FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    【デレマス】血塗られた道に免罪などありません

    1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 20:41:32.79 ID:uyIh3AmDO
    ―女子寮

    ハァハァハァ

    タンタンタン

    ―息を切らして駆けていく一人の女性

    「はぁはぁはぁ……間に合って」

    ―その手には一通の手紙

    ―やがてある扉の前にたどり着く

    ドンドン

    ―朝早くなのに遠慮なしに強く叩く

    「いるんですよね?返事を……返事をしてください!」

    ドンドン

    「お願い!出て来てください!」

    ―なるべくなら無事な姿で

    ―そう願う彼女の期待も空しく、返事は返ってこない




    2: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 20:51:16.59 ID:uyIh3AmDO
    ―その様子に何事かと次々に人が集まって来た

    「ちひろさん……どうしたんですか?」

    「うふぅ、いつからプロデューサーさんの後ろではなくて、女の子を追い掛けるようになったんですかぁ?」

    ―彼女達は知らない。ちひろと呼ばれた女性の手にある紙に書かれた内容を

    「そんなんじゃ……それより申し訳ありませんが、管理人さんに頼んで鍵を持ってきていただけませんか?」

    「え?は、はい」

    ―返事をしたのは髪の毛をツインテールにまとめた少女

    ―少しの間をおいて管理人を連れて帰って来た

    「ちひろさん?どうしたんですか?こんな朝早くから……」

    「これを……手紙にこうありましたので」

    「何々……ええと……っ!!」

    「嘘……」

    「まさか……そんな」

    ―次々に少女達の呟きが聞こえる

    ―しかし、女性は構っている余裕はなく

    ガチャガチャ

    「嘘……開かない」

    「中のチェーンか何かで止めているんでしょうか?」

    「押忍!私にお任せを……でやぁぁぁぁ!」

    ガギッ

    「開いた……うっ」

    プワーン

    ―流れて来たのは生臭い匂い

    ―しかも鉄の匂いがする

    3: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 20:56:56.53 ID:uyIh3AmDO
    「皆さんは……中には……」

    ―覚悟を決めて入ろうとする

    「なら、私も一緒に」

    「清良さん……はい、お願いします」





    ―少しすると絶叫がこだまする

    ―泣くような声で人の名前を呼ぶ

    ―その部屋のプレートには



    ―「長富」の苗字が印されていた

    4: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 20:59:34.30 ID:uyIh3AmDO
    勝手にアイドルの過去捏造シリーズ第三弾……今回はアイドルとプロデューサーは結ばれますが、ハッピーエンドではありませんので、気になる方はブラウザバックを


    以上、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします

    5: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:33:44.23 ID:uyIh3AmDO
    …………
    ……

    ヴロォォォォォ

    ♪だけどそいつの心根と

    燃える理想の気高さを

    知っていたのは風ばかり……

    6: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:41:53.41 ID:uyIh3AmDO
    「ふふふっ」

    まゆ「プロデューサーさんもその歌が好きですねぇ」

    モバP(以下P)「あぁ、前にも教えたけど、いなくなった親父が教えてくれた唯一の歌だからな」

    響子「60年代でしたか?このウエスタンロックというのは?」

    P「まぁ、流行っていた時代と親父の年を考えればまぁ……」

    智絵里「す、すみません。私はこの歌詞……」

    P「すまんな。たしかに吊し首ってのは女の子に聞かせるそれではないからな」

    ゆかり「でもプロデューサーさんの嗜好に併せられるのもお嫁さんの勤めですから……」

    まゆ「うふぅ、ゆかりちゃんは愉快なことを言いますね」

    智絵里「そうですね。しまだ結婚できない人が言うセリフじゃありません」

    響子「あぁ?」

    まゆ「うふぅ」

    バシッバシッ

    P「ははっ、みんな仲良しで嬉しいよ」(棒)



    7: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:47:10.65 ID:uyIh3AmDO
    キキッ

