FC2ブログ

    SS宝庫

    SS宝庫はSS専門のまとめサイトです。 オリジナルSS 版権SS 名作SS 良作SS おすすめSS いろいろあります。

    ヘッドライン

    一方通行「ボディビル?」

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州) 2011/06/02(木) 12:20:27.74 ID:y0KyuPmAO

    黄泉川「貧弱なお前には丁度良さそうだから知り合いにお願いしたじゃん」

    一方通行「けっ…くだらねェ」

    黄泉川「杖に頼らず自分の力で歩けるようになるかもしれないじゃん」

    一方通行「はっ!俺には能力もあるし言うことはァ…「そういえばお前のお気に入りの生徒も始めるみたいじゃん」

    一方通行「(なにィ?三下がボディビルゥ?)」

    一方通行「(ただでさえ筋肉質なのにどうなるってんだァ…?)」

    一方通行「みっ…みてェ…」ボソッ



    上条「よう、操祈じゃねーか」

    5: 1 2013/09/08(日) 09:15:57.70 ID:Rgpr98kM0

    上条「よお、操祈じゃねーか」

    上条「どうしたんだよ。校門の前で。何か用事か?」

    上条は学校を終え、スーパーに向かおうと一目散に校門を目指していた。しかし、その校門の入り口付近でよく見知った顔を
    見つけて立ち止まり、声をかけた。

    食蜂「あなたと一緒に帰るために決まってるでしょぉ?幼なじみじゃないわたしたちぃ」 プンプン

    食蜂操祈。名門常盤台中学の二年生である。中学生とは思えない抜群のスタイルと美貌をもつ。上条が学園都市に来る前からの友人であり、今となっては親よりも近しい大切な存在であった。

    上条「幼なじみだからって一緒に帰る決まりはないと思うのでせうが…」




    ※上条さんとみさきちが幼なじみだったらという妄想のifストーリーです。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378598371


    黒子「わたくしはお姉様の露払い、ってお兄様?」上条「へっ?」

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/12/20(火) 18:53:12 ID:N.BWSQRE

    時系列はインデックス救出後から

    黒子「お姉様が話していた殿方とはお兄様のことでしたか」

    上条「え、え? お兄様?」

    黒子「何をキョトンとしておりますの?わたくしは上条当麻の妹、上条黒子ではありませんか?」

    美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!妹って急に何よ!?そもそも、あんたの性は白井じゃないの!?」

    黒子「それは母方の性ですの。わたくしの愚兄が自分と同じ名字だと不幸な目に遭うからとム・リ・ヤ・リ使わせてくれましたの」


    上条「白井と付き合うことになった」一方「なンで俺に報告する」

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/30(金) 12:59:33.91 ID:10kNEHyy0

    上条「どうしませう」

    一方「なンで俺に聞くんだよ」

    上条「俺の知ってる中で一番イチャイチャしてるから」

    一方「一度オマエの頭かち割ってやろォか」

    上条「明日アイツが遊びに来るんだよおおお!!」

    一方「でェ?」

    上条「どうしませう」

    一方「だからなンで俺に聞く」


    禁書「とうまはフラグもぶち殺しちゃってるんだよ」上条「は?」

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/01(水) 16:16:04.87 ID:4hdE+YFk0

    上条「ど、どういうことだ、インデックス。そもそも上条さんはフラグなんてものから最も縁の遠い生き物ですことよー?」

    禁書「それが原因なんだよ」

    上条「へ?」

    禁書「とうまの幻想殺しが作用する対象には自動で決まっている対象と、とうまの常識をもとに決まっている対象があるんだよ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367392564


    番外個体「え?」冥土帰し「だからね」

    1: SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b) 2011/12/10(土) 17:40:19.27 ID:zMBlY4Ov0


    番外「ゴメン聴こえなかった、も一回言って?」

    冥土「だからね。今回の調整で、君のMNWから悪意を拾う機能を消したんだよ。事後承諾で悪いけど」


    冥土「君、一方通行と一緒に住んでいるんだろう?これなら彼ともうまくやれるんじゃないかな」

    番外「え、なにそれ意味わかんない」




    番外「……え?え?」




    上条「お前は大切な存在だ。何たって幼馴染だからな」

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/05(月) 17:59:34.79 ID:e43K0lmd0.net

    上条「よーし、学校終ったし買い物いこっと」

    土御門「おーいカミやん、もうすぐ夏休みだけど何か予定有るのかにゃー?」

    上条「あくまでも俺の予想だけど多分補習があるから」

    青ピ「安心してええよ、その補習は僕も付き合うで」

    上条「小萌先生目当てだろ?」

    青ピ「もちろん」

    上条「お前はぶれないなー……ん?あそこにいるのは…おーい!」タッタッ

    土御門「おっ、カミやん愛しの幼馴染のお出ましだにゃー」


    幼馴染>>11まで多数決


    食蜂「手、離さないでね」上条「分かってるよ」

    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/02(月) 20:47:45.95 ID:NaOM5g8tO

    口調変化&キャラ崩壊

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385984865


    フレンダ「その…結局、私と友達になってほしい訳なんですが///」

    1: 需要あれば投下 2010/03/23(火) 09:10:55.52 ID:hgV24JZB0

    上条「お前らずっと待ってたんだろ!?
       フレンダ死ななくてもすむ、麦野の敵にまわらなくてもすむ・・・
       そんな誰もが笑って、誰もが望む最高なハッピーエンドってやつを。
       今まで待ち焦がれてたんだろ?こんな展開を・・・何のためにここまで歯を食いしばってきたんだ!?
       てめぇのその手でたった一人の女の子を助けて見せるって誓ったんじゃねえのかよ?
       お前らだって主人公の方がいいだろ!?
       読むだけで満足してんじゃねえ、命を懸けてたった一人の女の子を守りてぇんじゃないのかよ!?
       だったら、それは全然終わってねぇ、始まってすらいねぇ・・・ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!
       手を伸ばせば届くんだ!いい加減に始めようぜ、お前ら!!」