FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    モバP「俺も日菜子に悪戯したい」ありす「駄目です」

    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 01:01:20.14 ID:s+dCHOEQ0
    P「なんで!?」

    ありす「なんでって、むしろ何故許されると思ったんですか……」

    P「日菜子も寝てる智絵里に悪戯したんだろ? そんな感じに俺も悪戯したい!」

    ありす「日菜子さんが智絵里さんにしたのは、悪戯とまで言えるほどの事じゃありません。Pさんは邪な事を考えてそうだから駄目です!」

    P「えー、信用ないなあ。俺だってそこまで悪戯らしい悪戯はするつもりないぞ」

    ありす「どうですかね、そもそも日菜子さんが眠るのを待つつもりですか?」

    P「妄想してる時なんか寝てるレベルで無防備だろ?」

    ありす「確かに妄想に耽っている時の日菜子さんは凄まじい集中力ですが……」

    P「よし! じゃあ早速悪戯してくる!」ダッ

    ありす「あっ、待ってください! ……日菜子さんを守れるのは私だけ、日菜子さんが変なことされないよう私が監視しないと!」タタッ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 01:03:37.97 ID:s+dCHOEQ0
    P「さーてさて、まずはどんなことしようかな。どこまでなら日菜子が気付かないかも気になるし、ある意味チキンレースだなこりゃ」

    P「日菜子は智絵里を花で妖精みたいに飾ってたんだっけ? それぐらいなら俺だって許されてもいいはずだ」

    P「……お、いたいた。今は妄想してるみたいだな、周りに誰もいないしチャンス!」

    P「気付かれないように、まずは>>4をしてみよう!」


    ※コンマで悪戯の成否判定します

    1~70…悪戯成功
    71~90…ありすに妨害される
    91~00…日菜子に気付かれる

    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 01:04:26.63 ID:nrUAUtwAo
    スカートをたくし上げる

    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 12:14:18.88 ID:s+dCHOEQ0
    日菜子「むふ……♪」


    P(気配を消して後ろからそっとスカートをたくし上げよう……この緊張感、いつ以来だ?)

    P(悪いな日菜子、でも気付かないお前も悪いんだぞ。こんなことじゃ私生活が思いやられるってもんだ!)

    P(そう、俺は敢えてスカートをたくし上げることで日菜子がいかに無防備に日々を過ごしているかということを、身をもって教えてやらなくちゃいけないんだ。そういうことにしとこう)

    P(とかなんとか言い訳しつつ中を拝見……チラッ)

    P(んんっ!? 急にどこからか謎の白い光が差し込んでスカートの中が見れない! 何だこれは!?)

    P(くっ、何故だ。何故たくし上げられた分だけ光が……! まずいな、いつまでもこうしていてはさすがに不自然すぎる! ひとまず撤退しよう……)



    ありす「Pさんと日菜子さんはどこへ……あっ」

    ありす(日菜子さんからPさんがそそくさと離れていってる? 遅かった……でも何してたんだろう? ともかく、私がしっかり見張ってなきゃ!)

    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 12:15:03.30 ID:s+dCHOEQ0
    P「スカートたくし上げには成功したのに謎の敗北感が……どうしてこうなった」

    P「それにどこからか視線を感じるぞ。このままだと日菜子までたどり着けないかもしれないな、気をつけよう」

    P「そして日菜子はどこ行った? ――あそこか。妄想からは帰ってきてないようだし、今度こそ……」

    P「次は光に邪魔されないよう、>>7でもしてみるか」


    ※ありすの妨害率↑
    1~60…悪戯成功
    61~90…ありすに妨害される
    91~99…日菜子に気付かれる



    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 12:16:24.79 ID:ha0nwBYlo
    ほっぺたつんつん

    10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 23:30:37.29 ID:s+dCHOEQ0
    日菜子「~~」ポワポワ

    P(柔らかそうなほっぺしよってからに……あ、ちょっと手が邪魔だな。どうしよ)

    ありす「ま、間に合った! 何ですかその手つきは、させませんよ!」

    P「げぇっ! ありす!!」

    日菜子「……?」

    P(まずい、日菜子に気付かれる! こうなったら照準を日菜子からありすのほっぺたに変更だ!)

    P「ほーれつんつん、うわっやわらか! なにこれもちもち!」 ツンツン

    ありす「ちょっ、何す、や、やめてくださ……っ!」

    P「何でこんなにぷにぷにしてるの……」 ムニムニ

    ありす「知りません! だから、その、ひ、人前でこんな、……むにゅぅ」

    日菜子「……」ジーッ

    P(うっ、日菜子がこっち見てる……ごまかしはしたものの、これはこれで不自然だよな。不審に思われたか?)

    ありす「た、助けて、日菜子さん……」

    日菜子「…………」ジーッ

    日菜子「……………………むふぅ♪」

    ありす「日菜子さーん!?」

    P(何とかなった……日菜子のほっぺたはまた今度にして、今はありすのほっぺたを楽しもう) プニプニ

    11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/07(水) 23:32:56.02 ID:s+dCHOEQ0
    P「時代はほっぺたかもしれない。ほっぺたを制すものは明日を制す」

    P「……かどうかは知らんけど、ありすが顔を真っ赤にしてどこかへ逃げてしまった。つまり邪魔者はいなくなったというわけだ」

    P「戻ってくる前に次の悪戯といきますか。また妨害されても困るしな」

    P「それじゃあ今度は>>20でいこう!」



    日菜子(――そして落ち込んでる日菜子に気がついてはいるけど口下手でうまく励ませそうになくて、それでも元気を取り戻して欲しいから何かしようとついイタズラっぽくほっぺたをつん、なんて)

    日菜子(むふふ……♪ 日菜子もいつか王子様につんってされてみたいなぁ……) チラッ


    ※ありすout、日菜子に気付かれる率↑
    1~80…悪戯成功
    81~99…日菜子に気付かれる

    20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/08(木) 07:02:00.04 ID:Z5AfX1K8o
    つきとばす



    23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/09(金) 22:45:27.21 ID:HjJhKMwL0
    P「前に妄想しながら歩いてた日菜子とぶつかりそうになったっけ」

    P「あの時は尻餅ついてたよな。妄想は――まあ、止められそうもないだろうし、せめて最低限の受け身は取れるようになっていてほしいものだ」

    P「という訳で、妄想中の身のこなしがどれほどのものかも気になるから軽く突き飛ばしてみようか。間違っても怪我しないよう、ソファの近くでも通った時を狙おう」



    日菜子「……むふふ♪」

    P(それにしても妄想してることが多いなあ。ネタが尽きないのか、割とループしてるのかわからないけど)

    P(……そろそろチャンスだ。偶然を装いつつ、肩の辺りを狙おうか)


    P「――おっと」 トンッ

    日菜子「~~♪」 クルクル ポフッ

    P(!? 華麗にソファへ舞い降りなかったか今!?)

