乱入しちゃって…」

    優花里「そう言って貰えれば嬉しいです…! それじゃあお言葉に甘えて…」

    優花里「そうだ、プラモ晩酌用にシャンメリ買ってたんです。皆で飲みましょう!」

    優花里「えっ、サンタコス……? これ私が着るんですかぁ!?」

    優花里「わ、分かりました……招待して頂きましたし、全力で仮装します…!」


    62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:41:24.667 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「どうですか? えへへー、いやーなんだかんだ言って楽しいですね仮装は」

    優花里「私何度か潜入捜査で変装をしているので、結構癖になっているのかもしれませんねー」

    優花里「………いえ、どちらかと言うとオットースコルツェニーが連合軍の制服に変装したグライフ作戦ですね」

    ソレダ!!

    優花里「ふふふ、それでは行きましょうか」


    64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:45:38.969 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「カバさんチームのお家には初めてお伺いしますね、確か西住殿も一度訪れたことがあったとか…」

    優花里「私がドアを開けるのですか? えっ、サンタの乱入……?」

    優花里「なるほど、クリスマスだからサンタでサプライズですね! カエサル殿達の驚く顔が目に浮かぶようです!」

    優花里「では、不肖秋山サンタが失礼をして…!」

    優花里「メリークリスマース!」

    ガララッ


    69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:51:01.261 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「……ん? えっ、なぜ皆さん甲冑や火縄銃で臨戦態勢……っていうか驚いてない……?」

    優花里「うわわわわっ!? いたっ! いたたっ! やめてください! サンタにこんな狼藉ー」

    優花里「痛い! プラスチックでも刀は痛いです左衛門佐殿!」

    優花里「助けてエルヴィン殿…、ちょっ、何でモデルガンを……?」

    優花里「うわーー! ひー! 四面楚歌ですー!」


    優花里「ふ、ふん縛られてしまいました……何なんですか一体…」

    優花里「『一度サンタを捕獲してみたかった』……?」

    優花里「サンタだってローマ兵と騎馬兵と海援隊とドイツ兵士に襲われるなんて想定してませんよ!」


    74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 21:58:20.479 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「まさかエルヴィン殿、サンタコスを着せたのは自分がこの役目をするのが嫌だったからで……?」

    優花里「『はっはっはっはー!』じゃないですよ!! サンタにこんなことしたらプレゼント貰えませんよ!」

    優花里「もうコスチューム脱ぎますからね…、ん? いえ、物を貰ったって私の機嫌は……」

    優花里「こ、これは自衛隊の戦闘糧食……!? 」

    優花里「私も申し込みしたのに惜しくも抽選筈てしまった代物です…」

    優花里「いいのですか、こんな貴重なもの……!?」

    優花里「し、仕方ないですねぇ! 今回だけですよー!」

    優花里(まさかこんな形でコレクションが増えるとは…!)


    77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:03:22.534 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「それにしても部屋の中はなかなか個性的な飾り付けですね…」

    優花里「日独伊の文化が混ざりまくってます……これクリスマスと言えるのでしょうか」

    優花里「というか、結構意外ですね、皆さんがクリスマスを祝うなんて。ほら、ローマ時代や戦国時代や幕末にクリスマスは……?」

    優花里「……えっ? あ、そうですねエルヴィン殿。『自分の人生は自分で演出する』……」

    優花里「確かに! 戦車道と同じで、自分がこうだと思った物がクリスマスになるのですね!」


    81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:12:07.867 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「そしてこちらの一角は随分とボロボロですね……地図の裏に書いた聖母を飾って……」

    優花里「もしやこれは…! エルヴィン殿!」

    優花里「やはりですね! では歌いましょうか、ドイツ兵士の気分で!」


    きよし この夜 星は光 ♫
    救いの御子は 馬漕の中に ♫
    眠り給う いと安く♫


    優花里「あれっ? おりょう殿達はご存知ないですか?」

    優花里「これぞスターリングラードの聖母ですよ! 流石はエルヴィン殿!」


    84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:16:50.597 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里「本来3番の歌詞はロシア兵士が歌ってくれるのですが流石にプラウダ高校の方々が乱入するなんて展開は…」

    優花里「ん……? あっ、ま、窓を見てください!」

    優花里「雪が降ってますよ! うわぁ綺麗です…!」

    優花里「ホワイトクリスマスなんて……ロマンチックですねぇ…!」

    優花里「本当に綺麗です……!」

    優花里「……」

    優花里「……それだ!!」

    優花里「え、えへへー、私もどうやら皆さんのノリが伝染っちゃったみたいですね!」

    優花里「それでは皆さん、せっかくのホワイトクリスマスです、楽しみましょう!!」


    88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:26:20.730 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    優花里(あんこうチームの皆さんもこの同じ雪を見ていればいいのですが…)

    優花里(来年こそはあんこうチームと…)

    優花里(いえ、カバさんチームもカメさんもウサギさんも、戦車道受講者皆で…)

    優花里(皆でクリスマスパーティーをしましょう……!)





