FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    エレン・アルミン「逝ってきます!」

    11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/26(水) 16:59:46 ID:UK4bqqAo

    マルコ「わーい」ビュー

    ジャン「おいおい、どこ狙ってんだよマルコ……?」

    エレン「待てよアルミ……ん?うわあああ!!!」ビチャビチャ

    ジャン「」

    エレン「」ポタポタ

    マルコ「わーい」ビュー

    エレン「え、なにこれ?」ビチャビチャ


    エレン「同期の女子が天使ばかりな件」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/17(金) 00:24:28 ID:GZyJTPIU

    エレン「こんばんは!!」

    アルミンライナーベルトルトジャンコニー「うーっす」

    エレン「今日もッ!みんな天使でしたッ!」

    アルミンライナーベルトルトジャンコニー「うーっす」

    エレン「一人一人のあまりに可愛すぎるシーンをッ!!振り返っていこうと思いますッ!!」

    アルミンライナーベルトルトジャンコニー「うーっす」

    ジャン(そろそろ病院紹介した方がよくねえか……?)

    ライナー(クリスタのターンを心待ちにするとは、俺はもう戦士を名乗れないな……)

    アルミン(まずはミカサからだね……)


    ミカサ「アルミン。ちょっと私の名前を呼んでみて」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 01:41:29.61 ID:SIxR7vIO0

    アルミン「は? なんで?」

    ミカサ「気になってたの、ずっと。呼んで」

    エレン「いいけど。……ミカサ。これでいいの?」

    ミカサ「違う」

    エレン「違わないでしょ!?」

    ミカサ「なんで上げたの?」

    エレン「え?」

    ミカサ「なんで語尾を上げたの? 『ミ↓カ↓サ↑』って」

    エレン「イヤ、そう言われても……」

    ミカサ「だめ。話にならない。そのイントネーションは何」

    アルミン「え、えー……?」

    ミカサ「私は『ミサカ』じゃない。『ミサワ』でもない。イントネーションを間違えないで」


    エレン「アニが酒で酔った」

    4: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/06/30(日) 16:57:29 ID:G7wGrRlM




    エレン「…この大量の酒はどうしたんだ?」

    アルミン「凄い数だね」

    サシャ「はいはーい!
    私が食料倉庫から持ってきましたぁー!!」

    エレン「はあ?!」

    エレン「こんなもん教官に見つかったらただじゃ済まねぇぞ…」

    サシャ「もう真夜中ですよ?鬼の教官だって夢の中ですってぇ~♪」

    サシャ「今起きてる皆でパァッッとやりましょーよー」

    アニ「…馬鹿馬鹿しい私は寝るよ」

    サシャ「ダメです!」ガシッ(アニを掴む)

    サシャ「もうここにいる皆は共犯ですから♪」ニヤリ

    アニ「…勝手なこと言ってくれるね」

    ライナー「まあ、仕方ねぇな(個人的に酒は好きだし)」

    エレン「でも俺等まだ未成年だぞ?さすがに酒はちょっと…」

    ジャン「何言ってんだよたまには羽目外そうぜ~」

    エレン「お前は"いつも"外してるだろ」

    ジャン「何だと?やんのか?」

    アルミン「や、止めなよ~」汗

    ベルトルト「…これだけの酒をもう一度元の場所に
    戻しに行くのは危険だよね」

    ライナー「同感だ」

    ジャン「よっしゃ!呑もうぜー」

    サシャ「そうこなくっちゃー!!」

    アルミン「今ここにいるのが…」


    今いる人

    エレン アニ アルミン サシャ ライナー ジャン ベルトルト


    アルミン「7人か…(何となくミカサがいなくてよかったと思うのは僕だけ?)」

    アニ「…仕方ないね、さっさと片付けてしまおう」

    アルミン「そうだね…」

    サシャ「じゃ、あけますよー!」


    エレン『絶対に笑ってはいけない調査兵団?』

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/12(日) 15:16:02.64 ID:duchrrdg0

