SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 URLが変わりました。http://sshouko.net/

    つぶやき&最新記事一覧
    ヘッドライン
    TweetsWind

    悟飯のハンター試験?

    1: ケイティ 2018/03/22(木)23:28:03 ID:Fx6
    こっちはギャグもなくただの平凡ストーリー
    悟空とべジータのハンター試験?
    のサイドストーリーみたいなものです
    (本当に淡々としてます)

    2: ケイティ 2018/03/22(木)23:29:47 ID:Fx6

    チチ「いやぁー、悟飯ちゃんが買い物付き合ってくれて助かっただよ」

    悟飯「お母さんにばかり負担をかけてはいられませんから」

    前が見えなくなるほどの荷物を抱えながら、悟飯はチチの後ろをついていく。

    チチ「本当にいい子に育ったべ…悟空さもあの世でしっかり見ててくれるだよ…」

    悟飯「それにしてもだいぶ買い込みましたね…」

    チチ「セルゲームからまだ1ヶ月も経ってねぇからなぁ。近くの町じゃまだ店も開いてねぇだよ。遠出したからにはたくさん買い込んでおかねぇと」

    悟飯「でもザバン市なんて初めて来ましたよ。結構大きなところですね」

    3: ケイティ 2018/03/22(木)23:30:56 ID:Fx6

    悟飯とチチは買い出しのため、パオズ山からザバン市へとやってきていた。

    セルゲームから早1ヶ月。

    落ち着きを取り戻した世界であったが、第一形態のセルによってもたらされた被害はまだまだ復旧の途中であった。

    チチ「悟飯ちゃん、お腹空いてねぇだべか?」

    悟飯「そういえばもうお昼過ぎですもんね」

    チチ「ちょうどそこにご飯屋さんあるべ。ステーキ料理なんて滅多に作ってやれねぇからこういうときくらいこんな店行くべ」

    悟飯「ありがとうございます、お母さん」

    カラン カラン

    お店に入ると、ダイニングの方から料理人が声をかけてくる。

    4: ケイティ 2018/03/22(木)23:31:58 ID:Fx6

    コック「いらっしぇーい。2名様で?御注文は?」

    チチ「悟飯ちゃんが好きなの選んだらいいべ」

    悟飯「すみません、そしたらステーキ定食でお願いします」

    料理人は一瞬目付きを変えて聞いてくる。

    コック「焼き方は?」

    悟飯「うーん、ゆっくり食べたいしなぁ」

    チチ「じゃぁ弱火でじっくりでいいだべ。久しぶりに落ち着いた食事も悪くねぇでよ」

    コック「あいよ」

    ウェイトレス「お客様、奥の部屋へどうぞー」

    無愛想な料理人の返事とは裏腹に、明るいウェイトレスの案内の声が通る。

    5: ケイティ 2018/03/22(木)23:33:01 ID:Fx6

    悟飯「うわぁ、個室なんてすごいなぁ」

    チチ「ほんとだべ。(おらの所持金で足りるだべか…)」

    食事を始める悟飯たちであったが…

    ウィーーーーーーーン

    悟飯「…何か、この部屋動いてませんか?」

    チチ「そうだべか?おらは全然感じねぇけども」

    チンッ

    悟飯「ほら!おかしいですよ!"B100"ってなってます!」

    悟飯が反応すると同時に、ゆっくりとドアがスライドして開いていく。

    悟飯「こ、ここは…」

    チチ「どこだべか…」

    6: ケイティ 2018/03/22(木)23:33:42 ID:Fx6

    薄暗い部屋には見渡す限りの人で溢れ返っていた。

    悟飯は暗さに慣れていく目と共に、そこが巨大なトンネルのような地下道だと気づく。

    悟飯「地下…100階…?お母さん、何かわかりますか!?」

    チチ「おらにわかるわけねぇべ…。たぶん間違いだで、とにかく帰んべ」

    悟飯「そう、ですね。戻りましょうお母さん」

    悟飯とチチは食事をしていた部屋の中に戻ろうとする。

    だが、部屋の扉は既に閉じられていた

    焦る二人に上から声がかかる

    7: ケイティ 2018/03/22(木)23:34:34 ID:Fx6

    トンパ「もう戻れないよ」

    壁の配管に腰掛けた男は気さくな感じで手をあげた。

    チチ「誰だべか?」

    トンパ「よっ、オレはトンパ。新顔だね?親子で参加とは珍しいな」

    悟飯「あのぉ、新顔とか参加とか、どういう意味なんでしょうか?」

    トンパ「おいおいおいおい、まさか知らずにここに来たのかよ!?」

    驚くトンパの横で、チチは番号札のようなものを渡されていた。

    チチ「ちょ、ちょっと待ってくれだ!おらたちは食事してただけでなんも知らねぇだ!番号札っち渡されても困るだべ!」

    番号札を渡した小男も逆に困り顔になりながら、でも規則ですから…と返却を受け付けずに去っていく。

    8: ケイティ 2018/03/22(木)23:35:26 ID:Fx6

    トンパ「まぁまぁ、落ち着いて。オレが説明してあげますよ。この場所、つまりここはハンター試験会場ってことよ」

    優しい顔でトンパはなだめながら説明を始める。

    悟飯&チチ「「ハンター試験!?」」

    チチと悟飯の声が重なる。

    トンパ「おっと、まさかハンター試験から知らないってことはないよな?」

    チチ「そりゃぁ知ってるだべさ…でも…」

    トンパ「そのハンター試験さ。運良く、悪く、かもしれないが偶然にもこのハンター試験の会場に参加者としてたどり着いちまったっていう寸法さ」

    そう言ってニヤリと笑うトンパ。

    9: ケイティ 2018/03/22(木)23:39:27 ID:Fx6

    悟飯「あの、お母さん…ハンター試験って…」

    チチ「ハンターになるための試験だべ!どうやったら取れるかすらわかんねぇライセンスっていうのと、すんげぇお金持ちになれるっていう話だべ!…まさかそれに参加してることになってるだべか!?」

