SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 URLが変わりました。http://sshouko.net/

    つぶやき&最新記事一覧
    ヘッドライン
    TweetsWind

    男「ヤンデレ娘かメンヘラ娘と付き合いたいな!」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/19(木) 21:10:49.472 ID:c8NsorK60
    神「その願い叶えてやろう」

    男「あ、あんたは……」

    神「わしゃ神じゃよ、気まぐれでお主の願いを叶えようと思ってのぉ」

    男「マジ?やったー」

    神「して、どっちと付き合いたいのじゃ?」

    僕「・・・だって」女「だってじゃない!」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 13:38:43.75 ID:nLolHde40
    僕「痛い・・・痛いよぉ・・・」グスッヒッグ

    女「僕、また虐められたの?」

    僕「・・・ぅるさい」グスッヒッグ

    女「情けないわねぇ・・・うわ!肋骨まで青黒くなってる・・・僕、あんたが言い返さないと、何も変わらないのよ?」

    僕「・・・だって」

    女「だってじゃない!」

    僕「!?」ビクッ

    女「言い返さなきゃだめ!先生にでもチクっちゃえばいい!」

    僕「・・・」


    後輩「私実は世界を救う勇者なんですよ」先輩「はいはいエイプリルフール」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 16:53:59.81 ID:koW1GDW4o
    後輩「いやいや本当ですから。ほら、この前とかあのー、この部室爆発するの食い止めましたからね私」

    先輩「嘘が雑すぎる」

    後輩「小学生の頃とかスライム倒しまくってましたからね」

    先輩「スライムか。俺は作ってたな」

    後輩「まさか……先輩……魔王の手先……!」

    先輩「理科の授業だよ」


    男「この結婚式をぶっ壊す!」花嫁「来てくれたのね!」花婿「オーマイゴッド!」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/21(水) 20:38:53.86 ID:p2Pb0ORt0
    ― 教会 ―

    神父「新郎新婦よ、永遠の愛を誓いますか?」

    花婿「誓います!」

    花嫁「……誓います」



    嫁父「おめでとう! よい旦那を見つけてくれて、ワシは嬉しいぞ!」

    嫁母「あら……涙が……」グスッ

    青年「おめでとうございます!」

    独身女「ふんっ! 結婚なんて下らないわ!」プイッ

    男「おまえがおれん家に来るたびにおれのパンツが一枚消えるんだがなんで?」女後輩「そ、そ、そそそうなんですか」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/16(金) 21:52:08.262 ID:edbEVZNH0
    男(怪しい)

    女後輩「ほ、ほらお茶が冷めますよ!」

    男(いまこうして女後輩の家に邪魔してるんだが・・・)

    男(この反応からしてこいつがおれのパンツを取ったことは間違いない)

    男(問題は証拠を掴まねば・・・)

    男(つまり俺の取られたパンツたちを回収する)

    男(それだけではない!その上でこいつのパンツを盗む!これで対等だ!)

    男(さてどうしたものか)

    僕は彼女と共に生きていく

    1: ◆gxgeF/n1Es 2018/03/10(土) 21:17:14 ID:YGJv1n3M
    今日僕は、彼女と入籍した

    彼女が16歳になるこの日をお互いに待ちわびていた

    少女「お兄ちゃん・・・やっと出来るね」

    僕は彼女を押し倒しキスをする

    少女「んん・・・お兄ちゃん・・・大好き・・・」

    僕達はその日、1つとなった

    ゴスロリ女「ごめんね……こうしないと〇〇君は、ボクのこと見てくれないから……」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/07(水) 02:34:00.882 ID:U7P3C1U+p
    俺「や、やめろ、俺を拘束してどうするつもりだ!」