    カバさんチームと楽しげにしてるゆかりんは可愛い幸せend


    91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:29:37.632 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「ねぇ、こんな格言を知ってる? 『クリスマスとは、普段よりもう少し誰かのために何かしてあげること』」

    ダージリン「さらにこんな格言を知ってる? 『クリスマスは、意義深い日、伝統的な日、あたたかい家族や友人に囲まれて過ごす特別な日。』」

    ダージリン「あら?皆何故そんなにだんまりとしているの……? なに?オレンジペコ?」

    ダージリン「今年は実家に帰るからクリスマスパーティーに出られない……?」

    ダージリン「え……うそ…? え?」

    ダージリン「そ、そ、そう。それは仕方ないわね、実家の都合なら……」

    ダージリン「ぜ、全然震えてなんかいないわよ、私が紅茶を零すなんてありえる訳がないでしょう…?」


    95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:35:52.471 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「仕方ないわね今年はオレンジペコの分までクリスマスを祝って……アッサム?」

    ダージリン「あなたも出られないの……? そ、そう、予定が立て込んでいるのね…」

    ダージリン「……ルクリリ、ローズヒップ。何か言いたそうな顔ね」

    ダージリン「……そう、あなた達も。え? それどころか、戦車道受講者全員出られない?」

    ダージリン「……」

    ダージリン「こ、こんな格言を知ってる『2度あることは3度ある』……私には何となく予想は出来て…」

    ガチャーン!

    ダージリン「……ごめんなさい、いいのよ拭かなくて、私が片付けておくから、割れたティーカップもぶち撒けた紅茶も」


    97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:43:23.440 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「ほら、気を使わなくてもいいのよ。実家に戻るならそろそろ定期船の出る時間でしょ」

    ダージリン「平気よ、私も高校生にもなって心からクリスマスを楽しむような女の子じゃないもの。全然残念なんかじゃないわ」

    ダージリン「……それ以上はダメよオレンジペコ。私のこのサンタコスとかチャーチルに施したイルミネーションを指摘しないで……」

    ダージリン「むしろごめんなさい、2週間も前からクリスマスパーティーの飾り付けをして。気を使わせてごめんなさい」

    ダージリン「あっ、そろそろ時間なのね……ええ、御機嫌よう」

    ダージリン「そうね…来年こそはね……」

    ダージリン「……」


    101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:48:06.707 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ーーーーー
    ーーー


    ダージリン「流石にコンビニのチキンを買い食いは優雅とは言えませんね……。いえ、いいのよどうせ隊員達は皆帰ってるのだから気を張る必要はありませんわ」

    ダージリン「はふっはむっ……もぐだ……。なかなかイケるわね…!」

    ダージリン「そしてこれを午後ティーで、むぐっごくごく……」

    ダージリン「ぷはーっ」

    ダージリン「……もうヤケクソというやつですわ。独りきりのクリスマスを心いっぱいエンジョイよ」

    ダージリン「むぐっ、歯の間に筋が……爪楊枝付いてないのですの?」


    103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 22:51:54.682 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ーーーーー
    ーーー



    ダージリン「これと、これとこれ……、あとこれください」

    ダージリン「ふー大量ね。少しくらい太ろうが構うもんですか。とにかく聖夜の晩餐よ」

    ダージリン「奮発して自分用のプレゼント、高級茶葉も買っちゃったし…」

    ダージリン「クラッカーやタンバリンなど場を賑やかす物もたくさん」

    ダージリン「これなら独りでも、ちっとも寂しくなんか……」

    ダージリン「寂しくなんか……!」

    ダージリン「うぅ……!」


    111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:01:36.212 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「部屋に戻った訳だけど」

    ダージリン「これでもかというくらいの飾り付けが心に突き刺さるわね…まるで私を嘲笑っているような……用意してた時はあんなにウキウキしてたのに…」

    ダージリン「いいのよ、今日は普段と違って独りだからこそ出来る優雅でゴージャスなパーティーにするのだから……!」

    ダージリン「まずはダージリンの1人パリコレならぬロンドンコレクションよ!」

    ダージリン「最初はこのテンプレートなサンタコス! ヒゲまで完備」バッ

    ダージリン「次は脇役トナカイコス! 結構ツノが硬いのねこれ」バッ

    ダージリン「お次は雪だるま! あ、歩きにくいわね…きゃっ!?」ドテッ

    ダージリン「さらにはオレンジペコに無理やり着せるつもりだった際どいサンタビキニ!」ウッフ-ン

    ダージリン「秋に美食に負けず頑張って痩せた甲斐があったわね。我ながら素晴らしいですわ、このくびれ」クイッ

    ダージリン「来年からはクールだけでなくセクシー路線も世間に売り込みましょうか」

    ダージリン「……」

    ダージリン(む、むなしい……)


    117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:13:07.122 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「……料理食べてしまいましょうか」

    ダージリン「そう、1人だからこそ出来ない豪勢な食べ方で……!」

    ダージリン「フライドチキンを両手で持ってまるでバイキングのように頬張り…!」モグモグ!