    P(そういや映画を観に行った帰り、レッスンでは出来なかった回転の振付が妄想しながらだと出来たりしたんだよな。今も何かそういう妄想を?)

    日菜子「……」シーン

    P(急に静かになってるし……まさか気付かれた? とっとと退散しよう!) サッ



    ありす「不覚を取りました……目を離した隙に、もうっ! 日菜子さん、何かされてませんでしたか?」

    日菜子「むふふふぅ♪」パタパタ

    ありす「あれ? ……気のせいだったのかな。で、でもPさんのことだし、私がしっかり見てなきゃ……!」

    24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/09(金) 22:46:17.55 ID:HjJhKMwL0
    P「ふぅ、バレずに済んだらしい」

    P「妄想してる内容次第で身体の動きも良くなる、と思っていいのだろうか。妄想が現実を浸食している……? なんてな」

    P「それよりまたどこからか視線を感じるようになったような。こっちにも気を配らなくては」

    P「さてさて、次はどんな悪戯をしてみよう。>>25とか?」


    1~70…悪戯成功
    71~90…ありすに妨害される
    91~00…日菜子に気付かれる

    25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/09(金) 22:54:15.83 ID:pawHJQeDO
    ありすにちょっかいをかけると見せかけ、日菜子の指に婚約指輪をはめる



    28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 20:14:54.75 ID:sMIM9+QK0
    P「今回は隙の生じぬ二段構えでいこう」

    P「ありすがまた俺をどこからか見張っているだろうから、ありすが来ることを前提に日菜子への悪戯をすればいい」

    P「そうすればありすに邪魔されても落ち着いて対処できるはずだ。肝心な日菜子への悪戯はどうするかな……」



    日菜子「はぁ……♪」

    P(指輪をはめてみることにしよう。妄想中の日菜子の左手薬指にはめてみて反応をみる。さすがに気付くかな、気付いたとしても反応が気になるナイスな悪戯ではなかろうか)

    P(左手の薬指にはめれば日菜子なら婚約指輪であることを連想するだろうし、気付かなきゃ気付かないで後で知らない内に指輪がしてあったらどういう反応になるのか、今から楽しみだな!)

    P(だがその前に――)

    ありす「やはり日菜子さんの前に現れましたね。今度は何を企んでいるんですか!」

    P「おお、やっぱり来てくれたか。ありすに用があったから、ここなら来てくれると思ったんだよ」

    ありす「えっ? 私に、ですか。それなら直接私の所にきてくださればいいのに」

    P「お前こそこそしてて俺から近寄っても隠れちゃうだろ? だからおびき寄せたのさ」

    ありす「む……誰のせいだと思ってるんでしょうね? それで、用とは」

    P「渡したいものがな。驚かせたいからちょっと目を瞑っててくれる?」

    ありす「? こうですか?」

    P(ちょろいな。さてさてこの隙に指輪を日菜子へ)

    ありす「――って、その手には乗りませんよ! 一体何を……」パッ

    P「あっ」

    ありす「…………指輪?」

    日菜子「……むふ?」

    P(くそっ、指輪も取られて日菜子も妄想から帰ってきそうだ! このまま押し通すしかない!)

    P「……それな、左指の薬指につけてやろうと思ってたんだぞ? この意味がわかるか?」ヒソヒソ

    ありす「!? な、な、な、なんでそんな大事な物を、こんな場面で……!」ヒソヒソ

    P「いやー、反応が見てみたかったし、サイズも分からなかったからこれが本番だったら嫌だろうと思ってな」ヒソヒソ

    ありす「確かに私には少し大きめのような……いえ、それでも付けられるかどうか試す価値はあります。ちょっと貸してもらっていいですか? いいですよね?」ヒソヒソ

    P「お、おう。それじゃ俺はこれで」



    ありす(……、くっ……やっぱりサイズが合わない……。でも大きめなら、もう少し私が成長すればきっと……? も、もしかしてこの指輪がピッタリはめられるまで、Pさんは待ってくれるつもりで……?) スポスポ

    日菜子(指輪……、日菜子を驚かせようと王子様は突然日菜子の左手を取って指輪を――でも日菜子の指よりほんのちょっと小さくて上手くはまらず大慌て……そんな慌てん坊の王子様が愛しくて、2人はその後仲良く指輪を見繕いに――むふふぅ♪)

    29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 20:21:11.93 ID:sMIM9+QK0
    P「指輪が帰ってこない。というかありすが返すつもりないのかもしれない」

    P「日菜子のサイズに用意した指輪がありすに合うはずもないんだけど……しばらく様子見るか。おかげで今は視線を感じない」

    P「となると、悪戯するには絶好のチャンスだ。日菜子に気付かれるラインがまだよく分からないし、油断は禁物だな」

    P「それじゃあ今度は……>>30でもやってみるか!」


    1~80…悪戯成功
    81~00…日菜子に気付かれる

    30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/13(火) 20:23:52.11 ID:LVRrkHsWo
    耳たぶをあまがみ

    31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 22:23:28.81 ID:osQ71a6G0
    P「耳たぶをあまがみ……はどうなの? セクハラ? 気味悪がられるだけ?」

    P「ま、まあ気付かれるギリギリのラインも知りたいし冒険はしないとな。うん」

    P「……ありすが戻ってくる前にちゃっちゃと実験しよう」



    日菜子「~~~~♪」


    P(日菜子がどのテンションの時にあまがみしてみるべきだろう、やっぱり最高潮の頃合いを狙うべきか?)

