FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    【艦これ】暁が如く【極道】

    1: ベルトコンベア ◆EwTy/47GRIPz 2018/04/03(火) 20:34:03.21 ID:O3FvFc3V0


    時は2XXX年。

    日本は極道の嵐に包まれた……――。



    街は派手なスーツ姿のパンチパーマの男で溢れかえり、怒声が聞こえない日はない……。


    大人の男たちは少しでもいい組に入るのがステータスとなり、妻がそれを自慢する。


    子供たちは口をそろえて言う。「将来は、あの組に入るんだ」……と。





    そんな中でも必死に商売をする者たちもいる。


    しかし、彼らの多くはショバ代やみかじめ料の支払いに苦しめられていた……――。






    ―――とある商店街


    ドンガラガッシャーン‼


    団子屋の娘「――きゃあっ!!」ドサッ


    団子屋の店主「お、おいっ、大丈夫かっ!」


    モブ田組A「おうおうおうおう……。まーだこんな店やってるんか……」


    店主「あ、あんたっ! 急に何してくれるんだ!」


    モブ田B「あぁんっ!? おうおう、アニキにどんな口きいてやがるんだテメー」ガシッ


    店主「ひ、ひぃっ!」


    モブ田A「まぁまぁ。――俺たちはモブ田組のもんだ。おう、旦那さん。みかじめ料払ってくれや」


    店主「ま、待ってくれっ! 私たちはモブ林組に払ってるんだ! 話ならそっちと付けてくれないか!」


    モブ田A「あぁ? そんなの知らねぇわ、両方に払えばいいじゃねぇか。月五万でいいからよ……。なぁ、旦那さん」


    店主「そんな……無茶苦茶だ!」


    モブ田B「あぁんっ!? アニキっ! やっちまいますか」


    モブ田A「まぁ落ち着けや。……娘さん、えらい美人さんだなぁ?」ジュルリ


    娘「ひぃっ」


    店主「――ッ! む、娘には手を出さないでください!」


    モブ田A「じゃあ払えよ。そんぐらいあんだろ?」


    店主「ちょ、ちょっと待ってください……」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522755242


    八幡「俺と小町の短編集」

    1: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/30(水) 22:16:35.30 ID:lgEo3Hx+O

    ~ゲーム~

    八幡「...」ペラ

    小町「...」ピコピコ

    八幡「...」ペラ

    小町(やっぱ一人でやってもつまんないな~)

    小町「ね~お兄ちゃ~ん、一緒にゲームしようよ~」

    八幡「んー、ちょっと待て、もう少しで終わる」

    小町「それさっきも言ってたよ~」

    八幡「いや、ホントに。あと1ページだから」ペラ

    小町「ぶ~...」

    八幡「...」

    小町「...」ピコピコ

    小町(ちぇ...お兄ちゃん、実は小町と遊ぶより、本読んでた方がいいんでしょ)

    八幡「...っし、オーケー。小町、一緒にやろ---」

    小町「もういいもん」

    八幡「え...」

    小町「小町、一人でやるから」

    八幡「そ...そっか。じゃあ俺、部屋に戻ってるから...」

    小町「...」

    八幡「...」ガチャ バタン

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451481395


    モバマスP「アイドルたちのアプローチを回避し続けた結果」

    1: ◆cad9vEEdTSaN 2016/11/27(日) 11:33:26.62 ID:1gy56OCBO

    P「プロデューサーとアイドルの恋愛はご法度」

    P「みんな魅了的で可愛い女の子だけど、手を出すわけにはいかない」

    P「みんながトップアイドルになるまで、そういった事は考えられない……って言ってたら」



    凛「ずっと、一緒だよ。今までも……これからも」 ランクs

    卯月「えへへ……大好きな人と一緒に、これからずっと歩いていける……頰が、ニヤけちゃいますっ」ランクs

    みりあ「フリフリを着て、ダンスもして……次は、真っ白なドレスが着たいなー♪」ランクs

    アナスタシア「プロデューサー。今度一緒にロシア……お家に、帰りましょう。グランマが、挨拶したいです」ランクs

    加蓮「Pさんは、あたしの夢……なんでも、叶えちゃうんだね」ランクs

    志希「んー……研究対象の匂いにすっかり夢中、アタシったらすっかりキミ中毒♪ 共依存までまっしぐらー♪」ランクs

    楓「プロデューサー。私、今夜はシェリーが飲みたいです……なんて♪」ランクs



    P「あわわわわわわわわわわわ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480214006


    紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 21:45:50.63 ID:cfwrUvNP0


    紅莉栖「ハロー……あー暑い」

    紅莉栖「あれ……誰もいないの?」

    紅莉栖「って、誰もいないのに鍵かけてないじゃない。 岡部ね」

    紅莉栖「あー、ほんと暑い……」パタパタ

    紅莉栖「……」

    紅莉栖「……」

    紅莉栖(岡部、今どこ……と)スッスッ


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437828340


    DIO「961PRO...貴様はこのDIOを怒らせた」【第四部】

    1: 5409 ◆9G12fmecqU 2014/05/16(金) 21:24:24.17 ID:jV0fW3ij0

    このssは

    DIO「これが765の爆発力、あなどれんッ!」【第三部】

    の続きになります

    よろしくどぅぇぇぇす

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400243054


    ナナリー「フレイヤ、ぅてーっ!!!!」カチッ シュナイゼル「oh…」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 17:14:23.16 ID:5l+28mLE0

    天空要塞ダモクレス内

    ナナリー「私が……罪を背負います」

    シュナイゼル「ナナリー……いいのかい?」

    ナナリー「はい。私は戦うことも守ることもできません」

    ナナリー「ですが……お兄様を……とめたい……」

    シュナイゼル「わかった。では、フレイヤの鍵を預けよう」スッ

    ナナリー「ありがとうございます」

    シュナイゼル「では、私が合図をし―――」

    ナナリー「フレイヤ、発射!!!」カチッ

    シュナイゼル「……まだ、撃つときじゃないよ?」

    ナナリー「そうなのですか?」


    P「俺辞めて良いですか?」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 02:03:35 ID:mvDiJVAs

    律子「随分いきなりですね」

    P「だってここのところ美味しいもの食べてなくてさ……ほら、俺さゲッソリしてるでしょ?」

    律子「それはおかしいですよ。お給料貰ってるでしょ」

    P「……じゃあ愚痴でも零そうかな」

    律子「寧ろそのための今日でしょプロデューサー」

    P「ここがたるき亭じゃなくて良かった」


    モバP「ご褒美ボックス?」

    1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/07(火) 22:37:08.40 ID:Prp/VVm+o


     ――事務所、朝

    P「なんですか、それ?」

    ちひろ「その名の通りですよ。アイドルの子たちにご褒美を与えるためのボックスです」

    P「いやまあ……よくある抽選箱にマジックでそう書かれていたらわかりますけど。訊きたいのはそっちじゃないです」

    ちひろ「一生懸命仕事をしたアイドルにご褒美も与えたくないだなんてプロデューサーさんのおに、あくまっ」キラキラ

    P(立場が変わってるからって嬉しそうに……)

    P「違いますよ。単にご褒美ってだけなら普通に訊いたらどうなんです。抽選箱だったら希望もくそもないんじゃ?」

    ちひろ「それだと面白くな……こほん。それだと私が面白く無いからです」ニコ

    P(言い直して悪化した――!?)

    ちひろ「まあ、プロデューサーさんは普段からそういうのはしてますし、被るのもどうかと思いまして。一種の余興みたいなものです」

    P「……それって結局損するのアイドルですよね?」

    ちひろ「やだな、プロデューサーさん。アイドルの新たな一面を見つけて伸ばすのもプロデューサーの役目ですよ!」

    P「よくもまあいけしゃあしゃあと……」

    ちひろ「プロデューサーさんって結構辛口ですよね」

    P「お互い様です」

    ちひろ「相思相愛?」

    P「アイドル達への思いならそうですけど。……それで、もう中身は入ってるんですか?」

    ちひろ「勿論入ってますよ。アイドルの子はたくさんいるのでまだ少数ですけど」ユサユサ

    P「全員分があった方が驚きですよ」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389101828


    許嫁「私が幸せな理由」

    1: ◆AYcToR0oTg 2015/01/02(金) 20:31:41.71 ID:GQKtbZc30


    許嫁「深呼吸……深呼吸です」

    許嫁「大丈夫、寝ている男子を起こすことくらい、漫画によくいる幼馴染なら誰でもやっています」

    許嫁「結婚の約束までしている私なら、ちょちょいのちょいです。そうに決まっています」

    許嫁「では失礼して……おじゃましまーす」

    男「zzz」

    許嫁「ぐっすり寝てますね。ふふ、かわいらしい寝顔です」

    男「むにゃ……いいな、ずけ」

    許嫁「っ」

    許嫁「びっくりしました……起きてはいませんよね」

    男「でか……いな」

    許嫁「何がでしょう。背は低いですし……や、やはりこの胸でしょうか」

    許嫁「男さんに喜ばれるんでしたら……母に言われ、早寝早起きを徹底した努力が報われましたね」

    男「お尻……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420198301