    ダージリン「シャンメリーを瓶でラッパ飲み…!」ゴクゴク!

    ダージリン「ホールケーキも切り分けずにド真ん中からトンネルを掘るように食べ進める……!」モ-グモグ!

    ダージリン「こんな下品な食べ方普段は出来ませんわね! 1人だからこそ出来る贅沢!」

    ダージリン「さらにクラッカー! 砲手、発射!!」シュポッ!

    パンパカパーン!

    ダージリン「流石です、ダージリン様!(ペコ真似)」

    ダージリン「データ以上の戦果です!(アッサム真似)」

    ダージリン「パないですわ~!(ローズ真似)」


    121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:21:34.861 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「あらあら大声ではしゃいじゃって、聖グロリアーナの生徒がはしたないわよ」

    ダレンジペコ「すいません、あまりに素晴らしかったもので」

    ダージヒップ「流石は聖グロのサッチャーですわー!!」タンバリンバンバンバン!

    ダッサム「ねぇ、そろそろあれをしない?」

    ダレンジペコ「そうですね!」

    ダージリン「あら、何かしらその包みは…」

    ダレンジペコ「いつもお世話になっているダージリン様に…私達からクリスマスプレゼントです!」

    ダージリン「まあ……! これは私のお気に入りの高級茶葉(さっき買ったやつ)…! 高かったのではないの?」

    ダッサム「皆で出し合ったのです」

    ダージヒップ「私達の気持ちですわー!」

    ダージリン「嬉しいわ……! こんなクリスマスを過ごせるなんて…!」


    131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:29:00.804 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「私は幸せ者ね……!」

    ダージリン「…………」

    ダージリン「……」

    ダージリン「お茶……飲みますか…」


    ーーーーー
    ーーー


    ダージリン「美味しい……。芳醇で高貴な味が孤独に沁みますわね……」

    ダージリン「……これを皆で飲めたのなら最高でしたのに……」

    ダージリン「なんで今日に限って私以外皆予定が……」

    ダージリン「……こんな格言を知ってる? 『心の中のクリスマスこそ、クリスマスの雰囲気をかもしだすもの』……」

    ダージリン「……いえ、誰も聞く者がいないのに私は何を……」

    ダージリン「やはり側にあの子達が居ないと格言を言ったところで……」

    コンコン!

    ダージリン「……! ノックが……!?」


    135: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:34:48.610 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「もしかして、私の為に帰ってきてくれて………!」

    コンコンッ

    ダージリン「い、今開けるわ……!」

    ガチャッ

    ダージリン「もう! 帰ってくるなら予め連絡を……!」

    ダージリン「あっ、風紀委員の……」

    ダージリン「あ、あぁ、はい、この部屋は戦車道授業の延長で私が生徒会に使用届を……」

    ダージリン「えっ、7時までだからまだ使うなら延長申請? じゃあ、お願いします…」

    ダージリン「はい、サインね……、これで……」

    ダージリン「いえ、気にしないでこの格好は……それじゃ……」

    ガチャン……

    ダージリン「………」


    141: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:43:36.812 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「も、もう正真正銘ヤケクソよ!」

    ダージリン「えいっ! 意味もないのにケーキのロウソク全部火を付けて……!」ボォッ!

    ダージリン「イルミネーションの光量もMAX! ギラギラでまるでポリゴンショックよ!」ピカピカ!

    ダージリン「よーし隠し芸テーブルクロス引き!一度もやったことないけど!」ブン!

    ガチャーン!

    ダージリン「うっふふふ! 想像通り大惨事ね! パンジャンドラムでも突っ込んだ有様!」

    ダージリン「そして、プレゼント交換で送りつける予定だった超々マイクロセクシーサンタビキニ装着!」

    ダージリン「エ○ティックサンタのお通りよ! このままチャーチルに乗り込んで爆走しようかしら!」

    ダージリン「私、かつてないくらいクリスマスを楽しんでると実感できてる……!」


    143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:47:06.914 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「独りでも楽しんでいる……! 一人でもこんなに楽しく……!」

    ダージリン「こんなに……楽しく……!」

    ダージリン「……ぅ、……ぅぅ」

    ダージリン「オレンジペコ……アッサム……ローズヒップ……ルクリリ……それに皆……!」

    ダージリン「どうして私を一人ぼっちにしてしまったの……!」

    ダージリン「こんな悲しい聖夜なんて……聖夜なんて……!!」




    ゴシャーーン!