    P(となると今だよな……さっと行ってさっとあまがみしてさっと戻るとしよう。バレたら土下座も辞さない)


    P「いくぞ……!」サッ

    P「あむっ」カプッ

    P(ああああああああやわらk罪悪感の中に潜む一握りの下心が暴発する前に離脱ぅーー!) サッ





    日菜子「むふふ……むふ?」

    日菜子(それから日菜子は王子様に美味しそうに頂かれ、じゃなくて、えっと、2人は長い長い夜に愛を囁きつつ肌と肌を重ねながら……でもなくて、あれぇ? 妄想が変な方向に~……!)





    P(日菜子、顔赤くして悶えてないか? バレた? まさかバレたの? どっちなんだ日菜子ぉぉっ!)



    32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 22:25:26.23 ID:osQ71a6G0
    P「結局よく分からんかった……いや、俺にあんなことされたって認識してるような反応はなかったからバレてはないんだろうけど」

    P「それじゃああの時赤くなって悶えてたのは何なの? って話に戻ってくる。まあ妄想のせいだよな」

    P「……例えば身体への刺激が無意識的に妄想へ直結したとして、耳たぶへの刺激が日菜子ワールドを塗り替えたとすれば……」

    P「って何を言ってるんだ俺は。それはともかく、またどこからか視線を感じるぞ。油断せずいこう、次は>>33だ」


    1~69…悪戯成功
    70~89…ありすに妨害される
    90~00…日菜子に気付かれる

    33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/14(水) 22:34:52.27 ID:opcEPdgbO
    微笑みかけて愛を囁く

    35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 01:36:42.15 ID:SM23/SFQ0
    P「ふーむ、シンプルに耳元で何か囁くのもいいな。聴覚がどれくらい遮断されてるかも気になるし、ここは1つ俺の巧みな話術で愛を囁くとするか」

    P「…………。これ気付かれても気まずいし気付かれなくても気まずい、どうあっても俺気まずくない?」

    P「というかそんな話術なんてあったら今ごろ事務所は我が世の春じゃい! くそー、始まる前から負け戦感するけど知ったことか!」



    日菜子「……」


    P(お、今は悲しいシーンを妄想してるのか表情が暗いな。外部からの刺激が無意識的に妄想へ影響を及ぼすのか、聴覚でも試せるぞ)

    P(ありすも……今はいないな? さすがに四六時中は見張ってられまい。というか愛を囁いてるとことか第三者に見られたくない!)

    P(さっさと始めよ、キザったらしく微笑みながらなら上手く舌も回るか?)

    P「……こほん。日菜子、今日も可愛いね。オシャレもばっちり似合ってるよ」

    P「ええと……だからそんなに暗い顔をしないでおくれ、日菜子にはずっと笑顔でいてほしいな☆」

    P(うわっ、勢いで☆が付くほどノリが軽くなったぞ。それより気付いてるならそろそろ反応あるはずだけど……) チラッ

    日菜子「…………」

    P(しょんぼりしたままか、俺に気付いてなさそうだ。良かった、気まずくなるのは俺1人だけだったんだ……離脱しよう)


    日菜子「…………」

    日菜子「……」

    日菜子「……、むふぅ♪」



    P(ん? 今どこからか『ところがどっこい!』って聞こえてきたような、気のせいか)

    36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 01:37:41.45 ID:SM23/SFQ0
    P「……何だよ」

    ありす「何でもありません」

    P「こそこそするのやめたの?」

    ありす「別にこそこそなんてしてませんし、よく考えたら近くにいた方が都合も良いですからね」

    P「ああそう。これからトイレ行くけどついてくる?」

    ありす「つ、ついていくわけないじゃないですか! もう、さっさと済ましてきて下さい!」

    P(ちょろい。さてこの隙に日菜子のとこ行って>>37してみよかな)


    1~70…悪戯成功
    71~90…ありすに妨害される
    91~00…日菜子に気付かれる

    37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/16(金) 02:47:13.87 ID:LNAYEsnSo
    くすぐろう。脇の下、脇腹、腹、足の裏などなどを

    39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/19(月) 18:09:16.14 ID:irBWxY9+0
    P「くすぐる……うん、ありだな。何というかボディタッチはするけどそこまでセクハラ感のない、まさに悪戯というか」

    P「むふふ以外の日菜子の笑い(?)声も聞けるかもしれないし、おお? そう考えると真顔よりレアかもしれん」

    P「よし、ありすに勘付かれる前に脇やら何やらくすぐってやるぞ!」



    日菜子「むふ……むふふ……」


    P(待てよ? 耳たぶをあまがみして反応されなかったのに、くすぐりは通用するのか? い、いやきっと耳は弱くなかっただけだな、うん)

    P(また気付かれなきゃ気付かれないで悔しくなるケースだな……まあいい、日菜子の弱いところを探っちゃうぞー) ワキワキ

     ツンツン

    P「ん? 何だよ今忙しいんだ、後にしてくれ」

    ありす「へぇ、それはトイレに行く振りまでしてしなくてはならない事なんですか?」

    P「げぇっ! ありす!」

    ありす「そもそもあんな子供騙しで私をやり過ごそうとした事自体が不服です……そこまで子供に見えますか?」

    P「うーん、さすがに駄目かー。試す価値はあったと思ったのに」

    ありす「日菜子さーん、プロデューサーさんが何か悪いことしようとしてますよー」

    P「うわっ、馬鹿! ええいこうしてくれる!」 コチョコチョ

    ありす「あひゃっ!? な、何を……あは、やめてくださ……あはははは!」



    40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/19(月) 18:11:20.21 ID:irBWxY9+0
    P「ほうほう、無難に脇腹は弱いのか。脇の下は?」 コチョコチョ

    ありす「だめっ! やめっ、くくく……うぅぅ……」プルプル

    P「我慢は身体に良くないぞ~。おへそとかどうよ」 コチョコチョ

    ありす「ひゃっ、やっ、なんで……やだ、あっ、あぁっ!」

    P(あかん、ありすがイケナイ何かに目覚めかけてる……? というか俺は日菜子をくすぐるつもりだったのに、こんなに声出させてたら気付かれたか?) チラッ

    日菜子「……」ジーッ

    P(アウトー! 撤収ー!)