    エレン「あ!? お前ら!」

    ライナー「おお? エレン。お前もなのか」

    ベルトルト「アルミンもいるんだね」

    アルミン「うん。あとは……ジャンか」

    ジャン「何だよこれ。どういう集まりなんだ。お前らも団長からここに来るように言われたんだろ?」


    ネタバレ多数、原作設定抱懐有り。
    巻末オマケ予告のノリでお願いします。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368339362


    クリスタ「また告白されちゃった」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04(土) 21:04:43.57 ID:VmWPHq8W0

    クリスタ(でも、私には、意中の人が……あの人は私のこと、どう思ってるのかな)

    調査兵団での、ある時のお昼休み

    ユミル「クリスタ、また告白されたんだってな」

    クリスタ「うっ、皆、もう知ってるんだ///」

    ベルトルト「人の噂は、あっという間に伝達するからね」

    コニー「それにしても、調査兵団に来ても、相変わらずモテモテだな」

    ジャン「ああ、訓練兵時代は104期生の男の6割がアタックしてたな、そういえば」

    クリスタ「うぅ……こっち来たら収まるかと思ったのに、それ以上に増えてるよぅ」

    ジャン「噂を聞きつけて、憲兵団や駐屯兵団からも、告白に来てるみたいだしな」


    エレン「ミーナ・カワイイナ」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/02(金) 16:43:51 ID:ts.QcjBY

    エレン「ミーナ・カワイイナ」

    ミーナ「え? ……えぇ!?///」

    エレン「語呂いいよな、ミーナ・カワイイナって」

    ミーナ「ち、ちがっ、私はカロライナだよ! か、かわいくなんかないってば!」

    エレン「え? ミーナ・カワイイナじゃないのか!?」

    ミーナ「そうだよ。カワイイナってどんだけ自信満々なの私の一族」

    エレン「そうか、カロライナだったか……」

    ミーナ「はぁー……びっくりした。いきなり可愛いって言われたのかと思ったじゃん///」

    エレン「え? ミーナは可愛いだろ?」

    ミーナ「」


    某絵サイトのタグがあまりにも衝撃的過ぎて


    エレン「教官の物覚えが悪くなった?」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/04(土) 20:17:15.75 ID:nb3vcewxO

    コニー「あぁ…どうやら頭を打ったらしいぜ」

    ジャン「危機管理意識が足りなかったんだ…仮にも教官がよ」

    マルコ「お…おいジャン!教官への敬意を…」

    ジャン「相変わらずのイイコちゃんだなぁ、お前はよ!」

    エレン「それで、物覚えが悪いって…?」

    コニー「訓練兵の名前を間違えてるんだよ」

    ライナー「ああ…ベルトルトが落ち込んでんだ」

    エレン「は…何で?」

    ライナー「教官がベルトルトのことベルトルトルトって呼んだんだ」


    エレン「巨人どもの小人化に成功しただって?」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/02(金) 14:51:10 ID:U5zZ6g62

    アルミン「うん、調査兵団の分隊長が巨人を小さくするウイルスを完成させたんだ。それを風に乗せてバラ撒いたら、壁外周辺の全ての巨人が小人になったんだって!」

    エレン「おいおいマジかよ……それじゃあ人類は、二度と巨人に恐怖しなくていいってことか?」

    アルミン「いや、小人化できたのはあくまで壁外周辺の巨人だけだけどね。でもこのウイルスをこれからもっとバラ撒けば、世界中の巨人が小さくなるはずだ! だから今、国中がお祭り騒ぎさ!」

    ミカサ「もうすぐ、小人化した巨人のサンプルがここにも送られて来るらしい」

    エレン「そ、そうなのか! すげぇな調査兵団、こんなに突然人類を窮地から救っちまうなんて!」


    ミーナ「エレンと相思相愛」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/02(金) 00:50:50 ID:ts.QcjBY

    ミカサ「ヤンデレ?」の続きとなります。

    前のを読まないと展開がわけわからない不親切設計なので注意