    トンパ「その通り。オレはこう見えて試験のベテランでさ。せっかの縁だ、何でも聞いてくれよ」

    悟飯「お母さん、どうしましょう…」

    チチ「決まってるだべ!悟飯ちゃん!ハンターになるだべ!」

    悟飯「えぇぇえ!?やるんですか!?」

    チチ「当たり前だべ!こんな偶然滅多にないだべ!トンパさんにしっかり教えてもらうべ、悟飯」

    すっかりやる気のチチに気圧されながら、しぶしぶと頷く

    10: ケイティ 2018/03/22(木)23:40:37 ID:Fx6

    トンパ「そんじゃまずはお近づきの印にこれだな」

    ニンマリと笑顔を携えながら、トンパがジュースを渡してくる

    チチ「そんな、いろいろ教えてもらうのにそこまでしてもらうのは失礼だべさ」

    トンパ「まぁまぁ、そんな気にせずに」

    チチ「じゃぁ悟飯ちゃんの分だけもらうだべ」

    押しの強いトンパから、一本だけ受け取る。

    悟飯「ありがとうございます、トンパさん」

    トンパ(え、笑顔が眩しすぎる…)

    あまりに屈託のない笑顔を見せられて頬をひきつらせるトンパ。

    トンパ「と、とりあえずこんな話してても埒があかないんで簡単に説明するよ。━━━」

    そして、チチと悟飯はトンパからハンター試験の内容についてざっくりと説明をしてもらった。

    11: ケイティ 2018/03/22(木)23:41:49 ID:Fx6

    チチ「4~5つの試験があって、どれもすんげぇ体力が必要、だべか…。おらが行っても悟飯の邪魔するだけになっちまいそうだ」

    悟飯「お母さんなら大丈夫だとは思いますけど…。それに何かあっても僕が守ります!」

    チチ「ご、悟飯ちゃん…本当に良い子だべ…。でもいいだ。それに食事の代金も払ってないだべ。おら上にあがる方法見つけて払ってくっから、悟飯はしっかりとハンター試験クリアしてくるだ!」

    悟飯「は、はい!」

    そこへトンパが割り込んでくる。

    トンパ「ここで帰りを待つのはやめといた方がいいな。ハンター試験は何が起こるかわからない。待つなら家で帰ってくるのを待ってた方がいいと思うぜ」

    トンパ(一人でも減るならそれに越したことはないしな)

    12: ケイティ 2018/03/22(木)23:42:36 ID:Fx6

    チチ「そうだべか…そしたらおらはお会計済ませたら家に帰ってるだよ。トンパさん、それじゃぁお願げぇしますだ」

    そう言って離れていったチチは、番号札を配っていた小男に話をして上階への非常扉を潜っていった。

    残された悟飯にトンパは話しかける。

    トンパ「まぁ寂しいのはわかるが気落ちせずにジュースでも飲んで楽にいこうぜ」

    悟飯「ありがとうございます。頂きます」

    悟飯がジュースを飲み干すのを見るトンパ。

    トンパ(ヒヒヒヒヒ。飲んだぞ。可哀想だがこれも試練ってやつよ)

    13: ケイティ 2018/03/22(木)23:43:23 ID:Fx6

    トンパ「そうだ、せっかくだから参加者で知ってるやつらを紹介してやるよ」

    蛇使いや格闘家の紹介をしている最中に叫び声が聞こえる。

    トンパ「ちっ…危ないやつが今年も来やがった。44番ヒソカ、あいつにだけは近づくなよ。危険すぎる」

    悟飯(そうかなぁ?強い気は感じないけど…)

    トンパ「そうそう、君みたいな子供も参加してるよ。あそこの99番と405番。二人とも歳が近そうだから話すならその辺りがいいんじゃないかな」

    14: ケイティ 2018/03/22(木)23:44:13 ID:Fx6

    トンパ(そろそろ下剤ジュースが効いてきてもいいはずだが…)

    ジィー

    悟飯「ん?何か?」

    悟飯(ジュースの缶を見つめてる?)

    悟飯「あの、ジュースなら大丈夫ですよ。きっと賞味期限切れてたとかですよね?変な味しましたけど、なんともありませんから」

    トンパ(ギクッ!)

    トンパ「いや、はは…そうなんだよ!本当にごめん!」

    トンパ(どうなってんだ今年の新人は…)

    15: ケイティ 2018/03/22(木)23:44:46 ID:Fx6

    悟飯(やっぱりピッコロさんはすごいなぁ。5歳のときに荒れ地に放り出されたときに何でも食べて生き抜いた経験が生かされてる)

    トンパ「じゃ、じゃあオレはこの辺で…」

    悟飯「トンパさんありがとうございました!」

    ジリリリリリリリリ!

    離れていくトンパを見送ってすぐ、試験は始まった。

    16: ケイティ 2018/03/22(木)23:45:45 ID:Fx6

    サトツ「では、これよりハンター試験を開始いたします。私についてきて下さい」

    試験官のサトツはそういうとスタスタと歩き始めた。

    悟飯(ついていくだけ?これなら簡単そうだ)

    しばらくついていくと段々スピードが上がっていく。

    脱落者も出だした頃、悟飯は声をかけられる。

    ゴン「オレはゴン!隣はキルア!んで、クラピカにレオリオ!君は?いくつ?」

    悟飯「あ、初めまして。僕は孫悟飯です。今年で11になります」

    キルア「げっ、年下かよ。ちぇ、最年少だと思ったのにな」

    口を尖らせながら拗ねるキルア

    17: ケイティ 2018/03/22(木)23:46:57 ID:Fx6

    そのまま5人でワイワイと話をしながら階段をかけ上り平原に着く。

    悟飯「ゴール?」

    クラピカ「いや、この様子だとまだ何かありそうだ」

    悟飯の問いかけにクラピカが答えたとき試験官のサトツが声を出す。

    サトツ「ヌメーレ湿原、気を抜くと命を落としますよ」

    人面猿「待て!そいつは偽物だ!本当の試験官は俺だ!」

    怪我をした男が急に飛び出してきて参加者を引き留める。

    人面猿「見ろ!人面猿が試験官に化けてやがるんだ!」

    ざわつく

    18: ケイティ 2018/03/22(木)23:48:05 ID:Fx6

    悟飯「え、でもおじさん人じゃないよね?」

    悟飯の声に注目が集まる。

    悟飯「だって、"気"が人じゃないよ」

    人面猿「な、何を言ってやがる…」

    悟飯「えーっと、…んっ!」ボッ

    一瞬気合いをいれた悟飯の気に当てられて、人面猿がまとっていた変身の気が吹き飛んで本性が露になる。

    サトツ(いまの気配はなんだ!?)