    ダージリン「ッ!? な、何!?」

    ダージリン「く、クルセイダー!? どうして窓から突っ込んで……!?」


    146: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:50:21.652 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ガチャッ

    ダージリン「あ、あなた達……」

    ダージリン「オレンジペコ……、アッサム、ルクリリにローズヒップ……!?」

    ダージリン「『間に合いましたわー!』じゃないわ、どうしてあなた達ここに……実家に帰ってるんじゃ……?」

    ダージリン「『予定を全部終わらして速攻で帰ってきた』……?」

    ダージリン「あなた達もしかして私とクリスマスパーティーをする為に……!」

    ダージリン「……! な、泣いてなんかないわよ…、わ、私は一人でも十分楽しんで…!」


    150: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/25(金) 23:55:59.534 ID:lZMQH1+l0XMAS.net

    ダージリン「ちがっ、この格好はその……!」

    ダージリン「あ、あなた達の仮装も用意してるのだから早く着替えなさい!(私が一度袖を通したものだけど)」

    ダージリン「あ……もう料理が全部ぐちゃぐちゃで……」

    ダージリン「……そう、他の皆も向かってるのね。じゃあ彼女達にお使いを頼みましょうか」

    ダージリン「皆……感謝するわ、心からね」

    ダージリン「私のパーティーはここで終わり。ここからは皆で仕切り直しよ」

    ダージリン「でもその前に…」

    ダージリン「こんな格言を知ってる? 『クリスマスはすべての時をひとつにつなげる日。
    』」

    ダージリン「まさに、今の私達のようね」ニコッ




    ダージリンは一人だと変なテンションになるんだと思う
    でもやっぱり幸せになってほしいend


    165: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:11:45.424 ID:CrhQetfH0.net

    まほ「気がつけばもうクリスマスか…子供の頃はみほと祝ったりしたが最近はそんなこともない」スタスタ

    まほ「例年、戦車道の戦略を立てるいつもの夜と変わらないな…」スタスタ


    アリサ「たかし……どうしてあの子とクリスマスデートなんて……!!」ギギギ!

    アリサ「ありえないわ……このままあの2人が懇ろになるなんて我慢できない……!」

    アリサ「ストーキング…いや監視よ監視! 不純なことをしてないかを……!」スタスタ


    アンチョビ「うーん…まさか今年は一人になってしまうとは……」

    アンチョビ「毎年ドンパチ楽しんでいたのに…」スタスタ


    ミカ「クリスマス……それって人生に必要なことかな?」スタスタ



    ばったり

    四人「………ん?」


    171: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:17:15.791 ID:CrhQetfH0.net

    ーーーーー
    ーーー


    まほ「……なんでこんなことに」

    アリサ「あんた達、クリスマスに一人寂しく歩いているところ見るとどうせ悲惨な独り身でしょ! ぼっち同士でヤケクソクリスマス会よ!!」

    アンチョビ「とりあえずパスタ頼んでいいかー?」

    ミカ「……」ポロロ-ン

    アンチョビ「ていうかたかしとかいう奴の監視はいいのか?」

    アリサ「大洗の一年といい、なんでこんなに広まってるのよこの噂…」

    アリサ「……さっきめでたくラブホに入っていったのよ。ここから悲しいにも程があるから盗聴も切ったわ」

    アンチョビ「わーお…」


    176: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:23:00.894 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「私はたかしとのクリスマスLOVEを今まで夢見てやってきた訳だけど……、今更サンダースになんて戻れないわよ」

    アリサ「ナオミや隊長に『女』になって帰ってくるって大口叩いた手前だし……、今日はパーっとやるわ!」

    まほ「それに我々を巻き込まないでほしいが……」

    アンチョビ「まあまあ、どうせクリぼっちなのは皆同じだろ。記念日っての複数で盛り上がるのが一番いいんだぞ!」

    まほ「クリぼっち……?」

    アリサ「何それ卑猥単語……?」

    ミカ「クリスマス一人ぼっち…略せばいいってものじゃないよ?」ポロロン


    179: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:29:28.986 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「それで……? あんた達はどうしてぼっちな訳? 私並みに悲惨な話を期待するわ」

