SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 URLが変わりました。http://sshouko.net/

    つぶやき&最新記事一覧
    ヘッドライン
    TweetsWind

    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    関連
    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」
    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」
    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」
    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」
    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/24(火)22:38:31 ID:0LW
    1995年 春―――

    ウッマ「生まれたで」

    マッマ「ハーイ ユーアーマイサーン」

    マッマ「アイラービュー」

    ウッマ「えぇ……(ミートゥー)」

    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」

    関連
    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」
    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」
    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」
    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」
    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/18(水)23:05:13 ID:lOB
    1991年 春―――

    ウッマ「生まれたで」

    マッマ「よしよし」

    ウッマ「!!」ビクッ

    マッマ「大丈夫だよ」

    ウッマ(なんやマッマかいな……びっくりしたンゴ)

    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」

    関連
    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」
    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」
    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」
    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」
    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/16(月)21:22:48 ID:Ru3
    1994年 春―――

    ウッマ「生まれたで」

    牧夫「うんうん 流石良血統の仔は雰囲気あるなぁ」

    ウッマ「せやろか」

    牧夫「ちょっと細いし小柄やけど まぁなんとかなるやろ」

    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」

    関連
    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」
    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」
    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」
    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」
    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/15(日)00:28:05 ID:tyo
    1989年 春―――

    ウッマ「生まれたンゴ」

    牧夫「おう お前体ちっさいなーwww」

    ウッマ「ほっとけや」

    牧夫「いっぱい食って早くデカくなれよーwww」

    ウッマ「……ふん」草モシャモシャ

    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」

    関連
    ウッマ「えっ! ワイが競走馬に!?」
    ウッマ「ワイは競走馬の英雄(ヒーロー)になるんや……!」
    ウッマ「ちょwww誰が『シルバーコレクター』やねんwwwwww」
    ウッマ「違うんや ワイは『怪物』なんかやない……」
    ウッマ「ワイは走る! 『日の丸』を背負って!!」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/12(木)23:41:12 ID:Yh8
    1985年 春―――

    ウッマ「生まれたンゴwww」

    ウッマ「マッマ 乳飲ませてくれンゴ」

    マッマ「は?てめえで立って飲みな」ヤセイノオキテー

    ウッマ「……」

    ウッマ「はぁ…はあ… 自分の足で立つのしんどいンゴ……」

    牧夫「おい大丈夫か ほれ」ヒョイ

    ウッマ「すまンゴ……」チュウチュウ

    牧夫(この仔大丈夫かいな……)

    畑「田んぼの奴にゲーム出演のオファーが来たらしいぞ!」牧場「なんだと!?」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/11(水) 18:03:35.80 ID:8OQouhjb0

    ゲーム開発者「あ、どうも……はじめまして」


    ゲーム開発者「わたくし、ゲームクリエイターの××と申します」


    ゲーム開発者「手前味噌になりますが、業界ではかなり知れ渡っている方だと自負しております」


    ゲーム開発者「いきなり失礼しました。さて、今回お伺いしたいのではですね」


    ゲーム開発者「あなたに、あるゲームに出演して頂きたいのです」



    男「なんでイヤホンってすぐこんがらがるんだよ!」イヤホン「うっせえ!!!」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 20:32:40.13 ID:GdxO/CVb0
    男「暇だし、曲でも聞くか……」モゾモゾ

    ゴチャゴチャ…

    男「って、まーたからまってやがる!」

    男「ポケットに入れてただけだってのに……なんでイヤホンってすぐこんがらがるんだよ!」

    男「いくらなんでも異常すぎじゃねえか!?」

    イヤホン「うっせえ!!!」

    男「!」ビクッ


    偉い人「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/13(火) 08:57:41.405 ID:Okr0jLAJ0
    俺「深淵と気が合いすぎわろすwwww」
    俺「あー、深淵覗きたすぎとか思ってたら向こうもこっち観たすぎとか思ってんのか」
    俺「両想いジャン」
    深淵「・・・」
    俺「覗きたいとは思ってるけどまだ覗いてないから見ないで」

    【大阪市営地下鉄】その2

    1: ◆ossIyKFqYI 2018/02/19(月) 18:45:48.46 ID:fzJAlt7n0

    【大阪市営地下鉄】四つ橋線「おい御堂筋!」

    1: ◆ossIyKFqYI 2018/02/17(土) 22:32:11.09 ID:7W4eGJ9e0
    御堂筋線「なによいきなり」

    四つ橋線「な、何よも何も、何であんたの方が人気なのよ!」


    千葉「47都道府県同士で戦争・・・・・・・・・・だと?!」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/06(火) 21:54:20.578 ID:7f5Wcg3d0
    千葉「バカな・・・・・・・・」

    神奈川「ええ・・・まあ生き残るためその県へ編入したり領地を奪ってそのまま自分の県にしてもいいみたいね」

    埼玉「うう・・・ぼ、ぼくは東京くんと一緒にいるよ・・・・」

    東京「よしお前ら全員俺につけみーんなまとめて東京都にしてやるよ」「そしたら兄弟な関東帝国の完成だこれなら北関東を潰せる」

    狐娘「600年も生きてたらなんかあると思ったんだけどなあ」

    関連記事
    狐娘「600年生きてても特になんもないよね」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 22:05:06.24 ID:bWJBGEdO0
    狐娘「ねぇ?」