    サトツは一瞬で全身に冷や汗をかいていた。

    ヒソカ(美味しそうじゃないか…)

    ヒソカはしたなめずりをしながら悟飯を見つめる。

    サトツ「…さ、さて。こういう危険があるとわかったはずです。皆さん騙されずについてきてくださいね」

    サトツはなんとか平然を装い、また歩き始めた。

    19: ケイティ 2018/03/22(木)23:48:57 ID:Fx6

    キルア「悟飯、さっきのなんだよ」

    キルアが話しかけてくる。

    悟飯「気っていうんだけど、どう言ったらいいのかなぁ」

    キルア「わっかんねぇ…。それより気を付けないと。あいつ、霧に乗じてヤるぜ」

    その瞬間、トランプが飛んでくる。

    レオリオ「いってぇええええええ!」

    レオリオが悲鳴を上げた。

    ヒソカ「ククク」

    20: ケイティ 2018/03/22(木)23:50:16 ID:Fx6

    悟飯「ヒソカ、さん?」

    ヒソカ「君は?406番、さっきの人面猿を見破った男の子だね◆」

    悟飯「何をしてるんですか!?危ないじゃないですか!」

    ヒソカ「試験官ごっこ◆」

    悟飯「ふざけないください!僕は誰も傷つけたくないんですよ。だからこういうことやめてください」

    ヒソカ「…それは、ボクより自分の方が強いって言ってるのかい?◆」ゴゴゴゴゴ

    ゾクッ
    ゴンとキルア、クラピカにレオリオの4人は背筋が凍るほどの恐怖に刈られる。

    悟飯「はい」

    クラピカ(やめるんだ悟飯君ッ!)

    ヒソカ「ふぅん…◆」

    21: ケイティ 2018/03/22(木)23:51:09 ID:Fx6

    何気ない振りをした瞬間、トランプが悟飯に向かって飛んでいく。

    シュン

    ヒソカ(消えた!?◆)

    悟飯「やめるように言った」

    ヒソカの後ろに高速移動した悟飯は低い声で再度言った。

    ヒソカ(見えなかった…だが!◆)

    ヒソカは回し蹴りを繰り出す。

    悟飯は易々とそれを掴み、足を潰すように力を込める。

    ヒソカ(これはっ!◆)

    22: ケイティ 2018/03/22(木)23:52:09 ID:Fx6

    悟飯「やめろと言った」

    ヒソカ「クッ…ここはやめておこう◆」

    悟飯が足を放し、ヒソカは一歩下がった。

    完全に呆然とする4人のところへ行き、悟飯は声をかける。

    悟飯「ずいぶん離れちゃいましたね…追いかけるので皆さんぼくに捕まってください」

    悟飯は4人を捕まらせると、フワッと浮き上がる。

    レオリオ「おいおいおいおい!なんじゃこりゃぁああ!」

    叫ぶレオリオは一旦無視して、ヒソカを見下ろす

    23: ケイティ 2018/03/22(木)23:52:45 ID:Fx6

    ヒソカ「覚えておくといい。後でまた◆」

    不気味な笑みを見せるヒソカに悟飯は

    悟飯「あなたは人を傷つけすぎた。これ以上はなにもさせない」

    悟飯は魔閃光でヒソカを地の果てへ吹き飛ばした。

    クラピカ「は?」

    唖然とするクラピカを横目に、サトツの気を探って二次試験会場へと悟飯は飛んでいった。

    24: ケイティ 2018/03/22(木)23:54:15 ID:Fx6

    メンチ「あたしメンチ、こっちはブハラ。二次試験の試験官よ」

    5つのちょんまげをした不思議な髪型の女性と、大型というより巨大な男性が二次試験の試験官のようだ。

    メンチ「二次試験は"美味しい"が合格よ。まずはブハラから。好物の豚の丸焼きを所望するわ」

    銅鑼の音と共に二次試験スタート。

    悟飯「豚、ってあれでいいのかな?」

    悟飯は軽く手刀で止めをさすと、気で焼いた。

    ブハラ「君が一番?」

    ブハラが目を輝かせてがっついて食べた。

    悟飯(こんな試験だったらぼくでも合格できそうだ)

    悟飯はほっとしていた。

    25: ケイティ 2018/03/22(木)23:55:34 ID:Fx6

    メンチ「二次試験終了ーーー!」

    合格者は70名。
    もちろんゴンたちも残っていた。

    メンチ「だいぶ残ったわね…次はあたし番よ!お題は"寿司"!」

    ざわざわ

    メンチ「寿司と言っても握り寿司しか認めないよ!さぁ、スタート!」

    困惑する参加者。

    レオリオ「おい、ゴンわかるか?」

    ゴン「ううん、レオリオこそ知らない?」

    ゴン「キルア、君は?」

    キルア「いや、こういうのはクラピカのが得意なんじゃない?」

    クラピカ「私が過去に見た文献によると、新鮮な魚と酢飯を合わせたものだと…」

    レオリオ「さかなぁあああ!?ここは森ん中だぜ!」

    クラピカ「バカ者!声が大きい!」

    テスト生たち(魚!)

    参加者全員が川へと飛び出していった。

    26: ケイティ 2018/03/22(木)23:56:28 ID:Fx6

    会場には悟飯だけが残っていた。

    メンチ「んで、406番、あんたはあたしに何か用なわけ?」

    悟飯「すみません、会場からはどれくらい離れていいんでしょうか?」

    メンチ(なにこの子?海まで行くつもり?)