    P「ありす、続きは仮眠室でしようすぐ行こうほら早く」

    ありす「はぁ……はぁ……つ、続き……?」

    P「(靴と靴下を)脱ぎ脱ぎさせてひぃひぃ言わせてやろう(くすぐりでな!)」スタスタ





    日菜子(……仲良いなぁ。誰かにこちょこちょなんてしてるところ初めて見た、かも?)

    日菜子(小さい子の方が好みとか……? Pさんのこと、知ってるようで知らないことばかり)

    日菜子(Pさんは日菜子がどこにいても見つけてくれるのに……むぅ)

    41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/19(月) 18:12:04.50 ID:irBWxY9+0
    P「日菜子が妙に難しい顔をするようになってしまった」

    P「妄想なのか考え事なのか……いや妄想も一種の考え事ではあるのか、まあそれはともかく」

    P「それならここは>>42で様子を見てよるのもありだな」

    P「なおありすはくすぐられ過ぎて疲れ果てた模様。少しやり過ぎたかな」


    1~80…日菜子に気付かれない
    81~00…気付かれる

    42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/19(月) 18:14:39.74 ID:382Jcb1no
    水着に着替えさせる

    46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 13:25:12.46 ID:eoDHm48i0
    P「水着に着替えさせて……何を言ってるんだ俺は」

    P「そもそも水着にさせるには時期尚早だしなあ。いや、逆にその事に気が回るかを見てみるのもいいかもしれない」

    P「妄想で上の空になってよく話も理解しないまま同意しちゃったりとか、そんなだと悪い奴につけ込まれるもんな。この流れでいうと悪い奴=俺だけど、細かいことはいいんだよ!」



    ちひろ「――それで日菜子ちゃんの水着の試着に私が付き添いを、ですか」

    P「日菜子が違和感を訴えた時点まででいいのでお願いします!」

    ちひろ「さすがに日菜子ちゃんも試着する前に気付くと思いますが……もし着替え終わっちゃったらどうします?」

    P「もちろん折角だから日菜子の水着姿を確認したいですね。今後の参考になりますし?」

    ちひろ「とかなんとか言って、日菜子ちゃんの水着姿が見たいだけなんじゃありませんよね?」

    P「はい!」

    ちひろ「(にっこり)」

    P「」

    47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 13:26:55.04 ID:eoDHm48i0
    ちひろ(はぁ、結局引き受けちゃう私も私というか……)

    ちひろ(でも日菜子ちゃんが上の空のまま勝手に話が進んでしまわないか、ってところは日菜子ちゃんの今後の為に知っておきたいのもわかる……)

    ちひろ(気が乗らないけど、日菜子ちゃんがすぐに気付いてくれたらいいのよね。――あ、いたいた。早く気付いてね、日菜子ちゃん!)

    日菜子「…………」

    ちひろ「日菜子ちゃん、ちょっといいですか?」

    日菜子「……?」

    ちひろ「日菜子ちゃんに水着を試着させてほしいとプロデューサーさんから頼まれて、お手伝いにきました。ついてきてくれますか?」

    日菜子「……わかりましたぁ」

    ちひろ(わかっちゃだめぇぇぇ!!)



    ちひろ「じ、じゃあ着替えが済むまで待ってますね。カーテン閉めて、っと」

    ちひろ(うーん、日菜子ちゃんいつもより元気が無いというか、プロデューサーさんが難しい顔とおっしゃっていたのはこういう意味でしたか)

    ちひろ(あっさりここまできちゃったけど、今回はたまたまよね? この時期に水着なんてって本当は気付いてて、プロデューサーさんからの指示だから大人しく応じてくれただけかも)

    日菜子「……ちひろさん?」

    ちひろ「あ、はい! どうしました?」

    日菜子「ちひろさんって、きっと日菜子よりPさんのこと……詳しいですよね?」

    ちひろ「えー……っと、どうでしょう?」

    日菜子「日菜子、Pさんのこともっと知りたいんです~。教えてくれませんか? Pさんの……好きなものとかぁ」

    ちひろ「好きなもの、ですか。そうですねぇ」

    ちひろ(プロデューサーさんの好きなもの、何かあったかしら……>>48-50とか好きだったような?)



    48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 14:24:37.33 ID:27LiuTX6O
    カレーうどん

    49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 14:34:37.52 ID:+VNfdxt6O
    カレー南蛮

    50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 14:42:04.15 ID:uMY6/iroo
    カレーせんべい

    53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 19:01:45.06 ID:E59dXUfuO
    黄レンジャーかな?

    54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 20:47:58.16 ID:SJ8eOorDO
    カレーは神の食べ物ですネー

    55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:01:12.48 ID:eoDHm48i0
    ちひろ(そういえば、よく食堂でカレーうどんやカレー南蛮、おやつにはカレーせんべいを食べてたわね)

    ちひろ(カレーうどんとカレー南蛮の違いを聞いたらやたら早口で違いを説明されたっけ。カレー系のものがよっぽど好きに違いないわ!)

    ちひろ(日菜子ちゃんの求めてる答えなのかどうかは疑問が残るけど、自信もって言えるのこれくらいなのよねぇ)

    ちひろ「カレー……かしら」

    日菜子「カレー? んん、華麗?」

    ちひろ「食べ物のカレー、ですね。カレーうどんとかカレー南蛮とか、カレーせんべいを食べてるところをよく見かけますから。私から言えるのはこのくらいしか」

    日菜子「カレー……そうだったんだ……」

    ちひろ「それより日菜子ちゃん、水着なんだけど……」

    日菜子「……」

    ちひろ「? 日菜子ちゃーん、聞こえてますかー?」

    日菜子「…………むふふ♪」

    ちひろ「日菜子ちゃん!? せめて暖かい格好に着替えてからにしてくださいー!!」

    日菜子「むふ~……へくちっ!」



    56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:02:39.04 ID:eoDHm48i0
    P「水着姿は拝めずじまいか、無念」

    P「水着のことで日菜子から何もつっこんでこないのが逆に怖い……何があったんだ? ちひろさんも教えてくれないし」

    P「それと何故かのあさんと日菜子が一緒にいるところを見かけるようになったような。香辛料がどうのこうの、日菜子も食に関心が芽生えたのかな」

    P「まあいいや、そろそろありすも復活するだろうし早めに次の悪戯を考えよう。>>57とか?」


    1~69…悪戯成功
    70~89…ありすに妨害される
    90~00…日菜子に気付かれる

    57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:05:13.88 ID:9snPjSU6O
    太ももをさする