    女「ごめんね……こうしないと〇〇君は、ボクのこと見てくれないから……」

    俺「まさか、俺の郵便受けに虫の死骸やらを入れてたのも、夜に俺の女友達の腕を斬りつけたのも、毎日わざわざ鍵を開けたのも……」

    女「そうなの。ごめんね? 怖かったよね? 気持ち悪かったよね?」

    女「でもボク、〇〇君の生活にね、関わりたかったの」

    女「ボクが虫を入れたことで、驚いて悲鳴上げてる〇〇君が、凄く可愛かったから……」

    女「嫌、だったよね? こんなのする女の子、気持ち悪いかな?」

    男「ずっと前から好きでした!」 後輩「……誰?」

    1: ◆TMTTBwd/ok 2016/10/24(月) 19:26:44.76 ID:QHQ2PhI60
    男「えっ……」

    後輩「どこかでお会いしたことありましたか?」

    男「中学の時に同じ部活でしたけど……」

    後輩「ということは、陸上部の方ですか?」

    男「そうですけど……。僕のこと覚えてない?」

    後輩「はい。先輩のことなんて知りません」

    男「……」



    女(本当は魔物)「ねえ、どうしてボクのことを教会に売ったんだい、ねぇ?」拘束された俺「……」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/25(日) 02:34:06.218 ID:vW5155pYp
    女(本当は魔物)「ねえ、どうしてボクのことを教会に売ったんだい、ねぇ?」

    拘束された俺「……」

    女「死んじゃったよ。まだ二歳になったばかりの、ボク達の娘、あいつらに殺されちゃったよ、ねぇ? どうして、こんなことができたんだい…?」

    女「ボクが人間じゃないから? 嫌になったの? 人間の子の方がよかったの?」

    俺「……」

    女「っ! 黙ってないで、答えろよ! 殺してやる、殺してやる……この、最悪の裏切りものが!」ガッ

    女「楽に殺さない……ボク達の、ボクの娘がどんな目に遭ったか、君の身体に刻んでやる!」ボロボロ

    女「――痴漢をやめてくださいと言ってるんです!」男「私は痴漢ではない。変態だ」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 17:16:37.66 ID:WinSanok0
    東京某所、鉄道某線、某日のある満員電車内でのよくある、いつも通りの日常で、今日も一人の女性が痴漢被害を受けていた。

    女(もうやだ、何でこう毎日満員になるのかしら。給料も安いしさっさと今の会社やめて、フリーで生活できるようにホントなりたい)

    女(今日だってこんなに天気いいのに、ガッタンガッタン電車に揺られなきゃいけないのよ。後輩ちゃんは入社早々、寿退社で辞めていったし……ハァア。疲れるなー、ん?)

    女(今、私お尻触られてる? もしかして痴漢?)

    女が確認するため視線を流れる都会のビル群から窓に映る後方の自分へと移した。

    やせ型で無造作にカットされた短髪。長年着古されたと思われるチェックシャツにメガネと冴えない男性がいた。

    その男をジロジロとチェックしていると、窓を経由して男性と目が遭った。男はバツの悪そうな顔を一瞬浮かべた瞬間、臀部にあった不快な感触は消え去った。

    女(絶対今この男触ってたでしょ。触るのやめたからいいものの……ついてないなぁ)

    女が安心したのをつかの間、再び臀部に先ほど同じ感触が流れた。それは規則正しく臀部の上部から下部へと、下部から上部へと流れるものではなく、時には円を描くように、時には臀部の強度を細かく確かめるように揉みこまれていった。まさに餅つき職人の業
    のようであった。

    女「……あの、やめてください」

    女はこういった事象に慣れているのか、言葉の大きさは遠慮気味であるがハッキリとした口調で先ほど確認した男に向けて言った。

    しかし、感触は止まらなかった。

    女「いい加減にしないと訴えますよ」

    今度は窓に映る男性に目を合わせながら言いのけた。だが、男性は今度は目が合っても知らん顔であった。

    念のため臀部をまさぐっている手の持ち主が、後ろの男であることも確認した後、今度は強く言った。

    女「痴漢をやめてくださいと言ってるんです!」

    男「何を言っている。私は痴漢ではない」


    女子「ダイエットしよう」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 01:21:27.47 ID:bQB3JNn20
    ある日、あるところに一人の女子がいた。