    メンチ「別に制限時間内に戻ってきてくれさえすればどこへでも、よ」

    悟飯「ありがとうございます!」

    悟飯は勢いよく調理場を飛び出して空へ飛んでいった。

    メンチ「あ、あの子なんなのよ……」

    27: ケイティ 2018/03/22(木)23:57:33 ID:Fx6

    悟飯「ブルマさん!」

    ブルマ「あら、悟飯君じゃない。どうしたの今日は?」

    悟飯「いえ、ちょっといまハンター試験受けてまして…」

    ブルマ「ハンター試験!?あんいったいなにやってんのよ」

    悟飯「まぁいろいろありまして…」

    興味津々なブルマに一生懸命説明する悟飯。

    ブルマ「ふーん、相変わらずそういう抜けたとこは孫くん譲りね。いいわ、美味しいお寿司を準備すればいいんでしょ?」

    悟飯「あの、でも時間もあんまりなくって…」

    ブルマ「大丈夫よ、すぐにべジータに握らせるわ」

    悟飯「あ、ありがとうございます!」

    28: ケイティ 2018/03/22(木)23:58:11 ID:Fx6

    そして数分後

    ブルマ「さ、できたわよ。ネタわかんなかったからとりあえず沢山作っといたわ」

    悟飯「こんなにいっぱい…」

    ブルマ「余ったら悟飯くん自分で食べちゃうかお友だちにでもあげたらいいじゃない。さ、チチさんを楽にしてあげるんでしょ。頑張ってらっしゃい」

    悟飯「はいっ!」ドキュン

    寿司が崩れないような速度で戻る悟飯。

    30: ケイティ 2018/03/22(木)23:59:13 ID:Fx6

    メンチ「あんたも403番並み!」

    ガビーン

    うちひしがれるクラピカ。
    そこへ悟飯が戻ってくる。

    悟飯「あの、これでいいんですよね?」

    メンチ(おお!まともなの来たじゃない!というより見た目完璧じゃない!味の方は…)

    メンチ「んっ!シャリの程よい硬さと脂の乗った最高級大トロ!しかもこのネタ…昆布で熟成をさせてるわ!」

    悟飯「ど、どうでしょうか…」

    メンチ「文句なしの合格よ!あんたどうしたのこれ!?もしかして寿司職人!?」

    32: ケイティ 2018/03/23(金)00:02:41 ID:5Pa

    悟飯「いえ、あの…その…」

    口ごもる悟飯

    レオリオ「そんなことよりオレのを食べてみてくれ!」

    レオリオが第2作を持ってくる。

    ピチピチ

    メンチ「………………失格」

    膝から崩れるレオリオ

    悟飯「あ、あのレオリオさん。僕のいっぱいありますんで皆さんにも分けますよ」

    34: ケイティ 2018/03/23(金)00:03:53 ID:5Pa

    悟飯はブルマからもらった大量のお寿司をゴン達に分けた。

    横目で見ていた参加者からもねだられ、全員がそれを持ってメンチのところに駆け込むことになった。

    メンチ「なんでいきなり上級者のにぎり寿司が全員から出てくるのよ!」

    理由を知ったメンチは

    メンチ「これじゃ試験にならないじゃない!このお寿司ダメにしても作り方みんな知っちゃったわけだし!こうなったら全員失格よ失格!」

    レオリオ「なんだとぉ!」

    レオリオ以下、参加者全員からブーイングが入る。

    メンチ「決めたものは決めたんだからダメよ!」

    36: ケイティ 2018/03/23(金)00:06:20 ID:5Pa

    ネテロ「それはちと厳しすぎやせんかね」

    空から声が聞こえてきた。

    悟飯「ちょっと見に行ってきます」

    悟飯が上空の飛行船まで近づくと、落下してくる老人と目が合った。

    ネテロ(ほえ?)

    着地も忘れてこける老人。

    ネテロ「い、いま飛んどりゃせんかったか?」

    気を取り直して老人は続ける。

    ネテロ「ワシはハンター協会の会長、ネテロじゃ。メンチや、ちーっとばかし厳しすぎやせんかの、他の課題を試してからでもいいんではないかのぉ」

    メンチ「会長がおっしゃるなら…」

    37: ケイティ 2018/03/23(金)00:06:50 ID:5Pa

    メンチ「ここはマフタツ山。ここに生息する蜘蛛ワシの卵を取ってくるだけの簡単な課題よ」

    待ってましたとばかりにジャンプする参加者たち。
    悟飯はもちろん飛んで取りに行く。

    ネテロ(あ、あいつ本当になんなんじゃろ…)

