FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    勇者「休暇?」女神「異世界転生しすぎです、勇者さま」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:29:50.85 ID:tw4cR42z0
    勇者「ふんっ!」

    魔王「ぐぉ……、がぁ……っ」

    勇者「…………」

    勇者「終わった……」

    勇者「…………」

    勇者「……はぁ」

    ――――

    勇者「…………」

    勇者「…………」グッグッ

    勇者「…………」ボー

    勇者「…………」



    ガタンッ



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:30:46.02 ID:tw4cR42z0
    女神「97回目の魔王討伐、お疲れさまでした。勇者様」

    勇者「97……。もうそんなになるのか」

    女神「ええ、もうそんなになりました」

    勇者「あと、どれくらいだ?」

    女神「全部で108ですから、あと11個です。あなたが救わなければならない世界は」

    勇者(そう、俺は世界を救わなければならない勇者だ)

    勇者(108の世界を、魔の手から救う。歴戦の勇者)

    勇者(魔王を倒すために仲間を集めたり、修行をする。そして一つが終わる度に、俺はまた次の世界に肉体を異世界へと転移し、また一から積み上げ始める)

    勇者(肉体に限界が来たら今度は転生し、赤ん坊からやり直す)

    勇者(幾度となく繰り返された、天性の勇者の才を持ってしまった俺の義務だ)

    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:31:12.48 ID:tw4cR42z0
    勇者「そうか、じゃあ次に――」

    女神「いえ」

    勇者「?」

    女神「その前に、勇者様にはやっていただかなければならない、重要なお仕事があります」

    勇者「何だ」

    女神「それは……」

    女神「休暇です」

    勇者「キュウカ?」

    女神「休暇です」

    勇者「新種の植物の名前か?」

    女神「いいえ」

    勇者「それとも古より伝えられる呪文の名前か何かか?」

    女神「いいえ、休暇です。お休みとも言います」

    勇者「休暇」

    女神「はい。勇者様はこれまでほとんど休みなしで世界を救い続けてきましたので、休養をとるべきと私が判断しました」

    勇者「休みなら毎回ここでとってる」

    勇者(世界を救って戻ってくる度に、一週間くらいは女神のいるこの場所でゆっくりしている)

    勇者「ここはどこの避暑地よりもずっとゆっくりと休めるし、十分さ。十二分と言ってもいい」

    女神「なら、次に行っても大丈夫だと?」

    勇者「ああ」

    女神「あんな死に方をしたのに、ですか?」

    女神「自ら首を吊ったあなたが、大丈夫だと言えますか?」

    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:31:40.70 ID:tw4cR42z0
    勇者「…………」

    勇者(無機質な縄に絞めつけられた感覚が脳裏をよぎる)

    女神「勇者さまは転生を繰り返す日々に疲弊し、魔王を倒した次の日に自殺したんです。覚えているでしょう?」

    勇者「でも死んだところで、どうせここに戻ってくるんだからいいだろ?」

    女神「いいわけありません!」

    勇者「!」

    女神「今まで、勇者さまの身にどんな不幸があろうと、私が転移するまでその生を全うしていました。そのあなたが、自ら命を断つなんてこと、見過ごせる訳ありません」

    勇者「たまたま、ちょっと魔が差しただけだ」

    女神「魔が差して自殺する、そんな勇者が世界を救えると思いますか?」

    勇者(できる、と思った)

    勇者(何回も何回も、同じようなことを繰り返してきたのだ。もう機械のようにやるべきルートをたどって、俺は魔王を倒せる)

    女神「できる、と?」

    勇者「……!」

    女神「では、勇者様。これを」スッ

    勇者「この光は……! くっ!」

    女神「あなたがさっき魔王を倒した世界の光景です」

    女神「見えるでしょう?」

    勇者「……なんで」

    勇者「魔王が死んだって、みんな喜んでいたのに……」

    女神「みな、悲しんでいるのです」

    女神「あなたの、死を」

    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:32:16.79 ID:tw4cR42z0
    勇者(世界が平和になってから起きることは、基本的に二種類のいずれかだ)

    勇者(平和になってからの経過を見る中で、それ以上の驚異が訪れないと確信したところで、また別の世界に飛ばされるか)

    勇者(あるいは、それを待たずして勇者としての力を恐れる人々によって糾弾され、吊し上げられて殺されるか)

    勇者(どちらにしてもそれ以降で人間が魔族によって滅ぼされることはないのだから、俺にとっては五十歩百歩だ)

    勇者「……ああ、思い出したよ。だから、俺は死んだんだんだな」

    勇者「魔王がいなくなった世界で、これ以上生きていても意味がないとわかったから」

    女神「正確にはわかったではなく、そう思い込んだんです。こんなことになるとは思ってもみなかったでしょうから」

    勇者「けど、もう魔王によって人間が滅びることはない。そうだろ?」

    女神「それは、そうですが……」

    女神「しかし、積み重なった悲しみ、苦しみ、怒り、それらが、勇者様の精神を蝕んでいきました。肉体が死んでも再生できますが、心は、魂はそうもいきません」

    勇者「俺にはまだ救わなきゃいけない世界が、人たちがいる」

    女神「まだ気づいていないようですね」

    勇者「えっ?」

    女神「もう勇者さまは何年も、いえ、何十年も笑っていません」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:32:58.79 ID:tw4cR42z0
    勇者「そんなことはないよ。旅の途中も、魔王を倒した後も、何回も笑ってた」

    女神「それは表面だけを取り繕うための作り笑いでしょう? 一体どれだけ長い間、勇者さまのことを見てきたと思っているのですか」

    勇者「……ぐうの音も出ないな」

    女神「……いえ、勇者様に怒りをぶつけるのは間違っていますね。あなたの心の磨耗に気づけなかった私の責任です」

    勇者「いや、俺は――」

    女神「だから、あなたには休養をとっていただきます。とある場所で数ヶ月ほど」

    勇者「数ヶ月!?」

    女神「ええ。でも安心してください。きっと一瞬のように過ぎ去りますから」

    勇者「冗談じゃない! そんなことをしているよりも先に、やらなければならないことがあるのに」

    勇者(数ヶ月あれば、うまくいけば一つの世界が救えるかもしれない。最短だったら、一ヶ月で救ったこともある)

    女神「どんな時でも休養は必要ですよ。ほら、このチラシをご覧になって」

    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:33:25.53 ID:tw4cR42z0
    『この世の楽園! 最高のバカンスがあなたを待っています!』

    『温泉、遊戯施設などのあらゆるリラクゼーション施設の完備! 一生分の贅沢をあなたに』

    勇者「…………」

    女神「どうですか? ここならじっくりお休みできると思いますが」

    勇者「こんなの、どこにあるんだ?」

    女神「そういうものが存在する世界があるのです。そこにあなたを転移させます」

    勇者「くだらない。それこそ転生の無駄遣いだ」

    女神「必要投資ですよ、勇者さま。それと生まれ直すわけではありませんから、転生ではなく転移です」

    勇者「…………」

    女神「それでは、勇者さま。良いバカンスを」

    勇者「ちょ、ちょっと待て。あまりにも急すぎる」

    女神「別にここにいたって、何もありませんから」

    勇者「いや、あるだろう。準備とか」

    女神「ご心配無用。必要なものは全てあちらにございますから」

    勇者「そういうことじゃ――」

    女神「転移魔法(フィラー)!」

    勇者「女神様っ!?」

    8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:34:12.71 ID:tw4cR42z0
    女神「大丈夫です。ゆっくり、休んできてください♪」

    勇者「こんなことをしている場合じゃないだろ……」

    勇者(俺の義務は世界を救うことで、どこかで休むことでも遊ぶことではない)

    女神「では……、…………あれ?」

    勇者「女神様?」

    女神「あれ? 何かおかしいですね?」キョトン

    勇者「おかしいって、女神様?」

    女神「……あ」

    勇者「『あ』って何ですか。まさか……」

    女神「え、えへへー」

    女神「あっ、でも大丈夫ですよ、勇者様。……たぶん」

    勇者「たぶん!?」

    ピュウウウゥゥゥゥン…

    9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:34:41.91 ID:tw4cR42z0
    ――

    ――――

    ザァァン…

    勇者「ここ、は……」

    勇者「……青い」
     
    勇者(雲ひとつない紺碧の空だ)
     
    勇者(その中にひとつ浮かんでいる太陽が、ひどく眩しい)

    勇者「この音は……海?」

    少女「あなたは、何をしているの?」

    勇者「えっ?」

    少女「こんなところで寝てて、風邪はひかないけど変だよ」

    勇者「そんなやつに話しかけてくるなんて、君も人のこと言えないんじゃないか?」

    少女「言われてみたら……、うん、そうだね。あははっ」

    10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 01:35:12.25 ID:tw4cR42z0
    少女「それで、結局質問に答えてもらってないんだけど」

    勇者「質問って?」

    少女「さっきも聞いたでしょ? 何をしているのかって」

    勇者「ああ……、そう言えばそうだったな」

    勇者「この世界には、魔力の気とかないんだな」

    少女「マリョク?」

    勇者「いや、こっちの話」

    勇者(魔物から自然と発せられる瘴気のようなもの。それらがここでは一切感じられない)

    勇者(この世界には、魔王はいないのだ)

    勇者「そうだな……」

    勇者(だから、こう言うのが正しいのだろう)

    勇者「休暇、かな」

    14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:00:51.82 ID:tw4cR42z0
    ――

    ――――

    祈る。

    ただ、祈り続ける。

    あの人の悲しみが、どうか終わりへ向かうことを。

    あの人の苦しみが、どうか報われることを。

    祈る。

    ただ、祈り続ける。

    すべての悲しみが、どうか終わりへ向かうことを。

    すべての苦しみが、どうか報われることを。

    祈る。祈る。私は祈る。

    この行為に意味はないのかもしれない。

    それでも、自分にはそうすることしかできない。

    どうか、どうか。

    この世界に、救いを。

    ――――

    ――



    15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:01:18.24 ID:tw4cR42z0
    少女「休暇?」

    勇者「ああ」

    少女「何それ、あなた働いてるの?」

    勇者「働いてる、か。そんな風に考えたことはなかったな」

    勇者「でも、そういうのではないな。たぶん」

    少女「そうよね。あなた、どう見ても大人ではないもの」

    勇者「はっ?」

    少女「『はっ?』って、私と同い年くらいでしょ?」

    勇者「この手の大きさ……、なるほど。確かにそうなのかもしれない」

    少女「でも、なら私と同じね」

    勇者「同じ?」

    少女「ええ。私も今ちょうど夏休みなの。あなたもそうなんでしょ?」

    16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:01:51.31 ID:tw4cR42z0
    勇者「夏休み……」
     
    勇者(記憶の彼方にそんな単語があったような気がする)

    勇者(今まで救ってきた世界の中に、ここに似たようなのあっただろうか)

    勇者「……あ」

    勇者(ふいに脳裏にある光景がよみがえる)

    勇者(高い建物がいくつも建ち並び、数えきれないほどの人が歩いている)

    勇者(空気はどこか濁っていて、ただ呼吸することすらもままならない、あの世界)

    勇者(ああ、覚えている)

    勇者「……東京って、知っているか?」

    少女「東京? あなた、東京から来たの?」

    勇者「知ってるのか?」

    少女「いや、知らない訳ないでしょ。日本に住んでて東京って単語聞いたことない人いないと思うよ」

    17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:02:22.48 ID:tw4cR42z0
    少女「へぇ……。なら、なんでわざわざこんなところに?」

    勇者「なんでって?」

    少女「だって、ここには何もないのに。ただ、海と山があるだけで、遊園地も動物園も、そういう楽しいものは何もない、退屈な場所なのに」

    勇者「動物園、遊園地……。あったような、なかったような……」

    勇者(この世界の言葉を口する度に、かつての記憶がよみがえってくる)

    勇者(どうしてだろう)

    勇者(どこか、懐かしさすら覚えてしまう)

    勇者「旅を、しているんだ」

    少女「…………はい?」

    勇者「旅だよ。いろんなものを見て回るんだ」

    少女「その歳で? しかも一人で?」

    勇者「普通じゃないのか?」

    少女「いやいや、普通じゃないよ」

    勇者(この年齢で一人でいるうってつけの理由だと思ったが、ここでは一般的ではないらしい)

    18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:03:04.16 ID:tw4cR42z0
    少女「へぇ……。その歳で一人旅かぁ。羨ましいな」

    勇者「そうか?」

    少女「うん、私もできるならしてみたいな」

    勇者「してみればいいじゃないか」

    少女「そうしたいのは山々なんだけどね……。ほら、世の中物騒だしね。親とかが許してくれないよ。お金もないし」

    勇者「おかね……、あっ!?」

    少女「わ! び、びっくりした」

    勇者「……これは、マズいな」

    勇者(そうだ。ここには魔物は存在しないのだった)

    勇者(全くと言っていいほどに、魔力を感じないとついさっき思ったばかりじゃないか)

    勇者「……となると宿も借りれないし野宿か」

    勇者「これじゃバカンスじゃなくて、サバイバルだ」

    19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:03:33.07 ID:tw4cR42z0
    少女「もしかして、お金ないの?」

    勇者「…………」

    少女「あなた、バカなの?」

    勇者「ぐぅ……」

    勇者(ぐうの音も出ないとはこのことだ。いや、ぐぅって言っているが)

    勇者「はぁ……」スッ

    少女「突然立ち上がって、何をする気?」

    勇者「まぁ、いろいろ」

    少女「いろいろって?」

    勇者「ちょっと、仕事探してくる」

    少女「えっ?」

    勇者「まぁ、選ばなければ何かしらあるだろ。小遣い稼ぎ程度でも一晩宿をとれるくらいの仕事は」

    少女「ちょ、ちょっと、あなた、何言ってるの?」

    勇者「短い間だけど世話になったな。じゃあ」



    20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:04:00.57 ID:tw4cR42z0
    ソレカラドシタ

    勇者「ああ、夕日だ……」

    勇者「あはは、綺麗だな……」

    勇者「海もオレンジ色……、綺麗綺麗……」

    勇者「…………」

    勇者「野宿かぁ……」

    少女「だと思った」

    勇者「!」バッ

    少女「そんな驚く、普通?」クスクス

    勇者「なんだ、笑いに来たのか」

    少女「ただ単に気になっただけだよ」

    勇者「暇なんだな」

    少女「うん、暇だね」

    少女「特にすることも、したいこともないから」

    21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:04:33.55 ID:tw4cR42z0
    少女「で、仕事は見つかったの? プー太郎くん」

    勇者「もうわかってるんじゃないか。戦利品はこれだけだ」

    少女「何それ? ……アメ?」

    勇者「そうだ。見た目が子どもだから、真面目に取り合ってもらえなかったんだ」

    少女「それで……アメ」

    勇者「『えらいねー』なんて言われて、頭を撫でられたな」

    少女「ぷっ……! それは……そうなるでしょっ」

    勇者「……パクッ」

    少女「なに味?」

    勇者「ぶどう。なかなか美味いぞ」

    グゥー

    勇者「……腹は満たせないが」

    22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:05:01.75 ID:tw4cR42z0
    少女「ふふっ。……ふふふ、あははっ!」

    勇者「そんなに笑うか」

    少女「あーおかしい……。だってなんかおじさんみたいなんだもん。話し方とか」

    勇者「!」

    少女「いや、冗談だけどね。ちょっとそう見えたってだけ」

    勇者(この子、結構鋭いな……)

    少女「ねぇ」

    勇者「ん?」

    少女「あなた、私の家に来ない?」

    勇者「君の家?」

    少女「ええ」

    勇者「いいのか?」

    少女「大丈夫よ。たぶん、だけど」

    勇者「たぶんって……」

    23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:05:29.03 ID:tw4cR42z0
    勇者「どうして、俺なんかを?」

    少女「どうしてって?」

    勇者「今さっき会ったばかりの奴に、どうしてここまでしてくれるんだ?」

    少女「だって、あなた悪い人ではなさそうだから」

    少女「あ、頭は悪そうだけど」

    勇者「今のは余計だな」

    少女「お金も持たずに旅をしてる人を、頭悪いと言わないでなんて言うのかな?」

    勇者「……それを言われると痛いな。って、それだけ?」

    少女「それだけだけど?」

    24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:06:13.10 ID:tw4cR42z0
    ――

    ――――

    少女「着いたよ。ここが私が住んでる家」

    勇者「……本当に大丈夫か? なんか今になって不安になってきたんだが」

    少女「じゃ、ここでちょっと待ってて」

    勇者「? わかった」

    少女「ただいまー!」

    ??「あら、おかえりなさい」

    勇者「…………」

    勇者「…………」

    一分後

    勇者「…………」

    五分後

    勇者「…………」

    勇者「俺はいつまでここにいればいいんだ?」

    少女「ほら、こっち来て」

    勇者「?」

    少女「上だって。こっち!」



    25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:06:48.19 ID:tw4cR42z0
    勇者「なんで二階にいるんだ?」

    少女「そこの倉庫のところからこっち上がってこれるから。見つからないうちに早く!」

    勇者「え、許可とか――」

    少女「そんなのとれるわけないでしょ」

    勇者「不法侵入だ」

    少女「泊まれる場所が必要なんじゃないの?」

    勇者(それを言われると弱い)

    勇者「……なんてやつだ」

    少女「早くこっち! 理由はあとで話すから」

    勇者「あ、ああ」

    26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:07:17.87 ID:tw4cR42z0
    勇者「ここが君の部屋か?」

    勇者(随分とサッパリしてるというか、物が少ない)

    少女「ええ、毎年来るからもう私専用の部屋ね」

    勇者「毎年?」

    少女「言ってなかったかな。ここ、私のおばあちゃんの家なの」

    勇者「おばあちゃん?」

    勇者(話がさっぱり見えない。ここでどうして彼女の祖母の話が出てくるんだ?)

    少女「夏休みになるといつも、おばあちゃんの家に遊びに来るの」

    勇者「…………」

    勇者「……つまり、普段からここに住んでるわけじゃないということか?」

    少女「そうだよ?」

    勇者「普段は?」

    少女「あなたと同じ東京在住の中学生だよ」

    勇者「自己紹介で在住なんて、なかなか使うものじゃないぞ」

    27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:07:52.13 ID:tw4cR42z0
    少女「まぁ、私の話なんてどうでもいいよ。それよりも」

    勇者「どうでもいいわけがない。これは完全に不法侵入だ」

    少女「住んでる私が入れたんだから、捕まったりしないでしょ」

    勇者「そういう問題じゃない。家の中で君の家族に出くわしたらどうするんだ」

    少女「来ないよ」

    勇者「えっ?」

    少女「親は仕事で東京。ここにいるのは私とおばあちゃんだけだし、おばあちゃんも滅多にここには来ないし」

    少女「……ともかく! ここにいれば宿には困らないし、おばあちゃんだけには見つからないように! いい?」

    勇者「いいって言われても……」

    勇者(でも、外はもう日が暮れかけていて、辺りが暗闇に包まれるのも時間の問題だ)

    勇者(ただ、それでもわからない。なぜここまで今日会ったばかりの俺に……)

    少女「その代わり……」

    勇者(だろうな。何か裏があると思っていた)

    28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:08:18.51 ID:tw4cR42z0
    少女「……ううん、やっぱり内緒!」

    勇者「はい?」

    少女「内緒って言ったら内緒なの!」

    勇者「内緒って、それは……」

    少女「女の子の秘密を知りたがる男なんて、嫌われるよ?」

    勇者「そこまで言われて知りたがらない人間の方が、よっぽど信用ならないと思うが」

    少女「それも……そうだね! あはは!」

    勇者「それなら……」

    少女「だからって教えるとは限らないけどね」

    ゴハンダヨー

    少女「あ、おばあちゃんだ。はーい!」

    少女「他の人に見られないようにね! わかった?」

    勇者「お、おい……」

    バタン

    勇者「…………」

    勇者「…………」グゥー

    勇者「……腹、減ったな」

    29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 20:08:52.40 ID:tw4cR42z0
    ――

    ――――

    魔王の虚ろな目が、俺の顔を睨んだまま止まっていた。

    ピチャリ、と音。

    それ以外は無音のまま。

    勝利のファンファーレなんて流れない。

    仲間の歓喜の声も聞こえない。

    振り返ったって、魔王の獄炎に焼かれて炭となったモノがあるだけだ。

    静寂が包んだ城の広間に、外から微かに歓声が聞こえてくる。きっと魔王が死んだことを知ったのだ。

    終わった。

    幾年にも及ぶ人間と魔族の戦いが、ようやく終わりを告げた。

    平和が訪れたのだ。

    もう魔族の者と戦う必要も、いつ殺されるかもわからない夜を過ごすことも、闇を恐れて生きる義務も、今となっては不要の長物だ。

    なのに、どうしてだろう。

    こんなにも、得たものよりも失ったもののことが頭の中に浮かぶのは。

    ――――

    ――



    39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 21:55:47.96 ID:nEjYyBBl0
    勇者「……はっ!」

    勇者「夢、か」

    勇者「もう夜……」

    少女「すぅ……すぅ……」

    勇者「おっと」

    勇者(もう結構遅いのだろうか。グッスリ眠ってる)

    勇者(薄いタオルケットのようなものをかけているものの、寝返りを打ったのかズレてしまっていた)

    勇者「お腹出してると、風邪引くぞ」サッ

    少女「うーん……、むにゃむにゃ……」

    勇者「……はぁ」

    勇者(成り行きでここにいることになってしまったが、一体どうなっているのだろう)

    40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 21:56:20.83 ID:nEjYyBBl0
    勇者(女神様の反応から考えるに、恐らくは俺を転移させる世界を間違えたのだ)

    勇者(そしてこっちに来てから女神様とコンタクトする術もない。いつもなら魔法で異空間にいる女神様と話すことができたのに、ここには魔力が満ち足りていないせいで、それも不可能だ)

    勇者(つまりは、俺を異世界転移させる張本人に、何かを伝えることすらできないのだ)

    勇者「どうしたものか……」

    勇者(参った。本当に、どうしようもない)

    勇者(このままこの世界で老いて死ぬのを待つだけなのか)

    勇者「……あ」

    勇者(待てよ、わざわざそんなの待つ必要はない)

    勇者(異世界転移する方法は他にもある。魔王と戦い始めた頃は、しょっちゅうやられて女神様の元へと飛ばされたものだ)

    勇者(つまり、死ねばいい)

    勇者(それが、この世界から即時的に脱出するための唯一の手段)

    勇者「……いや、待てよ?」

    勇者(現状、女神様とのリンクが切れていることを考えると、死んでも女神様の元へ戻れないかもしれない)

    勇者(そのまま本当に死んでしまっては、本末転倒もいいところだ)

    グゥー

    勇者「……腹減ったな。……あれ?」

    勇者(少女の傍らに白い皿があった。その上には――)

    勇者「……とうもろこし?」

    41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 21:56:50.20 ID:nEjYyBBl0
    勇者「紙が落ちてる。ふむ……」

    『眠ってたから、置いておくね。これしか用意できなくてごめん』

    勇者(……なんで謝るんだ。こっちはお礼を言いたいくらいなのに)

    勇者「…………」ムシャムシャ

    勇者「うまい……っ!」

    勇者(ただでさえ甘いのに、さらにかかっている塩がとうもろこしの甘みを絶妙に引き立てている!)

    勇者(犯罪的だ……、甘すぎる……! 美味すぎる……!)

    勇者「……ごちそうさま」

    勇者(ついさっきまで死のうと思ってたくせに、目の前に食べるものが現れると途端に忘れるなんて)

    勇者(我ながら単純というか、何と言うか……)

    少女「むにゃむにゃ……、あっ、寝ちゃってた」

    勇者「起こしてしまったな。すまん」

    少女「ううん。ちょうどよかったし」

    勇者「ちょうどいい?」

    少女「外、天気いいでしょ?」

    勇者「まぁ、確かにいいが……」

    42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 21:57:17.09 ID:nEjYyBBl0
    少女「じゃあ」

    勇者「ちょっと待て。そこは窓だぞ。まさか飛び降りるつもりか?」

    少女「そうだよ?」

    勇者「えっ」

    少女「あなたもついてきてね」ピョン

    勇者「はぁ!? ……って、そこ倉庫だったか」

    少女「焦った?」

    勇者「……焦ってない」

    少女「じゃあそういうことにしておいてあげるよ」クスクス

    勇者「む……」ピョン

    勇者(おいおい、相手は中学生だぞ。ムキになってどうする。落ち着け……)

    勇者「で、今からどこに行くつもりなんだ?」

    少女「ちょっと行ってみたい場所があってね」

    勇者「こんな真夜中に?」

    少女「こんな真夜中だからだよ」

    43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 21:58:50.14 ID:nEjYyBBl0
    ――

    ――――

    少女「ふんふんふーん♪」テクテク

    勇者「……あのさ」テクテク

    少女「うん?」

    勇者「とうもろこし、ありがとう」

    少女「えっ? あー、あれね。ううん、あれしか持ってこれなかったし」

    勇者「いや、空腹だったから、本当に助かった」

    少女「助かったのはこっちの方だよ」

    勇者「?」

    少女「だって、あなたのおかげで、今こうやって外を歩けてるんだもの」

    勇者「俺は護衛代わりか」

    少女「そう! いくらこの辺が田舎だからって、油断してたら、がおっ! ……ってやられちゃうかもしれないからね」

    勇者「危ないって自覚はあったんだな」

    少女「当然でしょ。こんな時間に中学生が一人で出歩くなんて……」

    勇者「それが、俺に良くしてくれる理由か?」

    少女「うーん……。まぁ、それもあるのかな」

    勇者「なんだか煮え切らないな」

    少女「……今日、晴れててよかった。昨日は曇ってたから……」

    勇者「…………」

    44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:00:11.11 ID:nEjYyBBl0
    勇者(辺りから他の人間の気配はしない。街灯すらないから、そもそも暗闇の中を出歩こうする輩も少ないのだ)

    勇者(彼女はああ言っていたけど、この世界はかなり安全な方だ。もしも魔王がいる世界だったら、とっくに魔物に襲われている)

    少女「着いたよ」

    勇者「着いた?」

    少女「うん」

    勇者「ただの道にしか見えないが」

    少女「うしろ、見てみて」

    勇者「うしろって……。わぁ……っ!」

    勇者(思わず声が漏れた)

    勇者(目の前に広がる、至る所に光が散らばる星の海)

    勇者(視界の全てが、星に覆われていた)

    少女「綺麗でしょ?」

    勇者「ああ……」

    勇者(上半分は夜空で、下半分はそれを反射する海面なのだろう。しかし不規則に並ぶ星々の群れのせいで対象性を感じず、夜空を描いた大きな一枚の絵画のように見えるのだ)

    勇者(この辺りの人はもう就寝しているのか、近隣の民家の明かりもなく、その暗さがさらに空の弱い光を際立たせる)

    少女「よかった、気に入ってもらえたみたいで」



    45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:00:44.03 ID:nEjYyBBl0
    少女「ここね、明るいうちも綺麗なんだ」

    勇者「へぇ……」

    少女「ずっと前から、暗くなって、もしも星が出てたら、すごく綺麗なんだろうなって思ってたの」

    少女「でも、暗くなったら危ないからって、家から出してもらえないし。一人で歩くのも怖いし」

    勇者「そうだろうな」

    少女「だから、あなたがいてくれて、本当によかった」ニコッ

    勇者「!」

    勇者(待て待て待て待て。なぜ今ドキッとしたんだ?)

    勇者(相手は中学生だ。一方の俺はもう何百歳なんだ? これじゃロリコンじゃないか)

    少女「ほんと、綺麗……」

    46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:01:44.01 ID:nEjYyBBl0
    勇者(脳内の混乱は彼女の声によってすぐに解けて、頭上に広がる光景に再び心を奪われた)

    勇者(ただ俺たちは星空を見つめ続ける)

    勇者(二人から漏れ出す音は呼吸だけで、他にある音は夏の虫の声と、遠くから微かに潮風に乗って流れてくる波の音だけ)

    勇者(この世界にはもしかして俺と彼女しかいないんじゃないだろうか)

    勇者(こんなことを考えるなんて、本当に俺自身も子どもみたいだ)

    勇者(……もしかしたら、俺の精神はこの身体に侵食され始めているのかもしれない。だからこんなにも心が揺らいでいるのかもしれない)

    少女「ふふっ」

    勇者「なんだ?」

    少女「ううん、なんでもなーい」

    勇者「…………」

    勇者「……しだけ」

    少女「えっ? 何て言ったの?」

    勇者「……いや、何でもない」

    少女「えー。そこで止められると気になるよ!」

    勇者「さっきのお返しだ」

    少女「えー。大人げないなー」

    勇者(もう少しだけ)

    勇者(もう少しだけなら、いてもいいかもな)

    勇者(声に出してしまいそうになった言葉は、心の中だけに留めておくことにした)

    47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:02:10.59 ID:nEjYyBBl0
    少女「さっきの話だけど」

    勇者「さっき?」

    少女「あなたを泊める代わりに何をしてもらうかって話」

    勇者「ああ、何をすれば良いんだ? 俺にできることなら何でもやるけど」

    少女「……今ってさ、夏休みでしょ?」

    勇者「そう、だな」

    少女「きっとね、楽しいことがいっぱいあると思うの」

    勇者「そうか?」

    少女「そうだよ! だって中学二年生の夏だよ? 一度しかない夏だよ?」

    勇者「わ、わかった、わかったから」

    少女「だから……、その……っ!」

    勇者「うん」

    少女「……私を」

    勇者「ん?」

    少女「私を、楽しませてくれる……?」

    48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:02:53.24 ID:nEjYyBBl0
    勇者「君を、楽しませる?」

    少女「あ……っ!」カァァッ

    少女「べ、別に変な意味じゃなくてね!? そ、その……、そうだ!

    少女「面白いこと! 何か面白いものを、ことを、たくさん見せて欲しいの!」

    勇者「面白いこと……」

    少女「……だってここは、つまらないから」

    少女「…………」

    勇者「……わかった」

    勇者(ひとりでに口がそう動いた)

    少女「えっ?」

    勇者「君をとびきり楽しませる。死ぬほど面白い目にあわせてやる」

    勇者「その見返りとして、夏休みの間は君の家に厄介になる。そういうことだな?」

    少女「ほ、本当にいいの?」

    勇者「ああ」

    勇者「夏休みが終わるとき、最高の夏だったって、君に言わせてみせる」

    49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/29(金) 22:03:19.52 ID:nEjYyBBl0
    少女「……ほんとに?」

    勇者「ああ」

    少女「じゃあ、もしも楽しくなかったら、怒るよ?」

    勇者「ああ」

    少女「……わかった。楽しみにしてるね」

    勇者「任せとけ」

    少女「…………」

    勇者「…………」

    少女「……じゃあ、帰ろっか?」



    59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:50:48.59 ID:rm6y2SfE0
    ――

    ――――

    グシャリ。

    音がした。

    音。

    皮膚を貫かれ、中で臓器が捻れて千切れる音。

    それをかき消すように笑い声が響き渡る。

    雄叫びだ。

    泣き叫ぶ声だ。

    勝利を悦ぶ声と、痛みに叫び散らす声が混ざり合って、耳を手で塞ぎたくなる。

    でも、それはできない。

    だって、私は祈り続けなければならないから。

    この組み合わせた二つの手のひらを、決して離してはならない。

    祈る。

    来るかもわからない、その日のために。

    奇跡でも起こらない限り訪れない、あの日のために。

    私は、祈る。

    ――――

    ――

    60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:51:24.07 ID:rm6y2SfE0
    コケコッコー

    勇者「ん……。朝……」

    少女「すぅー、すぅー……」

    勇者「もう六時か……。おい、起きろ。朝だぞ」

    少女「うーん……、んー……」

    勇者「む、起きないか」

    少女「むにゃむにゃ……」

    勇者「どうしたものか……」

    勇者「!」

    勇者「おーい」

    少女「うん……」

    勇者「もう昼だぞ」

    少女「…………」

    少女「えっ、うそ! 朝ごはんは!?」ガバッ

    61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:53:25.27 ID:rm6y2SfE0
    少女「…………」

    勇者「嘘だ」

    少女「~~~~~~~!」

    勇者「まさか朝食で起きるとはな」

    少女「ずるい、卑怯!」

    勇者「君が勝手に自爆したんだ」

    少女「鬼! 人でなし!」

    勇者「まだ言うか」

    少女「しかも、まだ六時じゃない。せっかく休みだからあともう少し寝ていたかったよ……」

    勇者「急にダメ人間みたいなこと言い出すな。昨日言ってたのは嘘だったのか?」

    少女「!」

    勇者「寝てても起きてても時間は過ぎる。なら、面白いことをした方が有意義じゃないか?」

    少女「忘れてなかったんだ」

    勇者「忘れるものか。俺の宿がかかってるからな」

    少女「でもそう言うってことは、もう何か案があるってこと?」

    勇者「……大体は」

    少女「ほんとに!? 昨日の今日なのに」

    勇者「まぁ、まだ確定じゃないが」

    少女「へぇ、そっかぁ……。楽しみ~。じゃあ、もうご飯食べて来ちゃうね! あ、持ってくるのはまたとうもろこしだけど、大丈夫?」

    勇者「恩に着る」

    62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:53:51.85 ID:rm6y2SfE0
    三十分後

    少女「いざ、出発!」

    勇者「テンション高いな」

    少女「でも、暑い……」

    勇者「落ちるまでが早すぎる……。その荷物は?」

    少女「これ? えー、どうしようかなー。うーん、やっぱり内緒」

    勇者「重いものだとちょっと厳しいと思うぞ」

    少女「大丈夫! たぶん!」

    勇者「たぶんか」

    少女「それで、どこに行くの?」

    勇者「とりあえず、村の方へ行こう」

    63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:54:31.11 ID:rm6y2SfE0
    農家「お、坊主!」

    勇者「おはようございます」ペコリ

    農家「女の子と一緒なんて今日はデートかい? いいねぇ、羨ましいねぇ」

    少女「デ、デートなんて……!」

    農家「はっはっはっ、楽しそうで何よりだ! 仕事は見つかったか?」

    勇者「ははっ、なかなか見つかりませんね。それにちょっと今日は別の用事がありまして」

    少女(あれ? なんかキャラ違くない?)