    60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 01:09:51.00 ID:FL+9jjdc0
    P「ふとももかあ、ふとももならどうだろう」

    P「もはや日菜子に気付かれるかどうかのチキンレースじみてきたな。ありすによく邪魔されるけど」

    P「……嫌な予感がする。ありすが帰ってくる前に日菜子のとこへ行こう!」



    ありす「させません!」

    P「うおっ! 出て来るの早いな今回!」

    ありす「この前はいい様にやられてしまいましたからね……でもこれならどうですか?」

    P「んー、うん。凄い厚着だけど暑くない?」

    ありす「それはまぁ、こほん。でもこれなら私をくすぐるなんて発想にはならないでしょう? Pさんが来るまで、むしろ待ち構えていたくらいです!」

    P「暑い中ご苦労さま。確かにくすぐりにくそうだ。うん、ありすの弱いところを知り尽くした俺もなかなか手出ししにくいだろう」

    ありす「変な表現しないでください、ひ、卑猥です!」

    P「ただなあ、今日の俺はそういう気分じゃないんだ」チラッ

    ありす「……何ですか、そのイヤらしい目付きは」

    P「上は随分と暑そうだけど、下はスカートなんだな」

    ありす「それが何か? 足の裏でもなければくすぐったくありませんよ」

    P「言ったろ? 今日はそういう気分じゃないんだ。むしろ好都合というものよ」 ワキワキ

    ありす「ひっ! やだ、その手の動き……! こ、来ないでください!」

    P「いただきまーす!」

    ありす「いやああぁぁぁぁぁ!!」

    61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 01:11:48.08 ID:FL+9jjdc0
    P「あー、すべすべでぷにぷに……」サスサス

    ありす「…………」

    P「暑いなら上脱いだらどうだ? 室内でそれはつらいだろう、顔も火照ってるぞ」

    ありす「……。何してるんですか」

    P「ふとももをさすってる」サスサス

    ありす「何故ですか!」

    P「触り心地良さそうだし、だめ?」

    ありす「そもそもセクハラ……もうっ。そんなに私にベタベタしたいなら、白昼堂々襲い掛かるような真似はやめてもらえませんか?」

    P「それはありすが俺の邪魔するからいけないんだぞ」

    ありす「日菜子さんに悪いことしようとしてるPさんこそ諸悪の根源なのでは?」

    P「ぐぬぬ……」

    ありす「論破です」

    P「久し振りに聞いたなそれ」サスサス

    ありす「そうでしたっけ? ……というか手を止めてください、誰かに見られてるかも――」


    ??「……」サッ


    ありす「――あっ」

    P「どうした?」

    ありす「……何でもありません。ちょっと用が出来た……かもしれないので、離してもらえますか?」

    P「お、おう。どこ行くんだ?」

    ありす「レッスンまでには戻りますので。では失礼します」

    P「……急にどうしたんだろう。まあいいか、さて俺は心置きなく日菜子のふとももを」

    P(ってあれ? 日菜子のやつ見あたらないぞ。ありすとじゃれてる間にどこか行っちゃったかな、またもありすに阻まれたか……やるなありす)



    62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 01:17:46.50 ID:FL+9jjdc0
    P「あれ以来ありすの気配が感じられない、のはいいんだが日菜子も見当たらなくなっちまったぞ?」

    P「いや、事務所に来てるんだからそりゃ目の届く範囲にはいるんだけど、気がつけばいなくなってるんだよな」

    P「あんまり妄想してない、のか? いやいや日菜子に限ってそんなはずは」

    P「……お、そんなこと言ってたら日菜子だ。そうだな、ここは試しに>>63でいってみるか」


    1~80…悪戯成功
    81~00…日菜子に気付かれる

    63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/24(土) 01:20:50.08 ID:VCCdUWAro
    あすなろ抱き

    67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/31(土) 01:23:00.83 ID:dyR7Bh3f0


    P「あすなろ抱き……後ろからガバッといくやつだっけ」

    P「これで気付かれないなら、日菜子が妄想している時は意識が完全に現実の世界を超越しているのかもしれない」

    P「恐るべし日菜子ワールド。危なっかしくて目が離せなくなるな……ともかく試してこよっと」



    日菜子「はふぅ……」


    P(なんか元気ないなあ。あまりいい妄想が出来てないのか? それとも何か悩んでたり、今までの俺の奇行に本当は気付いてて――なんて有り得そうで怖い)

    P(そろそろ潮時か……ありすにかなり邪魔されたとはいえ、色々したはしたよな俺も。悔いが残らないよう、今はしっかりあすなろ抱きを完遂しよう)

    P「ノリは軽くいくか……ひーなこっ」ガバッ

    日菜子「……」

    P(あ~女の子の良い香りが、じゃなくて反応は――)

    日菜子「……Pさん」ポツリ

    P「!? さすがに気付いてたか!?」

    日菜子「…………ふぅ」

    P(あ、あれー? ここで無視、出来るような子じゃないよな……今俺の事を呼んだのは偶然? そして日菜子に暗い顔させてるのも原因は俺?)