    まほ「私はそちらのような色恋沙汰はそもそも無縁だ」

    まほ「特に何もないいつものクリスマス過ごしてるだけだな」

    アンチョビ「あれ? 黒森峰はクリスマスパーティーはしないのか? 戦車道隊員達で」

    まほ「こんな日くらい個人でそのような催しをやるのは禁止してない。現に今日は何人か集まってるようだ」

    アリサ「招待とか……されてないの……?」

    まほ「されてもあまり参加しないな。それが分かってるからか最近は呼びかけられない」

    アリサ「あなた見た目怖いしね」

    アンチョビ「うーん、勿体無いぞー。皆でどんちゃん騒ぎほど素晴らしいことはない!」

    まほ「……そうなのか?」

    ミカ「……」ポロロン


    183: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:37:28.160 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「当たり前だ! 飲んで歌って踊って騒ぐ! 心も体も湧き立つ歓喜の舞台だ!」

    アリサ「私は恋人と素敵な夜を過ごす方がいいと思うけどね…」

    まほ「あまり考えたことないな……。クリスマスもいつも通り戦車道のことばかり……」

    アンチョビ「硬い硬い! クリスマスだからこそ、遊ぶものだぞ。最後に羽目を外したのは?」

    まほ「……覚えてないな」

    アリサ「呆れた。どんだけ戦車道ジャンキーなのよ」

    アンチョビ「黒森峰でパーティーをやっているなら、まだ間に合うかもしれないぞ?」

    まほ「……そういえば、エリカだけはいつでも誘ってくれていたな」

    アンチョビ「それはいい! 今日も待ってるかもしれないな」

    まほ「……向かった方がいいものかな?」

    アンチョビ「Si(もちろん)!」

    ミカ「風に吹かれて足を向けるといい。辿り着い場所こそが、自分の一番行きたかった場所だからね」ポロロン


    189: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:44:51.686 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「何よ……もうぼっち同盟から一人脱退?」

    まほ「いや……もう少しお邪魔しようかな、これも何かの縁だ。まだパーティーには間に合うだろう」

    アリサ「そうこなくっちゃね。それにまだそれぞれ何故ぼっちなのか聞けてないもの」

    アリサ「さっきアレだけパーティーの素晴らしさを説いたアンツィオ高校隊長殿は何故聖夜にぼっちなのでしょうかね~?」

    アンチョビ「うっ……これは痛いな……」

    アンチョビ「し、仕方ないだろ、私だってびっくりなんだから……!」

    アンチョビ「まさか、ウチの子達が……あいつらが……!」

    アンチョビ「全員彼氏を作ってクリスマスデートしてしまうなんて!!」

    アリサ「はぁぁーー!?」

    ミカ「……!」ポロロン


    193: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:49:50.354 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「あの能天気バカアンツィオ生徒が彼氏ぃぃーー!? ありえなぁぁーーい!」

    アンチョビ「おい、言い過ぎだろ!! 事実ではあるがオブラートに包め!」

    まほ「否定はしないのか…」

    まほ「それにしても、いくらイタリアの文化が根付いているからといってそうも恋愛に自由とは」

    アンチョビ「いや…恋愛については他の学校とも変わらないと思ってたんだ…。実際去年までこんなことはなかったし…」

    アリサ「どういう意味? まさか今年になって急に彼氏が出来たとでも?」

    アンチョビ「そのまさかだ……! クリスマス二週間前になって急に……!」

    アンチョビ「『姐さん、私達全員彼氏出来たのでクリスマスパーティー行けません!』って!!」

    アリサまほ「「…………」」


    194: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:54:26.045 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「『姐さんとはクリスマスパーティーできません』『姐さんはぼっちです』『私達のことは嗅ぎ回らないでください』『クリスマスできるだけ寂しく過ごしていてください』とか何とか好き勝手言って……!」

    アンチョビ「私は見捨てられてしまったのだぁー!!」

    アリサ「……どう思う家元さん?」

    まほ「……おそらくサプライズというやつでは?」

    アリサ「そうよね……」

    アンチョビ「こんなに悲しいクリスマスは初めてだ……。その癖さっきから『早く学園艦に戻って来てください姐さん』とメッセージが……」

    アンチョビ「きっと彼氏と一緒にぼっちの私をバカにするつもりなんだー!」

    アリサ「アンツィオの子達はもうちょっと上手い騙し方思いつかなかったのかしら」

    まほ「しかし見事に騙されてる辺り、彼女も立派なアンツィオ生徒と言うべきか」


    204: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 00:59:18.369 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「今日は飲むぞー!食うぞー!奴らのことなんか知るか、お前らと楽しくどんちゃん騒ぎだー!」