    農家「まぁ、デートだもんな! 仕事なんてサボってもいいもんさ!」

    農家妻「あら、聞き捨てならないわね」

    農家「げっ!」

    農家妻「お仕事さぼって一体何をしているのかしらねー」

    農家「ち、違う! 誤解だ!」



    64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:56:27.72 ID:rm6y2SfE0
    勇者「一つ、うかがってもいいですか?」

    農家妻「? いいけど?」

    勇者「この村には守り神がいて、祀っている祠のようなものがあると聞きました」

    農家妻「守り神?」

    農家「それって、あれのことじゃねぇか?」

    農家妻「あれって……あっ」

    勇者「…………」

    少女「?」

    農家「でもどうしてあんなとこに? もう誰も近づかんし、行ったって面白いものなんてないと思うぞ?」

    少女「えー……」

    勇者「俺たち二人とも、一ヶ月くらいここでお世話になるので、そういうのがあるなら一度お参りした方がいいかと思いまして」

    農家「へぇ。今時珍しいな」

    農家妻「そうね。村の人だって行くのは、おじいちゃんやおばあちゃんばかりなのに」

    65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:57:06.68 ID:rm6y2SfE0
    勇者「まぁ、ちょっとした旅みたいな感じですよ。冒険みたいな」

    少女「ぼ、冒険……!」ワクワク

    農家「ふむ……。ま、別にいいか。荒らすなんてことしないよな?」

    勇者「もちろんです」

    農家「ほら、あそこに山があるだろ?」

    農家妻「ふもとのあの辺りに祠に繋がってる道があるわね」

    農家「でも、あんまり整備されてねぇし危ないから、気をつけろよ?」

    農家「あと、そんな奥の方には行かないと思うけど、入り込むと熊とかも出てくるからな。念のために祠よりも奥には行くなよ」

    農家妻「そうね。それに暑いから水分補給もしっかりね」

    勇者・少女「「ありがとうございます」」ペコリ

    勇者・少女「「あっ……」」

    農家妻「ふふっ。仲が良いのね」

    農家「ああ、昔のオレたちみたいだ」

    農家妻「……そんなことあったかしら?」

    農家「あっただろ!?」

    66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:57:32.72 ID:rm6y2SfE0
    勇者「ついでに塩飴までもらえたな」

    少女「けっこーおいしいんらねー」

    勇者「もう食べてるし」

    少女「でもびっくりしたよ」

    勇者「なにがだ?」

    少女「だってもう顔見知りみたいになってたし」

    勇者「村に着いたら、とりあえず一通り回るのは基本だからな」

    少女「えっ、もう村中回ったの?」

    勇者「そうだが」

    少女「ということは、村中の人と顔見知りになったりも?」

    勇者「全員に会えたかはわからないが、大体の人は知ってると思う」

    67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:58:07.45 ID:rm6y2SfE0
    少女「すごい……、コミュ力の塊だ……」

    勇者「そんな大層なものではない」

    勇者(それが結局一番手っ取り早かっただけだ)

    勇者(まずよそ者としての不信感をなくすために会話は有用だし、情報も手に入る。逆にここを疎かにすると近道どころか、かなり遠回りになってしまうことがほとんどだ)

    少女「じゃあ、守り神さまだっけ? その話も昨日聞いたってこと?」

    勇者「その通り。今日向かうのもそこだ」

    少女「ふーん。それ、面白いの?」

    勇者「さあてな。面白いことを神様に祈っている」

    少女「その神様に会いに行くのに何言ってるの?」

    68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:58:48.89 ID:rm6y2SfE0
    森の中

    ミーンミーン…

    少女「はぁ……はぁ……」

    勇者「大丈夫か?」

    少女「こんなの、全然、平気だから」

    勇者「少し休んだほうがいいんじゃないか?」

    少女「平気だってば。あなたは……、ケロッとしてるね」

    勇者「まぁ、俺はな……」

    勇者(正直、俺はこれくらいなら何ともないが、彼女にとってはかなりの重労働だろう)

    勇者「きゅうけ――」

    少女「あなた、本当に東京から来たの……?」

    勇者「!」ドキッ

    少女「東京人にこんなに体力あるなんておかしいよ」

    勇者「偏見すぎないか?」



    69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 21:59:37.06 ID:rm6y2SfE0
    少女「東京人っていうのはもっとひ弱で体力なくて――」

    少女「というか、そんな貧弱そうな見た目でひょいひょい先に進んでくの、本当納得いかない!」

    勇者「ひどい言われようだな」

    少女「しかもひとり涼しい~顔しちゃって!」

    勇者「そんなこと言われても……」

    ??『……ま』

    勇者「……えっ?」

    勇者「今の声、君か?」

    少女「何のこと?」

    勇者「……まさか」ダッ

    少女「えっ!? ど、どこに行くの!?」

    勇者「そこで待ってろ!」

    少女「ちょっと!? 置いてかないでよ!!」

    70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/02(月) 22:00:13.48 ID:rm6y2SfE0
    勇者「はぁ……、はぁ……」

    勇者「……申し訳ないことをしてしまったな。あとで謝らないと……」

    勇者「でも、今の声は……」

    勇者「…………」

    ??『……さま』

    ??『……さま? ……すね!?』

    勇者「!」

    勇者「まさか……、その声……!」

    ??『勇者さま!!』

    勇者「女神様かっ!?」

    72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:54:07.42 ID:Ssm+TFWF0
    勇者「声だけ聞こえるが、一体どこに……!」

    女神『わかりません……。ここが数少ないこの世界に干渉できる場所なのですが、どうしてここがそうなのか……』

    勇者「……ん? なんだこれは?」

    女神『どうやらそこにある物が、この世界でただ一つ神性を帯び、そして通すことができるようなのです』

    勇者「声はここから聞こえてくるが、村の人が言ってた祠ってやつか?」

    女神『なるほど。村の人からの信仰を得て、それでこの場所は辛うじて神性を保てているわけですか。納得しました』

    勇者「それにしちゃ、寂れているような気もするが。……というか」

    女神『はい、なんでしょう?』

    勇者「これは一体何なんだ? そろそろ説明してくれてもいいだろう?」

    女神『……あはは~』

    勇者「笑って誤魔化そうとするな」

    女神『ダメですか』

    勇者「ダメだ」

    73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:54:32.76 ID:Ssm+TFWF0
    女神『えー、どこから説明しましょうか……』

    勇者「とりあえず、最初の異世界転移は失敗だったってことだな?」

    女神『えっ、えっとー……』

    女神『……あはは~』

    勇者「図星か」

    女神『いや~どうでしょうね~……』

    勇者「じゃあ最初に言ってたバカンス計画は何だったんだ」

    女神『そ、そんなものないに決まってるじゃないですかー』

    勇者「俺を騙したのか?」

    女神『あっ! 嘘ですよ! 本当はあります!!』

    勇者「もう何が本当なのかわからなくなってきたな」

    74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:55:04.80 ID:Ssm+TFWF0
    勇者「じゃあ次の質問」

    女神『あれ、失敗だったことになってませんか?』

    勇者「ここはどこだ?」

    女神『無視なんて……』

    勇者「質問に答えろ」

    女神『ひどい……勇者さま……』シクシク

    勇者「ああ、失敗だったと思っている」

    女神『無視しないでくれたのに悲しいのはどうしてでしょう……?』シクシク

    勇者「女神様が失敗したからだ。それでここは?」

    女神『ええと……、推測の範疇を出ませんが……』

    勇者「それで構わない」

    女神『どこかの時空に存在する世界……としか言いようがありませんね。今まで勇者さまが行った世界でも、これから行く予定だった世界でもありません』

    勇者「どうしてそんなところに飛んだんだ?」

    女神『……わかりません』

    勇者「わかりませんってそんな……」

    女神『でも、一つだけ確かなことがありますよ』

    勇者「?」



    75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:55:41.71 ID:Ssm+TFWF0
    女神『幸運にも、そこには魔王はいません』

    勇者「やはりそうか」

    女神『だから、休暇はそこでとれますね!』

    勇者「いや、その理屈はおかしい」

    女神『そうでしょうか?』

    勇者「そうだろう」

    女神『何が不満なのですか?』

    勇者「まず第一。強制的に休暇を取らされることになったわけだが、そもそも俺に休みなんて必要ない」

    女神『それは却下、と何度も言ったと思いますが』

    勇者「……第二。ここでは休みになんてならない。快適なバカンスどころか、衣食住にすら困るサバイバルだ」

    女神『そうですか? 少なくとも後の二つについては、どうにかなっていると思いますよ』

    76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:56:05.04 ID:Ssm+TFWF0
    勇者「は?」

    女神『心優しい女の子の家に泊まっているんでしょう?』

    勇者「なぜそれを」

    女神『ここからこの村で起こっていることのおおかたは見ることができますから』ニコリ

    女神『……まぁ、見ることしかできないんですけど』

    勇者「随分と都合のいい不都合だな」

    女神『それはともかく、ちょうどいいことになりました』

    勇者「ちょうどいい?」

    女神『勇者さまをすぐにこちらに戻すことができないんですよ』

    女神『こちらから魔力を送るための道とでも言いましょうか、それが極端に狭いのです』

    勇者「つまり、俺を転移させるのに時間がかかると」

    女神『およそ一ヶ月ほどです。だからその間、勇者さまはそちらで羽を伸ばすことができますし』

    勇者「一ヶ月……」

    77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:56:35.36 ID:Ssm+TFWF0
    ――

    ――――

    少女「…………」テクテク

    少女「確かこっちの方に……」

    少女「……いないなぁ」

    少女「どこ行っちゃったの……?」

    ガサガサガサッ!

    少女「きゃっ!?」

    少女「な、なんだ……。虫か……。びっくりしたぁ……」

    少女「あれ?」

    少女「…………」キョロキョロ

    少女「…………」ボー

    少女「……はっ!」

    少女「いけないいけない、ボーッとしてた」

    少女「…………」キョロキョロ

    少女「……ここ、どこ?」

    78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:57:03.75 ID:Ssm+TFWF0
    勇者「はぁ……」

    勇者(本格的にここに一ヶ月いることになってしまった)

    勇者(一体どうしたものか)

    勇者(さすがにそんなに長い間、彼女の家に厄介になるわけにもいくまい。というか、確実に彼女の祖母に見つかることになるだろう)

    勇者「……いやいや」

    勇者(つい昨日、彼女に最高の夏休みにしてやると口にしたばかりではないか。そう考えればちょうどいいとも言える)

    勇者「ちょうどいい……」

    勇者(そういえば女神様もそんなことを言っていた。もしかして俺と彼女との約束を知った上で、あんなことを言ってきたのではないだろうか)

    勇者(まぁ、今となってはもうわからないことなのだが)

    勇者(あれから女神様はこの世界へ魔力を転送するのに注力するとのことで、この世界とのリンクを切ってしまった)

    勇者(俺があれこれ聞き出そうとするのから逃げたといった格好だ)

    79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:57:29.73 ID:Ssm+TFWF0
    勇者「おや? ここだったよな?」

    勇者「……木の配置、石の削れ具合、うん。ここ以外あり得ない」

    勇者「おーい!」

    勇者「…………」

    勇者「はぁ……」

    勇者「ここから動くなって言ったのに」

    勇者「…………」

    勇者(やはり魔の気の類は感じられないから、魔物はいないだろう)

    勇者(しかし、野生の動物の類なら話は別だ。この山の中にはいくつもその気配を感じる)

    勇者「くっ……!」

    勇者(最悪の予感が脳裏をかすめた。もしも奥の方に入り込んで、狂暴な獣などに一人で出会してしまった場合、きっと無事ではすまない)

    勇者「探すしか、ないな……」



    80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/03(火) 19:58:29.89 ID:Ssm+TFWF0
    少女「どうしよう。どっちから来たかな……?」

    少女「歩きづらいよ……きゃっ!!」ズルッ

    少女「いたた……。ちゃんとあそこで待ってればよかった」

    ガサッ

    少女「えっ?」

    ドスッ

    少女「……っ」

    ドスッ

    ドスッ

    少女「な、なに……?」

    ドスッ

    ??「がうぅ……」

    少女「うそ……っ。く、熊……!?」

    83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:48:52.95 ID:Idke5ybw0
    熊「ぐわぉっ!」

    少女「いやああああっ!? きゃああああっっ!!」

    少女「なんで!? どうしてこんな……!」

    熊「ぐぉっ! ぶおおっ!!」

    少女「助けてぇっ!!」

    ゴッ

    少女「きゃあっ!?」ズワァッ

    少女「いたた……。ひぃっ!?」

    熊「ぐぉぉ……」

    少女「いや……っ。誰か……!」

    バキィッッ!!

    熊「ぶぉんっ!?」

    少女「!?」

    84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:49:18.89 ID:Idke5ybw0
    少女「あ……」

    勇者「よかった、間に合った……」

    勇者(頭に振り下ろした木の枝は真っ二つに折れているが、熊は依然として倒れる素振りを見せない)

    少女「あ、あ……」

    勇者「大丈夫か? 早く逃げ――」

    少女「後ろっ!!」

    バンッ!!

    勇者「ぐふっ!?」

    勇者(痛烈な衝撃。一瞬の浮遊感を味わった後、地面に叩きつけられる)

    少女「大丈夫!?」

    勇者「ぐぅ……。ちくしょう……」

    85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:49:54.60 ID:Idke5ybw0
    勇者「何か火でもあれば、追い返せるのに……」

    勇者「……火、そうだ!」

    熊「ぼぉう……」

    勇者(俺には魔法が使えるのだった。最下級の炎魔法なら倒すことはできなくとも、引き下がらせることくらいならできるだろう)

    勇者「炎魔法(フレイヤ)!!」

    勇者(最下級の炎魔法とは言え、拳大ほどの大きさの炎は出るはずだ。それならこいつを驚かせるくらい――)

    ポッ

    勇者(手のひらから、米粒のような光が現れる)

    シュン

    勇者(そしてすぐに消えた)

    少女「…………」

    熊「…………」

    勇者「何てことだ……。マッチよりも弱いなんて」

    勇者(魔力がほとんどないことが、ここでも影響出るとは……)

    熊「ぶおおおっ!!」

    勇者「まずい、挑発になってしまった!!」

    86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:50:22.49 ID:Idke5ybw0
    ドスッ、ドスッ

    少女「えっ?」

    勇者(熊の足は彼女の方へと向いている)

    勇者「くそ……!」ダッ

    ドンッ

    勇者(彼女を抱き抱えるようにして横っ飛びし、背中から着地する)

    少女「うわっ!?」

    勇者「ケガは?」

    少女「私は大丈夫……、ってあなたの方こそ……っ」

    勇者「別にこんなの大したことない。それより、さっさと逃げろ」

    少女「えっ?」

    勇者「あれは俺が引き付ける。その間に君は逃げるんだ」

    熊「ごぉう……」

    少女「そんなこと……!」

    勇者「早く!」

    少女「!」

    少女「……っ」

    少女「絶対、戻ってきてね……っ」ダッ

    勇者「ああ」



    87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:50:48.80 ID:Idke5ybw0
    タッタッタッ

    勇者「さて、と」グッグッ

    勇者「この身体でも……、うむ、動けそうだな」ピョンピョン

    勇者「さすがに、熊相手にボコボコに叩きのめしてる姿なんて、見せられないからな」

    熊「ぐぉ?」

    勇者「さっきの分、倍にして返してやる」

    熊「ぶぉう!!」

    ――――

    バキッ、ボコッ、ズバンッ、ドカーン!

    ウォォーーーーン…

    ――――

    勇者「……ふぅ」

    88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:51:18.55 ID:Idke5ybw0
    勇者「おーい」

    少女「あっ!」タッタッタッ

    勇者「どうにか逃げ――、うわっ!?」

    勇者(彼女は駆け寄ってくると、そのままの勢いで抱きついてきた)

    少女「ひどいよ……。あんなところにいきなり置いてけぼりにするなんて……」ギュッ

    少女「こわかった……。誰もいなくて、ここ暗くて、本当に、こわかったのに……」

    勇者「……すまない」

    少女「ひどいよ……、でも」ギュッ

    勇者「?」

    少女「あなたが無事で、本当によかった……」

    勇者(元々、彼女を楽しませるために計画したのに、こんなにも怖がらせてしまった)

    勇者(これじゃ、約束を破ったのと同義だ)

    勇者(もっと気をつけていれば……)

    勇者「もう、こんな目になんか遭わせない」

    勇者「もう二度と、こんな怖い思いをさせない。約束する」

    少女「……うん。ありがと」

    89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:51:55.50 ID:Idke5ybw0
    少女「……あ」

    勇者「どうした?」

    少女「アレって……」

    勇者「ん? ……なんだ、アレ?」

    少女「これかな? あの人が言ってた、祠って」

    勇者(さっき女神様と話した時のに比べて、ずっと大きく立派な祠がそこにはあった)

    勇者「そう……らしいな。……あれ? じゃあアレは何だったんだ?」

    少女「アレって?」

    勇者「これよりも小さいのがあったんだ。さっき」

    90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:52:40.99 ID:Idke5ybw0
    少女「まぁ、結果オーライなのかな」

    勇者「結果オーライ?」

    少女「だって二人とも無事だし、ここにもたどり着けたし」

    勇者「確かに、言われてみれば……」

    少女「きっと、ここの神様が助けてくれたんだよ」

    勇者「そう、かもな」

    勇者(確かにこの山の中で彼女をすぐに見つけられたのは、運が良かったのが大きい。それだってギリギリだったくらいだし)

    少女「ありがとうございました。私たちを助けてくれて」

    勇者「……」ペコリ

    少女「あなたも、ね?」

    勇者「えっ……」

    少女「助けてくれて、ありがとね」

    勇者「……そんな礼を言われる権利は、俺にはない」

    勇者(俺の不注意で彼女を危険に晒してしまったのだ。罵られることはあっても、そんな言葉を受け取っていいわけがない)

    91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 22:53:14.45 ID:Idke5ybw0
    少女「……さっきはああ言ったけど」

    勇者「?」

    少女「ちょっと、楽しかったよ」

    勇者「!」

    少女「こわかったし、殺されちゃうかもって思ったけど、でも、ちょっと面白かった」

    少女「だって今までずっと何もなかったから」

    少女「流石にもうごめんだけどね」ニコッ

    勇者「…………」

    少女「だから、そんなに気に病まなくていいよ。ね?」

    勇者「…………」

    勇者「ありがとう」

    少女「じゃあ、そろそろ下りよ?」

    勇者「…………」コクン



    95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:30:22.08 ID:ScR/6PTI0
    ――――

    勇者「そう言えば、それ」

    少女「それ?」

    勇者「熊に襲われてるときもずっと離さなかったけど、結局何なんだ?」

    少女「うふふ~。それは下りてからのお楽しみだよ~」

    勇者「は、はぁ……」

    少女「あ、でもグチャグチャになってないかな……」

    勇者「…………」

    勇者(改めて、祠の方を見る。いくつか解せない点があって、それが頭の中から離れない)

    勇者(ここに来るとき、農家の人が言っていたこと)

    農家『あと、そんな奥の方には行かないと思うけど、入り込むと熊とかも出てくるからな。念のために祠よりも奥には行くなよ』

    勇者(まだこの辺りは山全体で言えば、まだ最初の方といったところだ。もしもこんなところまで熊が出て来るのなら、あの人も俺たちに行くようには言わなかっただろう)

    勇者(しかし現実として、俺たちの前に姿を現した)

    勇者(一体、なぜ……?)

    96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:30:54.17 ID:ScR/6PTI0
    少女「やっと家とか見えてきたね」

    勇者「さすがにもうここまでは追ってこないだろう」

    少女「ふふっ。……あれ? そういえば傷とかは?」

    勇者「!」ギクッ

    勇者「な、何の話だ?」

    少女「さっき熊に襲われたとき、結構ボロボロだった気がするんだけど……」

    勇者「気のせいだ。うん」

    少女「そうだったかな……?」

    勇者「そうだとも」

    少女「怪しいな……」

    97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:32:40.97 ID:ScR/6PTI0
    勇者「だってさっきから今の間に、自然に傷が塞がるわけないだろう?」

    少女「うーん……。ちょっと腕とか見せてよ」

    勇者「ほら」

    少女「……ないね。綺麗なままだ」

    勇者「だろう?」

    勇者(実際のところ、傷はあった。だいぶ傷だらけだった)

    勇者(そのほとんどを回復魔法で塞いでしまったので、跡形もないが)

    勇者(さっきの炎魔法の一件でわかったことがある。それは、この世界では魔法の威力が著しく下がってしまう、ということだ)

    勇者(この傷口を治すくらいの魔法をかけても、一瞬痛みが和らいだような気がしたような、本当にわずかな効果しかなかった)

    勇者(しかし、実験も兼ねて何千人もの瀕死の人々を完全に回復させてしまうくらいの、究極回復魔法を自分一人に集中させたら、それでようやく俺の擦り傷は回復した)

    少女「でも、ちょっと顔色悪いね」

    勇者(余計な心配をかけないためにとはいえ、おかげで魔力はスッカラカンだ。もう一人分、少し体力を削って魔力を使用したせいもあって、今にも倒れてしまいそうですらある)

    98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:33:13.64 ID:ScR/6PTI0
    少女「でも不思議。私の方が傷が多いくらい……あれ?」

    少女「おかしいなぁ。この辺り転んで擦りむいてたような気がしてたのに」

    勇者「もうボケが始まっているのか?」

    少女「私まだ中学生だよ!? 変だなぁ……」

    勇者「おそらく焦っていて勘違いしたのだろう。よくある話だ」

    少女「うーん……」

    グゥゥー

    勇者「腹、減ったな……」

    少女「あら、もうお昼なんだね。……うふふっ」

    勇者「どうした?」

    少女「ううん、なんでも!」ニコニコ

    勇者(上機嫌なのを誤魔化しきれてないのだが)

    少女「あっ、ちょうどいいとこ発見ー!」

    勇者「? ああ、ちょうど日陰になってるな。少し休むか」

    少女「そうだね!」

    99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:33:40.91 ID:ScR/6PTI0
    少女「じゃじゃーん!」

    勇者「こ、これは……!」

    勇者(彼女が自信たっぷりに包みを広げると、可愛らしい弁当箱が姿を見せた)

    少女「うふふー。作ってきたんだよー!」

    勇者「そんな時間あったか?」

    少女「魔法を使ったの!」

    勇者「魔法? そんな魔法があるのか! 是非教えて欲しい!」

    勇者(これまでいろんな世界を旅してきたが、食糧を生み出すような魔法には、今までお目にかかったことがない)

    勇者(しかし、もしも食糧を生み出すような魔法があれば、まさに夢のような魔法だ)

    勇者(わざわざ持ち運ぶ労力もいらなくなるし、戦いが始まった後の兵士の士気の継続にもうってつけだ)



    100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:35:08.61 ID:ScR/6PTI0
    少女「冗談だって。なに本気にしてるのー」

    勇者「あ……」

    勇者(どうやらからかわれてしまったらしい。よく考えてみればこの世界には魔法がないのだった)

    勇者(あまりにも革新的な魔法だっただけに、つい冷静さを欠いてしまった)

    少女「魔法とか信じてるの? 子どもだねー」クスクス

    少女「そう言えばさっきも何だっけ? フレイヤとか言ってなかった?」クスクス

    勇者「む……」

    少女「結局何も出てなかったし、一瞬びっくりしたしあきれたよ……」

    勇者「よく見れば若干光ってたのだが……」ボソッ

    少女「え? 何か言った?」

    勇者「いや、何でも――」

    グゥゥー

    101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:36:02.67 ID:ScR/6PTI0
    勇者「…………」

    少女「い、今のは……!」

    勇者「……何も、聞こえてないぞ」

    少女「聞こえてるじゃん! バリバリ聞こえてたよね!?」

    グゥゥー

    勇者「ぷっ」

    少女「もう~~!」ポコポコ

    勇者「あはは! ほら、せっかく用意してくれたのだろう?」

    少女「むぅ……。なんか納得いかないな」パカッ

    勇者「おお……!」

    少女「よかった……。そんなに崩れてない」

    102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:36:28.66 ID:ScR/6PTI0
    勇者・少女「「いただきます」」

    勇者「めっちゃ美味そうだ……っ」パクッ

    少女「…………」ドキドキ

    勇者「…………」モグモグ

    少女「…………」ドキドキ

    勇者「っ!」ビクッ

    少女「!」ビクッ

    勇者「うまいっ!!」

    少女「!」パァァッ

    少女「本当!?」

    勇者「ああっ!」

    少女「そっか、よかったぁ……」ホッ

    103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:37:08.15 ID:ScR/6PTI0
    少女「ほら、昨日はとうもろこししか用意できなかったから……」

    勇者「……もしかして、俺がちゃんとしたものを食べるためにこれを?」

    少女「うん」コクン

    勇者「ありがとう。本当に嬉しい」

    少女「そんなに喜んでもらえたなら、私も昨日準備しておいた甲斐があるよ……あっ」

    勇者「昨日?」

    少女「うそ! 魔法!!」

    勇者「お、おう……」

    勇者(そこは知られたくないのか)

    104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:37:36.20 ID:ScR/6PTI0
    ――

    ――――

    少女「いいよ。入ってきて」ヒソヒソ

    勇者「ほい」ピョンッ

    少女「なんだか自分の家なのにドキドキするね、こういうの。潜入みたいで」

    勇者「みたいと言うか、俺に関しては完全にそれなのだが」

    少女「あははっ、そうかも」

    勇者「……どうした?」

    少女「うーん。なんかちょっと、眠い……」バタン

    少女「…………」

    少女「すぅー、すぅー」

    勇者「…………」

    勇者「えっ、もう寝たのか?」

    少女「すぅー、すぅー」

    105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:38:17.07 ID:ScR/6PTI0
    勇者「はぁ……。とりあえず、無事に終わってよかったな……」ドサッ

    勇者「…………」

    勇者「あと、一ヶ月か」

    勇者(一日目から、いろいろあり過ぎたな。最後まで保つのか不安だ)

    勇者(……でも、何だろう。この感じは)

    勇者(少しだけ、全身が軽くなったような気がする)

    勇者(ずっと自分の中にのしかかっていた何かが、消えていくような感覚)

    勇者「……まさか、本当にこれで休暇になってしまうのか」

    勇者「女神様の狙い通りみたいで癪すぎる……」

    106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/05(木) 22:38:57.73 ID:ScR/6PTI0
    ゾワッ

    勇者「……!」

    ??『たす……て……、う……』

    ??『うっ!』

    グシャッ

    ??『ど……して……、……んじ……たのに……』

    勇者「はっ……!」

    勇者「…………」

    勇者「……なんだ、今の?」



    110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:21:26.27 ID:n22xCJ490
    ミーンミーン

    少女「……ねぇ」

    勇者「しっ! 静かに」

    少女「…………」

    勇者「あと少し……」

    勇者「あと三歩……、二歩……」

    少女「…………」

    勇者「ふんっ!」ブンッ

    勇者「よし! オオクワガタだな、これは!」

    少女「……ねぇ」

    勇者「なんだ?」キラキラ

    少女「それ、楽しいの……?」

    勇者「え」

    111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:23:11.19 ID:n22xCJ490
    ミーンミーン

    勇者「そうか……。女の子って昆虫採集とか、あまり好きじゃないのか……」ズーン

    少女「ご、ごめん! そこまで落ち込むなんて思ってなかった……」

    勇者「いや、いいんだ。君の気持ちを考えていなかった自分が悪い」

    少女(すごく意気込んでいたもんね……)

    勇者『今日のは期待していて欲しい!』

    少女(…………)

    勇者「すまない、本当に……」ズーン

    少女(なんか悪いことしちゃったな……)

    112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:23:39.18 ID:n22xCJ490
    子供「ああーーっ!! それーーー!!!」

    勇者「ん?」

    少女「えっ?」

    子供「オオクワガタじゃん!! すげーーっ!!」ピョンピョン

    勇者「お、君はわかるかい?」

    子供「決まってるじゃん!! しかもでけー。こんなの見たことねぇー!!」

    勇者「欲しいか?」

    子供「えぇっ!? いいの!?」

    勇者「ああ。その代わり大事に飼うんだぞ?」

    子供「マジかーー! やったぁ!! ありがとう!!!」

    113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:24:08.48 ID:n22xCJ490
    勇者「あんなに喜んでもらえるとは……」

    少女「そんなに捕まらないものなの?」

    勇者「この時間帯だと、あんまいないな。クワガタって基本夜行性だし」

    少女「へぇ……。よく知ってるね」

    勇者「たぶん前に本で読んだんだ」

    勇者(あれから一週間が経った)

    勇者(七日間イベント尽くし、とはもちろんならず、二、三日に一回俺が何かしら提案するという流れだった)

    勇者(それ以外の日は、二人で適当に外をぶらついたり、部屋でカードゲームで遊んだりと、平凡な一日を過ごしている)

    勇者「はぁ……まいった」

    勇者(見事にネタ切れだ。自分の老いた発想力では、一週間女の子を楽しませることもできないのか)

    少女「この後の案って何かある?」

    勇者「……いや」

    少女「じゃあ、今日は私の番ね」

    勇者「君の番?」

    114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:24:40.14 ID:n22xCJ490
    ザザーン

    勇者「海、だな」

    少女「うん、海」

    勇者「……それで、何をするんだ?」

    少女「何もしないよ?」

    勇者「はっ?」

    勇者(呆気にとられる俺の先を彼女は歩いていき、堤防まで着くと地面を何回か払ってから、そこに腰掛けた)

    少女「ほら、隣座ってよ」ポンポン

    勇者「あ、ああ……。よっこいせっと」

    少女「ふふっ」

    勇者「ん?」

    少女「いや、おじさん臭いなぁって」

    勇者(中身、おじさんどころかおじいさんなのだが)



    115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:25:07.14 ID:n22xCJ490
    勇者「…………」

    少女「…………」

    勇者(そして沈黙である)

    勇者(なんだ? 一体なぜ何も言わないんだ?)

    勇者(俺が何か話すべきなのだろうか。こういう時に気が利くような話なんて思いつかない)

    勇者(目の前にはただただ広がる海。ヒントらしきものはそれくらいしかない)

    勇者(もしかしたら、やはりさっきので愛想を尽かされて、もうあの家から出て行くように言い渡されるのかもしれない)

    少女「さっきは、ごめんね」

    勇者「えっ?」

    116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:25:52.03 ID:n22xCJ490
    勇者「どうして君が謝るんだ?」

    少女「私、わがままだったなって」

    勇者「わがまま……」

    少女「うん、そう」

    少女「私ばっかり楽しくなるように、あなたに無理をさせちゃった」

    勇者「そんなことない」

    少女「そんなことあるよ。だからね、さっきも言ったけど、今度は私の番」

    少女「私も、君の……休暇だっけ? それを良いものにできるように頑張るから」

    少女「……頑張るって言うのもおかしいかな。あははっ!」

    勇者「……別に、頑張らなくたっていい」

    少女「そうだよね!」

    勇者「いや、そういう意味じゃなくて」

    117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:26:18.19 ID:n22xCJ490
    勇者「今のままだって、俺は十分……」

    少女「十分、なに?」

    勇者(今、俺は何と言おうとしたのだろう)

    勇者「十分……」

    勇者(ああ、思い出した)

    勇者(だが……)

    勇者「十分、休暇になってる」

    少女「えー?」

    勇者(違う、こんなのはダメだ。俺が抱いていい感情じゃない)

    118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:26:47.60 ID:n22xCJ490
    キュー、キュー

    少女「あ、カモメだ」

    勇者「そうだな」

    少女「空を飛んでみたいって、思ったことない?」

    勇者「空なら……」

    勇者(と言いかけたところで言葉を止める)

    勇者「……怖いから嫌だな」

    勇者(いくらだって飛んだことがあるなんて、この世界では口にできないのだ)

    勇者(もしも、彼女を魔法で空へ連れて行ったら、どんな顔をするだろうか)

    勇者(きっと目を丸くして、そして笑うのだろう)

    勇者(この世界を明るく照らす太陽のように、煌びやかな笑顔を)

    勇者(そうしてやれない現状が、少し歯がゆく感じられた)

    119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:27:50.94 ID:n22xCJ490
    少女「怖いって、それでも本当に男なの?」

    勇者「怖いものは怖い。落ちたときのことを考えるとなおさら」

    少女「空を飛べたらって話なのに、落ちた時のことを考えるなんて。やっぱりあなた、変わってる」

    勇者「もう聞き飽きたよ」

    少女「あははっ!」

    勇者(それからはまた他愛もない会話に花を咲かせて、夕日が水平線に沈むのを見た)

    勇者(彼女と一緒にいると、時間があっという間に過ぎる)

    勇者(ただ、時間が過ぎる)

    勇者(何の意味もない時間が、ただ、過ぎる)

    勇者(そんな感覚が新鮮で、だから余計に感傷に浸ってしまう)



    120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:28:17.35 ID:n22xCJ490
    勇者「綺麗だな……」

    少女「うん……」

    少女「……夕日って綺麗だけど、少し寂しくなるよね」

    勇者「寂しく、か……」

    少女「なんでだろ……。何か大事な物が消えちゃうみたいな、そんな感じがするの」

    勇者「考えたこともなかったな」

    少女「風情がないなぁ」

    勇者「否定できない」

    勇者(こんな風に景色をゆっくりと眺めた記憶がない)

    勇者(前にも彼女と星空を眺めた時にも思ったことだ)

    121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/06(金) 22:29:10.05 ID:n22xCJ490
    ――

    ――――

    リーンリーン…

    少女「すぅ……、すぅ……」

    勇者(夜も更けて少女はぐっすりと眠っている)

    勇者(眠れずにいたが、手持ち無沙汰だった)

    勇者「…………」

    勇者「月が、きれいだな……」

    勇者「落ち着いて月を見上げることも、忘れていたのか」

    勇者「……でも、当然の報いなのかもしれない」

    勇者「むしろ……」

    ??「あの」

    勇者「!?」バッ

    ??「あ、静かに……。あの子が起きちゃうからねぇ」

    勇者「あ、あなたは……?」

    ??「はじめまして。その子の祖母でございます」

    123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 08:36:11.25 ID:GttilDcJ0

    ばっちゃ気がついてたのか

    124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/07(土) 10:00:39.76 ID:VNBb1ZF8O
    乙!
    そりゃバレるよねぇ

    125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:57:18.37 ID:Xb9WhpyD0
    勇者「あ……っ!」

    勇者(しまった……! 彼女の祖母ということは、つまりはこの家の主……)

    勇者(見つからないようにと心がけていたつもりだったが、完全に油断していた……!)