    無事に合格した悟飯たちは飛行船に乗って第三試験会場へと向かうのであった。

    39: ケイティ 2018/03/23(金)00:08:02 ID:5Pa

    悟飯「ここが三次試験会場なんでしょうか?」

    遥かに高い塔のてっぺんに降ろされた悟飯たち
    三次試験はこの塔から降りることらしい

    クラピカ「何か仕掛けがあるはずだ…」

    考え込むクラピカを他所に、悟飯は飛び上がる

    悟飯「ちょっと下見てきますね」ヒューン

    テスト生たち「…」

    唖然とする参加者たち

    悟飯「よっ」バキッ

    飛んでくる怪鳥を手刀で落としながら地面へ着地する。

    悟飯「物騒なところだなぁ。ん、ここが1階の入口かな?」

    ゴゴゴ

    重たい扉を押し開けて部屋に入る。

    41: ケイティ 2018/03/23(金)00:10:27 ID:5Pa

    リッポー「ダメダメダメー!失格にしちゃうよ!ボクはリッポー第三試験の試験官さ」

    悟飯「あちゃー、やっぱりダメですか…」

    リッポー「ちゃんと塔の中をクリアしてこそ合格だよ!ズルをしようとしたペナルティで一時間はここで待ってもらうよ」

    悟飯「はい、すみません。」ペコリ

    そして一時間後、悟飯は上へと戻って行った。

    42: ケイティ 2018/03/23(金)00:11:17 ID:5Pa

    悟飯が降りてから時間を遡ること10分

    レオリオ「くっそーどうすりゃいいんだ!」

    レオリオがイラついている

    キルア「しっ!それより気づいたか?人が減ってる…」

    キルアが指摘する

    ゴン「ほんとだ?どうしたんだろう?」

    首をかしげるゴン

    クラピカ「床に回転式の扉がある。そこから降りてるようだ」

    クラピカがわかったことを教えてくれる
    そこへゴンから声がかかる

    ゴン「みんなー!こっちへ来てよ!」

    あったのは下の階への扉が5つ

    43: ケイティ 2018/03/23(金)00:12:10 ID:5Pa

    クラピカ「悟飯、はまだ戻っていないか…仕方ない、我々だけでも進もう!悟飯はもう合格してしまってるかもしれないしな。それじゃぁみんな、また1階で!」

    そう言って覚悟を決めて4人は下へ降りた。

    「…」

    ゴン「みんな同じ部屋だったね」

    苦笑いが木霊する

    レオリオ「何々、多数決でクリアせよ?5人必要?あぁ、人数足んねぇーじゃねぇか!」

    ブウゥン

    モニターが点いて人の顔が映し出される

    リッポー「私はリッポー。この三次試験の試験官だよ。君たちにはいまから5人で多数決をしながら進んでもらう。5人来るまではそこから動けないってことだね」ニッヒッヒ

    半ば諦めモードで待つ4人

    44: ケイティ 2018/03/23(金)00:13:39 ID:5Pa

    ~50分後~

    コンコンッ

    天井を叩く音が聞こえてきた

    ガコ

    レオリオ「お、おめぇは!」

    ゴン「悟飯!」

    見知った4人から声をかけられて安心する悟飯

    悟飯「えっと、どういう状況でしょうか…」

    クラピカ「我々はここに閉じ込められていたんだ。5人揃わないと進めないという多数決ゲームのせいで、な」

    悟飯「え、開ければいいんですよね?」グィ

    鉄格子をひん曲げる悟飯

    「…」

    悟飯「あ、あの…?進まないんですか?」

    46: ケイティ 2018/03/23(金)00:14:38 ID:5Pa

    キルア「オレだってあれくらい出来るぜ…」

    口を尖らせるキルア

    クラピカ「とにかく念のため悟飯もこの○×スイッチを持っていてくれ」

    悟飯「あ、はい」

    そして進んでいく一向

    『右か左の道を選べ。右なら◯左ならば×を』

    ピピッ

    『右2、左3』

    クラピカ「なっ!こういうときは右にすべきだろう!」

    クラピカが焦って声を上げる。

    48: ケイティ 2018/03/23(金)00:16:32 ID:5Pa

    ゴン「なんで?」

    不思議そうなゴンにクラピカが説明をする

    クラピカ「人は迷ったとき自然と左を選んでしまうもの。だからこそこういうときは左に罠が仕掛けられてある可能性が高いということだ」

    キルア「そーいうこと」

    キルアがさも当然のように頷く

    レオリオ「じゃぁあれってか!?ゴンと悟飯とオレが馬鹿だって言いたいのか!?」

    ゴン「まぁまぁレオリオ」

    ゴンがなだめる

    悟飯「えっと、じゃぁ右に行けばいいんですよね?」グィ

    また鉄格子を曲げて右への通路を開く悟飯

    「…」

    このとき全員が多数決など不要だと悟った

    49: ケイティ 2018/03/23(金)00:17:34 ID:5Pa

    悟飯たち5人は開けた場所へと着いていた

    レオリオ「うへぇ、底見えねぇ…」

    下を覗き首を竦めるレオリオ

    底の見えない吹き抜けの50m四方の部屋の中央に、30m四方の闘技場の舞台のようなものが置かれている

    対岸に通路は見えるが、闘技場までの道と、闘技場から対岸までの道がない

    そして対岸にはフードを被った5人組が待っていた

    ベンドット「いまからお前たちには我々5人と1vs1の戦いをしてもらう!各自一度だけしか戦えない!順番は自由!ルールは単純明快!戦い方は自由で、引き分けなしの負けを認めた者の勝ちとする!3勝すれば君達の勝ちで次に進める!」

    フードを取ったスキンヘッドの男がそう高らかに宣言する

    ベンドット「そして!最初はこのオレだ!ルールはデスマッチを提案する!相談して誰が出るか決めるといい!」

    50: ケイティ 2018/03/23(金)00:18:27 ID:5Pa

    悟飯を囲んで5人は相談を始める

    レオリオ「あれはヤバそうだぜ…」

    明らかに出たくないオーラを出すレオリオ

    悟飯(そうかなぁ…普通の人に見えるけど…)

    ゴン「オレが行くよ!」

    ゴンが手を挙げる

    キルア「ゴン、たぶんあいつの方がお前より強いぜ」

    ゴン「大丈夫!スピードで引っ掻き回すよ」

    キルアの忠告にニッコリと笑って答えるゴン

    選手が決まったことで、中央の舞台へと道が繋がる

    ゴンと試練官のベンドットが中央で相、対する

    51: ケイティ 2018/03/23(金)00:19:13 ID:5Pa

    ベンドット「覚悟はいいか?」

    ゴン「うん!」

    その瞬間ゴンは縦横無尽に飛び回りベンドットの死角から蹴りを繰り出す

    ベンドットは避けながらゴンの蹴り出した足を掴もうとする

    幾度か繰り返した後、ゴンはついに捕まり床に叩きつけられる

    ゴン「ぐっ!」

    そしてゴンが目を開けた時にはベンドットの拳が目の前に止まっていた

    ベンドット「どうする?」

    ゴン「…まいった。勝てないや、ハハッ」

    負けて嬉しそうなゴンにベンドットはニンマリとし、手を離した

    『◯:0/×:1』

    52: ケイティ 2018/03/23(金)00:20:11 ID:5Pa

    クラピカ「ゴン、無事だったか?…次は私が行こう」

    クラピカが対岸を見据え、中央へ向かう

    試練官もフードを脱ぎ中央へやってきた

    セドカン「やぁ、ぼくは試練官のセドカン。ぼくからの提案はロウソクゲーム。先に燃え尽きた方が負け。短いものと長いものがあるから、どちらを取るかは君が決めていいよ」

    クラピカ(これは心理ゲーム!一見長い方が有利に見せかけて短い方がゆっくり燃える仕掛けになっている、と裏を読ませて長い方に仕掛けを…いや、これは考えすぎか…)