    P「さぁ、着いたからみんな降りなさい」

    四天王「はぁい」

    P「じゃあ、ちょっと休憩したらレッスン時間だから遅れないようにな」

    P「俺はエライさんと新人の面接に行ってくる」

    智絵里「また……新しい子……」ギリリ

    ゆかり「うふふ……私とプロデューサーさんの仲について、理解が早い子ならいいんですが」ギリリ

    響子「あぁ?」ギロッ

    まゆ「うふふ、ゆかりちゃんも愉快なことばかり言いますね」ハイライトオフ

    P「胃が痛い……」キリキリ

    8: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:51:28.03 ID:uyIh3AmDO
    バタン

    ちひろ「お疲れ様です」

    ちひろ「あ、面接担当から50年代から80年代のヒットソングの資料を持って来て欲しいとの伝言です」

    P「はい?……面接……アイドルのですよね?」

    ちひろ「えっと、私にもよくはわからないのですが?」

    P「やれやれ、かな子のクッキーすら食べられないのか」

    ガタッ

    P「ちょっと資料室まで行ってきますね」

    ちひろ「すみません」

    9: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:53:13.57 ID:uyIh3AmDO
    …………

    ポンポン

    P「これでよし。しかし何に使うんだろう?」

    P「昔のアイドルとの比較?……誰かにそっくりなのが来るのかなぁ?」

    10: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 21:58:27.56 ID:uyIh3AmDO
    ―面接会場

    コンコン

    P「失礼します」

    面接担当「ほーい……おぉ、すまんな。ちょっと今日の子が特殊でな」

    P「何が特殊なんですか」ホイッ

    面接担当「なんでも、昔のアイドルが好きでそうなりたいんだとさ」サンキュ

    P「昔のねぇ……それだけじゃネタが尽きたらすぐ売れなくなりそうですが」

    面接担当「違いない」アハハ



    11: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 22:00:12.72 ID:uyIh3AmDO
    コンコン

    「失礼します。面接の方が」

    面接担当「おお、もうそんな時間か」

    P「じゃあ……入って来てもらいましょう」

    「はい」

    ナガトミサン、ナカヘドウゾ

    ハ、ハイ

    12: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 22:02:52.41 ID:uyIh3AmDO
    ガラガラ

    「失礼します」

    ―そういって入って来た少女に

    「長富蓮実といいます。本日はよろしくお願いいたします」ペコリ

    ―俺は目が離せなかった

    ―既視感?運命の出会い?

    ―なんなんだこれは?

    13: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 22:06:13.95 ID:uyIh3AmDO
    ―気がつけば面接も終盤

    ―大体、軽く歌とダンスを披露してもらっている最中だ

    面接担当「じゃあ、ちょっと失礼だが、お父さんの……」

    ―ん?何か引っ掛かってる?

    ―資料を見ると、なるほど。数年前に亡くなっていたのか

    蓮実「は、はい。父の一番好きな歌を」

    ―その歌を聞いて、俺は本日最大の驚愕に直面した

    14: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 22:11:31.02 ID:uyIh3AmDO
    ♪~愛する大地がほしかったのさ

    愛する家族がほしかったのさ

    愛する友を求めてたのさ

    ジョー

    ジョー

    ハンギング(吊し首の)ジョー

    あわれ吊られた無法者(アウトロー)

    そいつのやさしい心根を

    知っていたのは風ばかり……





    ―それは間違いなく俺が親父から教えてもらった唯一の

    ―親父のお気に入りのナンバーだ

    ―しかもウエスタンロックなのに、親父と同じようにバラードで歌うなんてどういうことだ?