    勇者(どうする……? このままじゃ不法侵入で逮捕されること間違いなし。なら、逃げるか……?)

    勇者(窓は……)チラッ

    祖母「あ、別に焦らなくても大丈夫よぉ。気づいてたからねぇ」

    勇者「……えっ?」

    勇者(気づいていた……!?)

    祖母「ここで話すのも何ですし、下に降りてきなさい。お茶でも出すよ」

    勇者「…………」

    祖母「ふふっ」ニコッ

    勇者「……いただきます」



    126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:57:52.91 ID:Xb9WhpyD0
    祖母「どうぞ」

    勇者「ありがとう、ございます……」

    祖母「ごめんなさいね。ろくにご飯も用意できなくて」

    勇者「いえ……」

    祖母「最近ね、あの子がよく笑うようになったのよぉ」

    勇者「……?」

    祖母「あと、ご飯を食べる時とかには、いろんな話をしてくれるようにもなってくれてねぇ」

    祖母「『今日は山に冒険に行った』とか、『村の見たことのない場所へ行ってきた』とか」

    勇者「へぇ……」

    祖母「その時にね、いつもあんたの話をするのよ?」

    勇者「俺の?」

    127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 20:58:32.51 ID:Xb9WhpyD0
    祖母「ええ、ええ。本当に楽しそうに」

    祖母「ここにいる時のあの子は、いつも退屈そうで……。だから、あんたには一度会ってみたくてねぇ」

    勇者「あれ? でも、気づいていたって……」

    祖母「何か隠しているなぁ、とは思ってて。てっきり犬か猫でも部屋の中で飼ったりしているのかなぁ、なんて」

    勇者「……まさか、人間がいるなんて思いもしなかったでしょうね」

    祖母「ええ、ええ。その通りで。一昨日あんたを見つけた時は驚いたわぁ」クスッ

    勇者(あ……)

    勇者(今の笑い方、微かに彼女に似ていたような気がする。血がつながっているからだろう)

    祖母「あの子は、夏休みになるとここに来るんだけども。親はずっと仕事で忙しくて、ごはんも作ってあげられなくて」

    勇者「だから、祖母であるあなたに預けていると」

    128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:00:47.68 ID:Xb9WhpyD0
    祖母「本当はわたしなんかに預けないで、親子一緒の方が良いっていっつも言っているんだけどねぇ。そうもいかないようで……。向こうには向こうの事情があるんでしょうね」

    祖母「それでここに来るけどここには何もないから、あの子にとってはちょっと退屈で。しかも毎年のことだから、なおさら……」

    勇者「ということはここに、他の俺くらいの年齢の人は……」

    祖母「ええ、いないんよ。だからせめてわたしが何かできれば良いのだけど、最近の若い子のことはよくわからんくてのぉ……」

    勇者「はぁ……」

    祖母「だから、お願いしてもいいかの?」

    勇者「えっ?」

    祖母「あんたにはあんたなりの、ここにいる事情があるんでしょ?」

    勇者「え、ええ。まぁ……」

    祖母「なら、あの子と一緒にいてもらえんか? この家にはいてもらって構わないから」ペコリ

    勇者「そんな……! 頭を下げないでください!」

    勇者「こちらこそ願ってもない話です。……よろしくお願いします」

    祖母「本当かい……!」パァッ

    勇者「はい」

    祖母「ありがとう……。本当にありがとうねぇ……っ」

    勇者「だから頭を上げてくださいって!」



    129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:02:05.65 ID:Xb9WhpyD0
    ――

    ――――

    勇者「へぇ……。この辺りに生まれてからずっと住んでるんですか」

    祖母「そうそう。それでなぁ……」

    バタバタバタバタ!!

    少女「ひゃっ!!!」

    勇者「あ」

    祖母「あら、おはよう」

    少女「え、えっとね、おばあちゃん、この人は……!」アセアセ

    勇者「あ、いや、それはもう……」

    少女「怪しい人じゃないって言うか、いつもの人って言うか……!」

    少女「私を、すごく楽しませるためにいる人なの!!」

    勇者「」

    祖母「…………」

    勇者(その言い方は、なんか、その……、誤解を招かないか? 事実だが)

    130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:02:37.34 ID:Xb9WhpyD0
    祖母「……ふふっ」

    少女「あ、あれ?」

    少女「そう言えばあなた、なんでそんなお茶まで用意されてくつろいでるの?」

    勇者「お茶美味しいです」

    祖母「あら、ありがとねぇ」

    少女「えっ? あ、あれ? あれれ? 一体どういうことなの??」

    祖母「大丈夫よ、わかってるから」

    勇者「と、いうことだ」

    少女「えっ? え、えええっ!?」

    勇者(それから事の顛末を聞いた彼女は、一気に力が抜けたようで床にへたりこんだ)

    少女「な、何なの、それ……」

    131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:03:05.28 ID:Xb9WhpyD0
    祖母「ちょっと先にこの子の部屋に戻っててもらってもいいかい?」

    勇者「あ、俺ですか?」

    祖母「ええ」

    少女「えっ」

    祖母「ちょっとお話があるんで」ニッコリ

    少女「ひぃっ!?」

    祖母「ほら、ちゃんと座りなさいな」

    少女「い、いや……っ! 助け……」

    祖母「ほら、彼の方ではなくこっちを見なさい」

    少女「ちょっと待って……」ウルウル

    勇者「…………」

    少女「うぅ~」ウルウル

    勇者「……頑張れ」

    少女「裏切られたぁっ!?」

    勇者「失礼します」



    132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:03:34.12 ID:Xb9WhpyD0
    勇者「ふぅ……」スタスタ

    勇者(恐らく説教を食らう羽目になるのだろう。部外者は退散するとしよう)

    祖母「せっかくお客さんが来ているのに、とうもろこししか出さないのは、どうなんだい?」

    少女「おばあちゃん……、目が、怖いよ……?」

    勇者「頑張れよ……」

    勇者(改めてエールを送って彼女の部屋に向かった)

    勇者「まさかこんなことになるなんてな……」

    勇者(状況は好転している。ここに公認でいられるだけじゃなく、食事まで用意してもらえるらしい)

    勇者(返せるものがないと断ろうとしたが、子どもが遠慮しないで、と言ってくれた)

    勇者(明日の朝からは、まともな食事ができる。そう思うと早く日が昇って欲しいくらいだ)

    勇者「また明日、お礼言わないと」

    133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:04:01.31 ID:Xb9WhpyD0
    勇者(明日はどんな一日になるだろう)

    勇者(具体的なイメージは湧かないが、きっといい日が来ると思える)

    勇者(どうしてか、この世界は輝いて見えるのだ)

    勇者(ずっと昔になくしたはずの光が、ぼんやりと自分の心を照らしているような)

    ――――

    ??『……る……い……』

    勇者「あ……」

    勇者(脳裏に声が現れる)

    勇者(まただ)

    勇者(覚えている。何もかも鮮明に、覚えている)

    勇者(覚えている、覚えている、覚えている、思い出す)

    勇者(思い出す、思い出す、思い出したくない、思い出す、思い出す、思い出す)

    ザシュッ

    134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 21:04:29.72 ID:Xb9WhpyD0
    ――

    ――――

    覚えている。

    その光景を、覚えている。

    「はぁっ……、はぁっ……」

    「だ、誰か……助け……っ」

    地の底から響いてくるような轟音に、背中を突き飛ばされた。

    宙を舞う感覚。

    そして衝撃。

    「きゃっ!?」

    「どうして、こんな……」

    「嫌だ……っ、死にたく、死にたくないよぉ……!」

    ――――

    ――

    137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:20:54.02 ID:7gfVP0jr0
    勇者「ぐ……、うぅ……」

    勇者「はっ!? ……なんだ、夢か」

    少女「大丈夫?」

    勇者「あ、起こしてしまったか? すまない」

    少女「ううん。今おばあちゃんから解放されたところ」

    勇者「なるほど」

    少女「どうしたの? うなされてたけど」

    勇者「いや、大したことは……」

    少女「怖い夢でも見た?」

    勇者「!」

    138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:21:20.09 ID:7gfVP0jr0
    少女「わかりやすいよね、あなたって」

    勇者「……まぁ、ただの夢だ」

    少女「でも、普通じゃなかったよ。すごく苦しそうだった」

    勇者「…………」

    勇者(一体、自分はどうなってしまったのだろう)

    勇者(俺は勇者だ。魔王から世界を救う勇者。だから、今まで幾多の命を殺めてきた)

    勇者(魔物も、人間も)

    勇者(罪の意識は、なかったと言えば嘘になる。だが、たくさんの世界を救う旅を続けていくうちに、それもいつしか消えていった)

    勇者(命を失うことに対して、何も感じなくなった)

    勇者(そのはず、なのに……)

    勇者(なのに、どうして今になって……)



    139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:21:45.79 ID:7gfVP0jr0
    勇者「……大したことは、ない」

    少女「あなたがそう言うなら、そうなんだとしか言えないけど」

    少女「でも、もしも何か悩んでいるなら相談してね。私じゃ頼りないかもしれないけど」

    勇者「そんなことはないさ」

    少女「ふふっ。そう言ってくれるなら、いつか、ね?」

    勇者「ああ」

    勇者(説明したとして、理解を得られるとも思えないが)

    140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:22:13.62 ID:7gfVP0jr0
    ――

    ――――

    リーン、リーン

    勇者「ZZZ…」

    少女「ん……むにゃむにゃ」

    少女「……あれ、まだ夜」

    勇者「ZZZ…」

    少女「眠ってる。……うふふっ、寝顔は可愛いなぁ」

    少女「起きてる時はずっと難しそうな顔をしているのに」

    少女「おなかの辺りつついてみよ。ツンツン」

    勇者「む? うぅーん……」

    少女「ツンツン、ツンツン」

    勇者「ぐっ、ぬぅ……」

    少女「ふふっ。面白い」

    141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:22:39.37 ID:7gfVP0jr0
    勇者「……い」

    少女「あ、起きちゃったかな……?」

    勇者「……さい」

    少女「寝言?」

    勇者「……んなさい」

    勇者「ごめんなさい」

    少女「えっ?」

    勇者「……な、さい」

    勇者「ごめん、なさい」

    少女「また、謝ってるんだ……」

    勇者「ごめんなさい、ごめんなさい……」

    少女「あなたは、誰に謝っているの……?」

    少女「誰から許されたくて……?」

    142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:58:21.92 ID:7gfVP0jr0
    コケコッコー

    勇者「ほら、朝だぞ。起きろ」

    少女「うーん……。あとちょっと、ちょっとだけ……」

    勇者「なんでそんなに眠いんだ。同じ時間寝てるのに」

    少女「きっと私はロングスリーパーなんだよ……。人よりいっぱい寝ないとダメな人なの……」

    勇者「それ以上寝てるなら、君の分まで朝食を食べるぞ?」

    少女「それはひどい!!」ガバッ

    勇者「食い意地すごすぎないか?」

    少女「だって朝逃したら、次は昼まで待たなきゃいけないじゃない! そんなの、耐えられる気がしない……っ」

    勇者「……君から一食抜いたらどうなるのか、少し気になるな」

    少女「きっと干からびて死んでるね」

    勇者「君は吸血鬼か何かなのか?」

    143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:58:55.29 ID:7gfVP0jr0
    祖母「あら、おはよう。二人とも早いのねぇ」

    勇者「おはようございます」

    少女「おばあちゃんおはよー……」

    祖母「眠そうねぇ」

    少女「そりゃそうだよ……。普段より一時間は早いもん……」

    勇者「遅起き過ぎるな」

    少女「ま、まだそれでも午前中に起きてるもん!」

    勇者「それ、ダメ人間が言うセリフだぞ」

    少女「そんなにダメダメ言わないでよ! 本当にダメ人間になっちゃうよ!?」

    勇者「……手遅れかもしれないな」

    少女「ひどいっ!」ガーン



    144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:59:32.04 ID:7gfVP0jr0
    勇者「朝……ごはん……! ご飯にお味噌汁に納豆! さらに漬け物の盛り合わせと、これ以上ない朝食だ!」

    少女「すごいテンションだね……」

    祖母「どこぞの誰かさんが、とうもろこししか用意してなかったからかねぇ……?」

    少女「うっ、やぶへび……」

    勇者「いただきます……!」

    祖母「はい、どうぞ」

    少女「いただきまーす」

    勇者「…………」パクパク

    勇者「…………」モグモグ

    勇者「……う」

    少女「う?」

    勇者「うまい!」

    祖母「それならよかったわぁ」

    145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:00:31.39 ID:7gfVP0jr0
    勇者(そうだ、この味、シンプルさ。やはり日本人なら白飯なしに食事を語れない)

    勇者(味噌汁もダシや味噌のバランスが絶妙。空っぽの胃にどんどん吸い込まれていくようだ)

    勇者(……? どうして俺はこんなに詳しいんだ?)

    勇者(いつかここに近い世界を訪れた時に魅了されたのだろうか?)

    勇者(そうとしか考えられないが、どこか違和感がある)

    勇者(この感じは、なんだ?)

    勇者(この胸を締め付ける感情は、一体……)

    勇者「……あれ?」ポロポロ

    勇者(頬をなにか熱いものが伝う)

    勇者(無意識のうちに、目から涙がこぼれていた)

    146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:01:02.90 ID:7gfVP0jr0
    少女「き、君! どうしたの!? そんなにおなか空いてたの!? 本当にごめん!」

    勇者「い、いや、これは違くて……! な、なんでだ……!?」

    祖母「…………」

    少女「ごめんね、本当にごめんね!」

    勇者「…………」ポロポロ

    祖母「ほら、ゆっくりとお食べ。おかわりも用意してあるから」

    勇者「ありがとう……ございます……」グッ

    勇者「……これ食べたら、また今日もどっか行くか」

    少女「えっ。大丈夫なの?」

    勇者「大丈夫だって。おばあちゃんが作るごはんが美味しすぎて感動して……」

    少女「へんなの……」

    祖母「そう言ってもらえて嬉しいわぁ」

    147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:01:33.06 ID:7gfVP0jr0
    ――

    ――――

    少女「もう夜になっちゃったね」

    勇者「一日があっという間に終わるな」

    少女「うん。今日は農家のお手伝いなんて言って、正直、正気を疑ったけど」

    勇者「おい」

    少女「でも、すごく楽しかったよ! 普段私たちが食べているものがあんなふうに作ってるなんて、全然知らなかったから」

    勇者(今日は例の祠のことを教えてくれた夫婦の元へ手伝いに行った。好奇心旺盛な彼女には、都会では見られないであろう光景こそ、最も興味関心が惹かれると思ったからだ)

    勇者(予想は的中。最初は若干乗り気でなかったものの、作業を始めてから夢中になるまで、数分もかからなかった。果てには――)

    少女「将来農家になろうかなー」

    勇者(こんなことまで口にする始末である)

    勇者「毎朝早起きになると思うが」

    少女「うっ……。それはちょっと」

    勇者「心折れるの早くないか?」

    勇者(それに農家にならなくても、あまり大差なさそうだが)

    148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:02:05.91 ID:7gfVP0jr0
    少女「あー、疲れたー。シャワー浴びてくるー」

    勇者「おう」

    少女「……一緒に入る?」

    勇者「バカなこと言ってないで、さっさと浴びてこい」

    少女「むぅ……。動揺しないか」

    勇者「じゃあ、本当に一緒に入るか?」

    少女「えっ? えっ、えっ、えええええっっ!?!?」

    勇者「冗談だよ」クスクス

    少女「や、やり返された……っ!」

    勇者「もう十年女磨いてから出直してきなさい」

    少女「なんで同い年のあなたにそんなこと言われなきゃいけないの……」

    勇者(精神年齢的には十人分の寿命くらい違うからだろうな)



    149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:02:32.18 ID:7gfVP0jr0
    勇者「ふぅ……」

    勇者(働いたお礼にと、昼食までごちそうになってしまった。夏の昼にそうめんというのは、反則的だと思う)

    勇者「今日の夕飯は何だろ……」

    勇者「……って、作ってもらえるのを当たり前みたいに口にしてちゃダメだよな」

    祖母「そんなことないよ?」

    勇者「うわっ!? き、聞いてましたか……」

    祖母「ええ、ええ。昨日も言ったけど、子供がそんな遠慮をするものじゃないからねぇ」

    勇者「でも……」

    祖母「泣くほど喜んでもらえて、作っているこっちも嬉しいくらいだから」

    勇者「あ、はは……。そんなものですかね」

    祖母「そんなものそんなもの」

    150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:02:58.28 ID:7gfVP0jr0
    祖母「あの子は?」

    勇者「シャワー浴びてます」

    祖母「あら、ほんとねぇ。そう言えば昨日までお風呂とかはどうしてたんだい?」

    勇者「広場にある水道使って水浴びを」

    祖母「それもあの子に?」

    勇者「ははは、よくおわかりで……。汚い、不潔だのさんざん言われて」

    祖母「まったくあの子はもう……。ごめんなさいねぇ」

    勇者「あっ、いえ! そんなつもりは全然!」

    151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:03:24.17 ID:7gfVP0jr0
    祖母「ところで、つかぬことを聞くけどね」

    勇者「はい?」

    祖母「あんた、ここに来たことはないかい?」

    勇者「ここ……?」

    祖母「うん、この村に。お父さんとか、お爺ちゃんとかでもいいから」

    勇者「……いえ、たぶんないと思います」

    祖母「そうかい……」

    勇者「どうして、そんなことを?」

    祖母「いんや、大したことじゃないのよ」

    勇者「……?」

    勇者(こんな一風変わった世界に来ていたなら、俺が覚えているはずだ。今まで一度だって魔法が存在しない世界に飛ばされたことはなかった)

    勇者(……いや、俺の記憶もあてにはならないか。これまで何百年という月日をかけて、何十という世界を回ってきたんだ)

    勇者(もしも最初の頃に来た世界だったとしたら、可能性はゼロではないが……)

    152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 23:03:50.05 ID:7gfVP0jr0
    勇者「あの――」

    ガララー

    祖母「おや、もう上がったんかね。あんたもシャワー浴びてきんさいな」

    勇者「あ、おばあちゃ……あなたは?」

    祖母「ふふっ。おばあちゃんでええよ、ええよ。わたしは二人が帰ってくる前に、もう浴びているから」

    勇者「じゃあ、浴びてきます」

    祖母「出たらすぐご飯にしてあげるから、楽しみにしといてなぁ?」

    勇者「ありがとうございます」ペコリ

    157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:53:50.40 ID:xaUbRJfj0
    ――

    ――――

    勇者「ほら、起きろ。朝だぞ」

    勇者(また、何日か過ぎていった)

    勇者(劇的な出来事なんてものはもちろん起こるはずもない)

    少女「うーん……。おはよー」

    勇者(朝起きて、朝食を食べて、外で遊んで、昼食を食べて、また遊びに行って)

    勇者(日が沈んだら帰ってきて、夕食を食べて、眠る)

    勇者(言葉にしてしまえば、これだけで終わってしまう。魔王を討伐する日々と比べたら、何倍も薄い一日のはずだ)

    勇者(なのに、なぜだろう)

    勇者(朝が来るのが、待ちきれなくなっている自分がいる)



    158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:54:18.09 ID:xaUbRJfj0
    ――

    ――――

    少女「はぁ……暑い……」

    勇者(畳の上に寝転がりながら彼女は愚痴をこぼす。そよ風が縁側に吊るされた風鈴をちりんと揺らした)

    少女「クーラーとかないんだもん、ここ」

    勇者「結構風抜けが良くて涼しいと思うけどな」

    勇者(外は日差しが眩しいくらいにカンカンに照っていて、蝉の声がいくつも重なり合って壮大なオーケストラのように響き渡っている)

    勇者(こんなにも、蝉の声とはうるさいものだっただろうか。以前にこの世界に来たときの自分の記憶との間に、若干齟齬があった)

    勇者(あ、齟齬と言えば……)

    159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:54:46.07 ID:xaUbRJfj0
    勇者「なぁ」

    少女「なーにー……?」グデン

    勇者「君って、携帯とか持っていないのか? 中学生なら結構みんな持っていたと思うけど」

    少女「ケータイ……、あ、スマホか。持ってるけどねー。あんまり使わないよ」

    勇者「? へぇ、珍しいな」

    少女「よく言われるけど、何かとめんどくさいし。ラインとか」

    勇者「……? へ、へぇ」

    少女「最近音しないし、もう電源切れてるんじゃないかな。スマホ最後に充電したのいつだっけ……」

    勇者「スマホ?」

    少女「えっ?」

    勇者「えっ?」

    160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:55:13.17 ID:xaUbRJfj0
    勇者「…………」

    少女「…………」

    勇者「……あの」

    少女「はい」

    勇者「スマホって、何?」

    少女「えっ?」

    勇者「えっ?」

    少女「それって、何かのギャグ、なのかな?」

    勇者「いや、極めて真面目な質問」

    少女「あなた、何十年も山に引きこもってたの……?」

    勇者「そんなレベル!?」

    勇者(もしかして俺が勘違いしているだけで、この世界は俺が以前救った世界とは違うのか?)

    少女「ちょっと待ってて」

    161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:55:42.79 ID:xaUbRJfj0
    少女「ほら、これ。見たことくらいはあるでしょ?」

    勇者「…………」

    勇者「なんだ、この板?」

    少女「あなた本気!? 見たこともないの!?」

    勇者「えっ……。てか、携帯の話がどうしてそんな……」

    少女「これがケータイでしょ?」

    勇者「いや、それはスマホってやつなんじゃ……」

    少女「だから、これがスマホでケータイなの! てか、ケータイなんて言葉、使ってる人いないよ」

    勇者「ケータイって言ったら、こう、パカッと開いてボタンを押してくやつだと思ってたんだけど」

    少女「それ、もうずっと前の話だよ……。ほとんど絶滅危惧種だよ……」

    少女「おじさん臭いっていつも言ってるけど、もしかして本当はおじいちゃんなんじゃないの?」

    勇者「な……っ」ギクリ

    162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 22:59:38.06 ID:xaUbRJfj0
    勇者「そ、それ、どう使うんだ?」

    少女「えっ? こう、あ、電源ついた。こんな感じで……」

    勇者「触って画面が反応するのか! てか画質がすごい綺麗!?」

    少女「え、え、えええ~?」

    勇者「すごい……。携帯とあまりサイズが変わらないのに、これは……。技術の進化は恐ろしい……」

    少女「反応がおじいちゃんだよ、あなた……」

    少女「でもまぁ、男の子だったら、そういう流行とか興味なかったら、知らないのかな。……それでもあり得ないけど」

    勇者「ふぅ……」ホッ

    勇者(なるほど。時代の流れで認識に齟齬があったのか……。どうりで話がかみ合わないときがあるとは思っていたが……)

    勇者(おそらく、俺の知っている世界とここは、数年ほどラグがあるのだろう)

    祖母「スイカ切ったわよー」

    少女「やったー! スイカだーー!!」ピョンッ

    祖母「焦らなくても、スイカはなくならないからねぇ。ほら、あっちの縁側で食べようかぁ」

    163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:00:18.33 ID:xaUbRJfj0
    少女「ん~~~! おいしい~~~!!」

    勇者「甘い、うまい……!」

    祖母「よく冷やしといたからねぇ」

    少女「暑いのも忘れちゃいそう……」

    勇者「ああ、本当に」

    勇者(湿度が高く蒸し暑い気候と対照的に、みずみずしいスイカは脳がしびれるほどにたまらない)

    勇者(いつも自分が行ってる世界だったら、これだけのために暴動、下手したら戦争が起きそうだ)



    164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:00:44.89 ID:xaUbRJfj0
    ~~~~

    兵士「隣国の王は我らからスイカを奪った!」

    兵士「許せるか、この暴虐を! 見過ごすことができるか、この理不尽を!!」

    兵士「我らが目的はただ一つ! スイカの奪還だ!!」

    兵士「「「ウォォオオオオーーー!!!」」」

    ナレーション『後にスイカ戦争と呼ばれる戦いの始まりであった』

    ~~~~

    165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:01:10.97 ID:xaUbRJfj0
    勇者「……ぷっ」

    少女「な、なに? 何か変なことあった?」

    勇者「い、いや、なんでも。……ぷっ、くくっ」

    少女「一人で笑ってる……。こわ」

    166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/11(水) 23:01:43.98 ID:xaUbRJfj0
    勇者「ごちそうさまでした」

    少女「ごちそうさまー」

    祖母「お粗末さま」

    ミーンミーン

    少女「暑いー……」

    勇者「暑いなぁ」

    祖母「そうねぇ、いい天気だもんねぇ」

    ミーンミーン

    祖母「そうだ、二人とも海に行ってきたら?」

    勇者「海?」

    少女「海!」

    祖母「ここの海は綺麗だし、人もほとんどいないしねぇ」

    少女「そうだよ! 海に行こう! あー、なんで思いつかなかったんだろ!」

    勇者「海かぁ……」

    勇者(そう言えば夏に海って定番だけど、初めてだな)



    170: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:56:07.39 ID:01f/7AXP0
    ――

    ――――

    ミーンミーン

    勇者「あ、暑い……」

    勇者(水着に着替えるのって、こんなに時間がかかるものだろうか。海水浴なんてイベントはこれまで経験がないから、勝手がわからない)

    勇者「暑い……。早く海入りたい……」

    少女「この程度で音をあげるなんて、まだまだだね」

    勇者「やっと来たのか――」

    勇者(思わず声が詰まる)

    少女「水着、ど、どう、かな……?」

    勇者「え、えーと……」

    勇者(上手く言葉にならない。その、何と言うか、露出が……)

    171: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:56:41.62 ID:01f/7AXP0
    少女「やっぱり変かな……」シュン

    勇者「そ、そんなことは! ただ、こう、その、だな!」

    少女「ふふっ。顔、真っ赤になってるよ?」

    勇者「なっ!?」

    少女「ふふんー。初めてあなたに勝てた気がするね」

    勇者「ぐぅ……」

    勇者(な、何なんだ。ちょっと素肌が出ているだとか、その程度の露出なんて今までの冒険で見慣れていたはずだ!」

    勇者(何ならこれより際どい格好しているのだって、日常茶飯事だった。なのに……)

    勇者「…………」チラッ

    少女「?」

    勇者「!」バッ

    勇者(なぜ直視できなくなっている!?)

    少女「ほらほら、もっと見てもいいんだよ?」

    勇者「やめなさい、はしたない!」

    少女「わ、耳まで真っ赤」

    勇者「やめなさい!」

    172: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:57:53.41 ID:01f/7AXP0
    ザブーン

    少女「うひゃー、冷たい! きもちいー!!」

    勇者「ふぅ……。良い温度だ……」

    少女「なんでそんな温泉みたいな感想なの」

    勇者「暑いからなぁ……」

    少女「あなたの言動のおじさん臭さはどこから来てるのかな」

    勇者「じじいにこの日差しはこたえるな」

    少女「うわ、すごくおじさん臭い!」

    勇者「ほれ、水鉄砲」ピュッ

    少女「きゃっ!? 手でそんな威力出る普通!?」

    勇者「コツがあるんだ。おら、くらえ」ピュッ、ピュッ

    少女「わ、わわっ!? なら……」ブクブク…

    勇者「なんだ急に潜って……」

    少女「どりゃあっ!!」ザバーン

    勇者「うわっ!」

    少女「あはははは!」

    173: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:58:19.44 ID:01f/7AXP0
    ――

    ――――

    農家「ひぇ……あちぃ……。今年の夏は一段と暑いな……」

    農家妻「毎年そんなこと言ってるわよ?」

    農家「そうかぁ? ……おっ?」

    農家妻「どうしたの?」

    農家「あれ」

    農家妻「ん? ……あら、あの子たちじゃない」

    農家「海水浴かぁ。若いってのはいいよなぁ」

    農家妻「そうねぇ」

    農家「あ、そうだ。おーい!」

    174: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:58:52.15 ID:01f/7AXP0
    少女「あれ? どこから呼ばれたような……」

    勇者「あ。ほら、あっち見てみ」ペコリ

    少女「あ! こんにちはー!!」

    農家「よー! 今日も暑いねぇ」

    勇者「ですねー」

    少女「おかげで水が気持ちいいよー」

    農家「だろうなぁ……。おじさんも一浴びしていくかな」

    農家妻「こら」

    農家「じょ、冗談。冗談だって」

    農家妻「まったくもう……。でも汗かくし、ちゃんとお水飲むのよ?」

    少女「はーい!」

    農家妻「うん。よろしい♪」

    175: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 20:59:18.30 ID:01f/7AXP0
    農家「ほれ。これ食えよ」

    少女「すいかだ!」

    勇者「いいんですか?」

    農家「ああ! 前にいろいろ手伝ってもらったしな!」

    農家妻「またいつでも遊びにおいで。お菓子とか用意してあげるから」

    勇者・少女「「ありがとうございます!」」

    勇者・少女「「あ……」」

    農家「ぷっ!」

    農家妻「ふふっ。相変わらず仲良いわね」

    勇者「あはは……」

    少女「もう……」カァァッ



    176: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:00:08.55 ID:01f/7AXP0
    農家B「おや、坊主。こんなとこで何やってんだ?」

    農家C「あら、海水浴なんていいわねぇ」

    農家D「ほら、これもよかったら食べてよ!」

    勇者「ありがとうございます!」

    少女「あわ、あわわわわ……」

    ――――

    ドッサリ

    少女「なんかすごい量になっちゃったね……」

    勇者「いろんなとこ行ってたもんな、俺たち」

    少女「みんな、いい人たちだね! そろそろお昼だし、一回おばあちゃんちに帰って、これも置いてこよっか」

    勇者「ああ」

    177: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:00:35.99 ID:01f/7AXP0
    勇者(それから昼食(冷やし中華)を食べて、また午後も海で二人で遊んだ)

    勇者(午後もこの村で知り合った人と時々会って、夕方にはまた両手にいっぱいのお恵みを持って帰ることになった)

    少女「今日も楽しかったなー」

    勇者「それならよかった」

    少女「あなたは?」

    勇者「もちろん、俺もだよ」

    少女「それならよかった」

    勇者「真似するなよ」

    少女「えへへー」

    勇者「まったく……」

    少女「あはは……。…………」

    少女「…………」

    少女「……でも、それも」

    勇者「ん? なんか言ったか?」

    少女「え? あ、ううん! 何でもないよ!」

    勇者「?」

    178: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:01:53.01 ID:01f/7AXP0
    ――

    ――――

    「……うして」

    「…………」

    「どうして、勇者様……っ!?」

    「…………」

    やめろ……。

    グサッ

    「きゃあっ!?」

    「…………」

    「いや……っ、痛い、痛い、痛いぃっ」

    やめてくれ……。

    「…………」

    「どうして、うっ! こんな、こ、とを……っ」

    「…………」

    ザシュッ

    179: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:02:19.05 ID:01f/7AXP0
    『仕方ないことだ』

    わかってる。わかっているんだ……。

    『だから正しいことをしたんだ』

    ああ、そうだとも……。

    『なら、なぜそれを罪と感じる必要がある?』

    必要なんかない。俺は正しいんだ……。

    ザクッ、グシャッ

    「いやぁぁぁあああああっっ!!!!」

    やめろ、やめろ、やめろ……っ。

    180: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:02:52.23 ID:01f/7AXP0
    『何一つ忘れていない。全てを覚えている』

    ピチャリ…、ピチャリ…

    覚えている、覚えている、覚えている。

    『その手に伝う、生ぬるい血の感触』

    自分を見つめる虚ろな双眸。

    『喉を引き絞るように告げられた恨みの言葉』

    それに対して、眉一つ動かすことなく、

    『彼女の首を刈り取った』

    光を失った瞳が、俺を見つめ続けている。

    幾多の視線が全身を貫いてくる。

    俺が絶った命の群れに、くし刺しにされる。



    181: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/12(木) 21:03:38.38 ID:01f/7AXP0
    勇者「う、うう……っ」

    勇者「や……ろ……。そん……目で、俺を見……な……」

    勇者「仕方……いだろ……。じゃないと……」

    少女「……また、うなされてる」

    勇者「ううっ、っ……。……はっ!?」

    勇者「……ちくしょう」

    少女「大丈夫……?」

    勇者「ごめん。また起こしちゃったな」

    少女「ううん、いいよ」

    勇者「はぁ……」

    少女「……ねぇ」

    勇者「ん?」

    少女「ちょっと、外に出ない?」

    185: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:36:53.36 ID:u6yfO1JQ0
    ――

    ――――

    少女「この時間になると涼しいねー」

    勇者「夜風にやられて風邪ひくなよ?」

    少女「わかってるって。そこまで子供じゃないよ、私」

    勇者「どうだかね」クスッ

    少女「むぅー。あなたはいつもそうやって、人を子供扱いするんだから」

    勇者「実際子供じゃないか」

    少女「だから、なんで同い年のあなたがそれを言うの」

    勇者「……さてね」

    少女「何か気になる言い方だよ。そういうの良くないよ」

    勇者「それは失礼」クスッ

    186: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:37:22.61 ID:u6yfO1JQ0
    少女「……変なこと言うけどね」

    勇者「どうぞ」

    少女「最近、よく笑うようになったよね」

    勇者「……えっ?」

    少女「初めて会ったときよりも表情っていうのかな、それがやわらかくなったような気がする」

    勇者「そうかな……。自分じゃ全然わかんないや。……てか、前の俺はどんなだったんだよ」

    少女「うーん……。難しいな……」

    少女「うーむ、うーむ……」

    少女「なんて言うんだろ。いつも何か難しいこと考えてそうな感じ。あと、正直、結構無愛想だったよ?」

    勇者「えー……」

    勇者(抽象的からの突然の具体的な指摘という落差に、地味にダメージを受ける俺)

    少女「あ! あと口調も!」

    勇者「口調……?」

    少女「うん。今の『えー』とか。最初の方だったら絶対言わなかったもん」

    勇者「……言われてみれば、確かに」

    187: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:37:48.90 ID:u6yfO1JQ0
    勇者(自由奔放に生きる彼女に、感化されてきているのだろうか)

    勇者(それとも、魔王討伐の連続の中で失われた、人の心が戻ってきたのか)

    少女「だからさ、起きてる時はいいんだ。でも……」

    勇者「寝ている時、か」

    少女「そう。どうして、いつもあなたはうなされているの?」

    勇者「…………」

    少女「一体、どんな夢を見ているの?」

    勇者「…………」

    少女「誰から、あなたは許されたいの?」

    勇者「…………! そこまで、俺は口走ってたのか……」

    少女「うん。ずっと、ごめんなさいって」

    188: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:38:22.69 ID:u6yfO1JQ0
    勇者「そっか……」

    少女「…………」

    勇者(話してしまってもいい)

    勇者(そんなことを思った)

    勇者(彼女になら、伝えてもかまわないと)

    勇者(話したくない)

    勇者(そんなことも思った)

    勇者(自分の手が血に塗れていることを知られたくない)

    勇者(信じてもらえるわけがない)

    勇者(最後にはその結論に至った)

    勇者(俺が生きてきた世界は、この世界とは大きくかけ離れている)



    189: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:38:48.67 ID:u6yfO1JQ0
    少女「もしもあなたが嫌なら、もう、聞かないから……」

    勇者「…………」

    勇者「お、俺は……」

    勇者「…………」

    少女「…………」

    勇者「…………」

    勇者「……すまない」

    少女「そっか……」

    勇者「君のことを信用してないとか、そういうのじゃないんだ……。ただ……」

    少女「ううん、いいよ。気にしなくて」

    勇者「でも……!」

    少女「誰にだって話したくないことはあるもん。だから――」

    ガサガサッ

    勇者「えっ?」

    190: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:39:20.98 ID:u6yfO1JQ0
    ??「キシャー!!」バッ

    勇者「危ない!!」

    少女「きゃっ!?」

    ドンッ!