    クラピカ「長い方だ」

    セドカン「いいんだね?もう変えれないよ?」

    クラピカ「あぁ」

    そしてセドカンが長い方のロウソクを床に置こうとした瞬間

    53: ケイティ 2018/03/23(金)00:21:09 ID:5Pa

    クラピカ「待て!」

    クラピカが制止する

    セドカン「短い方にはもう変えれないよ?」

    クラピカ「いや、長い方でいいんだ。ただし、短い方も長い方も両方床に置いてもらう。もちろんいま手に持っている短いロウソクをそのまま床に置いてもらう。二人が見えている状態で火をつけよう。フェアなやり取りだ。問題はないだろう?」

    セドカンは焦る

    セドカン「いや、手に持ってやるのがルールなのさ」

    クラピカ「私の目から外れないと不都合なことでもあるのか?」

    セドカン「…」

    沈黙が流れる

    セドカン「ふぅ、…君の勝ちでいいよ。まいった」

    セドカンが負けを宣言して第2戦は終わった

    『◯:1/×:1』

    54: ケイティ 2018/03/23(金)00:21:53 ID:5Pa

    ゴン「ねぇ?どういうこと?」

    ゴンが早速尋ねてくる

    クラピカ「あぁ、あれはトリックさ。どちらを選ぼうと最初に見せていたロウソクは燃えやすいもので、私に目を離させた隙に燃えにくいロウソクとすり替えて勝つつもりだったんだろう」

    ゴン「それをクラピカが見破ったから負けを宣言したんだね!」

    ゴンは感心した風に頷く

    キルア「んじゃ、次はオレ行こうかな」

    キルアが背伸びをしながら手を挙げた

    対岸からはフードを被ったままの男がやってくる

    55: ケイティ 2018/03/23(金)00:22:53 ID:5Pa

    マジタニ「オレもデスマッチを提案する!命のやり取りをな…」

    キルア「ん、いいよ。けど本当にヤっちゃっていいの?」

    マジタニ(なんだこいつ…子供の癖にビビってないだと?いいさ、ビビらせてやる)

    フードを剥ぎ取った試練官マジタニ

    継ぎ接ぎだらけの肉体を見せつけ、挨拶代わりに床を砕く

    マジタニ「負けを認めるなら今のうちだぜ。お前を20人目として胸に刻んでやろうか。この旅団四天王のマジタニ様の手によって」

    キルア「いいからはじめようぜー」

    余裕綽々のキルア

    マジタニ「後悔しても知らんからな!」

    56: ケイティ 2018/03/23(金)00:23:22 ID:5Pa

    マジタニが動こうとした瞬間

    キルアはマジタニの顔を掴んでいた

    キルア「握り潰されたくなかったら負けを認めろよ」

    ギリギリギリ

    段々と力を込める

    マジタニ「わっ、わかった!認める!負けだぁ!」

    あっさりと負けを宣言して終わるマジタニ

    『◯:2/×:1』

    57: ケイティ 2018/03/23(金)00:24:12 ID:5Pa

    ベンドット「どうしたマジタニ?」

    戻ってきたマジタニにベンドットが声をかける

    マジタニ「あいつ…本当にオレの頭潰す気だった…。今回のやつらは本当にやべぇよ!」

    喚くマジタニに残りの試練官のうちの一人が声をかける

    ジョネス「問題ない…オレが出れば次に戦おうとするやつはいなくなる…」

    ベンドット「ば、解体屋ジョネス…」

    ジョネス「肉を…摘まんで終わりだ…」

    そう言って素手でコンクリートを潰しながら呟いた

    58: ケイティ 2018/03/23(金)00:25:12 ID:5Pa

    その頃反対側の悟飯たちは

    レオリオ「お前あんなに強かったのか!?」

    驚くレオリオにキルアが満足そうにニヤつく

    キルア「で?次はレオリオ行くの?」

    クラピカ「いや、ここは悟飯に行ってもらおう。デスマッチが主なゲームだ。ここでは悟飯の強さの方が勝ち目が高いだろう」

    クラピカの提案により次が悟飯に決まる

    59: ケイティ 2018/03/23(金)00:25:59 ID:5Pa

    悟飯が参戦を宣言すると、対岸の試練官がフードを取る

    レオリオ「悟飯!オレたちの負けでいい…あいつとは戦うな」

    悟飯「え?どうしたんですか?」

    レオリオが冷や汗を浮かべて悟飯を止める

    レオリオ「あいつは解体屋ジョネス。ザバン市犯罪史上最悪の大量殺人者だ…。素手で人を解体しやがった狂ったやつだ…」

    悟飯「大丈夫ですよレオリオさん」

    気軽に返事してひょいっと中央の舞台に降り立つ悟飯

    60: ケイティ 2018/03/23(金)00:26:52 ID:5Pa

    ジョネス「やっとシャバの肉が掴める…」

    悟飯「あのー、ルールは今回なんでしょうか?」

    ジョネス「ルールなどない…これから一方的な殺戮が始まるだけだ…」

    悟飯「えっと…まいった、って言った方が負けってことでいいんでしょうか?」

    ジョネス「あぁ、いいだろう」

    悟飯「よろしくお願いします」ペコリ

    悟飯が挨拶して頭を下げた瞬間

    レオリオ「逃げろ悟飯っ!!」

    がしっ

    ジョネスが悟飯の首を掴む

    61: ケイティ 2018/03/23(金)00:27:40 ID:5Pa

    掴む…

    悟飯「えーっと、始まってます?」

    悟飯はきょとんとして尋ねる

    ジョネスは必死に悟飯の首や腕を掴む

    掴む…

    ジョネス(ばらせないっ!)