    男「いや知らないですけど…」

    狐娘「そっかぁ」

    男「最近随分とその辺きにしますね」

    狐娘「この年になって刺激を求めるようになってきた」

    男「細かく言うと何歳なんでしたっけ」

    狐娘「600と19歳、この言い方だとワンチャン未成年っぽく聞こえない?今度から使おう」

    男「聞こえないと思いますよ」

    狐娘「だよねぇ」


    男「ドライアドを拾ったのでペットにした」

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/31(水)11:03:23 ID:xJA
    男「めっちゃ萎びてる」

    ドライアド「……」

    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    1: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/15(日) 22:21:01.94 ID:c5X0zMyv0
    このSSは以下の要素を含みます

    ・亜人
    ・奴隷
    ・オリキャラ

    ご注意ください。


    2: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/10/15(日) 22:27:16.31 ID:c5X0zMyv0
    メイド「皆様御機嫌よう。初めての方は以後お見知りおきを」

    メイド「恒例の案内役を務めさせていただく、超絶プリティなメイドですわ。ファザコン言った奴表でろ」

    メイド「このSSは安価SSのために頻繁に安価が入りますわ」

    メイド「安価はコンマの下二桁で判定。判定に必要な能力に心技体のうちのどれかを乗じたものを成功値とし、それを下回れば成功となります」

    メイド「能力値以下を出すと大成功。判定値の大きく上回ると大失敗。それと1~5なら自動成功でクリティカル。96~00で自動失敗の大失敗になりますわ」

    メイド「今現在ご主人様は地方の貴族が納める領土を奪い、人間と亜人が入り乱れる活動の本拠地としています。」

    メイド「ご主人様の仕事は奴隷と一緒に街を復興させることで、毎週一人奴隷を選んで街の復興のために尽力します。その他、亜人たちとの外交によって協力をとりつけたりもしています」

    メイド「そして休日は奴隷や私と交流し親交を深めたり、装備を整えたり、イベントを進めたりします」

    メイド「次に街の説明をしますわ。街は貴族のお嬢様の兄が納めていた土地で、悪政と重い税による圧政が敷かれていました、それをお嬢様が解放し、本拠地としています。人間が多く増えたためいざこざはありますが、悪政でなくなったため、比較的協力をしていただいています。おおむね平和と言ってもいいでしょう」

    メイド「今ある施設は酒場、道具屋、薬屋、武器屋、服屋、教会、訓練所。復興するにつれもっといろいろな施設ができるかもしれませんね」

    メイド「さて次は私たちの紹介ですが、恒例の通り半生スライムのベルグレインに手伝っていただきましょう」

    ベル「半生スライムって呼び方やめてって。前も言ったよね僕」

    ベル「仕方ないなぁ」

    ニケ「私も手伝うよ!」ピョンッ

    ベル「うわぁっ!」

    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【後編】

    関連記事
    男「亜人の奴隷を買う」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「に、二年目になりました」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ベル「三回目も僕に優しくするんだよ?」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」メイド「もう買ってませんけどね」【前編】【後編】
    男「亜人の奴隷を買う」ミーア「最後まで愛してください」

    476: 亜人好き ◆HQmKQahCZs 2017/08/04(金) 00:04:26.45 ID:DFsrETlp0
    ミーア「ひぐっ、ぐすっ」

    メイド「!」

    メイド「どうしたのですか?」

    ミーア「あ、メイドしゃん………」

    メイド「ほら、これで鼻をかんでください。不細工な面は衆目に堪えませんわ」

    ミーア「ふぁい」チーン

    メイド「それで、なぜ泣いていたのかしら。客が何かしたのかしら」

    ミーア「ち、違います。ちょっと昔のことを夢で見ちゃって」

    メイド「思い出して?」

    ミーア「はい………」

    ミーア「助けてもらった人を、私が助けれなくて、助けにいけなくて」

    ミーア「私が不甲斐なくて」

    メイド「………」

    メイド「えぇ、不甲斐ないですね」

    ミーア「そ、そうですよね、わた、わたしは」

    メイド「私は、天涯孤独の身でしたが、拾ってくださったご主人様への大恩をお返しすべく、努力をしました」

    メイド「ただのちっぽけな目つきが悪いだけの小娘だった私がご主人様を助くべく血反吐を吐いてここまで来たのです」

    メイド「そんな私からみれば過去を振り返ってぐじぐじ一人で涙を流すなんて唾棄するほどの不甲斐のなさですわ」

    ミーア「うぅ、ひぐっ」

    メイド「ですからっ」バンッ

    ミーア「ひっ」

    メイド「変われるのだから、なぜ変わらないの。私は立ち上がって歩く奴の手は引くけど、座り込んで泣くだけの奴に手は貸さねぇよ」

    メイド「立って、歩いて、迎えに行けば良い。一緒に行ってあげるから」

    ミーア「メイド、しゃん」

    メイド「それに、言えば助けてくれるような奴ばっかりがここにいるわよ。ご主人様を含めてね」

    ミーア「でも、いいんでしょうか」

    メイド「良いも何も、それが私たちの目標、ですわよね。ご主人様」

    男「! 気づいていたのか。いや、なに聞き耳を立てようとしていたわけではなく、偶然耳に入ってだな」

    メイド「それはどうでもいいですわ。私たちの目標は亜人の救済。ミーアと私たちの道は変わらず。つまり力を貸さない理由がない」

    男「むしろ進んで助けにいくのが我々の指針だ。任せろミーア。助けたい人がいるなら助けに行く。だから力を貸セ」

    メイド「えぇ、任せてください」

    ミーア「よ、喜んでっ」

    ミーアの愛情度【180/300】

    メイドの愛情度【170/300】