    勇者「くっ」

    ??「ちっ……。効いてないか……」

    少女「な、何あれ……!?」

    勇者「魔物か……?」

    少女「マモノ……? え……!?」

    勇者「君は後ろに下がってろ」

    少女「えっ?」

    勇者「…………」

    少女「う、うん……」

    191: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:39:46.94 ID:u6yfO1JQ0
    魔物「!!」ブンッ

    バシィッ!

    魔物「なっ!?」

    少女「大丈夫!?」

    勇者「大したことない」バキッ!

    魔物「ブシャアッ!?」

    勇者「おい」ガッ

    魔物「ギャンッ!?」

    勇者「お前はなんだ? どうしてここにいる?」

    魔物「くっ、貴様こそ……、あ!」

    勇者「?」

    魔物「その目……! まさか、貴様は……っ」

    魔物「魔王……っ!」

    192: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:40:15.21 ID:u6yfO1JQ0
    勇者「……なぜ、そう呼ぶ」

    魔物「忘れられるわけが……。その冷酷な目、血も涙もない貴様のその目を、たとえ肉体が変われど、どうして忘れられよう……!」

    魔物「オレの仲間を貴様は、魔王は……」

    勇者「……魔王か。なら、なぜお前は生きている? 俺を魔王と呼ぶ魔物がなぜ」

    魔物「貴様が、オレをここに飛ばしたんじゃないか……。なのにその直後にまた出会すなんて……」

    魔物「ついて、ない……。ぐぅ……っ!」シュウゥン

    勇者「ちょっと待て! まだ……!」

    少女「き、消えた……?」

    勇者(恐ろしく弱い魔物だった。俺たちに襲いかかったのが不思議なくらい)

    勇者(魔の気は未だに感じられない。ついさっきまで目の前にいたのに、死んだ瞬間嘘のように消え去ってしまった)

    勇者(何なんだ、これは……?)

    193: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:40:48.32 ID:u6yfO1JQ0
    少女「ね、ねぇ……。今の、見たことないような、か、形? だったよね……」

    勇者「あ、ああ……。そうだな」

    勇者(見覚えはない。魔王の姿だって覚えているかどうか、危ういところがあるくらいなのだから、遭遇したことのある可能性は否定できないが)

    勇者(しかし、あれほどまでに弱いのは、理解できない)

    勇者(もし俺たちが転移魔法を使った結果、この世界へ転移してきたのなら、それなりに強い魔物のはずだ)

    勇者(女神様でもなければ、転移魔法はそれなりに手間のかかる代物。あの程度の有象無象なら、剣を振るえばそれで済む)

    勇者(いくらでも現状を招いた可能性は挙げられるが、それでもあの魔物は俺を『魔王』と呼んだ)

    勇者(一体、なぜ……?)

    少女「あなたは、あれを知ってるの……?」

    勇者「…………」

    少女「……そう、なんだ」

    勇者「…………」

    194: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/13(金) 22:41:15.80 ID:u6yfO1JQ0
    少女「ねぇ、もう一つ聞いてもいい?」

    勇者「なんだ?」

    少女「…………」

    少女「……あなたは」

    少女「あなたは、何者なの?」

    勇者「…………」

    少女「さっきのマモノ? も、あなたのことを知ってるみたいだったし……」

    勇者「俺は、知らなかった」

    少女「でも、知ってる風だったよね」

    勇者「……はぁ。タイミングがいいんだか、悪いんだか……」

    勇者(あんなところまで見られてしまったんだ。もう、話すしかない)

    勇者「…………」

    勇者「……俺は、勇者なんだ」



    199: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:17:18.43 ID:bruJe3aq0
    Melody Of Memories
    https://youtu.be/l2D4axUKURE


    BGMによかったら流してください。

    200: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:18:00.59 ID:bruJe3aq0
    少女「……ゆう、しゃ?」

    勇者「ああ」

    少女「勇者って、あの、ゲームとかでよく出てくるような?」

    勇者「まぁ、そんなところだ」

    少女「へぇ……。そうだったんだ」

    勇者「あまり驚かないんだな。ここじゃ御伽噺みたいなものなのに」

    勇者(もしかしたら、信じられてないのかもしれない。むしろ、そう考えるのが自然だ)

    少女「さっきの見たし」

    勇者「あー……そうか」

    少女「うん、それにね」

    少女「ちょっとそうなんじゃないかなって、思ってたし」

    少女「あなたが別の世界から来たんじゃないかって」

    勇者「…………」

    勇者「…………」

    勇者「…………えっ?」

    201: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:18:36.32 ID:bruJe3aq0
    勇者「ど、どうして……? 君からしたら、とんだ空想話のはずだ……」

    勇者「なのに、どうしてそんな……」

    勇者(どうして、そんな簡単に信じられるんだ?)

    少女「今にして思えば、だけどね。いっぱいあったよ」

    勇者「何が」

    少女「ヒントというか、ボロというか」

    少女「あなたの言動、最初からどこかおかしかったもん」

    少女「まずお金もないのに一人旅なんて、怪しすぎるし」

    勇者「む……」

    少女「今のご時世にスマホ知らないのもあり得ないし」

    勇者「ぐ……」

    少女「それにあの時あなた、魔法、使ったんでしょ?」

    勇者「……気づいていたのか」

    202: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:19:04.90 ID:bruJe3aq0
    少女「わかるよ、流石に。山の中で熊に襲われた時、あなた血だらけになってたのに、その傷もなくなってて」

    少女「私の傷もなくなってて」

    少女「あ、そう言えば魔法って単語に、すごく反応してたよね」クスッ

    勇者「…………」

    勇者(彼女の言葉は最初から最後まで、予測の範疇を超えていて、意味を理解するのにひどく時間がかかった)

    勇者「そ、そうだとしても、そんなの決定的な理由にはならないじゃないか。ただ単に痛い妄想をしている人間だって考えるのが――」

    少女「そうだね。確かにそれだけだったら、私だってそんなこと思いつきもしないよ」

    勇者「なら――」

    少女「私ね、見てたの」

    203: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:19:39.72 ID:bruJe3aq0
    勇者「見てたって……?」

    少女「あなたが現れる瞬間を」

    勇者「俺が、現れる?」

    少女「自分ではわからないのかな」

    少女「あなたはあの時、海で初めて会った時、何もないところから突然現れたの」

    勇者「は?」

    少女「すごくキラキラと光って、気づいたらあなたはそこに倒れてて」

    少女「だからね、もしかしたらあなたは、そういう人なんじゃないかって、最初からそう思ってたの」

    勇者「…………」



    204: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:20:13.62 ID:bruJe3aq0
    勇者「つまり、君は、そんな得体も知れない人間に、話しかけてきたのか?」

    少女「そうだよ?」

    勇者「どうして……」

    少女「前にも言わなかったかな?」

    勇者「?」

    少女「単純に、つまらなかったからだよ」 

    少女「ここは何もなくて、つまらなくて、退屈してて」

    少女「そんな時にあなたが現れたの」

    勇者(彼女はそうつぶやくように口にしながら、空を見上げる。瞳に星の瞬きが反射して、キラキラと輝く)

    少女「予感がしたの。何か面白いことが起こるんだって」

    少女「そんな気がして、だから、あなたに話しかけたの」

    205: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:20:41.08 ID:bruJe3aq0
    少女「……変かな?」

    勇者「…………」

    勇者「……ああ、変だ。奇怪だ。理解できない」

    勇者「もしも俺が、魔王みたいな悪人だったら、君はどうするつもりだったんだ?」

    少女「それは、結果的にあなただったんだから、よかったじゃない」

    勇者「…………」

    少女「話が少し脱線しちゃったけど、そういうこと。だから、私はあなたの言っていることを信じるよ」

    勇者「……そう、か」

    少女「だから、聞かせて」

    少女「あなたのことを」

    勇者「…………そうか」

    206: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:21:13.72 ID:bruJe3aq0
    勇者「話す気なんてさらさらなかったから、上手く言葉にできる自信がない」

    少女「それでもいいよ。ゆっくり、話してくれれば」

    勇者「…………」

    勇者「どこから話したものか……」

    勇者「俺は、魔王という化け物と戦った」

    勇者「一度だけじゃない。何度も、何度も」

    勇者「戦いの中で俺はたくさんの命を奪ってきた」

    勇者「魔物も、そして、人も」

    少女「……えっ? 人……?」

    勇者「そう。罪もない人間も、殺した」

    少女「さっき、魔王って呼ばれてたの、聞き間違いじゃなかったってこと……?」

    勇者「…………」

    勇者「……ああ、そうだ」

    207: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:21:42.93 ID:bruJe3aq0
    少女「そんなの、信じられないよ……!」

    勇者「事実だ」

    少女「ねぇ、それじゃわからないよ。最初から話してよ……」

    勇者「なら、もう少し前から話そうか。……そうだな」

    少女「…………」

    勇者「俺は、いろんな世界を飛び回って、いろんな世界の魔王と戦った」

    少女「いろんな世界……?」

    勇者「君の言う異世界はいくつもあって、そこではどこも魔王と人間の戦争があったんだ」

    少女「……まるで、マンガの中のお話だね」

    勇者「ここでは空想だとしか思えないだろうけど、本当の話だ」

    208: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:22:13.06 ID:bruJe3aq0
    勇者「証拠を見せた方が早いかな」

    ポッ

    少女「わ、火の玉が!」

    シュン

    少女「消えちゃった……」

    勇者「こんな感じで魔法も使える。この世界だとかなり弱くなってしまうが」

    勇者「本当は今の魔法は最高級の炎魔法で、巨大な炎の玉が出てくるはずなのだが、ここでは今のが精一杯だ」

    少女「…………」ポカーン

    勇者「いくつも、いくつもの世界へ転移して、何回も魔王と戦って、その度に世界を救ってきた」

    少女「いくつもって、どれくらい?」

    勇者「九十……何回だったっけ?」

    少女「九十!?」



    209: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:23:07.36 ID:bruJe3aq0
    勇者「そんな驚くか?」

    少女「驚くよ! 普通!」

    少女「じゃ、じゃあ……九十何回も、魔王と戦ったってこと……?」

    勇者「そういうことになるな」

    少女「…………」ポカーン

    勇者「いろんなところに行ったよ。魔王が龍だったこともあったし、偉大な魔導師だったこともあった」

    少女「…………」

    勇者「いろんな戦いがあったし、いろんな出会いも、別れもあった」

    勇者「ただ、なんだろうな。ずっと同じことを繰り返すうちに、何にも思わなくなったんだ」

    少女「どういうこと?」

    210: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:24:53.42 ID:bruJe3aq0
    勇者「人との出会いにも、偶然の巡り合わせにも、何をしても、見ても、感じても、少しずつ心が動かされなくなっていった」

    勇者「魔王を倒しても『ああ、じゃあ次』みたいに、冒険することは俺にとってただの『作業』になっていた」

    少女「作業……」

    勇者「果てには、仲間が死んでも、味方が壊滅しても、一つの村が魔物に滅ぼされたのを目にしても、何も感じなくなった」

    少女「そんな……!」

    勇者「どんなに胸を痛めるような出来事も、何千回、何万回も繰り返すと、無感動になるんだよ」

    勇者「人は幸福にも、そして不幸にも鈍感になるんだ」

    勇者「きっと、想像できないと思うけどね」

    少女「…………」

    勇者「そんな中、俺はある世界を訪れた。そこにも魔王がいて、それと戦うことになるわけだが……」

    勇者「ただそこは、絶望としか言いようのない、状況だった」

    211: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:25:36.96 ID:bruJe3aq0
    少女「何があったの……?」

    勇者「その世界にはもうほとんど人間は残っていなかった」

    少女「えっ……」

    勇者「世界のほとんどは魔物によって牛耳られ、さほど大きくもない国が端っこに残っているだけ」

    勇者「滅びるのを待っているだけ、みたいな感じだったよ」

    少女「……あなたは、他にもいろんな世界に行ってたって、言ってたよね?」

    勇者「ああ」

    少女「その中でもそこは酷かったってこと?」

    勇者「ああ。状況は過去最悪だったと言ってもいい」

    勇者「世界中合わせても、人間が千人もいないんだ。想像できるか?」

    少女「……正直、できないよ」

    勇者「だろうな」

    勇者「それまでの俺の使命は、魔王を倒すことだけだった。そうすれば全て解決した」

    勇者「けど、そこではただ魔王を倒しても、また新たな魔王が生まれるだけで、人間が滅びる未来は変わらない」

    少女「じゃあ、どうすれば……?」

    勇者「世界中の魔物を、根絶やしにするしかなかったんだ」

    212: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:26:13.26 ID:bruJe3aq0
    少女「根絶やしって……っ」

    勇者「文字通りの意味だよ。魔物を一匹残らず滅ぼすって」

    勇者「世界中に魔物は何千万といて、いや、億までいってたかもしれない。一方人間は千にも足りないくらい」

    勇者「その状況下で人間という種が生き残るためには、それしか方法がなかった」

    少女「で、でも、何千万もいるのに、どうやって?」

    勇者「人間がまともに戦ってなんて、とても不可能だ」

    勇者「だから、同士討ちをさせた」

    少女「同士、討ち……?」

    勇者「魔物達が自滅していくように、そんな状況に陥るように」

    勇者「さっき、魔王って呼ばれてたろ?」

    勇者「俺は、魔物達がそうなるように仕向けるために、」

    勇者「俺自身が魔王になった」

    213: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:26:53.85 ID:bruJe3aq0
    少女「あなたが、魔王……?」

    勇者「そう。その立ち位置になれば、魔物達をコントロールできる」

    勇者「そのためには、まず魔王に近づかなければならない。何か魔物達にとっての勲章ともなるようなものが必要だった」

    勇者「だから、俺はある成果をあげて、魔王の側近になった」

    少女「ある成果……?」

    勇者「後は簡単だったよ。魔物達の信頼を勝ち得て、逆に魔王の権威を失墜させた」

    少女「ちょっと……っ」

    勇者「俺が魔王を殺した時は、他の魔物達は拍手喝采だったな」

    少女「ちょ、ちょっと待ってよ! 話が急展開過ぎるよ! 魔王になるためにあなたがあげた成果って何なの!?」

    勇者「もっと単純明快さ」

    勇者「俺はその最後の国の王と、姫を殺した」

    勇者「その首を、魔王に差し出したんだ」



    214: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:27:36.95 ID:bruJe3aq0
    ――

    ――――

    勇者「…………」スッ

    王様「……そうか。ついにこの時が」

    勇者「ええ。最初に話した通り」

    王様「後のことは、この国のことは頼んだ」

    勇者「それは、民次第です。王」

    勇者「あなたという精神的支柱を失ったこの国が、希望を見失わずにいられるか」

    王様「ああ、わかっている」

    勇者「……何か最期に言い残すことは?」

    王様「姫を、娘のことを頼んだ。私の宝だからな」

    勇者「わかりました」

    ザシュッ

    215: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:28:08.78 ID:bruJe3aq0
    ――

    ――――

    姫「どうして!? どうして、勇者様……っ!?」

    姫「お父様も、他のみんなも、あなたを信じてたのに……!」

    魔物「うるさいぞ、女。魔王様の前だ」

    姫「きゃっ!!」バシンッ

    魔王「……ふん」

    勇者「…………」

    魔王「おい、貴様」

    勇者「私のことでしょうか」

    魔王「そうだ。国王の首を持ってきたことは褒めてやる」

    魔王「もしも貴様が本当に我らの側につくと言うのなら、この場でこの女を殺してみよ」

    姫「ひっ……!?」

    勇者「……!」

    216: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:29:07.51 ID:bruJe3aq0
    魔物「お言葉ですが、魔王様。この者は私の隷属魔法で操り人形のようなものです」

    魔王「わかっておる。だから、やれ」ニヤリ

    勇者「…………」

    勇者「魔王様の仰せの通りに」スッ

    姫「う、嘘だよね……? 勇者様……」

    勇者「魔王様の命令だ」

    姫「いや、やめて……っ! 目を覚まして!」

    勇者「…………」

    姫「いや、いやぁ……! ま、まだ、死にたく……っ」

    勇者「私をつけ回すようなことをするからです」

    勇者「……本当なら、こんなことには」ボソッ



    217: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:29:34.65 ID:bruJe3aq0
    姫「裏切り者っ、あなたは……っ、っ!」

    グサッ

    姫「きゃあっ!?」

    勇者「…………」

    姫「いや……っ、痛い、痛い、痛いぃっ」

    勇者「…………」

    姫「どうして、うっ! こんな、こ、とを……っ」

    ザシュッ

    ゴロン

    勇者「終わりました、魔王様」

    218: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:31:02.44 ID:bruJe3aq0
    ――

    ――――

    少女「そんな……」

    勇者「俺は奴らの罠にかかったフリをして、魔王に近づいた」

    勇者「いつでも寝首をかける状況だったが、さっきも言った通り、それじゃ意味がない」

    勇者「だから魔王側についたように見せかけて、その裏で魔物達を少しずつ殺し合わせて減らしていった」

    勇者「あたかも、それを引き起こしているのが魔王であるかのように」

    少女「…………」

    勇者「他の魔物からの信頼を失った魔王を殺し、俺が新たな魔王になった」

    勇者「魔王になった後も、また裏から対立を煽って同族殺しをさせて、魔物は最早ほとんど世界から姿を消して」

    勇者「最後に魔王である俺が、人間の手で討たれることによって、人々は魔物という脅威から救われた」

    勇者「そうやって、その世界の人間を救ったんだ」

    219: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:32:19.44 ID:bruJe3aq0
    勇者「俺は、正しいことをしたんだ」

    勇者「たくさん殺して、でも、それで人間を救ったんだ」

    勇者「魔王として、何人も人間も殺した……。それでも、最後には……っ」

    勇者「救った、はず、なんだ」

    勇者「俺は、俺は……。っ!?」

    ギュッ

    勇者(突然、彼女は俺を抱きしめた。その手は、微かに震えている)

    少女「…………」

    勇者「な、何を……っ。離れろよ……」

    少女「ううん、離れない……」

    少女「だって、あなた泣いてるから」

    勇者「えっ?」

    勇者(気がつかなかった)

    勇者(いくつもの涙が、頬を伝っていた)



    220: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:32:45.44 ID:bruJe3aq0
    少女「ごめんね……。こういう時、どうすればいいのか、わからなくて」

    勇者「……俺は、たくさんの人間を救ったんだ」

    勇者(自然と言葉が口から漏れた)

    勇者(何かが決壊しそうなくらいに、感情が次から次へと)

    少女「うん」

    勇者「でも、そのためにたくさんの人を殺した……」

    勇者「人だけじゃない。魔物もだ……」

    勇者「なぁ、知ってるか? あいつら、無意味に人間を襲う輩もいたけど、中には人間みたいに普通に、平和に生活してる奴もいたんだ」

    勇者「その世界だけじゃない。俺が戦ってきた世界には、そんな魔物だっていっぱいいたのに……」

    勇者「それも全部殺してきた……」

    少女「うん……」

    221: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:33:11.47 ID:bruJe3aq0
    勇者「俺はそれを何も思わなかった」

    勇者「ただ、それが自分のすべきことだったから」

    少女「うん」

    勇者「そう思って生きてきたから」

    少女「うん」

    勇者(彼女はただ俺の声に頷くばかり)

    勇者(けれど、それがありがたくて、不思議と自分の声が震え始めた)

    勇者「それ以外の生き方を、知らなかったんだ」

    勇者「なのに……、最近になって、よく夢を見るようになった」

    少女「うん」

    勇者「今まで俺が命を奪ってきた人たちが、魔物が、ずっと俺に言うんだ」

    勇者「許さないって」

    222: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:33:47.64 ID:bruJe3aq0
    勇者「いくら謝ってもその声は消えなくて、むしろどんどん大きくなって」

    勇者「いくつもの殺す瞬間が、何度も何度も目の前に現れる」

    少女「うん……っ」

    勇者「もう、わからないんだ」

    勇者「自分が何のために戦っていたのか。これから、何のために戦えばいいのか」

    勇者「そもそも、自分の行為は正しかったのかも」

    勇者「わからなくて、わからなくて」

    勇者(足に力が入らなくなってきて、今にも膝から崩れ落ちてしまいそうだった)

    少女「大丈夫だよ」

    勇者「は……?」

    少女「だってあなたは、正しいと信じて、戦ってきたんでしょ?」

    223: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:34:44.94 ID:bruJe3aq0
    勇者「そう盲信してただけかもしれない」

    少女「それでいっぱいの人を助けたんでしょ?」

    勇者「でも、そのために――」

    少女「でも」

    少女「あなたがいなかったら、もっとたくさんの人が死んじゃったり、苦しんだりしてたんじゃないのかな」

    勇者「……!」

    少女「あなたが守ったものだって、いっぱいあると思うんだけど」

    少女「……違ったらごめんね」

    勇者「…………」

    勇者「なんで君まで泣いてるんだよ……」

    少女「あはは……。なんでだろ……」

    少女「なんでなのかな。あなたの話を聞いてたら、胸がギュッて締め付けられるみたいで……」

    少女「おかしいよね。あなたの苦しみを、私なんかがわかるわけないのに……」

    224: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:35:11.83 ID:bruJe3aq0
    少女「うん……」

    少女「……前に、似たようなお話を聞いたことがあって」

    勇者「お話?」

    少女「うん。絵本……だったのかな。よく覚えてないんだけど」

    少女「まさにあなたみたいな話で、主人公はみんなを守るために戦って、それで勝って平和が訪れるみたいな話なんだけど」

    少女「その後、仲間とか友達とか、自分の味方だった人からこう言われるの」

    少女「『悪魔』だって」

    少女「主人公が誰よりも強くなっちゃって、それで怖がられて」

    少女「それで最後には主人公は殺されちゃうの。それで、おしまい」

    勇者「…………」

    勇者(エスパーめいた偶然に、驚きで言葉にならなかった。全く同じことを俺は経験したことがある)

    勇者(まるで俺の過去が見透かされているような……)



    225: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:36:15.11 ID:bruJe3aq0
    少女「すごく自分勝手だって思った。だってその人は、それまで世界を救うために、何もかも犠牲にしてきたのに、最期まで報われなくて」

    勇者「……でも、そんなことだってある。苦しみに優劣なんてつけようがない」

    少女「それでも……!」ギュッ

    勇者(俺を包む力が強くなり、さらに彼女の温度を感じた)

    勇者(身体の中を脈打つ鼓動の音まで、聞こえてくる)

    少女「その人は、あなたは、普通の人の何倍も苦しんで、何倍も辛い目にあって……!」

    勇者(彼女の声はひどく沈痛で、何も知らない人間の言葉だとは思えないほどだった)

    勇者(……いや、違うか)

    勇者(理解されたいと願うが故の幻想なのかもしれない)

    勇者(……けれど、そうだとしても)

    226: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:36:42.87 ID:bruJe3aq0
    少女「他の誰にも代わりはいなくて、だから自分がやるしかなくて……」

    勇者「…………」

    少女「それで死に物狂いで戦ってきたのに、それを批判できる人なんて、この世のどこにもいないよ……」

    少女「あなたは、間違ってないよ。間違ってなんか……」

    勇者「…………」

    ○者「……ああ」

    少女「?」

    ○○「星が、綺麗だ……」

    少女「えっ? う、うん……」

    ○○「星空がこんなに美しいことすら、俺は忘れてたんだ」

    少女「うん」

    ○○「ここに来て、いろんなものを見た。いろんなことに心を動かされた。だからなのかな……」

    ○○(どうして、こんな感情に襲われているのだろう)

    ○○(彼女の言葉が全てなわけではない。本質的な問題は、何一つ解決してはいない)

    ○○(なのに、なぜこんなにも、俺は――)

    227: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/16(月) 19:37:09.69 ID:bruJe3aq0
    ○○「なぁ……。どうしよう……」

    少女「なに?」

    ○○「……泣きそうだ」

    少女「いいんじゃないかな、別に。今ならあなたの顔見えないし」

    ○○「そうか」

    少女「そうだよ」

    『少年』「……ありがとう」

    少女「……うん」

    少年(もう、我慢の限界だった)

    少年「ひっく……うっ、あぁ……っ」

    少年(俺は、泣いた)

    少年(まるで子供のように、ただ泣き叫んでいた)

    少年(彼女は何も言わずに、ただ俺の身体を強く抱きしめてくれて、あたたかくて安心すると同時に、また涙があふれた)

    少年(ただ、泣いていた)

    234: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:40:31.62 ID:yWPLIEVP0
    ――

    ――――

    少女「…………」テクテク

    少年「…………」トボトボ

    少女「…………」テクテク

    少年「あの……」

    少女「ん?」

    少年「いつまで手を繋いでるんでしょう?」

    少女「んー、とりあえず家に着くまで?」

    少年「完全に俺が子供みたいだからやめて」

    少女「目をそんな真っ赤にして、何言ってるの?」

    少年「そ、それを言うな……!」

    235: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:41:09.10 ID:yWPLIEVP0
    少年(完全にやらかした。なんでこんな十年ちょっとしか生きてない女の子に……!)

    少年「~~~~~~!!」

    少年(今になって思い出すと恥ずかしすぎる……! 恥ずかしくて死にたい)

    少女「ふふっ。やっぱり変わったよ、あなた」

    少年「ああ……、もうなんか自覚症状ある……」

    少年「年相応の反応になってしまってる……」

    少女「別に悪いことじゃないと思うけどな」

    少年「体はこうでも、中身はもう何百歳のじじいだぞ。俺は」

    少女「ああ! だからいちいち言動がおっさん臭いんだ!」

    少年「今更かよ」



    236: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:41:44.01 ID:yWPLIEVP0
    少女「でも、あんまり私とかと変わらないように見えるよ」

    少年「そりゃ見た目子供だからな」

    少女「いや、そうじゃなくて……。まぁ、いいや」

    少女「あっ、そうだ」

    少年「?」

    少女「さっきの話でもう一つ、気になったことがあったんだった」

    少年「気になったこと?」

    少女「あなたは、何か大切なことを忘れてる」

    少年「えっ?」

    237: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:42:10.10 ID:yWPLIEVP0
    少女「……ような気がする」

    少年「なんだよ、それ……」

    少女「ごめんね。私にはあなたのこと、たぶんまだ全然わかってない」

    少女「けどね、あなたが……えっと、何百歳? になるまで頑張ることができたのは、何か理由があるからだと思うの」

    少年「それは、俺には魔王を倒すという使命が――」

    少女「ううん、そうじゃなくて」

    238: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:42:35.80 ID:yWPLIEVP0
    少女「そうじゃなくて、あなたがそうしたいと思うようになった理由だよ」

    少年「そうしたい、理由……?」

    少女「うん」

    少女「だって、普通だったらそんなの耐えられなくて、途中で投げ出しちゃうよ」

    少女「でも、あなたはそうしなかった」

    少女「それには、何か理由があったんじゃないかな」

    少女「逃げ出したくない理由が。そう思うようになったきっかけが」

    少年「きっかけ……」

    少年「…………」

    少年(自分が魔王と戦おうと思った理由……)

    少年(そんなものが自分にあっただろうか)

    239: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:43:03.11 ID:yWPLIEVP0
    少女「あなたは、勇者になる前は、何だったの?」

    少年「勇者になる前?」

    少女「うん。だって生まれた瞬間から、世界を救おうなんて考えてたわけじゃないでしょ?」

    少年「……考えたこともなかったな」

    少女「その時のことを思い出したら、何かまた違うと思うんだけど」

    少年「…………」

    少年(思い出そうとしてみる。が……)

    少年「覚えてないな」

    少女「そっか……」

    240: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/17(火) 22:43:29.08 ID:yWPLIEVP0
    ――

    ――――

    どうして、あんな嘘をついたのだろう。

    本当のことを言ったって、少しも問題なんてなかったはずなのに。

    どうして、あの瞬間、彼があの人の面影と重なったのだろう。

    もうどんな顔だったのかさえも、よく覚えていないのに。

    どうして、絵本だなんて言ったのだろう。

    夢だって言ったとしても、よかったのに。

    それを口にしてはいけないような気がした。

    私は、その光景を知っている。

    どうして?



    254: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:55:17.73 ID:q1Ea8WCj0
    ある存在が、昔いたらしい。

    昔、なんて言葉を使うのが正しいのかは、わからないけれど。

    時間なんて概念に縛られているわけでもないし。

    けどまぁ、昔って言うのが一番イメージにあてはまるだろうから、そういうことにする。

    その存在はある日、世界を作ることにしたそうだ。

    どうしてなのかは、自分にもわからない。

    そもそもその存在に、理由があったのかどうかも怪しい。

    ただ、世界を作った。

    後にその存在は、『  』と呼ばれることとなった。

    255: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:55:44.85 ID:q1Ea8WCj0
    ――

    ――――

    コケコッコー

    少女「うーん……。まだ早い……ってあれ?」

    少年「すぅー、すぅー……」

    少女「まだ寝てる。今日は私の方が早起きだね」クスッ

    少女「昨日あんなに泣いたもんね。疲れちゃったんだ」

    少女「……もう少しだけ、寝かせてあげよ」

    少女「少しだけ、だけどね。いつものお返ししなきゃ」クスッ

    チクタクチクタク

    少女「……そろそろいいかな」

    少女「すぅー……」

    256: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:56:11.48 ID:q1Ea8WCj0
    少女「こらー! 起きなさーい!!」バッ

    少年「はっ!? うぉ、おおおおおおっ!?!?」

    少年「なんで俺布団にぐるぐる巻きになってるんだ!?」

    少女「ふふふ……」

    少年「お、おま……っ!」

    少女「このまま転がしていくよ!」グッ

    少年「ちょ、ちょっと待……!」

    少女「おりゃーー!!」ゴロゴロゴロ

    少年「だ、段差がっ! うがっ!?」

    少女「まだまだーー!!」

    257: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:56:47.20 ID:q1Ea8WCj0
    少年「ストーップ!! ストッぐはぁっ!! 前、かべ……っ!!」

    少女「えっ?」

    バコンッ!

    少年「いたぁっ!?!?」

    少女「あ、ごめん」

    少年「おふ……。一体何のつもりだよ……」

    少女「いやー、あはは……。頭打てば記憶も戻るかなって」

    少年「逆に飛びそうな勢いだったぞ……」

    祖母「あらあら、朝から賑やかねぇ」

    少女「あ、おはよー」

    少年「おはようございま……」

    ――シャラン

    258: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:57:41.55 ID:q1Ea8WCj0

    ――いつもそのビー玉持ってるね。

    ――い、いいだろ別に。俺のお守りなんだ。

    ――ビー玉がお守りって……。




    259: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:58:10.17 ID:q1Ea8WCj0
    少年(な、何だ、今の……?)

    少年(妙な、違和感……?)