    15: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/18(水) 22:21:14.37 ID:uyIh3AmDO
    P「あ、あぁ」

    蓮実「はい!」

    P「あー、すまない。それって『吊し首のジョー』だよね」

    ―少女に今日一番の笑顔が

    ―少なくとも、アイドルに手を出さないと誓っている俺が心を奪われる程の笑顔だ

    蓮実「ご存知なんですか?!」キラキラ

    ―あまり知られていない自分の趣味を他人と共有するのは、そういう人にとってとても喜ばしいこととは聞くが



    ―……こんなにとはな

    P「たしかこれはロック調で歌うような」

    蓮実「は、はい。でもオリジナルの方ではこういう歌い方もありまして」

    P「なるほどね」

    ―俺は今とてもうずうずしている

    面接担当「その反応を見るに大丈夫みたいだな」

    ―この子をアイドルにしてやれるということに

    P「えぇ、しばらくは今時の曲をメニューに入れないといけませんが」

    蓮実「大丈夫です。好きなのはたしかにちょっと昔のですが、ちゃんと今の歌も聞いてますよ」

    面接担当「ほぅ、それは頼もしい。では決まりかな」

    P「えぇ」

    ―こんな気持ちの高まりは久々だということに

    面接担当「では、長富蓮実さん。合格おめでとう。これからもよろしく」

    蓮実「はいっ!ありがとうございます」

    18: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 09:22:51.46 ID:aqLMu0cDO
    蓮実「ら~、らりら~、ららるぅー」

    トレーナー「んー、その『ららるぅ』は半音あげられるか?」

    蓮実「は、はい」

    蓮実「ららるぅ~」

    トレーナー「よし、音のイメージ化をうまく使いこなしているようだな」

    蓮実「はい、ありがとうございます」ウキウキ

    トレーナー「……ふむ」



    ガチャ

    P「失礼します。どうですか」

    蓮実「あ、プロデューサーさん。おはようございます」

    P「おはよう。頑張ってるな」

    蓮実「はい、ありがとうございます」

    トレーナー「プロデューサー。こいつは逸材を見つけたな。よほどのキャラ特化曲でもない限り大抵歌いこなしているな」

    トレーナー「『毒茸伝説』や『メルヘンチェンジ』はちとキツいがな……」

    P「あははは……まぁあいつらの領分まで侵す気はありませんからね」

    P「まずはデレステ曲みたいな、グループソングから始めたいですし」

    トレーナー「うむ、妥当な判断だな。私もこの子がソロで歌えるようになるのを楽しみにしているよ」

    P「はい、ではよろしくお願いいたします」

    19: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 09:31:16.19 ID:aqLMu0cDO
    ―そして迎えた初ライブ

    蓮実「あ、あ、あ……き、緊張します」

    ―彼女も人並みに緊張していた

    蓮実「ひ、人並みってなんですか?私は怪物でも妖怪でもないんですよ」

    P「ははっ、こんな可愛い妖怪がいたら」

    P『ハスミン、ゲットだぜ!』

    P「って、捕まえるんだがな」

    蓮実「んもう!酷いです!こっちは緊張して……あれ?」

    P「どうだ。少しは納まったか?」

    蓮実「は、はい。ありがとうございます」

    蓮実(それに……可愛いって言ってもらえたし)

    P「なら、やることは一つ!」

    蓮実「ステージの妖精なって、みんなを魅力することです!」

    ホンバンイキマース

    P「気持ちよくやってこい」ポンポン

    蓮実「はい、笑顔と気合と微笑みときらめきで頑張ってきます!」

    ワーワー

    20: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 09:51:45.92 ID:aqLMu0cDO
    ―そんなこんなでデビューを果たした彼女

    ―ファンの心をがっちり捕らえた彼女は、トントン拍子で数々のライブに出演

    ―そして待望のCDデビュー

    蓮実「♪~風とビルの谷間で愛を探します」

    ―昭和テイストが平成最後のナントカというヤツで大ヒット

    ―こうしてデビュー間もない彼女もシンデレラの一門に認めれることとなった

    蓮実「ありがとうございます。お母さ……母に薦められて、憧れて、そしてアイドルになれたのもプロデューサーさんのおかげです」

    蓮実「母もとても喜んでます。ぜひ、実家に来て下さいと」

    蓮実「母もきっと(ry」

    P「はははっ……」



    ―その時、初めて彼女の中に隠れた

    ―地雷とも呼べる存在を見つけた

    P(母親か……)