    女子「うーん、最近食べ過ぎでちょっと太っちゃったな。運動不足もあるし」

    女子「太ったといっても2kgくらいだけど、少しだけダイエットしようかな」カチカチ

    男子(女子の彼氏)「お、女子! いったい何を調べるんだ?」

    女子「あ、男子くん。実はダイエットしようと思って。だから良い方法を検索してるの」

    男子「ダイエットだと……」

    女子「うん、最近食べ過ぎちゃって。あははは……」

    男子「馬鹿野郎ーーーーッ!!」

    女子「うわっ!?」ビクッ


    男「だから俺は、彼女の為にギターを始める」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/11(日) 05:14:30.00 ID:FkZbUO0z0
    (春だ。)

    (春といえば出会いと別れの季節だ。……と言っても、卒業する人達の中に特別にお世話になった先輩は居ないし、中学生時代の仲の良い後輩が入学してくるわけでもない。)

    (そんなに人付き合いが得意でも無いので上下にいる学校の知り合いなんて、多分片手の指で数えられるぐらいだ。ということで、俺には出会いと別れは無い。)

    (……自分の境遇に呆れて図書室の窓から外を見てみれば、桜吹雪と言わんばかりに桜の花びらが風に乗って散っている。)

    (校庭では運動部が春の日差しを眩しそうにしながら、汗を流している。)

    (俺もちょっとばかし運動神経が良ければあの風景に混ざる事ができただろうか。いや、できないか。)

    (多分、運動部にいる人達って運動神経があるとかそういう事じゃなくて、そのスポーツが好きだからやっている訳であって。)

    (昔、友達に誘われて行ったサッカーのクラブチームの体験会に行った時。あまり上手にできなかった俺はもうそこでそれを諦めた訳であって。)

    (きっとそういう事だ。好きだから上手くなれるとかそういう事なんだろう。俺は、好きになれなかっただけ。)

    男「ひと味違うバレンタイン」

    1: ◆2oYpLZIXqc 2018/02/11(日) 18:54:43.71 ID:WHLsH0iX0
    約7000文字


    ──

    ──────

    バレンタインデー当日 学校 教室

    女「……ねえ」

    男「ん?」

    女「放課後、屋上の扉の前に独りで来て」

    男「え!?」

    女「私、待ってるから」

    男「お、おう!?」

    女「あと誰にも言わないで」

    男「わ、わかった!?」

    先生「お~い、席につけ、六限目の授業を始めるぞ!」

    ──────

    ──


    男「付き合ってください」女「ごめんね、彼氏がいるの」男「彼氏も一緒で良いですよ」女「え?」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/26(金) 12:08:15.789 ID:5q42nSmS0
    男「既に彼氏さんからは了承を得ています」

    女「えぇ!?」

    男「幸せになりましょう、3人で」

    女「えぇぇぇ!?」

    同僚女「クッキーを手作りしたから食べて!」男「市販のクッキーの方がおいしいからいらない」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/25(木) 01:46:05.850 ID:Ysw1Sau60
    <会社>

    ザワザワ…

    同僚女「皆さん、クッキーを手作りしたんで、よかったら食べて下さい!」

    課長「お、ありがとう!」

    社員「ちょうど甘いものが欲しかったんだ!」

    ワイワイ…

    同僚女「男さんも食べて!」

    男「いらない」

    同僚女「え」

    僕(7)「お姉ちゃんと結婚するー!」女(16)「…!」キュン

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/23(火) 19:54:00.918 ID:f/mYuxbG0
    女「久しぶりだね~!また大きくなった?」