    P(……何かしたっけ、ってなると何かしてばっかだけど気付いてなかったとすると……いや、この状態で考えるのはやめよう。とりあえず離れて考えるか) スッ



    日菜子「……」

    日菜子「……? あれ、Pさんがそばに居たような……」

    日菜子「気のせい? でも、何となく近くにいる時のポカポカした感じが……今日はいいことありそう~、むふふ♪」

    68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/31(土) 01:24:04.03 ID:dyR7Bh3f0
    P「日菜子からは何も言ってこないし、やっぱ偶然俺を呼んだだけなのか」

    P「うーむ……俺が悩みのタネだとすれば謝るしかないよなあ」

    P「それでも日菜子に悪戯したい俺がいる。もしかして気付かれたいのか、俺は?」

    P「……>>69してみよう」


    1~10…悪戯しつつ今までの事を暴露して謝る
    11~70…悪戯続行
    71~90…ありすに妨害される
    91~00…日菜子に気付かれる



    69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/31(土) 01:30:53.24 ID:QfVfbcVro
    肩を抱き寄せる

    71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 00:30:37.54 ID:paYLrdOi0
    P「肩を抱き寄せるくらいだったら、気付かれたところでそんなに嫌がられないかな?」

    P「そろそろ気付いてほしいというか、反応が欲しい……。気付いていてガン無視キメられてるならそれはそれでいいんだけど」

    P「俺のことを如何なる状況においても意に介さないレベルで無関心とか、そんなだったりしたら……日菜子に限ってそんなことない、と信じて行ってこよう」



    日菜子「……」


    P(ソファに座って、考え事? 妄想? してるみたいだ。ちょうどいい、隣に座って肩を抱き寄せるぞ)

    P「…………」スッ

    日菜子「……」 ポフッ

    P「……」

    日菜子「……」

    P「…………」

    日菜子「…………はふぅ」

    P(今の溜め息は何だ、どういう意味が込められてる!? さり気ない嫌悪感アピールなのか、俺に気が付かないで自然と漏れ出たものなのか!?)

    日菜子「……?」

    P(こんなに近くにいるのに俺は……日菜子に気付いてもらえないのか、ただ無視されてるのか、それすらも分からない。俺って一体……)

    日菜子(Pさんのこと考えてると、いつも日菜子のすぐ側にいる気がしてきちゃうなぁ……。妄想の中だけじゃなくて、本当にそうなったら……)




    ありす「……やれやれ、2人とも何て顔してるんですか。見てるこちらが堪え難くなりますよ、まったく……」

    72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 00:31:41.85 ID:paYLrdOi0
    P「少し粘ってみたけどやっぱり反応無しだった」

    P「平常時は普段通りに接してくれてるけど、もしかしてそれも気を遣ってそう振る舞ってるとか?」

    P「悪い方向にばかり考えてしまうな、いかんいかん。もしかしたら逆ドッキリみたいな感じで俺をからかってるだけかもしれないし」

    P「……そうだといいなあ。えっと、じゃあ次は>>73してみようか」


    1~10…悪戯しつつ今までの事を暴露して謝る
    11~70…悪戯続行
    71~90…ありすに援護される
    91~00…日菜子にやっと気付かれる

    73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 01:02:36.90 ID:+ojls99go
    首筋にキス



    74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 01:10:47.36 ID:YfoJwE/Co
    1足りねぇw

    77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 20:31:30.32 ID:0Ibqdn6X0
    P「首筋にキスはどうだ? 日菜子の事だからキスといえば唇で、それも王子様からのってイメージ強そうだな」

    P「さすがに唇は奪えない、よなあ……もともと人を傷付けるような悪戯はするつもりなかったわけで。だからといって、首筋ならいいのかって問題でもある」

    P「……考えてもしょうがない、とにかく行動に移そう」



    ありす「……」キョロキョロ

    日菜子「むふふ……♪」


    P(何か既にボディガードがついてるんだが。にしても日菜子、今日は楽しそうな妄想できてるのかな。邪魔しちゃ悪いか……?)


    ありす「……あっ」


    P(げっ、ありすと目が合っちまった。今日はやめとこうか、今なら未遂で終わるし――ってなんかありすがこっち来るんだが?)

    ありす「何してるんですか、早く来て下さい。せっかく待っていたんですから」

    P「え? いや、ありす?」

    ありす「また性懲りもなく日菜子さんに悪戯しようとしてたのでしょう?」

    P「そりゃそうなんだけど、どうしたんだよ。いつもなら有無を言わさず邪魔してきたじゃないか」

    ありす「……見ていられなくなったから、ですよ。今回だけですからね? それで、今度は何をしようとしてたんですか?」

    P「え、あー、日菜子にってこと?」

    ありす「他に何かあります?」

    P「…………そのぅ、ですね。首筋辺りに、キスでもと……」

    ありす「」

    P「いや、ほら、唇じゃないし!? 首筋ならまだセーフかなって!」

    ありす「アウトですよ!! ききき、キスなんて、悪戯で済ませていい範疇じゃありません! セクハラです、有罪です!」

    P「仰るとおりでございます……じゃあやめとこうか」

    ありす「むぅー……ま、まぁ、唇でないのなら、今回だけは大目にみましょう。今回だけですから! それで、どのように首筋に……するつもりだったんですか?」

    P「やっぱ後ろから、こう髪をかきあげて……かなあ? 相変わらずこのまま日菜子に気付かれずに出来ちゃいそうだけど」

    日菜子「……むふぅ♪」

    ありす「ではそのまま、日菜子さんの背後でステイして下さい」

    P「俺は犬か何か? まあいいけど、こうか?」

    ありす「はい。ではいきますよ――日菜子さーん?」

    P「? おいおい、呼び掛けるだけで気付いてもらえてたら苦労は」

    日菜子「……? はぁい、呼びましたか――うん? えっ?」

    P「」←日菜子があっさりと呼び掛けに応じて驚いてる

    日菜子「」←ありすに呼ばれたと思ったらPに包まれるように背後を取られてて驚いてる

    ありす「」←予想以上に上手くいって驚いてる

    78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 20:34:17.66 ID:0Ibqdn6X0
    日菜子「えっ、あの、Pさん? あれ、どうして?」

    P「おおお落ち着け日菜子、俺はまだ何もしていない!」

    ありす「Pさんこそ落ち着いたらどうですか? ……コホン。えぇとですね、これは私の仮説に過ぎないのですが」

    日菜子(まだ何もってことは、日菜子……これから何かされちゃう……? き、急過ぎます~!)

    P(俺には反応しなかった割にありすには反応するのか……待てよ? 声を掛けていれば俺にも反応してくれたのか? というかこの言い訳できない状況どうすればいいんだ!?)