    悟飯「あのー、あんまり時間かけるのも悪いので…失礼します」

    ドゴッ

    くの字の折れ曲がる程の衝撃を腹部に受け、ジョネスは床に倒れ付した

    (へ?)

    悟飯以外の全員が唖然とする

    悟飯「えーっと、ぼくの勝ち…でいいんでしょうか?」

    ベンドット「あ、あぁ…」

    意識のないジョネスに代わり、ベンドットが返事をする

    『◯:3/×:1』

    悟飯たちはゲームに勝ち、道を進む

    62: ケイティ 2018/03/23(金)00:28:17 ID:5Pa

    幾度となく多数決とそれによる試練を乗り越える

    巨大岩を悟飯が受け止め
    ◯×迷路の壁を悟飯が全て砕いて直進し
    地雷すごろくを悟飯が気弾で破壊して

    そして最後の扉の前へと辿り着いた

    『"最後の別れ道"長く困難な道は45分、短く簡単な道は3分。ただし、短い道は3人しか行けません。2人が壁の手錠に手をはめてからしか開きません』

    ゴン「まだ時間もあるし5人の道でいいんじゃない?」

    ゴンが提案する

    クラピカ「いや、ここは3分の道を選び、手錠にかかった二人を悟飯に外してもらうのがいいだろう。このトリックタワー、何が起こるかわからないからな」

    クラピカがゴンの提案を押さえて再提案する

    バゴッ

    そんな4人を他所に悟飯は3分の道の扉を、扉の枠ごと外していた

    悟飯「えっと、開きましたけど…」

    63: ケイティ 2018/03/23(金)00:29:22 ID:5Pa
    トリックタワーをクリアした悟飯たちは、塔の外で説明を受けていた

    リッポー「私が試験官のリッポー。三次試験合格おめでとう。次の四次試験は遠くに見えるあの島、ゼビル島で行われる。四次試験が終わればあとは最終試験のみ」

    ざわざわ

    リッポー「そう、あと2つ。でもまずは四次試験に集中してもらう。テスト生の皆さんにはここにあるクジを引いてもらう」

    テスト生たち(何を決めるんだ?)

    不安がるテスト生にリッポーは続ける

    リッポー「狩る者と狩られる者」ニヤリ

    箱に注目が集まる

    64: ケイティ 2018/03/23(金)00:29:59 ID:5Pa

    リッポー「この中にはいまいる君たちの番号が書かれた22枚のカードがある。それを引いてもらい、引いたものはそのカードに書かれた番号の札を手に入れる、というルールさ」

    そしてもう少し詳しく、とリッポーは条件を提示する

    ①自分の番号札は3点
    ②引いたカードの番号と同じ札も3点
    ③それ以外の番号札は1点
    合格の条件は6点以上持って1週間後に戻ってくること

    リッポー「じゃぁまずは三次試験の合格順から…」

    リッポーの合図と共にテスト生たちが順に引いていく

    リッポー「それじゃぁゼビル島に着くまではごゆっくり」

    テスト生たちはお互いの番号札がばれないように隠し合い、ただならぬ沈黙で包まれていた

    65: ケイティ 2018/03/23(金)00:30:53 ID:5Pa

    ゼビル島へ到着した悟飯たち

    女性「それでは三次試験合格順に船から降りて島へ入って頂きます!次の人は2分後に、という流れでいきます!」

    案内役の女性から声がかかり、四次試験がスタート

    全員が降りてしばらく経ったのち、悟飯だけは海岸に残って考え込んでいた

    悟飯「うーん、言われたルールだと必ず半分は不合格になってしまう。しかも1点の番号札をとる人がいれば尚更…」

    悟飯はあまり良い気持ちではなかった

    せっかく協力してここまで一緒に来た仲間を、番号札を奪うという行為で蹴落とすことに納得がいかなかった

    悟飯「やっぱり正々堂々と戦うのがいいと思う!ピッコロさんならきっとそうする!」

    決意を固めた悟飯は気を入れる

    悟飯(ボク以外の21人の場所は…よし!把握した!)

    ドヒュン

    勢いよく砂地から飛び上がり上空へと消えていった

    66: ケイティ 2018/03/23(金)00:31:18 ID:5Pa

    悟飯「ゴンさん、キルアさん、レオリオさん、クラピカさん…ごめんなさい。あとで海岸に来てくださいね」

    いきなり現れたかと思うと、謝罪を述べたあと一瞬でゴンたちの間をすり抜ける悟飯

    手には4人の番号札が握られていた

    レオリオ「え、それはオレたちの…」

    レオリオが言わんとする前に悟飯はまた空へと舞い上がって行った

    67: ケイティ 2018/03/23(金)00:32:10 ID:5Pa

    ~3時間後~

    ザシャ

    最後の一人が海岸線に現れる

    悟飯「これで22人揃いましたね!」

    テスト生「てめぇぶっとばすぞぉ!!」

    キレる参加者を止めるものはいない

    それでも悟飯は続ける

    悟飯「すみません。でもなんか違うって思ったんです。ルールは変えられなくても、最大限良い方法にしようって」

    悟飯の真摯な言葉に参加者たちは少し落ち着いて話を聞く

    悟飯「今から皆さんには、3点の相手の方と戦って頂きます。勝った人には本人の番号札と負けた人の分の番号札をお渡しします」

    68: ケイティ 2018/03/23(金)00:32:57 ID:5Pa

    テスト生「正々堂々と正面から戦わせるつもりか」

    大男がニヤリと笑う

    悟飯「もちろん殺しなしで、海岸に引いたこの線を越えるかまいったと言った方が負けとします」

    テスト生「んで?お前のルールに従わなきゃいけない理由とメリットは?」

    バカにしたように悟飯を見下ろす

    悟飯「やってもらえなかった場合は、集めた番号札を遠くの海に捨ててきます。やった場合は、最大人数の11人が最終試験に残れます」

    言い切る悟飯

    69: ケイティ 2018/03/23(金)00:33:46 ID:5Pa

    テスト生「拒否権もねぇ、ってことだな。じゃぁいっちょやるかぁ」

    そして参加者たちの1vs1が始まる

    そのとき

    (…は…!…はん!)

    ザザッ

    悟飯の頭のなかで何かが聞こえてくる

    (お…!ごは…!)

    だんだんとクリアなる声

    *******************************************

    悟空「お、悟飯起きたか!」

    悟飯「父さん…?」

    70: ケイティ 2018/03/23(金)00:34:46 ID:5Pa

    悟空「どうした寝ぼけて。チチのやつが朝ごはんに魚取ってきてくれってよ」

    悟飯「ボクはいま…夢…?」

    悟空「でぇじょうぶか?しっかりしてくれねぇーとオラも安心してハンター試験戻れねぇぞ」

    悟飯(…!そうか!昨日父さんからハンター試験の話を聞いて…!一番金銭的に辛かったセルゲームあとの頃の自分イメージして、夢の中でハンター試験受けちゃってたんだ…)

    悟空「お、でぇじょうぶそうだな」

    瞳に精気の戻ってきた悟飯を見て安心する悟空

    悟空「じゃぁまだ四次試験の途中だからゼビル島っちゅう島に戻ってくっぞ」

    そう言って悟空は瞬間移動して行った

    ~おわり~

    72: ケイティ 2018/03/23(金)00:37:45 ID:5Pa
    皆さん読んで頂きありがとうございました。
    夢オチです。
    別スレ(そちらが本編)の「悟空とべジータのハンター試験?」にて、悟空が四次試験の途中に家に帰ってきます。
    そこで悟飯に面白おかしくハンター試験のことを話したので、その夜に悟飯がハンター試験を受ける夢を見ました。
    ちょっとストーリーが違うのは、悟飯が自分だったらこうする、と思っていたからだと思います。

    長くなりましたが、読んで頂き本当にありがとうございます。

    83: 名無しさん@おーぷん 2018/03/23(金)02:38:41 ID:7s2
    ここではご飯は少年期、
    あっちでは青年期でok?

    85: ケイティ 2018/03/23(金)12:05:12 ID:5Pa
    >>82
    仰る通り、こちらは少年悟飯で合ってます。
    セルを倒したときの11歳です。

    あちらの本編はブウの後なので大人の悟飯です。
    本編の大人の悟飯が、夢で少年の頃に戻ってるだけです。

    84: 名無しさん@おーぷん 2018/03/23(金)05:10:22 ID:e8z
    平行世界ですか?

    86: ケイティ 2018/03/23(金)12:06:43 ID:5Pa
    >>84
    平行世界という難しいものではなく
    単純に悟飯の夢の世界です
    (作者そんなに難しいこと考えられないので…)

    べジータの天空闘技場攻略へつづく



    引用元: 悟飯のハンター試験?

    関連記事

    コメント

    1. 以下、SS宝庫がry-

      本編(あっち)は …時間的に夜辺りだな

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (327)
    男女 (26)
    幼馴染 (7)
    兄妹 (12)
    父母・夫婦・子供・家族 (7)
    俺・友・○○女・職業等 (83)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (48)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (33)
    擬人化・人外・動物・ロボット (25)
    著名人 (12)
    ブーン系 (8)
    おんJ・なんJ (66)
    アイドルマスター (307)
    シンデレラガールズ (198)
    ミリオンライブ (50)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    Angel beats! (2)
    ガヴリールドロップアウト (22)
    ガールズ&パンツァー (29)
    仮面ライダー (1)
    からかい上手の高木さん (7)
    艦隊これくしょん (61)
    機動戦士ガンダム (11)
    キノの旅 (3)
    月刊少女野崎くん (11)
    けものフレンズ (8)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    この素晴らしい世界に祝福を! (1)
    ご注文はうさぎですか?? (3)
    サザエさん (3)
    STEINS;GATE (2)
    少女終末旅行 (3)
    進撃の巨人 (3)
    新世紀エヴァンゲリオン (4)
    スクールガールストライカーズ (1)
    生徒会役員共 (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダンガンロンパ (3)
    ちびまる子ちゃん (3)
    とある魔術の禁書目録 (3)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (17)
    ドラえもん (1)
    NARUTO-ナルト- (2)
    NEW GAME! (3)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (1)
    HUNTER×HUNTER (2)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (10)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (11)
    ペルソナ (2)
    ポケットモンスター (24)
    魔法少女まどか☆マギカ (3)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (1)
    名探偵コナン (6)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (7)
    遊戯王 (6)
    結城友奈は勇者である (24)
    ゆるゆり (6)
    ラブライブ (29)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (6)
    ワンピース (4)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (2)
    ゲーム (5)
    その他 (14)
    みたいなのどうよ (2)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (13)
    コードギアス (2)
    このはな綺譚 (1)
    ソードアート・オンライン (1)
    咲-Saki- (1)
    笑うセールスマン (1)
    ジョジョの奇妙な冒険 (2)
    スロウスタート (1)
    かぐや様は告らせたい (6)
    ウルトラマン (1)
    きんいろモザイク (1)
    SKET DANCE (2)
    BLACK CAT (2)
    フレームアームズ・ガール (2)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    彼岸島 (1)
    ポプテピピック (2)
    姉妹・女女・百合 (5)
    相棒 (4)
    姉弟 (1)
    犬夜叉 (1)
    ローゼンメイデン (2)
    男男・兄弟・友・男の娘 (2)
    クレヨンしんちゃん (1)
    ゆるキャン△ (1)
    グランブルファンタジー (1)
    けいおん! (1)
    カイジ (2)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    孤独のグルメ (2)
    ジブリ (1)

    3D球体タグクラウド

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QR

    スポンサードリンク