    アリサ「頃合いを見て帰した方が良さそうね」

    まほ「彼女たちのサプライズを潰さない為にも秘密にしたまま言いくるめて帰すか」

    アンチョビ「えーい! パスタもういっちょ! カプレーゼも!」

    アリサ「はー。私以外皆幸せ者じゃない……」

    まほ「まだ一人残ってるが」

    アリサ「期待は出来そうにないわよ、分かってるわよ流れと空気くらい」

    ミカ「……」ポロロン

    アリサ「で? あなたはどういった経緯でここに?」


    206: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:08:28.406 ID:CrhQetfH0.net

    ミカ「風に吹かれてやってきただけさ」ポロロン

    アリサ「……いつものチビ達がいないってことはあなたもボッチなの?」

    ミカ「孤独かどうか周りに誰かがいないことじゃない、誰も自分を思ってくれないことなんだ」ポロロン

    アリサ「……クリスマスの予定は?」

    ミカ「いつだって今日という日は昨日とも明日とも遠く離れた特別な日なんだよ?」ポロンン

    アリサ「……私をバカにしている?」

    ミカ「人の評価は当てにならない……自分自身ですら評価なんか出来ないからね」ポロロン

    アリサ「こんのおぉぉぉーーー!!ふざけてんの!?」ガタタン!

    まほ「落ち着け、店の中だ」

    アリサ「何なのこの世捨て女子高生は!? 会話通じないじゃない! パトリオット打ち込んでやりたいわ!!」


    210: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:13:06.798 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「パスタ食って落ち着け」

    アリサ「いらないわよ!!」

    まほ「一人ぼっちどうかはどうにも判断が付かないな」

    ミカ「……」ポロロン

    アリサ「くぅぅーー…! あ、店員さん!? 私のフライドポテトバーベキュー味がまだ来て……えっ?」

    アリサ「店内に落ちてた……私達のじゃないかって?」

    アンチョビ「なんだなんだ?」

    まほ「携帯電話だな」

    アリサ「このカラーリングに『継続』の校章は……」

    アリサ「もしかしてあんたの?」

    ミカ「……」ポロロン


    212: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:19:49.958 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「こんな大事なもの落としちゃ危ないじゃないか」

    ミカ「……人生に必要なものかな?」ポロロン

    アンチョビ「はぁ……?」

    ミカ「人間は物に執着しないようにしなきゃね」ポロロン

    アリサ「断捨離かなんか……?」

    まほ「物嫌いが極まった形かもしれん」

    アンチョビ「よく見ると、『落とすな!』『持ち歩いて!』というステッカーが貼ってある…」

    アリサ「チビ達に無理やり持たされては失くすを繰り返してるのね」

    まほ「通知が来てるぞ」

    アリサ「『早く帰ってきて』『どこにいるの?ケータイ見て!』『クリスマスくらい一箇所に留まって!』……」

    アンチョビ「こいつもしかして……」

    アリサ「ぼっちとか関係なくただフラフラ歩いてただけ……!?」

    ミカ「……」ポロロン


    216: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:27:50.559 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「な、何よ……それじゃあ本当のぼっちは私だけじゃない!」

    アリサ「皆々帰る場所も待ってくれてる人もいて……! 私だけ孤独なんだわぁ~~!!」

    まほ「そ、その……気の毒だが泣くな……」

    アンチョビ「そうだ、このドゥーチェもお前と同じ境遇だぞ!」

    アリサ「うるさい! 恵まれた環境の人間からの哀れみなんていらないわぁ!」

    ミカ「……」ポロロン

    アリサ「あんた達皆あったかホームにでも戻るがいいわ! 私のことなんて笑いながらね!」

    アリサ「たかしも手に入れられない、クリスマスも祝えない、ぼっちの悲しみも共有できない……!」

    アリサ「もう私の側には誰もいないんだわ……!」

    まほ「いや……そんなことはないようだ」

    アリサ「……へっ?」


    218: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:36:13.021 ID:CrhQetfH0.net

    ケイ「ハーイ、アリサ。可愛い顔が台無しよ?」

    ナオミ「やれやれ探したよ」



    アリサ「隊長……ナオミ……!?」

    アリサ「どっ、どうしてここに……?」

    ケイ「実はアリサの恋が気になっちゃって……ストーキングしちゃった。ソーリー!」

    アリサ「ええっ!?」

    ナオミ「アリサの恋の行方はチームメンバー一同気にかけててね」


    219: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:40:48.299 ID:CrhQetfH0.net