    ありす「聞こえてます? まず日菜子さん、今までにPさんからみだりな行いをされたことはありますか?」

    P「ちょ、おまっ」

    日菜子「ない……と思いますけど」

    ありす「この人はですね、日菜子さんが妄想に意識を追いやってる間にいかがわしいことをたくさんしていたんです。それはもう何度も」

    P「誤解だー! あくまで悪戯の範疇でしかしてないつもりだぞ!」

    日菜子「悪戯……って日菜子に、Pさんが……ですか?」

    P「…………すまん。何しても一切気付かれなかったし、途中からどうすれば妄想から俺に意識が向くのか探りを入れてたところもある」

    ありす「妄想中の日菜子さんはそれはもう、自分の世界に閉じこもってしまいますからね。ですが私の声にははっきり反応していました。私がPさんを食い止めていた時も」

    日菜子「……食い止める? もしかして、お二人がよく日菜子の近くで仲良しさんだったのは」

    P「俺が日菜子にちょっかい掛けようとしてたのを、ありすが体張って邪魔――そう睨むなよう、日菜子を守ってたんだよな、な? いや手強かった」

    ありす「重要なのは私がその場に居られたかどうかなんですよ。……Pさん、ちょっと日菜子さんから離れててもらえます?」

    P「ええ……ステイの次はハウス? ほれ」


    ありす「おそらくですが、日菜子さんがよくする妄想の世界にPさんも高い頻度で出演していたのではないでしょうか? 集中力のあまり妄想と現実が混線して、現実にPさんが迫ってきても妄想のPさんと取り違えて気にならなかった、とか」ヒソヒソ

    日菜子「うぅ~……ど、どうなんでしょう? そんなにはっきり言われちゃうと、照れちゃいます~」ヒソヒソ


    P(よく聞こえん、ありすの指摘したことに対して日菜子が慌ててる、ようには見えるけど。さっきのありすの仮説がどうのって話か?)



    79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 20:35:08.20 ID:0Ibqdn6X0
    P「ん、内緒話は終わった?」

    ありす「私からは以上です。その、では私はこれで」

    P「この流れで俺と日菜子を残していいのか?」

    ありす「日菜子さんがPさんに気付いたからには、後はお二人次第でしょう。私は……ただ見ていられなくなっただけで、それに誤解も解けたようですし」

    P「誤解?」

    ありす「な、何でもありません! それでは!」

    P「?? 結局ありすはどうしたかったんだ」

    日菜子「…………あのぅ」

    P(うっ……気まずい。そうだよなもう日菜子にバレてるんだから、いよいよ年貢の納め時か)

    日菜子「Pさん?」

    P「――すまなかった。出来心だったんだ、それがいつしかどうしたら気付いてもらえるものかと止められなくなって」

    日菜子「……えっと、そのことなんですけど~」

    P「う、うん」

    日菜子「今まで日菜子が気付けなかった間、日菜子に……どんなことをしてたんですかぁ?」

    P「え」

    日菜子「その、もしかしたら日菜子が偶然気付かなかっただけかもしれないですし~。Pさんならともかく、他の人に同じことをされて気付けなかったら、と思うと~」

    P「俺も心配にはなってたけど、それを俺に聞いちゃうかー」

    日菜子「聞くというかぁ、これから実践してみてほしいんですよ~」

    P「なにィ!?」

    日菜子「実際にしてもらわないと、どうして気付けなかったのかきっとわからないです~」

    P「いや、まあ、そうかもしれないけど!」

    日菜子「それでは……むふ、Pさんは日菜子にどんなことをしていたのか、教えて頂けますよねぇ? せめて、さっき日菜子の後ろにいた理由ぐらいはぁ」

    P「ぐぬぬ……」

    日菜子「それとも~、今となっては出来ないくらい、は、恥ずかしいことを日菜子にしてたんですか~?」

    P「……う、うわあああああああああ!!」

    日菜子「あ、Pさ~ん! ……行っちゃった」



    日菜子(~~~~!! ――まだドキドキしてる……。本当に実践されてたら、どうにかなっちゃってたかも~!)

    日菜子(ふぅ~、ここで迫ってくる人じゃないから日菜子は……あ、でもちょっとだけなら迫られてみても……むふふ♪)

    日菜子(それにしても、どんなことされてたんだろう? さすがに変なことされたら気付くと思うのにな~)

    日菜子(……少しだけ実践してもらおうかな、でもやっぱり恥ずかしいような……でもでも気になる……)



    日菜子「…………、むふふ~♪」

    80: エンディング 2018/04/28(土) 20:37:33.59 ID:0Ibqdn6X0

    ――――――
    ――――
    ――


    ちひろ「あら、今日のお昼は苺カレーパスタですか。ということは」

    P「そういうことですよ。ありがたく頂いてます」

    ちひろ「最近仲が良いですね日菜子ちゃんとありすちゃん。お仕事で一緒になったのもあるんでしょうけど」

    P「そればかりでは無さそうですよねー。にしてもなんで毎度カレー料理ばかり……好きだから大歓迎ですけど、どうして俺の好物を知ってるんですかね?」

    ちひろ「あーお腹空いたぁ、私も何か頂こうっと!」

    P「おいこら」

    ちひろ「……そういえば、プロデューサーさんが特定のアイドルに気付かれないようこっそり悪さをし続けてると噂を聞きましたが、本当ですかー?」

    P「ああ美味いなークセになりそうだなー担当アイドルが手料理振るまってくれて俺は幸せ者だなー」

    ちひろ「大丈夫だとは思いますが、程々にしてくださいね?」

    P(……さすがにバレてるか。あの後それまでの狼藉を許してもらう代わりに、妄想が始まっても現実へすぐに意識を切り替える練習ってことで、たまにまたタイミング見計らって悪戯してるとは言えない)

    P(意識の切り替え自体は仕事の上でも必要だし、またあのスリルを味わえる許しを本人から得られたのだから、俺としても断る理由はないよな)

    P(……ありすに遠くから見張られながらだから、際どいことは前より出来なくなったけど)

    81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 20:47:51.55 ID:0Ibqdn6X0
    日菜子「今日も喜んでもらえましたね~、頑張ったかいがあります~♪」