    21: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 17:38:12.53 ID:aqLMu0cDO
    ―事務所

    P「……」カタカタカタ

    P「……」ピタッ

    P「……母親かぁ」ボソッ

    ちひろ「何です?急にマザコンが燃焼しましたか?」ニュッ

    P「うわぁぁぁぁぁ!」



    バタン

    まゆ「プロデューサーさん!大丈夫ですかぁ!?」

    ボスン

    響子「ついに蛍光緑が手を出しましたか!?」

    ガラガラガラ

    智絵里「私のチョップで……お命、頂戴します」

    ベキガキドスン

    ゆかり「私のプロデューサーに手を出して……生かしてはおきませんからね」

    まゆ「あら、ゆかりちゃん。ゆかりちゃんのではなく、まゆのですよぉ」

    響子「はぁ?」

    P「とりあえずここ四階だから、智絵里は窓から入ってこない」

    智絵里「えへへ……褒められちゃいました」

    P「あと、ゆかり。壁は壊すものじゃないから」

    ゆかり「えへへ……怒られちゃいました」

    まゆ「むすー」

    響子「ぷすー」

    ちひろ「と、とりあえず、私の心配を……」アセダラダラ



    22: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 17:47:14.14 ID:aqLMu0cDO
    ―事情説明

    まゆ「そうだったんですかぁ。そうならそうと言っていただければぁ」

    ちひろ「そんな余裕はありませんでしたけどね」

    智絵里「でも……やっぱり家族と離れて過ごすのはさびしいですから」

    響子「そうですね。旦那様と離れて過ごすことを考えると、心配です……」

    ゆかり「響子ちゃん?旦那というのは?」

    響子「もちろん、プロデューサーさんです!」キャッ、イッチャッタ

    智絵里「はぁ!?」



    P「いや、そういうことではなく」

    P「本人……というか彼女自身がアイドルを楽しんでいるかなんだよ」

    ちひろ「なるほど、親が楽しいから私も楽しいというのと、自身が楽しいから楽しいでは違いますからね」

    P「そこなんだよなぁ……それさえ解決できれば、もっと伸びてくれるかもしれないのに」

    まゆ「……逆に触ってほしくないポイントかもしれませんよ」

    P「まゆ……?」

    まゆ「もし、まゆがプロデューサーさんと離れなければいけない事になったら、まゆはアイドルを続ける自信がありません」

    まゆ「まゆはアイドルの活動を楽しいと思ってますし、プロデューサーも大好きですけどぉ」

    P「なるほど……難しいな」

    23: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 17:52:57.84 ID:aqLMu0cDO
    ―結論からすると、俺は蓮実自身の口で、彼女の心の底からアイドル活動が楽しいです……と言わせることができなかった

    ―そして



    ―恐れていた「母親」に関したトラブルが発生してしまった

    ―それは、蓮実のセカンドシングル発売数日前

    24: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 18:00:29.15 ID:aqLMu0cDO
    …………
    ……

    P「発売まで、もう一週間切ったか」カタカタカタ

    ちひろ「正直なところ早い方ですからね」カタカタカタ

    P「まぁ、ほかのみんながファーストを出してた頃は、うちも小さかったからペース配分を一緒にするべきではないですがね」

    ちひろ「それでもですよ。これも敏腕プロデューサーのおかげです」

    P「何をおっしゃる。全力でサポートしてくれるちひろさんがいなければ……」

    ちひろ「うふふふ」

    P「あははは」



    ジリリリリリリーン

    ちひろ「あら?登録していない外部からの電話ですね」

    ちひろ「もしもし、こちら346プロですが」

    ちひろ「はい、はい……はい、たしかに長富蓮実はうちの……」



    ちひろ「え?蓮実ちゃんのお母さんが!?」

    P「!?」

    25: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 18:03:20.70 ID:aqLMu0cDO
    …………
    ……