    僕「う…」

    女「あ、あれ? 覚えてない?親戚の…」

    母「あら、ちゃんと覚えてたわよ?「お姉ちゃんと会うの楽しみ!」って言ってたし。久しぶりだから人見知りしてるのね」

    女「そ、そうですか…!(かわいい…)」

    母「それじゃあ、お願いね」

    女「はい!」

    僕「マm…… お母さん……」

    母「弟か妹が出来るのよ? お兄ちゃんなんだから、寂しくないわよね?」

    僕「…うん…」

    母「女お姉ちゃんの家に迷惑かけないでね?」

    女「あはは、大丈夫ですよー!」

    男「まん!まん!満足!1本満足!」女「本当に?」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 16:08:15.10 ID:el8FF83so
    男「な、なんだよあんた…」

    女「本当に満足してますか?」

    男「あ、当たり前だろうが! 一本満足バーはなぁ、一本で満足できるように作られてるんだよ! トーシロはカロリーメイトでも食べてろ!」

    女「……本当は二本、食べたいんでしょう?」

    男「!?」

    男「僕と女さんの、なにも起きない春夏秋冬」

    1: ◆latPEQYOYc 2018/01/01(月) 22:50:57.54 ID:EwRWAIW10
    ――

    男「あの、女さん」

    女「なんでしょう」

    男「ぼ、僕と付き合ってください!」

    女「なるほど」

    男「なるほど?」

    女「良いよ、ぜひ付き合ってください」

    男「なんだったの、今の『なるほど』って」

    女「いや、男くんのここ最近の言動について振り返って納得していただけ。例えば突然豪華な食事に誘ってくれたこととか、私と話す時に不自然にどもったりとか、それから」

    男「勘弁してください」

    ――ともあれ、この日から女さんが隣にいることが日常になった。

    女「私はずっと前から男くんのそばにいたけどね」

    男「女さん心の中まで読むのやめて」


    男「スーパーマリオブラザーズ1-1を一発クリアできたら1000万円!? ただし……」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/30(土) 02:00:19.217 ID:fuOai4+s0
    男「お~い、新作の対戦ゲーム買ってきたぞ!」

    オタク「おお~、発売日に買ってくるとはさすがだねえ」

    男「そりゃそうさ! ゲーム同好会がこのゲーム買わないでどうするってんだ!」

    イケメン「ボクたちは三度の飯よりゲームが好きだもんね」

    茶髪「俺も参加させてもらうぜ! 必修の講義あるけど知ったことか!」

    眼鏡女「……留年しちゃうよ?」

    茶髪「いんだよ! 留年したって! 大学は8年間いれるし!」

    男「講義なんざうっちゃって、みんなでゲームしよう!」

    イェーイッ!

    助手席女「右折! ねえ右折右折! 今右折できたって!」男「……黙れ」

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/29(金) 01:46:32.501 ID:9I4MLYtn0
    車を走らせる男女。

    ブロロロロロ…

    女「あっ、あそこの角で右折しよ!」

    男「……」

    女「ねえ、右折右折!」

    男「……」

    女「右折! ねえ右折右折! 今、右折できたって!」

    男「……黙れ」ギロッ

    女「!」

    5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/29(金) 01:48:36.784 ID:L//lmUL30
    妻が夫のために朝食の目玉焼きを作っていたら
    突然、夫がキッチンに飛び込んで来て、叫び始めた。
    「気をつけて・・・キヲツケテ!もっとバターが必要だよ!ああ、だめだ!
    君は一度にたくさん作り過ぎだよ。作り過ぎだよ!ひっくり返して!
    今ひっくり返して!もう少しバターを入れて!あーあー!
    バターがもうないじゃないか!くっついちゃうよ!気をつけて・・・
    キヲツケテ!気をつけてって言っているのが分からないのか!
    君は料理をしている時は、絶対僕の言うことを聞いてないね!
    いつもだよ!ひっくり返して!はやく!どうかしているのか?
    おかしくなったんじゃないのか?塩を振るのを忘れないで。
    君はいつも目玉焼きに塩をするのを忘れるから。塩を使って。
    塩を使って!塩だよ!」
    妻は彼をにらみつけた。
    「一体何があったのよ?私が目玉焼きの一つや二つ焼けないと思っているわけ?」
    夫は穏やかに答えた。
    「僕が運転している時どんな気持ちか君に教えたかったんだよ。」

     | HOME |  古い記事へ »

    文字サイズの変更

    検索フォーム

    スポンサードリンク

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    オリジナル (311)
    男女 (24)
    幼馴染 (7)
    兄妹 (11)
    父母・夫婦・子供・家族 (7)
    俺・友・○○女・職業等 (77)
    勇者・魔王・ファンタジー・異世界 (46)
    神・幽霊・妖怪・歴史・不思議・奇妙 (30)
    擬人化・人外・動物・ロボット (24)
    著名人 (12)
    ブーン系 (7)
    おんJ・なんJ (66)
    アイドルマスター (299)
    シンデレラガールズ (194)
    ミリオンライブ (47)
    アンパンマン (1)
    異世界食堂 (2)
    Angel beats! (2)
    ガヴリールドロップアウト (21)
    ガールズ&パンツァー (27)
    仮面ライダー (1)
    からかい上手の高木さん (7)
    艦隊これくしょん (61)
    機動戦士ガンダム (11)
    キノの旅 (3)
    月刊少女野崎くん (11)
    けものフレンズ (8)
    ゴシックは魔法乙女 (1)
    この素晴らしい世界に祝福を! (1)
    ご注文はうさぎですか?? (3)
    サザエさん (3)
    STEINS;GATE (2)
    少女終末旅行 (3)
    進撃の巨人 (2)
    新世紀エヴァンゲリオン (4)
    スクールガールストライカーズ (1)
    生徒会役員共 (1)
    ゼノブレイド2 (13)
    ダンガンロンパ (2)
    ちびまる子ちゃん (3)
    とある魔術の禁書目録 (3)
    となりの柏木さん (1)
    ドラゴンボール (15)
    ドラえもん (1)
    NARUTO-ナルト- (2)
    NEW GAME! (3)
    のんのんびより (1)
    バイオハザード (1)
    刃牙 (1)
    HUNTER×HUNTER (2)
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! (9)
    ファイアーエムブレム (7)
    Fate (11)
    ペルソナ (1)
    ポケットモンスター (23)
    魔法少女まどか☆マギカ (3)
    マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 (2)
    マリオ (1)
    名探偵コナン (6)
    メイドインアビス (2)
    モンスターハンター (2)
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (7)
    遊戯王 (6)
    結城友奈は勇者である (24)
    ゆるゆり (6)
    ラブライブ (28)
    ルパン三世 (2)
    るろうに剣心 (11)
    私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (6)
    ワンピース (4)
    バーン「ハドラーよ、今季アニメのオススメは何だ?」 (2)
    ゲーム (5)
    その他 (14)
    みたいなのどうよ (2)
    まとめ依頼 (1)
    管理人 (1)
    未分類 (14)
    コードギアス (2)
    このはな綺譚 (1)
    ソードアート・オンライン (1)
    咲-Saki- (1)
    笑うセールスマン (1)
    ジョジョの奇妙な冒険 (2)
    スロウスタート (1)
    かぐや様は告らせたい (6)
    ウルトラマン (1)
    きんいろモザイク (1)
    SKET DANCE (2)
    BLACK CAT (2)
    フレームアームズ・ガール (2)
    りゅうおうのおしごと! (1)
    彼岸島 (1)
    ポプテピピック (2)
    姉妹・女女・百合 (5)
    相棒 (3)
    姉弟 (1)
    犬夜叉 (1)
    ローゼンメイデン (2)
    男男・兄弟・友・男の娘 (2)
    クレヨンしんちゃん (1)
    ゆるキャン△ (1)
    グランブルファンタジー (1)
    けいおん! (1)
    カイジ (1)
    ボボボーボ・ボーボボ (1)
    孤独のグルメ (1)

    3D球体タグクラウド