    祖母「どうした? わたしの顔に何かついてるかい?」

    少年「あ、いえ。ちょっとぼーっとしてて」

    祖母「? そうかい。ほら、もう朝ごはんの用意出来るからねぇ」

    少女「はーい!」

    少年「ありがとうございます」ペコリ

    260: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:58:37.82 ID:q1Ea8WCj0
    ――

    ――――

    少年(それからまた数日が経った)

    ミーンミーン

    少女「暑いね……」

    少年「まぁ、あと少しの辛抱だ」

    少年(今日は近くの川に行くことになった。おばあちゃんが水が綺麗だと教えてくれて、少女の思い立ったら即行動という迅速さにより、今に至る)

    少年(夏の日差しは今日も自分たちをかんかんに照らす。きっとこの数週間で相当肌が焼けているだろう)

    少女「や、山だ……」

    少年「そんなに大したことないだろ。これくらいなら」

    少年(最初に祠を探しに行った時のに比べて、傾斜は緩やかだし、道も整備されている)

    少年(ふと、最初の頃が遠い昔のことのように思えた)

    少女「あ、でもこの音……」

    少年「水の音だから、近いんだろう」

    少女「よし、行こう! ほら、早く!」

    少年「その変わり身の早さにも、もう驚かなくなってきたよ」

    261: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:59:03.77 ID:q1Ea8WCj0
    少女「着いたー!」

    少年「まぁ、普通の川だな」

    少女「あら、夢のないこと」

    少年「何か夢を感じるものがあるのか?」

    少女「ひゃー、冷たい!」

    少年「聞いてないし」

    少女「この辺の石、全部まん丸だねー」

    少年「そうだな……ん、この辺りがいいか」

    少女「ん? 何をするの?」

    少年「こういうところに来たらする事は一つ」

    少女「?」

    少年「水切りだ」

    262: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/07/31(火) 23:59:46.43 ID:q1Ea8WCj0
    少女「へ?」

    少年「そら!」

    ビュッ、ポン、ポン、ポンッ

    少女「すごい、石が水の上を跳ねて……!」

    少年「知らなかったのか?」

    少女「ううん、話には聞いてたけど。でも、見るのは初めて……!」

    少女「私もやってみよ。ほっ!」

    ポチャンッ

    少年(彼女の放った石は、一度も飛び跳ねることなく、不格好な水しぶきをあげて沈んでいった)

    少女「なんで!?」

    少年「ぷっ!」

    少女「あ、笑ったでしょ! むぅー、もう一回!」

    ドボンッ!

    少年「ぷっ、くくっ!」

    少女「あーーーもう!!!」

    263: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:00:13.30 ID:9OC/ch8I0
    少女「こうなったら……、とりゃあ!」バシャッ!

    少年「うぉっ! またかよ! ってか冷たっ!?」

    少女「うるさーい! ずぶ濡れになれぇっ!!」バシャバシャアッ!

    少年「なら、こっちも仕返しだ!」バシャーンッ!

    少女「きゃっ!? 冷たい!!」

    少年「海と違って若干涼しいからな! さぞ冷たかろう!」

    少女「それにずるいよ! そっちの水の勢い強すぎ!」

    少年「パワーこそ正義である」

    少女「何を! パワーなら私だって……」グッ

    ツルッ

    少女「うわ? わわわ……!!」

    少年(その瞬間、彼女の体が急に傾いた)

    少年(次の瞬間には、俺の手は伸びていた)

    少年「危ない!!」ダッ

    ガッ!

    264: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:00:39.31 ID:9OC/ch8I0
    少女「……あれ?」

    少年「ふぅ、セーフ……」

    少年(どうにか彼女の腕を掴み取れたおかげで、転ばずに済んだ)

    少年(ほっと胸を撫でおろす)

    少女「あ、ありがと……」

    少年「足下滑るしな。気をつけろよ」

    少女「うん……」

    少女「…………」

    少年「?」

    少女「…………」

    少年「どうした? 顔、赤いけど」

    少女「え? あ、えーと……」

    少年(彼女の視線が下がる。それを追っていくと彼女の細い腕へと続き、途中でゴツゴツとした手が見えた)

    少年「わっ!?」パッ



    265: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:01:05.50 ID:9OC/ch8I0
    少女「あっ……」

    少年(ずっと腕を握りっぱなしになっていることに気づかなった。顔が一気に熱くなるのを感じる)

    少年「ご、ごめん……!」アタフタ

    少年「ってうわ!?」ツルッ

    少女「あ……」

    バシャーンッ!

    少年(なんで俺が転んでるんだか……。マヌケ過ぎる)

    ブクブク…

    少年(でも、水の中って冷たくて、なんだか気持ちいいな)

    ――シャラン

    少年「……?」

    266: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:01:33.96 ID:9OC/ch8I0
    少年「ぷはぁっ!」

    少女「だ、大丈夫!?」

    少年「あ、ああ……」

    少年(また、あの音……。この前と同じ感覚……)

    少年(胸が綿で締め付けられているような感じだ)

    少年(辺りをグルっと見渡す)

    少女「どうしたの?」

    少年「なんだろう……。よくわからないけど」

    少年「この場所に来たことがある気がするんだ」

    少女「……もしかして、今頭でも打ったの?」

    少年「いや、打ってないけど」

    267: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:02:00.08 ID:9OC/ch8I0
    少女「そういうの、何て言うんだっけ。あ、デジャヴだ」

    少年「ああ、あるな。そんな言葉」

    少女「でもあれって、実際に見たことがあるのを忘れてるだけとか、勘違いが原因らしいよ」

    少年「詳しいな」

    少女「なんかのテレビでそう言ってた」

    少年「ふむ……」

    少年(来たことがある……わけがない。この世界に来てからは、この辺りには一度も足を運んでいない)

    少年「だとしたら勘違い、かな」

    少年「いろんな世界を飛び回ってきたし、似たような場所があったのかもしれない」

    少年(口とは裏腹に頭の中は未だ混乱が抜けない)



    268: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:02:26.11 ID:9OC/ch8I0
    少女「あっ!」

    少年「ん?」

    少女「あっちの方行ってみようよ!」

    少年(そう指差す方には流木がいくつも流れ着いて、軽く山になっていた。巨大な石がせき止めているからだろう)

    少年「ああ」

    少女「おいしょ、おいしょ。流れが急で、歩きづらい……!」

    少年「また転ぶなよ」

    少女「転んだのはあなたの方でしょ?」クスッ

    少年「俺が助けなきゃ君だって……、っ!」

    ――シャラン

    少年「また……!」

    269: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:02:52.52 ID:9OC/ch8I0
    少女「頭、痛いの?」

    少年「デジャヴなんかじゃない……」

    少女「えっ?」

    少年(俺は、確かに、ここに来たことがある……)

    少年(しかもつい昨日今日の話じゃない。もっと、もっとずっと前に……!)

    少女「どうしたの、急に……」

    少年「ごめん……っ。ちょっと岸に戻って休ませてくれ……っ」

    少女「全然いいけど。肩貸した方がいい?」

    少年「あ、ああ……。助かる」

    270: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:03:18.60 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少女『じゃあ次はここから!』

    少年『えー!? 高すぎるよ!!』

    少女『怖いのー?』

    少年『む! こ、怖くなんかない!』

    少女『よし! じゃあお先にー』ピョンッ

    ジャボーン

    少年『ひっ……』

    少女『ぱぁっ! はい、次はあなたよ!』

    少年『くっ、むぅ……』プルプル

    少年『落ち着け、落ち着け……』

    無意識にポケットにいつも入れているビー玉を握りしめる。

    ウゥーー…、ウウウウゥゥゥゥーーーーンン…

    少年『あれ? 何の音?』

    少女『ま、まさか……!?』

    271: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:03:52.97 ID:9OC/ch8I0
    少女『行くよ!』

    少年『えっ? ど、どこに……?』

    少女『いいから!』

    少年『う、うん……』

    ――――

    少年「はぁ……っ、はぁ……っ」

    少年(この場所だ。この場所だった……)

    少年(それに……)

    少女「な、なに? そんなにじっと見て……」

    少年「……違う」

    少女「何が?」

    少年(よく似ていた……。けど、違う)

    272: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:04:21.82 ID:9OC/ch8I0
    少女「どうする? 帰って休む? ちょっとお昼には早いけど」

    少年「申し訳ない……」

    少女「全然大丈夫だって! 気にしないで!」

    少年「ありがとう……」

    少女「じゃあ……」

    少年「あのさ」

    少女「ん?」

    少年「こっちの方からでもいいか?」

    少女「行きと違う方だけど、迷わない?」

    少年「大丈夫……だと思う」

    少年(頭の中に景色が浮かんでくる。通っていないはずの道の行く先が、ぼんやりと見える)

    少年(こっちへ行けと言われているような気がした)

    少年(もしかしたらこれは……)

    273: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:05:31.27 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少女『なに……これ……』

    目の前に広がるのは、ただ一面に一帯を覆い尽くす火。

    家が立ち並んでいるはずのその場所は、真っ赤な炎に埋め尽くされていた。

    少女『お父さん! お母さん!!』ダッ

    少年『だ、ダメだ! そっちに行っちゃ……!』

    少女『いや、いやぁっ、いやぁあああっっ!!!!』

    半狂乱の彼女を必死で食い止める。

    普段の自信たっぷりの性格とは正反対の彼女の様子が、逆に自分を冷静にさせた。

    少年『くっ!』

    少女『離してっ!! だって、こんなの……っ!!』

    少年『今は逃げないと! このままだと二人とも!!』

    今は、自分がしっかりしないと。

    そう、思ったんだ。

    お守り代わりのビー玉を、もう一度しっかりと握りしめた。

    少年『……はっ』



    274: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:06:49.58 ID:9OC/ch8I0
    少年『あ……』

    よく見知った形だった。

    その色と、何かが焼け焦げた臭いが漂ってくること以外は。

    少年『あ、あああ……っ!』

    考えてはいけないと思った。

    それ以上先を。

    少年『うわぁぁぁぁぁああああああああああっっっ!!!』

    だから、叫んだんだ。

    頭を狂わせようとしてくる感情を、外に放出するために。

    そうしなければ、そのまま辺りを取り囲む炎によって焼け死んでいたからだ。

    少年『はぁ……っ、くっ、あっちへ、逃げよう……!』

    少女『嫌だぁ!! 嫌だよぉっ!!!』

    少女『どうして、どうしてっ!?』

    少女『ここには……! 何もなかったのに……!!』

    275: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:07:26.74 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少年(断続的に脳内に知らないはずの映像は現れ続けて、その間俺の頭痛が止むことはなかった)

    少年(しかし家に着く頃にはもう脳を締め付けるような痛みはなくなっていて、午後からはまた彼女と外へ出歩けた)

    少年(午前のことをずっと気にしているようだったが、俺が強引に連れ出したといった格好だった)

    少年(そこから先のことは、いつも通り。夕方になったら家に帰り、夕飯を食べて眠るだけ)

    少年(夕飯に出されたカレーを食べた時、一瞬頭痛に襲われたが、想定の範囲内だったから顔には出さなかった)

    少年(……と思う。気づかれてなかったと思いたい。これ以上余計な心配をかけるのは、なんとも心苦しい)

    リーンリーン

    少年(虫の声が窓の外から聞こえてくる)

    少年(この音を子守唄代わりにして、ここで眠るようになってもう何度になるだろう。もうこの音が耳に入ると自然とあくびが出てくる)

    少年(しかし、今日は眠るわけにはいかない)

    少女「すぅー、すぅー……」

    少年「……寝たな」

    276: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:07:52.35 ID:9OC/ch8I0
    ガララー

    スッ

    少年「……脱出成功」

    少年「さて、行くか」

    少年(どうしても彼女には気づかれずに行動したかった。そのためには、夜しかない)

    少年(窓のすぐそばに設置されている倉庫に感謝しながら、真っ暗な道を歩く)

    少年(向かう先は、あの祠だ)

    ――――

    少年「ふぅ、着いた……」

    少年(暗闇に包まれた山の中は、ともすれば迷いかねなかったが、さすがにこの程度で遭難していては勇者は務まらない)

    少年「女神様」

    少年(一応そう呼びかけてみる。だが、返事はない)

    少年(きっと今もまだ、俺の転移のための準備をしているのだろう)



    277: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:08:18.96 ID:9OC/ch8I0
    少年「…………」

    少年(その物体に手を触れる)

    ――シャラン

    少年「くっ……」

    少年(予想通り、あの音が鈍い痛みとともに脳内で響き渡る)

    少年「……やはりだ」

    少年(それと同時に、また知らない光景が頭の中に次々と浮かんでくる)

    少年「……そうか、そういうことだったのか」

    少年「だから、俺は……」

    ――――

    少年「ただいまー……」ソー

    少年「…………」テクテク

    少年「……ただいま」

    祖母「くぅ……、くぅ……。むにゃむにゃ……」

    278: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:09:07.48 ID:9OC/ch8I0
    少年(おばあちゃんは眠っていた。だから、ここに来たのだが)

    少年(起きていたら、謝ることができない)

    少年(だって、そうだろう?)

    少年(ずっと前に死んだはずの人間が、今更こんな姿で目の前に現れたって、困らせてしまうだけだ)

    祖母「くぅ……、くぅ……」

    少年「……ごめんな」

    少年「約束、守れなくて」

    少年「そのせいで、きっとたくさん悲しませたよな」

    少年「本当に、ごめん……」

    279: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:10:04.44 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少年『ここまで来れば、さすがに……』

    俺たちは火のない山の中に逃げ込んだ。

    そこなら、きっと攻撃されないと思ったからだ。

    少女『ひっぐ、ひっぐ、うぇえ……』

    少年『……大丈夫?』

    少女『大丈夫なように、ひっぐ……、見える……?』

    少年『……ごめん』

    少女『みんな……』

    少年『…………』

    少女『みんな、死んじゃった……』

    少年『それはまだ、わからない。もしかしたら自分たちみたいに……』

    少女『そういうことじゃないよ……っ!』

    280: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:10:30.71 ID:9OC/ch8I0
    少女『お父さんも、お母さんも……っ! もう……!』

    ポロポロと涙をこぼす彼女の傍らに、小さな祠が見えた。

    この世に神様なんていない。

    いるのなら、どうしてこんな目に自分たちを遭わせるのだろうか。

    少女『ぐす……っ、ひっぐ……』

    少年『……クソッ』

    憤りからその祠を蹴るも、ただつま先を痛めただけだった。

    少女『……ねぇ』

    少年『なに?』

    少女『お願い……。お願いだから……』

    少年『うん』

    少女『私から、離れないで……。君だけは、突然いなくなったりしないで……』

    少女『もう、いなくなっちゃうの、耐えられないよ……っ!』

    少年『……ああ、約束する』

    少女『約束、だよ……?』

    281: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:11:06.20 ID:9OC/ch8I0
    ――――

    祖母「……いいよ」

    少年「えっ?」

    祖母「んー……、くぅ……」

    少年「寝言……?」

    祖母「あなたが……、守ってくれたから……」

    少年「……うん」

    祖母「だから……、いいよ……」

    祖母「くぅ……、くぅ……。……ありがとうね」

    少年「うん……、うん……っ」



    282: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:11:32.33 ID:9OC/ch8I0
    コケコッコー

    少女「ほら、朝だよー!」

    少年「ん……、あと五分……」

    少女「なにダメ人間みたいなこと言ってるの」

    少女「……よし、仕返しできた」グッ

    少年「すぅー、すぅー……」

    少女「って、二度寝しないの!」

    少女「また布団に巻かれたいの?」

    少年「それだけは勘弁!」ガバッ

    283: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:12:30.60 ID:9OC/ch8I0
    少女「おばあちゃんおはよー」

    少年「おはよう、……ございます」

    祖母「おはよう。朝ごはん準備できてるよ」

    少女「わーい! ごはんごはんー!」

    少年「本当に君は……」

    祖母「…………」ニコニコ

    少年「? な、なんですか?」

    祖母「ううん、なんでもないわよ。ふんふーん♪」ニコッ

    少女「あれ、機嫌いいね。良いことでもあったの?」

    祖母「んー、ちょっとね」

    少女「えー、何それー。気になるー」

    祖母「大したことじゃないわよ。……でも」

    少女「?」

    祖母「……いい夢だったわねぇ」

    少年(ぼそりとつぶやいた)

    少年(何かを懐かしむように、でもそこには微塵の悲しさは含まれていないように見える)

    少女「夢かぁ。確かにいい夢見ると、朝の起きた時も気持ちいいよね~」

    祖母「ええ。そうねぇ」

    少年(そう、やわらかな笑みを浮かべる。まるで、あたたかな日だまりのようだった)

    284: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:13:08.71 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    誰かの泣き叫ぶ声が、今も聞こえる。

    醜く歪んだ表情が、目に焼き付いて離れない。

    だから、私は祈る。

    そうすることしか私にはできないから。

    自分の中で大きな塊が外へ出ようと暴れまわる。

    体の中をグチャグチャにかき回されるような痛みが永遠に続く。

    それでも、私は祈る。祈り続ける。

    だって、教えてくれた人がいるから。

    どんな時だって、きっと道はあると。

    そう、私に教えてくれた。

    だから、お願い。

    早く、みんなを助けて。

    早く、私を、見つけて。

    285: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:13:38.61 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    チリーン

    少年「ふぅ……。今日は風が出てきて涼しいな」

    祖母「あら、一人?」

    少年「ええ。散歩したいとか言って、さっき出ていきましたよ」

    祖母「珍しいねぇ」

    少年「そうでも……。いや、確かに」

    少年(よく考えてみたら、ほとんどこの夏はずっと一緒に過ごしている。こうやって昼間に一人でいるのは久しぶりだ)

    祖母「ふふっ。いつも一緒なことが気にならないくらいなんて。仲が良いわねぇ」

    少年「そうですね。本当にいいやつですし」

    祖母「あっ、そうだ」

    少年「?」

    286: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:14:09.00 ID:9OC/ch8I0
    祖母「これ」

    少年(おばあちゃんがそう言って懐から何かを取り出す。手のひらに収まるくらい小さなものだ)

    祖母「もらってくれないかしら。お守りみたいなものなんだけどねぇ」

    少年「……!」

    少年(その形には、見覚えがあった。つい最近思い出したばかりの記憶の中の……)

    少年「これは……ビー玉?」

    祖母「昔ね、すごく仲が良い友達がいたの。まるであの子にとってのあなたのような」

    少年「はぁ……」

    祖母「その子がずっとこれを大切に持ってて。でも、その子は……」

    少年(そこで口を閉ざして、どこか懐かしむような、あるいは寂しそうな表情を浮かべた)

    少年「そんな形見のようなものを、どうして俺に……?」

    祖母「どこか、その子があなたに似ていると思ったの」



    287: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:15:27.37 ID:9OC/ch8I0
    祖母「前に、ここに来たことがあるか聞いたことがあったの、覚えてるかしら?」

    少年「はい」

    祖母「もしかしたらあの子はどこかで生きていて、そのお子さん、ううん、お孫さんだと思ったの」

    少年「……すいません」

    祖母「別に謝ることじゃないからね。……まぁだからあなたにこれを渡したくて」

    少年「……大事にします」

    少年(おばあちゃんから小さなお守りを受け取る。もう何十年も前の代物だから表面にはいくつも小さな傷があるが、光に当てるとキラキラと中で反射して煌めいた)

    祖母「ありがとう……」

    少年「どうして、あなたがお礼を?」

    祖母「どうしてだろうねぇ。ただ、言いたくなったんよ」

    少年「…………」

    少年「……こっちこそ、ありがとう」

    288: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:15:53.38 ID:9OC/ch8I0
    少年「あ、ならこれ……」

    祖母「?」

    ――――

    ジジジジジジ…

    少女「…………」

    少年(自分も散歩に出かけようかと思い玄関を出ると、彼女が庭先で木にもたれかかっているのに気づいた)

    少年「どうしたんだ? ボーッとして」

    少女「うーん……。なんかね、寂しくて」

    少女「もう、夏休みも終わっちゃうなぁって」

    少年「ああ、そう言えばもうそんな時期か」

    少女「夏休みが終わっちゃったら、もうこうやってあなたとおしゃべりすることもないだなーって思って」

    少年「言われてみたら確かにそうだ」

    289: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:16:48.53 ID:9OC/ch8I0
    少年(正直、考えてなかった)

    少年(なんとなく、これがずっと続くものだと思っていたけど、そんなわけがない)

    少年「そっか……。もう、終わりか……」

    少女「うん……」

    少年(庭にいる蝉の声が喧しく響き渡る)

    少年(なのに、それは数日前よりも少し弱まっているように感じられた)

    少年(夏の終わりが、近づいてきている)

    少女「……実はね」

    少年「うん?」

    少女「明後日なんだ、帰るの」

    290: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:17:14.67 ID:9OC/ch8I0
    少年「……えっ?」

    少女「ごめんね。なんだか、言いたくなくて」

    少年「そ、そうなんだ……」

    少年「てっきり、まだ八月は二週間くらいあるから、それまでいるんだとばかり……」

    少女「親の仕事の都合で、元々ここにいるのはお盆が終わるくらいまでだったの」

    少年「明後日、か」

    少年(いきなり言われても、ピンとこない。明後日には、あと二回眠って起きたら、目の前にいる少女がいなくなってしまう)

    少年(そうなったら、俺はまた魔王と戦う……? 実感がいまいち湧いてこない)

    少年「このまま、時間が止まればいいのにな」

    少年(無意識に、そんな声が漏れていた)

    少女「……意外」

    少年「何がだよ」

    少女「あなたがそういうことを言うのが。その辺り、もう少しドライなんだと思ってた」

    少年「……自分でも意外だと思うよ」

    少女「自覚あったんだね」

    少年(時間が止まる、か)

    少年(そんな魔法があるって、いつだったか聞いたような気がする)

    291: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:17:41.12 ID:9OC/ch8I0
    少年(でも、そんなものには今まで一度も出会ったことがない)

    少年(きっと、噂話の類の域を出ない、眉唾物なのだろう)

    少年(終わりは訪れる)

    少年(彼女は明後日にはここを去り、俺は女神様の元へと戻り、また世界を救う旅に出ることになる)

    少年(そう思うと、途端に焦りが胸の中を圧迫し始める)

    少年「あ、そうだ!」

    少女「?」

    少年「明日、広場で祭りがあるんだってさ!」

    少女「あー……」

    292: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:18:06.88 ID:9OC/ch8I0
    少年「あ、あれ?」

    少年(なんだ? 思ってた反応と違う……)

    少女「お祭りって言っても、名前だけだよ。ここのは」

    少年「名前だけ?」

    少女「昔は盛り上がってたみたいだけど、最近はおじいちゃんとおばあちゃんが、ブルーシート広げてお酒を飲んでるだけ」

    少女「お祭りらしさなんて、ほとんどないよ。何年か前に行って、すごくがっかりしたし」

    少年「おぅ……」

    少年(なんてこった……。喜ばせようと思った結果、逆にテンションが下がる結果に……)



    293: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:18:37.10 ID:9OC/ch8I0
    ??「お、いたいた」

    少年「?」

    農家「おーい!」

    少年「あ、どうもっす」

    農家「君たち、明日のお祭り来るかい?」

    少年「あー……」

    少年(思わず口ごもってしまう。何ともタイミングの悪い……)

    少年「いや、その……」

    農家「よかったら来てくれよ! 彼女も一緒に!」

    少年「あの……」

    農家「じゃ、オレはちょっとじゅ……じゃなくて、用事があるから!」タッ

    少年「あ……」

    294: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:19:03.63 ID:9OC/ch8I0
    少女「……あなたのコミュ力はどこに行ったの?」

    少年「いや、あんな一方的に言われたらな……」

    少女「あの、とか、その、しか言ってなかったじゃない」

    少年「ぐぅ……」

    少女「はぁ……。でもまぁ、仕方ないね」

    少年「そう、だな……」

    少年(おかしいな。普通祭りってもう少しワクワクするものじゃないのか?)

    少年(まさか、こんなにも憂鬱になるとは……)

    少年・少女「「はぁ……」」

    少年(適当に顔を出して、すぐに帰ろう。酒を飲んでるなら、上手く抜けられそうだ)

    ――――

    少年「……と、思っていたが」

    295: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:19:29.07 ID:9OC/ch8I0
    ワイワイガヤガヤ

    少女「あれ?」

    少年「おい。なんか、話に聞いてたのと違うぞ」

    少女「あれ? あれれれれ?」

    少年「焼きそばとかあるぞ」

    少年(普段何もない広場には、いくつか屋台が並んでいて、傍らの発電機がブツブツと駆動音を鳴らしている)

    少年(そこから漂ってくるにおいは、空っぽの胃を絶えず刺激してくる)

    少女「ど、どうして。去年までこんなの……」

    農家「驚いたかい?」

    少女「わぁっ!?」

    296: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:19:55.14 ID:9OC/ch8I0
    少女「お、おじさん……」

    農家「村の大人たちみんなで準備したんだよ」

    少女「えっ……?」

    農家「まぁ、昔のものを掘り出してきたのがほとんどなんだけどね」

    少年「気づかなかった……」

    農家「そりゃそうさ! なんてったってサプライズだからね」

    少女「これを、私たちの、ために……?」

    農家「ははは、まぁね。それに、他にも小学生が何人かいてね。いい機会だと思って」

    少年「小学生……、あー」

    少年(いつかのオオクワガタをあげた子供のことを思い出す)

    農家B「そうだぜ、坊主ども」

    農家C「こいつが唐突に『今年はちゃんとした祭りやろう』なんて言い出しやがって」

    農家「お前ら! それは言わない約束だろ!」

    297: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:20:21.12 ID:9OC/ch8I0
    農家B「なんでいなんでい。別に減るもんでもねぇんだし」

    農家C「そうだよぉ。こういうのはむしろ言うのが、お約束ってやつだぜ?」

    農家「もう飲んでやがるな?」

    農家B「それもまたお約束ってやつよ」

    少年「あはは! 仲、良いんですね」

    農家「最早腐れ縁でな」

    農家C「そうそう! 小坊の時からのダチよ」

    農家B・C「「ハッハッハッハッ!」」

    農家「酔っぱらいに付き合わせるのもアレだし、回ってきなよ」

    少年「はい、ありがとうございます!」

    少女「…………」

    少年「どうした?」

    少女「……ううん。ただ、嬉しくて」

    少女「おじさん、ありがとうございます」



    298: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:20:53.65 ID:9OC/ch8I0
    少女「焼きそば! こういうの食べてみたかったの!」

    少年「俺も、食べるのは初めてだな」

    少女「私も小さい頃に来たことあるみたいだけど、あんまり覚えてなくて」

    少女「だから、二人とも全部初めてだね」

    少年「ああ」

    少女「あ! あっちはかき氷だって!」

    少年「先に焼きそばを食べ終わった方がいいんじゃないか?」

    少女「くぅーー!!」キィーン

    少年「って、早!?」

    少女「キンキンに冷えてやがる!」

    少年「ビールじゃないだろ、それ」

    299: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:21:21.02 ID:9OC/ch8I0
    少女「一口いる?」

    少年「もらえるなら、まぁ……」

    少女「はい、あーん」

    少年「え」

    少女「あーん」

    少年「ほ、本当にやるのか?」

    少女「いいから。一回やってみたいの!」

    少年「む。そう言われると弱い……」

    少女「早く、溶けちゃうから!」

    少年「わ、わかったよ。あ、……あーん」

    300: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:22:16.18 ID:9OC/ch8I0
    少女「どう?」

    少年「んー。冷たいし、甘いし、これは――」

    少女「そうじゃなくて」

    少年「ん?」

    少女「間接キス、だね」

    少年「んぐぅっ!?」ゴクリ

    少年「!」

    少年「くぅーーーーー!!!!!」キィーン

    少女「あはははは! 動揺しすぎだよ!」

    少年「君が、突然変なこと言うからじゃないか……。まだ頭がキンキンする……」

    少女「なんか顔赤いよ?」

    少年「気のせいだ! バカ!」

    301: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:22:46.09 ID:9OC/ch8I0
    ??「あーーー!」

    少年「ん?」

    男の子「オオクワガタのお兄ちゃん!」

    女の子「オオクワガタ?」

    少年「大事にしてるか?」

    男の子「うん! あれからもっと大きくなった!」

    少年「そうかそうか」

    女の子「オオクワガタって?」

    男の子「この人すげーんだぜ? オオクワガタ見つけたんだよ! 普通全然見つかんないのに!」

    男の子B「マジかよ! ずりー!」

    302: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:23:14.15 ID:9OC/ch8I0
    女の子「へぇー。虫なんて捕まえて何が楽しいの?」

    男の子「お前わかんねぇの!?」

    男の子B「めっちゃカッコいいじゃん!!」

    女の子「ガキ臭い」

    男の子「ひでー!」

    男の子B「まぁいいや! あっちで金魚すくい行こうぜ!」

    女の子「金魚すくい!」

    男の子「じゃあお兄ちゃんたちじゃあねー!」

    少年「おー、頑張れよー」

    少女「大人気だね」

    少年「そりゃ昆虫は男のロマンだからな。ムシキ○グとか流行ったし」

    少女「ムシキ○グ……?」

    少年「……今、ちょっとジェネレーションギャップを感じたよ」



    303: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:23:54.17 ID:9OC/ch8I0
    少女「うーん、一通り回っちゃったねー」

    少年「回ったなぁ」

    少女「どうする? もう一周しちゃう?」

    少年「いや、ちょっとここで休もう。そのへん座って」

    少女「……ふふっ」

    少年「なんだよ」

    少女「なんでもなーいよ」

    少年「そうかい」

    304: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:24:20.33 ID:9OC/ch8I0
    少女「はぁ……金魚一匹もすくえなかったな」

    少年「あれ、結構難しいのな」

    少女「ねー。紙すぐに破けちゃうし」

    少年「隣でやってたおじさんが名人級に上手くてさ」

    少女「そうそう! 一枚で何匹とってたかなぁ」

    少年「本当に同じ紙なのか、あれは……」

    少女「でも、楽しかったー」

    少年「ああ」

    少女「楽しかった、な」

    少年「……ああ」

    305: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:24:55.45 ID:9OC/ch8I0
    少年(祭りの喧騒が遥か遠くのように聞こえる)

    少年(そんなに離れていないはずなのに、辺りがすごく静かだ)

    少年(二人とも何も言わなかったけど、思っていることはなんとなくわかる)

    少年(いつの間にか少し小さくなった夏の虫の声)

    少年(ひんやりと冷気をはらみ始めた夜の風)

    少年(いくつもの要素が俺たちに絶えず告げてきている)

    少年(時間の流れというものの存在を)

    少年(季節が移り変わることを)

    少年(『今』が終わり続けていることを)

    少年(その終着点は、すぐ近くにあることを)

    306: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:25:35.16 ID:9OC/ch8I0
    少年「なぁ」

    少女「なに?」

    少年「いろいろありがとうな」

    少女「どうしたの、急に」

    少年「言っておきたくなったんだ」

    少女「あはは、らしくないなぁ」

    少年「茶化すなよ」

    少女「そうだね、ごめん」

    少年(彼女は遠くをぼんやりと見つめる)

    少年(その横顔は、繊細な筆致で描かれた水彩画のように美しく、思わず見惚れてしまう)

    307: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:26:02.39 ID:9OC/ch8I0
    少年(そして、なんだか気恥ずかしくなって、視線を外して彼女と同じ方を向く。そこにあるのは夜空だけ)

    少年(数え切れないくらいに小さな光の粒が敷き詰められた、一面の黒)

    少年(満天の星空に、自分たちが包み込まれたようだった)

    少年「……俺さ」

    少女「うん?」

    少年「思い出したんだ。前に聞かれてたこと」

    少女「それって……」

    少年「どうして、俺が勇者になったか」

    少年「どうして、魔王と戦おうと思ったか」



    308: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:26:35.41 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少女『燃えちゃう……。全部、なくなっちゃう……』

    自分たちが住んできた村が、どんどん焼けてなくなっていくのを、見ていることしかできずにいた。

    少年『くっ……!』

    自分の無力を呪う。

    ここにいる女の子一人、もしもあの火がここに飛んできたら、守ることができない。

    何もできない自分が、嫌で仕方なかった。

    自分の身体の中が少しずつ熱を帯びていくのは、怒りのせいだと思った。

    少女『私たち、これからどうなるのかな……』

    少年『大丈夫だよ』

    少女『そう、なのかな……。どうしてそんなこと言えるの?』

    少年『どんなことがあっても、君だけは、俺が――』

    その時だった。

    耳をつんざくような爆音が、自分の後ろから轟いた。

    309: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:27:01.21 ID:9OC/ch8I0
    少女『きゃあっ!?』

    少年『うわっ!!』

    一瞬で辺り一面が火の海となる。

    頭上を見上げると、巨大な鉄の塊がその元凶なのだとわかった。

    少年『クソ……っ!』

    少女『ど、どうするの?』

    少年『どうするって言ったって……!』

    逃げ場はない。このままだと二人とも焼け死ぬのが目に見えていた。

    神様でも何でもいい。自分たちを、せめて彼女だけでも救って欲しい。

    そう叫んでいた。

    少女『熱い……っ、死にたくない……っ!』

    彼女が俺の服の裾を引っ張る。

    どうにかしないと。

    ただ焦燥感が頭の中を駆け回る。

    310: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:27:50.46 ID:9OC/ch8I0
    上に逃げ場なんてないのに、また空を見上げた。

    鉄塊は今もなおそこにあって、するとその時、また黒い塊が落ちてくるのが見えた。

    少年『嘘だろ……?』

    さっきのと同じものだと瞬時に理解した。

    あれはいま自分たちがいる場所に落下してくる。

    そうすればどうなるのか。

    守らないと。

    絶対に、彼女だけは……!

    こんな火さえ、こんなものさえなければ……!

    ――――!