    蓮実「お母さん……」グスッ

    ―死因は交通事故による全身打撲

    ―いわえる歩行者を巻き込んだよくある事故

    ―ただ、彼女にとっては唯一の肉親を奪った憎むべき事件であった

    26: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/19(木) 18:13:47.93 ID:aqLMu0cDO
    ―もちろん発売イベントはすべてキャンセル

    ―本人は出たがっていたが、スタッフのみんなや彼女の親衛隊のSNS等の励ましもあり、こうして最後の別れに出向くことができた

    ―訓練されたファンほど頼りなる存在もないだろう



    ―とはいえ

    パシャッ

    パシャッ

    「長富さん、今のお気持ちを」

    P「申し訳ありません。今回はプライベートですので」

    「蓮実さーん、天国のお母さんに何か言葉をお願いしまーす」

    ―正直、殴り倒したい気分だ

    ―通過事例とはいえ、16歳の子には厳し過ぎる現実

    ―だが、彼女は

    蓮実「ご心配をおかけしてすみません。たった今、母と最後の別れを済ませてきました」

    蓮実「母の励ましでアイドル活動ができるようになりました。これからも一生懸命頑張って、天国の母にも笑われないように精一杯やっていきます」

    ―そのフレーズは間違いなくお涙頂戴モノだろう

    ―実際、泣き出したアナウンサーもいたぐらいだから



    ―だが

    ―俺は蓮実のどこかが壊れている。そう確信していた



    ―なぜなら、彼女はカメラでなく人の顔を見て歌ったり、話したりする

    ―それなのに、彼女の視線の先は



    ―何もない、虚空だったから



    引用元: 【デレマス】血塗られた道に免罪などありません

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    男女 (78)
    幼馴染 (12)
    兄妹 (24)
    姉弟 (6)
    姉妹・女女 (15)
    父母・夫婦・子供・家族 (30)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (223)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (146)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (116)
    擬人化・人外・動物・ロボット (61)
    著名人 (30)
    ブーン系 (32)
    おんJ・なんJ (150)
    志衛 (7)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (142)
    シンデレラガールズ (754)
    ミリオンライブ (150)
    シャイニーカラーズ (55)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    あそびあそばせ (1)
    アマガミ (10)
    アンパンマン (2)
    異世界食堂 (2)
    イナズマイレブン (2)
    ウマ娘 (3)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (64)
    ガールズ&パンツァー (156)
    かぐや様は告らせたい (9)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (208)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (27)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (2)
    銀魂 (4)
    キン肉マン (1)
    グランブルーファンタジー (7)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (5)
    けいおん! (3)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (28)
    けものフレンズ (12)
    コードギアス (8)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (24)
    この素晴らしい世界に祝福を! (11)
    こち亀 (4)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (17)
    桜trickSS (2)
    サザエさん (4)
    ジブリ (4)
    邪神ちゃんドロップキック (1)
    STEINS;GATE (13)
    少女終末旅行 (4)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    ジョジョの奇妙な冒険 (5)
    進撃の巨人 (35)
    新世紀エヴァンゲリオン (20)
    スクールガールストライカーズ (5)
    School Days (1)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゾンビランドサガ (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (9)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    ちびまる子ちゃん (5)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (27)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (48)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (4)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (5)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (4)
    化物語 (1)
    はたらく細胞 (2)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (5)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (34)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (9)
    Fate (25)
    BLACK CAT (2)
    BLEACH (1)
    BLACK LAGOON (2)
    プリキュア (9)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (96)
    ぼくたちは勉強ができない (18)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (3)
    魔法少女俺 (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (25)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (4)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (3)
    やがて君になる (1)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (46)
    遊戯王 (23)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (21)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (102)
    リトルバスターズ! (7)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (10)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
    笑ゥせぇるすまん (23)
    ワンピース (13)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (17)
    その他 (28)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (7)
    私に天使が舞い降りた! (10)
    フラワーナイトガール (3)
    ハイスコアガール (1)
    幽☆遊☆白書 (3)
    Summer Pockets (1)
    テニスの王子様 (2)
    食戟のソーマ (1)
    DEATH NOTE (2)

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク