FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    アクア「ひとりぼっち」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/17(水) 21:31:46.93 ID:X5ggoiQ40
    このすば17巻までの内容を含みます


    「アクア様がいなくなってる…!?」

    「そうなんだよ、気づいたらいなくてさ」

    「…別に奴が1人で勝手にいなくなるのはいつものことだろう?勢揃いで店に押し寄せるほどのことではあるまい」

    「いつもどこかにいく時は私たちに一言入れるように言ってありますし、今までちゃんとそれを守ってきてたのですが、今回、私たちには何も言わずにいなくなってしまったのです」

    「それで少し心配になって街中を探してみたのだが見当たらなくてな…バニルとウィズにもどこにいるか聞いておきたくてこうして3人できた」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1592397106

    ゆんゆん「え!?私メインの小ネタ集!?」めぐみん「なっ!?」

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2017/05/31(水) 02:47:37.09 ID:XxZKGPHl0
    ①めぐみん「その……ついにカズマと……しちゃいました」ゆんゆん「え!!?」


    ゆんゆん「そ、そそそそそそうなんだ」

    めぐみん「そんなに顔を赤くしないでください!こっちが恥ずかしくなるじゃないですか!」

    ゆんゆん「そ、そうだよね」

    めぐみん「……」

    ゆんゆん「……」


    ゆんゆん「そ、その……どんな感じだったの?」

    めぐみん「それを聞きますか……」

    ゆんゆん「だって気になるし……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496166456

    めぐみん「暇ですね」ゆんゆん「じゃあ短篇集するわよ!めぐみん!」

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2017/05/27(土) 22:59:24.83 ID:9SuV7Hv10
    ①ゆんゆん「勝負よ!めぐみん!」めぐみん「いいでしょう!正々堂々勝負しましょう!」


    ゆんゆん「じゃんけんで勝負よ!」

    めぐみん「ほぅ」

    ゆんゆん「じゃんけんなら運勝負!卑怯な手を使うめぐみんと言えど100%勝つなんて無理なはずよ」

    めぐみん「ふむ、わかりました。でも普通のじゃんけん勝負では面白くないので心理戦と行きましょう」

    ゆんゆん「心理戦?」


    めぐみん「私はチョキを出します」

    ゆんゆん「え?」

    めぐみん「だから私はチョキを出すと言ったのです」

    ゆんゆん「じゃあ、私はグーを出すわ!」

    めぐみん「ゆんゆん、本当にグーを出しますか?」

    ゆんゆん「めぐみんこそ、本当にチョキを出すの!?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495893564

    カズマ「風邪をひいただとっ!?」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/24(水)23:18:53 ID:SEC

    ~冬の討伐帰り~

    カズマ「うぅ~、寒ぃ~っ!!」ブルブル

    アクア「情けないわね。こんな寒さ、根性で耐えなさいよ、根性で」ホカホカ

    カズマ「って、言いつつお前はなに、自分の体にカイロ貼り付けてんだよ!?」

    アクア「カイロじゃなくて、ホットシートって言って、貼ると温かくなる魔道具よ」ホカホカ

    カズマ「仕組みはカイロと一緒じゃねぇか。とりあえず、それよこせ!!」グイッ

    アクア「嫌よ」ググッ

    カズマ「よこせーーー!!」グイグイ

    アクア「いーやーー!!」ググッ

    ダクネス「こらこら、喧嘩はやめないか」

    めぐみん「まったく、内容が内容で、くだらないですね」


    もう一つの、この素晴らしい世界に祝福を!

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)18:41:20 ID:7s6

    この物語は本編のこのすばと少し違ったストーリーで進みます。また、省かれる部分もあります。

    プロローグ『佐藤和真、その死』

    カズマ「ハッ!?」

    医者「おっ、気が付かれましたか」

    カズマ「えっ、ここは!??」

    医者「病院ですよ、佐藤和真さん」

    カズマ「病院って俺は確か、女性を助けようとしてトラックに轢かれたはず…」

    医者「いえ、トラックではなく、正確にはトラクターですよ」

    カズマ「へっ!?」

    医者「説明しますとトラックに轢かれると思った貴方は、咄嗟に女性を助けるため突き飛ばした」

    医者「はずでしたが、実はそれはトラクターで、トラクターは女性の前で止まりましたよ」

    カズマ「はぁっ!?」

    医者「そして、貴方はそのままトラックに轢かれたと勘違いし、気絶してしまったという訳です」

    カズマ「マジですかっ!?」


    アクア「何か、一つだけ。何でも持っていかせてあげることができるわ!」カズマ「じゃあ、お前」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/19(月) 20:57:48.344 ID:A88aT6kk0.net

    カズマ「……ここは!!」

    アクア「あああ……」

    カズマ「異世界だ!ファンタジーだ!きゃっほおおおい!!」

    アクア「ああああ………!」

    カズマ「見ろよあれ!獣人ってやつだろ?すげえ!おい、見」

    アクア「きゃああああああ!!!」

    カズマ「うぉぁい!どうした!?」

    アクア「あたし…あんたどうしてくれんのよ!あたし女神なのよ!?帰りたい!帰りたぁぁぁぁい!」

    カズマ「ちょ、いやじゃあいいよ…別に一人でやれるから。帰ってくれても…」

    アクア「帰れないの!あんたの指定した“もの“にされたのよ!?帰れないのよ!!」


    めぐみん「敵いませんね、アクアには」ダクネス「ああ、まったくだ」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 01:03:12.40 ID:ez5T+FUIO

    「カズマカズマ」
    「ん? なんだよ、めぐみん」
    「今晩お部屋にお邪魔しても構いませんか?」

    季節は冬。
    冬将軍が到来して、めっきり寒くなった頃。
    倒せば春に近づくとされる雪精を狩るなどという、冬将軍を呼び寄せるリスクに見合わない馬鹿げたクエストなどには出掛けることなく、俺達は屋敷の中でぬくぬく過ごしていた。

    本日は俺が食事当番だったので、腕によりをかけて手を抜いて、鍋を作り、先程平らげた。
    食い残した分を小さな鍋に移し替えて、明日の朝食の汁物としてキープしてから、俺が空になった大鍋と茶碗を洗っていると、食後にひとっ風呂浴びてホカホカになっためぐみんが、しっとり濡れた黒髪から仄かに良い香りを振りまいて、洗い物をする為に腕まくりしていた袖口をちょいちょい引っ張り、ぽしょぽしょと耳元でこそばゆく囁いてきた。

    その内容は、否が応でも期待せざるを得ない。

    やれやれ、今晩あたり魔王を倒して世界を救おうかと思っていたのだが、予定変更しなくては。

    「ひとまず世界を救うことは諦めた」
    「優先順位おかしくないですか!?」

    おかしくない。なに、世界は逃げやしないさ。

    「それじゃ、お布団温めておいてくださいね」
    「おう! 任せとけ!」

    スケールの大きすぎる天秤に呆れつつも、なんだかんだで嬉しいらしいめぐみんは照れたようにはにかんで、自室に向かった。準備があるのだろう。
    ならばこちらも準備を整えることとしよう。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577203392


    カズマ「悪魔の実? 覇気?」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)00:25:38 ID:Dn5

    ※「このすば」の世界に、ワンピースに出てくる悪魔の実と覇気を取り入れた場合のSSになります。
    ※代わりにスキルと職業が無くなりますが、ギルドやモンスター等は普通に登場します。
    また、ストーリーも大まかとなり、キャラ口調や元の設定と違う所があります。



    カズマ「そうか。俺は死んだんだな」

    アクア「トラクターに轢かれた事による勘違いでねぇ~、無様ねww」プークスクス

    カズマ「うっせえ!それより俺はこれからどうなるんだよ?」

    アクア「天国か、もしくは生まれ変わりだけど、一番のおススメは記憶と肉体を引き継いだまま異世界に行く事ね」

    カズマ「俺が好きなRPGの世界にか?」

    アクア「そうよ。どうする?」

    カズマ「行くよ。」

    アクア「決定ね。じゃあ、一つ能力を授けようかしらね」

    カズマ「能力?」

    アクア「異世界に行く為にせっかく生き返ったのに、そこでまた死んだら大変でしょ? だからこそ、異世界に行く者には特典として生き延びれる為の能力を一つ授ける事になっているのよ」

    カズマ「ほぉー、能力ねぇ…。(異世界行きを勧めた癖して、今度はそっちの世界で死ぬ事を前提かよ!?)」


    カズマ「どうしたダクネス、もう限界か? ワレメが濡れてヒクついてきたぞ」 ダクネス「ああ……見ないでくれカズマ」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 08:46:05.278 ID:nZkRQKBwM.net

    ダクネス「汗に塗れた腹筋の割れ目など、まじまじと見ないでくれ!」

    めぐみん「……朝っぱらから何をしているんですか二人して」

    カズマ「おはようめぐみん。見て分からないか? ダクネスの筋トレを手伝っていたんだ」

    めぐみん「分からないから聞いたんですが……てっきり特殊なプレイの最中かと思いましたよ」

    ダクネス「そんな筈がなかろう。ここ暫くのゴタゴタで鍛錬を怠っていたから、遅れを取り戻すべく奮闘していたのだ」

    めぐみん「はあ、そうですか。しかしそれならばもっと普通に出来ないのですか?」

    ダクネス「いや、ただ漫然と鍛えても効果は薄いからな。より厳しいトレーニングを課す代わりに、カズマにご褒美を貰いながらやっていたのだ」

    めぐみん「それは仲睦まじくて何よりですが……アクアはどうしました? 朝食の準備が出来たので、皆を呼びに来たのですが」


    アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】

    1: ◆Ua1M3q7gGI 2018/06/16(土) 22:47:22.59 ID:pI4b4Wzg0

    アイアンマン×この素晴らしい世界に祝福を!のクロスSSです

    ※原作コミックではなく実写映画版のアイアンマンです
    ※そこそこの長編になる予定です
    ※アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンまで見てないと少し話が分からないかもしれません

    以上の点にご注意してください


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529156842