    ケイ「それにしてもナッシングねあの子」

    アリサ「た、たかしの彼女のことですか…?」

    ケイ「NO! あの子は彼女なんかじゃないわ」

    アリサ「えっ……?」

    ナオミ「たかしは騙されてたんだよ。あの女は所謂コソ泥。たかしを薬で眠らせて財布を頂くって魂胆」

    アリサ「い、今時そんな古風な手に引っかかったのたかし……!?」

    ナオミ「私達が現場を抑えたよ」

    ケイ「キティーキャットは警察へ。たかしも一応不純異性交遊として生徒会で反省文」

    ケイ「良かったわね、アリサ。たかしはあの女で汚れてないし、ライバルも消えたわよ?」

    アリサ「たかし……!」


    222: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:46:22.966 ID:CrhQetfH0.net

    ナオミ「ここから先はまたアンタの力でたかしを物にするんだね」

    ケイ「それじゃ懸念は無くなったし、クリスマスパーティーするわよ!」

    アリサ「ええっ!? い、いいんですか……」

    アリサ「私……『たかしと聖夜を過ごすから女同士の虚しいクリスマスなんて御免』なんて啖呵切って飛び出したのに……」

    ナオミ「まあイラっとしたけどね」

    ケイ「あなたはサンダースのメンバーでしょ。One for all , All for one よ!」

    アリサ「隊長……!!」

    まほ「ほらな……この通りだ」

    アンチョビ「良かった良かった!」

    ミカ「孤独というのはなろうとしてなれるものじゃない……」ポロロン


    227: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:52:01.629 ID:CrhQetfH0.net

    まほ「これで全員パーティーに行けるわけだ」

    アンチョビ「うぅ……私は……」

    まほ「……一度皆あってみるといい。多分お世話になっている隊長を彼氏に紹介したいのだろう」

    アンチョビ「そ、そうなのか……それじゃあちょっとだけ……」


    ケイ「それにしても随分面白い組み合わせね」

    ナオミ「それぞれの学園艦がたまたまここの陸に着岸してるんだろうな」

    アリサ「へぇ、道理で……」

    アリサ「…………ん、だったら」ニヤッ

    ケイ「どうしたの?」

    アリサ「いえ、ちょっといいことを考えまして」

    まほ「……なるほどな」フッ

    アンチョビ「おー、まさか……!」

    ミカ「……」

    ミカ「……いくぞ」ポロロロ-ン!


    229: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 01:56:47.361 ID:CrhQetfH0.net

    ーーーーー
    ーーー



    エリカ「隊長ー!」

    まほ「エリカ…、それ皆。わざわざ呼び出してすまなかったな」

    エリカ「そんなことないですよ! 私隊長とクリスマス過ごせるなんて感激です!」

    小梅直下「「皆喜んで駆けつけますよ!」」

    まほ「ありがとう…。もっと早くから皆と過ごしていればよかったなせっかくのクリスマスなんだから」

    エリカ「でも少し驚きました。急にこの店に皆で来いなんて…」

    小梅「それにこのお店の状況……」

    まほ「ああ、なんたって…………クリスマスパーティーだからな」


    230: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:00:57.312 ID:CrhQetfH0.net

    アンチョビ「うおおぉーー!お前らサプライズなんて生意気だぞぉーー!!」

    ペパロニ「ごめんなさいって姐さん! 許してくださいよ~」

    カルパッチョ「だからこの作戦は止めとこって…」

    アンチョビ「でも良かったぁ! 皆私を嫌ってるんじゃなくてぇ……!!」

    「皆大好きっすよ姐さん!」

    「彼氏出来ても姐さんを優先するに決まってますよ!!」

    「まあ出来る気しないっすけどねー」

    アンチョビ「お前ら! 私を驚かせた罰だ! 夜明けまで飲めや騒げやだぁーーー!」

    ペパロニ「了解っすぅーー!!」

    カルパッチョ「結局いつものクリスマスと変わらないけど……やっぱりドゥーチェと一緒が一番ね……!」


    238: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:07:47.608 ID:CrhQetfH0.net

    アキ「もー! 何でいつも言ってるのにケータイ落とすかなー!」

    ミカ「……」ポロロン

    ミッコ「町中探し回ったよ」

    アキ「でも……ちょっと意外かも。ミカがクリスマス会に誘ってくれるなんて」

    アキ「こういうの『意味があるとは思えない』んじゃないの?」

    ミカ「確かに……1年の内のたった1日に意味と意義を見つけることは困難だ」

    ミカ「でも……今日は誰もが口にするありきたりな『クリスマスの奇跡』を信じよう」ポロロ-ン

    アキ「……何それ」

    ミッコ「とにかく楽しめってことじゃない?」

    アキ「素直じゃないんだからー」

    ミカ「……♫」ポロロン


    239: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:15:47.366 ID:CrhQetfH0.net

