FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    上司「電卓でなんか発明しろ」彡(゚)(゚)「おかのした」

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/17(木)22:23:21 ID:90T

    CPHQ26R.jpg
    lBl1foN.jpg



    マミ「佐倉杏子が仲間になった」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/04(水) 00:11:03.38 ID:8ydSLpKx0

    マミ「ティロ・フィナーレ!!」

    ギィヤアアアアアア――

    マミ「ふぅ……、今日だけで2体目よ。いったいどうなってるのかしら」

    QB「ベテランの魔法少女でも、一日で2体の魔獣は流石に辛かったかな?」

    マミ「別にそんなことはないわ。ただ少し疲れただけよ」

    QB「そうかい? それなら安心だ」

    QB「でも、無理は禁物だ。またいつ魔獣が現れるか分からないんだから、
       今日は帰ってゆっくりと休むといいよ」

    マミ「ええ、言われなくてもそうするわ。またね、QB」


    女戦士「俺とパーティーを組んでくれないか?」

    2: バシルーラ 2013/05/12(日) 01:21:28.46 ID:oXzf2oOD0

    僧侶「またパーティーをおいだされてしまった。」

    僧侶「ホイミしか使えない僕じゃあんな強いパーティーにいさせてもらえるわけないか。」

    僧侶「………。またホイミ屋でもするか。」

    僧侶「回復しますよー、一回5Gです。回復しまーす」



    モバP「アイドルに告白をされたなら」

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/28(月) 03:54:34.89 ID:s9llXaDro

    アイドルがPに愛の告白をしたらきっとこんな感じ…っていうSSをオムニバスで書いていこうかなって思ってます
    まずはサンプルに1人投下してみるので気になったら安価参加してくれると嬉しいです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398624874


    相模「それでは文化祭の定例ミーティングを始めます」

    1: ◆0NaiNtVZPPaZ 2014/05/04(日) 22:48:36.28 ID:CrnAKYrF0

    八幡(何度目かの文化祭実行委員のミーティング)

    八幡(相模が奉仕部に依頼に来たり、雪ノ下が副委員長に決まったりと色々あって)

    八幡(頼りない相模が主導のミーティングが始まると思っていたのだが……)

    相模「ではまず宣伝広報、よろしくお願いします」

    モブ子「は、はい。こっちは──」

    八幡(あれ、おかしくね?なんか、あいつがすごく仕事のできるやつに見えるんだが……)

    相模「そうですか。ポスター作成については最悪当日にさえ間に合えば問題はないので、掲示物の作成と掲示箇所の交渉、それにHPの作成を優先して終わらせてください」

    モブ子「わ、分かりました」

    雪乃「…………」ポカン

    八幡(おいおい、あの雪ノ下が驚きのあまりフリーズしてるぞ……)

    相模「では次に──」

    モブ男「はい、こちらは──」

    相模「なるほど、では──」

    八幡(すごい、なんだあれ)

    八幡(返されてから答えるまでがスムーズすぎる。まるでどう返されるか知ってるみたいだ)

    八幡(雪ノ下並の判断速度だ……陽乃さんでも乗り移ってんのか?)

    相模「では、これでミーティングを終わりたいと思います。なにか伝えておくことがある人はいますか?」

    皆「……」シーン

    相模「無いようなので今日はこれまでにします。みなさん、明日からもお願いします」

    八幡(考えごとしてる間に会議終わっちゃったよ……)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399211316


    上条さんと黒子のいちゃいちゃSS

    144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/10(木) 02:00:28.66 ID:I2IUGdae0

    黒子「・・・本気で言ってますの?」

    上条「ああ、そうするしか他にない・・・!」

    黒子「でも、それではあなたが・・・」

    上条「いいんだ、お前だってこのままは嫌だろ?」

    黒子「ですが私は・・・」

    上条「俺がそうしたいんだ・・・お前とちゃんと結ばれるために・・・!」

    黒子「上条さん・・・」

    上条「今まで、お前の優しさに免じてこの関係を続けてきたが・・・もう耐えられない・・・!」

    黒子「わかりましたわ。上条さんがそこまで言うのでしたら私も止めるわけには参りませんもの」

    黒子「たとえどんな結末になろうとも、私は最後まであなたの味方ですわ」

    上条「ありがとう、黒子・・・それじゃあ・・・」


    上条「今から御坂を振ってくる」


    時は夏休みまで遡る。



    海未「キミにwww飛んでけwwwスキスキぷわぷわwww」

    1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 02:25:38.08 ID:l83j3B4U.net

    希「スキスキwww」

    凛「ぷわぷわwww」

    希「スキスキwww」

    凛「ぷわぷわしちゃおうwww」

    海未「wwwwwwwww」

    凛「ぷわぷわしちゃおうwww」

    希「やめwww繰り返すなwww」

    凛「……………」

    凛「ぷわぷわしちゃおうwww」

    希「時間差wwwww」

    海未「クッソwwwww」