FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    美少女「俺くん好き!」ぎゅっ 俺「うわっ」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/01(日) 02:32:10.68 ID:dBNgjabK0.net

    美少女「えへへ、照れてる照れてるー」つい

    俺「び、びっくりするからやめて…」

    美少女「…あ…そう言えば俺くんってこの辺によく癖毛あるよね」ぴっ

    俺「そう?…引っ張らないで」

    美少女「ふふふっ」ぴっ

    俺「やめてってば」

    美少女「(チョロいチョロい)」

    美少女「(女の子に慣れてないキモい男なんて私にかかればイチコロよ)」

    美少女「ね、今度の日曜日一緒に買い物行きたいな♪」

    俺「うん。良いよ」

    美少女「(私に沢山貢ぎなさいDT)」

    俺「(お金があればコイツ何でもしてくれるもんな、最高)」


    許嫁「愛していると言えますね?」

    1: ◆AYcToR0oTg 2014/12/13(土) 21:43:57.32 ID:oOlmUUNN0


        ◇夜 自宅

    許嫁「お帰りなさい。今日は部活が終わるの、遅かったんですね」

    男「大会の前だからな。悪かったよ」

    許嫁「いいんですよ。私、あなたをこうして待っている時間も楽しいんです」

    許嫁「どんな顔して帰ってくるのかなって、想像しているとわくわくします。そういうことって、男さんはありませんか?」

    男「俺はないなあ。想像力が貧困なのかもな」

    許嫁「そんなことはないと思いますけどね」

    許嫁「ところで、そろそろ恒例の質問をしますけど、おかえりのキスをしましょうか?」

    男「毎度の返事をするけど、しないって。許嫁だからって、その関係に甘えたりはしない」

    許嫁「私はいいんですよ? 唇や、心や、体を求められても」

    男「……付き合ってるわけじゃないんだ。そういうことをするのはおかしいだろ」

    許嫁「一緒に暮らしているのに?」

    男「うちの親父や、許嫁の父親が勝手に盛り上がってるだけだよ。状況に流されるつもりはない」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418474627


    男(ナンパしてみたい)女(ナンパされてみたい)

    1: ◆4R9wov7guBoX 2016/03/09(水) 07:08:57.23 ID:hA1oP+lb0


    男(友達が、ナンパで彼女ができたと自慢してきた)

    男(「お前はナンパとかしたことないだろwwwまあお前には無理だろうなwww」とか言われた)

    男(今まで俺と同じモテない男子連合の一員だった癖に)

    男(許せないな)

    男(俺もナンパで彼女が欲しい)

    男(ナンパしてみたい)



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457474937


    女「罰ゲームで告白…?」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 12:23:58.993 ID:RTyIx0C60.net

     
    学校 (月)(6/29)

    女「うぅ、負けちゃった」

    女友「やった!」

    女「今月も勝てると思ったのになぁ」

    女友「連敗は避けたかったからね」

    女「で、何でしょうか」

    女友「罰ゲームは一回も話したことない人に告白!」

    女「えぇ…罰ゲームで告白…?」

    女友「負けたんだからしょうがないでしょ」

    女「うーん。他の人巻き込むタイプのはやめようよ」

    女友「いやだ。バンジージャンプの借りはこうでもしなきゃ返せない」

    女「でも…」

    女友「言い訳無用。誰かひとりくらいいるんでしょ」

    女「…………あの人、かなぁ」ジー

    女友「(ここで男君を引き当てるとは…)」


    男「これがヤンデレってやつか」

    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 04:48:47.26 ID:XPE36w8R0

    女「男く~ん」

    男「あからさまなロープですか」

    女「これから監禁するからね」

    男「いやぁ、それはお断りだなぁ」

    女「とりあえず、私だけの目に触れられるように」ジュルリ

    男「涎まで垂らしておりますか。こうなればすたこらさっさと」シュタタタ

    女「あ~、待ってよ~!」

    男「待てないなー、少なくとも学校まで逃げるのさ~!」

    女「待てー!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426707816


    女「ねぇ、アドレス教えてよ」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/04/19(木) 23:23:41 ID:oWj2gUXE


    女「飲み会いこうよ」

    男「飲み会?」

    女「うん。このゼミのみんなで」

    男「あー、教授とかもくるんだ?」

    女「教授は来れないんだって。奥さんがうるさいらしいよ」

    男「あ、そうなんだ」

    女「だから来てよ」

    男「だからって何さ」