    ありす「日菜子さんも少しずつ料理中の妄想が減ってきてて、良い傾向だと思います」

    日菜子「料理も、妄想世界から帰ってくるのも、練習あるのみです!」

    ありす「ふふ、そうですね。……ところで、日菜子さんに一つ聞きたいことがあるんですが」

    日菜子「むふ? どうぞ~」

    ありす「どうして私に、Pさんの好きな食べ物を教えてくれたんですか?」

    日菜子「お礼、ですよぉ。日菜子のことを守ってくれる、素敵な王子様へせめてもの感謝の気持ちです!」

    ありす「お、王子様……。そう言われてみると……そんなつもりは無かったんですよ?」

    日菜子「わかってますよ♪ 本当に気にしないでください~」

    ありす「……では、ここのキッチンをよく借りる者同士、これからもよろしくお願いします」

    日菜子「こちらこそ~♪」


    ありす(妄想してる時の日菜子さん、最近は私の声にも反応が薄くなってきて気掛かりでしたが、この分なら問題なさそうですね)

    ありす(王子様……かぁ。日菜子さんなりの冗談だとは思いますが、新鮮で悪い気はしません)

    ありす(それに日菜子さんと一緒に居ると、私にとっても新たな発見があって良い刺激に)

    ありす「って、あぁっ! 日菜子さん、食器拭きながらの妄想は駄目です!」

    日菜子「むふふ~♪」

    ありす(……やはり目が離せませんね。Pさんのこともあるし、まだまだ私が見守ってないと!)





    日菜子(結局Pさんが何をしてたのか、Pさんからは教えてもらえませんでした)

    日菜子(何をされていたのか自分で確かめられるように、そして妄想と現実の王子様を取り違えないように、日菜子は日々精進してますよ。Pさん)

    日菜子(隣には――可愛らしくも頼もしい王子様もいてくれますしね! むふふ♪)




    劇終



    82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 20:54:53.50 ID:0Ibqdn6X0
    日菜子スレになるはずがどうしてこうなった、橘ァ!

    ありすに名前呼びのお許しを得ているのかわからなかったので誤魔化してますが、これぐらい仲良しだったらきっと許してもらえてる、はず?



    総選挙ももう後半ですね。日菜子に声がつくといいですね(すっとぼけ

    それでは、ここまでお付き合いくださりありがとうございました

    83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/28(土) 21:13:34.38 ID:sE7TlDTAo
    乙乙。まだ続けてほしいくらい面白かった



    引用元: モバP「俺も日菜子に悪戯したい」ありす「駄目です」

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (692)
    男女 (51)
    幼馴染 (13)
    兄妹 (21)
    姉弟 (1)
    姉妹・女女 (7)
    父母・夫婦・子供・家族 (24)
    男男・兄弟・友・男の娘 (3)
    俺・友・職業等 (185)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (88)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (81)
    擬人化・人外・動物・ロボット (64)
    著名人 (22)
    ブーン系 (12)
    おんJ・なんJ (120)
    アイカツ! (1)
    アイドルマスター (777)
    シンデレラガールズ (541)
    ミリオンライブ (104)
    シャイニーカラーズ (33)
    相棒 (5)
    アナザーエデン (1)
    アマガミ (7)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    犬夜叉 (1)
    ウルトラマン (2)
    Angel beats! (2)
    おそ松 (1)
    カイジ (3)
    ガヴリールドロップアウト (54)
    ガールズ&パンツァー (78)
    かぐや様は告らせたい (6)
    がっこうぐらし! (2)
    仮面ライダー (5)
    からかい上手の高木さん (12)
    艦隊これくしょん (112)
    きららファンタジア (1)
    機動戦士ガンダム (23)
    キノの旅 (3)
    キルミーベイベー (2)
    きんいろモザイク (1)
    グランブルーファンタジー (4)
    金田一少年の事件簿 (1)
    クレヨンしんちゃん (3)
    けいおん! (2)
    ゲゲゲの鬼太郎 (2)
    月刊少女野崎くん (21)
    けものフレンズ (8)
    コードギアス (2)
    孤独のグルメ (2)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    ご注文はうさぎですか?? (6)
    この素晴らしい世界に祝福を! (10)
    こち亀 (2)
    このはな綺譚 (1)
    小林さんちのメイドラゴン (1)
    斉木楠雄のΨ難 (1)
    咲-Saki- (3)
    桜trickSS (1)
    サザエさん (4)
    ジブリ (3)
    STEINS;GATE (11)
    少女終末旅行 (4)
    ジョジョの奇妙な冒険 (2)
    進撃の巨人 (5)
    新世紀エヴァンゲリオン (6)
    スクールガールストライカーズ (4)
    SKET DANCE (2)
    涼宮ハルヒの憂鬱 (4)
    スロウスタート (2)
    生徒会役員共 (2)
    ソードアート・オンライン (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダーリン・イン・ザ・フランキス (1)
    ダンガンロンパ (6)
    ちびまる子ちゃん (5)
    刀使ノ巫女 (5)
    とある魔術の禁書目録 (8)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (28)
    ドラえもん (3)
    とらドラ! (1)
    NARUTO-ナルト- (2)
    にじさんじ (1)
    NEW GAME! (4)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (3)
    化物語 (1)
    ハリーポッター (2)
    HUNTER×HUNTER (2)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (27)
    BEAT LESS (1)
    彼岸島 (3)
    ヒナまつり (1)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (15)
    BLACK CAT (2)
    プリキュア (6)
    Baby Princess (1)
    フレームアームズ・ガール (2)
    べるぜバブ (1)
    ペルソナ (3)
    ポケットモンスター (53)
    ポプテピピック (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    魔法少女まどか☆マギカ (7)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (2)
    名探偵コナン (12)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (9)
    遊戯王 (19)
    結城友奈は勇者である (26)
    ゆるキャン△ (18)
    ゆるゆり (11)
    ラーメン大好き小泉さん (1)
    ラブライブ (83)
    リトルバスターズ! (1)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    ローゼンメイデン (2)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (7)
    笑ゥせぇるすまん (17)
    ワンピース (6)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (4)
    ゲーム (14)
    その他 (19)
    みたいなのどうよ (7)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (0)
    ウマ娘 (3)
    はたらく細胞 (2)
    志衛 (3)
    BLEACH (1)
    リトルウィッチアカデミア (1)
    BLACK LAGOON (2)
    ぼくたちは勉強ができない (11)
    あそびあそばせ (1)
    中二病でも恋がしたい! (2)
    少女 歌劇 レヴュースタァライト (3)
    イナズマイレブン (1)

    タグクラウド


    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    いろいろ

    スポンサードリンク