    その時、何かが弾ける音が、自分の中で響き渡った。

    311: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:28:19.85 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    次に意識が覚醒した時、俺は宙に浮いていた。妙に身体が軽い、まるでなくなってしまったかのように。

    ??『気がつきましたか?』

    声がした。

    鈴を鳴らしたような、透き通っていて綺麗な声だった。

    少年『あ、あれ……? 俺は……? てか落ち……っ、ない?』

    ??『よくあんな上級魔法を使えましたね。こんな魔力の薄い世界で、魔法の知識もゼロのあなたに』

    少年『魔法……? えっ……?』

    そこでようやく自分が気を失う寸前のことを思い出し、飛び上がった。

    少年『あ、あの火は!? 俺は、彼女はどうなったんだ!?』

    辺りを見渡すと、自分がついさっきいた山の少し上の方で浮いているのだとわかった。

    少年『あれ……? 火は?』

    ??『覚えていないのですか? あなたが消したんですよ?』

    312: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:28:46.11 ID:9OC/ch8I0
    少年『俺が……? どうやって……?』

    ??『無意識であれだけのことを……』

    少年『?』

    ??『あなたは結界魔法を使って、爆弾と火を消してしまったのです』

    ??『その魔力の代償として、あなたの肉体は消滅してしまいましたが……』

    少年『ちょ、ちょっと待って。何を言って……』

    少女『どこに行ったの……ねぇ……っ!』

    少年『!』



    313: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:29:12.40 ID:9OC/ch8I0
    少年『おい! 俺はここだ! おーい!!』

    少女『ねぇ……、ねぇってば……!』

    少年『聞こえて……いない……?』

    ??『あなたの肉体は、もうありません。今のあなたは、魂だけの状態なのです』

    少年『うるさい、あんたは黙ってろ!! おい! 俺はここにいるぞ!!』

    少女『どうして……? どこにも行かないって約束したばかりなのに……!』

    少年『違う、俺は――!』

    ??『現実を認めてください。あなたは死んだのです』

    少年『……!』

    ??『あの子を守って、あなたは……』

    少年『……嘘、だろ?』

    ??『事実です』

    314: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:29:42.31 ID:9OC/ch8I0
    少年『どうにかなったりは、しないのか……?』

    ??『私には人を生き返らせることはできません。できることは、誰かの魂を転生させることと、ほんの少しの魔法だけ』

    少年『転生……?』

    ??『あなたをこの世界に転生させることはできます。今この瞬間に生まれる新たな生命として』

    少年『……つまり、赤ん坊からやり直しってことか?』

    ??『理解が早くて助かります。しかし、私はあなたにお願いがあって、あなたの魂を現世に押し留めているのです』

    少年『お願い?』

    ??『お話するよりも実際に見てもらう方が早いでしょう』

    315: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:30:20.46 ID:9OC/ch8I0
    それから俺が見せられたのは、魔物という存在と、それと戦う人々の姿だった。

    ??『あなたに、これらの世界を救ってもらいたいのです』

    少年『どうして、俺が?』

    ??『あなたには天性の勇者としての素質があるからです』

    少年『そんなもの、俺には……』

    ??『あります。つい先程証明してもらったばかりですよ』

    ??『この世界では魔法はほとんど使えません。簡単な、例えば火を起こす魔法だって、不可能です』

    ??『しかし、そんな世界であなたは上級魔法である、結界魔法を使った。これは普通ではありません。むしろ異常、超常的です』

    少年『…………』

    ??『あなたのステータス、能力値が私には見えますが、どれも底なしです。きっとどんな魔王が相手だろうと、あなたならたくさんの世界を救えることでしょう』

    その人の言っていることは、ほとんど理解できなかった。けれど、ただ一つだけわかったことは――。

    少年『俺が、世界を……?』

    少年『この人たちを、助けられる……?』

    ??『ええ』

    316: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:30:46.21 ID:9OC/ch8I0
    少年『一つ、聞きたい』

    ??『なんでしょう?』

    少年『どうして、あなたがそうしないんだ?』

    ??『……できないのです』

    少年『できない?』

    ??『先程申した通り、私にできることは限られています。私という存在が関わることのできる事象が、ほとんどないと言って等しい』

    ??『理由は自分でもわからないのですが、こうしてあなたと接触できたことが、奇跡と言ってもいいのです』

    ??『だから、あなたにお願いしたい』

    ??『彼らを、世界を、救ってもらえませんか……?』

    少年『…………』

    317: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:31:15.07 ID:9OC/ch8I0
    俺は、救えなかった。

    火によって焼かれる自分の村を、見ていることしかできなかった。

    目の前で人々が死んでいくのに、ただ、立ち尽くすことしか。

    そんな自分に救えるものがあるのなら、俺は――。

    少年『わかった』

    ??『えっ?』

    少年『やるよ。その勇者というものに、俺はなってやる』

    少年『それで、たくさんの人を俺は、救いたい』



    318: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:31:42.22 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少年「俺は、守りたかったんだ」

    少年「今、俺たちの目の前にあるような光景を」

    少女「光景?」

    少年「ああいうものをさ」

    少年(祭りの方を指差す。村中の人たちが集まって、いろんなことをして笑い合っている)

    少年「ああいう平凡で、でも幸せな毎日を、俺は守りたかった」

    少年「一度、たくさん失ったから、だから、今度は守りたいって」

    少年「いつからか忘れてしまって、ただ魔王を倒す。人間を守るとしか考えられなくなっていたけれど」

    少年「本当はそうじゃなかった。俺が守りたかったものは、少し違っていたんだ」

    少女「……そっか」

    少女「正直、私にはよくわからないけど、でも、あなたの顔を見てると、それでいいんだって思うよ」

    少年「それも、君のおかげだ」

    少女「えっ?」

    319: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:32:15.76 ID:9OC/ch8I0
    少年「ここに来て、初めて綺麗だと思ったのはこの星空だった」

    少女「…………」

    少年(彼女は何も言わないが、微かに瞳が頷いたように見えた)

    少年「あの瞬間、俺は自分が少しだけ人間になれた、いや、戻ったと思えた」

    少年「今になって思えば、俺の心はもう人間じゃなくなっていた」

    少年「目の前で誰かが泣いていようが、苦しんで死のうが、何も感じなかった。何かがきっと麻痺してたんだと思う」

    少年「そんな俺をまた一人の人間にしてくれたのは、君なんだ」

    少年「君と過ごしたこの時間が、俺を救ってくれたんだ」

    少女「そんな、大げさだよ」

    少年「大げさなんかじゃない」

    320: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:32:42.04 ID:9OC/ch8I0
    少年「君と過ごす毎日は、俺にとって……」

    少年「俺にとって……」

    少年(言葉が詰まった。次に口にする言葉はわかっているのに、どうしても声に出せない)

    少女「……いいよ。たぶん、私も同じだから」

    少年「そう、かな」

    少女「そうだよ。だから、私からも言わせて」

    少年「君、から?」



    321: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:33:08.32 ID:9OC/ch8I0
    少女「私ね、君から教わったの。大事なこと」

    少年「教わった? 俺から?」

    少女「うん。そうだよ」

    少年「何か説教した記憶は……、早起きくらいしか思いつかないな」

    少女「ぷっ、あはは! それもかもね!」

    少女「私ね、ここには、何もないと思ってた」

    少女「動物園も遊園地もプールもなくて、いるのもおじいちゃんやおばあちゃんばかりで、私と同じくらいの歳の人はいなくて」

    少女「だから、あなたが来た時、本当にすごく胸が躍ったんだけど」

    少年「…………」

    少女「でもね、違ったの」

    少女「ここに、何もないんじゃなかった」

    少女「私が探そうとしていなかっただけだったの」

    322: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:33:34.37 ID:9OC/ch8I0
    少女「山に行けば冒険が待っていたし、海に行けば海の家やたくさんの人がいなくても楽しかった」

    少女「それだけじゃない。つまらないと思ってた畑仕事とかも、実際にやってみたら結構面白かったり」

    少女「見つけようと思えば、いっぱいのものがあったんだ」

    少女「それを教えてくれたのは、あなた」

    少女「だからね、ありがとう」

    少女「……あはは。あなたに比べたらちょっとスケール小さいね」

    少年「そんなことないし、お礼を言われるようなことなんて」

    少女「いいの、私が勝手にあなたに感謝してるだけ。あなただってそうだよ」

    少女「お互いにそうしようと思ってたわけじゃないんだから」

    少年「……そっか。そんなもんなんだな」

    少女「うん、そんなもん」

    323: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:34:00.33 ID:9OC/ch8I0
    少年(それからまた会話は途切れた)

    少年(二人とも言いたいことはもう十分に言い切ったし、それで互いに理解できた)

    少年(だから、これでいい)

    少年(……いや、まだ言い足りないことは、ある)

    少年(その言葉は今まで何度も心の中に浮かび上がっては、自重で沈んでいった)

    少女「ね、ねぇ」

    少年「ん?」

    少女「あ、あの、ね……」

    少年(心なしか、彼女の声が震えているような気がした)

    少女「私……あな――」

    324: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:34:30.89 ID:9OC/ch8I0
    ドンッ。

    少年(重く大きな音が、胸の奥に響く)

    少年(赤い大輪の花が、夜空にパッと咲き上がる)

    少年「綺麗だ……」

    少年(あまりにも突然の出来事に、思考が追いつかない中、ふとそんな声が漏れた)

    少女「花火なんて、どうして?」

    少年(遠くの方に何度か話したことのある人が見えた)

    少年(都市の花火大会用の花火を作っているって、言っていたっけ)

    少年「あの人、ここで打ち上げる用の花火は作ってないって言ってたような……」

    少女「お祭りだから、じゃない?」

    325: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:35:25.01 ID:9OC/ch8I0
    少年(地面がピカッと一瞬閃光を放ち、かん高い音を鳴らしながら地面から空へと上っていく)

    少年(それはまた開く。青色の光の粒が四方八方に広がる)

    ドンッ。

    少年(遅れて響く、爆発音。まるで空を思いっきり殴りつけたようだ)

    少年(花火は次々と打ち上がって、空を赤、黄、緑とそれぞれの色彩で染めていく)

    少女「綺麗だねー」

    少年「ああ」

    少年(ふと、思い出す)

    少年(昔、もう気が遠くなるくらいに長い時間が過ぎる前、今と同じようなものを見た) 

    少年(両親がいて、兄弟がいて、友達がいて、みんなしてバカみたいにただ空を見上げていたのだ)

    少年(大切だった。本当に、心の底から)

    少年(だから、もう失いたくない。次は、次こそは……)

    少年「……あ」

    少女「あ」

    少年(そんなことを考えながら彼女の方を見ると、見事に目が合ってしまう)



    326: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:35:51.08 ID:9OC/ch8I0
    少年「……さっきさ」

    少女「えっ?」

    少年「さっき、何て言おうとしてたんだ?」

    少女「……さぁ?」

    少年「さぁって……」

    少女「もう忘れちゃった。たぶん大したことじゃないよ」

    少年「そんな風には聞こえなかったが」

    少女「だって、本当に大事なことなら、後からだって言うでしょ?」

    少女「言わないってことは、忘れるってことは、それくらいくだらない、どうでもいい話だってことだよ」

    少年「…………」

    少年(そう言われてしまっては、これ以上問いつめることもできない)

    少年(だが、その方がいいのかもしれない)

    少年(もしも)

    少年(もしも、そういうことだったら――)

    327: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:36:17.10 ID:9OC/ch8I0
    少女「……もう、お祭りも終わりだね」

    少年(見れば少しずつ人も少なくなり、屋台の明かりも弱くなってきている)

    少年「明日……」

    少女「うん、明日の今頃は私はもう……」

    少年「そっか……」

    少女「あなたも、また戦いに戻るんでしょ?」

    少年「ああ。休暇はおしまい」

    少女「そうだよね……。ここに戻ってきたりもしないのかな」

    少年「……わからない。最後まで終わるのにあとどれくらいかかるのかも。そもそも終わるのかどうかも」

    少年「あと、十個くらいだったっけな。俺が行く世界は」

    少女「じゃあ、十回魔王と戦うんだ」

    少年「そうなるな。……けど」

    少女「けど?」

    328: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:37:15.10 ID:9OC/ch8I0
    少年「今度は、違うやり方で世界を救おうと思ってるんだ」

    少女「違うやり方って?」

    少年「人と魔物が戦わなくてもいい、互いを憎み合って争うようなことがない」

    少年「できるかわからないけど、やってみようって」

    少年「今までの経験を全部フルに活用すれば、どうにかなるかもしれない」

    少女「あなたなら……」

    少女「あなたなら、きっとできるよ」

    少女「だって、今まで何百回も世界を救ってきた勇者なんでしょ?」

    少年「桁が一つ違うよ」

    少女「あ、何十回だったっけ。それでも、もう世界を救うことに関して言えば、大ベテランなわけで」

    少女「あなたなら……ううん、きっとあなたにしかできないことだよ」

    少年(まっすぐな瞳が、俺に笑いかけてくれる。口にする前は自分でも不安だったはずなのに、彼女の言葉がすごく心強く感じられた)

    少年「ありがとう」

    329: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:37:41.99 ID:9OC/ch8I0
    少女「……じゃあ、もう会えないんだね。当分」

    少年「たぶんね。君が生きている間に終わらないかもしれない」

    少年(少しだけ、嘘だった)

    少年(彼女のおばあちゃんとの記憶を思い出したことによってわかったこと)

    少年(この世界と、魔王と戦ってきた世界では時間の流れ方が違うのだ)

    少年(俺が女神様と出会って世界を救い始めてから、途方もない時間が流れている。しかしここではせいぜい数十年といったところ。残っている世界の数から考えれば、十年やそこらで戻ってこれてもおかしくはない)

    少年(だが、それでも十年)

    少年「この一ヶ月、どうだった?」

    少女「楽しかったに決まってるじゃない! こんなにいろんなことがあった夏休みなんて、これまで、もしかしたらこれからもないよ!」

    少女「本当に楽しかった! すごく……っ、楽し……かった……っ」

    少女「だから……っ、今、こんなに……っ! ひっぐ……っ」

    少年「そっか……。なら、よかったよ……」

    330: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:38:07.99 ID:9OC/ch8I0
    少女「ひっぐ……、向こうで頑張ってね」

    少年「ああ、ありがとう。君も、こっちでいろいろ頑張れよ」

    少女「うん……」

    少年「大丈夫だよ。君なら」

    少年「君が大丈夫だって言った俺が言うんだ。だからさ」

    少女「……ぷっ、何それ」

    少年「説得力あるだろ? 人に頑張れって言った手前、これならそっちも頑張らなきゃな」

    少女「説得と言うより、それ脅迫だよ」

    少年「あはは! 確かに!」

    少女「ふふっ!」

    少年(二人の笑い声が風に乗ってどこかへ流れていく)

    少年(そうだ。終わり方はこんな感じがいい)

    少年(こんな感じで、いい)

    少年(…………)

    少年(……本当に、いい?)



    331: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:38:34.00 ID:9OC/ch8I0
    少女「さ、帰ろ? 明日も朝早いし」

    少年「……ああ、最後に寝坊なんてのもな」

    少女「うん」

    少年(彼女が俺の先を歩いていく。雑草を踏む音を等間隔で鳴らしながら)

    少年(言えるわけがない。言っていいはずがないんだ)

    少年(そんな自己中心的で身勝手な言葉を)

    少年(なのに、心は今もなお叫び続ける)

    少年「……なぁ、ちょっといいかな」

    少女「…………」

    少年(足音がやむ。彼女の動きが止まる)

    少女「……なに?」

    少年「好きだ」

    332: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:38:59.92 ID:9OC/ch8I0
    少女「…………」

    少年(彼女はこっちを振り向くと、ポカンと口を開けたまま呆然としているようだった)

    少年「…………」

    少女「……それって」

    少女「それって、どういうこと……?」

    少年「そのままの意味だよ。俺は、君のことが好きなんだ」

    少女「……それ、本当?」

    少年「こんな時に冗談なんて言わないよ」

    少女「そっか。あなたは言うような人じゃないね」

    少年「そうだよ」

    少女「……私で、いいの?」

    少年「えっ?」

    333: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:39:32.34 ID:9OC/ch8I0
    少女「だって私、普通だよ?」

    少女「あなたみたいな勇者じゃないし、何もない、平凡な人生を送ってきた、普通の女の子だよ?」

    少年「そんなことないだろ。それに今は関係……」

    少女「あるよ。だって私じゃ、あなたには釣り合わないし……っ」

    少女「それに、これからあなたは、またいろんな世界に行くんでしょ? そしたら、きっと私よりも綺麗な人も、すごい人もいっぱいいるだろうし、だから……!」

    少年「そんなことを心配していたのか?」

    少女「えっ?」

    少年「あ、いや……」

    少年「それ以外の心配は、なかったのか?」

    少女「えっ? ど、どういうこと?」

    少年「…………」

    少年「だって、俺が言いたかったのは――」

    少女「私、あなたのためなら待つよ?」

    少年「……!」

    334: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:40:01.84 ID:9OC/ch8I0
    少年「なんで……、なんでそんな簡単に言えるんだ……?」

    少女「そんなの、決まってるよ」

    少年「何年かかるかもわからない……! もしかしたら君が生きている間に終わらないかも……」

    少女「それでもいいよ」

    少年「なんで……、わからない。君の考えが理解できない……!」

    少女「どうしてわからないかなぁ。もしもあなたが私の立場だったら、同じ風に考えないの?」

    少年「俺が、君の?」

    少女「うん。理由は簡単」

    少女「私も、あなたのことが好き」

    少女「それだけじゃ、ダメ?」

    335: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:40:27.96 ID:9OC/ch8I0
    少年(自分と向かい合う少女はあっけらかんとしていた)

    少女「あなたなら、きっと終わらせて帰ってくる。そう信じているもん」

    少年「なんでそんな……」

    少女「あなた自身だってそう思ってるように見えるけど?」

    少女「それにさ、世界を救うために戦ってるなんてそんなカッコいい人、他にいないよ」

    少年(その目には一点の曇りもなく、嘘をついているようでも自信なさげでもない)

    少年「……本当にいいのか?」

    少女「しつこいなぁ。さっきからそう言って――」

    少年(その行為は衝動的で、理性は押し止めようとするも役に立たなかった)

    少女「わっ!」

    少年(俺は彼女の体を抱きしめていた)

    少年(どうしようもないくらいに愛おしかった)

    336: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:40:53.87 ID:9OC/ch8I0
    少年「きっと、いや絶対、ここに戻ってくる。俺は、君に会いに、また」

    少女「……うん。あんまり待たせないでね。でも、無理はしないで」

    少年「ああ。わかってる」

    少女「その時、私何歳なんだろうなぁ……。前にあなたに十年女を磨いてこい、みたいなこと言われたけど、十分過ぎる時間だね」

    少年「戻ってきたら、ここで二人で暮らそう。死ぬまで、ずっと一緒にいよう」

    少女「……それって、プロポーズ?」

    少年「かもな」

    少女「ロマンティックなんだか、そうじゃないんだか、わからないなぁ」クスッ



    337: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:41:30.42 ID:9OC/ch8I0
    少女「……そうだ、じゃあ、ロマンティック追加ということで」

    少年「ん?」

    チュッ

    少年「な……っ!」

    少女「私、毎年夏になったらここに来るから」

    少女「その時に、また、ね?」

    少年(そう言うと彼女は恥ずかしそうに笑った)

    少年「……そういうとこが、本当にもう」

    少年(思わず笑みがこぼれる。だから、俺は彼女に――)

    少年「じゃあ、何年か先の夏で、また」

    少女「うん。また……」

    少年「ああ、それとこれなんだけど」

    少女「?」

    少年「君に、持っていて欲しいんだ」

    338: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:41:56.40 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    女神「お久しぶりですね、勇者さま」

    少年「ああ、久しぶり」

    女神「随分と、人間らしい顔に戻りましたね」

    少年「そんな感じのことを言われると思ってたよ」

    女神「あら」

    少年「……でも、悪くない気分だ」

    女神「休暇も悪くないでしょう?」

    少年「ああ、確かに」

    女神「だから今まで何回も、休むように言っていたのに。勇者さまは聞く耳持たないですし」

    少年「悪かったって」

    女神「ふふっ」

    339: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:42:24.56 ID:9OC/ch8I0
    少年「それと、ありがとう。強引にでもあの世界に飛ばしてくれて」

    少年「全部、偶然なんかじゃなくて、女神様が仕組んだんだろう?」

    女神「あら、どこまで知っていますの?」

    少年「全部だよ。俺はあの世界で、あの村で生まれ育ったんだ」

    少年「いつの間に、忘れてたんだろうな……」

    女神「そんなことまで……」

    少年「あれ? 知らなかったのか?」

    女神「ええ! だって魔力を送るのに精一杯でしたもの!」

    少年「でも、最初の時はそんな苦労してなかったような……」

    女神「あの時はまだ、ここまで酷くはなかったような……。何か他の手段を使ったのでしょうか……?」

    少年「忘れたのか」

    女神「し、仕方ないじゃないですか! あれからどれだけの時間が経っていると思っているんですか!?」

    少年「いや、逆ギレされても……」

    340: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:43:05.69 ID:9OC/ch8I0
    少年「それよりもだ」

    女神「はい?」

    少年「休暇は終わり。じゃあ、一刻も早く次の世界を救いに行かなきゃな」

    女神「……そうですね!」

    少年「あと、10個?」

    女神「11です。勇者さま」

    少年「11か」

    ○○「すぅー……」

    勇者「……よし」

    女神「では、次の世界に勇者さまを転移させますね」

    勇者「頼んだ」

    女神「転移魔法(フィラー)!」

    341: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:51:03.23 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    『  』は生命の進化を見届け、果てにそれらは二種類に別れた。

    それが人間と、魔物。

    どう調整しても、それらが争い世界は崩壊するばかり。

    だからその存在は、その世界を見捨てまた新たな世界を作った。

    何度やっても、同じことの繰り返し。

    その回数は108。

    342: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:51:29.38 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    勇者(静寂が包んだ城の広間に、外から微かに歓声が聞こえてくる)

    勇者(きっと戦いが終わったことを知ったのだ)

    勇者(終わった)

    勇者(幾年にも及ぶ人間と魔族の戦いが、ようやく終わりを告げた)

    勇者(平和が訪れたのだ)

    勇者(もう魔族の者と戦う必要も、いつ殺されるかもわからない夜を過ごすことも、闇を恐れて生きる義務も、今となっては不要の長物だ)

    王様「では、魔王殿。この平和条約に調印を」

    魔王「うむ」

    勇者「…………」

    ――――

    仲間「やりましたね! 勇者さま!」



    343: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:51:55.66 ID:9OC/ch8I0
    勇者「ああ、もうこれで人間と魔物が戦うことはない。やっと、平和が訪れたんだ」

    勇者(長かった旅路もこれでようやく終わり)

    勇者(そう思うと肩の荷が下りるようだった)

    仲間「それもこれも、勇者さまのおかげです! まさか、こんな形で戦争が終わるなんて、勇者さまが来るまでは思ってもみませんでしたよ」

    仲間B「ああ。オレもそう思うぜ。ほとんど血を流さずに終わるなんてな……」

    勇者「俺だけのおかげじゃない。いろんな人たち、魔物たちの願いが、今という瞬間を実現させたんだ」

    仲間B「まったく、欲がないからいけねぇお前さんは」

    勇者「別にそんなんじゃないよ」

    勇者(もうこの世界は大丈夫だ)

    勇者(人間と魔物が手を取り合って、互いが互いを尊重し合える。そんな未来が訪れることだろう)

    勇者(人間が魔物を滅ぼすことも、魔物が人間を滅ぼすことも、きっとあるまい)

    344: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:52:32.39 ID:9OC/ch8I0
    勇者「長かったな……」

    勇者(もうあれから、何年が、何十年が、経ったことだろう)

    勇者(あの世界では、どれだけの月日が過ぎ去っているのだろう)

    仲間「これから勇者さまはどうされるんです?」

    仲間B「お前さんなら、きっとどんなポジションにだってつけるぞ? これまで苦労した分、少しくらいいいことがあったっていいもんだ」

    勇者「いや、俺は……」

    仲間「?」

    勇者「帰る場所があるんだ」

    勇者「俺を待っている人がいる」

    勇者「ずっと、ずっと昔から。俺の帰りを待っている人が」

    勇者「たぶん、もう会うこともあるまい」

    仲間B「そうか……。じゃあ、寂しくなるな……」

    仲間「そんな遠いところなんですか?」

    勇者「ああ。だから頼んだぞ。この平和がどうかずっと続くようにな」

    345: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:53:13.23 ID:9OC/ch8I0
    勇者(飛行魔法を用いてグルッと世界を見て回る)

    勇者(人々と魔物達は皆笑い合いながら、酒を飲んだり踊ったりしている)

    勇者「もう、大丈夫だ」

    勇者「108……。やっと終わったんだ……」

    勇者「これで、帰れる」

    勇者(時間のズレから考えるに、おおよそ向こうでは十年ほどの月日が過ぎているはず)

    勇者(まだ、待っていてくれているのだろうか)

    勇者(十年)

    勇者(俺からしたら大した長さではないが、待たされている彼女にとっては途方もない長さに感じられたことだろう)

    勇者(……もしかしたら、もう待ちくたびれて、そこにはいないかもしれないが)

    勇者「十年も待たせてしまったんだし、その時は仕方ないよな……」

    シュワァァン…

    勇者「!」

    346: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:54:10.76 ID:9OC/ch8I0
    勇者(唐突に眩いばかりの閃光)

    勇者(覚えがある。女神様からの通信だ)

    勇者「女神様か。ちょうどよかった。今、終わったところ――」

    女神「勇者さま!!」

    勇者(女神様の声を耳にした瞬間、背中の産毛がゾクッと逆立つのを感じた)

    勇者(こんな焦燥に満ちた声は、今まで聞いたことがない)

    勇者「な、なんだ? どうし――」

    女神「今すぐ……! 今すぐこちらに戻ってきてください……!」

    347: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:54:36.77 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    勇者(何が何だかわからないまま、俺は女神様のいる空間へと帰還した)

    勇者(この場所に特段変化は見られない。一体何があったというのか)

    女神「…………」

    勇者「女神様、一体何が……?」

    女神「落ち着いて、聞いてください」

    勇者「えっ?」

    女神「あなたの故郷だった世界のこと、まだ覚えていますね?」

    勇者「あ、ああ。それがどうかしたのか?」

    女神「あの世界がついさっき突然……」

    女神「……消滅、しました」

    勇者「…………」

    勇者「…………」

    勇者「…………えっ?」



    348: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:55:21.50 ID:9OC/ch8I0
    勇者(何を言っているんだ、女神様は)

    勇者「消滅……?」

    勇者「消滅って、なんだ……? どういうことだ……?」

    女神「消えてしまったんです。跡形もなく」

    勇者「な、何言ってるんだよ……。やっと戻れると思ってたのに、冗談キツい――」

    女神「冗談などではありません! これを見てください」

    勇者(女神様が何かの呪文を唱えると、突然周りの風景が変化した)

    女神「私が見た記憶です。この場所、見覚えありますね?」

    勇者(目の前に広がるのは、俺の故郷。あの頃と何ら変わりないように見える)

    勇者「……ん? なんだこれは?」

    349: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:56:13.44 ID:9OC/ch8I0
    勇者(奥にそびえる山の頂上が微かに光っている。禍々しい色を放ちながら、それは急速に強まっていく)

    勇者(そして突然、それは閃光を放つ)

    勇者「な……っ!?」

    勇者(次の瞬間、隣の山が弾け飛んだ)

    勇者(逃げ惑う人々の姿。その多くは顔見知りだった)

    勇者「逃げろ……。逃げてくれ……」

    勇者(無意識にそう声に出してしまう)

    勇者「あれ……?」

    勇者(見当たらない。誰よりも一番先に見つけるはずの人物の姿が、逃げる人たちの中に見つからない)

    勇者「あ……!」

    350: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:56:52.00 ID:9OC/ch8I0
    勇者(いた)

    勇者(一人だけ、他の人たちとは逆方向に走っていく姿)

    勇者(大人になっているが、遠目でも微かに感じられる面影は、見間違えようがない)

    勇者「バカ!! 逃げろよ!! お前が行ったって何もできないのに!!!」

    女神「勇者さま……。これはあくまで過去の記憶です。そんな風に叫んだって届くはずが……」

    勇者「あ……」

    女神「…………」

    勇者(女神様はただ悲しそうに目を伏せる。過去の中の彼女は必死に走り続ける)

    勇者(俺は、何もできない)



    351: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:57:27.42 ID:9OC/ch8I0
    勇者「えっ、魔物……!?」

    勇者(彼女が山の中に足を踏み入れると、幾多の魔物達が姿を現した)

    勇者「どうして……! この世界には魔物なんていなかったはずだ……! しかもあんなに……っ」

    女『な、なに……? 何なの……? 一体何が……』

    勇者「!」

    勇者(彼女の声だった。紛れもなく、昔聞いた彼女の)

    勇者(逃げろ)

    勇者(そう伝えたいが、届かない)

    女『きゃあっ!?』

    勇者(魔物の振るった腕が彼女を吹き飛ばす)

    勇者「……げろ」

    勇者「逃げろ……!」

    352: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 00:58:15.33 ID:9OC/ch8I0
    女『はぁっ……、はぁっ……』

    女『だ、誰か……助け……っ』

    勇者(足を若干引きずらせながら、彼女は逃げる)

    勇者(しかし退路を絶たれた彼女に残された道は、ただひたすら上へと登り続けるのみ)

    女『きゃっ!?』

    女『どうして、こんな……』

    女『嫌だ……っ、死にたく、死にたくないよぉ……!』

    勇者「なら、一人で危険なところに行くなよ……! バカ野郎……!」

    女『やっと……、あの人に会えると思ってたのに……っ』

    勇者「え……? あ……」

    勇者(彼女は俺が勇者であることを知っていた)

    勇者(ならば、魔物が現れるような状況になったら、それは俺が戻ってきたと連想してもおかしくはない)

    勇者「あ……、ああ……っ」

    勇者(俺の、せいじゃないか……)

    353: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:00:46.88 ID:9OC/ch8I0
    女『痛い……。痛いよ……っ。やめて……、来ないでぇっ!』

    勇者(最後にたどり着いたのは、俺の見覚えのある場所だ)

    勇者(いつだったか、女神様と交信した祠が端に映る)

    勇者(その場所のことはよく知っている。あるのは断崖絶壁で、それ以上逃げる先がないことを)

    女『いや、いやいやいやいやぁっ!!』

    勇者(魔物達が武器を振るう。鋭い刃が彼女の素肌を斬り裂いた)

    女『きゃあああああああっっ!!! 痛い痛い痛いいたいぃぃっ!!!』

    勇者(鮮血が傷口から一気に噴き出る。血が顔にかかった魔物はそれをペロリと舐めると、ニヤリと笑った)

    勇者「くっ……!!」

    勇者(これ以上、見ていたくない……!)

    勇者(しかし目を背けても、彼女の叫び声が嫌でも耳に入り込んでくる)

    354: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:01:12.98 ID:9OC/ch8I0
    勇者「ちく、しょう……!」

    女『うぐぅっ! やめて、やめてぇ……っ! いたいいたいいたいいたいぃっ!!』

    勇者(魔物達はいたぶるように、彼女を傷つけていく)

    女『あ……っ、ぐぁ……っ』

    勇者(彼女の骨が砕かれる。腕があらぬ方向へねじ曲がる)

    勇者(腹部を貫かれ、血と一緒にドクドクと内蔵が溢れ出てくる)

    勇者(必死に飛び出した内臓を元に戻そうとするも、曲がった腕では上手く集めることもできないのだ)

    勇者「くそ……っ、くそっ、くそっくそぉっ!!」

    勇者(俺が、俺がいれば……、その程度の魔物は一瞬で斬り伏せることができるのに……!)

    勇者(湧き上がる怒りにどうにかなりそうになった、次の瞬間――)

    勇者(視界が黒に染まった)

    勇者(地の底から湧き上がってくるような轟音)

    勇者(そのすぐ後に、今度は真っ白な光が一帯を覆い、また世界は真っ黒になった)

    勇者「……えっ?」

    355: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:02:20.72 ID:9OC/ch8I0
    勇者「な、何が今起こった……?」

    女神「わかりません……私にも」

    女神「ただ確かなことは、この瞬間に、この世界は消滅したのです」

    勇者「消え……た……?」

    勇者「……はは。そんなこと……。あんな一瞬で、空間ごと全部消えたって……?」

    女神「そう、言っているのです。にわかには信じられないことですが……」

    勇者「女神様が、ただ見れなくなっただけじゃないのか!?」

    女神「否定はできませんが、可能性は――」

    勇者「なら、俺をあの世界に転移してくれ! 今すぐにだ!」

    女神「なっ……!? そんなことできるわけ――」



    356: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:03:30.97 ID:9OC/ch8I0
    勇者「何かの間違いなんだ……。あんなこと、起こるわけがない!」

    勇者「だから俺が直接見に行く!」

    女神「冷静になってください、勇者さま! もしも何もなかったら、空気も何もない場所に飛び込んでいくようなもので――!」

    勇者「俺の周りを結界魔法で守ればいい! いいから早く俺を転移しろ! 今すぐにだ!!」

    女神「勇者さまをそんな場所には――」

    勇者「もういい! 女神様がそう言うんなら……!」

    勇者「…………」ブツブツ

    女神「勇者さま、一体何を……はっ!?」

    勇者「転移魔法(フィラー)!」

    女神「勇者さま!?」

    勇者「今まで何回も目の前で見たんだ。嫌でも覚えてる」

    勇者(自分がやるには、女神様よりも長めの呪文を唱えなければならないが、効果は変わらないはずだ)

    勇者(あの世界をイメージする。彼女がいた、俺の故郷)

    勇者(女神様の声がどんどん遠のいていく。やがて聞こえなくなり、俺の肉体は異世界へと転移した)

    357: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:05:42.48 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    シュゥゥゥンン…

    勇者「……?」

    勇者(何も、見えない)

    勇者(恐ろしく真っ暗で、辺りの様子が何もわからない)

    勇者「炎魔法(フレイヤ)」

    勇者(せめて光さえあればと思い、結界の外に向けて炎魔法を放つ)

    ボッ

    シュッ

    勇者(しかしそれは一瞬の後に、そこにあったのが嘘のように消えてしまった)

    勇者(何も、ない? 本当に……!?)

    勇者(炎を維持するための酸素すら……!?)

    358: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:06:08.91 ID:9OC/ch8I0
    勇者「嘘、だ……」

    勇者(高速移動の魔法で動き回るも、ただ暗闇の中をさまようだけだった。それ以前に移動できているかもわからない)

    勇者(この空間にはもう、何も残っていない)

    勇者(たった一つの原子すらも、見つけることはできないのだろう)

    勇者(すべて、消えてしまった……)

    勇者「なんだよ……。なんなんだよ……」

    勇者「やっと、やっと約束を守れると……思ってたのに……っ!」

    バリッ

    勇者(何かがひび割れるような音)

    勇者(きっと結界が内からの気圧に耐えかねて崩れかけているのだ)

    女神『勇者さま!! 何をしているんですか!?』

    女神『そのままじゃ勇者さまも無に飲み込まれてしまいますよ!?』

    勇者「…………」

    女神『もういいですね!? こちら側に転移させますよ!』

    パリンッ!

    359: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:06:53.81 ID:9OC/ch8I0
    シュゥゥゥンン…

    勇者「…………」

    女神「勇者さま……」

    勇者「……んで」

    女神「えっ?」

    勇者「なんで、こんなことに……?」

    女神「…………」

    勇者「あの世界には、魔王どころか魔物すらいなかったのに。なんで……」

    女神「あ……」

    女神「…………」

    勇者「……なんだよ」

    女神「いえ、なんでもありません」

    360: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:07:26.80 ID:9OC/ch8I0
    勇者「何か、知ってるんだな?」

    女神「いえ……」

    勇者「いや、わかっているはずだ。何年、いや何百年の付き合いだと思ってる」

    女神「わからないのです。推測……いえ、最早予想としか言いようがありませんが……」

    勇者「何だよ」

    女神「…………」

    勇者「言えってば!」

    女神「……これを。あの世界が消滅した時の莫大なエネルギーの残滓が、あなたの身体に残っていたので」

    勇者(女神様が手を俺の前にかざすと、ほんのりと明るくなる)

    勇者「うん……?」

    勇者(その光に触れる。別段変わったことは……、いや、確かに何かを感じる)

    勇者「なんだろう。この感覚は、どこか知っているような……」

    女神「恐らく……魔王です」

    361: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:07:54.31 ID:9OC/ch8I0
    勇者「はっ? 魔王だって?」

    女神「勇者さまが、今まで倒してきた、魔王」

    女神「それらが纏っていたものと似ているような気がしませんか?」

    勇者「言われてみれば、そんな感じがしなくもないが……。それが一体何の関係が?」

    女神「……ショックを受けないでくださいね」

    勇者「これ以上ショックを受けることなんて――」

    女神「いえ、この事実はきっと勇者さまをひどく傷つけることになります。だから、言うべきかどうか迷ったのですが」

    勇者「……わかった」

    女神「今まで、あなたは何回も、何十回も魔王や魔物と戦ってきましたね」

    勇者「そうだな……」

    女神「その死んだ者たちの魂や思いは、一体どこへ行くと思いますか?」

    勇者「あの世とか……? それとも――」

    勇者(そこでふと気がつく。女神様の言わんとしている可能性)

    勇者「ま、まさか……?」

    女神「そうです。彼らの魂や力、果てには最後の怨念までも、負のエネルギーは全てあの世界に集められていたんです」

    女神「……あくまで、推測の域を出ませんが」



    362: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:08:39.82 ID:9OC/ch8I0
    勇者「そんな……。そんなこと……ありえない……っ!」

    女神「あなたを転移させるために魔力を送る道が、極端に狭いという話をしたことがありましたね」

    勇者「あ、ああ……」

    女神「あれは恐らく道が狭かったわけではないのです」

    女神「絶えずあの世界には異世界からの魔力が注ぎ込まれていて、それがほとんどを占めていたために私が魔力を送れなかった……」

    勇者「な、なら……! それなら、どうしてあの世界にはほとんど魔力がなかったんだ!? そんなに膨大な量の魔力が送られていたのなら、そんなことが起こるわけない」

    女神「あの山に全て集められるようになっていた……、いえ、あの山自体が周りから魔力を吸い取っていたのではないでしょうか」

    女神「それこそ、他の世界からの魔力すら奪うくらいに」

    女神「あれは、いくつもの魔王や魔物たちの死を集めたもので、それが限界に達しあの世界自体をも死に至らしめたのです」

    363: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:09:11.02 ID:9OC/ch8I0
    勇者「嘘だ……」

    勇者(しかし、そう言われてみれば納得できてしまう。心当たりがいくつも思い浮かんでくる)

    勇者(違和感はあった。あの世界で過ごす中でいくつも兆候はあったはずだ)

    勇者(あの夜突然現れた魔物の異様なまでの弱体化)

    勇者(魔力が極限まで搾り取られていたと考えれば納得できる)

    勇者(それにあの麓まで下りてきていた熊)

    勇者(あれは、ひょっとしてあの山に溜まる膨大な魔力の存在に気づいていたんじゃないのか?)

    勇者(もしも俺があの時、もう少し上まで登っていたら、その兆候に気づけたんじゃないのか?)

    勇者(いや、そんなことよりも。それよりも――!)

    勇者「じゃあ、俺が……」

    勇者「俺が、魔王と戦って倒したせいで、あの世界は、消滅したって……?」

    364: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:09:50.27 ID:9OC/ch8I0
    女神「か、可能性の話です!」

    勇者(推測だと女神様は口にしているものの、とてもそうだとは思えない)

    勇者(こんなにも現状と合致する根拠がある。むしろそう考えないほうが不自然なように感じられた)

    勇者(村を壊され、彼女は魔物によって嬲られるように傷つけられ、果てには空間ごと消されてしまった)

    勇者(それもこれも、そうなってしまうきっかけを作ってしまったのは、自分だ)

    女神「ごめんなさい!」

    勇者「なんで、女神様が謝るんだよ」

    女神「勇者さまを魔王と戦わせたのは、他でもない私だからです……! それに、もっと注意深くしていれば、気づけたかもしれないのに!」

    女神「本当にごめんなさい! 謝っても許されないのはわかっています……。それでも――」

    勇者「そんな謝らないでくれ」

    女神「でも……!」

    365: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:10:16.25 ID:9OC/ch8I0
    勇者「それで魔王と戦うことを選んだのは俺だ」

    勇者「それに、俺だって女神様とは違うけど、兆候はあって気づけたかもしれない。同罪だ」

    女神「…………」

    勇者「女神様」

    女神「なん、ですか?」

    勇者「何か、案はないか?」

    女神「案……。あの世界はもう消滅してしまいましたし、どうしようも……」

    勇者「……そうか」

    勇者「なら、俺を最初の世界に転移させてくれ」

    女神「えっ?」

    366: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:11:09.66 ID:9OC/ch8I0
    勇者「約束、したんだ。絶対に戻るって」

    勇者「何か手はあるはずだ。どこかに、何か……っ」

    女神「世界を復活させる術なんて、今まで見たことも聞いたこともありません……!」

    勇者「俺だってない!」

    女神「!」ビクッ

    勇者「でも、それ以外に何ができるって言うんだ……?」

    女神「…………」

    勇者「女神様、頼む」

    女神「最初の、ということは、今まで救ってきた世界で探すということですか?」

    勇者「ああ、見つかるまで」

    勇者「全ての世界を、端から端まで探しに」

    勇者(必ず、君を助けてみせる。その術を見つけてみせる)

    勇者(長くなるかもしれない。今までの比にならないくらい)

    勇者(それでも、俺は絶対に――!)



    367: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:11:51.17 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    自ら崩壊へと進むのは、二つの種族が交わるが故のバグと判断した。

    ならば、一方の要素を排除してしまえばいい。

    最後の望みをかけて、全く異なる世界を創造した。

    しかしなおも、結果は変わらなかった。

    過程は違えど、行き着く末路は同じ場所。

    そしてついには『  』はそれらの全てを見放した。最早救いようがないと、そう判断した。

    しかし見放された世界は、そこに存在を残留しシミュレーションを繰り返した。

    途方もない時間をかけて、永遠に。

    繰り返し、繰り返し、繰り返し、永遠の中をさまよった。

    致命的な欠陥は誰にも気づかれぬまま。

    自己修復のパターンが、組み上げられていった。

    368: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:12:23.43 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    少年「あれー、おかしいな。この辺に隠れてると思ったんだけどなぁ……」

    少年「うーん……。ってうわっ!?」ガッ

    老人「おぉ……、すまんな……」

    少年「あっ、ごめんなさい。……じいさん、そんなとこで何してんだ?」

    老人「少し、眠っていたんだ」

    少年「こんな森の中で?」

    老人「別に場所なんてどこでもいいだろう? こんな平和な世界だ」

    少年「そうだけどさ。それにしてもじいさん、ボロボロだ」

    老人「……かもなぁ」

    369: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:13:06.52 ID:9OC/ch8I0
    老人「なぁ、少年」

    少年「ん?」

    老人「かくれんぼをしているのかい?」

    少年「そうだよ。なかなか見つかんなくてさー」

    老人「……そうかい」ニヤッ

    少年「なんだよ、いきなり」

    老人「いや、ここも変わったなぁと思って」

    老人「前は人も寄りつかん、魔物の森だったというのに」

    少年「何百年前の昔話をしてんだよ」

    老人「そうだな、もう昔話だ。邪魔してすまんな」

    魔物「おーい、そこで何サボってんだよー!」

    少年「あっ! って、別に遊びなんだからサボりも何もないだろ!」

    370: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:14:30.40 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    老人「昔話、か……」

    老人(あの世界消滅から、もう何年が経ったか。一体何回転生を繰り返して、探し求めたか)

    老人(いつからか、数えることも忘れてしまった)

    老人(未だに方法の糸口さえも見つからない)

    老人(世界を復活させるよりも、時間を巻き戻す方が可能性はありそうだということはわかったが、それだって夢物語だ)

    老人「はぁ……」

    女神『まだ、続けるのですか……?』

    371: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:14:59.78 ID:9OC/ch8I0
    老人(頭の中に声が響いた。その声を聞いたのは、随分久しぶりのような気がする)

    老人「おお、久しいな」

    女神『お久しぶりです。勇者さま。随分とまたおじいさんになりましたね』

    老人『ああ……。最近は少し動くだけで疲れてしまう。次の転生の頃合いかもしれない』

    女神『どうして、諦めないのですか……? もう、何千年も経っているのに……』

    老人「それでも、諦めるわけにはいかないんだ」

    女神『どうしてっ?』

    老人「あいつが、待っているような気がしてな」

    女神『……そこが、最後の世界です』

    老人「108……ということか?」

    女神『ええ。そこにもなかったら、もう、どこにも……』

    老人「なら、きっとここで見つかる」

    女神『えっ……?』



    372: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:15:36.01 ID:9OC/ch8I0
    女神『それもまた、勘ですか?』

    老人「そうかもしれない」

    老人(嘘だ。ただ、自分にそう言い聞かせているだけだ)

    老人(本当は怖くて怖くて仕方がない。もしも、ここにも何もなかったら、自分はどうすればいいのだろう?)

    老人(だから、その考えを振り払うように声に出す)

    老人「ここにある。きっと」

    老人「記憶が正しければ、ここが一番可能性が高いかもしれないしな」

    老人(この世界は、かつて最後に自分が救った世界)

    老人(つまり、一番人間と魔物の関係が良好な世界だ)

    老人(その分、魔法や科学の発展が進んでいて、何かしらのヒントが見つかるかもしれない)

    373: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:16:02.12 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    魔術師「ないですね」

    老人「そうかい……」

    老人(撃沈。この世界で最も権威ある魔術の研究機関に足を運んだが、得られた情報はたったの五文字)

    老人(もう何度聞いたかもわからない。その度に心が挫けるを通り越して、砕けそうになる)

    魔術師「世界を再生するとか、時を戻すとか、魔法に夢を見すぎですよ」

    老人「そうかね……」

    魔術師「そもそも魔法というものは、いくつかの源があってですね――」

    老人「そのくらい知ってる」

    魔術師「なら、不可能なことくらいわかっているでしょう?」

    老人「……もういい。ありがとう」

    374: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:16:42.29 ID:9OC/ch8I0
    老人「はぁ……」

    老人(最後の頼みの綱が切れた。そんな気分だった)

    老人「不可能なのは、自分でもわかってる……」

    老人「それでも奇跡を追い求めて、今まで彷徨ってきたんだ……」

    老人(これから、どうする?)

    老人(この世界においてまだ探索していない場所はたくさんある)

    老人(しかしこの肉体では、そんな無茶はもう効かない)

    老人(となれば、もう一度転生すべきか)

    ??「あのー、おじいさーん!」

    375: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:17:18.97 ID:9OC/ch8I0
    老人「む?」

    魔物女「はぁ……はぁ……」

    老人(自分を呼んだのは紅色の肌の、人型の魔物だった。肌の色と腰から尻尾が生えていること以外は、人間とさして変わらない)

    老人「なんだ? そんなに息を切らして」

    魔物女「あなた……ですわね? 時間を巻き戻す方法を探してたのって」

    老人「!」

    魔物女「私はこの機関で研究をしている者ですわ。……とは言え、内容的に異端者扱いですけれど」

    老人「じ、時間を巻き戻す理論の研究を?」

    魔物女「いえ、具体的にその研究をしているわけではありませんわ。ただ、私の専門は時空の研究ですので、近いものはあると思います」

    老人「時空……?」

    魔物女「立ち話もなんですから、どうぞ中へ」

    376: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:17:45.16 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「……っ!」

    それは突然やってくる。痛いという感覚が思考を埋め尽くす。

    頭が締め付けられるようだった。ここ数百年、時折襲いかかってくる。

    最近はどんどん頻度が高くなってきている。時間経過によるものなのだろうか。

    人ならざる存在である私に、このような現象が起こる理由が想像もつかない。人間という不完全な肉体を持たない自分がこのような頭痛に見舞われるなんて、一体どうしたことだろう。

    「…………」

    「……それ以前に」

    それ以前に、私とは何なのだろう?

    そんな疑問がふとした時に湧いてくるようになった。

    以前は一度も、考えたことすらなかったのに。



    377: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:18:15.85 ID:9OC/ch8I0
    「どうして……」

    どうして気にならなかったのだろうか。

    私は『ある瞬間』からのことしか覚えておらず、それ以前の記憶がない。

    思い出そうにも、最初から存在していなかったかのように空っぽなのだ。

    だから、何もなかったのだと思っていた。そう思っていることが異常だということにすら、私は気づかなかった。

    しかし、この頭痛に悩まされるようになってから、そこにぼんやりとした情景が存在していることが、なんとなくだがわかってきた。

    いや、存在している、と言うのは違うのかもしれない。

    次々と線が足されていって、絵画が出来上がっていくように記憶が、いや、『過去そのもの』が生み出されていく。

    「……何を考えているのでしょう。私は」

    378: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:18:54.42 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    魔物女「すいません。この話に興味を持っていただける人は少なくて……」

    老人「そうだろうな。現実にはあり得ない、夢物語に近い」

    老人「今までも何度冷たい視線で見られてきたか……。わざわざそれを専門にしている君は、自分の比ではないだろう?」

    魔物女「仰る通りですわ。しかし、私はこの世界に存在する魔法が、時空において何かしらの、我々の想像し得ないほどの影響を与えると考えています」

    老人「想像し得ない影響、と言うと?」

    魔物女「ざっくり言うと、時空を歪ませるということですわ」

    老人「本当にざっくり言ったな」

    魔物女「ざっくり言いました」ニコッ

    魔物女「私たちは普段、魔力を用いて魔法を使っていますね? 今はこれはこの世に存在するいくつかの原始的な要素を魔力によってコントロールすることによって、起こっていると解釈されていますが」

    老人「違うのか?」

    魔物女「いえ、違うわけではありませんが、そこにはもっと深い根元に、もっとシンプルな原理があると思うのです」

    老人「すごいことを言うんだな。そんなのがわかったら、今の魔法の原理がひっくり返りかねない」

    魔物女「ええ、世界をひっくり返そうとしているのですわ」

    魔物女「だから、異端なんです」

    379: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:19:20.89 ID:9OC/ch8I0
    魔物女「では、その原理は何か?」

    魔物女「ここからは私の仮説段階での話ですが、この世界は本来、もっとシンプルな理論に基づいていると思われます」

    老人「もっとシンプル?」

    魔物女「例えば、なぜ物体は落下すると、あなたは思います?」

    老人「そりゃ物は落ちるからだろう?」

    魔物女「説明になっていませんわ。なぜ下にしか落ちないのか。横でも上でもいいのに、どうして一方向のみに物は落ちるのか」

    老人「難しい話だな……」

    魔物女「きっと聞き慣れないだけですわ。その辺りの分野の研究がもっと進めば、何か面白いことがわかりそうなものですが……」

    老人(……そんな話をどこかで聞いたことがある気がする)

    老人(しかしもう遥か昔のことだ。ぼんやりと存在自体は覚えているだけで、細かい内容は忘れてしまった)

    380: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:19:48.77 ID:9OC/ch8I0
    魔物女「話を戻しましょう。それらの世界の根本的に成り立たせるための理論には、魔法は介在していないと思われます」

    老人「なぜだ?」

    魔物女「簡単な話ですわ。そこに魔力を感知することが一切ないのです」

    魔物女「私たちが魔法を使うとき、そこには必ず魔力の残滓が残りますの。どんなに些細な魔法でも」

    魔物女「しかし先ほどの例のように、物が落ちるなどの現象には魔力は検出されていません。これは検出の精度の問題の可能性もありますが」

    老人「へぇ、魔力を検出するための装置なんてものがあるのか」

    魔物女「魔法学の分野は人員が多いこともあって進んでいるのです」

    老人「それで、結局のところ何が言いたい?」

    魔物女「ああ、また話が脱線してしまいました……。ごめんなさい、私の悪い癖でして」

    魔物女「本来、この世界、空間というものは魔法なしでも存在し得るものだと私は考えています」

    老人「……なるほど」

    魔物女「思い当たる節でも?」

    老人「まぁ、昔の話さ。魔法の一切存在しない世界に行ったことがあるってだけで――」

    魔物女「えっ!?」

    381: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:20:21.87 ID:9OC/ch8I0
    老人「えっ? あ、あれ、転移魔法とかあるだろう……?」

    魔物女「異世界への転移魔法なんて、見たことも聞いたこともありませんわ! えっ、そんなことが可能なんですの!? 少し話を聞かせてもらえません!?」ズイッ

    老人「わ、わかった。わかったから。とりあえず今の話題が終わってからで……」

    魔物女「あ……。少し取り乱してしまいましたわ。ごめんなさいね」

    魔物女「それで、えっとどこまでお話ししましたっけ?」

    老人「世界が魔法なしで存在できるとかなんとか」

    魔物女「ああ、そうでしたわね。だからつまり、魔法は世界に後天的に付与されたものと考えられますの」

    魔物女「それは言い換えれば、その間の関係性に矛盾を生みかねないということ」

    老人「……?」

    魔物女「わかりやすい例を挙げますわ」



    382: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:20:52.27 ID:9OC/ch8I0
    魔物女「これは最近ようやく観測できた事象ですわ。結界魔法はご存知ですわよね?」

    老人「うむ」

    魔物女「結界がどうやって外からの衝撃を防ぐと思います?」

    老人「壁みたいなものを、魔法で作ってるんじゃないのか?」

    魔物女「半分正解で半分不正解ですわ」

    老人「?」

    魔物女「確かに壁のようなものは存在しますわ。しかしそれは物質ではありませんの」

    魔物女「結界はその内側の状態を時空的に維持しようとするのです」

    老人「状態を、維持……?」

    魔物女「例えば炎魔法による火の玉が飛んできたとします。もしも結界がなければその内側の部分は火の玉が通過することによって、もちろん熱くなるでしょう」

    魔物女「しかし結界がある場合、結界の内側は火の玉が飛んでこなかった状態を維持しようとする。そうすることによって、結界は外からの衝撃を防いでいるのです」

    魔物女「つまり、状態の不連続性を生じさせているのであり、さらに言えばこれは因果律を崩しているとも言えますわ」

    老人「ふむ……? 因果律ということは、火の玉が飛んでくるという事実を内側ではなかったことにする、否定しているという理解であっているか?」

    魔物女「その通りですわ」

    383: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:21:24.44 ID:9OC/ch8I0
    老人「なるほど。面白い理論だ。だがそれは何か根拠があるのか?」

    魔物女「以前から結界魔法に関しての研究は盛んで、これを示唆する内容のものはありましたの。そして、つい先日興味深いデータが取れたのです」

    老人「ほう」

    魔物女「あなたは、時の砂時計というものをご存知で?」

    老人「確か、特殊な砂を使った砂時計で、正確な時間を測れる道具だとか」

    魔物女「そう、それであっていますわ。時の砂時計で結界魔法の内側と外側を計測したところ、流れる時間に微小のズレがあることがわかりましたの」

    老人「微小の、ズレだって?」

    魔物女「ええ。それで結界魔法は単純な壁を作り出しているわけではなく、何かしらの時空的な断絶を生み出しているという可能性を、ようやく考察するに至ったわけですわ」

    老人「すごいな……! そんなことが、あり得るのか……!」

    魔物女「とは言え確証にはまだ至っていませんし、この結果が意味することはもっと別の意味なのかもしれませんが」

    老人(光が、見えた気がした。この数千年もの間、様々な世界を漂流し続けて、初めての手がかり)

    老人(時間という概念を乗り越えるための、わずかだが光明が差したように思えた)

    384: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:21:51.94 ID:9OC/ch8I0
    老人「も、もしもだ」

    魔物女「はい?」

    老人「君の言うその理論が正しかったとして、時間を戻すにはどうしたら良いと思う?」

    魔物女「時間を戻す……ですか。難しい話ですね。まだ時間というものが何なのか、その理解が私たちには欠けていますし……」

    老人「そうか……」

    魔物女「単純に……」

    老人「何か案があるのか!?」

    魔物女「え、ええと、案って言えるほどのことではありませんが」

    老人「それでも構わない!」

    魔物女「例えばうんと強い結界を作って、内と外の差異をものすごく大きくすることができれば、その境界で何かしらの想像し得ない現象を観測できるかもしれませんわ」

    老人「!!」

    385: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:22:32.08 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    老人「いろいろとありがとう。君のおかげで少しだけ未来に希望が見えたよ」

    魔物女「いえいえ。こちらこそ、興味深いお話ありがとうございました」

    魔物女「異世界って存在するのですね……。またまた研究すべき事柄が増えてしまって、嬉しい悲鳴ものですわ」

    老人「そう言ってもらえてこっちも嬉しいよ」

    魔物女「あなたが時間を巻き戻そうとするのも、その異世界絡みなんですの?」

    老人「……ああ。大昔に消えてしまった世界を、取り戻すんだ」

    老人「もしかしたら、これで彼女を……」

    魔物女「……すごく、大切な方なんですね。そんなおじいさんになるまでずっと……」

    老人「そうだな……。運命を覆すなんて不可能かもしれないが、神への冒涜にも近いかもしれないが、いつか……。君も、頑張れよ」

    魔物女「なんだか、私たちのしようとしていることって似ていますね」

    386: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:23:04.11 ID:9OC/ch8I0
    老人「似ている?」

    魔物女「ええ、私たちのも言うなれば、神への挑戦ですから」

    老人「君も?」

    魔物女「実在するかは別の話にして、もしもこの世界に神がいるのなら、この世界の仕組みもその神が作ったんですもの」

    魔物女「だとすれば私たちはそれを解き明かそうとしている、言わば神への挑戦者なのですわ」

    老人「なるほど。神への挑戦者、か」

    老人(冒涜と挑戦ではまた意味が違うように思えるが。……いや、神に挑戦なんて言葉の時点で冒涜ものだろうか)

    老人「なら、なおさらお互いに頑張らなくちゃな。神に打ち勝つために」

    魔物女「ええ、あなたの願いもどうか叶いますように」

    387: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:23:30.56 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    老人「女神様、ようやくだ。やっと……」

    女神「はぁ……っ、くっ、うぅ……っ」

    老人「女神様?」

    女神「……あ、戻っていらしたのですね」

    老人「どうしたんだ? 具合が悪そうだが……」

    女神「い、いえ、何でも、ありません……!」

    老人「そ、そうか……。女神様でも具合が悪いってことがあるんだな……」

    女神「ええ……。自分でもよくわからないのですが、そのようです……。それよりも、勇者さまの話ですよ」



    388: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:24:05.58 ID:9OC/ch8I0
    老人「あ、ああ。聞いてくれ、女神様。手がかりが見つかったかもしれない」

    女神「知っています。見ていましたから。……しかし、一体何をするつもりなんですか?」

    老人「まず俺をあの世界へ、今は何もないあの空間に転移させてくれ」

    老人「そうしたら、次は結界魔法、これ以上ないくらい最高級の結界を周りに張る。最後に今の自分に出せる最大火力の魔力を放出させる」

    女神「そんなことをしたら、勇者さまの結界は解けてしまいますよ!? それに、魔力の放出って!」

    老人「手っ取り早いのは爆破魔法だろう。瞬間的に超高エネルギーの状態を作れるし、ほんの数秒ほどなら魔力がなくなっても結界は残る」

    老人「そうすれば、結界の内側と外側に巨大な差異を生じさせることができる」

    女神「……それで、どうなるのですか?」

    老人「それは、わからない。何も起こらないかもしれないし、何かが起こるかもしれない」

    389: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:24:32.17 ID:9OC/ch8I0
    女神「そんなの、自殺行為じゃないですか!」

    老人「確かに、俺は死ぬかもしれない。だが、やっとなんだ。やっと、可能性を見つけることができた。今まではそれすら見つからなかったんだぞ」

    女神「……その目、何を言っても聞かなそうですね」

    老人「ああ」

    女神「わかりました。勇者さまを転移させましょう」

    老人「……すまないな」

    女神「えっ?」

    老人「こんなになるまで付き合わせてしまって」

    女神「……いえ、勇者さまには今までずっと頑張ってきてもらいましたから」

    女神「このくらいのことはしないと、ですよ。ただ、私が心配なのは――」

    老人「俺のこと、か」

    390: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:24:59.36 ID:9OC/ch8I0
    女神「その通りです。もう勇者さまの魂は擦り切れる寸前まで来ているでしょう。そのうち、完全に崩壊してしまいそうで……、それが心配で……」

    老人「それなら心配しなくていいんだ」

    女神「どうして、そう言えるんですか……?」

    女神「108回も世界を救って、その後も休む間もなく今度はさらに長い間、存在するかもわからない方法を探し続けて……」

    女神「それなのにどうして――」

    女神「――そんなにも、勇者さまの目は変わらないのですか?」

    老人「俺にだって、もうダメかもしれないって挫けそうになることはある」

    女神「それでも、一度だって諦めたことはなくて、あなたのその目から希望の光は失われなかった……」

    391: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:25:40.53 ID:9OC/ch8I0
    老人(心底理解できない)

    老人(そう言いたげな目だった)

    老人(確かに、自分でも異常なのかもしれないと思ったことはある)

    老人(でも、それには明確な理由がある。これ以上ないくらいに、大切な理由が)

    老人「宝物が、あるからだ」

    女神「宝物……?」

    老人「そうだ。決して豪華だとかそんなものじゃないが、キラキラと輝いていて、何にも代え難い、そんな、ものが」

    392: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:26:07.83 ID:9OC/ch8I0
    老人(今でもつい昨日のことのように思い出せる)

    老人(あの日見た夜空の星々を)

    老人(痛いくらいに眩しかった陽射しを)

    老人(風景いっぱいを埋め尽くした蝉の声を)

    老人(それらの全てにあった、彼女の笑顔を)

    老人「だから俺は、今まで歩いてこられた」

    老人「だから俺は、これからも歩いていける」

    老人「それだけの話なんだ」



    393: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:26:45.17 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    老人「ここにくるのも、もう何百年ぶりか……」

    老人(目の前に広がるのは、以前と変わらずひたすら暗闇のみ)

    老人(ここへは何度も来た。何度も来て、いろんなことを試して、その度に絶望を片手に去ったものだ)

    老人(今度もそうならない保証はない。何も起こらなかったら、ただ無意味に、この肉体が爆破に巻き込まれて木っ端みじんになるだけだ)

    老人(既に最上級の結界は張り巡らせてある。全生命を一瞬にして焼き尽くすような炎の玉ですら、傷一つつけられないくらいの頑丈さを誇る究極の守り)

    老人(その中で、今の自分が出せる最大火力の爆破を起こす。恐らく瞬時に自分の今の肉体は粉々に吹っ飛ぶ)

    老人(そのほんのわずかな一瞬の間に、何が起こるのかを見極めなければならない)

    394: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:27:12.05 ID:9OC/ch8I0
    老人「…………」ブツブツ

    老人(爆破魔法の呪文を唱える。より強力な爆破を起こすために、詠唱はちゃんと短縮せずに最初から最後まで)

    老人(自分の中で魔力がどんどん練り上げられていくのを感じる。これほどまでに高めたことは今までにないのではないだろうか)

    老人(今まで勇者として培ってきた全てを、この瞬間にぶつける)

    老人(どうか、うまくいってくれ)

    老人(そう願いながら、最後の呪文を唱えた)

    ――――!

    老人(瞬間、視界は真っ白に染まった)

    395: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:28:15.79 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    人形を作った。

    私の代わりになる人形を。

    私はここから出られないけれど、人形ならこの牢獄の外でも行動できるから。

    今までの祈りのほとんどを費やして、彼女に託す。

    大変な役目を担わせてしまうことには胸が痛むけれど、他に方法は思いつかない。

    ずっと、ずっと考えてきたけど、私の頭ではわからなかった。

    だから、祈り続けた。

    たくさんの命が苦しみの中で失われていくのを目にしながら。

    大好きな人の心が壊れていくのを、ただ傍観することしかできない悔しさに涙を流しながら。

    だから、どうか――。

    お願い。みんなを、助けて。

    そして、私を見つけて。

    私を、助けて。

    396: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:30:20.77 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    ……。

    …………。

    俺は浮いていた。何もない空間の中を、ゆらゆらと揺れ動く。

    身体が軽い。この感覚は知っている。

    今の自分は肉体を失い、魂のようなものだけの存在になっているのだ。

    これが単純に爆破によるものなのか、時空の歪みが生じたせいなのかはわからない。

    …………。

    …………。

    ……いや、後者だ。

    直感でそう確信した。この状態がこんなにも長い間続いたことは、今までに一度もなかった。

    397: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:31:22.13 ID:9OC/ch8I0
    俺は、成功したのだろうか。それとも、取り返しのつかない失敗を……?

    誰も答えてくれない。

    ただ俺は虚空の中を揺れ動く何かになったのだと思った。

    『……けて』

    えっ?

    気のせいだろうか。もうとっくのとうに自分はおかしくなっていて、そんな幻聴が聞こえるくらいになってしまったのか。

    もしそうだとしても、驚く理由はどこにも見当たらない。これだけの無茶をしてきたのだから、何があったって不思議じゃない。

    どうせなら、走馬灯のようなもので、記憶の中の風景でもいいから、そんなものを見せて欲しかったとは思うが。

    『助けて……』

    もう一度、声がした。この暗闇の中に溶け合って、そのまま消えてしまいそうな、か細い声が。



    398: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:34:04.67 ID:9OC/ch8I0
    もしかして、そこにいるのか?

    そう問いかけようとした。しかし肉体のない俺の言葉は、声にならずに自分の中で反響する。

    何かの声が大きくなる方へと、俺は進んでいく。

    するとそのうち、辺りがほんのりと明るくなっていくような感じがした。

    感覚するための器官がないからそんなものが見えるはずがないのだが、俺はそれを光だと認識した。

    小さくて、淡い光だった。

    片手で握ったら見えなくなってしまいそうなくらい、儚く弱い光。

    それにそっと触れる。

    あたたかくて、ほのかに懐かしいにおいがする。

    399: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:34:30.97 ID:9OC/ch8I0
    ……!

    知らない情景が自分の中に流れ込んでくるのを感じた。

    その光の中で一体何があったのか。それを知っている者の記憶が、自分には見えた。

    …………。

    ……………………。

    あ……。

    ふいに、涙がこぼれそうになった。

    だってそこには、ずっと探し続けていた彼女がいたのだから。

    こんな場所にいたのか……。ずっと、一人で……。

    声にならないことはわかっていたが、そう口にせずにはいられなかった。

    やっと、見つけたよ。

    400: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:34:57.61 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    その瞬間、全ての因果は結集した。

    あらゆる空間において。

    あらゆる時間において。

    あらゆる次元において。

    途方もない苦しみを重ねた二人が可能にした、奇跡という単語では到底表しきれないほどの所業。

    今この瞬間に歯車はかみ合い、そして動き出す。

    自己修復の機能が、完全に作動したのだ。

    401: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:36:18.54 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「ただいま」

    彼女にそう告げる。すると、女神様は優しく微笑みながらこう返してくれる。

    「おかえりなさい。勇者さま」

    「…………」

    「……やっと、全部思い出しました。全ての因果が確立されたからなのでしょう」

    「ああ、わかってる」

    互いにもう言葉は必要なかった。次に自分たちがすべきことも、わざわざ口にせずとも明白だった。

    「勇者さま、お願いしますね」

    「わかってる。あれを倒せるくらいにならないとな」

    「ええ、そうですね。これが、最後の転生になるように」

    402: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:37:02.24 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    昼間にあんなに暑かったのが嘘のように、夕方になると風が吹いて心地よかった。

    波の寄せては返す音は、この村にいればどこでも聞こえるBGMだ。その音と潮風の匂いに誘われて、海辺まで足を運ぶ。

    そこには誰もいない砂浜があるだけ。

    わかっている。誰もいるはずがないと。

    わかっているはずなのに、期待してしまう自分がいた。

    あれからちょうど十年。

    私はもう社会人になって、普通に働いている。



    403: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:37:52.15 ID:9OC/ch8I0
    毎年夏になったらここに来るのは、もう自分にとって恒例行事になっていて、親の事情なしでも自然と足が向かうようになった。

    就職してからは、ここにいられるのはほんの数日ほどになってしまったが。

    おばあちゃんは何かを察してくれているようで、その理由について聞いてくることはなかった。

    けれど、その人についてのことを話してくることもなくて、毎年夏が来る度に憂鬱になる。

    「いつになったら、帰ってくるのかなぁ……」

    時間が過ぎるほどに、年が一年変わるごとに、怖くなる。

    あんな昔の約束を、今も待っている自分がどうかしているんじゃないか。

    そんな声が聞こえてくる頻度が、少しずつ増えていった。

    「もう、十年経ったよ」

    日が沈み、藍色の空を映す海に問いかける。

    404: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:38:18.29 ID:9OC/ch8I0
    「いつだったか、『十年女を磨いてから、出直してこい』って言われたっけ」

    「今の私、あなたにとって少しでも魅力的になってるのかな」

    「……そうだったら、いいな」

    風景は何も答えず、ただ波の音を返すだけ。

    ポケットの中にいつも肌身離さず忍ばせている、お守りを取り出した。

    何の変哲もないビー玉だ。だけど、彼はこれをお守りだって言ってて、私に持っていてほしいと、最後の夜に渡してくれた。

    私にとっては唯一の、あの日々を証明できる物。

    ふと、自分の座っている傍らに目を移す。初めて会った日の非現実的な光景が脳裏によみがえってくる。

    もしも、今この瞬間に、この場所に彼が現れたら、どれだけ私は幸せなのだろう。どんな声を上げてしまうんだろう。

    楽観的過ぎる自分が滑稽に思えてきた。

    今も、彼は戦っているかもしれないのに。たくさんの人たちを救うために、走り回っているのかもしれないのに。

    なんて自己中心的な女なんだろう、自分は。なのに――。

    「……早く、帰ってきてよ」

    そう、声に出さずにはいられない。

    「寂しいよ……。不安なんだよ……」

    自分の体温でもう冷たくないビー玉を、手の中で強く握りしめた。

    405: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:39:41.60 ID:9OC/ch8I0
    その時、低くどもるような音が村中に鳴り響いた。

    「えっ……?」

    音のする方をとっさに向くと、それはこの村で一番大きな山からしたのだとわかった。山頂が、鈍く禍々しい色の光を放っている。

    あまりにも突拍子のない出来事に、思考が完全に停止してしまう。これは本当に現実なのだろうか。

    刹那、目が眩むほどの閃光。

    遅れて鳴り響くこの世の物とは思えない轟音。

    思わずつむってしまっていた両目を開くと、そこにはとても現実とは思えない光景が広がっていた。

    光っていた山の隣の山が一つ、消し飛んでいたのだ。

    あんなにも高くそびえ立っていた物が、今は空白と化してしまっている。

    「嘘……」

    406: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:40:31.62 ID:9OC/ch8I0
    あまりの音の大きさだったせいか、他の音がひどく遠くのもののように感じられた。

    一体何が起こっているのだろう?

    疑問符が脳内で次々と生まれてくる中、一つの可能性がふっと浮かび上がってくる。

    「もしかして、帰って、きたの……?」

    光に吸い寄せられる虫のように、ふらついた足取りは山の方へと向く。

    鼓動が激しくなる。手に汗が滲む。

    いつの間にか私は駆けだしていた。

    あんな現実離れした光景があり得るとしたら、彼が関わっている以外考えられない。

    「あなたは……そこに……いるの……!?」

    407: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:41:18.50 ID:9OC/ch8I0
    山が消えたこともあって、村の人たちはみんなあれを脅威だと認識したようで、私とは逆方向に逃げていく。

    それを横目に大方の人の流れと逆走する私は、何度もいろんな人に止められかけたが、それらの手をくぐり抜けるようにして先へと進んだ。

    「はぁ、はぁっ」

    普段運動をしなくなったせいで肺が痛い。息もすぐに切れてしまい酸欠気味だ。

    そんな既に疲労困憊状態で、山の麓に立つ。

    隣の山を吹き飛ばしてからは、何も起こっていない。次に何か起こるとしたら、もうそろそろなのかもしれない。
     
    「ち、近づくのは、危ない、かな……?」

    今更になってそんなことを言う自分もどうかと思ったが、何が起こるかもわからない得体の知れないものにこれ以上近づくのは気が引ける。

    一歩、退こうとしたその時、背後でザクリと地面を踏みしめる音。

    「えっ……?」

    振り向くと、毛むくじゃらの巨大な何かがあった。

    茶色の体毛が全身を覆い、顔の部分に異様なまでに大きな目玉が一つある。人間でないのは明らかだった。

    「ぐふぅ……!」

    口らしきものが動き、この世のものとは思えない声とともにニヤリと笑う。



    408: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:41:53.29 ID:9OC/ch8I0
    次の瞬間には私は走り出していた。頭で考えたというよりは脊髄反射的で、本能的にあれが脅威だと直感したのだろう。

    逃げる先は山の中以外になかった。足下が悪く何度もつまずきそうになるも、幸運にも転ぶことはなく上へ上へと登る。

    「な、なに……? 何なの……? 一体何が……」

    遅れて頭が理解したのか、今になって自分の手が震えてきた。怖い、怖い、怖い。

    「はぁっ……、はぁっ……」

    さっきまで痛くて仕方なかった肺は、最早その域を超えて感覚がなくなりつつある。

    「だ、誰か……助け……っ」

    地の底から響いてくるような轟音に、背中を突き飛ばされた。

    宙を舞う感覚。

    そして衝撃。

    「きゃあっ!?」

    409: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:42:19.38 ID:9OC/ch8I0
    「どうして、こんな……」

    目から涙がとめどなく流れてくる。水滴を吸い込む地面は、他の何かの足音で一定の間隔で揺れる。

    「嫌だ……っ、死にたく、死にたくないよぉ……!」

    命乞いなんてものは意味を成さず、背後からなおもそれらは近づいてくる。気づけばその数は瞬時に数えきれないほどに膨れ上がっている。

    逃げようにも、足がうまく動かない。さっき吹き飛ばされた時に打ってしまったようだった。

    それでも、動かないと。

    今いる場所より先に行かないと。

    動かない足を引きずるようにして、さらに上へと登る。少し動かすだけで激痛が脳を突いた。

    「くっ、あぁ……っ!」

    後ろを振り向くと、さっきよりもさらにその距離は縮まっていた。捕まるのが時間の問題だということがすぐにわかった。

    「やっと……、あの人に会えると思ってたのに……っ」

    どうして、どうして……っ、どうして……!?

    「痛い……。痛いよ……っ。やめて……、来ないでぇっ!」

    もう嫌だ……。どうしてこんなことになってしまったの……?

    助けて、誰か……!

    410: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:42:52.08 ID:9OC/ch8I0
    「えっ……?」

    思わず、言葉を失った。

    「嘘……、そんな……」

    私の歩く先に、道がなかった。

    あるのは断崖絶壁で、それ以上逃げる先がないことを意味していた。

    ゾクリ。

    背筋を冷たい指先でそっとなぞられるような感覚。

    反射的に振り向いた私の目の前には、不気味なほどに口角をつり上げた何かの顔があった。

    「いや、いやいやいやいやぁっ!!」

    視界が大きく揺れる。

    妙に冷えた感覚がとっさに覆った腕を通り抜けていく。

    そして、急速にその跡が熱を帯びていく。

    411: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:43:36.23 ID:9OC/ch8I0
    「きゃあああああああっっ!!! 痛い痛い痛いいたいぃぃっ!!!」

    腕が縦に、真っ二つに裂けてしまったような感覚が全身を突き抜ける。

    鮮血が傷口から一気に噴き出る。

    あまりの痛さに加えて力も抜けていって、その場に立っていることもできなくなり、地面に倒れてしまう。

    傷口に土が入ってきて、それによってさらなる激痛が私に降り掛かった。

    「うぐぅっ! やめて、やめてぇ……っ! いたいいたいいたいいたいぃっ!!」

    あまりの痛みに息が詰まる。

    苦しい。息がしたいのに、できない。

    私を取り囲む化物たちは、なおも私を傷つけようとする手を止めず、次々と何かが壊れていくのを感じた。

    頭を殴られたような気がする。右耳が聞こえなくなった。そこに手をやると、本来あるはずのものが、そこにはなかった。

    違和感の意味を理解するよりも先に、その上げていた手が勝手に動いた。

    何か棒のようなもので打ち付けられたのだとわかった瞬間、また想像を絶する痛みが襲いかかる。あまりの苦痛に叫び声をあげようにも、そのための息がもう私の中には残っていない。

    「あ……っ、ぐぁ……っ」

    412: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:44:02.95 ID:9OC/ch8I0
    太ももに刃を突き立てられる。また血が一斉に吹き出して、そこら中が私の血溜まりだらけになっているのが見えた。

    「あっ……っっ! た、たす、け、つ……っ」

    逃げ出したい。

    なのに、ほんの少し、指先を微かに動かすだけで、体の中が針で埋め尽くされたように、全身に痛みが走る。

    もう、痛くない場所がなかった。

    何かが砕ける音がした。

    「いやぁぁぁああああああっっっ!!!!」

    腕がへんな方向にねじ曲がっていた。

    誰の腕だろう、これは。

    そんなことを一瞬思った。

    けど、本当に一瞬で、次の瞬間にはまた別の痛みでのたうち回る。



    413: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:44:29.03 ID:9OC/ch8I0
    お腹の辺りが強く押される。と思いきや、不自然にそこにあったものは抵抗を失い通り抜けていく。

    私の体の中を。

    「ぐふぅっ!?」

    喉の奥から何かが逆流してきて、そのまま留めることもできず口から吐き出した。ドロッとした感触が唇を伝っていく。

    今までで一番の痛みに暴れまわるも、そうすると余計に痛みが私を刺してきて、それで暴れて、さらに痛くなって。その繰り返し。

    よく見るとお腹から血と一緒に、ドクドクと見慣れないものが溢れ出てくる。

    自分の中身だとわかるのに、少し時間がかかった。

    本来自分の体から外に出てはいけないものが、はみ出している。

    「ひぃっ、も、もろさ、ないと……っっ」

    必死に飛び出した内臓を元に戻そうとする。だが――

    「ひゃいらないっ、もろらないよぉ……!」

    腕が曲がっているせいで、うまく中に入っていかない。そもそもちゃんと集めることすらできていなかった。

    血はずっと止まらずに私の中から溢れ出すのをやめない。もう自分の中は空っぽなんじゃないかって、そんなことを考えてしまうくらいに。

    「ひぃ……っ、はぁ……っ!」

    下品な笑い声がそこらじゅうから聞こえてくる。何がそんなに可笑しいのかわからない。

    414: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:45:28.81 ID:9OC/ch8I0
    ――!

    地面が一気に震え上がる。ずっと遠くの地の底から、何かが湧き上がってくるような音がした。

    私の周りにいた化け物たちはみな手を止めて、一方向を見つめる。その視線を追うと、あの山の頂上の鈍い光がどんどん強まっていくのを感じた。

    何が起こっているのか最初からわからなかったけど、とうとう本当にわからなくなった。

    どうして、こんなところに私は倒れているのだろう。

    どうして、私の右腕は変な方に曲がっているのだろう。

    どうして、こんなにヌルヌルするのだろう。

    どうして、私の中身はあんなところにまで飛び散っているのだろう。

    どうして、こんなにも絶望的な状況なのに――

    ――私はまだ、奇跡を願っているのだろう。

    彼が現れる瞬間を、待ち焦がれているのだろう。

    「お願い……。助けて……っ!」

    比較的まっすぐな左腕を伸ばした。すると、爪先が何かにぶつかりコツンと音を立てた。

    これは、祠?

    415: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:46:06.04 ID:9OC/ch8I0
    この山には祠があったっけ。

    昔、彼と一緒にこの山を冒険したんだった。

    熊に襲われて、でも彼が助けてくれて。

    すごく具合悪そうにしながらも、それでも私のために魔法を使ってくれた。

    ……ああ。懐かしいな。これって、走馬灯なのかな。

    そっか。

    じゃあ、私、このまま死んじゃうのかな……。

    …………。

    やだよ……。

    このまま、死ぬのなんて、そんなの……。

    いやだ、いやだ、いやだ……。

    まだ、やりたいこと、いっぱいあったのにな。

    せめて、あともう一度だけ、あなたに会いたかったのに……。

    まだ、死にたくないよ……。死にたくない……。

    助けて……。

    誰か、私を、助けて……!

    助けて……!!

    416: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:47:50.95 ID:9OC/ch8I0



    その時、



    世界が終わる音がした。




    417: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:48:36.76 ID:9OC/ch8I0



    刹那。



    それは彼女にとって、永遠にも等しい一瞬だった。



    永劫の牢獄の中、それでも彼女は祈り続けた。



    全ての喜びも、怒りも、哀しみも、楽しみも。



    この世の始まりから終わりまで、彼女は繰り返し見せつけられ、それでもなお、彼女は正気を失うことはあれど、希望を捨てなかった。



    彼女は、未来を見続けた。



    存在するはずのない未来のために、祈り続けた。



    故に、それは起こった。



    必然的な奇跡が。






    418: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:49:21.65 ID:9OC/ch8I0



    ――驚いたな。こんなことが起こるなんて。



    ――私が、ここで君にほんの少しの救いの手を差し伸べれば、全てが救われるなんて。



    ――想像もしていなかった。こんな方法があったのか。



    ――もう、関わるつもりはなかったが、最後に少しだけ。



    ――だが君は、さらなる絶望を味わうことになる。



    ――それでもなお、君は祈り続けるのか?



    ――世界の未来を、信じ続けられるのか?




    419: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:50:34.46 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「……えっ?」

    痛い。

    その感覚が、ひどく久しぶりのものに感じられた。

    しかし、それも消えていく。痛すぎて感覚が麻痺したのではなかった。

    曲がったはずの腕は元に戻っていて、お腹をさするもそこには擦り傷一つない。

    辺りを見渡すと、あれだけいた魔物の群れは、みな地面に突っ伏していて身動き一つしない。

    その中に、大きな背中が目に入る。

    「長いこと、待たせてしまったな」

    その声を知っている。この長い間、何度も何度も耳にして、でもその声は決して私に向けられたものではなくて。

    でも、今は違う。

    その声は、今ここにいる『私』に向かって言っている。

    「君を、助けに来た」

    そこには、私の待ち望んだ人が、私に向かって笑いかけながら、そう言ってくれた。

    「……うん。ずっと、待ってたよ」

    420: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:54:47.44 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「肉体強化、魔力倍増、……よし、これで完璧だ」

    あれから肉体がなかった俺は、もう一度ある世界に転生し、そこで最後の戦いに挑むための準備をした。

    一刻も早く彼女を救いたかったが、そのためにはあの最後の魔王を倒さなければいけない。

    急いだつもりではあったが、万全を期すために結局二十年ばかりかかってしまった。

    「すごいですね、勇者さま……。普通の魔王なら一瞬で決着がつきます」

    普通の魔王なら、確かにそうだ。だが、今回のはそれまでとは全く違う。

    「今までの魔王全員と一気に戦うようなものだからな」

    今までの経験を総動員しての準備をしたおかげで、今回の戦いに全てを最適化してある。故に逆に言ってしまえば、今回にしか役に立たないのだが。

    「これが終わったら、たぶんもう俺に魔法は使えないだろうな」

    「……そうでしょうね。これだけ無理のかかる魔法をかけていたら、勇者さまでなければもう既に身動き一つできなくなっているでしょう」

    「その意味では、最後の戦いに相応しいのかもしれない」

    421: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:55:37.13 ID:9OC/ch8I0
    「それじゃ、そろそろ行くよ」

    「はい。どうか彼女を、よろしくお願いします」

    「…………」

    「どうかしたのですか?」

    これが最後だということがわかっていた。

    最後の異世界転移で、それはつまりもう二度と女神様と会うことがないということ。

    「これから、女神様はどうするんだ?」

    「やめてくださいよ、その呼び方は。私はただの人形に過ぎないのですから」

    「いや、俺にとってはずっと女神様だよ。女神様がいなかったら、こんな風に俺は魔王と戦えなかった。あのまま俺は死んでいたんだから」

    女神様が俺の魂を現世に残し続けてくれた。その恩はどうしたって返せそうにない。

    「だから、最後だし言っておきたいんだ」

    「えっ?」

    「ありがとう。本当に長い間、たくさん世話になった」

    422: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:56:03.48 ID:9OC/ch8I0
    「いえ、勇者さまもこんな至らない人形と一緒に、よくここまで戦ってくださいました。礼を言うのはこちらの方です」

    深々と頭を下げる女神様。

    「これから、ですね。どうしましょうか……。勇者さまを見つけて世界を救わせる以外の私の存在意義が、今の自分にはわかりません。それに――」

    「それなら、いっそのこと女神様が転生してみたらどうだ?」

    「えっ?」

    女神様には人を転生させる力がある。それを使って他の誰でもない自分自身のための人生を送ることができたら、それこそこれ以上ない存在意義になるだろう。

    「何なら俺たちのいる世界に来たらどうだ? きっと楽しいと思うぞ」

    「……そうですね。そういうのも、悪くないかもしれません」

    「?」

    一瞬表情が曇ったように見えたが、女神様はそう言って笑った。

    「めが――」

    「さぁ、いつまでここで油を売っているつもりですか? 助けるのでしょう? そのために今まで頑張ってきたのでしょう?」

    その声は優しくも強い意志を感じて、それ以上何も口にできなかった。

    「……ああ!」



    423: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:56:51.26 ID:9OC/ch8I0
    「転移魔法(フィラー)」

    女神様が呪文を唱える。飽きるほど聞いたこの声も、この感触も、これが最後だと思うと名残惜しく感じた。

    二度とこの場所の風景を見ることはないのだ。

    俺の体がバラバラになっていく。少しずつ、この世界から消えていく。

    「向こうで、彼女にこう伝えてください」

    ほとんど消えかかった時、突然女神様の口が開いた。

    「私を作ってくれて、ありがとうって」

    何か言おうとした。

    けど、そのための口がもうなかった。

    俺が完全にこの世界から消滅する寸前、最後に見えたものは穏やかで、しかしどこか泣きそうにも見える女神様の笑顔だった。

    424: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:57:18.92 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「さて、と」

    尋常でない魔力の瘴気に、背筋が震え上がるようだった。これだけの魔力を、この魔王は至る場所から吸収し、溜め込んでいたのだ。

    しかしそれが放出された今、この世界でも俺は魔法をいつも通り、いや、それ以上に使うことができる。

    「じゃあ、行ってくる」

    後ろにいる彼女にそう伝える。ここに来てすぐに最上級の回復魔法を使ったおかげで傷こそないものの、衣服がボロボロに破けていたり髪はグシャグシャになっていたりと、見ていて痛々しかった。

    「うん。あなたなら、きっと倒せるよ」

    「ああ」

    飛行魔法で山の頂上と同じ高さまで一気に上昇する。

    禍々しく重い瘴気が周辺に充満しているせいで、呼吸することすら苦痛に感じられるほどだ。

    紫と黒の入り混じった光の中に、一際強い魔力を感じる。あれがこの魔王の中枢なのだ。

    「やっと会えたな」

    俺が108の世界で戦ったせいで生まれた、魔王の怨恨の塊。

    最早、魔王なんて呼ぶべきではないのだろう。

    これは『世界の憎しみ』そのものだ。

    425: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:57:57.59 ID:9OC/ch8I0
    魔法で強化された剣を構える。そこに俺の全ての魔力を注ぎ込む。

    これを倒す、いや消滅させるためには、こいつが自らを守る結界以上の破壊力を以て、一気に叩く他ない。

    だから、そのための準備をしてきた。

    一気に魔力を一点に集中させるための魔法。それをさらに倍以上に高める魔法。

    そして、それにこの肉体を耐えさせるための守護魔法。

    つまりは、一点集中型で、この戦いにしか役に立たないと言ったのは、その一瞬以降においては俺は普通の人間以下にまで弱体化してしまうからだ。

    他の世界だったら、この方法で魔王を倒したとしても、その後に他の魔物に簡単に捻り潰されてしまうだろう。

    「覚悟は、いいな」

    自分の中の魔力が、それ以外の力の全ても、最高潮にまで高まったのを感じる。

    これで、終わる。

    何千年にも及んだ俺と魔王との戦いに、終止符が打たれる。

    俺が狙いを定める中枢が、大きな雄叫びを上げた。もしかしたら、俺という存在を覚えているのかもしれない。

    「いくぞっ!」

    構えた剣を一気に振り下ろすと、強烈な閃光が空を走った。反動で自分まで吹き飛びそうになるのをどうにか堪えて、今の自分が持てる力の全てを放つ。

    向こうの結界が弾き返す。しかしなおも俺の剣からは膨大な魔力が放出され、そこにドデカい穴を空けようとしている。

    「うぉぉぉぉおおおおおおおおっっ!!!」

    結界にヒビが入る音。あと少しだ。あれさえ割れれば、あとは――!

    その次の瞬間――!

    「……あれ?」

    全身の力が、ふっと抜けた。

    426: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:58:24.02 ID:9OC/ch8I0
    「嘘、だろ……」

    力が、入らない。

    まだ向こうの結界は、ヒビだらけになりながらも、その形を保っている。

    俺の魔力が足りなかったのだ。

    最早飛行魔法すら使えず、視界がゆっくりと下降していく。手を伸ばすことすら、かなわない。

    「そんな……っ」

    あと少し、ほんの少しだけなのに……。

    落ちていく。俺の体が空から地面へと、どんどん落ちていく。

    「く……っ、そぉ……っ!」

    『勇者さま!』

    427: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 01:59:59.25 ID:9OC/ch8I0
    「えっ?」

    声が聞こえたと思うと、上下が逆転したかのような感覚に陥った。まるで、時間が止まってしまったかのように、全てがゆっくりに感じられた。

    「女神、様……?」

    『私が存在するためのエネルギーを勇者さまに与えました。これで結界を壊してください』

    「存在って、それじゃ女神様は……!?」

    『もちろん消えてしまうわけですが……。でも、いいんです。これで』

    「いいわけ――」

    『元々、私は世界に干渉できませんから』

    「干渉、できない……?」

    意味がわからない。女神様は俺と一緒にいろんな魔王と――。

    「……!」

    いや、思い出せ。最初に女神様に会ったときに、何て言っていた?

    428: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:00:27.84 ID:9OC/ch8I0
    ――どうして、あなたがそうしないんだ?

    ――……できないのです。

    ――できない?

    ――先程申した通り、私にできることは限られています。私という存在が関わることのできる事象が、ほとんどないと言って等しい。

    ――理由は自分でもわからないのですが、こうしてあなたと接触できたことが、奇跡と言ってもいいのです。

    あの時にも、女神様は同じことを言っていたじゃないか。

    どうして、今の今まで忘れていたのか。

    『そうです。その理由も、今となってはあたりまえのことだったんですよ』

    「あたりまえって……?」

    『彼女は、祠に残ったあなたの力を使ってこの世界を結界に、自分の中に閉じこめました』



    429: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:01:23.49 ID:9OC/ch8I0
    『そして人としての理を破った彼女は、世界との繋がりが勇者さま以外とは切れてしまったのです。今はもう人に戻っているようなので、心配ないでしょうけど』

    「だから、女神様も……」

    『その通りです。彼女の創作物である私も、勇者さま以外の世界に触れることは、できないのです。たとえ、彼女が人に戻ったとしても、私という存在が世界から切り離されていることには、変わりありませんから』

    「そんな……っ」

    『だから、これでいいんですよ。勇者さまのために、彼女のために、命をくれた二人のために、この命を使えるのですから』

    なんて無神経だったのだろうか、俺は。

    ――何なら俺たちのいる世界に来たらどうだ? きっと楽しいと思うぞ。

    頭の中で自分の言った言葉が何度も繰り返される。

    女神様はきっとわかっていた。自分がこの先、ずっと一人であの世界に残る未来を。

    それなのに女神様は、俺のために笑ってくれたんだ。

    430: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:02:05.20 ID:9OC/ch8I0
    『……もしも、二人と同じ世界に生まれることができたら、きっと楽しかったんでしょうね』

    訪れるはずのない未来に、思いを馳せる声。

    『それを勇者さまが提案してくれたこと、本当に嬉しかったですよ』

    「えっ……?」

    『だって、私がいる世界を勇者さまは望んでくれた』

    『ただの人形に過ぎない私を、勇者さまは一人の人間として見てくれた』

    いつの間にか、全身の体力と魔力が、半分以上も回復していたことに気づく。

    それは、とどのつまり女神様が、自らの存在を俺に分け与えたことのこれ以上ない証左だった。

    431: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:03:58.13 ID:9OC/ch8I0
    『勇者さま』

    「…………」

    何も声にならなかった。何て言えばいいのか、わからなかった。

    『最後、別れるときの挨拶をしていませんでしたね。忘れていました』

    クスッと笑い声が聞こえる。胸が痛くて仕方ないのに、俺も少しだけ笑えた。

    『さよなら、勇者さま』

    「……さよなら、女神様」

    姿は見えなかったけれど、安心するように微笑んだのが見えたような気がした。



    432: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:04:36.79 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    音が戻ってくる。風景に色彩が戻る。

    俺は今もなお落ち続けていて、涙が上に向かって流れていく。

    魔力がみなぎってくる感覚が、その人が存在していたただ一つの痕跡だった。

    「女神様……。その命、絶対に無駄にしない……!」

    飛行魔法を唱え、一気に空へと上っていく。流した涙を追い越し、さらにその先まで。

    長い時間が過ぎたように感じていたが、実際に流れたのはほんの数秒ほどだろう。まだ結界はほとんど修復されていない。

    これ以上、余計な時間をかけてはいられない。

    「今度こそっ!」

    まだ微かに剣に魔力が残っているおかげで、集中はすぐに完了し、一気に放った。

    突然の俺の復帰を予測していなかったらしく、結界は一瞬でバラバラに砕け散った。

    「おおおおおぉぉぉぉぉおおおおおおっっっ!!!」

    もう一度同じだけの結界を張るよりも、俺が中枢に剣を突き刺すほうが早かった。

    433: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:05:55.41 ID:9OC/ch8I0
    剣を通して残った魔力をありったけ注ぎ込むと、中から真っ白な光が溢れ出てくる。

    俺の魔力とこいつの中の魔力が混ざり合い、連鎖反応的に自分自身を破壊していく。

    もう、崩壊するのは時間の問題だ。

    このままここにいても、崩壊に巻き込まれるだけで、もうこの場に留まる理由はない。

    「くぅっ!」

    残った力で後ろへと、空中へと飛び退く。

    俺の体は落ちながら、どんどんそこから遠のいていく。

    中枢から次から次へと、ボロボロと崩れ落ちていく光景が、遠くに見えた。

    「これで……やっと」

    急速に遠くなっていく光景が、徐々に薄れていく。

    「あ、れ……、見えないや……」

    視界がぼんやりとボケていって、段々と暗くなっていって、やがて何も見えなくなった。

    434: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:06:33.97 ID:9OC/ch8I0
    ――

    ――――

    「……! …………ぶ!?」

    誰かの、声が聞こえた。

    どうしてか、それに自分は安らぎを覚えて、そのままもう一度眠ってしまいそうになる。

    「ねぇ……! ねぇってば……!」

    ポツリ。

    あたたかいような冷たいような、よくわからないものが自分の頬に落ちてきた。

    これは、涙だ。

    ゆっくりと目を開くと、よく知っている顔が目の前にあった。その表情がひどく歪んでいて、申し訳なくなる。

    ああ、違うんだよ。そんな顔をさせたくなくて、今まで頑張ってきたんだ。

    だから、どうか。

    「泣かないで、くれよ」

    435: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:07:28.31 ID:9OC/ch8I0
    彼女の目がハッとなって俺を見る。涙で潤んだ瞳がすごく綺麗だった。

    「い、生きてるの……?」

    「ああ……」

    自分の手を動かしてみる。ひどく全身が重くて、体が自分のものじゃないみたいだ。

    けれど、動かないことはない。ただ、少し疲れているんだろう。

    「そう、みたいだ」

    「よかった……、よかったよ……!」

    またいくつも涙が俺の顔にこぼれ落ちてくる。鉛のように重い腕をどうにか持ち上げて、彼女の頭に乗せた。

    ああ、生きている。

    彼女もまた、今この瞬間に、この場所で生きているんだ。

    なんだかまだ実感が湧かないけれど、それでも嬉しくてたまらなくて、胸の中が熱くなる。

    「やっと、助けられた……」

    436: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:10:33.89 ID:9OC/ch8I0
    少しずつ空が白み始める。夜が終わり、朝がやってくるのだ。

    さすがにあれだけのことがあったせいか、鳥の声も虫の音もしないが、吹き抜ける風が微かに熱を帯びているのを感じた。今の季節は――。

    ――じゃあ、何年か先の夏で、また。

    ――うん。また……。

    いつかの約束が頭の中にふっと思い浮かんだ。

    「ちゃんと、約束守れたんだな」

    「うん……。そうだよ」

    泣き声の入り交じる彼女は、そう言ってうなずく。泣いているけど、笑っている。

    「おかえりなさい」

    懐かしい、太陽のように眩しい彼女の笑顔が、そこにあった。

    なら、俺はこう返そう。ちゃんと彼女の元に帰ってきたことを伝えるために。

    「ああ。ただいま」



    おわり

    437: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:11:35.67 ID:9OC/ch8I0
    Cradle Song For The Two
    https://youtu.be/8xWccvsuhuc



    このSSのエンディングテーマです。



    438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/01(水) 02:12:46.73 ID:dHoGLaCpo
    おつ
    面白かったよ

    439: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 02:14:42.38 ID:9OC/ch8I0
    このような拙い作品に最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

    441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/01(水) 12:48:09.05 ID:ltsQiCm7O
    おもしろかったで

    442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/01(水) 12:57:33.02 ID:iyIIrTt6o
    途中まではいい雰囲気だったのに唐突に世界消滅とか超展開入って
    よくわからなくなっちゃったな。女神様は何故生まれてきたのかよくわからなかったし

    まあ乙

    443: ◆Rr2eGqX0mVTq 2018/08/01(水) 15:28:09.77 ID:2fhYqiFOo
    >>442
    牢獄の空間に閉じ込められた少女が、外の世界に干渉するためです。
    しかし少女自身は、滅びる寸前の世界の時間を止め続けるために、牢獄の中にいなければなりません。
    勇者に世界を救わせるために、人形に人格と魔力(祈り)を与えた結果、女神が生まれました。



    引用元: 勇者「休暇?」女神「異世界転生しすぎです、勇者さま」

    関連記事

    コメント

    1. 以下、SS宝庫がry-

      AIRあたり意識してんだろうけど、ギミックに凝ろうとして現実味のない無駄話を長々と連ねてもただだるいだけ。
      ただ世界を救う機械になっていた勇者が剣と魔法のない世界で人間味を取り戻す、それだけでよかったし、作者の力量的にそこで手を打っとくべきだった。
    2. 以下、SS宝庫がry-

      多分もう少し肩の力抜いて書くとうまくいくと思う
      設定とかストーリーはとても面白かったから次も期待
    3. 以下、SS宝庫がry-

      つまらん
    4. 以下、SS宝庫がry-

      ええー普通に世界を救い終わったら少女と結ばれるでよかったじゃん
      後半読み飛ばしたわ
    5. 以下、SS宝庫がry-

      ストーリーは長くて回想シーンが誰の物かわからない部分もあったけど楽しめたよ♪お疲れ様
    6. 以下、SS宝庫がry-

      なんだかインターステラーめいた壮大な話
      後半蛇足とか冗長だと感じる人が多かったようだけど個人的にはとても楽しめました~

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (773)
    男女 (62)
    幼馴染 (14)
    兄妹 (21)
    姉弟 (2)
    姉妹・女女 (9)
    父母・夫婦・子供・家族 (28)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (207)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (93)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (94)
    擬人化・人外・動物・ロボット (70)
    著名人 (27)
    ブーン系 (12)
    おんJ・なんJ (131)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (863)
    シンデレラガールズ (607)
    ミリオンライブ (119)
    シャイニーカラーズ (38)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (8)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (57)
    ガールズ&パンツァー (80)
    かぐや様は告らせたい (6)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (113)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (23)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (1)
    グランブルーファンタジー (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (2)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (28)
    けものフレンズ (8)
    コードギアス (3)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (8)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    こち亀 (2)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (3)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (3)
    STEINS;GATE (12)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (3)
    進撃の巨人 (5)
    新世紀エヴァンゲリオン (6)
    スクールガールストライカーズ (5)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (7)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (7)
    ちびまる子ちゃん (5)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (8)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (30)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (4)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (3)
    化物語 (1)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (3)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (29)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (15)
    BLACK CAT (2)
    プリキュア (6)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (62)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (7)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (3)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (11)
    遊戯王 (19)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (12)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (86)
    リトルバスターズ! (2)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (8)
    笑ゥせぇるすまん (23)
    ワンピース (11)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (24)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (1)
    ウマ娘 (3)
    はたらく細胞 (2)
    志衛 (5)
    BLEACH (1)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    BLACK LAGOON (2)
    ぼくたちは勉強ができない (17)
    あそびあそばせ (1)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    イナズマイレブン (2)
    School Days (1)
    魔法少女俺 (1)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    キン肉マン (1)
    ゾンビランドサガ (1)
    銀魂 (1)

    タグクラウド


    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク