FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    義妹「お兄さん、今日のご飯は何ですか?」兄「何にしようか」

    5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 14:25:56.40 ID:wgLqs4pT0

    兄「ん、ご飯は炊いたし、卵……あ、野菜が切れかけだな」ガチャッ

    義妹「無理しなくてもいいですよ……パンでもいいですし」

    兄「家族なんだから遠慮しなくていい、気を使わないでもいいの」

    義妹「……はい」ニコッ

    兄(最近結婚したうちの両親は、基本家にいない)
    兄(毎月必要な分の金を置いてくれるし、俺のバイト代もそこそこあるが)
    兄(義妹が急な病気や事故にあった時のため、無駄使いはしない事にしている)
    兄(決して俺はシスコンではない)
    兄(うちでは俺が料理担当だ。一人の時間が多かったから、そこそこ出来る)
    兄(義妹は俺にはもったいないくらいの良い子で、主に掃除洗濯を手伝ってくれる)
    兄「よし、決めた」
    兄(まず、鶏肉に胡椒をし、袋に入れる)
    兄(料理酒、少しの砂糖を加え、よく揉みこんで放置)

    義妹「何か手伝う事はありますか?」

    兄「今は無いかな、ありがと」

    ピンポーン

    兄「悪い、出てくれるか?」

    義妹「はい」ガチャ

    友「夕方に失礼します、兄は居ますか?」スマイル

    兄「友か、どーした?」

    友「野菜のおすそ分けに来ました」ニコッ

    兄「おー!切れかけだったんだ、助かるわ!」

    友「いえいえ、それでは」ペコリ

    兄「おう、またなー」

    兄(友は紳士を絵に描いたような奴だが、畑を借りて野菜を育てている)
    兄(高校ではそのギャップがたまらんと、モテまくっている)

    兄(噂ではバレンタインにクラス一個分の女子からチョコを貰ったとか)
    兄(……そろそろいいか、小さなフライパンに油をひいて)
    兄(鶏肉、それに玉ねぎを炒める)ジュウゥゥ
    兄(ある程度火が通ったら、さっきの調味液、それに醤油を加えてひと煮立ちさせ)
    兄(最後に溶き卵を加え、蓋をする)

    兄「もう出来るわー」

    義妹「はい」

    兄(それをご飯によそい、青ネギを少し散らす)
    兄(三つ葉が欲しい所だが、生憎とそんなものはない)

    兄「今日は親子丼です(材料費 160円ほど)」コトッ

    義妹「おいしそう……いただきます」ペコッ

    兄「いただきます」

    義妹「おいしい……鶏肉が柔らかい」モグモグ

    兄「我ながら卵の火の通しが最高だなー」ガツガツ

    義妹「お兄さんは、コックさんにならないのですか?」

    兄「俺はそーゆーの向いてなくてな」

    兄(そう、俺は自炊は出来ても料理が出来ない)
    兄(父が忙しく、一人でいる事が多かったせいか、自然と飯は自分で作っていた)
    兄(材料が少ない親子丼や唐翌揚げは出来ても、ハンバーグは作れない」
    兄(義妹のためにもっと覚えないとなー……)

    兄「ごちそう様、風呂入ってくる」

    義妹「はい」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396412184


    兄「不良の妹をぶったらデレた」

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)01:42:00 ID:Pcd2kzePW

    ガチャン

    不良妹「ケッ……あのセンコーまじだりーわ」スタスタ

    兄「むっ、なんだ妹!学校に言ったんじゃないのか?」

    不良妹「あ?テメーには関係ねーだろが」

    兄「か、関係ないってお前なぁ……!」

    不良妹「……」ゴソゴソ

    兄「おい、今日という今日は徹底的に……」

    不良妹「あーうぜー……学費払ってるからって親ヅラしてんじゃねーよ」トントン

    兄「おっ、お前には感謝の気持ちというものが……」

    不良妹「はぁ……」カチッ

    兄「」ブチッ

    兄「タバコなんて吸うなぁ~~~っ!」バシンッ

    妹「えっ……」

    兄「あっ」


    男「はぁ……俺と妹が勇者ですか……」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 02:05:50.69 ID:LJ4BJzZb0

    男「zzz……」

    妹「……起きて」ユサユサ

    男「zzz……」

    妹「起きて、お兄ちゃん……」ユサユサ

    男「ん……今起きる……先に下降りてて……」

    妹「今起きて」

    男「ん……なんだよもう……」

    男「……おはよう」

    妹「おはよう」

    男「……どこだここ」


    【5:30】妹「お兄ちゃん……」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/01/14(水) 17:40:50.51 ID:u3Aj+Y9O0


    ……。
    …………。
    ………………。

    あの日は初夏を感じさせるような、
    暑い日差しが降り注ぐ、雲一つない快晴な一日だった。

    さらにその上、
    心地よいと感じるほどの涼しい風が吹いていて、
    絶好の外出日和と言って間違いなかったんだ。

    俺「今日はピクニックだーーーー!!ヤッフー!!」

    久しぶりの家族一緒の外出に、
    小学生の高学年とは思えないほど、はしゃいでいたっけ。

    あの頃の両親も、共働きで家にいることが多くなく、
    みんなで集まって外出する日は一年で数回。
    少しはしゃいでしまったのは仕方ない……。

    前日、興奮して眠れなかったのは、
    かなり恥ずかしい記憶だけどね…。