    ナオミ「4校の生徒が集まると壮観だな」

    ケイ「ほとんど貸し切り状態ね。楽しげでいいわね、ナイス判断よアリサ!」

    アリサ「サンダースの賑やかなクリスマスもいいですが……今日はさらに賑やかで華やかにしてみたくて」

    ナオミ「私達の知らない間に友情でも芽生えたかい?」

    アリサ「友情……って言えるのかしら? ぼっち同盟でもないし……」

    アリサ「ただ、クリスマスにばったりあっただけの仲ね」

    アリサ「そしてそのまま一緒にクリスマスを祝う……ただそれだけの仲」

    ヘルメット娘「車長ー! 全員にシャンメリー行き渡りましたー!」

    アリサ「ありがとう。 ……あの、隊長、本当にあたしでいいのですか?」

    ケイ「遠慮しないの、多分今日の主役は最初に集まったあなたたちだと思うからね!」

    アリサ「……はい!」


    242: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:20:52.300 ID:CrhQetfH0.net

    アリサ「それじゃあ、黒森峰! アンツィオ! 継続! そしてサンダースの全生徒へ! カップを手に持って!」

    アリサ「長ったらしい前置きは無しにして簡潔に行きましょうか」

    アリサ「そして思い切り騒ごうじゃない!」

    まほ「ああ」フッ

    アンチョビ「よーしっ!」

    ミカ「……ふふ」ポロロ-ン

    アリサ「メリークリスマス!!! かんぱーーい!」





    「「「「メリークリスマーース!!!」」」」

    カチャーーーン!





    .


    245: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:22:03.047 ID:CrhQetfH0.net

    最後は皆詰め込んで幸せend
    ガルパンに鬱はダメだねうん
    クリスマス終わったけどクリスマス記念


    243: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:21:08.355 ID:erGkKt17d.net

    ガルパンに悪人なし


    244: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:21:24.560 ID:rVtOJidn0.net

    やさしいせかい


    247: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:24:21.769 ID:p5A0cT6kr.net

    >>245
    長々乙
    楽しかった


    249: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 02:26:10.252 ID:zNQgNG7t0.net

    いちおつ面白かった


    引用元: 優花里「あれ、西住殿こんな時間にどこへ? え? クリスマスパーティー…?」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (96)
    幼馴染 (20)
    兄妹 (31)
    姉弟 (5)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (4)
    俺・友・職業等 (225)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (209)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (133)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (31)
    ブーン系 (42)
    おんJ・なんJ (171)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (183)
    シンデレラガールズ (823)
    ミリオンライブ (156)
    シャイニーカラーズ (60)
    相棒 (5)
    あそびあそばせ (1)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (11)
    アンパンマン (3)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    犬夜叉 (1)
    ウマ娘 (3)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    ガールズ&パンツァー (201)
    カイジ (3)
    かぐや様は告らせたい (11)
    がっこうぐらし! (2)
    ガヴリールドロップアウト (71)
    仮面ライダー (7)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (268)
    機動戦士ガンダム (30)
    キノの旅 (3)
    きららファンタジア (1)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (3)
    金田一少年の事件簿 (1)
    銀魂 (6)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    クレヨンしんちゃん (6)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (30)
    けものフレンズ (13)
    コードギアス (26)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (28)
    こち亀 (4)
    孤独のグルメ (2)
    この素晴らしい世界に祝福を! (19)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (2)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (6)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (16)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (18)
    進撃の巨人 (62)
    新世紀エヴァンゲリオン (41)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (27)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (7)
    ゾンビランドサガ (5)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (10)
    中二病でも恋がしたい! (3)
    ちびまる子ちゃん (6)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (55)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (59)
    ドラえもん (5)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (11)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (5)
    化物語 (4)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (4)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (36)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (55)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (3)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (10)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (6)
    ポケットモンスター (123)
    ぼくたちは勉強ができない (19)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (50)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (16)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (95)
    遊戯王 (33)
    結城友奈は勇者である (27)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (22)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (107)
    リトルバスターズ! (8)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (3)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (24)
    ワンピース (19)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (29)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (3)
    私に天使が舞い降りた! (11)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (4)
    食戟のソーマ (4)
    DEATH NOTE (4)
    北斗の拳 (1)
    プリンセスコネクト! (2)
    ソウナンですか? (1)
    五等分の花嫁 (2)
    アカギ 〜闇に降り立った天才〜 (1)
    シャーマンキング (1)
    SHIROBAKO (2)
    クッキングパパ (1)
    俺の妹がこんなに可愛いわけがない (2)
    ダンベル何キロ持てる? (2)
    魔人探偵脳噛ネウロ (1)
    はたらく魔王さま! (1)
    はねバド! (1)
    オーバーロード (1)
    インフィニット・ストラトス (0)
    te (0)
    鬼滅の刃 (1)
    まちカドまぞく (1)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク