FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    スモーカー「ズボンがアイス食っちまった」幼女「アイス食べてしまったんですか!?」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/05(日) 01:33:58.21 ID:I8M4JstJo

    幼女「三段アイスだーっ!」タタタッ

    父「おいおい、走るとおっことしちゃうぞ」

    幼女「あっ」ドンッ

    ベチャッ

    幼女「あ……アイス……」

    スモーカー「……」

    スモーカー「わりィな、おれのズボンがアイス食っちまった。次ァ五段を買うといい」チャリンッ

    幼女「アイス食べてしまったんですか!?」

    スモーカー「!?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509813237


    彡(^)(^)「おんJで女叩きするの楽しいンゴねえ!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/07(土)23:00:59 ID:MGJ

    彡(^)(^)「これだからまんさんは低脳…っと」カタカタ

    彡(^)(^)「やっぱりま~んは性格悪い!…っと」カタカタ

    彡(^)(^)「ふふふ…いつもワイのこと無視する恨みや…」

    彡(゚)(゚)「あっ。もうこんな時間か…寝なきゃ…」

    彡(゚)(゚)「明日も仕事か…」

    彡(゚)(゚)「…嫌やな」


    モバP「アイドルにセクハラをします」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/09(火) 21:35:31.42 ID:i/aqozgWo

    ちひろ「はぁ……」

    P「ええ、やってやりますよ」キリッ

    ちひろ「そうですか」

    P「えっ」







    P「あ、あの――」

    ちひろ「あっ、プロデューサーさん」

    P「は、はいっ」

    ちひろ「事務所の外では気をつけてくださいね」

    P「えぇ……普通こんな宣言されたら止めません?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470746131


    まほ「アンツィオ高校、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」

    1: ◆t8EBwAYVrY 2016/07/14(木) 18:57:47.02 ID:M9I+NPXM0


     ―黒森峰女学園・食堂―


    まほ「思うのだが」

    エリカ「いえ、けっこうです」モグモグ

    まほ「何も言っていないだろう。聞いてくれ」

    エリカ「隊長、最近ご自分が周囲からどう見られているかご存じですか?」

    まほ「西住流後継者、黒森峰の鬼隊長、泥まみれの虎、みほのお姉ちゃん」

    エリカ「ポンコツまぽりんとあざ笑われているのですよ。威厳のある格好いい隊長のイメージが崩れているのです」

    まほ「ふふん」

    エリカ「なんで得意げなんですか!もっとシャンとしてください!」

    まほ「・・・」シュン

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468490266


    秋雲「もう一度だけ子供に戻らせて」

    14: ◆DRWAQA1PyQ 2017/07/25(火) 00:16:46.05 ID:IoR8Tqv60

    固い絆は消えないないモノだと思ってた。血のつながりは色あせないモノだと信じてた。

    そうじゃなかった。何年も隣にいたんだとしても、実の姉妹だろうとしても、あの日のようには交われない。

    いや、あの時の関係は何も変わってない。人が変わったんだ。

    お互い離れていた時間。その間に、あの人は大切なものをたくさん見つけて、わたしはスカすようになった。

    たったそれだけ。でも、たったそれだけで、わたしはあの人と昔のように話すことが出来なくなったんだ。



    風雲「なに気取ってんの。どうせまた陽炎さんのこと避けてきただけでしょ?」

    秋雲「さ、避けてなんかないって。間が悪くて、同じ班の人と話してたし」

    風雲「……艦娘なる前からの姉妹なんでしょ? どーんと行っちゃいなさいよ」

    秋雲「いや、だって、向こうも都合あるし、タイミング見なきゃ」

    風雲「艦娘やってればダラダラしてるときなんて無いわよ。いいから当たってきなさいって」

    秋雲「上手くいく目処が立たないの。それなんなのに突っ込むのはちょっと」

    風雲「馬鹿馬鹿しい? 間抜け?」

    秋雲「うん。そうじゃない?」

    風雲「……今のは聞かなかったことにするから。どうにかしなさいよ」

    秋雲「あ、風雲待って……って、行っちゃったかー」

      「何か不味いこと言っちゃってたのかな? だめだわ、心当たりも浮かばない」

      「んー、んー、んー。」

    (衝突)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497762175


    勇者「すごい美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2012/06/02(土) 23:30:23.40 ID:wE0THqOzo

    傭兵登録所

    受付「え?」

    勇者「ですから、魔王を倒すためにすごく美人で有能な僧侶と魔法使いをお願いします」

    受付「あの……魔王を倒すのにすごく美人なのは関係あるんですか?」

    勇者「あります」

    受付「どのような?」

    勇者「僕のヤル気が上がりますよね?じゃあ、魔王を倒す可能性もあがります」

    受付「……」

    勇者「この際、すごく美人な僧侶と魔法使いでも構いません」

    受付「ちょっと待っていてください」

    勇者「はっ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1338647423(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)